青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「宝~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

官~ 官吏~ ~宙 宙~ 定~ ~定め 定め~ 宛~ ~宜 宜~
宝~
宝石~ ~実 実~ ~実に 実に~ 実は~ 実在~ 実家~ 実感~ ~実現

「宝~」 2029, 22ppm, 5255位

▼ 宝~ (310, 15.3%)

15 山に 10 山を 9 ように, 山へ 8 ような 7 市の 4 かくし場所 3 ことを, やうに, 中に, 山の, 庫に, 所在を, 父親は

2 [25件] ありかを, あるところ, ことが, ために, 中から, 事を, 内に, 在る所, 在所を, 小田, 山, 山が, 所在が, 手に, 持ちぐされ, 持ち腐れという, 持ち腐れの, 持ち腐れも, 撰という, 有る事, 様に, 秘密を, 行方を, 貝を, 鍵を

1 [177件] ありかが, ありかをでも, あり場所, あること, あるだけを, あるの, ある処, ことだ, ことで, こめかみに, すがりし曲, ためには, ふたりを, もち腐れな, もろもろは, ようだった, よって, わけまえ, アトラクションに, ロッパ一座選抜軍アトラクション, 一だ, 一つです, 一つと, 一つなる, 一つを, 一枚は, 一部が, 三宝に, 中には, 中を, 二仏の, 二軍が, 人である, 個所を, 値踏を, 偉大な, 側まで, 兄弟張梁という, 入り舟, 入れて, 入れ物です, 入船, 入船で, 刀を, 分与心に, 初日な, 初花, 千秋楽, 原文なる, 原本でない, 名を, 吹き出し最中, 国を, 在り場所, 在る所心, 在所が, 地公将軍とやらは, 場処によっては, 壺の, 多いの, 夢を, 大般若経, 大部分, 如く珍重し, 安否を, 室の, 家に, 家の, 小づちを, 小田を, 小田等送り, 小田進康見舞夕食又, 小駅, 山である, 山と, 山な, 山は, 山みたいな, 島が, 島です, 島は, 島へ, 島を, 市へ, 帰って, 幻術は, 幻術も, 幻術を, 庫, 庫と, 庫には, 庫を, 弁当箱とは, 形が, 意味, 意味か, 所へ, 持ちぐされである, 持ちぐされとはこのことだ, 持ちぐされみたいで, 持ち腐れ, 持ち腐れで, 持ち腐れである, 持ち腐れと, 持ち腐れに, 持腐れだ, 持腐れで, 持腐れである, 持腐れという, 持腐れに, 持腐れを, 捜索に関して, 数々は, 数々を, 方へ, 昔以来の, 書いた, 有り余る数々, 木と, 末年其角杉風が, 本拠へ, 杯を, 概略を, 樹が, 欲しい訳, 残って, 沈む夜, 父, 父親と, 父親も, 玉安げに, 番を, 白い象, 盒に, 積んで, 穴を, 立派な, 箱と, 箱を, 米俵であった, 経文の, 縛を, 船は, 船も, 花を, 落ちて, 蔓でも, 蔵し, 蔵では, 蔵と, 蔵に, 蔵の, 袋やら, 話だ, 講釈ほど, 貝であった, 賊軍を, 身辺に, 車が, 輪袈裟を, 部下を, 鉄砲を, 鍵, 鍵の, 鏡が, 鏡を, 限を, 隠れ場所を, 隣家に, 鞍を, 頭に, 馬車を, 高井その他の, 高井で, 高井宿へ, 魔法箱でも, 鶴千代が

▼ 宝~ (280, 13.8%)

