青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「地面~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

地方~ ~地獄 地獄~ ~地球 地球~ 地理~ 地蔵~ ~地震 地震~ ~地面
地面~
~坂 坂~ 坊~ 坊さん~ ~坊主 坊主~ ~坐 坐~ ~坐っ 坐っ~

「地面~」 3761, 36ppm, 3221位

▼ 地面~ (1189, 31.6%)

32 落ちて 10 身を 8 置いて 7 つけて, 腰を, 落ちた 6 おろして, 倒れて, 手を, 立って, 膝を, 頭を 5 眼を, 足を 4 坐って, 寝て, 残って, 直角に, 腹を, 落して, 落ちる, 足が, 顔を, 鼻を

3 [24件] うずくまって, ころがって, しがみついて, しゃがんで, すわって, たおれて, ついて, つばを, とびおりました, へばりついて, 何か, 向けて, 唾を, 広い葉, 横たわって, 沿って, 生え, 穴が, 穴を, 立てて, 耳を, 腹ばいに, 茣蓙を, 降りて

2 [70件] うずくまったまま, おいたまま, おくと, おさえつけて, おちて, おとして, おとしました, おり立ちました, おろさなければ, こぼれて, ころがして, ころがりました, さして, さわりそう, したたり, すわつて, た, たくさん落ち, つ, なつて, のびて, はって, ひざまずいて, ひれふして, めり込んで, 一匹の, 下した, 両手を, 中って, 人間の, 倒れたまま, 刺して, 匐つた太い, 叩きつけた, 叩きつけて, 図を, 坐つて, 坐りこんで, 埋めたまま, 埋めて, 寝そべって, 寝ても, 小社あり, 座って, 廣い, 建てられて, 影を, 投げすてじれつたさ, 掘った穴, 接した部分, 敷いて, 横に, 生えて, 生きて, 突き挿して, 竹が, 腹這いに, 落した, 落したまま, 落す, 落ちました, 落として, 落る, 衝突し, 転がって, 転って, 近づくに, 達し道路, 金盞花や, 飛び降りた

