青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「大木~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

大尉~ 大小~ 大層~ 大川~ 大工~ 大急ぎ~ 大戦~ ~大抵 大抵~ 大方~
大木~
大根~ 大概~ 大正~ 大空~ 大胆~ 大臣~ ~大衆 大衆~ ~大阪 大阪~

「大木~」 1206, 12ppm, 8788位

▼ 大木~ (400, 33.2%)

15 下に 12 幹に 10 梢に 9 幹を 6 下の 5 上に, 幹の, 陰に 4 かげに, ような, 幹が, 枝に, 根に, 根元に, 根方に, 蔭に 3 うつろの, 上から, 下へ, 下まで, 幹や, 松の, 林の, 枝を, 根を, 梢が

2 [30件] あるの, ことを, もと, やうに, 上へ, 下から, 下で, 下を, 僵れた, 切株が, 厳めしい, 幹から, 幹でも, 杉が, 杉の, 枝が, 枝の, 枝や, 根が, 根の, 根もとが, 根もとに, 根本へ, 梢から, 梢からは, 梢を, 森の, 森を, 樟は, 皮を

1 [211件] あいだの, あひだ, ありあけ月夜, あること, あるところ, あるなつかしき, ある場合, ある所, ある裏町, うえに, うしろで, うつろなぞに, かげから, かげで, かげと, かげ改めて, がけです, くりぬきの, こずえが, こずへ, こととて, こんもりと, こんもり茂った, ごとくガッシ, したに, しだれ桜と, てっぺんが, ところまで, なす列, ほかには, まわりに, もとの, もみじの, やうな, ように, 一つに, 一際蓊鬱, 丁子の, 上で, 上の, 下には, 下にも, 下は, 下蔭, 並木が, 並木の, 並木の間に, 並木路を, 並木道が, 中に, 中を, 乱れた花, 二三本を, 二本並んだ, 伐採だろう, 伐採を, 倒さる, 倒る, 倒れたので, 倒れたよう, 倒れた響, 倒れて, 倒れるの, 切つたのが, 前には, 厳かな, 向こうに, 吹折られ, 周囲には, 唸るよう, 四五枚残る, 垂直線を, 外が, 多い寺, 多い街, 大小さまざまの, 奴が, 如く近所, 如し, 姿には, 嫩葉に, 密林ばかり, 岡の, 常磐木へ, 幹だけ, 幹と, 幹にも, 幹へ, 幹へでも, 幹ほど, 幹種々の, 影に, 影を, 彼の, 後に, 後ろに, 心を, 恰もその, 恰も其の, 数だけでも, 方に, 有名な, 木立ちの, 木蔭の, 朴の木が, 朽ちたの, 朽ちて, 朽ち穴, 杉がすら, 松などが, 枝, 枝と, 枝は, 枝も, 枝葉が, 枯枝の, 染井吉野も, 柱が, 柳の, 柿の木が, 栗の, 根かたから, 根がたに, 根つこ, 根には, 根もとなどを, 根ツこか, 根下に, 根元が, 根元の, 根元へ, 根方の, 根木の, 根本で, 根本には, 桂の, 梢すれすれに, 梢その, 梢では, 梢にか, 梢には, 梢の, 梢へ, 梢近い, 森々と, 森林が, 椿も, 椿咲きけり, 槐の, 樅の, 横倒に, 樹の, 櫻の, 欅の, 洞に, 洞中に, 消息は, 生い茂った林, 生い茂った真暗, 生えた内庭, 男振り, 白木蓮玉椿槇海棠黒竹枝垂れ桜大きな, 皮摩損する, 盛り上つた根を, 相を, 真上にあたって, 穴に, 空洞に, 空洞の, 立ちならんだ崖, 精分を, 繁り合った草むら, 美しさ, 考証が, 肌を, 背後の, 胡桃, 若葉が, 茂ったひっそり, 茂った中, 茂つた丘の, 茂みと, 茂みに, 茂りを, 落葉が, 蔭から, 蔭で, 蔭によけて, 蔭の, 蔭へ, 蔭や, 虚洞に, 蟠った其縁先, 見上ぐるたび, 話を, 論文を, 転がるよう, 輪郭だけを, 金葉が, 銀杏, 銀杏が, 銀杏の, 陰から, 陰には, 陰も, 雨が, 霧の, 頂きを, 頂上に, 頭上へ, 高い枝

▼ 大木~ (255, 21.1%)

10 ある 8 あって 6 倒れて, 茂って 5 ありました, 枝を, 立って 4 あった, 鬱蒼と 3 生えて, 立つて, 立並んで

2 [18件] あったが, あつた, あつて, あります, 一本あった, 二本あっ, 五六本川面へ, 切々に, 多い, 多いので, 大きな輪, 幾本と, 往来の, 掩ひかぶさつ, 昼も, 空を, 聳えて, 路を

