青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「宛~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

宗~ ~宗教 宗教~ 官~ 官吏~ ~宙 宙~ 定~ ~定め 定め~
宛~
~宜 宜~ 宝~ 宝石~ ~実 実~ ~実に 実に~ 実は~ 実在~

「宛~」 1482, 16ppm, 7042位

▼ 宛~ (250, 16.9%)

20 手紙を 5 手紙の 4 もので, 手紙, 手紙が, 書翰に, 電報を 3 手紙と, 紹介状を

2 [18件] お手紙, ない手紙, ものを, ハガキに, ハガキには, 一通の, 手紙でも, 手紙に, 手紙は, 授業が, 書留が, 窓新築した, 貯蓄も, 速達が, 遺書が, 遺書に, 遺書を, 郵便物が

1 [163件] ある書翰, お電話, が彼女, この手紙, この遺書, この電報, ござること, さつきの, その届書, その書面, とが同時に, との中, と春三郎宛の, と栄さん宛の, にやき, は僞物, まといを, もどき役を, ものだ, ものだつた, ものに, ものには, も一本, も沢山, をでも, を書き終った, んだ, アナウンスを, カワセが, タライ廻しを, ハガキが, ハガキだった, ロビンソン・クルウソウにな, 一〇〇磅手形は, 一書を, 三日づけ, 上申書で, 上申書の, 事又, 二〇磅手形を, 交代だ, 人間が, 会話で, 例句について, 依頼状を, 価格を, 偽電報, 儀は, 兄からの, 先生の, 八吋砲が, 内容の, 出資, 分が, 分として, 別の, 別室に, 別有る, 労働時間に, 勘定に, 厚い状袋, 同じ手紙, 同型の, 告白を, 夏目漱石による, 大入袋が, 密封書を, 寝台が, 小さな窓, 小切手に, 小包とを, 小包に, 帽子上衣及び, 当り祝ひが, 我々の, 手紙からは, 手紙だった, 手紙だって, 手紙で, 手紙です, 手紙には, 手紙まで, 手紙も, 手紙や, 手紙より, 手紙来, 手紙類は, 投書が, 數通の, 文書が, 暗号電報の, 書状の, 書状を, 書留郵便である, 書簡である, 書簡に, 書簡の, 書翰, 書翰が, 書翰を, 書面が, 書面これも, 書面の, 書面を, 書類を, 来信であった, 枠の, 標準は, 死者の, 為替を, 無い手紙, 無名の, 無線が, 爆裂彈を, 男を, 看守が, 看護婦達が, 知行であった, 短銃を, 石を, 私服が, 秘密電話であります, 窓が, 立札が, 紅白二組の, 署名の, 職人が, 脅迫状さ, 脅迫状である, 脅迫状は, 興奮剤を, 葉書が, 葉書の, 行灯を, 親展書である, 請願は, 警官を, 貯金, 貰い物も, 賃銀引下げが, 足跡の, 辞表を, 通信の, 速達も, 遺書には, 遺書の, 遺書は, 郵便が, 郵便どこよりも, 郵便物は, 郵便物を, 酒代を, 重量と, 金で, 長い書置き, 長瀬澄江さんの, 限を, 雲浜書翰に, 電報が, 電報だつた, 電報に, 電報は, 願書が

▼ 宛~ (211, 14.2%)

9 手紙を 6 して 5 送って 4 出して, 次の 3 この手紙

2 [15件] するもの, なって, もう一つ, 上申書を, 下すった, 寄越した手紙, 手紙が, 提出された, 書いた手紙, 書いて, 書面を, 来た手紙, 来た書状, 鍋臍灰を, 電報を

