青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「失~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~太陽 太陽~ 太鼓~ ~夫 夫~ ~夫人 夫人~ 夫妻~ ~夫婦 夫婦~
失~
~失う 失う~ ~失っ 失っ~ ~失った 失った~ ~失敗 失敗~ ~失望 失望~

「失~」 2159, 22ppm, 5154位

▼ 失つて~ (464, 21.5%)

59 しまつ 51 ゐた 30 ゐる 13 ゐるの 12 しまつて 9 はならない, ゐない 7 はならぬ, 居るの 6 ゐたの, ゐること 5 ゐるので 4 来て 3 ゐるかの, ゐると, ゐるやう, 居る, 行くの

2 [20件] はいけない, はゐない, はゐる, まだ動かない, ゐたから, ゐたが, ゐなかつた, ゐました, ゐるかも, ゐるから, ゐるが, ゐるのに, 倒れて, 唯恍, 喘ぐやう, 居ります, 居る事, 思はず吉野, 行くこと, 飛んで

1 [191件] ある時, いて, おられるの, からお, からの私, からは思ふ, からは急, からは熱心, からダラシ, から既, から本当, から病監, から肉親, くる, この手紙, さうし, さながら人形, しまつたか, しまつたん, しもうて, しよんぼり見えた, すらゐた, そのなすがま, そののち, その心, た, たうとう, つい彼, とうとう台, どうし, どんなこと, ならないもの, はいない, はと必死, はならず, はゐなかつた, は不孝, は大変, は天下, は居りません, は居る, は御, は私たち人類, は芸術家, ひそ, ひどくあわてさわぎました, ひどく損, ほろりと, まことに見る, また平次, まるで化物, まるで朱盆, もう一度婆さん, もう止めよう, もお前, も中年女, も主人, も之, も人間, も叫ぶ, も奧方樣, も女らし, も妾, も彼, も破綻, も自活, や, よろけしくじつた, わあつ, ゐたこと, ゐたため, ゐたので, ゐたのに, ゐたもの, ゐたらしい, ゐたらしい去来, ゐたらしく見えた父, ゐたソローピイ, ゐた少年時代, ゐた我身, ゐた戯曲, ゐた父, ゐた甥, ゐた自分, ゐて, ゐないから, ゐない事丈, ゐない人々, ゐない同人達, ゐない年, ゐない彼, ゐない時, ゐなかつたの, ゐなかつた瑠璃子, ゐましたが, ゐましたので, ゐます, ゐら, ゐるころ, ゐるせゐか, ゐるであらう, ゐるでは, ゐるに, ゐるらしいこと, ゐるらしい店, ゐるらしく此, ゐるわけ, ゐる人, ゐる女, ゐる張, ゐる從兄弟, ゐる日本軍, ゐる明, ゐる時代, ゐる此頃, ゐる状態, ゐる理由, ゐる訳, ゐる間, をつた, をりました, をる, 倒れてを, 光る視線, 再び宙, 単なる表情, 単に純粋, 又これ, 又正, 各, 唯悪, 寝て, 寧ろ外, 少し氣抜, 尚一層, 居た, 居たが, 居た爲, 居つたかも, 居ない, 居ないと, 居ながらも, 居ますそして, 居りますが, 居ります其の, 居り拔, 居ると, 居るのみ, 居る煙草, 居る爲, 居る觀, 居る間, 怒氣, 思はずころころ, 思はず隠して, 思はず隱, 悉く自己本位, 悉く裏葉, 成り立つもの, 戻つて, 新しい或, 新しい民主的法律, 時々痙攣的, 暫くする, 来た, 枯れ黒, 死んで, 淋しい老女詩人, 温かい母性的, 無性にテレ, 空しく波上, 終に行衞不明, 絶え入るばかりの, 落ちそれで, 落ちた小鼻, 蒼くさ, 蒼白く引緊つた顏, 行きます, 行くか, 行くに, 行くもの, 諦めたか, 躓き倒れた, 転じて, 逞しい格子戸, 遂には, 遂に自他とも, 遂に非業, 青白い顏, 青白くな, 飛び退いて

▼ 失くし~ (246, 11.4%)

16 たの 10 てしまった 9 てしまう 7 てし, てしまっ 64 たあの, たと, た物, てしまい 3 たので, たもの, たよう, た珠, ていた, ている, てしまふ

