青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「客観~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

実現~ ~実行 実行~ 実践~ ~実際 実際~ ~実験 実験~ ~客 客~
客観~
客間~ 宣~ 宣伝~ ~室 室~ ~室内 室内~ ~宮 宮~ 宮廷~

「客観~」 3349, 36ppm, 3227位

▼ 客観~ (1420, 42.4%)

103 なもの 22 に見 12 な, な立場 11 な意味, な意義, な条件, に存在 10 な真理 9 であること, では, な存在, な関係 8 であると, でなければ, な現実, に, に見る 7 である, なるもの, に現実, に見れ, の歌 6 な態度, な真実, な見方, な評価, な認識 5 であるという, な事実, な事情, な知識, な諸, にある, に観察, に評価, に認識, のもの

4 [15件] なり, な弁証法, な批判, な本質, な標準, な歴史, な法則, な関心, にし, にその, にそれ, にはその, にみれ, に批判, の句

3 [33件] で科学的, と考えられる, なこと, なより, な力, な基準, な存在意義, な存在物, な存在者, な実在, な尺度, な必然性, な必要, な物, な理由, な社会性, な精神, な観察, にそう, には存在, にみ, にも主観的, に冷静, に定める, に展開, に把握, に描く, に有る, に歴史, に物, に理解, に表現, の方

2 [110件] だという, であって, であらしめるもの, でも, で一義的, で公正, で物質的, ということ, とに分, と云う, と呼ばれる, と考える, なるには, なれども, なリアリティー, な世界観, な事物, な交互作用, な作用, な価値, な側面, な内容, な印象, な妥当性, な対象, な形, な形成作用, な影響, な役割, な必然, な情勢, な批評, な技術, な描写, な方向, な根拠, な歴史的, な歴史的社会的存在, な気持, な洞察, な物そのもの, な物質界, な物質的, な物質的存在, な眼, な研究, な社会, な規準, な観点, な辞書, な追究, な進歩, にあらわれた, にで, になる, にのみ歌, にのみ詠むべき, には, には批評, には第, にアリアリ, に与えられた, に云う, に共通, に内部, に分析, に叙したる, に問題, に在る, に実在, に実現, に対象, に形態, に形成, に愛, に捉えられ得る, に捉え得る, に描かれ, に描き出し, に描写, に日本, に明らか, に景色, に書いた, に構成, に歴史的発展, に段階, に牡丹, に現われる, に発達, に省察, に眺める, に知る, に研究, に究明, に考え, に考察, に自分, に自己, に要求, に見える, に見た, に観る, に言, に詠みし, に運動, の実在, の感じ, の景色, の詩人

