青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「孤~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

存じ~ ~存じます ~存する 存する~ ~存在 存在~ 存外~ 孝~ ~季節 季節~
孤~
~孤独 孤独~ 学~ ~学問 学問~ 学士~ ~学校 学校~ ~学生 学生~

「孤~」 1031, 11ppm, 9746位

▼ 孤~ (271, 26.3%)

6 である 5 なの 4 なる, な生活, の中 3 だ, だと, に暮らし, の, の感, の感じ, を感じ

2 [20件] が, であること, であるの, と悲哀, なるその, なる人, なる存在, な人, な姿, な彼, な心持, な男, にし, の境涯, の日かげ, の椅子, の生活, の道, やの一生, を感じる

1 [187件] から救, がどんな, が孤獨, が恐し, が自分, さう, さうな樣子, だから, だつた, だつた事, だつた彼, だ死ぬまで, で, であるとき, でおまけ, でこ, でし, でした, です, でつくられた, ではない, で傷ついた, で暮し, で暮らし, で男, で研究, といふの, といふ考, とかやう, となつ, となる, とを夙く, とを強烈, とを眼覺, と一切, と不遇, と云, と其孤獨, と寂寥, と暗鬱, と沈默, と落魄, と閑寂, ないはば, なお方, なすがた, なそして, なたまし, なだけ, などの義, などは實, なふるい, なもの, なり, なるわれ, なる人間, なる寂し, なる犬, なん, なんて事, なマルテ, なマルテの, な人間, な存在, な小人, な少年, な引込み勝, な影, な彼女, な旅, な氣持, な氣持ち, な胎兒, な詩人, な靜寂, においてである, において私, にする, について, にてよる, になつて勉強, になる, には味, には美的, にばかり生き, に入る, に冬, に堪へ, に於い, に生き, に生きね, に生きる, に陷つた, のお爺さん, のお蔭, のため, のなか, のなつかしい, のぺんぎん鳥, のま, のより, のわび住, の一つ, の何, の倫理的意義, の偉大さ, の哀感, の堪へ, の境, の境涯底, の壯絶感, の宿, の實, の形, の影, の思ひ, の恐怖, の悲し, の悲痛, の悲痛生活, の情味, の感情, の感想, の救恤男女勞働者, の旅, の時, の暗い, の果實, の條件, の條件以外, の浪人, の海邊, の涙, の淋し, の状態, の生, の生涯, の立たず, の經驗, の美的, の老, の自, の自分, の自己, の自由, の苦し, の裡, の身, の響き, は, は内, は山, は恐らくは, は感情, は最も, は死, は瞑想, は義雄, への傾向, ほどに好き, もまことに, も恰も, を, をいささか, をうち捨てる, を十分, を告げる, を味ふため, を好む, を孤獨, を守ツ, を愛する, を感じず, を感じた, を感じない, を感謝, を慰め, を攪亂, を求める, を泣かざる, を男らしく, を知らない, を經驗, を超えさせる, を超える, を迎, を逃れる

▼ 孤~ (46, 4.5%)

4 の婦人 2 で, で眠られる, に引返し, に白痴, の周囲, の灯, の背戸, へ引返せ, を借り上げ

1 [24件] であるこの, で店さき, で来さつ, なり, なる言, に宿つた事, に着いたらう, に着いたろう, に行暮れ, のそれ, のもの凄い, の不思議, の四方, の女, の如く, の婆, の怪しい, の裡, の見え, の見えなくなった, の軒, へ来, へ連れ, へ連れ出す

▼ 孤~ (41, 4.0%)

4 になつて 3 になつ 2 となる, になる

1 [30件] あり夕ぐれ其門, だと, であ, であつ, である, で引, で金, となつ, などを譯, になつたお, になつたの, になつて引, になり, になるだらう, には珍しい, にも數千年先, に寄せられた, の, のお, のけふ日, の吾身, の娘, の後見人, の心, の憐, の身, また寡婦, をひき, を引き取り, を抱きしめ

▼ 孤堂先生~ (36, 3.5%)

4 の世話 3 の家 2 と小夜子, の顔

1 [25件] から教わった, が云う, との関係, にも済まんです, のため, の僑居, の口, の声, の窪んだ, の車室, の頭, の首, の黒い, は可憐, は右, は変, は床の間, は枕, は熱, は背中, は胡麻塩交, は足, は返事, は過去, への談判

▼ 孤~ (35, 3.4%)

4 の家 2 と万次郎, は無事

1 [27件] が万次郎, が始末, が引っ越し, が重, という号, という女, という女絵かき, とお, とが絡ん, との関係, とも今夜かぎり, と號, にかかせました, の住み, の前, の引っ越し先, の番人, の詮議, はおどろい, は万次郎, は二十四, は太宗寺, もうすうす, をここ, をせき立て, を殺そう, を調べる