1 [820件 抜粋] あぐらを, あけられて, あさくうずめ, あたるとき, あてて, ありありと, ある, あるもの, ある物, ある電気, ある黙々, いる, うずくまりはうよう, うずくまりました, うちつけたので, うち落とされ火, うつした途端, うつるの, うるおいが, おいた方, おきこれ, おきました, おさえつけられて, おちたまま, おちたクルミ, おちると, おとされて, おとしすっかり, おびただしく血, およいで, おりたちたくみ, おりたふたり, おりた鴉, おりること, おろしたほう, おろした先棒, おろしました, おろし巻きついて, おろし身, おろすその, お降り, かがんで, くい込んで, くっきりうつっ, くっきり二条, くつ, くつつい, くつ着いてる, くぼみが, くらいついても, こすりつけて, こぼれくぼんだところ, こぼれた魚, こぼれ落ちたでは, ころがった, ころがった骸骨男, ころがり落ちました秋, ころげ落ちた, さし付けて, さわらした, しがみついたまま, したたるという, しっかりく, しつかり足, して, しべ, しみ込み濾されて, しゃがみからだ, しゃがみ込み競技者二人, しゃがむの, しるされました, じかに並べ, じっと向け, すいこまれるよう, すぎないの, すべりおりたの, すべりおりました, すべり落ちた, すりつけるやう, すわったり, すわりつづけて, ずらりと並べた, ずり出した, そなえつけた釜, それなる, そんなもの, たくさん並べ, たたきつけたくわを, たたきつけたり, たたきつけました, たたきつけられた, たたきつけられて, たたきつけるよう, たたきつけ犠牲, たてならべて, たれるの, たれ自動車, ちらばすとか, ついた時, ついてる所, つかないばかりに, つきさした棒, つきさす, つきました, つくほど, つくまで, つく度, つけた尻, つける代り, つばき, つばき吐い, つもる雪, ところせまく, ところどころ草, とびおりると, どの蔓, なげつけました, なげ出されて, なって, ななめに, ならべられて, ねかされたとき, のぞいて, のっかって, のっかってるだけ, のびてるその, はきやがった, はなを, ばらまいた, ばらまかれました, ひきずって, ひっくり返って, ひとつも, ひれ伏して, ひろげて, ぴったりついてる, ふして, ふたが, ふりおとされて, ふれたかと, ふれるたび, ふれるほど, ぶっつかれば, ぶっ倒れた, ぶっ倒れる, ぶつかりトンネル, ぶつけそれ, ぶつつかつ, へたば, へたばった, へたばり, へばり着いて, べつたり, ほうりだされました, ほうりだしました, ほうりだすと, ぽっつり立った, まいおりました, まばらな, みちもっと, むかって, もぐってるに, もりあがって, やっととどいた, よこたわって, わり込もうとして, ウジャウジャと, クチャリと, ソッと, タイヤアを, チョークで, チリチリと, バラバラと, パッタリ倒れた, パラソルを, ポッツリ赤い, 一つ輪を, 一人の, 一杯落ちその, 一轉がりすれ, 三個の, 三十坪の, 下げる, 下りた, 下駄の, 不作法な, 並べられて, 二十あまりの, 二棟四軒の, 人形の, 伏した, 伏したまま, 伏し苦し, 伏せ両手, 伸ばされてる綱, 伸びた, 伸びてるもの, 低くまた, 何物か, 使へる, 俯臥した, 倒れたが, 倒れた有様, 倒れると, 光つてゐました, 其聚落の, 出た窓, 出て, 出ます, 出来た大きな, 匍いまわり, 匐い出してる, 南洋の, 印して, 卸す音, 反射し, 取り落しそう, 叩きつけずにはを, 叩きつけました, 叩きつけられたの, 叩きつける様, 叩きつけ瓶, 向かって, 向け眼, 向こうて, 吸い着いたよう, 吸い附けて, 吸はれました, 吸込まれて, 喰い込むよう, 喰っつけて, 噛り付いた, 四つの, 四ツ這い, 四基だけ, 四角な, 土下座し, 地図を, 坐った儘, 坐りまた, 坐るの, 垂れ, 垂れその, 埋ってるん, 埋ってる筈, 堆高く積んだ, 境界の, 多く人が, 大きな穴, 大きな足あと, 大半の, 妙な, 孔を, 実にも, 寝かせあなた, 寝せて, 寝転んで, 寢なけれ, 射すうつ, 小さな穴, 小さな銀色, 尻を, 居くずれたまま, 居候と, 屈み込んだり, 屈んで, 届いた拍子, 届く尺数, 崩れるの, 平ったくなる, 平伏すやう, 平行しつづけ, 幾つも, 延び上る, 建って, 引きずって, 引きずつて, 引きずらないよう, 引きずり倒して, 引き下し鷹匠, 引っ掻き痕, 引摺る, 引擦った, 当たり反射, 当りはじかれて, 慣れない水夫達, 所々わくら葉が, 打ちつけたり, 打ち捨てました, 打付けさせた, 投げいだす百姓, 投げすてて, 投げだした, 投げつけられて, 投げつけると, 投げ出され乍ら, 投げ出すと, 投げ捨てました, 投げ飛ばされました, 投棄てられた金口, 抛りつけて, 押しつけた花田, 押しつけられたよう, 押し伏せ, 招き状, 指で, 挿しこんで, 据えて, 掘つた深い, 接して, 接してさえ, 撒かれて, 放っぽ, 放り出して, 散らかって, 散らばった紅葉, 散らばって, 散らばり出て, 散乱し, 敷いたわたし, 文字を, 日光が, 曳きずって, 書いたこと, 書いたしるし, 書いては, 杖を, 杭が, 板が, 根が, 桜姫の, 横たえて, 横たわった, 横たわってる真黒, 横わった, 正枝, 死んで, 殴りたおした, 母屋について, 毛氈を, 水で, 水田を, 沈んで, 没しました, 沢山ちらばっ, 泌入る, 波を, 泣き崩れた, 浮き出て, 浸み, 深い底, 深い空虚, 深い跡, 湧いて, 潜り穴, 激突する, 熊笹が, 片膝, 生えるやう, 白く凝結, 白く牛乳, 目にも, 直ぐに, 直径二尺程の, 相違ない, 眸を, 着く, 着ける事, 石や, 石油が, 磨り付けて, 移し植えて, 積った, 突きささってから, 突き差して, 突き立てると, 突くべきもの, 突っこんで, 突っ張って, 突つ, 突伏し, 立ちました, 立ち並んでる周囲, 立つこと, 立つの, 立てたやう, 立て上, 立て石, 立て足もと, 筋を, 筵を, 粘り着いて, 組み立てて, 線を, 繩が, 置いた, 置いた時, 置いては, 置かれたウィスキイ, 置かれると, 置かれ角, 置き髪, 置くこと, 美しく落ち, 背を, 胡座を, 腹這いながら, 腹這つて顔が, 自分の, 舞い落ちて, 色々の, 花びらを, 草に, 草花を, 落し口, 落ちかかりました, 落ちきらないうち, 落ちたその, 落ちたとき, 落ちたなどという, 落ちたり, 落ちた花, 落ちてまで, 落ちないの, 落ちるくらいの, 落ちると, 落ちるよう, 落ちるわけ, 落ち布, 落とした, 葬るもの, 蓆を, 薄い影, 虎斑を, 蟻地獄が, 血が, 製材所が, 視線を, 触るるや, 触れるの, 設けられた輪投遊び, 財布の, 起きる事, 趺坐し, 跳び下りると, 踏みにじりの, 踏ん張り受刑者, 踞んだり, 蹲まっ, 蹲まり咳一つしなかった, 蹲りたがつた, 蹴たおされた, 車輪が, 転がされました, 転がり落ちたら木の根下, 転げて, 転ったら, 近いところ, 近い所, 近くたれ, 近くなった, 近く著しく, 近づいて, 近づく, 近づけたまま, 逃げられ置いてきぼり, 這いつくばった, 這い付く程, 這ひ屈んだ, 這ひ屈んでしまつた, 這入った彼, 過ぎません薄田十五頃, 達しまする, 達せぬうち, 重吉は, 釘付けに, 銀毛を, 銀色の, 長くなった, 降らせながら, 降りつもった雪, 降り懐中電燈, 降り河, 降ろした, 降下沈積し, 雑草や, 雪は, 青竹を, 響きを, 頭が, 風呂敷包みを, 飛びおりた, 飛びおりるひょうしに四五人の, 飛んで, 飛下りざま, 食い入って, 飲ませて, 鳴る音, 黒シャツを, 鼠色の

▼ 地面~ (633, 16.8%)

9 掘って 8 はって 7 見つめて 6 見て, 買って 5 はうよう, 踏んで 4 た, 見た, 見ながら, 這って

3 [14件] さぐりながら, はなれて, 借りて, 叩いたり, 叩きながら, 平らに, 持って, 歩いて, 照らしながら, 自分の, 見たり, 見詰めながら, 蹴って, 蹴つて

2 [47件] あちこち眺め, かぎながら, さがして, しらべて, すかして, たたいて, てらして, どん, どんどん踏みました, ばたばた踏み, ドシンと, 下から, 分譲しよう, 匍って, 匐う, 匐ってる, 叩いた, 嗅ぐよう, 塞げて, 左右に, 打った, 打っただけ, 打って, 掘つくり, 掘る時, 掻いて, 数量で, 歩いたり, 求めて, 濡らして, 照し, 照らして, 覆って, 見つめた, 見つめながら, 見ること, 貰って, 買いつぶして, 賣て, 走って, 足で, 踏みしめながら, 踏み鳴らしながら, 蹴散らして, 這うよう, 選んで, 開墾する

