青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「孔~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

嬢~ ~子 子~ ~子ども 子ども~ ~子供 子供~ ~子供たち 子分~ 子孫~
孔~
孔子~ 孔明~ ~字 字~ ~存 存~ ~存じ 存じ~ ~存じます ~存する

「孔~」 1419, 15ppm, 7334位

▼ 孔~ (205, 14.4%)

19 あけて 5 開けて 4 穿って 3 明けて, 穿けて

2 [13件] あけそれ, あけたり, つくるには, とおして, 作って, 掘って, 明けても, 穿ちそこ, 穿ちそして, 穿ちたるもの, 穿ちて, 通って, 鑿る

1 [145件] あけそこ, あけその, あけた, あけただけ, あけたの, あけたやつ, あけた字, あけた獸類, あけようと, あけられて, あけられスクリュー, あけるには, あける器械, あける機械, あける錐, あけ糸, あると, いくつも, いで我, うがち火花, えぐったり, おさえ, くぐること, くるため, ぐる, こしらえて, こすりあげた, すかすよう, つくって, つくつて, とおりぬけるとき, どうして再び通る, なにかふんわりと, のぞいて, ひろげて, ふさいで, ふさがれちゃ, ふさぎにんじん, ふさぎ自分, ほじくるといふ, ほじったり, ほじりながら, ぽつんとあけ, もっと拡げ, チムニーの, 一ぱいに, 一側へ, 三角に, 下から, 中央に, 乳に, 仰向かして, 入れた, 具合よく, 出るなり, 前よりも, 叩き壊して, 埋めた油綿, 埋めるの, 塞いだ, 塞がざるを, 塞ぎて, 塞ぐこと, 塞ぐ癖, 填めて, 大きくし, 大きく開け, 射ぬきます, 悉く塞がれ, 手探りに, 抜けて, 拡げて, 掃除に, 掘りて, 掘りカッパ, 掘り通して, 探すこと, 探って, 擽って, 明けたり, 明けた所, 明けた梅, 明けぬ前, 明けまんまと, 明ける, 明け初めた, 殘し, 浴せかけたちまち, 潜らせ最初鍵, 無数に, 片手で, 発見した, 発見する, 眞黒に, 眺める, 破るばかり, 示したるかとも, 示して, 空けられて, 穿ける事, 穿ける理由, 穿ちその, 穿ちダイナマイト, 穿ち其所, 穿ち又, 穿ち得たりと, 穿ち緒, 穿ち身, 穿ったものの, 穿った貨幣, 穿つ, 穿つが, 穿つに, 穿つ明智, 穿てり, 穿り始めた, 突かれて, 粘土で, 糸嚢と, 索めて, 荷を, 見つけたので, 見やりながら, 見付けて, 角の, 設け僧, 越して, 踏んで, 踏台として, 透して, 通す女, 通るかた, 通るよう, 通過し, 造る, 開いた, 開いた花桐逢痴, 開いて, 開けたよう, 開けるの, 開ける準備作業, 開ける際, 障子へ, 隠す楯, 高くキラリ

▼ 孔~ (191, 13.5%)

12 中に 8 あくほど 5 中へ, 中を 4 ような, ように, 上に 3 あけて, やうな, 中は 2 ところに, ところへ, 中で, 奥には, 排列が, 深さ

