青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「大切~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

大丈夫~ ~大事 大事~ ~大人 大人~ 大佐~ 大体~ ~大分 大分~ ~大切
大切~
~大勢 大勢~ ~大名 大名~ 大和~ ~大地 大地~ ~大声 大声~ ~大変

「大切~」 5775, 57ppm, 2012位

▼ 大切~ (2867, 49.6%)

115 のは 94 ことは 51 ものを 46 ものは 42 のだ 39 ものである 37 ことを 36 のである 29 ことが, ことだ 28 ことである 26 ものが 25 ものだ 24 んだ 22 もので 19 大切な 18 ものと 17 ことです 16 ことで, 事を 15 ものに 12 ことな, のです, 事は 11 ものな, 役目を, 点は 10 物を 9 ものです, ものとして, 品を, 品物を, 意味を 8 ものであります, んです, 事だ, 事で, 問題である, 点で, 用件を 7 ことと, ことに, 事である, 仕事を 6 ところで, 事が, 役割を, 時に, 点が, 物が, 自分の 5 ことには, 人を, 品だ, 問題を, 時間を, 点な, 秘密の, 秘密を, 部分を

4 [21件] お刀, お客様です, ことであった, ところな, ところは, ものか, ものであった, ものにな, ものの, 人の, 信念を, 品は, 問題として, 問題の, 娘の, 娘を, 意識を, 時と, 点だ, 点を, 用事が

3 [56件] ことだった, ことの, ところである, ところです, の, のが, のであ, のであります, のであろう, ものだった, ものであっ, ものでした, ものね, もんだ, 事な, 事に, 二つの, 人な, 人に, 人間の, 任務を, 原稿を, 品物だ, 問題が, 問題だ, 問題と, 問題な, 問題に, 問題は, 場所である, 女の, 宝石を, 御刀, 心の, 或物, 所は, 操を, 日な, 時だ, 時である, 時を, 時期を, 条件と, 条件の, 條件である, 物と, 物は, 珍らしい, 生命を, 用事を, 要素である, 要素を, 証拠物件を, 鍵を, 関係を, 雰囲気

2 [147件] お品, お嬢さんだ, お客様を, お役, お得意, お文倉, ことかも, ことであります, ことであろう, ことでしょう, ことにな, ところを, のかな, のであっ, のであった, のを, もの, ものかという, ものでで, ものとは, もんです, もんな, ような, わが生命, んで, ノートを, ハンカチーフが, 一つである, 一つの, 一人の, 一時間一時間を, 一点を, 一面を, 主人の, 事であります, 事と, 事柄な, 二人の, 人が, 人だ, 人である, 仕事が, 仕事である, 仕事な, 仕事に, 何か, 何ものかを, 児童を, 処です, 処な, 原因で, 友達を, 名を, 品が, 品でし, 品です, 品や, 品物が, 品物は, 商売物を, 問題で, 問題です, 問題では, 場合に, 天にも, 娘が, 子である, 宝が, 宝ものを, 宝物が, 宝物を, 客を, 客人を, 年だ, 役割りを, 役目は, 彼女の, 御士卒, 御用が, 意味が, 懸命な, 所な, 所を, 所以は, 手がかりを, 教育の, 日であった, 時代である, 時期な, 時期に, 時機を, 暗号を, 書状を, 書籍も, 書類が, 書類を, 最後の, 本であります, 核心を, 標本だ, 機会に, 毒瓦斯の, 点と, 点においては, 点について, 為事は, 爪の, 物だ, 特色だ, 珠玉を, 生命の, 用が, 用件が, 発見で, 白金の, 目的を, 研究が, 祭の, 経験を, 結婚の, 者が, 者を, 職分は, 要点だ, 要素として, 要素な, 要素は, 言葉が, 計画を, 記念だ, 証人を, 貞操を, 資本を, 身体だ, 返事を, 遺書か, 部分に, 部分は, 部分僕の, 金だ, 金の, 金を, 鏡を, 雰囲気と, 雰囲気を, 馬を, 黒髪を

