青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「大事~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~大きい 大きい~ ~大きく 大きく~ 大きな~ 大した~ 大して~ ~大丈夫 大丈夫~ ~大事
大事~
~大人 大人~ 大佐~ 大体~ ~大分 大分~ ~大切 大切~ ~大勢 大勢~

「大事~」 8109, 80ppm, 1388位

▼ 大事~ (2779, 34.3%)

99 ことは 85 のは 61 ことを 56 ことだ, ものを 37 大事な 33 ことが 32 ものは 31 んだ 24 ものが 20 ことです, ことな, 点は 18 物を 17 ものだ 15 こと, ことで, もので, 事を 14 のだ 13 のである, 品を 12 ところだ 11 時だ, 話が 10 んです 9 ことに, のです, 仕事が 8 人だ, 仕事を, 問題だ, 時間を 7 お体, ことである, ものである, ものに, 娘を, 時に 6 ところで, ところを, ので, 事だ, 場合に, 娘だ, 用が, 自分の

5 [12件] ところに, ところは, ものか, ものです, 人を, 仕事だ, 品が, 役目を, 時を, 瀬戸際に, 点だ, 部分が

4 [19件] ことには, もの, ものと, ものな, タダシは, 人の, 場合だ, 娘の, 役を, 息子の, 捕物を, 時な, 時には, 物は, 秘密の, 荷物を, 話の, 話を, 金を

3 [47件] お妻太夫さん, お得意, お話が, ことだった, ことと, ことの, ご用を, ときだ, ときに, ところが, ところな, ものじゃ, ものなら, ものばかり, ものまで, ものも, んじゃ, 事が, 事で, 事です, 事は, 仕事の, 品物を, 問題は, 場合は, 女を, 御亭主, 御用が, 忘れものを, 手紙を, 日に, 条件として, 条件な, 機会を, 瀬戸際だ, 点である, 物が, 理由が, 用事を, 相談が, 私の, 秘密が, 秘密を, 笛を, 身体だ, 返事を, 鍵を

2 [146件] おもてなしだ, お主, お仕事, お使い, お兄様, お友達, お守りな, お客な, お客様だ, お客様です, お客様に, お花客, お顧客様, からだだ, からだです, ことであります, ことでした, ことでも, そしてこの, たった一つ, たった一人, ときじゃ, ところあせらぬ, ところじゃ, ところである, ところと, ところへ, ところよ, の, のが, のさ, のであっ, ので同じ, のよ, ものだけは, ものであった, ものとは, ものには, ものの, ものよ, んや, 一つの, 一粒だ, 主人の, 事だった, 事と, 事な, 事の, 二本の, 交際が, 人が, 人じゃ, 人です, 人間の, 他人に, 仮面を, 任務を, 体だ, 兵を, 剣を, 医療訪問を, 去年頃の, 友達だ, 品でございます, 品です, 品人間の, 問に, 問ひ, 問題が, 問題と, 国家の, 基本的人権です, 場合と, 女だ, 女房だ, 姉を, 娘が, 子供を, 宝を, 宝石を, 家を, 密命を, 岐れ, 弟子を, 役割を, 御主人, 心棒が, 心棒を, 時で, 時期だ, 書き物が, 書面を, 書類が, 本が, 朱盆, 根本的な, 條件として, 権利です, 機を, 機会が, 機構の, 殿御を, 点が, 物で, 物です, 物と, 物の, 物らしい, 猫を, 獲物を, 玉を, 現実の, 用を, 目的の, 眼を, 秘帖が, 第一, 紙入を, 紙鳶を, 要件に, 見積り書を, 言葉を, 証拠を, 話, 話だ, 話という, 話な, 誕生日を, 證據だ, 證據の, 貝殻だ, 貞操を, 賓客の, 質問まで, 身体, 身体である, 遺言状の, 部分を, 金だ, 鍵が, 青年の, 音でない, 頭陀袋を, 鴨で, 點は, 鼻

1 [1308件 抜粋] あなた, あなたの, ある気分, いのちを, いろんな, おかた, おじょうさんを, おはなし, おまえを, お人, お兄さま, お嬢様じっとこう, お子様を, お客さまだ, お客で, お客様か, お年頃, お打明けなさる, お方な, お月さま, お母さんは, お玉さんが, お社, お祭を, お能, お荷物, お調べ, お身体, お靜さん, からだに, ことあ, ことだつた, ことであった, こととは, ことについて, ことゆえ, こと忘れ, この珠玉, これ人間が, ごはんを, ご書面, ご用の, さかずきだ, せがれが, その信, だけだ, だまし相手で, という話, ときにこそ, ときを, とこです, ところ, ところだろう, ところでも, と思う, のだろう, のでいった, のでその, ので僕等, ので戦時中, のに, のまで, のよあげられやしない, はたらきを, ひとかも, ふきの, ものいの, ものから, ものだけが, ものつまり, ものであります, ものでしょう, ものどもは, ものをと, やつな, やり方で, わが飛行島, んぢや, アントアネットの, オリヴィエが, カンドコロ理づめの, サミセンガイを, シヤツポや, ステツキは, チャンスだ, ドタン場に, バイオリンを, パーウェル・イワーノヴィッチを, ピストルを, フカフカ手袋すぐ, ホルン, マーガレット, レコードは, 一つである, 一人きりの, 一人息子だ, 一城である, 一戦に, 一方法, 一日一日修業の, 一歩を, 一点に, 一生を, 一瞬であった, 一致は, 一輪挿を, 一銭銅貨を, 下着類は, 丘を, 主人です, 事か, 事だつた, 事に, 事よりも, 事柄が, 事項を, 二人心中仕損ね, 五フランを, 亭主の, 人こう, 人でありました, 人と, 人は, 人形さんだ, 人形です, 人物の, 人間である, 今朝の, 仕事でした, 仕事には, 代物です, 仮定が, 任務であろう, 体と, 何を, 使いに, 使の, 使命も, 使者に, 俘虜杉田二等水兵や, 修業の, 修行を, 倉庫方, 儀式の, 兄様を, 入口で, 公式を, 六月中旬の, 兵糧を, 内職人な, 冒険には, 処に, 処倒れる, 出来事が, 剃刀で, 剣は, 勇将を, 動物の, 勝負には, 区別は, 占有物を, 原稿を, 友達な, 友達の, 叔父さんである, 口説きは, 可愛いい娘, 合戦と, 味方に, 命も, 品々を, 品だ, 品であろう, 品でも, 品は, 品物とも, 唯一根本の, 商売道具が, 問題, 問題です, 問題につき, 囚人を, 土地が, 坊ちゃんの, 坊やに, 基本的人権として, 場合だった, 場合で, 場合でも, 場合として, 場所である, 場所を, 増産の, 変遷が, 夢を, 大将だ, 太夫な, 奉公を, 奥さまを, 奥様一緒に, 奴だった, 妹を, 姉さんを, 娘さんです, 娘なら, 婿君として, 孃や, 子で, 子どもたちに, 子供が, 子供の, 季節を, 学者を, 宗さんを, 定子からも, 宝です, 宝物だって, 宝物として, 実相を, 客だ, 客と, 客は, 客人は, 家嫡の, 家来を, 寶物を, 対局に, 尊族の, 小さいお, 山何かと, 島田を, 差別が, 師匠で, 帽子が, 帽子を, 年齢だ, 店の, 座席を, 弟だ, 弟子で, 弟子に, 役な, 役目が, 役目であっ, 役目は, 彼女の, 御先祖さま, 御子息, 御用です, 御用らしい, 御相談, 心の, 心底に, 心眼を, 忠兵衛さんその, 忰には, 思い出を, 急所を, 怪塔を, 恋人を, 恩人でございます, 息子さん達を, 息子は, 情夫であった, 意味を, 愛情の, 懐中鏡を, 戦ぞ, 戦機とて, 所です, 所を, 手がかりだった, 手である, 手元の, 手紙が, 手紙です, 手金を, 批評の, 持物が, 指を, 指導者だつた, 指輪です, 掛替えの, 操と, 擒人かならず, 文を, 文句を, 料理である, 方, 旅先と, 日だ, 日です, 日の, 日中を, 旦那の, 時お前は, 時こういう, 時でございます, 時や, 時代であります, 時計を, 時間は, 晩だ, 智恵を, 曲尺を, 書付まで, 書物や, 書面で, 書類を, 月と, 朝に, 木の, 未来を, 本文を, 本舞台, 材料だって, 条件であったでありましょう, 条件の, 枝を, 根拠地です, 根本義を, 植木です, 極悪人を, 標本は, 権利で, 権利を, 機会の, 機密文書を, 機械でありました, 櫛笄も, 武器に, 殿御御用の, 母さまです, 氏子が, 水や, 水をば, 河渡しに, 洋杖だ, 活證人が, 演説ゆえ頭を, 潮時だ, 瀬戸ぎわ汚, 瀬戸際な, 火高, 点です, 点な, 点を, 父の, 片目を, 物だ, 物だつた, 物でしょう, 物には, 物まで, 物入れとして, 特長です, 犧牲の, 猫だ, 玉だ, 玉の, 珠玉, 現金を, 理由の, 生命とも, 生命を, 生活感情の, 生涯身を, 用さ, 用事に, 用向きが, 用向などには, 男という, 男に, 発展的な, 盃です, 目的が, 眼どす, 眼鏡は, 着物を, 瞬間に, 石ぬかり, 研究と, 研究時間を, 社長の, 神品を, 祭を, 秋である, 科学的な, 秘密と, 秘帖とともに, 秘訣は, 空き腹に, 竹之助様の, 第一問, 筈です, 箇所です, 節操を, 米櫃で, 約束を, 結び目の, 絵図面を, 經典である, 縮図本を, 繩を, 署名さえ, 羽衣は, 者とは, 耳も, 聟で, 胚子と, 能面が, 臣下を, 舞台稽古だ, 舵の, 花です, 花火玉に, 苗だ, 若木だ, 若樣, 荷主に, 莨入を, 薬を, 虎痴に, 處女性と, 蜻蛉な, 被害者の, 製作が, 要は何処, 要地と, 要素が, 要素は, 規則すなわち, 規則は, 規定の, 規定を, 観念性を, 言葉と, 記念の, 記憶さえ, 記録の, 訴訟でも, 証人を, 証拠だ, 証文も, 試作であろう, 試金石だ, 話し相手を, 話も, 課題な, 諷詠という, 證人の, 證據を, 豹の, 財産は, 貯蓄で, 貴い声, 資格の, 質の, 赤児を, 跡とりを, 身の上で, 身の上殊に, 身体でいらっしゃる, 身体を, 身體です, 軍議が, 追ひ, 道具である, 道具や, 違いと, 部分, 部分で, 酒を, 重荷の, 金は, 金目の, 金箱娘此の, 鍵, 鍵である, 長所を, 関係だった, 闘争の, 陰の, 雛つ, 靴も, 頃を, 預りものを, 預り物ゆえ少し, 頭飾を, 顔の, 願望だつた, 食客殿としても, 養子だ, 馬を, 骨組みの, 高地に, 魂胆を, 魚を, 鹿に, 鼻が

