青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「堂々~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

城下~ 城中~ 城内~ 執拗~ 執着~ 基~ ~基礎 基礎~ 堀~ 堂~
堂々~
堅~ 堅い~ ~堅く 堅く~ ~堕落 堕落~ 堤~ 報~ ~報告 報告~

「堂々~」 1204, 12ppm, 9373位

▼ 堂々~ (972, 80.7%)

140 して 7 したもの, それを, 出て 6 やって 5 した体躯, 所信を 4 言って, 通って, 門を 3 した体格, した姿, した立派, やつて, 入り込んで, 発表する, 自分の, 馬に

2 [43件] あの部屋, したその, した上品, した理由, した生活, した風采, し過ぎて, それに, やってのけた, 並んで, 乗り込んで, 勝負を, 名乘つて, 団結し, 大々的に, 大手を, 女と, 妻を, 姿を, 威儀を, 帰つ, 攻撃する, 本名を, 構えて, 横行しはじめる, 正面から, 歩いて, 歩かせて, 玄関の, 玄関を, 立って, 立派な, 署名し, 署名した, 聳えて, 落付い, 行動しなけれ, 行進する, 車を, 這入って, 通用し, 道を, 金を

1 [673件 抜粋] あげられて, あたりまえの, あなたから, あなたに, あなた方が, あらわれた, あれ, あわてて, いいたいが, いうところ, いうの, いかなる身分, いかめしい生活, いって, いらっしゃいましたね, いわれる, おれの, お客ぶりを, お歌を, お試合, お迎えに, かいて, かしこまった, くぐれるん, くりかえして, こういう立看板, こう書かれ, こちらへ, ことわる, このよう, この新, この船, この課題, こんな議論, ご自分, されます, しかも程よく, しすぎて, した, したいい, したそして, したところ, したカフエー, したジーメンス, したプドフキン, したロボー, した三面鏡, した中年, した住居, した作, した内儀さん, した大, した女, した奴, した官邸, した寢像, した寺, した形, した所, した押し出し, した文壇, した文面, した日本銀行支店, した松平碩寿翁, した構え, した様子, した樹, した正し, した歩きよう, した母夫人, した洋装, した白日戦, した石, した石壁, した純, した線, した美, した花婿, した落ちつき, した豪奢, した身体, した躯つき, した通り, した邸宅, した長い, した隊列, した電気看板, した風情, した風景, した鹿, してるから, してを, すべてを, すれば, その下, その主張, その勢威, その役, その日, その旨, その理由, その草, その陣, そびえる駒ヶ岳, それこそ, それではこれ, たじろがないで, たたかって, たてられて, ためらわずいわゆる, つてどう, できあがった, とりつけられた煙突, なら行くがと, ねって, のし歩いても, のせて, のどかな, ひきかえして, ふって, まかりとおって, まくし立てられると, ましまし天地人, もっともらしい, やった, やってきて, やってのけた桜井さん, やって来た, やつたる, やりぬく文子, やる, やるが, やるん, ゆられつつ, らっぱを, ゴータに, タイタニックは, トオサンに, ネフリュードフの, フランス古典作家の, フロックコート長髪議員の, プラカードを, モーションを, ラツパを, 一人前以上に, 一隻の, 三葵の, 三軍を, 上京し, 不良行為を, 世界の, 両者の, 乗りこまないこと, 乗りこむこと, 乗りこんで, 乗り込まれては, 乗り込み来たったの, 乗り込んだもの, 争うが, 争うこと, 二人で, 二人手を, 二方から, 二時間ぐらゐ続けざまに, 云い放し裸体武兵衛, 云い現す腕, 云うよ, 云う癖, 云つてし, 云われて, 些細の, 人妻を, 人間生活の, 人間的解釈の, 今の, 伸びやかに, 佐々木与次郎と, 体を, 何時までも, 侵入し, 俸給を, 先頭に, 光彩を, 入ったの, 入つたの, 入り込んだの, 入り金蔵, 全フランス, 兵馬を, 再戦を, 凱旋し去った, 出かけたら路, 出でざるを, 出会った, 出入り出来る, 出来っこないの, 出頭し, 切り抜けて, 列を, 別格の, 到着した, 前進し来る, 助平らしくしない, 勝たねば, 包みかくさず発表, 協力する, 参詣した, 反対者に, 反對, 取って, 口説いて, 右の, 名のれる, 名乗りか, 名乗りを, 名乗り出るの, 向うこと, 否定できる, 呼鈴を, 営業できる, 回答した, 