青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「学者~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

孤独~ 学~ ~学問 学問~ 学士~ ~学校 学校~ ~学生 学生~ ~学者
学者~
~孫 孫~ 學~ ~宅 宅~ 宇宙~ 守~ ~守っ 守っ~ ~守る

「学者~」 5895, 64ppm, 1792位

▼ 学者~ (1264, 21.4%)

26 説に 12 間に 11 ように, 中には, 家 10 説を 9 ような 8 間には 7 ために, 注意を, 研究の 6 多くは, 方で, 研究に 5 中でも, 中にも, 仕事は, 名を, 間では

4 [15件] くせに, 中に, 出た寺, 家に, 手で, 手に, 方に, 書いたもの, 研究が, 研究と, 研究は, 言ふ, 説が, 間で, 間にも

3 [19件] いうところ, やうに, アラムハラドは, 多くが, 意見では, 意見を, 或る, 方は, 研究によって, 研究も, 筆に, 言うところ, 言に, 計算に, 認めるところ, 説は, 説も, 身に, 門を

2 [81件] あること, ことを, これが, これに, しごと, ところを, ほうで, フィリッポ氏が, 一人で, 一人は, 不平心を, 中から, 中で, 仲間では, 任務である, 体面を, 側から, 冷静な, 利己主義と, 前で, 前に, 功績は, 助手として, 問題と, 地上楽園も, 大多数, 奥さんに, 妻と, 学者たる, 家には, 家の, 家へ, 心の, 意見は, 態度を, 所説の, 所説は, 掘り散らした跡, 教えを, 数は, 本分, 本分は, 本色を, 本質, 注意が, 為に, 理想として, 生活ほど, 目から, 目で, 目に, 眼から, 眼で, 研究では, 研究を, 種々の, 考え方を, 良心を, 著わ, 解釈に, 記憶には, 証明する, 説く所, 説と, 説として, 説の, 説明し得る, 説明では, 説明に, 調査が, 論ずるところ, 講説と, 警鐘に, 議論が, 輩出した, 通弊として, 間でも, 間の, 頭の, 頭は, 頭を

1 [823件 抜粋] あいだに, ある人, ある者, いうノルム, いう三半規管, いう所, いかさま著述で, いわゆる子宮内, いわゆる性欲上, うちで, うちに, うちにも, えらさ, おじさんは, お仕事, かくも, かたが, こういう哲学的, ことで, ことでありまし, この像, この学, この素晴らしい, ごときもの, ごとくぴかぴか, ごとく愛, したこと, した事, しるしの, する学問, そういう意味, たんと, どのやう, どれだけの, なかには, なすところ, はうから, ひさしくうたがう, ふりかざす邪剣, ほうからは, ほんの少し, まだ知らない, ものに, やり方と, やり方を, やる統一, ようで, ようであります, ようです, ゐること, アインシュタインが, アルバイテンという, イワン・マトヱエヰツチユと, エウドクソスや, ガウンを, シャツの, シュテルンに, タルドを, ダラクなどと, テイラー氏が, パラスが, ヒス教授が, フィリッポ氏にだけは, フェルディナンド・コーン, フォン・コーレンだったら, ペンを通じて, ボンなんて, マキシモヴィッチ氏であった, ルボンの, 一つの, 一人だ, 一人な, 一人コリントの, 一人今の, 一問題と, 一団が, 一族から, 一種の, 一笑を, 一致する, 一部によ, 一隊が, 下す定義, 不徹底な, 世界に, 中では, 中にすら, 中にでも, 予断よりも, 予言も, 事だ, 事なり, 事は, 二つの, 二人前位は, 云うよう, 五十人くらい, 人に, 人格の, 仕事としての, 仕事に, 仕事を, 代議政体論議院政治論憲法論立法論などは, 仲間においても, 任務では, 会が, 伝記と, 住宅間の, 作劇術より, 使命としても, 価値は, 価格と, 便宜の, 保証する, 信用と, 俸給は, 偉さ, 側でも, 側においても, 傑い, 僧侶に, 優遇と, 先見を, 先輩は, 全然非, 典型にて, 内でも, 内には, 写真が, 冷笑を, 出ないの, 制服でも, 前へ, 助手にでも, 努力の, 努力のみによって, 動く所, 勝利に, 十一には, 協力は, 博愛主義なり, 卵が, 参考に, 参考にも, 友トオマス・スティヴンと, 取扱うべきもの, 口吻と, 同情専門家の, 名には, 名の, 名前と, 名前の, 名前まで, 名著, 名論や, 哲学イデオロギーを通じて, 唱うるごとくこの, 唱うるところ, 問いに, 噂を, 団体に対しては, 坐右銘, 報告であっ, 報告などを, 報告は, 場合が, 境地である, 多く, 多少とも, 多年の, 夢にも, 夢を, 大きな好, 天才に, 天才如何に, 夫人は, 奥様, 奥様を, 女房は, 如き内容, 如く単に, 妻にも, 姿が, 姿として, 嫉視と, 子は, 子孫に, 字は, 存在は, 孤児と, 学生に, 学的常識や, 学者くさい, 学説よりも, 安房守も, 実例を, 実験の, 実験を, 家だ, 家です, 家と, 家へも, 家より, 家事ぶりを, 寄り集りです, 寿命と, 専門家が, 少くな, 少くない, 局外の, 属する学団全体, 屡ば, 巣を, 常態として, 常識に, 常識的観念を, 度胆を, 引いた言葉, 影響が, 影響の, 後裔も, 復帰が, 徴候は, 心より, 心匠に, 必要を, 思い違いで, 思ひ及ばなかつたこと, 思想を, 怠慢学者の, 悪口を, 悲しさ, 想像を, 意味する, 意義に, 愛好する, 感情によって, 態度で, 態度によっては, 態度の, 慎重なる, 懶惰と, 成業を, 所へ, 所説と, 所説などを, 所謂, 手によって, 手を, 手蹟を, 手際と, 批評家の, 抗議も, 拵えたもの, 指示に, 掏摸, 推定よりも, 掲げた伝統的, 描いた風景, 支那思想に関する, 攷究に, 政論を, 教うる, 散策, 数にも, 数も, 文庫に, 文章は, 新説である, 方々も, 方から, 方法である, 日本に対する, 日蝕観測の, 智識に対してのみは, 書いた, 書いたいろいろ, 書いた本, 書に, 書には, 書斎に, 最大多数が, 最近の, 朝寝に, 木村君にでも, 本分が, 本分として, 本務の, 本領は, 来訪を, 栄誉を, 業を, 楽天地である, 概括は, 権利と, 機関たる, 櫛田民蔵氏だ, 欲求が, 比では, 民本, 池田良斎先生も, 治療法が, 法窓随筆も, 注意す, 注目を, 流に, 流儀で, 流行させた, 深遠な, 渋江抽斎書家の, 測量器械の, 熱心が, 熱心な, 父を, 物理学に対する, 特殊の, 犠牲的精神に, 玉子に, 現れないうち, 理論は, 理論的意識よりも, 理論的論文ほど, 生命であります, 生活が, 生活で, 生活としては, 生活の, 生活は, 生活改善委員会委員長, 用いまする高値, 用を, 用意としては, 用語の, 申入れが, 疑いとの, 癖に, 発表には, 皮肉よりも, 目からは, 目を, 直感を, 直覚という, 真に学者, 真面目で, 眸を, 眼にも, 眼中学理あっ, 眼界の, 瞳と, 矢田部教授彼の, 知るところ, 知識が, 研究した, 研究すべき, 研究による, 研究を通じて, 研究室内に, 研究心を, 研究意欲を, 研究材料ぐらいには, 研究結果の, 研究資料と, 研究題目の, 研鑽の, 社会である, 神道観とは, 私有文庫を, 稜々たる, 空中島, 空想する, 立場から, 立場は, 立派な, 第一人者でも, 粋を, 精密な, 精神は, 紹介で, 終焉の, 経済的見解とを, 経験した, 綜合的力により, 罪である, 罪は, 群を, 老人だ, 老人も, 考えて, 考える地震, 考える遺伝素, 考え残し, 考は, 考へとは, 考証家先生に, 考量じ, 耳目に, 職分を, 肖像, 肖像石に, 背後には, 脳を, 脳裏を, 腕前に対する, 自殺者表などを, 自由業と, 良心に対して, 良心は, 苦心研究の, 莫大な, 著せる, 著書が, 著述によって, 行つてゐる, 衒気を, 被害地臨検と, 覆面か, 見分け得る草, 見方は, 観察せし, 解剖を, 解説は, 解釈を, 言葉に, 言語学上の, 記念碑が, 記述などは, 証拠さ, 試みたよう, 試験, 話しは, 話に, 詳しい研究, 誇であるかの, 認識の, 誤や, 誤認も, 説くごとく人体, 説くごとく鑑真遷化後, 説だ, 説である, 説です, 説なり, 説には, 説によ, 説明は, 説明を, 読む真面目, 誰もが, 談話を, 論文が, 論派と, 論著を, 講ずるところ, 講演に, 講演を, 講話を, 議論である, 議論に, 議論を, 貝原益軒に, 責であった, 資格で, 資格に, 起点より, 身と, 身を, 輩に, 迂濶, 迂遠を, 通俗講演の, 通弊は, 遅々たる恢復, 道楽とは, 部屋の, 重要な, 鑑定には, 鑑定眼と, 長島長太郎博士へ, 間へ, 間違ひ, 関心の, 随筆の, 集会たる, 集会の, 集合では, 集団は, 雪の, 面影を, 面白い研究, 領分を, 頭上を, 頭数は, 額に, 顔には, 類例集から, 風習説は, 食物論が, 驚くべき学問過信, 高級に, 魂に

▼ 学者~ (710, 12.0%)

14 これを 4 これに, それを 3 それは, 一人も, 云った, 日本には

2 [24件] いって, この事, この椎, その金色, どう説明, よくこの, インドの, 一般に, 古くから, 大抵この, 学問を, 日本の, 早くも, 極めて寡い, 此を, 皆翕然として, 私の, 私は, 笑うに, 考証の, 自分の, 言って, 軍旅の, 麦門冬の

