青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「夏~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

変った~ ~変らず 変らず~ ~変り 変り~ ~変る 変る~ ~変化 変化~ ~夏
夏~
夕~ ~夕方 夕方~ 夕日~ 夕暮~ 夕食~ 夕飯~ ~外 外~ 外し~

「夏~」 13759, 137ppm, 779位

▼ 夏~ (4787, 34.8%)

200 夜の 164 日の 53 夜は 48 日に 3736 日が 35 ことで 32 朝の 29 間は 28 日は 27 夜に 25 初めに, 暑さ 23 日も, 日を 22 間に 21 ように, 夜を, 暑い日, 月 19 ことであった 17 うちに, はじめに, 宵の, 終りの 15 夜が, 真昼の 14 ような, 夕の, 終りに 13 ことである, 初めの, 午後の, 末に, 陽が 12 夜, 末から 11 ことだ, 休暇に 10 ことです, 朝, 雲の 9 うちは, はじめの, ゆふ, 初めから, 夜も, 月が 8 ある日, ことでした, さかりに, 夕方の, 夕暮の, 太陽の, 暑い盛り, 月の, 盛りに, 間の 7 事で, 夜など, 巻の, 或る, 手を, 盛りの, 頃の

6 [18件] はじめには, ゆうぐれ, 初の, 土用に, 夕に, 夕は, 夕暮は, 太陽は, 富士, 日ざかりに, 日ざし, 日盛りの, 暑い時, 朝は, 炎天に, 陣の, 雨が, 頃には

5 [27件] さかりの, ものである, をはり, 休みを, 光の, 光を, 初めには, 夕べの, 夕方には, 夜でした, 夜風が, 方が, 日光が, 日盛りに, 最中の, 朝である, 末の, 末秋の, 緑の, 虫, 虫の, 間だけ, 陽に, 雲, 青雲の, 頃から, 風に

4 [45件] あいだに, あつさ, あひだ, おわり, こととて, まつり, みじか夜, 一夜を, 休みに, 光も, 初には, 初めであった, 土用の, 夕ぐれ, 夕方など, 夕方に, 夜で, 夜である, 夜明けの, 大空に, 太陽が, 如し, 始めから, 季に, 山の, 日なかの, 日光の, 日本海の, 晩方の, 最中に, 朝日に, 末には, 来るの, 海の, 海を, 生活を, 空に, 空は, 色を, 花が, 花の, 街を, 詩の, 陣に, 頃

3 [88件] あいだは, あかつきの, あつい日, ある朝, うちから, ことを, はじめから, やうな, やうに, シーズンに, 中に, 交に, 休みの, 休みも, 休暇には, 休暇は, 住居に, 光に, 光は, 初に, 初まれ, 初めである, 初めと, 初め頃から, 初より, 午前の, 半ばの, 夕ぐれひる, 夕を, 夕暮に, 夕陽の, 夜この, 夜ながら, 夜らしい, 夜更けの, 夜空の, 夜空を, 夢, 大部分, 女の, 始めに, 姿は, 季節に, 旅行に, 日には, 日や, 日中の, 日光は, 昼間の, 時代の, 晩だった, 晩に, 晴れた日, 暑いさかり, 暑熱と, 月御油より, 朝早く, 朝風が, 末お, 末ごろに, 歌, 気配が, 洋服を, 海, 生活の, 盛りを, 眞晝の, 真中に, 真盛りで, 祭の, 秩父奥山, 空だ, 空気の, 胸に, 花, 草, 虫かと, 野に, 間わたしは, 陽の, 雨, 雨の, 雨は, 雲を, 頃で, 頃に, 風が, 黄昏の

2 [289件] あはれと, ある夕べ, ある晩, うう, うてな, おもひも, おわりごろ, お休み, きらいな, こと, ことその, ことな, ころから, ころには, ころは, こッた, さかりで, さかりでも, さかり秀吉の, さびしい花, たそがれ, ために, どんよりと, なかばの, においが, はじめごろの, はじめであった, はじめまで, はじめ十日町のち, はぢめ, ばら咲き咲き, ものです, ゆるやかなそよぎ, をどり, パリの, 一刻が, 一夜の, 一日も, 一番暑い, 中は, 中も, 中旬頃には, 事だ, 事である, 事でした, 事とて, 事に, 二人だ, 二季に, 五月の, 休暇を, 倒れること, 候は, 儲に, 初から, 初で, 初めごろから, 初めで, 初め頃は, 午さがり, 午後, 午後など, 午後に, 口から, 口にも, 句, 句最も, 名残の, 名残を, 命は, 哀れは, 嘆き, 地球は, 境を, 夕ぐれに, 夕べを, 夕らしい, 夕方, 夕方だ, 夕方なぞ, 夕方などに, 夕方らしく, 夕方を, 夕暮には, 夕暮れに, 夕暮れの, 夕空を, 夕風が, 外套を, 夜がたり, 夜その, 夜だ, 夜だった, 夜では, 夜なぞは, 夜には, 夜や, 夜らしく, 夜店に, 夜店へ, 夜明けに, 夜明の, 夜景を, 夜私の, 夜風の, 夜風は, 夜風を, 大洪水, 大空を, 天候を, 太陽みたいな, 女神筒姫, 如く暑い, 始めだった, 始めでした, 始めにかけては, 始めの, 姿が, 姿を, 季節は, 季節も, 客を, 宵に, 宵は, 宵闇の, 富士見ゆ, 山には, 山は, 山路は, 嵐の, 川水位に, 巻付録, 帽子を, 庭の, 後の, 微風に, 恐怖に, 手にも, 手は, 方へ, 旅は, 日なかに, 日など, 日にも, 日よりも, 日光に, 日光り, 日光を, 日向に, 日永の, 日風の, 早朝電報が, 昼の, 昼過ぎの, 時に, 時分に, 晩などは, 晩方には, 景色が, 景色と, 景色は, 暑いあいだ, 暑いとき, 暑熱を, 暮れ方カン蛙ブン蛙ベン蛙の, 最中にも, 最中自分は, 最後の, 月平, 服を, 朝だ, 朝らしい, 朝霧の, 末, 末ごろから, 末ごろの, 末つかた, 末らしい, 末近い寂しい, 末頃から, 枝に, 桀王を, 歌の, 永い日, 洋装を, 海とは, 海に, 海水浴の, 温さ, 灯の, 炎天では, 炎天神田の, 烈しい日光, 熱い日, 生れである, 用意が, 田や, 疲れが, 登山は, 盛の, 盛よりも, 盛りが, 盛りだ, 盛りである, 盛りには, 真昼は, 真盛りの, 眺望は, 短い, 短い雪国, 祭り, 祭りは, 空かよ, 空が, 空には, 空を, 箱根に対する, 終りから, 終りが, 終りで, 終りでありました, 終りまで, 終りを, 終わりの, 絽を, 緑を, 美しさ, 自然の, 良さ, 色が, 色と, 花である, 花は, 花秋の, 草は, 薄雲, 虫だ, 虫とは, 蝉秋の, 行事の, 行事は, 街の, 袖にか, 西日が, 西日の, 西日を, 親しみを, 記憶が, 詩が, 詩は, 話である, 賣の, 踊りの, 遊蝶花の, 部, 部に, 部秋の, 酒は, 鎌倉で, 鎌倉の, 長き日, 門人が, 間だけの, 間のみ, 陣, 陣で, 陣には, 陽ざしで, 陽は, 陽も, 陽を, 雨おのがじし, 雨に, 雪と, 雲が, 雲に, 雲雀は, 青空の, 青葉の, 静かな, 頃さき, 頃であった, 頃より, 頃江戸より, 風は, 風邪は, 飲み物を, 高津日の, 黄昏も

1 [2148件 抜粋] あいだじゅうくる, あいだチャールストンの, あけぼのや, あのはげし, あはれさ清らかさを, あるため, ある曉方, いいお天気, いづこ, うちだった, うちの, うち乃至, おとづれもせぬ, おもひで, お日さま, お蒲団, かけものは, かぜ吹く, かん病の, けしき, こころに, ことこの, ことでが, ことなる, ことや, こと先年私が, こと男は, この容体, この頃, ころどこの, ころより, ころ僕は, ころ東京市内京橋采女町に, ごとくに, さかりには, さなかである, さ中へ, しばらくの, じぶん, すでに近き, すゞしく, そらには, たそがれの, ための, つかれ, できごと, どんなドレス, なぎ冬, にじむべく, はじめその, はじめでありました, はじめケエラに, はじめ僕は, はじめ泰松寺の, は全く, ひと夜を, ほこり風に, まだいかにも健康さうだつ, まひるの, まま懸け残され, もうしまい, ものだ, ものは, やったこと, ゆう飯, ゆふぐれ, よどんで, インバネス他の, カヤが, コスチュームである, ズボンに, タンボ仕事が, テーマ, パリは, フィヨルドの, マドリードの, ヨーロッパへ, ヴィラが, 一夜から, 一張羅を, 一日に, 一番甘き, 七八時ごろの, 三カ月ばかり, 三人表の, 三月を, 上高地へ, 世を, 中ごろ去りぬ, 中央委員会総会の, 中頃だ, 九十日間は, 予定で, 事ゆゑ片, 事亜米利加には, 事田舎に, 二千両の, 交叉する, 仕事には, 伊香保は, 休みなんか, 休暇か, 休暇以外は, 住居も, 來た, 借り手は, 光と, 入り口の, 入江の, 兩國橋亥刻過ぎに, 冷の, 凉みの賑ひも今宵あたりは, 出水に, 初, 初へ, 初めごろ, 初めでした, 初めへ, 初めより, 初め品川出帆の, 初め山の, 初め病ろうて, 初め頃かと, 初め頃李固, 初月色街, 別荘気分は, 前その, 力, 勢威を, 化粧は, 医者, 午前らしい, 午後であった, 午後とも, 午後公園の, 午後畑の, 午過ぎつい, 半ばには, 半ば過ぎに, 取乱した姿, 取付に, 古い簾, 名残が, 名殘りや, 唯一日である, 国, 圖を, 土用より, 土用以外に, 境に, 壮んな, 夕, 夕ぐれほの暗い, 夕だち, 夕べ落日の, 夕一人の, 夕凪の, 夕彼は, 夕方であった, 夕方も, 夕方仲善し, 夕方彼等二人が, 夕方相当に, 夕方雉子町を, 夕明は, 夕暮, 夕暮が, 夕暮と, 夕暮れ方西の, 夕暮雨の, 夕焼が, 夕蚯蚓の, 夕静けさは, 夕飯を, 外出には, 夜あまり, 夜そこに, 夜であった, 夜と, 夜どうしても, 夜なんかには, 夜まだ, 夜らしき, 夜中に, 夜半, 夜帰りに, 夜店や, 夜旅という, 夜景の, 夜村の, 夜涼しき, 夜私と, 夜空は, 夜蚊帳を, 夜釣に, 大久保は, 大敗に, 大江戸の, 天下は, 太陽よりも, 女唐服, 如き温度, 威勢を, 子である, 季節, 季節でも, 季題と, 安否を, 宵だった, 宵広い, 家中へ, 富士に, 寢卷を, 小川の, 小鳥の, 山形を, 山路という, 山道を, 川, 巻に, 帰国は, 帽子に, 幸福は, 底の, 庭木の, 強羅の, 待遇に, 徒も, 復祚に, 心づけで, 思い出話などを, 思想は, 想いを, 態度としては, 我れ, 戦闘に, 扇子が, 手料理に, 持論で, 支度を, 数ヵ月間だけ, 斜光を, 旅, 旅の, 旅行が, 既に, 日々に, 日いっぱいか, 日くれ, 日ざかり人ごみの, 日だつた, 日では, 日において, 日一日南の, 日中に, 日二つ井戸へ, 日北方の, 日大切な, 日差しも, 日日盛りを, 日暮夕陽に, 日曜日朝日に, 日灰色の, 日盛りも, 日私が, 日苦戰あげくの, 日記添刪し, 日重吉は, 早い朝, 旱魃やら, 明方の, 星空を, 昼に, 昼間も, 時よりも, 時候に, 時分野原を, 晝過を, 晩には, 晩方海面へ, 景, 景色の, 晴れた青空, 暁方の, 暑いには, 暑い中, 暑い日盛り, 暑い間, 暑気いらい, 暦殷の, 暮にも, 暮れ方本所の, 暮方または, 曉の, 更衣に, 最中だった, 最中恙なく, 月か, 月光が, 月夜には, 月影の, 月雨戸を, 朝かな, 朝も, 朝凉, 朝感じ, 朝明に, 朝水を, 朝雪の, 朝食事の, 末その, 末にな, 末期に, 末頃まで, 来ないうち, 来客への, 東海道を, 果実の, 桀を, 植付頃に, 様に, 樂しみの, 樹木の, 歌かと, 歓楽境, 死骸を, 母親の, 気分へ, 氣候は, 水とて, 水練御, 水髪を, 池を, 泡, 洪水に, 浄土に, 海には, 海神祭りに, 消息に, 涼みや, 深夜友だちと, 温かさ, 温泉宿も, 湿気が, 漬け物は, 濃緑が, 炎塵を, 炎天は, 炎熱が, 烈しい日, 焼くよう, 熱い最中, 燃えるよう, 父親は, 牧場の, 狂乱は, 猛暑の, 生々しさ, 生活へ, 用意に, 田舎の, 男神を, 留守番の, 病室も, 発掘事業の, 白い雲, 白晝, 白雲の, 益す所, 盛りと, 目隠しは, 眞盛りの, 真夏の, 真昼だった, 真昼陽に, 眠い微風, 眼に, 着物を, 短い北國, 短夜な, 砂地を, 祓へ, 祭かな, 祭日の, 禹に, 私に, 稲取入れが, 空にぞ, 空松蝉の, 第二回, 篇の, 納涼季節までに, 紺と, 終らぬうち, 終りごろまでも, 終りだ, 終りにも, 終り近い, 終り頃に, 終り頃田辺氏に, 終わりごろ, 絵草紙屋に, 緑に, 繁みを, 美しいクルマバソウ, 者だ, 胆に, 背後へ, 膝に, 自然は, 臺, 良肴として, 色紙が, 花で, 花らしかった, 若い女, 英都の, 草山とにな, 草葉の, 葉盛りには, 薄い几帳越し, 虫あいい, 虫と, 虫を, 蛾の, 蟲, 蠅が, 衣の, 衣裳の, 襟に, 言葉は, 記憶を, 試驗に, 詩十七首中わたくしは, 話に, 語の, 象徴として, 贈物だ, 趣きを, 踊子よ, 身近う, 軽井沢は, 農閑期は, 近づく頃, 透きと, 逸興遽に, 過ぎること, 避暑客を, 部よ, 都, 都市風景, 野べ, 野営地を, 野道を, 釣であります, 門下の, 間, 間じゅう下の, 間ぢう, 間には, 間パリーの, 間借りの, 間彼等は, 間江戸前や, 間自ら思い立っ, 闇の, 陣を, 陰にな, 陽光の, 陽炎に, 際折々, 離宮の, 雨である, 雨上りの, 雪が, 雪駄で, 雲仙行としては, 雷を, 青空あゝ, 非常に, 音楽に, 頃この, 頃と, 頃フト蚊帳の, 頃小生は, 頃日に日に, 頃湯の, 頃駒を, 頭大, 風というくらいの, 風俗の, 風邪ギミみたいな, 食い物の, 食物に, 香水冬の, 高山生活の, 髪形から, 鱸釣りに, 麗わしい, 黄梅にも

▼ 夏~ (1310, 9.5%)

10 来ぬ 5 東京に 4 殊に

3 [11件] くちなは, これを, その時, 夏を, 暑くて, 殆ん, 涼しい, 涼しく冬, 眼を, 軽井沢に, 黙って

2 [89件] いきれて, お酌, かうして, くるしき, こずゑの, さみしさ, それを, たいへん暑かっ, どういうもの, どちらへ, ぼうふらを, むろん洗濯, わたしも, ヴェランダに, 一つ大いに, 下男たちの, 乞食の, 二人で, 人の, 休暇が, 何にも, 何処へ, 俺達と, 側を, 先々代の, 再び口紅, 則ち, 可憐で, 君ペンペン草を, 夏らしく, 多賀ちゃんが, 好い, 好い遊び場, 妙に, 妾腹ながら, 客の, 山百合難波薔薇香に, 屹と, 席が, 広い方, 慌しく三度口紅, 敢然として, 旅行の, 日が, 日傘を, 日頃の, 暑いから, 暑いので, 暑い目, 暑かつ, 暑く冬, 暑さ, 本当に好い, 本当に対人間, 校長から, 氷を, 汗に, 洋服が, 海魚に, 渓水に, 濃霧に, 照が, 猶ニタ, 男禁制, 白く秋, 真白草花白き, 私たちの, 私の, 私は, 積極に, 箱根で, 緑秋は, 線香を, 腹に, 自分の, 自然の, 花を, 花火の, 親分と, 賑やかに, 赤児を, 近年に, 過ぎ秋, 門口に, 陽気が, 雨が, 青々と, 非常に, 首を

