青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「学士~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

存外~ 孝~ ~季節 季節~ 孤~ ~孤独 孤独~ 学~ ~学問 学問~
学士~
~学校 学校~ ~学生 学生~ ~学者 学者~ ~孫 孫~ 學~ ~宅

「学士~」 1639, 18ppm, 6453位

▼ 学士~ (541, 33.0%)

6 自分の, 葉巻を 5 それを 4 宝石学の, 身を 3 いそいで, ロケットの, 手を, 眼を

2 [60件] あきらめて, あわてて, いよいよにこにこ, いよいよ勢, いよいよ大股, うしろを, この語, ごく無, しばらく足踏み, すぐとろとろする, すっかりおどろい, そこで, そっと岬, そんなこと, つぶやいて, どこまでも, にこにこし, ひどくびっくり, びっくりし, また忙, まるでびっくり, まるで雀躍, もう眼, よろこんで, カーテンの, カーンと, マッチを, ユックリユックリ歩いた, 一番弱い, 上着の, 不精不精に, 云つた, 何か, 侮辱された, 別段気, 又そろそろ, 又新らしく, 咽喉を, 問うた, 大きな近眼鏡, 大学の, 弓の, 怒り出した, 急に, 悲しげ, 手に, 機械的に, 気味悪そう, 深度計の, 煙草を, 直ぐに, 背嚢から, 胸を, 腹の中で, 荒町裏の, 見送って, 観念を, 言って, 顔を, 首を