1 [128件] あいたお釜帽子, あいたの, あいたコルク, あいたジャケット, あいたセロ, あいたロール紙, あいた二文銭, あいた五銭銅貨, あいた歯, あいた浮木, あいた石斧, あいた金袋, あいた顔, あいた風船玉, あいて, あけ工合, あたりに, あとである, あるもの, ある湖水, ある蘆, ある門, うしろで, ことを, ごとき孔, ごとき空地, ついた適当, できたミズムシ, できる原因, なかに, ほうへ, まわりの, やうに, バルブが, バルブも, フチに, 一つびとつに針金を, 下に, 中か, 中から, 中が, 中であった, 中には, 中にも, 中の, 中心が, 事を, 二箇條である, 二箇條に, 位地から, 何である, 儒者で, 入口には, 入口へ, 内部だけは, 内面には, 処に, 出來て, 前に, 前にも, 半分までは, 南歟と, 口, 口は, 口へ, 口より, 向側に, 周囲の, 塵を, 境界線を, 壁の, 壁は, 壁も, 外で, 奥の, 如き空地, 存する事, 存在理由は, 小さいの, 底に, 形や, 彼岸に, 怪光が, 悲歌, 招き, 教えしか, 教えは, 数だけ, 数は, 数まで, 明いた米袋, 明いて, 明かぬ前, 明くほど, 明く程, 明け方が, 正しい輪廓, 無い笛, 熱気に, 状を, 状態と, 状態に, 現滅, 発見, 直径七メートル五メートル以内に, 真上に, 真下では, 真下には, 秘密を, 空いた紙製, 空くほど, 端の, 線が, 縁までは, 縦吹きのした, 處を, 通った畸異, 邊へ, 鉄格子が, 開いて, 開きたる儘, 開くほど, 開閉によりて, 間から, 間隔と, 間隔を, 闇の, 隣に

▼ 孔~ (165, 11.6%)

17 あいて 12 あって 5 明いて 4 あるの 3 どほん 2 あいた, あきその, あつて, ありますから, 二つある, 通って

1 [112件] あいたもの, あいたやう, あいてるから, あきだした, あきますわ, あく, あくわけ, あく程, あった, あったの, あったらどう, あった場所, ありそれ, あります, ありません, あり角ばつた鑿, あるか, あるだろう, あるとかないとかという, あるので, ある事, あれば, いくつも, いちめんに, おそろしい口, こしら, しきりに痒, そちこち, その一群, ただ一つ, だんだん闊, ついて, つまって, できて, できてるの, できる, どうかし, どおん, ないの, なかった, にわかに二ツ, はいり込んで, ふさがった, ふさがれました, ふたつつ, みんな開い, むづがゆくなつても顔を, ポカリと, ポツポツ明い, ポツリと, 一つしか, 一つ空い, 一と, 三つある, 三十ぐらゐあいてゐた, 二ヶ所も, 併んで, 僅かに, 円錐形に, 出来たり, 出来て, 出来る, 出来るかも, 出来鉄格子, 刺さらなかったとか, 半円形, 口を, 右脇腹に, 右足は, 啣え, 啣へ, 塞がって, 変形した, 大きく拡がり, 大きく破れた, 妙に, 小さくては, 幾対か, 当然だ, 必ず生じ, 必要だ, 揉んで, 明いたが, 明いたり, 明きます, 横に, 殘つてゐる, 水の, 水面下に, 無数に, 現われない時, 眞すぐ, 空いて, 空きその, 穿たれた, 穿たれて, 立って, 腹の, 膨らんで, 覗けるの, 通つてゐる, 通らないくら, 開いた, 開いた時分, 開いて, 開いてる上, 開いてを, 開くこと, 開くの, 開けて, 非常に, 黒

▼ 孔から~ (107, 7.5%)