4 もって, 手に 3 持って, 探しに, 盗もうと

2 [12件] とって, めっけ, 打割っ, 捜しに, 探すこと, 盗んで, 破損した, 船に, 見つけた時, 見出して, 隠して, 隠す為

1 [239件] いだいて, うづめてるにちがひありません, お前取締役に, かくしたの, かくしてるか, かくし持って, かさね, さがしだし日光, さがして, さがし出しこの, ささげ尽し, さる秘密, その小槌, たっぷり分け, ちりばめて, つかんだと, つかんで, ねらうもの, ねらう一人, みんな南に, みんな奪っ, むざ, むざむざ打, もう一度本当に自分たち, もちぐされている, わたくしは, わたしは, われ等が, ドブに, 一つふやし, 一つもっ, 与えたま, 世に出し度, 乾分共に, 争って, 二億金の, 借りて, 偶然手に, 傷つくる, 八品持っ, 出し得るなれこれ, 出せ出さないと, 出来るだけ, 前に, 収め隣国王, 取らねえの, 取られるよう, 取り之, 取り出したなら其の, 取り出した事, 取り出した時, 取り出して, 取り出すなら取り出す遺骸, 取り出す為, 取り出す道, 取り出そうと, 取出して, 喜悦を, 地に, 地中に, 埋めた人達, 埋めた場所, 埋めた時, 売って, 天に, 天国に, 失うもの, 失くし, 失くす, 失った悲しみ, 失ふ, 失わなくなるの, 奪いに, 奪い去った, 奪うて, 奪おうでは, 奪おうと, 奪われた上, 奪われでも, 守って, 守らせた池, 守り操, 守る, 守護する, 実際に, 封じた九つ, 小石川の, 島外に, 引き上げるの, 強く懐い, 得, 得たよう, 得て, 得まさに, 得れば, 得已, 忘れては, 悪人の, 慈善的公共的その他の, 懐に, 我々の, 所有し, 所有する, 手にも, 手頼に, 打ち出しました, 打毀した, 打砕き糊付, 折角手に, 抱いてるのみ, 抱えながら, 抱きかかえるよう, 抱きながら, 持ち出したって, 持ち帰るであろう, 持ち返って, 持つて, 持出さねば, 挙ぐべき妙齢と, 振り出しますが, 捜して, 捜し出して, 捜すこと, 捧げて, 授かって, 掘りあてること, 掘りだしたうえ, 掘りだしに, 掘りに, 掘り出したと, 掘り出して, 掘り起さずに, 掘ろうと, 掘出しそこねて, 探し, 探しあぐねて, 探したん, 探し出すつもり, 探そうという, 握りしめて, 損じたの, 損じても, 救い出そうと, 数えるの, 晴れの, 横取りする, 歴史の, 残して, 求めて, 求め親切, 渡して, 炎から, 犠牲として, 献るべき, 獲たの, 獲たよう, 獲たるにも, 獲て, 理解し, 生む力, 発見けに, 発見し, 盗まうと, 盗ませて, 盗まれたり, 盗まれた時, 盗み取る積り, 目付けようぜ, 目当に, 眸瞼へ, 石に, 私するという, 私の, 秘蔵する, 移したの, 積まねば, 積みのせたる八十艘, 積み上げた, 積み上げて, 積み込みせえ, 積んだトルコ, 積んだ舟, 積んで, 背負って, 自分で, 舎飼と, 船艙に, 荏原屋敷で, 菩薩が, 蓄える働き場, 蔵せる, 蔵めた, 見いだすかも, 見す見す手, 見せて, 見たって, 見つけせえ, 見つけた, 見つけたならば, 見つけて, 見つけること, 見つけるまでは, 見ること, 見ると, 見わたした, 見出されないで, 見出す刹那, 見忘れた人, 見極めるが, 覘わ, 親しく迎え, 譲ったの, 負い出, 貰いまたは, 貰た, 費やしたの, 賜うが, 賜わって, 質請する, 路傍に, 身体の, 軽蔑した, 輝き出させるに, 追うて, 連れて, 選べ, 都へ, 銀行の, 開くわけ, 隠さんが, 隠したの, 隠すため, 隠すとき, 集めて, 集め執らしたので, 集め盡, 雨ふらす, 飽くまで保持, 齎すであろう

▼ 宝~ (104, 5.1%)

3 秘蔵され 2 ある, どこに, ないから, 出て

1 [93件] あったこと, あった黒い, ありました, ありましょうか, あるかも, あること, あるだろう, あるの, あるん, いいだろう, いくらも, かくされて, ここに, この島, ございまして, ござらぬによって, さざれ小石の, たくわえられて, つまらない物, どこか, どっさりある, ないによって, なくなって, のぼって, ひそんで, ほかの, ほしいし, まだやはり埋まった, やれば, よけい入っ, よせ集めて, ドッサリ積ん, 一つある, 一つや, 世に, 丸部家の, 人目に, 今では, 今まで, 何である, 作られるか, 元の, 入つて, 出た頃, 出ねば, 出よう幸い, 分けて, 匿され, 又と, 含み備わって, 呪を, 坐ると, 塔の, 大久保家の, 大事か, 大切か, 妖気を, 宝としての, 巨億の, 底に, 恒に, 悖って, 手に, 掘り出されたという, 数知れず, 有らば, 有る, 有るだろうか, 有ると, 有るなどと, 来たよう, 水の, 水月寺へ, 沢山埋まっ, 無くて, 生き返つたとは, 異教の, 積み込んで, 簔で, 粗暴な, 紛失した, 綺麗だ, 腐るほど, 自己の, 蔵いっぱいありました, 蔵って, 衰えきった六人, 見いだされます, 言った, 貴方の, 隠して, 隠れて, 雨の

▼ 宝~ (87, 4.3%)

2 そこに, どこに, 海の

1 [81件] あなたでした, あるん, いつの, お主, ここに, この中, さがせたの, しかし現実, すべて皆汝たちに, そこで, そなた, そのこと, その事情, それが, それで, たしかにあった, たちどころにわし, たぶんそこ, ついに落ち, とうとう侍女, ない, なんでも, ひどく駭, ほとばしる黒血, ますます不思議, みつかったん, みんな腐っ, よく貯蓄, われわれの, 一物の, 一生肌身に, 下獄の, 予州を, 五年前の, 他の, 何処に, 何百人か, 何百人かかっ, 余ほど, 例によって, 俺の, 先に, 入って, 到底取復されん, 取出されるの, 多額の, 夫であり, 字を, 孫に, 安全だ, 宝として, 密教の, 射止めたるぞ, 島の, 後に, 御座候, 御殿の, 急いで, 悲しんで, 手に, 持って, 掘り出されたあと, 最近かく, 有名な, 杉の, 東晋の, 永久地の, 無いの, 無事に, 然し彼, 珠の, 生命, 盗まれて, 石や, 絶対に, 美事である, 翌朝再, 血統の, 見付かりましたか, 車の, 遂に

