青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「太郎~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

天皇~ ~太 太~ ~太い 太い~ 太刀~ 太夫~ 太子~ 太平洋~ 太田~
太郎~
~太陽 太陽~ 太鼓~ ~夫 夫~ ~夫人 夫人~ 夫妻~ ~夫婦 夫婦~

「太郎~」 9519, 99ppm, 1114位

▼ 太郎~ (3059, 32.1%)

20 自分の 15 黙って 12 眼を 11 それを 10 目を 9 彼の 8 それが, 何か, 急に, 答えました 7 口を, 心の, 首を 6 すぐに, びっくりし, チロを, 声を, 家の, 彼女の, 言いました, 驚いて 5 そこに, 女の, 武蔵の, 気が, 頭を

4 [18件] この頃, こんどは, しろ公, たずねました, ちよつと, 両手で, 例の, 呟いた, 太い腰, 妙に, 息を, 手を, 父の, 相変らず, 苦笑した, 長い手紙, 静かに, 顔を

3 [60件] あわてて, いけがき, いちばんはじめ, いつまでも, いつもの, うなずいた, うなずいて, おばあさんの, しびれを, そういっ, そこで, そのころ, その手紙, その時, それに, なにを, なんども, ひとりで, びっくりした, べつの, 不思議に, 丑松の, 二階の, 今日の, 仕方なし, 何も, 兄弟が, 原田の, 固より, 大頭に, 子供の, 小声で, 師匠の, 弟の, 微笑んで, 思った, 急いで, 恭一君の, 早くも, 母親に, 独楽を, 田口の, 皿を, 相手の, 眉を, 真面目に, 神妙に, 立ち上がった, 縁側から, 考えた, 耳を, 腕を, 自分が, 自分で, 自分よりも, 西の, 足を, 身体を, 雪之, 駈けて

2 [212件] いいました, いって, おじいさんの, お前と, お前の, お文, お母さんに, お通, かう言つて, かなたの, ききました, ぎょっとした, くちびるを, くるくるした, こういっ, こう尋ねた, こう言っ, この意外, この手紙, この話, これを, さう, さすがに, さっきから, しきりに玉乗り, しばらく考え, すぐには, すこし安心, そういい, そこへ, そのこと, その上口, その男, それで, それまで, それまでは, そんなこと, そんな事, そんな戯談, だまって, ちょいと, つぶやいて, つまらなくなっ, どうかし, どうし, どうしたろう, どうだ, どこに, どこの, どこへ, なるほど, にこにこし, にっこりと, のぞみを, ほかの, またこの, また俯い, また熱, また重, まださう, もう寝かせた, もう顫, やくざだ, ゆうべの, われに, イロリの, キシさんに, チロと, チロの, ドキマギした, ニヤリと, フラ, 一つ年上の, 一人で, 丁寧に, 三十一歳髪の毛は, 下宿の, 下手な, 不思議そうに, 両腕, 主人の, 二人の, 二人を, 二階へ, 五十を, 人通りの, 今こそ, 今の, 今は, 今迄の, 代助, 何を, 偉かった, 先に, 先刻から, 内心びくびく, 加勢の, 助七, 動も, 南のや, 厚い封書, 又ぞっと, 口では, 向うの, 呟きながら, 呶鳴った, 唇の, 唇を, 善哉屋の, 喜んで, 四年の, 土御門の, 堤の, 外に, 夜中に, 夢を, 夢心地で, 太い溜息, 女房の, 始めて, 姪も, 学校から, 学校に, 宿の, 小狗, 少し耄碌, 少年と, 山の, 岸に, 巨大な, 平次を, 平気で, 年の, 広海屋, 床の, 庭へ, 弟妹たちの, 彼が, 彼女に, 彼方の, 後から, 得意気に, 微塵も, 恐ろしい早業, 感に, 手紙の, 手紙を, 指を, 振り向いた, 振り返って, 斯んな, 旅に, 村の, 柱へ, 柵の, 格子からは, 歩いた, 母者人の, 江戸へ, 沈み切つた物, 河の, 泣いて, 泣き出して, 海の, 煙の, 熱心に, 物柔かに, 独りで, 独り言の, 玄関へ, 生さぬ仲で, 祖父の, 福造の, 私と, 私の, 稍暫くし, 立ち上った, 立って, 笑いながら, 笑って, 笑つて, 箱根の, 縁側に, 考えるの, 聞いて, 聞こえるか, 胸を, 膝を, 自分でも, 自分も, 自分を, 舌うちし, 蝋燭の, 襖を, 解釈した, 言って, 訊いた, 話を, 誰と, 追いかけて, 追ツ, 遠くの, 酌された, 重苦しさうな物, 雨の, 須永の, 頭の, 飛ぶよう, 飛下っ, 館長の, 馬琴の, 驚いた風

1 [2180件 抜粋] ああよかっ, あせつた心持, あなたに, あの晩兵書, あの車, あらましの, あるデパートメントストアー, いいつづけた, いきなり立ち上がっ, いくらか笑っ, いちど落ちつい, いつか東京へ, いつか足元に, いつのまにかうとうとと, いつも二の句, いなかったが, いまだにたより, いやかたわら, いよいよ心, いろいろと, うしろから, うつ向いて, うらめしそう, おかあさんの, おじいさんに, おそるおそる足, おどろく色, おもわず縁, お初の, お才, お父さんに, お茂世さん, お鳥, かえってぽかんとし, かたく手綱, かなしげ, かばんの, がさがさと, きっと海, きょうの, くるしく笑った, こういう場合, こういった, こうして店, こう口走った, ここで, このとき十六歳, この一句, この人, この小さい, この時指洗椀, この樹, この瘠せ, この言訳, この際取次, この騒ぎ, これまで, さからわなかった, さっさと歩き始めた, さんせいする, しずかに, しばしし, しばらく返事, じつに大, すぐまた, すぐ口, すぐ正直, すこしも元, すそを, すっかり憂鬱, すでに充分退却, すばやくチロ, ずっとはいった, そういう, そうした場合, そう答え, そう言う, そこの, そっとキシさん, そのうち, そのひま, その一つ, その以来, その前, その姿, その弱, その従兄, その方, その東側, その疑問, その綿, その袂, その闇, その顔, それすら, それには, そろそろと, たしかにあの, ただもう, たった一人, たまりかねて, だんだん自分, ちょっとさびしく, ちょっと考, ついにその, つよく首, とうとうこの, とって, ともに駈け, どういふ, どうしても死にたい, どうそれ, どこかに, どこも, どんな子, なお凝視, なにかはつきり, なるたけ軽く, なんだか少し悲しく, なんとなく気, にこりとも, にわかに夜業, ぬけ目, のんびり笑っ, はだしの, ひざの, ひと足戻っ, びくびくした, ふいを, ふてくされて, ふと側棚, ふと思いついた, ふと飾窓, ふんが, べたと, ぼんやりながめ, まことに弱気, まさしくそんな, ますます返答, またここ, またベソ, また彼方, また暗い, また走りだしました, まだ不, まだ武蔵, まだ黙っ, まのあたりに, みんなを, むっとし, もういなくなった, もうその, もう一刻, もう何, もう客, もう母家, もう膝, もしやおじいさん, ものうそう, やがての, やっと得心, やつと, やはり黙っ, ややもすれば魔道, ゆふべから, ようやく小学, よく誘い出しました, よろこんだ, わざとらしくも, わざと笑っ, わしが, ゐないの, イヤ打てない, オヤジに, ガランと, キッと, クミの, コクリと, シッカリ両手で, ゾッとばかりに, ニコリとも, ハンモックの, ビービーで, フラリ旅廻りに, ホッと, マせ, モウとっく, 一も, 一体どうしよう, 一向平気, 一寸こんな, 一揖し, 一生懸命に, 一錢玉を, 万吉郎と, 三斎隠居の, 上出来だった, 不安に, 不平に, 不断それを, 丑松と, 丸い目, 乙を, 事もなげに, 事面倒と, 二十日ほど, 云いつづけた, 云われるまま, 五百騎で, 京姫の, 人間が, 今に大き, 今学校が, 今日から, 今私と, 以前と, 休養休養と, 伸びを, 低いすごい調子, 何げなく, 何とは, 何度も, 何気ない振, 余りに体, 依然として茫漠, 信じて, 俺が, 偸見る, 僕を, 先き, 克子の, 兩手を, 其を, 其近き, 再び眼, 写山楼へ, 出かけたものの, 刃ごたえが, 初めて知った, 別だ, 制した, 前後の, 力んだ, 励ますよう, 勝利感に, 十二の, 十六歳の, 十年間文壇に, 千代田城に, 単身加入を, 即座に, 厳重に, 又も, 反対であった, 取つて七十一, 受けは, 口惜しかつ, 叫ぼうと, 叱るよう, 合掌した, 名古屋という, 呪文の, 呼吸が, 哄笑する, 喜びその, 嚏を, 困りました, 圓太郎だ, 地獄で, 墓の, 売れっ児, 夢が, 夢想に, 大きくか, 大きな眸, 大勢の, 大息つきながら, 大門を, 太い息, 女に, 妹の, 始めから, 婦人達に, 嬉しそう, 子供心に, 学者だった, 宙に, 客席へ, 寄って, 寝台の, 対手の, 小便を, 小茶, 少しく起倒流, 少し羞痒, 少し隆起, 尚喜撰, 左へ, 師範校の, 帰つた, 平伏する, 平生から, 幸福に, 幾らか気安く, 店から, 弁護士と, 弱氣, 当時の, 彼らの, 彼独特の, 後ろの, 微かに, 心中審り, 心配で, 忍が, 快活に, 怒った, 怖ろ, 思いつくまま, 思い出したよう, 思はずそこ, 思わずわりこん, 思わず自分, 思案し, 恐ろしい失敗, 悄々と, 悪戯そうに, 情なく言った, 意地を, 意気軒昂てっきり, 慾の, 憮然として, 戦地からの, 手が, 手品使いの, 抓み上げて, 押し返した, 振り向きも, 提灯一つで, 改めて美麗, 教育勅語を, 新しい悲しみ, 新鮮な, 日ごろ感じた, 旦那の, 早く勘定, 明るい光, 昨夜の, 昨夜自身番の, 時々扇, 晩酌を, 暫く俯向, 書院づくりの, 有頂天に, 朝食を, 未だ古人, 本気に, 来客で, 東京人だ, 果しの, 栄三郎が, 森本の, 楽屋へ, 機械的に, 歎息した, 此外に, 此間代助が, 歩いて, 歯ぎしりしました, 死んだ父親, 殊更なる, 母の, 毎晩の, 気を, 水の, 決して單, 河原の, 泣き声を, 泰仁寺の, 浅草生えぬきの, 海辺に, 深い考え, 湯を, 滿更ぢや, 澁, 火の, 無意味な, 煙に, 燃え残る懐中蝋燭, 片目に, 物も, 狆が, 独り笑いを, 猫と, 玉藻の, 琥珀に, 生の, 生前の, 田舎で, 畑掘っ, 疑ひの, 病気と, 白紙の, 盆に, 目下かぜ気味, 相手を, 真実に, 矢っ, 知り抜いて, 確に, 神経的な, 秘密な, 空つ, 突然かう, 突然小さく, 窮屈な, 立ちの, 立ち止って, 竹矢来の, 笑ひ, 筆の, 箱の, 箸持つ, 精, 細い眼, 結局一日を, 総身に, 罷めさせられた, 美奈子に, 群がる犬, 考えあぐん, 考える, 耐えて, 聞きました, 聲を, 肚の, 肱で, 胸に, 腕こまねいた, 腹の中ぢや, 自から, 自然の, 舌打ちし, 舟べりに, 色蒼ざめた顔を, 苦々しい顔, 苦っぽく, 草を, 草履を, 落つきはらって, 薄々事情, 蘇生し, 血刀を, 表の, 西鶴の, 見つかり相, 見識の, 覚えず吹き出し, 言った, 訝しそう, 説明した, 調子づいて, 護り袋, 赤い舌, 起き上られぬまま, 起ち上つて, 蹌踉く, 身ぶるいを, 車の, 辺りの, 近所に, 追想する, 途中電車の, 運動ぎらいで運動会の, 遙か, 遠目鏡で, 邪魔者が, 酔顔モウロウと, 野原へ, 鉾を, 長いあいだ一同, 長閑な, 開成山で, 附き纏い長い, 隠して, 雪路の, 面を, 面白そう, 須永から, 頭が, 額を, 顔面を, 風流さうな, 飛白の, 首尾よく, 馬鹿ば, 駈けだした, 騒々しく鳴る, 高価い, 黒い川水

▼ 太郎~ (1548, 16.3%)

21 顔を 16 胸に 15 方を 13 姿が 10 姿を, 手を 9 ために, ような, 前に, 頭を 8 手に, 方で, 眼に, 肩を 7 ことを, ところへ, 方へ 6 ほうへ, 前へ, 姿は, 方は, 胸は 5 ように, 家の, 家は, 後を, 死体の, 眼の, 眼は, 耳に, 言葉を, 話を

4 [16件] からだを, そばに, 上に, 仕業と, 体は, 名を, 声が, 家を, 手で, 様に, 死骸は, 目に, 眼を, 肩に, 腕を, 顔は

3 [41件] あごの, おかげです, ことは, すがた, やうな, 乳母として, 可愛さ, 場合は, 声は, 声を, 女房お, 女房が, 好奇心は, 姉の, 家で, 心の, 手は, 方に, 様子を, 死を, 死骸に, 母で, 母と, 注意を, 眼にも, 胸には, 胸の, 襟が, 言葉が, 言葉は, 訪れを, 話の, 話は, 足もとに, 返事を, 頭に, 頭には, 顔の, 顔へ, 首を, 鼻の

