青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「客間~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~実行 実行~ 実践~ ~実際 実際~ ~実験 実験~ ~客 客~ 客観~
客間~
宣~ 宣伝~ ~室 室~ ~室内 室内~ ~宮 宮~ 宮廷~ ~害

「客間~」 1145, 12ppm, 8875位

▼ 客間~ (291, 25.4%)

15 方へ 7 中に 6 椅子に 4 片隅に, 窓から 3 ドアを, 中で, 中は, 床には, 方の, 隅に

2 [36件] うちで, うちに, なかに, ほうで, ドアが, ドアの, 中を, 中央に, 他の, 入口に, 前を, 壁には, 奥の, 女王, 床に, 庭に, 庭の, 戸を, 扉口の, 方が, 方は, 東側には, 次の, 真中に, 硝子戸を, 続きです, 縁側の, 裏の, 西側, 長椅子で, 長椅子の, 隅で, 隅には, 障子を, 電燈を, 香気

1 [165件] ありさ, ありば, うちには, お世辞, お茶の, ことも, ごとく陽気, さざめきや, しきたりに, すみの, ために, つづきから, なかは, ひー, ふかふかした, ほうから, ほうへ, ほうを, まえの, まん中に, むかふにも, もう一つ, も厳重, よりも暗かっ, エティケット以上の, カーテンの, スダレの, ストーブの, ソファに, テエブルの, テーブルを, ドアは, ピアノの, 一つ, 一つに, 一時こしらえ, 一組みの, 一部分を, 中においては, 中には, 中の, 中へ, 交通手形の, 他に, 会議を, 何くれと, 作り但し, 倭文子, 光景であった, 入り口に, 入り口の, 入口の, 八畳へ, 冷やかな, 出窓に, 前で, 前の, 前へ, 卑しからぬ, 卓の, 卓上電話が, 南は, 南側は, 口を, 古び工合の, 名画卓の, 向こう端, 呼び鈴を, 問題に, 場面を, 境を, 壁に, 壁にかけて, 壁の, 壁よりに, 壁を, 夕やみの, 夕闇の, 外だった, 外に, 外を, 大きな立型ピアノ, 大きな肘掛椅子, 大椅子, 天井には, 奥を, 寝椅子, 小卓, 常例たるつまらぬ, 平和な, 床の, 床の間に, 床柱に, 床柱の, 床脇の, 庭には, 庭へ, 庭を, 廊下に, 心理家や, 心理解剖家である, 応対と, 戸だ, 戸の, 扉が, 扉を, 扉口まで, 敷居際には, 方から, 方で, 日本室を, 日本的装飾が, 明るい灯, 時計を, 書院で, 東側に, 椅子では, 模様を, 樣子では, 横手へ, 歓談の, 渡り廊下が, 演奏を, 漠然たる風評, 燈が, 片付かないの, 片隅で, 片隅では, 片隅を, 状勢は, 用意を, 礼儀内でしか, 空気が, 窓が, 窓を, 窓際へ, 粧飾と, 紙門を, 絨氈の, 続きに, 置時計が, 荘重な, 虎であり, 装飾として, 装飾としても, 装飾は, 装飾品や, 装飾用としての, 裏に, 襖に, 話し声が, 話に, 調度は, 貴族的な, 軒へ, 連中は, 部分は, 金庫の, 長椅子に, 隅っこの, 隅の, 雨戸を, 静かな, 騒々しさ, 鸚鵡たる

▼ 客間~ (238, 20.8%)

5 入って 4 いた, 招じ, 通された 3 なって, 坐って, 行って, 通して, 集って

2 [19件] あてて, いらっしゃるの, いらつし, かかって, して, どんな男性, はいった, もどって, 上り込んで, 出入する, 帰って, 引返して, 於ける男性, 案内された, 案内した, 腰を, 親戚の, 近づいて, 通って

