青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「大空~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

大工~ 大急ぎ~ 大戦~ ~大抵 大抵~ 大方~ 大木~ 大根~ 大概~ 大正~
大空~
大胆~ 大臣~ ~大衆 大衆~ ~大阪 大阪~ 大陸~ ~天 天~ ~天下

「大空~」 1219, 13ppm, 8705位

▼ 大空~ (310, 25.4%)

16 下に, 神の 10 星の 8 下で 5 うちに, 神, 色と 4 中に, 日を 3 むすめたち, ように, 上から, 下の, 雲の, 雲を

2 [20件] おもて, かなたに, どこかに, のぞけて, もとを, 上に, 上を, 下へ, 下を, 中を, 姿を, 影を, 星が, 真中に, 神さまの, 色は, 雲に, 雲重る, 風に, 馳使添は

1 [179件] ある一点, うちにも, うつくしさ, お住まい, お家を, お日さま, お通り道, か, かがやき金色燦然, かわりに, けしきの, ことだ, ことを, ごときも, しらみくる, ただ中で, ただ中に, たふと, ちいさな星, とびら, どこか, どこかへ, なおその, なかへ, ひの, ひろびろと, まん中で, むすめ, むなしさの, めぐる中, もと, もとに, もとひそや, やうな, やうに, ようだった, ような, コスモポリタンである, スパークほど, ドンキホオテ, 一つところに, 一塵の, 一塵程, 一方を, 一点を, 一角から, 一角に, 一角には, 一部分を, 丁度ま, 上で, 上には, 上の, 上まで, 下, 下あの, 下にも, 下は, 下大地, 下大地の, 下大川の, 下大海の, 下簡単に, 下静, 中で, 中心に, 丸天井の, 代わりに, 何処かを, 何処へか, 光と, 光に, 内に, 円天井に, 冷やかな, 利鎌が, 半にもや, 半分を, 反射を, 向うに, 嘉光は, 図を, 堅い眼, 夢の, 大半を, 大気とは, 天照大神は, 太陽が, 太陽にも, 太陽を, 奥ふかく, 奥深く吸い込まれ, 奧から, 奧深く, 妖異を, 始めは, 寂寥を, 富士は, 尚ほ, 年若い, 広きを, 広大なる, 影と, 彼方へ, 怪物, 方に, 星でも, 星とを, 星に, 星のみ, 暗黒の, 月さえ, 月だに, 月と, 月の, 月も, 月日だけを, 果てと, 果てを, 果に, 果の, 柚子の, 極は, 気息の, 水を, 海を, 涯から, 深い穹窿, 深きが, 深きも, 清らかさ朝空の, 満月が, 満月を, 澄み渡った満月, 激しい光り, 無辺際な, 無邊際, 熱度激変せし, 燦爛たる, 物の, 白い雲, 百千の, 皮を, 皺めいた感じ, 眞中の, 真中で, 真昼の, 秋風高し, 窗の, 紺青だった, 美しさ, 肌が, 自由の, 色とを, 色を, 茫々日月星辰の, 藍碧も, 藍色と, 西の, 返響, 透かし見, 遠い薄, 野に, 金の, 閑か, 雨を, 雪の, 雲だ, 雲は, 雲より, 霞を, 青さ, 青緑, 静けさを, 風を, 高いところ, 高さ, 高みから, 高みに

▼ 大空~ (229, 18.8%)

14 仰いで 6 飛んで 5 見て, 見上げて 4 仰いだ 3 眺めて, 背景に

2 [14件] とおして, 仰ぎて, 仰ぎながら, 仰げば, 吹いて, 支えて, 眺めた, 翔けまわるん, 翔けめぐるべきはず, 自由に, 蔽うて, 見た, 見詰めて, 高く低く渡っ