2 [106件] いうこと, おじいさんは, お母さんは, からだは, ことに, ための, ほうで, ほうは, らしい履, オルガンと, 三氏固, 両足を, 事を, 二人が, 仕業でない, 仕業なら, 仕業なら返す, 体を, 來る, 傍らに, 前には, 勢いに, 双紙, 口から, 名は, 名前も, 執拗な, 報告, 声である, 外に, 夢の, 大きな姿, 大跛, 奔走の, 女房は, 妹の, 妾として, 娘に, 存在に, 孫が, 孫の, 宅まで, 家では, 家に, 家へ, 寝所を, 寢顏を, 屍体を, 年を, 幻術で, 影を, 心を, 手から, 手口は, 手口を, 描き残した写生画, 杯にも, 案内で, 死は, 母の, 気持を, 注文を, 演説は, 為に, 父親は, 独楽は, 目が, 目には, 相手を, 眼前へ, 神経を, 立って, 答は, 精神を, 繩を, 美くしいお, 耳の, 耳へ, 背を, 背中や, 胡坐を, 胸を, 胸先に, 脚を, 腰の, 著したもの, 行方を, 視線を, 言ふ, 言葉に, 言葉の, 誘拐された, 足の, 足取りだけは, 身に, 身体は, 遺骨を, 遺骸の, 部屋へ, 鞘を, 頬を, 顏を, 顔いろ, 顔が, 養育に, 高塔

1 [895件 抜粋] あけた扉, いずれの, いのちを, いる方, うしろから, うちは, うれしさ, おとうさんは, おどろきは, お伽噺に, お父さんに, お父さんも, お茶屋に, お長屋, からだに, かわりに, くちびるは, くるの, こえは, こといとしい, ことが, ことだった, ことで, ことなど, ことなら, ことをも, この冷, この種, ご本, しがみついて, すぐ額, すそへ, すばやい手, そのことば, そばから, そばを, それだった, たのむところ, ためにも, ため時々, ついたちという, とうから痛切, とこは, ところでは, なにに, にくしみ, はからいで, はね, はりきった袖, は不幸, は厚い, は哲学, ひざの, ひょいとした, ふたりも, ぶしつけな強請み, ほうへより, まえに, まっこう, ものも, もの言ひ, やうに, やる花火, ゆふ, ようである, よく知っ, よごれた顔, わきの下へ, わびしげ, オカミサンが, オヤジでは, チロと, ハッキリした, ボートは, マヽは, ラツパの, 一刀を, 一家が, 一生の, 一番怖がっ, 一跳び, 三羽烏の, 上半身が, 不在証明を, 不安は, 世話で, 両人を, 主意であった, 乳が, 乳母, 予言は, 事は, 二人に, 二人へ, 云い分, 云う所, 五体は, 人柄まで, 人格に対して, 人生に, 介抱を, 仕事は, 仙術の, 代々, 以外に, 伯父梅五郎老人の, 住んで, 体が, 体と, 体面に, 余りに人, 俤を, 個展の, 側に, 傍を, 元寇, 先祖を, 先輩で, 兩天秤を, 六浪士が, 写真は, 出現を, 出迎を, 刃先に, 分別は, 判断を, 剃刀だ, 剃刀では, 前を, 剣尾に, 功を, 労力を, 勉強が, 匕首は, 匿名で, 半面を, 印象は, 参考人の, 友達だ, 叔母に, 口が, 口の, 口を, 口笛な, 右の, 吃驚した, 吉松殿は, 名, 名で, 名前が, 名前であった, 吹いて, 命は, 咆哮以上なつかしい, 唄声, 唇を, 喜悦は, 噂, 噺も, 報告を, 塾の, 声だ, 声であった, 声に, 変名で, 外套を, 夢を, 大鍔南蛮鉄, 天魔太郎も, 失望した, 失望を, 奇妙な, 女が, 奴で, 奴苦しまぎれに, 好奇心に, 好奇心を, 妙薬で, 妻が, 妻つまり, 妻不二は, 妻倉子なり, 妻倉子を, 妾に, 姉だけに, 姿である, 姿に, 姿も, 媾曳を, 嫁に, 嬉しさ, 子内膳正は, 子孫は, 存在を, 学資ぐらゐは送金の, 宅で, 宅へ, 実父は, 家ぐらいは, 家には, 家位は, 家族から, 家族という, 家来の, 宿屋へ, 寝台は, 寝顔を, 寫眞を, 将来の, 小手を, 少年らしい, 尾行は, 居るフラット, 屍体と, 山荘の, 島吉は, 師, 師匠たる, 師弟ばかり, 帰国を, 平気で, 年齢を, 幸福は, 幻術でも, 幽霊を, 度胸を, 弓が, 弟で, 弟分に, 影が, 影へ, 後に, 後ろに, 後ろへ, 後姿を, 後身とは, 後頭部は, 得意に, 御目見得が, 御飯なみです, 心持が, 心持は, 心配と, 忘れかかって, 忰でござい, 忰小圓太という, 忿, 怒りは, 思想に, 思案では, 急用という, 性質から, 怪塔は, 恋女房美奈子でなく, 悪戯を, 悲しみを, 惨死体を, 愛撫, 慈悲から, 態度とに, 態度を, 戻った事, 所へ, 所謂, 手によって, 手の甲を, 手もとを, 手紙を, 手首を, 投げたモエギ, 拳が, 指に, 指の, 捕縛一条は, 掛蒲団を, 接近する, 故郷の, 文も, 新しい家, 新らた, 方でも, 旅舎を, 明けつ放しな, 昔噺の, 昔話を, 智恵でも, 暗面, 最後高柳の, 木剣は, 本棚の, 本能と, 柄が, 柄を, 森本に対する, 様な, 横には, 機嫌が, 欅並木の, 欅並木を, 歌を, 正体とは, 正面に, 死が, 死だ, 死に, 死んだ日, 死体に, 死後こっちへ, 死骸の, 残した奇怪, 殺されたの, 殺人事件は, 殺人事件も, 殿様姿や, 母親の, 気の, 気持で, 油絵の, 泣きじゃくりが, 泣声を, 注進で, 浅ましい姿, 海辺の, 消息でも, 消息を, 満身に, 激流と, 濡れた身体, 為にも, 無心に, 無残に, 無罪なる, 父の, 父親だった, 爺むさい顔, 物語が, 物語でした, 犯人, 犯罪は, 独楽を, 理解力を, 生き返つた今, 生後百日目の, 生涯に, 用心深い手, 番です, 番に, 異様なる, 疑うべきも, 病気の, 癇癪に, 白い死体, 白眼みあい, 皎鋩に, 目あてと, 目つきに, 目は, 目覚ましで, 直接原因は, 相良寛十郎を, 眞似, 真向めがけ, 眸に, 眼には, 眼尻から, 着物の, 瞳が, 矛盾を, 短剣は, 社だ, 祖父英則は, 秤は, 竜宮を, 笑顔に, 第一提琴, 答えに, 答へは, 精神は, 素晴らしい芸術欲, 素質が, 細君が, 結婚問題が, 絵本だ, 縁類の, 繪本を, 罪ある, 美奈子に, 考えでは, 耳にさえ, 耳には, 耳を, 聲は, 肉付を, 肉眼に, 肩へ, 胃ぶ, 背に, 背へ, 背後から, 胸さきに, 胸中を, 脅えきつ, 脇差は, 脇腹へ, 脾腹を, 腕く, 腰帯へ, 自殺に, 自殺未遂から, 舌は, 芸は, 若き日, 苦悶の, 華奢な, 落つきはらった顔, 著述が, 葬儀が, 葬式を, 蒼い顔, 薄化粧さへ, 藝達者と, 血の, 血は, 行く手を, 行動は, 袂を, 袷羽織も, 裾に, 見て, 視線とは, 親父です, 観察は, 言うこと, 言た, 言伝てを, 言葉も, 記憶に, 訴えで, 話や, 誕生日で, 語気は, 説に, 調子が, 調子は, 談話の, 講釈を, 變裝と, 財産は, 質問であった, 走って, 足どりと, 跡から, 跡を, 跫音は, 身にも, 身の上について, 身元だけは, 身近だった, 辟易する, 逃げる足音, 連れだ, 運が, 道連れが, 遺物と, 部屋まで, 配下と, 重量を, 針金渡りは, 釣竿, 鋭いこの, 鋭い目, 鑑識眼では, 関係する, 隠れ家は, 霊が, 面前へ, 音曲を, 項を, 頬には, 頬へ, 頬辺を, 頼みが, 顏には, 顏色は, 顔つきは, 顔では, 顔なんかは, 顔には, 顔や, 類に, 風貌は, 飛来剣を, 飼犬プラトとやら, 首でも, 首筋に, 驚ろき, 高座姿が, 鯉口を, 黄色な, 鼻にも

▼ 太郎~ (823, 8.6%)

5 出て 4 それを, 前に, 帰って

3 [13件] もうどんな, 住んで, 口を, 尋ねて, 師匠の, 来た, 来て, 死んで, 母とは, 片親に, 糸の, 自分の, 言った

2 [44件] いいました, いう, いった, いひました, そばから, それに, たずねて, また俯い, やつて, 一人で, 佇んで, 何とも言, 先に, 入りましたよ, 好きに, 宗之助の, 床を, 彼の, 急に, 成人し, 成長し, 手を, 昨夜一と, 死んだ時, 江戸を, 生きて, 監督者とも, 目を, 眼を, 砂糖黍を, 私に, 立って, 竜宮の, 聞き返したとき, 聞くと, 腰硝子の, 自分で, 若くて, 表戸, 言つた, 身を, 頭を, 顔を, 龍宮へ

