青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「器~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

喰~ 嘉~ 嘗て~ ~嘘 嘘~ 嘲笑~ ~噂 噂~ 噛ん~ ~器
器~
器械~ 器用~ 囚人~ 四~ ~四つ 四つ~ ~四人 ~四方 四方~ 四月~

「器~」 4874, 45ppm, 2563位

▼ 器~ (974, 20.0%)

34 持って 12 もって 11 出して 9 持つて 7 取って 5 あてて, 使って, 手に, 耳に 4 かけて, とって, とりあげて, とりだして, 掛けて, 握って, 見て

3 [17件] つかって, つけて, もつて, 作って, 作ること, 作るの, 取り上げて, 受け取って, 当てて, 抱えて, 掴んで, 耳から, 胸に, 見よ, 見ると, 買って, 鞄に

2 [73件] あてが, かくも, かついで, こわして, しまいながら, すえて, せんべいとは, つかんで, とつて, とりに, はずして, まわして, メリーの, 作らないから, 作り得るほどの, 作る場合, 備えて, 備へ, 傷う, 働かせて, 入れて, 具へ, 冒されて, 出さうとして, 切ったの, 加減し, 取つて, 取り出した, 取り出して, 取上げた, 取上げねば, 取上げ新しく, 執って, 当てたまま辛抱づよくようすをみてただよ, 当てたり, 当て瞳孔, 微塵も, 忘れて, 愛すること, 愛する者, 招くとこそ, 持ち出して, 持つた儘, 持てる神様, 指さすと, 指したもの, 挟んで, 挾んだ, 捻ったの, 捻ると, 携帯し, 日々の, 有つ, 沈めて, 淋しく見つめる, 犯されて, 用ゆる, 用ゐた, 発明し, 研究せられ, 置いて, 美しくしたであろう, 美の, 育てる母, 裏手の, 見られよかつて, 論ずる者, 識る, 買ったこと, 超越し, 身体から, 運んで, 鞄の

1 [656件 抜粋] あけて, あげる音, あてがって, あてたり, あてながら, あてました, あてる, あてるでも, あてるに, いじくったらどんな, うごかす, うちこわすか, おくこと, おす, おろして, かかえたもの, かかえて, かかえ頬, かけた, かけたり, かけぬよう, かけると, かして, かたづけて, がちゃがちゃ鳴らし, くくりつけて, ここへ, こわされあるいは, ごしごし洗, さがして, さげて, さして, さし出した, さすの, しきりにまわし, しまひ, しめつけるよう, すばやく身体, そなえて, そのま, その場, たがいに, ただの, だして, ちょっと燈火, ちょっと見誤れ, つかいはじめた, つかった, つくらんと, つくりそして, つくること, つくるわけ, つけた, つけたよう, つけた男, つなぎたるんだロープ, つり下げて, である, とおして, とり, とりかたづけて, とりだしました, とりはずして, とりよせすこし, とり出して, とり出すの, とると, どうして使わなかった, どちらへでも, にぎり, はこんで, はさみ乍ら言, はじめ館内に, はめまた, ひきよせて, ひったくって, ぶちこわすの, ぶらさげて, ほうりだして, ほしがり一枚, ますます精鋭, まだ御覧, みやげに, めがけて, もたない脳, もちろん使い, もち歩い, もった女, もっと重く, もらつた, や, よこした, カワラケと, ガチャンと, ガヤガヤと, ドーンと, ピカピカに, 一々取り, 一つは, 一つ取出され, 一つ持ち, 一台借りたい, 一度分解, 一旦乾燥, 三つも, 三四ヶ所胸に, 三組も, 下して, 下において, 下へ, 両手に, 並べて, 並べ左, 中へ, 二つなら, 二人から, 人格化し, 仕掛けた, 仕掛けまたは, 仕掛ければ, 仕掛たごとく盛, 仰いで, 佐藤の, 何時造る, 余に, 作ったの, 作つたが, 作ります, 作りますが, 作り密室, 作る事, 作る手, 作る翁, 作る職人達, 使い世界中, 使い私達三人翌朝, 使うこと, 使ったと, 供えて, 侵されて, 借りて, 假に, 備え付けたの, 傾け飮料, 働かしつづけると, 先生に, 入れたるまま, 入れられた時, 全部きっ, 共にし, 具えるまでは, 兼ねた灰皿, 再び充, 再生せし, 冷やして, 処理し, 出した, 出す, 出す途端, 切って, 切換えた私達, 初め吾, 力いっぱい踏みつけた, 動かして, 勝手口に, 北川医師に, 半数破壊されました, 取った, 取つて熱, 取りそれ, 取りはずせ, 取り上げた, 取り上げました, 取り出し顔子狗, 取り出すと, 取り換, 取り換えて, 取り落とすよう, 取り除くだけの, 取ろうと, 取付けるのに, 取出しました, 取寄せたり, 取扱って, 受けとった, 受け取った, 口の, 叩くは, 台所へ, 右に, 右手に, 各教室, 各自使用し, 合わせて, 含めて, 吹いて, 呪うこと, 呼んで, 商主に, 噛み砕くかと, 噛る, 壊して, 壊す, 売って, 売る, 変形した, 外して, 多量に, 夜瀦という, 大事に, 大量に, 夫の, 失って, 奪つて大, 女の, 好んで, 娘に, 子細に, 守護する, 完成させ, 完成すれ, 害したから, 害して, 害します, 害すると, 家々に, 將ゐ, 尊ぶが, 尊重する, 小なりと, 少佐に, 展列し, 工風した, 差出して, 帽子の, 平気で, 廻しつつ, 廻しつづけて, 廻して, 弄つてゐた, 引き出さなければ, 引けと, 当てが, 当てた末, 当てても, 当てながら, 当てる, 当て注意深く, 当て直した, 彼は, 得た訣, 御存じです, 心臟の, 忌むとは, 忌むの心, 思い浮べた, 患者の, 悪くし, 悲しい眼, 愛さないの, 愛さなかったならば, 成す無く, 所有し, 扉に, 手で, 手本と, 手離す, 打碎き, 抜きとって, 抱えた拡張員, 抱きあげて, 抱くに, 押して, 押しながら, 押し始めた, 担い手, 拭いた上, 拭いて, 拾い上げて, 持し, 持たせたら立派, 持たないからと, 持ち, 持ちこんで, 持ち伝えて, 持ち出し角度, 持ち来る, 持ち花見, 持ち譜面机, 持ち運ぶこと, 持ったあやしい, 持った職工体, 持った薬局生たち, 持つから, 持参し, 指さした, 指さして, 指した, 指すの, 挟ませ同じく, 振って, 振りながらも, 振り自ら運転, 挿入した, 捜が, 捧げて, 捧げながら, 据えつけて, 据えつけ発火, 据え付けて, 捻って, 捻りこの, 捻りまた, 掌で, 掛けに, 掛け検電機, 探して, 接続し, 握つた儘醫局, 携えて, 擁して, 擁するもの, 擁するよう, 擁せる, 支える妻, 支那に, 放さずに, 放さなかった, 数々贈つた, 敵の, 新たに, 日に, 明り窓の, 時おりは, 有し人造人間, 有す, 有せり, 枕元に, 森に, 構えカチッ, 構へる, 構成する, 檢べて, 欲します, 殺し美, 民衆の, 水で, 水筒の, 没収する, 注ぎ廻るの, 洗い酒, 洗うと, 洗うなど, 洗って, 洗ひ, 浜に, 消しそれから, 消毒し, 減じ三分の身, 減ずる時, 渡して, 滅すれば, 濡したる, 灯して, 灯を, 点火し得べく, 焼いた窯, 焼きまして, 焼くため, 焼く丸柱村, 焼く窯, 照らすよう, 燃やしましたが, 片手に, 特別の, 献上させた, 率ゐ, 現すには, 現は, 生かしたといふ, 産むから, 産もうと, 用いず土器, 用いた例, 用いること, 用いる一員, 用うれ, 用ゐ, 當て, 當てた, 病室の, 痛めた経験, 百も, 皆で, 皆焼きます, 盆に, 目懸け, 目立たぬよう, 相變ら, 眺めるの, 着けたる形, 着けるが, 研究し, 破って, 破壊した, 破壞, 示す, 神聖な, 私し, 私の, 積んだ三台, 突き飛ばして, 窯毎に, 箪笥の, 粗製と, 組み立てて, 綺麗に, 編んで, 置くため, 羅列し, 美しき器, 美しくさせた, 美しくする, 考えて, 考案し, 聴診し, 職業の, 肩に, 背負うこと, 背負った彼自身, 背負って, 胸部に, 腋に, 腋の下に, 腋下に, 臀に, 自分の, 自然と, 落とす音, 著述の, 装置しさせすれ, 覆うて, 見かけます, 見ずに, 見つけて, 見つけ眼, 見ながら, 見るやう, 見忘れる如きは, 見捨てるの, 觀る, 設いれおくべし, 設けて, 設備した, 評した, 試みます, 試作し, 認めキャラメル, 読め, 調べて, 責めるとも, 貯蔵し, 貰って, 買いこんで, 買つたと, 買つて蒔清から, 買は, 質において, 蹴散らしたり, 蹴飛ばして, 軋らすやう, 載する具, 載せた六經, 載せ道, 追う平面毒竜, 透かして, 造りそれ, 造り始めるよう, 造出し以て, 進めた, 過ごして, 避くれ, 避けよいかに, 醜くした, 醜くしなかった, 里見君に, 重ね又, 銀の, 開いて, 開きて, 附けたのに, 附けよ, 離れて, 電気に, 露出させ, 面白いと, 頸に, 首に, 駆つて, 鷲掴みに