1 [168件] あったっていう, あったオルガン, あまり多く, ある筈, いた時, いた男, いても, いらっしゃいますから, いらっしゃいよ, いりいっしょ, いること, いるよう, いる伸子, いる声, いる時, うようよし, おけると, おちついたその, お通し申す, かけて, かける気, ございますよ, した奧, しのびこんで, しばしば現われ, すわって, その夜, そろそろと, ちやんと, つづいた小さな, つられた広い, つれこんだ, とおされまるい, とおされわざと, ねそべること, はいったとき, はいったらさ, ひとりで, まよ, みちびいた, もち運ん, ゐる男, クリストフは, ピーシチクと, 一つ三つの, 一人おじいさんが, 一人で, 一基の, 三人の, 上がって, 上り込み, 不思議な, 二人きりだった, 仕切ったと, 他人が, 使う座布団, 使つてゐた, 使われて, 來て, 入った, 入つた時, 入つて, 入ると, 全く失望, 出た, 出入りし, 参りまして, 取り附けずに, 古雛, 君の, 吸い寄せられる若い, 呼ばれた, 呼び集めた, 坐りこむその, 坐り込みエカテリーナ, 多く竝, 夜会服の, 夜會服の, 大あぐら, 寝て, 寝泊まりし, 対座した, 対座する, 導かれたお初, 居た儘, 居ようとも, 帰りながら, 帰ると, 引返しました, 当てられるの, 彼を, 彼女を, 忍び込むという, 戻った, 戻った伸子, 戻って, 押し込まれて, 招待し, 据えたシュタインウェイ, 接して, 控えて, 来た, 来て, 杯盤を, 案内する, 歩み入って, 残して, 残つて長椅子に, 母夫人と, 永い間, 注意深く臨席, 満ち満ちて, 滞りがち, 火鉢を, 灯を, 独占しよう, 現われた, 現われると, 用意を, 石を, 移された, 移ると, 箪笥の, 素人探偵の, 置いた二葉オルガン, 置き去りに, 置き放したまま嫣然, 肱掛け椅子が, 落ち会いました時, 蒐まっ, 蒐まつ, 行き合わして, 行き父, 話題を, 誘て, 誰か, 請ぜ, 足を, 這入った瞬間, 這入り兼ねて, 通された伸子, 通されるやいな, 通されフランス土産, 通され娘さん, 通され挨拶, 通され正式, 通した, 通った時, 通つてから, 通らうとは, 通りて, 連れて, 適するやう, 陣取って, 集った, 集った青年達, 集まって, 集まる連中, 集めこんど, 集合させた, 電熱が, 電燈を, 響き渡るやう, 顕れぬ, 飾って, 飾られて, 飾る, 飾る本

▼ 客間~ (181, 15.8%)

13 出て 6 入って, 案内した 5 はいって 4 通した 3 行った, 行って, 通して, 通った, 通ると

2 [12件] お見え, つれて, 伝わります, 妾と, 姿を, 帰った, 戻って, 戻ると, 招んで, 案内し, 立って, 運んで

1 [108件] あがりこんだ夫人, あらわれて, いっては, おりて, お通り, しずかには, しのびこみふるえるゆびでピアノ, しめこんで, すぐ戻っ, つれこんだ, とおされそこで, とおした, とおった, とびこむと, とんで, のぞんだ, はいった, ひきまわされること, ひっぱって, まっすぐ行った, みんなを, もどって, やってきた, わたしたちを, スカンジナヴィア文学の, 上がって, 二度と行かなかった, 僕を, 入ったが, 入り渠, 入ると, 入るなり, 出かけて, 出されたよう, 出た時, 出ると, 出入りする, 去って, 取って返して, 呼び集められた, 客間から, 導かれた, 席を, 帰ったとき, 帰って, 引き入れたの, 引き込んだ, 引き返して, 引っ返した, 引っ返して, 引返すと, 彼を, 御案内, 忍び入り源次郎と, 懸けて, 戻った, 戻り壁, 抜けそれから, 挨拶に, 接待に, 放り出したまま, 来なくちゃ, 案内され, 案内してやろう, 案内しよう, 案内する, 案内せられた, 残して, 毎日何人かの, 漏れて, 現われたり, 用聞き, 白雲を, 秋山要, 移つた, 紹介し, 舞踏の, 蚊帳を, 行くと, 行ったら誰, 踏込んで, 転げこんだの, 迎えようと, 這入って, 這入り込んだ, 通された, 通されたが, 通しとき, 通って, 通つた, 通りながら, 通りました, 通り次郎, 通る, 通る皆さん, 連れて, 連れ込んだ, 遊びに, 運んだ, 還った善兵衛, 降りて, 集った時, 集つて卓子を, 静, 顔を, 飛んで, 駆け込むと, 駈込んで