1 [679件 抜粋] あが, あがって, あのすぐ後で, あの議論以来純八, あの足拵, あんどんに, いい子, いかに二人, いきなり訊ねだした, いた, いって, いつも過度, いつも順助, いないの, いなければ, いふには, いま奉天の, いやその, いると, うしろ手に, うっかりこれ, うまく化けこん, うめいた, うるさくなった, おっつけ京, おっとり刀, おのずから鞘走る, おりは, お供で, お婿さま, お才, お照, お縫さん, お花, かくれると, かめを, きいたけれど, きたって, こういうよう, こういった, こう叫んだ, ここに, ここの, ことさらに, この事件, この二三年忠次, この喧嘩, この寒, この寝, これくらいの, これだけ, これは, これ位の, こんなこと, こんなに言う, こんな花束, さうだつ, さも田舎者, したよう, すぐに, すこし赤坊, すなわち穂高, するよう, せせら笑って, そういっ, そう呟いた, そう言う, そこに, そこまで, その一つ二つ, その前, その小径, その断末魔, その時, その横, その草, その顔, それは, そんなこと, ただ一人瞑目し, たつた二人, だしぬけの, だまって, ちっとも触れない, ちやんと, ちらと, つと腰掛, つぶやいた, どこまでも, どんなこと, どんな味, にわかに興奮, ねて, ねむがっ, はいって, はしかの, はじめて僕, はつきり心を, はにかむと, はりきりで砂遊び, ひっぱり出して, ひとりしよんぼり, ひとりぽつねんと岩, ひと言しゃべる, ひどくがっかり, ふしぎがる, ふとこういう, ふり向くと, ほっそりと, ぼんやり佇んだ, また, また坐り直し, また長男, まだこつち, もう暫くで, ものの, やがては, やがて説明, よく高座, わざわざ埔里, わざわざ訪ね, ゐたの, アァアァアと, ウエリントンたり, オブザアヴアーとして, ギッチリ二列三列に, クルマの, グイグイ綱, サラセン模様の, シャンとして, シヤリヤピンを, スキーを, チロと, ハッと, ヒョックリと, ヒョッコリ旅から, ベッドに, ムックリ, 一二分ばかりも, 一年生に, 一時に, 一歩を, 一番後に, 三十だ, 上がって, 上がってから, 上方へ, 下一杯, 下手人なら, 不安そうに, 中央に, 丸い更紗, 丹六を, 乙姫様に, 乙姫様の, 九日ごろの, 亀の, 二人の, 二階から, 二階へ, 云い出した時, 云った, 云って, 五ツ六ツの, 五十七名の, 人々の, 人に, 今年の, 今舐めた, 伯父を, 低く沈痛, 何か, 何で帰る, 何の, 何を, 何んで, 何彼と應接, 余りにひねくれた, 來た, 信心ば, 俺の, 傍から, 傍らの, 先づ口, 先へ, 先週の, 入った, 入つた, 入つて, 八百屋へ, 六歳ぐらいの, 兵隊に, 其邊に, 内大臣から, 内閣を, 冷たく笑った, 凝然として, 出かけその, 出たの, 出で, 刀の, 刃を, 切腹を, 初めて会った, 刹那に, 前約を, 力を, 助かるとかいう, 助けに, 勘當にな, 匕首で, 十一歳頃から, 十七の, 十五六歳の, 十歳に, 千代子という, 南室で, 又古今無双, 又心配, 友達の, 双生兒, 叔母さんから, 取り出したの, 口々に, 口に, 可愛いの, 叱られに, 合槌を, 吠えて, 吹いて, 呆ッ気に, 呟いて, 味う, 呼びあげた, 呼んだの, 命の, 唇を, 唸ったの, 嗤う, 嘲笑する, 四年の, 四月一日きのうから, 土間へ, 墜ちた時, 声に, 多分それ, 夜の, 夢中で, 大きな眸, 大きな聲, 大声で, 大声に, 大嫌ひで, 大馬鹿三太郎, 奥の, 奥州征伐の, 好きな, 好奇きらしい, 妙に, 姿を, 子供の, 子供達と, 学校から, 学校で, 学齢に, 実の, 実盛, 宿へ, 寝そべってるのに, 寝ました, 小三郎音羽を, 小声で, 小学校の, 小耳に, 小走りに, 少年ぽく, 居るだろうじゃ, 居ると, 山から, 山代大兄及び, 山鹿の, 差かかりました, 帰つて来, 帰意稍動いた, 庭へ, 廃され, 弁護士と, 張り切って, 強かった, 形見のかず, 彼に, 彼女と, 待って, 後ろから, 後ろに, 従いて, 御助勢, 御名号を, 心の, 必死と, 志保の, 思ったとたん, 思はずにやりと, 思わずそうつぶやいた, 恐れて, 息を, 悪疫に, 意外な, 意気ご, 懐中に, 成人すれ, 成功者と, 手づか, 手に, 手紙らしい, 持ってる不思議, 振り返ると, 捕縛され, 早くも, 早川に, 時にはうつとり, 曲者だった, 曲者だつた, 木曾の, 未熟な, 村から, 来たとき, 来たの, 来た結局辞職, 東京で, 東室で, 松葉とかいう, 案内し, 梯子段の, 様々に, 模造品の, 横から, 横合いから, 欄間に, 此事件の, 此處の, 歩きまわって, 歸つて來た, 死んだとき, 死んだ風呂, 残念がる, 殺されたかという, 殺したと, 母さんの, 毎夏開成山, 毒薬自殺を, 氣が, 氷川丸に, 江戸へ, 汽車ポッポ見物に, 沈黙する, 法水に, 泣き声だし, 注意した, 涙を, 滝壺へ, 無心の, 無罪なる, 焦れて, 煩悩の, 牛の, 犬なんか, 犯人に, 独りで, 獣の, 玄関先で, 現われた, 現場近くかけつけた, 生まれました, 生れたとき, 生れて, 申す通り, 男役光丸は, 町内の, 留守であった, 留桶の, 番士達を, 異議を, 畳に, 疲れて, 發見した, 白状し, 百も, 皆川山城守に, 目と, 直に自ら白状, 相手に, 真面目に, 着いたので, 着いて, 睨むと, 知らせに, 短い青いパンツ, 石鹸を, 祭られて, 私の, 秩父から, 空中に, 空虚な, 立ち退いたので, 竜宮より, 答えた, 精しい社会研究, 素子に, 細君と, 続け打ち, 綱の, 総代と, 置物でも, 美しい勘平, 老人に, 考え出したの, 考へ, 聲を, 聴いた足音, 脱兎の, 腰の, 腰を, 膏薬売と, 色を, 芋畑の, 苦も, 落して, 蒲団を, 蝋燭を, 行くと, 褒められたか, 見つけたもの, 見つけて, 見て, 覗いて, 親方の, 言う, 言って, 言葉巧みに, 話して, 語調を, 誰かに, 警官に, 賄賂を, 赤樫の, 越したらうと, 越したろうと, 跡継ぎである, 跳び降りた, 踞まつて, 躍起に, 身持放埒な, 轢かれた場所, 辻褄の, 近づいて, 逃げ出した, 通り抜けて, 通り過ごした, 進み出て, 遺産に関する, 部屋から, 部屋の, 酒樽の, 酒瓶を, 重そう, 重三郎に, 重三郎の, 鉄と, 銀光一過うわあッ, 鎌倉へ, 門下の, 門前を, 間に, 陣屋という, 隠れること, 青くな, 須永から, 須永の, 頭巾目深の, 頻りといった, 額に, 風邪で, 風邪母さんも, 颯爽と, 飛び出して, 飛鳥山の, 飲めない口, 駆けて, 駈けつけて, 駈けて, 驅け, 驚いて, 驚く筈, 黍團子に, 黙々と歩い, 鼻の, 鼾を, 龍宮から, 龕燈を

▼ 太郎~ (438, 4.6%)

13 つれて 10 連れて 5 殺したの, 見た, 返して 4 伴れ 3 仕立る, 前に, 呼んで, 寐かしつけ, 捕まえて, 見て

2 [22件] かえりみて, たずねて, まって, まつつた神社, 好加減, 思い出した, 斬って, 殺して, 殺すつもり, 演じてから, 生んだ, 相手に, 知らないか, 育てたお, 見た眼, 見ると, 見張つて, 見詰めて, 訪ねて, 送りながら, 顧みて, 驚ろかした

1 [334件] あっ, いとおしく感じた, いぶかしげ, いまいましく思いはじめた, いやが, うながした, うながし森, おそつたん, おそれて, おびきだす工夫, おびき出した, おもわせる何, かえり見て, かかえながら, かれは, けしかけて, ここへ, この上, こめる集団脱走事件, こよなき重宝役者, こんどは, さしまねくと, さしまねくの, しかって, しばりあげました, せいしながら, そこへ, そっくりそのまま若く, たしなめた, ちらりと見た, つかまえて, つきのけ弥生, つれ戸塚へ, とっちめて, とって, とらへて, とり返される姉, にらんで, ねめつける, のこして, のせると, はこびそのまま, はじめ四人の, はじめ春藤幾久馬遊佐剛七郎鏡丹波らワイワイ, ひっぱりだして, びっくりさせた, びっくりし, ふと考え, ほめて, まえにおいて, またよび止め, みたとき, みつめたが, みとりながら, めがけて, もっとも良く, もてあましたよう, やつつけたろう, やつて, よんで, わが子と, シッカと, ジッと, ズタズタに, テーブルの, ピタリと, 一人引っ, 一緒に, 一足先に, 丁寧に, 七日の, 三斎老人は, 不世出の, 不思議が, 両方に, 中に, 今に虹ヶ浜, 仏間へ, 伴った, 使いに, 使って, 促しお, 促す, 全く十歳, 出して, 初めてこの, 力いっぱい突き飛ばし, 動かした, 取り上げた机竜, 取り返される心配, 召し捕ったこと, 叱ったの, 叱り土蔵, 同道し, 名のらなけれ, 呼びいっしょ, 呼びて, 呼びよせ詳しく, 呼び寄せ二人相談, 呼び起こした, 呼び起した, 呼べと, 問し如く, 囲繞いた, 圧して, 坐らせて, 坐らせるつもり, 埋めたま, 塾に, 外へ, 大いに待望, 夫婦で, 失な, 失踪させた, 奥に, 奥へ, 始めその, 娘に, 嫌って, 守立ててる竜川守膳, 害めた, 寢かしつける, 尋ねる, 導いたの, 小脇に, 尻目に, 差し措いて, 幼稚園に, 床の間の, 庭さきに, 庭口から, 弁護する, 引き具して, 引き寄せて, 引くと, 引ずり込んで, 引っさげた諏訪栄三郎, 引っ捉, 引つ捉, 引倒し, 引据ゑました, 引立ようと, 弥生が, 強いて引き止めよう, 当時江戸派の, 彼らに, 征伐する, 待たせて, 待ち二人, 待合せては, 後に, 従れ, 徳松に, 思い出して, 思ひだすこと, 思ひ出した, 思わせた, 思出させる, 恋人に, 恥か, 恨んだ, 惨殺した, 愛しも, 愛撫する, 慰めようと, 憎むの念, 打ち殺さうと, 打ッ, 承服させる, 抓んで, 投げる, 抱え脇腹, 抱きあげ蕨取り, 抱き上げた, 抱き上げると, 抱き締めて, 招き入れた, 指摘し, 捕縛に, 捜して, 捨てて, 掃墓し, 探しに, 撃ち殺したの, 撫しつつ, 擲り殺した, 救うこと, 救おうという, 救ふ, 敵として, 敵に, 斬らねば, 斬りに, 斬り落した弾力, 斬るには, 晴着に, 暮れ六つに, 本統の, 松本の, 枕もとへ, 栄三郎はっと, 格子の, 案じる気持, 案内し, 森の, 横目に, 正しく育てる, 正面に, 此處へ, 残しては, 残し余, 残すと, 殴りつけた鈍器, 殴り殺す位, 殺したか, 殺したこと, 殺したそもじの, 殺したと, 殺したという, 殺したといふ, 殺したり, 殺した人間, 殺した犯人, 殺すと, 殺めたの, 母親に, 気どって, 洞窟の, 浦島の, 浴びそう, 深く思ひ, 激励する, 無理に, 燒殺さう, 狂暴に, 生じ貧乏, 生みつづいて, 生んだきり子, 産んだこと, 田舎に, 留守において, 疑う方, 疑ぐる気色, 発見し, 目的と, 真っ先に, 真実の, 真物の, 眠らせ太郎, 眺めそれ, 眺めた, 睨んで, 瞶めた, 知らないでも, 知らないの, 祭ったもの, 祭って, 私たちが, 突き退けた, 突き退けるよう, 突き除けるよう, 立派な, 紹介し, 縛つて二三束叩い, 縛つて俎橋の, 縛りますよ, 育てあげること, 育てて, 背に, 自分の, 興奮させた, 襲名させた, 襲名する, 見いだした, 見おろして, 見その, 見たかい, 見たが, 見たら一人, 見つけた, 見つけて, 見つけ出して, 見つめ険悪, 見に, 見ました, 見わすれたか, 見上げながら, 見下ろして, 見出すこと, 見据えた, 見詰め続けたが, 見返した, 見返したが, 覘って, 覚えて, 計算し, 討ち庄, 記憶し, 訪ねたい気持, 訪ねたの, 訪問した, 認めて, 誘いこんだ様子, 誘うの, 誘ふやう, 誘拐し, 読者に, 諦めさせようと, 警戒させた, 貰って, 起さないよう, 迎へに, 返せという, 追っても, 追つ立てる, 送って, 送つて來, 送り出した一枝, 造酒は, 連れ若し, 遮ぎらなかった, 部屋の, 金銀廟の, 附け女中りつ, 離すこと, 預かって, 顧みた, 顧みました, 食い入るよう, 驚かしました, 驚かすに, 髣髴と, 魅さない, 麾いた

▼ 太郎~ (377, 4.0%)

13 一緒に 6 云ふ, 言ふ 5 次郎は 4 並んで, 言って 3 いっしょに, いって, お信, けんかを, 呼んで, 次郎の

2 [28件] いえども, お久, お滝, お葉, くらやみの, その妹, はしよらへん, チヨ子は, チロが, チロは, 丹波丹六の, 二人で, 云う奴, 云う者, 云って, 弁護士とは, 彼女との, 書いて, 月子が, 月子と, 次郎が, 段六と, 私との, 美奈子は, 自分とは, 虎吉は, 逢ひ, 顔を

1 [265件] いい妹, いっちゃあ, おさる, おそく迄, おなじよう, おはつ, お喋りを, お徳, お恭ちゃん, お才, お豊, お通, くると, こうした会話, こんな話, しじゅう賭場, しようか, せまい階段, そうしてお, そうして萩野, そして藤, その一錢蒸氣, その友人, その弟分, その従兄, その若い, その配下, つけましたが, つけ皆んな, であった, なったの, のむ, ふたりし, ふたりの, ふるへる腕, ほぼ同時に身体, もうします, やす子が, やす子の, やらいう江戸名代, アアちゃんと, アカ子と, イチヤイチヤされ, カルタとっ, クリヴォフと, ケチな, セレナ夫人とが, セレナ夫人にも, チヨ子と, チヨ子とは, チヨ子に, チヨ子を, チロそれだけ, チロとを, ロビーで, 一つ畳に, 一日半ノンダクレた, 一郎は, 三つちがい, 下男の, 丑松の, 丹波丹六は, 久々に, 久我鎮子は, 乙姫の, 乙姫様が, 乾雲を, 二人ぎりでゆっくり話す, 二人の, 二寸ほどしか, 二郎と, 云うぼんち, 云う子, 云う少し, 云った, 云つた, 云つてやはり, 云つて十五に, 五ツと, 京子さんの, 人交え, 人交へも, 代ったの, 何の, 做ばれた, 兄弟弟子と, 光吉と, 光吉の, 光吉は, 入れ替はらせるから, 八五郎は, 八五郎を, 共々に, 共同生活まで, 共同生活を, 共謀し, 再婚した, 出会ったこと, 別れた, 別れたいの, 別れた貧乏神, 別家片桐衛門とが, 別離の, 動物園へ, 口を, 右衛門と, 右馬介とは, 右馬介の, 同じい, 同じく琉球, 同じほど, 同じよう, 同じ下宿, 同じ年, 同じ部屋, 同室浪の, 名づけた, 名づけ鍾愛此上, 名のられた, 名乗ったので, 名付けられた, 名指して, 呑んだくれの, 呼ばれて, 呼ばれるよう, 呼びかえて, 呼びならわして, 呼ぶ愛くるしい, 呼ぶ番犬, 呼ぶ自然児, 和泉守を, 咲が, 咲枝の, 喧嘩次郎兵衛の, 塙三郎丸の, 塙三郎丸は, 大原右之助でなけれ, 大阪の, 大鵬の, 女の, 女中とが, 好い仲, 妹の, 婆やとの, 宝沢との, 家でも, 寿江が, 小僧の, 小野塚伊織こと男装の, 小頭と, 少年とに, 島抜け法印宿屋の, 巾着切の, 師匠の, 平凡な, 弁護士との, 弓之助との, 弥生の, 彼女の, 応対し, 念者, 思いくらべて, 戦うの, 手品使いの, 技を, 提琴との, 改名させ, 敬称する, 新助, 星田さんに, 春生は, 晃二の, 曰ひ, 月子にも, 月子は, 有吉光也が, 朝一緒に, 朝枝そして, 末子との, 朱実の, 杖曳いた, 次郎とに, 母が, 母の, 法印も, 滝三, 片耳を, 犬丸いのちを, 猫間犬丸の, 猿曳の, 田宮善助が, 申したもの, 申して, 申しまして, 申します, 申しまする, 申す奴, 申す男, 申す者, 申す通常, 申せども, 番太郎くらいの, 番太郎の, 番頭の, 目を, 目白に, 睨みを, 知ったの, 知り合いじゃ, 私とは, 稱へ, 稽古台に, 答えて, 約束を, 組み打ちを, 結婚し, 腕を, 自分が, 自分の, 色が, 花ちゃんの, 菊之丞, 萩野と, 表札の, 見わけ, 言います太郎, 言うたの, 言うて, 言う中年, 言う盗賊, 言つた, 言つて居ります, 言は, 言はれた, 言われた怪盗珊五郎, 言われた男, 言われる曲者, 話すの, 認めたとは, 誤認した, 諷わ, 謳われて, 貞任との, 貴島の, 賢之, 赤崎才市の, 連れ立って, 遊ばうと, 遊び国男, 遊ぶ, 遊ぼうと, 違い老人, 違うところ, 避けもか, 酒間の, 銀座で, 雪の, 雪二郎が, 雪二郎がの, 雪二郎の, 雪二郎は, 髯の, 魚住との, 鶏娘と, 麻雀

