青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「姫君~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

始めて~ 始める~ ~始末 始末~ ~始終 始終~ 姑~ 委員~ 姪~ 姫~
姫君~
~姿 姿~ ~姿勢 姿勢~ 威~ 威勢~ ~娘 娘~ ~婆 婆~

「姫君~」 1297, 14ppm, 7951位

▼ 姫君~ (315, 24.3%)

14 ことを 12 所へ 10 ために 6 ように 5 姿を 3 ことが, 居間の, 為に, 輿の, 顔を

2 [15件] お亡, かんざし, ためにも, 前へ, 姿が, 姿の, 婿に, 容貌は, 将来の, 心には, 機嫌損じた, 死は, 母は, 話を, 首は

1 [223件] いた座敷, いで, いる座敷, いる所, おかわいい, おそば, お世話を, お仕置が, お姿, お字, お寝間, お相手, きられたといふ, こうして来た, こととして, ことなどは, ことなどを, ことも, ことらしい, こぼれかかった, すぐれた芸術的, そばに, そばには, そばへ, は弁, ほうが, ほうに, ほうは, ほうへは, ほうへも, ほうを, ほかは, ものに, やつれきった面影, やるせない歌, ような, 一生は, 一行は, 上で, 上京を, 不知火姫と, 乳母が, 乳母として, 乳母の, 乳母は, 乳母や, 乳母を, 事が, 今は, 今度の, 今経験, 介添え役を, 他の, 代わりに, 佇んで, 住んで, 住居も, 体には, 使って, 例に, 側から, 典医にまで, 処女である, 出世を, 出産の, 前で, 前に, 双親, 口を, 名をば, 名前を, 命令に, 問題について, 喉も, 四つに, 四十九日の, 困って, 場合を, 太子の, 女御の, 女房を, 如く優雅, 妹様というだけで, 姿さえ, 婚家へ, 婚約者の, 婿にと, 婿を, 字の, 室へ, 寂しい生活, 寂しがっ, 寝て, 寝姿, 寝室へ, 将来にかけて, 小さいうち, 居室の, 居間で, 居間として, 居間との, 居間に, 居間へ, 常に坐し, 幸福を, 幸運が, 幾方か, 座敷へ, 御事さま扨も, 御召し物, 御意を, 御意次第でございます, 御方へ, 御病気, 御目, 御顔, 心に, 心にも, 心を, 心持ちに, 忌日の, 快癒のみ, 思って, 思召し, 思召しも, 悲しみよう煩悶の, 意志を, 戸惑せる, 所に, 手跡を, 手道具類なども, 扮い, 挨拶が, 教育に, 方は, 春着が, 普通の, 望んだこと, 様子を, 横で, 歌が, 歌である, 歎く, 歎息を, 死が, 死を, 死んだの, 気づくところ, 気持ちも, 気配を, 無情さを, 煩悶を, 爲めに, 父は, 物として, 物の, 物若い, 玉江嬢に, 現在の, 生きて, 生れ変りなの, 生母が, 生活に, 異父弟は, 病気平癒を, 目つきであった, 相手と, 相手を, 着て, 着料に, 祖母の, 移って, 笑った気配, 答える歌, 結婚の, 絵姿に, 美しい手跡, 美しい顔, 美しかった, 美しさ, 美に, 習字の, 聟たらん, 背を, 良人でない, 良人を, 色白く優し, 若々しく美しいのに, 行くえ, 衣裳その他の, 衣裳に, 袴着の, 袿や, 裳着の, 親である, 言ったこと, 言葉は, 話も, 身に, 身を, 輿入れが, 迎えられて, 返事の, 返辞を, 運が, 運命が, 選に, 選びに, 遺骸の, 部屋の, 関係も, 閨の, 隠れ場所に, 面が, 顔からも, 顔に, 顔は, 顔も, 顔色は, 首が, 首も, 首を, 髪の

▼ 姫君~ (304, 23.4%)

5 思って 4 さう 3 中の, 思った, 非常に

2 [17件] おん齢十七を以て, さすがに, して, それに, ながめて, 九条へと, 何も, 夜着を, 書いた, 書くの, 気分が, 泣いて, 無邪気に, 聞いて, 自分は, 自身の, 言った

