青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「存~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

子供~ ~子供たち 子分~ 子孫~ 孔~ 孔子~ 孔明~ ~字 字~ ~存
存~
~存じ 存じ~ ~存じます ~存する 存する~ ~存在 存在~ 存外~ 孝~ ~季節

「存~」 1888, 20ppm, 5639位

▼ 存~ (752, 39.8%)

172 ている 77 てゐる 53 ていた 51 て居る 23 てゐた 11 てい, ていない 9 て居た, て置く 7 てゐない 6 ておる, てゐ, てをる 5 て居 4 たり, てある, ておった, て置い 3 それが, ていなかった, ています, ておく, てこの, て置いた, 一方には

2 [21件] これが, そこに, ていたら, ているなら, ておいた, ており, ておりました, ております, てこれ, てはいる, てをら, て吾人, て居つた, て新, て普通, て爰, て異形, て置きたい, 一国民一個人の, 給ふこ, 而し

1 [227件] いかなる生活, いかに生活, かつ静か, ことに日本, この土, この意味, この種子, これを, しかして当時, しかもこの, すこぶる古色, そして全く, そして前者, その上, その中, その国体, その意味, その気候, たむろで, たりし, たりとする, たりと云, たるを, てあ, ていけない, ていたなら, ていたろう, ているであろう, ているらしい, てうかと, ておい, ておき, ておきたい, ておらない, ておらん, てしかるべき, てその, てそれ, てそれぞれ, てはいけない, ては居なかつた, てま, てもよく, ても居る, てゐたら, てゐたらしい, てゐました, てゐます, てゐるであらう, てをつた, てをります, てアストロロジー, てツルベサン, てフクチ, て三王, て京内, て人, て他意, て以, て体魄一淪, て優勢, て全く, て内, て再び, て劇, て動かすべから, て古, て唯, て四音六音, て外, て天下, て天子外出, て宿村, て實, て対象それ自体, て尋常文章, て居たら, て居たらう, て居った, て居ない, て居なけれ, て居らぬ, て居るで, て山家, て当時, て心, て忘れません, て抵触相剋, て支那法律, て明年, て時に, て有る, て止まず, て正月元日, て此, て琉球塗, て益これ, て米国, て置かなく, て置け, て置こう, て而, て肉食, て自分たち, て自分ら, て自分等, て花後, て英国, て蒼空, て虚飾, て表裏一体, て輪番芽, て追いかけ, て適帰, て驚嘆, ながら, または外形, また他, また古老, また巡り会っ, また無限, また社会, もしこの, よく子弟, よく英雄, わずかに, イラン民族に, スウィフトのは, ドイツは, ニラ人ミルヤニヤの, 一つ一つは, 一には, 一切の, 一般社会の, 一見たちまち懐古, 人々の, 人生に, 人類は, 今でも, 他から, 以て, 佛教の, 侯爵夫人も, 俳句だけを, 候もの, 側に, 光れる, 兩者の, 力と, 勝の, 北御門, 十字架と, 単なる痕跡, 吾人の, 唱歌に, 四十年度以降読衆の, 四方に, 地祇は, 士風を, 天に, 太祖崩じ, 学術上の, 官吏の, 実に心慮, 富者は, 富貴も, 市中往々, 幸徳井と, 彊健なる, 形は, 彼の, 後に, 後輩として, 從つて體驗内容を, 必ずしも主食常食, 意味の, 或一氣, 捨つる, 支那ビルマ米国等の, 文明の, 旧自由党, 明年明後年あるいは, 昔の, 時として或, 横浜在の, 此の, 沿線の, 漠北は, 牢屋の, 特殊な, 独特の, 玉う, 現に板木, 現実には, 生々しいまでに, 生命は, 病根と, 皇統に, 知も, 社会の, 神社の, 種々之, 筆跡は, 肉体本能衝動中には, 舊自由黨の, 舞踏は, 芝田白鴉を, 花さき実のれる, 花虫の, 英国にては, 蒿里の, 蝮は, 製薬学上の, 褻衣という, 貧富の, 輕薄に, 迷と, 逆に, 連綿として, 進歩爰に, 遺物遺墨を, 邪を, 隨つて其内閣は, 須臾も, 風鑑の, 飛騨の, 麦田の

▼ 存~ (167, 8.8%)