1 [1282件 抜粋] あの刀, いわれが, おからだ, おりんの, おん身に, お体, お像, お前が, お味方, お品ゆえ何, お娘, お嬢さま, お嬢様の, お客が, お客さんだった, お客様が, お客様に, お店, お得意先, お書き附けでございます, お祭り, お花主, お話ぢや, お道具, かたみなんです, からだ, からである, くらいな, ことか, ことさ, ことでも, ことにも, こと即ち, こと我々の, この刹那, この特色, ご主人姉妹, ご書面, ご用で, そういう安定, そして初めて, その一角, その手, その蝋燭, だけこんな, だるま汁粉それも, ときに, ところだ, ところと, どこさ, ねじ釘な, のかも, のじゃ, のぢゃ, のであらう, のでございます, ので妻, のと, のよあたし, は手, また興味, また重大, ものかといふ, ものこれを, ものじゃ, ものだつた, ものであり, ものでございましょう, ものでない, ものなんか, ものも, ものらしい, もの双方の, もの生活の, やうに, よい処, わけな, んじゃ, んぢや, オブチを, カテゴリーが, ギャグを, スナップな, タマ網を, ツナギに, テーマである, ビール瓶の, ピントが, ポイントが, マスコットな, モメントは, ランプを, ヴァイオリンの, 一事である, 一事件である, 一人ツ子, 一人息子は, 一句は, 一幕が, 一時期である, 一歩である, 一種の, 一考すべき, 一項目である, 上意じゃぞ, 主君であった, 事がらは, 事だけは, 事とは, 事の, 事実と, 事柄が, 事柄だ, 事柄では, 事柄については, 事業を, 事項であっ, 二万の, 交友です, 亭主, 人と, 人といふ, 人形が, 人生の, 人間では, 人間な, 人間性の, 仏壇が, 仕事としては, 代償を, 令嬢を, 件の, 企てに, 伝統を, 何かを, 使命の, 信心の, 信條を, 修行という, 俳優を, 個所を, 値打ちの, 働きを, 兄君を, 兇器の, 先生だ, 八人の, 六月一杯にかけて, 内容は, 処だ, 出発点な, 切所で, 刹那をは, 前脚, 労働力と, 勉強場でございました, 務を, 区別は, 十四番人工細胞では, 協力一致が, 原料を, 原鉱だ, 参考資料では, 友だちを, 友人の, 友達に, 古帳, 句である, 同志を, 味方であった, 命の, 命令を, 品それと, 品である, 品なら, 品ゆえ粗相あっ, 品物でありましょう, 品物をも, 唯の, 商売道具だ, 問題でございます, 問題について, 器具や, 器械器具の, 器類を, 嚢は, 図面を, 国で, 土器を, 地図を, 執務時間を, 基礎に, 場合が, 場合な, 場所で, 場面が, 壜を, 夜の, 大好きな, 大金庫, 契機が, 奥様でした, 女房に, 妻であった, 姉さんだ, 娘さんとは, 娘な, 嫌疑者だ, 嬢さんに, 子供について, 子供を, 存在です, 学問であった, 学問上の, 守り神という, 宗さんだ, 宝である, 宝の, 宝物とは, 宝石でも, 実際問題, 客だった, 客ばかりを, 客分である, 家宝として, 密書を, 寶物の, 対局に, 尊客の, 小犬を, 小説が, 山である, 島へという, 巾を, 師直と, 帳面や, 平靖号を, 幸福の, 建設の, 形見だ, 役の, 役目だ, 役目に, 彼らの, 御仁じゃ, 御報告, 御客来中, 御用の, 御苗字, 御道具, 徴表が, 心得と, 心構えだ, 思いつきなら, 思い出に, 急ぎの, 急務だった, 性質である, 恐らく一生, 息子じゃ, 悲しみ聖なる, 情操には, 意義を, 愛し子が, 愛を, 感受性を, 慰安だつた, 戒ばかりは, 所だ, 所である, 所では, 所以である, 手がかりだった, 手がかりに, 手段である, 手紙です, 批評材料な, 投票である, 指環が, 指環を, 推理を, 支持者です, 教訓は, 文を, 文化的役割を, 文字を, 文書袋を, 文献を, 新駒屋, 方面が, 日に, 日本国を, 旧くからの, 時で, 時なら, 時代には, 時期であり, 時期と, 時機だ, 時間に, 晩飯の, 書付印鑑などが, 書物を, 書類器具物品軽少にも, 服だ, 本であった, 本として, 本の, 条件だ, 条件である, 条件な, 果物が, 株券が, 根源である, 條件は, 楔で, 極め手である, 標本な, 権利を, 機会であった, 機密書類を, 櫛簪に, 武器の, 歴史だ, 母親を, 毎日毎日の, 水を, 水盤を, 河川などは, 洋服を, 涙を, 準備の, 漬物の, 点だけを, 点において, 物だけは, 物です, 物とも, 物に, 物の, 物事を, 特徴と, 特色の, 犬です, 犯人を, 獲物が, 玄関が, 珊瑚その他を, 現実の, 甘納豆が, 生みの, 生活で, 生理休暇を, 生産力の, 用を, 用事と, 用向きが, 用水土地を, 田圃が, 男を, 病人を, 発見であった, 発見を, 皇后を, 目標の, 相手の, 相談の, 真個う, 眼鏡を, 瞑想の, 瞬間の, 知らせを, 石膏の, 研究で, 研究材料だ, 祕密な, 祝の, 神な, 神を, 祭りは, 私だった, 科目の, 秘密だ, 秘蔵な, 空想だつた, 窓, 第一印象, 筆を, 筋途から, 箱包みなら, 節日の, 精神の, 精神解剖学精神生理学同, 紙切れだ, 組織者だ, 結果は, 結論の, 綴じ紙ばかりは, 総領息子を, 美しいやさしい顔, 義務だ, 老母が, 考が, 者だ, 者病気を, 耳の, 肥料な, 能力を, 脚を, 自由時間を, 興行を, 舞坂さんを, 良人を, 芸に, 若い子息, 若殿の, 萩原様が, 著書である, 蕨手に, 蝋燭だ, 行事だつた, 行事として, 衛生思想を, 装飾品の, 要因については, 要点な, 要石, 要素であっ, 要素と, 規則が, 親友だった, 親心の, 観点な, 解釈であった, 言葉である, 言葉の, 記憶が, 訪問が, 許婚者が, 証人であった, 証人は, 証拠は, 証拠品と, 証拠物件として, 証文を, 試驗には, 詮議の, 語根の, 誰より, 課題の, 諳記物ばかり, 謙抑などと, 象徴だった, 豹を, 買物を, 資本が, 資格の, 賓客じゃ, 質問の, 身を, 身体に, 身柄である, 辻川文化史の, 追憶として, 道が, 道である, 道具でござる, 道具でも, 道具類諸, 遺産として, 部下を, 酒だ, 里方の, 重宝と, 金で, 金剛石の, 金科玉条をも, 鋭さこの, 鎚を, 長所を, 階段を, 階級的自発性で, 雪之, 霊妙不思議な, 鞄を, 預りものだ, 預り人春日新九郎一名が, 預り金だ, 頭を, 顔見世月には, 顧客で, 飯の, 飾り櫛を, 馬に, 騎士物語の, 髪を, 魅力に, 黄金メダルが, 黒田様の, 點で

