青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「婆~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

姫君~ ~姿 姿~ ~姿勢 姿勢~ 威~ 威勢~ ~娘 娘~ ~婆
婆~
~婆さん 婆さん~ 婦~ ~婦人 婦人~ 婿~ ~嫁 嫁~ 嫂~ ~嫉妬

「婆~」 4119, 44ppm, 2607位

▼ 婆~ (397, 9.6%)

5 ように, 心は 4 ために, ような, 体を, 口から, 姿は, 家の, 所へ 3 すがた, 声が, 如く愚かし, 家に, 息子が, 話を

2 [24件] おまき, お百, ことを, とめが, ほうへ, 上に, 南隣り, 声で, 娘で, 家へ, 後から, 方が, 死は, 死骸を, 目に, 素振りが, 胸倉を, 腰アホウイヤホウ, 腰アホウエヤホウ, 腰ア婆の, 茶店に, 言う事, 顔が, 首を

1 [293件] あちこちに, あはれにて, あらもの, あわれ, いい加減な, いるうち, お世辞, お兼, お抱き申した, お沢, お虎, お酌, お金である, お金は, かめを, からだを, くせにさ, ことが, ことで, ことは, ことばが, この一書, この種, しらせで, すぐうしろ, する事, する通り, そういう言葉, そばで, つめ寄る, とこに, ところへ, とめは, とめも, はいって, はそれ, はなり, ひとみは, ほうが, ほうに, ほうは, まんなかへ, ものを, やうに, ようだった, ようで, よぶ声, をよん, ガキ奴, 一人である, 一件を, 一本に, 一温, 三十人に, 上へ, 下駄を, 不思議な, 丸い背, 事を, 云うこと, 云うた医学士と, 人気は, 仲働きと, 仲直りに, 來る, 信仰心と, 修道士を, 側に, 像の, 像は, 像を, 儀来は, 全身を, 処と, 出て, 切髪の, 前を, 力で, 加持祈祷でも, 半分を, 占いが, 口へ, 可愛がり, 右左へ, 吹き針, 吹針も, 呪詛を, 味方では, 味方と, 命に, 命を, 問答を, 喋ったので, 嗄れ声, 噂が, 囁き, 型に, 境遇を, 墓参りじゃ, 声であった, 声では, 声とともに, 声の, 大声と, 奴が, 如く愚かしかっ, 如く釜, 姿か, 威嚇的命令の, 娘お, 娘の, 子で, 子に, 字とが, 字も, 孫が, 宅を, 家から, 家だ, 家で, 家でした, 家です, 家では, 家でも, 家との, 家へは, 家まで, 家を, 家巨刹の, 宿の, 宿を, 寝たと, 寝て, 寝台の, 寝息を, 寝酒は, 小便たらしみ, 尼は, 居た台所, 屋根の, 岩窟に, 差出した盆, 差金だろう, 巾着と, 巾着を, 幽霊が, 庵室へ, 影が, 役が, 後方に, 後頭部を, 得心が, 心では, 心を, 心底が, 志, 怪しい呪力, 意, 慾から, 慾ばりが, 憤り方, 我を, 所伝でなけれ, 手で, 手に, 手の, 手へ, 手を, 手前は, 手織だ, 手織物ほか着た, 手踊, 抱いて, 持って, 文字が, 文字などを, 方から, 方である, 方は, 方ばかりを, 旅客が, 旧筆法, 昔話だ, 昔話も, 晴れ着とも, 暗い脳髄, 木像が, 本性が, 本性を, 来るの, 松, 松が, 様だ, 権まく, 機嫌を, 死, 死に際の, 死も, 死を, 死顔と, 死骸は, 残骸が, 殺されたとき此, 殺された塔, 殺された時, 殺されて, 殺される頃, 殺害者も, 毛虫だ, 気持に, 汲んで, 河, 爪の, 生豆腐, 申し上げる事, 発案で, 皮膚は, 皺づら, 目から, 目が, 目にだけは, 目には, 目を, 相続人である, 眼に, 眼にも, 眼を, 眼をば, 石, 石像は, 示せる名刺, 秘法の, 秘術吹針の, 空お, 策に, 範囲にでも, 範囲は, 納戸で, 細首を, 細首一つばさり, 組が, 組違へ, 絽の, 綽名の, 耳には, 股だ, 股の, 肩から, 肩を, 背へ, 胸を, 腰, 腰に, 腰へ, 腰間を, 膝の, 膝元に, 茶店で, 茶店にも, 茶店の, 茶店を, 視線が, 触れ言を, 言うたに, 言葉を, 訣だ, 話だ, 話では, 話に, 話の, 談義などを, 足許に, 身体は, 連れ子にも, 道即, 還って, 金時計の, 針に, 門口で, 雇人で, 雇人古山お, 霊体として, 顔, 顔を, 顔寒, 養女で, 養子で, 養子高輪田長三も, 首取る, 馬鹿だ, 魔力に, 魔法遣いに, 鼻を

▼ 婆~ (358, 8.7%)

5 もう飯 4 手を 3 手に, 歯を

2 [16件] どうした, ひそかに, 例の, 急に, 恐る恐る地蔵さん, 捏ねつつ, 梁の, 武蔵の, 私の, 粗相を, 脱腸の, 腰を, 膝を, 順平に, 顔を, 首を

1 [311件] ありのままこれこれ, あわてて, あんな巧, いいから, いいつづけて, いちど上げた, いち早く座敷, いつの間におれ, いつもの, いつも馬, いないか, いぶかしく思った, いよいよ口, いよいよ怒っ, いよいよ歯がゆ, いるか, うれし泣きに, おまえさんが, おれの, がっかりした, ぐっと顔, けげんな, けむそう, こう云い, こないだうちからの, この時分, この池, この私, こぼれるばかりの, ごくり, ご先祖, さも草臥れた, すぐもと, すばやくどこ, そういっ, その後いかが, その日, その権叔父, その評判, そわそわし, たといどうされ, たとい善意, たまらないほど, たんのうしたろう, だいぶ後, ちゃんと金, ちょうどその, ついいつもの, つぼみさんと, てか, とうとう地蔵さん, とたんに首, とってもとっても, どうしても法印, どうで, どこへ, にわかに態度, はじめて安心, ひとりで, ひどい見幕, ふと七, ぶるっと, ほの暗い畳, ますます薄, また伴天連, また草の根, また薄, また足, まだそこ, まだ思い諦めよう, まだ来ぬ, まるで屍骸, もうわが子, もう先, もう先廻り, もったいらしく祈祷, もと根津の, やがて枯れ木, やはり古, よけいに, よそへ, よろめきながら, れいの, アラブ人に, ギョロリと, コケッコーと, ヒソヒソ声, ヒラヒラと, 一寸顔を, 一歩金を, 一番年上の, 一軒ずつ, 一通りならぬ, 丁度お前, 七十を, 三升樽を, 下から, 不服気に, 不機嫌だ, 両人が, 二貫目ばかりの, 二階へ, 云った, 五右衛門めに, 人ざわりよく敷物など, 人間じゃねえ, 今何うし, 今娘, 以前は, 仮令如何, 何う, 何うし, 何者だろう, 余ほど, 俄か, 傍若無人に, 先刻から, 六十何年生きた, 内心いよいよ, 再びコケッコー, 冷酷な, 初めて綻びた, 別懇でも, 勝手に, 医学士の, 十五年以上暮し, 南丹州に, 即ち山姥, 参籠に, 又八, 又返事, 口が, 口の, 古くは, 只た, 叱った, 叱りつける, 吹筒を, 呪文を, 呼びかけた, 呼び止めた, 唯一本で, 唯茫乎, 嘯いた, 噴き出したいの, 土間に, 土間の, 在宅か, 地蔵さんに, 坂下の, 多少精神, 夜ばかり, 大地に, 大袈裟に, 大金持, 奥の, 如何にを, 姿を, 婆で, 婆の, 嫌でしょう, 孫の, 安心した, 察して, 小太刀を, 少しくにじり, 少しくにぢ, 少し借財, 少し胸, 少年の, 尖った肩, 尻餅を, 川へ, 巧みに, 己が, 市ヶ谷見附内の, 帰ろうと, 常に思っ, 平然たるもの, 幸死なず, 庵室の, 強いの, 彼の, 彼方で, 彼方に, 後から, 後釜に, 徐に顧, 必ずおれ, 忌な, 急いで, 怪訝な, 恐しい目, 恐る恐る肩, 息が, 息子の, 悲鳴を, 意地も, 憎いが, 憤怒し, 懼れたる, 戸口の, 手紙を, 抜き打ちに, 持った銚子, 振りうごかすの, 振り顧, 提燈を, 散々國の, 新蔵の, 早速家さ, 時々陣痛, 暫く弁解, 更に唇, 最初から, 朝念暮念その, 柄に, 柳田村に, 柴を, 梁から, 欲張りの, 欲張り女であった, 正直者ゆえその, 此の, 死骸の, 母である, 気を, 気丈だ, 沢庵の, 流れ流れて, 消えかかった蚊遣, 深雪を, 潮の, 焚火越しに, 無言だった, 煽動する, 燕作を, 物すごい目つき, 狂言だ, 瓶の, 甲羅を, 申すの, 畦道づたいに植村婆さまを, 白髪の, 白髪を, 皺の, 益々眼, 直に機嫌, 眼を, 睨むよう, 私に, 私を, 突然起ちあがっ, 窟を, 立ちさわぎかけた, 竟に, 笑った, 絶えて, 縋着いても, 耳が, 背が, 胸の, 脇差に, 自分より, 自害の, 自若として, 舌打ちし, 色々と, 茫然と, 草や, 荒縄で, 蔵人に, 藻と, 裏口から, 見返りも, 親切であった, 訓令に従って, 語を, 誰に, 諄くも, 諷然と, 起きて, 足が, 足を, 躍気, 身動きも, 軈て物静か, 軈て物靜, 近所の, 逃出そう, 這い起きた, 遣手の, 釈迦よりも, 金を, 銅の, 鏡を, 長火鉢の, 隣の, 雨の, 非常な, 頑なに首を, 頭に, 顔色を, 飛んでも, 飼猫と, 驚き, 魔法使いかも, 魔法使ひ, 鴫沢の, 黍殻同然に, 黒い袖

