青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「天狗~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

天井~ 天使~ ~天地 天地~ 天子~ ~天才 天才~ ~天気 天気~ 天然~
天狗~
天皇~ ~太 太~ ~太い 太い~ 太刀~ 太夫~ 太子~ 太平洋~ 太田~

「天狗~」 1915, 20ppm, 5787位

▼ 天狗~ (528, 27.6%)

21 面を 15 ような 10 面が 8 宮の 6 鼻を 5 話を 4 ご神体, 面に, 面の 3 ように, 所為だ, 所為に, 面

2 [33件] お囃子, こと, やうに, 住する, 作つた, 先祖の, 名でございます, 声でも, 寄合に, 所為と, 業だ, 正体は, 湯, 火魔の, 爪から, 片翼, 甲冑を, 笑い声に, 紅の, 羽団扇の, 羽根に, 落文など, 話は, 面でも, 面や, 頭目に, 頭目は, 顔である, 顔に, 類と, 飯匙と, 黄金の, 鼻さあ

1 [373件] あふぎ, ありさま, いきの, いたずらです, いたずらと, いたずら者が, おうぎ, お心持ち, けじめも, ことである, ことは, ことを, ごとく乱れ飛ぶと, しくじりみたいな, しわざかもしれませんぜ, すみかで, すむという, その中, ために, つきたる例, という, ところも, なす所業, なす業だ, なにもの, にがてだ, ほかは, まねを, やうだ, やうで, やうな, やうな羽ばたき, ようだ, よくやりたがる, わらひ, ゐる山, アネサである, アンニャの, イタズラだってよ, イタズラでも, カゲマと, カゲマなどと, カテゴリイに, コシカケヨリ, ジイサンが, 一人, 一人である, 一件を, 一大峰, 一歩一歩の, 一種だ, 一種の, 三人は, 三字を, 上に, 下男にでも, 世界は, 中で, 中に, 中には, 中の, 事から, 二種に, 交渉の, 人を, 仕事か, 仕事である, 仕業か, 仕業じゃ, 仕業である, 仕業です, 仕業でなけれ, 仕業でも, 仕業という, 仕業に, 仮面を, 仲間の, 仲間へ, 仲間入りする, 仲間入りを, 伝説も, 住家か, 何, 作用とか, 作用に, 使いじゃ, 使つた, 俎と, 修行場に, 働きは, 僧正坊, 先生毎年決っ, 出そう, 出たこと, 出没に関する, 別が, 到来だ, 力業, 力水とて, 助けでも, 助けなり, 化した鴟, 化する, 化身だ, 化身であった, 化身であり, 化身では, 化身とは, 化身に, 化身の, 印象が, 原産地たる, 取り付き処は, 名も, 名人が, 名称の, 名称は, 吠える式, 呼び声, 啓し, 喊の, 囃子であろう, 図々しさ, 図は, 増上慢, 声と, 声に, 声を, 変化と, 多い土地, 夜とぼし, 夢, 夢の, 夢を, 大将が, 大将である, 大将を, 大木を, 太鼓隊に, 女性の, 女房が, 奴は, 妄談いささか, 姿から, 姿が, 姿も, 姿を, 子に, 子供が, 子分に, 子孫として, 子孫とも, 子孫も, 宮であり, 宮には, 宮は, 宮まで, 容貌服装のみ, 宿を, 属性とても, 岩, 巣でも, 巣の, 干し物, 幻に, 座まで, 強談判が, 形の, 役に, 役目が, 後裔として, 御庭, 御狼藉, 御膝元, 心情も, 心持は, 怒りに, 怒りを, 性来, 怪物は, 怪物を, 怪談あり, 怪談の, 怪談は, 恩顧を, 悪戯か, 悪戯などと, 惡戯か, 意味かと, 憑きました, 所作なら, 所有なりとして, 所業と, 所為なら, 所為なりと, 所為の, 手練が, 手足を, 扮装が, 拝殿も, 携ふる, 撞木杖といった, 数も, 文字と, 方で, 方です, 方にも, 旦那芸の, 書を, 朝めしの, 木像から, 木像の, 木像よ, 本元争いを, 本場である, 本拠へ, 杉の, 杉は, 杉を, 来たる, 来たると, 来たるとき, 松平氏が, 枕の, 棲処であった, 棲処なる, 棲家と, 業か, 業である, 業と, 業とも, 業神隠しこうした, 横行も, 正体が, 正体を, 歩みが, 気持が, 湯に, 湯の, 湯へ, 湯まで, 溜息の, 為す業, 煙草店に, 燃えさしを, 爪が, 爪と, 爪という, 爲す業だ, 現れたの, 現形で, 生活に, 生酔, 男女に, 略称かとも, 目が, 真似を, 眼の, 礫と, 社殿には, 神通を, 祠という, 祭礼な, 笑い, 笑いだ, 笑ひ, 筆跡, 系図を, 絵も, 羽ばたきにのみ, 羽ばたきのみを, 羽ばたきを, 羽団扇に, 羽団扇みたいな, 羽団扇を, 羽根が, 羽翼長, 習慣は, 翼だ, 翼を, 者が, 股を, 脚が, 脚を, 腕が, 腰掛松に, 腰掛松の, 腰掛松へ, 舞いを, 花畑という, 荒神様, 落とし子の, 行方を, 衣服に, 装束と, 装束を, 観るところ, 評判が, 評定岩から, 評定岩の, 詫証文が, 話だ, 話だの, 話も, 話や, 話何か, 談を, 諸声に, 諸氏にとっては, 謡である, 起源説は, 趣きを, 踊りに, 身にとっては, 身体が, 通路であっ, 運動場といふ, 道場じゃ, 道筋に, 遺骸は, 配下に, 酒買い, 錫杖の, 鎧冑どうぞどうぞ, 障碍と, 集り住む, 集会の, 雛ッ子だって, 雛児, 霊などは, 露地といふ, 面か, 面そっくり, 面と, 面とか, 面など, 面などを, 面は, 面よりは, 面ナリ, 面座頭の, 頂上から, 項に, 頭目も, 額が, 額を, 顔, 顔だ, 顔つきな, 顔で, 顔の, 顔は, 顔や, 顔色を, 類か, 風早に, 餌に, 首が, 馬鹿や, 骸骨と, 骸骨手なし, 高下駄が, 高笑いなど, 鬨の声と, 魔障では, 麦飯だの, 麦飯とか, 鼻, 鼻が, 鼻の, 鼻は, 鼻より, 鼻柱遂に