▼ 大事~ (2109, 26.0%)

579 して 35 しまって 30 されて 27 しなければ 25 大事に 18 しろ, 持って 16 した 14 する, するが 13 すること, するの, するよう 12 するん 11 なさい, 大事を 10 守って, 育てて 9 勤めて, 抱えて 8 しました, なさいよ, なる 7 かけて, しなくちゃ 6 された, してね, しろよ, するもの, なすって, 取って, 蔵って 5 しないと, しようと, するから, すると, せねば, なさいと, なさいまし, 保存し, 思って, 育てられて

4 [14件] おいで, されました, されるの, します, するか, する気, せよ, なって, 当って, 抱いて, 着て, 育てました, 至らずして, 飼って

3 [26件] いたわって, おしなさい, おしよ, かしずいて, ござります, されても, したいと, したまえ, しては, しますよ, しまつて, しよう, し給, するだろう, するわ, する人, とって, なさって, なさるの, なるから, 成りぬ, 持つて, 胸に, 至るまで, 身を, 預かって

2 [89件] あそばすの, おしやす, お思い, お過し下さい, かかえて, かけねば, かしずかれて, かばって, この言葉, さえして, されねば, される, されること, される鶸, しその, したが, したこと, したって, したの, してな, してやれば, しない, しないから, しねえ, しまいこんだ, しまいこんで, しまうと, しろと, しろば, し給え, するため, するだけ, するほどの, すれば, せい, せよと, せられて, せんと, それを, つかって, つとめて, なさるん, なされて, なったの, なつた, ならずに, ならないうち, ならないとも, ならねば, なりましたな, なると, ねがいます, ポケットに, 仕舞って, 会うと, 内証で, 到らずに, 取り扱われて, 取扱つた方が, 取扱はれ, 可愛がっ, 奉公し, 孝行を, 家の, 小脇に, 御主人, 心の, 心得て, 思えば, 思つてゐる, 扱うこと, 扱って, 扱われて, 持てと, 於ける行状, 納って, 考えて, 耐ゆる, 耕して, 胸の, 臨んで, 至らずに, 行って, 隠して, 願います, 飼われて, 飾って, 養って, 骨さへ

1 [780件 抜粋] あずかって, あそばされこれ, あそばして, あそばすので, あそばす四位, あたりては, いかさき, いそしみ給われとのみ, いたさねば, いたせよ, いたはつ, いたらしめた奸臣, いたるかも, いたるまで, いたる迄は, いたわるよう, えらいお, おいそしみ給われ, おいたはりなされこの, おさめました, おし, およぼうとは, お世話を, お傅, お出ましあれ, お怪我, お暮しなさい, お歩き, お連れ, お過ごし遊ばしませ, お預り, かかる以上, かかわるもう, かきいだいて, かけ一日, かしずくこと, かしづかれ, かぶって, かわいがって, くくった, くぐしそれ, こころの, ございまする, ご勉強, させて, させるの, されたいとの, されたかったの, されたの, されたもの, されないの, されながらも, されまして, されると, されるという, されるので, されるほう, される金持ち, されれば, され教え子たち, しおる天台, しかたと, しその他種々, しそれ, したい心, したかった人, したけれど, したはず, したま, したまえ僕, したもの, したエリザベート, したハリス, した置きました, した者, してたもや, してたん, してといった, しての, してやらなかった, してやらなければ, してやるが, してやるん, してやろうとは, してるか, してるが, してること, してるって, してるの, してる女房, してる悲劇, してる薬, してる鳥, しとくん, しないで, しないの, しない女, しない孫, しない者, しなえば, しなかつた, しなきや, しなくちゃあ, しなくっちゃあ, しなくっちア, しなくつちや嘘, しなくて, しなくなった, しなけりゃいけないと, しなけりや, しなけれア, しなさい, しねば, しのばして, しべ, しまいこまれて, しまうの, しますさかい, しますそれ, しませうからの, しまっといて, しまつて置く, しようという, しろとて, しわがままいっぱい, し出した, し死水, し給いな, し過ぎた為, し過ぎた爲, し過ぎるからさ, し過ぎるせい, し過ぎるといふ, し過ぎるの, し過ぎ家宅捜索, すっかり癒ら, すっかり短く, すべきかと, すべきもの, すべき私, すりゃそいだけ, するかと, するからね, するがい, するし, するじゃ, するだろうとか, するだん, するという, するとも, するには, するのみ, するは, するやう, するよ, するヨタモノ, するン, する事さ, する事請合, する傾向, する割, する商売, する好き良人, する尻尾, する心掛け, する必要, する折柄, する濱, する男, する結果, する自然, する風情, すればこそ, せにや, せよという, せんでも, そっとし, その人形, そろゆえ, たずさえて, たちいたるから, たちいたると, ためてるお金, つかひな, つかんで, つきたと, つき今回, つつんで, つぶさぬやう, とつて, とどけて, どうか都頭さん, なさいって, なさいね, なさいますよう, なさらうと, なさらんと, なさり過ぎるからよ, なさること, なさるつて, なさるでしょう, なさるならどうか, なさるやう, なさる方, なされ, なされませぬと, なされませんと, なされよ, なされよ我, なすった女王さん, なった, なったでしょう, なったもん, なつたら, ならないよう, ならなくって, ならぬうち, ならぬ内, ならねえうち, なりますから, なりますし, なりませず別に, なるかも, なるに, なるばい, なる七十郎, なる因, なる膏薬, のぞむそう, ひとたび動く, ふところへ, ふと心, まとめて, まもり育てようと, むかって, もって, よろ這い歩くの, カンに, ハンケチで, ボタンを, 一々, 一粒ずつ, 万一の, 上り框の, 与して, 与せしは, 世話し, 世話を, 事えなくては, 二階の, 仕えて, 仕えるぞ, 仕舞つ, 付夜中をも, 付將軍へ, 会ふ, 似たる小事, 使うならば, 使えば, 使ひ, 使や, 使わなくっちゃ, 侍るべし, 保存された, 保存する, 保存せられ, 保管され, 保護, 保護すべき, 傍へ, 働いただけ, 働く外何ん, 入れて, 処せば, 出会われるか, 創作の, 励んで, 勉強し, 勤め通し, 勤を, 包んで, 十分に, 参れよ, 参画させ, 及ぼうと, 取っといて, 取っとくと, 取り扱う点, 取り扱って, 取り扱われれば, 取下ろして, 取扱かわれる, 召使って, 可愛がってる, 呉, 善ニョムさんを, 喰はんけり, 囲って, 夕霧の, 夜具へ, 太い竹, 奉公を, 奥さん, 守つて來た, 守つて居る, 守らなければ, 守りなさい, 尊重申される, 對し, 就き夜中, 居直って, 山へ, 巡り合い命, 差し出して, 布巾を, 帰って, 幾久く, 当たりつつ, 当たりて, 当っても, 当らねば, 当ること, 当面する, 思いお前, 思いましょうから, 思い尊敬, 思うかも, 思うから, 思うからとは, 思うが, 思うなら俺, 思うなら好, 思う人情, 思う余り私, 思う正直一途, 思ってるの, 思ってるん, 思つてゐた, 思ふなら何ん, 思ふ土地, 思ふ者, 思われどうして, 想到した, 懐中に, 懷へ, 成るべしとて, 我が命, 所得し, 手に, 手入れを, 手許に, 扱うから, 扱えこれ, 抱えられて, 抱きあげるやう, 抱へ, 抱へて, 押入れの, 抽匣へ, 拾い上げて, 持扱わなけれ, 捧げて, 掛て, 接して, 携へながら, 撫で上げました, 教会の, 日本へ, 早くお, 易うる, 暇を, 最後まで, 本つきましたろう, 机の, 枕に, 柵を, 歩きましたよ, 残しおかるるやう, 気がついたが, 気を, 永久彼女の, 油紙に, 洗って, 消えぬよう, 温かに, 為な, 為なけれ, 熱は, 燃える物, 甚蔵を, 生かして, 男の, 當つて心みだれず, 療養せい, 直しといて, 直面した, 相違ございませぬ, 相違ない, 着るだよ, 石の, 秘めて, 立ちいたるやも, 立ちむかうと, 立てかけて, 竹筒へ, 箪笥の, 箱の, 紙挾み, 細心な, 置く, 羽根の, 考えあなた方, 考える種類, 考え抜いて, 肌に, 育つだろ眠れ眠れわが子, 育てしに, 育てたいん, 育てたかけがえ, 育てたわが子, 育てた娘, 育てなけア, 育てなさいと, 育てられたの, 育てられたわ, 育てられ一通り, 育てるから, 育てるん, 育てろと, 育てネロ, 背負って, 胡麻塩を, 腹掛の, 臨むと, 至ったかも, 至らざりしこそ, 至らしめある, 至らしめること, 至らず消し止めましたが, 至らないうち, 至らないで, 至らなかったよう, 至らなかつたの, 至らなくて, 至らば, 至らんと, 致して, 致します, 致らしめた, 致らむとする処を, 良人の, 若葉の, 蓋を, 蔵つ, 蔵つて他人の, 蔵ひ込ん, 藏つて置く, 行らっしゃい, 行末までを, 見えたり, 見世物ほどの, 見守って, 言って, 語を, 読んで, 護り育てて, 豆, 貯えて, 赤い毛糸, 身に, 迫っては, 連れて, 遊ばして, 遊ばすもの, 遊ばすよう, 道場の, 違えねえしかし, 遭っても, 遺して, 重そう, 防護し, 附けて, 際しても, 集めて, 雑嚢の, 面して, 面し其, 預かっといて, 預って, 頼みますよ, 顔に, 風呂敷に, 飼ったの, 飼つてやれ, 飼はう, 飼はれ, 飾つて置いた, 飾られて, 驚いた幕府, 驚愕し