2 [12件] たという, たとき, たとばかり, たん, た姿, た方, た時, た玉手箱, て, てしまいました, てゆく, ましたから

1 [130件] たうえ, たお, たおじいさん, たお詫び, たお金, たか, たから, たくらい, たこと, たすっかり, たため, たとか, たとて, たのよ, たも, たらさびしくっ, たらしいと, たらそれッきり, たらね, たらまた, たら大変, たりした, たりは出来ない, たり取り返し, たり拾, たわけ, たクロ, たボストン, た上, た今, た僕, た処, た医者, た印絆纏, た右腕, た哀しみ, た品物, た四十男, た声, た大きな, た妻, た子供たち, た悲嘆, た日本橋, た明, た未亡人, た様, た淋し, た牛, た私, た童心, た者, た自分, た苦痛, た莚, た蕁麻, た覚, た身体, た身體, た金, た験温器, ちまった, ちまつたん, ちまわぬ限り, ちゃいられない, ちゃった, ちゃ大変, つる, ていく, ていない, ておしまい, ておりませぬ, ておる, てから又, てしまいます, てしまつ, てしまつた, てしまつた人たち, てしまつた者, てしまつて, てしまへ, てしまわ, てしまわなかったら, てしもうた, てその, てただ, てなイ, てはもう, ては惜しい, てまた, てむきだし, てもいい, てゐました, てゐる, て両手, て今度, て仕舞つたの, て何, て公園, て千円, て右, て困っ, て帰っ, て御しまいなすった, て懐中, て懸念, て探し, て次, て死ん, て気の毒, て気違い, て爲, て私, て終った, て行く, て起ッ, でもし, でもした, なすった紙入, なすつた紙入れ, なんかしない, になった, ました, まして, ますかね, ません, ません爲め, アメリカに, 度く, 易い

▼ 失つた~ (171, 7.9%)

9 やうな, やうに 5 ものが 4 ことは, と言, のであつ, ものと, ものは 3 ことに, と云, のでせう, わけで 2 かのやう, からである, ことを, ために, といふこと, 主體, 為に

1 [102件] あめいろの, かとみえた, かの如く, かの有名, かの樣, からだ, からパン, から全, から日本, から釜山航路, か或は, か逃げる, がしかし, が久しく, が何, が其武家, が再び, が時, が最後, が為, が私, が若し, きりだ, けれども眼, けれど湯ヶ原, けれど長く, ことか, ことそれだけ, ことで, ことによ, ことの, ことも, この一家, ころの, さうし, さうらう, その趣味, ためである, だけで, であらう, と, という気, といふたより, といふ失望, といふ恨, ときには, とき組みしかれた, とでもいふ, とはその, と假定, と同じ, と呟いた, と思つて, と思はなけれ, と思ふ, と批難, と新聞, と見え, ならば, ならもはや, なり杉, のでその, ので一身, ので周, ので殷, は勿論, ばかりのこの, ばかりの少年, ばかりの肉親, ふりを, ほどで, または見出し得ない, までのこと, ままヂッと, まま手術臺の, もの, ものだつた, ものつて, もので, ものである, ものでございます, ものに, ものの, ものの弱々し, もの公式な, やうで, やうである, わが肉親, 人間らしかつ, 以上は, 小さい人々, 小さい耳朶, 思ひで, 慌しさ, 故に対し, 時にその, 泣き方, 無感動, 第二日目, 美しい怪物, 際には, 黄色く濁つた

▼ 失~ (155, 7.2%)

15 ですが 10 しました 9 だが 7 して, なこと 6 します 3 いたしました, だ 2 いたします, でせう, な, なれどいさ, な事, に當, をいつ, をします, を致しました, を詫び

1 [75件] いたしましたわ, かも知れぬ, したもん, しましたどうぞ, しましたな, しましたね, しましたわね, しました俥, しましょう, しましよう, しますと, します先生, しよう, するよ, だけれど, だけれども, だつた事, だと, だとは, である, である同時に, でした, ですがと, ですけど, ですけれども, ですよ, ですわねえ, ではあつ, ではあるまい, で御座いますが, といふもの, と思ひまし, なお訊ねです, ながらそんな, ながらもう, ながら何處, ながら博士, ながら呈上, ながら此, ながら此の先客, ながら諸君, ながら貴方, なと, なもん, なやう, なれど, なん, な口, な嫌氣, な所置振り, な推量, な申状, な箇條, な言いよう, な言草, な言葉, な話, な質問, には當ら, ね, ねひがん, の我, はどうぞ, ほんの物, もある, も何, やがわし, やけど, をお許し, をお詫び, をさせ, をし, をひつれい, を謝, 別にそんな