▼ 天狗~ (168, 8.8%)

5 住んで 3 人を, 出ると, 出るという, 棲んで, 水戸へ 2 人に, 居ると, 時に白鶏, 来たっ, 来て, 食慾不振の

1 [136件] あばれ出したっ, あばれ出すの, あらわれた, いかなるもの, いたそう, いよいよ超, いるん, おもちゃにするというまさかり, おるから, この屋形, これを, さらうという, その竿, つかまるかな, つかみに, つきものにな, ですよ, でるの, どうの, どんなこと, どんな立派, なつかしいの, のりうつって, のりうつッ, まだ一人二人, まつって, みな満韓へ, みな火と, やうやく, やって来て, ゆするよう, ゐた, ゐるんぢ, 一二枚もみじの, 乘りよる, 二人し, 京都に, 京都へ, 今夜の, 会合し, 住めそう, 体の, 出たと, 出た天狗, 出やが, 出れば, 出没する, 出産の, 助けたの, 十時四十七分には, 取ったあ, 同じよう, 吹き出して, 嚔を, 地獄の, 声を, 多いそう, 多少仏経, 大いに立腹, 大切な, 大小養漁場の, 大小養魚場の, 大暴れ, 天守から, 天狗の, 天降った, 妬んで, 子供を, 安心し, 実在し, 寄合いを, 居て, 居るか, 山を, 幾つも, 廻す, 引掛り果ては, 当人を, 御仏, 我行力を, 手に, 手を, 才川家に, 承合うたきっと, 抜け出して, 押借に, 掴んだ, 掴んだの, 掴んだもの, 揺り倒しそう, 散り初めたので, 来ないこと, 来るの, 栖んで, 棲むと, 樹木を, 気に, 泣きながら, 泥鰌を, 渡ったと, 渫わない代り, 火を, 牛頭が, 現れるの, 田楽仲間でなかった, 留るか, 眼の, 石を, 礫を, 神輿の, 笑ったの, 胯を, 落ちて, 葉子に, 葉子を, 話したの, 谺を, 赤い着物, 赤い顔, 逃げ出した, 通力を, 遊びに, 遊山を, 過ぎた, 違うと, 酒宴を, 随身伺候する, 集まって, 集りそう, 雲に, 鞍馬へ, 頭から, 飛んで, 高い鼻, 魔術を, 鳶に