▼ 器~ (957, 19.6%)

51 中に 20 ような 18 前に 17 美は 15 中の 12 美を 11 上に, 中から, 中へ 9 中で 7 中には, 方へ 6 ところへ, 前には, 形を, 美に 5 ために, ように, スイッチを, 底に, 水を, 灯を, 美しさ 4 下に, 前へ, 美が, 背後には, 音が

3 [12件] あるところ, ことで, やうな, 一つな, 下の, 口を, 方が, 有つ, 話を, 領域に, 類である, 類は

2 [66件] うえに, うちに, うちの, ことなどに, こと故, ところまで, なかから, なかで, なかの, よき歴史, ハンドルに, ハンドルを, ポンプを, 一生に, 上で, 上へ, 中なる, 中のうが, 佳品の, 側に, 光りを, 前で, 前の, 助けなくば, 務めは, 口が, 口に, 右に, 名と, 名らしい, 哺み, 外に, 好奇心のみで, 如きは, 底から, 影が, 役を, 役目を, 性質である, 意を, 所に, 把手を, 方に, 構造に, 水が, 水に, 水の, 深さ, 生命は, 生命を, 病気は, 病気を, 発明, 破片が, 美, 美なき, 美など, 能力が, 蓋を, 血潮は, 連結された, 針を, 音に, 類から, 類であった, 類を

1 [521件 抜粋] あたりが, あるカーテン, ある人, ある場所, ある戸毎家毎, うちにも, うつろなる, おかげか, かずかずは, きたないの, きらめき一輪, ことと, ことに, ことは, ことを, こと駅前の, ごとくつや, ごとく口径数寸餝, ごとし近村, ご製造, ぜいたくさ旅具旅装の, そとへ, そばで, そばに, そばへ, それに, たましひ, ためにも, ため押され, ちがい, ついたレンジ, ついた大きな, ついた望遠鏡, つくり物, てっぺんに, ところと, ないの, ない世界, ない者, なかに, なかには, なかへ, なき時, なげきであった, なまぬるい風, ねじが, ねじを, はこばれし夜食, ふれあう音, ほうも, ほか何物も, ほんの一つ, まえに, もって, もつだけの, もつ力の, ものあつ, もので, やうに, ゆったりした, ような冷めた, アナウンスが, アンテナに, エンジン, オバサンの, ケースと, コンパスみたいだ, ゴムが, ゴム管で, ゴム管みたいな, シャッターが, シャッターをも, シユーシユーと, スイッチは, ダイアル, チューブで, チリンという, トラップを, パイプに, パネルか, パネルで, プラグを, ベルが, ボタンを, 一つでは, 一つの, 一つを, 一人に, 一方に, 一種である, 一端が, 一群が, 一部分です, 丈を, 三つの, 三脚に, 上から, 上です, 上には, 上の, 上を, 下を, 不正確, 世界である, 世界では, 世界を, 世話将来一点の, 両極を, 中では, 中などに, 中なる異なる, 中にのみ, 中にも, 中は, 中へそーっと, 中を, 丸いハンドル, 事は, 事を, 二に, 二三円でも, 二脚が, 人格化という, 他に, 代りに, 代わりには, 代表的な, 位置を, 体に, 作用に, 作用を, 作者に, 使い方は, 使用に, 來る, 価値は, 価値を, 価格七十五銭, 信仰と, 修繕だ, 修繕と, 修繕も, 値打を, 値段を, 偉なる, 偉力を以て, 側へ, 側を, 傍に, 傍へ, 催促の, 先を, 先端だ, 光の, 入ったケース, 全部分品, 六つの, 内に, 内部を, 冗費は, 処から, 処に, 処へ, 処まで, 分解に, 分解能, 分解能に関する, 刺さりたる大, 刺さり在りし, 前だった, 前を, 力で, 力を, 加減を, 助けによって, 動かす事, 動揺も, 半分ほどは, 原料は, 取扱位は, 取柄である, 口から, 口と, 口よりも, 台に, 右側の, 各項に, 名であった, 向うから, 向うでは, 向う側から, 向きを, 周縁に, 喇叭状の, 図, 土と, 場合には, 場所が, 壜は, 声が, 売価は, 売込みに, 売込みを, 外には, 多くは, 大きい小さいと, 大きさ, 大きなやつ, 大きな徳, 大きな破片, 大なる, 大小による, 大小の, 大小才幹の, 大展観, 大度を, 大破片, 大部分, 如きバネ仕掛け, 如き大, 如く木, 姿は, 字を以て, 存在は, 存在を以て, 専門です, 小さい焔, 尖端なり, 山が, 工藝で, 帯が, 帽を, 幽かな, 幾重にも, 底を, 底部に, 延びて, 引金が, 弱い自分, 弱そう, 形でなく, 影に, 彼方に, 後部を, 御用商人で, 微温湯の, 性, 性能を, 性能試験を, 性質に, 悪そう, 意, 意か, 意な, 意味が, 感じは, 所在が, 所在によ, 所在を, 手入れを, 手入れ兵糧の, 手土産が, 技術を, 拡大を, 拡大ハンドルを, 持つ感覚, 持つ美, 振動板に, 挿繪や, 据えつけて, 捻子が, 掃除を, 接合した, 握り栓を, 摘出によ, 支度だ, 支度を, 改良が, 故障から, 故障を, 数字盤が, 断片などが, 方で, 方も, 方円に, 映写幕に, 映写幕にも, 映写幕の, 時代と, 時代に, 時代における, 柄に, 桁が, 棒を, 椅子に, 概略は, 構造が, 構造や, 模型かも, 模型の, 模製と, 横に, 横の, 横手に, 機構を, 機能も, 正しさ, 正確さを, 正確を, 残響を, 殺風景な, 母と, 水で, 水ながら, 水へ, 水銀の, 水銀を, 求めに, 泡を, 淡黄色い光, 湯は, 湯気の, 演奏には, 演奏を, 潜入について, 潜入を, 潰瘍に, 点検を, 点火が, 焔を, 無心な, 照準手である, 熱を, 物を, 特長として, 狂いで, 独立は, 理論上倍音は, 生命に, 生活に, 生産は, 用が, 用は, 用ゐ, 用を, 用意を, 疎ずべ, 疾患の, 病に, 病は, 病気と, 病氣を, 痒ゆき, 発する音, 発明に, 発達した, 発達につれて, 發掘品を, 發明が, 發明は, 發明を, 發達に, 白く塗られた, 白さ, 盆を, 目的である, 目盛の, 目盛りを, 目録を, 直下に, 真の, 短命を, 破れ目に, 破壞, 硝子筒の, 硝子箱の, 磨き上げた, 示すお前, 神に, 神を, 種類, 種類を, 空転の, 窯のみ, 端から, 端に, 筒にも, 筒先き, 筒口を, 籠は, 納入元である, 紐を, 細い口, 組立てに, 組立ても, 絶え間ない, 緒には, 縁で, 縁又は, 置き場所が, 美しからぬ, 美について, 美の, 美下手ものの, 羽に, 羽根の, 翼を, 考案が, 者の, 聯動装置ぐらい, 肝要な, 胴体と, 脇を, 色も, 艶谷を, 芋を, 菓子が, 蓋などを, 薬罐から, 血を, 表面を, 装置荷物の, 製造が, 製造に, 製造にも, 西で, 西方へ, 観察から, 解体に, 触れる響, 計畫, 記録の, 設計書袋を, 評価が, 誤りを, 誤差と, 説に, 説明が, 調整を, 調節が, 論文も, 讃詠歌で, 貴賤, 資格は, 質は, 赤黒く淀んだ, 起す風, 輪が, 輪に, 輸送を, 近所で, 進歩し, 運命等を, 部分品タイムレコーダー等タイムレコーダー, 部品が, 配線工事を, 酒の, 酒を, 醜さ, 重いの, 重い空気, 金網には, 針の, 針受が, 釦を, 鍵を, 鍵盤な, 鍵盤は, 鎖の, 鐘盤の, 間には, 間を, 陰には, 障りで, 障害とで, 隠くされた至極, 雲の, 電力が, 革命歌が, 音, 音から, 音で, 音でない, 音は, 音を, 音色の, 音色を, 響を, 頭を, 類には, 類ひ, 類まで, 風で, 風に, 風の, 風を, 食物を, 高き美的価値, 魅力とは, 鹿に

