青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「失った~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

夫人~ 夫妻~ ~夫婦 夫婦~ 失~ ~失う 失う~ ~失っ 失っ~ ~失った
失った~
~失敗 失敗~ ~失望 失望~ ~失礼 失礼~ 奇~ ~奇妙 奇妙~ ~奇怪

「失った~」 1703, 18ppm, 6480位

▼ 失った~ (168, 9.9%)

25 である 137 であった 6 であろうか 5 か, だから, だった, では 4 であるから, です 3 だと, であろうと, はこの 2 でした, でしょう, でしょうか

1 [74件] かいささか, かと早, かば, かも知れない, か仮死, か何程, か或は, か眠っ, か長く, がいけない, がちょうど, が即ち, が失業, が晩年, が近来, それは, だからな, だが, だろうか, であります, であるが, である第, であろうまだ依然として, であろうもっと, です永遠, でも, とで右, に対してこれ, はあの, はお松, はじつに, はつらい, はほんの, はむしろ当然, はもう, はムリ, は一代あれ, は一分間, は一生一度, は不運, は九輯, は二人, は二十四, は亡くなった, は全然, は十六, は大和, は富子, は山門, は当然, は戦争中, は月, は水彦, は泰親, は無, は無理, は無益, は無論, は疑い, は芸苑, は農精神, は近所, は非常, もあった, もその, も無理, も胸, やら少し, を悲しん, を惜しむ, を感じた, を知った, を見すまし, を読ん

▼ 失ったよう~ (105, 6.2%)

7 な気, になっ 6 に見えた 4 なもの, な気持 2 な声, な寂し, な心地, な悲しみ, な感じ, にグッタリ, に倒れ, に思われる, に感じ, に見える

1 [57件] だが, だという, であたり, であった, なしかも, なぼく, な人々, な厳粛, な大げさ, な寂しい, な引ッくり転, な当惑, な有様, な淋し, な眸, な眼, な空虚, な空虚感, な顔, に, にあわて, にいつ, におもった, にしわ, にじっと, にだれ, にふらふら, にぼんやり, にむらがっ, にもはや, にも感じた, にやや暫く, に一度, に乾し, に佇ん, に力, に喘ぎ廻った, に庄太, に後ろ, に思える, に恐怖, に悄然, に悲しい, に惆悵, に愕然, に感じた, に扉, に椅子, に涙, に清十郎, に男, に立ち上った, に茫然自失, に身, に道, に随, に雲間

▼ 失ったこと~ (77, 4.5%)

2 が非常, であった, である, は新聞紙

1 [69件] か, かも知れぬ, から結果, から貧弱, がある, がどれほど, がない, が一, が何, が大, が徳蔵, が有る, が淋しい, が淋しく, だから, だろう, でありますが, であろう, であろうが, でその, とは別, にある, についても聖戦, になる, にもよる, によって時代的, に依っ, に多少, に始まる, に気づかず, に皆, のため, の精神的損害, はこの世, はたいへん, はなく, は一度, は不幸, は二度, は何, は前, は十分重視, は実に, は将来, は既に, は疑う, は貞観供養, は近時, まで残り, もどう, も一般, も不思議, も事実, も幾度, や記憶恢復後, ゆえみじかい, よりも情, らしい, をあまり, をも忘れさせた, を一人憤慨, を否定, を少し, を恥じつ, を条件, を残念, を語っ, を転機, を驚き

▼ 失ったもの~ (54, 3.2%)

3 のよう 2 である, です, といわなけれ, の中, はたやすく

1 [41件] か但し, か真, が, がある, がふたり, が其人, が流れ込ん, だった, だと, であるから, では, として人間, とならざる, とは言えないであろう, とみえる, と察せられました, と断言, と等しい, と見ゆる, どうなろう, にし, にとって防波堤, に取っ, に対する呼びかけ, はありました, はすでに, はすなわち, は大抵, は彼, は車輻, もある, らしい, をロンドン, を今度, を別, を取返そう, を探す, を新しい, を確かめた, を逮捕, を鋤

▼ 失った~ (51, 3.0%)

2 いって, 俺は, 同じよう, 言われて

1 [43件] いうが, いうだけ, いうよりも, いう如き目前, いわれて, お考え, したらその, する, すれば, みえて, みえ枕もと, 一つ事である, 云う, 云うこと, 云うの, 云うばかり, 云うもう, 云う所, 云って, 仮定します, 伝えられて, 同じ苦痛, 同時に彼, 同様に, 呟いた, 思い込みセンチメンタル, 思うより, 思えば, 思ったの, 思ったもの, 思って, 気がついて, 申して, 知る, 聞いた宇治, 見え一方, 見せながら, 言ういい, 言う風, 言おう, 言って, 言ふ, 認めて