1 [157件] あったり, あふれるばかりに, あり枝垂れた下, あり裏, あるが, あると, あるの, いちばん上の, いちめんに, がらがらどっ, ぎッしりと, この前庭, この部分, こわいこわいという, しげった枝, しげり合って, すくすくと立ち並ん, すっと遠のいた, そこを, そのままに, その石, たくさんあっ, たちならび空, たちならんで, どんどん伐り倒される, なかなか多く, なまなましくさかれ, ぽつんと一本, また出鱈目, まだ枯葉, みあげるほど, もとは, ベリベリベリザザザーッと, 一団と, 一幹ある, 一本あっ, 一本あり, 一本つっ立っ, 一本立っ, 一杯に, 一群れ秋空に, 七八本すっくと, 七八本聳え, 三, 三々五々矗, 並び連つて寂然, 二三本立っ, 二本買つてあり, 五六本あつ, 五六本そびえ, 五六本まっ黒に, 交った原始, 今にもちぎれ, 何本と, 何本も, 俄かに, 倒され畠, 倒れかかって, 倒れたもの, 倒れた状態, 処々に, 出て, 列を, 口を, 右手に, 吹き折られ青野原向こう, 周囲に, 四方に, 地面から, 地響打つ, 墓地への, 多いの, 多くそれ, 多くなった, 多く並木状, 多く牧場, 夜分に, 大層名高い, 天を, 宮城を, 密生し, 少くない, 岸の, 嵐にも, 川添ひ, 幾万本と, 幾株も, 彼処此処に, 描いて, 整然と並ん, 斜めに, 暗さ, 暴風の, 朽ち残った白骨, 林立し, 枝さへ, 枝も, 枯れて, 枯菰の, 柵を, 根ぐるみ乗りかけ, 栽え, 梢小枝を, 棟を, 森の, 横たえて, 殺風景な, 流れて, 無限に, 熊笹の, 燃え出したの, 田舍びた滿枝の, 疎らに, 痛ましい姿, 真紅に, 眼の, 矗, 神木として, 突然に, 立ちならんだ崖, 立ち並んで, 紅いつぼみ, 紅味の, 縦横に, 繁った枝, 繁って, 繁り上り, 聳え立つて, 若い杉杜, 茂った中, 茂り合って, 蔓延って, 見えました, 見えると, 見え崖ふち, 見え隠れする, 見られる, 諸所, 谷底から, 造る影, 道の, 道路の, 重なりあって, 金色に, 釘を, 門の, 隙間も, 隣の, 青々と, 青白い花, 頭上へ, 風に, 風雨に, 髪を, 鬱々として, 黒く茂った, 黒焦げに

▼ 大木~ (107, 8.9%)

2 伐り仆, 伐り倒す音, 伐倒す音, 尋ねて, 見たこと, 見つけた, 見ました

1 [93件] あるいは転ばし, いつか愛し, おしたおして, きり倒し, この辺, ころがしたよう, じっと観察, たたくの, とおして, ひき上げ思う処, ひッ, みろ, わざわざ庭, ゴッシンゴッシンと, ドンドンお, 一打ちで, 一本載せ, 七たび廻っ, 両つ, 並べ士居, 主として画いた, 他から, 仰ぎ見るよう, 伐り倒して, 伐り倒すよう, 伐り倒せたら面白かろ, 伐り出す音, 伐り散らして, 伐採し, 倒し瀝青, 倒すごとき意気込み, 倒す時, 切り倒したこと, 切り倒して, 切り割っ, 刳り出した見事, 半分伐りかけ, 取り巻いて, 吹きたわませる暴風, 売ること, 左手に, 引きずり倒す音, 引抜き牛, 惜しげも, 成長させました, 打って, 打仰ぎ, 投げつけて, 投げ下ろした, 投げ下ろす様子, 投げ落し, 抜いて, 抜き去れり, 振りかざした一人, 振り廻して, 挽いて, 探り歩いたなら, 撰んで, 斬り倒すの, 根こそぎ抜き取り, 楯に, 横たえ急速, 横に, 樹上つて梢の, 機械鋸にかけて, 混ぜて, 焼棄, 片端から, 目がけて, 目醒しく切り倒し, 眺め入って, 矢つぎ早に, 移し植えた, 積んで, 筒切に, 経て, 背景と, 舁かせて, 苧殻を, 荷に, 補充し, 見かけること, 見ず密, 見たから, 見に, 見ると, 見るの, 見上げた, 見上げて, 跨ぐの, 選んで, 銀座の, 雄渾な

▼ 大木~ (93, 7.7%)