1 [647件 抜粋] すなわち景色, すなわち物理的光学的, だと, であった, であったか, であらうと, であり彼, であり得なかった, であり得ねば, であり非, であるかといふ, であるため, であるとしても, であるに, であるべき科学的精神, であるべき自然科学, である処, である場合, である必要, であれば, であろうと, でこそ, でさえ, でしかも, でない, でないなら, でない社会性, でなかったらそれ, でなくては, で主観, で具体的, で和歌, で外部, で対象, で必然的, で感慨, で生きた価値, で真, で筆者, で美術, という意味, とか云う, とか平均的, となる, との統一, とは云われない, とは普遍妥当的, とは空間的, とも考えられない, とを区別, と呼ばせ, と呼ぶ, と評され, ないい, なこの, なそして, なつかみかた, なところ, なの, なひろがりの, なもの環境的, なもの言い, なもの超越的, ならざる彼, なるすべて, なるだに, なるは, なる現実, なる真実本位, なる知性, なる論理的推論, なる非我, なわけ, なディアレクティック, な一つ, な一致, な一般的, な世界, な世間一般, な主体, な事実感, な事実自身, な事情等, な事象そのもの, な人, な人間, な人間描写, な体系, な体統, な何等, な作家, な依怙ひいき, な価値標尺, な価値評価, な個別性, な公平, な共感, な冷静さ, な出発点, な分析, な分析力, な努力, な効果, な効用, な原因, な反映, な可能性, な各人, な同一性, な同情, な命令, な問題, な国際現実, な土台, な外部的, な多面性, な大, な太陽, な姿, な存在そのもの, な存在上, な存在様式, な存在理由そのもの, な実体, な実在そのもの, な実在現象, な実在界, な実在自身, な実際, な寒, な対立, な対象物, な小説, な平均的, な年代的順序, な形式, な思い付き, な思想, な恋愛, な情況, な意味内容, な或は, な手記, な扱い, な技能水準, な把握, な押しすすめ, な探求, な描破力, な提灯もち, な政策, な文化形態, な文芸, な新た, な方向量, な日支対立論, な日本, な普遍的歴史法則, な望ましき, な材料, な核心, な概念, な権利, な正しい, な正当さ, な歴史叙述, な歴史小説, な歴史的発展それ自身, な歴史的社会, な残虐さ, な比較, な活動性, な物的, な物自体, な物自身, な物語, な物質的技術, な状勢, な独創性, な現実世界, な現実性, な現実把握, な理性的根拠, な理論, な理論的価値関係, な環境, な皮肉, な目標, な相互, な眼力, な硬質性, な確実, な確実性, な社会発達, な社会的, な社会的価値, な科学性, な秩序, な空間, な筈, な素材, な組織性, な経済関係, な結果, な美しい, な考察, な自, な自信, な自己, な自己陶酔, な自身, な色彩, な芸術, な荘厳, な落ちつき, な虚偽, な表現力, な見と, な見とおし, な見地, な角度, な言葉, な評価の, な語, な課題, な調子, な論理的対象, な財, な責, な超越的, な連関そのもの, な運命, な過程, な達成, な遠, な部類, な重要さ, な防衛力, な雰囲気, にあっ, にあらわす, にいかなる, にいくら観察, にいっ, にいへ, にお話, にこの, にさえ追求, にさまざま, にされ, にする, にたしか, につかみ得, につかん, につまらない, につめこまれ, にとらえ, にどういう, にどこ, にどの, にどんなに, になつ, になりたつ, になり切っ, になり立っ, になれ, にのみ, にのみこめた, にはいかなる, にはいつも, にはこの, にはそいつ, にはそういう, にはそれ, にはどこ, にはどんな, にはよわい, にはポヴェドノスツェフ, には一里, には不, には人類, には信頼, には元, には全く, には内容, には反映, には取り, には同じ, には唯, には多く, には大勢, には小, には少年, には当時, には彼, には快楽, には意味, には憎ったらしい, には把握, には持っ, には持説, には新聞紙, には明瞭, には時間, には普通, には有っ, には未, には正しく, には現れ, には目, には知識階級, には紅葉, には謙っ, には離婚, には非, にひろい, にひろく, にまずそう, にまた, にも, にもおこらなくなります, にもなりたっ, にももう, にも悲壮, にも我, にも正否, にも若返る, にも重要, によく, にソヴェト, にプロレタリア階級, にルーズ, に一つ, に一定, に一種, に一般, に与えられる, に且つ, に世の中, に乱暴, に事実, に事実そのもの, に事物, に云, に云い, に云いあらわし, に人類, に今, に今日, に価値, に信じる, に傍, に傍観, に全面的, に公平, に其, に写す, に出された, に判断, に包蔵, に区別, に即ち, に原則, に取り扱われ得る, に取扱う, に叙, に叙述, に可能, に史的, に含む, に唾液, に在らしめなけれ, に基礎, に大衆, に大衆なみ, に妥当, に存立, に学問的基礎, に宇宙, に安置, に完成, に定位, に定着, に対象的, に導き出された, に展望, に岡目, に徹, に必然, に必然性, に性格, に成立, に我々, に扱っ, に批評, に抑, に押しつけられ, に指し得る, に捉え, に捉える, に描い, に描き出す, に描け, に描け描け, に文学史的, に明白, に時には, に書かれ, に最上, に有れ, に検討, に概略, に様々, に歌う, に歴史性, に歴史的文化, に歴史的社会的実在, に比較評価, に民主主義文学, に決め, に注目, に物事, に犯人, に現代, に現代日本, に現実生活, に現実的, に画面, に異, に真実, に真理, に眼前, に知られ得る, に知覚, に社会, に社会的, に社会真実, に統計的, に考える, に考えれ, に考え究める, に自他, に自他とも, に自己批判, に藤村一族, に虎, に行い得る, に行なわれ, に見いだした, に見なけれ, に見られた, に見極め, に観察研究, に計る, に記, に証明, に詠む, に認め, に読まなけれ, に読む, に諸, に資本主義社会, に賞讚, に超, に述べない, に追究, に通用, に鑑賞, に非, に非我, に顧み, のいい, の事, の事実, の作品, の倫理, の傾向, の効験, の口吻, の句風, の噂話, の度差, の態度, の文学, の気運, の真実, の立場, の立脚地, の美, の芸術家, の観察, の観照, の詩, の認識, の霊的表現, よりどころ, よりも心, 不類似, 即ち景色, 或は歴史的理由

▼ 客観~ (267, 8.0%)

9 を有 8 を有っ 5 を有った 4 というもの, を保証, を基礎, を如何, を持つ 3 のある, の根拠, をもつ, を得る, を持った

2 [16件] がある, が判定, ではなく, という事, に富んだ, に達する, のこの, のない, の基準, や中立性, をもっ, をもった, を与える, を持っ, を目標, 或いは対象性

1 [178件] から客観写生, があの, がほ, がよく, が不足, が他, が何物, が保証, が客観的存在そのもの, が得られる, が成り立つ, が新しい, が果して, が横たわる, が無い, が無く, が自分たち, が説かれる, だ, であった, であるか, である認識, でなければ, ではない, で演出, ということ, というこの, という一つ, という一個, という問題, という見地, といっ, といふこと, とがあっ, とが全く, としてもたれ, とによってあくまでも, との根柢, との間, との関係, とは別, とを有, とを有っ, と一致, と中立性, と何等, と同じ, と吾, と客観的存在そのもの, と必然性, と相容れない, と真理, と科学性, と言う, と通用性, と運動性, と階級, などは弁証法的思考, において示される, において顕わ, にその, にのみ発育, によってだけで, によって男性, によって説明, に乏しく, に存する, に対応, に癖, に関して可能, のなか, のみ伝へられ, のスケール, の一方, の不足, の世界, の保証, の判定者, の基礎, の実際, の強い, の彼岸, の心境, の把握, の故に, の智慧, の最も, の根源, の物的基底, の確立, の程度, の素質, の足り, の軌道, はあらゆる, はなく, はむしろ, はカント, はテスト, は主観, は主観的存在様式, は云わ, は今日, は併, は元来, は充分, は単に, は問題, は客観そのもの, は形式主義者, は意識, は持ち得ないであろう, は明らか, は有っ, は物理的客観性, は範疇組織, は経, は許されない, または主観性, もない, も成り立つ, も持てない, も現実性, も齎す, や思意, よりもさらに, をかい, をしか持たない, をその, をたしか, をまず, をもたず, をもたね, をも有, を与え, を与えたがる, を与えられ, を付与, を先ず, を全く, を出る, を取り逃し, を否定, を哲学的, を増し, を夫, を失い, を失う, を失はない, を実際, を平衡, を年月, を形作る, を惹き出す, を持たない, を持たね, を持ち得, を持てる, を指す, を構成, を求められる, を求めれ, を深めひろめ, を生じ, を疑った, を目指し, を神, を結果, を要求, を見ない, を超え, を踏み越えさせ, を避け, 単なる客観性以上, 単なる年代記的歴史以上, 即ち真理, 従って非, 或いは普遍妥当性