1 [161件] あおぎました, あおぐと, あおげば, あてども, あまかける, いく雲, うちながめ, うらやましくも, おおったの, おもしろそう, かけめぐる無心, ころがって, さえも, さがしたが, さし上げたり, さまよ, それて, それは, どよもして, なかば蔽ひかくす, ながめけり, ながめた, ながめて, ながめながら, ながめると, のぞいて, ひとしきり曇天, ひととび, ぼんやり透し眺めた, まわりながら, みあげながら, めぐる風の音, わがもの顔, わたって, わたりゆく鳥, わたる雲, オキクルミは, 上って, 下から, 仰いだでしょう, 仰いだの, 仰いだり, 仰いだ田原さん, 仰ぎいたり, 仰ぎつ, 仰ぎ上げた, 仰ぎ見て, 仰ぎ観るの, 仰ぐが, 仰ぐと, 仰ぐとき, 仰ぐよう, 凝視し, 割する, 劃れる, 劈いて, 勝手に, 南を, 台なし, 吾がもの顔, 呑むやう, 嗅ぎ廻すやう, 嗅ぎ廻すよう, 壓し, 外に, 失って, 射ると, 嵐ばかりが, 御覧よ, 快翔, 恍惚り, 打見あぐる, 抱擁し, 拝し, 拝んで, 持ちあげるばかりの, 指さして, 指さしました, 指しました, 摩す大樹, 昇る太陽, 昇る月, 映す天水桶, 月が, 望むやう, 横ぎる白雲の, 横さまに, 横切って, 横斷し, 次第, 歩くの, 毎日あても, 毎日東から, 沖の, 泳いで, 流れて, 渡つて來た, 渡る雁, 理想と, 白い薄, 目ざして, 相並ん, 眺めたが, 眺めてるうち, 眺めながら, 眺め上げるよう, 眼に, 睨み, 矢の, 神の, 網の, 縦横に, 翔けつて, 翔けめぐること, 翔けりつつ, 翔り行く, 肩に, 茫然と, 落ちて, 落下し, 落下する, 蓋ふ, 蔽う松葉, 藍色に, 行くの, 行くもの, 衝いて, 見あげながら, 見あげると, 見あげれば, 見せたもの, 見ては, 見る, 見ること, 見上げた, 見上げたとき, 見上げなかったの, 見上げながら, 見上げる前彼等, 見廻して, 見渡して, 見渡しますと, 視むる目, 逍遥した, 通ふま, 過つて, 遮る飛騨, 野越え, 鋳固めて, 陶器皿の, 障子の, 飛び廻って, 飛ぶ人工, 飛ぶ雲, 飛行機で, 馬車の, 駆けって, 駆けめぐり地, 高く目, 鳥が, 鶴が

▼ 大空~ (215, 17.6%)

6 向って 4 向けて, 向つて 3 うつる山 2 かかって, 向かって, 星が, 浮かんだ, 消えて, 舞い上がりました, 頭を

1 [184件] あこがれあこがれ, あたたかい味, あらはれに, おいでに, おどる怪竜, お互いに, かかる月, かかる白雲, かさなるみれば, きらめいて, くっきりと, けむって, さらさらと, しかも眉, じっと動かない, すがた, そびえあちら, た, ただよう白雲, たなびいて, ちゃんとほんとう, ちらばって, ちんくるちん, ときならぬ空中ページェント, とけこむよう, とびあがりました, とびちりました, なにか一筋, のぼって, ぱっと飛び立った, ひびいて, ひらひらと, ひろが, ふさがり合いその, ぶら下るが, まいあがりいずこと, まん圓, みちみちて, むかって, むかつて, むっくりと, やさしく出, よくみがいた, よじのぼりそのまま, ベラ棒に, 一斉に, 一直線の, 乱れた戦闘機, 乱れ流れて, 五位鷺の, 仰いで, 伸び傾ける冬木かな, 何とも知れず, 何も, 何千年か, 傳はる, 光って, 光りが, 円き日輪血, 凄く光り, 匐い上っ, 又わき出でし, 反らした形, 向う彼, 向けた, 向けぱぱー, 向つて拝, 君臨し, 吹きあげられて, 吹上げられ, 呼んだが, 唸れる虻, 嘯くの概, 囀る雲雀, 圧しつけられて, 壓しつけられ, 夜の, 大きい鷲, 太陽が, 如何にも気持, 影を, 心を, 恐ろしい龍, 息した, 息を, 懸りいますとばかり, 懸る天日, 投げ出されでも, 拡げて, 掛るまんまろ, 揚った凧, 擡げて, 文代さんの, 旋飆せる, 昇るであろう, 明鏡を, 星がか, 星一つなく, 映し出した様, 春の, 月と, 月の, 月は, 月一つ仰ぎ渡す, 棟木を, 楕円形の, 気ちがいの, 注ぐとも, 流れ出す, 浮かぶ白い, 浮かんでるよう, 浮きつ沈みつして, 浮き上った, 浮き上って, 浮き出て, 浮き彫りに, 浮ぶ, 浮んで, 溶けるよう, 漂う白雲, 漂つて山の, 澄んだ無数, 焦点の, 燃えて, 生れて, 発散せず, 白く輝い, 白雲が, 皎, 真黒な, 瞬いて, 瞳ほどな, 瞳を, 私は, 科学の, 穴の, 空の, 突っ立ちあがりし, 立渡りける, 等しい拡大, 粗鉱, 素姓は, 羽子の, 聳えて, 聳え立って, 舞い上る, 舞い昇って, 舞うて, 舞って, 舞ひのぼる, 莟を, 落日ただよ, 蜘蛛のか, 見せてはを, 見入った, 見入ってる時, 見入る時, 観じては, 踊りながら, 輝いて, 輝き輝かしい, 輝く大好き, 輝く強い, 輝く時, 輪を, 這い昇って, 遊行する, 銀の, 雲が, 雲の, 雲は, 雷を, 青, 青い原, 音の, 飛出した, 驕る巨鵬, 高く枝, 高く棟木, 高く氷, 高く響い, 鳴かせあって, 鳴る烈風, 6の

