青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「婦~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~姿勢 姿勢~ 威~ 威勢~ ~娘 娘~ ~婆 婆~ ~婆さん 婆さん~
婦~
~婦人 婦人~ 婿~ ~嫁 嫁~ 嫂~ ~嫉妬 嫉妬~ ~嫌 嫌~

「婦~」 4350, 47ppm, 2491位

▼ 婦~ (803, 18.5%)

13 顔を 12 姿が 10 ような 7 手に 6 一人が, 姿は, 腕に 5 ために, ように, 手を, 方は, 方へ, 方を 4 ことを, やうな, 代りに, 口から, 姿, 姿を, 方が, 白い服, 部屋の 3 一人は, 友, 手から, 群れが, 言葉を, 顔が

2 [36件] お菊さん, ところへ, やうに, 一人を, 上草履の, 中川で, 中青ざめた, 二人の, 前に, 名は, 夫は, 始末だに, 姿に, 婆さんが, 小林が, 小林さんの, 小汚ない, 居た前, 後に, 手の, 方から, 有無やら, 杉野さんと, 様子を, 横に, 生活を, 白衣が, 聲, 肩に, 膝を, 話を, 運んで, 部屋を, 顔に, 顔は, 魂を

1 [587件 抜粋] あとを, あるいは多, いないとき幾度, いない時, いるの, いる所, うちいくらかでも, うちの, おあいさん, おなかが, おばさんが, お千代, お客様を, お庇, お悦, お縫, かいた, かたき討, かんさんが, きせる病衣に, こしらえて, ことだ, こと困る, ごとく, すこし後, する務, そばに, そめ子, それでも油, それにも, それ程深刻, たぐいであろう, ただならぬ後ろ姿, ためだ, だと, つけとどけ, つける温度表, ところから, ところへは, ととのえるベッド, とめるの, はるもにか, ひと, ひとが, ふところに, ほうで, ほうに, まねごとを, まめまめしくて, ようだ, ようでも, ような鄙びた, ようね, よく行きとどいた, よろこびの, わきに, わたくしも, ゐる室, ゐる街, アンソニー夫人が, アンソニー夫人だけが, ウリタが, カロリナ・ヘルウ一名は, スタフィラが, スポイルの, ターニャの, テニス場と, トリックだ, トリックとは, トレーニングに, フヂエさんという, ホーキンスは, ラージュ嬢が, リゼットは, 一人で, 一人に, 一人によって, 一挙一動に, 一見高慢らしい, 一部が, 一重々, 七現, 三人で, 三村と, 下女が, 下駄が, 不深切, 且泣き且走るあり, 世にも激しく, 世話を, 両手に, 中から, 中に, 中にも, 中川が, 主任さんに, 乗つてゐる, 乘つたは, 乙女が, 乳の, 事で, 事は, 人々が, 人の, 人ほどに, 今と, 仕事が, 仕事に, 仕事の, 仕事を, 仕事場に, 仕事着を, 代りを, 低い声, 体に, 体も, 体温が, 來て, 俤が, 傍へ, 傍を, 働きぶりとは, 働きをも, 兄といふだけ, 先に, 免状位は, 入浴の, 全身を, 全身廂を, 全部及び, 八木さんか, 写真を, 冠る, 冷い, 冷たい顔, 処, 出入する, 制服と, 制服の, 制服を, 前でも, 前をも, 前垂に, 勇敢な, 動作白い, 募集を, 勢力は, 半ば起きた, 友だちだ, 口には, 名, 名だ, 名で, 名を, 君岡が, 君岡に, 君岡は, 周到な, 周旋を, 唄う流行歌, 唇の, 営業が, 噂ばかりの, 場合は, 声が, 声である, 声に, 声は, 声音は, 売店などの, 大前掛を, 大掃除, 大衆に, 天才, 夫だ, 夫を, 奴けしからんと, 奴等め, 如き人手, 如し, 妾が, 姿で, 姿も, 姿をも, 姿容に, 姿皇族赤服の, 娯楽であっ, 子らしい, 子を, 字は, 存在が, 客は, 家で, 容態表を, 容易なら, 寝呆け姿, 寝息と, 封筒書きに, 小さな叫び, 小林でも, 小林と, 小林は, 小林を, 小林トメが, 小林トメであった, 小林トメは, 小池さんは, 小舎を, 小谷さんと, 小谷さんとか, 尼さんたちが, 尾野高子は, 居処を, 居場所だ, 居間へ, 屈辱なんぞ, 巣窟だった, 巣船でした, 差し出した参謀本部, 差出した固定液入り, 帰った明る, 常見キミエである, 幻を, 弟の, 形を, 彫像を, 役が, 役だの, 後について, 復讐成る, 徳は, 徳を, 徹夜する, 心も, 心得が, 心理は, 心理的な, 必要な, 忠実な, 忽として, 思い出とが, 急所で, 恋愛には, 恒子さんが, 悲鳴が, 情夫で, 惚れる法, 愛を, 愛嬌の, 態度を, 所持品が, 所置ぶりには, 手が, 手だらう, 手には, 手付きの, 手当を, 払塵の, 持って, 持つ代表的, 持つ感覚, 持論は, 指紋が, 指紋との, 数が, 斑點が, 新証言, 方々と共に, 方の, 日々を, 早起盥漱, 最期ぞ, 服装等清楚甚だ, 木像さ又, 杉本さんが, 杉本さんは, 杉野さん, 杉野さんが, 杉野さんは, 来ない時, 案内によって, 検査に, 様子と, 橋, 欲心と, 歴史, 死体を, 残して, 母親なら, 毒咒に, 気の, 汚れきつ, 池, 沖が, 沖の, 津野さんと, 浜さんと, 淫靡なる, 渡航を, 溜で, 潔白な, 火を, 照子でした, 煩悶は, 熱い呼吸, 父兄が, 牧田さんの, 犠牲者を, 玩弄物に, 珍しい彫像, 班長に, 現況不良少年少女の, 理想的な, 生理条件に, 甲野の, 甲野は, 甲野ばかり, 男子が, 病を, 痴に, 登場し, 白い制服, 白い影, 白い胸, 白く澄ました, 白服が, 白服洗濯したら, 白状は, 白粉が, 白衣と, 白衣に, 白衣を, 目が, 目には, 目は, 直線的な, 眉と, 看病窶れ, 真実の, 眼と, 眼も, 眼付や, 知らないしかし, 研究不良少女の, 社も, 社会的な扱われ, 福崎が, 私的生活は, 移入に, 移香を, 種類を, 空想的な, 空言では, 立場も, 笑声などには, 紅らんだ, 紅唇に, 純粋な, 素晴らしい性感, 経済的, 置いて, 置屋であっ, 美しさ, 美を, 群が, 群れも, 羨しそう, 習慣を, 老婆が, 聲さへ, 聲し, 肉づき, 肉体が, 肉体と, 肉体なども, 肉体に, 肉体を, 肝臓の, 肩から, 肩越しの, 肩際に, 育つ仕組み, 背が, 背中へ, 背中や, 背後に, 背後へ, 胴中を, 胸を, 能事は, 能力の, 腕の, 自宅と, 自宅を, 自殺記事は, 舞, 良人である, 色ある, 荷物が, 葉山さんについて, 薄福, 薄色, 虐げられた, 蠱惑を, 行く処, 行先が, 行水する, 衣を, 衣裳を, 表情には, 袖で, 装いするごとき, 裙が, 裸体の, 裸身である, 裾に, 褄を, 見る眼, 見習が, 見習ひ, 視線から, 視線が, 視線を, 観察を, 言だ, 言葉が, 言葉は, 計を, 訊問が, 証言です, 話, 話から, 話す幽霊, 話では, 語るところ, 誠の, 諸井さんとも, 謁には, 資格が, 赤黒い朝, 足と, 足音が, 足音に, 跫音より, 跳梁は, 身に, 身體へ, 輪, 返事であった, 返事以外には, 通を, 逝きぬ, 逢い曳, 過労は, 道でござろう, 遠ざかって, 部屋から, 部屋へ, 都和井のぶは, 金切声が, 鋤犂把るある, 鏡という, 鏡照子の, 間にも, 間種芳紀十五六中, 関係という, 階子段の, 隙を, 隠れ場所院主は, 露人に, 青蛙が, 静かな, 非公式ふらんす, 面が, 面に, 面影は, 面紗を, 音調が, 頭は, 頼みによって, 顏は, 顔, 顔から, 顔からは, 顔だちだ, 顔であった, 顔ばかり, 顔も, 顔声も, 顔色は, 顔色を, 顔触れにも, 風情は, 食事に, 馬に, 駈け込んで, 骸骨で, 高声, 黒髪は, PIMPを

