青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「大勢~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

大事~ ~大人 大人~ 大佐~ 大体~ ~大分 大分~ ~大切 大切~ ~大勢
大勢~
~大名 大名~ 大和~ ~大地 大地~ ~大声 大声~ ~大変 大変~ ~大学

「大勢~」 4474, 44ppm, 2605位

▼ 大勢~ (2147, 48.0%)

175 人が 34 人を 32 者が 30 人の 28 人々が 23 客が 22 人に 21 中に 20 足音が 18 子供が 17 人間が 15 中へ, 人々の 14 声が, 者に 13 子供を 12 中から, 中で 11 前で 10 人たちが, 人達が 9 女の, 客を, 者は 8 人々に, 者の 7 人々は, 人は, 男女が 6 ために, 人と, 人間の, 見物の, 見物人が, 頭の 5 なかには, 人影が, 僧が, 前に, 力で, 巡査が, 手で, 男や, 神が

4 [27件] なかに, ひとの, 下に, 中には, 人々から, 人たちの, 人声が, 人夫が, 人間を, 奉公人を, 女が, 女や, 子供達が, 子供達は, 学生が, 客の, 弟子を, 所化たちの, 敵を, 方が, 氏人の, 男が, 男の, 職人が, 見物が, 見物人の, 警官が

3 [40件] ことです, なかから, ひとが, まえで, ものが, 上に, 人夫を, 人足を, 人達は, 人達を, 仲間の, 仲間を, 力を, 女を, 女中を, 好い事, 娘の, 子供の, 家来が, 小供, 弟子の, 手に, 手下を, 敵に, 有力な, 生徒が, 生徒の, 男女を, 眼に, 神に, 群集が, 者を, 聴衆が, 臣下の, 若い者, 若者たちは, 見物に, 見物を, 赴くところ, 足音や

2 [122件] うちから, うちには, お友達, お客が, お客さんを, お客の, しからしむるゆえんなり, なかで, なかを, ひとに, ほうが, まちの, ものの, ものは, もの一人の, 中の, 乾児を, 人々と, 人々も, 人々を, 人から, 人で, 人も, 人中に, 人前で, 人声, 人声や, 人間に, 人間は, 使用人たちを, 供を, 候補者が, 兵に, 兵卒が, 兵隊が, 兵隊に, 前へ, 加勢が, 参詣人が, 友だちを, 友人たちは, 友達が, 友達と, 友達の, 召使が, 喊声が, 土人が, 声, 声に, 声も, 奉公人が, 奉公人の, 奴らが, 姿が, 婦人達を, 子の, 子供, 子供たちが, 子供や, 子供達を, 学生たちが, 定まるの, 客は, 宴会の, 家族が, 家来に, 家来は, 家来や, 家来らしい, 少年と, 巡査に, 弟子が, 弟子たちが, 影法師が, 怪我人が, 手傳ひ, 折助が, 捕手が, 敵の, 方の, 旅客が, 旅役者や, 時には, 植木屋を, 河童に, 河童の, 河童を, 男に, 男女に, 男女の, 眼, 眼が, 神を, 笑い声が, 笑声, 群の, 群衆が, 聲きこ, 聴き手, 聴衆の, 職人を, 若い女, 若者が, 見物人は, 見送り人が, 見送人, 親は, 貧窮組が, 趨く, 足あとに, 足音, 跫音が, 避暑客が, 間に, 集まったところ, 雇人が, 靴音が, 顔が, 顔を, 馬賊が, 馬鹿な, 鬼は

1 [984件 抜粋] あし音が, あたま越し, いかんともし, いのちに, いる元, いる広間, いる遊び場, うしろに, うちの, お伴を, お供を, お味方, お子さんたちを, お客さまが, お客様お, お客様の, お客様を, お母さんと, お稽古, お部屋さま方, からす天狗, きようだい, ことで, そのうえに手, つぶやき聲や, どよめきに, なかへ, なまめかしい声, ばあいほど, みる前, もどきが, やってる事, アンマを, ギリシア学者が, コーラス, シナ人が, スパイどもに, バルヂピエロが, ベレ帽をか, モカさん達も, 一口に, 一座らしく, 一族郎党と共に, 一隊が, 上席の, 下役達が, 世話を, 中からでも, 中だった, 中でした, 中でも, 中において, 中にも, 中や, 中故, 主人公や, 乗客の, 乗降者が, 乞食が, 乞食を, 予約者を, 事務員が, 二股武士変格探偵小説家の, 亡者が, 人々と共に, 人々彼方此方から, 人いきれが, 人かげが, 人がは, 人たちに, 人たちも, 人との, 人に関するから, 人びとが, 人ゴミ中で, 人中で, 人人と, 人出であった, 人垣の, 人声と, 人声祭礼の, 人夫の, 人夫共の, 人夫此豐島屋へ, 人影は, 人数が, 人数にも, 人民の, 人混の, 人立ちが, 人聲のがや, 人足たちに, 人足共が, 人込みを, 人達から, 人達に, 人達も, 人間や, 人馬が, 介抱を, 仏師や, 他人に, 仲間と, 仲間は, 伏兵が, 会員たちが, 会葬者も, 伴神を, 何時に, 作男たちの, 作者が, 使用人たちの, 侍でも, 侍女たちが, 侍臣に, 依頼人の, 信者が, 信者達は, 候補者を, 傑い, 僧の, 僧を, 兄さんや, 兄弟を, 兄貴分たちを, 児を, 八分は, 公卿官人が, 兵が, 兵は, 兵を, 兵卒の, 兵士が, 写経生らが, 出て, 出迎人が, 刑事に, 判断が, 前での, 前世間の, 力が, 力とで, 力者が, 労働人員を, 労働者は, 労働者風の, 動いて, 勢子が, 博労たちは, 參籠者が, 友に, 友人と, 友人を, 友達や, 受験者が, 口を, 召使たちが, 召使たちまで, 召使は, 召使やら, 合議に, 同僚の, 同胞ぢゆう, 同胞の, 名とでは, 向ひたる, 味方が, 呼ぶ聲, 命知らずが, 唄を, 唐人どもが, 商人たちと, 商人たちに, 善男善女に, 喚声が, 囁きや, 囚人を, 団員の, 土方が, 坊さんに, 坑夫達は, 場合も, 士官と, 壮士が, 声であり, 外来患者が, 大して愉快, 大人が, 大将は, 大工を, 天女たちは, 奉公人たち最後に, 奥女中が, 女たちは, 女の子らと, 女ばかり, 女中が, 女中の, 女人たちを, 女学生に, 女性を, 女房娘連が, 女郎衆と, 奴婢が, 奴等が, 奴隷たちが, 好奇心を, 妃を, 姉様が, 姦婦共と, 娘が, 婦人たちが, 婦人たちクラブ書記局の, 婦人代議士の, 婦人連中が, 子と, 子もち, 子らを, 子供たちだけの, 子供たちの, 子供でした, 子供とが, 子供達に, 子兎, 子分と, 子分に, 子分を, 子持ちである, 子狸, 学生を, 孫どもが, 學者を, 客では, 客のみ, 客人共は, 客衆の, 宮人や, 家人の, 家人食客の, 家來を, 家族です, 家族は, 家族雇人を, 家来どもが, 家来を, 家来達に, 寄せ手を, 寄進者も, 寵姫たちは, 将士が, 尊い役人, 小人たちが, 小僧が, 小天使, 少女, 少年, 少年は, 少年諸君が, 山中猿を, 川越し人足が, 巡礼が, 市民が, 常連が, 幼稚生を, 店員の, 店員諸君が, 店員達の, 弟や, 弥次馬です, 強い武士, 強者ばらの, 影に, 影法師を, 役に, 役人達が, 後から, 徒党を, 従姉妹達に, 御婦人づれでも來合, 御方の, 心を, 応募者達と, 怪人たちは, 患者が, 患者を, 感傷の, 成した結果, 手な, 手下が, 手下は, 手前も, 手負いや, 持寄りに, 挨拶を, 捕吏たちによって, 捕手役人を, 捕虜を, 掛員達から, 探検家が, 推移怖, 教徒達が, 整備員が, 敵と, 新入生の, 方々に, 方たちの, 方に, 旅だ, 旅客たちが, 旅客の, 旅行家の, 旅装の, 既に定まった, 日本人や, 映画人の, 時とは, 時は, 暗撃, 暴力団が, 書生様の, 有象無象といふ, 朋友と, 本当の, 村人達にとり, 村民たちは, 来客が, 東京商人を, 業病人達が, 機微を, 歌が, 武士が, 武士でも, 武士の, 武者に, 歩卒は, 死骸と, 毒茸の, 気に入ると, 気味悪い男達, 水夫は, 泊り客入, 泥靴に, 漁夫と, 漁師連中が, 火星人が, 炭焼が, 父兄たちを, 獣や, 甚六の, 生命を, 生徒を, 田楽役者の, 男と, 男も, 男優達の, 男女で, 男女優が, 男性たちに, 男衆や, 画家が, 画家たちが, 留学生の, 番頭小僧の, 登場人物の, 百姓が, 目が, 相手であった, 眉端に, 真ん中に, 真中に, 眼で, 眼の, 知らない方, 研究者の, 社員を, 神の, 神将あるいは, 神経を, 空房を, 立廻りが, 競争者に, 笑い声や, 笑声諸々の, 笑顔と, 紳士たちと, 絃の, 縁者の, 美しい人間共, 美少年が, 群像には, 群衆は, 群集の, 群集を, 者で, 者立出御早う, 聴衆を, 職工が, 聽衆に, 肌に, 背後の, 腰元たちを, 腰元衆に, 臣も, 臣下を, 舎人なども, 舞妓達との, 船員が, 船頭が, 芸者たちが, 芸術愛好家に, 若い娘さんたち, 若い娘達, 若い者此爺め, 若い衆が, 若者の, 苦力が, 荒々しい足音, 藝者に, 衆の, 衛兵たちに, 裁判官を, 見て, 見てる前, 見物は, 見物人も, 見知ぬ人, 見送りであった, 見送人たち, 親分であり, 親類の, 観客の, 観客を, 言を, 証人達が, 話し声が, 話を, 読者と, 読者を, 諸生, 證人が, 警官達が, 讃歌の, 賑やかな, 走って, 赴く所, 足の, 足利一党だけが, 足音と共に, 足音の, 足音も, 踊の, 踊手が, 軍人が, 軍兵を, 軍隊が, 近侍が, 追って, 通行人の, 連中が, 運送屋が, 避難民と, 避難民を, 部下に, 郷民の, 醉拂ひ, 野次馬が, 釣師の, 鍬や, 門下生も, 門弟を, 間を, 陽気な, 随員に, 隼の, 集るも, 雇人どもが, 雇人の, 雇人を, 雑人たちは, 難儀に, 難儀を, 雲助共今や, 青年たちから, 面々に, 面会人は, 面会人も, 面前では, 頭上の, 顔の, 顔へ, 食事を, 馬は, 馬飼いの, 馳せ下る音, 駕かきに, 騎士音楽家に, 騎馬徒士を, 骸骨が, 鬨の声とが, 黒い塊