1 [435件] あたためユラユラ, あちこちと, あなたが, あるいて, あるき巡った, いちばん最初に, いつまでも, うちそれ, うろうろと, おおい道ばた, おおう, おたたき, お吉, お求め, かがせましたが, かき廻した, かぐよう, かすめ去った, かって家を, くまなく, くんくんかぎ回っ, ぐらぐら云, ぐらぐら云わせ, こするよう, ころがって, ごつん, ごらんください, ごろごろまろびながら, さがしながら, さがしはじめました, さがしました, さぐりさぐり藁鳰, しきりにあし, しきりに蹴っ, しばらくにらん, しばらく足, しらべ楡, じいっと見つめ, じっと見おろし, じっと見つめ, すこしと, ずしんずしんと, せせくって, その影, そんなみぞ, たくさん買った, たたいた, たたきつける, たたきました, たたくコツコツ, だすこと, つかんだ, つき固めて, つき堅め, つくったばかり, つたわって, つっついた, つっついて, つつきまわしては, てらしながら, とりくずしたところ以外, とんとんと, どうしてここら, どう利用, ながめあたかも, なでると, なめた, なめるよう, ならして, ならす響, なんぼ自分, ぬくこと, のぞいて, のたうって, はいあるいは, はいずって, はいながら, はいまわったからと, はなれ出し, はらって, ひきずって, ひきずられて, ひきずる, ひきづら, ひっかいたり, ひっかきしっぽ, ひっかき廻した, ひと月も, ふんで, まるでほんとう, みしみし云, みつめ声, みつめ濡れて, みながら, みまわして, むだに, もつて, もらって, ゆすり, ゆびさしました, よく見る, わしに, コツコツつく, コツコツ蹴り, コロコロころがっ, ゴロゴロころがりまわっ, ジリジリと, ジリジリ焼い, ステッキで, ズルズル引きずられ, ノコ, ノタウツのを, 一帯に, 一打ち打ちました, 一晩中棒切れで, 一筋細長く, 一蹴りし, 三階五階に, 下に, 下りかけると, 与えて, 与えられたからと, 両脚は, 乾かし季節, 事務所の, 二万坪ばかり, 二三度強く, 人の, 人手に, 仕切って, 仕切つた猫の, 低く吹い, 俺にかへ, 借り受けた, 借り受けるのに, 働い歩くこと, 克明に, 凝視し, 出すつもり, 切り開くの, 列を, 別荘地として, 利用し, 刺し塩水, 刻みながら, 刻んで, 削って, 力一杯蹴つた, 勝手には, 包んで, 匍い歩い, 匍ふ, 匐い廻った, 十層倍も, 卜し, 去ること四十メートル, 去る約, 取り周囲, 取り込んで, 取込んで, 叩いたの, 叩いて, 叩きそれ, 叩きまわる子供遊び, 叩き極めて, 叩く, 叩く恰好, 叩く日, 叩く道具, 叮嚀に, 合して, 嗅いだり, 嗅いで, 嗅ぎまわした, 嗅ぎまわって, 嗅ぎまわり, 嗅ぎ廻ったもの, 嗅ぎ廻りました, 嗅ぐや, 嗅ぐやう, 嘗めまわして, 噛みジリリジリリ, 四尺計り堀り, 四角に, 地ならしし, 均して, 埋ずめ, 埋めて, 売るには, 売れば, 女き, 家の, 対手の, 少しばかり, 少し掘つ, 少し掘り下げる, 山脈河川湖沼等の, 平にし, 幾区画か, 広く取, 延びつ縮みつ, 廻りだした, 引きずって, 引きずつ, 引きずられて, 引ずる荒繩, 引っ掻いた, 引っ掻いたもの, 強くたたきました, 強くつき, 形成する, 彼等は, 得て, 恋しがる, 悪くし, 惜しまれて, 戦場に, 所有し, 打ちますと, 打ちまわる, 打ち樹, 打つたもの, 打つて, 打つと, 打つ時, 打叩き, 抉り取るよう, 抱きかかえるよう, 抵当に, 押して, 押し上げて, 持ち節期時, 指さした, 指した, 指差し, 振り照らすと, 捜して, 捜し空, 掃いた, 掘りおこしふたり, 掘りかえしつづけた, 掘りかえしやがておずおず, 掘りさげた土窖, 掘りさげて, 掘り上げて, 掘り下げた, 掘り忽ち, 掘り起して, 掘り返して, 掘るよう, 掠めて, 掠めるよう, 掠め過ぎる, 探しても, 探しはじめました, 探って, 探り探り並み木の間, 探るの, 探るやう, 探るよう, 掻きさ, 掻きむしる様, 掻き首, 掻く重たい, 揺がして, 揺すぶって, 揺らがして, 揺る, 搏き, 搗くと, 摩って, 支える鉄筋コンクリート, 改めしに, 改めたりなど, 改めて仔細, 明るく照らし, 明るめ彼女, 書入にて, 有ちまし, 染めたの, 染めて, 柳原岩井町に, 棒切の, 検べ, 検べた, 横へ, 横切り駿河守, 歩いたの, 歩かせて, 歩き廻った, 歩くとき, 残して, 汚した, 注意し, 流る, 流れる空気, 淡墨, 温めること, 湿おすこと, 潰さぬよう, 火の, 無代価, 照らしましたが, 熱心に, 爪先で, 監督し, 眺めたって, 眺めたり, 眺めて, 眺めるとも, 破って, 破つて上, 私に, 空しく明け, 穿って, 突いて, 突きますと, 突っついた, 突つい, 突破し, 突破つて勢力の, 窪めて, 絶えず徐々に高め, 經て, 緩慢な, 縦横に, 耕して, 耕し始めた, 耕す人, 耕す必要, 背に, 脊に, 自分で, 舐めるほど, 荒し人, 荒らし人, 落ち付かせて, 蔽ったつめたい, 蔽っては, 蜘蛛の, 蠢動する, 被うて, 覆った雪, 見おろした, 見たけれども, 見つけて, 見つめたが, 見つめたまま, 見つめました, 見とめた, 見まもった, 見よ, 見るが, 見ると, 見下した, 見下ろしたが, 見乍ら何, 見詰めたまま返事, 見詰めて, 視詰め, 覗くと, 触って, 調べながら, 譲って, 貫いた網島, 貫いて, 貰ったつもり, 貰つた積で, 買いこんで, 買いとって, 買います, 買い入れその, 買い潰すこと, 買う店, 買ったという, 買ったの, 買て, 買ひ, 買わぬかの, 買われたの, 買取ったり, 走った, 走るの, 起して, 踏まずに, 踏みしめて, 踏みたがって, 踏みつけゆく力, 踏みはずして, 踏み固めた場所, 踏み鳴らしました, 踏むやう, 踏むよう, 踏めば, 踏んだ, 踏んだまま, 踏んだ感じ, 踏鳴らし, 蹄で, 蹴った, 蹴つたところ, 蹴り出した, 蹴り死物狂い, 蹴るよう, 転がって, 転げまわったり, 返して, 這いまわる, 這い且つ, 這い出して, 這い鷺, 這う昆虫, 這う様, 這った一郎, 這ふ, 這わずには, 這わなければ, 進んで, 長く占領, 長靴で, 間違えるよう, 附けて, 隠した瓜畑, 隱した, 離れて, 離れると, 離れる眼眦, 震動させ, 領有する, 願ひ出した, 飾り給へ, 養鶏場に, 馳る, 高い踵, 高めること

