青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「始めて~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

姉さん~ 姉妹~ 始~ ~始まった ~始まる 始まる~ ~始め 始め~ ~始めた 始めた~
始めて~
始める~ ~始末 始末~ ~始終 始終~ 姑~ 委員~ 姪~ 姫~ 姫君~

「始めて~」 1548, 17ppm, 6802位

▼ 始めてこの~ (60, 3.9%)

2 町へ

1 [58件] ことを, ニヤという, マナサルワ湖に, 不思議な, 不祥事を, 世界の, 人に, 人の, 動物の, 名が, 名の, 問題の, 国へ, 地方では, 地方に, 奇怪な, 女に, 学校へ, 居士を, 島へ, 年若, 恐ろしい疑問, 日常語が, 日本橋に, 時仆れ, 景色が, 書に対する, 本体を, 村の, 桟敷から, 植物が, 法律を, 特色に, 狂女の, 珍らしい, 男が, 知識に, 碑の, 精神生活の, 絵ハガキを, 縁の, 者どもの, 色を, 花に, 花火を, 若い禅師さま, 観念は, 言葉の, 訪問の, 話を, 語を, 論文に, 赤旗の, 鉢を, 長いもの, 顔を, 食物を, 饅頭の

▼ 始めて~ (52, 3.4%)

2 射撃を, 時は

1 [48件] いわば初恋, くせに, ことで, ことであろう, ことな, ことばである, せいか, つもりの, はいりたて, ひとは, ひとばかり, または改まった, オペラだ, 世界へ, 事で, 人間は, 他郷の, 使が, 処で, 医者など, 外出, 夜に, 大火であった, 夫婦生活の, 女で, 客を, 意志であり, 新版である, 日は, 日母と, 時程は, 最後に, 會見に, 木之, 機会に, 正月故, 男の, 眠りを, 眼を, 経験だ, 経験で, 経験です, 経験を, 自分には, 蝉の, 道では, 陪審裁判の, 魅力である

▼ 始めてその~ (42, 2.7%)

2 家の

1 [40件] 不味いの, 主人が, 事を, 人の, 叡知の, 可能性が, 右半面を, 地曳式, 垣内を, 大変化を, 奥に, 女が, 姿を, 存在を, 寺の, 意味を, 意義を, 成立の, 手は, 故を, 敵が, 日外出した, 曲を, 来由を, 権利を, 正体を, 状況が, 理由が, 目的を, 真の, 真価を, 種子を, 第一歩を, 絵の, 要を, 言葉の, 部下から, 障壁は, 領内の, 館長と

▼ 始めて~ (25, 1.6%)

5 のだ 3 のである 2 ので, のです

1 [13件] の, のであろう, のでうまく, のでびっくり, のでびつくり, のでよろこび行く, ので勇ん, ので旅先, ので歓迎, ので珍, ので知っ, ので見, のよ

▼ 始めて自分~ (21, 1.4%)

2 の意見

1 [19件] から手, が今, が十年同棲, で覚りました, には仕事, に立ち還つた, のもの, の不注意, の原稿, の娘, の小使, の得, の心, の故郷, の目的, の軟らか, はこの, はその, をつかまえ

▼ 始めて見た~ (18, 1.2%)

2 のである

1 [16件] あの美しい, が, がなるほど, この布, て眼, と言つて, まだ狭い, 一たい何という, 右半面は, 外の, 少女歌劇の, 時の, 時を, 時分には, 田舎の, 立派な

▼ 始めて見る~ (16, 1.0%)

1 [16件] この辺, と誰, のでした, やうに, 下草の, 図だった, 地底機関車だった, 女心だ, 娘で, 室, 怪物だった, 現象でない, 経験で, 若い美しい女, 院内の, 駒千代の

▼ 始めて~ (13, 0.8%)

4 はない 1 さア, はありません, はございません, はなかっ, まだ馴れず, ベッドの, 其上に, 名誉な, 悪かつ

▼ 始めて~ (11, 0.7%)

2 の心 1 に肺腑, に誘われ, の人たる所, の父母たる, の驕慢, をた, を化かす, を得度, を談ずべし

▼ 始めて~ (11, 0.7%)

3 を切った 2 を入れた 1 に出された, をきいた, をきく, を切, を利きました, を開いた

▼ 始めて~ (11, 0.7%)

5 が付いた 2 のついた 1 がつき, がつきました, が注いた, の緩みし

▼ 始めて~ (10, 0.6%)

3 目にか 1 ほ, 泊め申したお方, 目に, 目通りを, 種は, 聞きなすったの, 釋迦さんの

▼ 始めて~ (7, 0.5%)

2 て来た, 來た 1 て七郎, 京し, 逢つた

▼ 始めて可能~ (7, 0.5%)

2 である 1 であること, な利益, にされた, になった, になる

▼ 始めて~ (7, 0.5%)

2 の自己 1 の工藝道, の差別撤廃, の愛情, の科学, 悟の

▼ 始めて来た~ (6, 0.4%)

1 んだ, 人などに, 八王子だ, 方にも, 時の, 時は

▼ 始めてあの~ (5, 0.3%)

1 人の, 女と, 建築や, 老爺さんが, 親切が

▼ 始めてなる~ (5, 0.3%)

