青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「娘~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

姪~ 姫~ 姫君~ ~姿 姿~ ~姿勢 姿勢~ 威~ 威勢~ ~娘
娘~
~婆 婆~ ~婆さん 婆さん~ 婦~ ~婦人 婦人~ 婿~ ~嫁 嫁~

「娘~」 35791, 387ppm, 250位

▼ 娘~ (8083, 22.6%)

110 顔を 81 ことを 71 ように 68 ために 64 ような 61 手を 48 姿を 46 方は, 方を 42 死骸を 39 姿が 37 やうに 31 お雪 30 ところへ, 方へ 27 姿は 25 お信, お糸 24 お絹, 口から, 顔に 23 方が, 顔が 22 お君, 方で 21 名は, 声が, 心を, 肩を, 顔は 20 お琴, お菊, 命を, 方に 19 お袖, 一人が, 婿に 18 お染, 部屋へ 17 お冬, 上に, 名を, 家の, 美しさ, 身の上を 16 お幾, お春, 子の, 後を, 話を 15 お吉, お島, ことで, ことは, やうな, 前に, 家へ, 手に, 様子を 14 お品, お照, お秀, お雛, 心の, 顏を 13 お清, お由利, 死骸の, 民弥は, 肩に 12 お筆, お粂, ことだ, 姿に, 心は, 方から 11 お勇, お小夜, ことが, 前へ, 胸の, 腕を, 身の 10 お夏, お秋, 中に, 命が, 子が, 手から, 方も, 死骸は, 母親が, 部屋の

9 [11件] お柳, お藤, ことも, ほうは, 家に, 敵を, 死体を, 母親は, 行方を, 言ふ, 部屋を

8 [20件] お勢, お新, お梅, お町, お輝, すがた, 側に, 傍へ, 前で, 噂を, 家を, 手が, 様に, 死を, 死骸が, 父に, 癖に, 身で, 身体を, 顔と

7 [25件] お千代, お喜代, お妙, お熊, お艶, お葉, お蘭, お露, お駒, ことに, すること, 事を, 声に, 声は, 声を, 多與里, 時の, 時分に, 眼の, 肩へ, 背に, 部屋に, 間に, 頭に, 顔も

6 [36件] ある家, うちに, お信乃, お八重, お喜多, お玉が, お玉は, お縫, お芳, お高, ことなど, ころは, ようだ, 中で, 伸子の, 処へ, 可愛らしさ, 声で, 子を, 寝室へ, 小枝, 幸福を, 後姿を, 御機嫌, 所へ, 父母は, 父親は, 眼には, 縁談を, 耳に, 聟に, 話は, 跡を, 頃の, 顔には, 魚は

5 [53件] あとを, いる家, おさよ, お勝, お園, お榮, お母さんは, お浪, お百合, お米, お美代, くせに, ことと, ことばかり, ためには, ところに, ほうが, ほうを, ほかに, 初枝, 口を, 多い北家, 姿の, 婿を, 子は, 家は, 屍体を, 影は, 後に, 心に, 心持を, 手で, 時分から, 正体が, 為に, 目に, 眼が, 眼に, 結婚を, 耳へ, 肉体を, 腹に, 行末を, 親が, 言葉を, 足に, 頃に, 頬を, 頭を, 顔の, 首筋を, 髪を, 魂を

4 [87件] ありかを, いうこと, うちの, おきみ, おむつを, おゆう, お品さん, お富, お峯, お桃, お玉の, お玉を, お直, お絹さん, お蔭で, お蝶, お頼, お鶴, ことについて, そばに, ためにも, ほうで, ゆくえは, ゆくえを, 一人を, 事は, 体は, 体を, 側へ, 側を, 傍に, 出て, 右の, 外に, 姿も, 婿の, 婿は, 幸福の, 影を, 後ろから, 恋は, 手は, 持って, 教育を, 敵が, 方には, 方の, 枕元に, 様子が, 様子は, 横顔を, 死に, 死骸に, 気持は, 消息を, 父は, 父母が, 生命に, 生命を, 病気の, 病気を, 白い顔, 目の, 神が, 神に, 神の, 私に, 胸に, 膝を, 蛙は, 行方が, 裸の, 親の, 言葉も, 許へ, 身に, 身を, 身体に, 身許を, 身體を, 部屋から, 面を, 頃は, 頬に, 頭の, 首に, 髪の

3 [148件] あとから, いる座敷, うしろ姿を, うちは, おたみ, お万, お仙と, お光, お六, お加奈, お北, お崎, お市, お幽, お曾與, お澄, お玉に, お由, お登世, お禮, お紅, お花, お花さん, お茂, お萬, お豐, お辰, お通, お里が, お銀, ことです, ころの, ほうも, まくらもとには, ままで, ものに, ようで, ペティコートの, 一人である, 一人は, 一件を, 世話に, 世話を, 中から, 事から, 事だ, 事なら, 人形を, 代わりに, 体格検査を, 何に, 傍を, 児の, 全身は, 写真を, 冥福を, 出世に, 千浪を, 口の, 可憐な, 名であった, 名でございます, 君子が, 唇は, 場合は, 声も, 外には, 夢を, 夫に, 姿, 婿として, 婿にと, 嫁入, 子に, 寢て, 将来の, 屍体が, 店へ, 影の, 影も, 心持が, 心理が, 悲鳴を, 感情に, 我儘を, 手へ, 手紙を, 旅の, 時から, 時代から, 時代に, 時分には, 様な, 死体から, 死体が, 母が, 母に, 母親に, 毬代が, 民弥が, 涙に, 清子と, 父が, 父母の, 父親が, 父親の, 生活の, 留守に, 病気は, 病気も, 眼を, 着物を, 瞳を, 祖父は, 突いた白い, 結婚には, 綺麗な, 縁談に, 罪を, 美しいの, 聲が, 肩から, 背を, 胸から, 腰に, 自分が, 行方は, 袂を, 親は, 言葉が, 言葉に, 言葉は, 身として, 身の上の, 身体の, 身体は, 運命を, 部屋で, 面倒を, 頬の, 頭が, 頼みを, 顏が, 顏は, 顏ばかり, 顏も, 顔や, 首を

2 [455件] あいだに, あったこと, あった事, あぶなかつ, あまりの, あるところ, いた部屋, いちが, いる窓, うちから, うちでも, おげん, おさめは, おもかげ, お七, お仙の, お仙は, お住, お俊, お信さん, お傅, お優, お千勢, お千賀, お咲, お婿さん, お嬢さんを, お安, お安ちゃん, お客さんが, お常, お延, お政, お時, お朝, お村, お歌は, お此, お民, お浜, お澪, お濱, お父さんは, お玉さんは, お玉も, お秋さん, お種, お竹, お節, お紋, お組, お綾, お美乃, お若さん, お萩は, お道, お里は, お關, お雪さんが, お鳥, お麗, かたきだ, かたきを, からだの, こと, ことから, ことであり, ことであろう, ことでっ, ことなどを, ことについては, ことまで, こと及び, ころに, こゑが, すなほ, そそけた鬢, その言葉, たましい, ときから, ところへも, なつかしい, ひとりが, ひとりねを, ふくよかな, ほうに, ほうへ, みどりが, ものが, ものだ, ものは, ゆかりが, ゆかりに, ゆかりは, ようであった, ようでした, ようには, ようにも, わがままを, ゐること, ゐるところ, ゐるカツフエ, アゼルマを, アンナに, ジーナが, スカートを, デリケートな, マユミが, マーガレット, レッテルの, ワルワーラと, 一人だ, 一人の, 一命を, 一番の, 一糸も, 一群は, 七つの, 七瀬に, 上を, 下るやう, 不思議な, 不慮の, 不行跡に, 世津子が, 両手を, 両親に, 両親は, 中にとの, 中の, 乳の, 乳房が, 事が, 事である, 事に, 事八歳で, 二人は, 云ふ, 人となり, 人の, 人は, 人事相談, 人柱が, 今の, 仕事を, 代に, 仮声, 伴れ, 伸子に, 住んで, 体に, 体の, 傷口を, 兄さんは, 兄と, 光子が, 児を, 典型的な, 処に, 出世の, 出世を, 出戻りの, 分だけ, 分際で, 前には, 前にも, 前髪に, 千浪であった, 友達が, 口は, 名, 名が, 名だ, 名に, 名儀, 名前で, 名前を, 名誉を, 君子は, 命と, 命日に, 唇に, 唇を, 喉笛に, 噂が, 噂も, 場合に, 声, 声の, 夏書かな, 多津子は, 夢をも, 夫は, 好きそうな, 如きは, 如くに, 妙めが, 姿ばかりが, 婿, 婿と, 婿には, 嫁に, 嫁入先へ, 嬉しさ, 子, 子だ, 子も, 室の, 室を, 家, 家から, 家が, 家で, 家である, 家では, 家への, 家出に, 家出の, 容貌の, 宿を, 富美子が, 将来を, 尼, 居るところ, 居間へ, 屍を, 帰りが, 帰りを, 幾代の, 床を, 影像が, 後から, 後について, 心と, 心意気に, 心理に, 心理の, 忍が, 思ひ出, 性格が, 怪我を, 恋が, 恋の, 恋人の, 恋愛は, 息の, 情で, 情事に, 情夫は, 情痴の, 意志を, 愛人の, 愛情を, 感情の, 感情は, 態度が, 態度に, 所で, 所作なんか, 手だ, 手の, 持つて, 持主を, 指を, 掌に, 掌を, 敏子と, 教育に, 新しい角度, 方な, 方にも, 旦那に, 昔を, 時に, 時には, 時は, 時より, 時代には, 時代を, 服装で, 望みを, 本名は, 来ること, 来るの, 枕許で, 桂次よりは, 棗に, 棗の, 横面などへ, 歌子を, 歓心を, 正体を, 死んだこと, 死んで, 死体は, 母は, 母も, 母親, 毒に, 毬代は, 民子が, 民弥で, 気を, 浪花に, 涙は, 涙も, 淋しい顔, 清らかさは, 為めに, 烏は, 無事な, 無分別さ我儘で, 無責任き, 爲に, 父なる, 父を, 父様の, 父親を, 物な, 物に, 猿を, 理想に, 生きて, 生命の, 生活に, 生活を, 産んだ子, 病氣は, 白い影, 目が, 目には, 目は, 目も, 目を, 看板を, 真赤な, 眼は, 着て, 着る物, 着物に, 着物は, 着物や, 祝言が, 福慈の, 私の, 秘密を, 窓に, 笑ひ, 筈だ, 答は, 箸の, 紅子と, 細首へ, 結婚にあたって, 結婚の, 絹子である, 縁で, 縁談あの, 縁談の, 繊弱な, 美しい嫁, 美しい撫肩, 美保子と, 美色は, 群に, 者が, 耳を, 聟だ, 聟には, 聲に, 肌に, 肌の, 肩の, 肩口を, 背中を, 背後から, 胸には, 胸は, 胸へ, 腕の, 腹を, 膝に, 膝の, 自分を, 舞台を, 良さ, 良人に, 花世が, 花世の, 若々しい肉, 若い身空, 苦労を, 苦情を, 菩提を, 華奢な, 葛藤も, 葬ひ, 蒼白い顔, 血に, 血を, 行くえ, 衣装の, 表情に, 表情には, 表情は, 袂の, 見て, 視線をも, 親も, 言うこと, 言葉として, 言葉の, 許嫁に, 評判を, 話, 話が, 話と, 話に, 貌を, 足は, 身体が, 身持は, 身装は, 身許は, 返事は, 逃げて, 運命に, 里の, 長い袂, 間で, 間には, 隣に, 難儀を, 静代は, 面影が, 頃から, 頃には, 頬が, 頬ぺたを, 額に, 顏には, 顔とを, 顔へ, 顔色の, 風邪の, 養子に, 首が, 首筋から, 骨を, 髮の, 魂は, 鶴代は, 黴菌を, 鼻に, 鼻の

1 [3430件 抜粋] □□□□□り, あぐりは, あった周助, あらそいを, ある事, あんな戯談, いう一言一言, いたの, いって, いまは, いる方, うしろざまに, うち姉の, おえいだよ, おくびょうさに, おせんちゃんだ, おまん, おもとと, おわか, お亀, お代は, お初はと, お北さん, お喜美, お岩, お房さん, お早, お桂さん, お歌を, お清さん, お玉さんも, お玉幾度指を, お秀さん一人, お節の, お繼, お茂世さん, お萩に, お蝶どの, お辻, お金を, お雪さんぢや, お鶴さん, かしづく, からだ, きまり悪, くるの, こえが, こって, ことつい, ことなどに, ことばの, このわたし, ころチブスに, ごとく, さしだした小, しめて, する姿態, せつに縁談, その婿, その肉体, それぞれの, それの, たぐひない才色, ためでなかろう, だ, つけて, つばめ太夫の, ときにも, ところでした, と一しょ, どちらか, なって, ぬれぎぬ, ひきたて役ぐらいの, ふさ子さんが, ほうである, ほんとうの, ままお, みよ子と, もつらしい箱, やうだ, やせた紫色, ゆきも, ようにばかり, よろしさ, わたくしと, ゐる家庭, アデライーダ・ソフローノヴナと, アンナ・ニコロと, エカテリーナ・イヴァーノヴナは, エルビーという, オ君という, カラダである, クラスの, シャルロットが, スエーターを, タイプです, チマ子より, ニツコリ色白の, パトロンに, ピピアスは, ベッドの, マス子夫人の, マーガレットも, ミドリと, リューシー・マネットと, ロザリーは, 一と, 一人ぽっちな, 一件であった, 一心に, 一枚絵でも, 一瞬の, 三人が, 三枝を, 下した決議, 不孝を, 不運の, 両代表, 両親へ, 主人である, 乘つてゐた, 争う声, 事でした, 事件について, 二人連れだった, 云って, 亭主と, 人別は, 人柱という, 仇を, 今日の, 仕事でない, 仕業である, 代表に, 仲子が, 休暇にて, 伸子は, 住居した, 佐和子という, 体温と, 余り出世間的傾向を, 供養を, 信乃は, 健康は, 傷口から, 兄は, 先へ, 全体は, 典型であった, 内心の, 写真などを, 出にて, 出現が, 分な, 初心な, 前を, 創造こそ, 助けに, 勤労者らしい, 十三の, 十日間の, 千萩でした, 単純な, 厄介に, 友達として, 叙述せる, 口調では, 同胞や, 名にも, 名乗合い, 名前と, 名残が, 君江は, 呼ぶ声, 和やかな, 哀れな, 品子の, 哥鬱賢が, 唇で, 善良な, 喜ぶ顏, 噂さで, 器量までも, 土岐子は, 坐って, 場合には, 壮烈な, 声である, 声絃は, 外出姿に, 多津に, 大多数, 天性を, 夫の, 奈々子と, 女學生小, 女王様の, 好きな, 如くせよ, 妹さんが, 姉で, 始末と, 姿をば, 婚家は, 婿が, 婿にまで, 媚態とも, 嫁入りの, 嫌や, 子などは, 子にも, 存分に, 孤独の, 安否を, 実家が, 室は, 家であります, 家出が, 容姿を, 容貌を, 寝台を, 寝巻の, 寢姿に, 寿子を, 小さくな, 小店へ, 小間使いが, 居ない村, 居間の, 山吹と, 崔冷紅とが, 布団を, 帰った跡, 帶から, 帽子の, 年を, 幸福である, 幻に, 幼明も, 幾代に, 弘子さんが, 弥生として, 形そのものじゃ, 形見を, 待つ男, 後ろ姿淺間な, 御宅, 心から, 心寂しい, 心根も, 心臟が, 怒の, 思ひがけ, 性情の, 性質で, 怪我に, 恋人とを, 恋愛的情景に, 恥でも, 悔みを, 悪びれないその, 悲嘆は, 悶え死ぬ有様, 想像に, 意地惡に, 意見の, 愛子と, 愛情も, 感情についても, 態度は, 懐中に, 我慢の, 所業なる, 手には, 手も, 手前口を, 手箱の, 手足が, 扮装だった, 拒否が, 持つ若, 指の, 指輪は, 振袖を, 掠奪が, 支配權を, 敏捷さで, 敵と, 料に, 新鮮さは, 旅券には, 日記も, 昔に, 時からの, 時分の, 時無益な, 智慧では, 書いた此, 最期を, 服装が, 朝枝以外の, 未来だけは, 本の, 本能な, 来よう, 柄でも, 栞は, 桃割と, 梨枝子が, 棺を, 様子から, 樣子は, 橋渡しに, 歌う声, 歎き, 歩は, 死は, 死んだ松, 死体をば, 死霊が, 死骸へ, 殺されて, 母君であり, 母親と, 比喩について, 民弥まで, 気に入った聟, 気位の, 気持ちの, 気負いだ, 水藻に, 沈んだ聲, 洋傘を, 浦子は, 浪費癖という, 消息だった, 混乱した, 潤った肩, 濱路が, 為めには, 無残なむく, 熱っぽい眼, 父の, 父親に, 片づいて, 物です, 特別の, 狂恋と, 率直すぎる, 琴と, 甘木三枝こと天川呉羽嬢を, 生ひ, 生命は, 生活という, 生涯にも, 由利を以て, 番だ, 病がどう, 病気に, 病身店の, 登って, 白い幻, 白い足, 百合香に, 目とは, 直ぐ隣, 眞佐子は, 真弓の, 眼にも, 着物の, 矛盾錯綜し, 知識と, 神から, 福相を, 秋でございます, 突然の, 竟に, 笑った意味, 筆か, 答へが, 籠から, 糸子は, 納豆売は, 純粋な, 素振りに, 細い躯, 結婚に関して, 絵が, 継母という, 縁家先などを, 縄目を, 縹緻という, 繪看板の, 美しい事, 美しい顔, 美代と, 美点を, 羞恥から, 習った画, 耳には, 耻も, 聟荒立て, 肉体に, 肖像に, 背中に, 胸中を, 脱けた空虚, 腕は, 膏を, 臨終に, 自尊心は, 自由を, 舞が, 良人としての, 色香で, 花世に, 芳ちやんと, 若さ, 茂野でした, 華手な, 葉末は, 蒼ざめた頬に, 藻を, 蛇目傘, 行うこと, 行方の, 行衞などを, 衣裳で, 袂に, 裁縫という, 複雑な, 襠を, 視線が, 親たちへの, 親として, 親御飯島平左衞門という, 解説の, 言うの, 言葉でした, 記憶が, 許嫁が, 評判が, 話だ, 誘拐だの, 謂うごとく若山, 貌の, 財産を, 賢きを, 赭ら顔の, 足と, 足元まで, 踊の, 踵を, 身なりを, 身の上も, 身代わりにも, 身売りは, 身辺が, 躰, 輕捷さには, 近くまで, 逆上的な, 連れにも, 運命について, 遣場, 部屋か, 部屋行燈に, 酌を, 釣りに, 長い裾, 間へ, 陽子の, 雜用を, 霊魂が, 静代を, 非業を, 頃あの, 頃江戸の, 預り主の, 頭へ, 頸の, 頼みと, 額や, 顔, 顔にや, 顔色に, 風を, 風呂番にでも, 食客が, 養子と, 首わきの下両, 駈落者, 骨だらけの, 高音という, 髪は, 鬢の, 魚と, 麗わしさばかりを, 鼓の

▼ 娘~ (4689, 13.1%)

29 それを 25 自分の 24 どうした 20 いった, 黙って 16 私の 13 急に 11 何か, 顔を 10 私を, 言った 9 何も, 母の, 私に 8 そこで, 泣いて, 父の, 父親の, 自分を, 驚いて 7 いいました, 何を, 手を, 気が, 笑いながら, 答えた, 答えました 6 それに, なか, 家の, 男の, 眼を, 私が, 身を

5 [16件] これを, さう, すぐに, だまって, どこに, どんな女, ハツと, 二人とも, 声を, 帰って, 平気で, 彼の, 死んで, 母に, 親の, 顏を

4 [36件] あなたの, あわてて, いつまでも, この家, さすがに, その前, その時, それから, どこへ, ひとりで, 不意に, 両手を, 何うし, 何んと, 俄に, 俺の, 僕の, 先刻の, 口を, 奥の, 娘で, 家に, 容易に, 手に, 池の, 泣きながら, 涙を, 父親に, 目を, 笑って, 胸の, 自分で, 茶を, 路地の, 面白そう, 黙つて

3 [79件] いって, うなずいて, おまえの, お前の, お袖, これは, さっきから, しかたなく, そこに, それが, それには, そんなこと, どうし, ないよ, はいって, びっくりし, びっくりした, まだ十七, やはり美し, わたくしの, 乳母に, 二つの, 二人の, 二十にな, 云った, 今でも, 今どこに, 今は, 今まで, 今度は, 今更の, 他人の, 何の, 何處へ, 俯向い, 僕を, 出て, 前の, 右の, 名を, 女郎に, 姉の, 始めて, 子供の, 室の, 小声で, 小鳥の, 小鳥を, 屹度厭だ, 彼に, 微笑した, 思ひの, 恥か, 手の, 次の, 殺されて, 母と, 気を, 涙に, 父親と, 父親を, 生きて, 留守で, 眼が, 眼に, 石の, 私達の, 立派な, 答えなかった, 綺麗な, 良い娘, 言って, 訊いた, 返事を, 青年の, 静かに, 非常に, 頭を, 馬鹿に

2 [291件] あなた様より, あの場, あれで, いい継いだ, いつでも, いつまで, いない, いなかった, いろいろと, うつむいて, うなずいた, うれしそう, おかしそう, おど, おもて, おれが, お信さん, お光, お前を, お前達に, お加代, お答え申しました, お酒, かう言つて, きょうこそ, ここで, この御殿, この時, この男, さまざまな, さる高名, しくしく泣きました, じっとそこ, すぐ振向い, すつかり, そういう, そういう父, そうは, その品物, その土地, その晩, その月, その顔, それとも, それは, たずねました, ただもう, たった一人, たった十七, ちょいと, ちょっと横, どうしたえ, どうして死んだ, どうだ, どうなった, どうなりました, どこまでも, ないと, なかった, なるべく早く, なんの, はっとした, ひどい酒飲み, ひどくそれ, ひどく自由, ふいに, ほんとうに, またその, また言った, まだこの, まア私, もう一度かう繰返しました, もう立派, もう震災前, やがてすやすやと, やがて後, やっと顔, やはり俯向, やはり首, わたくしが, わたくしよりも, わたしは, われに, イワンに, カヤを, サメザメと, ザラに, ハッと, パッと, 一と, 一人で, 一人の, 一生懸命に, 上州屋の, 下を, 下手人ぢや, 不思議に, 不束なり, 中, 主人の, 二三年前から, 二十に, 二階の, 人なんか, 人に, 人の, 今度久し, 今日は, 他の, 他国へ, 仰天し, 何て, 何でも, 何という, 何にも, 何んか, 何んにも, 何んの, 何処に, 何時でも, 何誰でござる, 僕が, 先に, 八王子の, 内気で, 北条氏直の, 十七で, 十七八らしい, 十二円ボーイに, 叔父の, 可哀, 同じよう, 君の, 呆気に, 唇を, 唐紙を, 唯泣く, 喜んで, 噂され, 器量も, 四歳である, 外へ, 大きくなりました, 大したもの, 大声を, 大籬, 奥へ, 女の, 女学校の, 妙に, 妹の, 姉妹とも, 嫁に, 嬉しいな, 嬉しそう, 嬌えた, 嬌える, 孟が, 寒月の, 小さい時, 小母さんの, 島田を, 平気な, 年が, 年老いた瘋癲人, 幸いに, 幾つだ, 幾度も, 床の, 庭の, 後に, 後姿が, 微かに, 微笑し, 微笑んで, 心の, 心を, 必死と, 必死に, 悲しそう, 悲鳴を, 感心な, 懐から, 戸を, 手摺にも, 拙者が, 日がさを, 日本で, 最後の, 本當, 村の, 果して此自分, 桃色の, 棹を, 死にかかって, 死ぬより, 死んだ, 死んだもの, 母を, 母親と, 母親の, 氣が, 水の, 江戸の, 泣き出しさうな, 泣くこと, 涙も, 深夜を, 湿れた番傘, 滅多に, 激しく頭, 火の, 無理に, 無遠慮に, 熱心に, 物を, 物好きな, 狂女よくよく, 独り波の, 猿轡を, 琴長唄踊りなど, 申すまでも, 男を, 畳の, 疲れて, 皆んな可愛らしい, 目が, 目に, 直ぐに, 直様元気づき, 眉を, 知つてゐた, 確かに, 礼を, 祭の, 私と, 私には, 私共には, 空襲で, 立ち上って, 立ち去った, 立って, 立つて, 笑いませんでした, 笑い出した, 笑った, 笑ひ, 笑わなかった, 箪笥の, 籠の, 紺飛白の, 結婚し, 綺麗だ, 綺麗過ぎる, 美しい, 老人に, 老女の, 肉体に, 自分が, 自分と, 自分に, 自害する, 至高に, 花の, 若い娘, 若者の, 草の, 行儀正しく, 袂を, 裾を, 親切者です, 言いました, 言つた, 誰かを, 誰の, 足を, 身もだえし, 近所の, 返して, 途方に, 連れて, 部屋の, 酒の, 重そう, 金を, 門を, 門番の, 闇を, 電報を, 面目を, 頭から

1 [3291件 抜粋] あ, あけくれ思い煩ったが, あっ気に, あなたさまの, あの晩小田原町, あまりに明けっ放し, ありますが, あるひ, あわただしくそれ, あんまり明けつ放し, いうと, いかにも律義, いきなり寝返り, いじらしさ, いたつて口数, いったいどうし, いつごろ家出しました, いつも宿, いつも苦し, いなくて, いま出入り禁止に, いらんの, うたひ出した, うなだれて, ええと答え, おこつたが, おとなしくおとうさん, おらぬ, お仕えし, お客にも, お春, お照, お米, お針に, かう独り言, かさの, かの女, きいきい聲を, きっと上州屋, きれいでございましょう, けげん相な, こういった, こう荒い, こたえた, このうえ, このとき, この二三年二人, この寒い, この時始, この群集, これからちっとは, これらの, さがる, さも心配そう, しおしおと, しずかな, しばらくそれ, しばらく黙っ, じっと動かず, すぐれた容貌, すぐ落ちつき, すこしでも, すっかり血の気, すばらしい器量, ずっと成績, そう云い, そこへ, そっと金, そのころ銀閣寺, そのま, その下, その光, その女, その後の, その抵抗, その死苦, その町, その繁み, その薪左衛門, その赤い, その間どうして, その風, それからは, それぞれ自分らの, それと, それ程稀, そんな病気, たいへん喜ん, たしか居ない, ただ一時, ただ恍惚, たったいま, たまらなくなっ, だまったまま, だんだん生長, ちょっと浮気もの, ちらちらと, ついに唇, つとめて, とうとういちばん, ときどきに, とりなすよう, どうかしたら, どうしても帰る, どうです, どうも自分, どさくさまぎれ, どんなに口惜し, ないかと, なお懸命, なぜ親, なり難い, なんといふ, にっこり笑っ, はじめて夢, はにかんで, ひとり山道を, ひどく心配, ひらめという, ふたたびあがっ, ふと思いついた, ふるさとへ, ほっとした, ぼうっとした, まあそれ, まじめな, またこっくり, またぽろぽろ, また何, また小さな, また男さん, また變, まだしどけない, まだ一心, まだ四つ, まだ帰っ, まだ自分, まともに, まるで日本キモノ, みなこんなふうに, みょうなことをいうおじいさんも, みんなモグラの, もうお, もう一度その, もう二週間, もう先, もう嫁入り, もう怖, もう父, もう肩, もっと強い, もんぺの, やがて自分, やすやすと, やっぱりあの, やはり嶮, やや興, ゆったりゆったりと, よく屆, よろこびを, わかつたわよ, ゐやあ, エジプトへ, キョトンと, クリーム色の, ゴム毬を, スカートの, セルギウスの, チャーリング・クロスの, テーブルに, ナースチャを, ハイドンの, パッタリ来なくなった, ヒラリと, フランス人らしい, ベルを, ポケットを, モミクチャに, 一しよう懸命に, 一ぺんに, 一向それ, 一寸振返った, 一日に, 一生懸命で, 一種の, 一體そんな, 丈夫で育つ, 三十芸者の, 三牛太夫の, 上気せる, 下船する, 不幸な, 不真面目, 両方の, 中学三年である, 主人たちの, 乞食だ, 乳母が, 二三日たっ, 二十一歳で, 二十才を, 二階に, 五月の, 人なかでも, 人樣に, 今で, 今初めて, 今日か, 仔細あ, 他人に対する, 任地で, 体を, 何だか変, 何ぼで, 何ん, 何処かで, 何故か途中, 何時も無, 作阿弥を, 信頼の, 側に, 優しく男, 先は, 光也を, 全くマドロス, 全裸で, 六人や, 其名を, 凝っと, 初めてその, 別に異, 利巧だ, 前垂の, 助かりましたこの, 動きません, 勿論女房, 北畠家から, 十七と, 十九と, 十二時少し, 十八に, 十六歳でありました, 半分顔を, 卑しい百姓娘, 厠にも, 又と, 友釣りを, 反語で, 口の, 叫びました, 可愛いだらう, 叱りながら, 同じく熱烈, 名前だけの, 否応なしにこの, 哀れにも, 唯, 唯見る, 喜びの, 固よりの, 地主の, 場庭の, 声かぎり悲鳴の, 夕方七時に, 多年御, 夜毎に, 大きい印刷工場, 大きな杯, 大丈夫で, 大柄である, 大變, 奇怪なる, 奥より, 女学校へ, 好いと, 妊娠は, 始め西洋人の, 娘としての, 婿について, 嫌いだ, 孕ませられて, 学者の, 実は見かけ, 家出する, 宿場の, 富士山の, 寝たま, 封三娘が, 小さな籠, 小商人, 小説を, 少しお, 少し綺麗, 少ねえ, 居ずさしずめ, 山の, 岩かげから, 工場, 巻煙草に, 帰りそう, 平常は, 年に, 年齢から, 幼ない, 幾枚と, 店で, 庫裡に, 弁解する, 張りきつ, 当惑し, 彼女等の, 後ろも, 御姫様, 心意氣である, 必ず一人, 怒って, 思はず笑ひだ, 怯えて, 恐らく自殺, 恐ろしく悧巧, 息が, 悄然と, 悲しい心, 意外の, 慶応の, 懐中鏡を, 我慢が, 戻って, 手当りばったり, 手編らしい, 抗議を, 押冠せ, 持って, 揃いの, 支倉に, 文武の, 新しい味方, 既に度々云った, 日本の, 早くしかるべき, 早速自分, 昔も, 時どきに, 暗い土蔵, 暫くだまっ, 書いた, 月の, 朝まで, 未亡人と, 本家の, 机の, 来た, 東京へ, 林檎の, 柳の, 桜の, 棺の, 概して自分, 橋場へ, 歌も, 正直過ぎる, 歩みながら, 死ぬその, 死人の, 殺されたといふ, 母性の, 毎日のぞき, 比丘尼ながら, 気兼も, 氣性者だ, 水甕を, 決して唯, 汽車まで, 油で, 泣いてるぢ, 泣き出すどう, 派手な, 消えると, 淋しい影, 深川万年町に, 湯上りに, 滝壺へ, 灌木の, 無心の, 無愛嬌な, 無邪気な, 熱い涙, 牀の, 牝牛を, 物悲しそう, 狂人と, 玉屋さんが, 理由を, 生まれつき耳が, 生れて, 田地持の, 男の子と, 町内だけでも, 疲れても, 病気が, 痩せて, 白い細そり, 白紙が, 皆んな善人だ, 益々広汎, 目をと, 直ちに鉛筆, 眉根の, 真名古の, 真面目に, 睫毛一つ動かさう, 知らなかった, 石を, 社家葛城藤馬の, 神経質らしい, 移り気といふ, 突当りの, 窓の, 立ち上がりながら, 竟に, 笑ふ, 答へる, 米の, 糺を, 素早く朝子, 細い金, 終日彼女の, 絶望的に, 編み物の, 罪の, 美しく見える, 老いた領主, 耳の, 聟えらび, 肩を, 胡瓜と, 腕を, 膝に, 自分達の, 至って快活, 良い子, 芝居茶屋に, 若い学者, 苦しそう, 英語の, 莞として, 葉書を, 蒼くなる, 藍染の, 蚊の, 行屆きます, 衣裳を, 裳の, 見えませんでした, 見も, 親と, 解りかねる, 言ひ, 評判ものでした, 誘惑を, 誰をでも, 負うた子, 貴方それ七歳の, 質素な, 赤くかじかん, 起きるから, 足痛風を, 蹶起し, 身体も, 軒の, 辺りを, 近江屋という, 途, 連れそつた, 遊行女婦であったろう, 違うわね, 遠慮なく身売り, 酌を, 重ねて, 金糸雀の, 鋏鍛冶金重という, 間違いなく返し, 陰鬱な, 階段を, 雑司ヶ谷に, 露路の, 面は, 鞄を, 頬の, 顔に, 飛びつくよう, 飛鳥の, 食物さえ, 首を, 駈出そうと, 驚きまして, 髪の, 鳥越の, 黄八丈の, 默つて唯だ