3 のぞいて 2 取り出して, 屋根の, 彼の, 息を, 煙を

1 [94件] お日さま, くぐしてやろうと, この体たらく, じっと自分, すっかり撮影, ぢつと, であった, どう云う, ぬけて, のぞき, ぷつと息を, ゆるやかに, ガスを, チャンと, チラッと, ヒラリと, プツプツと, 一々縄, 下を, 中へ, 佐柄木は, 何番目何番目といふ, 出すの, 出て, 出る鹹, 出血し, 吐き出される輪形, 吐き捨てるため, 吸入させ, 吹き出す幾万斛, 吹き散じて, 嗅煙草の, 垂らせば, 外に, 外へ, 大きな鼻, 大洋に, 天, 天に, 安房上総まで, 導線を, 小鼻に, 広い世間, 後方へ, 心中を, 或る, 擽つたい腋の下, 映つて, 暖い, 暴し, 東西南北の, 棒みたいな, 楼上へ, 死体の, 毒ガスを, 洟汁を, 流れ出した, 流れ出して, 滲出する, 潜り込んだり, 激しく出入, 烈しい勢い, 物陰から, 甕に, 真逆様に, 眺めると, 眼底に, 硝子壜の, 空へ, 突き出したまま, 続け様に, 聞くよう, 腸の, 自由に, 落ち込んだ水, 蒸気の, 蠅が, 見える赤い, 見ること, 見下ろして, 覗いて, 覗くと, 覘い, 身体の, 迸つて, 逃げ出すという, 逆に, 鉄砲を, 頭を, 顔だけを, 風の, 飛び出しサムイ, 鼻水を, 鼻糞を

▼ 孔~ (97, 6.8%)

3 野花を 2 合わぬ端, 吊って, 当て正しく, 栓を, 眼を

1 [84件] くらべると, さげて, さしこもうと, さしこんだ, さしこんで, さしみぎ, さし忽ちに, しょっちゅうパン屑, つめて, つめる, つめる古, とおそうと, とおらなかったの, なすりつけ予防, なって, なつて, はめこの, ぶつかけ, グイと, タマを, 一毛旋り生ず, 上から, 下から, 下げられて, 五本の, 侵入しない, 入らんと, 入れかの, 入れようと, 入れる, 入れガチャリ, 出会ったの, 別々に, 利用した, 取付けて, 吸は, 吸わる, 吹き飛ばされぬ用心, 固く挾む, 埋没した, 小さい竹, 嵌まる, 嵌めて, 差しこまれたまま, 差したる儘, 当てて, 当てな, 必ず出会った, 押し込んだ, 押し返した所, 挟んだ観光団, 挿して, 木か, 気がついて, 沁み入った, 沢山毛, 油を, 注がれて, 注ぎこむ, 注ぎ込みその, 注ぎ込んだ水, 湯を, 潜み金竜, 無心な, 焦点を, 白い雛菊, 眇眼に, 篏木した, 籠つてゐるらしい, 糸が, 糸は, 結びて, 続いて, 緩く下, 舌を, 落ちこむこと, 見入って, 詰めるの, 通じて, 鍵を, 顔を, 飛びこむとは, 飛びこんで, 飛び込み決して

▼ 孔~ (81, 5.7%)

4 は公子 3 はそこ, はその 2 がその, が問うた, は, は大いに, は女, は少年

1 [59件] がこれ, が傍, が手足, に, に剣, に向っ, に言った, に話, に贈った, のあい, の不審, の力, の婚礼, の心, の手, の故郷, の来歴, の榻, の死骸, の胸, の腫物, の首, はじっと, はそれ, はため息, はとび起き, ははじめて, はひどく, はびっくり, はふしぎ, はまだ, は一晩, は不審, は仆, は公子兄妹, は喜ん, は困った, は城内, は岳母, は斎園, は旅費, は朝廷, は泊る, は生きかえった, は皆, は目, は眼前, は義, は苦痛, は躍りあがっ, は進士, は閑静, は驚い, もお辞儀, や松娘, を拝んだ, を見せた, を見る, を邀

▼ 孔~ (42, 3.0%)

8 の教え 4 の教, の道 2 に借, の時代, の書, の言

1 [18件] でなく神仙, でなければ, の伴侶, の学, の学問, の學説, の學説皆, の弟子みたい, の思想, の教義, の正大純粋, の生れた, の精神, の遠き, は封建制度, や老, を罵倒, を遠

▼ 孔夫子~ (39, 2.7%)

