青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「嫉妬~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~婆さん 婆さん~ 婦~ ~婦人 婦人~ 婿~ ~嫁 嫁~ 嫂~ ~嫉妬
嫉妬~
~嫌 嫌~ ~嫌い 嫌い~ ~嬉し 嬉し~ ~嬉しい 嬉しい~ 嬉しく~ 嬢~

「嫉妬~」 2199, 24ppm, 4895位

▼ 嫉妬~ (380, 17.3%)

27 ために 8 念を 7 ような, 念が 5 焔に, 眼で 4 念に, 情を, 為に 3 やうな, 底に, 心を, 情が, 情に, 焔が, 焔を, 眼は

2 [33件] せいだ, ほむら, ように, 俗論轟々として, 声が, 女の, 如く多忙, 存在である, 對象に, 形を, 影が, 心の, 心は, 念は, 念も, 念を以て, 怒りを, 思いに, 情の, 情は, 感情が, 感情を, 激しさ, 火炎衝き上がり, 炎, 為めには, 眼を, 罪を, 罰の, 美人の, 色が, 苦しみは, 蝶の

1 [219件] あばたの, あまりその, あまりやけくそみた, あまり奸淫の, あまり山上を, あまり狂言自殺を, あまり米良の, いろを, うらみを, お島殺し, ことを, ごとき, させる業, せいです, たのしい心持, ためだろう, ためで無かった, ためピストルで, ため店の, どこに, ない女, はげしさ, はびこれる處, ひぞり言, ほの, まじらない無, まじらない無邪気, まじりあったよう, ゆえに, ようにも, 一念に, 争いが, 二字を, 交った感情, 人の, 仕業だ, 代表だ, 余りお前の, 余りこの, 余りに云うた, 余り君を, 余り鼻を, 作用な, 俘と, 光りが, 処, 刃物三昧切尖, 刃研ぎすまして, 前に, 効果には, 勢い凄まじき, 化身が, 原素, 喚きを, 喧嘩も, 執念薄き, 執念薄く, 多い学者社会, 実感は, 対象が, 対象たる, 対象と, 対象として, 対象とは, 対象は, 對象とは, 小感情, 布地で, 強い背, 形が, 影の, 復讐として, 心あるべからず, 心が, 心など, 心云々とは, 心努, 心持ちも, 心火の, 快感を, 念か, 念よりも, 念感恩の, 怒りに, 思いが, 性質羨ましい, 怨念に, 怨霊は, 恐ろしさ, 情から, 情であった, 情と, 情にも, 情も, 情僞を, 惡評だ, 想いだけは, 感じを, 感情とは, 感情など, 感情に, 感情は, 感情までも, 感情も, 憎しみという, 憤りよりも, 所為だ, 扉厚く, 故にはははは, 文学的だ, 方角違に, 施しよう, 昂奮を, 暴虐から, 最も深く, 月日が, 本能が, 枷で, 根拠である, 業火に, 極度に, 様な, 気は, 気分も, 気持が, 気持さえ, 気持ちさえ, 気持であった, 気持は, 気持も, 気色でも, 浅間し, 深いと, 深い性質, 深かった, 混入によ, 混入によって, 激しい方, 濛気が, 火で, 火と, 火に, 火は, 火むらを, 火も, 火を, 炎が, 炎という, 為かとも, 為だろう, 為にも, 為めの, 焼け穴でも, 焼焦げ, 燃え上がった眼, 爭ひ, 片鱗を, 犠牲と, 狂言な, 玉子で, 甚しき, 生ずるの, 生ずる余地, 生活と, 當の, 痴情に, 発作に, 目標と, 眼とで, 眼を以て, 神が, 神の, 神は, 積もって, 立場に, 範圍に, 素振りも, 結果あの, 罪の, 罰せられし例, 罰は, 腕を, 興奮が, 色に, 色を, 苦しさ, 苦しみが, 苦しみを, 苦も, 苦悩が, 苦痛を, 虫が, 虫ばかり, 血が, 血を, 表現といふ, 表現を, 表白として, 表示法を, 要も, 言ひ, 言葉は, 記述は, 谷に, 貌といふ, 赤黒い血, 起った時, 起った時結構, 起りやうも, 起りようも, 邪道に, 醜さ, 雲が, 鞭を, 餌に, 餘り, 鬼と, 鬼に, 黒い鋼鐵

▼ 嫉妬~ (333, 15.1%)

22 感じた 19 感じて 7 覚えた, 起して 5 感じたこと, 感じたの 4 覚えて 3 さへ, する, やいて, 受けて, 感じずには, 感じながら, 焼いて