▼ 婦~ (684, 15.7%)

10 来て 8 入って 6 ある, 持って 5 來て, 答えた 4 二人, 出て 3 戻って, 私の, 私を

2 [42件] あった, あつた, いなりずしを, せき込んで, そつと, それを, どうした, はいって, やって来て, ベッドの, 一人で, 二人で, 二人も, 云った, 何か, 來る, 出ると, 受持の, 声を, 大変僕に, 居て, 帰って, 庭さきで, 廻って, 急いで, 扉を, 手に, 教えて, 来た, 来てさ, 来る, 注射器を, 痰吐を, 立ちました, 立って, 自分の, 薬を, 言った, 言って, 訊いた, 靴で, 飛んで

1 [543件 抜粋] あったこと, あったそう, あったの, あったろう, あって, あとも, あのピストル, あの姿, あの廊下, あひ, あふれて, あらあらしく秤器, あらわれた, あらわれて, ありました, あり日本人専門, あると, あるん, あわた, あわてたやう, いいます勿論, いかに丹精, いた, いったとき, いつもの, いま掴まえた, いるぜ, いるという, いろいろ手, おったが, お供を, お頭, お風呂, お鳥, かいがいしく従った, かき集めて, くりっと, こ, こうしてどこ, こうして官人, こう言った, このやう, さし出した膿盤, しきりに編物, した, したがって, しつとり, しなかったの, すすむる椅子, すっかり清め, すでに奈良朝, そういったとき大寺警部, そう引き取っ, そこら中に, そしてどこ, その助手, その場, その姿, その室, その手押車, その日, その時大声, その椅子, その私, そろそろ起き出し, そんな霧, たって, たつた一人, たつて, だしぬけに, ちょっと粗, ちら, ついて, つきそうよう, つきそって, つけて, とつて, とびこんで, どうしても呼ん, どうも分らない, どこを, どんどん行っ, どんな方法, ないとも, ぬぐって, ばたばた忙しく, ひとり弓門の, ひとり附き, ひやかす, びっくりし, ふいに, ふさわしい図柄, ふたりそれから, ふっと立つ, ぶすぶすと, ほんのりと, ぼんやり彳, また不思議, また口, また目盛, また窓, また近寄っ, また階子段, もうすこし早く, もどって, やって, やっと影, やっと病室, やっと起き, やつて, よく行く, ゐないよ, アタフタ駈け, アルコールを, アンプルを, カーテンを, ガーゼの, グッタリと, ゴム管で, ショー, スッカリ眠つて了つて横に, スツカリ眠つて了つて横に, スプーンで, ツンと, ノックし, ノーフォーク州で, ハッキリ答えた, ベッドへ, マンノーを, ムニャムニャと, 一々自, 一つ病院の, 一人, 一人と, 一人ぽつねんと, 一人眼を, 一人膝の, 一人遅く, 一人駈け込ん, 一代の, 一個の, 一度と, 一応解散, 一念懸け, 一脚椅子を, 万引した, 三人, 三人の, 三人ばかり, 三度目に, 三疊で, 下りました, 乗りましたか, 乱れ籠, 乳母という, 乾いた湿布, 二つに, 二三人庭へ, 二人あわた, 二人おりますでしょう, 二人が, 二人と, 二人の, 二人までも, 二人やって来た, 二人ハイヤーの, 二人来た, 二人来る, 二人畏まっ, 二十四時間を, 二階廻しの, 云う, 云ったので, 云った通り, 五六人も, 五郎の, 交る, 交代で, 交代に, 京子の, 他の, 伸子の, 住う, 何う, 何かと役に立つ, 何やら意味, 余り人物, 作りなな, 來た, 個人の, 偶然持つ, 傍に, 入つて, 入口の, 入用な, 全作に, 兩手に, 出たり, 出るよう, 出來, 出来たろうお, 前に, 加奈子の, 勝手の, 半ば身を, 半身を, 博士の, 去った, 去ると, 又冷めたい, 又殊勝, 受けもつこと, 口で, 口に, 古塚, 叫んだ, 台所で, 右往左往し, 各病室, 同じく白い, 同じ赤い, 向うに, 向うむき, 呼び出された時, 問いました, 噂する, 器量の, 四五人立ち列ん, 土地の, 圭介の, 地階の, 売春婦に, 夕方ぶらりと, 夜の, 夜昼附き添い, 夢に, 夢の, 大きな花束, 大急ぎで, 妻を, 子を, 子孫に, 客を, 室から, 室を, 家の, 家事取締りし, 密と, 密会した, 寝衣, 寢臺の, 寵愛の, 小うるさく少し, 小首を, 少し声, 少年たちに, 居た, 居るだらう, 居ると, 居るん, 居合わしたもの, 差出して, 帰ったの, 帳面に, 帽子を, 平手で, 広場の, 広間へ, 床の, 座を, 座蒲団を, 廊下へ, 廊下を, 強心剤の, 彼に, 彼の, 彼女の, 後ろを, 後継者の, 御入用, 心配し, 忙が, 忽ちとく子, 急に, 急須へ, 怯え切って, 恒川氏へ, 患者相手の, 悪口の, 意味の, 意外な, 愕い, 慌てては, 憂鬱に, 憎いほど, 我に, 或種, 戸口へ, 手を, 手中の, 手押車に, 手紙が, 手術の, 手足を, 抱いて, 拘禁する, 招じ入れた, 拭いて, 挿た, 揉んで, 撃ったと, 撃ったに, 支えて, 教へ, 教諭を, 敷居の, 文太郎に, 文学好きだった, 新緑の, 早く敷い, 昨日から, 昼食を, 時々ガーゼ, 時々姿, 普通の, 暗いだだっ広い廊下, 最もよく親切, 最後の, 有た, 有るじゃ, 来た時, 来ました, 来るそう, 来るの, 来る予定, 来る度, 枕の, 枕元に, 案内を, 椅子に, 横町の, 欧米の, 此処で, 残って, 毎晩毎晩うなされる, 毛布を, 気に, 気に入らなかったと, 気に入ります, 気を, 水を, 水死人が, 水際に, 氷に, 氷枕を, 沢山いる, 治療室の, 泊りに, 泊り込んで, 注射の, 注射を, 泪を, 洗濯物を, 津田の, 流動物, 浜町の, 海防へ, 渇きを, 湯から, 演芸画報を, 激しく玄関, 火種を, 炬燵に, 焼跡の, 煙草盆を, 熊吉を, 熱心に, 牛乳を, 特に狆好き, 玄関の, 生けて, 生れた, 用の, 用事で, 町の, 病室を, 病院の, 発見した, 白い上っぱり, 白状した, 白裝束といつても, 皆ふきだした, 皿を, 目を, 看護婦に, 眠って, 眼を, 眼科に, 着る真白, 知らせて, 確にと, 突然きゃ, 突當つ, 窓から, 立ち上って, 立ち去ったところ, 立った, 立つと, 立てて, 笑いながら, 笑いを, 紅茶を, 素地の, 綿棒で, 織って, 罨法を, 美しい花束, 胸の, 腕を, 膝の, 臥した姿, 自分を, 草履で, 草履の, 草履を, 落ちた, 葡萄酒を, 薬の, 行って, 行つてから, 表へ, 袖を, 見えます, 見えるわ, 見せられた男, 見たの, 見た処, 見当を, 見晴しの, 見舞客を, 親切で, 言ってたっけ, 言つた土蜘蛛の, 診察室から, 詰めて, 説明した, 読まされたという, 調べて, 貴族の, 賄方から, 赤い布, 足を, 足音も, 身体状況調査簿に, 近くの, 返事を, 這入って, 這搦まる, 通りすぎる彼, 運んで, 遠慮し, 部屋の, 部屋毎に, 配置され, 釣殿へ, 銀いろ, 銭湯へ, 鏡に, 長い身じまい, 附いて, 附き添って, 陋巷の, 階段を, 隙さえ, 障子の, 集まって, 雇われて, 電話口に, 電車に, 霞に, 露西亜の, 静かに, 頭の, 頻りに手術室, 頼信紙を, 顏を, 顔を, 顳, 飛びこんで, 食事を, 首から, 馳け, 馴れた手つき, 馴染客に, 駄目だったら, 駈け付け, 駈け出して, 騙して, 高率を, 點した

