青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「品~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

咲い~ 咲き~ ~咲く 咲く~ 咳~ ~咽喉 咽喉~ ~哀れ 哀れ~ ~品
品~
品川~ ~品物 品物~ 員~ 哥~ 哲~ ~哲学 哲学~ ~唄 唄~

「品~」 12782, 119ppm, 888位

▼ 品~ (2380, 18.6%)

42 持って 27 手に 18 かえて 13 見せて, 見て 12 もって 11 作って, 買って 9 供給する 8 見ると 7 代えて, 売って, 換えて 6 並べて, 作ること, 廉く, 持つて, 買いに, 返して, 集めて 5 入れて, 変えて, 多量に, 納めて, 置いて, 造って

4 [15件] して, つくって, まとめて, 作ろうと, 使って, 助けて, 取りに, 取り出して, 安く売る, 揃えて, 替えて, 求めて, 用いて, 輸入する, 集めたもの

3 [36件] お手, お渡し, これへ, だんだん棄てる, つんで, ねらって, 一見し, 作る, 供給し, 出して, 売る店, 奪ひ取, 家の, 届けに, 手中に, 抱いて, 換へ, 携えて, 支給する, 有って, 正太が, 眺めて, 落して, 製造する, 見ても, 調べて, 變へ, 買うこと, 贈って, 輸出し, 送ったり, 送って, 運んで, 陳列した, 隠して, 預かって

2 [142件] いくつか, おびき出して, お安く, ここに, こしらえて, このよう, そこへ, ついて, つぎつぎと, つくよりはと, とって, とりに, ぬすんだこと, ねこそぎぬすみだす, やりたいと, シロバナ多少, ポケットに, マキシモヴィッチ氏に, 一つずつ, 丁寧に, 上手に, 与えること, 享受する, 人に, 人知れず処分, 今は, 仕込んで, 作りながら, 作り出そうと, 作るため巨額, 作ると, 作るには, 作る時, 作る骨細, 借りて, 入手し, 出すこと, 出すと, 出来るだけ, 分けて, 列べて, 利用し, 前に, 前へ, 卓上に, 取りそろえて, 取り出すと, 取出して, 取出すと, 受取ると, 呼て, 呼んで, 呼出した手紙, 商って, 土壌が, 売り渡すと, 売ること, 売る家, 奪って, 始末する, 始末の, 嫁に, 実際に, 少し詰め込んだ, 届けて, 平らげて, 得るに, 慰めて, 所持し, 所有し, 所蔵し, 扱ふ, 拵えて, 持たせて, 持ち出して, 持ったまま, 持出したり, 排しすべてどこ, 探し出して, 揃へて, 支配する, 日本にて, 替へて, 模した, 残して, 求むる外他事, 求め参れと, 求め帰り候事天晴, 注文する, 渡せ, 照らして, 獲得する, 生産する, 用いざるもの, 用意し, 町役人は, 盗んで, 盜んで, 知って, 私に, 積んで, 競売に, 粗末に, 組合わせて, 翌る, 自分に, 自分の, 舷に, 製作し, 見たこと, 見に, 見出します, 見極めようと, 詰込み夕食後, 調べたり, 調べました, 責めて, 貰って, 買うとか, 買ひ, 買ふ, 買込んで, 返しに, 返せば, 送て, 造りは, 連れて, 選んで, 鑑賞する, 除いては, 陳列し, 陳列する, 隱し, 集めること, 集めるなか, 集めるの, 非常に, 頂戴し, 頂戴した, 預かり仔細, 飾っても, 黙って