▼ 大事~ (625, 7.7%)

16 前の, 大事の 10 品を, 娘を 7 ことだ, 金を 6 品が 5 ところだ, 上にも, 前に, 品だ, 場合に, 役目を, 瀬戸際に 4 ことです, ことを, ために, ように, 場合だ, 時に, 玉を 3 ことな, もので, 上の, 仕事が, 場合, 稼ぎ人を, 際に

2 [30件] いや御, ことの, ごときは, ためには, まえの, ものの, 一生を, 主人を, 二番目娘お, 人の, 仲間が, 使いを, 切符を, 品, 娘が, 小判を, 手形を, 文箱を, 日の, 時にも, 機会を, 物を, 用には, 用を, 男を, 秘密を, 自白な, 試合を, 躓き胸, 金の

1 [409件] あずかり娘, ある身の上, うえに, おが, おことづけ, お仕事, お土産, お妙さん, お姉様, お嬢様, お客である, お客を, お客様が, お客様を, お旦那様, お月様雲め, お皿, お身, お躯, お金を, お鉄砲, お雛様, お顧客様, からだである, が殘つて, ことが, ことじゃ, ことであれ, ことと, ことなり, ことは, ご主人さま, その白い, ための, ため夜半までは, だよ, ときじゃ, ときでも, ときには, ときの, ところ, ところじゃ, ところで, ところです, ところと, ところな, ところを, なしがたから, ひとり娘が, ひとり息子の, へそくりの, まえには, めしうど取逃がし, めどと, ものが, ものだ, ものです, ものとは, ものを, やうに, ような, イチハツどこへ, ジョヴァンニ, ステッキが, ヨハナーンや, 一たる, 一ト筋道振むく, 一人娘が, 一人息子に, 一儀にて, 一夜であった, 一局であった, 一巻でも, 一挙に, 一條人の, 一歩から, 一点で, 一点でなかろう, 一言を, 万全を, 上役で, 下手人を, 下駄で, 不成功, 中心行事を, 事だ, 事です, 事な, 事斗ニて, 亭主を, 人に, 人を, 人気役者に, 今, 今は, 今日も, 仕事であった, 仕合に, 企画が, 体じゃ, 体です, 使命も, 使者の, 便宜を, 俳諧さへ, 儀は, 兆しなら, 処な, 処故, 出來つら, 出來候ま, 刀を, 刃を, 刄物だ, 分捕品, 制度が, 前それでも, 前で, 前には, 前ゆえよう心して, 剣を, 創作をば, 加担者, 勅命を, 動物の, 卓子掛けが, 去るを, 吉左衛門を, 名誉はめちや, 君の, 呼吸もので, 命より, 品あん畜生に, 品では, 品とも, 品らしい, 品格を, 品物だ, 品物の, 唐木箪笥を, 商売を, 商売道具を, 問題が, 問題に, 囚人じゃ, 因縁なり, 坊ちゃんに, 坊ちゃんを, 城の, 場合いかに, 場合と, 場合などに, 場合には, 場合に際しては, 場合は, 場合を, 場所が, 場所へ, 墨附あいつに, 大あばた, 大きな金庫, 大事, 大事を, 大小を, 太夫に, 奥さんを, 女房だ, 女房を, 如く語り合, 如く騒いで, 妨げする, 妻の, 始めは, 始末には, 姪に, 威光が, 娘な, 娘に, 娘の, 嫁相模屋の, 子です, 子供を, 孫を, 守りが, 宗匠里見, 宝が, 宝を, 宝物の, 客と, 客を, 家来を, 密書を, 市之丞様へ, 席に, 幕を, 弁天様を, 式日である, 弟子が, 弟子だ, 役な, 役目で, 役目の, 後ツギを, 得意なれ, 御一生, 御命, 御墨付を, 御墨附, 御方なり, 御本, 御用, 御用だ, 御用と, 御身までも, 御身等閑に, 御預り者何れ, 心から, 心に, 心の, 心得を, 心棒が, 忘れ物が, 思想に, 思案と, 思案は, 思案を, 急所で, 急用を, 恋人と, 息子も, 息子を, 懺悔です, 成ったあかつき, 成功不, 所で, 手下の, 手帳を, 手箱が, 手箱と, 手紙じゃ, 手紙などは, 手道具などを, 手金を, 托け, 捕り物, 控えだろう, 文房具を, 方だ, 方は, 日が, 日じゃ, 日だ, 日である, 日な, 旦那さまが, 時だ, 時な, 時には, 時を, 時故, 時生憎と, 時間を, 暇を, 曙光に, 曲者を, 書き附けを, 書物が, 書状が, 書類が, 書類は, 月日が, 木綿の, 榮右衞門は, 槍であった, 機会には, 機密を, 機構を, 正念場だ, 此方の, 決断との, 決行は, 法門は, 注進を, 洋犬を, 洩れるの, 瀬戸, 瀬戸際これまで, 瀬戸際だ, 瀬戸際です, 為事の, 燗徳利かと, 物で, 物と, 物という, 物とかや, 物なく, 物なり, 物の, 物は, 物也, 狐猿を, 猫な, 猫を, 玉に, 瓦解を, 用が, 盆栽として, 目的が, 目的を, 相州さまなど, 相手には, 真面目な, 眼を, 着物も, 短冊を, 短銃を, 破綻だ, 破綻を, 祈祷じゃ, 祈祷である, 神事に, 秋, 秋が, 秋で, 秋に, 科人だ, 秘命を, 秘密まで, 秘密も, 穀物を, 端艇は, 第一, 第一歩を, 紙キレの, 紙屑籠, 終るまで, 結婚式の, 結着を, 絵図面まで, 絵図面を, 綱だけは, 総がかりには, 繪圖面まで, 者が, 肉体が, 色あり, 色がと, 花嫁さんに, 荷主様に, 蓋が, 虫だ, 行事が, 衣物の, 袖無である, 裏を, 親父を, 設計図を, 訴えに, 訴を, 証人じゃ, 証拠の, 証拠品の, 証拠物だ, 詔旨は, 試合でございました, 試合とは, 試合なれ, 詩一篇, 話から, 誓紙だ, 調べの, 讐打ちを, 財布を, 資格だ, 起ったけん, 路用は, 路用まで, 身と, 身体だ, 身体と, 身体殊に, 身分, 迫った今日, 迫れるを, 達成を, 金だ, 金主を, 金主元を, 金槌を, 鉄簡を, 門出でも, 門口を, 防空監視哨に, 陰謀は, 際でも, 際にも, 電報で, 露顯なす, 青春を, 鞄を, 預り物だ, 顔へ, 香箱でございます, 駒下駄を, 髪の, 魚を, 鳥でも, 鳥をか, 點に

