青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「墨~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

境遇~ ~墓 墓~ ~墓地 墓地~ 増~ ~増し 増し~ ~増加 増加~
墨~
~壁 壁~ 壇~ 壜~ ~士 士~ 士官~ 壮~ ~声 声~

「墨~」 2502, 25ppm, 4698位

▼ 墨~ (473, 18.9%)

27 流したよう 12 磨って 9 塗って 8 もつて, 磨りながら 7 すりながら, つけて, もって 6 入れて 5 すって, ながしたよう, 流したやう 4 塗ったよう 3 すて書物, するの, ぬりて, ふくませて, 含ませて, 塗つた, 磨らせた

2 [43件] おすり, すつたり, すつて, すらせる不快, すらせる以外, すらせる子供以外, すらなければ, すりおろし, すりました, すり流し, する, する関係, たっぷり含ませた, なすッ, ぬって, ふいて, ふくませた筆, ふくませながら, ふくめて, ぼかしたよう, 借りて, 刷い, 吐いて, 含ませた, 吹いて, 塗ったので, 塗ったもの, 塗つて手の, 塗ること, 妄りに, 手に, 持って, 摺って, 更に磨り出した, 流して, 着けて, 磨った, 磨つて居た, 磨らせて, 磨り乍ら, 磨り出した, 自分の, 飛ばした黒煙

1 [256件] あたって, あてがい筆先, いっぱいふくました, いれて, うすく入れ, おろして, お摩り, お用い, かけられた古, かせの, こする, この眉子, こぼしたの, さして, しめし直して, すった, すっただけの, すってるうち, すらせたり, すらせて, すらせ筆, すりだした, すりなさい, すりはじめた, すりはじめて, すりはじめました, すりはじめる, すり更にゆっくり, すり流した, すり筆の, すり筆を, すり紙を, すると, する手, すれ, すろうと, たっぷり含ませ, たつぷり, つくるため, つけさて, つけそれ, つけたよう, つけた筆, つけるが, つけ前の, つまんで, とったの, ながして, なすったよう, なすって, なすつたやう, なすつて痣, なすりたるごとくなるに, なめました, なんぼ持った, にじましたよう, にじませたよう, にじませて, ぬったまっ黒, ぬりながら, はじきました, はねかけるが, はやく吸っ, ぱっと吐いた, ひいたと, ひいたよう, ひたした容器, ふいたよう, ふくます, ふくませた, ふくませたかと, ふくませつつ, ふくませました, ふくませると, ふくんだ瑠璃, ぶッ, まき始めた, まだら, みずから示す, もったまま, もっては, もて立枯, よこさなければ, コカインに, チョンと, 一定の, 下ろした, 乱す者, 乾かして, 交ぜて, 使うばかり, 使ったかという, 使った方, 使って, 使へる, 使わず筆, 使用し尽し, 借りに, 入れたの, 入れ唇, 分析し, 刷いた, 刷き, 加えて, 印して, 司つて一宇の, 同視した, 吐いた烏賊, 吐きベランメー, 吐き風, 吐くこと, 吐くところ, 吐くの, 吐く燭, 含まし一方, 含ませた筆, 含ませると, 含めた, 吸う代赭, 吹いたよう, 吹く様, 塗たる, 塗った, 塗ったか, 塗ったの, 塗った事, 塗つ, 塗つた事を, 塗つた様に, 塗つた眼の, 塗つてゐる, 塗つて来, 塗つて置い, 塗らせたの, 塗られたら困りますよ, 塗られたり, 塗られて, 塗りつけた, 塗りつけてな, 塗りて, 塗り兵隊, 塗り姓名, 塗り込んだ硯, 塗る, 塗るか, 塗るの類, 塗るよう, 売る行商人, 少しうすめた, 少しつけ, 巻紙の, 帯び額, 引いた曇, 引いた眉, 引いて, 引き今後, 引き手斧, 引くぐらゐ, 引張った, 当てようかという, 思い切って, 惜しまず肉太, 惜しむ事金, 抱えて, 持ち出して, 捨て書物, 握ったまま, 摺ったよう, 摺ったり, 摺ってちゃ, 摺り出した, 摺る, 摺るごとく黄金, 摺流す, 敷いたやう, 文房の, 曳いた大小, 更めて, 染めたりと, 注すの, 洗う気, 洗って, 活かすこと, 流した空, 流した絹, 流し海, 流すかと, 流すに, 流すよう, 流す様, 流せし如く眞闇やみ, 流せる如く限り, 流せる森, 淡くし, 淡め, 添え紙, 湛える所, 溌した, 溶かしたよう, 滲ませて, 濃くし, 濃く摺り, 珍しく手, 用いて, 眼の, 破壊した, 磨すら, 磨たま, 磨ったよう, 磨ったり, 磨つた跡が, 磨つてゐる, 磨つて呉れる, 磨らうと, 磨らせながら, 磨らせ太筆, 磨りだした, 磨りつづけて, 磨りななさい, 磨りやがて, 磨り主, 磨り出して, 磨り流して, 磨り紙, 磨り終ったところ, 磨り若, 磨る, 磨るお, 磨るかな, 磨るの, 磨るのさ, 筆から, 筆に, 置いた, 習い和歌, 落したよう, 見たる時, 論じて, 譲り受けて, 貰って, 買いたり, 買いに, 買い調え薄暮旅宿, 買って, 貸して, 賜わって, 起し競, 辷らせた, 返さなくては, 逸した飄骨, 運し, 選ぶ, 重ねて, 除いた日本画, 頂戴せし, 顔に