1 [1671件 抜粋] あげて, あつかって, あづかりました, あの娘, あるいは織物, いいますから, いただいて, いつも多く, いわば不意, うっかり渡し, うりつける店, おくの, おちおち鑑賞, おねだりし, お召し, お土産, お渡しいたした, お送りし, かえても, かえ丹造, かえ孜々, かえ気長, かくして, かけ換えて, からかったの, くれた, くれと, こちらで, このまま, この岩坂, この紙, さがすやう, さすこと, さらった外国人, しかも多数, しらべしところ, すぐに, すっかりぬすもう, ぜんぶはこぶ, そっくりそのままきれい, そのままそ, そのままコピー, その方, そろえ書付, そんなに多く, たくみな, たった一日, だそうと, ちゃんとにぎっ, つかまされるよう, つくつて云, つくるところ, つくッ, つみこむてつだい, つんだ, とどけての, とりかえさえ, とりだして, どうして持ちこん, どこか, どっさり仕入れ, なかなか持つ, なすの, なんでも, ぬすみためて, ぬすみだす手段, のせて, のみ出して, はこびこんだ, はさんで, ばらばらに, ひとところに, ほかの, ほとんどいくら, まさぐりながら, まだ子供, まもるの, みるとき明らか, もうひとつ, もっと自慢, も造つた, やって, よくしよう, よく拝ん, わって, ガラッ八, コッソリと, ハタケアサ, ビオメカニズムの, マッチ函の, 一々指した, 一つか, 一つ一つ恭しく, 一つ見付ける, 一処に, 一包みに, 一度に, 一旦湯, 一点も, 一眼見た, 一緒に, 一覧し, 三つ四つの, 三ツ四ツ抜いた, 三鈷と, 下げたよう, 下位に, 与えようとまで, 両側に, 並べた棚, 主に, 乱雑に, 二つまで, 二品ほしい, 二百円の, 五十両で, 交る, 京大阪東京の, 人目に, 今度は, 今日眼の, 仕上げるの, 付け申すべく候, 代えの, 代え捜し抜いた, 代へて, 伝来の, 何と思う, 何んで, 何十何百と, 何處に, 作っては, 作つたつて, 作つて見せる, 作り乍ら, 作り出し農村, 作り革, 作るため, 作るの, 作る方, 作る職工, 使う, 保たせて, 保護し, 俺らの, 偸むのが, 僅か金十二兩貸て, 優良品に, 先生の, 入れさせられた重, 入れた箱, 入れる土蔵, 全然持っ, 全部大阪の, 全部集める, 其方に, 写し終る時分, 出さなければ, 出したもの, 出します, 出すには, 分けるとき, 刑部老人の, 初めは, 制し銀之丞, 創造した, 勝利そのものから, 匿さなく, 半金に, 即金で, 厳選した, 収めた小型, 取って, 取られようと, 取りまとめてから, 取り且つ, 取り出し示したが, 取り扱って, 取り換, 取り立てる所, 取るん, 取上見る, 取出し三寶, 取寄, 取寄可申候, 取扱う或, 取立てるです, 受ける行列, 受け取りながら, 受取らなかった者, 受取ツて, 合せると, 吟味するせゐ, 含んでは, 呉れる, 呼ぶハボタン, 唱へながら, 商品的な, 喰する, 国内において, 土産にでも, 基として, 増加せしめる, 売った店, 売りつけるの, 売り払つて出発, 売るから, 売るので, 売る所, 売払, 売買し, 変えして, 変え尋ねても, 変え私, 変え苦しめて, 夜もすがら, 大島小, 大森海岸の, 失うまで, 失わずに, 奪い下着, 奪い取るつもり, 奪っては, 好むが, 始末したらしい, 宇津木矩之丞から, 客に, 家に, 審べて, 尊敬し, 小だし, 小山田さんの, 少しずつ, 少し入れた, 少量に, 届けるの, 展じ, 岸へ, 巨細に, 差し置いて, 差示せ, 平に辞退, 序でた, 引き受けるの, 