▼ 客観~ (132, 3.9%)

3 概念は

2 [11件] きびしさ, 事実として, 事物は, 事物をのみ, 句である, 対立を, 景色を, 概念においては, 歌と, 超越は, 関係と

1 [107件] ことである, それではなく, ために, または直観, レンズを, 一致を, 三対併せ, 上に, 世界が, 世界という, 世界の, 世界は, 世間では, 中に, 中心に, 主観化, 事実, 事実である, 事実の, 事実は, 事相を, 事象に, 位置において, 側から, 側に, 全き, 具体的関係そのものに, 典型だ, 内にのみ, 内の, 写生の, 冷やかな, 出来た他人, 出来事を, 分枝, 別が, 区別感情理屈の, 区別感情理窟の, 原理に, 及ばざる所, 反映という, 叙写を, 句だ, 句としても, 句の, 同時存在的対立の, 同格的対立に, 問題に対して, 場合も, 天地が, 天地を, 存在を, 対立, 対立に, 対立の, 幸福が, 弁証法, 弁証法は, 微を, 性質とか, 情趣を, 意味を, 態度から, 態度でなく, 或いは客観, 批判とが, 抵抗によって, 描写だけ, 描写という, 描写の, 文字に, 方は, 方向への, 明徹を, 景色と, 本性, 条件に, 極端に, 概念が, 概念の, 涼しさ, 現実に, 現象界にも, 目を, 相互限定から, 相関関係だ, 真相に, 立場に, 終局の, 絶対確定性を, 習慣を, 自由であり, 舞台に, 荒海でも, 融合した, 衣装を, 表象能力に, 見とおしそして, 規準として, 観照が, 観照に, 証明の, 認識である, 超越が, 超越なし, 関係は, 高さ

▼ 客観~ (78, 2.3%)

11 於て 8 重きを 4 動かされたる自己 3 ぞくすと, 制約される 2 ぞくすこと, ぞくするもの, 制約され, 含まれること, 対応する, 於ては, 関係付けられること

1 [35件] あるの, いつはれないもの, うらづけられたより, その権利根拠, ぞくさねば, ぞくすであろう, ぞくすという, ぞくすもの, ぞくするの, 働きかけて, 全く制約, 外ならない, 外ならなかった, 媒介された, 媒介する, 客観が, 対応しなけれ, 専ら相対的, 就いても, 属すこと, 属すもの, 属する, 属する故, 戻って, 於いての, 於ける具体性, 於ても, 没頭し, 由来する, 相当する, 眼を, 立脚した, 近い態度, 関係付けられて, 限らず主観

▼ 客観主義~ (72, 2.1%)

4 の文学 3 の詩 2 であるべきだった, と共通, の立場, を代表, を標号

1 [55件] あしき客観主義, がロマン, が観照本位, だ, だと, であって, である, であるに, でなければ, で純粋, とがそれぞれ, とがどこ, とたたかっ, とどんなに, との両極, との対立, との統一, とは全然, とは凡て, とは情意, とは抒情詩, とは詩, とを二人, とを対照, と云われた, と思わせる, と日本独特, などという言葉, に傾き, に対して構成主義, に対置, に属する, に帰着, に立つ, の一例, の人, の典型, の否定, の哲学, の対立, の形式楽, の意味, の文芸, の方, の芸術, はいわば, はこの, はどこ, は本質, は近代, を対照, を徹底, を標榜, を認識作用, 即ち抒情詩的精神

▼ 客観~ (60, 1.8%)

3 我が物 2 どこまでも, 主観に, 写して, 写すこと不完全, 意味する, 描き尽さずして, 構成する, 認識する, 超越した

1 [39件] いうか, そのものとして, その存在, ただ対立, 与える, 中心と, 主と, 主観から, 主観が, 主観自身の, 予想しなけれ, 俟つてその, 写すこと, 写すところ, 写す処, 写生しよう, 出て, 前に, 取り扱う, 基礎として, 如何に, 尊ぶ, 形成する, 意味した, 成り立たせる時, 持ち難い, 描写した, 描写する, 標語し, 欠いて, 生産する, 見る目, 見観照, 観る目, 語ること, 説くところ, 通過しない, 鏡の, 離れて

▼ 客観写生~ (55, 1.6%)