▼ 墨~ (454, 18.1%)

49 ような 27 ように 6 やうに 5 やうな, 中に, 粒子の, 色が, 色も, 色を 4 ような煙り, 色の 3 上に, 匂が, 線で, 跡が, 香の, 香も

2 [25件] いろはひとり吾が, うえに, においを, 墨色にも, 文字が, 江の, 法衣の, 法衣を, 法衣灰色に, 用意し, 痕が, 痕も, 絵の, 線条と, 線条は, 線条間には, 者強, 色に, 蒐集家は, 薄膜とは, 製法を, 跡は, 雅人も, 雲が, 香が

1 [266件] あと, あとが, あとこまやかに, あとは, あとを, あの芳香, いろ, いろなす群山, いろの, いろよく, かきいれ, かげんで, かすが, かす洗, かほりも, くまどり, ことで, ことである, ころもは, ごく硬い, ごとき冷風, ごとき夜風, ごとき殺気, ごとき濛気, ごとき闇, ごとく, ごとく吹きつつんで, ごとく四隅, ごとく残って, ごとく流して, ごとく際だちその, しみが, すり賃に, そら, たぐひ, たしなみが, ついたの, ついたもの, ついた唇, ついた指, ついた綿, ついて, つぼから, つぼに, どういう性質, なすりくら, におい, においが, にじみを, にじんだみたい, にじんだ明神岳, にほひ, ぬかるみに, はひつ, ほうを, もの, ようで, ようであった, ようにも, カケラを, コロイド粒子群が, 一つには, 一掃毛であります, 一文字によって, 一文字を, 一片に, 一色を以て, 上へ, 下に, 中で, 中へ, 乗る余地, 乾かない絵, 乾かぬ白扇, 乾き切らぬ穂先, 乾くに, 乾くの, 交が, 交じった淡, 交を, 仕事を, 以外に, 余りで, 作銘の, 使用法を, 価値は, 個性の, 光までが, 入ったつづら, 入った提灯, 写実性を, 出来上る, 匂いが, 匂いを, 匂の, 匂も, 匂を, 古くし, 含んだ筆, 味が, 国境が, 地に, 地酒だ, 地酒である, 塗沫された, 墨色の, 墨色は, 墨色を, 士を, 壺の, 夜空と, 夜空に, 如きは, 如き夜色, 如き湖, 如き瞳, 如くガラス玉, 如く夜霧, 如く天, 如く暗き, 如く眼界, 如し, 如意輪寺の, 字が, 字で, 実質が, 容物を, 富士は, 山水畫を, 工合が, 幕が, 徒もとより, 性質については, 性質は, 性質描かれた, 意慾に, 戯を, 所蔵家の, 手を, 扱ひ, 技巧は, 拇印を, 掃毛目の, 散つて, 文字さえが, 文字で, 文字の, 文字を, 斑点の, 方が, 曇りの, 書きわけさ, 材料は, 材料を, 柱が, 柱の, 桐箱と, 桜という, 業を, 様に, 模様の, 樣に, 機構の, 欠ぐれえ, 気が, 気多き, 水で, 汁を, 法に, 法衣, 法衣に, 深さ, 滲むやう, 滴りたるやう, 濃い松, 濃度を, 濃淡こまやかに, 濃淡だけ, 濃淡に, 物理的性質には, 特性が, 理論の, 生々しさ, 生ぶ, 画に, 画の, 画筆で, 痕乾きも, 痕淋漓たる, 痕跡と, 研究という, 研究の, 磨れる所, 科学的研究という, 科学的研究も, 端を, 粒子が, 精神とは, 精神の, 紙ないし, 紙上に, 紫の, 細かい組合わせ文字, 絵, 絵が, 絵襖に, 線一つ走り, 美しさ, 美感や, 羽織を, 膜は, 膠で, 膠の, 膠質的性質の, 至るところ, 良きもの, 良きを, 良否に, 色さえ, 色せる, 色と, 色は, 艶麗は, 花, 若鶴という, 薄い肩上り, 融合の, 行方は, 衣の, 衣は, 製造所は, 襲撃に, 証文橙汁の, 話などには, 話を, 詳しい製法, 論を, 諸名家, 諸子にも, 足跡を, 跡だった, 跡でした, 跡に, 跡にも, 跡の, 跡を, 輪廓を, 通うよう, 道の, 部分も, 重ね方の, 闇で, 附いた手, 需用は, 霧の, 類が, 類を, 香い, 香さえ, 香と, 香に, 香は, 香りの, 香を, 香文字の, 黒さ

