青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「子孫~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

嬉しく~ 嬢~ ~子 子~ ~子ども 子ども~ ~子供 子供~ ~子供たち 子分~
子孫~
孔~ 孔子~ 孔明~ ~字 字~ ~存 存~ ~存じ 存じ~ ~存じます

「子孫~」 1349, 15ppm, 7667位

▼ 子孫~ (247, 18.3%)

14 ために 6 繁栄を 4 ことを, 家に, 教育を 3 ためにも, 方が, 計を

2 [13件] うちの, すべてを, ためだ, やうに, 中から, 中に, 国である, 家には, 末を, 為に, 者が, 者は, 護符を

1 [180件] あふべき欺罔, あると, あるもの, あるよう, ある時, いるか, うちで, うちには, おかた, かたは, ことで, ことに, しげること, すべてが, ためかと, ためこれほど, ためだろう, ためにと, ためふたつの, ため事の, ため何と, つぎつぎの, ない時, ない紫, なかに, もてなしを, ものが, やった事, ゆくえを, イマシメに, エミシも, クシヤタマの, ツブヤカん, 一人が, 一人だ, 一生の, 不幸を, 世と, 世に, 中で, 中にも, 中の, 事に, 事蹟の, 事蹟を, 人々は, 人達に, 仇と, 今の, 代に, 代の, 代りに, 住むところ, 体に, 体質を, 余栄を, 使用を, 側から, 内から, 分派にも, 力を, 受くる, 受けた擯斥, 国で, 土地は, 多くが, 大君は, 大部分, 女王子などに, 安否まで, 実力生活の, 実在を, 家だ, 家です, 家では, 家は, 家を, 将来の, 干名犯義, 幸を, 幸福は, 弱化と, 徳に, 徳性と, 心臓を, 心配の, 恥こそ, 意では, 意なら, 意味である, 愛と, 我々と, 戒めとな, 手に, 教育その他すべての, 教育に, 数が, 方々といふ, 方も, 族長たる, 時代に, 時代の, 時代迄も, 末々に, 末々まで, 末々までが, 末々までを, 末まで, 末までも, 末七万両の, 村屋に, 栄枯を, 根絶やしを, 正系が, 殖えると共に, 殘つてゐる, 氏ある, 気あり, 没落にあたって, 流民の, 混入し, 為には, 為めとでも, 為めに, 為図る, 無い物, 爲に, 爲めに, 爲めにも, 父祖を, 狐が, 現存し, 生れいづる, 生活には, 生産力は, 用に, 田より, 目の, 着て, 矢代が, 祀を, 祖先に, 禍源たるを, 移り住んだ所, 種を, 系譜である, 統率の, 絶えて, 絶えないあいだ, 絶滅した, 続く間, 維持と, 繁栄する, 繁栄は, 繁殖と, 繁殖に, 繁盛という, 罪人のみに, 罪業を, 老女がを, 者共の, 育成を, 腕や, 艱難を, 荒木陽一郎は, 蕃殖を, 蕃殖をも, 裔にまで, 計が, 計未だ, 記憶にまで, 謡曲の, 護符である, 運は, 過去未來における, 遺産に, 頭の, 養育に関する, 餌として, 骨も

▼ 子孫~ (151, 11.2%)