3 の聖

1 [36件] がこの, が仰せられました, が志, が生き, が眼, が自ら, が自分, が門人, だって自分, でさえもその, でさえも五十, ですらも, に去られた, に及ばない, に対して枉げて, のいわゆる, のお, のお話, のたった, のもっと, の事, の容貌, の深, の覚え, の身, は, はどこ, はふだん彼, は嘗て, は怪力乱神, は紀元前五五一, も申し, よりも盗, よりも賢, を教師, を知る

▼ 孔~ (36, 2.5%)

1 [36件] あきそう, あき一枚, あり得ないと, この力, ずっと続い, それによって, バルブを, 三箇竝立し, 上り気味に, 人間の, 全開の, 六角の, 円い形, 凍った空気, 別に不平, 前日の, 向ふ, 垂直で, 塞ぐこと, 太い鉄管, 寝台の, 左右は, 既に彼ら, 星の, 極めて小さく, 犯人の, 皆な, 知里の, 答えず九文, 糸を, 細胞の, 蓮根と, 衛生にとっても, 陥没湖の, 顔を, 魚類の

▼ 孔~ (27, 1.9%)

2 指を

1 [25件] あぶら虫に, かんじよりを, つき通して, キャッチする, 丁字香を, 二本の, 入って, 入れると, 埋め木, 太い釘, 引返したの, 押し込んでは, 挿込ん, 毛を, 煙草を, 白髪が, 目打ちを, 突込んで, 筆の, 落ちるところ, 行く気力, 詰めて, 通した, 順々に, 頭を

▼ 孔~ (26, 1.8%)

1 [26件] が彼, が矢張り神童, が答えた, が聞い, であった, と仲, に援, のことば, の入れ, の息子たち, の演舌, の身内, の邸, はいつ, はです, はなん, はまた, はハッ, は三国時代, は丞相, は前, は将軍, は彼, は心, は慨然, は笑っ

▼ 孔乙己~ (25, 1.8%)

2 が店, はどう

1 [21件] かお前, が坐っ, と呼ばれる, にとっては大, の名前, はいつも, はお, はしばらく, はとても, はわたし, は仲間脱, は低い, は俄, は弁解, は書物, は死んだ, は眼玉, は立, またやった, を取囲む, を見た

▼ 孔~ (19, 1.3%)

2 という人間, のお, の仲間

1 [13件] が家, であるが, です, ですかい, という, という先生, という方, なり墨, のこと, の方, を用いよう, を辱, 老冉

▼ 孔~ (15, 1.1%)

4 の諸 2 の徒, 第一 1 に克己復禮, に匹敵, に於ける, の子路, の弟子中, の後輩, の諸子たち

▼ 孔より~ (14, 1.0%)

1 [14件] 上昇する, 世界は, 入りて, 入り来った, 入るべし, 出で, 外を, 少しずつ, 火烟も, 火煙も, 蛇出で, 蠅を, 飛び入る方角趨勢, 黒色の

▼ 孔~ (12, 0.8%)

2 なって 1 いふとも, かうたけ, なり或は, 口だけ, 口の, 同一の, 申しまして, 称して, 言やあ, 言われて

▼ 孔安國~ (12, 0.8%)

5 の注 1 あるのみ, から古文尚書, の解釋, の註, は何晏, 已に, 注孝經一卷

▼ 孔~ (9, 0.6%)

1 が鄭注, であること, に優る, に跋, の我国, の沿革, は安国, は梁末, を取らずし

▼ 孔あり~ (7, 0.5%)

1 て小, て此所, と珍し, 乍く, 何がな珍説, 其口を, 子口より

▼ 孔先生~ (7, 0.5%)

1 といえ, に比べる, のお, のよう, はすばらしい, はどこ, は自宅

▼ 孔~ (7, 0.5%)

1 のため, のもの, の当主衛, の當主衞, の禄, の老, は魯

▼ 孔~ (7, 0.5%)

2 の邸, 之不 1 とは孔安国, に負う, の宅

▼ 孔~ (7, 0.5%)