▼ 墨~ (209, 8.4%)

10 の弟子 9 の學 8 の書, の道 3 の中, の兼愛, の言, の説

2 [12件] が道家, に對, に引ける, の如き, の姓, の思想, の時, の最も, は墨子, は孔子, も亦, を孔子

1 [138件] からは感心, から出た, がある, がそれ, が兼愛, が古, が史佚史角, が史角, が嫌ひで, が宋, が少し, が爲政者治者等, が甚だしく, が神仙家, が節用, が籠城守禦, が自, が自家, が説い, が讀み, が起つ, が金丹, だけの特立, である, といふ譯, とともに楊子, と云, と仙道, などには餘程, に依る, に取, に就, に左袒, に接觸, に於, に示し, に道, のため, のみは棄て, の上古史解釋, の事, の佳本, の偏愛, の兵科, の其時, の兼愛篇, の創唱, の勇氣, の厚葬久喪, の在世時代, の天子, の孔子, の學問, の學系, の學説, の對世間言, の尚, の弟子禽滑釐等三百人, の弟子禽滑釐等三百餘人, の性癖, の手, の政論, の政體, の教, の明鬼篇, の時代, の服役百八十人, の本書, の此, の死後, の母, の流れ, の無, の現存五十三篇, の理想, の當時, の目, の精神, の繼紹者, の考, の術, の親, の解, の評, の躬, の造つた傳説, の錯簡, の門, の非常, はにがい, はもう, は他, は仙人, は何樣いふ人, は其の, は其俗, は其時代, は史角, は同じ, は君主, は吾嘗つて百國, は周秦, は夏王, は學んだ, は必ず, は放, は文武, は甚だしく, は禽子, は節度, は訛舛, は講明, は變化, は軍備, は非, は餘, も堯舜禹湯文武, も實, も治國, も皆自己, や朱子, を尊んだ, を崇敬, を愛, を故, を用, を知るべき, を研究, を窺はん, を覗, を論ずる, を論駁, を讀む, を讀んだ, を除い, ノ絲ニ悲ミタル等以テ先哲, 並びに孟子, 及び其徒

▼ 墨~ (155, 6.2%)

6 書いて 4 描いたよう 3 塗って 2 かいて, ぬりつぶしたよう, 印を, 小さく書い, 御礼と, 描いて, 消されて, 消して, 顔を

1 [124件] かいた岩, かいた炎, かいた珍, かいた門, くろくし, こまかく書い, しかも相当, そこへ, だるまの, とっぷりと, なすったの, なすって, ぬり眼玉, はっきり書かれ, ぼかした様, まず京野等志さま, まっ黒に, みごとに, もって, もつて, よい絵, よごれたの, コスモスを, ゴシック風の, ザラ紙に, ナ, 一抹刷いた, 丁髷と, 乱暴に, 以て, 住所氏名を, 何か, 六文銭を, 六文錢を, 刷いた, 刷つた, 刺青を, 口ひげを, 叩きあげて, 図取りを, 塗った如く牙, 塗つた, 塗つてあつ, 塗りかくし, 塗りつぶされたり, 塗りつぶしたところ, 塗りつぶした旗, 塗りつぶし乾かしてから, 塗りつぶし義, 塗り消すこと, 塗り荒縄, 塗る, 墨を, 大工が, 奔放に, 女の, 妙な, 寄書きを, 寫生を, 小さく, 幾枚も, 引いたよう, 押した鍵穴, 描いたこの, 描いたもの, 描いたらしい濃い, 描いたら僕, 描いた屋号, 描いた戯画, 描いた絵, 描かれたもの, 描く気, 文字の, 文字書き亀の, 書いたたの, 書いたの, 書いたもの, 書いたよう, 書いたらしい粗末, 書いた一札, 書いた下手, 書いた仮名書, 書いた假名書, 書いた字, 書いた立派, 書いては, 書かれた住所, 書かれて, 書き入れたもの, 書き国, 果せないもの, 染めたの, 棒が, 汚して, 汚しながら, 洗ったよう, 流したやう, 流したよう, 消されては, 消した, 消したと, 消しては, 片側は, 真黒に, 短刀を, 硯の, 築いた芭蕉, 線を, 縁などを, 署名し, 美しく曳いた, 自分が, 自分で, 草堂句集と, 蘭が, 蝶散らしを, 認めた下手, 輪廓を, 隈取つた, 非業に, 髮の, 黒く塗っ, 黒ずんで, 黛を

▼ 墨~ (120, 4.8%)

