青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「宣~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

実行~ 実践~ ~実際 実際~ ~実験 実験~ ~客 客~ 客観~ 客間~
宣~
宣伝~ ~室 室~ ~室内 室内~ ~宮 宮~ 宮廷~ ~害 害~

「宣~」 1093, 12ppm, 9261位

▼ 宣~ (278, 25.4%)

10 そこで 8 びっくりし 6 しかたなし 5 きまりが 4 急いで, 気が, 白娘子に, 金山寺へ 3 それから, 不思議に, 王主人の

2 [97件] あわてて, うれしくて, おやと, がたがた顫, きまりわるい, ここが, こんな大きな家, しおしおと, すぐ今日, すぐ帰った, そうして白娘子, そこに, そのとき二十二, その傍, その夜寝床, その李幕事, その茶, それよりも, それを, とりすまして, どぎまぎした, どの舟, なんだかもう路傍, なんぼなん, はじめて一家, ふらふらと, むっとした, もう山, もう白娘子, もう黙っ, もどかしかった, 一生懸命に, 三橋巷の, 二三人の, 二人の, 体が, 何事だろう, 保叔塔寺へ, 力を, 動きたくは, 卓の, 参詣人の, 受けて, 周将仕, 呼吸苦しい, 喜びに, 喜んで, 四聖観の, 声を, 夜に, 夢が, 女に, 女の, 姐の, 嬉しくも, 家の, 小婢, 左の, 強いて, 後で勘定, 心当りは, 恐ろしくて, 戴先生の, 手を, 承天寺, 李克用の, 李幕事夫婦に, 気もちを, 水際へ, 法海禅師に, 法海禅師の, 涙を, 独りで, 王主人が, 白娘子と, 白娘子の, 盃を, 監寺に, 眩しいので, 碼頭の, 神業の, 禅師から, 翌日李克用に, 腰に, 腹の, 舗を, 袖の, 許されること, 護送人と, 遅くなった, 邵大尉庫中の, 銭塘門を, 鎮江へ, 非常に, 顔を, 驚きと, 驚くばかり

1 [30件] いつもの, これからどうしていい, せしを, そうし, そうして自分, そう云っ, そう云った, そう言っ, そう言った, そこから, それに, まだ口, 伴れられ, 入りにくい, 場処の, 場所の, 己の, 平生の, 文政元年兄と, 未だ口, 東し, 気の, 気の毒だ, 湖縁から, 福岡藩に, 秩父太郎季保を, 笘の, 自分の, 興が, 苫の

▼ 宣~ (76, 7.0%)

7 して 2 しなければ, するため, するに, の後, をする

1 [59件] が徹底, されて, した直後, しつくすこと, してから, するかも, すること, するだけでも, するとも, する御, する必要, する此, する祝官, する積, する者, する類, せずまた, せられる思想, ですが, と實行, なども却つて正直, にあ, になつて, になる, には染つて, にもならなかつた, にもなる, にも布教, による, に利用, に努める, に始まつ, に幾ばく, に當つて, に載せられ, に過, のため, のため土地, の中, の基, の方, の波, の爲, の爲め, の運動, の道具, へし, へといひ, もしくは煽動, をしなけれ, を兼ねた, を巧み, を斷念, を續, を試, を試みられつ, ヲ導クベキ内應者ナリト云フベシ, 乃至實行, 見たいにも

▼ 宣~ (73, 6.7%)

6 顔を 4 室へ, 置いて

2 [21件] あがって, きまりの, その詞, 一行は, 傍へ, 前へ, 声が, 姐が, 帰って, 引返そうと, 往く時間, 後から, 扇子を, 手に, 挨拶が, 白娘子に対する, 眼が, 眼に, 許へ, 詞には, 頭に

1 [17件] 云うこと, 体に, 後には, 後ろには, 御使, 御軍, 息女弥子と, 息女弥子吟松院冷月居尼と, 掛軸を, 碑が, 筆ならん, 老舌, 袖に, 袖の, 言うこと, 詔旨, 題目

▼ 宣~ (50, 4.6%)

53 のやう 2 ののこした, のよう, の思想, の言葉, の高弟

1 [32件] から平田篤胤, がなかっ, が七十三, が儒仏, が終生, であった, でも殊に, などは仁義忠孝, などもなかなか, によつて發見, によれ, に訣ら, のいうごとき, のこの, の位置, の功績, の古事記傳, の戀愛觀, の故里, の時代, の流れ, の生涯なぞ, の筆, の美学説, の遺著, の開いた, の馭戎慨言, は言った, や動詞, や平田篤胤ら, や鈴木重胤等, を想い見る

