青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「壁~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

墓~ ~墓地 墓地~ 増~ ~増し 増し~ ~増加 増加~ 墨~ ~壁
壁~
壇~ 壜~ ~士 士~ 士官~ 壮~ ~声 声~ 売~ ~売っ

「壁~」 12976, 125ppm, 850位

▼ 壁~ (3333, 25.7%)

65 かかって 55 かけて 40 沿って 34 凭れて, 掛けて, 背を 32 沿うて 31 なって 30 向って 26 頭を 23 身を 22 よりかかって 21 添うて 20 よせて, 立てかけて 19 そって 18 懸けて, 手を 17 貼って 16 寄せて 14 懸って 13 添って, 穴を, 貼りつけて 12 ぶつかって 11 くっついて 10 ついて, 張りつけて, 当って, 耳あり 9 向つて, 懸つて 8 かけられて, はって, 倚りかかっ, 掛って, 穴が 7 うつって, つけて, とりつけて, 一つの, 向ひ, 耳を, 身体を 6 むかって, もたせて, 何か, 張って, 接して, 背中を, 額を

5 [13件] かけた, して, はめこんで, ぴたりと, ぶつかった, 向かって, 向けて, 寄せかけて, 影を, 映って, 書いて, 沿ひ, 顔を

4 [21件] からだを, たてかけて, とまって, はめこみに, はりつけて, へばりついて, よりかかった, 一枚の, 三味線が, 倚りかかり, 反響し, 囲まれて, 大きな鏡, 押しつけて, 掲げて, 残って, 目を, 積んで, 窓が, 立掛けて, 自分の

3 [37件] あり, かこまれて, こだまし, つかまって, つき当って, なつて, はりついて, ぴったりと, ぴったり身, ぶっつけて, ぶつかったよう, ぶつかると, ぼんやりと, スープを, ピンで, 伝わって, 倚りか, 凭れたり, 反射し, 反響する, 吊るして, 天井に, 投げつけた, 映りて, 突き当って, 立って, 立てかけた, 立てて, 立て掛けて, 耳が, 耳の, 詩を, 貼られて, 距てられ, 遮られて, 附いて, 鼻ぶち

2 [181件] あたると, あった, あつた, あてた, あてて, ある三つ, ある抽出, いくつも, いく度と, いちまい貼られて, うつして, うつるの, かかった大きな, かかる達磨, かけたナポレオン, かけた十字架, かけた外套, かけた額縁, かけながら, かけると, くっきりと, さは, さむくも, さわりました, しがみついて, すがって, せめて小屋, た, たたきつけました, つき当り唐紙, つくりつけて, とめて, とりつけられて, なにかが, ならべられその, はさまれて, はめ込んで, はられて, はられました, はりついたよう, ひらいて, ぴったり背中, ぴつたり寄り添う, ぶっかけた, ぶっつかって, ぶっつかると, ぶつかる, ぶつつかつて, ぶらさ, ぶらさげて, まっすぐに, もたせかけ大急ぎ, もたれかかった, ゆきあたると, よりかかりて, よりそって, ドアが, ドシンと, ハタと, ピタリと, ボッと, 並んで, 乱れて, 亀裂が, 人の, 仕掛けて, 体を, 來て, 倚り, 倚りかかった, 倚凭り, 写って, 凭り, 凭れかかって, 切って, 列んだ幾面, 包まれて, 十字を, 反響した, 取りつけて, 取り付けて, 取付けて, 古くから, 句を, 吊って, 名前を, 吸ひつい, 四方八方に, 四角な, 大きい額縁, 大きな穴, 寄せ掛けて, 寄りか, 寄りかかって, 密着し, 封じたる棺, 小さい穴, 嵌めて, 張つてある, 張られた文句, 当てて, 彼の, 懸かって, 懸けられたは, 扉を, 手の甲を, 打ちつけて, 投げつけたり, 投げつけ寝ころんで, 押されて, 押付けて, 押着けた, 拳固を, 持たして, 掛けその, 掛った絵, 掛った黒い, 掲け, 掲げられて, 描かれて, 新聞の, 映した, 映る時計, 書きつけて, 架けられて, 柱に, 梯子を, 棚が, 横に, 次の, 止まって, 歪んだ顔, 段を, 沼の, 沿うては, 活動写真が, 海を, 添った棚, 添ひ, 爪で, 片手を, 物いふ, 異様な, 相, 真赤な, 私が, 私という, 私の, 秘密の, 突き刺して, 突き當つた, 突進し, 立てかけた竹竿, 立掛けた, 立派な, 細く揺れ, 耳, 耳ありで, 肩を, 背中で, 脊を, 色々の, 落ちたの, 蔦の, 行き当って, 触りながら, 貼り付けて, 足を, 近づいて, 近づこうと, 這って, 釘づけ, 釘付けに, 鉄の, 鋲で, 附着いた, 隠れて, 雨漏りの, 面して, 題して, 黒板が

1 [1871件 抜粋] あけた小, あたつた, あったあった浮彫, あの秋山図, あみだ, あるかくしボタン, あるテレーズ, ある小さな, ある画, ある落書き, ある鳩時計, いきあたりません, いつかの, いろいろの, うごいて, うつしだすの, うつつた, うつる影法師, おしつけられて, かいた油絵, かかげぬ, かかったスペイン, かかった塗板, かかった東郷大将, かかった鬼女, かかってる大きい, かかってる毒ガス演習, かかってる訳, かかり大きな, かくして, かけたが, かけたり, かけたマント, かけた反射鏡, かけた支那画, かけた油絵, かけた玩具, かけた額, かけられたの, かけられた數枚, かけられた粗末, かけられた銃, かけ伝, かげぼうし, かこまれた室じゅう, かこまれた部屋, かすかな, きざみつけました, くだけて, くっついた蝙蝠, くっつけて, こう色チョーク, こだました, この絵, これほどの, さえぎられて, さへ, されちまわない先, しがみついたまま, した, しただけ, した穴, してからが, しろの, し海, すぐ目立つ, すりつけてること, ずっと懸け並べ, そいつを, そそいで, その幽霊, それが, たたきつけたくなった, たたき附ける, たてかけた蒲原, ちょいちょいした, ついたあと, ついてるまっ黒, つかえた, つきあたった, つきあたりそこ, つきささった, つき当たったであろう, つけた背中, つつまれた以前, つりさ, ところどころ派手, とび散ってるん, とめられ柄杓, とりついて, とりつけた電燈, どうした, どしん, どんな絵, なったもの, なにかを, なりそう, なる口, のぼるよう, はさまれてる長い狭い, はねかかり火, はめこまれた時計, はめこんだ鏡, はめ込まれた鏡, はられてから, はりつけられて, はり出されて, ひ, ひたと, ひっついて, ひびの, ひろびろと, ぴったり体, ぴつたりと身を, ぶきみ, ぶっつかったから, ぶっつかりしまいに, ぶっつけたとき, ぶっつけてるばかり, ぶつかったとき桿, ぶつからないで, ぶつかり機体, ぶつつけがき, ぶらさがった洋服類, ぶら下, へたばり着いて, へばり着いて, ほりこんで, ぼーッ, まだ懸っ, まと, むかい合って, めぐらされた洋風間, もしや上, もたれかかって, もつれる人影, やや高く, ゆらゆらと, よじのぼりながめおろしたいもの, よせかけ多量, よりかかった死骸, よりかかりうとうと, よりそいながら, ゐる歐羅巴, アルコールくさい, カラカラと, クルプスカヤと, シーツを, スワスチカ, チチアンが, チラチラし, ナイフで, ビラが, ピッタリひ, ピンを, ベタベタし, ペンキで, マルクスの, ヤモリみたいに, 一列ずつ, 一度当っ, 一枚を, 一詩を, 三ツ並ん, 三本石を, 上って, 下げた何枚, 下に, 両脚を, 並べて, 丹念に, 二カ所床板に, 二枚の, 五人分の, 人が, 仄暗く, 仕掛けが, 代用した掘, 仰向いた形, 似て, 住める人, 何かの, 何カ所も, 使われて, 倚つて凡てが, 倚りかからね, 倚凭つた娘の, 倚凭つて銀之助と, 像を, 全身を, 写しながら, 冴子の, 凝る夜, 凭せた, 凭りたる, 凭れかかりその, 凭れたと, 凭れると, 凭れ気味, 凭掛つて汚れた, 出没する, 切り込んだ龕, 刻みつけられて, 剔って, 動く細君, 匍ひ付いた, 十誡の, 卍を, 厳丈な, 取まかれて, 取りつけた吊棚, 取りまかれた八畳敷位, 取り付けた書棚, 取り巻かれてるきり, 取り組んで, 取外しの, 古画を, 叩きつけられた, 各姓名, 吊された黒板, 吊るしたり, 向いたまま, 向かうと, 向けたまま, 向つて出來, 向へば, 吸い込まれて, 周瑜を, 噛みついて, 囲まれた広い, 囲まれた空虚, 囲まれてる狭い, 図面が, 地図が, 坐って, 垂れ下がるの, 堆く積ん, 塗り籠め, 塗る埴谷, 塞がる, 多少の, 夥しいスイッチ, 大きくうつ, 大きく字, 大きく貼り附け, 大きなぼやけた, 大きな四角, 大きな油絵, 大きな跡, 大捷した, 天地山川を, 奥は, 姿見鏡を, 字を, 室内灯の, 寄せては, 寄った方, 寄らせたま, 寄りかかると, 寄り添いながら, 密樹が, 寺用の, 対して, 射かへ, 小さい温度調節器, 小さく貼出された, 小銃射撃が, 尿の, 届く迄の, 嵌めこんだ時計, 嵌めた無数, 嵌入し, 巧みに, 帆村が, 平氏西敗の, 幾十の, 床の間めいた, 引つ掛, 張ったトルストイ, 張られたビラ, 張りつけさせて, 張りながら, 弾丸が, 当ると, 彫りつけた日付, 彫り込まれた上衣, 影絵の, 後頭部を, 恭, 悉く棚, 懸かってる画, 懸けたる外套, 懸けた刀子, 懸けた軸, 懸けられて, 懸し笈摺, 懸ってる自分, 懸つてる畫像, 戸の, 扉が, 打ちこまれた一本, 打ちつけた横木, 打ち当てて, 打突ツ, 投げかけるの, 投げちや, 投射し, 押しあてて, 押しつけられたところ, 押しつぶされさ, 押し当てて, 拠って, 挟撃され, 挿花の, 掛かってる鏡, 掛けたり, 掛けたパナマ帽子, 掛けた華工, 掛けられたあくどい, 掛けるのに, 掛け並べて, 掛ったり, 掛ってる父, 掛つた船の, 掛つてゐる煤けた, 接してる一本, 掲げたロセッティ, 描いた絵, 描かれた, 描かれた菩薩, 摺りつけたせい, 攀じ, 政吉の, 斜め市松の, 日時計を, 明るかった, 映し出した, 映ふ物, 映る自分, 更に狭い, 書いた遺書, 書きつけたがって, 書き終って, 書棚地図標本の, 有る足溜り, 朱房の, 来て, 板敷に, 株の, 梅を, 模様化した, 止めて, 残った蠅, 母子の, 氣づかひ, 汚點, 沢山柄杓, 沿いて, 沿い足踏み, 沿うた腰掛, 沿う無数, 沿つて風に, 洋銀の, 海からの, 淫靡な, 深紅の, 添い西, 添った奥まったテーブル, 添つて渡つて來た, 湿り気の, 滴水の, 漲る瘡蓋模様, 激しくぶっつけ, 濃淡二つの, 煉瓦を, 煤けた入院規則, 熱烈な, 片寄せて, 物を, 瓦屋根を, 画かれた形像, 画く, 異彩を, 痴呆の, 白く抜い, 眼を, 着生し, 石一つ抽け, 砕けた, 破目, 禅家の, 移す, 穿いて, 突きあたり再び, 突き当, 突き当った感じ, 突き当り出口, 突っ張らせもう, 突入しました, 突起し, 立つて, 立てかけた梯子, 立てかけられた, 立てかけ自分, 立て掛け殘, 筋か, 箪笥が, 築き込むの, 精密な, 紙を, 細棹の, 絵葉書を, 続き不思議, 縋る櫓, 罅隙あり, 美しく赤, 羽すべり, 耳ありじゃ, 耳といふ, 肘を, 脱いだ緋, 腰掛けた, 船の, 茅葺きで, 著くる, 薄明り, 蛇を, 血が, 行き当たった, 行き当りました, 術も, 衝き当って, 衡突つて彷徨ひ出た, 装置した, 西洋人の, 見える参詣者, 見出した, 視線を, 触りては, 触れなくとも, 計器板の, 設けられて, 認めると, 貼った, 貼ったラファエル, 貼った新聞紙, 貼られたそれぞれ, 貼りしいたづら, 貼りつけた北海道地図, 貼りつけた錦繪, 貼りめぐらした絵, 貼るよう, 賁臨せる, 赤, 走り書いた有頂天, 踊らせて, 身體全部で, 近い奥, 近きところ, 近く敷い, 近く非常に, 近づく者, 退けば, 這い拡がった蔦葛, 這う処, 這ひ上らう, 造られた風窓, 過ぎないこと, 遠い空, 遣放しに, 重なりました, 針で, 釣る長き, 鉈で, 鏡を, 長な, 関係した, 附着けた, 陽が, 隔てられて, 隠して, 隣りあって, 雨漏りが, 霧降, 青梅の, 靠れ眼, 音階表が, 響くが, 頑丈な, 頼りつけた畫障, 額が, 顎を, 食つ付け, 飾つてゐる, 飾り令嬢, 駈けあが, 高山植物や, 麗, 黒い鉄の, 黒板

▼ 壁~ (2934, 22.6%)

151 上に 67 中に 44 ように, 方を 40 方へ 35 前に 34 ところに 32 上の 29 方に 27 上には 25 下に, 隅に 23 ほうへ 22 ような, 中から 21 上を, 中へ 19 下の 17 穴から, 間に 16 スイッチを, 一部が 15 上から, 面に 14 やうに, 一方に 13 ところへ, 下から 12 上へ, 中で 11 厚さ 10 穴の, 間を, 面へ 9 ボタンを, 上で, 中の, 側に 8 そばに, ほうを, 色 7 ほうに, 一点を, 下を, 破れから, 鏡に, 間の, 隅の, 隅へ 6 あいだに, ところには, 中を, 向うに, 外に, 穴を, 色が, 色と, 釘に, 隙間から

5 [17件] あつさ, かげに, ところどころに, ところまで, 上にも, 中には, 代りに, 内に, 前には, 向うの, 向こうに, 彼方に, 所まで, 様に, 長さ, 間から, 高さ

4 [27件] あちこちに, うえの, うしろに, きわに, すみに, そばへ, ところで, なかに, やうな, 一部に, 一部を, 向うから, 外で, 外を, 奥に, 所に, 掛時計が, 方から, 根に, 色は, 色も, 角に, 賦の, 間へ, 陰に, 際に, 面を

3 [48件] あたりに, しみを, すきま, すき間から, すぐ向う, そとに, ところから, わきの, 一所に, 一方を, 一角に, 一隅に, 上や, 下で, 下へ, 中でも, 中や, 中央に, 側の, 傍で, 切りこみに, 前で, 前の, 向うでは, 外へ, 孔を, 家が, 崩れたところ, 彼方では, 所々に, 所へ, 横を, 漆喰の, 石の, 石を, 穴に, 穴は, 背後に, 腰ばりを, 色を, 蔭から, 蔭に, 裾に, 裾を, 鏡を, 隙間に, 面にも, 高い所