▼ 大勢~ (215, 4.8%)

5 一度に 4 出て, 寄って, 手を 3 駈け集まって

2 [12件] その礼, また一度, 一つに, 一時に, 手分けを, 活きて, 笑ふ, 行くべき道, 門柱に, 附いて, 集まって, 駈け出して

1 [171件] あつまって, あとや, あるもの, あれだけ, いずれも, いっしょに, いよいよ胆吹御殿, いろいろに, いろいろ世話, うかがうと, えらくひしめいた, お膳, かくの, かたまってる, こうなっ, こうなった, この方面, ごたごたし, じろじろと, すきだった, すぐに, すでにきまっ, そうである, その下, その当時, それを, ぞろぞろ霜, たあいなく, たかつて, だんだん詮議, つながって, とりこめて, どうやら廃娼, どっちを, どやどやと, どやどや駈寄っ, ひかえて, ひっそりと, ひとつところに, ぼんやりと, まずその, また役場, もてあますほどの, やってきて, やって来て, ようよう, よって, わあ, わあわあ言い, わいわい云っ, わかるもの, わやわやいっ, わやわやと, わやわや付い, わやわや言い, ガヤガヤ騒ぎだした, ゾロゾロ寺, 一つの, 一と, 一団と, 一度には, 一緒であった, 一舟を, 上手だ, 下から, 下車する, 不利である, 不思議がっ, 丸く塊, 乱れた足どり, 何か, 何と, 何やらどなり, 傾いて, 入り乱れたり, 其の所, 其処や, 其崩れ落た, 出張るほどの, 分って, 別れに, 力を, 勝って, 取り囲んで, 只泥, 叫ぶ, 同じよう, 同時に娯, 呼吸を, 唯うろたえ, 喝采した, 声を, 定まって, 寄つて集り, 崩れて, 弔いの, 当方面, 往来を, 御厄介, 心の, 急に, 急角度, 感嘆し, 押し移りつつ, 押合っ, 振り照らして, 捕獲し, 揃つて連枷で, 攻め合い斬り合いして, 敷かれそのうえ, 旋風に, 明瞭に, 有産者なら, 朧げながら, 杖を, 来て, 東に, 極った, 気に, 決すると, 決せられた御, 活溌に, 涙を, 皆飢ゑねばならぬ, 眼を, 祈って, 稲を, 立ち会いの, 立ち塞, 立て札へ, 笑いこけて, 練って, 繰り込みましたこと, 聞き取つたフランス語, 舷へ, 芝居小屋へ, 英仏に, 藩主に, 行く, 見せしめの, 見て, 訪ねて, 読むといふ, 走りでも, 踊って, 踏んで, 車の, 軍ごっこの, 軒下で, 輪に, 辟易顔し, 追っかけて, 退いたので, 逃げおった, 逆上し, 関係を, 隊を, 集つて話を, 面白おかしゅう, 飛上っ, 飛出しましたね, 馬を, 馬首を, 駈けつけて, 駈けて, 駈けまわる事, 駈け出すと, 駈け集まると, 駸々として, 骨折つて貰ひ得, 高価い

▼ 大勢~ (195, 4.4%)

