青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「孝~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~存 存~ ~存じ 存じ~ ~存じます ~存する 存する~ ~存在 存在~ 存外~
孝~
~季節 季節~ 孤~ ~孤独 孤独~ 学~ ~学問 学問~ 学士~ ~学校

「孝~」 1646, 18ppm, 6423位

▼ 孝~ (355, 21.6%)

4 と申す, は, は後 3 が主人, が殿様, が相川, どん誠に, の文庫, は殿様, を連れ, 殿も

2 [22件] お詫びを, がお, が間, だから, に暇, の不注意, の来る, の膝, はいよ, はお, は主人, は予, は唯, は思わず, は恟, は手, は新, は泣き, は相川, は私, は自分, を愛し

1 [275件] あゝ仰し, お供いたしましょう, お詫, かえ, から残らず, がやって来りゃ, がよく, が丁度, が三年, が主人飯島平左衛門, が勇齋宅, が参っ, が困る, が図らず, が夜ぴて, が大, が屹度告口, が往, が得心, が忘れた, が怒っ, が敵討, が新, が独, が盗み取る, が盗んだ, が石橋, が私, が行く, が見る, が覚悟, が誤っ, が躍起, が鉄砲, が養子, が驚い, くやしき声, ぐらいな善く, こちらへ, これへ, たじ, だ, だけを御当, だ相川, でございます, でございますが, という草履取, とか, とか云う, とは一旦, と一緒, と云, と五郎三郎, と共に幡随院, と喧嘩, と思い, と源助, と申しまする, と私, と私共, どうした, どう致した, どん, どんお前のを, どんは, どんばかりの, どん云わない, どん此の, どん源助どんお, どん源助どん殿様が, どん源助どん殿様の, にこし, にそんな, には弁当, には遺恨, にやっ, に一応, に与し, に別れ, に向い, に娘, に廻り逢い, に恋, に恋煩い, に打っ, に教えた, に斬り掛けました, に斬掛けました, に突かれた, に立, に話しました, に誑され, に謝まれ, に逢いました, に遺恨, に鉄砲, の, の一子孝太郎, の事, の初, の因果物語, の存在, の実母, の実父, の帰る, の役, の後, の復讐, の心, の忠, の忠実, の忠義, の手, の持っ, の敵, の新枕, の方, の月代際, の槍先, の母親, の父, の結納, の考え, の胸ぐら, の腰, の血統, の親, の転々さ, の運, の顔, の驚き, はおい, はお前, はかえす, はすぐ, はそれほど, はぬくぬく, はまだ漸く, はもう, はヒイ, はヒラリ, は一歩, は三月, は不審, は不快, は両方, は中學, は人, は今宵, は仮令, は口惜涙, は可愛, は呆れ, は図らず, は外, は大いに, は大事, は宇都宮池上町, は宿屋, は少し, は年頃二十一二, は後見, は心配, は息, は悪く, は慰め, は憎い, は懐剣, は手拭, は支度, は敵, は旅支度, は昨夜, は暇, は暇乞, は案内, は止む, は止め, は此奴等, は母, は泣き転がりました, は泣声, は無実, は玄関, は盗らない, は立ち退い, は腰, は若し, は血, は見え隠れ, は越後路, は足, は身, は途方, は進め, は里, は間, は頭, は飛立つ, は養子, は首, ばかり残る, への烈しい, へ義理, へ説得, も主人, も分別, も定め, も気の毒, も源助, も誠に, や私, や種々話, よく聞け, より先, をくれろ, をさとし, をつく, を一寸, を供, を出す, を取逃がさん, を叱っ, を呼べ, を威かした, を弓, を急ぎ, を愛する, を手討, を打擲, を斬ろう, を構い立てする, を殺し, を疑っ, を疑ったろう, を疑り, を盗賊, を突いた, を見掛け, を貰い, を近く招ぎ, を追出す, を逃がし, を門外, を陥, 一旦主従, 云わねえか, 何も, 何を, 外庭へ, 奴が, 奴を, 己の, 己を, 庭先へ, 御主人, 怪我は, 手前の, 折角の, 新五兵衞, 此処へ, 殿あれは, 殿お前帰りがけに, 殿さ, 殿の, 殿又, 殿夜中の, 殿大層, 殿御膳を, 殿歳が, 殿気の毒だ, 殿気を, 殿血相変え, 行って, 誠に相