▼ 大切~ (1601, 27.7%)

352 して 43 保存し 26 しなければ 21 すること 20 されて, しまって 15 する 14 思って 13 するの, するよう, 持って 11 した, 大切に 10 保存され 9 しなくては, 蔵って 7 せねば, なさいませ, 仕舞って, 扱って, 育てて 6 しろ, なって 5 したもの, するが, するという, せよと, なさい, 保管し, 持つて

4 [20件] おし, かかえて, したいと, したの, しようと, するから, すると, するもの, するん, する事, なさいまし, なさって, 保存する, 保護し, 取って, 守って, 抱えて, 行って, 願います, 飼って

3 [24件] これを, されるの, したまえ, したり, しなくちゃ, しなくちや, しまつて, するやう, する心, する気持, する風, なさいと, なさること, なさるの, なつて, なりました, もって, 勤めて, 呉, 心に, 心得て, 所持し, 秘蔵し, 考へられて

2 [69件] あとの, いたさなければ, いたしますが, いたせ, おしよ, お扱い, お預かり申し, かしずいて, こ, この宝石, ござります, されで, しその, しそれ, したこと, した人, してやらなければ, しない, しないで, しなさい, します, しますからね, しまったり, しまつて置いた, し七十八歳, すべきだと, するあまり, するので, するよ, する人, する習慣, する船長, せい軽挙す, つかって, まもって, もてなして, ポケットに, 介抱し, 保存すべき, 保護され, 保護せね, 包んで, 取って置きな, 取扱って, 取扱ふ, 可愛がっ, 守られて, 御守り, 思うこと, 思うの, 思う心持, 思つて居, 思ふといふ, 思わないの, 思われて, 愛撫し, 手に, 抱いて, 秘蔵たれ, 繰り返すだけ, 考えて, 育てられました, 胸に, 致さねば, 致して, 致します, 蔵つて置いた, 身に, 隠して