6 ということ 5 という事 3 を説く 2 という, というの, の技, の技倆, をおろそか

1 [31件] から一歩, でありながら, である, という信条, という方法, という言葉, といっ, とは斯く, と主観描写, にめざめ来り, に基礎, に始まり, に熟練, に終る, の上, の作品, の修行, の妙技, の様相, の説, は, をすべきだ, をする, をせよ, を以てします, を修練, を志し, を浅く, を試み, を試みよう, を進むる

▼ 客観との~ (51, 1.5%)

7 対立を 4 対立という 3 対立は 2 媒介的統一は, 対立に, 絶対的な, 関係に

1 [29件] それである, 一つ一つは, 一致が, 交互関係などに, 交錯は, 例の, 切り結んだ面, 区別が, 区別によって, 反省乃至, 合一, 同一化, 同時的成立の, 同時的成立を, 問題に, 噛み合いを, 対立, 対立ある, 対立から, 対立が, 対立などという, 対立によっては, 対立関係を, 差別の, 或る, 相違は, 認識論的, 間には, 関係つまり

▼ 客観~ (43, 1.3%)

4 主観との 2 主観とが

1 [37件] いうだけで, いうべくあまりに, いっても, しよう, する血, どちらが, なって, なること, なるため, なると共に, 一致する, 主観という, 主観として, 主観は, 云うこと自身, 云ふ, 仮定し, 区別される, 合一し, 同体に, 名づける, 名づけること, 呼ばれる理由, 呼ぶこと, 呼ぶもの, 呼ぶ動機, 命名され, 客観性とは, 客観的とを, 看做されて, 考えられるよう, 考えること, 考えるの, 英雄自身の, 見られる故, 言うも, 関係なく

▼ 客観~ (42, 1.3%)

5 して 4 されたもの, されて

1 [29件] されたものの, された問題, された場合, された直観空間, された量質, されない主観, されない側, されねば, される, されるが, されること, され客観的, され対象化, され必然化, したという, し対象化, し得ぬもの, する力, する技術, せしめました, せられた知識, せられるという, でありファンテジスト, とか観念的, に外, に於, は単に, も必然化, を触発

▼ 客観描写~ (40, 1.2%)

2 に戻る, を主

1 [36件] があくどい, が俗悪, が出来ず, が出来る, が堅実, が瀟洒, が軽, が高尚, であるけれども, である如きであって, といい, ということ, というの, という事, という袋, という鉄則, とされる, に依っ, のもの, の力量, の句, の基礎, の小説, の手法, の根本, の極意, の欲望, の物, の筆, の進んだ, は炭火, をした, をしよう, を俳句, を利用, を透し

▼ 客観的存在~ (32, 1.0%)

3 を与える 2 が人間

1 [27件] がそれ自身歴史的社会的存在, が主観, が厳然, が就中実在, であると, でないという, とか社会的公共性, としての物そのもの, としての物質, としての自然, として描写, となる, にし, に就い, のみならず, の三つ, の反映模写, の否定, の真理, は認め, をば意識主観, をもち, を与え, を信ずる, を公認, を模写, を認め

▼ 客観的態度~ (30, 0.9%)

2 の三叙述

1 [28件] から出た, が必要, が貫い, つまり作者, で主知主義, で叙述, で向う, で時間, というもの, とは何, とも名づけられましょう, と言われる, によってどんな, に復し, に重き, のみをとる, の公平, の分け, の又, の描写, の芸術, への転換, をとり, をもっ, を主として, を以て人生, を取り得る, を批評者

▼ 客観~ (28, 0.8%)

5 との対立 3 の対立 2 に属し, に属する

1 [16件] たる純粋美術, ではこうした, とが対立, との二派, との美, とは何ぞ, とは結局, と言う, と言うべき, の叙事詩, の名目, の小説, の文学, の本塁, はその, 即ち抒情詩

▼ 客観という~ (26, 0.8%)

4 概念を 2 二つの, 概念は, 言葉を

1 [16件] こととの, ことに, この抽象的, のは, ものは, ような, わけには, 何かが, 名辞そのもの, 哲学固有の, 哲学的概念が, 平面とを, 意味に, 概念そのものから, 概念にまで, 言葉によっての

▼ 客観~ (24, 0.7%)

1 [24件] いよいよますます深く, きまって, どこまでも, ない, なく客観, 一義である, 主観から, 主観なく, 主観を, 二つの, 何か, 出て, 宇宙時間の, 客観的, 成り立たない, 我々に対して, 操作的な, 柔軟なる, 概念として, 残る筈, 無い, 無かった, 自然と, 非我と

▼ 客観的情勢~ (24, 0.7%)

1 [24件] から必然的, が原因, が彼, が最近二年間, が満州事件, が許さない, によつて, に余儀なく, に立ち到るだろう, のうち, の上, の下, の中, の動き, の否定的, の変化そのもの, の急激, の推移, の歴史的, の運動機構, の階級的反映, はだから, を反映, を自分

▼ 客観~ (23, 0.7%)

2 主観の, 人を, 超越的な

1 [17件] あてがわれたから, その儘主観, その客観性, ただの, なければ, 主観に, 出来ない処, 分裂した, 創造される, 宇宙時間の, 客観として, 平行し, 意識や, 無いの, 空間である, 純粋客観のみ, 脳髄の

▼ 客観的真理~ (22, 0.7%)