▼ 娘~ (3948, 11.0%)

31 あった 29 出て 27 あって 23 ある 22 自分の 21 来て 19 ありました 14 あつた, 立って 13 いた 12 帰って, 急に 11 いて 10 どうした, 坐って, 私の 9 あると, あるん, 何を, 死んで 8 それを 7 あったが, あります, いる, 住んで, 嫁に, 私に, 顔を 6 ひとりで, ゐて, 不意に, 何か, 年頃に, 身を

5 [16件] あつて, あるの, あるので, いるん, わたくしに, ゐた, 一人ある, 一人で, 一人の, 夜中に, 家の, 店に, 持って, 殺されたん, 自分を, 言った

4 [21件] あるという, あれば, いるから, そこに, ついて, できて, 一人, 一人あっ, 一人あつ, 三人も, 入つて, 声を, 居て, 手を, 男の, 男を, 結婚する, 自分に, 見て, 運んで, 非常に

3 [69件] あったはず, あなたお, ありまして, あるか, あるから, あるが, あるそう, いつまでも, お前の, この頃, ございます, して, する様, なんの, むやみに, ゐる, 一万人だけ, 一人あった, 下を, 両親の, 乗って, 二人いた, 井戸の, 何も, 何んだ, 供の, 俺の, 傍に, 夢中に, 好きで, 好んで, 姿を, 家に, 家を, 小声で, 居る, 居るん, 彼の, 待つて, 悲鳴を, 手紙を, 持つて, 昨夜の, 来た, 来たの, 欲しいの, 死んだの, 母親の, 気に, 泣いて, 父親の, 生きて, 男と, 病ひ, 病死した, 病気に, 白い手拭, 目に, 眼を, 立つて, 綺麗で, 縛られて, 聞いて, 腹を, 行方不明に, 見つけて, 親を, 通ると, 髮を

2 [258件] あったと, あったの, あったので, あつしの, あとを, あの霜焼け, あられも, あり, ありながら, ありましたが, ありますよ, あるだけ, あるだらうか, あるもの, いいようす, いかほど早熟, いった, いつに, いない, いると, いろいろと, おおぜ, おりるとき何, かわいそうで, きいた, これも, これを, すき, するよう, そつと, その声, そんなこと, ただ一人侘び, たったひとり, つい傍, できたと, どうして此, どうすれ, どこかで, どこに, はいって, はいり込んで, はねて, ひそひそと, ひとりあつ, ひとりと, ほしければ, もとより迎, やって来た, やって来ると, わしを, ゐると, オブリアンと, ハイカラで, ハタを, ヒラリと, ブランコに, モスク, 一と, 一人あれ, 一人と, 一人倒れ, 一人入ったろう, 一人向うから, 一人歩きも, 一人雇人は, 一匹の, 一緒に, 三味線を, 下の, 不思議な, 世話を, 串に, 主人の, 二人, 二人に, 二人妹の, 二階へ, 人の, 人目に, 今の, 今まで, 仕事を, 何うし, 何かの, 何が, 何の, 何人いる, 何故かだ, 何時までも, 例の, 倒れて, 側に, 働いて, 僕の, 元の, 兄の, 内から, 出た, 剃刀の, 十二三年前に, 十六七女盛と, 厄で, 口を, 叫んだ, 叫んで, 可哀そうだ, 可哀想だ, 可哀想ぢや, 可愛いでしょう, 可愛くて, 同じよう, 向い合って, 呉れるネクタイ, 呑んで, 喜びますよ, 壺を, 外から, 多い, 大きくなっ, 大へん, 大事に, 大殿様, 大殿樣の, 大量の, 奉公し, 女学校の, 好きであった, 好きな, 好きに, 姉の, 婚期を, 婿を, 子供を, 家出を, 寝て, 居た, 居なかつたらう, 居なかつたらうと, 岡つ, 帰つて来, 帰つて来た, 年頃にな, 幾人も, 店を, 弾いても, 彼を, 後には, 後生大事に, 御文, 心を, 心配し, 急いで, 恋人に, 悲しそう, 或る, 戸を, 戻って, 戻つて, 手に, 手引を, 抱かれて, 抱き合って, 拝んで, 斯ん, 新聞を, 昼休みに, 更け渡る夜, 最初に, 李克用の, 来かかったが, 来ました, 来る, 柳橋で, 欄干に, 次々と, 此の, 歯を, 死にかかって, 死んだと, 死んだという, 死んでも, 死骸に, 殺された, 殺されたと, 殺されたの, 殺されて, 母と, 母の, 気に入らないの, 江戸へ, 江戸一番の, 泊りに, 泣いても, 淋しがります, 無事に, 父の, 父への, 父親に, 父親を, 片附いた, 現れた, 現れて, 用を, 番を, 疵物に, 病気で, 盛装し, 目を, 着物を, 知って, 確かに, 神経衰弱の, 種切れに, 突然に, 窓の, 約束通り暇を, 継子さんの, 綺麗な, 縁づいたさき, 背後から, 胸の, 腰を, 自分から, 自分で, 芸妓に, 若い男, 菓子箱と, 菖蒲を, 蛇に, 行くと, 被て, 見たくて, 見たらどんなに, 見つからないので, 親類の, 言いました, 評判に, 起きて, 跣足で, 身売を, 途中で, 連れて, 運んだ煎茶, 邪魔に, 重いバケツ, 附いて, 階段を, 面を, 頻繁に, 願書を, 飛び出して, 首を, 高々と, 髪は, 髪を, 鳶にも, 黙つて

1 [2654件 抜粋] ああした, あきれるほど, あっしに, あったね, あった筈, あのとおり, あの木, あまり沈みこん, ありこの, あり三亀雄, あり最近彼女たち, あるからにゃ, あるだろう貴様, あるならば, あるナ, ある美人, あれほどまでに, あんなに早く, あんまり心配, いうて, いきなりお, いきなり飛び込ん, いたから, いたとか, いたひろい, いったいくた, いつか見えなく, いつもの, いても, いないとて, いなけりゃア商売, いま臥床のうへで, いよいよクサカ, いるかと, いるため, いるベンチ, うちの, おかあさんは, おつ, おばちゃんちょっと, おりましたの, お供致します, お前に, お婆さんに, お有りだ, お父さま, お籠り, お茶を, かがみこんで, かわいいんで, きっともう一度姿, くびれ死んで, くれた花, こうして仲間風情, ここには, ことはりに, この中, この山中, この水越し, この遊蕩児, これから乳, これまた, こんな寸延, ございましてね, さからうこと, さして帰った, さわぎだした, したこと, しゃがんだ, じぶんたち, すたすたと, すみれの, ずいぶん多い, せつせと, そういう力, そうだったら, そう私, そしてどんなに, そのおじいさん, その人, その後いろんな, その時, その点, その膝, それから, それではと, それほど自分, そんなふうにいう, そんな気持ち, ぞっこんの, ただ愛し, だぜ, ちょっと有, ちらちらと, つく, つんつるてんに, とうとう男狂い, とんでもない, どうしてあなた, どうしてそんなに瘠せ, どうしても聽, どうやら目, どない, どんなに喜んでる, どんな仕事, なかった, なること, にくらしくなりました, のって, ぱったり洋服, ひたむきに, ひとりきりで, ひとり出, ひとり留守番を, ひょっくりと, ふいっと, ふと夢, ほんとうに, まいって, まず驚く, また一匹, また後生気, また綺麗, まだメリケン兵, まだ見知らぬ, みのるの, めずらしく鋒, もう一人, もぐって, もっと快活, やかましく云う, やっても, やられたの, ゆく先, よくする, よしない蛇, わざわざ礼, わらじを, ゐるん, イコジで, オング君を, クリストフを, スケート場で, ズカズカと, タッタ一人あった, チラリと, ドアを, バネの, ピアノを, ベチャベチャ話し, ユートという, 一あし踏みそこなっ, 一つ寝台の, 一人い, 一人きりで, 一人しか, 一人である, 一人やはり, 一人何を, 一人向う, 一人有っ, 一人水車場より, 一人物を, 一人絞め殺され, 一人青年が, 一寸来, 一心に鏡, 一枚絵に, 一番じゃ, 一番恐い, 一軒一軒お, 万年美人と, 三人あっ, 三人それに, 三人何時殺される, 三人花束の, 三四人この, 上がったと, 下女らしい, 不品行さ両親あれ, 不浄役人に, 両方に, 中の, 丸薬缶でなくっ, 乘つ, 乳色の, 二三人いた, 二人あとから, 二人し, 二人とも, 二人姉を, 二人淋し, 二十にも, 二十四五で, 五ツ過ぎに, 五尺五寸何分とか, 亡くなったの, 人丸堂の, 人柱などという, 今やっ, 今年女学校を, 今日や, 仏体を, 他家で, 代りました, 会いたくて, 住で, 何かに, 何でお母さん, 何もかも話すだらう, 何人ご, 何者である, 來た, 倚凭つて立つ, 備えて, 先へ, 入来って, 公方の, 其夢幻から, 再びしとやか, 出かけて, 出た後, 出会った盗賊, 出来ました, 分つた, 別に, 加減が, 労症だ, 勾引され, 十九の, 十姉妹の, 半立突の, 協力し, 厭がる, 去年から, 又こう云った, 取って, 受付に, 叫びながら, 可哀想でございます, 可愛かった, 可愛らしい口, 同居し, 君を, 呼び返した, 咳を, 喜びさうな, 囁いた, 四人も, 垣根に, 境内の, 売られて, 夕食の, 多いから, 多く見える, 多少の, 夜毎に, 大きな声, 大勢の, 大変な, 大層よく世話, 大阪へ, 女で, 女優に, 如何に, 妹娘を, 姉は, 娘が, 嫁いで, 嫁入りじたく, 嫌だ, 子供の, 学齢に, 実際は, 宮廷へ, 容貌の, 宿帳を, 寝巻に, 寺参りながら, 尋ねて, 小さな裁縫箱, 小笠原流で, 少々白痴美, 少し病気, 尼にまで, 居た事, 居なくっては, 居ませんよ, 居るはず, 山久の, 岩角から, 巡査小学校の, 巾着切の, 帰つて来ました, 常磐津を, 幸うすく, 床に, 店頭を, 引き返して, 引越して, 役人を, 彼此苦情を, 後に, 御好き, 微光に, 忍び込んだらどう, 思いの外に, 思はずあ, 怪しいとでも, 恋に, 恋煩いを, 息せききって, 悩殺してる, 悪人て, 惨殺され, 愚図り始めた時, 感心に, 應とは, 成功し, 戦争を, 手伝いに, 手毬を, 手離され, 折ッて, 拵えて, 振りかへ, 捉まった, 接吻を, 握って, 教えたの, 敵の, 料理人に, 旅よそおいを, 日本着物を, 明い昼中, 昨夜人手に, 昨日米を, 暮らして, 曾根の, 月見を, 望かな, 本気に, 材木の, 来なん, 来れば, 松竹の, 果物や, 株で, 案じまして, 梅干気取りで, 楽しそう, 横ちょと, 横顔を, 欲しいって, 歌ふ, 此歌を, 歸つてから, 死ぬ程, 死んだだけ, 死んだら手前, 死んだ時, 死刑に, 段々成長, 殺されたらしいんで, 殺されると, 殺人放火なぞ, 母親と, 毎日食後に, 毛糸の, 気の毒に, 氣分を, 汚れたか, 決して人, 沈鬱な, 泊り合せて, 泣きを, 泥棒する, 洗礼を, 流感らしい, 涙乍らに, 湯を, 演奏を, 灰色の, 無邪気な, 煙の, 燈心で, 片方の, 物数寄でも, 狭い台所, 玉と, 現われて, 甘んじて, 生まれそれ以来王女, 生れたころ, 生れます事, 田圃道を, 申しますまことに, 留置場の, 病気した, 病院の, 白い歯, 白痴の, 盜まれました, 眉刷毛を, 真白き装い, 着るよう, 知力の, 硯友社時代の, 神経質な, 私に対し, 秋雨の, 突然やっ, 突然弟, 立上つた, 笑うこと, 笠の, 箱根の, 紀伊國屋の, 素よりそれ, 終夜眠った, 結婚し, 給仕に, 継ぎ足して, 緋の, 縛られた様, 繭から, 美しいと, 美婦である, 羞恥まし, 翡翠色の, 聖像を, 肯かないの, 肺が, 脱衣場から, 膝まで, 自尊心と, 臭せ, 舞台に, 船岡について, 花嫁として, 若い医師コルヴィッツ, 若者の, 茶の間の, 草加並木まで, 菜を, 葡萄や, 虫籠を, 行きずりに, 行方が, 袴を, 見えなくな, 見つめて, 見合かたがたお祭見物に, 覗くよう, 親の, 觀音樣に, 言ひました, 訴人し, 話を, 誰よりも, 變ぢや, 豊かな, 貰へるなら, 賞めた, 赤前垂の, 足袋跣足の, 踊りの, 身じろぎしたので, 転向した, 辻辻で, 返答した, 追っかけて, 逆さに, 通らなかったかと, 通るの, 遂に行方不明, 運搬車を, 選定の, 酒の, 野良から, 金糸と, 鎌の, 長屋, 門を, 関白の, 階段の, 集まって, 雪道を, 青菜を, 預かって, 頭から, 頸を, 風邪を, 飛出すかも, 養子の, 馭者を, 騎手と, 驚いて, 髪の, 默然として

▼ 娘~ (3306, 9.2%)

79 連れて 41 つれて 34 嫁に 25 自分の 23 見て 20 相手に 19 殺したの 18 見た 17 見ると 16 助けて, 呼んで 15 殺して 14 伴れ, 妻に 11 貰って 10 持って 9 愛して 8 呼んだ, 手に, 芸者に, 見たこと 7 もらって, 奉公に 6 さらって, ヨメに, 可愛がって, 売って, 娶って, 誘拐し 5 人身御供に, 先に, 女房に, 抱いて, 持つて, 案内し, 殺されて, 知って, 金で

4 [25件] お嫁, こ, ここへ, そそのかして, もって, 不幸に, 乗せて, 前に, 唆か, 大切に, 女郎に, 帰して, 彼は, 慰めて, 探して, 殺した下手人, 私の, 膝に, 見に, 見ること, 見付けて, 誘惑する, 貰うこと, 連れに, 頭に

3 [57件] あなたの, いつまでも, うしろへ, かえして, くれるわけ, して, たぶらかして, だまして, つかまへて, ながめながら, もらうが, やる氣, 一と, 両腕, 二人まで, 何の, 借りて, 売らなければ, 売るよう, 売物, 女中に, 女学校に, 妻と, 守つた邑, 家から, 家へ, 彼の, 御贔屓, 思うこと, 思って, 怨む者, 怨んで, 手籠めに, 抱えて, 抱へて, 捜して, 救うため, 殺した, 殺した相手, 殺しても, 無事に, 無理に, 盗んで, 見つけて, 見初めて, 覚えて, 訪ねて, 誘惑し, 誘拐した, 誘拐しよう, 誘拐す, 誰が, 貰いに, 追ひ廻して, 預って, 養女に, 駕籠に

2 [200件] いじめたり, うちの, おいて, おびき出して, お出し, お前に, お前の, お連れなすっ, きず物, くれと, この家, これだけ, こんなムゴイ目, こんな目, さがしに, さして, さそって, その母, その部屋, たうとう, つかまえて, つかわして, とらえて, どこが, どこへか, ひとっていう, まるで見知らない, めぐるこれ, もつ父親, もつ親, やっても, やらんかと, やること, やると, やるわけ, やる約束, やろうと, よび付けて, よめに, わが子の, タイピストに, 一人つれ, 一人拾っ, 一人持つ, 三両で, 下宿屋の, 世話し, 中心に, 二人とも, 五分試し一寸試しに, 人に, 人の, 他家へ, 伴って, 何うし, 供に, 俺は, 傍に, 僕に, 僕の, 僕は, 元に, 取戻して, 口説いて, 可愛がるの, 吉原へ, 呼びに, 呼び寄せてから, 囮に, 壁に, 売った血, 売り飛, 売ること, 売る者, 外へ, 大事に, 奪って, 好むならそうした, 妻として, 始めて, 嫁入らせる, 孕ませて, 宥めるやう, 宥めるよう, 家に, 寝床の, 寢か, 小声で, 小脇に, 己の, 庭先に, 引き摺って, 引っさらっ, 引っ張って, 引っ張り出して, 引っ担いで, 引張って, 彼に, 待つて, 後に, 後ろに, 御下げ, 徴し, 恋した, 息子の, 想像せずや, 意見し馴れた, 愛した, 慰めようと, 抱く, 拷問に, 拾ったという, 持ったと, 持った親, 持つた親達, 持つと, 持つ親, 探しだして, 探しに, 接吻し, 攫って, 敵に, 斃した, 東国へ, 桂屋へ, 欲しいな, 残して, 殺した奴, 殺す, 殺すつもり, 殺すという, 殺すの, 殺すやう, 殺す筈, 殺そうと, 殺害した, 母に, 渡せ, 源氏の, 父の, 犠牲に, 狙つ, 獲得する, 生かして, 生んだ, 生んだこと, 男に, 盗み出して, 看板に, 眺めながら, 眼で, 私は, 紹介される, 紹介した, 結婚させ, 苦界に, 茫然と, 虫の, 裸体に, 見せて, 見たから, 見た人, 見つけた, 見つけました, 見ました, 見ようと, 見るの, 見ろ, 見出して, 見失, 見失ったと, 見張つて, 見染め, 見比べた, 覗いて, 諭して, 貰いたいと, 貰うつもり, 貰ふ, 貰わなければ, 迎えて, 迎へ, 返して, 送って, 逃がして, 連れたまま, 連れ込む事, 遣ること, 遺して, 邪魔物に, 金に, 金の, 降した, 隱した, 預かって, 預かること, 預けて, 頼んで, 香具師に, 駕籠へ

1 [2127件 抜粋] ああいう, あざ笑つて飛ん, あなた朝から, あまり待たす, ある県判事, あんなに殴, いきなり湯壺, いじめるよう, いっしょに, いとしがっ, うしなったお, うながして, うんと仕込ん, おしつけたおつもり, おどかしつけて, おびやかそうと, おもふ, お世話した, お助け, お呼びに, お救, お渡し, お遣なされた, かう教育, かかえたまま, かく欺い, かすめたいはれの, かっぱらってどうするんだい, かどわかされましては, かどわかす為, かわいがって, きつと, くれた家老, くれるならば, こうした暴れ者, こちらへ, この手, この船, こんなにいじけさし, こんな境遇, ごまかそうと, さがして, さしてさ, さそいだす現場, さらつてその, さる商家, しっかりと, しらないか, じろりとにらめた, すでに何度, そちは, そつと, そのどっち, その室, そばで, そんなモモンガア, たすけたという, ただで, ちょっとここ, つかんで, つけ廻して, つれた佐官夫人ポドトチナ, つれ出張中, でも貰ひたい肚, とどけて, どうしてくれよう, どうでも, どこかで, どこへ, どれほど愛し, なくしあなた, なじるよう, なだめる, のこして, のぞけば, はじめて見た, ひきと, ひき合わせた, ひとりあんな, ひとり留守居に, ひろった嬉し, ほめた, ほんの仮初, まちかねて, みたが, みては, むざと手放す, めあわして, めとった, もつた, もとめるの, やいても, やったり, やらないなんと, やりたいとか, やり過して, やるとか, やる気は, やろうとも, ゆずる心, よこすという, よろこばして, わきへ, アパートの, キズモノに, ソッと, ハナから, ブオンデルモンテに, メリケン兵に, ローズ物に, 一つ沸らせ, 一人もっ, 一人二人月極めで, 一人弟子とも, 一人持てり, 一人案内し, 一人置い, 一室へ, 一段と良く, 一生瑕物に, 三人で, 三度も, 上へ, 不仕合せに, 与えるだろうか, 世話した, 中間部屋に, 乗せたボート, 乗せると, 九条の, 二三人或は, 二人召使に, 二階で, 五六人見た, 亡くしたこと, 亡くして, 京都に, 人間が, 今度の, 介抱し, 他で, 代議士に, 伊丹屋へ, 伜の, 伴なっ, 住み込ませるの, 何うかし, 何だ, 余所に, 供養に, 促し, 信じたかつた, 借りようかの, 偸み見る, 傷つけては, 働きに, 元観殿に, 光也の, 入れるの, 其処へ, 再びそっと寝かせ, 冒涜する, 凌駕する, 出したっても, 初々しく気高くし, 別に, 刺し殺して, 前において, 助けたさの, 助けよう, 助ける工夫, 励ました, 勘当した, 勾引か, 勾引されまし, 匿って, 千兩の, 卷きあげ膽, 友松は, 取って, 取りて, 取り捲いて, 取押えんが, 受け戻すさ, 口説き廻したの, 口説くの, 召上げられ, 可愛がるよう, 叱ったん, 同じくある, 呉れたところ, 呪って, 呼びボンボン, 呼び寄せた善良, 呼び戻しに, 呼出す工夫, 命の, 唯は, 喜ばせようと, 喰って, 国へ, 城へ, 堕落する, 売ったり, 売ってまで, 売らなきゃあ, 売るて, 売ろうと, 外国へ, 夜つ, 夢見て, 大阪へ, 失して, 失った七兵衛夫婦, 失っては, 奥様の, 奪い去る, 奪おうと, 奪略し, 好くでしょう, 好むならその, 妊娠させた, 妻にという, 妾に, 姦し, 娶つた, 娶り伜勇三郎, 嫁がせる支度, 嫁になど, 嫁子にも, 嫌も, 孫策の, 守つた村, 室に, 寄せ集めても, 対象と, 小手招く, 尼院に, 屠り最後, 岩上へ, 差し上げないこと, 差上げましょうが, 巳年の, 幾人も, 座敷に, 弄び復讐事業, 引きとめて, 引き寄せると, 引っぱり出すよう, 引っ攫おう, 引ッさらッて, 引廻せる, 引張込んで, 引止めて, 弟子か, 強く嫌つて, 強迫し, 彷彿させた, 待つたの, 後房, 得ること, 御存じじゃ, 御焼き殺し, 御覽, 忘れ難く, 思い捨てるか, 思ひ浮べた, 怪我さした, 恐しがっ, 悦ばして, 惱ます, 愛したため, 愛すると, 愛撫し, 慰めながら, 慰める言葉, 憎まず必ず, 憎む前, 憶えいたもうや, 懐柔する, 我がうしろ, 或男, 所望した, 手元において, 手懐けさせようと, 手放しては, 手許で, 打ったしかし, 托ける, 抑えたの, 抱いた夫婦者, 抱え起し, 抱きしめると, 抱き上げた, 抱き戻したまま, 抱くよう, 抵當に, 押し付けて, 招き去る, 拾い当てたと, 持ちし親, 持った家, 持っても, 持つくらいの, 持つ家庭, 持てる親たち, 指して, 振り返りました, 捉え淫, 捜し出せば, 据へて, 掠奪に, 探しあてただとよ, 揉み療法, 揺り上げ揺り降しあやし, 撰み, 擁して, 支倉さんの, 救いその, 救い出すの, 救ひ出きなき, 数えて, 文学座に, 斯様な, 旗本へ, 暗黒の, 更に自分, 本當, 東京から, 枕頭に, 棺の, 横手へ, 欲しがる, 此の, 武田晴信の, 死なせるよう, 殆ど水, 殺された恨み, 殺されちゃ, 殺したとて, 殺した上, 殺しました, 殺すなんて, 殺すわけ, 殺す氣, 毒害しよう, 氏政の, 決して名聞, 泣かせたこと, 浅井の, 浪々の, 添えものになど, 渡したしるし, 湯崎へ, 漁りそれ, 火の, 無得心, 無造作に, 熱愛する, 片付けて, 物品として, 犯したもの, 狙って, 狩り集め女, 玩弄に, 生き返えらせたの, 生み三十二歳, 生んだん, 生贄に, 用心深くつれ, 申受け, 疊屋の, 痛々しく見, 発見した, 皇后に, 監獄のよりも, 目白に, 相談, 眞中に, 眺めた事, 睨みつけて, 知ってるの, 知らなかつたといふ, 知るよう, 神前に, 私愛し, 空巣狙ひ, 突飛ばして, 笑わせるもの, 納めたり, 結婚さした, 絞め殺してでも, 縁づけます, 縛った青竹, 縛つて行つていきなり, 縛るの, 罪滅ぼしの, 置き替えたというくらいに, 美雲の, 聟と, 肘で, 育てなければ, 背負って, 脅したり, 腕ずくで, 膝の, 自然思い出として, 舜王に, 船乗りの, 芸者の, 范志清に, 藏の, 袁氏へ, 裸に, 見うしなった初蔵, 見かけたが, 見たいと, 見たい計り, 見たん, 見つけたん, 見なかつたか, 見まちがうだの, 見やりました, 見るだけが, 見れば, 見付けたの, 見又, 見失つたの, 見染めたと, 見直すと, 見詰めたまま突, 覗いた, 覚えてるわ, 親爺さんには, 解き放したの, 訓えて, 訪ねるため, 許して, 認められた上, 誘い出したの, 誘つて見た, 誘惑しなく, 誘拐された, 誰へ, 請出しに, 諸方に, 護りながらの, 負って, 責めて, 貰うため, 貰う必要, 貰ったとしても, 貰つ, 貰ひたいと, 買うという, 賞めすぎ, 贈ること, 踊らせたに, 踊るの, 身請し, 載せた, 迎えようと, 返さないといふ, 返せお嬢さん, 返せとも, 追い来たり, 追つ掛けなかつた, 追立て, 送り出して, 送り届けるの, 逃したの, 連れた新吉, 連れての, 連れ出そうと, 遇する仕来り, 道具なんかに, 遣って, 遣るか, 選ぶだらう, 還して, 金なぞには, 鉈や, 門前で, 際限も, 隣室に, 離すこと, 非凡な, 鞭で, 頂戴したくなけれ, 預けたの, 頼って, 顧みた生月, 食うの, 飾り立てずには, 養つて行く, 首尾好く, 馴らそうと, 駒次郎へ, 驚かすため, 麓から

▼ 娘~ (1840, 5.1%)

38 なって 27 して 17 向って 14 言った 13 しては 12 相違ない 11 手を 10 似て 9 惚れて 8 眼を 7 取つて, 向つて, 声を 6 それを, 化けて, 婿を, 對し, 對する, 目を 5 なると, なろうと, 何か, 死なれて, 聞いて, 話して

4 [17件] しても, なりました, 代つて返し歌, 別れて, 向い, 向かって, 就いての, 成って, 生れて, 結婚を, 肩を, 自分の, 言って, 訊いた, 訊いて, 逢って, 養子が

3 [29件] いいつけて, したと, なった, なつた, なるの, むかって, よくある, ダンスを, 云った, 取っては, 呼ばれて, 夢中に, 心を, 恋を, 戻らば, 扮し, 持たせて, 最後の, 男が, 白羽の, 罪は, 育って, 虫が, 見えて, 言葉を, 譲って, 買って, 違いない, 限って

2 [109件] あって, あつて, あり勝, あるまじきこと, いう許, かかれ, かぎって, かこまれ家族, からかって, きいた, さう言, したか, したところ, すれば, そんなこと, たべさせた, ちがいない, つかましたの, つれられて, どんなこと, どんなに禍, ならうと, なりそう, なるでしょう, なる年配, なんとなく惚れる, ふられた, やって, フラレた, 下の, 不思議に, 二種何処に, 云いました, 云って, 云つた, 代って, 会いたいと, 会ったこと, 何かの, 再会した, 千兩の, 口を, 同情し, 因果を, 夢中な, 如何に, 娘から, 尋ねた, 小児を, 就ても, 左り, 当る人, 彼の, 思いを, 怪我を, 恋した, 恥を, 惚れたり, 懸想なす, 手紙を, 手荒な, 投げて, 抱き起された, 教えて, 料理法を, 斯んな, 暴行を, 書かせたる事論, 朝夕あの, 案内させ, 殺されようと, 比べて, 気が, 注意を, 渡した, 渡して, 熱烈な, 狐が, 猿を, 珍らしい, 生れました, 生れると, 相違ございません, 示した態度, 笑われても, 結婚の, 育つて, 致して, 興味を, 苦労を, 行儀を, 見せて, 見惚れて, 言ひ, 訊ねた, 返つて, 送られて, 通じて, 逢った, 違いなかった, 違ひない, 酌を, 鈴の, 限ったこと, 靴を, 頸を, 頼まれて, 頼んで, 食券を