▼ 大事~ (612, 7.5%)

60 とって 25 取って 9 とつて 7 取つて 4 決行する 3 とりながら, とるの, ひかえて, 打ち明けた, 抱えた身, 未然に, 知って, 誤ると, 誤るに

2 [25件] うかうかと, とつた, 前に, 彼は, 御知らせ申した, 忘却し, 惹き起さないとも, 惹起す, 成すなど, 打明けて, 抱えて, 挙げんと, 控えた身, 決するには, 決せん, 為すには, 畢了しました, 胸に, 行ふ, 託した心持, 託す可, 誤ま, 誤る所以, 謀りて, 防ぐため

1 [430件] あえて求めた, あぐる, あぐる秋, あげようと, あの小, あやまり不正, あやまるの, あやまろうと, いいきかせて, いっぱいに, うけたまわろうとは, おすすめできましょう, おのれは, お伝えし, お取なさい, お告げし, お告げ申す, お問い, お急ぎあってはいけません, お計り, かたるには, この右馬介, この少年, この時, ご承認, ささやいて, しっかり見, しでかすこと, しでかそうったって, すぐ前, すすめながら, すましたと, するに, そう事務的, そちに, その日, たちどころに招来, つぶさに知っ, とった, とったこと, とったに, とったもの, とったらしい, とってか, とっての, とらせて, とらないで, とらないと, とらなければ, とられて, とられるお, とりいちど梁山泊, とりお, とりすぎて, とりすぎるあの, とりすぎる為, とりました, とりますので, とりまた, とり声, とり常識, とり手堅い, とり本陣, とり約, とり過ぎた態度, とり過ぎる, とり非常, とるから, とること, とるつもり, とるといふ, とるならば, とるに, とる山越え, とる庄吉, とる必要, とる筈, とれば, とろうと, なさんが, なしたの, なした者, なしとげて, なしとげるため, なし他日, なすならば, なすに, なすには, なすに当たり, なす道, なそうと, なにゆえに, のぞんで, はなして, ひかえた数日前, ひきおこした, ひきおこす, ひきおこすお, ひきおこす危険, ひき起こしたの, ひき起こすの, ふんで, ほとんど一諾, まかせること, もくろむ矢先, もらして, もらすところ, やって, やられるらしい, 一緒に, 予期し, 予知する, 争うて, 事もなげに, 云い出しては, 仕出かしたは, 仕果たしたらそち, 仕遂げる事, 企つるは, 企てたの, 企てようと, 企てるん, 企て今, 何の, 何んの, 侍の, 先に, 全く語り漏すべき, 共にする, 共に謀る, 割ッて, 十五円の, 占うもの, 去らせたとは, 取ったから, 取ったが, 取ったこと, 取ったの, 取った数字, 取った方, 取つて七時, 取らせて, 取らせるつもり, 取り, 取りたがる本家, 取りて, 取りやがると, 取り上, 取り云い争わなかったが, 取り官, 取り敬遠, 取り逃がす, 取り過ぎたの, 取り過ぎて, 取る, 取るであろうが, 取ると, 取るに, 取るにも, 取るの, 取るべく主張, 取る内蔵助, 取る塩梅, 取る必要, 取る様, 取れと, 取れとは, 取調べようと, 口外したかっ, 右門計らず, 司どるうえ, 呉の, 告げたの, 告げたので, 告げに, 品物を, 嘘いつわり, 国老ぜんたいに, 国老である, 執ったため, 執りすませて, 執り過ぎるの, 夢み敵, 女に, 女の, 妻に, 委ねた国民, 委託する, 孕んだもの, 孕んで, 実行あそばさるるなら, 宣せり, 密議し, 尋ねに, 引き起し候わんと, 引出すべき者, 引出可, 彼に, 心配する, 志す人, 忘れて, 忘れてた, 忘れる島, 思い立って, 思い給わぬか, 思い翁, 思うて, 思し立って, 思ひたち, 思ひ込んで, 思ふ者, 思わずし, 思わずまた, 恃んで, 悩んで, 惹き起こさん故に, 惹き起こしこんな, 惹き起さないうち, 惹き起さなん, 惹き起さねば, 惹き起しお, 惹き起して, 惹き起すよう, 惹起した, 惹起そうとは, 意義あらしめた, 感じないの, 懸ける小刀細工, 成さしむるものは, 成さしめ給うもの, 成しうること, 成したもの, 成しとげて, 成しとげること, 成し得んと, 成し遂げて, 成し遂げられぬであろうこと, 成し遂げ得ないでは, 成すこと, 成すの機今日, 成すの邪魔物, 成すは, 成すもの, 成す最初, 成す秘訣, 成そうと, 成そうという, 成就する, 我が忘れ, 打ち明けさらに, 打ち明けしなるに, 打ち明けて, 打ち明けるため, 打ち明ければ, 打ち開けて, 打明けたかと, 打明けたの, 打明けても, 打明けられて, 打明ける樣, 扱うよう, 抱ける身なり, 抱へ, 抹消し, 担って, 担当する, 拙者如き, 招いたの, 招候は, 持って, 持上げたとは, 挙ぐるも, 挙げえようぞ, 挙げたとき天下, 挙げながら, 挙げようと, 挙げること, 挙げるに, 挙げる前日, 挙げる天兵, 挙げる時, 控えて, 控へ, 擔當する, 救うみち, 断行し, 断言できる, 明かした上, 明かしても, 明かそうと, 明らさまに, 曹操に, 期して, 期しながら, 期すべきか, 棄つる理が, 止むべきでない, 此如來に, 歯から, 残りなく, 気どって, 決すること, 決するの, 決する場合, 決めて, 決行しよう, 洩らすの, 洩らす端緒, 済さむとするは, 濟さむ, 為し得るもの, 為し遂げて, 為すつもり, 為すであろうと, 為すに, 為すの準備, 為すもの, 為す人, 無視し, 父の, 独りで, 理解しき, 生ぜんとは, 申し上げても, 畢了する, 目の, 目睫に, 真実この, 眼前に, 着々と, 知たる, 知ったと, 知った奴, 知らずに, 知らず今, 知らせるの, 知らないで, 知られて, 破るもの, 示し機微, 祈り曰, 祈る者, 神に, 私憤と, 秘すの, 窮明せんなら, 笑談に, 約して, 終えた道元, 総裁した, 考えお, 考慮する, 聞いたというも, 聞いた前後, 聞かされた, 聞きたるため, 聞き今や, 肩に, 舅へ, 興さんこと目前, 興す兵馬, 良人の, 行うため, 行うほどの, 要するし, 見られた上, 見事に, 見極めたら策, 覚悟した, 計って, 計らはんは, 計られ国家, 計画し, 託すに, 託する, 評定する, 認めた, 語らぬ事, 語らる, 語られた以上, 語るなどは, 語るの, 語るべからず, 語る武将, 語ろう, 誤ったもの, 誤ったろう, 誤らせて, 誤る, 誤ること, 誤るによる, 誤ろう, 説くなんて, 論ずるに, 諮って, 諮るもの, 謀らんなど, 謀るに, 議して, 議する人々, 議す場所, 負われ困難, 負担する, 賭ける要, 起こされては, 起さぬ, 起され勝ち, 起さんと, 超脱し, 跡部大炊などの, 踏んで, 踏んでるん, 軽々しくあなた, 軽々しく喋る, 軽々しく気分一つ, 軽々と酒間, 辭める, 逸す, 遂げようと, 遂げようとねえ, 過るところ, 都へ, 重大事として, 針小に, 鞠でも, 頼み女房, 頼んだ彼, 默つても, 黙っても, 齎して

