青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「夕~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~変らず 変らず~ ~変り 変り~ ~変る 変る~ ~変化 変化~ ~夏 夏~
夕~
~夕方 夕方~ 夕日~ 夕暮~ 夕食~ 夕飯~ ~外 外~ 外し~ 外れ~

「夕~」 4083, 41ppm, 2856位

▼ 夕~ (331, 8.1%)

9 空に 5 幻を, 歌 4 ごとし, 鐘の 3 光を, 空の, 空気を, 鐘が, 雲の, 雲を, 風に

2 [28件] あること, お星, こと, ことである, 小寒い, 平和の, 影が, 散歩で, 散歩は, 星, 星が, 星の, 景色の, 月, 月は, 歌きこえ, 汽車にて, 浪は, 海, 淋しさ, 祈りを, 空を, 膳には, 赤い灯火, 鎮魂歌, 間を, 雲は, 風を

1 [227件] あいろを, あら海の, おいのりは, おとづれとともに, お月さま, かはり, くるの, ことが, ことであった, ことに, ことを, ごとくその, ごとく圃, ごと野を, すさみとてや, そ, そらの, ひとあかり, みほさむ, やるせない心持, アドヴェンチュアの, アンジェラスまで, アンジェリュスを, トップを, トップ十五分やる, マリアへの, 一, 一ト騒ぎも, 一幕物の, 七ツ時, 七時バワリア王ルウドヰヒ第, 三度を, 三度ブーが, 乳くばる, 事それは, 事である, 二度の, 五古が, 五時なり, 五時以後は, 些細な, 交代時までは, 余光は, 光, 光が, 光のこれる, 光は, 光りの, 光景それを, 光線に, 八時から, 八時より, 六ツ時まで, 六時でした, 冷気に, 冷気を, 勤めの, 勤行が, 勤行の, 勧行随喜, 匂やかな, 卓にも, 厳かな, 名残りに, 四時, 四時に, 墓参りに, 壁に, 声の, 夜にだけ, 夢を, 夢想, 大きなカフェエ, 太陽が, 奇語から, 実際と, 家の, 寒さ, 寺の, 小景, 小言は, 山々黒, 山荘の, 山路を, 嶺の, 差別も, 巴里を, 幻影なども, 座談会の, 影に, 御務め, 御告の, 御霧, 御飯を, 御饌, 心が, 心やりか, 思い出が, 思ひ, 思ひ出, 情話に, 意味である, 感慨まことに, 戸門番や, 掃除に, 掃除には, 掌の, 散歩の, 散歩やつぱりさびしい, 散歩を, 散歩不, 明い星, 明るみを, 星影を, 時やった, 時刻に, 暮れつつは, 月あかき, 月が, 月も, 朗讀に, 来るまで, 森と, 様に, 歌かかせまし, 歓を, 水薬の, 永きを, 浜の, 海を, 清娯にも, 清書の, 潮は, 潮風に, 灯ごろから, 灯だった, 灯と, 煙の, 町の, 疲労をも, 痴談を, 癡談を, 白い風, 目撃せし, 真菰刈, 磯, 磯ゆく, 祈の, 祈りに, 祈祷などに, 祈祷を, 祷の, 私の, 秋雨, 空, 空か, 空かわり, 空も, 空気が, 窓に, 竹は, 第五時, 糟粕を, 紫の, 聲の, 肌寒い風, 脚本体なりける, 膳部は, 興も, 色の, 色よ, 花, 茜を, 薄明の, 蝶が, 街を, 言の, 設を, 詩に, 談理爭で, 講演, 資にも, 赤雲の, 踊子が, 身に, 遊戯に, 郊外散策の, 酉どき, 野辺のを, 鐘も, 鐘を, 閑談百年の, 間に, 間まばゆき, 陽ざしに, 陽も, 雁の, 集いは, 雨, 雨で, 雲に, 雲五色七彩の, 雲花やかなり, 電光, 霧旦の, 露と, 露気に, 靄が, 靄に, 頃武者の, 風が, 風雨天地を, 飛行機まで, 食を, 食事を, 食事毎に, 食卓には, 飾りには, 飾物の, 香の, 香を, 香春も, 鱗と, 鴈の, 麺麭を, 黒白が, 鼻汁だ

▼ 夕~ (268, 6.6%)

6 や水青鷺 5 が冷, が立つ 4 に吹かれ, に揺れ, の中, の吹い 3 が吹い, になびい

2 [20件] がそよい, が微か, が街, が身, であつ, に, にそよがせ, にそよぐ, になぶらせ, にほ, に散る, に胸毛, のそよぎ, のそよぐ, の小竹, の立つ, を孕ん, を孕んだ, を恐れ, 吹けば

1 [190件] かはる, がう, がお, がさ, がしめやか, がそ, がそよぐ, がたおやか, がたつ, がで, がでた, がとぎれとぎれ, がね実は, がのどか, がふい, がふく, がぶつけ, が一流れ, が上潮, が例外, が入, が出た, が吹いた, が吹きだし, が吹き出し, が吹き初めた, が吹き起っ, が吹く, が妙, が少し, が旅, が東, が林, が渡っ, が渡る, が濡れ着, が無数, が焼跡, が爽やか, が片寄つて, が発達, が立ち, が立っ, が立った, が立ったら, が苦しい, が落葉, が蒔き敷く, が薄暗, が行く, が袂凉, が起つ, が颯と, が鳴った, ぐらいに満足, さそふ庭打, さつと, ぞと, たった町, だ, でもいつも, で踊っ, とともに死骸, となる, と夕汐, なくし, にうごき出した, におくられ, にかさ, にさやさや, にしや, にそよい, にそよぎ, にちり, にちりくる, につれて何處, につれて落ちる, にひかり吹かれ, にひらめい, にひるがえった, にふかせ, にふかれ, にもの, にゆらぐ, にゆらめい, にゆれ, によって立った, にヒラリヒラリ, に人, に冷たく, に動い, に吹かせ, に吹かれよう, に吹き, に吹き込まれ, に吹き送られ, に吹き靡かす, に呟い, に夏羽織, に大きな, に小さき, に小半時間肌, に川原楊, に当る, に急, に悲し, に戦い, に振向ける, に揺らぐ, に桜, に櫛目, に気持, に流れる, に浮かみ, に涼, に煽られる, に爪, に破られた, に翻し, に翻る, に色褪せた, に誘われる, に転がっ, に連れ, に陣幕, に青く, に靡い, に靡き, に靡く, に飜, に髪, に髮, のおとずれ, のそ, のため, のなか, のぱつたり, のやう, の冷やか, の吹く, の声, の如何, の巷, の来る, の枯草, の涼し, の渡る, の空, の網, の縁側, の誘ふ, の身, の青い, の鞭, の音, の馬, の騒ぐ, はこの, は一日, は堤下, は夕風, は寒く, は晩春, は真実無常, は美, は薄寒く, は青い, は颯と, へ泳ぎ出す, もそこ, もはや, も冷たく, も窓, も追, や盆挑灯, をうごかし, をさっと, をしのぎ, を切っ, を受け, を吹き送る, を抱いた, を追って, 寒いあの, 少し騒ぎ立つ, 涼しき窓, 涼しくも, 涼しく行袖, 立ちて, 立って

▼ 夕~ (209, 5.1%)

17 の光 10 の下 5 が光り, が射し, の色 4 が出, の 3 のよう

2 [18件] があつ, がちょうど, がまだ, が懸, が見え, に, に行水, の出る, の女将, の寒, の頃, も, をうけ, を見, を銀, 映, 映に, 映の

1 [120件] か, があった, がある, がうかみ出す, がきれい, がさして, がすでに, がだんだん, がちらりと, がちんと, がぬ, がのっ, がほつかり, がほのか, がぽ, がダニューブ, がダニューブ河, が上っ, が仰がれた, が出た, が出る, が山の端, が影, が懸っ, が懸った, が掛つた, が昇つて, が梢, が波, が浮い, が淡く, が濃い, が白かっ, が美しく, が葛飾野, が象眼, が路端, が車, が銀色, が黄昏, さえ見る, でした, で待っ, と貴い, にあの, にお, にそよぐ, にぬれた, にほ, に光っ, に光る, に夕刊, に柳, に歓楽, に鰺買, のある, のいま, のおぼろ, のかかっ, のかかる, のさせ, のぶん, のぼる, のまだ, のみち, のもと, の三日月, の中, の仄か, の倶利伽羅谷, の夜, の宵, の射した, の干潟あゆみ, の影, の方, の明り, の映る, の果て, の涼, の美しい, の藪, の輝き, の野, の高う, はいつか五剣山, はその, はつきもの, はまた, はめぐみ, は出, は既に, は早く, は門, へいっ, へおびきだした, へひきだされ, へ参ります, へ流れ, へ現れました, もよし, やこ, や橋, や納屋, や蚊帳, より来る, をおき, をかすめ, をながめ, を仰ぎ見, を愛した, を散らす, を斬, を焦がす, を眺め, を肩, を見た, を見つ, 到窓梅影横, 淡く柳