13 相手に 6 支配する 4 利導し, 達観し 3 どうする 2 つれて, 入れるに, 制して, 向うに, 察しつまびらか, 左右し, 説いて, 説き日本

1 [149件] いかんとも, うごかして, うしろに, おびやかしたこと, お問合せ, くつがえすこと, ここに, ここまで, ささえること, そらすかという, ただ一名, たのんで, どうしよう, ながめて, ながめ呉, なして, なすもの, ひっくり返すわけ, ふたたび盛り返し, みな敵に, もり返して, よくまあ引き受けられる, りますからね, わきまえないん, わきまえぬの, アッと, 一室に, 一見せん, 一身に, 上に, 二分し, 代表する, 作り出したこと, 促進した, 全国に, 再びもと, 写し出すもの, 制し得たの, 制するの, 前に, 助けるという, 動かすに, 動かすの, 動かすもの, 動かす機関, 叙し来たれ, 口に, 呼んで, 喜ばせる様, 嚇か, 四畳半に, 如何とも, 如何なる意図, 察した察, 察して, 察すれ, 察知し, 対手と, 導いた, 導くこと, 左右する, 引きつれ再び, 引率し, 形づくりつつ, 従え祖父母, 忘れて, 成すに, 打散し, 抑えんと, 押し返しながら, 招待オイランの, 指算する, 振りきって, 推し尽くすこと, 握って, 揣摩し, 支配せざるべからず, 斬って, 既に来れる, 早くも, 明かに, 最もよく具現, 枕もとにおいて, 横眼に, 永久に, 決すべく画策, 決すること, 決する重大, 洞察する, 牛耳って, 物の, 珍しがらせた, 珍らしがらせた, 理解しなく, 看破し, 看破せず, 眺めて, 眼先に, 睨み付けながら, 知らずただ, 知らずに, 知らず大勢, 知らず町, 知らない女, 知らない旧式, 知らなかつた, 知りたりき, 知るうえ, 知るに, 知るには, 示して, 示す陰鬱, 窺うには, 窺って, 算す唯大, 組揃え, 考へて, 行列に, 見まわして, 見よう, 見るが, 見るに, 見誤りやすい, 観ずる者, 観て, 観望し, 詳かに, 認めず只管, 認定す, 誤ったの, 説き順逆, 論じたり, 論じて, 論じ去る布衣宰相諸公, 諭されても, 踪索し, 車へ, 逆行し, 通觀し, 連れて, 連れての, 連れぬが, 達観すれ, 達觀する, 防ごうと, 頼んで, 顧眄する, 養って, 騒がし首尾

▼ 大勢~ (190, 4.2%)

3 あつた 2 あつて, 唸って, 木を, 皆が, 自分を, 話あつ, 踏み荒して

1 [173件] あいつの, あと片づけ, あらすと, あれが, あんまり仰々しく, いきなりな, いくら追っかけ, いらっしゃいますか, いらっしゃって, いると, うるさくて, おまけに, お詣りなさった, か, かかって, かちと, かまつて隠し所を, がやがやし, げすから, こつちを, この前, これを, ござります, ござりまする, さぞ御, しかも不意, しかも狂人, すらが怖, するの, する輪踊, その國, つつんでは, どやどや押し掛け, ひどい目, まいりました, みんなてんでに, みんな酔っ, もって, やあ狐, やって来たが, やむを得ませんさ, よほど長く, ゐるやう, インネンを, エイヤエイヤと, エチオピアまで, ガタピシ大工さんを, ハミングの, マドロスさんを, ワイ, 一つずつ, 一人の, 二挺の, 人一人殺す, 今その, 仕返しに, 伊予紋に, 佐吉さんの, 何か, 作られる品, 働いて, 其暴漢を, 出京, 刃物を, 剥がれるから, 加勢し, 助けて, 卓に, 協力し, 南蛮を, 取って, 取りまいて, 取りますから, 取囲んで, 取圍, 同じ夢, 吾人の, 味うべき, 壕に, 外を, 大変な, 如何とも, 威勢よく, 婚儀の, 守護し, 実地視察に, 実演する, 寄て, 屯を, 川崎の, 引ツ張らはりましたやろ, 待ち伏せして, 得物, 御覧あそばした, 悪口云われ, 悲惨と, 慰さめ, 憲作を, 手伝う, 手伝うて, 押し歩いたの, 押し込んで, 担って, 拍手した, 持ち上げて, 持ち運び, 掃いて, 揃って, 撮ったの, 敵わんと, 来たの, 来やが, 棒を, 歌って, 歌ふ, 歩くの, 残品引取りの, 殺したと, 泊り込むので, 消して, 深草の, 渡るの, 滅茶滅茶に, 火消し道具を, 火薬庫を, 焚き出し, 猿楽町の, 生娘を, 盛り返して, 相手が, 確かめに, 祝いの, 私を, 突撃し, 紅矢の, 絵を, 考へ, 考へたら少し, 行こう, 行こうもの, 衣裳鬘なども, 袋叩きにでも, 見えて, 見る, 討ったの, 話しながら, 語り合って, 賑かに, 起居する, 車座に, 追っかけさ, 追っ馳, 追つ, 送りだし馬, 通った為, 連日雨乞の, 進んで, 遊歴し, 酌む酒, 野営地に, 金を, 金石の, 附けた傷, 隠れンぼ, 雨の, 電車に, 食事, 飮む樂しみは, 飮む酒である, 飲酒ながら, 馳け, 騒々しいので, 騒いで

▼ 大勢~ (183, 4.1%)

5 囲まれて, 於て 3 取り巻かれて, 眼を, 逆抗

2 [11件] なって, 就かうと, 幾分か, 悪まれ, 押されて, 歌はれた, 立てられるは, 紛れて, 至りては, 論及し, 通じて

1 [142件] ああ取り囲まれまし, あるの, いい開き, おされて, かこまれて, かつがれまたもや, きかれるよう, こんな生き死, さからって, さらに動かすべからざる, しても, じかに接し, そろそろと, つかまって, とうていさからう, とりかこまれ泣いて, なったので, なっても, なつた, なりそう, なりや, なり代って, なると, なる群集, 一つの, 一人別る, 乗じて, 云われますと, 伍し, 伴って, 余儀なくせられ, 侍かれる, 依って, 分けて, 刺戟せられ, 勝てるかい, 及ぼし以, 反した行為, 反した訓戒, 反抗し, 取りまかれて, 取り巻かれながら, 取り押さえられました, 取り捲かれて, 取囲, 取巻かれて, 取巻かれながら, 合槌を, 吹聴し, 囲まれた幾人, 圧されて, 在り半, 変化は, 寄って, 対抗し得る, 對する, 就き演説, 巻き込まれました, 引かれながら, 従うこと, 従は, 応じて, 応じなお, 慕われたり, 憎まれて, 打たれる処, 打ちかこまれつつ, 打ち向, 打擲せしめた, 抗し暴力, 抗し武備, 抗せん, 抱え込まれて, 押さえられて, 押し流された人間, 押流された, 担がれて, 捕まって, 時としては, 晦いの, 暇を, 注ぎたり, 添いそれ, 無勢殺されるであろう, 盲従する, 稽古を, 笑われて, 答えて, 紹介され, 紹介し, 組みしかれ, 組み付かれた, 組み伏せられた上, 聞かせたもの, 自分の, 荷を, 袋だたきに, 見えるので, 見えるわけ, 見せかけた, 見せるもの, 見て, 見られたの, 見られながら, 観せて, 読まれて, 質したるに, 踏み殺されて, 踏み荒らされて, 迎合せん, 追いつめられて, 追っかけられて, 追従し, 追掛けられて, 送られて, 逆う, 逆らった目的, 逆行した, 逆行し併せ, 逆行する, 通じたるの, 通じた吾輩, 通じ日本, 通ぜない親たち, 連れ外, 道化た, 適応する, 適応せし, 邪魔され, 鉄鞭を, 鑑みて, 関せぬから, 関係なき, 附いて, 順応する, 順応せしめ, 風馬牛だ, 駆らる, 駆られたるもの, 駆られたる者, 駈けつけられて, 驅られ