▼ 太郎さん~ (350, 3.7%)

75 の顔 4 がいいました, のお, のこと, は目 3 が好き, のところ, の夢, の方, は何時も, は私

2 [24件] が, だ, とお, と二人, と花子さん, と誠さん, にお, には配偶, によく, の姉さん, の家, の村, の表情, はお, はお母さん, はお父さん, はそれ, はまだ, は何, は毛布, もそこ, もその, を見, 許さ行くで

1 [256件] お城, か, からなんとか, から次, から聞いた, がいひます, がお, がかんしゃく, がき, がこんな, がその, がどんな, がまだ, がメソメソ, がレコード, が云われた, が使っ, が入, が写し, が危, が嚼まない, が家出, が左利, が手伝, が撒いた, が教えました, が来れ, が死にました, が毎晩朝田屋, が泣いちゃった, が生れる, が相, が立っ, が能, が見つかっ, が見つかる, が話し, が迎, が遊ん, が門, が高い, が黒瀬格一さん, くらいに, くらいの子, その寄場, その時, そんなこと, そんなに男, だって碌, だと, だよ, てば, である, でした, でも, で土曜日, で無きや, という, というあの, というの, という息子, という百姓, といっ, といっしょ, とおばあさん, とかいう人, とそれだけ, とは, ともよく, とを同列, と一緒, と千代子さん, と呼ん, と太郎さん, と姉さま, と小僧, と手, と次郎さん, と目, と私, と私ども, と話し合っ, と錢形, などの樣, なのね, なんかと断られ, なんぞ, にお願い, にくれる, にし, にその, にたのむ, にたのん, には色々, にふと, にまで縄目, にもよい, にわざわざ, に会った, に伺ひたい, に出馬, に刈っ, に同情, に向, に後で, に来, に殺され, に氣, に聞いた, に言いました, に頼ん, に馬, の, のあと, のうわ, のおっかさん, のお父さん, のお話し, のせい, のたま, のもの, のよう, の一人娘, の中, の事務所, の仕事, の代り, の先生, の大成学館, の安らか, の小さい, の後, の恋愛, の息, の悪い, の愛人, の慌ただしい, の本, の気持, の泣き声, の海, の独楽, の白猫, の百姓姿, の研数学館, の紅い, の細君, の背中, の若々しい, の蔵する, の話, の請, の身代, の達磨, の酔った, の頭, はいつ, はいひました, はうまいうまい, はきかず, はきつ, はこう, はここ, はさつき, はしじゅう, はそれほど, はどう, はどこ, はなぜ, はねむ, はねむった, はひどい, はびつくり, はもう, はやくお呼び, はよくよく, はクレヨン, はシクシク, は一番, は七つ, は云, は今, は今日, は他, は元気, は喜ぶまい, は夢, は大, は好い, は寝ぼけ, は寝床, は尋ねました, は尚, は強い, は弾丸, は急, は恥, は悪かっ, は憤っ, は成人, は抱きつい, は昨日, は昨日先生, は朝田屋, は武士, は犬, は眠つたの, は紙, は背負, は舌打ち, は若い, は蓮台寺野, は親孝行, は起き上っ, は鎮守さま, は顔, は飛び起きます, ばかり面白い, へはお金, もあのお, もお呼び, もさぞ, もすこし, もみんな, も一緒, も丁度, も二郎さん, も何, も千代子さん, も心強かろ, も旅, も賛成, も道, よう来, をお, をみがきたて, をジロジロ, をロボット, を介し, を入れる, を呼ん, を探し, を斬り, を旦那衆, を死なせ, を殺し, を眺め, を縁, を訪れ, を誘つてごらん, を起し, を追いかけ, を飼つて, を馬鹿, 早く逃げ, 驚いたでしょう

▼ 太郎~ (289, 3.0%)

3 さすがに, チヨ子も, 殺されて, 皆様の

2 [19件] お滝, すぐに, それには, それを, なつかしそう, 一緒に, 取る年, 吃驚した, 名物の, 困りました, 思案に, 手を, 月子も, 笑ひ, 続いて, 自分の, 花吹雪の, 遠くから, 重三郎も

1 [239件] あえてそれ, あきらめて, いい戦, いい男, いささか剣, いた, いつの間にか眠り, うるんだ眼瞼, おじいさんも, おじぎし, おそらくあの, おどろきました, おもしろくなりました, おもわずのりだした, お葉, お豊, お辞儀を, お通, かぜ引で, きっとそれ, こうして勉強, こう聞かれる, ことし十八, この男, これに, これは, さだめしうれしい, しばらく黙っ, じれた, すぐそれ, すぐ手, すこし降参った, すっかりその, すでに四年, すんでの, せいぜい働きます, そう易々, そう考えました, そのうち, その卵, その妹, その有名, その見解, その跡, その障子, その音, それで, それや, ただ自分, たのしみに, だまって, ちょいと, つい怒れなくなった, つい釣り込まれ, つき合う気, つづいて, つよいたち, とうとう声, どっかで, なかなか素人離れ, なんだか寂しい, はらわたから, ほかの, ぼんやりたたずん, またお, またここ, またその, また何処, また妹, まだチャン, まだ中学, まだ帰らぬ, むっとし, もう以前, もう前髪, もう四歳, やはり気, ようやくその, よく解らない, わるくない, シクシク泣い, ドキン, ハッキリと, ピストルを, 一つ受取つて秋の, 一人, 一目師の, 一眠りし, 一種の, 上って, 不思議でたまりませんでした, 丑松も, 二人の, 二千両という, 二千兩といふ, 今では, 今まで, 今日から, 今日は, 仕方なし, 伊織も, 休みで, 何か, 侮りがたい, 僕も, 元気でいた, 入って, 全力だった, 共に驚いた, 其一人で, 再び不審, 冗談半分に, 初めて見た, 初めの, 加えた三人づれで, 加えて, 勉強し, 十二の, 十八歳, 十歳の, 口もとへ, 可愛いと, 同じ室, 同じ宿, 同行する, 名乗りを, 喚いた, 壺入の, 変な, 夢では, 大きくなっ, 大きな眼, 大喜び, 夫, 妻君も, 安堵し, 安心した, 完全な, 富永も, 小僧の, 小次郎も, 少しむっとした, 尻もちつい, 帰って, 帽子が, 幼稚園に, 弁護士も, 引き入れられるよう, 引つけられるよう, 弥生とともに, 強く反抗, 待機し, 後に, 後れないよう, 微笑する, 急変に, 怪しくなる, 悄ンぼり, 悪たれを, 悲観せざる, 情なく彼女, 手持ち不, 政七も, 敢えてそれ, 時々つい, 本来あまり口を, 来いや, 栄螺の, 楠木正成も, 此まで, 此二三日は, 此頃ハ丈夫に, 死んだ, 気がつかないから, 決していい, 決して廃, 法印も, 泣き声出し, 満足そうに, 滾した, 無碍には, 無論その, 煮え湯へ, 猪之, 猫間犬丸も, 猶予なく, 白い息, 直ぐ賛成, 眼を, 知りませんでしたから, 私と, 私も, 立止り覗い, 笑いながら, 笑って, 老人に, 考えました, 肩から, 自分一身の, 花子も, 花街に, 苦笑した, 茫然と, 藁草履を, 虎吉の, 行きがかり上そうです, 裏淋しい, 西へ, 見たところ, 見つけた, 見惚れて, 覗くよう, 親父が, 言った, 跳ね起き相手, 返事を, 追った, 連れて, 道中耳に, 部屋の, 部屋を, 采女も, 鏡丹波も, 閉口し, 雪子も, 面白く成っ, 頓挫した, 頭脳が, 顔の, 食堂の, 館を, 馬車から, 駆けだし息, 駈出して, 驚きお, 驚き慌て, 鬼とは, 黄金の, 黙って

▼ 太郎~ (287, 3.0%)

7 向って 4 取っては 3 なつた, 別れて, 取って, 手紙で

2 [13件] 与えたの, 兄の, 向つて言, 命中したらしい, 次郎に, 沙汰する, 渡さうと, 誘はれて, 調戯だした, 貸付の, 逢て, 連れられて, 頼まれて

1 [238件] あったの, あったら必死, あっては, あやかったわけ, あんな残酷, いどまれるの, うつすの, おいい, お初の, お歌は, お母さんが, かして, かなうもの, からかわれて, くれました, こういう質問, ここから, このこと, こまごまと, ござります, さう云つて, ささやきました, しっかりしろ, して, してからが, しては, しても, しろろ半, すけて, そう注意, それが, たずねた, たちまち自分, たのんで, だまされたの, ちっとお願い, ちょっと会釈, つれられて, ですらもね, とつて, どういうこと, どなられて, どの家, どんな信頼, なって, なら何, なりきつ, なり女, なるの, なる気, のみ許されたる独壇場, はしかと, ぶちまけたので, ぶつかつ, へばり付き, ほめられたと, みごとな, もちと, もの申す, よく似る, よると, わかりにくかろ, わかるはず, エルサレムの, コチラへ, フクチャンの, ラツパを, 一梃の, 一緒に, 万一の, 与えた, 与えるだけ, 乗りうつり, 乗る人, 二反七畝ほどの, 云ひふくめた, 井戸の, 付いて, 代って, 会うたび, 会わせて, 似て, 促されて, 傍らの, 傾いたと, 再会した, 出会うかも, 分った, 分らせようと, 加勢し, 劣るところ, 助けて, 勝るもの, 勧めたとは, 勧められるまでも, 勧め伯父, 取りつぐの, 取次ぎましたが, 合図を, 合圖を, 向い, 向い伯父, 向けて, 向つて, 向つて挑戦, 告げた, 告げたの, 呼出されたつもり, 命じて, 問糺し, 因んだ長寿そば, 好意を, 嫁した, 宛てた手紙, 就いて, 山鹿との, 師匠を, 広い茶, 引きかへて, 弱い尻, 張り合って, 当った拍子, 手紙かい, 手紙を, 手鏡を, 扮した, 批評させる, 投げ任せたまま直ぐ, 投げ込んだの, 折らせた新しい, 抱かれたまま, 抱き起されながら, 押し付け嫌應言, 持たせて, 持って, 指環を, 掴みかかるの, 支払って, 教えた陶器師, 教えて, 敵名乗を, 斬らせたの, 月子という, 棄てられたこと, 椅子を, 楽な, 横蔵と, 殺されたには, 殺剣乱跳, 比べて, 気がついたかの, 気骨稜々たる, 浅香を, 渡した, 渡したん, 片手つかまられ, 甚だ親しい, 生れて, 疑ひを, 皿は, 目礼し, 相違ない, 相違なかっ, 知らせたならさぞ, 知れた話, 短いお, 確と, 礼を, 私が, 立ち向って, 笑顔を, 答えたが, 紛れなき由, 組みふせらる, 絡むの, 縋り付きました, 繪筆を, 罪が, 罪でも, 罪の, 罪は, 聞きたいと, 腰繩を, 自分の, 舁夫の, 舌打ちさせる, 萬一の, 落ちるで, 血を, 見せると, 見付かつ, 言いました, 言い捨てて, 言った, 言はせる, 言わせると, 言わせれば, 訊けば, 話さないやう, 話したもの, 話したらそれ, 話した事, 話そうかと, 詳しい話, 誘われて, 語り聞かせた, 説明され, 説附け, 読んで, 譲つた, 譲つて分家した, 豊雄に, 負かされた妖術使い, 負けたの, 負けないほどの, 返して, 返辞は, 追いつこう, 追いつめられて, 通じいるゆえ, 逢う事, 逢った侍, 逢つては, 逢つて訊ける, 逢来りし, 酌を, 間違いも, 間違ひ, 間違ひない, 関係の, 附会し, 限らず子供, 雪球が, 非ずして, 鞄を, 須永という, 頼むまでも, 飛びかかった