2 [151件] あたりを, あなから, あまりすぐれた, かくしボタン, かげ, くぼんだところ, ごと, しきり, すみへ, すみを, ために, だんろ, つくろひは, ところどころには, ところを, なかへ, はりつけの, ほとりに, まん中に, やわらかいところ, わきに, パイプの, 一戦に, 一点に, 一角, 一部で, 上まで, 上塗も, 上方から, 上方に, 上方には, 上方の, 上部に, 下には, 下は, 下部に, 中にでも, 中にも, 中程に, 中腹に, 中途に, 修覆, 側で, 側には, 側を, 傍へ, 内側に, 内部に, 処へ, 前では, 前を, 剥ち, 割れ目から, 匂いが, 向うで, 向うと, 向う側に, 向こうの, 向こうまで, 向こう側に, 向側から, 向側で, 周りを, 塀で, 夕日を, 外から, 外には, 外の, 外側に, 外側の, 大時計, 天井を, 奥から, 如くに, 小窓, 彼方から, 彼方は, 後の, 所を, 扉に, 断面の, 時計を, 暗さ, 暦の, 材料に, 柱に, 柱へ, 根もとに, 根本に, 横から, 涯まで, 溝に, 白さ, 白色が, 真中に, 破れに, 穴が, 突端に, 窓から, 端を, 縁に, 繕いであったから, 罅からも, 脱落した, 自分の, 色に, 色の, 花みたいな, 落ち柱の, 落書を, 蔦かづら日ましに, 蔭の, 衣服煤ばん, 裂けて, 裂け目に, 裏が, 裾へ, 西寄りの, 角の, 角を, 角掛から, 跡, 釘にかけて, 釘には, 釦を, 銘仙の, 長い廊下, 間とを, 間には, 附け根, 陰で, 陰へ, 隅々から, 隅から, 隅っこに, 隅には, 隅を, 隙から, 隙間が, 隙間を, 際の, 隣に, 電気時計を, 青いの, 額に, 額の, 飾りと, 骨を, 高いところ, 黒板には, 鼠穴へ

1 [1223件 抜粋] あいだへ, あたりが, あちら側まで, あとを, あると, ある塔, ある所, ある街角, いちばん暗い, いっぽうの, うえで, うえ床の, うしろには, うちで, うら, お面, かくし金庫, かげを, かなり上の, きわだ, くすんだ掛毛氈, くずれ落ちたとこ, くらゐ着込み, ぐるりに, ことな, ことを, ごとき山腹, ごとく外部, ごとく立てり, ごと隊を, ささえの, したには, しろさ, すき間の, すぐそば, すぐ向こう側, すぐ後, すこし崩れ, すみからは, すみずみ, すみの, そそり立つ二, その一番下, その柱, そばで, そばによって, たたりを, ついた瓦葺, つづきじゃ, つり棚濡れ縁が, でかいやつ, ところどころが, ところの, どこかに, どこかを, どんな処, ないバラック建て, ない家, ない見晴らし, なかには, にほひ, はげ落ちた大きな, はずれ入口の, ひくい四角い窓, ひび埃に, ひツくり, へマムシヨ入道, ほかにも, ほとんど半分, ままでは, まわりに, ま下, むかうから, むこうが, むこうでざわめく音, むこうでまるで, むこうを, もとには, やぶれ穴, ようにも, わずかの, オルガンの, クラに, スクリーン上に, テレビジョンの, ヘマムシヨ入道, ベルが, ボールドには, 一たんに, 一ヵ所を, 一側に, 一場面の, 一寸した窪み, 一所, 一方から, 一方には, 一枚岩にも, 一点へ, 一番高い, 一端に, 一角も, 一部だった, 一部分であった, 一隅を, 一面は, 七面へ, 三方に, 上であった, 上と, 上のと, 上の空處にも, 上より, 上一面に, 上其堅牢の, 上塗りも, 上昔は, 上部と, 上部の, 下かと, 下こ, 下地に, 下張りまで, 下恐れ, 下草地数弓荷を, 下車道に, 両側に, 中からでも, 中では, 中など, 中は, 中みたいじゃ, 中塗だけ, 中本沢, 中程まで, 中途の, 中間に, 亀裂の, 事件も, 二室しか, 亡将まだ, 人々は, 仇を, 仏像の, 代りを, 会戦長く, 低い空, 佛畫を, 修繕植木の, 側お, 側へ, 傍には, 傍旋花の, 傾斜を, 像が, 入口も, 全面には, 内かは, 内には, 内側で, 内側を, 内外雪こごり積む, 内部には, 円光は, 写真も, 冷たい屋造作, 凹みに, 凹みの, 凹所に, 出口から, 切り取られた断面, 切れ込みが, 到る所, 前なる, 前へ, 剥げた疂, 割れ目に, 割れ目を, 匂いを, 十坪ばかりの, 半ばが, 半分ずつほどを, 南の, 印刻を, 厚いガラス, 厚い屋根, 厚い書斎, 厚は, 原子間に, 反射や, 口から, 古式の, 右側から, 合間などに, 名を, 向う側を, 向こうが, 向こうには, 向こう側には, 向側には, 呼鈴を, 喰い欠かれた大, 四隅は, 土の, 地図も, 地獄絵も, 坂を, 堺が, 塀を, 塗りの, 墜落が, 壁画に, 壞れ, 壮美に, 外は, 外塹濠の, 外輪を, 多いそして, 多くは, 大きな御, 大分の, 大勝を, 大天井, 大戦の, 大捷が, 大玄関, 大理石板の, 大穴を, 大部分, 天に, 奥が, 奥は, 奥底からは, 如きもの, 姿は, 字さえ, 存在を, 宏壮な, 室或は, 家だ, 寸法と, 小さい柱鏡, 小さな扉, 小家にさえ, 小棚, 小部屋, 尖頂は, 屋根の, 屋根木に, 岩場の, 峭抜せる, 崩れて, 崩れる音, 崩を, 嵌め込み棚の, 巌もみぢの, 左側から, 左寄りに, 干菜, 幾つかの, 広くなった, 床に, 店藏造りに, 廊下を, 廻りを, 影へ, 役の, 彼方の, 彼方を, 後には, 後ろで, 後ろには, 後ろ厳粛な, 思わぬ所, 怪物の, 恨みが, 恰好を, 感觸に, 戦で, 戦前に, 戰が, 戸が, 戸棚を, 所で, 扉, 手を, 手前に, 折り曲つた角, 抵抗とは, 振動が, 掛物に, 摺絵を, 支那民家が, 敗戦を, 数で, 文字だけは, 断熱さえ, 方が, 方の, 方へは, 方も, 方薄暗き, 旗を, 旧家が, 明けっぱなしの, 時計が, 時計の, 暖炉の, 暦, 暦を, 暦二十五, 暦二十六, 書卓の, 書棚には, 月の, 木の葉が, 朱の, 板が, 板は, 柱には, 根の, 根元に, 根方を, 梁に, 森林は, 様で, 様子や, 樂書だけが, 模様の, 権現堂に, 横木によ, 横木へ, 欄間に, 欠点は, 正面整列が, 此方まで, 残った内, 水が, 水彩画の, 汚れを, 汚点から, 油画も, 油絵も, 泥や, 浄土図にのみ, 湿っぽいよう, 漆喰かの, 濃い鼠色, 炉の, 点滅器を, 煉瓦の, 爲に, 牢獄の, 状差しへ, 狭間や, 画も, 画像を, 異様な, 痛奇, 白いはり紙, 白い空虚, 白と, 白樺赤樺の, 直下に, 真中辺を, 矢狭間とも, 石に, 石にも, 石面に, 破れたところ, 破れた所々, 破れめから, 破れや, 破れ目を, 破れ穴板戸の, 磨いた面, 神秘な, 穴で, 穴へ, 穴僅に, 空所が, 突き出たところ, 突端まで, 窓の, 窪みに, 窪みへ, 端に, 竹の子笠を, 筵と, 築地橋の, 粗い石, 紙銭の, 素肌を, 絵も, 絹張りの, 緑樹の, 縁が, 織物クルミ床の, 繕ひか, 美しさ, 美人へ, 羽目が, 聳えたところ, 肉も, 背が, 胡瓜を, 腰に, 腰張か, 腰板を, 臭を, 航路図の, 色とだけしか, 色なぞを, 色なりとも, 色や, 花の, 花束の, 苔蒸す, 荒塗りの, 落ちかかった奥, 落ちた処, 落ちた幾つ, 落ちた玄關, 落ちて, 落書きで, 落書の, 蔦をば, 蔭である, 處へ, 衣紋竹には, 表へ, 表面に, 表面へ, 裂け飛ぶ音, 裂目に, 装飾や, 裏側に, 裡へ, 裾だけ, 裾の, 褶を, 襞で, 角と, 設備は, 譽は, 貼紙から, 貼紙の, 賦という, 質感は, 越権沙汰を, 農家が, 近くの, 透間から, 途方も, 道化師の, 部分が, 部屋を, 配置が, 金魚槽右側の, 釘へ, 銃眼の, 鍵の, 長押や, 開閉器が, 間か, 間などに, 間を通して, 附近を, 陰影で, 隅だ, 隅つ, 隅なる, 隅ツこに, 隙間からは, 隙間も, 隙間風に, 障子を, 隠れがに, 難場から, 雫も, 露地に, 面, 面で, 面には, 面冷, 頂きには, 頂には, 頃から, 頭に, 頽れ, 頽れかかれる, 額や, 額縁に, 馬の, 高い一隅, 高い谷, 高所に, 麓から, 黒い廊下, 黒板に, 龍造寺主計へ

▼ 壁~ (1294, 10.0%)

35 背に 18 見て 17 見ると 12 隔てて 11 とおして 10 伝って 9 叩いて, 見詰めて, 透して 8 た, つたって, 破って, 越えて 7 つくって, 見つめて 6 背景に, 見た, 見ながら 5 貫いて 4 うしろに, 伝わって, 叩いたり, 埋めて, 指さした, 洩る, 繞らし, 背負って, 離れた, 露出し

3 [21件] いっぱいに, さぐって, つたうよう, ながめながら, ふまへて, へだてて, みつめて, めぐらして, 仰いで, 叩く音, 向いて, 塗って, 塗るよう, 手捜り, 漏る, 濡らして, 眺めて, 見ました, 見上げながら, 見廻した, 離れて

2 [77件] がんどう, くりぬいて, じりじりと, すりながら, たたいて, つたわって, てらして, なでて, はって, ふさいで, ぼんやりと, みつめたり, めがけて, めぐらしたドック, もって, コツコツと, 一面に, 二重に, 仔細に, 作って, 作る必要, 切り抜いて, 刳り抜いて, 削りとって, 前に, 叩いた, 叩かしたの, 右に, 塗つ, 塗るの, 塞いで, 少し叩き落し, 崩したり, 張って, 打った, 打つこと, 抜いて, 押して, 持って, 指差した, 探り探り左, 支へて, 斜めに, 泄れ, 洩れて, 燃え拔, 登って, 相手に, 眺めた, 眺めながら, 眼で, 睨んで, 破ること, 築いて, 築き上げたもん, 背後に, 蔽って, 見あげた, 見たこと, 見つめたまま, 見つめると, 見つめ坐りつづける, 見まわして, 見るよう, 見れば, 見ろところどころ, 調べて, 貼ること, 蹴って, 蹴つた, 蹴る, 這って, 通りぬけ, 金色の, 離れるなり, 露し, 飾って