▼ 孝~ (122, 7.4%)

8 字を 7 道を 4 諡を 2 字が, 條, 胸倉を, 評価が, 頭を

1 [93件] ために, はじめと, はじめなり, ほうに, ほうを, 一ツと, 一座と, 一徳で, 一念その, 一点からのみ, 一色で, 一言, 三人づれに, 上げた顔, 両人は, 中に, 乱心に, 事を, 事蹟に, 何人なる, 余徳は, 兄さんである, 内に, 口から, 名は, 名を, 唇, 唇は, 唇紅を, 声が, 外に, 妹分と, 始なりと, 姿は, 姿を, 子あり, 子と, 字大, 孟宗は, 帯に, 弊害を, 彼を, 心だに, 怯えたらしい慌し, 惡ふざけ, 惡巫山戯, 意義を, 手當を, 手綱ぞ, 接頭語くらいの, 教と, 文字は, 方が, 時代でない, 最善か, 最大な, 枕元へ, 次女徒の, 流弊を, 病気の, 瞳は, 第一, 終った後, 老巧さでも, 考とを, 肩に, 胸へ, 臥て, 至れる, 苦労では, 蘭軒の, 袂に, 袖を, 褄は, 襟を, 言ふ, 言訳も, 諡は, 身の上を, 進の, 道でも, 道という, 道においても, 道も, 邸へ, 部に, 関係を, 額を, 顔を, 風習は, 餘徳は, 首が, 魂が

▼ 孝~ (86, 5.2%)

2 口の, 堪らなかつた, 百行の

1 [80件] お駒, かたまって, がっかりも, ずっと来, その後を, それを, そんな事, ちょっと分り兼ね, なお孝, はだけた胸, まさしく寝, まさに力, まだ吉原, まだ纒まつ, ポンと, 一足前立った, 乱書の, 事實に, 二つばかり, 二つ返事で, 二人が, 仙太郎の, 何べ, 何気なく頷い, 何處へ, 俯向い, 傍から, 兩手を, 冷く, 冷たき虚礼, 前へ, 口を, 大むくれです, 妻子に, 学士の, 家康に, 寝床を, 平常治策, 弛んだ伊達巻, 彳む, 性来ひどい, 手酌である, 振り上げて, 旅僧と, 早速馬武, 時に猪口, 曲げた腕, 来は, 東洋倫理の, 欠伸を, 段鹿子の, 法衣の, 泣き出した, 注意深い色, 澄まして, 片手の, 独言の, 獅子頭を, 疲れたそして, 真青に, 確に, 福山に, 私徳なり, 胸に, 萬七の, 葛木と, 褄を, 覗くよう, 言ふまで, 誰だ, 軽く傾い, 近づいた, 遁げたでないです, 長次の, 離さじと, 頭を, 顔を, 驚きながら, 黒繻子の, 黙って

▼ 孝~ (84, 5.1%)

3 である 2 がその, の顔

1 [77件] がいま輿, がこよいわし, がせがれ, がびッこ, がまだ, が待ち, が早く, が昵懇, が秀吉, だったの, とて貴さま, とともに秀吉, などみな同座, なの, にひきあわされ, にもお, に仕, に会いたい, に似, に対しても間, に彼, に面會, のいる, の剛毅, の命日, の夫人櫛橋氏, の妹婿, の妻櫛橋氏, の嫡子, の嫡子於松, の嫡子松壽, の子, の小, の庶子, の意中, の手, の押し, の母, の潔白, の献言, の終始一貫, の考え, の説く, の説明, の陣屋, は, はあの, はこれ, はすなわち, はふと, はまるで, は子, は忠之, は怪しむ, は愕, は村重, は豐前國六郡, は跡, は輿, は遺書, は隠居, へこう, へ宛て, も, もいうべき, もこうして, も名, も小姓たち, も膝, も見ゆるであろう, らしい影, を助け出す, を大事, を招い, を案じ, を説客, を連れ出し