▼ 大勢~ (139, 3.1%)

2 [11件] いかん, いけない, どうにも, もう赴くべき, もって, 実に平民主義, 庵の, 既に決した, 毛利に, 決した, 誘いあわせて

1 [117件] あたかもアラビア, ある程度の, いって, いないであろうすると, いなかった, いらねえ, おもわず喜び, かくの, きまって, こういう状態, この徐州, さらに刃物, すでに定まっ, すでに定まった, すでに決しました, すでに秀吉, すなわち今日, そこここから, その打破, その時, その線, それぞれの, それに, それを, たとえあ, ときの, ときめく胸, どうしてこれ, どうなっ, ないかも, なんともいたし方, ますます押し進められ, またがやがや, またびっくり, まだ暫くがやがやとして, まだ消えやらない, もうきまった, もうどうする, もう動かす, もっと真面目, やはり足利時代, やはり返事, わが先達, アルブケルケの, 一揉めし, 予め知れ, 人目立ちますれ, 今日は, 何か, 何にも, 使えないし, 侍を, 個人の, 光陰の, 再び顔, 初め織田軍の, 動き出したの, 半ば彼を, 又あっと, 反對, 各国を, 困る, 声を, 声援は, 好奇の, 如何とも, 定まったの, 実にかく, 実にわが, 寒気を, 審議未了で, 已に秦, 已み, 幕府の, 引き連れて, 彼が, 彼らの, 後へを, 必ずしもそのままキリスト教信者, 思わず驚き, 懸合, 手分けを, 挨拶し, 推断する, 改善され, 改進, 整備され, 既に動かし, 日を, 朝鮮文化の, 東軍に, 松明を, 森と, 構わないその, 河の, 河岸づたいに追っ, 略想像し得る, 益々滔々, 着々と, 窟の, 立ち寄って, 竹と, 第一次大戦後, 終に滔々, 自然主義に, 若侍, 藍子さまを, 見えて, 近代に, 遂に東西, 酒機嫌にて, 関ヶ原の, 防者に, 顔を, 馬上で, 駸々として, 騒ぎ立てて

▼ 大勢~ (71, 1.6%)

2 てそれ, て何, て彼, て騒い

1 [63件] て, てあれ, ていってる, ていつ, てうたえる, てお, てお越し, てかかっ, てかたまっ, てがたがた, てこの, てさも, てとっつかまえ, てどっと, てのこと, ての送り迎え, てぶち壊し, ても武蔵, てやっと, てわいわい, て一人, て与八, て世, て二人, て仔馬, て伏見, て働き, て先生一人, て出迎え, て唱和, て孟, て建て直し, て或, て手, て手伝い, て押し, て押ッ取り刀, て捜し, て揚げる, て旅立つ, て樹, て歌う, て浅吉さん, て消し, て無難, て焦土, て甚だ, て登つて來, て純, て舁ぎ, て裏階子, て覘, て討っ, て読ん, て起き, て踊り, て通った, て通る, て遊ん, て遊んだ, て里, て重, て頭

▼ 大勢~ (48, 1.1%)

10 一緒に 2 一しよ

1 [36件] いうと, いっても, いつて, いふと, お馬, なった, なった上, なって, なっては, なり島津, なるだろう, なるにつれ, なろう, ゐる席, シネマの, 一緒だった, 云う事, 云っても, 今川北条武田松平織田などの, 他に, 共同の, 同じ方向, 呼応し, 国家の, 国民の, 大勢との, 天皇の, 富子は, 当局の, 暴戦し, 村口に, 競争し, 見て, 踊るの, 闘った時, 離して

▼ 大勢いる~ (34, 0.8%)

4 んだ 2 んです, 所へ, 時も

1 [24件] から, から誰, が初め, ことは, じゃございません, そうです, と, と自然縄張り争い, に相違, のか, のだ, のよ, はずである, ものです, ようだ, 事ありません, 処も, 勤労婦人の, 室に, 店と, 怪我で, 真ん中で, 筈でした, 銀行員と

▼ 大勢~ (30, 0.7%)

3 が集まっ 2 がたかっ, が出た, が立っ

1 [21件] がいる, がごたつい, が入込ん, が出, が寄っ, が寝, が居, が居る, が居並んでる, が居流れ, が待ってる, が歩い, が立ちました, が立つ, が羽織袴, が行きます, が通る, が騒い, の見, の集っ, は居

▼ 大勢~ (28, 0.6%)

32 から, し汽車, ということ

1 [19件] から一つ, から一時, から伝右衛門, から我慢, から日本, から無事, から誰, が自分, し小体, し誰, つたと, とすれ, と全く, と剣呑, と大きな, と美味い, ね, 伯父さんひとりでは, 小作料は

▼ 大勢~ (25, 0.6%)

4 ている 2 てい, てのんだ, て私

1 [15件] ていた, ていただい, ていました, てせぎ, てもらう, て居った, て居る, て待っ, て手分, て柳田, て泊っ, て見る, やが, やがった, やがったな

▼ 大勢集まっ~ (22, 0.5%)

2 ている, て来る

1 [18件] て, てあの, ておれ, てお茶, てしきりに, て何やら, て口々, て合唱, て大きな, て居ました, て敵, て村, て来, て来ました, て浦和, て私, て酒, て黙ってる

▼ 大勢ある~ (20, 0.4%)

2 ってえ, んです, 細君の

1 [14件] から私, がお, がこれ, が一个月, けれども花魁, という中老, として御覧, のさえ, よ, ようです, わ, わ兄さん, んだ, 家へ

▼ 大勢寄っ~ (19, 0.4%)

5 てたかっ 2 ている, て来 1 てなさる, てふざけ散らし, て兎, て勝手, て只, て太い, て念仏講, て相談, て真似, て集っ

▼ 大勢から~ (16, 0.4%)

4 云って 2 見れば 1 いえば, して, やんやと, イジメられた, 取り残されて, 圏外に, 見て, 見ましても, 資金を, 遊離し

▼ 大勢~ (16, 0.4%)

2 ので中止

1 [14件] のだ, ので, のである, のでチット, ので予審判事, ので息子夫婦, ので歓呼, ので此, のに特に, ものは, 人声, 人間が, 武者輩も, 貴女の

▼ 大勢集っ~ (15, 0.3%)

5 ている 2 ていた, て来る 1 ていられます, てこの, て地面, て来, て来た, て煮

▼ 大勢~ (14, 0.3%)

1 [14件] あわてて, こうなっ, すこぶる辟易, ぱっと開く, わかるまい, 一人一人に, 不思議がっ, 京女の, 心得ず人, 思わずあっと, 手拍子あわせ, 舞え舞えと, 逃げながら, 配所の

▼ 大勢居る~ (14, 0.3%)

1 [14件] うちは, から気, けれども委員, ことは, こッた, といふ噂, と危ない, のだ, のに, よ, を怖がっ, 中で, 処だ, 座附の

▼ 大勢では~ (12, 0.3%)

2 なかった 1 あったけれど, あり殊に, ちと工合, ともすると無意義, どこへ, なくして, また手違い, 無く今, 見つかりましょう, 過去の

▼ 大勢である~ (11, 0.2%)