1 [838件 抜粋] あけて, あちこちと, あつくする, あますところ, あわせると, いくらも, うちつけたの, うちぬき艇外, うち叩いた, うつ蛾, おしますと, おすと, おとされて, かくも, かく穿つ, かこい花, かるく叩い, きずいたり, くずさせ中門, くづし, くり抜く仕事, ぐるぐる両手, こすりながら, こつこつたたきまわっ, こは, こわさないため, さかしら, さぐり行き, さすり廻して, した小, した漁夫等, しも, じっと注意, じっと眺めた, じっと見守った, すうっと, すこしずつ, すべって, すべり落ちて, ずり落ちた, せに, たたいた, たたいたの, たたきまわって, たたき竈, たたくまね, たたくよう, たてめぐらし, たどり, つきこわして, つき抜けて, つき拔けさ, つくりその, つくるの, つたふ, つついて, てらしたの, とおりぬけること, とかして, とって, とりかこみ, とり巻いてる凹路, どんと叩き, どんどん叩きつづけた, なおして, ながめた, ながめると, ながめ戸棚, なぐりつけた, なし水, なし灰色, なすりつけて, なでまわしながら, にやにや見, にらむよう, にらんで, ぬいて, ぬり換, ぬり直して, ぬるばかりが, ぬる人, のぞきましたが, のばして, のぼるつもり, のり越した, はいあがって, はいでその, はいまわる様子, はかり三階, ひっかいたり, ひつかくと, びくびくし, ふるわれけるが, ぶちぬいた, ぶちぬき無事, ぶち抜いて, へだて, へだてた看護婦室, へだてた裏側, ほって, ぼんやり眺め, まず破っ, またぎ姿, まともに, まわって, みたとき, みつめながら, みて, みると, めぐらされたの, めぐらした一隅, めぐらした四角い, めぐらした昔, めぐらすこと, めぐるが, もつ露人, もとめその, もれる煙, やって, やぶって, ゆすぶった, ゆるがすよう, ようやく数メートル, よじのぼりはじめたの, よじ上りほとんど何ら, よじ上り窓, よじ山, よじ登って, わざ, わざと板張り, ギーと, グルグルと, グレゴール, ジット見つめた, ズブズブと, ズルズルと, トロイアの, ヒラリと, フオンに, ペンキで, ポトポトと, ポンと, 一つでも, 一分の隙も, 一寸二寸と, 一心に瞶め, 一瞥する, 一重打ち抜い, 三十分ぐらい, 上から, 上へ, 下げた怪しげ, 不思議そうに, 両手で, 乗り越えたの, 乗り越えなければ, 乗り越えもしくは, 乗り越え枝, 乗り越したこと, 乗り越して, 乱打し始めた, 仕切って, 仰いだ, 仰ぎ看しに, 仰ぐ, 仰向いて, 伝いながら, 伝い歩いて, 伝った, 伝つて天井裏へ, 伝わる流れ, 何物とも, 余念なく, 作ったこと, 作り有明荘, 作る方法, 修繕する, 傳うて響いた, 傳つて三つばかり, 元どおり, 写生し, 凝視した, 出でざるや, 切ったよう, 切って, 切り取って, 切り抜かれて, 切り開いた, 列ねて, 刺撃し, 刻んで, 割って, 力に, 力一杯つき飛ばす, 包む, 匍いまわり配電盤には, 匍う, 匍ふも, 十五世紀に, 厚く縫っ, 去る一丈, 取りのけあすこ, 取り巻き平地, 取払って, 受け持って, 叩きつけるか, 叩きつづけて, 叩きましょうよ, 叩く平次, 右門に, 向いた処, 向けて, 向こうへ, 喰っても, 四方に, 四角く切り抜いた, 圧しつけるよう, 地上に, 埋めた飾り戸棚, 堅固に, 塗ったしかも, 塗ったよう, 塗った薄暗い, 塗つた倉が, 塗つてる, 塗りかえてさえ, 塗りたるもの, 塗りつぶして, 塗りながら, 塗り代えても, 塗り代えるの, 塗り庭, 塗り替えると, 塗り直した痕, 塗り直して, 塗り終えた時間, 塗るたび, 塗ると, 塗るに, 塗る手つき, 塗る料, 塗る暇, 塞いだ書棚, 境いとして, 境目に, 外へ, 多く使った, 天の, 子細に, 学生たちが, 射て, 山人の, 峙て其下, 崩さなければ, 崩してね, 崩し戸障子, 工人の, 幽霊の, 幾万の, 幾重にも幾重にも丈夫, 延ばす代り, 引きのばすと, 張つた, 張りつめて, 張りやはり, 張る事, 張る紙, 形づくる山, 後に, 後戻りする, 御覧なさい, 御覽, 思ひやるごと, 意味し, 感じて, 成し壁, 手探り手探り奥へ, 手搜り, 打ちつけたの, 打ち抜くこと, 打ち砕いて, 打ち破るという, 打っ壊して, 打っ通して, 打抜く騒動, 打貫い, 抑えて, 抑へ, 抜きて, 抜き床, 抜出た, 押さえて, 押したり, 押し破って, 押せば, 拔き, 拳で, 持つ鉢, 持つ防火建築, 指ざした, 指で, 指でた, 捜しながら, 掠めて, 探った, 探ったが, 控えて, 掩へる, 掻いて, 描くこと, 揺ぶっ, 損し粗造, 搦んで, 摩し, 摺って, 撫でた, 撫でて, 撫でながら, 撫でまわした, 擡げて, 擦ったの, 攀じり急, 攀じ天井, 攀じ越えて, 攀ぢて, 攀ぢ辛うじて, 攀登れる, 支配せり, 散歩する, 斬るの, 明らかに, 有名に, 望みながら, 木立の, 桃色に, 検べて, 検めて, 楯として, 楽に, 構へて, 横絶し, 水に, 永遠に, 汚したり, 洩る煙, 洩れ来る月影, 浸蝕した, 漏れて, 為して, 無性に, 無数の, 焼き切るの, 照した, 照らした, 照らして, 照らしました, 照らし尚, 熟視め乍ら怩つと, 爲せる, 狂氣の, 甜めるほどに, 白く土台, 白く塗り直そう, 白く明るく塗りかえる, 白眼み, 目がけて, 目標に, 真四角に, 眺め, 眺めその, 眺めたそれ, 眺めたらどんなに, 眺めたり, 眺める, 破ったり, 破り家, 破るか, 破る作業, 破壊しなけれ, 破壊する, 碑とな, 磨いて, 礑と, 私は, 穿って, 穿つて, 突き壊す音, 突き抜けて, 突き抜ける方法, 突き破り裏, 突き通して, 突崩し, 突破つて奔流の, 立つ鳥, 立て先生, 第一, 第二, 築いたよう, 築きしは, 築くべし, 精査した, 紙の, 絞って, 縫い岬, 繕い石垣, 繞って, 繞らしたる, 背景の, 脊に, 脱走した, 舞い下り水煙, 荒々しく蹴る, 落し器物, 落し或は, 蔽うて, 虫の, 蝕って, 裸出した, 見, 見かえりながら, 見ただけの, 見たらすっかり, 見たり, 見つめたぎり身動き, 見ま, 見ますと, 見まわした, 見るに, 見るやう, 見上げそして, 見上げると, 見上げるよう, 見出した, 見天井, 見失わないよう, 見詰めたが, 視詰, 視詰めた儘, 角で, 請負った壁辰, 警護する, 貫きその, 貫くだけ, 貫穿する, 赤, 走った, 走り上る数字, 越えたとしても, 越えるの, 越え樹立, 越え軒蛇腹, 越し血, 距てた, 跳び越え騎手, 踏みくじき, 踏んまえて, 蹴った, 身を, 輝し, 輝らすばかり, 辿るの, 透かして, 透したふしぎ, 透す斑ら, 這いさ, 這いずったり, 這い廻った, 這つてわらじむしや, 通しほんのり, 通りぬけちまう, 通るかよ, 通過する, 開きました, 開く時, 開鑿し, 降りる便宜, 除けそう, 隔て, 隔てた向こう, 隔てた隣, 隔てた隣りの, 離れしふたり, 離れ始めた, 雪明りが, 震わす重い, 震駭させた, 露出した, 頂に, 飛び越えそして, 飛び越して, 飛び降るアカイア軍, 飲込んで, 飾るだらうが, 飾るところ, 飾る多く, 飾る絵, 飾る繍帳, 高うし, 黄色く塗り, 黒板に

▼ 壁~ (611, 4.7%)

10 ある 9 あって 8 あるばかり 7 あった, 落ちて 6 見えた 5 落ちたり, 見える 4 あるだけ, 牀で, 立って 3 あるの, 二人の, 切れて, 口を, 残って

2 [33件] あったの, あつた, あります, あると, あるという, くずれ落ち, すうっと, するすると, たちふさがって, とろとろとけ, ぴりぴりと, トラムプを, 一切の, 一度に, 乾き切らぬと, 前方に, 割れて, 動いて, 厚くて, 屏風の, 屹立し, 崩れて, 崩れ落ちて, 日に, 明るくなった, 破れて, 突っ立っ, 草色に, 落ちたって, 落ち軒, 辛くも支えられ, 隣の, 高くて

1 [461件] あいて, あちらこちらへと, あつて, あまりに強く, あらはれて, あらわれました, ありそこ, ありその, ありました, ありません, あり上, あり奥廊下, あり戸口, あるから, あること, あるといふ, あるので, あるもの, あるよう, あれば, あんな厭, いきなりに, いきなり眼, いくつもの, いたんだり, いちばん先に, いっせいに飛瀑, うごきだした, うごくのに, うんとあつく, えぐれて, おりて, かかって, かこみ径, かなり厚く, かぶりつきたいほど, がたんと, がらがらと, くずれおちて, くずれそこ, くずれた時, くずれて, くずれ人間, くっきりと, ぐらりと, こいが, こないだの, こぼれるくらいの, これまでの, こわれる心配, さけて, ささやき墓, さっぱりしすぎ, さまでかたく, しっかりし, しっかりしてる, じめじめし, すこしずつ, すっかり本棚, すっかり絹地, すでに現在, せり出して, ぜんぶ本だ, そこに, そそり立って, その声, それを, ちょうど私, ちらちら見える, ついたて式にな, つきると, つっ立ちビル, つづいて, つづき遠い, つまり花道, つるり, つッ立ッ, てんじょうまで, できたの, できちゃったぞ, できて, できてるかと, でき壁, とけて, どうした, どこへ, どさる音, どしんと, どっと下, どんでん返しに, どんどん窓, どんなに大切, どんな材料, ないから, ないので, なかった, なかつたからと, なくて, なく柾目, にわかに眼, ぬき板, ぬけるという, ぬってないので, のっぺらぼうで, はじまって, はっきりと, はっきり見え, はりに, はりめぐらされて, ぱくりと口, ぱっと日, ひじょうにつよかっ, ひっこんで, ひどく汚れ, ひどく頑丈, ぶるぶるする, ぷんと新鮮, へんなぐ, ほしくなり, ほとんど門, ほの, ほのかな, ほんとうに, ぼろで, ぼんやり明るく, ぼんやり見える, ぼんやり見分けられ, ぽかり, まだそのままで, まだ取り払われ, まだ暫くは, まっすぐで, まっ正面, まっ縦, まっ黒に, まるで達磨, みのは, みるみる消え, みを, みんな取り外された, むきだしに, めぐらされて, めぐらして, もし次, やがて破れた, やけにぶつかる, ゆらゆらと, ゆるみ少し, よかろう, よくなかった, よく光りました, よく見える, よく見る, わるいん, われるばかりの, わを, サーベルを, スーッと, ドアの, ドッと, ビニールの, ビリビリと, ヘナヘナ竹の, ボウッと, ボロボロこぼれ落ちた, ワワーンと, 一呎ばかりも, 一枚硝子に, 丁度一輪の, 丁度大きな, 三人の, 三尺四方ばかり, 三方を, 三百呎の, 三箇所ほど, 上へ, 上まで, 上方に, 下へ, 乾かずまた, 乾かぬうち, 乾きかかったばかり, 乾きたて, 乾くまいとか, 二ヶ所に, 二合ほど, 二段に, 二重に, 亜鉛張りに, 人間が, 仄かに, 今にもぶっ, 今にも崩れ出し, 今は, 低いながらも, 何処まで, 何十と, 何處まで, 作られそれ, 侵入し, 倒れたり, 傾いて, 僕の, 光って, 光り出した, 全く崩れる, 全部でき上がらない, 全部硝子張りで, 八方から, 内側へ, 出口を, 出張った主楼, 出来さらに, 出来た感じ, 出来ます, 出来るだろう, 切れたところ, 前に, 剥げた蒜, 剥落し, 動きだしたよ, 動き出して, 動けば, 十五間間口十間間口八間間口大きな, 半ばはげ落ち, 危なく突っ, 厚いし, 厚いせい, 厚い洋館, 厚うござんす, 厚く出来, 厳然として, 古くなっ, 右側へ, 向うに, 吸い付いた, 吹ききれなかつた點, 四十メートル程, 四方から, 四方に, 地震の, 塗れずに, 壁土の, 壊れたり, 夕方前の, 夕陽を, 多くは, 大きい地図, 大きな円周, 大きな長屋, 大地震, 天井に, 太鼓の, 奇妙に, 女湯の, 妙に, 寂しいから, 密着し, 寒い, 少々落ちた, 少し破れてる, 少し落ちた, 山の, 屹立って, 崩る, 崩れた所, 崩れる音, 崩れ書架, 崩れ落ちた, 崩れ落ちたと, 崩れ落ち扉, 巌壁の, 川の, 左右へ, 市の, 幾つも, 幾百本かの, 床に, 底で, 建築の, 張って, 張られて, 彼方の, 怪しいぞ, 想像された, 手の, 打ち震えて, 抜けて, 抜け落ちて, 拱門形に, 揺れた, 揺れて, 揺れ動く, 揺れ裸火, 損じたばかり, 数マイルにわたって, 新らしく塗りかえられ, 日本の, 時に柱, 普通に, 暗を通して, 暗夜の, 更に大きく, 月の, 有利である, 朦朧と, 本で, 枯木林の, 柱と, 極く明るい, 欠壞し, 欠損し, 欲しかつ, 死が, 殆ど垂直, 残るため, 段々高く, 段を, 毅然として, 気に, 汚ない, 汚なく, 沈黙の, 河に, 流動した, 海岸に, 海防でも, 淡黄色, 深谷へ, 湿っぽい, 潔く光つて窓, 火の, 火焔の, 灰色の, 無いかの, 無惨に, 無言の, 煉瓦を, 煙の, 煤けて, 煤で, 熱の, 燃えだしたり, 燃ゆる, 牀であった, 犯人を, 猛火に, 現れて, 現れ終に, 現われる, 現在において, 瓦斯燈の, 生い立った, 甲鉄の, 畫の, 畳が, 痛々しい, 白いと, 白く快, 白く見えた, 白木で, 目に, 目の, 直ぐ目に, 直接雪に, 真っ二つ, 真先に, 真赤に, 眼に, 石で, 砂壁か, 破られたほど, 破れても, 破れなければ, 破れやすい, 私に, 私の, 穹窿に, 空に, 突出し, 突立っ, 立ちっ放しである, 立ちはだかって, 立つてるきり, 立つ結果, 第三, 粉韲せらる, 糸に, 継ぎ足されたと, 続いて, 繪で, 繰返し落ちた, 聳えたって, 聳えて, 聳え立ち窓, 脂で, 自分たちの, 自分には, 若い街路樹, 落され柱, 落ちかかって, 落ちた, 落ちたぎり, 落ちたこと, 落ちたん, 落ち下地, 落ち屋根, 落ち横長窓, 蒼黝い, 蔦に, 蛙の, 蜒々と, 蝙蝠の, 衝立障壁と, 表面は, 見えその, 見えて, 見えなくなりましたが, 見えました, 見えますが, 見えるよ, 見おろせました, 計器の, 詰り花道, 調べられた, 赤く染まり, 赤み掛かつ, 赭っ, 近い所, 邦家の, 邪魔だ, 邪魔に, 重なり立って, 野中に, 鈍い銅色, 鏡の, 長く続い, 長く続き, 長さ三間, 閃, 閉じた糸筋, 開いて, 開くと, 間に, 闇の, 離れたり, 露出し, 青々と, 非常に, 飛騨側からの, 高いから, 高いと, 高く幕, 高く淋しく薄, 高く谷, 魔物の, 鳴った, 鳴り出した, 鶏冠の, 黒, 龜裂しきれ

▼ 壁には~ (539, 4.2%)

6 いろいろな, 棚が 4 一面に, 立派な 3 りっぱな, 一面の, 真鍮の, 色の, 見覚えの

2 [34件] いろいろの, これも, さまざまの, たくさんの, ゴヤの, ミレーの, 一坪ばかりの, 二つの, 先祖の, 共同新聞が, 古新聞, 大きな窓, 大きな鏡, 巨大な, 彼の, 悉くこれ, 手を, 斎藤与里氏の, 新古和漢洋の, 新聞紙が, 日本と, 明月禅師の, 無数の, 穴が, 空じゅうの, 窓が, 等身大の, 紙の, 絵が, 花笠や, 通風口が, 鋸鉈鎌の, 額縁へ, 骸骨の