▼ 孝~ (71, 4.3%)

2 こんな家, 俺の

1 [67件] あっての, あつて, あれば, いうた一言, そうした容体, その第, それぞれ軍の, どない, ふと無意識, まだ若く, ツッと, 一声応ずる, 不服だ, 今だ, 以前の, 何だ, 侍を, 儀式正しく, 凜, 出た, 判然した, 半狂乱, 叩き付けられた蛙, 可愛相, 向うへ, 呼んだ, 國家なり社會なりの, 好いた雛芥子, 家老本多半, 徳である, 懐中で, 戻ると, 投遣り, 捨離し, 掘り出したであろうところ, 早や, 朝日に, 来たの, 横合から, 気が, 清葉に, 清葉ばかりを, 清葉を, 父親だ, 犯人に, 狂気に, 直ぐに, 矢の, 知って, 秘蔵の, 立つで, 第一, 紛れ込むよう, 続けたの, 肩を, 自分で, 若草の, 蒲団を, 見たでな, 視め, 買物に, 重いこの, 重態の, 銚子の, 降りて, 露の, 顏を

▼ 孝~ (63, 3.8%)

2 に語り, の此言, の言, を愛重

1 [55件] あり学行, がある, が善良, が帰省, が濂, と与, に問う, に対する称許, に於ける, に期する, に求む, に示す, に賜う, の一族, の厳, の口, の妻鄭氏, の学徳, の宋潜渓, の幼子徳宗, の弟子廖, の志す, の恩, の手, の才, の文章学術, の父, の読書, の遺骸, の門人兪公允, の門人林嘉猷, の闕下, の集, はみずから, は其翌年丁巳, は君子, は如何なる, は宗濂, は文芸, は果して, は此, は終に, を器, を得, を挙ぐ, を殺さ, を殺す, を用いる, を用いん, を聘し, を薦む, を赦し, を送る, 堅く京, 顧みず乃ち之

▼ 孝ちゃん~ (57, 3.5%)

13 の家 3 の親父さん 2 のお, は闇

1 [37件] お押し, がいう, がかんじき, がどう, がふい, が不思議, が助け, が早く, が明り, が歓喜, が止っ, が殿, が泣声, が滑っ, が片足, が答える, この門, ずるいや, と家, に何, に裏, に連れられ, の一家, の助手, の声, の妹, の家中, の後, の清書, の親父, の顔, はいいました, また追いかけ, も一緒, も寒い, を振返る, 怒ったから

▼ 孝さん~ (50, 3.0%)

1 [50件] がコワ, が何, が好き, が廻れ, が茨, が言った, こそ可, さ, ちょいと, というの, とに挟まれ, とを伊之さん, と姉, と現在, と近く, にあげた, には姉さん, に似, に相談, に至つたの, に誘われ, のお, のおばあさん, のすすめ, のところ, の傾倒, の家, の思い出, の気性, の裡, の許, の顔, はいつも, はきかなかった, はこの, はときどき, はなかなか, は僕, は母, は泣き出し, は熱情家, は相, は私たち子供連, ばかりなん, もよ, も熱情家, も私, を呼ん, 分りますか, 遅いじゃ

▼ 孝~ (46, 2.8%)

3 盡くす, 行ふ 2 百行の

1 [38件] しなければ, しろ何故, するは, その妹, つくさなければ, つくして, 二階から, 人名としては, 何よりも, 俳優で, 取るならん, 叙述し, 呼びに, 呼び寄せると, 問う, 問う子曰く, 失はじとて, 威しつけて, 尽くしくれると, 尽して, 尽せかし, 強いられる, 怨んで, 感心せられ, 我に, 掛けて, 掠めて, 案じて, 殺すか, 盡くし, 盡さしめる, 見て, 見舞いに, 説きその, 説くにも, 論ずるという, 重んじて, 離れて

▼ 孝~ (43, 2.6%)