▼ 夕~ (193, 4.7%)

5 死すとも 4 して 3 なると, なれば 2 あかつきに, これまで, 簾しぬ

1 [172件] あこがれぬ, あたる, あの美くし, ありて, あること, いたるも, いや時刻, お祈りを, お経, きたりて, こ, こう二人, ここに, この地, この形式, こほろぎのなく, これらの, その伸びゆく, その美景, その苦労, であった, とった姿勢, ながめ書, なったら, はいよせ立て, はい倚, はしを, ひんぴんと, ふさわしい, ほろほろ散っ, まず訪い来る, みせられた不思議, めっきりと, や, やんだが, ようやく吊り上げ, アルプスの, ガリリヤノの, サレルノに, ダニエルの, 一刻一刻に, 一本の, 一溢米の, 一片ずつ, 一項を, 世を, 之を, 会へる, 伴れ帰っ, 低俗なる, 供養し, 僕は, 先ず逝き, 其の下, 其爲めに, 出で, 出会は, 刻々に, 力づけて, 千枝太郎は, 及びて, 及んでは, 向い日, 君を, 呪い続けて, 咲いて, 喚びぬ, 変じ朝, 変更する, 変眼鼻頭常に, 外出した, 天半を, 始る, 孔孟の, 家々で, 富士を, 寝ねて, 平家の, 床に, 府中の, 彈丸の, 当たり一輪, 彼女が, 得堪へめ, 微妙な, 忘れかねたるが, 忘れるという, 思ふこと, 思慕の, 悲しく眺めた, 惑つてゐた, 我が都市, 抵りぬ, 拿破里に, 撫でつけて, 改まりその, 改まり諸人, 改められた, 故郷の, 春日の, 晩照の, 月を, 望を, 来ては, 来り見た時, 機を, 武運を, 歩いたの, 死すて, 死するただ, 死するも, 死ぬ, 死ぬ蜉蝣, 死を, 死んで, 死んでも, 汗を, 池を, 泥鍬を, 浄らかな, 浦上復興を, 消息を, 源氏あり, 源氏の, 濁っては, 灯を, 燈の, 生まる, 生まるるならひただ, 町を, 白き手, 白骨と, 眉目の, 看護し, 私の, 秘めな, 笑はんと, 笑ひし, 紅日を, 終った, 綸旨が, 考へて, 聞きては, 聞く落葉, 聞こえて, 至ったの, 至つて霽れた, 至る, 至るまで, 舞い込むという, 良兼の, 薩南の, 虫を, 裏の, 見たるのち何時, 論語を, 赤坂の, 近し, 道を, 部下の, 金帛を, 鏡の, 鑽仰の, 関連した, 降る夕立, 雪あり, 雲開く, 静かな, 飛ぶ赤蜻蛉, 飯を, 駒ヶ岳や, 鳴く蚯蚓

▼ 夕~ (164, 4.0%)

28 の中 6 のなか 4 のうち, の底 3 がこめ, が漂っ, につつまれ, に包まれた, の空

2 [12件] がおりる, がかかっ, がだんだん, がもやもや, が立ち, に水辺, のおりる, の奥, の彼方, の群, の色, を眺め

1 [83件] から半身, がうすく, がおり, がかかつて, がかかりはじめた, がし, がしのびこん, がせまっ, がたなびき, がぼんやり, がま, がホーツ, が一面, が下り, が低く, が匍, が地肌, が威圧, が次第に, が流れ, が烟る, が立ちこめる, が薄, が被っ, が谷間, が身, が迫っ, が降り初めた, が降り始めた, さえそぞろ, とともに聞えた, とともに近づい, とに隠され, ともつかぬ, と一緒, と夜, と溶け合っ, と立ち, と薄い, にかくれ, にかすん, につつまれた, につづき, にとける, にぼかされ, にぽ, に似, に包まれ, に柔め, に浸った, に溶けこん, に点いた, に罩め, に蕾ん, のあ, のおり, のかかりはじめた, のしめり, のため, の上, の山気, の山陰, の帳, の彼方遠く, の景色, の海上一面, の深く, の漂, の灰色, の白く, の立ち籠むる湖面, の薄く, の降りかけた, はピンク色, は一層, は煙る, をかすめ, を利用, を破, を破ってぬ, を立て, を衝い, を視

▼ 夕~ (153, 3.7%)

19 の空 5 のよう, の雲 4 のした

2 [12件] が明るく, が毎日, だ, であった, ではなく, に染められ, のこと, の中, の光, の赤き, は実に, を

1 [96件] あかあかと, あかき雁, うつくしい旅路, から生れた, がある, がいつ, がうつくしい, がし, がした, がし始め, がそこ, がだんだん, がひろがった, がボンヤリ, が山, が旅情, が明るい, が最も, が残った, が消えかかつた, が真っ赤, が色褪せ, が西, くる, くる草, くる蹈む, した空, して, するころ, で赤く, と, というもの, とはちがう, ながら芙蓉, にお前様, にだ, にはの白鷺, には夕焼, には茜, に映えた, に染った, に赤い, のごとく, のなか, の余炎, の余燼, の冴えた, の凶徴, の反射, の変圧所, の小径, の拡, の推移, の残, の残り, の灼光, の燃え, の燃えたつ, の真, の紅, の紅き, の美し, の美しい, の色, の茜色, の赤い, の頃, はいつも, はそれ, はもう少し, は堀割, は急速, は次第に, ふかい蜘蛛, ふかく何, もうすれ, もなかなか, もライン, も余りに, も生れ, も秋, や日の出, よき眠あれ, をきらめかせ, をこしらえ, を不健康, を作つて, を受け, を受けた, を見る, を見上げた, ノ雲, 早し, 残る, 美し非常, 食べるもの

▼ 夕~ (146, 3.6%)

4 の右大臣, の大臣 3 の大将 2 がかかる, であった, のうち, の中, の左大臣, の様子, の竹, は思う, は思った, は笑っ

1 [115件] あまりに故郷, からは毎日, がしつらえ, がそう, が六条院, が山科, が帰国, が来た, が流れ渡る, が灯, が烟, が煩悶, が盛ん, が立っ, が筑前国, が自分, が蒼く, が見舞, ごもりかり, であったので, で景色, ともつかない, と云い, と内大臣, と申す, にうすれ, にした, につつまれ, になお, になり, に一日, に仄, に嵐, に掩, に死んだ, に知らせ, に立ち, に緋秧鶏, に若人, に薄く, に顔, のむらむら, のもと, の出, の君, の後, の御息所, の心, の手紙, の文, の晴, の晴れ間, の来ないらしい, の深く, の立ちはじめた, の立ち迷っ, の立籠め, の美し, の脱いだ, の裡, の部屋, の鈍, の顔, は, はあきれ, はあれ, はいた, はいろいろ, はかわいく, はこう, はこうして, はこちら, はこの, はそこ, はどの, ははいっ, はみずから, は一旦, は例, は厩, は口, は多く, は大和守, は女二, は女房, は小野, は山, は微笑, は気づく, は無理, は空, は笑顔, は被い, は言った, は身樣, は迎え, への御, へ暗示, へ言った, もなか, も今目, も急, も描く, も知っ, も紫夫人, や浮橋, をかたる, をますます, を聴く, を見, を見まわした, 吃又, 立ちて, 立ちぬ宿, 遠く隔て

▼ 夕がた~ (101, 2.5%)

12 になる 9 のこと 4 になっ 3 だった, ですから 2 である, は

1 [66件] あたま, おうち, おそろしいもの, かけて, からは小林少年, から持ち場, が来た, が来る, この山壁, その白い, だったからね, でしょう, です, などでお座敷時刻, に, にお, にかよいはじめました, にきまっ, にそれ, になった, になります, になれ, にはヤッロー, にわたくし, に亀吉, に外国, に少し, に帰っ, に文字友, に来ました, に近づい, に連れ, に酔っ, に顔, のおよそ, のお茶, のそら, のつとめ, のよう, の五時ごろ, の兵糧, の御馳走, の日, の町, の町裏, の薄, の薄暗い, の診断, の遊び, の道化師, の風, の飯, は松波さん, べに絵, までい, までうとうと, までにここ, までへや, までゐ, まで自分, もうあたり, もう吉弥, をえらんだ, 名探偵明智小五郎, 真ッ黒, 近く私達

▼ 夕~ (87, 2.1%)