1 [11件] かに關, からこれ, からといっ, から正, が如く, これに, しまた, ために, といっ, ように, 飛び道具さえ

▼ 大勢にて~ (11, 0.2%)

1 [11件] 取圍, 取籠め, 名主甚兵衞方へ, 尋ね給, 御見送り賜, 押し寄, 爲る, 盜人を, 舞ひめぐる, 追取, 難なく旅僧

▼ 大勢~ (10, 0.2%)

2 て, てそれ 1 てくれた, てこれ, てその, てたちまち, て下, て次

▼ 大勢~ (10, 0.2%)

1 ありに, 出に, 友達が, 友達を, 召し抱えに, 弟子が, 役人さんが, 持ちの, 時儀を, 集まりか

▼ 大勢には~ (10, 0.2%)

1 いくらの, いっこう関係, どうしても敵, ソッポを, 勝利を, 影響しなかった, 晦いが土地と, 替えられないと, 気がつかなかったの, 関係の

▼ 大勢~ (10, 0.2%)

2 て来る 1 たり入, てきた, てまいります, て何処, て畳, て見る, て警固, で客

▼ 大勢いた~ (9, 0.2%)

2 がその 1 から自分, が, が酒田忠敬, けどわたしたち, とすれ, のだ, ので私

▼ 大勢という~ (9, 0.2%)

2 ものは 1 ことに, もの, ものが, ものには, 割当てであった, 力の, 勢いを

▼ 大勢連れ~ (9, 0.2%)

3 て来 1 てお出で, てきた, て或, て来た, で遊廓, で露店

▼ 大勢ゐる~ (8, 0.2%)

2 からな 1 から却つて, から大丈夫, がね大抵, でせう, なかで, 茶屋女だ

▼ 大勢あつまっ~ (7, 0.2%)

2 ている, て来 1 ていた, ていやがる, て来る

▼ 大勢さん~ (7, 0.2%)

1 だと, でこれから, ですな, で戻っ, のこと, のよう, をお

▼ 大勢なる~ (7, 0.2%)

3 ことを 2 ものは 1 他人の, 者はかへ

▼ 大勢一緒~ (7, 0.2%)

2 になっ 1 じゃない, だったから, にはいる, に押掛け, に飛び出しました

▼ 大勢~ (7, 0.2%)

1 がいる, がゐる, のいる, のひと, のゐる, の人達, もいる

▼ 大勢~ (7, 0.2%)

5 まつて 1 つたので, まッ

▼ 大勢集め~ (7, 0.2%)

1 てき, てこういう, て気焔, て準備指導, て無邪気, て評議, て鞄

▼ 大勢より~ (6, 0.1%)

1 帰納し来たれ, 支配せられ, 生れその, 生れ其大勢, 看護婦か, 論ず

▼ 大勢子供~ (6, 0.1%)

2 があった, が遊ん 1 がいる, を生ん

▼ 大勢~ (6, 0.1%)

1 がどんな, でお, にいい, のお, の前, の御

▼ 大勢集つて~ (6, 0.1%)

1 ゐた, ゐて, ゐると, ゐるところ, ゐる教会堂, ゐる芝居

▼ 大勢~ (5, 0.1%)

2 つまつてゐる 1 つても, つまつてのんきに, つまり頗る

▼ 大勢あつ~ (5, 0.1%)

2 た, たの 1 て跡

▼ 大勢そこ~ (5, 0.1%)

1 に出, に生き, に群集, に集つて行, へ出揃っ

▼ 大勢です~ (5, 0.1%)

1 からお嬢さん, からどう, からな, から思い出す, から藤崎さん

▼ 大勢でも~ (5, 0.1%)

1 なかった, 同じこと, 同じ仕方, 構いません, 私が

▼ 大勢に対して~ (5, 0.1%)

1 すこしも怯む, 常に敏感, 死に物狂い, 若い領主義統, 身一つで

▼ 大勢並ん~ (5, 0.1%)

1 で居た, で左右, で次の間, で野菜, で靴

▼ 大勢味方~ (5, 0.1%)

2 は二人 1 が集つて, は小, は無勢

▼ 大勢~ (5, 0.1%)

1 がいた, が居, が泊り, が込んでる, を招

▼ 大勢寄り~ (5, 0.1%)

2 あつまって, 集まって 1 さへ

▼ 大勢来た~ (5, 0.1%)

1 が右近, のか, よ, 客の, 所で

▼ 大勢立っ~ (5, 0.1%)

2 ている 1 ていた, て混雑, て眺め

▼ 大勢ありまし~ (4, 0.1%)

2 て狭い 1 て混雑, て芝居

▼ 大勢がかり~ (4, 0.1%)

1 でちと, で手, で某, で火

▼ 大勢つれ~ (4, 0.1%)

1 ていた, て来る, て着, て秀吉

▼ 大勢とは~ (4, 0.1%)

1 またいずくんぞ, わが幕府, 甚だ遠い, 離れて

▼ 大勢をも~ (4, 0.1%)

2 併せて 1 あらかじめ察, 洞察し

▼ 大勢一度~ (4, 0.1%)

1 におそいかかっ, にムラムラ, に寄り合う, に立

▼ 大勢住ん~ (4, 0.1%)

1 でいました, でいます, でいる, でゐた

▼ 大勢入っ~ (4, 0.1%)

2 て来 1 てしきりに, て来た

▼ 大勢押しかけ~ (4, 0.1%)

2 て来 1 てきた, て来ます

▼ 大勢来る~ (4, 0.1%)

1 から噂評判, ことに, のだ, やうに

▼ 大勢死んだ~ (4, 0.1%)

2 者が 1 そうです, のも

▼ 大勢行っ~ (4, 0.1%)

1 たり来, ていた, ている, て見る

▼ 大勢通る~ (4, 0.1%)

1 にもかかわらず, のです, ような, んです

▼ 大勢集まる~ (4, 0.1%)

1 ことは, ところへ, 場所で, 所です

▼ 大勢あっ~ (3, 0.1%)

1 てそれ, てどうにも, てもこんな

▼ 大勢あった~ (3, 0.1%)

1 がかえされた, が一同, には相違

▼ 大勢あり~ (3, 0.1%)

1 そうな, とても一番, 一方成ぬ取

▼ 大勢いました~ (3, 0.1%)

1 が本当に, し, 頃の

▼ 大勢かかっ~ (3, 0.1%)

1 ては同志討, てやっと, て一頭

▼ 大勢これ~ (3, 0.1%)

1 に傾かう, へ押しかけ, をいかん

▼ 大勢その~ (3, 0.1%)

1 わくどう, 前を, 周圍を

▼ 大勢それ~ (3, 0.1%)

1 に乗っ, に乘つて岩村田町, に簇

▼ 大勢たかっ~ (3, 0.1%)

1 てい, ている, てそれ

▼ 大勢つながっ~ (3, 0.1%)

1 てその, てゆく, て往来

▼ 大勢であっ~ (3, 0.1%)

1 てこれ, て回顧, て宗教

▼ 大勢であり~ (3, 0.1%)

1 ことには, 味方は, 武門の

▼ 大勢とともに~ (3, 0.1%)

1 みんなの, 馬を, 駒を

▼ 大勢とを~ (3, 0.1%)

1 欺き了, 理解する, 透感する

▼ 大勢と共に~ (3, 0.1%)