1 [1221件 抜粋] ああいっ, あずけ子どもたち, あたつた, あったらよろしく, あの声, あの男, あやされながら, ありがち, あるまじき不行跡, あるん, ある方法, あわれみの, あんな飲み助, いうには, いさ, いった, いつまでも, いわせたいこと, うけたらと, うつると, おことば, おさよと, おっつく者, お人形, お暇, お氣, お目, お茶を, お逢わせする, かかりきって, かぎるからと, かっぽれ, からかうこと, かりた肩掛, ききただして, きつと, くやみを, くれたという, けがでも, こういう手紙, こう言った, こき使われて, この俺, この家族, この断崖, これだけの, これは, こんな親しい, させて, さんざん手, しきりに結婚, しちや綺麗, してからが, しなすったか, しろ何, し得なかった人生, すばやく取り上げられる, するが, するやう, ずーっと注意, そうきいた, そう周到, そこまでは, そっくりな, そのよう, その手, その袋, そんな役, そんな苦しい, そんな返事, たった一人, たのみその間, たわむれて, ちかよせると, ちがいねえ, ちよつかひ, つらくあたりました, とっちめられて, とらわれて, どうしてそんな, どうだ, なったかと, なったばかりの, なったり, なった彼女ら, なっちまいましょうネ, なにを, ならなければ, なりかかった何人, なりきつ, なりすまして, なりましたが, なりやがて, なり切って, なり濟, なるけれど, なるまでぐらいの, なる女, なれるの, にっこり笑った, はねられたの, ぱったり出会った, ひとつ接吻を, ぴたと寄り添われた, ふさわしい快活優美, ふられるだから, へいつくばって, ぽうとき, むかつて, もう一度会っ, もしもの, もてろ, もらったの, やさしく問いかけた, やらされ十九歳, やりたいもの, やる皮, ゆり起こされて, よき山, よく似た, よせる淡い, わしの, わるいぜ, エロサービスを, コンナ事を, セルギウスの, テエプを, ビレラフォンは, マルタンの, モシモシなど, 一つの, 一夜の, 一目会いたい, 三光町の, 三十五歳の, 下手人の, 不意に, 与えて, 与え指, 中の間に, 乗りかけて, 事情を, 二度とめぐりあえる, 二度目の, 云い寄って, 云い寄るべき手段, 云う言葉, 五フランやっ, 五月蠅く, 今回も, 仏と, 仕立てそこねたの, 仕立てて, 仕立る, 他人がましい, 代数を, 会いたいでしょう, 会いに, 会うたこと, 会うため, 会ったの, 会ったらいい, 会つた, 会つて君独自の, 会ひ, 伝えられた, 似せて, 似た女, 似わ, 似合わず行儀, 位を, 何事が, 余り聞かせる, 候, 償わして, 優しく云い付ける, 先立たれ知らぬ他国, 入れ知恵つけ, 再び出逢わなかった, 冷やかされたり, 出会いその, 出会うの, 出会つた, 出産の, 出逢うこと, 出逢ったの, 分配し, 刺させたと, 力を, 助けられたらしい, 劫を, 勝せたい, 化けたという, 化粧した, 半襟の, 參つて三月も, 取っとき, 取られようとは, 取入らうと, 受けが, 口紅や, 古風な, 可愛い顔立, 合圖を, 同年位な, 同意し, 同程度, 向い厳か, 向つて言, 向ッ, 告げた後, 味噌漉を, 命じたところ, 問いただしたが, 問ひかける, 噛り付い, 困窮を, 執心を, 変つ, 変わらぬ尽力, 夥しく軽蔑, 大騷, 失望を, 契つた後の, 女学校三年生, 好かれさ, 好んで, 妙な, 威勢の, 婿まで, 嫌はれ, 子が, 安い月謝, 安心し, 宛てた惻々, 寄つか, 寢ず, 尋ねました, 對するいろ, 小つ, 小太郎に, 就いて, 屡し, 山や, 岡惚れし, 左門は, 己が, 帰れとは, 幸あれと, 店番を, 引つ掛り, 引渡され病棟内, 弟子の, 弾かせし琴, 当って, 待遇される, 御宮, 心ひかれ, 忠告する, 忠興が, 怖がられて, 思へて, 思われる事, 怨みこそ, 恋こがれた余り, 恋慕し, 恵み与えました金子, 惚れたでお, 惚れたりとて, 惚れるなよ, 惚れるやう, 惹きつけられた, 愛情を, 感じられたり, 慕われたら愉快, 懸想する, 成り変り, 成果せた, 戯れたぐらいで, 戻つて, 手伝って, 手渡した, 打たしたの, 打たせたの, 打っ衝かる, 托して, 扮する女の子, 抛ろうと, 抱かせてから, 拝顔しよう, 持って, 持てた, 持参金を, 振袖を, 捨てられたの, 接吻した, 握らせて, 支倉が, 教えられる迄も, 敵の, 方る, 晴着を, 暫しの, 會つた, 會つて一時しのぎにと, 望まれて, 本当でございます, 村までの, 案内され, 構わずに, 横溢し, 欠けて, 此の, 此事を, 武家が, 死なれたん, 死なれちや, 残酷な, 母の, 毎日の, 毒を, 気づかれないよう, 気の, 氣を, 水を, 求婚し, 求婚する, 決めたぞ, 泣いて, 注がれた愛情, 浮いた稼業, 浴衣地を, 添はせ, 渡さうとして, 渡しました, 渡すと, 溺れるまでに, 演奏さした, 為ち, 熱中し, 特殊な, 現れたやう, 現在の, 生き永らえて, 生まれて, 生れその, 生れたが, 生れたわたくし, 生れ家庭, 生れ物わかり, 用が, 申し聞けましたら嘸, 男の, 留守番でも, 畜生の, 疑を, 白手套の, 目で, 直ぐ來, 相当する, 相続の, 相談の, 相違なかっ, 看病し, 着せるもの, 知らした, 知らせ度, 知己に, 祟り度, 禁足を, 私は, 移って, 競争者の, 笑われるでは, 筆記させた, 糧は, 素晴しい, 絵の, 綾吊られ, 縋られて, 縋りついて, 縛らせて, 考えは, 聞いたらしく彼, 聞こうかと, 肖て, 背を, 背負さっ, 自分が, 至るまで, 良縁が, 花の, 英学と, 茶ダンスの, 萬一の, 薄くし, 虫気の, 蝗を, 行きあつ, 行儀見習は, 襲いかかって, 見えるよう, 見せたくなってのう, 見せないよう, 見せる積り, 見られたくは, 見られること, 見出されるゆるやか, 見向きも, 親爺を, 言いさ, 言い寄ろうと, 言う, 言ったまま, 言つた, 言はせる, 言われて, 訊いたら, 訊きたいこと, 訊き返さうと, 訊ねたり, 訓えた, 訳の, 詫びるやう, 詫びを, 話しかけたこと, 話しかけられた, 話したい事, 話すの, 語り聞かせた, 説かば, 警告する, 變つて了ひました, 負けようとは, 貰い度, 貰われてて, 貸して, 贈られたもの, 贈りいたずらに, 贈るの, 踊りのてほど, 転りぬ, 軽蔑の, 近くどっかと, 近づき葦, 迫った, 迷いこんで, 追っかけられあんまり, 送ったので, 送られる自筆, 逃げられた今, 通は, 逢う, 逢えば, 逢ったので, 逢ったらそれ相応, 逢つた, 逢つて手代宗次郎を, 逢はせ, 逢ひました, 遇ったの, 過ぎないの, 過ぎなかつた, 道を, 違いあるまい, 違えねえの, 違ひありません, 遜るまじき誠, 遠慮し, 遣ろうと, 遺したもの, 都大路の, 金策を, 長い顎髯, 間違ひありません, 間違ひもなく, 関したこと, 關係が, 附いて, 附与したい, 附添っ, 限つて外形的に, 限つて縛りたい, 限りなく, 非ざる者, 革足袋を, 預けること, 頭を, 頼りきってる風, 顔が, 飛び掛かつて, 食べさせるの, 食わせると, 養うて, 養われて, 養子を, 餘つ, 首縊る, 馳走した, 騒がれては

▼ 娘さん~ (1457, 4.1%)

17 の方 15 のこと 1211 の顔 10 では 9 が一人, だ, の手 8 です 6 が, がある, がお, ですか, のよう, の話, はお, はその, は私 5 であった, である, と一緒, のお, の一人, の心, は何

4 [13件] が二人, さ, と二人, と同じ, なの, の白い, の立つ, の笑, の肩, の肩揚げ, の胸, を, を見た

3 [20件] がい, がきれい, がゐ, が來, が来, が職業, だちよ, だった, ですが, ですね, ですよ, というの, と結婚, のお家, のため, のほう, の家, の気持, の着物, はきっと

2 [125件] お早う, か, かえ, かね, か知りません, があの, があります, がいかにも, がいたでしょう, がいる, がお茶, がきつ, がけつ, がすらり, がその, がだまり込ん, がどんな, がひとり, がまた, が先生, が居ます, が居る, が帯, が帰っ, が此方, が死ん, が浮気, が確か, が立っ, だか, だから, だが, だけです, だそう, だと, だね, だろうと, で, であつ, でした, でしたが, でしょうね, ですから, ですもの, でも, と男, にそっくり, にその, になっ, になりました, にはまるで, に呼びかけられよう, に哀願, に声, に最後, に求婚, に無造作, に見せ, に話, に逢う, の, のあご, のいる, のところ, のはひつ, の上, の両親, の中, の丸い, の傍, の初心, の前, の厚ぼつ, の右, の名, の夜眼, の姿, の履物, の微細, の感情, の敵, の様, の母親, の注意, の父親, の細い, の膝, の茶道, の親権者, の言葉, の重たい, はあなた, はある, はかう, はきらり, はせつせ, はどう, はどうして, はふり返, はほんとに, は三間, は僕, は寂しさうな, は小さな, は帯, は玄関, は男, は誰, は赤い, は隣り, は顔色, は驚い, は鼻, も平気, や女中たち, よ, よ今更, よ河, よ貴女, をあくまでも, をそこ, を引止め, を救う, を見つけました, を誘きだし

1 [906件 抜粋] え, かからの返事, かは知らない, かも知れない, からはい, から一鑵, から手紙, から評判, から赤い, があっ, があつ, があり, がいた, がいま, がう, がうなだれ, がお母さん, がきのう午後, がこんな, がさした, がさるぐつわ, がしらべ, がそこ, がたいまつ, がたがおられる, がたった, がどうやら, がなくなりました, がひとり店番, がふえ, がふたり, がほし, がまず, がまわり, がよく, がわっ, がサラダ, がタクサン, がランプ, が一度, が丁度洗濯物, が上海, が丸善, が乗る, が云いました, が仕舞, が代り, が伊賀井家, が余暇, が停車場, が僕, が先月十三日, が出前, が十五, が危ない, が又, が友達, が墓参り, が大きい, が大平氏, が女優, が娘時代, が嫁, が孫, が家事, が少々, が廃嫡, が影身, が或, が手拭, が押しかけ, が揃っ, が方々, が昼, が暴漢, が本所松井町, が来る, が正直, が毎日貰い, が気に入っ, が洗濯, が独り, が病ん, が病気, が眼, が立上つて網棚, が第, が続々, が羊, が聞いた, が芥川, が虚弱, が見え次第, が越後, が迎え, が部屋, が間もなく, が青森在, が黙つ, ぐらいになる, こそは日本一, さえみれ, じゃき, じゃない, じゃア, そう無闇, だがね, だけだろう, だけの考, だこの, だし, だったもん, だったらやはりすぐさま, だって, だって帯, だという, だとは, だとばっかり, だねえ, だろう, だろう無理, だ私, でありながら, であり平々凡々, であろうコーヒー, でいい, でことに, でございますから, でさえ, でしかも, でしたので, でしたよ, ですぐ, ですこぶる, ですと, ですねえ, ですの, でちょいちょい, でなくなるわけ, でやっぱり一躍, でリーヂア・ミジーノヴァ, でリーヂア・ミージノヴァ, で内田さん, で夜間女学校, で女子医専, で学校, で殊に, で毎日あそこ, で牧野さん, で絵の具, とあ, というもの, といった風, といふ, とお, とが迎え, としてはそう, としてはそれら, とその, とてもすっきりし, とでもいった, との区別, とはちょっと, とはまるで, とは云, とは思えない, とは身禄さん, とふたり切り, とふと, とも君, とやらを預かった, と世間話こ, と云った, と云われる, と仲, と共に来, と別れる, と変わった, と尾道, と市民, と息子, と松原, と母堂, と知り合い, と私, と話, と道行, と養女, なぞは誰, などはそれ, などは坊さん, などを見る, など誘っ, ならともかく, なら来る, なり, なんかもひどい, なんて方, にあう, にお, におしろい, にかかり合い, にくどくど, にこんな, にたずねた, にとっていい, にどう, には主人, には何, には眞劍, にまだ, にもあきれた, にもお, にも可愛がられたろう, にゃ喧し屋, にわたす, にシートン, に云っちまった, に会い, に会いたい, に会った, に会ったでしょう, に出逢う, に十五円, に孕ました, に対する仲人, に御, に思われたい, に恋人, に指, に来, に気永, に洗いざらし, に男, に紙包, に腕, に行き, に視線, に訊く, に逢, に進げ, ねあれ, のいう, のいじらしい, のお産, のきょう, のし, のその, のつもり, のなだらか, のひとすじ, のや, のよろこび, のゐる, のスミス嬢以下, のハイカラぶり, のピアノ, の一家, の一途, の三つ, の上手, の乗る, の云った, の人生, の伯母, の健康, の出生, の印象, の口調, の可憐, の周囲, の墓, の売り子, の大きな, の婿, の字, の寫眞, の差し出す, の年頃, の影, の後姿, の心もち, の忙, の恥, の指図, の数, の旦那さん, の書いた, の木ぐつ, の死骸, の気分, の活花, の理由, の生活, の生活感情, の由, の相, の眼, の稚い, の精神, の結婚, の結婚式, の聲, の胸掛け, の舞, の行った, の裸, の親達, の言われる, の身, の身上, の部屋, の阿古耶, の頃, の風俗, の馬車, はあり, はありゃ, はい, はいくらもともと, はうけ, はうつむき, はうなづいた, はおそらく決して, はけさ母親, はこの, はこれ, はさぞ, はさっきお話し, はしゃがん, はすぐ, はずいぶん, はそっと, はそれ, はたしかに, はだいぶ, はちら, はつよく, はつんと, はどうしてずっと, はなるべく, はにこり, はまじめ, はもう, はやがて, はよっぽど, はアルバイト, はウードレー, はドチラ, はバス, はベッド, はロンドン, は一口, は不機嫌, は中立, は二年, は今, は今離れ, は何歳, は余り心配, は先刻, は全く, は内心, は十六位, は又, は叔父さん, は同じ, は呟いた, は国, は土芥, は大, は奥, は実に, は川, は幾つ, は床, は弁当箱, は得意さうに, は恐らくそう, は拭き掃除, は掘り出しもの的逸品, は搾り, は數, は日本じゅう, は束髪, は死ぬ, は段々, は牛, は町内, は略二流どころ, は眼, は窓, は笑つて, は素直, は絶世, は肺, は興奮, は芝居, は蒼い, は裁縫, は見つくろわれる, は起き, は身分, は迷わなかった, は部屋, は雇われ, は青菜, は顏, は飛ん, は黙った, へよりも私, ほど同時に, までのぞき, まで有る, もありました, もあるでしょう, もお, もどう, もはじめ, もゐました, も世間, も京都, も何, も僕, も力, も呆れたらしく, も家, も小, も招待, も来, も気, も清元, も自分, も若い, も襦袢, も連れ, も頑張っ, も顔, やはたき, やらだけが相手, や前垂れ, や小さい, や後家さん連中, や絶えず, よりもっと, より一寸, らしい, らしい人たち, らしい自然さ, をお, をくやし泣き, をしくじらせたくない, をそういう, をたのむ, をちら, をつかまえ, をとに角女学校, をのぞまない, をまず, をみつけた, をもともと, をよろこばし, をわたし, を一人, を不幸, を乗せ, を今, を出した, を助けよう, を始め, を守る, を導い, を廊下, を引き取ろう, を心配, を思い出し, を恨ん, を拾おう, を支え, を放し, を殺す, を獲得, を相手, を私, を私ども, を結婚, を美しい, を見せ, を見る, を貰う, を身内, を追いまわす, を醜業婦, を雇, を預かる, 何だかとんだ, 御両親, 気取つた青年, 泣いても, 若い行商人さん

▼ 娘たち~ (1190, 3.3%)

12 のこと 10 のため 9 の中 8 はその 6 の群れ, の間 5 がその, である, の心, は 4 がい, だった, というの, の生活, の顔, はこの, はみんな, は声, も苗代田

3 [19件] といっしょ, のする, のところ, のなか, の世話, の前, の大, の好み, の笑い声, の部屋, はおかあさん, はどう, はまだ, は後, は自分たち, は顔, もまた, よ, を見た

2 [53件] か何, がき, がこれ, がぞろぞろ, がめいめい, がもし, が合唱, が帰った, が春着, が美しい, が顔, が麓, だと, とは反対, と同じく, と幾人, にとつ, によく, に取り巻かれ, のあいだ, のうち, のもの, の事, の優しい, の口, の声, の好奇心, の手, の方, の白く, の眼, の笑い, の縁談, の耳, の胸, の話, の身の上, の青春, の面前, はいつも, はそれ, はただ, はもう, はよく, は口々, は売笑婦, は夫, は彼, は結城ひろ子, は踊, をつれ, を助け, を連れ

1 [920件 抜粋] あるいは村, からは姉さん, からマリユス, から引き, から或, か遠方, があの, があらわれ, がいう, がいます, がいる, がからかっ, がその間, がそろっ, がだんだん, がどうして, がどこ, がどんどん, がどんなに, がねむ, がはたらい, がふびん, がほとんど, がまるで, がやがて, がよく, がゐた, がムーア人, が一心に, が一斉, が三味線, が並ん, が二人夜着, が五六人それ, が付け, が似, が何, が何十人, が健全, が入院, が内庭, が冬物, が列, が前かけ, が同期, が夕顔, が大きく, が天香さん, が失業, が嬉し, が孫, が宵, が密集, が居る, が屈辱, が年ごろ, が店, が彼等, が快活, が急, が怪しむ, が手, が放縦淫蕩, が数多く, が映画, が朗らか, が朱骨, が樹かげ, が機会, が殊更, が汗, が派手, が海辺, が甘い, が男装, が相当, が短い, が空論, が笑, が笑い, が綺麗, が縁結び, が胸, が色気違い, が若者, が落ち, が調子, が踊っ, が逞しく, が道ばた, が長椅子, が隣近所, が集る, が靴, が騒ぎました, さえ設けた, だけが住ん, だけで, であった, であつ, であろう, でさえもいつか, ではない, で二三十人, で照陽女学校, とあう, という種類, といろいろ, とおんなじ, とが包み, とが押し, として亡くなつた, とそれ以上, との優雅, との子孫, とはこれ, とはどうして, とは調和, とも相談, とラジオ, と事務的, と判りました, と別れ, と同様, と情事, と教え子たち, と毬, と矢代初瀬, と近づき, と遊んだ, なぞはいずれ, などを入びたり, なの, に, にお, にかか, にこの, にすすめ, にその, にたいへん, にだしぬけ, にとって毎年, にとつて, になる, にはかせ, にはその, にはたして, にはっきり, にはもう, には大, には役者, には甚だ, には隠し, にまじっ, にまたは, にもてる, にもなんとも, にも知れました, によって隠され, にわたし, にタイプ, に云った, に健康, に六時間位, に処女, に占領, に口笛, に問, に宛てた, に対して必要, に対する一種, に對, に恋, に手, に接吻, に教え, に書いた, に歌, に気づかず, に気の毒, に洗, に潜まっ, に申し渡した, に知られ, に自由, に自覚, に見せ, に誘われ, に負う, に身, に階段, に頒, に顔, のあ, のあと, のいる, のからだ, のぐるり, のす, のなりわい, のよう, のスカート, のヒバス姫, のベッド, のメリンス好き, の一団, の下, の争い, の人形, の仕事, の代表, の仲間入り, の体勢, の作業室, の内親王, の到底, の友情, の合唱, の名, の周囲, の問答, の喜び, の報告, の声々, の多く, の女, の好意, の娯楽, の婿さん, の嫁, の子供, の室, の家, の寄合, の尻, の居間, の幸福, の待つ, の後ろ, の心理, の恋愛, の愛情, の感情生活, の打ち振る, の文化水準, の日常生活, の案, の楽し, の死物狂い, の気にいる, の気持ち, の活, の淫ら, の渇望, の濃い, の無事息災, の物語, の生花, の痛ましい, の目, の目立つ, の看病, の空想, の組屋敷, の縦列, の肉親たち, の脅え, の自己主張, の至極, の草, の行進, の視線, の評, の賑やか, の身だしなみ, の身辺, の透き, の開放性, の面倒, の靴音, の顴骨, の髪, はああ, はあまりに, はありふれた, はあんなに, はいったん, はうっすら, はおいしい, はおそらく, はきっと, はきれい, はぐち, はごく, はじ, はぞろぞろ, はだしぬけ, はだれ, はちょっと, はつまらない, はどの, はなかっ, はなんだか, はの蜘蛛庄屋, ははいっ, ははじめてたいへん, はひどく, はふき出し, はほん, はまるで, はみな源内櫛, はみんな甲州, はむろんまだ, はもちろん, はやがて, はやはり, はよかれあしかれ, はわたくし, はオクサーナ, はシンデレラ, はハイカラ髷, は一向, は一斉, は一目, は上, は不安, は両方, は二人, は互いに, は今, は今日, は仕事, は伊勢參, は体, は何げ, は何れ, は來, は偶然, は充分, は初め, は刺繍, は勇ましい, は参詣, は可哀そう, は同じ, は喜ん, は国, は夕飯, は夜, は大きな, は大野木, は天上, は奥さん, は子供, は室内, は密集, は小児科医, は山桃, は張りきっ, は彼女たち, は御身, は思わず, は恐がった, は我, は救われない, は新しい, は日, は明るい, は晩, は案外, は様子, は泣き顔, は淡, は父, は田舎, は男, は皆きれい, は直観, は真面目, は眼下, は私たち, は笑い, は笠間由子, は精神的, は編下げ, は美しい, は考えた, は花, は花壇, は若い, は菊池寛, は華やか, は袖, は親, は觀音さま, は訴える, は誰一人, は赤き, は軽く, は返事, は造花, は都, は金切り声, は銭湯, は阿古村, は雑草抜き, は驚い, は鮨, ばかりだった, ばかりでなく, ばかりを眺め, へのそれ, への対抗意識, へわからせ, へ手紙, までがやはり, までが惡口, までワーイ, もあった, もある, もこのごろ, もそこ, もそれ, もひとたび, もみんな彼, もゐた, も二人, も仕事着, も北海道, も周圍, も女, も学校, も平生, も思いがけなく, も文彦, も気, も沸く, も狼, も笑つた, も見えた, も驚い, や子供, や若い衆, や賑やか, や金井, よりは百層倍, よりもまし, よりも藤典侍, をあずかっ, をこの, をすっかり, をそれぞれ結婚, をたいそう, をどう, をひとり, をまどわす, をやつ, をわが, を一人前, を一通り, を乗せ, を元気づけ, を八王子辺, を出迎え, を医者, を呼ぶ, を喜ばせた, を天皇, を妹, を寝床, を引受け, を御覧, を恐れた, を感嘆, を慰め, を手もと, を持っ, を掠っ, を救った, を教, を案内, を横, を残し, を玉, を相手, を眺める, を空, を美, を脅した, を花, を見かけた, を訪ねた, を財産家, を迎える, を追っかけ, を銭湯, を集めさし, を雇, を飾り立て, を魅惑

▼ 娘~ (1154, 3.2%)

43 一緒に 26 二人で 17 いっしょに 13 結婚し 10 結婚した 9 なって, 結婚する 8 いっても, 恋に 7 手を 6 口を 5 あれば, なった, 一しょに, 三人で, 云うの, 夫婦に, 思って, 話を 4 並んで, 二人きりで, 母親の

3 [21件] あっては, いうので, いふと, いふに, 一しよ, 一人の, 二人の, 云ふ, 仲よしに, 何か, 同じよう, 娘の, 知って, 私と, 私の, 私は, 結婚させ, 肩を, 話して, 道連れに, 離れて

2 [72件] あの人, いうと, いうよりは, いって, きまって, この小, すること, する予定, すれば, その婿, その母親, それからもう, それが, それを, です, なつて, 一年近くも, 一所に, 一緒にな, 一緒の, 不義を, 九歳に, 乳母とは, 二人きりに, 二人きりの, 二人だけで, 云うもの, 仲よくし, 仲直りを, 信じきって, 出来合って, 劉さん, 十日あまりも, 同じやう, 同じ屋根, 夢の, 妹娘が, 姪が, 婚約した, 嫁は, 家族の, 小児と, 少年が, 往来で, 恋を, 恋仲に, 息子を, 暮して, 朝早く, 枕を, 泣きわかれ, 父親は, 申しますの, 申すの, 男との, 男の, 相思の, 私との, 私とを, 結婚を, 聽く, 自分と, 興哥さんを, 芝居を, 若い男, 虎之助という, 見えますな, 見て, 話しながら, 連れだって, 遊んで, 顔を

1 [739件 抜粋] あって, あなたが, あの通り, あは, あるからは, いいまた, いい家庭, いい父親, いうから, いうが, いうだけ, いうては, いうほどの, いうより, いえば, いがみ合おうとは, いたずら事など, いったが, いつて, いはれたお, いまリストリア王国の, いわず女, いわれるお次, いわれるべっぴん, うたわれ今, おかしくなっ, おじいさんとの, おふくろ, おやこ三人, お坊ちゃん, お由, きいて, きいても, くらすも, くらべもの, こうやっ, ことわらなくても, この年寄り, この秋, これからずっと一緒, これだけの, さし向い, さへ, して, しやべ, すつかり, すなどり男, するならいうまでも, すれちがいながら, そう話す, その二人, その伴, その友達, その周囲, その娘, その年頃, その後を, その母, その父, その相手, その親人, その身上, それは, それより, そんな仲よく, たッ, ちっとも違っ, ちよいと, つきあっては, つつましい恋, であった, であろう, であろうが, どうとやら, どうやら懇意, なったただ, なった今, なつた, ならんで, なりこの, なり大きな, のんだくれは, はきゃっきゃっと, ばったり目, ひとりの, ふたりで, ほかの, ぼそぼそ話, またおなじ, まるで前, まる一年, みえる, もう一人, ゆるゆる, よく似, よく広い, よばれた岸田俊子, よぶ者, わけが, わけても, オリヴィエの, カルタで, クログスタッドの, セムシ詩人じゃ, チチコフについて, テンバという, ヒロシの, ヒロシ二人ならべ, ユダヤの, ランプを, ヴェイルの, 一しょにな, 一つ寝, 一処に, 一年も, 一緒だ, 一緒では, 一緒にじゃあねえか, 一緒や, 七つ八つの, 七兵衛との, 万次郎と, 三人ぐらし, 三人づれで土産を, 三人に, 三人暮らしで, 三十許り, 三平を, 三日も, 上杉家の, 下女の, 下女を, 不可抗力的な, 両方とも, 両方の, 主人の, 主従以外の, 乳母, 乳母の, 乳母を, 二人きりしか, 二人ぎりでございます, 二人し, 二人っきりです, 二人切りで, 二人暮しであります, 二人相對しました, 二人黒犬を, 云いながら, 云い交した事実, 云う外, 云う訳, 云つた感じの, 云つた風の, 五人で, 交際する, 今の, 仕事着の, 代るだけ, 仰せられ候, 仰っしゃっておいででしたが, 仲の, 仲よしだった, 伊勢生れの, 伜が, 何ごとかを, 何にか, 何時の間にか紳士, 何等かの, 佯って, 來ては, 倅の, 偽って, 僕とに, 僕とを, 兎角の, 入れ違いに, 六七歳の, 六十の, 共に恙も, 共通な, 其が, 其の父, 其奴と, 出あふ通り, 出あふ道, 出合つた時は, 出會つて, 出来て, 出来合ったらしいという, 刀を, 分ったの, 分つたの, 分つても, 判つたらう, 別れた, 別れること, 別れる悲し, 別棟に, 割ない中, 加藤や, 勇ましい軍人, 十二に, 十五六の, 十名の, 千菜物は, 南洋で, 友達に, 取膳, 古風な, 可愛らしい男, 同じく彼女, 同じぐらいに, 同じに, 同じ人間, 同じ形, 同じ心持, 同じ死に, 同じ目, 同じ考え, 同じ腹, 同様であった, 同様に, 同級だった, 同舟させ, 名に, 名は, 名乗って, 名探偵, 向あ, 呼ばれて, 呼ぶには, 呼んで, 喋りたい気, 噴水の, 四人で, 四疊半の, 四郎と, 土地で, 坊さんと, 変な, 夏川との, 外には, 多見, 大そう, 大学生の, 奉公人ばかり, 奉公人ばかりじゃ, 契りを, 女中が, 女中きりだった, 女中の, 女中ばかり, 女中を, 女学校で, 妹娘は, 妻に, 妾と, 姉とを, 始終落ち合ってる, 威張つたお, 婆さんとには, 婆の, 婆やを, 婚礼する, 婢の, 婿の, 婿殿を, 媼の, 子供の, 子供は, 孟とが, 学校の, 孫とを, 宰相の, 家を, 寄り添つて, 密通した, 対いあっ, 対い合う, 対置し, 将来を, 小作兼自作農の, 小僧が, 小学生の, 小母さんが, 少しも, 山分けと, 山田という, 岡っ, 差向, 差向いで, 平次だけ, 年とった, 広いつるつる, 床を, 店の, 役所の, 彼女の, 後に, 後家が, 後家は, 得体の, 御家人との, 御自分, 心は, 心安くし, 怒って, 思い込んで, 思う拵え, 思ったこと, 思われて, 思われるの, 怨霊の, 恋と, 息子, 息子とが, 悲嘆に, 想いあいこの, 感じた者, 戯れて, 所帯を, 手代の, 手代ふうを, 手習朋輩で, 折重っ, 接近する, 摺れ違, 擦れ違ったとき, 支那軍閥を, 文の, 文通しだし, 新吉の, 新造と, 日本の, 昔約束を, 時間を, 書生として, 末の, 本当に関係, 来た日, 来て, 来ては, 東山堂へ, 染井の, 榊の, 正式に, 歩けること, 母であろう, 母との, 母に, 母親のみにて, 母親は, 比較すれ, 気どられないよう, 水入らずの, 浩一郎さん母子に, 深い仲, 深い恋仲, 混ぜて, 添ふ, 清次郎とが, 炭屋とは, 父の, 父母, 父母親と, 玄徳様とは, 王冠を, 王子とでは, 生きたたかって, 生れ英語塾, 産まれたこの, 用人の, 田鶴見の, 甲賀町の, 男から, 男は, 町人らしい, 畑の, 番頭は, 白いパン, 白髪小僧を, 盲目の, 相乘, 相対し, 相愛し, 相談し, 相酌, 眼を, 睨んだが, 知っての, 知り合ったが, 知るや, 知れば, 知合いに, 祝言しなく, 祝言を, 私だけ, 称する二寸, 種々な, 種々名残, 立ち話を, 競争し, 約束が, 約束し, 結びついたの, 結婚さした, 結婚したい, 結婚したかった, 結婚しました, 結婚するなら, 結婚なさる, 結婚養父母は, 縁組が, 縁談が, 美しい柄, 聖像を, 聞くと, 肉体の, 育ちました, 膳を, 自分が, 自分との, 自称し, 船大工, 良, 花とを, 若い武士, 若い男達, 若者は, 若造は, 茂太郎が, 茂太郎とが, 菊之助さん夫婦は, 蔑視まれつづけ, 虹ヶ浜の, 行くゆくは, 街の, 衝突し, 見えますでございますか, 見えるトルコ風, 見こんで, 見て取った, 見れど, 見れば, 見極める外, 親しかつ, 親しく口を, 親しそう, 親とは, 親の, 言いたいくらい, 言いまた, 言い恐ろしく, 言い触らした女達, 言った方, 言つても, 言ふ, 訣れてから, 許嫁, 評判され, 評判された, 話す, 話すの, 語り合って, 論争した, 警部, 財産を, 赤鍋と, 踊の, 較べて, 近所の, 通じること, 逢引を, 連立って, 連立つて, 遊んだもの, 違い落着, 違う情熱, 違つて何んと, 違ひ, 酒を, 野合の, 金を, 鈴木女, 門並變な, 関係が, 関係を, 関係出来る, 雑談を, 青ぶくれ, 順に考え, 顔なじみに, 飲んだ後, 養女の, 馴れ合ったの, 馴れ親, 駈け落ち, 駈落ちを, 黒いパン