1 [384件] ああ気の毒, あおむいて, あたりを, あとを, あの事件以来, あの奇怪, あはて, あふむいて, いい気, いかんとも, いくらか相手, いよいよ眼, いよいよ顔, うなずいた, うなずきました, えッと, かう語り続けた, かねて狙っ, かねて見当, かの有名, からからと, こういう意味, ここぞと, このとき, この会話, この家の子, この新しい, この時少年, この時部屋ぢ, この異, この矢追村, こんどは, さつきから, しきりに喋っ, しっと, すぐさまつよく, すこし当惑, すべてを, そういっ, そうした私, そこで一座, そこで河村, そこで肚, そこで防毒面, そこに, そのあり, そのとんとん, その坐, その大, その広間, その時, その様子, その背中, その連中, それから後三日間, それともなく, それ以上云う, たしなめるやう, ついに決心, つかつかと, つぶやいた, つみぬ蕗の薹, とうとう分厚い, とつぜんいいだしました, どうも法律, どこに, どこへ, なかなか思い当らなかった, なぜか, なぜだ, なんとなく危険, にこにこ笑, にこにこ笑い, はっと吾, ひとりごとを, ひとりで, ふいと, ふと波打ぎは, ふと波打ぎわ, べつに, ほかの, まず助かった, まず頭, また, また心, また忙し, また本館, まだ患者, まだ惜し, まづ, もう出る, もう患者, やうやう答, やっと戸口, やっぱり会わない, やにわに跳ね起きよう, ようやくあたり前, わざとおどろいた, ウラゴーゴル星に, カナリア鳥を, ギョッとして, ゴクンと, ジリジリと, スタスタ上り坂を, ダリアを, チビリチビリやり, ドキン, ハッと, ハンカチーフを, ピストルを, フイと, ポカンと, ポケットから, ミドリ嬢と, 一つの, 一人で, 一人も, 一体なに, 一同と, 三度面喰っ, 上ずったこえで, 上り框の, 下宿で, 不図, 不在で, 不確, 両手を, 中学生に, 中肉中背の, 久しぶりで, 乙組四名を, 二三歩怪外人の, 二人切だ, 云つて何か, 云つて眉を, 云つて腹の中で, 井桁に, 人類の, 今どう, 今までに, 今度は, 今死ぬる, 仲, 何でも, 何思った, 何故かハッと, 余りの, 例の, 俄かに, 信州白馬岳の, 僕を, 元気の, 先年某, 先頭に, 公用で, 其の様, 冷然と, 冷笑した, 別の, 前に, 前後左右それに, 勇敢にも, 勇躍し, 匙で, 半ば独語の, 卒業する, 原子爆弾の, 又それ, 又そんな, 又笑, 又笑う, 反対であった, 受信機の, 古花甚平, 只一人室内に, 叫んだ, 右の, 同君の, 吾にも, 呟いた, 唇を, 問ひ返した, 器械に, 器械部の, 四人を, 四次元世界などに, 四辺を, 地獄の, 増幅器の, 声を, 声高に, 多年西洋に, 夢から, 夢中ながら, 大きい声, 大きい溜息, 大きい驚愕, 大きな声, 大きな身体, 大丈夫と, 大儀さうに云つた, 大元気, 大入道の, 大切な, 大学時代に, 大尉の, 夫人の, 奇妙な, 姿を, 実験衣を, 室内から, 家の, 家出を, 寝たま, 寝たままそれ, 小脇に, 少し動かされた, 岩蔵が, 岩蔵の, 左の, 帆村荘六が, 帽を, 平生から, 平生書物を, 幸いに, 幹事室に, 幽霊事件にも, 幾多の, 床上に, 廻転窓の, 弓を, 強く首, 当夜例の, 当時英国留学中であった, 彼の, 心の, 怜悧で, 思い出したよう, 思った, 思わず半, 思出した, 恐しい, 恐る恐る頭, 恐ろしい危険, 恐怖の, 恭しく礼, 愕い, 愕きのあまり函の, 愕こう, 愕然として, 懸命なる, 我ながら, 戸外に, 承諾し, 捻じられながらも, 文学士に, 文部省から, 新しく自分, 新聞に, 新聞記者に, 早くも, 春夫のう, 春夫を, 昨夜礫川なる, 智恵を, 更に, 朝顔鉢の, 朦朧と, 未来世, 果して大, 桃枝の, 椅子から, 椅子に, 椋島技師の, 植込みの, 楽しそう, 欅の, 殆ど叫ぶ, 気がついた, 気がついて, 気付かなかった, 決心を, 決然たる, 決然として, 河村を, 深い興味, 満足し, 漱石の, 濠端に, 濡れ手拭を, 無意識に, 無言で, 特に良人, 狐に, 独り者の, 狼狽した, 猿が, 玄関で, 珍しいと, 用心し, 痙攣状に, 白い治療着, 白い男, 皎, 目も, 相手が, 相槌を, 眼に, 眼鏡を, 眼鏡をは, 瞳を, 矢追村の, 破れ洋服の, 礼を, 秘密の, 空中から, 突然グツ, 突然金切り声, 窓下で, 立ち上がつた, 立ち上った, 第二話, 答えた, 答えました, 答を, 箸も, 続けた, 繁みの, 繰返して, 老いて, 考えました, 考え込んだ, 耳を, 背丈は, 背中と, 腕時計を, 自分が, 至っての, 舌を, 若し書店, 苦しい心情, 苦心の, 華やかな, 蒸殺しに, 行為なき, 親しげ, 親切げに, 訊ねた, 誰かの, 課長を, 蹴躓いたよう, 身体の, 軽業師が, 返事を, 途中で, 連日連夜の, 遂にこの, 遂にまんじりとも, 遂に次, 道夫の, 道子が, 鉛筆を, 鋭く口早, 長い箸, 長い髯, 門の, 階段を, 障子にあたって, 電子望遠鏡の, 青々と, 頬と, 頭の, 頭を, 額から, 風呂敷包から, 風呂敷包を, 飛び上って, 驚いて, 高瀬と, 高瀬に, 黄金時計を, 黙って, 黙つて, 鼻目金越しに

▼ 学士~ (288, 17.6%)

5 顔を 4 小さな家, 幽霊は, 顔は 3 やうな, 幽霊が, 研究ノートの, 研究室を, 頭の

2 [22件] あやしい影, ところへ, 口からは, 号も, 名を, 声などは, 声は, 姿は, 幽霊を, 影は, 手もとを, 教室の, 方で, 方へ, 方を, 机の, 来た方, 称号を, 習慣だった, 耳にも, 身体を, 額を