2 などはこれ, のワリアンテス, を誦する

1 [37件] がござる, が解る, であったという, である, でそれ, とかを読ませられた, なぞ読まなく, などの講義, なども習うた, には父ヤ我ヲ産ミ, にも身体髪膚之, に跋, の中, の偽, の刻, の半分, の抜萃, の末, の条, の緯書, はどう, は完全, は著者不詳, やら十八史略, を一目なり, を伊勢, を受取っ, を御, を教え, を注し, を用, を読, を読む, を読ん, を読んだ, 当体, 第一

▼ 孝~ (39, 2.4%)

2 いう, 云う情操, 云ふ, 愛との, 申しまする幇間

1 [29件] いい悌, いうべし, いえるであろうか, いちゃついて, いひ祭祖, なり兄妹, 三枝の礼は, 云うの, 云う字, 云ったかも, 周迪とは, 定めて, 対向で, 対座に, 忠と, 思ひしは, 思へば, 愛とを, 来ては, 清八という, 申します, 申しまするもの, 申し候, 申す幇間, 白旗直八は, 表徳が, 言うん, 長次が, 関係の

▼ 孝~ (34, 2.1%)

2 して, わが子に

1 [30件] お前んの, もとづくること, よりて, 似て, 億兆心を, 兄に, 切れる, 君に, 奴婢の, 對し, 岡惚と, 当る事, 愛想づかし, 憑いた, 手出しが, 打傾い, 挨拶を, 死し忠, 死するは, 注意され, 眼を, 端正と, 薫, 見向って, 談を, 返して, 違ひございません, 配して, 預けたまま, 馴染んで

▼ 孝~ (31, 1.9%)

4 の家 2 にあげられ, はその, はそれ

1 [21件] があっ, がまた, という者, に挙げられ, に来, の妻, の知った, の科, の許, はひどく, はまた, は人, は喬, は帰っ, は当惑, は怒っ, は怒り, は死体, は約束, を仇, を案内

▼ 孝助殿~ (27, 1.6%)

2 の男, を見

1 [23件] か立派, が何, が帰られた, が来る, が目出度く, と相談, どうか幾, に尾頭付き, に愛想, の舅, はいや, はどうも, は器量, は宜しい, は旅, は酒, をお供, を手前, を申, を聟, を見習え, 少し話したい, 誠に宜く

▼ 孝~ (24, 1.5%)

6 の芝居 2 に扮, は宋時代

1 [14件] がその, が大岡捌き, によるの, のよう, の再来, の姿, の扮装, の狂言, の舞台, は遠い, も何, を出し, を売, を打ちつづけ

▼ 孝謙天皇~ (22, 1.3%)

2 の天平勝寶五年, は女帝

1 [18件] だ, であつ, でなければ, と申し上げ, にお, に位, の代, の天平勝宝九年, の天平寶字元年, の御, の御代, の時, の朝, の皇太子, の血液, の頃, はまだ, は即位

▼ 孝~ (18, 1.1%)

5 天皇 3 天皇の 2 帝の 1 が亡くなる, の妻, の子孫, の皇后伊香色謎命, 垂仁の, 天皇は, 天皇第, 皇帝なり

▼ 孝~ (15, 0.9%)

1 [15件] うつくしかろ忠君愛国, みな病弱だ, もともとそんな, 一緒に, 人心の, 伊之助も, 共に現代, 前後などは, 危ういところ, 正孝, 武士道も, 無意味なる, 荷に, 長次も, 鬼に

▼ 孝一郎~ (15, 0.9%)

4 の兄

1 [11件] が倒れ, が学校, のこと, の倒れる, の死顔, の遺稿, はストリキニーネ, は書斎, は次の間, ほどに好意, を抱き起さう

▼ 孝~ (13, 0.8%)

1 [13件] から來, であ, で親, について訊ねた, の始, を全く, を基礎, を尊重, を歐洲, を無視, を知悉, を萎薇, を闡明理會

▼ 孝助様~ (10, 0.6%)

2 がお 1 お聞き下さい, がお出で, が入, が入っしゃいました, と呼ばせる, どうかお目, に切られ, に斬殺

▼ 孝という~ (9, 0.5%)

