青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「子供~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

嬉し~ ~嬉しい 嬉しい~ 嬉しく~ 嬢~ ~子 子~ ~子ども 子ども~ ~子供
子供~
~子供たち 子分~ 子孫~ 孔~ 孔子~ 孔明~ ~字 字~ ~存 存~

「子供~」 37903, 409ppm, 232位

▼ 子供~ (9578, 25.3%)

511 ように 268 時から 172 やうに 166 ような 145 時分から 136 ために 112 時分に 111 時に 106 ことを 101 ときから 70 やうな, 時の 69 頃から 68 顔を 62 時分の 61 手を 58 くせに 51 声が 50 ための 49 うちから 47 時分には 42 世話を 39 頃の 35 時からの 31 心を, 様に 30 家, 頭を 29 心に 26 ころの, 上に 25 ときに, 時は, 頃は 24 ときの, 方へ 23 頭に 22 ころから, 頃には 21 ことは, 頃に 20 ことで, 姿を, 方が 19 方を, 時には, 泣き声が 18 名を, 時分は, 癖に, 顔が 17 一人が, 事を 16 数が, 様な 15 手に, 為めに 14 ことに, ときには, 姿が, 方は, 面倒を 13 ことだ, 姿は, 心は, 泣く声, 着物を, 私は 12 ある家, うちは, ことです, ためにも, 僕は, 時代に, 為に, 目の, 群が, 間に 11 ことも, ころは, ないの, 世界を, 中に, 事だ, 寝顔を, 数を, 方で, 私が 10 おりの, 世話に, 前に, 口から, 声は, 教育に, 話を, 謝肉祭, 顔は 9 ためには, ときは, ところへ, ようで, 世界に, 前で, 声を, 生活を

8 [11件] ときからの, 中には, 側に, 時分からの, 時分よく, 母と, 眼には, 眼は, 私には, 養育に, 首を

7 [21件] じぶん, そばに, 内から, 名前を, 声, 声に, 声も, 家の, 心の, 手の, 教育を, 方に, 時分, 母親が, 母親は, 病気は, 眼を, 育て方, 話に, 頬へ, 頭は

6 [35件] うちに, ころには, すがた, すること, ようであった, 一人や, 世界の, 中で, 体に, 側で, 側へ, 出生を, 助手が, 口に, 影も, 心には, 心にも, 折から, 数は, 時を, 様子を, 機嫌を, 泣き声を, 為めの, 無邪気な, 爲めに, 玩具に, 玩具の, 玩具を, 病気の, 相手を, 私の, 遊戯に, 頭が, 頭の

5 [49件] いうこと, ことが, ことまで, ことや, そばへ, それの, ないこと, なかに, ほうが, ほうで, ままで, ようでした, 中から, 中の, 事が, 命を, 声で, 声の, 多くは, 夢を, 好きな, 寝床を, 心が, 愛に, 所へ, 持って, 時と, 時代から, 時代の, 楽園, 死を, 泣声が, 父親は, 生れるの, 生活に, 生活の, 病気を, 目には, 話が, 身の上を, 遊んで, 頃よく, 頃より, 頬に, 頭には, 額に, 顔に, 顔の, 魂を

4 [79件] あとを, あること, おもち, おもちゃの, ことさ, ことなんか, ことについて, ことばかり, ころに, するやう, ためにという, ときと, とき僕は, ままに, ようだ, 世話も, 中にも, 事は, 人気を, 内に, 写真を, 力では, 助手は, 可愛さ, 名は, 命は, 喧嘩を, 大きくなる, 始末を, 姿と, 学校の, 学費が, 守を, 家に, 将来に, 将来について, 影が, 影を, 手から, 手は, 折の, 教育の, 数の, 時分が, 時分を, 時分私は, 時私は, 本を, 村, 枕頭に, 泣き声は, 泣声を, 生れたこと, 目を, 相手に, 眼に, 着物の, 着物や, 私にも, 科学, 純真性は, 群に, 群の, 群れが, 群を, 耳に, 胸に, 自分の, 蒲団の, 親に, 親は, 足で, 身の, 身体を, 遊びの, 遊び場に, 顏を, 顔も, 鼻を

3 [154件] ある人, いたづら, いる方, うちの, おれを, こと, ことであった, ことである, ことと, ことなど, ことなら, ことについては, すきな, する事, そばを, それを, ときを, ない家, ほうは, ほうへ, ほんとうの, もので, ものである, やうだ, ようだった, ようでございます, モスクワ, 一人に, 一人を, 七五三の, 上を, 世話と, 世話は, 世話や, 中でも, 事です, 事など, 二三人も, 二人も, 体の, 体を, 使いじゃ, 健康に, 傍に, 傍へ, 僕には, 内は, 出來る, 分別ながら, 名前です, 喧嘩の, 四季, 声であった, 声と, 外に, 多いこと, 大勢ある, 好きさうな, 好きそうな, 姿, 姿の, 姿も, 守りを, 安全を, 家へ, 家を, 寝息を, 小さな手, 年に, 幸福の, 心から, 心配が, 性質を, 愛と, 愛を, 成長し, 成長とともに, 手が, 手足を, 持つて, 教育について, 教育は, 数も, 文章の, 方から, 日, 日の, 昔に, 時この, 時より, 時代には, 時代を, 時分あの, 時分その, 時分と, 時分にも, 時間, 歌を, 死体が, 死骸を, 母が, 母親として, 母親の, 気持ちが, 泣き叫ぶ声, 泣き声, 泣き声に, 泣くの, 泣声, 為の, 為めには, 父に, 父は, 片言の, 狐が, 狐の, 狐は, 玩具でも, 生命を, 病気で, 白い服, 目にも, 真の, 知ったこと, 笑顔に, 精神の, 群は, 群れの, 群れを, 聲が, 肉を, 育てかた, 自分に, 行末を, 衣類を, 襁褓を, 要求を, 親が, 言葉が, 言葉の, 踊, 遊びです, 遊びは, 間にも, 面倒も, 頃と, 頃を, 頬を, 顔, 食べるもの, 食事を, 養育を, 骨を, 鼻の

2 [425件] あざやかな, あたしにも, あたま, あるもの, ある処, ある場合, ある者, いう事, いない家, いること, いるところ, いる部屋, うしろに, うちで, うちにも, うち三人まで, うち二人が, おしめを, おりから, お唄, お墓, お守りを, お草紙, くせにと, ことか, ことから, ことでも, ことなぞ, ことなぞを, ことなどは, ことには, ことに関して, ころ, ころからの, ころよく, こゑきけばおほに澱めり, さけび声, しわざと, する様, そばで, ためだ, ときその, ときより, とき世界一周唱歌で, とき利根川畔の, とき新聞紙を, とき暴風の, とき正三は, ないうち, ない婦人, ない者, なぶる亀, はしや, ほうを, ままの, やうで, やうです, やること, ようすを, ようです, ようなよろこび, ような澄んだ, ようにしか, よくする, わがままを, をり, アルバイトだ, オモチャにしか, スケート遊びを, フアンタスチツクな, 一人で, 一人も, 一団が, 一文菓子の, 一群に, 一行が, 三五人手を, 三人も, 上である, 上にも, 下駄は, 不幸に, 不思議な, 不機嫌, 世界, 世界は, 世話で, 世話でも, 世話ばかり, 中は, 事だけは, 事で, 事とて, 事に, 二三人寄り, 二人の, 二人や, 人形を, 人生を, 仕業でない, 代わりに, 体は, 何にも, 使いで, 使の, 信用を, 側を, 傍で, 傍の, 僕が, 写真が, 写真は, 処へ, 処業かと, 処置が, 出て, 出来が, 出来るの, 出生は, 分を, 前では, 前へ, 力で, 助手とが, 勉強を, 友と, 口の, 口へ, 口を, 叫び声が, 可愛かつ, 名が, 名附親, 向き方, 吹く笛, 味方に, 呼吸は, 咳の, 咽び泣く音, 咽喉を, 哺育費という, 哺育費に, 唄の, 唱歌が, 唱歌は, 喜びは, 喧嘩する, 喧嘩に, 域を, 場合は, 墓の, 墓標を, 増殖を, 声でも, 多い上町, 多い家, 多い程, 多さ, 夜泣の, 夜遊びは, 大将, 大部分, 天国である, 天性の, 好奇心を, 如く笑, 姿に, 姿にな, 嫉妬においてすら, 子が, 字で, 寝て, 寝室へ, 寝顔の, 将来を, 小さい手, 小さい頭, 尸を, 左の, 差別なく, 常として, 帽子を, 年齢の, 幸福を, 影さむき, 彼の, 彼は, 後から, 後に, 御飯に, 心でも, 心と, 心にまで, 心中には, 心理が, 心理の, 思想の, 悦びそう, 悪戯だろう, 悪戯としか, 悲しさ, 悲劇を, 情景, 想像に, 感傷に, 感情の, 感情を, 成人と共に, 手で, 手には, 手にも, 手前も, 手習を, 折に, 折初めて, 指を, 教育が, 教育だ, 数に, 文章, 日々の, 日で, 日常に, 時, 時あの, 時うつした, 時お, 時お祭の, 時である, 時など, 時わたしは, 時代が, 時分いつも, 時分この, 時彼の, 時父の, 時見なれた, 時親爺の, 時間と, 智慧で, 智慧も, 月謝や, 服装は, 期待に, 未来が, 未来に, 未来の, 本能と, 枕元へ, 枕許に, 柔かな, 梟が, 梟は, 樣に, 欣一が, 歌う声, 歌が, 死んだの, 死んで, 死亡に, 死亡率が, 死体を, 母である, 母として, 母に, 母は, 母親に, 母親も, 母親らしい, 母親を, 気持は, 泣き声や, 泣く時, 洋服や, 消息を, 為には, 無い家, 爲に, 玩具である, 玩具にしか, 玩具や, 玩弄物に, 現在を, 生きて, 生れるまで, 生命の, 生活と, 生活との, 生活は, 生長には, 病気には, 百姓が, 百日咳を, 目に, 目は, 相手が, 看病を, 看護を, 眞似, 真似を, 眼が, 眼と, 眼になど, 着るもの, 着物だ, 着物も, 破った障子, 社会は, 祖父も, 神経は, 福笑戯に, 私, 私に, 空想が, 空想の, 立って, 笑い声が, 笑ひ, 笑声が, 籍は, 絵だ, 絵は, 絵本を, 群も, 群れに, 群れは, 習慣に, 耳には, 耳にも, 聲に, 肖像を, 肩を, 育つの, 胸には, 脈の, 腕が, 臆病を, 自分が, 自分を, 自由に, 自由を, 自立心に, 興味を, 葬式が, 葬式に, 行方が, 行末も, 行衛を, 衣服の, 見るもの, 言葉で, 言葉は, 言葉を, 訪れの, 許に, 許へ, 訴えを, 詩の, 話, 話で, 話の, 話は, 読む本, 赤い毛布, 赤い頬辺, 足に, 足を, 身を, 身体に, 身体は, 遊びが, 遊びと, 遊びに, 遊びを, 遊び場, 遊び場であった, 遊び歌に, 遊場に, 遊戯であった, 遊戯の, 遊戯は, 運動に, 運命が, 遺骨を, 部屋と, 部屋に, 部屋の, 野球に, 間から, 間には, 雁は, 集まって, 雑誌に, 面影腰より, 靴下から, 頃からの, 頃で, 頃でした, 頃にも, 頃まで, 頃妙に, 頃彼の, 頃彼は, 頃毎年親しんだ, 頃聞いた, 頃自分をば, 領分, 頬っ, 頬の, 頬や, 頭ぐらいの, 頭と, 頭脳に, 顏見て, 顔であった, 顔と, 食慾を, 養育は, 養育費として, 首に, 香が, 駄々を, 騒ぎは, 骨は, 鳴らす太鼓

1 [3401件 抜粋] あいだには, あとへ, ありは, ある事, ある近所, いい父親, いたずらであったであろう, いとしいす, いのちが, いやがる様, うしろ姿を, うちあなたも, うちよく, うち三番目の, うち弱かっ, うつらうつらと, うわさが, おさらい, おまえに, おもちゃにも, おりここ, おれ達が, お友達, お守に, お宮参り, お父さんだ, お茶の, かかえ方, かはゆ, きょうだい三人が, こころの, ことそれまでは, ことでし, ことに対する, ことやらを, この一夕, ころこの, ころどこかが, ころオジイサンが, ころ台北の, ころ彼の, ころ父親と, ころ自分の, ころ誰もが, ごとき信仰心, ごとく睡入って, したある, しゃくり上げる声, すさび位, する振舞, そしてさ, そばの, たぐいで, ためいい, ためという, ため小さい, だれかが, つくつた小さな, できないこと, でない男, ときすでに, ときアメリカという, とき二人いっしょに, とき台所のよ, とき母の, とき聞いた, ところからは, どちらにも, ない二人, ない夫婦者, ない寂しさ, ない淋しさ, ない重明, なぶる龜, のどを, ばかげたこと, ひとりごとだ, ふくろふ, ほかは, ぼろ着物を, ままだった, めんどうは, もてない不安, ものなり, も同然, やうにが, やり場に, ようさ, ようと, ような破れた, ようを, よみものには, わがままに対して, わるさ, アクセントが, エイパンや, オネショと, オモチヤや, キーシュが, ゴーリキイ, スクータアや, ハシ箱にまで, プールへ, ママゴトと, ママゴト以上に, 一人ぐらいは, 一人を通じての, 一大不幸である, 一番喜ぶ, 一行に, 三尺を, 上着を, 不幸は, 世界にさえ, 世話さえ, 世話にばかり, 両手へ, 中十年を, 乗るスキー, 了簡だ, 事も, 二人ぐらいは, 云った事, 亡魂の, 人気もの, 仕事としては, 代には, 仲間が, 位置を, 体内に, 何処に, 使いじゃあるめえし, 侠気に, 信仰と, 俳優志望は, 健康診断を, 傷, 優しい声, 光り輝く清浄無垢, 入学資格に, 公園に, 内省的な, 冥福に, 出る短い, 出来ない身体, 出生と共に, 出鱈目の, 列途切れ, 前には, 割に, 劇場でも, 力でも, 加減が, 労働の, 勝手次第に, 区別が, 半札, 厄介物なんかは, 友, 友達であった, 取扱方が, 口からさえ, 口小言は, 叫ぶ真実, 可愛いの, 叱りかた, 名に, 君太郎が, 味覺の, 命に, 哺育の, 唇には, 問題が, 啼声も, 喜びと, 喜ぶ汽車, 嗜好は, 四五度も, 土俵あとの, 坑夫を, 場合なら, 墓に, 声ぢや, 声などは, 売価が, 多いやりくり最中, 多くなる, 夢は, 大きな眼, 大岡様の, 天使, 天蓋を, 奴凧が, 如くならずば, 如く諳, 姉弟が, 姿や, 字を, 学資くらい, 守は, 守袋に, 安否についても, 実家へ, 家学校劇場映画製作所ソヴェトの, 容態の, 寝る時刻, 寝間に, 寢てを, 尊敬と, 小さな口, 小さな薔薇色, 小母さんと, 少い村で, 居た先住, 属す組織, 巾着でなき, 帰りを, 帽子は, 年を, 幸福をまで, 床屋という, 弁当に, 形の, 彼にも, 後にかけ, 後姿や, 微かな, 心もちわかるでしょう, 心意する, 心理には, 志を, 急変に, 性質や, 恐ろしい親指, 患者などは, 悪いの, 悪戯の, 悲鳴, 惡戯だらう, 想像の, 意識は, 愛情の, 感情再現の, 慾求の, 成績についての, 戦争ご, 所へは, 手か, 手によ, 手工を, 手紙に, 手足の, 扶養力を, 拒否が, 持つもの, 指先ぐらいの, 探求心の, 揺籃に, 教導によって, 教育なんか, 教育上に, 教育方面にも, 数々に, 数によって, 整理員が, 文才を, 方だった, 方をばかり, 日だけに, 日記に, 時お袋に, 時たった一度, 時なんか, 時ソフィヤ・リヴォヴナと, 時代からの, 時代にまで, 時以来漢字や, 時分そんな, 時分なんでも, 時分ランプへ, 時分傍で, 時分垣根に, 時分家で, 時分怪我を, 時分江川の, 時分相手に, 時分荒れた, 時分釣りに, 時喜ん, 時小梅の, 時折々, 時母の, 時疫どころか, 時聖堂の, 時見た, 時間食は, 智力の, 書いてる紙面, 最も歓迎, 有無でも, 未來に, 本の, 本能的な, 枕もとを, 柔かい頬, 根本的生活に対する, 棺に, 楽園だ, 様子で, 樣子が, 次第に一人前, 歌って, 正しい比率, 此ン畜生が, 歯を, 死んだこと, 死亡率は, 死体は, 死骸に, 母の, 母親にな, 比率よりも, 気を, 気持を, 河童を, 泣き喚く, 泣き声などが, 泣き狂ふ, 泣く聲, 泣聲は, 洋行を, 派手な, 海舟にも, 渇え, 滝三は, 火遊び如き, 為めと, 無かった, 無心さにかへ, 無邪気さ純真さ, 父たる, 父親である, 父親を, 片言は, 物なんかを, 特異性が, 狡猾さを, 玄関の, 玩具, 玩具として, 玩具同様の, 甘さうに食つて, 生き血を, 生れて, 生命そのものに, 生涯も, 産衣やら, 番に, 疲れた足, 病気が, 病氣には, 発達を, 皆三, 目つきだけ, 相の, 眼, 眼玉は, 着物か, 瞬間も, 知らぬ間, 石鹸玉吹き, 社交性を, 祖母と, 祭らしい, 私にと, 種類にも, 竈, 童話劇を, 笑い声階下の, 算盤で, 籍の, 純真な, 素質と, 結婚, 絵の, 絵本の, 縁談を, 羅紗帽を, 群みんなうれしい, 習慣は, 考案に, 聲やら, 肉声が, 肩あげ, 育児係りであります, 背丈けだけに, 背後へ, 胸元で, 脊髄の, 脳細胞の, 腦裡に, 膝ご, 自信や, 自己意識は, 自由画と, 興味が, 花火を, 苦しみそれ以上に, 苹果の, 菩提を, 葬式の, 虫と, 蝶造は, 行くところ, 行方を, 衣服を, 袖無しちゃん, 襁褓くらい, 見て, 視線と, 親と, 親扱い, 親達が, 言い草です, 言葉ちがいを, 訊く, 話しか, 話声は, 誕生の, 読みものを, 調子が, 財布さえ, 貯金三百円を, 赤靴を, 足あとであります, 足もとへ, 足跡が, 足音が, 身たけでは, 身の上でも, 身体だった, 身柄と, 躾について, 近ごろの, 迷子は, 通ふ, 遊びで, 遊びとしては, 遊び今日此頃は, 遊び場としても, 遊び所に, 遊場, 遊蕩に, 運命にとって, 遠足と, 部屋から, 郷愁が, 重病を, 金を, 門だらう, 間違いを, 隠れ場所へ, 集散する, 難渋は, 面を, 靴いろいろ, 鞄の, 頃お, 頃か, 頃でありました, 頃までは, 頃世間の, 頃僕の, 頃夏目先生の, 頃支那の, 頃母に, 頃笹っ, 頃見た, 頃買った, 頃鮪の, 領域を, 頭ご, 頭数が, 顏が, 顔だけが, 顔や, 顔面が, 風俗ながらに, 食い扶持ぐらいは, 食べ物や, 食物を, 養育が, 養育料を, 首, 馬にも, 騒ぎなど, 體にも, 髷は, 魚は, 麻疹が

▼ 子供~ (4163, 11.0%)

166 連れて 99 つれて 75 抱いて 46 相手に 32 見て 28 育てて 25 産んで 24 生んで 21 抱えて 20 集めて 19 持って 18 残して 15 見ると 13 呼んで, 背負って 12 愛して, 負って 11 あやすよう, かかえて, 教育する, 殺して, 置いて, 育てること, 見に 10 伴れ, 膝に, 自分の, 養って, 養育する 9 抱へて, 探して, 生んだ, 産むの, 見た 8 おぶつ, もって, 大事に, 産むと, 育てるの, 背中に

7 [12件] おぶって, おろして, さらって, 呼んだ, 学校へ, 抱きながら, 持つて, 捨てて, 産むこと, 育てながら, 返して, 遊ばせて

6 乗せて, 二人も, 伴れた, 抱き上げて, 持った事, 生むこと, 産むため, 産んだこと, 膝の

5 [20件] あやすやう, おんぶし, して, みて, 三人も, 中心に, 前に, 失って, 寝かしつけて, 寝かして, 左右に, 持つこと, 教育し, 産むという, 眺めて, 育てるという, 育てるに, 連れに, 預けて, 養育し

4 [33件] おいて, すかすよう, どうする, なくして, もつこと, 一人お, 保護し, 助けて, 可愛が, 孕んで, 学校に, 愛すること, 愛するの, 抱いたまま, 抱へ, 持つと, 殺したの, 生ませて, 生む, 生むと, 生むの, 産まなければ, 産む事, 産んだ, 産んだの, 私の, 立派に, 背負うて, 見ても, 迎えに, 預って, 頼んで, 養う能力

3 [67件] いじめるの, おもちゃに, かばって, さらはれた, すてて, そこへ, たしなめるよう, なだめるよう, ほしがっ, もうけましたが, よこして, 一人で, 丈夫に, 上手に, 中に, 先に, 其処に, 取って, 取扱ふ, 可愛がって, 可愛がるの, 叱るよう, 四人も, 四人生ませ, 大切に, 家に, 家へ, 寄せて, 少しも, 引取っ, 思って, 愛すこと, 抱いたり, 持ったこと, 授けて, 探しに, 教えること, 棄て, 殘し, 無事に, 無理に, 生むよう, 生んだが, 生んだという, 生んだり, 産みました, 産むに, 産んでも, 知って, 肩に, 育てるには, 育て上げて, 背負いながら, 自分が, 見た時, 見つけて, 見ること, 見るの, 設けた, 負ん, 連れての, 連れながら, 連れ出して, 除いて, 集めては, 養うこと, 馬鹿に

2 [236件] あずけて, あつめて, あやしたり, あやして, あやしながら, あやすの, あやす様, いかに遇, いじめたり, いたわって, おぶった男, お母さんに, かえして, かわいがって, くわえて, ここへ, こしら, さがして, さがしに, さとすよう, そばに, た, たしなめた, たずねて, だまさうと, だれが, つれた若い, つれての, でもすかす, ながめゐつ此方, なくしたり, なくした親, なくしてから, なぐりつけました, ねかして, のこして, ひかえて, ほんとうに, まもって, みんな連れ, もうけそれ, もったこと, もつて, わたしの, 一人つれ, 一人前に, 三人生んだ, 下に, 下ろして, 下婢に, 世話し, 両手に, 両腕, 二人つれ, 二人連れ時々, 二階へ, 井戸の, 人に, 人質に, 使いに, 促して, 借りて, 傍に, 先生は, 入れて, 入学させる, 全部適当に, 出して, 出来るだけ, 収容する, 取ったという, 受け取る, 召し連れて, 叱った, 叱って, 叱つたり, 叱つて, 叱りご用聞き, 叱りつけて, 叱るやう, 呑み込んで, 呼びに, 嚇すよう, 囲んで, 坐らせて, 外に, 外へ, 大学まで, 失った母親, 學校に, 守り育てること, 家名の, 宿して, 寐か, 寝かした, 小学校へ, 川越へ, 幼稚園に, 幾人も, 床の, 引き取りに, 引き連れて, 引連れた一族, 得た喜び, 得意に, 愛すという, 愛する所以, 戦地へ, 手放すの, 手離し, 手離す, 扶養する, 抱いたなり, 抱いたナポレオン, 抱いては, 抱え出して, 抱きあげた, 抱きかかえて, 抱きしめて, 抱きしめながら, 抱き上げたり, 抱き取りながら, 抱き取る, 抱く, 抱く気持, 抱擁し, 招致する, 拾ふて, 持ちたいと, 持った人, 持ってる者, 持つため, 持つた經驗, 持とうと, 授かること, 揺すりながら, 早く連れ, 有する者, 棄てたつもり, 棄てて, 楽しく暮させる, 欲しがっ, 殺した, 殺したという, 殺すと, 殺すよう, 母の, 沢山集め, 泣かして, 渡して, 湯に, 澤山産む, 生き返らして, 生ませられるの, 生ませると, 生まない女, 生みかつ, 生みたいと, 生みつけるん, 生み南画, 生むため, 生むといふ, 生むなんて, 生む時, 生もうと, 生んだこと, 生んだ女, 生んだ時, 生んでは, 産ませた, 産みそのうち, 産みたい, 産み落とした, 産んじゃ, 産んだとか, 産んだに, 産んでから, 産んでは, 疎開させ, 目に, 育てたり, 育てつ, 育てては, 育てるため, 育てると, 育てる時分, 育て上げること, 育児院に, 背に, 背負ったり, 背負った女, 背負つた女が, 背負つてどうどう, 胎んだ, 脅かして, 脊負ひ, 腕に, 自由に, 虐待する, 裸に, 見ました, 見ませんでした, 見失って, 見守って, 訓戒する, 設けて, 誘拐した, 護ろうと, 負いながら, 負うて, 負ったり, 負つて, 負ぶった, 貰って, 賺すよう, 返すから, 返せ, 造っては, 連れたお上さん, 連れた女, 連れた漁師, 連れた男, 遊ばして, 遊ばせるという, 野放しに, 陸の, 隠して, 集めたる駄菓子, 静かに, 預けると, 顧みて, 養い得せしめたり, 養うの, 養ふ, 騙して, 騙すよう

1 [2262件 抜粋] あずかるの, あっと感ぜしめる, あなたから, あまりひどく, あやしつつ, あやすんじゃあるめえし, あるラマ, いくたりか, いじめること, いたはらずに, いたわり可愛, いつくしむこころ, いれるという, うちへ, うむの, えぐり出すという, おいはらって, おどかすの, おどすとき, おびえさせた, おぶったお, おぶった女, おも, おろす病院, お宅, お拵えなさろう, お目, お邪魔, かかえた一人, かかえながら, かくまき, かせの, からかうとき, かわいがったの, かわいがるならもう一度, くれと, けがさして, こさえるも, こしらえるうまい, こらしめるといふ, ごくかわいがった, さがしあてて, さしあげたおかみさん, さらつたのは, さらつて逃出した, しかって, しかるの, しつかり抱いて, じっと見, すぐ近く, するよう, せめ初めた, そこに, そのままに, その妻女, そばへ, そんなにいじめなく, たくさんと, たすけたいと, ただ蒼蠅いも, たぶらかして, だくの, だますの, ちよいちよい叱る, つかまえようという, つき倒しても, つくり四男, つねに劇場, つれた未亡人, つれだして, つれ大切, つれ蜜柑, とつて, どうか強い, どうなさいます, どこかへ, どんなにか, なくしたあざらし, なくした白鳥, なぐったり, なんとか養っ, ねかしつけつつ, はぐくんで, はるに, ひかへて, ひきとって, ひざの, ひとりで, ひとり見た, ひねり殺すか, ふり返った, ほしが, まじえて, まびく外, みごもつて田舎, みんなつれ, めがけて, もうその, もしもみごもる, もたない彼, もったもの, もってからも, もつという, もつより, もつ親たち, もらって, やしなうの, やりこめるよう, よい子, よく遊ばせます, よろこばせしかも, よんで, アメリカの, カフェに, ヒドく, フイリッポフに, ポカリポカリと, 一ぺんに, 一人は, 一人家へ, 一人生みゃ, 一人蹴飛ばしちまった, 一向大切, 一思ひ, 一緒に, 三四人つれ, 不安がらすまい, 与えた以上, 世に造るなら, 両親が, 中学や, 丸裸に, 主題に, 乘せ, 二つに, 二三十人集め, 二人お, 二人の, 二人連れた, 五六人もつれ, 亡くした悲しみ, 交ぜた群集, 人形かなんぞの, 仏壇の, 仕立てる位, 代わる代わる腕, 任せては, 何の, 作へて, 作り得るか, 使嗾し, 個人主義の, 健康に, 僕ら以上の, 充分に, 入れた, 全うし, 六人拵え, 再び見る, 分娩し, 利用した, 前へ, 助けなければ, 助けるの, 労る, 動物園などに, 半纏で, 卸しちゃった方, 厳密な, 取りて, 取り代えて, 取り扱, 取上げようと, 受け取って, 受取ると, 叩けば, 可愛がりすぎるから, 可愛がるもの, 可愛がる母親, 叱ったり, 叱つたこと, 叱ります旅, 叱り飛ばす今, 叱るにも, 叱る火燵, 向けて, 呑んだの, 呼び出し暫く, 呼び止めて, 呼び込んで, 呼ぶの, 呼出しそつ, 唯膝, 喜ばせたの, 嚇して, 四十名近く杉本は, 坊主に, 埋める動機, 変えたばかり, 多く生まない, 多勢持っ, 大切がらない, 大変愛し, 失うたの, 失った悲しみ, 失つた女の, 奪い去る, 奪うの, 奪われて, 奴隷に, 好くもの, 姉に, 始末し, 姙ませる, 嫌いで, 孕むから, 学校まで, 守りして, 守るため, 実子の, 家の, 寒くない, 寝かしつけてから, 寝かしてから, 寝かせて, 寝せるの, 寺に, 導いて, 小常識人化, 岩の, 差し出したり, 帯に, 干し上げて, 幼少の, 弄って, 引き入れすぎる形, 引き寄せて, 引き立てくだされなど, 引っ張って, 引取ってる, 引取りたがってる, 引連れて, 役者に, 彼等自身の, 後から, 從へて, 忘れること, 思い出して, 思う心, 思ひ出して, 恵まれなかった彼女, 悪魔が, 愛さないの, 愛し土, 愛すよう, 愛する人間, 愛する時, 慰めるやう, 憎む気持, 戦争に, 手かけで, 手ひどく折檻, 手放さ, 手放すもの, 手離すべからず, 托して, 扱つた小説で, 投棄する, 抱いたま, 抱いてる石地蔵, 抱えた若い, 抱かせて, 抱きしめた, 抱き上げた, 抱き何度, 抱き取りました, 抱き続けて, 抱き起しながら, 抱こうと, 抱締めて, 押しのけながら, 招ぶといふ, 拵えること, 拾って, 持たない僕, 持ちきたすもの, 持ち森, 持ったという, 持った三十, 持った親達, 持つの, 持つ母親, 持とうという, 指す, 挙げて, 捉えて, 捜し出し自分, 捨てる気, 探してるん, 控えて, 控へ, 描いて, 提供すべき, 揺ぶりながら, 揺り起こして, 撃つ位, 擲ぐらんようになってまあ余り, 放っといて, 放棄する, 教えて, 教える時, 教へる, 教育し育て上げる, 数十名エキストラに, 新参小屋に, 早くこさ, 晴れて, 書いて, 有つ, 有難く思つて滿, 条件に, 格言の, 棄てたり, 検するに, 樹の, 次ぎ次ぎに産みのこし, 欲しい事, 欺す, 武器に, 死なせたの, 残されて, 殴りつけた, 殺ししかる後, 殺したん, 殺し結婚年齢, 殺す話, 毛布に, 沢山拵え, 泊めたと, 泣かしなさんな, 泣かせる力, 浅井に, 浮浪少年と, 淋しく思った, 渡された時, 溺愛する, 無口に, 無闇に, 父親とかの, 片腕に, 独占する, 王子の, 甘やかして, 生き返らすこと, 生ませその, 生ませるから, 生まなかったこと, 生まなくッ, 生みかけて, 生みたいの, 生みました, 生み家, 生むだけの, 生む心持, 生んだあげく, 生んだ後, 生んでないン, 生計の, 産ませたり, 産ませる, 産まないで, 産まなくなって, 産みそれ, 産みに, 産み初めました, 産み落すため, 産み食物, 産むには, 産むもの, 産む性質, 産む期間, 産めよ, 産んだにも, 産んだ人, 産んだ宿, 田舎に, 男は, 畳へ, 発見した, 盗んで, 目の敵に, 看ると, 眺めた, 睨みつけ, 瞞す, 確り抱きしめた, 私に, 突き倒したこと, 突き飛ばしそう, 窓ぎわに, 節子に, 細帯で, 綾成す, 縛って, 置く所, 義雄兄に, 育て, 育てかつ, 育てたといふ, 育てちゃ, 育てました, 育てられたので, 育てるやう, 育てる彼女, 育てる親たち, 育て上げる能力, 肴に, 背負い上げながら, 背負ったお, 背負った母親, 背負つた十歳ばかりの, 胸から, 脊負つてゐる, 臥か, 自己の, 芳公は, 苦しめるもの, 落したん, 蒸して, 袖で, 見かけなかったか, 見たいと, 見たの, 見つけしだい, 見つけだした, 見てると, 見ながら, 見まわして, 見るやう, 見る眼, 見如何に, 見守つて, 見棄てたと, 見降ろしながら, 親切に, 親身の, 言ひ賺しまし, 設けた後, 認める人達, 誘ひ出し騙したり, 識って, 負えるが, 負ったま, 負った辛棒, 負つて鉄道, 貰い受ける訳, 貰ひ受けた, 貸し与えたについて, 起こそうと, 路頭に, 蹴飛ばし張りとばし家中, 載せた乳母車, 近くの, 迷子に, 追かける, 逃がして, 連れさして, 連れたり, 連れた出戻り, 連れた母親, 連れだしたって, 連れ帰ること, 遊ばしてるよう, 遊び相手に, 遠くへ, 選ぶこと, 遺されてからの, 避難させた, 部屋に, 野放し同様に, 銃殺した, 長老の, 除いては, 隣室に, 集めるの, 離さんと, 青い波間, 鞭ち, 預かつて, 預った, 頼むよ, 風呂に, 食わせて, 養い得るだけの, 養うべき勤労, 養うよう, 養わなけりゃならないん, 養育し得るであろう, 驚かせおびえさせその, 高価で