1 [436件] あい面して, あの鰐, ありとあらゆる形, いくつも, いくつもの, いく十組とも, いずれも, いたるところ, いつも, いつもながら, いろいろさまざま, いろんなもの, いろんなモザイク模様, いろんな外套, おせい, お房, お爺さんと, かかって, こおろぎの, ここに, こしらえたばかりの, この世における, これから背伸び, しだいしだいに, すぐ鼻, すこしも, すてきに, その上半分, その作者, その半分, その外, それぞれ微妙な, それぞれ新しい, たんすと, つて尼さんに, つねづね御, ところどころに, とりどりの, どうした, どこから, どこにも, どこを, なかつた, なんだか魔物みたい, なんとかいう, ば三十センチほど, ほんのところどころ, ほんの火箸, ほんの腿, まっ黒な, まるであたり, みんなひ, めでたき畫, もういくつ, もちろん絵, もともと土, やはりそれ, りんごの, わたしゃあなたに, アレクサンドラ皇后と, オゾン発生機を, カサ, カレンダーが, ガラス戸だ, グラス, ゴー, サン・ミグエルが, シクスティーヌの, シナの, チベットで, ヂアナと, ツタが, ドイツの, パリで, フライ, フランクリンリンコルンビスマークだ, ベートホーヴェンの, マルクスと, メリー・ピクフォードを, モジリアニの, モスクワ市ソヴェトと, ルッソーの, ルノアルや, ルノアールの, レオナルド・ダ・ヴィンチの, ロダンの, ロマン, 一二枚の, 一種の, 一週に, 一間おきぐらいに, 一食十銭よりと, 七層朝顔型の, 三人の, 三味線が, 三味線も, 三座の, 三枝もしくは, 三色版の, 不思議な, 世界地図が, 中形の, 丹青の, 乾隆の, 乾鮭が, 争議の, 二三日前の, 人声の, 人民から, 人間の, 今年の, 今申す, 仕事の, 仕掛けが, 代々の, 低くて, 何も, 何段にも, 何百とも, 傘が, 優男の, 先生が, 兜と, 入口と, 全面を, 共和時代の, 写真が, 出来るだけ, 刀剣が, 切り離された発火坑, 勇壮活発な, 北斎の, 十八年式の, 十四五段も, 千兩箱が, 博士の, 印度更紗が, 厚い紙, 去年の, 又小さい, 及川道子と, 口に, 吉原と, 吊燭台, 名も, 名匠の, 君の, 周囲に, 四つの, 四幅の, 図面などが, 土が, 地図が, 地図の, 地図宣伝ポスタア軽便の, 坐って, 塵埃が, 壁紙窓には, 壁面の, 夏の, 夏候一疋の, 外国に, 外国の, 大きい洋書棚, 大きい石ころ, 大きい鏡, 大きなた, 大きなだ, 大きなぼんぼん時計, 大きな亀裂, 大きな割れ目, 大きな向日葵, 大きな孔, 大きな掛図, 大きな文字, 大きな書棚, 大きな模樣, 大きな樺太, 大きな水草, 大きな秣草棚, 大きな裸体画, 大きな電気時計, 大きな額, 大型の, 大変な, 大小数枚の, 大時計, 大根の, 大鏡, 天井に, 太いパイプ, 奇怪な, 子供が, 子供の, 子供会の, 子分等の, 孔子や, 学校で, 安っぽい裸体画, 安井曽太郎の, 安井曾太郎氏の, 宝玉が, 家族の, 小さき棚, 小さなスクリーン, 小さな六角時計, 小さな海, 小さな穴, 小さな複製, 小龕, 少し奧, 少年工募集の, 岡が, 峡谷を, 巌谷一六居士の, 工芸に, 帳面が, 常式通りに, 年月も, 幼いクレオン画, 幼稚なる, 幾つも, 幾つもの, 幾分項, 弓を, 弘雄が, 彫刻が, 影法師が, 彼女の, 性の, 悪人の, 或る, 所々腫物とも, 扁額や, 拳大の, 採光の, 採集物の, 支柱を, 教育的歴史的倫理的若く, 数え切れないほど, 数個の, 斜に, 新らしい, 旅人が, 日本地圖世界地圖萬國, 日本画の, 日頃手慣れし, 旧式な, 明り採りの, 明るい色, 昔から, 映画女優の, 春画めいた, 時に戸主, 時子の, 普賢菩薩の, 晴れた日, 書いて, 書棚が, 書生や, 月球の, 有名な, 朦朧と, 木炭や, 木炭紙に, 本棚や, 林冲の, 枠の, 森林に, 極彩色の, 権現堂が, 正義の, 此れ, 段位を, 殿下も, 水牛の, 氷河の, 泰西名画の, 浴衣や, 淡い月, 温暖な, 漁具網法螺の, 漂って, 火の, 無尽会社の, 無数に, 煉瓦が, 煤竹を, 爪や, 父母の, 父親が, 版畫が, 牡丹に, 牡丹刷毛の, 狩野派の, 生徒達の, 田舎屋敷の, 申し合せたやう, 男の, 画額も, 番号の, 當時流行で, 白いペンキ, 白い卓子, 白エナメルの, 白樺の, 白樺材を, 白雪が, 百年或いは, 直径一尺も, 相阿弥の, 看守の, 眞鍮の, 石に, 石炭を, 硝子戸棚が, 磔刑前後の, 神代杉の, 禁煙と, 私が, 種々な, 穴蔵の, 空ぢ, 空ぢゆうの, 空弾を, 窓や, 窓を, 窓一つなかっ, 竹刀だの, 竹刀木刀槍薙刀面胴籠手の, 竹箆で, 簑笠などを, 簑笠合羽草鞋そんな, 精密器械るいが, 純次自身, 絵入りの, 網棚も, 縦横に, 縫いぐるみの, 耐へ, 耶蘇馬槽に, 聖母マリアの, 聞く耳, 肘掛の, 背の, 脂っぽい, 脱ぎすての, 膝当と, 色々いわれ, 色褪せたミレー, 花と, 苔が, 蓋を, 蔭乾し, 薄り, 藤蔓が, 蛇の目の, 蜘蛛の, 蝶ネクタイと, 血だらけの, 血の, 血みどろの, 衣物の, 衣類など, 複雑な, 西洋画が, 見張りが, 規則正しく三つ, 角附き, 誰か, 誰にも, 誰一人として, 象を, 赤い四角, 赤い布, 起居に, 踊って, 軍人の, 軍刀が, 軍隊時代の, 軽々と, 輝ける真鍮, 近き故, 退出の, 遇然, 道場の, 選擧の, 那須の, 配電盤が, 配電盤やら, 酒びたしに, 金づくで, 金や, 金文字の, 鉄格子を, 鉛筆画チョオク画油絵等の, 銃や, 鋤だの, 鋤や, 鎌を, 鏡が, 鏡や, 長ちやんが, 長剣の, 長方形を, 長椅子が, 降矢木家の, 院長の, 電線の, 霧函で, 青地に, 非常な, 非常に, 面会人の, 頂上には, 額さえ, 額縁の, 風景画が, 風景画と, 飾配膳棚が, 駿介の, 驚くばかりに, 高さ四間, 高価な, 髭も, 髯が, 鬢附け, 鮎の, 黄ばんだ着色石版画, 黄八丈の, 黒いカーテン, 黒い鉄板, 黒く煤けた, 黒板も, 鼠の, 鼬鼠の

▼ 壁~ (526, 4.1%)

3 不規則な

2 [22件] あります, すっかり白く, ところどころ崩れ落ち, ほの, ベトンを, 前に, 大陸に, 崩れて, 左に, 急に, 普通の, 汚れて, 石の, 私を, 粗末な, 荒壁の, 落ちて, 落ち戸, 落ち羽目板, 落ち障子, 金沢市の, 音も

1 [479件] あかるいペンキ, あがり切った, あたたかい褐色, あとなく, あの女, あぶない, あまりなかっ, あめ風に, あらかた破れ, あるが, ある大通り, いたみ円柱, いたんでは, いつでも, いつの間にか明るく, いつの間にか衰残, いよ, おもて, かたむいて, からくり仕掛けの, がんじ, きっかり街路, くずれかけて, くずれて, ぐーッと, このとおり, この窪, これらの, これ等の, ごうごうと唸る, ごく高かっ, さるけだかい, さわって, さんご, しずかに, しっとりと, しみに, しめつて, すっかり貝がら, すっかり雨, すでに二週間, すでに春, すでに雲, ずいぶん高く, ずっと短く, そうたやすく, そこが, そっくり落ちた, そのよう, その上部, その並びざま, その内部, それほどの, それら多くの, それを, ぞんざいに, たうとう, たがいに, だんだんあがっ, だんだんに, だんだん大きく大きく, だんだん近く, ちっとも見えなかった, ちょうどベルカン, ちょうど大きな, ちょっと灰色, ついにお, つっ立ちました, てんじょうまで, できるだけ頑丈, ところどころはげ落ち, ところどころゆれました, ところどころ禿げ落ち, とても通れぬ, とりも, とろとろと, どこに, どこも, どれでも, どんな材料, どんな紙, どんな色, なかなか乾かぬ, なく床, なんの, にぶい金属的, ぬらぬらし, はたしてほんとに取除かれた, はなはだしく風雨, ばさばさと, ひじょうに丈夫, ひっそりと, びしょびしょに, ほとんど切り立っ, ほとんど垂直, ほとんど蔦, ほんのり淡紅色, またもと, また白く, また飾り, まだなかば, まだよく見えます, まだ中塗り, まっくろに, まったくその, まったく装飾, まっ暗に, まっ白く, まっ白に, まるで金槌, まん中あたりで, みずからを, みな鈍き, みんなぴかぴか, むやみに, めりめりと, もうあの, もちろん中, もと中央アジアで, ものみな滅びはてた, やさしく地味, やぶれ柱, やや前方, ゆがみどの, よく乾かし, らい病に, りつぱな織物で, わが自動車, ゑりしかすむ, ギザギザには, クリームに, クルリと, コンクリートだ, コンクリートで, コンクリートのは, ゴロゴロと, センベイの, ソルボンヌ大学の, タイルででも, テツクスだ, ニッパの, ビニールの, ボロ, ムキ出しの, モーリス風の, レンガだけ, レンガで, 一めんに, 一も, 一カ所だけを, 一層尖り, 一帯に, 一年に, 一枚の, 一様に, 一歩でも, 一波が, 一種の, 一面に, 一面の, 七宝の, 上の, 上まで, 下が, 両側に, 両方から, 中塗の, 中程を, 丸太が, 丸太で, 乗り越せるもの, 二ミリメートルくらい, 二百米を, 五寸ずつ, 五寸程の, 京都の, 人の, 今なお, 今にもその, 今に中塗り, 今の, 何処までも, 余りに狭, 側へ, 傾斜の, 元来が, 元来何と, 元来何色だった, 光線に, 全く窓, 全体が, 全部ローブを, 全部丸太を, 其の背面, 冷え冷えと, 冷煖房を, 凡て白く, 処々壊れ, 切り立ち入り組み霧, 切り立てたよう, 刑事の, 剥げて, 剥げ落ち, 剥落し, 割り板と, 動かない, 北の, 十メートル位しか, 十九世紀末葉の, 十幾年ぶりで, 十町ほども, 半ば落ち, 半分焼け落ち, 南方から, 南面東隅のみが, 印度更紗模様を, 卵色で, 厚いでしょう, 厚いレンガ積み, 厚く二階, 厚く床, 厚さ, 厚さ四インチ, 厚しも, 厳重に, 反宗教的諧謔, 古い粘土色, 古新聞, 叩くと, 右に, 同じやう, 同じよう, 同じ赤煉瓦, 名作の, 向い合って, 呼吸し, 四十度以上の, 四方とも, 土に, 圧搾した, 垂直に, 堅いので, 塗つてなかつた, 塗りが, 塗りたてといふだけ, 壁を, 壁掛と, 壁紙で, 壊れた宇宙艇, 壊れます, 壞れ, 夏口より, 外部は, 外部よりも, 多くうす赤い物々しい色, 多くの, 大きく丸く切りとられ, 大切な, 大抵全部, 天井までは, 存在しません, 宋江の, 完全だ, 完全に, 実は舗石, 容易でなかった, 小ゆるぎ, 少し永く, 屈辱という, 屏風岩とも, 岩である, 岩の, 峭立の, 崩れかけて, 崩れたま, 崩れたまま, 崩れ鉄条網, 崩れ障子, 崩壞する, 巣窟と, 左右とも, 巨大で, 布張りで, 席を, 年を, 年古, 幾何の, 床から, 廊下の, 彼らにとって, 微動さえ, 思いのほか薄く, 思ったより, 思ひの, 悉くひ, 惨忍, 戸棚と, 戸棚を, 所々大きく, 打ちこわされひろびろ, 抵抗できない, 揺らぎ石, 損ぜぬと, 攀登れ, 数千度の, 文学の, 断末魔の, 方向転換の, 日を, 日本アルプスにも, 日本本州の, 暗く柱, 暗く肥桶, 暗緑色, 暗褐色, 曲面を, 書棚で, 最早現れる, 朝の, 朝日に, 本だ, 本当に鎮静剤, 板囲の, 板張りである, 果ても, 根岸という, 格子に, 棚で, 楽に, 横に, 次第に薄い, 歯の, 歯車形の, 殆ど砂壁で, 殆ん, 民家と, 水びたしの, 水際から, 泥血に, 流るる電, 流行の, 海と, 海底を, 海洋からの, 湿気の, 漆喰も, 濕氣を, 烈しく照りつけられる, 無惨な, 無盡藏, 焼けた竈, 焼けて, 煉瓦だろう, 煉瓦造りで, 煤で, 物を, 特別の, 狹苦しい, 癩病やみの, 白いが, 白い紙, 白かつ, 白くテーブル, 白く日, 白く雑然と, 白ペンキ塗りで, 白塗りで, 白塗りでございます, 白痴の, 百米余も, 皆活動し, 益々高, 相面した, 眞黒に, 真紅の, 知って, 石垣の, 石造りである, 砂ずりだ, 砲弾の, 破れて, 破れなかったし, 硅岩では, 硝子の, 確かに, 磨き立つた黒檀, 穴だらけで, 突立っ, 窓と, 竪薦で, 簾で, 紅くぬられ, 紅殼で, 純らこの, 絵で, 絶えず彼女, 綺麗です, 緑に, 縦五尺横三尺ばかり, 羅馬時代の, 美しい彫刻, 聖書に, 胴差が, 腐った, 腰の, 腰板が, 自分で, 自分を, 自然の, 花崗岩で, 茶色の, 荒壁で, 荒壁一枚張です, 落され炉, 落され爐, 落ちかかりすべて, 落ちてるし, 落ち低い, 落ち傾いて, 落ち土蔵, 落ち柱, 落ち瓦, 落ち襖, 葡萄薔薇の, 蒼茫たる, 蔓蘿に, 蔭に, 薄いので, 薄く彼等, 薄桃色, 薔薇の, 薬品戸棚と, 處, 行き止まりには, 街路を, 裸の, 見えないらしい, 豪雨の, 赤く塗っ, 赤く書かれた, 赤く階段, 赤し, 赤瓦を, 野原の, 鉄筋の, 鉄色であった, 鍵の, 開いて, 開かれて, 防音材料で, 隙間風が, 隣室に, 雨と, 雨も, 雨漏りで, 雪の, 電気装置の, 電燈の, 霧の, 露語と, 青い紙, 青味を, 青葉に, 非常に, 頂銃眼の, 頽れ, 風雨に, 風雨によって, 高くは, 高く流, 鮮血を, 鹿島槍側に, 黄ばみ全体, 黄を, 黒いので, 黒い煉瓦, 黒い陰氣, 黒ずみたれど, 鼠いろ

▼ 壁~ (311, 2.4%)

13 向って 6 手を, 頭を 5 背を 4 かけて, 身を 3 かけた, 体を, 倚りかかっ, 向かって, 背中を

2 [23件] かすかに, かっと見えない, よせて, よりかかって, ピッタリと, ピンで, 倒れかかった, 凄まじいもの, 凭れて, 懸けて, 打付けて, 押しつけて, 掛けて, 日が, 白墨で, 眼を, 穴が, 穴を, 立てかけて, 走って, 躰を, 非常に, 馬を