▼ 宝鏡先生~ (70, 3.4%)

2 のこと, の方, の誤解, の転任, の運命, は君

1 [58件] がそれ, が壇, が朝倉先生, が校長, が非常, ではなく, とではどうしてこう, とでも誰, との教室, とはほとんど, と彼, にあやまっ, にあやまる, にあやまるん, にあやまろう, にお, にかかえ出される, についてもそれ, についても校長, には宝鏡先生, に会う, に会わし, に君, に対してこれからどう, に対して不遜, に対する立場, に礼, のせい, のよう, の事件, の事件以来, の出発, の君, の家, の時, の見送り, の言われる, の言葉, の送別式, の顔, はいつも, はまだ, はもう一度, はもはや, はやはり, は今回, は糊気, は退職, も弱い, も見えなかった, をたずねた, を乞食, を思いうかべ, を神経質, を見た, を言い伏せ, を訪ね, ノ送別式

▼ 宝~ (63, 3.1%)

2 なって

1 [61件] あれほどの, いうほど, いっては, いわれたこの, いわれる例, お姫様とを, かえること, した例, した訣, し貨幣, すと, すべき物, すること, するなし, するの, するもの, する能力, する風, なったでは, なってるその, なりあらゆる, なります, なるか, なるとか, 云う物, 何かに, 信じ申す, 共に這入つ, 兵糧を, 千松に, 同じもの, 名づく, 呼べば, 呼んでも, 唱えて, 壺との, 変った, 婆さんとは, 定る, 思いあげる御方, 思うて, 思って, 思ふもの, 思われて, 書いて, 書くと, 民族の, 為るに, 生命と, 申さねば, 申せる, 知らぬ, 知れない宝, 結婚しよう, 置き換えられた石, 自由と, 言うので, 言ったの, 言ふ, 言十方一坏の, 誓いを

▼ 宝~ (40, 2.0%)

3 の広告 2 を出し, を塗った

1 [33件] が役に立つ, が護持, が買った, たア気, でも出す, でも水, という人, などを取り出し, などを口, には及ばず, にも対抗, のじき裏, の家蔵, の容器, の広告燈, の紙袋, の角, の販路, はげに, をすゝめ, をのん, をもらっ, を一袋全部, を入れ置きぬ, を取り出し, を口, を含ん, を呑ん, を貰い受け, を飲ました, 取りだして, 持ちたも, 移せし時

▼ 宝~ (38, 1.9%)

3 して, なって 2 なるもの

1 [30件] しようと, しろ景色, するとて, せよ既に, だきしめて, 仕えないかと, 仕えるくらい, 代へ, 奇妙な, 従って, 心を, 思いを, 拝謁を, 敬意を, 構えた用人朝倉忠左衛門, 熱愛し, 用あり, 用ある, 目を, 結婚を, 至りて, 致したいと, 致し候間, 触れさせずに, 触れて, 蹴躓いて, 違いない, 酔って, 随い, 食われる

▼ 宝~ (34, 1.7%)

3 の頃 2 に入り, のころ, の事件, の事変, を経, 現来集

1 [19件] から明和安永, ならびに天明, の三年下河原清左衞門, の何年, の六年, の初め, の初めごろ, の変以来, の大変, の改暦, の気運, の紅絵, の轍, は俊明院殿, より寛政, より明和安永年代, 元年頃, 及び寛政, 過ぎて

▼ 宝~ (28, 1.4%)

1 [28件] あること, いつの間にかなくなっ, うばわれる, おん身の, ことごとく堂宇, この後, こんな美人, その兄, 両方とも, 亦土, 何も, 光らないからだけの, 入りくる港, 及ばない宝, 国民大衆とは, 女に, 孫の, 宝と, 小便に, 必ず海, 我には, 我は, 我波何為わが, 所詮子, 持手が, 播磨が, 無名の, 見えざるを以て

▼ 宝~ (22, 1.1%)

2 の城

1 [20件] でこの, といい, という大きい, と呼ん, などは祈祷盛昌, に修し, に日頃誼みの, に築城, に至っ, のある, のうしろ, の城下, の城中, の山, の池, の花御堂, の門前, へ駈けあがっ, まで運び込んだ, やその他

▼ 宝~ (21, 1.0%)

2 である, の子

1 [17件] か抱沖, があり, が京都, が友人, が妻, が歿, と号, と辻元, の事, の裔小島杲一さん, の邸, は元, は志保, は日光准后宮舜仁法親王, は秋九月三日, を小島成斎, 尚質

▼ 宝である~ (20, 1.0%)

3 ことを

1 [17件] かの理由, が勿論, けれど例えば, その人々, としても人間ひとり, とは興味, と言っ, と言つて差支, のやら, みだりに他人, クイクイの, 司教の, 天皇の, 彼女を, 恐らくは何所, 獅子頭は, 芸術鑑賞に