▼ 子供~ (4023, 10.6%)

21 遊んで 19 ある 18 なかった 17 あった, ありました, 出て 15 あって 14 いいました, 出来て 13 あつた, あるの, ないので, 私の 12 それを, 三人も, 二人も, 立って 11 いるん, 泣いて 10 できて, ないから, 出來 9 いた, 何か, 生れると 8 あるん, いる, ない, 出来ると, 自分の 7 大人の, 母に, 病気に

6 [12件] あつて, あると, いて, いると, できると, 二人ある, 五人も, 大きくなっ, 好きな, 死んで, 無かった, 石を

5 [24件] あります, ないの, やって来て, 一人で, 三人ある, 二人で, 云った, 云ふ, 多い, 大勢で, 学校から, 帰って, 彼の, 欲しいと, 母を, 母親の, 物を, 玩具を, 生まれて, 病気だ, 目を, 眼を, 非常に, 頭を

4 [41件] あるが, あれば, いたづら, いたの, いるの, するよう, そんなこと, なかつた, ほしいと, ゐる, 一人いる, 一人も, 七人も, 三人に, 出来た, 出来ても, 出来れば, 多くて, 大きくなる, 大ぜ, 大人に, 学校に, 家へ, 居て, 急に, 成長し, 来て, 母の, 無かつ, 瓜に, 生きて, 生れた, 生れたという, 生れて, 生れるという, 生れるの, 窓から, 自分で, 親に, 集って, 駆けて

3 [54件] いたから, いった, いること, いるし, きて, たかって, できたの, どこに, はいって, 一人ある, 乗って, 五六人も, 可哀そうで, 可愛くない, 声を, 外から, 多いから, 多いので, 大声で, 学校で, 寄って, 彼を, 彼女の, 戯れに, 押した, 指を, 死んだと, 死んでから, 殖えて, 泣きながら, 泣き出した, 泣くよう, 泣出した, 泳いで, 無い, 熱心に, 玩具に, 生まれました, 生れた時, 生れてから, 生れる, 産まれて, 産れる, 眠って, 私を, 答えた, 紙鳶を, 行方不明に, 見つけて, 親を, 走って, 路上で, 集まって, 駈けて

2 [262件] あちらを, あったが, あったって, あったという, あったの, あったり, あっては, ありましたが, ありますもの, あり阿亀, あるから, あること, あるじゃ, あるに, あるばかりに, あるわけ, あるン, いつの間にそんな, いないので, いるから, いるかを, いるだろう, いるもの, いるよう, うずくまって, うまれて, おおぜ, おもちゃの, おもちゃを, お好き, かけて, ききました, ざらに, して, すなわちそれ, そこに, そこへ, そつと, その目前, それぞれの, ぞろぞろと, たくさんある, だんだん大きく, ついて, できた, できないん, できる, できるの, ですよ, どうした, どこへ, どんなもの, ないせい, ないで, ないと, ないという, ないもの, なくさき, なくて, のぞいて, ひそんで, ふいに, ほしい, ぽかんと陳, またそれ, まま事を, もう厭き, もって, やつて, よいこと, ゐた, ゐて, 一しんに, 一人あった, 一人あつ, 一人あります, 一人しか, 一人の, 一人ふえた, 一人前の, 一人踞んで居た, 三人, 三人出来たら, 不意に, 世話に, 九人わいわい, 乳房を, 二三人集つて石盤に, 二人, 二人あっ, 二人あった, 二人ばかり, 二人草刈りに, 云つた, 云ひました, 五人ある, 五六匹穴の, 井戸へ, 亡くなって, 何よりも, 何処に, 使用され, 來て, 入って, 八人も, 六つの, 其れ, 凡人でも, 凧の, 凧を, 出来たの, 出来たり, 出来たん, 出来た時, 出来なかったと, 出来ねえ, 出来る, 出来るが, 出来るという, 別の, 十一人に, 十三人も, 十歳の, 又し, 友達と, 叫びました, 叫んだ, 可哀そうだ, 可哀相だ, 可哀相や, 可愛くて, 喧嘩し, 四人でき, 四人も, 墜落し, 多勢で, 夢を, 大きくなれ, 大切に, 大勢の, 大勢集まっ, 大好きでし, 大好きです, 大好きな, 天狗の, 好きだ, 好きだった, 好きで, 好きに, 妙に, 学校へ, 安心し, 家の, 家庭に, 幼年時代に, 幾人か, 幾人も, 彼に, 必要な, 怪我を, 悲鳴を, 感じた通り, 成長する, 手に, 手を, 折紙に, 拗ねた顔, 採って, 新婚まで, 有ると, 木から, 木の実を, 材木の, 来ても, 欲しいという, 欲しくなる, 歩くよう, 死んだの, 残って, 殖えると, 母国語を, 母親に, 気の毒だ, 水を, 池の, 沢山出来る, 沢山生まれました, 泣いたり, 泣くので, 泣叫び小さい, 注意した, 無いから, 無いからよ, 無さそう, 無事で, 無事に, 焼けたの, 熱を, 父の, 父親の, 独りで, 独楽を, 玩具の, 生まれそう, 生まれた, 生まれてからは, 生れたが, 生れたと, 生れたの, 生れたので, 生れたばかりの, 生れた場合, 生れても, 生れなければ, 生れますと, 生れること, 生れるとか, 生れるもの, 生れるん, 生れる事, 生れる脊, 男が, 病気した, 病気で, 病気を, 相手だ, 着物を, 石盤の, 確かに, 突然その, 立つて, 結婚し, 罪を, 美津子の, 背中を, 腰掛の, 自動車に, 自然に, 草鞋を, 蚊に, 蛇を, 見付けて, 親の, 言いました, 言葉を, 話を, 誤って, 豆を, 赤い毛布, 赤ん, 遊びに, 道に, 道傍で, 邪魔に, 階段から, 面白がる, 顔を, 飛び込む飛び込む, 飢えて, 騒ぐ, 驚いて, 鬼ごっこを

1 [2589件 抜粋] СССРに, あげる紙鳶, あったとしても, あったん, あつたら, あのとき, あの黄色く, あらゆる魚, ありましたがね, ありますね, ありませんよ, あり若い, あるくらい, あるぢ, あるとか, あるもの, ある家, あろうとは, いうと, いじって, いたずらに, いたら子供, いちばんうら, いつた, いつまで, いてと, いないと, いなくなったこと, いなくなってからも, いましたが, いませんので, いらないならほしい, いるなんて, いろいろお世話, うたって, うめない, うるさがっ, うんとでき, おそらく生まれ, おとなの, おまえは, おりますから, お伽噺を, お嫌い, お粥, かしこうて, かなりおります, かわいいの, かわいそうでなりません, きいたら, きては, きらひよ, くっついて, けたたましく, こう言っ, こっくりこっくり, この付近, この道, これだけの, ころぶの, こんな夜中, ございますが, さうし, さっきより, しきりに小さな, しつこく追っ駆け, すきな, すでに二人, するやう, せみを, そう思っ, そこらあたりで, そつち, その下, その日当り, その母, そばで, それも, たいへんお世話, たくさんで, ただの, たとえばふだんいたずら, だまされたため, ちょうど昨日石, つきました, できたと, できたり, できないって, できるだろうと, とうとう耐え難く, どうしてこんな, どうする, どこかに, どっかへ, どの位, どんな悲しい, ないため, ないん, なかつたならば, なくたまたま, なくよう, なく又, なく高品さん, なにかたがい, なんでこんな, ねじ曲がる, はげしく動く, はだしで, はやしたてながら, ひとりいちばん, ひどく動く, ひィとり, ふたたびぴょこんと立ちあがった, ふと玩具, ほしいばっかりに, ほしがる, ぼんやり腰, またばか, また成人, まだはし, まだ腹, ままごと遊びを, みな招ばれました, みんなで, みんな弱い, むやみに, もう一人, もう暗く, もっと創意, やさしいお母さん, やって来た, やっと口, やはり砂地, ゆっくり出掛け, よくカヤ, よく登っ, よしあしを, ろくでなしの, わたしであった, ゐないから, ゐる家ぢ, アリンス言葉を, ガラスの, ギャアギャアない, ズラリと, ダボを, ディアボロを, ドンドン生まれ, ハンドルを, パパママの, ベランダの, マツリ車を, ヨチヨチ部屋, ワーと, 一人, 一人こちらへ, 一人ほしい, 一人僕の, 一人勢よく, 一人手廻りの, 一人生れ, 一人納屋の, 一人遊ん, 一定数以上生まれない, 一日を, 一生懸命勉強し, 一週に, 七人あり, 七輪の, 三人あつまれ, 三人それに, 三人仲よく, 三人大立廻りを, 三人裏に, 三人鼓を, 三四人ずつ, 三四人集っ, 三輪車を, 下痢を, 不審げに, 不自然な, 中に, 乗ると, 事実生れた, 二三人と, 二三人群れ, 二三人集つて七面鳥をから, 二三十人も, 二人いる, 二人とも, 二人一, 二人余念なく, 二人扉を, 二人私と, 二十人ばかり, 二枚も, 云つ, 五つに, 五人六人と, 五六人がやがや, 五厘足りなかった, 亡くなったの, 人垣の, 今も, 今歩い, 代る代る良人, 体操の, 何に, 何んかの, 何時の間にか自分, 作ったもの, 使者に, 俺の, 働く者, 兄弟連で, 先に, 党派戦を, 兩人ある, 公然と, 六人いれ, 其廣告を, 写生し, 出たとか, 出征し, 出来たが, 出来たのよ, 出来たらどうも, 出来た日, 出来ないという, 出来ないん, 出来なかったら商人, 出来ませず一粒種, 出来るの, 出来れアそう, 列の, 前に, 勢いこん, 十三歳の, 十人あつ, 十四五人がやがや, 半分四つ這い, 即ち公樹, 又続々と, 取り縋って, 口尻によ, 叫ぶ, 可哀想だ, 可愛いか, 可愛いこと, 可愛ければ, 各人ごとの, 同時に鳥籠, 否すべて, 呼んだら大人, 哀れに, 唯一人材木の, 喧嘩しやしない, 喰われるの, 四五人, 四五人若者が, 四人いた, 四人まで, 四方から, 地べたで, 塩剥の, 夏場の, 多いからさ, 多いと, 多い朝, 多くちっともピン, 多く集まり来, 多勢集っ, 夜中に, 大きく成ったら読ん, 大人に対して, 大勢いる, 大勢詰めかけ, 大喜び, 大学に, 大病し, 天真らんまんである, 奥で, 女の子でも, 好きと, 姉さんの, 嫌いでした, 嬉しがる, 子供染て, 孟子も, 学校道具を, 安産できた, 実は少し, 家から, 富有な, 寝たところ, 寶で, 尋ねてるの, 小さい驢馬, 小学校へ, 小川の, 少し澁いくら, 少年を, 居ました, 居無い, 川中で, 常になく, 幸に, 幼稚園の, 幾人あっ, 幾組と, 弁当が, 弟らしい, 強硬に, 彼等を, 待って, 待つてるだらうから, 得られない場合, 徽章を, 必要だった, 怒りました, 急いで, 恋人だ, 息詰るやう, 悪事を, 感じて, 憫然だ, 我儘を, 戦遊びを, 手がわりに, 手近の, 折りかさなって, 抱き合つて, 持って, 指して, 授かるよう, 掻き消すやう, 揺すって, 故郷から, 教育を, 文鳥を, 日本人と, 昆虫学者に, 時々世話, 暗い寒い便所, 書を, 有て, 朝日の, 本当に子供, 来たから, 来た翌日, 東京への, 格子木綿の, 棗もぎ, 次第に大きく, 欲しいなあと, 欲しか, 歌って, 歩いて, 死と, 死に際に, 死んださうでは, 歿りました, 残る, 殘つてゐる, 母としては, 毎日朝から, 気味わるい, 水悪戯を, 汝を, 沢山ゐる, 沢山岩の, 法皇に, 泣きじゃくって, 泣きやんで, 泣き屋根樋, 泣くの, 泣く老爺, 泥だらけに, 浪打際で, 溝に, 火の, 炬燵に, 無いの, 無傷で, 煙の, 片輪, 特別な, 狹い, 珍しいもの, 現われるさえ, 甘い夢, 生まれだし驚く勿, 生まれると, 生みの親にも, 生れたでしょう, 生れたよう, 生れたん, 生れないよう, 生れなくて, 生れりゃ一切, 生れるまでとか, 生れ父, 産まれてから, 産めない躯, 甲板の, 男の子である, 疎開者で, 病室に, 病氣にな, 発熱し, 白痴であった, 皆それを, 皆立退く, 目について, 相続権を, 真に子供, 真赤に, 眠りから, 眼玉を, 砂や, 礼を, 祖父母の, 私一人しか, 空地を, 窃盗罪で, 竹馬に, 笹村に, 米と, 納戸の, 絵はがきを, 網の, 群がって, 耳に, 聴こえ出したり, 育たない, 育つに, 脊髄病の, 膝に, 自身の, 舟木です, 花きのこ昆虫その他類似の, 苦労し, 草履を, 菓子パンに, 落としたもの, 蕃童に, 薬瓶もち, 蜜柑の, 蟻や, 行って, 表看板を, 裸体で, 見えなくなつ, 見て, 見出したの, 親あるいは, 角兵衛, 言ったところ, 訪ねて, 誰に, 負けない気, 資本家の, 赤痢に, 走り出して, 路地で, 身体の, 転んで, 近よらない, 逃げ惑う, 通っても, 連れ立って, 遊ぶよう, 道標の, 酉の市の, 野ウサギの, 金之丞を, 銘々に, 長い往来, 長病いを, 闇の, 障子を, 集つて独楽を, 雑誌を, 雪夜の, 靈界に, 面白く口笛, 預けて, 頭剃, 風邪で, 飛び出す, 食べ物でなんか, 飴を, 餘計な, 駄々を, 騒ぎも, 騒げば, 高い細い聲, 魚の, 鳥の, 麻の葉を

▼ 子供~ (3287, 8.7%)

26 それを 19 自分の 16 いいました 14 私の, 言った 11 母親の 9 なかった, 一人も, 母の 8 これを, どこに 7 何も, 彼の, 正直だ, 答えました, 黙って 6 いない, どうなる, 二人とも, 手を, 眼を 5 いって, いつまでも, どうした, ないの, 何の, 外へ, 母を, 母親に, 泣きながら

4 [20件] いずれも, すぐに, そんなこと, そんな事, だまって, ない, 何にも, 喜んで, 家に, 急に, 欲しいという, 死んで, 父母の, 父親の, 生きて, 生れて, 目を, 私が, 私に, 親の

3 [35件] ありません, いつもの, この話, さう, それで, それに, それらの, どうなった, にこにこ笑い, びつくりし, 出來, 声を, 大人と, 子供で, 子供の, 子供自身の, 学校に, 学校へ, 家の, 彼女の, 母親が, 母親よりも, 泣いて, 泣きだしそう, 皆この, 眠って, 笑って, 答えた, 聲を, 自然の, 連れて, 門の, 非常に, 頭を, 風の子

2 [201件] ありませんでした, あるの, いつまで, いまどこに, うんうんうなづく, おかしなもの, おじいさんの, お母さんに, お母さんの, こういっ, じきに, すぐには, すべての, すべて社会の, そこで, そこを, その, その中, その店, そばへ, それから, それと, たがいに, たくさんいる, つれて, どこからか, どこにでも, どこの, どこへ, どんなに悦ん, ないが, なんという, はじめて自分, ひとりで, びっくりし, ふたりとも, ほかの, ぼんやりし, また, まるで兵士, むしろ父, もう余程毛, もう大きく, もう女学校, もう学校, よく親, わずかに, わたくしの, エライものだ, 一人ある, 一人で, 一人前に, 一度に, 一生懸命に, 三人ある, 不思議な, 不思議に, 不意に, 世の中に, 中途半端から, 乳を, 争って, 二人の, 云うまでも, 人間の, 今まで, 今までの, 低い腰掛, 何うしてるちふ, 何か, 何だ, 何と, 何故こんな, 何歳までが, 俺が, 働く大人, 僕が, 先に, 六人も, 円まつちい顔を, 出て, 前の, 十四に, 可愛そう, 呼んで, 嘘を, 四つに, 困った顔, 外の, 多いし, 多くの, 多寡が, 夜は, 夢中に, 大きくなっ, 大きな目, 大人の, 大喜び, 女の, 嬉しそう, 子供でも, 子供なりに, 家内中に, 容易に, 寒さ, 尋ねた, 尋常六年生だつた, 小さいとき, 少し見, 居ません, 左官左官以外の, 己が, 帰って, 床の, 彼に, 彼を, 恐る恐る一番端, 惜しい事, 手に, 教師の, 日が, 時計を, 普通の, 朝から, 朝鮮の, 木の, 枕を, 棒を, 榛軒の, 正直である, 正直な, 歩くの, 死ぬるもの, 死んだ, 残りの, 殖えるし, 母に, 母親を, 毎日の, 気が, 気の毒だ, 決して気, 河淵に, 泊つたと, 泣きじゃくりを, 泣きだした, 泣き出した, 泣き叫ぶ通風, 泣く泣く手伝った, 泣声を, 涙の, 火の, 無い, 熱心な, 父と, 父を, 物を, 特別に, 独りで, 猿の, 珍しそう, 珍らしい, 男の, 男女を, 町の, 百九十八疋まで, 皆これ楽しんだ, 監獄に, 石を, 私には, 私は, 竹の, 笊を, 笛が, 羽根を, 考えこんだ, 育って, 胸を, 若者に, 袖子の, 親から, 親に, 親父の, 賞められる, 走って, 足が, 足を, 跛足だ, 路の, 車の, 途方に, 通常息苦しい, 遠くへ, 錯乱し, 集団疎開に, 面白がる, 音響の, 頓着なし, 顔を, 馬鹿な, 驚いて

1 [2447件 抜粋] あえなき最後, あったが, あなた方に, あへ, あらざるが, ありつたけ, あるか, あれしません, あわれ闇, いいと, いい進んだ, いきかえった, いくらも, いったいどっち, いつだって, いつのまにかひと, いつもこッ, いつも甘美, いつ迄も, いなかった, いまごろは, いま死に, いらんよ, うとうとと, うね, うるさい柿, うんうん呻い, おおぜ, おそらくこの世, おどろいた顔, おぶさりましたから, おらがの, お友だち, お帰り, お父さんもう, お祖母さんに, お金の, かえってあちら, かごの, かつ泣き, からからと, かわるがわるその, きくもの, きっぱりした, きらひ嘘, けっしてあの, こ, ここへ, ことごとく知っ, このまったく, この世の中, この志, この炉辺, この鐘楼, これで, こんどは, ございますし, さうかなと, さびしく目, しかし振り向く, しくしく声, しばらく吸いつい, じき死んだ, すくい網, すぐ泣き出し, すっかり丸裸, すなわち自分, するの, そういう荒っぽい, そこでお, そこへ, そつちのけ, そのため, その三, その八幡, その命, その実家, その日, その気, その父親, その耳, その見知らぬ婦人, その重大, そりや, それぞれ揃いの, それまで, そんなもの, そんな詰まらない, たいてい酒飲み, たくさんゐた, ただ, ただ愛撫, たと, たまりかねて, だんだんなれ, ちやんと, ちらと, つかまったそう, つばめが, てれて, できないし, とうとう見つからなかった, とつぜん大人, どうし, どうして保護, どうしよう, どうです, どうやら私, どこか, どっかへ, どんどん生まれる, どんなに苦しい, どんな風, ないし, なお泣き立てる, なかなかたやすく, なかなか気まま, なく実家, なしヒステリー, なじみの, なまなかの, なんと思いました, にっこり笑っ, のんびりした, はずんで, ひとつ咳払いを, ひとり空や, ひんぱんに, びっくりしたでしょう, ふくろうの, ふと日頃, べつにもがくで, ほんた, ほんとにただ, ましてそうです, またおま, またなるべく, またシクシク, また新, また町, また重い, まだちっちゃく, まだ三歳, まだ大きく, まだ昨夜, まだ眠りつかない, まっすぐに, まるでで, みな弱く, みな鷺町の, みんなたいてい, みんな可愛いい, みんな達者です, むろんの, めつたに, もうすっかり興奮, もう三歳, もう十五, もう寒く, もう皆, もう食う, もちろん来ない, ものをも, やがて大きな, やさしく言いました, やっと父親, やっぱり面, やはり放蕩, よう泣く, よくこれ, よく眠る, よこさないん, りこうになりました, わざと年郎くん, わりに丈夫, われわれを, カフェーを, ギターを, コリオランも, ゼロだ, デモについて, パリーに, ビツクリ人形の, ホッと, マリユスという, 一つところに, 一人ありました, 一人前だ, 一列に, 一層怯, 一日一升五合くらいの, 一生けん命車に, 一目見, 丁度ラシヤ, 七年目とか, 三五郎の, 三十里の, 三百人だ, 上野の, 不幸に, 不足たらしく, 両手で, 中, 中庭で, 主人の, 九度以上の, 事務室へ, 二の丸なんぞへ, 二人が, 二月目には, 互から, 五十文で, 人間を, 今や管弦楽団, 今夜は, 今度こそ, 仕合わせだ, 付き場が, 似て, 体に, 何が, 何に, 何事も, 何百人も, 余り居ない, 信じて, 僕と, 元気でなけれ, 兇暴で, 先任の, 入営した, 八ヶ月で, 六ツに, 其何分の一奴隷は, 冷笑した, 出ないの, 出来ないの, 出来るん, 利口だ, 前には, 前歯で, 助かったん, 勉強ざかりであった, 勘が, 勿論大, 十三人現在六人生存他は, 半分以下で, 半額です, 単にルイ十五世, 去年も, 収容の, 口の, 叫んで, 可愛い, 可愛かった, 可愛ゆい, 右の, 同じこと, 名倉の, 含羞んだ, 呼ばれた四五人, 唯, 喜ぶかも, 噛み取った煎餅, 困る, 土と共に, 地獄へは, 堀へ, 変な, 外國人の, 多勢ある, 夜を, 夢想する, 大きくなる, 大きな池, 大事に, 大勢ゐない, 大変よく, 大柄である, 天下御免には, 失望した, 女ばかし, 好きだ, 妻との, 始めは, 婚家に, 嫌ひだからと, 子供きっと, 子供として, 子供達で, 学校から, 学校の, 完全に, 実際に, 家が, 宿屋の, 寒気の, 寝衣, 小さい頭, 小学校は, 少しの, 少し機嫌, 居ない, 岩を, 巧い, 帯の, 常に新しい, 平気です, 幸いと, 幼くて, 幾人あっ, 幾十百人といふ, 度胸を, 引換へに, 弱る, 彼女が, 後の, 復た, 必し, 必然的に, 怒鳴りくたびれて, 思いついたよう, 思ひ切つて, 怪我する, 恐ろしく不潔, 恥しそう, 悦ばなかった, 悪戯を, 愚か五匹の, 感心し, 慥に, 懐の, 或る, 扇子を, 手燭を, 抱き合って, 振り返りながら, 揚げ板, 教えられたとおり, 数えるほどしか, 断れるよう, 新聞記事を, 日本の, 早くから暗い, 明日の, 春さんの, 是非とも君, 時々縁側, 暗やみの, 更にひどく, 最初馬が, 月曜の, 木馬に, 本当に一生懸命, 本当に惨, 村の, 東北地方の, 柔らかな, 棒切れを, 楽しげに, 欄干も, 歌う, 此の, 歴史の, 死ぬかも, 殆ど無一物, 殺さなかつた, 母親に対し, 気がつかないで, 水牛に, 決してそれ, 沈んだ眼つき, 波の, 泣きさえ, 泣きだす, 泣き叫び空腹, 泣き続けながら, 泣く大人, 流産した, 深い穿鑿, 湧きあふれる苦痛, 火が, 烏賊という, 無いの, 無事に, 無論無邪気, 無邪気に, 熊を, 父の, 片輪, 物質力よりも, 特配の, 犬の, 狸を, 玩具では, 甘くなる, 生まれてから, 生れたとき, 生れるかと, 生死にたいする, 産まれ変わったよう, 田圃の, 男の子だった, 男二人と, 畏れない, 疲れた親, 病因の, 癇癪声を, 白い歯, 皆あわてた, 皆わたしに, 皆ガンモモと, 皆川へ, 皆法螺の, 皆金色の, 益々激しく, 盥の, 盲目な, 相手の, 真つ, 眠つてゐた, 瞳を, 知らずに, 知りません, 祖父に, 神聖な, 科学が, 空を, 突然死に, 立ち止まって, 笑った, 第一列, 精神的の, 級に, 終日大人達の, 絵画の, 縄を, 罪なき, 羞しがっ, 老母から, 聞き慣れて, 股の, 育てるけれども, 背中から, 腰から, 自分と, 自分達の, 興味を, 良寛さんを, 花と, 茶の間の, 葭簀張に, 藁人形じゃねえ, 蚊帳を, 行けぬ, 裸の, 要するに社会, 見えないが, 見たこと, 見ると, 見当りません, 親方の, 言つた, 読書勉強し, 誰の, 豚より, 赤色を, 足の, 足音を, 身体が, 軽かつ, 返事を, 逃げるし, 遂に奥, 過去を, 違いますね, 遺伝梅毒であった, 配われた, 野原の, 鉋屑の, 長ちやんを, 長男の, 随分乱暴, 雛つ, 雫の, 青年並に, 非戦闘員, 靴を, 順に私, 頭の, 風の子だって, 食いつぶしに, 飢に, 香ばしそう, 駆けて, 駕籠に, 驚愕の, 鬼門であった, 鶴を, 默て

▼ 子供たち~ (3147, 8.3%)

37 のため 32 のこと 20 と一緒 19 の中 18 はその 17 は, はもう 16 の間 14 が, の声 13 の顔, はそれ 11 の手, はまた 10 といっしょ, の姿, はみんな, も, を見 9 が集まっ, の方, は何 8 だった, の世話, はいつも, はこの 7 がその, の生活, の眼, の群れ, はどう, はまだ

