青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「実は~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

定め~ 宛~ ~宜 宜~ 宝~ 宝石~ ~実 実~ ~実に 実に~
実は~
実在~ 実家~ 実感~ ~実現 実現~ ~実行 実行~ 実践~ ~実際 実際~

「実は~」 11872, 128ppm, 824位

▼ 実はその~ (419, 3.5%)

13 ことで 3 中の, 時の, 点に

2 [23件] お, ことな, ことについて, ことを, つもりで, ような, ように, 上に, 不合理の, 事な, 人の, 人を, 何でございます, 何です, 儀について, 前に, 必要が, 方が, 日の, 村の, 点が, 逆の, 雑誌を

1 [351件] あいだに, あんたの, いまいましい味, う田中君, え, おさむ, お光さん, お前が, お前さんの, お力によって, お后さま, お敷物, お神さん, お肝入り, お蝶, お詫び旁, お話を, お連れ様, お邸, お願いに, かげに, かげには, かねがねお, くせ来たく, こう云う, ことから, ことじゃあ, ことだった, ことでございます, ことでの, ことでやす, ことについては, ことにつきましては, ことは, これが, これより, ころある, ずっと後, ただしこれ, ためじゃ, ためだった, ためな, ために, ためには, ための, ため御, ちっと相談, つまらぬ一件, ときの, ときは, とき僕は, な, なかに, へえお立派, へんの, ほかにも, わなを, ギヤマンという, クリユキンさんです, コンプレックスで, スウィッチは, ベッドには, メガネは, ヨハン様は, ワルゼエ自身な, 一人だつた, 一人である, 一人でした, 一円で, 一面には, 七徳を, 万葉の, 三人を, 三人兄弟の, 三田という, 下に, 両三日前, 並木先生の, 中から, 中に, 中を, 事を, 事実の, 二人は, 二倍半の, 京言葉である, 今日墓石を, 代理という, 以外に, 会議でも, 何だ, 何でございまし, 何とも寂然, 作家の, 例に, 侍と, 信念を, 倍以上も, 借金の, 倫理的な, 儀を, 先生私どもの, 兵は, 内容に, 内幸町の, 処分に, 出し物が, 出来事が, 制作者の, 前から, 前日そこの, 動かない部分, 十年ほど, 印象自身が, 危険を, 原因を, 原始化の, 去年から, 友達の, 反対で, 反対の, 反対を, 叔父である, 古歌, 可哀そうな, 吉左右のみを, 名は, 名刺の, 名前が, 名前だけしか, 品物を, 団扇使を, 地の, 地方の, 域を, 基礎理論の, 場合に, 変化そのものが, 外にも, 外果皮で, 外皮が, 多くが, 夜或, 大きさ, 奥に, 姫草ユリ子の, 娘さんに, 婆が, 婆さんを, 家内と, 対立な, 専門の, 小さいの, 小僧の, 小説家に, 少しうつむいた, 少し出立前, 少し耳より, 少女は, 少数の, 幾つかを, 庄吉の, 序に, 底に, 当城, 当家の, 当時の, 往事を, 後段において, 徐庶が, 御坂, 御様子, 性質を, 息子の, 恰好の, 悪い夢, 意志が, 愛情を, 所謂, 手前どもで, 手前も, 手本と, 手柄話を, 手紙の, 折大杉氏の, 拍手の, 持主が, 指先で, 改良で, 政吉は, 故に, 文庫が, 文章の, 新富座へ, 新聞記事に, 方の, 方を, 日に, 日葉子は, 日記, 昔蔵原惟人や, 時々の, 時々不思議, 時おわびを, 時こそ, 時すでに, 時に, 時はじめて, 時ほんの, 時丸木は, 時分いや, 時大に, 時尊者の, 時板倉修理の, 時私の, 時計の, 時間フルに, 暖簾の, 有野村藤原の, 朝出かける, 机と, 材料から, 松島, 果実の, 栄螺を, 根底その, 根源が, 様な, 様に, 機械の, 次郎兵衛が, 正反対が, 残念に, 殺気を, 毒性次第では, 毒薬を, 気持ちに, 気焔の, 江戸の, 洗髪を, 活神様が, 浦島太郎は, 温泉が, 湖から, 点で, 点も, 為に, 為替期間が, 爪の, 父も, 父ダニエル, 犯人が, 獅子舞の, 現実行動性, 理想では, 理由を, 生き埋めの, 用事の, 男は, 町の, 白い物, 白秋君はね, 盗品の, 眼は, 硝子板の, 祐筆が, 神尾の, 積りで, 第一歩な, 策について, 絆が, 結城新, 結婚について, 結婚問題について, 結果に, 絵馬は, 繁多に, 繊維の, 繭子夫人を, 罪を, 美しさ, 翅の, 翌年摂政に, 老人が, 老夫婦, 者は, 聖書は, 腕はね, 自然の, 興奮の, 舟木の, 色香味等の, 芸者や, 若殿様と, 草場には, 荷物な, 薬に, 行手に, 裏に, 裏面から, 裡に, 西瓜が, 見あい, 見当が, 見習いの, 親の, 角の, 解釈に, 言葉や, 計量的規定の, 詩も, 話も, 話を, 貴方に, 車輛に, 辺, 辺の, 近所の, 逃げたという, 逆が, 透彫, 通り, 通りおまえの, 通りだ, 通り私は, 道具は, 遭難当時に, 部屋の, 重合部だけに, 金, 鉢合の, 銭湯屋には, 鐘巻自, 長篇小説の, 間諜一味は, 関白の, 関節不随的特色に, 関西の, 階級性と, 際に, 雪子が, 面部の, 頃から, 頃の, 頃は, 頃朱文は, 顔で, 飛ばっち, 鮎川に, 鶫なる, 黄から

▼ 実は~ (389, 3.3%)

10 もその 9 はこの 7 の方, はその 4 も少し 3 の家, はもう, は大学, もこの, もそう, もまだ

2 [32件] がこの, が殺した, が継子, が顎, の仕事, の身の上, は, はあなた, はあの, はいつ, はこれ, はこんな, はそれ, はただ, はまだ, は今, は何, は受付, は彼, は明日, は自分, は貴方, は閣下, は青木君, もあなた, もこれから, もそこ, もそんな, も今日, も河上, よりも年上, 少し御願

1 [270件] かに俗物, かに恐れ, からお願い, からは口, から忠一君, があなた, がおいやっ, がその, がちょい, がむしろ, が一切経, が一寸, が上京, が不断烟草, が今夜, が作った, が八王子, が写し, が初め, が創刊号以来, が坂口安吾そのもの, が姉さん, が実際, が平塚さん, が弟子, が待っ, が御, が手, が旦那様, が書いた, が本屋, が模造品, が死ん, が殿様, が氏, が申しました, が直接, が看護婦, が着る, が芝居, が見, が象牙, が迷い, が那, このどろ, すこし思いあたる, すこし紛失物, たしかめて, だという, でさえ変, という人間, という福の神, とし, としてこんな, としてはそれでは, と云う, と大山氏, などはそれ, なども煎じつめれ, なんで, にあらず, にはもうすこし, には全く, には八九分通り習慣, には女の子, には用, には縁遠い, には腑, にもそんな, にもちょうど, にもよく, にも同じ, にも小関さん, にも見当, に一人, に探査, に結婚, のあこがれ, のうち, のかね, のこと, のため, のオナラ, の云いたい, の任意, の傷, の兄, の全く, の内心, の前, の友人, の同窓, の在, の夫, の妻, の姉, の嬶, の小説, の弟, の後妻, の後房, の心, の忰山, の手際, の旅費, の最も, の朋友, の本朝神仙記伝, の此処, の母親, の為め, の父親, の癖, の目的, の眼, の着く, の研究, の老婆心, の考えた, の耳, の胸ポケット, の血, の親友, の遠い, の長男, の養母, の魂, はあ, はあまり, はいつぞや, はいま, はお, はお前, はこう, はここ, はこのごろ大変不眠症, はそれでも, はた, はつい, はね人, ははじめ, はほんとう, はまったく, はもう少し, はイギリス人, はデマ, は一っ子, は一人, は三年跡粥河圖書方, は久しい, は九州, は二年前, は今日, は元, は先程, は六月, は其の, は其卑賤, は別に, は右, は和歌山, は困っ, は夫婦, は女学校, は好事家, は姿, は小涌谷, は小湧谷, は少年, は山村, は御, は御返事, は怒りました, は思いたっ, は恋, は恥, は惚れ, は敏子, は日本, は昔, は札幌, は板垣中将, は横光さん, は次, は次郎, は此, は此点, は泊りこん, は津々たる, は烏啼, は甚だ, は町人, は素晴, は茲, は試験所, は警察, は負けた, は貴下, は趣味, は近日一つ狆, は金, は金魚鉢, は驚い, もあの, もあんまり, もここ, もこの間, もこれ, もさっきあなた, もそれ, もただいま, もちょい, もひっかかった, もほぼ, もコレ, もヨミスギ, も万一, も下手, も不審, も人, も今年, も今度ブラジル公使, も入学試験, も其の, も初め, も判り兼ね, も前, も動物園, も取る, も同様, も品夫さん, も国学, も大学, も委曲, も弱ったです, も彼, も彼女, も彼様いふ目, も心, も心配, も急, も持っ, も映画人, も木曽附近, も極, も正直, も此, も毎日, も画, も異様, も痛ん, も直接, も知っ, も知らず, も祈りました, も自分, も英語, も見付, も親類, も親類共, も貧乏, も迷っ, も退屈, も道鬼殿, も陶然, も飽きない, や家内, をここ, を君, 少しあわて

▼ 実はこの~ (380, 3.2%)

5 ような 4 ことは 3 二つの, 人の, 手紙を

2 [19件] ことを, たびの, 事を, 事件の, 二つに, 問題の, 問題は, 場合の, 子を, 家の, 旦那の, 時から, 木の, 概念の, 泥団の, 男の, 男は, 私も, 話を

1 [324件] あいだの, あいだ或, あたりに, おれだった, お取次, お堂, お墓参り, お娘, お詫, くらい甚だしい, ことについて, さきの, じろじろと, たび自分が, とおり健やかな, とき救い出された, とき私は, とき鶴彌, へんの, やうな, ようなる, わたくし浜川横山お, ウラジロの, カフェーに, チベット行の, デマ事件からの, トリヴィアリズムをも, バーに, ファイア・プレェスの, ブルジョア生産技術家すらが, ベルヴィル通りの, 一くさりの, 一カ月ばかり, 七年間文字どおり夢にまで, 万太郎も, 三名の, 三鷹事件の, 上も, 上海行きの, 不動だけは, 不思議が, 世界は, 両人共便所に, 両者は, 両者を, 両面を, 事ある, 事は, 事件が, 事実から, 事実を, 事願はんためなり, 二三年来という, 二塁の, 五六日前にも, 五日の, 京人形, 人が, 人形が, 伊勢源についても, 位にしか, 位不思議でない, 作爺は, 使命の, 例に, 例証そのものが, 俄仕立の, 信仰の, 個人意識に, 側から, 働き, 像こそは, 像を, 先一町行け, 先輩の, 光春も, 児は, 全集は, 公設市場は, 六月遠方の, 具体的事実の, 出しぬけに, 切り抜きの, 制度文物風俗等々に, 刺青を, 前に, 前の, 前御, 前有島さんたちと, 前牛丸君と, 前脱獄, 動く島, 区別は, 半之丞代行の, 半鐘の, 厨子に, 呂布も, 命令には, 品を, 哲学の, 問こそ, 問題には, 嘆きの, 噂が, 四五日この, 四五日以前から, 四本の, 回では, 因縁の, 困難に, 図と, 土地で, 土地でも, 地を, 地獄沢から, 地耳である, 城にも, 堀の, 場合も, 場合二人の, 売薬の, 夢の, 大学の, 大学教授式の, 大寺に, 大雪で, 大頭, 女こそ, 女の, 女優の, 娘かる, 娘に, 娘の, 婦人に, 媼お, 子が, 安房も, 宝さがし, 実験される, 宣命と, 家も, 家を, 容態悪化には, 寝室の, 小屋に, 小母さんだ, 小河が, 小説の, 小説夫婦喧嘩の, 山の, 山上から, 工場は, 左馬介も, 幅は, 幕の, 年末に, 広い土間, 広い宇宙, 店を, 度の, 度も, 式が, 弥四郎が, 彼の, 後が, 従妹と, 心ばえに, 心覚えを, 怖ろ, 怪異を, 恐ろしそう, 意味での, 慎吾も, 房州の, 手を, 手紙の, 技術と, 抜萃記録は, 放射線による, 数量の, 文化的自由主義から, 文句を, 文成公主が, 文献学主義な, 文献学主義自身は, 文覚に対して, 新劇協会の, 方から, 方は, 方向から, 方向に, 方言の, 日は, 日も, 日光の, 日常性の, 日記文の, 昔の, 時すでに, 時に, 時には, 時の, 時までは, 時今少し, 時代の, 時以前の, 時分から, 時分には, 時狸は, 書きもの, 朝も, 本は, 本箱の, 村に, 杢平牛は, 東洋に, 柴犬を, 楼桑村の, 模造品も, 次の, 欲望を, 歌の, 歌は, 死骸が, 段囁き合っ, 毘沙門から, 水出しは, 沢この, 消息を, 温泉の, 滝壺は, 点が, 点に, 点にか, 点にこそ, 点を, 点都市民衆の, 無用心が, 熱田の, 父の, 片盤には, 物語の, 物語自身お金に, 猫の, 猴アフリカの, 玩具の, 現象は, 理窟には, 甲府へ, 甲野八十助は, 男が, 男でありました, 病人については, 発見に, 皮膜の, 直観的要素が, 着物で, 研究全体が, 私が, 科学的厳密さは, 程度の, 種の, 空間, 空魔艦の, 童は, 端倪すべからざる, 笑顔が, 紫陽花寺は, 細工谷町で, 結びつきに, 絵は, 続きが, 縁談の, 羽織を, 翻訳の, 老爺も, 自然や, 自然科学的, 若い方, 茂兵衛の, 草の, 草本来の, 莫大な, 菅糸を, 菓子折を, 萌芽だった, 落ちつくべき処, 衰微の, 西瓜が, 要素は, 規範性に, 親鸞も, 観察という, 解釈自身に, 言葉である, 言葉は, 言語の, 計画が, 詩形の, 話の, 論文の, 身には, 辺から, 通り詰まらぬ, 速記を, 逡巡が, 過半数が, 邸内へ, 酒が, 金さんは, 金城寺平七という, 鍵の, 陣中には, 青年の, 頃ひそかに, 頃何事も, 頃婦人雑誌に, 頃肥り過ぎ, 風が, 風景許り, 風潮を, 風間さんです, 飯塚さんで, 馬奥州の

▼ 実は~ (159, 1.3%)

5 僕は, 私は 3 親分 2 え君, これは, 兄さん

1 [140件] あっしが, あなたを, あの人, あの大将, あの娘, あの晩兵二郎, あの絵, あの見せ物, あの鳥, あるその, あんたの, いろいろお, いろいろ考えた, えお嬢様, え旦那, おきき, おまえの, おれが, おれの, お光さん, お喜多姐さん, お爺さん宵から, きのう矢島さんが, きょう社で, こういうわけ, ここへ, こないだお, このお方昨日, このごろは, この世界, この胆吹山, この近所, この間出入りの, こんどお前が, こんど生蕃の, その三本足, その話, その飛, だしぬけに, ちとお話, まこっち, むろん私, ゆうべ電話を, わたくしは, わたしの, わたしは, わっしも, ハッチソンの, ボクも, ポリニャークが, マア好い, リーズさん長老が, 一造兄さんはね, 七兵衛さんわしも, 三千子さんの, 下に, 主人の, 主人は, 今でも, 今までにも, 今も, 今云った, 今夜あたり君を, 今夜あたり紀州の, 今妻, 今日の, 今日は, 今日九時半に, 今日昼間から, 今明神様, 今朝二匹の, 俺も, 俺を, 僕も, 兄さんも, 兄は, 先刻から, 先日入院患者の, 先生, 八丁鼻先生が, 初めあなたから, 半分だけ, 叔母さんが, 叔母さんに, 叔父さん出来ました, 古田子之, 可愛いの, 君, 君が, 君に, 君ハクシヨーン, 君我々は, 喋舌つてゐない, 土器野で, 塾長さん, 大変な, 女房の, 妾は, 妾も, 媽, 安部磯雄が, 家の, 家内も, 情死を, 旦那, 旦那に, 明日あたりお前さんの, 春子私の, 昨夜ここの, 昨夜中座を, 昨夜沢谷さんが, 昨夜須田町の, 是非お, 村岡さん, 東京を, 東山さん私の, 横浜から, 此の, 母に, 母様も, 毛沼博士が, 永井の, 津の, 海水着も, 牛の, 直治は, 私が, 私の, 私も, 竹内が, 笹木の, 胸突坂を, 藤野先生という, 逢いたくないこと, 部屋へ, 金は, 關善か, 阿爺さん, 階下に, 駕籠などが

▼ 実はそれ~ (157, 1.3%)

4 がし, が私 3 が一つ, が右門 2 が彼女, が最も, が神経的, さえ覚束, だけで, なん, ばかりで

1 [129件] からそれ, から始まる, が, がこの, がしも友人, がしも国許, がしも見せ, がそう, がその, がため, がどんなに, がまだはっきり, が人間行為, が先程, が六大学リーグ戦, が判った, が原因, が厭, が好み, が宗教, が対立, が常套手段, が悉く, が意識, が懸念, が整然たる, が書い, が果して, が楽しみ, が殆ど羞恥心, が無かっ, が犯罪, が用件, が社会科学, が科学, が罠, が雪国, が面白い, さえ甚だ, さえ身, だ, だけでも既に, だけで辛苦努力, であったらしいの, でお願い, できみたち三人, ではなかっ, でやって来た, で上った, で二人, で今夜, とは逆, と全く, と反対, と相, なの, なる老職, にかずけ, にち, につい, について今日, について面白い, につき, には相良金吾, によって上代, によって謎, に代る, に似た, に先立つ, に就い, に気づかなかった, に用, に轡, に関係, の, はいは, はこじつけ, は以前, は別, は単なる, は単に, は取る, は彼, は時代, は椰子, は無限, は現実, は甲高く, は美的狩猟, は考へる, は薔薇, は隊長機, は青み, までごく, までに三度, までの千万歩, もあっ, もかく, も一つ, も人違い, も例, も夫, も自分, やわれわれ, よりも, よりもずっと, よりも待ち, より先, より猶, をお知らせ, を全廃, を兼ね, を受け, を導火線, を恐ろしい, を捨てかねた, を申しまし, を申し上げよう, を目ざし, を考えた, を見た, を言い, を読み, を読んだ, を買ふため, を追跡, を防止, を頼みとう, 故社会科学

▼ 実は~ (117, 1.0%)

3 の方, はあなた, はあの, も今 2 はいつ, は最初, も余り

1 [99件] があの, がエンミイ, がミディネット, が不破数馬, が事務所, が今日飛行機, が出した, が打った, が此, が治した, が関係, すなわち浅間, とし, なんにも見, にとっては大きな, にはそんな, には昆曲, にもぶつかった, にも分らなくなっちゃった, にも覚え, にも間接, の, のとこ, のアタマ, の例, の先生, の内, の友人, の妻, の常に, の恫, の所, の目的, の研究, の肉親, の背, の郷里, はこの, はこれから, はこんな, はさきほど, はさほど, はすこし, はその, はどこ, はまだ, はもう, はもう暫く, は二十年前, は今, は今日, は今日一時半, は例, は元来歌, は先日, は卓一君, は姉さん, は子供ら, は斯, は日本人, は木戸博士, は沢子, は無抵抗者, は独り, は生物学, は親, もあの, もいろいろ, もさういふ, もさうな, もさっき, もさつき, もそいつ, もその, もそれ, もそんなに, もたいへん, もまだ, も今日, も保証, も僕, も及ばず, も家族, も少し, も崑崙茶, も弱っとる, も忸怩, も教頭, も散々, も横腹, も気, も知らなかった, も第, も自分, も雨, も非常, も面, 大失態, 或少女

▼ 実はあの~ (114, 1.0%)

2 人が, 人の, 女は

1 [108件] お嬢さんな, ことだ, ころ山岡屋に, さるお, だんなさんも, ときは, ときも, とき僕は, とき正吉は, ならびに一人, クーペが, ナオミが, ハリ紙は, ラジオの, 一巻, 一度内へ, 一昨々日でございます, 三千子が, 上杉先生の, 上海亭の, 不幸な, 両方へ, 中に, 事が, 事件の, 事件以後嫂について, 事件以来妙に, 人達だけ, 会議が, 保険建築会社の, 倍音に, 催眠術も, 勝沼の, 千代乃という, 反対な, 四本指の, 図書と, 塔を, 夜あれから, 女と, 女に, 娘の, 婆, 婦人に, 子ほんとうは, 学生は, 小切手は, 小野さんが, 岡の, 建札は, 感覚あの, 手紙大変忙しい, 文庫の, 方が, 方の, 方を, 日初めて, 明るい健やか, 時は, 時までは, 時例の, 時僕は, 時分王様の, 時分私共も, 時千姫様の, 時古, 時大変考え事を, 時小酒井さんが, 時返事を, 晩, 晩の, 晩僕は, 晩長作を, 月の, 朝太郎という, 火事に, 猪口は, 琅, 甘い汁, 男の, 男を, 画を, 病人が, 発頭人の, 看護婦だ, 神戸も, 稲荷の, 穴倉の, 紫色の, 綿は, 老母が, 者に, 肉体の, 腸は, 自動車が, 路地の, 軸を, 辺では, 通りな, 連中が, 連判状は, 隠れ忍ん, 雲山の, 頃の, 頃まだ, 題は, 風間さんから, 高橋の

▼ 実は~ (107, 0.9%)

6 宅の 2 兄さんが, 察しの, 恥かしい, 浦と, 目に

1 [91件] あいにく様である, かみさんわたしは, きえさんの, たずね申しましたの, つとめだった, はまに, ばばの, ふた方ともに, ほきみ, めえ, ッ母さんあの, ツ母アさんの, 下屋敷の, 主が, 二人の, 二方の, 互が, 互に顔, 仕事の, 伺い致しました次第, 倉を, 内儀お, 内儀さん少し, 内儀様は, 別れを, 助けに, 千代に, 吉なんぞは, 吉も, 名前だけは, 君さんの, 品に, 国が, 国さんに, 坊さんだって, 城に, 増も, 姉さんに, 娘子の, 嬉い, 子供衆ばかり, 宅との, 宅へ, 尋ねもの, 屋敷を, 屋敷替えに, 幇間医者の, 店の, 廉い, 役所の, 恥しいが, 恥しい次第, 恥ずかしき次第, 悦が, 手引を, 招き申したい, 景物に, 案じいたして, 案じ申した, 気の毒な, 汝に, 泣きなすっ, 浜には, 清に対して, 渡御の, 父さまは, 父様は, 由と, 神さん少し, 秋を, 筆を, 米の, 組が, 組の, 耳に, 聴き及び, 若の, 菊さんの, 蝶は, 辰めに, 辰様を, 近と, 通さんそなた, 逢いしたいひと, 連れ申し, 邪魔した, 部屋が, 鎌の, 頼申したい, 顔を, 驚きに

▼ 実はこれ~ (103, 0.9%)

2 がため, は人間, は僕, は彼, は歯, まで内々消息

1 [91件] がうまい, がはじめて, が一番, が主, が大向う, が最大, が根本的, が武士, が視神経葉, が重要, くらい当り前, こそ不在証明中, こそ最も, だけしか知らねえ, だけしけゃ, だけであります, だけな, だけ聞き出す, だったの, ですよ, でも失恋, とて京極方, とて私, と同じく, と同様, と正に, なの, なる御, なん, におられまする, には少し, には山城守, には感心, には深い, にも神明, のお袋, はお前, は一例, は人工蜃気楼, は何, は便宜上, は吾, は大学, は妻, は字謎, は客, は容易, は常, は廃れた, は彼自身, は後, は旧, は昨年, は毎度, は深い, は田沼先生, は病人, は相当, は複雑, は誤り, は返事, は郷倉氏個人, は陽気, は鯰, ほどあたり迷惑, ほどむずかしい, ほど似, ほど厄介, ほど空疎, までのここ, までも時折, まで内々小あたり, まで誰, もこの, も一つ, も緊張, よりも遥か, より深く高い, を久遠, を云う, を余り, を全面的, を御覧, を煽動, を百倍, を知っ, を見破ぶる, を読み, を貴君, を開く, を鳥類

▼ 実は自分~ (88, 0.7%)

3 もそれ 2 のアリバイ, の娘, の心, はこの

1 [77件] からあの, からもいちど, があの, がこれ, がごろつき共, が偽物, が向っ, が庄五郎, が木, が本心, が泣い, が着け, が給料, が薬学, が袁紹, さえ今, ではあの, でも初め, でも重くっ, で書かう, で自分, ながら感心, などの少年, にもまだ, にも分っ, にも分らない, にも解らない, の一個, の亡くなった, の今, の伴子, の先生, の創見, の力, の周囲, の国, の家, の店, の後ろ, の恥, の情夫, の故郷, の母方, の気付かない, の気持ち, の理性, の生んだ, の発想法, の知合, の私有物, の空腹, の胸, の詩, の身, の邸, の郷里岩代, の郷里岩代国, の鼻, は, はあなた, は争議惨敗, は梅子嬢, は観世なにがし, もこの, もこんな, もさき, もその, も久しく, も日頃, も昨日, も永年, も然, も疾く, も見た, も面識, をその, を読ん

▼ 実はまだ~ (83, 0.7%)

2 一度も, 本当の, 自分の, 読まない, 誰にも

1 [73件] ありますかい, あれに, いくらにでも, おれの, お母ア様, こんな事, さかんに, その作品, その恩, その時, ですが, ひどいこと, ラムネなる, 三十代の, 上面ばかりの, 人が, 仕上げが, 元兇を, 充分には, 先生にも, 内容の, 区長さんの, 十九で, 十分と, 半信半疑であった, 半信半疑である, 半分しか, 危い, 君に, 唸るの, 夕飯を, 大事な, 大阪を, 完全な, 完全に, 宙に, 尻ッ尾の, 当てには, 彼は, 手筈だけ, 文学の, 文義的解釈で, 断定出来ない, 方々に, 早いな, 明かに, 此迄明快な, 決って, 活きて, 溶けては, 生きて, 癇癪まぎれ, 眠いの, 確かに, 確定出来, 確証の, 神事芸から, 腹も, 若い作曲家, 評論の, 詳しいこと, 読みません, 読んで, 買いたいもの, 買って, 迷って, 途中に, 青かった, 青く白, 革命と, 靴の, 頭に, 飯前な

▼ 実は~ (81, 0.7%)

2 になっ, に始まった, のお, の場合, は丸亀, までに誘拐

1 [69件] あしたの, あの指紋, あの番頭, あの話, あの通り, いっぺんに酒, おかみさんから, から三十分, このお客人, さっき伊勢の, さっき奥様お, して, その連隊, だから, ちょっとまえ, でもそれ, でもはっきり, どうしても書かなけれ, におき, のあの, の世の中, の今, の娘, の家内, は非常, ふと思いついた, ほど御, までお, までお前, までこの, までの用水, までの神道家, まではその, までは御前, までもあちこち, までもしずく, までも再々油絵, までわし, まで俺, まで僕, まで彼女ら, まで時期, まで私, まで自分, まで言はず, まで警察, まで道楽, まで郷里, まで駈け, まで黙っ, もその, もそれで, より三十六年, チャリネ館には, 一人連れが, 云ったの, 云った疑問, 云った通り最初, 小栗君が, 師匠にも, 帳場へも, 広島県の, 放送し, 有力なる, 汽車に, 群衆の, 考えると, 見て, 親分から

▼ 実はそう~ (78, 0.7%)

21 では 7 でない 4 なん 3 でなくて, なの 2 すること

1 [38件] あって, いろいろな, じゃございません, だ, だからと, でないここ, でないこと, でないという, でないらしい, でない場合, でなかった, でなかったの, でなくその, で無い, とばかり思っ, なければ, ならぬ事情, なんで, ばかりで, ひどい重荷, むずかしいもの, も考え, 主張する, 云うし, 云うわけ, 云う訳, 云われても, 単純には, 呼ぶ方, 容易に, 思って, 易しい実験, 易しくは, 考えて, 考えてこそ, 言う人, 言っちゃ, 長く馬籠

▼ 実は~ (76, 0.6%)

9 でもない 2 の不思議, もない

1 [63件] うだ探偵, うも, かの存在者, かの客観物, かの話, かもつと, か他, か立場以外, か考え, か考えこん, か証拠, か詳しい, が何だか, したん, じや, であったかを, であるかを, でございました, ですその, ですそれ, ですて, ですよ, ですネ, です家, でなければ, なの, になる, にも事情, にも知っ, にも知つて, にも知らん, にも見, にも言出し, に致しましょう, の共軛性, の実在性, の意味, の批評, の特長, の観念, もしない, もする, もそんな, もわからなかったであろう, も変った, も忘れ, も生産, も着, も知っ, も知らない, も科学, も約束, も考える, も要し, も見, も語らない, も近世自然科学, をお, をした, をやつ, を悩ん, を説こう, 御商法

▼ 実は今日~ (73, 0.6%)

2 連れて

1 [71件] うかがいましたの, お伺い, お伺い致しました, お粂, お集り, こそ国舅, これから君, これから新劇, その婆, その村, その私, それで御, ではすでに, では優れた, にも一度, に始まった, に於ける, のお, のごとく, のよう, のインテリゲンチャ, の予震, の唯物論, の善, の園遊会, の悪, の朝方, の筆記試験, の解剖, の集り, はお前, はかたがた, はこの, はその, はねよ, はわし, はイネ国滅亡, は其方, は其用, は大変, は妙, は妻, は娘, は川島家, は此方, は法律制度, は相談, は私, は警察, は買物, ふと思いつきました, まだ正確, まではお, まで信じ, もここ, もこれから, もまだ色々, も中村座, も伜, も御, やって来たん, を待っ, 一寸取調べたい, 伺いましたの, 伺ひましたの, 初めて甲谷, 参りましたの, 引越すと, 御邪魔, 早速お, 行なわれる政党

▼ 実は~ (73, 0.6%)

2 がオモチャ箱, こそ最も, の女, は不思議, れの

1 [63件] がもっ, が一人切り, が今次, が微か, が手枕, が播いた, が沢子, が認識論, こそ私, この渦潮, としては軍法, とそんな, と高等学校, には初め, には腹, に敬意, のお, のこうした, のみが唯一, のよう, のドキュメント, のパラドックス, の二人, の前, の味方, の婦人, の存在, の宿屋, の意志, の攻め, の敵, の文学, の文学上, の断末魔, の正体, の歴史主義, の演説, の筆名, の絵, の縁談, の腹, の著書, の頭, の風雅, はこの, はこんなに, はよく, は一度, は他, は内地, は建築, は東京, は母, は紀代子, は自分, もここ, もそこ, をし, をその, をメンバア, を十七歳, を待っ, 何より先

▼ 実はもう~ (71, 0.6%)

2 一つの, 一人の

1 [67件] あと百円づつも, いちど西堂, おそすぎてる, お目にかからないつもり, こないだから, この四人, さっきから, そういう時代, そのお, その妖, その言, そんな事, そんな呑気, なんにも, わしの, カッフェーなんか, 一つある, 一つとても, 一つ彼が, 一つ特種が, 一ぺん廻り過ごし, 一ト月も, 一人棟続きに, 一年前に, 一日前の, 一杯くらい, 一枚この, 一歩深い, 一段高い, 七日程前から, 二三人僕の, 二三日来る, 二十を, 五六年以前ことに, 五分の後には, 人間に, 僕も, 八な, 半分愛想を, 博士は, 壁の, 売れぬと, 売約が, 安南絵, 彼が, 御帰り, 忘れました, 我々の, 昨日の, 最前から, 朝倉だけ, 死にきって, 死んじまって, 玉太郎は, 珍客と, 生きた心地, 発火前から, 私は, 穿ものなんぞ, 興奮しきっ, 覚えて, 角力を, 貴所の, 足も, 道灌山の, 青年では, 食べられるでしよ

▼ 実は少し~ (71, 0.6%)

2 も当惑, も珍しく, 無理な

1 [65件] あきはじめてた, おかしくなった, おれの, お前さんに, からだ, こわがって, ずつ, その, つけ狙って, の日本趣味, ばかり奇っ怪, ばかり心当り, もハッキリ, も不思議, も人間嫌い, も似, も判っ, も動い, も哲学自身, も変らない, も広田内閣, も忽然, も怪談, も手, も排斥, も改心, も政治新聞, も異ならず, も真理, も鳴かない, やって, をかしく, 下宿代を, 世間という, 云い悪い, 単刀直入に, 困るの, 外で, 尋ね物が, 小遣が, 御用ごとが, 御話, 御願い, 御願が, 心当りが, 心配の, 急がれて, 悲しくなっ, 意外だった, 折入っ, 掛金の, 智恵を, 理由が, 考えた事, 聞き込んだこと, 胡魔化し, 薄気味悪くなり出した, 親分さんに, 言ひ過ぎで, 訳が, 試みた, 話したい事, 誤魔化しが, 調べたいこと, 違ったところ

▼ 実は~ (61, 0.5%)