▼ 太郎~ (121, 1.3%)

2 と近藤老人, の談, はさすが, は何, は思わず

1 [111件] から, から電話, が, がいいかける, がはいっ, が傍, が大声, が封, が早朝, が東京駅, が灸, が發表, が経済問題, が苦笑, が葬儀委員長, が預かっ, その人, であり時報, で立会検事, と壮一君, と時々, と犯罪現場, と老人, と話, などの禁酒運動, などはあの, にちがい, にはもとより, に届ける, に渡し, に近づい, に違い, の, のうめく, のところ, のは際立つ, のむすこさん, のよう, のカツト木版, の事, の伝道日記, の半生, の口, の右手, の執筆, の報, の外務大臣たる, の如き, の心臓, の手, の時間, の書斎, の案内, の死後, の皮肉, の相撲雑記, の秘書, の紹介状, の臨終, の芸, の計, の詩集, の談話, の邸宅, の門, の顔, は, はあきれた, はあまり, はおこる, はお化け, はがん, はこわい, はさも, はすぐさま, はすっかり, はたまり兼ね, はびっくり, はほとんど, はまた, はもう, はやおら, はハッ, はピストル, は一ツ橋大学, は中毒, は九時二分過ぎ, は今朝あたり, は以前, は勝ち, は博士, は只今, は大きな, は如何なる, は小林, は少し, は左, は忽ち, は現在, は磯吉親分, は笑い, は言, もいそい, や市, や支配人, をはじめ, を殺し, を神様, を英語ふう, 其の他多数, 満鉄

▼ 太郎という~ (111, 1.2%)

8 のは 7 人が 4 のが 3 武士が, 馬鹿な 2 ひとの, んだ, 男の, 男は, 者が

1 [76件] あの童弟子, お人, お化け野郎まで, お子, かれの, どうやら窩人, のか, のでございます, のと, のに, ものだ, ものであった, ものを, もんで, りょうし, んでしょう, ウチで, ナラズもんだ, 一人の, 乱世時代からの, 二十一に, 二十二三の, 人の, 僕童は, 先例が, 利根の, 勇士龍之, 十七歳の, 古顔の, 名から, 名が, 名の, 名まえ, 名を, 名ヌーとして, 名乗りも, 名乗りを, 名前で, 名前も, 声が, 変り種が, 女郎屋の, 子でした, 子を, 子供が, 小僧ひとりを, 少年の, 弟子が, 御方は, 手品師は, 手妻使いの, 文士が, 旅役者と, 曲者まことに, 有名な, 浪人崩れの, 浪人者だ, 浪人者は, 海賊船の, 男である, 男の子が, 男の子を, 男を, 男秩父香具師の, 盗賊に, 看板を, 立派な, 者です, 観念は, 誠に気丈, 豪の, 軍人の, 邪魔者を, 郷土的な, 長男が, 青年が

▼ 太郎には~ (106, 1.1%)

2 孫が, 繼母の

1 [102件] あたらないで, あの名高い, あまりに明らか, お信, お萱, このわずか, この小家, この御籤, この挙動, この申し出, これだけの, さっぱりわけ, すべてを, そう見えた, そこの, その人柄, その剥製, その意味, その輪廓, それの, それも, そんなもの, そんな暗い, ちっとも出来ない, ちょっと判断, とかくの, とてもその, なぜこの, まさしくその, またたまらない, また癪, まるでわからない, まるで判断, まるで想像, みな感興に, よくと, よく手土産, よく解った, わが青春, わけて, 一切が, 不思議であった, 乗馬と, 他に, 何うし, 何か, 何という, 何よりも, 何んの, 何故そうも, 何故祖母, 何故近頃急, 偶然な, 全く変, 分りません, 勇の, 叔母に, 四十代だろう, 四枚入るだろう, 大へん愉快, 姉に, 察しられて, 彼の, 彼は, 心外道人の, 快かった, 悲しく思われた, 意外な, 憎らしくて, 気づかなかったらしく肩, 気に, 無論想像, 物言ひ, 物足らなかった, 犬好きな, 珍しくおもしろく思われました, 珍らしい, 田舎娘に, 疑われた, 眼の, 知りたかったの, 私は, 答えないで, 素直に, 継母の, 老成と, 考えられない, 興味も, 萩原の, 見せません, 解釈された, 話の, 車の, 軽蔑の, 迚も, 迷信が, 都合が, 間違いござらぬ, 随分意外, 飛付き兼ねました, 馬鈴薯や, 騙された自分

▼ 太郎~ (106, 1.1%)

32 に與, の, の方, の話, は我

1 [93件] いらっしゃい, から差入れ, から金吾老人, が, がいない, がしよう, が不審, が十五, が友人, が姉上, が建てた, が放し, が楢木立, が横合, が氷上, が私, が貝, が述べたてた, が鱶, ぜひあの, だ, だの小泉信三君, であった, です, で同君, とがそんな, とは三四日, とジョン, と三人, と会つた, と私, と筆太, に, にそう, によつてわれわれ, に別れ, に聞く, に逢, に逢い, に連れられ, のいう, のこと, の両君, の何と, の出馬, の名著, の好意, の家, の招かる, の生命, の考, の詳述, はいませんでした, はいよ, はお父さん, はきつ, はすぐさう感じました, はそう, はその後お父さん以上, はそれ, ははツ, はまだ, はむき出し, はわツ, は一人前, は不思議さうに, は初めて, は厚い, は又もや, は多少, は小道, は心, は既に, は気絶, は無我夢中, は珍しい, は生面, は目, は真珠貝, は私, は自分, は船板, は蛸, は遠から, もさそおうで, も大, や久保田万太郎君, をはじめ, を殺した, を見, を訪ね, を起し, を載せる

▼ 太郎右衛門~ (55, 0.6%)

2 の家

1 [53件] がどうして, が伊作, が受取らなけれ, が子供, が峠, が拾い上げ, が朝太郎, が本城, が言う, が読んだ, が順次, で自分, という三人, とて御徒頭, と一緒, と云, と太郎右衛門, と朝太郎, には五枚, にも見せました, に向っ, に渡しました, に言いました, に言います, に言い含め, のお, のところ, の三人, の娘, はお, はその, はそれ, は一度, は今, は叫びました, は子供, は庄屋, は拾った, は朝, は根, は眼, は笑い, は言いました, は間抜, は附け足し, は高い, も吃驚, も土木工事, も大きな, も太郎右衛門, も顔, を助ける, を見る

▼ 太郎~ (54, 0.6%)

5 次郎 3 次郎は 2 次郎の

1 [44件] ああちゃん, あー, おじさんを, お前も, お月さま, くわしくお, その女性, ほかの, ヘナチヨコ鐵砲, リップバン, 万年町の, 丑松や, 仲光を, 伊之助が, 何んだ, 何処か, 健之助が, 健坊が, 健坊を, 光吉の, 厩中間上がりの, 喜蔵などが, 喜蔵に, 喜蔵の, 太郎や, 好い児, 妾には, 妾の, 妾は, 岡村千秋が, 岩田の, 常吉や, 平尾を, 政七へも, 春團治の, 未来の, 次郎に, 水を, 泣き男, 父の, 英吉や, 赤坊が, 長三郎の, 頭領赤格子九郎右衛門や

▼ 太郎兵衛~ (48, 0.5%)

3 の娘 2 の女房

1 [43件] から, がワラ, が何, が入牢, が失火, が女房, が娘, が子供, が持っ, が沖船頭, であるかも, でさえむずかしい, というもの, という商人, という者, という豪奢, と申す, に, に渡った, に言う, のうわさ, のやつ, のよう, の事, の入牢, の公事, の刑, の始め, の娘両人, の子, の子供, の家族, の茶席, の運命, はかしこまった, はすぐ, はそれ, は明日, は船乗り, もある, よ杢十, 御願い, 転んだに

▼ 太郎から~ (46, 0.5%)

2 見ると, 預って

1 [42件] いえば, おぬ, お信, お通, ことづかった手紙, これまでの, それを, たずねた, ふた跳び, もらった薬, 一間ばかりの, 云うと, 云えば, 今日まで, 宝塚まわりを, 手紙で, 手紙よ, 承って, 承つて, 斯くとの, 普通以上の, 本式の, 来た手紙, 江戸川乱歩の, 渡されたカンテラ, 渡された金, 男一人前の, 紙帳武士の, 耳よりの, 聞いたらいい, 聞いて, 聞き覚えたと, 自分の, 見た沢庵, 見れば, 言い出したこと, 貰ったものの, 輸入した, 金庫の, 離さずに, 雪之, 預かった女賊お初

▼ 太郎といふ~ (37, 0.4%)

7 子も 3 のは 2 のが, 人が, 人は

1 [21件] のを, やうな, 人に, 人の, 人物が, 先生は, 名前である, 噺家が, 子供が, 少年潜水夫が, 居候は, 拔目の, 植木職人の, 湯島の, 漂輕な, 熊坂長範の, 男の, 男は, 盜賊に, 若いの, 通名にな

▼ 太郎とは~ (36, 0.4%)

2 人込みの, 俺の

1 [32件] あの黒犬, いつも喧嘩, お前だ, お前だった, この俺, さっき女中の, しゅうしゅうたる, その社前, ちがって, なお村, べつに小走り, ドーランを, 三津五郎にとっては, 互に手, 五十鈴川の, 五年ほど, 伊豆行です, 例によって, 全く別, 再び相, 厭でも, 城壁の, 小梅廃寺での, 役向きの, 従弟に, 此老人の, 比べものにも, 汝と, 生い立ちや, 遠い縁続き, 遠い縁續きだつた相, 顔を

▼ 太郎にも~ (30, 0.3%)

1 [30件] あったの, お照, この断り方, ないもの, なんとなく解っ, ふと気がついた, ほぼ見当, またそれだけ, わかりませんでした, 不思議な, 事の, 会えなかったので, 伝わって, 分らなかった, 同様落胆したらしい, 名乗りが, 弱いお, 思えたので, 想像された, 或点, 支配する, 末子にも, 武蔵の, 決心は, 滅多な, 紹介した, 絶対の, 総理大臣の, 美奈子にも, 覚えの

▼ 太郎~ (29, 0.3%)

1 [29件] か, がそれ, が寝室, が江島屋, が珍しく, が私, で御座います, というよう, とおっしゃっ, とも言, とやらこれ, と伸子さん, と書く, のとき, のほか, の眼, の身辺, はまだ, は亡くなった, は虫, へ, への朝, まで, を, をお, を犬, を追い出そう, 御安祥, 御最期

▼ 太郎高氏~ (29, 0.3%)

2 です

1 [27件] か, がこれ, が元服報告, が足利一族, ご自身, だろう, といいまする, とはどうして, ともある, と知っ, にお, にご, にちがい, にて候わん, にはなお, のおも, のこと, のほか, の再生, の初志, の忍び遍歴, の父, の額, はおよそ, はさげすみ, をこころみた, を都

▼ 太郎兵衞~ (26, 0.3%)

2 の女房, の娘

1 [22件] がうまい, が入牢, が女房, が娘, が子供, が沖船頭, と云, に渡つた金高, に言, の事, の入牢, の公事, の刑, の始, の娘兩人, の子, の子供, の家族, の運命, はそれ, は明日, は船乘

▼ 太郎冠者~ (26, 0.3%)

2 あるか, がくすねた, がその, のよう, を供

1 [16件] おじゃるかや, がいる, がどうのこうの, が待つ, が盃, が酒, が鬼, というやつ, と相当, どころか次郎冠者, に申しつけ, のやう, はその, はゐなかった, も見る, よな

▼ 太郎~ (25, 0.3%)

5 あつた

1 [20件] いこう, お待ち下さいまし, ごぜえます, さえ, せう, その南京豆, はございませぬ, はない, もなけれ, やるの, 久しぶりに, 呼んで, 商売を, 尻もちつい, 楫柄を, 私の, 自分が, 自分の, 遠州見附, 闇さは

▼ 太郎~ (22, 0.2%)

2 つたのです, よ

1 [18件] がこの, し一時, ぜ, ぞ, つた子は, つてこれが, つて鬼神では, と, といい, という, としてもあの, と云う, と人, と名乗り, なと沢庵, なんて言, ね, のの

▼ 太郎親方~ (19, 0.2%)

1 [19件] が, がお, がお前, が自分, でございます, でございますか, という恐ろしい, と忰, にお礼, に口添え, のお, のお蔭, のところ, の処, の方, も万年町, も様子, も貴方, や重三郎

▼ 太郎~ (17, 0.2%)

2 向って

1 [15件] いった呟きである, たどりつく, わがままに, 向い, 向き直った, 向けて, 囁いた, 宛てて, 我輩は, 手を, 渡した, 煮え湯を, 物々しい肩, 疑いを, 背を

▼ 太郎安国~ (17, 0.2%)

3 の鞘

1 [14件] が寂, が延べ, と坤竜丸, と奇妙, に大, のこじり, の鍛えた, はこの, をかざし, をしきりに, をたたきあげる, をひっつかん, を躍らせ, 流された左膳

▼ 太郎殿~ (17, 0.2%)

2 と書い, の手車

1 [13件] お解りです, が怪しい, では, という人, と下女, と呼ぼう, に随, の組手, はリセリウ街, は碁, また逢いましょう, を太郎左衛門尉, 参られて

▼ 太郎義信~ (16, 0.2%)