8 なって 4 して 2 からませて, し日, なると, 交って

1 [73件] かこまれた広々, かこまれて, かみなりが, からみあつ, しが, しがみついたかと, すがって, たえず花, とまりて, とりかこまれて, どこからと, なった, なったという, なつた, なりヨワン榎, なる芽ばえ, まじって, めぐらした木柵, グルッと, ペンベリーは, 一ぱい附け, 今でも, 仕掛けた網, 凭れて, 切りこんで, 取り囲まれた小屋, 吊り上げられたり, 吊り下げたと, 囲まれた中, 囲まれた天神, 圍まる, 捩れ込み車内, 掛けて, 攀じ上ったまでは, 攀上り, 支えられて, 栗の, 根廻しを, 棕梠縄の, 止まって, 深く囲まれた, 火の, 猟銃を, 猿の, 生じいた, 生まれつかなかったの, 生まれてさえ, 皆なっ, 目を, 眼を, 確乎結へて, 絡みつき茶色, 絡む藤蔓, 縛りつけた, 縛りつけ倍量, 縛り附けて, 縛り附けられて, 腰うちかけ, 腰かけて, 落ちるの, 蔽われた大山, 行き月光, 覆われた傾斜, 身体を, 近づきました, 遮られて, 邪げられ, 鈴成り, 鋸を, 鎌を, 駆け上りました, 高く轟い, 鼻を

▼ 大木~ (54, 4.5%)

3 役に 2 ない, 昔の, 黒い影

1 [45件] あるには, この近所, その幹, ついぞ見出されなかった, ついにふたたび芽, でこぼこの, ないとは, なし, ゆさり, 丸木舟の, 人を, 人情の, 伐り去られて, 伐ろうとして, 伸びきった幹, 何百年を, 倒れて, 内地で, 切られ崖, 割合に, 地の, 大木として, 天を, 幹に, 広い野原, 影絵の, 根を, 樵夫の, 樹齢四百年を, 樹齢幾百年とも, 殆ん, 海辺に, 無い, 眠って, 練習船琴ノ緒丸帆柱で, 花の, 葉既に, 西へ, 見えなかったが, 鎮守の, 関東では, 青い苔, 鞭の, 風に, 黄金色に

▼ 大木~ (32, 2.7%)

6 なって

1 [26件] あとから, いえども, いっても, なった, なったと, なったという, なった例, ならなければ, なりて, なり存, なる, なること, なる芽ばえ, なれば, なろう, スズ竹の, 云う程, 兩方から, 同様の, 大木との, 大石とを, 改めたか, 白樺, 社殿との, 茂り秀でたという, 鳥の

▼ 大木老人~ (29, 2.4%)

2 だった, にあっ, のあと

1 [23件] が, がいる, がうしろ, がき, がイワノフ博士, が実は, となのる, などを追いかけ, にピストル, に変装, の方, はあ, はいい, はそれでも, はなかなか, はなにもかも, はもどっ, は兄妹, は手, は正太, もここ, をおいかけます, を何者

▼ 大木~ (15, 1.2%)

2 一様に

1 [13件] あり, ありますが, あるその, ある年, ない, なく北, なければ, また矢数, 人も, 多く見え, 少くない, 流れる材木, 瞬く間

▼ 大木~ (12, 1.0%)

2 この大きい 1 あつた, しかも些, しかも材質, ゃ, 仁王像を, 其下に, 夏から, 多くは, 成程, 梯子でも

▼ 大木~ (12, 1.0%)

1 [12件] がんじ絡み, とびかかって, 上り隠し置き, 引きずり寄せられ胴, 攀上りました, 用意の, 登りかけたが, 結いつけましたけれども, 蝉, 蝉が, 蝉大木へ, 釘付けに

▼ 大木~ (12, 1.0%)

1 [12件] ヴァル・ド・グラース病院の, 厳が, 大石も, 大石を, 岩が, 扇を, 拝殿の, 枝のは, 槭などが, 火焔の, 片側道一杯に, 竹の

▼ 大木さん~ (11, 0.9%)

1 [11件] が上つて來, が口, が引き返し, というの, に何, はあつ, は下り, も看護婦, らしかつ, をありがたい, をお

▼ 大木~ (7, 0.6%)

2 の下 1 が転, のよう, の老, の顔, を膝

▼ 大木から~ (5, 0.4%)

1 上下し, 大地へ, 成る美しい, 買ひ戻し, 辷り降りながら

▼ 大木という~ (5, 0.4%)

1 ところだ, のが, のを, ものは, 譬は

▼ 大木には~ (5, 0.4%)

1 これを, ならない, もう新芽, 名木が, 登れそう

▼ 大木大石~ (5, 0.4%)

1 が地ひびき, を投げおとす, を落し, を落としかけたら, を集め

▼ 大木では~ (4, 0.3%)