▼ 天狗~ (136, 7.1%)

6 なって 3 さらわれて, 浚われたの 2 さらわれたり, なったの, なつてる, なると, 攫われるという, 攫われるの, 火を, 連れて, 関係ある, 類するもの

1 [104件] あった, あったという, あらざるを, あらずして, いう, お友だちッ, お目にかかりてえもん, からかわれ天狗, さらはれた, さらわれしと, さらわれたよう, さらわれたるならん, さらわれた男, さらわれると, しても, しろお前たち, しろ何, その地位, だまされたとの, ちがいない, つかるるもの, つままれたる昂奮, つままれた如く今, つままれて, つままれ賃, つるまむし, なった, なったこと, なっちゃったあんた, なつた, なつたり, ならずますます, なりかけて, なるとは, なるもの, なる蛇, なれるかも, ひっさらわれて, 三百万円払えない, 二十日に, 云った, 仕立て上げて, 会いました時, 似たるもの, 借金でも, 入れて, 出られて, 出遇, 出遭った, 別れて, 化けこの, 化けて, 取られたの, 取られてしも, 向かって, 問答した, 嚇された事, 就いて, 帰したるまで, 帰する, 引掴まるる, 怯えない, 恥じない立派, 悩まさる, 憑かれた風, 憑かれて, 投げられたと, 投げられたよう, 投げ飛ばされるといふ, 捕えられるの, 掴まれたなどという, 擬して, 攫はれた, 攫われそう, 攫われたそれ, 攫われたと, 攫われたという, 攫われたの, 攫われた小坊主同然, 攫われて, 攫われるよう, 札束叩きつけ, 燒打され, 生れるべく運命, 申しわけの, 相違ない, 緑青色の, 脅されて, 腕を, 至っては, 襲われたとか, 負けないぐらい, 貸しでも, 近くなつたらう, 逢ったほど, 遇い剣術, 遇うであろうと, 違いありません, 違いない, 遭えば, 金を, 附会した, 限らず幽界, 頼んで

▼ 天狗~ (102, 5.3%)

12 のアンニャ 2 になる, のところ, の卵, の屋敷, の悪戯

1 [80件] かな, かも知れねえ, があつ, がいる, がうけ, がお知らせ, がこうして, が居ます, が憑移, が拵え, が按摩, が攫わっし, が棲ん, が生れた, が眼, が祀っ, が私, が笑っ, が誰, が遣っ, が都, が銭勘定, じゃかないません, だ, だの, だのエ, だろうという, であったらしい, でした, でしょうか, でなかなか, でなければ, というの, とが飛び出し, と云う, ならば, にさらわれた, にしろ, にでっくわし, に出, に攫われる, に熱, に誘い出された, に這われたら, に違い, のいたずら, のいる, のお, のお告げ通り, のよう, のアネサ, の下男, の中興, の仕業, の友だち, の夜歩き, の実際, の御, の怪異談, の拠所, の方, の様, の玉子, の神事, の祟り, の罰, の銭勘定, はおりおり, は木登り, は見え様筈, は言った, は魚の目, ばかりになっ, へ御, へ申し, へ行っ, まで登り, も二人一所, も苦り切っ, を祀り

▼ 天狗~ (98, 5.1%)

2 びっくりし, 一人も, 例外なし, 言いました

1 [90件] あまりこの, いつもトンビ, うなずいて, かくと, かく恐るべき, くぼんだ目, こおんな, この人間, その形山伏, その形鳥, その文面, それまでの, たつた独り, どうし, どうした, ひとり毘沙門天を, ふらりと, まさしくこれ, また名高い, もう一生, もう忘れた, われなり, カラカラと, 一つの, 一種の, 一行を, 三目でも, 二三歩たじろぎ, 二千兩ほど, 人が, 今吉次の, 他に, 何でも, 何時まで, 俺の, 全く強盗, 全国に, 出たか, 出たんぢ, 印度では, 厳かに, 同じ手段, 同時に叫んだ, 団扇天狗という, 変通自在の, 大喜び, 大声で, 室内に, 寝返った, 尋ねた, 往来を, 後も, 得意の, 忽ち数丈, 意に, 打ち取れなかったと, 数の, 既に烏天狗, 日本人の, 時と, 最も鯖, 本来中性では, 横浜の, 水戸の, 江戸市中に, 注連結いたる, 洋傘の, 百姓を, 眼を, 矢の, 知識ある, 窓から, 笑ったと, 筑波で, 系図上コルゴの, 緋の, 縄を, 羽うちわを, 芸の, 裸身でござる, 複雑なる, 説明し, 誰にも, 豪然, 返答しなかった, 雲を, 鞍馬寺所伝天狗神名記によるに, 馬鹿に, 鷲の, 鷹揚に

