青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「境~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

塊~ ~塔 塔~ 塗~ 塗り~ 塚~ 塩~ 塵~ 塾~ ~境
境~
~境内 境内~ 境地~ ~境遇 境遇~ ~墓 墓~ ~墓地 墓地~ 増~

「境~」 3843, 38ppm, 3038位

▼ 境~ (1052, 27.4%)

87 して 20 なって 19 立って 17 入って 9 ある, 入ること, 達して 8 あって 6 身を 5 在る所, 於て, 臨んで 4 あり, なつて, 入つて, 入りました, 入る, 到達する

3 [14件] しようという, なった襖, なると, 入らずば, 入りぬ, 入ると, 入れば, 到達し, 到達した, 彷徨し, 彷徨する, 置いて, 至って, 落ちて

2 [49件] あった, ありて, あると, あるの, あるもの, あるよう, あるドア, ある間, いて, いるの, さまよ, さまよいながら, さまよって, さ迷, ひたって, まどろむ黄昏, 乗じて, 何か, 入ったの, 入つた, 出て, 向って, 向つて, 女の, 安住する, 對する, 彷徨した, 接して, 暗過ぎる, 来て, 沈むべき性質, 活きる, 現われて, 甲野さんを, 筆を, 至ると, 誘う, 誘った, 赴くからは, 近いところ, 近づいて, 追い込まれた彼, 逍遙ふと, 遊びても, 達した, 達したと, 達したの, 達す, 髪が

1 [689件 抜粋] あたって, あたります, あったから, あったの, あつた, あつて, あつて美濃, ありこの, ありしが, ありそ, あり肉体, あり身躰四肢必らずし, あるが, あること久, あるため, あるモンドルフ, ある一抱あまり, ある一門, ある中木戸, ある二, ある人々, ある口, ある國, ある密閉戸, ある小さな, ある山林, ある御岳神社, ある恵那山, ある敷居, ある断石, ある有名, ある格ガラス, ある椋の木, ある模糊, ある白砂山, ある石動, ある私, ある臥牛, ある莊園, ある邸, ある野尻湖, ある陽平, ある高, ある高山, あんな雪崩, いけるもの, いたれば, いた時, いた章, いとま, いよいよ防塞, いる, いるらしいが, いろいろの, おいたとき, おけると, おちいりみずから, およぶ所, おりました欧洲, おること, かく逍遥, かれは, くつろいだ襟, この太陽, この貧しい, さまようには, さまよう思い, さまよわせよう, した山稜, した廣, しまして, そとの, その体, その者, そびえて, たたずむ時胸, たちて, たった以上, たてた五右衛門風呂, ついて, つかねば, でて, とけ込んで, とどまらせて, なった上郡, なった敷居, なつた, ならあ, なる, なるん, なれば, のぞみながら, はいった頃, はいり印南野, はためきぬ, はばかりなき, はまること, ひきこむやう, ひきこもうと, ひたりきって, ひたり切って, ひとしかった, ひろがって, ぴたりと, ふさわしくなる, ふみこんで, ふらついて, ぼんやり眼, もう温泉, もう潮時, もの悲しい泣き声, もりあがつた砂丘, ゆっくり浸る, わかれて, わけ入って, わずかに, アベコベに, カギを, シメツクシ, ポツピールピナス小判草躑躅アスタースヰートピーアイリス鈴蘭金魚草アネモネヒヤシンス山吹薔薇金雀児チユーリツプ花菱草シヤスターデージー松葉菊王不, ポツンと, 一の, 一人前の, 一人坊っち, 一条濃い, 一段高く, 一転向, 一間の, 上下全く, 下流の, 世は, 争でと, 事態が, 二子塚という, 云った一言, 亘る飯盛峠, 些ばかりの, 今ぞと, 休息させる, 佇んで, 住せし, 住まったもの, 住んで, 何故を, 使われて, 依ります, 依り書味, 借りながら, 停滞と, 入った, 入ったれば, 入った天平建築家, 入つたの, 入つて了つた, 入らしむ, 入らむ, 入りうる機会, 入りかかって, 入りて, 入りましょう, 入ります, 入り去る, 入り我みずから, 入り殊に, 入り温飽, 入り着々, 入るだけの, 入るという, 入るところ, 入るとして, 入るの, 入るもの, 入るや, 入る其幽玄, 入る心持, 入る時, 入る程, 入れようこと不思議, 入れるなり, 入ろうと, 入來り, 具象した, 処き, 処して, 出入し, 