▼ 地面~ (549, 14.6%)

98 上に 40 上へ 28 上を 16 中に 14 下の 13 下に 10 上の 9 上で, 下を 8 下へ 7 上から 6 下で, 底から 5 上には, 下から, 中へ 4 底の, 間に 3 なかに, なかへ, 一所へ

2 [17件] うえに, うちでは, ところどころから, ように, 中から, 中の, 低い場末, 回顧から, 土が, 底に, 御蔭で, 挨を, 方が, 方へ, 現れて, 草を, 雪に

1 [219件] あちこちに, あとに, あとを, ありふれた砂, ある場所, ある間, いちじるしく高まった, うちの, うねりが, くぼみに, くぼみのみが, ことああ, しっかりした, しめったの, しめやかな, それに, つつじの, つばきひた, できたもの, でこぼこに, ところまで, ない所, ない飛ぶ, なかを, においを, ひと所を, ひびき, ふところに, ほうを, ほかは, ほそびき, みえるところ, むしろが, むしろの, もとの, もの, やうだ, ようだ, アスファルトの, オモチャとを, ドン底の, 一つを, 一所が, 一所を, 一点を, 一箇所そこに, 上が, 上じゃ, 上でございました, 上でさえ, 上での, 上なら, 上にの, 上にまで, 上にも, 上ばかり, 上または, 上まで, 上や, 下が, 下では, 下などの, 下なら, 下は, 下何百尺くらいな, 不経済, 不適当, 中か, 中じゃあ, 中でしつかり, 中でも, 中にも, 中へでも, 中を, 中途に, 主は, 乾き具合が, 亀裂に, 事が, 二十四ヶ所も, 他の, 代りに, 代金が, 低い根津, 何とも, 余裕が, 価格や, 側に, 傾斜によりて, 僅な, 先は, 光を, 光景は, 内部に, 冷えが, 凍ってるの, 凹凸を, 前には, 割れ目に, 匂いと, 十メートルほど, 原子が, 向うには, 固いところ, 土の, 土は, 土下から, 坪数や, 埃が, 外へ, 外套, 奥で, 奴寝込みを, 小枝, 工夫が, 帯を, 平な, 広いの, 広さ, 床のうへに, 底にも, 底へ, 底まで, 廿四ヶ所も, 弾力が, 形にも, 影が, 悪条件の, 惡るいのを, 授受は, 文字の, 方を, 曲りが, 有様が, 朽葉の, 柔かい部分, 棘さへ, 様子が, 様子や, 模様が, 權利を, 此の, 段に, 水分が, 水域が, 水気を, 水準測量を, 汚物を, 泥に, 涯は, 深い底, 温度が, 温度を, 湿け, 湿っぽい香, 片端を, 瓶の, 瘟気の, 発音の, 登録を, 白い唾, 白く乾いた, 皮の, 皮膚の, 目立って, 直が, 直ぐ上に, 直ぐ上に迄, 直線的な, 真下には, 真中に, 真白さ, 砂と, 砂粒まで, 私有も, 穴から, 穴ぐらへ, 穴の, 穴へ, 空気が, 空白を, 立派な, 竹垣との, 粒は, 絵模様に, 緑が, 緑色が, 耕作では, 腹の, 良いの, 色さえ, 色の, 色は, 草の, 蒼ざめた顔が, 蓆上に, 表面だけの, 表面に, 視界の, 諸所, 費えだ, 赤い円い紙キレ, 起伏し, 起伏を, 足跡とは, 近くまで, 道化師たちの, 適当な, 長いせまい直線, 陰ひなたを, 隅々まで, 雪が, 雪の, 雪は, 雪も, 電気は, 露れ, 首を, 高低で

▼ 地面~ (279, 7.4%)

9 落ちて 6 膝を 5 坐って 3 唾を, 手を, 押し付けた, 耳を, 身を, 顔を

2 [14件] しゃがみこんだ, つばした, つばを, ぶつ倒れ, ほうり出して, ジカに, 何か, 叩きつけた, 向けて, 繋がれて, 腹這いに, 落ちたの, 降りて, 顔の