図書館へ, 国家を, 圧倒しちゃう, 城門を, 堀端を, 場に, 墻壁を, 声を, 外に, 大きかった, 大船列を, 大襲撃, 太い線, 失はれたもの, 威を, 威容を, 威張り返って, 守護され, 官職姓名を, 官軍仕立ての, 実世間, 客席を, 宣戦布告的な, 宣言され, 宣言し, 宣言した, 宣言する, 家令を, 實力によ, 対決し, 寿司通仲間に, 小説の, 展陣し, 山野の, 川破りを, 巻頭を, 帝国主義の, 帰宅する, 広言し, 店は, 店を, 店頭に, 建ちつらなって, 当時の, 心の, 応接間に, 快楽が, 恐れ氣, 悪いこと, 愈々北条征伐, 愛の, 愛を, 愛嬌の, 慴伏, 戦いなさいよ, 戦つたと, 戦ふの, 戦わなければ, 戰ふ, 戰を, 扉を, 打ち響いて, 承諾し, 抗議が, 押しつけて, 押し寄せ陸, 押切って, 持つか, 指摘する, 挑戦した, 振舞い談笑, 振舞ふ, 控えながら, 描き出し得て, 描き去った者, 揺れて, 改造され, 攻撃した, 教室には, 敵を, 文句を, 文子の, 斬りこんで, 断つたらい, 新しい社会, 新ローマ帝国, 新城へ, 新聞に, 新聞紙上で, 新鋭の, 旗を, 易の, 智恵比べを, 書きたかったの, 書き立てて, 書くよう, 本式の, 本格的修業に, 材木置場へ, 来朝移住し, 東京の, 東京駅を, 東海道を, 枕を, 果し状を, 根拠地碧海島さして, 桟橋を, 検査を, 楽屋入りした, 構へて, 横わっ, 横行し, 歌いだした時, 歌舞伎座へ, 正しい申し, 正眼に, 正面切っ, 正面向きで, 此の, 歩かねば, 歩くこと, 歩く人間, 歩み彼等, 歩を, 死にその, 死んで, 江戸前の, 江戸城の, 沈静され, 活動せよ, 流れる大河, 海舟居士の, 淺草上野銀座を, 湧出する, 滄州の, 演じたが, 演説を, 濶歩し, 無言の, 物を, 独創的な, 独自の, 玄関へ, 玄関より, 王宮から, 現前せる, 現実, 理由の, 生かされないかぎり, 生れさせるの, 生れでた画期的, 田口へ, 申し開くだけの, 男を, 町を, 発表された, 発表し, 発表できない, 發表しない, 白昼の, 百貨店に, 盗み出すと, 監獄へ, 直進し, 相並ん, 相手を, 真直に, 真面目一直線に, 睡つて, 瞑想の, 確信に, 禁制の, 私の, 私を, 穀倉を, 積み上げた橋, 突き進む, 立ちはだかって, 立ち並んで, 立ったでは, 立者が, 第一, 答えた, 結婚できる, 統制主義に, 統率し, 練つて来る, 練るかと, 罰金を, 美食家を, 翼を, 肥った富豪, 脅や, 脚を, 自分たちにとって, 自動車を, 自己の, 自若として, 自註, 自首した, 行うカンニング, 行く方, 行なわれたの, 行われて, 行われる, 行われるべきである, 行列を, 行動し, 行軍する, 街頭に, 表だって, 表玄関へ, 裁きを, 裁判官に, 覇権を, 見えるが, 見えるもの, 見学する, 見送りには, 観照される, 言う立派, 言えるの, 言は, 討ちつ討たれつしたか, 訪問の, 訴える丈, 証明し, 証言するであろう, 詠出した, 認めるのよ, 誰の, 論じて, 論議する, 論駁も, 諸君を, 議論を, 豊田に, 負けたの, 貸切列車で, 赤格子攻めを, 越前守に, 躍進し始めた, 車寄せに, 軍勢の, 軽蔑の, 輪型陣を, 述べた者, 述べて, 述べられた通り, 逍遥し始める, 通り過ぎたの, 通用する, 連結し, 連絡船には, 進み出て, 進むの, 進んで, 進出し, 進退すべきであった, 運びだしやがつたからな, 運び出させる, 選ぶこと, 郵便箱のぞきなさい, 都を, 野天詐欺を, 金五郎を, 闊歩し, 闘わずに, 陳情書を, 隊を, 階級的闘士の, 雄大に, 非難し, 非難する, 靴を, 騎馬隊を, 高調し, 鼓を, 龍村さんの

▼ 堂々として~ (31, 2.6%)

2 あたりを, ゐる為, 赤裸々たる

1 [25件] ゐながら, ネバリの, 万物を, 且つうまい, 何等か, 出御せ, 南に, 南信を, 四邊を, 居り應詔歌, 居り江戸, 居流れ給ふ, 平氏政府を, 当る可らざる者, 意気の, 控へたり, 正確な, 渡邊橋の, 濶歩せる, 真黒な, 而し, 聳えて, 通りかかったの, 進んで, 門より

▼ 堂々~ (30, 2.5%)

4 陣を 2 宣言を

1 [24件] いきほひを, お手紙, ものである, オーリオーン, デパアトも, 一戦を, 修行を, 御貫禄, 戦を, 押し出しで, 文芸雑誌表紙三度刷百頁近き, 正攻法に, 歩武を, 演説口調で, 男, 発言を, 確信ございます, 言吐き得, 論陣を, 議論を, 貫禄を, 金鼓颯々の, 閲兵式の, 風彩を

