青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「安~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

學~ ~宅 宅~ 宇宙~ 守~ ~守っ 守っ~ ~守る 守る~ ~安
安~
安い~ 安らか~ ~安全 安全~ ~安心 安心~ 宋~ ~完全 完全~ ~完成

「安~」 3894, 42ppm, 2758位

▼ 安~ (492, 12.6%)

281 じて 8 じた, じては, じない 4 じたり, じないで, じること, じ給え 3 じまた, じよう, じ給

2 [17件] じかつ, じきれない, じさせた, じそして, じたが, じたこと, じたらしく, じた今日, じなければ, じられないもの, じられるもの, じられるよう, じ其の, じ奉り四民, じ奉ること, じ悩み, じ難い

1 [128件] じ, じかねて, じがたく, じきれぬ, じけりさる, じこ, じこれ, じご, じさせなかつた, じさせるため, じさて, じその, じたか, じたくありません, じたさうである, じたてまつるため, じたという, じたとも, じたの, じたは, じたまえ, じたまわん, じたらよい, じたるか, じたわけ, じた人々, じた巽斎, じた形, じた心持, じた高から, じていたい, じても, じてるもの, じなかった, じなかつた人, じながら, じなく, じなば, じぬ, じひたすら, じましたが, じました小生, じましょう, じられず信教自由, じられた, じられない, じられないかずかずの, じられなくなり怒らなくても, じられません, じられませんでした, じられよ, じられるところ, じるくらい, じるもの, じるよう, じる情愛, じる趙雲, じわが, じを, じ一, じ一日城内, じ上, じ下, じ不断, じ二十年, じ全, じ其前面, じ分, じ刻下, じ功, じ又, じ周公, じ国家, じ国民人文, じ圧, じ夏侯楙, じ奉らねば, じ奉らんが, じ奉りたいと, じ奉りまする, じ奉り下, じ奉り候よう, じ奉るこそ, じ奉るでございましょう, じ奉る日, じ奉ろうと, じ子, じ小, じ小さく, じ居ること, じ得々, じ得ない私, じ得るもの, じ得る妥協的, じ得る家康, じ得る点, じ御, じ懇, じ我師, じ日々富, じ易い, じ曇りの, じ朝廷, じ未だ, じ松, じ毅, じ池, じ治乱興廃, じ満足, じ現在, じ目, じ秣陵, じ精神, じ終ると, じ給うを, じ羞恥, じ自ら, じ自己肯定, じ虱, じ衣食, じ賜わらむ事, じ身, じ退いて, じ道, じ錦衣玉, じ長久, する所, せずして

▼ 安~ (375, 9.6%)

5 河の 4 手を, 池では, 顔を 3 あとを, ことを, ために, 両親を, 柄を, 番頭の

2 [25件] ことは, ような, 三人が, 三年, 世や, 亡霊が, 伊沢氏を, 國の, 女梅, 姿が, 姿は, 家は, 影が, 手に, 故事を, 方へ, 気が, 河, 河に, 父母を, 父親が, 許に, 間の, 鞘を, 頭を

1 [290件] いた家, うしろでしました, おやじを, かたき討, からだも, ことども, ことばが, こぶしは, こまっちゃ, しのび声, すがた, そういう言葉, そば左膳の, ところからでも, ところ天, なすが, ほうで, ほうに, ほかに, みぞおちに, やつ何か, やつ苦し, ようすが, わすれ形見, わたくしに, んな, 一件を, 一家は, 一理です, 一県は, 七年頃だった, 両親じゃ, 両親は, 事蹟新聞紙に, 二人, 二人だけ, 二人のか, 二人は, 二十六, 二女は, 二年, 二年秋九月, 人たちは, 人と, 仕業でした, 仕業と, 先生も, 兩隱居に, 八年太守劉表は, 兵を, 出現と, 刀面から, 割合で, 北に, 十一年秋七月だった, 十五文を, 南方永修附近で, 卜庵に, 印絆纒を, 危急を, 叔母が, 口から, 口を, 名を, 名当町役場の, 名附親町野, 命には, 命は, 咽喉と, 咽喉首へ, 唄を, 唄声が, 喉元へ, 喬庵を, 噂と, 四年八月朔日朝賀の, 四男に, 国土と, 國くにの, 地位に, 城へ, 城も, 城下に, 堤の, 場合にはか, 声, 声が, 声と, 声に, 大声, 大声が, 大小四人の, 天地に, 天性が, 太刀に, 太守楊陵と, 夫に, 夫宗右衛門も, 女で, 女中が, 女二人の, 女婿と, 女梅七つ, 女梅三つ, 女梅九つ, 女梅二つ, 女梅五つ, 女梅八つ, 女梅六つ, 女梅十, 女梅十一柏軒五十一子鉄三郎十二女洲二十国十七安, 女梅十三, 女梅十二, 女梅十六, 女梅十四, 女梅四つ, 女装した, 奴訴人を, 好意が, 好意に, 如きも, 妻が, 妻と, 妻森尾氏の, 姉妹が, 姿も, 姿を, 嫁の, 字頭の, 存在は, 宅は, 家に, 寝ごと, 寝顔を, 實家が, 實家は, 小僧が, 小僧なら, 尾について, 屋敷の, 島, 川原天の, 席にも, 席上にて, 帰った頃, 帰って, 幸か, 幽霊と, 幽霊に, 幽霊らしい, 幽霊一件を, 店に, 引き合わせでは, 弟とか, 弟磐安皆此機密を, 影の, 影を, 後を, 後姿を, 心であった, 心を, 思いは, 息女で, 惚氣交り, 成仏を, 手から, 手で, 手には, 手へ, 挑戰に, 提案に, 斬味見, 新妻であった, 方が, 方は, 日には, 晦庵朱先生の, 晴れの, 暖簾を, 曰く殿下を, 未亡人俊継尼は, 朱鞘と, 朱鞘に, 村に, 東北に, 柄が, 柄に, 柏に, 槊ほとんど, 横鬢に, 欲望を, 死んだ頃, 死霊の, 死霊を, 死顏には, 死體は, 歿後十八年榛軒長安の, 水では, 池の, 池は, 池を, 河原, 河原に, 治を, 洞窟の, 消息は, 為に, 焼いた鳥, 父, 父が, 父である, 父は, 父秋元であった, 父親という, 父親は, 父親も, 父辞安良安の, 生んだお, 由来かねがね, 番頭が, 番頭と, 番頭などは, 番頭は, 目的によって, 直, 直が, 直の, 眼に, 眼には, 知合の, 祖父である, 祟りが, 秋十六年その, 篤学世に, 繩張を, 義侠を, 聲は, 肉体を, 股引の, 肩を, 胡地を, 行為を, 裸体画を, 襯衣の, 親切な, 親探し, 親類書に, 言葉に, 話から, 話とを, 足に, 足許へ, 身の上, 身柄と, 軍敗れ, 返辞だった, 遺子梅を, 邸は, 邸へ, 郡守陳香泉の, 郷の, 里と, 里の, 野郎の, 野郎は, 野郎明らかに, 鍔を, 鍛えるところ, 阿魔, 隣りに, 電報を, 頃には, 頃奧州十三湊の, 預けて, 頭上から, 頭上を, 頸が, 顔が, 顔は, 顔へ, 風邪に, 養父たら, 養父である, 館, 首に, 首根っ子を, 駕籠賃を, 魂が, 魂は, 魚怪

▼ 安~ (282, 7.2%)

