青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「孫~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~学問 学問~ 学士~ ~学校 学校~ ~学生 学生~ ~学者 学者~ ~孫
孫~
學~ ~宅 宅~ 宇宙~ 守~ ~守っ 守っ~ ~守る 守る~ ~安

「孫~」 4636, 50ppm, 2317位

▼ 孫~ (513, 11.1%)

11 顔を 10 ような 7 ために 5 やうに, ように, 世話を 4 ことを, 代に, 巨人は 3 代まで, 守りを, 家の, 鸚鵡は

2 [35件] うちで, うちに, お秋, お粂, お道, ことも, ところへ, やうな, 事は, 代には, 位に, 体は, 兵庫の, 兵庫は, 口から, 口に, 可愛さ, 噂を, 太郎は, 姿を, 子守を, 家が, 巧みな, 広次, 広次は, 方を, 洋服を, 消息について, 為に, 留吉に, 直齋書録解題, 話を, 頭を, 顏を, 鸚鵡が

1 [376件] あの娘, あること, あるという, ある老婆エステル, ある者, いう通り, いったこと, いるところ, うちにも, うち一人くらいは, うわさに, おかげか, おかっぱ, おじいさんおばあさんである, おびとき, おみつ, お栄, お歌なんかは, お民, お玉は, お玉を, お産を, お美夜ちゃん, かわいいの, かわいさ, かわいそうな, ことだけを, ことで, ことについて, すすり泣く声, そばに, そんな姿, たいへん元, たいへん元気, ためにも, ためわしは, だれかに, つもりだ, できる年, できる齢ぢ, ないの, ない事, なかで, ひいきで, ぼくたちを, ものたり, ものと, ものに, やりかけたごく, ようなおぬ, ようにも, よな, よめに, わたしは, ゐる辻堂, イノチを, セルゲイを, タイピストいきさつは, ネルロも, ハアモニカを, マリユス・ポンメルシー男爵の, ミツ子を, ヲホドの, 一人が, 一人でした, 一人の, 一人も, 一人ジャンの, 一件の, 一件は, 一郎です, 三人ぐらしだ, 三代にわたる, 三吉を, 三氏は, 上総介忠常も, 下に, 不思議を, 与一が, 与一は, 与一も, 世を, 世話で, 丙太だった, 主君中川久昭も, 久助君を, 久意が, 乗って, 事を, 事歴も, 二三人位あり, 二人を, 人となり仁孝聡頴に, 仁助に, 今死ん, 仏様です, 代じゃ, 代である, 代にな, 代までは, 代を, 代宗, 体が, 体を, 余一の, 作った文章, 作品の, 作品中に, 作家が, 俊賢が, 信生の, 儲位に, 先登を, 光栄に, 光栄を, 光甫や, 公達は, 兵庫が, 兵庫ぐらいしか, 兵庫な, 兵庫も, 兵庫を, 兵庫利厳が, 兵庫利厳だった, 兵庫利厳も, 兵庫利厳を, 内親王たちの, 内親王を, 出來事を, 出現に, 出生で, 出生を, 分家の, 剛胆沈着な, 勘太郎の, 千姫を, 友人達は, 口説かいたでしょう, 可愛い感じ, 史略, 史略に, 右頬には, 同窓の, 名と, 名は, 名を, 名前を, 君枝に, 命により, 問に, 喜太郎といふ, 喜太郎を, 器量を, 報告を, 場合に, 塙三郎丸, 墓へ, 変死は, 夢までも, 大位, 大勢あり, 大学生は, 大槻如電は, 女か, 如し, 姿に, 娘の, 嫁そういう, 子, 子が, 子に, 子の, 子は, 子を, 子供が, 子嬰, 子思子, 子息さんの, 学生を, 孫の, 學風, 守りし, 守りでも, 守を, 宗太の, 定宗の, 室酒井氏には, 宮たちの, 宮は, 家に, 家には, 家は, 家へ, 寝姿, 寝顔を, 寢姿に, 将来についての, 尊の, 小太郎成胤が, 少年の, 履歴に, 川上邦世氏とは, 左京之, 巨人が, 巨人です, 巨人の, 巾着に, 市造には, 布卷吉と, 布卷吉を, 帰りを, 平吉の, 平生の, 平癒を, 年少く, 幸右衛門の, 広次が, 建五百建命を, 得度式に, 御子だ, 忠弥が, 息子によって, 息災延命を, 愛から, 愛で, 愛に, 愛を, 愛情を, 慈亦, 慎吉を, 憂いの, 成人を, 成胤を, 成衡の, 成長とともに, 成長と共に, 成長を, 我儘とか, 所や, 所做が, 手前が, 扱われ方, 扶持に, 招伴に, 指令による, 指令を, 教育に, 教育は, 数ほど, 数も, 数を, 数人も, 敵と, 敵を, 新次郎利厳が, 方へ, 於菟さんは, 春吉の, 時から, 時代と, 時代に, 時代にな, 時代等が, 有馬豊前に, 村を, 枕頭につき, 柳生兵庫に対し, 柴田貞吉は, 榻の, 様な, 正己, 此の, 歯も, 歴も, 死骸を, 歿する, 母が, 母なれ, 母親わしには, 気もちが, 気嫌を, 気魄に, 汲, 波子を, 泣くの, 浅田栗園と, 為の, 為めに, 為定も, 父, 父つまり, 父で, 父である, 父親, 物語が, 物語を, 特性であっ, 特配を, 玩具を, 生まるるは, 生れた昭和二十一年四月, 生れるの, 生を, 田市は, 男の子と, 男の子を, 病気を, 癖に, 目録學に, 相手に, 相手を, 看病位お前, 眼には, 着くの, 着ふるし, 着る物, 祖父実は, 神聖神国の, 福信は, 私なども, 私に, 私の, 秘密が, 秘密だった, 秘密な, 立場で, 第一, 絵を, 継嗣魁軒さんに, 緯略なる, 美しい顔, 美代子さんが, 義務を, 胸に, 自慢は, 花嫁の, 芸に, 若武者輩は, 茂世王の, 茂作と, 菊松行年積つて七十一歳, 菊枝とが, 葛原しげる氏は, 葬いを, 薬とりに, 行末が, 行阿, 襁褓が, 言ったこと, 言葉だけ, 言葉と, 詩の, 話に, 誕生が, 讀書雜志は, 貧を, 赤坊を, 速瓶玉命, 遺す所, 金の, 門に, 隼人を, 雅衛は, 雪子は, 顏も, 顔が, 顔でも, 顔なと, 顔は, 養嗣子温の, 首ッ玉へ, 首根ッこを, 骨は, 魂は, 鼻たらし, 鼻息が

▼ 孫~ (467, 10.1%)

86 は彼 4 はこの, はすぐ

3 [13件] だった, である, のほう, の前, の甥, の身, はいよいよ, はその, はそれ, はまた, は眼, は諸, を中心

2 [21件] にまみえ, に仕え, の妹, の妹君, の面, はどう, はなお, はまず, はまだ, は初めて, は呉, は孔明, は急, は急遽, は手, は群臣, は面, は首, へ次, もまた, をし

1 [364件] ありと, か, からお, からの一書, からの早馬, からもくれぐれよろしく, から一書, から早馬, から直々, から荊州, から見舞, から錦, があっ, がいかに, がいそいそ, がいつのまにか, がうごく, がこう, がこれ, がその, がたのみ, がふたたび, がみとめ, がわずか, が予, が切り出し, が勝利, が可愛, が呉王, が大敗, が当主, が待っ, が戯れ, が曹操, が残され, が母, が漢中, が特に, が玄徳, が登極, が訊く, が費, が重臣, が長江, が関羽, が馬, ごときは, そう励まされなく, その遺産, そんなこと, たりといえ, だの, であること, でなくては, といさぎよく, といわゆる, とお, としては玄徳, とてそれ, とに二分, との提携, との決戦, とは今, とは赤壁以来, とわたし, と剣槍, と北, と周瑜, と書い, と曹操, と玄徳, と碁, と駒, などの噂, に, にあたり上下一体, にかたく, にささげ, にたいしては, にとって甥, にはお, にははやく, には先頃, にまぎれ, にまみえさせた, にまみえた, にむかっ, にも一男, にも事, に上申, に云った, に何, に免じ, に叙爵昇官, に召された, に向っ, に報じられる, に奪, に復命, に恩命, に拝賀, に捧げ, に推薦, に暇, に歯止め, に献じ, に献じる, に見出され, に謁, に譲った, に身の上, のあと, のいる, のうごく, のうしろ, のうつ向い, のお, のご, のす, のゆるし, の中軍, の人相, の僥倖, の出座, の勢い, の叔父孫静, の名代, の命, の地, の大将凌操, の如く, の存在, の安全, の官位, の室, の左右, の帝位登極, の幕賓, の座, の座下, の座壇, の廻符, の弟, の弟孫瑜, の心, の怒り, の怒り方, の急場, の悲嘆, の態度, の手紙, の指揮, の方, の望み, の本軍, の本陣, の母, の母公, の深慮, の満悦, の直属, の眸, の素姓, の考え, の耳, の肚, の腹中, の許, の諮問, の豪, の軽, の陣, の顔, の鬱憤, はあつく, はあらゆる, はありのまま, はいきなり, はいち早く, はいつも, はいるか, はおののく, はおもしろく, はかさね, はかならず, はここ, はこころよ, はさっそく, はじっと, はすっかり, はそう, はそば, はそんな, はただ, はたちまち, はちょっと, はついに, はにわかに, はねぎらう, ははや, はひと口, はひどく, はふたたび, はふり向い, はぷっと怒り, はまれ, はもう, はもちろん, はもとより, はやがて, はゆるした, はよろこん, はわれ, は一同, は一夜煩悶, は一方, は一言, は体験, は先, は出征, は刀百口, は力づよい跫音, は努め, は動かされた, は占領, は叔父, は口, は古, は可憐, は呂, は周泰, は哄笑, は喪, は地の利, は声, は夢, は威儀, は宿年, は寄手, は左右, は建業, は後で, は思わず, は悲痛, は意中, は意味, は態度, は承知, は招い, は敗軍, は早く, は木蔭, は杯, は歓ん, は武士, は歩隲, は気がついた, は沈黙, は泣きはらした, は涙し, は渇望, は然, は爪, は父兄, は狼狽, は王帯, は甚だ, は病人, は直ちに, は秣陵, は簾, は約, は素直, は翌, は老母, は聴許, は自身宮門, は舟べり, は色, は苦りきっ, は荊州戦, は荊州攻略, は莞爾, は華欽, は蜀, は衆臣, は袂, は言下, は語, は赫怒, は軽く, は近頃, は逃げる, は逃げ走っ, は難渋, は非常, は馬, は馬忠, は驚い, は魯粛, は鷹揚, は黙然と, へありのまま, へ上, へ何, へ叫んだ, へ告げた, へ贈った, へ降伏, へ驃騎将軍, もさすが, もすでに, もそう, もその, もそのまま, もそれ, もついに, もまだ, もやや, も今, も他, も入城, も共に, も具眼, も剣, も寝耳, も彼, も愛で惜しむ, も敢, も断乎, も来た, も気づい, も決して, も涙, も狼狽, も理, も甚だしく, も畏敬, も考えた, も諸人, も賛成, も遠く魏蜀, も遺憾, も隣境, や重傷者, よりは年上, よりもその, をないがしろ, をなだめ, をはじめ, をはったと, を始め, を扶, を擒, を教え, を柱, を舟, を補佐, を見よ, を討虜将軍, を説き, を顧み, 手ずから剣, 立つ

