青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「宗~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

安らか~ ~安全 安全~ ~安心 安心~ 宋~ ~完全 完全~ ~完成 完成~
宗~
~宗教 宗教~ 官~ 官吏~ ~宙 宙~ 定~ ~定め 定め~ 宛~

「宗~」 5529, 60ppm, 1921位

▼ 宗~ (889, 16.1%)

17 はこの 15 はその 13 はそれ, はまた 12 の方 11 は御 108 の顔, は自分 7 が云った, と御 6 の前, の眼, の頭, はただ, は安井, は小 5 が東京, にはそれ, に向っ, はすぐ, は何, は固, は少し 4 の所, はそこ, は役所, は苦笑, を見

3 [19件] から見る, に取っ, に話した, の心, の様子, の耳, の胸, はしばらく, はせっかく, はついに, はもう, はやむを得ず, は主人, は今, は例, は夜具, は大きな, は始め, は心

2 [75件] が云う, が始め, が小, が帰った, が御, が机, が答えた, が聞いた, が聞く, が自分, と並ん, と安井, と小六, と枕, に, にはこの, にはその, に話し, のここ, のゆめ, の家, の父, の言葉, の邸宅, はあと, はある, はいっそ, はいつも, はこういう, はこれ, はそう, はそれなり, はとうとう, はともかく, はなお, はもう少し, はやっぱり, はようやく, は一人, は下, は両手, は二人, は全く, は別に, は助け舟, は周囲, は多少, は家, は己, は床, は弟, は手拭, は文庫, は昨夕, は暗い, は横, は玄関, は男, は突然, は答えた, は細君, は縁, は考え, は耳, は腕組, は腹, は腹の中, は落ちつい, は重ね, は障子, も御, も掛り人, を見た, を見る, 海へ

1 [470件] からいろいろ, から云う, から労わられた, から相当, から笑われた, から聞いた, が, がいい, がいつ, がいなくなっ, がここ, がこの, がそれ, がただ, がなるほど, がまた, が七役, が二人, が云い出す, が京都, が今, が例, が出, が叔母, が名宛, が外, が容易, が広島, が弁解, が文庫, が極端, が眼, が福岡, が聞き返した, が興味, が行く, が行く行く, が見, が見つけ, が解釈, が起きる, が進まない, が進みたがらない, が遊び, が鎌倉, が鏡, が電車, が霜, が風呂, さえ一度, だけを意識, だつて, っていう早変わり, であった, であるが, といっしょ, といったもの, とかいうせがれ, とは文庫, とハイカラ, と一時間余り, と坂井, と安之助, と自分, なかなかの, なら目, にこんな, にさえ知らせなかった, にそのまま, になっ, にはだいぶん, にはまるで, にはよくも, にはわざと, には何, には大変, には宜, には少なから, には彼, には心元, には毫も, には父母未生以前, には耳新, には近く, には陽気, には顔, にもこんな, にもその, にもそれ, にも京都, にも御, によく, に与えた, に云っ, に入室, に千両貸し, に卷き上げられた, に吉五郎, に告げた, に微笑, に打ち明けない, に挨拶, に教え, に教えた, に本当, に注意, に渡した, に着せる, に聞いた, に聞かした, に蝋燭, に見せ, に訊いた, に鄭重, に頼んだ, のいない, のする, のため, のほか, の事, の云う, の代り, の傍, の内密, の前後, の叙述, の口, の同僚, の命令, の坐っ, の堪える, の外, の夢, の宅, の家庭, の尻, の山, の帰り, の後, の後ろ姿, の後姿, の感覚, の態度, の懐, の手, の手際, の持っ, の月給, の枕元, の果断, の歯, の気, の泊っ, の活計, の淋し, の申し出た, の痛い, の着物, の穿く, の答, の考, の耳朶, の茶の間, の薦める, の説明, の請求通り, の身体, の過失, の野郎, の面, の預け, の頼んだ, の額, の顏, の鼓膜, はあまり, はありがたく, はあんな, はいまだに, はいよいよ, はいる, はおい小六, はおかしく, はおよそ, はきしん, はこの間, はこれら, はこんな, はしきりに, はせんだって話, はそういう, はその間, はそれから, はそれぎりけっしてその事, はそれぎり手紙, はそんな, はたして一座, はちょっと, はついで, はつくづく, はできるだけ, はどういう, はどこ, はひたすら, はふと, はほとんど, はぼんやり, はまるで, はむしろ, はもっと, はもと, はもみ手, はやはり, はやはり精いっぱい, はわが, はわざと, はわざわざ, は一封, は一応, は一番奥, は一目, は一眼, は一般, は一見, は一銭五厘, は丁寧, は七日, は三人, は不思議, は世の中, は両, は久し, は久しぶり, は予期, は云った, は五六日前伊藤公暗殺, は五十六七, は亡児, は人, は今日, は仕方, は仕立, は会計, は佐伯, は何とも, は何気ない, は例刻, は元, は先刻, は先祖, は兎, は再度, は凡そ, は出掛けた, は別, は到来, は剛, は勝手口, は匆々, は医者, は午, は半, は単調, は叔母, は台所, は同僚, は喪家, は四五分対坐, は国会議員, は坂井, は坐, は坐っ, は坐禅, は外, は外套, は大いに, は好い加減, は好奇心, は始, は始めて, は始め夢窓国師, は威張っ, は子, は子飼い, は学校, は宜, は実直, は寒い, は實直, は屏風, は帰り路, は常, は平生これ, は年来, は床の間, は床柱, は座, は当時, は後暗い, は微笑, は心から, は心配, は怖く, は思い出した, は急, は恐るべく, は意, は愛すべき, は感心, は慰, は懐手, は戸, は所, は手枕, は抱一, は押しつまっ, は指, は挨拶, は挨拶かたがた屋賃, は揉み手, は揉手, は敷居際, は日, は早く, は昔, は昨夜, は時々, は曲んで, は最初それ, は朝, は枕辺, は案外, は極めて, は楽々, は横浜, は次の間, は気の毒, は汽車, は沈黙, は注, は流産, は浴衣, は海, は淋しい, は清, は潔, は濡れた, は炬燵蒲団, は無論, は然, は父, は生き残った, は町, は疑, は痛み入る, は白い, は相当, は眉, は眼, は着流し, は石, は礼, は立ち, は立つ, は笑い, は笑い出した, は笑っ, は箔, は箸, は糸底, は約, は線香, は羨やましい, は義理, は老師, は肱, は背, は腋の下, は腰, は膝, は自然叔父, は自覚, は至る, は苦しかっ, は茶碗, は落ちついた, は葬式, は蒲団, は薄笑い, は蘇, は蝋燭, は袖, は裏, は見た, は覚えず, は註, は詩, は話題, は謹ん, は貰い, は車, は近づい, は過去, は郵便, は銀金具, は門, は非常, は頭, は風の音, は駿河台下, は驚ろ, は黒い, は黙っ, も, もそこ, もその, もそれ, もちょっと, もつい, もついに, もどう, もひどく, もやむを得ず, も二尺余り, も云い出した, も今, も今日, も今更, も別に, も厚い, も叔父, も口, も多少, も小, も帰っ, も帰れ, も得意, も愛想, も朝, も樹, も聞く, も茶の間, も途方, も面白く, も顰, よりも気分, より先, より後れ, をもっ, をやり込めた, を動かす, を呼ん, を寒, を導いた, を手術室, を款待, を眺めた, を笑わした, を縛る, を見上げた, を覗い, を起し始めた, を送り出し, を顧みた, を驚ろか, 出せッ, 夫婦を, 自身であった, 自身は, 鍬を

▼ 宗~ (694, 12.6%)

9 時代に 8 時に 7 僧侶は, 開元 6 寺院は 4 人は, 名称 3 ごとし, 世で, 場合に, 奥義を, 寺に, 建中二年, 教祖と, 組織, 誼み

2 [34件] ごときは, 事を, 事蹟に, 信徒と, 信者は, 修業の, 側近に, 傳播の, 僧侶に, 制規によるに, 国なれ, 地で, 坊さんが, 坊主に, 場合と, 大事を, 天寶三載, 天寶元年, 天寶四載, 女は, 姿を, 寵を, 手から, 方の, 方へ, 本心は, 歳入, 母の, 為に, 画家として, 礼壇, 粗鬆, 貞觀十二年, 邸へ