1 [1080件 抜粋] ああいう, あったらよ, あつかろう, あの弱い, あれを, いいん, いきかけて, いたく痩せ, いつでも, いつもの, いま, いま思う, いよいよ爽, うれしさ, おしげに, おそらく久保田, お仕舞, お前マニラの, お庭, お米, かう言つてほのか, がんばれる方, きらい, くちなわ, こ, こう云っ, ここの, こぞりて, ことによる, このトラアヴェミュンデ, この場合, この谷, これすら, これだけに, こんなこと, こんな始末, こんもりした, さかりに, さびしコロロホルム, さやかに, さるすべりの, しば, じつにみごと, すぎて, すぐ近い, すずしい白, すずしさ, すゞしく, せっせと城勤め, ぜひそれ, そうした, そうも, そこにも, そとへ, その二階, その日, その時町人, その通り, それでもまだ, それほどひどく, たいてい褌一つ, たけて, たのしかっわね, たまり兼ねて, だめです, ちょっと簪, つくづく情なき, とうとう微恙, ところてんを, どうした, どうだった, どうもエキスキュウズ, ないかな, なかなか忘, なにか眼, なるべく裸, はらりと袂, ぱっちり目, ひどく惱, ぶつぶつ言っ, ほととぎすの, ほんまに, まあええ, まことに短い, またここ, また二階, また低地, また日蔭, また百合子, まだいたる, まだ一人, まだ浅く, みどりの, めっきり暑, もうどうなっ, もう契約ずみ, もう近い, やうやう来ぬれ, やはり夏, やめて, ゆく野, ようよう座, よく売れる, よし, りんどうや, わたしたちの, われ鹽原の, アッパッパに, オペラシーズンが, カウカズスに, ギリシャの, サルもの, シャツ一枚他の, シートン夫人と, ソヴェト同盟で, ティエラ・デル・フエゴ, ドウヴィルへこそ, ドオヴィル冬は, ノルマンディーの, バイエルンに, ピエール, プラークに, ポタポタと, メロンを, ラインの, リキユール日曜の, 一つかみの, 一つ修業を, 一九三二年五月三日の, 一度も, 一日一度は, 一種の, 一面美しい, 七夕川開きの, 三ツ輪の, 三日なり, 三階の, 下の, 下手人ぢや, 不順の, 中形の, 久振りで, 乾燥し, 事もなげに, 二人とも, 二十日間ばかり, 二日目冬は, 五時には, 井戸掘, 京都奈良鳥取と, 人いきれに, 今までは, 今狭い, 他の, 会釈も, 佐々博士の, 体が, 体は, 何か, 何と, 何処か, 何処も, 何處で, 何處へ, 余り好む, 使い心地よう, 來らね, 例年より, 俺も, 僅か二箇月, 僕発明の, 光りて, 全く涼しい, 八端の, 六十名くらい, 其のやう, 再びそんな, 冬じゃ, 冷かに, 冷めたいタオル, 凉し, 出かけませんよ, 別して私, 別種の, 前の, 勝誇った心持, 勿論冬, 北海道旅行を, 十八歳すぐれた, 半ば聞棄て, 南国の, 原っぱの, 参詣が, 又緑, 又面白い, 取り合わないで, 只四日しか, 吐き出すよう, 君独りで, 吾人の, 唐人扇子を, 嘔気も, 四十四歳子游は, 四季の, 団扇が, 固く自分, 團扇扇子など, 土手の, 垣ほ, 堪らず団扇, 夏で, 夏でも, 夏も, 夕方で, 多分駄目, 夜の, 大いに自転車, 大きな麦稈帽子, 大変な, 大変涼しかっ, 大漁が, 夫婦で, 好いだらう, 好いの, 妖怪の, 威勢よく, 嫌な, 子供達を, 定めて, 家に, 容易に, 富士の, 寝台の, 対岸から, 小さい庭, 少々取りみだしすぎた, 少したじろぎました, 少ないの, 尚ほ泣いた, 山が, 山岳地方で, 山葵の, 岩が, 川向うの, 巣鴨二度目の, 市ヶ谷そして, 布羽織特別の, 帰るにも, 帷子を, 常夏秋は, 干魃, 平生よりも, 年齡の, 幾らか暗く, 彼と, 後生大事に, 御厄介, 心天も, 心太冬は, 必ず我, 思わず芙蓉, 悠々昼寝, 悪たれた年増, 惱まし, 懷かしい, 我らの, 所謂丈夫な, 手すりに, 手速くしない, 投網, 支那料理は, 故郷の, 救われたよう, 方々の, 既に処女, 日中は, 日光よりこ, 日射が, 日永で, 早くから來, 早く腐ります, 昆虫類と, 是が, 是非同志を, 昼は, 暑うて, 暑くって, 暑を, 暑苦しい時, 暮れ翌年の, 最も繁激, 朝, 朝五時半起床六時点呼, 木の葉をも, 木徳に, 木綿を, 木高く, 本格的な, 村ぢゆう, 束の間に, 来った, 来ぬかの, 来ぬ恋し, 来りぬ, 東京にも, 果物の, 枯死に, 柔かに, 格別身体を, 桀王に, 椅子を, 楽しい, 樹蔭を, 檢査塲の, 歌人である, 此の, 歩いて, 殊に暑い, 残んの, 残暑が, 母親の, 毎日冬は, 毎日蝉とりに, 毎晩見られ, 比較的こらえ, 氣短に, 水の, 水浅黄の, 水道の, 氷で, 氷屋, 氷盤に, 求めても, 江戸に, 江戸時代の, 河骨秋には, 油汗を, 泥の, 派手な, 浅夜, 浴衣一枚で, 海で, 海岸林間学校が, 消入る, 涼しいぜ, 涼しいでしょう, 涼しいので, 涼しうございます, 涼しき草葺, 涼しき陰, 涼しくて, 涼しさ, 涼しゅうございます, 涼み提灯の, 淋しげ, 深い日除, 深く橋, 温泉で, 湿気が, 澄した, 炎天, 炭薪を, 煙い辛抱, 熱い汗, 燈籠の, 父母に, 牧場冬は, 物打しめれ, 犬ころ草秋は, 狂気の, 玄米と, 珠を, 甚だ暑い, 田植最中に, 田舎も, 町はずれの, 病氣だつた, 登山者が, 白い着物, 白百合撫子花日おう, 百夜ほど, 皆ほとんど, 相当賑わうらしく, 真っ直, 真四角に, 真面目に, 知らずに, 石の, 破傷風を, 確と, 神經が, 秋に, 秋風が, 空入梅でした, 窓越しに, 笑って, 簾冬は, 紀州の, 紅白の, 納戸に, 純白な, 紙帳を, 素裸褌一つ冬は, 終りたうとう, 経つて, 絹或は, 網シャツ一枚冬は, 緋鯉を, 緑秋紅に, 緑陰深く, 翡翠の, 翳して, 耕苗を, 聞正す, 肉体の, 育つが, 腐爛した, 自分同様の, 自動車, 自若として, 花樫樟わか葉, 若い記憶力, 苦手である, 英語を, 草も, 莞爾し, 華氏の, 萬物の, 落着い, 葭戸でも, 蓼科という, 藝妓上りの, 蘭軒が, 虹ヶ浜の, 蚊多く, 蛍を, 蝶々髷の, 螢の, 血を, 衣紋かけに, 袂から, 裏の, 裸にも, 襟が, 西陽と, 見に, 親切に, 訪れて, 誰にとっても, 谷川で, 貧乏人でも, 貸家払底の, 赤く水, 越後の, 身内を, 軽く手真似, 辛いと, 辻占売なんぞの, 近年の, 通過する, 運輸が, 過ぎて, 過ぎ去つた楽しい, 避暑客を, 都の, 重く冬, 野菜にも, 金魚を, 釣洋燈の, 門の, 開きドジョー, 閑かに, 間違いも, 除草, 階下の, 随分元気, 随分暑い, 雨ばかり, 雷を, 青い空, 青嵐秋の, 青白い花, 青葉秋は, 靜かに, 響き去り, 頷いた様, 顏を, 顔を, 風通しよい, 飛び退きその, 食を, 馬車冬は, 魚が, 鮎狩に, 鯛と, 鴎とぶ, 鹿島槍に, 黄ろい, 黎明の, 默つ

▼ 夏~ (784, 5.7%)

245 なると 48 なって 28 なれば 7 なった, なっても, なつた, なつたら, 入って 6 なってから, 入つて 4 なつて, なりました, 限って 3 入ってから

2 [28件] なったが, なったので, なったらこれ, なってからの, なる, なるか, なるとわ, なるの, なる前, なる頃, なろうと, 亡くなりそこで, 佐渡屋の, 入ると, 入る頃, 冬に, 多きも, 於て, 旅行する, 死ぬって, 死んだの, 池の, 特有な, 至りては, 至るまで, 興味を, 遇し, 雪降る

1 [345件] あった事, あふれ, ある点呼, いった, いわれた, うつせば, お目, かかるころ, かかる逸楽, かぎりて, かけてずつと, かわって, かわり暑熱, きただけ, きて, きまって, くらべると, この事, この土地, しくれな, しなければ, ぜひとも喧嘩, そぐわぬ力, その少年, たずねた, つきものの, なったからと, なったという, なったとて, なったよう, なったらええ, なったらそれ, なったらば, なったらわたし, なったら午前, なったら又, なったら山, なったら庭, なったり, なった様, なった為, なつたら来, ならうと, ならないよう, ならなければ, ならぬ中, ならぬ間, なりかけて, なりきった頃, なりきって, なりきつ, なりきらないうち, なりきらない五月, なりつくした明るい, なりましたが, なりましたきょう, なりましたね, なりました室内, なりますと, なりやがて, なり切って, なり切れずに, なり又, なり口, なり土用, なり夏, なり暑い, なり済して, なり秋, なり野萩, なるごと, なるでしょ, なるとう, なるとか, なるとなあ, なるとね, なるまでも, なるよ, なるん, なる度沿岸, なる秋, なる迄, はじめてこの, ひでりが, またがって, またやり出した, また一度, また傳染病, むかって, ももしきの, やぶれて, よくまた, よれば, カルルは, クーデターを, スキー帽を, スコット夫妻と, ストオヴを, ソヴェト同盟と, ニューイングランドの, 一度か, 一時に, 一般の, 三度筑波那須へも, 久振りで, 乗り切ったもの, 亡くなつて, 亡くなりまして, 交代し, 京を, 仕事が, 会する, 似たり, 似ぬ冷気, 來り, 例の, 備えて, 僕夫婦の, 儲けて, 先だつて, 先立つて, 克ち周, 入った, 入ったある, 入ったとき, 入ってからは, 入つた, 入つて四月八日, 入つて四月十三日, 入つて四月十二日, 入りかけた頃, 入りて, 入り江南, 入るの, 入るので, 全盛期を, 八重子と, 内海を, 再び単身, 冬子の, 凍え死ぬなんて, 出版せられた, 刈ったばかりの, 初めて新屋敷, 初めて真, 功を, 勃発した, 北氷洋を, 十乃至, 十日ぐらいは, 博多を, 及び依然, 友達と, 取つて, 取引に, 同じく学校, 向うに, 向う時分, 向う永い, 向えば, 向きか, 向くと, 向って, 向つて, 向つて避暑地, 向は, 向ふ, 向ふとき, 咲いて, 咲く第, 因り周, 国に, 多いよう, 大友義鎮は, 大坂, 女の, 婦選の, 子息の, 子規居士が, 存在価値を, 定められたかと, 実の, 家の, 對し, 小當, 少なくし, 居き第, 居残る巴里人, 属す, 山地で, 干して, 幸いこの, 度々訪れ, 弱い上, 当たる, 彼は, 往き会わずじまい, 思うよう, 悉く, 懸けて, 我儘を, 戻ったかと, 戻るという, 抱かれては, 授けて, 掛けて, 掛る道理, 描かれた娘, 文化映画社に, 新たに, 新潟市へ, 新精錬所, 於ける彼等, 於る, 既に恋, 日和の, 日比谷公園は, 旧父, 暮した部屋, 書いたもの, 書かせた手紙, 未練を, 来たばっかりの, 東京の, 東海道浦賀の, 歳と, 歸り, 死んで, 歿く, 比すると, 氷を, 汝れ, 注いだ, 浅井の, 浦塩に, 浴衣の, 涼しとい, 淡紅紫色の, 添ふ, 潤ふ, 火星探険に, 生れて, 生んだ児, 當つて自然に, 疑いは, 疑いを, 疲れ切った心, 病死した, 登り得る山, 白い細花, 白っぽい花, 目を, 相対しました, 相對, 相州浦賀に, 眞言宗の, 眼を, 着るよう, 着る爲め, 着る着物, 知りつくして, 神が, 神父パシヨは, 私の, 私は, 私一人を, 秋に, 移った許, 移り昨日, 移るころ, 移るの, 移転した, 竜泉寺町の, 籠つてシツラーや, 続いて, 編輯した, 罪人を, 股火鉢か, 育ち秋, 脊髄病に, 脱稿し, 腸出血を, 自分たちと, 自分は, 至って, 至りカラン, 至ると, 至る若, 至れば, 芥川龍之介自殺の, 花が, 花咲き, 茂り秋, 草原山原路傍圃地の, 薩州侯が, 蘊奥を, 行けるん, 見し景色, 見るべきのみ, 見る様, 見代, 見入つた, 解放社から, 言って, 詠みたる者, 負けた体, 貪婪な, 買つて置いた, 赤い葉, 赤ちゃんを, 踏査した, 輕井澤に, 近い夕, 近い太陽, 近い暑さ, 近かった, 近づいたの, 近づく蒸気, 追いだされたの, 追ひだ, 追ひ縋つ, 逢い四十回, 逢って, 逢つた時彼は, 逢つて幻滅を, 遣はす為, 酔った蝗ども, 重なるが, 銅の, 関西を, 降り雪, 限ったもの, 限つて啼く, 限定する, 隅田川で, 隣接し, 雜居する, 雨を, 霜を, 青葉と, 頼んで, 飛んで, 飽満した, 香以が, 鳴きつづけて

▼ 夏~ (474, 3.4%)

34 来た 16 来て, 来ると 10 いった 8 過ぎ秋 7 きて 6 来れば, 過ぎて 5 来たの 4 めぐって, 云った, 來た, 來て, 近づいて 3 くれば, 来ただな, 来たよう, 来る

2 [23件] いると, きた, きても, こひしく, すぎて, すみ何, どうした, 一周りし, 代つて殷, 和した, 好い, 好きです, 巡って, 心配し, 恐怖やら, 来たという, 来た夏, 来ました, 来るので, 殷に, 終りに, 近い, 過ぎると

1 [288件] あつた, あり更に, あり楽しみ, ある, あるかと, あるもの, あるらしかった, あろうとは, あわてて, いい, いい夏, いけないの, いつた, いつ過ぎて, いやだった, おそく蒔付け, おとずれ水郷, おまえを, おもちゃを, お前に, かい, かって, きたらまた, きました, きゅうに, き秋, くらあ, くると, くるの, くれた, こ, こう云う, ここへ, こたえた, この家, この窮阨, これから始まる, さうし, さかいでは, しゅんの, すぎてからは, すぎもう, すぎるの, すぎ秋, すごしやすい, すっと二階, すみに, すみ後水尾, すみ植, すんだって, そう云う, そこに, そのやう, その後を, その手巾, その熱, それからもう, それを, たしかに來, だんだんふけ, どうして鍵, なかった, なかなか苦しい, なつかしい, はじまった, はじめてで, ふうと, ぶりかえして, ぼんやり黒ずん, また例, また叱, また日本, また過ぎた, もうじき, もう過ぎよう, やってきたの, やってきました, やってくると, やって来た, やって来て, やって来ようって, やって来るの, やつて, やつと, よい, よいので, ようやくき, よろける, れどきに, わたしと, ションボリ坐っ, 一きわ花やかで, 一人で, 一番仕事が, 一番好きでした, 三日前に, 乾期で, 乾燥し, 二人の, 二年目に, 二階で, 五週間も, 何処へ, 來たと, 來たら, 來てからは, 來ぬ, 來る, 例に, 侘しい家々, 儔多から, 先の, 先師に, 再び峠, 刀を, 刃物を, 切支丹宗徒として, 半ば過ぎた, 半蔀, 南半球では, 厭な, 去ったかと, 去ったばかり, 去っても, 去つた, 去に, 去りがけ, 去り秋, 去るの, 可愛想, 同じ日, 吐息を, 呼ぶと, 呼んだ, 呼出されました, 声を, 夏のみが, 多少は, 夢中に, 天命を, 女房と, 好いたらしく土地, 好いといふ, 好きだ, 好きでした, 婦多川の, 嫁にな, 嫌だ, 孝の, 宿の, 尾久に, 居眠りし, 巡つて來, 帳場格子を, 年一杯つづい, 廻って, 引籠もっ, 彳んだ, 後ろ向きする, 循環した, 忙わ, 思った時, 急に, 悪いので, 惜しまれる, 想い出されて, 愛吉を, 愛情の, 慰めて, 戀の, 押しかけて, 押流され, 拵えたという, 拵へ, 拾った, 撰んで, 教へて, 早々と, 早いの, 旱魃であれ, 暑くなけれ, 最後の, 有毒時期に, 机の, 来たかと, 来たって, 来たと, 来たといふ, 来たので, 来たまた, 来たもの, 来た時, 来た様, 来た短い, 来てから, 来てからは, 来ても, 来ましたから, 来ますが, 来ると共に, 来るの, 来るまで, 来るまでには, 来秋, 正成へ, 歴史を, 歸る, 死ぬお雛様, 比丘尼に, 河原を, 泣き出した, 注意した, 涼しい眼元, 漲って, 漸く深ける, 激しい動揺, 無邪気なる, 田五十歩を, 畢つた, 直に命, 秋に, 秋の, 立ちのぼった, 立ち去った狩うど, 立つて, 笑って, 終って, 終らうとして, 終る頃, 終わりかけて, 縛られそう, 縛られるかも, 耻かし, 聲を, 聴いたという, 聽いた, 英吉利中に, 茲へ, 行ったの, 行って, 衰え出した, 見えなくなったそう, 見えなくなつ, 見た時, 話すの, 赤く秋, 越せます, 越せるか, 蹴られて, 近いこと, 近いな, 近いの, 近いのに, 近うてな, 近くなる, 近く日暮, 近づいた, 近づいたとき, 近づき暑, 近まる, 返つて來, 逃げ出したもの, 這入って, 逝きかけました, 逝って, 進むにつれて, 進んでも, 過ぎた, 過ぎたら復, 過ぎた江戸, 過ぎても, 過ぎる, 過ぎれば, 過ぎ冬, 過ぎ去つて, 過ぎ山そのもの, 過ぎ快い, 過ぎ水, 過ぎ私, 重です, 長かつ, 間違いを, 陰に, 青い印肉, 青物町の, 顏の, 顔の, 馳け

▼ 夏~ (379, 2.8%)

7 迎へ, 過して 4 送りに, 送ること, 過しに 3 すごして, 中に, 好み夏, 私は, 送って, 過ぎ秋

2 [34件] こもる, その高原, なつかしむおもひを, わすれたこと, 友の, 叔父の, 夢みて, 庇って, 彩る唯一, 待って, 忘れながら, 愛する, 春と, 暮さうでは, 暮したこと, 無事に, 無為に, 睨めた繁, 縛るの, 視て, 誘拐した, 軽井沢に, 迎えた, 迎へる, 送つた事, 送る僧, 過ぎて, 過ごして, 過ごすの, 過した, 過しました, 過すこと, 過すの, 郷里の

1 [267件] あさつた, あとに, いかに送ろう, いつまで, うしない三女, うたはんとては, うつくしと, うんとたのしん, えらぶ私, おくったが, おそれた, お過し, お過し下され, くらし八月末, しのいで, すが, すごした, すごしたこと, すごした家, すごすこと, すごすの, すごす家, すごす日本人, そこの, そっち退け, たのしむふるさと, たのしむ和やか, たもち窓, ちゃかして, つけ廻したが, まだ雪, むだに, めがけて, やたらに, ゆり動かすよう, よろこび海, カルナックといふ, コストローマ県で, スティヴンスンは, パリで, 一目見た, 下手人だ, 下界に, 両手の, 中心に, 中立ち, 乱だる, 今も, 仕上げに, 仲に, 住みながら, 住みよき, 併せた諸, 健在と, 入谷なる, 其処で, 其妖魔の, 前に, 北海道で, 印象せしめる, 口ぎたなく罵り, 可愛がって, 吸いながら, 吸い込もうと, 呼びもどすもの, 呼ぶ声, 呼べば, 呼んで, 喜ぶ心, 国府津の, 國府津の, 夜行太が, 夢みるつばくらめ, 奪ひ, 好く以外, 如何に, 姉の, 嫁に, 子供と, 宗と, 宗と作れ, 定め得なかったこと, 尊び夷, 山形で, 巣鴨の, 希望する, 帰すと, 弁護した, 引取つて罪ほろぼしの, 引取り, 引受ける, 引渡すか, 引立てたの, 彩どる, 征伐した, 待たなければ, 待ち受けて, 待つ, 待つまでも, 待つ地上, 忘れさせる, 忘れしむ, 忘れしめ飛沫餘煙翠嵐, 思い出させた, 思い出して, 思い出しますね, 思うにつけ, 思ひ出した, 思わせる金色, 怨めしそう, 悲しいと, 悲劇でと, 情なく思い出す, 惜しみ悲痛, 惜んで, 想は, 想像した, 意味する, 愛し夏, 感じた, 感じたの, 感じる, 感じ爺ヶ岳, 憶い出す, 懼れ, 手に, 押えたの, 指すと, 捜すの, 搜す, 攫はせる, 救ひ出した, 新潟に, 暮したの, 暮しロマネスク, 暮らして, 東京で, 東海道三島の, 楽しく過ごしたい, 楽しみに, 楽しむこと, 楽しんで, 歩き過し遂に, 水上駅から, 江北の, 浪人大井半之, 消するの, 涼しく冬, 淋しくした, 混雑する, 済ませて, 漁村の, 煎じつめたよう, 照りを, 特別用心するべきです, 狙ったばかりに, 病む頬, 白鵠の, 直接, 相州小田原在松林の, 相州茅ヶ崎の, 相手に, 真っ黒に, 眺めながら, 知らない, 知らないところ, 礼讃する, 秋は, 約束した, 紅い海水着, 終らぬうち, 経験いたします, 背きて, 背負つて守し, 自分の, 與三松に, 茅が, 葡萄棚の, 行軍した, 見たの, 見たばかり, 見て, 見ると, 見る眼付き, 見棄て周章て東京, 見返ったが, 覗いて, 覚える, 親許に, 訪ふ, 豐富な, 超えて, 越えると, 越したが, 越した今時分, 越した秋, 越して, 越し秋, 越すころ, 越そうと, 跳ね飛ばし泣けるなら泣けと悪, 迎うる, 迎えたるを, 迎えに, 迎えようと, 迎えるが, 迎えるの, 迎え秋, 迎へた厚母麻子と, 迎へて, 迎へんと, 追い立てるよう, 追想した, 送ったが, 送ったこと, 送ったもの, 送った座敷, 送った時, 送った私, 送つたこと, 送つたの, 送つたもの, 送らせて, 送りたいと, 送り一日, 送り窓おとづるゝ, 送るうち, 送るため, 送れそう, 送ろうとして, 逃げて, 通しそれから, 通り越すか, 通過し, 過ぎては, 過ぎても, 過ぐせる, 過ごさるるならば, 過ごした, 過ごしたこと, 過ごしたの, 過ごしに, 過ごすつもり, 過ごすと, 過ごすところ, 過ごす高原, 過さうと, 過したこと, 過した富士見, 過した時, 過し冬, 過す, 過すあいだ, 避けて, 郊外で, 都会で, 鋳そめぬ, 鎌倉の, 限って, 除いては, 雄吾の, 顧る, 飛んで, 飾る年中行事, 首尾よく, 鳴きあかした, 麓の

