青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「姫~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

始めた~ 始めて~ 始める~ ~始末 始末~ ~始終 始終~ 姑~ 委員~ 姪~
姫~
姫君~ ~姿 姿~ ~姿勢 姿勢~ 威~ 威勢~ ~娘 娘~ ~婆

「姫~」 5314, 57ppm, 2010位

▼ 姫~ (1237, 23.3%)

3029 命と 23 心は 17 前に 15 命の 12 顔を 11 命は, 手を 10 身は 9 ような, 姿を, 美しさ 8 心を 7 手に 6 事は, 側に, 命が, 姿は

5 [21件] ように, 事を, 俤びとに, 俯いた背, 命またの名は, 命を, 咎は, 声は, 姿が, 守りに, 心には, 心の, 手わざを, 白い額, 祖父淡海公などは, 罷める時, 美しい膚, 耳に, 衣を, 詞を, 起き明

4 [14件] ことが, ことを, もとに, 唱へ, 失はれたと, 失踪事件を, 座席, 死骸を, 物語が, 考へに, 若い父, 行くてには, 顔が, 魂の

3 [26件] ために, ゆくえを, 井の, 仰ぎ寝る頂板, 名, 名を, 命です, 声に, 多の, 屍体も, 帳台の, 御縁談, 方を, 歌を, 物語, 物語を, 眼は, 神と, 胸を, 茶々は, 許に, 輝くやう, 面を, 頭に, 顔は, 髪を

2 [66件] いはく, うちでも, お四方, お婿さん, お気持, お祠, お耳, からだを, 上に, 事に, 井という, 人形を, 仰ぎ寢, 前の, 名は, 命お, 命であります, 噂が, 声が, 声だ, 声を, 大尊様, 大尊樣, 姿や, 宣をこそ, 宮の, 家に, 寝間の, 寵愛の, 帳臺の, 後を, 御消息, 心に, 心も, 情夫, 懐に, 方が, 方は, 機織る, 死を, 死体を, 涙と, 為に, 無邪氣さ, 爲めに, 物語の, 犠牲に, 申すには, 目は, 神まで, 神を, 神次に, 空な, 聲は, 聲を, 肌着を, 胸から, 胸に, 胸の, 腹に, 言葉が, 言葉にて, 話を, 身体に, 霞の, 髮を

1 [642件 抜粋] あとを, あどけない顔, いい伝え, いたいけな, いちばん嬉し, いふ, うえは, うちの, うつくしさ, おいのち, おし絵を, おつかわしめだ, おとうさんの, おもて, お三方, お二方, お伴などを, お使い, お友達, お姿, お年に, お後, お心持ち, お母様でした, お泣き, お父様, お物語, お祖父様, お蔭だ, お行く, お輝, お通り, お顔, かさばった濡羽色, かたみだ, くるくる, こういう美し, ことだ, ことで, ことでございます, こととて, ことに, ことも, ことや, こと忘れね, こゑふかき, ごとき川上, ごとく気高き, さし伸べたる, さびしさを, しみるよう, すがた, せいである, その姿, その望み, そばへ, たぐいであろう, ためにも, ところに, ところへ, ひとりも, ほくそ, まわりには, まわりを, むかしは, ものうい梭, やうに, やさしき目, やしな, ようすを, ようでした, ゑむに, ゑめる顔, オシャベリに, オトナシ姫の, オトナシ姫も, メアリゴウルドの, 一人臥の, 一党は, 一大饗宴が, 一枚絵, 一枚絵を, 一生を, 三人が, 上った天上, 上にな, 上にも, 両親や, 中で, 中にも, 事から, 事じゃがの, 事も, 事や, 二人は, 云うこと, 五人です, 井といった, 亡き骸は, 亡骸に, 人形が, 人形に, 今の, 介添へを, 仲の, 伝説だの, 伝説を, 住居, 体内を, 來り描く, 侍女, 侍女が, 侍女でも, 侍女としての, 侍女に, 供したる, 供頭朱の, 信用は, 俤びとの, 假寢し, 健康を, 側, 儀礼を, 兄の, 兄様の, 入来を, 処へ, 出現は, 切なげ, 前でも, 前へ, 前を, 前方数間の, 力では, 力を, 助力によって, 化石譚の, 化身としか, 危難を, 原型を, 口吻には, 古い信仰, 古事を, 可愛さ, 名で, 名である, 名も, 周りに, 命で, 命でした, 命に, 命も, 命妹君は, 命様とやらの, 命次は, 咄の, 和歌と, 唖娘は, 唱えぬ口, 嗅覚に, 嘆きは, 器量も, 國, 場合は, 声であった, 夏のみかどに, 夙慧を, 夜食の, 天の, 天性の, 天然的基礎の, 失われたと, 女神たる, 妹ヲ, 姿の, 姿見の, 嫁いだ北条家, 子の, 存在すら, 存在だった, 安否を, 宜給, 室に, 室へ, 宮だの, 宮人も, 家で, 家へ, 家臣であった, 容貌肢体あまりに, 寄寓し, 寝台に, 寝室にでも, 寝室の, 寝室を, 寝顔へ, 小さな叫び, 小手という, 少女が, 居りしところ, 居城に, 居間の, 屍が, 峰と, 左右から, 巻まで, 座席其に, 庵室といふ, 弱点は, 形は, 影を, 待ちに, 後に, 後ろ姿が, 徒や, 従婢出で, 従者として, 御一生, 御二方, 御修行, 御入輿, 御名の, 御妹, 御屏風, 御指命, 御殿に, 御物語, 御立派, 御許迄, 御調度, 御逝, 心づくしで, 心狂じ, 心理の, 心胸には, 性格に, 性質も, 性質甚だ, 怪談なども, 恋も, 息せまり, 息促り, 悲しみも, 情ある, 情を, 意を, 意見に, 愛情の, 愛馬ブレツを, 慧しい, 懐の, 懐を, 我が爲め, 我を, 戻りが, 所に, 手で, 手芸品だけは, 手配は, 才あり, 才覚だった, 打掛, 抱懐する, 指は, 指図で, 掌の, 援ひ, 援を, 故事に, 救いには, 教えに, 教育を, 数が, 新しい記憶, 方から, 方からも, 方だけ, 旅姿には, 映画を, 時奉納した, 最近の, 望みは, 望夫石が, 朝廷は, 条件提出の, 来る, 来るの, 枕元に, 枕許から, 枕許に, 染むる心, 梭の, 棲んで, 棺に, 棺の, 樂むところなり, 櫛, 櫛でも, 歌うなか, 歌か, 歌である, 歌はんといふは, 歸り, 死が, 死に, 死んだよう, 死骸が, 死骸とを, 気に, 気持ちを, 氣に, 氷の, 沈むとき, 活人形, 活人形が, 浦とやら, 涕泣きが高まる, 涙ぐましい犠牲, 涙にも, 涙は, 涼しき目, 淫蕩を, 添え物として, 無事な, 無事を, 爲めなる, 父は, 父冠山定常は, 父君が, 父海神の, 父須佐之, 片敷く, 片方の, 物語で, 物語として, 物語は, 獻りました, 王の, 玲瓏さ, 珍らしい, 生きて, 生の, 生る, 生るる, 生れ代りらしい, 生れ変りで自分, 生れ変りで行く末, 生立, 申し上げたまま, 申し出でによって, 申出, 病牀に, 目なざし, 目を, 真影は, 眠は, 眷属, 眼に, 眼の, 眼へは, 眼や, 着物と, 瞳が, 知らせに, 社, 神という, 神とを, 神に, 神小便で, 神屎で, 神遊, 私通, 空想が, 立って, 端麗さは, 竹亭に, 第五人目, 答えは, 系統を, 素晴らしい美しさ, 紫の, 細い優雅, 絵に, 継母に, 繊手が, 織りたる機, 罪も, 美しいの, 美しい事, 美しい姿, 美しい心, 群集の, 義, 老いたる, 考えとは, 考えに, 聟に, 聲に, 肌着, 肩に, 肩を, 胴体は, 腕に, 臨終の, 舞うさ, 舞ふさまい, 芝居を, 苦痛に, 茶々が, 茶々に, 茶々のみが, 葬送が, 蓮の, 血すじを, 行くべき真, 行儀の, 衣も, 衣服を, 裳裾は, 裾, 襟首を, 見て, 見学, 覚悟に, 親, 解読は, 言い付け, 言葉とともに, 註文といふ, 註文通りを, 評なりき, 詞に, 話, 話が, 話も, 貞淑を, 財布は, 質問に対して, 贈った不死, 贈りものの, 路金撲つ, 蹟が, 身の上と, 身の上の, 身の上を, 身の上話を, 身体は, 身体を, 身内だけ, 身近に, 輝くよう, 輿を, 輿入を, 送葬, 通信, 通信は, 運命が, 遺墨に, 遺愛の, 遺跡という, 遺骸をも, 郎女の, 部分は, 部屋である, 金蓮の, 鈴まう, 錦を, 長すがた, 閑雅な, 隠し子が, 難題には, 電気脳も, 霊が, 霊と, 霊統を, 靈ぞと, 面, 面と, 音に, 頬ちかく, 頬に, 頭の, 頸を, 顔, 顔に, 顔の, 顔へ, 顔色は, 飛離れた行状, 餘り, 館に, 饒舌に, 首が, 首筋を, 馬の, 驚一方, 體は, 髪の毛を, 髮, 魂が