1 [212件] あてが, あてたまま, いうよう, いつか一めんに, おしつけられ蒼白, かかって, かかると, かくれて, かけそれから, かっと虚ろ, くっつけくっつけして, くっ付いて, このわたし, これを, こんな落書, さへ, しがみつこうと, すっかりくっつい, たたきつけた, たたきつける, つけた方, つけて, づしりと響いた, とびこんで, とびついて, とまるところ, どんとぶっつかっ, どんとぶつかり, はいって, ひきよせる間, ひらいて, ぴったり体, ぴつたりと體を, ぶったおれ, ぶっつけて, ぶつかった, ぶつかったが, ぶつかったの, ぶつかったので, ぶつかって, ぶつけた, ぶらさがって, ぺったり蜘蛛, まぼろし, むいて, やったところが, やもりの, よろけかかると, シークに, ジャック, ピシャリと, ピシヤリと, ピッタリとくッ, ピッタリ着け, ピッタリ背中, ピッタリ身, ヘバリつかなけりゃなりません, 一幀の, 万年筆で, 三本の, 上つて白い, 両手で, 乱暴な, 二条引いた, 人柱, 人柱を, 付いて, 付けた, 仰向けに, 何か, 倒れか, 倚たせた, 凭れた, 出て, 別の, 勢いよく体, 匐いこん, 叩きつけたなり, 叩きつけてね, 叩きつけても, 叩きつけられて, 叩付け, 吊したの, 向いて, 向きなおって, 向けたまま, 向けて, 向ったまま叫び, 吸われて, 吹き寄せられた四枚, 吹き寄せられて, 噴水を, 圧力を, 塗りこめて, 塗りこめられて, 塗り込んで, 外らして, 大きな一枚板, 大きな窓, 女の, 守宮の, 宮守の, 寄せかけて, 寄せて, 寄って, 寄りかかった, 届きません, 届くの, 嵌めこまれた, 左の, 帰りついて, 座敷の, 引附い, 当った, 当る, 懸けた, 懸けたまま秋, 懸けては, 懸けられた非情, 懸けると, 手で, 投げかわされてね, 投げつけた, 投げつけ母后, 投げて, 投付けた, 押した, 押しつけた, 押し寄せて, 押し当てて, 押着けた, 指を, 捻じ向ける, 掛けた, 擧ぢの, 斑点を, 映した時, 映った, 映つた彼, 映る日影, 更紗を, 板でも, 歌ひとつ染めむねが, 残して, 母と, 沁み込むよう, 沿って, 消炭なんか, 消炭なんかでで, 添いて, 渡した色紙, 渡って, 湯が, 濃い陰影, 無数の, 照明を, 爪の, 片手を, 物を, 特別彼用の, 生きた人間, 登って, 目を, 突きあたった, 突っ込んだところ, 突当って, 突当り悲鳴, 立ち別れた, 立て懸けて, 立て掛けた, 筆を, 紙片を, 細いひも, 緑色の, 縦横には, 繁殖し, 繋いで, 耳も, 耳を, 胸を, 自分の, 行きも, 行く道, 行って, 触って, 記号を, 谷水が, 貼った鏡, 貼りついて, 貼りつけて, 貼り残された一枚, 貼付ける, 走った, 足を, 身体を, 身體を, 近づいて, 近づきけるに, 這上る, 這入るか, 這入る事, 釘づけ, 釘の, 針で, 鍵の, 長く大きく映し, 開いて, 階子をば, 電燈で, 響くの, 顔を, 鶴嘴を

▼ 壁~ (288, 2.2%)

14 壁との 9 なって 6 直角に 5 壁の 4 すれすれに, 言ふ 3 いたしましょう, 天井とが

2 [25件] いうよりも, いっても, 云はず壁板と, 反対の, 右側の, 同じ色, 向うの, 壁と, 壁に, 天井が, 天井との, 天井には, 天井の, 屋根とを, 床との, 映じて, 睥めっ, 穹窿とには, 空気の, 窓との, 調和を, 障子とに, 障子との, 障子の, 鼻を

1 [190件] あたらしい畳, いうほどの, いうより, いっしょに, いって, いつしよ, いわず天井, いわず婦長さん, いわず柱, いわず温突, おなじ平面, しずかな, した爆裂火口丘, し小, し数条, し理想, すりガラスの, すれすれの, そのうえに, その両翼, それから自分, それが, それに, そればかり, たたみと, つながって, どこの, なった, なった円木, なつたり, なつて, なりそれ, なり又は, なり幕, なる, ひらたい屋根, むかいあって, カーテンの, ガラス窓で, チャブ台一ツ火鉢本箱で, テーブルの, 一空さまや, 七つの海に, 三つの, 不景気な, 両々対立し, 云うと, 云うもの, 云う壁, 云はず物置の, 云わずあらゆる, 云わず床, 井との, 亜鉛板を, 併行に, 偃松が, 其両翼に, 其間を, 内の, 分壁, 切妻とで, 切阿, 十二町の, 厳重に, 同じやう, 同じよう, 同じ模様, 同じ漆喰, 和睦しやしない, 四つの, 土と, 地下室の, 垣の, 塔と, 塗りかえられた, 壁とが, 変り頂上, 外の, 大きな塔, 天井と, 天井とで, 天井とに, 天井とは, 天井を, 室の, 宮殿との, 寺塔とを, 封印の, 小さな窓, 小机と, 屋根とが, 屋根ばかり, 屋根瓦が, 岩礁との, 巌壁との, 幅の, 床が, 床それに, 床の, 床を, 戦って, 扉をと, 押入から, 接してる所, 斜面との, 暖かい日, 暗褐色, 枠との, 柱, 柱の, 柵とに, 柿の, 楯を, 機械の, 水に, 水夫の, 水溜りと, 洞窟と, 淡黄色, 清楚な, 温度の, 激流との, 火焔の, 炉の, 瑞西の, 瓦とを, 畳の, 白い河岸通り, 皆自ら光を, 直角を, 眼よりしか, 睨み合って, 睨めっくら, 睨めっこ, 睨め競, 石垣との, 石造の, 砂を, 神学校関係の, 窓と, 窓とを, 窓掛けとが, 粗末な, 純白な, 紙帳の, 紫の, 署してあつ, 自分とが, 茅ぶき屋根の, 草鞋と, 薄樺色, 薄紫の, 衣裳棚とに, 衣裳箪笥との, 襖とが, 襖とは, 襖を, 襖一重向うには, 西の, 見せて, 見て, 見わけ, 見分けが, 見境の, 見紛うばかり, 言うよりは, 言ったところ, 言わずこまかく, 言わず襖, 赤い太い柱, 起した石, 透明な, 鉄格子の, 鉄棒で, 銃眼の, 銅瓦の, 鋼鐵の, 鐵格子の, 閂の, 開きを, 隙だらけの, 障子だけの, 障子と, 障子明りの, 隣り長屋, 離れ屋に, 雲の, 露台とを, 非常に, 高き窓

▼ 壁~ (280, 2.2%)

25 天井も 9 床も 8 襖も 7 柱も 5 牀も 3 戸も 2 ある, あるし, 何も, 古風な, 唐紙も, 微塵に, 扉も, 穴だらけに, 窓も, 踏段も

1 [203件] あちこちに, あったもの, あって, ありません, あり彼ら, あり黒曜石, あると, ある小さい, いっしょに, くすぶって, ぐるぐる廻った, ことごとく黒く, これで, さっぱり白く, したみ, しばしは, しゃんとし, じめじめする, すっかり塗り替えられ, すっかり金色, すつかり, すべては, すべて黄色で, すべて黄金づくりに, そうだ, そのとおり, そのほう, その周り, その柱, それから乾, ただの, ために, ついて, てんじょうも, ところどころ剥げ, とりはらわれて, どちらも, ない小屋, ない羽目板, ない非情, なかった, なき吹きさらし, なく張られた, なく煙突, なく窓, なく裸, なければ, はたただ, ふすま, ぼろぼろに, また庭, また影, また蓆, また赤く, まだ残っ, まっ暗で, まばらに, まる屋根, みた, みんなペンキを, むしろも, やかましい庭石, やがて消えた, わるくない, エンジンも, カーテンも, コンクリートで, テーブルも, トタンの, トンネルの, ベタ一面ぢや, 一緒に, 一面に, 三舎を, 三重四重に, 上半部が, 乾いたから, 乾かない新, 乾きません, 乾くでしょうし, 人の, 仄白く, 何の, 何時もど, 作者の, 倒れて, 光って, 全くの, 全部テックスで, 其砂を, 再々くずれ, 凡て凸凹な, 凸凹の, 出來, 分別の, 剥げ落ちて, 剥落仕り, 半蔵には, 卓子の, 卵豆腐の, 厚板であり, 厳つい樹木, 古くさくて, 叩いて, 同じよう, 同様であっ, 啼く天井, 喰わねば, 垂直であり, 垂直に, 垣も, 塗つてない, 塗らない白木造り, 塗んねえのよ, 壁も, 壊れた所, 多くなけれ, 大壁みた, 大木の, 大紅蓮, 天井板も, 天然の, 妙に, 完備し, 宮殿の, 密閉された, 寝台の, 尋常で, 屋根も, 工事が, 床の間も, 庭も, 慰みの, 所々ながら, 持たない人, 新しくて, 新に, 旧の, 昔の, 普通屋根も, 本式の, 本棚で, 板も, 板を, 槍の, 気味わるく, 水に, 汚れた人々, 没交渉な, 湯気を, 滅茶, 灰色に, 為に, 無ければ, 物かは, 物の, 狭しと, 瓦も, 生乾きの, 畳の, 畳も, 白い, 皆新しく, 真白な, 石である, 破らずに, 破れて, 破れんばかりに, 突抜けて, 突破る勢, 窓掛けも, 粉微塵に, 紙を, 羽目も, 自然木で, 船の, 良質の, 落ちた破れ寺, 落ちて, 落つるばかりに, 蔽われて, 見あたるまい, 見えず暗い, 見えず見えずなりぬ, 見えない, 重い鎖, 釜も, 鉄の, 門も, 附属した, 障子も, 雪の, 青く白く浮出す, 静かな, 飛んで, 飯櫃の, 鮮かに, 鶏どもの, 黄色で, 黒い, 黒く塗られ, 黒布で, 鼠色に

▼ 壁から~ (209, 1.6%)

5 壁へ 4 出て, 剣が, 天井から 3 天井まで

2 [14件] おろして, 剣を, 壁に, 壁へと, 壁まで, 壁を, 外して, 外に, 突き出て, 落ちて, 蔦紅葉が, 銃を, 長押と, 額を

1 [161件] うすい蓙一枚, おろしがく, おろした時, お外し, くりだして, ころげ落ちる方, その教書, その火口底, たくさんの, つきはなそうと, てんじょうから, である, では, なまあたたかい風, なるこの, なる峡, にじみ出たコールタールまがい, はがそうとしても, はげ落ちるの, はずされて, はずした, はずして, はんぶん出, ばらばらと, ぱっとさしこんだ, ひそひそ話声が, びょうぶまでが, ふいに, ぶら下って, むす子, もし一歩, オーケストラの, カウンターの, ヌーッと, ヒラヒラと, ユニフオームを, 一二メートル外側の, 一塊の, 一尺ほど, 一尺以上離し置く, 一枚板が, 下がって, 下って, 下りて, 不幸な, 両足を, 二つ峯の, 二センチほど, 人の, 伝はつて, 体を, 傳は, 僅かに, 先に, 出入りした, 分泌される, 剣の, 剥がして, 剥れおち, 剥離し, 北風が, 十字架像を, 半分は, 卓子の, 卸して, 反射する, 取りはずされて, 取り降ろさずには, 古ぼけた, 右の, 吹き込む蒸気, 呉へ, 嗅ぎ出した, 嘆きの, 声を, 外し矢, 大きな肉切庖丁, 孔の, 岩が, 岩壁へ, 岩床から, 左へ, 差し出した花木, 床まで, 引き下して, 彼らを, 必死の, 忍び笑いの, 戸棚の, 手が, 手の, 折り返して, 抜け出して, 振向き, 控え壁へと, 攀ぢの, 放し床, 放すこと, 時時造りものの, 東経百四十度の, 棚前を, 横っ, 氷が, 洩れたうわさ, 洩れる一條, 流れ出す, 浸染み出る, 消えて, 深くくぼん, 滝の, 滴たる, 潰走した, 濠, 瀑布と, 火の, 特設の, 生えた芒, 直ぐ深い, 真一文字に, 眼を, 破れ三味線を, 空間漂流器を, 突き出された鉄棒, 突き出た鉄棒, 立ち上がる妖気, 聞えて, 脱ける, 自由に, 藁が, 襖から, 覗いて, 谷まで, 跳ね返された, 身を, 追い払おうという, 逆様に, 這入りねえ, 選み, 金色の, 鏡に, 長々と, 長押を, 開いて, 降りて, 陣, 隅々から, 階段の, 集まり近づこうと, 離さない, 離さないこと, 離して, 離れて, 鞭を, 額ぶちに, 顔を, 風が, 飛びは, 飛び出したよう, 飛出して, 高い草屋根, 黒い旗

▼ 壁~ (198, 1.5%)

9 柱に 5 天井の, 天井を 4 襖に, 襖や, 障子を 3 塀に, 天井に, 羽目に 2 天井が, 天井へ, 屋根が, 屋根の, 屋根を, 床の, 柱の, 襖の, 障子の

1 [140件] いろいろに, ぎりぎり音, こっちの, そこい, その上, たくさんの, たなや, ひっそりした, また気柱, カアテンが, カーテンの, テーブルへ, ホコリだらけの, 三重造りの, 中央に, 便所の, 入口の, 切って, 卓子に, 取亂, 器物に, 四方を, 垂飾りに, 垣の, 塔や, 夜の, 大きい栗, 天井そのものまでが, 天井まで, 天井や, 天井代りの, 天井板は, 天井裏は, 天床を, 家に, 家具や, 家具を, 寝ながら, 寝台に, 小さい火鉢, 屋根は, 屋根や, 巌の, 巖の, 巨大な, 布の, 広告塔に, 床が, 床に, 床にも, 床の間にまで, 床や天井から, 床や天井に, 床や天井の, 床を, 廊下の, 廊下を, 扉や, 整った窓, 敵に, 木の根には, 木柵や, 机の, 杉の, 板に, 果ては眞白, 果ては真白, 枯れた木, 柱から, 柱が, 柱だ, 柱などに, 柱には, 柱や, 柵や, 梁の, 梯子を, 棚などを, 椅子が, 椅子や, 楓の, 横顔や, 樫の, 母の, 焔の, 煉瓦塀や, 生籬や, 畳が, 畳に, 畳は, 発掘物の, 白布へ, 看板なんぞは, 石や, 破れた障子, 種々の, 積雪表面にも, 窓から, 窓など, 窓に, 窓の, 窓は, 窓ガラスを, 築土越し, 約束の, 経帷子の, 絨毯や, 絨毯を, 羽目の, 腕椅子は, 腰板などは, 自動車が, 茶色の, 裂け目から, 裂目にまで, 襖から, 襖だ, 襖で, 襖へ, 襖を, 路について, 辻, 通行止や, 連った, 道具が, 野菜を, 釘の, 鋪石道や, 長押を, 閉め切った窓越し, 閉め切られた窓, 階段に, 障子が, 障子に, 雨の, 雲の, 電灯の, 頂が, 頭の, 黒板や

▼ 壁~ (160, 1.2%)

8 あつた 4 仕切られて, 囲まれて 3 頭を 2 とりかこまれて, 囲まれ他, 壁の, 左が, 死ぬとは

1 [131件] あつて, あんな贅沢, いいの, かくされて, かこった, かこまれたがらんと, かこまれた四畳半, かこまれた式場, かこまれた紅毛, きらきらし, ぐるりと, こすつて, ござります, さながら眼球, しきられた暑い, ずっと囲まれ, そこを, そとの, その上, その右手, それから, それが, それも, でも, とりかこまれた個所, とり囲まれて, のぞき窓一つ, はねか, ひとつドアの, ふさがれたん, ふさがれて, へだたって, へだてられて, まもられて, むなしくたちきられ, よく見る, バクハツに, ユラユラと, 一方だけが, 一方だけに, 一面ほとんど, 三方を, 上から, 両岸, 中廊下, 仕切ったこの, 仕切って, 仕切られた中庭, 仕切られた隣室, 仕切られ世界, 仕切りが, 仕切りを, 以て, 何者も, 其處から, 出入り口は, 出入口らしい, 出来た戸, 出来て, 判然と, 制限され, 包んだ外側, 区ぎつてそこが, 区分され, 半分仕切りが, 取り囲まれた者, 叩いて, 台所と, 周囲を, 唯南, 囲うて, 囲つてある, 囲まれた二間四方, 囲まれた大きな, 囲まれた室, 囲まれた小, 囲まれた小さな, 囲まれた空気窓, 囲まれた菜園, 囲まれた薄暗い, 囲まれ未来, 圍ひ, 圍まれた, 土間を, 塗られた部屋, 塞がれて, 塞き止められその, 壁と, 壁を, 壁際に, 密閉され, 密閉し, 対岸の, 床から, 床の間には, 影の, 擦って, 支えた, 曹操を, 棚が, 沢山の, 洋式に, 片側が, 特に左方, 皺襞の, 窓の, 立ち切つてあつ, 純白の, 綰ねたゴムホース, 繞らされた, 自ら頭を, 行き留った, 行灯部屋といった, 衛られ, 襖や, 討たれた味方八十三万人, 詰め頭だけ, 近視に, 這い上がるたより, 這ひ上がる, 造られて, 隅の, 隔てられてるだけ, 隔てられてるのみ, 隙間も, 風に, 高い天井, 高く囲まれ, 黒い斑点, 鼻が, 鼻を