1 [212件] お尻, ことばは, ことを, しわぶきも, そばへ, ために, ため力を, つくった豆潜水艇, ところから, とは違っ, コップを, ノートから, ノートには, 不名誉で, 世である, 両腕, 亀であろう, 令夫人だ, 住んで, 何とかという, 何にも, 免状を, 全身には, 全身を, 内妻に, 冠を, 処に, 出て, 前に, 前へ, 創作じゃ, 劉三吾御, 功績は, 区別が, 医者様たちは, 友達が, 口から, 口許に, 右半身の, 名, 名声が, 名称御, 吸う巻煙草, 吸ふ, 命令です, 哲学, 喉を, 喜びやうは, 喜びようは, 噂などを, 土色の, 坐る読書机, 声が, 声だ, 声である, 壺焼の, 大きい目, 大隅青二先生から, 夫人と, 夫人定子である, 夫人菅子英吉が, 失踪について, 奥さんに, 奥さんは, 奥州産業総説に, 奥様と, 奴おちつい, 奴は, 如き, 妻と, 妻に, 妻の, 姿が, 婚礼が, 子を, 学位あっ, 室から, 室で, 室まで, 家にては, 容易に, 宿の, 寄宿舎が, 帆村荘六氏に, 年を, 幽霊の, 幽霊も, 幽霊招待の, 影も, 彼が, 彼等の, 後姿も, 心に, 心尽しだった, 心理的状態は, 応援とを以て, 快文章, 思想より, 想像通り紺野は, 愕く, 手に, 手によって, 手を, 手許を, 指さす方, 撮った跫音, 数の, 新職員五六人, 方が, 方じゃ, 方だった, 方です, 方にも, 書斎を, 服地が, 横面を, 洋服が, 為に, 物理学輓近の, 生涯を通じて, 産婦人科病院の, 発明した, 発表に, 発表は, 目が, 目に, 目の, 目を, 眼からは, 眼は, 眼鏡が, 着て, 瞳は, 知らぬ間, 研究ノートが, 研究ノートであった, 研究ノートを, 研究ノート八冊が, 研究ノート八冊を, 研究問題は, 研究室が, 研究室には, 研究室の, 称を, 称号目の, 笑顔を, 第一着者, 素行を, 細君で, 絞殺も, 耳には, 肩に, 肩の, 肩へ, 肩書が, 肩書の, 背中と, 背中を, 背後から, 胸に, 胸の, 膝に, 膝は, 自尊心を, 興奮状態が, 華やかな, 落第を, 著せる, 蔭に, 虚名を, 行方不明だった, 行方不明の, 行方不明事件から, 行方不明事件と, 襟首に, 親切な, 親友で, 親類が, 言うところ, 言葉だった, 言葉を, 言説の, 記念の, 許に, 試験に, 話, 話に, 話を, 誂えた銚子, 語尾が, 説に, 説明により, 調査に, 講演が, 豆潜水艇を, 赤外線テレヴィジョン装置を, 身体が, 身体に, 近江屋を, 重荷は, 金的を, 錯覚であっ, 関井さんでございます, 際どい話題, 集合で, 青野が, 面に, 頬は, 顔が, 顔に, 顔色が, 高利貸に対する

▼ 学士~ (168, 10.3%)