▼ 姫~ (1091, 20.5%)

8 すぐに 7 またいふ 6 その中, 目を

5 [21件] この姥, それを, やつと, 今其, 何時の間にか塔, 再この, 勤まると, 即座に, 又あの, 唯山, 大門の, 嫗の, 山田の, 悲しさ, 正座し, 直に動顛, 端近く膝行り出, 緑青を, 蔀戸近くに, 誰にも, 身を

4 [14件] いつかの, いつと, これを, すわつて, ぢつと, 又ビックリ, 悲しみながら, 掌を, 立つて, 立つても, 答へ, 聞かなかつた, 自分の, 起き直つた

3 [14件] この時, どこへ, はじめて顔, 何処から, 何処を, 別様の, 呆れて, 夜毎鶏の, 寝ること, 我に, 我を, 直ぐに, 眼を, 驚いて

2 [62件] あまりの, あまりの恐ろし, あんまり不思議, いと, うちいづ, この書物, この石男, こよひもあまた, そこに, その時, それらの, どうした, どこに, はじめて顏, ほとほと走る, ほんとうに, めずらしくない, やれない, 一人の, 丈高く, 不思議な, 不思議に, 事なし, 云つた, 京極高次の, 何だか可笑しく, 何ん, 何處から, 何處を, 來て, 別樣, 君が, 嘆きぬ, 声を, 夜毎鷄の, 太宰の, 始めて, 寢る, 少しも, 巧みに, 巫臣の, 微笑み, 心配そうに, 思ひました, 急いで, 悲しみの, 慌てて, 手を, 春の, 水いろ, 海の, 目も, 睫だに, 私の, 空耳に, 立ち上がった, 笑ひ, 自分が, 詞の, 頭を, 鬼王丸の, 黙って

1 [737件 抜粋] あいかわらず淡々たる, あけびを, あざやかに, あたりも, あまり物, あらで, あんまり八釜, あんまり雲雀たち, いちばん末子の, いって, いつの, いつの間に倒れた, いひました, いへりけり, いよ, うつとりと, おのれを, お前の, お后, お喋りを, お母さまや, お父様, かう云, かぎりなく, かく我友, かすかに, からだを, かろうじて鞍, がくがく顫, げに思ひ, こう尋ねられます, ここへ, こころから大きな, ことばせわしく, こと葉忙しく, このとき黒檀, このほか, この不思議, この世の, この国, この心, この急, この恐る, この景色, この果物, この歌, この話, この間の, この鼓, これは, これより, これらの, これを以て, こわくなっ, さう, さうい, ささやく, さしあげましよう, さぞ驚い, しきりに呼ん, しばらくさし, しばらく凝, しばらく心づかでありし, じぶん, すきとおる声, すぐ侍女, すすり泣きの, すばやく隅, すわって, そういい, そういう女, そのお話, そのそこひ, そのば, そのまま続い, その口, その城下, その夕, その後何と, その穴, その若, その蝶, その銀杏, それから, そんなこと, そんな事, そんな悪い, た, たしかにあの, たしかに三浦, ためら, だん, だんだん心細く, ちっともこわがらず, ちょっと嘗め, つと近寄り, とうとう食事, とつぜん意外, とても命, とめました, どうしてもこの, どうして行かう, どうじゃ, どうなされた, どうなる, どこから, どこの, どんなに哀憐, なおも前, なかなか戻らなかった, なぜ出ない, なにか羞恥, なにごとであれ, にっこりと, のけ反ろうと, はいって, はかなくなり, はしたなくや, はじめてみかどの御意, はて変, ひしと掴んだ, ひそかに, ふと基督再生祭前, ふと病, ふりか, ほっと安心, ほほえみながらも, ほほゑみ下りゆく, また, またもや鏡, また随分, また顔, まだ五歳, まだ十七, まだ小さい, まだ生き, まめまめしく立ち働い, みごもつた, みな秀吉を, むりに, もうすっかり気, もう今にも飛, もう何, もう十二, もう堪らなくなっ, もう恐ろしく, もう我慢, もう苦しく, もう読者, もちろんの, もと秦の, もろ手の, やがて元, やっと口, やっと安心, やっと気がついた, やはり微笑んだ, やはり父, わがこれ, わざと落着, アントニオと, イタリアの, カメロットの, カメロットへ, キリリと, クチナシの, スッと, スヤスヤと, ドメニカの, ニッコリし, フイレンチエにての, ホッと, マイクの, 一人で, 一人侍は, 一度ならず, 一生懸命大きな, 一説には, 一間に, 三年前京都の, 上, 両親に, 中央の, 二三週の, 二十四時間働い, 二度吃驚, 二度嫁し, 云い続けた, 云ったが, 人造人間だ, 人間の, 仆れ, 今まで, 今までの, 今年九歳に, 今羅馬を, 他の, 以前から, 何だ, 何だかこわく, 何とも答えませんでした, 何の, 何やら誘われる, 何時までも, 余りいじらしい, 余りの, 俺の, 傅役の, 元の, 兄君の, 先づ當時の, 先を, 入口の, 全く狐, 八股の, 兵部の, 其の舌, 其方の, 冷い, 出て, 分明に, 刺繍の, 前にも, 勿論幸福, 十二人, 十六七か, 十四末姫は, 即ち文代さん, 却り, 又お話, 又も, 又もやお話, 又何と, 又我, 取り戻せましたじゃ, 古い物語, 叫ぶの, 可笑しくなっ, 名の, 向うに, 呆然と見守っ, 呟いた, 咋日歸り, 咎めるよう, 四辺を, 困って, 堅く眼, 報告し, 塔の, 塗籠に, 壊れて, 夜の, 夢が, 大きくなっ, 大へん穉, 大勢の, 大層物憶え, 天にも, 太陽と, 夫に, 失鳩答の, 如何ぢゃ, 如何に, 妙に, 始終微笑んだ, 媼の, 嬉しくて, 孔雀が, 孔雀の, 安心を, 実は池田輝政, 室に, 寝台に, 察したの, 尋ねました, 小さいとき, 小走りに, 少しくお, 居間を, 山の, 山立ひめなるべし, 岩の, 巴旦杏の, 市之丞を, 帰って, 平気で, 幼い時, 広間へ, 廊下へ, 建物の, 引取られ, 強く首, 彼の, 往き給へと, 待ちわびて, 御殿の, 微動も, 微笑した, 心中面白く, 心配で, 忠実だ, 思はず小さな, 思はず懐, 思わず, 思わずその, 思わず上, 思わず云いました, 思わず声, 思わず大きな, 急に, 恐ろしさ, 息が, 悪びれも, 悪魔に, 悲鳴を, 意外な, 懐中電気を, 懼れ, 我と並び, 我と目, 我傍に, 我前に, 我手に, 我手を, 或る, 戸口へ, 折角こんな, 振り向いて, 振り返ったが, 數, 断然その, 新しい森, 日ごろ自分, 日夜拷問の, 早くこの, 早や, 早口で, 昇天し, 昔から, 昨夜も, 昨夜夜通し少し, 時の, 暗然と, 暫く心附, 暫く返事, 書物に, 曾ての, 最初から, 最後の, 最早一秒時間, 月の, 本当に烈女, 松平縫殿頭定常の, 案外の, 櫛笥左中将隆致の, 歎賞する, 止むなく涙, 此なる, 此世を, 此霞の, 死ぬ少し, 死を, 死んだの, 毎日毎晩新らしい, 気むづかしく外目に, 気絶する, 気色ばんで, 水筒の, 水面から, 汗を, 汝こそ, 汝の, 池田輝政の, 泣きくたびれて, 泣きながら, 泣くには, 津と, 涙を, 淋しくて, 温室の, 漸く気, 無言, 父を, 片方の, 片額に, 牡丹の, 狂乱の, 狐に, 独り頷首い, 猫が, 珍らしき, 現実の, 甥の, 田之助の, 白狐という, 白髪小僧の, 皆とどまっ, 皆斉しく, 益々呆れ, 益々笑い, 直ちに我, 直に不死不滅, 真赤に, 瞬かない凄い, 矢張り稀に, 矢張基督教の, 石の, 礑と, 祖先の, 私達が, 突きおとされる, 立ちいでて, 立ち上がりつかつか, 立ち上った, 立って, 立つた, 竹の, 笑いも, 笑っては, 答えようとは, 紅茸から, 素直に, 終りを, 絶世の, 絶句しました, 縛を, 美しいお方, 美しくもあり, 考えに, 考え当てること, 聞いたこと, 聞かなかった, 肝を, 肩に, 自分と, 自分も, 艇を, 良致男爵, 葬式の, 蒼白い死人, 蔦葛に, 薔薇から, 蛙の, 蜘蛛と, 衆人に, 衣の, 衣を, 袖で, 袖を, 西班牙に, 言いました, 言ひました, 言われるとおり, 訊き返した, 設けの, 誦経でも, 譯も, 貞女の, 貴方と, 赤い花, 赤地錦の, 起き直った, 足元を, 身も, 迎えに, 近頃どうして居る, 逃げ廻つた, 速い潮流, 道に, 遮った, 鄭に, 鄭の, 采女との, 里に, 野猪であろう, 金糸銀糸の, 録音テープを, 闇にも, 隱れ, 震え上りながら, 静かに, 靜かに, 非常に, 面を, 面映そう, 頸珠を, 顔を, 飛びおきました, 飽き足りないと, 馬の, 馬鹿に, 驚いた眼, 驚きの, 驚き大多和義久, 高どのを, 髻を, 魚を, 鶴原家に, 黒い大きな, 黙然と顔