2 [26件] お受け, かんじながらも, されなければ, したの, して, するもの, 恥かしい, 感じ, 感じたから, 感じたん, 感じないでは, 感じながらも, 感じました, 感じれば, 感ずること, 感ずるよう, 感ぜずには, 懐かずには, 焼いたり, 焼くわけ, 燃やして, 燒く, 覚えるの, 起こして, 起した事, 起すこと

1 [191件] あからさまに, あそばして, あそばすの, あれほど, いうとか, いだいた, いだかずに, いだくなどは, うけるいはれの, うける事, うんと焚きつけ, おこしたの, おこして, おこし二人, おさえて, おさえること, おさえるべきであるが, おぼえないで, お持ち, お覚え, かきたてること, かきたてるため, かき立てるやう, かりて, この時, さえ吸取るよう, した, したきり, したと, したり, しない, しないと, し続けて, すべき因縁, するせい, するなんて, するの, する点, そそられて, たしなめられたやう, ともなって, どうする, なさって, はらすこと, ひき起す動因, もったらしくやがて, もった皮肉, やいてるん, やかせて, やかれちゃ, やきは, やきまして, やくから, やく訳, タマラなく, 一段とかき立てた, 一段と掻き立てる, 予想し得, 云や, 交えた尊敬, 交ぜ合せた怒である, 交へ, 伴い易い, 伴うた厭, 伴ひ, 内に, 再び思出, 冥府の, 刺戟した, 十分に, 受けること, 受けると, 味わせられた, 呼び起す, 多く受け, 夢に, 夫に, 封ずる手段, 巧みに, 平馬に, 強制される, 忘れて, 恭一に, 悔いた, 意味する, 意志的方面と, 感じさえ, 感じさせること, 感じたと, 感じた自分, 感じてるから, 感じてるの, 感じてるゆえ, 感じないた, 感じないで, 感じなかったの, 感じるかも, 感じること, 感じるし, 感じるね, 感じるので, 感じるほどに, 感じる権利, 感じ候, 感じ始めた, 感じ始めたの, 感じ彼女, 感ずるに, 感ずるほど, 感ずる位, 感ずる理由, 感ぜざるを, 憶えたの, 懐いて, 抑えがたい, 招いた, 招きネッソス, 招く, 持ち, 持って, 持つと, 挑発した, 捨てなかった, 掻きたてるやう, 掻き立てて, 改造してやろう, 攻撃し, 母に, 沸かさねば, 浴せられながら, 焦いて, 焼いただけの, 焼いたと, 焼いては, 焼くか, 焼くな, 焼く事, 煽って, 煽りさ, 煽り立てること, 煽るとかいう, 煽るに, 煽るよう, 煽動する, 狂暴に, 現わす, 相手の, 矢っ, 知らないわけ, 知らない天才, 知るため, 示さない詩人たちさ, 示し出した, 示す勇気, 紛らすため, 脅迫する, 見せないで, 見せる程, 見た事, 見なかつたので, 覚えさせられたり, 覚えたか, 覚えたけれども, 覚えないの, 覚えるので, 覚え腹立たし, 覺え, 角と, 解くため, 言うの, 説くこと能, 読んで, 買つた, 買は, 起こすが, 起さずすでに, 起させない佃, 起させるため, 起させるやう, 起させるよう, 起させる如き身持, 起さないところ, 起しさ, 起しそう, 起し爾, 起すほどの, 起す一節, 除いて, 除く能わず私陀, 隠そうと, 露骨に

▼ 嫉妬~ (125, 5.7%)

8 似た感情 5 かられて, 眼が 3 似たもの, 燃えて, 苦しんで, 身を 2 われを, 似た気持, 堪えかねて, 悩まされて, 狂って, 自分を, 駆られて

1 [81件] あったこと, あるシェイクスピア風, いたたまれず彼, かられては, かわって, しろ自分, たえられぬの, たえ難く, ちがいなかった, つつまれた小六, とどろき宮, のぼせたお, むらっと, めくらに, 伴ふ, 似た, 似たやう, 似た不快, 似た好奇心, 似た心, 似た心理作用, 似た恐怖さ, 似た憤ろしさ, 似た真剣, 似た苛立ちを, 似てる, 何の, 値するだけの, 充ちて, 充満したる, 凝った繊細, 反す, 取り合わないふう, 口を, 在るから, 外なりませんでした, 嫉妬し, 帰して, 当るだけの, 心を, 思わず椅子, 悩む人, 悩んで, 敏感に, 曇らせられたもの, 比べられて, 火の, 煽られた残虐, 燃えあがる, 燃えただろう, 燃えながら, 燃えました, 燃えるその, 燃える一心, 燃える奮闘, 燃え失脚, 燃え復讐心, 狂いだして, 狂う浅ましい, 狂する鬼, 狂ったお, 狂った而, 理性を, 疲れさせて, 美を, 背を, 苦しみながらも, 苦しみ出した, 苦しむよりも, 苦しめられて, 苦しんだ, 譬えられオセロ, 責められだしたの, 近いもの, 近い心持, 近い気持, 近い羨ましさ, 駆った, 駆られた女, 駆られるの, 駆られ出したとでも