3 眼を, 肯かない 2 うしろの, お美夜ちゃん, ここに, それを, 急に, 手を, 滋子の, 自分の

1 [260件] あまりにも, あわただしく, あわてて, あわれなもん, いいすてて, いっそうしっかと壺, いつのまにかまるで実, いねえか, いま, うちの, うとうと斯, うなずいて, おすがと, おっとりと, おどおどし, お紅, からだを, かわいい顔, がっと, ぐいと眼, けろりとした, こう叫びつづけ, こけ猿, ここで, こちらへ, このこけ, この作爺, この年新富座附, この秋, これは, これより, しかたなし, しずかに, しっかり眼, しめやかに, しょげ返ったよう, すぐに, すぐ横, すこし不審, すすり泣いて, すなわち安, そっちへ, そのくろ, そのころ十九, その肩, その霧, そらいっぱい, ただ笑つて, ちょこなんと起き上がっ, てんてこまいだ, とうとう一つ, とっととかけ下りました, とんきょう, どうした, どうしたろう, どうしても承知, どうだい, どうなる, どうやら意外, どう感づいた, なにか考え, なにげないふう, なんと思った, にやりと見上げ, のびあがるよう, のんびりと, べそを, ぽかんとし, また向う, また縫物, まるい眼, もうずっと遠く, もうドンドン先, もう半, やすやすと, やにわに文次, よくそっち, よじのぼりながら, わからないくせ, わしらを, わたくしに, オイオイ泣い, カチヤ, シクシクと, ニコニコ笑い, ホトホト弱った, ポカンと, 一たび伊沢分家に, 一同に, 一應士の, 一生けんめいに, 上半身を, 上方へ, 下野国の, 世間の, 事成る, 二十五歳にな, 云いつづけた, 五人を, 今ごろは, 仕事場から, 伊丹の, 何を, 信濃産の, 信美の, 兩人共たしかに, 六年前より, 六歳に, 内部から, 円な, 円座から, 出かけて, 前の, 劉備に, 劉氏に, 勇気づいて, 勝気者だった, 十九歳に, 十坪ばかりの, 即ち後, 即ち柏軒, 又からか, 友信と, 取つて三十七, 取り合いも, 口を, 口癖の, 唖然と, 善七の, 喜多屋から, 嘗て一たび池田, 四十前後の, 四年前に, 地面で, 埋めた古, 声の, 声を, 変に, 多分以前, 夢中だった, 大ぶ, 大袈裟に, 天井を, 太刀を, 威勢よく, 子供達を, 守人の, 守人を, 家内医官補を, 家督相続を, 寝ぼけまなこを, 小さな握りこぶし, 小さな膝, 小田原に, 少しきまり, 少将に, 居なりに, 左膳の, 師匠そのまま, 帰って, 店の, 彌助の, 後に, 後但馬と, 得意気に, 心も, 必死の, 忍びやかに, 志津達姉妹の, 思いました, 急いで, 悲しげ, 感に, 振り向いて, 文化七年に, 斬られたと, 新左, 春安と, 昼間でも, 本宗右衛門, 来ない, 松助よりも, 柏軒信重で, 柔和に, 案外な, 榛軒が, 榛軒の, 榛軒信厚盤安は, 次から, 此の, 此より, 歸つて行つた, 死骸を, 殺されて, 気が, 汗を, 治郎作の, 泣いて, 泰軒先生に, 浅草の, 涙の, 涙声, 満足な, 無言, 片手の, 猶予し, 玄索は, 現存者に, 甚だしく大人しくなっ, 用の, 甲斐守歸邸の, 番人の, 畳に, 白足袋の, 相変らず, 相変らずのんき, 相變ら, 真面目に, 矢島優善の, 祖先を, 祖父京水の, 穴の, 笑ったが, 筑前に, 素播磨の, 縁端で, 肉を, 膝の, 自立し, 茶碗を, 萩野を, 著名な, 蒼白に, 藤沢の, 處刑され, 裕福でない, 裾を, 西の, 西は, 諌めようとも, 走って, 足が, 足は, 跛足であった, 跣足で, 身外の, 連れて, 金を, 長い間, 長政の, 陸路を, 霧に, 面会に, 面白さうに笑, 領地を, 頭から, 頭を, 顔を, 馬を, 驚いて

▼ 安さん~ (210, 5.4%)

6 の家 3 が死んだ, の蔵する, はまた

2 [15件] がお前, が死ん, が生きてる, という人, のよう, の影, の所, の方, の案内, の次男坊, の頸, は, はもう, は馬鹿, を殺した

1 [165件] おくれ仕事, おめでとう, からあなたさま, からはがき, が, がいいました, がいいます, がいつ, がえらい, がお, がし, がすぐ, がそう, がそれ, がよこした, がわざわざ, がわたし, が例, が先, が出口, が勢い, が可哀想, が大きい, が忘れ, が急, が悪い, が昨夜庭, が泥べた, が田川, が知ってる, が社会, が神戸, が私, が立ちどまっ, が逃げなけれ, が顔, が黙然と, さえ生き, その点, だ, だけは暗い, だってそう, だってそれでも, だって父ちゃん, だわ, ってとても, てば虱, て松駒連, でも, とあちら, というん, という独身者, とかいう娘, とかもう宜, としよう, とともに俊夫君, ともう, と云う, と分った, と申す, と聞きゃ, と話し, なんかと一緒, なァ安さん, な内, には不断, には御, に伴, に向っ, に敵, に済まない, に習え, に聽, に説諭, に逢いたくなった, に逢つて, に驚かされた, のお, のかって, のこと, のため, のほか, のもの, のやう, の下心, の云う, の兄さん, の前, の十二, の口入れ, の古い, の名前, の御, の手, の指図, の旅費, の旨, の来た, の根気, の死, の清潔, の為, の祟りで, の親切, の言葉, の計画, の訓戒, の身, はあまり, はお, はしきり, はすぐさま, はそこら, はその後発憤, はどうして, はなす, はまだ, は一応, は一生忘, は五十位, は人間, は兄さん, は六年, は別に, は勢力, は君, は唐桟, は土曜, は坑夫, は堕落, は多い, は大抵, は如何, は寝惚けた, は待ってた, は快く, は日, は書, は村, は桜, は死, は煙草, は狡獪, は生憎, は知っ, は知らん, は神戸, は自分, は鋭い, は電気灯, へ弟子, もお, も妙, も自分, も達磨, や代書屋, や棟梁, を呼びよせ, を尋ね得た, を引見, を相手, を贔屓, を追い出す, 其の刀, 出掛けよう斯ん

▼ 安二郎~ (176, 4.5%)

7 は豹一 5 の顔 4 はお, を見る 3 の話, の頭, は

2 [18件] がお, が迎え, にその, にはちくちく, には子供, に同情, に喰っ, に頼んだ, のこと, のところ, の肩, の背中, の苦悩, はとぼけ, は懐, は男だてら, は自分, は風呂銭

1 [111件] からはよ帰っ, から帰っ, から金, がうけ, がけち, がそれ, が出頭, が呶, が声, が手続き, が言っ, であった, とは口, と別れ, と物, にとっては豹一, には自分, にも挨拶一つ, に借り, に子供, に強意見, に挑み, に掛かる, に敵意, に渡す, に知れ, に見せ, に親しみ, に言っ, に頭, のいる, のからくり, の乱暴, の仕事, の兄, の前, の呶, の咽喉, の家風, の寝巻姿, の悪口, の悲しい, の着物, の脱税, の表情, の言う, の言葉, の迎え, の隣, の鼾, はいきなり, はうどん屋, はおかしい, はおや, はこの, はこれ, はさすが, はじっと, はその, はそれ, はそんな, はたびたびうっとり, はちら, はなぜ, はにやりと, はのっそり, はひょんな, はむろん, はもう, はやっと, は五十面, は今月, は余り, は偽, は兄, は再び, は初めて, は副, は執達吏, は小さな, は廃球以外, は彼, は思いつく, は慎重, は打ちのめされた, は放蕩者だし金, は既に, は此, は消印, は狼狽, は生意気, は痔, は背中, は苦い, は苦り切っ, は覚悟, は請求書, は貰い子, もそれ, もどうやら, もまた, も公然, も自分, をざま, を動物, を恨む, を感ずる, を無理矢理, を結びつけ, を説得, を豹一

▼ 安~ (120, 3.1%)