1 [150件] あの手紙, いたしおき候えば, いと重, いろいろな, おかきに, お手紙, お頼み, かかれて, くる荷物, しきりに一週間, したかも, した密封, しなければ, するほか仕様, そしてグレーテ, そのこと, その原稿, そんな馬鹿, つづく, である, とどいた無名, とどく, なつて, ならない, ならないといふ, ならないもの, ならんもの, なら坂, なりやしません, なるか, なるもん, なる事, めずらしいこと, もう一度手紙, よこしました, ザムザ夫人は, 一つだけ, 一文芸部総長を, 一通を, 一通与力同心衆一同として, 一通西善三郎へ, 三月十四日に, 三石ずつも, 下さる様, 二通の, 五本の, 今度帰っ, 何十通と, 何度手紙を, 倫敦の, 出した, 出したが, 出した合計三十七ポンド十五シル, 出した書翰, 出した漱石氏, 出した覺, 出すもの, 出京督促の, 分けたもの, 分裂し, 割られて, 参りました, 参りましたもの, 取りやす, 同趣旨, 品物を, 土塊を, 外交團の, 大いに怒った, 好い報知, 寄せられたもの, 寄越す礼状, 屆い, 届いたの, 届けろと, 山野が, 左の, 廻状を, 弔状を, 形勢の, 御通知, 思はぬ書留郵便, 恨みつらみを, 愬へ, 成らない, 成らないサ, 成らぬ事, 成りましょう, 成るものぢ, 所持する, 手紙書く, 打った電報, 投函した, 提出させた, 握手を, 文通する, 文部省に, 書いた, 書いた重吉, 書き送った, 書き送つた, 書き送つたもの, 書き送つて貰ひたい, 書くとき, 書くよう, 書く手紙, 書信を, 書送ろうとして, 書面が, 来た, 来たあの, 来たきり, 来たの, 来て, 来る郵便物, 残して, 注意したら, 澤山來る, 無事に, 特電が, 発信する, 発送し, 発送した, 知らせて, 私の, 簡単な, 肌着として, 計五十万円, 詫手紙を, 認めた手紙, 認めた書翰, 赤彦君危篤の, 返事が, 送った告知状, 送られあなた, 送られた, 送られたこと, 送られたと, 送られたもの, 送られた激励文, 送り出したが, 送る, 送るべく命ぜられて, 郵便で, 郵送させた, 長文の, 除害の, 電報が, 頼んだの, 養子を

▼ 宛~ (159, 10.7%)

4 ない 2 これ絶美なる, ないのに, 事件の, 水の

1 [147件] ありさうな, いろいろな, お手玉でも, お浦, この家, そうなる, その常に, たせた, とつて, とれるん, ないけれども, ない事, ない人, なかった, なかつた, なくうろつき, なくまた, なく彷徨, なく彼女, なく歩いた, なく町中, なく考え, なく逃げ惑っ, なく長崎市中, なしに, まだ家, よし九月晦日, よし京都, 三年前の, 下婢の, 二個の, 人が, 人の, 人造花の, 今までの, 仏の, 伯楽の, 何かに, 何かの, 余が, 余と, 余の, 兵卒に対する, 其のサリー地方, 其前に, 冒涜の, 写真の, 冬時に, 初めて胡桃, 卜筮人相等の, 友人をでも, 取ったら宜, 受驗生の, 古武士が, 塔の, 境遇の, 壁から, 外より, 夢の, 天に, 太陽の, 學生が, 宙に, 室の, 小娘みたいだった, 少し風, 少年の, 巨大なる, 幽霊の, 彼自身の, 後世倭姫命が, 徐々に身, 念仏交り, 恋人で, 恋人の, 息を, 悪戯児供の, 戰場の, 扇とも, 持って, 挨拶でも, 日常の, 昔検事で, 時代錯誤では, 暫く振り, 替えね, 桂の, 気焔を, 水中で, 泥坊猫が, 海へ, 海藻の, 深い水底, 滑り下りた手際, 滿人の, 火の, 燃ゆる, 燕の, 物に, 狂へる, 狂人が, 独言を, 猟犬が, 猫が, 瓶の, 病人の, 皓々と, 盗人の, 目に, 真空の, 眠って, 眠り転び, 眠れる村人, 眼鏡の, 石の, 石塊に, 磁石が, 磨硝子を, 秘すべき裏, 稲妻の, 空中へ, 立木の, 節穴からでも, 簀巻の, 老人自らが, 胸の, 自ら築きたつ, 自分自身に, 薬綫の, 藥綫の, 蛇蝎にでも, 覗き出しかけた, 言附られし, 訴訟依頼人に対して, 足を, 遺言状の, 部厚い, 酒の, 酔漢の, 醉狂せる, 鉄の, 銀泥を, 陥没地の, 電光に, 風の, 飛行機の, 馬鹿に

▼ 宛~ (65, 4.4%)