2 なくて 1 ありました, ないけれども

▼ 大木あり~ (3, 0.2%)

1 その木, 十數幹簇生し, 此木甚だ

▼ 大木~ (3, 0.2%)

1 から樵夫ども, といっ, とも思い

▼ 大木ばかり~ (3, 0.2%)

1 だ, でしかも, で馬

▼ 大木司法卿~ (3, 0.2%)

1 の命, の造語造字案, もまた

▼ 大木~ (3, 0.2%)

1 の従者, の継嗣, は伯爵家

▼ 大木ある~ (2, 0.2%)

1 は紀州, 四浦村久保泊にも

▼ 大木その~ (2, 0.2%)

1 木の間を, 根へ

▼ 大木でも~ (2, 0.2%)

1 仆れる, 倒れたよう

▼ 大木といふ~ (2, 0.2%)

1 ものは, 男に

▼ 大木として~ (2, 0.2%)

1 存在させ, 自慢でした

▼ 大木にも~ (2, 0.2%)

1 たれて, サンカの

▼ 大木のみ~ (2, 0.2%)

1 ありて, きのかげから

▼ 大木より~ (2, 0.2%)

1 下妻, 滑り落ち候時

▼ 大木二本~ (2, 0.2%)

2 が満開

▼ 大木八谷両君~ (2, 0.2%)

1 と雖, の製作

▼ 大木将軍夫妻~ (2, 0.2%)

1 で余, は篠原良平

▼ 大木戸前~ (2, 0.2%)

2 の万屋

▼ 大木戸外~ (2, 0.2%)

1 にひっこし, の事件

▼ 大木明神~ (2, 0.2%)

1 から大木山, は今

▼ 大木根こそぎ~ (2, 0.2%)

1 に, にした

▼ 大木渡来~ (2, 0.2%)

1 いたしおり候, 致しおり候

▼ 大木老樹たち~ (2, 0.2%)

1 が平均一本, が平均一本六錢

▼1* [94件]

大木あたりに猛鳥, 大木あつてさん, 大木曠野に, 大木がずつと垣根を, 大木ごとき蛇で, 大木それに水, 大木それらの根, 大木だったがその, 大木だって在る, 大木だの亜欧堂の, 大木であり丈も, 大木であるに似合わず, 大木ですから取り払ったら, 大木でないのへ, 大木との間を, 大木とは何人で, 大木のであった, 大木なく而かも, 大木などあの大鉞, 大木などという形ばかり, 大木などは其寺よりも, 大木などもそのまま残っ, 大木なれば弥生, 大木にてあり, 大木になつて枝も, 大木へと馳せ上ります, 大木へなど引っ吊るしましょう, 大木までがかほど有効, 大木が倒れ, 大木めいやにぶかぶか, 大木ゆえじっとし, 大木をめぐって追いまわした, 大木をも引き包んで, 大木をよけて無事に, 大木アカシヤ・ド・ジヤポンの天, 大木万一風にて打, 大木三本あり, 大木三本有之微風, 大木両君はもとより, 大木主水と称し, 大木二三本四五本も茂り覆ひたる如くなる, 大木二三樹はほん, 大木伐採は一番手間, 大木伯らの模倣民法, 大木伯樺山伯牧野男有馬伯佐竹子などは呂昇贔屓, 大木倒れて朽ち, 大木先生ね時時, 大木や太一郎, 大木という村, 大木を横たえた, 大木初之輔がその, 大木又は大木岳を, 大木樹に, 大木の戯曲, 大木君永楽君と来た, 大木大樹の其の, 大木大樹鬱然として樹, 大木大石油柴硝薬などが轟々と, 大木大隈の諸, 大木小木を本末, 大木か, 大木と呼ばれ, 大木岩石の雨, 大木を何と, 大木巨岩を集め, 大木巨巖等を力, 大木弥一郎といふん, 大木のもの, 大木斎兵衛歿す, 大木暗く茂った山, 大木ふりとい, 大木の死, 大木根株ニマツワリヘバリツイテイル枯レタ蔦一スジヲステッキ, 大木横ざまに茂り立ち, 大木民平古賀一平だという, 大木永楽両君と自分, 大木灰色の像, 大木熱湯かけで防ぎ苦しめた赤坂城, 大木きて, 大木真黒に茂る, 大木神社と同様, 大木程もやぶらるべし, 大木篤夫両君と妻, 大木繁滑川浩太郎片貝巖奧平善一これだけがお, 大木紳士が, 大木老人たちをよびとめた, 大木老木權木類が空, 大木老樹の下, 大木聳え立ちたれば落葉, 大木蘖灌木深く交差, 大木を流る, 大木を夾み, 大木鉄弓火弓など雨, 大木鬱蒼として昼