▼ 婦~ (493, 11.3%)

4 それを

2 [19件] くるりと, 不意に, 云った, 何にも, 室の, 容態表を, 帰って, 廊下を, 彼女を, 急いで, 急に, 検事の, 父の, 相変らず, 眼を, 矢張女で, 部屋を, 首を, 驚いたよう

1 [451件] あっちへ, あとから, あとびつしやりをする脊筋を, あまりの, あるまい, あれども, あわた, あわてて, いう, いけないと, いささか息, いそいそと, いつか立ち上がった, いつだって, いつも, いつも円髷, いない明朝, いましがた食事, いよいよ驚い, いるエウゲニイ, いろいろ想像, うつらうつらし, うろうろと, おおかた胃, おげん, おそろしさうにふり, おどおどし, お前の, お玉の, お蔦の, お辞儀を, かすかに, かなり美人, きいた, このとき不用意, このよう, この二階, この状, これだけ, こんなこと, さう, さんざん叱られた, しきりに残念, しばしじっとあらぬ, じっと洒落, すぐまた白い, すでに帰った, すべて凄い, せんたく, そういいました, そういう名, そう応え, そう言っ, そう言った, そこでちょっと, そして久, そのとき上つて來, そのよれよれ, その中, その人々, その傍ら, その六時, その問い, その場, その後について, その捕えた, その晩, その行く先, その足もと, その黄色い, それでも白衣, それに, たずねました, ただへ, だんだん色っぽく, ちょうど筧, ちらりと眼, ついてるの, つい近く, つと鼻, つぶやいた, できませんでした, とうとう下, どういう場合, どうかなさいました, どうした, どこまで, どっさりいる, どのよう, どんな状態, なお済まない, なかなか名前, なし薬, なぜだろう, にくにくしげ, はじめてほっとした, はっと胸, ふたの, ふつうの, ふと思いついた, ほかのよりも, ぽツ, まあ, また二人, また別, また謂えり, まだ身輕, みな話さなかった, みんな信者です, もう二度とこの, もう座敷, もう朝, やがてこう云った, やがて彼, よかろう, わが医学士, わざと二つ三つ, ゐるエウゲニイ, アイビキの, アンソニー夫人という, オシャベリ姫が, ガーゼで, クリスチャンで, グングン私, コーラ, チョット不思議, チラホラしか, トラカルの, バラバラと, ベッドからの, ベッドの, 一々叮嚀, 一々調べた, 一人きりで, 一人しか, 一体どんな, 一層強く, 一年中の, 一本の, 一行が, 三四尺ひらり, 上草履の, 下膨れの, 不審そうな, 不思議そうに, 不貞腐れて, 不足です, 中, 主としてこの, 予の, 二三分し, 二人に, 二人共悪く, 二人戸を, 二人附添っ, 二度ばかり, 二本の, 二番で, 云ったが, 五十グラムの, 人間離れを, 今は, 今日も, 他人が, 似て, 低い声, 体の, 何か, 何かの, 何でもその後ニューヨーク, 何の, 何やら承服, 作歌する, 依然として入口, 俊太郎の, 修善寺以来余が, 倉地と, 僕に, 優しいな, 元気の, 先へ, 先手と, 入口の, 六時から, 再びノッブ, 冷く, 冷然と, 凡べて, 分けて, 分別に, 別に気まり, 到頭その, 加奈子が, 動かぬところ, 勢よく, 勿論の, 勿論医者, 医学の, 医学士の, 医者の, 十四点を, 即ち少き, 厨に, 叔父の, 取り変えれば, 取り附きの, 口の, 叫び夫, 合鍵を, 同じ情, 呼吸を, 唯此病人, 器用に, 四六時中雁江の, 堯の, 場庭の, 売笑によって, 外套を, 多く悪声, 多く悪筆, 夜の, 大犯罪者的, 夫に, 奥さんの, 奥深く切戸口, 妙な, 妻の, 始めて, 姙娠し, 婦たらざるべからず, 嫌味の, 子供に, 実に現金, 家に, 家の, 寝るのに, 小さくなっ, 小さく切った, 小声で, 小柄ながらに, 少くは, 少しく震え, 少し怒り, 少年は, 尾田に, 巳之助の, 市内の, 席を, 幻影ばかり, 幼い時母親, 広間に, 弱いもの, 当節めったに, 影の, 彼に, 彼の, 彼らの, 彼を, 彼女が, 彼女に, 彼女の, 彼等の, 得堪えず倒れたであろう, 微笑だけ, 徹夜を, 心を, 心得て, 応じなかった, 怒った身ぶり, 怒つて振り向き, 性急な, 怯えたやう, 恁う聞い, 意外な, 憚あり, 我と車夫, 我らを, 戸沢さんが, 扉から, 扉を, 手に, 手拭で, 手早くそれ, 手術の, 擧動に, 敏捷に, 文太郎の, 斜違に, 新の, 旗田鶴彌, 既に二人, 昂奮の, 昨夜の, 時々ひどい, 時々不意, 暑いせい, 暫く考え, 最期まで, 服なりと, 朝鮮の, 来て, 果して野村儀造, 格子に, 椅子から, 止めに, 正銘の, 此の, 歩みを, 毎朝これらの, 気の毒そうに, 気位が, 気立ての, 水ぎわに, 水の, 汽車で, 沼の, 泣声で, 洋一の, 洋傘を, 活きとるぞ, 深くは, 湯に, 滿, 澄まして, 無言で, 無言の, 熟睡し, 片手が, 物頂面し, 玄関に, 生きんが, 生憎外出, 生死も, 用事を, 田舎紳士の, 男患者を, 病室を, 白し尿の, 白衣の, 皆献身的な, 皮下だけ, 皮肉の, 目に, 目を, 直ぐに, 直ぐ病人, 真先に, 真面目な, 真黒な, 眼瞼を, 瞬を, 短命では, 私たちの, 私に, 私の, 私を, 稍高慢氣に, 突然椅子, 窮したる, 立ちあがって, 立ちかけた, 立ったり, 立って, 笑ひ, 第一, 細い封筒, 続けて, 編笠を, 縁へ, 織り止めず, 續けて, 耳も, 聲で, 聲を, 背後の, 胸部の, 腰の, 膳を, 臀へ, 自分の, 色の, 花が, 苦しそう, 荒療治を, 落付払っ, 蒲團の, 蒼い顔, 薄色縮緬の, 薪を, 蛇は, 蜘蛛の, 蠅男の, 血色の, 行かなくも, 裳を, 褒められて, 言いすて, 言い木彫り, 言った, 言わずとも, 言下に, 誰も, 警察の, 警戒の, 警部の, 貧しき家の子, 賢なり, 赤い頬, 赤が, 起きて, 跡を, 身を, 軽くうなずい, 輕く, 近頃料理書, 返答を, 途中で, 週に, 遊女だ, 遊女の, 道端の, 遠慮を, 都市の, 醫局に, 鋭き揮發性, 鐡製の, 長い廊下, 門外まで, 院長から, 階下で, 階下へ, 雑誌を, 離れた室, 難所を, 電灯を, 静かなる, 静かに, 須美子から, 頭だけを, 顔を, 顫え, 食事の, 飲まず食わずに, 飲み残しの, 驚いた, 驚いたやう, 驚ろい, 驚駭の, 體温器を, 髪を, 鳥渡考え

▼ 婦~ (373, 8.6%)

19 なって 6 頼んで 4 して, 命じて, 手を 3 たのんで, 抱かれて, 渡して, 自分の

2 [27件] たすけられて, なった, なつて, なる, なるか, なること, なると, ぬかずくの, 一等の, 両手を, 云った, 催眠術を, 分けて, 向かって, 向って, 命じた, 尋ねた, 怒鳴り付, 惚れて, 施けたと, 聞いた, 聞くと, 訊いた, 質問した, 贈つた数篇, 違いない, 附添われ