出入しない, 出入し得る, 出来て, 分け入, 分れたり, 到って, 到り得たに, 到り得ない生活, 到り得れば, 到るべき産み, 到達できた, 刺すこと, 動かされるところ, 北隣の, 半月も, 即しすぎて, 参じたいもの, 吉野川の, 名づくる, 向けて, 向け関羽, 向つて道路, 向ひたる, 呑みころしながら, 喩ふ, 嘯傲する, 国師岳を, 土蔵が, 在った, 在りて, 在ること, 在る遊神湖, 地上の, 坂の, 垣根の, 垣根も, 墜落しなけれ, 売家, 変が, 変ず可, 外ならない, 夢みながら, 好んで, 妙な, 安ん, 安んずること, 安んぜんかな, 密集し, 寝泊, 對し, 導かずには, 導かれて, 導く, 導くには, 小さな斑, 居らむ, 居りて, 居るから, 居る鬼, 山中という, 巣鴨の, 左は, 差掛って, 年を, 年齢は, 幾つもの, 庭木の間を, 建てる柵, 引いて, 引きいれられまして, 引きずり廻されて, 引き廻されて, 引き移して, 引き込んで, 引入れられる樣子, 引誘する, 当つて, 当りその, 当る部分, 彷徨しつ, 彷徨しつづける, 彷徨ふ, 彷徨ッて, 彼の, 徘徊させられ, 心は, 心を, 忠実であろう, 思ひを, 恋の, 悟入し得, 悟入する, 悩んだこと, 惑ふ, 惑乱し, 惹き入れられるの, 我々は, 我を, 戦って, 戦争に, 扇形に, 手も, 手術室であり, 押出して, 持つ作品, 掌を, 接した山村, 接した新開地, 接近せる, 描き得る唯一, 数珠に, 新政府, 於ける或, 昇沈する, 昇沈せざるべからず, 時局は, 暫く僕, 暫く遊戯, 有る繁った大, 朝廷の, 木戸を, 未成品は, 東西なく, 架けた橋, 根本中堂を, 梶井伏見家などの, 植え付けたる四五本, 標を, 橋が, 残された, 殘つてゐる, 母か, 水を, 汽車は, 沈んで, 沈淪し, 沈淪した, 没入したい, 没入する, 没頭三昧する, 沿い絶頂, 波及し, 泣きて, 活きるの, 派して, 流れる一抹, 浮沈し居る, 浸って, 深入りし, 清涼の, 澄みきる迄には, 火焔と, 烟るもの, 爭へる, 猛虎を, 生えて, 生ずること, 生れたところ, 生れた句, 留つてゐた, 留りたくなかつたの, 當つた所で, 當つて居る, 白き菊, 目を, 相違ない, 着いた頃, 着きたる頃, 睡りぬ, 矢を, 矢立の, 石塚を, 石碑, 私共を, 移された場合, 突き込んで, 突入した, 立たせたもうこ, 立たなければ, 立ち上る細い細い, 立ち帰つて, 立った, 立ったら死ぬの, 立った三位卿, 立った几帳, 立つと, 立つという, 立てあるいは, 立変らなけれ, 第二戦線, 築かれて, 素人細工で, 綱を, 繞らし, 繞らす, 置くこと, 置くという, 置れ, 耽らうとして, 聞く口笛, 聳ゆる, 聳立した, 育ったもの, 脚を, 膏汗を, 臨みしころ, 臨み無常, 臨むと, 自分も, 自分を, 至ってやむ, 至つて始めて, 至らざるを, 至りて, 至るまで, 至るまでには, 茣蓙を, 落ちついては, 落としつくし人情, 處し得, 蟠踞し, 見えて, 触るるを, 触れず月光そのもの, 記載し, 詢える, 誘った希代, 誘れ, 誘われて, 誘入する, 貪著, 赴かしむる所, 踏み入つた, 踏み込んだ以上, 蹲むと一般であろう, 近い, 近いあたり, 近い大木, 近い小, 近い山, 近い山間, 近い村, 近い肥後, 近きシンジル, 近き海水浴場サン・レモ, 近くババスズメあるいは, 近く流るる, 近く都とは, 迫り曹仁, 迷うよう, 迷ひ, 追い込まれたもの, 追隨, 送り込まぬ間, 逍遥せし, 這入つて, 這入ろうと, 連なつて, 連なる山脈, 進み入り殊に, 進み入ること, 進んで, 遁れた, 遊ばして, 遊びある, 遊び天女, 遊ぶこと, 遊ぶ人, 遊ぶ思い, 遊歩せしめた, 運ばれて, 過さんとは, 達したのち, 達した押しも, 達した時, 達した者, 達した達人, 達しよう, 達し得た作品, 達し得るならば, 達する, 達すること, 達するには, 達せしめる, 達せられるの, 遠い国, 適当な, 部屋が, 長い間, 長い間彷徨, 閉めて, 開いて, 闖入し, 陣取つて, 陥つたので, 陥つて, 陥るであらうか, 陥れたの, 陷し入れる, 陷つて居るで, 陷り, 随う, 随ッて, 隠れしころ, 静座し, 面接した, 飛ばしました, 飛び行かんと, 馳せた香以散人, 馴染んで, 駆ること, 駕籠を, 骨の, 高さ三尺, 黄泉比良坂という