▼ 器~ (497, 10.2%)

22 入れて 12 水を 6 口を 5 盛って 4 あらず, 美を, 非ず 3 あらずと, お湯を, 似て, 入れられて, 受けて, 手を, 過ぎない, 非ざる, 飛びついて

2 [36件] あらず仲麻呂, かかった鼠, ことよせて, して, すぎないこと, その紅, た, なって, スイッチを, 何の, 個性の, 健全の, 入って, 力は, 吐き出された, 吸い上げると, 垂らした, 塩水を, 当が, 擁して, 故障が, 流れる微妙, 流れる線, 美が, 腰を, 至るまでの, 見ら, 見られる極めて, 見られる美, 見られる豊か, 見るべきもの, 親しむ時, 足を, 転じて, 過ぎなかったでは, 非ずして

1 [341件] あたらないで, あはせ, あらざると共に, あらざるもの, あらず故に, あらぬ捕縄, あらわれたよう, あり得るでしょうか, ある, ある故障, いっぱいは, いれたもの, いれて, いれのこのこ, いれられて, うつして, うつせば, うつつた, おしつけて, お吐き入れなさいました, お多福饅頭の, お礼を, お花, かかっちゃ, かかって, かかりませんが, かかる残虐, かけた手, かけられるの, きれいな, くくりつけて, くみ入れて, さきだちゐたり, しがみついたまま, しがみついて, したが, したがい人, したがうだろう, したがうもの, しぼって, しろ家族, すがって, すがりつきそう, すぎぬこと, するに, そそぎ入れて, その時世子, それを, ついて, つかまったまま, つくり上げて, つなぎか, つなぎその, つめて, では, とびつき真珠王, とりついた, とり椀, どのやう, どんな仕掛, なかなかうまく, なげつけた, なったの, なつた, なりかかったから, なるかは, のったらいい, のって, はいった赤, はたきを, はまった少佐, ひっかかって, ひっかけて, ふたが, ぶちまけて, ほとんど三杯, まかせて, みちて, みちびいて, むかったときわたし, もっと誇り, よると, ガネサを, ロープの, 一ぱいあれ, 一ぱいあればよろしい, 一ぱい水を, 一ぱい物が, 一杯くみとり, 一杯に, 一枚の, 万事を, 三盆白を, 並んで, 乗せた薬罐, 乗合わせた, 二分芯の, 井戸水を, 仰向けに, 任せて, 伴って, 似た形, 使つて鉛に, 使命を, 依って, 傳はれるなるべし, 優る美, 充つれば, 入った瞬間, 入った見事, 入った酒, 入った鼠, 入れさせそれ, 入れた水, 入れた粥飯, 入れた褐色, 入れられた水, 入れ水, 入れ藥草, 全庭園, 八人分を, 共通する, 冷やかな, 凍りついた水滴, 出して, 削り氷, 匂いの, 包み一生, 半分程, 卵を, 厚い唇, 厳重に, 反映し, 収められて, 取って, 取りついて, 取りつけました, 取ります, 取り囲まれながら, 取るかと, 古酒, 可成り似, 合せて, 向った, 向ったよう, 向って, 向つて口腔, 吸い込ましたり, 吹きかける吐息, 味いを, 呼ばれコバルト, 呼ばれ妻, 噛ませて, 圧縮し, 圧迫を, 塵とり貝杓子とろろ昆布に, 塵の, 変って, 変化した, 多いかを, 多く如何に, 多く需要, 大きな力, 大豆とともに, 安い値, 容れた物, 容れて, 容れる, 寄り風, 対う, 對する, 小柄杓, 就いては, 尿を, 山を, 工藝美の, 帰ったら見違えるほどの, 当った, 当てながら, 彩色した, 従いながら, 従うが, 微恙を, 心が, 怒鳴って, 恰好な, 愛を, 感じて, 應じ, 截り, 手足が, 手足の, 投じて, 拇指よりも, 拘わって, 拾いこむと, 挟まれたならまるで, 振られて, 採用願う, 推進機の, 插すに, 搭乗する, 故障の, 故障を, 文樣を, 斉い, 新しい湯, 新聞紙を, 於いても, 於ける智識, 於て, 於てのみ, 有功なる, 朝顔の, 次いで, 止るという, 殊ならず, 毒です, 水が, 水道の, 氷嚢から, 求め生活, 汲んだ緑色, 汲んで, 注ぎ分けた, 注ぎ老婆, 活けて, 浸したガーゼ, 浸るよう, 混信する, 清水を, 湯を, 滑かな, 漆を, 潜む深い, 灌ぎ込む, 火藥を, 為さうと, 焼いて, 熱い煎薬, 特殊な, 狂いが, 狂いは, 現われるの, 現われる日常茶飯事, 用ひられ, 留意する, 異状は, 疑問が, 発し多く, 白魚, 盛つて其処へ, 盛つて献らね, 盛られたの, 盛られて, 盛りぬ, 盛り上げると, 盛り上って, 盛り切りである, 盛り遠く, 盛ると, 盛るとき, 盛るに, 盛終せよう, 監禁せられ, 直接タイロード氏液を, 矢の, 示す所, 私の, 移した, 移せば, 穿って, 精通しい, 約束せられた, 納めよと, 素晴らしい作, 絡みついた針金, 続いて, 羊羹忘れまい, 美しいもの, 美しさ, 耳を, 耳朶を, 至っては, 茶器の, 莫大な, 落ちたその, 著きて, 葡萄かな, 蒸溜水を, 蓮を, 薬品を, 薬液を, 薬罐を, 血ぐさいにおいが移っ, 表現される, 装ったよう, 見られる染附, 見るよう, 見出される美, 見出せる美, 触れて, 触接し, 説は, 誰でも, 豆腐の, 質問の, 越したこと, 足の, 距たりが, 身を, 身体を, 転ずる時, 近づく, 送電する, 通じこの, 通信機それから, 過ぎないから, 過ぎないと, 過ぎぬこと, 過ぐ, 違ひありません, 醤油と, 關し, 防腐液を, 降りか, 降りかかった不幸, 随い, 雅致を, 電気が, 電流を通じて, 電障, 預けて, 頭を, 顔を, 食い入るよう, 食い物を, 食物を, 飾られ翠蔭, 香料を, 馴れたもの

▼ 器~ (336, 6.9%)

6 あって 5 ある, ついて 4 あれば 3 ありそれ, ばたり, 入って, 置いて

2 [25件] あつた, あると, うるさい声, かけて, すぐれて, その美, つけて, 働いて, 動いて, 器を, 壊れました, 弱かった, 愛を以て, 手に, 材料を, 果して社会, 特別魅力の, 用を, 破けて, 私の, 美に, 誰の, 醜くなった, 非器, 鳴って