▼ 失~ (80, 3.7%)

33 てしまふ 8 てしまひました 6 てしまひ 3 たま, ていた, てしまう 2 たといつて, ている, てゆく

1 [18件] たた, たらしく八五郎, たりしない, たりする, たりなに, たり或は, たり汚し, たんぢや, ちやなら, ていない, ています, てきた, てくる, てしまいました, てしまはなけれ, てしまひます, てしまふべき, 張り此の

▼ 失へる~ (60, 2.8%)

3 をいふ 2 ものよ, 生活を, 者, 貫一は

1 [49件] がゆゑ, が如き, さま, すべての, ためわが, ときいづ, なり, に, にあらざる, に似たる, はほか, は勿論, は嘉す, は自殺, ものうつむける, ものと, ものを, や, やうに, やうにて, わが當時, をあら, フオルキユスの, 人に, 償として, 哀れなる, 唇は, 場所を, 形を, 彼を, 心地し, 恋得たる, 感じに, 效果を, 樽の, 民を, 熱情の, 白雲兄に, 者と, 者の, 者は, 自分は, 路を, 車の, 輩は, 間に, 青草の, 面上に, 顔は

▼ 失つたの~ (51, 2.4%)

8 である 4 では 3 か, であらう 2 だ, だらう位, でございませう, は快適

1 [25件] が七年前, が十五歳, だから, だと, だらうと, であるから, でございます, です, ですけれども, でもあ, に似, に失望, は三十六歳, は何と, は勿論, は實, は斯く, は此年, は気の毒, は永く, も丁度, も彼, も無理, も第, を覚え

▼ 失なっ~ (28, 1.3%)

4 ていた 3 てしまった 2 ている, てしまいました

1 [17件] ていらっしゃる, てここ, てこんな, てしまい, てしまいたい, てしまいます, てしまう, てしまっ, てはという気, てはならぬ, て以来, て店, て探偵小説式, て散りかけた, て眼, て蒼い, て飛び上がりました

▼ 失~ (22, 1.0%)

1 [22件] が聞い, した女, して, してから, するといふ, であらう, とは愛し, と云, と言, に終, に終つた, の弔詞, の彼, の状態, の結果, の詩, の話, の賜, の身, も, もない, を天上

▼ 失~ (21, 1.0%)

3 ざらんと

1 [18件] されて, ざらしめん, ざらむ, ざらん, したお, した母, して, しむ, ふとし, むといふ, むとするを感じ, むとや思ふ, れきつて居ぬ, 免れない, 免れ難い, 所謂民間語源論の, 有るが, 第二

▼ 失える~ (20, 0.9%)

2 ものは

1 [18件] か子, か誠に, に比すれ, もの, ものである, ものとは, ものなり, も家, をもって見合わせ, を以て北京, を知り, ギニヴィアの, 二人は, 人か, 心地しつ, 玉は, 生存者に, 男海を

▼ 失くす~ (18, 0.8%)

2 やうな

1 [16件] ことに, だけなら, つもりなんか, という始末, とすれ, ともこの, と美, のが, のだ, まいぞよ, まいとして, ものも, ような, るかも, るなんて, 人が

▼ 失~ (15, 0.7%)

2 改めて宗助, 致すこと

1 [11件] なす氣味, 伴ふ, 取上げて, 寛容しなかった, 捉へて, 擧げて, 改めずは, 犯し時に, 生ずる, 糺す卷, 致せるを

▼ 失楽園~ (15, 0.7%)

2 の一員

1 [13件] でもそこ, で過された, とは名付けたる, と呼ぶ, にもう, に纏わる, の全部, の如き, の建物, の所在地, の本体, の秘密, は鵯島

▼ 失~ (13, 0.6%)

2 つてし

1 [11件] いたくない, つてしまつた位である, つては, つて散りかけた, はば得意, はん心弱き, ばか, ば父君, ふと同時に深, わしむ, ッて

▼ 失なった~ (13, 0.6%)

2 ように

1 [11件] か知れません, ことまた, といわざる, のだ, ほど不愉快, 嘆きが, 己れ, 眼は, 金雀子街の, 雄蝶, 飾りが

▼ 失~ (13, 0.6%)