▼ 天狗~ (69, 3.6%)

2 いうものの, 一緒に, 言ふ

1 [63件] いうが, いはずすべて馬捨場, いわれたいま, いわれる名人, うなずき合った, お交際, する事, する根拠, それから最後, なって, なりこの, なりその, なりて, はうぬが, みなされたであろう, 上野光子を, 云うの, 云われて, 信じて, 共謀し, 剣術を, 劒術を, 化しうつつ, 同じく彼ら, 同じよう, 同じ黒装束, 名づくる, 名づけた魔物, 呼ばず高, 呼ばれる聡明, 呼んで, 天狗が, 天狗の, 密会し, 強力との, 思ったという, 怪物の, 成って, 成りたるもの, 散歩を, 書く, 木剣を, 東北天狗との, 毫も異ならざる, 河太郎が, 煙山と, 煙山の, 申しましても, 申すもの, 称して, 称する山, 羽を, 考へられる様, 考へ怪物, 見たの, 見たら二念, 言う, 言われた沖田総司, 言ッぱ天狗なり, 鎧武者とが, 鬼とを, 鼻垂は, 鼻垂れの

▼ 天狗~ (51, 2.7%)

1 [51件] いきなり縛り上げ, お選び, して, オコナイ神と, グヒンと, 修める道場, 俺が, 出して, 利用し, 勧請した, 召捕られたらどう, 呑んで, 天狗と, 家来に, 宿らせて, 尊ぶ情, 山人と, 恐れるよう, 想像する, 打ちまかすぐらいの, 打ちまかすほどに, 指す, 捕まえようと, 捕らえて, 描いて, 描いても, 村人達の, 歓迎し, 気取って, 相手に, 真にうけ, 知るはず, 破ったの, 祭った, 祭りて, 自由自在に, 見たの, 見たよう, 言いながら, 認めると, 請ぜんとて, 警戒し, 追い払った大, 退らせて, 退治たちうん, 造り邪魔, 酔いつぶさして, 酔いつぶさせるため, 金網に, 金網の, 随身伺候させ

▼ 天狗~ (39, 2.0%)

2 が来た, だ, の士達, の歩哨, の残党

1 [29件] から呼び出し, から呼出し, がいよいよ, がやって来, が同年四月三日日光, が諏訪, では幹部, でズッ, というの, と諸生, にはせ参じよう, に入れ, に居た, の一人, の一揆, の人たち, の人達, の今井, の幕末, の挙兵, の擾乱, の末孫, の残徒, の生き残り, の豪士, は天下無辜, は断じて, は正義, を蹴散らそう

▼ 天狗さん~ (28, 1.5%)

3 の頭目

1 [25件] いよいよ来ました, かと思うた, がゐるちうで, が怒っ, が火傷, というもの, と交渉, にさらわれる, につままれ, にもらっ, に対して気の毒, に有形, のよう, の力量, の姿, の耳, の道場, はそう, は手切れ金, は殆, は直径一尺, は私達, は電光, やモモンガア, を好き

▼ 天狗~ (27, 1.4%)

2 あ, と云った, 天狗だ

1 [21件] からといっ, がこの, がなア, が壬生, が尺八, ぞ, ぞ可, とか稲荷様, とか魔物, ときめ, との評判, とワアワア, と信じられ, と心得, と思っ, なあ, などと吐, ね, よ, 天狗だっ, 魔物だ

▼ 天狗~ (19, 1.0%)

2 さるもの

1 [17件] ありまた, あるが, お握りも, また護法, まんざらでもねえという, もとは, 出没する, 大切な, 弱りました, 悪戯を, 悶絶する, 来り遊ぶという, 河童と, 自ら算え, 荼枳尼には, 青くなった, 鬼も

▼ 天狗先生~ (19, 1.0%)