▼ 娘~ (768, 2.1%)

60 あつた 9 ござります 5 せう, 年は 4 名は 3 これは, それが, でも, 名を, 年の, 私には

2 [36件] あつて, あらうが, いるの, いる間, お品, お絹, ござりました, せうか, せう親分, な, ね十五六の, 一人は, 二十六の, 今は, 今年十八に, 今度のは, 他の, 八百峰の, 品吉と, 四五年前まで, 家には, 家中で, 容易の, 尋常一年生だ, 弟は, 持って, 有ったの, 殺された姉, 母親の, 父親に, 私の, 自分より, 至つて粗末な, 近いうち, 酒井家に, 野良仕事の

1 [595件 抜粋] ああやっ, あそこの, あっしと, あつたお, あつたさうである, あつたさうです, あつたの, あつたらう, あどけなく可愛らしいうち, あらう, あらうピアノ, あツ, い, いくつに, いたほう, いた頃, いましょう, いられるに, いる, いろ男, おきみと, おしゃべりで, おぢ, おつきあい願っ, おみよ, お乳, お初といふ, お勢, お十三, お孝さん, お才, お文, お染, お梅, お気の毒, お琴, お町, お百合, お茂世さん, お通, お露, かなりの, がんす, きびきびした, きゃしゃに, げすな, こいつは, ここに, ここにも, ここへ, こちらが, ことし十八に, ことし十六に, このま, このまま, この三月青年学校, この十九, この娘, この婦人, この朝, この朝井家, この界隈, この陰慘, これ, これまでに, これも, こんなこと, こんな奉公, ごいす, ござりまし, ござりましたなら, さうし, さきに, さして綺麗, さっさと読ん, さへ, さァ, さ一時, しかも変死者, しかも父母, しかも自分, しとやかに, すぐれて, すこし寡言, すでに三人, すべての, せう主人, そのうち, その上, その可愛らし, その四肢, その姿, その店, その情, その燃え立つ, その身体, その頃, それで, それに, それは, それ相応な, そんな事, た, ただに, ただ世間並み, ちょっと目, ついて, つい独断, とても自分, とにかく詩画, どこと, なくして, なんの, なア, ね我輩, はござりますが, はなしさ, ひとりは, ひねくれた所, ふと餘計, ほかの, また娘, また箏, まだ十七八, まだ嫁がず, まだ小学校, まだ禿, まだ自分, みそのと, もう七十何歳, もう二十近く, もう十九, もつれて, やせて, やはり辛苦, よそへ, わたしの, ゐた頃, ゐながら, アリス, エレクトラか, カフエエの, カーチャという, コレット・ストゥヴァンという, スペイン式な, ニイナ・ニコライヴナと, ネリという, バーテン君が, フリーダという, ホルンと, ミコの, モナミだつた, リュシー・ド・ヴィリエという, リユボチユカといふ, 一九二五年に, 一人で, 一時筑波辺で, 一枚書い, 一男二女の, 丁度好, 七歳の, 三十五とか, 三年あとから, 下女などに, 下女代りに, 世に保護者, 両国中の, 両家の, 両親とも, 二三日前東京から, 二人の, 二人ばかり, 二十三まで, 二十三歳です, 二十二に, 二十二才だ, 二番目が, 五六年前から, 京都では, 人なんか, 人に, 人樣に, 今でも, 今の, 今まで, 今夜の, 今年二十二にな, 今年十九に, 今年十四に, 今年十歳に, 今度嫁に, 仕事でも, 他家の, 令嬢と, 以前は, 伝右衛門との, 伯母の, 住所も, 何の, 何んにも, 侍従という, 俗に, 健康そのものの, 元々父母, 兄元太郎の, 兄媛弟媛という, 兄貴は, 先達て亡くなりまし, 兩國中の, 八つに, 八五郎の, 八人芸の, 八年前に, 六次三郎とやらが, 円髷に, 出るという, 出獄する, 初枝という, 別に華やか, 前に, 前の, 前夫も, 勉強の, 勝手に, 北野家に, 十一に, 十七年の, 十七歳でいらっしゃいました, 十九これは, 十九に, 十二三に, 十八歳に, 十六歳, 千両の, 千代之, 去年女学校を, 口もとが, 可い, 可哀そうな, 可愛いお, 可愛らしくて, 可愛らしくも, 合掌は, 同じく喪服ずくめ, 同じよう, 名高き青柳子爵, 和服好み, 咲耶子という, 商売に, 商売の, 喜三郎の, 喫茶店に, 四郎を, 土地に, 土堤の, 堀江で, 堅気で, 士行氏と, 外に, 多助の, 夜遊びに, 大した働きもの, 大勢の, 大層な, 大柄で, 大根畠という, 女と, 女医学校を, 女子大学に, 女学校の, 女学生に, 女學校を, 姉が, 姉の, 姉のる, 姉は, 姪の, 子供, 孤児の, 孤兒にな, 学校から, 学校に, 客商売には, 家の, 容貌も, 富本の, 寺西家の, 小さい頃, 小さく愛くるしいの, 小坂部という, 小粒で, 小締め, 小説家らしい, 少しの, 少し赤ら顔, 居た時, 居りゃせん, 左の, 帰って, 平常店の, 平林の, 平次には, 平生は, 年増っぷりの, 年頃に, 幸福な, 幼い和助, 幼年の, 当年とっ, 当時私が, 彼の, 彼女が, 彼女の, 彼女を, 後冷泉帝の, 後朧月夜尚侍と, 御座えま, 御武家方, 徳之助と, 悲しげ, 情熱は, 慶応三年に, 成程, 或は来る, 手蹟なども, 拙者とは, 持参金を, 揃いも, 文之, 新田部皇子, 新銘撰, 日本の, 旦那は, 早くから奥住女史, 早くから母, 明治五年に, 昨日から, 是寺へ, 昼の, 暇が, 最も光輝, 最初の, 有った, 有ったん, 有りますけれ共, 服装も, 朝から, 本來, 本名を, 本多長門守様の, 本田さんとは, 本當, 朽ちて, 村一番といふ, 来る, 東京へ, 東山に, 染吉の, 楓という, 極力父, 横肥り, 檜垣の, 次が, 此の, 歳は, 死んだと, 殆ん, 殺した太子, 毎月八日に, 毬の, 気が, 気立ても, 氣が, 氣の, 氣象者で, 永らくロシヤ, 決して美人, 泣顔の, 活玉依, 涼みに, 淡路守の, 深山と, 清水谷の, 災後の, 無口で, 無雑作, 熱い荒っぽい小さな, 父は, 王が, 琴と, 甚蔵の, 生まれると, 生れると, 由井正雪の, 男との, 町の, 町内でも, 病気, 白い肌, 盛子といふ, 目下軍師自ら熱心に, 目鼻立ちも, 目鼻立ち何処に, 直樹の, 相手も, 眼つきと, 祐吉の, 神を, 私と, 私どもは, 私は, 私も, 私より, 私を, 笛を, 筆でございます, 紅矢の, 紺地に, 結婚する, 綺麗でも, 織物を, 繻子奴に, 繼母の, 羊飼い, 美しくて, 美しくは, 美しさ, 美人だ, 美人を, 義理が, 義理は, 而かも, 而も, 脚が, 腕が, 自分とは, 自分の, 自殺を, 芝居の, 花世の, 芸妓に, 荷の, 莫大な, 萬一顏に, 蒼白い顔色, 薫さんという, 藤六の, 藤波金三郎と, 行く, 行人の, 行儀見習といふ, 親たちにも, 親は, 親兄弟, 親父の, 親父は, 親爺と, 親達も, 角力取りの, 言わば恩人, 計り炭屋へ, 許嫁の, 訳あっ, 誠にこれ, 誰にでも, 調布の, 踊は, 身内も, 身許も, 身體が, 軍人を, 近くこの, 近所の, 近所同志の, 迷ひ込んだ, 這入る, 通して, 通ります, 遊学の, 遊戯的な, 道徳心も, 遠い縁続き, 都合四人ぐらし銀行に, 金色の, 金髮だ, 間に合わそか, 陸軍大尉と, 随分美しい, 雄之進の, 雨の, 非常に, 頬は, 顎十郎とは, 飛騨小町と, 驚きまして, 高音という, 髪が, 髪の毛が, 鵙屋の, 鼻唄交り

▼ 娘~ (720, 2.0%)

9 ある 5 いた 4 それに, それを, 一緒に, 出て

3 [13件] あった, あつた, あつて, いる, その時, どこかに, ゐた, ゐる, 二番目の, 今は, 女房も, 娘だ, 息子も

2 [38件] あって, ありました, あるが, あること, いて, いるん, おれの, ことに親類, この頃, さすがに, そうし, そこに, どうした, また自分, もう年頃, 下女も, 云ふ, 今では, 口を, 声を, 変り者です, 女だ, 妹娘も, 帰って, 消えて, 無言の, 生きて, 甲斐, 眼を, 私の, 笑いながら, 老いて, 蛇も, 行くところ, 親も, 進んで, 閉口いたし, 静に

1 [575件 抜粋] ああし, あちこちに, あったせい, あの日, あり, ありません, ありませんから, あり某家, あるいは素晴らしく美しく, あるくせ, あるそう, あるの, あるので, あるよ, あるよう, あるん, ある自分, あれで, あれば, あろうし, あんまりわさ, いうもの, いずれ嫁, いそいそ連れられ, いっさい除外された, いった, いつか十七八に, いつし, いつまでも, いなければ, います, いや娼婦, いよいよ手許, いるか, いるかも, いると, いるな, いれば, いろりの, うるさい存在, おおまかで, おかあさんの, おかみさん風, おくれじと, おとなしく井深君, おとなも, おまえを, おりませず, おれば, お前の, お屋敷奉公, お招, お比丘尼さま, かわいそうでした, ここらの, ことしはや, このお, この間の, これを, こんな楽しい, こんな気, ございましょう, さう言, しあわせだ, しっかり者, しようがない, し天上仙家, じりじり痩せ, すぐあの, すこし困っ, せめて, そういう一瞥, そう言いました, そえも, そこで君, そこへ, そして日本娘, そのうしろ, そのひとり, その声, その娘, その定期金, その席, その後は, その後行方の, その母親, その百姓, その若い, そばへ, それつきり, それにつれて, そんな事, ぞっと身, たいへんしあ, たくさんある, たくさんいる, たつた一人, たまらなくなっ, だ, だいぶ栄養失調, だまって, だんだん大きく, ちょっと面, ちらと, ともに多く美装, ともに宴, ともに破滅, どうせあの, どこかの, どこへか, どんなに圖, なかなか利巧者, なかなか戯言, なく, なにか物欲しそう, なんだか薄, ねえもの, ひとりで, ひどく驚いた, ひまさえ, ふかぶかと眠っ, ふだんから, ぶるぶる震えた, べっぴんどもじゃ, ほつと, ぼおっと, ぼんやりだ, まじって, まじめ過ぎる, またどう, また教会堂, また殿様, また生家, また躊躇, まだ十二, まだ嫁, まだ年, まるで相談, みんなどこかで, みんな殺され, みんな集まっ, めったに養生園, めでたく輿入, もうちっと仮病, もう食べ物, もはや皿小鉢, やがては, やがて死ぬ, やがて虫, やっぱり人, やっぱり自分, やはりそれ, やはりグプラー痲痺, やはり何, やはり同じ, やはり寝つかれぬらしい, やはり彼, やれこれ, やわらかい乳房, ゆるさんは, ゆる嬢, ゆる子, よくそれ, よくは, よく遊び, よそへ, ろくろつ, わたくしも, わりに感じ, ゐること, ゐる前, デリケートな, ベッシェール夫人も, ボッテリふとらせ, リュクサンブールの, レビューガールに, 一しょに, 一しよ, 一人ゐる, 一寸めづらし, 一度拝借, 一度腰, 一晩一睡も, 一緒か, 一齊に, 三四尾釣った, 三甚も, 三田の, 不思議そうに, 不意に, 不承知で, 不束な, 主婦さんの, 乳母も, 二人が, 二人きりで, 二人ございます, 二度三度と, 亦人, 京の, 人を, 人気が, 今の, 今日の, 何うし, 何か, 何気なく笑っ, 余に, 來た, 來て, 僕の, 全くそれ, 全く縁, 八の, 共に念珠, 共に零落, 共に飛び去っ, 其處に, 内では, 内外の, 円髷に, 出来るだけ, 初の, 初めて声, 初めて顔, 判ったの, 刻限を, 前の, 助かります, 助かると, 勤めて, 十九に, 十五歳まで, 十日目ぐらゐに奇妙な, 参りたくも, 参詣し, 又日本, 叫んだ, 可哀, 可哀そうだ, 可哀そうです, 可哀想だ, 可哀想ぢや, 可愛いし, 同じこと, 同じよう, 同じ様, 同じ風俗, 同時に立ち上った, 同様, 同様でした, 同様早くから, 同樣, 同然には, 同然の, 唐辛子屋の, 唯今では, 喪服を, 坑の, 堕落すれ, 売らでとりつきぬ, 壻も, 多かった, 多く侍, 多数兵士に, 夢中で揺られ, 大きくなった, 大勢いる, 大原の, 奉公人も, 女学校の, 好い内職, 好きに, 好く似た, 妙な, 姉は, 姉も, 娘ああ, 娘なら, 娘御, 婿も, 嫁入りの, 嫌で, 子を, 子供も, 子供らの, 子供好きだ, 学校が, 完全に, 実に心配, 実直で, 家主の, 家内も, 寄り付いては, 寄り付かないだろうと, 対手が, 小さなほうき, 小柄で, 小間使いも, 少しからかっ, 少し鼻, 少なくない, 尖り笠, 居た, 居り寿江, 岡本の, 己を, 帰る, 年は, 年増も, 年頃に, 庄吉の, 廷丁も, 引き立て, 引つ掻きほどの, 引入れられて, 弟が, 張り合つて客扱ひ, 当分親類の, 彼の, 後まで, 後をも, 後悔した, 御覧の, 心を, 心配し, 忍ぶこと, 忍んで, 快い方, 快くねえ, 忰も, 急に, 恐ろしがっ, 恥かしがって, 悦んだ, 悦んで, 悪いの, 憐れみを, 憧れの, 或ひ, 手水鉢の, 承諾し, 振り返る, 揃いも, 料理の, 新聞記者に, 斷念めた, 春時候も, 時折り思いついた, 暴兵に, 最初から, 有る, 有馬屋へ, 木綿着ながら, 本を, 本年高等鰌学校を, 本当に可哀そう, 本當, 本能として, 村にを, 来たよう, 来る町人, 案外素直, 梯子から, 槌を, 機を, 次男も, 歌留多の, 此の, 死なせて, 残って, 殿様お笑い下さる, 母に, 母も, 母親の, 気の毒がっ, 気位が, 水に, 決してとりわけ幸福, 決して俺一人, 泳ぐよう, 流しの, 浮ばれませんお願い, 涙の, 淵に, 清潔に, 漸くほっと一息, 激しく綱, 無い, 無事に, 無言母も, 焼出され逃げる, 煩う程, 父を, 父親も, 物堅いので, 犠の, 独身で, 生活の, 田の, 申します, 男も, 男爵も, 町の, 畑に, 留守だった, 病気でなくなった, 病気に, 癪持に, 白地の, 白拍子に, 皆な, 皆出, 皆心配, 監視すべきだ, 相互に, 相当な, 看護婦に, 真顔で, 矢張東京風に, 私には, 私を, 秋から, 稽古に, 立派なら, 笑った, 笑ひ, 笑わずに, 篠田と, 精神状態が, 糸の, 紙型用に, 素直に, 終わりは, 統領に, 綺麗だった, 義平の, 聞かつし, 肩幅が, 肩越に, 肺病であった, 脱獄囚の, 腰元も, 膝に, 自分を, 自然と, 至つて気の, 至つて氣の, 船路で, 色の, 若い者, 英国娘も, 衣食の, 見えなかった, 見える筈, 見かえした, 見た, 見たと, 見た滝, 見つけた, 見捨てて, 見舞に, 見苦しゅう取りみだし, 見送りながら, 親爺も, 話を, 読み父親, 貧しい, 貧しい貧しい廻国風, 貴方様, 資力の, 走けて, 走る犬, 近頃は, 返りは, 逃げたと, 逆上し, 連れて, 逸早く上がっ, 遠く及び, 遠慮せず, 酔狂で, 酷薄無道の, 金椎も, 長屋の, 間もなく自分, 間違ひもなく, 阿父さん, 阿爺, 附けて, 随い, 雇入れ, 飽きて, 驚いたよう, 驚いて, 高貴の, 髻の, 鷺の, 黄色い顔, 黙って

▼ 娘~ (478, 1.3%)

4 の中, の方 3 の様, はいずれ, はその

2 [40件] がそれ, が守護, が彼, が桃色, が欧洲, が若い, だ, だから, つまり姪達, です, と同じ, なの, に騷, の, のこと, のため, のま, の一人, の上, の様子, の異形, の話, の部屋, はお, はそれ, はそんな, はどこ, はまるで, は家, は皆, は答えました, は言い合っ, もあった, も夫婦連, も手, や若い, を残し, を相手, を見出す, を集め

1 [381件] が, がいかにも, がいなくなっ, がかくれ, がかりに, がきっと, がげらげら, がこんな, がそんな, がはしゃいだ, がぱっと, がひよつ, がほか, がまるで, がもし, がやんや, がゾロゾロ, がドヤドヤ楼梯, がハダシ, が三人, が三十人, が丸屋, が乗り込ん, が乗馬服, が何, が優美, が元禄袖, が先生達, が入っ, が入場, が凜, が動員, が名古屋, が四, が四五人, が四五人雪洞, が土地, が外, が多, が奴等, が姿, が嬉々, が忙しい, が思い設けぬ, が手伝っ, が捕っ, が揃い, が教会, が欲し, が殉教, が泣くだらう, が無心, が男子, が畳, が眼顔, が稲, が稻, が笑う, が笑声, が純白, が縫物, が美しかっ, が脱衣場, が自分等, が舞臺一パイ, が草, が言つて, が証明, が赤前垂れ, が趣味, が跡, が通り, が集っ, が頸巻, が頻りに, が驢馬, が髪, そういうもの, だつたが, だの, で, であった, であること, ですから, ではどう, とがご, とは一生懸命, とわかる, とフザ, と一しょ, と一緒, と伴, と十七, と噂, と四十がらみ, と懇意, と母親, と草, と親しく, と遠ざか, ならば, に, にうらやまし, にかこまれた, にくれた, にし, にそんな, にでも逢, にとってさえも我国, にとって全く, にどうぞ, には人気, には人氣, には会, には騷, にも聞かせた, によって御馳走, に一時間五十コペエケン, に云いだしかね, に人氣, に俺, に共通, に別れ, に別れる, に取つ, に吩咐, に大, に如何様, に存分, に守護, に弁解, に感謝, に打ち込まれない, に接吻, に教え, に教える, に比し, に比べる, に疎遠, に礼, に良い, に菓子, に言ってるらしい, に話さなかったら, に話しました, に説き聞かせた, に連れられ, に銀貨, に騒がれる, のうしろ, のうち一番きれい, のさ, のする, のところ, のやう, の一つ, の一塊, の一家, の一顧, の上半身, の不幸, の乳呑時代, の乳嘴, の乳房, の人氣, の仕度, の元, の元気, の出す, の出来事, の別れ, の前, の唄声, の囀り, の土産, の墳墓, の声, の大, の姿, の学問, の室, の家, の寄合, の寐, の希望, の帯, の後, の後姿, の心, の思い出, の悲惨, の意志, の支度, の敵, の棚卸し, の樣, の死骸, の気, の消息, の無心, の玉乘, の生活, の生活感情, の生涯, の発達, の盆釜, の直ぐ, の着換え, の笑声, の笑顔, の群, の背後, の胸, の裸足, の見, の許, の評判者, の賑, の賑やか, の趣味嗜好, の踊り, の身の上, の農村離脱, の近頃, の遊ん, の遊戯, の運動會, の醜い, の間, の顔, の騒ぎ, はあく, はいよ, はこの, はしばしば, はすれち, はそこで, はそのまま, はたいてい, はただ, はちょうど, はどんな, はどんなに, はやつ, はをり, はクスクス, はビーチ・パヂヤマ, は一斉, は一緒, は両親, は二度埋葬, は五年間, は今, は仙二, は何, は何故か, は何時, は傍, は僅か, は分れ, は勢, は勧誘員, は却つてそれ, は叔父, は可, は吃驚, は同じ, は同性心中, は名前, は変死, は夕飯, は大変美人, は大嵐, は大根, は嬉し, は安らか, は宴会その他, は庭, は思い思い, は思ひ起し, は恐けれ, は悲しみ, は感心, は手習い, は揃っ, は既に, は早くから, は最早, は未来, は棺, は楽, は楽し, は楽しい, は殆ど, は段々, は気儘, は決して, は洋燈, は涙, は滅多, は猶, は異性間, は畳んだ, は皆んな, は皆大変色, は直ぐ, は真個, は笑い, は美しく, は自分達, は茶, は裾, は言, は言い合した, は話, は足, は身じろぎ, は返答, は部屋, ばかりだ, ばかりを自分, への回避, への土産, への見栄, まで心, もその, もなかっ, も一緒, も午後中, も呆気, も彼, も揃っ, も提灯, も時々, も滝湯, も私, も稽古, も美しい可愛い, も降り, やである, やシバ, や子供達, や小さな, や男の子, や買いたかろ, や遊里, や雛妓等, よ, よりももてなし振り, よりも喋舌, より深く, をさらっ, をつかまえ, をどこ, をもっと, をガッカリ, をキャッキャッ, を一人, を一人ぢ, を励ます, を却つて, を呼ん, を奪, を学校, を待受けた, を慰めよう, を指, を盗み出し, を直樹, を群衆, を羨む, を職業紹介, を見, を見た目, を解放, を誘うた, を送り, を送出, 打連れて, 美しく華やか, 遠い地方

▼ 娘~ (447, 1.2%)

2015 ということ 136 つたのです, と云う 5 が, と思っ 4 ぜ, ね 3 が何, そうだ, つた, という

2 [25件] からこう, からつて, からどう, から義理, そうです, つたかも, つたと, と, という噂, という訳, といっ, といふ, といふ話, とおっしゃった, とかいうこと, と云, と云っ, と思う, ねえ, のう, のを, もの, わ, ツて, 乳房の

1 [307件] あね, あの娘, あれは, あんなひやっこい, い, え, えおう, え夫, おれは, お嬢さんだ, お百合, か, かそんな, かまだ, から, からいけない, からいずれゆっくり, からお, からかも知れない, からその, からだ, からであった, からでもありますまい, からでもないだろう, からという, からという理由, からとて驚く, からと私, からと言つて, からなあ, からね, からね往来, からぱつとした身なり, からまず, からませ, からむつかしい, からもう一度しっかり, からもの事, からも一つ, からやっぱし, からよ, からよもや, からわし, から何とも, から何ん, から出, から同じ, から呉れた, から喜怒哀楽, から威, から嫁, から常住, から後, から怪我, から恨みっこ, から我が, から手, から断りきれない, から有りゃ, から未練, から本当, から気, から氣, から水, から深い, から留守番, から目, から相手, から私, から見, から辛抱, か他人, か分らない, か判らねえ, か区別, か商売女, か奉公人, か妹, か妻, か妻女, か知らない, か身投, がおまえさん, がこういう, がそれ, がという行い, がどうしても, がなかには, がね, がねつい, がアラレ, が一度, が一種, が不思議, が今, が利巧, が勘太郎, が天使, が婚礼, が小説家, が少し, が度忘れ, が悲しい, が武州池上宗仲の室, が死ん, が湯上がり, が片, が瑞西, が竜神, が素直そう, が肩, が育ち, が許嫁, が谷五郎, が長男, が非常, けどあれ, けれど, けれどあんな, けれどその, けれど口, けれど心, こと, これじゃ, これと, さあさあ渡せ, さう, しうち, しかし結婚, しそれ, し南国, し鍬, ぜ髪, そうじゃ, それが, そんな狐, ぞ, ぞい, ぞそんな, たとえ兄さん, ちや嫁の, つたから, つたが, つたといふぜ, つたな, つたのかと, つたのさ, つたのに, つたゆき子が, つたらしい, つた時分栄蔵の, つた頃執念深く, つてこけ, つてそれぞれの, つて克く, つて午後五時以後は, つて己の, つて獄門の, つて言ひます, で蜆, といい, というふう, というよう, というわけ, という一番年嵩, という事, という感じ, という福太郎, という美形, という考え, という評判, といふ評判, といふ風, といわれ, とかいっ, とかでともかく, とか妻君, とか後家, とぐっと, とこういう, とする, とな, とは, とはいえ, とはて, とは思いやっ, とは見, とは言, とばかり思っ, とばかり思った, とばかり私, ともいう, とも世間, とも何とも, とわかったら, とわざわざ, と云いなさる, と云うだろう, と云った, と云つて, と云われる, と京野等志, と人, と仰, と仰しゃいます, と判断, と名, と地, と思いました, と思いまする, と思いません, と思った, と思つて, と思ひ, と思ひました, と思われる, と意気込み, と断定, と睨ん, と私, と答えた, と縁談, と聞いたら驚くだらう, と聞えなけれ, と聽, と肩, と與田先生, と褒め, と言, と言う, と言っ, と言ってた, と讃め, と軽蔑, と近頃, と鵜呑み, どっちも, なあ, なあッ, なただならぬ, なと合点, なと注意, などとあり, などとなんてまた, などとはどうしても, などと続い, などと言, などと身, ななど, なんかとは云わなかっただろう, なんてそんな, なんて真実, なんて笑わせる, なんて言われる, なア, な悧巧, ねえ上玉, ねえ五百, ねえ亭主, ねお, ね品, の, のう半, のといふ, のにそんな, のに何, のに殺し, もの屋敷跡の, もの民さんいたわっ, もの皆聞える, もの華族様だの, よあれ, よあゝ, よ捕らえ, よ私, よ騷ぐな, わい, わい頭, わしはな, アから, ジワジワと, ッて, ッ親分あれが, ツイかっと, ツイかつとして, ナこいつ, ペーピー, 人を, 今夜は, 何家の, 兄の, 向ふ, 宜いか其の, 宜しい貴様, 恐ろしく惡, 感心だ, 文金の, 此処の, 番頭の, 相で, 相です, 私は, 自分から, 親父の, 静かに, 顏も, 顔も

▼ 娘~ (372, 1.0%)

8 粂の 6 粂が 5 菊の 4 由利が, 艶の, 露の

3 [16件] 信の, 君を, 品が, 妙, 小夜の, 幾の, 柳と, 照と, 百合の, 筆の, 糸が, 豊を, 通の, 雪の, 露, 駒が

2 [34件] せきが, 勇の, 勝の, 北と, 吉の, 君の, 喜多の, 園に, 園を, 夏という, 夏下谷竹町の, 小夜です, 小夜は, 幸, 染の, 染を, 清の, 照を, 由利と, 由利の, 由利手代の, 町の, 登世, 秀が, 種を, 絹が, 艶を, 菊と, 蝶が, 袖の, 袖は, 袖を, 辰同じ, 露とは

1 [225件] えいさんか, かまが, かめという, きみに, しま, たかは, たけさんは, まきと, みわで, みわと, みゑという, みゑに, むらと, やすさんに, ゆうと, ゆうの, らく, りつは, りゅうにて, 七こそ, 七である, 七なら, 万を, 三輪が, 三輪をも, 世乃を, 久, 久が, 久と, 久美, 京です, 京は, 作と, 俊も, 信と, 信乃を, 元が, 元の, 六お, 六も, 冬で, 冬であった, 加奈, 加奈の, 勇に, 勝で, 勝とか, 勝は, 勝二人は, 勢といふ, 勢は, 勢殺された, 北, 千代までが, 千代小僧の, 千江と, 千絵と, 千絵様な, 半です, 半まで, 吉が, 吉も, 吉を, 君といふ, 君坊に, 品, 喜多が, 喜多だ, 喜美が, 喜美に, 喜美は, 園が, 夏, 夏といふ, 夏の, 夏は, 夏を, 妙だった, 妙と, 妙に, 孝が, 富が, 富さんとか, 富の, 富は, 富へ, 小夜と, 屋敷方の, 岩その, 島の, 島十九に, 幾と, 幾を, 徳と, 徳どのと, 徳は, 徳までの, 才などの, 政と, 新は, 春は, 春中の, 有の, 染と, 染という, 栄, 梅, 梅が, 梅に, 梨江, 榮艫には, 此が, 比奈を, 民は, 浅などを, 浅の, 浜, 浜も, 清といふ, 清に, 清を, 清濱町の, 清養子の, 滝と, 濱と, 照親の, 熊には, 琴さん, 由利とともに, 由利と共に, 町, 町を, 留と, 留の, 留は, 登世と, 登和が, 百合殿と, 直が, 砂などを, 福さんで, 福と, 福の, 禮殿と, 秀などは, 秀は, 秀涙乍らに, 秋の, 竹で, 竹と, 筆が, 筆は, 筆も, 米であった, 米浴衣にて, 粂とから, 粂なぞの, 粂に, 粂を, 粂長男宗太から, 糸, 糸の, 糸通りの, 累てえ, 絹, 絹と, 絹の, 絹血潮の, 絹辨天とも, 綾と, 綾との, 綾とは, 綾の, 綾は, 綾を, 縫さんとは, 縫の, 縫此間の, 繼か, 繼だ, 繼と, 美乃, 舟と, 艶という, 芳は, 若という, 茂世が, 茂世と, 菊が, 菊との, 菊は, 菊事本名お, 菊殺しの, 萬を, 藤が, 蘭の, 袖が, 袖とは, 豊の, 豐お, 軽を, 輝の, 輝は, 輝を, 通が, 鈴は, 銀の, 關が, 關に, 雛と, 雪を, 露さん, 露であった, 露でした, 露です, 露坊の, 静, 頼が, 頼の, 類の, 馬といふ, 駒の, 駒国貞の, 駒山の手一番と, 麻に

▼ 娘~ (345, 1.0%)

8 の声, はその 6 と小, はそう, は小 5 のこと, の家, の歌, の顔, はそれ, を同 4 に随, の艶, の詞, は許宣 3 と依, と羽易娘子, の前, の方, をお

2 [50件] が不意, が何, が出, が口, が同, が平生, が来, が東厠, が濃, が独り雨, であった, と二人, と向き合っ, と許宣, と近づき, と青い, に別れ, に同行, に対して抱い, に対する疑念, に渡した, に知らさず, に知らす, に話した, のいる, のしとやか, の代り, の伝, の傍, の往, の手, の話, はいつの間にか, は体, は何, は嘲る, は小走り, は引返し, は往かなかった, は泣きだした, は眼, は笑った, は顔, を, を一眼, を呼び, を捉え, を捕え, を放そう, を許宣