1 [13件] た, たか, たと, たの, た後, ちゃァ, てあッ, てはいなかった, て仕舞, て迷ッ, て逃げ帰った, て駈け出し, て黙

▼ 失つた人間~ (12, 0.6%)

2 だ, の常に 1 が節度, といふもの, なの, にはその, に救, のそれ, の顔, 剥ぎとられた世界

▼ 失~ (11, 0.5%)

3 すること 2 して 1 がたまらない, されて, した, しなければ, するの, であり新しい

▼ 失つて了~ (10, 0.5%)

1 はなけれ, はね, ひました, ひ幾度, ひ最初, ふ, ふと言つて, ふの, ふ言, ふ訳文

▼ 失~ (8, 0.4%)

4 すること 1 する, するため, するだけで, すると

▼ 失~ (8, 0.4%)

4 因れる 2 し床 1 あらざるか, し鉤

▼ 失~ (8, 0.4%)

2 があつ, をもさ 1 ありたる者, に相違, のあった, を云云

▼ 失~ (8, 0.4%)

1 あるは, しました, といひ, ならずと, なりと謂, は尚, を問, を現

▼ 失つた女~ (7, 0.3%)

1 がたとえ, が我と, だよ, ではない, と売春婦, のやう, の充溢

▼ 失つた彼~ (7, 0.3%)

1 にさ, の世界中, の家庭, の本質, の瞳, はまだ, を想像

▼ 失禮致~ (7, 0.3%)

6 しました 1 しまして

▼ 失くさ~ (6, 0.3%)

2 ずに 1 ず, ず大切, ず義理, ないで

▼ 失つてしまつたの~ (6, 0.3%)

4 である 1 でございます, もあります

▼ 失つて了つたの~ (6, 0.3%)

2 ださうな 1 である, です, はこの, を自ら悔い

▼ 失つて來~ (6, 0.3%)

2 てゐる 1 た, たやう, た而, てゐた

▼ 失~ (6, 0.3%)

1 から大騒ぎ, とともに様々, 哉, 時にゃ, 根源なり, 論と

▼ 失~ (6, 0.3%)

2 したるは, の一珍事 1 は渡辺子, は渡邊子

▼ 失つた時~ (5, 0.2%)

1 でないとは, と違つて, にはせめて, にアア, に比べ

▼ 失ない~ (5, 0.2%)

1 ながら山, ように, 主人の, 候得共たま, 引返さんと

▼ 失~ (5, 0.2%)

1 ことを, 始め大, 数十例を, 油断は, 誤解を

▼ 失つたら~ (4, 0.2%)

1 他の, 夫こそ, 神乃至は, 第五局

▼ 失つた者~ (4, 0.2%)

1 でなければ, もあり, もある, を再び

▼ 失つた顏~ (4, 0.2%)

1 に内心, は寧ろ, は蒼く, は青白く

▼ 失なう~ (4, 0.2%)

1 ために, と今度, と同時に, のは

▼ 失なし~ (4, 0.2%)

1 た飾り, ちゃア私, てしまった, て仕舞

▼ 失なひ~ (4, 0.2%)

2 て寄る 1 て寄る辺, 却つて一段秋霜烈日の

▼ 失なわれた~ (4, 0.2%)

1 時でも, 糸が, 血潮よりも, 話頭を

▼ 失はむ~ (4, 0.2%)

2 ことを 1 乎僕等の, 孔雀一たび羽尾ひろげな

▼ 失~ (4, 0.2%)

1 したる我耶蘇基督, して, するもの, する事

▼ 失~ (4, 0.2%)

1 で且つ, といはね, といふべきなら, とは云

▼ 失うた者~ (3, 0.1%)

1 あり, が再び, が取返されたら

▼ 失えり~ (3, 0.1%)

1 というものこれ, という人, と気付く

▼ 失~ (3, 0.1%)

1 ある, あるかも, ないとは

▼ 失つた人~ (3, 0.1%)

1 が其の, の悲劇, の魂

▼ 失つた人々~ (3, 0.1%)

1 が秋, は後々, は雪崩

▼ 失つた様~ (3, 0.1%)

1 に, になつて, に柔らか

▼ 失つた爲~ (3, 0.1%)

1 に, に廢, に急

▼ 失つた私~ (3, 0.1%)

1 が先, が然し, は彼

▼ 失つてしまつて~ (3, 0.1%)

1 ゐたの, ゐて, 面白くなく

▼ 失つて私~ (3, 0.1%)

1 が訪ねた, にかう告げた, に觸

▼ 失~ (3, 0.1%)

