青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「嫂~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~婆 婆~ ~婆さん 婆さん~ 婦~ ~婦人 婦人~ 婿~ ~嫁 嫁~
嫂~
~嫉妬 嫉妬~ ~嫌 嫌~ ~嫌い 嫌い~ ~嬉し 嬉し~ ~嬉しい 嬉しい~

「嫂~」 1475, 16ppm, 7073位

▼ 嫂~ (350, 23.7%)

7 つくり 6 前に, 顔を 4 事を, 前へ, 声が, 姿が, 姿を, 言葉は, 言葉を 3 お浜, 名, 名を, 姿は, 方が, 方で, 方に, 方を, 気性を, 言葉に

2 [35件] スギは, 三人の, 傍へ, 前で, 前にも, 勧を, 口振りからも, 声を, 変貌振りを, 失踪は, 室を, 心づくしでした, 志は, 態度で, 態度の, 所へ, 様子に, 様子を, 気色を, 清子と, 為に, 疎開先である, 病気は, 真正面へ, 眼は, 眼を, 肉薄を, 話は, 質問と, 贈物が, 部屋は, 関係を, 顔も, 高子が, 高子の

1 [203件] あとへ, いった通り, いない時, いない留守, いるうち, おしゃべりに, お倉, お兼, お喜勢さん, お延, お春, お槇, お酌, お金と, お金も, お雪さんに, お高, かう云, かきつけて, くせに, くだくだしい叙述, ぐうたらを, こう云う, ことに対して, ことばかりに, ことを, こと敏子の, こと相, この恍け, この言葉, この返事, ごときもの, ために, ところで, なかに, ほんもとは, やうな, よこした婢, スギなどは, 上京も, 上京よりも, 事が, 云う事, 云った事, 云つた事を, 云ふ, 仕打に, 保証は, 俥が, 側で, 側に, 傍に, 優しさ, 兄さんが, 兄に, 冥福を, 叔母から, 叔母に, 口から, 口占を, 口調は, 名も, 名誉を, 君とともに, 君とを, 唇との, 唇には, 喜代子が, 喜代子も, 噂であった, 噂である, 噂は, 場合の, 墓参に, 声には, 声は, 変死の, 外には, 姪である, 姿の, 姿や, 子供と, 存在が, 実家では, 実家の, 室は, 室へ, 家, 容体は, 小娘は, 居る部屋, 屍体は, 希望に, 師事した, 年増振, 幻影を, 幽霊に, 廊下伝いに, 弟が, 弟で, 後に, 後へ, 後姿は, 後姿を, 御馳走には, 心理までが, 性格を, 性質を, 恐れ方は, 惡口を, 愚痴の, 感情を, 態度が, 態度に対してほどの, 態度に対する, 態度を, 懐胎し, 懷姙といふ, 所で, 所に, 手から, 手に, 手前気が, 手腕には, 手術が, 扱いから, 批評を, 指図な, 方にばかり, 方へ, 方も, 日頃の, 最後の, 様子は, 機を, 機嫌の, 次に席, 正体は, 此言葉を, 死は, 死後は, 気持を, 決心に, 泣き喚く, 涙を, 烈しく罵る, 物語に, 犯罪を, 病室の, 病室は, 発病の, 登子とは, 皮肉は, 相図を, 真面目な, 真面目らしい, 策略に, 策略にか, 素振りに, 紹介で, 綾子な, 縫って, 織つた着物, 耳には, 聲は, 肝癪, 膝に, 茶の, 菩提を, 葬式を, 薄い下駄, 藤枝が, 視線は, 言葉であった, 言葉黐竿を, 訪問に, 許へ, 話で, 話を, 赤いインク, 身体に, 身内で, 身内であった, 近づく, 近情や, 近頃の, 遺骨を, 遺骸が, 部屋が, 部屋の, 部屋へ, 部屋を, 里へ, 鈴子の, 間に, 間には, 間柄は, 面影は, 頬を, 頼み少ない感じ, 額を, 顔は, 鼓膜には

▼ 嫂~ (266, 18.0%)

6 それを 4 こう云っ, 平生の 3 いつもの, 例の, 黙って

2 [21件] いった, ただ, 不安らしい, 代助, 判然しない, 団扇を, 嫂で, 実意の, 尤も無頓着, 岸本の, 幕の, 急に, 毎日絶え間なく, 直接生活の, 知らないと, 絶えず何ごと, 自分と, 赤ん坊を, 返事を, 鏡の, 阿英