▼ 大空~ (75, 6.2%)

5 の中 3 はどんどん 2 にあつまっ, にのっ, の外

1 [61件] からたち出でた, からは光る, から出, がときどき, がどんなに, がばらばら, が火星, さえ見えない, であること, であろうか, でひらかれた, で宇宙, という, とのたたかい, などはもちろん, にあたって金属, にあびせかけた, にはいつの間にか, には引力, に乗る, に火星兵, のおく, のすばらしい, の内部, の奮戦, の姿, の客, の宴会, の尾部, の後方, の扉, の望遠鏡, の速力, の速度, は, はいま暗黒, はかなり, はずんずん, はその, はそのまま, はたくみ, はだんだん, はついに, はどんな, はなおも, はほとんど, はまたもや, はやっつけられる, は丸木艇, は急, は横転, は流星, は突然, は針路, は音, めがけて, よりもすこし, をとばし, を操縦, を着けます, を着ける

▼ 大空~ (62, 5.1%)

4 青々と 2 深い静謐

1 [56件] いっぱいに, いつもうらら, いよ, いよいよ低く, かくの, かんと, くっきりと, この世を, この時, この村, この海底都市, そこに, その静か, まいたよう, まだ青々と, まるでセエラ一人, ものすごく大きな, ドンヨリ曇っ, 一面に, 一面春の, 万物を, 人間の, 今光なり, 仰ぐ眼, 何か, 俄に, 僕を, 千里の, 名残なく, 地の, 微笑を, 思想の, 我々蛙の, 星で, 春の, 晴れて, 梅が, 水の, 水色に, 澄み渡り風, 澄める瑠璃色, 灰色の, 照りか, 砂で, 紫水晶の, 美しく晴れ, 蒼々と, 藍色に, 見る見る月, 雲低く, 高い銀杏, 高く蒼く澄み返っ, 高く遙, 鳶色に, 黎明の, 黒く星辰

▼ 大空~ (60, 4.9%)

2 かんかんと, 光を, 向って, 脱れる, 飛んで

1 [50件] うかび上るの, お着き, かけのぼって, かけのぼるでは, せりあがっ, とびさ, のせて, まいあがったこと, むけて, 上げて, 上って, 刎ね, 向いて, 向かって, 向けて, 向つて, 吹き上げたから, 吹き上り, 吹き出したん, 図々しくも, 奪って, 帰りのぼりました, 投げて, 投げるの, 抛り出されたとしても, 振向けて, 掛けた額面, 揺りあげながら, 梯子を, 浮かび出るの, 消えこんで, 矢を, 礫の, 立ちのぼる煙, 翔け出たの, 脱れたまえ, 脱れよう, 脱れ出る, 舞いあがると, 舞い上がれると, 舞い上って, 舞ひ, 誕生でも, 逃げて, 連なり聳えた山々, 遠く消え, 青年の, 飛び出して, 飛び去った, 飛立とうと

▼ 大空~ (47, 3.9%)

2 あった, 縁から, 見えるからと

1 [41件] あると, いちめん金を, かかって, この小さい, その近づき, なんとそ, 不規則に, 先ず雪, 光って, 光りに, 入ったの, 円くかぶさっ, 円く悠久, 円く蔽い被さっ, 大半は, 寂しく静まり返っ, 広くみえました, 廣, 感ぜられる, 星だらけに, 曇ったよう, 梢, 気味の, 泌み渡る, 波形を, 燃えるよう, 現われて, 町の, 目の, 自分の, 見える, 見え初めた, 見え広野, 重苦しいよう, 際限も, 青あ, 青あおと, 青く青く涯, 頭の, 鳴った, 鼠色に

▼ 大空から~ (36, 3.0%)

2 おりて, その店

1 [32件] おくだり, まっさ, みんなの, もつて, もれる春, ハタと, 下に, 下を, 今にもなに, 墜落し, 影を, 急降下爆撃で, 戦見物に, 指さしたまう星, 月が, 海の, 消えて, 涼しい風, 滴たり, 生温い微風, 舞いさ, 落ちか, 落ちて, 賤機山の, 迎いの, 追いおろされて, 遮るもの, 重厚な, 降つて, 雲は, 飛下りるその, 黄金の

▼ 大空には~ (27, 2.2%)