1 が関羽, というもの, はあっ, はその, は関門, を斬っ, を斬り

▼ 孔だらけ~ (6, 0.4%)

1 だ, で髯, なの, にする, の古, の巨大

▼ 孔まで~ (6, 0.4%)

1 しみこむスベ, 吐き返す, 塞って, 捜査された, 油層の, 粉雪吹込んで

▼ 孔~ (6, 0.4%)

2 口も 1 あいとらん, あつた, 塞がらずに, 調べたよう

▼ 孔~ (6, 0.4%)

1 といふ, と併, の個性, の道, を同視, を論じ

▼ 孔ある~ (5, 0.4%)

1 ところ, のか, ばかりで, を見, 蘆の

▼ 孔~ (5, 0.4%)

41 多し我

▼ 孔には~ (5, 0.4%)

1 いつた餌, ちょうど従僕, もう賊, 細い目, 薔薇の

▼ 孔を通して~ (5, 0.4%)

1 お見せした, スパイする, 一滴も, 多種の, 彼は

▼ 孔~ (5, 0.4%)

1 といえ, に入っ, に妙薬, の堂宇, を見る

▼ 孔からは~ (4, 0.3%)

1 一筋の, 白い煙, 真紅な, 血膿を

▼ 孔~ (4, 0.3%)

1 のぞいて, 大に, 熔岩トンネルを, 自分の

▼ 孔という~ (4, 0.3%)

3 のは 1 のが

▼ 孔とは~ (4, 0.3%)

1 いかなる魔所, 何かよほど, 何である, 朝夕深い

▼ 孔など~ (4, 0.3%)

1 ありて, あるはず, あるわけ, あろうはず

▼ 孔~ (4, 0.3%)

1 湯気を, 窓の, 耳の, 脣の

▼ 孔叔圉~ (4, 0.3%)

2 が死に 1 が死んだ, はつとに

▼ 孔~ (4, 0.3%)

1 に就い, を一つ, を云々, を奉じ

▼ 孔~ (4, 0.3%)

1 が, という者, の顔, は

▼ 孔~ (3, 0.2%)

2 のだ 1 んです

▼ 孔にも~ (3, 0.2%)

1 こまかい金網, 外側から, 耳朶にも

▼ 孔~ (3, 0.2%)

1 の圧力分布, は吹こう, を掃除

▼ 孔~ (3, 0.2%)

2 の孔 1 の底

▼ 孔安国~ (3, 0.2%)

1 で孔子十一世, の手, の訓説

▼ 孔~ (3, 0.2%)

2 と儀行父 1 も儀行父

▼ 孔~ (3, 0.2%)

1 という人, とも書く, 以来江戸末期に

▼ 孔穎達~ (3, 0.2%)

2 の正義 1 が忠恕

▼ 孔だけ~ (2, 0.1%)

1 外へ, 水面へ

▼ 孔です~ (2, 0.1%)

1 か自分, って

▼ 孔でも~ (2, 0.1%)

1 あいて, あかないの

▼ 孔へは~ (2, 0.1%)

1 しばしばにんじん, 手桶に

▼ 孔みたい~ (2, 0.1%)

1 な大きな, に思われる

▼ 孔らしい~ (2, 0.1%)

2 所から

▼ 孔をも~ (2, 0.1%)

1 血石をも, 開けて

▼ 孔並びに~ (2, 0.1%)

2 後頭

▼ 孔乙己お前~ (2, 0.1%)

1 の顔, は本当に

▼ 孔又は~ (2, 0.1%)

1 硫氣孔の, 裂目

▼ 孔同然~ (2, 0.1%)

1 だ, だよ

▼ 孔明き~ (2, 0.1%)

1 饂飩です, 饂飩と

▼ 孔有り~ (2, 0.1%)

1 て恰も, て此所

▼ 孔~ (2, 0.1%)

1 とは孔子, の中

▼ 孔油染み~ (2, 0.1%)