1 [254件] あった, あった私, あっても, あつて, あてられたおぼえも, ありのど, あります, ありホクトメートル, あり写真器, あるいい, あるかい, あるが, あるだろう, あるの, あるので, あるガス, ある人造人間, ある訳, ある貴僧, あればの, いい, いくつも, いっしょに, いつまで, いとしくて, いらだたしく天井, うーんと, おいて, かかって, かけられて, がくがくと, がらがらと, この国, こわれたら医者, こわれた時, こわれて, ございませぬ, じりじりと, すばらしい音, せりあがっ, その所蔵者, その著, それぞれの, ちん, つい落ち, つき出て, でて, とつぜんが, ともに小浜機, とりつけて, どうしてかく, どんなもの, どんな放送, ないから, ないとの, ないや, ないん, なくては, ならないかぎり, のって, はたらいて, はたらきだした, ひどい勢い, まわって, むしろ愛想, むっちりと, ものすごい火焔, やうやく, やがて発明, よくその, わからないの, わるいとも, ウウウーンと, クルリと, コツコツジージーという, ゴロゴロ鳴っ, ブウと, ベッドの, モンストン少佐の, 一つある, 一つ放ったらかしで, 一つ石で, 一番多く, 三ツ四ツ暗い, 不完全な, 与えられ救われた霊, 並んで, 主要な, 交替時間に, 今も, 今晩迎へに, 付いて, 伏せて, 低くうなりだす, 低くぶ, 住んだ社会, 何か, 作られたその, 作られたという, 使われたり, 使用された, 俑を, 保存され, 俯向く, 個性の, 備って, 働きだした, 働きだしたらしくゴソゴソ, 入用だ, 共に運ばれた, 具備し, 出されて, 出て, 出來, 出来て, 出現した, 切って, 切換えられると, 到来した, 割れたかと, 動きだした, 叫ぶよりも, 各地から, 吾, 周章てふためいた人声, 喋言り出す, 噴きはじめたので, 回って, 国々の, 多いかに, 大きく二つ, 大きく鳴りだした, 大きな声, 好いと, 妻の, 始終使はれてる, 存在する, 完全に, 宛が, 実験台の, 小さいとか, 小さすぎる, 左右に, 幾つも, 廊下に, 廊下の, 廻つてる, 廻つてゐた, 引き出されて, 張り廻し, 役に立つやう, 彼等の, 復命する, 怒鳴る, 悩むが, 悪い, 悪いという, 所狭く, 投り出し, 持ち来たされたところ, 据えつけて, 据えつけられて, 捻られて, 捻られると, 掛けられあちこち, 摺鉢で, 放りこんだまま, 放射する, 故障に, 数千数万キロメートルの, 数限りなく, 斬り割かれ刳り出されそこ, 明かるく, 昼寝し, 来て, 死んだもの, 残らず踏み砕かれましょう, 民藝品な, 水の, 水を, 汚物で, 浮び来ること, 涼しさ, 潮風に, 点いて, 無作法な, 無心の, 熱して, 爆発した, 猶堂, 生まれ初期茶人, 生れること, 産めたの, 用いられないこと, 病むならそれ, 発明されたら, 発達し, 発達すれ, 眼に, 石にあたって, 砕けて, 砕けとたんに, 碎けるの, 示す美, 神聖な, 私たちの, 第二回以下, 累積され, 結び付く理由, 絶えず何もの, 置かれた, 置かれて, 置かれる, 美しいかを, 美しく正しい器, 美しさ, 聞えなくなったので, 胎内に, 自分だ, 若者の, 草原に, 荒神様へ, 莫大も, 要る, 見えそれから, 見えた, 触れ合つて, 言う, 設けられて, 譲り受けたい, 買えるの, 赤燈に, 載せて, 輸入され, 醜くなっ, 長い食器戸棚, 間に合う筈, 陥ろうと, 隠されて, 非常に, 面前に, 面喰った, 風を, 飛び出して, 飛んだ, 飾って, 飾り立てられた, 首を, 駈付け人足, 高価な, 鳴った, 鳴りだすん, 鳴りはじめて, 鳴り終っ

▼ 器~ (254, 5.2%)

4 器と, 愛を

2 [29件] その意味, その愛, どこに, ない, ないの, なく人, まだ人, よき家庭, 一家の, 不思議にも, 之れ, 人を, 仕えようと, 全き, 名も, 吐きだすもの, 周囲を, 器たり, 小屋や, 彼の, 日々共に, 求めて, 江戸時代の, 活, 王宮より, 粗末な, 美しくならない, 自然の, 過去の

1 [188件] あったろう, あのコバルト, あまり重視, ありかりそめ, あるには, いかなる種類, いつか経済的無, かくも, かれら, こ, こう訴え, ここに, この居間, これ, これ人の, こわれかけて, さきに, さらに美しい, すでに準備, その焼, それに, そんなにかって, ちがわん, ちゃんと働い, つながらない限り, できぬからと, どこだ, どんな仕掛け, なかった, なくても, なくまた, なんともない, ひとり器なる, ひとり非, ふたの, まだか, めぐる, めちゃくちゃだ, もう何, もう旧い, もう片寄せられ, ウンとも, シムソンの, ニクロム線が, ブブブヒューと, リン, 一つ一つに, 一層美しく, 一日に, 三百円を, 不完全で, 世を, 両方の, 中でも用, 中へ, 久しく首桶, 二に, 二十年も, 仕えること, 仕へること, 何だか生活慾, 何であった, 何処に, 作ると, 使えないと, 便宜でしょう, 働かなかった, 僕の, 僕も, 六度八分を, 内務省お, 再び来た, 切っても, 判るが, 卑しく作る, 却つて信長に, 却つて焼捨てられ, 向こうに, 哀しげ, 器じゃ, 国内で, 国歌の, 売って, 多いの, 多望な, 大丈夫だろう, 大名と, 大抵みな腹, 大抵光線, 大部分今, 夫人の, 奉仕の, 完き, 実にああ, 尊くある, 小坂部の, 小細々, 工藝において, 左右兩端に, 巽の, 常陸椎塚の, 広く声価, 床に, 廻って, 廻れども, 張子では, 心を, 急須の, 愛なき, 愛なく, 愛に, 持ち去って, 持つ人, 支那の, 支那製だ, 放さなかったので, 故障を, 新工夫, 新式精鋭の, 日本製で, 普通の, 最早不用, 朝廷の, 木を, 朱の, 朽ちた木, 査問会の, 栄養器官の, 正直な, 殆ど地を, 民芸である, 民藝である, 水に, 水盤の, 決して再び人間, 泥水の, 焼きすてからびつに, 熱が, 燧石の, 特に私, 用いられて, 用ゐられ, 男子用のも, 當時においては, 病的に, 発明され, 発見せられませんでした, 皆その, 皆其の, 皇軍のとは, 盈ちた, 盗まれたの, 直ぐ破損, 石油缶を, 私と, 私に, 空中でから, 空気服の, 立派だ, 粗き物, 紅鉢と, 組立てられること, 絶えずピアノ行進曲, 絶対に, 臨時ニュースまた, 自動的に, 自然に, 船橋に, 著しく弱くなつた, 行器, 裏側の, 親戚の, 語る犯罪, 誰が, 貧しい場合, 賞め些細な, 賭博マニアに, 趣味の, 通路を, 遂に首尾, 長さ二三寸, 陸軍砲兵大尉である, 階段の, 電気の, 静かな, 飛行機の, 駄目だ, 鳴らなくなって

▼ 器~ (180, 3.7%)

8 花, 非器 7 なること 4 そこには 3 して, 云うの

2 [12件] するに, それを, なり得ないであろう, 二役を, 云ふも, 人との, 呼ばるべきで, 呼ばれては, 呼ばれる器, 呼びなすもの, 彫刻物, 申しますか

1 [123件] あとの, いい花火, いうと, いうのに, いえば, いえよう, いたしましては, いっしょに, いって, いっても, おなじ出自, きて, このガソリンランプ, この小, し, したき心, し汝, し而, し芦笛, し非, する, せざりしなり, せば, せられた, そして小さな, ちっとも変り, とりくんで, なしたり, なすこと, なった, なって, なりやがて, なりブオソ, なり信仰, なる, なるて, なるべし, なるまでの, は種字の, アンプルの, アンプレを, シヤボンと, ブドー糖を, マイクロホンが, モルヒネの, 一しょに, 一に, 一緒に, 一般から, 三号車と, 不完器, 並んで, 二に, 云うが, 云う硝子器, 云ふ, 云へば, 人に, 人間の, 使い残り, 信じ人間的, 全然関係, 兵糧との, 剣とに, 化せしめる, 受信器その, 受話器の, 古バケツ, 同じく闇, 同じに, 同じ陶製, 名くる, 呼ぶの, 器とを, 器の, 対空射撃算定器とが, 平和と, 平線儀とが, 循環器との, 成ります固形物, 手拭を, 昨夜の, 標本箱の, 機の, 歌留多の, 毒物の, 水とが, 流し兼調理台, 澄夫の, 然ら, 申すもの, 白い寝棺, 盆の, 私は, 称えて, 称する一種, 空に, 等しく銛, 筺とに, 箆麻子油の, 紙製の, 美器とは, 聖い, 聽診器との, 背嚢を, 花その他, 茶色の, 薩摩紅硝子の, 薬を, 蝋マッチと, 見えたり, 見過ごされがち, 言ふ, 謂ふ, 貴様等の, 遠距離電話が, 野衲は, 鉄に, 鑑賞品の, 関係が, 電燈との, 顕微鏡とが, 黒いケース