▼ 孫兵衛~ (367, 7.9%)

5 の頭巾 4 だ, の首 3 の声, の姿, の腕, の襟, は刀, は周馬, は女

2 [21件] が, がこれ, と周馬, と旅川周馬, のこと, のため, のほう, の体, の倅, の刃, の切ッ, の悩み, の母, の首級, の髷, はその, は両手, は何, は腕, もここ, も立っ

1 [291件] いきなり弦, いきなり猛然と大刀, いきなり膳, いきなり踏込み, いざるよう, いつのまにかお前, おぼえて, か, がああ, があんな, がきまじめ, がだんだん, がつけ廻し, がのっそり, がふりかえっ, がわし, がグッ, がポン, が京橋, が催促, が出, が口, が叫んだ, が寄っ, が常, が強く, が応じ, が思わず, が承諾, が探りかける, が改心, が次に, が生れました, が見届け, が話, が身, くすぐったい笑い, ぜひとも今夜, その利腕, だけといっ, だけは久しぶり, だけは弦, だった, だね, であった, である, であるか, でござる, です, ではない, というひとり息子, という大物, という浪人, という浪人者, という男, とかっていう妙, とできっと, との縁談, と一角, と三位卿, と二人, と出会っ, と啓之助, と有村, と申しまする, と申もの, と言い, と話, などの顔, などもみな, などよりは火, なの, にいわれ, にし, にとっても最上, にはあの, にはまだ, には分った, には天堂, には見当, にも今夜, に周馬, に斬り捨てられた, に相談, に相違, に辻斬り, の, のいう, のことば, のその, のそれほど, のふたり, の三人, の下り, の側, の刀, の初めて, の利腕, の前, の危惧, の口, の右手, の家, の小指, の尾, の幻想, の影, の性格, の息, の情心妄想, の所, の手, の手もと, の指, の斬りこみ, の断刀, の最初, の死, の死骸, の殺, の殺気, の母イサベラ様, の母者人イサベラ様, の気合い, の永い, の注文, の狂気, の生首, の目つぶし, の盲目, の瞋恚, の神経, の粘り, の老母, の肉, の肱, の膝, の臆測, の言葉, の質, の返辞, の銀蛇, の鋭い, の錆び, の長女, の顔, の魔情, は, はあたかも, はいよいよ, はおどろいた, はかまきり, はこの, はすばしこく, はそ, はそらうそぶく, はそれ, はそれでも, はたじろいだ, はだいぶ, はついに, はつまらない, はどう, はなん, はぬき, ははじかれた, はひと, はふ, はふたたび, はまだ, はまったく, はみる, はもう, はもと, はやわらかい, はジッ, はズバリ, はハッ, はホロ, は上眼, は世阿弥, は人々, は余り事, は側, は元, は凄く, は刻一刻, は助広, は口, は席, は幾百里, は心, は思った, は抜刀, は木村助九郎, は某所, は次, は歩みよった, は歯ぎしり, は死に, は決心, は無言, は片手, は狂った, は猛然と, は獰猛, は甥, は用捨, は留守, は目, は相手, は空, は笑っ, は胃の腑, は自分, は舌うち, は苦, は薄笑い, は血脂, は衆皆, は足もと, は踵, は身辺, は酔っ, は静か, は頑として, は黙っ, は黙然と, ひょいと気がつい, ふいと, ふたたび上げた, まことに神妙, まだ今日, も, もあれ, もう, もう少し話し, もう恍惚, もこいつ, もそこ, もふたり, もまた, ももう一度, もやや, もろくも, も三位卿, も予期どおりなつ, も大事, も奥, も嫌, も弱った, も当惑, も手, も手ぐすね, も故, も旅川周馬, も村田与三, も罠, も茫然, も踵, も飛ん, や一角, や周馬, や有村, や貴殿, よとまた, よと呼んだ, わざと力も出さず, わッ, をこれ, をご, をし, をじらし, をのせた, を前, を抱きこん, を押し伏せ, を楯, を殺し, を父, を甘く, を睨みつけ, を睨みつけた, を討ち止める, ズルズルと, チラリチラリと, 余儀なく大きく頷い, 思わずブルブルッ, 息づまるよう, 浅ましい獣心, 聞けよその

▼ 孫~ (318, 6.9%)

123 が, であった, の, の手, の母, の軍, の馬, は父

2 [16件] と同じ, と同年, のあと, の命, の本陣, の父孫堅, の眼, はいよいよ, はこの, はすぐ, は哄笑, は怒っ, は手, は振, は牀, もまた

1 [250件] か, からうけた, からにわかに, から急書, がいう, がいった, がうしろ, がきく, がすでに, がそう, が仆, が会っ, が兵船, が叱っ, が城楼, が始め, が成敗, が死, が死んだ, が没した, が第, が臨終, が訊ねる, が轎, が預け, そしていま三代, だ, っ逃ぐる, であったので, である, です, とはその, とはなお, とは少年時代, と一騎打ち, と同い年, と雌雄, と面会, にたずねる, にとっても思いがけない, にはその, に代っ, に勝った, に校尉, に献じ, に用いる, に知られ, に考え, のことば, のすさまじい, のたま, のため, のところ, のほう, の人となり, の伏兵, の使い, の侵略, の傍, の兵, の兵四千余, の前, の勢力, の叔父孫静, の声, の大喝, の室, の家老格, の寝殿, の将士十三騎, の帰り, の弟, の意中, の枕頭, の業, の槍, の權威, の死後, の気概, の江上監視隊, の治める, の烱眼, の眉間, の統業, の胸, の血色, の襲来, の詰問, の身, の軍中, の軍勢, の通り, の遺骸, の部下十三騎, の陣門, の面, の顔, はあい, はあたり, はあやしん, はいつのまにか, はいま, はきかない, はくわっと, はここ, はことし二十一, はことし紅顔十七歳, はこれ, はさし, はすでに, はぜひ, はそう, はその, はそれら, はたしかに, はつかつか, はとっさ, はなお, はなき, はひそか, はひとり, はふい, はまこと, はまだ, はもう, はもし, はやまるな, はよく, はよろこん, はよろめき, は一刀, は一箇, は不快, は中央, は久方ぶり, は交わし, は今, は兵船数十艘, は典獄, は剣, は勇躍, は即日, は叔父, は土地, は声, は大いに, は大きな, は姉, は対面, は寿春城, は帯びたる, は干, は幼少, は度量, は弓, は弟, は当年, は彼, は従者, は忘恩, は快, は急い, は悲痛, は或, は敵, は文字どおり南船北馬, は昼間, は時折, は槍, は死にました, は深く, は漢水, は濠ば, は火, は無事, は父孫堅, は病中, は直ちに, は眉毛, は真面目, は眦, は秣陵, は突然, は窮, は義, は腹, は膝, は自分, は自問自答, は舳, は苦笑, は袖, は見えなかった, は詔, は諫め, は諸, は起たなかった, は轎, は近づく, は近づけ, は追いかけ, は追及, は陣外, は非常, は首, は香, は馬上, へあて, へ向っ, へ告げ, へ早馬, へ献じ, もいつか成人, もうしろ, もそう, もそれ, もひそか, も大人, も微笑, も直ちに, も若死, も離さなかった, も馬, よ, らしい大将, わが前, をいさめ, をこれ, をどう, をはじめ, をも愚夫, を会稽, を失っ, を始め, を手, を扶, を指さし, を狙っ, を生け捕っ, を生け捕れ, を見つめた, を討たす, を誘き寄せ, を迎え, 亡きあと, 如きは, 実に二十七歳, 度々奏聞, 待てッ, 死す