4 今も 2 あすにも, この城, これを, 世々その, 今の, 武蔵の, 父祖を, 現存し

1 [131件] あった点, あって, あつた, いる, おいでに, おこしに, お先へ, こうした村, この中, この家憲, この相続権, この遺言, これに, こんなにまで, さがすの, すべてこれを, すべて十分に, そうなる, そこに, そこらに, そのまま継続, その上, その両親, その教え, それを, だんだん増殖, だんだん殖え, つくるもの, つまり古, できない人類, どこかに, ない, なお祇園, また兵, みんな幸福であろう, よしや少から, わが国に, アイヌの, コマ神社宮司家である, スワの, 七人それぞれ祖先からの, 三千人も, 世襲しなけれ, 丹党の, 今にその, 今日の, 今日何万か, 今日大富豪, 代々残っ, 伐つても, 住んで, 何, 何人に, 何時までも, 児玉党丹党猪俣党などを, 十六世紀の, 国の, 埃及に, 多い様, 多くまた, 多数この, 大いに栄えた, 大和に, 天者腹である, 存在し, 守ること, 富山へ, 少くない, 尚ある, 山伏に, 山岳宗教と, 廣く, 引き裂かねば, 当然殉教者, 後年建てた, 徳川家へ, 必ずしもことごとく後, 悉く非命, 所々に, 所謂宗家分家又, 撰集に, 数十人名乗りでた, 日傘, 朝廷に, 柳営の, 栄えないなどと, 栄えるよう, 栄光と, 桜田の, 椙原氏だ, 此の, 武蔵野に, 残って, 殖えて, 殖え新しい, 氏族として, 治めるはず, 無い, 無商売, 父祖から, 犬の, 現在住ん, 現在字を, 生前に, 産れ, 発達進化し, 百年後に, 相伝え, 相承いで, 真人間に, 祖父や, 祖父母, 私どもに, 絶えぬかと, 継げるので, 繁昌し, 繁昌するなら, 繁殖する, 繁衍する, 自分の, 華族なら, 落伍し, 衰微し, 贅沢は, 近村に, 連綿と, 遙か, 遠いのち, 長い間四囲, 集まって, 音も

▼ 子孫~ (151, 11.2%)

5 して, 伝えて 3 あたるという, 傳へる 2 伝えたもの, 傳へ, 周, 累いを, 遺伝する

1 [125件] あたった, あやまりなく, あらずして, あらずや, いいつたえて, いつな, お仕え申します, お辞儀, さしあげよと, たくさん金を, つたえる小さな, つないで, どんなに苦しみ, なる, ひそかに, むくいむ, ゆずる時, 与えるのに, 与え佐伯造, 交附され, 伝うるなり, 伝うるの, 伝えた, 伝えたい不朽, 伝えたと, 伝えたに, 伝えたので, 伝えなければ, 伝えようと, 伝えようの, 伝えるため, 伝えるの, 伝える伯爵位, 伝える大切, 伝える生命, 伝へて, 伝へられ漸く, 伝わったものの, 伝わりついに, 伝わると, 伝わるという, 伝わるとでも, 伝わるの, 伝わるので, 傳はる, 傳へられた, 充分の, 勝つたわけ, 厭な, 及び最後, 及ぶの, 及ぶまで, 及ぼすこと, 及ぼせし不祥, 反抗させ, 取り出され再び, 叱られて, 同じき, 善人なけれ, 因つて傳はらむ, 圧制卑屈の, 守るを, 害を, 對しまし, 小言を, 当たって, 当るもの, 志を, 怠け者の, 悪例を, 武人の, 残さうといふ, 残し伝える, 残すべきところ, 残すべき心, 残す文化的遺産, 殘さざれ, 殘し, 比べると, 現われたり, 現われて, 現われるため, 生き恥を, 病質を, 相続させたくなる, 相違が, 相違ない, 知らすれば, 示さんと, 示したもの, 祭らる, 累を, 絡る, 統一される, 臨んで, 自分の, 至つたなら, 至るまで, 至れば, 行は, 表現され, 言ひ, 訓辞を, 詫ぶ, 語り伝へられるもの, 豪傑を, 貴い教訓, 貽せる, 貽らざる, 連綿と, 違いない, 遺さうと, 遺さん, 遺したが, 遺しただろうよ, 遺したもの, 遺しては, 遺すこと, 遺すのみ, 遺りも, 遺誡でも, 限られて, 限り陣中女房, 霊気を, 鱗の

▼ 子孫~ (133, 9.9%)