▼ 失ったという~ (37, 2.2%)

5 ことは 3 ことを 2 ことです, ことに

1 [25件] ことが, ことだった, ことで, ことである, ことも, ことより, こと帰るべく, ので, のも, のや, ような, わけであります, アゲクに, テンマツな, 切なさ, 噂話も, 悲しみは, 感じさえ, 感じを, 感傷的な, 批難が, 気持だけを, 観念も, 話が, 話の

▼ 失った~ (36, 2.1%)

1 [36件] おれ自身を, この七円, この匙, この十字架ひとつ, この宅, これは, さりとて問う, すぐ又, すぐ正気, その代り, その後には, その王位, それが, それは, それらの, ために, どうッ, やがて夢中, ような, イエズス・キリストの, 上流には, 傍の, 傷いた, 僅かばかりの, 同時に精緻, 娘は, 子供の, 彦七は, 得るところ, 心配の, 投げた雲霧, 数日後には, 暑さ, 最後それこそ, 本人に, 独り前代の

▼ 失った~ (24, 1.4%)

7 のよう

1 [17件] がどれ, が捜さず, である, なの, になっ, にも失おう, に天, の心持, の悲劇, の様, はパン, もあります, も沢山, や人生, よりもこの, を見た, 実際は

▼ 失った人間~ (19, 1.1%)

2

1 [17件] がその, が過去, であること, というもの, としての本然, として批難, なの, に救い, のよう, の姿, の心, の敗北, の集合, は五人, は彼, は蛙, 剥ぎとられた世界

▼ 失った~ (17, 1.0%)

2 に根こぎ

1 [15件] であった, でもあった, と違っ, にも私, にピリーニ, に多い, に比べ, に茫洋, の悲しみ, の悲嘆, は三十五歳, は多少, また子供, まで四ヶ月, よりイージー

▼ 失った~ (15, 0.9%)

1 [15件] じょあん孫七, にそれ以前, にはその後五, に於, の上下, の岸本, の当て字, の彼, の笠森仙太郎, の自分, の運命, は全く, も私, 二度と同じ, 次に再び彼女

▼ 失った~ (14, 0.8%)

1 [14件] が直線, とても食う, にそういう, には女, の恋愛, の想念, の指, の頭, の顔, はもう, は病気, は風雨, は首, は黙っ

▼ 失ったため~ (13, 0.8%)

1 [13件] かふたたび, だと, であると, なの, にその, にできた, に惹起, に毎日後方, に社会生活, に首, の善後策, の業腹, よりも私

▼ 失ったので~ (13, 0.8%)

1 [13件] その写真, その秋, わずか数千, 今では, 今は, 仕方なく, 仕方なし, 多分逆上, 尾根の, 平岡の, 彼等とは, 悲しみの, 老夫人

▼ 失った悲しみ~ (13, 0.8%)

1 [13件] から極度, から気, が胸, と病い, に加え, に堪えない, に泣き叫ん, に誘われ, はとうてい, は月, は耐え難い, は雪, を痛切

▼ 失った~ (13, 0.8%)

1 [13件] があった, がこの, です, に二百二十円, のよう, の如く, の届け出, は不幸, は親, は酔い, ばかり, もあれ, もざら

▼ 失ったとき~ (12, 0.7%)

1 [12件] その弱々し, その当座, たまたま落語家, にはどう, にはのむとすぐにきく霊薬, に感じた, に発狂状態, の肉体, の顔, は敗れ, も明治神宮, 決して誰

▼ 失ったかの~ (11, 0.6%)

5 ように 2 ようだった 1 ごとく, ようであった, ようである, 如く雲霧

▼ 失ったまま~ (11, 0.6%)

1 [11件] ただぼんやり, ただ細い, でいた, でいる, とらえられ盗まれた美術品, どうしても息, にし, のお, 動かぬ眼, 唯濃い, 開いて

▼ 失った人々~ (11, 0.6%)

1 [11件] が家庭, が教養, が食物, だ, に好評, のつくる, のパニック, はそれ, は何, は雪崩, もやはり

▼ 失った~ (11, 0.6%)

1 [11件] から眼, でじっと, で竜子, とまた, のまま, の皮膚, を恐る恐る, を挙げる, を見せ, を見合せました, 殊にその

▼ 失ったわけ~ (10, 0.6%)