▼ 孫~ (196, 4.2%)

7 つれて 6 抱いて 5 連れて 3 して, 可愛が, 見に

2 [13件] ひきとると, もったお, ツクバネソウと, 人質に, 伴れ, 促して, 側の, 叱つて, 抱き上げて, 育てて, 膝に, 負つて, 集めて

1 [143件] あんな恐ろしい, いっしょに, おぶつ, おんぶって, お連れ下さいませ, からかって, からませられるに, したて, たしなめました, つかまえて, つれての, とりちがえるお祖母さん, どうする, どこかへ, ながめて, ひきとって, ひきとりたいこの, ひきとりたいと, ひきとりに, ひきとること, ひざの, みようと, もって, よく叱った, よびかける様, よぶこと, よぶため息子, ジロリと, ツチハリと, 一人失い申しける, 三人も, 上座に, 乗組員として, 二人連れ, 人の, 伴う老人, 傍らに, 入婿に, 医会の, 占領しよう, 可愛がり自分, 可愛がるよう, 名代と, 呪い殺した, 呼びました, 呼んで, 大事がっ, 大事に, 失うと, 失うの, 失ったこと, 失われた, 奉戴し, 姪を, 嫁女が, 安心させた, 床に, 座敷へ, 廃し, 引きよせながら, 往来中で, 得られて, 愛するが, 愛せざるに, 憐れみ増長, 手一つで, 手探りに, 抱いた六十余, 抱きに, 抱き寄せて, 抱くの, 抱へながら, 押しつけて, 招いたり, 持ちました, 挙げ其家乗, 探しに, 探し出して, 携へて, 是から, 有して, 此上なく, 殘させ, 殺されますから, 殺した犯人, 殺す不義, 水津官蔵と, 溺愛し, 無事に, 甘やかして, 生まずとて, 生ませる爲, 生むに, 生んで, 産むん, 産む活力, 産んだ嫁, 男と, 相手に, 知って, 知る者一名, 祖父たちの, 立て, 累わさ, 育て大きい, 膳夫と, 自慢に, 船乗りに, 苦しめその, 薦めて, 見せに, 見たいと, 見たいなと, 見つけて, 見て, 見ると, 見るに, 見るまでには, 見守って, 見秋, 見長紳, 視て, 訓す, 説くを, 請求し, 負うて, 負った媼, 負った義弟, 負ぶった, 負ん, 買収した, 載せて, 載せる乳母車, 迎えるべく蔵前片町, 返して, 返せと, 連れての, 遊ばせたり, 遊ばせる, 運んでは, 都知波利, 隠した, 頼む老い

▼ 孫~ (176, 3.8%)

3 母の 2 それを, また祖母, 洋服を, 漸く祖母, 顔を, 黙って

1 [161件] あなた方の, ありますが, あーッ駄目, いきなり引金, いずれに, いたくは, いつのまにか興味, いとしい, いやが, おしっこが, おやじが, おらぬか, お祝ひ, かわった, きっと天国, きわめて貧乏, くわるる, この日, この有名, これが, こんな酷, さっそくいつか自分, さびしいの, しばらく黙つ, すぐ榻, すべて昔から, そこで, そこで阿, そのおじいさん, その子, その子猿, その怯, その日本名, その範圍, それから, それに, そんなこと, たずねました, たちまち糖尿病, どうした, どうして降り, どうしました, どうなっ, どんなにか, ないの, にやりと笑っ, ふたたび階段, ふとその, ほんとうに, ぼんやりした, まい日お便り, ますます心, また親, まだ帰れません, まだ故, まア何, むろん公伯寮, もう十九, もう寤め, もう眠, ゆうべの, よく類書その他, よろけかかった弟, わざと自堕落, ジロリと, ニコニコし, 一人が, 丈夫そうな, 下婢の, 下渋谷に, 二人が, 二十六歳で, 五歳に, 京都に, 今の, 他所へ, 何が, 傷の, 先祖から, 入って, 全く可哀想, 出でて, 出來, 医を, 十五歳で, 十五歳に, 千鳥を, 可愛い, 可愛いいもの, 各々一本ずつ, 呶鳴りたかった, 報を, 多峰氏, 大勢ある, 女の子で, 如何ばかり, 子よりも, 子澄が, 孫で, 家へ, 寝たまま気, 小字を, 屁の, 平然たる表情, 平生柏軒の, 店の, 弟の, 彼女の, 復籍し, 思った, 戸を, 断じてツクバネソウそのもの, 新都善售の, 既に病牀, 日本橋南新右衛門町に, 昔の, 本気に, 来た次, 東京へ, 棒の, 機銃を, 歯を, 殷懃に, 母柴田氏の, 活きかえって, 漢青年の, 激怒した, 片輪, 独り考えこん, 玄道の, 王氏の, 甚だ得意, 當時その, 皆丈夫で, 皆陸軍軍人に, 盆の, 眉を, 眼から, 祖先を, 祖父母父母には, 私の, 私より, 細君を, 經略, 老人の, 考えこんだまま返事, 腰を, 自ら凹巷の, 自動車の, 興奮に, 苦笑いし, 言った, 謹んで申しあげた, 豊後国岡の, 返事も, 通る小田急電車, 郷試に, 阿宝, 需めに, 非常に, 鷲掴みに

▼ 孫~ (168, 3.6%)

4 出来て 3 三人も 2 あって, 出來, 出来れば, 桂屋に, 生れた

1 [151件] あったらどんなに, あつて, あるとして, あるの, あるので, あるのに, いう, いた, いった, いつに, いよいよ船出, おじいさんの, きっとまだ権利, くると, こんなに大, すまして, すやすや眠り出した, せめてお礼, そこに, その歌, その母親, その父, その結構, たくさんに, たくさん出来ました, たずねて, できたわけ, できて, できてから, できる, できるそんな, どうなる, ひとりできたら, ぴたりと, ほって, まだ深かっ, まちがえて, みんなあそこへ, むづかるのでもう, もう前, やがて生きかえっ, やられたといふ, わずかふたり, オヂイさんの, チャブ台を, パリで, 一々その, 一人である, 一人と, 一人行きたがっ, 一生一度の, 下の, 久しぶりに, 二人, 二人こそこそ, 二人だけ, 二人という, 二人みんな快う, 二人も, 二人居る, 二人走っ, 二歳と, 二階にの, 仇うちを, 他の, 伊沢氏を, 住んで, 何を, 何十人と, 何處へ, 來たなら, 働き辛うじて, 先頃仙臺に, 六人おり, 兵隊に, 出来た, 出来たって, 出来たわけ, 出来ないだねえ, 出来ると, 加わって, 助かります, 勅撰集の, 可愛いなどといふ, 可愛うございます, 可愛くて, 可愛さ, 右脚の, 同じよう, 喜ぶ顔, 地面上に, 変死し, 多勢あつ, 大八島, 大勢な, 大變, 太い指, 好きだ, 嫁を, 孝の, 実際こんなにヌクヌク安楽, 家に, 尋ねて, 嵩山正直である, 師榛軒を, 帰つて来る, 幾つぐらゐのとき私は, 幾人も, 式の, 御相伴, 御秘蔵, 御降りなされた, 忠実である, 成るでしょう, 我知らず, 所謂順養子と, 断え, 有ったか, 来て, 東堂である, 果してツクバネソウ, 横浜で, 欲しがっ, 死んだば, 泣くにつれて, 泣くの, 漢青年の, 無心に, 父に, 生まれた, 生まれまして, 疔を, 病気でし, 目の, 目白で, 石を, 私たちの, 私である, 第三世覚如, 腹下しを, 自分より, 芳草萋, 菓子を, 藤原鎌足で, 袖を, 迎ひ, 近づくの, 里帰りの, 長野で, 障子を, 難産で

▼ 孫~ (162, 3.5%)

42 の屍, の旗本, の眼, の陣, はそれ, は長男, を殺した, を生

1 [142件] か, から譲られ, がいえ, がいちはやく, がうしろ, がひきうけ, が准泗, が劉表, が十七歳, が木ッ端微塵, が父, が禁門, が討たれた, が賊, が首, が馬, さえ内縁, すらその, その時, だ, だった, であった, で珠, という一人物, という人間, とその, とは交わり, とやらを始め, にいった, にしたがっ, につい, には南門, に名のり, に嫁, に対しては武烈皇帝, に敗軍, に謁, のいる, のす, の一陣, の人物, の傍ら, の入, の君, の命令, の国土, の声, の大, の姿, の子, の子孫策, の家臣, の寵姫, の幕中, の弟孫静, の後, の手, の旗幟, の本陣, の朱, の来援, の死体, の死骸, の没後, の臣, の行方, の説, の遺子孫策, の遺物, の長男孫策, の閣, の陣営, の陣地, の首, の馬, の龍首船, はあくまで, はあわて, はいう, はいない, はきっと, はさらに, はすでに, はそば, はただちに, はなにか, はほっと, はむっと, はわざと, は一喝, は一物, は上機嫌, は二, は何, は充分, は印顆, は各所, は大きく, は天文, は孫堅, は寝所, は意外, は戦不利, は振向い, は新手, は槍, は歯, は気, は父, は直ちに, は笑っ, は耳, は自分, は苦笑い, は茫然, は落涙, は董卓, は部下, は頭, は馬, へ一書, へ恨み, また駒, もあれ, もさして, もほどこす, もまた, も呻いた, も城中, も息, も真面目, も眸, も近づい, をかこみ, を向わせ, を始め, を斬ろう, を滅ぼした, を知らずや, を苦しめた, 以下では, 方では