1 [22件] が世界, であるであろう併, というもの, とは区別, とは合致, とは神そのもの, と主体的真理, に対するその, に対する主体的真理, に就い, に従う, の一表現, の内容, の概括, はイェルザレム, は主体的真理, は主観的, をわれわれ, を多く, を正しく, を表現, を認識

▼ 客観的現実~ (21, 0.6%)

1 [21件] ではない, としての民衆, としての関係, とはなっ, とは一応, とイデオロギー, と主観, と社会的実践, による被, に対する正しい, に対する眼光, のあり, の内容, の反映物, の客観的運動法則, の豊饒さ, への総括, を反映, を愛国的, を見る, を離れ

▼ 客観する~ (19, 0.6%)

2 ことが

1 [17件] ことの, ことは, ことを, そこに, だけの余裕, というリアリズム, ときに, とデタラメ, と一生, ものは, 事は, 力も, 姿勢, 意味で, 態度とも, 時に, 立場に

▼ 客観的価値~ (18, 0.5%)

4 のある 2 のもっとも

1 [12件] があります, が交替, が大分下落, とでもいふべき, と一致, に於, の少ない, の押し出し, よりはむしろ, を判断, を増す, を持つ

▼ 客観的実在性~ (18, 0.5%)

2 を己

1 [16件] が存する, が有し, が考察, ではなく, にし, について含む, の実在的, はこの同じ, は形相的, もこの同じ, をば形相的, を含む, を含ん, を有する, を証明, を説く

▼ 客観的事実~ (17, 0.5%)

2 の記録

1 [15件] だ, でありこれ, である, であるか, であるという, なの, については考えられなかった, によってそれ, のよう, の制約, の綜合, の軽重, は恰も, を扱っ, を示し

▼ 客観~ (16, 0.5%)

3 ている

1 [13件] てい, てみる, て描写, て早く, て疑う, て見, て見る, て語る, ながら歩いた, 後者は, 構成し, 認識し, 難いの

▼ 客観的世界~ (16, 0.5%)

1 [16件] が人間, が存在, とどういう, と無関係, によって承認, に初め, に対する直接, に法則, のプロセス, の存在, の法則, の論理的内容, の諸, はどう, を反映, を説明

▼ 客観的実在~ (16, 0.5%)

2 である

1 [14件] と無関係, に対する対応関係, に就い, の一つ, の世界, の主観, の判断的知識, の意識, の認識, はある, はまず, をそのまま, を認める, を貫く

▼ 客観的事情~ (15, 0.4%)

1 [15件] からこそその, からは反対物, から決定, がある, がただ, が今日, についての正直, に照らし合わせ, に立つ, の力, の認識, へ能動的, もあり, もかけ, を顧慮

▼ 客観から~ (14, 0.4%)

2 主観へ, 触発された 1 でなく却って, 主観にまで, 出発し, 形成せられる, 現実的, 見れば, 規定され, 規定される, 遠ざかれば, 離脱した

▼ 客観的条件~ (14, 0.4%)

1 [14件] から発生, がある, がなけれ, がアカデミー, が熟し, が特に, の不十分, の前, は固, をつくり出す, をぼんやり, をマルクス主義芸術理論家, を具えた, 及びそれ

▼ 客観である~ (13, 0.4%)

2 とは云えなくなる

1 [11件] からそれ, が故に, ことを, という意味, という結果, とすれ, と考える, ので, 外ない, 客観的である, 表現と

▼ 客観~ (13, 0.4%)

1 [13件] がある, ではない, で個人, との一致, と考えた, の方法, の運動, は彼, への接近, へ次第に, をば相手, を写し取った, を規準

▼ 客観的精神~ (13, 0.4%)

1 [13件] だ二つ, である, でなければ, とか文明, としての生, として云わ, の世界, の如き, の形, の本質, の研究, の論理, は個人的

▼ 客観~ (11, 0.3%)

2 に就い, の唯一性 1 が当然, であるかの, ではない, において物, において自己, に入, の実在

▼ 客観~ (11, 0.3%)

1 [11件] された, しなければ, し乍ら, し得るため, し得る自意識, するだけの, すると, する事, する知的, できること, 出来なかつた

▼ 客観としての~ (10, 0.3%)

3 自然でなく 1 世界である, 世界では, 世界とは, 世界に, 世界においては, 存在は, 自然法則的な

▼ 客観とは~ (10, 0.3%)

1 これに対して, 今の, 勝義に, 同格だ, 多くの, 次第に縁, 無関係に, 考えられない, 自我を, 見られたもの

▼ 客観的知識~ (10, 0.3%)

2 に達する 1 が可能, が成立, ではない, というもの, に近づく, に達し, をその, を求める

▼ 客観として~ (9, 0.3%)

5 超越的である 1 主観に対して, 捉えられるの, 理解されるべき, 私に対して

▼ 客観主義者~ (9, 0.3%)

1 が多い, であ, になるであろう, によって憫笑, に対しては君, の別れる, は人生, は旅行, は智慧

▼ 客観的状勢~ (9, 0.3%)

1 では, とかから来る, に基い, の綜合的暗示, は, はどう, は我々, をありのまま, を早く

▼ 客観そのもの~ (8, 0.2%)

1 から来る, から見れ, が客観的, ではなく, に就い, に弁証法, に範疇, を構成

▼ 客観~ (8, 0.2%)