2 だから, に少し, に話したい, の御, の所

1 [51件] から薄情冷酷, がその, が室崎, が心配, が来る, が炭積機建設, だけに読ん, と一杯, と初めて, と大, に, にお, にこの, には逢わず, にまた, に一寸相談, に会おう, に折, に折り入っ, に来た, に聞きたい, に聴こう, に話, に頼みたい, のお父さん, のかくれ, のチャボ, の云う, の伯父さん, の余熱, の叔父さん, の名, の帰る, の幸福, の持っ, の方, の様子, の留守中, の相手, の血肉, の覗き眼鏡, の諳誦, の鑑定, の顔, はまつたく, もかねがね, より妻, をここ, をどうして, をオド, を喚んだ

▼ 実は~ (58, 0.5%)

2 ひょろ松, 拙者も

1 [54件] あなたさまが, あれから, あれが, おれは, おれも, お前さまに, お前と, お嬢様, お嬢様こういう, お松どの, かような, ここへ, この私, この老人, さきほど警察, さっき, その御, ちょと, ひとつ京都へ, ほし杳かなり, もっと重大, わしと, わしには, わしも, ア六年あとの, ア私は, オレが, 九兵衛, 今から, 伝兵衛星と, 俺は, 俺も, 先日手前は, 古椅子, 土彦こういう, 富さんお, 平次今日石原の, 平次親分私は, 御支配, 念の, 恥か, 拙者上海において, 拙者庄八郎殿には, 敦賀まで, 昨晩も, 時々養い, 東京も, 森田屋この, 漬物屋の, 私ところ二万円の, 私は, 籠伏せに, 雪之, 音色が

▼ 実はあなた~ (48, 0.4%)

1 [48件] がた, がたより先, がチベット, が下, が小野屋旅館, が居ない, が御, が怖, が昨夜, が自分, さえ好けれ, だから, ですよ, とかなしみ, と同じ, と私, なの, にこれから, にたより, にはお, に一撃, に対する愛, に御, に感謝, に裁判所, に隠し, に頼みたい, のお, のこと, のところ, のよう, の会計的才能, の住所, の体, の同室, の奥様, の後, の御用, の知りたい, の竹, の考え, は第, へお知らせ, も御, も疑っ, を先方, を新米, を驚ろか

▼ 実は~ (47, 0.4%)

2 を別, を閣下

1 [43件] からの哲学的抽象物, から本当, が哲学一般, ぐらい自信, こそが今日, こそ却って, こそ吾, こそ寧ろ極めて, こそ本当, こそ正に, だ, だったの, であった, である, でアカデミー, と一つ, によって却って益々, によって実証主義, によって思想, によりて所謂, に数えられね, はまだ, はマルクス主義的文化理論, は今更, は全く, は国防費, は当時, は必ずしも, は意識, は新聞紙, は歴史的社会全体, は甚だ, は私たち, ほど不安定, までに却って, までの文芸評論, まで警察, も本当は, をいつ, をそのまま, を何, を意味, を指した

▼ 実はこう~ (44, 0.4%)

5 なん 4 だ, なの 3 して 2 です, 云う口

1 [24件] いったわけ, こういうつもり, こういうわけ, こういう竹山茂樹, しないと, じゃ, するん, だったの, だと, であった, でご, でござる, なるもの, なんで, やって, らしいって, 両名, 云う私, 云う者, 云う職業, 云う訳, 云う話, 俺が, 書くの

▼ 実はわたくし~ (43, 0.4%)

2 の叔父, は和泉屋, も地面

1 [37件] が小幡家, が岡, が読ん, ですと, とフョードル・パーヴロヴィッチ, なの, には十八, には身請け, にもあの, に敵, のこと, の倅, の家, の方, の母, の装身具類, はこの, は京極能登守さま, は侍従大納言殿, は外神田, は思量, は或, は築地, もお, もそれ, もフランス語, も今日, も先年, も口, も奥州道中, も忙しい, も縁, も聞いた, も詳しい, をし, を始め, 一度恋

▼ 実はわたし~ (43, 0.4%)

2 は最初, も侠客

1 [39件] がお前, がもう, が目, でもなかっ, とても単に新聞紙上, とみさちゃん, にもよく, にも何, に取っ, の, の家, の方, の行動, はお上, はきのう娘, はこういう, はほん, はもう, は一人, は天, は女, は彼, は榛名山麓, は片, は狸, は町方, もあの, もそんな, ももしや, も内々心配, も家, も年さん, も手古摺っ, も旦那, も焼餅, も独り, も百姓, も福岡, も驚い

▼ 実はこういう~ (42, 0.4%)

5 わけな 2 訳だ, 訳で

1 [33件] ことが, ことに, ことも, ことを, ものな, ように, わけだ, わけだった, わけです, 事が, 事件が, 事情から, 大衆化を, 形によって, 得意の, 概念の, 次第でした, 残虐な, 物語が, 用件な, 用意まで, 目に, 研究を, 穢い弱いくだらないもの, 考えで, 自分にも, 訳さ, 訳である, 訳な, 話が, 話サ, 間道が, 風に

▼ 実はここ~ (42, 0.4%)

2 だけの話

1 [40件] からすでに, から導かれる, から逃げ出した, がそち, ではお話, ではみな聖者, でわれわれ勤労大衆, で一人, なの, にあっ, にかくし, にすっかり, にもう, にもとづく, にも問題, にニヒリスティック, に何, に僕, に十両, に存する, に持っ, に来, に来しな, に生, に秘密, に長い, に長者町一味, のおやじ, の少し, の火の番, の科学, はそう, は鳴海, へ出, へ来る, へ検束, まで押寄せ, まで間道, をたずね, を自分

▼ 実はどう~ (40, 0.3%)

12 でもいい 10 でも 4 でも好い 2 でも構わない

1 [12件] あっても, かとも思はれる, かとも思われる, かと思っ, したん, しようかと, だか, でもよく, でもよろしい, なって, にでも, 云ふ

▼ 実は~ (36, 0.3%)

3 相談に 2 目覚に

1 [31件] 一緒に, 不在の, 不興を, 主人の, 主命も, 先祖の, 城内に, 報告しなけれ, 婦人も, 年配の, 当家の, 微行中の, 承知かも, 断りを, 新様あなたが, 早やく, 暇乞に, 林の, 様子は, 武運の, 気の毒と, 獄さんへ, 病死でない, 病気がらでは, 繁昌な, 遠慮申上げ, 隠家様, 隠居さま拙者止む, 隠居さんの, 隠居も, 馴染にも

▼ 実はこれこれ~ (35, 0.3%)

8 だと 3 の事情, の次第 2

1 [19件] だが, だって木戸, だ邪魔, で, であなた, でおもしろく, です, でと右, でと断る, でと話, で仕事, で小森ヤツ子, で御免, で逆, と例, と申告, にて朝廷, の事件, の始末

▼ 実は~ (33, 0.3%)

2 多数の

1 [31件] ありなの, そう度胸, なり, なり小, なる間違い, に怪しん, に感心, に然, に迷惑, の聴聞脅迫党, ぶうかつ, ぶ心配, へんな, へんに, へん私に, 不幸だ, 事件が, 事件な, 仕事な, 失敗を, 好物で, 御所家康公の, 恩が, 歎息を, 爆発の, 矛盾が, 至急に, 部分一つの, 酒飲だ, 間違いな, 馬力を

▼ 実は拙者~ (33, 0.3%)

2 もあの, もその

1 [29件] が一代, ただいま思案, にとって不思議, の友人, の父, の身の上, の飲み代, はあなた方, はけさ風呂屋, はこの, は余儀ない, は松蔭大藏, も, もお前, もこう, もこのほど, もそう, もそれ, もつい, ももとめまし, も今, も同じ, も同様, も年来, も折々, も昨日, も盗賊, も近ごろ, も長崎

▼ 実はおれ~ (32, 0.3%)

3 もその 2 もひどい

1 [27件] が二週間, が勅使督郵, が飛ばし, だっておま, に惚れた, の方, の紙入, はこの間, は中等学校, は聞きたくない, もあれ, もお前, もこの, もそれ, もつくづく, もまだ, もやっ, も可, も少し, も弱っ, も徳川, も懐中, も捕われ, も替玉, も火, も見事, を頼り

▼ 実は~ (31, 0.3%)

7 うでは 5 ういふ 3 うした, にあらず

1 [13件] いぜんからの, いぜんとても面, ういふ人, ういふ日, ういふ芝居, うした側, うでない, うでなくその, うでも, うは, う云, う言, ほどの瀑

▼ 実は~ (31, 0.3%)

2 はお前, もその

1 [27件] がこれ, しにとっては, には許嫁, にもそういう, にも見えない, にも解らねえ, の力瘤, の友達, の方, はある, はこの間, はその, は子供, は日曜毎, は飲みてえ, もそう, もやっぱし, も不思議, も内心此奴, も嬶, も少し, も後, も感心, も生れ, も痛い, も考えた, も見た

▼ 実は非常~ (31, 0.3%)

2 にむずかしい, に危険, に鋭敏

1 [25件] なよろこびを以て, な強迫, な神経, な細心, な通, にいい, にうれしい, にやさしい, に交友関係, に僕, に内輪, に厳しい, に参考, に古く, に困難, に多様, に大切, に奇怪, に小さく, に意味, に気, に複雑, に重大, に骨, に高級

▼ 実は~ (29, 0.2%)

2 も肚

1 [27件] かその, かも云っ, が誰, しも認めなけれ, であっても, でもいい, でも勝手, にでも必ず, にでも郷愁, にでも開閉, にも云いませんでした, にも内証, にも分りません, にも話したくない, の仕業, の種, の細君, もこの, もそんな, も一文, も呼んだ, も死なない, も考え, も蛸氏, よりも本人自身, れでも, れもが

▼ 実は一つ~ (28, 0.2%)

3 のもの

1 [25件] だってあり, であります, である, であるの, のイデオロギー, のデマゴギー, の判断, の弱点, の思考実験, の推論, の方法, の方針, の現実的, の立派, の箱, の結論, の論理的矛盾, の資格, の運動, の階段, もなかっ, も未だ, も見えない, 聴いて, 読んだの

▼ 実はそんな~ (27, 0.2%)

3 ことは

1 [24件] ことに, ことばかり, こと自慢にも, のじゃ, ふうに, もので, ものでなく, ものは, ような, 世間並な, 事は, 事興味が, 余裕は, 単純な, 君の, 大それた, 大声を, 所に, 気持から, 相談も, 稀にしか, 細かな, 考えにも, 風に

▼ 実はそこ~ (26, 0.2%)

3 にある 2 は酒

1 [21件] から出, から知的直観, が本庁, で藤村女史, にありまする, にこの, にもここ, に一つ, に今日, に大酔, に孕まれ, に居なかった, に於, に漂う, に種, に自分, に長官, に非常, のところ, までの腹, まで行っ

▼ 実はもっと~ (26, 0.2%)

2 別の, 広くデカルト

1 [22件] かかんと, やさしい音楽, ヒドイのです, ブロック性を, 以前に, 健全に, 先まで, 切実な, 厚い幕, 大切な, 広く之, 早くあがらなきゃ, 早く二人ここ, 早く出る, 早く解決, 本質的な, 深い精神, 深く真, 濡れて, 痛切に, 遠く迄, 重大な

▼ 実はあれ~ (25, 0.2%)

1 [25件] からいろいろ, からこの, からややしばし, から朝鮮, から毎晩, がほしい, が竜鋤, だけ立派, でなかなか, について思い出した, に就い, はさる, はそ, は俺たち, は女, は日ごと, は柩造り, は苦痛, は親戚, や何, や御, を作った, を打つ, を描いた, を私

▼ 実はわし~ (24, 0.2%)

1 [24件] があの, がお前, がここ, と似寄り, のあの, のお父さん, のところ, の妾, の家来, の手許, の魂, はお前たち, はこの間きみ, はその, は今日, は昨夜十一時, は芸者, へ相談, もお, もその, も君, も手持ち, も聞い, も自分

▼ 実は単に~ (24, 0.2%)

1 [24件] この適当, それだけ, アクセントの, インテリに対して, ヒューマニズムと, ヒューマニティーの, 一瞬時で, 一般的な, 作家なら, 別個なる, 力学が, 受動的であっ, 受動的な, 客観的でなく, 教えの, 新平民, 末梢的な, 社交の, 立場の, 臆病と, 自分の, 自律的である, 見慣れ聞き慣れ見よう, 酒餓鬼の

▼ 実は甚だ~ (24, 0.2%)

2 むつかしいこと, 好気分, 気の毒だ

1 [18件] お羞, たよりに, むつかしい, 不快に, 俗悪な, 困難な, 太い奴, 微々たる故障, 心細いこと, 意外と, 愚策にて, 拙劣である, 曖昧な, 残酷なり, 無造作な, 積極的なある, 謙遜した, 間抜けな

▼ 実はこれから~ (23, 0.2%)

1 [23件] おめ, お前を, お寺へ, くつろいで, この事, ブダガヤの, 下宿を, 下級生も, 五丁目の, 伺おうかと, 先の, 始まるであろう, 巡礼に, 後に, 御存知の, 御案内, 捕物に, 本所まで, 朱実という, 甲州屋へ, 皆様と, 行って, 述べるところ

▼ 実はそういう~ (23, 0.2%)

2 ものが, 人達

1 [19件] ことこそが, もので, ものは, 主義や, 人為的な, 人間が, 余裕も, 場合にのみ, 変わった形式, 幸福に, 恍惚も, 意味でなく, 気が, 私も, 第三, 訳な, 運動の, 電波が, 類いの

▼ 実は人間~ (23, 0.2%)

3 の心 2 にとって意外, よりも狸

1 [16件] が一人, が息, が自制心, が野蛮時代, ではございませぬ, ではなく, というもの, という社会的歴史的, の作為, の影, の心臓, の歴史性, の経験, の行為的連関そのもの, の親友, は竜神

▼ 実は少々~ (23, 0.2%)

1 [23件] あなたの, おねがい申したい, むずかしい, 尋ねる人, 御示教, 心当りの, 心細いて, 心細かった, 心細き限り, 心細くなった, 情なくて, 意外だった, 無理な, 老先, 胸が, 貴姉, 酔いが, 錯乱を, 頼みたいこと, 風が, 驚いたの, 驚いた位, 驚ろきました

▼ 実はこんな~ (22, 0.2%)

2 ものが, 噂が, 理由が

1 [16件] お席, ことを, ものな, 事は, 事を, 事情から, 単純な, 土地へ, 土百姓や, 書面が, 楽な, 種が, 話を, 閑な, 間違ったフリガナ, 陰鬱な

▼ 実はお前~ (21, 0.2%)

1 [21件] がこんなに, がよく, が突い, にお, にも話したい, に呉れ, に心, の前, の寝顔, の尋ね, の居所, の来る, の母, の母親, は, も知ってる, をここ, を助ける, を吹き飛ばし, を愛し, 聞いて

▼ 実はこちら~ (21, 0.2%)

1 [21件] から今日一日, から頼み度いところ, がわたくし, でももてあまし, でも捜し, でも若殿, で判断, にいらっしゃる, にたしか, にも非常, に参ります, の患者, の方, の物, の空隙, の計略, へも脅迫状, へ御, へ来る, も泣き, を拝見

▼ 実はさっき~ (21, 0.2%)

1 [21件] お二人, からこの, からそう, からそれ, からまだ, からトラ十, から仲間同士, から地球, から相手, から眼, から磁力砲, この広い, ちょっとおよりし, に警察, の御, の音, もああ, もその, 会った友だち, 帰ってから, 述べた戦争プロパー

▼ 実はやはり~ (21, 0.2%)

2 一種の

1 [19件] そうした精神的マッサージ, そこに, 一つの, 修学中は, 冷たく美しく澄ん, 初期万葉びとの, 別の, 前の, 娑婆気も, 敵の, 昔の, 時代病から, 書いた人, 機関車の, 猿が, 生命の, 自分自身の, 退屈男の, 黄色に

▼ 実は昨日~ (21, 0.2%)

1 [21件] あの狂人, お会, からずっと, からなに, こういう事件, さる処, たのまれてたん, つまらないこと, な証拠, のはず, の午後あたり, の夕方, の昼, の晩, の朝男の子, の正午, も大村, も重役, 或る, 来たん, 貴官

▼ 実は今夜~ (19, 0.2%)

1 [19件] が始めて, こういう事, こそ梨枝子, こんなに遅く, たしかに吸血鬼, の, の寄合, の話, はいよ, は何やら, は君, は宿元, は御礼, も泊まらず, も鯨, 少しばかり, 突然竹屋三位様, 聞いた大井, 連れられて

▼ 実は却って~ (19, 0.2%)

1 [19件] あなたを, その自主権, それ自身をしか, 一定の, 全体系, 判断が, 当時の, 政治という, 政治的言論から, 文化の, 日本文学の, 現象の, 社会的道徳乃至, 社大, 経験的な, 結局は, 自分, 身近の, 風俗を

▼ 実は昨夜~ (19, 0.2%)

1 [19件] あの仲間, あの子, ある所, かのお, こうな, のうち, のどんぶりの, の中, の泊り, の犯人, の酒, はろくに, もあの, もみんな, も会社, も来た, わっし, 御近所, 或場所

▼ 実はこの間~ (18, 0.2%)

1 [18件] ある人, からあなた, からお, からお正月, から僕, から少し, から幾度, から東京, から竜王, から絹布団, から考え, の事, の日曜日, の晩, の百円, 死んだ己, 行ったとき, 見えた時

▼ 実は同じ~ (18, 0.2%)

2 ような, 原因

1 [14件] ことに, だ, だと, で大体, ところに, もので, 国三輪の, 基調の, 夢を, 子が, 根柢に, 物から, 眉です, 者だ

▼ 実は最も~ (18, 0.2%)

2 根本的な

1 [16件] しからずとも, やりにくい, プロパーな, ムダを, 単純に, 大切な, 女が, 安全に, 有力な, 残忍な, 滑稽である, 確かな, 自由に, 重大な, 難儀なる, 革新的な

▼ 実は~ (18, 0.2%)

1 [18件] が, があまりに, が使い, が四五日前, が家庭, が昨晩, が死んだ, が浪人, が突然, と娘, の事, の妾, の方, の李厳, の百カ日, の知り, や母, を見た

▼ 実はあまり~ (17, 0.1%)

1 [17件] かうい, かわりは, 世界の, 会いたくないの, 古い事, 意味の, 手離したくない, 日本に, 明らかに, 珍重した, 確かでない, 神聖に, 秋刀魚さんが, 良くない, 雑誌や, 面白かった, 香しい話

▼ 実はただ~ (17, 0.1%)

2 それだけの

1 [15件] からかった, この第, それだけ, の余技, の平均値, の盗難, の自我, の観念, もじゃもじゃくしゃくしゃ後頭部, 一つの, 口実に, 意志を, 父に, 腹が, 自然の

▼ 実は大変~ (17, 0.1%)

2 なこと, に甘い

1 [13件] なん, な事, な忍耐, な意味, な用事, な間違い, な鬱血漢, にお, に損, に旧套, 喜んで, 嬉しかった, 貰いたかったの

▼ 実は~ (17, 0.1%)

1 [17件] が大嫌いサ, が帰っ, が逃げた, だったの, でございましょう, で八人芸, と判りました, のからだ, のこと, の労働力, の噂, の思惑, の隠, はさ, 占師の, 風情の, 髪結お

▼ 実は彼女~ (17, 0.1%)

2 にむか

1 [15件] がいなくなった, が兄, と魂, にその, には立派, に同情, のお腹ヘメデューサ, の心, の恋人, の給仕, の絵, はそこ, はどういう, は昔下鴨, は豹一

▼ 実はどこ~ (16, 0.1%)

1 [16件] かその, かでそれら, かに自分, かに表現, かの科学雑誌, からも導く, から僕, か福島あたり, におく, にでも任意, にもあり得ない, にもない, にも存在, の美くし, までが仰いだ, までも心

▼ 実は今朝~ (16, 0.1%)

1 [16件] あの方, お目にかかって, から水一滴, がた, これから田中村, の解剖, ほどもその, ほど御門内, ほど重大, ほど鶴子嬢, ほんの五分間, みさ, も出立, 早く本船, 貴官, 起きて

▼ 実は~ (16, 0.1%)

1 [16件] がアカデミー, が一つ, が吾, と決まっ, と直接, はすでに, は存在そのもの, は少し, は意識的, は文学的, は更に, は概念, は此頃読書, は超, れは, を検討

▼ 実は~ (16, 0.1%)

2 ほど強い

1 [14件] がまだ, が仕舞処, が余り, が小, だって内々気, だつて, の親類, はお前, はどちら, はやはり, もこの, も然, も衣, れを

▼ 実はねえ~ (15, 0.1%)

1 [15件] あなたの, あの死骸, お前さんの, お嬢様ぜひ, お爺さんわたしも, ボクは, リハーチェフっていう, 俊夫君, 先生, 君に, 奥さんあなたは, 宇津木さんこの, 旦那だ, 草臥れました, 親分さんお初も

▼ 実は~ (15, 0.1%)

2 の皿, の罰

1 [11件] から出た, の一篇, の土地, の婦人, の宿, の来者, の様, の点, は心すべき, より多少, 黙々たる山

▼ 実は決して~ (15, 0.1%)

2 単なる

1 [13件] さうでは, しからず, 中間層では, 事実らしからぬ, 判断に, 完全に, 強固なる, 徹底的には, 日本に, 書放し, 服従され, 社会の, 科学全般の

▼ 実はすでに~ (14, 0.1%)

1 [14件] かの芸術, その兆候, ジャーナリスティックな, チャンと, デカルトに, 呉へ, 多くの, 対象化された, 涸渇し, 清盛は, 範疇体系である, 見た生産力, 解決の, 追跡された

▼ 実はちょっと~ (14, 0.1%)

1 [14件] うるさいこと, からかった, やられかかったの, 今日は, 先生を, 前から, 妙な, 干葡萄, 往って, 得意でなく, 御相談, 白状したい, 管理人の, 聞いて

▼ 実はなかなか~ (14, 0.1%)

2 むずかしいの

1 [12件] さうでは, に風情, 多いの, 大変な, 容易ならぬ, 掴まえどころ, 書けないの, 洒落者で, 琵琶の, 見つけられないもの, 論理が, 閑話休題どころで

▼ 実は~ (14, 0.1%)

1 [14件] から頼まれ, が考える, が自身, と犬, なき所, にあらず, に取っ, に持ち前, に知れない, に足, の命, もいない, を陥, を馬鹿

▼ 実は全く~ (14, 0.1%)

1 [14件] どんなこと, のヨタ咄, の別人, の無, の素人, の間違い, 別種の, 勝誇った笑い, 反対で, 同一だ, 日付違いな, 歴史を, 異つたもの, 青木の

▼ 実は初め~ (14, 0.1%)

1 [14件] からこういう, から一定, から主観, から何, から否定, から多少, から大量そのもの, から失敗, から当然, から生活, から申さね, から自我, から自然科学的実験, は其処

▼ 実は~ (14, 0.1%)

1 [14件] あの, ひとつ事件が, 主観の, 之である, 二つの, 今ここに, 延びたと, 彼の, 本当の, 本来の, 直観である, 私の, 自然や, 頻に

▼ 実は彼等~ (14, 0.1%)

2 の号令

1 [12件] がここ, と全く, の, の大, の考, の評論, の貧乏意識, はここ, はこれ, は市内, は必ずしも, をあまり

▼ 実は~ (14, 0.1%)

4 う云う 3 ういう 1 う, ういふ, うした, うだ, うだと, うなの, うなんですお

▼ 実は日本~ (14, 0.1%)

2 の歴史

1 [12件] では千年以上, でも外国, で言おうなら, という国, にいる, にこれ, のこと, のどこ, の俳優, の国際性, の現在, の自己流

▼ 実は案外~ (14, 0.1%)

2 その程度, 簡単に 1 その叫び, に爽快, のよう, 上べの, 単純で, 単純な, 大きな結果, 女性的な, 落ちない, 薄ッペラ

▼ 実はきょう~ (13, 0.1%)

1 [13件] お父, こそ太, ちょっと珍妙, のお昼, の午後, の昼間, はちと, までそのまま, ももう, も例, も私, 御城内, 来たの

▼ 実はよく~ (13, 0.1%)

2 ないこと

1 [11件] おぼえて, 云われて, 似た人, 分かって, 判って, 判らぬの, 知ってるので, 知らないの, 知らないん, 知られこれ, 考えて

▼ 実は不思議~ (13, 0.1%)

2 でもなん, でも何, に思っ 1 だと, でならないの, なこと, なの, なもの, に非, はなかっ

▼ 実は先生~ (13, 0.1%)

1 [13件] がこの, が大学, が把握, とこうして, にも一つ, に前もって, に御, のお, の御, の留任運動, の監督, も雪子さん, を侮辱

▼ 実は問題~ (13, 0.1%)

1 [13件] である, であるので, でさえない, でないので, でもなん, でも何, の発見, はこの, はそんな, は一八五一年, は世間, は古代的, は問題

▼ 実は~ (13, 0.1%)

3 る意味 2 る一つ 1 るお方, る時, る正当, る程度, る記念会, る重要, 一種の, 種類の

▼ 実は極めて~ (13, 0.1%)

1 [13件] おめでたい慣例, 単純な, 原生的な, 少数に, 巧妙に, 敏捷である, 活動的な, 深い考察, 特色の, 狭量な, 精緻な, 重大な, 重要な

▼ 実は~ (13, 0.1%)

1 [13件] が揉める, が欝, が気, が着かな, が臆, にかかっ, にする, にやん, に懸る, もそぞろ, も弱く, も滅入, を失いかけ

▼ 実は貴方~ (13, 0.1%)

2 の御

1 [11件] から復讎, から復讐, が小野, が御存じ, と談判, の亡くなった, の息子さん, の所, の方, の胸, の頑固

▼ 実はあたし~ (12, 0.1%)

1 [12件] いただいて, がつかりし, が見, と倉橋さん, にもなん, に全然, のさういふ, の性, の方, の父, はその, 困っちゃったの

▼ 実はある~ (12, 0.1%)

1 [12件] 一つの, 一点から, 人に, 人を, 友達から, 固定した, 所で, 時間が, 時間まで, 点まで, 種の, 芸者が

▼ 実はそれほど~ (12, 0.1%)

2 の事, 気に 1 では, でも, でもない, のこと, の大きい, 無稽な, 現代的でない, 親交は

▼ 実は~ (12, 0.1%)

2 いうと 1 いえば, いへば, お出でなさいます, その趣, 云うと, 云うよう, 申すと, 目を, 言い男性衰微時代, 訳を

▼ 実は一種~ (12, 0.1%)

21 のアナロジー, のイデオロギー論, のインテリ宣言, の一般者, の優越性, の哲学入門, の広告, の手段, の日本主義, の骨董癖

▼ 実は二人~ (12, 0.1%)

2 の間 1 が平湯, しかいなかった, して, そろって, ともこわい, の人民, の博士, の手, は父親, を暗示

▼ 実は~ (12, 0.1%)

1 [12件] から, から分っ, から十分, から手, にいう, に煩わしく, のホテル, の半分丈けがほんとう, の圧倒性, の晩, より少し, 大蔵大臣の

▼ 実は単なる~ (12, 0.1%)

1 [12件] 世論, 彗星的作家に, 所謂迷信な, 技能上の, 技術上の, 文化の, 概念としての, 民衆化に, 経験に, 表現現象では, 言詞としては, 計画では

▼ 実は~ (12, 0.1%)

2 だと, ですなるほど 1 だ, だったが, だよ, でありまして, でさ, でやっぱり, で山崎, で猫ッ子一疋

▼ 実は大きな~ (12, 0.1%)

1 [12件] ものを, 声で, 声を, 岩石の, 愛の, 懸隔が, 現実への, 男でありました, 硝子板の, 穴だらけの, 違ひだな, 駄々っ子に

▼ 実は我々~ (12, 0.1%)

2 の平常心, の神 1 の同志者, の国, の知っ, の考え, は余計, もこれから, も前, も御嶽冠者殿

▼ 実は一人~ (11, 0.1%)

1 [11件] が映画会社, くる者, ぐらいムッソリニ, だが, で考えあ, と四匹, のみこみ, の人, の人間, の女, の百姓

▼ 実は余り~ (11, 0.1%)

1 [11件] お安値, 多くを, 心丈夫で, 欲しくない, 洒落でなかった, 無事で, 眠いので, 通じてはを, 頻繁な, 頼り多く, 騒々しいので

▼ 実は~ (11, 0.1%)

21 に依っ, の作文, の妙, の怪賊, の柳沢金吾君, の癲狂院行き, の羽田, の薬, の隠蔽

▼ 実は内々~ (11, 0.1%)

1 [11件] ある危惧, これを, こッちから名探偵, そういうこと, それを, そんな事, でそれ, ひどく心痛, 不安でも, 嬉しくて, 疑って

▼ 実は心配~ (11, 0.1%)

6 して 1 なの, になる, のあまり, の種, 致して

▼ 実は本当~ (11, 0.1%)

2 の果実 1 だよ, で身体中, なの, の医学士, の常識, の意味, の村会, の薬湯, の超

▼ 実はお前さん~ (10, 0.1%)

1 だから, と美代吉, なら知って, に少々, のやう, の事, の手紙, はまだ, は大童, を柴

▼ 実はない~ (10, 0.1%)

6 のである 1 ことも, のじゃと, のでございます, んです

▼ 実ははなはだ~ (10, 0.1%)

1 不完全である, 不明である, 小さな経験, 当に, 心もとない思い, 泥臭い趣味, 申しかねますが, 科学的な, 見苦しい手狭, 責任が

▼ 実は世間~ (10, 0.1%)

2 の思惑 1 がいかにも, で無, というもの, に有りふれた, に聞えた, の人, の評判通り, へも知らさず

▼ 実は其の~ (10, 0.1%)

1 ゆくえが, 不慮の, 事で, 人々の, 人たちの, 時それと, 犯人では, 私の, 筋の, 間に

▼ 実は~ (10, 0.1%)

1 がなあの, が大, が流感, に案内, のお, の方, の習った, の骨, はさっき, も好い

▼ 実は手前~ (10, 0.1%)

1 が稻垣小三郎, に逢いたい, に逢う, の女房, もこの, もさき頃, もピオ, も及ばず, も明日, を遺恨

▼ 実は~ (10, 0.1%)

1 から二通り, なら十銭, のその, のない, のまま, の宿六, の水戸黄門様みたい, の西域, は此形, も人間

▼ 実は~ (10, 0.1%)

3 の工面 1 ができなく, がない, が無い, ではない, の蔓, を出し, を溜めよう

▼ 実はきのう~ (9, 0.1%)

1 のこと, の午すぎ, の午過ぎ, の夜, は僕たち, までちっとも, も八橋, も呉君孫権, も立ち寄った

▼ 実はこうこう~ (9, 0.1%)

4 だと 1 しかじ, だがと, と尾鰭, なん, 云うわけ

▼ 実はすべて~ (9, 0.1%)

1 が, が変わっ, に亘つて, のこと, の旅行者, の祭り, をやっ, を噴火口, を超え

▼ 実はほんの~ (9, 0.1%)

3 人の 1 一瞬です, 三分ばかり, 半刻, 少しばかり, 詰まらねえこと, 道楽者である

▼ 実はゆうべ~ (9, 0.1%)

1 からたいへん, から南北, そっと我家, の一件, ふと夢, 少し飲みすぎ, 或る, 早速と, 起ったこと

▼ 実はわれわれ~ (9, 0.1%)

1 がどん, の方, の日常生活, の父母, の盟主, の願書, はその, は蟻田博士, を

▼ 実は~ (9, 0.1%)

2 でもない, のこと 1 の人, の座, の方々, の糸, の誰

▼ 実は去年~ (9, 0.1%)

1 からストップ, から失業, から此処, の今ごろ, の冬, の夏, の暮, の正月, も私達

▼ 実は~ (9, 0.1%)

1 が全く, が田舎, が病気, が行っ, が行つて, と同, と同一人間, の姪, の肉

▼ 実は彼自身~ (9, 0.1%)

1 である, で自分, にさえ愚か, にも気, の内部, の感じた, の新しく, の筆, もいつか

▼ 実は旦那~ (9, 0.1%)

1 がたがいらし, が又, が私, こうな, なん, の仇, をお, 気取で, 稼ぐという

▼ 実は昨晩~ (9, 0.1%)

1 から今朝, の狼藉者, はあなた, はその, も電報, 寝て, 寝ませて, 少し天候, 遅かつ

▼ 実は東京~ (9, 0.1%)

1 がさらに, でもたった, にも下町辺, の住居, の方言, へ残し, へ行きたい, へ逃れたらしい, も盛ん

▼ 実は~ (9, 0.1%)

2 は一昨日 1 が八十, だつたん, とも相談, に覗かれ, の前, も驚い, や姉

▼ 実は現在~ (9, 0.1%)

1 ありふれて, のこと, の劇場組織, の可能性, の日本, の楽壇, の農村, も横田さん, 最も大事

▼ 実は~ (9, 0.1%)

1 じゃない, だったん, だつた, だと, でございます, ではありません, に尊敬, の喉, の手

▼ 実は色々~ (9, 0.1%)

2 計画も 1 だつたので, な雑誌, の人種, の種類, の観念論的, 用事が, 細かい点

▼ 実は近頃~ (9, 0.1%)

1 お母さんと, この町内, この界隈, まであの, までそれ, 世間に, 殆ん, 私は, 私宅へ

▼ 実はこっち~ (8, 0.1%)

1 からお礼, が窮屈, でもヒドイ選手難, で取っ, にもまだ, は内務省, は急い, も皆

▼ 実は~ (8, 0.1%)

3 まえの 2 まえも 1 まえから, まえは, まえ少年

▼ 実はなん~ (8, 0.1%)

2 じゃ 1 かの間違, です, ですよ, です江戸, です衣子さん, でもない

▼ 実はぼく~ (8, 0.1%)