▼ 婆~ (353, 8.6%)

98 さんは 85 さんが 45 さんの 13 さんに 10 さんを 5 さんである 4 さんには, さんも 2 さんとは, さんな, さんや, じゃない, だ, だよ, は, 何か

1 [73件] から聞き出した, が, がある, がお, がお願い, がかいどり, がちょくちょく, が出る, が年, が怒鳴りだした, が来, が耳, が顔, が飛ん, こそは今, これで, さんで, さんであった, さんとが, さんとを, さんにな, さんにも, さん熱に, さん達が, さん達の, そこの, そのゴオリエフ, その方, だったよ, だって引っ, だって癩病人, だつたよ, だと, だろう, でさあ, でその, でなくては, でも針, でやすから, で稼ぐ, としては幸い, なんぞが知る, はこの, はしやうが, はどう, はん何ぞ, はん暑う, は一層, は低, は兄, は即ち, は大, は憎まれ口, は書けまい, へおいおい, もいる, も女, も手拍子, やや書生, をおい, をし, を引つ, を訪れた, 一人を, 仲間と, 何かが, 店頼む, 早よせん, 殺し詮議の, 汁を, 煮ても, 見苦しい, 黙っちょ

▼ 婆~ (282, 6.8%)

6 坐って 3 出しや, 出て, 来た

2 [20件] あった, あって, いて, お敏, つけて, どれも, 家に, 居るから, 帰った後, 帰って, 引き取りミルク, 手に, 拾うべと, 死ねば, 立って, 自分を, 茶の, 軒先で, 首を, 鼻について

1 [227件] あずかるつもり, あの老齢, あれほど, いけないん, いつもの, いなくなったので, いるから, いるという, いるものの, いんからのう, えろう家来扱い, お城, お姫さまに, お座敷と, お松を, お附き申し, お願, きらひで, ぎょうさんに, こういっ, こういった, ここへ, ここへも, この年, こんなもの, じりじりと, せきたてると, その女子, その手, とどめを, ともかくも, どうした, どうしました, どんな非, にやりと嘲笑っ, ねだったゆえ, まいりましたあの大きな, また土産, また小笠原礼法躾方, また悪い, また飛び出し, まったく病気, めづらしく訪ね, もろうた, やかましいから, やって来て, ややもすれば悪たれ, よちよち河原, コケッコーと, 一人ぎめの, 一念の, 一念神仏も, 一生懸命で, 一緒じゃ, 三味線箱を, 上り口に, 不当に, 不意に, 丑満, 乗って, 二つに, 二三石の, 二本ばかり, 二本並ん, 云ったん, 井戸端で, 他には, 他の, 仲に, 何とも云い, 信玄袋を, 僕の, 入れて, 入口へ, 出がけ, 出しゃばっての, 出しやば, 出まして, 出没し, 加持も, 助けるわい, 化けて, 又籠, 口を, 口忙しく, 台所から, 叱るよう, 吹筒に, 呂宋兵衛あやうし, 味噌漬で, 唱える, 商いに, 喚いて, 喰べて, 四人も, 土蜘蛛の, 声を, 大きな槌, 妹に, 妾奉公に, 娼妓の, 子じゃの, 安心し, 宿直室で, 寝酒の, 居た由, 居っては, 居て, 居りまするから, 帰る時, 座敷を, 廊下に, 後へ, 忍びやかに, 怒鳴って, 急いで, 怨みを, 悦びや, 意地悪く, 手を, 掴み附きそう, 揃って, 描かれて, 斃死って, 斬られたん, 斬れて, 旧の, 昼の, 書いたらしい覚, 来て, 来るか, 枕もとに, 林の, 果てしなき札づくし, 根の, 根も, 根掘り, 棲んで, 横向きに, 次の間に, 欲張って, 此の, 死に, 死んだという, 殺されて, 毎日の, 毒づきながら, 泣き妻, 活かして, 流れて, 温かくて, 煩い付いて, 片手に, 狐猿の, 猫に, 甚蔵の, 生きて, 生みの子よりも, 生れは, 留守を, 畳算で, 疫病神だ, 病気で, 白衣で, 白髪頭に, 盗んだの, 目から, 相手じゃ, 相手に, 真っ白な, 知って, 神様より, 種々の, 突き刺されて, 突っ立っ, 立つ姿, 立てて, 竪川の, 絞め殺されて, 絶え間なく, 続いて, 網を, 美女に, 聞いても, 聲を, 背後向に, 腰を, 臨終の, 自分達の, 舌を, 若い時分, 茶を, 茶釜の, 薄穢, 虎井夫人の, 行ったらさぞ, 行って, 衝と, 表へ, 見えたと, 見えたらこれ, 見えなんだか, 見えました, 言った, 諦めるもの, 贈り物の, 足は, 跣足で, 踊るなど, 追手と, 這入って, 造作も, 邪慳である, 金を, 金盥を, 金貨を, 長物語りを, 降参する, 面目が, 風邪を, 飛込んで, 首打っ, 馬券を, 驚いて, 高利貸を, 鬼の, 黒地の

▼ 婆~ (216, 5.2%)

13 さんが 12 さんは 8 さんに 6 婆や 4 お前は 2 が小鍋立て, さん, さんから, さんの, さんも, さんを, というの, のいう, ア

1 [155件] あの人, あれは, いつもとぼけた, いよいよお, いろいろに, おまえも, お前が, お前と, お前に, お前若く, お城, お昼を, お湯の, お駒さん, か, かがそこ, からこう, からしぐれ, からその, からひったくる, から何, から聞い, から茶碗, か女中, が, がお前, がかぶっ, がこちら, がその, がちょっと, がどう, がものしずか, が何, が少し, が後, が殺され, が洋盞, が父, が眠たい, が眼鏡, が竜子, が表, きつい世話, きりいませんよ, こっちおんじ, この頃, こんな話, さう, さんいつでも, さんかと, さんがまゐります, さんここへも, さんその, さんぢや, さんで, さんです, さんでも, さんと, さんとは, さんとも, さんみたいな, さん今朝は, さん何を, さん其処の, さん私が, そう言っ, そのもう, その頂戴, だ, だった, だったん, だなあ, ちょいと, ちょっと一円貸し, ちょっと早苗, つき合, であったが, であつ, でありまして, である, です, でないかい, といたは, とおくみと, とか仲間, とその, とどつち, となにか, と中村座, と共にまだ, と共に勝手, と共に食事, と夏子, と病院, なぞと, なぞは, なんかが, なんだか生意気, なんでも, ねえ, のいった, の言う, はねつから, ほんた, もうあたし, らしいの, らしい年, アお, アのだ, ア一寸来, ア彼の, ア湯を, ア誰か, ママちゃんが, 一飛びだ, 九時半頃に, 人間の, 今し方御新造が, 今何時だ, 今呼ぶ, 今夜は, 任せに, 何か, 何処から, 何卒先, 全体どこで, 其れ, 其方は, 別に心配, 前に, 外に, 多助が, 妻などが, 姫路の, 婆, 婆ここさ, 婆やたら, 子どもを, 家は, 小便は, 弥五六が, 早く二階, 早く行きましょう, 昌仙を, 権叔父が, 湯に, 溜池署長が, 燕作など, 犬や, 私だ, 花筒が, 行つ, 達が, 酒は, 頭の