1 [150件] あり姉, が, がいた, が一人, が京, が人麿, が其時石見, が吉野川, が声, が大, が姿, が宅守, が情夫, が泣くだ, が湯原王, が眞, が私, が読ん, が贈った, が身, が隠し, が驢馬, けふけ, こんな姿, だと, だろうという, であろうと, でこれ, でございますか, でもこれから, でも押し廻し, といい, という宿屋, という独身者, という者, といえ, といづれ, といふ説, として可愛らしく, となる, との悲戀, との関係, とは同, とを別人, とを加え, とを同人, と云う, と同じ, と名づける, と寝る, と寢, と第, と綽名, と軽, などと贈答, なるべきこと, なるを, には, には浮かれる, にやある, に呉れた, に対する怒, に対する怒り, に教える, に決して, に筒井, に言った, に贈った, に赤人, に辞退, のうち, のお, のお爺さん, のきれい, のよう, の一, の二人, の云う, の作れる, の墓, の好, の好く, の引込み, の言う, の詠んだ, の雪, の餅, の黒髪, はお前の, はこれ, はさき, はさらに, は一人, は交際, は京, は京師, は伴, は別々, は古, は同, は在りし, は多分, は媽, は媽媽, は屹度, は弟日娘子, は後妻, は心もち綺麗, は心持ち, は或, は新, は新しい, は本, は歌, は相, は石見, は笑い声, は笑声, は老人, は諸, は遊行女婦, は長く, も居間, も罪, や若い, をも入れ, を二人, を侍, を別人, を取りもつ, を吉野, を妻, を妾, を娶, を娶つた, を嫡妻, を御覧, を思ひ出す, を捜し, を数, を油断, を泊瀬山, を見る, を貰う, を連れ, を遣ったら, 久しく待つ, 依羅娘子, 第三依羅娘子, 第二羽易娘子

▼ 娘には~ (211, 0.6%)

4 違ひない 3 恩も 2 これ程好い, それが, 佐渡屋の, 何にも, 何の, 必ずしも全然縁, 珍らしい, 用を

1 [188件] ああした心, ああは, あなたに, あらず裸体, ありがち, ありさうな, あれで, いい亭主, いい見せしめ, いかがなれ, いっこう利き, いつかどこかで, いつも非常, おそれいる, お婿さん, お母さんが, お父さんも, かえって頼もしく, かつて見た, きかれなかった, きっと男, きびしい監督, くるりと, けがを, この左孝, こんな事, さう, すぐ何, すべて介添えが, そういった女, その生れた, それらの, それ以上の, そんな大望, たのしい癖, ちがいありませんでした, ちがいない, ちょッと, できなくなつ, どんなに教えた, ない不思議, なぜ生れたろう, ほかに, ほかの, まざまざと, また凄い, まだ祝言, まるで何, まるで女, もう一人, もう会, もう少しどうかいう, もう色, やっぱり甘かっ, よく言いふくめ, よほど運, わからない, わからないよう, わしの, カフエエの, メリケン兵の, 一つくらいの, 一切聞かせず, 一言も, 万事を, 二十二の, 二度と会う, 亭主が, 代表し, 会うし, 伯父君, 似合わずまた, 何か, 何かに, 何かの, 何よりだ, 何んと, 何んとも, 何処か, 何時會へる, 何處か, 全く可哀想, 凡を, 出來, 出逢わなかった, 刀折れ, 分らないよう, 分らないん, 分らなかった, 分りしや, 勿体ないくらいの, 十分愁が, 参った, 参つた, 反って, 口説かれて, 可哀そうだけ, 名ある, 嚇されたが, 大変に, 女と, 好かれさ, 姉妹ともに, 婿を, 婿養子が, 嫁入じたく, 子細あるまい, 孫が, 実際問題, 市内で, 年中派手, 年老いた瘋癲人, 当然良夫, 心を, 思ひ當ら, 性格が, 恋なし, 恋も, 恐しかりける事, 恐しく眼, 情夫でも, 惚れてる奴, 愛情を, 感心し, 手を, 折れて, 授業中な, 昔の, 暗示が, 替えられぬと, 朝から, 楽しかった, 殺せねえよ, 気が, 気の毒だ, 浮いた噂, 激しい恋, 無断で, 無論答えられない, 猿ぐつわを, 用が, 盲目, 相違ない, 知らせず馬, 石をも, 碌な, 神も, 私よりも, 立派な, 竿を, 紙細工の, 経験させまい, 絶対に, 縫箔屋の, 繩は, 罪が, 聞えないの, 聞かせん, 聴え, 育てなかったつもり, 育て上げなかったつもり, 自分として, 自分も, 至って安心, 芦名光司樣といふ, 草鞋銭の, 行方知れず, 衛星の, 見せられないもの, 見た事, 見合で, 言うに, 訴えず耐えようと, 誘惑が, 踏んだり, 軽い反感, 逆らわぬよう, 通じたの, 逢は, 運ばせなかった, 違げえ, 違ひありません, 違ひなく, 遠く及ばない, 附物です, 須磨子そつくりと, 頓着なく, 養子を

▼ 娘~ (195, 0.5%)

5 息子の 4 女房を, 息子は 3 お神さん, 妹の, 子供の, 孫の 2 おかみさん, けど貰っ, 人妻に, 婆さんが, 子供が, 後家や, 息子を, 花和尚魯智深, 芸者が

1 [152件] あの女子高等師範, あの薄倖, ある官吏, あイ, いうが, おばあさんたちが, お上さんその, お妾, お妾さん, お月樣, きょうだいでは, この娘, この小さい, これを, せめて一, そのほか妙, その他おなじみの, その友達, その母親, ちょいと, どんな急病人, なあ, なお年玉, ねん, のそのそ歩い, もうお, わたくしが, わたくしと, クラーク・ゲーブル型の, クリストフや, ヒロシと, 一生の, 下婢を, 不束者での, 中年の, 乳母にも, 二人の, 五百重娘が, 人の, 人妻だ, 人妻の, 令嬢たちに, 伜に, 伜も, 何うし, 何かに, 何かを, 何んだって, 保名も, 兄や, 兼好の, 可愛いやろ, 壻の, 大供小供を, 大工の, 夫の, 奥さんなんかを, 女たちに, 女にとっては, 女を, 女中が, 女中などを, 女中に, 女中の, 女中達は, 女奇術師の, 女房たちが, 女房たちの, 女房どもが, 女房の, 妹たちを, 妹では, 妹に, 妹も, 妹持ちの, 姪たちは, 娘たちの, 娘の, 娘や, 婆やを, 婿が, 婿や, 嫁の, 嫁入り戻りの, 子供たちが, 子供と, 子供などが, 子供には, 孫に, 孫娘を, 家内は, 家持ち, 小さな子, 小さな甥, 小母さんが, 廓の, 弟の, 彼に対する, 彼女の, 待ちな, 後家の, 後家を, 心配そうに, 思うて, 息子が, 息子に, 息子への, 息子書生さんや, 悲惨な, 料理人が, 新造が, 新造や, 柴を, 案内者の, 母親が, 氣の, 甥を, 男が, 男の, 祖母と, 私たちを, 細君を, 美しいきれい, 職工共を, 腕に, 腰だけ, 色気たっぷりの, 花嫁の, 芸妓や, 芸者たちを, 芸者を, 若い嫁, 若い男, 若い男の子, 若い者, 若女房, 若妻等が, 見も, 農家の, 金春芸者の, 阿古十郎に, 阿古十郎にも, 隣りの, 雑多に, 青年たちが, 青年たちと, 青春や, 養子に, 養子の, 高原の, 鷹匠の, 鼻側に

▼ 娘です~ (186, 0.5%)

4185 か, がね 4 もの 3 から

2 [17件] から自分, から黒く, が, がいつぞや, がどちら, が兄, が姉, が少し, が母親, ぜ雷門前, って, ってさ, ねあんなに, ね親分, よ新, よ親分, わ

1 [86件] あれが, からああ, からこんな, からどの, からネ, から今にも, から其, から出る, から女, から女房, から宅, から尚更, から尤も, から明日, から然, から皆んな, から見る, から都会人, か毎年傭, があれ, がこの, がこれ, がさすが, がす, がその, がなまじ, がまだ, が不思議, が何, が何となく, が何やら, が僕, が先づそ, が前, が去年, が可哀想, が可愛, が命がけ, が四人, が妹, が小遣い, が必死, が決して, が病氣, が白粉, が相模言葉乍ら, が笑つて, が細, が美人, が見た, が見る, が親, が親分, が許嫁, が近頃, が顏立ち, けど, けども何, さかい二度とふたたび, し, しさ, しクラム, し末娘, し薬, ぜ, ぜそりゃ, ぜもつ, ぜ少し, そう言う, と狂乱, ね新, ね無茶, もの主人は, もんこんな, よその, よちょい, よでも, よ今時, よ尤も, よ此間明神下, よ鳶鷹, わねえ, 余所へは, 内へ, 娘です, 寇の

▼ 娘である~ (184, 0.5%)

12 ことを 6 ことが 5 ということ 4 ことに, ことは, ことも 3 がその 2 かと云う, から少々, がこれ, という事実, と言っ, にし, 私は, 自分を

1 [130件] おきみ, おつね, おまえと, お吟, お高, お鶴, かの女, からそちら, からそれ, からという, からには躾, からもし, からよそよそしく, からビール, から世に, から仮親, から声, から女房, から当人, から思い上がった, から昼間, から美貌, から聟とり, から自分, かを本当に, か否, がため, がどことなく, がシャクレ, が今, が借金, が娘, が惜しい, が果して, が母親, けれどもこの, けれどもその, けれど其以後, ことから, ことの, こと加害者が, こんなこと, その忘れられた死んだ, それが, ぞ, という, というの, という一つ, という北見氷子女史, という往来, といふ二人, とうとましく, とか女中, ときに, ところから, ところの, と云う, と大臣, と思い込ん, と思う, と思っ, と思ふ, と意識, と言い聞かされ, にかかわらず, にせよ, には思いのほか, のかお, のが, のでお, ので幼い, のに, のにあまりに, のに今, はずの, ゆえに, ような, よりも誘拐犯人, わけは, わたしが, アグネスの, アブドーチャ・イワーノ, ガラシアは, クララよ, ベルネの, メイ子等で, 一枝の, 一緒に, 上に, 久美子さんは, 五ツ六ツの, 以上多少, 伸子と, 伸子の, 伸子は, 伸子ばかり, 初世, 大石先生の, 女主人公が, 女御にだけ, 姫は, 嫁の, 宏子の, 弁とか, 彼女らは, 春次より, 母との, 母の, 父も, 私が, 私との, 私に, 私には, 私の, 私生活の, 筈は, 細君に, 自分が, 自分に, 自分の, 自分も, 舎人, 若い母, 茉莉氏が, 被害者と, 襷がけの, 許嫁の, 足ご, 鶴代を, 龍山公の

▼ 娘らしい~ (162, 0.5%)

7 のが 4 調子で 3 可愛らしさ, 視線を 2 お侠と, 女が, 娘に, 態を, 手を, 若い女

1 [133件] あくがれを, お前に, お轉婆者, お辞儀を, かえってこんな, さまざまの, さわ子が, つつましや, という考えかた, ところがたまらない, ところと, ところの, ところは, と人, のよ, ものが, よ, んだ, キリッと, 一通りの, 上品さを, 丸く肥った, 人で, 人の, 何時もの, 健康な, 働きを, 凛々しい姿, 処は, 初めて会った, 利発者でした, 匂やかな, 十七八の, 十三四の, 十八九の, 十六七の, 古風な, 可哀さ, 可憐な, 喜びも, 声が, 声で, 声と, 声を, 大膽さ, 女の, 女を, 女中が, 女子も, 女房は, 女振りであった, 姉の, 姿に, 姿を, 娘を, 嬌態は, 小さいうはばみ, 小唄が, 少女で, 幸福に, 弱い彼女, 当惑の, 形に, 形を, 微笑を, 心から, 心づかいが, 心持を, 恐怖に, 恥かし, 恰幅も, 悲しさ, 悲哀が, 感じであった, 慎しみを, 手だ, 手で, 手なぞにも, 手落ちか, 普通の, 晴れ晴れした, 楽しさ, 歯を, 涙に, 涙を, 深雪と, 狡そう, 率直さが, 白い頸首, 直感で, 眼が, 眼大きな, 硬さ, 笑いである, 笑い声で, 紅梅の, 純情が, 純情とを, 純情家でも, 紺飛白の, 美くし, 羞恥み, 者が, 者の, 者を, 聲が, 聲で, 肉感的快楽が, 興奮も, 色恋という, 若さ, 表情と, 袖口の, 話は, 話を, 話振, 赤い帶, 赫き, 足を, 軽い皮肉, 雰囲気が, 面影の, 頑固さが, 頬に, 頬は, 額つきは, 顔附を, 願ひ, 風を, 風俗が, 髪の, 魂と, 魅力に

▼ 娘~ (138, 0.4%)

5 である, の行く, の閨, は神 4 でおざります, では, のお, はやがて 2 か, こんな夜更け, だと, に出, に出来よう, は良い

1 [90件] お前さんの, かな, から聞きました, が, がおいで, がご, がそれ, がソッ, が又, が大勢, が帰っ, が彼, が怪我, が楊枝店, が歸つて來, が濫, が癆咳, が遠く, さんて, さんは, たちに, たちも, だによ, てえ女, で, でお前さん, でございますこと, でも気, で出る, で平陵, というの, といひ, とおじいさん, とは殊, とも見える, と共にあなた, と思いなすった, と改めたい, と生まれた, にし, にも商売人, に接近, に此返答, に火, に相違, のこと, のよう, の両親, の事, の命, の大病, の婿, の孝心, の実, の小さい, の桔梗さまも, の行末, はゆうべ何処, は世に, は何, は拙者, は気質, は江戸, は間もなく, ももう, も小麦肌, も泣きござった, をあの, をお, をここ, をことば巧み, をこれ, を何と, を射た, を殺させた, を生涯おれ, を私, を私風情, を誘拐, を贔屓, を連れ, 哀れと, 年は, 弥生どの, 暇も, 様方は, 狭くッ, 若い男, 隠居も, 領主様の

▼ 娘から~ (133, 0.4%)

3 手紙が, 眼を 2 これ以上何にも, 受け取って, 聞いて, 見れば, 近頃身体

1 [117件] あなたは, あの弁信, あんなにつけつけと, いま妻が, いろいろの, おそわった場所, お聴きで, これ以上何んにも, こんなこと, こんなレストラン, さきに, さきへ, しやぶりかけの, じきに, その弟, それを, たった今教えられた, だまって, だれかまわず, とうとう, なぐさめの, まき上げた金, また金, やりこめられて, よこしたもの, よこした文がら, ガラッ八, ガラツ八の, パラピンに, プリューメ街に, 二十円三十円と, 五銭白銅貨を, 人生の, 仕送って, 伺って, 何か, 何かの, 何にか, 何にも, 何んか, 例の, 借りた琴, 先へ, 出て, 分れると, 初まる生涯, 初め出した, 加茂の, 勧められた煙管, 勾玉を, 十両の, 取りました, 受け取った数通, 受取って, 唱歌を, 国貞の, 外らしながら, 妻と, 妻に, 妻へ, 姫路へ, 小供, 小刀を, 少しふけた, 少し退っ, 引離して, 彼の, 得たの, 忽ち姐, 思いつめたよう, 急飛脚, 恋を, 感興を, 手渡された煙草, 採つたもの, 斯る, 明らかに, 来た十何円, 様子を, 欣ばれる, 母親に, 求めはじめて, 源氏の, 滴り落ちる, 父に, 父親に, 瓶を, 男まじわり, 発する光輝, 眼も, 短歌を, 竿を, 羊羹など, 美しいローマ婦人, 羽織も, 老母から, 聞かされたの, 聞かされて, 聞きたがる事項, 聞き出しても, 聽く, 肩と, 見ると, 触られるの, 言伝てられた, 話の, 貰った土産, 貰つても, 路銀の, 速達が, 遠のきはじめたこと, 金が, 釣の, 阿波へ, 電話が, 香気を, 鼬小僧と

▼ 娘とは~ (125, 0.3%)

2 いつもの, 肉体の, 見えなかった

1 [119件] いいながら, いえ浅草, いつでも, おさない頃, おの, おもって, この正月, ごくひっそりと, しっかり抱き合った, その声, その死体, その間の, それから何とか, それに, ちがう, ちがった趣味, とうとう姿, どちらが, なりぬれど, ひとつ血である, また声, まるで人, もうリュクサンブール, もう遊ばせない, やむなく毎月, わずかな, ベンチを, マリア・グレゴーリエヴナの, 一つ違いです, 一緒に, 上の町の, 世間と, 主人が, 互いに腕, 享け, 人の, 似ても, 似も, 体の, 何かを, 何方が, 何處かへ, 余程前, 係り合いを, 全く別様, 切っても, 初夏から, 別べつ, 前の, 反對, 受け取れない, 口汚く罵りあっ, 同時に礼, 同窓で, 向い合わせ妻, 向側と, 夙くから, 夫婦な, 女中を, 寝衣一つ, 尋常な, 平生仲好く, 年が, 当然一室, 彼らの, 彼方此方と, 従妹同士であり, 思えなかった, 思つ, 思はれぬ確り, 思ひも, 思へぬ, 思わないん, 思わなかった, 思わぬ, 思わぬ敵同士, 思われないよう, 早くも, 昨晩寝た, 暖い, 有給の, 未だに言葉, 格が, 橋場の, 氣が, 決して怪物, 活き別れひょっと, 湯屋に, 生れたが, 疎々しくな, 知って, 知らなかったね, 知らなかつた, 結婚は, 繼しい, 聞えない, 背中合わせに, 花園の, 見えず妻, 見えない女中, 角の, 言っても, 言つても, 言わせぬぞ, 進んで, 違うねえ, 違うの, 違って, 違ふ, 遽に, 部屋の, 野菜の, 長い廊下, 隠居の, 離れるん, 顔なじみらしく, 顔を, 黙って, 黙つて一言

▼ 娘では~ (123, 0.3%)

15 ない 14 なかった 8 ないか 6 あるが, なくて 5 ないかと 4 ありません, ないの 3 あったが, ございません 2 ないと, ないという, なかつた

1 [49件] あった, あつた, ありことに, ありご, ありそういう, ありませんが, ありません小さい, あるまいし, あるまいのう, いかにも互, いないよう, ございませんいわば, さう息, どこでも, ないかしら, ないから, ないけれど, ないし, ないぞ, ないといふ, ないので, ないもの, ないよう, ないらしかった, ない妻, ない当時藤島武二画伯, ない筈, ない震災, なくいま眼, なくお, なくきれい, なくその, なく一人子, なく三ツ目入道, なく令夫人, なく田舎, なく花嫁御, なささうだ, なさそう, なるほど左, 不足な, 余り感心が, 凡そ鼬小僧, 出て, 否だ, 御座いません, 御座らぬと, 碌な, 話し相手に

▼ 娘~ (123, 0.3%)

20 んだ, んです 18 のだ 7 のです 6 のである 5 のであった 4 のか 2 のだろう, のであらう, のでございます, のに, んだって

1 [33件] あれが, きりだ, の, のかい, のかね, のさ, のじゃ, のだけ, のだつた, ので, のであの, のでした, のでそれ, ので世に, ので両親, ので充分, ので初め, ので学生, ので彼, ので河, ので自分, のと, のにすごい, のに雁次郎, のよ, のよと云う, のよ勇ましい, もんかね, んざ顔を, んじゃ, んだってさ, んだろう, んでへツ

▼ 娘として~ (117, 0.3%)

2 世に, 白痴の, 私の, 自分を

1 [109件] いつまでも, いつもふれられる, いろいろの, おそらく最高, お前さんを, お母さんに, お紅殿, お紋, ことわりきれないいきさつ, この世に, この村, これ迄, ずっと中国, そだつた, そのバロン, その品格, たれにも, では, どこまでも, ぼくを, また妹, めぐり会わなければ, もうあまりやいやいと, 一八九五年に, 一枚証文の, 三味線や, 下僕に, 世話を, 世間との, 中宮にまで, 五節に, 人々に, 人中に, 今ある, 伸, 伸子が, 伸子は, 何かに, 何かを, 偶然ニューヨークに, 働きやがて, 出て, 千世子を, 取り扱われて, 可愛がる, 同情を, 売り出す計画, 大宮の, 妻として, 安ん, 完全に, 家へ, 尊敬され, 年頃近く, 引きあは, 彼の, 恥しからぬ, 恥ずかしからぬ, 悪くまれ, 愛し母, 感じて, 成長させなかった, 成長した, 我慢ならなかった, 批判の, 抱への, 描かれその, 明治十一年十二月歓迎されない, 暮して, 最も高い, 服従すべきです, 柳ちどり, 此處の, 残して, 母の, 毛糸編物の, 深き感動, 深窓に, 演じて, 無邪気でなかった, 父母の, 独立した, 生きがいある, 生きて, 生ひ立つた, 生まれて, 生まれ少女時代, 生れた彼女, 生れ一生, 生活の, 申分の, 町の, 相手に, 真弓は, 祖先から, 米人の, 育ち生きて, 育ったかの, 育ったこと, 育ったイエニー, 育てて, 自分の, 若い男, 茗荷谷の, 蠢き始めたの, 詮ない, 誕生した, 養ひぬ, 高等女学校へ

▼ 娘さんたち~ (107, 0.3%)

3 の姿 2 がそういう, に交っ, の若い, はどんな

1 [96件] があら, がそれ, がそれぞれ, がどの, がない, がみんな真珠, がよく, が久留米絣, が今日, が優れた, が出, が多く, が女学校, が学校, が小さな, が来る, が機, が職業, が自分たち, が身なり, だ, だった, だつた, だね, でした, ですよ, でもあろう, でも昔, で名取, というひっくるめ, と椅子, にしろ, にとっては感性的, にとって本当に, に似つ, に向っ, に大勢, に教えられ, に朝, に気に入る, に約束, のおよそ, のもっ, の人気, の会合, の内面的, の勇気, の動き, の在り, の寄り合い, の工場, の心, の文才, の暮し, の朝, の気分, の爽やか, の生活, の純情, の職業, の見事, の長い, の間, はいない, はいろいろ, はこの, はずいぶん, はどっさり, はどんなに, はみな色, はみんな, はみんな緑色, は互に, は今頃, は仲間うち, は働く, は元気, は学校, は悪魔, は慧眼, は猫, は社会, は籠, は遊び, は長い, は髪の毛, への可哀想さ, もいる, も一人帰り二人帰り, も彼, も歩い, も買い, をご, を召集, を味方, を気の毒

▼ 娘時代~ (107, 0.3%)

4 の理想 3 の記憶 2 から年増, のモナ・リザ, を過した

1 [94件] からあれ, からで, からの恋人, からの男, から一足飛び, から去年, から大切, から此方十何年来, から鏡花先生, であったので, で一段と, と同様, にあてはめる, にいろんな, において嘗め尽しました, にかけて育ち盛り, にしこまれた, にその, にどうして, になん, にはとても, にはなかっ, には一反半, には同じ, には地唄, には女学生, には昔風, にも終り, に何, に別れる, に叔父, に家庭生活, に想像, に我が, に手, に於, に既に, に決して, に活きた, に深い, に田舎, に禅, に罹った, に肥った, に赤坂, に郷里, のある, のあれ, のうち, のお, のおおどか, のかの, のそうした, のよう, のイエニー, の仕事, の信子さん, の俤, の修業, の十年間, の千代紙細工, の友人たち, の呑気さ, の奔放, の姿, の寂しく, の彼女, の流行り, の清らか, の理想以外, の理想通り, の生活, の研究, の絶えず, の苦労, の頃, はひどい, はもっと, は何, までその, や近年, よりはずっと, をかい, をこんな, をすごし, をたのしく, をふりかえる, を惜しむ, を經驗, を貧乏, を送った, を過ごした, を預か, 撃たれ続け放心

▼ 娘という~ (105, 0.3%)

22 のは 11 ものは 10 のが 4 ことに, ような 3 のです, ものが 2 お町, ことが, のを

1 [42件] あだ名で, ことである, ことを, です, ところも, ので, のである, のも, ものも, ものを, やつを, わけです, わけに, 事が, 事に, 云いかた, 互の, 位取りは, 位置に, 名が, 呼びかた, 因果物も, 女の子と, 女も, 娘が, 年ごろで, 年頃じゃあ, 役で, 感じが, 態度で, 方が, 汚名をも, 環境で, 立場に, 素性さえ, 美しい娘, 者は, 華やかな, 見識と, 訳で, 関係で, 響を

▼ 娘にも~ (103, 0.3%)

4 執心は 2 彼女の, 必要で

1 [95件] あのくらい, あらず又, いくらかの, お冬さん, さとられないよう, してやるまでは, ずいぶん露骨, せよもはや, せよ死骸, そうした麗質, そう見える, そのよう, そのわけ, その後は, その恐怖, その癖, それ相応の, だんだん分かっ, ない, また召使い, やりたくないん, よく申, よそよそしくし, スバシニと, パンパンにも, マダム丘子と, 一と, 一光閃も, 一寸逢わせたい, 人から, 今日死ぬ, 会うだろうし, 会えたじゃ, 会えない, 伝播し, 似ず千曲, 似て, 似合って, 似合わず強情, 似合わんかわり, 優るもの, 先生は, 光を, 凶という, 出くわさなかったの, 別かれなけれ, 別れて, 劣らないほど, 劣らなかった, 勧めようかと, 勸めようと, 却って楽, 和歌を, 因果を, 妹娘にも, 妻にも, 孫にも, 容易ならぬ, 引合されました, 必ず異存, 急に, 挨拶した, 早う知らせんなりません, 業に, 残した, 気に入るよう, 男は, 異常な, 百姓の, 相前後, 相談した, 祕め同, 絶対の, 綺羅かざらせ, 綿を, 繋つたといふ, 自分が, 自分達の, 自慢を, 色んなタイプ, 苦労を, 苦勞を, 行き逢った, 裏切られて, 裾模様の, 見えさ, 見せて, 言った, 起りました, 軽々と, 逢いましたがね, 逢は, 逢ひました, 長屋の, 食べさして

▼ 娘でも~ (92, 0.3%)

1 [92件] ああなる, あったら貰いましょう, あって, あつて, ありまた, あるから, あるの, あるまいし, あろうか, いるん, かまわず引っ, こう綺麗, こう違っ, さすがに, しくじったわい, しばらくそこ, する様, そいつは, そう安, そんなに渡り歩く, どうかし, ないくせ, ないし, ないに, ない甥, ない皆んな敵同士, ない間柄, なくただ, なく天鬼, なく表面, なければ, なし, まだ十七そこ, もらい人, やはり家, タカちゃんが, ツイ取逆上せる, ハンドバッグと, 下を, 下女でも, 令嬢でも, 何とは, 剥いで, 口説かなければ, 叩き出すと, 同座せず, 大分工合が, 奉公に, 嫁に, 孫でも, 家格の, 少し変, 引っぱって, 心の, 思わず肚胸, 惜い, 手打に, 抱き上げて, 持參は, 捕まえれば, 文吾の, 斯うい, 最惜, 期待し, 来て, 東京へ, 死んだあと, 活物だ, 満足な, 無暗に, 狙つ, 現れさ, 矢張り年ごろに, 細君でも, 縹緻が, 自ら実行しなけれ, 自分よりは, 花見だの, 見えようもの, 見つけられたら又, 見るよう, 見れば, 見付かつて, 見当りましたらお, 見解の, 親から, 貰つてやらう, 貸して, 蹴倒, 送り出すよう, 雇い女, 預るつもり

▼ 娘~ (92, 0.3%)

3 は來 2 が, によってよく, の声, の方, はいずれ

1 [79件] がああ, がい, がいわゆる, がどことなく, がよく, が寒い, が当時, が秋祭り, が逃げ出し, が間, しかつた, でできた, で公然, との間, と同じ, にたいしては征服地, につき当たり, にとってはベルカン式, には少し, にもかつて, にも往来, に与える, に分け, に危険, に御馳走, に盛装, に笑われる, のあそぶ, のこころ, のため, のほか, のやう, の一人, の前, の寄宿舎, の父親, の笑い声, の賛美, の間, の頭, の顔, はあの, はそれ, はそれでも, はたがい, はひとつ, はみる, はみんな, はやはり, はわかり, は一人, は一種, は修道女, は喚き, は四方, は塵, は変, は当時, は手, は来やしない, は歌, は父, は現今, は皆, は真赤, は花, は道, は首, まできっと, もいっしょ, ももはや, も今, も泣いた, よわれおんみより小, をいだきしむ, をその, をながめ, を見, を見る

▼ 娘との~ (87, 0.2%)

10 間に 3 あいだに 2 あいだには, 別れに, 必死な, 結婚など, 肉慾の, 行った同じ

1 [62件] ことが, ことで, ことの, このよう, この室, ローマンスであった, 三人暮しが, 三人暮しで, 中に, 二人づれが, 二人の, 二人暮らしである, 交渉が, 交渉において, 仲に, 仲は, 住所だ, 取扱いに, 図々しい野合, 姿が, 婚姻によって, 婚約を, 後影が, 心持を, 恋を, 恋物語に, 悲劇を, 感情においてさえも, 挙動に, 散策, 旦那の, 来るの, 死に関する, 盛んな, 眼路の, 紙帳に, 結婚なぞを, 結婚によって, 結婚式場に, 結婚話を, 縁談も, 肉體を, 肖像忘れられぬ, 親しみの, 親子三人暮であった, 親戚で, 記事を, 話し聲, 話声を, 足音が, 距離が, 鍬打つ, 長い散歩, 間には, 間の, 間は, 関係が, 関係です, 関係については, 関係を, 隔たりに, 風変りな

▼ 娘っ子~ (84, 0.2%)

2 が, で, とふざけ, に, のよう, を連れ

1 [72件] がうだる, がさぞ, がやって来る, がやる, が前, が大騒ぎ, が婚礼, が村, が死にやした, が気取った, が灰色, が荒熊, が転がり込ん, が通りかかる, が通る, が首, じゃあるまい, だ, だった, だどうして, でもさいなん, でも漁, とがふざけた, となる, とはどんな, とも附かない歌い, と小, と話しいし, なので, ならたらして, なんてコンナ, につかう, にとっ, にほん, によく, に一々, に会いたい, に思いつく, に窮命, に過ぎなく, に違えねえ, のお, のくわえ, のこと, の家, の寄り, の巣, の悶え泣く, の情, の籠, の衣裳, の身うち, は恐い, は油断, まだ身性, も一蓮托生, をいい, をさえ, をし, をひっぱたく, をひどい, をめあて, を命がけ, を放し, を放せ, を明け, を田舎, を相手, を見せ, 上れや, 聞け聞け聞け聞くが, 除けの

▼ 娘~ (84, 0.2%)

9 にし 7 のお 3 になっ 2 が居る, ともなく, と云う, の方, は湯上り, は胸

1 [53件] お梅, かえ, が三人, だと, だらう, である, であるかは, であると, で今, で居る, で店, で有った, で芝居町, ということ, といふこと, といふの, として名, として因州鳥取三十二万石, として大事, として引き取られ, として彼女, として此, として育てられた, として長政, とは言つて, ともつかない, と為った, なんで, にせられた, になつて, になり, になる, に仕立てられ, に対しても決して, に成れる, に続い, に續, に貰っ, に貰った, に近い, のいう, のいふ, のお松, のお松どの, のよう, の三枝, の児, の春美, の花園春美, の顏, の顔, やらで家内同様, や息子分

▼ 娘だった~ (83, 0.2%)

8 のです 2 が, そうです, という, のよ, のを, んだ

1 [63件] いかにし, かと覚え, かと驚き呆れ, かも知れない, からこれ, からです, からまア, から旧主, から親達, から貴子, があれ, がほんとう, がわずか, がブラドン, が家, が惜しい, が旅, が樽崎, が母, が父, が玉, が顔, けれど口, ことと, ことは, ことを, し好い, せいです, そうで, ということ, というわけ, という事, という噂, という因縁, という少し, とかかみさん, とかで, とする, と平気, なあ, などと噂, ね, のか, のかと, のだ, のでご, のでございましょう, ので庸三, ので彼女, ので清子さん, ので自然, ので袋もの, のに二十一, よ, わ, オオ最う, 伸子は, 六カ月の, 平凡な, 彼女ら姉妹に, 時分金歯に, 私は, 頃の