3 である, は思った

2 [16件] か寺田, に隙, の上達, の全身, の反撃, の奴, の後姿, はお, はもう, はもはや, はツルベ, は刑務所, は突然, も真剣, を下僕, を覚え

1 [129件] がいる, がどの, が一人, が事, が左手, が悶絶, が戸締り, が村, が為す, が言った, せっぱつまって, その人, だ, だけで, であるが, ではない, で娘, で断る, という俗世, という姓名, とはまるで, と寺田, と比べ, と第, と結婚, なかなか寝つく, ならこそ, にしたたかブン, について考える, にとっては思い, にはお, にはもしも, にはウヌボレ, には懐疑, にもよく, にイタワリ, にネグラ, に不覚, に対する今, に愛情, に敗れた, に敵し, に最も, に本能的, に留守, に稽古, に突きつけた, に負けた, のこわばった, のもと, のキモ, のコソ泥, のネグラ, の上, の上体, の刑務所, の前, の剣, の左手, の方, の木刀, の構え, の父, の疲れる, の目, の肉体, の胃袋, の背後, の苦悶, はいかに, はおどろいた, はきめこんだ, はここ, はこれ, はそう, はただ, はどうも, はほした, はまた, はよく, は人間全体, は仕方, は住みこむ, は倒れた, は前科四犯, は天性, は帰りかける, は心気モーロー, は応急工事, は怪訝, は昨日, は木刀, は案外, は次第に, は歌子, は歯, は特別, は盲メッポウ, は答えない, は腕, は逃げる, は道場, は鉄, は顔, もキモ, もタダ, も一見気オクレ, も人智, も盗み, も見どころ, よりも三四寸, をあしらう, をいきなり, をさげすん, をとる, をののしっ, をひやかし, をも道場, をハッタ, を一番, を小山内家, を思いうかべる, を散々, を組みしき, を見, を見やり, を見る, を追いまわし, 思わず破顔

▼ 存する~ (85, 4.5%)

4 ことを 3 所を 2 かを探究, が如く, ところを, にあらず, に過ぎず, に過ぎない, ものである, を見る, 以上は, 故に

1 [58件] かと思へ, からである, から含蓄, かを知った, かを考, かを試みん, が中, こと誣ひ, ということ, というよう, ときのみが, ところで, ところであり, ところである, ところと, ところの, ところは, ところ多くは, との二つ, と共に, と同, にせよ, により, による, に不思議, に拘らず, に於, のは, もので, ものなり, ものは, も何, やうに, や否や, ゆえであります, を免れぬ, を聞き, を見, を見れ, を覚ゆ, を許さざりき, を認めず, 一種の, 事の, 以上我々は, 処に, 必然法則により, 所あり, 所で, 所と, 所ならざるべからず, 所に, 所以で, 者を, 限りの, 限りは, 限り如何に, 限り種々な

▼ 存しない~ (81, 4.3%)

4 からである, と私, にし 3 ことを, のである

2 [11件] がしかし, ということ, ときに, ところの, と思う, と看做され, と説得, のは, のみでなく, ものであり, 彼等の

1 [41件] から, からだ, からわが, か或, か或いは, ことである, ことの, ことは, し犠牲, し高い, し高潔, ではなかっ, で永遠, という学問生活, といはれる, といふこと, といふの, といわれる, ところに, ところには, とさえ云う, と云っ, にかかわらず, のだ, のであり, のであるなら, までに破壊, ものと, ものを, やうに, ように, わけで, 人々であろう, 所である, 故に, 時に, 理想の, 空中事故の, 筈だ, 間は, 限り原始的たる

▼ 存した~ (80, 4.2%)

8 ことは, のである 5 ということ 3 ことを, ものと 2 が以前, のだ, もので, 事は, 事を

1 [43件] がそうした, ことが, ことで, ことであっ, ことであろう, ことと, ことも, ため道家に, といふこと, と仮定, と假定, と考える, と見える, ので, のであります, のであろう, のは, のも, ほどである, ものが, ものであり, ものである, ものまたは, やうであります, 事も, 事実であった, 俗法師の, 光源氏を, 八薬の, 古物の, 完全の, 平安朝初期の, 或る, 断片は, 時代に, 様式展開の, 正法時の, 知己の, 紀行である, 能因法師その, 言葉だろう, 諸淵没後, 限り一面的で