1 [270件] あずけて, あって, あらず天下, ある好意, いいつけて, いった, うながされて, おくる詩, おげん, おさえつけられて, おさへられて, お尋ねに, お礼を, お辞儀を, かからねば, かぎったわけ, かぎられて, きて, くどく言い渡され, くわしいこと, こだわるもの, しては, するの, する代り, すれ違った昨, そういっ, そう話した, そつと, そのこと, たすけられ伯母, たちかえった, ちょいと, でき上って, なじみも, なだめられて, なったくらい, なったらと, なったり, なった若い, なってからは, なっても, ならないでも, ならなければ, なられてから, なりたいつて云つて, なりたいと, なりたて, なりどうか, なりました, なり病院, なるって, なるでしょう, なるとか, なるの, なる決心, なれば, なろうかしら, なろうとも, ふれ召使, まかせたきり, まかせると, まじって, みちびかれて, ものを, よくもてた, エリオット博士ち, カバンを, ドイツ語で, モルヒネあんまり, 一種生理的な, 一脈の, 七時, 下の, 両手で, 云うて, 云う言葉, 云ふ, 云われそれ, 云われても, 云われると, 代って, 代筆を, 任せて, 会せて, 会ったので, 伸子が, 似ず半纏, 似て, 住み込みたいとか, 依って, 依るの, 促されて, 促され妻, 偏見を, 傭われて, 先立って, 冗談を, 冷い, 冷かされた, 出して, 出だした妻, 出ても, 出來, 分けやがて, 切られた髪, 到るまで, 力仕事を, 助手なんぞ, 効ふ, 化けて, 匹敵する, 医者を, 反問した, 取ること, 口を, 叱られて, 叱りつけられて, 吃驚した, 名を, 名刺を, 名前を, 向かい, 向っても, 含ませたこと, 呼びかけられた, 呼び醒まされた, 囲まれて, 堅くその, 変り果て, 変装した, 大きな秘密, 契を, 委しきり, 容態を, 寄り添われて, 尋ねて, 小さい机, 就任された, 帰して, 幾度と, 廻向を, 引掛つて酷く, 弱みを, 当って, 彼の, 後の, 後を, 従いて, 御自分, 必要な, 怨恨, 怨恨の, 惚れた, 感づかれやしませんか, 憐み, 憧れはじめたもの, 成つて居る, 或る, 手伝って, 手伝わして, 手引きを, 手渡しながら, 扮装し, 扶けられ, 披瀝した, 招かれて, 挨拶する, 挨拶を, 接し一婦衆男, 描写し, 援け, 撃退され, 擬すべき美人, 教えられた結果, 時々いろいろ, 時刻を, 替しは, 有つ, 有無を, 本を, 枕許の, 案内され, 案内せられ, 棄てられた樣, 棄てられてから, 次いで, 気の, 気を, 氷ばかりも, 汝が, 江戸の, 泊る用意, 注射の, 渡した, 渡したお, 狎れ親, 玄関の, 玉の, 生まれ付いて, 用が, 用を, 當る, 病人の, 直接手を, 相當, 相談し, 眼を, 示したという, 礼を, 笑はれた, 紙片を, 続いて, 繰り返した, 美人の, 聞いたら赤ん坊, 聞いた話, 聞きて, 聞きました, 肉迫する, 肩を, 脈を, 自分が, 自転車の, 花房一郎は, 若夫婦, 落すよう, 蒐まっ, 行かせば, 行かせるの, 見つかりそう, 見送られながら, 言います, 言ったが, 言われるまま, 訊き返させた, 託して, 訴えても, 誘はれて, 読みまわされたらしく頁, 資格づけられた, 賣る者, 賦与し, 起された, 跪く彼女, 身を, 近づくと, 迷惑だろう, 送られて, 通ずるもの, 逢って, 連れられ歩いて, 過ぎない, 過ぎなかったとさえ, 遣った心, 遣わします気, 郵便局へ, 都合を, 醜業婦同様の, 附きそわれ手術室, 附文する, 附添はれ, 限らず, 限られて, 電報を, 電話で, 鞄を, 預けて, 頼み自分, 頼んだの, 頼んだらどう

▼ 婦~ (325, 7.5%)

21 して 12 相手に 8 呼んで 6 連れて 5 つけて 4 見た, 見て 3 つれて, やって, 呼び出して, 呼んだ, 従えて, 捉えて, 迎へ 2 よんで, 寝かした, 想像した, 督励し, 神格化し, 肩に, 買って, 迎へたり, 雇って

1 [226件] いそがせて, うらんで, おくこと, おほ, かえし車, かえし食後スミ子さん, かばう親切, したがえて, するの, その妻, たのんで, つけた方, つけました, ですか, どうする, ひいてはロンドン全体, ひきいて, ひとり置い, ほかへ, まどわしたそう, もとめお, もとめた, やとっても, やめましたの, やりすごしながら, よさうと, よびいつも, よび糖尿病患者, よぶこと, よんだ, シンガポーアだ, ジロジロと, ソッと, チエンロッカーから, ドナリつけた, フォーアピークへ, 一人ずつ, 一人置い, 一人頼む, 一友に, 一掃した, 一時引下らせる, 与えんと, 主人公に, 乘せた, 二人すぐ, 二人も, 二人従え, 五六人も, 人界に, 仕入れて, 仙人などに, 休ませて, 伴の, 伴れ, 作らしむ, 使って, 使わなかった, 促して, 信用せず, 傭う事, 傭ひ込ん, 傷つけて, 傷害し, 兼ねたお, 分解粉砕し, 加へて, 務めて, 募集した, 勤めて, 医師の, 厭だ, 取らるる心配, 取り戻したり, 取り還しがたき, 取持たれました時, 叱りつけた, 叱り飛ばすと, 吉岡の, 呼びて, 呼びとめて, 呼びとめる場合, 呼びに, 呼び寄せました, 呼び起こして, 呼び起した, 呼び起したく思いながら, 呼ぶこと, 呼ぼうか, 大至急, 奪ろう, 女給と, 好く云わなかった, 妻君に, 姙ませ, 姦した, 娶ると, 守らずに, 寄越して, 専ら彼, 将つて槽内, 尋ねれば, 尋問し, 小さい声, 小さい聲, 市の, 弄ぶこと, 弄ぶのみか, 引張るやう, 強辱, 役立たさせるため, 得せしめ給はんこと, 御自身, 志願し, 思いつくの, 思うと, 思って, 思ひ切るやう少い人, 思切る, 恁うし, 恐れた, 悪む様子, 惑わして, 愛するかという, 愛するが, 憎むの, 手伝った, 手伝わして, 扶け, 押しのけるよう, 拷問し, 指して, 指導した, 捉へて, 捕まえて, 捨て出家学道昼夜精進, 揉みくたに, 揺り起した, 擁して, 擧げて, 教えて, 早く寝かし, 望むに, 本邸に, 棄てます, 棄てるか, 欺きて, 殖やすという, 殘し, 殴らせろと, 殴れ, 殺すか, 殿り, 求むるに, 求めて, 求めるとか, 添えて, 父は, 犯す人, 獲ること, 率いた状, 王の, 疑ったが, 病院へ, 直ぐ向う, 瞞着し, 私は, 積む以上, 突き飛ばし一散, 笑えなくなった, 笑わせた彼, 索めて, 罵ること, 聞くと, 船長と, 苦笑させた, 裸に, 見かけるよう, 見たため, 見ました, 見ましたの, 見る, 見ると, 見れば, 見汝, 見返りながら, 診て, 詠じた詩, 誹謗した, 讚める, 買いつくしたと, 買うこと, 買収し, 起して, 起すまでの, 輸出する, 迎えた, 迎えてから, 迎えるという, 迎へた時の, 迷わしめ信ずるもの日, 追, 追いまわすなど, 送って, 逃がさないよう, 運び込んで, 遮りて, 選んだよう, 選定した, 随え, 雇いお, 雇うこと, 雇う筈, 雇おうにも, 雇った, 雇つて附き切らせ, 離婚する, 頼みたいと, 頼んだり, 顧みた, 顧みて, 顧みること, 養成し, 養成する, 駆りて, 驚かすまいと

▼ 婦~ (181, 4.2%)