2 なんど多き

▼ 孔~ (2, 0.1%)

1 にさう, 辨僞を

▼ 孔~ (2, 0.1%)

1 の妻, を攻め殺し

▼ 孔~ (2, 0.1%)

1 ができ, を氷

▼ 孔~ (2, 0.1%)

1 が一つ, の數

▼ 孔~ (2, 0.1%)

1 の道, 二子の

▼ 孔~ (2, 0.1%)

2 の孔

▼1* [111件]

あき銭が, 孔からばかり人間を, 孔からも焼けた穴, 孔がわりあひ, 孔けられている, 孔ごとに蛙, 孔しか明かなかった, 孔すれすれまでに海, 孔だけですむと, 孔だすがあれ, 孔ってどんなぐあいになっているものなの, 孔であるがそれ, 孔ではひとりの, 孔というのみで名前は, 孔として役に立ったもの, 孔との距離の, 孔とやらもそちの, 孔などから思い付いた捏造説, 孔などにも現われるの, 孔などもよく洗います, 孔なら空に, 孔なんかあるん, 孔なんぞもその念入り, 孔にて入來る, 孔にとおしておくれ, 孔へも入りたく思ったの, 孔ほどの狭い隙間, 孔まろき白き, 孔細く透かせ, 孔よりも出ッ歯, 孔らしくも見える, 孔をとほらなけ, 孔マデ覗イテ見タガ, 孔一つから貴女, 孔に立っ, 孔丘さへ微温底, 孔丘釋迦其他古今の哲學者, 孔中ニ乾青魚二ツヲ入, 孔中蚊睫の間, 孔二道有一道ハ西丘ヲツラヌイテ走ルコト里余, 孔以外の異教, 孔など, 孔傳其惟王居位在徳之首, 孔允植の爲, 孔動物である由, 孔を救え, 孔叔圉等から乞われる, 孔叢子淮南子史記漢書七略等に見え, 孔一個有り, 孔土崩えて塞がり, 孔土房土窓築くに従って, 孔と申し, 孔堂十能六芸伊尹両道仰げば, 孔堂由井正雪といったよう, 孔墨たるに足らず, 孔墨兩家の爭, 孔墨皆先聖の術, 孔太夫を引渡す, 孔夫子のと同じく, 孔の周囲, 孔孟之ヲ教フト雖モ無益也, 孔孟仁義の道, 孔孟仏老の教, 孔孟道徳之文章, 孔孟釈迦耶蘇その人, 孔安国馬融鄭玄王粛などの学者, 孔安國傳の舜典, 孔安國注の信ずる, 孔安國注梁末亡逸今疑非, 孔安國論語に何晏, 孔の子, 孔密州五絶の一, 孔寧儀行父の二人, 孔工研工製粉工捲き手, 孔席暖かならず墨突黔, 孔の禮儀, 孔廣林の輯本論語鄭氏注, 孔や比重, 孔恭字は世粛, 孔の次男, 孔探検についての国際紛争, 孔文子はどうして, 孔文挙小児なら楊徳祖, 孔明世に在り, 孔暗箱を用いた, 孔有る物有り, 孔氏三世妻を出した, 孔生じて千瘡出, 孔生夫婦を抱く, 孔甫花守と共に稽古会, 孔をひろっ, 孔硫氣孔が殘つて, 孔秀自身剣を扼し, 孔穎達等に命じ, 孔という一欄, 孔笛幸山君山千秋庵白雲房あたりの名, 孔を塞い, 孔篇及迷庵師の論語数条, 孔は濠州辺, 孔の裔, 孔聖誰れか, 孔融なんどという大物, 孔較富人入神之國, 孔較富者入神之國, 孔門以徳行為先文章為末爾既徳行, 孔門随一の快男児, 孔閼むる有るも, 孔雪笠は孔子, 孔大句珠二枚, 孔頴達の, 孔に配すべし