3 居る 2 いいました, この頃, もっとよく, 叫び出した, 夜更け, 来た, 立って, 非常に

1 [149件] ある, ある日学校, いきなり博士, いつの間にか行衛不明, いつもの, いますが, いやに, うちけしました, おどおどした, お話しなさりたい, かう云, きげん, これを, こんなに若い, しかりつけました, しきりに春夫少年, すぐ合槌, するどい声, そう云う, そのコップ, ただ一人下宿屋に, つけたもの, つけた名前, とどめた, なんと聞こう, ほっとためいき, よくよく酒, よろよろと, ゐるの, バタ屋に, マジメに, ユックリユックリ歩く, ロケット室の, 一つの, 一人工学士が, 一服やり, 一枝の, 一生に, 一番多い, 上田から, 丘を, 両手を, 乾燥に関する, 二三人昼間やって来, 二人地方の, 云いかけるの, 云う, 云つた, 人間の, 何か, 何だ, 作ったよう, 便宜を, 先刻言った, 内へ, 凝然と, 博士に, 危く一命を, 危険を, 叫んだ, 呆気に, 善く人事, 器械から, 堪まり, 声を, 夢中の, 大きなこえ, 大口開い, 大金庫, 天文の, 女史の, 姿を, 婆やの, 実験衣を, 尋ねた, 小説に, 少なからぬ, 巣立ちを, 弁明した, 待って, 御結婚, 微かに, 忽然笑ひ出した, 急に, 急遽電報, 怪訝そうな, 戸棚の, 扉に, 扉を, 折れて, 暑中休暇の, 有ったが, 来たり, 来るかなんて, 植えて, 植物の, 此, 此処に, 水上少年と, 水中電話機を, 水産講習所の, 治療に, 消して, 温度によって, 溜らなささうに, 演壇に, 潜入した, 潜望鏡に, 潜望鏡の, 無言の, 玄関まで, 申出したある, 疑われた, 疑問を, 白いシイツ, 目を, 目下研究し, 知友に, 研究室または, 突立っ, 窓の, 立話を, 答えました, 考えた, 考へた, 肉は, 胸の, 脳貧血を, 腰を, 自分の, 蓋を, 行方不明に, 見たの, 観た半年, 言った, 言って, 訊いた, 註を, 誇張じゃ, 謡が, 運転し, 部下の, 野次った, 険相な, 面喰っ, 駈けあがって, 驚いた, 驚いて, 鮮やかな

▼ 学士~ (91, 5.6%)

6 なって 2 おじぎしました, たずねた, なるか, なると, 云ったの

1 [75件] おだてられた結果, おぢ, して, じやれる, すすめた, すると, せよあまり, そういわれ, つめよった, なげつけた, なったの, なったばかり, なったばかりの, なったればこそ, なってから, なつた, なつたさうだ, なつて, なられるまで, なりたいと, なり博士, なり親, なるとか, なるとは, なるの, なる一つ, なれない理由, なれる方, なろうなどという, ほめられるよう, わるいこと, マドレエヌ・ド・スキュデリイと, 三面の, 交際う, 会って, 会釈し, 似合わしからざる感じ, 依頼し, 児髷に, 勧めた, 取って, 向きあった, 囁き乍ら, 大学生よ, 少からぬ, 就職難という, 当選した, 従えば, 成りました, 成損つて後が, 手を, 手渡しながら, 抜歯術に関する, 拠ると, 探し出されて, 是非と, 椅子を, 毎日自宅で, 注意した, 片著い, 甚平の, 研究費として, 紹介された, 聞いたところ, 茶を, 補せられたこと, 言われて, 話しかけて, 話した, 誘われて, 近づくと, 追い附いた, 逢った時, 進み官選, 限ると

▼ 学士~ (70, 4.3%)

5 一緒に 2 春夫少年は

1 [63件] いえども, いえば, いって, いふが, さしむかい, しめしあわせて, すつかり, それから副, ちっとも変る, であった, なして, なったので, なって, なりそう, なるという, なるべきだつた男, また縁談, ソックリである, 一人の, 一所に, 乗合せた, 二階へ, 云い博士, 云うやつ, 云ふ, 仲好に, 会談した, 体操教師の, 余と, 僕とは, 共同研究した, 共通に, 名乗った二人, 大の, 妹たちで, 巨人少年武夫との, 情婦の, 懇意に, 戸塚が, 抱き合いながら, 握手を, 文学士ださうだ, 春夫とは, 春夫を, 春夫君の, 此の, 水上少年との, 生徒の, 申すわけ, 白丘ダリアとに, 白丘ダリア嬢には, 真弓子の, 称ばれた, 聞きたる辰弥, 職工の, 言えば, 許嫁の, 談話を, 軍医との, 連立って, 離れること, 高瀬の, 高瀬は