1 [554件 抜粋] あたま, いい加減な, うれしそう, お方, こととて, こと末代の, ごときその, ごとく堂内, その宗義, どの福音, はうは, ひらいた城下町, ほかの, ほかは, ように, ようね, よしみと, カテドラル, サノケサミが, メトロポリタン・タバナクル寺なり, ローマ宗と異なる, 一分が, 一年の, 一揆なんて, 七郎兵衛は, 万暦四十二年に, 三種なり, 三衣を, 不行跡が, 世と, 世子に, 中では, 中にも, 主権は, 主義, 主義と, 主義各, 主義外形上の, 九代前の, 乱が, 事については, 事法然の, 二人の, 二名は, 二大寺也, 二種あり, 云うとおり, 五男で, 人々に, 人々の, 人々は, 人に, 人の, 他の, 代には, 代りに, 仲直りは, 会堂は, 会議, 住職は, 佛骨を, 例を以て, 侵略を, 信仰に, 信徒, 信徒ある, 信徒なり, 信徒を, 信者で, 信者である, 信者でも, 偉業を, 側室で, 側室貝姫の, 備後に, 僧である, 僧とは, 僧なる, 僧に, 僧侶および, 僧侶が, 僧侶でありました, 僧侶の, 僧侶を, 僧侶仲間からも, 僧侶夫婦が, 僧兵が, 僧団や, 僧正と, 僧籍に, 僧統一系は, 僧軍と, 僧院に, 儀式, 儀相背き, 儀鳳二年, 元和の, 元和元年, 元祐二年, 元祖二宮氏は, 先天二年, 先手には, 先手を, 先達で, 入つたの, 兩天皇からは, 六世の, 兵が, 兵一度に, 兵力宮沢の, 処置ぶり自分が, 出張なり, 初年にかけての, 別は, 制度一定せる, 制規, 勅命で, 勤倹一点張で, 北山事件に, 厄介に, 叔父に, 右手を, 各天皇, 各寺, 吉原へ, 名が, 名で, 名称を, 君, 君が, 君の, 命によ, 命によって, 和尚さん方に, 咸享四年で, 営の, 営を, 嘉泰中に, 器量が, 四宗のみ, 国内の, 地よりも, 地方へ, 坊さんとしては, 坊さんの, 坊主上りが, 堂内, 場合から, 境内に, 声が, 外は, 多いの, 夢にも, 大中元年, 大中祥符四年に, 大事にて, 大会議, 大學, 大徳十一年である, 大徳十一年梅渓書院の, 大徳十年, 大意を, 大教正, 大暦十六年, 大暦四年, 大本山は, 大脇指は, 天寶九載, 天寶五載, 天寶十二載, 天寶十載すな, 天寶時代を, 天聖五年に, 天聡, 太平興国七年に, 太平興国八年に, 夫人の, 夫婦を, 奥を, 女を, 奸相楊國忠が, 如きでは, 如き暗君, 如き英主, 妻女房老臣に, 妾に, 妾品と, 姓は, 姿が, 威力必ずしも, 子が, 子大位に, 字この, 存在は, 孫の, 學者であります, 學者といふ, 守り本尊である, 安井林平という, 宗制, 宗徒を, 宗教家として, 官軍は, 定むるところによる, 宣徳元年秋八月従亡諸, 宣徳年間には, 宣教の, 害毒であった, 家にては, 家は, 家を, 家系叔父甥の, 寝所に, 寡婦を, 寶應元年, 寺それに, 寺と, 寺の, 寺天理教會清, 寺院にては, 寺院の, 寺院ばかり, 寺院を, 尊號を, 居城だった, 崩御の, 工夫の, 布教僧は, 帰依者であった, 帰国を, 幼い時, 庵室で, 庶兄で, 廃止に, 廟号, 廟號を, 廷を, 弘布した, 弟の, 弟俊季だけ, 張角軍と, 征野に, 征野へ, 後の, 従士は, 御方が, 心理状態が, 思召で, 思想が, 性格や, 悲しみを, 意でございます, 意では, 意は, 意中は, 感化を, 慧海潮音といふ, 慶暦年間, 憂慮した, 手に, 手は, 批判に, 承安, 押えである, 指図に, 掛合だけ, 支会に, 支倉六右衛門の, 支那に, 政府を, 救い主を, 教会の, 教化に, 教区および, 教正日本に, 教義によって, 教義の, 教義のみ, 教義も, 教義を, 敵たる, 敵陣参加で, 断食, 方々と, 方々には, 方で, 方には, 方のみ, 方は, 方面から, 日曜礼拝の, 日曜礼拝は, 旧燼, 時である, 時などは, 時の, 時一旦, 時代と, 時大平御, 時大食は, 時廣州から, 時西暦八百五年に, 時阿, 晩年の, 景祐元年我が, 書を, 最も多く, 會昌五年, 月巣と, 有難屋連, 末子らしく, 末期から, 本寺, 本寺あり, 本山, 本山が, 本山たる, 本山で, 本山に, 本山の, 本山サンピエトロの, 本山管長とも, 本書, 東國大, 東方に, 松年先生に, 枕席に, 根本経典である, 様子のみに, 権化ならざる, 檀徒で, 歌に, 歌を, 正統であっ, 此頃は, 歴史を, 歸依者と, 殉死者の, 毒味番が, 気遣ふも, 氣勢が, 永徽二年, 永徽四年に, 永淳元年だ, 永貞元年, 永貞元年即ち, 氾濫的布教は, 沙門余す, 法師だった, 法華で, 法要の, 波動の, 洪, 流れを, 流行が, 淳祐年間, 漁色事件に, 熱は, 父の, 父輝宗が, 父輝宗の, 牧師は, 牧師科学万能教の, 物語で, 狂信が, 玄孫に, 画家も, 画策をも, 異心謀叛, 發剏線である, 皇后即ち, 皇女なる, 目は, 目上が, 相承を, 眼は, 眼を, 碩学蔵俊僧都の, 碩學で, 碩徳たち虎豹鶴鷺と, 碩徳達虎豹鶴鷺と, 礼拝, 礼拝は, 祕事で, 祖として, 祖師と, 祖鑑真は, 神龍元年, 祭日, 秀吉に, 科学者達には, 秘を, 第十子, 答は, 管長なり, 管長某師は, 精髄どころを, 系統を, 紹煕三年, 統計, 総寺院, 総本山でございます, 総本山なれ, 考えでは, 者は, 者または, 者らの, 者共は, 背後と, 背筋を, 胸の, 腕を, 臣であった, 臣遠藤宗信や, 至正, 芸能は, 蔵俊師の, 藩邸に, 裔だ, 要旨と, 見識は, 見込を, 規模は, 規模を, 親その, 親玉だ, 言葉に, 計略は, 討伐に, 説くところ, 談として, 諡が, 諡は, 諭旨は, 諱が, 貞元の, 貞元三年, 貞元中醴泉寺の, 貞元二十年十二月の, 貞観三年に, 貞觀十一年に, 貞觀十四年に, 貧しき寺, 賊軍も, 賞罰法, 跡を, 軍兵であった, 輩は, 輸入である, 輸入でも, 通ふべき, 逼塞に, 逼塞は, 遊蕩を, 道元では, 遺臣たちであった, 郭永の, 鄭仁基が, 配偶に, 重臣, 野に, 野や, 鐘も, 長女だ, 長慶年間に, 長所を, 門風あり, 開元の, 開山とも, 開山福沢翁が, 開拓であった, 開祖と, 開祖親鸞は, 間が, 間に, 間には, 陣の, 陵前に, 集金, 電話が, 霊柩を, 青年僧侶の, 非常な, 非難を, 頃から, 領土拡張後に, 領地で, 顔は, 顕如に, 顕慶中に, 顯徳年間, 顯慶三年, 顯慶二年, 風化に, 館に, 騎馬鉄砲八百挺が, 骨肉無用な, 高僧は, 麟徳二年, 麾下に

▼ 宗~ (274, 5.0%)

9 云った 3 叫んだ, 曾て 2 これを, それを, はつ女に, 仕方が, 会議組織より, 力の, 政宗で, 新教の, 秀吉の, 顔を

1 [239件] いかにも感, いつかこの, いつに, いまだ洗わざる, うしろへ, お産でも, ことごとく邪宗, この一言, これより, さかんに, さらに政府, しだいに昂奮, すぐに, すぐ観念, すでに洗いたる, すなわち, せかせかと, そのご, その寺院, その心がけ, その次, その父壽皇孝宗, その組織, その謙信, それに, たか声に, つづけた, つぶやき出した, つよく云った, どこへ, なお昔時, なかなか食えない, はっとなっ, ひとりで, ひと息に, ふり放した, また酒, もつと, もとより大, やはり偉い, よくこんな, よく書, カソリックだ, カルバン宗なり, 一伊達家の, 一切の, 一寸尻目, 一年二回は, 万治元年に, 上使を, 不安心ながらも, 不意の, 不行迹, 世を, 両手を, 之を, 二人の, 二十六人の, 二十歳亀千代は, 亡き忠宗, 人々に, 今それを, 今囘, 伯耆守長年に, 佐沼へは, 侍臣に, 保護する, 全く今日, 其夜窃かに, 冷汗を, 凡庸人では, 出ぬわけ, 出陣の, 制した位, 前に, 勿論の, 十九歳で, 十八歳で, 南に, 却て, 厭, 厳禁で, 又かつて, 又人, 友軍である, 古今の, 古禅僧, 史臣も, 吉原へ, 吉祥寺の, 吾が領, 品川の, 回廊の, 図南の, 土地案内の, 城より, 墓を, 声高く, 外国の, 多妻なりの, 多妻宗なりと, 多妻宗なる, 大に, 大徳十一年, 大酒, 天下の, 奥に, 宰相の, 家康が, 家老一人を, 密偵を, 小児を, 小十郎, 小田原へ, 小金ヶ原で, 尻もちを, 左の, 巨勢小石先生北宗は, 帝王その, 庭の, 当時日本に, 彫刻に, 彼らが, 御勘気, 微行を, 徳川家康に, 徳川幕府創業の, 忌々しかった, 忠宗の, 怒号した, 恰も足利, 感じた, 態, 憐れんで, 或時大臣, 所謂三武の, 手ずから小次郎季氏, 手で, 承知し, 抜いた刀, 抜かぬ刀, 持前の, 政宗だ, 政府これを, 数寄屋に, 文人画で, 斬りつけた, 新吉原, 新宗派, 日曜朝夕および, 早くも, 是の, 服喪中の, 本軍を, 李勣に, 李白を, 東北方には, 松島の, 柔らかい四条派, 案に, 楓湖さんの, 此の, 死刑囚三百九十人を, 殉死を, 殊の, 毎年国教税寺領地等より, 氏康の, 氏郷が, 氏郷へ, 気難しい顔, 満海, 滅亡するだろう, 潮の, 激しく突きとばした, 無事であった, 無念さの, 父親の, 片倉小, 独力で, 理に, 瑞嚴寺の, 甚く, 田舎者では, 百分の四十ほかの, 百姓の, 相も, 相継いで, 確に, 神奈川条約では, 禪宗ほど, 秀吉に, 穉い, 立ちあがりうしろ, 立ちどまって, 立派な, 笑った, 答えた, 籠居の, 米国中ユタ州内に, 米沢から, 米沢三十万石に, 純粋な, 老臣等を, 肩衣で, 胸を, 自らこれに, 自らこれを, 自ら慚じ, 自分の, 自失した, 舞馬四百を, 良覚院, 英国教宗の, 蒲冠者範頼に, 藤崎専造の, 街道右手を, 裏面は, 覚えず, 言った, 論ずるに, 謀った通り, 貞觀十九年, 起居注を, 身を, 身体を, 造物主ある, 逼塞跡目も, 道教信者で, 違儀も, 遠慮せず, 酒を, 重て, 銅製活字數十萬を, 階級的な, 面白く無い, 頑として聽, 領掌した, 頭を, 高清水

▼ 宗~ (257, 4.6%)

109 君は 31 君が 26 君の 8 君を 6 君に 5 君と, 君も 4 の阿 3 の方, 君である, 老人は 2 さん, さんは, と云う, と云え, の御, の父, の父さん, の言

1 [38件] かい, が妙, が横, が羨ましい, さんあなたに, さんが, さんに, さんの, だって外交官, とはああ, と自分, どんが, ならばそれ, にやる, にやれ, に頼ん, のよう, の家, の家庭, の答, の言語動作, はいけない, は大, は社交, へです, へでもどこ, へ行く, へ行った, へ行ったら, も詫ら, 先生に, 先生を, 君などに, 君にも, 君はずしんと, 君はずん, 君はなあを, 老人の

▼ 宗~ (157, 2.8%)