1 が小夜子サン, の見おぼえ, は世間, は中学, は時々, は最近, もあなた, 迷っちゃったん

▼ 実はまた~ (8, 0.1%)

1 これほど, その全体, その生活, 吾, 呑込顔で, 宝塚い行きたい, 最も困難, 極めて徐々

▼ 実はもはや~ (8, 0.1%)

1 今度は, 例の, 八十に, 単なる復古主義, 批評で, 文化統制とは, 構成性を, 芸術全般だけを

▼ 実はやっぱり~ (8, 0.1%)

1 あの胆吹山, おかしくなっ, つまらないもの, 元日に, 小夜子サンを, 常日頃, 旧弊が, 自分は

▼ 実はわっ~ (8, 0.1%)

2 しは 1 しの, しも, しも今朝, しも見た, ちの方から, ちの方にも

▼ 実は今度~ (8, 0.1%)

2 もお婆さん 1 のこと, の御, の旅, の話, は先, は秘密

▼ 実は~ (8, 0.1%)

1 いさんわたし今, い私, が弟, きを, でも親, にとって非常, に対する憤懣, の重蔵

▼ 実は先刻~ (8, 0.1%)

2 から申しそびれ 1 あの女, からここ, から云おう, から眼, その女, 御婦人

▼ 実は内心~ (8, 0.1%)

1 あこがれて, ぐれだして, てっきり娘, で喜ん, 勇みたち, 唸って, 大いに閉口, 大いに驚きました

▼ 実は博士~ (8, 0.1%)

1 が修業, のこの, のデタラメ, の室, の所謂国家, は僅か, は悪気, を気

▼ 実は~ (8, 0.1%)

1 から出し, で云, で云う, に出し, の辺り, は単に, よごしといった, を緘し

▼ 実は寧ろ~ (8, 0.1%)

1 その反対, 一種の, 夫が, 憐れむべきもの, 気が, 物理学が, 立場以前の, 資金の

▼ 実は当時~ (8, 0.1%)

2 は一滴 1 から今, のゴシップ好き, のゴシツプ好き, の故老先生, の社会, 別に犯人

▼ 実は当然~ (8, 0.1%)

3 なこと 1 かういふ事情, すぎること, だったとも, のこと, の帰結

▼ 実は~ (8, 0.1%)

3 の中 1 のうち, のそこ, の栄養, はそこ, も肉体

▼ 実は必ずしも~ (8, 0.1%)

1 それに, シェストーフ的な, 当っては, 日本紀編纂の, 東北振興調査会委員諸氏の, 確かで, 近代大, 過言でない

▼ 実は~ (8, 0.1%)

1 な用, な用事, にお力, にお願い, にまた, に思いつきまし, に胸元, に逢いたく

▼ 実は~ (8, 0.1%)

1 あるが, なり, なるお, なん, より以上, れが, れと, れまで

▼ 実は此処~ (8, 0.1%)

1 から出発, でこう, でも変, にいる, にしきゃ無い, に四百円才覚, に百両, へお伴

▼ 実は~ (8, 0.1%)

8 んど

▼ 実は江戸~ (8, 0.1%)

2 へ行き 1 からチラチラ, で事, に知る, の儒家片山兼山, の方, へ仕

▼ 実は深い~ (8, 0.1%)

1 ところで, 事情が, 傷を, 内容を, 山の, 片思いの, 知から, 研究を

▼ 実は~ (8, 0.1%)

1 に等しい, の論理, 媒介に, 政府主義という, 政府主義を, 記名批評, 記名批評は, 責任も

▼ 実は~ (8, 0.1%)

1 ではなかっ, ではなかつた, に向かっ, の仕業, の名, の性格, の為め, 及び現神

▼ 実は私たち~ (8, 0.1%)

1 が悪, にも乙姫, の親友, はお, は予期, は蟻田博士, は誰, も最初

▼ 実はいろいろ~ (7, 0.1%)

1 あなたの, と苦心, なこと, 入組んだ事情, 考へたん, 考へた揚句, 迷って

▼ 実は~ (7, 0.1%)

2 なたが, なたにも, なたの 1 なたは

▼ 実はそんなに~ (7, 0.1%)

1 ぼんやりし, も釣, 夜が, 恐縮も, 欲しがっ, 濡れては, 褒めること

▼ 実はです~ (7, 0.1%)

321 な宇津木さん, ね田中君

▼ 実はわが~ (7, 0.1%)

1 イギリス軍は, ロシヤにも, 心が, 民党の, 物語の, 眠目覚むるまへに, 邦人には

▼ 実は以前~ (7, 0.1%)

2 から様子 1 から日本, と少し, に僕, に幾度, に復した

▼ 実は何で~ (7, 0.1%)

3 ござります 1 ございます, ございますあの, ございますへえ, ございます飛んだ疎

▼ 実は~ (7, 0.1%)

1 から出入り, ならぬ自分, に一人, に向かっ, の大臣, の楽しみ, へ出た

▼ 実は大いに~ (7, 0.1%)

1 似て, 困つたので, 困却し, 疑わしいもの, 進んで, 非なり, 頼みに

▼ 実は~ (7, 0.1%)

2 なこと 1 なところ, なゆきがかり, な憑着, な機縁, な話

▼ 実は存在~ (7, 0.1%)

2 の概念 1 して, しない, しやしないん, に於, を現実的

▼ 実は常に~ (7, 0.1%)

1 個性を, 唯物論哲学である, 或る, 様々な, 自己批判である, 近くむすばれ, 運用される

▼ 実は意外~ (7, 0.1%)

1 では, でも何, なところ, な保守党, な目, に驚きました, の掘出し物

▼ 実は新聞~ (7, 0.1%)

1 ではなく, で見ました, なんぞにかける, の報道価値化, の方, や雑誌, を見る

▼ 実は普通~ (7, 0.1%)

2 の人間 1 の人, の料理, の病人, の隠元豆, 考えられて

▼ 実は白状~ (7, 0.1%)

2 すると 1 いたしますが, するが, すれば, をし, をしよう

▼ 実は~ (7, 0.1%)

1 ありのままを, きわめて縁, 一つの, 之である, 招かれないこの, 棠軒の, 生命を

▼ 実は自然~ (7, 0.1%)

1 でなかった, と歴史, にこ, に作られる, に落ちた, の一側, の勝利

▼ 実は~ (7, 0.1%)

2 に最も 1 でそれ, に前者, に抑, に文学, に狂人

▼ 実はいま~ (6, 0.1%)

1 お宅, こうして私, さう, もちょっと, も貰い泣き, 着いたばかり

▼ 実はかう~ (6, 0.1%)

2 云ふ 1 いふところが, いふ感じを, したい, なんだ

▼ 実はかえって~ (6, 0.1%)

1 うまく偽, 力の, 大きな味方, 礼の, 近い本道, 高いもの

▼ 実はこのごろ~ (6, 0.1%)

1 おもん, つくづくと, になっ, の城中, の自分, までもまさか

▼ 実はごく~ (6, 0.1%)

1 ささやかな, 少数しか, 平凡な, 拙劣だった, 短時間であった, 若い頃

▼ 実はさつき~ (6, 0.1%)

1 から全身, から叔母さん, から私, から雨, の宝物, も其処

▼ 実はすぐ~ (6, 0.1%)

1 お知らせする, にも行きたい, に彼処, また引っ返し, 秘密の, 近くの

▼ 実はすこし~ (6, 0.1%)

1 お願いが, 変だ, 悪い病, 手が, 気に, 気懸り

▼ 実はほんとう~ (6, 0.1%)

1 に長, の, の兄さん, の光, の意味, の政党

▼ 実はオレ~ (6, 0.1%)

1 の仕事, の妹, の父, はこう, は自分, も右平

▼ 実は~ (6, 0.1%)

1 お前さんの, お前には, お品さん, それについて, ちっとばかし, 今日は

▼ 実は先日~ (6, 0.1%)

1 からお話, からすこし, から君, このお, の好誼, の松島

▼ 実は初めて~ (6, 0.1%)

1 あが, 人間の, 生々した, 知ったと, 見た, 這入った時

▼ 実は只今~ (6, 0.1%)

1 からその, ちょっと気, の御, まで私, もああ, も奥方

▼ 実は同時に~ (6, 0.1%)

1 ブルジョアと, 仲, 何か, 学生の, 日本の, 論理的発展に

▼ 実は~ (6, 0.1%)

1 せえ, 兼に, 博奕などを, 提灯ぶらさげ, 春日の, 沛の

▼ 実は平岡~ (6, 0.1%)

2 が東京, の事 1 と云, と云う

▼ 実は~ (6, 0.1%)

4 入って 1 を見, 入っての

▼ 実は日本人~ (6, 0.1%)

1 だけで, でここ, と見込ん, に最も, の表情, の間

▼ 実は更に~ (6, 0.1%)

1 三吉を, 低い, 古くスコラ哲学, 困ったシロモノ, 根本的には, 盃を

▼ 実は最初~ (6, 0.1%)

1 からそれ, から云っ, から待っ, から決め, の問題, は今度

▼ 実は泥棒~ (6, 0.1%)

1 が来る, が開けた, でもある, に遇っ, をする, を呼び寄せた

▼ 実は~ (6, 0.1%)

5 らず 1 云うお

▼ 実は現代~ (6, 0.1%)

1 が文化社会学化, の, の世界文化, の機運, の物質文化, の青年

▼ 実は社会~ (6, 0.1%)

2 ではなく 1 に於ける, に現存, の公僕, は決して

▼ 実は私自身~ (6, 0.1%)

1 にも不思議, のこと, の影, の指紋, も初めて, 死んだらそれ

▼ 実は自然科学~ (6, 0.1%)

2 や社会科学 1 が生産技術, が要するに, に於ける, の他

▼ 実は途方~ (6, 0.1%)

3 もない 2 に暮れ 1 に暮れた

▼ 実は~ (6, 0.1%)

1 に扮, の小便, の毛, は何, を六頭, を飼う

▼ 実はあまりに~ (5, 0.0%)

1 おどろくべきこと, そのこと, も初歩的, 原始の, 早く来た

▼ 実はいつも~ (5, 0.0%)

1 のよう, 世界の, 現実の, 真面目くさってるその, 自分一人だけを

▼ 実はうち~ (5, 0.0%)

1 ではあの, のお父さん, の銀行, の雑誌, ゆる

▼ 実はかく~ (5, 0.0%)

2 申す生 1 のごとき, の如き, 申す某

▼ 実はこうして~ (5, 0.0%)

1 人間の, 昨夜から, 望遠鏡ばかり, 永らく病床, 男の

▼ 実はこれら~ (5, 0.0%)

1 のこと, の物体, の物質, の特定日, の相違

▼ 実はたいへん~ (5, 0.0%)

2 なこと 1 な仕事, 心残りな, 気に

▼ 実はたった今~ (5, 0.0%)

1 もお, も叶わぬ, よ, 此れ, 過ぎました

▼ 実はどうも~ (5, 0.0%)

2 長吉の 1 なって, わが身きたなき, 判らないこと

▼ 実はどちら~ (5, 0.0%)

1 が元, だか, でもなかっ, へ踏出し, もひどく

▼ 実は~ (5, 0.0%)

1 おぬし, きょうは, わたしも, 又左, 昨夜笑い話に

▼ 実はひそか~ (5, 0.0%)

2 に感心 1 にわが, に下絵, に盗賊

▼ 実はまるで~ (5, 0.0%)

1 衣類が, 見当が, 見当ちがいな, 違う事, 違う面

▼ 実はもう少し~ (5, 0.0%)

1 あるの, 前まで, 大物を, 早く幸内, 深刻な

▼ 実はやがて~ (5, 0.0%)

1 この夫, その実践的, 一切の, 対象の, 真理という

▼ 実はよほど~ (5, 0.0%)

1 前から, 前に, 危い, 周章えて, 大きくつよい精神

▼ 実はアベコベ~ (5, 0.0%)

1 でこれ, でした, で型, となる, に公理

▼ 実はカント~ (5, 0.0%)

1 から始まる, こそ却って, に於, の天体進化, の考え

▼ 実は一度~ (5, 0.0%)

1 でよ, はい, も無い, 応用し, 音楽に関する

▼ 実は主として~ (5, 0.0%)

1 国家理論的な, 山川正太郎の, 文学者団体, 社会な, 農村匡救費を

▼ 実は主人~ (5, 0.0%)

1 の一雄, の姪, の店, は溜屋, もはつきり

▼ 実は~ (5, 0.0%)

1 による, の真相, は穏便, をなす, を極めて

▼ 実は二つ~ (5, 0.0%)

2 のもの 1 に割れた, のこと, の立場

▼ 実は云わ~ (5, 0.0%)

1 ばどう, ば一種, ば上層, ば反, ば文学技術そのもの

▼ 実は他殺~ (5, 0.0%)

1 だったり, であった, である, であること, ではない

▼ 実は何等~ (5, 0.0%)

1 の人間的, の意味, の活きた, の解決, 日常の

▼ 実は俺ら~ (5, 0.0%)

1 が今ここ, の親方, もそう, もその, も危なかっ

▼ 実は僕自身~ (5, 0.0%)

1 なん, にとっても数百, の晴雨計, も二十数年間来, も怖くっ

▼ 実は~ (5, 0.0%)

1 きお, に広津, の城主, ほどお, ほど筑前守様

▼ 実は叔母~ (5, 0.0%)

1 がそんな, が何, であったの, でも何, によばれまし

▼ 実は古い~ (5, 0.0%)

1 おなじみの, のである, ものな, 昔に, 種の

▼ 実は~ (5, 0.0%)

1 じゃない, だったが, であって, に悩まされ, に近い

▼ 実は大抵~ (5, 0.0%)

1 これと, の作家, 不正確な, 金儲けの, 駄目な

▼ 実は~ (5, 0.0%)

1 である, にとっては何とも, の心, は何某, を置い

▼ 実は~ (5, 0.0%)

1 おろしを, に救われ, の口, の歳, を愛する

▼ 実は学校~ (5, 0.0%)

1 でも文部省, としてその, の授業, へ卵, を卒

▼ 実は~ (5, 0.0%)

1 だけはそう, に居た, の中心, は自分, も骨内

▼ 実は~ (5, 0.0%)

1 から出, になっ, に島木さん, をいさぎよく, 宇多天皇の

▼ 実は必ずしもそう~ (5, 0.0%)

3 では 1 でないの, 云っては

▼ 実は~ (5, 0.0%)

1 が知れる, ながらとぼけ, もあまり, も余り, を拝

▼ 実は~ (5, 0.0%)

1 にし, に敗けた, の内縁者, は本能寺, を木戸近く

▼ 実は~ (5, 0.0%)

1 学期の, 小説から, 東宮だって, 義州に, 華道界に

▼ 実は既に~ (5, 0.0%)

1 この学士会館, その時, 拓かれた境地, 決定され, 茂吉調であっ

▼ 実は早く~ (5, 0.0%)

1 その機, はつきりした, も肥え, 君の, 知りたかつた

▼ 実は明日~ (5, 0.0%)

1 か明後日あたり, か明後日是非, この市, の四時, の夜

▼ 実は昨年~ (5, 0.0%)

1 ちょうど今頃, の冬, の十二月, の夏日本, の落ち鱸釣

▼ 実は此方~ (5, 0.0%)

1 から言, こそ吉岡清十郎, に帰つて以来, への来, も疾

▼ 実は深く~ (5, 0.0%)

1 これを, 悩んで, 真面目に, 秘して, 関羽を

▼ 実は~ (5, 0.0%)

1 ではなく, の味, の変化, を持つ, を造る

▼ 実は犯人~ (5, 0.0%)

1 がひそか, だったという, であるという, でなく誰, はわかった

▼ 実は狭い~ (5, 0.0%)

1 どころか反, のでアメリカ側, 庭の, 役者である, 間道の

▼ 実は現実~ (5, 0.0%)

1 なの, にその, には誰, の姿, の社会

▼ 実は田舎~ (5, 0.0%)

2 の息子 1 の家, の秋本, を歩き廻る

▼ 実は~ (5, 0.0%)

4 うから 1 からお話

▼ 実は~ (5, 0.0%)

1 一候補で, 一第, 三期の, 二だ, 二回の

▼ 実は~ (5, 0.0%)

1 させて, 先生が, 先生の, 先生を, 紳士ので

▼ 実は自分自身~ (5, 0.0%)

1 でも流石, のこと, の中, の弁護, を試してる

▼ 実は貴様~ (5, 0.0%)

1 あそこで, がどこ, が先刻僕, も存じ, も知っ

▼ 実は~ (5, 0.0%)

1 がはいっ, に差し迫った, に覚え, に過ぎた, をほろぼす

▼ 実は農民~ (5, 0.0%)

2 の脱税行為 1 の匡救, の生活, の貧窮

▼ 実は途中~ (5, 0.0%)

1 で三度, で御免, で振落し, で決心, の犬

▼ 実は長い~ (5, 0.0%)

1 もので, 信仰の, 年月で, 洋行後駒下駄を, 間に

▼ 実は~ (4, 0.0%)

1 あした最初の, たくしこの, たくしせんだつて専務, たくしに

▼ 実はあんな~ (4, 0.0%)

2 突然なお 1 夢の, 悪いこと

▼ 実はあんまり~ (4, 0.0%)

1 いい気持, 待ちくたびれて, 身に, 馬鹿気て

▼ 実はおととい~ (4, 0.0%)

2 の晩 1 の夕方, の晩鍋久

▼ 実はおまえ~ (4, 0.0%)

1 にすこし, の手, の言う, を試し

▼ 実はかの~ (4, 0.0%)

1 女や, 御大法, 教授達の, 磁石砲は

▼ 実はかれ~ (4, 0.0%)

1 はかの, は山目付巡察, もこんな, 自身に対する

▼ 実はこうした~ (4, 0.0%)

1 弁証法的, 社会的機能の, 自由な, 高い壇

▼ 実はこっそり~ (4, 0.0%)

2 自分の 1 お訪ね, 逃げて

▼ 実はこないだ~ (4, 0.0%)

1 かなりひどい, からその, から君, 或る

▼ 実はこんど~ (4, 0.0%)

1 こそ密か, の二階, の御, の芝居

▼ 実は~ (4, 0.0%)

1 しんさまなぐられ, 子息に, 希望が, 推察の

▼ 実はさき~ (4, 0.0%)

1 から矢代, に小春, に徐庶, ほどから一寸二人

▼ 実はさきほど~ (4, 0.0%)

1 サッポロから, ゾシマ長老様の, 敵国人の, 明智衆が

▼ 実はそうした~ (4, 0.0%)

1 事情から, 将門を, 月末の, 生理的効果を

▼ 実はそち~ (4, 0.0%)

1 こちに, の処置, の帰り, の来る

▼ 実はそれだけ~ (4, 0.0%)

1 の時間, 文化の, 社会的な, 社会科学を

▼ 実はたった~ (4, 0.0%)

2 一人の 1 一度きりあの, 一度応天門の

▼ 実は~ (4, 0.0%)

1 この野郎, な鳥海松之助君, ね, ねヘンリー

▼ 実はどういう~ (4, 0.0%)

1 んだ, 人の, 御婦人, 訳かと

▼ 実はどうにも~ (4, 0.0%)

1 ならないらしい自分, ならないん, ならない宇宙環, ならない意味

▼ 実はなかっ~ (4, 0.0%)

2 たの 1 たかも, た事

▼ 実はまことに~ (4, 0.0%)

1 たわいも, 心もとないもの, 残念ながら, 泣き虫な

▼ 実はむしろ~ (4, 0.0%)

1 カニそのものに, 当り前の, 激烈なる, 邪魔な

▼ 実はわたし自身~ (4, 0.0%)

1 の経験, もあまり, もほとんど, も殆ど

▼ 実はイデオロギー~ (4, 0.0%)

1 が反映, という, なの, の一形態

▼ 実は~ (4, 0.0%)

1 あの手紙, おれの, 今日うれしい, 鈴川昨年わしの

▼ 実は~ (4, 0.0%)

2 なり 1 と月, ばんたいせつで

▼ 実は一切~ (4, 0.0%)

1 の問題, の発達, の科学, の見識

▼ 実は一番~ (4, 0.0%)

1 いい歌, うまいの, 喧しかつ, 弱いもの

▼ 実は不可能~ (4, 0.0%)

1 だという, であると, であるよう, である何と

▼ 実は二三日中~ (4, 0.0%)

2 に私 1 にお腹, にちょっと

▼ 実は二三日前~ (4, 0.0%)

1 から風邪, に豊世, の晩, 行った時

▼ 実は二度~ (4, 0.0%)

1 で最初, の藪入り, ばかり来た, ばかり盗難

▼ 実は京都~ (4, 0.0%)

1 からこつち, の書店, へ向け, へ行き

▼ 実は何一つ~ (4, 0.0%)

1 無いの, 無いので, 理解しなかった, 解ってや

▼ 実は偶然~ (4, 0.0%)

1 でもなん, にもファシズム, の共力, の部類

▼ 実は反対~ (4, 0.0%)

1 であること, なの, に記者, に誘拐

▼ 実は~ (4, 0.0%)

1 なりに技術的, なりの, なり抽象的な, 成気拙い

▼ 実は~ (4, 0.0%)

1 の如き, の文章, の話, の諸氏

▼ 実は~ (4, 0.0%)

1 一人物かも, 一性格の, 一階級の, 藩の

▼ 実は吾人~ (4, 0.0%)

1 のなした, の敵, の権利, の視覚

▼ 実は唯物論~ (4, 0.0%)

1 ではなく, のテーゼ, の特別, はフォイエルバハ

▼ 実は困った~ (4, 0.0%)

3 ことが 1 話な

▼ 実は多分~ (4, 0.0%)

1 にお, に影響, に思想的背景, 二人が

▼ 実は大した~ (4, 0.0%)

1 こと, ことで, 免職甲斐が, 問題では

▼ 実は大して~ (4, 0.0%)

1 さわぐほどの, 御馳走にも, 身を, 頭の

▼ 実は大事~ (4, 0.0%)

1 な問題, な話, にしまっ, を計画

▼ 実は大衆~ (4, 0.0%)

1 がだ, とは即ち, の現実日常, の科学性

▼ 実は夫人~ (4, 0.0%)

1 が断末魔, の生家, の甥, もこの

▼ 実は始め~ (4, 0.0%)

1 から分つ, から承認, から眠る, より音楽

▼ 実は学問~ (4, 0.0%)

1 が学問, ではない, の形式, や道徳

▼ 実は家内~ (4, 0.0%)

1 からお送り, に話しました, に頼まれた, はこの

▼ 実は容易~ (4, 0.0%)

1 なこと, なもの, な業, に社会階級

▼ 実は密か~ (4, 0.0%)

1 に, に公務, に心配, に某所

▼ 実は小さな~ (4, 0.0%)

1 倉と, 悪党で, 悪党であった, 生物か

▼ 実は小林~ (4, 0.0%)

2 の欠点 1 が来た, であったか

▼ 実は小生~ (4, 0.0%)

1 が帰宅, の発見, は今, 去冬風労

▼ 実は~ (4, 0.0%)

1 が此, に見せる, の薫さん, もそれ

▼ 実は彼ら~ (4, 0.0%)

1 にはどちら, にもやっぱり, の思想性, は自分

▼ 実は御前~ (4, 0.0%)

2 に少し 1 があ, のため

▼ 実は思った~ (4, 0.0%)

1 けれど興奮, とは別, のである, ほど多く

▼ 実は思想~ (4, 0.0%)

1 でも何, の学究, の自然的必然性, を指す

▼ 実は意味~ (4, 0.0%)

1 するの, のある, は分らなかった, を事実

▼ 実は文学~ (4, 0.0%)

1 という点, の一様式, の標榜, の社会学化

▼ 実は新しい~ (4, 0.0%)

1 んでない, コロンブスの, 極端な, 機械で

▼ 実は~ (4, 0.0%)

1 から帰る, の事欠け, へです, も医者

▼ 実は~ (4, 0.0%)

1 の中, を読む, 日参つたのは, 談以上の

▼ 実は~ (4, 0.0%)

2 の女 1 の境, をどり

▼ 実は案じ~ (4, 0.0%)

2 ていた 1 ていたらしく, て立ち寄った

▼ 実は次郎~ (4, 0.0%)

1 と三郎, と大河, の提案, は近頃

▼ 実は歴史~ (4, 0.0%)

1 の原理, の裏面, の過程, を嗣い

▼ 実は死んだ~ (4, 0.0%)

2 人間でも 1 のが, ので

▼ 実は気の毒~ (4, 0.0%)

2 になる 1 ですが, なもの

▼ 実は~ (4, 0.0%)

1 が後戻り, に浮んだ, に近き, を含ん

▼ 実は物質~ (4, 0.0%)

1 が消滅, というもの, という範疇, の弁証法

▼ 実は相当~ (4, 0.0%)

1 に体力, に働き, の危険, 真剣な

▼ 実は相談~ (4, 0.0%)

2 だがね 1 したいと, などいう

▼ 実は~ (4, 0.0%)

1 の意味, の生活改良, の病死, 正直な

▼ 実は真面目~ (4, 0.0%)

1 で一生懸命, な出会, に相手, に聞い

▼ 実は知らない~ (4, 0.0%)

2 のである 1 のです, んじゃ

▼ 実は~ (4, 0.0%)

1 が豊島, といふ季節, に紅染, の季題

▼ 実は科学~ (4, 0.0%)

1 とは抑, の二つ, の実際, の所産以外

▼ 実は立派~ (4, 0.0%)

1 な奥州侍, な想像, な物理, な職業所有者

▼ 実は結婚~ (4, 0.0%)

1 したいの, する時自分, とまるで, をしよう

▼ 実は~ (4, 0.0%)

1 と違っ, に次いで, の形, を咲かす

▼ 実は若い~ (4, 0.0%)

1 おかみさん, 女である, 奴らから, 時から

▼ 実は~ (4, 0.0%)

1 から来た, では社会, に熟, に疑問

▼ 実は落ち~ (4, 0.0%)

1 ていなかった, てしまいました, もせず, 付いて

▼ 実は複雑~ (4, 0.0%)

1 な問題, な程, な立体的, な課題

▼ 実は認識~ (4, 0.0%)

1 だ, の具体的内容, の対象, は深まらない

▼ 実は豹一~ (4, 0.0%)

1 が息子, に言った, の真, も元来

▼ 実は貴女~ (4, 0.0%)

2 の御 1 の眼, の顔

▼ 実は近い~ (4, 0.0%)

3 うちに 1 内に

▼ 実は迷惑~ (4, 0.0%)

1 しとるん, なほど, な話, を頼んだ

▼ 実は遠慮~ (4, 0.0%)

2 して 1 はいらん, をし

▼ 実は重大~ (4, 0.0%)

3 な家 1 な御

▼ 実は~ (4, 0.0%)

1 と両, のない, を浮かそう, を見る

▼ 実は馬鹿~ (4, 0.0%)

1 が多く, なればこそ, な田舎者, を見ました

▼ 実は驚いた~ (4, 0.0%)

1 くらいで, のである, やうな, んだ

▼ 実はあいつ~ (3, 0.0%)

1 が深く, は新聞記者, も商売用

▼ 実はあっし~ (3, 0.0%)

1 はこの, は姐, ばかりの智恵

▼ 実はあなた様~ (3, 0.0%)

1 をお待ち, をどこぞ, を見たい

▼ 実はあんた~ (3, 0.0%)

1 に頼む, のこと, のところ

▼ 実はいくつ~ (3, 0.0%)

1 もいくつ, もの渦, もの関節

▼ 実はいよいよ~ (3, 0.0%)

1 という場合, 先達来から, 来たん

▼ 実はお母さん~ (3, 0.0%)

1 からモスク, としては鵞鳥, も御

▼ 実はお願い~ (3, 0.0%)

1 があっ, に上った, に出た

▼ 実はかかる~ (3, 0.0%)

1 在り方実在性, 性格者の, 絵を

▼ 実はかくかく~ (3, 0.0%)

1 しかじかでと, と事情, のわけ

▼ 実はかなり~ (3, 0.0%)

1 もって, 困難な, 深刻な

▼ 実はかよう~ (3, 0.0%)

1 でご, な次第, に想像

▼ 実はきわめて~ (3, 0.0%)

1 合理的な, 快い退歩的, 脆い女

▼ 実はこつち~ (3, 0.0%)

1 が見る, もそれ以上馬鹿, を突き放し

▼ 実はさして~ (3, 0.0%)

1 古い語, 弁別の, 重要で

▼ 実はすっかり~ (3, 0.0%)

1 あべこべに, 知りぬいて, 自分で

▼ 実はそいつ~ (3, 0.0%)

1 がわからない, が分らない, を見たい

▼ 実はそっと~ (3, 0.0%)

1 ご意向, 一安心する, 耳を

▼ 実はそのまま~ (3, 0.0%)

1 マルクス主義, 帰るつもり, 階級的対立を

▼ 実はそれぞれ~ (3, 0.0%)

1 がそれぞれ, の意志, の部門部門

▼ 実はそれで~ (3, 0.0%)

1 お手紙, 御援助, 私も

▼ 実はそれら~ (3, 0.0%)

1 のこと一切, の相談, の米

▼ 実はただ今~ (3, 0.0%)

1 これなる, 直にても, 詩集を

▼ 実はだいぶ~ (3, 0.0%)

1 古い時計, 気に, 見当違いだ

▼ 実はちっとも~ (3, 0.0%)

1 おかしくない, なおって, 本気で無かった

▼ 実はちよ~ (3, 0.0%)

1 つと悩み, つと来, つと甘い

▼ 実はつい~ (3, 0.0%)

1 今しがた箱根の, 先刻だ, 此頃ピザの

▼ 実はてんで~ (3, 0.0%)

1 きいてはを, 分るまい, 解らないの

▼ 実はどんな~ (3, 0.0%)

1 ところへ, ものである, 体でも

▼ 実はなんと~ (3, 0.0%)

1 いふこと, かして, なく淋しい思い

▼ 実はなんにも~ (3, 0.0%)

1 仔細は, 言いたくないという, 記憶が

▼ 実ははっきり~ (3, 0.0%)

1 したこと, とは分っ, 決まらないうち

▼ 実はひとり~ (3, 0.0%)

1 いや半人, では電車, と四匹

▼ 実はひどく~ (3, 0.0%)

2 退屈し 1 冷めたいの

▼ 実はびっくり~ (3, 0.0%)

1 したかったん, したらしかった, したん

▼ 実はほか~ (3, 0.0%)

1 ならぬ地球, にあった, の事

▼ 実はほっと~ (3, 0.0%)

1 したの, したん, して

▼ 実はほとんど~ (3, 0.0%)

1 分析を, 同性質, 眼の

▼ 実はまず~ (3, 0.0%)

1 初めに, 孤立し, 絶望的に

▼ 実はみんな~ (3, 0.0%)

1 いちどに目, がおたがいに, やはりそういう

▼ 実はもつ~ (3, 0.0%)

2 と早く 1 と沢山

▼ 実はやや~ (3, 0.0%)

2 黄ばんで 1 熟して

▼ 実はわざと~ (3, 0.0%)

1 てまえ, 商議にも, 心にも

▼ 実はジャーナリズム~ (3, 0.0%)

1 に駆使, の強要, をいつも

▼ 実はフランス~ (3, 0.0%)

1 のうち, の革命的新興ブルジョアジー, へもう一度

▼ 実はラサ府~ (3, 0.0%)

1 からダージリン, に容易, の中

▼ 実は一体~ (3, 0.0%)

1 にすぎない, の御, の神

▼ 実は一個~ (3, 0.0%)

1 の偉大, の社会説話, の秘密

▼ 実は一寸~ (3, 0.0%)

1 占って, 吉岡君に, 見ただけ

▼ 実は一緒~ (3, 0.0%)

1 になってる, に寝た, に旅

▼ 実は一週間~ (3, 0.0%)

1 ばかり前, ばかり旅行, も前

▼ 実は上海~ (3, 0.0%)

1 から香港, にいた, には何

▼ 実は~ (3, 0.0%)

1 からすかし, に引く, の下策

▼ 実は~ (3, 0.0%)

1 二男は, 合格に, 死人にも

▼ 実は不安~ (3, 0.0%)

1 でなくて, に思っ, を感ずる

▼ 実は久しぶり~ (3, 0.0%)

1 で色んな, にこう, の帰省者

▼ 実は五十歩百歩~ (3, 0.0%)

1 でいちじるしい, なん, の間柄

▼ 実は亭主~ (3, 0.0%)

1 というもの, になっ, は外

▼ 実は人民~ (3, 0.0%)

1 という言葉, の無, へあてた

▼ 実は人生~ (3, 0.0%)

1 にとって大衆, の本道, を観ずる

▼ 実は人質~ (3, 0.0%)

1 である, として, に出た

▼ 実は人類~ (3, 0.0%)

1 がその, の根本義, の祖先

▼ 実は今更~ (3, 0.0%)

1 われわれは, 統計を, 転落でも

▼ 実は他人~ (3, 0.0%)

1 の上, の作左衛門, の領分

▼ 実は他愛~ (3, 0.0%)

2 もない 1 ない

▼ 実は~ (3, 0.0%)

1 でございますが, の新蔵, の暑中休暇

▼ 実は何処~ (3, 0.0%)

1 から出, で買つて, の美しい

▼ 実は何者~ (3, 0.0%)

1 かということ, のため, をも失っ

▼ 実は作者~ (3, 0.0%)

1 との共同的, の意図, の筆

▼ 実は依然として~ (3, 0.0%)

2 立って 1 奴隷関係の

▼ 実は個人~ (3, 0.0%)

1 の完全, の性格, の有

▼ 実は僕たち~ (3, 0.0%)