2 おさえて, にらんで, めがけて, 保つを, 偸んで, 取押えて, 後ろに, 腰に, 謀らむとせり

1 [102件] いつまで, おさ, おさえつけて, おさえられて, おさえる一人, かえりみ, かえり見, かばいながら, かわるがわるにらみつけ, ぐるぐる首, ここまで, して, じっと見おろし, そのままに, たたき起こして, つれて, ねらって, のぞき見やって, はじめ当の, ひっとらえて, みつめた, むごたらしく追い出し, もたらす何, 与えた, 与える, 中心に, 乱されること, 京水の, 今こそ, 今様に, 伴大次郎いま抜きかけ, 佩し, 使つておす, 使つて或, 促して, 出てから, 前に, 前後に, 北平に, 取り直そうと, 口説き落させようと, 呼んで, 問うて, 喰らって, 夜露に, 娶った, 娶った長尾宗右衛門, 左膳は, 帯した, 引っさげたなり, 待って, 従えて, 従が, 得つ, 得るより, 思う純真, 感じつつ, 抑えて, 抛棄した, 抜いては, 抱きこんで, 抱き込んで, 押しころ, 挙げた, 振りかぶって, 探しまわつて, 救え, 期し難い, 横に, 残しひとり, 殺さんこと, 殺しそれから, 殺したの, 殺して, 殺そうとして, 気取りて, 氣取りて, 求めざるなし, 無視し, 生み五百, 留めて, 背に, 與ふ, 虐待し, 被つたもの, 見たが, 見たこと, 見ては, 見出すよ, 見初めて, 観たこと, 説き伏せて, 貪って, 貪るが, 躍らせて, 身に, 車に, 迎えて, 迎える喜び, 追いに, 追ってきたん, 遁さず

▼ 安~ (76, 2.0%)

3 である, の女婿銀二郎, の新法, は飯田安石 2 といふ人, のこと, の女, の家, の時

1 [54件] お糸, が中途, が帰らなかつた, が新法, が此夥, が科擧, ごとき偏見, となす, と倶, と其妻, と蘇東坡, などさ, などさえ偽, なり, にこれ, に何処, に及ばなく, に譬え, に貽, に近し, に関して語る, の, のよう, の上, の下, の制度, の妻, の子, の後, の方, の時代頃, の棠軒養母, の生年文政七年, の詩, の逸事, は之, は云, は倉皇これ, は十二歳, は反問, は壬申五月二十三日, は女婿河合銀二郎, は提燈, は更に, は朝, は榛軒門人録, は豚肉, へ相, もまた, も亦, より御, をし, を置いた, 元民

▼ 安~ (74, 1.9%)

7 お美夜ちゃん 5 云ふ 2 お紅, 一緒に, 改称し

1 [56件] いい長安, いう, いって, お藤, お辞儀を, その人, である, なつた, なつて, ならんで, やらだと, 並んで, 二人の, 二人は, 二人を, 云う若僧, 云う讃岐, 云って, 云ひ, 云へば, 休息も, 保護とを, 信重に, 合撃し, 同い年で, 同じくらいの, 向きあって, 姉妹の, 忠五郎が, 戦う, 改めた, 改め維新後, 改称した, 書し, 書した, 書し此, 柏との, 正反対の, 母親の, 民庶の, 泰軒が, 泰軒先生, 湛然, 申すは, 申すもの, 称, 称して, 称し後, 称し維新後, 筒井筒の, 精力とを, 美しい廻国風, 肩を, 言えば, 道場を, 重三郎の

▼ 安~ (71, 1.8%)

2 同情し, 行ったこと, 連れて

1 [65件] あがったとは, ある, いったの, こうすすめた, この壺, ささやいた, すぐ来る, それを, つれて, むかって, よこしました, 一反り打たせた, 上級者に対しては, 与へたもの, 人眼に, 会飲す, 伝へなかつたの, 伴わしめ方物, 似たよう, 使いを, 出迎, 刀を, 勝ちことごとく, 及び徳安, 取り巻かれて, 周旋さした, 呼びかけたの, 命じて, 問いて, 在りや, 執殺されたの, 報じた書面, 声を, 多く気, 守人を, 寢て, 忘れられない恨み, 恋して, 感じて, 戸田の, 手を, 手取早く, 手古摺った話, 持たせて, 攻め向うこと, 暮すが, 暮れ近い, 注意する, 渡された, 由つて巣鴨へ, 盃を, 眠ツて, 示して, 箱を, 聞きただすと, 見られたという, 規定し, 説き勧めたが, 買える便宜, 贈られた, 鋭い一瞥, 限るつてわけ, 預けて, 頼んで, 養はれ

▼ 安~ (54, 1.4%)

2 とその, なもの, ならん, にする

1 [46件] があれ, が更に, が達せられ得ない, たる不滅, たる家庭生活, でありました, であり勤労, であること, という常に, として動かない, とその他, となる, とを得ん, と名利, と快適, と独立, と秘密, と結婚制度, なの, ならしむる考, ならせること, なるは, な位地, な国, な土台, な待遇, な情実, にいわゆる, にし, にしよう, になった, にもし, のもの, や清潔, よりもむしろ, らしさ, をも有, を保ち, を保障, を図り, を尊重, を得なけれ, を約し, ヲ計, 及び保護, 幸福に

▼ 安~ (53, 1.4%)

2 しょげる番

1 [51件] いたという, いった, いって, いない, いるから, うずくまって, おさえられて, お玉が, かけて, こっちから, しぶしぶ床, そう云っ, びっこを引い, ぽっくりと, また来た, もうすこし気持, よく知っ, 下つて留守, 与の, 両国薬研堀に, 両手を, 入って, 入らない世話, 出来上る, 叫んだ, 喜多屋を, 大声に, 大声を, 妻の, 左膳を, 帰ったあと, 引ったくっ, 引続き積, 手近に, 折角やきもきし, 抜き放されて, 控えて, 既に磐安, 書いた手紙, 未だ僊去, 来たって, 来たので, 来ること, 東條紀伊守の, 歿した, 眼を, 磐と, 秀男に, 言った, 追われて, 門田朴斎に

▼ 安~ (50, 1.3%)

3 ぽいもの, ぽい家, ぽさ

1 [41件] ぽいけち, ぽいとは, ぽいの, ぽいみたい, ぽいポマード, ぽいレコード, ぽい人, ぽい円卓子ひとつ買つた験, ぽい坊さん, ぽい宿, ぽい寢室, ぽい實驗, ぽい小説, ぽい帽子, ぽい態度, ぽい木造, ぽい机, ぽい母性觀, ぽい油絵, ぽい玩具, ぽい繪具, ぽい繪双紙, ぽい色, ぽい花模樣, ぽい衣裳, ぽい褪め, ぽい赤, ぽい輕蔑, ぽい顔, ぽい香水, ぽくからか, ぽくて, ぽくベラベラ, ぽく云, ぽく仇, ぽく光る, ぽく古ぼけ, ぽく死ぬな, ぽく貧弱, ぽさうな紙入れ, ぽさうな頭

▼ 安~ (49, 1.3%)

12 けく 10 けき 4 なり 2 と, なりけり, に歸

1 [17件] あり尾, けからぬ, けき眠り, けくあっただろう, けくけふ, けくそ, けくた, けくま, なりおの, なり湯, に, に会, に渡らせました, に眠る, に過, ひである, や船

▼ 安兵衞~ (46, 1.2%)

2 の二人

1 [44件] が, が一度, が上り端, が償っ, が去年, が同胞, が四方屋, が宥め, が幾らか, が店, が生垣, が私, が親切, が贔屓, が起, が酌, だけ這入りました, だって悪気, でございまする, では, とて神, とも相談, と申します, と申す, のほか, の家庭, の手, の新妻, の跡, の遺言状, はお, はかん, は五十前後, は卒中, は正直者, は直に, は確り, は粋, は驚い, も伊兵衞, も前々, も道樂強, やお父さん, を殺す

▼ 安もの~ (45, 1.2%)

1 [45件] が多い, が多く, が無遠慮, だから, だけれど, だと, であったから, であったこと, であったの, である, であるお蔭, でした, でも二戸郡, で突飛, とされます, ならば, に熱中, に過ぎません, のかつ, のステッキ, の中皿, の人造真珠, の仮, の余裕, の固く, の壁紙, の小さな, の性質, の指環, の民器, の玩具一つ, の皿, の着物, の貿易品, の雑器, の青い, は常に, ばかりである, もこの, らしいが, を作っ, を作る, を心掛けた, を意味, を焼く

▼ 安という~ (43, 1.1%)