4 では 2 です 1 だネ, である, でも, なん

▼ 失ったから~ (9, 0.5%)

1 おれも, だ, だよ, であり窮乏, であろう, です, 子孫の, 悪事を, 生家へ

▼ 失ったところ~ (9, 0.5%)

1 から逆怨み, で我田引水的, のもの, の松女, の種々, は黄金一万, を足軽組, を逮捕, を黒塀

▼ 失った~ (9, 0.5%)

1 が今日, だけが明白, であるから, で或, の反証, はまことに, は当然, を心から, を非常

▼ 失ったこの~ (8, 0.5%)

1 作者が, 女の, 宇宙航空船は, 怪人が, 旅の, 老父に, 辺の, 酒肥りの

▼ 失ったその~ (8, 0.5%)

1 処女の, 口惜しさ, 問題を, 実が, 時刻に, 社会が, 翌朝の, 鉄の

▼ 失っただけ~ (8, 0.5%)

1 それだけジャーナリズム, でさほど, でなん, で何ん, で少し, で自分, なん, 却っていけない

▼ 失った~ (8, 0.5%)

1 であった, と売春婦, になっ, のさびしさ, のひと, の人たち, の将来, の日ごと

▼ 失った~ (8, 0.5%)

2 の言葉 1 がある, がまず, ですから, の悲痛, は倒れ, や子供

▼ 失ったあと~ (7, 0.4%)

2 の学校 1 では頼る, でもなお, のこの, の不安, の恐ろしい

▼ 失った~ (7, 0.4%)

1 かえって背後, して, その辺, 抜き連れても, 曹仁曹洪を, 目ざす張飛, 鳴り響くよう

▼ 失ったばかり~ (7, 0.4%)

1 だ, であった, でない検視, でなくそれ以前, でなくまた, でなく運動, なの

▼ 失った瞬間~ (7, 0.4%)

1 からまったく, である, にある, にその, に発生, の空虚, をよく

▼ 失った~ (7, 0.4%)

1 がいちばん, にこれから, は大, は家事, は昨年, は筆, は筋斗

▼ 失ったとは~ (6, 0.4%)

1 いえラショワ島, いえ薪木, 云っても, 思わぬ, 惜しむまい, 申し上げ難い

▼ 失った~ (6, 0.4%)

1 にしかも, に今度, に折, に自分, に魂, は乞食

▼ 失った~ (6, 0.4%)

1 から, がピクピク, が半ば, の片端, をきっと, をふるわせ

▼ 失った彼女~ (6, 0.4%)

1 は再び, は博士, は奇妙, は渾沌, は草深い, を桜姫

▼ 失った母親~ (6, 0.4%)

1 とを助け, のそば, の愁嘆場, は一時, を何, を引止める

▼ 失った自分~ (6, 0.4%)

1 の刀, の身, の鞄, はまた, を冷たく, を残念

▼ 失った~ (5, 0.3%)

1 千絵様芒の, 咲は, 糸の, 蝶の, 銀様には

▼ 失った~ (5, 0.3%)

2 相違ない 1 ひとしい寂寥, 相違なかっ, 過ぎないと

▼ 失ったものの~ (5, 0.3%)

1 ごとく茫然, とるべき道, 単に一部分, 如くへた, 如く良人

▼ 失った~ (5, 0.3%)

2 です 1 だ, だろう, である

▼ 失った~ (5, 0.3%)

2 となっ 1 の余, の重太郎, 死ぬ気

▼ 失った場合~ (5, 0.3%)

1 にその, にはその, には昔, には目, を御

▼ 失った~ (5, 0.3%)

1 であるだろう, になった, の顔, または妻, や父母

▼ 失った~ (5, 0.3%)

1 である, でしかなかっ, と対象, の痛み, はその

▼ 失った様子~ (5, 0.3%)

1 で, であった, で眼色, なの, は笑止千万

▼ 失った結果~ (5, 0.3%)

1 である女, として当然, として東洋諸国, とも見られる, 或いは鴨河原

▼ 失ったかと~ (4, 0.2%)

1 思うと, 思うほど, 思ったが, 思われるの

▼ 失ったすべて~ (4, 0.2%)

1 のもの, の母たち, をも受取るであろう, を意識

▼ 失った代り~ (4, 0.2%)

1 に, に内界, に自分, の何

▼ 失った~ (4, 0.2%)

1 と庭, の三万円, は元, らしい影

▼ 失った心持~ (4, 0.2%)

1 で内玄関, で彼女, になっ, は失い

▼ 失った思い~ (4, 0.2%)

1 が先, だった, でございましょう, です

▼ 失った~ (4, 0.2%)