▼ 夏~ (324, 2.4%)

18 冬も 10 秋も, 過ぎ秋 6 過ぎて 3 いぬめり, 去って, 暮れて, 終りに

2 [21件] いぬるか, すぎた, すぎて, また新しい, まだ浅い, まだ深から, 初の, 北海特有の, 半ばを, 去ぬらしこの, 咲いて, 暑かった, 末に, 殆ど山の, 渉べから, 盛りに, 私は, 終る頃, 逝き秋, 過ぎた, 過ぎたる

1 [226件] あった, あり, あるので, あわただしく過ぎ, いくころ, いじらしいには, いそいそと, いつか過ぎて, いぬめる, おそらく半頃, おだやかに, お一人, お互に, お国, かこみの, きて, きれいに, くるのに, けうとし立ち, こうやっ, こえて, ここで, こなくに, この時, しずかに, しだいに過ぎた, すぎました, すぎ承平, すつかり闌け, すでに末枯れかけた, すでに過ぎた, ずっと冷, そのたんび, そのままに, それに, それを, そろそろ終り, たいてい五時半, ただ窓, たって見ます, だん, だんだん過ぎ, ちかづく, つづかないぜ, なお, なかばすぎた, なか黄なる, なき世, なく, なく一帯, なほ気流のみ, なんだか雨, はじめつ方, ひとつその, ひととき, ぶっ通し, また隣村, まだきの, みどりの, みんな出, もうおわり, もう半ば, もう盆過ぎ, もう終ろう, もはや逝く, やがていこう, やがてくる, やがて暮れ, やがて末, やがて終わり, やがて近い, やつと, やや暮れ, やや終, やや鳥屋, ゆきたいと, ゆきはやく, ゆき秋, ようよう, よし秋, よし秋子, わすれる涼し, トマトの, 一応二階, 一爐の, 一着の, 七月, 七月の, 三夏も, 下宿の, 二三度見かけた, 亦た, 亦ひととき, 亦一瞬, 亦何, 亦暮れる, 今年の, 他の, 來る, 働きつづめた, 再来年の, 冬と, 冬に, 冬服を, 冷えびえとして一波, 凍つて, 初め頃の, 初袷, 北さんは, 区別が, 午食後には, 半ばに, 去ったそして, 去ぬめり, 去秋も, 口を, 可し, 同じこと, 名残の, 向に, 君と, 声を, 夕影の, 多量の, 大変うつくしい, 奮発し, 好し秋, 妻の, 妻も, 寒く雷鳴暴雨, 寒げな, 小袖何んで, 山間の, 峠を, 差俯向いた, 帰れそう, 平林も, 年を, 彼は, 御陰で, 心が, 忘れ果てて, 忘れ生きる苦患, 急を, 方々に, 既に過ぎた, 昨年また, 是非柏崎へ, 暮して, 暮れか, 暮六つに, 更けて, 木綿の, 末にな, 末の, 末方の, 末近くなつた, 来た, 来て, 来なかったん, 来ること, 東京に, 極暑, 残雪の, 氷が, 氷の, 氷を, 氷屋と, 洞穴から, 浜松城に, 深まつ, 湖畔へ, 漸く暑く, 漸く終わり, 漸く近づけり, 火を, 爽快な, 甚だ涼しく, 病気する, 相当に, 真盛りの, 着て, 知盛維盛忠度敦盛など, 私が, 積雪あり, 立ちけるに, 紅葉の, 終りかけた或, 終りごろで, 終りにな, 終りの, 終り近く, 終ろうと, 終わりに, 経験した, 絲杉も, 続けて, 老い九月, 臥たり, 自分から, 苦しい心配, 藺刈り, 行き秋, 行くこと, 覚えぬ, 越え秋, 蹌踉く, 身体を, 近いと, 近いな, 近いに, 近づいて, 近づく, 逝って, 過ぎけり天の川, 過ぎた事, 過ぎようと, 過ぎんと, 過ぎ八月, 過ぎ涼しい, 過ぎ秋草, 長く帰っ, 間近い田園, 頂点を, 頭巾を, 鳴きます

▼ 夏~ (232, 1.7%)

14 の中 8 の上 5 の, の茂み, の香 3 が繁っ, のなか, の花, の茂った, の野末, の露 2 が皆, の生, の茂る, の蔭, の野, の間, は生長猛烈, をわけ, を散らした, 茂り四つ葉

1 [157件] おしわけて, お墓, からむッくり, から人声, から来る, がかなり, がしげっ, がしんと, がなびき, がのび, がはえしげっ, がぼうぼう, が一杯, が塵埃, が室内, が深く, が生, が繁つて, が背丈, が花, が茂っ, が茂りたい, が茂る, が茫々, が菁, が通れなくした, が高く, しげり書斎, すきま, だけが人, だけが地面, だけで, だつた, であった, である, とちょろ, と一しょ, と梅干, と楡, にかくれ, には夜露, にまじ, に下り, に半ば, に取り巻かれた, に坐し, に埋まる, に夜ごと, に屋根, に延び, に掩, に染め, に油蝉, に荒れ, に被, に見る, に足, に身, に隠れ, に隱, に黄色き, のあいだ, のいきれ, のいつ道, のお, のしげった, のそよぐ, のたけ, のにおう, のみがもえ, のもう, のやう, のよう, の一叢, の下, の伸び, の伸びる, の前, の午後, の原, の小さい, の庭, の径, の思ひ, の波, の生茂った, の穂, の緑, の繁った, の繁り, の繁茂, の背, の背丈, の色, の花壇, の茂きが中, の茂っ, の茂つた庭, の茂り, の茎, の荒, の華, の葉, の葉蔭, の野島, の長けた, の青い, の靡き寝, の風, の高く, はしげる, は一面, は中等, は刈りはらはね, は淵, は生, は高く, ばかり繁った, ふかい水底, ふかく自動車, も刈つて, も茂っ, も血, や, やそこここ, や乾藁, や兵ども, や兵ものども, や兵者ども, や熊笹隠れ, や野島ヶ崎, や野黍, より, をかきわけ, をかき分け, をかけ分け, をぬく, をふみわける, をふむ, をふん, を供えた, を分け, を刈りつくせ, を搏, を枕, を生やし, を盗人, を繞, を芟, を薙ぎ倒し, を見せだした, を踏みわけ, を踏み行け, を露けき, を馬, 生い茂り兵舎, 茂る盆地

▼ 夏から~ (208, 1.5%)

31 秋へ 15 秋にかけて 13 秋にかけては 10 秋に 9 秋への 8 秋の 5 秋まで 3 秋にかけての 2 十幾人と, 実にいろいろつらい, 待ちに, 晩秋へ, 秋までは, 秋を

1 [102件] あなたの, あるレエス, いろいろな, かかって, この春, この目的, この間までの, さい, ずッ, だったね, だと, つづいて, である, でございます, はじめたばかり, ふた月あまり, もう七軒, もう五六度, わたしは, ズッと, ファシズム反対の, フランスの, ユリが, 一年あまりも, 一段とひどく, 三津子さんという, 両親の, 二十九年に, 互に許し合っ, 五十日あまりの, 今年の, 作男の, 信長の, 其の伊勢參, 冬に, 冬にかけては, 初秋にかけて, 初秋へ, 北海道の, 同六年, 問題に, 夏へ, 夜間爆撃が, 始まったこと, 始まった挙国的, 始まって, 始まつて, 始終寝, 家に, 年の, 延ばされて, 引き続いて, 彼は, 後の, 徐々にわたし, 御隠居, 心持よくしっとり, 悩まされはじめたの, 惱まされはじめた, 抜き忘れたまま, 春の, 昭和三年二月までの, 次第に移り行く, 澄みきった秋, 点けて, 用意され, 病んで, 着手した, 私だけ, 秋お正月にかけて, 秋が, 秋だけ, 秋だけを, 秋にかけてしか, 秋にかけましては, 秋には, 秋にわたる, 秋は, 秋までの, 秋口へ, 秋私の, 秋秋から, 秋頃の, 空に, 空屋敷に, 約半歳, 紅葉にかけては, 置き忘, 翌元禄十五年, 翌年にかけての, 聴き出した全部, 自分も, 蒔いたり, 読みはじめて, 誰も, 遊んで, 金沢に, 銀行の, 食べたこと, 騒いどる水源地, 鮎釣を, 黒田様御

▼ 夏さん~ (179, 1.3%)

4 は黒い 3 は, はお, を呼ん

2 [16件] が先代, が跡取り, には頼もし, のたより, の命, の外, の姿, の家, の手紙, の父親, はそんな, は品吉さん贔屓, は小出し, は心から, は親, は驚いた

1 [134件] から聞かし, が, がいらっしゃる, がお, がこれから, がすっ, がそう, がちょい, がなんぼ静岡, がねば, がね可, がまた, が一番, が三年ぶり, が呼び出し, が太く, が屹, が心, が愛吉, が我儘三昧, が東, が火, が神色自若, が私, が空, が自分, が苦しみ出した, が行方不知, が行水, が見えますまい, が言った, が請け取っ, が通る, が馳, が駆けつけ, この犬, さ, だ, だどう, でございましょう, でさえ, でね, で名, で雛, といふお, といふの, とお雛様, とか言つた, とはいわない, と云う, と清水, と見, と見えない, と附き合っ, なぞは心, なの, にかかる, にこんな, にねえ, にもち, にゃあお師匠様, に会いたくなったら, に呼出され, に差, に引込まれ, に結婚, に藏, に逢つた, に頼まれた, のあんな, のお気, のこと, のに金, の世話, の処, の前途, の勝山, の団扇, の守護, の方, の望み, の柳屋, の柳屋ッ, の様子, の歌, の生命, の祈祷所, の艶麗, の言, の話, の謀, の跡, の車, の返事, はうまれつき, はともかく, はと見る, はばらばら, はほんとう, は乗り, は人知れず, は今日, は便り, は定子, は悠々, は成金, は我が, は撞木, は朋友, は歌, は熟ッ, は珍しい, は癇癪持, は直ぐ, は笑い, は華族, は酌, は飛んだ, は高島田, ばかりが判然, まで一緒, もそう, も二日, も贔屓, をたとい, をまあとかく, を何, を娶ろう, を御存じ, を誘う, 御迷惑, 残らず御存じ, 飛んだ人騒がせ, 飛んだ人騷

▼ 夏~ (173, 1.3%)

9 秋と 5 冬の 4 いえば, なれば, 冬との, 秋との 3 なって, 一緒に, 冬とが, 違って

2 [15件] いへども, しなれば, なつた, 今年の, 伊達者, 入れ替りに, 冬が, 冬と, 冬とは, 指相撲, 清次郎の, 申しますが, 秋の, 秋を, 繁が

1 [101件] いうからには, いっしょに, いっても, いひ又, いふので, いふのに, いふものの, いわず秋, お毬, ことはに, し九月, し九月十月十一月, すること, その前, ちがって, なく冬, なし乃至, なったが, なつて, なりしが, なりその間, なりぬ, なりぬる, なりました, なり林檎, なり秋八月, なる, なれりけり, はいっても, ほく, ほとんど同じ, まったく変わっ, ダンディー, 一冬だけしか, 一日も, 一緒にな, 三人し, 世話を, 二三十分しゃべった, 二度行っ, 云うもの, 云う客, 云った, 入れ違いに, 冬とで, 冬とに, 冬とを, 冬には, 吉之助は, 同じだけの, 同じよう, 同様なかがやく, 同様に, 同様の, 呼ばれて, 子游とは, 子貢の, 小手抜小女郎と, 平林とは, 心との, 心中する, 思い込み永代, 思う, 思うお, 思ふ, 感じるのよ, 戯れた後, 放れて, 新なる, 旅, 旅とが, 曾子との, 極めてしまわぬ, 次の, 殆ん, 殷との, 殷とは, 浅草へ, 照日前の, 申すか, 相当さむき, 磯二との, 祝言の, 禹徳淳は, 秋とが, 秋とに, 秋とは, 稱し, 聞きし名, 聞くと, 蔵人とを, 親し過ぎる, 言うわけ, 言ひたい暑, 誇稱, 読ませる, 讀ませる, 趣を, 逢曳する, 部類する, 限らずに

▼ 夏には~ (157, 1.1%)

2 佐渡屋の, 北方の, 夏の, 夫人の, 彼らは, 決して聞かれない, 親類とか, 青々と, 餘り

1 [139件] あの人, いい匂, いっしょに, いつも出来る, いつも同じ, うっかりし, お帰, お帰り, かなり離れた, かわいそうに, ここへ, この旅館, この社, この綿入り, この部屋, こんないい, こんな出来事, さういふ, さして興味, その桶, それが, ちょっと離れ, とてもすごい, どんなに可, はたけや, ひでり, ひどく嫌, ふんどし一つ, また度, また緑色, みんな盗まれ, もうはっきり外, もうはつきり外, もう二人, やせた麦, わたしが, イギリスが, オーデル河畔に, スウイスへ, ニッケル鋼の, メイジダイヒラマサ秋も, 一度は, 一時に, 一閑斎に従って, 一隻の, 七時まで, 下谷池の, 不しあわせ, 両眼失明, 九鬼嘉隆が, 二三の, 京都の, 人の, 人一倍弱い, 他の, 会堂は, 余分に, 健康な, 全く望, 八畳四畳板の間つきの, 公報こそ, 冷徹な, 列を, 加州大学の, 北さんは, 北に, 四五千の, 困つておでん屋, 地方的季節風が, 夏冬には, 夜の, 夜明けから, 大雨に, 子供らが, 學生たちを, 室の, 家は, 少しそれ, 尾張で, 布教長フランシスコ・カブラルが, 平戸の, 彼へとへとに, 感じるの, 文治兄さんに, 日暮れに, 日本の, 日満, 早い五月, 更に千鳥草, 朝顔が, 木々は, 本気で, 札幌の, 東洋アルミナム株式会社で, 植物の, 次ぎの, 此處に, 氷屋に, 永いこと雨, 江戸ッ児も, 流灯会が, 浮浪児収容所の, 淀の, 無礼な, 焼くよう, 父に, 牝牛を, 玄関の, 白い花, 真先に, 破天荒な, 確實に, 立ち並んだ瓦家根, 紀州の, 細君の, 続々と, 腹が, 臨時に, 花を, 葉を, 街の, 見られない, 見られぬ多量, 見事優等の, 言われぬ者, 赤坂見附の, 赤痢めいた, 起き上ること, 路傍の, 輝かしい空気, 遊歩の, 運送屋の, 適わしい派手, 避暑客で, 銀製の, 隼を, 青く, 顔が, 駱駝と

▼ 夏でも~ (111, 0.8%)

6 寒い 5 冬でも 3 雪が 2 お俊, 三四時間は, 窓は

1 [91件] あった, あったが, あなたの, お国, かるい子, こういう焔, ここまでの, これは, こんな狭い, こんな陰氣, さむい, すこし早く, そうです, その附近, それを, そんなに遅く, ない, ない今時分, なか, なく秋, なければ, ひいやりとして, ひやりと寒く, ぼて, もっとも強烈, もっと涼しく, 一つは, 一向に昼寝, 三月頃の, 上層は, 何う, 出來, 別に不景気, 同じ事, 四五日ぐらい, 地中は, 夜分は, 始終足袋, 寒いくらい, 寒いと, 寒いという, 寒いヨイ, 寒い袷, 寒そう, 屠った日, 山へ, 年中川や, 底に, 御苦労千万に, 於福だけは, 旅行を, 昼寝を, 時々は, 暑い汁, 暖い, 暗いうち, 暗いに, 正式の, 毛衣を, 水色である, 水量の, 氷の, 決つて暗い, 海抜九百メートル以上には, 涼しい七十七八度, 涼しくて, 火が, 火事が, 火気は, 炉ばた, 登山客は, 白い手袋, 真黒に, 着るやう, 砂糖水なら, 秋でも, 脱いだこと, 脱がぬ白足袋, 膚寒い, 良くない, 薙刀を, 蚊帳を, 裸に, 足袋は, 釜揚饂飩を, 雪の, 雪を, 雷から, 鳥肌立っ, 黒い長靴下, 黒色好みである

▼ 夏侯惇~ (88, 0.6%)

2 は片

1 [86件] か, かその, から呼ばわる, がすぐ, が一同, が危篤, が帳, が数十騎, そのほか十余将, であるな, であろう, とわたりあい, と曹仁, などことごとく, なので, には, に育てられ, に追いついた, に追いつき, のお, のす, のほう, の三万騎, の人数, の十万騎, の口上, の大軍, の左, の弟, の所領, の正面, の甥, の疾風隊, の眼, の舞刀隊, の軍勢, の部下秦, の陣地, の面, はいずれ, はいない, はおどろいた, はこの, はすぐ, はすこしも, はそば, はそれ, はどろどろ, はふたたび, はまっ先に, は一笑, は先手, は兵, は初めて, は勝ち誇っ, は十万, は口, は呂布, は大いに, は大音, は庁上, は徐庶, は感服, は曹操, は死ん, は片目, は耳, は荒ぶる, は襄陽, は軍中, は進ん, は馬上, もついに渋々, もつづい, もよく, も曹仁, も来た, も渓川, よなと関羽, をあと, をかえりみ, をよん, を先鋒, を大将, を総, 満寵

▼ 夏~ (82, 0.6%)

2 は窓

1 [80件] あの後家さん, あわただしい旅, かかつて, からかけ, から師匠, から男妾, ぐらいは何, さしわたし二尺あまり, したいと, だけでも行っ, だってそう, でも, で一番, と云う, にとうとう, には何十部, にもある, に仕舞, に受けなけれ, に揉みつぶさん, に泳ぎ, のこの, のわが家, のオキ, の予定, の事件, の仕事, の供花, の冷雨, の出来事, の労働, の唯一, の地方新聞, の好, の日課, の温泉, の疲れ, の病気, の白骨, の運動, はたいがい朝, は夜毎夜毎, は日光, は相, は遠慮, は隣家, は雷雨, は非番, ぽつりぽつり咲い, もどの, も冷たい, やってきたばかりに, やつて, よくここ, より藤五郎樣御事座敷牢御住居, を京都, を彼処, を片瀬, を通して立て, を雄吾, を静養, 一流の, 不勝, 其処に, 切っての, 動も, 奥さん任せ, 好んで, 屡々目撃, 忙しかった, 愛読した, 打ちつづくところ, 暑い日, 最も盛り, 病床に, 蚊帳が, 被つた, 見あきるほど, 預けて, 飲んだ酒代

▼ 夏侯淵~ (78, 0.6%)

2 が討たれた, であった, と張, の首, は, はこれ, は性急

1 [64件] が, がもし, が三千, が大軍, が手もと, が猛烈, が相手, が答え, であって, ですから, という兄弟, としても放っ, とはちと, とは似, とは余りに, とは兄弟, と一手, と出会っ, と戦わすであろう, に, には及ぶまい, に伴われ, に内応, に報告, に対して命, に扶, に挟撃, に見え, に討たれ, のため, のもと, の一部隊, の両, の二将, の二軍, の子, の子ら四人, の手勢, の死, の讐, の返書, の飛槍隊, はいつか, はその, はどう, はみずから馬, はわずか, は主, は兄, は半数, は単なる, は固く, は大いに, は対山, は必ず, は片, は矢, は耳, は自分, は語気, は顔色, は驚きあわて, へ使い, 大いに驚き