3 の隊

1 [13件] がこんど, が新手, などの一族, に自身, に間, の一隊, は時に, へ向け直し, まで数ヵ所, も時, も負傷, も軍, を主将

▼ 太郎馬車~ (15, 0.2%)

2 が南

1 [13件] か馬の背, があった, が今, が廃め, が泥, で夜, で新宅, と言, に乘, のやう, の名, の寂然, は送られ

▼ 太郎義家~ (14, 0.1%)

1 [14件] から三代め, から祖, が奥州征伐, が羽州鎮護, が龍頭, このかた密接, であります, でもその, と名のり, の姿, の家来, の軍旗, は兵法, や義経

▼ 太郎夫婦~ (13, 0.1%)

1 [13件] が平, と一緒, と下女一人, と囃子方, と玄正, に出, の名, の死, の玄正, の生涯, の部屋, も義兄玄正, を縛つて行つたの

▼ 太郎自身~ (13, 0.1%)

1 [13件] が城太郎, だった, であったが, でした, の不正, の画風, の眼, の筆, の面上, はけっして, もそれ, も危険, も破産

▼ 太郎~ (12, 0.1%)

2 への朝參 1 と仰し, には一ヶ月, はまだ, は亡くな, は名題, は奧方樣, は蟲, まで, を搜, を追

▼ 太郎稲荷~ (12, 0.1%)

5 の森 1 から始まる, がはやり出した, にも近けれ, のところ, の流行, の眷属, を押し出した

▼ 太郎~ (11, 0.1%)

2 縫子か 1 あ, え, お妙, それとも黄門公自身, どうか, やせと, やせ子, 直助, 藻西太郎が

▼ 太郎その~ (11, 0.1%)

2 人が 1 とき, ひとだった, ほか次作久助富五郎などという, 両親が, 人の, 夜は, 方には, 白い手首, 眼つきは

▼ 太郎とか~ (11, 0.1%)

2 言った 1 そんな人間, 入雲龍, 有吉光也とか, 森川信という, 王子の, 申した人猿め, 言ふ, 鐵五郎とかいふ, 頼政とかいう

▼ 太郎~ (11, 0.1%)

3 のか 2 のであった, んだ 1 の, のだ, ので, のよ

▼ 太郎一人~ (11, 0.1%)

1 [11件] が対手, だ老人, でありました, でありましたから, です, で弁護士, なんか負かし, のもの, の力, の有様, は海水着

▼ 太郎とが~ (10, 0.1%)

2 其の小料理屋 1 いた, 低声, 出て, 名も, 対座し, 睦まじく以前, 立つて, 饗宴の

▼ 太郎博士~ (10, 0.1%)

1 からの消息, がかほど, が所長, の今回, の研究発表, の言葉, の邸, は君自身, は新ら, もこの

▼ 太郎それ~ (9, 0.1%)

2 を聞く 1 がお前, に幇間芸者等, へ噛ん, をふむ, をチョッ, を見, を見る

▼ 太郎~ (9, 0.1%)

1 かお前, という者, という若者, の方, の次女, の次女錦, はなに, は悠々, は甲板

▼ 太郎少年~ (9, 0.1%)

1 が, と雇人, の心, の頭, はピヤノ, は奈良, は枕元, を脚, を見かけた

▼ 太郎お前~ (8, 0.1%)

1 あの娘, いったいお, が先, は母さん, は駕籠, ほんとにやる気, もまた, も手伝っ

▼ 太郎との~ (8, 0.1%)

1 たたかいに, 喧嘩に, 榮枯の, 物語は, 話, 部屋境に, 間に, 関係だ

▼ 太郎どの~ (8, 0.1%)

1 が一味, が其職人, それほどの, なぜ逃げる, にあっ, は, へとは書いてない, わすれたか

▼ 太郎~ (8, 0.1%)

3 次郎よ 2 わたしは 1 中津川方面へ, 君は, 袈裟太郎よ

▼ 太郎より~ (8, 0.1%)

2 外の, 弱い奴 1 わずかに, 七八歳ほども, 兄さんです, 遙かに

▼ 太郎信勝~ (8, 0.1%)

1 だの宿将真田昌幸, にさて, にわたした, の影身, はよほど, は孤影, は若年, へ

▼ 太郎これ~ (7, 0.1%)

2 はもう 1 にはいささか, まで母さま, も如法, も謹慎中, を知つて

▼ 太郎さま~ (7, 0.1%)

1 が御, さまるで, だった十代, とお, はきっと, はよく, へのご

▼ 太郎でも~ (7, 0.1%)

2 縫子でも 1 いて, いりゃあ, なし太田道灌, ノラクロ伍長でも, 島吉でも

▼ 太郎とも~ (7, 0.1%)

1 あるもの, いう馬鹿者, いえぬから, いわれる男, たずねて, 云われる人, 口も

▼ 太郎~ (7, 0.1%)

3 の上 2 の一軒家 1 の下, の林

▼ 太郎次郎~ (7, 0.1%)

1 という兄弟, と順番, に至っ, の兄弟, の日, は子供, を区別

▼ 太郎だけが~ (6, 0.1%)

1 ずっと進ん, それを, ふと不審, みしみしと, ヒョコヒョコ出かけ, 二人曳き

▼ 太郎って~ (6, 0.1%)

2 のは 1 いうど, のを, 云ってね, 者だ

▼ 太郎では~ (6, 0.1%)

2 ないか 1 あったけれど, ないが, 勿体ない, 喧嘩にも

▼ 太郎への~ (6, 0.1%)

1 あてつけだ, お手紙, ひなんと, 弔意を, 手紙を, 約束の

▼ 太郎~ (6, 0.1%)

1 が後, と自分, はわし, も果報者, を嘆い, 殺られおった

▼ 太郎~ (6, 0.1%)

3 の家臣 1 のその, の侍, の役

▼ 太郎左衞門~ (6, 0.1%)

1 が舟, が韮山, といふ剛勇, と云, の子, は

▼ 太郎あて~ (5, 0.1%)

2 に送金 1 にごく, に銀行, のもの

▼ 太郎~ (5, 0.1%)

1 みやさんに, 一人だ, 歸り, 身は, 鳥を

▼ 太郎そう~ (5, 0.1%)

1 じゃない, でないと, では, 猛らずに, 言って

▼ 太郎だけ~ (5, 0.1%)

1 だ晋太郎, でそれ, よその, 三人かい, 本当と

▼ 太郎だった~ (5, 0.1%)

2 のです 1 かもしれない, のには, 故田原藤太と

▼ 太郎~ (5, 0.1%)

2 やない 1 やありません, やが, やなし

▼ 太郎である~ (5, 0.1%)

1 から簡単, けれどもこれ, ことは, ことも, とは断定

▼ 太郎とかいう~ (5, 0.1%)

1 あだ名を, のが, ような, 子供が, 者が

▼ 太郎なら~ (5, 0.1%)

2 ば三日 1 ばそれ, ば源太, 玉手箱の

▼ 太郎なる~ (5, 0.1%)

2 者を 1 もの真偽の, 人は, 少年が

▼ 太郎まで~ (5, 0.1%)

2 生みましたが 1 しや, 御招待, 来て

▼ 太郎よく~ (5, 0.1%)

2 戻ったな 1 ぞ参った, 参った, 弥生の

▼ 太郎一家~ (5, 0.1%)

2 の者 1 が転げ込ん, を残し, を置去り

▼ 太郎冠者殿~ (5, 0.1%)

1 にからかわれる, には大名衆, は意地, まず一杯, よ遠慮

▼ 太郎あたり~ (4, 0.0%)

1 が老大家, でお待ち, の思想, をこの

▼ 太郎からの~ (4, 0.0%)

2 はがきを 1 影響で, 手紙には

▼ 太郎こそ~ (4, 0.0%)

1 この権門, この物語, まことにいい, 気が

▼ 太郎この~ (4, 0.0%)

1 地の, 夜帰らず, 夜歸らず, 頃お

▼ 太郎~ (4, 0.0%)

1 あん, あん大津太郎さ, どうした, はもう

▼ 太郎たち~ (4, 0.0%)

3 のよい 1 の事

▼ 太郎だけは~ (4, 0.0%)

1 この秘密, そうは, 惜しかったです, 父親に

▼ 太郎です~ (4, 0.0%)

21 が恐らく, わい

▼ 太郎とて~ (4, 0.0%)

1 いわば一心同体, 手の, 治部大輔無位の, 遠い昔

▼ 太郎どん~ (4, 0.0%)

2 の犬 1 からもらった, のところ

▼ 太郎など~ (4, 0.0%)

1 であった, 八十余騎を, 十余人に, 行き迷

▼ 太郎などは~ (4, 0.0%)

1 それである, 実に巧み, 自分釣棹を, 駄目

▼ 太郎に対して~ (4, 0.0%)

1 いえば, たくらんで, どんなに感謝, 不思議に

▼ 太郎よりも~ (4, 0.0%)

1 つと立派, 次郎の, 熱心で, 高くなった

▼ 太郎らしい~ (4, 0.0%)

2 のは 1 姿は, 逸話が

▼ 太郎主従~ (4, 0.0%)

1 に何, の影, は客殿, へ向っ

▼ 太郎~ (4, 0.0%)

1 ねたところ, は天魔太郎, は戸板, 輔の

▼ 太郎夫妻~ (4, 0.0%)

1 であった, にとっては意外千万, を訪ね, を訪問

▼ 太郎~ (4, 0.0%)

1 てふ, など, ヲ兄, 郎等第

▼ 太郎法師~ (4, 0.0%)

2 と言 1 と同じく, を高良明神

▼ 太郎泰清~ (4, 0.0%)

1 である, と名乗っ, は柳, は青

▼ 太郎老人~ (4, 0.0%)

2 はプンプン 1 が例, にも芸人

▼ 太郎あの~ (3, 0.0%)

1 お手紙, へんだろう, 友達の

▼ 太郎おまえ~ (3, 0.0%)

1 の腰, は裏木戸, や大蔵

▼ 太郎すっかり~ (3, 0.0%)

1 田舎言葉で, 眠って, 職人に

▼ 太郎だの~ (3, 0.0%)

1 ツて, 花村だの, 鯉かんだの

▼ 太郎ちゃん~ (3, 0.0%)

1 は何処, ももうすっかり, やお仙ちゃん

▼ 太郎であった~ (3, 0.0%)

1 が少し, が後に, のである

▼ 太郎とかいふ~ (3, 0.0%)

1 植木屋は, 若侍, 陰間の

▼ 太郎と共に~ (3, 0.0%)

1 白刃の, 起きて, 馬車を

▼ 太郎なぞ~ (3, 0.0%)

1 が心, の少壮有為, を連れ

▼ 太郎などと~ (3, 0.0%)

1 呼ばれそれ, 少しは, 称して

▼ 太郎などの~ (3, 0.0%)

1 手に, 重すぎる, 顔も

▼ 太郎なんか~ (3, 0.0%)

1 田舎で, 私も, 見たこと

▼ 太郎なんて~ (3, 0.0%)

1 つまらない名前, 厭です, 名前を

▼ 太郎にと~ (3, 0.0%)

3 つては

▼ 太郎にとって~ (3, 0.0%)

1 お信, すでに一種, 先生という

▼ 太郎~ (3, 0.0%)

1 の情慾, の新, は庄吉

▼ 太郎二郎三郎~ (3, 0.0%)

1 の三人, の顔かたち, を眼

▼ 太郎作どん~ (3, 0.0%)

1 てば, てば戻らつせ, には

▼ 太郎信義~ (3, 0.0%)

1 どの以下, は安田三郎, は次郎忠頼

▼ 太郎~ (3, 0.0%)

2 を抜いた 1 を振廻し

▼ 太郎右衛門夫婦~ (3, 0.0%)

1 に残されました, の子供, は大きな

▼ 太郎吉三五郎~ (3, 0.0%)

3 など内々

▼ 太郎同様~ (3, 0.0%)

2 に要領 1 この権門

▼ 太郎時代~ (3, 0.0%)

1 からの傅人, の写真, の昔

▼ 太郎時宗~ (3, 0.0%)

1 などの名主, に帰すべきで, をし

▼ 太郎月子~ (3, 0.0%)

1 と四人づれ, の兄妹, 少しは

▼ 太郎次郎三郎~ (3, 0.0%)

1 といったよう, などと言う, の三人

▼ 太郎稲荷入谷金杉あたり~ (3, 0.0%)

3 の人家

▼ 太郎親分~ (3, 0.0%)

2 のところ 1

▼ 太郎~ (3, 0.0%)

1 のね, は一日, は米運び

▼ 太郎重長~ (3, 0.0%)

1 であります, などの平家勢, は八ヶ国

▼ 太郎~ (3, 0.0%)

3 之丞

▼ 太郎~ (3, 0.0%)

1 尚が, 尚の, 尚は

▼ 太郎ああ~ (2, 0.0%)

1 ちゃん, ちゃんと赤コチャン

▼ 太郎いまだ~ (2, 0.0%)

1 冠せず, 病みしまま

▼ 太郎いよいよ~ (2, 0.0%)

1 おくれたと, 先代写しに

▼ 太郎お世話~ (2, 0.0%)

2 になります

▼ 太郎ここ~ (2, 0.0%)

1 で大久保彦左ヱ門, を通り

▼ 太郎さあ~ (2, 0.0%)

1 よ, 私が

▼ 太郎さま宅さ用~ (2, 0.0%)

2 あつて

▼ 太郎さんヒー太郎さんルー太郎さん~ (2, 0.0%)