▼ 壁にも~ (139, 1.1%)

52 たれて 6 天井にも 5 床にも 3 耳が, 耳の 2 たれながら, 箪笥の, 隙間が

1 [64件] あった, いっぱいに, この石楠花, さはらず, しみ一つ出来, すべて絹天鵝絨なんどにて, たれかかつた妻, たれかかりましたね, たれけったるい膨ら脛, たれた, たれたまま, たれた兵士たち, たれた景子, たれた背, たれまた, たれ一心に, たれ村童たち, たれ衝撃, ちゃんと書い, ついて, はりつけられて, まだ去年自分, まだ隙間, やはり同じ, カビみたいに, 一面に, 二三枚の, 信濃金梅や, 傷痕が, 冷や冷やと, 処々地図の, 千代子と, 双龍珠, 同じよう, 同様に, 壁画が, 学生諸君お断りの, 床板にも, 扉が, 扉にも, 扉の, 手がかりに, 映った, 柱にも, 残る隈, 沁みて, 畳にも, 痍が, 白い粉薬, 硝子を, 耳と, 耳徳利にも, 耳灯取り虫にも, 耳草木にも, 花托が, 蝋燭が, 衛兵の, 襖にも, 見ないこと, 触ろうとも, 重たいマホガニイ, 障子にも, 雪どけで, 高山植物が

▼ 壁~ (119, 0.9%)

6 の家 5 と喬 4 の十手 3 の娘 2 が家, と申す, のうしろ, のところ, の胸, の親方, の許, はにっこり, は十手

1 [83件] から受け継い, が, がぽうっと, が喬, が大きな, が帰宅, が御用十手, が落ちつき, が言った, が誘い, が起っ, だの, てエ者, である, でさえ筆屋幸兵衛方, という左官屋, という御用十手, とお, としては喬, とても御用十手, と聞く, と見込ん, と言われる, どのその上, どのどう, につづい, に命じた, に命令, に話した, のおやじ, のこころ, のほう, の出入り先, の息の根, の様子, の父娘, の胸底, の脇腹, の脚, の襟首, の親方さん, の頭脳, はお, はがらり, はぎよッ, はこう, はここ, はすこしむっと, はどこ, はより, はわざと, は勿論, は娘, は岡っ引き, は左官, は御用, は思わず, は悪夢, は手, は手酌, は早く, は水, は猿臂, は相手, は笑い出し, は茶の間, は近所, は部屋, は黙った, へ聞え, へ舞い込ん, ほど同業, もすまし, もふところ手, もニコニコ, も二, も幸兵衛, も無言, も男, をし, をつれ, を呼び, を待っ

▼ 壁ぎわ~ (114, 0.9%)

4 に立っ, へ身 3 に行っ, に身, の長椅子 2 に積みあげた, に置い, のテーブル, のベッド, の寝床, の方

1 [85件] から冷えわたる, から出発, から幽霊, から聞こえ, が空い, であったので, にある, にはおなじ, には張り板, には鉄兜, にまで射し込ん, にりっぱ, にキチン, にスタンド, にズラリ, にピタリ, にベッド, に三面鏡, に並ん, に二つ, に人間, に侍立, に古めかしい, に叩きつけた, に奇怪, に女中, に寄せ, に小さな, に延べられた, に必死, に思い, に押しつけた, に押し詰められ, に据えられ, に掛け, に板, に板敷, に横, に洋服, に狼狽, に発見, に移し, に立ち, に立った, に立つ, に立て, に立てかけた, に置かれ, に腕, に退りこん, に金庫, に長く, に電気, に頬, に香華, の, のディヴァン, の上半身, の低い, の場所, の寝台, の床几, の掛布団, の木箱, の板廊下, の柱, の椅子, の畳, の隅, は少し, へぴったり, へ小突きまわす, へ押しつめた, へ押しもどした, へ押しやっ, へ押し遣った, へ移行, へ置きかえた, へ飛びすさっ, までやって来る, まで攻めつけられ, まで身体, まで遁げ出し, を這う, を離れ

▼ 壁~ (67, 0.5%)

2 に掛れる, の怪影, の釘, の陰影

1 [59件] からさし出した, から彼, でその, なる, に, にあらわれ, にあり, にかい, にかかり, にかけた, には判読, には大きな, には巧, には種々, に一つ, に仰い, に其體, に刻, に大, に左, に弩弓, に掲ぐる, に掲ぐること数日間, に描かれ, に換気筒, に神字, に立っ, に詩, に詩人ポープ, に認むる, に釘, に鉄弓, に青く, のベクリン, の不思議, の人間ども, の名画, の大, の太刀, の太子, の小さな, の広, の扁額, の時計, の書幅, の最も, の画, の路, の電気時計, の鰐, も大路, より下るべし, より落ちぬれ, を忍び足, を歩む, を逆さ, 往々其旧題, 立ちて, 高く掲げ

▼ 壁一重~ (56, 0.4%)

5 を隔て 4 の隣家 3 を隔てた 2 の向う, の軒下, の隣り, 隔てた昔, 隔てて

1 [34件] だし, だった, である, で仕切られ, で差配, といつ, と言っ, にすぐ, にて隣, になっ, になった, によって劃, に区切られ, に廊下, に聞いただらう, のお隣, のところ, の事, の印刷場, の向う長屋, へだてた部屋, へだてた隣りの, を境, 隔てた校長室, 隔てた次の間, 隔てた直ぐ, 隔てた自分, 隔てた道具置場, 隔てた隣, 隔てた隣りの, 隣りから, 隣りでは, 隣りに, 隣りの

▼ 壁~ (56, 0.4%)

2 と云はず, にかかっ, をぶち抜い

1 [50件] から長年, がはずれ, がめくっ, が割れ, が開い, きたない天井, すらも見せ, などを鳴らし, に, には一つ, には武者窓, には段級名, には穴, には蛞蝓, に去年, に取付け, に奇怪, に当っ, に換, に書いた, に来, に突き刺され, に立てかけ, に繋がれた, に纒, に老人, に耳, に西日, のすき, のところ, の下, の反対, の壊れた, の張られてる, の美事さ, の音, は倒れ, は緑葉, へ打ちつけた, へ頭, もすっかり, も黒い, や葦簾, を一尺五寸四角, を叩い, を叩く, を向, を破っ, を破った, を突っぱっ

▼ 壁との~ (52, 0.4%)

19 間に 4 間には, 間の 3 間が, 間を 2 すきま

1 [17件] すき間の, わずかな, われめと, 中間の, 内側それからまた, 合わせ目, 地下城と, 境目を, 柔らかな, 落ちた家, 調和に, 調和即ち, 間いっぱいに, 間で, 間なる, 隅その, 隙間には

▼ 壁越し~ (38, 0.3%)

2 に彼女, に聞き

1 [34件] ですもの, に, にここら, にその, にでも又は, にのぞく, にパリー, に云, に他, に伝わっ, に低, に僕, に反吐, に取れた, に向っ, に察せられた, に小声, に左右, に差出す, に投げ込まれた, に林檎, に果物, に源右衛門, に秀吉, に箪笥, に耳, に聞い, に聞え, に聞えた, に聞える, に見える, に覗き込まれた, に親しく, に金色

▼ 壁~ (32, 0.2%)

3 の上

1 [29件] からグッ, がズッ, がユラユラ, だし, だの階段, でグルリ, とは外, とネオン, と丁度, と硝子管, にとりつけ, には夕陽, によってぴしゃり, にポカリ, に照り映える, の中, の崩れる, の性質, の方, の隅, はすくなくとも, はグッ, は大砲, は燃えあがる, は著しく, は血, も完成, を照らし, を舐める

▼ 壁~ (30, 0.2%)

2 にある

1 [28件] がもし, が一枚, が壁, が盗まれれ, で飾られ, には代えられない, には色, に描かれた, のはぎ取られた, のエジス, の上, の掛つた室, の発見, の盗まれた, の紛失, の紛失事件, の絵, は, は元, も黒ずんだ, をはずし, を一枚, を保険, を入れた, を持ち出した, を盗む, を盗んだ, を買い求めました

▼ 壁という~ (29, 0.2%)

4 壁は 3 壁が, 壁には 2 ものが, 壁に, 壁を

1 [13件] ことを, ものは, 処にて, 名のみの, 場合それは, 壁から, 壁にの, 山頂の, 岩壁に, 文句や, 比喩の, 牢人と, 言葉の

▼ 壁まで~ (28, 0.2%)

2 崩しましたよ, 落して

1 [24件] あつて奥ゆき, うまく注意, きっちり机, さし込む路地, しみとおるほど, すっかり杉皮, とどいて, ふっ飛ぶ肉団, ぶるぶると, もうつけはじめた, 家鳴, 岬の, 差し込む家, 橙色の, 約四間, 落ちて, 蓮の, 血に, 行くかと, 行くの, 行って, 逃げたらもう, 進んで, 開くと

▼ 壁~ (27, 0.2%)

32 のを

1 [22件] かとにかく, からこういう, からこれ, からさほど, から何うに, から明智, か戸, か見, という, というの, とかそんな, とか柱時計, とする, と思っ, のが, のに, んろが, 壁から, 壁だ, 壁な, 壁全体が, 安心しろ

▼ 壁でも~ (27, 0.2%)

2 板戸でも

1 [25件] ありませんでした, あるかの, すうすうと, すりつけさえ, てんじょうでも, ない, みんなアクドイ印度風の, スーッと, ドンドン打ち抜い, 一杯に, 何にでも, 塀でも, 実に一切, 張って, 攀ぢる, 柱でも, 残って, 湿と, 濃くはっきり, 爪先で, 百米前後であっ, 腐って, 見たよう, 負はせ, 食卓でも

▼ 壁ぎは~ (25, 0.2%)

3 に板敷 2 の椅子

1 [20件] であるため, にいつも, に今一つ, に古道具屋, に寝, に移した, に積み重ね, に立てた, に粗末, に置い, に行李, に身, に轉, の一団, の寢床, の箪笥, の綿, の隅, へ枕, へ転げ寄つた

▼ 壁~ (24, 0.2%)

2 にある, に積重ねた

1 [20件] から見おろした, には三尺, にテーブル, に取付けられ, に寄り, に手ごろ, に押しつけられ, に据ゑた小形, に書物棚, に沿っ, に積んだ, に顔, のベンチ, の書棚, の本箱, の棚, の椅子, の籐椅子, の花瓶, を伝つて奥

▼ 壁~ (24, 0.2%)

1 [24件] から白い, があり, がかかっ, が掛け連ねられ, が鋭い, が長い, で装飾, とか号する, と石膏, と額, なんかを今, なんかを氣まぐれ, に扶, のくすんだ, のゴブラン, の包み, の影, の蔭, の鹿, まで全部同色, もルノアール張, をはずす, を手, を買つて來

▼ 壁にかけて~ (20, 0.2%)

2 置いて

1 [18件] あつた, あります, あるたんぽ, あるたんぽ槍, ある清書草紙, ある美しい, ある芝居, その下, つっ立った, にたにたし, ボロボロ浴衣を, 居ります, 朝夕ながめ, 火鉢の, 置くという, 見たところが, 見て, 踏んばり思いきって

▼ 壁~ (19, 0.1%)

4 の家

1 [15件] が機業家, ではこれから, で人間, にいる, に住む, の二軒長屋, の六疊, の半助, の天童太郎親方, の洋食屋, の火, の男, の相, の賑, の部屋

▼ 壁隣り~ (19, 0.1%)

2 の室, の家, の谷五郎

1 [13件] からお, さ, に居る, の半助, の庵崎, の庵崎數馬, の建具屋, の相, の私, の自分, の金次, は賑やか, へヂツ

▼ 壁~ (19, 0.1%)

3 の中

1 [16件] から出, がところどころ, が彫りこん, というの, にすぎなかった, になった, になってるらしく, には油絵, には誰, に台座, のなか, のよう, の内側, の円柱, は彼女, や青銅造り

▼ 壁~ (18, 0.1%)

2 の中

1 [16件] が漸次, が盛, が街路, と數, などがさう, には二三, には何, に畫, のやう, のマグダーレン自身, の今, の御, も天智, や法華寺, を覆へる, を透かし

▼ 壁八十馬~ (17, 0.1%)

1 [17件] が, って男, という者, といっ, と名乗る, にうまうまと, にでも見つかれ, のことば, の死骸, の鼻, はあわて, はそこ, はその, はとたんに, は乗り気, は単に, より朱実

▼ 壁~ (17, 0.1%)

4 の中 3 を開け 2 を開けた 1 から蒲団, にある, の怪異, の戸板, の襖, へ入れ, へ投げこませ, を開ける

▼ 壁かけ~ (16, 0.1%)

2 がかかっ

1 [14件] がさがっ, が飾られ, この下, なども高価, のいい, のよう, の上, の小さい, の画, やうの, やテイブルかけ, 支那の, 花壜が, 行商人と

▼ 壁~ (16, 0.1%)

4 のだ 3 のである 2 のです, んだ 1 のか, ので真昼, ので隣家, のに何で, んです

▼ 壁いっぱい~ (15, 0.1%)

2 の本

1 [13件] にさし, にはいまわり, にイーハトーヴ全体, に五本, に変, に大きい, に大小さまざま, に平, に箪笥, に貼りつけた, に質, のガラス戸, の大

▼ 壁ばかり~ (15, 0.1%)

2 だった, 睨んで, 見て 1 である, でお婆さん, でどこ, では, で寂寞, で窓, な部屋, 天井は, 残すに

▼ 壁より~ (15, 0.1%)

2 成る, 浮きいでて

1 [11件] なお黒く, もぎとられたる一片, もの寂しい, 一気に敗走, 凸出し, 地上降り, 壁に, 数歩の, 火焔噴出すれ, 石材脱け, 頭蓋腔中に

▼ 壁一面~ (15, 0.1%)

1 [15件] にある, に作り, に夥しい, に大穴, に常春藤, に撃剣道具, に春画, に烈しく, に細い, に薔薇, に貼っ, に貼り, に貼りつけた, に黒い, の講義録

▼ 壁塗り~ (15, 0.1%)

2 の際

1 [13件] がすんだ, されて, でも垣根づくり, とで左官, になっ, のよう, の人家, の仕上った, の勘定, の手間賃, をした, をすまさなかった, を一ヶ月

▼ 壁だの~ (13, 0.1%)

2 殊に砂利

1 [11件] おうち, その壁, タンスだの, 土だ, 天井だ, 屋根の, 建具だの, 板だ, 湯殿の, 街路だ, 黒い老爺

▼ 壁~ (13, 0.1%)

4 して 2 の岩崖 1 した岩峰, す, する前山, する老, に足, の岩峰, 痛奇

▼ 壁とは~ (12, 0.1%)