11 と短刀 6 が紛失, 御短刀 4 と御 3 の在所, を拜見, を搜, を盜ん 2 が出, の行方, の長持, も出

1 [73件] があっ, がなく, が出なけれ, が大事, が昨夜盜賊, が無事, が見付かる, が返らなけれ, が隱, だ, で御座います, といふの, と一緒, と二千兩, と公儀, と見せた, などは代り, に似せ, に御, の入, の寫し, の文箱, の紙片一枚さ, の行方相, の行方相解つた, の通る, は, はお, はこれ, はズタズタ, は不, は何物, は僞物, は其儘人目, は其日, は取返し, は容易, は御, は燒, は私, は返, まで烟, も未來永劫此世, や短刀, をお返し申, を与へ, を二つ, を入れた, を出したら, を取出し, を受取, を受取つた赤井左門, を受取つて來, を受取り, を嗅ぎ出す, を失つて, を始末, を安, を戴いた, を所持, を手, を拵, を持つ, を文箱, を汚し, を汚した, を渡し, を種, を置い, を隱, を頂いた, 並びにお, 出して

▼ 墨~ (81, 3.2%)

5 ついて 3 付いて, 手に 2 前の, 滲んで, 着いて, 磨れて, 附いて

1 [60件] あったが, あり儒家, あるでご, いくら何, うんと溜っ, かすれて, かわいて, かわかないので, この通り坊主頭, すでに出来, すれまして, すれると, すッ, ついてるよ, つきすぎて, つく, つくの, どのよう, なかった, なければ, なすられて, にじみ幾度, にじむほど, にじんで, ひどく悪い, ひどく気魄, ほたほたと, ぽつりと, まだ乾き上っ, まだ残っ, よいという, ピカピカ光っ, 一つ, 乗らなかった, 乾くと, 乾燥する, 余って, 出来ないという, 刎ねました, 取り出されて, 垂れて, 塗られて, 引かれて, 散った, 明瞭に, 染んだやう, 染んだ日, 染んで, 殘つていとも, 淡くなる, 無い, 用意され, 田虫の, 石垣の, 細く切れず, 脱ち, 色でない, 落ちるぜ, 雨に, 馴染まなくて

▼ 墨~ (54, 2.2%)

2 なんだ, むべこまやか

1 [50件] うすくそこで, かう, かすれき, この暮, これから良き, すぐ無くなる, ほとんど全部魚膠, ぼくの, ますますその, まだ北京, みんな散っ, わしが, ゴシ, 丁子墨なり, 三十五六らしい, 三戸の, 今は, 以後の, 唐墨の, 墨汁ながら, 家に, 家内の, 巖の, 弘法様のでなくっ, 散って, 散り文, 数十間先を, 新公, 東洋三千年の, 正に夢想, 流れて, 消えない, 濡れて, 灰墨じゃあ, 珍しいと, 男が, 硬墨, 硯と, 第一, 膠の, 色では, 色の, 色絵人物の, 裏二階に, 親指ほど, 軟くしかも, 風雨に, 飛ぶ紙, 駈け足, 黒に

▼ 墨~ (48, 1.9%)

2 朱の, 硯に関する, 駄墨との

1 [42件] いふが, したところ, なりうすき, 両方を, 二本の, 云うの, 代赭の, 併べ, 其の流派, 判とを, 別れるの, 古い朱, 埃で, 墨とに, 朱だけを, 朱と, 朱に, 油煙墨系統の, 浅葱を, 淡墨, 濃墨, 画具である, 硯とに対する, 硯との, 硯とを, 程の, 筆とを, 粗描の, 紙を, 絵の具を, 緑の, 胡粉で, 胡粉を以て, 色とは, 言おうか, 謂ふ, 赤および, 金は, 銀, 銀との, 顏の, 黒とが

▼ 墨~ (43, 1.7%)

2 失して, 於格外の

1 [39件] あるといふ, お房, きまって, こめて, して, つけて, なじむ文学的資質, なり行く, ぬりつぶされたよう, はずれた異, ふけりしと, まみるる, まみれた蛾, ザラ使いも, 七彩あり, 下に, 代赭くらいよりしか, 使った筆, 使つた筆を, 凝り始めた頃, 勝るとも, 吹かれさまよう姿, 固まりて, 塗れた筆, 思はむ, 新たに, 染めかえた入道姿, 染めかえて, 染めた, 染め可笑しい, 流れ込むあたり, 漂う, 磨り去る, 筆を, 背いたが, 草を, 覚束なく, 親しんで, 過ぎない

▼ 墨~ (42, 1.7%)

3 に對 2 の兼愛, の首

1 [35件] が儒家, が向, である, ではそんな, では盲目的, では隨つて, に列せられ, に同じ, に論及, の人, の信條, の傳へた尚書, の分れた, の勤儉主義, の古, の如き, の學, の思想, の意途, の書, の末流, の説, の鬼神, は, は三, は儒家, は殆, は異説, ほどには語らない, ほどに人, をし, を儒家, を成立たせた, を評し, を難

▼ 墨屋敷~ (35, 1.4%)