▼ 宝~ (17, 0.8%)

2 だ, はどこ

1 [13件] が美紅姫, が見付かれ, だの水底, ではあるまい, に噛まれ, に血, の三ツ, の牙, は南, は貴, をしっかり, を使っ, を美紅姫

▼ 宝~ (15, 0.7%)

1 [15件] から此, から毀した, が大久保石見守, ぞ, つたのである, といっ, とし, ともうす, と云う, と思う, と考えれ, と言う, ぼくらは, ま, よ

▼ 宝~ (14, 0.7%)

2 でございまして

1 [12件] かのよう, だ, だけを取上げられれ, である, に矢, のまえ, の隠くされた, は賞め, も無論, をすっかり, を守護, を展列

▼ 宝~ (14, 0.7%)

2 の事件

1 [12件] から時計, がもう, という宝石店, という有名, の主人, の前, の店, の店員たち, の怪事件, の美術品陳列所, の陳列室, は仮

▼ 宝として~ (13, 0.6%)

1 [13件] いましたが, その草履, 人々に, 保存し, 十分評価される, 大事に, 天竺徳兵衛が, 尊重せられた, 漢の, 確かり, 蔵する風, 飾って, 魂の

▼ 宝寺城~ (13, 0.6%)

1 [13件] から彼, に凱旋, に着, に秀吉, の丸太足場, の人々, の工, の旧居, はそれら, へは入らず, へ向った, へ筑前様, へ赴いた

▼ 宝~ (12, 0.6%)

1 [12件] これが, もう一度りっぱ, キキミミという, 図らず獲たん, 土塊とは, 小便が, 有りそして, 有るとも, 猥り, 真に私, 自分だけの, 飾った頭巾

▼ 宝という~ (12, 0.6%)

2 のは, 宝が, 意味で 1 のが, ものは, 人父の, 女が, 方は, 順序だ

▼ 宝~ (12, 0.6%)

1 [12件] に夜, に蝸牛, のしだれ柳, の句, の宵, の花, はおもに, やさ, やどれ, や今度, や力ぢ, や和君裸

▼ 宝~ (12, 0.6%)

3 の一室 1 では秀吉以下, というお寺, にいた, に置かれ, の客殿, の庭, の納所, へ上がっ, を出

▼ 宝~ (11, 0.5%)

3 のです, んだ 1 のだ, のであった, のでございます, 嫉妬が, 顔を

▼ 宝~ (11, 0.5%)

1 [11件] で先生, というところ, と云っ, に居残っ, のどこ, の場合, の洋食三品, はすぐ, へ住みこんだ, へ連れ込んだ, を御馳走

▼ 宝満寺~ (9, 0.4%)

1 こそいま尊氏, とやらを視野, のけむり, のほう, の寺域, の屋根, の本営, の林間, を引きはらっ

▼ 宝~ (8, 0.4%)

5 を持つ 1 が急, という円錐形, を抱い

▼ 宝でも~ (7, 0.3%)

1 あったし, あると, いい値, なく有難い偶像, 何でも, 埋まって, 見付からなかったの

▼ 宝~ (7, 0.3%)

1 じゃ, に四年, に来らざるべからずなれり, に還, の景色, を訪れ, 贈詩和之

▼ 宝~ (7, 0.3%)

1 がこの, だが, などは不, をよこせ, を掘り出す, を盗み出した, を釜無

▼ 宝暦明和~ (7, 0.3%)

2 の昔, の際 1 の円熟期, の市井歓楽詩人, の頃

▼ 宝鹿~ (7, 0.3%)

3 の血角 1 という鹿, の角, は四月, を撃ち止めるです

▼ 宝づくし~ (6, 0.3%)

1 で御座いますから, で材木, にし, の絞, の類, を細かく

▼ 宝二年~ (6, 0.3%)

1 に, には持統天皇, に作った, のこと, の行幸, の話

▼ 宝暦五年~ (6, 0.3%)

1 である, に三十九, に十七歳, の九月, の生, までには百年位

▼ 宝暦年間~ (6, 0.3%)

1 にあり, に京都, に江戸, に生れ, の江戸市中, の町奉行

▼ 宝~ (6, 0.3%)

4 と崇められ 1 で御座ると, として都鄙

▼ 宝あり~ (5, 0.2%)

1 その宝, と, と聞く, 宝中の, 青き焔

▼ 宝さがし~ (5, 0.2%)

1 とは, に成功, に関係, の旅, を始めちまった

▼ 宝よりも~ (5, 0.2%)

1 この陶淵明, どんなに貴い, 富よりも, 尊い霊妙, 赫く

▼ 宝天和~ (5, 0.2%)

2 の間, の間其角一派 1 の頃

▼ 宝~ (5, 0.2%)

1 から智慧, の上, の前, をめぐる, を囲繞

▼ 宝捜し~ (5, 0.2%)

1 でもする, のよう, の案内記, の男, ももと

▼ 宝暦六年~ (5, 0.2%)

1 にはそれ, に至っ, に致仕, の, の坂本運四郎

▼ 宝暦頃~ (5, 0.2%)

1 から明和, には大体, の人, の俳書, までを含ん

▼ 宝~ (5, 0.2%)