3 届いた 2 それを, タナグラの, 来た手紙

1 [56件] かためて, くれても, こういうもの, こんな長い, すべてが, その三枚, もう二度, ようございます, カムフラージされた, ケビンの, 一斤八です, 五個買い, 令嬢の, 倉庫の, 先達て送, 先達て送っ, 六本買う, 出した, 出しました, 呉れれば, 哀訴嘆願の, 土で, 売りつけて, 女獅, 女護の, 好いから, 宜しうございます, 専門に, 小さな森, 小供, 川ぢや, 愚な, 書いた大変, 書いた手紙, 書き残した手紙, 来たという, 来て, 来ること, 東京の, 梶棒を, 此の間日仏銀行から, 火の, 熊でも, 狂人の, 瑠璃色の, 石の, 穴の, 裳が, 貴方の, 買つたらう, 買ふ, 躍り狂, 身体の, 酒屋の, 醒めながら, 音楽の

▼ 宛かも~ (36, 2.4%)

1 [36件] この場所, それが, それで勇気, キュウリや, ソバすなわち, 三味線の, 上と下との, 中性の, 五つつに, 佳人の, 刀で, 初め目的を, 土器を, 壺に, 女子供, 政治家中に, 新潮社版の, 既に目的, 昭和初頭の, 木耳を, 東洋の, 果樹園の, 某々の, 河を, 涙香文学中の, 牛肉屋の, 白に, 硫黄の, 神の, 私自身の, 節穴を通して, 肉体ぐるみ実地に, 背中から, 蜂の, 青い木の葉, 髪結の

▼ 宛~ (30, 2.0%)

4 いました 2 ない, ひて, われた

1 [20件] ある, いながら, い扶持, い渾身, い片手, うなんて, う事, えば, おうとし, ないの, ないのに, わない, われた役割, われた章, われて, われないで, 出来たこと, 外れたので, 届く事, 這入つて

▼ 宛~ (21, 1.4%)

2 含むもの

1 [19件] して, 与へた, 何時も私, 出さしめ米, 取りしこと, 取り出して, 持たせて, 持ち僕, 採り得た, 朗読し, 標本に, 権利として, 毎学期, 臨時賞として, 貰って, 貰つて居る, 贈呈す, 遠征し, 遣つて加番

▼ 宛~ (21, 1.4%)

1 [21件] から孟達, から望まれた, から樊城, から起った, にいる, において情勢, に入っ, に張繍, に近し, に閑居, のうち, の中, の内外, の周囲, の田舎, の運命, へ勅使, へ迫った, へ進発, を根拠, を葬らん

▼ 宛~ (13, 0.9%)

1 [13件] あったが, ある様, いって, ないの, なおさらである, 休息時間を, 十分に, 単純な, 畑耕一氏だつた, 縛られない五六人, 菱苅には, 送る, 遠ざかつてゐた

▼ 宛~ (10, 0.7%)

1 しつ, す, たらざるべからず, たる唄, たる嬌声, たる嬌音, たる鶯, て糞, として満, 甚だ鈍し

▼ 宛行っ~ (9, 0.6%)

2 て見せた 1 たりその, たり来, てある, て当惑, て置こう, て見た, て過ぎ去った

▼ 宛しか~ (8, 0.5%)

1 ないぞと, なかつたが, 上って, 上りませぬ, 出来ませんでしたが, 家が, 渡さなかった, 買わないこと

▼ 宛がって~ (7, 0.5%)

1 享楽させる, 初孫の, 力任せに, 孫の, 置いても, 自分の, 食事の

▼ 宛~ (7, 0.5%)

1 する所, すれば, 住所が, 來ては, 名古屋に, 来ては, 極めましょう

▼ 宛ながら~ (7, 0.5%)

1 入江を, 可愛い乙女達, 夜の, 天を, 眼を, 碧玉の, 足の

▼ 宛には~ (7, 0.5%)

2 ならないがね, ならぬ 1 ならぬという, ならんが, ならんシ

▼ 宛~ (6, 0.4%)

1 かと思う, か判らず, もので, ものであった, ものであろう, 手紙を

▼ 宛として~ (6, 0.4%)

1 ここは, この顔ぶれ, 小信長, 神楽調である, 祭日の, 魔だ

▼ 宛持つ~ (6, 0.4%)

3 てゐる 1 て来ました, て無分別, て行つて敬意

▼ 宛~ (6, 0.4%)

1 が之, さの, たるもの, といふもの, の神君, 銀竜矯矯盤旋

▼ 宛たる~ (5, 0.3%)