4 の窓 2 の中, の財宝

1 [27件] から出た, が焼けた, だった, だと, ですでに, で固く, といっ, などはかけ離れ, にいた, においで, にはまだ, に納まろう, のあと, の下, の事情, の何とか, の堤囲い, の変事, の穴蔵部屋, の近所, の隠密組旅川周馬, は前, へ火, やなつかしい, を初め, を焼いた, を訪れ

▼ 墨~ (31, 1.2%)

4 筆も 2 がさが

1 [25件] あたらずに, あの墨, ありますが, あるが, うすく字, また南部三戸, また斜め, よく筆跡, りんりと, 二人の, 使つてゐない, 匂ふ, 同じよう, 帳場の, 待望の, 悪い墨, 悪くない, 惡く, 数片は, 水面から, 活躍致すべく, 流した, 淡く, 美しく若衆姿, 西洋インキの

▼ 墨~ (27, 1.1%)

3 朱を, 筆を 2 その文字, にじむ光, 丹や, 硯の, 金泥は

1 [11件] 日用品の, 朱で, 朱などが, 朱や, 毛筆まで, 水を, 紅で, 紅を, 絵の具で, 絵具を, 金泥を

▼ 墨~ (22, 0.9%)

6 の桜

1 [16件] という一篇, に遊ぶ, の処々, の方角, の群衆, の言問, へ, や小金井, より望みたる, を北, を散歩, を歩み, を歩む, を歩むべし, を瞼, を走る

▼ 墨~ (19, 0.8%)

2 の中

1 [17件] がのっ, が載せ, としての一様式, と云う, に刷毛, に突込, のなか, のはりきった, のよう, の墨, の底, の水, の範疇的, は明らか, をあけた, をひつくら, を事

▼ 墨一色~ (16, 0.6%)

2 の世界

1 [14件] から墨色, だし, で描いた, で書く, の, のしじま, の夜会服, の濃淡, の版画, の秋, の粗画, の絵, の荒々しい, の藪

▼ 墨くろぐろ~ (15, 0.6%)

1 [15件] とものものしい, と一文, と初, と四五ひき, と塗りつぶし, と抹殺線, と抹消, と書かれた, と書きしるした, と書きつけ, と書きつけました, と次, と空, と貼り出され, の国吉

▼ 墨~ (13, 0.5%)

2 のやう, の竹 1 が書い, が益々, にも比較, の如く, の山水, の松本, の模樣, の藪柑子, の野馬

▼ 墨~ (12, 0.5%)

2 で書い, で絵 1 で, でいきなり, で惜し, で書いた, で書かれ, などの文房具, の妙手, を使います

▼ 墨西哥~ (12, 0.5%)

1 [12件] かケンタッキー, と交通, にエスペランチスト, に径, の商人, の国ガイマス, の未知, の某, の首都附近, へも行きました, へ向かった, を攻め

▼ 墨いろ~ (11, 0.4%)

2 に暮れ 1 と詩懷, のたそがれ, の中, の家並, の川, の影, の毛なみ, の野原, を刷

▼ 墨だらけ~ (9, 0.4%)

1 だ, な八つ, な口, な子供たち, にする, になつ, になります, の手, の煉瓦

▼ 墨~ (9, 0.4%)

1 と魯戎, に先, の事体見聞, の撻伐, の為す, は人心, を借り, を畏, 仮条約

▼ 墨~ (9, 0.4%)

1 と落合う, と赤水, の俗, の春, の風月, または墨江, をつくります, をわたっ, ノ家ヨリ本社ニ至ルノ間

▼ 墨菊太夫~ (9, 0.4%)

2 の手 1 が, の肩, の膝, はやがて, はわが家, へいった, も小

▼ 墨つき~ (8, 0.3%)

2 の不知火銭 1 がよく, でありました, で生き, の包み, をつかん, を手

▼ 墨よりも~ (8, 0.3%)

1 もっと黒く, 強い玉虫色, 涙の, 濃い, 蔭が, 黒い淵, 黒き物, 黒く金色

▼ 墨~ (8, 0.3%)

1 から開展し, では, に於, の主張, の全く, の學徒内, は少し, を爲す者

▼ 墨~ (8, 0.3%)

2 が黄興 1 ではなく, などへ山陽, の初, の大幅, を作つた, を見

▼ 墨~ (8, 0.3%)

2 にたくさん, を作っ 1 の厚, の墨, の性質, は水面上

▼ 墨すり~ (7, 0.3%)

1 だ, て君, は女, をさされた, をやらされた, 流して, 流し満山

▼ 墨~ (7, 0.3%)

1 が丹波さん, そうだ, という話, と私, なあやしい, ので印, のを

▼ 墨つぼ~ (7, 0.3%)

1 が乾い, にたっぷり, にたらし, に漬けました, の中, を借り, を返し

▼ 墨でも~ (7, 0.3%)

3 ついて 1 なく色, 塗ったよう, 小さくなった, 磨らして

▼ 墨をすら~ (7, 0.3%)

2 されるたび, される時 1 されたので, されたもの, しても

▼ 墨にて~ (6, 0.2%)