3 云った, 氏郷に, 罪を 2 会津を

1 [146件] ある, あるとき家, あれだけの, いかなる貴賓, いづれも, いま酒を, かつぎ上げられるよう, かつて奥州, こちらへ, この男, これへ, その昔, その猛, その返答, その領内, それであった, ちくりと刺す, つまり田舎豪傑, ひどく羨やん, ひどく羨ん, よい, わざと大酔, ディオゴ・デ・ガルバリヨという, ローマへ, 一句を, 一味と, 一層新米, 七十二の, 万治三年七月二十六日に, 三十箇年許り, 世に, 之を, 予定し, 二本松義継に, 京師以西に, 仙台を, 例の, 傳はりこれと, 入つて, 全く活動, 其夜の, 出した視察者, 出窓に, 初て, 勝手な, 北条氏の, 十九歳で, 印度から, 危ぶみながら, 叫んだ, 品を, 唱えた士道, 坐りなほつた, 壱尺七八寸の, 大崎を, 大辟囚, 天子に, 天海などと, 太閤から, 妻に, 婚礼を, 家康に, 家督する, 家臣の, 将軍家の, 小田原へ, 巧に, 布教上大に, 建てられて, 御相手を, 御苑に, 微行の, 必死を, 急用を, 抑鬱, 拵えた船, 攫い去られた時, 支倉を, 支倉六右衛門を, 攻略蚕食した, 敵に, 新吉原, 新教諸派を, 最も愛賞, 有って, 服したの, 木偶だ, 来ぬ間, 来降しこ, 板屋峠を, 桃山城の, 棺の, 楊貴妃と, 楚州の, 様子を, 此の, 死んだあと, 歿した, 殆ど入らなかつた, 殺された其年, 殺す必要, 毒を, 氏郷に対して, 氏郷を, 活動を, 然様手ッ取, 片眼, 特性神を, 王羲之を, 生れた, 直接自分の, 秀次と, 私に, 米沢を, 腹を, 自ら請うた, 自ら饗膳を, 若しも途中, 菩薩蛮の, 薙髪し, 藩主の, 蜀に, 西に, 西域諸国を, 見たという, 言語面色をも, 討たれるなどの, 貞観六年親ら罪人を, 貞觀十一年に, 起つ場合, 辺外諸部との, 連年血を, 進じたる, 逼塞に, 都を, 金の, 金を, 陳弁は, 露骨に, 順番で, 頼み切った老臣, 食いついたらば, 駈けつける手筈, 高尾を, 高麗を, 鼎立し

▼ 宗~ (137, 2.5%)

4 属す 3 仕へて, 嫁した 2 ありては, 下さるによ, 属するもの, 屬する, 帰依し, 於ては

1 [115件] かぎったこと, かぶれ神社, して, しては, しても, せよ氏郷, その旨, ちよつ, なつたことも, なりましてね, なる時代, はじまったという, むかって, 一手を, 一身を, 下されました断罪, 不利の, 二の宮宗が, 二人位ずつ, 仕へた初子, 付いて, 代って, 会って, 伺候する, 似た所, 何の, 作れり亦, 佩刀を, 侵掠の, 信任された, 備えながら, 入り鈴木松年先生, 入れるもの, 凝り固まったと, 分与す, 分裂し, 別れて, 十一万五千六百五十二ポンド, 反して, 反対し, 反對, 取って, 取っては, 取られたの, 召されて, 向って, 命令し, 四万八千二十四ポンドユダヤ教に, 四百七十九万二千四百フラン, 多し, 奉ったところが, 如かざるも, 嫁せしめた, 容れられないで, 對し, 對立し, 就いての, 属して, 属し一つ, 属するもの八百, 幕府側の, 年々賦与せる, 従って, 徴するの, 心服し, 悪意が, 招かれて, 掛らねば, 採用された, 援を, 改宗し, 於ても, 最も相近きもの, 會つた, 欺かれたよう, 殉死した, 比すれば, 比べて, 深く愛され, 混じて, 熱心なる, 獨得な, 異ならずただ, 異なること, 祭るところ, 立つるが, 管長を, 紹ぎたまいたる天子の, 聞え遂に, 自分の, 至ては, 至らんユニテリアン宗一変, 至るまで, 言いしは, 言上し, 請うて, 負いたの, 負けては, 費やせるもの三百九十二万八千八百八十三マルク, 賜わって, 起こったもの, 身受せられた, 近かった, 近づくべく運命, 逸早くも, 逼塞の, 遣わして, 配し文王, 関聯し, 降った, 降参した阿, 限り人生, 陰険な, 隠居の, 願うて

▼ 宗~ (127, 2.3%)

3 だ, のため, の娘, の方 2 がいる, の目, もその, を責めた, を連れ

1 [105件] から下男佐吉ら, から買い取った, から買い取る, から頼まれ, がいよいよ, がからだ, が年長者, が思い出した, が旧, が母親, が相談役, が自分, が言い出した, それから今度, だけがそこ, だっても誘われれ, であった, でも一人, という助役, という弟, と一緒, なぞ明治四年, なら現に, にくらべる, にこの, にこれ, にはふさわしから, にも正, に任せ, に分け, に妻籠, に尋ねる, に当たらない, に手鋏, に早く, に来, に言った, に託し, に譲り, に跡目相続, のかわいい, のそば, のまわり, の声, の年齢, の意, の意志, の相談相手, の背後, の部屋, はこの, はもう, はもとより, はようやく, はよろこんだ, は一つ, は六歳, は十一歳, は十歳, は吾家, は大騒ぎ, は妻籠, は少年, は弟たち, は特に, ばかり, への土産, へ譲るべき, までいずれ, までが子供, もいた, もいる, もお, もそこ, もまだ, ももはや, も倹約一方, も十七歳, も同じ, も大, も姉弟, も思出, も木曾福島, も梯子段, も次男, も福島, も西筑摩, も西筑摩郡書記, も遊ん, や森夫, や正, や親類, をつけ, をまもり, をよろこばせた, を出す, を呼び寄せ, を呼ん, を打ち励まそう, を抱い, を案内, を通してさらに, を通してその, を通して一応, 若夫婦

▼ 宗~ (118, 2.1%)

4 だ, とお 3 お多喜, は 2 が, と川俣伊予之進, の妻, の家, はお, もお

1 [92件] がぽん, がもう, が今, が帰っ, が手, が拾い上げ, が文珠屋佐吉, が自分, じつは十手, だが, だった, というの, という男, といったよう, といふ, とが顔, とともに恋慕流し, とは別人, と一, と与力, と二人きり, と化し去り, と弟, と捕, と文珠屋佐吉, と称した, と観ず, なにかこれ, なの, なんでえ, にたった, にでも訊い, には早くから, に似た, のこと, のそり, のようす, の二人きり, の住居, の前, の心, の留守中, の臆病, の處, の言葉, の足どめ, の顔, はいま三国ヶ嶽, はいわば, はきょとん, はこの, はじ, はじっと, はそう, はその, はそぼ降る, はたちまち, はったと眼, はとろんと, はまた, はもうすっかり, は中, は何, は十六文盛り, は折, は眼, は素人初段, は続け, は考えごと, は軽薄, は返事, へ, へにっこり, へ向い, また七年後, もそのまま, ももう, も伊予, も出羽, やにわに愕きの, を伴, を促し, を呼ん, を押, を歎, を歸, を残し, を物蔭, を知っ, を覗く, 少し脱俗, 第二世

▼ 宗皇帝~ (107, 1.9%)

3 の開

2 [11件] と楊貴妃, にも負けない, のこと, のとき, の御代, の方, の時, の時代, の淫蕩, の貞元二十年, や楊貴妃

1 [82件] が, がいる, がしばしば, が会いたい, が同じ, が含元殿, が天宝十三年, が奉天, が彼, が微行, が是, が最初, が楊貴妃, が楊貴妃浴, が極めて, が横, が神仙, が突然, が薨, が非常, が鶴子, だつた, だつて, だと, だという, という, というおやじ, とその, とよく, と手, なの, ならずして, における楊貴妃, に奏聞, に宛てた, に宛てられた, に献上, に申し上げた, に誘われる, に逢っ, に逢遇, の云, の代, の側, の先代, の先天二年, の勅使高力士, の取巻き, の命, の声, の御宇, の時開, の會昌年間, の水陸大会, の笛, の綸命, の親友, の詔勅, の趣味さ, の通名, の顔, の麟徳年間, はいつの間にか, は呪術禁厭等, は徳宗皇帝, は怒っ, は漢王高煦, は王羲之, は秦, は笛, は芸術ごと, は若き, は詔, は道教, は長安, は鳥, より代, を廃位, を抱え込み, を相談役, を蔭, を見知っ

▼ 宗~ (104, 1.9%)

4 もって, 脱せんと 2 して, 傳へ, 奉ず, 学びしは, 後へ

1 [86件] かなり研究, くせ者では, しのぐほど, つれだして, とりに, のさばり出さぬよう, はじめ光厳帝の, ひらきたいという, ひらくという, グラサイトとも, 一度叫んだ, 一方の, 主人公に, 亡くして, 保護した, 信じても, 傳へる, 傳授さるる, 僻地に, 先に, 兼ね修めた名人岡谷, 別つご, 動かして, 厳禁せ, 去って, 友達扱いで, 取押えようと, 叫んだので, 向うへ, 味方に, 固信, 国教と, 奉じその, 奉じ全国人民十中九分, 學びに, 宣するまで, 家族に, 建立した, 建立する, 引付けようと, 後に, 怪しまず遠く, 恐れるよう, 恨んだ, 拒絶した, 招ぶ, 接受した, 措いて, 改良したる, 書かうと, 樹つる時に, 流布せしめた, 生じた, 町に, 監視する, 知ると, 禁ずるの, 立つるに, 笠懸山の, 統一し, 興す祖師, 虫けらとは, 見た, 見た政宗, 訪うた, 訪ねたこと, 評して, 誘い政宗, 語らって, 語る, 説かなければ, 説きたてて, 説けば, 読み松浦武四郎, 請待し, 責めは, 転々いずれも, 転々と, 迷信した, 追って, 過まつ, 除く, 陥れようとして, 隱居させ, 饗応する, 鼓吹し

▼ 宗~ (85, 1.5%)

3 の女房, 大居士 2 の大広間, は

1 [75件] お身, か, からそれとなく, がひと, が云い残し, が切り出す, が指した, が泉殿, が紅梅, が義経公, が顔, が馬上, だが, であった, では, という侍, とは屋続き, などに囲まれ, にささやかれ, にゆき, に乞う, に布施, のお, の一族, の主人宗山清兵衛, の問い, の女中大勢, の女中赤紙, の屋敷, の弥陀六, の意外, の方, の本物, の眸, の眼, の言葉, の部屋, の離座敷, の面, はあ, はいくらか, はきのう, はずっと, はそう, はその, はつい, はひそか, はふと, は何, は何処, は反省, は室, は対, は小, は小松谷, は小首, は弥兵衛宗清, は徒歩, は手荒, は欣, は池, は程, は答える, は縁, は自分, は苦慮, は重盛, は門衛, は陪臣, は鞍, は鞭, は頭, も笑い合った, を顧みた, 暫く待て

▼ 宗兵衛~ (72, 1.3%)

3 に訊い 2 の女房, の顔, はどう

1 [63件] からよっぽど, が云う, が増蔵, が家業, が無理, とある, といい, という人, という奴, という旦那, という男, という金貸し, とはかた, とも余り話, と云う, と申しまし, にも十年, によく, に死, に縊, のお, のふところ, の云, の坐っ, の家, の後嗣, の手, の方, の死後, の申し立て, の老母, の長女, の長子, はお, はことし四十歳, はその, はなんと, は一寸, は一本, は三州岡崎, は不思議, は云っ, は五年, は何十年前, は余り, は催促, は分家, は前, は吐き出す, は四十七, は女房, は安政五年, は急, は江戸, は江戸者, は腰, は苦笑, は黙っ, もやはり, も呆気, も面白, も駕籠, を識