1 [629件 抜粋] ああなんて, あそばされた, あそばしたもの, あそばして, あそばしませ, あそばすの, あそばす時, あつかいこれから, あつかうつもり, あつかう作品, あとまで, あんたひとりの, いけられて, いずく, いそいで, いたして, いたしました, いたしましょう, いたしますよ, いたすもの, いたすやう, いたすよう, いたはり乍ら, いたはる, いたわ, いたわられました, いつくしまれて, いつくしみ居り候, いわれながら, おあずかり申し, おがむよう, おしなせえよ, おし咽喉, おはたらき, おもってるせがれ, お仕舞い, お叔父ちゃん, お大切, お守を, お寺の, お思いなさらなけれ, お祭りする, お船, お財布, お過し下さいませ, かけたが, かけられてた女, かけられまいと, かけられ町内, きくが, きのう防空待機の, くれぐれもご, こしらえて, これで, これまでとて, ござらっしゃれませ, さげて, さよなら, されいい, されいとおし, された, されたって, されたでしょう, されたでのう自分, されたら私, された方, された長女, されながらも, されます, されますよ, されまするので, される, されるけれど, されること, されるもの, される口, される自分, され心から, され理, し, しいつくしんだに, しこれ, しすぎるやう, したあの, したいという, したいわ, したい所, したお, したといふ, したので, したま, したまえさようなら, した慣習, した方, した時代, した髪, してからは, してたが, してね, してやるから, してやるが, してやると, してらあ, してるよ, してる処, してんの, しとったの, しないが, しないでも, しないと, しないの, しなかったから, しなかったし, しなかったろう, しながら, しなくっちゃ, しなくっちゃあネ, しなくて, しなけりゃあ, しなけれア, しなけんば, しなさいませ, しなよ, しはじめたお, しまいこんで, しまい込み有名, しましょうね, しますよ, します文字, しませんか, しまっときたいと, しまっときたま, しまっとくこと, しまひ込んであるの, しろだの, しろと, しろな, しろ勉強, しステッキ, し丁寧, し保護, し先ず, し勿体ない, し又, し始める, し尊ぶこと, し愛して, し樹木, し注意深い, し病人, し縋るよう, し見物, すべきもの, すべき自分, すべしと, するお, するかは, するその, するため, するだけ, するでしょうねえ, するとともに, するね, するは, するはず, するよりは, する一葉, する半蔵, する古代, する国民, する妻, する家財, する心がけ, する態度, する支那, する方, する時, する根本, する様, する氣持, する注, する禮樂, する考, する者, する訳, する質, する飲酒家, せい, せし脊負葛籠, せずに, せなければ, せむ, せよ必ず, せよ水, せよ物, せられて, せんと, せんならんこと, せん処, そちらが, ただよろしく, ちがいなかった, ついそう念じないで, つかひなさいと, つれて, とって, とっとくこと, とられねば, とりまかれるほど, どうぞ大切, なさいあなた, なさいね, なさいまし私共, なさいますやう, なさいますよう, なさいよ, なさらないと, なさらなきや, なさらぬと, なさるん, なされ大, なし呉候事, なし彼, なすって, なすってネ, なす孝悌, なせえ, なったら人間, なつたら, なでさ, なりました阿房, なること, なるん, なんでも, のみこみますから, へがしますと, まだしまつ, まもらねば, もされたけれど, よくし, よく勉強, よごれないよう, より良く, タンスに, チョッキの, ハンカチに, ハンドバッグへ, ピムパムから, ポケツトに, リュックに, リュックサックに, 一々保存, 且つ最も厳重, 世話し, 二人で, 二粒ばかり, 介抱されます, 仕えるの, 仕舞っといたもの, 仕過ぎて, 仲睦まじく, 伝えて, 住まわせて, 使い清潔, 使うの, 使うので, 使は, 使ひ続け, 使われよく, 保って, 保存いたします, 保存された, 保存した, 保存しない, 保存しよう, 保存せしめた, 保存せらるべきだ, 保存致し, 保護し来つた, 保養せいと, 保養せね, 倉庫へ, 全力を, 内ぶところ, 出したの, 劬って, 劬り, 勤めし故, 勤めますと, 区切って, 厭って, 収めて, 取らなくては, 取りまかれ大切, 取り扱, 取り扱いひたすら, 取り扱い一般, 取り扱い頽廃, 取り扱うこと, 取り扱わなければ, 取出しそう, 取扱か, 取扱つてゐる, 可愛がられて, 吾子の, 哺んで, 埋めて, 失ひ給, 奉じたこと, 奉公を, 奥の, 子供を, 存じこの, 存ずる故, 孝養し, 学び徒に, 守りつつ, 守りつづけそして, 守ること, 守るよう, 守護し, 寒中だ, 寝て, 尊崇する, 幸福に, 廊下に, 彼女を, 待遇けり, 御勉強, 御厭, 御取扱, 御活動, 御願い致します, 心の, 心得ますか, 心得る方, 心臓の, 思いその, 思いましょう, 思います, 思い孝行, 思い愛して, 思い秋, 思い自分たち, 思う, 思うか, 思うからの, 思うだら不断, 思うと, 思うならあの, 思うなれば, 思う丈, 思う人, 思う気, 思えばこそ, 思し召し御, 思ったらその, 思ったら前, 思ってて, 思つてゐる, 思つて如何が, 思はないの, 思はなければ, 思ひずつと, 思ひ孝行, 思ふが, 思ふもの, 思わざるべからず, 思わない人, 思われても, 思われるし, 愛して, 感じて, 感じられるから, 感じるところ, 戸棚に, 手を, 扱う, 扱う次第, 扱かうでございましょう, 扱ったの, 扱われて, 扱われるだろう, 扱われ第, 抱えこんで, 抱えたまま, 抱え傘, 抱くよう, 抱へて, 押入の, 抽斗の, 持ち伝えたもの, 持ち伝えた素朴, 持ち帰って, 持ってる奴, 持つても, 掛け惜ん, 控え目に, 日に, 早くなほっ, 昼夜帯の, 暮らしたら相当, 有之, 本体を, 本当にいろいろ着る, 本箱の, 杖の, 根負けし, 棚が, 残して, 気を, 水を, 注意しくれよ, 注意し呉れよ, 洲崎署へ, 深く懐中, 渾ての, 漬けて, 為なけれ, 熱を, 珍重する, 番を, 異国の, 百箇日迄, 皆ここに, 目を, 相違なかつた, 看取り育てて, 看病を, 研きを, 磨かずば, 磨きたてて, 祈りあげます, 禁裏に, 秘密に, 秘蔵され, 積み重ねて, 精しく記憶, 紙に, 細君に, 綿に, 置いて, 考えすぎて, 考えられて, 肖像を, 育くまなければ, 育てた, 育てたもの, 育てました, 育てます, 育てられて, 育まれつ, 腹巻の, 自分の, 致さる, 致されよ, 致しますから, 致し一向に, 致し何, 致し候短刀相添遣, 致し過ぎる程, 致すべきもの, 致すべしとて, 致すよう私, 致候短刀相添遣は, 芝居噺を, 蔵つてあつ, 蔵つてある, 袖で, 見えたの, 見えるか, 親切に, 記憶えて, 評価され, 護って, 貴嬢, 身体を, 輿に, 連れ戻り天女, 遊ばされ御, 遊ばしますよう, 遊ばし良い, 遊ばす彼, 遊ばせ, 運べとか, 違ひない, 遣いやすそれ, 鉱毒婦人乳汁欠乏之, 鎌を, 鞍の, 預かって, 預かれば, 預り入念, 願いますとの, 願上候頓首, 風邪ひかず, 飲んだ, 飼つ, 養って, 高央も