6 の中 2 とほき, の影迅くし, を見る

1 [75件] がぎらつい, がひと, がむくむく, がむらむら, が出, が水滸, が物すごい, が紅かっ, が絵の具, が見え, が赤かっ, と思つた, と母親, に, に不安, に仏, に包まれた, に斑, に染めなされた, に眞倒, に眞倒樣, に眼, に落ちかけ, に赤く, に顔, の, のかかっ, のかげ, のし, のすき間, のとりどり, のはねのう, のよう, の下, の低迷, の使い手, の光景, の去来, の哀れさ, の夕雲流, の姿, の彩, の影, の棚, の棚引く, の照り, の燦爛, の紅, の纏, の翳, の茜, の赤い, の赤き, の間, の隔て, の鮮, はかがやか, は矢来, は赤かっ, は錦, は間もなく, へ眸, も薄れ, や, や鳰, を, をはらひはてし, をぼんやり, を仰ぎ, を借つ, を見初める, を赤く, 明き空, 爛れ, 赤くまったく

▼ 夕~ (83, 2.0%)

3 格子戸の 2 可なり人通, 秋と, 紫に

1 [74件] あるだけの, いつもの, いや大, おかげさまをもちまして, おそく帰る, こ, これが, さらに北海, しのばるれ愛宕, その背面, づしますなのひくき枕よ, ひとり野歩く, また街, めっきり冷え, もはや夜, やがて月, われふと, ジャン・ヴァルジャンの, 一日を, 一穂の, 五時半と, 人間どもの, 俄なうごき, 入って, 墓場を, 夕日に, 多感であった, 夜半太陽の, 大和しお, 家中初めて, 市中に, 散歩城山を, 既に暮れ, 日が, 旧暦七月二十日なり, 早くから蚊帳, 早くに, 早着き, 星影の, 時やや早, 暑くは, 曇つてそして, 曇り夜, 来ます君ゆゑにゆゆしくも吾, 来りぬ, 来りぬ寒風枯草, 東に, 樹明そして, 檜の, 沈んで, 消ぬる, 満月なれ, 濃紺濃紫の, 瀬鳴, 独歩し, 白髪の, 盛んなる, 相憎, 磨る墨, 祈りの, 空高く, 立つて, 胡瓜と, 船客中に, 船幽霊が, 萌ゆる, 藤井氏の, 蝶が, 賑やかなりき, 赤井氏宅にて, 迫る窓, 酒, 酒と, 陰暦月末に

▼ 夕~ (77, 1.9%)

22 の中 5 が迫っ, のなか 2 の空, の迫った

1 [41件] がこの, がやがて, が室, が樹かげ, が次第に, が水, が縹渺, が迫つて來, だんまり模様よろしく, であった, でも長柄, といっしょ, とにあの, と沈黙, どきに, のこと, のため, のよう, の寂しい, の川縁, の廊下, の流れ, の町伝い, の畳, の立ちこめた, の色, の迫っ, の迫る, の逼, は一層, は次第に, は濃く, は遠慮なく, まぐれに, をすかし, をのぞく, を流れた, を通してゆらゆら, 寄する, 空に, 迫る河原

▼ 夕~ (66, 1.6%)

3 かけて, 思ふべし 2 告げて, 思うべし

1 [56件] さえあの, する由, はからざる危難, はかれぬ体, ほの, みず, みずされど, もったばかり, やった, 催すこと, 催す光, 僕と, 厭わず降って, 告げる鐘, 庵にて, 待たで萎れゆく, 待たむ, 待ちかねつ, 待ちぬ, 待って, 待つた, 待つて, 徹し未だ嘗て, 思ひ出しては, 思ふ, 思ふべしとか, 思わず高谷, 愛し, 愛する若い, 感ずること, 打って, 持つこと, 推して, 描いたもの, 染めたる中, 歩む時, 殘しゆく, 物哀れに, 特に独, 疾も, 私は, 竣たぬ, 経験する, 經驗する, 與へて, 草深き原, 計り難く, 迎へた, 送るは, 逍遙してる, 過した, 過したもの, 除いて, 静かに, 風呂に, 馬走らする

▼ 夕~ (54, 1.3%)

10 やの 3 やが, やに

1 [38件] ありぬ, お粥, きのうも, ここに, その新, その通り, たべるだらう, なつかしきかな, またそこ, また美人, また黄昏, やと, やは, やを, ようやくに, よも是, 万を, 主君と, 冷やかに, 南蛮寺の, 同じであった, 夜半も, 山林閑寂の, 役署帰りの, 悄然として, 暑き折, 林檎や, 殆どその, 空も, 粥を, 細川和氏は, 花の, 蕎麦粉を, 通ったが, 過ぎし頃, 酒昨日も, 風の, 鴉は

▼ 夕かげ~ (53, 1.3%)

2 [15件] あを, にう, に出, に葬りみ, に見え, のいろ, のお, の中, の砂, はにほひこめ, は曳かれける, を月, を茅蜩, 永し誰, 長くなりに

1 [23件] あかき砂, が催し, が流れ, つつむ朧, にゆる, に人, に瓶子, の斜面, の木賊, の移りゆく, の線路, の近づき, の野, はここだ, はひり, は目下, は見, は陸, をまだ, 明く満ち, 暗し地, 永き柴, 近き冬

▼ 夕~ (52, 1.3%)

4 の煙, の膳 3 をした 2 が済む, の仕度, の卓, の後, の支度

1 [31件] がすむ, がちかづく, が出た, が出来ます, が済ん, が濟むと, だ, でも一緒, とはなる, には昨夜猫, に与る, に代え, のお, のとき赤彦君, の三宝, の團欒, の宴, の用意, の銅鑼, は皮膚科, は食べない, もすみ, より食味, をし, をとり, を始めよう, を差し上げたく, を済まし, を濟, を終っ, を食し

▼ 夕~ (50, 1.2%)

3 たでした, た私 2 たから, ただから, たであたり, たでおなか, ほの

1 [34件] ありお, おのころなら, すみの, すみ愛づてふならね山, すみ船, せまった, たうち, たお湯, ただつた, たであつ, たでござんした, たでないと, たで部屋, たとか, たとして, たまで, たよ, た不思議, た何処, た取つたの, た女, た強風, た彼女, た教室の, た新来者, た湯, た繁つた山, た近く, た飯, へり疾, 何だ, 來る, 涼しく夜, 短気を

▼ 夕され~ (46, 1.1%)

92 ば内にも, ば秋風

1 [33件] ばあたごホテル, ばころ, ばそぞろ, ばひとり, ばみ, ばむらさき, ばめし賜良之, ば今日, ば何処, ば光こまか, ば入日血, ば大川端, ば小倉, ば小野, ば少女, ば我窓, ば折りもて, ば朝顔, ば棕梠, ば橋, ば涙こ, ば火, ば空, ば筑波, ば血, ば行き過ぎかね, ば裏, ば野, ば野辺, ば金, ば閻浮檀金, ば音づる軒, ば鴫

▼ 夕~ (43, 1.1%)

8 なれば 4 なりぬ 2 なりて, なりぬ月, なりぬ月出, 三度まで

1 [23件] あるが, いえば, いわずわたし, かに通つてゐる, なく一緒, なく種々, なし, なった, なって, なつた, なり, なりに, なる青葉, なればかの, なんぬ, 云うのに, 各食前, 呑むが, 相異なる, 秋風の, 移る物, 誰か, 題された一篇

▼ 夕には~ (37, 0.9%)

1 [37件] あの世の, あるしめやか, かまどが, さきには, そよ吹く風老松, ちるべき花, ちる沙羅, また彩, コルソオの, 一物も, 人に, 仮面舞踏会に, 分らないもの, 勤王と, 喜ばしさ, 夢の, 既に陳腐, 早くも, 星を, 月を, 死んでも, 母にも, 水平線を, 港崎町の, 濁水と, 疲れた煙, 秘密念仏の, 第五列, 縁の, 老侯も, 肉は, 芬芳の, 薩長の, 行き着けよう, 行き逢, 西の, 趙に

▼ 夕~ (36, 0.9%)

3 け空, の空 2 けで, けのした, けを見, け雲

1 [22件] がまつ, が殘つて, が薄, くる蹈む, けして, けて妻, けの中, けの空, で赤く, にてらされ, ね, のいろ, のし, のやう, の中, の光, の模樣, の赤い, の雲, はもう, をよし, 小燒

▼ 夕~ (31, 0.8%)

20 えの 2 えが 1 え, えさして, えすれ, えである, え小島巖かげ, え近い, しら憂, へ, へ心

▼ 夕~ (29, 0.7%)

4 の催し 3 にし 2 のさわさ, のひと

1 [18件] あつきこの, および暮れ, にがた馬車, にさく, に鷽鳥, のいろ, のかくう, の水門出づる舟ひとつ牛正面, の疎林, の諸, の遠, の野, の間, はあはれ, も見ず, よ潮, 寒きから, 満ち夕光

▼ 夕焼雲~ (28, 0.7%)

2 が空, が美しい

1 [24件] がしずか, がしだいに, がただよい, がだんだん, が横切っ, が絵具皿, が美しく, が西, が赤く, だけを配した, にうつくしく, にむかつ, に追, のいろ, のうえ, のてりはえる, の下, の棚, の色, の黒ずん, は焼, を思い浮かべた, を横目, を眺め

▼ 夕化粧~ (27, 0.7%)