3 の中 1 の破片, を持っ

▼ 宝~ (5, 0.2%)

1 が落ち, はたちまち, はみんな武士, も鳴らない, を一つ

▼ 宝陀羅尼経~ (5, 0.2%)

1 というお, という経文, とを貰う, を読誦, を頻りに

▼ 宝じゃ~ (4, 0.2%)

1 そちに, でのう, ものを, アねえか

▼ 宝であった~ (4, 0.2%)

1 が信玄無道, ところの, に相違, のだ

▼ 宝であり~ (4, 0.2%)

1 かつ敵, そして一見, そして吾, 同時に敵

▼ 宝では~ (4, 0.2%)

1 あるが, ございますまいが, ない, ないだろうか

▼ 宝とも~ (4, 0.2%)

1 なるべき新しい, 云ふべき, 何とも言いよう, 花とも

▼ 宝には~ (4, 0.2%)

1 主が, 主は, 及ばないと, 慎しみといふ

▼ 宝~ (4, 0.2%)

1 その他の, 万金を, 宝の, 物産を

▼ 宝七年~ (4, 0.2%)

1 になつて, に亡くな, に長崎, の春

▼ 宝~ (4, 0.2%)

1 鴨が, 鴨も, 鴨や, 鴨他

▼ 宝八年~ (4, 0.2%)

1 とかに九十二, に六条南組, に歿, の頃

▼ 宝叔塔~ (4, 0.2%)

1 の何階目, の在る, の幾階目, や侍郎橋

▼ 宝~ (4, 0.2%)

1 には天人, のこの, の練, は屋台ぐるみ

▼ 宝年間~ (4, 0.2%)

1 に満, に納めた, のこと, まで残り在

▼ 宝暦十二年~ (4, 0.2%)

1 でございましたかね, に完成, に広島, はいったい

▼ 宝暦十年~ (4, 0.2%)

1 にこの, に相成ります, の武鑑, の頃十歳

▼ 宝暦変~ (4, 0.2%)

1 の前後, の折, の時, の陰謀

▼ 宝~ (4, 0.2%)

1 が七重, の枝, もない, を見

▼ 宝石山~ (4, 0.2%)

2 へのぼっ 1 の姿, の麓

▼ 宝競べ~ (4, 0.2%)

1 にとてあまた, に郡, の会, をし

▼ 宝~ (4, 0.2%)

1 っ, とは帝室, の職, はどこ

▼ 宝~ (4, 0.2%)

1 があった, があつ, が伝, が伝わった

▼ 宝~ (3, 0.1%)

1 がし, がしだ, はなり

▼ 宝だった~ (3, 0.1%)

1 のだ, ので, のに

▼ 宝でございます~ (3, 0.1%)

1 から私共, な, 木を

▼ 宝とは~ (3, 0.1%)

1 それこそ, 一飛びに, 何の

▼ 宝をも~ (3, 0.1%)

2 却つて主の 1 忘れては

▼ 宝~ (3, 0.1%)

1 に砂金袋, の上, の江戸鑑小姓組番頭中

▼ 宝~ (3, 0.1%)

1 につかれ, に登らん, に臨み

▼ 宝元年~ (3, 0.1%)

1 にあたる, に従五位下, に新

▼ 宝劇場~ (3, 0.1%)

1 で二時半, の進駐軍専用映画館, は占領軍専用

▼ 宝~ (3, 0.1%)

1 とまで発展, の料紙, の札

▼ 宝~ (3, 0.1%)

1 をとなへ仏, をとなへ夢中, を念誦

▼ 宝四年~ (3, 0.1%)

1 から貞享四年, の四月, の大仏開眼

▼ 宝宮の内院~ (3, 0.1%)

3 に現れた

▼ 宝暦元年~ (3, 0.1%)

1 で平, の冬, を後

▼ 宝暦十一年~ (3, 0.1%)

1 から明和二年, でなくては, に六十二歳

▼ 宝~ (3, 0.1%)

1 がまたたい, という大役, の中

▼ 宝篋院~ (3, 0.1%)

1 である, の楠公夫人, へも楠公夫人

▼ 宝~ (3, 0.1%)

1 の下, をかざした, 大戟

▼ 宝隆寺~ (3, 0.1%)

3 から西一町

▼ 宝だって~ (2, 0.1%)

1 平吉が, 見つかりは

▼ 宝~ (2, 0.1%)

2 やでなう

▼ 宝であろう~ (2, 0.1%)

1 とも人間一人, と思い

▼ 宝です~ (2, 0.1%)

2

▼ 宝としての~ (2, 0.1%)

1 価値の, 大きさ

▼ 宝と共に~ (2, 0.1%)

1 何か, 其の身

▼ 宝なら~ (2, 0.1%)

1 ば成, むや

▼ 宝なり~ (2, 0.1%)

1 信なり, 遊惰は

▼ 宝について~ (2, 0.1%)

1 いよいよあなた, 彼らは

▼ 宝にも~ (2, 0.1%)

1 換え難い, 換難い

▼ 宝~ (2, 0.1%)