▼ 婆やは~ (166, 4.0%)

3 それを, 八っ 2 おくみ, どうしました, 兄貴に, 喜んだけれども, 弟を, 用足しに, 紀久子の, 終日兄貴の

1 [144件] あちらの, あっと悲鳴, ありがたいほど, いつでも, いつも早く, お出かけです, お墓参り, かう言つて坊ちやん, かまわずに, きまりの, ことの, さればこそと, すぐ自分, すこし呆れた, せきこんで, せき立てて, そういう時, そういっ, そう不平, そう念, そう言っ, そこに, そこらを, そのすぐ, それほど長く, ちょっと真に受け, ちょっと首, つくづく西山さん, どうせ同じ, どこか, どこかに, どもりながら, ぴょこぴょこと, ほつと, またハンケチ, また腰, まだ帰らない, まだ色んな, もう一度西山さん, もう寝ん, もう戸締り, もう新井田, もう昨夜, もう来, もう遠く, やつと, わあわあ泣く, 一人に, 三隅さん母子と, 不服顔だ, 主人の, 人が, 人に, 今でも, 今度は, 会計を, 何か, 何かに, 何事を, 何度も, 倒れも, 勝手口に, 勝手口の, 博士の, 又次, 受けて, 可恐う, 呶鳴りかえした, 四畳の, 在方の, 大急ぎで, 客車の, 容赦せず, 寝かせて, 小さい皿, 小山の, 小遣帳を, 山羊の, 岸本を, 已にいつの間にか起き, 年寄りです, 御留守居, 心安くかう, 怒ったよう, 思いながらも, 思った, 息子が, 改まった顔付, 新聞紙の, 日が, 早くから寝た, 早く寝かし, 明日の, 明日立つ, 最も得意, 木の, 本当の, 来たて, 気兼ねらしく, 洗吉さんを, 流許, 消え入るよう, 淋しいこんです, 漆喰の, 澄ましたもの, 熊の, 田舎訛を, 留守の, 目が, 目を, 眞面目な, 眼鏡を, 知らないから, 石見銀山で, 確かな, 私が, 私の, 笑つた, 耳が, 肥った身体, 肺病で, 腰を, 膝を, 臆病ね, 葉子の, 蜜柑と, 西山さんから, 西山さんの, 見ず知らずの, 見たさ, 言って, 言つた, 訛りの, 軽く笑, 近ごろの, 階下へ, 青木さんに, 顫え, 風呂敷づつみを持っ, 飛び上らんばかりに, 食事が, 高調子な, 魂消てるんだい, 黙っては

▼ 婆~ (158, 3.8%)

7 の家 4 のお 3 の癖

2 [11件] だ, だな, でご, ときたし, の云う, の甥, の親類筋, ばかりで, もお, もよくよく, を殺し

1 [122件] あの何, い, いっかな聴き容れません, おっ死んだ, かなんか, から一兩, から承わりまし, が, がお, がさう, が一人, が中, が云います, が参った, が取った, が寒い, が帰っ, が心配, が手拭, が板の間, が目, が肌身, が茶, が酒, が雇っ, さ, しやべ, じゃアごぜ, だが, だつて, だと, だなんても, だね, だよ, だ何, だ貴様, であると, でございますが, でございますよ, でございます今度, ですが, でもなかっ, で何, で御座います決して, といふの, とか何ん, とが焼け死んだ, ともはア然, と喧嘩, と板橋, と言われる, と道連, なんてさ, にお, になつ, になり, にのませ, にもいわない, に五合, に借金, に恨, に成りました, に渡せ, に突合し, に縁, に足, のこと, のため, のほか, のよう, のカケアイ漫才, のサグリ, のドッタンバッタン, のヘソクリ, の二階, の声, の奴, の奴め, の嫁い, の嫁いじめ, の店, の怒る, の戸口, の泥棒, の留る, の銀包み, は, はうんと, はなかなか, は五十がらみ, は何処, は先刻, は大きに, は大不, は年頃, は心得顔, は慾ふか, は本, は殺され, は氣違ひのやうに, は無闇, は片目, は轡虫みたい, は遠藤左馬太, は飛出し, もどう, もどうやら, も出, も娘, も悦ん, も看病人, やが来, やも狭い, や少し, や抱い, や支度, や枕元, を兼ねた, を殺す, を烟草, 宜かえ, 誠に目出度かっ

▼ 婆やが~ (133, 3.2%)

6 出て 3 来て, 言った 2 あり私, い, それを, 一人い, 去る, 持って

1 [109件] あたふたと, あんなに力, いう, いうので, いた, いたに, いって, いないの, お前と, お母さんに, きて, こな, この子等, しきりに詫び, して, しますから, そういう, そこから, そこへ, その部屋, それしか, のぞいて, はいって, ひまを, まいりまして, もう晩飯, やって来て, ゐたもん, ゐないん, オズオズと, ストーブに, 一人, 一人つきそっ, 一先ず山田, 乳を, 了解めない, 二人来た, 云って, 今起きたらしく, 何か, 何んと, 八っ, 出かけますから, 出して, 出迎えて, 切つて来た, 別棟から, 勝手口の, 去るの, 受合いますから, 叫んだ, 周章てて, 啓介の, 坊ちやんを, 塩水を, 声を, 宅に, 寝室の, 寢酒を, 尋ねるの, 息を, 慌てて, 押して, 持出した膳, 料理した, 早く来, 時々起き, 曲つた腰つきで, 来たか, 来たつてぢ, 来たの, 来たので, 来るか, 来合わせた, 楼梯の, 死んで, 毎日まめまめと, 水を, 水口の, 消したん, 涙ぐみながら, 燈を, 生温くし, 申しました, 畳の, 確く, 立ち上ろうと, 立って, 紀久子の, 紅茶を, 自分の, 茶を, 行つて了つたのを, 行つて了つてお, 行つて了へば, 要らなくな, 要るので, 見えませんが, 言つただけ, 説明し, 買って, 近々に, 酒を, 酒屋の, 間拔ぢや, 間近く顔, 雇って, 頼みに, 顔を

▼ 婆~ (129, 3.1%)

4 なって 3 化けたなどの, 燗せ 2 して, そう言っ, 化けました, 斑猫を

1 [111件] あって, いわせれば, いわれて, うちの, さぐらせた評定の, そそのかされて, その娘, なったらはあ, なってしも, なる, なるの, なるはず, なるまで, なる代, まかせて, やるん, よい智慧, ようも, よく似た, よく分っ, 一刀あびせかける, 一杯食わせる, 一言咎められ, 云った, 今は, 任して, 伴はれ, 係り合いの, 再び問い試みた, 出遇い其の, 制せられて, 勝つた家, 占を, 厄介に, 反対し, 叱咤され, 吃驚敗亡後をも, 向いて, 吠え付いた, 命じて, 啼いて, 噛み附かれた歯, 変な, 対って, 就いて, 就て, 就ては, 幾等か, 得心が, 御洩らし, 心おびゆる, 憑らせられた, 手を, 払われるには, 扮し, 持たせて, 挟まれ一人, 振り向き, 擬へ, 斯う, 昔から, 果し状を, 此と, 殺される所, 決して初, 浴せかけ横, 渡して, 湯を, 甚蔵の, 目くばせし, 相違ない, 相違ねえ, 眼は, 睨まれて, 碌に, 突かけ, 紛らわしいあの, 罵られた眼, 罵られ迫害, 翻弄される, 耳打ちし, 育てられた男, 育てられて, 至るまで, 至る迄, 衣を, 裏を, 見えて, 見せて, 見つかったと, 触って, 言いつけて, 訊いた, 誓って, 誘われて, 談判し, 追遣われる, 逢いこの, 逢いたい, 逢いましたから, 邪魔を, 酬いたいと, 重ねて, 野猪の, 金を, 関係が, 隠しくさる, 頼うだりしち, 頼みましたの, 頼んで, 養女として