▼ 姫~ (437, 8.2%)

5 女の, 後を, 得心する, 目送する, 高機に 4 後から, 贖ふ 3 いとほしく, これを, 読んで

2 [27件] あの夢, あの寺, こう云います, これに, すぐれて, どうした, ふところに, 住める部屋, 住んで, 入って, 出むいて, 口を, 叫ぶ, 叫んだ, 可愛くて, 家に, 帰ったあと, 平次の, 息子の, 文を, 殺ったの, 腰元どもと, 臥て, 誰にも, 讀んで, 邪魔を, 馬の

1 [341件] ああし, あなうれし, あります, ある, あれを, いかなる行動, いつもの, いとおしくて, いとも稀, いぶかしげ, いよいよ八月, いられるの, うしろを, お一方, お前を, お前達の, お振り袖, お歌に, お目見得に, お話の, お酒盃, かねて, くろ髮, ここに, ここの, ここへ, こたえた, ことさらに, ことも, このお, この国, この方, この詞, さうし, しごきの, しつきり, すがた, すがると, すこし笑った, そう申される, そっと一人忍び, その亡父蔡, その夢, その時, その父, その許婚, それな, そろって, そんなところ, そんなに泣い, たった今帰った, たづねてくる, たまたまあい, たまたま逢, つかつかと, とうとう殿, とつぜん北山, どうして宴, どうして竹, どんなこと, どんなに悲しん, なおまた鏡如様, なくては, なびくと, なんでも, なんとした, にんまり微笑ん, はかなくなっ, はっとして, ひざま, ひどく泣き, ひよつこりと, ひらりと, ぼろ服で, まだ戸, むやみに, めぐりに, もう一杯, ものを, やがて, やさしき笑顏, やさしさ, アルマンと, イネ建国軍の, ゲーレスに, ニューヨークへ, ブロウニュの, ボンヤリし, ユーザ, リイを, 一枚欲しい, 一番前に, 丈の, 上のみ, 下手より, 不得心, 不思議な, 不思議に, 世間的に, 並ぶもの, 主人の, 乗れる舟, 事も, 事を, 二三の, 云いました, 云ったよう, 亡くなった時, 人にも, 今いる, 今その, 今まで, 今度の, 伊達忠宗に, 住む, 住むには, 住めるコロンナ, 何とかしました, 何の, 何時の間に忍ばせ, 何物にも, 來せた, 侍女二三を, 側なる, 元の, 元始の, 兄君の, 先を, 入口の, 入輿, 全幅の, 六条の, 出し抜けに, 出て, 出没する, 判官を, 前に, 前の, 助けを, 努めずして, 匐い出し, 十二の, 千住の, 去ると, 參り出, 又大勢, 又急い, 取り籠め, 只ならぬ, 叫ぶの, 叫んだ時, 名を, 后に, 呼び物と, 呼んでも, 命は, 和州当麻寺に, 執る二人, 変り始めましたな, 夕餉の, 多い, 天下ったの, 天照大神の, 如何に, 妹たちの, 姉君矯曇弥とともに, 姉妹揃つて來ても, 子を, 安らかな, 宜く, 宮中に, 家の, 家を, 家出の, 寢室の, 将軍秀忠の, 小指の, 居なくなって, 居られること, 居りまする, 山姫ラウテンデラインと, 差し出した三本目, 帰った後, 帰ってから, 幽魂を, 床の, 引きとってから, 強情で, 彼の, 待遇の, 御心配, 御湯殿, 御縁づき, 御賜, 御酒を, 徳を, 徳川秀忠夫人と, 心の, 心中戀しく思われるだろう, 忍びやかに, 志の, 忠利の, 思つた程, 急いで, 感動した, 懐剣で, 我を, 手すさび, 技藝は, 担当し, 撞木を, 故障に, 散つた花弁, 曲, 最低の, 有馬家に, 朝の, 本国で, 柔頸, 棄てたる沓, 森に, 椅子を, 櫛ば, 歌いました歌, 歌ご, 此家に, 歸り, 殖えたの, 殺ったとは, 汁を, 汚いもの, 汝と共に, 池の, 泣くなんて, 泰文の, 活躍する, 海岸の, 海辺の, 消えて, 涙ながらに, 淋しいだらう, 滑稽なる, 焦れては, 父の, 物を, 狭手彦, 猶太教徒, 王様を, 珠を, 現われて, 琴を, 生んだの, 田舎武士を, 申して, 白と, 皇子に, 目は, 目より, 直ぐ側に, 真個に, 眠って, 眼よ, 眼を, 眼早く, 睡って, 瞼際に, 知らせた, 知るもの, 神隠しに, 私の, 突然叫びました, 立って, 竹の, 筒木宮に, 答へ, 約束を, 素足の, 細髮, 経巻を, 続く, 織ったという, 織り成せる木々, 羅の, 美しいとお聞き, 羨しい, 耻じ, 聞く, 聲ねに, 聲ねは, 肩に, 胸を, 胸乳も, 腰を, 膳部の, 臉際に, 自殺し, 舞台中央に, 舟で, 色男の, 莞爾と, 落髮, 藝術の, 蘇生する, 行方不明に, 西方に, 見付けたの, 見慣れない若者, 親殺しの, 言ひました, 謳って, 贖う, 踏みしめし足かた, 踏む土, 身の, 身も, 身動爲やる, 輕く, 追ひかけ, 通信者, 過ぎ來, 鄭に, 酒の, 酷く恐れ, 金に, 金髮を, 鋏で, 鏡の, 長屋に, 長襦袢で, 非凡の, 非常に, 頭上の, 顔を, 飛び出したので, 養ひ取つ, 養育された, 馬車に, 駈け寄つて, 髮, 鶴原家に, 鼻や

▼ 姫~ (373, 7.0%)