2 幇間は 1 ことそれは, もんだ, 幇間が, 幇間で, 幇間の, 赤坂で, 道楽者です

▼ 孝~ (9, 0.5%)

1 からじかに, がその, が今一つ指摘, さ一夜, である, といふ働き, と知り, などの周旋, は同書

▼ 孝~ (9, 0.5%)

2 などはこれ 1 がある, でもあるまい, の講義, は支那歴代, も早く, やら十八史略, や中庸

▼ 孝なる~ (8, 0.5%)

1 かを考える, ことと, ものだ, ものは, 哉, 哉管仲と, 哉管仲孝なる, 者として

▼ 孝はん~ (8, 0.5%)

1 が来た, が来なました, が面白い, を呼ん, を捕まえ, 上んなましよ, 久しゅう会いま, 呼びなましよ

▼ 孝~ (8, 0.5%)

1 という悪, と云う, と呼び, と申しました, と聊, はアッ, は最早, は酔払っ

▼ 孝~ (8, 0.5%)

1 する折節, だから, であれば, といふ教訓, なるの, なるは, に在, のもの

▼ 孝といふ~ (7, 0.4%)

2 諡を 1 やうな固まつた, 人の, 医者が, 字は, 風習は

▼ 孝~ (7, 0.4%)

1 から同地, が見え, に褒められた, の紹介, は田児浦, も一世一代, をせきたて

▼ 孝~ (7, 0.4%)

2 の山川 1 といひ, に謁, に進め, の土, や石人石獣

▼ 孝とは~ (6, 0.4%)

1 どういうこと, 冷やかな, 子と, 實質同一である, 本質的に, 親分には

▼ 孝~ (6, 0.4%)

1 がかの, が家扶, に仕え, の御, の時, 御留守

▼ 孝武帝~ (6, 0.4%)

1 とか孝宣帝, に, の如き, の時代, は矢張り支那人, より約

▼ 孝~ (5, 0.3%)

1 つたと, というの, と信じ, よくだらない, 忠と

▼ 孝なら~ (5, 0.3%)

3 んと 1 むとすればその心通ぜず, むと欲せ

▼ 孝ならず~ (5, 0.3%)

1 ここは, と歎くもの, やむなくん, 死以外に, 重盛は

▼ 孝を以て~ (5, 0.3%)

1 天下に, 天下を, 民を, 称せられ洪武十七年旌表, 萬善の

▼ 孝八郎~ (5, 0.3%)

1 の尽力, の邸, はその, は例, は指折り

▼ 孝~ (5, 0.3%)

1 が深まる, に感じ, に本, の發露, を抑

▼ 孝趙禮~ (5, 0.3%)

1 といふ二人, の事蹟, の兄弟, の墓, の如く

▼ 孝では~ (4, 0.2%)

3 ない 1 ないか

▼ 孝~ (4, 0.2%)

1 からも孝子, に對, の廟號, の諡

▼ 孝ちゃんと~ (3, 0.2%)

1 三ちゃんと, 云う男の子, 女中が

▼ 孝ちやん~ (3, 0.2%)

1 が死んだ, だつて大丈夫, のお母様

▼ 孝~ (3, 0.2%)

1 押し通したもの, 藝妓は, 貫き忠

▼ 孝との~ (3, 0.2%)

1 二道に, 名分が, 捩が

▼ 孝についての~ (3, 0.2%)

1 問答が, 四つの, 言葉である

▼ 孝には~ (3, 0.2%)

1 せめてもの, もう施した, 疑う余地

▼ 孝~ (3, 0.2%)

1 の手, の胸, の頭

▼ 孝右衛門~ (3, 0.2%)

1 と暴動, の倅, の甥儀次郎

▼ 孝~ (3, 0.2%)

1 といふ者, の問, の説

▼ 孝潤氏~ (3, 0.2%)

1 に頼ん, の寓, をその

▼ 孝経彙註~ (3, 0.2%)

1 に序す, の刻本, を刻す

▼ 孝經師~ (3, 0.2%)