▼ 存~ (73, 3.9%)

5 へ共 3 ひしも, ま 2 へどもこ, へども驕り, ほどの次第に, 得ども, 然者

1 [52件] がいくら, がそれ, がちと, が多少, が如何, が小生, が当, が東京芝, が泉鏡花先生, このつぎ, この仕方, この様, さて今日貴殿, た, ついてはほぼ, てずいぶん, て心私, て日々, とかあり, にはや, に付, に如何, に差, へとてしばし, へど, へどもそれ, へども今, へども何とも, へども玉, へども迷, へども長から, へども閑居徒然, へど歌人, へは世, へばまして, へば覚束無く, へバ, を医者, 両尊共, 何卒不悪御, 大日本地誌, 御左右その後いか, 愈々益々然なるべくと, 故一生, 故貴兄, 然共, 爾来如斯悪戯, 猶私, 程の次第に, 素より賤しき身, 聞けば, 要するに二百頁

▼ 存~ (31, 1.6%)

3 外やさしい, 法則 2 理法に

1 [23件] 一例であろう, 人である, 個人である, 儀に, 始末を, 形を, 形式の, 志が, 意識より, 或は永遠, 所ニて, 新物, 格言ある, 理を, 理法に従って, 理法の, 規則に, 規準を, 超越性によって, 趣を, 通り一昨夜は, 通り背広モオニングコートフロックコート燕尾服の, 通り身命なき

▼ 存せざる~ (27, 1.4%)

2 ことを, はなき

1 [23件] ことも, ところなく, なし, なり, に如かず, に至, に至る, の故, ものは, も其根, も或, や知らず, ゆえを, を得ず, を得なかった, 千万年の, 旨誓紙を, 明らかなる, 景物人物人の, 狂風と, 知識を以て, 証拠には, 道理を

▼ 存~ (27, 1.4%)

5 して 2 するの

1 [20件] が出, しうるや, した, し依然, するであらうと, する時間, する靈, せしむるのは自然, せしめること, せむと, だけは或は, で其の, となす, となつ, の勢力, の如き, の意味, を, を欲する, を許された

▼ 存せず~ (18, 1.0%)

1 [18件] かえってただ, かえって私, かへつて, かへつて私, しもあらず, すなわち, ただ物質的生活關係, という, といふ人生観, といへ, と雖, また従っ, また從つて私自身, 他者本位他者主張の, 固より, 屡奇声, 経験上に, 貨幣が

▼ 存~ (18, 1.0%)

2 り候

1 [16件] お訊きください, つけ加えました, り候もと, 千鶴子は, 富士川游さんに, 我々は, 検するに, 添へて, 申しあげて, 申しあげても, 申しのべたく思いますが, 申しのべるほか, 申しますれば, 綜合し, 見ついで, 頭より

▼ 存~ (16, 0.8%)

3 へてゐた 2 えて

1 [11件] えて遊ばさなけれ, える途, え遊ばせ, へてあた, へてゐる, へてをる, へて居り, へて疚しく, へるか, へること, んもし

▼ 存~ (15, 0.8%)

2 ように

1 [13件] かその, が如く, ことなく, と存らざる, のだらう, のであります, ものが, ものの美し, やうなり, わけです, をゆるさず, 店がまへ, 限りこの

▼ 存すべき~ (14, 0.7%)

1 [14件] か存せ, が同時に, に非, は殆ど, ものと, ものに, ものもっとも, 内在的の, 愛なる, 所以を, 理なし, 筈ならずや, 道理が, 道理を

▼ 存せぬ~ (13, 0.7%)

4 以上この 1 から矢張り斬罪, が彼批評家, ことは, ためであろう, であらう, ということ, とする, のである, ように

▼ 存せる~ (12, 0.6%)

1 [12件] ことは, ことを, に於い, は妾, は閲覽, ものあり, ものと, ものの, ものを, 宇宙大, 蘭軒の, 語句を

▼ 存~ (11, 0.6%)

1 [11件] が坐し, が怒った, が総, のことば, の部将, の陣屋, の陣所, はすぐ, はやがて, は怒気, も和

▼ 存候え~ (10, 0.5%)