1 もさぞ, をお

▼ 太郎さんルー太郎さん~ (2, 0.0%)

1 もさぞ, をお

▼ 太郎さん妾~ (2, 0.0%)

1 が萩原, にお

▼ 太郎さア~ (2, 0.0%)

2

▼ 太郎じゃ~ (2, 0.0%)

1 と, ないよ

▼ 太郎そっくり~ (2, 0.0%)

1 じゃねえ, だ

▼ 太郎たった~ (2, 0.0%)

1 ひとりを, 一人でしょう

▼ 太郎てえ~ (2, 0.0%)

2 のは

▼ 太郎であろう~ (2, 0.0%)

1 とは栄三郎, 五歳くらいに

▼ 太郎でない~ (2, 0.0%)

2 ことは

▼ 太郎として~ (2, 0.0%)

1 ある, 湊で

▼ 太郎とともに~ (2, 0.0%)

1 上海へ, 深川の

▼ 太郎とへ~ (2, 0.0%)

1 云った, 云ったの

▼ 太郎とを~ (2, 0.0%)

1 ひきついで, 連れた楠木正成

▼ 太郎などという~ (2, 0.0%)

1 ゲテものは, 変り種まで

▼ 太郎なども~ (2, 0.0%)

1 居って, 江戸時代の

▼ 太郎なに~ (2, 0.0%)

1 見たと, 見た太郎

▼ 太郎なんかの~ (2, 0.0%)

1 ためには, 生活気分にも

▼ 太郎について~ (2, 0.0%)

1 来た, 歩いて

▼ 太郎については~ (2, 0.0%)

1 心当りが, 非常に

▼ 太郎にな~ (2, 0.0%)

1 つた子が, つて西天を

▼ 太郎にまで~ (2, 0.0%)

1 なったこと, 隠して

▼ 太郎はも~ (2, 0.0%)

1 いちど泣き直したい, うたいくつし

▼ 太郎はん~ (2, 0.0%)

1 と代りました, と相棒

▼ 太郎~ (2, 0.0%)

2 ぢか

▼ 太郎びいき~ (2, 0.0%)

1 でとかく, の婆

▼ 太郎ほど~ (2, 0.0%)

1 厚かましくは, 喫驚した

▼ 太郎までが~ (2, 0.0%)

1 いつのまにか年, そこの

▼ 太郎みたい~ (2, 0.0%)

1 にぼうっと, に変名変名

▼ 太郎ムッ~ (2, 0.0%)

2 クリ起きる

▼ 太郎一代記~ (2, 0.0%)

1 の絵草紙, を神主

▼ 太郎一味~ (2, 0.0%)

2 には若く

▼ 太郎三郎川~ (2, 0.0%)

2 に日

▼ 太郎二三十本~ (2, 0.0%)

1 かけ並べた白刃, かけ並べた白刄

▼ 太郎二人~ (2, 0.0%)

1 とも身, の背中

▼ 太郎~ (2, 0.0%)

1 と同じく, のこと

▼ 太郎以上~ (2, 0.0%)

1 である, に心

▼ 太郎以外~ (2, 0.0%)

1 にたった, の家族

▼ 太郎伊達次郎~ (2, 0.0%)

1 というの, などと云う

▼ 太郎~ (2, 0.0%)

1 が動機, を見出した

▼ 太郎何だ~ (2, 0.0%)

2 い人

▼ 太郎~ (2, 0.0%)

1 の, のところ

▼ 太郎作どん家~ (2, 0.0%)

2

▼ 太郎作家~ (2, 0.0%)

1 の鶏, の鼬

▼ 太郎~ (2, 0.0%)

1 の吉原, の堅気

▼ 太郎信勝さま~ (2, 0.0%)

1 まで一きわ, よりお

▼ 太郎信義たち~ (2, 0.0%)

1 の行動, は葭

▼ 太郎~ (2, 0.0%)

1 が帰長, はいま抱火矢

▼ 太郎先生~ (2, 0.0%)

1 がある, について人形つくり

▼ 太郎入口~ (2, 0.0%)

1 から飛び出そう, の戸

▼ 太郎入道~ (2, 0.0%)

1 という者, へなり申し遣っ

▼ 太郎千束~ (2, 0.0%)

1 の稲吉, の稲吉達

▼ 太郎右衞門~ (2, 0.0%)

1 は何しろ, は本庄村最大

▼ 太郎~ (2, 0.0%)

1 とひたすら, よもつとも

▼ 太郎太刀~ (2, 0.0%)

1 だ, を

▼ 太郎太郎~ (2, 0.0%)

1 ともいえぬ, と呼ん

▼ 太郎失踪~ (2, 0.0%)

2 の直接

▼ 太郎~ (2, 0.0%)

1 房の, 秀も

▼ 太郎平野義太郎小林良正等~ (2, 0.0%)

2 の有力

▼ 太郎弓かけ~ (2, 0.0%)

2 の松

▼ 太郎~ (2, 0.0%)

1 はどこ, は何處

▼ 太郎~ (2, 0.0%)

1 悪物語, 悪物語十冊もの

▼ 太郎~ (2, 0.0%)

1 がない, の名

▼ 太郎~ (2, 0.0%)

1 師様, 師様と

▼ 太郎御前~ (2, 0.0%)

1 はベースボール, はベースボール許

▼ 太郎御用~ (2, 0.0%)

1 だ, と言った

▼ 太郎抜身~ (2, 0.0%)

2 をすかし

▼ 太郎教授~ (2, 0.0%)

1 と懇意, を持ち出した

▼ 太郎本人~ (2, 0.0%)

2 でなければ

▼ 太郎来る~ (2, 0.0%)

1 もっと彼等, 十月大阪の

▼ 太郎氏等~ (2, 0.0%)

1 の文学, の諸

▼ 太郎~ (2, 0.0%)

1 の殘, の池掛り

▼ 太郎流れた~ (2, 0.0%)

2 刀の

▼ 太郎源助夫婦~ (2, 0.0%)

2 お銀

▼ 太郎畜生~ (2, 0.0%)

2

▼ 太郎目黒~ (2, 0.0%)

2 の在

▼ 太郎~ (2, 0.0%)

2 もまじろがず

▼ 太郎立っ~ (2, 0.0%)

2 て板の間

▼ 太郎続い~ (2, 0.0%)

1 て同じく, て四郎

▼ 太郎~ (2, 0.0%)

1 がこの, のため

▼ 太郎草角力~ (2, 0.0%)

1 の関取, の關取

▼ 太郎荒象園~ (2, 0.0%)

1 の鬼門, の鬼門彼処

▼ 太郎親子~ (2, 0.0%)

1 と一つ車, は一ヵ月余国府津

▼ 太郎鏡丹波~ (2, 0.0%)

2 を頭

▼ 太郎長年~ (2, 0.0%)

1 の, をはじめ

▼ 太郎~ (2, 0.0%)

1 か, を振っ

▼ 太郎高氏どの~ (2, 0.0%)

1 の一軍, の御

▼ 太郎高氏様~ (2, 0.0%)

1 と見奉ります, にははや

▼1* [595件]