▼ 大事~ (218, 2.7%)

7 と思う, よ 5 が, ということ, と思っ 4 から, からね, ぞ, つたのです, といふ, と思います 3 がそれ, ぜ, という, と云う, と思った

2 [14件] からだ, からで, からな, からなあ, から一つ, といふやう, と思, と思ひます, と思ふ, と言っ, な, 三河屋の, 中へ, 大事だ

1 [122件] あいつが, お茶らかさず, からいう, からそう, からてえ, からとあの, からといつて力, からにつこり, からよく, からチリ, からチリヂリバラバラ, からネ, からユリ, から一生大事, から中, から今夜, から代, から家中三蓋総出, から家中三蓋總出, から引かれ, から早く, から朝夕これ, から殺し, から然るべき, から熟考, から現在, から警察, から身分身代, から退却, から閉, がこの, がだれ, がもっと, が人, が人間, が俺, が先ず, が其, が失業問題, が女房, が敬神崇仏, が破竹, が花粉, が読まれない, が金, が鍵, けれどその, けれども完成, これは, さよう, しみんな, し死ん, すべてを, そうです, ぞいい, ぞしかと, ぞや, つたと, つたに, つたのは, つた事は, つた小説を, つた殆ど, つていふ, つてことを, というの, というわけ, という形, という御, という心持, という意味, という意見, という話し, といった, といつ, といふ親, といわん, とかいう反対, とかその, とする, とずんずん, とそれ, とな, とは思つて, とも云, とも思った, と先生, と咄嗟, と心得, と思うた, と思はれ, と思はれる, と思ひ込ん, と思直, と感じました, と気づかっ, と無事, と考え, と考えた, と考えられる, と考える, と見え, と言, と言われる, と騒ぎ, などとまじめ, なんて云う, なんて聽, ね, はやくそこら, よく訊い, よ足, わ, アヽ有難い, 大事な, 後日が, 暫らく頼む, 棚へ, 歸つて一と, 見てくれ, 誰だ, 釣が

▼ 大事そう~ (199, 2.5%)

17 に抱え 10 に持っ 6 にし, にそれ 5 に抱い 4 に両手 3 に取り出し, に啜る, に帯, に置い

2 [11件] にあけ, にかかえ, にかかえた, にしっかり, に両, に懐中, に撫で, に父, に置いた, に胸, に襯衣

1 [117件] なあの, な仮面, な雪除, にいつ, にお, にお玉, にかかえ込ん, にかざられ, にかつぎだした, にこの, にさげ, にしまい, にしまいこみ, にしまい込まれ, にしまい込む, にすえ, にその, にそれ膝, につまみ上げ, にとり出した, にふかし, にまた, にもっ, にソッ, にビロード, にポケット, に三味線, に上衣, に下, に乗せる, に二人, に仕舞い込む, に以前, に仰向い, に側, に偽札, に列べ立てた, に収, に取り出した, に取り扱い, に取出し, に取除け, に右, に吉川, に名刺, に向う, に嘗め, に執った, に大型, に宵子, に小さな, に小菊版, に山道, に左腋, に差出した, に布, に幾度, に引っ, に彼, に感謝, に手文庫, に手早く, に抱えこん, に抱えた, に抱えられ, に抱く, に抽斗, に持ち歩い, に指先, に捧げ, に握られ, に撫で廻した, に擁し, に支え, に書く, に机, に椅子, に死人, に水, に油紙, に白紙, に眺め, に眼, に着込ん, に礼拝, に突い, に紅玉, に結び, に緞子, に縄, に聞かせ, に舐め, に花環, に草, に蔵, に螺, に見事, に言っ, に記し, に買っ, に踏まえ, に載せられ, に運ん, に金, に金時計, に金襴, に開け閉て, に防水布, に隠し, に靴型, に頭, に頭上, に頭髪, に飲ん, に飾りたてとく, に首, に髪

▼ 大事~ (198, 2.4%)

4 思って 3 見て

2 [21件] あれば, いわねば, されて, なるの, 勤め顔な, 威猛, 存じまして, 小事を, 待つ笑止さ, 心得たる議員, 心得て, 必死と, 思いたい, 思うから, 思えば, 思ったの, 思ひたり, 考えて, 肌に, 覚るの, 言ひ

1 [149件] あっては, あつて, あのまま泣寝入り, いうので, いたく驚き, いって, いふので, いわれて, いわんばかりに, されたが, して, し華やか, するの, する所, すれば, せねば, つとめて, なったかも, なつて, ならぬまえに, なり一六三三年, なり一軒, なる, なると, なるやも, なれば, なろうかも, にらんで, ひとり思案し, みえて, みて, よくいう, 一つに, 一生懸命な, 万一を, 両刀を, 主税や, 云ふ, 仕えて, 仰せられましたゆえ, 仰せ遊ばすの, 信じて, 働きまくる世話女房, 先へ, 前を, 勤めて, 勤める内, 化しそれ, 同じ様, 固めて, 奉公し, 奉公を, 存じます, 存じ某, 存じ聊か, 存ずるの, 御加勢, 御報告, 心得なければ, 心得ます, 心配し出し, 念ずる誠意, 思いて, 思いまして, 思いまする夫, 思い乱れて, 思い態と, 思い詰めましたところ, 思い跡, 思い込んで, 思い黄昏, 思う, 思うお互い様, 思うならば, 思うなれば, 思うの, 思うばかり, 思したま, 思し召し下さるの, 思ったか, 思ったらしくしゃがむと, 思ったらしく眼, 思ったら具足兵糧, 思ってや, 思つて隱さず, 思はば, 思はれた, 思ひ切愼, 思ひ給, 思ひ込んで, 思ふなら又, 思ふなら己, 思ふの, 思ふ心, 思ふ故, 思ふ時, 思も, 思わば, 思われまする, 思われる時期, 思わんか, 慌てた, 我も, 拝せられまするが, 指図を, 指圖を, 昼夜番を, 時を, 来たね, 氣付いたら, 深く要心, 申してな, 町札を, 看て, 知り夜, 称すべきほどの, 立って, 笑ひで受け, 考へるやう, 考へ祕書, 耳を, 聞いた時, 聞いて, 聞くからには, 聽い, 背後から, 胸を, 脱走し去った, 見えて, 見えますれば, 見たので, 見た能勢弁護士, 見做, 観じさせて, 観じ再三, 言うと, 言うほどの, 言うわけ, 言う調子, 言ふ, 言ふこ, 言ふも, 面を, 響いたもの, 顔を, 駆け廻って, 駈け上がって, 駈け行きました, 駒を

▼ 大事~ (129, 1.6%)

6 ない 3 あるまい 2 あるまいと, いうまでも, ここに, ござらぬ, ないの, 前に, 朝廷の

1 [106件] あすの, あのお方, ありませぬ, ありません, あるまいかの, あるまいが, いそいでも, きっと成るであろう, これから, ございませぬ, ございませんか, ござらぬご, ござらぬ捨てて, すでに掌, せいぜい二ツ, その仕事, それを, ぞんじて, たのめぬ, ついにきた, ついにくつがえされた, できませぬ, ないお, ないけれども, ないだろう, ないつまり, ないと, ない前もって, ない早く血, なかなか云いださない, なかろうはず, なし遂げられる, なりませぬぞ, はや取止め, ほ, まかされない, まず水の手, まだここ, まだ当夜, まだ洩らし, もう半ば, もちろん将来, もっと大事, われに, 一行も, 世間へ, 二人だけ, 今が, 僕の, 前途に, 去った, 去らん, 去る, 去ろうも, 口でこそ, 塩冶判官高貞の, 定まったこの, 察して, 小事より, 小策を, 常に小事, 幾つも, 御両親様, 御家の, 微妙な, 必ず祖先, 必至と, 思い当らないの, 急を, 恐れて, 成せぬ, 成らんぞ, 成るか, 成就し, 成就する, 托し難かろ, 捲き起らない敵, 早くも, 明かせない, 未然に, 本家の, 武家と, 決行できる, 治民経国の, 火急遠廻しな, 破れた, 破れたッ, 破綻した, 祈りによ, 端なく, 第一, 紊さぬ, 織田家の, 聞き倦, 荊州よりも, 蟻の, 諸侯の, 起らんず, 起る目, 路傍では, 進んで, 遂げ難い, 過ぎて, 開闢以来の, 雅楽頭忠清の, 露顕したらしい