1 [213件] あたりや, うつっぶせに, うつむけて, おっこっ, おっつけ腹這い, おりたはず, おろして, おろしました, おろすと, お八重, お捨てなさい, かがみこむと, かけて, くずおれて, くずれようと, くっ付けたまま, ぐい, ぐいぐいおしつけた, ぐしやつ, こぼれて, ころがして, ころがし落した, ころがって, さしつけると, さして, ずりおとすと, その手, それ等の, たたきつけたよう, たたきつけて, たたきつけられるほか, たたきつけ自分, ちょっと曲がっ, つくと, つくほども, とおりました, とびおりそのまま, とびおりたもの, とびおりました, とびおり一軒, とび下りたもの, とぶの, どつかり坐, はね上りました, はまり込みました, はめこんだ石, ばったり倒れた, ふり撒いた, ぶちまけなされ, へたばって, へたばりそう, べったり膝, ぺっぺっと唾を, ぼんやりと, もぐり込んで, ドシンと, ヒラリと, ピッタリひれ伏した, ペッタリと, ポッカリと, 一個の, 上る道, 下り立つと, 両手を, 付けた, 仰向きに, 伏し沈みやがて, 伏し沈もうと, 低く跼んだ, 体を, 俯伏すんだ, 俯向けに, 倒したの, 倒れた, 倒れるところ, 円を, 出すだろう, 出たこと, 出られるかも, 出来た, 割り込んだ, 口を, 叩きおとした, 叩きつけられたため, 叩きつけられた気持, 叩きつけられて, 叩きつけられる, 叩きつけると, 吐く, 向いて, 否応なしに方角, 吸ひこまれる, 喰いこみ顔面, 坐った, 坐つて, 坐はり, 坐りこんで, 坐りバカ, 坐り手を, 坐ると, 垂れ下がって, 塩を, 墜ち身体, 墜落し, 大きく文字, 大きな音, 子供を, 家を, 寝ころんで, 寝転がって, 寢轉んで, 小さい穴, 屈んで, 届かない以前, 崩れて, 平伏しよう, 建てること, 引いた針金, 引かれて, 引きずりおろしながら, 引き着けられた勢, 引張って, 思わず膝つき, 打つけ, 抑えつけた儘, 投げすてた, 投げだされたの, 投げられる板, 投げる, 投げ捨てる事, 抛り出されて, 押しあてたの, 押しつけたの, 持つて, 捨てられたよう, 掘っ立てに, 掩いかぶさっ, 擦りつけるやう, 散り敷いた美しい, 散り落ちた後蟻, 敷いた上, 敷いた手拭, 敷いて, 敷き腰, 文字を, 新しい苗, 新らしい, 書いて, 横に, 横倒しに, 水銀の, 狙いを, 獅噛み付い, 畫かう, 着いたので, 着かないうち, 着くと, 移された, 移すと, 穴を, 突きおろした, 突き例によって, 突立てた, 竦んで, 筋を, 総檜二階建, 置いて, 置くと, 腰を, 腹ばったもの, 腹這った, 苗を, 英雄の, 茶を, 落ちそう, 落ちた, 落ちたならば, 落ちたもの, 落ちついた枯葉, 落ちました, 落ちる, 落ちると, 落ちるの, 落ちる雨滴, 落っこッ, 落としたまま, 落とす, 落る, 蓆を, 薄ベリ, 転げ落ちた, 転げ落ちて, 転ぶと, 転倒した, 軽く飛び下り, 辷り降りて, 近づけた, 這い這いに, 這った長い, 這って, 達して, 釘づけ, 降りた, 降りなくても, 降り立つと, 雪の, 飛び下りるつもり, 飛び退けるほどの, 飛び降りた, 飛び降りると, 鼻を, 鼻面を, 龕燈の

▼ 地面~ (222, 5.9%)

3 あって, ずり落ちたよう, 乾いて

2 [12件] ある, だだ広く, ぱっとわれ, また大きく, 今は, 傾斜に, 凍って, 揺れて, 揺れる, 消えて, 雪で, 顔を

1 [189件] あけて, あった, あつて, あらわれて, ありそこ, ありながら, ありませんから, あり棕櫚, あるか, あるきり, あるよう, ある道, あれほど, あんなに動く, いい気持, うごいた, うしろへ, おぼろげに, お前飛ん, かわききって, くずれた, ぐらぐらうごく, ぐらぐらぐら, しっとりと, じめじめし, すっかりかわい, すっかり雑草, ずっと他, ずり落ちた様, ずんずんふくれる, そのま, そのままか, その耕した, その重み, それによって, ただそこ, つかえて, つきて, つき泥濘, どういう場合, どうして自分, どんどん下, ないという, なかった, なくなった, なくなりそこ, なって, ななめに, なんだかモゾモゾと, ひどくふみしだかれ, ひどく濘, ひろくなった, ふるえるもん, べた一面に, ぼんやり匂, またウジャウジャ, みるみるながれめぐっ, むくむく持ち上がる, ゆれた, ようやく熱せられ, バリバリ砕け, パッと, ムクムクと, ユラユラと, 一そうふらふら, 一圓二圓にな, 一尺二尺も, 一段高く, 三万坪から, 久松家の, 乾いてるんで, 亀裂し, 二年も, 五六度激しく, 亡くなって, 亡くなると, 人間の, 低くなっ, 低く空気, 余程高い, 僅か一處, 其処許り, 出た, 出て, 切符売場や, 剣で, 割れたよう, 割れて, 加奈子の, 動くと, 動くよう, 動く事, 千六百町も, 受くる, 古いたしか, 四角く開い, 四角形を, 固くなっ, 地震の, 売れたそう, 変った気, 大きく裂け, 大きな一本, 大きな文字, 大地が, 存在する, 安ければ, 少し盛り上っ, 崩れ落ちたり, 平な, 平らに, 幾つもの, 引きめくったよう, 引つくり, 忽ち野, 恐ろしく高く, 持ち上ったんで, 掘れるもの, 掛けて, 揺れだすよう, 揺れるから, 揺れるの, 撓うの, 斜に, 斜めに, 断続し, 新たに, 時々震へる, 暗いかげ, 曲つてゐる, 更地と, 最も美しい, 朱色に, 果てしも, 柔いのでしょう, 柔らかいとか, 柔らかくなり, 欲しくなる, 残って, 波にでも, 波の, 海面よりも, 滑かに, 濡れたという, 濡れる, 無感覚な, 熱くて, 狭いヨ, 現われたが, 畠だ, 白く光, 白く凍っ, 白く見え, 皆桑畑, 石油の, 空しくなる, 突然なくなっ, 絶えずジメジメし, 綺麗過ぎる, 自分の, 茫と, 草と, 蔽われ踏む足ごと, 融けて, 裂けようが, 要る, 見えた, 見えるよう, 見るみる眼下, 見わけられるよう, 豊かで, 買えるほどの, 足の, 足りなくなって, 踏みに, 近頃兄弟達, 逆に, 遠くまで, 鐘の, 陥落し, 震へて, 震へる程, 霜を, 露出し, 非常に, 風に, 高いと, 高い壁, 高く見える