1 [252件] あさましく思っ, あの踏歌, あまり欠点, あわれな過去, いつでも, いぶかりながらも, いるの, うつぶしに, うつ伏しに, うるさくも, おおようで, おかしくも, お茶, かえってはなやか, かわいく見えた, かわいそうに, きれいであった, きわめて感じ, こうしてにわかに, こう泣き, こう答えた, このかすか, この人々, この寂しい, この手紙, この時気分, この精神, こんな土地, されたの, しばらくでも, すでに類, すべて思う, ずっと床, せねば, そのまま横, その人たち, その話, それより, それを, それ以来乳母と, そんな所, ただつくづく, だんだん死に顔, ちょっと掻き, どうあそばす, どうお, どうすれ, どうなっ, どうなる, どちらに, はいって, はずかしくて, はっとして, はなはだしい衝動, ほっそりと, ほのかに, ほんとうに, ぼんやりと, ましてこの, まして二人, また清楚, また薄, まだきわめて幼稚, まだはかない, まだ自身, まったく意外, まったく無邪気, めんどうな, もうあちら, もういつの間にかあの, もう少し少将, もう座, もう泣き伏し, ものも, やや不快, よほどいたずら, よほど以前, コルシカ島の, 一人で, 三台ほどの, 上手に, 不相変, 与えたの, 乳母と, 二人と, 二十くらいに, 二十三に, 二十五中, 二歳であった, 京の, 人が, 今思っ, 今静かに, 他人に, 会おうと, 何時の間にか夜毎, 例の, 六位の, 出て, 出発の, 別ものの, 前へ, 劣って, 北側の, 午後八時に, 南の, 口ずさんで, 可恐い, 可憐な, 右近の, 名香の, 因果の, 困ったこと, 夜の, 大将が, 大将へも, 夫人を, 奥の, 女房たちが, 女房らへ, 姉として, 始終自身, 子供心に, 宮に, 宮の, 容貌と, 寂しい屋形, 寂しがっ, 寝たそう, 寝室を, 尊いもの, 少し起き上がっ, 少時の, 居給, 平生より, 弁の, 弘徽殿の, 影すらも, 待って, 心細い死, 心細い身の上, 心細さ, 忍び音に, 応じない, 思いながら, 思いもだえて, 思い明かして, 思い自身, 思い阿弥陀仏, 思うと, 恐ろしい夢, 恐ろしい気, 恐ろしがっ, 恐ろしくなっ, 恐ろしくなった, 恐ろしさ, 恥ずかしいの, 恥ずかしくなった, 恥ずかしく思っ, 恥ずかしく思った, 悲しいと, 悲しげ, 感激し, 感激を, 新聞の, 早くなくなられ, 昇平公主と, 昔について, 昔の, 昼は, 時が, 書き行くえ, 来世の, 東の, 格別不満も, 横に, 檜皮色の, 歩行らしい, 死んだの, 母に, 母の, 泣いた, 泣き出した, 派手に, 涙ぐまれて, 涙ぐんで, 深く思う, 源氏に, 灯を, 無事に, 無邪気一方であっ, 物越しで, 男に, 男の, 痩せて, 白かねもて, 百日鬘の, 知った, 知らない, 祖父に, 経を, 絶え入りさうに, 絶大な, 縁側の, 罪を, 美しい字, 美しい形, 美しくなっ, 羞恥を, 聞きながら, 自分が, 自分だけは, 自分も, 自分ら姉妹は, 船で, 艶に, 苦しがっ, 薫が, 薫を, 裴家に, 見もし, 覚えた, 覚えて, 親しく語り合う, 観音を, 言い手紙, 言う, 言って, 話すため, 話の, 話を, 語った, 読んで, 起きて, 身に, 身を, 返辞が, 返辞も, 返辞を, 追想された, 退屈し, 逃亡という, 途中で, 遊びとしてさえ, 違って, 重々しくて, 長くわずらった, 雪の, 顔を, 驚いて, 高い高い宿命, 黙って

▼ 姫君~ (166, 12.8%)