▼ 学士~ (58, 3.5%)

2 して, 見て

1 [54件] うまく取りもどし, この塔, せめつけたこと, そそのかして, どのよう, グルリと, ナグリ飛ばし, 伴い自動車, 保護する, 出して, 出だし更に, 名乗ってるの, 呼びかえすため, 呼び出した, 呼付けた, 大いに手助け, 大分採用した, 始として, 始めアイヌ語, 始め久しく, 始め同僚, 婿に, 引張りこんだこと, 待受けた, 悩ませれば, 持って, 授けられ次いで, 掴んだままギリギリ, 救いだすこと, 此方で, 火の, 独り残し, 珍重がる, 知って, 秘密に, 突き倒した小林浩平, 突き飛ばした工夫頭, 統領として, 肩に, 襲撃した, 見た, 見ながら, 辻川博士の, 迎いに, 迎えて, 迎えるの, 迎ひ, 通さうと, 釣る餌, 隊長と, 雑種犬と, 電話で, 顧みて, 飛越え

▼ 学士~ (54, 3.3%)

3 を見物 2 に報告, に提出, の会員, の嘱託

1 [43件] からプーシキン賞, から恩賜賞, から授賞, がある, がこの, では先生たち, では英国一流, でも前例, で会員候補氏名, で和算史調査, という文字, とが意外, と相, にて再び, には学問, に収め, のため, のやう, のブーケ・ド・ラグリー氏, の人, の冷遇, の動物学博士等数名, の和算史調査, の報告, の報告中, の方, の空間的関係, の裏庭, の補助, は全体, は既に, は自ら, へ出かけ, へ寄附, へ提出, へ残り, や原田積善会, より出版, をはじめ, を作りました, を御, 之選挙人, 第一部論文集

▼ 学士~ (43, 2.6%)

2 笑った, 魚も

1 [39件] ある藩, あれ以来, いらんのさ, かつてあれ, そこへ, その大, その日, またぐうぐうといびきをかきはじめ, むっとする, やがて彼, よほどおどろいた, ギョッとして, 一年ばかり, 一緒に, 俄かに, 側へ, 加わって, 助手の, 博士も, 又野の, 夢から, 年齢の, 志願し, 念の, 忽ち元気, 思わずハッと, 我を, 捜せば, 授業を, 日課を, 春夫少年も, 来て, 深い失望, 矢張一行の, 碁客将棋師に, 立った, 笑を, 維新の, 金庫の

▼ 学士~ (13, 0.8%)

2 そうです

1 [11件] からそんな, から分るだろう, がなかなか, がね, そうだ, それにさえ, つた文太郎が, というかなり年老, とか優等, とか学者, 先生だ

▼ 学士会院~ (13, 0.8%)

2 の鐘

1 [11件] がその, が栄誉, とその, の二時, の学者達, の屋上, の所置, の表彰, の記録, は固, を創立

▼ 学士先生~ (12, 0.7%)

1 [12件] から画師さん, が大層なお, との義理合い, にまで仕立てました, のお, の嫁御, の方, の若, は東京, は気, は電報, もその

▼ 学士~ (8, 0.5%)

1 いつか庸三を, お前じゃ, 一番信用の, 今は, 戦時中動員され, 時にひどい, 某省の, 秦

▼ 学士という~ (7, 0.4%)

2 ものが 1 ことが, のは, ような, 名刺を, 奴だ

▼ 学士から~ (6, 0.4%)

1 一通の, 小学教員に, 帰宅を, 聞いた, 西鶴の, 離れた

▼ 学士会館~ (6, 0.4%)

2 の一室 1 なりし, に到着, の硝子窓破壊係, を使用

▼ 学士~ (6, 0.4%)

1 じゃ, じゃもの, でい, でさえ, なら娘, な事

▼ 学士院会員~ (6, 0.4%)

1 それから, で一代, として最も, となった, と書い, なんてべらぼう

▼ 学士です~ (5, 0.3%)