▼ 嫉妬~ (116, 5.3%)

2 [11件] ひどかつ, ましい心, ましい息づかい, より高い, ホンの, 功名心や, 女の, 嵩じて, 手伝って, 深くて, 頭を

1 [94件] あった, あったに, あまねく影, あり, あり臆病, ある, あるの, あるらしくそれ, ある不可思議, いり込んで, うずいて, うるさいから, おありでございました, お高, かくされて, こみ上げて, こもつて, こんどは, さいなむので, しきりに胸, すっと頭, ついに人, つのって, ともよに, どこから, どんな恐ろしい, ない, のたうって, ひそんで, ひどかった, ひどくて, ひどくな, ましいこと, ましい事, ましい執拗, ましい点, まじつてゐる, ムラムラと, 一切お前を, 交って, 今更の, 何と, 余が, 出て, 判る, 原因と, 吹き出た, 因と, 増して, 多鶴子の, 天辰の, 夫人に, 強いの, 強かったろう, 彼の, 彼を, 怏々と, 恐ろしい奸計, 惹起す, 感じられ不快, 改めて甦った, 更に手強く, 有ったかも, 極端に, 止められませんで, 沸きおこりそれ, 淋しかった, 深酷, 混じって, 混じつて, 混って, 渦を, 激しくて, 激しく三百八十兩, 燃え上がった, 猛烈で, 生一本で, 甦ったの, 男を, 真剣な, 禍いの, 胸に, 自分を, 芽ぐんで, 芽ばんで, 葉子の, 起った, 起ったに, 起るそこ, 起るという, 起るといふ, 起れば, 身を, 集って

▼ 嫉妬~ (113, 5.1%)

3 云ふ 2 いい叫び, いうよりも, 反感を, 怒とを, 悔恨とに, 憎悪の, 憎悪を, 憤怒とを, 憤怒を, 無視された

1 [90件] いうより, いうよりは, いえるならば, いっても, お呼びし, すると, なった, みられるもの, やらいう, 不信とに, 不安と, 不安とを, 不安の, 不安を, 云い事実, 云うこと, 云うよりは, 云う者, 來てる, 僞惡と, 僻みとを, 利己心とは, 卑劣と, 反感から, 反感が, 呪詛の, 呼ばれて, 呼ばれるもの, 圧迫を, 報復と, 嫌悪で, 察して, 心配で, 忿懣とで, 怨恨とに, 怨恨とを, 恋とを, 恋の, 恚り, 悲しみに, 愛着との, 憎しみは, 憎みから, 憎悪と, 憎悪に, 憎惡, 憤とを, 憤りと, 憤怒が, 憤怒と, 憤怒とが, 憤怒とで, 憤怒に, 憤激を, 懸念とに, 挑発とが, 未練と, 混ざり合った憎悪, 混同する, 滑稽さとを, 潜む, 無理な, 熱い憐憫, 爭鬪とで, 狼狽に, 猜忌と, 猜疑とが, 猜疑とで, 理不尽な, 相反す, 競争が, 絶望の, 羨望を, 羨望を以て, 腹立たしさ, 落胆とで, 見せかけた恐ろしく, 見ても, 解して, 解釈した, 言う, 言うか, 言ったところ, 言はれ, 言われじん, 認むれば, 退屈とを, 間違えられる, 間違へ, 驚異を

▼ 嫉妬~ (96, 4.4%)

7 の強い 3 をいだい, を起す 2 が強い, だの意地, は強い, をなく, を持っ

1 [73件] からそんな, からだった, からな, から一つ, から徒ら, から感づいた, から打壊し, から霊魂, がある, がこう, がない, が強, が強く, が強くっ, が萌え出し, だ, だけあっ, だけで, だと, でもあり, で言う, と一緒, と共にこういう, と憎悪, と来たら, なれども, にかられた, によって蝕まれ, に制せられた, に妨げられ, に諛び, に駆られ, のはたらき, の中, の亡者, の多い, の深い, の為, の腹癒せ, はある, はほん, はむらむら, は努, は単に, は遂に, は離れる, まで起し, もつよけれ, も手傳, も深い, も見えず, や猜疑心, や羨望心, をそそる, をも呼びさまされ, を其肥満, を冷笑, を利用, を刺戟, を十分, を和らげ, を慰安, を懐い, を打ち消す, を抱く, を招い, を煽っ, を燃え立たせ, を警, を起こさした, を起さない, を起した, を起します