8 云ふ 6 なって 5 一緒に 4 二人で 2 いうと, いっしょに, そう変った, その魂, なった, なつた, 入れ違いに, 口を, 喧嘩を

1 [140件] いい妻, いうだけ, いうでも, いうよりは, いうよりも, いえども, いえば, いっても, おはやう, おぼしきが, くつつき今度のは, こうなっ, さかって, したもの, し子女, し母, すれば, すれ違ったり, せせり箸, その二人, その情夫, その連合, それから印半纏, である製材所, ならむ, ならん, なりき今, なり儒教, なり單純, なるか, なるべきを, もう一人, ゆきあ, ハリーと, バルビュー氏とが, フロムゴリド教授の, リット少将の, ルンペンを, 一しょに, 一しよ, 一ツ蚊帳に, 一所に, 一緒にね, 一緒のを, 三人は, 下働女, 世間話を, 中西とから, 二人の, 二人のみ, 二十人ばかり, 云う印象, 云っても, 云は, 云へば, 云われる生活, 交代した, 交歩してる, 会して, 信子とは, 入れ代り, 兩方を, 判って, 医者に, 同じ時分, 同一である, 同棲し, 同様の, 同様全欧的の, 名乗る女, 向うから, 呼んだ人達, 女中と, 妖童とが, 婆さんとは, 婆やとが, 婦長が, 家内を, 小声に, 小間使とは, 工場労働婦人の, 幾を, 床を, 弁とが, 弟の, 彼女が, 思えば, 思えるかい, 患者との, 患者の, 情夫とが, 慎太郎とは, 成ったと, 暗い街灯, 書いて, 某先輩, 殆ん, 母とが, 母を, 気が, 気に入りの, 派出婦という, 為し相, 然を, 爭は, 現じ, 産婆とが, 産婆は, 申して, 相談した, 私が, 私は, 立ち話を, 結婚する, 自認した, 見た, 視線が, 親しくなる, 言った, 言っても, 言わざるを, 言葉を, 話した後, 話を, 語る声, 變ぢや, 貧民窟の, 質屋と, 農婦と, 通じて, 遊ぶ事, 遊んだとき, 違つて嘘も, 酒を, 院長の, 雑仕婦とが, 顔を, 飯屋, 黒い半纏, 鼠と

▼ 婦~ (129, 3.0%)

2 いました, ついて, みな他の, 元の, 来た, 立つた

1 [117件] あれの, いた, いのち惜し, いやがる, おどろく, おりますから, お供を, お前も, お暇, かえった, この時, さし向けやせん, そうな, そこへ, その場, その声, その後から, その所, その方, その注意, それです, たくさんいる, ちっと張合, ちょいと, つきそって, つけられた, ともに嬉々, なかなかいない, なくただ, なくなったと, なしで, ぽたりと, まじつて, みんな親切であった, やって来た, よく世話, よく落ち, モデルの, ロシヤの, 一人だけに, 一人客と, 一人来, 一様に, 一樣に, 上部だけは, 不安げに, 云い添えた, 交って, 今は, 付いて, 付いては, 俄かに, 入れてね, 其當座僕の, 出かけて, 出で, 可厭はず, 吃驚, 同じに, 同じ郷里, 同一だ, 同様だった, 四五名は, 多数い, 奥様も, 嬉しかろう, 孫も, 宮の, 居た, 居るかも, 岡も, 帰って, 平生この, 引添うた, 強死, 後の, 心着いた, 心附いたらしく, 必要だった, 折から, 時計を, 未来の, 校長も, 死んだ, 毎日ずっと, 気の毒に, 流石に, 無意識に, 物を, 男の子も, 看護卒も, 知らず誰, 立つて, 竜子も, 笑ひ, 策動の, 罷りて, 老婦も, 聞いたん, 職業である, 脚の, 自分で, 自然と, 自由にゃ, 落着か, 見え出した, 見上げた, 見返つたま, 話すうち, 赤い顔, 附添婆も, 集つた, 頭を, 高い熱, 高く咽喉, 麻酔が, 黙って

▼ 婦さん~ (118, 2.7%)

3 と一緒 2 だよ, のいふ, を困らした

1 [109件] おやすみ, お裁縫, からリボン, から押し上げ, か何, か女中さん, が, がいた, がいます, がおいで, がき, がきっと, がだんだん, がにこにこ, がほんの, がスッカリ同情, がテレス, が云う, が今日, が側, が出かける, が半ば, が寝台車, が居ます, が戻, が手, が持っ, が来た, が歸ら, が死人, が水道栓, が私, が見送つ, が親切, が言, が走つ, が鉄かぶと, この窓, こんな病人, しばらく二人, すまないが, そりゃ間違っ, だ, だけのよう, だったそう, だったバラさん, だな, だわ, とあそん, ともう, と信子, と相乗, にいろいろ, にお, におっしゃっ, にお世話, にその, にでも患者, にまかせ, にもだれ, にも少し, にリボン, に一日休み, に余計, に助けられ, に告げ, に来, に聞かれる, に脈, に見られる, に読ん, に遠慮, に頼みましょう, に頼ん, に頼んだら, の呼び, の声, の寝息, の居ない, の巣立ち, の平気さ, の手, の手助け, の眠っ, の話, の間, の隙, はだまっ, はどんな, は次, は泰子, は病室, は硝子, は自分, は行儀, へ迎え, までちょっと, もあの, もただ, も一般, も癒, も看護婦さん, も看護婦さんぢやあ, や主人, らしく人前, をそば, をやとっ, を送っ, を連れ

▼ 婦たち~ (105, 2.4%)

2 が彼, が鳩, のなか, の立去る, の行動, は彼, もそんな

1 [91件] から煙草, から窮屈, がきらきら, がしくしく, がイギリス, がヘーイ少佐, が三人, が並ん, が大樹, が嬉々, が容易, が崩れ出した, が揃っ, が数え歌, が正気, が甲羅, が眞先, が真先, が背中, が自分, が行っ, が辻, が陽気, が集まっ, だけが眼, とやさしい, と一しょ, と共に教諭, と声, と遊ん, にいっ, におくられ, にたん架, にとりまかれ, にもこれから, にも様子, にも気付かれない, にマリヤ, に出あう, に多く, に彼, に持て, に持て余された, に貞世, のあ, のあと, のうち, のばらばら, のふところ, のほう, のよう, の冥福, の前, の声, の沈黙, の清浄, の皺, の眼, の肖像, の詰所, の食糧運動, の駈けつけた, はあわて, はいた, はいつ, はおどろい, はさも, はなんと, はまた, は円く, は勝手, は始め, は怨んだ, は患者, は旧, は母屋, は皆我, は私, は立ち上る, は船, は落人, は露地, もその, もまた, も軽い, やはお, をた, を出迎え, を手伝わし, を牛耳っ, を貧民救助会

▼ 婦~ (57, 1.3%)

2 女中の, 税吏や, 貧しい大学生

1 [51件] いろいろな, お庄, な羽衣, タイピストや, フランス物の, 下足番などへの, 人々に, 何か, 信子や, 入院患者等に, 医員たちを, 医員に, 医学生たちが, 均一と, 女中と, 女中を, 女工や, 女給は, 妹の, 子供たちは, 子供らの, 家政婦の, 宿直の, 年の, 当直医の, 患者の, 患者や, 枕元の, 梅村医師父や, 派出婦をといった, 淫売婦達が, 澤田さんは, 澤田さんや, 現在眼の, 生徒が, 男たちが, 皆に, 看護卒は, 看護婦に, 看護婦を, 秘書という, 胸に, 若い人達, 裏店の, 警官たちも, 貧民窟の, 購買組合の, 軽症患者の, 近所の, 顔見知りの, S子さんをも

▼ 婦~ (39, 0.9%)

2 がスリッパ, を遠ざけた

1 [35件] がえらい, が一日交代, が下駄, が四五人, が崩れ出した, が枕元, が虐げられ, が顔, とは隨分, と恰も, にまざまざ, にサイン責め, に押えつけられ, に極端, に訊い, のうた, の一々, の二人三人, の同情, の唇, の寄宿舎, の手, の白, の目, の私語, の顔付, はお, はやはり, もさ, も相談, も足, をすぐ, を呼び集め, を始め, を指揮

▼ 婦~ (36, 0.8%)

4 あつた

1 [32件] あつたらしい, あらう讃美歌, あツ, しょんぼりと, でも, ならと, ね, ね僕, ひと思い, よかった, ト筮を, ルシイル・ムアという, 一寸手拭, 主税が, 乏しい月給, 八木節世という, 受持たなければ, 可愛い小僧, 女中で, 妾では, 差配人戸川弥市の, 怯えた声, 我慢が, 日本大学の, 本名は, 来て, 無うて, 療養所の, 眼の, 納まるはず, 紙に, 絶世の