▼ 婆~ (129, 3.1%)

6 のお 3 の御, は私 2 がお, 御自身

1 [113件] おつかれでございましょう, おびんずる様並み, お通, からあなた, からお, からぎん, からなにか, から昔話, があり, がたって, がよッ, が一人, が何, が元気, が出, が出掛け, が出来, が又, が四年前, が大好き, が家ぢ, が帰っ, が店, が持っ, が波, が脳天, が自分, この前, さあこれ, じゃ, そうして見だのしゃ, だ, だと, だよ, で, でございますから, でしたが, でも, で道, という名前, といった地方, とお客, と一緒, と云われる, と呼ん, などが一代, なの, なんか何, にせよ, にはあ, にぴったり, にも豆買い, に一ぷく, に会いました, に化けたがる, に咳, に後, に狙われ, に菜畠, に逢う, のなさけ一椀, のほんとう, のよう, の三途河, の中, の前, の取り次ぎ, の声, の姿, の御返事, の挨拶, の木像, の来る, の番, の繰, の老松, の耳, の膝, の鑑定, の顔, はあまり, はいらっしゃらなかった, はこわい, はそれ, はどこ, はもう, はやがてきっと, はようやく, は吃驚, は寝, は手, は気丈, は水, は籠, ばかりで, ばかりを大切, ひどく弱ったでねえ, ほどお, もそんなに, もまさか, も弱ってる, も私, よなあお前, より二十, をじろりと, をつかまえ, を助け, を叱りつけ, を男, を試しましょう, 何故遣った, 這入った奴, 黙れと

▼ 婆~ (124, 3.0%)

5 掴み出させた 4 殺したの 2 殺した時, 殺した養女, 殺して, 見て, 連れて

1 [105件] あの番組, おくの局, おもふ, ぐるぐる巻き, こさへて, こっちで, さんざんに, して, せきたてて, ただ返り討ち, たてた, たてた墓, つかって, つくって, つれて, どう処分, ぬいて, はじめ呂宋兵衛の, ひとりつけまし, ほめて, よび出して, ストリと, フン縛っ, 一々見, 三人も, 中心に, 乗せた牝牛, 介して, 何と思う, 余り用いぬ, 元に, 切殺し, 削りそれ, 取って, 取り押えようと, 叩き落されて, 召喚いたしまし, 呼びしなり, 呼びて, 呼び出して, 呼べば, 呼んで, 咬み殺して, 哀れと, 妖物か, 屈伏せしめた, 帰して, 弄ぶ波, 引きぬいて, 引き挙げれば, 待って, 急き立てて, 悦ばせん, 惨殺した, 意味する, 打の, 打殺して, 抱いて, 押しやりながら, 拝むよう, 拾い上げました, 捕えて, 斬った若い, 斬れと, 村に, 杖について, 極めさせようという, 歩ます気, 死んだ母御, 殺したとき, 殺したに, 殺した下手人, 殺した其の, 殺した犯罪者, 殺した訳, 殺し汁, 殺すかより, 殺す時, 殺す理由, 用ゐる, 男に, 相手に, 睨めつけながら, 突倒し, 突退け, 竹で, 納め駿河, 絞め殺したり, 縁の, 罵りつづけて, 蔭へ, 見たと, 見付けて, 見捨てて, 討つか, 試して, 説きつけて, 追いつめて, 追ひ返す, 追ッ, 逐い除けて, 釣った結果, 阻んで, 除いては, 食つち

▼ 婆やの~ (114, 2.8%)

5 お倉 4 お篠 3 方へ

2 [13件] お冬, お谷, ことは, ように, グチなど, 側に, 前に, 姿は, 方が, 方を, 膝から, 部屋で, 顔が

1 [76件] いけて, いる方, お倉の, お六, お尻, お淺, お澤, お駒, ことも, ことを, そばに, つぎの, つくって, ところへ, ほかには, オノリイヌ共に, 上に, 事ね, 事を, 二人お, 仕事の, 伜が, 体は, 先に, 分は, 切ない心持ち, 勧める晩飯, 口から, 口からも, 坐って, 声が, 声である, 外には, 太郎びいきで, 姪の, 室と, 家です, 左の, 後に, 御秘蔵っ子, 所へ, 所持品や, 手から, 手に, 敷いて, 春の, 案内で, 様子にも, 機嫌を, 次に起き, 次は, 死骸とは, 気に, 涙ぐんだ眼, 為に, 申す事, 目が, 目を, 知らせに, 耄碌し, 膝に, 若かつ, 親切に, 言葉は, 話すこと, 話だ, 説明を, 走るの, 起き上る音, 迎いで, 返辞が, 里から, 金を, 長たらしい泣き言, 高い声, 鯨の

▼ 婆さま~ (94, 2.3%)

4 が一人 2 が来, が諸井看護婦, が通る, にし, のいう

1 [80件] いいからね, いっしょくたにして昂奮, かなし, かよう, か家の, がいなくなった, がうらやましく, がさも, がしっかり, がやってきた, が云っ, が伜, が思い掛けなく, が悲鳴, が来る, が正直, が死んだ, が相当, が籠, が親切, が這入っ, が食べすぎる, くたびれて, さ, じゃお, その朝顔, だ, だあと, だからね, だのう, でございます, でねえかよ, では, といっ, といふは気の毒, とよばれ, と三つ, と肩, と諸井看護婦, などに化け, にゃあ, にや, にカタミ, に先手, に師匠, に来, のこたつ, のこっちゃあ, の事, の云う, の何, の呆気, の子供, の子孫, の寝顔, の所, の手, の生死, はどう, は一度, は仰山, は色, は茶道具, は達者, まア何時, みがいて, も, もいっしょ, もけふ, もろ, も天外, も早かっ, や中, よ, よう聞かつ, を混, を訪ねた, 又行っ, 忘れも, 早く帰る

▼ 婆~ (88, 2.1%)

5 娘は 3 いって 2 同じよう, 多少の, 女房は, 早足の, 話を

1 [70件] いうと, いえば, おなじよう, おれの, お云いなさいます, お怒り, かたく約束, この爺, その娘, たった三人, だろう, なって, なつて, なにかいい交わし, なり日蓮宗, ふたりで, 一しょに, 丹羽昌仙だ, 丹羽昌仙の, 二人で, 二人住居は, 二人居, 云い昔印度, 云うの, 云う妖婆, 云う寡婦, 云ふ, 何の, 六つばかりの, 号する工藤みな子, 合わせて, 合点する, 同じくろい, 同じ心, 同類の, 呼ばれる酒屋, 呼んだ, 坐って, 女中とで, 女房と, 娘が, 娘の, 小さい娘六つ位, 小次郎とは, 山, 思う, 思うちょ, 思うてるん, 我々との, 書いて, 格闘でも, 権叔父とが, 燕作が, 牝牛を, 犬とに, 申合わせ, 異うこと, 私の, 称す, 老い朽ちた, 蕾が, 見えて, 話して, 誰が, 軍鶏と, 風呂とは, 馬鹿に, 馬鹿娘とに, 黒犬に, 黒犬の

▼ 婆アさん~ (77, 1.9%)

2 が二人, でも

1 [73件] かて, が, があつ, がここ, がやかましい, がやりかける, がココ, が一人, が一心に, が外, が承知, が目的, が箸, が自分一個, が迷惑, が酒, が靈感, だ, でも来, といふもの, とさし, と同, と呼ばれ, にあき, にお, にさう云うたら, にそう, にだけは手, にどう, になった, になつて, にふす, に先, に先んじられ, に尋ねる, に對, に心, に手傳, のやう, のゆうべ, の家, の年, の歓心, の激, の片手, の給金, の聲, の間, はおれ, はからだ, はハッキリ, は云われる, は思ひ出した, は息子, は清人, は猪口, は男, は笑つた, は話, ばかりで, もいや, もう宜い, もこ, も大層, も年, も有難い有難い, らしいね, をそう, をねぢ, を半分馬鹿, を叱り付ける, を雇, 誠に有難う

