青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「実家~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~宜 宜~ 宝~ 宝石~ ~実 実~ ~実に 実に~ 実は~ 実在~
実家~
実感~ ~実現 実現~ ~実行 実行~ 実践~ ~実際 実際~ ~実験 実験~

「実家~」 1058, 11ppm, 9540位

▼ 実家~ (257, 24.3%)

7 方へ 4 方に, 父が 3 ことを, 厄介に, 方が, 方は, 父に

2 [18件] ほうへ, ものが, 両親や, 兄の, 別姓を, 別邸が, 後を, 方から, 方で, 方へも, 旦那様から, 母の, 没落には, 滝川家の, 破産に, 組合長が, 裕福な, 長男は

1 [191件] ある, あるこの, ある処, ある村, ある町, ある街, いいと, いかな盛衰, おばあさんを, おみやげに, お名前, お寺が, お母さんが, お父さんだ, お父様, ことかい, こととて, ことなどを, ことも, こと嫁入りした, ごたごたの, ほうだけで, ほうに, ものは, ものを, やうに, ような, 一々の, 一家が, 一年, 一族も, 一族を, 三原太兵衛これは, 三原家は, 世話に, 両親が, 両親は, 中山源七方へ, 中興の, 事かい, 事かねえ, 事も, 二階に, 云うまま, 人々, 人々に対し, 人が, 人たちが, 人と, 人に, 人びとも, 人達が, 人達の, 仕事を, 代々の, 伊奈家も, 兄テンコツさんの, 兄弟と, 冷酷なる, 冷飯を, 処理について, 医院においても, 十二畳の, 危期も, 厄介は, 叔母と, 古い屋号, 名前を, 向う隣, 商売病身な, 土産の, 墓地へ, 士族の, 壮年者まで, 奴等に, 妹達が, 姉の, 姓, 姓だ, 姓である, 姓と, 姓を, 姪を, 娘で, 娘に, 嫂は, 子供が, 家柄が, 家柄は, 山本姓に, 庭には, 弟に, 御出入, 御墓所, 応援を, 忠僕及び, 怒りも, 思惑について, 悪るい, 悪口と, 手前も, 抱車夫が, 持ち家が, 攻撃され, 方々だ, 方でも, 方にも, 方の, 方へかへ, 方へは, 方笠に, 書生に, 曾祖母や, 末の, 村は, 東北地方の, 檀那寺, 檀那寺なる, 次兄平松春樹が, 此の, 殆ど筋向うである, 母から, 母が, 母へは, 母や, 母を, 滝川家へ, 父, 父にも, 父の, 父子供たちにと, 父親が, 父親は, 父親へ, 父親を, 片岡の, 犬だ, 田中にも, 田舎へ, 男谷という, 疎開以来その, 相続をも, 石川家へ, 破れ障子を, 破産という, 破産を, 祖父さんは, 祖父の, 秋祭に, 窓には, 窮状を, 系譜による, 紋を, 組合長の, 罪滅しの, 習慣と, 老僕の, 者に対しては, 者は, 茨城県に, 藤堂兵を, 裔は, 親, 親が, 親に, 親の, 親戚知人職業上の, 親族の, 言うなりに, 記憶も, 話柄とて, 財産を, 貧を, 資産や, 赤橋へ, 跡取りの, 軍勢に, 農家の, 近くへ, 近所を, 長兄の, 門は, 門を, 閾を, 隣家から, 雁屋で, 雇人である, 零落し, 風には, 餅搗の, 鳥取米子流に

▼ 実家~ (241, 22.8%)