1 があの, もあなた一人, 云い出そうか

▼ 実は元来~ (3, 0.0%)

1 不当である, 気取り屋の, 物質自身の

▼ 実は兄さん~ (3, 0.0%)

1 が東京, が藤尾さん, にもお願い

▼ 実は充分~ (3, 0.0%)

1 な意味, に広範, 突きつめた形

▼ 実は八丁堀~ (3, 0.0%)

2 の旦那 1 といった啖呵

▼ 実は六時~ (3, 0.0%)

1 にそこ, に佐瀬, に待つ

▼ 実は其処~ (3, 0.0%)

1 から凡て, に美人, は池

▼ 実は其方~ (3, 0.0%)

1 が幸福, に取っ, を招ん

▼ 実は~ (3, 0.0%)

1 と外, に喰い入っ, 質の

▼ 実は動物~ (3, 0.0%)

1 が犯人, であつ, は本能

▼ 実は~ (3, 0.0%)

1 かつた, 教の, 猫の

▼ 実は古代~ (3, 0.0%)

1 から一時的, では五段, の室

▼ 実は~ (3, 0.0%)

1 個人に, 地区, 自ら其に

▼ 実は吾家~ (3, 0.0%)

1 から立っ, でもその, で使ってる

▼ 実は吾輩~ (3, 0.0%)

1 の寝室, もこの, もその

▼ 実は哲学~ (3, 0.0%)

1 とは方法論, の階級性, や又

▼ 実は困っ~ (3, 0.0%)

1 ている, ております, てしまっ

▼ 実は困る~ (3, 0.0%)

1 のだ, よ困る, んです

▼ 実は国民~ (3, 0.0%)

1 の中, は全体, を説明

▼ 実は国造~ (3, 0.0%)

1 における采女同様, に於ける, の宗教

▼ 実は~ (3, 0.0%)

1 なもの, な辻棲, にとられたら困る

▼ 実は多く~ (3, 0.0%)

1 のこと, の場合注意能力, の欧米人

▼ 実は大分~ (3, 0.0%)

1 ふら, ふらふらし, 久しくその

▼ 実は天皇~ (3, 0.0%)

1 が親ら政治, を絶対権力者, 或は高貴

▼ 実は女房~ (3, 0.0%)

1 にも隠し, の屍体, も私

▼ 実は~ (3, 0.0%)

1 がわたくし, だという, ではなく

▼ 実は宇宙~ (3, 0.0%)

1 に迷っ, の全て, の秩序

▼ 実は宗教~ (3, 0.0%)

1 の本質, の第一義的, を信ずる

▼ 実は実在~ (3, 0.0%)

1 の人物, の認識, 乃至対象そのもの

▼ 実は実際~ (3, 0.0%)

1 に於, 問題では, 生活に

▼ 実は~ (3, 0.0%)

1 ではない, の口癖, の美し

▼ 実は客観~ (3, 0.0%)

1 ではない, と客観的, に外

▼ 実は宮廷~ (3, 0.0%)

2 の権威 1 においてのさ

▼ 実は~ (3, 0.0%)

1 からの酒気, から空腹, の花火

▼ 実は宿~ (3, 0.0%)

1 が出まし, に泊った, のこと

▼ 実は対象~ (3, 0.0%)

1 の区別, の持つ, の現象形式

▼ 実は~ (3, 0.0%)

2 の枯芝 1 ではなかっ

▼ 実は~ (3, 0.0%)

1 にしてる, を得た, 温泉居住の

▼ 実は当人~ (3, 0.0%)

2 と申す 1 も出す

▼ 実は彼方~ (3, 0.0%)

1 からな, でも妙, の兄

▼ 実は必要~ (3, 0.0%)

1 がある, が起っ, なこと

▼ 実は恐ろしく~ (3, 0.0%)

1 て恐ろしく, 愚劣な, 骨の

▼ 実は悪魔~ (3, 0.0%)

1 に魅, の変化, の小僧

▼ 実は手紙~ (3, 0.0%)

1 で詳しく, の中継所, の束

▼ 実は支那~ (3, 0.0%)

1 から見, に古来虎, の古

▼ 実は文子~ (3, 0.0%)

1 にひけ, の事実, の最も

▼ 実は文字~ (3, 0.0%)

1 だったり, では馬, で歌

▼ 実は斯く~ (3, 0.0%)

1 いうそれ, 申す生, 言ふ

▼ 実は方法~ (3, 0.0%)

1 ではない, の規定, を発見

▼ 実は~ (3, 0.0%)

2 の形 1 領主と

▼ 実は最う~ (3, 0.0%)

1 小説どころでなかった, 来て, 逮捕状を

▼ 実は未だ~ (3, 0.0%)

1 些と, 初歩の, 生の

▼ 実は本人~ (3, 0.0%)

1 が夢中遊行中, の柄, は最初

▼ 実は本当に~ (3, 0.0%)

1 はよく, 怒って, 自分を

▼ 実は柳橋~ (3, 0.0%)

2 で御馳走 1 の芸者

▼ 実は~ (3, 0.0%)

1 く内々, く新しい贋物, の深

▼ 実は極めて当然~ (3, 0.0%)

2 な次 1 なこと

▼ 実は横浜~ (3, 0.0%)

1 の米国人, へ上陸, まで買物

▼ 実は~ (3, 0.0%)

1 のよう, の春, への悠久

▼ 実は歌舞伎~ (3, 0.0%)

1 の勢力, もこれ, を中心

▼ 実は正に~ (3, 0.0%)

1 その反対, 之な, 逆上である

▼ 実は此頃~ (3, 0.0%)

1 ある友達, である, 或雑誌

▼ 実は死ぬ~ (3, 0.0%)

1 つもりです, のも, までにこの

▼ 実は死体~ (3, 0.0%)

1 から切りとった, は道具, を載せた

▼ 実は殿様~ (3, 0.0%)

1 から御, がこちら, が日頃

▼ 実は~ (3, 0.0%)

1 なの, の妻, 多きを

▼ 実は民衆~ (3, 0.0%)

1 が意識, のカス, を戦い取った

▼ 実は決してそう~ (3, 0.0%)

2 では 1 でないもの

▼ 実は済まない~ (3, 0.0%)

1 があの, ことを, 事だ

▼ 実は無い~ (3, 0.0%)

1 のだ, のである, ものじゃ

▼ 実は無限~ (3, 0.0%)

2 の錯雑 1 の魅力

▼ 実は~ (3, 0.0%)

1 傷の, 棄てられて, 芋を

▼ 実は王様~ (3, 0.0%)

1 と, の持つ, はキモノ

▼ 実は理解~ (3, 0.0%)

1 して, すること, のない

▼ 実は~ (3, 0.0%)

2 った問題 1 って来る

▼ 実は病人~ (3, 0.0%)

1 が母, の頭, は貴方

▼ 実は皆さん~ (3, 0.0%)

1 と違う, のお, 御承知

▼ 実は直に~ (3, 0.0%)

1 もと思, もと思った, 細君の

▼ 実は真犯人~ (3, 0.0%)

2 であったという 1 であろうなどとは

▼ 実は矛盾~ (3, 0.0%)

1 でない, ではない, でも何

▼ 実は確か~ (3, 0.0%)

1 でありません, でないけれども, に当

▼ 実は社長~ (3, 0.0%)

1 からの使い, とヤス子さん, に後事

▼ 実は私ども~ (3, 0.0%)

1 の持つ, の方, の身

▼ 実は私達~ (3, 0.0%)

1 にはめずらしく, の日常見聞, の考え

▼ 実は科学的認識~ (3, 0.0%)

1 の世界, の社会的条件, を外

▼ 実は種々~ (3, 0.0%)

1 と先方, なこと, な意味

▼ 実は空虚~ (3, 0.0%)

1 なの, な横溢, な白い

▼ 実は空間~ (3, 0.0%)

1 であると, の性格, の結合そのもの

▼ 実は突然~ (3, 0.0%)

1 ここへ, ですが, 清子に

▼ 実は米友~ (3, 0.0%)

1 としては余儀ない, として熊, の良心

▼ 実は純粋~ (3, 0.0%)

1 な自然科学, に自分, の表現

▼ 実は細君~ (3, 0.0%)

1 にお礼, の影響, の柳江

▼ 実は考え~ (3, 0.0%)

1 ていない, てみよう, に入れ

▼ 実は~ (3, 0.0%)

1 に余る, のポケット, をおどらせ

▼ 実は自我~ (3, 0.0%)

1 が創造, が宇宙, の作用

▼ 実は自殺~ (3, 0.0%)

1 したの, であつ, なん

▼ 実は自由~ (3, 0.0%)

1 の抑圧, への転化, を所有

▼ 実は行きたい~ (3, 0.0%)

2 のだ 1 鼻の

▼ 実は~ (3, 0.0%)

1 から筍二本, の窓, の納屋

▼ 実は西洋~ (3, 0.0%)

1 でもさほど, で僕, にもジプシー

▼ 実は親分~ (3, 0.0%)

1 お聞きでしょう, に無理, への目付役

▼ 実は誤解~ (3, 0.0%)

1 した人, であったらしいの, と泣寝入

▼ 実は警察~ (3, 0.0%)

1 がどの, でも示談, の方

▼ 実は~ (3, 0.0%)

1 の方, の痛み, もくたびれ

▼ 実は返答~ (3, 0.0%)

2 に困る 1 でありました

▼ 実は~ (3, 0.0%)

1 が飲みたい, でもなん, を飲みたい

▼ 実は~ (3, 0.0%)

1 に阜, の驢馬, 干だろうと

▼ 実は~ (3, 0.0%)

1 ではなく, についてその, の中

▼ 実は~ (3, 0.0%)

1 なんてあれ, なんてあれつ, の姥神

▼ 実は~ (3, 0.0%)

1 に伴う, の池, の降らない

▼ 実は面白く~ (3, 0.0%)

1 て堪らない, ないん, ない容態

▼ 実は~ (3, 0.0%)

1 がよい, の底, も少し

▼ 実は頼まれた~ (3, 0.0%)

2 んです 1 んでございまし

▼ 実は~ (3, 0.0%)

1 に乗っ, に吹き上げられた, の方向

▼ 実は飛んだ~ (3, 0.0%)

1 ことを, よい行きがけ, 罪な

▼ 実は食事~ (3, 0.0%)

1 に行っ, も致しませんで, をし

▼ 実はあした~ (2, 0.0%)

1 なんで, はわたくし

▼ 実はあそこ~ (2, 0.0%)

1 に僕, の梁

▼ 実はあった~ (2, 0.0%)

1 のか, のである

▼ 実はあなたがた~ (2, 0.0%)

1 の先輩, の立場

▼ 実はあのお~ (2, 0.0%)

1 屋敷によって, 目を

▼ 実はあべこべ~ (2, 0.0%)

1 だ, に愚劣

▼ 実はあり~ (2, 0.0%)

1 そうな, もしない

▼ 実はあゝ~ (2, 0.0%)

1 して, 言ふ

▼ 実はあッ~ (2, 0.0%)

1 しが, しも大急ぎ

▼ 実はいう~ (2, 0.0%)

1 に堪えぬ, までもなく

▼ 実はいくら~ (2, 0.0%)

1 かすっきり, か得意

▼ 実はいっこう~ (2, 0.0%)

1 相手に, 解らなかった

▼ 実はいつ~ (2, 0.0%)

1 からはじまつた, ともなし

▼ 実はいつかう~ (2, 0.0%)

2 にその

▼ 実はうっかり~ (2, 0.0%)

1 すると, 言うまいと

▼ 実はうんざり~ (2, 0.0%)

2 するほど

▼ 実はおかしい~ (2, 0.0%)

1 ことが, 方へ

▼ 実はおそるべき~ (2, 0.0%)

1 性能を, 魔薬の

▼ 実はおば様~ (2, 0.0%)

2 にさっき

▼ 実はおま~ (2, 0.0%)

2 はんを

▼ 実はおれたち~ (2, 0.0%)

1 の主君, も物蔭

▼ 実はおれ達~ (2, 0.0%)

2 もおなじ

▼ 実はお母様~ (2, 0.0%)

1 がお, のお

▼ 実はお父さん~ (2, 0.0%)

1 の生き, も仙吉

▼ 実はお知らせ~ (2, 0.0%)

1 したもの, 申したいと

▼ 実はかつて~ (2, 0.0%)

1 一度帝劇の, 自分の

▼ 実はから~ (2, 0.0%)

1 こうた, だが

▼ 実はかれこれ~ (2, 0.0%)

1 その半年, 申し上げて

▼ 実はけさ~ (2, 0.0%)

1 になっ, ほどお

▼ 実はこいつ~ (2, 0.0%)

1 に水さ, を見た

▼ 実はこないだ中~ (2, 0.0%)

1 から血まなこ, ひょっと書き出し

▼ 実はこの世~ (2, 0.0%)

1 で最も, に存在

▼ 実はこの間うち~ (2, 0.0%)

1 からどうも, から考え

▼ 実はこんなに~ (2, 0.0%)

1 実質が, 遅く参った

▼ 実はさっきお前~ (2, 0.0%)

1 が出, も知っ

▼ 実はさほど~ (2, 0.0%)

1 仕掛けの, 他愛ない

▼ 実はしっかり~ (2, 0.0%)

1 した拠り処, して

▼ 実はすこぶる~ (2, 0.0%)

1 浅薄陳腐と, 頑健な

▼ 実はそこで~ (2, 0.0%)

1 ね毎晩, 度胆を

▼ 実はそのあの~ (2, 0.0%)

1 何でご, 芙蓉娘は

▼ 実はその間~ (2, 0.0%)

1 に側臣, に初めてホッ

▼ 実はそれとなく~ (2, 0.0%)

1 ジッと, 探ったやつ

▼ 実はそれ以上~ (2, 0.0%)

1 に必要, のもの

▼ 実はそれ程~ (2, 0.0%)

1 に高価, 寒くは

▼ 実はちゃんと~ (2, 0.0%)

1 分ったの, 前から

▼ 実はとても~ (2, 0.0%)

1 アマイ栗が, 俺の

▼ 実はどうか~ (2, 0.0%)

1 して, とも思つて

▼ 実はどうして~ (2, 0.0%)

1 よろしいか, 結びが

▼ 実はどこぞ~ (2, 0.0%)

1 でお, に隠れ

▼ 実はどっち~ (2, 0.0%)

1 も単なる, も石英安山岩

▼ 実はどの~ (2, 0.0%)

1 ような, 方面へ

▼ 実はなっ~ (2, 0.0%)

2 ていない

▼ 実はなに~ (2, 0.0%)

1 も云, も将門

▼ 実はなんで~ (2, 0.0%)

1 ごぜえます, ゲス恰度昨日で

▼ 実ははじめ~ (2, 0.0%)

1 から歌いたく, っから

▼ 実ははつ~ (2, 0.0%)

1 かに紅し, きりさ

▼ 実はばか~ (2, 0.0%)

1 だ, にし

▼ 実はひらり~ (2, 0.0%)

2 と身

▼ 実はふしぎ~ (2, 0.0%)

1 な事, に思っ

▼ 実はふたり~ (2, 0.0%)

1 が連れ立っ, もそれ

▼ 実はふとした~ (2, 0.0%)

1 ことから, 縁で

▼ 実はほん~ (2, 0.0%)

1 たうの, との自己

▼ 実はぼんやり~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 実はまじめ~ (2, 0.0%)

1 であった人, な事件

▼ 実はまだよく~ (2, 0.0%)

1 その身許, わかって

▼ 実はまったく~ (2, 0.0%)

1 それに, 貧しい秋

▼ 実はまつたく~ (2, 0.0%)

1 他人で, 無用の

▼ 実はまれびと~ (2, 0.0%)

1 に扮, の対語

▼ 実はもうちっと~ (2, 0.0%)

1 恐い思い, 間が

▼ 実はもっと実際~ (2, 0.0%)

2 的な

▼ 実は~ (2, 0.0%)

1 なわい, ッと

▼ 実はやっ~ (2, 0.0%)

1 てはみたい, て行ける

▼ 実はよけい~ (2, 0.0%)

1 なおせっかい, 心配も

▼ 実は~ (2, 0.0%)

1 ちきの, つしは

▼ 実はわからない~ (2, 0.0%)

1 でいる, のです

▼ 実はわしたち~ (2, 0.0%)

1 が今度非常, も心願

▼ 実はわたしたち~ (2, 0.0%)

1 だけのこと, はみんな

▼ 実はわれわれども~ (2, 0.0%)

1 は年, へまで御

▼ 実はイヤ~ (2, 0.0%)

1 だナア, な事

▼ 実はインテリ~ (2, 0.0%)

1 の失業問題, は自然

▼ 実はウソ~ (2, 0.0%)

1 でした, で焼きたい

▼ 実はケチ~ (2, 0.0%)

1 な事, のせゐで

▼ 実はコレコレ~ (2, 0.0%)

1 で国府, とネ

▼ 実はゴム靴~ (2, 0.0%)

2 のほか

▼ 実はゼロ~ (2, 0.0%)

1 であった, であつ

▼ 実はビクビク~ (2, 0.0%)

1 して, しながら

▼ 実はヘーゲル~ (2, 0.0%)

1 の, のアンチテーゼ

▼ 実はホン~ (2, 0.0%)

1 の手解き, の時たま

▼ 実はマルサス~ (2, 0.0%)

1 の, の場合

▼ 実はメッキ~ (2, 0.0%)

1 だってえ, に違

▼ 実はロンドン~ (2, 0.0%)

1 の井上大使, の霧

▼ 実は一つ座敷~ (2, 0.0%)

2 も同じ

▼ 実は一刻~ (2, 0.0%)

1 も早く, も疾く

▼ 実は一向~ (2, 0.0%)

1 判って, 変りが

▼ 実は一定~ (2, 0.0%)

1 の世界観, の方法

▼ 実は一年半~ (2, 0.0%)

1 の時日, ばかり四国西国廻り

▼ 実は一年間~ (2, 0.0%)

2 の農村行事

▼ 実は一方~ (2, 0.0%)

1 では相手, に於

▼ 実は一日~ (2, 0.0%)

1 もここ, も早く

▼ 実は一昨夜~ (2, 0.0%)

1 この飛行島, つい飲んだ

▼ 実は一昨日~ (2, 0.0%)

1 の日曜, の晩おれ

▼ 実は一杯~ (2, 0.0%)

1 やりたいの, やりたかつたの

▼ 実は一枚~ (2, 0.0%)

1 あの方, あること

▼ 実は一流~ (2, 0.0%)

1 の専門科学者以外, の精神

▼ 実は一滴~ (2, 0.0%)

1 の酒, も戴けません

▼ 実は一等~ (2, 0.0%)

1 の車室, 遅れて

▼ 実は一続き~ (2, 0.0%)

1 のもの, の規定

▼ 実は一般~ (2, 0.0%)

1 に批評, の状態

▼ 実は一見~ (2, 0.0%)

1 マヌケの, 緩慢な

▼ 実は七兵衛~ (2, 0.0%)

1 がお, とても欲

▼ 実は三人~ (2, 0.0%)

1 のあと, の女

▼ 実は三年前~ (2, 0.0%)

1 にほんとう, の永徳二年三月十七日

▼ 実は~ (2, 0.0%)

1 すべりであり決して, にみた

▼ 実は上述~ (2, 0.0%)

1 の如く, の通り下位子房

▼ 実は丑松~ (2, 0.0%)

1 の良心, は行きたくない

▼ 実は~ (2, 0.0%)

1 の最も, の親

▼ 実は世の中~ (2, 0.0%)

1 に知られ, に私

▼ 実は世界~ (2, 0.0%)

1 に於ける, の哲学史

▼ 実は世界的~ (2, 0.0%)

1 なもの, にかなり

▼ 実は世論~ (2, 0.0%)

1 の歴史的本質, や政見

▼ 実は両者~ (2, 0.0%)

1 の間, は極めて

▼ 実は中国~ (2, 0.0%)

1 のしかるべき, の浪士

▼ 実は中江~ (2, 0.0%)

1 には当面, を当

▼ 実は中間~ (2, 0.0%)

1 に饗宴, の遊

▼ 実は~ (2, 0.0%)

1 にし, 副の

▼ 実は主観~ (2, 0.0%)

1 が客観, や客観

▼ 実は~ (2, 0.0%)

1 はその, も敵国

▼ 実は予め~ (2, 0.0%)

1 入学志願者を, 大体に

▼ 実は事実~ (2, 0.0%)

1 の, の歪曲

▼ 実は二三~ (2, 0.0%)

1 の強, の欠点

▼ 実は二三日前君~ (2, 0.0%)

2 の所

▼ 実は二三米~ (2, 0.0%)

1 離れて, 離れてを

▼ 実は云々~ (2, 0.0%)

1 という話, な仔細

▼ 実は人々~ (2, 0.0%)

1 は茲, をおどろかす

▼ 実は人形~ (2, 0.0%)

1 の普及, の肢体

▼ 実は人間性~ (2, 0.0%)

1 の本質, の発見

▼ 実は人間能力~ (2, 0.0%)

2 の限界内

▼ 実は今ここ~ (2, 0.0%)

1 へ着いた, を巡行

▼ 実は今僕~ (2, 0.0%)

1 の家, は六百枚

▼ 実は今回~ (2, 0.0%)

1 のこと, の挙

▼ 実は今月~ (2, 0.0%)

1 の晦日, はじめて立体組成電子機

▼ 実は今朝六時頃~ (2, 0.0%)

1 から出, から出よう

▼ 実は仏法~ (2, 0.0%)

1 に於, のありがたい

▼ 実は仕事~ (2, 0.0%)

1 が上滑り, のこと

▼ 実は令夫人~ (2, 0.0%)

1 が昨夜, は渡さない

▼ 実は仲直り~ (2, 0.0%)

1 して, 仕て

▼ 実は仲間~ (2, 0.0%)

1 に会っ, の楽手

▼ 実は会社~ (2, 0.0%)

1 の帰り, は世

▼ 実は住田~ (2, 0.0%)

1 のイキ, の二号

▼ 実は何かと~ (2, 0.0%)

2 いや気

▼ 実は何事~ (2, 0.0%)

1 も外部, も深く

▼ 実は何時~ (2, 0.0%)

1 までも湖水, までも置い

▼ 実は~ (2, 0.0%)

1 の儀, も知らなかった

▼ 実は侯爵~ (2, 0.0%)

1 や由吉たち, よりも数日

▼ 実は便船~ (2, 0.0%)

1 のうち, を待ち

▼ 実は信じ~ (2, 0.0%)

1 てゐなかつた, てゐる

▼ 実は信吉十二世~ (2, 0.0%)

2 の孫水津信道

▼ 実は信長~ (2, 0.0%)

1 の心, の意中

▼ 実は俳優~ (2, 0.0%)

1 というもの, のなか

▼ 実は個々~ (2, 0.0%)

1 の事象, の常識内容

▼ 実は健康~ (2, 0.0%)

1 を慮り, を損ねた

▼ 実は偽り~ (2, 0.0%)

1 のない, の報告

▼ 実は偽名~ (2, 0.0%)

1 して, なの

▼ 実は僅か~ (2, 0.0%)

1 に昨日, 三つしか

▼ 実は先ほど~ (2, 0.0%)

1 もちょっと, もアノ錐

▼ 実は先日僕~ (2, 0.0%)

1 がある, の住ん

▼ 実は先月~ (2, 0.0%)

1 の地蔵講, はちっと

▼ 実は全然~ (2, 0.0%)

1 の責任, 根も

▼ 実は全身~ (2, 0.0%)

1 が信仰, の細胞

▼ 実は~ (2, 0.0%)

1 が望み, れが

▼ 実は其許~ (2, 0.0%)

1 に一枚, のため

▼ 実は内々閉口~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 実は内容~ (2, 0.0%)

1 から生産, のない

▼ 実は内密~ (2, 0.0%)

1 だが, の話

▼ 実は再び~ (2, 0.0%)

1 世間に, 本家の

▼ 実は出来ない~ (2, 0.0%)

2 のだ

▼ 実は出来る~ (2, 0.0%)

1 ことなら, のである

▼ 実は出発点~ (2, 0.0%)

1 が間違っ, だ

▼ 実は分類~ (2, 0.0%)

1 が何, の不

▼ 実は切支丹~ (2, 0.0%)

1 のサンタ, の残党

▼ 実は判断~ (2, 0.0%)

1 である, に苦しん

▼ 実は別に~ (2, 0.0%)

1 これと, 大急ぎで

▼ 実は別物~ (2, 0.0%)

1 である, であるが

▼ 実は利己本位~ (2, 0.0%)

2 の立場

▼ 実は到底~ (2, 0.0%)

1 一種類や, 踰える

▼ 実は到頭~ (2, 0.0%)

2 中風に

▼ 実は前者~ (2, 0.0%)

1 が後者, と同じ

▼ 実は労し~ (2, 0.0%)

1 ている, てゐる

▼ 実は十日~ (2, 0.0%)

1 ぐらいしか過ぎ, ほど前

▼ 実は千万無量~ (2, 0.0%)

1 の写象, の意味

▼ 実は~ (2, 0.0%)

1 七奉行所の, 五郎斯う

▼ 実は半信半疑~ (2, 0.0%)

1 であった, であつ

▼ 実は半分~ (2, 0.0%)

1 しか辿りきれ, はその

▼ 実は即ち~ (2, 0.0%)

1 神人なり, 米老

▼ 実は却つて~ (2, 0.0%)

1 御し易い, 知らない部分

▼ 実は友人~ (2, 0.0%)

1 が急病, に古い

▼ 実は取り~ (2, 0.0%)

1 も直さず, 忙いだ

▼ 実は吉弥~ (2, 0.0%)

1 がその, の自白

▼ 実は同様~ (2, 0.0%)

1 である, なの

▼ 実は~ (2, 0.0%)

1 のみである, のみで三つ

▼ 実は向う~ (2, 0.0%)

1 でもまあ, の室

▼ 実は君たち~ (2, 0.0%)

1 にだけ報告, は双生児

▼ 実は君等~ (2, 0.0%)

1 にこうして, も僕

▼ 実は君達~ (2, 0.0%)

1 が来た, だけに打明ける

▼ 実は~ (2, 0.0%)

1 が辛く, も少い

▼ 実は哲学上~ (2, 0.0%)

1 のイズム, の二つ

▼ 実は~ (2, 0.0%)

1 その経済的ディレッタンティズム, その経済的ディレツタンティズム

▼ 実は唯物論的~ (2, 0.0%)

1 な最近自然科学, な科学論議

▼ 実は唯物論的世界観~ (2, 0.0%)

1 の及び, は自然科学

▼ 実は嘗て~ (2, 0.0%)

1 は他界, 政宗に

▼ 実は四五人~ (2, 0.0%)

1 であること, で相談

▼ 実は四人~ (2, 0.0%)

1 では, ほど堕胎

▼ 実は四本~ (2, 0.0%)

2 握って

▼ 実は困つ~ (2, 0.0%)

2 てゐる

▼ 実は困つた~ (2, 0.0%)

1 ものです, 事が

▼ 実は~ (2, 0.0%)

1 よりも愛国, より上

▼ 実は国際的~ (2, 0.0%)

1 な一つ, な新

▼ 実は地下~ (2, 0.0%)

1 に数十階, の霜柱

▼ 実は夕食~ (2, 0.0%)

2 もまだ

▼ 実は外国人~ (2, 0.0%)

1 が一人, にふさわしい

▼ 実は外套~ (2, 0.0%)

1 からズボン, を預けた

▼ 実は外面~ (2, 0.0%)

2 の事情

▼ 実は大きく~ (2, 0.0%)

1 て甘い, 芳が

▼ 実は大切~ (2, 0.0%)

1 な商談, な神

▼ 実は大和~ (2, 0.0%)

1 からすぐ, を領有

▼ 実は大河君~ (2, 0.0%)

1 がうらやましく, にいわれた

▼ 実は大浦種則氏~ (2, 0.0%)

1 が好き, を好い

▼ 実は大金~ (2, 0.0%)

1 ではない, では無い

▼ 実は奥さん~ (2, 0.0%)

1 にお願い, のお話

▼ 実は奥様~ (2, 0.0%)

1 にはお, のこと

▼ 実は好き~ (2, 0.0%)

1 じゃあない, なの

▼ 実は好んで~ (2, 0.0%)

2 大言壮語し

▼ 実は如何~ (2, 0.0%)

1 だか, に解決

▼ 実は~ (2, 0.0%)

1 と私, の生き

▼ 実は始めて~ (2, 0.0%)

1 用いた時分, 聞いた時分

▼ 実は婆さん~ (2, 0.0%)

1 にも一寸, の家

▼ 実は~ (2, 0.0%)

1 の方, の相談

▼ 実は嫌い~ (2, 0.0%)

1 だ, で排斥

▼ 実は嬉し~ (2, 0.0%)

1 かつた, がって

▼ 実は子供~ (2, 0.0%)

1 に運転, の時

▼ 実は子供だまし~ (2, 0.0%)

1 で犯人, のよう

▼ 実は存じ~ (2, 0.0%)

1 ておりませぬ, 寄らぬこと

▼ 実は存外~ (2, 0.0%)

1 あいまいな, 正直な

▼ 実は孤独~ (2, 0.0%)

1 であったマリア, でおっとり

▼ 実は学者~ (2, 0.0%)

1 にもわからない, にも分らない

▼ 実は~ (2, 0.0%)

1 の先生, の家作

▼ 実は宛て字~ (2, 0.0%)

1 である, で山

▼ 実は~ (2, 0.0%)

1 は海, を目当

▼ 実は実に~ (2, 0.0%)

1 うまくクビ, 色が

▼ 実は実験~ (2, 0.0%)

1 という概念, の対象

▼ 実は客観性~ (2, 0.0%)

1 のこの, の素質

▼ 実は~ (2, 0.0%)

1 でなくて, の再興

▼ 実は対称~ (2, 0.0%)

2 の精神

▼ 実は専ら~ (2, 0.0%)

1 こういう所, フランスに

▼ 実は尊者~ (2, 0.0%)

1 から教えられた, の名

▼ 実は小沢~ (2, 0.0%)

1 が帰っ, は

▼ 実は小説全体~ (2, 0.0%)

2 に働く

▼ 実は小諸~ (2, 0.0%)

1 のほう, の立場

▼ 実は少く~ (2, 0.0%)

1 とも二三頁, とも論理

▼ 実は少しく~ (2, 0.0%)

1 思うところ, 胡瓜に

▼ 実は少しも~ (2, 0.0%)

1 これが, 異る

▼ 実は居睡り~ (2, 0.0%)

2 をし

▼ 実は屋外~ (2, 0.0%)

1 から帰っ, まで見送ろう

▼ 実は~ (2, 0.0%)

1 を下り, 之助さん

▼ 実は左様~ (2, 0.0%)

1 でないので, 思って

▼ 実は巧妙~ (2, 0.0%)

1 な, にやり

▼ 実は巨大~ (2, 0.0%)

1 な百足, な輪形陣

▼ 実は~ (2, 0.0%)

1 に売り出し, の伯楽

▼ 実は師匠~ (2, 0.0%)

1 の永禪和尚, の菊之丞

▼ 実は帳場~ (2, 0.0%)

1 に得, の間違ひで部屋

▼ 実は平凡~ (2, 0.0%)

1 な葉子, に着る

▼ 実は~ (2, 0.0%)

1 を取ってる, 久しく想い合っ

▼ 実は幽霊~ (2, 0.0%)

1 にあらず, に頼まれた

▼ 実は~ (2, 0.0%)

1 つづきの, の信用

▼ 実は弁証法~ (2, 0.0%)

1 なるもの, に対立

▼ 実は弱った~ (2, 0.0%)

1 ことが, ね

▼ 実は当家~ (2, 0.0%)

1 でも妹, の大殿

▼ 実は当惑~ (2, 0.0%)

1 した, して

▼ 実は当方~ (2, 0.0%)

1 でも協議中, も父勘兵衛

▼ 実は彼等夫婦~ (2, 0.0%)

2 の恋愛

▼ 実は待っ~ (2, 0.0%)

1 ていた, ている

▼ 実は後年~ (2, 0.0%)

2 まで確実

▼ 実は後者~ (2, 0.0%)

1 がすでに, の方

▼ 実は従来~ (2, 0.0%)

1 のブルジョア的通念, の戦術

▼ 実は御存知~ (2, 0.0%)

1 かと思います, の通り

▼ 実は御新造さん~ (2, 0.0%)

1 から手紙, は三年前

▼ 実は御礼~ (2, 0.0%)

2 に来た

▼ 実は御願~ (2, 0.0%)

1 に只今, ひが

▼ 実は心底~ (2, 0.0%)

1 からさうな, の寂し

▼ 実は心待~ (2, 0.0%)

1 に待っ, に待つ

▼ 実は必死~ (2, 0.0%)

1 なお, な次代

▼ 実は怖い~ (2, 0.0%)

1 のサ, ものよ

▼ 実は怖し~ (2, 0.0%)

1 いほど, くて

▼ 実は思いがけない~ (2, 0.0%)

1 ことが, ことで

▼ 実は思っ~ (2, 0.0%)

1 ていた, て居ました

▼ 実は思惟~ (2, 0.0%)

1 にはぞくさない, 乃至論理

▼ 実は恐るべき~ (2, 0.0%)

1 殺人罪を, 禍乱の

▼ 実は恐ろしい~ (2, 0.0%)

1 ことである, 話である

▼ 実は~ (2, 0.0%)

1 を云, を云わね

▼ 実は恰も~ (2, 0.0%)

1 ここに, 意識の

▼ 実は悦子~ (2, 0.0%)

1 と同様, に対する愛情

▼ 実は悪い~ (2, 0.0%)

1 ことを, 事は

▼ 実は惚れた~ (2, 0.0%)