1 ほどと了解, ほどと云った, ほどと悟った, ほどと首肯, ほどと首肯いた

▼ 始めて会った~ (5, 0.3%)

1 あなたに, のは, 日矢田津世子の, 時も, 時壮士なら

▼ 始めて~ (5, 0.3%)

1 であつ, の御意, は絶大, を呼んだ, を見る

▼ 始めて完全~ (5, 0.3%)

1 すること, な表現, に, に了解, に正当

▼ 始めて成り立つ~ (5, 0.3%)

2 ことが 1 もので, ものである, 理由を

▼ 始めて~ (5, 0.3%)

1 に帰った, に返った, に返つた, れに, れも

▼ 始めて葉子~ (5, 0.3%)

1 のほう, の存在, をその, を見た, を見る

▼ 始めて逢った~ (5, 0.3%)

1 奴に, 時でも, 時の, 時代, 時報酬はと

▼ 始めていわゆる~ (4, 0.3%)

1 心霊現象, 活弁なる, 特殊部落なる, 精密科学の

▼ 始めてこんな~ (4, 0.3%)

1 ロマンチックな, 兵書を, 場合に, 痛快な

▼ 始めてである~ (4, 0.3%)

1 がちょっと, と同じ, と本当に, ばかりでなく

▼ 始めてほんとう~ (4, 0.3%)

1 に生きた, に発揮, の批評家, の科学

▼ 始めてホッ~ (4, 0.3%)

1 とした, とため息, と息, と溜息

▼ 始めて丑松~ (4, 0.3%)

1 が斯, は月給, も我, も気がついた

▼ 始めて~ (4, 0.3%)

1 が破れた, でない空想, の醒めた如く, を襲う

▼ 始めて~ (4, 0.3%)

2 を離れ 1 に来た, を持った

▼ 始めて少し~ (4, 0.3%)

1 の行違, は打明けたるらしく, 勝手の, 文学論の

▼ 始めて~ (4, 0.3%)

1 会得に, 目に, 米の, 給仕に

▼ 始めて気がついた~ (4, 0.3%)

1 が不幸, ときは, ように, 者も

▼ 始めて江戸~ (4, 0.3%)

2 へ出 1 の土, へ出る

▼ 始めて~ (4, 0.3%)

1 がさめました, が明いた, を見開いた, を離した

▼ 始めて聞いた~ (4, 0.3%)

1 ので, ものは, 時分には, 言葉な

▼ 始めて~ (4, 0.3%)

1 く和, く父等, く誠実, く誠實

▼ 始めて~ (4, 0.3%)

1 といふもの, と言われる, の何物, の方面

▼ 始めてでございます~ (3, 0.2%)

1 から, が貴方, よ

▼ 始めて~ (3, 0.2%)

1 に出た, に生まれ出た, の排斥

▼ 始めて世の中~ (3, 0.2%)

1 が明, に其の, に美しい

▼ 始めて世界~ (3, 0.2%)

1 の大勢, の文化, の製紙史上

▼ 始めて主人~ (3, 0.2%)

1 が殺された, の顏, の顔

▼ 始めて其の~ (3, 0.2%)

1 時に, 浅黒さ, 眞意を

▼ 始めて判然~ (3, 0.2%)

3 するので

▼ 始めて合点~ (3, 0.2%)

1 がいった, がついた, が行った

▼ 始めて~ (3, 0.2%)

2 から出 1 に行った

▼ 始めて~ (3, 0.2%)

1 極樂を, 騷ぎになつた有樣で, 騷動にな

▼ 始めて安心~ (3, 0.2%)

3 して

▼ 始めて実行~ (3, 0.2%)

1 されたという, されたの, を断念

▼ 始めて~ (3, 0.2%)

1 に止める, の体, の集中

▼ 始めて文芸~ (3, 0.2%)

1 が世道人心, の功果, の聖人

▼ 始めて日本~ (3, 0.2%)

1 に, の広い, の醤油

▼ 始めて~ (3, 0.2%)

1 れが, れは, を用いた

▼ 始めて晴々~ (3, 0.2%)

1 しい笑顔, とした, としました

▼ 始めて~ (3, 0.2%)

2 當の 1 國より

▼ 始めて東京~ (3, 0.2%)

2 へ出 1 に来っ

▼ 始めて~ (3, 0.2%)

1 の如き, の密書, の話

▼ 始めて気がつい~ (3, 0.2%)

1 てすこし, てよく, て見る

▼ 始めて~ (3, 0.2%)

1 が光, が光った, が出た

▼ 始めて~ (3, 0.2%)

1 となる, と女, は娘

▼ 始めて知りました~ (3, 0.2%)

1 か, がおもしろい, ような

▼ 始めて知る~ (3, 0.2%)

1 ことに, 前九年, 天地の

▼ 始めて社会~ (3, 0.2%)

2 から認められる 1 の繁栄

▼ 始めて立つ~ (3, 0.2%)

1 てゐる, て七輪, て来た

▼ 始めて~ (3, 0.2%)

1 となる, の要, や含蓄

▼ 始めて聞く~ (3, 0.2%)

2 と同 1 ように

▼ 始めて~ (3, 0.2%)

1 の煙草入れ, を卸した, を卸す

▼ 始めて~ (3, 0.2%)

1 て始め, て珍しい, 出だせし

▼ 始めて読んだ~ (3, 0.2%)