8 見ると 7 連れて 6 見て 5 さし招いたと, 抱へて 4 探しあぐんで, 認めたやう 3 伴って, 手に, 自分の, 載せて, 迎える事

2 [13件] お使い, つれて, やっても, 売り沽, 奪いに, 妃に, 寝所から, 彼に, 愛して, 抱きながら, 探して, 祭る, 見に

1 [293件] あたへ, いじめる岩根御前, いただきたいもの, いままで, うずめようと, おとづれき, おとづれぬ, およめ, おろして, お前の, お叱り, お后, お妃, お慕い申す, お睨み, お祭りに, お見舞ひ, お迎えなさらなけれ, お返し遊ばされた, お願い申す, かかえて, き, くれえと, くれて, ぐっとお, この世に, この古城, これへ, こんなにひどく, さがし求めそれ以後, さし上げた, さらう手立, さらって, さらつて行く, さらふ, した頃, して, すっかり取り巻い, そうっと床, その中, その御子, たとい純粋, つかった文五郎神秘さ, どこにも, なおした者, のぞきこみます, ば見舞つるなり, ひかへて, まもりて, むかし見た, もて我感情, もらふ事, やると, やろうと, よぶため, よべ, よんで, わが王子, わざ, インドラニーに, グルグル巻き, ナポレオンへ, レビュウに, 一しよう懸命に, 一と, 一人お, 一人ずつ, 一人出す, 一眼でも, 下して, 不幸に, 乳人に, 乳母夫婦の, 亡いものに, 人柱に, 介抱し, 他の, 仙媛と, 伴ひ, 作つた, 促して, 信ずること, 俺の, 傷物に, 入内させた, 八岐の, 再び水中, 出したり, 出し頼朝, 副えて, 助けだして, 助けては, 助け出すこと, 北条家へ, 北条氏直へ, 又なく, 取って, 取り持って, 取り籠め, 取り返す妙案, 取巻いた雲雀たち, 口説きさ, 口説きそう, 可愛く思え, 叱って, 叱りつけた, 呪い殺した久能, 呼ぼうとして, 唆し人, 囲って, 圍うてゐる, 失うこと, 失はんを, 奥に, 奥方に, 奪いさる, 奪いたいもの, 奪い行く不可抗, 奪い逃げましては, 奪おうでは, 奪ふ, 奪われわが身, 女王として, 妻と, 妾に, 娶られたとき, 娶ると, 娶るの, 娶ろうと, 娶ろうとして, 娼家に, 婚せん, 孕ませて, 守り廊下, 宮仕, 宮女に, 寝台に, 尋ねて, 屈伏させ, 屈伏させる, 川の, 差しあげそれ, 差し上げました, 引っ抱えます, 引っ立てて, 引ツかける, 待たずに, 待ったん, 得て, 得られないで, 得んと, 御す, 怒らせる様, 思いやった口ずさみは, 恋するこころ, 恐れて, 悦ばせん, 悦ぶ心, 悪女の, 愍笑せん, 愛しその, 愛でいつくしむ情, 慕ふ, 慰めたの, 慰めようと, 我が手, 我ものと, 手にとって, 手を, 手取り足取りし, 打ち眺めたが, 抱えて, 抱きかかえ手, 抱き締めて, 抱き致死, 抱き起しつ, 押さえて, 拾い読みし, 指しながら, 振られたり, 振りあてられて, 振り解いて, 挿入した, 捉えようと, 捕えて, 捕まえると, 探しあぐねて, 描いて, 援はんならず, 攻むる士の, 救い出して, 救う気もち, 救った深編笠, 救出した, 時を, 最初に, 月の, 柩の, 柿の木に, 案内し, 梟帥へ, 楯として, 檜に, 欲し, 欲する, 欺き裏, 正妻として, 正気に, 比彌, 氏直へ, 気違いか, 渚に, 演じたとき, 演つた女, 無理に, 無理にも, 煩わすに, 牢屋から, 独占し触れよう, 獲たらん, 玄徳へ, 率い行こうと, 生む, 生んで, 産め, 申し受けて, 疑う筈, 皇后に, 盗んだ下手人, 目の, 直接世話する, 眺めた, 眼がけて, 睨みつけた, 瞞った, 知らずや, 知らない, 石の, 祀る, 祀ると, 祀れる出雲, 祭るという, 秋の, 空に, 立派に, 竹の, 納られる, 納れんと, 結婚わせて, 縄にて, 聘し度, 聞いた時, 背に, 背後に, 背負って, 背負つてその, 花園に, 蛮族の, 蜂子王子の, 見つけますと, 見ますと, 見染めて, 観に, 観ようと, 言って, 訪ひ, 認めた, 認めたよう, 認めて, 誘いだした手紙, 誘拐し, 説いて, 説く, 誰知ら, 賺して, 贄卓の, 軽々と抱き上げ, 迎えると, 返して, 追っかけまわしました, 送り出すと, 連れ帰った, 連れ帰り粂太郎, 運んで, 鄭に, 鉄砲で, 鎮守祠に, 陛下の, 顧みて, 飯場から, 養女として, 鬼王丸めの, 麿に

▼ 姫~ (236, 4.4%)

55 結婚し 5 いいます 4 一所に 3 媼とを, 結婚しよう 2 なって, 市之丞とが, 曰ひ, 甥の, 結婚を, 顔を

1 [154件] ある, あるの, いいその, いい土佐, いい讚岐, いう, いうが, いうに, いったと, いっても, いふ, いわば鹿, おっしゃると, おもいしは, お約束, この地, この青眼先生, そうして和田兵庫, その兄君, ただの, つけられました位, つれだって, なぞらえて, ならべて, みなが, よく肖た, よばれて, オースチン師を, クラスメートたる, ゲーレスは, ジウラ王子との, ジウラ王子とは, ジーグフリードを, レツドローズ嬢とは, 一しよ, 三重の, 並んで, 云うは, 云う一人娘, 云う人, 云う架空, 云えば, 云った, 云われたわけ, 交わり京, 交を, 仰しゃるのですね, 仰せらるる, 伝へる点, 何物も, 作譜者と, 侍女らは, 俊寛の, 偶然に, 八重桜と, 共に行き, 兵士との, 劉備の, 千年御, 卑彌と, 厨子王の, 叔父の, 右近丸と, 同じく印度支那神仙界, 同じよう, 同じ顔, 同人であるなら, 名の, 名を, 名乗って, 名告, 名馬との, 呼ばれたもの, 呼ばれて, 呼びなして, 呼び人, 命名し, 和田兵庫とが, 声を, 夫婦に, 婚姻し, 婚礼する, 婚礼を, 婚約が, 婚約せられ, 安寿丸の, 宗祖の, 少しも, 山名との, 山姥を, 布を, 師と, 御僧, 御夫婦, 御婚約, 思ったの, 我等とは, 手を, 抱き合う最後, 改めました, 旨し, 朝鮮の, 来ては, 柵とは, 標記された, 池の, 添臥しの, 照天姫と, 狐葛の葉との, 猪苗代の, 玉依, 産まれた美麻奈, 産まれた身, 申しまして, 申しますが, 申すお方, 申すこの, 申す者, 白髪小僧とを, 目を, 相識る, 睦まじかった, 等しく凡て, 等しく純粋, 紅矢様が, 結婚した, 結婚する, 結婚なさいました, 美留藻でした, 義仲なども, 老女が, 葦原醜男とが, 藤孝の, 蛤貝姫, 蛤貝姫とを, 親しそう, 計器の, 訳して, 話した時, 謂は, 赫夜姫とは, 踊り屋台, 邦姫の, 酒などの, 采女とが, 采女との, 采女とは, 采女とを, 采女を, 隙間なく, 隨筆の, 駆落, 鳰鳥の, 黒要とは

▼ 姫~ (196, 3.7%)

14 の御 4 のお, のよう, の方 3 こそ藤原

2 [12件] が, と一しょ, と三匹, なんぞが皆, によく, の事, はさぞ, は一度, は今, は御, を御, 御自身

1 [143件] おかしいで, おきき済み, かお嬢様, から伺った, から私, から頂いた, から頂戴, があっ, がお, がお付, がございました, がつい, が一人, が仰せられた, が御, が思いつめ, が悪戯好き, が悲し, が手, が昔, が玄関番, が玉, が言い, が髪長彦, たらしめたるにおいてを, だか, だけ, つまりこの, でございました, でございます, ですか, では, でも, で勇美子, といいます, という, というの, というよう, という女, とお, とがお住い, とご, として珠, となる, ともう, と二匹, と仰有る, と向う, と平気, と浅から, と申, と申し上げる, と親しい, と言われる, と醜, と間違え, どうぞ若様, などの話, にいろいろ, にお, におっしゃっ, におっしゃる, にお目にかかった, にお願い, にはお気, にはご, にも深い, に仕立て, に対する敬慕, に年, に恋, に想, に想い, に比べ, のあの, のお告げ, のほか, のやう, の偽, の嫁入り, の御相手, の悲しい, の所, の日頃, の時, の末裔, の様, の清らかさ, の眩しい, の袿, の裾, の身, の野郎, はいかに, はいつも, はお, はこう, はこの, はこれ, はとんと, はどう, はほほ, はまだ, はやはり, はようよう, は一々, は云いました, は何しろ, は偸むように, は元, は反っ, は命拾い, は大, は明け, は生駒山, は私, は笠置山, は美しい, は離れない, へ心, へ茂, またお, または奥女中風, までが師匠, も中津, をお, をとり, を始め, を恋い慕っ, を悪く, を懐しく, を探し出し, を殺した祟りで, を私たち, を見上げた, を返せ, ノ御, 又男性, 御一人, 御姫様, 御意遊ばす, 第二, 見るは