5 をし 3 の長 2 して

1 [17件] したの, で薄あかり, のとき, の結綿, の艶姿, の襟足, まですました, もすました, をこらし, をばつまり, を念入り, を節穴, を終え, を見せ, を覗かせ, ツンシャン, 美しく衣服

▼ 夕づく~ (26, 0.6%)

32 日さす

1 [21件] この瞰望, ひとときを, よ, 塔に, 夜といふ, 夜なら, 日いる, 日う, 日き, 日ざし, 日の, 日入る, 日黄金羽ぐるま, 水照りゆきつめ, 獄窓の, 秋の, 空に, 遅し晴衣, 陽が, 陽は, 陽を

▼ 夕~ (25, 0.6%)

4 の下 2 がもう, の光, を見

1 [15件] がいつか, が一つ, が見え, が見えはじめた, が見え出し, と水明り, に昼間, のきらめきだした, の瞬く, の空, の見えはじめた, へ顔, を仰い, 仰いで, 白き下

▼ 夕~ (23, 0.6%)

2 の名残, の空

1 [19件] がまだ, が赤く, とかわりありません, にくつきり, に向かっ, のよう, の光, の名, の日, の色, の赤く, は八景, は湖水, ひろし満, をみ, を受け, 寒き出津, 寒く, 早し紅う染み

▼ 夕~ (23, 0.6%)

3 の宿

1 [20件] には豆府, にみとる, に續, の, のつる西家, のまみ, の大き, の白ク夜ル, の花, の花はくづれて, の苗, の薄化粧, の開ききりたる, の香, はえ, はつと, はまた, は呻吟びぬ, は昨日, は闇

▼ 夕~ (20, 0.5%)

1 [20件] から出懸けた, が動き出し, に人出, に出, に出あるい, に出掛ける, の人, の刻限, の場合, の如き, の恰も, の面影, は世, もまだ, やまだ, より家, をし, をほのか, を宣らし, を待つ

▼ 夕まで~ (19, 0.5%)

1 [19件] おりつづけて, たもつ, つ, または夕, 一度も, 一息に, 一日中其中庵で, 何くれと, 取込, 只斯く思ひ, 家の, 布尽きず, 日暮れてこ, 業に, 渡し場へ, 笑いつ, 見つめて, 通る, 霧や

▼ 夕めし~ (19, 0.5%)

3 のあと, を喰 2 が済む

1 [11件] がとても, だ, でも食べ, のお, はスエヒロ, は此処, もくわせず, も朝, を食べ, を食べる, を食わせん

▼ 夕~ (17, 0.4%)

2 が深く

1 [15件] が赤く, が野山, と共に都, と煙, ねもごろあかし春, のたなびいた, の下, の世界, の奥, の果て, の薄い, の道, は深く, は音, を破っ

▼ 夕あかり~ (16, 0.4%)

2 かがよ, ながく蒸し, の中 1 かな, がながれこんだ, では, に雑草, のなか, の枇杷, の残った, の黄昏, を胎ん, 猶のこり

▼ 夕暗に~ (16, 0.4%)

2 今点火

1 [14件] いたはられつ, まぎれていずくともなく, まぎれる蝙蝠, も著く, ノッソリと, 包まれた小川町, 浮いて, 浮かんで, 紛れて, 紛れながら, 聳える恵那山, 足音を, 輪廓が, 鎖されて

▼ 夕~ (14, 0.3%)

8 あつた 1 それぞれうたう, 一席, 夢声, 我が上, 緑色の, 藤山一郎伴奏を

▼ 夕暮方~ (14, 0.3%)

1 [14件] かえって来る, その子, で松の木, にこの, によく, に幼児, の光線, の空, の電車, の騒がしかっ, の鳥, まで考, まで考え考え, 見た六部

▼ 夕焼空~ (13, 0.3%)

1 [13件] が非常, で夏, などを眺め, にぱらぱら, に澄んだ, のうす, の上, の下, の色, の色彩, を反射, を映し, 向ふ

▼ 夕かた~ (12, 0.3%)

9 まけて 1 であった, である, になる

▼ 夕栄え~ (12, 0.3%)

2 の光り 1 があたっ, が映り, が複合, が褪め, て俄, にひたされた, に燦, のよう, の景色, は死ぬ

▼ 夕雲流~ (12, 0.3%)

2 の使い手 1 といっ, なる剣法, には少し, の八天, の剣, の名, の塾, の逆風剣, をふりかざす, をやる

▼ 夕~ (11, 0.3%)

1 [11件] かに斯ん, そうです, ちのときの, ちの中を, ちの涼し, ちの雲と, とか野談, と自分, と誰, 四隣に, 涼しすぎる

▼ 夕より~ (11, 0.3%)

1 [11件] また夜業, 俄かに, 十二時頃まで, 大雷雨, 憎からぬ, 晩食に, 朝に, 知りそめし, 雨の, 雨ふりいで, 黒髪のみ

▼ 夕~ (11, 0.3%)

1 [11件] がつぶやいた, がまず, が大声, が馬場, そのほか柴田, に命じ, は嘆声, もまた, も主君, や光秀, をかえりみ

▼ 夕~ (11, 0.3%)

2 の男 1 がほんとう, が自慢, に逢った, の仕方, の座敷, の泣き顔, は気, は西, は起請

▼ 夕ざれ~ (10, 0.2%)

2 ば野 1 て夜, の落葉, はひそか, は豆腐屋, ば戸, ば監房ごと, ば臥所, やもろこし畑

▼ 夕~ (10, 0.2%)

2 の声 1 が唖, が啼い, が黒い, などは性, の啼く, の寒い, の黒い, も声

▼ 夕~ (9, 0.2%)

2 の朽木 1 にいよ, に婆娑, に牡丹桜, に白, のいづ, は, 寒く

▼ 夕~ (9, 0.2%)

2 にたとふれ 1 にし, に踏みやはらかき, のしみら, の日, の篠懸, みやる瞳, 降って

▼ 夕~ (9, 0.2%)

1 があった, がいっぱい, が肌, に, にひもとく, に袖, の濡れた, の玉, の置き渡す

▼ 夕~ (9, 0.2%)

2 に近づく 1 から見えなくなった, か夜, つい出会っ, でどの, になる, の時刻, はどんな

▼ 夕から~ (8, 0.2%)

1 はじまった急追, 出たっきり, 夜へ, 床について, 翌朝へ, 翌朝まで, 降出した雨, 雨を

▼ 夕~ (8, 0.2%)

2 らを, わりなけれ 1 かし, だ, らよどむ, 我は

▼ 夕~ (8, 0.2%)

2 にむらさき, の, を子ら, を門出づる子ら馬上

▼ 夕~ (8, 0.2%)

1 には何, に未練, のほ, のま, の妖精, の真白, の蔭, もさかり

▼ 夕~ (8, 0.2%)

2 のおき 1 が下り, が白く, に赤い, の白く, の置く, ふれば

▼ 夕食前~ (8, 0.2%)

2 の黄昏 1 からもう, だ, に帰っ, の小半時, まで一同, まで自由外出

▼ 夕だち~ (7, 0.2%)

2 あとの 1 があがっ, が降っ, を降らせました, 八町走りの, 雲でも

▼ 夕づき~ (7, 0.2%)

3 にけり 1 がたき楓, て何, て遊ぶ, 早し陽

▼ 夕~ (7, 0.2%)

3 夕な 1 がさむ, がめ, の東京, 山を

▼ 夕にも~ (7, 0.2%)

1 あらじを, これを, その思, 亦やんごとない, 吹くとは, 招待を, 散る柳絮

▼ 夕また~ (7, 0.2%)

1 愛妾を, 明月の, 明月清輝を, 月に, 浮雲月光を, 深更に, 船員の

▼ 夕~ (7, 0.2%)

1 おうな, の黒き, はいず, は南向き, は私, は銅雀台, ヲオ座敷

▼ 夕映え~ (7, 0.2%)

4 てゐる 1 ていた, ている, て美しい遠い

▼ 夕~ (7, 0.2%)

4 の煙 1 のけむり, の膳, も終っ

▼ 夕立つ~ (7, 0.2%)

3 雲の 2 雨の 1 杉の, 雨に

▼ 夕かけ~ (6, 0.1%)

2 て三千 1 て双子, て桐, て白き, て見

▼ 夕くれ~ (6, 0.1%)

4 なゐ 1 の, の風

▼ 夕~ (6, 0.1%)

2 ゑながし扇骨木生垣 1 りの, ゑ, ゑながら, ゑを

▼ 夕ご飯~ (6, 0.1%)

1 がすみます, がすむ, のとき, の後片付, の時, を食べました

▼ 夕~ (6, 0.1%)

2 て終に 1 づもりに和ぎ, てすなわち, で, 汝をば

▼ 夕とどろき~ (6, 0.1%)

2 豆腐屋の 1 ににて帰らない, に聞きとれぬ, の物悲し, の遠く

▼ 夕との~ (6, 0.1%)