▼ 大切~ (272, 4.7%)

9 大切の 4 品なれ, 宝を 3 ことを, ものは, 場合に, 皿を, 胡麻の

2 [15件] お皿, お腰の物, ものに, ものを, 人を, 仕事を, 刀を, 品だ, 品を, 娘御, 巻き奉書を, 所天をまで, 水が, 用事を, 秘仏を

1 [210件] お世嗣ぎですのね, お写真, お刀ゆえ何, お品, お嬢さんを, お宝を, お客様でございます, お客様の, お店, お方, お蚕様, お身の上, お部屋様, からだを, ことなれ, ことゆえ有体に, こと第, にて人, ひとある, ままブリキ箱へ, まま胡麻の, ものが, ものここに, ものじゃ, ものだ, ものであります, ものである, ものとは, もの明治学園の, ようだ, ようです, オトクイである, シンガポーアで, タネな, 一人娘だ, 一枚看板を, 一軸を, 三人の, 上の, 事あり, 事じゃ, 事で, 事である, 事なり, 事を, 事情も, 人, 人としか, 人なり, 人命を, 人形の, 什器を, 仏であるらしく, 仏像という, 仕事で, 使いを, 備前長船を, 儀なり, 儀わが, 儀式には, 印籠を, 原書に, 召取人として, 命を, 品が, 品で, 品である, 品であるべくし, 品と, 品なり, 品物と, 品物を, 商売物肉は, 問題であります, 囚人の, 場合な, 大小なれ, 大小を, 好士, 妻女と, 娘なりや, 娘道成寺でございました, 子供を, 孫娘を, 守りを, 守り人を, 宝か, 宝が, 宝であろう, 宝では, 宝物であった, 宝物を, 宝石を, 寶物ゆゑ闇の, 巻き奉書だ, 幼な, 役目だ, 従者米友を, 得意を, 御品, 御城警固, 御太刀, 御旅, 御用だ, 御用を, 御用談, 御身と, 御身の上, 御身を, 御身体, 御道具, 心得である, 思い切りどころであっ, 息子ぢや, 意味の, 所なれ, 所作事に, 所作事の, 手前まで, 手掛りとも, 手紙だ, 掛地と, 摺付木を, 文書を, 方と, 方を, 日を, 時である, 時です, 時なり, 時に, 時期に, 時期文武両道を, 時節と, 時間を, 曼陀羅紛失致し, 木が, 業と, 極秘主義に, 権衡が, 機は, 歌にて, 歌舞伎座を, 法要を, 浄瑠璃に, 浄瑠璃まで, 物が, 物なれ, 物を, 物手前達は, 玉が, 玉を, 用とは, 用事が, 用件帯びたる, 用向, 用向とは, 田地田畑山林が, 由緒存じおる, 病人な, 祈祷を, 秘密の, 笛を, 米櫃を, 精神を, 紙帳を, 素晴らしい宝, 絵像で, 絵図面を, 罪人を, 腰の物じゃ, 若様を, 若芽を, 茶器を, 薬籠持に対しては, 蟋蟀を, 衣類を, 袴を, 言葉は, 証拠が, 証文も, 誓文を, 賓客に, 賓客を, 赤ん坊を, 越後獅子の, 越後獅子を, 身の上を, 近江源氏は, 道中が, 道具方に, 部分が, 重ね草履を, 金子まで, 金子を, 釜だ, 釣り竿一本を, 鉄砲を, 阿父さん, 際に, 預り息子昨日より, 預り物萬一此金子に, 頭を, 頭飾りなどを, 頼母様, 頼母様オお, 食糧である, 馬を, 鷹を, 鼻を

▼ 大切~ (172, 3.0%)

13 ということ 10 と思います 7 と思う 65 からね 4 というの, といふ, と思った, と思ふ, と私 3 と思われる 2 が, がそれ, ぞ, というよう, と云う, と存じます, と彼, と思っ, と考える, ね

1 [88件] かよく, から, からお上, からこれからすぐ, からだ, からと特別, からねもし, からやる, からアレ, から之, から又, から取っ, から犬死, から生, から食事, から食卓, かを想いみね, か思い知らされ, か知れない, か良く, があと, がしかし, がじ, がその, が原告, が指, が狂犬, が現実, が自分, が食べる, が食物, けれど与八さん, し, しかし私, しその, しまた, し発見, そうで, だから帰郷, つたのだ, つたので, と, という, というん, という事, といっ, といった, といはれ, といわれ, とお, とおもう, とこう気づき始める, としか思われねえ, とはおもう, とは思わない, とみえる, と主張, と云, と云え, と云われる, と仰し, と信じ, と僕, と心得, と思いました, と思える, と思ひます, と思わなけれ, と沁, と考へ, と見え, と言い, と躍起, と辛抱, なぞとは猶, なんておっしゃった, なン, のに徹底, またおれ, よ女, わね, 上品だ, 描写が, 殊に斯, 殊に旅, 芸術は, 辛抱し, 門は