2 消しおけば 1 塗たる, 塗る, 塗るべし, 塗抹し

▼ 墨~ (6, 0.2%)

1 があり, と花押, は将軍家綱, まで受領, を受取った, を持っ

▼ 墨~ (6, 0.2%)

3 の神 1 という地名, なる土人, に

▼ 墨~ (6, 0.2%)

1 とりいだし橋, にをさめ, に似, の形, の紐, を取出し

▼ 墨~ (6, 0.2%)

2 の間, を画く 1 の古, の名手

▼ 墨~ (5, 0.2%)

3 めの 1 めごろも, 涼しき松

▼ 墨だけ~ (5, 0.2%)

1 です, では, でやって, 入れて, 行李の

▼ 墨との~ (5, 0.2%)

1 差は, 接する処, 特殊の, 色の, 説明は

▼ 墨など~ (5, 0.2%)

2 磨つてゐる 1 すりつつ, ぬって, 貰うほどの

▼ 墨を以て~ (5, 0.2%)

2 調子づけ 1 それを, 団扇を, 描いた牡丹

▼ 墨~ (5, 0.2%)

1 か, がいい, だからな, という名, と呼ばれた

▼ 墨塗り~ (5, 0.2%)

2 の話 1 にされる, の小, の縁

▼ 墨~ (5, 0.2%)

2 にし 1 の後, の板行絵, 流す空

▼ 墨~ (5, 0.2%)

1 の巨子孟勝, の徒, の行, は死, をし

▼ 墨西哥人~ (5, 0.2%)

2 とその 1 が僕達, はわざわざ, は不断

▼ 墨~ (5, 0.2%)

1 である, では堯, によれ, の興味, も人類

▼ 墨黒ぐろ~ (5, 0.2%)

1 と, と三角, と半紙, と大きな, と太い

▼ 墨では~ (4, 0.2%)

1 ありませんな, 余り描く, 困る, 怖くて

▼ 墨とで~ (4, 0.2%)

2 その巫女 1 分けて, 標が

▼ 墨もて~ (4, 0.2%)

1 いやが, 円く標, 圓融無碍と, 黛を

▼ 墨より~ (4, 0.2%)

1 黒き影, 黒き水面, 黒くし, 黒く玉

▼ 墨~ (4, 0.2%)

1 に書きたる, に書し, の夜, の空

▼ 墨といふ~ (3, 0.1%)

1 のが, もので, 一派南方に

▼ 墨とか~ (3, 0.1%)

1 ナイフとかを, 坊主と, 紙とか

▼ 墨とを~ (3, 0.1%)

1 もって, 彩って, 用ゐ

▼ 墨付き~ (3, 0.1%)

1 を受け, を差しだした, を頂戴

▼ 墨家者流~ (3, 0.1%)

1 の撰述, は蓋し, も忽然と

▼ 墨~ (3, 0.1%)

1 なり, の唐以前, 及び日本

▼ 墨~ (3, 0.1%)

1 が墨台氏, となつ, は孤竹君

▼ 墨~ (3, 0.1%)

1 でこう, とことば, を刷

▼ 墨~ (3, 0.1%)

1 に親しん, の餘技, をならべ

▼ 墨~ (3, 0.1%)

1 のやう, の梅, を夢

▼ 墨磨り~ (3, 0.1%)

1 だけにでも一人前, に山路越, 唐やうの

▼ 墨磨れ~ (3, 0.1%)

2 ば濃けれうすけれ 1 と傍

▼ 墨~ (3, 0.1%)

1 で設計, に過ぎざる, を引き

▼ 墨~ (3, 0.1%)

1 ではむりな雨中渡渉, とも書く, の戰

▼ 墨~ (3, 0.1%)

1 に遊びける, の教坊, の遊

▼ 墨あと~ (2, 0.1%)

1 も淡い, を読むで

▼ 墨~ (2, 0.1%)

1 へ技術的, へ薄き

▼ 墨さえ~ (2, 0.1%)

1 かすれたがむしゃら, 使えば

▼ 墨さし矩尺~ (2, 0.1%)

1 もって, もつて胸三寸

▼ 墨そのもの~ (2, 0.1%)

1 が直接, に童顏

▼ 墨だの~ (2, 0.1%)

1 宜いかじゃ, 結局自分の

▼ 墨である~ (2, 0.1%)

1 とかそんな, と粘りっこい

▼ 墨という~ (2, 0.1%)

1 ような, 名馬を

▼ 墨とが~ (2, 0.1%)

1 ぴたりと, 描いた時

▼ 墨とは~ (2, 0.1%)

1 別の, 思われないよう

▼ 墨には~ (2, 0.1%)

1 どれも, 鬼氣が

▼ 墨ばかり~ (2, 0.1%)

1 でなく硯, では

▼ 墨ほど~ (2, 0.1%)

1 ちがうので, な逸物

▼ 墨ほどの~ (2, 0.1%)

1 逸物は, 違いの

▼ 墨よい~ (2, 0.1%)

2 筆よい

▼ 墨~ (2, 0.1%)