1 が度胆, のも, 時ひょっと

▼ 始めて起る~ (3, 0.2%)

1 のだ, ので離し, 現象であります

▼ 始めてあたり~ (2, 0.1%)

1 の閑寂, をよく

▼ 始めてある~ (2, 0.1%)

2 目的が

▼ 始めてきこえた~ (2, 0.1%)

2 一瞬だけは

▼ 始めてはっきり~ (2, 0.1%)

1 目が, 言われました

▼ 始めて~ (2, 0.1%)

1 つと呼吸, つと肩

▼ 始めてほつ~ (2, 0.1%)

2 とした

▼ 始めてまとも~ (2, 0.1%)

2 に葉子

▼ 始めてわかった~ (2, 0.1%)

1 の, のである

▼ 始めてわかつた~ (2, 0.1%)

1 ことで, といふやう

▼ 始めてわが~ (2, 0.1%)

1 母上の, 社の

▼ 始めてショパン~ (2, 0.1%)

1 は収入, やクララ・ヴィーク

▼ 始めて一つ~ (2, 0.1%)

1 の具体的, の対策研究

▼ 始めて一書~ (2, 0.1%)

2 を著

▼ 始めて上野~ (2, 0.1%)

1 と云う, の精養軒

▼ 始めて与えられる~ (2, 0.1%)

1 のであっ, 時それは

▼ 始めて事件~ (2, 0.1%)

2 の謎

▼ 始めて二人~ (2, 0.1%)

1 が顏, が顔

▼ 始めて京都~ (2, 0.1%)

1 に来た, へ赴任

▼ 始めて人間~ (2, 0.1%)

1 が誕生, なるもの

▼ 始めて~ (2, 0.1%)

1 が浮沈, までの水

▼ 始めて今日~ (2, 0.1%)

1 のよう, の富

▼ 始めて~ (2, 0.1%)

1 の命題, を屈辱

▼ 始めて他人~ (2, 0.1%)

1 と自分, の死

▼ 始めて伏魔殿~ (2, 0.1%)

2 の主人公

▼ 始めて会う~ (2, 0.1%)

1 幸太郎は, 機会を

▼ 始めて偉大~ (2, 0.1%)

1 なる思想家, なる時代

▼ 始めて僅か~ (2, 0.1%)

1 に二, に二三歩

▼ 始めて処置~ (2, 0.1%)

2 を付ける

▼ 始めて出来た~ (2, 0.1%)

1 のである, 飛行機に

▼ 始めて分れた~ (2, 0.1%)

2 時に

▼ 始めて十数日来~ (2, 0.1%)

2 の憂さ

▼ 始めて吃驚~ (2, 0.1%)

1 したよう, した様子

▼ 始めて吾人~ (2, 0.1%)

1 の所作, は安心

▼ 始めて~ (2, 0.1%)

1 が明けた, の明けたる

▼ 始めて大和朝廷~ (2, 0.1%)

2 の海外交通

▼ 始めて天下~ (2, 0.1%)

1 の人心, の恋

▼ 始めて夫人~ (2, 0.1%)

1 の意味, の死

▼ 始めて妥当~ (2, 0.1%)

1 なるを, の概念

▼ 始めて子供~ (2, 0.1%)

1 のこと, の時

▼ 始めて学校~ (2, 0.1%)

1 へ来た, を卒業

▼ 始めて安堵~ (2, 0.1%)

1 したるらしく幾度, の思

▼ 始めて完備~ (2, 0.1%)

1 した時代, し得ること

▼ 始めて家庭~ (2, 0.1%)

1 を作った, を飛出した

▼ 始めて~ (2, 0.1%)

1 といふもの, の頂上

▼ 始めて心づきし~ (2, 0.1%)

2 は母

▼ 始めて必要~ (2, 0.1%)

1 であったの, の生じる

▼ 始めて思想~ (2, 0.1%)

2 に肉体

▼ 始めて怪物~ (2, 0.1%)

1 ということ, なりと思い

▼ 始めて意義~ (2, 0.1%)

1 あり, あり且つ

▼ 始めて懶い~ (2, 0.1%)

2 睚を

▼ 始めて成立~ (2, 0.1%)

1 するという, するもの

▼ 始めて我が~ (2, 0.1%)

1 日本で, 眼の

▼ 始めて~ (2, 0.1%)

1 意味に, 重大な

▼ 始めて~ (2, 0.1%)

1 にした, を下す

▼ 始めて接する~ (2, 0.1%)

1 その人, 物の

▼ 始めて政綱~ (2, 0.1%)

1 を発表, を發表

▼ 始めて~ (2, 0.1%)

1 家庭を, 羅郡を

▼ 始めて旅宿~ (2, 0.1%)

1 で逢った, で逢つた時

▼ 始めて日本人~ (2, 0.1%)

1 の出発, の税関長

▼ 始めて明らか~ (2, 0.1%)

1 なるもの, になった

▼ 始めて普通~ (2, 0.1%)

1 の人間世界, の日本家屋

▼ 始めて普通人~ (2, 0.1%)

1 にも朧気, に年代

▼ 始めて會つたの~ (2, 0.1%)

1 はこんど僕等, は卅二年

▼ 始めて極楽往生~ (2, 0.1%)

1 の有難い, を遂げる

▼ 始めて此方~ (2, 0.1%)