▼ 孫~ (152, 3.3%)

10 當る 5 して 3 あたるが, 当って 2 あたって, あたるよう, 値わ, 当る, 聞かせながら, 話した

1 [119件] あざけられ, あたある, あたりて, あたる, あたるちいさな, あたるん, あたれり, あらず, あらず彼, かかわる不可思議, きせその, くどくどと, ご自分, ざん言した, そう言っ, その本, つたえるそういう, つたえ子々孫々, なって, なりして, もちを, や, テーブルの, 一つ悲むべき, 与えられた賞め言葉, 今の, 代を, 会いたいと, 会いたくて, 会いに, 会えるので, 伝わったの, 似て, 分割される, 別れを, 厚意を, 及さう, 取りかこまれて, 取り巻かれて, 取縋った, 向かって, 呉れべ, 告げて, 土産に, 報って, 好かれたい一心, 嫁を, 子守娘に, 尋ねさ, 對し, 對する, 席を, 当たりました, 当たる, 当たる人, 当たる子猫, 当たる甥, 当つて, 当り他, 当り右近中将従四位上平, 当り権中納言長良, 当り澄憲, 当り父, 当るあの, 当るべき薄葉, 当るよう, 当るん, 当るタルボット, 当る人, 当る御仁, 当る訳, 当る高村東吉郎君, 従容として, 忠なら, 性天あり, 懸らなければ, 或いはその, 手渡しました, 持って, 改まって, 教ふる, 数学の, 最後の, 棄てられて, 死なれて, 残す事, 生れたの, 申しました, 當つたと, 盃を, 眼の, 腰を, 至り果たして, 至り某, 英俊は, 菓子与え, 言って, 話されるので, 話して, 該当する, 誓って, 語られ報復, 語りついだもの, 語りて, 譲つて馬耳東風な, 譲りかく譲り譲り, 譲りもって, 譲り子々孫々相, 買って, 跡目を, 送って, 逢い悪人, 逢うこと, 逢ったごとく村人, 連れて, 遣つた, 遣りけるとぞ, 限って, 食わして

▼ 孫右衞門~ (101, 2.2%)

4 の娘, の部屋 3 は床 2 の妻, は僅か

1 [86件] がかう, がその, がスヤスヤ, が何處, が先, が取込んだ, が昨夜隱居所, が腰, が零落, だつたの, でした, で今, で有る, とお前, とわかつた, と下女, と下男, と内儀, と土地, と申し, と申す, と錢形平次, に丁寧, に取, に子, に平次, に引, に話しかけました, に貢い, に逢つて, に頼ん, のところ, の命, の家, の家内, の寢所, の寢間, の寵愛, の床, の悦び, の抗議, の本, の枕元, の殺された, の獨, の病気, の病間, の眞實, の窓, の見えない, の話, の變名, の額, はお玉, はさすが, はその, はそれ, はまだ, は二度, は人, は仰向いた, は佛米屋, は促しました, は六十八, は四方, は孫三郎, は惡, は枯木, は死, は死ぬ, は病, は確, は苦笑, は藩中, は覺束, は身動き, は飛ん, は養父, は驅, も胡散, よりは二十, をも屋敷, を促し, を殺した, を殺す, を討て

▼ 孫たち~ (91, 2.0%)

3 と言, の方 2 に手, の世話, を連れ

1 [79件] から家人, がそれ, がどんな, がほし, がよけい, がよちよち, が可哀想, が城中, が多く, が大きく, が天神, が山, が悲しむ, が東京, が汗みどろ, が熱心, が笊, だ, であった, でもみだりに, といちはやく, とでも話す, と言う, にし, にとりまかれ, にはこよなき, には彼, にもやかましく, にゆづるべきものらしい, によって満足, に会い, に夕飯, に失望, に教わっ, に満足, に物, に話し, に負けない, のいう, のいる, のうち, のため, のほか, のめんどう, の姿, の悲惨, の愛, の朝夕, の見納め, の集っ, の集まっ, の顔, の食べる, の齢, は, はおじいさん, はだんだん, は時々, への贈物, までみな, もいや, もみな京, も一人, も大きく, やそれ, をかわいがった, をかわいがりました, をぜひとも, をそば, をつれ, をよろしく, を前線, を呼び集め, を呼んだ, を指揮, を相手, を眺め, を見せ, を集め

▼ 孫~ (86, 1.9%)

4 に見とがめられ 3 の手

2 [12件] が息, が雨戸, が頭, と下女, と仲, と申します, の夜泣き, の差金, の水火, の顔, をよく, を抱き起し

1 [55件] か, がその, が延べ鉄, が日頃, が日頃庇つて, が殺された, が美濃, が首級, じしんが, である, となる, と号, と土蔵, と土藏, などの他, に水あげ火, に見付, に見付かっ, のあえいだ, のころ, のせい, のせゐだと, のたま, の両, の伜孫三郎, の体得, の作, の倅孫三郎, の刀, の別札真筆, の大小, の子孫, の専用, の後裔, の手引き, の把握, の持っ, の持つ, の末, の末得印兼光, の末胤, の水火両様, の稀作, の血肉, の見るべき, の鍛刀, の鍛刀乾雲丸, の鑢, の顏, へあずけ, をさがすなら, をぶちこみ, を杖, 他二人, 進んで

▼ 孫~ (81, 1.7%)

3 であった, は冀州 2 がいった, は玄徳

1 [71件] からそれ, がいう, がそっと, が云い出した, が先, が小手, が息まい, が書簡, が来る, が途中, が馬, ではない, という者, ともう, と連れ立っ, など, などと共に城, なので, にいいつけ, にこう, にさずけ, に兵五百, に出会い, に守られ, に愚痴, に言伝, に車, の使い, の便り, の帰る, の来訪, の説, の輩, の顔, は, はこの, はさき, はさらに, はそば, はなお, はなぐさめ, はにわかに, はまず, はやがて, はわざと, は初耳, は北門, は呉, は大事, は屋外, は思わず, は油江口, は留守, は直ちに, は色, は西河, は進ん, は馬, もあわて, もつらつら, もほぼ, もまた, も乗っ, も勇み立っ, も行きたがっ, や車, をかえりみ, を夫人, を帰した, を案内, を河北

▼ 孫四郎~ (72, 1.6%)

3 はかう 2 の顔, はとも角

1 [65件] か三男, が, がなぜ, が群衆, が自分, であつ, という旗本屋敷, とお, とも馴染, と三男, と喜平次, と隔日, なぞの窺ひも, にも彼, に止まるなら, に示す, の二人, の冷たい, の到底, の前, の剣, の命, の娘, の存在, の心事, の武士気質, の画く, の皮肉, の細君, の絵, の興味, の行く, の言葉, の調子, の趣味, の足下, の連, は, はうけ, はおふくろ, はかういひ, はその, はなほ平然, は又, は宥, は小次郎, は延び, は形, は急, は或, は新, は易者, は歯, は町奉行所, は趣味, は途中, は邪慳, もまた, や伊達, を彼, を後ろ, を立てよう, を迎え, 如き者, 御案内

▼ 孫~ (63, 1.4%)

3 子も 2 王も

1 [58件] あっちに, あるごとくに, あるその, あるの, あるはず, あるべし, ある彼岸, ある彼岸哉, おるだろう, かぜを, ございませぬ, ご令息, その孫, その年, それに, たくさんある, たくさんいる, できるし, どつさり, ないよう, なかった, なかつただらう, なく一人, また寛厚, また老い, みんな深く, ニポテと, 一つの, 七歳以上の, 不思議な, 両方で, 仕舞を, 何不自由なく, 八九人出来た, 共に国難, 出来ます, 出来るし, 出来明治三十四年, 唯宝, 四人あっ, 四方から, 大勢出来, 子孫も, 屋号を, 幸福, 幾年代か, 彦も, 殺されないよう, 泥を, 無い全く, 皆若死, 立派に, 肚の, 若いの, 表向き抱い, 赤坊だって, 追, 阿宝

▼ 孫~ (52, 1.1%)

2 いって

1 [50件] いう, いうても, いうので, いっしょに, しずかに, その土地, だんだんに伝え, なって, なり明らか, なる, よぶ, ドールは, 一しよ, 一緒に, 三人は, 二人づれで, 云つた, 云ふ, 云ふも, 代々相, 似たりよったりの, 其血統を, 君の, 大差は, 女中との, 姪だ, 嫁の, 子に, 子の, 子息の, 定められたるが, 寡婦に, 思って, 思つた, 感じた時代, 抱き合つて, 断ずること, 断定した, 李陵の, 次第にこの, 犬とで, 王とが, 王の, 畳にも, 知らぬが, 祖父, 称する捕虜, 稱する, 聞いて, 遊ばず犬

▼ 孫軍曹~ (48, 1.0%)

2 の弟, はその, は弟

1 [42件] が少し, が皿, が老人, だったね, に怒り, に睨まれる, の口調, の噂, の心, の眼, の肩, の部屋, はうちのめされた, はぎょっと, はそう, はそれ, はそんな, はたまらなく, はもう, はやはり, は一度, は中庭, は乗り出し, は云い出したら聞かなかった, は吐き出す, は大佐, は彼, は惨め, は憂欝, は憲兵, は掘起した, は沈大佐, は泣い, は現場, は私邸, は答えなかった, は箇旧, は自分, は見廻, は躊躇, は飛び出し, を見る