▼ 大事~ (109, 1.3%)

3 あるの 2 あること, つとる, なせる, 嵩じて, 成せるか, 父の, 起っちょ, 起り拙者, 起るかも, 起るよう

1 [86件] あった, あったとき, あったとも, あったの, あったら逸早く, あつたらしくす, ありました綱宗さま, ありますから, ありまする, あるから, あるが, あるに, あるわい, ある某, おこつた, おこりましたので, おっぱじまってしまって, これからどう発展, ござるぞ, そっと耳, つたり, つてよく, つてゐた, つて兎角, つて慌て, つて田圃を, なろう, ふりかかります, まだ決定, もうすでに半分, もう既に半分, もう眉, やり遂げられるもの, らしやんす, わたくしの, クララを, 事実と, 企まれて, 何だか暢気, 出来いたしたので, 出来いたします, 出来かかっとる, 出来して, 出来た, 出来て, 出来るか, 出来ると, 到来し, 勃発しました, 吟味された, 壊れると, 戯れに, 持ち上がった, 持ち上って, 持ち上りました, 敵に, 有っても, 次々と, 洩れずに, 洩れたか, 湧いて, 湧き上がったの, 漏れて, 為せないとは, 眼の, 突発した, 第一, 藏つてある, 解らんか, 起こった, 起ころうも, 起ったと, 起ったとは, 起ったな, 起ったなあ, 起ったなと, 起ったに, 起った時, 起って, 起ってのう, 起つた時, 起りましてのう, 起ると, 降りかかろうと, 降ッ, 露顕した

▼ 大事である~ (75, 0.9%)

4 ことを 3 ことは, ということ 2 か, かということ, と考えた

1 [59件] かといえ, かといふ, かのごとき, かのごとく, かのよう, かの如く誤解, からくさり, からこう, からここ, からそれ, からだった, から一等私, から單, から新, から望氣, から真剣, から絶対秘密, から重ね, か自分一己, が, が日本労働者, けれど最古, ことが, ことに, ことまでを, ぞ, という, というよう, といふ風, といわぬ, とかなんとか, とともに大きく, とはいへ, と了哲ら, と云う, と信長, と共に七瀬, と告げた, と心得よ, と思う, と思った, と斯様, と気が付いた, と焦慮, と熊谷, と考え, と考へた, どんなにぐるりが, には相違, のは, のを, ばかりかひいては, ばかりでなく, ように, 上下協力し, 事が, 場合ぜひ, 扨爾う, 死の

▼ 大事~ (65, 0.8%)

6 はない 3 あつた 2 せうか, はあります, はありません, はある, はあるまい, 沢村の

1 [44件] あくせくし, あつたの, あつて, うき身, お控え, がんす, ござりまする, ごぜえます, さあね, せうし, そこに, そしてもつ, それから先, とうに奉行所, なぜまたと, はありますまい, はござれ, はとても, はなし, は御座らぬ, まアその, やはり一国, やむを得ず退, 万事の, 三百両の, 三百兩の, 二人とも, 何故又と, 兵制は, 南部表に, 大事でならない, 幸いセラダ, 必要な, 抑, 早く改心, 朝から, 箱根の, 萬民が, 被害者が, 誰にも, 責任を, 身に, 鈴子夫人を, 難しいと

▼ 大事です~ (54, 0.7%)

96 から 54 からね 32 ぜ親分, もの

1 [23件] からな, からねえ, からね顔, からもうあんまり, から一, から今さら, から殿様, が, がその, がなんと, しまた, ぜ, ぜといった言葉, で死, と云わぬ, と答えました, な, ねあなた, よく心がけましょう, よ楽々, わ, わい, わね

▼ 大事ない~ (47, 0.6%)

9 大事ない 42

1 [32件] うら等, かえ, かつて聞い, かと怒り, そうでございます, それ支度は, といいはらるる, といつ, とかいつ, とはいう, とは思った, と見きわめる, どころじゃ, どすやろえ, のでご, もう貴下, ものと, よ, わい, 使え, 先は, 処じゃ, 存分に, 屋敷な, 手前べ, 氏神に, 男と, 程度の, 見て, 返事せい, 領ざかいまでは爺の, 顔なれ

▼ 大事でも~ (29, 0.4%)

2 日本橋小町と, 起れば

1 [25件] あったから, あり父, ある, あるやう, あるよう, ございませぬ, それよりも, ないの, なかつた, なくなって, なければ, なんでも, わき起ったよう, 企てられるもの, 打明けるよう, 日常の, 殊には, 絶てお足, 議すよう, 起こったかの, 起こったよう, 起ったらしい, 起つたやう, 降って, 顏形ちの似た

▼ 大事には~ (28, 0.3%)

4 相違ない 2 して, なりますまいが, 代えられない, 代へ

1 [16件] あまたな, いたらなかったと, されるが, しない, なさったかも, ならないと, ならなかったが, ならなかったであろう, ならなかったろう, 何の, 大事を, 換えられませんからね, 立至りません, 至らなかったかも, 至らなかったが, 違いない

▼ 大事~ (27, 0.3%)

2 人の, 義理が, 親が

1 [21件] いずれに, そちが, ぼくの, わいが, われわれは, われ等との, 一つ正直の, 主人が, 二十里にわたる, 何まごまご, 兄貴の, 子供の, 恋が, 戀が, 播磨が, 武門の, 満さんに, 米沢一藩の, 考えて, 聞かせて, 醤油が

▼ 大事~ (22, 0.3%)

2 あるまいとの

1 [20件] あるいは耳, ある斯様, くそも, この人, この妙法, すんでから, そう二度三度はくり, その道中, ついに去るであろう, 一人立ちで, 人間の, 大変も, 実現に, 小事も, 忘れて, 思わず御, 打ち明けられまた, 抛って, 既に洩らしたる, 金の

▼ 大事がられ~ (19, 0.2%)

3 ている 2 てお, て居た, て御 1 ていた, ていらっしゃる, てきた, てゐる, て居る, て手, て朝夕, て育った, て育つ, 風呂場の

▼ 大事がる~ (18, 0.2%)

3 のは

1 [15件] から, が世, なんという, のか, のでやっと, ばかりで, わけで, 図面とやらも, 姉女王であった, 時茶人達は, 舅の, 近臣の, 道知んねえだ, 雛だけ, 馬の

▼ 大事という~ (17, 0.2%)

2 ことを

1 [15件] ことから, ことも, ところを, ものぞ, ものに, ものは, ような, ように, わけに, 佐幕派であった, 写本にも, 声を, 封建的な, 触れ込みで, 顔を

▼ 大事さうに~ (16, 0.2%)

2 しつかり握られて

1 [14件] かかへて, かかへて歩い, したり, 並べてあつ, 取り出して, 取出した, 小さな瓶, 持つて, 挾み上げて, 提げた, 残して, 畳みながら, 記して, 讀んで

▼ 大事なら~ (16, 0.2%)

1 [16件] ば偶像, ば同列, ば大道中, ば誰, んにより, 姙娠を, 存分に, 学資は, 家中の, 左官の, 幸内を, 当岡山城, 稀には, 箱へ, 美事私も, 足を

▼ 大事がっ~ (15, 0.2%)

3 ている, ておいで 1 たりそれ, ていた, ていられる, てはくれまい, てやる, て少し, て年, て秘, て育て

▼ 大事にも~ (13, 0.2%)

1 [13件] あそばすの, する病気, ならなかったであろうが, なり兼ねませんどんな, なろうという, なんにも思, なんにも浄瑠璃, ほとんど無感覚, 及べき處, 及んで, 心を, 為る事, 驚かず神変不思議

▼ 大事おま~ (12, 0.1%)

5 へん 3 へんか, へんやろ 1 へんけどなあ

▼ 大事じゃ~ (12, 0.1%)

2 ありませんか 1 からねえそれで, け夜, ございませんか, ぞ, ぞえ, ないかと, のう, よ, 充分のほどを, 血も

▼ 大事だった~ (11, 0.1%)