1 あった, して, ない, 一切の, 亦主観, 双方一致し, 直接でないなら, 筋肉である

▼ 客観主観~ (8, 0.2%)

2 両方面 1 が一つ, の両, の両面, の叙述, の関係, 両態度

▼ 客観的叙述~ (8, 0.2%)

2 を難し 1 において空前, において著く, にかけ, の中, は観察力, を私

▼ 客観的意義~ (8, 0.2%)

1 に於, の側, の評価, は兎, をば最近, を強調, を科学的, を解剖

▼ 客観的美~ (8, 0.2%)

2 と主観的美, に入る, は絵画 1 を現, を現す

▼ 客観的表現~ (8, 0.2%)

1 から喚び起される, がある, というもの, と主観的表現, のうち, の世界, は客観事象, は童話

▼ 客観とを~ (7, 0.2%)

1 二つの, 共に同時に可能, 区別しなけれ, 同時に双関的, 実際に, 混同する, 超越せる

▼ 客観態度~ (7, 0.2%)

1 が出, が完成, と純, の叙述, の成立, の方, を移した

▼ 客観的公正~ (7, 0.2%)

2 を厳守 1 ということ, なの, を守る, を欠い, を欠いた

▼ 客観的描写~ (7, 0.2%)

1 と言われる, に専念, に興味, の作家, をとおし, をやっ, を主として

▼ 客観的真実~ (7, 0.2%)

1 とはディフォーメイション, に立っ, のこと, の認識, を基準, を探究, 及び大衆的幸福

▼ 客観的関係~ (7, 0.2%)

1 が畳み込まれ, にまで一定, に他, の一表現, の中, を味うの, を明め

▼ 客観でも~ (6, 0.2%)

1 あり得るの, ない, ないただ一, ないもの, ない第三者, なく又

▼ 客観~ (6, 0.2%)

1 としての性能, と経験, のある, の確かさ, も具わった, を養い

▼ 客観的存在そのもの~ (6, 0.2%)

1 が弁証法的発展, とは全く, の原理, の客観性, の根本法則, を時

▼ 客観した~ (5, 0.1%)

1 その瞬間, ものの, 場合に, 瞬間には, 記録を

▼ 客観とが~ (5, 0.1%)

1 お銀様, ただ対立, 合致する, 渾然一如と, 絶対的に

▼ 客観なく~ (5, 0.1%)

4 して 1 客観なく

▼ 客観世界~ (5, 0.1%)

1 など在る, に満足, を主観, を反映, を自分

▼ 客観小説~ (5, 0.1%)

2 を提唱 1 が提唱, に変っ, の伝統

▼ 客観的景色~ (5, 0.1%)

3 に重き 2 を美

▼ 客観的評価~ (5, 0.1%)

1 の否定, の基準, はかげ, をその, を失った

▼ 客観的認識~ (5, 0.1%)

1 であるかぎり, に交易, の世界, はでき, を齎す

▼ 客観すれ~ (4, 0.1%)

1 ば当時, ば或, ば既に, ば病的

▼ 客観~ (4, 0.1%)

1 あつて, あるならば, よみかえしますね, 知を

▼ 客観に対して~ (4, 0.1%)

1 主観である, 働きつ, 優位を, 常に優位

▼ 客観に対する~ (4, 0.1%)

1 主観である, 主観の, 関係でなく, 関係に

▼ 客観写生句~ (4, 0.1%)

2 を熱望 1 であること, を唱導

▼ 客観情勢~ (4, 0.1%)

1 がどんなに, によって制約, に対応, を展望

▼ 客観条件~ (4, 0.1%)

1 によって客観的, の上, の全然, 及びそれ

▼ 客観的事物~ (4, 0.1%)

1 でさえなかったら, との直接関係, をその, をそのまま

▼ 客観的効果~ (4, 0.1%)

1 なの, の問題, は別, を持つ

▼ 客観的存在様式~ (4, 0.1%)

1 としての技術, としては, に於ける, の下

▼ 客観的弁証法~ (4, 0.1%)

1 の最も, は新, もまた, を取った

▼ 客観的必然性~ (4, 0.1%)

1 などというもの, によって発生, によって開発, の正しい

▼ 客観的批評~ (4, 0.1%)

1 のせい, の精神, は確立, や科学的批評

▼ 客観的標準~ (4, 0.1%)

1 に従って選択, の定規, は一つ, を以て律すべからず

▼ 客観的理由~ (4, 0.1%)

1 の強弱, の欠乏, も説明, をもっ

▼ 客観芸術~ (4, 0.1%)

1 が考え得られる, の代表, の特色, も共に

▼ 客観された~ (3, 0.1%)

1 存在を, 後に, 真の

▼ 客観であり~ (3, 0.1%)

1 そしてその, 作用は, 知的に

▼ 客観でなく~ (3, 0.1%)

1 それ自身の, むしろ汝, 主体である

▼ 客観では~ (3, 0.1%)

2 ない 1 なくして

▼ 客観なる~ (3, 0.1%)

1 ものとが, 概念と, 現象に

▼ 客観によって~ (3, 0.1%)

1 事物を, 描出される, 認識しない

▼ 客観~ (3, 0.1%)

1 である, に富み, や文章

▼ 客観形式~ (3, 0.1%)

2 と内容 1 の相違

▼ 客観或いは~ (3, 0.1%)