▼ 姫~ (195, 3.7%)

5 あがる宿世, なる娘, 見せるだけが 3 扮した 2 こう云いました, して, 向ひ, 告げて, 命じて, 見ぞ

1 [165件] あって, ありと, あわせろと, あんな行儀, いかなる危難, いって, いづれか, お声, お尋ねに, お酒, お酒盞, お願いすれ, かしずく侍女, かしづく, このおれ, さし上げました, しても, すがりつかれました, そういえ, そっくりそのままの, そっくりの, そっと持っ, そを, たずねられました, たよらず自分, ちょっとよく, ついた妖婆, とめられて, とりつぎました, どうして悲しみ, なぞらえる, なぞらえ自ら清玄, なぞらへる, なったの, なった夢, なって, なりたいと, なりに, なるそら, ひかれて, また八月, めぐりあえるの, やって, よう似, よびとめられまた, シャベリかけました, 一つの, 七所の, 云って, 仇つ, 今更永, 仕えました, 代つて戰, 代表せられる, 伺候し, 似た山女魚, 似た気立て, 使う面, 促されて, 備わって, 催馬楽を, 傳えました時, 傳へて, 出す時, 出逢, 別れて, 力寿を, 加へたり, 劣らず健康, 勝ちさえ, 化けた狐, 化けて, 化けよと, 半ばを, 取っては, 同情いたしました, 同情し, 向いて, 向って, 向つて, 告ぐ, 告ひ, 命令を, 嗅がせまして, 囲まれた身, 寸分違わぬ, 寸分違わぬで, 對する, 對ひ, 小町の, 就いて, 就て, 布晒す, 御縁談, 心を, 念を, 思いも, 急き立てられても, 恋して, 恋なされた, 恋を, 恋愛し, 懸想した, 我の, 我肘に, 戯るる, 手を, 托すること, 扮せる, 扮たちました, 指一本障らぬ, 接吻しました, 摂津守兼左京大夫である, 教へ, 斉眉く, 新しい命令, 星ふれ, 比べては, 物ま, 王様を, 生じて, 生飯, 疵も, 白孔雀の, 眼玉の, 知らせ申さん, 立ちかへ, 考えさせた, 聞えまつり, 肖て, 背を, 至っては, 至りては, 見せつ, 見とれた鼠小僧, 見られたくない気, 言わせれば, 許されて, 話す時, 誓いしこと, 誓ひし, 誘われて, 貰つた領巾を, 貸したら一度, 踵い, 近づいて, 近づかんと, 近づき得るなどという, 追ひ着いた, 通うに, 通ったと, 逢いしとの, 逢いに, 逢えと, 逢えないという, 逢つて志を, 逢は, 逢ひたい, 逢わなければ, 運ぶ情, 違ひない, 鎖の, 附添っ, 預けた一羽, 魅入った悪魔

▼ 姫~ (175, 3.3%)

8 の心 3 にと言つて, に言っ, のお, のため, の御 2 が, であった, なの, にお, に与える, のほう, のもと, の所, の身, の首

1 [132件] がいる, がく, がここ, がこの, がそのまま, がた, が六条院, が冷酷, が切れ切れ, が口, が女王様, が床, が悪夢, が悪魔, が来, が東宮, が歩いた, が気の毒, が煩悶, が生まれ, が胸, が苦し, が見えない, であったから, であったの, であるが, であると, である栄えた人, といったよう, とかいわれる, とが出, とが愁嘆, との縁組み, との間柄, とは思われない, と共に落ちのびる, と見える, にある, にいやがられ, についての心苦し, について行く, につかえる, につけ, にと言っ, にどういう, にはこんな, には乳母, には何, には御, には申し, には髪, にもう, にもったいなく, にもよく, にも似, にも昔, にも見せ, に付き添っ, に八幡, に同情, に同行, に向っ, に対しても彼, に差し上げ, に御意, に念仏, に恋, に愛, に憑, に打たせた, に申し, に申し上げ, に累, に自身, に苦しかっ, に苦労, に見えた, に見せる, に見咎められ, に言いかねた, に言った, に託し, に語り, に近く, に迫る, に長く, に長谷詣で, のあまりに, のこと, のその, のそば, のほか, のよう, の上, の事, の付き添い, の伯母三人, の初瀬詣で, の前, の力, の大事, の女房, の始終, の姿, の婿, の宮仕え, の屋形, の座, の座敷, の御身, の念仏, の愛顧, の最も, の最後, の東宮, の枕もと, の死, の死骸, の母, の生母, の碁, の美しい, の胸, の身の上, の迎え, の間, の隠しきれない, の鸚鵡, は躊躇, をお迎え, を呼び起こした, を見ない

▼ 姫~ (82, 1.5%)

5 いや人の, 定めて 2 さすがに

1 [70件] いいあわせたよう, いた, おどろかれて, お立ちゃれ, これに, さらいそこねたはははは, さらひそこねた, その中, その枕元, その細工, それは, そろそろ居眠り, だまって, どうした, ばら, また微笑みつ, まだなんとも答えぬ, まだ何とも答, まだ見た, もとの, やつぱり少女です, よかった, 一時は, 一生懸命に, 世を, 九条の, 乳人も, 二人の, 云うの, 云って, 亦た, 人懐し, 人魚も, 侍共も, 信長も, 兪美人も, 凡下に, 切ラレ与三郎も, 劣らぬ粧いに, 又我面, 同じく敵, 同じ事, 同じ思ひ, 奪うぞ, 好評, 妾も, 家来も, 市之丞殿も, 年寄つた方々の, 慎ましくお礼, 我慢を, 所詮は, 持って, 揺り起し, 斯くや, 末の, 森の, 決心し, 洋装の, 混つていました, 無論すぐれた, 父君も, 犯しが, 盛装を, 笑った, 笑みを, 胸が, 自分も, 蓮葉な, 邸に

▼ 姫さま~ (59, 1.1%)

6 のお 2 といわれる, と御, と深い

1 [47件] か, がお, がさらわれ, がそれほど, がてめえ, がよく, が今回神社, が毒, こそまことに, だ, だの, つかぬこと, でございました, でも, と, とあれ, という, というお方, というの, といや, にお目にかかれまい, に逢わせ, のこと, のところ, の乳母, の何, の居所, の形見, の御, の御輿, の真実, の紀念, の関東, はお, はどんな, はもっと, は前後, は実に, は往時, は無事, は金杉稲荷, へお目にかかり, もそのまま, をお, をここ, を抱い, を盗み出し

▼ 姫~ (54, 1.0%)

5 の城 3 の古城, の天主閣, の頂上 2 の丘, の山小屋, の館

1 [34件] が姫路, でご, ということ, とでどちら, と云った, と同じく, と呼ばれ, と白旗山, と称し, にもいなくなり, のどこ, の城主黒田官兵衞孝高, の家, の嶮, の方, の曲輪, の父上, の社前, の総領, の緑, の若き, の西方, の門, の黒田宗円, は今日, は本丸, は決して, へのぼりだした, へ帰っ, までたどりつかね, をも奪おう, を中心, を立った, を選

▼ 姫草ユリ子~ (54, 1.0%)

3 の行方 2 の不可思議, の正体, はその

1 [45件] から取次電話, から植え付けられた, がそれ, がまた, が何, が十時, が私, が自殺, が言い立て, が開業, だったから, という名前, とが全然, と同, と名, と申します, と自称, と言う, なる名称, に一杯, に対する疑い, に就い, に関する小生, に関する新, に頭, のペン字, の創作, の可憐, の奴, の姿, の御, の怪手腕, の純真無邪気, の自殺屍体, の虚構, の被害者, の言葉, の黒幕, はこの世, は彼女独特, は白鷹氏, は鼻血, をこの, を仲介, を玩具