▼ 大切なる~ (152, 2.6%)

4 ことを 3 にて主君, ものは, 事は, 事を, 地位を

2 [11件] ことに, に異ならず, ものと, ものなり, ものなれ, ものに, 一瞬で, 事なり, 事實を, 友よ, 所以なり

1 [111件] が如く, ことだに, ことと, ことなり, ことなるべし, ことなれ, ことは, こともっ, こと肆慾の, この問題, この尻尾, ぞ其方, と否, に思い付かぬ, はいまさら, はすでに, はもとより, は今更, は何ゆえ, は学問, は家族団欒相互, は後, は戦務, は服, は蒸汽船その他, は親, ものあれ, ものが, ものであります, ものにて, ものを, ものをば, を悟りぬ, を知り, を論じたれ, 一つの, 一点をば, 一義を, 一部分すなわち, 事, 事である, 事と, 事にて, 事實に, 事柄でありまし, 人類の, 仕事を, 位地を, 兄上さえ, 共通点の, 原因が, 原因と, 句は, 可し, 問題なり, 問題を, 器物を, 外国の, 外國の, 学問の, 御關所, 御養子持參金, 心身の, 急務は, 情愛と, 情愛という, 故人孫堅の, 教育なれ, 教育に, 教育を, 教訓であり, 時に当たって, 本師釈尊の, 本来の, 権理をば, 機会を, 比較の, 物資の, 用談も, 病の, 瘠我慢の, 目当ては, 研究題目では, 祕密の, 科学は, 秘密と, 秘密を, 箇条あり, 箇条なり, 箇条なれ, 箇条に, 箇条をも, 米作安全の, 精神的進物を, 経済史の, 経験を, 結論を, 義務を, 者なれ, 腫物なれ, 處の, 製作の, 要具と, 証拠材料な, 賓客が, 転換期と, 部分なれ, 鍵では, 鍵を, 開国者の, 顕冥両

▼ 大切である~ (104, 1.8%)

4 のは 2 かが, ことは, ことも, ことを, というの, と同時に, と考え, ように

1 [84件] あの人たち, かがわかる, かが分るでありましょう, かこの, かということ, かという事, かといふこと, かと云, かと云え, かと申します, かと言え, かのごとく, からさ, から宝塚, から普通, かわからない, かを想いみない, かを感ぜず, かを知つて, か人間, があらかじめ, がしかし, がすべて, がそう, がそれ, がただ, がたと, がもし, がブルジョアジー, が今, が作家, が和算, が天候, が容易, が心理的, が探偵小説, が新聞, が是, が更に, が最初, が然しながら, が特殊例, が理想, が生活難, が表現, ことか, ことが, ことに, こと自己の, しまた, し又, ため訴訟の, と, ということ, という事, という意味, という考え, といつても, といふこと, といふ結論, とくりかえし, とも言った, と思う, と思った, と思つて, と思ひます, と思ふ, と思われる, と教えた, と申す, と考えたい, どっちも, のが, のであります, のに, のに対して, のみならず, のを, 事茶屋女とか, 二三の, 暮しの, 根気を, 根氣を, 生活の

▼ 大切~ (83, 1.4%)

10 はある 9 はない 3 あつた 2 はないでしょう, 必要な, 立派な

1 [55件] あつたらう, あつて, この事件, この雑誌, これが, これをも, そういうこと, そのため今日, その次ぎ, それが, たまらないの, ちょうどわれ, どうしよう, な, はあった, はあります, はなから, は無い, は無かっ, もし我儘, 一たびその, 一人や, 一度の, 且つ目方, 人間である, 充実した, 北満などでは, 半面の, 可愛くて, 大切で, 家賃が, 形式に, 後から, 恋しいか, 情報が, 捨つべき, 易断の, 最も愉快, 歌会なども, 死後の, 決して強火, 海螢の, 消費は, 煙草盆一つにも, 物の, 特に治病, 祖父母父母存生の, 私は, 美しく胸, 肥立の, 肺炎に, 興味が, 親愛な, 観光客向きの, 話が

▼ 大切そう~ (82, 1.4%)

4 に両手 3 に懐中, に持っ 2 に, にその, に取り上げ, に取り出した, に抱え, に抱えた, に胸, に脇, に蔵

1 [54件] なもの, にお, におろし, にくるん, にとり出し, に並ん, に二筋, に云っ, に人形, に侍, に保護, に内, に出し, に取上げる, に右手, に吸っ, に四つ, に外套, に大仰, に守っ, に小, に小脇, に彼女, に惜しん, に懐, に手, に折り畳ん, に披, に握りしめ, に書簡紙, に服, に根方, に片手, に白紙, に皆, に秘め, に空, に立てられた, に端, に箪笥, に納, に置い, に自分, に芝生, に藏, に見守っ, に載せ, に運び込んだ, に重ね, に開いた, に静か, に鞄, に頭, に顔