引渡して, 彼らが, 待合式に, 得た, 得べく理想主義, 得るため, 御三家に, 御承知, 御用聞き, 忘れて, 念入りに, 思ひそして, 恭, 悉くスペイン王, 惜し気, 態, 成就し, 戻して, 所狭くわずらわしく, 手には, 手放したなどという, 手渡しさせれ, 托せられたの, 扱い慣れ, 扱って, 抜き出して, 抱え直すと, 押えられましては, 押付けられます, 担いで, 拜見し, 拵えます, 拾いました, 拾って, 持ちこんで, 持ち寄って, 持ち越さねば, 持った若者, 持つよう, 持出したとか, 持行見せけれ, 持込んだら直ぐ, 指しそれ, 指すわけ, 捌いたので, 捧げる祭り, 掛けその, 探が, 探す内, 控室に, 描写した, 換えついに, 握って, 搭載し, 携え上座, 携へ, 摘み食いすれ, 摺写し十人ほどに, 支配し得せしめられる, 改めて見ましょう, 改める段, 救いだすため, 整うるを, 整理する, 新しく開托, 日本橋の, 是非売っ, 書いたり, 書状ぐるみさし出した, 替え撫, 替え責め立てますが, 替相, 最も合法的, 有して, 有難うございます, 本格と, 桝に, 検査し, 検査すれ, 模し得た, 欠いて, 欲しいとは, 歌に, 殆ん, 毛織物業者に, 気持よく, 求めた, 求めました, 求める爲, 池の, 沢山お, 流行らせると, 消費し得せしめる, 減少せしめた, 渡すから, 渡邊外記という, 満載した, 濠に, 火災その他から, 焼いた口惜し, 熱して, 片っぱしから, 牛方米といった, 特品に, 犬に, 狙つたのなら, 献ずるの, 獲たが, 玉太郎は, 生みます, 生涯の, 生産するであろう, 産み出して, 産んだが, 用いおったが, 用いましょう, 用いるせい, 用い実質, 略奪し, 異国船に, 発見した, 皆んな捨て, 盗まれたから, 盗み出し仲間, 盗み返して, 盗めば, 盗んだ下手人, 監督し, 相対的に, 真つ, 眼に, 着服した, 知らずに, 研究し, 破壊する, 示して, 示す, 私の, 称えて, 積み込んだり, 窺うこと, 筥に, 節制する, 紀州様の, 納める心持, 紡いだの, 経験し, 編笠の, 纏めて, 置いた床の間, 置くには, 美しくし, 肩にかけて, 膝について, 自分で, 與たら, 若しか, 茶人の, 落として, 蔵し先年来訪, 薬師寺殿の, 血書きし, 補ったり, 製し得る人, 製販し, 西洋へでも, 見かけません, 見せ亭主保證人, 見たい見ずには, 見たならば, 見つけて, 見つけようと, 見つめるよう, 見ながめて, 見まわすの, 見ること, 見る悦び, 見んとも, 見出したと, 見棄てる気, 見較べると, 視せて, 観賞に, 許しません, 試験的に, 誇りとして, 誘起する, 誦しなど, 読誦する, 調えた, 調べたが, 調べられたり, 調達する, 警察へ, 販売し, 貰い急いで, 貰ひしや, 買いこんだもの, 買いました, 買い入るるは, 買い占めて, 買い来りて, 買い集めた, 買うかという, 買うため狸小路, 買うにも, 買う外, 買っても, 買ひ込んだ, 買わされて, 買わねば, 買出しに, 買込みす, 資料として, 賣るの, 賣拂つて八兩, 質物に, 購ひ帰る, 購る, 贈らる, 贈るという, 贈呈した, 身に, 輸入し, 迂濶, 返せとは, 送られたが, 送るについて, 造ったあの, 造り出すよう, 造るの, 運び上げよく, 運ぶ都合, 道具屋に, 選って, 選りぬき, 郷里へ, 鑑賞した, 院の, 陳列したる, 隅田川へ, 隠すこと, 集めそれ, 難有, 需要する, 頂戴しました, 預つて, 領置する, 風に, 食し終わりて, 食べる, 食品屋から, 飾って, 馬元義と, 高くせん, 鼠色の