▼ 姫たち~ (44, 0.8%)

2 であった, に立ちこえ, の多き, は日本人, は顔

1 [34件] がお, がこの, がその, が三人, が両わき, が乳母, が本丸, が池, が消え消え, が着る, である, とはいう, とは割合, とは知らない, など傍目, に附い, のそば, の声, の未来, はかたわら, はどう, は二人, は兄妹, は城壁, は限られ, みなおも, もみな, もみな華やか, も絹足袋, をおえ, を家, を風, 怖がること, 貴夫人たち

▼ 姫~ (40, 0.8%)

5 あつた, 入らせられようが, 枚岡 3 ござります, まだそんな 2 入らせられます

1 [17件] おあり, かく云う, きぬか, この方, さらにその, ひいらぎ, チラリと, 入らせられる時, 公子の, 其當時の, 吾儘で, 安政三年十一月十一日藩邸から, 実の, 己を, 有らう, 百壽園の, 評判を

▼ 姫~ (38, 0.7%)

3

1 [35件] おは, おわします, かつては, から盛岡, が官社, であったこと, であった為, であらせられる, であります, である場合, でした, といふもの, となる, とも存ずる, と同じ, に獻, に頼まれ, のお, のよう, の処, の常住, の社, の縁起, の美しく貴い, は又, は姉妹, は空海, への願い, や, をにくん, を川裳明神, を巻機権現, を清水, を祀る, 両嶽

▼ 姫という~ (34, 0.6%)

5 のは 3 のを 2 女の

1 [24件] お名前, お姫さまが, お方と, のと, もので御座います, ものを, ような, 二人が, 二人の, 人が, 名を, 大そう, 女である, 女には, 女策士が, 小鼓に, 従兄妹同士の, 扱いで, 方が, 方と, 気取った可愛いい, 神です, 美しいお姫さま, 美しい上

▼ 姫~ (30, 0.6%)

2 どうした, 姫よ

1 [26件] あはれなる, お前だ, かくも, さあ早く, さいつ日, しばしは, そうは, とうたはれ, もし汝, よき処, 一夜で, 來り, 寄る年, 少しも, 待て, 御身の, 怪魚かと, 我と共に奴国, 我は, 我を, 戸を, 武邊の, 爾は, 甲斐なき, 美しき姫, 自分の

▼ 姫には~ (26, 0.5%)

5 叔父彼, 誰一人其を

1 [16件] あらざりき, どこやら, もとよりそうした, 一生会えぬ, 今は, 今土牢, 去る二十九日, 固より, 心持ちお, 悲しい理由, 手を, 死ぬほど, 眼を, 自害を, 落度が, 解るの

▼ 姫~ (26, 0.5%)

2 仰見而悔

1 [24件] が大御神, が霊地, だとして, だろうという, であったという, となった, と伝え, と稚, などが其處, なること, に対してこれ, に通い, に遇いし, の二の舞, の場合, の大, の御歌, の薨ぜ, の語尾, の長命, はもとより, は伊弉諾尊, をお, を祭った

▼ 姫~ (25, 0.5%)

2 どうぞ読まない

1 [23件] お前の, お前は, 今日は, 何でも, 侍婢近侍と共に, 公達輩も, 其他いろ, 前髪の, 助六等, 右京次郎殿は, 姫や, 家中の, 巌の, 徳利から, 揮良夫と共に, 敵の, 末姫は, 渾良夫と共に, 照手姫の, 石川五右衛門や, 若の, 采女の, 采女を

▼ 姫~ (24, 0.5%)

3 のやう 2 が手, こそ藤原

1 [17件] がその, が一生懸命, が山下, である筈, といはれる, と若, には指, に見染められる, のうんと, の代り, の前, の樣, の繪, の話, の風呂場, も, らしい聲

▼ 姫~ (19, 0.4%)

1 [19件] から聞いた, がお, がその, が振り返っ, が虚構, が言った, が頼んだ, ちゅう小娘, って奴, って言う, と言わせる, に怨み, に指環, に欺瞞, に言っ, の事, の件, の年齢, はない

▼ 姫草さん~ (18, 0.3%)

1 [18件] が万一, が夜中, が細工, が紹介, とは, とドンナお話, と尋ね求める, と持ち切り, と言う, に, に限っ, のよう, の月経来潮, の言う, の話, はかなり, はトテモ横暴, は繰り返し

▼ 姫から~ (17, 0.3%)

1 [17件] いえば, いへば, いろんなこと, おもしろい夢, お生れ, きいた話, そう言われ, もらった腕輪, 云えば, 堅く口止め, 夢の, 大略の, 正次へ, 注意され, 生れた, 短刀と, 贈られた黒馬

▼ 姫~ (17, 0.3%)

5

1 [12件] かなんだか, が花園, ちの中でも, つてあれほどの, ということ, とは, と云う, と思い込み, と思い込ん, と思った, よ, よ人間

▼ 姫ぎみ~ (13, 0.2%)

1 [13件] お寄り, があった, が何と, だけへその, だとき, などにも彼, のお, へ前田どの, もおちい, も供奉, も出し, も心から, を久政公

▼ 姫さん~ (13, 0.2%)

2

1 [11件] が御方, でした, でしたたくさん, では, になつて, の学校, はトムさん, は一年, は十二, は本願寺さん, をなんと

▼ 姫だるま~ (13, 0.2%)

2 の染められた, を描く 1 が手拭, が生れた, で大小, のニコ, の圖案製作, の字, は, を染め出した, を考へ

▼ 姫では~ (13, 0.2%)

2 ない, なくして, なくて 1 おわさぬか, ないの, ないよう, アルマンが, 御座いませんでした, 無くなりました, 第二幕目

▼ 姫とは~ (13, 0.2%)

1 [13件] ちょうど年恰好, ボトロの, 之に, 仕方なく, 仮に用, 何物である, 共に純粋, 比べものに, 荒廃た, 許嫁の, 誰だろう, 野猪が, 黙って

▼ 姫~ (13, 0.2%)

1 [13件] おわすか, お戻り, がお, では, ではござりませぬ, におすすめ, には, にはまだ, のおん身, の御意, の思召, はそれ, を眷慕

▼ 姫柚子~ (13, 0.2%)

3 の一滴 1 が数粒, といえ, などあろう, などよりも大きい, に接しなかった, の味, の汁, の調味, の酸, は西国

▼ 姫にも~ (12, 0.2%)

2 人懷しか 1 お目にかかり何とも, ふさわしく思われる, 人懐し, 人懐しかっ, 御劣り, 歎き, 異存は, 祈願し, 逢って, 関係の

▼ 姫~ (12, 0.2%)

8 が旅 21 様の, 自身の

▼ 姫~ (11, 0.2%)

1 [11件] うつくしい腰元, そも泡, ひもすがら, びやくえの, また魂, 北條の, 嘘に, 夏のみか, 奇しく, 廓の, 知らぬが

▼ 姫との~ (9, 0.2%)

1 あいだに, あいだには, 二人の, 交いと, 数回に, 縁が, 話を, 間は, 間へ

▼ 姫にと~ (9, 0.2%)

8 つては 1 言つて持ち還

▼ 姫~ (9, 0.2%)

3 の木賃宿 1 というところ, の方, の木賃宿浅田屋, の永伝寺, の鴨下ドクトル, の鴨下ドクトル邸

▼ 姫皇后~ (9, 0.2%)

1 が天皇, が存在, のこと, の嫉み, の御, の御歌, の産事, の膝, 各御歌

▼ 姫といふ~ (8, 0.2%)

1 ことから, のが, のでした, のは, のも, 二体の, 子が, 方は

▼ 姫~ (8, 0.2%)

1 が一疋, でさ, に雜つて, のお, のため, の中, を天人, 其の周圍

▼ 姫とも~ (7, 0.1%)

1 あろう者, いうべき不思議, いったの, 丹生都姫とも, 云う, 称うる, 言はず生れか

▼ 姫よりも~ (7, 0.1%)

1 この尼, そなた, つと不幸, もっと伝説, 一つ上でした, 少し大きく, 遥かに

▼ 姫~ (7, 0.1%)

1 と申す, と訓, に同じ, の二つ, の字, の對譯, 及び萬幡姫兒

▼ 姫鏡台~ (6, 0.1%)

2 の前 1 が置い, とその他, の抽出, を取り出した

▼ 姫~ (5, 0.1%)

1 のであった, のであります, のです, んざアノ画の, んです

▼ 姫などは~ (5, 0.1%)