1 了つた己は, 伸たら縮まらん, 居つた京都

▼ 失なわれ~ (3, 0.1%)

1 ていた, てしまった, てゆかね

▼ 失~ (3, 0.1%)

1 て, てしまった, て然

▼ 失主狗~ (3, 0.1%)

1 とならん, となれ, にて思ふ

▼ 失~ (3, 0.1%)

2 を追窮 1 の証拠

▼ 失~ (3, 0.1%)

1 を説きたてた, 多きを, 甚だ多き

▼ 失いたく~ (2, 0.1%)

1 ない, なく残して

▼ 失つたお~ (2, 0.1%)

1 ちかは, 糸の

▼ 失つたぎり~ (2, 0.1%)

2

▼ 失つたマグダーレン~ (2, 0.1%)

1 に似た, の女

▼ 失つた事~ (2, 0.1%)

1 は悲しむべき, や又

▼ 失つた例~ (2, 0.1%)

1 は頗る, も少く

▼ 失つた僕~ (2, 0.1%)

1 は友人, をつらぬけ

▼ 失つた唇~ (2, 0.1%)

1 から洩れた, は瞬間的

▼ 失つた四十女~ (2, 0.1%)

1 の浅, の淺猿

▼ 失つた子供~ (2, 0.1%)

1 の調子, らしくない子供

▼ 失つた年~ (2, 0.1%)

1 である, の初秋相州吉浜

▼ 失つた悲しみ~ (2, 0.1%)

1 の方, は私

▼ 失つた所~ (2, 0.1%)

1 を十分現在, を自然

▼ 失つた方~ (2, 0.1%)

1 が俺, が悲

▼ 失つた母~ (2, 0.1%)

1 の姿, は度たび彼

▼ 失つた気持~ (2, 0.1%)

1 であるやう, でペン

▼ 失つた狼狽~ (2, 0.1%)

1 にしばらく, は隠しきれず

▼ 失つた男~ (2, 0.1%)

1 が先づ何, も何人

▼ 失つた美奈子~ (2, 0.1%)

1 の悲嘆, の運命

▼ 失つた聲~ (2, 0.1%)

1 で云, などは寢

▼ 失つた自分たち自身~ (2, 0.1%)

1 を悼ん, を歎

▼ 失つた良秀~ (2, 0.1%)

1 の顏, の顔

▼ 失つた額~ (2, 0.1%)

1 は擴がり, を指した

▼ 失つた馬鹿者~ (2, 0.1%)

1 でないと, でも無い

▼ 失つてしまつた~ (2, 0.1%)

1 だよ, 初戀

▼ 失つて了つた~ (2, 0.1%)

1 といふの, といふやう

▼ 失つて了つて~ (2, 0.1%)

1 ゐたその, ゐるでは

▼ 失つて仕舞~ (2, 0.1%)

1 つた, ひさうなの

▼ 失つて地上~ (2, 0.1%)

1 に倒れ, へぶつ

▼ 失つて救~ (2, 0.1%)

1 はれざる不満, ひがたい

▼ 失つて水~ (2, 0.1%)

1 に濡れた, の中

▼ 失つて行~ (2, 0.1%)

2 つた

▼ 失つて非常~ (2, 0.1%)

1 な窮状, にギゴチ

▼ 失という~ (2, 0.1%)

1 ことは, ものであったらしい

▼ 失なわない~ (2, 0.1%)

1 ように, 例にも

▼ 失はる~ (2, 0.1%)

1 にいたる, は印度貨幣一千萬ルピー

▼ 失はるべき~ (2, 0.1%)

1 筈で, 郷土への

▼ 失へり~ (2, 0.1%)

1 声を, 彼は

▼ 失へるあり~ (2, 0.1%)

1 営養を, 或は業

▼ 失~ (2, 0.1%)

1 二失も, 確かに

▼ 失~ (2, 0.1%)

1 すとは, を辞

▼ 失~ (2, 0.1%)

1 と破滅, にかえって

▼ 失~ (2, 0.1%)

1 にくよくよ, の弱味

▼ 失~ (2, 0.1%)

1 したまま, なされるので

▼ 失~ (2, 0.1%)

1 のない, はココ

▼ 失禮ぢ~ (2, 0.1%)

1 や, や御座いません

▼ 失禮千萬~ (2, 0.1%)

1 なやり方, の醜

▼ 失~ (2, 0.1%)

1 し歩, を

▼ 失~ (2, 0.1%)