1 [201件] いっこう平気, いつに, いつまでも, いま死に, お客様の, こういう時, こう云い, こう云う, こう言っ, この前, この四五年, この短い, これで, これは, こんなこと, こんな言葉, さも寂し, しきりに遠眼鏡, しばしば眉, しばらく声, すぐ立っ, すでに吐息, すでに明言, せつせと, そこを, そのま, そのままそこ, その夜, その家, その梅, その橋, その言葉, それでも淋しい, それほど驚いた, そんな事, そんな景色, ただ澄まし, ただ笑つて, ただ自分, たぶん感づい, ちょっとそれ, ちよつと, とうとう笑いかけた, とりなすやう, とりなすよう, どこから, なお一そう, にっこりと, にわかに老け, のどもとへ, はじめ無頓着な, ひょっとしたら白痴, びっくりした, まず色, また, また低い, また坐った, また幅, また恐ろしく, また驚く, まだ不足, まだ何, まだ彼女, まだ興奮, まだ黙っ, まもなく蘇生, むかっ腹たてだした, むかつ腹, もうとてもむつかしい, もう來, もう死ん, もう私たち, やがて一つ, よく苦情云つて, わざと自分, チエツと, ピンピンし, 一口しか, 一寸自分, 一面識も, 上着を, 不審がった, 不断銀子の, 二度と谷中, 亡くなった岸本, 今その, 今の, 今髷, 側に, 働かなかった, 元より, 兄と, 兄の, 全くの, 内側から, 冗談めかし, 刺繍科裁縫科を, 前の, 助かりそう, 十歳上であった, 半分独語の, 厚敬, 又その, 台湾の, 四十二であった, 塑像の, 声を, 変な, 変に, 大抵の, 天保調と, 好い婿, 始終同じ, 嬉しさ, 子供を, 季子が, 寒さ, 寝台の, 小さい下, 小声で, 岸本が, 岸本に, 席に, 平生阿, 廿日市から, 弟達や, 彼に, 心細そう, 恋を, 息を, 手を, 手帛と, 手摺の, 折り合わずに, 斯う, 日本一の, 更にずっと旧い, 東本願寺から, 果してすこしずつ, 次の, 此短い, 母が, 母親らしい, 気は, 沈黙を, 浴衣を, 無口な, 無言の, 父に, 物も, 物珍らし, 省作の, 真面目な, 真面目に, 私に, 私の, 私より, 私を, 稀らしく, 笑って, 笑ひ, 答えて, 籠で, 素直な, 縁切り尼は, 縫って, 義雄の, 聞いた, 脅えるので, 自分からは, 自分の, 自分を, 芳江を, 若い日, 苦しそう, 荷物の, 蒲団の, 裁縫を, 言いながらも, 言い添えた, 言い遺したとか, 言ったが, 言って, 訊いた, 訪ねて, 話して, 趙家の, 路傍で, 軽く, 近所の, 遠くの, 部屋の, 酷く宗蔵, 長い年月, 静に, 非常に, 非難する, 食事以外に, 食卓の, 髪を, 黙つて

▼ 嫂~ (155, 10.5%)

3 云った, 兄の, 聞いた

2 [15件] お貞さん, しきりに別れた, そこへ, それに, ピヤノの, 一寸自分, 代助, 後で不平, 横に, 現れた, 答えた, 節子と, 言った, 論理を, 針仕事を

1 [116件] いかなる感情, いた, いつの間にか薄く, かして, こう云った, この下宿, この事件, この年老いた, この方面, これ程適切, すること, その中, その明るい, ついて, なぜ残酷, ひとり残つた, ふいに, また云った, やって来たので, ゐた, ニコニコ笑い, ヒステリカルに, 一はながけに, 一番こんな, 一番斯んな, 三つに, 上京の, 不思議そうに, 不自由し, 云い出した, 亡くなった後, 亡くなってから, 今日に, 代筆し, 何を, 傍から, 僅に, 兄に対して, 入って, 入院の, 入院中の, 写真を, 出て, 別席から, 向き合って, 向き合つて何, 和室が, 和泉橋に, 外国で, 夢二畫集を, 夫を, 奸夫と, 始めて, 嫁に, 家での, 家を, 居る, 帰って, 廊下づたいに病室に, 彼女の, 後へ, 応対に, 急に, 戻って, 戻つて, 手桶に, 持っとる, 提灯を, 旧いなじみ, 是程, 木片を, 来て, 来ないの, 欄干に, 此事件を, 此方面に, 母に, 泉太や, 潔白だ, 父の, 知って, 祖母さんや, 私たちを, 私室へ, 私達を, 窓から, 笑うと, 笑ふと, 節子を, 結婚し, 美人であろう, 聞いたが, 自分にだけ, 自分には, 自身で, 芳江を, 草臥れたらしく言った, 行って, 見た, 見舞いに, 解らなくなったの, 言う, 言うから, 訪ねて, 話して, 返事を, 這入って, 這入つて, 間が, 阿Qの, 附属の, 階下から, 雑誌の, 青山の, 風邪気な, 高輪の