▼ 嫉妬~ (88, 4.0%)

2 [16件] して, すべての, それを, つねに多忙, 他を, 出歩いて, 婦人の, 嫉妬される, 平生は, 彼の, 心の, 性質的な, 愛と, 狡猾に, 自分よりも, 詐術的である

1 [56件] あつた, あなたさまが, この国, この祕密, すまい言えばとて, せずその, その対象, その對象, その時, その時代, つねに陰険, つねに陰險, どうしても創作, どこにも, ひど過ぎる, ますますその, むしろ虚無的, ハンブルクの, 主として単なる, 他人の, 募るばかり, 勿論彼女自身, 口走らなかったが, 同じこころ, 同時に憎悪, 名声の, 大變, 女の, 女性にだけ, 寸時も, 己の, 彼に, 彼自身が, 必死, 惚れて, 愛の, 感じなかった, 憎悪の, 或る, 本来男子の, 果てしが, 止まなかつた, 残った, 煮えた油, 益, 眠りかけた昔, 私欲の, 程度において, 空気と共に, 第三者が, 見つとも, 起さないだろうと, 軽く通, 閨房の, 附き物, 陰に

▼ 嫉妬~ (67, 3.0%)

13 ている 7 ていた 2 たりしない, たり狂, ていらっしゃる, てはいけない, てゐ, てゐる

1 [35件] しかも愛慕, そうである, たりはしなかった, たり悩ん, たり憎悪, たり私, たり自分, たり邪魔, て, ていかに, ていろいろ, ていろんな, てくどくど, てし, てはならない, てはならぬ, ては泣き, てわれ, てゐた, てゐるで, てケチ, て呪詛, て居つた, て居ります, て居る, て当の, て死んだ, て私, て老い, て葬ろう, て身, ひそかに, 半分笑う, 女を, 憎悪が

▼ 嫉妬深い~ (62, 2.8%)

2 ほど愛し, 人物が, 猥褻な

1 [56件] お心, お杉, からそんな, ことを, という, という事, と島山さん, と思ひます, と来, と見えます, のでわざと, ので兄, のに口説かれたら, ものかなう, ものだ, もので, ウヌボレ屋も, 事は, 人も, 内儀の, 奥さんと, 女では, 女と, 女に, 女の, 女も, 女子だ, 奴だった, 後見人, 方で, 方である, 方でございました, 旦那な, 昔の, 月を, 松本の, 母親の, 気荒, 油断なき, 煩雑な, 獣の, 由藏も, 男だ, 男でござん, 男でしょう, 男です, 男な, 男の, 男は, 私だけど, 私であろう, 私には, 老婆の, 者が, 聞き耳を, 訳に

▼ 嫉妬~ (54, 2.5%)

3 まじって 2 ある, すくなく, 憎しみも

1 [45件] あって, あつた, あるもの, あろう, した, して, し逆上, する, せずただ, ないし, ない代り, ない其處, また強い, また恐ろしい, もたないの, 人間の, 今では, 何も, 同情も, 多いゆえ, 嵩じ突然, 恨みも, 感じた, 感じたが, 感じなかった, 感じるし, 手伝って, 湧いて, 無いかえって, 燃さなかつた, 燒いた, 猜み, 男の, 眼中に, 瞋恚も, 知らぬふう, 競争も, 育てる言葉, 萌すなり, 言いかねて, 起さずに, 起らない, 起らないのよ, 起るもの, 起れば

▼ 嫉妬から~ (44, 2.0%)

2 猜疑心から

1 [42件] たうとう, だつたの, であること, であろうか, です, ですな, で自分, ない事, のがれるため, むりに, むりにも彼女を, やったん, デスデモーナを, レナール夫人を, 些かの, 出たの, 出た注進, 出た自虐的, 出る質問, 女を, 姉妹に, 彼の, 彼女の, 思わぬ大, 或日, 旅絵師を, 来たの, 来た中傷, 来る苦痛, 水銀を, 湧き出した一種, 灼熱した, 生れるみにくい, 私を, 筆屋の, 脱れる, 蕩児を, 血路を, 言触らされたの, 起つた, 起るこの, 遠いという

▼ 嫉妬する~ (37, 1.7%)

3 のである 2 ような, 者は

1 [30件] くらいで, くらい莫迦げた者, ことあれへん, ことや, ことを, そんな人, という事, とはどんな, とは何, と云, と家庭, などとは到底, なり苦しん, なんてあなた, ように, わけだ, んです, イワレを, 価値の, 南原杉子を, 反対派が, 夫人が, 女たちは, 女にも, 妹を, 必要も, 情を, 状態を, 理由の, 自分も

▼ 嫉妬~ (36, 1.6%)