16 帰って 9 行って 5 遊びに 4 帰った, 戻って 3 帰して, 帰つ, 帰ること

2 [13件] お帰り, ゆくと, 帰つたばかり, 帰りきりである, 帰るという, 挨拶に, 来て, 泊りに, 無心に, 行き庭先, 話を, 連れて, 頼んで

1 [168件] あずけて, お帰, お戻りなさいまし, お詫びに, かえって, かえって初日, ことわれない招待, さがろうと, さげられた, しばらく行つて, だよう, とどけたの, もどって, もどること, ゆうべから, よると, テク, 一先お, 一散に, 下がって, 不満を, 久振りで, 乗り込んで, 仏事に, 出向いた帰り, 出発した, 厭な, 去りましたが, 参って, 向わせた, 問い合せたが, 問い合せに, 問ひ合せた, 問合せの, 妻を, 子供を, 宛て一筆, 寄つて母に, 寄り招待券二枚, 寄り最後, 対して, 対しての, 尋ねて, 帰した, 帰した横, 帰してから, 帰し自分, 帰す折, 帰ったお, 帰ったが, 帰ったと, 帰った後, 帰っては, 帰っても, 帰つた, 帰つたと, 帰つた時父の, 帰つてから, 帰つてからも, 帰つてし, 帰つてる, 帰つてを, 帰つて家計整理を, 帰つて正式に, 帰へ, 帰らうとも, 帰らないところ, 帰りおりしが, 帰りました, 帰りましても, 帰り久しぶり, 帰り二十九日, 帰り伸子たち, 帰るであらう, 帰ると, 帰るに, 帰るの, 帰る事, 帰る前, 帰る積り, 帰る肚, 帰れ, 帰臥し, 引きとられなければ, 引き取られた遠い, 引き取られて, 引き取られてから, 引き取られること, 引き揚げて, 引っ込んで, 引取った, 引取られ, 復籍する, 心力を, 戻したまま音信不通, 戻せし後, 戻ったが, 戻ったという, 戻ったり, 戻るの, 戻るよう, 戻る不運, 手伝いに, 暴れ込む叔父, 暴れ込んで, 来る度び, 来る時, 沙汰を, 清江の, 産みに, 用達に, 疎開しました, 疎開の, 相続人として, 私は, 私を, 移転した, 立ち寄ること, 立ち寄ると, 納まり留守, 自分の, 舞い込む頻々, 行, 行きましたと, 行き一週間, 行くこと, 行くだが, 行く度, 行つ, 行つた, 訪ねて, 訴えた, 詫びを, 話して, 貰いに, 走つたといふ, 走らせた後, 足を, 身を, 返さうかと, 返さないのみ, 返して, 返へ, 退出される, 送り帰される途中, 逃げて, 逃げる, 逃げ帰りました, 逃げ帰り居合わせた若党, 逃帰つ, 這入る事, 連れ戻されて, 運ぶ時, 運んで, 遣らせられた時, 避暑に, 避難し, 還つて, 金を, 金借り, 金策に, 離縁状を, 電報を, 電話を, 預けて, 預け大森, 養子の, 養生に

▼ 実家~ (142, 13.4%)

8 帰って 3 住んで, 居て, 戻って 2 ありけるころ, いた, 寄宿し, 帰つてゐる, 戻ること, 止まること, 行って

1 [111件] あずけかれは, いずこのごろ, いたの, いて, いては, いながら, いましたとき, いるが, いる弟, いる時, いる牛乳配達, おいでに, お帰り, かえっての, ただし合戦当時, たった一人, つまり田中, なって, なる, ひそんで, もどって, やる約束, ゐた時, 久保は, 仕えて, 伝えて, 伝わったいろいろ, 出した, 別居し, 去ると, 取られてから, 女中奉公を, 家財横領の, 寄って, 居た頃, 居るとき, 居る時, 居れば, 居候だ, 居据わって, 帰して, 帰すこと, 帰すの, 帰った, 帰ってから, 帰っても, 帰つた, 帰つても, 帰らんと, 帰らんとの, 帰り, 帰りしが, 帰りしとき駒橋村, 帰りその, 帰ります, 帰り二人, 帰り去れる後, 帰り女の子, 帰るか, 帰ると, 帰る樹明君, 帰れるなどの, 引いて, 引きとられた, 引き取って, 引き取られその, 復籍し, 忍んで, 恩義ある, 戻し豹一, 戻すの, 戻ったばかりには, 戻った娘, 戻つた, 戻らなかったから, 戻りました, 手が, 押えられて, 整理すべき, 暮して, 泊って, 泣きこみに, 滞在する, 用事が, 留まって, 疎開し, 相談し, 知れて, 秘蔵され, 移転した, 立ち寄つて, 約婚, 舅姑を, 舞いもどって, 舞ひもど, 落附こう, 行かんとして, 行きしが, 行くべく北鎌倉, 起居し, 近き親戚, 返し尚, 返すこと, 送った文書, 逃げ帰ったきりここ, 連れ戻されて, 遁入し, 過ぎない人, 違いない, 遠いし, 避難し