▼ 器~ (161, 3.3%)

4 あつた, もって 2 それに対する, 啜るの, 孵化された, 手を, 煉瓦造の, 私の, 茶を, 計つて, 音を

1 [135件] あらねば, ありとあらゆる洋上, うごく人造人間, おそらく今一番, お上がり, かれら, きいても, この扉, これを, こんがりと, しゃべって, その取, その熱度, その絵, その電波, ちょっと高圧, とる, とろうと, ぬるま湯に, のびて, はかって, はかり小浜兵曹長, ぼく達へ, もったいらしく出された, やられて, ゆつくり, よい, アルコール臭を, ジョキジョキ芝を, ヤルマールの, 一ダースが, 乾かす老醜, 予め今日, 二十年前に, 人体内の, 今なお, 付けた創, 代表的な, 便の, 倒すと, 先生の, 写し出し同時に, 出された, 分析した, 分析します, 制御電波を, 勢いよく燃え上る, 勿体振, 博士が, 号令が, 吸入を, 吹き出し水素, 喚かせようと, 噴く様, 圧し出したもの, 壓しつけ, 大きくし, 大きな掌, 奏し得る音階, 婆やと, 孵化させなけれ, 宜い, 実景を, 室内を, 当時の, 心即, 手製の, 拵えたが, 攻撃する, 敵機の, 木戸口へ, 果樹に, 検査すれ, 此衝角は, 武装し, 水を, 汚れた手, 洗ったり, 浴びるかは, 消毒される, 湯を, 火の, 火を, 焼いて, 焼ききられて, 生じた波動, 生物線の, 産婦の, 畝に, 発信し, 目に, 確かめて, 移動し, 穴を, 突き通す震動, 立体的にも, 箱の, 経文歌が, 経文歌を, 美味いお, 聞くと, 聞く心臓音, 肺部を, 胸と, 脚或は, 腰湯を, 表わされること, 見ると, 見るよう, 計った様, 計って, 誤り感じ, 調べて, 貫かれて, 賊は, 足の, 足りよう, 送られて, 送り出すもの, 部屋の, 鉄箭八寸ほどの, 閉まって, 頭の, 頭を, 顏を, 顔を, 風を, 飛行中の, 食べては, 食事する, 食物を, 飲み交わす, 飾られて, 首が, 鼻を

▼ 器から~ (97, 2.0%)

3 出て 2 とびだした, 流れ出して, 離れると, 高まるため

1 [86件] いきなり異様, おなべまで, かなり強烈, がらがらッ, ことばとして, その全部, だだだだン, でて, とつぜんハンス, とつぜん警報, とつぜん警戒警報, とつぜん電話, とび出して, のぼる香り, はっきりした, ひどくあわてた, ぷっぷっという雑音が, へんな, ぼそぼそと, アナウンスの, ガヤガヤという, コーヒを, フレー, ポトポト涙, 一枚の, 上部へ, 人の, 今出, 先任の, 出る, 出るラジオ, 出る怪塔王, 分ち飲む, 受取った司令ペップ大佐, 吾, 嗄れたよう, 器に, 器へ, 噴き出される霧, 噴き出す霧, 声が, 大きな声, 奪うであろう, 奪った, 奪われて, 女の, 妻の, 射撃命令を, 導かれるかを, 当直の, 当直長の, 思いついたもの, 悶絶の, 戦闘中の, 数多い真理, 気味の, 氷の, 洩れるよう, 洩れ出す, 流れだした, 流れて, 流れる霧, 流れ出て, 流行歌が, 漏れて, 火事を, 火箸で, 物を, 生まれたよう, 発する連続性, 立昇る, 細い水, 続いて, 美しさ, 聞えて, 肺病の, 蛆の, 見ると, 警報ブザーの, 降って, 電流を通じて, 音声が, 響きわたって, 顏を, 顔を, 高らかに

▼ 器~ (69, 1.4%)

2 また活き得ない, 文字なき

1 [65件] あります, ありガス発生器, ある, あれこれと, いいさ, いくつか, いずれ可愛い, おおむね前方, この毒瓦斯, そうだ, その少し, その鉄塔, とかく電力, ない, ないから, ないの, なかった, なくともかく最も, なるほど, ふんだんに作っ, また決して, 一層不気味, 一時差押へを, 今は, 付けず潜って, 体温表も, 假の, 優秀な, 具え直ぐ, 出来て, 刹那, 困り物, 大きな曲者, 夫人に, 弱かった, 当時では, 役立たずことごとく, 念々に, 手に, 捨てがい, 支那の, 木地屋の, 材料も, 毎日ちょうど, 民衆によ, 民衆によって, 注射器も, 無論ある, 無駄に, 片づけさせた, 病気馴れた, 皿も, 盤も, 真空管も, 石鹸水の, 神仏混淆の, 糸車も, 絶対に, 肺病の, 虐使せずし, 訴えるよう, 集まろうという, 電気洗濯機も, 非器, 食糧も

▼ 器~ (59, 1.2%)

2 バケツや, 宝石の, 弓矢で, 書画の

1 [51件] そのほか, そんなもの, アンプレを, コップの, ダイヤルを, メスや, 仏教の, 体温計は, 便器の, 其他の, 南洋土人の, 古器物, 在銘の, 塗料や, 壁に, 壁には, 宝石が, 帳場は, 心入れの, 急曲線, 文部省などの, 料理が, 日本の, 架台など, 民家の, 水を, 水平面を, 油差などが, 湯気を, 漆器の, 瀬戸物や, 火花焼切器などの, 真空管などを, 神経までも, 空瓶も, 粉シャボンの, 紙や, 置いて, 膳を, 自動車の, 茶碗などを, 薬瓶の, 軍艦に関する, 酒や, 電気ペンを, 震雷験器や, 頑丈な, 食糧いろいろの, 食糧関係の, 香料や, 高熱砲や

▼ 器~ (44, 0.9%)

5 と非, を離れ 4 が一, 非器分 2 の破

1 [24件] で一切, で二者, で身即心, とかいふもの, とに假, との間, とは相, とを併せ, とを假, とを分離, と分離, と別, と器分, の二, の別, の増減關係, の大, の或, の游離, は器分, は非, 即ち生殖系器, 即ち腦, 即ち非

▼ 器~ (43, 0.9%)

14 入れて 2 太い硝子, 手を

1 [25件] うつして, かけるん, くんで, のせたら針, 乗せて, 乗った, 乗ったり, 乗って, 乗るの, 二杯吐き, 何か, 入る, 冷水を, 声を, 残飯を, 水を, 湯の, 石を, 移すやう, 粗忽な, 粥を, 納れ, 船の, 鍔の, 飛んで

▼ 器には~ (36, 0.7%)

3 美が 2 常に秩序, 自然の, 遠い

1 [27件] あれほど, いって, これに, しきりに連合艦隊, しばしばこの, なお美し, ひそかに, よく感じ, 一万五千の, 一物が, 乗らぬよう, 前述の, 在銘の, 女に, 小量の, 形が, 彼れ, 抵抗できる, 敵わ, 特別の, 相応しくない, 相応わ, 菓子は, 蒸菓子と, 釉薬が, 阿伽, 馬尾藻が

▼ 器では~ (33, 0.7%)

10 ない 3 ないか 2 ありません, ないと, なかった

1 [14件] ありませぬ, この教え, ございません, ございませんが, ないが, ないまして, なくて, なく器, なく用, まだ駄目駄目, 名を, 性と, 盛りきれまい, 聞かれなくて

▼ 器時代~ (32, 0.7%)

2 といふの, と新, のもの, の人, の繪

1 [22件] から人間, から新, といふ時代, と比べ, と變, には未だ, には見られない, に屬, に比べ, に氣候, の中頃, の人間, の人類, の十分の一, の古い, の大昔, の最も, の最後, の繪畫, の間, の陳列室, を私共

▼ 器として~ (31, 0.6%)

2 ゐた翁, 世間に, 存在する

1 [25件] これを, ふさわしい新た, 以前から, 何を, 作られたもの, 作られて, 作る赤楽風, 使うこと, 使うべくチャーチル, 使用する, 取扱われて, 善を, 坦々と, 堂々と, 徳川中期以後に, 必要な, 新たなる, 永く続く, 活動し, 物足りないもの, 用いら, 用いられますが, 発達した, 白熱灯を, 花器として