1 へ上つて, へ来る

▼ 始めて~ (2, 0.1%)

1 がつい, がついたらしい

▼ 始めて汽車~ (2, 0.1%)

1 に乗った, の中

▼ 始めて津田~ (2, 0.1%)

1 からその, の眼

▼ 始めて父親~ (2, 0.1%)

1 の方, を見上げた

▼ 始めて生き~ (2, 0.1%)

1 かへりたる, ている

▼ 始めて生じた~ (2, 0.1%)

1 ものである, 一種異様の

▼ 始めて生活~ (2, 0.1%)

2 の過程

▼ 始めて用談~ (2, 0.1%)

1 に取り掛った, に取り掛つた

▼ 始めて皮膚~ (2, 0.1%)

2 に徴候

▼ 始めて益軒~ (2, 0.1%)

2 を知り

▼ 始めて知った~ (2, 0.1%)

1 のである, よ

▼ 始めて空間~ (2, 0.1%)

1 の結合, は種々

▼ 始めて~ (2, 0.1%)

1 という直観, の外

▼ 始めて羞恥~ (2, 0.1%)

2 を放り出した

▼ 始めて自分自身~ (2, 0.1%)

1 の考, の考え

▼ 始めて~ (2, 0.1%)

1 の声, を聞く

▼ 始めて見ました~ (2, 0.1%)

1 わ, 余程違っ

▼ 始めて~ (2, 0.1%)

1 に離れ, の有難

▼ 始めて~ (2, 0.1%)

1 ひ出したとは, ふ事

▼ 始めて~ (2, 0.1%)

1 に口, をした

▼ 始めて認識~ (2, 0.1%)

1 が成立, され得るもの

▼ 始めて~ (2, 0.1%)

1 る衰残, る謂

▼ 始めて迷夢~ (2, 0.1%)

1 が一掃, を覺

▼ 始めて逢つた人~ (2, 0.1%)

2 からは妙

▼ 始めて過去~ (2, 0.1%)

2 が文学的

▼ 始めて遣る~ (2, 0.1%)

1 手紙だ, 手紙に

▼ 始めて鋭く~ (2, 0.1%)

1 大殿様, 大殿樣の

▼ 始めて開きたる~ (2, 0.1%)

1 伊太利議会の, 伊太利議會の

▼1* [837件]