▼ 境~ (609, 15.8%)

27 越えて 15 接して 8 行くが, 行くよう 7 なして 5 さまよ, 脱して, 通り越して 4 侵して, 出で 3 こえて, 出ると, 彷徨した, 流れて, 異にし, 異にした, 見て, 越して, 過ぎて, 離れて

2 [34件] きめようと, して, なす大台ヶ原山, まのあたりに, よみ玉, 一つに, 一往返する, 何か, 作って, 作ろうと, 出づる能はず, 出でて, 劃せり, 固めて, 好んで, 彷徨し, 往くよう, 接した三つ二つ, 接した南信州, 旅する, 明らかに, 望んで, 歩いて, 渉る, 照せり, 破って, 私は, 經て, 行く, 行くやう, 踏破し, 辿って, 通つて来た, 隔てると

1 [423件] あきらかに, あけて, あけると, あるいて, うしろに, うろついて, お定め, かきわけようとして, かぎった川, かくして, かれの, くっきりと, ぐつと押詰め, ここに, ごらんなさい, さばく聡明, さまよいつつ, さまよいながら, さまよい始めて, さまようて, さまよって, さ迷って, さ迷つて, した畳, すぎカルタゴ, すすむごとしだ, すでに通り越し, せめぎあって, その最後, そろそろ培っ, たたいて, たった一人, たてる意, つい弾み, つくったの, つけ直そうという, とおって, とり境, とろけるほど, どういい表わしたら, どう考えたら, なくして, なす, なすおもい, なすところ, なす丘陵, なす北陸, なす外濠, なす子持, なす尾根, なす峠路, なす朝霧, なす竹垣, なせる鋸, なるべく見分けられぬ, のり超えて, ぱっと飾る, ぱつと, ひらきそこ, へだてて, へだてる二百メートル, また, まもって, まわって, みだして, もって, もとめようと, ゆくあざやかさ, ゆくが, ゆく世界, よく味わっ, よく掴ん, よく見, よこぎりつづけると, よめる句, ガラッと, ダシヌケに, ノッシノッシと, レコードした, 一尺の, 一応追求, 一歩転じれ, 一躍揚棄, 一途に, 不器用な, 不法に, 中に, 中断し, 争うは, 争おうと, 二尺ほど, 仕切る重い, 付けて, 作るの, 侵さぬという, 侵しそして, 侵したという, 侵したの, 侵しては, 侵すか, 侵すとき, 侵すに, 侵す山野, 侵略し, 備へ, 共にし, 冒して, 写したもの, 凝視した, 出たので, 出づれば劣, 出て, 出でざる剣, 出でたり, 出でなかった, 出でるの, 出ましてからは, 出るまでは, 出る頃, 分つだけに, 分明に, 切って, 切実に, 切断され, 判別する, 判然と, 制して, 劃して, 劃しレーノ, 劃する石標, 劃る, 区別する, 占むるは, 占めたる城市, 占めソビリア, 厳にし, 去る一百二十里, 取りのぞけば, 取る, 取扱つた, 受け入れよく, 味い得た, 味う, 味わずしては, 味わった戦陣生活, 味わって, 味得し, 喜ぶ, 噛みしめて, 固める兵員, 土居の, 圧して, 堅守し, 墻壁の, 外された吉良家, 夢幻の, 太鼓を, 奔る, 威圧した, 守らせた, 守りもし, 守り合って, 守るため, 守るだけ, 守るならば, 守衛する, 完全に, 定むるにあり, 定むるのが標, 定めたとも, 定めたもう, 定めること, 定めるの, 定め地方, 定め邦, 実現する, 実見した, 實見した, 封じて, 尽くして, 巡視し, 巨人の, 平しくする, 幾曲の, 庶幾する, 弁えぬ凝性, 弥次馬に, 形づくる山, 形作らせて, 彷徨いはじめようと, 彷徨しだした, 彷徨する, 彷徨った, 彷徨ひ行く, 彼の, 彼は, 得たもの, 得て, 得る事, 御湯殿上, 必要と, 忘れ勝ち, 思い浮べて, 怠りなく, 想像し, 意味し, 意識せず, 感じあの, 成して, 手際よく, 打眺め, 扼しまた, 把持し, 抜けさえ, 拓くであろう, 拾い求めるため, 持ち伽藍, 持つこと, 指さしました, 指して, 捨て, 探り得たの, 探ろうと, 接しあって, 接しそれ, 接しそれに, 接したすぐ, 接したところ, 接した夷狄, 接し一面, 接し東, 接し當時, 接するの, 接する国々, 接する存在者, 接する富波, 接する渋谷, 接する處, 接する近隣, 接する高麗郡, 描いたといふ, 描いて, 揺られる, 撤去開放しよう, 撰んで, 支配し, 放心し, 新たに, 早く通り, 明確に, 晩年に, 暗示し, 最も愛し始めた, 有して, 果てなく進まれる貴殿, 柔らげる, 根まで, 楽しむとか, 標示する, 模倣する, 正すこと, 歩くと, 歩む身, 求む歴史的, 求める一つ, 求める自分, 求めんと, 洗ふ, 流れるムーズ河, 流れる小川, 流転し, 浄めあらゆる, 海豚の, 渡し舟が, 湖の, 漂うて, 照らして, 熊野川は, 爭ふ, 爲し, 犯すこと, 犯せば, 犯そうと, 独りたのしん, 狭く芸目, 現じ, 現出し, 現出した, 生き抜くと, 画する月, 目がけて, 目ざすこと, 目に, 目撃した, 眺めて, 睥目し, 睨め着けたが, 知って, 知らずに, 知らねば, 知ること, 研究しよう, 破られて, 破壊した, 示したつもり, 示して, 示すとき, 示すとも, 突破し, 窮むるとき桃源に, 窮屈に, 窺う, 窺って, 立てるだけ, 米友は, 経験する, 絵を, 縫い二万五千フィート以上, 脅かした, 脅かしついに, 脅かすところ, 脅威され, 脱しえられぬという, 脱し微か, 脱すべからず, 脱出した, 脱離し, 自然に, 蝉脱し, 行くごとく袁術, 行くの概, 行く一隊, 行く如く, 行く如しと, 行く戀病, 表する風, 表象する, 見ず, 見せた, 見せて, 見た瓜核顔, 見る, 見張らせられたの, 見木ぶり枝ぶり, 見渡すと, 覗いて, 覗えり, 観念し, 解脱する, 設けるごとくに, 詠ずる百歳, 認識する, 語り尾上氏, 誤認し, 読みたいもの, 走る, 走る峻嶺, 超えた夢, 超えて, 超えれば, 超脱し, 超脱す, 超越した, 超越する, 越えたぐらゐの事, 越えたこと, 越えたすぐ, 越えたら悠, 越えての, 越えなかつた, 越えると, 越えるまでは, 越える時, 越える時ちよツ, 越える時鳥渡雨, 越え行かんと, 越え軍陣, 足もとに, 距てた, 踏みこえたもの, 踏み外して, 踏み破らなければ, 踏み禍福, 踰える, 蹴破って, 転じ殺人強盗, 転ず, 辿つて, 辿るよう, 述べたもの, 迷いつつ, 迷う乞食, 迷って, 迷ふ, 迷悟の, 追隨, 逃れた金公, 通過し, 造くる, 造り以, 造るの, 過ぎりゆく青色, 過ぐる, 遠くと, 醸し出して, 長城の, 開いたたもの, 開ければ, 間に, 防ぐため, 限るトラウデヤ山脈地方, 隔つ, 隔つる膜が, 隔てたやう, 隔て凶癘, 隣りして, 隣国の, 雁坂峠に, 離れた処女, 離れるところ, 静かに, 頑固に, 黒い風

▼ 境~ (586, 15.2%)

13 襖を 8 ふすま, ように, 唐紙を 7 扉を 6 襖の 5 ところに, 山に, 隈々しい 4 壁を 3 うちに, ような, ドアが, 入口へ, 唐紙の, 塀の, 壁が, 山の, 方に, 障子を

2 [31件] あること, ことで, ところで, ガラス戸を, ドアは, 上に, 中に, 内に, 切崖は, 十曲峠を, 唐紙は, 壁際に, 外に, 山々から, 山には, 峠を, 戸を, 扉が, 扉の, 方から, 方へ, 柱に, 橋の, 清水越の, 生垣の, 祖父を, 神に, 裡に, 襖が, 青い高山, 黒日子の