▼ 夏~ (67, 0.5%)

6 なしに 5 の陣 3 の休暇, の物 2 の仕, の仕着せ

1 [46件] とおして, ともぜんぶ, ともついぞ, ともはだし, ともシャツ, ともセル, とも五時起床, とも残らず, とも火鉢, とも鉛色, なしの, には冬, には出かけた, によって彩, によって時刻, に係らず親しみ遊んだ, に四十五六呎, のかまい, のしたく, のそれ, の二季, の入れ換え, の区別, の土用, の夜具, の大祓, の学期休み, の寒暖, の差別, の帽子, の服, の着物, の礼服, の終わり, の装束, の諸種, は人, は烈しい, をきらわず, を打, を通してこの, を通して草木, を通じて八時三十分, を通じて南アルプス, 吹き通し, 通して

▼ 夏羽織~ (67, 0.5%)

7 を着 6 を着た 4 の裾 3 の肩

1 [47件] か何, が一枚, だのに, では見すぼらしく, で西瓜, という姿, とか夏袴, としてこれ, と何平, と薬草, なぞも新しい, なぞ着, などを着, など引かけ, に包んだ, に手, に袴, の仕立物, の彼, の方, の町人, の背, の腰, の袂, はまだ, は其儘, も着, も着ず, も袴, をお召, をぬい, をひらひら, をふるい, をふわり, をりゆう, を借り, を取っ, を引, を持ち, を昆布, を氣, を用, を着ます, を着込ん, を脱い, を質, を重ね

▼ 夏~ (66, 0.5%)

4 という 3 つた, といふ 2 お夏, と感じられる, よ

1 [50件] かよく, からといっ, からと云っ, から却って, から大島, から女学校一年, から襖, から髪, か解らない, が朝, が福島, が血刀, し道, つけかな, つたと, つて毛が, つて谷川の, といつ, といふはればれ, とこの, とずっと, と一層, と云う, と云っ, と思われる, と更衣所, と木村, と白い, と白日, と盛ん, なと, のにおかしい, のにどうしてこんなに, のの, まだ朝, もんだ, よう, よ忘れ, わねえ, ッ狂女だ, ツ狂女だ, トラピスト修道院の, 光だ, 八田潟ね, 夏だ, 夏男は, 山の, 蛾なら, 蛾は, 風邪も

▼ 夏らしい~ (64, 0.5%)

2 夢を, 感じを, 暑さ, 清新な, 短か, 雨が

1 [52件] のが, やうな, ラヴスィンを, 乳色の, 二階座敷から, 光を, 勢が, 匂いが, 夏, 夜では, 好天気, 対照で, 強い光, 強い日, 強い激しい降り様, 感じすら, 感じだった, 文句が, 日, 日あたりや, 日が, 日だ, 日な, 日の, 日光に, 日差しの, 時だ, 暑い日, 月も, 気が, 気候に, 水芸の, 海雲が, 涼しい雨, 清新の, 点から, 烈しい日, 白い雲, 緑が, 總菜で, 色を, 若葉の, 蒸し暑さ, 蝉の, 調子です, 錯誤を, 雨である, 雨は, 青が, 青葉が, 風景に, 香りが

▼ 夏~ (57, 0.4%)

2 から毎晩

1 [55件] からあたし, からお嬢さん方, からこの, からしばらく, からたびたび, からで, からである, からまた, から丞相, から何者, から友人, から喉, から宿, から市中, から師匠, から帰着, から横浜市中, から此町, から浅草, から港崎町, から父親, から行われた, から變, から銀子, その横, では, とつた写真, などは夜中, に出穂, に咲きます, に源次, に潰されました, のこと, のゆき子, の不逞さ, の工合, はひとり, はひどく, は御新, までだった, までとにかく, までには各国, までには尾, までは鬢附油, までぼんやり, まで住吉村, まで内務省検閲課, も一門, よりまたまた, より県下, 作った詩, 始めていわゆる, 或はうすい, 手伝って, 漸く〇・三瓦

▼ 夏なら~ (56, 0.4%)

2 ば冷, ば昼間, 団扇を, 根戸川の, 西瓜の

1 [46件] ここは, ざらん, はここ千金, ばすい, ばそう, ばひやしどり, ばもうかれこれ, ば一日, ば三時頃, ば何, ば兎, ば夕凉みの下駄, ば夕涼み, ば大きな, ば屋根, ば庭, ば朝顔, ば木蔭, ば村里, ば東京, ば水, ば漸く, ば珍, ば瓜, ば生, ば緑一色, ば茗荷畑, ば賑, ば辮子, ば部屋, むとす, んと, 一晝夜その, 一晝夜位立つ, 人をも, 何人でも, 団扇冬なら, 夏と, 木下闇の, 河鹿鮎螢, 炎天なら, 白樺の, 緑陰に, 菩提樹の, 街路には, 電扇が

▼ 夏~ (53, 0.4%)

14 あつた 2 カヤが

1 [37件] あけ放して, あしかけ, あと短い, かの大久保相模守, ござります, すら水, せう, せうか, その二年前, その他は, その時牧野さん, めっきりおしゃまさん, もうこの, カジカの, 一座の, 一番物凄い, 乾いた北欧, 先生の, 四度目である, 学校は, 家賃が, 日が, 日光の, 最上川の, 樹木の, 永久に, 治した, 父が, 田舎へか, 田舎住ひ, 縁が, 罐の, 西瓜が, 西瓜と, 警視庁は, 釣洋燈は, 銀座も

▼ 夏帽子~ (53, 0.4%)

3 をかぶり 2 の淡青い, の麦稈, は古い, を冠, を被っ, を買

1 [38件] がすぐ, が坂, が格安, その女房, だった, だつたの, とを棺, には麦藁, にホワイトシヤツ, に土地風, に真昼, の下, の目, の縁, の裏, は四分の一ドル, は買つた, までが風, も, も他, も冠, をかぶった, をかぶった肥った, を包ん, を壁, を居かわり, を扇, を手, を斜め, を表象, を被, を見附け出し, を買う, を買つた奴, を買つて來, を頂戴, 投げて, 着たの

▼ 夏~ (46, 0.3%)

3 の肌着 2 は巫臣, は鄭, を娶ろう

1 [37件] が家, が朝, が鄭, というの, との間, と黒要, にとって水, には固, に力寿, に近づい, の周り, の姿, の子, の家, の旅姿, の義子, の貞淑, ははじめ, は以前, は別に大して, は大人しく, は夫, は是, は此, は術, は連尹, は陳太夫, も所詮, を娶る, を欲, を独占, を納, を納れん, を聘し, を連れ, を連れ帰った, を鄭

▼ 夏~ (45, 0.3%)

2 の来る

1 [43件] がこの, が十九歳, が国, が此村, が荒々しい, が輕井澤, と一緒, と妻, にあて, の水泳, の生まれた, の町, の義母, はある, はここ, はこの, はすこし, はやはり, はカルーゾー, は上越国境, は久し振り, は二十六, は信州富士見, は前橋, は十一歳, は十年振り, は右, は同じ, は彼, は或, は文芸週報, は日光, は暑気, は比較的, は深瀬春一君, は満州国, は男の子二人, は着る, は突然, は輕井澤, は首尾, より一二月前, を非常

▼ 夏~ (40, 0.3%)

16 かけて 4 かけての 2 かけては, 行くに

1 [16件] いそぐうた, かけても, かけると, とって, ばっては, 主に, 宛てて, 少年世界送る, 手紙書く, 手紙認め, 秋から, 移して, 移る時, 端書認め, 過ぎる季節位, 長き長き手紙

▼ 夏まで~ (38, 0.3%)

3 生きて 2 三崎に

1 [33件] かかろうが, きて, このまま, この地球, たくわえ土用さなか, つづけて, どんなこと, もたせるわけ, もちこたえた, ゐたので, ガン張っ, タラヒ舟に, 一緒に, 不幸真に, 信州の, 優しい姿, 咲いて, 待たなきゃあ, 待たなければ, 待つという, 持つて, 日本を, 根津に, 水葵と, 泉水で, 満州に, 百日も, 米国に, 続き大奥, 貯蔵する, 過ごすつもり, 食いつながねば, 高瀬に

▼ 夏より~ (37, 0.3%)

4 冬に 3 手足を, 秋に 2 今の, 秋にかけて, 秋にかけての, 秋へ

1 [19件] かけて, この方, 一九一五年の, 一着余分に, 今年に, 写真来れり, 冬を, 好きです, 当加賀家, 後の, 手紙来る, 楽だろう, 此年の, 知りぬ人, 秋にかけ, 秋の, 秋を, 端書来る, 見ゆるて

▼ 夏祭り~ (37, 0.3%)

3 の夜 2 の多い, は実は

1 [30件] がトテモ, が割り込ん, が始まる, が最, というの, と両国, と同根, と称せられる, には鉾, に相応しい, のまつり, のもの, の一番終り, の中心, の宵, の山車, の晩, の景気, の曳き, の標本, の疫病, の相談, の部類, はどこ, は六月大祓, は可, は盛ん, もやって来る, をのぞい, を疎か

▼ 夏~ (36, 0.3%)

2 だ, には良家, の日

1 [30件] がどんな, が来る, が近づい, だったばかり, であつ, でさ, で表通り, などはただ, などは殊に, にはお, には水着, の代表的, の囃し, の囃子鳴物, の女房, の泥試合, の相談, の稽古囃子, の花車, はまだなかなか, は津島祭, もやはり, も一緒, も全く, や正月, や秋祭, わつ, を知らない, を行う, 即ち祇園会

▼ 夏侯楙~ (35, 0.3%)

1 [35件] がなるべく, がはいっ, が矢倉, すでに敗れ, である, と馬遵, などは一鼓, にも真偽, に励まされ, に見せる, の使い, の前, の旗手, の親書, の軍容, の軍立て, の首, は, はひと, はよろこん, は大いに, は心, は手, は檻車, は涙, は籠, は蜀, は軍議, は韓徳, は頽勢, は魏, も防ぐ, をゆるし給わるなら, を一つかみ, を生

▼ 夏ごろ~ (34, 0.2%)

1 [34件] から, からだ, からの馴染み, からまた, から吉野築城, から始めたらしく, から東海道, から物怪, から神経衰弱, から突然, この立慶河岸, その妹, だおら, とのこと, にすっからかん, になっ, に帰る, のあやしい, の出来事, の新聞, はずっと, は大, は蛙, までせっせと, までには完全, までは最後, まで京, もかへす, もたち, も匂, も日, よりどっこの, 死んだという, 遠い国

▼ 夏にかけて~ (34, 0.2%)

1 [34件] およそ五十人, この土地, この地方, だらけきって, であつ, ほととぎすと, わずかながら, パリに, 保は, 入園者が, 午前と, 又十分気, 吹く風, 地上の, 夜ごとに, 太陽は, 如何に, 山の, 年々の, 必要な, 日の, 日本の, 時々処々, 歩いて, 段々長く, 水蒸気の, 漁るが, 私は, 結膜炎を, 著しくその, 鈴ヶ森の, 陽に, 飛ぶ蝶, 養蚕に

▼ 夏外套~ (34, 0.2%)

4 を着, を着た 2 のポケット, の袖

1 [22件] がぼろぼろ, とそれ, とを持っ, にすがりつく, に包んだ, のえり, のかくし, の代り, の肩, の襟, も無惨, や麦藁帽子, を, をはおっ, をはおった, をひっかけた, を取っ, を少女, を纏った, を脱ぎ捨てる, を著, 着た紳士

▼ 夏~ (31, 0.2%)

2 の残雪

1 [29件] うっかり奥, か, が反映, でり或は, になれ, に如かざる, に敷い, に最もしばしば, に海面, の七, の冷めたい, の十, の天, の晩涼, の暮方, の果物, の烈しき, の畏, の紅, の經營, は流汗, は白雲豊か, を定め, 恐るべき乃父清盛, 恐るべき水野, 浴する爲, 熱苦しい時節, 臥して, 過両国橋

▼ 夏~ (30, 0.2%)

4 の下 2 に立つ

1 [24件] からこの, が低く, が輝い, が頭上, さして飛ん, で云, となっ, に, に光つて, に快く, に照りはえ, に立っ, のよう, の広, の藍, の裏側, は嘘, は燃えたっ, へギター合奏, を劃し, を翼, を見上げ, を見入った, 青し灘

▼ 夏にな~ (28, 0.2%)

6 つても 4 つてから 3 つてゐた

1 [15件] つた睡眠不足でも, つてある, つてうるさい, つてし, つてたつ, つてつる蚊帳を, つて二人の, つて二人は, つて六月の, つて前橋へ, つて呉れ, つて自分は, つて草木が, つて進水した, つて驚嘆した

▼ 夏~ (27, 0.2%)

2 を出し, を被り

1 [23件] が光, が目, だけはパナマ, になる, のよく, の中, の堅き, の奴, の庇, の紐, の陰, やネル, をかぶっ, をとつ, を冠, を取っ, を淺, を窮屈そう, を被, を被っ, を被る, を買い, 振る別れ

▼ 夏とは~ (26, 0.2%)

2 いいながら, いえど, 神の

1 [20件] あたりの, いえ寂寥無人, いえ山, いえ海抜七百九十米, いへ, ネルロたちにとって, 云いながら, 云え氷室, 今の, 変つて居た, 奥の, 家事の, 幽霊塔の, 思われない, 短くまるで, 見ちがえるよう, 言ひ, 言へ, 違う一種特別, 違って

▼ 夏~ (26, 0.2%)

3 料理 2 ふなり, ふ今, ふ霞

1 [17件] で冬, なぞは, になった, になつ, になる, のカケ布団, の仕事, の膝, はすべて, は恐れ, は恐れる, は熱苦しくっ, は随分, は頭, ふこの, ふ五百枝厳橿葉広橿日, ふ五百枝嚴橿葉廣橿日

▼ 夏~ (26, 0.2%)

3 のよう 2 の下, の中

1 [19件] がやがて, が楡, が清洲, が白く, ではございません, に夕照, のやう, の奥, の影, の閉した, はぎらぎら, はまろき環, も覗く, やすでに, を映す, を望んだ, を眺め, を見る, 高い翌

▼ 夏以来~ (24, 0.2%)

2 ある優しい, いろいろと

1 [20件] かの槍突き, ずっと押入, の, のあれ, のおかげ, の三四ヶ月ぶり, の不景気, の宿題, の思い, の手紙, の気分, の気鬱, の習慣, の軽やか, 会わなかった, 始めて, 悩んで, 来なかつたか, 渇ききって, 諸評論雑誌

▼ 夏~ (24, 0.2%)

2 にある, に帰る

1 [20件] に拠せ, のほう, の入江, の兵, の劉皇叔, の勢, の城楼, の守り, の玄徳, の秋, の船場, へお, へ入られる, へ帰さん, へ引, へ着く, へ逃げ帰る, まで行っ, より下流, ヲ望ミ

▼ 夏~ (24, 0.2%)

2 と秋, の花

1 [20件] がよく, が最早, という花, とをそろえ, などさした, などの鉢物, など雑植, など雜植, の, のしろき, のなか, の中, の咲き繚, の懸崖, の株, の白, の萎れた, の鉢物, の長い, を二三枝

▼ 夏侯尚~ (23, 0.2%)

1 [23件] がある, がまさに, とともに新手, との俘虜交換, に韓玄, の両, の意気, の軍, はかえって, は勇ん, は命, は彼, は直ちに, は答え, は計略通り, は追いまくっ, は関前, は防ぐ, は韓浩, は黄忠, や徐晃, をつれ, を呼ん

▼ 夏~ (23, 0.2%)

2 の谷

1 [21件] がよく, がわかる, が出, となる, とのあいだ, に上った, に戻り, に沿っ, のつい, の出, は橋, よりもズー, より他, より南, をしばらく, を上下, を伝い, を右, を第, を避け, を離れ

▼ 夏この~ (22, 0.2%)

2 別荘の, 土地の, 部屋で

1 [16件] まま人に, 伯父を, 別荘へ, 別莊の, 夜浅き, 家からは, 寮で, 山奥の, 山荘に, 村で, 村の, 森に, 滝の, 町の, 病気が, 臭気ふんぷんたる町に

▼ 夏という~ (22, 0.2%)

2 のは, ような, 娘を

1 [16件] ことに, のが, のでしょう, のに, のを, ものが, 十九に, 商家の, 女の子も, 娘が, 娘の, 娘は, 季節も, 役が, 日本の, 証拠は

▼ 夏木立~ (22, 0.2%)

5 かな

1 [17件] が爽やか, そのなか, と題する, につつまれた, に圍まれ, に委せられ, の影, の木蔭, の神さびた, の街道, の青い, の鬱蒼, は八幡, をとおし, を愛する, を背景, 深き處

▼ 夏~ (22, 0.2%)

2 のこぼれ, や

1 [18件] かな, が刺繍, に多く, に趣, のしらべ, のす, の匂い, の愛すべき, の歌, の盛り, の赤, の開く, は盆, は赤熱, までベッド, や鋭い, を摘ませ, を見

▼ 夏にも~ (20, 0.1%)

1 [20件] あんな小さい, かかわらず春, かかわらず秋, ないこと, ならないのに, ならぬのに, なると, なれば, やっぱりこんな, イギリスの, 一旦暇, 北さんと, 半之丞と, 名月は, 来て, 歸らなく, 私は, 行はれる, 鎮魂の, 雨が

▼ 夏~ (20, 0.1%)

3 秋の

1 [17件] お前この, さかい金時, せかせかと, ペルシアで, 冬では, 冬は, 冬を, 妻が, 往にけむ, 時あかる, 正月に, 瓢作りに, 真間の, 秋が, 秋には, 秋は, 秋冬が

▼ 夏といふ~ (19, 0.1%)

2 十八に, 女である, 娘の, 娘は

1 [11件] のは, ものは, んだ, 中年女, 十九に, 娘が, 娘とも, 季節の, 快い感じ, 念仏比丘尼の, 獲物は

▼ 夏~ (19, 0.1%)

3 んだ 2 のか, もんか

1 [12件] のである, のでくさらぬ, ので十畳蚊帳, ので女, ので室, ので暮れ, ので白絹, ので障子, のと, のにふしぎ, のに私, のねセル

▼ 夏~ (19, 0.1%)

2 の尻, をいい

1 [15件] がない, だの髪, とですぐ, にも中形, に句, のこと, の上, の悪い, の水, の赤, は丸帯, をしめた, を形, を濡らすまい, を締め

▼ 夏との~ (18, 0.1%)

4 さか 2 二声楽, 間の 1 ゆきあ, ゆきあいに, 二声楽冷めたい, 交叉期即, 入りか, 広野の, 淡彩な, 袂別を, 間に, 風物が

▼ 夏よりも~ (18, 0.1%)

1 [18件] かえって強い, かえって春, かえって青物町, ずっと風情, 一層叔母, 一層盛ん, 光沢よく, 冬を, 多かった, 徒にその, 手紙来る, 早く動く, 明く晴々, 明るい, 暑きマニラ, 烈しく夜ふけ, 秋か, 都会の

▼ 夏~ (18, 0.1%)

3 などは我

1 [15件] だけの必要, だけ掘, になります, になる, にはわたくし, に限つて, のお客さん, の修養, の射撃, の旅, の水飴, はいたむ, はひえびえ, は涼しく, は肌

▼ 夏景色~ (17, 0.1%)

1 [17件] あり汽船, が展, だいま午後, だが, であった, であつ, でございました, ですね, でその, で思い出, といっ, にあてはめ, になる, の一つ, は何ん, をおもふとき, を頭

▼ 夏など~ (16, 0.1%)

2 褌一つで

1 [14件] それが, ぼくも, まだ明るい, みんなが, わりに風通し, 人に, 僧侶が, 冠だけは, 口の, 家そのものを, 寄席を, 店から, 殊によから, 茶絣の

▼ 夏~ (16, 0.1%)

2 の祭礼

1 [14件] などは側, に氾濫, に異ならず, に至, のたぬき, のみ牧塲, の旅行, の日光, の遊歩場, は寒, は遊覧者, 半日程, 往々地乾き汚水處, 暑を

▼ 夏秋冬~ (16, 0.1%)