▼ 孤~ (29, 2.8%)

2 託すの, 託すべき底

1 [25件] お託, かきながら, たのむぞとの, めぐりて, 一手に, 丞相に, 助くる時, 大事と, 奉じて, 孔明に, 守って, 守り立てて, 守る忠節, 托したの, 擁して, 擁せる, 案じて, 滅ぼして, 称す是, 袁紹に, 託された諸, 託す, 託すぞと, 託すぞとの, 託す可

▼ 孤~ (28, 2.7%)

2 人間の, 過ぎゆかば, 静かな

1 [22件] これ等の, しずかな, しづかな, でいる, でそう, で行っ, で起居, にとつて, の声, の天, の己, の村, の気分, の部屋, の閨, 奔せぬ, 思に, 此等の, 目当なく, 空しくわれ, 胸を, 高く浄

▼ 孤踏夫人~ (28, 2.7%)

2 てあんた好き, なる女人, の家, の様子, の神経質, は上品, は小笠原, へ海, や又, を訪ね 1 が陥, が陥った, てずい分, てずゐ, に会, に会え, は此処, は此辺

▼ 孤~ (18, 1.7%)

1 [18件] が何, なる発光体, な山中人, な精進, な老師, な自分, な魂, にうるんだ, に委せり, に耐, のうち, のゴンクウル, の思ひ, の遣る, を守っ, を愛し, を求めるせゐ, を見つめ

▼ 孤~ (17, 1.6%)

1 [17件] に乗り込んだ, に似, に処し, に幽閉, に暫時, に比べる, のデュエット, の怪婆, の灯, の立てる, の縁外, の背戸, の蓼, の軒, の霧, の鬼, を守る

▼ 孤~ (16, 1.6%)

2 の中

1 [14件] と象徴派, などはみな汗, なの, にみちた, に哭き, に囚われ, に堪へかね, の少年, の底, の影, の身, は伸子, は時に甚だ, を託つ

▼ 孤~ (15, 1.5%)

4 の麓 2 は燻銀 1 が見えます, に行き, に遊んだ, の中腹, の頂, へ一行, をいだき, を発しる, を認む

▼ 孤~ (14, 1.4%)

1 [14件] ごとき一箇, ために, 劉, 姜維を, 寂寥を, 寄託大業の, 少女の, 成長した, 族にて, 煢然たる, 父信忠が, 用に, 身も, 面に

▼ 孤~ (13, 1.3%)

2 の将来

1 [11件] だそう, であった, となった, になっ, に異ならざるなり, の三郎, は, よりもなお, を養, ヲ託スルノ, 又は金

▼ 孤~ (11, 1.1%)

6 の下 2 のかげ, の影 1 の火かげ

▼ 孤~ (11, 1.1%)

1 [11件] があの, がまだ, が下座, が來, が訪ね, が頻りに, と入れ, の唄, の如く, はまた, 並びにその

▼ 孤~ (10, 1.0%)

2 して 1 し乱政虐刑, つままれたよう, なってたん, なりしをば, 仕えること, 布二匹を, 注がれて, 物を

▼ 孤~ (10, 1.0%)

1 から訓, がおさえ, それに菊之丞, と訊け, の目, はなだめる, はにこにこ, はひと言, は童子, 入智恵

▼ 孤軒老師~ (10, 1.0%)

2 の訓 1 から新しく, がこの, が予言, にはからず, に邂逅, のおしえ, は恒, をもたずね

▼ 孤~ (9, 0.9%)

1 および芳流閣, かならずつらぬき徹します, ではあるまい, の胸ひとつ, の臣, をたたえ, を全う, を憐, を盡

▼ 孤ならず~ (7, 0.7%)

1 ちよろつ, ともいう, の蜜柑哉, 女湯必ず, 必ず鄰, 必ず隣, 欲しが

▼ 孤~ (6, 0.6%)

1 その義臣, です, と老臣, のため, の将来, の御

▼ 孤~ (6, 0.6%)

1 である私, といふ語, と静寂, な心, はその, を感じました

▼ 孤~ (6, 0.6%)

1 の浮寢, をご, を愛した, を養う, 依るところ, 単影

▼ 孤軒先生~ (6, 0.6%)

1 から伺っ, なる老人, に, にまぎれ, のあの, の先見

▼ 孤~ (5, 0.5%)

1 たらしめざるべからず, とならしめたる, となる, と為り, なりき

▼ 孤坐し~ (5, 0.5%)

2 ている 1 ていた, て一つ, て王次回

▼ 孤~ (5, 0.5%)

2 にし 1 なおもしろい, は槍ヶ岳, 削れるが

▼ 孤~ (5, 0.5%)