1 仕官せよ, 目を

▼ 宝ゆえ~ (2, 0.1%)

1 こそじゃ, 隠して

▼ 宝三年~ (2, 0.1%)

1 に僧勝楽, の四月十一日

▼ 宝丹翁~ (2, 0.1%)

1 とまでなった, は更生

▼ 宝五年~ (2, 0.1%)

1 になっ, に十九歳

▼ 宝~ (2, 0.1%)

1 が潜ん, や美酒佳肴

▼ 宝個処~ (2, 0.1%)

1 がわからず, へ旅

▼ 宝元禄~ (2, 0.1%)

1 の頃, より元治慶応

▼ 宝~ (2, 0.1%)

1 なり彼, に入れ

▼ 宝千鳥~ (2, 0.1%)

1 などで小さい, や黒百合

▼ 宝台山~ (2, 0.1%)

1 と云, を少しく

▼ 宝~ (2, 0.1%)

1 から出し, にかけ

▼ 宝如来~ (2, 0.1%)

1 と釈迦仏, は真理

▼ 宝~ (2, 0.1%)

2

▼ 宝幢寺~ (2, 0.1%)

1 とかにゐる, にゐる

▼ 宝当時~ (2, 0.1%)

1 のまま, のもの

▼ 宝~ (2, 0.1%)

1 伊勢神, 伊勢神と

▼ 宝心丹~ (2, 0.1%)

1 は西大寺, をいう

▼ 宝戒寺~ (2, 0.1%)

1 の並木, の建立

▼ 宝~ (2, 0.1%)

1 についた, へ遣わされる

▼ 宝~ (2, 0.1%)

1 の現出, はパセチック

▼ 宝持つ~ (2, 0.1%)

2 身には

▼ 宝撮影所~ (2, 0.1%)

1 の脚本部員, へ電話

▼ 宝暦七年~ (2, 0.1%)

1 の初秋, の昔

▼ 宝暦三年~ (2, 0.1%)

1 となりました, の三月廿八日

▼ 宝暦九年~ (2, 0.1%)

1 に奉行所, に登勢

▼ 宝暦事件~ (2, 0.1%)

1 すなわち竹内式部, の立て者

▼ 宝暦二年~ (2, 0.1%)

1 の三月初旬, の三月十五日

▼ 宝暦以前~ (2, 0.1%)

1 で安政二年, の浮世絵

▼ 宝暦年代~ (2, 0.1%)

1 にあり, は鳥居派三世

▼ 宝暦時代~ (2, 0.1%)

1 の鳥居清満, より承継

▼ 宝暦末年~ (2, 0.1%)

1 に至る, の劇壇

▼ 宝~ (2, 0.1%)

1 となり, 変じて

▼ 宝~ (2, 0.1%)

1 の, もなく

▼ 宝楼観~ (2, 0.1%)

1 と言, と言う

▼ 宝楼閣~ (2, 0.1%)

1 があっ, がシナ風

▼ 宝~ (2, 0.1%)

1 と共に, と共にここ

▼ 宝~ (2, 0.1%)

1 の中, もなく

▼ 宝泉院~ (2, 0.1%)

1 の雪岑, は陣貝吹

▼ 宝海峡以南~ (2, 0.1%)

1 に分布, の島々

▼ 宝玉堂~ (2, 0.1%)

1 でこの, の大阪

▼ 宝~ (2, 0.1%)

1 の十五度, ヲ現

▼ 宝~ (2, 0.1%)

1 であった, へは金

▼ 宝祥寺~ (2, 0.1%)

1 に営んだ, の住持秋山暁道師

▼ 宝~ (2, 0.1%)

1 そんなよう, と称する

▼ 宝~ (2, 0.1%)

1 が即ち, を一周

▼1* [366件]