1 か, からスペクトル分析, から新派悲劇, し評判, の何の

▼ 学士とは~ (5, 0.3%)

1 二人の, 共に武夫少年, 壁際から, 希臘や, 懐古園の

▼ 学士~ (5, 0.3%)

1 博士の, 大臣に, 家出を, 水彩画家丸山晩霞君と, 紳士たちさえ

▼ 学士院賞~ (5, 0.3%)

1 というもの, や文化勲章, をもらっ, をもらった, を貰った

▼ 学士さん~ (4, 0.2%)

1 がお, じゃけれ, に来, の鑑定

▼ 学士である~ (4, 0.2%)

1 から卑怯未練, にもかかわらず, 伊藤さんは, 青野の

▼ 学士との~ (4, 0.2%)

1 二人が, 肩書を, 背後に, 談話の

▼ 学士と共に~ (4, 0.2%)

1 塾の, 寝起きする, 左隊に, 特に所長芳川博士直属

▼ 学士なら~ (4, 0.2%)

1 その次, どうした, ば, 学士の

▼ 学士には~ (4, 0.2%)

1 すくなからぬ, よく判っ, 中学校の, 遇は

▼ 学士~ (4, 0.2%)

1 で西田先生, で送別会, の意見書, は政府

▼ 学士博士~ (4, 0.2%)

1 などいう, を拵え, を総動員, 大博士程度

▼ 学士~ (3, 0.2%)

1 何ぞである, 教育者でなけれ, 財産の

▼ 学士だった~ (3, 0.2%)

1 がこの, しそれ, とかで

▼ 学士であった~ (3, 0.2%)

1 から, ところの, 山崎博士の

▼ 学士とが~ (3, 0.2%)

1 一つテエブルを, 坊やの, 眼の

▼ 学士~ (3, 0.2%)

1 のです, んだ, んです

▼ 学士などには~ (3, 0.2%)

1 お構, お構いなく, 送れないかも

▼ 学士らしい~ (3, 0.2%)

3 人が

▼ 学士~ (3, 0.2%)

1 をとる, を得た, を得る

▼ 学士からの~ (2, 0.1%)

1 手紙で, 招待状が

▼ 学士さま~ (2, 0.1%)

1 である, になる

▼ 学士たち~ (2, 0.1%)

1 の馬鹿, は気圏

▼ 学士だけ~ (2, 0.1%)

1 であった, 鉱泉の

▼ 学士とか~ (2, 0.1%)

1 いったって, 教師とか

▼ 学士として~ (2, 0.1%)

1 世間に, 考えて

▼ 学士とを~ (2, 0.1%)

1 従えて, 驚かしたこと

▼ 学士にも~ (2, 0.1%)

1 いろ, ならぬ医者

▼ 学士はたきびに手~ (2, 0.1%)

2 をあぶり

▼ 学士はみかげ~ (2, 0.1%)

2 のかけら

▼ 学士ほど~ (2, 0.1%)

1 あって, 未来を

▼ 学士其の~ (2, 0.1%)

1 時には, 様に

▼ 学士~ (2, 0.1%)

1 だよ, は昨夕

▼ 学士大津定二郎~ (2, 0.1%)

2 が帰省

▼ 学士帆村荘六~ (2, 0.1%)

1 はちょっと, は築地

▼ 学士某氏~ (2, 0.1%)

1 の妻, の思慮

▼ 学士~ (2, 0.1%)

1 で法学士的, はもっとも実際

▼ 学士院会~ (2, 0.1%)

1 はその, を改革

▼1* [137件]