▼ 宗~ (71, 1.3%)

2 のこと, の世話料, は三吉, や三吉

1 [63件] がニコニコ, が年季奉公, が無遠慮, が眼, が落魄, が言, この人達, だ, とあまり, とは復, と三吉, に見せた, のよう, の世話, の二人, の噂, の奴, の憂愁, の方, の横, の為, の病気, の病躯, の眺める, の話, の身体, の部屋, の面倒, の顔, はお前, は一夏, は他, は僅か, は兄, は叱る, は噛返し, は声, は実, は復, は思出, は手拭, は捨鉢, は暫時稲垣さん, は無感覚, は病身, は稲垣, は箸, は聞入, は言葉, は附添, もいられなかった, も不承, も心, も珍しく, も眺め入っ, も笑っ, も考え, も言った, や商売一つ, や実, を嫌い始めた, を忌, を訪ねた

▼ 宗三郎~ (59, 1.1%)

2 の姉, の眼

1 [55件] からこれ, がふつ, が代る, が呼ばれた, が家, となり, と切れ, と改名, にだ, に取っ, に叱られ, に引, に捨てられ, の好奇心, の心, の惡口, の熱した, の理性, の聲, の肌, の腕, の膳, の近づく, の顏, の顏色, はある, はつくづく, はほんの, はまた, はゾッと, はフト思い, は一把, は何時の間に, は全くうんざり, は十時頃, は夢心地, は嬶, は思い切っ, は手, は根岸, は権次, は正宗, は矢庭, は程, は立ち上っ, は終, は翌, は雪, は飛, もあれ, もびつくり, をひどく, を呼んだ, を猛火, を驚かしました

▼ 宗~ (57, 1.0%)

3

1 [54件] から命じられ, が問う, といっ, のいる, のこと, の人がら, の前, の姿, の家臣, の形相, の心, の木剣, の気もち, の生, の眸, の胸, の面, はいきなり, はことば, はそうした, はその, はそれ, はひそか, はわが身, は一城, は一夜, は丁寧, は三日, は云う, は云った, は今, は以来数年間, は伊勢守, は寝, は彼, は御, は心残り, は我執, は斬り込む, は朝, は次, は疑いだした, は眼, は自分, は自尊, は苦笑, は頭, へ心から, も, も刻苦, も礼, も遠く, を室, を自分

▼ 宗~ (52, 0.9%)

2 の絵, や光琳

1 [48件] か, がこの, がその, が五平, が介抱, が嘗つて人間, が画面, が看病, が筆, が遠く, が風神雷神, でそれぞれ, ではない, という和尚さま, という和尚さん, という御, という装飾画家, とか雪舟, と申し, などのあの, について是非, のエハガキ, の作品, の存在, の屏風, の工夫, の描線, の泳い, の特輯, の芸術家, の藝術, の装飾的, の顔, の顔色, はこんなに, はカアー, は人間好き, は宗達, は持, は目, は美作, は能登, は自然, は賢く, は驚い, も今更, も長く, をかきます

▼ 宗さん~ (51, 0.9%)

1 [51件] か, から借り, から実は, から貰った, が胸, が若干, が貴方, しばらく御, ですか, とは三吉, と一緒, と名, と母親, どうせ家, には出来なかつた, には愉快, には逢った, にも御, にも粗略, にも話し, に逢っ, のだから, のひま, のよう, の世話, の使つた毛, の分, の旧い, の時計, の食べる, の髪の毛, は, はあの, はいつか蝙蝠, はどう, はどうもすっかり, は円い, は地肌, は御, は時々, は髪の毛, も一しょ, も余まり近頃, も君, も声, をつかまへ, をひがませず, を引取, を措い, 不相変, 怒っちゃ

▼ 宗~ (46, 0.8%)

2 の子, の書簡

1 [42件] から帰国, がなお, が右大将, が推挙, が秀衡, が舞, が舞っ, が覚え, だと, でも一門, でよけれ, と, との馬, と云う, と俊寛, にて候, に会った, に見せる, に越された, の一行, の上, の所行, の次, の臣塩田陸奥守惟賢, の許, はきかない, はその, は一室, は感動, は是, は見下げた, は面白く, へ送らせ, も行け, やら従兄弟, や資盛, らしい人柄, をあなずる者, をつとめ, を擁し, を清水金太郎, 次いで立つ

▼ 宗~ (45, 0.8%)

4 の娘 32 が骨, のす, よくきた, よく来た

1 [30件] から少し, が久, が何, が無礼, が猛り立っ, が返金, が飲, で娘二人, と思い, と思いの外奥方, にも飲まし, に借りた, に殺されるだろう, の一節, の妹娘, の妻君, の後影, の死骸, の祟りで, の霊, の顔, は五十, は何, は前, は憫然, は新左衛門, は新左衛門宅, やお茶, ゆるりと, を殺しました

▼ 宗~ (43, 0.8%)

2 またその, 手を

1 [39件] ありました, おとなしくし, およそ其様子合, ずっと人, それを, まだ新之助, まだ残っ, 万々合点し, 中央の, 五郎も, 今は, 今更ながら, 初子も, 取潰されて, 大に, 太閤内意と, 実に好い, 実は石巻, 家來も, 已むを, 底倉幽, 役目上仕方が, 後れ馳せながら, 怖ろ, 悪くは, 日本渡来の, 朝命を, 本丸の, 来て, 根は, 次第に膨脹, 珍重し, 田舎役者では, 皆同じ, 皆文学に, 秀吉を, 藤五郎の, 迂闊に, 道士の

▼ 宗十郎~ (40, 0.7%)

3 の子 2 に似

1 [35件] がびっくり, が云つた, が住, が客座, が煤けた, が背中, が舞台, が這入つ, じゃない, というもの, と話, などが漸く, に譲った, のよう, の佐野源左衛門, の声色, の妻, の実弟, の家業, の小西, の方, の林之助, の浦上弾正, の足利義教, の養母, はこの, はこぼし, はどう, は九代目, は大事, は正直, は死ん, は気色, は淡々, を思ふ

▼ 宗~ (39, 0.7%)

3 の二皇子

1 [36件] か, で, となのり, とは生母, と並ん, と四条, と義良, にはこの, のふたり, の一行, の不覚, の二人, の兄, の前, の姿, の宮, の御, の御子, の文, の様子, は, はいかにも, はここ, はどうして, はなおも, はよく, は兄宮, は湖, もすでに, もその, もひとつおん母, もまた, も同所, も奈良, らしい歌, を叱っ

▼ 宗~ (36, 0.7%)

2 はその, もよい

1 [32件] が強情, が眠り, だった, とてまえと, とともに京都, と本能寺, と淀, にご, に先祖, に執っ, の, のふたり, のほう, の姿, の家, の泊る, の父, はみずから辱, はニベ, は傍人, は夫, は庭, は慎重, は慥, は憎い, は携え, は若い, もすぐ, もまだ, も九州, も隅, を供

▼ 宗五郎~ (32, 0.6%)

4 になる 2 と云う

1 [26件] あるのみ, がこの, が三枚橋, が磔刑, だその, だってよ, で有名, というあん, という奴, と呼ばるる, なきや, になるだ, のよう, の伝, の伝説, の如き, の意味, の気持, の甚兵衛, の着る, の磔刑, の覗きカラクリ, の酒乱, はいつも, は吹雪, は村民

▼ 宗~ (31, 0.6%)

2 の弟子

1 [29件] かも知れない, が來, が持つ, が立ち廻つたら, だつたん, だと, だよ, で御座います, という弟子, といふ双生, とやらが隱, とやら言, と解つたの, には金, にも言, に逢ひな, の亂行, の刀, の外, の行方, の關係, の養子, はお, は歸, は縛, は自分, は親, は逃れ, までは知らなかつた

▼ 宗太郎~ (30, 0.5%)

2 が砂糖黍, の顏, はその

1 [24件] が双生, が曲者, が駆け, が龕燈, と母, に誘はれ, の大, の姿, の寢間, の父親, の胸先, の蒼い, の言, の話, の足取り, はかなり, はもう, はポロ, は呟いた, は柱, は此處, は疊, も帰っ, をば乳臭

▼ 宗時代~ (29, 0.5%)

1 [29件] から遼東方面, である, にかけての古文書, にかけて吐蕃, に一旦, に即ち, に大武軍, に撰述, に改暦, に景教, に當つて, に編纂, に良原, に設置, に貴, に起つた, に陳藏器, のこと, の事, の古今書録, の大, の宦官, の宦官揚思, の宦者, の有名, の流風, の重臣, の韋述, より次第に

▼ 宗~ (27, 0.5%)

2 楊貴妃が

1 [25件] いう, し浄土諸宗, し禅宗, するお, するから, するは, する世相派, する儒教, する利, する叙情派, する大正, する弊, する江戸座俳諧, する治法, する流派, その組織, 云う拾四歳, 伊庭が, 同じく北陲, 呼ばれた一派, 大いに似たる, 曰ふべき, 楊貴妃で, 楊貴妃の, 王羲之とを

▼ 宗にては~ (26, 0.5%)

1 [26件] あまたの, この手, ブレイキング・ブレッドと, ホリー・コミュニオンと, ミサと, ローズ, 三密加持と, 僧侶その, 僧侶の, 僧侶裁判所を, 各寺, 堂内ことさらに, 堂内に, 小教区中, 左の, 年中四期の, 教正その, 檀家中の, 水を, 法律上その, 礼壇なし, 神の, 第一日, 試補と, 赤子の, 近代本山より

▼ 宗~ (25, 0.5%)

1 [25件] とを勤め, と了哲, などでこの, など足もと, に次い, に煙管, の坊主, の本名, の語, の顔, はいつの間にか, はにわかに, はニヤリ, はネチネチ, はノコノコ, はノシノシ, は了哲, は口早, は斉広, は肩, は苦労人, は苦笑い, は金無垢, も変, を見た

▼ 宗~ (25, 0.5%)

2 の娘

1 [23件] から娘, が暗中飛躍, が死ん, が築い, であった, でありある, でしかなかっ, というの, という医者, といっ, と云う, と申す, に教育, のつくった, の又, の台詞, の死後, の築いた, の許し, はやはり, は性来理財, は早く, は町医

▼ 宗~ (23, 0.4%)

2 がお, というの, のお

1 [17件] おひとり, がまだ, が夏, が東北地方全体, が豊太閤, が豊家, という一箇, に何, の時代, の木像, の臣下, の血統, はおと年, は家老, は日本一, へこの, より他

▼ 宗十郎頭巾~ (23, 0.4%)