1 ぐもり久しかるらし, スペシァルを, 二度に, 本式の, 礼拝式へ, 雙手もて

▼ 夕凪ぎ~ (6, 0.1%)

1 が大, が大き, になる, の時, の時刻, の海原

▼ 夕~ (6, 0.1%)

1 はんに, 四ふく, 番という, 番の, 番は, 饌と

▼ 夕~ (6, 0.1%)

2 倦みぬ 1 がやや, の鳴る, も, 明し我が

▼ 夕焼け~ (6, 0.1%)

21 ていた, ている, て山羊, て雲

▼ 夕~ (5, 0.1%)

2 わからぬが 1 ぐはしき山の手に, へらぬ逍遙人, へりを

▼ 夕~ (5, 0.1%)

4 のへ 1 のが

▼ 夕とも~ (5, 0.1%)

1 いえぬ寒, なれば, 呼ばれた神事, 彼に, 言はず曉とも

▼ 夕~ (5, 0.1%)

1 して, であった, に似たらず, を見る, 熱き紅罌粟

▼ 夕~ (5, 0.1%)

21 である, は東, も

▼ 夕~ (5, 0.1%)

1 とわたる, のこちご, の水, は遍照, や細長堀

▼ 夕焼けた~ (5, 0.1%)

3 浜辺へ 1 細い空, 黄昏だつた

▼ 夕西~ (5, 0.1%)

4 の方海 1 にゆくで

▼ 夕近々と~ (5, 0.1%)

5 目に

▼ 夕間暮~ (5, 0.1%)

1 と能, なる眉, の薬箪笥, 生干, 遠く市中

▼ 夕雲雀~ (5, 0.1%)

2 あがるを 1 が鳴く, の, 揚るを

▼ 夕かな~ (4, 0.1%)

1 その光, われのみ, 悲しき馬, 雨杜鵑坐禅豆

▼ 夕ごと~ (4, 0.1%)

1 にこういう, にわが, に來, に吾

▼ 夕~ (4, 0.1%)

4 めり

▼ 夕つかた~ (4, 0.1%)

2 袖垣のうへの 1 娘の, 網かい

▼ 夕づい~ (4, 0.1%)

3 て来た 1 て見えた

▼ 夕~ (4, 0.1%)

2 よひ 1 づみと申します, 暮

▼ 夕まけ~ (4, 0.1%)

1 て寒風, て戸内, て松, て湿ら

▼ 夕までに~ (4, 0.1%)

1 二百首ばかり, 海陸ふた, 熟考し, 西山荘へ

▼ 夕六時~ (4, 0.1%)

1 でございます, に晩飯, に没し, に至り

▼ 夕冷え~ (4, 0.1%)

2 のする 1 と自分, のなか

▼ 夕~ (4, 0.1%)

1 に出る, に出掛ける, の人, みを

▼ 夕勤め~ (4, 0.1%)

1 の人たち, の役, の義務, の鐘

▼ 夕富士~ (4, 0.1%)

1 が望まれた, にわかれ, の暮れる, の裾野

▼ 夕~ (4, 0.1%)

1 の豚, むからしまだ, や, わが袖

▼ 夕山の端~ (4, 0.1%)

4 に見た

▼ 夕時雨~ (4, 0.1%)

1 あの音, が降りそめ, しのびに, に濡

▼ 夕暮れ~ (4, 0.1%)

1 てい, て帰路, て暖国, て行く

▼ 夕~ (4, 0.1%)

4 のくれし

▼ 夕申刻~ (4, 0.1%)

3 過より 1 過に

▼ 夕~ (4, 0.1%)

1 がさして, にとる, に乾き, に見棄て

▼ 夕~ (4, 0.1%)

1 がかかっ, がかかった, なびく, の下

▼ 夕迫る~ (4, 0.1%)

1 ものの, 煙の, 空を, 縁に

▼ 夕あら~ (3, 0.1%)

21

▼ 夕~ (3, 0.1%)

2 光は 1 のぶサンに

▼ 夕かぜ~ (3, 0.1%)

1 の河原, や羅, 又も

▼ 夕けむり~ (3, 0.1%)

1 に勝入, の暗い, 今日は

▼ 夕せまる~ (3, 0.1%)

1 方丈の, 落葉松原の, 落葉松山に

▼ 夕~ (3, 0.1%)

1 は巡礼者, よめきも, よ墨

▼ 夕づつ~ (3, 0.1%)

1 の往ぬる, の清光, は青

▼ 夕てんで~ (3, 0.1%)

2 お目 1 喋るひょっと

▼ 夕といふ~ (3, 0.1%)

1 のである, のへ, 妓の

▼ 夕~ (3, 0.1%)

1 まわりました, 出なければ, 日影が

▼ 夕までの~ (3, 0.1%)

1 楽しい多く, 訪客攻めと, 間に

▼ 夕らしい~ (3, 0.1%)

1 光景である, 哀愁を, 涼しい風

▼ 夕七ツ~ (3, 0.1%)

1 が門限, までの外出, 過ギ

▼ 夕勘定~ (3, 0.1%)

3 そろばん

▼ 夕~ (3, 0.1%)

1 の住職, 深く聲ぶり, 深に

▼ 夕~ (3, 0.1%)

1 に満ちわたる, は土耳古語, を仰い

▼ 夕~ (3, 0.1%)

1 には, にはいよりた, にはお

▼ 夕明る~ (3, 0.1%)

1 この雨あと, 橋の, 田螺が

▼ 夕樹明君~ (3, 0.1%)

1 が痛む, に招かれ, を招待

▼ 夕河岸~ (3, 0.1%)

2 の小 1 の鰹

▼ 夕~ (3, 0.1%)

1 が穩, の上, の空

▼ 夕~ (3, 0.1%)

1 の声遠近, の聲, 嘗て曲亭馬琴

▼ 夕焼ける~ (3, 0.1%)

1 木の実と, 空, 空の

▼ 夕焼色~ (3, 0.1%)

2 の雲 1 にぱっと

▼ 夕~ (3, 0.1%)

1 と云った, と続けた, もその

▼ 夕~ (3, 0.1%)

1 が宅, は白楊, は親しく

▼ 夕~ (3, 0.1%)

1 に脈, はあかあか, は堂ヶ島

▼ 夕~ (3, 0.1%)

1 おそき僧, に乘, に成っ

▼ 夕~ (3, 0.1%)

1 にうすずく, のひととき, の下

▼ 夕~ (3, 0.1%)

2 の花 1 の宿

▼ 夕~ (3, 0.1%)

21 くれば

▼ 夕近く~ (3, 0.1%)

1 して, なりて, 翁は

▼ 夕~ (3, 0.1%)

1 はより, ほほほ, を

▼ 夕あかり裏山松~ (2, 0.0%)

2 の松風

▼ 夕おどろおどろしき~ (2, 0.0%)

2 わが命

▼ 夕かれ~ (2, 0.0%)

2 は遂に

▼ 夕がた一郎~ (2, 0.0%)

2 のうち

▼ 夕がた乳~ (2, 0.0%)

2 をしぼり

▼ 夕ぎり~ (2, 0.0%)

1 というこれ, 立寄り主従

▼ 夕けの~ (2, 0.0%)

1 二度を, 常の

▼ 夕この~ (2, 0.0%)

1 一軒家に, 海の

▼ 夕ごころ~ (2, 0.0%)

1 うらひもじ, に似た

▼ 夕~ (2, 0.0%)

2 もらふ

▼ 夕さく~ (2, 0.0%)

1 花は, 花を

▼ 夕さむし~ (2, 0.0%)

1 草ほこり掻く, 隠亡は

▼ 夕ちかく~ (2, 0.0%)

1 俊和尚は, 道は

▼ 夕づきし~ (2, 0.0%)

1 広原は, 障子に

▼ 夕づつのかげを~ (2, 0.0%)

1 浮べる, 見よ

▼ 夕づとめ~ (2, 0.0%)

2 ゆくてを

▼ 夕という~ (2, 0.0%)

1 ような, 妓の

▼ 夕として~ (2, 0.0%)

1 その知友たち, 思ひ量らざること

▼ 夕とに~ (2, 0.0%)

1 二回の, 於て

▼ 夕とは~ (2, 0.0%)

1 いへ旅愁, 春と

▼ 夕ながめ~ (2, 0.0%)

2 剥製の

▼ 夕なぞ~ (2, 0.0%)

1 榎の, 胡弓入れたる

▼ 夕など~ (2, 0.0%)

1 窓辺に, 風少し

▼ 夕などに~ (2, 0.0%)

1 熱くな, 熱くなった

▼ 夕なり~ (2, 0.0%)

1 この身ナポリ, たま

▼ 夕はじめて~ (2, 0.0%)

1 きく声, きく聲

▼ 夕はん~ (2, 0.0%)

1 がすんだら, を買つて

▼ 夕ほてり~ (2, 0.0%)