1 そして愛人, であり兄, の死, の顔

▼ 失った~ (4, 0.2%)

1 のため, の悲しみ, の愛, や若い

▼ 失ったかたち~ (3, 0.2%)

1 だった, であった, で陣中

▼ 失ったかも~ (3, 0.2%)

1 しれぬ二百五十万, しれません, 知れない

▼ 失った~ (3, 0.2%)

1 もうとっくに自分, 十分その, 身には

▼ 失ったとか~ (3, 0.2%)

1 で態と, 落したとかいう, 非常に

▼ 失ったとも~ (3, 0.2%)

1 いえるであろう, 言って, 言われて

▼ 失ったにも~ (3, 0.2%)

1 かかわらず依然として, せよ欲望, 拘らずそれ

▼ 失ったのに~ (3, 0.2%)

1 がっかりし, 個人が, 同情し

▼ 失った事実~ (3, 0.2%)

1 は容易, を指摘, を正直

▼ 失った人たち~ (3, 0.2%)

1 の大半, の読む, はみんな

▼ 失った~ (3, 0.2%)

1 が決して, の品, は沢山

▼ 失った~ (3, 0.2%)

1 傷手では, 地震の, 金庫に

▼ 失った太陽~ (3, 0.2%)

1 が互いに, が最後, が赤い

▼ 失った女性~ (3, 0.2%)

1 が涙, であろうか, の姿

▼ 失った~ (3, 0.2%)

1 のため, の穴, を加えたら

▼ 失った子供~ (3, 0.2%)

1 とあと, のところ, をなつかしむ

▼ 失った彼ら~ (3, 0.2%)

1 にとって非常, の身内, の面前

▼ 失った悲し~ (3, 0.2%)

1 げな, げな年取った, さは

▼ 失った日本~ (3, 0.2%)

1 にとっては北海道, の中産階級, の学界

▼ 失った~ (3, 0.2%)

1 になっ, に柔らか, に見える

▼ 失った状態~ (3, 0.2%)

1 において長い, をつづけ, をもっ

▼ 失った~ (3, 0.2%)

1 であたり, の先, を鏡

▼ 失った~ (3, 0.2%)

1 はただ, ばかり徒に, を俄

▼ 失った~ (3, 0.2%)

1 ではない, で梢, に輝い

▼ 失った~ (3, 0.2%)

1 の中, の熱い, の群れ

▼ 失った~ (3, 0.2%)

1 にひいでた, のまん中, の重

▼ 失ったあの~ (2, 0.1%)

1 時代離れの, 棟瓦の

▼ 失ったかという~ (2, 0.1%)

2 ことも

▼ 失ったかわり~ (2, 0.1%)

1 に耳, に若君

▼ 失ったぐらい~ (2, 0.1%)

1 であんなに, でどう

▼ 失ったけれども~ (2, 0.1%)

1 その老いた, それは

▼ 失ったとて~ (2, 0.1%)

1 あのよう, やわかむなしく

▼ 失ったとでも~ (2, 0.1%)

1 いうこと, 思ってるの

▼ 失ったばかりの~ (2, 0.1%)

1 時代の, 肉親の

▼ 失ったほど~ (2, 0.1%)

1 であった, でも

▼ 失った~ (2, 0.1%)

1 くやんで, まだ何

▼ 失った一つ~ (2, 0.1%)

1 の動物的, の顔

▼ 失った一人~ (2, 0.1%)

1 でした, の倅

▼ 失った不具者~ (2, 0.1%)

1 であるという, なので

▼ 失った不幸~ (2, 0.1%)

1 な婦人たち, の児

▼ 失った中年~ (2, 0.1%)

1 の女給, の婦人

▼ 失った二人~ (2, 0.1%)

1 の客, の生命

▼ 失った人生~ (2, 0.1%)

1 の落伍者, は取り返されやしない

▼ 失った代わり~ (2, 0.1%)

1 にこの, により

▼ 失った以上~ (2, 0.1%)

1 の大変, は心

▼ 失った~ (2, 0.1%)

1 と一緒, に見え

▼ 失った~ (2, 0.1%)

1 は家, を膝

▼ 失った千浪~ (2, 0.1%)

1 のこころ, は美しい

▼ 失った単なる~ (2, 0.1%)

1 似而非実践家, 儀礼の

▼ 失った古い~ (2, 0.1%)

1 教権にとっては, 文化の

▼ 失った哀れ~ (2, 0.1%)

1 なる亡霊, な一裁縫女

▼ 失った多く~ (2, 0.1%)