3 のです 2 からです 1 けれど今, と思わせる, のじゃ, のだ, のは, んだ

▼ 大事~ (11, 0.1%)

43 やない 1 やとて昨日, や大事ぢ, や御座いません, や血

▼ 大事とは~ (11, 0.1%)

1 [11件] いいながら, いわなかったそう, そこに, ならないから, 今日只今の, 何事か, 原料の, 思わなかった, 思わなかったし, 製造事業に, 覚らず

▼ 大事とばかり~ (11, 0.1%)

2 聞耳を 1 どっと杉田, われを, 一直線に, 夢中に, 太郎と, 家の, 懸命は, 綿々と, 鎌倉の

▼ 大事にかけて~ (11, 0.1%)

1 [11件] ゐた, ゐたかと, ゐた品, 世の中に, 保護する, 励みたまへ, 持伝へた, 看病し, 貯えて, 連れて, 養つてゐた

▼ 大事であり~ (10, 0.1%)

1 その一線, また張合い, 主流と, 学校外に, 御名誉, 決して等閑, 私自身が, 自分が, 詮じつめれ, 重要な

▼ 大事なり~ (10, 0.1%)

2 止むる術も 1 と天気, と心, と思慮, と此段奉行所, わが胸, 一行の, 天皇は, 男女の

▼ 大事にと~ (9, 0.1%)

1 いいながら, いわれて, 云つて別れた, 女に, 心がければ, 思うよりは, 私は, 言いながら, 走り去って

▼ 大事らしく~ (9, 0.1%)

1 くよくよ考える, ささやき声に, ゆっくり云った, 何時もの, 健三の, 囁きふらしてる, 声を, 手に, 言つた

▼ 大事でない~ (8, 0.1%)

2 と考へる 1 が家, とは云え, ように, 殿様の, 記録を, 違いが

▼ 大事について~ (8, 0.1%)

1 ぜひ会っ, たとえ母親, 人々へ, 何事も, 侯じきじきに, 思いを, 申し告げたいから, 話さなければ

▼ 大事出来~ (8, 0.1%)

1 この状御覧次第, だ自己革命, とばかりいろめき, とばかり玄徳, に驚き, のよう, 一刻を, 早く逃げ

▼ 大事~ (8, 0.1%)

2 に胸 1 に, に抱, に持つ, に持つた, に挿し, に覗いた

▼ 大事がられる~ (7, 0.1%)

1 その位置, ために, ときびが, なんて, のでしょう, 学生は, 訳が

▼ 大事であった~ (7, 0.1%)

1 からです, がしかし, が山, ことが, に相違, ので菖蒲, のは

▼ 大事として~ (7, 0.1%)

2 惧れた 1 お胸, 考えること, 考える必要, 論ぜられること, 述べて

▼ 大事~ (7, 0.1%)

1 が, があつ, でも起つ, といはね, の中, の場合, を起し

▼ 大事~ (6, 0.1%)

1 からだも, へん, へんか, へんやろ, へんわ, へん前

▼ 大事さうに頭~ (6, 0.1%)

4 の躑躅 1 に戴, に載せた

▼ 大事でございます~ (6, 0.1%)

21 からうかつ, ってこの, なあ, マドロスさんとやらを

▼ 大事なれ~ (6, 0.1%)

1 とその, と上総, ば先々能實否, ば公用人平石次右衞門吉田三五郎池田大助, ば多分, ば父母

▼ 大事~ (6, 0.1%)

1 かと初めて, かと夕餐, かやがて, ですが, でも起った, なんてえ

▼ 大事大事~ (6, 0.1%)

1 な力, な日中, にしまっ, にとっ, の木綿, よ

▼ 大事かは~ (5, 0.1%)

1 別の, 明瞭だ, 田原に, 知らねえが, 知れないけど

▼ 大事~ (5, 0.1%)

1 から一人, へ公然, を何, を思うた, を覚え

▼ 大事だろう~ (5, 0.1%)

1 からせいぜい, がそれ, が平和克復, と存ぜられる, と思う

▼ 大事とばかりに~ (5, 0.1%)

1 さわぎたてて, その火, 伝六が, 息せききって, 裏門の

▼ 大事なる~ (5, 0.1%)

1 ことを, ぞと仰っし, ものに, 受朝朝賀の, 者は

▼ 大事~ (5, 0.1%)

1 かかるという, のり出そうと, ウンと, 臨むと, 駈けつけて

▼ 大事小事~ (5, 0.1%)

1 ことごとくその, に関ら, を行く, 如何なる用, 悉くその

▼ 大事あるまい~ (4, 0.0%)

2 とは思っ 1 か, そこで秘密

▼ 大事がられた~ (4, 0.0%)

1 ことか, ねじも, 時代の, 跡が

▼ 大事ございませぬ~ (4, 0.0%)

31 がそんな

▼ 大事すでに~ (4, 0.0%)

1 去り百戦必敗, 去る, 去ると, 定まったも

▼ 大事といふ~ (4, 0.0%)

1 不敵な, 外には, 觸れ, 風に

▼ 大事~ (4, 0.0%)

2 ねんなあ 1 いう気イ, わ

▼ 大事をも~ (4, 0.0%)

1 お胸, これを, 夢と, 平気に

▼ 大事を以て~ (4, 0.0%)

2 せりと 1 しこれ, したまいぬ

▼ 大事~ (4, 0.0%)

2 取リ 1 取ッテ, 取ッテ中止スルト云ウコトハ

▼ 大事~ (4, 0.0%)

4 の大事

▼ 大事決行~ (4, 0.0%)

1 と誓われ, の思考, の時, を誘発

▼ 大事ある~ (3, 0.0%)

1 にあらずん, に当たり, に臨み

▼ 大事かも~ (3, 0.0%)

2 知れないよ 1 知れない

▼ 大事がり~ (3, 0.0%)

1 て身, 人間は, 専ら実

▼ 大事ござらぬ~ (3, 0.0%)

21 ハッハッハッ

▼ 大事さうに抱~ (3, 0.0%)

1 へてゐた, へて板屋家, へて行きました

▼ 大事たる~ (3, 0.0%)

1 伊勢斎宮の, 儀を, 死と

▼ 大事~ (3, 0.0%)

1 ゅうて騒ぐ, ゅうの, ゅうのか

▼ 大事であっ~ (3, 0.0%)

1 てぜひ, てみれ, て危険

▼ 大事でござる~ (3, 0.0%)

1 からお, ご存知の, ぞ

▼ 大事でしょう~ (3, 0.0%)

1 あんなに落着, か, かそれとも

▼ 大事とも~ (3, 0.0%)

1 いうべき親, 思って, 観じて

▼ 大事なかろ~ (3, 0.0%)

2 うと 1

▼ 大事なし~ (3, 0.0%)

1 といふ考, と観, 賣てなりとも

▼ 大事にでも~ (3, 0.0%)

3 逢ひし

▼ 大事また~ (3, 0.0%)

1 二つには, 宝暦の, 若殿が

▼ 大事らしい~ (3, 0.0%)

1 なと思, 事柄も, 品を

▼ 大事一人~ (3, 0.0%)

2 や二人腹 1 の私事

▼ 大事到来~ (3, 0.0%)

1 せりいかん, とばかりその, と千丈

▼ 大事取り~ (3, 0.0%)

2 の心 1 の大人

▼ 大事~ (3, 0.0%)

1 であつ, なり, に非

▼ 大事忍男~ (3, 0.0%)

3 の神

▼ 大事発覚~ (3, 0.0%)

2 して 1 の口火

▼ 大事あの~ (2, 0.0%)

2 二品が

▼ 大事かと~ (2, 0.0%)

1 云うこと, 尋ねました

▼ 大事がった~ (2, 0.0%)

1 だけで, 品だ

▼ 大事~ (2, 0.0%)

1 ざりますまい, ざりませぬか

▼ 大事ございません~ (2, 0.0%)

1 か, わね

▼ 大事ござんせん~ (2, 0.0%)

1 か, ぞな

▼ 大事さうに家~ (2, 0.0%)

2 へ持つ

▼ 大事さうに懐~ (2, 0.0%)

2 に入れ

▼ 大事さえ~ (2, 0.0%)

1 お忘れなけれ, 成れば

▼ 大事~ (2, 0.0%)

1 ゃったことはようわかっとるが, やない

▼ 大事じゃと~ (2, 0.0%)

1 思うならお前, 思うッ

▼ 大事じゃとて~ (2, 0.0%)

1 昨日の, 罪も

▼ 大事~ (2, 0.0%)

1 や, 等閑に

▼ 大事だす~ (2, 0.0%)