▼ 孫伍長~ (43, 0.9%)

3 はその 2 はポケット

1 [38件] が会釈, が僅か, どうした, に寄り添った, の始末, の家族, の宿, の様子, の遣り口, の顔色, の骨ッ, はあの, はかたく, はこれ, はやっと, はペッ, は云い, は亭主, は何と, は元気, は列車, は小西門, は愕然, は戦線, は暫く, は眼, は群集, は肩, は車窓, は軍曹, は軽, は部下, は郭, は門, は青く, もこの, をなめ切っ, を有名

▼ 孫~ (41, 0.9%)

5 あつた

1 [36件] あッたそう, いながら, この一件, しかも最愛, もつれて, わたくしに, 両親に, 両親も, 伊上凡骨の, 僕よりも, 四つ位に, 天文亀卜算術の, 定宗の, 少年の, 居られる, 弁官内蔵頭を, 從兄弟であり, 御座り, 忠利が, 文化中に, 新しい世界, 新唐書王珪, 昨年この, 柏軒の, 楊修字は, 汚い古, 法律を, 泰山の, 父は, 現今存在し, 界隈きっ, 祖父以来今の, 私の, 紀伊守に, 花卉を, 養子であった

▼ 孫~ (32, 0.7%)

3 であった 2 の泣き声

1 [27件] こうの, であったの, であるが, とは茶山, に壻養子, に馳, のため, の人格, の婿, の曾能さん, の称呼, の背, の誰, の身, の顔, はだめ, は後, は手籠, は縁側, は隻手, ばかりでなく, を唯一, を失つた, を弄ぶ, を祝, を結婚, を配偶者

▼ 孫十郎~ (30, 0.6%)

2 も当惑

1 [28件] から詳しい, が奥, が誰, でございます, のふところ, の前, はかしら, はすぐ, はその, はなるべく, はまた, はやはり, は仮, は先ず, は再び, は店, は早く, は更に, は白髪, は肚, は近所, は鑑定, は首, もいよいよ, も容易, も最初, も起っ, も面

▼ 孫~ (30, 0.6%)

2 の話

1 [28件] がお, である, と向きあふ, と花見, と集っ, にあんた, にはあなた, に失望, に心から, に手, に新聞小説, に滿足, に語っ, に附添, に食べさせよう, のため, のつやつや, の顏, はいく, はその, はと見る, はどう, はなつい, は健か, も最早, やそれからまた, を心から, を相手

▼ 孫~ (29, 0.6%)

32 の顔, はその, は別に

1 [20件] がまた, という若い貧しい, と逢わない, に向っ, の持っ, の方, はこの, はそのまま, はそれ, は二人, は仕官, は少女, は張閑雲, は心, は懼, は某時, は老, は袁氏, は調子, は遁げ

▼ 孫~ (28, 0.6%)

32 のの

1 [23件] から, からえんり, からお前, から助け, から可愛いい, か子, か息子, が戸主, けれども実は, そうです, ぞ黄, つたのです, とある, という一件, という証明, といふ, とか云う, と云, と言つて, なそい, ね, のという, よそれ江戸

▼ 孫永才~ (24, 0.5%)

2 はその, は片手

1 [20件] が弟, だった, には老人, はこの, はそう, はびく, はもう, はやるなら, は何, は命懸け, は思い切っ, は流石, は狂気, は答えなかった, は自分, は逃げるなら, は鸚鵡返し, よ子供達, を銃声, を鳥渡

▼ 孫~ (23, 0.5%)

2 ひこの, 孫や

1 [19件] とその, とやさしい, ヒコの, ヒコを, 一族どもまで, 事まで, 俺に, 兄弟を, 女どもへも, 嫁や, 子たちが, 子たちの, 子や, 子を, 孫やで, 孫やと, 曽孫に, 曾孫などの, 甥や

▼ 孫~ (18, 0.4%)

2 は単に, は大, は種, 旧蔵 1 が山水山房, が曲水山房, にはなはだしい, に当る, の家, の家廟, の手, の書, の臣, は第

▼ 孫~ (18, 0.4%)

1 [18件] がいきなり, がうっ, が惨, が雍涼, などの一軍, のふたり, のほう, の二軍, の人物, の四, の軍勢, の運送部隊, は, は兵糧, は初め味方, は即夜, は得, をやっ

▼ 孫~ (17, 0.4%)

3 の家

1 [14件] があと, が悲し, という栄三郎, といつ, のよう, の妻, の頭上, の養女, も両, も何, も口, も髭, やお, を始め三人

▼ 孫である~ (16, 0.3%)

2 ことを

1 [14件] から勝手, から祖父祖母, が後者, と, ということ, とともに弁証論, とアリストテレス, と言っ, 三ちやんは, 宮たちを, 左大将家の, 私の, 証拠では, 赤兄が

▼ 孫~ (16, 0.3%)

3 の陣

1 [13件] が追撃, だった, とし, はよく, は先頃, は左都督, は慚愧, は陣営, もまだ, も若い, を後方, を攻めたて, を救い出し

▼ 孫ども~ (15, 0.3%)

1 [15件] が僕, が相次い, が私, に買っ, に食べ過ぎさせた, の愛, の行動, はかう, はさぞ, はやって来る, も挙げ, や子息, をなくし, をひとつ猪苗代湖さ, を従え

▼ 孫~ (15, 0.3%)

2 という英雄

1 [13件] が言っ, が述べ, ご自身, と袁世凱, によつて, の一派, の三民主義, の人道的時代以前, の国民党, の所謂三民五憲, はすでに, を尊敬, を盟主

▼ 孫~ (14, 0.3%)

4 に住む 1 では御座いました, で日頃恩顧, に住ん, に夫婦暮し, の田屋甚左衛門, もありません, も取引先, を借, を借り, を貸し

▼ 孫にあたる~ (13, 0.3%)

1 [13件] お秋, タイピストを, ヨハン・セバスティアン・バッハが, 人物である, 大力女の, 大江匡房も, 子供で, 子息や, 寿平次を, 尋常三年の, 小さい人たち, 徳川万千代である, 高額媛という

▼ 孫左衛門~ (13, 0.3%)

1 [13件] がところ, が世, が坐っ, が家, ということ, という家, と谷忠兵衛, のよう, の祖先ここ, の神様, は村, を始め, 食わぬが

▼ 孫息子~ (13, 0.3%)

1 [13件] が少年時代, である, で母親, と三匹, にあたるジャン, にい, につき添, にむかっ, に手, の上, は目元, らしい富農的現実性, を引っ

▼ 孫でも~ (12, 0.3%)

1 [12件] ある, あると, あろう子供, たしなめるよう, なく去年, アヤす, 思ひきり, 抱いて, 無かった, 発見した, 見ねば, 見る様

▼ 孫~ (12, 0.3%)

3 快生 1 がいふ, が両頭, にたのまれ, に約束, は快く, は玄関, を呼び戻し, を妨げ, 快生連名

▼ 孫~ (12, 0.3%)

1 [12件] の大将辺洪, の妻, の性格, は, はこ, は丹陽, は若年, は蹌踉, ももちろん, も先頃横死, を一太刀, を殺させた

▼ 孫~ (12, 0.3%)

1 [12件] がいた, がこの, が先師, が国防, が孔子, が来た, の心, はいささか, は孔子, は座, は殊勝, もそう

▼ 孫七牛~ (11, 0.2%)

1 [11件] が杢平牛, とが東西, のぼん, の仕切り, の角, はまだ, は杢平牛, は牛舎, は綱, は頭, を見舞うた

▼ 孫兵衛丞~ (11, 0.2%)

1 [11件] から改, が, と香山, などは, に千石, のことば, のはなし, は, はそう, は待っ, をはじめ

▼ 孫徳謙~ (11, 0.2%)

1 [11件] が漢書藝文志擧例, などといふ人, などの特殊, などは史通, には諸子通考, の, の二人, はこれ, は云つて, は以上, は漢書藝文志擧例

▼ 孫火庭~ (11, 0.2%)

1 [11件] がつけ, がヒョックリ, が一週間, が呼び, という家扶, と王妖順, の忠言, の身体, は中国料理, は漢青年, を呼ん

▼ 孫~ (11, 0.2%)

1 [11件] が部下三千, だった, の若年, の首, は切歯, は叔父, は持論, は昂然, は義理, を二, を引い

▼ 孫伍風~ (10, 0.2%)

1 から僕ら二人, が丼, です, という若い, のあらまし, の拳法, は多少むっと, は拳固, は酒, を呼ん

▼ 孫先生~ (9, 0.2%)

1 がこの, が急, と一, の方, の顔, はすまし, は元来, も白羽扇, を尊敬

▼ 孫~ (9, 0.2%)

2 を説 1 に信任, に求める, の父子兄弟, は揚子江中流以下, は東南, を説服, 或時

▼ 孫逸仙~ (9, 0.2%)

1 が亡命中, とともに北, と宋慶齢女史, に対して尊敬, の三民主義, の人物月旦, の旗下, も同志, を祀った

▼ 孫~ (9, 0.2%)

1 があたっ, が先, と心, に呉会, は, はついに, はなにか, は彼, を会稽

▼ 孫さん~ (8, 0.2%)

1 というの, と並ん, と二人, なの, は尊敬, も満足, をつれ, を訪ねる

▼ 孫とは~ (8, 0.2%)