4 を冠 2 で顔

1 [17件] がちょッ, が折紙, です, でもない, というの, にかきすがるよう, にその, に深々, に紺甲斐絹, に龕燈提灯, のまま, をかぶりはじめ, をだらり, を出し, を取っ, を被っ, を被った

▼ 宗~ (22, 0.4%)

2 の槍

1 [20件] が今, が八ヶ嶽, が果たし合い, が生血, じゃ, だ, と云い, と夏彦, と申し, の弟, の甲冑, の画像, はつかつか, は両手, は几帳, は弟夏彦, は眼, は腰, は部屋, を愛さず

▼ 宗~ (21, 0.4%)

1 [21件] が今, が何だい, が新しい, と共に戦線, と孫伝芳, について行く, に売りつけた, に身売り, のいる, のため, のぶくぶく, の兵タイ, の無理強い, の落ちのびる, の軍事顧問, の退却後, はあの, は城門附近, は孫伝芳, は宿州, をボロく

▼ 宗介天狗~ (18, 0.3%)

4 のご 3 の木像 2 の黄金 1 のお, の拝殿, の甲冑, の社殿, の祭礼, の鎧冑, は裸身, を勧請, を尊ぶ

▼ 宗~ (18, 0.3%)

2 の使い, の者

1 [14件] から沢庵さんみたい, で天台, で檀家, という寺, とは実に, のお, の住持, の南縁, の和尚, の山門, へ来, へ身, を本営, を通れ

▼ 宗左衛門~ (18, 0.3%)

7 のあ 2 の婆さん 1 じゃ, でござんす, でした, という者, とおふくろ, と友次郎だんな, に相違, のふたり, は今

▼ 宗~ (18, 0.3%)

2 の軍

1 [16件] が三千, こそ適役, この報, だけよく, で相, と定, の父伯耆守, の部将小野和泉, の陣, は一先ず, は七十二歳, は和泉, は歴々満座, を先陣, 並びに弟高橋直正以下三千, 及びその

▼ 宗~ (18, 0.3%)

2 である

1 [16件] たるわが, たる範, でありながら, であること, ですから, でもある, なんら朝廷, にし, に云いつけ, に起り, のあいだがら, の会同, の髪, を呼ばし, を見捨て, 同宗

▼ 宗~ (17, 0.3%)

1 [17件] が小耳, が梅, という兄弟, などの記事, のあはれ, の二子, の子孫, の書く, はいったん, はすぐ, はその, はそのまま, は牛車, も生け捕り, をお供, をかわいがっ, を一人お供

▼ 宗~ (17, 0.3%)

2 の家

1 [15件] というの, の兄, の持っ, の為事, の父, は帰っ, は心配気, は暮れぬ, は木, は私, は身仕度, は鍋, は飯, もつい, をし

▼ 宗~ (17, 0.3%)

5 の店 3 の所 2 の手 1 と称し, のところ, の口, の対話, の店先, の手もと, の流風

▼ 宗~ (15, 0.3%)

1 [15件] から, から体, から留守中, が, がいう, がよそながら, が臆面, が見張っ, が頭, という一老臣, にいいつけた, には解けなかった, へ, をはじめ, をよび

▼ 宗~ (14, 0.3%)

1 [14件] か, がその, が二階, が凝, が気に入らない, が言われます, この上, とか云う, と云う, と名, に稽古, の娘, の留, を退治

▼ 宗~ (14, 0.3%)

1 [14件] が欠伸, とおふくろ, とが呼び出された, の姿, の行列, の鼻先, はまた, は化かされた, は名高い, は相手, へは帰り, を怨んだ, を招いた, を訪れ

▼ 宗慈寺~ (14, 0.3%)

3 と云う 2 という真言寺 1 という寺, という真言宗, と申す, に旧来奉公, の和尚様, の旦那様, の永禪和尚, へ日泊, へ直っ

▼ 宗から~ (13, 0.2%)

1 [13件] して, 会津を, 使者として, 円山四条派に, 受けた程, 周防に, 始むれ, 始めて, 家を, 徳宗時代にかけての, 敗走し, 氏郷へ, 起つて

▼ 宗左衞門~ (13, 0.2%)

1 [13件] が役目, といふの, といふ三百五十石, と顏, に注進, の孫, の後添, の話, はその, は六十前後, は確, は金, を顧みました

▼ 宗~ (12, 0.2%)

2 の家 1 というの, と宗忠, の弟, の背, は山仕事, は真鍮, を連れ, 兄弟は, 兄弟も, 負けば

▼ 宗~ (12, 0.2%)

3 の家 1 では勿論, という家, とはまるで, についた, の人たち, の家庭, の家風, の筋向かい, へ遊び

▼ 宗という~ (11, 0.2%)

1 [11件] のは, 一派を, 人の, 人は, 北面の, 大名の, 奴は, 宗旨を, 田舎豪傑の, 言葉も, 誼み

▼ 宗には~ (11, 0.2%)

1 [11件] そのよう, それが, ひとりの, フリー, 一寸好い, 十三中会議区八十四小, 四人の, 左の, 珍らしく, 腹ちがいの, 表立つた正室

▼ 宗~ (11, 0.2%)

1 [11件] からの由, からの飛脚, からの飛脚状, から早馬, が広東, といえ, といったよう, と云う, の急使, の書中, の書面

▼ 宗~ (11, 0.2%)

71 が輟耕録, で祭壇, は, は天台

▼ 宗竜王~ (11, 0.2%)

2 の殺人 1 であると, です, については既に, に対する誘拐監禁, に見染められ, の愛妾松谷鶴子, の財産, は代々皇室, は自分

▼ 宗~ (10, 0.2%)

1 から生涯, から見苦しい, か俺ン, が死んだら, つけな, とて何, とて天下, とて病気, ナニそんな, 誰に

▼ 宗~ (10, 0.2%)

1 がある, が連歌, と並べて, と申候者風流, の人物評, の茶技, は宗什, は思ひ, は茶技, を江戸一

▼ 宗~ (10, 0.2%)

2 と友吉, に 1 にちょっと, は一同, も黒川, やっと自分, や黒川, を見

▼ 宗寿軒~ (10, 0.2%)

2 の娘 1 です, に違い, の前身, の唇, の煎じた, は思いの外, は詮議中, を一つ

▼ 宗~ (10, 0.2%)

21 である, と同道, に至り, のみならず, の宗祇像, は他, は実隆, を煩わした

▼ 宗~ (10, 0.2%)

1 から投げだされた, が主筋, が置かれ, ご本家, である仙台, に阻まれた, の官吏, の意志, の祖, を裁

▼ 宗~ (10, 0.2%)

1 か, かなん, が方丈, と名, と申し, と音助, にいう, の前, は, も音助

▼ 宗さま~ (9, 0.2%)

2 を世に 1 には亀千代君, には岩沼, に心, に逼塞, の不行跡, は万治元年, 御家督

▼ 宗~ (9, 0.2%)

1 いわば遠縁, いわゆる異, はござりませぬか, やって, ニッタリと, 住職の, 其他の, 大納言法橋慶雅という, 寧ろ此処

▼ 宗~ (9, 0.2%)

1 であった, とさして, にはそこ, の写真, の道, むっくり起, をけさがけ, 何だか一生懸命, 恋しさ

▼ 宗~ (9, 0.2%)

1 が揺れる, が気, と後藤, に手, の密使, はね, は後藤, は薪, や後藤

▼ 宗~ (9, 0.2%)

2 の眉 1 が, との事, の胸, の脊, は微笑んだ, は急, も慇懃

▼ 宗吾郎~ (9, 0.2%)

1 がいよいよ, が忘れられなくなった, のつら, の如き, の子別れ, の幽霊, は子, は笠, も死ん

▼ 宗~ (9, 0.2%)

1 があろう, ではない, にうつる, に集る, の理財, の矛盾, の秩序, を形, を求める

▼ 宗壽軒~ (9, 0.2%)

2 の娘 1 です, に違, の前身, の唇, の煎じた, は詮議中, を一つ

▼ 宗~ (9, 0.2%)

2 が金, の 1 の広徳年間, の時, の隆慶五年, は不思議, は大いに

▼ 宗として~ (8, 0.1%)

1 ゐる, ゐる僧院, 佐々木左衛門尉広, 其系図に, 徒らに, 洋趣味も, 起こったもの, 起こりしもの

▼ 宗にて~ (8, 0.1%)

1 その国主, 今日用, 僧侶と, 僧侶賞罰の, 戒律の, 果つべき, 算するところ, 香台を

▼ 宗~ (8, 0.1%)

1 という名, と一緒, にすべて, の三人, の可憐, の母, の移民, までも大杉栄

▼ 宗~ (8, 0.1%)

2 は韓 1 がその, の後三百年, の意見, の非難, を摸し, 先生が

▼ 宗意軒~ (8, 0.1%)

1 か, が眠り, て云う, でありました, と葦塚忠右衛門, は斯, は浩然, は讃美

▼ 宗政さま~ (8, 0.1%)

1 がお, が御, にお, の御, の身命, はきりりと, はただちに, を鎮圧

▼ 宗~ (8, 0.1%)

2 の祭 1 と云, に族人, の神聖, の費用, を建て, を建置

▼ 宗近家~ (8, 0.1%)

2 の門, へ乗り込ん 1 の大和尚, の座敷, の御, を御

▼ 宗~ (8, 0.1%)

2 と同じ, に自分, に葛水 1 とほとんど, の鷺

▼ 宗では~ (7, 0.1%)

1 危險思想など, 同一の, 己れ, 權田雷斧大僧正富田, 無いから, 碩學長谷寶秀大僧正等の, 非常に

▼ 宗~ (7, 0.1%)

1 また正覚院, 上杉重能の, 伊庭の, 内大臣実定などを, 武后の, 淨土眞宗に, 肅宗に

▼ 宗介様~ (7, 0.1%)

1 が正親町天皇天正年間, と夏彦様, のおん弟夏彦様, の肉体, は多数, を一同, を慕っ

▼ 宗八さん~ (7, 0.1%)

1 が君, にはお談義, に似, のほう, のよう, の所, をかいていら

▼ 宗~ (7, 0.1%)

3 の御方 1 で寶物, にも河口慧海, に於い, の会議

▼ 宗対馬守~ (7, 0.1%)

1 と大関信濃守, なぞのお, のそれ, の息女, の息女養玉院, の重役, は義和

▼ 宗先生~ (6, 0.1%)

2 に後頭部 1 が音, ですか, には事情, の愛

▼ 宗~ (6, 0.1%)

1 が, がその, が住居, は以後, やわかこの, をも一挙

▼ 宗~ (6, 0.1%)

2 という人 1 が主家, とし, とする, となっ

▼ 宗~ (6, 0.1%)

1 が仁清, が意匠, でなき者, によってボンクラ, は生まれ, または隠

▼ 宗~ (6, 0.1%)

1 では, というもの, の関城, は実は, は正, は無二

▼ 宗~ (6, 0.1%)