6 して 3 残して 2 憐むを, 根絶やしに, 殘す, 殺して, 遺そうと

1 [114件] いう, お墓守り, お尋ね出しに, かかえて, かくねん, この神秘境, たずねさせ漏るるなく, たずね出して, つくって, のこした結果, ふやすこと, みれば, もうけ家系, もって, 不問に, 世々養っ, 今に八瀬童子, 伝えて, 作るさ, 作る目的, 作る種々, 優偶し, 利し一害, 十倍する, 呪い殺して, 呪うべく人間, 地上に, 多数に, 天師と, 失ったから, 嫌つてゐる, 尊敬する, 導く程, 希は, 広げて, 彼地に, 後世に, 得るため, 思いも, 愛惜せざる, 愛撫した, 憐む, 持つという, 挙げた, 捜しはじめた頃, 捜し出す媒, 探し始めた, 播いて, 教うる, 教育し, 教育する, 斬罪に, 斷絶せしめない, 未だに有り, 枕頭に, 根だ, 欠きし人間, 正しい美しい心, 残したがって, 残し種属, 残すため, 残すに, 殖やして, 殖やしませんが, 殖やすこと, 毆打負傷せしめた, 毒するもの, 熱田の, 生じた, 生じ人種, 生ずるの, 生むもの, 生んで, 生成する, 産み養い育てる事, 産んで, 畸形の, 確める, 立てずに, 竜次郎とて, 糸を, 絶さんと, 絶やしたり, 継ぎ自分, 継ぐに, 継ぐの, 継ぐべき子供, 継ぐ基, 継ぐ根源, 繁殖さす, 繁殖し, 罪せり, 美しく繁殖, 腹を, 蠱惑しよう, 血の, 解放する, 託すかと, 託すべき者, 訪ねて, 設けたいもの, 證人に, 護るべしと, 賤んで, 質に, 追うに, 追った, 送り出す準備, 運びゆく舟, 遺さぬの, 遺すため, 遺す気, 防衛する, 養い得るよう

▼ 子孫~ (96, 7.1%)

3 今も 2 どうなった, 伊賀の, 父祖の

1 [87件] あるまい, いい反古紙, ここに, このほか, この国, その村, たしか彼地, だん, つい近年, どこで, どこへ, どこへか, ないとは, ひどく繁昌, まだ生き, まだ裏, もうほ, もう住ん, アレキサンダーの, 一緒に, 三人だ, 三河の, 三田井姓を, 五代十代は, 人間として, 今では, 今なお, 今にも町年寄, 今川橋の, 今日の, 侯爵に, 信長の, 分布され, 労働の, 勢力を, 勿論死刑, 博多へ, 名教, 四方八方に, 国の, 如何なっ, 後ち, 後に, 後の, 従者に, 必ずしも後, 必ず身, 思ふやう, 日下部の, 明治三十幾年かに, 更にこの, 朝廷に, 未だに人身御供, 東方全体に, 果していかに成り行いた, 概して父祖, 概括的には, 歌の, 此同情に, 永くその, 永く昌, 永く落伍者, 永久の, 永続しなかった, 汝より, 江戸時代の, 決して父祖, 沢山の, 無いといふ, 無論半, 特別の, 王朝時代には, 現実には, 現状に, 生川の, 皆外の, 皆法然上人の, 窩に, 絶えて, 絶えましたが, 続々と, 若干の, 西涼の, 誰でも, 遊惰に, 除外された, 陵戸の

▼ 子孫~ (46, 3.4%)

2 そうで, ということ, と称する, よ

1 [38件] からとて永久, から世々蛇, から茶眼, か誰, が一風, が彼等, そうだ, つて矢張自分の, とある, という, という喜び, という旧家, といふ, といわれる, とかよく, とか帰化人, とか申します, として著名, とみずから, ともいう, と云い, と云う, と云っ, と云った, と云われ, と思ふ, と悪口, と称した, と自ら名告, と解し, と言, と言う, と言われ, と認め, などという俗説, などと他, などと説く, のなど

▼ 子孫~ (36, 2.7%)

1 [36件] この権利, ずっとつづい, その徳, ない, なお暫らく, また武州, みな繁昌し, ゐたが, オクタンの, 今は, 今日に, 他国に, 代々田舎に, 先生です, 可哀想であった, 変りが, 多いで, 大分界隈に, 天狗の, 子孫この, 宝を, 才子才女が, 握手し, 既に成長, 普通の, 栄えて, 椙原氏を, 残さねば, 毎に, 相對, 禁裏御用の, 繁昌した, 肝腦, 自ら伸び伸びとして, 親しく立会った, 顕れるし

▼ 子孫~ (35, 2.6%)

4 称する者 2 いえども

1 [29件] いい従って, いふ事, いわれる者, せられた風, そうでない, 云うこと, 云えば, 同じく傍系子孫, 名乗り特別の, 名乗る者, 家畜に, 称しいた, 称して, 称しては, 称するもの, 称する人々, 称する家, 称する神主, 称せられたもの, 考へたもの, 自信する, 自称する, 見ること, 見るの, 言い伝えられて, 言われる人, 認めた, 近親の, 鬼筋鬼と