1 おそろしく貧乏, わが事, 安全に, 悲しい日, 皆榛門に, 睦まじい二人暮し, 遊べるおばあさん, 音の

▼ 孫~ (8, 0.2%)

3 のよ 2 んです 1 のです, ようでした, んだ

▼ 孫にも~ (8, 0.2%)

1 おくれたゆえ, かかるホリモノ, こんな意気地, 何か, 嫁にも, 当たる人, 琴三味線を, 逢わず漱石門下

▼ 孫井筒屋~ (8, 0.2%)

3 の駒吉 1 のせゐだと, の主人, の息子, は一番, は自分

▼ 孫~ (8, 0.2%)

1 とこい, にさせる, に對, の代り, の媼, の持物, の紙入, を罪

▼ 孫~ (8, 0.2%)

2 を訪ね 1 と連れ立つ, に逢, の供養, の成績, はその, を院

▼ 孫将軍~ (8, 0.2%)

1 から後, が父兄, で, でなくても, にはあえなく, に会わせ, のお, は

▼ 孫~ (7, 0.2%)

1 がだしぬけ, である, という御蔵方, はみすぼらしい, は四角, は困った, は津軽

▼ 孫であった~ (6, 0.1%)

1 がこれ, がその, という罪, と薫, のに突然, 頃の

▼ 孫です~ (6, 0.1%)

21 からねえ可愛い, から叔母, から結婚, もの

▼ 孫とが~ (6, 0.1%)

1 あった, 同名なる, 抱き合って, 相対し, 相見る, 骨と

▼ 孫とも~ (6, 0.1%)

1 いい敢えて, 子とも, 思わるる児, 見えたの, 見えないので, 見える子供

▼ 孫には~ (6, 0.1%)

1 ちが, なお更, 伝はり, 何といふ, 加藤清正に, 恩も

▼ 孫兵衞~ (6, 0.1%)

2 の娘 1 と云う, と申す, は只, は大屋さん何

▼ 孫~ (6, 0.1%)

5 織冠 1 漢は

▼ 孫~ (6, 0.1%)

1 の兄弟, の名, の将来, の血, の隆昌, を保っ

▼ 孫行者~ (6, 0.1%)

1 からあらゆる, の華やかさ, の行動, の負ける, への畏怖, を卒業

▼ 孫では~ (5, 0.1%)

1 ありかつて, あるが, ないか, ないらしい, なくて

▼ 孫という~ (5, 0.1%)

2 のは 1 のも, 三代には, 人の

▼ 孫なり~ (5, 0.1%)

3 子なりの 1 いずれも, おしなべて兒等とい

▼ 孫~ (5, 0.1%)

2 伝えられる忍苦 1 必死の, 手紙を, 贈り物に

▼ 孫むす~ (5, 0.1%)

2 め曙の 1 めお, めが, めという

▼ 孫~ (5, 0.1%)

1 がお, がどんなに, がまた, に見せる, は幸福

▼ 孫~ (5, 0.1%)

1 といふ, といふ名, と云, の生れた, の目

▼ 孫伝芳~ (5, 0.1%)

2 だぞ 1 の自動車, の部隊, は戦わず

▼ 孫曾孫~ (5, 0.1%)

1 が嬉々, にあたる, の末, の繁昌, を末

▼ 孫詒讓~ (5, 0.1%)

1 が古, が間話, によつて改正, の周禮正義, の論據

▼ 孫さま~ (4, 0.1%)

2 の命 1 がどんどん, のお子さま

▼ 孫との~ (4, 0.1%)

1 ような, レンラク困難多く, 三人も, 生活は

▼ 孫にでも~ (4, 0.1%)

1 対する様, 対する面持, 當るべき, 聞かせて

▼ 孫に対する~ (4, 0.1%)

1 心は, 愛は, 愛を, 祖父の

▼ 孫七め~ (4, 0.1%)

1 である, にもよ, のあの, の願い

▼ 孫中山~ (4, 0.1%)

1 の名, の書, の霊, をヤングチャイナ建設

▼ 孫井筒屋さん~ (4, 0.1%)

1 が急, と二人, と番頭さん, の廻つた先

▼ 孫~ (4, 0.1%)

1 のふたり, の頸, はそれ, は馬上

▼ 孫六さん~ (4, 0.1%)

2 がこの 1 が潮來, が潮来

▼ 孫~ (4, 0.1%)

1 あ火じろ, に毎度, に虜, は祖父

▼ 孫~ (4, 0.1%)

1 にやっ, に当る, の一声, の繁子

▼ 孫~ (4, 0.1%)

1 するの, だし, に聞い, のもの

▼ 孫~ (4, 0.1%)

1 が武蔵介, の末, の苗裔, の言

▼ 孫~ (4, 0.1%)

1 が援軍, の命令, はすぐ, はその

▼ 孫~ (4, 0.1%)

1 に人形, に譲り与え, の縱, はこれ

▼ 孫逸仙大学~ (4, 0.1%)

1 にはどっさり, の女学生たち, の教授, の留学生

▼ 孫~ (4, 0.1%)

1 かはや, の名, は民, 来る

▼ 孫~ (3, 0.1%)

1 千代と, 千代といふ, 美夜ちゃんを

▼ 孫かの~ (3, 0.1%)

1 ような, 人に, 餓死した

▼ 孫から~ (3, 0.1%)

1 おじいちゃまなどと, 多勢の, 言ひつけられる

▼ 孫であり~ (3, 0.1%)

1 その子, 匡衡の, 同じ覆面

▼ 孫であろう~ (3, 0.1%)

1 と兵法, 五つばかりの, 可愛い女の子

▼ 孫でございます~ (3, 0.1%)

1 が松五郎, が武芸, し一人

▼ 孫として~ (3, 0.1%)

1 性天という, 生れて, 経験された

▼ 孫としての~ (3, 0.1%)

1 つまらない生活, 嫁入進まぬ, 服喪の

▼ 孫とを~ (3, 0.1%)

2 保護する 1 失った

▼ 孫なる~ (3, 0.1%)

1 ヤコブ天使と, 当代大和田十郎次は, 彼の

▼ 孫にまで~ (3, 0.1%)

1 こんなに馬鹿, 従って, 逆らうまいとして

▼ 孫みたい~ (3, 0.1%)

2 なもの 1 にし

▼ 孫より~ (3, 0.1%)

1 五つは, 先に, 後の

▼ 孫二人~ (3, 0.1%)

1 とが辞し, をその, をつれ

▼ 孫二郎~ (3, 0.1%)

1 お養子ニ, というよう, なども終始

▼ 孫伊那丸~ (3, 0.1%)

1 とやらがふたたび, もいま, をかくまっ

▼ 孫六水火~ (3, 0.1%)

1 の合符, の秘文状それ, の自

▼ 孫兵次~ (3, 0.1%)

1 の部隊, の隊, の齎

▼ 孫兵衛真山刑部~ (3, 0.1%)

1 そして目付役, という顔ぶれ, の二人

▼ 孫四郎殿~ (3, 0.1%)

1 か, の屋敷, をも何とぞ

▼ 孫~ (3, 0.1%)

2 の縁先 1 立ち一抱え

▼ 孫文氏~ (3, 0.1%)

1 と同感, に限らず, はその

▼ 孫棠軒~ (3, 0.1%)

1 が明治紀元九月廿一日, と霞亭, の歿

▼ 孫~ (3, 0.1%)

1 にもいつしか, はみな女性, もありました

▼ 孫王経基~ (3, 0.1%)

1 と聞い, の四子陸奥守満快, の嫡孫

▼ 孫~ (3, 0.1%)

1 がいった, の二人, の邸

▼ 孫~ (3, 0.1%)

1 が半生, に下請, の悪政

▼ 孫~ (3, 0.1%)

1 と合流, のうち, はいかに

▼ 孫高傅嬰~ (3, 0.1%)

1 という二人, のふたり, の二人

▼ 孫~ (2, 0.0%)

1 あいさ, え

▼ 孫かは~ (2, 0.0%)

1 遂にその, 遂に其時代

▼ 孫かも~ (2, 0.0%)

1 知れないです, 知れんが

▼ 孫~ (2, 0.0%)

1 へ, へ学校

▼ 孫たる~ (2, 0.0%)

1 の情, 涙なり

▼ 孫だった~ (2, 0.0%)

1 かで好い, のだ

▼ 孫でしょう~ (2, 0.0%)

2 そうじゃ

▼ 孫といふ~ (2, 0.0%)

1 事である, 人が

▼ 孫とか~ (2, 0.0%)

1 たいがい水戸が, で秀頼公

▼ 孫とかの~ (2, 0.0%)

1 最愛の, 肉縁の

▼ 孫にあたり~ (2, 0.0%)

1 但馬守からは, 左大臣忠平とは

▼ 孫にて~ (2, 0.0%)

1 名を, 賤しからぬ

▼ 孫へと~ (2, 0.0%)

1 何百年来養成され, 身代の

▼ 孫まで~ (2, 0.0%)

1 えらい目, 一つに

▼ 孫~ (2, 0.0%)

1 の顔, はみな彼

▼ 孫らしい~ (2, 0.0%)

1 女の, 豊肌した

▼ 孫七方~ (2, 0.0%)

1 にころがりこん, へ顎

▼ 孫三人~ (2, 0.0%)

1 にようやく, の曽孫

▼ 孫~ (2, 0.0%)

1 丞勝信また, 女

▼ 孫~ (2, 0.0%)

1 や手代, や鳶頭

▼ 孫~ (2, 0.0%)