1 とも思わぬ, までのこと

▼ 実は想像~ (2, 0.0%)

1 と呼ばれる, に絶する

▼ 実は意識~ (2, 0.0%)

1 して, の分析

▼ 実は愕然~ (2, 0.0%)

1 とした, としました

▼ 実は愚老~ (2, 0.0%)

1 は内藤様, は江戸

▼ 実は愚老懐旧~ (2, 0.0%)

2 のやる

▼ 実は愛子~ (2, 0.0%)

1 が惚れた, が新聞記者

▼ 実は我々共~ (2, 0.0%)

1 たった今ここ, もお花畑

▼ 実は我が~ (2, 0.0%)

1 昵懇の, 殺したの

▼ 実は我我~ (2, 0.0%)

2 を支配

▼ 実は~ (2, 0.0%)

1 こそ原始的人類, で

▼ 実は~ (2, 0.0%)

1 揃って, 揚場に

▼ 実は技術家~ (2, 0.0%)

1 に就い, の失業

▼ 実は拙者貴様~ (2, 0.0%)

1 のその, の様子

▼ 実は持て余し~ (2, 0.0%)

1 ていた, ている

▼ 実は掏摸~ (2, 0.0%)

1 でございます, でござんしてね

▼ 実は摩擦~ (2, 0.0%)

1 すれば, の無い

▼ 実は支倉~ (2, 0.0%)

1 が小林貞, はある

▼ 実は政右衛門~ (2, 0.0%)

1 の師匠, の敵河合股五郎

▼ 実は政治~ (2, 0.0%)

1 の中心地, の形態

▼ 実は政治そのもの~ (2, 0.0%)

2 の陥

▼ 実は政治上~ (2, 0.0%)

1 に於, の必要

▼ 実は教科書~ (2, 0.0%)

1 というもの, の意味

▼ 実は文化~ (2, 0.0%)

1 に冷淡, の観念

▼ 実は文芸~ (2, 0.0%)

1 に於ける, の統一

▼ 実は斯様~ (2, 0.0%)

1 な修行者, な次第

▼ 実は新劇~ (2, 0.0%)

1 としてはいくら, を形づくつ

▼ 実は新吉~ (2, 0.0%)

1 の描こう, は私

▼ 実は方々~ (2, 0.0%)

1 からくれくれ, に縫い目

▼ 実は旅行者~ (2, 0.0%)

1 でなくある, をよろこばせる

▼ 実は~ (2, 0.0%)

1 の上, の神

▼ 実は日本兵~ (2, 0.0%)

1 が, に原因

▼ 実は日本経済~ (2, 0.0%)

2 の結び目

▼ 実は日本語~ (2, 0.0%)

1 の試験, も知っ

▼ 実は日記~ (2, 0.0%)

1 になる, のうち

▼ 実は明朝~ (2, 0.0%)

1 にはこの, の出陣

▼ 実は明瞭~ (2, 0.0%)

2 に話したくない

▼ 実は昨夕~ (2, 0.0%)

1 にもこの恐るべき, もあんなに

▼ 実は~ (2, 0.0%)

1 まえから, 遣りたいが

▼ 実は暫く~ (2, 0.0%)

1 たって, 前から

▼ 実は書物~ (2, 0.0%)

1 が出来る, を読ん

▼ 実は曹丞相~ (2, 0.0%)

1 から密書, の密命

▼ 実は最前~ (2, 0.0%)

1 からたびたび, の生徒

▼ 実は最近~ (2, 0.0%)

1 ある筋, の好機

▼ 実は望遠鏡~ (2, 0.0%)

2 を独乙

▼ 実は~ (2, 0.0%)

1 から山越し, から赤井

▼ 実は期待~ (2, 0.0%)

1 して, しなかつた方面

▼ 実は~ (2, 0.0%)

1 では, になる

▼ 実は本屋~ (2, 0.0%)

2 からも少し

▼ 実は本物~ (2, 0.0%)

1 の札, の王様

▼ 実は本質的~ (2, 0.0%)

1 なもの, に異

▼ 実は林田~ (2, 0.0%)

1 に取, の手

▼ 実は~ (2, 0.0%)

1 にはなく, のさき

▼ 実は校長先生~ (2, 0.0%)

1 からもうとう, にもご

▼ 実は根本~ (2, 0.0%)

1 に遡れ, の聖天山の手水鉢

▼ 実は根柢的~ (2, 0.0%)

2 に楽天的

▼ 実は植物~ (2, 0.0%)

1 の名称, も動物

▼ 実は概念~ (2, 0.0%)

1 ではなくし, の分析

▼ 実は標準語~ (2, 0.0%)

1 と来たら, を使つて

▼ 実は檀徒~ (2, 0.0%)

2 から多分

▼ 実は正反対~ (2, 0.0%)

1 である, で洵

▼ 実は正当~ (2, 0.0%)

1 である刑罰, な薬物療法

▼ 実は正確~ (2, 0.0%)

1 に云う, に言え

▼ 実は此間~ (2, 0.0%)

1 から一日, から幾度

▼ 実は殿~ (2, 0.0%)

1 にはこれ, の御

▼ 実は母親~ (2, 0.0%)

1 が参ります, に打明けました

▼ 実は比喩~ (2, 0.0%)

1 であって, にし

▼ 実は江戸表~ (2, 0.0%)

1 の南, へ行こう

▼ 実は沢山~ (2, 0.0%)

1 ある, 出るか

▼ 実は~ (2, 0.0%)

1 の瀬, をより

▼ 実は~ (2, 0.0%)

1 の創造, を作っ

▼ 実は法壇~ (2, 0.0%)

1 に立っ, に立つ

▼ 実は浜田さん~ (2, 0.0%)

1 からもそう, にもお

▼ 実は~ (2, 0.0%)

1 の村人, も空

▼ 実は海賊~ (2, 0.0%)

1 なん, の張本毛

▼ 実は海軍当局~ (2, 0.0%)

2 が予

▼ 実は~ (2, 0.0%)

1 もろくて, をもっ

▼ 実は瀕死~ (2, 0.0%)

2 の重傷

▼ 実は火事~ (2, 0.0%)

1 だと, の揚句

▼ 実は~ (2, 0.0%)

2 の火戸

▼ 実は無理~ (2, 0.0%)

1 がない, な頼

▼ 実は無用~ (2, 0.0%)

1 の拘束, の贅沢物

▼ 実は熱心~ (2, 0.0%)

1 に一つ研究, に真実

▼ 実は熱海~ (2, 0.0%)

1 まで行かう, まで行こう

▼ 実は牧野植物研究所~ (2, 0.0%)

2 とすべきであった

▼ 実は物理学~ (2, 0.0%)

1 が相対主義, を具体化

▼ 実は特別~ (2, 0.0%)

1 の定め, の議論

▼ 実は狂言~ (2, 0.0%)

1 の方, の筋以外

▼ 実は~ (2, 0.0%)

1 と杓子, になりたがり

▼ 実は理論~ (2, 0.0%)

1 の代り, の行く

▼ 実は甘い~ (2, 0.0%)

1 いろんな想像, ぞ

▼ 実は~ (2, 0.0%)

1 の根源力, 中の

▼ 実は生き~ (2, 0.0%)

1 ている, てゐる

▼ 実は生物~ (2, 0.0%)

1 のある, はかくかく

▼ 実は用意~ (2, 0.0%)

1 する策, をし

▼ 実は田口さん~ (2, 0.0%)

1 からは何, に頼まれた

▼ 実は由来~ (2, 0.0%)

1 すると, 久しい事

▼ 実は男女~ (2, 0.0%)

1 の愛情上, の禁欲生活

▼ 実は~ (2, 0.0%)

1 から橇, にいる

▼ 実は町内~ (2, 0.0%)

1 のパンパンども, の人

▼ 実は留守~ (2, 0.0%)

1 お杉, の役

▼ 実は番頭~ (2, 0.0%)

1 の息子, の重

▼ 実は疑っ~ (2, 0.0%)

1 ていた, ておる

▼ 実は疾く~ (2, 0.0%)

1 に自分自体, より娘

▼ 実は病気~ (2, 0.0%)

1 で臥せられ, をし

▼ 実は病気見舞い~ (2, 0.0%)

1 に来た, のつもり

▼ 実は皮肉~ (2, 0.0%)

1 では, や興

▼ 実は~ (2, 0.0%)

1 が眩む, と鼻

▼ 実は~ (2, 0.0%)

1 の事, の節操

▼ 実は直接的~ (2, 0.0%)

1 でない抽象作用, にはどこ

▼ 実は~ (2, 0.0%)

1 助けて, 済まんが

▼ 実は相手~ (2, 0.0%)

1 が役人, が楼桑村

▼ 実は~ (2, 0.0%)

2 ご当局

▼ 実は真に~ (2, 0.0%)

1 いい考え, 無いもの

▼ 実は矢代~ (2, 0.0%)

1 のその, も

▼ 実は知っ~ (2, 0.0%)

1 てい, ていた

▼ 実は知識~ (2, 0.0%)

1 と雖, の或

▼ 実は破壊~ (2, 0.0%)

1 するといった, です

▼ 実は神様~ (2, 0.0%)

1 だったの, の化現

▼ 実は神田~ (2, 0.0%)

1 が川口支配人, の古本屋

▼ 実は私一人~ (2, 0.0%)

1 の胸, はいささか

▼ 実は秘密~ (2, 0.0%)

1 に婦人達, の話

▼ 実は稀代~ (2, 0.0%)

1 の名, の大

▼ 実は程度~ (2, 0.0%)

1 の問題, の差

▼ 実は~ (2, 0.0%)

1 え疱瘡, の一般化

▼ 実は~ (2, 0.0%)

1 だった, なもの

▼ 実は空気~ (2, 0.0%)

1 で充たされ, で膨脹

▼ 実は立花伯爵~ (2, 0.0%)

1 の別荘, の奥さん

▼ 実は~ (2, 0.0%)

1 で我と, に関する信念

▼ 実は筆者~ (2, 0.0%)

1 も思想史, も詳しく

▼ 実は筑前~ (2, 0.0%)

1 からも再三, はもう

▼ 実は純然~ (2, 0.0%)

1 たる文房用, たる洋式

▼ 実は経験~ (2, 0.0%)

1 からの所産, と知覚

▼ 実は統制~ (2, 0.0%)

1 でなくて, の正

▼ 実は絶対的~ (2, 0.0%)

1 な独立, には全体的

▼ 実は綱梯子~ (2, 0.0%)

1 にでき, に出来

▼ 実は緩く~ (2, 0.0%)

2 り君

▼ 実は羅紗~ (2, 0.0%)

2 も薄い

▼ 実は美しい~ (2, 0.0%)

1 乙姫様で, 娘つ

▼ 実は義理~ (2, 0.0%)

1 がある, で仕方

▼ 実は肉体~ (2, 0.0%)

1 が衰弱, の全部

▼ 実は肝腎~ (2, 0.0%)

1 なの, なん

▼ 実は脂肪~ (2, 0.0%)

2 の薄い

▼ 実は~ (2, 0.0%)

1 が空いた, なんか出来なく

▼ 実は自信~ (2, 0.0%)

1 がなかっ, を失い

▼ 実は自分たち~ (2, 0.0%)

1 が失っ, の信ぜ

▼ 実は自覚~ (2, 0.0%)

1 し得ざる人間愛, ということ

▼ 実は自身~ (2, 0.0%)

1 の個性, 乗って

▼ 実は興味~ (2, 0.0%)

1 が少ない, を助ける

▼ 実は~ (2, 0.0%)

1 の根, を巻いた

▼ 実は良心~ (2, 0.0%)

1 とか人間性, とは他方

▼ 実は芝居~ (2, 0.0%)

1 としては面白く, 其のもの

▼ 実は~ (2, 0.0%)

2 が身

▼ 実は~ (2, 0.0%)

1 などいただいた, よりも小

▼ 実は茶器拝見~ (2, 0.0%)

2 致したく参上

▼ 実は~ (2, 0.0%)

1 の上, 枯れる秋

▼ 実は荊州~ (2, 0.0%)

1 へ行っ, を取る

▼ 実は萼片~ (2, 0.0%)

1 であって, に当る

▼ 実は落胆~ (2, 0.0%)

1 しきったよう, しましたが

▼ 実は~ (2, 0.0%)

1 とともにしきりに, の変形

▼ 実は~ (2, 0.0%)

1 でおぞ, で三人

▼ 実は薩摩~ (2, 0.0%)

1 の勢力, の西郷吉之助

▼ 実は~ (2, 0.0%)

1 から棒, をくぐり

▼ 実は~ (2, 0.0%)

2 の湖

▼ 実は~ (2, 0.0%)

1 の威, ほど強い

▼ 実は~ (2, 0.0%)

1 に真, を生じ

▼ 実は虚偽~ (2, 0.0%)

1 であったり, のこと

▼ 実は~ (2, 0.0%)

1 が蝕, のいい

▼ 実は~ (2, 0.0%)

1 なり, ばかりか蜥蜴

▼ 実は行く~ (2, 0.0%)

1 のも, 前に

▼ 実は西~ (2, 0.0%)

1 の方, の横綱

▼ 実は見え隠れ~ (2, 0.0%)

1 につけ, に相棒

▼ 実は見かけ~ (2, 0.0%)

1 ほど変わっ, ほど強く

▼ 実は見る~ (2, 0.0%)

1 振りを, 楽しみは

▼ 実は言語~ (2, 0.0%)

1 の問題, の持つ

▼ 実は詞章自身~ (2, 0.0%)

1 が口伝, が口伝え

▼ 実は語部~ (2, 0.0%)

1 の叙事詩それ自身, の叙事詩其自身

▼ 実は説明~ (2, 0.0%)

1 がし, というもの

▼ 実は読者~ (2, 0.0%)

1 は小説, をケム

▼ 実は論理~ (2, 0.0%)

1 のイニシャティヴ, も動かぬ

▼ 実は講義~ (2, 0.0%)

1 になるでしょう, の真意

▼ 実は~ (2, 0.0%)

2 阿として

▼ 実は貧乏~ (2, 0.0%)

1 だ, なルンペン文士

▼ 実は~ (2, 0.0%)

1 辺よりも, 郎に

▼ 実は貴公~ (2, 0.0%)

1 に分る, の安否

▼ 実は貴公たち~ (2, 0.0%)

1 が発足, をお抱え

▼ 実は貴家~ (2, 0.0%)

2 から出た

▼ 実は貴方様~ (2, 0.0%)

1 に対して御新造様, をたずね

▼ 実は貴殿~ (2, 0.0%)

1 に狼藉, のお

▼ 実は贋鼎~ (2, 0.0%)

2 である

▼ 実は赤く~ (2, 0.0%)

1 トリップの, 梢に

▼ 実は起っ~ (2, 0.0%)

1 ていた, て行っ

▼ 実は身体~ (2, 0.0%)

1 のすくむ, の方

▼ 実は身共~ (2, 0.0%)

1 も奴め, も少々

▼ 実は軽部~ (2, 0.0%)

1 の腕力, ももう

▼ 実は輪廓~ (2, 0.0%)

1 に黄いろ, をくっきり

▼ 実は輪田夏子~ (2, 0.0%)

1 だと, では

▼ 実は進歩~ (2, 0.0%)

1 だか, に就い

▼ 実は達雄~ (2, 0.0%)

1 のよう, を愛し

▼ 実は遠縁~ (2, 0.0%)

1 になっ, の叔母

▼ 実は避暑~ (2, 0.0%)

2 に出る

▼ 実は部下~ (2, 0.0%)

1 のもの, を集め

▼ 実は重い~ (2, 0.0%)

2 んです

▼ 実は~ (2, 0.0%)

1 がない, がねえで困る

▼ 実は長崎~ (2, 0.0%)

1 から出, の高島炭坑

▼ 実は長平さん~ (2, 0.0%)

1 には本, を当て

▼ 実は閉口~ (2, 0.0%)

1 した, して

▼ 実は関係~ (2, 0.0%)

1 がつい, のない

▼ 実は閣下~ (2, 0.0%)

1 には申し上げない, には私

▼ 実は階級的~ (2, 0.0%)

1 な利害, な文化闘争

▼ 実は随分~ (2, 0.0%)

1 大きいもの, 曖昧な

▼ 実は難解~ (2, 0.0%)

1 で種々, になどはなり得ないであろう

▼ 実は難解化~ (2, 0.0%)

1 を意味, を非難

▼ 実は雪国~ (2, 0.0%)

1 のもの, の人々

▼ 実は電話~ (2, 0.0%)

1 でこの, には家内

▼ 実は青木君~ (2, 0.0%)

2 の死際

▼ 実は面白~ (2, 0.0%)

1 がらせて, 半分に

▼ 実は面白い~ (2, 0.0%)

1 ことは, 話が

▼ 実は面目~ (2, 0.0%)

1 ない話, も無い

▼ 実は音楽~ (2, 0.0%)

1 の終る, をことごとく

▼ 実は頂戴~ (2, 0.0%)

1 に出ました, の扇面

▼ 実は頗る~ (2, 0.0%)

1 大胆に, 重大な

▼ 実は~ (2, 0.0%)

1 のきまつた, のこと

▼ 実は風車そのもの~ (2, 0.0%)

2 に見え

▼ 実は養子~ (2, 0.0%)

1 で実子, にし

▼ 実は驚い~ (2, 0.0%)

2 ている

▼ 実は驚く~ (2, 0.0%)

1 にも足らぬ, に当たらなかった

▼ 実は高い~ (2, 0.0%)

1 表付の, 金を

▼ 実は~ (2, 0.0%)

1 が出る, よりもひどい

▼ 実は~ (2, 0.0%)

1 のかげ, の底

▼ 実は魯迅さん~ (2, 0.0%)

1 には北京, は広東

▼ 実は鴎外~ (2, 0.0%)

1 が単独, である主人公

▼ 実は黙っ~ (2, 0.0%)

1 てい, ている

▼1* [4135件]