1 さかい一生懸命, やない

▼ 大事だったら~ (2, 0.0%)

1 あの婆さん, 少しは

▼ 大事でござんす~ (2, 0.0%)

1 あなたに, ぞ

▼ 大事でし~ (2, 0.0%)

1 てな, てね

▼ 大事でで~ (2, 0.0%)

2 もある

▼ 大事でなけれ~ (2, 0.0%)

1 ばならねえ, ばもはや

▼ 大事とて~ (2, 0.0%)

1 之に, 大いに怒り

▼ 大事との~ (2, 0.0%)

1 ことです, 仰せに

▼ 大事とやらを~ (2, 0.0%)

1 持って, 持つて

▼ 大事どうぞ~ (2, 0.0%)

2 親分さんの

▼ 大事などが~ (2, 0.0%)

1 一つの, 長袖の

▼ 大事などには~ (2, 0.0%)

2 今迄

▼ 大事なもつ~ (2, 0.0%)

1 と有力, と本質的

▼ 大事にて~ (2, 0.0%)

1 はべれども, 候ひける

▼ 大事にという~ (2, 0.0%)

1 ことでした, ことです

▼ 大事にとって~ (2, 0.0%)

1 ある上等, 置きたいよう

▼ 大事にな~ (2, 0.0%)

1 あんたと, 元気で帰る

▼ 大事に関する~ (2, 0.0%)

2 場合に

▼ 大事まで~ (2, 0.0%)

1 彼らに, 秘かに

▼ 大事やの~ (2, 0.0%)

2

▼ 大事~ (2, 0.0%)

1 あなたが, うまく行く

▼ 大事~ (2, 0.0%)

1 女房ニ本気デ, 嫁ニ宝石ヲ買ッテヤルンダ佛様ダッテイヽコトヲシテヤッタ感心ナ

▼ 大事~ (2, 0.0%)

1 を男子戸外, 辞

▼ 大事去れり~ (2, 0.0%)

1 あゝ天下, 矣

▼ 大事因縁~ (2, 0.0%)

1 なり, ヲ告グ

▼ 大事実に~ (2, 0.0%)

1 気が, 非ずや

▼ 大事~ (2, 0.0%)

1 客樣を, 決行の

▼ 大事~ (2, 0.0%)

1 入って, 入つて

▼ 大事持つ~ (2, 0.0%)

1 身万全を, 身迷惑千万

▼ 大事死ぬ~ (2, 0.0%)

2 か生きる

▼ 大事死生~ (2, 0.0%)

2 の岐路

▼ 大事空風火水~ (2, 0.0%)

2 の四ツ

▼1* [222件]

大事あって曹丞相, 大事あらばちぎれ, 大事ありますまいか, 大事ありませんよ, 大事いずれにし, 大事お松はいよいよ, 大事かといふ問題である, 大事かならず早まったこと, 大事から救つてくれよう, 大事かりそめには, 大事がらせたまふ, 大事がられない奥様だ, 大事がられなかったので採集, 大事がられもてはやされていた, 大事がられるだろうか, 大事がりたまひ, 大事がりましたので鷲, 大事がればこれ, 大事がんなさるん, 大事におさめた, 大事ことを忘れ, 大事この事件に, 大事これも大事, 大事ございますまいか, 大事ござんせぬ其を, 大事さうな書き物は, 大事さうにそれをすく, 大事さうにふところから取出す, 大事さうにフツと一息, 大事さうに云ひ, 大事さうに使つてゐる容子, 大事さうに假髮をお, 大事さうに兩手でかかへ, 大事さうに受取つた, 大事さうに土瓶提げて, 大事さうに外へこぼれた, 大事さうに庖丁で切つて, 大事さうに懐ろから引つ, 大事さうに掌面に載つけ, 大事さうに新聞の切拔, 大事さうに暗記して, 大事さうに瓶が置い, 大事さうに疊んだ紙片, 大事さうに私が云, 大事さうに紙包を左, 大事さうに縛つて居るから, 大事さうに背後へ撥ねた, 大事さうに胡麻白頭を両手, 大事さうに自分の膳, 大事さうに花環をささげ, 大事さうに蔓を握つた蒸し, 大事さうに袂から四合瓶, 大事さうに買つて来た花, 大事さうに鏡子の手, 大事て居れ, 大事しばし夜歩きも, 大事じゃがこっちにも, 大事じゃ程に先へ, 大事すべて御身に託しおく, 大事すわ大事, 大事その騒乱は, 大事それに越後屋さん, 大事たのむからはやく, 大事たれに引かれ, 大事だったり他, 大事だったらおくれて来い, 大事だって一生同じ, 大事だつたんだ, 大事だつたらあの婆さん, 大事だらうが平和克復, 大事だ周章てるが普通, 大事だ考えても馬鹿らしい, 大事ってえもの, 大事つい知りました, 大事つてえもの, 大事である如く誤記を, 大事であろうと少年心, 大事でございましてなあの, 大事でしたがあの, 大事です侮るまいと気, 大事でなくてなん, 大事でならないものを, 大事で飛んで參, 大事とかでしきり, 大事とくと見届けて, 大事とげられまいがな, 大事とりである, 大事とること総て此の, 大事と共にこれの, 大事なあって余りに, 大事なある問題の, 大事ない早う早う, 大事なかなか信じぬかも, 大事なかれのいあわせない, 大事なきかいが, 大事なくて大慶, 大事なければ思いきっ, 大事なこたあ年, 大事なたのみごとが, 大事なたつた一つの, 大事など言ふ, 大事などといふものは, 大事などにぶつかった咄嗟, 大事なんて吉かれ, 大事な役に立つ事の, 大事な掛り合いだどこへも, 大事な探しものが, 大事な生きるための, 大事な疑ひを言, 大事な見知人で, 大事な見えないバネと, 大事な見る眼嗅ぐ, 大事な踏み出しは, 大事な退軍の, 大事にかばつて, 大事にしか関与なされなかった, 大事にしもて置いたの, 大事にしもといて, 大事についても実際において, 大事にても御尋ね候え, 大事にとかそんな通り一遍, 大事にねってことを, 大事にや違ひない, 大事に対して事実は, 大事に際しては渺たる, 大事え大事, 大事ねえ水浸しに, 大事ねえだで香, 大事ねえでの, 大事のね深い中, 大事のみだ, 大事はござりますまいか, 大事はござりませぬか, 大事はなせぬぞ, 大事ばかりとって, 大事ほとんど去りぬ, 大事やがては一, 大事ゆゑに怨, 大事ゆゑ君への御, 大事よもお捨て, 大事よりは人手に, 大事らしう白魚の, 大事らしくし続けてやっと, 大事らしく囁いたと云う, 大事らしく聞いたりした, 大事らしく見せびらかすことである, 大事われらの浮沈, 大事をとつて一は, 大事一先ず終って, 大事一勝を捷, 大事一命を賭し, 大事一決の議, 大事九鳥之釈, 大事の基, 大事五切紙之上口伝, 大事にある, 大事仲間の者, 大事も大事, 大事何とぞ俄かに, 大事何卒御慈悲, 大事例へば由比正雪の, 大事先方な身体, 大事内々の折, 大事出来そうろうまますぐさま, 大事刃物三昧は二の次, 大事去ったと後悔, 大事去りたれと覚悟, 大事去る吾輩万死国を, 大事兵道の, 大事吉野のご, 大事があぶ, 大事の大事, 大事にその, 大事大利に着眼, 大事大業大功大利が如何, 大事女房のさびしい, 大事をどう, 大事実はその初, 大事小倉に知りあい, 大事心付かぬか, 大事忠義一徹の御, 大事思ふもの豈, 大事もつかず, 大事しい事, 大事惹いては我が家, 大事成就仕らず候わば, 大事成就覺束なし第, 大事ひに, 大事扱いにしかねない, 大事旦那様に御, 大事旦那樣に御, 大事早々あとへ, 大事明日までに描き上げ, 大事時頼不肖ながらいかで, 大事松倉が平常, 大事此時にあたり, 大事の中, 大事を急ぐべきでない, 大事殿の大事, 大事に取り出し, 大事江戸へ, 大事決して等閑に, 大事豫なすべき, 大事生存の目的, 大事の胸, 大事れり, 大事発露の恐れ, 大事社会の体面, 大事老中御罷免, 大事衣裳箱やら楽器, 大事証拠にもならん, 大事變大儀式等を記述, 大事わたくしの, 大事起こり候, 大事起らばためらう, 大事起らんとした, 大事も大事, 大事逃げなければならない, 大事も大事, 大事露見と見抜かれ, 大事露顕の基, 大事が来た