6 [14件] がいる, が遊ん, と遊ぶ, に, のお, のほう, のよう, の将来, の心, の頭, は私, をつれ, を見る, を集め

5 [14件] がぞろぞろ, のうち, のする, の一人, の上, はお, はすぐ, はそんな, はびっくり, は大人, は彼, は皆, を教え, を連れ

4 [29件] が大きく, が大勢, が皆, が遊び, である, です, のやう, の事, の前, の影, の数, の母, の遊び場所, の面倒, の騒ぎ, はそう, はそこ, はどんなに, はよく, はよろこん, は一度, は今, は往来, は手, は父, は自分, もまた, をこの, を相手

3 [61件] がそこ, がそれ, がそんな, がつい, がみんな, がわいわい, が何人, が口々, が学校, が寄っ, が朝, が沢山, が無邪気, が笑う, が自分, だ, でした, と同じ, と戯れ, と遊ん, にこの, にとつ, にとつて, にまじっ, に分け, に気, の, のいい, の仲間, の体, の口, の名, の喧嘩, の土産, の室, の教育費, の母親, の相手, の群, の話, の身, の遊ん, の運命, はあの, はいいました, はさ, は口々, は学校, は山, は彼女, は昔, は母親, は犬, は目, は秋, もこの, も大, やあけ, や女中, よ, を呼ん

2 [179件] から, から離れ, がいかに, がいた, がうるさい, がお, がかたまっ, がこの, がしきりに, がたくさん, がやって来, がようやく, がよく, が一生懸命, が三々五々, が何, が出, が叫んだ, が周囲, が四人, が声, が成長, が手, が教師, が更に, が母親, が泣い, が泳い, が父, が相談, が私, が私たち, が突然, が群れ, が自動車, が誰, が走つ, が退屈, が集つて, が面白, だが, だけで, であった, であつ, であるという, といつ, とさ, とふざけ, と一しょ, と別れる, と外, と母親たち, ならまあ何とか, にいつも, にからかはれ, にくらべ, にし, につかまっ, には五文, にやる, によく, に与え, に人気, に向かっ, に声, に手伝, に捕まつたら, に洩らした, に滑稽, に積木, に菓子, に見せ, に見つ, のあいだ, のあと, のいる, のがやがや, のこの, のさけび, のところ, のはしゃぎ, のもの, のわき, の仕事, の住む, の側, の写真, の叫び声, の喜び, の好い, の後, の悦ぶ, の慈父, の成城, の手前, の教育, の服装, の未来, の様子, の歓声, の無心, の父, の生命, の百日咳, の皿, の目, の美しい, の聲, の肩, の自由, の行末, の親, の誰, の躾, の遊び場, の遊ぶ, の養育費, はいい, はいう, はいかにも, はいつ, はいま, はいろいろ, はいわゆる, はうれし, はここ, はこんな, はただ, はどこ, はどんな, はなんとなく, はねこ, はみな, はめい, はもはや, は一人, は一枚, は与八, は中, は二人, は何だか, は元気, は先生, は前後左右, は大変, は家, は小, は小さい, は少し, は彼等, は思いました, は歓声, は毎日, は珍し, は石, は確か, は線路, は考えました, は自分たち, は花, は走っ, は顔, は鬨の声, は鬼ごっこ, も一週間, をお, をかわるがわる, をし, をその, をどう, をながめ, をみ, をよろこばせる, を上総, を勝手, を引き連れ, を探し, を教育, を起し

1 [1933件 抜粋] からいじめられ, からなめられた, からは軽蔑, から出, から孤立, から漫々的, から言え, から除け者, から騒々しく, があつまっ, がある, がいたずら, がいつか, がいまルンペン, がうまれ, がおそ, がかじっ, ががやがや, がきわどい, がこごえない, がこんなに, がさっと, がした, がすぐ, がする, がせびる, がそれら, がぞろりと, がつまらない, がどっさり, がはいっ, がびっくり, がみな熱心, がめいめい贈り物, がもてあそぶ, がよろこんだ, がゐる, がギター, がチョロ, がボール, が一, が一昔前, が一立て, が三四人, が並ん, が二三人自転車, が仔豚, が何とか, が入れ, が写真, が出る, が加, が参右衛門, が可愛く, が問う, が土, が墨, が夜店, が大騒ぎ, が実は, が寝起き, が平気, が店頭, が彼方, が徐々に, が怖, が恐怖, が戦ごっこ, が新しく, が昨日疎開, が暗闇, が木戸, が来, が果して, が次第に, が死ぬ, が汗, が海水浴, が父母, が独逸, が田舎, が皆元気, が真面目, が私たち父子, が竹垣, が納まらなくなりました, が美しい, が腹, が蕗, が街路, が赤い, が輪, が遊ぶ, が銭, が集っ, が食事, が騒ぎ, さえいつのまにか, その親たち, だけが数人, だけで相談, だけの見物, だけを皆, だと, であったが, であり宮様, でいっぱい, でどこ, でも集め, で急, とあそびつかれる, という形, とかえり, とこの, とすれちがった, とそれ, とで豪徳寺, とにまもられ, との思想, との附き, とは別, とは無理矢理, とももう, とわかる, とを入れた, とを見較べた, と一切区別, と仲がい, と別, と友達, と家, と市河君, と朝食, と気ちがい, と縁, と親しい, と遊び, と顔見知り, などが見える, にいいつけた, におじいさん, にお手本, にこんな, にしよつちゆう, にたいしてほとんど, について葉子, にでも敷かせ, にとってはいっしょ, にとっては何より, にとってもその, にとって大きな, にとつて一種, にはさすが, にはそれ, にはとても, にはみな父親, にはわからなかった, には分らない, には売りたい, には子供たち, には普通, には眼, には諒解, にまじ, にもいざ, にもそう, にもぼく, にも一体, にも感ぜられた, にも私, によってさんざん, によって諸君, にビタ一文, に亀井戸, に何, に冗談, に動物学上, に取りまかれ, に各自, に呼び立てられ, に多く, に威張る, に家, に対しては正しく, に対して自然, に小銭, に度胆, に手習, に教える, に書物, に木内先生, に東妙和尚, に毛布, に清純, に玉子喰, に病気, に石, に純粋, に聞えない, に腰, に芋, に見せたくない, に言いました, に話しかけよう, に読書, に身支度, に近寄っ, に配った, に限, に食事, のあいた, のいぢ, のおかげ, のおみやげ, のお母さんがた, のことその他, のさきざき, のすく, のどちら, のにらめっこ, のむれ, のよろこび, のブランコ, の一人ひとり, の万年床, の不平, の世界, の今後, の侵入, の健康診断, の出現, の加勢, の収入, の向う見ず, の唇はいちよう, の在, の多数, の太鼓, の子供, の家, の小物, の席, の幸福さ, の心配, の悪, の想像力, の慰み, の持つ, の探る, の日常生活, の智恵, の朗, の机, の橇遊び場, の歩い, の気分, の流れ, の無益, の牝牛, の琴, の病後, の社交, の科学的, の笑, の美術的, の胸, の行ける, の規律, の訴, の誇張癖, の走る, の身の上, の通る, の遊び, の遊び道具, の遊戲, の部屋, の雑居部屋, の食慾, の騒々し, の高い, はあたり, はあと, はいかだ, はいっせいに, はいつの間にか, はうれしく, はおそらく, はおもしろ, はかって, はきふ, はことさら, はごはん, はさっぱり, はしゃがれた, はじゃん, はすでにずっと, はその小さな, はそれぞれヒイキ, はぞろぞろ, はたちまち, はだんだん, はとうとう, はとびのきました, はどの, はなぜ, はなんと, ははじめびっくり, はひろ子, はふっと, はへん, はまことに, はみんなおじぎ, はみんなスケイト, はみんな色, はめいめい門, はもちろん, はやっと, はよごれ, はアリョーシャ, はコッソリ, はタンポポ, はブルツ, はヤンヤ, は一人きり, は一瞥, は一途, は下流, は主治医, は云う, は亥, は他区, は伯母さん, は何事, は保育所, は全く, は再び, は別間, は勇みたった, は危く難, は去った, は右, は告げました, は嘆い, は困っ, は圃, は地べた, は大, は大急ぎ, は如何, は安心, は寄宿舎, は専制者, は尻, は左, は幾人だい, は彼等自身, は得体, は必ず, は思い思い, は急, は悲しい, は慴, は戸外, は新, は日ごろ, は映画, は最後, は本, は板敷き, は桜桃, は機関車, は次第に, は殊に, は水, は泣い, は濡れた, は無邪気, は燃え, は生れ, は男女, は皆自分, は知らなかつた, は神, は立ち止っ, は笑い出しました, は答え, は結局これ, は聲, は自, は菜園, は藁沓, は裏, は見物, は誰, は躍り上りました, は逃げる, は遊び場, は部屋, は門, は階段, は青い, は面白い, は飽き, は驚いた, は黙, ばかりだった, ばかりに限つて, へのおくり, への土産, へも金, まであきらめきった, までが年寄, までが飛ん, までも避け, まで縁, もありました, もいる, もお前, もこれから, もそう, もそろそろ, もとんぼ, もふり棄てる, もみんな, もやがて, も一人, も二人, も人並み, も何だか, も出入り, も召使, も多分, も子供たち, も寂しく, も心, も昂奮, も殆ど, も混, も父母, も竜, も考え, も若い衆, も行き詰った, も追う, も食事, やっと最初, や何, や夫, や朝酒, や通りがかり, よりはやや, よ警戒, をあわれ, をおどかした, をかばい, をこれ, をそそのかし, をどっち, をひっくるめ, をまた, をめざし, をも公平, をよろこばせ, をライフ, を乗せた, を代る代る, を先, を前, を台無し, を叱りました, を吹い, を呼び寄せる, を喫茶店, を大いに, を客間, を寝せ, を小ざっぱり, を引率, を忘れ果て, を恐い, を打ちやっ, を抱き上げ, を散, を残らず連れ, を沢山, を生みッ, を目がけ, を瞞, を纏め, を腹這い, を見まわした, を見廻し, を説い, を追っかけ, を遊ばしとい, を邪魔, を風呂, を駆っ, 早くその

▼ 子供~ (1653, 4.4%)

21 と一緒 1611 はその 10 が, の間 9 のこと, の方 8 の頭, はそれ 7 のため, は皆 6 の中, をつれ

5 [12件] と同じ, の群, の面倒, の顔, はこの, はどこ, はまた, はまだ, は私, もまた, を見, を連れ

4 がこの, が手, に向っ, のうち, の姿, の心, の手, の為め, の着物, はいつ

3 [27件] が貴女, が赤い, が遊ん, と, と一しょ, に就い, のもの, の仲間, の写真, の口, の叫び声, の喜び, の声, の奇麗, の歌声, の生活, の眼, の聲, の話, はお, はきつ, はびっくり, はもう, はよく, は時々, は良寛さん, を育て

2 [105件] から, があたし, がその, がそれ, がもう, がよく, がスケート遊び, が一番, が丁度, が住ん, が危, が向う, が四五人, が左右, が持っ, が新, が来, が沢山, が皆, が石, が竿, が見えなく, が路, が遊び, が集まっ, が駈け, だ, と友達みたい, と同様, と遊ん, と遊んだ, に, にお, にくれ, にその, にはそんな, にも遠く, によく, に与える, に出す, に質, に食べさせたい, の, のそば, のなか, のまん中, の一群, の前, の十人, の友人, の家, の将来, の後, の答, の見えない, の賑やか, の遊ん, はあの, はおどろい, はすっかり, はそう, はそこ, はそんな, はどんなに, は一斉, は一緒, は不自由, は二月, は今日, は全, は全部奥, は其処, は去勢, は口々, は妹, は嬉し, は学校, は家, は小さな, は巡査, は店先, は彼, は憎み, は我々, は手, は朝, は母, は湖, は眼, は雪, は顔, ばかりで, まであいつ, も, も今, も時々, よ, をかばい, を乗せた, を呼んだ, を家, を悦ばせる, を早く, を笑, を見る

1 [1134件 抜粋] か, からの又聞き, から注意, から自転車, から離し, があの, がいい, がいつの間にか, がいやがっ, がお, がかれ, がさうざうしくさ, がしなけれ, がする, がときどき, がどう, がどっさり, がはたして, がまた, がみんな, がめき, がわいわい, がゐる, がギヤマン, がブランコ, が一つ, が一斉, が一番彼, が二部合唱, が云, が云つて, が人ずく, が仲間, が便所, が入れ, が出た, が叫び, が台湾, が各々, が喚く, が喧しく, が垣, が外, が夜, が大きな, が嬉々, が學校, が寺, が居ります, が居れ, が引張らせ, が彼等, が待ちきれなくなっ, が御布施, が恍惚, が悲し, が意味, が或, が文字通りつめ, が木, が来た, が板, が椿, が橇遊び, が歌つて, が気が付いた, が沢山手, が泥, が活溌, が渡し船, が然し, が燕, が珍しい, が田舎, が白い, が真黒, が砂地, が穴, が群れ, が聽, が自分達, が花, が英国, が行きつけた, が観客席, が誘ひ合せ, が買つて, が踊っ, が迎い, が遊び場所, が遊戯, が遠足, が門内, が隣り, が集団疎開, が雪合戦, が飛び出し, が食事, が馳, が駈け込ん, が驚いた, が麦畑, だけにでも空襲, だった, だと, だろう, であらう, でございます, です, ですよ, でまた, で一杯, で月, とあそぶ, といふの, とお, とが居た, とそこ, とにのこし, とは余り口, とは急, とは煖炉, とは顏馴染, とも笑い, とを連れ, とゾックリ背中, と云う, と仲良し, と共に暮し, と共に追い求めるべきである, と劇場, と女中, と姉妹, と未, と母親達, と縄飛び, と見物, と違っ, と隠れん坊, と食事, にあて, にいつか父, にかう, にきかし, にこれ, にさえ索漠, にそれぞれ, につけられた, にとつて, にどんな, にはあたらなく, にはすぐ仲良く, には仮, には其頃, には十分, には意外, には早くから, には母, には聞かせない, にぴったり, にまじっ, にまで無害, にも, にもぎ取られ, にもそれ程, にもの, にも土蔵, にも毛糸, にも見せたい, にも降った, に三十八人, に亀戸, に云う, に交つて, に何事, に分けあたえる, に劣らなかつた, に十分の食事, に向, に呼び立てられ, に囲まれた, に売り, に大変, に好き, に孝經, に対していろんな, に対しては親切, に対して御, に対する愛情, に就, に庭, に引留められ, に御, に手荒ら, に投げ, に接し, に教えた, に新しい, に昨日, に本, に渡し, に聴かせる, に苦痛, に著, に規則正しく, に解ろう, に訊いた, に詳しく, に譲る, に買っ, に顔, に養われ, のお, のお父さん, のからだ, のさわぎ, のため絵図, のぼろぼろ, のやう, のよろこび, のわけても, のガヤガヤ, の一人一人, の一行, の乱暴, の享楽, の体質, の偏屈, の傍, の冬着, の列, の勉強, の去った, の受け, の呆然, の喜び相, の団欒, の夕餉, の多く, の大きな, の好悪, の実際, の寝間着, の寢床, の幼い, の当て擦り, の御, の思い思い, の息, の情智, の意見, の成績, の持ち, の捉えた, の教育, の数, の時計, の服装, の横, の歡聲, の気持ち, の注意, の無事, の爲め, の玩具, の生長, の留守, の知識はか, の破れた, の笑い声, の総, の考え方, の胴乗り遊び, の腹, の舌鼓, の表情, の話し, の證人, の身なり, の遊びごと, の遊び場所, の運動会, の部屋わき, の雪つぶ, の靴下, の音信, の養育費, の騒が, の騒ぐ, はあきらめ, はある, はいずれ, はいつか偶然, はお前, はお母さん, はかういふ, はかしこい, はきゃっきゃ, はこんな, はす, はそれぞれ, はたとえ, はだんだん, はともかく, はどの, ははしゃい, はひそひそ, はぶるぶる, はまるで, はみな派手, はみんな一しょ, はもうすっかり, はやたら, はよろこび勇ん, はわれがち, はシャドウ, はドッ, はバシャバシャ泥, はユースタス, はワツ, は一冊, は一日, は一見, は不安そう, は丘, は中国, は事實, は二階, は今, は他人, は何と, は何時, は入っ, は六, は兵隊さん, は出来る, は勢, は却つて, は取りあいでした, は只, は合衆国, は向きあっ, は喜び, は喜ぶ, は四方, は土地, は大, は大丈夫, は大人仲間, は大勢そこ, は大変, は大抵, は失望, は女郎蜘蛛, は子供, は家庭, は寿女, は尚も, は屡々, は常に, は平均六つ, は庭, は当, は彼等自身, は必ず, は悲しく, は慌て, は憎んだ, は手足, は按摩, は断じて, は既に何等, は早朝, は昨今, は晩, は有らゆる, は橋, は歌いました, は母親, は氣, は決して, は済まな, は煎餅布団, は特に, は玩具, は甘酒, は男子, は疲れ果て, は痛い, は皆んな連れ, は皆上機嫌, は盗人ごっこ, は目白押し, は真白, は知つたの, は確か, は簪, は紙鳶, は綺麗, は繰かえした, は群, は肩章, は自分達, は芝居, は葬式, は蜻蛉, は裸, は親切, は解らない, は豆, は赤坊, は走つ, は身體, は逃げ, は遊び, は部屋, は金, は阿, は隱れん坊, は青い, は餅, は驚い, ばかりでなく, へくれ, への土産, までがハチ公, までが如何にも, までそんな, まで巻添え, まで明日, もあんなに, もいなく, もきっと, もしずか, もついに, もどんなに, もまじっ, もわいわい, も一所, も何, も参るでしょう, も夏, も姿, も少い, も平素厳, も或は, も犬, も皆, も自分, も遊び, も非常, も頭, も食事, やその, や孫達, や従兄従妹, や清, や若者, よりも多く, よりも自分, よ草, をいきなり, をここ, をそこ, をぞろぞろ, をはげまし, をめ, をも美, をウン, を不自然, を介抱, を伴, を凝視め, を区別, を取り卷いた, を叱っ, を呼び集め, を喜ばせ, を園庭, を委せ, を寝かす, を後, を愛称, を憎ん, を畳, を皆木, を私, を肩, を膝, を芋, を見下ろし, を象徴, を追, を連れ去る, を酷使, を集める, を食わせ, ノ学校モ始マルノデ, ヲ連レテ, 迄つまらない

▼ 子供~ (1584, 4.2%)

17 乳を 15 しては, 向って 14 なって 13 して 9 乳房を, 物を, 言って 8 對する 7 似て, 何か 6 向かって, 對し, 気を, 着物を, 見せて, 言った 5 とつて, なる, 平等に 4 するよう, やって, 出來, 至るまで

3 [28件] いい聞かせ, くれるに, してやる, せがまれて, それが, それを, ちがいない, なつた, なれ子供, まじって, 何が, 別れて, 化けて, 向けて, 呼ばれて, 怪我を, 持って, 教へる, 生命を, 罪は, 菓子を, 行水を, 衣類を, 返って, 逢ひ, 違ひない, 遺して, 餌を

2 [77件] ありがち, いうよう, いって, くれて, この先生, した話, だつて, なった, なりなさいよ, なるの, なるわけ, なれるでありましょうか, ふくませて, やさしいから, やった, オナラの, 会うこと, 似合ぬ, 何でも, 例が, 取られて, 取りまかれながら, 同情を, 向つて, 呼ばれたとき, 声を, 大変人望が, 嫁を, 子供自身の, 富士登山を, 小判を, 就いて, 彼の, 必要な, 恋の, 戯れて, 戻ったよう, 手を, 托して, 持たして, 持たせて, 撒いて, 教えて, 智識を, 死なれてから, 母と, 母親が, 決闘だ, 渡した, 父が, 牛乳を, 特有な, 相違ない, 知らしめたの, 笠やれ, 絶望の, 聖書を, 聞くと, 肩を, 肩身の, 至る迄, 裏切らるべき時, 見せたくないと, 訊ねた, 話しかけながら, 話したこと, 話して, 認印を, 読書を, 買って, 近づいて, 逢いたくは, 過ぎないの, 金を, 頬ずりを, 食べさせて, 食事を

1 [1156件 抜粋] ああいう, ああも, あげようと, あっては, あてがう菓子, あやまったり, あらず直に, あること, あれが, あんなこと, いいかけました, いいきかせるよう, いい家, いくらかの, いじめられて, いぢめ, いつた, いやがられた仲, うつる浪, うんと振袖, おけるが, おじぎを, おもしろいお話, お上げ, お噺, お父さんなぞと, お説教, お金を, かえった心持, かえって, かかってはなあ, かこつけて, かまける, からかうなよ, からかわれても, かわいがられました, きいて, きくと, きつい顔, きらわれるはじめ, くらべては, くわしく道, こうした自然, こちらが, この上, この感動, この肩, こんなけが, こんなに澤山玩具, こんな悪い, こんな有様, こんな立派, さ, さとすよう, さわったが, さ恥, しこたま御馳走, しちゃ, してやるよう, しゃべらせるという, すぎなかったが, すぐ反応, すると, せめても, せめて形式的, そういうこと, そう呼びかけ, そつと, その前日緩下剤, その着物, それぞれ千ルーブルずつ, そんな知恵, ぞろぞろと, たのまれた用事, ためそう, だつて後, ちゃんとして, ちょうどいい, つかまれた子猫, つきものの, つくす母親, つけるよい, つまらないこと, つれて, できること, とつたら, とりかこまれたマムシ, どういう本, どう受けいれられ, どれほど新鮮, どんな不幸, なお良かっ, なったの, なったよう, なった気, なつちやつて, ならないか, なりきって, なりそしてまた, なりました, なりますの, なり我勝, なるか, なるつて, なるより, なれるから, なんと呼ばせる, ねだられて, のこしたの, はびこられて, ひかされわたし, ひとりぐらゐは文に, ひもじい思い, ひやかされたり, ほめられて, まくし立てられて, また人, みやげの, むかって, むだ口なんか, もたすより, やったん, やっぱしメッカチメッカチ, やつたり, やるからな, やるみやげ, ゆづる意味で, よい影響, よくある, よくわかる, よく見られる, よんで, わかれる処, わざと示し, アーンと, オンブせざる, ゴム毬を, スポーツを, ノビノビと, バナナや, ブラ下られる, マキ割りを, ラマの, 一つずつ, 一人づゝ下婢を, 一匹の, 一本の, 一般的である, 三人までも, 上の, 不自由さえ, 与えた驚異, 与える, 与える影響, 与へた子供, 与へるか, 与へる大人, 並んで, 予備として, 云う様, 云つた, 云ひきかせ, 云わず兄, 五年前に, 交つてぼんやり, 人気が, 仁義礼智信を, 代って, 代つて詑びた, 会いたいの, 会いたがって, 会うだけ, 会うの, 会わしたらどう, 伝えるの, 似せて, 似つかは, 似てると, 似合わず非常, 似合わぬ冷笑, 似気, 体刑を, 何らの, 何一つ教育, 何歳に, 侵入され, 借りた自転車, 健全だ, 元の, 先んじて, 免がれが, 全く貧困, 其黄金機会が, 冷めて, 出で, 出会った, 出来て, 出来れば, 分けた, 分け自分, 分る範囲, 別れたくないの, 別離の, 創作家たる, 助けられ世話, 勉強させる, 化けものばなし, 南天の, 印象を, 反映する, 取りもどさせるの, 取卷かれて, 口を, 可愛そう, 合せる顔, 同情しない, 同様の, 向かう大人, 向けかえさせるため, 向けなおしまだ, 向つて加, 君が, 吹き込んだか, 呼ばれたらさっそく, 命じて, 喜ばせかたがた, 器械だの, 囃されつつ, 回向を, 土産を, 報ひ, 墨を, 変って, 多いの, 多く見る, 多額の, 大人望, 大評判, 大騒ぎを, 奥の, 奪ひ去られた, 好かれます, 好かれる守, 好き手本を, 如くもの, 婆様で, 学ばせ自ら, 学芸を, 安固たる, 宛てて, 実際の, 宿題を, 寫眞など, 少しばかり, 就て, 布団を, 帰れるでしょうか, 平凡を, 幸福を, 引くりかへ, 引張られて, 強奪される, 当りちらすこと, 影響しました, 御馳走しよう, 心身暗弱の, 思えて, 怨まれは, 恐怖を, 患は, 悪い, 愛が, 愛せられてる今, 愛着を, 感染した, 憑って, 成って, 戯れたい欲求, 手紙を, 手習を, 手込めに, 打算的な, 投げ返すよう, 折檻を, 担がせた近東風, 拾われその, 拾われる恐れ, 指さして, 捕まったバッタ, 捜させるそして, 授乳中に, 接する職業, 提灯を, 教えた年長, 教える折, 教える第, 教へ, 教育される, 数年間授乳し, 數を, 於て, 日が, 易々と, 普通の, 暴行を, 書かせたよう, 最初旨い, 會ひ, 會ひたく, 服従と, 本を, 林間小学校と, 梅毒の, 欺かれたの, 歌を, 武術を, 死なれた悲しみ, 死なれて, 死なれでも, 死後の, 殺される人間ぢ, 母人らしい, 毒を, 比べると, 気付かれたと, 水ましし, 泣かれては, 泣出された, 注意する, 洩して, 活動を, 涎掛けを, 混って, 添乳なぞを, 添寝し, 済まない, 渡して, 源氏は, 漢書を, 灸を, 炊いて, 無理にも, 熱が, 父の, 牛を, 特有の, 狂犬が, 玩具や, 珍らしかった, 甘いさく子たち, 甘くしすぎた, 生きた私, 生まれ変わりラテン, 生れたという, 生んで, 留守を, 當り散らす, 病身なる, 皇位を, 盗られたこと, 相ついで, 相続権を, 真似て, 着するに, 着物の, 知らせぬゆえ子供, 短い名前, 示しが, 祈つて, 神様を, 神話を, 私と, 秘められた血族関係, 種々な, 立ち去られたあと, 立派な, 立身出世を, 簪の, 粥を, 紡織を, 絵の, 続いて, 縁の, 縛られさうな, 罪が, 罪を, 聞いたり, 聞かせて, 育てて, 背を, 背負われてか, 腕を, 自信力を, 自分達の, 自己放擲の, 至っては, 與へる, 良いの, 花火を, 苛酷だつたい, 英語を, 菓子などを, 著せてたうとう, 行つて可い, 表情遊戯を, 襤褸を, 見えて, 見える変, 見せたい, 見せぬよう, 見せると, 見つけられて, 見られ度, 見る者, 見立てて, 見覚えが, 見過ぎて, 覚え易い, 親切か, 言いながら, 言い聞かせて, 言ったこと, 言ふ, 言出しかね, 訊いた, 話しかけた, 話しかけて, 話したが, 話す場合, 誘われて, 説教した, 説明を, 読まれて, 読めそう, 調戯っ, 讀んで, 負けるなんて, 貧乏だって, 賞めて, 贈るつもり, 贈物に, 起る昔, 踏みあらされても, 辞儀を, 近い神様, 近かった, 近く結びつけ, 近づき危, 近所で, 返りたいよう, 返るとは, 退治られる, 逢いたいん, 逢い度, 逢おうと, 逢って, 逢ひたく, 遇わないので, 運転と, 過ぎなかった, 道理が, 違いない, 違ない, 適当な, 遺産を, 還って, 還るよう, 酒を, 酷い目, 金なんか, 金魚を, 長い長い名前, 開き示して, 關する, 阿母, 限ったこと, 限らず一般, 限られて, 限りません, 隠さねば, 雑誌でも, 離れた女, 電話を, 面白い感じ, 頒けて, 頭巾を, 頼んで, 風でも, 食いつぶされて, 食べさ, 食べさせたいとか, 食べさせるという, 食べさせる田舎, 食わして, 食わせること, 飯を, 飲ませて, 飴売つて, 馴れて, 鶏を

▼ 子供~ (987, 2.6%)

15 のため 11 の声 10 はその 7 の母さん, はそれ 6 が, と一緒, のこと, の母, の間, は, はこの 5 の手, の生活, はみんな 4 が集まりました, だ, といっしょ, の中, の歌う, はあんまり

3 [22件] がおお, が出, が手, だったの, に向かっ, のよう, のよろこび, の姿, の方, の歌, の母親, の話, の頭, の顔, はまた, はジョバンニ, は何, は手, は母, を伴, を押しのけよう, を見

2 [69件] がこの, がこれ, がぞろぞろ, がみんな, がよろこん, が両方, が五十人, が叫びました, が叫ん, が虔十, が見つけ, が誰, が雪, が青じろい, が鬼, に, のうしろ, のそば, の上, の前, の教育, の来ない, の林, の溺れる, の目, の相手, の笑い声, の笑う, の群, の興味, の蟹, の遊ぶ, の遊ん, の集まる, はあちら, はいつしか, はいつも, はうれし, はどれ, はまるで, はもうよほど, はやっぱり, はよく, は一斉, は不思議, は入ってる, は口々, は叫び, は叫ん, は四人共, は家, は母親, は毎日毎日, は皆川, は目, は私, は網, は自分, は踊, は面白, までが何, もじき, もどんなに, をみんな, を戒め, を教育, を相手, を裸, を養っ