1 とは丁度, と稱, を置いた

▼ 孝胥氏~ (3, 0.2%)

1 が我々, は悠々, は政治的

▼ 孝靈天皇~ (3, 0.2%)

1 の五年, の妃, の御宇

▼ 孝~ (2, 0.1%)

1 から大いに, ても

▼ 孝この~ (2, 0.1%)

1 ふたつは, 二道を

▼ 孝~ (2, 0.1%)

1 へあれ, へ行

▼ 孝たる~ (2, 0.1%)

1 ことは, を欲す

▼ 孝であり~ (2, 0.1%)

1 また忠節, 貞である

▼ 孝などの~ (2, 0.1%)

1 諸君が, 近代劇協会の

▼ 孝のみ~ (2, 0.1%)

1 でなく治国, 知って

▼ 孝~ (2, 0.1%)

1 いいん, 悌が

▼ 孝~ (2, 0.1%)

1 にいいました, に与えられました

▼ 孝兵衛~ (2, 0.1%)

1 に新宅, の長女

▼ 孝兵衛家~ (2, 0.1%)

1 は寛政九年, へ丁稚奉公

▼ 孝割股~ (2, 0.1%)

2 不當

▼ 孝助お~ (2, 0.1%)

1 詫を, 詫事を

▼ 孝助どの~ (2, 0.1%)

1 がお, とは云わせず

▼ 孝助め~ (2, 0.1%)

1 が胡麻, でございます

▼ 孝勝寺~ (2, 0.1%)

2 にある

▼ 孝博士~ (2, 0.1%)

1 と福岡帝国大学, をし

▼ 孝孺又~ (2, 0.1%)

1 其の, 嘗て筆

▼ 孝孺曰く成王~ (2, 0.1%)

1 いずくに, 即存

▼ 孝~ (2, 0.1%)

2 の女

▼ 孝男爵~ (2, 0.1%)

1 のお, の側室

▼ 孝~ (2, 0.1%)

1 が藩主, もすべて

▼ 孝経等~ (2, 0.1%)

1 の説, をもらつた

▼ 孝經一本~ (2, 0.1%)

2 を備

▼ 孝謙帝~ (2, 0.1%)

1 のむずかしい, の朝

▼1* [188件]