3 女が 2 女は, 東海道喰い

1 [36件] お方が, この一字, ところ天売り, ところ天屋の, んだろう, 人間には, 八つばかりの, 古本屋が, 変な, 女と, 女の, 女を, 女人が, 娘と, 娘の, 娘は, 娘も, 娘を, 子供は, 小僧は, 小綺麗な, 床屋の, 恰好薄寒, 感に, 東海道喰詰の, 気違いじみた, 物馴れた, 老舗が, 者が, 者だ, 者の, 者は, 腕白小僧と, 貰い娘を, 長脇差だの, 駕籠舁を

▼ 安寿~ (39, 1.0%)

2 の様子, の顔, は先, は守本尊, は糸, 恋しや

1 [27件] が亡き, が糸, と名, と津志王, には桶, に向い, の入水, の前, の履, の悲鳴, の汐汲み, の詞, の額, は, はけさ, はすぐ, はそこ, は三郎, は奴頭, は姉娘, は弟, は汐, は泉, は畳, は紡錘, は身軽, を見とがめる

▼ 安~ (36, 0.9%)

2 それから又

1 [34件] お藤, ここまでは, さすがに, そのままに, その一本, それには, ぞっとした, ないの, ふと足, へんだ, ゆるされて, よろしいが, 一寸試し五分試しに, 二三日税所方に, 云った, 今は, 仕事の, 他の, 十七で, 埋めようとは, 小判の, 左手で, 思わず腰, 拳の, 江戸っ, 泣かされて, 泰軒居士も, 目を, 眼ッかち, 足を, 閑雅の, 闇を, 顛倒した, 驅け

▼ 安まる~ (32, 0.8%)

3 ように 2 のだ, 暇も

1 [25件] くらいの程度, ことは, だろうから, だろうよ, とすれ, とも, どころか, どころか私, に相違, ので, のです, のなら, のは, ひまは, べき塚穴, まいに, ものは, ような, 君接吻し給え, 君接吻爲給へ, 場所の, 時が, 暇は, 間もなく戦塵, 隙も

▼ 安から~ (25, 0.6%)

2 ざるを

1 [23件] ざらしむ, ざらしめ, ざる所あり, しとろき, しむべし, しむる, しむるにあり, しめさて, しめたという, しめて, しめる, しめるに, しめるの, しめる人, しめ学問, しめ漸く, し師, ぬけふ日, 受け取って, 宝徳の, 江を, 碁石を, 退却を

▼ 安~ (25, 0.6%)

2 の奥, をプツリ

1 [21件] が屏風, くだりつくして, にかかり, につき当, の, の山奥, の山脈, の彼方, の意, の東側, の東南部, は深し, をわれ知らず山, を発し, を発した, を発したる, を突破せり, を越え, を越ゆ, 越えつつぞ, 黒く繁み

▼ 安~ (23, 0.6%)

1 [23件] あのところ, うな, が彼女, が誤まつ, この磯宿, である, なども個人, に帰る, に釣られ, に驚く, はたう, はどう, もつたいないと, をぞ思ふ, をぬすもう, をもっ, を乱さない, を持つ, を貪らう, を貪る, ん, ん夫婦, 尊さ

▼ 安重根~ (23, 0.6%)

2 は続け

1 [21件] が来た, だ, に背中, の個人的知人, の同志, の情婦, は外套, は寝台, は引っ返し, は張首明, は憮然, は手持ち, は無心, は片手, は疲れた, は細目, は草, は行李, は魅, も行李, を見

▼ 安~ (22, 0.6%)

6 らない, らなかっ 2 らず, らなかつた, らぬ 1 ったらしい眼付, ったらしくやがて, らん, ろうとは

▼ 安~ (20, 0.5%)

1 [20件] こう顎, ひとこと置き捨て, むけて, 入城した, 出て, 切って, 向かって, 帰って, 帰るところ, 必ず御, 渡す, 眼を, 行く, 買い求めに, 走った時, 走ってナ, 近づいて, 迫って, 遣ったの, 駆けつけて

▼ 安~ (20, 0.5%)

2 の五古, の如き

1 [16件] が父, であつ, で父玄道, と改めた, に仕, に其次, に託した, の撰む所, の父, の父玄道, の自筆本, はわたくし, は清川氏孫, より申越候, 常庵様, 後玄道

▼ 安~ (19, 0.5%)

5 くもなし 2 きかどかと, く眠り 1 からしと, からぬを, かれ, き, きこの, きごとし, き地, き此, くなりぬ, く暮され申候

▼ 安~ (17, 0.4%)

2 て居る

1 [15件] ていた, ていなけれ, ている, てこれ, ての事, て二十年, て委せる, て居られなくなった, て放言, ない心もち, 己を, 弱い嫂, 得べ, 給ひき, 給ふべき

▼ 安~ (17, 0.4%)

2 御内政様

1 [15件] がこの, が妾, が年貢取り, じゃ, とお, とは逢う, と幾度媾曳, など御門下衆, には薄情, の予言どおり, の親切, はいかが, 御著, 御西遊, 追

▼ 安すぎる~ (16, 0.4%)

2 大いにハリキッ

1 [14件] からな, がと訊く, でせう, とさ, との腹立, と云, と思います, のです, ので正直, のと, ようだ, 何だか腹立たしく, 気の毒な, 粒々辛苦そして

▼ 安死術~ (16, 0.4%)

2 を行う, を行った

1 [12件] がある, が発見, ということ, とは何, によって人, のみなりというべし, はすべからく, を主張, を故意, を施そう, を行うべきである, を試みました

▼ 安かつ~ (15, 0.4%)

42 たが 1 たいはんや, たし船客, たせゐかも, たと, たのに, たもの, たら二三日は, た事, た時代

▼ 安~ (15, 0.4%)

1 [15件] が列座, が嗣いだ, が矢, が雲従元, であつ, に受けしめ, に書, の教, の許, の門, は元, は維新後困窮, は雲従元, もまた, 同元佶

▼ 安~ (15, 0.4%)

2 にし, を保つ

1 [11件] となり, となる, なりし, なること, にする, によつて身心, の境, をおぼえる, を感じ, を求め, を要する

▼ 安~ (13, 0.3%)

3 安か 2 ア安か 1 あいい, あございません, ありません, この有様, ないん, なる大, ア, 寒か

▼ 安~ (13, 0.3%)

2 ぬあ

1 [11件] ざる如き, しめ申度御座候に, ず同時に, ず大旱地, ず窃, ようと, られたの, られない, られない一種, られない人間, られない心持

▼ 安~ (13, 0.3%)

1 [13件] あつた, どう心境, 其末に, 安くて, 引き添う, 当たり外れの, 成るべく好い, 此の, 歿日は, 行った文芸座談会, 買ったもの, 通って, 逢ふたんや

▼ 安~ (13, 0.3%)

1 [13件] が, が日比谷, が盃, が賭場, に盃, の一味十人, の話, の顔, はスックリ, は片, 暫くだった, 短い縁, 間違ったこと

▼ 安~ (13, 0.3%)

5 の注 1 あるのみ, から古文尚書, の解釋, の註, は何晏, や羅從彦, 已に, 注孝經一卷

▼ 安~ (13, 0.3%)

1 [13件] のす, の上, の兵馬, の徳, の相, の策, の経策, の經綸, は大, は逃げきれず, を祈願, を計らん, を道

▼ 安~ (13, 0.3%)

2 の刀

1 [11件] か, がお, で三尺八分, といえ, とは仰せ, の切れ味, の名刀, の大刀, の巻, を差し, 真守

▼ 安ちゃん~ (12, 0.3%)

1 [12件] いいもの, が十七, が又, が朝顔屋敷, こんなに晩, っていう女の子, ですよ, に相違, の持つ, はおとなしい, は見もの, を里

▼ 安~ (12, 0.3%)

3 に当っ 1 がなく, だの猫, に入っ, に入れ, に寝, に逆上せた, を入れ, を入れる, を抱い

▼ 安過ぎる~ (12, 0.3%)

1 [12件] かまたは, から調べ, っていう, というの, と思, と思う, と誰, のか, ので詮事無し, のは, やうだ, んだ

▼ 安十郎~ (11, 0.3%)