▼ 婆やに~ (65, 1.6%)

6 連れられて 3 言った 2 弱味の, 聞くと

1 [52件] あずけて, あてがった, いいつけて, いい付け, いって, お医者さん, お委せなさいまし, かぶりついた, かわって, さりげない, そうことわっ, そう言われました, それとなく近所, ねだりねだり, やろうと, 九つに, 付き添われながら, 任せて, 任せなかった, 会って, 体よく, 出て, 分け次, 尋ねた, 指図し, 教えた, 昼の, 氷嚢を, 注意する, 洗濯さしたり, 渡した, 然う, 燗を, 留守を, 番を, 相槌を, 箱枕を, 縋り付いて, 聞いて, 聞かせるばかり, 言う, 言って, 言伝てを, 読んで, 買いに, 買つて来, 近くい, 追いつくこと, 逢つて見よう, 附いて, 附添っ, 頼みて

▼ 婆~ (59, 1.4%)

2 ならもっともっと, は帰っ

1 [55件] その人, であった, であるといふ, であるまいか, でもある, で京都因幡堂, とのその, とは役, ともあろう, と今, と名, と呼ん, と美男, と酷似, に対し憎悪, に逢った, に魅せられ, の亜流, の像, の全, の大神呪, の容貌, の石像, の肩, の輩, の顔, はある, はいない, はおもむろに, はさも, はひた走った, は優しく, は動かなかった, は叫びつづけた, は合掌, は巡錫, は彷徨, は微笑, は恋人, は憐れむ, は教団, は歩き出した, は湖水, は窓, は立ち, は立ち上がった, は訊いた, は走り出した, は起きなかった, は静か, へ懺悔, へ近寄った, や自, を除外, 第四優婆夷

▼ 婆~ (52, 1.3%)

2 僕の, 口を

1 [48件] あまり古い, ありません, いるからの, おおくの, おもわず金光, おれが, お師匠様, じっと空虚, すっかり毒気, その後に, ただ小次郎, ちとやかまし, つい染まった, はれの, またいつも, まだ新しい, よい供養, ゐた, ニヤリと, 一寸こ, 五右衛門も, 今取りかえた, 唯者でない, 奥から, 好きだ, 居た, 居やがったもん, 底の, 弱くれ, 彼も, 後に, 怪しいわ, 悪党ながら, 手前は, 来お, 永らく御, 決して後家, 濡れますほどに, 爺も, 猫も, 目鼻に, 眼を, 約束し, 続いて, 置きまして, 貴方に, 返り討ちに, 黙って

▼ 婆やを~ (50, 1.2%)

10 相手に 2 使って, 置いて

1 [36件] かきのけるよう, たのまず自分, つかまえて, 一人つかつ, 一人雇い入れる, 仰天させた, 其れ, 台どころへ, 同伴する, 呼びつけて, 呼んだ, 呼んで, 外へ, 尻目に, 引きとめた, 思い出して, 恐れるよう, 悦ばせたいばかり, 慕って, 手伝いに, 手伝つてみんなの, 手伝つて座敷の, 殺したで, 気楽に, 泣かせようかとも, 睨みつけて, 葬らせるつもり, 見た, 貴嬢, 起して, 追いかけて, 追いやって, 連れて, 雇うこと, 雇えば, 雇へ

▼ 婆やと~ (39, 0.9%)

3 女中が 2 一緒に, 女中と, 女中とが

1 [30件] お守りさんの, お留守番, 三人ぐらしを, 三人枕を, 三吉の, 中間の, 二人ぎりです, 二人で, 二人切りの, 入れちがいに, 同じ部屋, 同時に起き上った, 呼んで, 女中の, 女中は, 女中を, 子供の, 子供らの, 定子, 定子とを, 寝た, 小女が, 小娘とに, 山へ, 無駄口を, 猫が, 私と, 邂逅した, 長谷へ, 鳴り続ける機械

▼ 婆娑羅~ (36, 0.9%)

5 の大神 3 の神

1 [28件] が, がいた, という, といわれ, とよく, と飲ん, な, なたち, な人々, な半面, な奢り, な彼, な氏, な無礼講, な生涯, な若, な見得者, な道, にはあきれました, に世, に生きる, の一人, の婆, の意味, の本領, の欲望, の道誉, を知らぬ

▼ 婆やも~ (28, 0.7%)

2 子供の

1 [26件] あわただしく車, いない, お女中, その迎え, もういなくなり, やがてそこ, よくない, 一人見つかった, 下僕も, 其処へ, 前さ出, 去る, 大概隔日か, 女中も, 家に, 帰った家, 手伝いに, 暇取っ, 来ては, 眼を, 立ち上がりは, 緑の, 言つてゐた, 言葉を, 連れて, 驚いて

▼ 婆~ (21, 0.5%)

32

1 [16件] かそう, から始末, から早く, が又, ぜ, というよう, と悪口, なと言っ, ね, のと, ものです, よ, ッ, 仮令浪人, 四十面を, 嬢の

▼ 婆~ (21, 0.5%)

8 ごは 6 ごの 4 ごが 2 ごはも 1 そやろ

▼ 婆~ (17, 0.4%)

1 [17件] あつて, あんた方の, おおおまた, さきに, すまないね, また多く, オクビを, 上から, 元々この, 其の燈光, 夏は, 彼奴は, 早や, 有りますから, 盲目娘の, 胸に, 見る影

▼ 婆~ (17, 0.4%)

2 とした

1 [15件] たり, たる命, たる影静, たる須磨の浦, ついて, とさばい, として壁, として斜, として斜め, として舞い出し, として蔭, として金剛, として障子, と書いた, と碎ける

▼ 婆という~ (16, 0.4%)

2 のは

1 [14件] のか, ものであっ, ものは, ものも, ような, 女の, 女も, 役目の, 感じは, 新宿の, 母親も, 綽名を, 老女に, 語を

▼ 婆どの~ (16, 0.4%)

1 [16件] が, が死ん, が死んだ, が見えられ, が計略, に対しても無駄, に追い使われ, の手際, はあの, はお前, は丁度, は確か, は親切, もあの, もお前, 情ない事

▼ 婆サン~ (16, 0.4%)

2 に会ってる

1 [14件] がイモ, が主, でも女, と変, と好ん, の衣裳, はとにかく, は狐, を警戒, ノ便利, ノ反対, ノ訊問, ノ追及ハコヽヘ来テ俄ニ, ヲ無視シテ予

▼ 婆あの~ (15, 0.4%)

1 [15件] お喋りな, ことであった, こと故, とめという, 乞食婆あんな, 位牌さあげ, 出る幕, 分は, 前では, 尻の, 耳を, 肚の, 船員宿の, 趣向が, 麻扱か

▼ 婆~ (14, 0.3%)

2 が何

1 [12件] がいきなり, がその, が店さき, が死ん, さらに聞き入れず, とうとう藻, と仲, の弔い, はあの, は塚, は死ぬ, 帰れ

▼ 婆芸者~ (13, 0.3%)

1 [13件] かアメリカ人, が乗れ, が八百屋お七, が土色, である, といふ一階級, にでも泣きつい, のよう, の歯, の男めかけ, らしい女, らしき女, を怖

▼ 婆には~ (12, 0.3%)

1 [12件] かなわぬと, この世に, 候へども, 分らぬらしい, 力は, 勝てないもの, 孝行を, 実の, 滿月ほどの, 目も, 見むき, 銭やっ

▼ 婆~ (11, 0.3%)

2 か引掻き, などを試みた, なんかをたくらんだ, なんての 1 などといふ悪, などといふ惡, を食った

▼ 婆でも~ (10, 0.2%)

1 あれで, その死, 久しく話, 医学士でも, 十把位は, 塩した, 息子の, 早寝を, 焦れてる所爲ぢ, 鹽した

▼ 婆塞が~ (10, 0.2%)

1 いかに偉かっ, どんなに小さく, 他人の, 依然として君臨, 俗人の, 修行し, 常住坐臥に, 行なふ, 行ふ, 遍歴し

▼ 婆~ (9, 0.2%)

2 と一緒, と謂 1 でお, で男, になつ, のよう, を活動力

▼ 婆摺れ~ (9, 0.2%)

1 だってえ, で, でも看護婦さん, になつ, には丁度, の綿摘, め, 女などの, 女の

▼ 婆~ (8, 0.2%)