1 加治木中學校長田代善太郎氏の, 山の, 末件の, 炎の, 船陣を

▼ 宛手形~ (5, 0.3%)

1 がフランス, が一〇〇磅, が購買, と同じ, に対するこの

▼ 宛持っ~ (5, 0.3%)

3 ている 1 て十一時, て来

▼ 宛~ (5, 0.3%)

1 つたり, という約束, はれたこと, はれて, へば主人

▼ 宛がっ~ (4, 0.3%)

1 たりし, ていた, てさえ置い, てどっさり

▼ 宛~ (4, 0.3%)

1 不思議と, 此は, 絵画の, 難事とは

▼ 宛にて~ (4, 0.3%)

1 やる事, 云つて來い, 御差出, 毎日御

▼ 宛~ (4, 0.3%)

2 を借り散らし 1 の有る, を貰っ

▼ 宛ある~ (3, 0.2%)

1 という, のも, 毎年卒業生が

▼ 宛~ (3, 0.2%)

1 ごく少ない, 或は美川君, 食べて

▼ 宛がら~ (3, 0.2%)

1 今にも戦が, 今にも戰, 病み弱

▼ 宛です~ (3, 0.2%)

1 があなた, が私, ね

▼ 宛でも~ (3, 0.2%)

1 やりたいと, よろしい, 随行者に

▼ 宛なし~ (3, 0.2%)

1 にブラブラ, に歩い, に足

▼ 宛にも~ (3, 0.2%)

1 なって, ならぬこと, なりませんし

▼ 宛~ (3, 0.2%)

1 て大, て居た, て来

▼ 宛出す~ (3, 0.2%)

2 ことに 1 さうである

▼ 宛太宰~ (3, 0.2%)

2 と富栄連名 1 の書簡

▼ 宛~ (3, 0.2%)

1 が亡われ, にしてる, へ向

▼ 宛無し~ (3, 0.2%)

1 だったの, に私達, の電話

▼ 宛百円~ (3, 0.2%)

1 ずつ家族, ずつ引き出せる, ずつ預金

▼ 宛行う~ (3, 0.2%)

1 て置いた, て雛はん, にも岸本

▼ 宛行つて~ (3, 0.2%)

1 その上, も喜ぶ, 遣れば

▼ 宛~ (3, 0.2%)

2 ふさうだとか 1 ひ込んだので

▼ 宛身体~ (3, 0.2%)

1 に結び付けます, の位置, をぶつ

▼ 宛~ (2, 0.1%)

1 出しに, 取りなさいつて言

▼ 宛がった~ (2, 0.1%)

1 としてもやはり, なり顎

▼ 宛くれ~ (2, 0.1%)

1 ていい, てやる

▼ 宛ぐるぐる~ (2, 0.1%)

1 回った, 廻つた

▼ 宛この~ (2, 0.1%)

1 人の, 包みを

▼ 宛その~ (2, 0.1%)

1 禿頭の, 計算すら

▼ 宛それ~ (2, 0.1%)

1 が出来る, に果実

▼ 宛たべ~ (2, 0.1%)

1 てはお, 物と

▼ 宛~ (2, 0.1%)

1 が値, とさ税金

▼ 宛つけ~ (2, 0.1%)

1 てあ, て下さい

▼ 宛では~ (2, 0.1%)

1 ないの, なくヒラメ

▼ 宛とは~ (2, 0.1%)

2 表面だけの

▼ 宛~ (2, 0.1%)

1 のだ, のよ

▼ 宛やる~ (2, 0.1%)

1 こと, 又代り

▼ 宛よく~ (2, 0.1%)

1 なって, なる

▼ 宛三季~ (2, 0.1%)

1 に, に享保年中

▼ 宛並ん~ (2, 0.1%)

1 でゐた, で印され

▼ 宛五十円~ (2, 0.1%)

2 とか百円

▼ 宛~ (2, 0.1%)

1 つたやう, り代り

▼ 宛交代~ (2, 0.1%)

1 して, に眠る

▼ 宛伊藤博文~ (2, 0.1%)

2 の手紙

▼ 宛~ (2, 0.1%)

1 の割合, は必ず

▼ 宛分け~ (2, 0.1%)

1 てやる, 合つて食べる

▼ 宛別に~ (2, 0.1%)

2 手に

▼ 宛吹い~ (2, 0.1%)

1 てお, て行った

▼ 宛四五人~ (2, 0.1%)