1 [11件] が区長時代, が奥仙丈, が教えた, に拠れ, は之, は奥仙丈岳, は梓川, は猟師, は確, や測量当時測量部, を連れ

▼ 安~ (11, 0.3%)

1 [11件] が力盡, が彼, でした, の病気, はかう, は不思議, は世間, は思ひ, は気, よりも人間, 他年

▼ 安~ (9, 0.2%)

1 からお, からね, からわけ, がその, たこ梅だ, てといふ, てなあいさつ, ての我, という

▼ 安兄ちゃん~ (9, 0.2%)

4 のため 1 というとても, のお父ちゃん, の両親, はどんなに, は用

▼ 安~ (9, 0.2%)

1 がなり上げた, だよ, と二人, のところ, の知恵, の親父, の頭, はゴング, は座敷

▼ 安~ (9, 0.2%)

1 が会う, が後, が救う, が正気, が連れ, と葛の葉, の居処, は留守, は都

▼ 安~ (9, 0.2%)

1 の叛乱, はどうか, は兩夫人, は兼, は四十八歳, は隙, を喪い, を帖木児, 猶未だ還らず

▼ 安策孫~ (9, 0.2%)

3 の事 1 と云, の養嗣子温, は二十六歳, は医, は豊後国岡, を挙げ

▼ 安~ (8, 0.2%)

2 めえ, 藤の 1 たけ紋治そして, 兄ちゃんは, 徳お, 美夜ちゃんを

▼ 安~ (8, 0.2%)

3 能く 2 井上伯の 1 其始め彫, 経世偉勲中の, 經世偉

▼ 安といふ~ (8, 0.2%)

2 女を 1 うちで, のも, 五十過ぎの, 女, 女に, 戀女房を

▼ 安~ (8, 0.2%)

1 でもかなり, に産し, のビン, の一部, の如き, の山中, の皇帝, の知識

▼ 安~ (8, 0.2%)

1 されると, したつて, したの, して, しないという, だけれど, の玉葱, は日本

▼ 安~ (8, 0.2%)

2 御迎 1 として二三間向う, として現世, に被, の座, 御勤, 被成

▼ 安~ (8, 0.2%)

1 くらって, に酔った, のにおい, を呷っ, を浴びる, を煽っ, を飲み, ヲ飲ムニ於イテ贅

▼ 安~ (7, 0.2%)

3 線を 2 線の 1 線唯一の, 線車上

▼ 安左衛門~ (7, 0.2%)

1 が生存中, と島井五助, に嫁, は商人, もついに, も大いに, を称し

▼ 安~ (7, 0.2%)

2 の河原 1 という河, の條, の水, の河上, の物語

▼ 安とやら~ (6, 0.2%)

1 そちの, その駕, ただいま, では, 申したな, 申す小僧

▼ 安~ (6, 0.2%)

2 健は 1 い, い手前, 与三郎と, 宜いか

▼ 安受け合い~ (6, 0.2%)

1 に受け合っ, は頼もしく, をし, をした, を後悔, を真に

▼ 安~ (6, 0.2%)

1 というもの, という名, なりと言つて, の後裔, は奥州外, は奥州外ヶ浜

▼ 安期生~ (6, 0.2%)

2 はその, を訪ね 1 がいつも, の手

▼ 安~ (6, 0.2%)

2 を売っ 1 にされる, に踏ん, は売らず, を売らない

▼ 安~ (6, 0.2%)

5 なされた其夜 1 仕候間

▼ 安~ (6, 0.2%)

1 すべきこと, のほどひたすら, の宮, の宮まし, を祈る, を貪らん

▼ 安かな~ (5, 0.1%)

2 手足を 1 寝息を, 眠に, 眠を

▼ 安~ (5, 0.1%)

1 かおを, のが, のであろう, 夜の, 眼長い

▼ 安には~ (5, 0.1%)

1 今夏侯楙が, 呉懿を, 押して云うべき, 父も, 顔が

▼ 安まっ~ (5, 0.1%)

1 ていい, ていった, てくる, てはいなかった, て安心

▼ 安三年~ (5, 0.1%)

1 という年, に出来た, の, の初冬, の條

▼ 安~ (5, 0.1%)

1 の科, を造ら, を造り, 悪魔と, 高慢の

▼ 安市城~ (5, 0.1%)

1 の失敗, は地險, をその, を攻め立てた, を攻め落さなけれ

▼ 安市場~ (5, 0.1%)

1 がある, の中, の側, の吉祥茶園, へ行く

▼ 安賣り~ (5, 0.1%)

1 なんかぢ, は何處, は止めよ, をする, 店も

▼ 安ずる~ (4, 0.1%)

2 やうに 1 こと能は, のが

▼ 安だて~ (4, 0.1%)

1 にお, に旦那さま, に頤杖, をし

▼ 安にも~ (4, 0.1%)

1 すこしの, そういう形勢, 心を, 識られずし

▼ 安まった~ (4, 0.1%)

1 ような, ナタリイ僕は, 心持で, 気持の

▼ 安らけさ~ (4, 0.1%)

1 さえ感じられる, と歓び位ほか, を感じ, を覚えた

▼ 安二十五年~ (4, 0.1%)

1 の春正月, は同年, をもってちょうど, を延康元年

▼ 安~ (4, 0.1%)

1 この平凡事, の一日, の境地, の心境

▼ 安十三年~ (4, 0.1%)

1 に入った, の冬, の冬十一月, の秋七月

▼ 安寿厨子王~ (4, 0.1%)

1 が津軽, の同情者, をすぐ, を連れ

▼ 安~ (4, 0.1%)

2 の山々 1 の山波, は幾百

▼ 安成子~ (4, 0.1%)

1 の來車, は河原, は職分, も早速

▼ 安~ (4, 0.1%)

1 にし, に一本, の荷物, も足

▼ 安殿~ (4, 0.1%)

1 である, と書い, におわしまし, は寝殿

▼ 安~ (4, 0.1%)

1 というやや, の一泉, はここ, へ行っ

▼ 安興行~ (4, 0.1%)

2 をはじめた 1 というの, をこころみる

▼ 安萬侶~ (4, 0.1%)

1 が申しあげます, に仰せられまし, に詔, 謹みかしこ

▼ 安~ (4, 0.1%)

1 に往つて, のタケリ, の二國, の国界

▼ 安あがり~ (3, 0.1%)

1 かも知れん, それに, はなはだしい

▼ 安お前~ (3, 0.1%)

1 はうち, はきれい, はなこれから

▼ 安かりし~ (3, 0.1%)

1 器は, 心に, 鉢は

▼ 安~ (3, 0.1%)

1 なきこそを, にざらざら, に歌

▼ 安さん婆さん~ (3, 0.1%)

1 に云わせます, の一服三杯, の屍体解剖

▼ 安じた~ (3, 0.1%)

1 といふ鹽梅, のである, は可

▼ 安そう~ (3, 0.1%)

1 じゃない, なその, な処

▼ 安って~ (3, 0.1%)

1 のか, エ大人小僧を, 子は

▼ 安です~ (3, 0.1%)

1 が柘榴, な, よ

▼ 安とが~ (3, 0.1%)

1 話して, 長歌の, 面白がっ

▼ 安なる~ (3, 0.1%)

1 少年が, 生命が, 者の

▼ 安にとっては~ (3, 0.1%)

1 お茶の子さいさいだ, やたらに, 怨敵である

▼ 安まり~ (3, 0.1%)

1 ほぐれた感じ, ます, ません

▼ 安二年~ (3, 0.1%)

1 には細川勝元, の五月, の春

▼ 安~ (3, 0.1%)

1 という方, の家, は多才

▼ 安兄哥~ (3, 0.1%)

1 こんなうれしい, と, の手

▼ 安十二年~ (3, 0.1%)

1 の冬十月, の十一月, の春

▼ 安十五年~ (3, 0.1%)

1 となる, の冬十二月三日, の春

▼ 安南王~ (3, 0.1%)

1 が鶴子, は寝室, は浴室

▼ 安図尼~ (3, 0.1%)

1 が羅馬, と同じ, と相

▼ 安太夫~ (3, 0.1%)