1 [16件] いろいろの, がそれ, この池, というふう, とちょいちょい, と失明, と巡っ, に通じる, の三季, の四季, の年四回, の月夜, の移り變, の花, はこう, ほとんどおじいさん

▼ 夏~ (16, 0.1%)

2 の生絹, を着

1 [12件] うすくとも, かな, きたるを, ともいふべし, にも覚え, のむさくるし, の下, の縫い直し, の肩, の類, は冬, を脱し

▼ 夏その~ (15, 0.1%)

1 [15件] ころ在, ころ霍乱と, 丘の, 主という, 地方には, 地方の, 坂道は, 小家は, 島の, 料理を, 時は, 条件を, 氷塊が, 頃は, 頃住ん

▼ 夏だった~ (15, 0.1%)

3 かしら

1 [12件] から座敷, か京都, か解除, が, がこんな, とはずいぶん, と思う, と覚え, ね, ので彼女, もんで, わお母さん

▼ 夏じゅう~ (14, 0.1%)

1 [14件] あんなにまで, いても, おもしろくすごせるだろう, かかって, ずっと着, だけ避暑, はこの, は今, は昼間, ひどくこたえた, を獄中, 明けても, 続けて, 美しい花

▼ 夏ながら~ (14, 0.1%)

2 秋風たちぬ

1 [12件] いかにも寂しく, さまざまの, ぞっとする, ゾツと, 凍るよう, 單調な, 夜の, 大妻籠, 山は, 春の, 異様に, 背すじも

▼ 夏~ (14, 0.1%)

1 [14件] へ, へから生れた, へが盛ん, へと同じ, へと穂祭り, へにとり越し, へに人間, へに臨む, への分化, への川祭り, への行事, へは冬祓, へは夏祭り, へを主

▼ 夏あたり~ (13, 0.1%)

2 から噂

1 [11件] からそろそろ, からわたくしども, から例, から又もや, から始まった, から始まつた, から神田一円, から神田一圓, はぜひ, は屡々, 死ぬの

▼ 夏であった~ (13, 0.1%)

2 かある

1 [11件] か知らん, か私, がそれだけに, が南京虫, が身, が黄麻, ため百合子は, ので, のであろう, ように, フランシスが

▼ 夏では~ (13, 0.1%)

2 あるが, ない頑として 1 あったが, ある, あるまい, ないか, ないから, ないが, ないという, ないといふ, なくとも

▼ 夏まけ~ (13, 0.1%)

2 て映る, て板屋 1 ってん, て咲きたる, て花了, でもする, とかくし, にけり, にて御, のお, をしなけれ

▼ 夏らしく~ (13, 0.1%)

2 白い層雲

1 [11件] ぎらぎら光っ, なつた, もない, 冬は, 星が, 桔梗いろ, 残暑も, 爽かな, 私は, 雲の, 黒く撮れた

▼ 夏~ (13, 0.1%)

2 までは郊外

1 [11件] からの約束, から文官試驗, とは自然, になる, には羊歯種, に久坂葉子, に刈りませう, に片付きました, の騒ぎ, ひよつこり幾島, までずっと

▼ 夏~ (13, 0.1%)

2 が日本アルプス, の山小屋, は人, は散歩 1 が帰っ, はこの, は出雲, は大きな, は妻

▼ 夏~ (12, 0.1%)

2 秋に 1 きやうだい, ふた夏, 一年おい, 冬か, 手から, 春か, 春ごろなる, 秋だ, 秋だった, 秋にのみ

▼ 夏だけ~ (12, 0.1%)

2 あとは 1 そこに, でした, もてば, 人に, 十日や, 手つだひ, 来るこの, 置いて, 過ごすの, 開いた

▼ 夏ばかり~ (12, 0.1%)

2 でなく冬 1 ある国, でも, で冬, なれば, 昔の, 熱心に, 繁昌致し, 花の, 遊びに, 過すうち

▼ 夏~ (12, 0.1%)

4 の, の山水 2 の山水図 1 が如き, の宣和画院系

▼ 夏~ (12, 0.1%)

2 おほ 1 がうっすり, が淡く, が濃く, して, に煙っ, に面, のたなびいた, の底, 棚引きかけ眼, 若かる我

▼ 夏です~ (11, 0.1%)

1 [11件] かとヒトラー, からからだ, から葦, から酒屋, か弟さん, では其の, ね, ねえもう, ね素足, もの, よ

▼ 夏~ (11, 0.1%)

1 [11件] という姓, などの間, の家, は景, 尚が, 尚と, 尚どの, 尚も御, 尚も韓浩, 尚を, 尚韓浩

▼ 夏別荘~ (11, 0.1%)

2 の大広間 1 がヴィルパリジェス, が大野, だったん, などへおこし, には相違, に暮し, の芝生, へまだ, へも一再

▼ 夏近く~ (11, 0.1%)

3 なって, なると 1 なった頃, のこと, までふんだんに, まで厄介, 父親は

▼ 夏でした~ (10, 0.1%)

1 から, から炬燵, か母, か秋, があれ, がこれから, がねちょうど, ね私, よ, 僕は

▼ 夏とも~ (10, 0.1%)

6 なれば 1 ならぬうち, なりて, 変りなく, 覚えず

▼ 夏などは~ (10, 0.1%)

1 いつもよりは, このドブ板, この狭い, さだめし髮油, 二人とも, 木戸口から, 東京座や, 発汗が, 腕まくりか, 郷里が

▼ 夏侯覇~ (10, 0.1%)

2 は馬 1 がまた, という一大将, にお, にすぐ, はすぐ, はとたんに, は何事, は命

▼ 夏~ (10, 0.1%)

3 にけらし 1 たりその, たりぬただ, たりぬ楽, てい, てももちろん, ても只, にけり

▼ 夏~ (10, 0.1%)

1 と三度蚕, と昔, なんという, にかけてその, のさ, の期節, の間, へかけ, も鳴く, を休ん

▼ 夏~ (10, 0.1%)

2 と敏樹 1 が低く, が頓狂, と四つ, は來年, は恐れる, は息, は手, は紺

▼ 夏蕎麥~ (10, 0.1%)

1 でもとれん, とれる樣ぢ, のなつみこめ, の幹うつ, の花, の莖, は小, は幹, へ手, を打つ

▼ 夏衣裳~ (10, 0.1%)

2 の胸 1 だの桃色, でシュミーズ, にも勝る, にダイアモンド, の単, の川風, の沿革, は骨

▼ 夏近い~ (10, 0.1%)

1 が寒い, すがた, 太陽に, 太陽は, 山藤の, 新鮮な, 日が, 日の, 若葉青葉に, 雲が

▼ 夏~ (9, 0.1%)

1 下りの, 友達と, 姉さまが, 嬢さまの, 慈悲を, 歿く, 神さんの, 見えに, 貸しした

▼ 夏すぎ~ (9, 0.1%)

2 て, に妙 1 て手, て時, であった, で彼女, になる

▼ 夏である~ (9, 0.1%)

1 から彼女, かを知らず, と風窓, にかかはらず, ので中庭, のに, のに既に, 事が, 時に

▼ 夏~ (9, 0.1%)

1 る夕, る座談会, る日, る月, る温泉地, る特別, る男, 一夜文三が, 日翁から

▼ 夏東京~ (9, 0.1%)

1 で新婚, にいた, の千住, の大学病院小児科, の芝公園内, は六十八年ぶり, へ来た, へ行っ, へ逃げ

▼ 夏~ (9, 0.1%)

1 があります, が濃やか, ではなく, などがあつ, のとぼしき, の臙脂, の茂み, は白い, 咲きぬさみだれ

▼ 夏鎌倉~ (9, 0.1%)

2 の海 1 でさらわれ, にい, に在りし, に来, の家, の帰り, へ行きたがった

▼ 夏からの~ (8, 0.1%)

2 いろいろな 1 ことだった, ことで, ことである, この約束, わずらいが, 風鈴が

▼ 夏ここ~ (8, 0.1%)

2 へ来た 1 からすべり落ち, から一里, でやりましょう, で働い, の机, へ帰っ

▼ 夏ごと~ (8, 0.1%)

2 に紅く 1 にこの, に住みなれた, に六, に出水, に集まっ, に集まつ

▼ 夏~ (8, 0.1%)

1 うの, う少年, ゆうは, ゆう一ぺん, ゆう僕, ゆう咲き, ゆう欝ぎ切つて, ゆう花

▼ 夏なんか~ (8, 0.1%)

2 何処かに 1 つまりは, どうも眠れない, よくおばあさん, 夜の, 大した椅子, 洋傘が

▼ 夏ぶとん~ (8, 0.1%)

1 があの, と云われ, の工合いかが, の畳, は不用, は縫い直してない, もおくれ, もそれ

▼ 夏八月~ (8, 0.1%)

1 の, のこと, の下旬, の某日, の海, の炎天, の良夜, 始めて

▼ 夏暑い~ (8, 0.1%)

1 かしら, ところで, と言い, のに, 日盛りを, 時に, 時の, 時分には

▼ 夏~ (8, 0.1%)

3 の君 1 のよき, の君主, の本紀, の礼, よりもさらに

▼ 夏蒲団~ (8, 0.1%)

1 が二枚, の上, は昨日どてら, は蓆筵, を家, を拵, を正しく, を軽く

▼ 夏すでに~ (7, 0.1%)

2 黝む青葉を 1 月の, 砂丘の, 穂麦に, 穗麥に, 花穂立ちそろふ

▼ 夏なお~ (7, 0.1%)

1 りりしくすがすがしい姿, 冷たき怪み, 寒い, 寒いよう, 寒い喬木帯, 寒きを, 白く安天一帯

▼ 夏までに~ (7, 0.1%)

1 かえろうと, 作つても, 十万噸の, 又万事, 工事が, 追, 餓死した

▼ 夏らしくなっ~ (7, 0.1%)

2 て日曜日, て来た 1 ては来た, てまいりました, て来ました

▼ 夏~ (7, 0.1%)

2 にけり 1 た頃, と知らす, り, り秋, れり出

▼ 夏侯徳~ (7, 0.1%)

1 が大分, に会見, はうなずき, は健気, は悠然と, を馬, 大いに驚き

▼ 夏姿~ (7, 0.1%)

1 である, と比較, ながら眼, になつて, の二人, へ彼, をより

▼ 夏時分~ (7, 0.1%)

1 であったという, になる, に比べる, のやう, はひどう, は好く, は自分

▼ 夏~ (7, 0.1%)

3 かな 1 である所, の部類, をし, 又は洪範

▼ 夏~ (7, 0.1%)

1 あれ御挨拶, お夏様, が気, どう思います, にお, に譲っ, は僅か

▼ 夏殷周~ (7, 0.1%)

2 の頃 1 といふ三代, の三代, の代, の文化, の礼

▼ 夏水仙~ (7, 0.1%)

2 の花 1 が匂, といふ花, の匂, や金盞花, を持つ

▼ 夏~ (7, 0.1%)

1 が羽音, ぞ鳴く, でございます, のとまっ, のひと, の火中, の縁

▼ 夏とか~ (6, 0.0%)

1 それぞれの, 又は華夏, 言ったあの, 言つたあの, 言ふ, 誇稱

▼ 夏ほど~ (6, 0.0%)

1 あの山の上, 僕も, 思った通り仕事, 重くるしい暑さ, 魚が, 魚を

▼ 夏また~ (6, 0.0%)

2 この書 1 あの置座, 上落合の, 冬どんなに, 追分に

▼ 夏までは~ (6, 0.0%)

1 ともかくここ, 七夕の, 右大臣織田信長の, 大丈夫持ちます, 屆ける, 青々と

▼ 夏~ (6, 0.0%)

1 げに声, はやく来, われは, 夏よ, 染み出む, 鳳仙花ちらし走りゆく

▼ 夏わたし~ (6, 0.0%)

1 が帰省, が房州, が身体, は万端一人, は呼吸器, は幾度

▼ 夏ミカン~ (6, 0.0%)

1 ない, の姿, の汁, の酢, をよく, ヲミル

▼ 夏信州~ (6, 0.0%)

2 の奈良原鉱泉 1 に一緒, のある, の沓掛, へ山登り

▼ 夏~ (6, 0.0%)

1 のところ, の出る, は室生犀星, は新潟, は昨年来, は菊池寛

▼ 夏冬とも~ (6, 0.0%)

2 に洋服 1 にくすぶり返っ, に人, に朝, に甘酒大福餅稲荷鮓飴湯

▼ 夏~ (6, 0.0%)

2 の妖精 1 あざら, の夢, の雑沓, 無

▼ 夏~ (6, 0.0%)

1 にこの, に氷島, に茂り茂った, の帰省, の歸省, を籠っ

▼ 夏清十郎~ (6, 0.0%)

1 のところ, の恋, の情趣, の清十郎, の華やか, を書き

▼ 夏~ (6, 0.0%)

1 したる老, して, の結果, の身, の頬, は辰ノ口

▼ 夏草やつ~ (6, 0.0%)

2 はものども, はもの共, わものども

▼ 夏~ (6, 0.0%)

1 とかを着用, と角帯, の前, の股立, は死んだ, をつけ

▼ 夏過ぎ~ (6, 0.0%)

1 てからも大阪, てから確か, て少し, て涼風, て秋, て雨夜

▼ 夏駿~ (6, 0.0%)

1 が強い, といっ, の顔, は事もなげ, は偽り, は獰猛

▼ 夏ある~ (5, 0.0%)

1 を知らず, 夜仙公の, 山間の, 所を, 用事を

▼ 夏だけの~ (5, 0.0%)

1 ほかは, もので, ものなら, アッパッパ冬の, 別荘も

▼ 夏だって~ (5, 0.0%)

1 あなた, おでんは, そりゃあ悪く, またお正月, 夜露は

▼ 夏までには~ (5, 0.0%)

1 この朝顔, もつと, 仕遂げて, 帰国される, 必ず多く

▼ 夏までの~ (5, 0.0%)

2 間に 1 あいだは, 六年の, 血気に

▼ 夏よりは~ (5, 0.0%)

1 どうも美しい, 一つ二つ上の, 十一月十二月も, 多く行はる, 容貌が

▼ 夏七月~ (5, 0.0%)

1 の休暇, の病院, より秋八月, 実に余りにも, 第一審

▼ 夏~ (5, 0.0%)

1 陣の, 陣起因, 際, 際吾公嬰疾辞職, 際吾公嬰疾辞職而至冬大

▼ 夏侯惇夏侯淵~ (5, 0.0%)

1 という兄弟, に挟撃, の一部隊, の二将, の二軍

▼ 夏始め~ (5, 0.0%)

1 て両国, て日蓮, に涼み台, に程, のある

▼ 夏~ (5, 0.0%)

1 といふ見晴らし, は爽やか, へ行, まで散歩, まで歩きませう

▼ 夏帰省~ (5, 0.0%)

2 した時 1 した以後, した工科, しました時

▼ 夏引き~ (5, 0.0%)

5 の麻生

▼ 夏~ (5, 0.0%)

2 の下 1 の葉蔭, は茂り垂れ, を横

▼ 夏爐冬扇~ (5, 0.0%)

1 だ夏爐冬扇, であるが, ですね, のごとし, の如し

▼ 夏田舎~ (5, 0.0%)

1 から初, に居た, に行き, へいった, へ行く

▼ 夏神楽~ (5, 0.0%)

2 までも籠め 1 から出, の発達, を奏する

▼ 夏自分~ (5, 0.0%)

1 から命, がまた, に母ちがい, の親戚, はまた

▼ 夏あなた~ (4, 0.0%)

1 から二, が木村君, に其那スポーツ, を知つた

▼ 夏あの~ (4, 0.0%)

1 会見に, 宗像大島の, 恐ろしい旱魃, 蝉が

▼ 夏ぐらい~ (4, 0.0%)

2 誰とも 1 おったかも, 一度顔だけでも

▼ 夏こそ~ (4, 0.0%)

1 どんなこと, 思いを, 正によろしい, 残れ山窓

▼ 夏~ (4, 0.0%)

1 がた, がたかが, がたもよ, だれの

▼ 夏それ~ (4, 0.0%)

1 から法蔵寺どじ兵衛, と同額ぐらゐの足し前, は上野, を丸善

▼ 夏だつた~ (4, 0.0%)

1 か, かね, か季節, んだ

▼ 夏ちゃん~ (4, 0.0%)

1 がお客, のこと, はかんばん, は首

▼ 夏であっ~ (4, 0.0%)

1 てこれから, ても体, て着く, て私

▼ 夏どこ~ (4, 0.0%)

1 かの田舎, かの画学生, ですごす, へ行く

▼ 夏なか~ (4, 0.0%)

2 の, の榮

▼ 夏なぞ~ (4, 0.0%)

1 が行った, は弟子, わざと障子, 息が

▼ 夏なぞは~ (4, 0.0%)

1 せんだん, その役者, 御自分, 耐えがたい

▼ 夏にかけては~ (4, 0.0%)

1 まことに景色, 毎朝五時に, 私たち生物は, 青く茂つて

▼ 夏への~ (4, 0.0%)

1 ときとは, 仕事に, 季節には, 足を

▼ 夏レーニングラード~ (4, 0.0%)

2 にいた 1 のデーツコエ・セロー, のパンシオン・ソモロフ

▼ 夏三伏~ (4, 0.0%)

1 のよう, の暑熱, の酷熱裡, の頃

▼ 夏二人~ (4, 0.0%)

1 で呉服屋, で来た, の男, は両国

▼ 夏侯威~ (4, 0.0%)

1 に何事, のふた, の二将, の兄弟

▼ 夏侯存~ (4, 0.0%)

1 と戦っ, などのあいだ, などの魏軍, は関平

▼ 夏侯覇夏侯威~ (4, 0.0%)

1 に何事, のふた, の二将, の兄弟

▼ 夏~ (4, 0.0%)

1 と阿蘇, の三十七歳, の修一, や賀古氏

▼ 夏六月~ (4, 0.0%)

2 と八月 1 のこと, 滅法鰹

▼ 夏初め~ (4, 0.0%)

1 で鵬斎, に江戸, の氣力, は正しい

▼ 夏~ (4, 0.0%)

3 少康之子 1 之世

▼ 夏~ (4, 0.0%)

1 が小田原, のお供, も御存知, を海

▼ 夏大根~ (4, 0.0%)

2 が飾られる, の種

▼ 夏大阪~ (4, 0.0%)

2 は淀屋橋筋 1 で開かれた, の柳屋

▼ 夏夫さん~ (4, 0.0%)

1 には奥さん, に聞, も松島さん, も非常

▼ 夏日本~ (4, 0.0%)

1 から追放, に帰つて以来, の年号, へき

▼ 夏来た~ (4, 0.0%)

1 ことが, のだ, 時にも, 頃は

▼ 夏来れ~ (4, 0.0%)

1 ば, ばゆっくり, ば栗, ば蝉

▼ 夏涼しく~ (4, 0.0%)

1 て雷, 住めば, 冬暖く, 冬温かい

▼ 夏父母~ (4, 0.0%)

1 が相つい, にまもられ, に伴, に伴われ

▼ 夏~ (4, 0.0%)

1 が住む, こそよい, の化け, はこの

▼ 夏~ (4, 0.0%)

1 寒, 寒く透間, 春, 浅入

▼ 夏~ (4, 0.0%)

1 て歩い, に涼し, のみ着, の一枚もと

▼ 夏知らず~ (4, 0.0%)

1 です, で御座います, というところ, の大

▼ 夏~ (4, 0.0%)

1 が二十九艘一時, でまたもや, でやって来, の都合

▼ 夏芝居~ (4, 0.0%)

2 に五代目菊五郎 1 だつた, だろう

▼ 夏行っ~ (4, 0.0%)

1 ていた, ても冬, てウィルキンソン, て居られる

▼ 夏見た~ (4, 0.0%)

1 ままの, 小屋は, 或錯覚, 福神漬の

▼ 夏軽井沢~ (4, 0.0%)

1 では急, に, の山荘, ヘ行ッテイタ留守ニ寝室ト浴室ト便所トヲ作リ

▼ 夏輕井澤~ (4, 0.0%)

1 では用件, でふたり揃つて, で一人, にいつ

▼ 夏~ (4, 0.0%)