▼ 嫂さん~ (123, 8.3%)

3 になる, の事, をお貰い 2 から電話, だって善良, と私, はあんな, はまた, は私, を大事

1 [100件] お銚子一本, からもつ, があるでしょう, がいらつ, がおいで, がこれ, がという特殊, がどうか, がもし, が一番気楽, が他家, が兄さん, が出, が帰っ, が息, が来た, が死, が私, が米, こういうずうずうしい, こんにちわ, さえここ, さえ取り合わなけれ, たら, だから, ですぜ, というその, といっしょ, とおんなじ, とはまるで, と呼ん, どうしましょう, にあげよう, にあっ, にお, にこっそり, についてあの, にとってもかえって, にはわるい, には変, には大変, に不自由, に云いつける, に何, に來, に同情者, に対してももっ, に対して兄さん, に対して面目, に差上げたら, に抵抗, に持ちかける, に持っ, に活け, に自由, に見せ, に詫, に送られ, のいらっしゃる, のため, のもの, の仲, の名前, の肩, はあの, はいくら, はいま, はお, はかなし, はことし, はどう, はどういう, はどこ, はスルメ, は下宿屋, は今, は妹, は微笑ん, は斯, は男, は笑い, は胸, みたよう, もいっしょ, もいよいよ, もさすが, も一つ, も早い, も考え, も逆, やお, やっぱりいけん, よりほか, をどう, をどんな, を信用, を心配, を怖がる, を恐れ, を殺し

▼ 嫂~ (111, 7.5%)

6 向って 5 相談し 3 宛てた手紙, 気を

2 [11件] 云った, 失敗し, 当る人, 彼は, 怜悧に, 挨拶した, 自分の, 致した, 話した, 話して, 隠して

1 [72件] あたるわけ, いった, いろいろ問い迫られ, こきつかわれるの, しても, すすめて, その人, たのむこと, たのんで, ちび, ちびちび無心, とつて, どうして兄, ぱたりと, まかれて, もう一度もと, 一言の, 云はれた, 其人の, 分けた, 厚くする, 取っての, 取っては, 口を, 合せ得られるよう, 向けて, 向った, 向つて, 向つて講釈, 呟いた, 土産に, 姪に, 届かなかったこと, 差上げて, 弔意を, 引渡された, 手を, 新たなる, 残して, 母の, 気下味い, 注いだ, 節子の, 縫いつけて, 聞いた, 肝心の, 腹の中を, 言った, 言わせると, 言われて, 言われても, 評させると, 話しかけた, 話したくなかった, 読んで, 調戯う, 調戯って, 調戯つて誠太郎と, 調戯ふ, 貸し与えられて, 転じた, 通じて, 逢った, 逢つた, 連れられて, 遇うた場合, 阿英, 附き添われて, 隠し祖母さん, 頑是ない, 頭が, 馴つい

▼ 嫂~ (76, 5.2%)

4 連れて 3 相手に 2 そこへ, 弁護する, 痛めて, 見た, 見るの, 顧みた

1 [57件] い, いつくしみ草廬, いろいろに, そういう精神病, つ, どうしても忘れる, はじめ節子から, はなれて, ふり返った, もって, 例の, 信じて, 入れること, 冷淡過ぎる, 初めて近く, 助けながら, 去なし, 取做, 台所へ, 呼んで, 嗅げば, 好いて, 娶るを, 嫌って, 子龍将軍に, 射殺した, 思ふ心, 怨む者, 恋した, 悪く云, 想い出さないで, 慰めた, 憎んだ, 振り顧, 敬うこと, 敵の, 欺き親戚, 残して, 殺したの, 煩わさんと, 窘る, 考へまいと, 自分から, 見て, 見付けて, 見出した, 見舞うため, 見送ったこと, 見送ろうと, 軽蔑しなけれ, 迎へてから, 送り出して, 長く待たし, 陰で, 離別したら, 顎使し, 顧みた時