2 存在に 1 対象の

▼ 客観文学~ (3, 0.1%)

1 が是非, の代表, の必要

▼ 客観的事象~ (3, 0.1%)

1 にからん, の内, の記述

▼ 客観的公平~ (3, 0.1%)

1 とを売り, とを実質的, によっては働かない

▼ 客観的可能性~ (3, 0.1%)

1 と一致, に過ぎない, や評価

▼ 客観的把握~ (3, 0.1%)

2 がはっきり 1 を得た

▼ 客観的根拠~ (3, 0.1%)

1 のある, をここ, を語っ

▼ 客観的歌想~ (3, 0.1%)

1 に至り, の歌, は極めて

▼ 客観的法則~ (3, 0.1%)

1 に対する懐疑論, に過ぎぬ, を論理

▼ 客観的状況~ (3, 0.1%)

1 といわれる, はいろいろ, を明らか

▼ 客観的自然~ (3, 0.1%)

1 に対する歴史的社会的構成分子, に解放, の

▼ 客観的表現的~ (3, 0.1%)

3 なもの

▼ 客観的観察~ (3, 0.1%)

1 として屡々, とその, を提唱

▼ 客観的論理学~ (3, 0.1%)

1 となる, に到着, は

▼ 客観的関心~ (3, 0.1%)

1 である実際, は少なくとも, を持たぬ

▼ 客観~ (3, 0.1%)

1 とは多く, にとつて意味, は智慧

▼ 客観~ (3, 0.1%)

1 である, をのみ取る, を得ん

▼ 客観からの~ (2, 0.1%)

1 分枝, 制約を

▼ 客観され~ (2, 0.1%)

1 てみる, 智慧によって

▼ 客観し得ない~ (2, 0.1%)

1 あるまま, で小我

▼ 客観とか~ (2, 0.1%)

1 分つの, 客体とかと

▼ 客観とに~ (2, 0.1%)

1 分化する, 直せば

▼ 客観~ (2, 0.1%)

1 のである, 一つの

▼ 客観なし~ (2, 0.1%)

1 に有り得ない, に芸術

▼ 客観にのみ~ (2, 0.1%)

1 即した観念論, 重きを

▼ 客観にも~ (2, 0.1%)

1 ぞくさなければ, 自然

▼ 客観~ (2, 0.1%)

1 主観を, 懐疑は

▼ 客観より~ (2, 0.1%)

1 主観へ, 主観への

▼ 客観主義化~ (2, 0.1%)

1 したり, の場合

▼ 客観主義的芸術~ (2, 0.1%)

1 とは智慧, の特色

▼ 客観性以上~ (2, 0.1%)

1 の単に, の客観性

▼ 客観性真~ (2, 0.1%)

2 の超越性

▼ 客観的与件~ (2, 0.1%)

1 による制約, のもつ

▼ 客観的佳句~ (2, 0.1%)

2 多しと

▼ 客観的内容~ (2, 0.1%)

1 のこと, のない

▼ 客観的分析的~ (2, 0.1%)

1 あるいは批評的, であって

▼ 客観的基準~ (2, 0.1%)

1 が求められる, を提供

▼ 客観的妥当性~ (2, 0.1%)

1 という, を強調

▼ 客観的存在意義~ (2, 0.1%)

1 そういう意味, によりよく

▼ 客観的存在物~ (2, 0.1%)

1 としてのリアリティー, なの

▼ 客観的実証的~ (2, 0.1%)

1 なもの, な方法

▼ 客観的対象~ (2, 0.1%)

1 であ, なの

▼ 客観的対象化~ (2, 0.1%)

1 すること, の悲劇

▼ 客観的形式~ (2, 0.1%)

1 からより主観的形式, なるもの

▼ 客観的形象~ (2, 0.1%)

1 として把握, を戯曲

▼ 客観的必然~ (2, 0.1%)

1 として持つ, に立っ

▼ 客観的意味~ (2, 0.1%)

1 をもった, を持つ

▼ 客観的手法~ (2, 0.1%)

1 の作品, や

▼ 客観的時間~ (2, 0.1%)

1 も亦, 従って

▼ 客観的現実そのもの~ (2, 0.1%)

1 が全体的, を見る

▼ 客観的理解~ (2, 0.1%)

1 によっても特性づけられなけれ, によって特性づけられなけれ

▼ 客観的研究~ (2, 0.1%)

1 の根柢, を行いました

▼ 客観的科学的~ (2, 0.1%)

1 な批評, な有効

▼ 客観的能力~ (2, 0.1%)

1 が働い, を要する

▼ 客観的芸術~ (2, 0.1%)

1 は主観的, を欲

▼ 客観的詩人~ (2, 0.1%)

1 あり主観的詩人, を見る

▼ 客観~ (2, 0.1%)

1 による, に陥る

▼ 客観関係~ (2, 0.1%)

1 にぞくす, を対象

▼1* [201件]