ある白衾新, 宝あればごく, 宝もかく, 宝なにか知らない, 宝から電話で, 宝がって離すまいと, 宝ぐらの中, 宝ぐらをつなぐ暗い冷たい渡り, 宝さながら灰燼と, 宝さまのお, 宝さんやおま, 宝すでに討たれぬと, 宝すなわち経蔵を, 宝そのものをわが, 宝それを幸内, 宝それ自身がちと, 宝ぞと思い平常, 宝たる一命を, 宝だけの説明を, 宝だのそれは, 宝つておほか, 宝でありましょうと人, 宝であるし尊像である, 宝であるべきことを, 宝でございましょうな, 宝でしたの, 宝というくらいだから, 宝といふとも一坏の, 宝といふは白玉の, 宝とが前脚, 宝としても稀代な, 宝とて膚艶に, 宝とても初めから, 宝とでも言ったよう, 宝との物語を, 宝とやらは見つからないの, 宝とを同時に失った, 宝なければ常住水, 宝などが要る者, 宝などと系統を, 宝などというものが, 宝などのあらわれて, 宝ならざる如く一坏の, 宝なりと謂は, 宝なりという今按ずる, 宝なる個性の, 宝なんかとつけた, 宝なんかはどうでも, 宝なんざ人が大切, 宝なんぞはどうだって, 宝なんとかの剣, 宝にゃ相違ない, 宝に対しても猶無用心, 宝に対する権利を, 宝への命がけの, 宝みたいなもの, 宝もつ身には, 宝もて宮殿を, 宝もどさんすべもがな, 宝よく数へ, 宝らしいものは, 宝をよおれたちが, 宝クジだの見向き, 宝ッぺ明神さまの宝ッぺ, 宝アリマス日本, 宝ラ・フォンテーヌの作品, 宝一風宗匠がゆられ, 宝七年六月十六日の事, 宝七歳よりもずっと, 宝七歳三月三日防人を, 宝七歳二月坂東諸国の防人, 宝三年四月の条, 宝世にも幸福なる, 宝種馬の, 宝中如意宝珠最も勝る, 宝丹一個を贈っ, 宝丹本舗の主人, 宝丹飲むがさまでつらきかと宣いつつ, 宝丹香いがプーンと鼻, 宝兵宝長者宝という, 宝亀中廷議冗兵をはぶき, 宝二山に接し, 宝二年三月一日の暮, 宝二年三月一日大伴家持が, 宝二年六月十六日に五十四歳, 宝二年十一月晦日の暁, 宝二年十二月雪の降った, 宝二年春四月の末, 宝二年臘月朔日の雪, 宝五年丁巳霜月初旬に及ん, 宝五年二月二十三日大伴家持が興, 宝五年二月二十五日に作った, 宝五年五月はじめて輯録, 宝五年正月に綱村, 宝五年正月四日石上朝臣宅嗣の家, 宝五年秋に至っ, 宝五番目の栄三郎, 宝亭事件の如き, 宝亭富士見楼などといふこと, 宝什御旗楯無の心, 宝什目録に徴する, 宝今回の成績, 宝以後には鼠穴, 宝以降時勢と共に俳優, 宝何年のころ, 宝保鷹山ニ在シ, 宝なし力, 宝信卿通称は圭二, 宝僧宝の三宝, 宝僧正以前になります, 宝元年五月九日越中国府の諸, 宝元年五月十二日越中国守の館, 宝元年十二月大伴家持の作った, 宝元年大仏殿において群臣, 宝元年清の康熙十二年, 宝元年閏五月六日以来旱となっ, 宝兄弟は試み, 宝全部を通行人, 宝八年六月二十七日に死, 宝八庚申正月八日とある, 宝六年戊午二月二十一日の吉辰, 宝に連日満員, 宝に長文, 宝ち貴, 宝劇場二日目今日より二回, 宝劇場今日初日で夕五時半, 宝劒説話の英雄, 宝勝院の方, 宝の高原, 宝に貂蝉, 宝台院に謹慎中, 宝合せをせらるる, 宝名宝はえらい, 宝の, 宝善く人を, 宝器什物ノ有, 宝四年二月に至り, 宝四年二月二日だと, 宝四年六月には石見, 宝四年開眼供養の盛儀, 宝四年閏三月多治比真人鷹主が遣, 宝図鑑という小形, 宝の宝, 宝国土の一々, 宝土四年回異書多半出三蔵, 宝の中, 宝城慶北の金泉, 宝堂玉殿あり其殿, 宝金積玉, 宝多山六湛寺を尋, 宝雑書と, 宝天和貞享を経, 宝夫人の祠, 宝へる哀れ, 宝ひや, 宝といい, 宝女地中より生じ, 宝妹ちよまつには皆子, 宝の絢爛, 宝字七年には従六位上, 宝字七年六月十五日蒼美をおとし, 宝字三年一月の家持, 宝字三年春正月一日因幡国庁に於, 宝字三年鑑真が聖武天皇, 宝字二年の八月, 宝字二年二月式部大輔中臣清麻呂, 宝字二年八月に帰化, 宝字二年春正月三日侍従竪子王臣等を召し, 宝字二年春正月三日孝謙天皇王臣等を召し, 宝字五年に作られた, 宝字五年三月十五日に, 宝字五年光明太后の一周忌, 宝字五年春正月美濃と武蔵二ヶ国, 宝字元年に従五位上, 宝字元年十一月十八日内裏にて肆宴, 宝字六年五月になっ, 宝字四年六月崩御せられた, 宝字四年六月皇后崩ぜられし時, 宝家来があやまっ, 宝寺天王山に衝き, 