▼ 地面~ (184, 4.9%)

2 [11件] いつも湿っ, ぎらぎら光っ, しっとりと, 光つてゐ, 妙に, 平坦で, 影に, 歩行かれません, 湿って, 胸を, 踏み荒され藪

1 [162件] あたかも霜壊, あちこちと, ある種, いたってかたく, いと廣, おしの, かきとって, かたくて, かなり広い, がりがり鳴りました, くずれ石畳, くらくらし, ぐらぐらと, こおって, この屋敷廻り, ごく麗わしい, じめじめし, すっかり乾き, すっかり凍っ, すっかり堅く, すつかり, すでに赤黒, そこに, そのどしゃ降り, それを, それ丈多量だ, そんなに尨大, だん, でこぼこし, とてもこまかい, なぜ落こ, なにか玻璃, ねえ所, はげしくぐらぐら, ひどく踏みにじられ, ぽつちりでようござん, まだしっとりし, まだどろどろ, まっ赤, まるっきり平ら, まるで青黒い長い, みなコンクリートで, もう三つ, もう白く, もう相当色, もとからの, やはり酒屋, 一体の, 一尺ほどの, 一度に, 一度も, 一様に, 一面に, 一面の, 三角, 久さんの, 之等の, 乾いた灰, 乾いて, 乾き加減で, 二〇〇万ヘクターに, 二町歩ほど, 五百二十坪とか, 人間の, 今でも, 他の, 借りて, 元と, 元の, 全部で, 六甲山から, 冬の, 冷く, 凍って, 凍てついてるらしい, 到るところ, 割れて, 十三ヶ所も, 半ば乾い, 只今の, 四季を通じて, 固って, 固つて, 堅く足がかり, 壁や, 天気つづきで, 子供の, 実に魅力, 寧ろやす, 小石交り, 尚も尚も私, 平に, 平らかに, 平らで, 平らに, 平地より, 広い, 底知れない, 庭の, 強く踏みつけられ, 心地よく乾い, 明るかった, 昔京極家の, 暗いので, 曾て, 来世の, 東隣り, 柔らかで, 案外柔かく, 極めて深く, 次第に湿気, 歩むと, 毛利邸の, 洗われて, 浅草茅町の, 浴び飲んだ水, 湯気を, 湿気がちだった, 湿気を, 燃えるやう, 物の, 現われて, 白い雪, 皆で, 皆壁に, 皮が, 益々固く, 真赤に, 石の, 石山氏外一人の, 砂地で, 砕けた瓦, 確かに, 私の, 笹で, 絶えず揺れ, 絶えず白い, 至る所発掘, 苔で, 若々しく人間, 草に, 荒海の, 菜園より, 落こちなけれ, 表が, 裂け目が, 譲られぬという, 買主の, 踏み荒されて, 踏み荒らされ格闘, 近所の, 金色の, 銃弾も, 間近かに, 降ったばかりの, 陸地が, 雨まじり, 雪や, 霜で, 霜どけの, 黒, 黒くなり

▼ 地面から~ (175, 4.7%)

2 せり上っ, わきだして, 一メートルぐらい, 女房子供まで, 浮くよう, 蒸発する, 起き上って, 離して

1 [159件] あがって, あげるたび, いきなりに, おどり上がった雪, して, しめりけという, すぐにおつ, すつと, そそけ立ったよう, たちのぼるの, だきあげようと, とびつくこと, とび上った話, どしんと, のびあがって, はいだしたところ, はえぬいた岩, はじめたの, ひき起こし, ひらりと, ほこりが, また水面, もち上げた, やや高い, よほど深い, わき出して, わき出たよう, キョトンと, スルスルと, ニョキニョキと, バッバッと, ワーッという, 一フィートの, 一フィートばかりの, 一メートルぐらいの, 一メートルぐらゐのぼると横に, 一メートルばかりの, 一二寸の, 一尺ほどの, 一続きの, 丁度飛行船, 七八メートルの, 七八本の, 丈の, 三四フィートの, 三四尺ほか上っ, 三四尺ほどの, 三尺ほどの, 三尺上った, 上って, 上の, 上へ, 上へと, 二フィートばかりの, 二フィート十二インチばかりに, 二メートルほどの, 二丈ほどの, 二三フィートの, 二十呎と, 二階の, 五フィートとして, 五メートルほどの, 五六階の, 五寸出る, 五尺ばかりの, 何か, 何かを, 何尺も, 八尺の, 公孫樹は, 六フィートの, 冷, 出て, 出るの, 匐い出し, 十五メートルも, 半分しか, 半分ほど, 吸い上げられる水蒸気, 吹き揚げられたらしい, 和やかに, 四米ぐらいの, 地下へ, 多量の, 天上に, 太陽は, 小一尺, 屋根まで, 岩山の, 建物の, 引き上げられるの, 引き剥す霜, 弾け飛んで, 思いついて, 或る, 手を, 拾い上げた巻紙, 拾って, 拾つ, 持ち上げること, 持ち上ったあけっぱなし, 杖を, 水の, 水蒸気が, 浮かぶの, 浮きあがり, 浮き上る, 浮き出たよう, 清水が, 測って, 湧いて, 湧き出たよう, 湧き出た滋味そのもの, 湧き出て, 湿気が, 生えたよう, 生えた大木, 生えひとりでに, 瘤の, 直に舞い, 私の, 空中へ, 立ちの, 立ちチラチラ, 立ち昇って, 立麝香草を, 脚を, 舞いあがったと, 花だけ, 苗の, 草の, 裾の, 見上げるの, 足を, 跳ね上る護謨球, 跳り出し, 踵を, 這い上がって, 這い上って, 遠いに, 長閑な, 離されること, 離すこと丈, 離す脚, 離れて, 雲までの, 露出し, 静, 非常に, 頭を, 顔だけ, 顔を, 飛びあがるこつをのみこんでしまったのでした, 飛び上る, 飛び出した幽霊, 飛び出して, 首だけ, 首の, 首を