始めてあいさつをした, 始めてあつた, 始めてあり甲斐が, 始めてありのままの自然, 始めていとしさが, 始めていままでつい, 始めてうち寛ろいだ様子, 始めてうぶ声を聞いた, 始めてうまく説明が, 始めておくればせ, 始めておそくまで全部, 始めておもしろがり感心, 始めてお目にかかるが愛子さん, 始めてかいだへんてこな, 始めてからまだそないにもならな, 始めてくいかいだ, 始めてこういうことを, 始めてこの大きなインスチチュートの, 始めてさらに完成せらるべき, 始めてすこし事情が, 始めてそう云う家, 始めてそういう境界に, 始めてそうした恨みを, 始めてそんな噺し, 始めてたべて此處, 始めてのにあちこち, 始めてだいたいの具体的知識, 始めてつぎが現れた, 始めてつっぱった足を, 始めてつぶれ家の, 始めてつまらない事が, 始めてつめたい世の, 始めてであるし役者も, 始めてでござんす, 始めてでないものは, 始めてとかいう句が, 始めてとめやの早合点, 始めてながすね彦, 始めてなつかしそうに, 始めてなま暖かく柱, 始めてなら兎に, 始めてなれば何やら, 始めてしろ二度目, 始めてはいってくる, 始めてはつきりと心, 始めてに落ちる, 始めてぶっつかった奴の, 始めてほんとの理性, 始めてゐつたので, 始めてわが家の膳, 始めてゐた竹丸は, 始めてアダムを見た, 始めてアメリカ婦人の家庭生活, 始めてアラビアの記録, 始めてアヽ世界は広い, 始めてエタ頭を命じ, 始めてエホバを我神, 始めてエントロピーが出, 始めてカッフェーのどういう, 始めてカップルで歩く, 始めてカワセミに対抗, 始めてガルシンの作物, 始めてコロツケを造つて喰, 始めてシリア文字たること, 始めてジャンボーの意味, 始めてジルベルトの口, 始めてスミレの名, 始めてセロを手, 始めてタンポポという言葉, 始めてヂッケンスの小説, 始めてナオミさんを知った, 始めてニッコリと頬, 始めてハッキリした形, 始めてハハアあの時, 始めてファラデーなるもの, 始めてフロックコートを作りました, 始めてプロレタリア文学としての強靭さ, 始めてホロリとする, 始めてポッツリとはなやか, 始めてマターファに会った, 始めてメトロポリタンに出る, 始めてルクゾールも昔ながら, 始めてかぶの, 始めて一ツの学問, 始めて一世一代の晴着, 始めて一人になっ, 始めて一個の科学, 始めて一夕の歓, 始めて一夜づまの居る, 始めて一日の暖味, 始めて一時の落着き場所, 始めて一杯喰わされた事, 始めて一生子が生れ, 始めて一眼見た時, 始めて一窓庵の空気, 始めて一般に考え得られる, 始めて一般世間の表面, 始めて一貫した意味, 始めて一部の書冊懐, 始めて万年筆を用い出し, 始めて万葉集に見る, 始めて上つたのはその, 始めて上京して, 始めて上田先生が辱知, 始めて下った江戸, 始めて不折君と相, 始めて世間に通用, 始めて世間並の春夏秋冬, 始めて両者の気象, 始めて國民族の, 始めて主張するなら飽くまでも, 始めて乗る人などは, 始めて了解し得る文句, 始めてが心, 始めて二三町の彼方, 始めて云い得るのでしょう, 始めて云うべき事で, 始めて亜米利加に来, 始めて亡友井上唖々君を知った, 始めて交合の道, 始めて人事不省になった, 始めて人心地が付いた, 始めて人情の真, 始めて人目あるを, 始めて今夜の約束, 始めて仏教をこの, 始めて仕ふるや当時藩学新た, 始めて代弁されるであろう, 始めて令嬢を喜ばせた, 始めて伊東博士の, 始めて休み得べしと言った, 始めてつたとき, 始めて会います正孝, 始めて会うた時から, 始めて会つた日矢田津世子の同伴, 始めて会つた時には私, 始めて会つた男でも誘はれれ, 始めての彌, 始めて伯母の家, 始めて伺ったわ, 始めて何部の何番, 始めて作すとき翕如たり, 始めてた, 始めてがきまる, 始めて保証されるの, 始めて信じませんごぜえます, 始めて信じ得るの幸福に, 始めて個人に伴う, 始めて倭國が果して, 始めて健三を訪, 始めて偶像破壊者と謳, 始めて催眠術にかけられ, 始めてへられた, 始めて儒教を知る, 始めて優しきお声, 始めて元禄の貴ぶべき, 始めて充分に理解, 始めて先生の宅, 始めて児太郎を見た, 始めて入らしった時とは, 始めて入京の許可, 始めてである, 始めて全くでき上る構図, 始めてけに明示, 始めて其処に恋, 始めて其功の著しき, 始めて其存在の価値, 始めて其意味が染, 始めて其處を討ち, 始めて其誓を発言, 始めて典獄に自首, 始めて内部を案内, 始めて内面的に生きる, 始めて円形が保たれる, 始めて再興せられたもの, 始めて凡ての束縛, 始めて出つくはした, 始めて出られた時自分が, 始めて出るのに, 始めて出来したという評判, 始めて函館を見る, 始めて分ったんだ, 始めて分りその為虚偽, 始めて分りましたよ, 始めて分るのであります, 始めて初夏という感, 始めて判りましたがどう, 始めて判るのであります, 始めて前座になれる, 始めて前途に輝かしい, 始めて動くともなく, 始めて動詞の変化, 始めて勘づくくらいな, 始めて包み紙を, 始めて化されたと気, 始めて化学は讃えられ, 始めて医者の勧める, 始めて十誡により, 始めて千枝子はこの, 始めて卒倒と腎臓病, 