▼ 器である~ (25, 0.5%)

1 [25件] かどう, かも知れない, からおまけ, からこれ, から格, から針, か否や, が之, が後者, ことは, ことを, ためか, ということ, とすれ, と云っ, と云ふぐら, と思ふ, と折紙, と見直し, と認めた, 事が, 事だけは, 左様これは, 易の, 運命が

▼ 器という~ (24, 0.5%)

4 のは 3 ものが, ものは

1 [14件] のが, のだ, ものか, ものじゃろ, ものの, 以外に, 区別の, 名称である, 大きな釜, 学者が, 学者は, 烙印が, 物も, 食器の

▼ 器~ (24, 0.5%)

2 の大体

1 [22件] が決して, が自作, だけを通じて見る, ではない, と言い, にそぐ, のある, の一部, の大半, の形体, の意匠上, の景観的条件, の精作, の製作, はコック部屋, は如何, もあった, をさ, をつくる, を拵え, を発見, を眺める

▼ 器~ (23, 0.5%)

1 [23件] からです, からと云っ, から美し, がこの, が一方, つて人の, という, とかいふ話, とかまた, とか香炉台, と信じる, と思っ, と知っ, ね, ね刀, のが, のと, のという, もの, よ, 検温器だ, 燔祭の, 調剤だ

▼ 器にも~ (21, 0.4%)

2 またかかる, 弥陀の, 正しい美しさ, 活, 見られるでは

1 [11件] いって, こういう関係, この声, たれて, なり退屈, 似た飛越器, 化けなければ, 時々硬い, 汲み來, 精神と, 這入らずレントゲン

▼ 器~ (21, 0.4%)

1 [21件] がころがった, この他, であったでは, など一応, にも紛失, のうち, の触れ合う, はそこらあたり, は作る, は影, へも例えば, も細々, をのせた, を前, を売払った, を奪った, を数々, を盗み出した, を盗み出しました, を置き並べ, を館

▼ 器~ (17, 0.3%)

1 [17件] から出, か礼拝堂, で彼女, で気, で見た, に三つ, に入る, のどんな, の場面, の扉, の概景, の疑問, の真相, の頭上, の風精, を出, を除いた

▼ 器~ (17, 0.3%)

1 [17件] ぐらいに考え, との関係, と心臟, と言, にか, にかかる, にて死せし, に犯される, のため, のほか, の人, の侵略たる, の医者, の大家, の患者, の書物, を直す

▼ 器など~ (15, 0.3%)

2 持たない清潔

1 [13件] いふ字, いろいろな, すべての, である, ないもの, 云うと, 前世紀的, 天王堂へ, 必要は, 無論買つて, 省みる者, 見物の, 造り一年

▼ 器とを~ (14, 0.3%)

1 [14件] そろそろ胴体, つくったこと, ぶっつけたの, もって, 併せて, 分てば, 別ち身と, 別つ, 取り上げました, 問はず又, 現代の, 用意し, 盆に, 運んで

▼ 器でない~ (12, 0.2%)

2 ことは 1 かのよう, とする, と肴, のだ, のである, ものが, 事を, 強ひ, 時は, 者に

▼ 器とは~ (12, 0.2%)

2 もとより一般 1 いいますが, いえないかも, どうもちつ, なりがたい, 一体である, 人格的に, 形は, 比較すべく, 衝動である, 雲泥の差が

▼ 器~ (12, 0.2%)

4 のだ 2 のです 1 のである, のを, んだ, んだろう, んていう, んです

▼ 器~ (12, 0.2%)

1 [12件] 以テシタルカ如キ切創アリ, 使用スル事能ハズトノ理由一モ存スル事無, 出ダシ, 功一級トナサバぴすとるハ応ニ位記返上タルベキカ, 多ク陳列セリ, 好ミ一人ハ, 好ムヲ以テ勝レリトナサズンバアラズ, 好メバ則チ人ハイマダ古器, 玩ブハ他, 観ルノ眼ニテ, 観ルハ徒ラニ, 運ンデ

▼ 器たる~ (11, 0.2%)

4 運命を 1 ことに, ことを, に堪える, に堪へる, に留まらなかった, に終っ, 石鏃の

▼ 器であった~ (11, 0.2%)

2 としたら 1 ことが, ことを, ためこれらの, というの, のです, のを, ように, 場合だ, 大名物

▼ 器でも~ (11, 0.2%)

2 ある 1 あつた, かけられたよう, こうやられ, なくその, 一番に, 差し支えなし, 悪そう, 持って, 海底五十米突以下に

▼ 器からは~ (10, 0.2%)

1 なれて, また話, わけの, 声なじみの, 嬉し涙を, 小さな雲, 惡臭の, 東京市郡全体の, 水を, 盛んに

▼ 器であっ~ (10, 0.2%)

1 てあの, てはならない, て下手もの, て作られた, て動物, て器, て故意, て普通, て民器, て決して

▼ 器なる~ (10, 0.2%)

2 が故, が故に 1 がゆえに, ものに, 布留の, 所謂弥生式土器には, 能はず或は, 能はず非

▼ 器によ~ (10, 0.2%)

2 つて學ん, つて現 1 つて教を, つて獸の, つて現は, つて直ちに, つて自然に, つて道を

▼ 器などの~ (9, 0.2%)

1 ことを, 実用品, 工作機械が, 巧みな, 建築金具を, 散った部屋, 機械類が, 説明も, 道具を

▼ 器より~ (9, 0.2%)

2 器に 1 して, 使い古したもの, 初秋来り, 灌ぎ斯かる, 至だせし, 見るならば, 飮みし

▼ 器であり~ (8, 0.2%)

2 それは 1 ながらそのまま, 何も, 切符押出機であり, 計器であった, 足利将軍は, 霊の

▼ 器によって~ (8, 0.2%)

1 ていねいに, なされる仕事, ドーバー海峡四十キロの, 丸木の, 女に, 検査する, 計測したなら, 長吉の

▼ 器ある~ (7, 0.1%)

2 ことを, に非ずし, ものは 1 サヴェール器

▼ 器~ (7, 0.1%)

2 なにかで 1 お前さんに, そうでない, 何かを, 本物か, 消化器かが

▼ 器だった~ (7, 0.1%)

1 から乗組員, というほか, のか, のさ, 事は, 事を, 関係で

▼ 器です~ (7, 0.1%)

21 か, かね, がね, がもう, な

▼ 器とが~ (7, 0.1%)

1 ある, おいて, がっしりした, そう出来, 合奏する, 活動し, 離れて

▼ 器との~ (7, 0.1%)

2 謂では 1 くつ, 交渉の, 區別を, 外には, 系統の

▼ 器などが~ (7, 0.1%)

1 そろって, 並んで, 目を, 置かれて, 雑然と置い, 雑然と置かれ, 鼠の

▼ 器などを~ (7, 0.1%)

1 そこに, 並べて, 備えること, 取扱って, 蒐集し, 買って, 運んで

▼ 器のみが~ (7, 0.1%)

2 よき器, 正しき美, 残る 1 工藝では

▼ 器への~ (7, 0.1%)

2 讃美である, 贈物この 1 ベルトが, 愛着を, 断圧などは

▼ 器まで~ (7, 0.1%)

2 凝つたもの 1 取付けて, 引き上げた, 揃って, 皆きれい, 置いて

▼ 器みたい~ (7, 0.1%)

1 だ, なもの, なもん, な太い, な木, な正確, な頭

▼ 器台盤~ (7, 0.1%)

1 がそれ, というの, とやらがない, とやらでもてなす, とやらをめぐって争奪, とやら云う, を追う

▼ 器~ (7, 0.1%)

2 に沿う 1 から氷, がない, にも白い, に反覆衝突, に接する

▼ 器~ (7, 0.1%)

1 が眼, は健全, は日に日に, は血, へ剃刀, を妻, を斬り落し

▼ 器を通じて~ (6, 0.1%)

1 こえを, 乗組員たちに, 僕に, 放送を, 答えた, 自然と

▼ 器~ (6, 0.1%)

1 の巧, も侮らるる, を船, を製せ, を買い集め, を飾り

▼ 器~ (6, 0.1%)

2 の水 1 に滑稽, に生じた, の黄色い, より見れ

▼ 器~ (6, 0.1%)

2 があつ, は到底, を備へた人

▼ 器~ (6, 0.1%)

1 に一粒, に沈ん, に沿う, の中央, の色素粒, の酢

▼ 器じゃ~ (5, 0.1%)