▼ 地面には~ (77, 2.0%)

5 なんの 2 なにか重い, タトウ紙の, 白や, 雑草が

1 [64件] いっぱい銭苔, すっかり煉瓦, するどい目, たしかになに, たしかに血, づむ, でこぼこが, ところどころ思い, とどかず中途, どこにも, ほんとうの, まだ昨日, まっ黒な, もう塵一つ, やがて薩摩芋, バラッと, ワラや, 一本も, 一杯苔, 一面に, 丁度雨の, 不良青年が, 井然たる, 例の, 別に足跡, 加害者と, 四十面相のと, 土埃り, 多少の, 夜露の, 夥しい血潮, 大きな穴, 大きな鉄, 姿も, 小枝, 小枝一本, 引き摺ったらしい跡, 梅の, 梢の, 毛虫の, 水が, 海岸から, 白黄青の, 石ころが, 笹木と, 粗毛の, 羊歯科の, 美しく色, 自分の, 芝生が, 落葉が, 落葉積り雑草生い茂り, 葉が, 葉の, 蒼く苔, 蓙が, 薄氷が, 赤い水溜り, 赤黒い茨, 霜が, 青い光, 青苔が, 馬盥だ, 麦畑らしい

▼ 地面~ (68, 1.8%)

10 すれすれに 3 すれすれの, 居宅が 2 同じ様, 水平に, 野菜

1 [46件] おなじ高, こんがらかって, すれすれで, すれすれな, ほとんどすれすれ, ギラギラした, 一棟の, 一緒に, 両方からの, 云う地面, 云ふも, 井戸が, 人間とが, 區別が, 同じ高, 同一の, 君の, 坑道のかべ, 外光と, 家とが, 家とを, 家を, 家作は, 家作を, 少しも, 居宅の, 居宅は, 平らな, 平行線に, 思う所, 感じたの, 擦れ擦れに, 明るい陽光, 水との, 泥や, 海も, 睥みっ, 睨めっこ, 知つ, 空氣と, 糸との, 緑の, 葉との, 表通りに, 野菜閻魔の, 隣の

▼ 地面~ (47, 1.2%)

2 ない, 家作も

1 [43件] ありますこと, いちめん朱金色に, しっとりと, すっかり隠れ, つばき, なく羽, なく自分, ひっそりと, まっ白であった, ゆれて, 三分の一ほかない, 三十年来高まっ, 下さいよ, 予定の, 今は, 入用ん, 凹凸が, 含めて, 天と, 微塵も, 心得て, 必要が, 手離し, 持て相應, 持居, 数日前から, 残って, 残っては, 湿れたやう, 皆な, 真白に, 真赤に, 空も, 空中も, 縁の, 見えず何一つ, 見えないほど, 見わたすかぎり雪, 触って, 財産なり, 賣拂, 身も, 鹿の

▼ 地面~ (25, 0.7%)

4 もみ消し残り

1 [21件] あつた, あつたらしい, しげみの, そこには, へだてられたので, 一つはずんだ, 一人で, 二度と貴様, 二階壁には, 固より, 土気の, 子供たちが, 寝て, 炊事を, 片隅には, 直かに, 私が, 草取りを, 見つけた古い, 足踏みした, 飲料水の

▼ 地面まで~ (24, 0.6%)

2 騰って

1 [22件] こぼれて, すべりおりて, たれ下がって, つ, とどきました, とどきませんでした, とどくだろう, とどく長い, 一杯に, 十五メートルも, 叩きつけて, 吊下ろしました, 垂れて, 届くよう, 幅の, 引きずる位, 押しつぶして, 来るには, 板張りが, 買って, 錘の, 頭を

▼ 地面~ (24, 0.6%)

3 家作を 2 くさむら

1 [19件] いじけた枝ぶり, ごみの, なんかは, 家を, 家作などの, 家作なんぞの, 家作なんて, 屋根から, 山腹から, 岩を, 木なんぞ, 樹木や, 物佗びしい寒い, 白い屋根, 石垣の, 草むらに, 草木の, 草木を, 道なぞを

▼ 地面にも~ (13, 0.3%)

2 木の

1 [11件] たべられるよう, ちからいっぱい日光, また家屋, バラバラと, 下駄の, 感じられて, 掘れば, 白い液体, 落として, 足跡などは, 金物類が

▼ 地面より~ (9, 0.2%)

1 ずっと下, やや低く, 一丈三尺餘の, 二三フィート上を, 咲く, 平均七百五十フィートの, 湧出したる, 転げ出, 高いは

▼ 地面との~ (8, 0.2%)

1 境は, 境を, 境界線の, 縁から, 衝撃の, 間に, 間には, 間は

▼ 地面家作~ (8, 0.2%)

1 についても固, に就い, のよう, の取立て, の売物, の恰好, の所有主, を買いつぶし

▼ 地面からも~ (7, 0.2%)

2 屋根からも 1 光が, 地熱を, 巻きあげた, 物を, 頻りに粉雪

▼ 地面からは~ (6, 0.2%)

2 土の 1 しきりに陽炎, ものの腐る, 遠近に, 高いところ

▼ 地面でも~ (6, 0.2%)

1 よい, コンクリートでも, 人間でも, 彼らにとっては, 掘って, 是は

▼ 地面ばかり~ (6, 0.2%)

2 見つめて 1 では, にらみつけて, 見て, 見廻って

▼ 地面~ (5, 0.1%)

2 のである, のです 1 ので小豆

▼ 地面において~ (5, 0.1%)

1 あつて, じっと屈みこん, そこに, 手つだいました, 明るい空

▼ 地面について~ (5, 0.1%)

1 いて, ゐないらしい, ゐる方, 速くしかも, 驚いた恰好

▼ 地面~ (5, 0.1%)

1 におります, に孫店, に居る, へ少し, ヘ家作ヲシテ

▼ 地面近く~ (5, 0.1%)