1 [628件 抜粋] あとで, あの人, あるが, あると, ある種, いいわね, いくらか面当て, いった, いつのまにかほん, いつまでも, いわゆる物質的文明, いわゆる長袖, おおむねみな腰, おそらくただ, おれの, おろか, かう言, かえって実際の, かくの, かの公私, けげんさうな, こういうこと, こうした不思議, このところ分布図, このよう, このアヤメ, このソバノキ, この二法, この人物, この信仰, この当然, この歌, この比例, この海帯, この種子様, この空中塵, この経験的事実, この草, この記録, この重大至難, この陶器, これだに, これに対して, これまで, これらの, こんな不合理, こんな風, さう, さうなけり, しばし昆虫, じつにかわった, すこぶる迂遠, すでにそれだけ批評作家, すでに政論壇上, すなわち然, すべてその, すべての, そういう風, そういっ, そうし, そう叫ん, そこに, そつと, そのこと, そのつかまった, その仕事, その何人, その原因, その完成, その山, その快楽, その思想, その材料, その知識, その研究, その穴, その第, その適, その鳥, それだ, それでは満足, それで可, それ程実社会, そんなこと, そんな見込み, そんな計画, たいてい手工的労働者, たくさんいる, ただそれだけ, ただの, ただ地震現象, ただ数学, たとえいやいやながらで, たとえば著者自身, だからどれ, だめだ, ちょうど初めて自然界, ちょっと思案, ちょっと言葉, つづけた, てんで受けつけません, とうてい殖産, とうにこの, とかく器械化, とてもやっ, ともに声, どう云われる, どこか, ない, ない私, なおもこの, なかった, なしと, なんと教える, ひそかに, ひよい, まことに気の毒, まず幼学便覧, まず鬼, また何, みずから花で, みな揚言し, みな翕然として, みな苦しんだ, みんなナポリや, みんな僕を, みんな湯に, もとより世界, やはり同じ, やらないかも, よい加減, わがあけび, わざわざ伯耆国淀江村, わずかな, われ, われわれの, アメリカに, アリストテレスだった, アワレである, カエデ, カラスノサンショウ, キアイとか, ギリシャで, コヒルガオを, ゴール共和国の, サネカズラを, サモイレンコと, シダレザクラすなわち, スイスの, スウェーデンでは, ソクラテス以来の, トチシバとか, トンデモない, ニュートンに, ハギ原だ, ハルナックである, ハンノキ原だ, フランは, フランス文化の, ホングウシダの, ボルツマンが, マルクス主義的経済学, マルストロオムの, ヤーク教授ただ一人である, ユリ科に, ラエーフスキイの, ルッターの, 一七八九年次の, 一人残らず, 一体何, 一度に, 一心一向に, 一段と声, 一生研究し, 一般には, 万葉歌の, 三権分立を, 上の, 世界の, 世界中に, 世間見ず, 中国の, 之に, 之によりて, 之を, 事によつたら, 二日酔ひの, 云うだろう, 云って, 云つた, 五十五年である, 人という, 人に, 人体の, 人間は, 今おそらく, 今しがた食事に, 今でも, 今やこの, 今や憂国, 今日なお, 今日まで, 他の, 何ぞと, 何でも, 何に, 何れも, 何を, 何千円の, 例えば, 例へば競売屋, 例外として, 例外的な, 倶舎唯識の, 偽古書製造, 働きさえ, 優れた独創家, 先回りし, 光の, 光学に関する, 入用は, 兵火にでも, 其を, 其処に, 内の, 内気な, 写実主義の, 冷やかな, 分った事, 初め不言裡に, 初手から, 利巧そうな, 到底越え, 労働組織改造の, 動も, 動物の, 勿論すべて, 区々たる, 十分その, 千両だけの, 千五百年以前の, 半蔵らの, 卓上に, 単に文学, 博士であろう, 口を, 古文孝経の, 古鈔本, 右の, 同じもの, 同一に, 同様に, 君主は, 告白し, 呟いた, 周到な, 唐人の, 唯奇禍, 喜んでか, 嘘だ, 地球は, 地球を, 声を, 変に, 多いが, 多くの, 多く数学者, 多く社会的, 大いに疑っ, 大和魂を, 大学を, 大抵それ, 大抵胚珠, 大胆なる, 天井裏に, 天皇に, 夫にも, 好き, 妙な, 孤立する, 学問という, 学生や, 学者だけの, 学者にて, 学者医者は, 学者商人は, 学者型武人は, 学術は, 安積艮斎小島成斎岡本况斎海保漁村である, 宋代典籍の, 官立の, 実に士中, 宣命は, 容易に, 寄つて集つてその, 専門七十年の, 小声で, 小犯罪, 少くとも, 少なくなかった, 少数で, 山野に, 己の, 平生の, 年に, 度々間違, 弁じて, 当惑した, 当時ナポレオンの, 当時同局に, 形代, 彼の, 彼らの, 彼等の, 往々この, 後には, 従来かかる, 従来樗を, 得意の, 心静かに, 必ずしもイデオロギー, 必ずやどこ, 愉しそう, 我が国民, 打消して, 批判し, 技術を, 掌中の, 推論し, 提督の, 放心した, 政治家に, 数学には, 文化の, 新しい学術, 新しい発見, 既に其, 既に幾分その, 日本語を, 早速書物, 早速返し, 早速返事, 明治以来の, 昔から, 昔楡が, 時と, 時にアカデミー, 普通に, 普通夢に, 普通視空間と, 暫くも, 曰くディーゲスタ法典編纂委員が, 更に一歩, 最大多数の, 木曾や, 木村博士の, 本当の, 本来, 東垣の, 枕を, 桃の, 案内者の, 梓を, 梯子の, 椿, 概ね皆, 横浜付近の, 此に, 此方面で, 此等の, 死ぬる間際, 殆どなかっ, 殊にその, 母性愛と, 毎時間, 比較説話学の, 水成岩の, 永遠の, 決して懶惰無為, 沢山あります, 沢山ある, 泣き出しさうな, 浪漫的自然派です, 海彼岸の, 深い溜息, 測定の, 測定や, 渺茫たる, 演劇の, 漢学によ, 漢学見地から, 漢文書き下しによって, 火星に, 無用の, 無論有益, 物事を, 物理的世界像を, 特別に, 玄関で, 珍重する, 現代の, 現象の, 環女史, 生命の, 生命を, 生涯学問を, 生物学と, 生物学的世界像を, 生産の, 異性を, 異議を, 白い烏, 皆原典に, 直観の, 相対的完全以上の, 相補性原理と, 眼で, 眼覚めかけ, 矢張り結婚は, 知りませんでしたので, 石器時代の, 研究が, 研究すれ, 社会の, 社会主義者との, 祝詞の, 神の, 神武天皇とか, 科学の, 科学を, 秘密に, 稀である, 笑い出し補祭, 笑って, 精密に, 精苦し, 紀元後である, 純粋に, 素つ, 素性の, 経済学を, 統一好きな, 維新は, 網を, 翕然として, 考えて, 考えるだろう, 考証中に, 肩を, 脳を, 自ら問を, 自分が, 自己の, 自殺の, 自然派じゃ, 自由の, 至って沈痛, 舞踏病の, 芭蕉の, 著書すこぶる, 葡萄について, 虚栄心という, 蝮子母の, 見る, 見当りませぬ, 言う, 言うの, 言語は, 訊いた, 語序を以て, 説く, 誰れで, 論文を, 論理の, 論理学を, 貉と, 貧乏な, 貧富を, 資本と, 通例物質と, 通常葉面の, 過去の, 適当で, 配偶者間の, 金が, 金よりも, 銭を, 雪を, 電子や, 霊魂は, 霙の, 青年たちに, 青年の, 鞄から, 頭から, 額に, 馬車に, 驚ろい, 魅惑を, 黄河の

▼ 学者~ (612, 10.4%)

11 ある 6 これを 5 あった, あって, それを, 自分の 4 ありました, 来て 3 あるが, あると, 出て, 口を, 学問に, 支那の, 集って, 集まって

2 [23件] あつた, あります, いて, いるの, かかって, この言葉, そいったよ, どれだけ, 一般に, 之を, 今の, 他に, 何を, 多い, 悪を, 旅行を, 日本の, 理屈を, 発表した, 研究し, 聞いて, 言った, 言って