▼ 大切~ (42, 0.7%)

2 いえば, して, するの, 心得候ため, 心得候事, 思うの

1 [30件] いって, しまって, し時として, し法, するもの, なりこれ, なる, 云えば, 同じよう, 存じ上げて, 強く頭, 心付いたから, 心得候こと, 思いながらも, 思います, 思い役目, 思い詰めて, 思う, 思えばこそ, 思って, 思ふ志しは, 思わないもの, 思わるる, 思われます, 我が身の, 有ける, 為て, 米は, 考へるの, 酒手を

▼ 大切です~ (28, 0.5%)

3 から, よ 2 からな, からね

1 [18件] からねえ, からネ, から最初テンピ, から読書, が, がその, が人間, が病人, けれどもその, けれども捕まっ, し一人息子, ぜ, ぞ, ぞことに, どちらも, ダメな, 日本人会ならびに, 金の

▼ 大切~ (21, 0.4%)

2 をきき, を感じた

1 [17件] が今, が切実, が解った, が身, というもの, と同じ, と秘密, は私たち, は私達, をさとった, を何より, を前提, を改めて, を痛感, を自覚, 与えるところ, 嬉しさ

▼ 大切であり~ (17, 0.3%)

1 [17件] かつ読者, そして努力, そのため, その代り, その在り方, それを, ひいては此唯一人残つた伝統, また科学行政, 人は, 何度でも, 健康を, 北辺工作は, 反対に, 大小に, 己の, 有利な, 自己の

▼ 大切~ (13, 0.2%)

1 [13件] この人, しれないの, そんなこと, よくわかる, わたしが, 兄貴に, 宝が, 実の, 情夫が, 未来が, 殿様の, 理解し, 私の

▼ 大切がっ~ (11, 0.2%)

4 て居る 1 てあたい, てあと, ていた, ている, て切れ, て惜しむ, て私ら

▼ 大切がる~ (10, 0.2%)

2 樣子も 1 なんて, のか, のは, やうにね, 常識とか, 様子も, 残酷な, 神経さえ

▼ 大切だった~ (10, 0.2%)

3 のである 2 のです 1 から, そのお, と心づく, ので使者, ので言った

▼ 大切なり~ (10, 0.2%)

3 といえ 1 とある, という, とすれ, との一句, と申しけれ, と知る, 自然等閑て

▼ 大切かという~ (9, 0.2%)

1 ことそれも, ことに, ことは, ことも, ことを, 判断だけが, 問題である, 点を, 話に

▼ 大切さうに~ (8, 0.1%)

1 して, なめながら, 両腕, 持つたまま, 持込んだ金比羅, 提げて, 片づけた, 第三

▼ 大切という~ (8, 0.1%)

2 ことは 1 ことです, ことを, 一義の, 事を, 今の, 言葉だ

▼ 大切には~ (8, 0.1%)

1 して, しない, しましたけれど, 初上り, 思って, 扱つ, 相違ない, 相違なかっ

▼ 大切であった~ (7, 0.1%)

1 かが知れる, かも知れません, が一人一人, ことは, し佐助自身, とみえ, のは

▼ 大切なら~ (7, 0.1%)

1 それは, どちらも, ばそれだけ, ば以後幽霊, んや, 五大力だ, 大切な

▼ 大切であっ~ (6, 0.1%)

1 てこれ, てすぐれた, て今, て同時にいろいろ, て大人, て私

▼ 大切であろう~ (6, 0.1%)

1 かという, がそれ, けれどそれ, ぞ, と僕, と思う

▼ 大切~ (6, 0.1%)

1 とって, とり十日初日, 取って, 取る, 取るの, 知る年齡

▼ 大切でない~ (5, 0.1%)

1 かと考え, ことは, ため今日まで, にせよ, 時は

▼ 大切~ (5, 0.1%)

1 にし, に並べ替え, に五合瓶, に懐中, に麻

▼ 大切かも~ (4, 0.1%)

2 知れないが 1 知れない, 知れぬ

▼ 大切じゃ~ (4, 0.1%)

2 ないか 1 ございませんの, ないこれ

▼ 大切だって~ (4, 0.1%)

1 あたしつくづくそう, 云うん, 出世が, 学校の

▼ 大切でございます~ (4, 0.1%)

31

▼ 大切でも~ (4, 0.1%)

1 あるの, あろうが, 人間の, 何でも

▼ 大切なれ~ (4, 0.1%)

2 ども全国 1 とてその, ばこそお

▼ 大切にかけて~ (4, 0.1%)

1 お用い, 来たの, 生卵, 見せたので

▼ 大切にと~ (4, 0.1%)

1 いって, 云って, 心がけて, 願います

▼ 大切にという~ (4, 0.1%)

2 ことでした 1 ことです, 声が

▼ 大切にも~ (4, 0.1%)

1 したし, しなかった母, 思い又, 育てられたが

▼ 大切らしい~ (4, 0.1%)

1 からまあ, その一品, 一部分を, 口調で

▼ 大切浄瑠璃~ (4, 0.1%)

21 として, は

▼ 大切がり~ (3, 0.1%)