▼ 娘一人~ (82, 0.2%)

6 に聟八人 3 とり止むる事, に婿八人, の命, を残し 2 を殘, を殺し

1 [60件] おなじ時, が別々, が生き残り, だけが助かっ, だけとなった, で, である, ですよ, でなく皆, では, でやれ, で人, で何事, で大層苦勞, で話, とをやしなっ, と定雄, と息子一人, にすぎない, に婿三人, のため, の家, の手, の手ぢ, の暮し, の梶さん, の生活, の留守, の痩せ腕, の私, の細腕, の跡取り, は唖, は宿, ふえたこれから, をかばっ, を二階, を壁, を家, を捨てた, を残しまし, を殺された, を殺した, を殺し損ねた, を殺す, を牲, を独占, を留守居, を目的, を結婚, を育てあぐん, を運び下す, を頼り, を養っ, を養つて, 居たる午すぎ, 徐に歩み入る, 持つた覚え, 置くと, 飛び出して

▼ 娘なら~ (70, 0.2%)

2 あたしにとっては, ば知らず

1 [66件] いくらでもある, いっそ酌婦, うん初心, おそらく一生, お馬婆, この茶, こんな家, そういう別れ, その前, そりゃ感心, それくらいの, ただでは, だれでも, とにかくかり, ともかく商売女, どんな官員, なんでこの, ばいよいよ, ばそれ, ばちょうど, ばともかく, ば丈, ば人, ば先ず, ば堕落, ば父兄, ば真紅, ば石, ば胸, ば自分, ば詩, ば非常, もうすこし勇気, もう死にました, もう疾うに, ピストルなんか, 一応結婚, 亭主の, 低能じみた, 何も, 別にそれほど世間, 地獄だって, 大抵知っ, 娘としての, 娘に対する, 娘の, 嫁に, 定めし着類持物, 当然それ, 此茶は, 気を, 決して仕ない, 活動切手くらい, 満点だ, 滅多な, 無斷, 碌な, 私が, 美しかろう, 自害の, 親も, 親分に, 話は, 須永との, 頓兵衛の, 飴の

▼ 娘二人~ (70, 0.2%)

2 だけで

1 [68件] ありて, ありと, いて, いなくなったの, いろいろの, お百合さん, かを手, があの, がやつ, が事欠かぬ, が同腹, が奉公人, が手, が肌, が裸, が遊び, が金, それから他, それに多, だけはこの, でよく, とその, と吉次, と矢代, になっ, になつ, に半分づつ, に手, に案内, に死なれ, に若しあまり, のしがない, のところ, のほか, の世帶, の並べ, の位牌, の家庭, の帯, の方, の生活, の眠っ, の艱難, の身, の間, の駄菓子屋, はいかにも, はこの, はその, はそれぞれよそ, はとつく, はのんびり, はもう, はノースウェスタン, は両端, は姉妹, は山男, は山陰伯耆, は慣れ切った, への贈物, を入れ, を前, を助け返した, を島, を描いた, を殺した, を連れ, 細々と

▼ 娘であった~ (63, 0.2%)

3 のだ 2 という, ということ, 私の

1 [54件] おとら, お糸, か, から, からこれ, からで, からまた, から憐れ, がいわけない, がこうして, がこの, がその, がそれでも, がまだ, が十五, が可哀相, が唯, が壊れ, が始め, が心細い, が急, が手, が此娘, が泣き, が綾子, が舞踊, が見る, こと, ことも, ことを, し俺, し劉家, そうです, とき, とばかりで, と云う, と人, と幻滅, な, のである, ので不思議, ように, エーヴの, ラリサは, 丈けに, 伸子に, 割合には, 時分この, 時分に, 病身がちの, 神近市子, 頃から, 頃同, 鳳晶子の

▼ 娘とが~ (60, 0.2%)

2 あった, 差し迫まる

1 [56件] ありましたが, ある, あること, いましたが, いるばかり, いる間, うちつれ立って, この有様, さびしく暮らし, その屋根部屋, それぞれ別の, そんな示し合せ, やって来たという, やはり先, やはり婚礼, ニューヨークで, 並んで, 亀江の, 二人の, 佇んだ前, 倚り, 入れ換わったろう, 共力し, 凄く寂しく只, 切って, 双方左側の, 受けた感情, 商売し, 奥へ, 対立的に, 席に, 帰って, 常から, 打ちつれて, 据わって, 旅や, 旅よそおいを, 昨春の, 時々そこ, 正式に, 特別便で, 登つて來る, 睦び合ひつ, 私の, 立ち上がった, 素人めいたとりなし, 縺れ合って, 羞らいながら, 自分の, 親しくなっ, 親の, 隅の, 頻に, 顔の, 馬に, 麓から

▼ 娘じゃ~ (54, 0.2%)

8 ないか 3 ありませんか, そうな, ないの 2 ありません, あるまいし, ございませんか, アない

1 [29件] ありませんかしら, ありませんよ, あるまいね, お師匠さま, けがらわしい誰, けん男, ない, ないかね, ないこと, ないっていう, ないですか, ないもの, ないらしいの, ない狼, なくて, なし貴様, な爺さん, ねえか, ねえですか, ねえの, ほかから, アありません, アと, アなかっ, 世話の, 先生の, 学問が, 山口屋善右衞門が, 弱いこの

▼ 娘さん達~ (53, 0.1%)

2 がし, が踊る, でな, は, はなそら, は夜

1 [41件] がいそいそ, がその, がみな覗き, が争っ, が代り, が出入, が泣く, が独立, が私, ちょっとうかがいます, でさえそんな, とは自然, なので, にお針, のあけ, のワン・オブ・ゼム, の世話, の外, の来る, の棺, の気分, の組踊數番, の群, の香油, の髷, はあの, はその, はたいてい, はてんでに, は何, は扱い, は殆ど, は白い, は自分, もそこ, もゐました, もウカ, も隨分, や石切り山, よ, を埋葬

▼ 娘~ (52, 0.1%)

11 子の 7 子が 5 子に, 子は 3 子で 2 子だ, 子や, 子を, 子一人

1 [13件] この群れ, 子たちも, 子だらう, 子ぢ, 子でも, 子とが, 子とは, 子にでも, 子には, 子ばかり, 子め何か, 子奴, 子非常

▼ 娘~ (51, 0.1%)

2 妹か, 妹の, 娘でない, 孫の

1 [43件] いつからという, え, え孫, おい立っ, こういっ, その弟, それとも伜, とにかく身ぎれい, どうか, どつ, なにかを, 一人の, 二人と, 京都で, 何か, 何かで, 何かと, 何かの, 兎も, 六十幾歳の, 善人ぶっ, 女中の, 女中を, 女房が, 女房を, 将茶山, 小間使でしょう, 小間使の, 年増か, 年増の, 彼れ, 後家に, 用心おし, 知らないが, 知らぬが, 知らんけれども, 知らんどうも, 知り合いの, 腰元で, 若い妻, 賢くて, 轆轤首だ, 轤轤首だ

▼ 娘盛り~ (50, 0.1%)

3 のお, の頃 2 がいる, になっ, になつて, のお玉さん, をこれ

1 [34件] お嫁入り, から始まりました, が思い遣られ, これは, じゃ, だ, だった, だと, であった, ですが, で赤い可愛らしい, という人生, といっ, となっ, と来, なのに, にし, になった, にはこれ, には四国町, の一大船隊, の二十歳, の十九, の姿, の子, の彼女, の時, の時代, の脂, の顏, の齢, は酒, を過し, 瓜実顔で

▼ 娘~ (49, 0.1%)

3 声を 2 恋文でも

1 [44件] おやり, おれの, そう云った, ちょいちょい当っ, ちょっかいを, ものを, 会釈を, 伝わったの, 何回も, 傷を, 半分づつ分け, 同情を, 哀願する, 唄ふ, 夜光の, 宛てた色文, 小言を, 悪く云, 惡く, 意見が, 懇, 手渡しを, 手紙を, 払っても, 掌を, 時々通つて來, 書いた, 機嫌を, 残します処, 毒牙を, 涙金を, 甘い言葉, 百城の, 百金そちの, 行くか, 行く思い, 言うの, 譲りたいと, 近づいたが, 通つて來る, 門並眼を, 電報を, 静かに, 順ぐりに

▼ 娘らしく~ (46, 0.1%)

2 は育てたくなかつた, もなく, 何んと, 豊かな

1 [38件] あまり優待, おおようで, がっしりと, せめて山屋敷, その嗚咽, それを, そんな事, て, てしかも, てひどい, また母, カツと, パツと, 充分に, 光沢の, 光澤の, 又つき, 地味な, 妹らしく, 存分に, 寛大で, 小布の, 小綺麗に, 平次も, 懷劍で, 折屈み, 明るく笑った, 潔癖で, 父親の, 珈琲畑を, 生長した, 立派で, 色つ, 色気が, 言葉の, 逆上た, 静かに, 顔を

▼ 娘とも~ (45, 0.1%)

2 つかぬお

1 [43件] いえなかったが, ちょくちょく口, なれば, に人柄, ろ共に, わからぬうはばみの, 云えません又, 仲よくなっ, 会って, 何とも斷, 兄妹とも, 別れたと, 別れ別れと, 友に, 口を, 同じよう, 女中とも, 妖怪とも, 婦人とも, 子供の, 孫とも, 常不断そう言ッ, 心安くし, 思う浪子, 思えずそして, 思はれた, 思へないが, 思われた, 思われないの, 明確に, 東京の, 源氏の, 相談の, 知合いに, 芸事が, 見えずなりぬ, 見える色白, 見える若い, 親し過ぎる, 言はれぬ, 話さなければ, 遊び友達であった, 違う

▼ 娘ども~ (45, 0.1%)

2 が風説, に笑, の声

1 [39件] か, がいる, が真似, が見張り, が覗き, きて, でさえ跣足, で各, と思っ, にからかう, にその, には番, には苦労, に尋ね, に紙細工, に遺り, のムコ, の出精, の靴下, はあまりに, はあんまり, はいずれ, はたい, はどんな, はもっと, は仲よく, は父, は見張り, ももう, も彼女ら, をりっぱ, を宗教, を憤らせる, を気の毒そう, を浴, を相手, を買い切っ, を餌, を駆り集め

▼ 娘でした~ (42, 0.1%)

74 が, ね 2 が人, が性根

1 [23件] か, から, がお勝手, がなまじっか, が三月前, が小夜子サン, が屈從, が立派, が背丈けが当り前, けど, ぞえ, ね夕顔, ね姉, ので住居, のにどうしてあんなに, よ人, よ生一本, よ踊り子, ネあまり, 少し淋し, 柄は, 私を, 素朴な

▼ 娘ッ子~ (41, 0.1%)

2

1 [39件] が, がたしか, が恋, が読む, が集つて, が難物, じゃありません, じゃげ, じゃござらん, だ, だと, だな, だなあ, でやっと, というもの, という娘ッ子, と思う, ならお, ならたんと, なりおかみさん, なんて言う, に盲目的, のし, の中, の出る, の手踊, の証言, はのいうたら, はみんな人別, はよく, は君, は憎めねえ, は苦手, をあいつ, をおびき出させ, をしかも, を口説く, を叩い, を嫁

▼ 娘~ (40, 0.1%)

2 では, のお, を放し

1 [34件] がいた, がこの, がその, が一人, が不在, これで, これは, じゃな, で, でござるかな, どうかな, どうなされた, にお, にその, には叔父, に恋, に相違, の命, の玉, の罪, の身分も, の身空, の須勢理媛, はなんと, は何, は何ん, もおっしゃいました, をお, を見, を貴殿, 中ったろう, 召した黄八丈, 吃驚も, 殿女中丸髷に

▼ 娘に対する~ (39, 0.1%)

2 私の, 色恋から, 虚勢も, 言葉丈は

1 [31件] ところの, のとは, また自分自身, ように, より深い, エゴイスチッシュな, 同情から, 多計代, 思慕の, 怨みは, 情熱と, 感情を, 憎みが, 挨拶に, 極めて純粋, 殺人事件も, 母親の, 無責任な, 物云い, 理解の, 疑いが, 疲れであった, 義務では, 自分の, 苦心もてあまし, 言葉でも, 誠実さは, 警戒の, 醜聞なども, 非難めく, 魅力の

▼ 娘とを~ (38, 0.1%)

4 連れて 2 一緒に

1 [32件] おごつてやる, かぎる一本, じっと睨む, つれて, ひきつれて, みると, むごたらしく斬り殺した, もった事, 伴れ, 信じました, 夫婦に, 対比させ, 床から, 引き取ったの, 後ろに, 持って, 振り捨てて, 来させるやう, 熱い清浄, 相乘, 知って, 知己の, 置き去りに, 舟へ, 見かけた, 見くらべながら, 見た, 見比べたりなんぞ, 認めた, 載せたる車, 連れた一人, 遠く引離し

▼ 娘といふ~ (36, 0.1%)

7 のは 5 ものは 4 ことに 2 お町, のが, のを

1 [14件] お組, ことにな, ことは, ところは, 共有観念を, 外には, 女の子と, 娘の, 娘を, 氣は, 点が, 看護婦は, 鎖が, 風な

▼ 娘~ (34, 0.1%)

2 がはしり, もある, よ

1 [28件] がよく, が山の上, が座敷, が私達, が色, が隣室, と道づれ, に向, に物, に課する, の, のため, のムウビイ・ゴウアス, の努力, の動作, の樣, はゑまし, は大分, は大抵, は少し, は往復共, は歌, は止める, は顏, をみかえる, をもとめる, を配し, 去る

▼ 娘~ (33, 0.1%)

10 やない 8 やありません 2 やございません, やねえ, や御座いません 1 や, やあるまい, やお前, やと云う, やよ, や大宮, や当, や無, や筋書

▼ 娘~ (33, 0.1%)

2 から常に, にとつて, の心, は屹度何, は日, は流石, は直ぐ, も亦

1 [17件] がガヤガヤ, が皆顔, には勿論, に只, の参る, の嘲笑, の姉分, の懷, の料理, の話し, の騒ぐ, の騷ぐ, はもう, はエビル, は物凄い, は皆, もお

▼ 娘姿~ (31, 0.1%)

2 が一, の例

1 [27件] が突然, が突然たった, で, であって, でした, です, で充分, で舞台, で顔, にかへりました, になる, になれ, にばかり想像, に和服, に心, に目禮, に薹, に間違, のお, のやう, の初々し, の宗虎丸, の山形警部, もある, を引抜く, を映出す, を見

▼ 娘としての~ (29, 0.1%)

3 生活の

1 [26件] たしなみも, マリアの, 人並みの, 人間の, 伸子の, 便宜と, 全てに, 周囲の, 女の, 少女時代若い, 当時の, 心の, 心持に, 心配ごころを, 情愛だけが, 教育が, 日々を, 最後の, 生活を, 立場と, 習慣から, 自分を, 自身を, 花やかさが, 苦衷と, 面から

▼ 娘子供~ (29, 0.1%)

2 の大勢, は羽根, を集め

1 [23件] が五六人, が傘, が落とした, とも寝てるだ, など, などはやはり, などは名残り, など髪飾り衣類, になお, に手習, に長唄, のもの, の事, の人気, の玉乗り, はずいぶん, はどこ, は日, は狭い, は矢はり小梅, まで征服, もいれ, を怖がらせない

▼ 娘でございます~ (28, 0.1%)

2 か, が父

1 [24件] あなた方の, からもしや, から両親, から店, から早く, から無下, から赤, から迷親, があれ, が七歳, が万一, が何, が自ずと, が萬一, ことが, と云われ, などと嘘, ね, よ, よ妙齡, よ妙齢, よ明日, よ春, 突然に

▼ 娘まで~ (28, 0.1%)

1 [28件] あるのに, かどわかされたか, くわえこもうと, そうだ, それに, そんな目, みんな天性の, もうけた, もつ身, 今は, 傷物に, 儲けた, 処刑に, 出来て, 加えて, 加は, 引張り出して, 指し向け, 殺させた, 深傷, 生ませたが, 生んだが, 自分の, 誘拐され, 連れて, 道連れに, 都會に, 震災後流行した

▼ 娘への~ (27, 0.1%)

2 愛の, 手紙, 義理で

1 [21件] ある種, たむけに, たむけには, たよりを, みせしめに, 土産代りだ, 婚資の, 影響が, 情慾は, 愛には, 愛情から, 愛想か, 愛着からも, 推移の, 求婚者を, 深い愛情, 溺愛について, 熱心な, 肉体と, 警告も, 関心は

▼ 娘ばかり~ (26, 0.1%)

2 殺すの

1 [24件] いじめるの, その娘, だった, だとか, であ, であった, でいづれも, でご, でなく村中, で一日, で下手, で兵隊, で明るく, 三人総領の, 二十人足らずで, 六人も, 十五人も, 呼ぶ筈, 持った親, 狙うという, 狙うの, 狙つてゐる, 選んで, 隠すよう

▼ 娘よりも~ (26, 0.1%)

2 一枚あがり

1 [24件] あつかひにくい, おまへたち, お駒, たくさん泣いた, たくさん涙を, また自分, シヨゲた, 一二寸高い, 三つの, 二三歩さきに, 優れて, 十八年上である, 小柄で, 幸福な, 当の青年, 恋よりも, 新手の, 早熟だ, 氣立ても, 熊襲の, 純な, 若いに, 都育ちの, 醜い娘

▼ 娘だけに~ (25, 0.1%)

4 今年の 2 こいつは, 胸が

1 [17件] うぶな, お逢い, きかねえなん, この邊, そう聞く, だんだん焼け, 他が, 凄くも, 姉らしく, 怖え, 手荒な, 日本の, 止められれば, 母程, 碧血に, 自分が, 訊きたいこと

▼ 娘であり~ (25, 0.1%)

2 比較に

1 [23件] この頃庄右衛門, ながらどうしてこう, ながらまだ, ながら直樹, ふた親の, ジャン, ソンキの, 作家であり, 助太刀を, 同時に息子, 妻で, 妻であり, 宣教師の, 小鳥好きな, 山下は, 己が, 持統天皇の, 文化交換として, 斯んな, 木下富士子が, 狂人の, 病床に, 藝者の

▼ 娘でない~ (25, 0.1%)

6 ことは 2 事は

1 [17件] か, かと思う, からそのまま, から閑斎, か逢, ことぐらゐはモリエールも, ことも, ことを, そなた, ということ, とは言, とわかり, と解った, ような, 一札が, 御供を, 者を

▼ 娘に対して~ (25, 0.1%)

1 [25件] いわれぬ愛着, この作家, したこと, でした, どのよう, どんな特別, やっぱりノオ, よい感じ, 前いった, 多計代, 妹娘を, 少しも, 底では, 快くない, 感動しない, 抱く考え, 暴行を, 最も寛容, 権威の, 母ばかりが, 母親だけの, 毒々しい事, 注文が, 示す具体的, 至醇なる

▼ 娘義太夫~ (25, 0.1%)

2 になる, の定席, の方

1 [19件] が花簪, だと, である, では京子, と称し, なんかを窘め, にあつまる, にする, のよ, のドウスル連, の一件, の堂摺連, の小勝, の竹本綾之助, の竹本静香, はその, は段違い, もまた, や女

▼ 娘だけ~ (23, 0.1%)

4 あって 2 だ, であった

1 [15件] ありまして, だった, だらうか, であったの, でこれ, ですから, では, なん, 二三度も, 二人住ん, 例外的に, 奧の, 誰も, 跡始末に, 違ったもん

▼ 娘ざかり~ (22, 0.1%)

2 で容貌

1 [20件] だから, であったが, である, でございましたかわいそう, としてのあなた, となっ, なのに, のこの, のころ伏見, の凝脂, の年ごろ, の月日, の絶頂, の肉, の身, の頃, は山茶, をあ, をこんな, をそうした

▼ 娘より~ (20, 0.1%)

2 私が

1 [18件] ずっと違った, まだ長い, もっと綺麗, もつと, 一つ年下で, 一段上の, 偉くなる, 優しくし, 六つばかりも, 十倍も, 外には, 心配する, 柔, 美しい娘, 良いん, 転がる手毬, 遙かに, 高い

▼ 娘だけが~ (19, 0.1%)

1 [19件] いけない, お茶の水といふ, どこへか, 一切の, 今年の, 出て, 失わずに, 実子でない, 廿二三でも, 朝は, 未婚で, 甲州屋中での, 石の, 純良無垢なし, 舟に, 見る, 誘惑に, 震えて, 食べたという

▼ 娘だって~ (19, 0.1%)

1 [19件] あなたくどい, いいじゃ, いい年, この財産, どうしよう, まだ泳ぐ, 何を, 例外じゃ, 十八や, 友達から, 嫁に, 容貌のぞみで, 少しも, 心配し, 浮かばれないに, 私達と, 話だ, 貴方彼は, 贈物を

▼ 娘などは~ (19, 0.1%)

1 [19件] いつも椅子, かなり広い, この青崎, そのため, その声, とてもこの, もうあのお, よく髪, 一人も, 主家を, 全然椅子生活, 六回か, 女中にさえ, 心配し, 日本の, 特別立居振舞の, 知らないと, 知らないの, 致し方が

▼ 娘三人~ (19, 0.1%)

1 [19件] あのおし, おなじく花見, が昨夜, つれて, で搜, と八五郎親分, どうにかやっ, のうち上二人, の心持, の生活, の田舍暮らし, は戦争, は手拭, もつ, も出, を三人, を引き摺り込ん, を移し, を遣わし

▼ 娘だつた~ (18, 0.1%)

2 ことは, よ, んです

1 [12件] が, が今, が其父毎旦, が惜しい, が愛嬌, が楢雄, が熊五郎, が若者, ことである, ね八, のでもう, 筈だつた

▼ 娘とか~ (18, 0.1%)

2 それは

1 [16件] いったな, いって, そういう種類, で三四年前, ないしは遊女, へらまく思ふ, 何とか薹, 召使いとか, 名を, 地下侍の, 姪とかを, 婢とか, 孫とかいう, 或ひ, 申すならば, 養女とか

▼ 娘ふたり~ (18, 0.1%)

2 に若い

1 [16件] がダンス, が今, が淫蕩, に人なみ, に相違, のこと, の前, の女, の行く末, の身の上, はあさく, はきょう上野公園, は俄, は早々, を生んだ, を蠱惑

▼ 娘~ (18, 0.1%)

2 お前は

1 [16件] おしやれな, お前が, しんぼう強く勇ましく, その心, そろそろ行こう, どうぞ心, わるいもの, 不義の, 僕の, 和女が, 外へ, 大鍋, 懼る, 秘巻を, 読めるかな, 駄目だ

▼ 娘ごころ~ (17, 0.0%)

1 [17件] だとて, にも察し, に寧ろ, に帰りゆく, に恋, に決心, に護り続け, に長, のあやし, の恋情, の悩, の浅, の羞, はひたむき, も知らぬ, を思いやっ, を案じめぐらせし

▼ 娘はん~ (17, 0.0%)

1 [17件] お米, じゃったら理想的, だす, だすやろ, ちゅうのは子たち, ですか, とあの, と較べ, に參つて, に違いお, の家, はどなた樣, は夜店, もお, も呼ん, やおま, やったらしっかり

▼ 娘としては~ (16, 0.0%)

2 無理は

1 [14件] おっとり育っ, かなり變つた所, ごく平凡, そうした方便, ましの, 不相應, 出来過ぎて, 少し痩せすぎ, 幾分か, 本望であった, 真に驚く, 縁遠い方, 親の, 騷ぎの

▼ 娘みたい~ (16, 0.0%)

2 なもの, な気

1 [12件] だね, でいや, なお, なきれい, なこと, なも, なもん, な境涯, な若作り, にくねくね, に可愛, に夜

▼ 娘らし~ (16, 0.0%)

7 さが 3 さを 1 さ, さから, さのみが, さは, さも, さ母

▼ 娘婿~ (16, 0.0%)

2 の山路一遊

1 [14件] だった筈, で, である事, で青年政論者, にした, に対して鄭寧, のこの, のフォーゲル, の事, の家, の影, の死, の豹変, を捉

▼ 娘その~ (15, 0.0%)

2 方は

1 [13件] ころ二人は, 人とは, 名も, 夜から, 娘の, 房楊枝を, 方の, 時分の, 晩の, 次が, 次に助, 次は, 風俗と

▼ 娘であっ~ (15, 0.0%)

2 てみれ

1 [13件] たりどんどろ大師, てかつてしみじみ, てしたがって, ても彼女, てわたし, てスワ, て一人, て平左衛門, て彼, て生前, て生計, て見れ, て起原

▼ 娘であろう~ (15, 0.0%)

32 とは 1 かそれにしても, かと思われる, が何歳, それとなく今, というもの, と思った, と私, な, ナ, 野良歌うたう

▼ 娘などに~ (15, 0.0%)

2 想ひ

1 [13件] こだはる, つきて, なれば, 云ふと, 出来そう, 契り彼, 好かれる性, 好かれる男, 思ひを, 戲談を, 手入れを, 相談した, 色文を

▼ 娘なんか~ (15, 0.0%)

1 [15件] おれの, ぢや, であ, どうなろう, ひと思い, もらえんと, よくあそこ, 二三丁先から, 二人連で, 借着で, 女学校, 戸籍に, 知らないや, 許さないと, 許る

▼ 娘夫婦~ (15, 0.0%)

2 のため

1 [13件] が東京, が諫め, と孫, にあたる人達, に道楽半分教習所, のところ, の幸福, の暮らした, もこの, もそれ, も前, も驚い, を入れ

▼ 娘だろう~ (14, 0.0%)

1 [14件] か, かその, かもっと, からお前さん, かカール, が惚れるなら, と思った, と豹一, などと一種, ね, ねえその, 併し, 其処が, 懐剣で

▼ 娘~ (14, 0.0%)

3 こが 2 児の, 児も 1 こに, このお, このくせ, このよう, こみたい, ちのも, 児に

▼ 娘などが~ (14, 0.0%)

1 [14件] あったらさぞ, いた, うたつた唄にな, お世辞, して, その歌, ないから, 作り出される事, 出ること, 往くと, 皆このごろは, 美しく化粧, 落葉籠を, 逗留に

▼ 娘について~ (14, 0.0%)

1 [14件] いろいろ診察, きたんだ, チチコフと, 何か, 出来るだけの, 少しだけ, 彼女の, 手紙に, 示される多, 苦情を, 言って, 語ること, 責任の, 近所で

▼ 娘ひとり~ (14, 0.0%)

2 に婿八人

1 [12件] その娘, であずかっ, で帰らせる, と六歳, に譲られた, のたより, の研究, の私, の紛失, を出し, を当て, を残し

▼ 娘~ (14, 0.0%)

1 [14件] であったし, であったらしい, で下膨れ, で市川小次郎, で終る, として本領, として認められ, になっ, になった, に回らね, のお, のやう, のよう, は薹

▼ 娘とともに~ (13, 0.0%)

2 二人の

1 [11件] ネモラン, 原始の, 堂の, 宇治川に, 少ばかり, 御多分に, 毎日腰掛け, 無慈悲な, 移り住んだ, 自分の, 門口に

▼ 娘自身~ (13, 0.0%)

2 の発意

1 [11件] がなん, がわが身, が主人, が僕, こんなにも仕合せ, さえある, の意向, はすやすや, は芸者, も並み並み, も既に

▼ 娘たちどこ~ (12, 0.0%)

12 へ行く

▼ 娘と共に~ (12, 0.0%)

1 [12件] するといふ, その家, 來り, 先方に, 再びこの世, 厄介に, 大通りへ, 好子を, 松原を, 焼け死んだうち, 通つた, 門口に

▼ 娘にでも~ (12, 0.0%)

1 [12件] いうよう, なつた, なりきったよう, なりきつ, 人の, 会いましょう, 別に, 対するよう, 当るもの, 思ひ付かれたとでも, 注意する, 警告し

▼ 娘時分~ (12, 0.0%)

2 と申す, のこと 1 からの肩入れ, からの記憶, とは大, には戦, には男, に朝寝, に踊, のおま

▼ 娘からの~ (11, 0.0%)

1 [11件] エハガキが, 仕送りは, 仕送りを, 思いがけない抗議, 思ひがけ, 手紙が, 手紙であった, 手紙を, 暑中見舞であった, 返事であった, 頼みを

▼ 娘たち二人~ (11, 0.0%)

1 [11件] が両方, が競争, っ切り, の性格, の肩, はちら, は毎年感心, は父親, は貫太, も何, を抱

▼ 娘だけは~ (11, 0.0%)

1 [11件] お邸, そう小説, 両親から, 二た, 井下伯にでも, 人並, 元の, 助けて, 助けられたもの, 大事に, 無関心

▼ 娘なる~ (11, 0.0%)

1 [11件] が幼, が故に, ものが, ものを, わ, コジマと, 女は, 家内の, 深窓の, 者が, 花の

▼ 娘なんて~ (11, 0.0%)

1 [11件] いくらでもごろ, いやしませんでしたよ, えもの, お土産, ちっとも好い, みんなそんな, 男に, 皆んな嘘よ, 蒼い顔色, 言つたと, 随分ぼんやり

▼ 娘太夫~ (11, 0.0%)

1 [11件] が二人, が薄紫熨斗目, が評判, で美貌, のお, のつばめ, の燕女, は源女, を巡っ, を殺す, を益々

▼ 娘かと~ (10, 0.0%)

1 いふに, きいて, 云うので, 信吉は, 友に, 思いまして, 思うと, 思ったほど, 思つてゐた, 思ふ程

▼ 娘からは~ (10, 0.0%)

1 あまり大した, かえって誘い出し, たよりが, なんの, 人の, 何度も, 引出せさ, 言ひ, 訊けなかったが, 足で

▼ 娘これ~ (10, 0.0%)

2 は非凡 1 に乘, はお, はやす子, は初めて, は息子, ほどかれ, も例年, も柱

▼ 娘たる~ (10, 0.0%)

1 ものは, や今, アプロヂーテー來りな, 姫に対しては, 彼女にとっては, 彼女は, 忠興の, 恋人に, 格式を, 脚美は

▼ 娘でなく~ (10, 0.0%)

1 すぐ此裏, ちゃ御免, てはならない, ても同じ, て彼等, て近く, ともこういう, 年増でなく, 或は妹, 田舎の

▼ 娘ながら~ (10, 0.0%)

1 いつしか調, お前は, まぶしいばかりに, りっぱな, 俺の, 健気に, 名前の, 大したもの, 甲斐甲斐しい野良姿, 神田から

▼ 娘なども~ (10, 0.0%)

1 あまり通らない, いる, おります, お付き, せいいっぱいに, たまたま父健吉画伯, よく御前, キャッ, 帰幽, 通った

▼ 娘~ (10, 0.0%)

1 が上手, として近代劇協会, には昔, の勤, はいつもやけに, は美し, ばかりだった, をした, をポーズ, を本役

▼ 娘手踊り~ (10, 0.0%)

1 と猿公, と銘打った, などのあいだ, なんぞはいつ, に中村辰太夫, のほう, の小屋, の梅, の連中, を加えた

▼ 娘~ (10, 0.0%)