1 [497件] あったこと, あったらお, あっても, あらば, あらゆる物体, あらゆる現象, あり合わせ, あるかと, あるくらい, あるの, ある与えられた, ある日, あんな出鱈目, いうには, いうよう, いう蠅, いかなる程度, いかにいおう, いくら考えたっ, いた, いたの, いっせいに容認, いったそう, いつか何かの, いつまでも, いないという, いました, いろいろな, おおぜ, おった, おらんわ, おりますが, おりませぬから, お定まり, かうだと, きた時, きて, こういう原始的方法, このムビウム, この一字, この子, この寺, この有様, この烏芋, この研究, この線, この記録, この連句芸術, この附近, こもごも各自, これこそは, これに, これについて, これに対して, こんな無自覚, さういふ問題, さほど注意, しかも同じ, すぐ反対, そういう発表, そうしない, そうであった, そうである, そう言う, そこで如何なる, そのまま受け容れ, その中, その仕事, その分析, その学問生活, その学説, その宝庫, その後私に, その生前, その知識, その研究, その筋, その著, その論敵, その門下生, それぞれの, それぞれ郷里に, それだけ不風流, それだけ殖えた, それに, それについて, そろって, たが, だんだん研究, ちょうどその, ちよつと, つくったもの, つけた運河, つねに政治的制圧, ともすれば東洋人, どういふ, どうしてもお目にかかりたい, どうして心づかず, ないで, なお儒学者, なんべ, なんら美, ねずみの, ひとりデッキに, ほめたという, まさか大, まずこれ, まずやり始め, まだみた, まんまとかつい, みずから古書を, もう一万人, もう百年余り, もしこの, もし広い, もし昔, もし自ら, もし金銭問題, もの好きに, やる様, よく用, よっても, ゐた, ゐたが, ゐる, ゐるには, アメリカの, アルプスの, クラークが, コッホに, ジャワか, スエーデンに, ツヅラフジの, ピエゾ水晶片を, プッチール氏から, ボルネオの, マドリッド市長の, ムヅ, モンテーニュの, ヨーロッパの, ヨーロッパ的方法としては, ラッサから, 一も, 一人も, 一向にそこ, 一向気, 一女性の, 一定の, 一月飼っ, 一株の, 一生を, 一目見, 一種の, 一致し, 万巻の, 不案内にも, 不生産的消費, 世の中を, 世を, 並みは, 中立で, 主体に, 主張する, 予言した, 争って, 二三人ある, 二人あった, 二人以上この, 二軒の, 云って, 云つた, 五十年かかる, 五十年も, 亜細亜の, 人体にも, 人口問題を, 人工的に, 人為的に, 人道論を, 人間の, 人間世界に, 今いっ, 今まで, 今より, 今日この, 仏性を, 仕事が, 付きそう, 仮構によって, 住んで, 佐倉藩に, 何かという, 何でそれ, 何とかいう, 何に, 何処の, 何故多く, 便宜上採用, 信じたよう, 信じ説いたごとく確実, 倫敦に, 倫理学研究の, 倫理学者として, 偽作した, 働いて, 充分に, 六人この, 其伝統を, 其神話解釈の, 具体的な, 凡ての, 出なければ, 出まして, 出るか, 出来るの, 出来る事, 刀痕の, 分析するなら, 前者を, 劇評を, 動植物の, 動物の, 動物を, 化石を, 北畠親房の, 十五人本当に, 単に想像, 単一起源説を, 印度日耳曼神話に, 厳密を, 古は, 右に, 同一の, 同時に全くの, 同系の, 名づけて, 名付け親と, 名前を, 吠, 和歌や, 哲学者と, 唱うる様, 唱え出した記憶, 問題と, 嗟嘆する, 嘘に, 器械を, 土地を, 在来の, 地代賃銀利子すなわち, 地球上における, 変更した, 多いの, 多いんぢ, 多かった, 多くて, 多く中, 多忙に, 夢の, 大きな声, 大変少ない, 大抵東京帝国大学育ち, 大衆的な, 天皇制護持の, 太古の, 太陽神話と, 好きか, 好きという, 好きらしゅう聞く, 始めて法政, 嫌ひだ, 嬉々として, 存在し, 存在し得ない, 学問を, 学術の, 宇宙系を, 宗と崇むる蘭山, 宗教哲学の, 実に気軽, 実は旦那, 実験と, 実験の, 実験を, 寄合い討論を, 尊敬する, 尋ねて, 小さい茶碗, 小銃を, 少ないから, 少数識者間にのみ, 尺度の, 居て, 居ると, 己れ, 己一人の, 市井の, 平均人と, 平生より, 幾人かは, 当人の, 彼の, 彼等の, 後の, 御苦労にも, 思って, 意識し, 意識的に, 慢心する, 懶け, 我々の, 或る, 手近に, 抽象的に, 指を, 挙って, 攻撃される, 政権に, 数千年の, 数名ある, 文化民族の, 文化現象, 文学者と, 新しい屍体, 新聞紙を, 方程式解法について, 既にこれ, 既に自由放任, 既に解し, 日給を, 日蝕を, 普通に, 暗々裏に, 曰ふ, 書いた小説, 書いた旅行書, 書物に, 書物の, 月に, 未だ究め得ぬ, 本の, 机の, 机上の, 来ても, 来る, 来る山, 東京の, 東西を, 植物を, 椿の, 極力主張, 権威を, 次の, 欲しいと, 歎息した, 正金の, 正面から, 此の, 此書を, 民族の, 気むつかしい, 氷の, 江戸に, 池を, 決めたの, 沙漠に, 沢山あった, 法学は, 法廷に, 流れ込んで, 深刻な, 潜在識という, 為した事, 為し得ざりし事, 無理やりに, 熱心に, 物理学的世界の, 物質を, 独語する, 献身的態度を以て, 王孫を, 現れて, 現われ本格的, 現在考え得る, 生れるに, 生物の, 生物学と, 甲論乙駁し, 疑ふこと, 疾っ, 発見した, 眉の, 知って, 知識を, 研究する, 研究を, 研究論文を, 私の, 私を, 移動する, 種々の, 突然青く, 立ち替り, 競って, 第一次, 第一次近似, 答えた, 答へる, 純粋の, 紙上に, 素人の, 経験的に, 綿密な, 緊張し過ぎ, 美しい細君同伴, 考えた実体, 考えだした名, 考えて, 考え事し, 考案した, 聞いても, 能く, 自分を, 自己にとって, 自由を, 自由競争の, 自由競争を, 良いという, 色々な, 花の, 若し専心, 苦心の, 藍には, 血を, 行動する, 西蔵の, 見たらば, 見ても, 親しく実地, 解剖し, 解説を, 解釈する, 言い出したこと, 言うの, 言おうと, 言葉の, 計画し, 訊いた, 訊く, 訊くだろう, 訓を, 記録し, 記録する, 訪ねて, 訳する際, 試験管を, 詳細に, 説くよう, 説明する, 説明に, 調べた処, 調査した, 講演した, 貝原益軒は, 責任ある, 起ったり, 路傍の, 辛夷を, 近頃ロンドン, 迫害され, 過去および, 過去十年間の, 都市に, 采配を, 金を, 関係官庁の, 阿米利加, 随分色々, 随喜の, 随意の, 集っても, 集まつて, 集り私, 集り論文, 雪の, 面白い話, 頭を, 顔負けを, 顕微鏡を, 顕微鏡下で, 飛竜と, 駆付けて, 驕つて, 高く評価, 魚群の, 鮎の, 鯨が

▼ 学者~ (304, 5.2%)

12 なって 11 して 5 言わせると 4 なるの 3 なつた, なつて, なろうと

2 [22件] きいて, その依る, なったの, なっても, なりたいの, なること, なると, なるには, なるもの, なるん, なれるの, まかせて, よりて, 共通の, 取って, 向って, 就て, 往々自, 聞いて, 聞けば, 至っては, 話して

1 [219件] あって, あらざる事, あらねば, あり勝ち, いじりまわされるだけで, いたりては, いはせると, いわせたら昨夜, きいた話, きくと, きまって, これという, したって, しては, しても, しろ資本, しろ邸内, すぐれた業績, すると, そう瞞着, それを, つたえられて, でなく, とりては, なったかと, なったでしょう, なったと, なったので, なったらどう, なったり, なった気, なつちまう, ならうと, ならうといふ, ならなかったであろう, ならなかったら探偵, なりかねないの, なりきってさえ, なりさる, なりすましたありし日, なりすまして, なりたいから, なりたかったら学者, なりたまえ, なります, なりますと, なり果てた民族主義者, なるかも, なるだろう, なるだろうと, なるつもり, なるでゆっくり, なるといふ, なるなぞと, なるのに, なる青年, なれて, なれと, なれないの, なれます, なれるという, なれるな, なれるなら誰, なれるん, なれんぞ, なろうかなどと, なろうという, なろうとして, ふさわしいよう, ふさわしい態度, よく似, よれば, キリスト教徒が, ノーベル賞を, リプリ・カルッチ・デラ・ソンマイアが, 乏しきが, 云わせれば, 仕立たきことなれ, 仕立てたいと, 任せて, 会ったとき, 会ったので, 会ったら聞いて, 会って, 伺いを, 似て, 似合は, 依って, 依つて称, 依頼し, 便宜を, 信ぜられて, 停年は, 優って, 兵馬の, 出来ぬ仕事, 利益を, 勝手な, 及ばざるべし, 及ばない訳, 反対し, 取りて, 可愛が, 向かいて, 向かって, 向っては, 呼ばれて, 命じて, 哲学が, 嘱し, 在ては, 変ったの, 多いの, 如何なる主張, 嫁いで, 宿命論者という, 尊敬を, 尋ねたいの, 尋ねたり, 尋ねて, 尋ねても, 少なからぬ, 屈すれば, 屈辱を, 帯を, 彼岸ザクラ正品の, 従えば, 御自身案内, 必要な, 必須な, 恐れ入って, 憎まれ軽蔑, 成った者, 成て, 成功した, 所長に, 抽斎の, 捧げたが, 接触する, 教えて, 教えられない限り, 教えを, 教へる, 敬服する, 数へ, 新材料, 新聞雑誌記者政治家役者だ, 於て, 有り勝ちな, 望みたきは, 来て, 次の, 正しく承け継がれ, 此の, 残された問題, 毎度引かれ居る, 比して, 求めるだけの, 注意を, 注目し, 深い尊敬, 漢学を, 為よう, 熟慮すべき, 片着い, 物の, 物理学という, 特有な, 犯人が, 独立の, 生活の, 相応わしい, 知られて, 知り合いの, 研究させ, 研究せられ, 称号などは, 稀に, 結婚を, 考えて, 聞いたら分るかも, 聞かなければ, 聞かねば, 聴いて, 聴かない限り, 聴きたいもの, 肯定さるべき, 臨んで, 自分自身の, 見せたらどんなに, 見せると, 見て, 見られるよう, 観て, 言わしたら恐らくは, 言わすれば, 許すもの, 認められて, 語ると, 誤られむことを, 説教者少なし, 説明せられる, 論じられて, 諭すべき言, 質して, 近寄って, 送って, 通俗科学の, 通信し, 逢ったら彼, 遇いたいと, 遇って, 適し無機的要求, 限らず世間, 限らず人間, 頭を, 頼んで, 養はれる, 首を

▼ 学者~ (178, 3.0%)

6 いえども 4 云うもの 3 なって, なつた

2 [11件] いうと, いっても, いわれて, してと, なつて, 世俗との, 同じよう, 同じ程度, 同様に, 村の, 称せらるる

1 [140件] いうだけ, いうほどの, いうより, いうよりは, いうよりも, いつて, いばって, いふと, いわれた人, いわれた人々, いわれた人物, いわれた象山, いわれる三善清行, いわれる博士, いわれる連中, お思いなさる, これに対する, ごく親しく, しきりに交際, したよう, その性情, その道, それらの, ちっとも変わらない, なして, なった, なった孟子, なった農博, ならうと, なりある, なりすまして, なります, なり官員, なり考古学者, なり芸術家, なる, なるため, なる事, まわりの, シナの, マルセイユ電力会社の, 一切の, 一緒に, 云うよう, 云っても, 云は, 云ふ, 今に肩, 今日の, 伝統者とで, 伯爵令嬢, 伴れ, 俗人と, 倒幕浪士との, 僕らは, 僧侶たちかも, 全く兄弟分, 共同し, 古代ギリシアの, 同じ態度, 同じ能力, 同様沼気すなわち, 名づくべき, 名づくる, 名の, 呼ぶに, 唱えて, 喧嘩する, 太刀打を, 将軍の, 建築技師とは, 往復した, 心得を, 応用の, 思っただけ, 思って, 思われた, 思われること, 我も, 手を, 手加減を, 承候, 揶揄し, 政治家と, 文士と, 文士とを, 曰ふ, 書籍製造販売者とを, 民衆との, 混じて, 無学者, 物理学者と, 物理学者の, 生物学は, 生理学者の, 田舎で, 申しましても, 申すこと, 町人とは, 直接に, 直接の, 私とは, 科学者との, 称し得ら, 称すべきなり, 称すべきほどの, 称するもの, 称する或, 称する部分, 称せられるもの, 素人と, 素人との, 経書詩文を, 綽名を, 聞けば, 自然派の, 芸術家だけは, 芸術家です, 芸術家との, 芸術家とは, 補祭は, 見えたり, 言うべからず, 言うもの, 言って, 言っても, 言わざるを, 言われようか, 話す見解, 話を, 認めその, 認めるべきであるの, 謂ふ, 議論を, 貧困な, 近づきに, 違うの, 金持の, 雖も, 雖亦同じ

▼ 学者~ (178, 3.0%)