▼ 婦から~ (33, 0.8%)

2 きいて, 確めた, 紫外線除け

1 [27件] おそらく聞い, お聞き, そう囁かれ, その春独断, その男工, それを, やがて知らせ, 二通の, 今の, 仕上げた人, 何か, 取って, 受取って, 受附から, 呼ばれた, 夜の, 平野水を, 悪性の, 掌の, 渡された一束, 病状の, 病院の, 相当な, 聞いたの, 聞いた印象, 聞いて, 自分は

▼ 婦として~ (31, 0.7%)

3 働いて

1 [28件] あっちこっちに, そっちへ, つかわれて, つとめて, カチューシャが, サミイに, ロア・グルノウ記念療養院に, 住み込んで, 使われて, 倫理的に, 働かすやう, 働かせるよう, 働きに, 働きましたが, 働くよう, 入り込んで, 卑しめられて, 大地を, 存在する, 客を, 教育せられ, 昼間いっぱい勤務し, 温和しく朽ち, 迎へ, 通って, 雇った, 雇はれ, 高く日給

▼ 婦という~ (27, 0.6%)

4 ものが 2 のは, ものを, 職業を

1 [17件] のを, ものは, ものも, 一曲ある, 商売がらでは, 売春婦が, 寂しい女達, 服装を, 淫売婦を, 社会層に, 立場は, 立場を, 立派な, 職業に, 職業において, 職業の, 職業は

▼ 婦~ (25, 0.6%)

3 へ電話

1 [22件] からさっき, から何時, から出張, から派出, から牛込, から看護婦, から臨時, がありまする, が東京市中, で周旋, との園遊会, との契約, に行く, に行っ, に這入りたい, の会長さん, の接待婦, の方, の白い, は何番, へかけ, をやっ

▼ 婦~ (25, 0.6%)

5 を揚げ 2 を食べ

1 [18件] か火種, が天井, が揚る, が自分, だけで, で苦労, などはどう, ならわい, にした, の, のタネ, の売上箱, は出しまへ, は味, も売った, を揚げた, を私, を配っ

▼ 婦~ (24, 0.6%)

2 と云っ

1 [22件] からいつ, からこの, からね, から安心, から面白い, がこの, がねありゃ, そうよ, というよう, という意外, とお, とかとまりこみ, とばかり思つて目, と啓介, と思う, と思っ, と思った, と思つて, と思ふ, なあお, なんてばかばかしい, 然も

▼ 婦にも~ (19, 0.4%)

2 突詰めた絶壁

1 [17件] あてはめられるという, あるが, お加代, なるであらうと, なるであろうという, はっきり異性, まさるあの, 一人いい, 伝染し, 似て, 劣らぬ程, 和尚とか, 妻にも, 手を, 来て, 等しいナオミ, 頼み自分

▼ 婦である~ (17, 0.4%)

2 ことを, にし

1 [13件] かぎり犠牲者を, から外科室, ことの, そこの, ので賊徒, のに, グーセフの, ミス, 事を, 傍ら自分たちの, 婦人の, 彼女を, 母の

▼ 婦との~ (15, 0.3%)

4 間に

1 [11件] 子供を, 急激なる, 接触に, 横の, 触接に, 賑やかな, 野合から, 間が, 関係に, 関係は, 關係から

▼ 婦でも~ (14, 0.3%)

1 [14件] いい卑しい, こうした手術者, ついて, とてもこうは, ないの, よばれたらと, 云わない以上, 呼んだの, 山猫でも, 従来の, 急に, 理由も, 置くの, 雇います

▼ 婦とが~ (14, 0.3%)

1 [14件] あたふたかけつけ, 一度に, 争闘する, 二人がかりで, 体温を, 同時に彼, 同時に飛び起きた, 布団を, 昨夜どんな, 枕頭に, 椅子に, 様子を, 物に, 黙って

▼ 婦~ (13, 0.3%)

1 [13件] あらず, あるいは何時も, あるいは探偵, そんな感じ, なんか出, 何かに, 何かの, 何でも, 判らない, 女医か, 悍婦かに, 母親によって, 誰か

▼ 婦ども~ (12, 0.3%)

1 [12件] がくすくす, がわいわい, が件, が愚図, が知った, が笑った, の上, の其詰所, も話した, 互いに齢, 処女の, 家内と

▼ 婦~ (12, 0.3%)

2 の棚, へ顔 1 に挨拶, に物悲しい, に薄, の前, へ来る, へ行く, を出る, を通りかかった

▼ 婦としての~ (11, 0.3%)

1 [11件] 信用が, 優秀な, 手腕は, 技術が, 教育を, 生活ね, 相当の, 範囲と, 経験と, 腕前は, 資格や

▼ 婦には~ (11, 0.3%)

1 [11件] いつも自ら, なりたて, なれないもの, 伯父の, 便器で, 変りは, 惚れられがち, 洗滌器などの, 然し気持, 自由行動を, 貧家に

▼ 婦~ (10, 0.2%)

2 池から, 池の, 池へ 1 池あたりに, 池とか, 池まで, 池を

▼ 婦では~ (9, 0.2%)

2 ごあん 1 ありませんから, あり得そう, すこし手, ないか, なかった, なかつたが, 許されません

▼ 婦などの~ (9, 0.2%)

2 病室に 1 いる傍, ように, 出入りが, 廊下を, 熱心に, 着けるの, 穿きそう

▼ 婦~ (9, 0.2%)

1 便宜ナドモ慮, 必要ガ起ルト佐々木ニハ或, 意見デハヤッパリ二三カ月グライハ続, 男子ガ淫ヲ買フハ明カニ一夫一婦, 男子ニシテ蓄妾又, 男子ハ之, 訴ナキ場合ニ於テ姦通罪ヲ, 訴ニヨリテ婦人ノ, 部屋

▼ 婦~ (9, 0.2%)

1 がこぞって, その日, に働く, に従事, のいる, の仕事着, の往来, は何, を睨め着け

▼ 婦であった~ (8, 0.2%)

1 かはキャザリン・エドウス, が, が手, が身, ことだけを, ことは, ことを, ひと

▼ 婦とは~ (8, 0.2%)

1 いつの間にか口, からまり合って, 仰天し, 別の, 死体の, 眼を, 私が, 違うん

▼ 婦にでも~ (8, 0.2%)

1 なったらどんな, なった方, なっちまう, ならない以上, なるつもり, なれと, なろうかと, 聞かれたら厄介

▼ 婦~ (8, 0.2%)

2 を着 1 と帽子, と白木綿, のほか, の上, の五十女, の浜子

▼ 婦~ (8, 0.2%)

2 の団体 1 が一方, のため, の動き, の要望, をその, を醸し出し

▼ 婦などに~ (7, 0.2%)

1 いでたちたるもの, いでたちたる人, ヴィタミン, 入れあげる金, 名を, 手を, 進んで

▼ 婦らしい~ (7, 0.2%)

1 のが, 人の, 女も, 女を, 子を, 者の, 若い女

▼ 婦さんたち~ (6, 0.1%)

1 が非常, に通有, のそれ, は, は今朝, は助手

▼ 婦です~ (6, 0.1%)

1 か, かあなた, からね, が, けどまだ, 横に

▼ 婦~ (6, 0.1%)

4 んだ 1 のか, のだ

▼ 婦~ (6, 0.1%)

1 夫であり, 夫である, 夫と, 夫の, 夫も, 男は

▼ 婦みた~ (5, 0.1%)

3 ような 1 ように, ようね

▼ 婦二人~ (5, 0.1%)

1 が気, の顔, は, は驚い, を救い出し

▼ 婦~ (5, 0.1%)

2 の名 1 がキャッチボール, の歌う, の氣嫌

▼ 婦養成所~ (5, 0.1%)

1 があり, というもの, に三ヵ月以上, へ入学, を開設

▼ 婦だの~ (4, 0.1%)

1 もうあちこち, ピクニックに, 妾だの, 巡査だの

▼ 婦とか~ (4, 0.1%)

1 なんとかいう, 乃至医師, 何とかいっ, 共活婦

▼ 婦とを~ (4, 0.1%)

1 傭ひ得る, 共犯に, 配した短篇, 鋭く一瞥

▼ 婦などが~ (4, 0.1%)

1 患者に, 洗ひ流した, 見守って, 警官の

▼ 婦などは~ (4, 0.1%)