1 [652件 抜粋] か, からいじめられる, から掛蒲団, から腕押し, から譲られた, から離れ, があなた, があひる, があれ, がいいました, がいかに, がいつも, がうっかり, がお化け, がお辞儀, がかわいそう, がかわるがわる, ががやがや, がこう, がしのび泣く, がじっと, がすもう, がずーっと, がその, がそれでも, がのぞき, がはだし, がみずから分業, がもう, がやってき, がよく, がわめい, がわんわん, がアケビ, がピオニイル, がヨッパ, がラサ, がリュクサンブール, が不審, が両手, が両親, が争っ, が今朝, が体操, が何人, が侵入, が入り, が凧, が分け行く, が口, が喜ん, が外套, が大きく, が嬉し, が子供, が寝しずまった, が寝しずまる, が嶮, が座敷, が息, が悪口, が投げ込ん, が持つ, が捻, が木, が村, が来, が枕, が水, が水遊び, が泣き出しました, が犬ころ, が目, が知らない, が石, が立っ, が統率者, が群れ集まった, が聴い, が自分, が草苺採り, が見つける, が見舞い, が言いました, が言ってる, が話, が豆, が走っ, が近く, が遊ん, が遊んでる, が野山, が鋭い, が長い, が顔, が騒い, が鬼ごっこ, が麻, が鼻汁, だけが親, だけである, だった, だつた, だつたの, であった, である, であろうが, ですら, ではない, でもない, で武士, とそれ以来, とちっとも, とともに往来, との生活, との間, とオルガン, と一団, と働い, と出会う, と同じ, と微笑, と散歩, と明治神宮外苑, と来る, と海, と犬, と遊び, と遊ぶ, と遊ぶで, なかなかあじ, などに使われる, などはおもしろ, なの, にあたえよう, にあたりちらし, にあまり, にいった, にかこまれ, にこんな, にさびしい, にそれ, にたべさせ, については安心, につまみ上げられるだろう, にとってごく, にとってはこの, にとって新しい, にとって次第に, になじみ, にはこれ, にはごちそう, にはしばしば, にはちっとも, にはとうてい, にはよい, には旦那, には重大, には鐵條網, には頑, にもっと, にももがれず, にも取り出し, にも馴, にやっ, によろこん, にメニュー, に主膳, に二つ, に似, に分ち, に向っ, に囲まれ, に対して厳格, に対して怒り, に対するあらゆる, に愛情, に手工, に払っ, に拾われ, に昨日, に求めたら, に温い, に物, に狂人, に知っ, に社会, に考えられる, に見せ, に言い聞かせた, に話してない, に話しはじめれ, に買っ, に適当, に酷薄, に食べさせる, の, のいたずら, のうれし, のおまる, のがやがや, のこの, のさかん, のそれ, のつい, のなか, のひだ, のまわり, のもてあそぶ, のやう, のよく, のよこ, の一, の下着, の不正, の世話, の仲間, の仲間入り, の傅人, の全く, の出す, の友だち, の友人, の古い, の呼吸, の喜び, の喝采, の噂, の地位, の変, の好奇心, の学校, の宗教教育, の寝静まった, の将来, の小遣銭, の幸福, の影, の後, の心, の愛撫, の成長, の敏感, の敬礼, の整然さ, の文化, の新鮮, の旅, の日常生活, の枕, の柔かい, の様子, の浅ましい, の為す, の猫, の生れ, の生命, の生命力, の生涯, の画, の疳, の着物, の笑声, の笑聲, の米友, の考, の耳, の聲, の胎内, の行く末, の見た, の見つけ, の賢い, の跫音, の通弁, の遊び場処, の運勢, の集り, の面前, の願望, の食事, の飼, の駆虫剤, の騒ぎ声, の騷ぐ聲, はいくら, はいっこうに, はいつ, はいよいよ, はいろいろ, はいろんな, はうなずきました, はおばあさん, はおもしろ, はお菓子屋, はかわるがわる, はしばらく, はそういう, はたいそう, はたいへん, はたがい, はちょうど, はてんでに, はでつかい, はどうか, はなお, はなかなか, はなんばいもなんばいも茶碗, はぴかぴか, はほか, はぽかんと, はまっすぐ, はみな一生けん命, はみな喜び安心, はみな犬, はむろん, はめいめい, はもう, はよい, はよろこん, はガヴローシュ, はプラカート, はホルサム, はラザルス, は一せい, は一度, は一散, は一目散, は与八, は久しぶり, は亀, は人さらい, は今, は仲間, は俺, は元, は先頭, は八つ手, は凪いだ, は出かけます, は切り, は十銭, は口, は古い, は吹きっさらし, は問いました, は声, は売られ, は大騒ぎ, は天気, は子供, は子猫, は学校, は定雄ら, は小さい, は少なから, は年, は往来, は得意, は心得, は心得顔, は急, は恐ろしい, は恨めし, は意外, は揃ひも揃, は摘草, は旗, は時, は時々, は棒, は歌, は歌い, は歓呼, は残念そう, は毎日, は毎日ちょうざめ, は無論, は生れ, は男, は皆舟綱橋, は目高, は眠り, は石段, は神様, は稗, は空腹, は箱, は米友, は緊張, は聲, は自由, は茶の間, は荷物, は蜜柑箱, は街道, は親, は質問, は踏台, は躍り上がっ, は追っかけ, は連れ, は週番, は部落, は釈迦堂, は長吉, は集まっ, は飴チョコ, は騒ぐ, は驚き, ばかりだった, ばかりをチヤホヤ, への土産, への心, へも父, へやった, へ志, へ買っ, までが巡査, までが戦ごっこ, までもこの, まで一時, まで松蔵, もいっしょ, もこら, もこらえ, もその後, もそれぞれ, もだいぶ, もぽっぽ, もみな, もみんな昼寝, もよく, も二人, も交つて, も会い, も整然, も昔, も母親, も毎日こ, も満月, も父兄, も皆, も近づかない, も追, や孫たち, や農具, よりも母, より驕った, よ彼ら, をいっし, をいましめました, をお守り, をことごとく, をこの, をさき, をたべさせ, をとがめ, をどう, をながめた, をのこし, をはしゃぎ廻らせる, をひかえる, をよこし, をよぶ, をよろこばせたかった, を一人, を信じ, を切り殺した, を呼び集め, を喜ばせよう, を困らせる, を国府津, を大きく, を安心, を寝かしつけ, を愛し, を押しのけ, を殊更, を笑わせる, を育て, を育てる, を見ました, を見ませんでした, を見まわしました, を見守り, を見捨てる, を見送っ, を託し, を護っ, を赤い, を路頭, を連れ, を遊ばせ, を集め, を養育, 教えるの, 新しい世代, 来りビフテキ, 赤い顔

▼ 子供~ (730, 1.9%)

10 ある, あるの 9 一緒に 7 なかった 6 ありました 4 あった, あって, あること, あれば, 大人も, 女も 3 あつた, あり私, あるし, あるって, あるん, いた, いる, ない, 今は, 同じよう

2 [41件] あったので, あるから, あると, あるという, いて, いましたという, おおぜ, それを, だんだん大きく, ついて, ないので, なし秋, まうけず, まじって, やがては, ゐるの, 一しょに, 不幸に, 二人まで, 何も, 何人か, 兎に, 同じこと, 四五人いる, 大きくなった, 嬉々として, 孫も, 家も, 居た, 幾人か, 幾日も, 悦んで, 母も, 混って, 無かつ, 犬も, 生れて, 産んで, 石の, 聞いて, 見て

1 [552件 抜粋] あったが, あったの, あってさ, あっての, あなたも, ありましたが, ありましたけれど, ありましたやう, ありましょう, ありましょうし, あります, ありますが, ありませんでしたから, ありわりに, あり家庭, あり男, あり若い, あり葷酒, あるからとかと, あるからなどと, あるが, あるだもの, あるでごぜ, あるもの, あるんで, ある三十一歳, ある人, ある人間, ある女, ある身, あろう人妻, いじらしかった, いずがらん, いずれは, いたよう, いた女, いつし, いつもの, いないの, いないのに, いますし, いること, いるし, いると, いるよう, いる楽しい, いれ, いれて, いれば, うち連れて, うばい取られて, うるさい朝, おしまいには, おなじよう, おましたがな, おりおり互いに, お鈴, きっと国家, きれいに, こ, こしらえず活動, こしらえること, このごろたくさん目に, この辺, この頃, こもれり, これでは, これを, こんこん噎せた, すっかり失っ, すてずやって, すでに大きく, すべての, するが, ずいぶん多い, ずゐぶん, そうかね, そうぞうしいが, そうだった, そうでない, そう思う, そして生命, その改悛者, その正体, その気, その癖, その間は, その騒ぎ, それきり豆店へは, それぞれ割合, それぞれ糊口の, それだ, たくさんいた, たくさん乗り込み, たくさん生む, たしかあつ, だんだんと, だんだん欠け, ちがったよう, ちっともなつかない, ちょうどそこ, できた, できたの, できて, できるだろう, できるという, ともに等しく, とん吉, どうしたら捕らえられよう, どうにか成人, ないから, ないそれぞれ, ないという, ないの, ないひとりもの, ない一人もの, ない上, ない二十五歳, ない只, ない独身, ない癖, なくデタラメ, なく両親, なく再婚, なく大きな, なく夫婦二人きり, なく小判, なく母親, なく洋裁, なく男, なく連れ添, なく金婚式, なく門人侯芭, なし寡婦暮し, なついて, なつかしい童話, なんら異論, にこにこし, はいりました, ひきとって, ふしぎそうに, ほとんどなくなりました, まじりなど, また少し, また親, また谷中, まつて, みなうまい, みなお前の, みな死ん, みんないつしよ, みんなここへ, みんな一生懸命に, みんな大きく, みんな奇麗な, めくらに, もう尻, もう床, もう格別, もって, やがて人心, やがて大きく, やがて煙草屋, やつと, やはり女の子, やはり赤痢, よい癖, よくその, よくなつい, よく覚える, よく逃げ, よく遊び, よせつけない, よろこぶ, わいわい後, わたくしの, ゐて, ゐなかつた, ゐること, ゐるし, ゐるん, ゐる彼等, オシメもつれ, オレの, バカにや, ホクホクです, マセて, 一つ屋根の, 一人できた, 一人出來た, 一人残らず, 一人混って, 一家族一つに, 一寸泣き, 一時に, 一生父なし, 一種の, 一緒だった, 丈夫に, 三人あっ, 三人ある, 三人いる, 三人か, 三人ほど, 三四分一は, 下りて, 不憫には, 二人あった, 二人あります, 二人づれで父への, 二人とか, 二人私を, 互に楽しい, 五つ六つ七つ八つくらいまでは, 五人いる, 五人も, 五六人広間に, 五郎の, 亡くなって, 交ぜて, 交って, 交つて居る, 亦その, 亦彼, 亦親, 人間だ, 仕事を, 他所の, 令嬢も, 仲間も, 何か, 何かの, 何一つない, 何処かへ, 俺にな, 俺の, 充分に, 入って, 全く家庭化, 全滅し, 全部皆殺しに, 六七人いる, 内の, 出かけて, 出来たが, 出来たって, 出来て, 出来なかったわけ, 出来る, 別段わるい, 前後三人まで, 助かったであろうが, 助かつ, 助かる, 匐いよりそう, 午睡の, 参りまする夏, 参加し, 又やり返す, 叫んで, 可哀そうだ, 叱りつけて, 同じだ, 同じとは, 同じもの, 同じ身, 同僚も, 同様な, 同樣, 同類が, 喜びますまい, 嘸かしよろこぶ, 四人ある, 四人いまし, 四十の, 墳の, 声を, 変りなく, 夏は, 多い, 多い爲め, 大きくなっ, 大きくなったであろう, 大きくなったろう, 大きくなりましたろう, 大きく成った, 大きな大人, 大の, 大人に, 大供, 大分雜じ, 大勢の, 大勢御, 大君の, 夫も, 失くなり夫, 奥さんも, 女房も, 女給さんと, 妻に, 子としての, 子供だ, 子供の, 学校へ, 寝た, 寺子屋通いに, 将来は, 小さい子供, 小さい附属物, 小僧さんも, 少くない, 少くなっ, 少しずつ, 少なくて, 少なくないであろう, 居ずたった, 居たが, 居る, 居るに, 屹度停学処分を, 川の, 差別は, 帰りたがらないので, 年寄りも, 幻影の, 座敷に, 庭へ, 強請み付く, 役者と, 彼を, 彼女に, 待たせて, 御世話, 御用の, 復た, 心の, 心得て, 恋人も, 恭しく腕, 息災みずからは, 悪い子, 慣れて, 手に, 手伝って, 手放すらしいです, 手造りに, 持たないで, 持ってるわ, 持つたこと, 捨てて, 捨てられる程, 提灯で, 数人ある, 既う, 日に, 早く童心, 晴々し, 暫くは, 最も適当, 最早彼, 最近肺炎で, 有ました, 有りますから, 有ること, 有るよう, 来て, 来るという, 東京に, 桎梏に, 極く, 欠食児童だ, 欲しがるでしょうが, 歌って, 歓喜の, 正直だ, 歩調を, 死にかけて, 死にます, 死に肉身, 死に自分, 死んだが, 死守に, 死骸に, 残さなかったが, 殖えて, 殖え彼, 殖る, 殺して, 殺す, 母親に, 毛色の, 決して見逃し, 洗つてやらなけれ, 活動寫眞とは, 浮かれて, 混つてゐる, 滅多に, 火鉢の, 無いため, 無いとや, 無事東京の, 無論孫, 然う, 父の, 父親に, 物足りない気持, 率直に, 珍しくいなかった, 生ませて, 生まれるし, 生れその, 生れない方, 生んだこと, 産むが, 由ちゃんと, 男も, 町を, 町家の, 畑柳夫人も, 疲れて, 病気お, 病身健康な, 癩病の, 皆この, 皆な, 皆丈夫でいる, 皆空気と, 皆身, 相当な, 看護婦も, 真似を, 真理の, 真裸で, 眠る, 眼を, 知って, 碌に, 私も, 稀に, 突発した, 笑いました, 笑って, 繁も, 置きざりです, 群がって, 老人も, 考える様, 育って, 肺病持ちな, 自分で, 自分の, 自分も, 自分達が, 自然に, 舐めます, 良人が, 良人も, 若者も, 薄々は, 蝗も, 行く, 裸足であった, 見えなかった, 見せて, 見なかった, 親達も, 親類もねえと, 負けて, 負けん氣, 財産も, 赤ん, 赤児も, 路頭に, 蹴散らして, 近年少ない, 逃げて, 連れずであった, 連れずに, 連れて, 遊びに, 遊んで, 道づれと, 邸に, 里に, 野へ, 野菜が, 銭持っ, 長男に, 随分まじっ, 随分多い, 集まって, 雑じ, 静岡の, 風呂から, 食事に, 馴染むよう, 驚いたよう, 骨と, 黒人の, 黙って

▼ 子供~ (647, 1.7%)

61 一緒に 16 いっしょに 13 二人で 9 遊んで 7 一しょに, 同じよう, 思って 6 いえば, 大人の 5 二人の 4 三人で, 別居し, 妻と, 見て 3 いっても, 云えば, 云ふ, 云ふも, 別れて, 同じで, 同じやう, 喧嘩を, 大人と, 自分の

2 [29件] いうより, いつしよ, いへば, すぐ結びつい, ちがって, なって, みれば, キャッチボールしたら, 一しよ, 一緒にな, 三人の, 二人きりで, 二十五か, 云うもの, 云ふこ, 分って, 同様に, 同級の, 女中を, 母とが, 犬と, 言ふ, 話して, 赤ん坊である, 遊ぶこと, 遊んでは, 違って, 間違えられて, 離れて

1 [406件] あそぼうと, あそんだり, あとから, あなたとを, あなど, あなどって, あなどり秋, あの男, あの貧しい, いいその, いい盆燈籠, いうよりは, いえども, いおうか, いっしょだった, いっては, いふと, いへども, いま二人きりで, いわずみな不安, いわず堂々たる, おなじだ, おなじな, お君さん, お客とを, お祖母さんとが, お鈴, お隅, お鯉, かうした所, からむ芝居数カット, かるめら, きくと, きて, この身, さしたる違, さまで変わっ, して, しばらく別れる, しより, し彼, すもうを, するの, すれば, すれ違つた後, そして亮, その三人, その子供, その母親, その親, その言葉, それから, それが, たくさんの, たった一人, たつた二人, たわいなく遊ぶ, ちがうの, ちょっと話, つかみあ, つきあうが, であった, でした, どこに, どちらかを, どちらが, なし得なかったの, なってるうえ, なつた, なり, なり僕, なり子供, なるかも, なると, なるや, なれるよう, のこされた若い, ひそかに, ふざけて, ふたりきりらしい, ふたり暮しの, ぶちの, ほこりの, ほとんど同時に別, みくびって, みとめずに, むつまじく暮らし, もっと楽, よく遊んだ, よばれる他人, よばれる弟子格, よぶ知らない娘, わたくしと, わたくしの, オリヴィエとを, カルタし, トロッコの, トロツコの, ニキータとで, ピンポンを, マルクス, 一つにな, 一つ家に, 一家四人枕を, 一家總出らしい, 一所に, 一括され, 一番仲の, 一緒には, 一緒の, 一緒以外に, 三分の女と, 三四人の, 三越の, 上野の, 不思議な, 中国の, 久保とを, 乘つて居ました, 乳母とを, 二人ぎりでありました, 二人くっつい, 二人っきりに, 二人っきりの, 二人つきり取残された, 云い閉じ込めるなどと, 云うの, 云うわ, 云う子供, 云う差, 云っても, 云われて, 些少の, 亭主を, 人形と, 今が, 他所目には, 仰しゃいますのは女の子, 仲よくしよう, 仲よしに, 仲好しに, 似たよう, 住んで, 何の, 侮ったの, 侮ってか, 信じて, 信仰とを, 修道女との, 像の, 先生と, 先生とだけの, 入れかわってや, 全く同様, 六花会という, 六花会といふ, 写真帖売り, 別れる事, 別れ田端の, 前後し, 又それ以外, 友達みたいに, 受取られても, 召使は, 同い年らしい, 同じきょとん, 同じくいくら, 同じこんだ, 同じだ, 同じだった, 同じである, 同じなん, 同じに, 同じよ, 同じ十一二歳, 同じ年恰好, 同じ年齢, 同じ心, 同じ様, 同じ無心, 同じ程度, 同年ぐらい, 名の, 名乗れば, 向き合つた場合勝は, 向ひ, 喜を, 喧嘩し, 嗤って, 四番目の, 国語とは, 地蔵, 坐る, 変らないよう, 多し秋祭, 多少の, 大人とが, 大人とを, 大勢し, 大喧嘩, 大熊とは, 夫婦に, 奥さんとは, 女でした, 女と, 女は, 女ばかり, 女中と, 女中の, 女子とは, 女房たちは, 女房を, 女房アキ子の, 女達の, 妹と, 妻とともに, 妻を, 婆あ, 婆ばかりの, 婆やとを, 婚礼し, 嫂さんは, 子供を, 孫みたいな, 実家に, 家内とは, 家内を, 家庭, 家族とともに, 小さく安穏, 小僧が, 少しづつ首, 少しも, 少し馴れすぎる, 山だけ, 巫山戯て, 帰っても, 平民の, 平田が, 年よりの, 年寄に, 幾つも, 引換えに, 引換て, 彼とを, 彼女に, 彼等と, 從兄に, 御宮との, 心から, 忘却の, 忠実そうな, 忠実なる, 快活な, 思いつつ, 思いなよ, 思うてぞ, 思うの尤も, 思ったの, 思われるほどの, 思われる赤ン坊, 悪魔だけが, 成人の, 戦ごっこを, 戯れたと, 戯れながら, 所嫌はずなぐりつける, 手を, 指したこと, 揃って, 換えること, 放れたま, 故郷の, 教育との, 教訓とが, 散歩し, 散歩を, 敵對の, 新婦とは, 棲んで, 死のうかと, 母さんだけは, 母との, 母親たちに, 母親との, 比較し, 油断した, 浮袋とが, 海産物とが, 涼んで, 混ざり合, 添寝を, 溶け合って, 為り天上, 烏だけが, 無心に, 父としての, 爺さんは, 牛乳の, 特殊地域を, 犬は, 猫は, 球なげ, 生活様式の, 申しましても, 男の, 町, 病人との, 病身な, 目を, 眠って, 着物の, 知って, 福を, 私とは, 私ども四人は, 私の, 私は, 称して, 競爭で, 箱屋と, 素朴に, 細君とを, 結びついて, 結びつけられて, 繁とは, 習性の, 老人が, 老人とは, 老人に, 老婆が, 老母とを, 能く, 臨月の, 自分との, 自分は, 自分帰京, 若い者, 若党も, 若者の, 葉子の, 螢が, 蠅, 見えるから, 見えるの, 見おって, 見くびって, 見られない限り, 見るよう, 見馴れない子供, 視て, 親と, 親密に, 角力を, 言いましたが, 言ったところ, 言ふけれ, 言や, 許嫁を, 話す, 象, 貯金帳だけは, 赤ん坊とは, 足場の, 近くいつも, 連れ立って, 遊ばせちゃ, 遊ばせて, 遊ばせなければ, 遊ばせるが, 遊ばれぬ事, 遊びたい, 遊びたい遠慮なく, 遊びたり, 遊びながら, 遊び暮した, 遊ぶか, 遊ぶが, 遊ぶでも, 遊ぶと, 遊ぶに, 遊ぶの, 遊ぶほど, 遊ぶやう, 遊ぶ父親, 遊ぼうと, 遊んだり, 遊んでばかし, 遊んでる母親たち, 運命を, 違つて少し, 違ひ, 違ふ, 都合五人の, 限られました, 雖ども油断は, 離れても, 雪子と, 顔を, 高等科を, 鮮やかな, 鱈の子を, 鳩との, 鳩ぽ, 鶏だけと, 鶏とは

▼ 子供~ (622, 1.6%)

11 と一緒 8 の中 7 のこと 65 の世話 4 のため, の前, の方, の顔, を連れ, を集め 3 が, が皆, に言, の側, の無事, の間, はその, は何, よ

2 [53件] がその, がまだ, が二人, が五人, が家々, が庭, が手, と一所, と共に裸足, と喧嘩, に, に似, に催促, に別れ, に晩飯, に暇乞, に蒲団一つづ, に言っ, に追, のすすりなく, の上, の口, の好奇心, の心, の悦ぶ, の手, の散らかした, の母親, の眼, の群, の頭, はそれ, はなに, はまた, は叔母さん, は外, は彼, は怪訝, は皆私, は目, は腰掛, ばかりでなく, までも自分, も結局, や犬, をみんな, を伴, を引率, を思ふ, を抱い, を残し, を相手, を養おう

1 [428件] からの復讐, から全く, から自分等部落, があった, があなた, があの, があるいは, がいたずら, がいなかったら, がうたう, がうるさく, がおふくろ, がお化け, がけがらわしい, がけたたましく, がこれ, がこれ等, がこんな, がさ, がそれ, がちらりほらり, がどうしても, がぼろ着物, がまた, がめずらし, がやはり, がわい, がゐ, がパン, が一行, が争っ, が五六人集つて, が今, が今日, が傍, が先, が入り, が其咒文, が出, が十五人近く, が受け, が可, が呼ぶ, が喜ぶ, が四五人, が土筆, が垣根, が大勢, が嫂, が家, が寄っ, が寄つて來, が寝た, が寝沈まった, が帰つて, が引続きまして, が往来, が急, が急き立てる, が数ひき, が斯, が既に, が朝, が栗, が泣く, が煩く, が爭つて前, が甘露, が知識, が節, が素敵, が膝, が農大農場苺とり, が逃げ出す, が集ま, が集まっ, が飛び出し, が飢え, が飽い, が餓え, が駆け, が駈け, が鯡, こそは実は, です, でもよく, でも自由, で中, で此子供等, とともに草, との前, と共に午前, と共に墓参り, と別れ, と即ち, と同じ, と四人, と多勢, と志村, と愛, と比べる, と裏, と遊ん, と違, などは皆患者, にある, にかこまれ, にからかわれ, にその, についてよく, にはうなずく, にはさぞ, にはその, にはよく, には会津戦争, には冗談, には危險, には壽司, には寿司, にぶり, にまだ, にまでいたましく, にまで仲間入り, にまで謡, にもこの, にもらっ, にも一人一人丁寧, にも単, にも聞かせる, にも見せ, にも起りつ, にや危, にジヤンケン, に与え, に与える, に代っ, に傷つけられた, に分配, に利用, に双六, に取っ, に向っ, に喜び迎えられ, に対して戒厳令, に対する仕置, に対する家庭, に対する家長, に強, に影響, に感ぜられた, に捕つた, に教, に正しい, に気の毒, に球, に聞える, に聞く, に見せたかつた, に見せない, に解る, に話し, に迄ろ, に逢った, に附き, に頂かせる, に餡麺麭, の, のあどけない, のうち, のお, のかかる, のごろごろ, のさま, のやう, のよう, のボロ, の一群, の亡祖父, の佗, の作る, の傾向, の処置, の友達, の受けた, の叫び, の唄, の嘲り, の声々, の如く, の姿, の嬉し, の学校, の室, の寝静まる, の将来, の小さい, の幼い, の影, の後, の急激, の性質, の手前, の手工, の投げる, の教育費, の數, の映画, の父, の物, の玩具, の着物, の知らない, の耳, の聲, の脱ぎ捨てた, の行方, の行末, の見, の観察, の言ひな, の詩的發想, の話, の遊ん, の遊友達, の部屋, の面倒, の飢え, の騒ぎ, はあ, はあき, はいつも, はいづれ, はうるさい, はお母さん, はかえって, はこうして, はさ, はそれでも, はぞんざい, はどこ, はどっと, はどんなに, はねて, ははい, はひっそり, はまだ, はめずらし, はめづらし, はもちろん, はよく, はわい, はキャッキャッ, は一人, は一体, は一日, は一齊, は不安さうに, は不安そう, は互, は五六人, は人形, は今, は今度, は何事, は余程, は傍若無人, は先, は先刻昇天, は入, は其の, は其処, は其処此処, は助かる, は勝誇つた, は危な, は又, は口々, は台湾, は喜ん, は夏, は夢, は大, は大人同志, は大抵一寸, は大笑い, は奈様, は學校, は寝転ん, は小学, は帰れない, は後, は思ひ, は思わず, は持つ, は提灯, は敵機追撃, は新しい, は時々, は書籍, は校庭, は橋, は歌, は残念そう, は泉, は海, は無邪気, は爭, は父, は玉川, は甘えた, は男子さ, は疎ら, は白い, は百姓, は皆んな, は皆圍むやうに, は皆好奇, は皆学校, は皆寢, は皆木, は盆唄, は眠り泣き, は眼, は笑つた, は紅い, は聞耳, は自分, は花, は藁束の間, は街上, は表, は西洋人, は親, は説明, は變つた小豆飯, は足, は道ぐさ食, は遙, は鍋, は離座敷, は露領, は順次, は頬張り, は飛ぶ, は馳出, は騷ぎ, は騷ぐ, は驚いた, は驚く, は驚喜, は魚, へと殘, への土産物, への旅, へ送る, までも幸福, までも引取, までも氏, まで理髪店, まで理髮店, まで異, まで異様, もあった, もあまり, もいかに, もおしろおしろ, もこの, もまた, もやはり, もゾロ, もパパさん, も二月, も二階, も女房等, も学校, も成人, も玉子, も皆それ, も連れで, も重荷, も集, や妹達, や村落, や節子, よお前達, よ互いに, よ騒ぐでない, をそれぞれ皆立派, をひどく, をもっと, を休ませる, を側, を制した, を制する, を叱らなけれ, を大事, を大人, を始終, を寝かせた, を寢, を對手, を彼等, を征服, を思ひ, を慰める, を成人, を控え, を教え, を置い, を置く, を自然, を苦め, を見, を見る, を見廻し, を見得る, を見送っ, を見送つ, を見送りたい, を詰め込む, を追, を送り出した, を送る, を願望, 喜ぶ元日, 小さくな, 行って, 集る

▼ 子供らしい~ (493, 1.3%)

11 声で 8 無邪気な 7 事を 5 ところが 4 喜びを, 想像は 3 ことで, ことを, という, 可愛さ, 失望を, 空想に

2 [29件] ところの, ところを, と申す, のが, んだろう, 処女らしい, 又少し, 喜びに, 恐怖の, 恐怖を, 愉快を, 態度が, 方法で, 様子を, 歌を, 点が, 率直さに, 真似を, 眼で, 私は, 純一無垢, 純潔と, 考えが, 自尊心が, 表情を, 見栄を, 試みの, 野心に, 顔に