2 へ御託

▼ 宛~ (2, 0.1%)

1 まるか, まる東京言葉

▼ 宛平県~ (2, 0.1%)

1 に宛平県, より順天府

▼ 宛書い~ (2, 0.1%)

1 て与えた, て行ったら

▼ 宛~ (2, 0.1%)

1 が読める, を持っ

▼ 宛~ (2, 0.1%)

1 して, つた

▼ 宛~ (2, 0.1%)

2 込んで

▼ 宛現在~ (2, 0.1%)

2 の境遇

▼ 宛~ (2, 0.1%)

1 上げます栃木縣下都賀郡谷中村, 上げやう

▼ 宛百金~ (2, 0.1%)

2 に近い

▼ 宛積立~ (2, 0.1%)

1 の出來, の出来る

▼ 宛空け~ (2, 0.1%)

2 て呉れ

▼ 宛立つ~ (2, 0.1%)

1 てゐる, て見張

▼ 宛~ (2, 0.1%)

1 にのせ, に乘

▼ 宛~ (2, 0.1%)

1 のよう, を持つ

▼ 宛茶碗~ (2, 0.1%)

2 の底

▼ 宛行われ~ (2, 0.1%)

1 ている, ても揺られ

▼ 宛~ (2, 0.1%)

1 てみや古, に来る

▼ 宛買っ~ (2, 0.1%)

1 てやった, て来い

▼ 宛~ (2, 0.1%)

1 たる各, の微妙

▼ 宛送っ~ (2, 0.1%)

1 ている, て置きました

▼ 宛送る~ (2, 0.1%)

2 旨を

▼ 宛運ん~ (2, 0.1%)

1 でゐた, で二階

▼ 宛配達~ (2, 0.1%)

1 されて, 致して

▼ 宛開けない~ (2, 0.1%)

2 で元

▼ 宛陵王文恭~ (2, 0.1%)

2 の集

▼ 宛集る~ (2, 0.1%)

2 といふ

▼ 宛食つた~ (2, 0.1%)

2 だけな

▼ 宛~ (2, 0.1%)

1 とほぼ, の背中

▼ 宛高島先生~ (2, 0.1%)

2 は急がし

▼1* [400件]