1 [425件] あたりと, あたりへ, あたり壺桐ヶ淵という, あらゆる物, ありがたさ, おさまたげ, こえるくらい, ことを, この峠, ごときもの, ごとき心地, ごとく見ゆれども, しづけさ, すこしばかり, たった一部分丈, ために, つかない霞, ところから, ところが, ところへ, ところを, どっちとも, のぼりに, は元気, ひそんで, へんまで, ほうへ, まっただ中, ものであり, もの黒松の, やうな, ようおもわれない, ようなる, わずかな, カーテンの, ダイジとの, ドアとは, ドアに, ニャートンという, パーラーで, ホンの, ロー州に, 一得には, 一番旅に, 一致した, 一部を, 丁度小, 三国山を, 三国峠に, 三昧に, 下水内郡美濃の, 丘の, 両町の, 中で, 中三依に, 久美濱が, 乱あら, 争いと, 争いは, 事を, 事情は, 事業と, 二圈の, 亜鉛塀で, 人で, 人の, 人達に, 仁原山に, 仙家に, 休みは, 会得は, 作阿弥の, 例の, 便利を, 停車場に, 停車場を, 入口に, 八つが, 具体的な, 内は, 内はとて, 内側には, 内外に, 処へ, 出入を, 出口へ, 分らないまでに, 分らなくなったこの, 分水嶺から, 前に, 勝ること, 半意識, 単調な, 卯つ, 反応だろう, 古城に, 古都に, 句であった, 只中に, 台地下へ, 同住, 名は, 向うならあります, 吸う巻莨, 味いを, 味方と, 唐紙などを, 唐紙に, 圖們江口附近, 土地は, 土塀の, 土塀も, 土塀を, 土橋の, 土橋へ, 地是非とも, 地藏の, 坪には, 垣に, 垣根の, 垣根も, 垣根を, 城に, 塀から, 塀を, 塁壁で, 塚で, 壁の, 壁は, 壁や, 声は, 変に, 変化近頃, 大きに開くる, 大き河氷, 大地に, 奥に, 如く彼, 如く誰, 妙諦を, 守りに, 守りは, 宝島では, 宵暗, 家と, 家は, 寂しさ, 尊さ, 小ゼリ, 小仏, 小高い丘, 小高い芝地, 居酒屋の, 山々が, 山々まで, 山々近くは, 山から, 山が, 山であります, 山と, 山にさえ, 山にも, 山によって, 山を, 山上に, 山中に, 山中を, 山中空知川石狩川等の, 山則を, 山奥に, 山岳の, 山岳地方までも, 山村で, 山村に, 山水に対する, 山波の, 山脈の, 山路などでも, 山間遠, 岡に, 岡の, 峠に, 峠の, 峰に, 峰の, 島であったなら, 崑崙山脈に, 崖の, 川を, 川縁に, 帳を, 帷をも, 平野を, 幻の, 幽明いづれ, 広さ, 床に, 府下淵江村まで, 廊, 廊で, 廊下で, 建設を, 引戸を, 往事に, 往来を, 征服に, 徴を, 心よ, 志戸坂の, 思出ひとつ今日も, 思慕にまで, 恵那山の, 意味でなく, 愛を, 慘状をば, 懼の, 我物にのみ, 或人, 戦乱が, 戦雲は, 戸で, 戸の, 戸は, 所に, 所を, 扇骨木垣の, 扉で, 扉に, 扉は, 扉へ, 扉も, 扉口へ, 打開は, 持主である, 掘井戸, 探険者は, 擦ガラス, 故であろう, 故郷いまわりで, 敷居の, 新茶屋, 新茶屋までも, 方の, 方角へ, 日であった, 明らかでない, 景色同, 暹羅地方に, 木であった, 木の, 木または, 木戸が, 木戸を, 木立, 木立を, 本山と, 本能次第の, 杉戸で, 杉戸は, 杉戸も, 村と, 板の, 板よりも, 板塀を, 板塀寄りに, 板壁に, 林の, 枯木山に, 柱を, 柵を, 桜ハハコレワノサ, 森を, 楽しみどころで, 榛の木を, 榜示のみ, 榜示杭が, 槍穂高乗鞍等を, 標として, 標を, 標章と, 標高で, 樫木は, 樹の, 樹を, 橋まで, 欄間から, 欄間の, 欄間を, 正面には, 武門は, 死助峠の, 気持ちの, 水門の, 法悦に, 法悦を, 海角であっ, 涼しい朝夕, 渡場へ, 温度が, 港から, 港に, 港へ, 港を, 港口から, 港町の, 港町は, 溝には, 激変に, 煩る, 物静かな, 物靜かな, 特性は, 独自性を, 狭い路地, 狸の, 生垣を, 田代岳の, 町も, 町を, 畦の, 畳敷の, 白い山ひだ, 白い幕, 白骨と, 眞土の, 真只中へ, 真土宿をまでも, 石で, 石垣の, 石垣も, 石橋の, 石神などに, 硝子戸を, 礎石を, 神と, 神とは, 神を, 神明づくりの, 稜々として, 空には, 空を, 窪みが, 竹垣の, 竹垣を, 笹良橋まで, 精霊で, 紙門の, 線が, 線であっ, 線は, 線を, 美感, 義なる, 義殿部田は, 羽目板の, 自分に, 自然を, 船板塀には, 花園などは, 芸味と, 茶の, 茶のうね, 茶屋に, 荒模様の, 荒船山に, 袋戸を, 裡から, 裡にのみ, 裾を, 襖あけ, 襖に, 襖は, 襖際に, 観が, 話を, 賜である, 足は, 踊りが, 踊り場が, 近いこと, 近接し, 連中が, 連中まで, 連山が, 連山の, 連山まで, 連山以北御物川上流の, 連嶺は, 道が, 遠い北, 邊で, 醜部露出狂, 里見佐竹などの, 重畳たる, 錠口で, 長嶋門徒, 門を, 開け放した襖, 開け放ったドア, 閑寂を, 間が, 間に, 関所へ, 閾の, 闇に, 阪の, 阿弗利加内地, 陶酔を, 陸地は, 隙間から, 障子の, 障子際に, 隣家の, 非常な, 面白から, 風景畫を, 風物の, 駒形山も, 驛で, 高地を, 高山が, 高山幽谷より, 黒岩, 黒板塀に, 黒龍江を

▼ 境~ (175, 4.6%)

4 ない 3 非常に 2 はっきりし, 一層の, 壁一重と, 姑略す

1 [160件] あらためて猪口, いずれも, うす紅, ききつつ, きょとんと, ここでは, この倉庫, この匕首, この場合誰, さう, しかしあと, しくしくと腹, しばしば新旧, すべて山だ, そっちの, その写生, その女中, その美しい, そんな言, たちまちに, たちまち恐怖, ためらった, つけられぬが, どうなっ, どこだ, どこに, ないから, ないが, ないでしょう, ないと, なほ今日まで, はつきりと, ふともの, ふと奥山, また廊下, まだわからない, みな不可思議の, やかましいの, やがて白明, よくわかる, わからない, わが腹, わずか幾つ, エスキモー土人が, エトロフ島と, ゾッとし, ペラペラの, マゲモノの, 一人で, 一度閉され, 一片の, 一転した, 一面の, 万葉集の, 五色七彩の, 今の, 低い常盤木, 低い梨の木, 低い植込み, 体質や, 何か, 何んな, 余が, 佛教の, 例の, 俯向いた, 先生より, 其奥の, 再び逡巡, 冬木も, 勿論雁坂峠, 北また, 厚い壁, 古羅馬貴族, 可懐げ, 名は, 多年の, 大変な, 奈良井宿に, 姥子鳴滝大, 定めてない, 小有天, 少々居直っ, 少からず, 少しも, 少なからず面くらった, 居直る, 展開する, 山間の, 左右に, 帯を, 常に死生いずれ, 彼ある, 彼には, 後髪を, 従ってそう, 心着い, 急に, 恐らくここ, 我ながら, 手拭を, 打開されつ, 振向いて, 接しても, 放庵の, 斜めに, 既にこの, 日本文学中に, 早や, 昔から, 最初神, 最高至純の, 木柵で, 未踏の, 杉の, 東都江戸橋四日市の, 某川暴漲せり, 楯に, 極めが, 極めずに, 楽に, 殆ん, 比較を, 決して世人, 海の, 混雑し, 無い, 煎茶に, 爾に, 犠牲であっ, 生涯に, 知覚されないだろう, 石火なり, 砂が, 確かに, 礼を, 移して, 稔りを, 紛る, 胸が, 自分が, 草の, 行けば, 要するに抽象世界, 話を, 誰にも, 赤安山即ち, 起つも, 越したかなと, 跡形も, 路傍へ, 転じ客, 鎮まり織田家, 鏡に, 間一髪を, 雪蜀道の, 頗広い, 頭を, 馬籠と, 驚駭の

▼ 境~ (119, 3.1%)