1 [378件] いまいましさ, いよいよ静か, おおようさ, おちょぼ, おでこ, かもしれない, から, からその, がもう, がよい, が嬉しい, くらい自分, ことだった, ことは, ことも, この手紙, しかしそれだけ, じゃない, すき透った, すこし悲し, そうしてなんとなく, そして未来, その外国人, それで, つみの, といふ, ところにだけ, ところも, とはいえ, と云, と云われる, と人, と笑われ, と言え, なんでも, のである, のでかえって, のでなるべく, のと, のは, のみでなく, のも, ばかげた, ほどまるい, ぼうっとした, まあやん, また勿体ぶった, また往々, また母親, もので, ものであり, ものと, ものに, ものにさえ, ものを, ような, ようなたのしん, ように, らちも, わがままを, んだ, イーゴチズムに, ゲームです, 上品な, 上機嫌を, 下ぶくれ, 世話も, 世辞の, 世辭の, 事だ, 人々は, 人たちが, 人で, 人も, 人物だった, 他所他所しい, 仮定だ, 何か, 作りで, 作品で, 信頼の, 信頼や, 傾向が, 元気な, 元気に, 共通の, 円い頬, 冗談の, 几帳面さで, 切ない思い, 初心の, 動作で, 動作を, 半面を, 単純な, 危険な, 反抗心と, 口と, 口ぶりに, 口元には, 同時に世にも辛抱強い, 名の, 向いっ, 唄を, 喜びの, 喜びは, 喜びも, 喜びをさえ, 嘆きを, 嘘を, 嘲笑的な, 固い線, 堅忍と, 墓だけが, 増長を, 声が, 声だった, 声でした, 声は, 声も, 声を, 声音を, 夢とで, 夢の, 夢は, 夢想あれが, 夢想であっ, 大きな守袋, 大声を, 大昔の, 大笑いなどを, 奇体な, 女だった, 好奇心から, 好奇心が, 好奇心で, 好奇心と, 妙な, 姿勢は, 威厳で, 娘が, 娘な, 嬉しさ, 子供で, 子供として, 子供らしい, 字で, 字では, 安心感を, 尊い謹厳さ, 尨犬の, 帶地とを, 幸福の, 影が, 役を, 彼には, 彼女の, 彼女は, 得意さを, 微妙な, 微笑の, 微笑を, 心を, 心持で, 心痛では, 心酔祖父の, 快活さに, 快活さを, 快活に, 怒りを, 怖さ, 思いつきと, 思い附き, 性質だ, 恋愛の, 恰好に, 悦びを, 悪意の, 悪戯を, 悲しみに, 情熱を, 想像だ, 想像で, 想像である, 想像であろう, 愉快な, 意味の, 意識が, 愛らしさ, 愛嬌であった, 愛嬌として, 感じで, 感じという, 感傷を, 感情から, 感情がを, 感情の, 感情を, 感激を, 感覚の, 態度の, 我がままの, 房子の, 所に, 所を, 所作に, 手だ, 手の, 手を, 手付で, 手紙を, 指の, 挨拶を, 振舞だった, 探偵心を, 文字の, 料簡にも, 新鮮な, 智識を, 暗示に, 最も不合理, 最後の, 服装を, 望みを, 期待に, 柔かみ, 核心は, 楽しみが, 楽しみだった, 楽しみを, 様々な, 様子が, 様子は, 欠陥を, 欲望を, 歌と, 歌へ, 歓心を, 正直な, 残酷な, 気ぜわしさ, 気ばりで, 法則の, 泣声を, 浮き浮きした, 涙の, 淡紅色の, 淺は, 清淨無垢の, 満足の, 火事見物の, 点で, 無垢な, 無意味な, 無邪気さから, 無邪気さで, 無邪気さと, 無邪気さや, 無邪気さを, 無邪気と, 無邪気の, 無邪氣, 無駄話などを, 然も, 熱心さが, 熱心さや, 物珍しさ, 物語に, 率直さを, 率直な, 理性の, 瑞々しさ, 甘い感傷, 甘へる, 男な, 男の子が, 画を, 白い足, 白っ子を, 目が, 目つきまで, 目の, 目を, 眞似, 眞正直さの, 真剣で, 真実が, 真顔で, 眼の, 眼付で, 着想で, 瞳が, 瞳を, 破綻は, 私の, 秘密は, 空想であった, 空想で御座いましょう, 空想の, 空虚が, 笑いかたで, 笑いが, 笑い声とが, 笑い声も, 筋肉の, 答え方で, 答へを, 策略を, 素朴な, 細い声, 緊張した, 美しい声, 美しさ, 美和子だった, 翫具が, 考えかたである, 考えに, 考で, 考である, 考へも, 者が, 肉づき, 胸騷ぎを覺え, 脆弱な, 腕と, 腕を, 腰に, 自然さが, 英雄心理で, 荒くれた, 落付かなさ, 虚栄な, 虚栄も, 虚栄心も, 蝶々さんを, 表情に, 言い方に, 言葉で, 言葉の, 言葉を, 話を, 誇りは, 誇りをも, 誘惑を, 調子で, 調子は, 買物を, 質問の, 質問を, 赤いやわらかい唇, 足音を, 身勝手さで, 軽率さから, 迂遠な, 追想に, 遊びの, 遊びも, 遊びを, 遊戯の, 遠回しな, 金髪の, 随分手, 青いもの, 非常識に, 面立の, 頬に, 頬の, 頬を, 顏の, 顔つきに, 顔で, 顔である, 顔には, 顔を, 顔付を, 願望などの, 食欲や, 驚嘆を

▼ 子供~ (442, 1.2%)

9 に私 5 にも父, に不思議 4 にもその, にもそれ, にも不思議 3 に, にも美しい, に何, に美しい, に非常

2 [28件] で飽迄, にし, にその, にそれ, には想像, にもかなり, にもこの, にもそんな, にも何, にも判った, にも情ない, にも愛し, にも深く, にも珍, にも薄々, に印され, に大, に嬉しかっ, に悲しく, に感心, に正太, に考へる, に覚え, に驚異, のはかな, の私, の非常, はもとより一向

1 [340件] があたし, がほとばしり出る, であったわけ, でおのずから, と大した, ながらだいぶ, ながらにその, ながらにも想像, ながらに父, ながらもずたずた, などが彼ら, にあこがれてた, にいつか, にうなずい, にうらやましく, にうんざり, にお, におぼろげ, におれ, にかえって, にきめ, にきらい, にこう, にこうして, にこたえるらしく, にこの, にこれら, にさえかえる, にしみ込ませる, にしょっちゅう, にすぐ, にすっかり, にそう, にそういう, にそうした, にその頃, にそんな, にちっとも, につく, にとらわれ, にどう, になに, になんとなく, にね私, にのろわしく, にはあさ, にはしゃい, にはそう, にはその, にはそれ, にはそんな, にはなん, にはわかり易い, には別, には言いあらわせない, には非常, にひどく, にほしく, にまた, にむかし, にめづらし, にも, にもあの, にもいくらか, にもいつも, にもいや, にもうすみっともなく, にもうれし, にもおかしく, にもおれ, にもお正月, にもこういう, にもこつ, にもこれ, にもこれら, にもこんなに, にもごまかし, にもさ, にもさう, にもさすが, にもじっと, にもすでに, にもそれら, にもたいてい, にもたいへん, にもち, にもちょっと, にもと, にもどう, にもどきんと, にもどんなに, にもなにか, にもなにがなし, にもなる, にもなんとなく, にもひどく, にもふかく, にももう, にももしか, にもよく, にもカッ, にもド, にもハッキリ, にもハハア, にも一抹, にも不安心, にも不審, にも不愉快, にも不正, にも人, にも伯爵, にも伯父, にも何だか, にも何とも, にも侘しく, にも俺, にも優しく, にも兄弟, にも先生, にも全身, にも切ない, にも判りました, にも別れ, にも勿体ない, にも匂, にも匂い, にも善悪, にも堪えられぬ, にも大砲, にも女, にも如何にも, にも密か, にも尚, にも師, にも師匠, にも常, にも年々何号何号, にも年取った, にも当惑, にも彼女, にも忘れない, にも怖し, にも思いました, にも思い遣り, にも思う, にも思え, にも思った, にも思つて, にも思わせられました, にも恋人, にも恍惚, にも恥かしく, にも恥しい, にも恥づ, にも悲しい, にも悲しき, にも情けなく, にも感じられ, にも感心, にも慾, にも憐れん, にも教育勅語, にも敵し, にも新子, にも時々, にも東京, にも此樣子, にも殿, にも毎日, にも気, にも決して, にも沁, にも源吉, にも激しい, にも爽快, にも狐, にも甘んじ, にも異様, にも疑った, にも痛々しく, にも直り, にも破れた, にも神々しく, にも私, にも私たち, にも競争心, にも老人, にも腑, にも自信, にも自然, にも花, にも親, にも記憶, にも野村, にも陰氣, にも面白く, にも馬鹿馬鹿しい, にやるせない, によく, にわかっ, にわれ, にチョイ, にヒロイン, に一種, に世の中, に二人, に他人, に何だか, に何事, に侮っ, に信仰, に優しく, に冷静, に初めて, に刻みつけられ, に印象, に印象深く, に印銘, に厭わしく, に又, に叔父夫婦, に可笑しく, に名前, に呼びかけられる, に堪えられない, に奇妙, に妙, に始終, に嬉々, に嬉しかろ, に引きずられてる, に強い, に強く, に彼, に忘れられない, に怖, に思い込ん, に思う, に思った, に思込, に恥かしく, に悲しみ, に悲哀, に感じた, に感じられた, に感ずる, に憂, に戦慄, に推量, に放心, に教え込ん, に昔, に書生, に有難迷惑, に朋輩, に本当に, に果し, に染み, に植えこまれ, に機会, に此老夫婦, に死んだ, に殊に, に母, に気味が悪, に浮んだ, に淋しい, に淡い恐ろし, に漠然と, に父親, に独り思案, に甚だ, に異な, に疑い, に相手, に眼, に知っ, に硯, に立ち帰りました, に納得, に維新, に綺麗, に老, に考え, に聞い, に聞き, に聞きたがる, に聞き集めたる, に聽, に自慢, に興味, に薄気味悪く, に見, に覺, に言った, に記憶, に訝しく, に讃嘆, に買っ, に身, に軽い, に辛かっ, に遊んだ, に金, に食事, に飽迄, に養, のあこがれ, のいかにも, のいじらしい, のたやすい, の中, の何処, の反抗心, の向う, の埒, の失せぬ, の奇妙, の恋情, の恐怖, の愉快, の眼, の突きつめた, の自分, の遣, の頃, はいつも, は気, もおの, をなんと, をもおびえしめた, を刺戟, を可, を奪っ, を悲しませた, を損, を湿らせた, を長く, を驚かせた, 嬉しくお

▼ 子供~ (316, 0.8%)

16 と思っ 145 つたから, よ, 子供だ 4 ということ, と云, なあ 3 から, という, と思つて, ね, わ

2 [25件] からあなた, からお金, からといっ, からと云っ, からなに, からなん, から何, から余程, から大事, から馬鹿, つたからで, つた彼自身の, つて, といっ, といふ, と云います, と云っ, と思, と思いました, と思う, と思った, と考え, と言っ, ねえ, もの

1 [194件] いったいわれわれ, おまけに, お町, かどう, かやつ, からあの, からい, からうちじゅう三角, からお雪さん, からこの, からしかも, からそう, からその, からそれほど, からそんな, からそんなに, からだ, からできた, からと思っ, からと芸術上, からどう, からどこ, からな, からなあ, からなおなお, からなほ厭, からなんにも, からね, からね分らない, からひょっと, からぼく, からまるで, からよく, から一人, から乞食, から五銭, から人さま, から仕方, から俺, から其以上説明, から分る, から勿論, から可笑しい, から居る, から引きとっ, から怖い, から摘む, から木コリ, から油断, から片仮名, から盗み, から知らない, から知り, から私, から私たち, から罪咎, から自分, から里, から黙っ, かわいそうだ, か分る, か大人, か知れない, か興ざめ, がこう, がどうして, がどこ, がよく, がコレラ, が前, が多分, が幼少, が思い出せない, が思ひ出せない, が生来, が飛行機, けれどなまじっか, けれど潔癖, けれど百姓, けれど目はし, しその, しなす, しまあ, しよ美味, し仕事, し弟, し智惠, し殊に, し自分, ぜ, ぜなん, そうで, そして活溌, ぞ, ちのそんな, ちの事は, ちの奇怪な, ちの寝, ちの小さい, ちの方へ, ちの方を, つた, つたしね, つたで, つたのか, つたので, つたのである, つた夏の, つた所以である, つた時分こらしめられた, つた時分は, つた私達は, つた頃の, つてこれぢや, つて不人情だ, つて可哀さうだ, つて祖母さん孝行だ, というの, という念, という感じ, という面, といった, といったカ氏, といはれる, といふ話, といわれる, とか世間, とか動物, ときめ, ときめこん, とする, とつくづく, となる, とは存じます, とは思い, とは思っ, とは考え, とばかり思っ, とひと, とまで白状, とも云え, と与, と云う, と云つて, と信じ, と嘸, と妾, と始, と思い, と思ってる, と思わず, と思わぬ, と思われるでしょう, と日頃, と気, と種吉, と聞きました, と舌打ち, と見える, と見くびっ, と言, と軽く, なあって言う, なあと思わない, なあと私, ないや, なくら, なと思つた, なんていわない, なんてそんな, なんて思わない, ねえこの, ねえそんな, ねえだから, ね知れた, のが, べい, ものあぶない, ものです, ものと, ものねえ, もの放っときなさい, もの無理は, やはりだめ, よジム, わね, ア母様塩梅悪い, ッ, ツて, ナ, 一人で, 十二歳だ, 苦しいこと, 駄々っ

▼ 子供には~ (240, 0.6%)

3 子供の, 昔の, 罪が 2 すぐ好かれる, ませ過ぎてを, 全く分らない, 出来ない, 損得の, 眼も, 罪は, 非常に

1 [215件] あいそを, ありがち, ある病気, いい籠, いかにも恐ろしい, いかにも楽しく, うつかりし, おなぐさみ, かなわないからね, かなわんよ, きょうの, こういうもの, こうした瞬間時, こうして春, この前, これこれの, これだけの, これは, こんがら童子の, こんなこと, こんなもの, さきが, すごく深くおそろしく思った, すること, そこに, その家庭, それが, それほど一部始終, それを, そろいの, そんな悪い, そんな色, た, だいぶ専門的, だれだって, ちょっと了解, できない, どんな本, ないもの, ない思い, ない様, なかなか退屈, ならないの, なれないの, なんと云つて, ひとしお薄気味悪く, ふれさせなかった, べつに滋養, まだ他, まだ名, みなそれぞれの, むずかし過ぎ, むづかしいが踏臺が, もうお, もう決して文学, もう珍しく, やはり子供, よく分らないらしかった, よく聞こえ, わからないおとな, わからんで大人, わからんの, わかりは, アブナイぞ, オカッパと, シナ人の, リアライズされない, 一向その, 一度も, 不足を, 仕舞や, 会いたいと, 似ずす, 似ず深, 何か, 何の, 何を, 余り好い, 余り愛の, 余り構う, 作られた夢, 健康が, 優秀な, 元気を, 先生の, 内密で, 内証だ, 出來, 出来ません, 分らないだろうと, 分らない心持, 分るまい, 切手を, 初茸の, 制裁を, 力負けの, 可哀, 可愛らしさ, 可憐な, 各型, 名の, 名を, 告げること, 呼声が, 喜ばれまい, 堪えられない, 大分專門的の, 夫婦間の, 失望した, 女も, 女王の, 好かれさ, 嬉しいこと, 子供が, 子供らしく, 子供青年には, 学課の, 実に容易, 実際食事, 家内そろっ, 小さいもの, 少し難儀, 少なくとも面白い, 屡次これを, 平気で, 当時興味の, 御馳走な, 心配を, 思えるの, 恐いもの, 想像も, 感じること, 成れぬ, 手が, 手に, 手頃で, 教育という, 教育を, 教育婦人には, 新奇です, 最もあり, 最も親し, 本當, 東京へ, 枯れ柴, 梯子を, 歪みなりにも, 母親が, 毒が, 気の毒な, 気味の, 河が, 深い興味, 漢文的な, 潔癖と, 物品と, 玉という, 珍しかった, 瑠璃宝珠が, 甘すぎる, 甘過ぎる, 用はねえ, 町を, 皆ある, 皆目見当, 相当な, 相当の, 相當, 神の, 神秘にも, 私の, 空を, 絶對に, 締め殺されさ, 縮緬なんか, 考えること, 聞えぬ風, 職人たちの, 背の, 脚に, 腹に, 自信力を, 自分の, 良く通じ, 見おぼえが, 見せちゃ, 見掛けない, 覚えは, 言うも, 記憶という, 話したあと, 話した跡, 話すこと, 読むこと, 譽めて, 讀めさ, 貴重な, 買えないという, 赤い無地, 身を, 逢いたい, 適した処, 重すぎた, 金も, 長く楽しまれる, 関係しない, 関係の, 関係は, 限らない, 陸水木専六翠暫の, 非常な, 靴よりも, 風邪一つ引かさなかった, 食べさせなかった, 黴の

▼ 子供~ (233, 0.6%)

30 あつた 4 でも, 何も 3 世間の, 自分の

2 [11件] さへ, それを, どうする, マセて, 一人は, 二番が, 前には, 困ります, 家屋の, 嵯峨や, 武士道とか

1 [167件] あつて子供, あの鼻, あらうが, あらう長い, あらねば, あれだけの, いたいのに, いつも皆, いもうとの, いらっしった時, いらっしゃった時, いられたころ, いるあいだ, いるほう, いるやつ, お午, お母さんに, お経, お肴, かには, がす, げすねえ, この地主, この木の下, これを, ござります, さして役, しかも下戸, しかも初, すらなく, すらもよく, すらも捕える, すら何程, すら彼女, すら成長, すら時々実に, すら食, すら馬, せう, そのたび, その両親, その国, その子, その昔彼, その頃, それが, たくさんだ, ちょいと, ちょうどこの, ちよつと, つくつて, とりまかれて, どうやらまあその, どちらも, なにごとも, なにも, なんにも知りませんでした, なア, ね主人気取り, はなし, ほかの, ほんとうの, ぼろを, まだ母親, もさうですが, もとより相談対手, やっと九つ, ゆるゆると, よう分る, わけへ, イヨヒョーエ, オオデンゼで, 一つ責める, 一ぱいです, 一人が, 一人で, 一室に, 一杯だった, 一杯に, 一緒に, 七八人は, 事件と, 二三年前から, 京都同志社の, 人形と, 仕様が, 何を, 働けない者, 僕から, 入学した, 出征の, 分らねえから, 分別も, 力は, 勇三郎と, 十ぐらい, 十四に, 同じこと, 名は, 困ったもの, 困る, 園内は, 地べたの, 子供と, 学資が, 家に, 小柄で, 幻灯にも, 幼時から, 床の間に, 彼よりも, 彼を, 後まで, 御所へも, 心も, 成績も, 所天その, 手が, 早くからふた親, 是からは, 時々いたずら, 村に, 村の, 果たして男手ひとつ, 榎木の実の, 死んだもの, 洗礼を, 浜子を, 済むが, 満ち溢れて, 満足だ, 狐については, 現在の, 甘えん坊でした, 生れ落ちて, 生活する, 直に父母, 着物も, 祀って, 私たちは, 私は, 私より, 竹榻の, 納る, 結局は, 而も, 背丈は, 腹違いが, 自身の, 舌で, 色が, 苦労する, 草刈に, 血を, 衛生法を, 表から, 言は, 誰一人ヨネの, 賑やかねえ, 赤い布製, 轟の, 遊んだという, 過ごした人, 道雄と, 頼りなく, 食事を, 飯が

▼ 子供でも~ (225, 0.6%)

5 あしらうよう, あれば, 知って 4 あやすよう, なければ 3 あると, あるまいに, 産んで 2 ねじきれそう, また大人, 出来たら, 大きくなったら, 扱うよう, 決して取る, 生んで, 男と, 老人でも, 自分の

1 [173件] あった, あったし, あったらば, あったらもっと, あつた, あどけない, あの四人, あの通り, あまり可愛く, ありどこ, ありませんか, ありやすめえし, あるまいし, あろうか, あんなにはだし, あんなばか, いたならば, いったよう, いまは, おとなでも, こういうもの, こっちの, これは, ございません, しょっちゅう歌っ, すかすやう, すかすよう, すでに顔, すること, するよう, そうあわてなく, そげんな, そのキリシタン寺, その話, それを, そんなこと, そんなにまとも, そんなもの, だんだん大きく, できたでしょう, できなさると, ないが, ないし, ないじゃ, ないよう, ない男, ない私, ない自分, なかった, なかったらしい, なかなか勇敢, なくひとり, なくむかし山, なく何, なく父, なしまた, ねかしたあと, はいって, ふざけること, ほしいと, まさかそんな, みな今日は, もちろんはいれる, やっぱりジロリ, ゆける車引, よい, よろこびそう, わかる, わたしの, ゐるの, ピシピシと, フグの, 一人のこらず, 一度び胎外, 三十五十釣らん, 人の, 何でも, 何んでも, 入れますよ, 其の名, 出て, 出来たという, 出来たの, 出来たらすっかり, 出来たらそれ, 出来たらちっと, 出来たら子供, 出来て, 出来ようもん, 出来ること, 出来ると, 出来るよう, 出来る事, 午前中に, 叩き売って, 可傷, 可愛がりはるの, 叱りつけるよう, 叱るよう, 同じこと, 同様で, 器用な, 大人でも, 大人の, 女子は, 婦女でも, 実に恍然, 宿つてゐた, 少年でも, 峰伝いに, 年よりでも, 心得て, 悪党の, 惡者に, 懐き相, 戦争の, 拵えるさ, 撃つの, 操縦が, 旦那は, 時々いじめ, 有ったら, 有ったらと, 有つたら, 本人は, 極りが, 殆ど寝, 残させなけり, 残つて居りますれ, 殺す, 気狂いでも, 決して手, 汽車や, 油断は, 渡して, 溺れる心配, 漕げるよう, 潜れない, 潜れません, 無ければ, 狂人でも, 猿公でも, 生れると, 生んだらしいだぶだぶ, 産まれるの, 産むと, 留男に, 知つ, 知つてる, 知つてゐる, 知つて居る, 知つとるじ, 知らない者, 義理人情クサレ縁よりは, 自分より, 自由に, 興味を, 蛇という, 行きますが, 見境なく, 見逃さない, 賺しなだめる小父さん, 赤ん坊の, 起るそう, 軍治の, 連れて, 遊んで, 遣り方一つ, 野蛮人でも, 錦絵の, 長い杖, 養蚕の, 首を

▼ 子供~ (219, 0.6%)

6 大人が 3 女が, 女たちが, 女の, 女中の, 犬や, 私に, 老人の

2 [14件] お店者の, 下婢と, 亭主に, 召し使い, 多くの, 大人の, 妻の, 妻を, 孫が, 孫に, 孫を, 思て, 旅館の, 老人は

1 [164件] いろんな大き, おぢさん, お友だち, お婆さんに, お母さんの, お母さんは, かごに, すべての, その他の, その家族たち, その殆ど全部, その母親, その爺婆, なじみに, なにか, ばあさんも, ひねっこびれた小守達, または親, ものも, オカミサンの, クリストフへ, ヒステリックな, 下女の, 下女を, 両親も, 主人の, 乙吉などまで, 亭主が, 人が, 人民の, 仕事が, 何だ, 何だかごたごたした, 使って, 全くの, 動物が, 動物の, 動物を, 厚かましい無, 友だちに, 古い友人, 召使いは, 同輩を, 土百姓素町人なら, 多額納税という, 大きな犬, 大人に, 大人や, 大供の, 夫と, 奉公人達への, 女たちと, 女たちの, 女たちは, 女は, 女ばかり, 女や, 女中などは, 女中も, 女中達には, 女工や, 女房に, 女房は, 女連だけ, 女連は, 女達から, 妹や, 妻などが, 妻に, 娘や, 婆さまや, 婆さんに, 婆様を, 婦人が, 婿や, 子供の, 子供や, 子守が, 子守り女の, 子守を, 孫ぐらい, 孫ぐらゐ彼は, 孫たちが, 孫一族郎党でも, 家族の, 小母さんら, 小鮒, 小鳥等にたいする, 平和な, 年よりは, 年寄が, 年寄だつた, 年寄づれでぞろぞろ, 年寄に, 庸三が, 弟妹の, 強姦され, 彼と, 往来の, 思てるの, 悪魔の, 教育について, 明日用事の, 様々な, 流産した, 無智, 牛が, 犬, 犬が, 犬などが, 犬を, 猿どもでなく, 生徒に, 生徒の, 男の, 男や, 病人なら, 百姓の, 神さんと, 私などを, 紙屑屋の, 素人から, 素人の, 老人たちまで, 老人と, 老人という, 老人などで, 老人などは, 老人などを, 老人や, 老女が, 老女みたいな, 老婆などが, 聞きわけか, 職人達に, 背広服の, 臆病な, 自分自身の, 花が, 花屋の, 若い衆に, 若者に, 蛙の, 親が, 親しい友人, 親戚は, 親達と, 親類の, 親類や, 讚岐の, 財布の, 買物籠を, 身寄の, 近まわり, 近所の, 野蛮人は, 門外漢と, 間違いなく, 隠居老人などが, 隣人の, 青年たちの, 青年の, 頭脳の, 鳥の

▼ 子供では~ (128, 0.3%)

13 なかった 11 ない 7 ありません 6 ないの 5 あるが 3 ありませんでした, ないか, ないかと, ないと, なくて 2 あつた, あるまいし, ございません, ないかという, ないから, ないこと, なし, 可愛がられるの

1 [55件] あったが, あっても, ありますまい, ありませんそんじょそこら, あるまいか, おられないだろう, ございますけれども, それを, とてもやりきれない, どうしてもおとな, どうしよう, ないいや, ないかとも, ないかも, ないが, ないけれど, ないぜひ, ないそもじもさう思はね, ないだらう, ないという, ないといふ, ないな, ないので, ないやう, ないよう, ない僕達, ない娘達, ない貰, ない貰い子, ない高麗村, なかつたから, なかつたといふ, なかろうか, なくいくら, なくやたら, なく二三人, なく黄金, なし十六, なし手紙, なし炭薪, なし迷児, なし電車, ゐない, 一年生の, 両手で, 他が, 何を, 出来ないので, 日本人以上に, 有りませんでした, 無かった, 無し分別盛り, 無し私, 皆んな覺えて, 話に

▼ 子供にも~ (120, 0.3%)

3 立派に 2 どういふ

1 [115件] あなたを, あるいは老年, あるん, あんなん, いつか感染した, おとなにも, きかせたくないやう, こうまで, この住い, これくらい, こんなこころよい, すれ違った百姓, せよ紛失, そう不自由, その好き, たやすく感受出來, ちゃんとそれ, どういうわけ, どつち, なかった, なり大人, のみこめるよう, ぴんと来る, やさしくなる, やつて, やらず小, やり自分, やるよ, よくし, よく分っ, よく分る, よく孝行, わかり易い昔話, わかる, わかるよう, フイと, メリンスの, 一つの, 不思議に, 世間にも, 会わせて, 伝えずには, 似たはかない, 似ぬ一種茫然, 作り得た作, 出來, 分りやすく, 別れたの, 劣るくら, 劣るわねえ, 十分の, 十分分る, 半分わかっ, 又内地, 取出せる, 合掌させ, 同じよう, 同情心を, 同樣, 売って, 大人にも, 好かれた, 安心させ, 容易に, 小言も, 就中これが, 当り散らした, 影響し, 役人に, 彼自身に, 御褒美, 忍び込めます, 忘れられぬ印象, 悲しく切ない理, 感じられました, 感情的に, 感染する, 手伝わせて, 捨てられて, 明るい希望, 春着が, 時々何, 普通教育丈は, 有益な, 根気よく, 歡迎せられ, 濟ぬ, 獲ら, 理解させ, 男にも, 知って, 神経衰弱という, 笑われる迷信, 絞められさ, 絶対に, 肉をも, 腹の, 與へ, 舞えと, 苦学させね, 荷馬車に, 見える, 見つけること, 見ま, 解る美, 記憶せられる, 詩を, 読まれること, 読めるふう, 讀ませ欲しさせたいの, 遣らずに, 適しなかった, 錦戸太郎伊達次郎という, 食は, 馬鹿に

▼ 子供らしく~ (119, 0.3%)

6 もない 2 すべては, それを, はある, 天真爛漫な, 子供らしく, 最も容易, 欄干に, 純一で

1 [97件] いつまでも, おおようで, おとなしい美しさ, お泣き, お若い, かぶり, こんなかくれん, ごちゃごちゃに, しかもきわめて, すべての, そう云い, それだけ俊助, ちょいと, つて可愛, てお, ておとなしい, てしかも, てよかっ, てソコデ私, て兎, て困った, て困る, て変, て鄙びた, て非, ときどき, なくて, なつて, はなく, はなった, ひょいと彼, また力強く, むっとし, やきもきし, スカートに, チャッカリと, ツクンツクンする, ボーと, 一度ちょっとドア, 一度に, 一生懸命に, 不器用に, 二十一二にしか, 傘を, 元気に, 円まっ, 勸められる, 半分は, 単純に, 口を, 可愛気, 可笑しかった, 大地獄, 始終腹, 嬉しい嬉しい嬉しいといふ, 小さい不安, 度はずれに, 微笑ましい想像, 悦びを, 悪戯を, 愉快に, 愛らしく愕, 我知らず口を, 早く貞世, 歎息する, 正直な, 母から, 気づかわしげ, 淺薄に, 無邪気に, 熱心に, 片方の, 皆言っ, 真率に, 短い片, 笑つた, 簡単に, 緊張し, 羞恥んで, 聴え, 背後に, 自分が, 自然に, 艶めかしくいい, 芸術家肌で, 貪婪だ, 軽い開いた, 陽気で, 隅っこから, 雲や, 静かに, 面白がっ, 額に, 顔を, 飾窓の, 馬鹿馬鹿しい事, 馬鹿馬鹿しい解釈

▼ 子供まで~ (115, 0.3%)

4 出来て 3 儲けし我 2 あつた, 入れて, 孕まして, 有るつて事, 生んだが, 皆な, 集って

1 [94件] ありながら, あると, あるとか, あるの, あるのに, あるン, ある一家, ある僕, ある妻君, ある姉さん, ある婦人, ある獄死, ある私, ある自分, ある身, ある酒場, いるらしくみんな, いる人, お前の, けがを, その後について, その憎悪, それに荒町, そんなこと, ぞろぞろ連れ, つかって, つれて, できました, なかなか寝床, なぶりました, のぼるの, ばかに, ひきあげたの, みな卑しく, みんなお寺に, みんな殺し, もせ, エハガキを, バタバタ殺し, 一人残らず馳せ集まり, 一緒に, 互に新しい, 入って, 全部が, 出て, 出來, 出来たと, 出来た堅気, 出来ました, 出来ましたから, 出来ると, 出来商売, 別人に, 動いて, 同じ足拍子, 啖い殺された, 彼女の, 征服された, 拵えた以上, 拵えて, 持たせられて, 捕えること, 斬ったか, 斬つて, 斬られました, 日本人の, 材料に, 来て, 検査を, 武者修行の, 残して, 殺して, 毎日おろおろ, 熱心に, 狂喜し, 狙ふと, 生まれようと, 生みなかなか, 生れて, 産んで, 田舎風に, 眉を, 着物で, 立ち交じって, 絶滅させられた, 置きざりに, 蔭で, 見さかい, 軒下や, 連れて, 酒に, 鉄砲を, 集まって, 飛出して

▼ 子供みたい~ (110, 0.3%)