実はあい子の実, 実はあかはたを立て, 実はあさって一緒に出発, 実はあすの朝, 実はあすこの宅, 実はあたしこれとおんなじ, 実はあたしたち自身お友だち, 実はあたしゃねえビール, 実はあちこち飲みある, 実はあちらでお話, 実はあってもなく, 実はあっちを浪人, 実はあてずっぽうにその, 実はあとでわたし, 実はあなたどころじゃない, 実はあのうこうしてこんな, 実はあの小函には, 実はあまくなった, 実はあまりがみがみ云うから, 実はあまりに漠然とし過ぎた言葉, 実はあまりハッキリ飲み込めないが, 実はあまり家のうち, 実はあらまし見当がつく, 実はあらゆる時代に, 実はありがたくない, 実はあり得ないのである, 実はあれぎり参りも, 実はあんなに孤立し, 実はあんまりはっきりとした, 実ははひ, 実はいいことも, 実はいかに東京の, 実はいくらか貰はう, 実はいそぎを要しまし, 実はいそ的でへい, 実はいたるところに, 実はいちおう皆さんを, 実はいってみたい, 実はいっこうに大きくならず, 実はいったん不許, 実はいっぺん人形が食べた, 実はいつしかそのものが, 実はいつの間にやら他人, 実はいつも既に知られたもの, 実はいなかった人である, 実はいふにいはれぬ, 実はいまこれこれだと, 実はいましがた出入りの, 実はいまだ生物学の, 実はいまだに停頓し, 実はいま井戸の中, 実はいま人間は眠らない, 実はいま冀城にいる, 実はいま店のもの, 実はいま新宿駅のそば, 実はいま観音さまへ参詣, 実はいま金剛石に別れ, 実はいま闇の女, 実はいや大丈夫だ, 実はいやおうなしにたたき起された形, 実はいよいよたいへんなこと, 実はいらないか蓮, 実はうそで免訴, 実はうぬぼれていい, 実はうまい物だけを, 実はうら少い娘, 実はうれしいものだ, 実はうれしく感じて, 実はえらいお坊さん, 実はおいしいかつてきく, 実はおいらの道楽, 実はおおまかなもの, 実はおかしなことで, 実はおしまいであったの, 実はおじいさんと二人, 実はおせっかいだが, 実はおそらくこうもあろう, 実はおそろしさの, 実はおととしの夏頃, 実はおどろかすのは, 実はおのおのの国, 実はおのずからの限界, 実はおまかせ申したいん, 実はおまけでござるよ, 実はおもしろいんだ, 実はおよっちゃん, 実はおれ自身のため, 実はおろかな私ども, 実はお上からのお召, 実はお互いに憎しみ, 実はお伽堂の女房, 実はお供方にもその, 実はお便りをお待ち, 実はお前さまその鍛冶屋, 実はお前さん先刻成戸さんに金, 実はお前さん処のお, 実はお前己だって身寄頼り, 実はお姫様に懸想, 実はお嬢さんは悪い, 実はお嬢様をいや, 実はお客様誠に申, 実はお家にとって生かし, 実はお尋ねがなく, 実はお待ちして, 実はお断りの返事, 実はお昼ごろのこと, 実はお母さまから手紙, 実はお父さんわたしはありのまま, 実はお父さん家に大事, 実はお立ち寄りして, 実はお答えに詰まります, 実はお腹がいたかった, 実はお袋に聞い, 実はお話をしない, 実はお話しするん, 実はお返し願いたいもの, 実はお金をもたず, 実はかういふものが, 実はかうして用意, 実はかうしたものである, 実はかうならねばならぬ, 実はかきさが, 実はかぞえ年の, 実はかばい合っていた, 実はがっかりしましたよ, 実はがんちゃん君にひとつ, 実はがんりきもその, 実はきく本字で, 実はきのうここにおりました, 実はきのう両国の仮, 実はきのう久しぶりで或, 実はきのう先生をお, 実はきのう千住の掃部宿, 実はきのう密かに末盛城, 実はきのう川越から帰っ, 実はきのふもちよつと, 実はきみに内証話, 実はきめたんだ, 実はきめられないが少なくとも, 実はきょう前からも心がけ, 実はきょう午前に田町, 実はきょう君を迎えた, 実はきょう県庁の二階, 実はきょう私に教育者, 実はぎゃふんと参った, 実はぎりぎりのところ, 実はくさったまま, 実はくだものでないと, 実はくるしくもなんとも, 実はけさ眼が覚めたら, 実はけっして明らかな, 実はけったいな気, 実はげっそりと腹も, 実はよい酒宴, 実はこいつ今日から身内, 実はこうこうかくかくの次第, 実はここらからその, 実はここ二十日あまり吉岡拳法の門, 実はここ六七年もあの, 実はことごとく落ちて, 実はことごとしく閲歴などと, 実はこないこないの計略, 実はこないだお前に聞かれ, 実はこないだ子供めが火箸, 実はこないだ庭に誰, 実はこないだ東京に一寸, 実はこないだ江原にこう, 実はこのごろ梅野十伍にとって何, 実はこの間うち脱藩した青砥弥助, 実はこの間そつちへ, 実はこの間偶然電車の中, 実はこの間君の細君, 実はこの間大笑いよあなた, 実はこの間島田に会った, 実はこの間旦那様からどこ, 実はこの間関東大学の助教授, 実はこりゃ秘密である, 実はこれからもう一度日本の, 実はこれから少し私用を, 実はこれら欧米の勢力, 実はこれ以上お話しするには, 実はこれ以上間に入る, 実はこれ俗中の俗, 実はこれ程容易な, 実はこわいのだろう, 実はこんどわしどもの要求, 実はこん度実験室を鎌倉, 実はさうなつて, 実はさきおとといの午, 実はささげ豆のよう, 実はさしもに頑健, 実はさすがにまるきり, 実はさぞ目覚か, 実はさっきお話をしませんでした, 実はさっきここの主人, 実はさっきそちらの前, 実はさっきわしがある, 実はさっき張込みを止めさせます, 実はさっき本国から至急, 実はさっき水野殿に行き逢うたら, 実はさっき瀬川さんから馬, 実はさっき計量器が動い, 実はさっき野原を横切っ, 実はさっぱりしたもの, 実はさつき裏口から二人, 実はさつき警部から電話, 実はさまざまの牽制, 実はさらさらそんな風儀, 実はさる筋からの, 実はさんざんの体, 実はしおらしいとか心入れ, 実はしきりと時間, 実はしけ続きで安治川筋, 実はしたたかな悪党, 実はしぬぶとは, 実はしばらく見えなかった落合, 実はしめたと手, 実はしょせんショウブそのものでは, 実はしようと思つて, 実はじかにその横たわっ, 実はじきじきに参上, 実はじき今し方検察官のマーチンさん, 実はつかり参つて, 実はすいて居る, 実はすきとおって見える, 実はすでに現に技術家候補者自身の, 実はすなわち神人, 実はすべて周瑜の謀略, 実はすべて陸遜の, 実はずるそうな, 実はせがれ自身今では血書, 実はせんだって大村さんがわざわざ, 実はせんだって臥竜窟を訪問, 実はせんだって通掛りに見ました, 実はげんの, 実はぜんざいの何物, 実はそいでいま, 実はそういった美的鑑賞の, 実はそうっと女房たちの, 実はそうとう深傷, 実はそこどころでは, 実はそっちの方, 実はそのそのことで, 実はそのまま同時に精神科学の, 実はその同じ文化現象に対して, 実はその小さな花を, 実はその後お千代, 実はその後叡山に上り, 実はその後彼方さんのお, 実はその後手前から主君忠利公, 実はその道が険しい, 実はその頃何故日本, 実はそばかすだらけの片, 実はそれだけに又それら全, 実はそれでも足りないと, 実はそれとも違つた, 実はそれほどはっきりしたもの, 実はそれ一回きりのつもり, 実はそれ以前にも相当, 実はそれ自体がすでに, 実はそれ自体強力な思想, 実はそれ自身が新しい, 実はそれ自身一つの空想, 実はそれ自身物質的な内容, 実はそんじょそこらのお, 実はそんなに古くは無い, 実はそッちに, 実はそ言つたもんぢ, 実はに, 実はたあいもない, 実はたいした災害を, 実はたいそうきまりの, 実はたえ間なき, 実はたくさんあるし, 実はただいま神楽師と, 実はただいまお暇を, 実はたつのおとしごのよう, 実はたべていない, 実はたわいのない, 実はだから又思想上の, 実はだの本当はだの, 実はだまされてまきあげられた, 実はだれか, 実はだんなにおりいっ, 実はちぐはぐで, 実はちっと姐御, 実はちつとも怖く, 実はちと嘔吐を, 実はちょいとその, 実はちょっとしたものに, 実はちょッと間, 実はついたちの夜, 実はつかみどころの, 実はつけの嵩ん, 実はつけたいんでしょう, 実はつまった小説, 実はつまらないいたずらを, 実はつまらなかったし, 実はつまらんことだ, 実はつれなく私をが, 実はてめえは見込み, 実はであるからここ, 実はできあがっていない, 実はというそのひと, 実はとうから考えて, 実はとうにこの家, 実はとこよのくに, 実はとっくの昔, 実はともに天道の, 実はとりも直さず, 実はとる人が, 実はとろうとろうと, 実はとんだお願いが, 実はどうしてちゃっかり俗な, 実はどうしても染料に, 実はどうしてもまだ崇高荘厳という, 実はどうもあまり気が, 実はどうもなんともはや申しわけございません, 実はどきッと, 実はどっかへ宿, 実はなあお前は, 実はなあに一向あなた方, 実はなお或る, 実はなかなかしっかりして, 実はなかなかそんなに平民主義の, 実はなかなかたいへんなステッキ, 実はなかば以上ハタに責任, 実はなくなった細君が, 実はなくなりました父が, 実はなどと汗を, 実はなにごとにつけ, 実はなにしろ初め二本立ての, 実はなにひとつ村のため, 実はなよの命令を, 実はならなかったといい伝え, 実はなりましたがその, 実はなるな, 実はなるでしょうよ, 実はなるべく弟に, 実はなんだかすべて上の空の, 実はぎはやひの命は, 実はにがいものだ, 実はぬくい日ざし, 実はねえとマテュー・ダントラン君が, 実はねずみ捕りは, 実はのう新七, 実はのこりそこらく赤し, 実はのっぴきならぬ, 実はのんびりどころか屈托だらけ, 実ははからずも帰参が, 実ははじめて見たなどと, 実ははっとし, 実ははつきりしたモデル, 実ははなはだしくきつく響いて, 実ははりつめられている, 実ははるばる日本から, 実はばけもの話にとっては, 実はばらばらなん, 実はぱっと飛び上ったらしい, 実はやつと, 実はひつそりとしてをりました, 実はひとつ赤く落ち, 実はひとり奥羽地方のみには限りません, 実はひと通り議論ずみの問題, 実はひどい目に, 実はひやひやして, 実はひょっとすると, 実はひろ子が探り出した, 実はひろ子初江久やの三人, 実はぴったりとその, 実はうふの, 実はふかし立ての, 実はふくらみきつた莢から, 実はふところに十手, 実はふられ男と, 実はふりまわされたあの熱情, 実はふり向こうとする, 実はぶちまけたところそんな, 実はへたへたとなつ, 実はほんしんだったの, 実はぼく三十年前に九州, 実はぼく四五十日ほど前, 実はぼく当人の実感, 実はまかれたのだ, 実はまぐれあたりに過ぎない, 実はまだきわめてわずかである, 実はまださういふ, 実はまだそうだ, 実はまだまだ科学万能どころの, 実はまだもっと先が, 実はまだ少し語るべきこと, 実はまだ本当に科学的で, 実はまだ極めて不徹底であった, 実はまだ決して至れり尽せるもの, 実はまっ蒼な, 実はまっかなルビー, 実はまれびとは人に言, 実はまアあなたの, 実はささ, 実はみじめなもん, 実はみっしり考えようと, 実はみつが昨夜, 実はみどりを恋し, 実はみな役人なん, 実はみにくいもので, 実はみるみるなくなって, 実はみんな一度に目, 実はみんな想像にすぎない, 実はみんな雪のかたまり, 実はむかでの足, 実はむしろ余りに有力なる, 実はむずかしい実験などを, 実はむずかしくて容易, 実はむっつり右門であった, 実はむつかしいことな, 実はむろん内々これに, 実はめぐり合ってしめ殺されたい, 実はめつたに街, 実はめぼしい物は, 実はもうさうなつて, 実はもうしばらく一人で, 実はもうすっかり耄碌し, 実はもうとうの昔, 実はもうとっくの昔, 実はもうとっくにお返しし, 実はもう一度御診察, 実はもう早速お住居, 実はもう疾くにお, 実はもがきもなんにも, 実はもそっと手酷い試, 実はもちこたえ得ないんだ, 実はもってお, 実はもっとも鍛錬された, 実はもっともっと女が, 実はもと一つの, 実はもはやどうでも好い, 実はもはや決して自由主義では, 実はやがてそっくり元に, 実はやっと両手に, 実はやつぱり彼奴の事, 実はやまべであ, 実はやむをえないのです, 実はやめられるならばと思っ, 実はやられちまッたん, 実はやわらかくてしない, 実はゆうべわたしの店, 実はゆうべ丁字風呂の二階, 実はゆうべ二度まで同じ, 実はゆうべ兄さんに逢った, 実はゆうべ家へ帰ったら, 実はゆうべ浅草の代地河岸, 実はゆうべ茶を買っ, 実はゆうべ運座の帰り, 実はゆくりなくも伊丹, 実はゆたかな多産, 実はあれは, 実はよいので問題, 実はようやく八つで, 実はよそうかと思ってる, 実はよりどり五厘から, 実はよろこんで, 実はよんどころない人に, 実はれいの高い高い, 実はわかれる気なんか, 実はわが家の主, 実はわが身に降りかかる, 実はわけがあっ, 実はわずかに銭, 実はわたくし丸善にちよ, 実はわたくし二三日前からすこし, 実はわたくし何と思っ, 実はわたくし先日お手紙, 実はわたくし昨夜大きな金, 実はわたしこのごろある婦人会, 実はわたし不破君に十八万円, 実はわたし共の頸飾り, 実はわたし貸間をさがし, 実はわりかた単純だ, 実はわれら両名, 実はわれら将軍家に扈従, 実はわれわれ両名にて北国, 実はわれ等は極東, 実は聞きに, 実はのタイラント, 実はアイヌの社会, 実はアイビキの唄, 実はアイビキ旅館ですがね, 実はアイルランド式であって, 実はアクチュアリティーを捉える, 実はアコ長ととど, 実はアハレないこと, 実はアヘンだから, 実はアムステルダムの一医師, 実はアメリカへ渡りました, 実はアメリカ人には通じない, 実はアラビヤ語であって, 実はアリゾナ生れの兇悍冷血, 実はアルプスの山, 実はアレです, 実はアーサア王のラオンド・テーブル, 実はイカサマを発見, 実はイギリス固有の代表的哲学, 実はイギリス風の経験論, 実はイタリア語ので二度, 実はイタリーのピチグリリ, 実はイワノフ博士の変装, 実はインターナショナリズムの否定, 実はインテリ層に非常, 実はインノサントであった, 実はウォーラストンのとは全く, 実はウタヽとイヨヽヽ, 実はウフフこの正, 実はエゴイスティックで下等, 実はエゾミソハギの種子, 実はエムの一件, 実はオカミサンと芳男, 実はオクメナイの略称, 実はオセッカイのよう, 実はオランダイチゴそっくりで, 実はオリヴィエだったこと, 実はオルソドックスだつたので, 実はオール読物という, 実はカナメでも無けれ, 実はカメラを移動, 実はカラダと言う, 実はカリフォルニア州の大, 実はカルカッタにおいてネパール政府, 実はカルチュアーを受ける, 実はカーテンは両方, 実はガッカリして, 実はガヴローシュからきた, 実はキミに頼み, 実はキミ子さんがやって来, 実はキラキラと厚い, 実はキリストの国, 実はキリスト教を典型, 実はキリスト教徒としてそれ, 実はキングス・パイランドの白銀, 実はギリシア以来存在する, 実はクビではなく, 実はクマソと同じ, 実はクラインに対する敬慕親愛, 実はクラクズーだったという, 実はクリストフはそれ, 実はコケットなどうか, 実はコッソリ邸を抜け出し, 実はコトコトとその, 実はコンコン咳を, 実はコンナ処へでも来, 実はコンミュニズムであるよりも, 実はゴッホの絵, 実はゴンクールの自殺, 実はザヴィエルはインド, 実はと称する, 実はシュクでありエタ, 実はジャックちゃんが誘拐, 実はジルコーヴィチさんが痔, 実はジルベールの本名, 実はさくじ, 実はスエズなん, 実はスクナが両面, 実はスコラ哲学なの, 実はスッカリバラバラになっ, 実はストンと下, 実はスパイだったの, 実はスポーツの内, 実はスミの実, 実はズット気にかかっ, 実はセイヌ河のほとり, 実はセエラはフランス語, 実はセキショウの中国名, 実はセライ・アムチーだ, 実はセラダがうらやましく, 実はセントルイスで女, 実はソッとどこ, 実はソノただいまなん, 実はソノ何んでげす, 実はソレホド窮窟な訳, 実はタケノコとはいえ, 実はタネがありまし, 実はダイヤだけでも二十万, 実はチェーホフが自分, 実はチットモ矛盾して, 実はチベット人としての入学試験, 実はチベット婦人の髪の毛, 実はチャメロスの方, 実はチャーミングさんでしかも, 実はチヤブ台の上, 実はチョット書き添えたい事, 実はツォイスが人間, 実はテレーズの人形, 実はトウツバキ系統のもの, 実はトテモ素晴らしい名画, 実はトリックで真犯人, 実はチンと, 実はドイツのワグネル, 実はドイツ人も最初, 実はドイツ民族の国際政治的自由, 実はドクトルからも尋ねられた, 実はドストエフスキーを読みたい, 実はドルガンだったの, 実はドレゴが急, 実はドングリの如く, 実はドーブレクは巴里, 実はナギナタよりもコンパクト, 実はナポレオンの偉大, 実はナポレオン像の一つ, 実はナリユキと読ん, 実はニナール姫の指図, 実はネネムは一向, 実はノルマルというの, 実はハイネの晩年, 実はハッキリしない位, 実はハボから見たら, 実はバイロンとの交遊録, 実はバットがありません, 実はバナナすなわちその, 実はバルザック論のところどころ, 実はパイプがつまった, 実はパドミーニがいない, 実はパパアも文殊, 実はパラジチスムになっ, 実はパリーから受ける, 実はパルボが一台, 実はパーク旅館のその, 実はヒャンチンの転訛, 実はヒョイと抜く, 実はビックリさせられてのう, 実はピカデリー劇場から出, 実はピストルが見つかった, 実はピッコロミリさんのところ, 実はフィルムのはいっ, 実はフィーユ・デュ・カルヴェール街の角, 実はフウイヌムの話, 実はフェロン一行を朝鮮, 実はフランス人の明晰, 実はフランス革命の一分子, 実はフランネルの手首, 実はフリイドリッヒだったという, 実はフレジエと云, 実はフロイトが精神, 実はブラマプトラ川であるが, 実はブルジョアがプロレタリア, 実はブルジョアジーの代表的哲学, 実はブルジョアジー自身の通俗性, 実はブルジョア哲学だが, 実はブルジョア社会の概念, 実はブールボン家から贈った, 実はプロバビリテイを綜括, 実はヘーゲル体系が之, 実はベッドのソファ, 実はベートーヴェンの心理的内容, 実はペンペン草が屋根, 実はホンモノの秋田犬, 実はホームズはそれほど, 実はボェトンの郵便局, 実はボクの方, 実はポオの, 実はポケットにお金, 実はポーニン氏からモロ警部さんあて, 実はマアク・トヱン氏からいた, 実はマクローにだって衣裳, 実はマグネシウム花火などを博士, 実はマダ謎である, 実はマダ還暦で永眠, 実はマトモにすぎた, 実はマリア自身だつた, 実はマリユスはその, 実はマルクス主義思想の代行者, 実はミカリまたはミカワリバアサン, 実はミトメがあり, 実はミヤ子の意志, 実はムダにすぎない, 実はメイコクコクデキコクランコクセイが本当, 実はメチルアルコールを飲み過ぎた, 実はメントール侯は既に, 実はモウ暫くする, 実はモウ四五日もお, 実はモダーニズムという言葉, 実はモニカの千太郎, 実はモモコだ, 実はヤス子さんお願いがある, 実はヤハリ呼高の四分, 実はヤミ屋事務所かも知れず, 実はヤミ市のバラック, 実はユリに本, 実はヨーロッパ諸国民, 実はラサを後, 実はラバウルの司令官今村均大将, 実はラロンはリルケ, 実はリュックサックの上, 実はリヴァープールと南米, 実はリーマンの空間, 実はルナが飛ん, 実はルナ・アミーバーを一匹掴, 実はルーズベルトの特使, 実はレトリックは元来演説, 実はレペルより先, 実はレヴィー・クールはその, 実はレーニンである, 実はロケットだったの, 実はロッセ氏には事前, 実はロッツェ自身の云う, 実はロンバルド派の第, 実はローマ人の英国占領, 実はワグネルが自分, 実はワシがなる, 実はワタクシ石川組を円満退社, 実はワリニヤーニの発案, 実はヴラヂーミル四等賞のこと, 実は一〇八であるから, 実は一そう誰かの宿泊, 実は一たびその語原, 実は一つお願いがある, 実は一つ事の語り分け, 実は一つ厄介な仕事, 実は一つ私から折, 実は一ばん怖ろ, 実は一ヶ月以前から已に, 実は一万両と云いたかった, 実は一乗寺下り松のお, 実は一六九〇年すなわちスウェデンボルク, 実は一刀流の達人, 実は一列に見, 実は一千年の間, 実は一同を集め, 実は一向に解って, 実は一図に最う, 実は一室でよろしく, 実は一家の内, 実は一層に珍, 実は一平さん昨夜十二時ごろから山下, 実は一弗六十五仙の安物, 実は一応もっと漫然とした復古主義, 実は一思案しなければ, 実は一挺の小さな, 実は一文の価値, 実は一方ならず驚愕した, 実は一日前に大きい, 実は一昨夜上様が, 実は一昨夜殺害の行われた, 実は一昨年志村未亡人と御, 実は一昨日伊勢守どのに拝顔, 実は一時でも別れる, 実は一時間半程前, 実は一月許り前, 実は一期分も借り, 実は一歩一歩大地を踏みしめる, 実は一派の遊芸者, 実は一片のパン, 実は一物も持たない, 実は一生懸命になつ, 実は一生懸命これを彫っ, 実は一番あなたのその, 実は一番そこを気, 実は一番人々から粗末, 実は一番始末に悪い, 実は一番肝腎なこと, 実は一秒間に百回, 実は一種卑近な思想警察行為, 実は一策をめぐらし, 実は一粒もとれる, 実は一般庶民の道徳, 実は一般式の感動, 実は一般論的に提出, 実は一色又六, 実は一花ある聚繖花, 実は一言申上げて, 実は一貫した軌道, 実は一身同体と心得, 実は一軒ございますので, 実は一造兄さんが久しく, 実は一週間前に京都, 実は一遍申せば, 実は一部分は都市, 実は一釜かけて, 実は一閑斎の麾下, 実は一間ぐらいなちょろちょろ, 実は一面になだらか, 実は丁度この一週間, 実は七人であると, 実は七八十メートルの切り立った, 実は七年間の自分, 実は七月のわらびみち, 実は七柱の神, 実は七歳である, 実は七色である, 実は七赤儂とは極, 実は止むを, 実は万一のこと, 実は万人に一人, 実は万引の手口, 実は万歳を唱えた, 実は万物の霊たる, 実は万葉人の時代, 実は三か所で撮った, 実は三上宗助の内密, 実は三人分の首, 実は三十です, 実は三十五歳になる, 実は三十年の歳月, 実は三十銭ぐらいで買った, 実は三善清行によって, 実は三四十分もたつ, 実は三尺ばかりの苧殻, 実は三日余り仙境霊地に心身, 実は三日目からもう, 実は三木君と詩, 実は三杯が, 実は三枝子さんは生き, 実は三浦さんがあんなに, 実は三百代言にすぎない, 実は三郎が来た, 実は三郎兵衛自分の出世, 実は上の空であること, 実は上下にも水平, 実は上京以来僕たちは或, 実は上人にお, 実は上代の事実, 実は上出来の方, 実は上大崎所在の空地内, 実は上山の作, 実は上州利根郡沼田下新田という所, 実は上流貴族社会にのみ限られた, 実は上滑りをした, 実は上記の欠陥, 実は上郎清助氏が鋳金家, 実は上野の方, 実は上野原まで一気に, 実は下らないんです, 実は下らぬ事な, 実は下ノ関を知らぬ, 実は下人どもに臆病, 実は下位にある, 実は下僚の卜部, 実は下宿をする, 実は下層の女房達, 実は下枝ね, 実は下男代りのよう, 実は下痢腹で悩ん, 実は下等の売淫女, 実は下野国安蘇郡佐野の浪人尾島忠助, 実は不便だ, 実は不充分である, 実は不具の不具, 実は不利な結果, 実は不可侵透性と空間, 実は不孝ばかり重ね, 実は不完全なもの, 実は不幸な背中, 実は不愉快で堪ま, 実は不意に転じ, 実は不抜な意志, 実は不断のイワン, 実は不明である, 実は不正な書きかた, 実は不破の関守氏, 実は不自由とか束縛, 実は与えられた現実を, 実は与えられる必要が, 実は世に益すること, 実は世にも恐ろしい復讐, 実は世上の兵法, 実は世界各地に亘っ, 実は世界最大の超, 実は世相風の滋味, 実は世良田摩喜太郎が帰朝, 実は世間的に貫禄, 実は丞相のお, 実は丞相董卓を討ち損じ, 実は宮の, 実は両人は博士, 実は両国の女, 実は両親は御, 実は両雄とも多情, 実は並みならぬ修行, 実は並河が後妻, 実はから外, 実は中っていない, 実は中世のなつかしい, 実は中世文学の開始, 実は中世的な又は, 実は中仙道筋の柏原駅外, 実は中味が何, 実は中央政府はこれ, 実は中心であって, 実は中村彝君の絵, 実は中洲月村様のお, 実は中立性ではなく, 実は中野が御, 実は串戯だけれどもね, 実は丸くて赤黒い, 実は丸田も此, 実は丸部さん貴方の心一つ, 実は主上の崩御, 実は主人夫婦のあいだ, 実は主人将監が自身, 実は主人秀吉には北近江, 実は主体性を持った, 実は主体的なもの, 実は主命を帯び, 実は主従の関係, 実は主義という, 実は乃公も最初, 実は久しい以前から, 実は久しく不明であった, 実は久保田万太郎氏は何人, 実は乗りたや, 実は乗鞍の大池, 実はは甲, 実は九分までは察し, 実は九月に熟す, 実は九階に変っ, 実は乞食歌に過ぎない, 実は乱徒のめぼしい, 実は亀吉が仕事, 実は予算に入れてなかった, 実は事がらはいたっ, 実は事ごとに腹の虫, 実は事件は実に, 実は事務引つぎもまだすっかりすんでいませんので, 実は事業の目的, 実は事物そのものの性質, 実は事物それ自身に固有, 実は二カ月前に余, 実は二マルク四十ペンニヒなくては, 実は二ヶ月半ぐらいしか過ぎ去っ, 実は二三年ずつズレ, 実は二三度教えを受け, 実は二三日保養旁修善寺か湯河原, 実は二三日前井上先生の所, 実は二十にもなっ, 実は二十一日断食をしました, 実は二十三日に大阪, 実は二十九年であったこと, 実は二十九日にやるらしい, 実は二十二小花よりも二ツ, 実は二十五か六, 実は二十五銭で買いました, 実は二十六ですの, 実は二十間ばかり離れた, 実は二川が発狂, 実は二度と再びその船, 実は云い方によっては, 実は云い出しかねておられまする, 実はひに, 実は互いに名前も, 実は互に好ましい影響, 実は互に最も近い関係, 実は五六年前前夫通武の病没, 実は五列であったの, 実は五十円ずつとっ, 実は五十銭いただく筈, 実は五大院の安然大和尚, 実は五斗兵衞市の処, 実は五日に一度, 実は五時間でできる, 実は五畳敷の一室, 実は五臓が疲れなく, 実は五郎君の勧, 実は五郎蔵としては片時, 実は井上へ直接, 実は井上先生の事, 実は井上嘉門殿の屋敷, 実は井戸屋にはそんな, 実は亘理郡二万三千八百石を賜わっ, 実はとも分っ, 実は亜米利加の大統領ウッドロオ・ウイルソン, 実は亡くなつた長男の, 実は唯研の, 実は人いちばい強いあの, 実は人事的方面にあった, 実は人工流産だという, 実は人形使いなので, 実は人格が社会, 実は人殺しの天才, 実は人殺し保険だ, 実は人為的のもの, 実は人生そのものの象徴, 実は人聞だか, 実は人間以外の宇宙, 実は人間存在の本来的, 実は人間界でさんざん, 実は人間相互いの附, 実は仄かにお, 実は今おれは人, 実は今こちらに晩, 実は今これなる座敷, 実は今しがた君が失神, 実は今しがた遠方のお客様, 実は今そこでおそろしく, 実は今になつて, 実は今にも壊れ兼ねない荒廃, 実は今や生物学が, 実は今プラットフォームでちら, 実は今一つすぐに, 実は今一つ以前から既に, 実は今一つ私の常に, 実は今七之助がまっ, 実は今中津川から歩い, 実は今二幕ばかり覗い, 実は今何かまったく, 実は今光明寺へ行っ, 実は今夕偶然銀座通にてお, 実は今夜わしは雨月物語, 実は今夜一晩保養の為, 実は今夜城中に奥方, 実は今夜本を見, 実は今夜祝いに来た, 実は今夜私がここ, 実は今夜米屋のぶちこわし, 実は今大至急立退, 実は今宮さんも少し, 実は今宿を出ました, 実は今年はまだなかなか, 実は今度お前に骨, 実は今度倶楽部へ出す, 実は今度東京の慶応義塾, 実は今度江湖雑誌で現代青年, 実は今度自分でこれこれ, 実は今御掲載中の, 実は今戸の方, 実は今日あたり君の所, 実は今日お前を呼んだ, 実は今日ここで汝, 実は今日これへ参った, 実は今日ケルビンに会っ, 実は今日一そう必要なんぢ, 実は今日一日は稼業, 実は今日両国の, 実は今日出発する予定, 実は今日友達と大勢, 実は今日合羽橋通りで但馬, 実は今日土部一門の見物, 実は今日夕方女房が病気, 実は今日大森へ行く, 実は今日夫で御, 実は今日孤児院や養育院, 実は今日富永さんのところ, 実は今日手前共にお祭, 実は今日日本では稔らない, 実は今日瀬田の唐橋, 実は今日焼岳に登らなかったなら, 実は今日珍らしい人, 実は今日自分が偶然, 実は今日花田軍医のところ, 実は今日限りであるといふ, 実は今日鳩ヶ谷の市, 実は今日鴻の巣まで薬, 実は今晩も君, 実は今晩九時の鐘, 実は今晩人目を忍ん, 実は今晩見合いとかなんとか, 実は今晩限りで大川, 実は今更何とも面目次第も, 実は今月末とかに開場, 実は今朝がたまで続い, 実は今朝ここへ又八, 実は今朝パラでカラ, 実は今朝ヨットの中, 実は今朝托鉢に出ます, 実は今朝早朝の銀河, 実は今朝江戸表の桜田門, 実は今朝部下のもの, 実は今村カメ女と云え, 実は今来て待つ, 実は今珍本が一冊紛失, 実は今週の金曜日, 実は今週中休むから, 実は今酒井さんに忠告, 実は今金がまる, 実は仏像を手, 実は仏教を修業, 実は仏教徒である, 実は仏法修行のため, 実は仏蘭西人の悉く, 実は仔細あって, 実は仕舞ったと思った, 実は他国にも方々, 実は付け元気や空威張り, 実は仙波阿古十郎が四五日前, 実は代表的なユーモア, 実は代赭色をし, 実は以上の五つ, 実は以前厄介になった, 実は以前寄宿舎仲間で俳句, 実は以前懐疑の立ち場, 実は以南さんは桂川, 実は仮名文字位は書ける, 実は仮定に過ぎず, 実は仮説であること, 実は仰しゃる通り沈著者で, 実はのよい, 実は仲働きのお, 実は仲間部屋や船番, 実は伊之助が参るべきです, 実は伊之助さんの事, 実は伊兵衛の亡霊, 実は伊留満喜三郎, 実は伊藤公とは生れ, 実は伊賀の若様源三郎, 実は伊達にはあ, 実は伊部恭助である, 実は休憩や安堵, 実は休暇をいただい, 実は会って話, 実は会場の隣り, 実は伝吉の顔, 実は伝統的な生活技術, 実はの心奥, 実は伯母さん今日は熊叔父さん, 実は伯爵家の運転手, 実は伯父ご様, 実はれて, 実は伸子を詰問, 実は伺いたい点が, 実は而非インテリジェンスな, 実は似た心理, 実は低いところへ, 実は住持の妾, 実は住民を萎靡, 実は佐々内蔵助が剃髪, 実は佐助が, 実は佐古が村口多鶴子, 実は佐渡へついで, 実は佐藤の屋敷, 実は体力そのものがもうどうにも, 実は体系を可視的, 実は体躯はそこ, 実は何こっちだって味方, 実は何だか頭が, 実は何と云つても, 実は何もかも打算し, 実は何ものをも見, 実は何んでも, 実は何万円とも知れぬ, 実は何人もいなかった, 実は何処町何丁目何番地何の誰, 実は何千年も前, 実は何日でも月初め, 実は何時の間にやら夜, 実は何時の間にか世の中が, 実は何時頃もいで, 実は何様でもよい, 実は何泉だか, 実は何百人か, 実は何百歳だか, 実は何路頭に立つ, 実は余りよく知りません, 実は余り恐縮をしなく, 実は余り感服いたしませぬ, 実は余り蒐集慾がない, 実は余り頼りにならない, 実は余輩を俟, 実は佛前にか, 実は作品全体がザッハリッヒ, 実は作家の自我, 実は作文の領域, 実は作阿弥というたいへん, 実はし問題, 実は使い走りなん, 実は例外なもの, 実はのもたなかった, 実はの中, 実は価値へ関係, 実は便宜上の名目, 実は便所の窓, 実は俊夫君は栄吉, 実は俊成の歌, 実は俗論派だ, 実は保養には成らん, 実は信じたい意志に, 実は信じるも信じない, 実は信ずる者を, 実は信之は暴風雨, 実は信仰仲間を傷つけたくない, 実は信濃の国, 実は信用して, 実は信盛もその, 実は信輔この吉備彦, 実は信長公は先ごろ厠, 実は信長自身あとではすぐ, 実は修正が加えられ, 実は俳優それ自身の精神, 実は俺それは肚, 実は俺ア嫁に貰いたい, 実は俺達は土人軍, 実は倉庫第九号, 実は倉田公一事件のこと, 実はの論理, 実は個人不安などいう, 実は個人商店みたいなもの, 実は個体発生において繰り返され, 実は個別的因果に対する批難, 実は個性あるもの, 実は個性表現でなく官人, 実は個物の独立性, 実は借り物の他人, 実は倣ってこれ, 実は倣つて之を造りました, 実は倫敦の一マニキュア・ガアル, 実は倫理のお話, 実は倫理学によって終局, 実は倹約のため, 実は停留所に女, 実は健ちゃんにはまことに, 実は健ちゃん御前さんが帰っ, 実は健三自身も心, 実は健全に進行, 実は健吉くんの恋人, 実は偶然穴川と同車, 実は偽物をそのまま, 実はに附い, 実は傍観する外, 実は傍輩が言う, 実はれた文学的才能, 実は催眠薬による自殺, 実は催眠薬中毒の場合, 実はをつけ, 実は傷所も充分癒, 実は働いて居る, 実は働いた事は, 実は僕この間から万一, 実は僕それでいい, 実は僕たち友人数名で未成年者, 実は僕なぞの出る, 実は僕ア道楽てえもの, 実は僕一人来たん, 実は僕今夜は五円札一枚, 実は僕今日はその, 実は僕吉弥のお袋, 実は僕君のこの, 実は僕撞球場へ行った, 実は僕昨夜浅草公園へ行った, 実は僕用件があっ, 実は僕自身運転して, 実は僕近ごろ自分で自分, 実は僕達は, 実は儒教を知らなかった, 実は儒教そのものを歪曲, 実は一つである, 実は元来人間精神の本質, 実は元気では, 実は兄五郎治は此の程, 実は兄哥にすまない, 実は兄夫婦がいつも, 実は兄様済まないが, 実は充全な世界観, 実は兇悪無残な焼, 実は先の日お浦, 実は先刻お話申したふとした, 実は先刻わたしが使, 実は先刻僕の部下, 実は先刻図書室で見た, 実は先刻妻と少し, 実は先刻彼を追っ, 実は先刻方参りましたので, 実は先刻申上げたよう, 実は先刻神意審問会の情景, 実は先刻胎龍の室, 実は先刻貴方をお, 実は先刻部下に命じ, 実は先妻は自然, 実は先年まで観音堂, 実は先年あんたの嫁入, 実は先年講習会へ参りました, 実は先年越中お取合い, 実は先方より私, 実は先日新聞で拝見, 実は先日来大隈未亡人綾子刀自が御, 実は先生これまでだれ, 実は先生ゆうべ一晩でわっ, 実は先生わたしは今日, 実は先生万吉の身, 実は先生人を一人, 実は先生拙者は大, 実は先生旅へ出, 実は先生行きがかり上釣りが上手, 実は先程からこの, 実は先輩の暮田正香, 実は先達お君はん, 実は先達て川上糸子が首飾り, 