あった事とて, 宛あつて彼, 宛あとになっ, 宛ありて甚だ, 宛いま自分が出した, 宛うしろにはまだ, 宛お供が出来ます, 宛お母さんの金, 宛お送りしたわけ, 宛かずかずの変, 宛かなはぬ, 宛かならず例の, 宛から引揚げようとして, 宛かを根気よく, 宛がら一大湖水, 宛がら天魔の怒り, 宛がら死せるよう, 宛がら狂える馬, 宛がら竜に異ならず, 宛がら行手を遮る, 宛がら雲霧の中, 宛がら雷のよう, 宛きまった作男を, 宛くつ附けて, 宛くり返した, 宛くり返してけい古, 宛これも左右, 宛こんな珊瑚の, 宛さしてみんな自分, 宛ても好い, 宛しがみついて居る, 宛じゃ何う, 宛すえ置くよう, 宛すつと串, 宛すなわち北爾肯州の, 宛それからその後に, 宛たより頂いている, 宛だつたが新吉, 宛や面倒, 宛っているお, 宛投り込んだ, 宛つきや呉れない, 宛つべき漢字が, 宛つまみ上げて青白い, 宛つるに, 宛ということに, 宛としても二時間半の, 宛とったのでもう, 宛ともなく狹, 宛他人に, 宛どもなく街, 宛なく彷徨って, 宛なぐり付けますと豚吉, 宛などあるの, 宛なりと載せて, 宛なりとも申上げ, 宛なれど汁, 宛にてもよろし, 宛くれますよ, 宛はっきりと文字, 宛ふりたれども, 宛への報告が, 宛ほどの彼らが, 宛またはハムブルグ宛の, 宛まんじゅうを貰った, 宛みんなにお, 宛もうすっかり出来て, 宛もらって頼まれた, 宛やらされる, 宛やりますよ, 宛より抜書, 宛られたものは, 宛に及んだ, 宛わけて貰った, 宛わねえで自殺, 宛われている, 宛われず然も, 宛をも受けずすべて自弁, 宛アゲること, 宛ガヴリと呑ん, 宛チャールス・チャップリン宛の手紙, 宛てえの, 宛テ沼波利久佐此間ニ云豆知波里トシテアルヲ古名録ニ益母草苗也今名めはじき, 宛デパート式のデパート, 宛ピンセツトでつまんだ, 宛メダルを残し, 宛当門子, 宛一ヵ月間記し続けて, 宛一万円程度を支払う, 宛一年半だったか, 宛一週一回の放, 宛三区に分つ, 宛上向きに出, 宛与えるかくの, 宛の良馬日, 宛両側に並ん, 宛両手に持っ, 宛両方へ呼ん, 宛並べて敷く, 宛並んだ十二の, 宛丸裸体の人間, 宛丹念に修繕, 宛も無い, 宛二三十枚分も受, 宛二人礼をする, 宛二度位ひは, 宛二軒の茶見世, 宛二銭の傍聴料, 宛交じつてゐた, 宛交じっていた, 宛交ったような, 宛は江戸薬研堀, 宛人数だけだ, 宛介十二石被成下, 宛伏せて二人, 宛会社の方, 宛伝わっている, 宛萬延元治年, 宛位中学校があっ, 宛余計に置い, 宛修繕費が必要, 宛に引き寄せ, 宛傍聽人に擲, 宛及び, 宛僕宛秋川駿三宛のさつき, 宛僧侶の読経, 宛儲かるわよ, 宛儲けて帰, 宛先代の隱居, 宛克明に拾, 宛入りやすが其の, 宛入れてある, 宛入れた奴が, 宛入浴に出かける, 宛六段の書架, 宛れは, 宛冷却して, 宛出して來, 宛出しムネ・シユリイ其他の名優, 宛出し合うて牛, 宛出し総て湯島天神境内の体, 宛出せば立ち退かない, 宛出るといふ話, 宛出版する小, 宛分銅改めの密使, 宛て擧げ, 宛切り取って丁度一万年分, 宛切り立てて舞台, 宛判って来た, 宛別々でなけれや, 宛前後に一列, 宛前納すること, 宛剥ぎ取り竊取し, 宛勝っていた, 宛十個の部屋, 宛十円ずつ出す, 宛十回ほど注射, 宛十銭ですって, 宛午後一時前後にこの, 宛半分に下宿, 宛収入が六五パーセント以上八〇パーセント, 宛取次をもっ, 宛受取つて袂に投げ込ん, 宛古い書物を, 宛召上つて御覽, 宛召上つて御覧なさい, 宛同人書翰に見え居候, 宛同僚を立たせ, 宛ひ合, 宛向い合って並ん, 宛向き合つてそれが三組, 宛吟味して, 宛含ませて居た, 宛含んでいる, 宛呈上致します, 宛呉れてやる, 宛呉れたものである, 宛うこと, 宛んでいる, 宛と何, 宛四つのもの, 宛四ツの鼓箱, 宛回復するだらう彼処, 宛在るが如く成り居るなり, 宛地階から六階, 宛城方面へ移駐, 宛城諸道へ配布, 宛し缺きし, 宛夜毎に札, 宛大観氏の画, 宛大阪の打ち, 宛だ, 宛如商売取引のよう, 宛如子供でも扱う, 宛如狂人乱心のもの, 宛如萍在水, 