1 救われる道, 東山の, 騷ぐのが

▼ 大勢にも~ (3, 0.1%)

1 影響した, 楯つきわざと, 餞別せん

▼ 大勢~ (3, 0.1%)

1 して, 備えて, 向って

▼ 大勢~ (3, 0.1%)

1 むべから, よってちょっと, 我らの

▼ 大勢~ (3, 0.1%)

1 さう, てくれる, て夫

▼ 大勢使う~ (3, 0.1%)

2 てあの 1 という人相

▼ 大勢~ (3, 0.1%)

1 たの, て居つた, りける故

▼ 大勢~ (3, 0.1%)

1 つて來た, つて來て, つて来た

▼ 大勢~ (3, 0.1%)

1 を作つて, を正しく, を造っ

▼ 大勢呼ん~ (3, 0.1%)

1 でください, でくれ, で大

▼ 大勢小児~ (3, 0.1%)

1 が, がありましょう, が集っ

▼ 大勢~ (3, 0.1%)

1 ても一人, ながら餘, 合すので

▼ 大勢居た~ (3, 0.1%)

1 が大将軍, けれど何故か, って宗次

▼ 大勢此方~ (3, 0.1%)

3 は皆よわい者

▼ 大勢行く~ (3, 0.1%)

1 がなほ大陸, やうな, 地方に

▼ 大勢~ (3, 0.1%)

1 ている, て來, て来た

▼ 大勢集り~ (3, 0.1%)

1 て終日獅子舞, ぼんぼんと, 私達を

▼ 大勢あつまり~ (2, 0.0%)

2 かの斗棒

▼ 大勢いっしょ~ (2, 0.0%)

1 にはいってる, に飛び出しました

▼ 大勢いつ~ (2, 0.0%)

1 しよに, しよの

▼ 大勢いるで~ (2, 0.0%)

2 はない

▼ 大勢おい~ (2, 0.0%)

1 ていた, で下さるお客様

▼ 大勢お客様~ (2, 0.0%)

1 が呼ん, をお

▼ 大勢この~ (2, 0.0%)

1 小島に, 山を

▼ 大勢~ (2, 0.0%)

1 た, 厄介に

▼ 大勢ごたごた~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 大勢ごろごろ~ (2, 0.0%)

1 して, してるから

▼ 大勢さま~ (2, 0.0%)

1 の席, よ

▼ 大勢~ (2, 0.0%)

1 やない, や御

▼ 大勢との~ (2, 0.0%)

1 なかで, 入乱れ

▼ 大勢なら~ (2, 0.0%)

1 ば彼, んでいる

▼ 大勢ならべ~ (2, 0.0%)

1 て眺め, て置い

▼ 大勢なりと~ (2, 0.0%)

1 す, 雖も

▼ 大勢なれ~ (2, 0.0%)

1 いずれも, ば物の数

▼ 大勢に従い~ (2, 0.0%)

1 これを, 全体の

▼ 大勢のめえ~ (2, 0.0%)

2 でなかなか

▼ 大勢もった~ (2, 0.0%)

1 がその, 大強盗

▼ 大勢~ (2, 0.0%)

1 つて話し, つて騒い

▼ 大勢よっ~ (2, 0.0%)

2 てたかっ

▼ 大勢らしい~ (2, 0.0%)

1 四五人の, 方を

▼ 大勢~ (2, 0.0%)

1 中ニテ討死ス, 厄介ノ

▼ 大勢~ (2, 0.0%)

1 かたまりに, に帰した

▼ 大勢一所~ (2, 0.0%)

1 にあ, に塊

▼ 大勢~ (2, 0.0%)

1 あり候, あり凡百人

▼ 大勢乞食~ (2, 0.0%)

1 がで, が居

▼ 大勢~ (2, 0.0%)

2 久しからずし

▼ 大勢~ (2, 0.0%)

2 すでにここ

▼ 大勢~ (2, 0.0%)

1 れて, を連れ

▼ 大勢使っ~ (2, 0.0%)

1 て居ります, て旗本退屈男

▼ 大勢僕等~ (2, 0.0%)

1 がい, をとり巻い

▼ 大勢兄弟~ (2, 0.0%)

1 がほし, のある

▼ 大勢入り込み~ (2, 0.0%)

1 例の, 鏡花君の

▼ 大勢入り込ん~ (2, 0.0%)

1 で宜, で杉

▼ 大勢出る~ (2, 0.0%)

1 ので打ち毀し, レヴューを

▼ 大勢出席~ (2, 0.0%)

1 したが, なすって

▼ 大勢出来た~ (2, 0.0%)

1 と云, のだ

▼ 大勢出迎え~ (2, 0.0%)

1 ていた, てまるで

▼ 大勢参詣~ (2, 0.0%)

1 するの, にのぼっ

▼ 大勢友達~ (2, 0.0%)

1 がおりまし, が出来ました

▼ 大勢坐っ~ (2, 0.0%)

1 ていた, ている

▼ 大勢如何~ (2, 0.0%)

1 ともする, ともなし

▼ 大勢~ (2, 0.0%)

2 りて

▼ 大勢家来~ (2, 0.0%)

1 なんかつれない, を連れ

▼ 大勢居りまし~ (2, 0.0%)

1 ても毒害, て一人

▼ 大勢引連れ~ (2, 0.0%)

1 て各, 千両箱や

▼ 大勢弟子~ (2, 0.0%)

1 を使っ, を持っ

▼ 大勢待っ~ (2, 0.0%)

1 てい, ていた

▼ 大勢徒黨~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 大勢~ (2, 0.0%)

1 出来に, 味方は

▼ 大勢~ (2, 0.0%)

1 があります, を繋い

▼ 大勢~ (2, 0.0%)

1 んでる, んで酒宴

▼ 大勢控え~ (2, 0.0%)

1 ていた, ている

▼ 大勢揃っ~ (2, 0.0%)

1 て先生, て出かける

▼ 大勢未だ~ (2, 0.0%)

2 定らざる

▼ 大勢来られ~ (2, 0.0%)

1 て描かれた, 母には

▼ 大勢歩い~ (2, 0.0%)

1 ていた, ている

▼ 大勢炬燵~ (2, 0.0%)

1 を囲ん, を圍

▼ 大勢焼け死んだ~ (2, 0.0%)

2 ところは

▼ 大勢申合せ候~ (2, 0.0%)

2 をとたう

▼ 大勢~ (2, 0.0%)

2 や女

▼ 大勢眷属~ (2, 0.0%)

1 を率, を連れ

▼ 大勢~ (2, 0.0%)

1 は一人, を取巻い

▼ 大勢立ちどまっ~ (2, 0.0%)

1 て見, て見物

▼ 大勢腰かけ~ (2, 0.0%)

1 てい, 一方では

▼ 大勢自分~ (2, 0.0%)

2 の前

▼ 大勢~ (2, 0.0%)

2 行つたで

▼ 大勢見える~ (2, 0.0%)

1 し甲州者, のです

▼ 大勢見物~ (2, 0.0%)

1 に出かけます, やたら拍手

▼ 大勢見舞い~ (2, 0.0%)

1 に来る, に駈けつけ

▼ 大勢詰め~ (2, 0.0%)

1 ていた, てこれら

▼ 大勢買い~ (2, 0.0%)

1 に来, に行く

▼ 大勢車座~ (2, 0.0%)

1 になっ, に居並び

▼ 大勢迎え~ (2, 0.0%)