▼ 嫂~ (62, 4.2%)

4 一緒に 3 いっしょに 2 三人し, 在喪婚, 縫子が, 縫子の, 縫子を, 芝居の, 順一とは, 顔を

1 [39件] お兼さん, お松さんとの, こんな言葉, しまた, つい先日, なる花嫁, 一夜を, 一番の, 三人その, 並んで, 二人住む, 入れ替った, 入れ替つた, 叔, 同じよう, 喧嘩を, 奥へ, 姪の, 弟嫁か, 応対し, 応対の, 暮した経験, 百合子と, 相並ん, 笑った事, 笑つた事が, 節子とは, 結婚いたしまし, 義妹などの, 自分との, 自分に, 芳江とを, 言い小児, 話したこと, 話すの, 逢ふ, 階段の, 集まったが, 高声で

▼ 嫂~ (51, 3.5%)

3 私も 2 平岡も, 普通の, 縫子も

1 [42件] あの時, いた, いろいろ言う, かわるがわる北向, この世に, さすがに, さすが変, そういう心持, その河, また代, また兄, また変, また阿, まるでそれ, 三十年ぶりでの, 亦代, 今夜は, 佐野さんも, 側から, 同じ気持, 心から憎, 愉快そうに, 断念めた, 明るいうち, 暗い方, 曖昧な, 次兄の, 死に三人, 気兼の, 無論いっしょ, 百合子も, 眉を, 看護に, 知つてゐる, 祖母さんも, 笑顔を以て, 節子も, 行つて粥でも, 裏から, 見むき, 言った, 起出さないほど

▼ 嫂~ (28, 1.9%)

2 のため, は寶兒, は眼

1 [22件] が夜明け, が子供, で彼女, の声, の家, の涙交, はその, はそら, はひどく, はまだ, はもう, は処方箋, は大半, は寝台, は彼女, は感じ, は気, は泣い, は終に, は薬包, は遂にうつらうつら, も魂

▼ 嫂~ (24, 1.6%)

2 兄たちに, 妹などは, 姪の, 祖母さんに

1 [16件] お増, 妹の, 姉や, 姪や, 小さい甥, 年とった, 本当の, 甥や, 百合子と, 祖母さんの, 祖母さんは, 節子の, 節子は, 節子や, 節子等の, 英治さんの

▼ 嫂から~ (18, 1.2%)

2 勧められて, 無心を

1 [14件] きいて, きかされて, こう気, こう追窮, ふんという, 三人も, 云はせる, 云わせると, 借りた厚い, 兄を, 先へ, 厄介もの, 始めてこんな, 注意された

▼ 嫂さま~ (16, 1.1%)

2 のお, を離縁

1 [12件] だつて, との過ぎる, と一緒, と敏雄, と正式, にわるい, に一つ, に引留方, は相, は逸早く, やわたくし, を離す

▼ 嫂にも~ (10, 0.7%)

2 可なり 1 姪にも, 安心を, 着せ姪, 言い含めて, 訴えたが, 詫びなければ, 話した通り, 通じないただ

▼ 嫂には~ (9, 0.6%)

1 こう云う, また可愛く, 一言も, 三つの, 姪に, 届かずじまい, 快よい, 懐かないという, 改まって

▼ 嫂~ (9, 0.6%)

1 が別れ, が郷里, に迷惑, のため, の側, は何, は否, は彼, を送出

▼ 嫂とは~ (8, 0.5%)

1 こんなところ, 元来骨肉の, 兄の, 全く反対, 全く異なる, 口を, 火と, 誰一時は

▼ 嫂だけは~ (7, 0.5%)

1 この点, そうとは, ついに一度, どこでも, 山駕籠その他の, 是非射とめなけれ, 淋しいながら

▼ 嫂との~ (6, 0.4%)

2 この頃, 会談が 1 喧嘩などが, 方は

▼ 嫂さんあなた~ (5, 0.3%)

1 がもしも, とし, の言う, は無事, は竜

▼ 嫂~ (5, 0.3%)