1 取落すこと, 唯一の, 嫌がるお母さん, 銘々の

▼ 婦などを~ (4, 0.1%)

2 相手に 1 やって, 集めて

▼ 婦なんか~ (4, 0.1%)

1 お止しなさい, きっと三十日, 伴れ込ん, 連れて

▼ 婦に対して~ (4, 0.1%)

1 同情しない, 恥かしい, 気の毒に, 述ぶる

▼ 婦云々~ (4, 0.1%)

2 のこと, の一言

▼ 婦以外~ (4, 0.1%)

1 にこの, にはない, のどんな, の何者

▼ 婦仲間~ (4, 0.1%)

1 では博士, で有名, の噂, の通りことば

▼ 婦即ち~ (4, 0.1%)

1 一時の, 単純な, 夫婦共稼ぎの, 梵語で

▼ 婦学校~ (4, 0.1%)

1 が卒業, に入る, に口, の病室

▼ 婦羅屋~ (4, 0.1%)

1 で二階, は十五年, へはいっ, や河豚料理屋

▼ 婦~ (4, 0.1%)

2 のため 1 がいた, の目

▼ 婦あがり~ (3, 0.1%)

1 の人, の婆さんたち, の若い

▼ 婦~ (3, 0.1%)

1 びたゞしく行きか, 兼を, 妻を

▼ 婦これ~ (3, 0.1%)

1 に告い, に随, も笑

▼ 婦じゃ~ (3, 0.1%)

1 ないか, ないん, ねえから

▼ 婦その~ (3, 0.1%)

1 夫と, 子供等などは, 者に

▼ 婦といふ~ (3, 0.1%)

1 ものを, やうな, 名儀

▼ 婦とも~ (3, 0.1%)

1 なれば, 乃至は, 懇意に

▼ 婦なみ~ (3, 0.1%)

1 に一撃, に彼ら社会, に扱

▼ 婦なら~ (3, 0.1%)

1 ここに, みんな戦地へ, 第一

▼ 婦のみが~ (3, 0.1%)

1 何か, 排他的に, 経験する

▼ 婦はと~ (3, 0.1%)

2 見ると 1 云ふと

▼ 婦ばかり~ (3, 0.1%)

1 だと, でなくソムマース夫妻, で全く

▼ 婦~ (3, 0.1%)

1 云った, 出さないよう, 書いた

▼ 婦をも~ (3, 0.1%)

1 おごりみんな, 旅人をも, 昔ほど

▼ 婦~ (3, 0.1%)

1 かにわかれる, に堕ちる, に甘んじ

▼ 婦子供~ (3, 0.1%)

1 に別離, のみの古めかしい, を動かす

▼ 婦宿~ (3, 0.1%)

1 で働く, になっ, を経営

▼ 婦小林トメ~ (3, 0.1%)

1 でさえ, に再び, の部屋

▼ 婦系図~ (3, 0.1%)

2 のお 1 の芝居

▼ 婦~ (3, 0.1%)

1 であった, は一時交友間, を聞かされた

▼ 婦選運動~ (3, 0.1%)

1 の流れ, は男性, をもふくめ

▼ 婦がわり~ (2, 0.0%)

1 に, に父

▼ 婦すら~ (2, 0.0%)

1 嫌うよう, 嫌ふ

▼ 婦だけ~ (2, 0.0%)

1 だ, では

▼ 婦だけを~ (2, 0.0%)

1 一手専売に, 殺したという

▼ 婦だった~ (2, 0.0%)

1 か, バラさんの

▼ 婦だって~ (2, 0.0%)

1 肚の, 言いますから

▼ 婦って~ (2, 0.0%)

1 いかにも品物みたい, そうね

▼ 婦であろう~ (2, 0.0%)

1 が上流家庭, とは

▼ 婦でしか~ (2, 0.0%)

1 ないの, なかった

▼ 婦としては~ (2, 0.0%)

1 すごされないほど, 特別器量が

▼ 婦とに~ (2, 0.0%)

1 別室に, 限られて

▼ 婦なぞの~ (2, 0.0%)

1 往っ, 第二職業

▼ 婦なぞは~ (2, 0.0%)

1 大抵何, 白衣を

▼ 婦なんかに~ (2, 0.0%)

1 いうと, 当りちらさないが

▼ 婦なんて~ (2, 0.0%)

1 あれァ, ものは

▼ 婦にな~ (2, 0.0%)

1 つてゐた, つて生計を

▼ 婦にのみ~ (2, 0.0%)

1 傳ふべきでない, 限定し

▼ 婦によ~ (2, 0.0%)

1 つてのみ, つて腰から

▼ 婦ばかりの~ (2, 0.0%)

1 一群には, 心だしなみで

▼ 婦まじり~ (2, 0.0%)

1 の四五人, の声

▼ 婦まで~ (2, 0.0%)

1 其澤を, 持て余して

▼ 婦みたい~ (2, 0.0%)

1 なの, な不潔

▼ 婦~ (2, 0.0%)

1 が, が黄金

▼ 婦よりも~ (2, 0.0%)

1 よく世話, 洋妾タイプだ

▼ 婦~ (2, 0.0%)

1 がベンチ, に令しけり

▼ 婦~ (2, 0.0%)

1 寝ルコトニナッタ, 見ツケテ附イテ来タノ

▼ 婦一人~ (2, 0.0%)

1 には敵せられず, 来り附添

▼ 婦上り~ (2, 0.0%)

1 なの, のよう

▼ 婦下戸~ (2, 0.0%)

2 或二三婦

▼ 婦主任~ (2, 0.0%)

1 の室, を呼ぶ

▼ 婦~ (2, 0.0%)

1 の婦人記者来, の武林文子

▼ 婦同士~ (2, 0.0%)

1 お綾, や察せい

▼ 婦~ (2, 0.0%)

1 であり母, の遠征

▼ 婦婦人~ (2, 0.0%)

1 不淫, 不淫不妬忌

▼ 婦婦人患者~ (2, 0.0%)

1 を手当次第妾, を手當次

▼ 婦小林~ (2, 0.0%)

1 とそして, の部屋

▼ 婦~ (2, 0.0%)

1 に及び, のため

▼ 婦患者等~ (2, 0.0%)

2 は彼

▼ 婦~ (2, 0.0%)

1 を執り, を岩

▼ 婦特有~ (2, 0.0%)

1 な狡猾, の

▼ 婦生徒~ (2, 0.0%)

1 の一年生, の椿山

▼ 婦~ (2, 0.0%)

1 な存在, にきこえる

▼ 婦相手~ (2, 0.0%)

1 に病人, に船員赤石

▼ 婦羅丼~ (2, 0.0%)

1 をとっ, を註文

▼ 婦~ (2, 0.0%)

1 なりといえ, も来まい

▼ 婦見習~ (2, 0.0%)

1 に住み込んだ, をつとめ

▼ 婦~ (2, 0.0%)

2 を売る

▼ 婦選案~ (2, 0.0%)

1 などは議会, を上提

▼ 婦部屋~ (2, 0.0%)

1 だったらしい, を覗い

▼ 婦風情~ (2, 0.0%)

1 のやつ, の妾

▼1* [337件]