3 さう 1 そう信じ, 我が祖母

▼ 姫殿~ (5, 0.1%)

1 か, が欲しい, の夫人, の遺児, はご

▼ 姫稲荷~ (5, 0.1%)

1 で唄った, のところ, の上, の向う, の所

▼ 姫ぎみたち~ (4, 0.1%)

1 と文荷斎どの, の御, もおき, をお

▼ 姫すら~ (4, 0.1%)

3 思ひ設け 1 思い設けなん

▼ 姫たちメエルハイム~ (4, 0.1%)

2 がめぐり, が話

▼ 姫だるま人形~ (4, 0.1%)

1 と, とをお手本, と手拭, にかいた

▼ 姫ぢやから~ (4, 0.1%)

4

▼ 姫であった~ (4, 0.1%)

2 のか 1 事を, 昔が

▼ 姫である~ (4, 0.1%)

1 うちなら, ことが, ということ, とか昔

▼ 姫に対して~ (4, 0.1%)

1 勝頼を, 後の, 濫なる, 行わなかった

▼ 姫を以て~ (4, 0.1%)

2 秋風の 1 秋の, 羽女天女の

▼ 姫世記~ (4, 0.1%)

1 という本, にも久求小野, に見えた, の久求都彦

▼ 姫尊おん怒り~ (4, 0.1%)

4 をお

▼ 姫尊様~ (4, 0.1%)

3 の思召 1 がお

▼ 姫様たち~ (4, 0.1%)

2 の御 1 が女, の方

▼ 姫物語~ (4, 0.1%)

2 は解説 1 などを絵, を伝へた

▼ 姫神様~ (4, 0.1%)

1 がのお冠, が下さる, で日本, のお

▼ 姫神社~ (4, 0.1%)

1 というの, の小祠, の方角, の階段

▼ 姫お前~ (3, 0.1%)

1 は何と, は異常, もあの

▼ 姫その~ (3, 0.1%)

1 ひとだった, 先を, 詞を

▼ 姫とが~ (3, 0.1%)

1 取り残された, 相思の, 花を

▼ 姫と共に~ (3, 0.1%)

1 住んで, 蜂や, 遠い海

▼ 姫にとっては~ (3, 0.1%)

1 これが, 心驚く, 肉縁は

▼ 姫に対する~ (3, 0.1%)

2 婚礼の 1 純一無雑の

▼ 姫~ (3, 0.1%)

1 むかって, 土牢を, 笑いかける

▼ 姫また~ (3, 0.1%)

1 ヌリノミが, 我理想の, 毎に

▼ 姫まで~ (3, 0.1%)

1 いまは, どこかへ, 罰せられるとも

▼ 姫ゆり~ (3, 0.1%)

2 の花 1 を抜き取っ

▼ 姫チャマ~ (3, 0.1%)

1 が菊, のお, のおめざ

▼ 姫様当麻~ (3, 0.1%)

3 に御

▼ 姫様方~ (3, 0.1%)

1 があんまり, と御, の祖父君南家太政大臣

▼ 姫~ (3, 0.1%)

1 の国, の國, を日本

▼ 姫~ (3, 0.1%)

1 の由来, の神, 之社

▼ 姫自身~ (3, 0.1%)

1 に贖, の感謝, の美し

▼ 姫草看護婦~ (3, 0.1%)

1 から聞いた, に対する疑い, をソッ

▼ 姫あわただしく~ (2, 0.0%)

2 坐を

▼ 姫いずれ~ (2, 0.0%)

1 かにしよう, も好評

▼ 姫おも~ (2, 0.0%)

2 影に

▼ 姫きたり~ (2, 0.0%)

2 て手

▼ 姫こそ~ (2, 0.0%)

1 いわゆる水狐族, 貴方の

▼ 姫これ~ (2, 0.0%)

2 より知り

▼ 姫ごぜ~ (2, 0.0%)

2 の恥

▼ 姫~ (2, 0.0%)

1 へほ, へ安

▼ 姫さき~ (2, 0.0%)

1 の罪, の罪購

▼ 姫さまたち~ (2, 0.0%)

1 で, のお

▼ 姫さまともども奈良~ (2, 0.0%)

2 にお

▼ 姫たち声~ (2, 0.0%)

1 をあわせ, を併せ

▼ 姫たち顔~ (2, 0.0%)

2 見合せて

▼ 姫だけを~ (2, 0.0%)

1 その座, 留めて

▼ 姫だったら~ (2, 0.0%)

1 ほんとに世話, よかったです

▼ 姫だの~ (2, 0.0%)

1 楠こまひめだ, 虫封じの

▼ 姫~ (2, 0.0%)

1 子が, 子を

▼ 姫つと~ (2, 0.0%)

2 立ちて

▼ 姫でござる~ (2, 0.0%)

1 かな, と瞞

▼ 姫です~ (2, 0.0%)

1 って, ばい

▼ 姫でも~ (2, 0.0%)

1 何でも, 廓の

▼ 姫といった~ (2, 0.0%)

1 のです, もんです

▼ 姫として~ (2, 0.0%)

1 出生し, 育てられ自分

▼ 姫とを~ (2, 0.0%)

1 祭る, 遣つて

▼ 姫どの~ (2, 0.0%)

2 星に

▼ 姫など~ (2, 0.0%)

1 であった, 茅を

▼ 姫などを~ (2, 0.0%)

1 勤めて, 突きおとしたらあなた

▼ 姫なり~ (2, 0.0%)

2 ける

▼ 姫なれ~ (2, 0.0%)

2 どさき

▼ 姫にとって~ (2, 0.0%)

1 水が, 自分が

▼ 姫をば~ (2, 0.0%)

1 蓬莱の, 見附けたも

▼ 姫サマ~ (2, 0.0%)

1 のお, の御身

▼ 姫メエルハイム~ (2, 0.0%)

2 が肘

▼ 姫・次姫~ (2, 0.0%)

1 の事, は

▼ 姫~ (2, 0.0%)

1 の子爵, は精進

▼ 姫以下~ (2, 0.0%)

1 の数神, の諸

▼ 姫~ (2, 0.0%)

1 でたり美しき, で見

▼ 姫向日葵~ (2, 0.0%)

1 のそよぎ, の鬱金

▼ 姫~ (2, 0.0%)

2 どの星

▼ 姫尊樣~ (2, 0.0%)

2 の思召

▼ 姫山泊り~ (2, 0.0%)

1 か今宿, でございました

▼ 姫御輿~ (2, 0.0%)

1 だ, にされ

▼ 姫日まわり夏菊~ (2, 0.0%)

2 と秋

▼ 姫様ともども光明峰寺~ (2, 0.0%)

2 へそれぞれ

▼ 姫様貴女~ (2, 0.0%)

2

▼ 姫樣當麻~ (2, 0.0%)

2 に御

▼ 姫百合~ (2, 0.0%)

1 その床, とも

▼ 姫神南昌~ (2, 0.0%)

2 早池峰

▼ 姫~ (2, 0.0%)

2 ふた毛

▼ 姫~ (2, 0.0%)

1 の戦ぎ, の枯れし

▼ 姫~ (2, 0.0%)

1 との区別, と玉

▼ 姫紫苑~ (2, 0.0%)

1 がある, や螢草

▼ 姫芥子~ (2, 0.0%)

1 の真紅, の花

▼ 姫草さん姫草さん~ (2, 0.0%)

1 と尋ね求める, と持ち切り

▼ 姫~ (2, 0.0%)

1 の斯, の蔓

▼ 姫~ (2, 0.0%)

1 の橢円形, の葉

▼ 姫誕生~ (2, 0.0%)

2 の折り

▼ 姫~ (2, 0.0%)

1 ひに, ひを

▼ 姫買い~ (2, 0.0%)

2 をする

▼ 姫走り来~ (2, 0.0%)

2

▼ 姫達摩~ (2, 0.0%)

1 の繪, を描いた

▼1* [305件]