2 このごろつづく

▼ 夕~ (2, 0.0%)

1 冬の, 夜の

▼ 夕~ (2, 0.0%)

1 ここに, 更けて

▼ 夕よりも~ (2, 0.0%)

1 壮大だった, 虫の

▼ 夕わが~ (2, 0.0%)

1 前に, 爲換金を

▼ 夕~ (2, 0.0%)

1 その部屋, であった

▼ 夕ベルナルドオ~ (2, 0.0%)

1 と芝居, は晩

▼ 夕七つ時~ (2, 0.0%)

1 には天満橋筋長柄町, に又

▼ 夕七時船~ (2, 0.0%)

1 ようやくプリマス港, を桟橋

▼ 夕五時~ (2, 0.0%)

1 に凋, に至らざる

▼ 夕光り~ (2, 0.0%)

1 が明神様, が明神樣

▼ 夕六ツ頃~ (2, 0.0%)

1 であった, に町奉行所

▼ 夕~ (2, 0.0%)

1 の火, 早しくろぐろ

▼ 夕凍み~ (2, 0.0%)

1 その匂い, の匂い

▼ 夕出で~ (2, 0.0%)

2 て見

▼ 夕千鳥~ (2, 0.0%)

1 とも名乗っ, には彼女

▼ 夕~ (2, 0.0%)

1 とひま, にも

▼ 夕~ (2, 0.0%)

1 国府津へ, 平野へ

▼ 夕告鳥~ (2, 0.0%)

1 という, の音す

▼ 夕啼き~ (2, 0.0%)

1 を仕出した, 時刻江戸で

▼ 夕安ら~ (2, 0.0%)

2 けく

▼ 夕~ (2, 0.0%)

1 の中, の間

▼ 夕寒い~ (2, 0.0%)

1 感じ, 風が

▼ 夕屋根~ (2, 0.0%)

1 にいつも, やら伊勢山

▼ 夕~ (2, 0.0%)

1 の橋, を押し渡る

▼ 夕彼女~ (2, 0.0%)

1 の長兄, はかえって

▼ 夕忠太~ (2, 0.0%)

2 に伴

▼ 夕~ (2, 0.0%)

1 はベルナルドオ, を尋ねし

▼ 夕早く~ (2, 0.0%)

2 風に

▼ 夕~ (2, 0.0%)

1 になった, は永い

▼ 夕明かり~ (2, 0.0%)

1 がさし, の中

▼ 夕映した~ (2, 0.0%)

1 山々は, 西の

▼ 夕暮れた~ (2, 0.0%)

1 一人旅という, 窓に

▼ 夕月さ~ (2, 0.0%)

2 しぬ野

▼ 夕~ (2, 0.0%)

1 に之, へ悔行

▼ 夕樹明~ (2, 0.0%)

2 来庵

▼ 夕殿蛍飛思悄然~ (2, 0.0%)

2 という句

▼ 夕~ (2, 0.0%)

1 に三四人づゝおりたちて砂, に堅氷

▼ 夕~ (2, 0.0%)

1 から帰港, で釣っ

▼ 夕浪千鳥汝~ (2, 0.0%)

2 が鳴け

▼ 夕淡き~ (2, 0.0%)

1 この見おろし, 合歓の

▼ 夕澱み電柱~ (2, 0.0%)

2 に添

▼ 夕照り~ (2, 0.0%)

1 のあかあか, をうけ

▼ 夕照甚佳~ (2, 0.0%)

2 なり

▼ 夕~ (2, 0.0%)

1 に今, に鳥ふみ

▼ 夕病室~ (2, 0.0%)

2 の夜

▼ 夕~ (2, 0.0%)

1 の鐘, やいろんな

▼ 夕~ (2, 0.0%)

1 が浪平, も次第に

▼ 夕~ (2, 0.0%)

1 ひて, ひの

▼ 夕紫陽花~ (2, 0.0%)

1 に来, の花

▼ 夕~ (2, 0.0%)

1 の卓, の支度

▼ 夕~ (2, 0.0%)

1 やわが, を松浦川口

▼ 夕~ (2, 0.0%)

1 のおしろい, の朝

▼ 夕莢雲~ (2, 0.0%)

2 は蜩

▼ 夕菴明智十兵衛~ (2, 0.0%)

1 などの顔, などの驍将

▼ 夕蜘蛛~ (2, 0.0%)

1 が網, は一

▼ 夕~ (2, 0.0%)

1 を着, を着け

▼ 夕親臨~ (2, 0.0%)

2 せられたる御

▼ 夕~ (2, 0.0%)

1 の後, の終り

▼ 夕越え~ (2, 0.0%)

1 て宵, て行く

▼ 夕辺庫裏~ (2, 0.0%)

2 へ忍び

▼ 夕野良~ (2, 0.0%)

2 の小藪

▼ 夕~ (2, 0.0%)

1 ぐれ, にのみ玉

▼ 夕~ (2, 0.0%)

1 が訳, の啼く

▼ 夕雲ア~ (2, 0.0%)

2 下る

▼ 夕霞桃~ (2, 0.0%)

2 いろふかし春

▼ 夕~ (2, 0.0%)

1 にあがり, の虹くつきり

▼ 夕風の音~ (2, 0.0%)

1 ばかり, も身

▼ 夕~ (2, 0.0%)

1 を畫, 超ヲ招イテ

▼1* [727件]