2 の二人

1 [17件] が尋ねた, が彼, とが待ち受け, と鼻垂先生, に尋ね, のほか, の大阪入, の言説, はここ, は中川, は妙, は賀川市長, は高い, も頻, 再び前, 再び質問, 頻に

▼ 天狗~ (15, 0.8%)

1 [15件] おかめ, お握りサンに, どうかを, はた大入道, 亡霊が, 何か, 何かの, 幽靈, 木精か, 森の, 残党か, 狐の, 狐狸の, 見越しの, 魔神の

▼ 天狗~ (12, 0.6%)

1 [12件] あつた, あつたの, げしょう, ござります, すしでも, もっと上等, 何そのうち, 大勢の, 後が, 時間通り来た, 決して人, 猪を

▼ 天狗という~ (12, 0.6%)

1 [12件] のだ, のに, のは, ものが, ものは, ような, 中には, 名だけは, 名高い護法, 昔からの, 綽名を, 順序で

▼ 天狗長兵衛~ (12, 0.6%)

3 の観音様 2 の彫った, の観音像 1 と綽名, の優れた, の観音菩薩, 作るところ, 彫むところの観音像

▼ 天狗~ (11, 0.6%)

2 にも三熱 1 と呼ん, に入らせよう, に身, の称, の稱, の管長格, の開山, へでも堕ちた, を奨励

▼ 天狗~ (10, 0.5%)

1 あかんべい, カメレオン印の, ヘマムシ入道が, 山男と, 山男や, 木精が, 歌天狗書天狗画天狗浄瑠璃天狗その, 狐憑き河童など, 狸ばけ, 皮膚病天狗が

▼ 天狗~ (10, 0.5%)

1 が前足, とで咬み殺した, と交, に向う, に嗾, に噛まれた, はデカ, は尾, は訴, を散々

▼ 天狗~ (10, 0.5%)

1 がたくさん, が伝わる, となる, と同じ, の中, の多き, は全国, は多く, を総合, を述べたい

▼ 天狗~ (10, 0.5%)

2 を総ナメ 1 が点取り, が申し合せ, だ, とも呼び, の一派, の全, の話, らしいちぐはぐ

▼ 天狗さま~ (9, 0.5%)

1 がさらっ, が書いた, に出会った, のお, のところ, の人, の年, の御, を呪文

▼ 天狗小僧~ (9, 0.5%)

2 が無事, も五十 1 と海豚童子, と言い, なるもの, の与吉, の與吉

▼ 天狗~ (9, 0.5%)

2 の食客 1 といふこれ, の主, の冠木門, の弟子, の木刀, の癖, の高弟

▼ 天狗から~ (8, 0.4%)

1 もらったまっ, もらった大事, 剣法を, 思い付いたこと, 拝領に, 授かったの, 直々の, 聞いたん

▼ 天狗でも~ (8, 0.4%)

1 これには, 人は, 人間でも, 容易ぢや, 山の神で, 巡吏, 棲んで, 気を

▼ 天狗~ (8, 0.4%)

1 が見え出しました, だ七不思議, というもの, と呼ぶ, と為, などいずれ, の魔風, を眺め

▼ 天狗~ (8, 0.4%)

1 とまるきり, には部類眷属族, に近い, の修行場, の探検, の状況, は女人禁制, や竜神界

▼ 天狗~ (7, 0.4%)

2 んだ 1 のか, のだ, のは, んだらう, 刀鍛冶たちに

▼ 天狗にも~ (7, 0.4%)

1 あらず全く, あらず狐狸, いろいろある, 同様に, 外道にも, 木ッ葉天狗にも, 道行きと

▼ 天狗である~ (6, 0.3%)

2 がこれ 1 がまだ, として恐れられる, と衆説一致, 事も

▼ 天狗では~ (6, 0.3%)

1 ありません, ない, ないな, ない源家, なかろうか, なく怪物

▼ 天狗とは~ (6, 0.3%)

1 よく言った, アベコベに, 一体どんな, 夜通し酒盛り, 当時迷信家達の, 高慢なる

▼ 天狗ども~ (6, 0.3%)

1 があり, がすべて求, が参覲交替, に引廻, に習うた, を手

▼ 天狗なら~ (6, 0.3%)

1 いつでも, ばこの, ばしかねない, ば一矢, 三目置かせ, 天狗を

▼ 天狗には~ (6, 0.3%)

1 かかり合われぬこと, その真似, 別に両親, 及ばないよ, 当嵌, 神と

▼ 天狗倒し~ (6, 0.3%)