▼ 子孫である~ (31, 2.3%)

3 ことを

1 [28件] からです, から一揆側, か判然, か最, ことが, ことだけは, ということ, という事, という出雲氏, といっ, とかいうこと, とか云う, とか平将門, とか或いは, とか某, とも云う, とも伝えられ, とやや, と伝えられ, と思っ, と考え, と言, ペルリという, 世尊寺行能の, 彼等さ, 所の, 故に代々片目, 貴族院の

▼ 子孫~ (21, 1.6%)

3 あつた

1 [18件] あつたか, あつて, いまパリで, かつては, この内, ごいす, でも, 人間の, 嚴島神社, 本来平氏, 正二位大納言, 武士道に, 父の, 繁昌し, 自分にも, 舊小田原北條の, 親戚も, 関東では

▼ 子孫たる~ (20, 1.5%)

2 ものが

1 [18件] お前が, に愧, ものは, よりはむしろ, フランス兵士の, 事を, 人々に, 人々は, 吾人に, 土岐頼芸を, 後世の, 旗本八万騎も, 現代の, 現在の, 秋田氏で, 穢多, 第十九世紀, 米人が

▼ 子孫という~ (17, 1.3%)

3 のが 2 類の

1 [12件] のは, ものは, ものを, ような, オホの, 人に, 大祝家, 家も, 某は, 民族所々に, 系譜である, 風に

▼ 子孫では~ (14, 1.0%)

2 なくて

1 [12件] あったろうよ, ありません, ありませんか, ない, ないかと, ないから, ないの, なからう, なかろうかと, なく普通, なく近年, 無かったでしょう

▼ 子孫~ (13, 1.0%)

1 [13件] ぐずぐずに, 不孝っていう, 伝える事, 伝え候国家, 伝はる故, 傳へる, 原始人的な, 向って, 暁らせる, 溜めること, 無理やりに, 知らせる様, 遺すため

▼ 子孫として~ (10, 0.7%)

2 居たの 1 一大氏族を, 他から, 喧伝された, 庶民以上に, 我々は, 祀って, 祀つて, 祖父や

▼ 子孫には~ (10, 0.7%)

1 させんぞ, その後代, ろくな物, 丁度宜い, 今日毛利公爵の, 伝は, 伝へまいといふ, 女が, 朕の, 諸国に

▼ 子孫たち~ (9, 0.7%)

1 がこの, が神, に速度, の前, の後日譚, はそれ, はもう, を引き寄せよう, を慰安

▼ 子孫から~ (7, 0.5%)

1 この秘密, 子孫へ, 当然受, 成立つて, 採るといふ, 日本語を, 近衛

▼ 子孫なる~ (7, 0.5%)

1 かな, ことの, ものが, グイーディの, トロイア人, 由, 護法系統の

▼ 子孫にも~ (7, 0.5%)

1 あたる, この部類, コマ氏が, 伝はるで, 報い足利幕府十三代, 承知致させたく候え, 語り得ざる歴史

▼ 子孫~ (7, 0.5%)

2 であります 1 がめったに, が有力者, が流れ, はいかなる, は父祖

▼ 子孫であり~ (6, 0.4%)

1 ながらお, また侵略, また彼自身, 後には, 豪族たる, 近江の

▼ 子孫にまで~ (6, 0.4%)

1 およぼすという, 伝えたという, 及んだの, 執念ぶ, 禍を, 遺ろうという

▼ 子孫繁昌~ (6, 0.4%)

2 した 1 して, というめでた, なれ兎角, の話

▼ 子孫であっ~ (5, 0.4%)

2 て今 1 て別, て善光寺, て外国人

▼ 子孫~ (5, 0.4%)

1 のじゃ, のだ, のであらう, のである, のでございました

▼ 子孫なりと~ (5, 0.4%)

1 云い茅の輪, 云う, 断定すべき, 称したという, 自称する

▼ 子孫に対して~ (5, 0.4%)

1 同情こそ, 悲惨なる, 持つ精神過程, 新しい習慣, 私は

▼ 子孫まで~ (5, 0.4%)