1 どもこ, ども当分駄目, ども驕りきったる, ど歌人, ど閑暇, ば, ば私倫敦, 共そして, 共如何, 共當時指迫指急

▼ 存せずし~ (8, 0.4%)

1 てそれ, てわれら, て却つて吾人, て実に, て實, て我, て盗人, て非

▼ 存~ (8, 0.4%)

1 な正義感, にたとへば, になつ, に存在, に沒我的, に考へる, に関係, の場合

▼ 存し得る~ (7, 0.4%)

2 と私, にし 1 ところです, ところの, 唯一の

▼ 存すれ~ (7, 0.4%)

1 ども家屋, ばいかなる, ばこれ, ばそれだけ, ば亡ぶる, ば其間, ば是

▼ 存せん~ (7, 0.4%)

21 之を, 限りあるいは, 限りは, 限り人間に, 限り本書の

▼ 存~ (7, 0.4%)

1 あつて, なぞらえんと, 七絶五首が, 五古, 元旦の, 唱和の, 就いて

▼ 存~ (7, 0.4%)

1 が認識, こそ物質, なりと聞きし, なる実体, はその, をし, を百姓中

▼ 存ない~ (6, 0.3%)

2 のです 1 ことが, でしょうが, のか, 様子が

▼ 存~ (6, 0.3%)

1 に, にある, に尚, に見え, に載せられない, より

▼ 存せし~ (5, 0.3%)

1 なるべく且つは, にキリスト教, はなお, ものに, ものは

▼ 存せり~ (5, 0.3%)

1 その頃大友義鎮, とする, と言えり, やあらずや, 家の

▼ 存って~ (5, 0.3%)

1 いる点, おるはず, 居るの, 居る所, 居る記録

▼ 存~ (5, 0.3%)

2 ゐら 1 ひそかに, 御座りまする, 致した失策

▼ 存~ (5, 0.3%)

1 わたくしは, 作用そのものの, 富士川游さんの, 神の, 関平に

▼ 存候事~ (5, 0.3%)

3 に候 1 に御座候, は胸一杯

▼ 存候間~ (5, 0.3%)

3 何卒御 1 御しる, 御迷惑

▼ 存~ (5, 0.3%)

2 の鍵 1 に関するがごとき, はわたくし, を意

▼ 存へて~ (4, 0.2%)

1 ゐるうち, 居て, 来た, 自身の

▼ 存しなかった~ (3, 0.2%)

1 からといっ, のは, 頗る気

▼ 存しなく~ (3, 0.2%)

2 てはならぬ 1 てはならない

▼ 存~ (3, 0.2%)

1 戦って, 符合致し, 言わるべきでは

▼ 存には~ (3, 0.2%)

1 尚此月, 尚此頃, 此春の

▼ 存~ (3, 0.2%)

1 かねし身, なければ, 候は

▼ 存~ (3, 0.2%)

1 ながら小歌, 之に, 存り

▼ 存上候~ (3, 0.2%)

1 は御前様唯今, は長々, をよう

▼ 存~ (3, 0.2%)

1 も大, を皆, を覈

▼ 存候まま~ (3, 0.2%)

2 一応申上候 1 何卒これ

▼ 存候処~ (3, 0.2%)

1 に御座候, 今以不参候, 御両親様

▼ 存~ (3, 0.2%)

1 候, 候其処の, 候因て

▼ 存娼説~ (3, 0.2%)

1 となり, は公娼, は在来

▼ 存居候~ (3, 0.2%)

1 ひしに, ひし處, へども或は

▼ 存~ (3, 0.2%)

1 肩, 若くは, 草廬

▼ 存~ (3, 0.2%)

1 とに分つ, に載つ, の本

▼ 存~ (3, 0.2%)

1 には特に, の奥底, の底

▼ 存~ (2, 0.1%)

1 事実上認識されうる, 内在する

▼ 存したまう~ (2, 0.1%)

1 ことまた, こと人間の

▼ 存したる~ (2, 0.1%)

1 事すらも, 地点に

▼ 存しなかったなら~ (2, 0.1%)

1 ばいかに, 自分から

▼ 存しました~ (2, 0.1%)

2 すべての

▼ 存し始める~ (2, 0.1%)

2 ことが

▼ 存し得るであらう~ (2, 0.1%)

2

▼ 存せざりし~ (2, 0.1%)

1 が彼, 當時に

▼ 存せね~ (2, 0.1%)