1 の家庭, の若い

▼ 失った太郎~ (2, 0.1%)

1 の顔, はしもぶくれ

▼ 失った夫人~ (2, 0.1%)

1 の身体, は

▼ 失った~ (2, 0.1%)

1 と私, の心

▼ 失った姿~ (2, 0.1%)

1 で寝入っ, を探し求めた

▼ 失った~ (2, 0.1%)

1 でご, を今

▼ 失った子供たち~ (2, 0.1%)

1 のため, の数

▼ 失った寂し~ (2, 0.1%)

1 さの, さも

▼ 失った少女~ (2, 0.1%)

1 の写真, はすっかり

▼ 失った当時~ (2, 0.1%)

1 の僕, の状態

▼ 失った~ (2, 0.1%)

1 で, でてれきっ

▼ 失った~ (2, 0.1%)

1 の思い出, の追跡

▼ 失った感じ~ (2, 0.1%)

1 であった, なの

▼ 失った~ (2, 0.1%)

1 だ, を取り返し

▼ 失った損害~ (2, 0.1%)

1 というもの, は実に

▼ 失った~ (2, 0.1%)

1 の敗残軍, をののしっ

▼ 失った~ (2, 0.1%)

1 の形見, も広い

▼ 失った机竜~ (2, 0.1%)

2 之助

▼ 失った~ (2, 0.1%)

1 にあらゆる, に人力車

▼ 失った~ (2, 0.1%)

1 がその, のごとく

▼ 失った猜疑~ (2, 0.1%)

1 ぶかい, や怨み

▼ 失った~ (2, 0.1%)

1 だ, でした

▼ 失った空家~ (2, 0.1%)

1 が取毀され, となっ

▼ 失った精神~ (2, 0.1%)

1 には渇望, はいささか

▼ 失った経験~ (2, 0.1%)

1 はない, を持っ

▼ 失った美奈子~ (2, 0.1%)

1 の悲嘆, の運命

▼ 失った肉体~ (2, 0.1%)

1 が原因, にとってはたいてい

▼ 失った胴体~ (2, 0.1%)

1 にすぎない, は尚

▼ 失った~ (2, 0.1%)

1 と同然, のよう

▼ 失った良人~ (2, 0.1%)

1 でないため喪服, は互

▼ 失った若い~ (2, 0.1%)

1 女性に対する, 娘たち生活の

▼ 失った苦し紛れ~ (2, 0.1%)

1 に大賀氏, に裸馬

▼ 失った言葉~ (2, 0.1%)

1 の使用法, を思い出そう

▼ 失った~ (2, 0.1%)

1 とはいえ, に対手

▼ 失った~ (2, 0.1%)

1 がこの, はいたずらに

▼ 失った~ (2, 0.1%)

1 の皮膚, はもう

▼1* [551件]