1 だが, として聳, の城, は即ち, 不白

▼ 孤~ (5, 0.5%)

2 にし, を憐れん 1 ならしむる所以

▼ 孤蓬庵~ (5, 0.5%)

2 が愛玩 1 だつたか, の系統, の隣地

▼ 孤~ (5, 0.5%)

1 に徹せよ, に陥, の涙相, の記, を守り

▼ 孤~ (4, 0.4%)

1 きこえて, なつて, なり羸弱, なるも

▼ 孤りで~ (4, 0.4%)

1 お登り, ふつと, 病院で, 高い所

▼ 孤~ (4, 0.4%)

1 が海, の上, を削っ, を指し

▼ 孤~ (4, 0.4%)

1 とかいた, の四字, はいくら, は法律上

▼ 孤~ (4, 0.4%)

3 の上 1 立つ

▼ 孤~ (4, 0.4%)

1 五蠧説難諸, 以下十餘萬言を, 何関児女事踏青争上岳王墳, 日本太郎の

▼ 孤~ (4, 0.4%)

1 して, し夜間, でもし, と人

▼ 孤~ (4, 0.4%)

1 と精進, の剣人たち, の劍人たち, 高しと

▼ 孤~ (3, 0.3%)

1 児で, 児にも, 児の

▼ 孤君信長~ (3, 0.3%)

1 と御, の前途, を繞

▼ 孤~ (3, 0.3%)

1 の前, の所在, は今

▼ 孤~ (3, 0.3%)

1 に取残された, の海心, を取巻く

▼ 孤座し~ (3, 0.3%)

1 ている, てゐる, て持ち帰った

▼ 孤~ (3, 0.3%)

1 の影長, の書いた, は

▼ 孤~ (3, 0.3%)

1 に呆然と, の上, を見る

▼ 孤~ (3, 0.3%)

1 である, の斡旋, 少参事兼大隊長加藤武彦

▼ 孤~ (3, 0.3%)

1 というの, の細く, 双鳥下

▼ 孤獨生活~ (3, 0.3%)

1 への隱退, を樂, を高調

▼ 孤蝶子~ (3, 0.3%)

1 との中, との間, とはうらうえ

▼ 孤~ (3, 0.3%)

1 その繁昌, であるが, のゆうべ

▼ 孤~ (3, 0.3%)

1 なり, にあらず, は秋旻

▼ 孤~ (2, 0.2%)

1 あつた, 母を

▼ 孤~ (2, 0.2%)

1 家が, 家である

▼ 孤~ (2, 0.2%)

1 あつた, 泣いて

▼ 孤なる~ (2, 0.2%)

1 にあたりて消し, 風情独り負ふ

▼ 孤りでゐる~ (2, 0.2%)

1 この時, ので

▼ 孤~ (2, 0.2%)

2 わびしい陶磁

▼ 孤光燈~ (2, 0.2%)

1 の秋風, を燭

▼ 孤兒院~ (2, 0.2%)

1 の子供, の設立資金

▼ 孤劉禅~ (2, 0.2%)

1 の君, をようやく

▼ 孤劍君~ (2, 0.2%)

1 と一, の

▼ 孤~ (2, 0.2%)

1 つてた, 観心

▼ 孤~ (2, 0.2%)

1 に姉, を守つて

▼ 孤~ (2, 0.2%)

1 になられた, を仮り

▼ 孤~ (2, 0.2%)

1 するに, を慰める

▼ 孤~ (2, 0.2%)

1 に人知れず, もその

▼ 孤~ (2, 0.2%)

1 の鳴り, 鳴りがたき

▼ 孤松さん~ (2, 0.2%)

1 である, に由つて略

▼ 孤獨そのもの~ (2, 0.2%)

1 がある, のため

▼ 孤獨者~ (2, 0.2%)

1 の國, の間

▼ 孤竹君~ (2, 0.2%)

2 の後

▼ 孤篷庵~ (2, 0.2%)

1 に寄贈, に彼

▼ 孤行独歩~ (2, 0.2%)

1 だった, の生活

▼ 孤衾襟~ (2, 0.2%)

1 寒き苦学自炊, 寒き苦學自炊

▼ 孤軒老人~ (2, 0.2%)

1 が, もいくら

▼ 孤鳳皇~ (2, 0.2%)

2 を見る

▼1* [176件]