2 の養子

▼ 孫八爺さん~ (2, 0.0%)

1 が一所, に命ずる

▼ 孫六の~ (2, 0.0%)

2 やすり

▼ 孫兵衛お前~ (2, 0.0%)

1 とお前, もよく

▼ 孫兵衛そのもの~ (2, 0.0%)

1 の体, も縄

▼ 孫兵衛め~ (2, 0.0%)

1 に私, は腕

▼ 孫兵衛丞どの~ (2, 0.0%)

1 やその他, 御挨拶

▼ 孫兵衛旅川周馬~ (2, 0.0%)

1 その三人, というふたり

▼ 孫兵衛殿~ (2, 0.0%)

1 が一晩暇, をもぜひ

▼ 孫兵衞さん~ (2, 0.0%)

1 のお, 今宅

▼ 孫~ (2, 0.0%)

2 といつた

▼ 孫叔傲~ (2, 0.0%)

1 といふ名高い, はまつ

▼ 孫右衞門さん~ (2, 0.0%)

1 には評判, 御苦勞はん

▼ 孫右衞門旦那~ (2, 0.0%)

1 でお蔭, に頼み

▼ 孫右衞門樣~ (2, 0.0%)

1 に海山, の敵

▼ 孫四郎どの~ (2, 0.0%)

1 か, はおふくろ様

▼ 孫国助さん~ (2, 0.0%)

1 が所蔵, が頃日其蔵儲

▼ 孫堅将軍~ (2, 0.0%)

1 の命令, の子

▼ 孫堅軍~ (2, 0.0%)

1 が先, もこの

▼ 孫夫婦~ (2, 0.0%)

1 にかこまれ, を伴

▼ 孫~ (2, 0.0%)

1 が畏れ多い, は殊

▼ 孫~ (2, 0.0%)

1 にお, に差し上げる

▼ 孫~ (2, 0.0%)

1 を訪ね, を訪ねた

▼ 孫平治氏~ (2, 0.0%)

1 にとっては恐らく, の口述体

▼ 孫志祖~ (2, 0.0%)

1 の讀書, は

▼ 孫~ (2, 0.0%)

1 が乱, といふ海賊

▼ 孫房家~ (2, 0.0%)

2 の安否

▼ 孫文先生~ (2, 0.0%)

1 その人, の旗下

▼ 孫権自身~ (2, 0.0%)

1 であった, もまた

▼ 孫殿~ (2, 0.0%)

1 はならぬ, へも篤と

▼ 孫水津信道~ (2, 0.0%)

2 の子

▼ 孫治郎君~ (2, 0.0%)

1 が訪ね, の感化

▼ 孫~ (2, 0.0%)

1 忌, 忌に

▼ 孫牟田口利彦氏~ (2, 0.0%)

1 の除幕, を始め武谷軍医官

▼ 孫生長~ (2, 0.0%)

2 迄の中継

▼ 孫矩之~ (2, 0.0%)

1 が本所横川, に嫁

▼ 孫礼字~ (2, 0.0%)

2 は徳達

▼ 孫~ (2, 0.0%)

1 とか呉敦, などの泰山

▼ 孫観呉敦~ (2, 0.0%)

1 の輩, をはじめ

▼ 孫詒讓等~ (2, 0.0%)

1 が出, の創唱以來

▼ 孫~ (2, 0.0%)

1 が大いに, の方針

▼ 孫達多勢~ (2, 0.0%)

2 と一緒

▼ 孫韶字~ (2, 0.0%)

1 は公礼, を公礼

▼1* [470件]