始めて南海を見た, 始めて南端の問題, 始めて単細胞生物が地球上, 始めて単行本として印刷, 始めて収めえたる数十篇である, 始めて取るのだ, 始めての傍, 始めて各国の交通, 始めて合理的と是認, 始めて吉日を選ん, 始めて作者の, 始めて同人雑誌をだし, 始めて同行を承諾, 始めて君江を見た, 始めてっとし, 始めてに返った, 始めて呑み込んだ時敬太郎は, 始めて呼びかけて肩, 始めて呼び留めた親仁が, 始めて唯物主義を克服, 始めて善く書けるもの, 始めて善吉を認め, 始めて喚いたのだ, 始めて喝采を味わった, 始めて嗅ぎ覚えたウイスキーと, 始めて四つ角の隅, 始めて四海の上, 始めて在ると云わね, 始めて地主は微笑, 始めて地方の中学, 始めて塩素をシール, 始めて壮絶凄絶の極, 始めて多くの人, 始めて夢見たる心地に, 始めて大きく上り始めました, 始めて大きな真理でも, 始めて大井の方, 始めて大家と云う, 始めて大橋の上, 始めて大連に御, 始めて大阪へ行った, 始めて大陸から人, 始めて天気になつ, 始めて太郎さんの方, 始めての健康, 始めて夫婦の人倫, 始めて夫婦連れで宗廟, 始めて失望せしもの, 始めて奉公に上りました, 始めて女体を知つた道鏡, 始めて奸臣欺詐の謀, 始めて好いと思ふ, 始めて好意を持ちたくなった, 始めて如何なる者を, 始めて如来禅を覚了すれ, 始めて妄執の妄執たる, 始めて妙義に上りぬ, 始めて姿を見せた, 始めてと今, 始めて婚姻當事の男女, 始めてにやる, 始めて學校へ通, 始めての店, 始めて守田勘弥に会, 始めてんじ, 始めて安並に逢つたの, 始めて安来節や八木節, 始めて完成の域, 始めて完美するもの, 始めて定められた法則の, 始めての父, 始めて実業と倫理, 始めて実現されうる事, 始めて実隆のもと, 始めて実際の世の中, 始めて実験したもの, 始めて家族というもの, 始めて宿らしい宿, 始めて宿志を實, 始めて密かに祈った, 始めててみた, 始めて寝たもんだろう, 始めて寝床より起き, 始めて實行された譯, 始めて實驗解剖を見た, 始めて尊王論を籍, 始めて小さい沓を, 始めて小形ながら軍艦, 始めて小説というもの, 始めて尾張町の四辻, 始めて山野の内, 始めて巌峰の奇, 始めてより拾い上げし, 始めて川上に人, 始めて川口赤羽間の鉄橋, 始めて川越の町, 始めて巡回書庫を施設, 始めて差別観念を養成, 始めて巴里に往く, 始めてを引いた, 始めて帝劇へ上京来演, 始めて帳場の車, 始めて常識に入り, 始めて平常の状態, 始めて平次の顔, 始めて平然として返事, 始めて幸福を發見, 始めて幻夢の覚めたる如く, 始めて幻燈を見た, 始めての節, 始めてに就いた, 始めて座敷へ上った, 始めて座蒲団から滑り落ちた, 始めて之助, 始めての家, 始めて弱々しく横向きに, 始めて強いアクセントで, 始めて形式に中味, 始めて彼方の隅, 始めて往くのだ, 始めて後三年駅なるもの, 始めて後藤黎春が, 始めて従兄から英語, 始めて得られるのである, 始めて得心が行った, 始めて得意さうな返事, 始めて御髪を拝見, 始めてた, 始めて微妙な女心, 始めて微笑らしい影, 始めて微笑みましたが其儘物, 始めて心からその對象, 始めて心づいて興味, 始めて心付いたことは, 始めて心安う座を, 始めて心配になり出した, 始めて必死の声, 始めて忘れていた, 始めて快いあくびが, 始めて思いつきお宅, 始めて思ひのま, 始めて恋するもんの, 始めて恐怖を味わった, 始めて息子の不埒, 始めて悄然と頭, 始めて悟りながらしかも, 始めて悟ることが, 始めて悲哀のドン底, 始めて惠果阿闍梨に就い, 始めて惨劇の演ぜられた, 始めて愁眉を開く, 始めて意味を解すべき, 始めて意識したよりも, 始めて愕然として色, 始めて感じた神秘的な, 始めて感じられるような, 始めて感得した真理, 始めて感覚や知覚, 始めて懐中から書面, 始めて程と思つて秘か, 始めて成り立ちもし, 始めて成立つのだ, 始めて我心を滿, 始めて我輩より以前, 始めて戸外に眼, 始めて所在を知った, 始めて所謂名人となる, 始めて所謂小桃なる者, 始めて承知仕った, 始めて技巧の価値, 始めて投げられて口惜しい, 始めて抱一の名, 始めて持ち来されるのである, 始めて授かった井戸だ, 始めて探られたものである, 始めて接した山々の, 始めて提唱された民衆芸術, 始めて揺れたのである, 始めて支那に輸入, 始めて支那古典學と云, 始めて支那服の使い動かす, 始めて攻玉塾と称し, 始めて故郷を離れる, 始めて教えてくれた, 始めて教えられたのであった, 始めて数学というもの, 始めて文子がダンス, 始めて文字に録せられた, 始めてうと, 始めて新聞が張り出された, 始めて方向を得るであろう, 始めて旅愁らしい寂しい, 始めて既に悪魔の, 始めての長き, 始めて日本アルプスの壮大, 始めて日本画の短所, 始めて旦那を迎えたら, 始めて旨い鰻を, 始めて池峯に, 始めて明るみに出る, 始めて明朗が期せられる, 始めて是寺へ引越し, 始めて普通選挙請願運動を発起, 始めてったかに, 始めて曇りなく描きたたえ得る, 始めて曲線から区別, 始めて更らに上州, 始めて書いた短篇である, 始めて書くことで, 始めて最善の効果, 始めて最後の解放, 