▼ 堂々~ (8, 0.7%)

1 であった, で主題, と, として現代, に比し, の面, は自然現象, 寛大さを

▼ 堂々廻り~ (5, 0.4%)

4 をし 1 の醜態

▼ 堂々としては~ (4, 0.3%)

1 いたけれど, いても, ゐた, ゐなかつた

▼ 堂々とは~ (4, 0.3%)

3 して 1 見られないであろうし

▼ 堂々通用~ (4, 0.3%)

2 して, のできる

▼ 堂々たらね~ (2, 0.2%)

2 ばならぬ

▼ 堂々一家~ (2, 0.2%)

2 の風

▼ 堂々天下~ (2, 0.2%)

1 の賊, をカッ

▼ 堂々宣言~ (2, 0.2%)

2 のある

▼ 堂々~ (2, 0.2%)

1 はい, をはい

▼ 堂々門戸~ (2, 0.2%)

2 を張っ

▼ 堂々~ (2, 0.2%)

2 も大きく

▼1* [132件]

堂々あたりをはらふ, 堂々あとから押出し, 堂々あるいてみせる, 堂々おったてて行くんでした, 堂々かつ執拗に, 堂々ここへ入城, 堂々これに応酬, 堂々しかも殺気は, 堂々その禁を, 堂々それにゆらゆら, 堂々たりしが, 堂々たるを見, 堂々という風で, 堂々といった体な, 堂々とうねつた, 堂々とかの既成劇壇の, 堂々ともしている, 堂々入市, 堂々なるに恐怖, 堂々ぶりを知っ, 堂々まことに立派な, 堂々めかして勘, 堂々めぐり五百羅漢卍巴に, 堂々めぐりしてゐたりするのは考へもの, 堂々なして, 堂々アスファルトの大道, 堂々タル非國家主義世界統一主義ニ, 堂々ドイツ復興策を論じ, 堂々一丈二尺の威躯, 堂々一篇の戯曲, 堂々一路笠置へのお, 堂々一鼓六足の陣足, 堂々七十枚という大物, 堂々七百頁ちかくの, 堂々三時間に亘った, 堂々三軍を叱咤, 堂々三道の魏軍, 堂々上記の人々, 堂々不正の天才, 堂々世間へ発表, 堂々主義一歩を譲らざる, 堂々つた, 堂々云えばよし, 堂々云ってお, 堂々今日の芸術界, 堂々余吾床に打, 堂々など一番子供, 堂々入城する予定, 堂々八尺四寸の金銅坐像, 堂々公開されたと, 堂々凛々として汪溢, 堂々出陣を宣, 堂々前進した, 堂々勝鬨の式, 堂々へさし, 堂々古典の座, 堂々右翼左翼前後軍に護られ, 堂々名優の貫禄, 堂々商売して, 堂々国民の性格的, 堂々を払っ, 堂々へ迫った, 堂々へんな, 堂々大寄山をこえ, 堂々天日の光, 堂々太刀打ちするには, 堂々奮戦し世界, 堂々子供をつれ, 堂々官軍の威, 堂々対戦した, 堂々対敵しても, 堂々尊王の家筋, 堂々に據, 堂々山岳森林も睨み伏せる, 堂々岡山城に着く, 堂々巡りしてゐる, 堂々工場へ駈, 堂々幕府を呑む, 堂々広い廊下を, 堂々廻りして只, 堂々廻りするほかない, 堂々引き払う太郎丸, 堂々強化されて, 堂々の軍, 堂々戦列を展開, 堂々押し寄せて参ります, 堂々挨拶なさるから, 堂々数百頁の書物, 堂々斜谷に拠っ, 堂々新野へ向っ, 堂々日本の役人, 堂々日本国の優越, 堂々東太平洋中岸に延び, 堂々東進を開始, 堂々格律森厳毫も老, 堂々楔髯をつけ, 堂々横行濶歩して, 堂々正大の気象, 堂々正式の礼装, 堂々正攻法を取っ, 堂々正論を行う, 堂々正面からやってき, 堂々江戸へ入ろう, 堂々決して醜い潰走, 堂々浮かび出た赤格子の, 堂々海上を航海, 堂々溯り鎮江を, 堂々濶歩するでは, 堂々無数の群刃簇槍, 堂々犀川まで引い, 堂々屈する所, 堂々申し開くに如く, 堂々発言した人権, 堂々的形態は決して, 堂々的歩調のむずかしい, 堂々真面目に理屈しんなり諄々, 堂々社会に対する事, 堂々と対立, 堂々童貞を一貫, 堂々署名をした, 堂々を揮い飛ぶ, 堂々臣道の真, 堂々舳艫を啣ん, 堂々花嫁に宣言, 堂々に伐ち入る, 堂々域に, 堂々貴公からも条件, 堂々進行する船, 堂々重厚な用意, 堂々開始せられた革命建設, 堂々雄偉の骨格, 堂々青天を摩する