1 うるさい日本, うるせえはやく, さんに, だよ, と呼ぶ, の面, ばさん, 婆ァ

▼ 婆~ (8, 0.2%)

1 されようと, されようとして, されよう婆化, されるなんて, したよう, して, しやしょう, すと

▼ 婆さんだつ~ (7, 0.2%)

21 たから, たの, たので, たらう地獄行間違, たわ

▼ 婆とは~ (7, 0.2%)

1 あかの, ぐずり婆, 別懇だ, 思われないの, 感じが, 普通には, 顔馴染素性も

▼ 婆にも~ (7, 0.2%)

1 かりが, 一寸遭っ, 捜し当てられまいと, 流石に, 生命の, 苔の, 覗かせたくない

▼ 婆あさん~ (6, 0.1%)

1 お話を, と切り, と呼ぶ, なんか足もと, はあはて, 二人癈兵一人と

▼ 婆あと~ (6, 0.1%)

1 よぶので, よんだの, よんで, 云うの, 同じこと, 遊ぶんぢ

▼ 婆あに~ (6, 0.1%)

1 すりゃあ, なりやがって, まかせて, 相談し, 限るよう, 頼まれて

▼ 婆あや~ (6, 0.1%)

1 あの亭主, であった, の髪, へんな, まで飛出し, よ

▼ 婆娑羅大名~ (6, 0.1%)

1 がの, としてでなく, の奢り, の若, の道誉, や武士ども

▼ 婆~ (6, 0.1%)

1 と喧嘩, の事, の膝, の顏古茶碗, は上方者, は合槌

▼ 婆~ (5, 0.1%)

1 がへっ, まで, まで今時, 上げるん, 何だかぐず

▼ 婆さまたち~ (5, 0.1%)

4 が主 1 と並ん

▼ 婆では~ (5, 0.1%)

2 ないか 1 ない, ないぞ, ないわいの

▼ 婆とも~ (5, 0.1%)

1 判別が, 妾とも, 相談のう, 見える姿, 馴染んで

▼ 婆ばかり~ (5, 0.1%)

1 した訣, だ, 入れて, 焼け出されて, 片膝立て

▼ 婆~ (5, 0.1%)

1 冷たい足, 帰ると, 愛想よく, 木剣を, 酌した

▼ 婆やには~ (5, 0.1%)

2 この道中 1 よく見えなかった, 見向きも, 酒を

▼ 婆サンガ~ (5, 0.1%)

21 助ケ舟, 急ニ気分ガ, 這入ッテ

▼ 婆サンハ~ (5, 0.1%)

2 恐シイ魔法使デス 1 直グ姿, 頻ニ止メタガ, 黙ッテ何モ云ワナイ

▼ 婆~ (5, 0.1%)

2 の女形 1 が世人, になっ, を一時

▼ 婆娑羅者~ (5, 0.1%)

1 といわるる, とはああ, なら笏, の荒, はいう

▼ 婆~ (5, 0.1%)

1 よ懐炉, を入れる, を懐, を懐中, を持っ

▼ 婆摺れた~ (5, 0.1%)

2 噪ぎ方が, 調子殊にも 1 様子は

▼ 婆あさ~ (4, 0.1%)

2 んの 1 んか, んと

▼ 婆ちやん~ (4, 0.1%)

1 になつ, になる, は梅代さん, や姉ちやん

▼ 婆やにも~ (4, 0.1%)

2 暇を 1 それから今, 話して

▼ 婆やまで~ (4, 0.1%)

1 そこい, ちゃんと見た, 仕度した, 連れて

▼ 婆~ (4, 0.1%)

2 うっ 1 あの神馬小屋, 一酌や

▼ 婆アさま~ (4, 0.1%)

1 が塵埃除, が来る, に逢いたい, は何処

▼ 婆~ (4, 0.1%)

1 か何, には釈尊, にも説かれ, を説いた

▼ 婆~ (4, 0.1%)

1 と美須奴, は創生, を信心, を採り

▼ 婆~ (4, 0.1%)

3 気は 1 気や

▼ 婆達多~ (4, 0.1%)

1 に自分, の前身, を祖, を罵りし

▼ 婆あど~ (3, 0.1%)

1 もは, もは後で, もめ

▼ 婆あやさん~ (3, 0.1%)

1 が被害者, に, もゐました

▼ 婆から~ (3, 0.1%)

1 窓口で, 聞いた, 良い様

▼ 婆であった~ (3, 0.1%)

1 ときいた, もんだ, 事を

▼ 婆です~ (3, 0.1%)

1 えいまア, よまた, よ何

▼ 婆とが~ (3, 0.1%)

1 居るらしいから, 武芸争ひ, 薄暗くつて

▼ 婆との~ (3, 0.1%)

1 木像が, 衝突エルゼという, 間に

▼ 婆ども~ (3, 0.1%)

1 が上帝, でまけ, のため

▼ 婆~ (3, 0.1%)

1 んていう, 事が, 点だけは

▼ 婆などの~ (3, 0.1%)

1 例であろう, 芸が, 連れ子では

▼ 婆なら~ (3, 0.1%)

1 ば何となく, ば振り放した, まだしも取っ

▼ 婆にまで~ (3, 0.1%)

3 何かと苦しく

▼ 婆やだけ~ (3, 0.1%)

1 あって, でしたか, 残して

▼ 婆やなどは~ (3, 0.1%)

1 まるで汝一人, 犬の, 眼にも

▼ 婆らしい~ (3, 0.1%)

1 ものが, 女が, 本性を

▼ 婆アぢ~ (3, 0.1%)

2 やありません 1 やある

▼ 婆ア様~ (3, 0.1%)

1 が死んだ, が通る, に宜しく

▼ 婆~ (3, 0.1%)

1 というの, の話, を知らない

▼ 婆塞様~ (3, 0.1%)

1 はお, は帰っ, をお守り

▼ 婆夜和氣~ (3, 0.1%)

2 の王 1 の命

▼ 婆~ (3, 0.1%)

1 が, は押冠, は虫

▼ 婆小町~ (3, 0.1%)

1 が授けた, など, を眼前

▼ 婆彼岸~ (3, 0.1%)

1 と別, の名, もその

▼ 婆殺し~ (3, 0.1%)

1 と女殺し, と横田川巡礼殺し, の次

▼ 婆漢那王朝~ (3, 0.1%)

2 の末期 1 の王

▼ 婆あっ~ (2, 0.0%)

1 て婆, て長崎

▼ 婆あめ~ (2, 0.0%)

1 が, その艶物語

▼ 婆~ (2, 0.0%)

1 ちょっと見, またこの

▼ 婆これ~ (2, 0.0%)

1 は誰, を知ってる

▼ 婆さまお前~ (2, 0.0%)

1 の云う, はまア

▼ 婆さま今日~ (2, 0.0%)

1 はもう, も行った

▼ 婆さイ~ (2, 0.0%)

2 のウ

▼ 婆じゃ~ (2, 0.0%)

1 ありまして, ないか

▼ 婆その~ (2, 0.0%)

1 ほか五十余名の, 時まで

▼ 婆だって~ (2, 0.0%)

1 生きて, 自分の

▼ 婆である~ (2, 0.0%)

1 とつくづく, のか

▼ 婆でねえ~ (2, 0.0%)

2

▼ 婆としては~ (2, 0.0%)

1 それは, 怪しむに

▼ 婆とを~ (2, 0.0%)

1 押し退けて, 殺して

▼ 婆と共に~ (2, 0.0%)

1 婆の, 家の

▼ 婆どん~ (2, 0.0%)

1 の居た, もここ

▼ 婆など~ (2, 0.0%)

1 ここの, みゆ

▼ 婆なんか~ (2, 0.0%)

1 たしかに横浜七不思議, 誰が

▼ 婆ばかりの~ (2, 0.0%)

1 会で, 出て

▼ 婆また~ (2, 0.0%)

1 やって来て, 関ヶ原から

▼ 婆まで~ (2, 0.0%)

1 いいと, 傭うて

▼ 婆やでも~ (2, 0.0%)

1 来て, 見当つたといふ

▼ 婆やとが~ (2, 0.0%)

1 ひかえ責任者, 居るよう

▼ 婆やとを~ (2, 0.0%)

1 二人ほど, 引連れて

▼ 婆やにまで~ (2, 0.0%)

1 手伝って, 言われて

▼ 婆やより~ (2, 0.0%)