▼ 宣~ (48, 4.4%)

9 曰ふ 5 いふ

1 [34件] その愛弟, たり, ていた, ている, ていわく, てしまう, てヘクトール, てヘクトール馬尾冠毛, て一せい, て事, て今に, て今や, て兇戻, て別れ, て勇ましき, て多年, て帰る, て強大米英, て後, て断ち切っ, て曰はく, て槍, て立つ, て荒川, て陪席判事, また年号, アカイア軍勢みな贊す, 今日は, 具象せしめ, 叫び曰ふ, 和を, 日本の, 給える, 膚に

▼ 宣~ (43, 3.9%)

117 ひぬ, ふやう 3 へり 2 ふに, へど今

1 [11件] ひし詞, ひそ, ひぬと, ふが, ふごとし, ふときは, ふまでも, ふ如し, へ, へど接吻, へばわれ

▼ 宣~ (33, 3.0%)

4 追っかけて

2 [11件] はじめ傍に, 伴れ, 呼びに, 家へ, 盗賊と, 置く地方, 見た, 見つけた, 見て, 見ると, 道案内に

1 常にした, 引き立てさせて, 引き立てて, 捉えさしそれ, 捉えさせそれ, 賜わるので, 隠居させ

▼ 宣~ (25, 2.3%)

2 その前, なおも力, 寺へ, 捕卒, 杭州で, 配を

1 [13件] あれば, その四聖観, よくなかったらしい, 不思議に, 京都の, 作つた集古今佛道論衡實録の, 四聖観へまで, 文書の, 王主人の, 筑前で, 興が, 起って, 門前で

▼ 宣~ (19, 1.7%)

3 るの

1 [16件] させようとも, ずば, なり猛, られたが, るとき私たち, るべきより, る人, んが, 伝えるため, 伝えるという, 伝ふべき, 伝ふる, 伝へんと, 傳へ, 傳へる, 牲の

▼ 宣~ (17, 1.6%)

2 やった銀, 何か, 渡した, 話したいこと, 金を, 面会し 1 そむき奉ること, 依って, 浴し, 譲つて足羽山に, 門前で

▼ 宣~ (14, 1.3%)

2 その人びと, その後から, それと, のこり惜しい, 人の, 本堂の 1 なにも, 士分も

▼ 宣~ (14, 1.3%)

2 は兵乱

1 [12件] から早馬, から漂陽, に奉じ, の令張路斯, の生れ, へも行った, へやってきた, へ帰った, へ襲, や歴陽, を去る, を守り

▼ 宣~ (12, 1.1%)

3 白娘子は 2 いっしょに, 擦れ違おうと 1 いえる医師, 云いますあなた, 名が, 白娘子の, 言いますあなた

▼ 宣~ (12, 1.1%)

2 するや, する處 1 しいふ, したり, するところ, する者, する處屹, する處聽, する言, すれば

▼ 宣した~ (11, 1.0%)

2 のであった 1 が和田義盛, が長者, のである, ので孟, のは, はずで, もうところ, 上で, 習慣を

▼ 宣~ (11, 1.0%)

1 [11件] が一句, が菩薩蛮, にも聞えた, に紹ぎたまいたる天子, の, の世, の元, の大, の宣徳元年秋八月, の宣徳年間, は微行

▼ 宣~ (11, 1.0%)

1 [11件] が堂上, が羊, が自分, すなわち斉, に殺された, に用いられずし, の, の問, の時代, もし, 怒った

▼ 宣~ (10, 0.9%)

1 が冬, が密畤, で培われた, で鍜, に鍛えられ, の如き, の嫡男, の碑, の跡, の長男

▼ 宣~ (10, 0.9%)

1 が, がよい, が黙っ, などを復職, にはっと, の中納言, の嫡, は七十ぢ, も見た, 下れ

▼ 宣明し~ (10, 0.9%)

1 いっさいを, た, たが, たもの, ている, ておく, て居る, なかったの, ながら力, 以て

▼ 宣~ (9, 0.8%)

2 やう 1 は近頃, やう我に, を近所合壁, 所各, 様横山の, 程こそ, 黒衣とは

▼ 宣~ (8, 0.7%)

1 とか東漢, に賦, の世, の五鳳二年, の後, の時, の甘露元年, はその

▼ 宣~ (8, 0.7%)