2 ないか 1 ありません, お前って, ないですな

▼ 器それ~ (5, 0.1%)

2 をこそ美しき 1 が最も, に脱衣籃, を美しき

▼ 器としての~ (5, 0.1%)

1 その美, 太陰, 女子, 婦人, 矜り

▼ 器にこそ~ (5, 0.1%)

2 驚くべき美 1 かえって高い, 最も広い, 最も複雑

▼ 器にて~ (5, 0.1%)

1 これは, スペクトルを, 量り始めて, 鉛を, 階上へ

▼ 器による~ (5, 0.1%)

1 交流高圧を, 刺殺の, 恒星速度の, 溺死という, 精密な

▼ 器らしい~ (5, 0.1%)

1 ものが, ものと, ものも, ものを, 厚手の

▼ 器だけが~ (4, 0.1%)

1 大写しに, 役に立った, 彼女の, 飛行機の

▼ 器だけを~ (4, 0.1%)

1 下へ, 取上げられれば, 懐中にね, 残して

▼ 器とか~ (4, 0.1%)

1 いろいろの, 九谷, 発電機とか, 雑器とかいう

▼ 器としては~ (4, 0.1%)

1 もう役に立たなくなっ, 無用の, 申分ない, 相当古い

▼ 器とも~ (4, 0.1%)

1 いい得られる, なる, 呼び得るでしょう, 為し被

▼ 器などは~ (4, 0.1%)

1 ある, 外国品を, 役に立たない, 見たこと

▼ 器ならず~ (4, 0.1%)

1 というん, と云, の格言, 眞理を

▼ 器において~ (4, 0.1%)

1 信楽の, 凡ての, 恩寵の, 最も渋い

▼ 器やら~ (4, 0.1%)

1 七輪やら, 膳が, 間造り等一切が, 青赤の

▼ 器を以て~ (4, 0.1%)

1 したるならん, はかるの, ゆるす可, 養うに

▼ 器~ (4, 0.1%)

1 ではない, においては阿部, に於, を称揚

▼ 器特有~ (4, 0.1%)

2 の唸り 1 の弧線飛行, の残響

▼ 器~ (4, 0.1%)

1 の不全, の働き, を備えた, を奪われた

▼ 器記号~ (4, 0.1%)

1 からでも当の, に, には中世迷信, の解釈

▼ 器障害~ (4, 0.1%)

1 があらわれ, がみられた, についてはまったく, 若くは

▼ 器からの~ (3, 0.1%)

1 こえが, やうに, 声は

▼ 器こそは~ (3, 0.1%)

2 貴重な 1 工藝の

▼ 器たり~ (3, 0.1%)

2 得ないであろう 1 得ないこと

▼ 器だの~ (3, 0.1%)

1 唐机だの, 柄杓だの, 百ボルトの

▼ 器といふ~ (3, 0.1%)

1 ものは, 御自讃, 言葉が

▼ 器とでも~ (3, 0.1%)

1 いいますかね, いうかね, 名づくべき

▼ 器なく~ (3, 0.1%)

2 一は 1 とも天然

▼ 器なども~ (3, 0.1%)

1 ここの, さすが, 持って

▼ 器なら~ (3, 0.1%)

1 あっちに, ざる者が, ば新しき

▼ 器なり~ (3, 0.1%)

1 また電信瓦斯, 何ぞ以, 青々と

▼ 器においては~ (3, 0.1%)

1 すでに彼岸, 既に彼岸, 遥に

▼ 器にかけて~ (3, 0.1%)

1 分析した, 呉れ給え, 油を

▼ 器について~ (3, 0.1%)

1 いないもの, 女が, 無量の

▼ 器にでも~ (3, 0.1%)

1 なりすますん, 取りすがるよう, 滿

▼ 器にとって~ (3, 0.1%)

1 いかに相応しい, 如何に, 苦しいであろう

▼ 器までも~ (3, 0.1%)

2 詰め込んで 1 きちんと整理

▼ 器をこそ~ (3, 0.1%)

1 ほんとの, 取上げるであろう, 目途として

▼ 器ッちょ~ (3, 0.1%)

1 だから, な人間, にたそがれ

▼ 器~ (3, 0.1%)

1 承ケ, 注グ, 非ズ

▼ 器~ (3, 0.1%)

1 存在スル地ヨリ深, 形像タル, 消毒ヲ

▼ 器~ (3, 0.1%)

21 にし

▼ 器~ (3, 0.1%)

1 器の, 器を, 器二即一である

▼ 器あまりに~ (2, 0.0%)

1 小さき, 小さき事

▼ 器あり~ (2, 0.0%)

1 一時は, 呼吸器も

▼ 器さえも~ (2, 0.0%)

1 必要である, 目標として

▼ 器すら~ (2, 0.0%)

2 無いの

▼ 器その~ (2, 0.0%)

1 徳その, 電源燃料醫藥品などなど

▼ 器その他~ (2, 0.0%)

1 の光学器械, の天産

▼ 器だけ~ (2, 0.0%)

1 ぢゃ仕方ない, である

▼ 器だけは~ (2, 0.0%)

1 水上に, 貸して

▼ 器であったで~ (2, 0.0%)

2 はない

▼ 器であるなら~ (2, 0.0%)

2 ば奉仕

▼ 器であろう~ (2, 0.0%)

2

▼ 器でございまし~ (2, 0.0%)

1 てこれ, てこれこれ

▼ 器でなかった~ (2, 0.0%)

1 からこれ, から卜伝流

▼ 器でなかったら~ (2, 0.0%)

2 決して

▼ 器でなけれ~ (2, 0.0%)

1 ば, ば出来なかった

▼ 器とかいう~ (2, 0.0%)

1 ものを, 言葉に

▼ 器とかいふ~ (2, 0.0%)

1 ものを, 精巧な

▼ 器と共に~ (2, 0.0%)

1 山の, 白い面

▼ 器なき~ (2, 0.0%)

2 所に

▼ 器などには~ (2, 0.0%)

1 ちょっと古び, 雄大な

▼ 器なりと~ (2, 0.0%)

1 ございますが, 自ら卑下する

▼ 器なんぞは~ (2, 0.0%)

1 ノシを, 玩器同様な

▼ 器にまで~ (2, 0.0%)

1 作を, 高めねば

▼ 器に対し~ (2, 0.0%)

1 忌避の, 戦いを

▼ 器に対して~ (2, 0.0%)

1 これ以上の, 罪を

▼ 器のみ~ (2, 0.0%)

1 である, ならず日常

▼ 器のみとも~ (2, 0.0%)

1 觀じ, 觀じ得る

▼ 器ほど~ (2, 0.0%)

1 安らかな, 牀に

▼ 器また~ (2, 0.0%)

1 凡ての, 無論大形

▼ 器よりも~ (2, 0.0%)

1 用の, 確かだ

▼ 器らしき~ (2, 0.0%)

2 姿では

▼ 器をも~ (2, 0.0%)

1 持って, 持つて

▼ 器マタキカズソレニ~ (2, 0.0%)

2 続キ高度計

▼ 器一個~ (2, 0.0%)

1 それからあと, の値段

▼ 器一式~ (2, 0.0%)

1 にダイヤジン, を両手

▼ 器~ (2, 0.0%)

1 に置き, の用器

▼ 器~ (2, 0.0%)

1 をとり出し, を執持すべし

▼ 器以外~ (2, 0.0%)

1 に貝殼, のまた

▼ 器即ち~ (2, 0.0%)

1 爆発物の, 鐘鼎の

▼ 器又は~ (2, 0.0%)

1 モザイクの, 空氣壓搾喞筒等に

▼ 器及び~ (2, 0.0%)

1 アイヌの, 心の

▼ 器~ (2, 0.0%)

1 を買い, を買い入るる

▼ 器~ (2, 0.0%)

1 に導き, に点滴

▼ 器~ (2, 0.0%)

1 に意寛, 鼓は

▼ 器崇拝~ (2, 0.0%)

1 の思想, の石

▼ 器工場~ (2, 0.0%)

1 ではこの, ではピストル

▼ 器時代人民~ (2, 0.0%)

1 に似, の我々日本人

▼ 器~ (2, 0.0%)

1 など言, 下げるよう

▼ 器~ (2, 0.0%)

2 なくし

▼ 器消毒~ (2, 0.0%)

1 しといて, するよう

▼ 器~ (2, 0.0%)

1 の意, の類

▼ 器瑠璃~ (2, 0.0%)

1 の杯, の杯瓶子

▼ 器病患者~ (2, 0.0%)