宛宛丘の良馬日, 宛の食べ, 宛家庭教師の仕事, 宛家庭訪問に来る, 宛寄っちゃ念仏, 宛寸法を縮め過ぎた, 宛小瓶の中, 宛小石が載っかっ, 宛小遣を持たし, 宛少し宛冷却し, 宛屋根裏へ落ち, 宛をなし, 宛履かせたような, 宛や谷, 宛岡本黄中の書信, 宛嵌めて見た, 宛嵌められるのも, 宛嵌め得るような, 宛嵌め眺めるのであった, 宛川岸の石崖, 宛差してゐる, 宛巴里へ宛, 宛平均三十秒はかかるであろう, 宛年齢を殖やし, 宛弥兵衛は仙辰一座, 宛形式化し硬化, 宛征討もたかだか, 宛をし, 宛給仕に, 宛御祖師様へ五つ, 宛御飯を口, 宛をし, 宛必ず挾つて腰を, 宛を入れ, 宛思い出してはそれ, 宛を抜き, 宛に演習, 宛慶長十七年四月十二日附の武蔵書簡, 宛懸けるのである, 宛に取, 宛手当が出た, 宛手紙を下さい, 宛抜いてそれ, 宛抜萃されて, 宛へて浮, 宛へて貰, 宛持たせ帶の, 宛持寄って飲ん, 宛振舞はれるので, 宛捕るとすれ, 宛接近して, 宛播いております, 宛り抜いて, 宛擦りぐらいは有ろう, 宛教えられたけれど教える, 宛ばつて, 宛うして, 宛新しいお話を, 宛に三度, 宛日増しに伸び, 宛日本美術史を講じ, 宛起会といふ, 宛昼夜張番をし, 宛時枝のおやじ, 宛時間を合せ, 宛晩酌にとる, 宛曰ク二室人にかす, 宛書いたものである, 宛書きや小, 宛書信三通をどうぞ, 宛書留で出した, 宛書留速達の分厚い, 宛書翰を思ふ, 宛村上彦四郎氏邸やその他, 宛東京から電報, 宛東京逗子間を往復, 宛枕違ひに, 宛の尖, 宛を入れ, 宛つた, 宛残して年, 宛殖えて行く, 宛殖やしたので一, 宛をつけ, 宛浮世絵における奥村政信鈴木春信ら, 宛減らしてゐる, 宛渡された茶呑茶碗へ, 宛溜つた泥が厚, 宛演舌させて, 宛漬物石を結び付け, 宛無理を陳べ, 宛て味, 宛生れるように, 宛生命を縮め, 宛痺れる様に, 宛発作的にビクリ, 宛登って行かせた, 宛發作的にビクリ, 宛白湯で丸呑み, 宛百人の鎧武者, 宛目立って見えました, 宛相手に快活, 宛着物を拵え, 宛硝子玉を以て砂金, 宛秋川駿三宛のさつき, 宛積みあげる娘さんの, 宛込んで, 宛米二合八勺として十月一日, 宛粘り込んでいる, 宛紅玉が落ち, 宛紅矢の枕元, 宛組みになつて蕭条, 宛組み合わせて一室, 宛が上がり初めました, 宛締めて薬, 宛のたすけ, 宛置いてあ, 宛置いてるのよ, 宛美事な印画紙, 宛念に, 宛脇勝太郎米倉倬次郎に三十目筒一挺宛, 宛自分の消息, 宛舐めて行く, 宛舟三艘に乘つて入江, 宛に引上げ, 宛芸当の小手調べ, 宛英語を書い, 宛落ちて来, 宛落ちたるは烏, 宛葉書の写し, 宛行いながら無邪気, 宛行わなければ割れる, 宛行われたほどのひっそり, 宛行わん間如何にと重ね, 宛行列を立て, 宛行十四人扶持被下置, 宛行軍したッけが, 宛から借りる, 宛成下, 宛要領の得, 宛見るも凄まじき, 宛見計らって買い入れる, 宛計りに立並び, 宛訪ねようぢや, 宛調えて行く, 宛貢納シ人夫労役ノ要, 宛貪られるがな, 宛貯金をなさい, 宛貯金筒に投げ込ん, 宛ふのよ, 宛買いに来, 宛買えばいい, 宛買つて一本点けて, 宛買つて一本點けて出た, 宛賜わってお, 宛赤丸が付け, 宛踏んで居る, 宛転悠揚としてわたし, 宛転滑脱となり, 宛軽々と持つて, 宛軽く息を, 宛載っている, 宛がある, 宛返事を求め, 宛送附され度, 宛逢つて手のちぎれる, 宛運び酒倉につ, 宛道場の扉, 宛違ってい, 宛違つて来ては, 宛違へた位で総て研究, 宛選り抜かれて集まった, 宛都合三つ取付けられて, 宛都合四人の子供, 宛鄭寧に丼, 宛配給した, 宛金持ちの祝儀, 宛のついた, 宛銀貨を数, 宛は市況, 宛長い毛が, 宛開いてあと, 宛開いたまんま数知れず, 宛隔つて行つた, 宛かす, 宛や雨, 宛零れおちるやうに, 宛電報を打つ, 宛青い壺を, 宛頂戴して, 宛順々に歌つて, 宛頼んだ事が, 宛飛ばして三日半, 宛食べ蜜柑を, 宛食料を入れる, 宛飲むぞ, 宛飲んだとすれ, 宛の前, 宛高くなって, 宛高貴な香油, 宛髪毛の中, 宛の習性, 宛汲み舟, 宛黒塗の轆轤細工