2 ばならぬ

▼ 存せるなら~ (2, 0.1%)

2

▼ 存である~ (2, 0.1%)

2 のか

▼ 存では~ (2, 0.1%)

1 この雨, すでにこの

▼ 存などの~ (2, 0.1%)

1 あいだに, 魏軍が

▼ 存れる~ (2, 0.1%)

1 が玉川, にはあらずや

▼ 存~ (2, 0.1%)

2 申候

▼ 存スル事~ (2, 0.1%)

1 無キモ, 無シ

▼ 存~ (2, 0.1%)

1 まゐ, 参らせ候

▼ 存付き候~ (2, 0.1%)

1 へども此姑, へば万一

▼ 存余堂詩話~ (2, 0.1%)

2 を見る

▼ 存候うち~ (2, 0.1%)

1 別に愚存, 又幕吏ら金出し

▼ 存候得共~ (2, 0.1%)

1 御武備, 誠に万々一

▼ 存候間御見舞申上候達磨儀~ (2, 0.1%)

2 も盆頃

▼ 存博士~ (2, 0.1%)

2 の診察

▼ 存参らせ~ (2, 0.1%)

2

▼ 存~ (2, 0.1%)

1 學堂を, 祀

▼ 存~ (2, 0.1%)

1 か, を受けた

▼ 存因果相続~ (2, 0.1%)

1 の三, の理法

▼ 存娼派~ (2, 0.1%)

1 の方, は衆議院

▼ 存~ (2, 0.1%)

1 御上洛御供, 申出られ候

▼ 存~ (2, 0.1%)

2 候えども

▼ 存~ (2, 0.1%)

1 は政治上格別, を決する

▼ 存~ (2, 0.1%)

1 の外, を口

▼ 存~ (2, 0.1%)

1 するを, す我

▼ 存~ (2, 0.1%)

1 にほかならない, を斎藤方

▼ 存無い~ (2, 0.1%)

1 と有, のです

▼ 存申候~ (2, 0.1%)

1 へども自分, 又本

▼ 存留する~ (2, 0.1%)

1 のみである, 大民族

▼ 存~ (2, 0.1%)

1 に於, 及び卷末

▼ 存~ (2, 0.1%)

1 して, せしめて

▼1* [205件]