1 といっしょ, のやう, の久しく, の時節

▼ 夏~ (4, 0.0%)

1 にそよい, にゆる, の疊, や夏草

▼ 夏~ (4, 0.0%)

3 引く海上潟 1 ひく

▼ 夏うち~ (3, 0.0%)

1 なら食われて, に乾燥, へ泊る

▼ 夏~ (3, 0.0%)

1 てはこれ, てまたも, にけり

▼ 夏こそは~ (3, 0.0%)

1 この海岸, わがふるさと, 男が

▼ 夏さり~ (3, 0.0%)

3 にけり

▼ 夏ちかく~ (3, 0.0%)

1 なつて, なりたる心地更, 川筋一帯を

▼ 夏でありました~ (3, 0.0%)

1 からちょうど, から女中, か誠に

▼ 夏でございました~ (3, 0.0%)

1 からその, そのころ, ね

▼ 夏でなく~ (3, 0.0%)

2 とも晴れ 1 ては持てない

▼ 夏でなけれ~ (3, 0.0%)

1 ばこの, ば求められない, ば見られぬ

▼ 夏とかに~ (3, 0.0%)

1 東京から, 男を, 避暑かたがた軽井沢へ

▼ 夏とを~ (3, 0.0%)

2 交雑し 1 前うしろ

▼ 夏なれ~ (3, 0.0%)

1 ばとて葉桜, ば岩, ば虫屋

▼ 夏なんぞ~ (3, 0.0%)

1 その女, 外人達が, 涼しいよ

▼ 夏なんぞは~ (3, 0.0%)

1 どんなに調法, 水道の, 蝉の

▼ 夏において~ (3, 0.0%)

1 冷く, 最も我々, 極まると

▼ 夏にかけての~ (3, 0.0%)

1 ことだつた, 庭は, 景象を

▼ 夏に対する~ (3, 0.0%)

1 挙動を, 狂熱の, 答えとしては

▼ 夏はじめて~ (3, 0.0%)

1 の遊楽, 歸省し, 深山と

▼ 夏ばかりは~ (3, 0.0%)

1 単衣, 東京に, 謙信流の

▼ 夏ふか~ (3, 0.0%)

1 みかも, みけり, み山路

▼ 夏ぶと~ (3, 0.0%)

1 んおくれ, ん届きました, ん届けます

▼ 夏ぼうし~ (3, 0.0%)

1 なぞは風, をかぶっ, をながめ

▼ 夏まつり~ (3, 0.0%)

1 が発生, の晩, よき帯

▼ 夏むし~ (3, 0.0%)

2 の鳴く 1 のひむ

▼ 夏アメリカ~ (3, 0.0%)

1 のグラント将軍, のレーク, へ帰っ

▼ 夏フロック~ (3, 0.0%)

1 が出, もその, を着た

▼ 夏マント~ (3, 0.0%)

1 なぞいう, をスッポリ, を着た

▼ 夏丁度~ (3, 0.0%)

2 お父様 1 佃が

▼ 夏以後~ (3, 0.0%)

1 の事, の作一千余首中, の苦し

▼ 夏伸子~ (3, 0.0%)

1 といっしょ, は久しぶり, は佃

▼ 夏北海道~ (3, 0.0%)

1 に走り, を旅行, 及び樺太

▼ 夏~ (3, 0.0%)

1 の妃, はここ, は鐵石

▼ 夏~ (3, 0.0%)

1 の薄暮, はすっかり, は丁度

▼ 夏子供~ (3, 0.0%)

1 が大患い, が縁日, が蜻蛉

▼ 夏富士~ (3, 0.0%)

2 の裾野 1 へ登山

▼ 夏~ (3, 0.0%)

1 かしら, なの, む的でしょう

▼ 夏彼等~ (3, 0.0%)

1 は人心, は大きな, は歩兵隊

▼ 夏徴舒~ (3, 0.0%)

1 の眼, は二人, は捕えられ

▼ 夏暑く~ (3, 0.0%)

1 して, てむれる, 冬寒かっ

▼ 夏来る~ (3, 0.0%)

1 と云, と雖, 毎に

▼ 夏殷周三代~ (3, 0.0%)

1 に関する革命, の君, の革命

▼ 夏~ (3, 0.0%)

1 が死んだ, と二人きり, にしいられ

▼ 夏~ (3, 0.0%)

1 のとき, の行縢, の鹿

▼ 夏~ (3, 0.0%)

1 あびに, ことごとく火, をかぶつ

▼ 夏~ (3, 0.0%)

1 が嬬, が家, が愛で持ちし

▼ 夏沢温泉~ (3, 0.0%)

1 から八ヶ岳, に着く, へ帰っ

▼ 夏漸く~ (3, 0.0%)

1 出来上った頃, 工事が, 近づきて

▼ 夏~ (3, 0.0%)

1 の, の今, を蹶

▼ 夏~ (3, 0.0%)

1 の禹, の精神, を仰いだ

▼ 夏眞晝~ (3, 0.0%)

1 とどろ閃, のむし暑, の醜

▼ 夏真昼~ (3, 0.0%)

1 とどろ閃, なり我家, わが故郷

▼ 夏~ (3, 0.0%)

1 にし, に包まれた, の影

▼ 夏草の根~ (3, 0.0%)

2 を洗っ 1 が容易

▼ 夏蕎麦~ (3, 0.0%)

1 が菜の花, の月, をつくる

▼ 夏~ (3, 0.0%)

1 が斷間, の聲, の鳴く

▼ 夏行った~ (3, 0.0%)

1 きりでした, 所から, 陸中国遠野郷の

▼ 夏衣袴~ (3, 0.0%)

1 のまま, を着, を着た

▼ 夏装束~ (3, 0.0%)

1 ですからね, と思いの外, にて恥しけれ

▼ 夏~ (3, 0.0%)

1 の崖, の畑, の離れ屋

▼ 夏襯衣~ (3, 0.0%)

1 のその, や半, を啓吉

▼ 夏近し~ (3, 0.0%)

1 いよ, 二人わたれり, 鉢の

▼ 夏~ (3, 0.0%)

2 ぎておほかたの色は 1 ぎむとすらし

▼ 夏道通り~ (3, 0.0%)

1 しか登れない, に登り, 進んで

▼ 夏~ (3, 0.0%)

2 吏將送詣 1 使送汝大夫難升米

▼ 夏郷里~ (3, 0.0%)

1 に帰っ, の家, の木曾

▼ 夏~ (3, 0.0%)

1 にやけた, は稲佐山, をさえぎる

▼ 夏隣り~ (3, 0.0%)

1 ともな, のみじかく, の湿気

▼ 夏いた~ (2, 0.0%)

1 ことが, 牛込の

▼ 夏いち早し~ (2, 0.0%)

2 水かけ

▼ 夏いっぱい~ (2, 0.0%)

1 は大丈夫, 休みようやく

▼ 夏おま~ (2, 0.0%)

1 へに由つてわたし, へは現実

▼ 夏お前たち~ (2, 0.0%)

2 の一家

▼ 夏お母さん~ (2, 0.0%)

1 がおまえ, につれられ

▼ 夏かかっ~ (2, 0.0%)

1 てこういう, て若い

▼ 夏かげ~ (2, 0.0%)

2 くらき隱

▼ 夏かと~ (2, 0.0%)

1 思う昼過ぎ, 思ふ間

▼ 夏かも~ (2, 0.0%)

1 知れない, 知れぬ

▼ 夏~ (2, 0.0%)

1 さ, さを

▼ 夏くれ~ (2, 0.0%)

1 ば, ば君

▼ 夏こと~ (2, 0.0%)

1 に遅れ, に遲

▼ 夏~ (2, 0.0%)

1 いっしょに, 前も

▼ 夏ごろ探訪記事~ (2, 0.0%)

2 の取材

▼ 夏~ (2, 0.0%)

1 へも有磯行脚, へ憎から

▼ 夏さん佐渡屋~ (2, 0.0%)

1 へ乗込ん, へ乘

▼ 夏すこし~ (2, 0.0%)

1 妙だった, 雷鳴が

▼ 夏そこ~ (2, 0.0%)

1 で暮した, へ寝ころん

▼ 夏~ (2, 0.0%)

1 晝も, 来向

▼ 夏だけは~ (2, 0.0%)

1 なお麻, 私にとっては

▼ 夏だったら~ (2, 0.0%)

1 もうこの, 孫や

▼ 夏ちかい~ (2, 0.0%)

1 ころこの, 薄日照り

▼ 夏って~ (2, 0.0%)

1 のは, 憂鬱ね

▼ 夏つづき~ (2, 0.0%)

1 という, 正月に

▼ 夏であり~ (2, 0.0%)

1 その他の, 極地附近は

▼ 夏でない~ (2, 0.0%)

1 ことは, とよく

▼ 夏とが~ (2, 0.0%)

1 殆ん, 過ぎて

▼ 夏とて~ (2, 0.0%)

1 全国に, 谷間に

▼ 夏とに~ (2, 0.0%)

1 尽くされて, 行き逢

▼ 夏どんなに~ (2, 0.0%)

1 暑いとき, 暑くても

▼ 夏なども~ (2, 0.0%)

1 つと多い, 帰国する

▼ 夏にでも~ (2, 0.0%)

1 なったらまた, 成ると

▼ 夏~ (2, 0.0%)

1 メグねえさんが, 何と残念

▼ 夏のみ~ (2, 0.0%)

1 ありて, ならず秋

▼ 夏はけ~ (2, 0.0%)

2 はひ

▼ 夏ふとした~ (2, 0.0%)

2 ことから

▼ 夏へと~ (2, 0.0%)

1 傍聴を, 呼び歩いたの

▼ 夏まえ~ (2, 0.0%)

1 からだいぶ, に八ツ手

▼ 夏まだ~ (2, 0.0%)

1 げんげ田の, 大学の

▼ 夏みたい~ (2, 0.0%)

1 な気, にやっぱり

▼ 夏もう~ (2, 0.0%)

2 暑中休暇に

▼ 夏やはり~ (2, 0.0%)

1 彼等が, 支那の

▼ 夏よく~ (2, 0.0%)

1 山の, 本を

▼ 夏よりの~ (2, 0.0%)

1 手紙来らん, 手紙来れり

▼ 夏らしい光り~ (2, 0.0%)

1 がきらきら, を微か

▼ 夏らしくない~ (2, 0.0%)

1 くせに, 時々は

▼ 夏らしくなった~ (2, 0.0%)

1 ので彼, 外の

▼ 夏らしく輝き~ (2, 0.0%)

2 人の

▼ 夏わが~ (2, 0.0%)

1 休暇たまは, 休暇たまわり

▼ 夏ゴーリキイ~ (2, 0.0%)

1 に会っ, の病

▼ 夏ストックホルム~ (2, 0.0%)

1 で開かれた, に行った

▼ 夏~ (2, 0.0%)

1 暑サニモマケヌ, 焼ケ残リサ

▼ 夏パリ~ (2, 0.0%)

1 に開かれた, の郊外

▼ 夏パリ市民~ (2, 0.0%)

2 が饑饉

▼ 夏ブトン~ (2, 0.0%)

1 はまだ, を注文

▼ 夏ボストン~ (2, 0.0%)

1 で二十年ぶり, に鯨油六百樽

▼ 夏ロンドン~ (2, 0.0%)

1 で数週間, で珍

▼ 夏一人~ (2, 0.0%)

1 ぐらいは尻, という処

▼ 夏一夕~ (2, 0.0%)

1 の山荘, の情話

▼ 夏一度~ (2, 0.0%)

1 も洗濯, 市川の

▼ 夏一杯~ (2, 0.0%)

1 だとかと, もゐたら

▼ 夏一緒~ (2, 0.0%)

1 に居た, に暮らし

▼ 夏三爺~ (2, 0.0%)

1 から出る, はす

▼ 夏下谷竹町~ (2, 0.0%)

2 の酒屋

▼ 夏中逗留~ (2, 0.0%)

2 すると

▼ 夏中雨~ (2, 0.0%)

1 はほとんど, ばかりだ

▼ 夏久し振り~ (2, 0.0%)

2 で故郷

▼ 夏二ヵ月~ (2, 0.0%)

1 のあの, ほど寝こん

▼ 夏二季~ (2, 0.0%)

1 のみにて春, の気候

▼ 夏二月~ (2, 0.0%)

1 の間, ばかり仕送り

▼ 夏二階~ (2, 0.0%)

1 に泊っ, の格子

▼ 夏五月~ (2, 0.0%)

1 には田能村竹田, より金一両二十貫四百目

▼ 夏五月芳野離宮~ (2, 0.0%)

2 に行幸

▼ 夏仕度~ (2, 0.0%)

1 だった, なので

▼ 夏以來~ (2, 0.0%)

1 の働き, の自ら

▼ 夏以外~ (2, 0.0%)

1 の季節, は唯

▼ 夏以来彼~ (2, 0.0%)

1 の心境, はちょいちょい

▼ 夏以来私~ (2, 0.0%)

1 は意見, は病気

▼ 夏休む~ (2, 0.0%)

1 とき, とだいぶ

▼ 夏会った~ (2, 0.0%)

1 時に, 時の

▼ 夏~ (2, 0.0%)

1 のもの, 着れるの

▼ 夏~ (2, 0.0%)

2 は旭川

▼ 夏使う~ (2, 0.0%)

1 ベンチが, 扇を

▼ 夏侯惇曹洪~ (2, 0.0%)

1 の両, の二陣

▼ 夏侯淵曹仁曹洪~ (2, 0.0%)

1 などの幕下, など直

▼ 夏~ (2, 0.0%)

2 が到頭

▼ 夏先生~ (2, 0.0%)

1 の亡くなる, は日々帝国学士院

▼ 夏~ (2, 0.0%)

2 で休ん

▼ 夏全く~ (2, 0.0%)

1 堪らない, 遊ばせて

▼ 夏冬一枚~ (2, 0.0%)

1 のボロ, の着物

▼ 夏冬共~ (2, 0.0%)

1 その通り実行, に離さなかった

▼ 夏~ (2, 0.0%)

1 の麻, もやりたい

▼ 夏~ (2, 0.0%)

1 ではなく, には猶

▼ 夏初めて~ (2, 0.0%)

1 上京した, 知つた

▼ 夏北さん~ (2, 0.0%)

1 が雨, に連れられ

▼ 夏北越~ (2, 0.0%)

2 に遊び

▼ 夏南紀~ (2, 0.0%)

1 の海, の海辺

▼ 夏去り~ (2, 0.0%)

1 秋は, 秋来る

▼ 夏~ (2, 0.0%)

1 七郎は, 二人で

▼ 夏友達三人~ (2, 0.0%)

2 で西石川

▼ 夏口城~ (2, 0.0%)

1 の一閣, の城楼

▼ 夏~ (2, 0.0%)

1 に掲載, の私

▼ 夏同君~ (2, 0.0%)

1 から贈られた, を尋ね

▼ 夏同宿~ (2, 0.0%)

2 には窪田空穂氏

▼ 夏四月~ (2, 0.0%)

1 の出来事, までの證文

▼ 夏~ (2, 0.0%)

1 の訖, 蒲団を

▼ 夏~ (2, 0.0%)

1 くさい公判廷, の深い

▼ 夏夜具~ (2, 0.0%)

1 をすっぽり, を半分ハネ

▼ 夏大学~ (2, 0.0%)

1 に入る, を出た

▼ 夏大磯~ (2, 0.0%)

1 でやる, の妙大

▼ 夏~ (2, 0.0%)

1 が休暇, といっ

▼ 夏奈良~ (2, 0.0%)

1 へいた, まで攻め寄った

▼ 夏~ (2, 0.0%)

1 の家, の寛子

▼ 夏学校~ (2, 0.0%)

1 の入学試験, を出た

▼ 夏~ (2, 0.0%)

1 がある, の澤山

▼ 夏~ (2, 0.0%)

1 の追懐, の間

▼ 夏密柑~ (2, 0.0%)

1 につい, を贈っ

▼ 夏寒く~ (2, 0.0%)

1 して, 冬暑く

▼ 夏寝苦しい~ (2, 0.0%)

2 夜軽部の

▼ 夏山駕籠~ (2, 0.0%)

2 をかつぐ

▼ 夏布団~ (2, 0.0%)

1 があげてない, の綿

▼ 夏帰った~ (2, 0.0%)

1 のだ, 時には

▼ 夏~ (2, 0.0%)

1 とお召, を締めて

▼ 夏座布団~ (2, 0.0%)

1 や縁, を布いた

▼ 夏座蒲団~ (2, 0.0%)

1 が女, を作り

▼ 夏必ず~ (2, 0.0%)

1 五人や, 山に

▼ 夏~ (2, 0.0%)

2 に山

▼ 夏~ (2, 0.0%)

1 になるだろう, へとびだし

▼ 夏房州~ (2, 0.0%)

1 で病, の千倉

▼ 夏料理~ (2, 0.0%)

1 というもの, ほ

▼ 夏~ (2, 0.0%)

1 体制の, 司教セルケイラが

▼ 夏新潟~ (2, 0.0%)

1 で長篇, へ帰り

▼ 夏日風景~ (2, 0.0%)

1 であつ, になつ

▼ 夏~ (2, 0.0%)

1 やも棘, 稻田文學社から

▼ 夏暮し~ (2, 0.0%)

1 てみない, てもらいたい

▼ 夏暮した~ (2, 0.0%)

1 のは, 時の

▼ 夏~ (2, 0.0%)

1 じめりす, 早く水

▼ 夏~ (2, 0.0%)

1 から村, の俥夫

▼ 夏来るらし~ (2, 0.0%)

2 白妙の

▼ 夏枯草~ (2, 0.0%)

1 か, とし

▼ 夏檜葉~ (2, 0.0%)

2 のうへ

▼ 夏歸國~ (2, 0.0%)

1 したと, するや

▼ 夏母親~ (2, 0.0%)

1 にねだ, にねだっ

▼ 夏~ (2, 0.0%)

1 などいう, を造り

▼ 夏~ (2, 0.0%)

1 のそれ, の川

▼ 夏浅い~ (2, 0.0%)

1 ころ別荘の, 五月では

▼ 夏海岸~ (2, 0.0%)

2 へ遊び

▼ 夏海水浴~ (2, 0.0%)

1 にいった, の出來

▼ 夏海辺~ (2, 0.0%)

1 で使, で弟

▼ 夏涼しい~ (2, 0.0%)

1 という, ようにと

▼ 夏湿~ (2, 0.0%)

1 の国, の日本

▼ 夏~ (2, 0.0%)

1 かな, にかしこまる

▼ 夏熊本~ (2, 0.0%)

1 の御船千鶴子, の高等中学

▼ 夏~ (2, 0.0%)

1 に死別, を郷里

▼ 夏牡蠣~ (2, 0.0%)

1 ですがね, とき

▼ 夏珪みんな北宗画~ (2, 0.0%)

2 の巨頭

▼ 夏生れた~ (2, 0.0%)

1 男の子が, 私の

▼ 夏~ (2, 0.0%)

1 の友達五六人, は立つ

▼ 夏疫痢~ (2, 0.0%)

1 で死ん, の流行

▼ 夏~ (2, 0.0%)

1 や粧, や頬

▼ 夏相川良之介~ (2, 0.0%)

1 が死んだ, が自殺

▼ 夏真新しく~ (2, 0.0%)

2 て羞

▼ 夏秋冬遊山~ (2, 0.0%)

2 に来る

▼ 夏秋蚕~ (2, 0.0%)

1 につい, の如き

▼ 夏立ち~ (2, 0.0%)

2 にけり

▼ 夏築地小劇場~ (2, 0.0%)

1 で二人, のプロ芝居

▼ 夏~ (2, 0.0%)

1 がかかっ, の下った

▼ 夏~ (2, 0.0%)

1 の雷鳥, は頭

▼ 夏肥り~ (2, 0.0%)

1 に倦み切った, の腹

▼ 夏舞台~ (2, 0.0%)

1 でやる, を休む

▼ 夏草模様~ (2, 0.0%)

2 に実物剥製

▼ 夏菜茹~ (2, 0.0%)

1 を生じ, を生ずる

▼ 夏薔薇~ (2, 0.0%)