1 というもの, に思い違い, の, のうせない, の一図, の可, の可憐, の失せない, の慇懃心, を可憐

▼ 娘~ (10, 0.0%)

2 にした 1 で學校, と一夜, にしつける, の乙女, の女, の振り袖姿, の艶, は件

▼ 娘それ~ (9, 0.0%)

1 ですっかり, に男, の行方, は佐渡屋, は実に, は恐ろしい, もごく, も隨分嚴, を見送る

▼ 娘だの~ (9, 0.0%)

1 八方に, 女学生だ, 女房達が, 子供たちだの, 情婦だ, 教育の, 牛だ, 老人だの, 若いきれい

▼ 娘にとって~ (9, 0.0%)

1 お前は, この上ない出世, どんなに溢れる, 不平であり, 十以上も, 母の, 結婚は, 親なんか, 闘士であり

▼ 娘をも~ (9, 0.0%)

1 くれるという, また情人ら, 一緒に, 共に取寄せん, 守って, 落し入れて, 見た, 見るという, 見立てて

▼ 娘可愛~ (9, 0.0%)

5 さに 3 さの 1 さから

▼ 娘など~ (8, 0.0%)

1 であろうと, ならあまり, ひとりも, 共にゐ, 急に, 拉して, 肩摩轂撃の, 言つた形に

▼ 娘ばかりが~ (8, 0.0%)

4 上つて行く 1 はしゃいで, 上って, 残った, 頼りでございます

▼ 娘までが~ (8, 0.0%)

2 笊や 1 あの通り, お勢, それは, 同心の, 日ごろ沈みがち, 泣声を

▼ 娘よりは~ (8, 0.0%)

1 いいでしょう, いくらか年, ずっと年下, その母人, まだ踏み切らない, もう一つ年かさ, 美しかつ, 自分が

▼ 娘~ (8, 0.0%)

1 がおそろい, が脚, と秘書, のほう, は, は四代目クラブ, は鎌倉時代, を連れ

▼ 娘さえ~ (7, 0.0%)

1 いりゃあ, 十五十六では, 喜んで, 幸福なら, 承知なら, 提供する, 笑って

▼ 娘つこ~ (7, 0.0%)

2 たちは 1 とてんでに, には好奇心, は娘, を月, 達が

▼ 娘などと~ (7, 0.0%)

1 並んで, 嫁合せる, 尤もらしく, 思うたら大きな, 恋仲と, 結婚させ, 言ったの

▼ 娘などを~ (7, 0.0%)

1 どうして救っ, 眼中に, 知るもの, 置いて, 貰う気, 貰つたら, 跡取

▼ 娘なれ~ (7, 0.0%)

2 ばこそ猿 1 ども, ばこそこの, ばこそ親, ば其の, ば身

▼ 娘については~ (7, 0.0%)

1 パドゥアの, 一つの, 三津子さんも, 上に, 何にも, 彼は, 街で

▼ 娘にて~ (7, 0.0%)

1 うろ, 久しく英国ロンドン, 乱心の, 今の, 倉の, 浮いた噂, 過ぎなば

▼ 娘ばかりは~ (7, 0.0%)

1 よもやと, 一向取, 思うよう, 狂ほしく, 生れながらの, 離屋の, 鬼神の

▼ 娘をば~ (7, 0.0%)

2 御下げ下さいまする 1 そのままで, そのカヤ, どうかくれろ, どうでも, 厄介者を

▼ 娘以上~ (7, 0.0%)

1 にさ, に内親王, に手, に面白, のもの, の妻, よ

▼ 娘手踊~ (7, 0.0%)

1 あり軽業カッポレ浪花踊, か水芸, があった, だの改良剣舞, なんかしげ, なんか面白く, の半

▼ 娘殺し~ (7, 0.0%)

1 が解決, のせゐぢ, の下手人, の事件, はどう, を下女, を白状

▼ 娘~ (7, 0.0%)

1 ちふの, である, に持つた, に銭, の噂, の持地, の滝沢

▼ 娘こそ~ (6, 0.0%)

1 この頃私, わたくしに, 四年前王子を, 琉球人の, 虫が, 見どころが

▼ 娘だらう~ (6, 0.0%)

21 から脅かし, がなから, が相手, と険しく

▼ 娘って~ (6, 0.0%)

1 あんたの, どうしてこうシンビ眼, んだ, 怒るの, 渾名つけられちゃった, 誰の

▼ 娘とで~ (6, 0.0%)

1 二人ながら, 何か, 働いて, 前に, 踊つ, 食事を

▼ 娘なり~ (6, 0.0%)

2 息子なりの 1 うつくしき顏, かまわず貢米賃, 皇后愛憐の, 青年なりが

▼ 娘にとっては~ (6, 0.0%)

1 かなり危急, 堪忍の, 幸か, 日本だの, 本望, 清潔らしく

▼ 娘のみ~ (6, 0.0%)

1 この恥, のりも, めかたちを, ゑかえ, 一人連れから, 斧を

▼ 娘ほど~ (6, 0.0%)

1 この道, やさしいそして, 悲惨で, 手を, 知って, 親切な

▼ 娘~ (6, 0.0%)

2 千束町に 1 こそ零落, はそんな, は奥方, 英国

▼ 娘巡禮~ (6, 0.0%)

1 といふの, の泣き濡れた, の繩, は平次, は見返り勝ち, を縛つて此方

▼ 娘~ (6, 0.0%)

2 なのに 1 だと, に思いつめた, の五六年前, も娘盛

▼ 娘~ (6, 0.0%)

1 の子, は世高, は生きかえっ, は田舎生れ, は高い, も同一

▼ 娘自慢~ (6, 0.0%)

2 の得意 1 がそれ, どうした, になりたがる, の手前味噌

▼ 娘連れ~ (6, 0.0%)

1 がめいめい, だけで入っ, て行っ, でこの, で昇った, の横

▼ 娘おえい~ (5, 0.0%)

1 が毎日, と云え, の自殺, は猫, を父様

▼ 娘かる~ (5, 0.0%)

1 わざ一座ばかりは, わざ一座座長, わざ師の, わざ師一座に, わざ師一座の

▼ 娘この~ (5, 0.0%)

1 お茶は, 二つは, 大河なる, 私は, 馬を

▼ 娘すなわち~ (5, 0.0%)

1 ポンメルシー夫人の, 幸田の, 王姫を, 私の, 紀伊守の

▼ 娘だけでも~ (5, 0.0%)

2 災難を 1 世話を, 無事に, 私の

▼ 娘だけを~ (5, 0.0%)

1 信じて, 分け隔て, 引っ担ぎあっし, 船中へ, 駕籠に

▼ 娘としか~ (5, 0.0%)

1 思はれず高貴, 思はれぬ, 映っては, 考えられぬほど, 見えませぬくらい

▼ 娘にな~ (5, 0.0%)

1 つてからい, つてし, つてゐた, つて女中等に, つて居た

▼ 娘によって~ (5, 0.0%)

1 いかめしい時間, 前よりも, 実現し, 楽に, 裏切られた落胆

▼ 娘に対しては~ (5, 0.0%)

1 その相談, とかく恋々, 伊達が, 婚約者の, 母親は

▼ 娘に対しても~ (5, 0.0%)

1 なんらの, 嫌悪と, 法師丸はた, 病人に対しても, 素直な

▼ 娘はと~ (5, 0.0%)

2 鼻を 1 つて十九です, 云うのに, 見れば

▼ 娘はね~ (5, 0.0%)

1 あの通り, 去年の, 幽霊に, 桜山葉子という, 長い間煩ら

▼ 娘よと~ (5, 0.0%)

2 戸口の, 母は 1 あらゆる辱め

▼ 娘夢浮橋~ (5, 0.0%)

1 が当たり, ときまった, の演, の衣裳, を振りつけ

▼ 娘手品~ (5, 0.0%)

1 と云う, のお, のお玉, の女, の親方

▼ 娘教祖~ (5, 0.0%)

2 は木戸 1 と云いたい, はせせら笑っ, は帰宅

▼ 娘横丁~ (5, 0.0%)

1 と其儘, と言, の大, の路地内, は何ん

▼ 娘気質~ (5, 0.0%)

1 とはおよそ, と聞い, のある, の気位, を盲信

▼ 娘番附~ (5, 0.0%)

3 の大 1 の張出, を拵

▼ 娘~ (5, 0.0%)

1 が眞, は惡者, は潔白, を擧げた, を許し

▼ 娘~ (5, 0.0%)

1 がどう, が妄者, などにも添削, は駕籠, もある

▼ 娘あの~ (4, 0.0%)

1 お喜代, きれいに, 娘は, 職業婦人タイプ

▼ 娘ある~ (4, 0.0%)

1 が故に, 日クワの, 日河原に, 朝彼の

▼ 娘お仙~ (4, 0.0%)

1 とわかる, と駄菓子屋, を夫, を連れ

▼ 娘お玉~ (4, 0.0%)

1 が殺された, の死體, は布團, を爭つて

▼ 娘お里~ (4, 0.0%)

1 お勢, との間, の曾, の許婚

▼ 娘かも~ (4, 0.0%)

1 しれません, しれん, 知れないけれども, 知れないわ

▼ 娘からも~ (4, 0.0%)

1 受取りながら, 常磐津の, 自分で, 返事を

▼ 娘~ (4, 0.0%)

1 うした, なくした, へある, へ同情

▼ 娘さん私~ (4, 0.0%)

2 はなんとも, を悪者

▼ 娘だったら~ (4, 0.0%)

1 あなたなんか, ひとたび酒場, 辛抱させる, 附文位は

▼ 娘っぽい~ (4, 0.0%)

1 ボンノクボに, 世間ずれの, 型の, 悪戯らしい

▼ 娘っ子たち~ (4, 0.0%)

1 が幾人, にシャンパン, に会いたがっ, を安心

▼ 娘つまり~ (4, 0.0%)

1 お美夜ちゃん, 光代たちには, 常陸, 従妹が

▼ 娘づれ~ (4, 0.0%)

1 が通りかかる, の武士, の狂人, の親切

▼ 娘でありました~ (4, 0.0%)

2 がこの 1 から鉱山, が気だて

▼ 娘でございました~ (4, 0.0%)

1 から自然私, が可哀想, のでお, 時に

▼ 娘でなけれ~ (4, 0.0%)

1 ばつかわなかった, ばなりません, ば乗せ, ば江戸

▼ 娘どこ~ (4, 0.0%)

1 かもそっと, からかときどき, やらに人, を歩き

▼ 娘などの~ (4, 0.0%)

1 ように, 乗って, 持ちたがる蒔絵, 自転車が

▼ 娘なんぞは~ (4, 0.0%)

1 どんなこと, どんな事, 只の, 息子の

▼ 娘にあたる~ (4, 0.0%)

1 愛子が, 木村愛子と, 獨身の, 細君なぞの

▼ 娘にたいする~ (4, 0.0%)

1 あの連中, 弱みから, 恋, 愛情は

▼ 娘にと~ (4, 0.0%)

2 つては 1 つて有難い, 傍で

▼ 娘にまで~ (4, 0.0%)

1 まきぞ, まきぞへの, 手織縞で, 贈物を

▼ 娘インディラ~ (4, 0.0%)

3 への手紙 1

▼ 娘ケーテ~ (4, 0.0%)

1 が良人, の心, の生れた, は兄

▼ 娘ルイザ~ (4, 0.0%)

1 から圧迫, である, に腹, のその

▼ 娘~ (4, 0.0%)

1 に況や, もない, んで袖, 去韋娘老

▼ 娘同士~ (4, 0.0%)

1 が汗, だといった, のはなし, の同情

▼ 娘同様~ (4, 0.0%)

1 あどけなく手緩かった, に亀, のもの, の仕事

▼ 娘娘廟~ (4, 0.0%)

1 のうしろ, の大祭, は満, をおける

▼ 娘~ (4, 0.0%)

1 りんの, 供は, 桶を, 露ばかり

▼ 娘~ (4, 0.0%)

1 のうしろ, の大祭, は満, をおける

▼ 娘息子~ (4, 0.0%)

1 でやっとこ, と遠い, の端, をとり来っ

▼ 娘~ (4, 0.0%)

1 に買いかぶられる, のいつお, もおいとしい, もその

▼ 娘~ (4, 0.0%)

3 が白い 1 の青白い

▼ 娘あがり~ (3, 0.0%)

3 とは思はれぬ

▼ 娘あり~ (3, 0.0%)

2 桂次が 1 いずれもが

▼ 娘あれ~ (3, 0.0%)

1 に死なれ, は来ない, を拙者

▼ 娘お前~ (3, 0.0%)

1 はけふ, は本気, 泣かずに

▼ 娘きい~ (3, 0.0%)

1 が望ん, であった, の嫁入り以来

▼ 娘きり~ (3, 0.0%)

1 だった, である, なの

▼ 娘さえも~ (3, 0.0%)

1 どんな所, 交じって, 杏の

▼ 娘さん一人~ (3, 0.0%)

1 では, で来させ, を知り合い

▼ 娘~ (3, 0.0%)

1 てそっと, てよる, て笑った

▼ 娘そういう~ (3, 0.0%)

1 事を, 因縁から, 関係は

▼ 娘そして~ (3, 0.0%)

1 まだ色香, 愛嬌の, 楽しい立派

▼ 娘そっくり~ (3, 0.0%)

1 でした, の人形, の少女

▼ 娘それから~ (3, 0.0%)

1 へ竃河岸, 夕食後生活の, 老女に

▼ 娘たち三人~ (3, 0.0%)

1 はすすり泣き, もその, も女中

▼ 娘たち相手~ (3, 0.0%)

2 にはどう 1 にはどうにか

▼ 娘ださうで~ (3, 0.0%)

1 まだ十九, 又六, 年頃にな

▼ 娘だち~ (3, 0.0%)

1 には可愛, は掌, も雑

▼ 娘だつ~ (3, 0.0%)

1 てある, て宜, て浮ばれない

▼ 娘つばめ~ (3, 0.0%)

1 の口, の成長, を相手

▼ 娘であったなら~ (3, 0.0%)

1 こうも, ばどこ, 嘉吉は

▼ 娘であるなら~ (3, 0.0%)

1 なおさら好い, ば斯, 私は

▼ 娘であれ~ (3, 0.0%)

1 ばあれ, ば袴, 女に

▼ 娘でございまし~ (3, 0.0%)

1 てな名, てよく, て年

▼ 娘とかいう~ (3, 0.0%)

1 下女は, 大きな背景, 麗人と

▼ 娘とに~ (3, 0.0%)

1 出くわした何と, 死なれてから, 見送られて

▼ 娘どう~ (3, 0.0%)

1 したの, したん, やうに

▼ 娘ながらも~ (3, 0.0%)

2 いつしか調 1 今村カメ女必ずしも

▼ 娘なぞを~ (3, 0.0%)

1 十一人も, 数えること, 連れて

▼ 娘にしか~ (3, 0.0%)

2 思われないのに 1 みえぬ若作り婦人

▼ 娘にだけは~ (3, 0.0%)

1 仏頂寺丸山の, 腹一杯食べさせたい, 自分の

▼ 娘にゃ~ (3, 0.0%)

1 あおれ, ア先方も, 向かねえね

▼ 娘に対しての~ (3, 0.0%)

1 敬意を, 無沙汰が, 物の

▼ 娘に関しては~ (3, 0.0%)

2 一言も 1 だね

▼ 娘はじつ~ (3, 0.0%)

1 と少年, と青い, をいう

▼ 娘へも~ (3, 0.0%)

1 何か, 促すよう, 最初の

▼ 娘までも~ (3, 0.0%)

1 その, 因果を, 手に

▼ 娘むす~ (3, 0.0%)

3 めした

▼ 娘もう~ (3, 0.0%)

1 あきらめた方, 一人は, 大丈夫だ

▼ 娘もつ~ (3, 0.0%)

1 母親の, 親の, 親幾人に

▼ 娘やは~ (3, 0.0%)

1 男を, 謡曲狂言に, 都ものらしい

▼ 娘ゆえ~ (3, 0.0%)

1 さすがに, 大いに悦び, 縁遠いの

▼ 娘らしくない~ (3, 0.0%)

1 がらがら声で, 上品な, 娘よりも

▼ 娘りよ~ (3, 0.0%)

1 だ, の口書, は切に

▼ 娘~ (3, 0.0%)

1 オレノ, 抱カセテ男谷ヘヤッテ女房ハ書置ヲシテウチヲ出ルトコロヘ帰ッテソレカラ漸, 紹介シテヤロウ

▼ 娘一度~ (3, 0.0%)

3 縁が

▼ 娘~ (3, 0.0%)

1 けにはゾッと, けは人間竝, は決して

▼ 娘付き~ (3, 0.0%)

1 で祖先, にさせ, の御家人

▼ 娘保子~ (3, 0.0%)

1 が九条, の乳母, は男子

▼ 娘占い師~ (3, 0.0%)

1 の方, の訪問, はついに

▼ 娘同志~ (3, 0.0%)

1 が, で踊つて, も親しく

▼ 娘喧嘩~ (3, 0.0%)

1 ですよ, なら帰ったあと, も

▼ 娘~ (3, 0.0%)

1 は云わなかった, は申しません, を言ってる

▼ 娘~ (3, 0.0%)

1 がその, は二言, は姿

▼ 娘妻母~ (3, 0.0%)

1 として, として描き出した, を生む

▼ 娘~ (3, 0.0%)

2 のお 1 が二十一

▼ 娘~ (3, 0.0%)

1 と云, は, を連れ

▼ 娘~ (3, 0.0%)

3 入つて

▼ 娘子等~ (3, 0.0%)

1 の問答, をよん, を同

▼ 娘子関~ (3, 0.0%)

1 がまだ, に向つた鯉登部隊, の嶮

▼ 娘強盗~ (3, 0.0%)

1 で横浜刑務所, を見破った, を風呂敷包み

▼ 娘御用聞~ (3, 0.0%)

2 とか何ん 1 とか何とか

▼ 娘手品師~ (3, 0.0%)

1 が手, になつ, のお

▼ 娘特有~ (3, 0.0%)

2 の透明 1 の霞性

▼ 娘~ (3, 0.0%)

2 の一角 1 に売り

▼ 娘若い~ (3, 0.0%)

1 妻そして, 男と, 貴婦人非常に

▼ 娘萩乃~ (3, 0.0%)

2 の婿 1 の入り

▼ 娘葉末~ (3, 0.0%)

1 と一緒, について少しく, 素早く四辺

▼ 娘頼む~ (3, 0.0%)

1 ぞッ, ぞツ, と仰せられた

▼ 娘いま~ (2, 0.0%)

2 は十四

▼ 娘おい~ (2, 0.0%)

2

▼ 娘お花~ (2, 0.0%)

1 で実に, と申し

▼ 娘かい~ (2, 0.0%)

1 それともまたよそ, 嫁さんかい

▼ 娘かし~ (2, 0.0%)

2 づく絹屋

▼ 娘かという~ (2, 0.0%)

2 ことを

▼ 娘かな~ (2, 0.0%)

2 はぬ

▼ 娘がか~ (2, 0.0%)

1 あいさうでと, へると

▼ 娘がは~ (2, 0.0%)

1 した女一人, ひつて

▼ 娘ぐらいが~ (2, 0.0%)

1 カフェー女給は, 関の山でした

▼ 娘さらば~ (2, 0.0%)

2 だぞ

▼ 娘さんあなた~ (2, 0.0%)

1 どんな苦労, はペガッサス

▼ 娘さんあれ~ (2, 0.0%)

1 は今どこ, をどう

▼ 娘さんがた~ (2, 0.0%)

1 に贈っ, を持たれた

▼ 娘さんそう~ (2, 0.0%)

2 でせう

▼ 娘さんそれ~ (2, 0.0%)

2 がどう

▼ 娘さんたち自身~ (2, 0.0%)

1 にしろ, はその

▼ 娘さんちよ~ (2, 0.0%)

2 つとお

▼ 娘さんひとり~ (2, 0.0%)

1 しか茶店, を持てあまし

▼ 娘さん二人~ (2, 0.0%)

1 が美しい, をもっ

▼ 娘さん町~ (2, 0.0%)

1 からこの, から此

▼ 娘さん驚いち~ (2, 0.0%)

2 やいけない

▼ 娘しかも~ (2, 0.0%)

1 不義の, 可愛い娘

▼ 娘じゃと~ (2, 0.0%)

1 他人の, 名乗って

▼ 娘すべて~ (2, 0.0%)

1 にかかわる, の者

▼ 娘そのまま~ (2, 0.0%)

1 であった, 真一文字に

▼ 娘その他~ (2, 0.0%)

1 の家族, 青蛇団

▼ 娘たくさん~ (2, 0.0%)

1 ありません, な大弐

▼ 娘たちぁどこ~ (2, 0.0%)

2 へ行く

▼ 娘たつた~ (2, 0.0%)

1 一人だつた, 一人でございます

▼ 娘だてら~ (2, 0.0%)

1 に盗み聞き, に盜

▼ 娘ちゃん~ (2, 0.0%)

1 でしたかいな, でっか

▼ 娘っ子ども~ (2, 0.0%)

1 がみな顔, のそば

▼ 娘づれらしい方~ (2, 0.0%)

2 はふたり

▼ 娘てえ~ (2, 0.0%)

2 のは

▼ 娘であったろう~ (2, 0.0%)

1 と想っ, と考えた

▼ 娘であるらしい~ (2, 0.0%)

1 ことは, と六

▼ 娘でございませう~ (2, 0.0%)

2

▼ 娘でござん~ (2, 0.0%)

2

▼ 娘でさえ~ (2, 0.0%)

1 あれば, ばかばかしいと

▼ 娘でし~ (2, 0.0%)

1 て, て来月大連

▼ 娘ではと~ (2, 0.0%)

2 又立ち上る

▼ 娘で御座いました~ (2, 0.0%)

1 が, がそれでも

▼ 娘で御座います~ (2, 0.0%)

1 から若し, が今宵折

▼ 娘というは~ (2, 0.0%)

2 お勢

▼ 娘といった~ (2, 0.0%)

1 のでしょう, のは

▼ 娘といふばかり~ (2, 0.0%)

1 格別利発とも, 格別利發とも

▼ 娘としてのみ~ (2, 0.0%)

2 映ること

▼ 娘とだけを~ (2, 0.0%)

1 伴って, 眺めて

▼ 娘とて~ (2, 0.0%)

1 直ぐその, 自分に

▼ 娘とやらを~ (2, 0.0%)

2 拷問にかけても

▼ 娘なし~ (2, 0.0%)

1 では, には半日

▼ 娘なぞ~ (2, 0.0%)

1 で一度出, 引ッ張りこん

▼ 娘なぞに~ (2, 0.0%)

1 向って, 成ると

▼ 娘なぞは~ (2, 0.0%)

1 いくらも, 一首の

▼ 娘などから~ (2, 0.0%)

1 最早余程離れた, 金を

▼ 娘などで~ (2, 0.0%)

1 勿論その, 十二時頃式と

▼ 娘などという~ (2, 0.0%)

1 ものが, ものは

▼ 娘などとは~ (2, 0.0%)

1 思われない, 思われない贅沢ずくめ

▼ 娘なら殺した~ (2, 0.0%)

2 方が

▼ 娘なりが~ (2, 0.0%)

1 その場, 一人でも

▼ 娘なりし~ (2, 0.0%)

1 が離縁, を聞召

▼ 娘なりとは~ (2, 0.0%)

1 疾く知られ, 知る人

▼ 娘なりに~ (2, 0.0%)

1 それが, 似ては

▼ 娘なんかは~ (2, 0.0%)

1 一層, 盗まないよ

▼ 娘なんぞ~ (2, 0.0%)

1 寄っても, 持つもん

▼ 娘なんぞに~ (2, 0.0%)

1 ちっともいい, 何か

▼ 娘にかへ~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 娘にから~ (2, 0.0%)

1 かつた, かつて見

▼ 娘にさえ~ (2, 0.0%)

1 いろ, 易々と

▼ 娘にたいして~ (2, 0.0%)

1 いだいて, いだいてること

▼ 娘にだけ~ (2, 0.0%)

1 力を, 私は

▼ 娘にとっての~ (2, 0.0%)

1 先輩として, 唯一最大の

▼ 娘になんか~ (2, 0.0%)

1 して, 会うと

▼ 娘にばかり~ (2, 0.0%)

1 じや, 祟るんで

▼ 娘によ~ (2, 0.0%)

1 つて更に, つて貞操と

▼ 娘に対し~ (2, 0.0%)

1 十分の支払を, 氷にも

▼ 娘に対すると~ (2, 0.0%)

1 いうより, 先達て生れた

▼ 娘~ (2, 0.0%)

1 あれは, お箸

▼ 娘のく~ (2, 0.0%)

1 びに, び飾りと

▼ 娘ので~ (2, 0.0%)

1 つかい島田髷, 貞ので

▼ 娘はさ~ (2, 0.0%)

1 のみに弱っ, ほどにも思わぬ

▼ 娘はちよ~ (2, 0.0%)

2 つと考へ

▼ 娘ばかりの~ (2, 0.0%)

1 家で, 集会が

▼ 娘ふう~ (2, 0.0%)

1 にやつし, のあの

▼ 娘へと~ (2, 0.0%)

1 移つて行つた, 言ふ

▼ 娘へは~ (2, 0.0%)

1 繪はがきを, 詫びの

▼ 娘ほどに~ (2, 0.0%)

1 ながめられた, 愛さないと

▼ 娘までを~ (2, 0.0%)

1 つれて, ひきつれて

▼ 娘~ (2, 0.0%)

1 てえ, りやあと追

▼ 娘めい~ (2, 0.0%)

1 てスカート, て登勢

▼ 娘もつれ~ (2, 0.0%)

1 て帰れる, て晩飯

▼ 娘もへ~ (2, 0.0%)

2 いと

▼ 娘ゆかり~ (2, 0.0%)

1 に似, の重い

▼ 娘らしき~ (2, 0.0%)

1 匂ひ, 女と

▼ 娘らしくし~ (2, 0.0%)

1 て居ました, て見せた

▼ 娘らしくなっ~ (2, 0.0%)

2 ている

▼ 娘らしく思われた~ (2, 0.0%)

1 のであった, 女を

▼ 娘を通じて~ (2, 0.0%)

1 このモーニング, 自由學園から

▼ 娘~ (2, 0.0%)

1 子たちに, 子は

▼ 娘イイダ姫~ (2, 0.0%)

1 に誓, に誓いし

▼ 娘クララ~ (2, 0.0%)

1 の青春, よ

▼ 娘~ (2, 0.0%)

1 てあんな, ていうの

▼ 娘ツ子~ (2, 0.0%)

1 があるなら, の一挙一動

▼ 娘ネリ~ (2, 0.0%)

1 のこと, の手

▼ 娘マリア~ (2, 0.0%)

1 が橋, の独特

▼ 娘ヤス~ (2, 0.0%)

1 であります, にまもられ

▼ 娘不義~ (2, 0.0%)

1 の惡名, を云いかける

▼ 娘主筋~ (2, 0.0%)

2 の令嬢

▼ 娘五人~ (2, 0.0%)

1 のため, を召された

▼ 娘人形~ (2, 0.0%)

1 をととのえろ, を負う

▼ 娘以外~ (2, 0.0%)

1 には子無し, に与える

▼ 娘~ (2, 0.0%)

1 のよい, もよかっ

▼ 娘何やら~ (2, 0.0%)

1 思案に, 惱み

▼ 娘児供~ (2, 0.0%)

1 が生白い, の伸伸

▼ 娘八雲どの~ (2, 0.0%)

1 か, にこッそり恋

▼ 娘共に~ (2, 0.0%)

2 からかふ

▼ 娘~ (2, 0.0%)

1 へはいった, へ帰っ

▼ 娘即ち~ (2, 0.0%)

1 僕の, 幻庵の

▼ 娘又は~ (2, 0.0%)

1 水の, 若者たちに

▼ 娘~ (2, 0.0%)

1 さへ, はお仙

▼ 娘君寵~ (2, 0.0%)

2 をうけ

▼ 娘咲子~ (2, 0.0%)

1 が生まれました, を亡くしました

▼ 娘咲耶子~ (2, 0.0%)

1 ともうし, なるぞ

▼ 娘~ (2, 0.0%)

1 世里が, 世里は

▼ 娘~ (2, 0.0%)

1 に怖, 年増の

▼ 娘~ (2, 0.0%)

1 という宿屋, のよう

▼ 娘~ (2, 0.0%)

1 そして母たち, に対して同じ

▼ 娘姉妹~ (2, 0.0%)

1 でね, ともさぞ

▼ 娘子一人~ (2, 0.0%)

1 で看病, は軽

▼ 娘~ (2, 0.0%)

1 に何, の白い

▼ 娘山吹~ (2, 0.0%)

1 であったという, と城下

▼ 娘島田~ (2, 0.0%)

1 もガックリ, を傾け

▼ 娘~ (2, 0.0%)

1 とった父親, は十七

▼ 娘弥生~ (2, 0.0%)

1 に思われ, を進ず

▼ 娘役者~ (2, 0.0%)

1 じゃと教え, の骨

▼ 娘御お~ (2, 0.0%)

1 はいり, 怪我は

▼ 娘想い~ (2, 0.0%)

1 の父, の老父

▼ 娘~ (2, 0.0%)

1 は見せませぬ, を上げられい

▼ 娘振り~ (2, 0.0%)

1 でした, ですが

▼ 娘揃っ~ (2, 0.0%)

1 てふさぎ込ん, て処刑

▼ 娘提燈~ (2, 0.0%)

1 の絵, の繪

▼ 娘政子~ (2, 0.0%)

1 に眼, を妻

▼ 娘~ (2, 0.0%)

1 から知っ, が経った

▼ 娘月姫~ (2, 0.0%)

1 だ, は其方

▼ 娘月江~ (2, 0.0%)

1 であろう, のこと

▼ 娘~ (2, 0.0%)

1 があり, を産んだ

▼ 娘松虫~ (2, 0.0%)

1 と松虫, に送られ

▼ 娘~ (2, 0.0%)

1 の好い, は佳う

▼ 娘~ (2, 0.0%)

2 を拾い

▼ 娘桂次~ (2, 0.0%)

2 がのぼせる

▼ 娘~ (2, 0.0%)

1 の優しい, の拔

▼ 娘氣違~ (2, 0.0%)

2 ひは

▼ 娘濱路~ (2, 0.0%)

1 が滅茶, を産ん

▼ 娘~ (2, 0.0%)

1 に隠され, の衣装

▼ 娘~ (2, 0.0%)

2 の中

▼ 娘百合子~ (2, 0.0%)

1 にあて, も婦警

▼ 娘相手~ (2, 0.0%)

1 に晩酌, に酒

▼ 娘立っ~ (2, 0.0%)

1 たりこの, て舞い

▼ 娘~ (2, 0.0%)

2 と申します

▼ 娘~ (2, 0.0%)

1 と申しまする, と申す

▼ 娘美奈子~ (2, 0.0%)

2 のかよわい

▼ 娘美登里~ (2, 0.0%)

2 の住ん

▼ 娘義太夫三十六人~ (2, 0.0%)

1 はいずれ, は風俗

▼ 娘~ (2, 0.0%)

1 との初夜, のお

▼ 娘自体~ (2, 0.0%)

2 が自ら

▼ 娘色白~ (2, 0.0%)

1 で上品, の下

▼ 娘茂野~ (2, 0.0%)

1 が眼, の小

▼ 娘葉子~ (2, 0.0%)

1 が少女時代, の新婚

▼ 娘西郷局~ (2, 0.0%)