1 他に, 先に

▼ 婆やをも~ (2, 0.0%)

1 呼んで, 笑わせた

▼ 婆より~ (2, 0.0%)

1 一足先に, 新橋の

▼ 婆~ (2, 0.0%)

1 がやつ, が登

▼ 婆ア奴~ (2, 0.0%)

1 が, どつこい

▼ 婆ア此処~ (2, 0.0%)

1 へ来い, へ連れ

▼ 婆ア芸者~ (2, 0.0%)

1 と幇間, を呼んだ

▼ 婆~ (2, 0.0%)

1 もこれ, もまだ

▼ 婆サンガ口~ (2, 0.0%)

2 ヲ挟ンダ

▼ 婆サンニ~ (2, 0.0%)

1 突然急所, 見ラレタラドウスル

▼ 婆サンノ所~ (2, 0.0%)

2 ヘ来

▼ 婆チャンカラ~ (2, 0.0%)

1 仰ッシャッテ下サイ, 仰ッシャッテ戴クトシテ

▼ 婆チャンモ~ (2, 0.0%)

1 御一緒, 見タコトハナイト

▼ 婆~ (2, 0.0%)

1 はよ, を荷車

▼ 婆~ (2, 0.0%)

1 に送る, 大いに困る

▼ 婆大人ぶる~ (2, 0.0%)

1 なええお, なゑゝお蝶め其

▼ 婆天蓮~ (2, 0.0%)

1 の徒, の輩

▼ 婆~ (2, 0.0%)

1 である, の合唱

▼ 婆~ (2, 0.0%)

2 可保我波奈

▼ 婆娑羅ぶり~ (2, 0.0%)

1 の中, も武門

▼ 婆娑羅め~ (2, 0.0%)

1 が, がわし

▼ 婆~ (2, 0.0%)

1 祈祷師なぞは, 食国波左可延牟物能等可

▼ 婆~ (2, 0.0%)

2 多尊者

▼ 婆殿~ (2, 0.0%)

1 だ, の連れ

▼ 婆~ (2, 0.0%)

2 の変化

▼ 婆~ (2, 0.0%)

1 だつて, 寄れば

▼ 婆羅尼斯~ (2, 0.0%)

1 に往き, の梵授王一

▼ 婆~ (2, 0.0%)

2 初也

▼ 婆藪仙人~ (2, 0.0%)

1 と今一つ, も笑つて

▼ 婆~ (2, 0.0%)

1 として暗い, と貫き

▼1* [382件]