1 が介錯, の伜, ハッ

▼ 安寿姫~ (3, 0.1%)

1 で己, と厨子王, を祭る

▼ 安差出~ (3, 0.1%)

1 候所私儀御, 候段御, 申候此段御

▼ 安~ (3, 0.1%)

2 被下度候 1 之為め申上候

▼ 安旅籠~ (3, 0.1%)

1 には足, に過し, の軒端

▼ 安~ (3, 0.1%)

1 に暮す, の願かけ, を感じ

▼ 安~ (3, 0.1%)

2 とあります 1 とその

▼ 安生順四郎~ (3, 0.1%)

1 から運動費, に払下げ, に草山

▼ 安~ (3, 0.1%)

1 の知県なにがし, を通らなかった, を通過

▼ 安祥以來~ (3, 0.1%)

1 の名家, の家柄, の御

▼ 安祥旗本~ (3, 0.1%)

1 の押し, の有名, の立派

▼ 安~ (3, 0.1%)

1 であった, は暁湖, 多之

▼ 安芝居~ (3, 0.1%)

1 であったらしく芝翫, や見世物, を興行

▼ 安過ぎた~ (3, 0.1%)

1 からな, など私, チャイコフスキーは

▼ 安養院~ (3, 0.1%)

1 という廃院, には寺蔵, の木立

▼ 安香水~ (3, 0.1%)

1 でもいい, のよう, を売り

▼ 安~ (3, 0.1%)

1 との間, に著く, の方

▼ 安麻呂~ (3, 0.1%)

1 の別宅びらき, はひそか, もまた

▼ 安あがりだ~ (2, 0.1%)

1 と考へ, よ

▼ 安かる~ (2, 0.1%)

1 べし, 能は

▼ 安かるべく~ (2, 0.1%)

1 世は, 候

▼ 安かるべし~ (2, 0.1%)

1 と門外, と願

▼ 安さん夫婦~ (2, 0.1%)

1 を思い出す, を想い出すなり

▼ 安さ野菜~ (2, 0.1%)

2 の安

▼ 安じられない~ (2, 0.1%)

1 から伸子, ものが

▼ 安すぎます~ (2, 0.1%)

1 て五両, よ

▼ 安でき~ (2, 0.1%)

1 の仲間, 目玉なら知らねえ

▼ 安では~ (2, 0.1%)

1 余程以前, 誰だ

▼ 安とを~ (2, 0.1%)

1 伴って, 生んでから

▼ 安などと~ (2, 0.1%)

1 おっしゃると, とんでもない

▼ 安にか~ (2, 0.1%)

2 在ると

▼ 安による~ (2, 0.1%)

1 お得意, 外見的好況は

▼ 安に対する~ (2, 0.1%)

1 与吉の, 作爺さんの

▼ 安ひとり~ (2, 0.1%)

1 でひきうけ, を相手

▼ 安ぶし~ (2, 0.1%)

2 んの

▼ 安~ (2, 0.1%)

1 てぐら, を得る

▼ 安み明け~ (2, 0.1%)

2 て行か

▼ 安むぜざるものゝ~ (2, 0.1%)

2 如し

▼ 安ものの~ (2, 0.1%)

1 ヴァニティケースを, 見かけばかりの

▼ 安やす~ (2, 0.1%)

1 と仔牛, と累

▼ 安より~ (2, 0.1%)

1 以下が, 明るい

▼ 安んじき~ (2, 0.1%)

1 れない, れないもの

▼ 安んじたい~ (2, 0.1%)

1 と存じます, と願う

▼ 安~ (2, 0.1%)

1 けエ, けエー

▼ 安ヤイ~ (2, 0.1%)

1 あの侍, 下せ生意気

▼ 安万侶~ (2, 0.1%)

2 の上表

▼ 安三年十二月二十一日条~ (2, 0.1%)

1 に, に当時

▼ 安~ (2, 0.1%)

2 の小村

▼ 安九年~ (2, 0.1%)

1 の春, の秋七月

▼ 安亀事安井亀二郎~ (2, 0.1%)

1 が, がこの

▼ 安二十四年~ (2, 0.1%)

1 にあたり黄猪虎, の十月

▼ 安仁神社~ (2, 0.1%)

1 の宮司, の禰宜太美万彦

▼ 安~ (2, 0.1%)

1 により, の眠り

▼ 安~ (2, 0.1%)

1 初而御目見, 御序

▼ 安元年~ (2, 0.1%)

1 の, の冬

▼ 安八年~ (2, 0.1%)

1 の十一月ごろ, の戦い

▼ 安兵衞さん~ (2, 0.1%)

1 などは無い, に引

▼ 安~ (2, 0.1%)

1 の海岸, の砂浜

▼ 安十七八歳頼家~ (2, 0.1%)

2 の太刀

▼ 安十年~ (2, 0.1%)

1 には出来, の正月

▼ 安南人~ (2, 0.1%)

1 と同じ, の助手

▼ 安南船長崎~ (2, 0.1%)

1 に到着候時, に到着候節

▼ 安去年中文学出精~ (2, 0.1%)

1 に付, 之段達

▼ 安友信~ (2, 0.1%)

1 それから後, を連れ

▼ 安~ (2, 0.1%)

1 之等, 志能宇良爾

▼ 安右ヱ門~ (2, 0.1%)

1 に家光, は将軍家光

▼ 安~ (2, 0.1%)

1 から来信, へ悪筆発送

▼ 安~ (2, 0.1%)

1 が手, とも丹生都姫

▼ 安安定~ (2, 0.1%)

1 の三郡, ノ三郡

▼ 安~ (2, 0.1%)

1 叙法橋奉, 叙法眼奉

▼ 安~ (2, 0.1%)

2 永初

▼ 安~ (2, 0.1%)

1 の刑獄, へ逃げた

▼ 安思わず~ (2, 0.1%)

1 眼を, 自分とじ

▼ 安恭さん~ (2, 0.1%)

1 である, は島

▼ 安意可~ (2, 0.1%)

1 被下候就, 被成下候

▼ 安料理屋~ (2, 0.1%)

1 にいる, へ青麟

▼ 安~ (2, 0.1%)

1 という, に入れ

▼ 安栄旅館~ (2, 0.1%)

1 の路次口, よ

▼ 安~ (2, 0.1%)

1 にて一枝会下ざら, へ十吾

▼ 安樂椅子~ (2, 0.1%)

1 に倚, のちょうど

▼ 安民楽土~ (2, 0.1%)

1 という境遇, の世

▼ 安河原~ (2, 0.1%)

1 に神集, もみんな

▼ 安済丸~ (2, 0.1%)

1 の故障, は海

▼ 安煙草~ (2, 0.1%)

1 で間に合わせ, は早

▼ 安琢津軽玄意~ (2, 0.1%)

1 の名, の柏軒

▼ 安~ (2, 0.1%)

1 の二女, の順序

▼ 安~ (2, 0.1%)

1 と云, に拂

▼ 安石良栄~ (2, 0.1%)

1 は平川良栄, を携

▼ 安~ (2, 0.1%)

1 の埼, の埼こぎ回

▼ 安祥旗本中~ (2, 0.1%)

2 でも家柄

▼ 安~ (2, 0.1%)

1 なる涅槃, に養つて

▼ 安~ (2, 0.1%)

2 を松太郎

▼ 安老人~ (2, 0.1%)

1 であった, に二度目

▼ 安自作~ (2, 0.1%)

2 の父母

▼ 安~ (2, 0.1%)

1 に, の効能

▼ 安~ (2, 0.1%)

2 順に柱

▼ 安貴王~ (2, 0.1%)

1 と同人, にし

▼ 安~ (2, 0.1%)

1 に限りしなる, をす

▼ 安~ (2, 0.1%)

2 の地位

▼ 安過ぎ~ (2, 0.1%)

1 て不景気, て大した

▼ 安~ (2, 0.1%)

1 侯柳升を, 将軍

▼ 安都ヶ峯下~ (2, 0.1%)

2 より坂泰

▼ 安都玉村~ (2, 0.1%)

1 の素封家, の輿水氏宅

▼ 安針町~ (2, 0.1%)

1 のさ, の大工

▼ 安長春~ (2, 0.1%)