3 ある, あるの, きまるやう 2 あつた, 極めて明瞭, 紙よりも

1 [104件] あったとは, あって, あつて, あり後世, あること, あるでは, あると, あるという, あるといふ, あると共に, あるに, いよいよ怪しい, うか, お君さん, かすかに, きまりそれから, きまるよう, こごみざま, じりじりと, そこに, そのよう, できて, できると, どうもはつきり, ないので, はっきりしない, はっきりしなかった, はなはだはっきりと, ひらけまた, へんに, ぼやけて, ぼやけ始めた, めざましい進歩, もとは, わからなかったり, わからなくなって, わからなくなり子, ハッキリした, 一寸ほど, 一新した, 一歩深入りした, 一番平凡で, 一番注意しなけれ, 一番諸方に, 上から, 不明な, 不明に, 与えられれば, 付かない, 何とも, 俄に, 分らなくなって, 削りとられて, 区切られて, 千古斧鉞の, 問題に, 変れば, 多いから, 夜に, 密接した, 山や, 必然に, 思わず振り返った, 急に, 批評に, 攪破され, 明いてるか, 来る, 来る見ると, 極れ, 樂天的で, 横わる, 橋わたしの, 武蔵の, 沁, 消えて, 滅茶苦茶に, 無くならぬ内, 無くなる支那人, 無く岸, 現じ, 現われて, 現われる, 現出する, 甘い夢, 真に一分一厘, 空を, 紫に, 背後にな, 覚悟の, 解らないの, 言った, 訣らなく, 話した, 認められて, 語られて, 誰よりも, 農業と, 近似し, 鐘声といふ, 開ける, 開拓され, 静かであった, 飛び上がるよう

▼ 境~ (79, 2.1%)

3 出て 2 入りこもうと, 引き摩られて, 捨てさせて, 足を

1 [68件] あんなにも, いそいだの, おれは, かかるこの, かけた民家, かけて, かほどまでにも, そのまま, たいして侵略, のせて, はいるの, 一歩の, 仆れた, 來し, 來た, 侵入した, 入った, 入ったわけ, 入りこむが, 入り込もうと, 入り込んだこと, 凄まじい闖入者, 出その, 出るから, 出向いて, 到着し, 向って, 向っても, 向つて, 埋めて, 宗徒討伐に, 巧みに, 己が, 帰つて来た, 引きずりこもうと, 引き寄せて, 引寄せられ, 持って, 攻め入って, 来たの, 来たよう, 無茶な, 狂兵を, 突出し, 立てかけて, 行くこと, 行くなら此, 行って, 襲せ, 誘い入れられるの, 誘い込まれて, 誘った, 誘われる, 近くな, 近づくと, 迫って, 迷い込み四囲, 逃げた日和佐, 逃避の, 逆に, 這入って, 連る, 遣って, 金屏風を, 頑固な, 飛躍した, 首を, 馳せ向かわした

▼ 境として~ (77, 2.0%)

2 その上, 過ぎ去って

1 [73件] お髪, この世の, この物語, この福袋線, これから東, そのあちら側, その前, その後二十年絶え, その線上, その自然美, それより, である, ほって, まさにその, みなひきあげた, もう過去, やっと欧州, わらわらと, ジャコバンの, ソヴェト全, ソヴェート哲学は, 一変し, 一応形式的, 一方は, 三国の, 下流は, 世界至る, 人材の, 人生的にも, 以前は, 信長の, 再び見られなかった, 分割せる, 初期の, 南北の, 各方面, 各種芸術分野の, 地形から, 天下の, 子供芝居という, 寡婦の, 居ります, 山を, 急角度, 支那文明の, 明治伝来の, 最早日本海, 東の, 欧洲文明が, 武門独裁の, 流亡数年の, 源平紅白の, 滅んで, 漸次新しい, 潮位は, 父は, 甘いという, 生活費の, 異って, 相隣れる, 私の, 自然に, 著しく停滞, 蜀の, 西渓村と, 観ても, 諸賢の, 變つて行く, 起こったデモクラシー運動, 路が, 追いつ追われつ大, 逐日織田遺業, 過去の

▼ 境から~ (72, 1.9%)

2 九十六歩東の

1 [70件] あいつが, すれば, その古い, たぐりよせて, ついに三昧境, つまり伝説, のがれ出た, はこんだの, ほんとうに, まだ覚めきっ, よろめきながら, ハッと, ハッキリ覚めきらない, ロンドンの, 一里あまりも, 与えられた騒躁, 乘つた, 何うし, 包摂し, 双眸の, 呼びもどしたの, 唯一歩を, 外の, 外へは, 大挙南進し, 大社へ, 子息の, 官渡の, 山越えで, 峠の, 帰って, 引き戻したの, 得て, 急に, 抜け出したい, 救はれた, 最後に, 東した, 根を, 椅鹿淡河藍那などの, 横へ, 次々の, 歩いて, 沸然, 海部方面は, 源を, 生れ出た, 発した, 発酵した, 目覚めるの感, 移って, 糴が, 脅して, 脱け, 花やかな, 茗荷谷多賀谷それから, 落して, 赤穂にまで, 越中越後の, 踏み出して, 輝きでるよう, 迷いこんで, 追ひだ, 退いて, 遠のいて, 郡内萩原入から, 醒めやらぬの, 閉め出されて, 離れて, 響いて

▼ 境まで~ (66, 1.7%)

2 来た, 来て, 来ると, 行くこと, 行って, 送って

1 [54件] いちいちこれ, いったが, おぶって, おもむいた, かかりました所, きて, これを, すすんだならば, その利用, それらの, ひたひたと, もと話し, 一族を, 下がって, 乗りそこで, 入って, 入つて, 入つて行, 兵を, 出て, 出ると, 出迎えに, 勢揃いし, 厚い陣列, 召使を, 守って, 廻れ, 拡がっても, 推し詰めて, 日本海側は, 来た時, 来る中, 来蒐, 案内し, 注進に, 目上の, 眼を, 着いたと, 筆を, 行く, 行ったので, 見せて, 見わかりました, 見送っての, 見送りながら, 走って, 走ッ, 追放を, 送らせた, 送り出す, 送るよう, 逃げて, 進んでは, 魚影を

▼ 境~ (64, 1.7%)

3 あつた 2 あつて, 光が

1 [57件] あえなく一命, あつたらう, あらう, いかな, がす, きれて, こう明瞭, こんな古い, その声, その端厳優麗, それから南, それから東北, ちょっとこんな, どんな平和, また廃め, やや右俯伏せ, ウトウトと, ボオイは, 一方東日本, 一種の, 事実は, 人の, 人は, 再び彼女, 凡そ三十分も, 夜な夜なしきりに怪しい, 大通りの, 天と, 妻を, 屏風岩または, 山という, 山の, 山毛欅が, 巴屋三右衛門が, 待ちあわせて, 悠々として, 悶へる, 戯れて, 揉み苦茶, 暮して, 案内の, 権之, 橇の, 気を, 汽車賃を, 父さんの, 片側には, 牛の, 発見した, 終つてゐたら, 耳に, 聞いたという, 自分が, 見るやう, 親しくなった, 階下に, 騒いで