あかき鉱泉道の, 夕あかね残れる空, 夕あかり先ゆく人, 夕あかり沙に残り, 夕あかり濡れにぞ濡, 夕あかり種蒔人そろうて, 夕あかる櫨の, 夕あちこちへ女, 夕あの蝙蝠も, 夕ありきして, 夕ありし音色を, 夕あるいは星斗闌干たる, 夕なかぶし, 夕うちの二人, 夕うらさびし旅に, 夕かえると翌日, 夕かがやかし神無月わかく, 夕かがやきはこの, 夕かげおよぶ破れびさし石ここだ, 夕かげながら詣で来て, 夕かげり早し四五本, 夕かげり疾き, 夕かた倶部樂へ, 夕かた六騎の貧しい, 夕かた小樽の森本, 夕からのことである, 夕からは帝の, 夕かを浅草の, 夕がたうちの屋根, 夕がたそれをもっ, 夕がたちんどん屋のあと, 夕がたふろ屋にいく, 夕がたぼくの助手, 夕がたゆりかさんのバイオリン, 夕がたカアルが部落そ, 夕がたトランクにいれられた, 夕がたユウ子ちゃんのお, 夕がたヨシ子ちゃんはお, 夕がた三人の少年, 夕がた兄の鉄山, 夕がた公衆電話の中, 夕がた六時ごろまでのかせぎであった, 夕がた分署長の波野警部補, 夕がた南禅寺の龍村家, 夕がた友だちといっしょ, 夕がた四時半ごろのこと, 夕がた壁紙のよごれた, 夕がた奉行所の門, 夕がた少年探偵団の名コンビ井上一郎君, 夕がた屋上の熱帯植物, 夕がた帰つて, 夕がた彼は女, 夕がた最後のバス, 夕がた東京に帰っ, 夕がた淡谷スミ子ちゃんたちがこうもり男, 夕がた渋谷区のやしき町, 夕がた笠原さんの家, 夕がた義雄と横, 夕がた質屋の家, 夕がた路を通つて, 夕がた酒をのん, 夕がた里を出るまえ, 夕がた電燈が点い, 夕がた麻布へおびき出し, 夕がらすかな, 夕て首枷, 夕きぬ川のほとり, 夕ぐもりがしだいに茫漠, 夕ぐれて行く, 夕けしきをみ, 夕けといったらしいこと, 夕けぶりが立ち出した, 夕けぶり立つ紫の, 夕ここに一泊, 夕こめて鉄傘, 夕これを見てくれ, 夕ごろもかな, 夕ごろ波間も見せぬ, 夕さえ失った, 夕さすが思い出すこと, 夕さて迎えの, 夕さびしき草の, 夕ざくらの凄, 夕しかし最初の, 夕しぐれいつまでも牛, 夕しぐれ間なくふり, 夕しづかに風, 夕すぐ死刑囚の, 夕すぐさま岩波茂雄さんは, 夕すでに館の, 夕すらもただに, 夕ずく頃城内城中には炊煙, 夕みが, 夕その烏の, 夕その後私は幾たび, 夕たいへんなこと, 夕たるや教坊楽, 夕だけ連んで, 夕だけに四人も, 夕だちつづきでもある, 夕ってので漫談した, 夕つかた見辛くし居り, 夕つげわたる鳥の, 夕つつがなく京都に, 夕づいた景色を, 夕づきぬらむ竹の, 夕づけて, 夕づついと清き, 夕づつかけて樹明来やうやく一升捻出, 夕づつのかげの明かに輝く, 夕づつのほのめきゆめの, 夕づりに出かけよう, 夕づゝを讚美, 夕てのありグランド, 夕であると同時に更に, 夕とかに通って, 夕とつぷり暮れてから, 夕とともに訪れを, 夕とにおいて変化し, 夕とにて於て, 夕とをせり第, 夕と共に外来の, 夕ながめ見こそ醉, 夕なごりのしづけ, 夕なずみの微妙, 夕などにも今似たるべし, 夕なに愛着を感ずる, 夕ならば, 夕なりきタクシー帰宅まだ, 夕なりしかば通知する, 夕なりしならむと存じ候, 夕なれどもピナテール, 夕なんど天の一方, 夕にかけ華州の, 夕にかけて蟻を, 夕にわかに戸を, 夕はん一寸前に父親, 夕ばかり夏の, 夕ばかりは怪しくも, 夕ひかりわれは, 夕ひがし生駒の山の上, 夕ひそかに人, 夕ひとまず金沢表に, 夕ふるはなさけ, 夕ぼくが活版所, 夕まうけ, 夕まだ夜に, 夕まつりに敢えて, 夕までには謙信は, 夕までは生命あり, 夕けと昔, 夕みやこ鳥がくる, 夕むかへむ, 夕めいた濃い木蔭, 夕めくと店, 夕めし食つて, 夕もろひとに辱められ, 夕やさしくものがたり, 夕よく斜陽の, 夕よる柱つめたき, 夕われは是非, 夕ゐる旗雲の, 夕をはやみ冷たかる, 夕を以て桃人を, 夕アドリアティックの海, 夕イスパニアの晝, 夕オペラを聴き得べし, 夕オリヴィエの静か, 夕カニケ街の小さな, 夕カノ目面白づくで, 夕カムパニアなるドメニカ, 夕クリュニイ博物館前なる旅館, 夕シッソンに着い, 夕シャウ氏の案内, 夕ニ武道ノ稽古, 夕パナマ地峡の運河, 夕パリに着き, 夕ファウストは騎士, 夕フランシスは例, 夕ベルファストに帰る, 夕ボーイ長のベッド, 夕ポストまで出かける, 夕ヤソ教礼拝式ありて, 夕ランプを取り囲み, 夕一人の秀才, 夕一千五百マイルを隔て, 夕一封の書, 夕一尺前後のはや, 夕一年一回の逢瀬, 夕一方では奉行蔡九, 夕一時明らかに, 夕一晩がかりでこの, 夕一条行房は, 夕一杯やりはじめたとき森山さん, 夕一瞬の静か, 夕七つの鐘, 夕七つ前迄五郎子, 夕七つ時分に宿, 夕七つ時津山京町大笹屋, 夕七ツ限りであるから, 夕七半時過弘前城下下土手伊勢屋甚太郎方著直小野氏尋訪行飲, 夕七夕祭を行う, 夕七時ごろ古実君との問答, 夕七時中野村長谷川総右衛門へ著, 夕七時前小舟一艘借切品海, 夕七時前間の宿久保, 夕七時半まさしく寒帯, 夕七時油川村著菊屋重助宅へ落著, 夕七時福山木綿橋へ著船上陸, 夕七時頃中野村へ著一泊, 夕三吉は甥, 夕三度づゝ海へ行く, 夕三景楼の二階, 夕三浦環の長唄, 夕三膳ぐらいおかゆ, 夕三首ときめ, 夕の関ニつき申候, 夕下界に下り, 夕下賜の酒, 夕忍の, 夕両親に促, 夕中入も早, 夕九時まさしく赤道, 夕九時半リバプールに着し, 夕九時英船仏山号に移り, 夕二子を生んだ, 夕二杯とてもうまい, 夕二椀半と極めて, 夕互に意有り, 夕五律の五六, 夕五時ごろ群をなし, 夕五時半から一回, 夕五時森岩雄とホテル, 夕五時禮拜堂のお祈り, 夕五時頃から十一時, 夕五目めし, 夕井出氏の寓所, 夕今日も二人, 夕今自臨川之, 夕仕度をした, 夕付く日の, 夕代地河岸の旗亭稲垣, 夕伊達巻の細帯, 夕ふことに, 夕伸子は縁側, 夕佐太郎は再び, 夕の要領, 夕何事もあらざりし, 夕作さんという土地, 夕使いを出し, 夕とも, 夕の如く, 夕園町なる, 夕先生は英吉利西風, 夕光あかし刈り棄てに, 夕光のかがよ, 夕光子のもの, 夕光鎮む不二ヶ嶺, 夕八丁堀から大川端, 夕八時シアトル港に着す, 夕八時汽船の五, 夕六つを撞き出す, 夕六ツまで江戸中, 夕六ツ下がりの紫紺, 夕六ツ過ぎにその, 夕六時少雨来たる, 夕六時房州長島の灯台望中, 夕六時頃に御, 夕六時頃伊達とさだ子, 夕共に咸臨丸に, 夕其処へ行っ, 夕の朝, 夕冴えした黄昏であった, 夕冷えまさるしら雪に, 夕凉たるが, 夕凉みのそぞろ歩きをする, 夕凉みの下駄の音, 夕凉みの人通りで大, 夕凉みの晩の催し, 夕の岸, 夕凪ぐカツサカサと, 夕出発明日は多分, 夕初更までに各, 夕別れせつなき別れ西の京, 夕刻下見聞に行かう, 夕刻時を待ち慕う, 夕刻煙草屋藤助一六船利徳丸, 夕劇場にあり, 夕力つきてまっ黒, 夕化粧姿を斜, 夕北畠具行が六波羅, 夕十一時すぎまでいる, 夕十五日にはもう, 夕十六島はいふも更, 夕十時半バルパライソに着す, 夕千種忠顕の二条梨, 夕南蛮寺の門前, 夕危くなったという, 夕バ必ラズ逢ハムト契リタラムニ泊瀬川ノ, 夕召しをうけた, 夕合奏会あり, 夕合歓の匂い, 夕教授の, 夕同宿大場忠氏と歩, 夕吸物牡蠣海苔口取蒲鉾卵橘飩青海苔を塗, 夕吹雪西の京ふく日を思ひたれ, 夕のとり乱したる, 夕告げわたる鐘の, 夕告別のため, 夕味方にもそっと, 夕啼き致しかかったばかりの時, 夕四時そして朝, 夕四番町の居邸, 夕四百マイルを離れ, 夕囲いの中, 夕土間の鳥屋, 夕地中や石垣, 夕越えて, 夕城中までお越し, 夕夕方の掃除, 夕夜月にも雪, 夕余興会あり, 夕大信寺の鐘, 夕大友は宿, 夕大槻は千代子, 夕大牢の闇, 夕天女がこの, 夕太く人間に, 夕妙達が飛ん, 夕を連れ, 夕は遂に, 夕からし, 夕官舎において晩餐, 夕実隆はわざわざ, 夕はその, 夕をアヴニウ・デイロオ, 夕家人余がため, 夕寄道して, 夕寒き庇の, 夕寒日中は暑い, 