客観主観かと, 客観からのみ触発された, 客観からは主観は, 客観されたる主観, 客観されるだけ成長, 客観し哀れむ態度が, 客観し委せつぱなしにしたやうな気楽さも, 客観し得られる立場に, 客観し有る世界を, 客観すなわち主知の, 客観たる対象な, 客観だけですでに夫, 客観つまりそれは, 客観とかいう哲学としての, 客観とかから複雑に, 客観とも考えられたという, 客観と共に主観と, 客観などというプロジェクションでは, 客観においてこの二作, 客観について客観を, 客観には弁証法は, 客観にまで転回した, 客観によりて主観的制約を, 客観に対してよりも他の, 客観のうすら明りの, 客観のみならず一切, 客観への侵略が, 客観または対象としての, 客観もが今までの, 客観よりは寧ろ主観, 客観よりも先に, 客観をば概念, 客観を通じてのみ表現せられる, 客観一般が存在, 客観に立脚, 客観主義人間的意欲の喪失, 客観主義浪漫主義と現実主義, 客観主義的に, 客観主義的態度の作家, 客観主義的見地から取り上げる, 客観主義自然主義に反対, 客観主観いずれの態度, 客観主観両面の目的, 客観主観主知主感の解釈, 客観主観感情理屈の語, 客観主観感情理窟の語, 客観乃至対象を, 客観事象によつて, 客観のもの, 客観体小説も斯, 客観価値ではない, 客観価値説でも主観価値説, 客観内在と超越, 客観写生客観描写という事, 客観化そうかという課題, 客観化普遍化して, 客観合一の境地, 客観という同一性, 客観実在と称する, 客観対象乃至事実, 客観式唯物科学の眼, 客観の二首, 客観性客観的態度への転換, 客観性科学性において立ちまさった, 客観性詩人よりもギヨオテ, 客観本来の個体性, 客観概念である筈, 客観に立てぬ, 客観物そのものとの関係, 客観現象としてのイデオロギー, 客観的アイデアリズムでも絶対的アイデアリズム, 客観的メカニズムがあっ, 客観的モメントへ出, 客観的レアリズムの立場, 客観的世界そのものが一定, 客観的主観的な困難, 客観的主観的両者いづれが, 客観的主観的両者いずれが美, 客観的予見と歴史的社会的行動, 客観的人生にのみ心酔, 客観的人生観は空間, 客観的体系に集中, 客観的価値標尺による, 客観的光景を詠んだ, 客観的公共的な権威, 客観的公正憎悪と共感, 客観的共感性への不信, 客観的内容認識の具体的, 客観的写生的描写だと, 客観的分子を多く, 客観的分析主義でなくその, 客観的分析的絵画が科学的複製技術, 客観的判断力を津浪, 客観的利害の意識, 客観的制約である, 客観的即物主義の詩人, 客観的原理に基く, 客観的反映であらざる, 客観的命令的なもの, 客観的土台の上, 客観的圧抑によつて, 客観的地盤を永遠, 客観的基礎というもの, 客観的多面的な検討, 客観的大衆に, 客観的存在たるを失わず, 客観的存在性そのものを云い, 客観的存在者そのものをカバー, 客観的存在自身のこと, 客観的完全性あるいは客観的技巧, 客観的実在そのものと誤認, 客観的実相を尚, 客観的対象性の絶対化, 客観的尺度の歴史的, 客観的局面をどう, 客観的強制と見た, 客観的形相をかり, 客観的性質の文学, 客観的手段自身から云っ, 客観的批判者の立場, 客観的技巧等々と言われる, 客観的技術とがある, 客観的敗北は常に, 客観的方向量を真理, 客観的映像で硝子窓, 客観的普遍的な教法, 客観的景象を詠ずる, 客観的有は本来, 客観的本質は偽善, 客観的根拠欠如して, 客観的根柢より悉く, 客観的構成が可能, 客観的構造を如何に, 客観的歌中に挿まれ, 客観的正当さを欠い, 客観的段階を経, 客観的比較に近づく, 客観的法則化では, 客観的法則性の人間的認識, 客観的特性に在る, 客観的特色の背後, 客観的状態をハッキリ, 客観的独自性は経済現象, 客観的現実事物の物質的必然性, 客観的現実性はそれ, 客観的現実的でなければ, 客観的現象的であり科学的, 客観的理性の自己発展, 客観的理解力進退等についていろいろ, 客観的生理的に若干, 客観的用途と意義, 客観的真実性は著しく, 客観的真実文化の背後, 客観的真相を忠実, 客観的知的である場合, 客観的知識科学的知識ではない, 客観的確立ということ, 客観的社会となっ, 客観的私的の問題, 客観的立体性を有った, 客観的精神之こそ精神, 客観的素材のもの, 客観的紹介の態度, 客観的組織に就く, 客観的経験的の立言, 客観的結果になり, 客観的統一を有, 客観的統制を保つ, 客観的自己限定或いは特殊的, 客観的荘厳を成就, 客観的表情に合, 客観的表現法によつて, 客観的製作は或, 客観的要求の反映, 客観的見物的である, 客観的規準をもった, 客観的視野を失, 客観的視野批判の自由, 客観的観察現実批判の健康性, 客観的観念論と各種ユートピア文学, 客観的観照の明々白々, 客観的観照主義の文学, 客観的解説であって, 客観的認識力との微妙, 客観的説明も必要, 客観的趣味を解し, 客観的進展に努め, 客観的運動法則に参画, 客観的題材のもの, 客観的風物がもたれ込ん, 客観社会に於ける, 客観精神との不断, 客観に感じ, 客観者生活者と芸術家, 客観詩人の徐ろ, 客観をば主観説, 客観論理学か先, 客観論理的な, 客観を深く, 客観との間, 客観の画風