1 かすけく, して

▼ 失~ (2, 0.1%)

1 人の, 時や

▼ 失~ (2, 0.1%)

1 といふ程, よろしリアリスト

▼ 失鳩答~ (2, 0.1%)

1 の原, を苅入れ

▼1* [425件]

あり利害得失相半ばする, 失ありで乳汁や, 失ありとて何で, 失あれば秀吉, 失いしはしない, 失いっこはありません, 失うたからである, 失うた人もある, 失うた分も多から, 失うた金の肉刺し, 失失に, 失かったのです, 失かも知れないと, 失くさせて平和, 失くされたり壊される, 失くしたんだっぺ, 失くし三好がそれ, 失くし兄弟も友達, 失くし物でもした, 失くせし首巻き, 失さすかどうも, 失たのみならず石鏃や, 失だったな, 失つぎ早やに起る, 失つたあとの五局目, 失つたかわりに映画, 失つたこれらの品物, 失つたひとつの単なる, 失つたまきはしどろもどろ, 失つたやうになつて, 失つたわが子をふたたび, 失つたエリザのよろめき歩く, 失つたシャリアピンは, 失つたステッキの数, 失つたヘラクレス星群も無辺, 失つたポーランドの民, 失つたラランは恐ろしい速, 失つた一人であつ, 失つた一代の偏屈屋ジュウル・ルナアルさ, 失つた一種の睡眠状態, 失つた一途なもの, 失つた三四萬の市民, 失つた上前年にはたつた, 失つた不具者の自己防衞, 失つた不自由な肉體, 失つた中年の女給, 失つた二年前の対局, 失つた人間どもの悲慘, 失つた今日主婦としての位置, 失つた今日年長者としては徳川, 失つた代りに幾らか, 失つた体がドルフ, 失つた何万の人, 失つた何萬の人, 失つた倦怠な日々, 失つた儘わからずし, 失つた八百五十圓を取り戻さね, 失つた卓一である, 失つた名刺が私, 失つた喪家の犬, 失つた国々の気息奄々, 失つた場合には目, 失つた塚田の態度, 失つた士族が零落, 失つた夢のあ, 失つた大正五年の諸, 失つた大言壮語によつて, 失つた大阪の或, 失つた太田の皮膚, 失つた姿であつ, 失つた娘の顏, 失つた娘たち二人は毎年感心, 失つた子のあと, 失つた孤であつ, 失つた宝石だつた, 失つた寂寥を我童, 失つた巨木のやう, 失つた広次やお, 失つた広瀬は暇乞, 失つた当惑なぞの惨めさ, 失つた当時うか, 失つた形式とか常習, 失つた彼女は熱心, 失つた後は手, 失つた後ほんたうに発狂, 失つた従つてさういふ能力, 失つた心の静平さ, 失つた思量の端緒, 失つた怨みをはらす, 失つた患者の方, 失つた感じになつ, 失つた感情は一斉, 失つた態度をそれとなく, 失つた憐れな男, 失つた敗残の軍人, 失つた敗殘の軍人, 失つた文界の仕事, 失つた旅人に悲しい, 失つた春日邦之助に取, 失つた春登は失望落胆, 失つた時ドイツ人はそれで, 失つた時三十八歳であつ, 失つた時二十七歳であつ, 失つた時代がつ, 失つた時分に出, 失つた時加集は勝ち味, 失つた時夫から其折, 失つた晩だと, 失つた曲者はどんなに, 失つた月を仰い, 失つた杉之助, 失つた東京劇壇では彼, 失つた東京役者が痛切, 失つた極悪人のした, 失つた歌をわめく, 失つた死滅世界にどうして, 失つた残念なの, 失つた浮薄で柔弱, 失つた深刻な悲しみ, 失つた父や従妹, 失つた状態を口, 失つた独逸の言語学, 失つた申訳的の自分, 失つた画家が少く, 失つた當座で, 失つた疑惑の時代, 失つた病人だとか, 失つた白衣の夫人, 失つた皮膚横臥して, 失つた直後に伯父瑞仙, 失つた真似をした, 失つた眼両端が深く, 失つた瞬間ふつと頭, 失つた石造の理知, 失つた窮状を日本側, 失つた翌々年自分も到頭, 