19 して 3 もって, 網羅し 2 優待する, 友と, 失い日本, 訪ねた, 鄭重に, 集めて

1 [141件] あざけって, いわば家庭教師, おどろかしたという, さへ, じっと見, ちょっと鄭重, つくる気, つれて, ともなって, なぶりお, ののしる, ぼんやりした, またないだれ, みて, みんな日比谷公園の, もつて, よこして, アンデス山頂に, タタキ出せ, デンマークまで, ヤキモキさせ, 一人つけ, 中心と, 丸行燈に, 人は, 介添に, 仲間として, 作り出ださんこと, 例に, 信用し, 全部合せた, 内に, 凹ましたと, 凹ませようと, 出さうと, 出すプロバビリティー, 利用しよう, 刺戟し, 前において, 加えたの, 動かしたもの, 勧学従事の, 同地方, 呪ったり, 呼びよせて, 呼ぶの, 呼んで, 唐変木視する, 喫驚させた, 困らせるに, 国家の, 土の, 圧倒し, 夢みながら, 始め全国, 尊敬し, 尊敬しない, 尊敬する, 尊重し, 尊重する, 幕府の, 引っぱり出して, 彼は, 待たずとも, 得ること, 御存じでしょう, 必要と, 思って, 惑わす, 想像し, 憤慨させる, 招きよせて, 招聘し, 挙げて, 挙げ得て, 探して, 探ねて, 撰びて, 支配し, 文学者の, 日本に, 日本へ, 有す, 望んで, 案内し, 案内として, 楯に, 欺く訳, 殴りつけそして, 比較的よく知る, 毛嫌いする, 泣かすなんて, 濫用し, 犬ころか, 率いて, 疎んじ読書人, 登用した, 相手に, 睨め据えて, 矢面に, 礼讃し, 神様の, 笑はずに, 笑ひ, 粘土学者と, 糞味噌に, 総動員した, 置いて, 舅に, 葬る儒者捨場, 見たり, 見るに, 見下, 訪ね谷文晁, 評せん, 誉めるなら豆腐屋, 識つた, 赤面させる, 超越し, 輩出させた, 輩出させる, 追放した, 通じ全, 通俗講演や, 閉口させた, 闘わしめて, 除くほか, 集め問うに, 雇うて, 非難し続け, 頼んで, 食うに, 養って, 養成し, 養成する, 馬鹿に, 驚かせたという, 驚倒させる, 高が, 魅きつけた, 魅した

▼ 学者たち~ (177, 3.0%)

5 の中 4 はその 3 の間, はこの 2 の力, の研究, はある, はいっ

1 [154件] からでたらめ, から久しく, から地球, から黄河, が, がい, がいずれ, がいろいろ, がかき集め, がここ, がこの, がそう, がそういう, がその, がとう, がとじこめられ, がほめ, がまだ, がよく, が八釜, が十分の一反対, が参加, が参考, が反対署名, が大騒ぎ, が女, が女子, が学問, が寄り合っ, が山岳研究会, が熱心, が現在, が祭政一致, が私, が結束, が著, が蚤, が衝突間隔, が規準, が言い出した, が集っ, だ, でごったがえし, といい, とかを追放, と会いました, と同様, と議論, に, にいわれ, にお尋ね, にきわめて, にこれ, にとってそれ, にとっては疑わしい, にはおよそ, にまかせ, にも訊い, によって不当, によって前, に一読, に依っ, に彼, に新しく, に生きた, に背, に自分たち, に話し, に説明, に逢っ, のこの, の一行, の仲間, の処方箋どおり, の前, の参考, の墓跡, の学説, の客観的, の宴会, の後, の手, の標準, の洋行, の消極的反対, の為, の無, の登場, の示教, の立っ, の答え, の耳, の脳髄自身, の見当違い, の記録, の説く, の論議, の讃美, の讚美, の通説, の雪, の顔, の驚歎, はこの間, はさき, はしきりに, はぜひとも, はそれ, はそれぞれヤケ気味, はついに, はなかなか, はにわかに, はまた, はもちろん, はアメリカ, はスミス博士, はラングール猿, は一種, は一言, は世の中, は今, は先生, は原体制, は口々, は容易, は帆村, は思いがけなく, は息, は懸命, は戦争, は気圧その他, は現在, は異教徒そのもの, は百数十年, は矢追村, は笑っ, は言っ, は責任, は鉱山学, ばかりであった, まずそれ, もありふれた, もほぼ, も放っ, も気長, をし, を一つ, を北極, を呼ん, を帰らす, を相手, を総動員, を見たい, を馬鹿

▼ 学者~ (160, 2.7%)

5 芸術家の 3 哲学者が, 芸術家に

2 [12件] その他の, 一部の, 化学者の, 哲学者の, 宗教家や, 実際家, 政治家の, 教育家や, 教育者の, 研究者の, 芸術家が, 芸術家は

1 [125件] あるいは自国, それを, ねんなア, また地震学者, みんなまじめで, ハウプトマンの, 世間一般の, 人民を, 人類学者, 介添人達を, 作家が, 作家の, 侍は, 先生に, 化学者は, 古代史研究家が, 古典学者である, 古生物学者, 名士の, 哲学者に, 哲学者によって, 国粋国史家が, 地質学者が, 地質学者や, 地震学者地質学者にとって, 天の川や, 天皇の, 夫に, 好事家に, 好古者や, 学生は, 学生風の, 学者達も, 官僚は, 実際運動家, 富豪に, 専門家では, 専門家でも, 専門家とは, 専門家に, 思想家が, 思想家としては, 思想家には, 思想家の, 思想家も, 思想家を, 批評家にも, 技術家に, 技術家の, 探険家なら, 政治学者の, 政治学者は, 政治家に, 教育学者たちが, 教育学者の, 教育者に, 文人には, 文人の, 文学者が, 文芸家の, 文芸評論家達の, 書家共の, 本の, 東洋語の, 歴史家と, 歴史家らの, 比較言語学者や, 民主主義者又, 民族学者に, 気象学者は, 法律家は, 牧師が, 牧師の, 牧師を, 物理学者の, 物識る, 現象学者, 現象学者は, 生物学者達が, 生理学者の, 生理学者は, 画家も, 発明家など, 発明家には, 社会主義だろう, 社会学者, 社会学者の, 社会批評家という, 社会民主主義特に, 素人から, 素人学者も, 紳士の, 経済学者たちが, 経済学者は, 結核治療に関して, 絵かきの, 群集は, 義理の, 考古学徒から, 自分の, 芸術家と, 芸術家といふ, 芸術家など, 芸術家には, 芸術家にも, 芸術家や, 芸術家を, 落魄公卿いろ, 蓄音機の, 行者に, 評論家は, 評論家や, 詩人たちを, 詩人にも, 論理学者は, 警察当局などが, 賢者にも, 軍人や, 進化論者に, 運命判断の, 遺伝学者は, 都市人の, 鑑定家などを, 鑑賞家の, 雑誌編集者などは

▼ 学者~ (158, 2.7%)

8 ある 6 あるが 3 多い 2 あった, あるかも, いる, これを, 俗人も, 医者も, 学問の, 文士も

1 [125件] あって, あまりこれ, あらゆる任意, ありきと, ありて, あります, あり実業家, あるがね, あるくらい, あるだろうけれども, あるの, あるもの, あるよう, ある程, あれば, いたよう, いたろう, いない, いれば, かなわなかったという, この研究, この誤謬, これに, これには, ございましたが, しこの, しその, すでに綿密, すでに許す, そこまでの, その点, たしかに参与, ついに論理, どの学者, ないであろう, ないよう, ない所, なく候, ほろびて, またこれ, またそう, またその, また学説, また案外, また適当, まれである, みなヤマノイモ, やはり詩人, よく知らない, よほどこの, ゐた, スパイも, フィツジェラルドや, ヘチマも, 一つとして, 一大事業を, 一般人も, 三人いる, 三文文士も, 不学者, 世間の, 之なき, 交つてゐた, 亦た, 亦自分, 何たる仔細, 俗物も, 儀礼的に, 全体の, 共にこの, 兵法家も, 出たの, 出て, 出れば, 加わっての, 動きました, 勿論英国, 医学者も, 同時に御免, 名僧知識も, 器械が, 多いが, 多い事, 多く養成, 失敗し, 学生も, 専門の, 少なからず, 少なからずし, 少なくない, 左まで, 幾人か, 思想家も, 悲観家の, 故実家, 教育家も, 数人あらわれた, 日本学問社会の, 書物も, 書生も, 未だ研究, 未だ読ん, 杜絶する, 気の毒だ, 火星の, 無かったらしい, 無教育者, 現われて, 理想的の, 生れた事情, 皆この, 矢張り同じ, 知らないよう, 社会運動家も, 私に, 科学者も, 竜実に, 素人も, 自分一身の, 製造技師も, 論じて, 軍医も, 道心と, 金持ちの, 鬼火の

▼ 学者~ (117, 2.0%)

4 あつた 2 あの人, でも, 思想的に

1 [107件] あつたの, あつて, あつて相当教養, いつも恥, いへば, いらっしゃいますから, いる, いろんな生物, おいでに, おとなしい好人物, おまけに, かつ人格者, かつ思索家, このツヅラフジ, この事, この日本独特, この村, さへ, その実験, なかなか一度, ねまあ, また人格者, また経験家, まだ日本服, むつかしいこと, もっとも世, もっと悪い, ガランドウ・コレクションといふ, クリストフが, シナへ, ツンベルグといふ, ノーベル賞を, ポリネシアの, ロシアに関する, ロンドンの, ロンブロゾーという, 一世ナポレオンに, 一八二四年既に, 一切経を, 上手な, 京都の, 人格者恐らく, 何でも, 信助の, 俳人で, 候との, 僧侶らに, 兄の, 先生だって, 兼ねて, 又物理学者, 同時に政治家, 名高かった, 哲学や, 哲学者そして, 唐の, 国粋的範疇でしか, 塩野適斎医者の, 大学の, 天地の, 天子様の, 天文と, 奇を, 学生達からは, 当時四十二歳でありました, 彼の, 忠臣であります, 思いがけない銀座, 恐ろしい人物, 故実歴史には, 文章が, 新しい論文, 新聞雑誌に, 日本で, 日本の, 書斎の, 月に, 桜の, 歌よみだそうだ, 気むずかしい小説家, 法談の, 浮世絵の, 温室の, 潔癖で, 牧野博士の, 物語本の, 物識で, 現在は, 病弱で, 白紙の, 砲術家で, 社会哲学に, 神儒二道の, 私に, 私は, 緑川博士という, 自分の, 荒尾精君等と, 著述も, 蛋白質と, 謂は, 貧乏を, 跛者だ, 身動きも, 近頃は, 鑑識家で, 高橋という

▼ 学者~ (108, 1.8%)

2 の研究, の考える, の間, は, はその

1 [98件] から尊ばれ拝まれ, がうす暗い, がそれ, がどれ, がどんなに, が会議, が出場, が古い, が喞, が如何, が官庁, が懼, が新聞, が権力, が知恵, が私達, が立つ, が筆不調法, が自分, が近代物理学, が集っ, が革命勃発, だけが口, であって, でさえ服, で有る, とによれ, とはつきり, についていろんな, についてもっと, にとっては科学, にとどまる, にはこの, にほとんど, にまた, によって問題, によって組織, による政治, によれ, に夢, に対してもまず, に承認, のただ, のサロン, の作つた長歌, の問題, の実証的, の思い, の意見, の愚劣, の手, の摸写, の書いた, の活動, の術語, の門, の頭, の顕微鏡写真, はあらゆる, はいくじ, はいずれ, はかう考へた, はこの, はこれら詩中, はそれ, はそんな, はみなこれ, はめったに, はもう, は之, は今度, は勿論, は告白, は哲学者, は大体, は夫, は学界, は寿詞, は後日大変, は意識, は歴史, は毎晩, は熱心, は百合, は社会, は私, は科学, は答えました, は群衆心理学, は蜂, は言っ, もしくは道徳家達, もまだ, も口, も有りふれた, も来た, を召され, を集め