5 なもの 4 なこと 3 なところ, なとんでも 2 なへん, なもん, な人, に, に字, に雌のけものみたい

1 [83件] じゃない, だ, だが, だった, だな, だ快活, で, です, ですけれど, と笑います, なからだに, なやつ, なン, な三高生, な事, な体, な僕, な咽びを, な大, な天, な奴, な娘, な幼稚, な悪戯, な感傷主義, な気まま, な気持, な男, な着物, な砲兵士官, な若い, な若僧, な苦労知らず, な表情, な言って, な野蛮性, な風, にあそん, にあどけなくっ, にいそいそ, にいつ, におせっかい, にお化け, にきれい, にこっくり, にころん, にさけんだ, にし, になっちまった, になつ, にね, にねえ, にはにかん, にぶつぶつ, にもうこれから, にわくわく, にボンボン, に他愛, に勇み立っ, に匙, に夢想, に嬉し, に家出, に崖下, に年, に思っ, に日本一, に正直, に歯, に泣く, に無心, に甘えかかっ, に着物, に短い, に笑っ, に臆面, に言葉つき, に遠く, に阿呆, に雀斑, に駄々, ね, の年

▼ 子供から~ (97, 0.3%)

3 大人に 2 冷い, 別れて, 女中まで, 目を, 眼を

1 [84件] あるいは盲目, あんまり泣き声, いじめられた, おとなへ, お雪, さては店屋, じゃれつかれて, すぐ娘, そっぽを, だん, です, どんどん行く手, はぎ取ること, はなれられたこと, ひっこぬいて, ふと離れるらしい, ぶっつけられて, まったく閉鎖, よく質問, ドロ棒へ, ラムを, 一人前に, 一名を, 七十近い, 中学生に, 二十を, 何か, 侮辱され, 先づ面白が, 六十歳以上の, 冷やかされる, 初めて, 勉強する, 半老人, 受けとった手紙, 受け取った, 呼びかけられるたび, 四五十歳までの, 報告された, 外に, 大人の, 大人までを, 女中から, 好かれる所, 始めようと, 子供へと, 孝行を, 年よりの, 年寄まで, 弟子まで, 怨みを, 恨まれる事, 愛せられるという, 感謝さるべき, 成って, 成り立った平和, 抜け切れない一人娘, 教わるよう, 最も年長, 段々青年, 父を, 産んで, 男, 発足した, 盲の, 私を, 老耄の, 育てるよりも, 至当な, 苦しめられた私, 菓子の, 蓄音機を, 親切に, 調べあげて, 貰つたのだけ, 貰は, 質問が, 逃げて, 遠ざけて, 醉の, 隠れて, 青年に, 青年までの, 靴を

▼ 子供~ (96, 0.3%)

6 のお 3 の御 2 がこれ, のため, もある, や学校何年, をお, を片

1 [75件] からこれ, があつ, がいる, がふえたら, が二人, が二人三人, が余程, が先, が出来さっせえ, が大きく, が歸つて來, が菓子, このへん, だから, だけでも嬢様, だのに, だもん, で, でございました, でございましたらご, でございましたら別に, でございますか, でひどい, でも誰, で仔細, と一緒, と同じ, と遊ん, と違, ならこの, にあげ, にも向く, に乳, に皆, に遺し, のある, のうち, のお供, のお慰み, のお腰, の中, の外, の多勢, の弟子さん, の持薬, の方, の落書き, の行く先, の顏, はあるだらう, はお前さん, はございません, はそりゃ, はただ, はみんな, は今, は御存じ, は日, は沢山, は立派, ばかりでございます, への御, へ菓子五十銭分, まで連れ, もあり, もおい, も四角, や身寄り, をお呼び, を助け, を拝見, を皆んな虫持, を皆んな蟲持, を負, を遺し

▼ 子供~ (94, 0.2%)

18 のだ 17 んだ 12 んです 8 のです 4 のか, のである 3 のであろう, ンか 2 のかい, のね, のよ

1 [19件] のかしら, のかな, のさ, のだった, のだらう, ので, のであ, のであつ, のであらう, のでトテモ, ので今度, ので彼女, ので恭一君, ので身, のにねえ, のに相違, んざつかわねえ, んざ無く, んじゃ

▼ 子供っぽい~ (89, 0.2%)

5 顔を 4 ような 3 ところが

1 [77件] ことです, ことに, ことには, ことばかり, ことを, こと言う, そうかと, という, といわれる, とお, ところも, と思っ, ながらもほっそり, ながら烈しい, のだ, ひとは, ものが, ものだ, もので, ものであった, わかり切った事, カアテンを, ヒステリックな拗ねた, 三人の, 人は, 作品という, 傲慢と, 口を, 口調で, 善良な, 声で, 声を, 夢を, 宗教的情緒に, 彼自身の, 性急な, 悪戯を, 想像です, 意地悪から, 愛すべきもの, 感情の, 感想だ, 手紙を, 日記だ, 権柄ずくだ, 正義派的フンガイなんかよりもね, 気分も, 気取の, 気持ちから, 気持に, 無分別も, 理窟世馴れない, 眼つきを, 石田が, 社会観を, 腰つきにも, 興がりから, 表情と, 表情に, 言葉としか, 言論が, 詩と, 話に, 調子を, 議論しか, 豹一を, 迄に若く, 錯覚であり, 青年たち娘カセ杖つい, 青年の, 面を, 頑是な, 顏つきであった, 顔つきに, 顔に, 願いを, 風を

▼ 子供という~ (86, 0.2%)

43 ものは 13 のは 5 ものが 3 ものを

1 [22件] ことで, ことに, ことは, のはね, ふうに, もの, ものについて, ものについての, ものの, ものも, もの案外, ような, ブルジョア的観念化からも, ヤツだ, 一般的の, 奴は, 平均は, 心持で, 意味で, 者は, 表現は, 訳じゃ

▼ 子供である~ (82, 0.2%)

9 ことを 4 ことが 2 から大義名分, から腹, ことは, のかも, のを

1 [59件] かという, かという質問, かと云う, かの如く, から, からいつも, からこれ, からそんな, からふざけ, からみな病気, から一度, から客人, から旅人, から木刀, から簡単, がその, がそのうち, が其の, が杉本, ことの, さうだ, てんかん持ちの, ということ, という人間らしい, という教師たち, という話, という軽侮, といふこと, といふ一点, とくり返し, ところから, とすれ, とはいえ, と云, と云う, と名, と名乗りたかった, と思った, と源氏, と言っ, などとはまるで, ので十兵衛, パトリツクを, 一郎は, 事が, 事を, 二人の, 克巳に, 地上の, 姉弟の, 小さな女の子, 小声で, 彼には, 息子を, 私の, 自分の, 自分は, 自分を, 間は

▼ 子供さん~ (78, 0.2%)

3 のお, をお 2 がジフテリヤ, が病気, でも, のこと, はどう

1 [62件] あるの, がありませぬ, がある, がいらっしゃる, がなく, がみんな, がアパアト, が二人連, が他家, が何十万人, が助, が居られました, が此の程脳膜炎, が番頭, が製紙, そのうち, だと, ですか, では, ならいい, なんか私, にはちと, にもお, にもお年玉, に対する心持, に持っ, に秘密, ね, のある, のかしこい, のため, のもの, の出來心, の勉強, の口, の御, の歳, の洋服, の病気, の葬式, は, はあなた, はおります, はつまり, は全部, は昨日, は鈴村つて, は高い, まであ, までが私, も, もいらつ, も沢山, も留守, をつれ, を一寸, を生き返らせ, を生む, を買切り, を預かる, 死んだかい, 死んだかいとは

▼ 子供じゃ~ (72, 0.2%)

12 あるまいし 10 ないか 5 ない 3 ありませんか, ないの, ないん 2 ありません, ないと, ないわよ, ねえん

1 [28件] ありませんぜ, あるが, あんめいよ, ございませんぜ, しようがねえ, つまりませんわ, でのう, ないかという, ないから, ないぜ, ないだろう, ないだろうと, ないですか, ないのね, ないのよ, ないわ, ないアア, ない三十七, ない常人以上, なかったん, なくて, なし, なし逃げ出せない, アありません, アあるまい, アとても, アねえ, 役に立ちません

▼ 子供です~ (68, 0.2%)

754 から, もの 3 か, からね 2 か子供, ぞ, ねえ, わね

1 [34件] あたりまえの, かぞんじません, からいわゆる, からかなしい, からこれ, からそのまま, からそれに, からそんな, からそんなふうに, からね困っ, から動物, から子供, から木刀, から然, から踏台, か私, がこの, がまことに, が境遇, が大きな, が生まれながら, が若し, けれど身体, し稼ぎ人, ぜその, のに一方, ものお嬢さんの, ものそれを, ものまだ, ものバーッて, よそんな, よという, よ十二三, 実際おもしろかっ

▼ 子供に対する~ (68, 0.2%)

4 母親の 3 愛の 2 ような, 冷淡さは, 大人の, 態度を, 時か, 私の, 綿々たる

1 [47件] ことが, のと, やさしい愛情, ようである, 不憫が, 不親切な, 世話をも, 執着, 如き無窮, 嫉妬だ, 完全な, 小学校の, 心掛などは, 心配からでも, 悪意による, 情合が, 愛が, 愛とは, 愛に, 愛は, 愛も, 愛を, 愛情だけが, 愛情で, 愛情も, 愛情を, 態度から, 態度の, 態度は, 態度を通じて, 最後の, 様な, 権利を, 欲求が, 気持も, 深い愛, 温かさ, 父と, 父の, 私のは, 絶対の, 衣食住を, 親愛と, 親権も, 言葉遣いなどを, 責任を, 重荷は

▼ 子供とは~ (65, 0.2%)

2 いいながら, いっしょに, いつか彼には

1 [59件] あべこべに, いうまでも, いえ, いえその, いえシテ, いえ一人, いえ猛獣, いえ素性, いかぬ迄も, いったい誰, すべての, そうは, たった二つ, ついでに, とうてい比較, どっと笑う, なんの, ひのきの, ふるえあがった, ガンニーに, 一つには, 一日一合八勺と, 二つの, 云うものの, 云えどこ, 云へ, 凡ての, 十五と, 変ったところ, 學校が, 宜く云った, 実は赤痢, 小柄が, 少し違う, 山奥の, 岡の, 待ち兼ねて, 思えぬよう, 思はれないやう, 思へない分別, 思われないけれど, 思われないの, 思われない悪戯, 思われません, 恐らくは彼等, 炉端の, 生き別れに, 申せ一旦, 町の, 異うところ, 直接の, 籍が, 縁の, 言えない気, 言葉でも, 遊ばんでな, 違いまして, 酌婦芸妓の, 関係は

▼ 子供だった~ (60, 0.2%)

5 のです 3 のだ, よ 2 と見え, 時に

1 [45件] かも知れません, からうまく, からしみじみ, から僕, から十分, が, がしかし, が母親, ことの, ころは, ころ父母に, しぜひ, しね, しまた, せいかも, せいも, そうに, ということ, とき樹の, と申します, のか, のでしょう, のでその小さな, ので唐沢氏, ので源吉さん, のね, ものだ, わたしに, わたしは, わたしも, んだ, ゴーリキイの, 彼は, 彼らを, 恋などという, 時と, 時の, 時何の, 時分の, 時分隣に, 時夜足駄を, 私には, 自分が, 頃さ, 頃には

▼ 子供らし~ (58, 0.2%)

13 さの 11 さが 10 さを 4 さに, さは 2 いくらゐ, さと

1 [12件] かつた, さ, さから, さこそ, さで, さでございまし, さとか, さとが, さとを, さには, さ程, さ美しい

▼ 子供時代~ (58, 0.2%)

4 の生活 2 の思い出

1 [52件] からかん, からの両性交際, からの体験, からの僕たち二人, からの団扇, からの本箱, からの知り, からの結びついた, かららしい, から周囲, から忘れ得ない, から手, から見馴れた, が売り物, にあっ, においてあらゆる, におとな, にしろ, にはもちろん, には大人, には村, に原田重吉, に屋敷, に柿の木, に経験, に英大使ガロエイ氏一家, に見た, に負けた, のくだらない, のこと, のこの, のなり, の事, の写真, の出来事, の名, の喜び, の境遇, の大阪, の好み, の悲しみ, の感情, の教育, の昔語り, の記憶, の話, は多分, をすごしました, を思い出した, を通り太郎, を離れ, 住んで

▼ 子供ばかり~ (52, 0.1%)

9 では 2 だから, ぢや, で, でした

1 [35件] あって, いびりやがって, こしらえおる, だ, だし, だった, だつた, だと, だな, だよ, である, であるから, でが, でなくむしろ, でもう, で中, で九つ, で勿論, で困るもん, で心細, で谷中, ほしがってる, 住んで, 出來, 出来ちゃあ, 出来や, 叱って, 寄せて, 拵えて, 残して, 澤山生ん, 産んで, 留守番を, 置かれて, 見て

▼ 子供二人~ (48, 0.1%)

2 と, は女中, も卓

1 [42件] ありまして, ある奥さん, が大事さうに, が母さん, が生れ, そだててる, その姉娘, だけ, だった, つかまえて, つれて, で唱歌, とああ, とが坐り得る, との問答, とは女中姥竹, と一所, と老母, にお母さん友, に下女, に出会った, に清, の例, の寝床, の活, の父親, の生活費五千円, はすて, はちがいます, はグウグウ, は保田, は元気, をかかへ, を半, を抱え, を持った, を残され, を産まなけれ, を連れた, 抱えて, 持っての, 生んだのよ

▼ 子供子供~ (48, 0.1%)

9 して 3 した顔 2 したお, したところ

1 [32件] しい眼付き, したお方, した一度, した全身, した厚ぼったい, した女, した宗太, した小, した小柄, した少年, した御, した愛嬌, した感じ, した点, した甘ったれた調子, した甲高い, した盲, した紅い, した而, した苦痛, してたのに, ずきの, たあなん, だ, って甘く, とし, と云, と今, と私, なりに死ぬ, のよう, 何故返辞

▼ 子供じみた~ (47, 0.1%)

3 ことを 2 夢に

1 [42件] いたずらを, おしゃべりな, くだらないこと, ことで, ことです, せんち, ところが, ところの, みすぼらしいもの, ものである, もの珍しさ, オモチャを, 下手な, 仕草が, 仕返しに, 信頼の, 喜びを, 夢の, 女房だ, 好奇心で, 家庭小説である, 小萩の, 彼の, 彼女の, 感激を, 推量が, 此の, 羞恥の, 考えの, 脅嚇に, 若者たちで, 行動さえが, 言葉つきで, 誘惑に, 質問だ, 質問にも, 身体つきや, 陽気さと, 隠れん坊遊びに, 頭や, 顔の, 馬鹿らしいこと

▼ 子供なら~ (45, 0.1%)

2 ばすぐ

1 [43件] いいかげんに, いいと, いくらわからず, いざ知らず, うれしいかも, ずいぶん憎らしく, せっかく教科書, そんなに頭, ともかく成熟, と一心に, どうし, なお奇ッ怪, ばいか, ばごく, ば他, ば学校, ば当然, ば犬, ば生れ, ば誰, ば誰か, ひとりでに歌わない, ぼくを, ま角, やはりぐにゃぐにゃし, ゆうべ夜半に, フランス人であるべきだ, 二つ持つ, 人間は, 兎に, 子供も, 子供らしく貰っ, 安心を, 悪戯に, 早くから色々の, 早くした, 物に, 私が, 美くしいでせう, 自分の, 誰だ, 金は, 静岡か

▼ 子供との~ (43, 0.1%)

3 間に 2 関係を

1 [38件] あいだに, こういうつながり, ために, まへ, まへで, まへに, 一体の, 中間の, 二人っきりに, 些細な, 会合を, 写真が, 別れにさえ, 利害を, 労働者一家が, 哀れな, 営養を, 声が, 家庭に, 寢室に, 手を, 新しい旧い趣味, 會見を, 枕頭に, 死亡率の, 汽車の, 為に, 生活は, 生活を, 私生活を, 笑う声, 習俗的な, 遊びかた, 間の, 関係でも, 関係と, 関係は, 額に

▼ 子供であった~ (42, 0.1%)

1 [42件] あたしなどにさえ, かそれ, かと考える, から, からそれで, かを知っ, か母, が余, が彼, が法神, が青年時代, ことが, し, ために, ということ, ともいえるであろう, にすぎない, のだ, ので, のである, のでこの, のでしょう, のです, のでそれ, のでそんな, のでわれわれ異国, ので東京, のは, のを, ものだ, わたしの, わたしは, 彼は, 時から, 時に, 時には, 時の, 私どもは, 私は, 私達は, 筆者でさえも, 青年は

▼ 子供~ (40, 0.1%)

6 ぽいところ 2 ぽいもの, ぽい反抗, ぽく笑つて

1 [28件] ぽい, ぽいくりくり, ぽいこと, ぽいよろこび, ぽい不器用さ, ぽい仕草, ぽい冗談, ぽい切ないやう, ぽい口調, ぽい悪あがき, ぽい悪戯, ぽい感嘆, ぽい扱, ぽい滑稽, ぽい男, ぽい痴愚, ぽい考, ぽい調子, ぽかつ, ぽくうれしくな, ぽくて, ぽくな, ぽくなり, ぽく振舞つた, ぽく男, ぽく苦笑, ぽく頭, ぽさ

▼ 子供芝居~ (40, 0.1%)

4 というもの 2 でも見る, の一座, の復活, を興行

1 [28件] いよいよ繁昌, がばたばた, が栄え, で, などでからく, なら幕前, なるもの, によって名, に出演, に手, のお, のみじかい, の人気, の取留め, の太夫, の座頭, の悪漢, の成長, の流行, の流行熱, の第, の紹介状, の興行, の見物, はとにかく, は彼ひとり, は忽ちに, を見

▼ 子供~ (39, 0.1%)

12 やない 8 やあるまい 3 やありません 2 やあその間, やねえ, やア 1 みた気持, やある, やあるまいし, やいざ, やなし, や御座いません, や扱, や有りません, や泥棒, や無い

▼ 子供として~ (38, 0.1%)

2 そのため, 可愛がっ, 恥しくない

1 [32件] 並外れた高い, 人生と, 半ば以上許された, 単に愛する, 又人, 国家に, 夢と, 大人からの, 大人の, 子規居士の, 学問的労作の, 当然内, 彼らは, 恥かしくない, 恥ずべきこと, 扱うこと, 教育した, 楽しい我知らず, 気にも, 珍しい考えかた, 生れたの, 生れた者, 生命を, 発育した, 育ったの, 自分の, 見棄てちゃ, 認める意志, 認知する, 語り伝えられて, 貰い受けるの, 頑張ったから

▼ 子供とを~ (38, 0.1%)

2 つれて, 連れて

1 [34件] いきなり結びつけ, おおうに, そういう条件, ただその, へだてるわけ, よそへ, 一つの, 一層むごく, 一緒に, 保護する, 先に, 呼びよせ, 引きつれて, 引き取り広い, 愛するあまり, 手に, 抱えて, 持つた彼, 捉えて, 控えて, 描いたもの, 放りぱなしにして, 教えるに, 月九十何円かの, 置いて, 裏口から, 見比べて, 貰ひ, 身辺において, 轢き殺そうと, 連れながら, 連れ猪, 連想し, 養は

▼ 子供などは~ (38, 0.1%)

2 どうにでも, ほんとに笑, 腹かけだけ

1 [32件] いよいよおびえた, うまく手慣, くやしがっ, すぐ迷子, そこに, そりゃもう, とても自分, どこにも, どこの, ぴり, やはりこの, よくピーナッツ, 人と, 今度の, 何の, 先へ, 初めから, 口惜しがっ, 只の, 名残り惜しい, 多少反撥, 夜中に, 大いに悦ん, 平生おそらく, 往々その, 手を, 採って, 相手に, 腹を, 蕎麦は, 連れずに, 馬の

▼ 子供自身~ (38, 0.1%)

2 には仕合せ, のもの

1 [34件] からその, がその, が何, が大人, が許す, その罪, で行, で針金, としてよりもむしろ, と抱え主, なりが進ん, にうち, にそれ, に本, の人権, の価値, の価値感, の判断, の大いなる, の幸福, の心, の意志, の為め, の生きる, の苦痛, の裁断, の解釈, の足, の身体, の運命, は一, は決して, も漸く, よりも大きい

▼ 子供~ (37, 0.1%)

2 または四十以上, 孫かの

1 [33件] あ, あらゆる男児, え, えおとなし, おいへんじ, お客様じゃあ, それともひどく, それとも精, であった, どういふ, どうか, なぞの, なにかの, へらず, わからないので, わからねえ口, 一寸法師か, 原始人の, 又は劣等, 友人に対して, 吐かぬ子, 大人か, 女房かが, 子供でない, 猿を, 猿公でも, 知らと, 知らないが, 老人, 臆病者か, 野蛮人でなけれ, 鍋釜な, 馬鹿か

▼ 子供ながら~ (36, 0.1%)

2 翁の

1 [34件] この乱暴, この娘, この爺さん, そう睨ん, そのチャプリン鬚, その時, その風景, それ以上質問を, ひどく昏迷, ぼんやりと, もう芽ばえ, ハラハラした, 一刀を, 上には, 二人の, 些かの, 俺を, 出来が, 動かされた程, 手伝い或, 抱いて, 泣いて, 海の, 父親の, 私が, 私は, 考へたの, 肥えて, 自分は, 親の, 解るので, 誇らしく強い印象, 非常に, 面白く感じた

▼ 子供っぽく~ (35, 0.1%)

2 なって, ゆかいだった, 目を

1 [29件] あまりにも, さえなっ, ちょうど火炎不動, て, てきっとよく, てその, てばかげた, ても身長, て可愛い, ないだろうか, ないと, なる, また失礼, 両手で, 分別を, 幼稚だ, 思えるし, 澄んで, 無邪気にも, 甘えすぎて, 眼を, 編んで, 見えたり, 見えるお, 見えるという, 見せかけて, 見てるん, 訊いた, 馬鹿気て

▼ 子供扱い~ (35, 0.1%)

6 にし 4 にされ, にする 3 にした 2 にされる

1 [16件] されて, されるんで, して, するわけ, だ, でありいつもあまり, でまるで, とに飽き, にされてる, にしない, にしよう, にでもし, には出来ません, に致しおる, を喜ばない, 許さぬぞよ

▼ 子供相手~ (35, 0.1%)

1 [35件] が主, が面倒, だけで納, ですから, ではすまされなくなる, でもなけれ, で本気, とは云っ, に, に家, に小言小言小言, に彼女, に戯れ, に暮す, に柔術, に語り, に遊ぶ, に遊ん, に鬼ごっこ, のああ, のあまり名前, のチャチ, の乞食仕事, の商売, の大きい, の寺子屋, の文房具屋, の紙芝居, の草双紙, の話, の遊び, の雑誌, の面白焼き, の飴細工, の駄菓子屋

▼ 子供ごころ~ (34, 0.1%)

32 に一層

1 [29件] にいま, にその, にただ, にもこれ, にもなる, にも乳母, にも何かしら前途, にも分った, にも寂しい, にも常に, にも極まり, にも気, にも白一といろ, にも競争心, にオッペケペッポ, に大, に奥さん, に彼等, に思った, に急, に甚, に私, に空腹, に考え, に記憶, に訳, の嘆き, の思い出, の悲し

▼ 子供づれ~ (34, 0.1%)

4 の女 3 の夫婦, の細君 2 で来, の夫婦者, の客, の家族, もある

1 [14件] が多く, で出かけました, で来た, で来る, のカミサン連, の一行, の友人, の友達たち, の夫人, の家族的, の湯治客, の男女, の聲, の親父

▼ 子供なんか~ (34, 0.1%)

2 どうでも, 見て

1 [30件] つまんない, ない方, 全く荷厄介, 出来たん, 出来っこないもの, 出来ません, 出来ると, 初めから, 寧ろない, 射殺し, 少しも, 屹度薄荷の, 怖いもの, 持って, 撃ったこと, 構は, 生ませたくなかったから, 生まない, 生まないで, 生まれなきゃよい, 生める筈, 生んじゃ, 生んで, 産んじゃ, 育てたくありませんからね, 要らないなど, 誰にだって, 讀まなくたつて, 連れて, 馬鹿にでも

▼ 子供好き~ (34, 0.1%)

3 であった 2 であったから

1 [29件] だ, だから, だが, だけに毛布, だし, だった, だつた, でありました, である, ですね, でなかったが, でまた, でよく, で何処, で子供, で有名, で見付, ということ, なこと, なところ, のしない, のよう, の一空さま, の夫, の女中, の特色, の神, の龍造寺様, らしい柔和

▼ 子供だけは~ (33, 0.1%)

1 [33件] ああいう, かわいがって, すくすくとそだて, どういうもの, なすか, にぎやかな, 何か, 四人とも, 好い児, 屋台に, 平生その, 引きとって, 悟ること, 持ち度いもの, 欲しいって, 欲しいと, 欲しいという, 母一人の, 父が, 生々と, 生みます, 産まなくては, 産んで, 私が, 置いて, 育てて, 芝居へ, 苦しめまいと, 賑やかな, 遊びの, 遣りますが, 金で, 預けようという

▼ 子供にでも~ (33, 0.1%)

3 言うよう 2 いうよう, やれる仕事, 云ふ, 話すよう

1 [22件] いふが, いふやう, するよう, やるつもり, わかったろう, わかると, わけなく釣れるの, 何か, 向く小遣稼ぎ, 呉れて, 対するが, 対するよう, 戯れるよう, 捕えられたか, 教へて, 気が, 理解され得る, 言って, 言ふ, 訓へる, 間違つて居ない, 面白可笑しく

▼ 子供までが~ (32, 0.1%)

2 上を

1 [30件] ああし, おびえた目つき, この体, さう云, そうな, その日, それほどの, それを, とても巧み, ヨチヨチやって来た, 優越感を, 同じよう, 向ふ, 大人の, 大笑いを, 夫の, 巻煙草位は, 広場へ, 得物, 得物を, 濡れ鼠, 申すなり, 知って, 突然死んだ, 自分を, 苦しまなけりゃならないの, 苦痛を, 草双紙の, 覗きに, 顧みようと

▼ 子供だって~ (31, 0.1%)

2 ことは, 知って

1 [27件] あるでは, あんなにみんな, いない, いるかぐらい, お茶でも, きらいな, するだろうさ, ずう体, そうだ, まだ働けやしない, りっぱな, サイレンの, 一人きりで, 云や, 何処へ, 侮辱を, 出来るさ, 可愛いが, 国家の, 彼よりも, 悪戯は, 戦さごっこは, 最後は, 見て, 覚えようって, 転んだもの, 食べものを

▼ 子供~ (31, 0.1%)

2 であります, はよく

1 [27件] がスキー, がダイアモンド, がバラバラ, が弥之助, が面, だ, と鍛冶屋, にし, にまじっ, に分け, に取巻かれ, に囃され, のこと, の倶楽部, の多い, の夫婦, の客, の帰った, はその, はでは, は一人, は思いがけなく, もあと, もてんでに, を路傍, を遊ばせ, 多し

▼ 子供とが~ (29, 0.1%)

2 船と

1 [27件] あつた, いなくて, その掛物, その社会, どうしよう, また馬車, パリに, ピクプュス小路の, 一かたまり, 三年の, 乗ってるの, 争論喧嘩を, 仲よしで, 兄弟である, 全く一無, 寝る, 岸べに, 広い家, 暮して, 来て, 残った, 現れこれ, 自分に, 行く, 途中で, 遊んで, 非常に

▼ 子供に対して~ (28, 0.1%)

1 [28件] これを, さえそう, そうむごい, どんなこと, どんな感じ, にこやかに, 一層嶮, 与へるもの, 勝手な, 大人の, 情が, 払った犠牲, 抱いて, 持つ愛情, 殊更ら, 満足し, 満足しつ, 父が, 生まれたこと, 申わけの, 真摯なる, 私たちの, 細かしい理解, 自分が, 責任感の, 鄭重に, 非人間的, 非常に

▼ 子供一人~ (28, 0.1%)

2 は一級上

1 [26件] がいい, が蝋燭, ずつ誘拐, その時, その次に, だけで, で, では, でもうし, で麻布村, とを養, と云う, ない薄倖, につき一円, に就, のだけで, の出発, の夜歩き, の生活, もうけながら, を取っ, 増すごと, 居ると, 生まなかつたこと, 生むため, 立って

▼ 子供よりも~ (27, 0.1%)

2 その親, 役に立たないまるで, 自分自身を

1 [21件] いっそう強く, ずっと立派, その収入, その逆, なんぼう, もっとかけはなれた, もっと丁寧, もっと何, モッと, 低くて, 入学に, 却って理智的, 大人の, 小さいくらい, 愚な, 文明人が, 死んだ子供, 残して, 自分自身の, 親が, 身装が

▼ 子供した~ (25, 0.1%)

2 ところが

1 [23件] お方でございました, お藤, お顔, 一度も, 全身に, 厚ぼったい掌, 女の, 宗太に, 小動物, 小柄な, 少年庭の, 御敬ちゃん, 愛嬌の, 感じの, 点だけが, 甲高い声, 盲の, 紅いジャケット, 而も, 苦痛の, 顔から, 顔が, 顔を

▼ 子供にとって~ (25, 0.1%)

1 [25件] いいつくせないよろこびであり尊敬, うれしかった, くつを, こういう変化, これだけの, これほど, どんな区別, もう一つ, 事実の, 他人の, 充分の, 味覚の, 大人の, 実に痛烈, 幸福という, 幾分か, 愉快な, 普通と, 木の葉も, 校舎不足は, 母が, 茸の, 親の, 誇らしいもの, 非常に

▼ 子供さえ~ (24, 0.1%)

2 あった

1 [22件] あるの, あれば, いなかったら彼, いません, いる, なければ, なければと, 一部屋の, 五六人いた, 出来れば, 助かって, 取り返せば, 取返せば, 成人すれ, 手にかけて, 満足に, 無かった, 生めば, 眼中に, 覗かなかったらきっときっと, 近所の, 返して

▼ 子供といふ~ (24, 0.1%)

12 ものは 2 ものの 1 ことに, ちぐはぐな, ものはね, ものはを, ものも, よりなほ, 奴は, 子供の, 方を, 物を

▼ 子供にまで~ (24, 0.1%)