1 [12件] いうが, どんなもの, まっかな, 五百年以前から, 今われわれにとって, 余りにも, 出來上, 出来上ったこと, 名附, 強い特徴, 目を, 自然の

▼ 壁伝い~ (12, 0.1%)

1 [12件] に下, に乗鞍岳, に匍, に床, に歩き廻り, に玄関, に盲目蛇みたい, に自分, に身体, に進ん, に闇, の日誌

▼ 壁~ (12, 0.1%)

2 の前 1 が切つて, が数十個, が紋章, というもの, にはじめて, にもそれぞれ掛金, のなか, の中, の積石, やその他

▼ 壁~ (12, 0.1%)

2 は餌 1 がきちきち, が一匹, が鳴く, であった, であつ, のへばり付いた, のやう, のよう, の眼, の背

▼ 壁だけが~ (11, 0.1%)

1 [11件] あるよう, ぐるぐる廻っ, のしかかるやう, まだ残っ, 一メートルも, 四角に, 少しのこっ, 所々に, 映って, 残った, 見えて

▼ 壁を通して~ (11, 0.1%)

2 隣室の 1 さしこむ陽光, そこからは, その薄暗い, はつきりと, 人が, 夢の, 彼らが, 聞こえて, 雑音から

▼ 壁~ (11, 0.1%)

2 をつけ 1 が仄のりと一つ, が点け放し, が点っ, の光, をともした, を憶え, を点け, を見, を見やり

▼ 壁~ (10, 0.1%)

3 何かの 1 そうだ, または障子, 又は障子, 天井に, 床に, 明かならず低い, 襖を

▼ 壁からは~ (10, 0.1%)

1 ずっとへだたっ, づして富岡の, なれた, なれたらいい, なれて, 一番遠い, 生きた花, 石や, 紙片が, 離れなかった

▼ 壁煖炉~ (10, 0.1%)

2 の前 1 があり, がある, のところ, のほとり, の上, の火格子, の薪, もあっ

▼ 壁その~ (9, 0.1%)

2 そぎ立 1 上ならず, 中に, 壁へ, 天井装飾床敷物に, 物は, 窓下へ, 竈その

▼ 壁とを~ (9, 0.1%)

1 ことごとく日本化, つないで, 交えた黒い, 取除かれただけ, 突き通すなんて, 見れば, 距てた, 除いて, 青磁色の

▼ 壁などに~ (9, 0.1%)

1 ひどいひ, 倚りかかっ, 大小種の, 彫りつけたまことに, 手を, 沢山霜, 見られること, 貼られて, 飾つてある

▼ 壁について~ (9, 0.1%)

1 いて, いました, いましたね, かの紫陽花, 今婆さんの, 居る左, 彼の, 煌々あたりを, 階段を

▼ 壁によって~ (9, 0.1%)

1 さえぎられ一きわ, すべての, 他の, 文学的表象という, 白布の, 肱枕で, 遮られて, 閉じて, 黙って

▼ 壁~ (9, 0.1%)

2 を中 1 が閉じた, にピストル, のそ, の外, をとおし, をのぞきました, を通して外

▼ 壁飾り~ (9, 0.1%)

1 が横手, として掛け, と壺, にし, に掛け, のインヂアン・ガウン, の下, の位置, インドの

▼ 壁では~ (8, 0.1%)

2 ない 1 ないし, ないので, なくして, なくて, なく板, 西の

▼ 壁とが~ (8, 0.1%)

1 チョウの, 二三間の, 布の, 接してるすみ, 無暗に, 西日を, 見えて, 陳列室よりも

▼ 壁とに~ (8, 0.1%)

2 血が 1 仕切られた暗黒, 仕掛けて, 拡がつて写つて, 描かれて, 沿ふて走つ, 湧いて

▼ 壁にかけ~ (8, 0.1%)

1 つらねて, とくと立派, ならべた掛け軸, ならべた衣装, 列ねて, 圍爐裡の, 捨てに, 胡桃と

▼ 壁をも~ (8, 0.1%)

2 絵心に 1 一層高み, 乗り越して, 取り囲んで, 意味する, 抜く意気, 突き崩す

▼ 壁見る~ (8, 0.1%)

8 はただ

▼ 壁~ (7, 0.1%)

6 しに 1 しに未だ

▼ 壁である~ (7, 0.1%)

1 から一思い, から容易, ことを, のに, のを, 中央山脈に, 此の

▼ 壁へと~ (7, 0.1%)

1 ひびきわたり廻廊, びまはるあつ, ぶつかった, まっすぐに, よろめいた, 歩き, 眺めまわしながら

▼ 壁~ (7, 0.1%)

1 からは低い, には紺碧, に敷かれ, に積んだ, に風, の暴将兵, の空壕

▼ 壁付灯~ (7, 0.1%)

1 でほんのり, のあかり, のついた, のソケット, の下, の光, をつけ

▼ 壁寄り~ (7, 0.1%)

2 に少し 1 に店, に演奏壇, の大きな, の柱, を幽か

▼ 壁~ (7, 0.1%)

2 の残像 1 から旌旗, がありました, が一つ, が点され, や長い

▼ 壁であり~ (6, 0.0%)

1 そしてやはりひたひた, その壁, 一方は, 床は, 石垣であり, 素材である

▼ 壁など~ (6, 0.0%)

1 ところどころ痛ん, どうして僕, 乾き切らない程, 充分目を, 天井の, 崩して

▼ 壁にでも~ (6, 0.0%)

1 がんと, こすりつけて, ぶっつからない限り, ぶつかった思い, 掛けて, 記銘し

▼ 壁ひと~ (6, 0.0%)

3 えの 1 えとなり, えよ, え隣り

▼ 壁一杯~ (6, 0.0%)

1 にそうですね, になりました, に拡大, に貼りつけられた, に這っ, に野獣

▼ 壁~ (6, 0.0%)

2 から出た 1 あの四人, から二十一篇, に葬られたる, のうるほひたる

▼ 壁~ (6, 0.0%)

2 の紙 1 として迎えられる, や花紋, や襖地, を残る

▼ 壁張り~ (6, 0.0%)

1 に從事, の古い, の手伝い, の絵, も紙, を續けた

▼ 壁~ (6, 0.0%)

1 あるいは白く, とを気味悪, のマント, の空, はあるいは, はスペイン

▼ 壁辰さん~ (6, 0.0%)

2 の娘さん 1 に会いたい, に話す, はいません, はこちら

▼ 壁~ (6, 0.0%)

1 に向かひ, に私, に背中, の中, の前, は一枚

▼ 壁であっ~ (5, 0.0%)

2 てその 1 て奥穂高, て文学的表現, て水平線

▼ 壁といふ~ (5, 0.0%)

1 ものなし, 壁に, 壁には, 壁や, 壁を

▼ 壁とも~ (5, 0.0%)

1 いうべき良書, つかずかと, に赤く, 判らない物, 石垣とも

▼ 壁にあたって~ (5, 0.0%)

1 はねかえるの, ばたばたと, 微塵に, 無気味にも, 砕け散った

▼ 壁にか~ (5, 0.0%)

2 かつてゐた, かつてゐる 1 かつた

▼ 壁により~ (5, 0.0%)

1 かからせた, かかると, かかるとき, かかるよう, 忠僕は

▼ 壁みたい~ (5, 0.0%)

2 なもの 1 な白い, にこんな, につめたく

▼ 壁一つ~ (5, 0.0%)

1 で連, を境, 塗らせても, 越した向う, 隔てた隣同士

▼ 壁一重向う~ (5, 0.0%)

2 の室 1 の焚き, の肥料, は赤

▼ 壁添い~ (5, 0.0%)

1 にも中央, に三尺, に並んだ, に窓, の腰かけ

▼ 壁~ (5, 0.0%)

1 が現われた, に懸け, に頭, の合せ目, の湿気

▼ 壁~ (5, 0.0%)

1 にいえ, にその, に凄, に琴, のさ

▼ 壁からも~ (4, 0.0%)

1 ただの, 屋根裏からも, 春の, 洩る

▼ 壁さえ~ (4, 0.0%)

1 あけて, たしかには, 切り裂くくらい, 抜けば

▼ 壁それら~ (4, 0.0%)

1 の境界, の間, は一所, を云々

▼ 壁だけ~ (4, 0.0%)

1 だ, で下, で窓, 横に

▼ 壁とか~ (4, 0.0%)

1 そんな障碍物, ドアとかに, 小障子, 机の

▼ 壁として~ (4, 0.0%)

1 宮殿の, 日を, 立つには, 計算される

▼ 壁などは~ (4, 0.0%)

1 ついて, 外の, 無論塗ってなく, 金銀幣を

▼ 壁につき~ (4, 0.0%)

1 当るよう, 当る反響, 当る問題, 當らない

▼ 壁にて~ (4, 0.0%)

1 その前, ふさいで, 仕切られるなり, 広き矢狭間

▼ 壁へも~ (4, 0.0%)

1 たれた小一郎, たれ指さき, 床へも, 障子へも

▼ 壁よりも~ (4, 0.0%)

1 ずっと低く, その花, 寧ろ水, 高く溜らない

▼ 壁一重隣~ (4, 0.0%)

1 に住ん, に住んでる, の八さん, の左官夫婦

▼ 壁全体~ (4, 0.0%)

1 がしずか, が上, が揺れる, は刳り

▼ 壁~ (4, 0.0%)

1 ならでは, に起ち, の屯営, へ下り

▼ 壁~ (4, 0.0%)

3 から長押 1 ああ深夜私

▼ 壁~ (4, 0.0%)

1 なぞにも目, は星座, へでも書き散らしかねぬ, へ綾

▼ 壁あり~ (3, 0.0%)

1 と, 直上数千仭草木交も, 直立幾十丈粹然として

▼ 壁そして~ (3, 0.0%)

1 あたり一面我国メインの, その隅, 奥も

▼ 壁~ (3, 0.0%)

1 その内, 憂きは, 狂へる

▼ 壁だった~ (3, 0.0%)

1 こんどこそはと, ところがすっかり, のかも

▼ 壁づたいに~ (3, 0.0%)

1 こそこそ歩い, 廻って, 走った

▼ 壁であった~ (3, 0.0%)

1 が石造, とする, のであります

▼ 壁であろう~ (3, 0.0%)

1 が灰色, と削, と実に

▼ 壁とで~ (3, 0.0%)

1 仕切られたその, 余りに明るかっ, 蜂の巣の

▼ 壁などが~ (3, 0.0%)

1 彼に, 点綴し, 無かった

▼ 壁などを~ (3, 0.0%)

1 こしらえるわけ, 全部土塀に, 見せて

▼ 壁なりに~ (3, 0.0%)

1 写すという, 塞がつて, 撞き当てる方法

▼ 壁にあたり~ (3, 0.0%)

1 がらがらと, 粉々に, 跳ね返って

▼ 壁にな~ (3, 0.0%)

1 つて其所には, つて頭部の, なんか置手紙

▼ 壁によりか~ (3, 0.0%)

1 かつてこれ, かつてゐました, かつて横

▼ 壁への~ (3, 0.0%)

1 抵抗で, 迫力かすれた, 闘ひ

▼ 壁までが~ (3, 0.0%)

1 ずしんずしんと, 物を, 露わに見通せた

▼ 壁よりに~ (3, 0.0%)

1 一台の, 互いちがいに, 古風な

▼ 壁~ (3, 0.0%)

1 刳リ抜イテ, 見カ如ニ而, 隔テテコレヲ聞ケバ大

▼ 壁一パイ~ (3, 0.0%)

1 に並ん, に篏め, の正札

▼ 壁一枚~ (3, 0.0%)

1 で仕切られ, を隔て, 隣りの

▼ 壁一重越し~ (3, 0.0%)

1 であった, で縁側, に全く

▼ 壁中隔梗塞~ (3, 0.0%)

2 を疑わせる 1 の疑い

▼ 壁~ (3, 0.0%)

1 からは白雪, すなわち一つ, の上

▼ 壁~ (3, 0.0%)

1 として半永久的, を済ませた, を濟

▼ 壁天井~ (3, 0.0%)

1 にまでも血, に目, も岩壁ところどころ

▼ 壁~ (3, 0.0%)

1 ではなかっ, の四周, の背後

▼ 壁懸け~ (3, 0.0%)

2 が一つ下つて 1 一枚で

▼ 壁~ (3, 0.0%)

1 に沿う, の小道, の附近

▼ 壁片側~ (3, 0.0%)

1 が庭, は崖, は応接間

▼ 壁~ (3, 0.0%)

1 に鄙びた, の急斜面, を装飾

▼ 壁~ (3, 0.0%)

1 の内側, の内部, は依然として

▼ 壁隣りで~ (3, 0.0%)

1 お向う, 人間が, 若い男

▼ 壁ある~ (2, 0.0%)

1 を, を見よ

▼ 壁いつ~ (2, 0.0%)

1 になく, ぱいにぶら下つてゐる

▼ 壁~ (2, 0.0%)

2 がたる

▼ 壁からの~ (2, 0.0%)

1 くぼみが, 墜落物に

▼ 壁がが~ (2, 0.0%)

2 はりに

▼ 壁ここ~ (2, 0.0%)

1 の丘, の煤けた

▼ 壁さえも~ (2, 0.0%)

1 ゆりうごかすかと, 私の

▼ 壁すら~ (2, 0.0%)

1 射通しそう, 落ちて

▼ 壁そのもの~ (2, 0.0%)

1 がドア, にはない

▼ 壁だけを~ (2, 0.0%)

1 じっと眺め, 殘し

▼ 壁つき~ (2, 0.0%)

1 には六字名号, 破る鹿

▼ 壁つづき~ (2, 0.0%)

1 に出来た, の隣

▼ 壁です~ (2, 0.0%)

1 からとても, よ

▼ 壁ところどころ~ (2, 0.0%)

1 に傾いた, に凹所

▼ 壁とには~ (2, 0.0%)

2 殆ど軸

▼ 壁なく~ (2, 0.0%)

1 また何ら, 天井なき

▼ 壁なぞ~ (2, 0.0%)

2 八畳の

▼ 壁などと~ (2, 0.0%)

1 すれすれに, 大袈裟に

▼ 壁なども~ (2, 0.0%)

1 ところどころすれきず, 露出し

▼ 壁なら~ (2, 0.0%)

1 ばさほど, ばまだ

▼ 壁なり~ (2, 0.0%)

1 国家なり, 床の

▼ 壁なる~ (2, 0.0%)

1 羆の, 虫と

▼ 壁なんか~ (2, 0.0%)

1 なんにも, 綺麗な

▼ 壁にばかり~ (2, 0.0%)

1 くっついて, くつつい

▼ 壁にまで~ (2, 0.0%)

1 かかって, 押しよせて

▼ 壁による~ (2, 0.0%)

1 人, 少年よ

▼ 壁ばかりは~ (2, 0.0%)

1 わたしの, 奇を

▼ 壁ばっかり~ (2, 0.0%)

1 じゃア, なんだ

▼ 壁へでも~ (2, 0.0%)

1 なんでも, 身を

▼ 壁へは~ (2, 0.0%)

1 比較的安全, 高田先生に

▼ 壁までの~ (2, 0.0%)

1 傾斜面を, 間は

▼ 壁までは~ (2, 0.0%)

1 とうてい届かなかった, 行けそう

▼ 壁めぐらし~ (2, 0.0%)

2

▼ 壁よりは~ (2, 0.0%)

1 づして投げ掛くる, 泉湧き出

▼ 壁をと~ (2, 0.0%)