失ったああした乱暴, 失ったあげくかれ自身, 失ったあざらしはなに, 失ったあなたにせめて, 失ったあなたたちの悲しみ, 失ったあらゆる子供たちの, 失ったあるがまま, 失ったうえ乗って, 失ったおん身はこれから, 失ったお辞儀をし, 失ったお金は戻っ, 失ったかなつぼ眼, 失ったからといって, 失ったからには故郷を, 失ったかわいそうな子, 失ったかを見ること, 失ったぎりになった, 失ったけれど母は, 失ったことインテリゲンツィアが左翼, 失ったこれ等の若い, 失ったさかななどは魂, 失ったさびしさか, 失ったしかし我らは, 失ったせいだ, 失ったそうですが, 失ったそして翌年正月に, 失ったそれからの半日, 失ったただの田舎女学生, 失ったため妹より十二, 失ったため我々ごとき物数奇, 失っただから別れましょう, 失っただけが損だ, 失っただけで済んだ, 失っただけのことだ, 失ったつもりで横, 失ったといふことが, 失ったとき二人だけの最も, 失ったとき人間は勇敢, 失ったとき博士は始め, 失ったとき女は必ず, 失ったとき組みしかれた旅人, 失ったとして警固の, 失ったとしても体力に, 失ったとたん脇息を蹴たおし, 失ったとともに自分の, 失ったとのことじゃ, 失ったなと思うと, 失ったなり杉の, 失ったなんて言って, 失ったのちに再婚, 失ったのち何かの職業, 失ったのにさえ半生を, 失ったのみか四人の, 失った何う, 失ったはずのツル, 失ったはとのよう, 失ったばかりにかえって浅間, 失ったばっかりに食うべきもの, 失ったほどには脳力に, 失ったほどの隕石落下の, 失ったぼくは機械台, 失ったまでのことだ, 失ったままいくつもぐったり, 失ったまま仆れて, 失ったまま家をつい, 失ったまま屋根の間, 失ったまま幾日かを過ごし, 失ったまま浴槽の底, 失ったまま素焼の瀬戸物みたい, 失ったまま要あれば, 失ったまま身体をビクッ, 失ったまま陸へ匍, 失ったみたいな堪えがたい心細, 失ったものらがこれ, 失ったやもめの小説家, 失ったより大きい客観的, 失ったよりも重大な, 失ったわが法医学教室は, 失ったわしまたはめす, 失ったアルマンの歎, 失ったイライラして, 失ったエネルギーは星雲, 失ったエモーションの波, 失ったカソリックの寺院, 失ったギル・カンネスという家臣, 失ったゴムのよう, 失ったゴム風船みたいにふわりふわり, 失ったサロン化に陥る, 失ったスルイヤは一人娘, 失ったソラッ暴雨だッ, 失ったダンチョンが無, 失ったデスデモーナの当惑, 失ったデモクラシーなどは豚, 失ったドイツの民衆, 失ったバイオリンを自分, 失ったピアニストウィットゲンシュタインのため, 失ったピグミーは畳, 失ったフランス各連隊, 失ったブラドンに下宿じゅう, 失ったヘラクレス星群も無辺, 失ったホーキン氏は自, 失ったボートがいま, 失ったマリーはこの, 失ったヨハン・セバスティアンはオールドルフ, 失ったロッパのみじめさ, 失ったロビンソンを生活, 失ったワグナーを襲った, 失った一個の女像, 失った一同が恐る恐る, 失った一因となっ, 失った一局を観戦, 失った一徹さでまっしぐら, 失った一艘の薄ぎたない, 失った七兵衛夫婦の悲しみ, 失ったのこと, 失った三つのリボン, 失った三万の秀吉軍, 失った三十メートルの巨大, 失った三斎は世にも, 失った上前年にはたった, 失った上航空母艦サラトガに多大, 失った世上にはもはや, 失った中納言もあれ, 失った中間層が情緒的, 失った中隊の前, 失った丹波の手, 失った事がらについてもの, 失った事件がかかれ, 失った二つの顔, 失った二十五歳の女性, 失った二笑亭は今や, 失った五右衛門は秀次, 失った人間らしかった, 失った人間信仰において確信, 失った人間特有の澄み切った, 失った今これだけが僕ら, 失った今夫であり妻, 失った今日では新しい, 失った今日社会一般に加えられ, 失った今日誰かが出, 失った仔羊のよう, 失った仔鳥よりもいく段, 失った伝統があっ, 失った伯爵が正気, 失った伸子と素子, 失った作家は惨め, 失った作物の損害, 失った俗輩は深く, 失った信長は聴かずし, 失った倉地には口, 失った傷手を逃れる, 失ったをつらぬけ, 失った充足感においてこう, 失った公家階級の一部, 失った兵たちが修羅, 失った其の後の, 失った其状況を描写, 失った内務外務両大臣, 失ったの一般感情, 失ったをさげ, 失った別人であった, 失った到着を歎, 失った刹那も犯人, 失った前田家ではその, 失ったの跡, 失った加十がそれ, 失った勝頼は爪牙, 失った医者はポケット, 失った城の, 失った半死半生の病人, 