▼ 実家~ (72, 6.8%)

4 農である 2 どこだ, 京都の, 東京に, 破産し, 葭町で

1 [58件] お兄さま, かなりな, かなり内福, この辺, これで, すぐ裏町, すばらしい物持, その二三日前, その時分村, それに, どこか, どこじゃ, どんな角度, なしさ, もう母親一人, やはり薬屋, 上野の, 両親ともに, 二番目の, 人形町の, 今でも, 仏教の, 代々非, 仲通りの, 公卿の, 却って自分, 大水の, 妹達が, 少し地位, 御裕福, 政治関係の, 日本橋の, 昔その, 極く, 母親の, 江戸一の, 泥舟の, 海産物の, 湖水の, 潰れた形, 無事に, 熱田附近だ, 片門前, 現存し, 百姓没落組の, 皆様揃っ, 相当に, 祭礼の, 米国で, 荷車曳きで, 菊坂の, 裏町筋から, 裕福どころか, 西村氏である, 貧しく女学校, 遠い所, 銀行から, 長野県諏訪市です

▼ 実家~ (44, 4.2%)

2 七生まで, 出て, 恋しがらなく, 離れて, 頼って, 飛び出して

1 [32件] おとずれると, こっそり弁明, さへ, とうとう勘当, もたないとき, よく知, 人に, 出でて, 勘当され, 去って, 始め親戚廻りを, 尋ねたという, 思うと, 抜け出て, 持って, 相続し, 立て直して, 背負うて, 襲い一家惨殺, 見に, 見舞ふと, 訊きただして, 訪いたるなり, 訪うたの, 訪ねて, 訪れて, 訪問した, 詮議する, 説き立て, 追はれ, 逃出し, 飛び出すと

▼ 実家~ (37, 3.5%)

2 さちよの, 破産した

1 [33件] あった, あつた, あつて, ありしょっちゅう, あるの, あるので, あるのに, おありなさる, かえって他家, どこであった, 代代の, 四国の, 在つた, 富裕であるらしく, 巨万の, 広島県の, 旧い家, 権右衛門と, 横浜に, 江間氏で, 法華な, 渋谷に, 相当な, 相当の, 裕福だって, 裕福だろう, 裕福な, 農家である, 農村に, 長崎へ, 随分貧しかっ, 馬霊教の, 高利貸でも

▼ 実家~ (34, 3.2%)

2 養生さす

1 [32件] きいて, ござります, どんな立場, 一七〇五年九月八日の, 丹精し, 今は, 会ったとき, 出来たもの, 娘の, 家族こぞって, 尼同様な, 局長さんは, 弁償する, 弟に, 悦二郎氏は, 新年を, 日は, 死にました, 毒を, 池袋に, 父や, 特に贔屓, 畑を, 病気で, 療養に, 育ちました, 育ち十五, 親切に, 試みようと, 邪魔物扱ひ, 酒を, 預ります財産

▼ 実家から~ (32, 3.0%)

1 [32件] あらためて挨拶, いた, お嬢様の, お金を, だと, ちと気, ときどき妻, 住み移った, 何度問い合せ, 便りも, 借りて, 出奔し, 叔父が, 受け取った書翰, 女中払底の, 寄越したの, 小一郎を, 引き取って, 引取り人の, 手紙で, 手紙を, 持って, 母の, 移し植えた, 肩揚げの, 肺病は, 脱け, 船で, 莫大の, 金を, 鎌倉の, 附属の

▼ 実家では~ (13, 1.2%)

1 [13件] あるが, どういう処置, ないか, 入れなかった, 前から, 婿が, 子供も, 子沢山で, 弟の, 我慢が, 戦争中娘を, 血が, 言って

▼ 実家~ (12, 1.1%)

2 母との 1 いい当時, まずくなつ, レンラクが, 一町と, 仲たがいを, 親とが, 角川家との, 言う時, 関係の, 離れて

▼ 実家~ (11, 1.0%)

1 [11件] すでに兄夫婦親子, まあ相当, みな不, やはり酒屋, 中に, 代々農業と, 婚家も, 定めし立派, 実家じゃ, 富んで, 集まり合戦当時

▼ 実家へは~ (10, 0.9%)

2 七八年帰らなかった 1 どんなお, のりの, もちろん私, 帰れず京都, 帰れず思ひ切つて, 時々, 顔を, 黙って

▼ 実家には~ (9, 0.9%)