1 以テ身ヲ, 探リテ予ト筆談ス

▼ 墨乱写し図~ (2, 0.1%)

2 も亦

▼ 墨使~ (2, 0.1%)

1 は府, を討たん

▼ 墨南部~ (2, 0.1%)

1 の地, の湾

▼ 墨~ (2, 0.1%)

1 ハ墨, ハ黒イ肉ノ

▼ 墨台氏~ (2, 0.1%)

1 で孤竹君, といつた

▼ 墨吉之浅沢小野乃加吉都播多衣爾須里着~ (2, 0.1%)

2 将衣日不知毛

▼ 墨~ (2, 0.1%)

1 の木履, の菓子箱

▼ 墨壺墨さし矩尺~ (2, 0.1%)

1 もって, もつて胸三寸

▼ 墨壺矩尺利器~ (2, 0.1%)

1 のな, の無

▼ 墨~ (2, 0.1%)

1 の中, を見る

▼ 墨子獨~ (2, 0.1%)

2 り能

▼ 墨屋敷以来~ (2, 0.1%)

1 のこと, の事情

▼ 墨~ (2, 0.1%)

1 の五種類, の落雁

▼ 墨~ (2, 0.1%)

1 のこと, も雪舟

▼ 墨~ (2, 0.1%)

1 で汚し, を落し

▼ 墨~ (2, 0.1%)

1 は師匠, 避けて

▼ 墨田舎~ (2, 0.1%)

2 の二三春

▼ 墨田舎二三春~ (2, 0.1%)

1 っていや, と事

▼ 墨磨る~ (2, 0.1%)

2 手が

▼ 墨磨川~ (2, 0.1%)

2 の水上

▼ 墨~ (2, 0.1%)

2 の顔料

▼ 墨膜上~ (2, 0.1%)

1 に一様, に拡がる

▼ 墨色白翁堂勇齋~ (2, 0.1%)

1 とある, と記し

▼ 墨芳ばしき~ (2, 0.1%)

2 鴻臚館

▼ 墨草紙~ (2, 0.1%)

2 を眼

▼ 墨~ (2, 0.1%)

1 と呼べる, や四君子

▼ 墨辯注~ (2, 0.1%)

1 は何樣, を著

▼ 墨黒く~ (2, 0.1%)

1 筆太く, 記して

▼ 墨~ (2, 0.1%)

1 が描いた, の一行

▼1* [254件]