▼ 境~ (63, 1.6%)

2 なつて, 云ふ, 合槌を

1 [57件] あるの, いうほどの, いふ, いふべし小僧人, いわれて, したもの, した一方, した君臣, して, し北, し奧羽地方, し強, し遠く, するか, すること, するほど, するロンドン, する東海主義, する茄子山, せし程, せるイタリア東北一帶, その色彩, なった, なり了, なり鬼王丸, なれば, みえて, わずかに, 一脈相通じる, 云つて太, 人と, 今其処に, 似て, 信じなくても, 共通する, 合致した, 変化との, 定む云々, 彫つた石, 心得て, 思いましたから, 意と, 混同し, 現代戰術中の, 相俟つて, 考える事, 背中合せの, 背馳せ, 言って, 言つた, 訳される, 訳して, 誰れ, 謂うべきで家持, 選ぶところ, 題して, 高圓寺とでは

▼ 境~ (60, 1.6%)

4 にし 3 の襖 2 の夾竹桃, の峠, の川, をなし

1 [45件] から明治, から来た, から醒めた, じゃない, だ, である, でございます, で追い返す, として船, として西北, にある, になった, にキャッキャッ, に住む, に溌剌さ, に置き, に障子一つ, の, のえられた, の不毛地, の唐紙, の塵捨場, の壁, の夜明, の家, の峰, の川堤, の戸, の木戸, の板戸, の橋, の籠目, の農家, の鉄柵, の障子一重, の露地, の黒板塀, は儒者ふう, へ来た, めあたりに, を卍巴, を為し, を苦しく, を限った, 期に

▼ 境には~ (43, 1.1%)

3 いって 2 雪の

1 [38件] あらずして, いかにも郊外分譲地, いつたの, いつも番, いられると, いること, いるの, ぐるりと, たに, ちょっとした土塀, のべつ敵, 一生か, 丈の, 丸竹の, 以前も, 低い竹, 到り得る, 到達し, 古い欅, 多く蘆薈を, 寢物語の, 寸毫油断し, 普通に, 清浄な, 溝が, 火の, 空間も, 筆は, 裾長や, 認めない, 赤いツツジ, 足利勢の, 足跡を, 這入れなかつたらうと, 達すること, 遠近なき, 重い扉, 雨ヶ岳同じく

▼ 境~ (40, 1.0%)

2 ある, さらにわかち, みえわかぬ

1 [34件] あった, あつた, おしなべて変っ, この満月, さだかでない, そこまで, ない, ないよう, ない所, なくなったが, なくのべつ, なく一面, なく幕一枚, なく深い宵, なく眠りつづけて, なく馳, はっきりしなかった, わかず花すゝ, わかで黒み, 一転しなけれ, 今日の, 分らなくなれば, 剽窃した, 同じくない, 嗽手水し, 幾度か, 弁へ, 往き還り, 打開される, 歯の, 著しく変化, 見つくしに, 讃岐越も, 長かった

▼ 境~ (30, 0.8%)

5 の橋 2 にし, の馬頭観音

1 [21件] にあたる木立, にある, になつ, に合し, のはて, のシネラリヤ, のターバン, のハチス, のブルウカノタバン, の居酒屋, の川, の本橋, の河原, の生垣, の鍛冶屋, の長押, の障子, の馬蹄, はな昔, をつける, を以て分けられる

▼ 境~ (27, 0.7%)

1 [27件] ありし時, から始め, がきっかけ, だけが目的, だけにとどめる, だと, でございます, で幕府老中, ということ, とはべつに, にもだ, のこと, のとき, の公事, の国老評定, の要, の起こっ, は伊達家中, は老中, をもちだし, を主, を山崎, を持出し, を決着, を預かっ, を預かった, を願

▼ 境にも~ (22, 0.6%)

2 うつりのこりたるなるべし, 入つて行, 近い, 遠いので

1 [14件] ありまして, うるさいこと, すぐれた芸術, 何の, 便所にも, 努力精進し, 又赤安山, 及びて, 反した, 手を, 暗い問題, 異は, 秀吉は, 近いオルテエズ

▼ 境である~ (21, 0.5%)

2 ことを

1 [19件] かは知らない, からである, から道饗, がま, が為, が鉄道線路, その根源, といいたい, という, という印象, といふこと, と共に現, と思う, と想像, と感じ, にも拘らず, やらさ, ように, 檜原峠を

▼ 境~ (20, 0.5%)

6 のである 4 んだ 2 のだ 1 のか, のじゃ, のであった, のでさき, んでげす, ンで, 九州の, 秘園の

▼ 境する~ (16, 0.4%)

1 [16件] その間一髪, ものである, ものは, サレーヴ山という, トレイケー族並び統ぶ, ドアを, 亀尾山の, 低い丘, 墺太利の, 壁の, 大興安嶺山脈, 尾濃, 木曾の, 白砂山から, 綏遠寧夏に, 荊州には

▼ 境では~ (16, 0.4%)

5 ない 2 なかった, 空と 1 あったと, この草, さしたること, なかろうか, 大声を, 烏萇國迦畢試國にも, 雀を

▼ 境~ (15, 0.4%)

1 [15件] かも知れない, からこう, からそれ, から右, から御者少年, つたで, という, ということ, という気, とばかり思っ, と云う, と彼等, と思ふ, と聞いた, 私は

▼ 境~ (15, 0.4%)

1 [15件] である, にぎっしり, にわたっておった, に七十余万, の兵備, の掃除, の西蕃, へ出さず, へ出る, へ居, へ抜け出る, へ潜行, へ追放, を一巡, 即門前

▼ 境なる~ (13, 0.3%)

1 [13件] かわが, アルペーオスの, 三国峠は, 余地峠の, 八ヶ岳の, 利根河畔に, 割石峠の, 吾妻山の, 寝物語の, 有木乢には, 牛島という, 白骨温泉の, 関という

▼ 境にまで~ (12, 0.3%)

1 [12件] いや錯覚, 來て, 入つて行つて, 既に行つて, 沈んで, 漕ぎつけて, 自己を, 追及し, 進みゆきゼノア, 進み威, 進み得ると, 飛び込んだの

▼ 境~ (12, 0.3%)

2 の通り 1 だの住吉町, に至る, の三方面, の人形芝居, の利根川, の境, の新築, の方, の水田, まで十三日

▼ 境~ (10, 0.3%)