1 もちろん焼, 両親も, 妻の, 居憎く, 数日来蕗屋も, 母も, 老母と, 親御様お, 違いない

▼ 実家へも~ (8, 0.8%)

2 帰られないので 1 てんから寄りつこう, どつた, よりつかずに, ろくろく住まず, 住まないばかりか, 帰らずに

▼ 実家という~ (7, 0.7%)

2 のが, のは 1 のへ, ものが, ものの

▼ 実家との~ (7, 0.7%)

1 両方に, 交渉が, 折合が, 距離に, 間柄も, 関係から, 関係に

▼ 実家でも~ (6, 0.6%)

1 あるん, ひとりにな, 内々捜し, 少し何とか成つて, 病気という, 遠くに

▼ 実家~ (6, 0.6%)

2 親類の 1 お友達, きょうだいの, 親類に, 養家に対する

▼ 実家である~ (4, 0.4%)

1 大巻の, 岐阜県の, 神田三河町の, 藤堂家に

▼ 実家帰り~ (4, 0.4%)

1 の一人, はいい, をした, を楽しん

▼ 実家~ (4, 0.4%)

1 などへも万端, にもどる, に俄, をたどるなれ

▼ 実家からは~ (3, 0.3%)

1 いつも叔母, 何か, 毎日の

▼ 実家たる~ (3, 0.3%)

1 川越の, 菱田と, 藤堂藩は

▼ 実家とは~ (3, 0.3%)

1 私の, 義絶状態に, 音信不通であった

▼ 実家住まい~ (3, 0.3%)

1 がほとんど, の機会, をなさる

▼ 実家近く~ (3, 0.3%)

1 で近所, の京都辺り, の機屋

▼ 実家からの~ (2, 0.2%)

1 援助で, 申込みであった

▼ 実家~ (2, 0.2%)

1 も不義理, 行って

▼ 実家~ (2, 0.2%)

1 と思っ, と泊り込む

▼ 実家での~ (2, 0.2%)

1 ふだんの, 見聞がちやん

▼ 実家として~ (2, 0.2%)

1 劇の, 女官を

▼ 実家にては~ (2, 0.2%)

1 父中将の, 継母が

▼ 実家まで~ (2, 0.2%)

1 付添つて行かせよう, 夫婦で

▼ 実家をも~ (2, 0.2%)

1 あなた方の, 愛して

▼ 実家~ (2, 0.2%)

2 のお母様

▼1* [65件]

実家からさえも見放されるよう, 実家からも義絶された, 実家これだけへ来る, 実家じゃないお嬢さん, 実家そこの娘, 実家だけに甘えたよう, 実家だってそう悪い, 実家であり不思議と, 実家でして社長, 実家とが一日も, 実家のであろう, 実家なる勧修寺尚, 実家にあたる滝川家の, 実家にずつといた関係, 実家について老父や, 実家にでも帰ったん, 実家にまで聞えた, 実家にも優りたらん, 実家に対しても申訳が, 実家に対する親愛の, 実家へと飛んで, 実家への帰参が, 実家へまでもお出かけに, 実家ほどええとこ, 実家ゆえ這入りかねて, 実家よりつけられし老女, 実家よりも飯田町の, 実家中根氏邸に仮寓, 実家亀山は相当, 実家五百枝様のお, 実家伝統の間, 実家佐々木家に養女, 実家がむしろ, 実家は何, 実家北条氏が応援, 実家即ち私の, 実家又は養子の, 実家坊門さまより整, 実家奥州仙台は石, 実家女臈聟方には待ち, 実家も邸, 実家富田氏は柳原松井町, 実家川上家を訪れ, 実家新木氏の子孫, 実家方楠木家とわが家, 実家方楠木殿にすがっ, 実家方西園寺ノ入道, 実家方預けとなった, 実家有野村の藤原家, 実家村島内蔵進医者の乾十郎, 実家森本善次郎へ被, 実家池鯉鮒家に養われ, 実家生活を続け, 実家甲府在へ旅立ち, 実家男谷の父親, 実家町田氏の居館, 実家神田三河町の伊豆伍, 実家の妻, 実家絶えてなく, 実家茂木氏の番頭, 実家行きとなり, 実家が手許, 実家附近へゆく, 実家預けに, 実家高橋氏を去