▼ 客間~ (78, 6.8%)

3 語る言葉 2 一人の, 二人限り何の, 午後の, 多くの, 彼に, 待って, 見たいろ

1 [61件] あの藤色, お召の, お絹, きいた, ござります, ご主人, さかんな, しょんぼりし, じつに微か, そういっ, なにが, ひとりの, ひまを, カルメンでも, チチコフは, ピアノの, ピヤノの, フォン・コーレンと, 一度話, 二人きりに, 二人の, 会って, 保と, 催されて, 公爵夫人が, 冷たいもの, 刺繍を, 喋って, 夜どおしを, 大成功, 大通りを, 女主人の, 娘たちを, 婦人たちに, 子供が, 寢ころん, 彼が, 待つて, 既に予審, 日本の, 明快な, 時々出会った, 時には広大, 晩餐の, 暮らして, 狭い庭前, 画集を, 秋蚕飼ふ, 膝詰めの, 見たもの, 見た男, 話しでも, 話を, 話合っ, 貧民の, 踊る, 過ごした, 青い血, 静かに, 須美子に, 食事を

▼ 客間~ (71, 6.2%)

8 出て 2 のぞいて, 心の, 覗いた眼, 覗いて, 飛び出しました, 飾つてゐる

1 [51件] あちこち歩きまわっ, あの男, こしらえて, こめて, さし覗く, つかって, のがれて, のぞいたら奥さん, のぞき, ほしがっ, まじまじと, 一巡し, 一度二度と行き戻り, 作ること, 使わずに, 兼ねたる先生, 兼ねた書斎, 出た, 出たので, 出やう, 出ようと, 出遊ばせに, 去って, 去りたがらなかった, 外に, 夜目ながら, 引き上げて, 弥生の, 思いだすよう, 拵えやがったなあ, 指して, 描いて, 明けて, 検分する, 横切って, 歩いて, 狙ったの, 珍しく見まわした, 目指した, 窺いて, 要求し, 見ただけ, 見舞った, 覚えて, 訪う青年, 訪ふ, 通つて茶の間へ, 通り抜ける時, 造ったの, 鍵の, 食堂居間に

▼ 客間~ (36, 3.1%)

2 賑わって

1 [34件] あたかも二つ, いらない, からっぽでした, こっちだ, この書斎, これも, しんとして, その煙, たぶん十畳, ひっそりし, ふかふかした, まだいっぱい取り散らされ, もはやそれら, やはりせまい, マリユス・ポンメルシーの, 丁度以前, 二階だ, 五月の, 何の, 八畳ぐらい, 初めの, 外に, 寒いで, 少しも, 少時の間, 廊下に, 柱も, 武蔵野と, 疾う, 自分だけの, 至って簡素, 若い信者, 長く純潔, 雷鳴で

▼ 客間には~ (35, 3.1%)

7 いって 2 いると, 決して美奈子, 私の

1 [22件] いつて, いろいろな, この十一ヵ月, そんな人, なにやら恥, ひつて, ベソを, ロンドン府の, 主客二人切りだ, 例もの, 大燈架, 常客たる, 座蒲團が, 滝田樗陰が, 瓦斯が, 素晴らしい家具, 見られるやう, 貝十郎よりも, 這入って, 陽気な, 電灯が, 香を

▼ 客間から~ (32, 2.8%)

2 出て, 玄関までの

1 [28件] いちどに吐き出され, とび出して, はいって, よほど前, 何か, 出ようとして, 出ると, 台所へ, 奥に, 客間と, 客間へ, 忍び出た, 書斎を, 次第に遠ざけた, 母と, 治療室へ, 現実の, 盗み出した聖像, 素晴らしいピアノ, 見た時, 言う, 迎えられて, 連れだすと, 酔っぱらい客の, 響くらしい, 食堂へ, 駆け出して, 駈けだして

▼ 客間~ (23, 2.0%)

2 お勝手の

1 [21件] いっても, して, その隣, それから妹, となりあわせて, なってるこの, まわって, 一致し, 似寄った点, 便所との, 八畳の, 名が, 子供部屋だけの, 寝室とを, 玄関だけが, 言うに, 違い重要, 違って, 頽廃的な, 食堂と, 食堂とを