実は先達質屋から厳重, 実は先頃も甥, 実は先頃剛一君とも一寸, 実は先頃彼から母, 実は先頃明朗冷徹を以て著名, 実は先頃草葉染のため, 実は光る源氏の, 実は光子の連子, 実は光子さんこの私, 実は光川様あなたはすんで, 実は光秀の手もと, 実は光線の幻, 実は克明な一人称, 実は免状もない, 実はの赤め, 実はの神, 実は入学の時, 実は入港すると, 実は入道名さえ持ちません, 実は世界を, 実は全体と部分, 実は全体的傾向の推移, 実は全部当って, 実は全部提出するまで, 実は全面的に肯定, 実は八幡様から盗み出し, 実は八時頃であった, 実は公儀の隠密, 実は公務もそこそこ, 実は公平でもなん, 実は公式を提供, 実は公高の三回忌, 実は六十五歳前後の老人, 実は六年であつ, 実は六年村に住ん, 実は六時以前にすでに, 実は共済農団を共産農団, 実は共産主義ないし, 実は共謀者の早川, 実は共通の現代風俗, 実は兵糧の窮乏, 実は兵馬も思いきっ, 実は其らの処女, 実は其中庵裡無一物米も醤油, 実は其先生お屋敷, 実は其分類に不, 実は其廉潔を信じたる, 実は其後は抛っ, 実は其性質が鬼, 実は其所に松さん, 実は其所用あって, 実は其時甚申し訣, 実は其段心得て, 実は其用で態, 実は其用途に宛てられ, 実は其結果さ, 実は其説ですが, 実は其貴族と結婚生活, 実は其間にかうし, 実は具体的では, 実は典型的代表的な所論, 実は兼子某という人, 実は兼輔に迫られ, 実は内々様子を探っ, 実は内々猿蓑を読んだ, 実は内々逢ひに, 実は内儀さんあの櫓, 実は内内迷惑を, 実は内容一般でありそれ, 実は内心いやで堪らないので, 実は内心てつきり娘と分つた, 実は内心女の顔色, 実は内応ありたるに, 実は内職を本業, 実は内膳司の晩酌, 実は円くて瓔珞, 実は円く重そうで, 実は円錐形の廻転錐, 実は再建論は既に, 実は写しで本物, 実は写実でない事, 実は冷やかし半分の, 実は凡そ定石其ものの, 実は凡そ一万二千両程に及んだだらう, 実は凡て基督自身に与え施し, 実は凡て結局に於, 実は凡庸で鋭さ, 実は処女作と銘, 実は出先にちと, 実は出向いて参りました, 実は出掛けて来た, 実は出来上ったこの作品, 実は出発の場処, 実は出石藩の仙石殿, 実は出立の前, 実は出羽様の天城屋敷, 実はを受取る, 実はの方, 実は分離後の発達, 実は分類そのものにある, 実は切っても切れない, 実は切迫つまった事, 実は刑事や学校教員, 実は刑事連中が邸, 実は列国の三分の一, 実は初対面ではない, 実は判じ物をしてた, 実は判らないことだらけな, 実は判らぬのである, 実は判事さんこの名画, 実は判明しない, 実は別にもっと有効な, 実は別に特に夫が, 実は利己心の実現, 実は利男とこんな, 実は制限選挙論者だという, 実は刻々に殖え, 実は剃らして貰いたい, 実は前々から仕度もと, 実は前もってちょっとお台所口, 実は前妻のその, 実は前後の見境ひも, 実は前日修繕にやっ, 実は前章の末, 実は前身でなく現在, 実は前述ごとく欧米人いずれ, 実は剛毅で後, 実は剣山から逃がしおった, 実は剣舞の後, 実は割合具体的だ, 実は彌, 実は功利の如き, 実は加十と結論, 実は加藤様からお話, 実は加速力を蓄える, 実は助けに来た, 実は動いている, 実は動かぬスクリーンを, 実は動くのである, 実は動員という性質, 実は動物力の異名, 実は動物質のもの, 実は動詞の起り, 実は動顛させられて, 実は勘当された長男加十, 実は勝つことが, 実は勝敗の帰結, 実は勤労大衆の或, 実は勿体ないことである, 実は化かし合ふも, 実は化かし合うものだ, 実は化合作用の間, 実は北村もよく, 実は北条高時の一族, 実は北極探検を準備, 実は北魏美術の一半, 実は医師の言った, 実は医者の事, 実は十一か高, 実は十一両といういたずら, 実は十一月四日の第, 実は十七日の夜私, 実は十九世紀の好一対, 実は十九歳余りマダ丁年にもならぬ, 実は十二の連立方程式, 実は十二人だった所, 実は十二指腸虫を退治, 実は十二月のもの, 実は十五世紀の中葉, 実は十五六分か, 実は十五夜の晩, 実は十五日中に引払, 実は十億二千万円に及ん, 実は十分の暇, 実は十平次乞食が侍, 実は十年後であつ, 実は十河参謀子であったという, 実は十疋居る驢馬, 実は十頭ちかい牛, 実は千代はあまり, 実は千代子の生れた, 実は千余輛の火攻め車, 実は千坂ごえの, 実は千太の使, 実は千年の昔, 実は千恵さんのこと, 実は千生さんと私, 実は千葉のもの, 実は千駄木へはじめて, 実は午過ぎに幸次郎, 実は午飯の時刻, 実は半ばしか解け, 実は半円のこと, 実は半分夢中でしたが, 実は半年ほど前, 実は半歳もてば, 実は半蔵が行き届かない, 実は半額の千五百ルーブル, 実は卑しい身分から, 実は卑怯なる由, 実は卒業した年, 実はであった, 実は南風であったの, 実は福と, 実は単にそのままの事実, 実は単に全く行動主義的な, 実は単行本と非常, 実は印度の国民会議派, 実は危ぶまれたのでした, 実は危ぶんでおった, 実は危険な場所, 実は危険性の更に, 実は却ってそれだけ試験地獄は, 実は却ってより進歩的, 実は却って全く非哲学的, 実は却って単に言論統制の, 実は却って最も密接に, 実は却つてあべこべに尊敬, 実は却つて我々とは親しみ, 実は却つて青年の心, 実は卻つて阿片の吸飲, 実は厄介でしたよ, 実は原則を緩め, 実は原因を見つける, 実は原理的には事物そのもの, 実は原稿用紙数十枚の努力, 実は厨子王に還俗, 実はなん, 実は厳密に見れ, 実は冬後園に, 実は参上して, 実は及ばぬ次第, 実は友だちの私, 実は友様こういうわけ, 実は友江の死体, 実は友田親分の使い, 実は双方とも商売, 実は双方ともに従来, 実は双方共に純粋, 実は技術主義, 実は反感をさ, 実は叔母さまが私, 実は叔父でほん, 実は叔父さんよりも兄さん, 実は叔父さん私の方, 実は取って置きのその, 実は取りたてて云う, 実は取り立てて論じなけれ, 実は取るに足りない, 実は取ろう取ろうと思ってた, 実は取次でもやらし, 実は取組合いたいくらい, 実は受けられた桶の, 実は叙事詩の類型, 実は叙述方法の区別, 実は口唇を噛ん, 実は口実でてい, 実は古きなり, 実は古くして, 実は古ぼけたけばけばしい舞踏服, 実は古今の演劇, 実は古山お酉, 実は古本の新聞紙, 実は古田にドイツ語, 実は古色を帯びた, 実は古豪北条氏の旧, 実は古賀君です, 実は或は単語, 実は一つで, 実は只今ここへ参りました, 実は只今以外なる事態, 実は只今光栄ある召集令, 実は只今申上げました三千円, 実は只今身支度のため楽屋, 実は召仕のお, 実は召使の國, 実は召捕りの駕, 実は可哀想だからね, 実は可能だが, 実は台湾の方, 実は叱るように, 実は史学の研究, 実は史的唯物論に他, 実は右手の小指, 実は右翼に対する弾圧どころ, 実は司法権を行政権, 実は各々方は誰方, 実は合して一つ, 実は合理的なもの, 実は吉野の花見, 実は同一の人物, 実は同国の友人, 実は同感だつた, 実は同時でないよう, 実は同時にかえって大いに用うる, 実は同様距離の測量, 実は同義であること, 実は名ばかりでこれら, 実は名誉ある文学者マアク・トヱン君, 実は向側の隅, 実は君あれは出鱈目, 実は君タイタイ大先生, 実は君拙者はこのごろ, 実は吟味部屋で二人, 実は否定という思惟, 実は含んでおります, 実は吹き寄せなかったものと, 実はれながら, 実は吾が民族の, 実は吾輩獣医の薬局, 実は呉羽之介, 実は告別式のすんだ, 実は周囲の工女, 実は呪言が歌謡化, 実は味わいを計る, 実は味方に秘し, 実は呼びようの, 実は命がけで年, 実は命拾いをした, 実は咄嗟のごまかし, 実は和尚鉄がこれ, 実は和歌文学が, 実は和泉屋の仲ば, 実は哀愁のやむ, 実は品川区に私, 実は品格の上, 実は哈爾賓へ接続, 実は哲学的乃至美学的批評, 実は哲学的範疇と結局, 実は唯一人しか居なかつた, 実は唯一個のデイレツタント, 実は唯今この町内, 実は唯物弁証法という概念, 実は商品概念の分析, 実は商業上手をおやじおやじ, 実は問題提出の形態, 実は啓蒙問題に帰着, 実は啓蒙活動という自覚, 実は善昌のむかし, 実は善福寺さんとの打合せ, 実は喜撰を掠られた, 実は喧嘩をし, 実はべたかった, 実は喰うにも困る, 実は喰方に困っ, 実は嘆息するよう, 実は嘉代も今, 実は嚮停車場で例, 実は四五歳はもっと, 実は四割五分どころでは, 実は四十五ノット出る, 実は四国西国の信者, 実は四年ほど前, 実は四年間良人に別れ居りし, 実は四日ばかり前, 実は四月には断行, 実は四条中納言公任卿中納言を辞そう, 実は四角な部屋, 実は四谷通りの夜店, 実は因果原則乃至因果性, 実は因果律を破棄, 実は因果関係でなくては, 実は因縁がない, 実は因襲の故に, 実は団子坂の空地, 実は団長のバード, 実は困っちゃっている, 実は困りものの, 実は固く辞退した, 実は国もとにおりました, 実は国元へ手紙, 実は国内工業発達と物資開発, 実は国内文化の, 実は国家の本質, 実は国府を去らん, 実は国栖歌の同類, 実は国民精神文化研究所の出店, 実は国民道徳の名, 実は国王も女王, 実は国許へ帰っ, 実は国際現象としてのファシズム哲学, 実は国際間に条約, 実はに頭, 実は土佐に限らぬ, 実は土嚢を翳し, 実は土地の習慣, 実は土岐の血統, 実は土岐さんにとつて, 実は土肥はその後, 実は土蔵である, 実は土門は昨夜写真班, 実は土間で腕, 実は在俗の生活, 実は在留邦人の収入, 実は地上で争う, 実は地元の青年たち, 実は地名の文字, 実は地球の重力, 実は地理教育直接の目的, 実は地蔵岳の方, 実は地表の迅, 実は地震と云, 実は地面にのっかってる, 実は坂本町のお, 実は坂田を伴っ, 実は均衡がとれ, 実は坊主の書き誤, 実は城外玉造町の狩野永徳, 実はの底, 実はを下りよう, 実は堂々たるものの, 実は堂塔には関係, 実は堅く肉づい, 実は堕胎病室でありまた, 実は報知新聞社が熊狩隊, 実は報道それ自身がその, 実は場末のカフェー, 実はなり, 実は塩子の犯人, 実は塵埃が空, 実は境内の土, 実は墓参詣の事, 実は墓地を掘返し, 実は壁一重の事, 実は売場で切符, 実は売買登記をし, 実は壻養子に来た, 実は変った中でも, 実は変人でも愚物, 実は変態の国文, 実は変死したん, 実は変節でも何ん, 実は夕方早く帰っ, 実は外祖父なる信政, 実は外部の若い, 実は夙くより見え, 実は夙に亡くなつて, 実は多少の観察, 実は多数の警察官, 実は多数者の共通, 実は多賀豊後守の狩詞記, 実は多門の落しダネ, 実は多門老人がモヒ中毒, 実は寝ること, 実は夜半過ぎまで常, 実は夜目が利く, 実は夜食をとりはぐっ, 実は大いなる自信が, 実は大きい方の, 実は大井信定の墓, 実は大使館からの知らせ, 実は大分変つた領域のある, 実は大利根博士の変装, 実は大勢の前人, 実は大原さんが昨夜, 実は大商工業夫子自らなの, 実は大変直接な私, 実は大変耳よりな儲けばなし, 実は大奥の方, 実は大学を出, 実は大寺と一年, 実は大岡政談に現われた, 実は大岡越前守を貰, 実は大島先生からの電報, 実は大庭常子は旧友, 実は大弐夫人は九州, 実は大当りで, 実は大望があった, 実は大村昌作はサラリーマン, 実は大根や人参, 実は大河無門, 実は大浦先生のコンタン, 実は大目に見のがした, 実は大矢さん昭和十七年の一月末, 実は大笑いの話, 実は大能掌裡の筋斗翻, 実は大衆作家ではなく, 実は大衆化と呼ばれるべきであった, 実は大衆的な文学, 実は大衆観客のみならず, 実は大連からツイ, 実は大阪人というもの, 実は天保三年刊行の土井利位, 実は天台僧の東軍坊, 実は天地の運行, 実は天子様の御, 実は天明太郎に扮, 実は天気さえよけれ, 実は天狗じゃ, 実は天皇霊で大嘗祭, 実は天道にしたがっ, 実は太いけれど見た, 実は太り過ぎている, 実は太古からあった, 実は太郎を浦島, 実は太陽の光, 実は夫婦だという, 実は失恋の絶頂, 実は失敗ばなしがあります, 実は失礼な提議, 実は失踪された子爵夫人, 実は奈何して, 実は奈良原としてはブチコワシ仕事, 実は奉公人で頼る, 実は奥さまが今日, 実は奥さんウチの社, 実は奥地の西野郷, 実は奥座敷へ稲垣, 実は奥方のお, 実は奥方様あの男, 実はられました, 実は女中の方, 実は女子衆に子供がちょっともなつかしまへんよってと, 実は女房以外の人間, 実は女房歌の模倣, 実は女房達の生活, 実は女物なん, 実は女神だという, 実は女給か何, 実は女郎に売りたく, 実は女院のため, 実は奸謀と威力, 実は好いかげんの, 実は好まないのである, 実は好みの就業, 実は好奇心のゆえ, 実は好都合と云っ, 実は如何に不安定な, 実は如才ない苦労人, 実は妙案などという, 実は妙椿に二人, 実は妙齢の婦人, 実は妥当ならぬ用語, 実は姉さんにおまかせ, 実は姉娘のお, 実は姓名官職はすべてみなこれ, 実は姜維魏延などの一軍, 実はの方, 実は姫様が昔, 実は姫路の展覧会, 実は姿を好く, 実は威力ある肩書, 実は娘さんが居る, 実は娯楽でも厳密, 実は婚礼のあった, 実は婦人の柔和温順, 実は婦人記者が一人, 実は婦女子をだませ, 実は媒介絶対主義で却って, 実は嫁菜二椀代ふ, 実はが言う, 実は嬉しかった, 実は嬉しくてならなかつた, 実は嬢次少年が注意, 実は嬰児のそれ, 実はに相談, 実は子供達のうち, 実は子女が玩ぶ, 実はは宛て, 実は字音というもの, 実は存在そのものになけれ, 実は存外そうでないかも, 実は存外はなはだ希薄な, 実は存続して, 実は孝助殿の男, 実は孝男君と私, 実はの弟, 実は孤児なん, 実は学名ポーフィリジゥム・クルエンツムてふ, 実は学問それ自らが却って, 実は学問的な哲学的, 実は学問自らの手段, 実は学派的セクトに基く, 実は学課をなまけ, 実はの父, 実は宇三郎の家, 実は宇治山田の米友, 実は守り神のデエモン, 実は珍坂よりの, 実は安売りしたの, 実は安彦さんは復員, 実は安物よ, 実は完全破壊はし, 実は宗像君の血, 実は宗助にもこんな, 実は宗教家でも何, 実は宗教対立物だが, 実は宗教改革であ, 実は宗教自身である, 実は宗蔵とあまり, 実は官員にあらず, 実は官有地であって, 実は官禄を懸け, 実は官職を生活問題, 実は官許乃至半, 実は定住人とさしたる, 実は定助イナリ明神と, 実はの笹藪, 実は実は手前御前と, 実は実在そのものとしての世界, 実は実証に対立, 実は実証的な自然科学, 実は実質上から言文一致, 実は実隆の嫡子, 実は客観的な力, 実は宣伝書にも云っ, 実は宣命は古い, 実はに入っ, 実は室内は贅沢, 実は宦人年羹堯の女, 実は宮中に妖怪, 実は宮原さんと誓った, 実は宮様の場合, 実は宮沢が後悔, 実は宰八と云う, 実は害虫駆除に大功, 実は家中がお待ち, 実は家兎を苦しめる, 実は家内中へとへとになった, 実は家出して, 実は家庭における主人, 実は家庭教師をしてる, 実は家康の叔父, 実は家族制度こそ封建制, 実は家臣にたいしてすら細かい, 実は家長らしい調子, 実は家鴨なの, 実は宿っていた, 実は宿屋に着く, 実は宿料食料の外何, 実は寂厳なん, 実は寄進者のこと, 実は密宗の秘密念仏, 実は密貿易に出動, 実は富くじに当たった, 実は寐覚蕎麦より旨い, 実は寒いのに, 実は寒月君の事, 実は寛大至極なん, 実は寝台の下, 実は寝台車に載せ, 実は寝床を離れた, 実は寝言にお, 実は寧ろ実際問題と, 実は寧子どのから, 実はの方, 実は寺田の生家, 実は寿命が尽きかかっ, 実は封建ということば, 実は専門としての科学, 実は専門的な論文, 実は将軍吉宗の意, 実は将軍家から七日, 実は尊い修行であった, 実は尊しとは参り, 実は尊台がここ, 実は尊貴族の信仰, 実は尋常を五年, 実は小さい時おれに, 実は小さく穂に, 実は小さく円い者も, 実は小乗が行われ, 実は小原さまのお, 実は小唄の師匠, 実は小夜子サンがトオサン, 実は小学校の先生, 実は小川博士もお, 実は小形で小, 実は小指の頭, 実は小春と云, 実は小松からここ, 実は小松姫と共に住ん, 実は小林さんから詳しい, 実は小生今回或事業, 実は小石川の古道具屋, 実は小石川台町なる上杉先生, 実は小説その他のいわゆる, 実は小遣いは, 実は小郷事件が遂に, 実は小館にいささか, 実は小高い丘に, 実は小鳥のたべ, 実は少しうんざりして, 実は少なくしかも飛び飛び, 実は少なくとも谷川徹三と, 実は少佐なの, 実は少少たべすぎたかと, 実は少納言様の北の方, 実は尨犬は気, 実は就職運動なんかよりもっと, 実は尻切れトンボ式の大, 実は尻尾である茶色甲冑, 実は尾州の本宮山, 実は尾形家に居ります, 実は局内ではたいへん, 実はたり居る, 実は居士にお, 実は居酒屋の店先, 実は屋根の上, 実は屋根裏に仕掛け, 実は屍体がなく, 実は屡々ほんた, 実は山うどをとっ, 実は山吹先生からききました, 実は山城みな異議なく賛成, 実は山岡屋から殺し, 実は山岳切支丹族の変装, 実は山崎譲先生からお許し, 実は山川牧太郎と云う, 実は山林監視人である, 実は山王台で種々, 実は山田という人物, 実は山県内閣をし, 実は山科のほう, 実は山野勘左衛門の三男, 実は山野氏の隠し子, 実は岐路に彷徨, 実は岐阜城の信長様, 実は岡埜先生にお話, 実は岡田を主人公, 実は岡田さんの葬式, 実はの表面, 実は岩兎を指す, 実は岩形さんの件, 実は岩手の松琴院, 実は岩矢天狗に二十日, 実は島ワサビのほか, 実は島村君には眼, 実は崇高な欺瞞, 実は川上糸子がこの, 実は川島の御, 実は川島家の奥様浪子様, 実は巡査が来たら, 実は巡査さんも来る, 実は工業の農村化, 実は工業資本家乃至産業資本家, 実は工業農村化の問題, 実は工科学生として永い, 実はに非, 実は左岸の破り, 実は左文にとっては虔, 実は左翼文学が批判的階級, 実は左翼文芸機関誌からの解放, 実は左近倉平の二度目, 実は巧みにいい当てられた, 実はきな, 実は巫女の生活, 実は差し迫る死の, 実は己アお内儀さん, 実は己ア医者は出来ねえ, 実は己ア小平という胡摩, 実は巻上げたものであった, 実は巻煙草に毒薬, 実は市ノ瀬さんに先生, 実は市井でハーモニカ, 実は市内の人, 実は市指定になっ, 実は市木さんの足, 実は市長このところ, 実は帆村はまだ, 実は帆村探偵が船長室, 実は希有に怪しく, 実は師走の中頃, 実はを極める, 実はを解い, 実は帰つて来たん, 実は帰りますと即刻, 実は帰り路に四谷, 実は帰ることに, 実は規を, 実は常世神の異教視, 実は常子に知られぬ, 実は常識を陶冶, 実は常識そのものに就い, 実は常識水準そのものが政治的, 実は常識的道徳常識的モラルに過ぎぬで, 実は常軌を逸した, 実はの広い, 実は幅三尺高さ二尺, 実は幡江の錯覚, 実は平さん自身が飛び出さない, 実は平仮名には時時形, 実は平和の始め, 実は平安朝の学者, 実は平安朝時代からの事, 実は平家追討には武勇, 実は平生の通り五杯喰べた, 実は平田とかいう男, 実は平素から心服, 実は平維盛卿になっ, 実は年々その観, 実は年ごとに粒, 実は年上のお前, 実は年中不在であ, 実は年末には是非入用, 実は年賦で買い取る, 実は幸いに助かっ, 実は幸太郎伯父のこと, 実は幼稚な希望, 実は幼馴染なん, 実は幽かに思い当る, 実は幽明を離れ, 実は幽霊塔の底, 実は幾ら与えても, 実は幾分か目, 実は幾回も幾回, 実は幾多の櫓, 実は幾年来の習慣, 実は幾段にも重畳, 実は幾重にも腹が, 実は広かった人, 実は広津自身が到達, 実は広田さんにすすめられ, 実は広田外交にケチ, 実は広義における文士, 実は庄五郎よりも一, 実は庄太と手分け, 実は庄治が金, 実はについ, 実は床板をでも外し, 実は底ぬけの甘, 実は底冷えする車, 実は府中まで急, 実は度々当家からの, 実は度胸をすえ, 実は座席の予約, 実は座標軸を意味, 実は座談会に過ぎない, 実はの先, 実は廊下や階段, 実はを抜け出し, 実は延命地蔵尊の縁日, 実は延長の次元, 実は建築主から受取った, 実は建連った賑, 実は弁天も男子, 実は弁証法的本質であったこと, 実は弔慰をかね, 実は引き受けるには引き受けた, 実は引き合いに出された, 実は弘化三年午年の生まれ, 実は弟子にでもし, 実は弟達に逢う, 実は弥勒菩薩であろうという, 実は弱いものだ, 実は弱ってるんだ, 実は張り抜きだと, 実は張り詰た心, 実は張札の糸, 実は強い主張は, 実は強烈な感情, 実は強硬な態度, 実は強請に異ならず, 実は強迫観念に悩まされ, 実は当てにならない, 実は当なんか全然なかっ, 実は当地においてノブちゃん, 実は当局の手, 実はが小さく, 実は形式内容共に寿詞的, 実は形式的直観でなければ, 実は形式論理学的方法に他, 実は形而上学化された, 実はだけである, 実は役に立たない武士と, 実は彼処にて聞兼, 実は彼女妊娠で八月あたり, 実は彼女等の特殊, 実は彼女自身では誰, 実は彼奴の意見, 実は彼岸が此岸, 実は彼等自身一種の公式, 実は彼自身今まで押入れ, 実は彼自身戦意もない, 実は征服した方, 実は待ち合す人, 実はへる義, 実は後で島村に, 実は後人の名付けた, 実は後列の隅, 実は後宮の美女たち, 実は後期王朝の初め, 実は後藤君は酉年, 実は後鳥羽院の言, 実は後鳥羽院口伝と称する, 実は元直, 実は徐晃という人間, 実は徒歩発足地の水戸, 実は従兄弟である, 実は得意話の最中, 実は御免なん, 実は御子左一家の恣まま, 実は御存じの通り, 実は御歌会と大, 実は御用人様の仰し, 実は御足労でも明日, 実は復員の時, 実は復活の唯一, 実は微かにこわい, 実は徳川のため, 実は徳川どののお, 実は徳川家の知るべ, 実は徳川幕府というた, 実は徳川期に於, 実は徹底的に精神的, 実は心まちに待っ, 実は心中の遺恨, 実は心中無念でたまらない, 実は心付かん位でした, 実は心外ながら信玄公以来, 実は心待ちにし, 実は心得てます, 実は心理現象の内, 実は心理的骨格は我執, 実は心苦しいんです, 実は心許ない感じが, 実は必ず波子の, 実は必ずしも然らず, 実は必要以外にこんな, 実は忌々しい悪党ぢや, 実は忌憚なく云, 実は志す家は, 実は志保の連子, 実は志津子夫人の我儘, 実は志賀文学の思想性, 実は志賀津のをとめ, 実は忘れて後, 実は忘れられない可懐しい, 実は忠作にはよく, 実は忠実な悴, 実は忠通にもかね, 実はが来年大学, 実は念仏聖の懸けた, 実は怒りとそれから, 実は思いすごしかも知れない, 実は思いの外幸福な瞬間, 実は思い余ることが, 実は思い出せなかったのだ, 実は思うと云う, 実は思つてたの, 実は思ひの外, 実は思ふところあつ, 実は思わず国の, 実は思惟そのものが何, 実は思想そのものの独自, 実は思想上の危険, 実は思想傾向のこと, 実は思想問題なの, 実は思案に余っ, 実は怠惰を悪徳, 実は性分です, 実は性格とか主体的条件, 実はを語れ, 実は怪しいのが, 実は怪塔王からいわれ, 実は怪文書なるもの, 実は患い組, 実は恋愛して, 実は恋歌と同様, 実は恐かった殺されるだろうと, 実は恐らくその反対, 実は恐るべきある種の, 実は恐れ入っている, 実は恥しい想いを, 実は恥じたのである, 実は息子に嫁, 実は恵まれない不幸の, 実は恵瓊どののよう, 実は悄気た, 実は悟空の師, 実は悠々と酒食, 実は悠然たるものが, 実は悠長にこうして, 実は患者の患眼, 実は悦ばしく過して, 実は悦んで安心, 実は悲しくなつて, 実は悲劇の一要素, 実は悲哀の心, 実は悲壮でもなん, 実は悲惨にも服装, 実は悲惨事ではない, 実は情緒的な場面, 実は惚れている, 実は惚れてるな, 実は惜しいのだ, 実は想像以上なもの, 実は愁訴の結果, 実は意気婀娜など形容詞, 実は意義をなさぬ, 実は意識そのものの問題, 実は意識的にか無意識的, 実は意馬心猿なりと雖, 実は愚僧はそこ, 実は愛してはいず, 実は愛してるのか, 実は愛児の病, 実は感じだけの問題, 実は感傷といふ人間独得, 実は感受性の鈍, 実は感心して, 実は感性理論に帰, 実は感極まり一勢に, 実は感覚乃至知覚, 実は感覚的なもの, 実は感覚的表徴のそれ, 実は慚愧にたえない, 実は慥かに懐, 実は慷慨家かも知れない, 実は憂鬱だつたん, 実は憎んではいなかった, 実は憐れむべき船酔い患者の, 実は懐しい楽しい思ひ出, 実は懐疑論に数えるべきで, 実は成形した思想, 実は成滝近江だ, 実は成熟につれて同じ, 実は成績の悪い, 実は我々文明の民, 実は我々自身なの, 実は我が身の衰, 実は我と物を, 実は我ら千代田城へ火, 実は我一途なる心, 実は我我文明の民, 実は我等多年思い立ち候事, 実は我等懐中甚だ欠乏, 実は我輩も其一人, 実は我邦神代からのもの, 実は戦争中からずつと東京, 実は截然とこう, 実は戯曲にとつ, 実は戸村なにがしというお, 実は戸田家の指南役, 実は戸籍にのっ, 実は変えを, 実は所内には東京, 実は所得税を多く, 実は所謂ま, 実は所謂ジャーナリストとしての文明批評家, 実は所謂形容詞語根につく, 実は所謂機械論の誇張, 実は所謂特殊部落以外にも少く, 実は所謂生気論の思い過ごし, 実は所謂風刺文学というもの, 実はを挙げる, 実は扇屋でいま, 実は手元の苦しい, 実は手具脛を引い, 実は手前ら殿下の御, 実は手前御前と同じ, 実は手前方こうして大きく, 実は手前遠国へ参っ, 実は手勢の兵, 実は手品または詐欺, 実は手品使いの服, 実は手帖を忘れ, 実は手応へがない, 実は手枕舎里好でせいぜい, 実は手短かなそして, 実は手軽く水に, 実は手近な所, 実は手遅れになった, 実は才智の衆, 実は才能の所産, 実は打ち明けて御, 実は打ち明け過ぎるのです, 実は打ち消そうとし, 実は払わねばならぬ, 実は批判主義はこの, 実は批評であるという, 実は批評者の個人的差異, 実は承知するも, 実は技巧の範囲, 実は技術のこの, 実は技術的だと, 実は折衷というもの, 実は折衷主義の切札, 実は折返して今一度, 実は択ぶ処が, 実は抵当に入れる, 実はへ難い, 実は押売り講演, 実は拍子木を紙, 実は薩羅国の, 実は招かれていない, 実は招びにやろうかと思って, 実は拝みに行った, 実はなく火, 実はふべきもの, 実は拾ったので何, 実は持ち合せが, 実は持ち帰る目的で, 実は持つてゐる, 実は持てあましてゐた, 実は指先でちょい, 実はへ, 実は捕えたがな捕え, 実はったこと, 実は排支運動をし, 実は掛からないように, 実は探している, 実は控訴するの, 実は控除しなければ, 実は推していた, 実は推古天皇朝の庚午, 実は揃いも揃った, 実は換算出来ぬの, 実は損得を計算, 実は損得ぬきで溺れこんだ, 実は搭載し常に, 実は摸写図と写真, 実は播磨の人, 実は操り人形の惨めさ, 実は操觚者の道楽, 実は支倉君この葬龕, 実は支那小説の翻案, 実は支配人も驚いた, 実は支配権や指導権, 実は改版したいの, 実は放哉北朗のこと, 実は放蕩に溺れられた, 実は放逐の恥辱, 実は政党上の対立, 実は政党内閣に反対, 実は政党政治其他の必要, 実は政党自身の即ち, 実は政府においてもその, 実は政権の争奪, 実は政治学の本質, 実は政治家の罪, 実は政治的常軌とそんなに, 実は故郷の名産, 実はが大変, 実ははれなかつた, 実は救われなかったのです, 実は救済人であった, 実はうるが, 実は教育という, 実は教育改革案とすり換えられ, 実は教養と云え, 実はへ切れない, 実は数個の一室果実, 実は数回に亘り, 実は数学の問題, 実は数日前にこの, 実は数日前彼自身その墓穴, 実は数日来極度の多忙, 実は敵持なの, 実は敵持ちの身, 実は敵機に対し何, 実は敵討で出た, 実は之丞, 実は文久二年であるそう, 実は文化上の自由主義, 実は文化主義的な自由, 実は文化的自由主義という言葉, 実は文化自身の水準, 実は文学作品の中, 実は文学士の肩書, 実は文学者としての私, 実は文明ということ, 実は文武官輩やその, 実は文殊でございます, 実は文治二年から建久七年, 実は文献を尊重, 実は文界の魔障, 実は文章詩賦が流行つた, 実は文芸的対立の積極的構成, 実は斎藤にも聞い, 実は斎藤さんの死骸, 実は斎部の官人, 実は斜面だという, 実は斬合いという声, 実は断然やめたほう, 実は新しくもなん, 実は新国劇のため, 実は新太郎少将光政公の御, 実は新月ではない, 実は新潟で生徒たち, 実は新聞社で写した, 実は新聞紙の社会的機能, 実は新聞記者の表玄関, 実は新聞通信関係者二十数名のリーダー, 実は方向のきまっ, 実は方福山から委託, 実は旅行鞄の中, 実は旅館の程度, 実は旋風のごとく, 実は旗印など仰々しく, 実は旗太郎さん僕は旧派, 実は既成の教養, 実は日ごろ親しく交われる, 実は日に日に肉づい, 実は日吉祭のわずか, 実は日外私が数寄屋河岸, 実は日常か, 実は日当三四十銭の苦力, 実は日数の少ない, 実は日本一円の古い, 実は日本人漁夫の三浦須美吉, 実は日本侵略が目的, 実は日本化であるかも, 実は日本国中で公判開始以来, 実は日本国家の発展, 実は日本左衛門がこいつ, 実は日本帝国主義侵略に対して奮起, 実は日本民衆的なもの, 実は日本的なもの, 実は日本菓子には調和, 実は日興コンツェルンの一味, 実は旦那お願いが有ります, 実は旦那人殺しこそし, 実は旦那去年には限りません, 実は旦那様と私, 実は旦那様万吉が今日, 実は旧き概念の, 実は旧冬から九州, 実は旧冬二十五日の晩, 実は旧臘以来安物ばかり買, 実は旧道であるの, 実は四五日の, 実は早いところ空気中に, 実は早くから演劇, 実は早合点をし, 実は早慶二大学リーグ戦だという, 実は早晩こんな事, 実は早速一月寺の, 実は昂じて来た, 実は昂然たる様子, 実は昇汞といふいちばん, 実は昌作はその, 実はかに示され, 実は明るけど簑笠, 実は明大選手達などはなぜ, 実は明日唱歌の時間, 実は明日大内家より迎い, 実は明日子のこと, 実は明日帰京する様, 実は明日私達は帰る, 実は明治二十年代からチャン, 実は明治十四年の盆踊り, 実は明治時代までも内密, 実は明神山でかむろ, 実は昔風のなんとか, 実は星尾を押え, 実は星氏を敵, 実は星田の指紋, 実は星田さんの指紋, 実は映画の機能, 実はの末, 実は春子を相続人, 実は春曙抄本に基づいた, 実は春木場で一杯, 実は春琴の発意, 実は日用が, 実は昨今だから, 実は昨夕飯場へ着い, 実は昨夜われわれの車, 実は昨夜伏皇后と共に長安, 実は昨夜先輩の, 実は昨夜八時ごろ政商加納五兵衛が仮装舞踏会, 実は昨夜十番館でお, 実は昨夜夜半に眼, 実は昨夜妙な事件, 実は昨夜妻と掴み合い, 実は昨夜平田君が脚気衝心, 実は昨夜東京で万年筆, 実は昨夜泰親の使い, 実は昨夜老父がみまかり, 実は昨夜電報が来, 実は昨年札幌鉄道局に凍上防止, 実は昨年県会議員選挙に立候補, 実は昨日お母さんがあやまり, 実は昨日ここへやつ, 実は昨日そやつを断頭台, 実は昨日もちよつと, 実は昨日フランスの記事, 実は昨日偶然来て, 実は昨日君のところ, 実は昨日委員会が終った, 実は昨日嫂さんから電話, 実は昨日小夜子さんと一緒, 実は昨日川上さんから絵ハガキ, 実は昨日朝飯の時, 実は昨日朝香宮殿下のお伴, 実は昨日林田を訪問, 実は昨日柿沼に逢いました, 実は昨日正宗白鳥さんに久しぶり, 実は昨日正式にその, 実は昨日百五十枚ばかりの短篇, 実は昨日私たちの帰り, 実は昨日船を立つ, 実は昨日蕗子からそつくり君, 実は昨日襄陽の会, 実は昨晩嘉村さんの自宅, 実は昨晩弁護士に調べさせ, 実は昨晩松本君が来, 実は昨晩高田の四家町, 実は是非共閣下の御, 実は是非其方に逢わね, 実は昼過ぎ日本橋を出, 実は時事解説の価値, 実は時折手の甲のこと, 実は時計は故障, 実は時間を潰す, 実は時頼の落胤, 実は晝間これこれだったと, 実はに皆, 実は普請の出来上つて, 実は普賢でございます, 実は智識をうまく, 実は暁湖の季弟, 実は暁葉子が昨日社, 実は暗に階級的真理が, 実は暫らく前から私, 実は曖昧なもの, 実は曲者なの, 実は書き出す時は, 実は書けもしない, 実は書庫のボロ, 実は書斎とか居間, 実は曾根先生が配属将校, 実は最もそうでないという, 実は最もよく故人の, 実は最上先生今日はお, 実は最大限のレベル, 実は最近二三の方面, 実は最近豹一もかり出され, 実は最高のモラリスト, 実はが地球, 実は月光院の犠牲, 実は月番老中大久保加賀守忠真と三奉行, 実は月経になっ, 実は機体という, 実は有り難いのである, 実は有力な機械, 実は有用な風車, 実は有限であり得る, 実は朋友を救う, 実は朔郎に不在証明, 実は朗読法であり物語りの, 実は望むべからざることであります, 実は望洋の歎, 実は朝倉家に居る, 実は朝猟も夕猟, 実は朝貌もあまり, 実は朝起きぬけにソーセージ, 実は朝飯にもまだ, 実は朝鮮人だとも, 実は朝鮮民衆の愛国思想, 実はの桟, 実は木曾の故郷, 実は木村も前, 実は木村さんに朝日会館, 実は木村清君という豪, 実は木村継次という, 実は未だに口も, 実は未だ一向に注意を, 実は未亡人の方, 実は未練窓の戸, 実は末法以前の像法, 実は本丸のお, 実は本家の板倉式部, 実は本年は不思議, 実は本当はたましいには, 実は本心からその, 実は本意でないお前, 実は本日参ったの, 実は本書を編纂, 実は本末顛倒で鼠, 実は本来の文学者, 実は本来敵として対立, 実は本職の役者, 実は本質自身の現象形態, 実は本道が怖い, 実は本邦の神林神池, 実は本部の山岡先生, 実は本領がない, 実は朱実は恐かっ, 実は机上の論, 実は杉山さんのこと, 実は村内にそうよけい, 実は村尾であること, 実は村尾さんの勤め, 実はを奪おう, 実は学年の, 実は来年の四月博覧会, 実は来春にも成つたら, 実は来月二十四日にアルバート, 実は来月十月の一日, 実はでなく正しく, 実は東京時代にあぶない, 実は東京楼の普請, 実は東京都小岩である, 実は東南の方向, 実は東国の方, 実は東方こそ征服, 実は東日が鈴木茂三郎氏, 実は東洋人にとっては混乱, 実は東西と南北, 