あり妻は, 孝孝, 孝かも知れないが, 孝がねえ予て贔屓, 孝さん蔵も今しがた, 孝それだけは堪忍しな, 孝たり遵わざる者, 孝たるべき所以を, 孝だったと思う, 孝ちゃんいらっしゃいよ, 孝ちゃんここに去年炭焼き小屋, 孝ちゃんどこへ行った, 孝ちゃん僕にこの, 孝ちゃん坊城松方僕の五人, 孝ちゃん岡田も呼ぼう, 孝ちゃん滝あるよ, 孝ちゃん花じゃない, 孝ちゃん許りなら子供, 孝である正義である, 孝ですよ, 孝でなくてはならん, 孝とか貞と, 孝とかいう一種抽象した, 孝とかいふものを, 孝とが違ひます, 孝として呼ぶと, 孝とて人の, 孝とで行き鳥, 孝とも云ふべき, 孝どの久しゅう逢いません, 孝のだ, 孝などいふ骨董好き, 孝ならざるをとがめ, 孝なら飛んで来る, 孝における羆の, 孝について何といったか, 孝についてかように, 孝についても同様な, 孝にもその由, 孝に関するありとあらゆる孔子, 孝はん傍へ往き, 孝はん此方へ這入んなまし, 孝ばかりでは, 孝ト忠之ヲ取, 孝忘ナトスル類不知其數雖男子上下トモニ勇ヲ, 孝一人の時, 孝上んなどうぞ, 孝不孝はかへりみる処, 孝且義にし, 孝の孝, 孝進もその, 孝二人共鬼になりたく, 孝に類, 孝とも署, 孝などいふ, 孝兄弟には友, 孝先先生に学ばん, 孝兩君共に令弟, 孝八郎佐山文随大出喜平青木金次郎西谷田村からは荒井嘉平, 孝八郎川島元次郎持斎茂吉原田英三郎等が主として, 孝八郎持斎茂吉は煽動, 孝八郎方に滞在, 孝公五世の孫, 孝公商鞅を用, 孝六男長岡式部寄之の三人, 孝初め周迪と称し, 孝助さまに愛想, 孝助さんは男, 孝助オヤと言っ, 孝助サア迚も逃げられねえ, 孝助主人の前, 孝助己が困る, 孝助彼奴は不, 孝助敵の行方, 孝助時を移さず, 孝助根津の伴蔵, 孝助様後で御, 孝助殿お前は若い, 孝助殿これを御覧, 孝助源助此方へ来, 孝とある, 孝右衛門三十七歳にし, 孝右衛門橋本大井も亦, 孝君原六郎君その他大倉喜八郎田中平八などの諸君十数名, 孝吾谷元八栗原宰次郎その下流, 孝哈爾賓採木公司の深澤暹氏, 孝と云, 孝が出来上り, 孝と交わっ, 孝なる家族, 孝之経也, 孝太爺は私, 孝姉さんはあんな, 孝と云, 孝婦伝など見れ, 孝子守人の刃, 孝孺之を目, 孝孺伍雲等の為, 孝孺喪服して, 孝孺地を割き, 孝孺大に数字, 孝孺字は希直, 孝孺屈せず, 孝孺後に至り, 孝孺怒って曰く, 孝孺悪みて, 孝孺慨然絶命の詞, 孝孺既に文芸, 孝孺曰く何ぞ成王, 孝孺曰く兵一たび散すれば, 孝孺民を駆り, 孝孺洪武の九年, 孝孺甚だ煎心焦慮, 孝孺等と周官, 孝孺篇後に書し, 孝宗といひ廟號, 孝宗時代に當つて, 孝宣帝とか東漢, 孝還福山, 孝師匠の死骸, 孝康重松平伊忠奥平貞能などを始め, 孝庸玄旨法印に世間, 孝往きなよ, 孝徳之本也, 孝に我が, 孝思甚だ深き, 孝だの, 孝愍皇帝と諡, 孝ならば, 孝慈録の項參看, 孝成帝時代に黄河, 孝放送局の初代, 孝に孳, 孝などの宮方, 孝時らのつまり, 孝時日ノ御, 孝景本記に, 孝景皇帝は漢, 孝朝吹英二加藤正義野崎広太高橋義雄といふ顔, 孝松平主殿, 孝正直倹約忍耐それから足る, 孝此方へ来, 孝武王といふ人, 孝するなどの, 孝という方, 孝潤君の紹介, 孝獻皇帝の禪讓, 孝石部惟三小泉源中島為次郎野口二郎大森禅戒の諸氏, 孝と模範, 孝経一部を手写, 孝経儒家諸子西教等を包括, 孝経刻成の事, 孝経和蘭文典前後訳鍵二冊唐詩選掌故二冊, 孝経孔伝であること, 孝経楼漫筆に依れ, 孝経論語を読誦, 孝経論語孟子などの素読, 孝経論語素問霊枢法華経普門品は註する, 孝経跋橘録跋冲虚至徳真経釈文跋青帰書目蔵書目録跋活字板左伝跋宋本校正病源候論跋, 孝經一卷を擧げ, 孝經七卷がある, 孝經家のうち, 孝のひとつ, 孝義侠心友情おもな, 孝く来, 孝荘帝の時冀州, 孝藏様へお, 孝藏殿によく, 孝藝妓大小取交ぜて, 孝もそう, 孝などいふ, 孝も僧侶政府, 孝謙上皇が住まれ, 孝謙天皇即位の頃, 孝謙天皇王臣等を召し, 孝謙天皇登位とともに皇后宮職, 孝謙女帝などが真先, 孝謙女帝崩より六七十年後, 孝謙時代を後期, 孝趙禮兄弟もそれぞれ出世, 孝という御方, 孝院さまとか云いました, 孝高めの策略, 孝高事今もって, 孝高事旧主小寺政職を説破, 孝高入道如水が大阪, 孝高父子は此時, 孝高等が滅び失せ