▼ 客間~ (14, 1.2%)

2 あって

1 [12件] あいて, あったり, あらわれた, あり居間, ある茶の間, ずうい, つかわれるの, ばかに, 二つより, 十疊で, 残った, 片付くまで

▼ 客間では~ (13, 1.1%)

1 [13件] あり言, お互いに, そういう風, つまらぬ残忍, とても見, もう話, もう酒宴, やっぱりこういう, テッド博士が, 十五歳に, 巻煙草を, 毎夜祖母を, 靴を

▼ 客間~ (13, 1.1%)

1 [13件] その他あらゆる, またはあたし, 劇場や, 寢間も, 広間には, 床の間, 故郷の, 書斎の, 書斎は, 玄関を, 街路で, 詰侍の, 質屋の

▼ 客間~ (11, 1.0%)

2 淋しくて 1 あれば, 一しよで, 二つの, 勉強部屋も, 応接間も, 紛れて, 自由に, 見える, 覗いて

▼ 客間にも~ (8, 0.7%)

1 さして目, なり食堂, ラネーフスカヤ夫人の, レエスの, 壁の, 帽子と共に, 幾度か, 電灯という

▼ 客間とも~ (5, 0.4%)

1 いうべきもの, つかぬ六畳, なって, 居間とも, 思わなかった

▼ 客間~ (4, 0.3%)

2 と下女 1 とか贅沢, ね

▼ 客間でも~ (4, 0.3%)

1 前に, 座敷でも, 感じたと, 時計の

▼ 客間らしい~ (4, 0.3%)

2 部屋へ 1 ところへ, 椅子テーブルの

▼ 客間での~ (3, 0.3%)

1 世間話控え室での, 会話で, 出来事だった

▼ 客間という~ (3, 0.3%)

1 のが, のは, ような

▼ 客間とに~ (3, 0.3%)

1 充てて, 別れを, 插花を

▼ 客間~ (3, 0.3%)

1 のであろう, のでこれ, ので庭

▼ 客間へは~ (3, 0.3%)

1 どうした, どうにも入っ, 通らなかった

▼ 客間~ (3, 0.3%)

1 に, のピストル, の調度

▼ 客間においては~ (2, 0.2%)

1 人の, 皆秀でた

▼ 客間における~ (2, 0.2%)

1 彼の, 破裂

▼ 客間にかけて~ (2, 0.2%)

1 ゐる, 見せて

▼ 客間まで~ (2, 0.2%)

1 届きずいぶん, 聴え

▼ 客間らしく~ (2, 0.2%)

1 まんなかに, 扉の

▼ 客間~ (2, 0.2%)

1 な友誼, な美

▼ 客間食堂寝室~ (2, 0.2%)

1 それにつや子, などと云う

▼1* [52件]

客間花世どの, 客間からでも出て, 客間からの話声を, 客間からは北劍の, 客間からも食堂からも, 客間ここが食堂, 客間じゅうの視, 客間そのま, 客間だけの女性尊重で, 客間ださうだが野沢, 客間だったが正面, 客間であって使う, 客間であったそうだ, 客間であるが観音扉, 客間といった感じで, 客間といふやうな, 客間としてだけ使いたい平生, 客間との間の, 客間とは全く逆, 客間などがあって, 客間などでお目にかかったよう, 客間においてでは, 客間につれ込まれた小林少年, 客間になつてゐた, 客間へでも場末の, 客間へとほつた, 客間または談話室である, 客間めいたところさえ, 客間よりも藁椅子を, 客間をも居間をも, 客間廊下から, 客間中央の床, 客間六畳の茶の間, 客間兼帯の書斎, 客間兼書齋に直り, 客間大広間から小, 客間の間, 客間女中が月四十二円五十銭, 客間寝室別館大書院亭廻廊控えの間, 客間の華想曲, 客間或いは指南間とも, 客間梯子段に臨む, 客間用肘掛椅子にかけ, 客間的社会主義は人, 客間的要素がド, 客間に銀, 客間装飾に配置, 客間話以外にはそこ, 客間趣味かもしれず, 客間の袖書院, 客間食堂は真個, 客間食堂書斎浴室台所など五つ