始めてふ人, 始めて會社勤をした, 始めての光, 始めて月日に気がついた, 始めて效に, 始めて服屬せし如く見ゆべく記せる前説, 始めて朗々と響きました, 始めて朝鮮民族も救われる, 始めて木曾の山風, 始めて木村の賢ちゃん, 始めて未亡人に言葉, 始めて未来の方針, 始めて本多子爵と明子, 始めて本學へやつ, 始めて本当の恋, 始めて本書が標題, 始めて本統の事情, 始めて本願寺から許可, 始めてへ来た, 始めて来りし時鎌を, 始めて来往せる白雲, 始めて松田さんの部屋, 始めて枯川から手紙, 始めて根源的運動力が構成, 始めての本家, 始めてに息, 始めて榛名に上りぬ, 始めて構成せられ形づくられるもの, 始めて様子も分らぬ, 始めてを奏する, 始めて横浜へ遊び, 始めて樽野が口, 始めて橋本に逢った, 始めて機械のゴー音, 始めての歌, 始めて欽吾に向った, 始めて歌劇といふもの, 始めて此処へ来た, 始めて此妓を見, 始めて此日徳川将軍の, 始めて此等の言説, 始めて死に甲斐を, 始めて死体は手, 始めてるところ, 始めて殺意を生じ, 始めて母上と行った, 始めて気が付き是非も, 始めて気づいて名状, 始めて気付き引き還して亭主, 始めて気心のよく, 始めて永い間の, 始めて江戸伝来の固有, 始めて池上はあゝ, 始めて決定されるもの, 始めて沈鬱の酔, 始めて沓手鳥の異名, 始めて河内の南方, 始めて河豚を喫せる, 始めて泊りがけの旅, 始めて法律学の研究, 始めて法政の学語, 始めて法水は彼, 始めて泣くのと, 始めて注意を向けた, 始めて洋學に志し, 始めて洋燈が移入, 始めて津島先生に謁, 始めて洪鐘のやう, 始めて活動専門のああ, 始めて活版になった, 始めて活版刷の年賀端書, 始めて流刑を執行, 始めて浮かぬ顔色の, 始めて浮き世の光, 始めて浮世の塩, 始めて深山薄雪草, 始めて混沌の境, 始めて清逸の眼, 始めて済南へ連れ, 始めて渋谷の本家, 始めて温泉ゲイシャを見た, 始めて測定されること, 始めてのよう, 始めてされる泉, 始めて満枝の面, 始めて滿足した口, 始めてと西域, 始めて濶眼を開き, 始めて瀬沼兵衛の顔, 始めて灌頂壇に上つたの, 始めて火山の美麗, 始めて無量な氣特, 始めて無限な, 始めて無難な試験, 始めて焦壊れたる人骨を, 始めて熊の胆を水, 始めて燧山上から眺めた, 始めてに対する保証, 始めて父母の疾病, 始めて物売りに出, 始めて特別演劇興業の為め, 始めて特別演劇興行の為め, 始めて犯罪者に所定, 始めて狂歌捨てがたし, 始めて狂言作者の事務, 始めてならん, 始めて独りで横わり非常, 始めて独立となり, 始めて猛獣のよう, 始めて猿若の芝居, 始めてりにて, 始めてを巻く, 始めて詩壇の, 始めて現れるはずの, 始めて現われたものである, 始めて現われようとする, 始めて現実の上, 始めて理解される, 始めて琉球を訪れ, 始めて生きたものらしい, 始めて生き返ったような, 始めて生じる詩境である, 始めて生ずることも, 始めて生まれた言葉では, 始めて生まれ代わったように, 始めて生殖の目的, 始めて用いた時分には, 始めて用語も大体, 始めてに降りたまう, 始めては乙, 始めて甲斐駒山脈の諸山, 始めて甲野さんの性格, 始めて男女らしい心持, 始めて男子から求婚, 始めて男性に心身, 始めて畿内に南蘋流, 始めて疑いを懐き, 始めて病人は, 始めて発せられ其様式を, 始めて発明するよう, 始めて発生したもの, 始めて発砲し応戦, 始めて発見されたおもしろい, 始めて登ったところで, 始めて登られたのは, 始めて白い砂の, 始めて白人が是, 始めて皮肉で或, 始めて盗まれたと気, 始めて監獄へ送らる, 始めてを開きぬ, 始めて直観空間の立場, 始めて相手をまとも, 始めて県知事へ一通, 始めて正に自己, 始めて眞個の力量, 始めて眞劍な顏, 始めて真個の力量, 始めて真実同情を寄せる, 始めて真面目の計画, 始めて眠から覚めない宵子, 始めて着るので, 始めてつたわ, 始めて知っておおいに, 始めて知ったまるの素人, 始めて知つたのであると, 始めて知つた恋愛の歓喜, 始めて知つた親の庇陰, 始めて知つて驚いた, 始めて知り大に, 始めて知り合いになった, 始めて知り合ったときの, 始めて知り得たそれ等の, 始めて知り得られるのであり, 始めて知ツたの, 始めて知合になつ, 始めて石垣に至る, 始めて社界なる者, 始めて神拝有り又, 始めて神秘な山, 始めて神話あり, 始めて福音書を読みました, 始めて秀子に逢った, 始めてはその, 始めて私権を全う, 始めて秋山図を見た, 始めて秘蔵せし瑞西製, 始めて租税勞役を命ぜられました, 始めて秩禄を受, 始めて種油を搾らせ, 始めてをみ, 始めて空間直観の面目, 始めて立ち上ってそっと, 始めて立チ彼岸の新, 始めての事, 始めて笑うことが, 始めて笑顔に成った, 始めて笠原が如何, 始めて筋道が分った, 始めて筑後二川でこの, 始めてに代え, 始めて篠田を凝視, 始めて精神生活が充分, 始めて紅茶茶碗を口, 始めて納得のゆく, 始めて純粋直観が成り立つ, 始めてを發明, 始めて素麺の仔細, 始めて紡績会社の工場, 始めて紫色に澄んだ, 始めて経水を見る, 始めて経済学という一個独立, 始めて経験しなかには, 始めて統一を現, 