2 ている, てゐる 1 てどちら, て吹くべき, て大きく円い, て居る, 東は, 道らしい

▼ 境~ (10, 0.3%)

1 が巧み, に崖, に立つ, の庭, の立ち木, の黒い汚い, はどうも, は狭く, を巧み, を知る

▼ 境でも~ (9, 0.2%)

2 ある 1 あった, あり重要, さう, ない, 今なお, 神の, 行くよう

▼ 境にて~ (8, 0.2%)

1 一人物をば, 夜昼なし, 山口よりは, 拒み遂に, 文體の, 東神田故, 此道路は, 聞く

▼ 境までも~ (8, 0.2%)

5 踏み込んだ 1 お松を, その名, 此が

▼ 境~ (7, 0.2%)

4 やで 2 やありません 1 やない

▼ 境とは~ (7, 0.2%)

1 すなわち今, どんな所, 互いに渉, 何物であろう, 六根の, 言はれない, 違う

▼ 境あたり~ (6, 0.2%)

1 から迎え, でなだれ, に取った, に打たれた, の時鳥, も遠い

▼ 境という~ (6, 0.2%)

2 ような 1 のは, ものが, ものは, 静かな

▼ 境より~ (6, 0.2%)

1 いで越後, 出で, 外に, 救い出そうと, 解くを, 霞一重に

▼ 境をも~ (6, 0.2%)

1 かれは, 宿ながら, 小説作者は, 弁ぜざるもの, 示さずまた, 越えない前

▼ 境~ (6, 0.2%)

1 が必ずしも, においてその, の特徴, はまさに, を思わせる, を考察

▼ 境に対する~ (5, 0.1%)

2 畏怖を 1 一路の, 作者には, 自己の

▼ 境~ (5, 0.1%)

1 峠に, 椴松に, 蛮地で, 過去の, 遠隔の

▼ 境近く~ (5, 0.1%)

1 と岐阜, にある, に大聖寺, に至る, まで駛ら

▼ 境いし~ (4, 0.1%)

2 ている 1 ていた, 並んで

▼ 境~ (4, 0.1%)

1 あるいは神社, それとも世界外, はっきりとは, 岐阜あたりで

▼ 境であった~ (4, 0.1%)

1 このあたり, のであります, のに経歴, 時代に

▼ 境との~ (4, 0.1%)

2 相應 1 ぴたりと, 区別ある

▼ 境なり~ (4, 0.1%)

1 この境, またいかで, 激奮猛奔し, 若し美

▼ 境において~ (4, 0.1%)

1 こういう顕著, 作られたもの, 目前に, 聖女として

▼ 境~ (4, 0.1%)

1 をも突破, を引き廻る, を流れる, を離れる

▼ 境あり~ (3, 0.1%)

2 とおも 1 以て

▼ 境こそ~ (3, 0.1%)

1 あれこの, 一個の, 無欠の

▼ 境さん~ (3, 0.1%)

1 いいでしょう, が見え, ご全盛

▼ 境その~ (3, 0.1%)

1 アタリと, ヒダ側が, 人の

▼ 境~ (3, 0.1%)

2 かし 1 住む

▼ 境です~ (3, 0.1%)

1 か, からね, なあ

▼ 境といった~ (3, 0.1%)

1 のです, ものは, ような

▼ 境なれ~ (3, 0.1%)

2 ば記す 1 ば見渡す

▼ 境~ (3, 0.1%)

1 具フ, 撤去シタル世界ノ, 超越シタル大社會

▼ 境~ (3, 0.1%)

1 の詩人, 時に牛, 狭けれども

▼ 境即ち~ (3, 0.1%)

1 大赤天, 清微, 禹餘天に

▼ 境問題~ (3, 0.1%)

2 も未 1 を除け

▼ 境~ (3, 0.1%)

1 の建築事業, は他, は彼ら

▼ 境~ (3, 0.1%)

1 という宿屋, といふ旅籠屋, と云旅籠屋

▼ 境~ (3, 0.1%)

1 に住, をうかがう, を来往

▼ 境辻三~ (3, 0.1%)

1 によって話された, の先師, は串戯

▼ 境~ (3, 0.1%)

1 のこちら, の入, へ出

▼ 境からの~ (2, 0.1%)

1 出発な, 渡邊君の

▼ 境こそは~ (2, 0.1%)

2 浄土である

▼ 境~ (2, 0.1%)

1 ういふ, へはつきり

▼ 境さえ~ (2, 0.1%)

1 どの山, 切り破れれば

▼ 境され~ (2, 0.1%)

1 て下, て居た

▼ 境だった~ (2, 0.1%)

1 のだ, のである

▼ 境であり~ (2, 0.1%)

1 愉快な, 郡境とも

▼ 境での~ (2, 0.1%)

1 ことである, 犬の

▼ 境とが~ (2, 0.1%)

1 いっしょくたになり, いわゆる

▼ 境とも~ (2, 0.1%)

1 なって, 思われる辺

▼ 境とを~ (2, 0.1%)

1 思うこと, 打開し

▼ 境なき~ (2, 0.1%)

1 がごとき, に至る

▼ 境などに~ (2, 0.1%)

1 偉大な, 行って

▼ 境などは~ (2, 0.1%)

1 クエ崩れる, 以前は

▼ 境なるべく~ (2, 0.1%)

2 思はるれど

▼ 境にあたる~ (2, 0.1%)

1 嶮要で, 方面には

▼ 境においては~ (2, 0.1%)

1 我ら工業日本の, 物と

▼ 境にでも~ (2, 0.1%)

1 あるよう, 踏込むだやう

▼ 境にの~ (2, 0.1%)

1 さばつて尤も人の, みその

▼ 境による~ (2, 0.1%)

1 のか, 狭さプレジュダイス

▼ 境のみに~ (2, 0.1%)

2 あるもの

▼ 境ひする~ (2, 0.1%)

1 有に, 無は

▼ 境へは~ (2, 0.1%)

1 三十箇師團の, 手が

▼ 境へも~ (2, 0.1%)

1 出でず白山, 徳川家康の

▼ 境ほど~ (2, 0.1%)

1 過ち多い, 適当した

▼ 境までは~ (2, 0.1%)

1 まずまず御, 行くこと

▼ 境をこそ~ (2, 0.1%)

1 指すの, 遊戯とは

▼ 境ムーラ河~ (2, 0.1%)

2 のほとり

▼ 境一木一草~ (2, 0.1%)

1 も見, も見当らん

▼ 境以外~ (2, 0.1%)

1 に放逐, の感

▼ 境~ (2, 0.1%)

1 として結局, の何処

▼ 境名翁~ (2, 0.1%)

1 の部屋, 初對面

▼ 境実事文客~ (2, 0.1%)

2 の至情

▼ 境建設~ (2, 0.1%)

1 の場所, の準備

▼ 境~ (2, 0.1%)