1 [36件] あつた, あらうと, あんなところ, いうの, ぎゃア, すっかりいためつけられ, その妾, なしに, ブルブルと, 一ぱいであった, 主人にも, 亭主の, 人を, 他人の, 其上に, 出るの, 半病人, 問題を, 噂する, 強くなった, 死んだ怨霊, 死んだ時, 気が, 氣が, 濃く染まった, 狂死を, 生きて, 私の, 胸が, 舌うちする, 苦しんだ, 赫と, 身を, 躯が, 震えるよう, 顔は

▼ 嫉妬~ (35, 1.6%)

3 羨望を 2 愛情などの, 愛情は, 見つけて

1 [26件] あてどの, きだという, そしりは, 不平や, 不快を, 何かの, 反感が, 反感を, 反目が, 外界の, 子供たちの, 幻滅や, 彼の, 怨恨から, 怨恨が, 怨恨の, 恨みや, 憎悪が, 憎悪の, 毛嫌い, 焦燥苦悩を, 競争を, 競争心を, 羨望の, 羨望も, 術策や

▼ 嫉妬という~ (31, 1.4%)

6 ものが 4 ものは 3 ものを

1 [18件] ことが, ことを, ので, もので, ものでしょう, ものとは, ものな, ものに, レンズの, 人間の, 形に, 感情が, 感情をも, 方が, 活動をべ, 点に, 私の, 言葉を

▼ 嫉妬深く~ (20, 0.9%)

2 て奸譎

1 [18件] あの時彼女, いちど怒る, て人, て夜十二時近く, て嫌ひだ, て巣, て親しい, ないと, なりました, はなく, もなろう, 嫉妬と, 嫉妬といふ, 小さなこと, 百合子の, 私の, 見張って, 邪推深い

▼ 嫉妬~ (17, 0.8%)

2 か癇癪, とか憎みだ

1 [13件] というなら, という風, といふ, とか云う, としか考えぬであろう, とは知り, と云, と云いきかせる, と名付け, と私, な, なあ, なんて思っ

▼ 嫉妬との~ (14, 0.6%)

2 ために, 強さ 1 一生を, 入り交じったよう, 入り交じつたやう, 対照と, 激しい戦い, 狂暴を, 狭量な, 目を, 目を以て, 稲妻が

▼ 嫉妬~ (13, 0.6%)

2 であるとの

1 [11件] でしょう, でね, でもあった, で夢中, といふもの, なん, に奉公, に睨まれ, のエビル, の敏感さ, の電車

▼ 嫉妬した~ (12, 0.5%)

2 自分の 1 か, くせに, ことが, ということ, のさ, のだ, ばかりでなく, ものだ, んだ, 為だ

▼ 嫉妬とが~ (12, 0.5%)

2 彼女を, 術策的である 1 そのま, みなぎって, 彼を, 日向葵の, 潜んで, 私の, 胸に, 蟠ま

▼ 嫉妬~ (12, 0.5%)

2 かい婦人, かい質 1 かいの, かいヘロデ, かい人間, かい夫人, かい悪魔, かい日本, かい船木, かく求め

▼ 嫉妬される~ (10, 0.5%)

3 者の 2 おそれ 1 と云う, に価しない, のだろう, のは, ほどの内的

▼ 嫉妬では~ (10, 0.5%)

4 ない 1 あるまい, ないか, ないが, ないと, なかった, なくむしろ

▼ 嫉妬でも~ (10, 0.5%)

1 あり反抗, あるし, されたらほんとに, したの, するの, なく同性, 恋でも, 感じたやう, 憤怒でも, 非難でも

▼ 嫉妬とを~ (10, 0.5%)

1 もって, 交互に, 厳重に, 含まないの, 強請された, 強請する, 感じるの, 感ずるの, 村落の, 發見した

▼ 嫉妬らしい~ (10, 0.5%)

2 顏を 1 ものを, ようです, 思が, 気持を, 気持救っ, 眼だけは, 素振りは, 言葉も

▼ 嫉妬とに~ (9, 0.4%)

2 出で 1 満ちて, 燃えた, 狂った直也, 狂つた直也は, 由って, 興奮しきった, 過ぎないと

▼ 嫉妬とは~ (8, 0.4%)

2 あらゆる情念, すべての, 種々の 1 つねに誇張, 違ったもの

▼ 嫉妬~ (7, 0.3%)

1 あるいは小, りっぱな, 女の, 彼は, 意地悪る, 或いは同性, 羨望か

▼ 嫉妬である~ (7, 0.3%)

2 ことには 1 ことが, ことを, といふこと, と気, と解釈

▼ 嫉妬といふ~ (7, 0.3%)

2 ものを 1 ことを, ものが, ものだらう, より負け嫌ひなの, 奴と

▼ 嫉妬とも~ (7, 0.3%)