1 とんとんと, ほして

▼ 壁をよ~ (2, 0.0%)

1 ぢのぼり, ぢる

▼ 壁スイッチ~ (2, 0.0%)

1 が押される, をぴちんと

▼ 壁~ (2, 0.0%)

1 っぱい, と重

▼ 壁一ぱい~ (2, 0.0%)

1 に広がっ, に廣

▼ 壁一方~ (2, 0.0%)

1 が納戸, は仕事場

▼ 壁以来~ (2, 0.0%)

1 の宿敵, の感傷

▼ 壁前方~ (2, 0.0%)

2 は腰掛

▼ 壁~ (2, 0.0%)

1 にくねらし, に逆

▼ 壁~ (2, 0.0%)

2 終り大

▼ 壁~ (2, 0.0%)

1 はぎりぎり, はまだぎりぎり

▼ 壁時計~ (2, 0.0%)

1 だった, を見上げた

▼ 壁書き~ (2, 0.0%)

1 から写しとっ, した客

▼ 壁朱欄燦然~ (2, 0.0%)

2 たる宮闕

▼ 壁沙漠~ (2, 0.0%)

1 に没せ, を渡り切っ

▼ 壁~ (2, 0.0%)

1 であるから, の発見

▼ 壁片方~ (2, 0.0%)

1 に釜戸, は重

▼ 壁白き~ (2, 0.0%)

1 小學校, 浜の

▼ 壁白く~ (2, 0.0%)

1 抜きでて, 石垣高く

▼ 壁破り~ (2, 0.0%)

1 の仕事, の異名

▼ 壁~ (2, 0.0%)

2 急な

▼ 壁築き上げ~ (2, 0.0%)

2 て父

▼ 壁~ (2, 0.0%)

1 と壺, をあっち

▼ 壁~ (2, 0.0%)

1 だ, もなお

▼ 壁草刈り~ (2, 0.0%)

2 にいまし

▼ 壁落つる~ (2, 0.0%)

1 危急の, 血煙の

▼ 壁~ (2, 0.0%)

1 がその, の蝙蝠

▼ 壁~ (2, 0.0%)

2 に囲まれた

▼ 壁~ (2, 0.0%)

2

▼ 壁赤き~ (2, 0.0%)

2 山の

▼ 壁辰親分~ (2, 0.0%)

1 である, のまえだ

▼ 壁近く~ (2, 0.0%)

1 には幾百, に跳び

▼ 壁鉄板~ (2, 0.0%)

2 の扉

▼ 壁随珠~ (2, 0.0%)

2 ともおも

▼ 壁~ (2, 0.0%)

1 にはマチス, に嵌った

▼ 壁鮮明~ (2, 0.0%)

2 である

▼1* [447件]

ああ深夜私は, 壁あたりに落ちつき, 壁あはあはと瓦斯, 壁ありき聖なる微笑昔, 壁あるいは渓流の, 壁いずれも初冬, 壁いたるところ刀十手槍の, 壁いちめんにかけてあつ, 壁いっぱい書物の棚, 壁うらに食, 壁かがなくては, 壁かがやく洞窟で, 壁かざりをつきぬけ, 壁かのように, 壁がはだかに, 壁ぎはでこほろぎが啼いて, 壁ぎはにあつた鏡にフロラ, 壁ぎはにつけてある棚の上, 壁ぎはの新しい荷箱, 壁ぎはのコーリン・ムーアの写真, 壁ぎわから声を持った, 壁ぎわこっちの柱, 壁ぎわでまたふしぎ, 壁ぎわでこおろぎが啼いて, 壁ぎわでは病人が床, 壁ぎわで息をのむ, 壁ぎわで注意して, 壁ぎわで粗末な紙, 壁ぎわで荷をあけはじめた, 壁ぎわにあるりっぱな鏡台の前, 壁ぎわにおかれている長椅子にかける, 壁ぎわにぐったりとすわったまま動かなかった, 壁ぎわにしいてあったがお三根, 壁ぎわにすわって冷然たる顔つき, 壁ぎわにつくりつけられている高い書棚, 壁ぎわにどうんと背中をつけ, 壁ぎわにならべて置いた, 壁ぎわにはスタンドがあり, 壁ぎわにはヨーロッパじゅうの新聞紙, 壁ぎわにひいて乱打されて, 壁ぎわにぴったりと体をよせ, 壁ぎわによせたバネなしの, 壁ぎわによりぴったり脚, 壁ぎわに角テーブルをひっぱっ, 壁ぎわのいくつかの樽のそば, 壁ぎわのところには七つの小さな, 壁ぎわの長いすになら, 壁ぎわへきてその大, 壁ぎわへよって来た, 壁ぎわや太い柱, 壁ぎわをすこしずつ歩きだしました, 壁ぎわをはなれて自由の身, 壁づれ落ち, 壁くぐる竹に, 壁くずると, 壁くらゐは, 壁こう確かに, 壁こちらの壁, 壁ごとゴボッと大穴, 壁へ半ば, 壁さして立戻る, 壁さんあなたは世の中, 壁さんお前は本当に, 壁さん壁さんあなたは世の中, 壁さん壁さんお前は本当に, 壁蕪村俳句中の, 壁しかなかった, 壁しぶい蔦の, 壁しろし山下の, 壁しろじろと小鳥の, 壁ゃあるめえし, 壁じゅうには型どおり, 壁じゅう人造人間でうずめ, 壁すなわちストーブの, 壁ぜんたいがぼんやり, 壁その他に天人, 壁そばだちその前面, 壁それから真新しい, 壁それからマルテの, 壁ぞいの道, 壁たおれかかったかき根, 壁ただその扉, 壁たるや実に, 壁だけしか残って, 壁だけでもある間, 壁だけには金魚槽の, 壁だけの高さ, 壁だけは必ず要る, 壁だったらやっぱり果し, 壁だって相当厚い, 壁だつたかしら絹子, 壁だらうと思つて倚りか, 壁だらけでは漱石先生, 壁だろうと, 壁つづいて眼, 壁づたいにするすると天井裏までのぼっ, 壁づたいにふたりのあと, 壁づたいに一周したり, 壁づたいに自分の影, 壁づたいに長の廊下, 壁づたいに階段を降り, 壁であるらしく正面には, 壁であればその, 壁でない事が, 壁といつては岩, 壁とかがその核, 壁とかに打ちつけると, 壁ときたら軟らかい硝子, 壁とにもたれて, 壁とばかり思って, 壁とやらへ人柱を, 壁とより外には, 壁とを以て一つの, 壁と共に古びて, 壁なす前に, 壁なぞがそこへ, 壁なぞで埋められて, 壁なぞは行く先に, 壁なぞを見て, 壁などからは綿密に, 壁などというものが, 壁などには緑青や, 壁などへ物を, 壁なればなり, 壁なんかにとりついて, 壁にあたる音の, 壁においてすらあの大捷, 壁にかの鏡を, 壁にしかない, 壁につつ伏して, 壁にとまつて, 壁にのこりなく絵, 壁によぢ登りかけ, 壁に対して四つ五つ鉢合せを, 壁ぬるをのこ屋中塗り, 壁アンザイレンしましょう, 壁のくづれの, 壁のみが存在する, 壁のむこう側, 壁はぎざぎざやとがったところがたくさんある念入りに, 壁はくづれかゝつてゐたけれど青々した, 壁はくづれ羽目板ははげ, 壁はははははひとついさぎよく, 壁はをが屑を, 壁ばかし高く突立つて, 壁ばかりが知って, 壁ばかりにて日に, 壁ばかりの十畳二間くらいの, 壁ばかりを見て, 壁ひと重の隣り, 壁ふみ板と上, 壁かに, 壁ぶちをめちゃめちゃ, 壁へまで追い詰められ背中, 壁までで止って, 壁めく所を, 壁もしたみも, 壁もて繞らされたる, 壁もろともいきなり, 壁やら襖紙に, 壁やを槍で, 壁よりの所には, 壁らしい物が, 壁らしく暗い間, 壁わきに天井, 壁わたる鈍き光, 壁をのそりの, 壁をはふ死刑, 壁をば吼る, 壁をへだつる臼, 壁を以て内城を, 壁べにぶつかった, 壁コンクリートの床, 壁チョロの深い, 壁仕切ラレタ安アパート風ノ, 壁向イ, 壁ニ夥シク水ガ飛ビ散ッテ濡レテイル, 壁ニ妻ノ外出用, 壁ニ頭打チツケタキ思イアア君ノ姿ノミ燦然, 壁大敗ヲ, 壁ペンキで塗りつぶされ, 壁ポロンソー街の向こう側, 壁ヨーロッパ地図広重の芝増上寺, 壁ライフル銃もロビンソン, 壁ルンゼや滝沢, 壁ところ鼻, 壁一つ向うの土間続き, 壁一つ隣に老人, 壁一ト重の情, 壁一切を請負った, 壁一千丈頂の松, 壁一番手前がスヰングドア, 壁一重こちらにまでもひきずり込む, 壁一重そとはとっぷり, 壁一重たるみの出来たる, 壁一重先きには, 壁一重向ふ側, 壁一重隣同志の相談, 壁一面天井一面家の中一面, 壁上樹上に跳, 壁上矢を飛ばし, 壁上神明に祈り上げよ, 壁上突角にパートロクロス攀ぢ, 壁賦を, 壁二つの扉, 壁が一種, 壁亭中の話頭, 壁が今, 壁にミルキ夫人, 壁以上に面白い, 壁以外に何, 壁以来三日三夜の疲れ, 壁以来船団の火攻, 壁ひに, 壁ゐは, 壁低い天井裸かの, 壁低き竹窓, 壁何もかもが富岡, 壁作りのおん, 壁供華拈香などの厳か, 壁ひに, 壁のまえ, 壁入口といっ, 壁全部を占領, 壁兩家の合戰, 壁其の蓑の, 壁の一つ, 壁出入り口の戸, 壁切りひらいて, 壁だった, 壁剣ヶ峰の側, 壁動くかと見る, 壁北岸の烏林, 壁半分を一枚, 壁厚ければ内, 壁厳かめしい赭色, 壁歩牀には, 壁及び南壁である, 壁び緑山連りたる, 壁古い樅の, 壁古風な瓦屋根, 壁言, 壁右手奥に隣室, 壁右隅に隣室, 壁同じような, 壁と成す, 壁周辺にころがり落ちる, 壁四圍悉く水晶とこほり白壁, 壁囲いになっ, 壁に題す, 壁土塁土孔土房土窓築くに従って, 壁の花模様, 壁を測り出す, 壁埋め火の, 壁塗り左官のかけ梯子, 壁塗り踊りと称する, 壁夕日さしそふ, 壁多きも屋根, 壁多くの針葉樹, 壁大きな粗末な, 壁大分手間どった, 壁天井みな木造で角材, 壁天井煤のた, 壁天井等が熱, 壁天地等にそれぞれ, 壁天蓋の付いた, 壁から外, 壁の屋根, 壁容易く越して, 壁寒き塔の, 壁の手まね, 壁屋根すべてが滅茶苦茶, 壁屋根裏や柱, 壁崩れて土, 壁崩れた小石川東青柳町の, 壁崩れ柱傾くを, 壁崩壞して, 壁でこれ, 壁の一人, 壁が古びた, 壁布事件の大, 壁のやう, 壁庄屋の家, 壁に客, 壁床の間と段々物, 壁にし, 壁廊下に面した, 壁廓上の堡楼, 壁引くことは, 壁に積ん, 壁彩色金銀を用, 壁彫刻が微細, 壁御所の堤, 壁忠臣と書い, 壁で畳壁, 壁急須や茶碗, 壁の展覧即売会, 壁或は樹木の, 壁手前に入口, 壁才覚も結局, 壁打続きたる処に, 壁押えに京伝作, 壁押入は一つ, 壁押入二尺の床の間, 壁掛なぞの間, 壁掛二枚を買, 壁掛図が部屋飾り, 壁掛布のいとも, 壁掛電話がチリン, 壁掛電話機を覘, 壁摧欄僅に雨露, 壁敷居を打ち折っ, 壁斷礎の間, 壁易した, 壁暖炉の嵌こみ, 壁たけて, 壁月夜にて鳰, 壁朱欄と相対, 壁東側は手向山, 壁板床である, 壁板細工もあります, 壁板額その他の器具, 壁果樹が最初, 壁柱甍を中, 壁の立ち, 壁の梢, 壁の戸, 壁模倣を種, 壁模様に眺め入る, 壁権現は断岩, 壁の周囲, 壁残軒の下, 壁の棚, 壁汚れた障子などが, 壁汚点のある肯い, 壁沙汀のさま, 壁沿ひには, 壁の堆い, 壁洋燈寂しい人生, 壁洞窟を利用, 壁海碧を囲繞, 壁さ五十キロのを, 壁ひに, 壁潜らせて, 壁濃緑の偃松, 壁濟む度ににこ, 壁の梁, 壁火攻の術, 壁の屋根, 壁煖爐用煉瓦煙突等の落ち, 壁煖爐用煙突などいづれ, 壁燒付硝子の立派, 壁があり, 壁のこの, 壁から湧く, 壁疎らにし, 壁白い卓子の, 壁白う照りて, 壁白ければ目, 壁白堊の天井, 壁白塗りの扉, 壁の模様, 壁真白なベッド, 壁眼前に崩れ落つる, 壁石垣も荒れ崩れ, 壁磨き上げたような, 壁祭壇と向かい合った, 壁稲荷と聚楽, 壁突き当たったその壁, 壁突兀として青, 壁長い正面, 壁窓カーテン天井天井からぶら下がっ, 壁立つ極み国の, 壁立万仭の高, 壁立千仭遥か真下, 壁立千仭遙か眞下, 壁土櫓などから, 壁築造の任, 壁がはがれ, 壁紺青の湖, 壁っぽき黒, 壁群蜂叫又訝, 壁翡翠の窓, 壁まで身, 壁をつくり, 壁自体が火, 壁茅軒智利村南米人文何処遍田家猶未, 壁に藁, 壁荒々しい二つの, 壁かかり障子, 壁落ちか, 壁落ち庇傾きたる大, 壁落ち畳は朽ち, 壁落骨顯れ茅, 壁を背, 壁蔽シ奉リ, 壁あかく, 壁虎蟆犬猫狐狸鼬鼠貂のたぐい, 壁が死に絶える, 壁の意, 壁襖屏風などを描き, 壁見たいなものに, 壁評論氏の如く, 壁貼りをやめ, 壁の赤壁, 壁赤茶けた薄縁どうやら, 壁はたいてい, 壁の下, 壁辰のは, 壁辰めの繩, 壁辰殿拙者はかほど, 壁辰父娘のはなし, 壁辰訳もなく, 壁辰顔いろを, 壁返しのかくれ, 壁通しと極, 壁の三階建, 壁造りを見, 壁造作の小家, 壁連続する瀑布, 壁道路を伝っ, 壁重き女囚の, 壁鉄扉にこの, 壁鉄棒の間, 壁鉄門はもうこ, 壁銀砂は目, 壁長押をずっと, 壁階下から階上, 壁隔て室内に一婢, 壁より刺す, 壁はすべて, 壁障子天井畳は直ぐ, 壁障子襖小さな天地, 壁障子襖天井洗いその他, 壁隠しにし, 壁露人家五月春猶浅, 壁露地にその, 壁青い窓白い, 壁頑丈な板戸, 壁より墮, 壁飛瀑の見る, 壁高いところに, 壁高きトロイア城を, 壁高く瀑布が, 壁黄葉と相, 壁とでもいう, 壁といった