1 がここ, といっ, ともいう, の音響, の風, 非常な

▼ 天狗~ (6, 0.3%)

2 の兵術, の奥儀 1 の型, の深

▼ 天狗たち~ (5, 0.3%)

1 にはあり得る, のよく, はばらばら, は元来, は鞍馬

▼ 天狗より~ (5, 0.3%)

1 もっともっと鼻, 伝わったもの, 先に, 剣術を, 桃を

▼ 天狗倶楽部~ (5, 0.3%)

1 に関係, の一人, の三段目, の人々, らしい勇壮

▼ 天狗~ (5, 0.3%)

1 の由來, はいくつ, はさがし, へ花, を殘

▼ 天狗煙草~ (5, 0.3%)

1 が全盛, が十銭, である, の栄えた, の標本

▼ 天狗~ (5, 0.3%)

1 がニッコリ, の口, の奴, の鬼目博士, もうなずい

▼ 天狗~ (5, 0.3%)

1 という名, とでもいい, ととなうる, とも申し, と云

▼ 天狗祭り~ (5, 0.3%)

1 に狂いおるあり, の記事, の起因, の起由, を執行

▼ 天狗~ (5, 0.3%)

1 と義貞, の図, ひの, を一分科, を初演

▼ 天狗~ (5, 0.3%)

2 の隊士, へ入る 1 と称する

▼ 天狗飛切り~ (5, 0.3%)

4 の術 1 の秘術

▼ 天狗などという~ (4, 0.2%)

1 ものの, ものを, 奴が, 恐ろしい者

▼ 天狗にでも~ (4, 0.2%)

1 つままれた如く私, 投げ飛, 撈われる, 攫われたよう

▼ 天狗山伏~ (4, 0.2%)

1 が聴き, とも呼んだ, に掴み去られた, は不動

▼ 天狗~ (4, 0.2%)

1 であるかの, などはみな生物, などはみな空中, や幽霊火

▼ 天狗~ (4, 0.2%)

2 より江戸 1 が暴れた, の隊士

▼ 天狗~ (4, 0.2%)

1 でござる, の各地, はその, は甚だ

▼ 天狗~ (4, 0.2%)

1 に加はつ, の人々, の始末, の遺族

▼ 天狗じゃ~ (3, 0.2%)

1 ない人間, ねえの, 天狗じゃ

▼ 天狗との~ (3, 0.2%)

1 二とおりの, 間に, 間を

▼ 天狗などは~ (3, 0.2%)

1 この世に, 決して不思議, 身分の

▼ 天狗なりと~ (3, 0.2%)

1 思うもの, 想像し, 風聞せり

▼ 天狗みたい~ (3, 0.2%)

1 だなあ, だよ, な奴

▼ 天狗俳諧~ (3, 0.2%)

2 をし 1 をやっ

▼ 天狗取り荷役~ (3, 0.2%)

1 が調子, のしぐさ, の要領

▼ 天狗~ (3, 0.2%)

1 天狗の, 天狗官女ロクロッ首見越の, 天狗無数の

▼ 天狗~ (3, 0.2%)

1 には, のよう, ははやく

▼ 天狗巣病~ (3, 0.2%)

1 がたくさん, にか, にはあらね

▼ 天狗~ (3, 0.2%)

1 きと, きに関する, きの

▼ 天狗~ (3, 0.2%)

2 の流れます 1 の落ちた

▼ 天狗~ (3, 0.2%)

1 だと, と云う, のある

▼ 天狗~ (3, 0.2%)

1 じゃ, だの, だろうなんて

▼ 天狗~ (3, 0.2%)

1 の散生した, の木立, や丈

▼ 天狗沙汰~ (3, 0.2%)

2 となり 1 もかかる

▼ 天狗法師~ (3, 0.2%)

1 などに姫君, を殺そう, を遠ざけたい

▼ 天狗爺さん~ (3, 0.2%)

1 ですか, と呼ぶ, は大

▼ 天狗~ (3, 0.2%)

1 がする, と皆, の声

▼ 天狗~ (3, 0.2%)

1 でも一, など手, の釣り糸

▼ 天狗~ (3, 0.2%)

1 の一件, はすこぶる, を聞いた

▼ 天狗長兵衛作~ (3, 0.2%)

1 のあの, の聖観音菩薩, の観音様

▼ 天狗騒ぎ~ (3, 0.2%)