2 は戸塚某

▼ 娘見る~ (2, 0.0%)

1 人によ, 人によっては

▼ 娘~ (2, 0.0%)

1 が挙っ, をつれ

▼ 娘連中~ (2, 0.0%)

1 からは遠ざけられ, 同樣

▼ 娘達奉公人達~ (2, 0.0%)

2 まで殺す

▼ 娘~ (2, 0.0%)

1 と共に, を掻き抱き候う

▼ 娘野菜~ (2, 0.0%)

1 の買出し, を持つ

▼ 娘露子~ (2, 0.0%)

1 の番, は携え

▼ 娘~ (2, 0.0%)

1 にポツリ, を上げろ

▼ 娘香取~ (2, 0.0%)

1 であった, の上

▼1* [1067件]

ああいうの, 娘あずま屋の親類, 娘あとでそれ, 娘あやめの部屋, 娘ありしといふ雨夜夜ざくら, 娘あれこれの娘, 娘あわせて六人連れ, 娘いかに況んや, 娘いけない妹な, 娘いつもいつも抜けや, 娘うちつれ出でに, 娘うっかりあたしが, 娘おあさお, 娘おきみ美くまた, 娘おさんが来年, 娘おしおに, 娘おしゃべりのすぎる, 娘おとなしく成りて, 娘おとめちゃんで他, 娘おもとおきん, 娘おりんを一度, 娘お山は前, 娘お座敷を間に合わせる, 娘お松さんを殘, 娘お歌を張り合, 娘お玉さんばかりは別, 娘お礼襷十字に白鉢巻, 娘お節の二人暮らし, 娘お萩といふの, 娘お金とお, 娘かえる十円と, 娘かが墓参りに, 娘かしらと誰しも, 娘かって仰しゃるんですか, 娘かつ孫娘かくの, 娘かつていふこと, 娘かつら老人かつら大福助, 娘かとも見えるほど, 娘かなんかだよ, 娘かなんかを掘出して, 娘かなんぞがいて, 娘かねと他巳吉, 娘かは勿論その, 娘からまでつまりそんな, 娘かわいそうにあれ, 娘がいはすまい, 娘がからのコーヒー茶碗を, 娘がかりにも私, 娘がたの夫人, 娘がちょっろりとあなたさまに部屋, 娘がと仰言いましたが, 娘がなあの持余, 娘がね仕切に, 娘がねえまさか, 娘がの去年供養に, 娘がはは様の, 娘がめつかちにな, 娘がも一人友達と, 娘がよねんなく野原, 娘きたない顔を, 娘きちを同, 娘きぬに話しかけ, 娘くたくたにし, 娘くらい美しい性質, 娘くらいの者が, 娘ぐらいなもの, 娘ぐらいに思つてる, 娘ぐらいの小ささ, 娘こいつは詩的, 娘こういう身柄で, 娘ことし十五まで育てぬれ, 娘ことになかなかの美人, 娘こりゃ見たなと, 娘こんどの絵, 娘ごお怪我は, 娘ごころ気の弱い, 娘ごとよ, 娘ごと貴殿との間, 娘さい無事なら可, 娘さがしに出かけ, 娘さんあんたの歯, 娘さんいふ人がなあいろいろ, 娘さんおばあさん学校の生徒, 娘さんおまえさんの恋人, 娘さんお前さん昨夜何時ごろに寝た, 娘さんお前王様の写真, 娘さんお母さんに似なかった, 娘さんきいちやんみ, 娘さんきょうはどう, 娘さんげから送っ, 娘さんそのものが大分, 娘さんその他の職場, 娘さんたち私は大して, 娘さんだつたの, 娘さんぢや無, 娘さんのを拝借, 娘さんひとりきりのとき, 娘さんひとり遊覧の客, 娘さんみたいな気持ち, 娘さんらといつ, 娘さんわたしとを紹介, 娘さんカタリナさんによく, 娘さん一踊りしませんか, 娘さん二人私恭それでたべました, 娘さん令嬢奥さんそういう概括, 娘さん何処まで行く, 娘さん冗談じゃア, 娘さん分ですよ, 娘さん切かね私, 娘さん勘定は払った, 娘さん夫婦のため, 娘さん妾へおかし, 娘さん娘さんと云った, 娘さん学校の入学試験, 娘さん心理のいろいろ, 娘さん方は皆, 娘さん時代に使った, 娘さん様子を見る, 娘さん沢田って云っ, 娘さん淑やかな方, 娘さん湯屋のお婆さん, 娘さん眼をおさまし, 娘さん知つてはらし, 娘さん聖書講義をきい, 娘さん自身が待っ, 娘さん親類の娘さん, 娘さん識つてるの, 娘さん達一般の風俗, 娘さん達全部そうして全部, 娘さん風邪で, 娘さアだ, 娘さ何たかが女, 娘さ智惠があ, 娘さ芽出度かつたな, 娘ざかりぢや花ぢ, 娘しっかりしろ, 娘ゃあるめえし食い切った, 娘じみてゐる, 娘じみた細君の, 娘じゃから無論教養, 娘じゃが某所へ, 娘じゃとてほんに女, 娘じゃねえお邸奉公, 娘じゃのうあれは, 娘がたを, 娘すべって川, 娘すみという者, 娘ずれと言葉, 娘せまい幽室に, 娘そういい娘, 娘そういった感じが, 娘そこにだいぶ, 娘そこらを面白, 娘その他親族を招待, 娘その他黄紅紫白とりどりに目, 娘それそこが武士, 娘それだけのもの, 娘それに八人の, 娘それらを思い出させる, 娘そろってあの, 娘そんな邪険な, 娘たあいうけど, 娘たいそう美しい, 娘たおやかな江戸, 娘たしか産れは, 娘ただいまは, 娘ただ一人で家, 娘たちそれらの悪戯, 娘たちのけはいは, 娘たちゃ身内同然だ, 娘たちア何であんな, 娘たち一人が三ツ二ツ手毬, 娘たち一同で飛田, 娘たち五人がいずれ, 娘たち何の意味, 娘たち全部と若い, 娘たち千重子と八重子, 娘たち同様ヤッカイ者扱いでそれでも, 娘たち四五人と往来, 娘たち四五人連れであつ, 娘たち夫にかくれ, 娘たち夫婦が私, 娘たち子供と遊んでる, 娘たち子供たち自身の財産, 娘たち家族の分, 娘たち少女たちの内的生活, 娘たち生活の柱, 娘たち私はその, 娘たち笑顔を慎, 娘たち自身もその, 娘たとい若旦那が, 娘たまより媛, 娘たれかれおとなしくロンドン, 娘だあなどってはいけない, 娘だき合って失神, 娘だけがという感じが, 娘だけじゃない, 娘だけじゃと思うが, 娘だけには適用しない, 娘だけの流行では, 娘ださうだがふた, 娘だっしゃろ二万円つけても, 娘だつたさうですよ, 娘だれの子, 娘だろかたい雪道, 娘ちょうど歩道の, 娘っこじゃあねえらしいぜ, 娘っこだがおふくろ, 娘っこも娘っこだ, 娘っていうのが, 娘っ子お前が一所懸命, 娘っ子さんさえいなけりゃ, 娘っ子みたいにちいさく, 娘っ子江戸者だけに素晴らしく, 娘っ振を見せれ, 娘つこだつて親が, 娘つこでさへも, 娘つていふの, 娘づきの女中, 娘づれでかけつけて来て, 娘え女, 娘であったらばと思います, 娘でありたいしそれ, 娘であるらしく母は, 娘できだての, 娘でございやすか, 娘でござらうか, 娘でござるが, 娘でしかなかつた, 娘でしたらそのよう, 娘ですあわれな孤児です, 娘ですなら今夜も, 娘でとすっかりお前, 娘でなかったら彼女こそ, 娘でなきや, 娘でなく食うに困らない, 娘でへエ, 娘で御座んしてね, 娘といはせまい, 娘といふかも知れぬて, 娘といふは殊の, 娘といふほど醜くは, 娘とかが今度むこ, 娘とから遠ざかって, 娘とかを見ると, 娘とく女と, 娘とさえ思ったり, 娘としてばかり見て, 娘としてもたとえ常識, 娘としてよりも母らしい, 娘とだけ聞いて, 娘とだけで病床に, 娘とだけになった, 娘とだけはうなずかれるがと, 娘とてはなき身の上, 娘とてもこの例, 娘とてもそうであった, 娘とでは或いはと, 娘とでも云いたいよう, 娘となんぞ縁故でも, 娘とにとってまことに思い, 娘とに関する事実を, 娘とほど年齢の, 娘とまで仲よくし, 娘ともども大切に介抱, 娘ともども白酒祝いをやった, 娘とやらが橋の, 娘とよたま媛が, 娘とりは先日, 娘とりわけてこれ, 娘とをも探して, 娘どうしその娘っ子, 娘どの早乙女よりも, 娘ども夏帽子その女房, 娘ながらとこちらの, 娘ながらに多少は, 娘なぞと親しくし, 娘なぞというさえ勿体ない, 娘なぞには親が, 娘なぞの後から, 娘なぞも大きく成った, 娘なつ子さんの似顔, 娘などとでも言ったら最期, 娘などにからかつてゐる, 娘などにとっては彼は, 娘などより立派な, 娘などよりも砕けた市井, 娘などをからかつた, 娘ならくれるかも知れぬ, 娘ならば身替りにも, 娘なら取り乱したに相違, 娘なら己惚れはよし, 娘なら断るよたとい, 娘なら殺したら殺したと名, 娘なら知っています, 娘なら知らず義枝の, 娘なら見て見ない, 娘なら貰おうが私一存, 娘なりき年経, 娘なりけるよ, 娘なりとの事, 娘なりの新しいもの, 娘なりや縁の, 娘なるほど桃色の, 娘なんでもござれで, 娘なんかによくあんな, 娘なんかを掴まえて, 娘なんぞがスウィッツルに, 娘なんぞよりは無論一層下った, 娘なんぞをつかまえても, 娘なんとい, 娘にがつかりさせるの, 娘にこそ油断は, 娘にだって君の, 娘についてなんぞ変わったこと, 娘についてもまたルブラン氏, 娘につき纒はれ, 娘にでもと思つたので, 娘になんて成つてゐる, 娘にのみ適わしいような, 娘にまでも秘密に, 娘にもなあやからせとう存じますので, 娘に従ってミサに, 娘のけいちやん, 娘のぶえんりょさ, 娘のみにかぎらない, 娘のみはさすが母, 娘はきますわ, 娘はくよ, 娘はじぶんの恩人, 娘はじッと見, 娘はつ十七歳今から二百十余年前, 娘はなたしか金持ち, 娘はにはかに, 娘はねーお前なんぞ, 娘はのと雪に, 娘ははーと, 娘はべッたり, 娘はめつたになく, 娘はもうちやんと, 娘はやにはに, 娘はよかつた, 娘はん素敵やつたなあ, 娘はん豐竹小呂昇はんと承知, 娘はナ去年の, 娘ばかじゃなかろう, 娘ばかりじゃねェ失恋れた, 娘ばかりに興味を, 娘ばかりには限らないどんな, 娘ばかりをねらったもの, 娘ばっかり探して, 娘ばっかりの展覧会だ, 娘ひきよせこの男力, 娘ひとりきりじゃとしどろもどろ, 娘ひなが媛, 娘ひょうたん鯰鬼の念仏, 娘ひろ後の名, 娘ふしどをならべ, 娘ふたり女中がひとり, 娘ふと物に, 娘ぶりより御, 娘へたに逆, 娘へまで變な, 娘ほかに有り, 娘ほどの藝も, 娘まことに健康な, 娘まず驚けば, 娘また何か, 娘まだ行かなかったの, 娘までもと言うまい, 娘まるで相好が, 娘みねが十七歳, 娘と彼, 娘めいたところの, 娘めくのだった, 娘もがそうである, 娘もさうだつた, 娘もしくは妻に対する, 娘もろとも床几, 娘やに有島氏を, 娘やもめの母親, 娘やら許嫁な, 娘やらが眼を, 娘やを持つてるだらうが, 娘ゆえあって世間, 娘ゆえ千萩ゆえいいえ実, 娘ゆえ私の塩梅, 娘ゆき子は公会堂, 娘ゆけよと, 娘ゆるしてくれ, 娘よい妻よい, 娘よし子の情夫, 娘よりずつと寛大に, 娘らしいきかん氣を, 娘らしいはにかみが見られた, 娘らしい謹みを現し, 娘らしう裁縫やなんか, 娘らしかったという感じ, 娘らしくさせておい, 娘らしくなく退け時が, 娘らしくわだかまりない容子で, 娘らしく思われる女の, 娘らしく成って行く, 娘らしく振舞っていたで御座いましょう, 娘らしく着飾つたま, 娘らしく見える女が, 娘らしく話しあってみたい, 娘らしく隠すのでした, 娘らみそぱんをもらひ帰りぬ昔, 娘ら助産司る, 娘ら花の帽子, 娘わきて情の, 娘わざと命の, 娘ゑこをも夢の国, 娘をからかつた, 娘をでも貰いたい肚, 娘をと陰で, 娘をとの御所望, 娘をのみ噛むちょううわさをききたまいしやと, 娘をはたっと, 娘をめぐってそのものとしては, 娘をよけようと, 娘をよけては通らなかった, 娘アイスクリームと云わず, 娘アブドーチャの存在, 娘アルマンドと結婚, 娘アンチゴオヌが必要, 娘アンナとの婚約, 娘イレーヌとエーヴ, 娘イレーネの顔, 娘インディーラへの手紙, 娘イヴォル・イスターブロックの妻, 娘エポニーヌがそこ, 娘エミリイはあなた, 娘エレナーは書い, 娘エレンヌと, 娘エレーヌが案内, 娘エレーヌ嬢最後に妹娘ポーレット嬢, 娘オルタンスその娘, 娘カセ杖ついて, 娘カタギそれが一そう酔客, 娘カタリナは, 娘カチユーシヤはあんなに, 娘カミイユ・レスパネエ嬢との居住, 娘カヤノの養女話, 娘ガヨクツカエテ女房ガオレニソムカナイ故ニ, 娘クニャージの前, 娘ケンとダビット, 娘コジマと無理, 娘コゼットを無頼, 娘コミツクの名, 娘コンクールもラジオ, 娘ゴム草履の刻み足, 娘サエアル身デアリナガラ寝床ニハイッテモイマダニタダ黙々ト事, 娘サロメが踊っ, 娘サン若奥サン方, 娘サントッツァをサルコリィ, 娘シタがこれ, 娘シノブさんをめとっ, 娘ジナイーダなの, 娘ジャズ娘って怒る, 娘ジャーシャの物語, 娘スミと共に他, 娘スンダーリは自分, 娘ズロース穿いてたこと, 娘セリナが死んだ, 娘タイピストか何, 娘タケが海女, 娘ダネイの子, 娘ダフウトであると, 娘チマ子であろうか, 娘ッ子お前もいっし, 娘ッ子どももおら, 娘ッ子二階へ行こう, 娘ッ子山家もんじゃ, 娘ッ子私ア田舎者ですが, 娘アル, 娘トミ子を妻, 娘ドロシイの登校, 娘ドーラ・ディマントと知り合い, 娘ナミと女中二人, 娘ニテハ不都合ユヘ依羅氏, 娘ニノチユカは段々, 娘ハプスブルグのルイザ, 娘ハンナ・ペトゥルイチェンコワなる者, 娘バアサンの順, 娘ヒデ子では, 娘フクフキに似, 娘フムお前だな, 娘フレイヤは火, 娘ヘテイに対する心づくし, 娘ヘレネーを誘ひし, 娘ポーレット嬢にそれぞれ, 娘マダウとが入, 娘マツシヤは一番, 娘マリヤ・コンドゥラーチェヴナで二アルシン, 娘マリーの死体, 娘ミカルは父, 娘メイコなる少女, 娘モニカの幻, 娘ラウデンデラインと同じ, 娘ラッセル・ロッブ夫人は私, 娘リサの世話, 娘リディア・セイフリナはその, 娘リューシー・マネットフランスの貴族, 娘ルミの歩き, 娘レーンヒェンはあなた, 娘ワルワラを連れ, 娘ヱロの交渉, 娘ヴィクトリーヌ・ラフルカード嬢であった, 娘は眼かづら, 娘一人どこへ隠し, 娘一人孫が二人, 娘一人川へ突き, 娘一人後とりの後見, 娘一人手輕に姿, 娘一人隱すほどの場所, 娘一命如何にもし, 娘一命泥烏須如来二つながら失ひし, 娘一家の者, 娘一家総動員でエッサエッサ, 娘一座では姉分, 娘一揆を起こさせます, 娘はうけ取り, 娘三丸殿は信長, 娘三人いずれも籃, 娘三人づれで上方の旅, 娘三人息子一人と住む, 娘三人殘つた, 娘三人総出で一晩, 娘三四人詰らなさそう, 娘三条局は蒲生氏郷, 娘上りとは言い条, 娘上京の図, 娘の娘, 娘下女のお, 娘下女二人若黨, 娘下女夜鷹とその, 娘下手の入口, 娘下手人の妹, 娘不びんとの親心, 娘不便の事, 娘両人と伜, 娘にお針, 娘並びにその背後, 娘中年の婦人, 娘乍ら伊勢屋の女房, 娘乞食姿の父, 娘は樽, 娘二人きりの夕飯, 娘二人これがいつも, 娘二人どっちの乳母, 娘二人喉笛を噛み切られ, 娘二人暮しのこの, 娘二人水泳場へ寝泊り, 娘二人相坂の方, 娘二人連れをとらえ, 娘二人顔を見合わす, 娘二代の奉公人, 娘五人朝の七時半, 娘五人欧洲婦人の服飾史, 娘五六人といふ順序, 娘五番目は熊井町, 娘交際するなんて, 娘今日の, 娘仮令樽屋から, 娘仲間の三四人, 娘任せで何, 娘伸子の叔母, 娘伽羅沙の良人細川忠興, 娘住めども, 娘住所は提灯, 娘何とかいわんかい, 娘何とぞ大事の, 娘何んの某, 娘作りになる, 娘供出の指令, 娘供近頃君の小説, 娘俊子は投身自殺, 娘信乃には此苦しみ, 娘倅幾太郎と末始終, 娘健康さうで紅, 娘につき, 娘儀いかように罷成り, 娘優しき草の, 娘元満洲国官吏八坂直光の妻, 娘先づ淫戒を犯し, 娘光芙美子ダンス中ハリキリすぎて, 娘児供許りで無く, 娘體巫女で, 娘兩人と倅, 娘八五郎に言, 娘八重子と通じ, 娘八雲が河, 娘六つ位のこまっ, 娘六人青春の男子六人, 娘六年生の娘, 娘其の連添う夫, 娘兼帯の秘書官, 娘内儀花嫁中嫁御, 娘円盤投げの姿勢, 娘冥加だし, 娘凄いほどのきりやう, 娘出でて一袋, 娘出ろッたら出るん, 娘出入りをし, 娘出生の後一年, 娘分同様にし, 娘刑部姫の霊, 娘初子が総帥, 娘初心な商人, 娘別嬪でございましょうがな, 娘剣舞に玉乗り, 娘功労ある店員十名, 娘十一時に立つ, 娘十七手伝いに来る, 娘十九のお, 娘十人ばっかし, 娘十八白い顔, 娘十八向日葵の宿, 娘十六になる, 娘十六歳ケンブリッジ大学生を求む, 娘千代といひし, 娘千浪これにて汝, 娘千草らしい二体, 娘午後からずっと, 娘半蔵の異母妹, 娘厨子王は弟, 娘下女下人に, 娘又もや衣を, 娘及び娘を, 娘友禅がちら, 娘双生児のお嬢様, 娘取られて恥, 娘取り致すとも縁金, 娘受難横丁と言, 娘只一人男子もありたれ, 娘只一人親に似ぬ, 娘司教のきらびやか, 娘各種の中流階級, 娘合い手に, 娘吉原のかぶろ, 娘吉次は館主, 娘同士子供は子供づれ, 娘同士自分で小鍋立て, 娘同様孝を尽くしくれる, 娘同様家におる, 娘名乗をし, 娘名乗りをしない, 娘名義の別荘, 娘呉モヨ子の眼鼻立ち, 娘商人の息子, 娘商家のお, 娘問答を想像, 娘喜太郎には叔母, 娘喜美の死體, 娘四つの男の子, 娘四人の大, 娘固いというもっぱら, 娘地獄の問題, 娘と相場, 娘堪えかねてキヽ, 娘物と, 娘売らぬ親を, 娘に猫一疋, 娘はマロニエ, 娘夜目にはお, 娘夢浮橋外題はまだ, 娘大して美しくなく, 娘大原思わず, 娘大病の儀, 娘大臣の実子, 娘天主教会員花輪なぞ, 娘太夫つばめの美し, 娘にわかれた, 娘奈々子は二十二, 娘女中三人おつ, 娘女学生四谷の美しい, 娘女船頭のお玉, 娘女賊見返りお, 娘好みと言, 娘妊娠って居り, 娘などで歌舞伎座, 娘妻姉妹という附属的地位, 娘娘娘素朴でつよい, 娘娘素朴でつよい, 娘婆さん煙草色の作業服, 娘婿原田対馬守で, 娘子お前此の溝, 娘子さんは器量, 娘子といへり, 娘子どもの多い, 娘子人麿と相別, 娘子作歌二首のところ, 娘子供たちに書道, 娘子供ども寢でるだべ, 娘子供大勢が手, 娘子供等部落民の朝鮮人, 娘子同人説の方, 娘子大宅女の歌, 娘子小町和泉式部の様, 娘子怪我が無くっ, 娘子柄の良い, 娘子様の御, 娘子様弟様にたてまつり, 娘子歟尚又, 娘子玉槻という者, 娘子群が満, 娘子羽易娘子等を同, 娘子行進にしろ, 娘子観には或, 娘子関方面の敵, 娘孫息子と三匹, 娘守隨の手代辰次, 娘定子に執着, 娘実によかった, 娘仕人, 娘宮城野とその, 娘宮子を妃, 娘へ戻, 娘家中で私, 娘家橘の手代文七, 娘容態も詮無く, 娘宿役人の娘, 娘富士に宿り, 娘富美子が大金, 娘富貴子を迎, 娘寧子は実は, 娘将軍家御愛妾, 娘小さい勝気な, 娘小さき令孃, 娘小さなコゼット彼女が, 娘小夜は十太夫殿, 娘小学校第七級, 娘小峰年齢二十五歳で最う, 娘小浪を貰った, 娘小町の容色, 娘小花と申す, 娘少しの罪, 娘少しくお願いの, 娘尤も品は無い, 娘島田町方丸髷賠蝶流形賠蝶丸形竹の節, 娘は運動家, 娘左衛門督の娘, 娘の顔, 娘師弟の三人づれ, 娘どめ, 娘帰宅の報, 娘平山クンは女秘書, 娘平次の影, 娘平民の娘, 娘年二十ばかりなる, 娘年少の女性許, 娘年長じても, 娘年頃になる, 娘店員が来, 娘座しき色容愛たく, 娘延寿であった, 娘で行かう, 娘と区切っ, 娘弥女が再婚, 娘弥生どのを思いおこす, 娘形専門の綺麗, 娘彫刻師染工などから馬, 娘役女優である細君, 娘役許りして, 娘彼女の旦那, 娘の二人, 娘御おあねえ様, 娘微笑封曰風流之士, 娘必ずしも話せないこと, 娘思いなん, 娘思えば, 娘思わず驚きまして, 娘急いで出かけるだ, 娘はかなえ, 娘息子らを失った, 娘情緒豊かなこの, 娘愛人妻として生きる, 娘しさ, 娘我儘で勝気, 娘我等が前, 娘或は家人が, 娘戸主万能制のもと, 娘手かざし父仰ぎ, 娘手伝いに来る, 娘手前ども少禄者, 娘遣つて, 娘ひに, 娘拙者必ず槍先, 娘持ってて, 娘持つ程の, 娘持てりといふ彼ハノホ, 娘持田高雄などそれぞれ, 娘探すついでに, 娘へ給べ, 娘支那料理持って, 娘新しい法律を, 娘新聞を買い, 娘施十娘私は世高, 娘旅人行商人托鉢僧などがその, 娘旅姿にて出, 娘早稲田に聴講生, 娘明治の江戸ッ子, 娘星良を妻, 娘春琴が失明以来, 娘時代共に寝起き, 娘時代同様日夜蚕が桑, 娘時代生田流の琴, 娘時代相当にお茶, 娘時代肺門淋巴腺を冒された, 娘景清が始まった, 娘暑中休暇には海水浴, 娘暫らく魅入られるよう, 娘暴女王としていま胆吹王国, 娘曙小町の弥生様, 娘曲芸団の立ち見, 娘本名お粂, 娘本郷小町と言, 娘の上, 娘て居, 娘来ル様子をきき, 娘東山の許嫁, 娘松乃の嫁入り先, 娘柚木はみなし茹で, 娘だ, 娘栞殿じゃ, 娘を側近く召仕, 娘桂子は今日, 娘の二人, 娘桃太郎猩々太郎さては生き, 娘桃枝そつと現, 娘案の定これだ, 娘の樹, 娘梨枝子のこと, 娘であった, 娘植幸の女房, 娘をそそのかし, 娘を織り, 娘歌人のわたくし, 娘正宗ツル子二十一歳だから, 娘の二月, 娘武家出の上品さ, 娘はお, 娘せるを, 娘死去致し候由, 娘死骸を掻き抱き, 娘殺し事件が起った, 娘殺害の現場, 娘殿樣に近付い, 娘比奈の身の上, 娘与これ, 娘毬代は孫三郎, 娘気の毒ながらお化け, 娘気分の抜け切らぬ, 娘気違ひは, 娘氷子にまで交付, 娘に與, 娘の端, 娘汲子を案内, 娘決して嘘は, 娘泣く事は, 娘津田矢島の両, 娘派手なこしら, 娘浪江を藁, 娘はもう, 娘淫奔な血, 娘深雪の声, 娘済まないけれど湯飲み, 娘澄江であること, 娘濃姫を与える, 娘瀧夜叉姫よりもこの, 娘熊野は平宗盛, 娘燐寸売子いかさま賽, 娘爪先を, 娘を慕う, 娘父子を送っ, 娘物担ふ下男, 娘は袂, 娘猿子の名, 娘玉子嬢容貌は梅子, 娘玉日姫と宗祖, 娘と糸, 娘のこころ, 娘生活で磨かれた, 娘れて, 娘甥姪などの視線, 娘田沢錦子は薬指, 娘田鶴がお, 娘由利もその, 娘が山, 娘男の子父さんだって一寸, 娘町一杯に見通す, 娘番頭の喜助, 娘白いもの花やかに, 娘白女の君, 娘百合あやめ下女, 娘百合香がつい, 娘百枝の嫁入り先, 娘百瀬しのぶとやらのこと, 娘皆鶴姫の遺跡, 娘盆踊が編成, 娘盛りとて薄, 娘盛り恵まれざる恋の, 娘争う不思議, 娘眞實の父, 娘真弓とその, 娘着物も洗ひざ, 娘矢張り何かが訪れ, 娘知ってい, 娘知らんのなら, 娘知りませんか, 娘福慈神の性格, 娘秋ごろでもあった, 娘可愛い, 娘程の気持も, 娘程度なら知らぬこと, 娘を蒔く, 娘稗女などとは思われない, 娘稲代に同情, 娘穴生生れの猿, 娘窶れ姿の, 娘笑みかはし行く, 娘等四人が揃っ, 娘等皆女仙なり, 娘等馬車の窓, 娘節用の小, 娘節用女大学の, 娘粂儀南殿村稲葉氏へ縁談, 娘粟田口禅尼というよう, 娘をさした, 娘素子はやつ, 娘素朴でつよい, 娘細君にとっても正月, 娘など覚え, 娘綱手の声, 娘を打っ, 娘美しい母紫色の, 娘美人すくなくとも新聞, 娘美代子の前, 娘美容院ではパーマネント・ウェーブ, 娘美留女姫である, 娘美紅と申し, 娘美術品家全財産, 娘義太夫おでんや稲荷ずし, 娘義太夫ぢやがひよつ, 娘義太夫全盛の証拠, 娘義太夫支持者に対してはドウスル連, 娘義太夫竹本富子の一座, 娘聞いた事は, 娘聞いてたのよ, 娘聞きわけの, 娘聶隠娘等皆女仙なり, 娘胴切の事件, 娘胴切りそれかぎり熊なき詮議お先, 娘胴切り事件のお, 娘を合せ, 娘自身生れつきの淫婦, 娘良人の妻, 娘色仕掛けのなんの, 娘と申す, 娘艶儀御前様へ生, 娘芝居に一座, 娘花世でご, 娘芸人や出方, 娘若旦那の榮三郎, 娘若衆たちとある横町, 娘若衆芸妓の花見小袖, 娘茂世を行儀見習, 娘茂太郎のため, 娘が冷えた, 娘荒い風にも, 娘荷物運搬人が一, 娘にご, 娘菊之助夫婦徳三郎などと一緒, 娘菊枝は不動, 娘葵上の婿, 娘薫儀一条殿姫君御姉妹, 娘薫子については面白い, 娘と申します, 娘と申す, 娘でございます, 娘使いこんな, 娘蝋燭を持っ, 娘のあり, 娘蝶々さんの生れ, 娘行儀学問も追, 娘行商人それは皆, 娘を洗わん, 娘衣裳の, 娘て笑, 娘見たいな心持, 娘見なれない電車灯に, 娘見物に来た, 娘の顔, 娘親長の姉, 娘誘惑されそして, 娘語曰賤妾之意, 娘説諭方数度に及び, 娘読本を著す, 娘調教師と数頭, 娘諸共と云う, 娘谷中小町と言, 娘つたやう, 娘越前屋に取, 娘の弱い, 娘の舞台, 娘踊って下さらない, 娘踊りなどというふう, 娘身扮の汚な, 娘身輕な小, 娘軒先に立ち, 娘軽業というの, 娘軽業山雀の芸当, 娘輕業師だ, 娘意外だ, 娘つ代, 娘近所の古鉄商, 娘近来おしやれに, 娘逃げようとて逃がす, 娘透き徹るほど, 娘連あなたの祖母, 娘が良い, 娘過ぎて, 娘道子の俤, 娘達それを其の, 娘達ドオリス族の海少女, 娘達ヨリモ彼女ノ方, 娘達一隊は二十人三十人, 娘達三四人と山車, 娘達二人の仲, 娘達二親に分れ, 娘達幸七の右隣, 娘達親子の居る, 娘達速歩で進む, 娘遠い灯に, 娘選り好みが激しい, 娘里代をそそのかし, 娘二郎は, 娘重役病院長婦人会関係の知名婦人等, 娘野嬢のやう, 娘野蛮な情熱, 娘鈴江であったからに, 娘鎌倉若宮僧坊の児, 娘香十七八歳印刷工場の, 娘陣十郎に誘惑, 娘陽子ちゃんが遊び, 娘雛当年十八歳右尋ね当て, 娘の姑娘, 娘雪子の姉, 娘雪子さんは衛生展覧会, 娘雲井雁との恋愛問題, 娘静子さんと結婚, 娘静緒は館, 娘顔色がわるかっ, 娘風俗つい近所, 娘食事なしで, 娘切って, 娘香折も交っ, 娘をその, 娘馬方その他大勢の村人達, 娘駒親許の承諾, 娘驚歎した私, 娘三河守の, 娘鳳姐を見染める, 娘鳳晶子でなければ, 娘の首