4 つれて, 抱いて 2 京へ, 妻に, 教育し, 東宮へ, 置いて, 迎えようと

1 [146件] ああした, あの五条, あの方, おどすため, おもらいなされて, お乗せ, お乳人, お伴い, お失い, お寝間, お捨て, お撰, お生み, お着, お見つけ, お託, お認めくださいます, かかえて, かしずき立てること, かしずく以上, かわいそうとも, きっとお, このまま, この世に, この田舎, さまで護ろう, そうは, たいせつに, ただの, つれ出して, ながめて, よく思い出させ, 一人持っ, 与えても, 中へ, 乗せたお, 二条の, 人に, 人は, 人並みな, 今度の, 介抱し, 仕立てて, 仮りて, 伴って, 住ます所, 住ませて, 入内させる, 入道は, 八人の, 動かすに, 動かそうと, 右近は, 后の, 呑んで, 呪うよう, 呼んで, 困ったもの, 堕落させよう, 夢の, 大事に, 大弐の, 失った心細, 奉ったこと, 奥様に, 妻せ居られ候, 嫁に, 完全な, 宮の, 宮中へ, 寵愛した, 将来どう, 尊敬し, 師の, 帰そうと, 幸福な, 式部卿の, 引き動かすばかりに, 引き取って, 引き起こして, 強制的に, 後宮へ, 得たいよう, 御懇望, 御覽, 思い出させるの, 思った, 悪くは, 愛しないでおっしゃること, 愛すべき人, 愛撫し, 慕って, 憐れと, 憐れむの, 手放すまいと, 扱った, 扱って, 抱き上げて, 抱き起した, 拾いえたの, 持って, 捨てて, 探しに, 措いて, 擬して, 救うという, 救ひ, 早くから後宮, 普通の, 本邸の, 母として, 毛利家へ, 気がかりに, 涙ぐんで, 渡しきり, 父君へ, 片時も, 由緒不知の, 疑ひて, 発見した, 眺めて, 知って, 知らず愛して, 私の, 私は, 移した, 移して, 粗略に, 継母の, 置くの, 美しいと, 美しく中宮, 薫は, 見た友, 見て, 診察する, 譏って, 護って, 責めて, 賜わること, 軽そう, 迎えてからは, 迎えるという, 鐘を, 非常に, 頂戴した

▼ 姫君~ (105, 8.1%)

2 おいでに, お生まれ, 生きて, 鼠色の

1 [97件] あつて, いとほしく, うれしそう, お亡くなり, お出, お美しい, お聞き, かわいいふう, かわいそうに, こちらへ, こぢんまりと, この尼寺, これを, して, すわって, そのほか, その上, それです, たが, ただ思い出される, ただ眠っ, どうなった, どう思っ, どこに, どんなに寂しい, どんなに迷惑, なって, にわかにいろいろ, ほかの, またつつましい, まだ運命, わざわざ謀っ, アタイこうして, 一人お, 一人である, 上がる式, 中の, 中姫君, 人に, 他人でない, 住んで, 何かの, 何人である, 何故この, 保護者らしく, 入水し, 出て, 別れること, 劣って, 国の, 大将夫人として, 太子の, 奥の, 孤児に, 居たの, 峠の, 帰って, 御身分, 恋しくて, 恋しゅうて, 恥ずかしがっ, 意志でも, 愛して, 愛人の, 手を, 新たに, 明石で, 昨晩にわかに, 書いた, 書いたかと, 東宮の, 死を, 気の毒である, 泣くと, 源氏の, 無邪気な, 煩悶した, 煩悶を, 物思いを, 物思わし, 生まれた, 病気に, 登場する, 知って, 硯を, 立って, 聞いたら恨むかも, 聞いて, 職を, 苦痛を, 薫の, 袴の, 襖子の, 言うと, 言ったの, 訪ねて, 軽蔑された

▼ 姫君たち~ (54, 4.2%)

3 は思っ

1 [51件] が, がおいで, が父, が皆, が看経, が碁, が素直, が話題, だけでもお, だけのお, とおいで, とはどれ, と幼少, にも今, にも劣らぬ, によって煩悩, に上, に引き比べ, のお世話役, のこと, のしない, のそば, の人並み, の将来, の心持ち, の恥ずかし, の想像, の所, の様子, の相手, の衣服その他, の話, はする, はちょうど, はどれほど, はどんな, は何, は失心, は平生, は恥ずかしく, は恨めしく憎く, は打ちさし, は望んだ, は毎日花争い, は美しかっ, は聞い, は聞き, は驚き, をどう, を得たい, を気がかり