▼ 学者~ (85, 1.4%)

3 と思っ 2 ということ, とおもっ, と云っ, な, よ

1 [72件] かなんだか, からそう, からといっ, からなア, からの由, から内々御馳走, から嘘, から固, から帰られたら, から心, から心細い, から社会的地位, から諸子百家, から驚く, から魔法, がそれ, がね, が世間, が佐藤春夫氏, が何, が実地操縦, が憲法, が私, この間の, これは, しそれ, したさう, し自己反省, その筋, つたのに, つたベン・ジヨンソンさへ, つた博覧多, つてこの, つて偶には, といい, というところ, というよう, という事, という風, といった, といつ, といふ, とかいうけれどもその, とかいう非難, とかいわれ, とか何とか, とか先生, とし, とすっかり, とすれ, とそう, とて人間, との噂, とは少, とばかり思ってた, とみえる, ともいう, ともおもっ, とわかる, と思ったら, と思わしめられる, と敬二, と書いた, と申し, と褒め, と解釈, と言わね, なあ, なんどと, 感に, 牧師だ, 皆降らない

▼ 学者として~ (79, 1.3%)

3 詩人として 2 尊崇を, 知られて, 私の

1 [70件] あがめられても, いや仏教, ここまで, この新聞, この極端, さのみ, して, すこぶる大家, その非凡, である限り, でなく単に, とどまろうという, ほとんど類例, まず空中征服, また評論家, まだ同志社, もっとも独創, よき洞察力, イタリーへの, 一つの, 一時盛名を, 一貫し, 世界に, 世界一と, 世界的な, 世間風な, 中世哲学に, 任じて, 作家として, 倫理学者として, 偉大な, 博士以上の, 厳重に, 又は学生, 又は新聞記者, 又文学者, 名前を, 名高いそれ, 名高い荻生様, 大いに資産, 大学教授にな, 宗教家として, 尊敬し, 尊敬の, 左様な, 恥か, 悪いと, 我々の, 我々は, 振舞うこと, 教師として, 有名である, 有名な, 物に, 生命にも, 真に偉大, 真物, 称えられまた, 立つに, 立つには, 立つの, 立つ事, 立派な, 経済問題の, 聴こえた勝田孫弥氏, 著名だった, 見ては, 論客として, 識見家として, 静かに

▼ 学者でも~ (64, 1.1%)

2 ない, ないから, なく実業家, なんでも, 何でも

1 [54件] あったから, あったので, あったろう, あり予, あり口利き, あるし, あるし茶人, ある公爵ピョートル・クロポトキン, ある時期, ある無茶苦茶, ある金魚, いつも誤っ, お坊さん, かなわん程, こっちから, この事件, これを, そうであります, その標品, それを, どうする, ないあなた, ない僕, ない私, なくまた, なく正直, なければ, また日本, まだ魔法, もっと甚だしい, エジソンみたいな, カキツバタを, ガリレオが, 不用心の, 云いそう, 出て, 前述の, 古老でも, 同じ事, 哲学者でも, 商業家でも, 地質学者でも, 思想家でも, 才人でも, 政治家でも, 教育家でも, 文雅風流の, 木蘭を, 来て, 泥棒でも, 知らない筈, 自分の, 訣らぬ, 辛夷を

▼ 学者である~ (54, 0.9%)

4 ことを, ということ 2 ことは, ように

1 [42件] かはそれ, からまず, かジャーナリスト, がずっと, がそこで, がその, がそれでも, が丁度, が同時に, が大森義太郎氏, が実際, が専門, が彼, が最近, が特別, が理研, が羅山, ことも, こと実に, ためにより, という, というの, というよう, という評判, といえ, とともにいたって, とない, と云, と云う, と共に多少, と感心, のも, アムランの, 主人公と共に, 人が, 以上その, 天皇が, 学位の, 小泉鉄氏は, 文士である, 李時珍は, 若林兵吉先生が

▼ 学者としての~ (49, 0.8%)

3 彼の 2 吾輩の

1 [44件] えらさ, お父様, ニイチェ文明批判家としての, モールスが, 信用を, 先生は, 功名手柄なりと, 博士の, 名を, 名誉を, 和辻博士自身な, 影響を, 彼には, 復活だ, 志をも, 思想家が, 折り紙を, 敬意をも, 文章だろう, 最高の, 有らん限り, 楽しい憶, 歴史性を, 殻を, 特殊の, 生活からも, 田辺博士の, 真価は, 眼が, 研究の, 研究的態度から, 科学的信念から, 立場から, 立場の, 立場は, 素質と, 自立が, 良心から, 良心が, 良心と, 良心の, 見識よりも, 過去の, 道也も

▼ 学者らしい~ (49, 0.8%)

3 人が 2 顔を

1 [44件] ことを, そして静か, ところが, とでも云, ひねりかたである, ラマが, 上品さと, 事を, 人で, 人も, 人を, 人物だった, 依怙地な, 倦怠を, 四人の, 執着を, 奴に, 好奇心を, 威厳を, 学者として, 学者に, 専門的知識, 徹底した, 性質の, 感じだつた, 態度だ, 慎重さで, 手際は, 淡々と, 無頓着さです, 熱心と, 率直さを, 皺が, 紳士が, 老博士, 肌合の, 観念の, 議論は, 重厚な, 長い眉, 静かな, 面影は, 顔つきです, 顔付に

▼ 学者では~ (45, 0.8%)

6 なかった 4 ない 3 ないから 2 あるが, ないの, なくて

1 [26件] あった, あったけれども, あっても, ありながら, ありましたが, ありませぬけれども, ありません議論家, どなたに, ないか, ないかと, ないし, ないしかも, ないぞ, ないと, なく真, なく議論家, なし聞, ジェー・ジェー・タムソンが, 主としてベンサム, 主としてルソー, 井上正一君宮城浩蔵君末松三郎君等が, 勿論駄目, 寺田寅彦が, 朝川善庵の, 歯が, 誰れ

▼ 学者には~ (44, 0.7%)

2 相違ない

1 [42件] あらざれども, いつでも, これを以て, こんなイキサツ, さぞ手ひどく, すべてを, そういう判断力, その準備, それは, それを, だれにでも, ついて, とかく過去, ならずじまひ, なれないし, なれないの, なれなかったかも, なれなかっただろうと, よく分っ, よく呑み込め, ルクレチウスの, 予測さるべき, 依田学海成島柳北が, 兜虫の, 出来なくついに, 古文学, 大体二つ又は, 学んで, 学問だけが, 学閥という, 家くらいは, 寺尾新氏や, 惜しい程, 或は問題, 既に訣つて, 病気は, 禁物だ, 私たちに, 答えられなかったであろうのみ, 興味深々, 解らん, 都合が

▼ 学者によって~ (35, 0.6%)

1 [35件] うけつがれた志向的, この久しく, そうした研究, その若い, それぞれ研究の, とうに注意, となえられた, どう決定, テキスト・クリティク, 一層種類, 主張され, 事実でも, 取り上げられて, 吟味せられ, 吾, 唱えられたごとく現在生物, 唱えられたもの, 如何に, 容れられて, 払われ宋代, 提供し, 日本人の, 発明された, 研究されれ, 研究発展し, 種々に, 繰返された測定, 考え方が, 著しい改良, 行われた最近二, 言われて, 証明されなかった, 説かれて, 追究された, 高唱されなかった

▼ 学者であった~ (29, 0.5%)

2 がこれ, と推定

1 [25件] かのルカッチ, からだ, から余ら, から藩中, が八十二才, が召集, が大久保利通, が就中ハネフィヤ, ことが, ことは, し年輩, し木下杢太郎君, としたら, とはいい, とは云え, とは思えない, には相違, にもかかわらず, に相違, のみで, ジョン, テレンティアヌス・マウルスの, ロンブロゾーは, 少数の, 福沢諭吉が

▼ 学者にも~ (28, 0.5%)

2 わからないの

1 [26件] お近づき, この研究問題, なるだろう, なれないと, なれるわけ, なれる頭, まけない研究心, まだよくは, わからないこと, 似合しからぬ, 分らないの, 分らないほど, 分る, 劣らない立派, 取り容れられたが, 弁護士にも, 手が, 来て, 無学者にも, 無頼漢にも, 生理学者にも, 町人にも, 知られて, 羨望される, 興味の, 芸術家にも

▼ 学者から~ (27, 0.5%)

2 聞いたこと, 見ると, 軍人商売人政治家婦人農民子供に

1 [21件] いえば, どんな話, 借りて, 出来て, 医局の, 吹き込まれた, 学ぶところ, 待遇され, 憐まれて, 承ったところ, 抗議が, 排撃され, 教わる色々, 激越な, 直接きいた, 考へられて, 聞きましたもの, 聴いて, 見たなら処女, 見れば, 閑却される

▼ 学者~ (23, 0.4%)

4 んだ, んです 3 のだ 2 のね 1 ので, のである, のであろう, のでございます, のです, ので私, んだってね, んでしょう, んという, んの

▼ 学者先生~ (23, 0.4%)

1 [23件] いかに探しまわっ, がたいがい, が上下, が叫ん, が呑み込まれ, が抜けません, じゃない, である, でも事実, でも何処, とは桁ちがい, と称し, なかなかそれ, なかなか油断, に伺わなけれ, に接し, の中, の家, の文学, は却つて, も得意, も田舎, を我が

▼ 学者であり~ (22, 0.4%)

1 [22件] ながら独力, またレンブラント, また技術家, より多く, ビスマルクの, 何んでも, 勤王家であった, 原子論の, 又同時に, 天才であった, 批評家である, 擬古文学作家で, 政治家であり, 植物学者でありました, 歴史家であった, 法律の, 法律家であろう, 私学の, 絶世の, 美と, 護謨栽培家で, 道徳家である

▼ 学者という~ (21, 0.4%)

2 ものは, 者は

1 [17件] ことに, ことを, ところに, のが, のは, ものが, ものの, ものも, 区別でも, 医者の, 地位には, 学者は, 専門家に, 小団体, 意味が, 特別な, 訳で

▼ 学者~ (21, 0.4%)

2 の定説

1 [19件] においてはこの, において政論, には信ぜられ, にも再縁論, に一般, に余り賛成, に反対, に現われたる, に短, に維持, に聞, に行わるる, に軽蔑, に通りいる, の傾聴, の意見, の言, の談柄, の論議

▼ 学者たる~ (20, 0.3%)

2 ものは

1 [18件] の尊敬, は今や漸く, ものなし, ものの, もののはなはだ, もの其名目のみを以て, を勤め, を得べく, フェリックス・ヴェールに, 価値かも, 彼の, 所以は, 抽斎が, 権勢家の, 経済学者なる, 経済学者らから, 自己現在の, 自覚を