ふでなどの, 孤そのものである, 孤たるを以てにあらずや, 孤つたのだ, 孤だった私は, 孤つなるは猶, 孤でなく独行でなかった, 孤のだ, 孤ならば汝, 孤ならずで貴公が, 孤ならず隣りに掏摸, 孤なりし生立より, 孤にておは, 孤に対して七千円を, 孤ひとり置くべきに, 孤ぼつちで, 孤より衆へ, 孤りでゐたがる人間は, 孤りで辿るのである, 孤りなる異国少年, 孤りぼっち此島に, 孤り住む粟野の, 孤り残された上へ, 孤り立つを覺ゆ, 孤り立てるは誰, 孤り辿りゆく句境涯も, 孤り遠ざかって孤独, 孤をばわれ引き取り, 孤をも己れ, 孤遺ル, 孤三法師のいたいけ, 孤得安, 孤丘アリ下ニ小祠, 孤にそむき, 孤主君の信長, 孤信長を, 孤に惹かれ, 孤の子, 孤兒ト同一ナル權利ヲ有, 孤兒何處へ行き, 孤兒院設立の資金, 孤兒院長に逢つた事, 孤の生涯, 孤劍荒畑寒村山川均深尾韶赤羽巖穴等の諸君, 孤だった, 孤を抱く, 孤坐した時の, 孤坐ったぎり終には, 孤堂先生はさほどに大事, 孤遠風圧片帆遒, 孤の閑寂, 孤墳蕭然として独り落暉, 孤夫草雲だった, 孤女院貧民院等の義挙, 孤の装い, 孤孀婦あわれなの, 孤して, 孤するよう, 孤寂そのものだった, 孤寂なかげをションボリ, 孤寒抄の広告文案, 孤寒抄出版のため, 孤寒素貧かつ無, 孤将ほかに善処, 孤将関羽のす, 孤山沖にかかりぬ, 孤山駅へ先, 孤岩の上の道士, 孤の感じ, 孤峯心了居士元祿七年甲戌十一月二十三日, 孤峰今も変らぬ, 孤峰和尚といふ, 孤峰心了居士といへり, 孤峰頂上から下界, 孤の彼, 孤巌頭を出し, 孤にたいして寺, 孤の寒檠, 孤帳寂寞の感, 孤座する時都府の, 孤座紙に対するに堪へず, 孤弥六が教, 孤往明治後半期の政界, 孤往独邁して, 孤徽殿の細, 孤拠るところ, 孤忠義胆の武士, 孤忠苦節をつづけ, 孤を破る, 孤愁極りなき漂浪人, 孤愁苦鬪な道, 孤が思出, 孤をささえ, 孤ですら, 孤杯例によって端然自若, 孤松のどかに馬, 孤松一樹ありその, 孤松氏は夙く, 孤松氏宅やその, 孤松氏尽力の形見, 孤松氏等をも引込み, 孤枕曾労千里夢一燈初話五年心の詩, 孤栖といへるは, 孤格子の鼠不入, 孤桑樹は万年, 孤棲生活を営む, 孤なの, 孤を揮っ, 孤樹制多等に帰依, 孤樹靈廟に歸依, 孤在辰, 孤燈それにつけ, 孤燈一穂の光, 孤父経盛などは目立たない, 孤を愛づる, 孤獨ぢやありません, 孤獨地獄に苦しめられ, 孤獨寂寥の人, 孤獨幽棲の一少年, 孤獨批評等の事, 孤獨氣でないだけに, 孤獨病で死んだ, 孤獨的な指遊, 孤獨赤貧の一青年, 孤疑し逡巡し, 孤の憂世家たち, 孤有才, 孤何の, 孤はさびしさびし, 孤秀頼を擁する, 孤秀頼君が唯一, 孤の境界, 孤窮門下に身, 孤を憫む, 孤竹国を伐ち, 孤竹国君の二子, 孤笈飄然として英京, 孤節紅葉山人の衣鉢, 孤篷庵現住小堀月洲師の快諾, 孤篷泊處雨蕭蕭疎鐘夜火寒山寺, 孤篷禅庵にこそあの, 孤の一端, 孤の言, 孤せる一大樹, 孤芳ひとりが寝床, 孤みすぼらしい身, 孤苦無援の木耳, 孤ともいふべき, 孤蓬庵主小壺をもとめ, 孤蓬庵父子はこの, 孤蓬雨を衝い, 孤行独往である, 孤行獨歩だつた, 孤衣孤剣の身, 孤衣孤劍の生涯, 孤調のわびし, 孤せざる手腕, 孤身幾度の秋, 孤身幾秋をか送る, 孤身漂零としてこの, 孤身苦闘に巌丈, 孤身飄然異郷にあっ, 孤軒先生わたしは屹度, 孤軒君も一昨年越後, 孤使朝貢, 孤段々畠, 孤来江戸, 孤の徳, 孤雲先生まだ醉つて, 孤雲野鶴を見, 孤をさらし, 孤する雌蝶, 孤の研学, 孤驛既に夜, 孤既に, 孤鶴銀漢に啼く