1 が, そのほか都合四百三十二人, と高橋刑部左衛門, の縁故, の軍, はさき

▼ 宗~ (6, 0.1%)

1 であらう, の女, の家, の薬籠持ち, も判らん, も漢法医

▼ 宗~ (6, 0.1%)

1 がいる, が十五歳, には告げぬ, にも逢えません, に伝え, は元服

▼ 宗および~ (5, 0.1%)

1 ギリシア宗なり, クエーカー宗なり, ローマ宗これに, 俚俗, 英国教宗は

▼ 宗すなわち~ (5, 0.1%)

1 カルバン宗, モルモン宗の, ルター宗, 浄土真宗の, 真宗の

▼ 宗する~ (5, 0.1%)

1 がごとく, が如し, と幕府, ように, 者を

▼ 宗どの~ (5, 0.1%)

1 に同情, の兄, は隠居, 程な, 若年なれ

▼ 宗にも~ (5, 0.1%)

1 同情を, 新義派, 氏郷にも, 禪宗にも, 聞えた

▼ 宗または~ (5, 0.1%)

1 唯一神教, 守法教, 浸礼宗, 組合宗, 長老宗

▼ 宗より~ (5, 0.1%)

2 入りて 1 これヤソ教に, 一つ年上で, 五代名君と

▼ 宗一派~ (5, 0.1%)

1 ともなれ, のもの, のドグマ, の発生, をひらき

▼ 宗~ (5, 0.1%)

1 が伏見, で, と井伊直盛, の好み, や原田宗時等

▼ 宗兵衞~ (5, 0.1%)

1 が口, といふの, と膝, の家, は二十四

▼ 宗~ (5, 0.1%)

1 の不誠実, の方, は氏郷勢, も其先鋒, を擴張

▼ 宗十郎夫婦~ (5, 0.1%)

1 の情, はこの, はその, はぶつぶつ, は苦笑

▼ 宗太夫婦~ (5, 0.1%)

1 との別居, とも別居, にも厚く, に話しかける, は裏二階

▼ 宗~ (5, 0.1%)

2 を與 1 たりし, を唐時代, 壹與を

▼ 宗~ (5, 0.1%)

1 がまず, の一勢, の一隊, の手兵三千, の首

▼ 宗~ (5, 0.1%)

1 とはいかなる, の所謂孔伝, を取つた, を取る, を用

▼ 宗~ (5, 0.1%)

1 が天岸和尚, という四十男, といっ, といふ四十男, をはじめ

▼ 宗~ (5, 0.1%)

2 の巨頭 1 と云, と云う, の教授

▼ 宗~ (5, 0.1%)

1 というもの, と云う, の弟福王寺喜島源左衛門和田源四郎, は兵, を指

▼ 宗~ (5, 0.1%)

1 と片山道明寺附近, の数宗, の王者, はみな, は各

▼ 宗~ (5, 0.1%)

1 が在, が浮田秀家所属, と三代, に仕え, の家中

▼ 宗達光琳~ (5, 0.1%)

2 の絵 1 などにいたる, などの作品, のもの

▼ 宗長流~ (5, 0.1%)

1 しらべは, の一節切, の山千禽, もたくさん, を立慶河岸

▼ 宗その~ (4, 0.1%)

1 一は, 八は, 六は, 十一は

▼ 宗たる~ (4, 0.1%)

1 の所々, を問わず, 巨腕を, 柴野栗山に

▼ 宗である~ (4, 0.1%)

1 がこの, にせよ, シャ何事も, 尤も易行門

▼ 宗とか~ (4, 0.1%)

1 北宗とかの, 名乗って, 廟號を, 箕子とか

▼ 宗~ (4, 0.1%)

2 引っ返して 1 向った玄徳, 土地案内者たる

▼ 宗七夫婦~ (4, 0.1%)

1 に依頼, に頼ん, の宅, をそのまま

▼ 宗~ (4, 0.1%)

1 だが, といふ男, のこの, の美男

▼ 宗右衞門~ (4, 0.1%)

1 が死ぬ, と云う, の弟惣之助, はそれ

▼ 宗~ (4, 0.1%)

1 はすでに, は土壌鑑定, 両氏が, 医科大学助教授入沢達吉等古河の

▼ 宗巡査~ (4, 0.1%)

1 があと, です, をうながし, を呼び

▼ 宗~ (4, 0.1%)

1 となる, の勧化, は知らぬ, は禅僧中まれ

▼ 宗庵先生~ (4, 0.1%)

1 から受け継いだ, とは御, のお許し, はただ

▼ 宗~ (4, 0.1%)

2 を着た 1 に尺八, もなかっ

▼ 宗~ (4, 0.1%)

1 という大和尚, といふ大和尚, はやはり, は矢張俯向け

▼ 宗本紀~ (4, 0.1%)

1 に, に左, の天寶十, を驗

▼ 宗~ (4, 0.1%)

1 が歩, だよく, という極感, の手遊

▼ 宗~ (4, 0.1%)

1 がお, という侍, にあずけ, の噂

▼ 宗觀様~ (4, 0.1%)

1 がおい, のお, は直に, をだまし

▼ 宗~ (4, 0.1%)

1 だったの, であったが, のす, は

▼ 宗~ (4, 0.1%)

1 でこの, という者, の刀, は最も

▼ 宗達和尚~ (4, 0.1%)

1 お竹, が向, が常に, を突

▼ 宗~ (4, 0.1%)

1 と同宿, と称する, なる者, にこれ

▼ 宗~ (4, 0.1%)

1 である, のはずれ, の町人百姓, の者

▼ 宗した~ (3, 0.1%)

1 のである, のは, 名僧知識および

▼ 宗ちゃん~ (3, 0.1%)

1 えらい事, そんな事, の大好き

▼ 宗ちやん~ (3, 0.1%)

1 がきれい, がその, のバカ

▼ 宗でも~ (3, 0.1%)

1 コリャ迂闊には, 扱い役である, 時代の

▼ 宗もしくは~ (3, 0.1%)

1 一劈士果抜宗, 密多, 路

▼ 宗~ (3, 0.1%)

1 のしきりに, の忠義者, も見え

▼ 宗七さん~ (3, 0.1%)

2 と今晩 1

▼ 宗~ (3, 0.1%)

1 その最も, の殘, 最も大

▼ 宗九宗~ (3, 0.1%)

1 に分裂, の碩徳たち虎豹鶴鷺, の碩徳達虎豹鶴鷺

▼ 宗~ (3, 0.1%)

1 と名, と改名, の諸

▼ 宗~ (3, 0.1%)

1 ですの, も吉田松蔭, も吉田松陰

▼ 宗~ (3, 0.1%)

1 という名前, といふ医者, は知らぬ

▼ 宗~ (3, 0.1%)

1 だけだ, に即, の仕事

▼ 宗僧侶~ (3, 0.1%)

1 の階級, はその, は一人

▼ 宗~ (3, 0.1%)

1 も異議, 追討の, 雀躍し

▼ 宗~ (3, 0.1%)

1 が帰っ, の言, を尋ねる

▼ 宗~ (3, 0.1%)

1 といふ, を唐竹割, 透間もなく

▼ 宗北宗~ (3, 0.1%)

1 から円山四条派, などと言います, を兼ね修めた

▼ 宗十郎店~ (3, 0.1%)

1 でございますへえ, は佐平次, へえ

▼ 宗十郎町~ (3, 0.1%)

1 にて奪, の国文社, の芸者家

▼ 宗各派~ (3, 0.1%)

1 の教義, の管長, を開宗

▼ 宗~ (3, 0.1%)

1 から小太刀, に嘱, 無海流

▼ 宗~ (3, 0.1%)

2 の世 1 が享保十五年

▼ 宗山寺~ (3, 0.1%)

1 こそは第, へ乗りつけい, へ息づえ

▼ 宗忠様~ (3, 0.1%)

1 の御, の胸いっぱい, はもう

▼ 宗悦殺し~ (3, 0.1%)

1 にはじまっ, に端, を話し出し

▼ 宗~ (3, 0.1%)

1 が奏議中, の, の烱眼

▼ 宗~ (3, 0.1%)

1 が紀州, へ御, もニッコリ

▼ 宗白氏~ (3, 0.1%)

1 という, の口授, を訪ね

▼ 宗盛以下~ (3, 0.1%)

1 の一門, の最初, の金銀桂香

▼ 宗~ (3, 0.1%)

1 に謝, を安, を鞏固

▼ 宗秩寮~ (3, 0.1%)

1 によって箸, の審議, の硬化的態度

▼ 宗秩寮審議会~ (3, 0.1%)

1 に附し, は除族, を開かなけれ

▼ 宗~ (3, 0.1%)

1 と曰, の, もまだ

▼ 宗経軒京水瑞英居士~ (3, 0.1%)

1 である, という, と歿年月日

▼ 宗~ (3, 0.1%)

1 でした, は手拭片手, も相次い

▼ 宗舟画伯~ (3, 0.1%)

1 きわめてお, に生, の

▼ 宗藤家~ (3, 0.1%)

1 に起き臥しした, に辛抱, へ養女

▼ 宗親さま~ (3, 0.1%)

1 にお, の髻, をお召

▼ 宗豊祖父尊様~ (3, 0.1%)

3 がお

▼ 宗輿~ (3, 0.1%)

1 に對, の出身地, も大いに

▼ 宗あり~ (2, 0.0%)

1 その徒キリスト, といわざるべからず

▼ 宗かの~ (2, 0.0%)

2 御梵刹さま

▼ 宗その他~ (2, 0.0%)

1 は外教, 日ごろ称し

▼ 宗といふ~ (2, 0.0%)

1 田舎豪傑である, 畫家が

▼ 宗なり~ (2, 0.0%)

1 その教理, 仏陀は

▼ 宗なる~ (2, 0.0%)

1 が日蓮, も多妻

▼ 宗なれ~ (2, 0.0%)

1 ば別に, ば致し方

▼ 宗にな~ (2, 0.0%)

1 つてしまつたのに, つて仕舞つてた

▼ 宗に対して~ (2, 0.0%)

1 予てからイヤ気, 何を

▼ 宗のみ~ (2, 0.0%)

1 これを, ならず禪宗

▼ 宗また~ (2, 0.0%)

1 寺院を, 崩じ

▼ 宗~ (2, 0.0%)

1 が寄せ, が陰謀

▼ 宗よりも~ (2, 0.0%)

1 多く偏在, 還俗を

▼ 宗七焼き~ (2, 0.0%)

1 というん, の粋

▼ 宗七由公~ (2, 0.0%)

2 お多喜

▼ 宗三郎兄さん~ (2, 0.0%)

1 がはひつ, は婿

▼ 宗三郎氏~ (2, 0.0%)

1 の水荘, の陰影

▼ 宗~ (2, 0.0%)

2 などといふ朱印船貿易

▼ 宗五郎気取り~ (2, 0.0%)

1 ですっかり, もかなり

▼ 宗~ (2, 0.0%)

1 ではない, の一人

▼ 宗~ (2, 0.0%)