1 [24件] あんな人, かくして色んな, これ程悲, こんな愛想, させて, それを, とがめて, まるで自分自身, 伝染っちゃっ, 危害を, 好いもの, 当り散らすよう, 当り散らす所, 怒りなさるん, 悋氣を, 押し拡げないでは, 早起きはいはい, 沁み渡って, 深い哀憐, 蔽い被せねば, 遣り場の, 隠しまるで, 響いて, 馬鹿に

▼ 子供より~ (24, 0.1%)

2 下手だ, 父が, 親が

1 [18件] こみいつたこと, ひどくが, ほかない, もっとどっさりの, もっと嬉しかっ, 一つ多い, 下手に, 他には, 他愛なかった, 何よりも, 働く少年少女, 大きく大人, 大人が, 大人の, 牛の, 苦しんで, 行儀が, 鈍いこと

▼ 子供ながらも~ (22, 0.1%)

1 [22件] あまりに人, その一言, その場, それが, それを, そんな感じ, フリードリヒの, 不安と, 世の中が, 二人の, 体内に, 何の, 卑劣な, 天晴父の, 少年を, 恥かしい, 悲しみが, 無礼な, 父が, 空腹に, 終ひ, 義務や

▼ 子供連れ~ (22, 0.1%)

3 の客

1 [19件] て花見, では仕事, で満員, で熱海, で遊び, で食ってる, で駈け, なせい, などは昼間, のお上さん, の人たち, の女, の客おこ, の時, の物見遊山, の男, の者, の若い, 来り申候

▼ 子供であり~ (21, 0.1%)

2 この長兄, 姓は

1 [17件] いかにフアンタスチツク, これまでの, さえすれ, しかも母, しかも父, ながら大人, ながら妙, また諸君, 多くの, 天智天皇の, 学校の, 小学校卒業者は, 忠実に, 新聞配達だの, 祖国の, 美少年である, 老婆にと

▼ 子供と共に~ (21, 0.1%)

1 [21件] おいおいと, お母さんの, その人, その新星, 一家内に, 下に, 出て, 取り残された, 実践しない, 寢室を, 居眠っ, 旗ふり遊ぶ, 燃ゆる, 牛込の, 私は, 細君が, 経験した, 考え子供, 行い子供を, 院内の, 食べた

▼ 子供~ (21, 0.1%)

1 [21件] くれましたよ, さしあげました, するよう, つけて, みやげの, ものを, やるより, 上げるもの, 京都土産の, 向けるの, 土産を, 心得べきこと, 手を, 投げつけた, 會ひたい思ひ, 枡で, 菓子か, 話して, 送って, 遺した手紙, 餌を

▼ 子供同士~ (21, 0.1%)

1 [21件] がちかづき, が二ペンス, であるから, では助け合う, として並ん, のこと, のつき, のやう, のよう, の不, の会話, の喧嘩, の恋仲, の気分, の獲物争い, の窺い知る, の遊戯, の間, は清浄無垢, 寄り合って, 遊ぶ時

▼ 子供だけが~ (20, 0.1%)

1 [20件] いたずらを, これに, なにゆえに, はてしなく喚い, ひとり泣い, まだ地面, わずかに, 二三人で, 仮象の, 例外的に, 光だ, 入学する, 割にスラスラと, 四十二人ある, 奥へ, 母なる, 母の, 生きて, 私の, 貰へる

▼ 子供などが~ (20, 0.1%)

1 [20件] ある筈, けんめいに, その雪, それを, ときどき夢中, ものを, やる力学的, キツネノオコワ, タテタテコンポと, 一杯に, 住んで, 何人も, 出て, 口々に, 団体を, 時々真赤, 生れて, 田舎風に, 蒼蠅い, 難儀を

▼ 子供にとっては~ (20, 0.1%)

1 [20件] お化け大人にとっては, お祖母さんが, このこと, すべてが, それが, ほとんどその, 名状すべからざる, 困った名前, 彼の, 忘れられぬパン, 晩餐の, 最も興味, 毎日が, 物心づい, 王の, 生計の, 真剣な, 苦しいこと, 迷惑かも, 難事な

▼ 子供への~ (19, 0.1%)

2 土産の

1 [17件] みやげには, みやげの, 人情などで, 愛が, 愛だけで, 愛に, 愛情とは, 手当て産婆への, 支払いは, 教育に, 欲望を, 煩惱を, 献身は, 玩具も, 申しわけに, 翫具などを, 贈物を

▼ 子供~ (19, 0.1%)

1 [19件] というの, に使う, のおもちゃ, のもの, のオートバイ, のバケツ, のヴァイオリン, の刀, の寝台, の小さな, の新しい, の服ダンス, の楽譜, の毛糸, の玩具, の真赤, の自転車等, らしい勉強用, 又は来客用

▼ 子供時分~ (18, 0.0%)

1 [18件] からのこと, からよく, から器用, から病気がち, から苦しみ惱, にくらべる, にはただ, にはまだ, にも同じ, のたった, のもの, のヴィール夫人, の四谷見附, の新宿駅附近, の芝居, の遊戯唄, はここ, は三間

▼ 子供だち~ (17, 0.0%)

3 は老人

1 [14件] が帰ろう, が案内, にさう, に話さなかつた, はありったけ, ははしゃぎ, は不安, は後退, は意味, は舌切雀, は萎み, は街, も口ぐち, を外

▼ 子供でした~ (17, 0.0%)

2 から

1 [15件] からお, からそんなに, からつい, から東京, から無理, から矢, から髮, がこの, がこれ, がそれでも, がただ, が大きく, けどこの, けれど, よ

▼ 子供三人~ (16, 0.0%)

1 [16件] あれば, が円陣, その他二人, それにお, で出かけたあと, と風呂敷, に女房, に瑠美子, の一家, の同勢, の良い, まで抱, まで持ちし, を失っ, を産む, を連れ

▼ 子供~ (16, 0.0%)

12 ひに 1 にし, ひされると, ひしようと, ひにでも

▼ 子供だけ~ (15, 0.0%)

3 では

1 [12件] あって, である, でさえ, で沢山, どのイ, ひきとって, もって, 住むの, 引き取って, 救命艇へ, 目だつ別荘, 育てれば

▼ 子供さんたち~ (14, 0.0%)

1 [14件] がいっ, がもう, と同じ, と童謡, に校歌, のうち, のこと, のため, の健啖ぶり, の像, の将来, の御, は, を連れ

▼ 子供~ (14, 0.0%)

2 ぽくて

1 [12件] てあなた, てみんな, て妙, て東京, ぽい, ぽいと, ぽいの, ぽいぼく等, ぽい笠原, ぽい蝶々さん, ぽく思われ, ぽさ

▼ 子供染みた~ (14, 0.0%)

2 真似を

1 [12件] 事で, 事の, 声で, 好奇心に, 幻影を, 我儘さが, 手柄話などを, 散歩位ひ, 欲望を, 無邪気さが, 無邪気さで, 申状と

▼ 子供さん達~ (13, 0.0%)

1 [13件] が居合, が見えなく, と一緒, と健康, と遊ん, のうち, のこと, の様, は, はみな素直, はみんな, も集り, を相手

▼ 子供でない~ (13, 0.0%)

1 [13件] かもない, かよく, ことが, ことは, ことを, ぞ, だけなんとも, だけに少し, ということ, と私, んだ, 大分大人に, 年の

▼ 子供までも~ (13, 0.0%)

1 [13件] さらつて行く, みな眼を, モウ一から, 上士の, 亡ぼし尽くした, 使は, 兵馬は, 殺す必要, 産んで, 見ようと, 逗留し, 酔っ払って, 鞭うたれる

▼ 子供仲間~ (13, 0.0%)

2 じゃナカナカ相撲

1 [11件] からは左官屋, から左官屋, でとんぼ草, ではクリスマス祝祭, で物蔭, で解決, として真佐子, に電信, のアマタル, の噂, は男の子

▼ 子供~ (13, 0.0%)

1 [13件] が両側, が楽し, が着せ, などの裁縫, のきれ, の店, の方, の袖, の裾, や釦, を仕立て, を専門, を着せられ

▼ 子供でなく~ (12, 0.0%)

2 まあたとへば 1 てかえって, てはならない, てはならぬ, ては云え, てほんとう, とも久しい, 二十歳近くの, 大人に, 専ら村内, 若い男

▼ 子供らしくない~ (12, 0.0%)

1 [12件] というもの, ところが, ね, のに心, むっちりと, 卑俗きわまる, 子供が, 子供と, 恐ろしいこと, 皺を, 笑いごえ, 策略などと

▼ 子供をも~ (12, 0.0%)

1 [12件] 三人あづかつ, 伴れ, 勝久の, 同時に憎く, 大人をも, 嬉しげ, 手もとに, 教えようそう, 欠乏と, 見捨てて, 路頭には, 驚かすまいと

▼ 子供~ (12, 0.0%)

1 [12件] あり余興拝見, がありました, でその, でつく, でも今日, に集つた子供たち, の写真, の始まる, の小さい, の手工, の者, へ贈つ

▼ 子供同志~ (12, 0.0%)

1 [12件] がべっ, できめた, の何, の揚げる, の諍ひで相手, の間, の馴れ, の馴れ合い, は云い交し, もよく, も互に, も遊びます

▼ 子供だけを~ (11, 0.0%)

2 生みより, 育て上げて 1 与えて, 伴なっ, 例に, 入れるの, 城から, 旅立たせること, 相手に

▼ 子供っぽ~ (11, 0.0%)

2 さに 1 いったらありゃしないこの, さいたずらに, さだ, さで, さという, さな, さの, さは, すぎて

▼ 子供とも~ (11, 0.0%)

1 [11件] あろうもの, つかない自分, つかない表情, つかぬ顔, 娘とも, 寝てるだべ, 得体の, 思えないよう, 思われぬ, 細君とも, 老人とも

▼ 子供など~ (11, 0.0%)

1 [11件] である, まれに, アどう, 何を, 同じ綱, 生まれたら勿論, 産れたる, 相手に, 襲ったこと, 連れて, 髪飾り衣類などに

▼ 子供などを~ (11, 0.0%)

2 連れて 1 お目, この仕事, つれて, セッカンする, 喜ばせるやう, 多勢かかえた, 從へて, 育てる身分, 集めてな

▼ 子供にと~ (11, 0.0%)

2 つては 1 つてあまり複雑で, つての, つて幸か, つて恐ろしい, つて母が, つて面白い, 云つてお, 思い立ちました, 思っても

▼ 子供に対しては~ (11, 0.0%)

1 [11件] このコップ, そうでない, だれでも, とりわけ厳重, もとより叶い, やさしかった, 何よりも, 余り厳格, 偏見も, 勿論お, 女に

▼ 子供に対しても~ (11, 0.0%)

1 [11件] また母, やはり差別, 偏愛を, 変わらざるやさしい, 彼は, 忠実な, 無良心, 祖父の, 自分から, 自分の, 訳の

▼ 子供ほど~ (11, 0.0%)

2 可哀相な 1 よく秘密, 上手や, 世界中で, 作虐的な, 可愛ゆい, 呑気な, 彼女の, 神の, 親を

▼ 子供~ (10, 0.0%)

4 ている 2 ていた 1 てい, てみえる, て居た, ばいの

▼ 子供だけに~ (10, 0.0%)

1 おおびらに, きく毒, さすがに, その一家, ただの, もう人見しり, ダイブ変っ, 利く藥, 歓喜も, 無邪気な

▼ 子供だの~ (10, 0.0%)

2 孫だ 1 お婆さんだ, お婆さんな, またその, 五人の, 大谷という, 大谷といふ, 細君だ, 鯨の

▼ 子供でございます~ (10, 0.0%)

1 かな, からお, からかわいそう, からどのみち, から一時間, から失礼, から高山深谷, が父, よ, 何んにも

▼ 子供ながらに~ (10, 0.0%)

1 ひどく懲りたらしく, 一くせも, 出せるだけの, 変に, 宗太が, 浮, 用心した, 知って, 私は, 級全体の

▼ 子供などに~ (10, 0.0%)

1 あつかえるよう, どんなに残忍, むかって, 会いたくは, 優しくそして又, 用は, 科学上の, 聞かせたくない様, 逢った, 逢つた

▼ 子供なんて~ (10, 0.0%)

2 ものは 1 いるもの, こわいなあ, たあいの, ほんとに, ものが, 伴れ, 拵えたって, 言いだしたけれど

▼ 子供ばかりを~ (10, 0.0%)

1 きき手, スケッチした, 可愛がって, 大切に, 座敷に, 挨拶に, 相手に, 責めるわけ, 選り集めて, 預るだけ

▼ 子供あつかい~ (9, 0.0%)

4 にし 1 にした, になぶった, にばか, に何でもかんでも, は心苦し

▼ 子供だつた~ (9, 0.0%)

1 かおぼえ, がただ, が姉, ことを, ときした, ので人生, ので取る, 為である, 為では

▼ 子供とともに~ (9, 0.0%)

1 のこされた夫人, 味わう野球, 彼に, 悦んで, 朗らかに, 眠って, 笑うため, 組み立てて, 遊ぶの

▼ 子供について~ (9, 0.0%)

1 そんなつまらぬ, なにか興味, 充分の, 実験する, 歩いて, 考えないよう, 語った, 語つた, 語り止まなかった

▼ 子供ふたり~ (9, 0.0%)

1 が綱, で勝手, の命, の生計, はさる, は廣, は直ぐ, をつれ, を連れ

▼ 子供かと~ (8, 0.0%)

3 思えば 1 微笑し, 心に, 思うよう, 思つて磯村が, 見れば

▼ 子供しか~ (8, 0.0%)

1 ありません, なく真理, もたずそして, 摘まんで, 生み得ぬ婦人, 産まなかったもの, 産まぬこと, 産んで

▼ 子供であっ~ (8, 0.0%)

2 て真 1 て, てそれ, ても寝る, て不用意, て子供, て文学青年

▼ 子供にだけは~ (8, 0.0%)

2 欺かれる心配 1 そんな真似, みじめな思ひ, 人並の, 子供にだけは, 月に, 知らせないで

▼ 子供にだって~ (8, 0.0%)

1 こんな問題, できるもの, わかるん, 分ること, 大凡の, 縛られますよ, 訳なく, 誰にだっても

▼ 子供に関する~ (8, 0.0%)

2 すべての 1 夫婦の, 法律は, 温しきに, 話題を, 限りに, 限り母としての

▼ 子供同様~ (8, 0.0%)

1 であるから, で私, に取扱った, に無邪気, に育て, に葬っ, のお, の待遇

▼ 子供~ (8, 0.0%)

5 しの 1 しだ, しですよ, し見たいなこと

▼ 子供~ (8, 0.0%)

1 である, でカンゴ婦, に居ります, のこと, の中, の百余名, をはじめ, を見

▼ 子供じみ~ (7, 0.0%)

1 てい, ています, てしまっ, てゐる, て移り気, て蝶子, 秋の

▼ 子供たち二人~ (7, 0.0%)

1 が絵本, はどうしても, はツベルクリン, は元気, は黙, を外, を送り出した

▼ 子供だけでも~ (7, 0.0%)

2 どこかへ 1 七人という, 助けて, 十四五人も, 外で, 家だけでも

▼ 子供って~ (7, 0.0%)

2 ものは 1 えもの, ただ可愛, 何の, 甘く見, 花束みたいな

▼ 子供とか~ (7, 0.0%)

1 あるいは金満家, で十七八, 云う弱い, 外国の, 女中とかへは, 正常で, 過労者なんかが

▼ 子供としては~ (7, 0.0%)

1 そこに, たいへんな, はなはだしい取り越し苦労, マセ過ぎた, 大金であった, 感嘆すべき, 死なないの

▼ 子供ども~ (7, 0.0%)

1 で罠, というもの, には泣く, のお, を威圧, を寝かし, を起こし

▼ 子供などの~ (7, 0.0%)

1 いう方言, それを, 人だかりを, 教育を, 近よる, 邪推と, 頭の

▼ 子供なりに~ (7, 0.0%)

2 一日の 1 のみこめたのね, 僕は, 新しい運命, 死ぬ方, 胸を

▼ 子供特有~ (7, 0.0%)

1 のずるい, のやさしい, の方便, の無邪気さ, の率直, の順応性, の飾り気

▼ 子供臭い~ (7, 0.0%)

1 かい君, ことが, つたらない, つて云へば, ところも, ところを, 威勢の

▼ 子供読物~ (7, 0.0%)

1 がこの世, でも出版, の問題, の急速, の浄化座談会, の良い, は反

▼ 子供遊び~ (7, 0.0%)

2 は今 1 があった, にはよく, の舞台, はまだ, を生涯記憶

▼ 子供こそ~ (6, 0.0%)

1 いつも糞, その実, ないが, 二人ある, 他ならぬ, 大切だ

▼ 子供それ~ (6, 0.0%)

1 から大きく, に職業, はすぐ, を構成, を置いてきぼり, 故に一層

▼ 子供たる~ (6, 0.0%)

1 あなた方に, とをとわず, や誰, を問わず, パリー人中で, 彼を

▼ 子供だけで~ (6, 0.0%)

1 やつて, やるん, 人手が, 何処かへ, 十分だった, 居るもの

▼ 子供だろう~ (6, 0.0%)

1 が肉体, こんないたずら, という話, と思われる, と言いだしました, ゴーリキイが

▼ 子供でさえ~ (6, 0.0%)

1 こちらの, これを, 初めて結婚, 判らなけりゃなりません, 多勢あれ, 最後にとって

▼ 子供とに~ (6, 0.0%)

1 いきいきした, ここの, よく会い, 不幸と, 執着が, 竹馬を

▼ 子供なども~ (6, 0.0%)

1 あった, あつた, ありました, いた, 太子様などと, 非常に

▼ 子供によって~ (6, 0.0%)

1 さまざまの, つくられて, 仕方が, 多少違います, 規定される, 観察される

▼ 子供ばかりの~ (6, 0.0%)

1 ひどい会, 七人家内に, 世界での, 家であった, 家では, 殺風景な

▼ 子供~ (6, 0.0%)

1 いったいお前, いよいよ私, この悪い, しぐれるな, 夢を, 子供よ

▼ 子供らしくなっ~ (6, 0.0%)

2 てい, てしまう 1 ていった, てゆき

▼ 子供をでも~ (6, 0.0%)

2 見るよう 1 あやすよう, 叱るやう, 叱るよう, 見るやう

▼ 子供~ (6, 0.0%)

2 なの 1 に雛っ子, の体, ゐ正直, を除く

▼ 子供役者~ (6, 0.0%)

1 の一座, の写真姿, の描寫, の生命, はこの, も大抵

▼ 子供あしらい~ (5, 0.0%)

1 である, にし, にしよう, にするで, に見下ろし

▼ 子供くさい~ (5, 0.0%)

1 ことを, もの, 所が, 考は, 者に

▼ 子供~ (5, 0.0%)

2 ゃあるめえし 1 ゃあるめえしいい, やありません, やない

▼ 子供たち三人~ (5, 0.0%)

1 にそれぞれ持参, の頭, は何事, を行儀, を連れ

▼ 子供だけの~ (5, 0.0%)

2 ことだ 1 世界に, 世界の, 念願では

▼ 子供だったら~ (5, 0.0%)

1 たちまちカゼ, もうよほど前, やはり数学, 次の, 言ふこ

▼ 子供であろう~ (5, 0.0%)

1 が仮に, が家, が特別, とまた, と選ぶ

▼ 子供とで~ (5, 0.0%)

1 あつた, 何を, 穴原の, 総てである, 食べるか

▼ 子供どころか~ (5, 0.0%)

1 まだ独身, 町中が, 着て, 神の, 貴公よりは

▼ 子供なぞは~ (5, 0.0%)

2 どうでも 1 ございません, 悲鳴を, 有りゃしません妊娠

▼ 子供なんぞ~ (5, 0.0%)

1 うるさくて, 些とも, 可愛いと, 拾つてきや, 袖の下には

▼ 子供にたいして~ (5, 0.0%)

1 いつも非常, まったく無力, もちたくなかった, 子供に, 起こって

▼ 子供に対し~ (5, 0.0%)

1 つれなかった, また他人, 保姆の, 労働者に対し, 怒りの

▼ 子供のみ~ (5, 0.0%)

1 でなかった, で男, ならず今度, ならず大人, 念入御

▼ 子供へと~ (5, 0.0%)

2 思って, 言って 1 第一

▼ 子供~ (5, 0.0%)

4 てえ 1 てえな

▼ 子供めいた~ (5, 0.0%)

1 お互いの, 人の, 冗談などを, 敬意を, 肩に

▼ 子供以外~ (5, 0.0%)

2 に私 1 には何, の他人, の町内

▼ 子供出来る~ (5, 0.0%)

3 はずない 1 のん, までは一

▼ 子供向き~ (5, 0.0%)

1 に一席, に寫眞, のご馳走, の本, の良い

▼ 子供四人~ (5, 0.0%)

2 の家族 1 が同じ, という平均, に女中

▼ 子供~ (5, 0.0%)

2 は作りもの 1 がキャー, が多い, の嵐

▼ 子供小姓~ (5, 0.0%)

1 がお, が急い, つづいて, やお, をしたがえ

▼ 子供~ (5, 0.0%)

2 しの, し位 1 しを

▼ 子供漫画~ (5, 0.0%)

1 がそれほど, が廃, の出版, の卑俗化, の場合

▼ 子供~ (5, 0.0%)

1 ロマンチシストは, 単純な, 敏感な, 物を, 行儀が

▼ 子供あつかひ~ (4, 0.0%)

2 にした 1 にする, をする

▼ 子供からも~ (4, 0.0%)

1 よく手紙, 耳に, 離れさせたか, 非常に

▼ 子供さえも~ (4, 0.0%)

2 共に携わった 1 玉鬘は, 皆たずさわった

▼ 子供ずき~ (4, 0.0%)

1 なおじさん, な宮内, の孤独, の陽気

▼ 子供そのもの~ (4, 0.0%)

1 が連想, と共に学ぶ, の声, までが好き

▼ 子供~ (4, 0.0%)

2 づねて 1 あなんだ, ちゃあ邪魔

▼ 子供たち自身~ (4, 0.0%)

1 にはそん, の幸福, の財産, よりは驚異

▼ 子供でなけれ~ (4, 0.0%)

1 ばその, ばならぬ, ば後嗣, ば見られない

▼ 子供とでは~ (4, 0.0%)

1 ただ二口, たまにそういう, 今日貰っ, 角力に

▼ 子供どうし~ (4, 0.0%)

1 であの, でも悪い, のよう, の間

▼ 子供なぞ~ (4, 0.0%)

1 あったら困るだろうな, できたり, できなかったこと, 棒の

▼ 子供などと~ (4, 0.0%)

1 一緒に, 別離を, 違って, 違ひ

▼ 子供なみ~ (4, 0.0%)

1 でおもしろい, で立派, に, に知っ

▼ 子供なれ~ (4, 0.0%)

21 ばこそ, ばこそできる

▼ 子供にしか~ (4, 0.0%)

1 掛けられないやう, 掛けられないよう, 省みられないの, 見えなかった

▼ 子供にたいする~ (4, 0.0%)

1 愛が, 愛で, 愛とだけが, 母親の

▼ 子供にな~ (4, 0.0%)

1 つても, つて一生懸命に, つて行つたから, つて馬酔木も

▼ 子供にばかり~ (4, 0.0%)

1 向いて, 気を, 煩は, 煩わされて

▼ 子供らしき~ (4, 0.0%)

1 夢の, 方法を, 本質は, 誇りと

▼ 子供~ (4, 0.0%)

1 ぽいはにかみ, ぽい光, ぽい感傷的, ぽい感情

▼ 子供六人~ (4, 0.0%)

1 それに十人内外, という仮定, という平均, にぎやかだつた

▼ 子供出版物~ (4, 0.0%)

1 とは全, の発行, はあくまで, を出版

▼ 子供対手~ (4, 0.0%)

1 でなし, の駄菓子, の駄菓子屋, の駄菓子店

▼ 子供自慢~ (4, 0.0%)

1 だった, である, には響きませぬ, の心境

▼ 子供~ (4, 0.0%)

1 がなく, がよかっ, には余り, のない

▼ 子供雑誌~ (4, 0.0%)

2 とか婦人雑誌 1 の挿絵以外, の編輯助手

▼ 子供~ (4, 0.0%)

1 が並ん, だった, と釣竿, 次にごく厚い

▼ 子供がね~ (3, 0.0%)

1 おや, カヽシの, 母親に

▼ 子供ぐらい~ (3, 0.0%)

1 動くもの, 勝手に, 腕が

▼ 子供その~ (3, 0.0%)

1 おくま, 子供の, 時ちょうど

▼ 子供だらけ~ (3, 0.0%)

1 だ, の廊下, の青葉

▼ 子供であれ~ (3, 0.0%)

1 ばいくら心, ばその, 人間と

▼ 子供でございました~ (3, 0.0%)

2 のでただ 1 まる三つ

▼ 子供でし~ (3, 0.0%)

21 てね

▼ 子供といつて~ (3, 0.0%)

1 も上, も今, も長男

▼ 子供とかいう~ (3, 0.0%)

1 つながりを, 人なら, 家庭の

▼ 子供としての~ (3, 0.0%)

1 価値が, 海の, 独立力の

▼ 子供とて~ (3, 0.0%)

1 何時までも, 由断の, 由斷の

▼ 子供などには~ (3, 0.0%)

1 かまって, 中, 今度から

▼ 子供なり~ (3, 0.0%)

1 役には, 或は兄弟, 養子なりが

▼ 子供なんかの~ (3, 0.0%)

1 仲間に, 生活構成の, 見るもの

▼ 子供なんかを~ (3, 0.0%)

1 使って, 引き連れた野次馬, 駅へ

▼ 子供なんぞは~ (3, 0.0%)

1 泣いて, 泣出す, 荷物の

▼ 子供のみが~ (3, 0.0%)

1 持って, 持つて, 残された家

▼ 子供はか~ (3, 0.0%)

1 あいい, あいが, はる

▼ 子供はと~ (3, 0.0%)

1 ぼとぼときかかります, 見ると, 見れば

▼ 子供ばかりが~ (3, 0.0%)

1 焚火の, 語り伝えて, 通って

▼ 子供ばかりで~ (3, 0.0%)

1 居る暮し, 指導者が, 遊ぶ時

▼ 子供ぽい~ (3, 0.0%)

1 のにエヘヽヽ, ものを, 盆の窪の

▼ 子供まじり~ (3, 0.0%)

1 に何だか, に毛深い, に通っ

▼ 子供みた~ (3, 0.0%)

2 ような 1 やうに

▼ 子供めい~ (3, 0.0%)

1 ている, てもまた, て居る

▼ 子供らしい戯れ~ (3, 0.0%)

1 とも聞こえる, にふけっ, にも兄

▼ 子供をから~ (3, 0.0%)

1 かえる素朴, かつた, かつたり

▼ 子供を通じて~ (3, 0.0%)

1 丸田に, 全社会, 見出して

▼ 子供~ (3, 0.0%)

1 ちから, ときから, 時は

▼ 子供プール~ (3, 0.0%)

1 には朝八時ごろ, のま, の中

▼ 子供上り~ (3, 0.0%)

1 のよう, の丸, の漁夫

▼ 子供中間~ (3, 0.0%)

1 の噂, の女王様, の女王樣又

▼ 子供五人~ (3, 0.0%)

1 とからみ, と共に岸, のうち三人

▼ 子供以上~ (3, 0.0%)

1 に他愛, に発達, に親しい

▼ 子供出来たいう~ (3, 0.0%)

2 こと初耳です 1 こと分ったら

▼ 子供寝台~ (3, 0.0%)

1 の上, まで差押え, をその

▼ 子供専門~ (3, 0.0%)

1 なの, の遊園地, の鬼

▼ 子供染み~ (3, 0.0%)

2 ていた 1 ている

▼ 子供沢山~ (3, 0.0%)

1 で居, な系統, の大

▼ 子供洋服~ (3, 0.0%)

1 の店, の見立, や手袋

▼ 子供~ (3, 0.0%)

1 さては萎んだ, のプラン, の木綿

▼ 子供~ (3, 0.0%)

1 が路面ごと灰色, などが忙し, まで揃っ

▼ 子供老人~ (3, 0.0%)

1 あらゆる人々, である, にまで射撃

▼ 子供臭く~ (3, 0.0%)

1 できて, なったかと, 髱は

▼ 子供衆たち~ (3, 0.0%)

1 が大, でも御, の催し

▼ 子供見た~ (3, 0.0%)

1 さの一念, やうな, 様な

▼ 子供~ (3, 0.0%)

1 して, し始めたの, する程度

▼ 子供言葉~ (3, 0.0%)

1 に, に剖葦, は消滅

▼ 子供~ (3, 0.0%)

2 りを 1

▼ 子供達相手~ (3, 0.0%)

1 に暮し, に遊ん, の遊び

▼ 子供離れ~ (3, 0.0%)

2 がし 1 したところ

▼ 子供~ (3, 0.0%)

1 が待ちかまえ, はむき, を見れ

▼ 子供~ (3, 0.0%)

1 のうぶ, の探偵, はむしろ

▼ 子供あい~ (2, 0.0%)

1 てに自分, てのこと

▼ 子供あがり~ (2, 0.0%)

1 のわたし, の私

▼ 子供あそべり~ (2, 0.0%)

1 御仏, 日の

▼ 子供あり~ (2, 0.0%)

1 たりとて決して, 経済の

▼ 子供あれ~ (2, 0.0%)

1 どこ, ば一日

▼ 子供かなと~ (2, 0.0%)

1 人が, 思ふけれども

▼ 子供かなんぞの~ (2, 0.0%)

1 ような, ように

▼ 子供かの~ (2, 0.0%)

1 ように, 手足の

▼ 子供かも~ (2, 0.0%)

1 知れない, 知れないけれども

▼ 子供からは~ (2, 0.0%)

1 何も, 離れ働くこと

▼ 子供がか~ (2, 0.0%)

1 あごめか, はいさうだなと

▼ 子供がに~ (2, 0.0%)

1 こ, ょっきり棒立ちに

▼ 子供がねえ~ (2, 0.0%)