2 に来

▼ 大勢遊ん~ (2, 0.0%)

2 でいる

▼ 大勢避難~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 大勢附い~ (2, 0.0%)

2 て来ました

▼ 大勢集った~ (2, 0.0%)

1 ところで, のは

▼ 大勢~ (2, 0.0%)

2 の堂

▼ 大勢食事~ (2, 0.0%)

1 の折柄腹こなし, を待っ

▼ 大勢馳來~ (2, 0.0%)

2 りて

▼ 大勢駈け~ (2, 0.0%)

1 て来る, て行った

▼ 大勢駈け出し~ (2, 0.0%)

1 て来た, て行った

▼1* [472件]

大勢あしらひ兼ね白み渡つて, 大勢あったらおかしいや, 大勢あふれている, 大勢あぶない仕事には, 大勢あらわれてお, 大勢ありますが旦那樣, 大勢あわただしい跫音が, 大勢あんなさろうね, 大勢いかんともしがたい, 大勢いますが昔, 大勢いらっしゃいましたの, 大勢いらっしゃったのでそれ, 大勢いらつしやる, 大勢いるだろうにおいそれと, 大勢いるんだって, 大勢うようよして, 大勢おいでになる, 大勢おしかけてきた, 大勢おったらしいのによく, 大勢おりそのため, 大勢お伴して, 大勢お客が逃げ, 大勢お客様方のいらっしゃる, 大勢お歴々の揃っ, 大勢かつて殺し, 大勢かかり万力などという, 大勢かかりやがって何ん, 大勢かかればかかる, 大勢かくの如く, 大勢かたまった人群の, 大勢かへつた趾で, 大勢からははるかに, 大勢がやがや泊って, 大勢がわアと, 大勢ていまアメリカ, 大勢くっついている, 大勢ここへのぼっ, 大勢こしらえるのは, 大勢こっちは一人, 大勢ことごとくが一時盲目, 大勢こみ入ったるをご覧, 大勢こりゃ何と, 大勢こんなにも太いステッキ, 大勢こッちへ, 大勢ございますか, 大勢さんおいでですから, 大勢しかのみならず, 大勢じゃないか, 大勢すべてわれの不利, 大勢ずらりとついて, 大勢そこらに出, 大勢ぞろぞろと歩, 大勢ただ遠巻きにだけ, 大勢たのんで叩き, 大勢だったに違い, 大勢つたら其のあくる日, 大勢つどっている, 大勢つめかけて電燈, 大勢すりに, 大勢でありし爲混雜は, 大勢できて来, 大勢でございましょうね, 大勢でございますから仕方, 大勢でござろうしこの, 大勢でしたが次, 大勢でしょうから大急ぎ, 大勢でないほうが, 大勢でなくったってあの, 大勢として反ファッショ化的, 大勢としては益々衰弱的方向, 大勢とによりて, 大勢どこかに隠れ, 大勢どもを語ろう, 大勢なかつたことが, 大勢ながらも初めから, 大勢なっています, 大勢などには当然驚く, 大勢なんてことを, 大勢においては日本民族が, 大勢になつてからは, 大勢にゃあ敵, 大勢に対し幸な, 大勢に対してはこれは, 大勢に対する維新の, 大勢に従って資本主義制度の, 大勢のしかかつて來, 大勢のせ酔うた彼は, 大勢のぞきこんでゐた, 大勢ののその夥間, 大勢ののしり騒ぐ声に, 大勢のみだれた跫音, 大勢ひきつれ参り家にて, 大勢ひき連れて来, 大勢ひっぱってき, 大勢びしょびしょびしょびしょと, 大勢ふたたび不利か, 大勢への反抗の, 大勢ほかの仲間, 大勢まいりましてな, 大勢まじへてゐる, 大勢まわりに集まっ, 大勢みんなそろつて, 大勢もっている, 大勢ものものしく率ゐた, 大勢やしなっている, 大勢やってきたんだろう, 大勢やってくるから今朝, 大勢やって来てマドロスさん, 大勢やって来る者が, 大勢やられたのが, 大勢よって騒いで, 大勢よびあつめて広間, 大勢よび出してみる, 大勢よんでいただきたい, 大勢わいわい言つてゐました, 大勢わらわらと水, 大勢ゐたあの時分, 大勢ゐないことは, 大勢ゐるらしいのに朝食, 大勢を以て計れば, 大勢ウシロニ列ンデ待ッテイラレルト甚ダ, 大勢ガケンマクヲ見テ, 大勢ガラリと変り, 大勢ガン首を揃え, 大勢ガ杉戸口ヘ来, 大勢コノ弟子ニナッテ神道ヲシタオレニモ弟子ニナレトイウカラ行ッテ心易クナッタラ兵庫ガイウニハ勝様ハ世間ヲ広, 大勢シテ持歩在, 大勢ソノムレガ寄ッテ来テヨセ加持ヲ始メヨウトスル時, 大勢ソラの花, 大勢タカって来た, 大勢座敷ガ無, 大勢トックの家, 大勢トツクの家, 大勢て候, 大勢ニテ杉戸ヲ入, 大勢ヨッテ今一パイトヌカスカラソレカラツヅケテ十三杯呑ンダ後ノヤツラハ呑ン, 大勢取扱ウ者ガ此位ノコトニ心ガ附カズバ大, 大勢一同に御, 大勢一座の席, 大勢一時にお菓子たち, 大勢ぜい寄りたかっ, 大勢から必要, 大勢上がって来, 大勢上不都合に候, 大勢に落ちた, 大勢下宿して, 大勢不可と極, 大勢世界歴史の大勢, 大勢並べて両者, 大勢にどうして, 大勢合わせて, 大勢乗っている, 大勢乗り込んで激励, 大勢乘つてゐたが, 大勢乱入して, 大勢二本差しがくっ付い, 大勢る交, 大勢交ってい, 大勢人々が走っ, 大勢人だかりがし, 大勢人通りがありました, 大勢人間がゐる, 大勢他救済者が皆糧食, 大勢付いて来る, 大勢付き添って一番先, 大勢付添本多家用人笠原常右衞門惣取締として江戸表, 大勢仲間がいる, 大勢伏せておい, 大勢休んでおい, 大勢佇み居り伴天連よ, 大勢佇んでをり, 大勢とはなく喋り合い, 大勢余り隙だから, 大勢作らないしね, 大勢使ひます, 大勢使わなければとうてい, 大勢俄然一変し, 大勢は一人, 大勢に附い, 大勢傍聴して, 大勢の幽, 大勢入り込む事故萬一落て有るまじき, 大勢入れましてね, 大勢入込みなん, 大勢入込んで来た, 大勢兵隊が赤い, 大勢冷たい硝子窓に, 大勢ツと, 大勢出かけて, 大勢出している, 大勢出したものを, 大勢出たけれども到頭, 大勢出入りしとるに, 大勢出張した岐阜, 大勢出来て, 大勢に手, 大勢列んでいる, 大勢到底勝目は, 大勢剣術の稽古, 大勢加勢がいる, 大勢勇猛の羽翼, 大勢博士になっ, 大勢即ち大隊, 大勢参りましたけれども其の, 大勢参加しこの, 大勢及び局部の, 