1 いい代えられ, とれる毒々しい, なって, ひがみとも, 思われるほど厳重, 羨望とも, 親しみとも

▼ 嫉妬~ (7, 0.3%)

2 でない, でない心 1 でないという, でないといふ, な心理

▼ 嫉妬~ (6, 0.3%)

1 のか, のだ, のでございましょう, ので御座います, んだ, 旦那に

▼ 嫉妬には~ (6, 0.3%)

1 いつもそうした, 天眞爛漫といふ, 天真爛漫という, 灰汁の, 逢わずに, 違ひない

▼ 嫉妬よりも~ (6, 0.3%)

2 強くそして 1 侮蔑の, 寧ろ薔薇, 深いもの, 熱い熱い涙

▼ 嫉妬~ (6, 0.3%)

2 に襲 1 があの, で, をもつ, を味

▼ 嫉妬深き~ (6, 0.3%)

1 その空言, 事疾く, 女なれ, 女性として, 婦人等の, 築山夫人の

▼ 嫉妬しない~ (5, 0.2%)

1 ことである, ことは, と云, のだろう, 処を

▼ 嫉妬とか~ (5, 0.2%)

1 不快とかの, 愚痴とか, 競争心とかいう, 見物人への, 邪推とかの

▼ 嫉妬にも~ (5, 0.2%)

1 かかはらず観客席, やはりこう云う, やはり興味, 似たはげしい, 反して

▼ 嫉妬やら~ (5, 0.2%)

1 さまざまの, なにやらで, 愚痴やら, 憎みやらを, 體の

▼ 嫉妬焼き~ (5, 0.2%)

1 である事, で夫人, で清元, で雌, の女

▼ 嫉妬こそ~ (4, 0.2%)

2 ベーコンが 1 つつましく美しいじゃ, 哀れにも

▼ 嫉妬され~ (4, 0.2%)

1 たり頼もし, ている, てき, 天子から

▼ 嫉妬など~ (4, 0.2%)

1 さまざまの, 唱えて, 言う者, 言ふ

▼ 嫉妬などの~ (4, 0.2%)

1 徹骨の, 有った事, 為に, 為めに

▼ 嫉妬などは~ (4, 0.2%)

1 いささかも, お焼き, どこかへ, 焼きませんから

▼ 嫉妬なり~ (4, 0.2%)

1 と信じ, と言う, 嫉妬は, 皮肉なりが

▼ 嫉妬をさえ~ (4, 0.2%)

1 交えて, 感じて, 感じないわけ, 感ずる程

▼ 嫉妬~ (4, 0.2%)

2 利用シテ妻ヲ 1 密カニ享楽シツツアッタ, 密カニ享楽シツツアッタト云エナイダロウカ

▼ 嫉妬半分~ (4, 0.2%)

1 である, に囃し立てる, の家庭觀, 憤らせたり

▼ 嫉妬じゃ~ (3, 0.1%)

1 ない, ないですが, アない

▼ 嫉妬だの~ (3, 0.1%)

1 対立競争意識という, 対立競争意識といふ, 艶羨

▼ 嫉妬であろう~ (3, 0.1%)

1 か, か虫酸, 耳を

▼ 嫉妬とかいう~ (3, 0.1%)

1 のが, ものが, 種類の

▼ 嫉妬なども~ (3, 0.1%)

2 明確で 1 手伝って

▼ 嫉妬などを~ (3, 0.1%)

1 し合, するもの, するよう

▼ 嫉妬なる~ (3, 0.1%)

1 や否, 文字の, 文字を

▼ 嫉妬によって~ (3, 0.1%)

1 人を, 咒われた, 現わ

▼ 嫉妬まじり~ (3, 0.1%)

1 の興味, の舌打, の陰口

▼ 嫉妬めいた~ (3, 0.1%)

2 口説が 1 感情に

▼ 嫉妬以外~ (3, 0.1%)

2 に何物 1 なもの

▼ 嫉妬喧嘩~ (3, 0.1%)

1 から仲間割れ, の時, をした

▼ 嫉妬~ (3, 0.1%)

1 さという, さなどが, さ名声への

▼ 嫉妬深かっ~ (3, 0.1%)

21 たお前

▼ 嫉妬からの~ (2, 0.1%)

1 詮索を, 軍沙汰だ

▼ 嫉妬からは~ (2, 0.1%)

2 何物も

▼ 嫉妬~ (2, 0.1%)

1 へ感ずるらしく, へ覚

▼ 嫉妬さえ~ (2, 0.1%)

1 おこしました, 手伝いて

▼ 嫉妬してる~ (2, 0.1%)

1 んだ, んだろう

▼ 嫉妬すれ~ (2, 0.1%)