がりだった, 婦あたりの口吻, 婦ありて女, 婦ありけり一人は, 婦ありついに奴, 婦あれのこと, 婦いやだわ, 婦いわく妾は某, 婦いわく我この尊者, 婦かったこと一夜も, 婦かと思ったのに, 婦かはわかりませんが, 婦からのこの仕向け, 婦からも未だ手術, 婦がった鼻へ, 婦がはいつて, 婦がやどッ, 婦がをつたが, 婦きりだった, 婦ここにおいて妾, 婦こそむかし若かっ, 婦ごっこすきよ, 婦ーん, 婦さんさへお, 婦さんだつた, 婦さんぢやあないか, 婦さん二人をお, 婦さん叔父さんがお, 婦さん足でも撫, 婦しかない頃, 婦すべてが倦怠, 婦すらも雇うこと, 婦その他はこの, 婦それは皆, 婦たち鈍太郎殿の手車, 婦たのむかします, 婦たらざるべからず兄は, 婦たらしめず悍婦たらしめず, 婦たらんかと問う, 婦たるに恥ぢず, 婦たる者の行これ, 婦だけがつけられた, 婦だけで好いん, 婦だけに眼を, 婦だけのもつまめ, 婦だけはいつも元気, 婦だらうかと待ち設けた, 婦だ呆れたぐうたらだ, 婦ちょっとお押え, 婦ったものだ, 婦つきで東北地方, 婦であって普通世間, 婦であったろうから美しかっ, 婦でありながら記念, 婦でございますよ, 婦でさえ彼には, 婦でない婦人には, 婦でなければ扱う, 婦とかだけは不思議に, 婦とから肩を, 婦とこつちの武井さんが, 婦としても家事助手と, 婦とだけが残った, 婦とでいくら説き聞かせ, 婦とでは十人から, 婦とでもまちがえて, 婦とともに目くぼみ, 婦となさむ, 婦とに関することで, 婦どくとくの, 婦どころか大切な, 婦どのような, 婦なぞいう女共, 婦なぞに母の, 婦なぞを連れては, 婦などと云う触込みで, 婦などとして入るの, 婦なよやかにすらり, 婦なら知ってる筈が, 婦なりしならん, 婦なることを, 婦なんかもそうな, 婦なんぞ引摺込む, 婦なんぞの怪しげな, 婦にさえ出来ない看護, 婦について知って, 婦についての場合に, 婦にてすなは, 婦にとって意外な, 婦にとっても不便なくりかえし, 婦にまで見捨てられちゃうでしょう, 婦にまでにはならなくとも, 婦によってドシドシ処理し, 婦に対しての不利な, 婦に対する疑いを, 婦に関する著書を, 婦のだって言いますから, 婦のなそれは, 婦のよひごとに, 婦はじめ他の患者, 婦ばかりを良心の, 婦ひとり起きて, 婦まがいのこと, 婦まじりで道幅が, 婦までが総出で, 婦までも幻に, 婦みな泣いて, 婦めいた務めが, 婦もとッくにオハライバコで死, 婦やって来て仔細, 婦やや年かさ, 婦やら老人やらが, 婦やらを兼ねて, 婦なにゆえに, 婦よかよっぽど雪子娘さん, 婦よりはいくらか程度, 婦らしき心地する, 婦らしく同意した, 婦ことが, 婦わずかに身, 婦をといった風に, 婦を以て官に, 婦を通じて聞いただけ, 婦カテリナが肩, 婦カンパスプの前, 婦カーチャの生活, 婦ガ腕時計ヲ見, 婦キャップをのせ, 婦グーセフは何と, 婦サーカスよりも面白い, 婦ソニヤの前, 婦ていうの, 婦ツインガレラの肖像, 婦ツンとし, 婦トガ滑リ台ノ時間ガ来タコトヲ知ラセニ来タノデ, 婦ト為リ琵琶ヲ, 婦ドルス嬢にいたしまし, 婦ナターシャと伸子, 婦ニ姦淫スルコト他邦ニモアリトイエドモ, 婦睡正, 婦ハ色ヲ失ッタヨウデアルガ, 婦パートン夫人です, 婦フランシス・メイスンには婦人巡査キャザリン・オコナア, 婦フランシス・メイスン夫人の告白, 婦プロス等の諸, 婦ベリイマンは何心, 婦ペンがついてる, 婦ポネヒル姫の第, 婦マリーの怒っ, 婦メスを, 婦モオリスという情夫, 婦ユーフラジーの, 婦ワッと来る, 婦泣カシム, 婦一人劇しき時に日雇一人, 婦一人右に宿直, 婦一人病室へ入り, 婦一同へ, 婦一大隊を市会議事堂, 婦三人と客, 婦三人相手の男達, 婦下婢女給女車掌女店員など地方, 婦下枝さんらを広間, 婦並びに一二名の, 婦中納言の君, 婦主義になる, 婦の夫, 婦二人日本人のスパイ, 婦二人生命を預る, 婦二夫家におる, 婦五十名のちつじ, 婦五名あり, 婦交換嬢女給店番なぞいう, 婦人となり度いと思ひます, 婦人間ノ強, 婦仇吉を深川, 婦付添いを散々, 婦代りに使われ, 婦代わりにし, 婦以上じゃない, 婦会姓名判断の占師, 婦会長の家, 婦など見れ, 婦保姆タイピスト女事務員女店員見張女, 婦修業時代の友人, 婦と弟, 婦先生が殴られた, 婦は遠く, 婦入り来たりて, 婦入夫家必先跨火, 婦全部を呪い, 婦八十一女御合せて, 婦公のは実に, 婦共に鼻毛を, 婦其の子供等抔は, 婦お女中さん, 婦を, 婦助産婦保姆看護婦なぞは大抵, 婦勉強いたしました, 婦募集の広告, 婦して, 婦去りて既に, 婦は種蒔く, 婦又は女児の, 婦取しまり条例, 婦樣唯器械的に, 婦同様のもの, 婦唱夫随温良な家庭, 婦はその, 婦の間, 婦過ぎて, 婦多川の昔, 婦大槻氏よう孫女こうの, 婦とする, 婦女給等は令嬢風, 婦姿のノラ, 婦婆サンマデ附イテ来ル, 婦嬰兒を懷, 婦子守娘にさえ易々, 婦学校長であった英国婦人エジス・カヴェル女史, 婦学生が身構えし, 婦を亡ぼす, 婦寄宿舎の名簿, 婦対手にわからない, 婦小児や茱萸, 婦のごとく, 婦岩頭に立てり, 婦との時代, 婦帰ってまず, 婦を頭, 婦帽ヘヤピンなぞのいずれ, 婦廓清の妻, 婦強いて自宅, 婦強死すれば, 婦彼女らがペチヤ, 婦狭くし, 婦心配して, 婦志願は出, 婦忽乘夜來挽衣求共被晁大喜, 婦恰も弱竹の, 婦愚夫のすなる, 婦愚夫相手の戯作, 婦慰安会へ行く, 婦憎しとも憎し, 婦懦夫あらゆる凡下, 婦數男を聞いたら, 婦を期し, 婦時代醜聞があった, 婦暮しで寸暇, 婦曰我還是處子, 婦に入, 婦木曾乃この三名, 婦幾丁艱, 婦村樋口村その附近, 婦来ないから黙っ, 婦来カンチョー今日は大分, 婦某氏が来, 婦根性をおどろい, 婦権獲得運動者でもあり得ない, 婦櫛卷にし, 婦の主張, 婦死刑に中れる, 婦殺しがその間, 婦というの, 婦にゐ, 婦注射の支度, 婦注射器を持ち来る, 婦派出婦下婢女給女車掌女店員など地方, 婦派出婦看護婦なんぞの怪しげ, 婦流眄寄情未能諧偶, 婦浮浪児が増大, 婦淫乱で夫, 婦湯他は一度, 婦無還時, 婦狩りをし, 婦現場はいつも, 婦甘藷の苗, 婦産科医者の助け, 婦のもの, 婦用ラードの配給, 婦疾病あるに, 婦病院関係の諸, 婦的傾向をもっ, 婦看守のはて, 婦看護婦なんぞの怪しげ, 婦秋草のこと, 婦恐ろしい度胸, 婦程度の経験, 婦一号以前に, 婦の父田口儀三郎, 婦羅おでんとこんなに, 婦羅屋イはいっ, 婦羅沼とも読み得ざる, 婦美容術師助産婦看護婦なぞの第, 婦じゃいつ, 婦聞いて大いに, 婦よくし, 婦腹話術や身振り, 婦の所, 婦自身の感情, 婦の沼, 婦良沼又はツウラ沼, 婦艶麗の女性ヘレネー, 婦の道, 婦芸一般に精, 婦虐殺事件の顛末, 婦を抱い, 婦衆男に交わる, 婦女行, 婦見たように, 婦規則書を貰つて, 婦言う雪多く, 婦嬢の, 婦警察の人々, 婦踏切りに群立, 婦身分も境涯, 婦身綺麗で容色, 婦軍用犬大小のタンク, 婦輩内にては乱髪壊形, 婦連中がとうとう, 婦達患者達の顔, 婦選デーが催された, 婦選問題が討議, 婦選案廃娼案が昭和八年, 婦選獲得同盟は十八年, 婦選運動家たちの動き, 婦両店, 婦添いすべて患者, 婦降りて来る, 婦雇うほどで, 婦雪ちゃんの子供子供, 婦に水田, 婦類似的にかかなく, 婦を乱し, 婦なども近く, 婦鶉七娘に引渡され, 婦黒い洋服の