1 あなたここの, その後とりに

▼ 子供がわ~ (2, 0.0%)

1 あッと, ーつと

▼ 子供きらい~ (2, 0.0%)

1 だ, です

▼ 子供ぐらいにしか~ (2, 0.0%)

1 見えずただ, 見えない貧相

▼ 子供ぐらいの~ (2, 0.0%)

1 年恰好な, 高さ

▼ 子供この~ (2, 0.0%)

1 人達より, 夜中に

▼ 子供これ~ (2, 0.0%)

1 もやはり, を玩物

▼ 子供~ (2, 0.0%)

1 へありゃ, へゐなけれ

▼ 子供さん方~ (2, 0.0%)

2 が生き

▼ 子供しかも~ (2, 0.0%)

1 初旅, 母子二人でなけれ

▼ 子供じゃあ~ (2, 0.0%)

1 ない, ねえん

▼ 子供じゃと~ (2, 0.0%)

1 いうから, 思うても

▼ 子供すなわち~ (2, 0.0%)

1 大人でした, 我々の

▼ 子供そして~ (2, 0.0%)

1 其処に, 弱者劣敗者である

▼ 子供それから~ (2, 0.0%)

1 ズッと, 老人なぞが

▼ 子供たちそれ~ (2, 0.0%)

1 に良人, の避難

▼ 子供たちみんな~ (2, 0.0%)

1 に同じ, はもう

▼ 子供だつ~ (2, 0.0%)

1 ている, てもうすこし

▼ 子供だらう~ (2, 0.0%)

1 恐れ氣も, 私は

▼ 子供っていう~ (2, 0.0%)

1 のも, ものは

▼ 子供っぽい可愛らしい~ (2, 0.0%)

1 殊勝らしい, 顔を

▼ 子供っぽかっ~ (2, 0.0%)

1 た, たが

▼ 子供つど~ (2, 0.0%)

2 ひて

▼ 子供つまり~ (2, 0.0%)

2 私には

▼ 子供づれで~ (2, 0.0%)

1 よくもこんなにうまく, 頼って

▼ 子供でさえも~ (2, 0.0%)

1 女を, 思う人

▼ 子供でしょう~ (2, 0.0%)

1 か, かね

▼ 子供でなくっ~ (2, 0.0%)

1 てはふるまい, て少し

▼ 子供としか~ (2, 0.0%)

1 見えなかった, 話を

▼ 子供とても~ (2, 0.0%)

1 ないよくよく, 何かの

▼ 子供ながらにも~ (2, 0.0%)

1 私は, 責任感が

▼ 子供なりの~ (2, 0.0%)

1 反抗心も, 空想で

▼ 子供なんかは~ (2, 0.0%)

1 どうでも, 五・六丁も

▼ 子供なんかも~ (2, 0.0%)

1 へんに, 喜んで

▼ 子供なんぞが~ (2, 0.0%)

1 いたずらを, 口笛を

▼ 子供にさえ~ (2, 0.0%)

1 口を, 手込めに

▼ 子供にさえも~ (2, 0.0%)

1 わかるよう, 手を

▼ 子供にだけ~ (2, 0.0%)

1 ですここ, 中る毒

▼ 子供にても~ (2, 0.0%)

1 もはや二十歳以上, 奥へ

▼ 子供になー~ (2, 0.0%)

2

▼ 子供にゃ~ (2, 0.0%)

1 女の子にでも, 見せられない

▼ 子供によっては~ (2, 0.0%)

1 親元に, 麦の

▼ 子供に対しての~ (2, 0.0%)

1 事も, 感情と

▼ 子供に対してまで~ (2, 0.0%)

1 ありとあらゆる祝福, 腹が

▼ 子供ばかりか~ (2, 0.0%)

1 ぐるりと, むしろおとな

▼ 子供ばかりに~ (2, 0.0%)

1 あるの, 厳重の

▼ 子供ばかりは~ (2, 0.0%)

1 夜も, 相手の

▼ 子供ばっかり~ (2, 0.0%)

1 だ, 対手に

▼ 子供ひとり~ (2, 0.0%)

1 が綱, だったんで

▼ 子供ほどにも~ (2, 0.0%)

1 出来て, 行かぬ故

▼ 子供ほどの~ (2, 0.0%)

1 大きさ, 相違が

▼ 子供までを~ (2, 0.0%)

1 傷けた警官隊の, 浮き浮きと

▼ 子供もう~ (2, 0.0%)

1 一方には, 近いぞ

▼ 子供もね~ (2, 0.0%)

1 助けが, 残念な

▼ 子供もの~ (2, 0.0%)

1 を下, 売場を

▼ 子供やら~ (2, 0.0%)

1 で喧しい, わからぬ女

▼ 子供らしいはしゃぎ~ (2, 0.0%)

2 方を

▼ 子供らしい馬鹿げた~ (2, 0.0%)

1 ことや, ことを

▼ 子供らしかった~ (2, 0.0%)

1 と思います, のでお

▼ 子供らしくし~ (2, 0.0%)

1 てい, てゐた

▼ 子供らしく喜ん~ (2, 0.0%)

1 でいた, で走りまわる

▼ 子供らしく泣き出す~ (2, 0.0%)

2 などと申す

▼ 子供~ (2, 0.0%)

1 好キジャゴザイマセンノ, 突然現

▼ 子供ダマシ~ (2, 0.0%)

1 のたぐい, の寄席芸

▼ 子供~ (2, 0.0%)

1 二人連レテイル, 預ケテアル親戚

▼ 子供一人成人二人~ (2, 0.0%)

2 でおはじき

▼ 子供一同~ (2, 0.0%)

1 は一塊, 代わる代わるひざまずき手

▼ 子供~ (2, 0.0%)

2 の顔

▼ 子供並み~ (2, 0.0%)

1 にかなり, に着飾っ

▼ 子供人形~ (2, 0.0%)

1 のある, のほう

▼ 子供~ (2, 0.0%)

2 れの

▼ 子供何名~ (2, 0.0%)

1 とただ, とただ帳

▼ 子供~ (2, 0.0%)

1 が三, が向かい

▼ 子供全部~ (2, 0.0%)

1 を集めた, 及び向う側

▼ 子供半分~ (2, 0.0%)

1 で, の時

▼ 子供卯月八日~ (2, 0.0%)

1 の花菜, の花菜摘み來

▼ 子供大抵~ (2, 0.0%)

2 の病人

▼ 子供夫婦~ (2, 0.0%)

1 と同じ, の身

▼ 子供怖い~ (2, 0.0%)

1 もん知らずで, 人だ

▼ 子供思ひ~ (2, 0.0%)

1 でもあつ, の善良

▼ 子供~ (2, 0.0%)

1 を下す, を下ろす

▼ 子供持ち~ (2, 0.0%)

1 だと, のを

▼ 子供本位~ (2, 0.0%)

2 のお

▼ 子供朴訥~ (2, 0.0%)

2 な父親

▼ 子供椅子~ (2, 0.0%)

1 に掛けさせられる, の上

▼ 子供殊に~ (2, 0.0%)

1 兄の, 美しい娘さん二人

▼ 子供生む~ (2, 0.0%)

1 とも, のん

▼ 子供生れたら~ (2, 0.0%)

2 何処い

▼ 子供生れるいう~ (2, 0.0%)

1 ことそない, ことなんで

▼ 子供~ (2, 0.0%)

1 は貴方, を入れ

▼ 子供等前~ (2, 0.0%)

1 にいなかった, に居なかった

▼ 子供等女房達~ (2, 0.0%)

2 もそれ

▼ 子供等相手~ (2, 0.0%)

2 に斯

▼ 子供等自身~ (2, 0.0%)

1 の立場, はそれ

▼ 子供自分~ (2, 0.0%)

1 にとっては継子, に代ろう

▼ 子供~ (2, 0.0%)

1 さが, さすぎる

▼ 子供芝居流行~ (2, 0.0%)

1 の原因, の気運

▼ 子供~ (2, 0.0%)

1 てえな處, 惚るる

▼ 子供見たい~ (2, 0.0%)

1 なふざけ, な呑気

▼ 子供角力~ (2, 0.0%)

1 が夏, のまわり

▼ 子供読物浄化運動~ (2, 0.0%)

1 の主旨, は一昨年

▼ 子供~ (2, 0.0%)

1 出来たと, 養う決心

▼ 子供迄が~ (2, 0.0%)

1 この身振り, 大人しくし

▼ 子供連中~ (2, 0.0%)

1 がワヤワヤ, に配っ

▼ 子供遊園地~ (2, 0.0%)

1 があっ, が大人

▼ 子供達の~ (2, 0.0%)

1 と似, と同じ

▼ 子供青年~ (2, 0.0%)

1 には青年, の人生

▼1* [719件]

子供新家に, 子供あがりで詳しいこと, 子供あったん, 子供あっちへいっ, 子供あの綺麗を, 子供あまたおもしろげ, 子供あまた連れたる母, 子供あまた集へり, 子供ある自分の, 子供あるいは女連れならたのしめる, 子供あわれなる人々が, 子供さか, 子供いじめの欲求, 子供いちひ津, 子供いや青年だ, 子供うしろにのけ反っ, 子供うみたいと思い, 子供清の, 子供おまけに知らぬ, 子供おん身に叫び, 子供お茶をもて, 子供かてたとひ, 子供かというところへ迄, 子供かとかそんないろんなこと, 子供かとも思って, 子供かなでは, 子供かなんかであればい, 子供からでも聟を, 子供からの手紙だった, 子供がぞろ, 子供がたのお, 子供がちょっともなつかしまへんよってとうまい口実, 子供がとくいらしく髪の毛, 子供がなづくやう, 子供がることは, 子供がをらぬ, 子供きっと独楽を, 子供きわめてパラリとして, 子供くいをこのみません, 子供くさくばかりし, 子供くらいで顔, 子供くらいしか発育し, 子供くらいにしか私を, 子供ぐらいが東京で, 子供ぐらいはスッポリと, 子供ぐらゐな年頃のこと, 子供ぐらゐは年中まき起した筈, 子供ぐらゐ勝手にする, 子供なもの, 子供ことに小学生という, 子供ごころ先方からも口, 子供さながらに元気, 子供さんがたにはぜひ, 子供さんはずいみんみんな, 子供さん方皆が精神的, 子供ざはめきてまるで芝居, 子供しい眼付きと, 子供した甘ったれた調子で, 子供してたのに, 子供しょうがないじゃ, 子供じみたばかげた下らない思想, 子供じみたやりかたで, 子供じみた僻みっぽい魂情, 子供じみた戯れとより, 子供じみた負けぬ気も, 子供じみてるであろうか, 子供じゃがだれだった, 子供じゃったぞ, 子供じゃなかけん, 子供すぎてただ, 子供すぎるほど若い, 子供すでに一家の, 子供すらもなかつたので, 子供ずきらしくとくにまた, 子供せむしの老人, 子供ぜんたいをうつとり見つめ, 子供そこにいる, 子供それぞれの年齢, 子供ぞろいで鬼一, 子供たくさんの春, 子供たちぁポンと後, 子供たちぐるみ上り端の前, 子供たちそちらに行き, 子供たちつくしを捜す, 子供たちのいた間九時すぎが, 子供たちはじぶんじぶん, 子供たちはぶじでした, 子供たちばかの乞食, 子供たちみたいにおしゃれ, 子供たち三人ぞろいで家探し, 子供たち二百十日と言, 子供たち以外は遠慮勝ち, 子供たち六七人が手, 子供たち共有のおもちゃ, 子供たち十二歳で懲治監, 子供たち十字を切り, 子供たち四人の未来, 子供たち大勢がわやわや, 子供たち孫たちといちはやく, 子供たち家族合せて, 子供たち彼女にははじめて, 子供たち手を洗っ, 子供たち日本字で一人一人名, 子供たち森のなか, 子供たち相手にのんびり, 子供たち私共はその, 子供たち科學の先進國, 子供たち絵本のほしい, 子供たち自分たちが洗濯, 子供たち誰か貸, 子供たち貧乏な百姓, 子供たらしむる愛は, 子供たらしめよ, 子供たりし森本薫, 子供だいじに後家, 子供だけからなって, 子供だけしかそばに, 子供だけじゃ安心が, 子供だけなりとなぜ出来, 子供だけにしかお乳, 子供だけににこ, 子供だけにはこんないたずら, 子供ださうですがほんと, 子供だったらしいのです, 子供だつたせゐか母, 子供だてらの恨み, 子供だてら生意気な言い方, 子供ゅうもんな親の, 子供ちふものは, 子供ぢやああるまいし, 子供っぽい愛くるしい顔を, 子供っぽい果敢ない望みを, 子供っぽい美しい顔に, 子供つきりですから, 子供つたら厭な, 子供つてたまらなくめん, 子供つれし女房振袖の, 子供づかひの鏑矢, 子供づれだから分らないが, 子供づれだし大変でしょう, 子供づれて田舎へ避暑, 子供づれでやってきて指で断食芸人, 子供づれでヘップバーン主演の, 子供づれで北海道から九州, 子供づれで参詣の善男子, 子供づれで横浜の実家, 子供づれで稲毛へ行く, 子供づれで賑やかである, 子供づれなどは一人もない, 子供づれのひとも多い, 子供づれの一人の土人, 子供づれの一組の夫婦, 子供づれの二人の妹, 子供づれの人も大勢, 子供づれの声を聞け, 子供づれは須田町で下りた, 子供づれ牛は牛づれと昔, 子供ものは, 子供てえものは, 子供であったおり彼に, 子供であったならばいつも, 子供であったろうしまた, 子供でありしたがつて, 子供でありたいように, 子供でありましたが確, 子供であるらしくなんだか山猿, 子供でございまして, 子供でござんすものを, 子供でしかありません, 子供ででもあったら, 子供でなかったのです, 子供でなかったらどうすれ, 子供でなくなったということ, 子供でなけりゃあ, 子供でなけりゃ育てるのいやだって, 子供でねえもんだ, 子供でもが何か, 子供でもと申し上げたらほんとう, 子供といったのは, 子供とかの物言い挙動に, 子供とからの心づくしの, 子供とさえ融け合って, 子供とさえの神との, 子供としてしか見ず姉, 子供としてよりもむしろ彼, 子供とだけだから, 子供とだけが日頃人通りの, 子供とだけを写生した, 子供とちがつて, 子供とでも話すよう, 子供とばかり思つてんのね, 子供ともども出かけて, 子供とより思えなかった, 子供どうのこうのと, 子供どこへ行く, 子供ども寢でるだべ, 子供ども快哉と呼ぶ, 子供どんな風に, 子供なかったの, 子供なかなかその手伝い, 子供なかんずく下層階級の, 子供なく一九二七年同, 子供なぞがあると, 子供なぞに手も, 子供なぞを連れて, 子供なだもの, 子供などでもだれも, 子供ならきやつと, 子供ならずともたいてい, 子供ならではやらぬ, 子供ならびにその幼帝, 子供なら助かる所が, 子供なりと助けようと, 子供なりとて枕を, 子供なりにもそんな噂, 子供なる苔類が, 子供なんでも人間, 子供なんかがあるはず, 子供なんかじゃないん, 子供にかへる, 子供にかけては一般の, 子供にたいしては別に深い, 子供にだけなりと暖かい着物, 子供についての話は, 子供にとっての太陽であります, 子供にとっても成長力の, 子供にとて五つばかり, 子供になんか手綱を, 子供にねお前も, 子供にのみ注意と, 子供にはばあやの, 子供によつては, 子供に対してすらその愛し, 子供百姓させられ, 子供のうへにはふりませぬ, 子供のちゅうちゅうとメルチセデク夫人のちゅうちゅうとそれからメルチセデク君のちゅうちゅうと, 子供のばかりです, 子供のみに限らない, 子供のみの古めかしい屋根, 子供はがつ, 子供はどつちも, 子供ははァ背, 子供はようく眠つて, 子供はよけてもらったの, 子供はりくつをいっ, 子供はわつと泣き出し, 子供なれの, 子供ばかりじゃないよ, 子供ばかりというわけにも, 子供ばかりにはいやな, 子供ひいては全人民, 子供へなどと語られて, 子供へのみれんも, 子供ぽかった, 子供ぽくうけられたの, 子供また私にとっては, 子供または老親あれ, 子供まだ居る野分, 子供までは殺すまいに, 子供まる出しな, 子供みずから名乗って, 子供みんな連れて, 子供むしつては花, 子供が火箸, 子供めく思慕の, 子供めく疼きをもつた, 子供もちだと, 子供もって疲れ, 子供もったことが, 子供もっと放っといて, 子供もっともっとひどい, 子供もみめ美しゅう覚えました, 子供もも一人くらいはふえるだろう, 子供やなんぞがこの山, 子供やの群集が, 子供やりたしとか貰, 子供やを描いた上野山, 子供ゆえ何も分らず, 子供ゆえ諸事よろしくたのみます, 子供ような小さな, 子供よびもどしたい由, 子供らしいいきすぎた同情から, 子供らしいおびえた様で, 子供らしいきかん気の, 子供らしいさわぎで暮し, 子供らしいでは有りません, 子供らしいはにかみで美しく, 子供らしいはね上るような, 子供らしいへりくつ問答を, 子供らしいもったいぶりと同時に, 子供らしいよろこびを与えた, 子供らしい思い出し笑いを, 子供らしい曲がりくねった大きな字体, 子供らしい考へかたである, 子供らしい自惚れからその, 子供らしくいざとなったらかくかくのことをもうしのべろ, 子供らしくいって唇, 子供らしくおかまいなしに, 子供らしくかたまって着い, 子供らしくこすりながら, 子供らしくしゃべっていた, 子供らしくすねて見せた, 子供らしくとぼけ胸を, 子供らしくなくつて如何にも, 子供らしくなくすぐれた思考の, 子供らしくなりゐたり, 子供らしくねえんだろう, 子供らしくはしゃぎ出して歩き, 子供らしくむく犬の, 子供らしく取扱いそして彼, 子供らしく喜ぶことなども, 子供らしく喰ってかかっ, 子供らしく堪らなく喜んで一時間, 子供らしく尋ねて見, 子供らしく悦んでゐる, 子供らしく感ぜられたのである, 子供らしく挙げた例が, 子供らしく浮立って首, 子供らしく熱して詰め寄らん, 子供らしく甘えかかりたい気持に, 子供らしく考えては居りません, 子供らしく育ったお房, 子供らしく見えたりまたは, 子供らしく見えたからひょっとしたら, 子供らしく見る者の, 子供らしく言い合いながら無理, 子供らしく貰って飲んだら, 子供らそこに集まっ, 子供らそばで電車, 子供らはいちもくさん, 子供らまじめな単純, 子供らめ谷博士としめしあわし, 子供ら二人が墓場, 子供ら二人栄さん私井汲さん母子という顔ぶれ, 子供ら五人ズラッとハア, 子供ら同士がささやき合せた, 子供ら手橇そして尻尾, 子供ら涙が出る, 子供ら相手に暢気, 子供ら福の神と称し, 子供ら自身の身, 子供ら食物を携え, 子供わざと思えないの, 子供わたしにたのみました, 子供をかかへあげた, 子供をかへして, 子供をからかひながら, 子供をしか愛せず自分, 子供をずつと見廻して, 子供をだけ愛してる, 子供をと云うこと, 子供をのみ対象と, 子供をまで家の, 子供を以て跡目相続を, 子供を通して向ける情熱, 子供を通じての体験から, 子供アようじれって, 子供アシライにされよう, 子供オルガンを習, 子供カオルのこと, 子供ガ三人デ狭, 子供ガ心配シナイデモイヽオ前モウ, 子供ガ月々今ニオレ, 子供ガ餘計ナ, 子供サクラ子ちやんと, 子供ダーイー好き小野の旦那, 子供デーなぞが行われた, 子供ニモ隠シヨウガナカッタ, 子供ニ不意討チヲ喰ッテ泣カサレタコトガ未ダニ胸ニ残ッテイ, 子供ニ会エルノデ佐々木ニハ都合ガイヽノダガコチラハ颯子ガ何ト云ウカ聞イテ見ル必要ガアル, 子供ハ病室ヘ寄越スナッテ云ットイタノニ, 子供ビービー泣き大, 子供フランチェスコと連れ立っ, 子供フロ屋の三平, 子供許シ公用終リ役所ヨリ退, 子供一人きりだと, 子供一人づつ誘拐して, 子供一人ドウして, 子供一人其時が戸長様, 子供一人菓子も投げね, 子供一人身を固めさせよう, 子供一家四人で無理, 子供一年二年三年働く, 子供一般に對, 子供七ツ八ツの女の子, 子供三ツか四ツ, 子供三人おばあさんその他小さい家, 子供三人女中ノオ節ノ七人ガ軽井沢, 子供三人義妹義弟との生活, 子供三千名が隠れ, 子供三四人および菓子屋, 子供上がりであったのに, 子供下女丁稚五人連れにて過ぎゆく, 子供不良夫婦ドロと, 子供世界に遊戯化, 子供中心に過さなけれ, 子供乃至は真面目, 子供二三人と向, 子供二三十人が之, 子供二人ワッシャワッシャでは迚, 子供二人三人の母, 子供二人分なかなか手, 子供二人垣のもと, 子供二人姉妹たち皆一緒, 子供二人己が手一つ, 子供二人手伝い私だけ, 子供二百遍でも云う, 子供ふの, 子供云うもんは, 子供五人兄は十一歳, 子供五人家族ですから, 子供五人音を立てさせない, 子供と人, 子供付き合いが出来る, 子供以前玄鶴の家, 子供仲間小者の末, 子供任せというやり方, 子供伸びしは, 子供をし, 子供何故返辞を, 子供係りは致しません, 子供俳優を可愛がろう, 子供兄弟姉妹男女娘すべての者, 子供全体の一般平均, 子供っちゃ, 子供八人をちゃんと, 子供公園であるに, 子供をあげ, 子供て来よ, 子供出征兵士のお, 子供出来たり結婚, 子供出来てたのん, 子供に致しまし, 子供前垂掛けでスリッパ, 子供になる, 子供動物としてはグレートデン, 子供十三人これなら充分, 子供十人半が平常, 子供十歳になった, 子供千代子の妹, 子供博覧会の国防館, 子供即ちいづれも, 子供原稿用紙だ給仕, 子供又は良人を, 子供及びその兄, 子供取り戻しの経緯, 子供可愛いいアイスクリーム可愛いい, 子供合せて十二三人, 子供同じ制服姿の, 子供同士ッてどういう, 子供同士頭顱を並べ, 子供同志顔を見合せ, 子供同然である, 子供同盟国といへ, 子供名儀に書き変える, 子供の玩具, 子供向き短尺物なぞを作る, 子供向けの色物たくさん, 子供品売場から出, 子供哺育費を取る, 子供として次, 子供唐子をおもわせる, 子供四〇五人で一家族当り, 子供四人共丈夫だった, 子供固有の好奇心, 子供国有論が生れる, 子供声高やかに, 子供売場での須美子, 子供外套の裁断, 子供多く一杯には, 子供多勢ひきつれて, 子供多産の奨励, 子供夥多にエヽ, 子供將に, 子供大人玩具店の間, 子供大勢が手, 子供大商法家の子供, 子供大将に頭, 子供天皇の子供, 子供の子供, 子供女の子二人に小さな, 子供女中の五間, 子供女中親類の子供, 子供と他人, 子供威しと思った, 子供嫌いでややもすれば, 子供嫌ひなのを知つて, 子供子供どこへ行く, 子供子供二百遍でも云う, 子供子供何をし, 子供子供子供二百遍でも云う, 子供子供子供子供二百遍でも云う, 子供子守女親一軒の主人, 子供子守老婆幼児に対してはまったく, 子供学校教師学生のため, 子供から縁, 子供小さな借家, 子供少年あるいは大人, 子供の向う, 子供希望のない, 子供常会をする, 子供帽子がのっかっ, 子供年寄りから病人, 子供幾人あるを, 子供のこと, 子供弟子づれで仰向けに倒れ, 子供はどこ, 子供彼等自身彼等の家庭, 子供往來の人, 子供がしい, 子供思いだったので, 子供息子フアンテツクと娘バイイ, 子供悲鳴をあげ, 子供或いは自身も, 子供手当及び老人手当, 子供手当老人があれ, 子供の雨傘, 子供持った覚が, 子供持つてたのかや, 子供捨てて二階, 子供揃って一所, 子供握つてくれる, 子供教育のこと, 子供を拵える, 子供数五人とされ, 子供斜横に姿勢, 子供として之, 子供時代うちにはずいぶん, 子供時代のは長く, 子供時代無条件降伏をし, 子供時分のをと云っ, 子供時分ハダシにばかりなっ, 子供時分二人で意味, 子供時分本所深川あたりでは蛙, 子供服二着それに大人, 子供服部に属し, 子供の橋, 子供の小さい, 子供本然の素直さ, 子供で兎, 子供ている, 子供柿の木によじ, 子供槇君と角力とり花, 子供がお, 子供次第だよ, 子供欲しがって, 子供欲しくおありなさらない, 子供欺しだといっ, 子供歌うや夏, 子供正夫の世話, 子供正当でない子供, 子供正直の竹丸, 子供死んでしまった, 子供残らず召し捕る振遠隊, 子供を失う, 子供沁みてゐた, 子供沢山たかりいやはや, 子供出す蛍舟, 子供泣きやむ, 子供泣くだけ泣かせ, 子供智なお, 子供無き丸山さんは, 子供無事にそろっ, 子供無帽の老人, 子供無数の亡者, 子供の愛, 子供牛乳業トラストが市価つり上げ, 子供独得の変, 子供猫犬鶏も同様, 子供ます能力, 子供生まれたるがこれぞ, 子供生まんように, 子供生れて村中, 子供生れた場合に, 子供生れたらいきませんから, 子供生れるまで引き取られてる, 子供生んだりする, 子供生んだのかしら, 子供産み置けほと, 子供産んでみたい, 子供産婦病人等に愛好, 子供用のかぶと, 子供用毛布とフードつき, 子供と女, 子供男二人女一人をもう, 子供男達散歩して, 子供町家の子供, 子供百五十万人が学齢以前, 子供なあらゆる, 子供皆待ち待ちです, 子供目蒐けて投げつけた, 子供相伴うて物見遊山, 子供相応に如才, 子供相撲に弓, 子供研究社創刊の童話雑誌, 子供秋夫と和子, 子供科学とお伽噺, 子供程にも出来て, 子供程の丈しか, 子供程も大きさ, 子供積み過ぎてあわや, 子供みに, 子供笛同国北高来郡の古賀人形, 子供等これをお客さん, 子供等さへ高い, 子供等みな健やかに, 子供等ホテルグリルへ, 子供等一っつながり, 子供等下よりタヽ, 子供等二人と道づれ, 子供等五人を土藏, 子供等大勢で電車, 子供等抔は皆患者, 子供等群れあつまりて, 子供等茶の時刻, 子供等藁にて太き, 子供等蟹のやう, 子供等部落民の朝鮮人, 子供米屋の小僧, 子供三十名を, 子供のやう, 子供組勢ふよろしと, 子供絵本漫画の改革, 子供総動員ですからな, 子供緑地を知らぬ, 子供羽根をつい, 子供翌日まちかねて, 子供老人たちにとって安心, 子供老人手当夕食代これは所帯持ち, 子供を張り上げ, 子供育ては出来ません, 子供育てることが, 子供背負ってねんねこ, 子供自らが走つ, 子供自慢毛並から眼, 子供の先, 子供良人とともに来, 子供芝居一座続出し子供芝居繁昌, 子供芝居全盛時代を作っ, 子供芝居繁昌の一時代, 子供若い者として, 子供草花渦福の鉢, 子供を渡る, 子供だの籠, 子供衆方の咄, 子供衆月々の収入, 子供衆達がキャッキャッ, 子供行事の全く, 子供衣子だけひきとめ, 子供衣子トメカメ一同をズラリ, 子供衣裳屋に伴, 子供見たいだね, 子供見付けては近寄り, 子供誑しのよう, 子供誘拐に関しセーヌ・エ・オアーズ県, 子供つて絲を, 子供読ものの, 子供読物出版屋がけふ, 子供読物出版業者の出版態度, 子供読物取締に就い, 子供読物懇談会というの, 子供読物浄化方針は出版業者, 子供をし, 子供諸共踏み躙られそう, 子供諸共戸外にほうり出され, 子供赤ン坊の亡くなった, 子供足下を攫, 子供足弱に対して変, 子供踊れ踊れ踊りの, 子供身寄もなく, 子供輝かしい前途を, 子供農民の子供, 子供迄もなした仲, 子供返しに来る, 子供起きて, 子供連これをよびあつめ, 子供連さへが愛想, 子供遊べり日の, 子供遊場を中心, 子供遊女ども在郷へ逃げ行き, 子供達がいくらいつて, 子供達ここに沢山, 子供達それに青侍, 子供達みたいに小径, 子供達ガ来ルトウルサクナリマスカラ早イ方ガヨゴザンスヨ, 子供達ガ長イコト御厄介ニナリマシテ, 子供達ト一緒ニ近々軽井沢ニ行ク豫定, 子供達ニソウ呼バセルノハドウデショウカネ中ヲ取, 子供達モ大層元気ラシカッタネ, 子供達丈夫でいるの, 子供達三十余名が大八車, 子供達二人が縮こまつ, 子供達仲間じゃプリムロウズ, 子供達僕等の仲間, 子供達全部に適当, 子供達内ばかりの, 子供達各自の手, 子供達同士の, 子供達同様草臥れて, 子供達奉公人いづれも, 子供達奉公人いずれも疑わしい, 子供達用人の内儀, 子供達皆無事のよし, 子供達眉を吊りあげ, 子供達等が立ち並ん, 子供達言葉を換, 子供達里から歸つて來, 子供は初めて, 子供野球の監督, 子供集めて長き, 子供集りそれを以て, 子供震災京都の日活, 子供っ洟, 子供風情の些事, 子供飛びをり鳥のまね, 子供飼犬等村の土臭い, 子供養育の天職, 子供同然の, 子供のお母さん