学士お前は忘れなさった, 学士かと思う様, 学士かなんかでなかなか, 学士さえもしらなかったの, 学士じゃねいくらでもあります, 学士それに川上少年, 学士たる資格も, 学士だけが知って, 学士ださうで今は, 学士だつたがこの, 学士つていふんで, 学士であり自分の, 学士であろうが皆これ, 学士でございの博士, 学士ではないけれど, 学士でも何でも, 学士といつても甲田さん, 学士といふものが, 学士とともに四次元漂流中の, 学士どもを雅友, 学士なぞは十九歳で, 学士などに用は, 学士などは一人も, 学士なればその, 学士なんぞが居残って, 学士にかへつてゐた, 学士にて夫をも, 学士になつてお, 学士にまで同じこと, 学士によって予測された, 学士に対してこの事, 学士のでもないし, 学士はというと, 学士または会計官が, 学士までをも謳歌する, 学士もう一人は, 学士らしくないと足早, 学士らしく考えてみ, 学士アコラス氏を訪いし, 学士アンリイ・バタイユの新作, 学士エピナック某がこの, 学士シメオン・グリゴリエヰツチユを信頼, 学士セイ氏いえること, 学士マウリス・ドンネエ氏が文豪, 学士ミス・クリスタベル・パンクハーストエオリアンホールに於, 学士一人は建築美術専門家武田工学士, 学士一家の傷, 学士中内忠も刈谷音吉毒殺犯人, 学士二人驚いた事, 学士仲間は追, 学士伊東尾四郎君はわざわざ, 学士伊東忠太君はその, 学士会のと同類, 学士会ゴルフ場の堤, 学士会員だったモリノー男, 学士会員エジプト軍総指揮官, 学士会員ブーランゼー方で見た, 学士会員ブーランゼー氏に話す, 学士会員プーランゼーは, 学士会員ボール註にこれ, 学士会院会員に推挙, 学士伯爵細山宏殺された紳士, 学士な人, 学士佐和山さんです, 学士大使館二等書記官といふ, 学士兼高等官は某, 学士内藤房子女史の断髪姿, 学士出でて氏, 学士という者, 学士医学士もう一人, 学士博士俳優いずれの道, 学士吉岡哲太郎君です私, 学士大隅圭造は花陵島, 学士天津ミドリ嬢が苦心, 学士夫人となっ, 学士夫人子爵山河内定子はいつ, 学士夫婦のよう, 学士の失踪, 学士黙その, 学士帆村荘六君も丁度, 学士帆村荘六氏です, 学士徐文定公墓前十字記, 学士志水サチ子の値打, 学士恩田経介君からの所報, 学士担当約一ヶ年, 学士文学士潰が利く, 学士斉光の子, 学士星宮羊吾だった, 学士月収三百円係累なし本人来談, 学士榊三吉もむかし, 学士殺害の容疑者, 学士水島寒月でさあ, 学士水島寒月君ともあろう, 学士油蹈天は大任, 学士湯河勝太郎が十二月, 学士白丘ダリアとを調べ, 学士石川光春君の試食, 学士研究室の襲撃事件, 学士社会のあがれる, 学士神崎は石, 学士福島浩君がまだ, 学士の紅い, 学士羅希に出, 学士臣黒翼非常の妖異, 学士自慢の七つ, 学士芳九連の遺子黛女, 学士華尾高楠だ子, 学士蒲田鉄弥と同, 学士藤野米吉君が液, 学士蘆鉦次郎の写真, 学士西川鉄次郎君オーストリヤからは書記官河島醇君, 学士西芳菲山人の名, 学士認定の蔭, 学士語りて曰く, 学士農学士文学士の先生たち, 学士が虫, 学士連中が牛頭馬頭どころ, 学士が四五人, 学士野副重次氏による, 学士鍋島達君に其の, 学士長野宇平治君は建築雑誌上, 学士関野貞君によってかの, 学士院云々もその頃, 学士院会員ギュスタフ・ダンピエールと文部参事官ポール, 学士院会員会計検査院長勅選議員子爵という肩書, 学士院学術研究会議日本学術振興会などの長老組織, 学士院新報第四巻, 学士院賞メンデンホール賞東宮記念賞朝日賞などがある, 学士院賞東宮記念賞などをうけた, 学士院長になった, 学士院長国防特別裁判所長総組合長, 学士の如く, 学士頼襄のごとき, 学士風情を夫, 学士香椎六郎でした, 学士高い鼻の, 学士黒翼の上奏文