▼ 学者~ (20, 0.3%)

2 の手

1 [18件] から気長, がいかに, がいた, が一名, が揃い, しからぬ学者, しからぬ直観的独断, にも留意, の主張, の仲介, の如くならず, の推定, の誤, はおもに, はすべて, はだれ, は人間, は当然

▼ 学者~ (20, 0.3%)

6 の人

1 [14件] ですから, で人前, で無慾, とも云う, にプラス芸術家肌, に出来, に対して寧ろ, の三浦, の中老, の人柄, の夫, の緻密, の陰気, の青年

▼ 学者~ (20, 0.3%)

2

1 [18件] であったよう, でその, というの, になっ, に几帳面, に捌け, のアゴ鬚, の三概念, の丸顔, の人格者, の人物, の人物画, の少年, の態度, の知恵, の紳士, の風格, を喜び

▼ 学者であっ~ (19, 0.3%)

1 [19件] たり歴史科学, てしかも, てものごと, ても彼等, ても生物学, ても私, ても財産, て佐渡守, て古代, て小説, て小説家, て工藝, て愛嬌, て政治家, て本当, て海, て空気中, て立言, て覚者

▼ 学者です~ (16, 0.3%)

1 [16件] かね, から, からどうしても, からね, からよく, から病気, から苦, から話される, が, が三万円, ってね, って政子さん, とサ, なあ, よ, よああ

▼ 学者~ (16, 0.3%)

2 にヤソ教

1 [14件] たといこの, で, でスミス, で最も, には憲法政治, には頭脳, にもあらず, に一般, に往々, に獣鳥魚, に稍, に非常, の最も, より今年

▼ 学者との~ (15, 0.3%)

1 [15件] 両面を, 二種あり, 二重の, 交遊も, 交際が, 別れるに, 妥協を, 恋愛の, 本質的な, 結婚が, 結婚の, 耳には, 違ひとでも, 間に, 間の

▼ 学者なら~ (15, 0.3%)

1 [15件] うう無学, きつと, ばこの, ばそれぞれ, ばつき, ばなん, ばルクレチウス, ば己, ば米国科学者人名簿, 学問といふ, 学者物理学者なら, 招ぶ, 探偵も, 殆どその, 物理学者の

▼ 学者~ (15, 0.3%)

2 な良心

1 [13件] であるのに, なドイツ, な感銘, な態度, な生活, な神経, な興味, な著書, な風, にと言っ, に私, に説明, の真面目さ

▼ 学者としては~ (14, 0.2%)

1 [14件] むりのないことであろう, ファラデーとは, 何れも, 先生以上の, 尊敬し, 弘前の, 最も当然な, 止むを, 独創的な, 珍しいくら, 知識に, 非常に, 頭が, 駄目に

▼ 学者政治家~ (14, 0.2%)

1 [14件] が口, が攻撃, が散々智恵, と思われ, と来往, などから色々, などという区別, に大, の墓, の評論, の間, はいずれ, は皆, や教育家

▼ 学者などの~ (13, 0.2%)

1 [13件] うちには, せいである, インテリゲンツィアの, 中に, 中には, 少数の, 書くもの, 知識階級も, 研究は, 謂う如く一個, 通弊であった, 間に, 間には

▼ 学者にとっては~ (13, 0.2%)

2 それが

1 [11件] この一節, むしろユゴモン, 世界観測, 之を, 今更何, 多大の, 大慶至極な, 好個の, 幾何学的空間であり, 最も重大, 速度は

▼ 学者社会~ (13, 0.2%)

2 の習慣的

1 [11件] と議論, にはちっとも, に功, に名, に多人数知己, に幾分, に貢献, に限り, より幾度, をば最う, を除い

▼ 学者~ (12, 0.2%)

2 豪傑かの 1 あ, あるいは学校, もしくは幽鬼, 何ぞの, 僧侶かに, 宗教家か, 政治家にな, 生理学者に, 考古学者の, 賢人か

▼ 学者でない~ (12, 0.2%)

2 からこう 1 ありがたさ, からその, から知らない, こと, しそんな, のを, ように, 一般有識階級と, 限り俳句の, 限り恐らく

▼ 学者仲間~ (12, 0.2%)

1 [12件] からはむしろ, からは非常, がしきりに, での問題, で地球, には兎, に何ん, に於, の問題, の塚本靖君, の頸, 殊に植物学者仲間

▼ 学者~ (12, 0.2%)

1 [12件] が, がその, が正しい, が研究, の一つ, の信ずる, の精鋭, の経, の間, は未だ, またそれぞれ, を恐れた

▼ 学者とは~ (11, 0.2%)

2 いうものの 1 その霊感, 一致せね, 世間で, 全くちがう, 思われないほどの, 正にかかる, 相去る, 絶えず人口, 誰あらう

▼ 学者自身~ (11, 0.2%)

1 [11件] が物質, でなければ, にある, によっても発せられるであろう, の数理哲学的観点如何, の研究発表, の自己批評能力, の間, は之, は音速, も亦

▼ 学者あるいは~ (9, 0.2%)

1 その難, 字を, 学者とまでは, 実務家を, 工学者などを, 心理学者によって, 所得ある, 生物識の, 研究家では

▼ 学者じゃ~ (9, 0.2%)

3 ないから 1 ありません, ないか, ないが, ないがな, ないと, ないとでも

▼ 学者なる~ (9, 0.2%)

2 ものは 1 がゆえ, ものが, ものの, ものを, もの時勢につき, 立花博士は, 陶工の

▼ 学者にとって~ (9, 0.2%)

1 かなりに, こうしたデータ, これも, なかなか面白く, なんらかの参考, より少い, 当然な, 最も興味, 真実の

▼ 学者によっては~ (9, 0.2%)

1 この天, この狭い, キササゲを, チガヤスゲアシオギなどをも, 寄生火山という, 我がアジサイ, 日本に, 日本のを, 直ちにこれ

▼ 学者らしく~ (9, 0.2%)

1 もない, 一杯ならんだ, 五尺に, 又先生, 又社会学者, 無邪気な, 諫言しかける, 頭の, 顔は

▼ 学者だけに~ (8, 0.1%)

1 その心得, よまれるため, 人間の, 巧い, 常識が, 幾ら書物を, 腹の, 魚の

▼ 学者だって~ (8, 0.1%)

1 いうけど, もともとユダヤ種, アンマリ冷淡過ぎは, 取り巻きの, 家が, 美術だって, 自分で, 虫以外の

▼ 学者といふ~ (8, 0.1%)

4 ものは 1 いかめしい人達, ものが, シロクシナスといふ, 立派の

▼ 学者ども~ (8, 0.1%)

1 がいかに, がなんと, が自ら勧誘, に裨益, の偏狭さ, の魂, は滑斜橇, は蟻

▼ 学者芸術家~ (8, 0.1%)

1 あるいは宗教家, がマドリッド政府, が何故, などがその, などをさらっ, の気質, の海外派遣, をもっ

▼ 学者~ (8, 0.1%)

1 が二, に崇められた, に通有, の勝手, の屁理屈, はこの, は黙, へ問い合せた

▼ 学者だけ~ (7, 0.1%)

4 あって 1 あると, であって, であと

▼ 学者なんて~ (7, 0.1%)

3 ものは 1 あるもの, おかしいです, これからの, 役に立たぬもの

▼ 学者だった~ (6, 0.1%)

1 か博士, が動物学, ことで, のかも, ソーニャ・コ, ベン

▼ 学者でさえも~ (6, 0.1%)

1 アカザと, 恐ろしく認識不足, 昆布を, 知って, 肺臓が, 馬鈴薯を

▼ 学者とか~ (6, 0.1%)

1 何とか云う, 先生とか, 役人とか, 教授とかいう, 理論家とか, 研究者とか

▼ 学者ぶっ~ (6, 0.1%)

1 ている, てお前さん, てしゃべりたて, てむやみ, てもい, て小賢しい

▼ 学者ぶった~ (6, 0.1%)

1 ところが, ものでした, 声次で, 様子で, 気障, 粗剛

▼ 学者乞食~ (6, 0.1%)

4 の花田 1 が野鼠, と言われる

▼ 学者以外~ (6, 0.1%)

1 の人, の人々, の人間, の多数, の者, はこの

▼ 学者作家~ (6, 0.1%)

2 に共通 1 では芥川龍之介, の同類, の頭, はもっとも

▼ 学者~ (6, 0.1%)

1 が予, に仰ぎたれ, に挺特, の無気力, の通弊, は料理

▼ 学者これ~ (5, 0.1%)

1 を思わざるべからず, を特種, を評し, を誤り認むることなかれ, を鳥中

▼ 学者さえ~ (5, 0.1%)

1 あった, あったので, ある, ございます, すでに現われた

▼ 学者だけが~ (5, 0.1%)

2 知って 1 口を, 知つてゐれ, 藩公酒井宮内大輔の

▼ 学者としても~ (5, 0.1%)

1 すこぶるその, 世間に, 伸子には, 聞えた人, 論争甲斐の

▼ 学者など~ (5, 0.1%)

1 いふもの, だろうと, 余り友達, 対社会的な, 彼らの

▼ 学者より~ (5, 0.1%)

1 えらいだろう, なるある, 出で, 段が, 高きと

▼ 学者よりも~ (5, 0.1%)

1 実業家に, 尊い智識, 百姓の, 秀れ, 自由な

▼ 学者気質~ (5, 0.1%)

1 で, で世俗, で少し, で真理, のほか

▼ 学者こと~ (4, 0.1%)

1 にフロイド, に心霊術士, に教育者, に精神分析学者

▼ 学者たらん~ (4, 0.1%)

2 とする 1 かまたは, ものの恐らくは

▼ 学者だの~ (4, 0.1%)

1 この世の, 坊主だの, 官吏だ, 教育家だの

▼ 学者~ (4, 0.1%)

3 やない 1 やから

▼ 学者でした~ (4, 0.1%)

1 からえ, から世界じゅう, が体, よ

▼ 学者などは~ (4, 0.1%)

2 別として 1 全体の, 無視され

▼ 学者にて~ (4, 0.1%)

1 常に京都, 悉皆その, 私に, 著作多く

▼ 学者に対する~ (4, 0.1%)

1 反感を, 手ごわい論難, 私の, 論難では

▼ 学者また~ (4, 0.1%)

1 ユダヤの, 旧時の, 生物学者として, 生理学者だ

▼ 学者みたい~ (4, 0.1%)

1 なお, なケチ, な人間, な口

▼ 学者もしくは~ (4, 0.1%)

2 思想家の 1 かの固陋, 思想家に

▼ 学者及び~ (4, 0.1%)

1 外科医として, 歌道伝統家の, 物理学者より, 雪に

▼ 学者~ (4, 0.1%)

1 と政府, のいう, の多, の称

▼ 学者~ (4, 0.1%)

1 か知らない, たる本郷西片町, で満足, で相当

▼ 学者あり~ (3, 0.1%)

2 詩人あり 1 裁判官あり

▼ 学者その~ (3, 0.1%)