1 などそれ, などを惹き起こす, 長州軍の

▼ 天狗あり~ (2, 0.1%)

2 といい

▼ 天狗じゃと~ (2, 0.1%)

1 おどかした奴, 触れたもの

▼ 天狗だった~ (2, 0.1%)

1 な天狗, んだ

▼ 天狗だろう~ (2, 0.1%)

1 と思っ, と誰

▼ 天狗つき~ (2, 0.1%)

1 とがある, とはこれら

▼ 天狗であった~ (2, 0.1%)

1 から木, ものが

▼ 天狗です~ (2, 0.1%)

1 もの自由自在の, よ親分

▼ 天狗とも~ (2, 0.1%)

1 武悪とも, 見えて

▼ 天狗とり荷役~ (2, 0.1%)

1 である, の真似

▼ 天狗などに~ (2, 0.1%)

1 碁の, 近づけて

▼ 天狗について~ (2, 0.1%)

1 その力, 一奇談を

▼ 天狗に関する~ (2, 0.1%)

1 古来の, 怪談を

▼ 天狗~ (2, 0.1%)

1 走った大, 連れて

▼ 天狗仲間~ (2, 0.1%)

1 が河原, の或

▼ 天狗党本隊~ (2, 0.1%)

2 が筑波

▼ 天狗~ (2, 0.1%)

1 が宵, を凹ませ

▼ 天狗~ (2, 0.1%)

1 てえの, を下り

▼ 天狗天狗~ (2, 0.1%)

1 とうなずき合った, 其の大

▼ 天狗小僧一生~ (2, 0.1%)

1 のお, のお願い

▼ 天狗小天狗~ (2, 0.1%)

1 が会合, のその

▼ 天狗~ (2, 0.1%)

1 に面した, への山稜

▼ 天狗木精~ (2, 0.1%)

1 などというもの, のため

▼ 天狗残党~ (2, 0.1%)

1 の首領, を討とう

▼ 天狗~ (2, 0.1%)

1 の中, をやっ

▼ 天狗笑い~ (2, 0.1%)

1 または天狗, 人数なら

▼ 天狗談中~ (2, 0.1%)

1 にたくさん, の七

▼ 天狗追う~ (2, 0.1%)

2 は田沼勢

▼1* [202件]