1 では海, に出来る, はならない, へと幾筋, までたれ下がっ

▼ 地面すれすれ~ (4, 0.1%)

1 にブラ, に両方, に伐った, の咄嗟

▼ 地面では~ (4, 0.1%)

1 ないという, なく人々, まず主, 犬が

▼ 地面よりも~ (4, 0.1%)

1 ずっと低かっ, 下に, 遙かに, 高く盛り上がり

▼ 地面をも~ (4, 0.1%)

1 利用する, 瞬く間, 買い小金, 蹈んで

▼ 地面一杯~ (4, 0.1%)

1 にある, になった, に拡がっ, を薔薇

▼ 地面からの~ (3, 0.1%)

1 びあがつてきます, 根笹の, 輻射が

▼ 地面とを~ (3, 0.1%)

1 せっせとお, 合せて, 結びつけた解釈

▼ 地面へは~ (3, 0.1%)

1 大風呂敷, 落ちないで, 降りずに

▼ 地面までは~ (3, 0.1%)

1 いかないから, たしかに何百尺, とどかない

▼ 地面~ (3, 0.1%)

1 家作ガ有ルカラ引越シタガコノ鉄五郎ガ惣領ハ元, 来イトイウカラ行ッタ, 移ッタガソノ時オレハ地主ヘ

▼ 地面~ (3, 0.1%)

1 借リテ, 返シテクレロトイイオルカラ, 離レナイノハ余リ鬼気迫ルコトダ

▼ 地面~ (3, 0.1%)

1 には黒く, に殖え, に生活

▼ 地面低く~ (3, 0.1%)

1 こんもりと, 赤や, 飛んで

▼ 地面うち~ (2, 0.1%)

1 だけでも松, へもとうとう

▼ 地面さえ~ (2, 0.1%)

1 あれば, はっきりとは

▼ 地面その~ (2, 0.1%)

1 上に, 厠の

▼ 地面そのもの~ (2, 0.1%)

1 が蔵, の魅力

▼ 地面だけが~ (2, 0.1%)

1 あかるい家, 五寸ばかり

▼ 地面だったら~ (2, 0.1%)

1 微塵に, 首の

▼ 地面であります~ (2, 0.1%)

1 から他, から売買

▼ 地面である~ (2, 0.1%)

1 から菜, と想像

▼ 地面です~ (2, 0.1%)

1 からね, がしっかり

▼ 地面という~ (2, 0.1%)

1 地面を, 意であろう

▼ 地面とが~ (2, 0.1%)

1 ごちゃ, にく

▼ 地面などは~ (2, 0.1%)

1 アフリカの, 生姜さえ

▼ 地面なんかは~ (2, 0.1%)

1 これっ, 他の

▼ 地面にあたって~ (2, 0.1%)

1 反射し, 大爆発

▼ 地面につき~ (2, 0.1%)

1 百八十斤くらいの, 立てるの

▼ 地面にの~ (2, 0.1%)

1 たばってる小, つかつて

▼ 地面ばかりを~ (2, 0.1%)

1 照らして, 見て

▼ 地面よりは~ (2, 0.1%)

1 一段高い, 小高くなっ

▼ 地面をど~ (2, 0.1%)

2 つしり

▼ 地面~ (2, 0.1%)

1 に吸い込まれ, ヘ触

▼ 地面~ (2, 0.1%)

1 でございますが, とまでなり

▼ 地面~ (2, 0.1%)

1 少したかい, 數へる

▼1* [89件]

地面あるいは床の, 地面いちめんを被っ, 地面いっぱいにひろがっ, 地面いつぱいに, 地面お作りなすっただべ, 地面貸家の, 地面からものの一丈とは, 地面がけふこの, 地面きちんとした垣根, 地面こそ寄附しない, 地面ごとあの下, 地面しか残さなかったという, 地面じゃ育たないん, 地面それだけが彼女, 地面それ自体がソツクリ曾, 地面ぜ, 地面だけあるが, 地面だけになった, 地面だけを実にあっさり装飾的, 地面だったことが, 地面であって中央, 地面とか拂ひ, 地面とかをためて, 地面とは異って, 地面とばかし思って, 地面と共に宙に, 地面なく家も, 地面など一トアーズも, 地面などに置かずに, 地面にかぢりつい, 地面にたいして非常に, 地面にて一人前に, 地面になんぞ寝かして, 地面にばかり吹いて, 地面にへいつくば, 地面に対してななめに, 地面に対しては容易に, 地面ばかりにいるの, 地面ばっかり見つめてさ, 地面へと舞いくだって, 地面へも同じ血, 地面までが夫に, 地面までの距離の, 地面もちの吉田さん, 地面やの日かげと, 地面やや低下せる, 地面やら見分けも, 地面よりやいくらか高, 地面らしく欠けた小石を, 地面をのみ匍い廻りたがる, 地面をはふだけ, 地面をよけて二丁目の, 地面ウチノ地借ガ九軒有ッタガ, 地面カラ追出ソウト云ッタカラ, 地面掘ツクリ, 地面固シ, 地面一ぱいに並ん, 地面一段百五十圓二百圓と云, 地面二十四ヶ所も所持, 地面以外はみな柔, 地面何処かで鳴いた, 地面全体が花, 地面八方に割れ, 地面其物の震動, 地面即ち屋外には, 地面四五ヶ所を持呉服物, 地面四百坪に家作, 地面土藏共十三ヶ所を所持, 地面家屋敷ぐるみそっくり居抜き, 地面家財の類, 地面家財等のみにてこれ, 地面居宅とはどんな, 地面ならぬ限り, 地面或いは水面が, 地面掘ってん, 地面はいよいよ, 地面立ちのき, 地面続きに後, 地面芝高輪八山に有, 地面見たまんま進ん, 地面り見て, 地面訴訟があっ, 地面賣遣はし, 地面踏めば蕪みどり, 地面遠山その陰, 地面はその, 地面間口十二間奧行は新道, 地面間口十間奧行十八間の怙劵, 地面の家