宝寿徳昌善士である, 宝寿院権僧正の葬式, 宝寿院蔵永禄十年の奥書, 宝の宝, 宝をかけ, 宝幢院の詮舜, 宝があった, 宝のよう, 宝必要ござらぬと, 宝志和尚の作, 宝応元年になった, 宝応年中李の家, 宝性寺安穏寺北のは, 宝性寺日蓮宗で其草葺, 宝息子を無くした, 宝恵帳なぞと縁喜, 宝恵駕籠に見えます, 宝は, 宝房源光が許, 宝手拭という話, 宝持ちながら今, 宝掘りになった, 宝掘る気で, 宝など十軒, 宝晋斎其角が, 宝暦ごろかに, 宝暦七年十二月に松平秀雲, 宝暦三年名古屋では定宿, 宝暦三年四月の八日, 宝暦三年正月五日の夜, 宝暦九年二十一歳大目付触流, 宝暦九年生だから, 宝暦九年竹内式部が山崎流, 宝暦二年二十一歳で長崎, 宝暦二年仲秋行年二十一歳と刻ん, 宝暦二年十四歳で市ヶ谷門外, 宝暦二年正月出板土冏然の漢文, 宝暦以後大黒屋秀民に始まり, 宝暦以後文学の中心, 宝暦以来一八郎や常木鴻山, 宝暦元年四月には越後, 宝暦元年生で三十三歳, 宝暦八年に改易, 宝暦八年三月二十六日に茅場町, 宝暦八年十二月のこと, 宝暦六年二代目を継い, 宝暦六年余廿一歳森氏を娶る, 宝暦六年十一月四日歿といふ事, 宝暦六年美濃巨勢村の山雨, 宝暦初年西村重長の, 宝暦前後の西国, 宝暦十一年八月五日宵闇の薄暗く, 宝暦十一年尾州家では代替, 宝暦十三年の六月改元, 宝暦十二年二十七歳の時, 宝暦十二年二十八歳となる, 宝暦十二年十二月の十五日, 宝暦十二年壬午の事, 宝暦十二年壬午夏四月山県昌謹撰とある, 宝暦十二年独美は母, 宝暦十年二月四日の夜, 宝暦午の年十月六日, 宝暦四年までに十余例, 宝暦四年十九歳の時, 宝暦四年正月の六日年越し, 宝暦壬午二十八歳と云, 宝暦変以来密雲につつまれ, 宝暦安永至治の余光, 宝暦尊王事件なるもの, 宝暦年中吉原の遊女扇屋歌扇, 宝暦年中循州河源に蒋武, 宝暦明和寛政と加速度, 宝暦版の中京絵図, 宝暦頃鳥居清満が紅絵, 宝書中に記す, 宝楽座日劇宝塚中劇場に, 宝木曽街道の松並木, 宝末年に一度, 宝本多光太郎博士はその, 宝を持ち, 宝案時代というべき, 宝楠潘維城に及ん, 宝楽屋のお, 宝樹八株ずつを植え, 宝を開け, 宝正法院の実, 宝比べを催された, 宝などいう, 宝水底に在りし, 宝治二年の九月, 宝治二年後嵯峨院の御, 宝治元年の六月, 宝治元年三月二十日津軽の大浦, 宝治元年十一月二十六日年七十一歳でこれ, 宝治民部卿の御, 宝泉坊に宿り, 宝泉院勝延行者の四人, 宝法宝僧宝の三宝, 宝法師も敵, 宝可蘇倍衣受, 宝洲神洲猴洲象洲女洲ありと, 宝海峡がまた, 宝と云ふところ, 宝満寺裏へ突い, 宝焼酎の瓶詰, 宝燈経机をくずし, 宝牀褥上に坐らせ, 宝がある, 宝玉入の面紗, 宝玉函の蓋, 宝を嵌めた, 宝は其の, 宝のところ, 宝瓶宮の水瓶形, 宝瓶宮磨羯宮射手座天蠍宮天秤座処女座獅子宮巨蟹宮両子宮, 宝瓶紋磨羯線射手線天秤線獅子紋白羊線等すべて上天の親星, 宝生山知善院と申される, 宝発見の心祝い, 宝登山亭という宿屋, 宝登山道としるせる, 宝登神社という, 宝登神社贄川の猪狩明神, 宝ありと, 宝盒抄略といふ書物御堂, 宝に瓜, 宝盤山の上に安坐, 宝相花文もある, 宝相華と花喰鳥, 宝相華勝曼華が透, 宝石づきの仏像, 宝祥寺住持秋山暁道師によって読経, 宝福運の基, 宝有り難い物, 宝の扉, 宝のごとく, 宝にちがい, 宝笑歌不断の陶酔, 宝箇処はいま, 宝篋印高さ, 宝篋印塔の石, 宝る, 宝素入京の事実, 宝素喜多村栲窓等に紹介, 宝素堂等の所蔵, 宝素小島春庵は前年天保六年, 宝結びの荒き, 宝今已空, 宝のごとし, 宝義林をいま, 宝自ずから現われその, 宝に火, 宝といっ, 宝を吐く, 宝蓮花を三唱, 宝蛇奴はそんな, 宝螺貝のやう, 宝螺跳り出でて, 宝全く失わる, 宝なぞ拵え, 宝象宝馬宝主兵宝, 宝はチラチラ, 宝貨充実生を理, 宝でありまた, 宝に召し, 宝に乗っ, 宝輪宝象宝馬宝主兵宝, 宝郎祖弼はわたくし, 宝郎符宝郎っ, 宝重寺と云, 宝の玉一つ, 宝鈔胡同の柴大人, 宝を持つ, 宝鏡先生事件を通じて先生, 宝鏡方俊というむずかしい, 宝鏡方俊願ニ依リ本職, 宝と銅剣, 宝長者宝という順序, 宝院といへる金比羅神社, 宝院下まで送っ, 宝もこぼさずす, 宝顔見世にぶつかり, 宝は浅草, 宝を聞い, 宝馬宝主兵宝, 宝髻形に結ん, 宝鶏県の西南三十五里