あいつらもなんだか, 婆あがいけねえいい, 婆あさんはねお洗濯, 婆あさんもすつかりおびへて布団, 婆あさんらしく今にぶつぶつ, 婆あだなんて, 婆あつたらない, 婆あと内密話を試み, 婆あと女の区別, 婆あと相談して, 婆あと馬の脚の番, 婆あぶないぞや, 婆あめ悪たれいうて, 婆あもそのあたり, 婆あやさんあなたが証人, 婆あや夢かも知れない, 婆あり土俗曰く数百年前この, 婆あれの毒針, 婆あんな薬缶頭の, 婆いつものし太, 婆おまえがさ, 婆からの言伝な, 婆がね娘の, 婆きめやがってこの, 婆げつてわし等げ斯うた物遣しあん, 婆ここさ下り, 婆こっちへはいっ, 婆こッたらもの, 婆ざらした, 婆さまおれも年老, 婆さまお茶ア一杯くんねえ今, 婆さまこと見ろまア, 婆さまこと死口でも寄せ, 婆さまたち早や目, 婆さま今帰りました, 婆さま塩梅どうだ, 婆さま家の婆, 婆さま小遣を貸せ, 婆さま押込が這入った, 婆さま斯んな孫, 婆さま旦那さま烟草買って, 婆さま是で買っ, 婆さま片倉清次郎両名, 婆さま真剣だ, 婆さま連中が十五, 婆される懼が, 婆さんこうしなよ, 婆したり顔に頷き, 婆じゃがおぬ, 婆じゃの海鬼じゃの, 婆すら見えた, 婆ずれ女に郵便局長, 婆そう打擲し, 婆そうした秘密を, 婆そのものもまた, 婆それではお前に, 婆たちのため, 婆たるグレーヴは, 婆だけで他, 婆だけに思い込んで, 婆だけは御免を, 婆だったということ, 婆だろうと思った, 婆やありやしません, 婆ちゃありゃしない, 婆つて云つてたど, 婆つむじ曲りな婆, 婆でございますよ本当に, 婆でございまするが今, 婆でないか, 婆というは何ものでござるじゃろう, 婆といふ女に, 婆とか五歳の, 婆として余生を, 婆とてももう十年二十年先までは, 婆とともに煮て, 婆とにかくそこへ, 婆とのみ思い込んで, 婆どうしやった, 婆どころか資も, 婆なぞが兎や, 婆なぞとは何の, 婆なぞを定規に, 婆などと云う怪物, 婆などは悪蔵, 婆なども其の一人, 婆なんぞと云うの, 婆につき思ひ当れるは, 婆にでも出来さうな, 婆にゃあき, 婆に対しては何となく不気味, 婆のみである, 婆はのもう家伝来, 婆はやなぎの, 婆はん何ぞええ, 婆ぶん撲るぞ, 婆ほど運の, 婆ほどは白くない, 婆まだ戦いは, 婆までがまじって, 婆てえ, 婆みたいにこせ, 婆めあそこへ隠れ, 婆めお前は甚蔵, 婆めこれも廃れた, 婆め今度は左, 婆め君のまわり, 婆め常磐津もろくに, 婆め手を焼かせ, 婆め沙汰の限り, 婆め頓間でいつも, 婆もう折檻は, 婆もちときょう, 婆ものには第, 婆やあひびきしたん, 婆やたらいって, 婆やだけは今更出す, 婆やとでも言ひたい女中がは, 婆やとに留守を, 婆やとの押問答が, 婆やとばかり思って, 婆やなどが伴れ, 婆やなどの土地言葉には, 婆やはしんみに坊ちやん, 婆やへ云った, 婆やまでが心配そうに, 婆やまでも留守で, 婆やをすら恐ろしいと, 婆やを使つて一軒家をもつ, 婆よもおめおめとは引っ込むまい, 婆ん所あづけ, 婆アあれを連れ, 婆アさま腹ア空ったろう何, 婆アさんぢやア, 婆アさんとこなどお, 婆アさん唄でも歌, 婆アさん相ひ手, 婆アちゃんになってる, 婆アゆえ若草の位牌, 婆アモ嬶アモオレガ顔ヲ下, 婆ア丈夫だの幾歳, 婆ア些と頼みたい, 婆ア今あの不動様, 婆ア何を泣く, 婆ア坊んち, 婆ア多分の礼, 婆ア孝助どのがお, 婆ア意地の悪, 婆ア是は詰らん, 婆ア様ア悦んで, 婆ア様達を聘, 婆ア比丘尼じゃア, 婆ア糞婆ア腎張婆ア坊んち, 婆ア脇差を出せ, 婆ア腎張婆ア坊んち, 婆ア藝者のお, 婆ア金太の目, 婆ア飯を馳走, 婆サンカラアンナ注意ヲ受ケタタメニ, 婆サンカラ聞イテドンナ風ニ取ッタカト, 婆サンガスッカリ凹ンダノヲ見テ, 婆サンガ予ヲ呼ビニ来タ, 婆サンガ代リニ佐々木ノベッドニ寝ルコトニシテアル, 婆サンガ処理シテイタガイツカラカ颯子ガ当ッテイル, 婆サンガ反対スルコトヲ承知デ云ウ, 婆サンガ始メテ病室ヲ覗イテ云ッタ, 婆サンガ待チ構エテイルセイカ颯子ハ殊更ソッケナクスル, 婆サンガ手伝ッテ衣類ヲ脱, 婆サンガ行ッテシマッテカラ一人デ静カニ考エテ, 婆サンガ陸子ヲ連レテ, 婆サントオ静ト野村ガ見送ル, 婆サントソンナ遣リ, 婆サント何カ頻リニ話シ込ンデイル, 婆サント浄吉梅肉ハ予ト颯子デアル, 婆サント看護婦トガ滑リ台ノ時間ガ来タコトヲ知ラセニ来タノデ, 婆サント連レ立ッテ這入ッテ, 婆サント陸子ガ這入ッテ, 婆サンニオ覚エノ悪イノハ, 婆サンニナッテイル陸子ガアトヲ引キ受ケテ続ケタ, 婆サンニハ颯子ノ意見ト云ウコトヲ内證ニシテ, 婆サンニモコノ声ヲ聞カシテヤロウ, 婆サンニモ誰ヲモデルニシテイルカヲ悟ラセヌヨウニスルコトハ出来ル, 婆サンニ焚キツケタト見エテ, 婆サンニ無理ニ承諾サセテ壊シ屋ヲ入, 婆サンニ窘メラレタノデ却ッテ依怙地ニナリ痛イノヲ怺エテ明日, 婆サンニ窘メラレテ一層依怙地ニナッタ, 婆サンニ聞イタト見エテ, 婆サンノイナイ所デハ颯子ノコト, 婆サンノ説ニ依ルト颯子ハアレデナカ, 婆サンハコンナ時ハ心得テイルノデ決シテ執拗クハ注告シナイ, 婆サンハ七月以来佐々木ノ代理ハ御免, 婆サンハ云ッタガドウヤラコウヤラ少シ楽ニナリカケテ来タ, 婆サンハ夜モ晝モ廊下ヲ曲ッタ茶, 婆サンハ寝坊デ宵ッ張リデアル, 婆サンハ日本式デナケレバ困ルト云ウ, 婆サンハ溜リカネテソノコトヲ浄吉ニ訴エルコト再三ニ及ンダラシイガ, 婆サンハ赤ン坊ヲ宥メルヨウナ口調, 婆サンハ足ガ鈍イノデ運搬車ニ追イ付コウトハア, 婆サンハ転ンデカラ以後勤メナイノデ颯子カ女中ガ勤メルノデアルガ佐々木ノヨウニ上手ニ親切ニハ助ケテクレナイ, 婆サンマデ附イテ来ル, 婆サンモ若イ娘サンモ, 婆サンモツイ取リ紛レテコノ大切, 婆サンモ団十郎ノハ見タコトガアルカモ知レナイガ, 婆サンモ小婆サンモツイ取リ紛レテコノ大切, 婆サンモ年ノ加減, 婆サンモ留守デアルカラ至ルトコロガ空イテイルノニ二階ヘ上ルニハ及ブマイ, 婆サンヤ佐々木ニナラ見ラレテモイヽケレド, 婆サンヤ佐々木ハ顔色ヲ変エタガ, 婆サンヤ看護婦ハ色ヲ失ッタヨウデアルガ, 婆サンヤ経助ト軽井沢ヘ立ツ時モ, 婆サン五子陸子浄吉ノ四人ガ乗ッタ, 婆サン如何したかい, 婆サン運転手ノ隣ニ佐々木ガ乗ル, 婆サン電話口デ長, 婆ザクラの名, 婆ジプシー綱渡りなどと呼ん, 婆チャンコレカラ銀座ヘ出, 婆チャンノオ役目デワタクシノ係リデハゴザイマセント, 婆チャンノオ手紙ニハオ直リニナッタト書イテアリマシタノニ, 婆チャンハアタシ恐イワ, 婆チャンハアノ時見テイラッシャラナカッタワ, 婆チャンハ己ガ隠居所ヲ取, 婆チャンハ胃痛カモ知レナイカラツイデニ行ッテ見テ貰オウッテ云ッテルノサ, 婆てん, 婆阿翁, 婆ヒガンすなわちタチヒガン, 婆プチブル爺に対して腹, 婆ヤガ今帰ッタノデ僕一人ダ, 婆ヤハ通イナノデ夕方水ダケ張ッテオイテ帰リ瓦斯ニ火ヲ付ケルノハワレワレノウチノ誰カナノダガ今夜ハ時分ヲ見, 婆にはばかる, 婆世話でも仕ず, 婆二人ぐらし此處にお, 婆五右衛門を手もと, 婆五邪の法, 婆りで泊, 婆だすけに, 婆の手, 婆うだかと, 婆何処かで急須, 婆に身, 婆に手, 婆全くの狂気, 婆刀自と愚痴, 婆利慈氏のため, 婆加吉結常代爾至海若神, 婆寂光土など, 婆即一口に言う, 婆又は阿婆, 婆呼びにやれ, 婆嘉八とも暫時彼方, 婆地域にかけて広く, 婆塞うちめぐる, 婆塞がいたればこそすぐ, 婆塞たちが天狗, 婆塞・山ぶしなど, 婆塞一人へ襲いかかった, 婆塞優婆夷の合唱, 婆塞優婆夷象獅子麒麟などが四壁, 婆塞失踪のため, 婆塞姿であり旧来, 婆塞潘仙童胡国人安如宝崑崙国人軍法力瞻波国人善聴その他を合わせ, 婆塞貢進の解状, 婆外国の, 婆婆漢那王朝の, 婆へんとは, 婆失せて三年, 婆夷優婆塞うちめぐる, 婆夷象獅子麒麟などが四壁, 婆が, 婆奴等そつちの方で偸嘴, 婆奴等構あななんて云つけ, 婆妖霊星をグッ, 婆之宮答久, 婆娑婀娜たる状, 婆娑婆娑と衣, 婆娑羅どのだ軍装, 婆娑羅個性さまざまな婆娑羅ぶり, 婆娑羅僧正ではない, 婆娑羅合戦を展, 婆娑羅同士のこと, 婆娑羅嘘も平気, 婆娑羅型の人物, 婆娑羅大神と書いた, 婆娑羅天狗だったな, 婆娑羅婆娑羅とよく, 婆娑羅扇の五ツ骨, 婆娑羅殿の説法, 婆娑羅肌といっ, 婆娑羅輩ばかりでなく, 婆娑羅遊びに徹した, 婆娑羅道誉の婆娑羅, 婆へ帰る, 婆小町関寺小町はあんまり, 婆尸沙と云, 婆尸沙也法師曰但取義味, 婆尸沙罪たりという, 婆尸沙者僧伽者僧也婆者初也, 婆の岩, 婆という川, 婆式結婚法に相, 婆弥爛国西に山, 婆役者として一生, 婆待っていた, 婆羯諦爍鉢羅耶菩提薩, 婆の一居士, 婆提多の罰くら, 婆の手紙, 婆にある, 婆明日は孝助殿, 婆にし, 婆来って仔細, 婆の極, 婆も婆彼岸, 婆楼那が天界, 婆様あんた出で来, 婆様お出ましなさいませお供, 婆様ぎりかほかに誰, 婆様たちを物色, 婆様ひでえ長患い, 婆様ア大事にし, 婆様ア家は好い, 婆様其処をがらり, 婆様切籠持参は皆, 婆様又八さんでは, 婆様塩梅が悪う, 婆様小用が出ない, 婆此篋開勿勤常曾已良久爾堅目師事乎墨吉爾還来, 婆殿一つ問答しようじゃ, 婆の薄い, 婆沙論を作った, 婆流せし薩摩潟, 婆焼庵だね, 婆である, 婆には首環, 婆産婆妖婆按摩頓馬に至る, 婆に妄執, 婆といっ, 婆石観音石という二つ, 婆神様にお, 婆穴山の残党足助, 婆穴山残党の佐分利, 婆等勿體ねえこと, 婆粗末なそれら, 婆羅尼斯国の白膠香王隣国王, 婆羅尼斯城の婬女, 婆羅山と槃荼婆, 婆羅教は単, 婆羅気や島, 婆羅納安南, 婆羅納暹羅高砂呂宋爪哇満剌加, 婆羅訶海より出, 婆といひ, 婆群雌牡なく男子, 婆羨ましくまた摺り臼, 婆および巫来半島宗教俚俗, 婆自身が神憑り, 婆舞台をぐっと, 婆良也と訓, 婆良気島に果し, 婆芸妓なんかに可愛がられた, 婆若返つて騷ぐためしである, 婆西瓜を持っ, 婆見たいに八十, 婆計りあじきなく暮らす, 婆許己乎之母安夜爾多, 婆語りしに世, 婆みて, 婆足助主水正, 婆送り提燈とともに土地, 婆で桝, 婆多善知識故, 婆達多品第十二, 婆酒珈琲なぞ売る, 婆などの名, 婆をし, 婆須比賣の, 婆首那が訳出, 婆とうろたえ廻った, 婆は盗業, 婆を好み食い, 婆黒き犬を, 婆が水