1 に學び, は不

▼ 宗介蛇~ (2, 0.0%)

1 だってね, とは面白い

▼ 宗以前~ (2, 0.0%)

1 から世, にもあったであろう

▼ 宗~ (2, 0.0%)

1 かな, の名

▼ 宗~ (2, 0.0%)

1 または玄清等, 居一泊

▼ 宗~ (2, 0.0%)

1 といい, は故

▼ 宗~ (2, 0.0%)

1 には陸奧, までも集め

▼ 宗儀上~ (2, 0.0%)

1 はアノインチング, 許されて

▼ 宗兵衛さん~ (2, 0.0%)

1 という家, はいない

▼ 宗兵衛夫婦~ (2, 0.0%)

1 がどうして, のあいだ

▼ 宗兼學~ (2, 0.0%)

1 の大, の大した

▼ 宗円様~ (2, 0.0%)

1 には御, や病床

▼ 宗厳様~ (2, 0.0%)

1 で, へその

▼ 宗及び~ (2, 0.0%)

1 其老臣等によって, 禪宗の

▼ 宗~ (2, 0.0%)

1 に頼まれ, の冷たい

▼ 宗右エ門町~ (2, 0.0%)

1 の六番館, の西明陽軒

▼ 宗右衞門町~ (2, 0.0%)

1 で何, へ

▼ 宗~ (2, 0.0%)

1 は月巣, も重蔵

▼ 宗~ (2, 0.0%)

1 か, 及び奈良飛鳥園主

▼ 宗吾が~ (2, 0.0%)

1 刑死した, 駕籠訴訟を

▼ 宗和形~ (2, 0.0%)

1 は蕭条, を眺めたい

▼ 宗和膳~ (2, 0.0%)

1 とかいう奴, とかいふ奴

▼ 宗~ (2, 0.0%)

1 と号し, の真塗り

▼ 宗問目二十七条~ (2, 0.0%)

1 を呈し, を撰

▼ 宗~ (2, 0.0%)

1 結の, 首坐

▼ 宗~ (2, 0.0%)

1 學が, 學にも

▼ 宗太さま~ (2, 0.0%)

1 からもその, の力

▼ 宗専造~ (2, 0.0%)

1 が中国風, の寝

▼ 宗山清兵衛~ (2, 0.0%)

1 の事, の女房

▼ 宗~ (2, 0.0%)

1 があつ, が遠い

▼ 宗左衛門家~ (2, 0.0%)

1 から分家, は代代百姓

▼ 宗意問答~ (2, 0.0%)

1 はこれ, を習読

▼ 宗慈寺様~ (2, 0.0%)

1 からね資本, へ行っ

▼ 宗~ (2, 0.0%)

1 の, の荊楚歳時記以外

▼ 宗~ (2, 0.0%)

1 教派ユダヤ教ミュジュルマン宗の, 義派の

▼ 宗本山~ (2, 0.0%)

1 の山, を入

▼ 宗~ (2, 0.0%)

1 の将軍, の第

▼ 宗流乾術~ (2, 0.0%)

2 第一巻九重天

▼ 宗湛どの~ (2, 0.0%)

1 のお, は自身台所

▼ 宗湛宗九~ (2, 0.0%)

2 などといふ朱印船貿易

▼ 宗~ (2, 0.0%)

1 といふこれ, もこれ

▼ 宗~ (2, 0.0%)

1 に謂っ, の門下

▼ 宗~ (2, 0.0%)

1 の時, の時彼ら

▼ 宗~ (2, 0.0%)

1 は何歳, は十七歳

▼ 宗~ (2, 0.0%)

1 によつて, のよう

▼ 宗画南宗画~ (2, 0.0%)

2 に於

▼ 宗皇帝時代~ (2, 0.0%)

1 に空閨, の上流社會

▼ 宗盛父子~ (2, 0.0%)

1 が近江篠原, や平

▼ 宗~ (2, 0.0%)

2 の世

▼ 宗等これ~ (2, 0.0%)

2 に属す

▼ 宗~ (2, 0.0%)

1 が使い, などというこの

▼ 宗紫山~ (2, 0.0%)

1 としてあります, とは聞いた

▼ 宗経軒京水瑞英居士五十一歳初代瑞仙長男~ (2, 0.0%)

2 実玄俊信卿男

▼ 宗經僞教~ (2, 0.0%)

1 とは即ち, と云ふたもの

▼ 宗~ (2, 0.0%)

1 であらう, 田村元長海津安純が

▼ 宗~ (2, 0.0%)

1 の如き, の弟子

▼ 宗~ (2, 0.0%)

1 で無害, と反対者

▼ 宗~ (2, 0.0%)

1 を過, 遺像肅清高

▼ 宗自身~ (2, 0.0%)

1 が建武新政, も遼東

▼ 宗~ (2, 0.0%)

1 とし, とす

▼ 宗葬式~ (2, 0.0%)

1 のとき, の景況

▼ 宗~ (2, 0.0%)

1 がう, が親類江

▼ 宗虎丸~ (2, 0.0%)

1 が親, を妹

▼ 宗謀叛~ (2, 0.0%)

2 とは初め

▼ 宗豐祖父尊樣~ (2, 0.0%)

2 がお

▼ 宗逼塞~ (2, 0.0%)

1 による藩家, のとき

▼ 宗~ (2, 0.0%)

1 に師事, は宗円

▼ 宗~ (2, 0.0%)

1 あたりが, を殺め

▼ 宗~ (2, 0.0%)

1 がところ, が高慢

▼1* [531件]