大勢取り縋って騒ぐであろう, 大勢口々に云い, 大勢召仕ひ豐, 大勢ひ難く, 大勢同席に来, 大勢同志を比較, 大勢同類を寄せ, 大勢呼ぶのは, 大勢呼んだの, 大勢呼集め是は先日, 大勢四方よりかかる, 大勢四方八方より切っ, 大勢団欒をし, 大勢囲炉裏の傍, 大勢土蔵の前, 大勢土藏の前, 大勢土足のまま, 大勢坊主が燃, 大勢坐る処も, 大勢城内へはいっ, 大勢城壁を守っ, 大勢を合わせ, 大勢夕立にあい, 大勢夜中に大きな, 大勢大師様の参詣, 大勢大挙して, 大勢大通りをねっ, 大勢女中がずらりと, 大勢子分のよう, 大勢学生さん達が下宿, 大勢守護なし并傳吉妻舅與惣次, 大勢官吏が押込, 大勢の中, 大勢家族のある, 大勢集まって, 大勢寄つて来て, 大勢寄つて二月の中頃, 大勢寄つて勝手な熱, 大勢寄つて集つて己を三つ, 大勢寄りたかつてゐた, 大勢寄ると阿弥陀, 大勢ていた, 大勢小勢にはよらぬ, 大勢居つてもその, 大勢居まして, 大勢居りますから, 大勢居るんもんです, 大勢居ればその, 大勢居並びたる桟敷を, 大勢居並んでいる, 大勢屋根へ出, 大勢しては, 大勢山窩がある, 大勢川端まで送っ, 大勢帰って来る, 大勢帰国仕候もの, 大勢平馬といえ, 大勢幾人も来た, 大勢引き連れて盆, 大勢引っ張り込んで叔父, 大勢引付公儀を不, 大勢引具して客, 大勢当らないのが, 大勢は一人, 大勢待ってるんでしょう, 大勢から追, 大勢徒党したに, 大勢従えて参った, 大勢從つてゐる, 大勢必至必然の圧力, 大勢応援して, 大勢急がしそうに, 大勢悦びに來, 大勢慰問に来られ, 大勢ふ, 大勢成人や自分, 大勢我国に及ぼす, 大勢戦死をした, 大勢手ぐすね引いて, 大勢手伝いに来, 大勢寄って, 大勢打ち連れて, 大勢打連れて成田山, 大勢折重なりて取, 大勢へ今, 大勢抱え一夜に, 大勢押しよせれば入れ切れない, 大勢押し合っていた, 大勢押し懸けて居た, 大勢押込んでいる, 大勢押込むでゐるもんだから秘しきれねえで, 大勢拘引されたという, 大勢拘留せられた警察署, 大勢招いておい, 大勢拵えてさも当然, 大勢持って居た, 大勢挙ッて山伏杖, 大勢掛かって川岸, 大勢揃ッテイルカラ様子ヲ聞イタラ右, 大勢支度をし, 大勢改札口の外, 大勢文殊について行きます, 大勢時刻を待っ, 大勢景気よく一つ, 大勢潜黙, 大勢曳き出されたそうな, 大勢書生がある, 大勢て御, 大勢本家に集まっ, 大勢の者, 大勢来ますがお, 大勢来庵澄君井君高君藤君そして辻君, 大勢松明行列して, 大勢枕元を取巻きました, 大勢棧橋をこつち, 大勢様奉公人も十人, 大勢止むべからざるものあれ, 大勢此処へ来, 大勢り來, 大勢ぬる, 大勢死んで居ります, 大勢に客, 大勢殊に夜の, 大勢殺されて相当, 大勢殺された西螺街とかいう, 大勢母さまに會, 大勢毎晩のよう, 大勢民弥は一人, 大勢まつてるホテル, 大勢泊った日でした, 大勢泣いたり騒い, 大勢泳いでゐた, 大勢までお迎え, 大勢海岸へ出, 大勢混雑してる中, 大勢湯壺にはいり込ん, 大勢の光, 大勢無茶先生の家, 大勢熟睡して, 大勢を揚げ, 大勢現われて二人, 大勢生まれるように, 大勢生んでおしめ, 大勢申し合は, 大勢申合竹槍を携, 大勢男衆も居ります, 大勢を行く, 大勢痛ムダロウトテ心当リハ, 大勢療養に来, 大勢登っている, 大勢登場して, 大勢目白押ししてるので, 大勢止って, 大勢立ち働いて調剤, 大勢立ち入っておりまする, 大勢立ち塞がつてゐ, 大勢立ち止まって眺め, 大勢立ってるんでしょう, 大勢立て込んでいる, 大勢立出見るに, 大勢立掛り強情女め下らぬかと, 大勢立話をし, 大勢を執っ, 大勢籠れば即ち, 大勢籠権現の記事, 大勢縁先に入り込ん, 大勢子を, 大勢纏わり着くのでおちおち, 大勢置いて大, 大勢越村方, 大勢美人を見た, 大勢群がって帰っ, 大勢群居して, 大勢群行して, 大勢習いに来る, 大勢職人や漆喰運び, 大勢育て上げられて来たるべき, 大勢にリボン, 大勢腫物のため, 大勢臺所に人手, 大勢花やかなる浴衣, 大勢を敷い, 大勢落合って雲助, 大勢蠢く物が, 大勢行き来する日, 大勢行つて居るから, 大勢ですわっ, 大勢見えてゐます, 大勢見えてるじゃない, 大勢見えられたのう, 大勢見物人たちの犇めい, 大勢見物席から駈け出し, 大勢証人がございます, 大勢詰めかけている, 大勢詰めかけるので伊香保そのもの, 大勢誘って遊び, 大勢調子の外, 大勢談合早々追, 大勢講堂に集ま, 大勢赤間ヶ関に行っ, 大勢走ってどこ, 大勢をあげ, 大勢踊りからんで, 大勢載せた正体の, 大勢を囲ん, 大勢附きに, 大勢近所に住まっ, 大勢來りしか, 大勢退き難からん, 大勢送りに来た, 大勢送出す中, 大勢逃げたのか, 大勢這入つたと, 大勢這入って居る, 大勢通ったのでひどい, 大勢通つていつたが, 大勢連れたからとて無常, 大勢連れ小倉表まで立たれる, 大勢連れ立って鳥さし, 大勢道幅一ぱいに集っ, 大勢道路の両側, 大勢避暑客のやつ, 大勢邸宅の庭, 大勢部屋に詰め, 大勢配って油断, 大勢する人, 大勢釣竿を持っ, 大勢長く御逗留有, 大勢て居る, 大勢陽溜りの往来, 大勢集つて何かガヤ, 大勢集つて祈祷をし, 大勢集つて詩の會, 大勢集まったのう, 大勢集まりて一心に, 大勢集まり候間御氣, 大勢集まれば気, 大勢集めたって何, 大勢集り大宮彌三郎, 大勢集ることに, 大勢集ッて喧嘩, 大勢雇って地蔵様, 大勢順応はむしろ, 大勢順応主義ともいうべき, 大勢順応説がこういう, 大勢順応論には頗る, 大勢かに一変, 大勢など言, 大勢頼んで来, 大勢触は, 大勢顔色を変え, 大勢飛び出して来, 大勢ひに, 大勢をつく, 大勢養っていた, 大勢馬上で拙者ら, 大勢けつけ, 大勢馳せ集まって来, 大勢馴染が出来た, 大勢駆けつけこれを, 大勢駆り集めて弓矢その他, 大勢駈け付けて来, 大勢駈け寄って来た, 大勢魔法使いが捕っ, 大勢麻上下にて随, 大勢黒山のよう