1 のあたり, の南北

▼ 安~ (2, 0.1%)

1 というの, を槍ヶ岳

▼ 安飲食店~ (2, 0.1%)

1 から高級, や何

▼ 安養浄土~ (2, 0.1%)

1 に還帰す, を感じ

▼ 安麿~ (2, 0.1%)

1 の兄, の宅

▼ 安~ (2, 0.1%)

1 の下, をすすりあげ

▼1* [544件]

がりに, 安あがりでもあっ, 安あけてみな, 安あたりの店仕事, 安いい気なもの, 安いきなり大声に, 安いければ安い, 安いっしょに来い, 安いっぱしのこと, 安いとこが経済, 安いま二人あの門, 安著用為仕度, 安えらいところへ, 安お前一つお合, 安お蔦あ桝目, 安かな心で受けた, 安かに死の, 安かものじゃ, 安かりけれどよく, 安けさを祝さぬ, 安けむものを, 安けりやオン, 安この妖艶な, 安ご苦労だが, 安さきごろからこの, 安さんあんた父ちゃんが見つかった, 安さんお前さんそこにいた, 安さんたちがまたごん, 安さんなにぼんやりしとる, 安さん一人で出かけた, 安さん何時でも宜, 安さん此方へ来ねえ, 安さん誰か尋ね, 安さん誰か一人好い弟子, 安さん面ア知ってるだろうな, 安さ人間の生命, 安さ樂しさ, 安さ籐のステッキ, 安さ顯はれて, 安しっかりしろヨ, 安じきらず自分を, 安じたる贄卓を, 安じゃないか, 安じられますように, 安じられる心持とは, 安じることは, 安じるべきであるに拘らず, 安ッぽい, 安すでに危うく事急, 安すべきものでない, 安することの, 安ずしを握っ, 安ずべき責を, 安ずる処あらば, 安ずる能はざりし, 安ずる計をな, 安せしめた二十余人の, 安ぜんとせる, 安そこでだ, 安そして安息, 安そのまま筵を, 安それを知っ, 安それに三年前から, 安たべ物屋横町は, 安たるものだまっ, 安だけが面会に, 安だけのところへ, 安だけは駕籠へ, 安だけを求めて, 安だの三日目落吉な, 安だろうと思っ, 安ちいさな手の甲で, 安ちゃんあんたどうして健坊, 安ちゃんことチョビ安扮, 安っていうんだ, 安つくるところの, 安つぼさそれに, 安え余計者, 安てえ者です, 安てめえの情婦, 安である父子三人皆彦根に, 安とか申したナ, 安とかいう女と, 安とかの実状を, 安とともにあの壺, 安との日々, 安とは二女の, 安とも研究とも, 安ともども駈け出して, 安とやらがどうした, 安とやらの両親を, 安どうだ, 安どこ吹く風, 安どんどん駈けながら, 安なあこという, 安なぜいままで, 安などが居合せた, 安なりといえども, 安なんかへ行ったの, 安なんぞへつれ出すにも, 安にこそ興を, 安につれてった客, 安にでもさげさせて, 安にとりましては名誉の, 安はにが笑いを, 安はも一度その, 安ぽい直ぐ欄, 安ませることだ, 安まっただろとて豕, 安まりそうに思えた, 安まり彼の顔, 安まるであの与吉, 安もうお美夜, 安もの買の汗, 安もはッと, 安らけさここに, 安ら暮れであらめ, 安われあ何, 安をも徒に脅迫, 安んじいた王, 安アパート風ノ一室, 安インデスカラ佛印デ二百萬圓ダッタラ日本, 安サンである, 安シテ学ヲ励マシムルハ刻下, 安ッポク取リ扱ワレルコトヲ, 安ラカニ横タワッテ親類縁者ニ取リマカレテ, 安ンジテ毒竜ヲ制スの概, 安一安長安と改めた, 安一文字屋森養真猟師井戸勘一郎与一兵衛上原全八郎, 安一生懸命だ, 安一見したい, 安七年の春早々, 安三年秋の初め, 安三歳五百二歳の時, 安不意に思い出し, 安に間違え, 安でも所, 安丹波の一党, 安も泰文, 安河原に, 安亀一味十名は築地, 安亀一派によってつい, 安二人の前, 安二十一平三郎九つ孫祐七つ姉国二十六安十八柏軒の妾春四十五, 安二十一柏軒の妾春四十八, 安二十三弟平三郎十一姉国二十八安二十柏軒の妾春四十七, 安二十三柏軒の継室春五十, 安二十二弟平三郎十孫祐八つ姉国二十七安十九柏軒の妾春四十六, 安二十二柏軒の継室春四十九, 安二十平三郎八つ孫祐六つ女国二十五安十七柏軒の妾春四十四, 安二十年曹操は大軍, 安二十柏軒の妾春四十七, 安二女五百である, 安二年清盛太政大臣となった, 安二流どころの刀, 安二郎君がこのごろ病気, 安五年十月の中旬, 安五年辛丑正月五日の作, 安亭松作門看書松下, 安仮令学問に, 安伝九郎である, 安作刀一振を, 安作親なし千鳥, 安の調子, 安候間御らん後, 安と墨色鮮やか, 安な實用品, 安儀明廿八日初而御目見被為請候に付召連可, 安儀明朔日御用之儀御座候, 安儀此度不奉, 安兄さんという人, 安兄弟を彦根, 安先生に申上, 安光次郎という人, 安公つるぎの恋人, 安公はじぶんと同じ, 安公長屋へ帰らない, 安六君から, 安六年の秋九月, 安六年五月から六月, 安兵衞さん妹の道具, 安兵衞さん彼方へ往, 安兵衞その他親類の人達, 安兵衞どんお前は何歳, 安兵衞どん能く考え, 安兵衞伊兵衞始め一同心配, 安兵衞夫婦を親, 安兵衞御苦労明日のうい, 安兵衞樣と仰し, 安其体には有, 安処して妹, 安でござる, 安分某の家, 安分知足楽清閑楽在其中, 安助己が善, 安な行, 安十一琴八つ妾春三十八榛軒未亡人志保六十三であつ, 安十七平三郎五つ孫祐三つ女国二十二安十四琴十一柏軒の妾春四十一, 安十七年の春正月, 安十七年冬十月いよいよ南下, 安十七柏軒の妾春四十四, 安十三三郎二つ女長十八良十六, 安十九妻柏十八柏軒並妻俊四十三妾春二十八鉄三郎四つ女洲十二国九つ安一つ, 安十九平三郎七つ孫祐五つ女国二十四安十六柏軒の妾春四十三, 安十九年十一月の冬, 安十九柏軒の妾春四十六, 安十二女長十七良十五, 安十二年孔明は二十七歳, 安十二歳の七男全安, 安十二琴九つ柏軒の妾春三十九, 安十五平三郎三つ孫祐一つ女国二十安十二琴九つ柏軒の妾春三十九, 安十八年の秋八月, 安十八年正月となっ, 安十八柏軒の妾春四十五, 安十六年の初夏, 安十六柏軒の妾春四十三, 安十四年の冬, 安十四琴十一柏軒の妾春四十一, 安十歳の次女俶, 安十琴七つ妾春三十七榛軒未亡人志保六十二であつ, 安十紋次郎二つ女長十五良十三, 安南北は匈奴, 安南国から香木, 安南国皇帝宗竜王です, 安南海上の吟, 安南漆を輸入, 安南独立党の連中, 安南皇帝宗竜王それ自身だったの, 安南部と分れ, 安博士や現, 安印章を刻, 安即二世全安, 安厚沢辺口堀氏手亮碩熊石村根陣岡田総督手文礼出張被仰, 安受け合ひし, 安受合するなよ, 安の亂, 安が自分, 安右衞門は五十男, 安補先達而被仰, 安名失望の極, 安といふうち, 安喜県を後, 安喜香我美南郡はかせ頭役仕来, 安偉鑒門, 安嘉門院四条を後妻, 安器用に小, 安四つの眼, 