失つた老女の肌, 失つた肉体のみれん, 失つた肉體が原因, 失つた自由の壓力, 失つた與八郎はその, 失つた良状態が得た, 失つた芸術家が大作主義, 失つた若隠居かと疑はれる, 失つた蒸気が温度, 失つた蕎麦粉と同じ, 失つた藝術家の生活, 失つた藤のステッキ, 失つた視線を画布, 失つた記憶が生き返, 失つた訳である, 失つた証拠は眼付, 失つた話に及んだ, 失つた譯でかの, 失つた責任感から夫妻, 失つた身で生きる, 失つた身上をとりもどす, 失つた身体になつ, 失つた軍人は惨めさ, 失つた軍隊が悉く, 失つた過去をあの, 失つた過激な極端, 失つた部分がむしろ, 失つた醉ひを, 失つた野良犬であつ, 失つた野茨の一, 失つた集団の各自, 失つた青少年の姿, 失つた青木と云, 失つた頭には暗い, 失つた顏色などは青白く, 失つた顔どきつい, 失つた顔付をし, 失つた體で頗る, 失つちまつたらしい, 失つちまつたんだ, 失つてうろたへ, 失つておしまいになる, 失つてお勝手専門になる, 失つてぎよつとしてゐたが梟といふ仇名, 失つてぐんなり弛みさうに, 失つてこれも苦笑, 失つてしまつたぢつと死, 失つてしまつた人もゐる, 失つてしまつた仕方がない, 失つてしまつた忍從そのもののやう, 失つてしまつてポカンとしてしまつた僕, 失つてそれ丈親しみ易い軽い藍色, 失つてむつとする, 失つてるのは, 失つてウヤムヤのうち, 失つてオコウちやんにももう, 失つてカアテンの締, 失つてタマシヒの方, 失つてハタと困じ入りました, 失つてヒネクレて行く, 失つて一言もなかつた, 失つて不安を増した, 失つて乗馬の鞍, 失つて了うたのであつ, 失つて了つたやうにすら感じられた, 失つて二人の客, 失つて人生の疑惑, 失つて人間同士の感情, 失つて仆れて, 失つて今は持たない, 失つて仕舞つたのである, 失つて仕舞つてゐる, 失つて他の温和, 失つて以來妻を持つ, 失つて以来西洋料理屋らしい西洋料理屋, 失つて仰向けにぶツ, 失つて何者かの手段, 失つて俺の考, 失つて傲然自恃の怪力, 失つて分解しさ, 失つて前のめりに倒れた, 失つて十四五世紀になる, 失つて却つて逆な印象, 失つて口が利けなかつた, 失つて右手で京子, 失つて周章する剛造, 失つて單純化せられ前置詞, 失つて嘘を吐い, 失つて器械のやう, 失つて四途路筋斗の海賊船, 失つて夢幻のうち, 失つて太一郎の肩, 失つて太夫元は言, 失つて奧と門口, 失つて女の膝, 失つて娘のお, 失つて小作人になつ, 失つて尻もちをついた, 失つて崩壞を免れぬ, 失つて帰つて来られたの, 失つて平次と八五郎, 失つて庭は喬木, 失つて形式を守つて, 失つて形式的なもの, 失つて彼自身の靈魂, 失つて後ろへ退り, 失つて徒に動亂, 失つて心気一転風流三昧の生活, 失つて心配して, 失つて忍從と諦らめ, 失つて悵然と徒ら, 失つて惡へ走れる, 失つて戦慄するお, 失つて手段を忘れ, 失つて抽象的形式的な型, 失つて敗北して, 失つて斃れて, 失つて春の祭り, 失つて暗鬱な気, 失つて暫らくは默りこくつ, 失つて有耶無耶に口, 失つて根こぎにされた, 失つて横になつて, 失つて歎いて, 失つて此の如く, 失つて死んでしまつたの, 失つて死人のやう, 失つて殆ど絶望の淵, 失つて残つてゐるもの, 失つて殘念さうに額を擦つた, 失つて毎日焦りぬいて, 失つて気が付い, 失つて江戸を去つた, 失つて燒け死ぬ, 失つて爲事の方, 失つて特別な解釋, 失つて狼狽もすれ, 失つて現在は彼等, 失つて病室から運び出され, 失つて百圓ほどの借金, 失つて相模に居た, 失つて石となり, 