失った半蔵よりもお, 失った南朝方がいかに, 失った原因の一つ, 失ったのこと, 失った口惜しさに, 失った古代造型美術を手本, 失った告朔の, 失った味方に押され, 失ったを一簣, 失った和歌を伝統, 失った哲学は学校的, 失った唖者のよう, 失った喪家の犬, 失った喪神の中, 失った四函の炭車, 失った四百足らずの敗兵, 失ったもありました, 失った国民となった, 失った國綱のお, 失った園田敬太郎氏それに手, 失った地盤を求める, 失った均平の友人, 失った場合世間というもの, 失った士官に貴女, 失った外来思想の名残, 失った計代が, 失った大きな惰性を, 失った大切な馴染, 失った大学はきっと, 失った大西は丸く, 失った大隈重信はぞろぞろ, 失った天人のよう, 失った天使のよう, 失った天女のよう, 失った太平楽ぐらい味気, 失った太平楽そのもののよう, 失った太田の皮膚, 失った奇怪な人物, 失った女主人の無明, 失った女太平洋を航海, 失った女性たちはこういう, 失ったが仇, 失ったな肴, 失った妻たちのもの, 失った妻子にも扶助, 失った妻父や兄弟, 失った娘息子らを失った, 失った婦人たちがよむ, 失った嬰児の如く, 失った子ら生活に困っ, 失った子供達が多少, 失った孤児じゃしかも, 失った孤独な気持, 失った宗助はついに, 失った実印も永貞, 失ったの硝子窓, 失った家畜の鳴, 失った容子はない, 失った寄手にしろ, 失った富樫政親が馬上, 失った小鳥は四方, 失った少年のそば, 失った少年どっちも気の毒, 失った屍体が木乃伊化, 失った履ものだの女, 失った峰丹波の身体, 失った川島与七郎, 失った川手氏の悲歎, 失った工女の群, 失ったの一脚, 失った左膳と恋, 失った左膳一腕に大刀, 失った市平は朧, 失った幕府が亡ぶる, 失った平馬はいま, 失った年代の若い, 失った年寄同志のうえ, 失った年月のこと, 失った幸吉を山城守, 失った幽鬼に過ぎなかった, 失った広岡は三人, 失った庄太郎はその, 失ったが少なく, 失ったや良人, 失った張教仁のその後, 失った当の責任者です, 失った当時岸本はもう二度と, 失った後ほんとうに発狂, 失った後宮の宮女たち, 失った後彼は死, 失った後急に菩提心, 失った後浅間敷い土人, 失った後相場に手, 失った徐晃軍は急襲, 失った心地がした, 失った心細さも, 失った恋人の顔, 失った恐ろしい感情の, 失った恒星が光っ, 失った恰好でクルリ, 失った悩み以外に何物, 失った悪鬼の仕返し, 失ったみに, 失った悲しいふうの, 失った悲哀を忘れたい, 失った悲嘆の余り, 失った悲歎と我身, 失った情懐を有っ, 失った想いであったが, 失った愚痴を聞く, 失った感じ一生のはり合い, 失った感受性を憐む, 失った成功を彼, 失ったる者, 失った所謂知性の時代的, 失った手のうちの珠, 失った手足にその, 失った打撃で一五二六年七月末, 失った投げやりな精神, 失ったに時平, 失った指先で紙幣, 失った振りをし, 失った揚句のもの, 失った政職はいま, 失った散漫でお喋り, 失った数々の人間, 失った文世高の顔, 失った文代さんを途方, 失った文学に変, 失った文学青年がその頃江戸名物, 失った新九郎の体, 失った新聞記者の, 失った旅人のよう, 失ったから又, 失った時それは僕, 失った時代ではない, 失った時以上の打撃, 失った時夫からその, 失った時彼女はもう, 失った時文学家族の一員, 失った時間をとり返す, 失ったに見たら, 失ったにお前, 失った暗い雲に, 失った曇天続きの砂漠旅行者, 失ったも少く, 失った曹操の兵, 失った最後の数時間, 失ったを仰い, 失った本質のもの, 失ったの木立, 失った李陵が獣脂, 失った東野の真紀子, 失った柳子の青白い, 失った柳生の連中, 失った植物か何, 失った権威を何とか, 失った機勢に制せられ, 失ったをわめく, 失ったきから, 失ったの一群, 失った此二三日を何度, 失ったの船, 失った死に場所に対する深い, 失った死体に残る, 失った残念さをいらだった, 失った残滓を捨てた, 失った母ねこの悲しみ, 失った母親たち結婚しようとして, 失った民族なの, 失ったもした, 失った気味で居た, 失った気持に陥りまし, 失った気球を唯一, 失った気色がありあり, 失った水筒の水, 失った江戸はどれ, 失った江東の兵, 失った池田の士卒, 失った沖縄の人々, 失った沙里子はこの世, 失った沢山の妻たち, 失った沢庵の落莫, 失った洋画はまず, 失った洞白の仮面, 失った浪人じゃ, 失った海底のよう, 失った海豹は何, 失った消印を見る, 失った淋しさの, 失ったの面, 