天狗この空は, 天狗これは洋傘, 天狗さえ鼻うごめい, 天狗さま天狗さまを呪文, 天狗さん羽根を, 天狗じみた独りよがりげな, 天狗その上に, 天狗それも木, 天狗たる事は, 天狗だけは口が, 天狗だの狐だ, 天狗ってほんとにいる, 天狗つまり加十その, 天狗つるまむしへの, 天狗であろうと云い伝えられ, 天狗でなきや怨靈, 天狗でなくちゃア, 天狗でなければ誰, 天狗でもが乗つて, 天狗とかひよつと, 天狗とが此雪祭りに, 天狗としてどこかに, 天狗としての歩き振り, 天狗とでも云いましょうか, 天狗とを扱うて, 天狗と共に地獄に, 天狗どこにいつ, 天狗なぞでこれ, 天狗など竜馬折衷の, 天狗などが今一息, 天狗などとは夢にも, 天狗などの出る筈, 天狗なりが出て, 天狗なる新しい霊物, 天狗については名高い古, 天狗につれ出されたとの, 天狗になつて闊歩し, 天狗になんぞなって, 天狗にゃ翼が, 天狗に対してなんらの, 天狗のせゐにし, 天狗ばかりは僧形であった, 天狗への支払いを, 天狗ほど長い鼻, 天狗ほほづき薙刀, 天狗とのぼせ上っ, 天狗めがけて粉微塵, 天狗もとよりこの世に, 天狗もろともに前後左右, 天狗洞から, 天狗らしき者が, 天狗わらいに冴え, 天狗クラブ党中の闘将, 天狗一夜の宿, 天狗一揆がスッカリ, 天狗並降魔神業存候爾来如斯悪戯, 天狗亡霊怨鬼の所為, 天狗以外の力, 天狗伝説と相, 天狗住めりとて早, 天狗住居の伝説, 天狗使ひや, 天狗ると, 天狗の木精, 天狗倶楽郎の大関, 天狗先生それを聞い, 天狗先生不審がり, 天狗先生得意になっ, 天狗先生数十丈の大木, 天狗党シャニムニ踏み破り蹴散らさんと, 天狗党一同と書い, 天狗党隊士真壁仙太郎として湊, 天狗八剣士などというの, 天狗其の大天狗, 天狗てこい, 天狗出しなはれ, 天狗別山等が見え, 天狗化け物屋敷などの伝説, 天狗取り作業をやる, 天狗同志だから, 天狗名乗りつつ退く, 天狗は懐中電燈, 天狗に堕ち, 天狗などの地名, 天狗多くいるという, 天狗夜遊の秘術, 天狗出来大, 天狗平以来, 天狗官女ロクロッ首見越の入道, 天狗実は天明太郎に, 天狗がある, 天狗将軍たちが面, 天狗将軍達が面, 天狗小僧二十年堅気で暮した, 天狗小僧二十年堅氣で暮した, 天狗小僧金助の, 天狗小天狗町内の若い, 天狗山人の社会, 天狗山水天狗独天狗赤天狗青天狗烏天狗木っ葉天狗, 天狗山男山女塚と森, 天狗と云, 天狗という魔所, 天狗巖五大堂釋迦堂南院の堤, 天狗幽霊などは妖怪, 天狗征伐にお, 天狗のため, 天狗必ずしも恐るるに, 天狗思想の進化, 天狗の対象, 天狗憑きのごときこれ, 天狗或いは鬼の, 天狗手稻の諸山, 天狗打取候は, 天狗文字に似たる, 天狗の御, 天狗昇飛び切りの術, 天狗星上茶臼の山々, 天狗書天狗画天狗浄瑠璃天狗その上, 天狗の常, 天狗松平氏を見掛けた, 天狗栄次郎殿や練兵館, 天狗書したる児童, 天狗でもなき, 天狗樣附近でコリイ種, 天狗武者狐しほふき等, 天狗武者狐しおふき等の御, 天狗殿もコレ, 天狗殿吾輩は東京天狗倶楽部, 天狗よ, 天狗気分の濃厚, 天狗沁みた独り好, 天狗沖田総司にし, 天狗洞藤龍軒の来歴, 天狗浄瑠璃天狗その上, 天狗火天狗礫ととなうる, 天狗火等種々の怪火, 天狗無数の天狗, 天狗をやらせ, 天狗物語も口, 天狗犬神祟その他諸怪異, 天狗ひよつとこ, 天狗狐ひょっとこ将軍などの矮人連, 天狗狗賓が棲む, 天狗独天狗赤天狗青天狗烏天狗木っ葉天狗, 天狗と書きたる, 天狗猿みたいに真赤, 天狗猿博士の乾分, 天狗生霊などを拝, 天狗町内の若い, 天狗画天狗浄瑠璃天狗その上, 天狗番付に針, 天狗相伝の餅, 天狗の南壱町許, 天狗礫どこからともなく, 天狗神名記によるに白峰坊大僧正, 天狗のポピュラー, 天狗組一同としてあらあ, 天狗組最初の狼火, 天狗の大, 天狗能楽師の悪口, 天狗にい, 天狗舞不出来にて見る, 天狗般若狐も見えた, 天狗般若白狐の六箇, 天狗若年の探偵, 天狗と二十日鼠, 天狗茸これも毒茸, 天狗茸蠅殺茸, 天狗けとばし了, 天狗が急, 天狗虫赤虫綿虫やそれから, 天狗見たような, 天狗講釈にあてられ, 天狗護法の別名, 天狗赤天狗青天狗烏天狗木っ葉天狗, 天狗跳びをする, 天狗軍中強豪を以て聞えた, 天狗退治の軍, 天狗連中がプログラム, 天狗連追討のはじめ, 天狗部屋と称し, 天狗の造る, 天狗青天狗烏天狗木っ葉天狗, 天狗青天狗銀天狗金天狗という順序, 天狗をよく, 天狗を掻き, 天狗をした, 天狗の書物, 天狗のよう, 天狗食うたとて高う, 天狗騒動で武田耕雲斎, 天狗高間山の一類, 天狗鬼火妖星その他諸外界, 天狗鬼神その他諸怪物, 天狗鬼等に至る, 天狗の仕業, 天狗魔ものの類, 天狗魔物の為す, 天狗魔道の一味, 天狗魔道界の全盛時代, 天狗魔魅の類, 天狗鯛鷹羽鯛あるもの