1 人の, 人も, 傾向に

▼ 学者それ~ (3, 0.1%)

2 は稲生若水 1 を認容

▼ 学者だけの~ (3, 0.1%)

1 任務とは, 特別な, 特別の

▼ 学者だろう~ (3, 0.1%)

1 が何, との事, と考えた

▼ 学者であれ~ (3, 0.1%)

1 その天稟, ばこそ金, 思想家であれ

▼ 学者でござる~ (3, 0.1%)

1 ぞ, というの, と大きな

▼ 学者でなけれ~ (3, 0.1%)

1 ばとても, ば一寸, ば語学

▼ 学者とかいう~ (3, 0.1%)

1 ものは, やからは, 連中が

▼ 学者などが~ (3, 0.1%)

1 いた, その例, 集まつて

▼ 学者なり~ (3, 0.1%)

1 あるいは博士, 宗教家なり, 永遠無窮人民と

▼ 学者にでも~ (3, 0.1%)

1 これに関する, 相談する, 聞いて

▼ 学者によ~ (3, 0.1%)

1 つていまだに, つては, つて言はれ

▼ 学者により~ (3, 0.1%)

1 アダム, 商店員により, 指摘された

▼ 学者に対して~ (3, 0.1%)

1 はなはだしく反感, 何の, 礼遇を

▼ 学者ぶる~ (3, 0.1%)

1 な, よりも遥か, 奴は

▼ 学者への~ (3, 0.1%)

1 おきみやげ, 警告を, 門外からの

▼ 学者までも~ (3, 0.1%)

1 それが, ドイツ人を, 国家の

▼ 学者をも~ (3, 0.1%)

1 はなはだ尊敬, 崇拝する, 詩人をも

▼ 学者天文学者~ (3, 0.1%)

1 がなす, であったアンリ・ポアンカレ, はじめて数学

▼ 学者学生~ (3, 0.1%)

1 で農村出身者, の生活, の研究生活

▼ 学者官吏~ (3, 0.1%)

2 などがやはり 1 などの住所

▼ 学者実業家~ (3, 0.1%)

1 なんて代物, の名刺, を寄せ集め

▼ 学者思想家~ (3, 0.1%)

1 の言論, の間, もまた

▼ 学者~ (3, 0.1%)

1 だから, はアッハッハ, までもない

▼ 学者~ (3, 0.1%)

1 たる冷やか, と取澄まし, 乙に

▼ 学者~ (3, 0.1%)

1 が大いに, が敵前上陸, の持ち主

▼ 学者的態度~ (3, 0.1%)

1 で観察一方, を以てし, を取る

▼ 学者的良心~ (3, 0.1%)

1 が眼, に悖る, はいかなる

▼ 学者連中~ (3, 0.1%)

1 が理論, が細胞, を手

▼ 学者ある~ (2, 0.0%)

1 のみ, もその

▼ 学者からは~ (2, 0.0%)

1 独断の, 貴様の

▼ 学者からも~ (2, 0.0%)

1 侮られるよう, 論文が

▼ 学者さん~ (2, 0.0%)

1 の官僚臭, は人間

▼ 学者そのもの~ (2, 0.0%)

1 の人柄, を嫌い

▼ 学者その他~ (2, 0.0%)

1 の専門, の芸術研究家

▼ 学者たらし~ (2, 0.0%)

2 めんと

▼ 学者たるべき~ (2, 0.0%)

1 にも非, に非

▼ 学者たる者~ (2, 0.0%)

1 はけっして, 優に地平線的思想家

▼ 学者だったら~ (2, 0.0%)

1 この壜, スペクトル分析でも

▼ 学者だつた~ (2, 0.0%)

1 が永年倫理, のでこの

▼ 学者って~ (2, 0.0%)

2 ものは

▼ 学者であろう~ (2, 0.0%)

1 が乞食, が赤貧

▼ 学者でいらっしゃる~ (2, 0.0%)

1 からそう, ことが

▼ 学者としてのみ~ (2, 0.0%)

1 ならず教育家, 間接に

▼ 学者としてよりも~ (2, 0.0%)

1 北備辺陬の, 寧ろ名

▼ 学者とともに~ (2, 0.0%)

1 改進の, 語るを

▼ 学者とに~ (2, 0.0%)

1 向かって, 幾多の

▼ 学者とも~ (2, 0.0%)

1 云ふべきで, 教育者とも

▼ 学者とを~ (2, 0.0%)

1 合せて, 混同し

▼ 学者と共に~ (2, 0.0%)

1 先生的イデオローグも, 空間の

▼ 学者なき~ (2, 0.0%)

1 がゆえなり, が為

▼ 学者などには~ (2, 0.0%)

1 ちょっと手, 解つてゐなかつた

▼ 学者なりとして~ (2, 0.0%)

1 敬愛する, 称賛する

▼ 学者なれ~ (2, 0.0%)

1 ばこそ彼, ば学者世

▼ 学者にな~ (2, 0.0%)

1 つた人が, ッた

▼ 学者にのみ~ (2, 0.0%)

1 与えられた恩賚, 与へられた恩賚

▼ 学者にまで~ (2, 0.0%)

2 浸潤し

▼ 学者のみ~ (2, 0.0%)

1 である, なれども

▼ 学者のみに~ (2, 0.0%)

1 任すべからず, 委任し

▼ 学者ばかり~ (2, 0.0%)

2 である

▼ 学者ばかりが~ (2, 0.0%)

1 ひとりで, 出来たの

▼ 学者ぶり~ (2, 0.0%)

1 は一切, を盛ん

▼ 学者または~ (2, 0.0%)

1 津田左右吉の, 識者にも

▼ 学者まで~ (2, 0.0%)

1 一門の, 出て

▼ 学者までが~ (2, 0.0%)

1 できた, まだ説明

▼ 学者みた~ (2, 0.0%)

1 ような, ように

▼ 学者めいた事~ (2, 0.0%)

1 をぬき, を云っ

▼ 学者めかし~ (2, 0.0%)

1 て云った, て作中

▼ 学者よりは~ (2, 0.0%)

1 ずっと正しく, 不学男子よりは

▼ 学者ゼームス・グレイシャー~ (2, 0.0%)

1 が雪, の摸写図

▼ 学者タル~ (2, 0.0%)

2 ヲ得

▼ 学者パリサイ人~ (2, 0.0%)

2 よ汝ら

▼ 学者~ (2, 0.0%)

2 悩マシタ

▼ 学者乃至~ (2, 0.0%)

1 物理学的工学者である, 論理学者其他によって

▼ 学者以上~ (2, 0.0%)

1 と云え, の根気

▼ 学者~ (2, 0.0%)

1 か新, を目的

▼ 学者~ (2, 0.0%)

1 の人, の読者

▼ 学者先生達~ (2, 0.0%)

1 が太陽, は会社

▼ 学者化学者~ (2, 0.0%)

1 などの仕事, のそれ

▼ 学者博士~ (2, 0.0%)

1 が居ます, の意見

▼ 学者博士たち~ (2, 0.0%)

1 の勇ましい, の造詣

▼ 学者即ち~ (2, 0.0%)

1 社会学者だ, 神様の

▼ 学者~ (2, 0.0%)

1 がもう, は女史達

▼ 学者~ (2, 0.0%)

1 である, の人

▼ 学者多く~ (2, 0.0%)

1 それに, の政治家

▼ 学者工学者~ (2, 0.0%)

1 にまでもいろいろ, はもちろん

▼ 学者或は~ (2, 0.0%)

1 一般に, 易心を以て

▼ 学者所説~ (2, 0.0%)

1 の根柢, の異同

▼ 学者~ (2, 0.0%)

2 で高級

▼ 学者教育家~ (2, 0.0%)

1 などの無造作, の不

▼ 学者汝ら~ (2, 0.0%)

2 は預言者

▼ 学者物理学者~ (2, 0.0%)

1 なら物理学者, の脳

▼ 学者甘藷商ら~ (2, 0.0%)

2 によって建立

▼ 学者自慢~ (2, 0.0%)

1 でありながら, で自分

▼ 学者芸術家政治家~ (2, 0.0%)

1 が多数, にとつ

▼ 学者諸君~ (2, 0.0%)

1 に限らず, よ願わくは

▼ 学者達自身~ (2, 0.0%)

1 がその, さえが止む

▼ 学者~ (2, 0.0%)

1 が鼻, には何

▼1* [424件]