2 とすぐ, よ 1 わね御

▼ 嫂でも~ (5, 0.3%)

2 誠太郎でも 1 なさそう, 姪でも, 親しまねば

▼ 嫂に対して~ (5, 0.3%)

1 かなしみや, 今までに, 何とか説明, 敢えて不倫, 無頓着

▼ 嫂~ (5, 0.3%)

1 では, と御, にお目にかかった, のお, は下さいました

▼ 嫂たち~ (4, 0.3%)

1 が代る代る, が方々, が騒ぐ, におこられ

▼ 嫂~ (4, 0.3%)

2 あつた 1 どうもこの, 何を

▼ 嫂について~ (4, 0.3%)

1 云ったよう, 兄に, 兄の, 智識を

▼ 嫂に対する~ (4, 0.3%)

2 あてこすりも 1 憤りから, 理想を

▼ 嫂だけが~ (3, 0.2%)

1 ちゃんと支度, 連立って, 雨が

▼ 嫂だけには~ (3, 0.2%)

1 一切を, 打明けようそして, 行きたい様子

▼ 嫂という~ (3, 0.2%)

1 のが, のには, のも

▼ 嫂とか~ (3, 0.2%)

2 もしくは父 1 言った

▼ 嫂とを~ (3, 0.2%)

1 控へて, 結びつけて, 連想し

▼ 嫂に対しては~ (3, 0.2%)

1 それが, どことなく無気味, 損だ

▼ 嫂~ (3, 0.2%)

2 謝状を 1 あてた手紙

▼ 嫂をも~ (3, 0.2%)

1 その二人ぎり, 入れて, 悦ばした

▼ 嫂を通して~ (3, 0.2%)

2 奇麗に 1 岸本は

▼ 嫂~ (2, 0.1%)

1 千代だ, 艷の

▼ 嫂からの~ (2, 0.1%)

1 急電により, 手紙を

▼ 嫂からも~ (2, 0.1%)

2 兄からも

▼ 嫂さんあたし~ (2, 0.1%)

2 の眼

▼ 嫂さんところ~ (2, 0.1%)

1 へ泊っ, へ行っ

▼ 嫂だけ~ (2, 0.1%)

1 ぢや, で附添

▼ 嫂とが~ (2, 0.1%)

1 並んで, 次の

▼ 嫂とも~ (2, 0.1%)

1 あるお方, 自分は

▼ 嫂と共に~ (2, 0.1%)

1 上京した, 車を

▼ 嫂にあたる~ (2, 0.1%)

1 お人, 綾子も

▼ 嫂にまで~ (2, 0.1%)

1 自分等の, 隠そうと

▼ 嫂はと~ (2, 0.1%)

2 尋ねたら客間

▼ 嫂らしい~ (2, 0.1%)

1 ことばには, 人が

▼ 嫂~ (2, 0.1%)

2 女と

▼1* [50件]

かき添え申すべく候, 嫂さえなかなか入れず, 嫂さまもうこの谿間, 嫂さま以外にも兄, 嫂さま貴女それを兄, 嫂さん今朝は休ん, 嫂さん何かおっしゃる, 嫂さん小包で送っ, 嫂さん後生ですから, 嫂じゃにいその, 嫂だけになった, 嫂だけの特色である, 嫂であった母を, 嫂ですぜ, 嫂でなければたいした, 嫂ではないか, 嫂といふ勇力武藝男子に, 嫂とかが隣室に, 嫂として存在する, 嫂なぞにひけとらす気, 嫂なぞの認めも, 嫂などがよく話し, 嫂などとめったに口, 嫂についてはいまだかつて一言, 嫂についても不謹慎な, 嫂に対しても機嫌の, 嫂に関してはいっさい口を, 嫂への御礼にとも, 嫂へもここ半年余り嫌な, 嫂ほどに頭の, 嫂まで人の, 嫂らしく振舞ひたくなる, 嫂スギの顔, 嫂丈がちやんと, 嫂三兄それにぼく, 嫂事件を再発, 嫂の結婚, 嫂姉たちが並ん, 嫂子子供を抱い, 嫂子寶兒はどんな, 嫂に詫手紙, 嫂様私に教え, 嫂殺しの疑ひ, 嫂百合子勝見やボーイ, 嫂の方, 嫂節子が夕飯, 嫂節子それから泉太, 嫂自らの思出, 嫂親戚のおばあさん, 嫂甥阿