▼ 姫君~ (43, 3.3%)

2 尊められ, 申すの, 言わせて, 黒い皇子

1 [35件] いうとも, いっしょの, いっても, いわれるよう, そこにも, そっくりであった, なり転寝, のどかに, ひそかな, 二人に, 二人の, 云う言, 云ふ, 云われた宗教, 似たこの, 兵部卿の, 別れるの, 同じくこの, 壻君とに, 女房たちとだけは, 宮との, 御夫婦, 思われて, 扁隠しの, 死別した, 母とは, 母君と, 申しましても, 結婚した, 自分が, 若殿の, 薫の, 見えるが, 身分の, 酒を

▼ 姫君~ (40, 3.1%)

2 乳母も, 山門の

1 [36件] あなたを, いっしょに, こうした親王, この天地, この従弟, さもある, 予の, 予定どおりに, 事情は, 何処へ, 何時の間にか大人, 勿論この, 大人に, 大納言の, 姉君と, 姫君の, 娘も, 実用の, 容貌は, 少し奥, 幼年時代とは, 幼馴染の, 弘徽殿の, 御嫌, 怪しくなっ, 拐せ, 早く召し上がりませ, 母君を, 父君の, 父母の, 物思いが, 目を, 見つけ出さなきゃならねえし, 見物に, 身に, 返辞を

▼ 姫君~ (35, 2.7%)

2 心を, 興味を

1 [31件] 与えようと, 仕えて, 似たと, 似て, 光栄あれ, 十分のお世話を, 寄せるよう, 少しでも, 心の, 思いを, 怪しいまで, 懸想し, 持って, 接近の, 書かせて, 朝顔を, 歌人としての, 死別した, 添って, 源氏は, 相違ない, 紹介する, 自分という, 薫は, 見せた, 見とれて, 見とれ茫然突, 近い容貌, 返事を, 違ひない, 面会した

▼ 姫君~ (21, 1.6%)

2 お返り, 手紙を

1 [17件] お言い, お言いかけ, かう言葉, にわかに関心, むやみに, 伝えたいとは, 再三の, 取り次がせた, 取り次がせたの, 同情を, 恋を, 書くこと, 最初の, 聟入りできた, 言わずに, 語るの, 贈った

▼ 姫君姿~ (16, 1.2%)

8 の女 4 の駕籠 1 だという, の一人, の妖艶, の幽鬼的

▼ 姫君がた~ (13, 1.0%)

2 のお, の御 1 に, にもお, のおいで, のこと, の心, はお, へお願い, を批難, を訪ね

▼ 姫君にも~ (9, 0.7%)

3 似るべきほどの 1 よく似, 劣らないほどにも, 同じよう, 執心され, 引きあはせ給, 暮らしの

▼ 姫君から~ (8, 0.6%)

1 よこされた使, 下は, 事実を, 命ぜられた課役, 来た鶯, 生まれた人, 睦まじく思われ, 薩州の

▼ 姫君付き~ (8, 0.6%)

3 の女房 1 でそうした, にし, になる, に分けられ, の盛装

▼ 姫君である~ (7, 0.5%)

1 かというよう, が時, ことも, ことを, という錯覚, とも云い, 間は

▼ 姫君という~ (6, 0.5%)

1 だれにも, ので, のに, ものは, ように, 方にね

▼ 姫君には~ (6, 0.5%)

1 この日頃, ご懐胎, たつた一人, 堪えられぬほど, 払われて, 琵琶中

▼ 姫君さま~ (5, 0.4%)

2 のお 1 がそろい, のおとし, の御

▼ 姫君~ (4, 0.3%)

1 いらせられるという, いらっしゃいますな, 右大将が, 有る

▼ 姫君であった~ (4, 0.3%)

1 がどう, が今, が少し, が軒

▼ 姫君では~ (4, 0.3%)

1 あるまいか, ないか, ないが, なかろう

▼ 姫君として~ (4, 0.3%)