1 ばあんた, ば家庭

▼ 嫉妬せしめる~ (2, 0.1%)

1 ような, ように

▼ 嫉妬せず~ (2, 0.1%)

1 にいられなかった, には居られない

▼ 嫉妬それから~ (2, 0.1%)

1 意趣返しと, 疑念それから

▼ 嫉妬~ (2, 0.1%)

1 いるの, ふ経験

▼ 嫉妬でなく~ (2, 0.1%)

2 頬を

▼ 嫉妬とから~ (2, 0.1%)

1 口々に, 産れた

▼ 嫉妬とき~ (2, 0.1%)

1 てはそれ, には恐怖

▼ 嫉妬とともに~ (2, 0.1%)

1 あの安堵, 始った

▼ 嫉妬とほど~ (2, 0.1%)

2 人間を

▼ 嫉妬と共に~ (2, 0.1%)

1 女子を, 嫉妬に

▼ 嫉妬なさる~ (2, 0.1%)

1 とはさては, んです

▼ 嫉妬なぞ~ (2, 0.1%)

1 と云, と思い

▼ 嫉妬において~ (2, 0.1%)

2 想像力が

▼ 嫉妬においてすら~ (2, 0.1%)

1 さうである, そうである

▼ 嫉妬にすら~ (2, 0.1%)

2 満ちて

▼ 嫉妬によ~ (2, 0.1%)

1 つてなら, つて動いた

▼ 嫉妬ばかり~ (2, 0.1%)

2 残して

▼ 嫉妬ぶり~ (2, 0.1%)

1 にはさすが, に堪えられない

▼ 嫉妬めく~ (2, 0.1%)

1 ものを, 心で

▼ 嫉妬やきな~ (2, 0.1%)

1 もんだ, んです

▼ 嫉妬ゆえ~ (2, 0.1%)

1 に狂い出した, の犯行

▼ 嫉妬んで~ (2, 0.1%)

1 いるから, よんべ

▼ 嫉妬~ (2, 0.1%)

2 或ル意味ニオイテ必要デモアリ快感デモアル

▼ 嫉妬ヲ感ジルトアノ方~ (2, 0.1%)

1 ノ衝動ガ起ル, ノ衝動ガ起ルノデアル

▼ 嫉妬~ (2, 0.1%)

2 りの

▼ 嫉妬執着~ (2, 0.1%)

1 の険, は至る

▼ 嫉妬妄想~ (2, 0.1%)

1 の対象, はそれ

▼ 嫉妬憤怒~ (2, 0.1%)

1 そして悲哀, 憎惡

▼ 嫉妬~ (2, 0.1%)

2 の本性

▼ 嫉妬的妨害~ (2, 0.1%)

2 を加

▼ 嫉妬的感情~ (2, 0.1%)

1 の発現, の發現

▼ 嫉妬起さし~ (2, 0.1%)

1 て思う, て自分

▼ 嫉妬軋轢~ (2, 0.1%)

1 の為, の爲

▼ 嫉妬軋轢熾~ (2, 0.1%)

2 んなる

▼1* [167件]