1 として倒れね, の歌

▼ 器病者~ (2, 0.0%)

1 の心理状態, はにわかに

▼ 器~ (2, 0.0%)

1 の狼藉たる, を洗っ

▼ 器~ (2, 0.0%)

1 余を, 衣その

▼ 器~ (2, 0.0%)

1 であります, の四つ

▼ 器~ (2, 0.0%)

2 の医者

▼ 器~ (2, 0.0%)

1 の障害, を通過

▼ 器自ら~ (2, 0.0%)

1 はどう, 鳴りて

▼ 器自体~ (2, 0.0%)

2 に定着

▼ 器~ (2, 0.0%)

1 ありうた, の凡

▼ 器識超卓~ (2, 0.0%)

2 常に眼

▼ 器重宝~ (2, 0.0%)

1 はこの, をどんどん

▼ 器~ (2, 0.0%)

1 の一つ一つ, を凡て閉ぢ

▼1* [289件]

あたかも苦患に, 器あまたとりちらしたるなか, 器かが悪い者, 器かけてさみしく, 器かさねての御意, 器かのように, 器かも知れない, 器からのみ選んだでは, 器からもはっきりで, 器かりそめに, 器がからまわりを, 器ぐるみ強くはさん, 器こっちの把手, 器これなら秘法, 器ごとさし出しました, 器ごと水の中, 器ごと湯の中, 器へもはや, 器さえあれば, 器さんは下総国市川町, 器しろし妻か, 器じみた巨大な, 器じゃが今日は, 器すべての人, 器そこに工藝, 器そつくりですからな, 器そのままの感じ, 器それからこの詩, 器それだけのもの, 器それ自身の検査, 器そろへお, 器たんとはいけぬ, 器だけしかないこと, 器だけのことしか, 器だって日光には, 器だつたがそれ, 器だろうか, 器やない, 器ってやつを, 器ちよに, 器つき気体の膨張, 器づかいを教え, 器であったらさらにこう云っ, 器でありますから自然丈夫, 器であるごとく同時に自慢, 器であれば粗末, 器でなかつたら決して, 器でもが悪いよう, 器というも可なり, 器とかへ勤めてる, 器とても全く民衆の, 器となせり, 器とにひっかけロープ, 器とのみが歴史に, 器ども打たせたまいて, 器なぞを借りに, 器などではないが, 器などと云うもの, 器などといふ近代的器械を, 器などとも謂ふ, 器などに今日でも, 器などにもたまげて, 器などをも澤山列べ, 器なみに分相應, 器ならざるものに, 器なりきその主, 器なんど体裁好く卓上, 器にあたってガラスを, 器においてのみである, 器にかかつた, 器については語らない, 器についても相当の, 器にとつても, 器になつたのも, 器にもなつてゐる, 器によつて之, 器にをさめられて, 器に関する専門家は, 器のみを選びました, 器のも少し粗末, 器はたとへ蓋, 器ばかりはほとんど昔, 器へと変って, 器ほどの小型の, 器まことに異品, 器までが輸入された, 器てえなデック, 器めがけてぱっと, 器もってき, 器ものもさわっ, 器もほどの知れたもの, 器ゆるくややもすれば辷り, 器よろしきものに, 器をかぶつて, 器をぞ執る, 器をばオランダベルギースペインイタリアの, 器を通して何者とも, 器オランダ織の, 器コップなどのせ, 器コップ尿器各一個, 器ソノ他ヲ運ンダリ湯, 器ト火薬ナドノ物智ニ長ケ武者立チ厳シク軍律ヨク行ハレテ遠ク大坂ト海, 器ニ從テ其形状亦變スルガ如シ, 器未歴驗セズト雖其理, 器ハ雅ナリトイヘドモイマダ新器, 器バフマン氏気圧計猟銃携帯電灯鉱山用のハンマー, 器ベタキシンの箱, 器マイクロフィルム等々の機械礼讃, 器モートル電磁石高圧器真空管スピーカー等を材料, 器ヨリ勾玉管玉ノ類, 器ヲバ和臭有リトシ又本邦, 器ヲ用ヰ女子ノ覆面ヲ用ヰシ事, 器も毀損, 器一つは魂, 器一切が運び込まれ, 器一台を備, 器一杯の水, 器一点が殆ど, 器一部のみ醒覚, 器けを取, 器上竜状あるもの, 器並べて商, 器乃ち貴し, 器乏しき事なし, 器二即一である, 器人間に許された, 器什物ノ有, 器仏壇等幾百種あるを, 器仗戎具並びに楯等, 器付きの燃焼装置, 器以上の大望, 器伝話の機等, 器の設備, 器体そのものを完全, 器から何, 器使用の犯行, 器使用人民ハ亞米利加舊來ノ石器使用人民, 器たる, 器ならずと, 器全体が照明, 器六方石のその, 器兵力経済いうまでも, 器凡愚煩悩の人間, 器は蓋, 器分無しにも人, 器切り捨度き日, 器剪斷機あり, 器十一哥の皿三枚, 器即器で心, 器古今の名匠, 器古本屋の赤い, 器一個より, 器名什を蒐集, 器四徳二調の和, 器土器の使用, 器の一部, 器塩壺ソース芥子の器なんど体裁, 器除け眼鏡, 器の音律, 器多くはこれ松門, 器大破の後, 器大臣に任じ, 器大臣ロイド・ジョーヂ氏は自らウェールス, 器天秤棒を買っ, 器婢子を立て, 器に於, 器宝什や美酒佳肴, 器宝庫に充満, 器宝物高貴の織物, 器が身体, 器専門の人, 器小型カメラなんかを使っ, 器小意急の輩, 器少し寫眞の, 器居天地之先, 器などはまだ, 器屋ハムソーセージのうまい, 器崇拜教を分派, 器崇拝論者を喜ばせ, 器度才幹に於, 器の門衛小屋, 器になつ, 器が意匠的, 器念入りの客, 器の芸術, 器所資乎蓋以先作者居前増益者處後作非一時, 器持参の放送局員, 器操作の効用, 器ひの, 器数個の薬品, 器整流器陰極線などの線画, 器數種を得たれ, 器が打診器, 器時には枯れた鉢植, 器智勇の良臣, 器曰く兎の肉, 器書画雑貨を陳列, 器木目の美しい, 器などを卓, 器械引担いで, 器械貸の場合, 器検定室の一隅, 器に鼻, 器の具, 器殆ど人界のもの, 器民画私はそれ等, 器水差というよう, 器水指等々として現在, 器永正古図, 器の励行, 器注射器数個の薬品, 器洋杯の類, 器溲瓶箒塵とりなどを買っ, 器照明灯などの外, 器牙噐石噐中には其形状, 器牙器は燧石, 器牙器考説の終り, 器さし裁ち板, 器珠玉の類, 器用だちな所が, 器は茶山集, 器に於, 器具どうも少々, 器異類夥しかった, 器疾患とにらん, 器病專門の, 器病疾には誰, 器病者神經系病者に負, 器盛りの肴, 器盥釜の類, 器を置き, 器真空管スピーカー等を材料, 器磁器等多く出し之有り, 器はそれ等, 器に透かし, 器を中心, 器符号を付けた, 器も輸出, 器粘膜では口内炎, 器糧米の量, 器系統の障害, 器紫外線赤外線レントゲンの機械, 器縱横を誇張, 器に誌, 器考説の終り, 器に壓, 器胸囲身長体重の平均, 器能才力あるに, 器自作を志, 器自身でもなく, 器良好しで, 器薬瓶天井から下ってる, 器蘭人の製, 器製作家フリント・ヂヤックは一本, 器製造反対だ, 器製造所を建てた, 器製造所創設の案, 器褞袍も残り, 器であること, 器角噐牙噐は皆理科, 器角器牙器は燧石, 器に風狸, 器も所有, 器貝十郎の命, 器財宝没収されおわん, 器買いやすい値段, 器返却に付, 器選択説を覆へす, 器部分品を削りあげ, 器配電盤何時も見馴れた, 器重して而, 器金属器自ら鳴りて, 器鉦太鼓磬香華などをかざりたて, 器鍬先の考, 器長い火箸, 器長兄章斎義方の名, 器たらずんば, 器關共の存在, 器附きの掛けラムプ, 器陰極線などの線画, 器陶器のたぐい, 器や軍帽, 器顛倒して, 器類それらのもの, 器類似のもの, 器類織物類太刀類印籠類等々の音物, 器食器も具えられ, 器食糧などを増派, 器齷齪天下の大事