安四十四歳長女敬二十一歳次女銓十九歳の三人, 安四年の冬, 安四郎の家, 安固なくしては, 安國傳の舜典, 安國注の信ずる, 安國注梁末亡逸今疑非, 安國論語に何晏, 安士桃山時代をも含ませ, 安売これはどう, 安銀行てえ, 安多紀安琢であつ, 安爾多, 安大人のよう, 安大声に, 安大小二人のかわり者, 安大成は重慶, 安大手をふっ, 安大明神ところてんじくから, 安大道に四つんばい, 安天一帯の峰々, 安天山の夏雪, 安太刀をグッ, 安太夫唐津口には郡正太夫, 安如宝崑崙国人軍法力瞻波国人善聴その他を合わせ, 安始め誰もが年, 安姑息の徒, 安婆さんの茶店, 安子供のくせ, 安宗左衛門という者, 安と名づけた, 安富之綱であった, 安寝し瞑想幽, 安寝出来ざる故終に, 安寿その他の中世, 安寿丸の悲しい, 安寿厨子王津軽人説は和漢三才図会, 安寿姫出生の地, 安寿津志王などは全く, 安小さな腕を, 安少年はその, 安山脈から発する, 安岳の山の高, 安岳山脈の雪, 安岳縦貫一百州地底猶埋, 安嶺山脈の伊勤呼里山, 安嶺殺人事件と関係, 安嶺隧道のなか, 安嶺隧道殺人事件に関係, 安州城南に布陣, 安左エ門政治家では吉田茂, 安左エ門氏を委員長, 安左膳の背後, 安左衛門一人は小林一三, 安左衛門夫婦は春琴, 安巨勢人紀大人この五人, 安が, 安已に之を, 安市城攻撃を主張, 安常父安良御医師方子息, 安に容色, 安廿四であつ, 安弓削家代々の名刀, 安揚げようか, 安巳十八歳, 安をえらん, 安後楽の願, 安後永楽七年に至り, 安烈と, 安食, 安御家人や浪人崩れ, 安御苦労だがな, 安心当たりでもある, 安は法衣, 安が肇慶, 安恭君二月号に載せた, 安恭氏来示に琉球人, 安息せき切って八丁堀, 安息む暇が, 安は今, 安慰撫を求め, 安慰法ともいうべき, 安慶緒などは申す, 安成田玄良岡西栄玄私右四人丸山御殿え夜分一人づゝ, 安我身雖老又若, 安であると, 安するところ, 安抜けば必ず, 安押しこんで来た, 安の痕, 安改磐の日記, 安改磐安の一家, 安攻撃部隊につく, 安政三四年以後の雲浜, 安政己未に幕府, 安政府側ともまた, 安埋店, 安料理のおでん, 安旗本などを相手, 安易きはまる, 安昔西方に至り, 安昨夜泊った虚無僧, 安ない無明, 安時府君在蓐, 安時計と見, 安更紗の染め物, 安曾根の渓谷, 安楽の, 安月給の病院, 安月給取りのよう, 安に帰る, 安でよく, 安東又太郎季長云々此の安東, 安枳園と共に正, 安にもない, 安案山子のよう, 安の楽土, 安業楽土の国, 安をつくる, 安構えはねえ, 安様々拝む, 安様大に御, 安様御事伊沢家へ御, 安樂倚子の上, 安樂寺境内裏の笹山, 安樹兄信州の妻, 安樹兄福井市にゆき, 安此度若殿様, 安歩けるか, 安殿皇子の平城帝, 安民公署という分署, 安民処処巧安排, 安民樂業の繁昌, 安民氏が彫刻, 安気絶して, 安に眠つたこと, 安永二三年以後に至り, 安の土, 安河村意篤内田養三等が来り診し, 安の臭, 安に煤ぶり, 安泊りに居りまする, 安泊丹波屋の場, 安泣きながら小さな, 安泰軒居士の二人, 安源さんなどと心, 安漢公としての彼, 安漢公時代の號, 安漢将軍糜竺青衣侯尚挙, 安火一個に封じ込め, 安として食べ, 安焼けた棒で, 安照禅曲と号し, 安爆撃同乗記に心, 安爆撃行陸の荒鷲, 安父左膳のまね, 安独特のおとなッ, 安ばかりだ, 安琢二百俵父楽春院として載せ, 安琢父楽春院二百表元矢, 安琢父楽真院御医師方子息, 安生寺垣内に十四五軒, 安生寺縁起による, 安生某にどういう, 安生殿に山, 安白刃の下, 安であった, 安的地理的人種的ならしめ大, 安皆此機密を与かり知り, 安の夢見むと, 安知っている, 安知歇林を飲ませ, 安石らの改革, 安石ヲ用ヒヨ君ガ為メ談笑シテ胡沙ヲ静メン, 安石一鳥不鳴山更幽の句覚妙, 安石三好東安河村意篤内田養三等が来り診し, 安石以前からある, 安石入門の年, 安石勘平伊沢良安一文字屋森養真猟師井戸勘一郎与一兵衛上原全八郎, 安石同道水呑辺釣行約之処止, 安石夫妻森養真岡待蔵等の名, 安石時代から一變, 安硯池常沢, 安にも此遺伝, 安磐安兄弟を彦根, 安神仙八人とともに薬, 安祥以来の三河, 安祥寺の惠運和尚, 安祥御座被成候哉承度, 安祥旗本将軍家斉のお気に入り, 安祥旗本白旗小左衛門の次男, 安のふち, 安等々も昔, 安策わたくしなどの青年, 安策名は孫, 安策恒三雄之介, 安策柴田常庵三好泰令雨宮良通島村周庵前田安貞高井元養等, 安策森枳園との間, 安策雨宮良通三好泰令等であつ, 安節寄合御医師, 安との両, 安がある, 安の河原, 安絵具とは違います, 安綱ナリシ由然ルニ熊本ニ来リテ後, 安綱皆神棚へ上げ, 安縛つてしまへ, 安縮緬を巻, 安という人, 安臣巨勢人臣紀大人臣等, 安自分津山忠琢右に付金三百疋づつ頂戴, 安自慢の売出物, 安自身が耳, 安興君などが尋ね, 安舒暢の気象, 安を祈る, 安良安の弟磐安, 安などはいか, 安菊庵立造玄察金左衛門洞谷理安策恒三雄之介, 安萬侶誠惶誠恐頓首頓首, 安著しその和邇返らん, 安藝国豊田郡竹原に遷, 安藝守重晟が月番, 安藝宮島の市, 安藤彦十郎酒井与七郎, 安藤阪で樹, 安の法, 安を浴びる, 安衆坊の散, 安衆房の散, 安行路之人, 安の所作事, 安と五仏頂, 安言うことだけ, 安請合なので, 安讃嘆に眼, 安谷口喬一の与三郎, 安貞白の子, 安賣りしてはならぬ, 安賣りするばかりである, 安質莫尼が出る, 安賭場か何ん, 安贅沢品を流行らせる, 安起ろよやい, 安車蒲輪をもっ, 安軍吏との仲, 安輔氏の実弟寛治氏, 安というところが, 安逃げる気で, 安通称正志斎とも言, 安造営奉行所へまとも, 安過ぎるでしょうか, 安達磨に足, 安な生活, 安還って真, 安に遊び, 安へ, 安の山賊百余人, 安都美等多弖麻豆流御調宝波, 安配されていかにも, 安を彼女, 安重田無の刀屋敷, 安野田喜兵衛重綱, 安金盥を持っ, 安針町裏店の井戸端, 安鉛筆で西洋煙草, 安鉱業に一歩, 安鍛えるところの, 安の, 安から, 安鐘祥等をし, 安長屋の差配, 安長比長亭軒, 安や新建門, 安開板せよと, 安間もなく存分に, 安不求甚解居士, 安院清頓の下, 安陵阪里公乘項處と記せる, 安隠で商売繁昌だ, 安隠者という隠士, 安雑誌の口絵, 安青森行に而前後, 安を神社, 安靜場所といへません, 安靜甘美であるべきである, 安鞍手郡高取の城, 安にできた, 安頓狂声をあげ, 安餅屋であった, 安養世界に常住, 安養泉と称え, 安さ二尺あまりの, 安鷲太郎を尋ねる, 安麻久太利之良志売之家流, 安麻呂執筆の筈, 安黒田豊前守