実は東遊記の二三, 実は松テキの野郎, 実は松井田四郎太じゃ, 実は松木と五代, 実は松木亮二郎です, 実は松本伊豆守殿が今日, 実は松村の挙動, 実は松江が遠山, 実は松陰を中心, 実は果中の尤品, 実は枯野のただ中, 実は柏原からわざわざ, 実は柏手を打っ, 実は柏木の狭山, 実はなりと, 実は某今ではま, 実は柵下の水流相往来, 実は柿沼のもの, 実は栖子との同棲, 実は校長さんやいいなさいます, 実はのある, 実はも葉, 実は根ッから洒脱, 実は根元一つと見える, 実は根拠のない, 実は根本思想はそこ, 実は根津宮永町の棟梁, 実は格ガラスに現われる, 実は桂さんと武市さん, 実は桂子自身の異常, 実はよりも小さく, 実はや箱, 実は案内者が一人, 実は案外そうでは, 実は桐生へ往きまし, 実は桐花カスミの, 実は桑山竹夫が今日仙台, 実は桔梗どのにはおれ, 実は梅水という牛屋, 実は梅田停車場の裏, 実はから落ちた, 実は梢さんのこと, 実は梨枝子だけを呼びたかつた, 実は梯子を下りかけた, 実は梶鶴雄のこと, 実は棄てんのじ, 実は森おじさんの戸棚, 実は森田源一郎というレッキ, 実は植木の置場, 実はの樹, 実は椎の木にできた, 実は検温器がない, 実は検閲を本当に, 実は椰子の聳え, 実は楠公製作の件, 実は業病になり, 実は極めてどうでもよく, 実は極秘裡に至急, 実はみの, 実は楽壇人自らであるの, 実は榊君も私, 実は構成性ではなくし, 実は様々な無理, 実は様子を聞く, 実は標山の信仰, 実は模写の実際, 実は模様だったり, 実は模範的のなまけ, 実は権力の移転, 実は権威ある新聞各社, 実は坐標, 実は横合いから手, 実は横川の関所, 実は横断汽船のため, 実は横町のお, 実は横須賀のさる, 実はの根, 実は樹明兄に昼食, 実は橋本さんのお, 実ははクネンボ, 実は機会が来たら, 実は機敏なる所, 実は機械で組立てた, 実は機械人間だという, 実は機械論的な因果, 実は機械論的唯物論を奉じ, 実は檀渓を跳ん, 実は次に述べる角柱状, 実は次元数においてもまた, 実は次男なの, 実は次郎本人が知ったら, 実は欲しかったの, 実は欲望にすぎない, 実はて人, 実は欺いて貴兄, 実はも諺, 実は止むを得ぬ, 実は止めちやつたんだよ, 実は正保二年に作った, 実は正宗菊松の本当, 実は正直にいっ, 実は正美の弟道順, 実は此の先へ往, 実は此の間僕の妹, 実は此の間同僚と一しょ, 実は此上もなく, 実は此側から彼, 実は此先一町行け然, 実は此写真は紫外光線, 実は此夏少し勉強, 実は此奴を君, 実は此娘が嫁入, 実は此延言には間違, 実は此村の櫟林, 実は此歌よりも優れた, 実は此海から来る, 実は此生御霊と同様, 実は此神の為, 実は此等技術家の生活, 実は此頃広田の店, 実は武士の面目, 実は武士道精神だったの, 実は武田の重, 実は武田さんの真似, 実は武蔵野劇団と云, 実は歩くのが, 実は歪められた発願で, 実は歴史上未だ嘗て無かっ, 実は歴史哲学の一つ, 実は歴史形而上学に運用, 実は歴史的原理の積極的, 実は歴史的存在であり大, 実は歴史的所産だという, 実は歴史的精神の反対物, 実は歴史社会を哲学的, 実はの一歩手前, 実は死なずにいた, 実は死ねないのです, 実は死のうとした, 実は死んでいる, 実は死人喰いの, 実は死刑執行やその他, 実は死味に近づき, 実は死因を確め, 実は殆ど全快したよう, 実は殊更に, 実は段々変化し, 実は段梯子の恐怖, 実は殺された春江の, 実は殺されるのが, 実は殺人でなく偶然, 実は殿さまがかよう, 実は母さんがそんな, 実は母者人に生きうつし, 実は母自身の若い, 実は毎夜の夢見, 実は毎年の寒, 実は毎年きょうの四月十一日, 実は毎日毎日毎日毎日クリスマスを祝っ, 実は毎日沢山の鼠, 実は毎晩お兄様, 実は毎晩木戸を閉める, 実は毎月余らないん, 実は毒もみは私, 実は比較的よく理解し, 実はの少いまるっこい, 実は毫も異なること, 実は民主主義をも天皇, 実は民党を制圧, 実は気付いていた, 実は気分の上, 実は気味わるがってるの, 実は気晴らしに遊ん, 実は気狂いではない, 実は水島の事, 実は水戸の人, 実は水谷さんの手紙, 実は水谷丹下高射の子, 実は水野弁護士なんてこの世, 実は水鳥を狩る, 実は氷冠がもっ, 実は万二年に, 実は永久に日本国民, 実は永峯の行方, 実は永遠に無自覚, 実はの本能, 実は江州の浪人, 実は江戸ッ子の生れ損, 実は池上へ参詣, 実は池田筑前守政重の弟, 実は池田輝政の子, 実は池袋の女, 実は池部と飲んだ, 実は決して単に時事解説の, 実は決して然らず, 実は汽車が大阪, 実は沈没船ではなく, 実は没収されて, 実は沢子こそ最も, 実は沢庵を食べ, 実は河瀬の音, 実は治郎吉にとっては後, 実は沼沢林藪の間, 実は泊りがけで学校, 実は法典編纂が治外法権撤去, 実は法則に帰, 実は法医学上の無, 実は法師そのものが賤, 実は法律上有効の証書, 実は法政には過ぎ, 実は法斎念仏という踊り, 実は法水さんの御, 実は法螺吹きなん, 実は波野と二人, 実は泣きたいような, 実はのこと, 実は泥臭いという, 実は泳がせている, 実は洋服持の煙草入, 実は洋琴の方, 実は洗礼をしてやった, 実は洲股へ貴公, 実は浄善尼を扼殺, 実は浅い根に, 実は浅草へ参る, 実は浜中屋のお, 実は浜口君丈けに相談, 実は浜地の話, 実は浩造さまの土地, 実は浮世の生活, 実は浮世知らずであつ, 実は海外の某, 実は海岸も大分片, 実は海抜二千メートル以上の高地, 実は海水のこと, 実は海浜ホテルにある, 実は海蔵寺三郎には人, 実は海蔵寺三郎一生を賭け, 実は海蛇だ, 実は海部代官所で所, 実は海野甚三郎の生死, 実は身薬の, 実は消えうせたので, 実は消えたので, 実は消極的な退軍, 実は涼しいのこちら, 実はの仕舞船, 実は淀君ただ今妊娠中, 実は淡泊にし, 実は酷な, 実は深川の八幡前, 実は深甚の意義, 実は深見新五郎が来たら, 実は深雪さんに逢っ, 実は添えている, 実はの紀, 実は清内路より馬籠, 実は清浄の点, 実は清浦曾禰両氏の忠僕, 実は清盛嫌いで反, 実は清輔を認め, 実は渋川の達磨茶屋, 実は渡り者の下職人, 実は渡場に行く, 実は渡辺さんのお嬢さん, 実はに代作, 実は温泉の倍, 実は湯場の賄い女, 実は洲で, 実は源作の種, 実は源氏の間, 実は溺死で衣川, 実は滑稽至極で誰, 実は滝村が手落, 実は漂流して, 実は演説をやる, 実はとして掴まえ, 実は漠然として定形, 実は漠然としすぎて, 実はの呉王, 実は漢字渡来前の語彙, 実は漢学を主として, 実は漢籍などには欲しい, 実は漬けとかないと腐っちまう, 実は漱石が学究, 実は漸くある親友, 実は潜上の沙汰, 実は菊が, 実はぶみに, 実は瀬木さん藤田さんは自殺, 実はを放ける, 実は火吹竹などは無く, 実は火星人などに機械, 実は火葬にしなかった, 実は火車であらう, 実は灰汁が強く, 実は灰皿の中, 実はのつぼも知らない, 実は炉辺のつれづれ, 実はうこと, 実は烏帽子を被らず, 実は烏滸がましゅうございますが, 実は烏賊や航魚, 実は烏金丸と称する, 実は無き筈ならず, 実は無上の珍物, 実は無人の邸宅, 実は無宿浮浪の徒, 実は無尽を思い立ちまし, 実は無意味である, 実は無意識の大, 実は無条件に迎合的, 実は無知な余, 実は無能な人, 実は無視出来ない要素, 実は無辜の小児, 実は無遠慮な我利我利, 実は無邪気である, 実は無関係では, 実は無類の多神教, 実は無駄がある, 実は焼かずに元, 実はがヅツコー, 実は煙管の形, 実は煙草を飲ん, 実は照之助の家, 実は照代って女, 実は煮え湯だった舌, 実は熊仲のユウ, 実は熊掌料理であるまいかと, 実は熊谷の世話, 実はすると, 実は熟して百合, 実は熟しきつて地に, 実は熟れてこぼれぬ, 実は熟睡を戒, 実は爰処で陶器, 実は父さんの人形娘, 実は父安房守のいい, 実は父自身のため, 実は父親も最早, 実は爺石と二つ, 実はの意, 実は片腕もがれた様, 実はが太く, 実は牛肉の試食, 実は牛込神楽坂署の署長, 実はの中, 実は物忌みの間, 実は物理的空間のそれ, 実は物自体はそれ, 実は物語中の人物, 実は物質万能智識万能を教える, 実は物質的及び精神的危機, 実は特に人間の, 実は特定の限定, 実は特権階級の特権, 実は犬山から帰る, 実は犬山城の奥, 実は犬山成瀬の家老八木雕, 実は犬神の家, 実は犯罪ぐらいじゃ, 実は犯罪者という老練冷静, 実は狂人ぢやなく, 実は狂奔観念や安直, 実はの袖無, 実は狡猾な醜悪, 実は独りになっ, 実は独断家ではない, 実は独立した成立, 実は独身であるが, 実は独逸やデンマーク, 実は狭量だという, 実は狭長でその, 実はであったり, 実はだ決定, 実は玄以がお告げ, 実は玄徳を酔わせ, 実は玄関に妙, 実は率直らしくなの, 実はし綴れ, 実は玉石混淆の状態, 実はの鼻, 実は王仁も珠緒さん, 実は王子にも自分, 実は王忠と出会った, 実は王羲之といっ, 実は珍料理を差上げたい, 実は界の, 実は現世祈祷のみ盛ん, 実は現代日本の畸形化, 実は現代短歌の動向, 実は現在私は根本的, 実は現実内容の内容性, 実は現金を受授, 実は球状で柔刺, 実は理念が無, 実は理智的理論的な追求, 実は理知以上に知的, 実は理窟の上, 実は理論上の無, 実は琉球屋敷の手すき, 実は瑞仙の東洞院, 実は瓢箪にお, 実は甘えている, 実は甘えたつもりかも, 実は甘酸っぱい味が, 実は甚だしく切迫し, 実は甚だはっきりしない相互作用, 実は生々しい生命や, 実は生きたままで, 実は生きることその, 実は生まれてはじめて, 実は生まれ所のよかりし, 実は生みの親だン, 実は生れてから死ぬ, 実は生れた家で, 実は生れるといふ義, 実は生前に申し残したる, 実は生命保険の勧誘員, 実は生命科学や精神科学, 実は生島屋のおお, 実は生徒たちにまだ, 実は生徒監が来た, 実は生活の一段階, 実は生活それ自身の特色, 実は生活疲労と心臓故障, 実は生産技術の発達, 実は生贄ではなかつた, 実は生面にひとしい, 実は産地の旱魃, 実は用事といっ, 実は用達に出, 実はの精霊, 実は田中君にも私, 実は田丸主水正, 実は田安家に秘蔵, 実は田村へ行った, 実は田辺博士こそ最も, 実は田辺博士自身の性格的個性, 実は田郷さん僕にはこの, 実は田鶴子と同じ, 実は由也がわざと, 実は由藏も藥位買つて, 実は甲州にもある, 実は甲州無宿でござんして, 実は甲谷は一人, 実は甲野の親父, 実は上げるに, 実は申されたわけで, 実は申し上げにくいが, 実は申し上げたかった事を, 実は申し上げ兼ねるのでござる, 実は申上げようはございません, 実は申儀も申, 実は申訳のないいたし, 実は男たちには不向き, 実は画舫よりも和舟, 実はの中, 実は畜身なり, 実は番頭さんを去年, 実は異本にある, 実はに油, 実は畸形的に膨らんだ, 実は疎開のこと, 実は疑問だろう, 実は疲れきつてしまつてゐ, 実は疲れることなく, 実は疲労の極声, 実は病気予防のため, 実は病気見舞かたがたといっ, 実は病症なり, 実は病痾を背景, 実は病的な神経, 実は病苦に悩ん, 実は痛し痒しの態, 実は痛みたるにあらず, 実は痛切に感じ, 実は痣蟹の手懸り, 実は痴情の故, 実はでたまらなかっ, 実は発明奨励のこと, 実は発明者の田方堂十郎氏, 実は発行所に起臥, 実は登城に及び申さぬ, 実はいきれを, 実は白い眼の, 実は白熱した石, 実は白痴やなまけ者以上, 実は白軍のスパイ, 実は白髪ですぜ, 実は白鳥のお, 実は百二十文しかない, 実は百姓です, 実は百年ばかり前, 実は百年前に死んだ, 実は百日に満たなかった, 実は百段余りしかない, 実は百花の魁, 実は百鬼昼行の時代, 実はを射, 実は皆さまのお, 実は皆そうなの, 実は皆んな血の色, 実は皆唱門師の住みついた, 実は皆従来はその, 実は皆曲舞の分派, 実は皆私が遣る, 実は皇叔の夫人, 実は皇后が急, 実は皇室における大覚寺, 実は皇居御造営, 実はも骨, 実は皮相にのみ止まり, 実はの踊り, 実は盆踊りの夜, 実は益々文芸復興なる, 実は益満さんに飛ん, 実は盗っとに誘われまし, 実は盗人の寝泊り, 実は盗賊のたぐい, 実はに議論, 実はに打っ, 実は盧植将軍は自分, 実は目きき違いだったとでも, 実は目下せがまれてな, 実は目先の現実, 実は目前の欲, 実は目前切迫のもの, 実は目釘をしめし, 実は盲目なの, 実は直ぐにも野西, 実は直ちに論理学上の, 実は直接の動機, 実は相乗して, 実は相剋の止揚, 実は相対的の言葉, 実は相州荒井の城主三浦道寸, 実は相当顔にも出, 実は相良さんが昨日, 実は省さんを置きたかった, 実はほど目, 実は眉唾ものなの, 実は県庁をやめた, 実は県当局のご, 実は真剣に伝蔵, 実は真実の汗, 実は真心の問題, 実は真珠塔の隠され, 実は真理であったり, 実は真紅な環, 実は眠りを装う, 実は眠白様のお, 実はに障える, 実は眼星をつけ, 実は眼目でもある, 実は着衣の外, 実は睡っていなかった, 実はを据え, 実は瞹昧なこと, 実は矢張すさまじい力, 実は矢張金融問題に過ぎない, 実はつて, 実は知らすべき親戚や, 実は知らぬ間に, 実は知りすぎてい, 実は知的けちんぼの, 実は石口十兵衛といわれる, 実は石子君に早く, 実は石巻の日和山, 実は石投魚である, 実は砂金の鉱区, 実は研究全体についてもいえる, 実は研究様式ではなく, 実は研究題目の一つ, 実はに食事, 実は確実に歴史, 実は磯野小左衛門でお節, 実は礼子がくる, 実は社会哲学が科学的, 実は社会改革そのものの目標, 実は社会的量に就い, 実は社会科学の又, 実は祇園の芸妓, 実は祈祷の部屋, 実は祖先来自分が思い込ん, 実は祖父と仲, 実は神官になんとか, 実は神戸の辺, 実は神楽師なん, 実は神泉氏がさ, 実は神界から雨, 実は神社においてあんなに, 実は神秘的な宗教的, 実は神経が鈍く, 実は神道にとつ, 実は祭りの時, 実は祭神の子孫, 実は禊ぎであつて平安朝の初期, 実は福井の堺町, 実は福慈岳へも寄っ, 実は福間警部がたずね, 実は秀吉は事態, 実は秀吉様より御朱印, 実は私こちらへうかがいませ, 実は私こないだのあの, 実は私たち毎日の生活そのもの, 実は私たち沼津の者, 実は私ども母子はよんどころない, 実は私アレキサンドライトを付けました, 実は私サガレンのチウメン, 実は私一つ大変な秘密, 実は私一身のふり方, 実は私不思議なもの, 実は私事事情ござって, 実は私五日も前, 実は私先生にお願い, 実は私卒業後祖母が病気, 実は私大変な心配事, 実は私岩本さんが好き, 実は私春雄君の通っ, 実は私特定の霊, 実は私狂言方だ, 実は私相談に来た, 実は私立探偵なの, 実は私蝋燭の芯, 実は秋子であること, 実は科学小説三篇を書き下ろし, 実は科学的或いは自然科学的, 実は科学的方法は客観的世界, 実は科学的方法そのものの名, 実は科学階級性の第, 実はがあんまり, 実は移気な水臭い, 実は税務署長は決して, 実は種ヶ島を忍ばせ, 実は種痘よりもすこし, 実は稲垣の方, 実は稲葉山城の搦手, 実は稻垣さまの処, 実は稽古して, 実は積み稲の, 実は穴馬谷へ落ち込ん, 実は空しい標題である, 実は空っぽだが, 実は空家と存じまし, 実は空想的にぼんやり, 実は空疎にし, 実は空間そのものではなくし, 実は空間概念でなければ, 実は空間表象は夫, 実は突き止める為めに, 実は突進も乱入, 実は窃かに宝蔵, 実は立聞きだの隠し物, 実は竜ノ口で斬ろう, 実は章三という男, 実は競争的に手, 実は競馬であります, 実は竹内氏もあなた, 実は竹山のこと, 実は竹矢来の外, 実は竹籠であつ, 実はひながら, 実は笑いながら点頭いた, 実は笑いごとではなく, 実は笑うべきもので, 実は笑ひごとではありませんでした, 実は笹子峠のこちら, 実は筆耕だからな, 実はでなくし, 実は筒井どのとは父, 実は答えられないことが, 実はなので, 実は箇々の心, 実はえて, 実は算哲の屍骸, 実は算哲様の日課書, 実は箱根口の有料道路, 実は築地小劇場で, 実は篠原浜子の財産, 実は篠田は同盟罷工, 実は米刃堂より依頼, 実は粂太郎の白痴, 実はの分量, 実は粒々辛苦の結果, 実は粟田青蓮院, 実は粟飯一炊の間, 実はなと, 実は精神と性格, 実は精神的に結びつい, 実は精練された常識語, 実は精緻な直感, 実は精製されて, 実は糸公を御, 実は糸子にシゲキ, 実は糸瓜の皮, 実は系図ものなの, 実は紀念にあげたい, 実は約束して, 実はにこれ, 実は紅千点ともいう, 実は紅葉のため, 実は紐育ウオール街の金権者団体, 実はを六百連買, 実は級友の, 実は素朴な謙譲さ, 実は素直に話したい, 実は細かい用意が, 実は細川家の家中, 実は細田と恋仲, 実は終に建仁二年, 実は終局に於, 実は終曲近くで二つ, 実は組合の内幕, 実は組合員肖像画として注文, 実はばかりで, 実は経世の大用, 実は経済上の状態, 実は経済的に追いつめられ, 実は経済的法則であるよりも, 実は経験的な社会関係, 実は経験的事実なり実践的, 実は結ばないと言われ, 実は結び赤つめ草の, 実は結び付き得る可能性を, 実は結んでもそいつ, 実は結婚後ますます親しく, 実は結局或る, 実は結構そんなこと, 実は統制以外又は統制以上, 実は絶えず飾磨屋の, 実は絶好な足場, 実は絶対運動と之, 実はを張る, 実はのこと, 実は綾子さん昨日偶然に電車, 実は綾子様には決して, 実は緋奈子が羨し, 実は緋縅錣の方, 実は総裁も今夜, 実は線光色ニュアンスそのすべて, 実はにも横, 実は繰返し言った, 実はの意識, 実は罪人の名前, 実は罪悪ばかりの素材, 実は羅馬の鍛冶, 実はの皮, 実は美しくもおいしくも, 実は美化でも何, 実は美妙からも出, 実は美学の法則, 実は美的理想以外にもいろいろ, 実は美緒の事ホン, 実は美談の主, 実は羨ましいのかも, 実は義仲もうろたえ, 実は義絶したの, 実は義賊弁天お蝶, 実は義龍は道三, 実は羽柴筑前というつまらぬ, 実は羽越線の吹浦, 実はのもどき役, 実は翁さんや姨さん, 実はる晩, 実は翌年の秋, 実は翻弄ではない, 実は翻訳の問題, 実は翻訳術語だが, 実は老いていよいよ, 実は老人レッドから盛ん, 実は考えくたびれたのだ, 実は考えごとに耽っ, 実は考へて見れ, 実は考へた名義で, 実は考へるので, 実は考察の未だ, 実は耐えておりました, 実は耒陽県の知事, 実は耕平もこの, 実は耳木兎を唆, 実は聖上御覧の間, 実は聖書もきき, 実はあきたり, 実は聞えて来る, 実は聞かされている, 実は聞き耳を立てる, 実は聞くまでもない, 実は職工的の方, 実は職業というもの, 実はも野菜, 実は肉親なの, 実はをあわせ, 実は肚ン中で嗤, 実は肝心の本人, 実は背中に負っ, 実は背中合わせにくっつい, 実は背後に, 実は背景になっ, 実は胡桃に似, 実は胡粉だそう, 実は能率には二種, 実は能登守の一行, 実は脅かしてるそれら乞食坊主や, 実は脆い土偶みたいな, 実は脆弱なる安全, 実は脇方で始めた, 実は脇本氏にも鑑, 実は脈絡をもつ, 実は脚気の持病, 実は脱出ぶりの迅, 実は脳病が気の毒, 実はがぬけた, 実は腰元どもの首, 実は腹痛でね, 実は腹立紛れに敲きつける, 実は膿汁といたした, 実はする自分, 実は臆病で何一つ, 実は臣国法を破り, 実は臣従を誓, 実は臥竜梅のうつろ, 実は源流の, 実は自らを嘆き, 実は自分たち夫婦の生した, 実は自分のだと, 実は自分らが食べ, 実は自分自らに対する批判, 実は自分達はその, 実は自国情調とでもいった, 実は自宅玄関へ出た, 実は自己の真価, 実は自慢でね, 実は自明では, 実は自然そのものをマスター, 実は自然科学的科学と歴史科学的科学, 実は自然穀またはジネゴ, 実は自由主義が良い, 実は自由党が到底, 実は自虐の意地悪さ, 実は自首だという, 実は臭い物身知らずで, 実はの又右衛門, 実は興国塾の塾長先生, 実は舍人等の合唱, 実は舗石で築かれ, 実は舞台の前方, 実は舞台経験にもよりけり, 実は舞踏室でそれ, 実はの持主, 実はを作る, 実は船長かもしれない, 実は艇内に一個所, 実は良く知らないの, 実は良人に対する復讐, 実は良家の躾, 実は良雄の悪疾, 実はを売っ, 実は色恋ばかりで, 実は色沢を生かせ, 実は色的で, 実は色艶がいい, 実は芝一四〇二号なり, 実は芝辻子の訛り, 実ははまだ, 実は花托と果実, 実は花活もついで, 実は芳太郎宇津谷峠の雨, 実は芸術でもなん, 実は芸術くらゐ論理的, 実は芸術的価値の問題, 実は芸術論を今更, 実は芸道を口, 実はが次第に, 実は苞形の外殻, 実は若し紙巻を, 実は若旦那の三之丞, 実は若旦那小三郎さまのお, 実は若旦那様私は昨夜, 実は苦しい身代でございます, 実は苦しくつて堪らなかつたです, 実は苦しみでもあります, 実は苦しみ抜いている, 実は苦笑して, 実は英国人でなかなか, 実は茂之助殿, 実は茂太郎と二人, 実はの変じた, 実は茨海狐小学校をその, 実は茶人達が支那, 実は草野の女王, 実は荒廃見るに, 実は荒物屋の店, 実は荘太玄を学んだ, 実はのうち, 実は莫大な遺産, 実はを買う, 実は菊田一夫が書いた, 実は菩薩は大抵, 実は菫菜なるその, 実は華北大衆の安寧秩序そのもの, 実は菱谷氏沢である, 実は落ちましたが此, 実は落っこちなかったのだ, 実は落第して, 実は葉子さん貴女が稲村さん, 実は葉書でも上げよう, 実は葉間に隠見, 実は著者が他, 実は葛の葉が義太夫, 実は蒼蠅いほどある, 実はかずら, 実はが見える, 実は蕃国使に宣せられる, 実は蕎麦はもう, 実は明りの, 実は薄井を本来, 実は薄情極まるもの, 実は薄情者の癖, 実はにしたい, 実はの分量, 実はばかりを積ん, 実はという字, 実は藝州藩主浅野茂長の弟, 実は藤右衛門尉重経, 実は藤吉郎の強引, 実は藤吉郎自身が胆, 実は藤堂和泉守さまの御, 実は藤崎さんの方, 実は藤枝に対する好意, 実は藤次郎の声色, 実は藤田一人の作, 実は藩庁の推薦, 実は藩閥を利用, 実は虚しいものに, 実は虚偽意識に対比, 実は虚実をさぐる, 実は虚栄心にもとづく, 実は虚空間と実, 実は虫歯が痛い, 実はが一匹, 実はの皮, 実は蜜柑の皮, 実は蜜蝋ではない, 実は蜥蜴が退化, 実は蝋山教授を煩わし, 実は蝶子さんのこと, 実は螺旋的にな, 実はの身体, 実は蟹江にもかつて, 実は蠅男をとり逃がし, 実はを啜る, 実は血型なんてハイカラ, 実は血書を書いた, 実は血紅色の鳥冠, 実は衆目の集る, 実は行かうと思つて, 実は行きたかつたのだ, 実は行きつ戻りつしている, 実は行き倒れの処置, 実は行くべきところ歩むべき, 実は行って貰いたい, 実は行つてなかつたの, 実は行われていない, 実は行動の一つ, 実は行徳の俎, 実は衒気五分市気三分の覇気満々たる男, 実はへまわっ, 実は表向きで彼, 実は表面化した一部, 実は表題の, 実は衰えて見えなかった, 実は袁紹の帷幕, 実は裏口からちょっと, 実は裏書きして, 実は出せる種子, 実は製作の興奮, 実は褌一本買う銭, 実は褒美は幕, 実は襟飾といつてはこれ一つ, 実は襲衣に, 実は西君が来る, 実は西大陸にあった, 実は西山教頭とお, 実はをとら, 実は要らねえだつて, 実はている, 実は見すぼらしい小屋同様であった, 実は見せかけであらためて, 実は見たくなき気持致候, 実は見た目には美しく, 実は見ようとも思わなかった, 実は見切りをつけまし, 実は見失いそうな, 実は見掛けよりも遙, 実は見知らぬ女から, 実は見逃してはならない, 実はであらう, 実は覚束ないの, 実は親分あっしは小梅, 実は親分さんのお, 実は親友ラム氏に心から, 実は親御さん達はとっくに, 実は親戚どもの手前, 実は親政ではなかっ, 実は親方のいい, 実は親父の私, 実は親父自身が腹, 実は観たことが, 実は観世音からその, 実は観世音菩薩の御, 実は観察に最も, 実は観察力が強かっ, 実は観念から独立, 実は観念そのものの本性上, 実は観念的思弁の空回り, 実は解らなかったが一, 実は解剖が済みます, 実は解褐の東徙, 実は触感も同時に, 実は言い交したのが, 実は言い消されるような, 実は言ってもらいたい, 実は言ってることが, 実は言つたと子, 実は言葉や文章そのもの, 実は言語学が横合い, 実は言論の圧迫, 実は計画になっ, 実は計算の誤り, 実は計量の帰結, 実は討つものと, 実は記さざるを得ず, 実は記すべき事が, 実は訣らぬ話, 実は訪ねて来た, 実は許されない筈である, 実はあって, 実は証人として呼びつけられた, 実は証拠がある, 実は試験がすん, 実は試験中なんで, 実はを用いました, 実は詩人だからこそ, 実は話さうと思つたの, 実は認識そのものの一つ, 実は語原は如何, 実は語自身既に擬古的, 実は誣妄である, 実は誤りで物事, 実は説経節の影響, 実は読む人の, 実は読書という問題, 実は読者自身が日常, 実は調子に乗っ, 実は請取書がなく, 実は論文的のあ, 実は論理そのものにある, 実は諸井琴路看護婦の白状, 実は諸侯が天下, 実は諸国に多く, 実は諸所からも家がら, 実は諸氏が立ち直る, 実は謀らんでる, 実は謀主の謀主, 実は謙譲であった, 実は講主が人, 実は講演者たる余, 実はも習はず, 実は警固であること, 実は譬えようもなく, 実は議会腐敗の反, 実は議論上の枝葉, 実は美して, 実はをなす事, 実は谷中村までちょっと, 実は谷村さんに本当, 実は谷風なく終に, 実はと同じ, 実は豆腐なん, 実は豊かな肉, 実は豊島ガ岡までまいりたい, 実は豚羊に異ならず, 実は貝柱の内職, 実は貞之助はそんな, 実は負けたのだ, 実は財政の方, 実は財政計画を根本, 実は貢五郎が早く, 実は貧弱なもの, 実は貧民窟の棟割長屋, 実は貰子を実子, 実は貴女さまにこんな, 実は貴女以上にわし自身, 実は貴子は丙午, 実は貴方がたのする, 実は貴方さまにこんな, 実は貴方さんも御存じ, 実は買ったものである, 実は貸本の, 実は賀来子さんあんたに正直, 実は資本制下に於ける, 実は賍品買と判りました, 実は賠償金踏み倒し, 実は質的関係の量的, 実は賭試合がいたしたい, 実はの他人, 実は赤井と野崎, 実は赤木先生も一年, 実は赤痢だったの, 実は赤黒くて形, 実は長靴を, 実は越前大野郡の住人, 実は趣味も理屈, 実は足かけ四年前のこと, 実は跣足で降り, 実は跫音と人間, 実は路傍に棄てたる, 実は踊ったのも, 実は踊りの稽古, 実はで甚だ, 実は身のほども弁えず, 実は身代わりの口実, 実は車内のごたごた, 実は軍備ばかりし, 実は軍兵衛殿もそれ, 実は軍艦風に建てられた, 実は軍部としてはこれ以上重大, 実は軍隊というもの, 実は軟泥が噴きあげられた, 実は親語, 実は軽い思ひつき, 実は軽薄である, 実は軽部君からお金, 実は輜重輸卒と云, 実は輪廻思想を追い廻し, 実は輪状であるが, 実は輿論をつかう, 実はすぎるほど, 実は辛くてならぬ, 実は辰公をおだて, 実は辰吉を好い, 実は農村の貧農大衆, 実は農村貧乏問題の筈, 実は濶にも, 実は迂遠な学科, 実は近々に東京中, 実は近ごろになっ, 実は近代の初め, 実は近代戯曲に含まれる, 実は近代的感受性と一種, 実は近代社会の辿り着いた, 実は近寄つて見る, 実は近年になっ, 実は近年完成したばかりの, 実は近視眼的観察者であった, 実は近頃全く禁酒を, 実は返辞にも気, 実はも助からぬ, 実は迷い出した五人の, 実は迷っている, 実は迷信と神話, 実は迷惑千万であるが, 実は追っかけて来た, 実は退引ならぬ, 実は退屈して, 実はつて出た, 実は逃げる意志を, 実は逃構も少々, 実は逆上である, 実は途上でもあちこち, 実は通り過ぎてから気がついた, 実は通読すること, 実は造園の方, 実は逢った事は, 実は連判状の用紙, 実は連続して, 実は週期性即ち結合, 実は進退きわまって, 実は逸作にはまだ, 実は遊びの中, 実は遊び半分に, 実は遊戯でやっ, 実は運動ということ, 実は過去のドラマツルギイ, 実は過失死事件であつ, 実は過日お留守, 実は過日家を出, 実は過日村と州庁, 実は過日来往返の毎, 実はに迷いまし, 実は道士に帰依, 実は道徳的実践である, 実は道徳的常識そのものではなく, 実は道楽であったの, 実は道草を食いまし, 実は違っていた, 実は遠くルネサンス, 実は遠ざかるのである, 実は適切では, 実は遺憾乍らそれはみな実験, 実は遺産目当てのたかり連中, 実は邦人自身ではなく, 実は邪魔ッ気だつた, 実は部屋を片付け, 実は郵便局長一人きりであった, 実は郷土という, 実は郷愁のすみか, 実は都会の人, 実は都合あって, 実は酉年で不動さま, 実は酔いつぶれながらいい, 実は酔っていた, 実は酔わん酔えなかったんだ, 実は重三郎の親, 実は重大人物が行方不明, 実は重明は朝子, 実は野々宮某という女友達, 実は野尻の博労相手, 実は野崎は殆, 実は野心がありました, 実は野犬はなるべく沢山, 実は野郎が嫁, 実は金さん聞いて, 実は金さんお前の彫, 実は金五郎の胸, 実は金剛石の鼻柱, 実は金助もこの, 実は金博士が右脚, 実は金吾があすこ, 実は金座の中, 実は金庫が開かない, 実は金星大当りだ, 実は金無垢を持っ, 実は金目の掛つた物, 実は金蔵のあり, 実は金貨ばっかりだ, 実は金銭などは従, 実は金鍔次兵衛に非, 実はの数, 実はの尖, 実は釣人に喜ん, 実は鈞州白沙里の人, 実はの赤玉, 実は鈴木安芸守をたずねた, 実はの過, 実は鉄作が殺した, 実は鉄斎の腹の中, 実は鉄漿なの, 実は鉱山の出張所, 実は銀色にむらさき色, 実は銑吉はこれ, 実は錯乱またはヒステリイ, 実は錯覚らしいの, 実は鎌倉時代になっ, 実は鎌倉殿へ御, 実は鎌倉行きは単純, 実は沙の, 実は長久保家と当家, 実は長享二年宗祇の北国行, 実は長安寺の住職平田諦善師, 実は長崎奉行の眼, 実は長沢松平家にとっては甚だ, 実は長浜の母, 実は長火鉢の側, 実は長虫が附け狙っ, 実は長谷部にとっては母親, 実はではなかっ, 実は門人建部賢弘から始まったらしい, 実は門田樸斎の第, 実は門番の役目, 実は開いて美しい, 実は開化の定義, 実は閑静な寂れた屋敷町, 実はちが, 実は間もなく実現される, 実は間島君からの手紙, 実は間違ひかも, 実は間違ったものも, 実は間違つて居た, 実は関明神の下, 実は関東においてエタ頭, 実は関白家の嫡, 実は関白殿の御, 実は関索王平魏延などの幾隊, 実は関船の便乗, 実は関西流のすき焼, 実は閣下其れも, 実は闇商売のお手伝い, 実は闇太郎わしも役儀, 実は闇川吉人が自ら二役的存在, 実は附けたりのお飾り, 実は人の, 実は限られた人だけ, 実は陣屋であろう, 実は陥ちないものである, 実は陰鬱な場所, 実は陳家からも数万, 実はを参ろう, 実は隆ちゃんはお父さん, 実は隆吉の学課, 実は隆夫のたま, 実は隆起した地点, 実はない理会, 実は階級の闘争, 実は階級的問題形態の一変容, 実は階級的文化闘争の一形態, 実は隠された稚気を, 実は隠そうとしても隠しきれない, 実は隠れたメスを, 実は隠れたる由来の, 実は隠居から斯, 実は隣りのお, 実は隣人としてなんびと, 実はの一族, 実は雄材大略なり, 実は雌花中の雌蕊, 実は雑木の小さな, 実は雑草の根, 実は雑誌社にはいった, 実は雑誌記者が夕方私, 実は難波桜川ではじめて, 実はでも降る, 実は雪江さんに惚れ, 実は雲さんを無断, 実は雲霧の立ち, 実はと化し, 実は電報を打っ, 実は電車の札, 実はの降る, 実は霞亭は初め単身入府, 実はでも口いっぱい, 実は霧粒の凍りついた, 実は露国の奇貨, 実は青い蛇であった, 実は青くなって, 実は青年の時代, 実は青春の跫音, 実は青木がこれ, 実は青葉の懐, 実は歴史的, 実は非合法の隠れ食い, 実は非合理的なもの, 実は非難されると, 実は喰ったまま貴方, 実は面目次第もござりませぬが, 実はを出す, 実は音信不通の約束, 実は音単位としてはまだ, 実は音楽どころじゃない, 実は音節につい, 実はに行く, 実は須永さんの創作, 実は頭痛がし, 実は頻りと考え込ん, 実は頻りに歎い, 実は合せて, 実は頼みがある, 実は頼朝に日頃, 実は題して放心教授列伝, 実は顔刻が御者台, 実は顔色をうかがい, 実は願事があっ, 実は風俗こそ社会, 実は風呂の感じ, 実は風流でも感傷, 実は風間が奏楽所, 実は飛脚を頼む, 実は飛行島の秘密, 実は飛鳥山の大きい, 実は食うことが, 実は食ってしまおう, 実は食ったことが, 実は食はんと欲する, 実は食べつくし猶漁っ, 実は食べられないと捨て, 実は食国政を行, 実は食慾よりも愛慾, 実は食物を食う, 実は食用になる, 実は飢饉がまだ, 実は飲みたいんだ, 実は飲むのは, 実は飲料水タンクである石油缶, 実は飾りなの, 実はははじめ, 実は養女であって, 実は養母に当る, 実は養母殺しの罪, 実はをつつむ, 実は馬場にいらっしゃる, 実は馬春堂の家, 実は馬琴はゆうべ, 実は馬鹿げたことで, 実は馬鹿馬鹿しい事であった, 実は駄目だったん, 実は落者だろう, 実は駒込の家, 実は騒動が起こり, 実は驚くべき華奢贅沢を, 実はの知れた, 実は高々一個の, 実は高かった, 実は高圧電気による感電死, 実は高天原以来の聖職, 実は高尾の幽霊, 実は高山のお, 実は高御座の詔旨唱誦, 実は高柳君も彼様, 実は高橋哲学ではあり得ない, 実は高田馬場の近所, 実は髪の毛だ夫, 実はを剃っ, 実は鬱勃たる雄心, 実は鬼王とある, 実は鬼自身が守り, 実はがいない, 実は魚雷を大きく, 実は魯粛が先生, 実は鯉汁大歓迎, 実はと云, 実はの声, 実は鳥渡変な話しを, 実は鳥目を一銭, 実は鳥越の屋敷, 実は鳴かない虫の, 実は鳴子屋の久太郎さん, 実は鳴海という固有名詞, 実は鳴物は甚だ, 実は鳶色に近かっ, 実は鴎外一人であって, 実は鶏肋である, 実はに似た, 実は鶴子はわれわれ, 実は鶴屋の看板, 実は鶴見自身なの, 実は麦畑の中, 実は麹町小学校という学校, 実は麻布の, 実は麻痺して, 実はに松, 実は黄白消長の関鍵, 実は黄色の幽霊, 実は黄蕋さがりて, 実はから聞いた, 実は黒沼の小父さん, 実は鼈四郎の語気, 実は鼠小僧でも何でも, 実は齢詞である, 実はである, 実はM子さん