あざやかに現われました, 墨いたづらを, 墨いろは毛描の線, 墨おろかなこと雲, 墨何かを, 墨くらべものに, 墨ぐらいのものであった, 墨これを録し, 墨さし思を云わせ, 墨しか着けない松, 墨しみ入りて我が, 墨しるの中, 墨じゃあないから, 墨じゃよこれは, 墨じるのいたづらがき, 墨するかたはらに, 墨せきにいや, 墨その他古い文房具, 墨それは現在, 墨そんな事を, 墨たるに足らず, 墨だけでかき彼女, 墨だけは女の, 墨つかぬ硯, 墨つぎ濃く淡く文, 墨つけん縁の, 墨つぼ取つては, 墨であったが現在の, 墨であり絵具は, 墨であろうならば同, 墨ででも渋で, 墨でないことが, 墨でなく筆も, 墨でへエ, 墨とかいうような, 墨とから成つた素朴な, 墨として街中の, 墨とに實に, 墨とにおいて京都は, 墨とも連ね書い, 墨とりいだし未央の, 墨んだ, 墨なきを梅, 墨などと云ふ, 墨などのことも, 墨などは外使いの, 墨なれば何処, 墨なんか使わないよう, 墨なんかをこの上, 墨についてやって, 墨にまで滲みあうよう, 墨にも及ばないから, 墨はにじみて, 墨さみ, 墨ひかばさて, 墨点じて, 墨ほどに違って, 墨みたいに捕手たち, 墨む様な笑み, 墨らしい濁つた墨色で, 墨をにほは, 墨を通して紙の, 墨イタヅラなどさ, 墨ニテ石面ニ詩ヲ題スレバ, 墨ハ彼等ノ女子, 墨ヤ朱ヲ滲マセテ, 墨ン中のてっぽう, 墨一抹人は牛, 墨一挺面相一本でもなかなか, 墨一箇のペン, 墨の旗亭柏屋, 墨両国の間, 墨二三丁のみを持っ, 墨二家を區別, 墨付き代りに諸, 墨以上の名馬, 墨以外の色, 墨位私が磨つて, 墨使幕府に入り, 墨使登営の節, 墨偽印の作製, 墨の, 墨儒佛若くは, 墨を放つ, 墨入れをしだした, 墨兩家の爭, 墨共にこれは, 墨之屬千, 墨利加に留学, 墨利加船渡来神奈川沖に碇泊, 墨利加船薪水食糧石炭欠乏の品, 墨刷りにしがらき, 墨匂わしく覚悟の, 墨印奉書の披露, 墨又は日本製の, 墨の淵, 墨吉之岸爾出居而釣船之得乎良布, 墨吉爾還来, 墨は, 墨の下, 墨含ませて文句, 墨がこういう, 墨噴きて, 墨国銀三弗十五銭を持参, 墨堤十里両畔, 墨塗羽目の建物, 墨つぼ, 墨士州に吟詠, 墨士州米山雲裏隠布島浪間浮, 墨あるいは墨田, 墨大隊の軍楽隊, 墨夷及狼藉候迚も何, 墨夷本牧を以ていまだ, 墨夷赤狄東西に滯船, 墨子一家の言, 墨子一派が世に, 墨子五行記などといふ者, 墨子以前の墨家者流, 墨子以外の墨家者流著述, 墨子儒者の業, 墨子孟子の編者, 墨子所染篇の末, 墨子時代にも隨分家, 墨子派の遺, 墨子特有の, 墨子自撰であるといふ, 墨子衢ニ泣ケリ之ニ教ルニ道ヲ以テスレバ, 墨孔丘釋迦其他古今の哲學者, 墨で尹主事, 墨學傳授の有, 墨家縱横家雜家農家小説家の十種, 墨家者流著述は皆墨子, 墨寿光等山東諸州鼎沸し官, 墨が三軒, 墨屋敷おまけに悪, 墨屋敷甲賀家の門, 墨屋敷隠密組の宗家, 墨と云う, 墨といふ, 墨とて学問, 墨あるに, 墨てすり, 墨戦争でアメリカ, 墨の天籟, 墨拓本を得, 墨拝見仕候, 墨掛地蔵という真黒, 墨摺りで日, 墨摺りたるついで桜木, 墨摺る暇も, 墨摺三冊にて, 墨摺板画の部, 墨摺絵また丹絵, 墨摺絵本類の板刻, 墨文房具の四宝, 墨斗短冊瓢箪の謂, 墨書籍等の褒美, 墨とすっぽん, 墨朱等の絵の具彩色, 墨は忘れ, 墨東亀戸辺の私娼窟, 墨東花街の一遊, 墨から流れ出る, 墨気筆勢に人, 墨をこよひ, 墨水二十四景を携え, 墨水桜花の美, 墨水波静梅龕俎堂等の名, 墨水波静虚子らの顔, 墨水津人文五与余, 墨水等の諸氏, 墨水舟遊而遂不果, 墨水観花の碑, 墨水詩巻対岳堂詩巻を展覧, 墨に散る, 墨法名諸家の説, 墨流れです, 墨海金壺又は借, 墨が網状, 墨淋漓として, 墨淡彩で描かれ, 墨を塗った, 墨や朱漆, 墨の赤兎目, 墨濃く筆の, 墨と氷, 墨は出来上る, 墨留根の北, 墨極精良, 墨皆先聖の術, 墨矢立徳利お孃さん, 墨矢立徳利お嬢さんの手箱, 墨などを扱っ, 墨硯屋根瓦漆器金属の装飾品等, 墨硯紙など買入れ, 墨磨りたまふ, 墨突黔せずとも, 墨竹何も書かぬ, 墨を書い, 墨系統のもの, 墨と絹, 墨の服, 墨絵具その他は先生, 墨絵描きの画家, 墨をつける, 墨練らん白牡丹, 墨縞紺覆輪ときり, 墨股合戦のくだり, 墨股川で不破明神, 墨股敗戦の尻, 墨股河へ馳せ下っ, 墨自身の古, 墨良き筆良き, 墨とかが重大, 墨草紙為永瓢長作と記し, 墨草紙爲永瓢長作と記し, 墨薫る手習草紙は, 墨行僧名にし, 墨浅けれど, 墨製紙の諸, 墨西其モンテネグロ和蘭波斯葡萄牙羅馬尼亜露西亜塞耳比亜暹羅瑞典那威瑞西土耳其勃牙利の二十六ヵ国, 墨西哥アルゼンチン将た, 墨西哥公使館の通弁, 墨西哥国ソラノ州熱帯植物の生い茂っ, 墨西哥国境へも手配, 墨西哥境のアリゾナ州, 墨西哥犬は君達, 墨りで, 墨象一派の新書道家, 墨足らぬ撫子が, 墨踉あざやかに六歌仙, 墨野花合わせをし, 墨の門弟子輩, 墨関係の人, 墨陀河与源波響木文河釧雲泉川槐庵, 墨陀諸村途中作時服部負約, 墨附あいつに渡し, 墨附これは千兩箱, 墨附一封とこれ, 墨附一通と共に明後九月九日, 墨附三十四枚の大, 墨附冒涜は恐ろしい, 墨附短刀を奪, 墨附確にこれ, 墨附紛失の屆, 墨附郷義弘の短刀, 墨というよう, 墨雲弥堅迅雷驟雨ありて, 墨青々と彫りこんだ, 墨を入れ, 墨をも人, 墨と烏, 墨黒色の沙漠, 墨を射たる