あるいは監督宗もしくは, 宗はします四辺の, 宗之に, 宗からも孝子として, 宗こそ却って今, 宗この点を, 宗これに属す, 宗へ此年, 宗さま御代から二十余年, 宗さま逼塞という大事, 宗さま隠居のとき, 宗さんあれこそ本当に, 宗さんのも苦しい, 宗さん何ですか, 宗すなはち, 宗その道の権威者, 宗それを取り上げ, 宗それから妾, 宗たらしむる, 宗たらしめんことを, 宗だけがそうで, 宗だけに掃除が, 宗ちゃん等の伴奏, 宗ちやん, 宗でありながら戒律, 宗であろうと変り, 宗でしょうかな, 宗とかの在来の, 宗ともにギリシア宗, 宗どんいつの間に毛, 宗なぞの木偶土像などに, 宗など幕府に, 宗などと言いますと, 宗などというまだ本当に成熟, 宗などは無邪気な, 宗なりということを, 宗においてはたった一つ, 宗における熱烈なる, 宗にたいする惜みであり, 宗に対し禁令を, 宗に対しては通用する, 宗に対する忠誠に, 宗ばかりでなく諸国, 宗仰ぐ, 宗までも呑吐し, 宗やらが興つた, 宗わが国に入る, 宗をさえ羽柴陸奥守に, 宗をば無間と, 宗ウルガン和尚の手, 宗ギリシア宗の僧侶, 宗クエーカー宗なり, 宗クエーカー宗等はみな, 宗ニテモ人々ノ信仰スル所, 宗ニ献ズルニ因テノ故ニ, 宗バプテスト宗メソジスト宗プレスビテリアン宗ユニテリアン宗クエーカー宗等はみな, 宗バプテスト宗等は各, 宗バプテスト宗等これに属す, 宗プレスビテリアン宗メソジスト宗等これに属す, 宗プレスビテリアン宗ユニテリアン宗クエーカー宗等はみな, 宗メソジスト宗プレスビテリアン宗ユニテリアン宗クエーカー宗等はみな, 宗メソジスト宗等これに属す, 宗モルモン宗なぞの木偶土像, 宗ユダヤ宗等の数宗, 宗ユニテリアン宗クエーカー宗等はみな, 宗一変すれば, 宗一揆の時, 宗一流のまことに, 宗一般に関する事項, 宗七ここで一声, 宗七さまへへへへへ, 宗七それは今, 宗七どのか, 宗七めに付き合っ, 宗七一人が打つ, 宗七人間が変った, 宗七君も堺, 宗七大次郎へ向かっ, 宗七宅の場, 宗七左右から笠, 宗七手代の駒吉, 宗七持前の頓狂, 宗七様の帰り, 宗三ガタガタと身, 宗三仕様事なしに, 宗三代を通じて法運, 宗三思惑がある, 宗三成清正正則それに毛利, 宗三自身は見る, 宗三郎さんが度度, 宗三郎様と別れなきゃ, 宗不空三蔵をし, 宗などは憂い, 宗中クエーカーと称する, 宗中コングレゲーショナル宗バプテスト宗等は各, 宗中學林の校舎, 宗中最後に現, 宗の誤謬, 宗乗学者によれ, 宗也興福寺長屋には塙団右衛門, 宗二人の様子, 宗二代の皇居, 宗が郎等, 宗五十八派の建前, 宗五十数派いろいろの, 宗五郎なりと気狂い, 宗五郎もどきの農民, 宗五郎事件が起った, 宗五郎以上の鉄石心, 宗五郎女房は国太郎, 宗五郎子別れの場, 宗五郎幡随院長兵衛荒木又右衛門なんどいふ連中, 宗五郎幡隨院長兵衞荒木又右衞門なんど, 宗五郎松って佐倉宗五郎, 宗と号し, 宗享禅師は泉州岸和田, 宗仁様からの使い, 宗今日夕刻より俄, 宗介天狗様へ申し, 宗介蛇蘭語で云う, 宗仏法を亡, 宗仙さんこれは拙, 宗以外の人々, 宗以来の水害地帯, 宗以来五十三歳までの二十二年間, 宗以来孔雀丸は松島, 宗仲の室日女御前と同じ, 宗仲の館へ着いた, 宗仲等を率い, 宗任はじめ敵のとりこ, 宗と云つた人, 宗伊上原豊前守, 宗大居士, 宗鬼方の, 宗休綿屋一閑みな襲われたでは, 宗会堂の他, 宗伝唇茶の畳帯, 宗伝唐茶の畳帯, 宗は, 宗俊一件は, 宗俊初対面の一席, 宗俊御願がございまする, 宗俊煙管をとら, 宗信井伊直盛等が本営, 宗信算額なるもの, 宗信者であったと, 宗信覺善覺淳慶順乘專存覺并びに善鸞法善, 宗倫さまという二人, 宗停止の令, 宗僉使申考哲がこの, 宗儀九首等を読め, 宗儀作法の乖背, 宗元服の式, 宗兄かつは先帝, 宗先生試みに御, 宗に睦, 宗入道嘉心は此後二十五年, 宗全書第十卷, 宗兩派の技法, 宗八どのと書い, 宗八丸官閣下お使者, 宗八君はいった, 宗八幡宮にて披講, 宗公以来伝わって, 宗公重を振り向い, 宗公重らは声, 宗六主従四人真柄に馳, 宗に大, 宗兵衛女房がお, 宗兵衛寺川左馬助の二人, 宗兵衞親子に貢ぎました, 宗のほか, 宗兼右中弁正経, 宗兼學天地神明に通ずる, 宗内一般の僧侶, 宗円どのが城代, 宗坐して, 宗出陣のとき, 宗分類という二十余巻, 宗初めて勢力を, 宗といい, 宗制通りの断食, 宗助さそれで三つ, 宗助めだぜ, 宗助網を手, 宗勅撰の晉書, 宗北宗兩派の技法, 宗北画などによく, 宗十宗はことごとく, 宗十郎カブキを伝承, 宗十郎一代の芸, 宗十郎夫妻に礼, 宗十郎好みに差し, 宗十郎宗之助松助等の帝劇専属俳優, 宗十郎宗之助松助鴈治郎にて見物席, 宗十郎家橘小団次小紫, 宗十郎式マスクが少なく, 宗十郎張りの娘形, 宗十郎白糸が時蔵, 宗十郎等ガ中ヘイリテ段々八太郎ガ, 宗十郎羽左衛門の関, 宗十郎長十郎高助高賀と改称, 宗十郎門下にい, 宗十郎頭巾姿で長い, 宗十頭巾に十徳姿, 宗の方, 宗を作し, 宗印以下十数名の浪士, 宗印屋敷を左手, 宗即ちこれを, 宗即位の初年, 宗で卿, 宗卿右中辨兼左衛門権佐豊房は清閑寺家, 宗厳どのが, 宗参候の事, 宗参法師は間近, 宗の薬, 宗取り扱いの困難, 宗は帰朝, 宗叡和尚は清和天皇, 宗司鈴木茂三郎の諸氏, 宗でしたね, 宗吾郎一代記という活動写真, 宗命じて人, 宗和再生を夢見られた, 宗の女, 宗団経営の見解, 宗と仰ぐ, 宗は此文, 宗土佐守兼光らなど指, 宗地方とちがっ, 宗とともに校合, 宗垣陳性善彭与明は死し, 宗壽三島の鯉昇, 宗壽軒五十がらみの總髮, 宗壽軒娘の聲, 宗壽軒父子が地雷火, 宗壽鯉昇等に聞いた, 宗多少その宗義, 宗の物語, 宗大休寺の僧妙吉, 宗大学等を参観せり, 宗大本山の地, 宗太あてに差し出すべき, 宗太お前は兄さん, 宗太きょうのお客さま, 宗太ここへ来, 宗太さまお前さまはどこ, 宗太はじめ三郎益穂らはいずれ, 宗太らを待ち受け, 宗太夫妻から親戚一同, 宗太郎そつくりだ, 宗太郎弟は何處, 宗太郎竹造源助与之助巳太郎の六人, 宗太部と云う, 宗夫人の使い, 宗好同豊永真理立会弁護士三好, 宗如何と観, 宗姿貌を以て武后, 宗を贈られ, 宗孝康皇帝の廟号, 宗定そちらを見, 宗定サッサとイス, 宗宮部善祥坊福原直高浅野長政諸人が関白, 宗するぞ, 宗寺本堂に安蘇郡, 宗寺院の各国, 宗対馬守義智が徳川家, 宗対馬守義質の臣塩田氏, 宗寿博士の著書, 宗寿庵主のいかめしい, 宗寿軒五十がらみの総髪, 宗寿軒娘の声, 宗寿軒父娘が地雷火, 宗對馬守義功より出たる, 宗小学五千四十二カ所新教派小学一千八百八十三カ所, 宗山め居るな, 宗山ッて按摩, 宗山先生の住居, 宗山坊主の背中, 宗じ給, 宗崩壞の音, 宗川君にうかがった, 宗左たちめが相談, 宗左どのたちふたりをなわ, 宗がいる, 宗巴銭屋宗納が使い, 宗師多く大期に辞世, 宗平が帰って, 宗平が飯を炊く, 宗平が首を切らん, 宗平に手を, 宗平忠頼叔父良持の子, 宗幹氏の説, 宗府生久経領送使, 宗この両, 宗して, 宗を以て藤房, 宗当人さ, 宗当代の法王, 宗に處, 宗従四位むろん徳川時代, 宗自慢の, 宗に教え, 宗応蔵主はまだいと, 宗応蔵主さまご一族, 宗忠懐来に在り, 宗忠翁の歌, 宗豊志賀父子が, 宗同恒成, 宗悟紹鴎が風, 宗悦め執ね, 宗悦此方へ来, 宗悦身に取りまし, 宗意安心に当たるべき, 宗意居心地は何, 宗意山善左衛門と云う, 宗意蜷川左京其他弓奉行鉄砲奉行使番等数十名の浪士之, 宗意軒松右衛門善右衛門源右衛門源左衛門でいづれも, 宗意軒葦塚忠右衛門同じく忠太夫, 宗愨謀って獅, 宗憲宗時代の重臣, 宗我部東西大堺之事, 宗ひは, 宗依の, 宗打って掛ら, 宗按察使陳瑛が燕, 宗支父子の縁故, 宗は従四位, 宗教徒比較表左のごとし, 宗教正もその, 宗に酔い, 宗なりと思ふ, 宗文皇帝の陵, 宗斎江戸にてもろ人, 宗日蓮宗淨土眞宗時宗それに教外別傳, 宗昌系の山東省銀行, 宗明暗寺に行っ, 宗も如信, 宗是日体信士庚申元文五年閏七月十七日, 宗時に甫めて, 宗時宗それに教外別傳, 宗時綱泰藤常意, 宗というもの, 宗智宅へ参り, 宗が横, 宗服そッくりそこへ脱ぎ捨てる, 宗若くは, 宗朝臣女子達歌合に, 宗宗原, 宗本寺の取, 宗条的キリスト教ではチベット人, 宗来れかし眼に, 宗松平忠輝等の連合軍, 宗や, 宗樹居士のやさし, 宗橘高通健通渓早死に付跡目, 宗次今一句の入, 宗次御用だぞ, 宗正卿をし, 宗正司の所在地, 宗武卿以来聡明の血, 宗歴史一冊および多妻論一冊, 宗歸依者多ければ, 宗殿にはだ, 宗氏堀口貞満同行義, 宗氏家記毛利家記黒田記略清正記等各部将, 宗氏江田行義が将, 宗だの元, 宗とも相談, 宗をしたっ, 宗治世の年号, 宗にあたえ, 宗の沖鈎, 宗浄念寺も立派, 宗淳伝助等の称, 宗清不思議なところ, 宗清以外の者, 宗清四十余歳今は仏門, 宗清民の霊, 宗清福助の常磐御前, 宗清等の一行, 宗清自身が胸, 宗湛さまですか, 宗湛ひとりであるか, 宗湛何を笑う, 宗湛大口あいて, 宗にし, 宗父兄弟子孫なり, 宗牧里村元祖昌休紹巴里村二代昌叱三代昌琢, 宗玄旨の法名, 宗玉大姉はその, 宗珠宗悟紹鴎が風, 宗理錦袋舎等の号, 宗田忠七稲村与市設楽常八, 宗に限らず, 宗の上邸, 宗百二十九万七千三百六マルクなり, 宗百派がある, 宗な言葉, 宗皇后の會昌三年, 宗盛たちは自分たち一門, 宗盛三位中將知盛を初め, 宗盛以下平家が油断, 宗盛以下評議の末, 宗盛革命軍の軍鋒, 宗盛頼盛教盛重衡, 宗監視の役, 宗直宝泉院勝延行者の四人, 宗石舟斎あたりの高, 宗碩等である, 宗礼拝所に, 宗社石清水に古く, 宗嚴父す, 宗祐さんとか本姓, 宗祐父子の墓, 宗祐父子討死し親房, 宗ノ旅日記ニ, 宗祗其他の連歌師, 宗神並父五平次先代芝翫の松前鉄之助, 宗禅房権少僧都, 宗禅院という山法師, 宗であらう, 宗禎坂尚安多紀安琢であつ, 宗福寺などは昔, 宗又厳嶽, 宗秋先を払ッ, 宗に就い, 宗立って其歳崩, 宗立三斎殿御事松向寺殿を始, 宗立先生南宗は巨勢小石先生, 宗立教の書, 宗立本は登州黄県, 宗竜王それ自身だったの, 宗竜王殿下は東京, 宗竜皇帝が倫敦仕立て, 宗一の, 宗の室壽詞, 宗や宗規, 宗の算家, 宗統轄の中心, 宗総轄の権, 宗繁みたいな腰抜け武士, 宗という者, 宗聞法師から頼まれた, 宗と相, 宗舟さん済みませんが, 宗舟先生この温泉気分, 宗舟平凡画師も大家, 宗良さまによそながら, 宗良懐良などの諸, 宗というお方, 宗英先生の許, 宗英法眼だと, 宗英法眼奥御医師, 宗茂二千の兵一度, 宗茂八百を後, 宗茂粥を作っ, 宗茂長政二人とも二十五歳, 宗蓮寺で地獄極楽, 宗蔵中央に腰掛け, 宗蔵兄がいる, 宗蔵叔父さんと一緒, 宗藩官吏に知己, 宗藩政庁を相手, 宗虎ハ敵をバ, 宗虎方にハ部下, 宗虎防主池蔵太について大和, 宗を着, 宗装なんの意味, 宗西漸の始, 宗を奉ずる, 宗親一処に聚まり悲しみ, 宗親公が隠居, 宗親筆の序, 宗親筆入りという絶代もの, 宗親身の弟, 宗と称した, 宗観宗作または玄清等, 宗觀様お前の父様, 宗觀様お前さんかえ, 宗觀様ぐらえ憫然な人, 宗許可を受け, 宗謙その他の衆僧, 宗謙和尚はからから, 宗謙禅師に参, 宗豐山派の豐山, 宗貴由汗から西暦一二四五年, 宗が元和九年, 宗を称, 宗賢家では新築, 宗越智吉舟小牛清光徳若忠政, 宗迄が思ひがけ, 宗近君である, 宗近国師の真似, 宗遅滞するならば, 宗運動や無神論運動, 宗達さんあなたは怪しから, 宗達伯元と出水中山津守宅訪, 宗達光琳乾山と燦爛, 宗達画などの琳派, 宗達画風のああ, 宗達筆の扇面画, 宗達等の色彩絢爛, 宗達風の運筆, 宗は早速, 宗重君はどう, 宗から初段, 宗鑑守武の興したる, 宗鑑守武らの自ら, 宗鑑守武貞徳宗因等の時代, 宗鑑貞徳ら古俳人, 宗長流京都寄竹派の一節切, 宗長親王様のこの, 宗門徒であって, 宗開元は三十年, 宗開宣の題目, 宗の爭, 宗関東支配所にて問われな, 宗閣鎭江金山寺の文, 宗の法印定宗ら, 宗院派僧の印可, 宗の弟, 宗を祈らしむ, 宗雪会津の残夢, 宗雲君は京都高辻富小路, 宗音入道と称し, 宗の楼, 宗顕佐介ノ前, 宗などはこの, 宗高麗を征