失った清三に対しては同情, 失った源三郎づきの, 失った源氏は母, 失った漢皇がのち, 失った紅姫の, 失ったはすさまじい速, 失ったに在る, 失った烈しさで, 失った無意識の内, 失った無期囚徒のよう, 失った無礼な乗客, 失った熊谷某は近江, 失った父親と幼い, 失ったチンバの, 失った牝蝦蟇はなお, 失った物慾世界の盲目的展開, 失った特科の学, 失った犬どもがこの, 失ったがほか, 失った独身の雀, 失った狼狽ぶりも見えた, 失った猿田彦とその, 失った玄徳の胸中, 失った現在では全然, 失った現状にあっ, 失った理由書をか, 失ったの師匠, 失った甘酒茶屋の真っ暗, 失った甚五はがっかり, 失った生活を髣髴, 失った生活状態のもの, 失った生涯を嘆い, 失った田舎の母たち, 失ったで, 失った男たちばかりである, 失った男達はみんな徴用, 失った病人だという, 失った登恵子は今度新聞, 失った白い唇に, 失った白柄組が今, 失った相愛の男女, 失った真実の悲しみ, 失った真白な顔, 失った知識人の不安, 失った石像のよう, 失った社会はいくら, 失った社会的矛盾の諸, 失った私ども二人は慈愛, 失った私校門をとび出した, 失った秋安はどうやら, 失った秩父を知る, 失った空中に在る, 失った空虚の感じ, 失った笑顔の中, 失った篠井智恵子の前, 失ったのステッキ, 失った米艦隊はやっと, 失った精力の有り余る, 失った糸子をその, 失った紋也を助け, 失ったに過ぎなかった, 失った純潔はもはやけっして, 失った素子が部屋着, 失った素戔嗚へ紛々, 失った細君は昔彼, 失った終吉さんは伯母, 失った結果支離滅裂となっ, 失った羅宇屋の親爺, 失った美しい怪物である, 失った美木が泣き出し, 失った群衆のよう, 失った翌年には出生, 失った老人や女童たち, 失った老婆一人を手頼り, 失った老年女親を失った, 失った者城を奪われた, 失った耕地を持たない, 失った聯合軍はピレネ山脈, 失ったが三筋, 失った胤子が生活気分の, 失った脊中の波, 失ったはまだ, 失ったをかみしめ, 失ったの無, 失った自分たちの家庭, 失った自意識のあらわれた, 失った自我を託すべき, 失った自暴もあった, 失った自然主義はそれ, 失ったや婿, 失った船そのものは流れ, 失った船客の群, 失った船形棺は拳銃, 失った色々な心理遺伝, 失った芸術は真, 失った芸術家の生活, 失った若かった昔, 失った若しそれを, 失った若者の心, 失った荊州の残兵ども一兵, 失った荒神十左の腰車, 失った菩薩というもの, 失った萩乃は左膳, 失ったは枯葉, 失ったで覆われ, 失った蒼く黄色い皮落ち込ん, 失ったはお, 失ったのごとき, 失った蜀兵をや, 失った蜥蜴や蛇, 失った蜻蛉よ, 失った行秀は狩場, 失った街上には早, 失った表情でそれ, 失った裸木ですが, 失った見物が右往左往, 失った視力は再び, 失ったであった, 失った証拠でしかなかっ, 失った読者の半ば, 失った小国の, 失った豆菊や若い, 失ったを奪う, 失ったと苦, 失った貧民と売淫婦, 失った資本主義思想家に云わせる, 失った自然力が, 失っただった, 失った身の上で有る, 失った車輪が急, 失った軍隊はもう, 失った農村の婦人達, 失った近代の資本主義, 失った近代語よりももっと, 失った近代都市の習俗的, 失った近年関東地方で代表的, 失った途端を見, 失った通力を取戻そう, 失った通性であるという, 失った過程を述, 失ったは容易, 失った道夫はその, 失った道義観やきれいごと, 失った部落はいきなり, 失った重傷者が救い, 失った野性が強く, 失った野薔薇だった, 失ったは幾ら, 失った金入を何, 失った鈍感さとして, 失った鉄斎道場の門, 失ったの片, 失った銀兵衛おやじの蒼い, 失った銀杏の古木, 失った銃弾などが拾い出された, 失った銅貨だの, 失った間際の味気, 失った関平は勢い, 失ったの額, 失った陽子にそんな, 失った隊商等の運命, 失った隊長昨日迄の戦友, 失った階級としてあらわれ, 失った際それが真昼, 失ったの人, 失った集団はもう, 失った難破船のよう, 失った青年女子を育て上げ, 失った青春を再び, 失った青木と云う, 失った面持で急, 失ったを見つけた, 失った響きがあり, 失ったである, 失ったの色, 失った顔付をし, 失った顔全体に何だか, 失った風俗文学の条件反射, 失った飾花や焼き, 失った餌差らが他, 失ったが鍛工, 失った馬春堂の片, 失った骸骨的権力を残す, 失ったのあこがれ, 失った魚住敬之助という男, 失ったのよう, 失った鶏達は女共, 失ったのよう, 失った黒死館では一時算哲, 失ったか瑞雲