3 て床の間

▼ 大切だろう~ (3, 0.1%)

1 が其, と思う, と思われる

▼ 大切であります~ (3, 0.1%)

1 がまた, が比較, が近時学者

▼ 大切でござる~ (3, 0.1%)

1 が左膳, ぞ, などと云っ

▼ 大切にね~ (3, 0.1%)

1 はらまききょう, 冷えないよう, 呉

▼ 大切かと~ (2, 0.0%)

1 申しますれば, 言ふ

▼ 大切~ (2, 0.0%)

1 つて, つてるん

▼ 大切がられ~ (2, 0.0%)

1 てかなり, もしなかった

▼ 大切がられた~ (2, 0.0%)

1 かも知れません, ので牛

▼ 大切さうに仕舞つて~ (2, 0.0%)

2 あつた

▼ 大切さうに掌面~ (2, 0.0%)

2 に載せた

▼ 大切~ (2, 0.0%)

1 やで, やない

▼ 大切でありまし~ (2, 0.0%)

1 て, て夫婦同一線上

▼ 大切でなく~ (2, 0.0%)

1 唯金が, 金が

▼ 大切とは~ (2, 0.0%)

1 大切に, 言わない

▼ 大切なることかく~ (2, 0.0%)

1 の如く, の如し

▼ 大切な阿~ (2, 0.0%)

1 母さんなら, 母さんや

▼ 大切にか~ (2, 0.0%)

1 きりなし夫を, ばつて

▼ 大切~ (2, 0.0%)

1 女の, 最も高い

▼ 大切までを~ (2, 0.0%)

1 一つ, 一つ一つ俗悪な

▼ 大切~ (2, 0.0%)

1 秋の, 高山先生が

▼ 大切~ (2, 0.0%)

1 忰ノコトニツイテコレホド無知ナ, 質問ヲスルコトヲ忘レテシマッタ

▼ 大切~ (2, 0.0%)

1 御用御, 趣左衛門尉具さに

▼1* [106件]

大切いくら襤褸でも, 大切お供にはずれ, 大切かってことは, 大切かを知悉しい, 大切がらないと云う, 大切がられべきを四民同等, 大切がられるからといつて, 大切くれぐれ落さぬよう, 大切このうえも, 大切さうに二三種の原稿, 大切さうに包みかくしてゐた, 大切さうに喫つてゐた, 大切さうに喰つてゐる私, 大切さうに抱へて私, 大切さうに携へて来, 大切さうに椅子の上, 大切さうに理論を頭, 大切さうに胸に下げ, 大切さうに蔵つてあるので, 大切さ二つとない, 大切さ加減は道也, 大切さ限りなければ, 大切じゃが義父さんを, 大切じゃと真面目な, 大切じゃとて罪なき, 大切する者が, 大切たる印籠を, 大切だたとへ書物, 大切だつたら初めつ, 大切だの学問が, 大切だ切られても構わん, 大切つて言ひたいん, 大切であらうと思ふ, 大切でありましょうがこれ, 大切でありますなら君臣の, 大切である如くひとは, 大切でしょうがそれ, 大切でやれるものならやる, 大切で信じることが, 大切で差し迫った用事が, 大切といった恰好で, 大切とて車を, 大切とのみ思いこんで, 大切とばかり心を, 大切とも云えますが, 大切なあっこおばちゃん, 大切ないとなみが, 大切なおたから, 大切なこけ猿を, 大切なぜひとも, 大切なたつた一人の, 大切なまじない, 大切なりければ弟, 大切なることなればいささか, 大切なるべく候, 大切なるべし然れ, 大切なる懸け帳を, 大切な下っ腹を, 大切な信ずると云う, 大切な働きてを一年, 大切な光りとなる, 大切な愛すべき人であった, 大切な懸物も, 大切な生ける腸が, 大切な疑ひにたどり着いた, 大切な破目だ, 大切な考へごとが, 大切な考へなければならない, 大切な行かねばならぬ, 大切な見落しがある, 大切な謂わば製作者溝口, 大切な間違えてはいけない, 大切な預かり物みたいな, 大切にかけてかばひたてた, 大切にぞ勤務ける, 大切にというしかない次第, 大切にとかいった意味, 大切にとっておきたいと, 大切のこぶができ, 大切まで見て, 大切みたいじゃない, 大切らしくやがて御, 大切ダ播磨様ダトヌカシテ一人前払ッテオレハ蓮台デ越シ, 大切ナーニ妾の体, 大切ニシテ上ゲルデストモワタシ命ガケデアナタヲ可愛ガルヨロシイ, 大切ニスル子デスカラ, 大切一時久助と共に切支丹族, 大切丈夫な体, 大切の好き出来, 大切乍らそれと詩, 大切仏様大切といった恰好, 大切何程襤褸でも仕方, 大切に持っ, 大切というよう, 大切先無反に近い, 大切大金を出し, 大切娘道成寺の幕, 大切心持の, 大切ない水, 大切の鷹, 大切明き盲になっ, 大切浄瑠璃上の巻, 大切のままザット三時間, 大切珍重する人々, 大切真実を云, 大切貴重な文献