学者あつかいにされる, 学者あらゆる私設探偵局あらゆる, 学者あればよけれど, 学者な利己的学者, 学者ほく先, 学者おとなしい男隣の, 学者および博物学教授者の, 学者かといえば, 学者からすらも軽んぜられて, 学者がけものとけだ, 学者がたに聞かせたら, 学者がをられまして, 学者くさいのを, 学者くずれというよう, 学者ぐらいのものであろう, 学者この国の, 学者へ非相論, 学者さえも賊の, 学者さ兵学者だ, 学者したがってお前さんも, 学者じゃとある, 学者すなわちカバリストの, 学者すべて警視庁で拘引, 学者すらまれびとを, 学者そして政友会を, 学者それぞれが違った, 学者あはれ, 学者たち二十七名が非, 学者たち如何にし, 学者たち誰一人感心したよう, 学者たらんを, 学者たらしめる動機と, 学者だけは昔から, 学者だったりミゼラブル, 学者っていうものは, 学者つて綽名がつい, 学者であったらおそらく琉球, 学者でありしと同時に, 学者でありまして梵語, 学者でありましたがとうとう, 学者でありませんから科学上, 学者であるならば一つ, 学者でしょうなどと夫人, 学者でなくとも大抵, 学者でのう大学教授と, 学者とが渡来し, 学者としてだけでも法然は, 学者とてこれを, 学者とでもいったよう, 学者とまでは行かずとも, 学者なぞが各その, 学者なぞの為めには, 学者なぞはほとんど看過, 学者などというのは, 学者などに見る叡智, 学者などはとつくに, 学者などを活気だたせてる, 学者ならしめなば東征, 学者ならぬ医者の, 学者ならねばこの神秘, 学者ならびに政治家の, 学者なりと称えられたり, 学者なりとてエラク思ひ, 学者なりになろうと, 学者なりの言説を, 学者なんかにとっては眼の, 学者なんぢらは人, 学者においても世間の, 学者においてをや, 学者にさえ未だにそういう, 学者にしか用の, 学者にだけありあまるほどの, 学者についても存在したであろう, 学者にても不可知的今日の, 学者にとっての研究課題と, 学者に対してのみならず一般人, 学者に対しては他日別に, 学者はわづか三右衛門とい, 学者は種の保存, 学者ばかりのしかつめらしい招待会, 学者ひろ子にも似合わぬ, 学者ふうの紳士, 学者ッて, 学者ぶつた顔, 学者ぶらないばかりか学者, 学者ぶり高尚がる風潮, 学者提出する, 学者へは極めて珍, 学者ほどヤブレカブレでは, 学者みずからにおいてもその, 学者めいた三角型の, 学者よろしくその方向, 学者らしさ或は, 学者らしからざるは, 学者らしくひねったものだ, 学者らしく納まったのかね, 学者を以て自ら居る, 学者を通してでない中国文学, 学者アインシュタインの導き出した, 学者アルフレート・ウェーバー教授であった, 学者ウィルヒョウ博士が最高, 学者ウイリアム・ゼームスがこれ, 学者ウェーゲナーもいっ, 学者オイッケンの頭, 学者カビ博士を紹介, 学者カロチは立ち上っ, 学者キング氏がその, 学者ギヨオは有名, 学者クルト・ザックス博士の編集, 学者クレエマア教授が調査, 学者クロオメは九三分の一, 学者グナイストについて専制主義, 学者グリフツォフ博士によって行われ, 学者グリーンは河合教授, 学者ケルヴィン卿のよう, 学者コナンツ女史は支那数学研究, 学者コルテ博士が主, 学者サラサン氏をたずねました, 学者サレエの児童研究, 学者サンヒドリンの議員, 学者サール博士が衆, 学者シグフリイドの書いた, 学者シュタインフォルトは学術, 学者シュミット氏がそれ, 学者シユツンプジン氏の自筆, 学者ジャストローの実験中, 学者ジャネーの実験, 学者ジャーナリスト興業品製作者および興業者, 学者ジョオンスの実験談, 学者ジョンソンは愛国心, 学者ステツレル船長グレプニツキーとともにベーリング海峡, 学者ストッフレルが再, 学者ダイオゼニアスを奈何, 学者ダールの姓, 学者近眼デ, 学者デステュト・ドゥ・トラアシイと同, 学者デュエム精神科学の方面, 学者トマチガエラレルオソレガアルカラ一応断ツテオクガ私ハ映画ノホウノ人間デ数年臥床, 学者ドクタア・エス・ウェルス・ウィリアムは支那, 学者ド・ブローリーがすっかり, 学者ニコライ・アーエートの墓, 学者ニ聞カナイトワカラナイガ多分直線ノホウガヨリ, 学者ネツール教授の論文, 学者バンジャメン・アッケンの胴色, 学者バーデンの国立病院医員, 学者パスカルがまじめ, 学者パリサイの徒, 学者パレートの社会均衡理論, 学者パン屋の予言者, 学者ビイフ氏の説, 学者ファラデーの話, 学者フライタハ・ローリングホーフェンは, 学者フラマリオンすら語る, 学者フリードレンデルからも私, 学者ブラウンの物好き, 学者ヘラグースという名, 学者ヘルムホルツのよう, 学者ベェクの言葉, 学者ベブソン氏を不安, 学者ベルグソンの説, 学者マキシモフポクロフスキーチミリャーゼフと共に単なる, 学者マキシモヴィッチ氏へ標品, 学者マリンスの彼, 学者ミハイロヴスキイは, 学者ミュンスターベルヒにいや, 学者ムッシェンブレウグであった, 学者モルガンが微々たる, 学者ヤコブスの如き, 学者ライナッハが, 学者ライマンも, 学者ライマン教授は貝塚附近, 学者ラインホールド・シュミード氏の著わせ, 学者ラングの所説, 学者リンド氏の説, 学者ルドルフ・イエリングが説いた, 学者ル・ボンに於, 学者レーリー卿の祖父, 学者ロッジや化学者クルークス, 学者ロンブロゾーの著書, 学者ワイツと共に人種学的人類学的, 学者ヴェブレンはそういう, 学者一度志を立て, 学者一汎に猴類, 学者一般人が人類, 学者上りの若い, 学者不良老年不良少年少女の根, 学者のため, 学者世間見ず御, 学者に作家, 学者並びに考古学者の, 学者中百に十, 学者中直接に人類学, 学者中谷宇吉郎博士がなん, 学者説歎服いたし, 学者の眼, 学者二人ありて, 学者二等憲法学者という区別, 学者井野老人の蔵書, 学者た再び, 学者仕立てに教育, 学者令嬢夫人の多く, 学者以下の我々, 学者以前にはあまり, 学者伊東忠太の時事漫画, 学者伊藤博士に就, 学者似非作家似非インテリゲンツィアの恥知らず, 学者何某の有る, 学者作家その他の人々, 学者先生たちも腹, 学者先生切歯をし, 学者先生方に対し失礼, 学者先覚者の議論, 学者は地球, 学者共著の芭蕉俳諧研究, 学者其他によって論理, 学者兼常清佐氏の日本音楽論, 学者兼著述家ソニヤコワレフスカイヤ夭死せる詩人風, 学者内藤湖南氏の息子, 学者の有名, 学者分別のある, 学者列子は, 学者劉宝楠潘維城に及ん, 学者動物学者はたくさん, 学者化学者生物学者がどれ, 学者医家のこと, 学者医者は医者, 学者医者たちはあれ, 学者医者画家の次, 学者十六世紀初年の人, 学者協会でも造り, 学者博士達はいつもよく, 学者博物学に暗かっ, 学者それを, 学者又は骨相学者なぞが, 学者及日本往時の洋学者, 学者及道徳家にし, 学者各種の収集家ら, 学者吉植吉三郎博士の家庭, 学者同じく日本に, 学者同業組合によって神聖化, 学者名僧が唐土, 学者名探偵が力量, 学者向きであれば, 学者哲人詩人などを呼び集め, 学者哲学者芸術家に課せられ, 学者商人は商人, 学者四名から成っ, 学者地質学者にとってかなり, 学者坪井正五郎博士在世の時, 学者型武人は武人型, 学者士君子にし, 学者士君子みな官あるを, 学者は人, 学者多しと言え, 学者商人といった, 学者大家をもっ, 学者奥さんは教養, 学者女権論者女優芸術家教育家看護婦等に従事, 学者好奇者が何, 学者嫌いかかる折, 学者学びて蘊蓄, 学者学者と綽名, 学者安くにある, 学者安積艮斎もそう, 学者安身の地位, 学者宗教家探検家教育家飛行機家看護婦などのよう, 学者宗教家教育家の言っ, 学者宗教家文学者政治家の類, 学者宗教家達とは自ら, 学者宗教者隠者からし, 学者官吏芸術家教育者諸種の労働者, 学者シクコレヲ審ニスベシ, 学者専門家および文化人, 学者小安に安んずる, 学者少からず, 学者少なからざりしが, 学者少なく学者に, 学者岩崎卓爾翁の話, 学者工業家漁業家も日本, 学者式サラリーマン階級説とはインテリゲンチャ, 学者役人等による大反, 学者徳者に逢い, 学者必ずしも世に, 学者思想家たち自身すら心づかず, 学者思想家政治家達が皆, 学者悉く称して, 学者慕維簾氏の原著, 学者戸田元吉が佐竹廃園, 学者にし, 学者批評家にも, 学者技師連などは古い, 学者技芸まで多く, 学者指導者らは要するに, 学者振った話なんか, 学者振るわけで, 学者探偵であって, 学者支那の政治家, 学者政友会を除外, 学者政府の役人, 学者政治家芸術家に由っ, 学者政治家軍人等と対等, 学者政治家達の石棺, 学者教員著述家でなくて, 学者教授ならかまわないが, 学者教育家宗教家は大抵, 学者教育者とかには年輩, 学者教育者社会改良家の責任, 学者教育者芸術家等を招い, 学者数学者化学者乃至動植物学者, 学者数学者等将来日本の科学, 学者文人に諮問, 学者文人思想家を店員なみ, 学者文人画家などの一癖, 学者文人説教者演説家等より我々, 学者文化人作家芸能家その他をも含む, 学者文士評論家に由っ, 学者文学者を含む, 学者文芸評論家及び作家, 学者新聞記者は大抵もう, 学者新聞記者たちまでがとにかく, 学者既に君位は, 学者早瀬主税氏がここ, 学者映画人の前, 学者普通の公言, 学者書生の関係, 学者有識人の全国的, 学者を身, 学者朝山皓氏はかの, 学者未熟なるが, 学者末吉安恭さんは島, 学者来りて云, 学者の如く, 学者博士の, 学者栄達の門, 学者だから, 学者権威者の偽善, 学者と言, 学者気象学者の注目, 学者気象学者工学者はもちろん, 学者求道者が飛び込ん, 学者江戸文学素人大家等々甚だ賑やか, 学者沈綺泉は和語, 学者河口慧海先生の首, 学者法律学者中に一般, 学者法律家等を責むる, 学者流教育者流のいう, 学者浪漫派論を担ぎ出す, 学者深井博士の話, 学者清談の郷, 学者源順などの方法, 学者物識りであって, 学者独逸のグナイスト, 学者理屈家を相手, 学者生活保全委員会というの, 学者生理学者のみならず, 学者生理学者等は各, 学者が見る, 学者病中下女の不人情, 学者白井さんや波浮, 学者白井光太郎博士はトリカブト毒研究, 学者的クラシフィケーションを受けた, 学者的一例であるよう, 学者的功績に数える, 学者的声望に欠, 学者的実力は決して, 学者的楽天主義がみなぎっ, 学者的熱情がこの, 学者的立場はその, 学者的経歴を有する, 学者的表現に他, 学者的訳書に比し, 学者的貴族が学権, 学者相応の意見, 学者相手に論ずる, 学者社会学者等の精鋭, 学者社会批評家ジャーナリストなどはほとんど, 学者社会批評家美術家をひ, 学者窮理之一端也弁物者植学之門墻也, 学者等々は新聞, 学者等同音に男女身体検査, 学者等従来プロレタリア階級の発展, 学者等自分とは一面識, 学者紳士の計画, 学者経済の公論, 学者統計学者達の書いた, 学者老人慷慨家政治家宗教家達は我文明, 学者ラ図ヲ製スル能ハザル者ハ毎ニ他人ヲ, 学者臭く三角に, 学者芸術学者文芸評論家及び作家, 学者芸術家社会改良家教師評論家新聞雑誌記者飛行家運転手車掌官公吏事務員等があっ, 学者荘子には一目, 学者著作者の名前, 学者著述家が独り, 学者薬草を採り, 学者見たような, 学者親子があんな, 学者詩人は山陽, 学者詩人社会改良論者宗教家等の空想, 学者詩人議論家創作家などである, 学者詩人連でおい, 学者ふ刮目, 学者諸々の技術家, 学者諸氏やいわゆる, 学者諸賢の高批, 学者識者貴顕たちに自分たち, 学者財政学者の起点, 学者道春以来新井室徂徠春台らみな幕府に佞, 学者んすれ, 学者酒乱の真似, 学者金博士の許, 学者銀行家の須藤, 学者鍬辺来吉氏の歿後, 学者長良川博士からマイク, 学者長谷川喜多子女史や女子学院, 学者陶弘景が昆布, 学者階級教育者階級労働者階級著作家階級等から候補者, 学者頼山陽の著, 学者類型学者としての眼, 学者風格もあつ, 学者の祖先, 学者馬鹿たあ, 学者馬鹿文豪にいちいち, 学者もみんな真白, 学者鼻曲山人様もお