夕寝床につく, 夕寺田さんが葺屋町, 夕尊氏の主, 夕稲が, 夕小屋へ帰っ, 夕少しく調ぶる, 夕少女すむ家, 夕山口まで散歩, 夕山崎でお先に, 夕山風が古, 夕生ずる処鶴松, 夕嵐山は笑はず, 夕嵐軒もる月, 夕川開きの花火, 夕市中無数の小, 夕帰った彼は, 夕帰つて来る松原, 夕帰るなり, 夕帰宅の由, 夕帰船して, 夕帰館すれば, 夕の薄, 夕干潟営み長く蟹, 夕幾度波の上, 夕幾晩あたりが全く, 夕とかがやき, 夕まゐり, 夕座間はヤン, 夕庭寒に, 夕引下って片手, 夕棹水中, 夕にあと, 夕弱妻幼児親戚の誰彼, 夕が沈み, 夕当地の河原, 夕彦根を去ら, 夕彼等が疲れ果て, 夕待たず我が眼, 夕待顔にだらり, 夕徒らに往事, 夕晴, 夕徹夜して, 夕心地を町辻, 夕の雨, 夕意外な早打, 夕憂しとても逃れん, 夕我が尼寺の, 夕我と同じ年頃, 夕戸出の油, 夕所吟数首あり, 夕所用あって, 夕手つだってくれ, 夕折々の季節, 夕押出そうということ, 夕と晩, 夕など, 夕支度をあと廻し, 夕故主に謁, 夕敢なく逝りぬ, 夕散歩して, 夕敬君来庵間もまく, 夕数名相伴い野外, 夕整形外科の教室, 夕文吾は昨夜, 夕新聞の号外, 夕旅籠の蕎麦二ぜん, 夕日本一美しいです, 夕日照り沁み秋, 夕の鐘, 夕早き庫裏のは, 夕早し灯を, 夕なる壮行会, 夕明き横狭, 夕明るみはから松, 夕明下に投げいだされた, 夕がたまり始め, 夕星ア出たぞ, 夕昼夜の時間, 夕の礼拝, 夕時雨君をおも, 夕時雨明日の晴れ, 夕時雨薄は寒し, 夕晩餐の時, 夕晩餐後の雑談, 夕景山三郎が参る, 夕晴れだった, 夕のする, 夕すでに斜め, 夕暗から絶えずこの, 夕暗みに沈ん, 夕暮れぬ中に, 夕暮れようとし, 夕暮れるに従って菫色, 夕暮方温泉場の町, 夕暮方父が申しまし, 夕暮方祖父は赤い, 夕暮羊居に立ち寄, 夕暮雲かへり, 夕更にここに, 夕書籍の手入, 夕最前線にあった, 夕最後の大, 夕月ごろまでにそれ, 夕月さし入る靜夜, 夕月の輪貫きて, 夕月下にへい, 夕月山に落ち行け, 夕月榛の木原, 夕月波にし, 夕月田面に映る, 夕月風なきに, 夕有吉領事の招き, 夕木々の実, 夕朱同は西門, 夕投巴里城併看花与, 夕来た時は, 夕来れば風吹, 夕東京の或, 夕東京駅まで見送り, 夕東寺に着いた, 夕松明あかきよろこび, 夕松浦氏の商店, 夕柏軒先生京師旅寓より御, 夕柏門の塩田良三, 夕柔らなる春陽, 夕栄えさせる温室の, 夕栄えした樺色の, 夕根岸氏の宅, 夕桜何がさはつて, 夕が香そ, 夕棚雲の色, 夕棲み枯らす松の, 夕検非違使から小松谷, 夕榮老のため, 夕樹明来ハムを持つ, 夕を眺め, 夕正式の沙汰, 夕此杉の森, 夕殿に蛍, 夕母上とフラア・マルチノ, 夕母親の云った, 夕民政部にいた, 夕気づいたような, 夕気づくころに, 夕汽車の遠音, 夕河鹿また聴か, 夕には貝, 夕浪千鳥群れかへる, 夕海上へ漁猟, 夕海軍少佐岡田雄三氏来訪せらる, 夕涼かたがたそれをば見物, 夕涼しく団居する, 夕淋しがって, 夕淋しくそぞろに, 夕烟通, 夕渓の, 夕深山の奥, 夕のなだり伐り下ろしほうり出し積む, 夕渡り来て我妹子, 夕湖岸にうつ砲, 夕にし, 夕湿りを催しかけ, 夕湿る女松山ゆき野山ゆき弟と, 夕満ち汐, 夕満潮のひと, 夕溝口家から丹後守, 夕漸く例年の, 夕澤邊鴫立つからに, 夕濛靄に裹まれ, 夕のない, 夕火照る海, 夕炊きの煙, 夕炊ぎなら時刻は, 夕炎熱はなはだしかりし, 夕点検を了, 夕無線電信にて東京, 夕焼おだやかな, 夕焼けいろの草むら, 夕焼こやけで, 夕焼しづかな糸瓜, 夕焼つばめ幾羽つばめ羽振疾, 夕焼みたいな空, 夕焼めをとふたり, 夕焼夏海游泳芭蕉杉淋しい墓地, 夕焼小焼の, 夕焼小焼大風車の上, 夕焼小焼牛の子, 夕焼方の風向, 夕焼旅情切ないもの, 夕焼本位に見れ, 夕焼東は夜明け鐘, 夕焼架線工夫に翼, 夕焼空蘇鉄の上, 夕焼竜巻に似た, 夕焼雄鶏雌の上, 夕焼頃となり, 夕焼頭より脱ぎ, 夕照のから松, 夕照りあかし穏しくはし, 夕照りうららかな四囲, 夕照り淀か揺りこたふらし, 夕照之を八景, 夕照収星光波際見点点去来舟, 夕照四季おり, 夕照朱のごとし, 夕照鮮かにかがやい, 夕燒けが眞赤に燃える, 夕笑みの, 夕狩沢にお, 夕の様, 夕甲州北都留郡上野原村に着し, 夕甲府を経, 夕申刻時分にて瀬川, 夕申刻頃から行, 夕男子出生名棠助, 夕に遅く, 夕畑蕎麦の白き, 夕同じ, 夕異相の大男二人, 夕白藤の, 夕盛大なる晩餐会, 夕直義が義詮, 夕眷属一同一席に集まり, 夕眺めするな, 夕眺めた城山も, 夕の由, 夕祖母と此坂路, 夕神戸氏宅にて証書, 夕には朝來, 夕立たうとして草, 夕立てる花の, 夕競技の優勝者, 夕りの, 夕粉雪ぞつもりける, 夕やかに棒, 夕や時雨れし, 夕は乳母, 夕紅糸を繋ぐ, 夕紅葉色失ふを, 夕納凉とて團扇かた手, 夕の社会部長, 夕義貞の館, 夕羽振り消えに, 夕聞いたうれしいこと, 夕へって這い出で, 夕膳端近う据, 夕舂日を噛んだ, 夕舂日光颯と射したれ, 夕船中の無聊, 夕船堀橋から堤づたいに, 夕に煙る, 夕花咲きそむる山方, 夕若宮大路の柳営, 夕茸飯を食い, 夕は夕べ, 夕か日光黄菅, 夕に印旛びと今, 夕華やかに扮, 夕華陰県の城中, 夕菴光秀の三人, 夕菴松井友閑らもひとしく, 夕菴譜代の木村五平太, 夕菴長安などの年寄衆, 夕の中, 夕虹たちぬさやさや, 夕蚊遣して, 夕蚯蚓の歌, 夕蛭卷のつかの間, 夕蜻蛉かも, 夕が草, 夕行かなければならなかつた, 夕であぐら, 夕見しところは, 夕と云, 夕語りするなるものを, 夕諦らめに馴れた, 夕貞之助と幸子, 夕財産の分与, 夕赤橋軍は山ノ内, 夕赤裸にし, 夕赤黄緑の色紙, 夕越え行くや待乳山, 夕越後へ帰国, 夕踰館という私塾, 夕もあつ, 夕迄に大分進行する, 夕近い頃さすが, 夕近し赤松の, 夕近づけて対, 夕迫ってしまった, 夕遅き厩の, 夕遊びでもう, 夕遊びます二荒の, 夕遊ぶ子等が, 夕過ぎに帰っ, 夕過ぎる頃から, 夕を延ばし, 夕道誉が何, 夕都会に打ちぬ, 夕都會に打ちぬ, 夕酉刻に歿, 夕になる, 夕野原からの二人, 夕長太息をもらした, 夕長男英明大阪より呼び返され, 夕間暮れに村, 夕間暮れ新月のもと, 夕間暮卯月つごもり, 夕間暮軒の草葉, 夕間詰に於, 夕関上から前方, 夕附き早し材小屋, 夕附日荻のはこし, 夕降雨あり, 夕にとる, 夕隆三は彼, 夕雀にぎやかなり雀, 夕雀赤子の泣声, 夕雛さんと同じ, 夕雨小雨そよぐは, 夕雨降り風起ちて, 夕雲のかけりゆく, 夕雲先生それを見, 夕雲工夫の奥伝, 夕雲流場合によっては, 夕雲華やかに流れ, 夕雲門でまず, 夕雷雨めづらしく, 夕電人の命, 夕電古人すでにい, 夕電灯の燦, 夕霞みが低く, 夕霧さんにお, 夕霧たちぬ, 夕霧め川面一面に立て込め, 夕霧伊左衛門を出し, 夕霧伊左衞門とかいうよう, 夕霧団八の判官, 夕霧女は明石上, 夕霧自身が一条, 夕霧霧にうるん, 夕霽暮れおそきけ, 夕靄星月の下, 夕靄罩って段々, 夕青き微光の, 夕静けさは水, 夕けき, 夕頃余は残兵, 夕頃国民酒場へ行列, 夕頃警報も解除, 夕顏のをかしく, 夕顏咲けり, 夕顏日中日暮螢は光る, 夕顏瀬橋青銅の擬寶珠, 夕顏等其名の如く, 夕顏納涼臺縁臺の月見草, 夕顏觀音あり, 夕風さと袂, 夕風すゞしけば, 夕風乱りほそぼそ, 夕風亂りほそぼそ, 夕風呂を出, 夕風夕空の中, 夕風怨みもとけ, 夕風晨なおよく, 夕風沼の広, 夕風肌膚を侵し, 夕風裏窓の竹, 夕風髮にうけ, 夕風黄なり, 夕颯とし, 夕飛雲浦の江頭, 夕食べ物など提げ, 夕食前三十分にのん, 夕餉參らすべければ, 夕餉哉では洵, 夕餉畢りし迹, 夕餐後に夫, 夕は二の膳, 夕ヲ焚キ花, 夕を妻, 夕鴉鳴きかはし, 夕に掃除, 夕の一悲鳴草, 夕を売った, 夕鹿島の沖合, 夕龍動市クラパム區トレマドク街二十八館主美津田瀧次郎氏を訪