あつかいにされる, 孫いじりにも飽いた, 孫いとしのお, 孫かい娘でなき, 孫かが婿で, 孫かぐらいのところでしょう, 孫かさもなく, 孫かとも見える二十歳, 孫かなどのやうに, 孫かならず天下を, 孫きりになっ, 孫ぐらい彼は, 孫ぐらいの大きさ, 孫ぐらゐの時代になる, 孫ぐらゐ彼は平然たる, 孫さん達は何處, 孫じゃなくて, 孫じゃあ又あんまり, 孫その他最年少組でかれ, 孫それは正しい, 孫あはれなりける, 孫とひ, 孫だきて陽, 孫だけあって, 孫だけでもしっかりさせたい, 孫だ出て行きたけれ, 孫やわいなう何, 孫つこかえ, 孫づれというの, 孫であって平家, 孫である阿父さんが, 孫であればまだ, 孫でござるな, 孫ででもありましょうか, 孫でなくてはならない, 孫でやすよ, 孫とかいう人らで, 孫としてよりもむしろ慈悲心, 孫とともにぶらぶら歩い, 孫と共に東京に, 孫どのもいま, 孫などには決して話さなかった, 孫などは阿母さん, 孫なりたとひ, 孫なりといふ, 孫なりともいひうべきを, 孫なりの云ひ, 孫なんかできるもの, 孫にたいして深い愛情, 孫にだって御主人, 孫にとって一つの, 孫にまでも來た, 孫にものいふやう, 孫に対して自分の, 孫ひこやしゃ子ねずみ, 孫ほど可愛いもの, 孫ほどに見える父子, 孫までを伴って, 孫みんなラツフでエゴイスト, 孫もしくは娘の, 孫やで通つたなども, 孫やと頻りに重, 孫やら忰やら, 孫なし, 孫よりも可愛いと, 孫イタリア少年ドールとコスター, 孫ドールコスターの幼年組, 孫ドールコスター次郎の幼年組, 孫ニ宛テ沼波利久佐此間ニ云豆知波里トシテアルヲ古名録ニ益母草苗也今名めはじき, 孫マンフレディなり此故, 孫モルモットで, 孫ルイ十七世に比し, 孫哭シ母ハ児ヲ, 孫ヲホドの命, 孫一三〇二年フィレンツェのポデスタ, 孫一族郎党でもゐなかつた, 孫一郎ガフシダラ故ニ, 孫一郎ノオフクロガ死ヌ故隠居ガマタマタモクロミヲシタカラ, 孫一郎ハ隠居シテ江雪ト改メテ剃髪シタソレカラ家来ノコトモミダラニナッテイルカラ家来ニ差図シテ取締方万事口入レシテ, 孫一郎モ何トモ云ウコトガ出来ズニ隠居シタガ後ノ孫一郎ハ十四ダカラ, 孫一門のご, 孫の名, 孫七夫婦に縄, 孫七峯とつづき, 孫万代を養, 孫三代の忠節, 孫三出雲から何, 孫三十九歳であつ, 孫三氏の天下, 孫三郎の殺された, 孫三郎丸祖父三代のうらみ, 孫与一昌純の手首, 孫与右衛門さんには嗣子, 孫中山先生の肖像, 孫中臣連是忠三の御殿, 孫中舎という者青州城, 孫などであった, 孫久一郎さんの姻戚熊谷兼行さん, 孫九龍口に於, 孫也七国の王, 孫乾あとから来い, 孫乾たちも会い, 孫乾ッはやく張飛, 孫乾簡雍周倉関平などみな杯, 孫乾糜竺簡雍あり武, 孫乾糜竺簡雍たちもいわば, 孫乾糜竺糜芳らを城内, 孫乾糜芳などもその, 孫乾貴公すぐに, 孫乾車のわ, 孫乾道の案内, 孫乾陳登などという旧臣, 孫にも孫, 孫二世全安さんの蔵する, 孫二代三代に到っ, 孫二代仁太夫によつて出版, 孫二者の結合, 孫二郎色部修理安田治部などが喚きかかる, 孫二郎薄田与五郎などは問われる, 孫五人とである, 孫五郎時風長井大膳河越高重など手負い, 孫井筒の駒吉, 孫嗣菅氏, 孫仏人寿四万歳の時倶那含牟尼仏, 孫以上に至誠, 孫以下になりましたなら, 孫仲益の楓橋寺, 孫仲謀だけは異相, 孫伊那丸さまがご, 孫伊那丸君でありおつき, 孫のとき, 孫伝芳ッて何だい, 孫伯衍及鳳卿の輯校, 孫と同じく, 孫羅蓮, 孫信忠がその, 孫信美が已に, 孫信階三十五歳の其妻, 孫僕續滿之國, 孫元協を携, 孫光憲の, 孫を継子扱い, 孫鹿に, 孫安即二世全, 孫全安さんを引見, 孫八ッて, 孫八爺が押えた, 孫八老其の砌某所墓地近く, 孫六あたりをもっ, 孫六どのと三島, 孫六先生のよう, 孫六入道逍遥軒をはじめ, 孫六夜泣きのかた, 孫六専案の秘法, 孫六歳にし, 孫六発案の大, 孫六直筆の一書, 孫六真一文字に突かかり, 孫六等二十余人をやった, 孫六遺愛の鑢, 孫六郎康長安藤彦十郎酒井与七郎, 孫兵次堀秀政堀尾茂助など黒白, 孫兵次山内猪右衛門などの一小隊, 孫兵次山内猪右衛門木下助左衛門弟の勘解由, 孫兵次茨木の中川藤兵衛, 孫兵法に精通, 孫兵衛こいつアおもしろい周馬, 孫兵衛ここへゆらりと, 孫兵衛そちは邪悪, 孫兵衛その他多くの直門, 孫兵衛それにすがっ, 孫兵衛たち三人の影, 孫兵衛わしのいおう, 孫兵衛グーと無理, 孫兵衛ヒョイとふりかえっ, 孫兵衛マチヤス太郎右衛門が順次, 孫兵衛一つ二つ軽く手, 孫兵衛一人の悪戦, 孫兵衛先生ウンとご, 孫兵衛助太刀の湧井道太郎, 孫兵衛右門の三人, 孫兵衛君に面会, 孫兵衛天堂一角この以外, 孫兵衛安積小四郎香山半兵太船曳杢右衛門井戸亀右衛門木南加賀右衛門などとよぶ, 孫兵衛家定でござる, 孫兵衛宿酔でもした, 孫兵衛左につかむ, 孫兵衛手も出さず, 孫兵衛本名は関屋孫兵衛, 孫兵衛様で, 孫兵衛櫓を撓わせ, 孫兵衛歯を食いしばる, 孫兵衛死首ながら立派, 孫兵衛洞窟の奥, 孫兵衛縮緬ぞッ, 孫兵衛腹ばいがくたびれた, 孫兵衛自身は決して, 孫兵衛路頭に立つ, 孫兵衛頭の鉢, 孫兵衞さんお前然う, 孫兵衞さんお前さん一寸御, 孫兵衞さん旦那様が十両下, 孫兵衞方へ踏込娘, 孫劉弘の子, 孫助さざ波金碇くれないの, 孫助出入口から窺, 孫へ嫁, 孫十一歳にし, 孫千菊が家, 孫南両氏がかけ, 孫博済病院の医員, 孫及息子の意味, 孫友人の妻, 孫叔孫孟孫の三氏, 孫叔敖と莊王, 孫叡山へ送られ, 孫右衞門これは五十前後, 孫右衞門城内には衣斐伊豫, 孫右衞門娘で筆, 孫右衞門殺しの下手人, 孫右衞門神田三河町に立退きまし, 孫右衞門長者は土地, 孫は堅, 孫君徃訪不在ふと思ひつい, 孫和長とは特別, 孫唯善其外明空性信西念唯信, 孫喜太郎少年の痛々しい, 孫四郎さへも自分, 孫四郎ほか数名を三条河原, 孫四郎利家の二千人, 孫四郎利家どのが討手, 孫四郎安藤太郎左衛門たちの手, 孫四郎左衛門すぐさま馳せ, 孫四郎様にだって負けない, 孫四郎節のねんぶつ, 孫四郎重氏黄瓦毛の太く逞しき, 孫四郎野本與次郎の兩人來, 孫塾日, 孫堅ごとき者, 孫堅その他の英傑, 孫堅以来仕えて, 孫堅以来三代呉に仕え, 孫堅以来二代孫策そしていま三代, 孫堅兄君の孫策, 孫堅卑怯なり返せっ, 孫堅字は文台, 孫堅将軍以来重恩をこうむっ, 孫堅洛陽に玉璽, 孫堅蒼天を仰い, 孫堅身のほどを知れ, 孫壽夫人一流の媚態, 孫大納言公時から二十一世, 孫大納言文屋浄三を立てよう, 孫天性そなわる威容, 孫天押人命の後, 孫と婦, 孫奇林億等の校正表, 孫女おそのさんの談片, 孫女さへ歌妓, 孫女左大将の長女, 孫女幹があつ, 孫女房にはその, 孫女梅一つ柏軒並妻俊四十一女洲十国七つ柏軒の妾春二十六, 孫女特色あるを, 孫姫さま英語御教授, 孫姫さんが御方, 孫姫式を引用, 孫婿の許, 孫から, 孫は念祖, 孫を我, 孫孝哲と云, 孫孟綽の四人, 孫孟綽河良佐池希白である, 孫宮がたのお世話, 孫家定将軍の位, 孫市丸と, 孫小松重盛の次男, 孫温が, 孫の水, 孫左京亮為虎が初め尼子義久, 孫左脛に疔, 孫左衛門加治見石見, 孫左衛門殺しといっ, 孫左衛門殿より手ほどき, 孫左衛門殿逝去の後, 孫左衛門河井公左衛門五番には七手, 孫左衛門難渋そうな顔色, 孫市郎左衛門を養子, 孫帯刀先生義賢の次子, 孫庵は, 孫幕府に怨恨, 孫平が面会にき, 孫平大村和吉郎蔵原惟郭三宅雄二郎丹羽清次郎江原素六富田鉄之助西原清東飯田宏作山田吉郎兵衛松村介石の二十名, 孫平小関栄吉以上五十余名であった, 孫広明に至つて, 孫庄左衞門とは友人, 孫延興王の後, 孫引から讀んだ, 孫引之が次, 孫といふ公孫, 孫といふ人, 孫弥氏の塾, 孫に報, 孫彼女ノ孫, 孫徳川万千代を餓鬼大将, 孫徹男に嫁, 孫思うご後室, 孫息子今は大蔵省, 孫之の養子三右衛門, 孫扱いにし, 孫其後主, 孫抱えて見た, 孫抱きには行, 孫支流にソールト・リヴァー, 孫数代宮居を定められた, 孫文一派の民族革命, 孫文元帥の陣中, 孫文後今日に到る, 孫文時などが此, 孫文時代のまま, 孫文派が広東政府, 孫文蒋介石に依り, 孫新木吟雨とあり, 孫既に立ちて, 孫星衍本との二種, 孫時代までは変らない, 孫時朗の子, 孫晋泰君の集めた, 孫晟王貴等皆執えら, 孫を特に, 孫景綱より泰宗, 孫曾孫大勢持って, 孫という男子, 孫たのもしい御曹子, 孫本町温知医黌の医学教諭, 孫杓子を始め, 孫又右衞門, 孫を証人, 孫栗園と倶, 孫榛軒の養子, 孫槌太郎の両人, 孫権みずから周泰陳武徐盛董襲なんどの雄, 孫権以上彼に傾倒, 孫権以下の諸, 孫権以下中軍の旗本七百, 孫権北方に曹操, 孫権大将周泰のお, 孫権字は仲謀, 孫権様をたすける, 孫権真の蠅, 孫権自身狼藉者をうしろ, 孫權傳黄龍二年に權, 孫權其の眞, 孫權劉璋等と共に入, 孫次郎ドールコスターはモコウ, 孫や呉子, 孫武田伊那丸であること, 孫武田伊那丸さまとその, 孫武蔵に住み, 孫武陸子の兵法, 孫殺しはそれ, 孫には義理, 孫氏一家の問題, 孫氏等の本, 孫河畔の博物学者, 孫清一が結婚, 孫湯原親王之第, 孫源三位頼政の後裔馬場美濃守信房, 孫をうつした, 孫火庭自身も日本人, 孫為信に到り, 孫と一緒, 孫齢若く, 孫玄孫への語り草, 孫が出, 孫王其人である, 孫王應麟の如く, 孫産論翼の著者玄迪, 孫といった, 孫ももちろん同時に, 孫幼少なりし如くしる, 孫盡據匈奴故地, 孫相手もまさに, 孫相鬪ぐ樣な家庭, 孫を抱い, 孫人世以為仙医, 孫真人が赤い, 孫などと呼ん, 孫の死, 孫祐一つ女国二十安十二琴九つ柏軒の妾春三十九, 孫祐七つ姉国二十六安十八柏軒の妾春四十五, 孫祐三つ女国二十二安十四琴十一柏軒の妾春四十一, 孫祐五つ女国二十四安十六柏軒の妾春四十三, 孫祐八つ姉国二十七安十九柏軒の妾春四十六, 孫祐六つ女国二十五安十七柏軒の妾春四十四, 孫祐葬儀の時, 孫の莊襄王, 孫立つに至っ, 孫にも色々, 孫策いずれも寡兵, 孫策これにあり, 孫策ずれに会稽, 孫策以下の十三騎, 孫策周瑜が二女, 孫策字は伯符, 孫策様のご, 孫策用意はいい, 孫策船手をそろえ, 孫策軍のうち, 孫紀伊宰相慶福が十三歳, 孫約して語りつがせ, 孫細川讃岐守之勝の子息, 孫維盛より出, 孫が, 孫義清の妻, 孫義満相次いで, 孫考えなくちゃいかん, 孫聟ニ水心子秀世ト云ウ男ヲ呼ン, 孫胤行は為家, 孫興邦はなほ乳臭机心, 孫の様, 孫芸庵があつ, 孫という言葉, 孫菅三惟繩が継いだ, 孫菊亭右大臣晴李で今, 孫の家門, 孫蓮如上人の, 孫薗田次郎成基が嫡男, 孫袁逢が子, 孫要一下女の九人暮らし, 孫てえな, 孫見たいなのを, 孫覚如の代, 孫如から, 孫の通り, 孫謀將以覇繼王也詩書皆由正而之變, 孫譽田陵に馬, 孫貞光の第, 孫賈問いて, 孫賜遂以皐陶不與三后, 孫既に酔い眠った, 孫軍曹声が高い, 孫軍曹決行するなら今夜, 孫の顔, 孫迦葉波の子, 孫の詩, 孫逸仙一行の先発隊, 孫逸仙大統領に推選, 孫逸仙等を除け, 孫庭なぞに, 孫道栄の時代, 孫部曹の妻, 孫野理学士が温度, 孫錢曾又は季, 孫長崎次郎っ, 孫閣下のご, 孫陀利のよう, 孫陶後には子, 孫陶後頼寛には子, 孫雅世がはじめて, 孫霖燕将朱栄劉江の為, 孫韶張承などを, 孫頼家を将軍職, 孫風呂の煙, 孫飯島三郎広忠, 孫よ, 孫高時は暗愚, 孫得口琴児, 孫鶴岡耕雨さんの記