1 が広い, にさ

▼ 境近い~ (2, 0.1%)

1 屈斜路湖へ, 街道に

▼ 境~ (2, 0.1%)

1 に至り, へとて濡れ

▼1* [262件]

あらん方かれ, 境あることを, 境あるいは斯計りの, 境いが額の辺り, 境いで風景や, 境いなので人家, 境いに南北の, 境いに跳び込んだり躍り出, 境の障子, 境かも知れません, 境からは出来るだけ, 境がちがつて, 境ぐうにいられる中から手もと, 境ごろに近く, 境さえも分らなくなって, 境さんさきへ冷酒, 境さん変な話, 境さん菅笠を抱きました, 境さん貸借ももと, 境さ大山荒れが, 境しかも冬の, 境した一軒建ち, 境じゃでもう, 境すなわち国つ, 境すら厳密には, 境そのものの中, 境それは祇園, 境たるもしその, 境ださうだよ, 境だらうと眺め, 境ちょうど庭木戸を, 境つまり暗黒に, 境つらぬる國に, 境であって比敵, 境でありまして右手, 境でありますがここ, 境であるべきを二人, 境でございますが私, 境でしきりと, 境でしたと思えます, 境でない札の, 境でなく年々訪れたまう, 境といつてもよい, 境とか十二景とかを, 境としては羽後の, 境なく痛快とか, 境なしに続い, 境などでござりまする, 境などについては此には, 境などにはまだ排水, 境などにも多い, 境などをご理解, 境ならんとは, 境ならずとすれ, 境なりしなり, 境なりとて偖止むべき, 境なんてものも, 境においてもこれと, 境にかへりけりこの, 境にたいしてすべての, 境について紛らわしいこと, 境にての聖感であった, 境にはけふも洞穴, 境にまでは通ずまじきにや, 境によって変幻極りない, 境にわたる真夜中の, 境に対して驚歎の, 境に従ってとにかく生き, 境のみ存するやう, 境はんが来, 境ばかりでなく, 境ひとした北向, 境ひまで貴い, 境へと兵を, 境への遠征を, 境へまで挙げられたの, 境までに入つて, 境までの諸所, 境みたいにさびしく, 境めいたものを, 境よりはいっそう荒涼たる, 境よりもつと深く, 境らしいところへ, 境をさえ侵さない限り, 境をぞする, 境カラ急ニ春風駘蕩, 境たよう, 境浸リツツアルノヲ思ッテ, 境ニ沈淪スルコトアルモ自ラ慚ヂテ待合, 境組織セル關係ヲ, 境モナク人馬ノ息ヲモ休メズ, 境一つでかう, 境一帯地区の支那軍隊, 境三十六天なんどいふこと, 境三国峠の中腹, 境三國峠の中腹, 境三昧の廬, 境三造の過った, 境上高地の中, 境九仙上清境九眞玉清境いづれも, 境九十三甸の各, 境二人は打ち合せ, 境同不, 境人智を絶, 境人目を憚らざる一個, 境が真夜なか, 境今回は養老, 境例えば室の, 境信濃境の高き, 境倶不奪, 境先生の御, 境鹿の, 境八ツ山下の木戸, 境公園駒込などにあり, 境六百余町歩それが幕府全盛, 境凡骨久しく駐, 境処女造庭境の入口, 境前世か後世, 境劃定委員準備会議に出席, 境固天真, 境醒半夢の, 境協定について日本側, 境及帶方郡並一萬二千里在會稽, 境で, 境樣の, 境名安興伊波普猷島袋全発の三氏, 境名安興君などが尋ね, 境名由康氏はどこ, 境名笑古氏の注意, 境四十歳の境, 境国防の第一線, 境を望め, 境土隣接して, 境あり冬木立, 境の跡, 境堺線にある, 境墨股河へ馳せ下っ, 境には周囲, 境外信濃小路通猪熊の西頬一町, 境外進出が沮まれる, 境修羅場を, 境奈良坂は大和, 境奉行となり, 境孤立の奥山家, 境守る兵士は, 境宏壮優雅な旅館, 境宝塚新温泉地, 境の心境, 境を知らず, 境幽, 境岡の宮においで, 境巡須速句対名家成転遅, 境帆坂船坂の二つ峠, 境なる處, 境広く樹古く, 境恍惚と弱, 境恭修貢職新嗣邊業, 境悉く山である, 境晩秋より初春, 境智冥合この境地, 境更に進んで, 境更紗の唐紙, 境でいえ, 境木曾の妻籠峠, 境の境, 境村大字下境字御七五三尽, 境は三春, 境東西五月行南北三月行各至於海, 境柔弱な憂鬱, 境柳ヶ瀬を越, 境栄辱の境, 境栗殻山の打越, 境の月桂樹, 境権現堂栗橋古河と足跡, 境を渡っ, 境に聞かん, 境水底の砂子, 境江角間を隔日, 境河北郡の朝日山, 境浪間の巌, 境浮べる物や, 境深く入って, 境清平なること, 境漂蕩定まり無きを, 境是非没得失, 境特に私共は, 境生死の遊戯, 境田方郡北上村大字佐野を以前, 境申すまではございません, 境町地先世良田村平塚から尾島町前小屋地先, 境町御門の警固, 境町昭和伸銅会社浅井定次さんと横, 境画定委員会への下, 境発育の程度, 境白光を発する, 境白骨の温泉, 境なもの, 境相分と見分, 境相近く人相同じ文字, 境といわれる, 境磨針峠の上, 境の運命, 境神秘の境, 境の地, 境種族の別, 境みなし, 境端外来の悪神, 境笛子と母, 境一の, 境を省察, 境篝火を焚く, 境の路, 境緊張し切った境, 境自然の清福, 境蒲田に第一歩, 境蒼茫の態, 境の小, 境街道へ連れられ, 境で大, 境見殺しにし, 境の上, 境賛吉は実は, 境賢次氏などを長崎, 境賢治とか今日, 境踏み来りて生, 境踏來似隔生, 境軍団代表ヒョウドロフ大佐他二三, 境だ相, 境迄をすべて往古は, 境近き小山の, 境近接の理由, 境迷うてた, 境迷路がたくさん, 境逍遙である, 境ぬる国, 境連山を眺め, 境遊蕩場所へ立ち寄らない, 境過大にし, 境道一にし, 境の境, 境の連石積等, 境部摩理勢などが其の, 境部諸州の俗信, 境を距, 境懸の, 境鉄壁の固めかた, 境にし, 境の鉄道線路, 境として聲, 境を守り固めました, 境防備の任, 境附近では多分まだ, 境るも, 境靈泉湧出して, 境静かにし, 境かにし, 境養老の間, 境馬籠までの間, 境高山の官山, 境鳥首峠が遙, 境鳳来附近から一気に, 境鹿角のある