1 お育てられ, しとやかに, 多く恥じる, 嫁いだであろう名誉

▼ 姫君~ (4, 0.3%)

1 といったよう, と左内様, のお, よ

▼ 姫君~ (3, 0.2%)

1 からかわいそう, ぞ, と言っ

▼ 姫君でも~ (3, 0.2%)

1 子供でも, 御入来, 臥せるよう

▼ 姫君~ (3, 0.2%)

1 のかと, のである, ので父

▼ 姫君ほどの~ (3, 0.2%)

1 人でない, 深い愛, 美貌の

▼ 姫君~ (3, 0.2%)

1 令嬢が, 住みたも, 幼い若君

▼ 姫君~ (3, 0.2%)

1 の歎, はどう, を思い

▼ 姫君らしい~ (3, 0.2%)

1 と薫, 人が, 宮殿に

▼ 姫君をも~ (3, 0.2%)

1 どうする, まだ断念, 伴ひ

▼ 姫君~ (2, 0.2%)

1 帰りなき, 越し下され

▼ 姫君かと~ (2, 0.2%)

1 まごう姿, 見とれさせるばかり

▼ 姫君さえ~ (2, 0.2%)

1 僭越である, 生きて

▼ 姫君だけでも~ (2, 0.2%)

1 そうさせ, 夫人の

▼ 姫君です~ (2, 0.2%)

1 ね, のね

▼ 姫君とか~ (2, 0.2%)

1 あるいは王子, 冷やかしはじめる

▼ 姫君との~ (2, 0.2%)

1 いきさつを, 縁組みについて

▼ 姫君とは~ (2, 0.2%)

1 あまりに懸隔, 言いませんが

▼ 姫君などは~ (2, 0.2%)

1 始終いっしょ, 籠の

▼ 姫君なる~ (2, 0.2%)

1 亜麻の, 人が

▼ 姫君に対して~ (2, 0.2%)

1 強請された, 窃に

▼ 姫君への~ (2, 0.2%)

1 憧憬を, 贈り物の

▼ 姫君侍女がた~ (2, 0.2%)

1 はいずれ, はいづれ

▼ 姫君~ (2, 0.2%)

1 のお世話役, はお

▼ 姫君時代~ (2, 0.2%)

1 の自由, よりも全体

▼ 姫君玉江嬢~ (2, 0.2%)

1 あり今日, も心配顔

▼ 姫君自身~ (2, 0.2%)

1 はこんな, をわが

▼ 姫君~ (2, 0.2%)

1 がその, は夜

▼1* [56件]

姫君お召し下, 姫君お呼びでございますぞ, 姫君何かが, 姫君からは乳母を, 姫君そだちの女性, 姫君たると岡場所, 姫君だけが奈良の, 姫君だけは予期せぬ, 姫君だけを地方官の, 姫君だったと薫, 姫君だってあなたの, 姫君づきの女房たち, 姫君であったならこんな物, 姫君でありながらこの, 姫君であればそう, 姫君とも共通し, 姫君とりまぜて二三, 姫君とを乳人に, 姫君などでなく宝, 姫君などがいかにも然るべき, 姫君なども自身の, 姫君などを籠の, 姫君なにがしの女房, 姫君なりを連れての, 姫君にだけでも逢いたいと, 姫君にだけは人から, 姫君についてじゃが予, 姫君についての物思いばかりを, 姫君にでもなった気, 姫君にとっては面倒な, 姫君へは礼儀的な, 姫君まして世の, 姫君までがその春乳母, 姫君みたいに尊敬, 姫君よくこそいらせられた, 姫君よりもいっそう関心, 姫君伏姫の腹, 姫君先々代の御門, 姫君が寢室, 姫君姉妹へ, 姫君愁嘆する必要, 姫君様お許し下さいませ, 姫君様村松金之助生まれて, 姫君横恋慕をする, 姫君を渡る, 姫君玉姫の前, 姫君玉江嬢側へ寄り, 姫君の衣服, 姫君皐月を人質, 姫君に対して心ひそか, 姫君紅玉色の薔薇, 姫君芳江どのと神保帯刀殿, 姫君若様ズラリと, 姫君誕生ありし由, 姫君高等官の令孃, 姫君黄玉色の薔薇