3 無数の 2 星の

1 [22件] あたかもこの, いつあらわれた, いつの間にか紙鳶, かすかに, こんな渦巻, まだ消えやらぬ, 一二片の, 凉しい, 幾重にも千切れ千切れ, 影の, 忽然大き, 星が, 星がか, 月の, 淡い水蒸気, 真珠の, 秋の, 美しい虹, 金色の, 銀色の, 雲の, 飛行軍団を

▼ 大空高く~ (19, 1.6%)

2 飛び去った, 飛ぶハヤブサワケ

1 [15件] ずんずん上昇, そびえ立つ浅草蔵前, カムムスビの, 巨大な, 揚った凧, 昇らずや, 昇り去る, 消え去せたり, 築き上げられたの, 聲あげ, 舞い上がって, 飛ぶ心, 飛行機が, 鳴り渡る, 鷲一羽

▼ 大空~ (16, 1.3%)

1 [16件] いっしょに, うつくしい日, しその, 万物が, 何かしら, 地と, 夜の, 太陽とが, 屋根との, 映発し, 暗い広, 海面とを, 煉瓦色の, 続くよう, 野との, 雨水に

▼ 大空~ (11, 0.9%)

2 青々と 1 からび果てたよう, 一望の, 何も, 何れも, 斯くや, 決して美しくもなけれ, 海も, 海原も, 聞け土

▼ 大空いっぱい~ (5, 0.4%)

1 が寒い, にしだれ柳, にゆれ, に描い, に美しく

▼ 大空~ (4, 0.3%)

1 ゆらめいて, 太陽は, 水蒸気が, 迷子星に

▼ 大空~ (4, 0.3%)

1 それらの, の夢幻, 大海は, 漫々たる

▼ 大空まで~ (3, 0.2%)

1 登って, 翔り上つて, 聞こえて

▼ 大空より~ (3, 0.2%)

1 する神, 天降る, 降り来るばかり

▼ 大空そのもの~ (2, 0.2%)

1 であろうと, の底

▼ 大空でも~ (2, 0.2%)

1 いただいて, さしあげるやう

▼ 大空との~ (2, 0.2%)

1 恍惚からは, 迷う漠

▼ 大空なる~ (2, 0.2%)

1 まこと, 紅の

▼ 大空はるか~ (2, 0.2%)

1 に舞い上りました, 高いところ

▼ 大空へと~ (2, 0.2%)

1 姿を, 舞い上った

▼ 大空~ (2, 0.2%)

2 ああ大空

▼ 大空一杯~ (2, 0.2%)

1 に星, に豪快

▼ 大空一面~ (2, 0.2%)

1 にブチ, に狐色

▼ 大空晴れ~ (2, 0.2%)

1 て人, て星

▼ 大空~ (2, 0.2%)

1 くる荒鷲, くる鷲一羽

▼ 大空~ (2, 0.2%)

1 が握手, の来襲

▼ 大空~ (2, 0.2%)

1 の染み, もなし

▼ 大空魔艦~ (2, 0.2%)

1 がうかび, の格納庫

▼1* [65件]

大空海か, 大空かき曇り北風強く, 大空かぎりもなく, 大空からとである, 大空からは星が, 大空さえも我軍, 大空ぜんたいにひろがっ, 大空だけだぞい, 大空であって九月, 大空ではありません, 大空とがぐる, 大空として拝せらる, 大空ななめに翔けおりる, 大空ならば指ささん, 大空においてひとつ翼の, 大空にかかつてゐた, 大空にと広大なる, 大空にまで舞い上るかの, 大空にも照りはえて, 大空に対してアの, 大空はしる雲の, 大空ばかりになりました, 大空ふかくかがやけり, 大空へかへつていきました, 大空へでも放たれたやう, 大空へはなんの, 大空ほどの大きさ, 大空みれば, 大空むけてとびだしました, 大空めぐる鷲一羽, 大空をめぐっていた, 大空一ぱいに枝垂柳, 大空一帯に濃い, 大空は河, 大空中腹の段々畑, 大空義證此大空摧壞一切魔也と, 大空仰げば降る, 大空大地を製造, 大空姿優に, 大空の奥, 大空く開くごと, 大空或は海の, 大空摧壞一切魔也とせられた, 大空放哉伝を読む, 大空昇氏は編集上手, 大空晴れわたり死骸の, 大空晴朗な日, 大空曇りて雪, 大空しなき大洋, 大空澄みて蒼く高く, 大空澄み渡る日は, 大空を境, 大空狭しと乱れ飛ぶ, 大空空空無空, 大空緑色の渺々, 大空艇のへさき, 大空に描き出し, 大空見上ぐれば, 大空近く飛行機の飛ん, 大空遠く翔けりくる, 大空なく晴れ都, 大空風岩燕の声, 大空飛行艇は飛行機, 大空高く高くお月様, 大空高く高く高く舞い上りましたが