1 かならず疎略, ちゃんとその, 忘れては, 盗賊で, 續けて

▼ 子孫繁栄~ (5, 0.4%)

2 のため 1 にある, のはかり, の道

▼ 子孫~ (4, 0.3%)

1 帰順者の, 流されて, 自分の, 賢明なる

▼ 子孫永く~ (4, 0.3%)

1 その賤民たる, 武門の, 疎略之, 祖先の

▼ 子孫たる者~ (3, 0.2%)

1 に其創業, は徳川, は此

▼ 子孫とは~ (3, 0.2%)

1 云いながら, 絶て交渉, 親しくまたしたがって

▼ 子孫へと~ (3, 0.2%)

1 受け継がれて, 果てしなくつづい, 語り継がれて

▼ 子孫までが~ (3, 0.2%)

1 あなたを, それを, 永久に

▼ 子孫代々~ (3, 0.2%)

1 に伝える, の者, まで暮さなけれ

▼ 子孫~ (3, 0.2%)

1 が気の毒, の申される, は取り遺され

▼ 子孫あり~ (2, 0.1%)

1 とはかねがね, 乍ら御子代部の

▼ 子孫~ (2, 0.1%)

1 であること, どうかは

▼ 子孫かと~ (2, 0.1%)

1 云つて笑は, 私は

▼ 子孫だけ~ (2, 0.1%)

1 あって, でありごく

▼ 子孫だけが~ (2, 0.1%)

1 山奥に, 繁殖すれ

▼ 子孫だの~ (2, 0.1%)

1 捕虜の, 豊臣家の

▼ 子孫であろう~ (2, 0.1%)

1 が朝鮮人, などという人

▼ 子孫です~ (2, 0.1%)

1 もの縁は, よ

▼ 子孫でも~ (2, 0.1%)

1 なければ, 運と

▼ 子孫とか~ (2, 0.1%)

1 坂東平氏の, 鎮西八郎宿とか

▼ 子孫としての~ (2, 0.1%)

1 代數, 心理遺伝的夢遊を

▼ 子孫なら~ (2, 0.1%)

1 ざる者若し, その系図

▼ 子孫について~ (2, 0.1%)

1 尋ねること, 質さなくては

▼ 子孫への~ (2, 0.1%)

1 愛の, 教訓にも

▼ 子孫までも~ (2, 0.1%)

1 共に栄え, 安居楽業せし

▼ 子孫より~ (2, 0.1%)

1 とこしえに, 出でたり

▼ 子孫~ (2, 0.1%)

1 もあり, 尚ほ

▼ 子孫北方~ (2, 0.1%)

2 に多し

▼ 子孫卑幼~ (2, 0.1%)

1 に加へた非行, よりその

▼ 子孫或は~ (2, 0.1%)

1 其世近く, 特別の

▼ 子孫断絶~ (2, 0.1%)

1 であります, を免れ得た

▼ 子孫~ (2, 0.1%)

1 伝えて, 承けて

▼ 子孫相続~ (2, 0.1%)

1 の主義, の為

▼ 子孫~ (2, 0.1%)

1 が九歳, を生んだ

▼ 子孫祖父母父母~ (2, 0.1%)

1 を毆, を毆ツ者ハ皆

▼ 子孫繁殖~ (2, 0.1%)

1 し弟, には最も

▼ 子孫連中~ (2, 0.1%)

1 があきれ, がその

▼ 子孫~ (2, 0.1%)

1 が来る, は豊臣

▼ 子孫遺恨~ (2, 0.1%)

2 を含みい

▼ 子孫~ (2, 0.1%)

2 に換

▼1* [147件]