、艇をこの, 姫あの芝居の, 姫あらばと心, 姫あるいは工匠らを, 姫いたく怖れ給, 姫いま背後を掠め, 姫うるみて彷徨, 姫二人は, 姫おわさぬか, 姫かきのせて, 姫かと疑ひぬ, 姫かも知れないの, 姫からはなかなか報告, 姫がなあれから, 姫がはづかしき姿, 姫がまことの我, 姫きのうに変り, 姫きのふに変り, 姫ぎみ滝夜叉が序幕, 姫ぐらいな年頃であり, 姫こころ狂ひたるには, 姫こころ狂いたるにはあらずや, 姫こたへて, 姫こんどは東京, 姫こんなきたないところ, 姫わきまえて, 姫さえそうなりかけ, 姫さまあなたもずいぶん, 姫さまお願いでございますこれから, 姫さまわたくしをお, 姫さま何うぞ, 姫さま俺は今日, 姫さま英語御教授, 姫じゃと専ら取り沙汰, 姫するすると寄り, 姫はしな, 姫は又, 姫そだちや宮仕え, 姫そのままな漁村インフレ, 姫それからどう, 姫たちいま遊の最中, 姫たちいま遊びの最中, 姫たちみなおもいおもいの, 姫だけならいい, 姫だけでも我らの, 姫だけにはとりつげないで, 姫だけは自分の, 姫だったように, 姫だってそんな馬鹿, 姫やつた, 姫つまり夢の, 姫つまり将軍家定の叔母, 姫ふ大, 姫であったらそのまま育て, 姫であろうがな, 姫でもぞつとする, 姫とおもひし, 姫とて遠慮は, 姫とともに移しその, 姫とにうやうやしく礼, 姫とにかく東京まで, 姫ともに恍惚として, 姫とやらそんなわけ, 姫とやらを后に, 姫どんなによかろう, 姫なぞと来ると, 姫などが感歎すべき, 姫などとうたわれた頃, 姫などというものの, 姫などを以てし變化, 姫なほ足らずば, 姫なら平気で, 姫ならざりしか, 姫なるものが, 姫なるべし野猪を, 姫なんかばっかり落としちゃうん, 姫なんといふの, 姫にだけにそういうこと, 姫にだけは一目会いたい, 姫について行つてその, 姫によって梟帥の, 姫に対しては形を, 姫に関する悲しい歌, 姫のうへは気の毒に, 姫のみが持つ痛々しい, 姫はからかつてやりたい, 姫はというと, 姫はをののきて, 姫ばかりでなくそれ, 姫ばかりはさすが各, 姫ぐるま, 姫ふりむきてにらみぬ, 姫への土産に, 姫へも其方へも, 姫ほどの容姿の, 姫まがいに運ばれ, 姫まことに仰せの, 姫またの名はカリハタトベ, 姫またの名野槌と見え, 姫まだ見えないわね, 姫まむしという, 姫まむし蕨の御, 姫みた様に, 姫みたいにふたり, 姫みふねはて, 姫もちよつと, 姫ようい, 姫よくこそご来向, 姫よりは河勝に, 姫らしい十七八の, 姫われわれがクロクロ島, 姫をか召したま, 姫をすら考へたこと, 姫をも欺き得たが, 姫オサカベ等も人柱, 姫カインツのロミオ, 姫ガタシと呼ぶ, 姫グルミともいわれる, 姫サロメもその, 姫ツ子を自由, 姫マルグリツトの幽愁, 姫ユウリュノメーとテチス, 姫ラウテンデラインといふ, 姫ラウデンデラインよ, 姫ヶ城門前の場, 姫一書では向, 姫一生の心身, 姫三柱の姫神, 姫上川の鮎, 姫上陸地点を探し, 姫並びに父君エフィゲニウス氏に, 姫九蔵の佐々木, 姫二人より他, 姫二尺の桜, 姫二神の河海, 姫人ニシテ遠ク胡地ニ沈淪シテ死スルニ至テハ, 姫伊弉冉尊伊弉諾尊及大己貴命の四神, 姫信号の解読, 姫兒ト云フ稱ハ物ニ見エタルコト, 姫伝, 姫八尋の大熊鰐, 姫六三暇を傳, 姫共にこの地, 姫其兄姫を手, 姫に技術, 姫再び來んも, 姫出入口の扉, 姫出生の地, 姫十二人御殿の正面, 姫十二段返しわけても, 姫十六忠興も十六歳, 姫卑弥呼という, 姫命世記によるに倭姫命天照大神, 姫命天照大神を奉じ, 姫咳止めの丸薬, 姫とよばれ, 姫の瀧夜叉姫, 姫売卜者の名, 姫尊様が, 姫大鐘と撞木, 姫天皇少名, 姫太平洋の海底, 姫奇蹟の伝説, 姫奥女中などのには金銀珠玉, 姫女官侍女たちの姿, 姫女房達花をきそっ, 姫さっとその, 姫の窓閣皆馬厩, 姫の國, 姫嫉妬の記述, 姫ひて, 姫嫌いて避けん, 姫の住坊, 姫を産まん, 姫宿る巖蔭, 姫と名, 姫尊也といつ, 姫島原城の大, 姫の御, 姫庭園を歩, 姫廻伊織という人, 姫を引用, 姫弟姫の二人, 姫当の娘の, 姫後日を契り, 姫へて, 姫御子はあなた, 姫御寮より餞別, 姫御門を抜け, 姫微笑みて君, 姫快速潜水艇の修理, 姫急いで速度, 姫悔いて箸, 姫愚老を恋し, 姫を取ら, 姫我ことばを遮り, 姫振向きて睨みぬ, 姫振袖裲襠文金の高髷, 姫捨山を見立てました, 姫あって, 姫方向探知器を読め, 姫日向葵の葉, 姫日高川の絵, 姫早くその先, 姫昔蓬が麻畠, 姫な, 姫木花咲耶姫の名, 姫桃ちりこぼれ, 姫案内はお前, 姫梅鉢草高根毛莨, 姫様ガ薩州ヘ御, 姫様他のこと, 姫様勇美子が急, 姫様声は熱, 姫様床の間に向っ, 姫様方大勢お弟子, 姫様私が御迎え, 姫様貴方御考え, 姫様達が楽し, 姫樣出の美女一丈青扈三孃, 姫樣御出生と聞き, 姫殿下並びに理事官長, 姫氏国に探ね, 姫気取りでゐた, 姫水匿女も永く, 姫泣く爺媼欺された, 姫深き同情を, 姫深く喜びたり, 姫湍津姫田霧姫三柱の姫神, 姫満千姫君のお, 姫の生一本, 姫烏丸中納言光賢に嫁, 姫熊笹を飛び飛び, 姫物部氏の石上社, 姫のすそ, 姫瓜烏瓜ぐらいな, 姫生い立ちて機, 姫にあたり竜, 姫産む時夫彦火, 姫がある, 姫田霧姫三柱の姫神, 姫の聲, 姫男獅子よりも強い, 姫の娘, 姫百合姫萩姫紫苑姫菊の, 姫百合渚づたひの翼の常夏, 姫百合白百合こそなつかしけれ, 姫皇女が昔, 姫盗みに会われた, 姫覚めて, 姫石楠の外, 姫石楠イワハゼ珍車岩高蘭立山竜胆蔓苔桃麒麟草猩々袴鷺菅などがあり, 姫石楠四葉塩竈高根撫子深山沙参白根人参真柏, 姫社辺で鶏, 姫社郷の山途川, 姫神トイフ御岳山ノ記ニハ大国玉命トアリ, 姫神任侠の御, 姫神余りの事, 姫神龍のみ車, 姫です, 姫稲荷前の家, 姫の根, 姫が孔雀, 姫籐椅子を下, 姫糸子といへるも, 姫系統の方, 姫紫苑姫菊の, 姫美留女姫用がある, 姫老年となっ, 姫芝翫の佐々木, 姫苦蓬や荒地野菊, 姫茜屋のお, 姫草ユリ子一人の働き, 姫草ユリ子諸共に何処, 姫草二も姫草, 姫など岩間, 姫の, 姫菊五郎の木下藤吉郎, 姫萩姫紫苑姫菊の, 姫と女の童等, 姫の紅, 姫が摘み持ち, 姫蟹一疋出で来り, 姫見たいなもので, 姫言葉でまくしたて, 姫貝ちょうちん貝などを沢山, 姫買ひなら誰が何, 姫車引きになる, 姫逝去しこの, 姫進み寄りて惡しき人, 姫を得, 姫達中にも勝れ, 姫鍬形などの高山植物, 姫鍬形苔桃などが多い, 姫鏡女大学女孝経等をもらつた, 姫鏡臺も置い, 姫になった, 姫領巾振山を下り, 姫頭烏帽子頭等の形, 姫館妖怪古佐壁忠臣, 姫驚き叫びしを, 姫鬼界が島, 姫魚雷型快速潜水艇の入口, 姫のぬた, 姫龍胆だの