嫉妬あそばすものもと, 嫉妬ありで蓋し之, 嫉妬ある階級への, 嫉妬ていた, 嫉妬かと思へば, 嫉妬かの幾千年幾万年の, 嫉妬からとはいいながら, 嫉妬がましくそれ, 嫉妬さえも強く心, 嫉妬させ衝突させよう, 嫉妬させたすらりと, 嫉妬させようと試みる, 嫉妬させる刺戟が, 嫉妬させるべく小細工を, 嫉妬さまざまの悪感, 嫉妬さ納屋であれ, 嫉妬しあったり争い, 嫉妬しなければならなかつた, 嫉妬しまして前, 嫉妬しますけどあの, 嫉妬し合うたことですやろ, 嫉妬し合ったことなどは, 嫉妬し居つたぞ非常, 嫉妬し憤るような, 嫉妬し続ける夫人にとって, 嫉妬し裏切るものだ, 嫉妬じみた気持に, 嫉妬すべき理由が, 嫉妬するだろうから知らない, 嫉妬しも無理, 嫉妬せざるを得ない, 嫉妬せしめ憎惡, 嫉妬せられる素子も, 嫉妬その事だけが, 嫉妬それらの混然, 嫉妬それ自身は勿論, 嫉妬そんなもの, 嫉妬だけでは, 嫉妬だけじゃない甲子太郎, 嫉妬だけにおかれて, 嫉妬だそねみだ自棄な, 嫉妬つてフランス語でなん, 嫉妬づよくもてあまして, 嫉妬であってその, 嫉妬であったといえる, 嫉妬であったろうか, 嫉妬でないよ, 嫉妬でなければあんな, 嫉妬といった気持からは, 嫉妬とで日も, 嫉妬とまでは申しますまい, 嫉妬どころの段, 嫉妬なされて是非, 嫉妬なとはさておいて, 嫉妬などで表現し, 嫉妬などよりまだ強く, 嫉妬ならみっともねえ, 嫉妬なりをあおり立てようと, 嫉妬なんかいたしませんから, 嫉妬なんぞやきましたか, 嫉妬なんてそんなもの, 嫉妬にしか過ぎません, 嫉妬について少し考え, 嫉妬による暴力行為が, 嫉妬のせゐもある, 嫉妬のみ有り得るの, 嫉妬のみはありうるらしい, 嫉妬はずゐ分, 嫉妬ひそかな憎悪, 嫉妬ひとつからこの, 嫉妬ふかければ去る, 嫉妬ほど激しい感情, 嫉妬ましさを, 嫉妬までおぼろに, 嫉妬みしたまひき, 嫉妬みたいなもの, 嫉妬めいてここ, 嫉妬やかれて本, 嫉妬やきなの, 嫉妬やきだし相場師と, 嫉妬やきでとても何うに, 嫉妬やきですからその, 嫉妬やきでほうずもねえ, 嫉妬やくほど御, 嫉妬嫉妬よ, 嫉妬よりの契約が, 嫉妬れる方が, 嫉妬をも嬉戯を, 嫉妬をもって想像し, 嫉妬を以て斯う, 嫉妬カラソンナ風ニ気ガ廻ルノカト思ッテソノ考エヲ努メテ打チ消シテイタノデアルガ, 嫉妬ガ醸ス激シイ情熱妻ノ全, 嫉妬サセテ刺戟ヲ与, 嫉妬ト感謝トノ相半バスル気持, 嫉妬ヤ憤怒ニ駆ラレテイルト, 嫉妬ユウジェニイ・グランデ即ち吝嗇, 嫉妬不安憤怒憎悪あらゆる感情, 嫉妬不正の恋情, 嫉妬云々の俗評, 嫉妬人種としての軽蔑, 嫉妬以上の悪意, 嫉妬侮蔑のよう, 嫉妬偏執の癖, 嫉妬出し毎日のよう, 嫉妬半分お前が, 嫉妬噛, 嫉妬反目の念, 嫉妬呪詛を満たすべき, 嫉妬嘲罵の絶える, 嫉妬に貪, 嫉妬が回し, 嫉妬妨害も盛ん, 嫉妬妨害者が起っ, 嫉妬のレアリストたち, 嫉妬屋たちに, 嫉妬山羊は不貞, 嫉妬復讐という感情, 嫉妬心といはばいふべし, 嫉妬心高慢わがまま邪推というよう, 嫉妬怨念その業因, 嫉妬恐怖卑怯の類, 嫉妬悪意及び復讐, 嫉妬悪意排他的感情の原動力以外, 嫉妬愚痴そんな事, 嫉妬感さへも伴, 嫉妬感じたか分れへん, 嫉妬感じてるのん, 嫉妬慳悋諂曲の人, 嫉妬憎悪自蔑, 嫉妬憎悪奪掠殺傷の不義非道, 嫉妬憤怒憎悪呪咀焦慮後悔卑屈貪慾虚偽怠惰暴行などのあらゆる, 嫉妬振りは正気, 嫉妬排他小智頑冥等は今, 嫉妬排擠が多く, 嫉妬排擠呪詛抗争はいずれ, 嫉妬気味から, 嫉妬氣味から, 嫉妬深いやかましく言う女, 嫉妬深くって其の, 嫉妬の女房, 嫉妬燒くもんでもあゝえ, 嫉妬猜忌して, 嫉妬猜疑の徒, 嫉妬猜疑朋党異伐, 嫉妬疑惑絶望等の表示, 嫉妬それだけは, 嫉妬的注意を拂つて, 嫉妬立てるし今夜, 嫉妬あらん限り, 嫉妬紛れにぎゃア, 嫉妬羨望あり身, 嫉妬を立っ, 嫉妬表示の固定, 嫉妬見物人に対する反感, 嫉妬貪婪は人, 嫉妬貪慾猜疑陰険飢餓憎悪などあらゆる, 嫉妬貪慾自己保全功名心遺産問題その他多くの項目, 嫉妬軽侮憎悪を生む, 嫉妬軽蔑敵愾心等々から生れた遣切れぬ, 嫉妬邪推に変っ, 嫉妬野郎だ, 嫉妬を布いた, 嫉妬陰謀の手, 嫉妬を動かし, 嫉妬頑迷我利の行い, 嫉妬馬田に対する敵意, 嫉妬騒ぎが聞こえ