2 の詞 1 が奉行, とは言, には宮廷, の感情, は選ばれなく, を神

▼ 宣~ (8, 0.7%)

1 から諺, が命令的表現, が対照的, その物, とも名, の緊要部, は次第に, 及び呪詞

▼ 宣贊舍人~ (6, 0.5%)

1 には兼官, の苦情, は之, は招安, は正, は賊徒出身者

▼ 宣~ (5, 0.5%)

1 です, の大書, の大詔, の布告, の詔勅

▼ 宣統帝~ (5, 0.5%)

1 すら昨夏, の尊号褫奪宮城明渡し, の御物, は今, を見

▼ 宣する~ (4, 0.4%)

1 ことにな, と蜀臣, に志した, のであつ

▼ 宣には~ (4, 0.4%)

2 まだ一つ不思議, 気の毒だ

▼ 宣~ (4, 0.4%)

4

▼ 宣叙調~ (4, 0.4%)

1 とアリア, のみか, の付い, をもっ

▼ 宣~ (4, 0.4%)

1 の徽宗皇帝, の末, の盛時, 御府

▼ 宣言及綱領~ (4, 0.4%)

1 には賛成, には贊成, を発表, を發表

▼ 宣から~ (3, 0.3%)

2 白娘子の 1 貰いうけた

▼ 宣つて~ (3, 0.3%)

1 からは其筆, 居ました, 貸すの

▼ 宣ひし~ (3, 0.3%)

2 を友 1 も嬉し

▼ 宣べて~ (3, 0.3%)

1 おけば, 死神は, 蒼生を

▼ 宣下せられる~ (3, 0.3%)

1 のに対して, 主上の, 詞よりは

▼ 宣傳ビラ~ (3, 0.3%)

1 にも新聞, を市内中, を方々

▼ 宣平門~ (3, 0.3%)

1 の下, の楼台, へ上がった

▼ 宣戰布告~ (3, 0.3%)

1 がある, になつ, をし

▼ 宣~ (3, 0.3%)

1 に童歌風, を書き, を読め

▼ 宣示した~ (3, 0.3%)

2 ので明治初年 1 ところによって

▼ 宣祖王~ (3, 0.3%)

1 の竜顔, はやっと, は悲し

▼ 宣~ (3, 0.3%)

1 の噺, の説, はおりおり

▼ 宣さん~ (2, 0.2%)

2 だっていつ

▼ 宣しいです~ (2, 0.2%)

1 かと云いました, と外山さん

▼ 宣しく~ (2, 0.2%)

1 一考再考否百考千考すべき, 云ひませう

▼ 宣しゅう~ (2, 0.2%)

1 ございましょう, ございます

▼ 宣すべき~ (2, 0.2%)

2 ことと

▼ 宣せり~ (2, 0.2%)

1 といふ, 慶喜奉

▼ 宣~ (2, 0.2%)

1 あらう, お題目

▼ 宣という~ (2, 0.2%)

1 壮い, 若い男

▼ 宣など~ (2, 0.2%)

1 ござります, 云ふ

▼ 宣なる~ (2, 0.2%)

1 かなと思った, 形を

▼ 宣ふ如くならず~ (2, 0.2%)

2 とも

▼ 宣べし~ (2, 0.2%)

1 も, 衆人の

▼ 宣~ (2, 0.2%)

1 へばやや暫し, へば是

▼ 宣~ (2, 0.2%)

1 お題目, 懷素等の

▼ 宣わく~ (2, 0.2%)

1 卿らの, 合戦の

▼ 宣をこそ~ (2, 0.2%)

2 待て

▼ 宣上人~ (2, 0.2%)

1 は僧月江, 贈亀山松

▼ 宣下せられた~ (2, 0.2%)

1 のであろう, 地と

▼ 宣公十五年~ (2, 0.2%)

1 の條, 初税畝

▼ 宣化天皇~ (2, 0.2%)

1 の子孫多治比古王, の曾孫

▼ 宣~ (2, 0.2%)

1 が人々, が貼られ始めた

▼ 宣和画院~ (2, 0.2%)

1 にならっ, のひとり

▼ 宣和頃~ (2, 0.2%)

2 即ち西暦千百十年頃

▼ 宣夫婦~ (2, 0.2%)

2 も進物

▼ 宣~ (2, 0.2%)

1 の知事, の節使趙鍠

▼ 宣徳帝~ (2, 0.2%)

1 に於ける, の叔父

▼ 宣徳府~ (2, 0.2%)

1 の理官, へ行った

▼ 宣~ (2, 0.2%)