1 がある, の揺り

▼ 夏蘭軒~ (2, 0.0%)

1 は墨田川, は石坂白卿

▼ 夏~ (2, 0.0%)

1 のひらひら, を見上げ

▼ 夏~ (2, 0.0%)

1 と思ひ, ばかりなれ

▼ 夏~ (2, 0.0%)

1 をなし, を見るなり

▼ 夏~ (2, 0.0%)

2 の立場

▼ 夏近き~ (2, 0.0%)

1 吊手拭の, 心地す

▼ 夏遊び~ (2, 0.0%)

1 の思い出, の思ひ

▼ 夏過ぎた~ (2, 0.0%)

2 今日もとより

▼ 夏過ぎる~ (2, 0.0%)

1 とたちまち, と背

▼ 夏過した~ (2, 0.0%)

1 お増, のだらう

▼ 夏遠き~ (2, 0.0%)

1 山, 山一隅

▼ 夏銀座~ (2, 0.0%)

2 の天金

▼ 夏~ (2, 0.0%)

1 じ秋, じ秋自ら後

▼ 夏長く~ (2, 0.0%)

1 わづら, 乾き暑く

▼ 夏雪草~ (2, 0.0%)

1 が日, などを眺め

▼ 夏雲氏~ (2, 0.0%)

1 についてはついで, の編纂

▼ 夏霍亂~ (2, 0.0%)

2 で死んだ

▼ 夏~ (2, 0.0%)

2 が一足

▼ 夏~ (2, 0.0%)

1 とは支那語, を習い

▼ 夏高等学校~ (2, 0.0%)

1 の受験生, を卒業

▼ 夏O村~ (2, 0.0%)

2 で森さん

▼1* [1284件]