始めて絵の具を使った, 始めて絵画の色彩, 始めて綜合的客観詩人の徐ろ, 始めて綾さんの手, 始めて緊張して, 始めて緩くり息, 始めて縁側から立ち上がっ, 始めて總辭職の擧, 始めて纏う嬉しさ, 始めて置かれたものである, 始めて出でまし, 始めて美人と見られる, 始めて美醜の區別, 始めてと語る, 始めて習うんなら, 始めて老女に話しかけられた, 始めて考え得られるのである, 始めてにした, 始めて聞いて見, 始めて聞きに出た, 始めて聞きし身の上話し, 始めて聞きたる浅木の, 始めて聞き込んだその日, 始めて聞けるので, 始めて聴いたのであった, 始めて聴く事実でした, 始めて内証の, 始めて自分等の家, 始めて自己が一個人, 始めて自己自身によってあり, 始めて自然への感謝, 始めて自然主義に意義, 始めて自由が実現, 始めて自由党を組織, 始めて自由思想がはなやか, 始めて自由黨を組織, 始めて自覚された, 始めて至り大唐, 始めて興ることに, 始めて芥舟君から教わっ, 始めてを生けた, 始めて花子のあらまし, 始めて芸術的感激をうけた, 始めて芸術美そのものが生れる, 始めて苗場であること, 始めて若いそうしてしかも美くし, 始めて莞爾と頬, 始めてを取り出し, 始めて落ち着いて自分, 始めて落ついた気持で, 始めて落合直文氏や市村, 始めて落着いて, 始めて古の, 始めて蒲団の上, 始めて蒲團の上, 始めて蒲田へ這入った, 始めて藤原公正が羽織袴, 始めて蘇色ありと, 始めて虚空間と実, 始めて蜀紅葵とか云う燃える, 始めてを聞く, 始めてが固まった, 始めて融和が成り立つ, 始めて行うた時は, 始めて行った時には, 始めて行幸された國, 始めてにかかっ, 始めて複雑解し難き, 始めて要領を得た, 始めて見たらどうだらう, 始めて規則正しく書物を, 始めて覚えました云わない事は, 始めて覚え得る前代の, 始めて覚る毛虫にも, 始めて覚束なげに, 始めて親愛の情, 始めて親戚をおとずれ, 始めて者の, 始めてえたの, 始めてつたやう, 始めて解かれることが, 始めて解せたのである, 始めて解って来た, 始めて解ったように, 始めて解決されなけら, 始めて言うべき事である, 始めて言葉の通じない, 始めて訣つて来たの, 始めて許されたと云う, 始めて許したらその二人, 始めて語つた物であり同時に, 始めて説明される新しい, 始めて読まれ前帝醍醐天皇様, 始めて読んでくれる, 始めて読んだらしい気が, 始めて読書趣味を喚起, 始めて諸君は夢, 始めて讀んだ時から, 始めて象徴に目, 始めて象徴主義が意識的, 始めての行方, 始めて嬢の, 始めて貴男をお, 始めて購うことの, 始めて贋物とわかつた, 始めて赤城に上りぬ, 始めて赴任して, 始めて起き上った津田の, 始めて起こった事が, 始めて起こり来るべきことである, 始めて起つて運動, 始めて起つた傳説で, 始めて越後屋の先妻, 始めてのある, 始めて足跡がつきはじめる, 始めて身柄を明かした, 始めての調子, 始めてを東, 始めて軽い安心仕た, 始めて輕便鐵道の列車, 始めて輸入された浪漫主義, 始めて辛いという感じ, 始めて農業に用いられる, 始めて近代が花開きそめた, 始めてはざる, 始めて這入つて一番, 始めて通ったところで, 始めて通商条約を結び, 始めてへること国人, 始めて逢う他郷の, 始めて逢うた時すいたらしい, 始めて逢える昔を, 始めて逢つたといふ水茶屋, 始めて逢つたのも此所, 始めて逢つた時代助, 始めて逢つた者は人違, 始めて連絡せる時間, 始めて進み込もうとする, 始めてつたお客, 始めてが開い, 始めて運動の合成, 始めてに迷, 始めて道佛の衝突, 始めて道徳の要用, 始めて達せられた輝かしい見本, 始めて達せられるのである, 始めて遠い航海を, 始めて適切に表現, 始めて適当な療舎, 始めてには今, 始めて醒めた眼に, 始めて重井との関係, 始めて重荷を下したる, 始めての鳥, 始めて金勝寺内の景教碑, 始めての折, 始めて釣道に踏み入りし, 始めて鉄道の通じた, 始めて銀座通のカッフェー, 始めて銘々の本当, 始めて鋭い訊き方, 始めて鎌倉から持っ, 始めて鎮守府将軍に任, 始めてをこしらえた, 始めて鏡裏に海波橘樹, 始めて小結の, 始めて長崎から出, 始めて長持の蓋, 始めて長蔵さんの好意, 始めてはひらかれた, 始めてに取り巻かれうなだれ, 始めて霞が, 始めて路を, 始めて階上にも客, 始めて雅楽の演奏, 始めてを見た, 始めて雲雨合歓を催そう, 始めて電気の下, 始めて青白い姉の, 始めて青空が光りはじめた, 始めて非常に驚, 始めて面白そうに, 始めて面白しと思ひし, 始めてから黒い, 始めて頷かれるような, 始めて頷けるのである, 始めての疵, 始めての右半分, 始めてを上げぬ, 始めて風景の表現, 始めて風邪を意識, 始めて食わされたと分る, 始めて食堂に出た, 始めてを進む, 始めてをのばし, 始めても喰, 始めて駄目だと, 始めてべて置く, 始めて騰れる焔は, 始めて騷ぎ出した, 始めて驚いた声を, 始めて驚く物數奇も, 始めて高野の霊地, 始めてを伐つべく, 始めてを食す, 始めて鶴岳八幡宮に詣で, 始めて鷄鳴を聞く, 始めての死体, 始めて麦畑を見る, 始めて黄金は形, 始めて黒い騎士に, 始めてを取つた