1 くらいでございます, ござります

▼ 宣正氏~ (2, 0.2%)

1 と邂逅, に面会

▼ 宣~ (2, 0.2%)

1 など母, の節度使

▼ 宣~ (2, 0.2%)

1 であり人民, のよう

▼ 宣示し~ (2, 0.2%)

1 てある, て風氣

▼ 宣~ (2, 0.2%)

1 でもある, を受けしめし

▼ 宣~ (2, 0.2%)

2 の草漉紙

▼ 宣陽坊~ (2, 0.2%)

1 の公館, の官宅

▼1* [137件]

ありと, 宣えりシオンの, 宣かろうかとよりより, 宣しいように, 宣しく頼むとの男, 宣しけるらし病むひとの, 宣しければ, 宣した如きは其例, 宣し闘いつつ生きね, 宣すれば皓腕, 宣せしことありしか, 宣せしめるので神, 宣せらるるの恥辱, 宣まひしく, 宣たまひけるやう, 宣つた痕跡と見るべき, 宣つて僕も間貫一, 宣でもござるそう, 宣との二方便に, 宣によりてこれを, 宣に対して畏れ多い, 宣てその, 宣ひけらく, 宣ひけると語り給, 宣ひそ何事も, 宣ひたるを八九歳, 宣ふところの如し, 宣ふものかな, 宣ぶるもありき, 宣へばさあら, 宣べたのは特に, 宣べたものとみられ, 宣べたりといふ, 宣べた言であって, 宣まひし上帝, 宣ばさては, 宣らしかく坐しき, 宣らしたる大伯母ましき, 宣一度に七八十枚, 宣下せられ或は侍臣, 宣付して本, 宣して, 宣仲云ふ此, 宣と命名, 宣傅力の偉大さ, 宣傳サレツツアル平和主義非軍國主義ガ, 宣傳スルヨリモ百倍ノ有害ナリ, 宣傳國家を變, 宣傳效果の逞, 宣傳文學など書かう, 宣傳方法も穩, 宣傳班と別, 宣傳用に使, 宣傳用フィルムのなか, 宣傳癖のある, 宣傳者となり, 宣傳者兼實行者であつ, 宣傳部の人見氏, 宣傳部員の片手間, 宣元服の年, 宣公六年晉の趙盾, 宣公十二年の條, 宣公十五年初税畝の條, 宣六根之奧義, 宣処即高御座に登られ, 宣に扶助, 宣の時代, 宣化欽明敏達用明崇峻推古の諸, 宣化紀の那津, 宣化葡萄の小, 宣へるかれと, 宣のうち, 宣和年中に明州昌国, 宣和年間に至る, 宣和書院の一員, 宣和画院系の墨画あたり, 宣城郡当塗, 宣大命親王諸王諸臣百官人等天下公民衆聞食宣, 宣両詞章, 宣宗位に即, 宣宗皇帝は漢王高煦, 宣される愛, 宣帝神爵と改元, 宣坊に, 宣時代の, 宣の上谷, 宣律師も器, 宣の香炉, 宣徳元年秋八月従亡諸臣, 宣徳年間には宮中, 宣徳炉が見当らない, 宣慰司の役人, 宣慰大使崔渙や御, 宣或は奏せられた事実, 宣戰状を贈り, 宣房北畠親房の三卿, 宣房吉田定房北畠親房の三名臣, 宣房洞院ノ実, 宣敍調の上, 宣根有馬流の有馬頼信, 宣正師である, 宣武場上にて虎, 宣武将軍曹遵は曹真, 宣からもおすすめ, 宣波及するやう, 宣流布して, 宣の事實, 宣猷又右衛門と称した, 宣ひ, 宣王死し子, 宣王羊をもて, 宣王諸侯を朝, 宣示すがごとく, 宣示命令手段というの, 宣示命令手段禁圧対抗手段折衝協力手段収攬手段教化宣伝手段という風, 宣答えて曰く, 宣に任用, 宣給ふかそはアウレリア, 宣給ふところにはわが, 宣統元年正月を以て, 宣統初年わたしは当地, 宣の女, 宣詞宣下がある, 宣するほか, 宣読誦恭敬供養して, 宣諭する爲めに, 宣諭使は, 宣と貫徹, 宣の盃, 宣賓のには紅玉光, 宣賓一つはメーコン河, 宣の活動, 宣都比賣の, 宣長いわく, 宣長流に解した, 宣小島三郎左衛門等は, 宣という人