あそこへ講演, 夏あたたかい南の, 夏あたり同僚とナンテル, 夏あついときこういう, 夏あらかじめ順番を, 夏ありその弁こ, 夏あるいは秋に, 夏あんなに見すぼらしいなりを, 夏て小説, 夏いそがしければ冬, 夏いたりつつ, 夏いちどきに仕事し, 夏いっしょにする, 夏いっぱい川の魚, 夏いっぱい登は暇, 夏いまの師匠, 夏いよよ深むか, 夏いろんな小鳥の, 夏うち中みんな赤痢にかかっ, 夏うち国に帰った, 夏おいでになった, 夏おきわをだまし, 夏おそし種人蔘の, 夏おとろへ, 夏おなじ事を, 夏おれの畑, 夏お母さん山崎のおじさま, 夏かかった仕事を, 夏かがあれば, 夏かぎりもう二度と使う, 夏かすむ女山の, 夏かにしばらく先生, 夏からでも聽いたん, 夏かれは其処, 夏がくらい咳を, 夏がけ布団を又, 夏がけ麻ネマキ大島ひとえ麻, 夏がとつくに, 夏がらんとした, 夏きたときとは, 夏きわだ, 夏くらいにして, 夏くるよ, 夏ぐさにうずもれた線路の枕木, 夏ぐさ茂き日, 夏ぐち頃までは, 夏ぐらゐまでしんぼうしてゐたがついに両親, 夏ぐるりの山の上, 夏げしきである, 夏こさえた笹小屋へ, 夏こむとき宿やに, 夏ころもを草す, 夏ころ微熱を出し, 夏こんなような, 夏ごと遊びにきました, 夏ごろひそかにお移り, 夏ごろホヴァスの東京支局長, 夏ごろロバートソン・スコットという英人夫妻, 夏ごろ南江堂の書棚, 夏ごろ文学サークル協議会の指導者, 夏ごろ解放といふ雑誌, 夏さかりの冬がれ, 夏さらずあはれほそぼそ, 夏さる工学士と, 夏さんお変りはない, 夏さん夜目にも確か, 夏さん思切っておくんなさい, 夏さん泪の出る, 夏さん私の喉, 夏やべり, 夏しか住みにくく, 夏しきものの, 夏しらべて貰います, 夏じうよいお菓子, 夏じゃあるまいし, 夏じゅうこれがわたし, 夏じゅうその石, 夏じゅうそこだけ一層よく, 夏じゅうツィンクルツィンクルリトルスターをうたっ, 夏じゅうテーブルの上, 夏じゅうパリーにとどまった, 夏じゅう九度から八度, 夏じゅう六番ほどの小鳥, 夏じゅう寺内の, 夏じゅう山のなか, 夏じゅう日光に浴, 夏じゅう木を伐っ, 夏じゅう板をむき出し, 夏じゅう福井で書いた, 夏じゅう追分で暮し, 夏すずしく冬暖かに, 夏ずっと彼女の, 夏ずつと彼女の, 夏そうした, 夏そして夜間は, 夏そちらへ出掛けます, 夏そばの花, 夏なしやれ, 夏たしか八月の, 夏ただ彼女を, 夏たちて布子, 夏たとえばどんなに一人暮し, 夏たなしやれは, 夏だいだいそのほか, 夏だけが総べての, 夏だけといって, 夏だけに物の, 夏だけも幾干, 夏ださうで, 夏だったろうか, 夏だつたさうであるわたしは, 夏だつたらうとおぼえ, 夏ちかい温かさだ, 夏ちかし木橋ゆ仰ぐ, 夏ちゃんと呼んでも, 夏ちょうど江戸の, 夏ちょっと補足実験を, 夏ぢゆう見て, 夏つかなければならん, 夏つづけてかくし, 夏であったろうその年重, 夏でありますから, 夏であり阿の山, 夏であるべきはずだ, 夏であれば五時, 夏であろうにかかわらず, 夏でございますし処, 夏でさえ冷やつく, 夏でしょうかこの間, 夏でなきやと言, 夏といはむもおもしろや, 夏というは牢の, 夏といつてもまだ, 夏とおる船はその, 夏とかいう娘じゃ, 夏ときたらひどい暑さ, 夏としては珍しく長い手紙, 夏とられている, 夏とりこはした, 夏なお多量の残雪, 夏なお身を切る, 夏なくなったん, 夏なしのかげ, 夏なぞというものは, 夏なぞ六尺もあろう, 夏などと一緒に, 夏などより反つてざわざわ, 夏なほ寒い, 夏なら涼んでいる, 夏なら知らず十二月蛾が, 夏なり碧瑠璃の, 夏なりきと覚ゆ, 夏なりしゆゑ客舎の, 夏なりの振袖を, 夏なんでも七月頃, 夏なんかじゃないよ, 夏なんて物だらう, 夏においては大変やり, 夏においてよりもかえって目だち, 夏における汽船進行の, 夏にかはらず日, 夏にかけてがよい, 夏にかけてわづかながら, 夏にさえなれば, 夏にしかしないからかも, 夏にても形は, 夏にとつて軒に, 夏にとっては物質的な, 夏のうぐいは, 夏のけはいを, 夏のべつに僕, 夏のみが与へる恩恵, 夏のみにて春秋冬なく, 夏はあ馬を, 夏はかへつて物, 夏はさ中にも近づいた, 夏はじめだが, 夏はじめ偶然の機会, 夏はちよつと東京, 夏はね自分が, 夏はのそのお, 夏ははちす, 夏はまだよ, 夏はやおとろへ, 夏ばかりの僅かの, 夏ひでりの, 夏ひとむかし, 夏ひどいひでり, 夏けむ白さるすべり, 夏ふかきえに, 夏ふかむまで咲い, 夏ふけぬらし温泉の, 夏ふたりは奥, 夏ふと思ひついて, 夏どんの, 夏ぶりかえさずにお, 夏へて秋は, 夏ほどは心牽かれません, 夏ほどよりおいおい衰弱, 夏ほんのう寺, 夏昼の, 夏まいりまして朝夕, 夏までも定まる婿, 夏みのったカラス麦の, 夏みまかりしにその, 夏みんなを連, 夏むかふなり我, 夏むきなの, 夏もう一度採りに, 夏もさ中にかかり, 夏もっともっと早く来よう, 夏もをはるか, 夏やってくるハンガリイの, 夏やっと話を, 夏やと田圃に, 夏やんごとなき宮様方が, 夏ようよう粗末な稽古三味線, 夏らしう鳴り, 夏らしき情景を, 夏らしくなりましたね, 夏らしくなりますがあの, 夏らしくなると鈴, 夏らしく感じられてムッ, 夏らしく澄んだ紺青の, 夏らしく繁った老樹の, 夏らしく透き徹った明るい西空, 夏わるくなって, 夏われ箱根山下の湯本村, 夏ゐるうちに, 夏をば我猶, 夏をも送るの, 夏を以て旅行シーズンと, 夏を通して百人か, 夏を通しての最もエッセンシアル, 夏を通じて昨夜の, 夏アルプスへでも出かけるなら, 夏ア景気がいい, 夏イタリア北部の戦地, 夏インドに達し, 夏インドエチオピアまた南米, 夏インバネスの袖, 夏ウクライナの大国営農場, 夏ウクライナコーカサスの労働者, 夏カナダのオッタワ, 夏カムチヤツカから出帆, 夏キャンプでもした, 夏クレート島のハギオイ・デカ, 夏グリーンランドへ遠征隊, 夏コップに井水, 夏コートを着, 夏シェリーと著者, 夏シャツ一枚で滑っ, 夏シヤツのまま, 夏ズボンと縞目, 夏ソバは猫, 夏ソヴェトで書いた, 夏タナシはこちら, 夏ダルメイダが平戸, 夏チブスにかかり, 夏チョコルアの別荘, 夏ドイツの北海, 夏ドイツ語も追, 夏ニズニイといふ町, 夏ニナルト脳貧血ヲ起シテ, 夏ニールスはうまれ, 夏ニ於ケル紅樓望雪ノ冬ニ於ケル四時, 夏ニ雨中ニ生ズ雨後ニ采リ熟シテ食フ日ヲ見, 夏ネクタイの広告, 夏ノルウェイ人の顔, 夏ハオ爺チャンノオ守リデ海ヘ行クコトガ出来ナカッタ, 夏ハダシ暮しして, 夏ハ光ノ槍ブスマ, 夏バークシアで知合い, 夏パフィン湾からランカスター海峡, 夏ビレラは再び, 夏ビールの友, 夏フトンをほし, 夏フロックコートを着た, 夏フロモンビールといふ田舎, 夏フロレンス・ナイチンゲールはクリミヤ, 夏ブドリは大きな, 夏ブリストル開会の英国科学奨励会人類学部発表, 夏ブルタアニュの田舎, 夏ブルッフを合わせる, 夏プラークにもどる, 夏マデハ予等夫婦ハ同ジ日本間, 夏マリアは八年ぶり, 夏マリノースキやハリソン, 夏メーン州の森, 夏モスクワで演劇オリムピアード, 夏ヤッローがまだ, 夏ヤースナヤ・ポリャーナに文豪, 夏ラビ教授が欧羅巴, 夏リヴィングストーン一行が生き, 夏ルロイ夫人は親戚, 夏ロシアより帰国, 夏見タイト思ッテタンダケレド, 夏ヲダハラへは帰らない, 夏ヴォルガ河口に在る, 夏一たび来りき, 夏一つの暮しかた, 夏一寸油断を, 夏一寸母にその, 夏一日晩方からやもう, 夏一月許り病気をし, 夏一月許り病氣をし, 夏一杯みんなで暮さない, 夏一杯入船出船で繁昌, 夏一杯船乗とならん, 夏一般にうなぎ, 夏一週間ばかり大阪, 夏丁度七郎が止む, 夏七万円とか十万円, 夏七月二十五日朝五時半にピニエス・ペンドル, 夏七月兵を擁し, 夏七月大阪朝日新聞社の求むるところにより, 夏七里役一両二分冬七里役一両三分と定めたい, 夏三たび御岳に登っ, 夏三つ詩を書き, 夏三吉が苦しんだ, 夏三宅坂をぐん, 夏三月をば両親, 夏三郎は隣家, 夏上京すると, 夏上様御不例, 夏上樣御不例やら勤向, 夏上總の鹿野山, 夏下るのが, 夏下女のお松, 夏不便で涼しく, 夏不意に京都, 夏不慮の災難, 夏余語天錫山本恭庭木村駿卿同, 夏両国の国技館, 夏中こちらで大事, 夏中そこの舞踏場, 夏中それ以外の姿, 夏中なにをし, 夏中エリザベスは間断, 夏中ツヰンクルツヰンクルリトルスターをうたつて, 夏中フイと姿, 夏中フンドシひとつで暮した, 夏中一つも実らなかった, 夏中七八遍も小, 夏中上総の湊海岸, 夏中休暇に友達, 夏中供先にて喧嘩御座候節陸尺, 夏中多忙に追, 夏中庭の花壇, 夏中彼の傍, 夏中彼等はひたすら, 夏中戸を開け放し, 夏中手伝いに来, 夏中数ヶ所に撮影用, 夏中日も当て, 夏中是を摘み, 夏中此町の青年, 夏中毎日釣る場合, 夏中洲崎の遊廓, 夏中焼爛れた日光, 夏中片足を使えない, 夏中百射をつづける, 夏中百日を暢心静居, 夏中社員が交代, 夏中私達の海辺, 夏中空家であつ, 夏中縁先に張, 夏中茄子を食べない, 夏中草が繁げつて, 夏中視察に歩い, 夏中評判の中心, 夏中足袋相用申度奉願上候, 夏中釣りをした, 夏中閉口した西日, 夏中降雨量が極めて, 夏中風再発して, 夏久しく雨が, 夏久米正雄と一緒, 夏乍ら逞しい大, 夏の西欧, 夏乾かしてある, 夏た月, 夏二つちが, 夏二ハ早速経助, 夏二季附録には思軒, 夏二度大町へ行った, 夏二条御所へ放火, 夏二枚冬一枚の支給, 夏五七人の男, 夏五兵衛に拵え, 夏五兵衞に拵, 夏五十人も七十人, 夏五十余日を費さなけれ, 夏五月日盛りは過ぎた, 夏五月端午の式日私, 夏五月荒陵の松林, 夏五月青葉薫ずる一夜, 夏五月頃から呉, 夏五郎は坊津, 夏五長洲沈徳潜書す時に年九十有五, 夏井上友一郎愛用のスタンドバー, 夏井出曙覽の家, 夏亜米利加に渡っ, 夏亡くなつた妻奈保子の, 夏交叉期の疫病送り, 夏涼, 夏京都へ行っ, 夏の社, 夏今年の夏, 夏へ嫁い, 夏仙台鳳谷小野寺謙刊行の蝦夷地図, 夏以來幕府の海軍傳習所, 夏以前に一體支那, 夏以外ふだんの職業, 夏以後蘭軒の集中, 夏以来すべて遮断したので, 夏以来やもめ暮しの老いた, 夏以来一度一度とわたし, 夏以来三重子と出合う, 夏以来六年目のこと, 夏以来姫君がどこ, 夏以来彼女の実家, 夏以来彼自身でも健気, 夏以来払へなかつた, 夏以来毎日低温室の片隅, 夏以来温泉場の座持, 夏以来特別にいけない, 夏以来異国の軍艦近海, 夏以来病勢が頓, 夏以来神戸開港を機, 夏以来私達の近しい, 夏以来間断なく旅行, 夏以爲夷洲疑不能明也, 夏以降一九一四年からの欧州戦争, 夏伊予の道後温泉, 夏伊豆の下田, 夏伊豆山のひとつ蚊帳, 夏伊部熊蔵がこの, 夏伊香保へ行つた人, 夏伏見城の工事場, 夏休戦の二カ月, 夏休暇を利用, 夏会津の川上温泉, 夏会社の方, 夏伯父が来た, 夏の生家, 夏位汗を絞り出す, 夏住まいに出来, 夏住むごとく戦々兢々として, 夏佐八は浅草寺, 夏の前ぶれ, 夏何千人または何万人, 夏の器械, 夏侯和の二人, 夏侯弘が捉え, 夏侯徳韓浩が討たれた, 夏侯恩であったか, 夏侯恵夏侯和の二人, 夏侯惇これにあり, 夏侯惇その他曹操幕下の勇将, 夏侯惇一手は曹仁, 夏侯惇于禁李典などの諸, 夏侯惇以下謹んで再拝, 夏侯惇呂虔李典の三名, 夏侯惇善戦はし, 夏侯惇夏侯淵曹仁曹洪など直, 夏侯惇張遼などはその間, 夏侯惇曹仁の輩, 夏侯惇曹仁たちも, 夏侯惇曹仁曹洪などであった, 夏侯惇曹仁李典などもあと, 夏侯楙字は子, 夏侯氏の流れ, 夏侯氏學の夏侯勝, 夏侯淵夏侯惇曹仁李典などもあと, 夏侯淵姜叙楊阜の軍, 夏侯淵左翼の曹仁, 夏侯淵徐晃曹洪などの曹軍中, 夏侯淵曹洪など面, 夏侯淵李典楽進と押しすすめ, 夏侯蘭は張飛, 夏侯蘭護軍の韓浩, 夏侯覇兄弟は, 夏侯覇敵にさとられぬ, 夏侯軍を捕捉, 夏侯都督には如何, 夏が自殺, 夏保福寺峠や鳥居峠, 夏信州星野温泉から小瀬温泉, 夏信州沓掛駅に近い, 夏信濃追分で知合つた一女性, 夏修驗者のやう, 夏が憤慨, 夏候一疋の蚊, 夏借りて皿小鉢, 夏借りたのであった, 夏倫敦タイムスにトルストイ, 夏偶事に因, 夏偶然出逢った私, 夏偶然銀座通で邂逅, 夏催す歌の, 夏先考に伴, 夏先輩諸先生, 夏光沢あるは, 夏光秀の敗れ去った, 夏入れた品物の, 夏入水ノ女, 夏八十五円の碁盤, 夏八月はじめに, 夏八月一日故国で次, 夏公園で人殺し, 夏公園冬公園を一覧, 夏六つも年上, 夏六十五で持病, 夏六月おなじみ蝶花楼馬楽の会, 夏六月九日美濃信州を中心, 夏六月二十二日に明州, 夏六月大伴家持は亡妾, 夏六月武庫浦を出帆, 夏六月死去されたが, 夏六月皇后磐之媛命, 夏六甲の苦楽園, 夏共産少年少女の野営地, 夏を以て蛟, 夏兵太郎君と川, 夏其処にあつ, 夏は春, 夏内務部長の塚本清治氏, 夏再び斯んな, 夏冬二回政務の余暇, 夏冬二期の空, 夏冬季節にかかわらず訪れた, 夏冬手織木綿の品, 夏冬春の休み, 夏冬着通したアルパカ, 夏冬繁緒河東茂生滋岡透そのほか, 夏冬通しの一枚, 夏冬雪を戴き, 夏冷いもののまない, 夏冷ややかにし, 夏凡兆が宅, 夏出かけましたが殊に, 夏出しに馬, 夏出征しました, 夏刀根川の水, 夏分客が来る, 夏刈ってうず, 夏刊行の新, 夏初め宵の月夜, 夏初め新婚間もなく遠洋航海, 夏別れる時に, 夏前後から街頭, 夏前頃のこと, 夏剳記及附録抄の版, 夏けのした, 夏助手として働いた, 夏動坂にいた, 夏化粧である, 夏北京の八, 夏北方へあきない, 夏北海道旅行を企てた, 夏北輕井澤の高原, 夏北陸道を漫遊, 夏医者通いをし, 夏十五年振りで帰郷, 夏十六の冬, 夏千八百円ベース決定以後購買力は著しく, 夏千葉県船橋町泥の海, 夏らしい, 夏南部の九戸左近政実, 夏印度から来ました, 夏危篤の報, 夏とうかがいました, 夏厄介になつ, 夏の端, 夏去るころ見えずなりける, 夏又もや東京へ, 夏叔孫通梁文の増補, 夏台湾へ旅行, 夏吉岡の忠一君, 夏同じ名の, 夏同じく平貞盛将門を, 夏名誉賞牌をどちら, 夏后治水の勢, 夏の遺制, 夏呼んでやっ, 夏和上は官界, 夏和尚は叡山, 夏咲いた花の, 夏咲く丈一尺ばかり, 夏を誦しはじめた, 夏品川の伯父さん, 夏唄い囃されていた, 夏商周の聖王, 夏商周而外楚爲重黎祝融之後贏爲伯益之後而伯益實庭堅之子禹薦益於天孰謂大理官, 夏問夫子作春秋不以初哉首基爲始何, 夏に死なれ, 夏四十二歳で病死, 夏四国に遊んだおり, 夏四日ばかりその, 夏四月乙未朔, 夏四月十七日未刻竹島, 夏四月山県昌謹撰とある, 夏四月西平侯沐晟岷王梗の不法, 夏四男の大, 夏団体で横須賀, 夏土用の日盛, 夏土用あけの残暑, 夏地元の部隊, 夏坊主ともいわれる, 夏場所は山城国, 夏塩沢丹三郎が毒死, 夏墨夷赤狄東西に滯船, 夏壱岐の国, 夏夏夏の薄暮, 夏夏夏露西亜ざかひの黄の蕋, 夏夏期大学を機会, 夏夏露西亜ざかひの黄の蕋, 夏夕方から宵, 夏夕立のした, 夏外したま, 夏外国人の身なり, 夏外套鮮緑の錦紗, 夏多くの熊, 夏多摩の上流小河内, 夏夜人の涼, 夏夜散歩に来, 夏夜舟行の記, 夏夜逃げの旅, 夏夜雨清呉錫麒が澄懐園消夏襍詩, 夏出水の, 夏大きな収穫を, 夏大変なひで, 夏大変憂鬱な想い, 夏大川へ泳ぎ, 夏大工と土工, 夏大庭常子に軽井沢, 夏大挙して, 夏大旱あって, 夏大根馬鈴薯などを牛車十一台, 夏大森の女子医専, 夏大水で堤防がくづれ, 夏大沼博士のお伴, 夏大矢野島に渡り, 夏大西洋に面した, 夏大阪府下の或, 夏天幕を張り, 夏天神樣の門, 夏天草島の志岐, 夏天黒雲低く暴雨, 夏太い針金を, 夏太守宋選とともに真, 夏か, 夏女優村井紫玉を主, 夏女記者お何, 夏女郎上りの嬶, 夏好くいらつし, 夏妙心寺に納め, 夏が私, 夏妹夫婦と姪, 夏は遂に, 夏始めて秩禄を, 夏姫内に技術, 夏姫道を得, 夏姿祭めかして, 夏も, 夏の人, 夏子供さんをお, 夏子供たちについて葉子, 夏子供たち三人を連れ, 夏子等の集, 夏子規氏は松山, 夏学士になつ, 夏学期にはアウグスト・ザウアー, 夏学界の権威, 夏安政元年のこと, 夏大司徒, 夏官職方氏に出, 夏実に思ひがけ, 夏実在説が信じられた, 夏実子約之, 夏宵ちよぼくれの, 夏の息子, 夏家出する友人, 夏家族全部三畳間に集まり, 夏家河子の沙, 夏家河子駅に下り, 夏家臣と共に川, 夏寅彦は五高, 夏密輸入をし, 夏富士山にのぼりし, 夏富士登山をした, 夏富永太郎京都に来, 夏寒きかな, 夏寒むは未, 夏寒物語の分, 夏専次を逃がし, 夏鱸釣に, 夏小僧の友吉, 夏小包郵便に托し, 夏小浅間へのぼられた, 夏小石川でさる, 夏小袖に死装束, 夏居候になりし, 夏山本改造社長の好意, 夏山登りを思ひつい, 夏岐阜の方, 夏岩木川の氾濫, 夏岸本は節子, 夏のつづきだ, 夏川島家を追われし, 夏川沿いの知合, 夏巡察使ワリニャーニが日本, 夏から落ちた, 夏巣鴨の拘置所, 夏巣鴨拘置所で熱射病, 夏巴里の客舎, 夏から陳情, 夏布團の綿, 夏のたぐい, 夏帝劇で市村座連, 夏帝国劇塲にて旧作三柏葉樹頭夜嵐興行中, 夏帝白龍庵に病みた, 夏帝都セントピータースバーグを見物, 夏師幸師景などみな武装, 夏帰ることに, 夏帰国して, 夏帶地ばかりかかつて, 夏帽シヨウガ壺を買, 夏帽夏化粧である, 夏帽子ボオイ自轉車, 夏帽子一つ洋傘一本東京を出る, 夏帽子瀟洒につけ, 夏幾冬ぶりでしょう, 夏のうえ, 夏座布團を布いた, 夏が整, 夏庵室の客, 夏建文帝浪穹鶴慶山に至り, 夏弁天町の中通, 夏の手引, 夏引今まいり青柳, 夏の家, 夏弟彦は京都, 夏弥之助は信州, 夏弱くなったの, 夏当時名古屋鎮台につとめ, 夏彫つてくれた, 夏影色を, 夏がジグザグ, 夏御殿場で開催, 夏微かに遠雷, 夏徳富氏は大阪, 夏心地だ一刻, 夏忙しい代りに, 夏忠一君が帰省, 夏を打ち破り, 夏悲惨なる旅順, 夏慶應義塾講演會の大阪, 夏やはた, 夏我金峰山に登り, 夏戦争非協力文学, 夏戸倉温泉に行ってた, 夏戸棚から取出し, 夏房州館山へ所用, 夏ヲ採, 夏手袋も自分, 夏招待これはどうも, 夏持子は頑として, 夏挑発されて, 夏挽きが始まっ, 夏提灯がつるされ, 夏握ったトルストイの, 夏撮す林檎の, 夏支度にかえよう, 夏放生の湖, 夏政府の嘱託, 夏政治的才能できこえた, 夏ありて, 夏数人の登山者, 夏数寄屋橋の電車停留場安全地帯, 夏文藝春秋の句會, 夏斗寅軍は武漢, 夏新しいハンモツクを, 夏新婚早々のこと, 夏旅先で仕事, 夏旅行者の味, 夏旅館に滞在, 夏既にはじまって, 夏日中裸になる, 夏日和に男, 夏日域の高僧, 夏日戯に作る, 夏日暮れんとし, 夏日本アルプスへ行つた時, 夏日比野皆三博士, 夏日水辺に遊ぶ, 夏日海浴する小児, 夏日海底から引き揚げ, 夏日炎々として人, 夏日盛りの炎天, 夏日袷に袷羽織, 夏主人夫妻は, 夏旱子を思ふ, 夏もしくは夏焼, 夏明治二十何年とかに入れた, 夏はスゴイ操短, 夏春冬に關, 夏時八十度を限り, 夏時分二度タヴィストックに泊っ, 夏時分安亀に盃, 夏時晴天が続き, 夏時観光客の休憩, 夏時韈を着くる, 夏である, 夏景色夏心地だ一刻, 夏晴れの朝空, 夏昇沈路過, 夏暑く臭く百万の, 夏暖簾垂れて, 夏暗い夜の, 夏暮しましたが官舎, 夏暮らして毎日村, 夏暴瀉で亡くなった, 夏曰復祚とある, 夏曰歳商曰祀周曰年唐虞曰載とあり, 夏更に二景を, 夏書いたので種々, 夏最初の入学試験, 夏最後の仕上げ仕事, 夏最高のレコード, 夏の好い, 夏有名な亜米利加, 夏有明の月, 夏木の根八方に, 夏木曾御嶽に登山, 夏木立ふたりで死ん, 夏木立ヒツソリとして, 夏木立五代の御霊, 夏未だ見たこと, 夏に雑木林, 夏の両, 夏本屋の店頭, 夏本山から寺, 夏本当に苦しかった, 夏本格推理小説を書きはじめた, 夏本間久雄君が早稲田文学, 夏曳いた砌, 夏来いと云う, 夏来たる日を, 夏来向へば, 夏来新樹辺緑陰深処此留連, 夏東京あたりと変らない, 夏東口広場での絵, 夏東圃君が家族, 夏東支鉄道の問題, 夏林町にい, 夏果てし孑孑の形, 夏果てぬすつく, 夏枯時で港, 夏城下へ, 夏の紅葉, 夏根室で行なった, 夏桀暴虐の図集, 夏桃貰つたのひよえつと口, 夏桜軒にて, 夏梅水が富士, 夏梨枝子は祖母, 夏梶子夫人が死に, 夏森先生を喪っ, 夏うるいとなみありて, 夏の柔, 夏構造は川端, 夏横井春野君が三田稲門戦, 夏横浜の佐伯藤之助氏, 夏樺太へ往つた事, 夏の畔, 夏之助, 夏や柚, 夏橙其他の果物菓子, 夏次さん千鳥さん萩代さん居なさるかい, 夏欧洲戦争が始まっ, 夏といふもの, 夏正宗氏の作品, 夏正式に谷博士, 夏正聲也と嘆美, 夏のホテル, 夏此児が両親, 夏此処に登っ, 夏此木の上, 夏此處へ來, 夏武甲山に登った, 夏死なしたそうだ, 夏死んでしまった, 夏残った六十人と共に, 夏殷二代の王朝, 夏殷周秦本紀あたりまでは彼, 夏殷周秦漢と代, 夏殷間の革命, 夏殺人をおかした, 夏比較的乾いて, 夏毛利氏の送った, 夏民藝館の田中洋子さん, 夏気に入らない婚約を, 夏気楽に暮したい, 夏気温も夏, 夏は樂, 夏水仙のにほひ, 夏水死し妹, 夏水泳をし, 夏水道の水, 夏氷鋸荒くひき, 夏江戸屋敷の方, 夏のそば, 夏沖縄諸島を廻つて, 夏河豚を料理, 夏泊った沓掛の, 夏泊岬が見え, 夏に友, 夏泳いだ河童の, 夏泳ぎに行く, 夏泳げるのも, 夏洋服まで質, 夏活動の最中, 夏浅き月夜の, 夏浅み朝草刈りの童ら, 夏より来り, 夏浜寺の別荘, 夏浦安に移り, 夏のきらめく, 夏海游泳芭蕉杉淋しい墓地, 夏涸れで水, 夏涸水のぬるき, 夏涼しかった, 夏涼しき土窖の, 夏涼しくって冬もさ, 夏涼みの市民, 夏深き鳴滝山の, 夏深くなるごと, 夏深しいよいよ痩せ, 夏深川に仮, 夏清十郎物に精, 夏渋沢から借りた, 夏渡り来る蟻吸と, 夏渡るものとは, 夏湯河原の映画館, 夏湯河原温泉へ興行, 夏湯治に出かけた, 夏洲を, 夏が多い, 夏漁頓て見る, 夏演奏する神楽, 夏演戯で亦, 夏漢文の校正, 夏漲り色が, 夏漸生雷声送雨晩天晴, 夏潮風に吹かれ, 夏い暑, 夏多から小舟, 夏の天, 夏火事にあい, 夏火星が我が, 夏火鉢膝頭より大, 夏火鉢額その他勝手道具の類, 夏点呼で二度目, 夏烈しい日が, 夏無し秋無しに過ぎ, 夏煙管とか言つて自慢, 夏照りの山, 夏照美さんは子供たち, 夏熱海の会談, 夏熱海ホテルで坂田, 夏燃えて行った, 夏燃えるやうな, 夏父親がやって来た, 夏牧場と冬牧場, 夏物語では二巻目帚木, 夏狂言とか盆替り, 夏狂言評好く拙作, 夏独りで遊ん, 夏は全然, 夏珪馬遠馬麟, 夏現実に在った, 夏甚太夫は喜三郎, 夏生える草の, 夏の人, 夏留守中に生れた, 夏に勞作, 夏病室の日除, 夏病気のため辞表, 夏痩せぬまじないなどと, 夏白い朝顔の, 夏白雪と雲表, 夏白馬山へ登っ, 夏白骨にいた, 夏百日は魚, 夏皮表紙のルーヴル, 夏盛んに繁殖, 夏直衣のその, 夏真紅の花, 夏真赤な裸, 夏眩暈と頭痛, 夏着るものを, 夏着冬着ありたけ, 夏着夏帽夏化粧である, 夏知らぬ洞窟の, 夏知る一花両, 夏知人の家, 夏磯媛は天子, 夏なる出版書肆, 夏祇園祭の時, 夏神戸から船, 夏神月の別荘, 夏神楽伊勢国の片田舎, 夏祭り時にナア, 夏祭り毎に必出, 夏祭り神事の中心, 夏祭三神丸に小舟さ, 夏祭其翌年小野篁伝天明に移りまし, 夏祭太鼓の遠音, 夏祭浪花鑑の長町裏, 夏祭神田祭を今ここ, 夏福井から持っ, 夏福井県の田舎, 夏福山に還り, 夏福田氏一家は東京角筈, 夏私共が信州星野温泉地, 夏私店へ御, 夏私達が帰省, 夏秋冬平一郎が和歌子, 夏秋冬恋雑というふう, 夏秋冬朝昼夕夜月にも雪, 夏秋冬鳥の啼声, 夏秋水に居す, 夏称名平湯白水と云う, 夏程に煩悶しない, 夏稼ぎの水泳場, 夏突然に卒中, 夏立花さんの別荘, 夏竜池は病, 夏竹崎の主婦, 夏笛吹川の畔, 夏一審の, 夏等今夜神戸出帆の電報, 夏へて八カ月, 夏箱根で自炊生活, 夏築地より現在, 夏篠原長房に擁せられ, 夏米国シカゴ市で万国博覧会, 夏米国気象台の手, 夏米山越をしました, 夏紀尾井町の家, 夏終戦ちよつと前, 夏結婚したばかりの, 夏を着まし, 夏総持寺の管長, 夏総長の辞任, 夏緑色だどう, 夏縁日で月見草, 夏が香雪, 夏置いて貰っ, 夏群至して, 夏義男が植えた, 夏義雄に伴, 夏羽化して, 夏羽子板と羽根, 夏羽織ニポーラーノ単衣, 夏羽織傘はささず, 夏羽織姿のおばあさん, 夏羽織村長にでもかりた, 夏羽織白足袋雪駄にて黒眼鏡, 夏羽職の肩, 夏は官吏侮辱罪, 夏り暑い, 夏聞いたことだ, 夏にかはらう, 夏がはじまっ, 夏肺結核のため入院, 夏背広をぢ, 夏脚気の出た, 夏脱稿した, 夏脳溢血の為, 夏脳炎の流行期, 夏の病, 夏腰付き扁たくなりぬ, 夏をこわす, 夏自由党員の納涼会, 夏自身亡夫の妹, 夏興行のもの, 夏遮万緑叢中紅点点, 夏芝居役者にまけぬ, 夏芥川は東日, 夏芥川龍之介が自殺, 夏花使野を馳, 夏花少女は驚嘆, 夏長ぜず鳥雀巣, 夏若い越智夫婦が, 夏茗荷である, 夏草いちめんの花, 夏草しとど露めきて, 夏草ところ得がほ, 夏草どもは刎, 夏草万年草金徽草吉祥草といへり爾者此草当山, 夏草動き来る, 夏草原の中間, 夏草問答があつ, 夏草塚の傍, 夏草木の髄, 夏草落梅集の四卷, 夏草鞋作りにも飽いた, 夏荒川の堤, 夏荒物屋には幼い可愛い, 夏菊ほととぎすを彫る, 夏菊月見草足にかかる, 夏菜類の瑞瑞しい, 夏葉山で偶, 夏ひくも, 夏葱春蒔白菜春菊胡瓜唐茄子西瓜亀戸大根山東菜十二種類なんと賑やか, 夏蔡家溝駅長オグネフ同駅駐在中隊長オルダコフ大尉, 夏薩摩より京, 夏藩主を勧め, 夏藩地へ帰った, 夏虎ノ門病院デ頸椎, 夏虫干のみぎり, 夏虫干しをしたら, 夏虹ヶ浜でお, 夏が鳴きだした, 夏蝶そこに生れけり, 夏いとて, 夏蟹口は突然, 夏蠅女め種々なこと, 夏蠣殻町の岩佐病院, 夏の臭ひと, 夏のごと, 夏行かんとする, 夏行つたのであるからしかとも, 夏行つた所から数里, 夏行つて見ると, 夏衣立田河原の柳かけす, 夏へ出, 夏高く柔, 夏裏日本の北部, 夏補充がどんどん, 夏裳束は危なげ, 夏複製して, 夏西の方, 夏西日なり, 夏西日音あわて落つるむつごろ影, 夏西洋史を読み返し, 夏見物を欠かした, 夏親孝行の廉, 夏親方と一緒, 夏観光団にもぐりこん, 夏角力の巡業, 夏訪れた時に, 夏許せお夏, 夏詩集の別冊, 夏読まずとも暑苦しい, 夏議会の選挙, 夏讀んで大いに, 夏をせぬ, 夏貧弱な全收, 夏貴君が軽井沢, 夏起つた出来事である, 夏起居を共に, 夏越しの蚊帳, 夏路易はずつと年上, 夏の髪, 夏軍事的半封建的, 夏輝子が嫁い, 夏辛うじてわずかに卒業, 夏辞表を出し, 夏辟易した, 夏辺りどこかの海水浴場, 夏大丈夫との, 夏迄に不良少女や, 夏迄には屹度一人前に, 夏といひ, 夏巷買宅以代小, 夏近い明るい外光を, 夏近い暖かい太陽の, 夏近松の研究, 夏送ったら暑い暑いで, 夏送る豫定で, 夏逗子に出かけ, 夏通つただけであつ, 夏通ると山, 夏速水先生の紹介状, 夏進少年の父親, 夏遅くまで残っ, 夏過ぎ秋逝きて, 夏過ぎ簾うごかす廂合, 夏過そうじゃない, 夏道路に棄てられた, 夏州平田寺に, 夏遠足するとき, 夏に病死, 夏避暑をする, 夏邇摩郡の山間二里余り, 夏部落の集会所, 夏配達されたさる, 夏酷暑と悪病, 夏醍醐に遊ん, 夏釋迢空さんが僕たち, 夏重夫は激しい, 夏金沢を訪れた, 夏鈴木宜山に次い, 夏錦輝館で例, 夏鎌倉平野屋でのこと, 夏鎌倉雪の下のホテル, 夏長けて莢, 夏長椅子代りになさった, 夏長篇の第, 夏開かれた日本文化講座の, 夏開成山に暮します, 夏閑散な日本菓子, 夏間近ではほとんど, 夏くる寺, 夏闌けて模擬地雷火, 夏防空演習があった, 夏降ることは, 夏限りに死ぬ, 夏の時, 夏陳皮茯苓の三味, 夏陽旱に際して雨, 夏集中に詩四首, 夏雇われていった, 夏離婚した, 夏雪氷永久凍土研究所の遠征隊, 夏雪草等が咲い, 夏雪霜冷寒重, 夏雲さんの許, 夏雲さん方に寓, 夏雲村の牛乳屋, 夏雲海の上, 夏雲雀が無, 夏雲霜冷寒重, 夏が大変, 夏電気でこやし降らせた, 夏霎時の仮, 夏霞祖父のみ墓今, 夏を籠め, 夏の降っ, 夏露伴先生は市川, 夏露国より帰航, 夏露西亜ざかひの黄の蕋, 夏青い雲白い, 夏青山に我, 夏青島攻略がはじまつ, 夏靴下一枚の足, 夏韓国にある, 夏頃そこと外務省, 夏頃信州浅間ヶ岳辺にて郷家, 夏頃健康が悪く, 夏頃友達の小林秀雄, 夏頃大阪の書肆文淵堂, 夏頃校了になっ, 夏頃永田氏や僕, 夏頃私は一切, 夏頃米国に来遊, 夏頃腸チフスの虫, 夏頃開帳があっ, 夏頭巾と綽名, 夏顏なじみの赤帽, 夏風邪はなか, 夏飛んできた, 夏食べねばならぬ, 夏食生菜皆徒跣有屋室父母兄弟臥息異處, 夏にも年頃, 夏養生を続けたなら, 夏餓鬼の田圃, 夏の稽古, 夏駿河台にある, 夏高校の三年生, 夏高野山でたしか, 夏鳥渡日本へ皈, 夏の数, 夏の山, 夏鶯音を入れつ, 夏麻引うなか, 夏黄緑の花, 夏黒岩直吉の兄弟, 夏黒田さまを案内, 夏黒羅紗の半