失つて社会的価値といふ一つ, 失つて竹簀に突き当る, 失つて終ふに, 失つて終つてから今, 失つて結局壞滅に歸, 失つて絶對的實在者のうち, 失つて胴体だけになつた日本, 失つて自分を見, 失つて自己の靈魂, 失つて自然に行, 失つて自転車をた, 失つて船橋を驅, 失つて船首甲板の方, 失つて虚勢を張る, 失つて行き明瞭さを薄く, 失つて行つた最大の原因, 失つて行つた自分を今, 失つて見物がドツ, 失つて言ふに, 失つて訴へてゐる, 失つて誹諧が発生, 失つて講釋師は言, 失つて身を顫, 失つて身體をよろつかせ, 失つて迷ひ込みさ, 失つて迷路の中, 失つて退散しその, 失つて逃げ掛けたサウ, 失つて途中から転落, 失つて雨の足, 失てしもた, 失花魁からの, 失であったことは, 失でしょうか中, 失胡魔化した, 失ともいうべきでこの, 失ないし感ある, 失なくとも一切停止, 失なさなかったら今頃は, 失なしましたので, 失なすということ, 失なつた, 失なはれた夜に, 失なひし貝なら, 失なひたるが立帰り, 失なひつる罪得が, 失なひぬ砂の, 失なるかを思うべし, 失なわしめ唯だ, 失なわずにこの, 失なわず生きようとする, 失て凄き, 失のうたらどうする, 失はるべしなどとわざわざ, 失り, 失へりといへりと傳, 失へる如くいづことも, 失へる憂ひの民, 失また従て, 失微に, 失之を, 失れいでしたしかし, 失れた話を, 失れたる茶羅紗の, 失わざらしめん, 失わざらん事に努力, 失わしはする, 失イ業ニ離レ飢テ食ナク病テ薬ナク老幼ハ溝壑ニ転ジ壮者ハ去テ他国ニ流離セリ, 失ウコトナク一挙ニシテ, 失エシモノノ深サヲ, 失エルアリ或ハ業ニ離レ飢テ食ナク病テ薬ナキアリ, 失エルアリ営養ヲ失エルアリ, 失シ交友ニ於ケル信用ヲ損スル重大ナル苦痛, 失シ竟ニ何ノ渓タル, 失ッタ悲シサノタメニ酒色ニ溺レテ恵ミ深イ, 失ッテハ不便デアルト考エテイルノデハナイカ, 失た男, 失ハザルガ如キ是其證ニテ凡此自動力ハ何人ニテモ之ヲ有, 失ハナイ一体此灌園, 失ヒタルモ是ニ附隨セル名稱ハ未ダ其跡, 失ヒテ其所有權ヲ喪失シタル者, 失ヒルアリ或ハ, 失ヒ一日ヲ不出シテ撲滅シ, 失無キハ果シテ英雄, 失フノ結果ハ其人ヲ容ルヽ能ハズト云フ源因ニ, 失フハ日本国ノ柱幢, 失フ可ザルモノニシテ之ニ忍耐, 失フ所以ハ外部的壓迫ト内部的廢頽トニヨリテ自決スル力ヲ缺ケルガタメナリ, 失フ者ハ時也天朝ニ非ズ, 失ワレタ記憶ガ戻ッテ, 失ワレテ体ガ倒レソウニナッタリ地下ヘ滅入, 失一得を伴い, 失一得功は勞, 失一期の不覚, 失如夢為雨為雲今, 失矣, 失二つのもの, 失をお, 失の健康, 失八里に仮り, 失其赤子之心者也, 失であるから, 失や沈淪, 失して, 失區域は町, 失の少, 失して, 失を天下, 失張り事実であること, 失張此の直訴, 失張駄目です, 失忘したる記憶を, 失忘癖に至っ, 失の花, 失もみな, 失戀失敗が見える, 失戀懷疑絶望破壞, 失戀札幌の滯在等, 失所不尽生理朕甚憫焉所以親閲方書俾令撰集溥天之下, 失有りつてね, 失であると, 失楽園内部の出来事, 失楽園専任の助手杏丸医学士, 失樂園やは今日, 失無くんば, 失物出がたし, 失物判断縁談金談吉凶禍福に至る, 失に, 失産貧窮に因, 失眼者たる不具, 失禮不遜申しわけありませんが, 失禮乍ら小生の姪, 失禮乍ら貴君も好い, 失禮此處は一體何處, 失禮申上げませう私, 失で塗りつぶし, 失綜届を出させ, 失緊状態になっ, 失落するのであります, 失血多量により或は, 失贅増生理機関の転位, 失走しってしま, 失は前車, 失せしむべ, 失透釉で陶土, 失る, 失に終わる