うる甲斐なら, 存かれは存知たる, 存きり申立るの, 存くれ候, 存この度は, 存これなく候, 存さしひかへ申候, 存さし上不申候, 存された他人の, 存しいるのでかかる, 存しえたとしたなら, 存しおり鑑賞上には, 存しおる者と, 存したであろうという想像, 存したならばそれ, 存したらうがそれ, 存してるのであった, 存しないだろうなぜなら, 存しないならば実証的, 存しなかつたやうに, 存しなかつたならばいかに, 存しなかつたら問題が, 存します神は, 存しようとすれ, 存し得ば, 存し得べきことを, 存し得よう道理は, 存じまいがそ, 存すなわち何らかの仕方, 存すべきだといふやう, 存するあり一夫一妻と, 存せざるならば父母, 存せざるべからず該論派の, 存せざれば五味, 存せしごときのみその, 存せずんば何ぞ, 存せないのである, 存せぬらしくわたくしは, 存なきかの, 存つたまでだ, 存でしょう三ツに, 存とともに因果の, 存との二大, 存とは物質の, 存とも別れ別れに, 存ので色々, 存なしで御, 存など申上げました, 存などもその一人, 存なりと論じ, 存における太宰治なども, 存にて三郎兵衛めに, 存ふべきか但し又, 存ぶん接吻すること, 存へた人の目撃談, 存ゐら, 存相生じ, 存らざるとは磐, 存るべき処には, 存候まま花に, 存ろうべき, 存シ凋バ即チ人亡キ也ト此言, 存シ記念ト爲スニ足ル顧フニ漱石深沈ニシテ苟合セズ靜觀シテ自適ス往々, 存ジタガ御好キナ物モ知レヌ, 存ジテ退去ヲ前, 存ジマシタケレド先日颯チャンカラオ願イシマシタラ御承知下サイマシタソウデ誠ニ, 存ジマスオ蔭デ毎日, 存ジマスオ言葉ニ甘エテコレカラチョク, 存ジ可訴出候ワバ疑敷心附候趣, 存スト凡詩詠ニ言フ所ノ木蘭舟ハ, 存スベキハ實ニ疑ヒヲ容レザルナリ, 存スルモノハ其功ヲ就ス易々タルナリ, 存スル口碑ニ由リテモ幾分カ窺ヒ知ルヲ得ト雖モ古物遺跡ヲ基礎トスル時ハ更ニ精ク追想スルヲ得ルナリ, 存スル小學校舍トシ後期ヲ高等小學校舍トシ, 存スル所即チ我居ナリトノ語アリ, 存スル日本ノ軍備及ビ戰鬪的精神ニ對スル非難トシテ輸入サレツツアル内容皆無, 存スル竪穴ヲ以テ證スベシ, 存スル者ト見エタリ, 存スル長子相續制ハ家長的中世期ノ腐, 存上げまゐ, 存上候内方一同元気に御座候間, 存ださ, 存中年号干支ある作, 存主義となり, 存通船并公物多, 存之者今文部, 存に候, 存事件を発見, 存付ニ而手銃一千廷買求芸州蒸気船をかり, 存付候旨も在, 存付候間吉井への状一封今夜中, 存以外の何物, 存何レ近, 存信じますところは, 存候いしも三年, 存候ところ程経て, 存候ものなり, 存候ウトモ御承引ナサルマジク候ニ付, 存候ニ付而は勘定組頭清水, 存候バ今日ニてよく, 存候一読後大日本地誌, 存候事此春夏に及び, 存候云云御子孫, 存候人へ御, 存候人々へ宜, 存候会員の宅, 存候僕昨今の境遇, 存候先々月晦日より太守樣俄, 存候共これひとえに夫, 存候其作数種有之著者ビョルンソン, 存候其後珍事も無, 存候品を紀州様, 存候小生は本, 存候尤モアイリッシュノ婦女ナドハ裸体ヲ見, 存候得バ小曽根英四郎, 存候得バ事ニより近日山口, 存候得共病気引込中奉願上候, 存候想ふに, 存候愛人を失われたる, 存候我等儀年罷寄, 存候所存外御, 存候拙者も今, 存候本意も不, 存候此儀私ニハ御構不被成候テ可, 存候此段御直ニ可申上ト存候ウトモ, 存候罪状有之者を誅戮, 存候者之目, 存候處はからずも右等, 存候貧生マタ些カ鍛腕ヲ撫シテ, 存候貴下は父, 存候間今回は是非共実業, 存候間天下の人ニ, 存候間此段御通達申上候, 存候陳者小生も一月, 存先生の後, 存候, 存入魂に立入, 存八一瞬を境, 存八君の動き, 存八四十二であったが, 存八息も絶え絶え, 存八竹刀を放し, 存八自身はデクノボー, 存其言之似, 存分水と戯れ, 存叢書の中, 存哲學的なすがた, 存商売物客人女郎不案配即席料理, 存因果相続等の原理, 存在す可く, 存外來の高等, 存娼大会を持った, 存娼委員会では存娼派, 存娼運動は現在日本, 存の超越性, 存寄らざる儀とは, 存寄之通可被仕, 存居候いしにいまだに, 存居申候何分加藤先生, 存巻首の詩, 存入候, 存御座候えども, 存にて滞京, 存折節阿部出立之頃, 存御肴料二方金御恵贈被遣, 存旨申上度思ひ侍れ共, 存をまつ, 存没等を附記, 存したさ, 存活上に頗る, 存焉父母倶存兄弟無故一楽也, 存つたとは, 存無きかと誠に, 存に当るだらう, 存王覇之分且時代亦遠, 存甚だ遺憾に, 存生りし日を, 存留養親といっ, 存的人間の心理學, 存的思想などが出, 存的概念であって, 存目本と兩方, 存稿の中, 存の理学上, 存在候内地, 存義移竹几圭也有の徒, 存者十之一二, 存もあしからず, 存色々虚言申立人を, 存花冠の中, 存若し同名異人なる, 存の中心, 存亦見, 存製法入念差上来候間年増, 存の弟子, 存覺并びに善鸞法善, 存許曾を許布許曾, 存誠に大切に, 存して, 存録することと, 存録せられた加賀の, 存ありと, 存韓篇がある, 存養潜注の用意, 存魂嬢様に思込ん