太郎あいもかわらず, 太郎あせりにあせりました, 太郎あっけに取られ, 太郎あなたは, 太郎ありがてえと, 太郎あわただしいでは, 太郎いい気そうに声, 太郎いかに神出鬼没の, 太郎いきどころが, 太郎いく般若寺村橋本の, 太郎いささか胆を, 太郎いっそう荒れ狂って, 太郎いったいどういう素性, 太郎いつになく, 太郎いつもの柔和, 太郎いのち懸けでおぬしたち, 太郎いぶかしそうに, 太郎いらいの源家, 太郎いろいろと心中, 太郎おい今太郎しつかりしなさい, 太郎おくれもするだろう, 太郎おのおの三千三百三十三体と唱え, 太郎お前今頃何して, 太郎お前夜ふけになったら, 太郎お前美智子と一緒, 太郎お礼をいわん, 太郎かがみ腰に, 太郎かく隠れ家を, 太郎かてなこと, 太郎かも知れないと, 太郎からかいながら吉, 太郎がさつさと電話口, 太郎がね一昨夜夜中に, 太郎がわりに好運, 太郎きゃつ頭が, 太郎きょうは朝, 太郎ぎみには初めて, 太郎くんはどこ, 太郎これからすぐ江戸へ, 太郎これからどうなると, 太郎これらは雲, 太郎こんどは飛龍剣, 太郎ご覧の通りヤクザ, 太郎さあーん, 太郎さえズーンと, 太郎さえがその三之丞, 太郎さここか, 太郎さては生きて, 太郎さなんどは軍, 太郎さまおさらばでお, 太郎さも律儀な, 太郎さんあなたに頼ん, 太郎さんあんたは何日, 太郎さんお前の家, 太郎さんお前さんが先, 太郎さんお前さん春のお, 太郎さんこれよくできた, 太郎さんそこにこの, 太郎さんそれはお前, 太郎さんぢやない, 太郎さんみんなグーグーねこん, 太郎さんヒー太郎さんルー太郎さんみんなグーグーねこん, 太郎さんルー太郎さんみんなグーグーねこん, 太郎さん一しょに入りましょう, 太郎さん二ばんめが次郎さん, 太郎さん今日は雨, 太郎さん仮りにもし, 太郎さん何んと何, 太郎さん僕は旧派, 太郎さん去年の秋, 太郎さん君は恋, 太郎さん大変よ, 太郎さん太郎さん大変よ, 太郎さん山下の越後屋, 太郎さん御覧この清水, 太郎さん波蘭の諺, 太郎さん私の独楽, 太郎さん竜宮へ御, 太郎さん舞鶴へは帰りたくない, 太郎さーん, 太郎しからば, 太郎しきりに気を, 太郎じゃとかおしろいくさい, 太郎すくなからず勝手, 太郎すこしは大まか, 太郎すら心配した, 太郎そこらへ牛, 太郎そっと隙見, 太郎そつくりだ, 太郎そつくりぢやねえか, 太郎たちまち又暴富, 太郎たち引取って, 太郎たつた一人で, 太郎だが悪いこと, 太郎だけしか与えて, 太郎だけに話す気, 太郎だけには囁いたが, 太郎だって鬼神では, 太郎だつたことは, 太郎だろうか, 太郎ちゃんあんたも春子おばさん, 太郎ちゃんワンワンにおかし, 太郎ちゃん悧巧そうだって仰云ったでしょう, 太郎ぢやつたか, 太郎っていう子を, 太郎つかず離れず見え隠れに, 太郎つぎに段六, 太郎つくるところの, 太郎つづいてジャアッ, 太郎つていふの, 太郎であって少年, 太郎でありもう一人, 太郎でございますか, 太郎でなかった日にゃ, 太郎でなくてお, 太郎でなければならない, 太郎といった人々で, 太郎とうとうお浜坊, 太郎とだけ行きました, 太郎とでこの二人, 太郎とに酒盃を, 太郎とやら見事見事, 太郎とやらがお城, 太郎とやらを嫌つて居る, 太郎とよびすてにしてもらおうか, 太郎どうじゃ, 太郎どうやら清水次郎長か, 太郎どこへ泊ろう, 太郎どことなく淫らな, 太郎どっかでつっころげ, 太郎どのようぞ訪ね, 太郎どんわしはなきのふ, 太郎どん行方を眩ました, 太郎なお欺くべしじゃが, 太郎なみの智恵, 太郎ならずとも落ち, 太郎ならびにその妹, 太郎なりやす子が, 太郎なんかはまさにその, 太郎にだけ本当にわかった, 太郎にだけでも好く思わせまい, 太郎にでもなれ, 太郎にとっては単に憐, 太郎にとってもきのうは, 太郎にもの言わせずには, 太郎によって呼び立てられ眼, 太郎に対しては仇の, 太郎一体あの, 太郎のてまえ多く, 太郎ののしめの, 太郎はうつつなげな, 太郎はかぶりを振っ, 太郎はくすぐつたく考へ, 太郎はさもさも, 太郎はしもぶくれの, 太郎はたうとう熱い溜息, 太郎はつと上がった, 太郎はと見ると, 太郎はどつちへ, 太郎はにこ, 太郎ははははと寂しく, 太郎はやりにくさう, 太郎はん上機嫌当たり前や, 太郎はん頼りないよって, 太郎ばかり斯の, 太郎ばかりは痛み惜まれた, 太郎ひとりは, 太郎ひとり山荘に残る, 太郎ふたりは矢来, 太郎へと目を, 太郎へは挨拶も, 太郎へも流れこんだの, 太郎ほどの大胆ものそれさえ, 太郎ほんとうの敵, 太郎ぼんであろうが, 太郎まこと直なり, 太郎まず一ばんに, 太郎また右側に, 太郎まちにまった, 太郎までは五条家から, 太郎まん中ごろに立ち止っ, 太郎みじん油断のならぬ, 太郎むく犬なぞは, 太郎めっきり元気で, 太郎めったに顔色も, 太郎もしくはセレナ夫人を, 太郎もろともフラ, 太郎も本を疊, 太郎やがて奥で, 太郎やす子の二人, 太郎ゆえいきなり草履下駄, 太郎よい子だ, 太郎よりは若く五十, 太郎らしいだろうか與太郎, 太郎らしくない證據だ, 太郎わしも役儀, 太郎わめきながら崖縁, 太郎われ知らずもう一度, 太郎をねぢ倒した, 太郎をはだかに, 太郎をば乳臭の, 太郎をもやつつけ, 太郎を通じて珍らしい, 太郎イモ掘りなのに, 太郎オコノミ焼の屋号, 太郎カナ字がよめる, 太郎不礼, 太郎ガ来タカラ段々酒酔, 太郎クミ六郎の四人, 太郎ケロリと笑, 太郎チョコチョコ走りに追いつき, 太郎チョコレートを飲む, 太郎チヨコレートを飲む, 太郎ト云ウ者ト大談事, 太郎すこしさしきれなり, 太郎ヒラメでも花子ヒラメ, 太郎ヒー太郎ルー太郎さんをみがきたて, 太郎ヘラヘラ万橘金潮新潮の, 太郎ベタベタと草履, 太郎ルー太郎さんをみがきたて, 太郎評定所ヘ, 太郎一たん立ち止ったが, 太郎一度もまとも, 太郎一派の真, 太郎一生の間, 太郎一番東京で之, 太郎一緒に逃げ, 太郎一連隊が出発, 太郎三郎と名乗り, 太郎で友達, 太郎下男の猪, 太郎甲斐も, 太郎不良俳優であろうとは, 太郎並びにグレーテ・ダンネベルグ以下, 太郎中山太郎奥山太郎おのおの三千三百三十三体と唱え, 太郎中年者の熊吉, 太郎中新田の源七, 太郎久助爺との四人, 太郎乙氏が返り, 太郎九大の伊藤徳之助, 太郎九州の比, 太郎亀背の一寸法師, 太郎事米人ガルストの順序, 太郎二家の言, 太郎二山の裾, 太郎二郎はあん, 太郎二階の物, 太郎亜介下に降りる, 太郎京都に来, 太郎は人麿, 太郎今何づれの處, 太郎今日はいつも, 太郎今馬の上, 太郎二人, 太郎仙昇多見, 太郎代議士は今更, 太郎以下の三人, 太郎以下四人の不在証明, 太郎以下津多子に至る, 太郎以外ただ一人の血縁, 太郎以外男けがない, 太郎以来失脚して, 太郎仮名北有馬太郎に嫁, 太郎住居とおぼしき, 太郎作さん俺が水車, 太郎作る所の, 太郎作ア来たても, 太郎作輩に同じ, 太郎儲かったら俺に, 太郎元来蛇が好き, 太郎兄弟の塚, 太郎兄弟一生涯恩に着まする, 太郎先生瀬川丑松より, 太郎光国の恋女房, 太郎入道のやしき, 太郎全身の重み, 太郎全身血達磨のごとき, 太郎兵衛ついでがあったら, 太郎兵衛どんはもう, 太郎兵衛一名を河太郎, 太郎兵衛丸などといふ連中, 太郎兵衛事死罪御赦免, 太郎兵衛尉に付, 太郎兵衛平など幾つ, 太郎兵衛平カベケ原五郎平もしくは双六平, 太郎兵衛田中之墓, 太郎兵衛面目に存じます, 太郎兵衞事死罪御赦免, 太郎兵衞長瀬新次郎櫛橋七之丞, 太郎兼康の郎党六十余人, 太郎兼重があり, 太郎内務は内海忠勝, 太郎内閣に非, 太郎冠者みたいな衣裳, 太郎冠者主人の使, 太郎冠者以下それぞれにひとり, 太郎冠者作の喜劇, 太郎冠者及ビ檜枝又三郎, 太郎てくる, 太郎出世譚の平凡化, 太郎出入りの口実, 太郎利根川の注ぐ, 太郎加藤高明高平小五郎原敬等の諸氏, 太郎助教授が書いた, 太郎勝部神社のオコナイ, 太郎匕首の血, 太郎北条時宗は祖, 太郎区域の中心, 太郎どうで, 太郎十二時頃やって, 太郎十六年二ヵ月出生地はサイパン島, 太郎千両箱を抱える, 太郎千住の大橋, 太郎博士ら数名とともにこの, 太郎危ふしと見, 太郎及びよしながと共に, 太郎可愛さにつき, 太郎右衛門さんとこあなんて, 太郎右衛門底深という, 太郎右衛門殿物語りに, 太郎吉卯右衛行兩人に唐太山丹オロッコ, 太郎吉古山貞雄等の拘留審問, 太郎吉等は, 太郎同じく眼を, 太郎名人のところ, 太郎君ここで失敬, 太郎君さま一門のこり少な, 太郎君それ自身かも知れない, 太郎君君も来る, 太郎君在職中遺業の一つ, 太郎っ気, 太郎が時に少々, 太郎問題で一杯, 太郎器用にこしらえられ, 太郎四番の黄三郎, 太郎圓橋圓馬の門人たち, 太郎地団駄が踏みたい, 太郎坂本義雄天岡虎雄牧逸馬浅野玄府鳥井零水若目田三郎, 太郎っちゃ, 太郎坊ちゃんだったかと, 太郎坊っちゃんは育ち, 太郎基泰といふ人, 太郎堂々と乗り込ん, 太郎について屋敷横, 太郎壬生の小, 太郎はあげ, 太郎外強力一人を大野原, 太郎見丸, 太郎多和利一ムランルージュの藤尾純, 太郎多多良四郎, 太郎多言の場合, 太郎夢酔入道であること, 太郎夢酔入道今の評判, 太郎大変食堂車に乗りたい, 太郎大将は青年軍人ら, 太郎大嶺の善鬼, 太郎太刀子は次郎太刀, 太郎太郎冠者及ビ檜枝又三郎, 太郎失恋の光景, 太郎を見込ん, 太郎奥山太郎おのおの三千三百三十三体と唱え, 太郎ならお初, 太郎女中が茶, 太郎女中さん安積へ出発, 太郎女啓があった, 太郎歩いて, 太郎如何に神出鬼沒, 太郎妹月子それにお, 太郎妻初とな, 太郎始め末社からちょいちょい, 太郎あさんと, 太郎子飼いの壮士たち, 太郎季保を登用, 太郎季長云々此の安東, 太郎孤影悄然となった, 太郎宇佐美三郎佐佐木小三郎南条平次安西四郎など云う, 太郎安国左膳の前額, 太郎安国晩年入神の一剣, 太郎定綱を頭, 太郎定綱こちらは三郎盛綱, 太郎の小包, 太郎実は道に, 太郎室内にはいっ, 太郎対三人の外人, 太郎寿専というの, 太郎射手を勤めた, 太郎弘が, 太郎せん小半次と, 太郎小僧よりほか, 太郎小山筧中江正義粟生弘沢木重武斎田惟成中尾庸吉石橋勇三郎上村又次郎斉村霞栖大賀小次郎吉本董三白木半次郎大野仁平同徳太郎, 太郎小川平吉竹内平吉信岡雄四郎今村力三郎中鉢美明黒須龍太郎戸口茂里平岡万次郎斎藤次郎高橋四郎小林茂八大島染之助, 太郎小林良正山田勝次郎大塚金之助服部之総羽仁五郎それから猪俣津南雄, 太郎小泉信三の兩先輩, 太郎小走りに出る, 太郎山口弾正樽井藤吉稲垣示高橋秀臣それに田中正造, 太郎山谷勘兵衛以下十名いずれも勤王, 太郎などの内, 太郎工場主の富永, 太郎左大臣時平は悪逆無道, 太郎な擬声, 太郎市蔵の比企大学三郎, 太郎師匠その人, 太郎帳場の者, 太郎平野義太郎を始め, 太郎年少気鋭で自分, 太郎幼稚園がえり, 太郎幾歳になる, 太郎廢嫡問題なるもの, 太郎弁護士の二人, 太郎弘賢は七十八歳, 太郎弥生を棄て, 太郎弥蔵を解い, 太郎に思う, 太郎忠綱という侍, 太郎怒るな怒る, 太郎に小腰, 太郎に着ますでござん, 太郎悉く嫌気が, 太郎悠然として敵討, 太郎惟寅というの, 太郎慣れぬ問題だけに, 太郎成家は秀郷将軍九代, 太郎の小, 太郎手拭で裾, 太郎われ, 太郎投ずるところの, 太郎折り入って頼みたい, 太郎振り袖小姓の酌, 太郎振り返ってお, 太郎ぐッたい, 太郎改め友右衛門の戻り, 太郎攻入の, 太郎うして, 太郎加入の, 太郎早く起きろよ, 太郎早速だが, 太郎明蝶と曽我廼家気分, 太郎星野の子, 太郎春日左衛門等と, 太郎時兼の麾下, 太郎時兼らが近来強大, 太郎暗がりにたたずんだ, 太郎暗然として呟いた, 太郎曰実ニ御尤, 太郎最後のこころみ, 太郎木村周平木村武之祐青柳捨三郎などがその, 太郎未だ出来ない, 太郎本名石井菊松明治卅一年十一月四日卒戒名は円立院花橘日松信士, 太郎かえりに, 太郎来訪何うも, 太郎松平晃松島詩子君などもこの, 太郎松本治一郎河野密西尾末広水谷長三郎氏が集まり, 太郎柄もとふかく人血, 太郎根津に住めなくなっ, 太郎梨売重助等へ心, 太郎棒立ちになっ, 太郎榎本金八郎大河原八左衛門辻五郎秋山七左衛門警衛として付い, 太郎様お出かけか, 太郎様これで, 太郎様セレナ様貴方がたはたぶん, 太郎様一昨日の御召物, 太郎様以外に四人, 太郎様部屋とお, 太郎権兵衛作の類, 太郎次に段六が, 太郎次男要之助を婿養子, 太郎次郎三郎四郎五郎である, 太郎歌六などの音曲師, 太郎正師は, 太郎此二人が肩, 太郎においては栄次郎, 太郎殆ど押ッ取り刀で取りかこん, 太郎殺害は偶然, 太郎殿おいでなされい, 太郎殿オ前ハナゼニソンナニ心得違イバカリシナサル, 太郎殿海の方, 太郎殿道に迷われた, 太郎氏その他に依つ, 太郎氏それに手, 太郎氏はじめこぶしをにぎっ, 太郎氏夫妻近藤老人それに学校, 太郎氏歸る, 太郎氏著定価までも書添, 太郎氏近藤老人壮二君をはじめ, 太郎泣いてね, 太郎のピカソ否定論, 太郎浜口興右衛門鈴藤勇次郎測量は小野友五郎, 太郎浪花の丹波太郎, 太郎浪路のなき, 太郎海老子夫人が現, 太郎消失の発覚, 太郎渋面をつくる, 太郎渡辺千冬中川健蔵らがそれ, 太郎の年, 太郎のよう, 太郎無限の好奇心, 太郎熊鹿猪や兎, 太郎父子は見る, 太郎猛然として起った, 太郎猪太郎よく参った, 太郎玄関ざむらいに, 太郎王子を円, 太郎現に殺人の, 太郎田宮善助助同心岡村勘解由, 太郎田宮善助徳島側の者, 太郎画伯が親しく, 太郎の上, 太郎に変名, 太郎盗んだ宝は, 太郎盛重の為, 太郎が生れた, 太郎済まぬよう, 太郎眞太郎の姉, 太郎真名子男体の諸山, 太郎にも鉄砲, 太郎知ってるだな, 太郎知らん顔をし, 太郎石次郎石孫石などと呼ん, 太郎社立花左近疑左近橘, 太郎福井文吾の二人, 太郎私アお前に昨日越中島, 太郎私従弟の紀, 太郎稻荷あり奉納, 太郎突きのけて, 太郎突然自分の, 太郎突然バラバラと縁端, 太郎竹造源助与之助巳太郎の六人, 太郎のごく, 太郎等三人が松戸, 太郎をあげます, 太郎籾山駿三郎等でいずれ, 太郎結句またも多勢, 太郎繭子の三人, 太郎義信弟の典厩信繁, 太郎義家公それから御, 太郎義家時代の兵法, 太郎義高だけがいなかった, 太郎羽織をぬい, 太郎に身代り, 太郎聴きたさのため, 太郎でも切らず, 太郎腹の虫がおさまらねえ, 太郎働車の, 太郎自ら庭へ出, 太郎自動車は東京市内, 太郎自身社長に呼出され, 太郎良門が美女丸, 太郎英吉花子そのほか大, 太郎荒井郁之助, 太郎藤内次郎という屈竟, 太郎と言います, 太郎虫米搗虫の靄, 太郎蛇丸の短剣, 太郎蜂須賀小六仙石権兵衛一柳市介などの旗本, 太郎に渇し, 太郎行盛の城跡, 太郎襲名に相応しい, 太郎見たように, 太郎親方お上んなさい, 太郎親方本懐を遂げ, 太郎と来た, 太郎講釈口調でまくし立てる, 太郎謹んでお聞きします, 太郎之助, 太郎身の毛がよだっ, 太郎辞職すると, 太郎近江あたりの信濃太郎, 太郎退治もはなはだ, 太郎逃げながらの横, 太郎途中で眠く, 太郎連山が見え, 太郎れぬぞ, 太郎ゆくと, 太郎道信黄牛を牽く, 太郎道具屋の小僧, 太郎遠山勇之助, 太郎酉藏の三人, 太郎采女らの先, 太郎時兄の, 太郎重頼江戸太郎重長などの平家勢, 太郎野州の熊五郎, 太郎鉢巻もせず, 太郎闇太郎で自分, 太郎雲霧の仁三, 太郎と次郎露, 太郎太郎社立花左近疑, 太郎音丸栄竜たちだ, 太郎いろを, 太郎といふ名物, 太郎館次郎が本当, 太郎馴れない重荷を, 太郎驚いて腰, 太郎高氏殿の妻, 太郎の首さし, 太郎黙って返事