子孫いつまでも父祖, 子孫かのように, 子孫この小田氏は, 子孫これを再演, 子孫じゃそうなだ, 子孫じゃなど言わるるものの, 子孫だけは二本差に, 子孫だったことが, 子孫だってえ事, 子孫であったかとそう, 子孫であったろうがそういう, 子孫でございますが日本, 子孫でしかないよう, 子孫でしたがユダヤ国, 子孫でないことは, 子孫とても残って, 子孫との功労の, 子孫とも呼ばれ護法, 子孫とを守り続けて, 子孫と共に季節の, 子孫なからざるべからずと, 子孫なく馬驢の, 子孫などの豪家で, 子孫などは農民とも, 子孫なりが上からと, 子孫なりとの傳説ある, 子孫なるべきも混血, 子孫なればその, 子孫にあたる黒井十吉という, 子孫における生の, 子孫についてはかかる理由, 子孫にて世々清水越の, 子孫にとって当時の, 子孫にとっては全く新しい, 子孫にわたって伝国の, 子孫のみならず事実前科者, 子孫のみはいつまでも, 子孫ばかりはどうにも, 子孫ますます堕落すべき, 子孫または家臣が, 子孫までの生活の, 子孫みずからその功徳, 子孫みな義邦のよう, 子孫ようやく繁殖し, 子孫よりも優って, 子孫らしいぞ, 子孫わかれて弘前, 子孫をば地上に, 子孫をも護りましょう, 子孫アルトの子, 子孫ガ迷惑シテソノ勘定ガ立タヌト遠流又ハ断絶ニナルカラ, 子孫ニ至テモ富ヲ有, 子孫ヘルムホルツによって始めて, 子孫マルグヴェンの女, 子孫純粋, 子孫一村を成せり, 子孫一統正月の飾り, 子孫七人の身の上, 子孫七代いかに落ちぶれ, 子孫七家の人間, 子孫万一の為, 子孫万世ニハ及ボスベカラズ彼等ニシテ久シク留ラントセバ勢ヒ彼等ノ別天地, 子孫万歳である, 子孫不可相繼之然者飽帶官職欲擧家名云々, 子孫を取り出す, 子孫という文字, 子孫五郎は湖畔, 子孫祀して, 子孫仁侠の父祖, 子孫今にその業, 子孫代々頑わ者と生まれ, 子孫以刻本易得, 子孫以外前からの浮浪民, 子孫住職を継承, 子孫何れの町, 子孫に上る, 子孫備中に沈淪, 子孫兄弟同志が別家, 子孫其書に就, 子孫勢多橋を過, 子孫又は外国の, 子孫及び二十一人目たる, 子孫可差進之旨被下院宣已訖, 子孫四郎利長等を始め, 子孫多く臣下でも, 子孫多しだ, 子孫多治比古王の子, 子孫加美太, 子孫大峰の修験者, 子孫如何と問う, 子孫をそらんじ, 子孫存続のため, 子孫安倍氏となつ, 子孫宮古人は黒犬, 子孫庄司三郎兵衞といふ大, 子孫に絶ゆ, 子孫後裔をかかる, 子孫必ず身に, 子孫必ずしも落伍者では, 子孫より生れ, 子孫戯れに狼, 子孫教育のなやみ, 子孫て之, 子孫日本は即ち, 子孫嘗不淳耀惇大唐虞夏商周而外楚爲重黎祝融之後贏爲伯益之後而伯益實庭堅之子禹薦益於天孰謂大, 子孫末代よい意見, 子孫末永く保護せられる, 子孫権字は仲謀, 子孫橘東世子といふ女流歌人, 子孫に男子, 子孫永久繁昌と来た, 子孫永続の立場, 子孫とても元, 子孫の同族, 子孫田原藤太秀郷の後裔, 子孫百世の賞罰, 子孫皆其方便に従うた, 子孫盡隆準と云, 子孫相つぐに及ん, 子孫相伝えなば, 子孫相継いで大和朝廷, 子孫相継ぎ弟子相受け, 子孫相続云々の一主義, 子孫竜宮の事, 子孫等皆之ヲ滅ス, 子孫等皆滅之, 子孫が南下, 子孫えむ, 子孫繁昌家内和睦御利益疑なく, 子孫繁栄欲身一代の名聞欲, 子孫繁盛すれば, 子孫繁衍し万暦三十七年, 子孫繼承して, 子孫聞き知らば思へ, 子孫自身も父祖, 子孫蜂須賀氏を襲, 子孫蝦夷の管領, 子孫親戚師友等のなりゆき, 子孫で福澤, 子孫連綿として徳川時代, 子孫長久よそのこと, 子孫長久繁榮のやはら, 子孫門党の歓喜, 子孫隼人等御垣, 子孫頼朝に至っ, 子孫高時今ハ数十人, 子孫鷺坂伴内の後裔