▼ 品~ (2118, 16.6%)

35 よさ 3423 ように 22 中に 18 可い 10 ことを, ような, 価格が 9 中で, 価格を 8 中から, 価格の, 価格は 7 大部分, 良い娘, 良さ 6 いい顔, 前に, 数々を

5 [15件] いいもの, ことは, ために, やうな, やうに, よくない, 中には, 好さ, 悪いもの, 悪くない, 枕元へ, 生産に, 美しさ, 良い顏, 良い顔

4 ある女, いい老人, うちから, うちに, ないこと, よい鼻, 好い男, 母は, 良い女, 購買に

3 [45件] あるの, ある顔, いいこと, いい女, いい婦人, いい男, いい老, いい静か, お料理, ないもの, なかに, ほとんど全部, よいこと, よいの, よいもの, よい娘, よい老女, よき高髷, 上に, 中にも, 宜い, 家の, 家は, 家へ, 店を, 方が, 有つ, 様に, 母の, 生産が, 生産は, 種類は, 良い, 良いの, 良いもの, 良い老女, 製造が, 製造に, 註文を, 話を, 賣値, 足を, 類を, 高い価格, 高き価格

2 [121件] ある美しい, ある若い, ある部屋, いいの, いい一人, いい人, いい細君, いい美人, いい老女, うちで, うちの, ことで, ことである, しまって, ためには, つもりで, ところから, ない場合, のちにおいて, ほかに, よいしかも, よい女, よい美しいお方, よい老, よい老婆, よい遊女, ようだ, ようである, より大, 一部分を, 下落の, 中でも, 中にて, 交換が, 供給が, 供給と, 供給を, 価値に, 価値を, 価格と, 価格に, 価格によって, 価格騰貴が, 価格騰貴を, 偈を, 入れて, 全部を, 包みを, 口を, 名目価格が, 多いの, 奴が, 好いしかも, 好い半白, 好い娘, 好い御殿風, 好い様, 如きは, 始末を, 姿を, 安全燈は, 宮の, 家では, 家とは, 家に, 容態は, 店屋から, 性質を, 惡い, 感じが, 懷に, 成行を, 手から, 数々も, 整理を, 數, 料理を, 材料を, 準備で, 特色を, 瓶が, 生産を, 發病から, 目録を, 研究と, 紛失と, 紛失を, 給与を, 美では, 美を, 者は, 良いこと, 良い中老人, 良い線香, 良い顏立ち, 良い顔立ち, 良くない, 芋などには, 蒐集を, 行方は, 行方大方, 製作に, 言が, 調べは, 調子は, 調査を, 貯財の, 買い出しに, 購買力は, 足は, 身の上を, 身體は, 通常価格または, 量を, 間に, 顔を, 風流を, 高いもの, 高い文明人, 高い鋭敏, 高さ

1 [1383件 抜粋] あったためし, あるお嬢さん, あるもの, ある二十七八, ある人達, ある品, ある奥さん風, ある子供, ある容貌, ある愛らし, ある様子, ある歌声, ある涼しい, ある男, ある綺麗, ある老人, ある言葉づかい, ある青年, いい, いいお, いいおじいさん, いいお婆さん, いいしもた家, いいとも, いいなまめかしい, いいふっくら, いいよう, いいスペクタクル, いいモオニング, いい丸髷, いい五十男, いい八角形, いい処, いい十人並, いい唇, いい声, いい女文字, いい娘, いい宮様, いい年, いい悪口, いい愛嬌, いい栗色, いい死, いい物, いい男の子, いい細面, いい美しいお嬢さん, いい肉桂色, いい花, いい英吉利, いい蚊帳, いい西洋服, いい話声, いい踊り, いい階下, いい音, いい香り, いい魚, いい鼻梁, いふ通りに, うずたかく生産, うちでは, うち何れも, うち紐育の, おびただしい陳列, お馳走, かごを, かわりに, ことごとくは, ことなぞ, ことなどは, ことも, ごときもの, ごとく考へそれ, さだめは, すぐかたわら, すべては, たぐひであつた, ため多分に, つぼの, ところと, ないモダン一家, ない口調, ない花, なかでも, ならんで, はいった黒い, はずだ, びんが, ぶら下ったしたあたり, ほうへ, まへに, ままブロンズに, もく, ものを, よい, よいおとなしい芸術家, よいとりなし, よいわり, よいモーニング, よい上品, よい五十恰好, よい令嬢姿, よい切下げ髪, よい四十あまり, よい太り, よい好男子, よい字, よい広い額, よい御殿女中, よい感動的, よい扇, よい手跡, よい文句, よい楽器, よい気, よい瓦片, よい着物, よい端麗, よい美しい顔, よい者, よい肌理, よい落ち着き, よい言語情調, よい面影, よい顔, ようで, ようにしか, よしあしさえ, よろいの, わるいがらがら声, わるい口, わるい顔立, クリームの, ジロリは, タチバナとは, テーブルを, ドンよりも, ネンドの, ビンから, プロパガンダの, マントを, 一々に, 一だ, 一つであった, 一つでは, 一つの, 一つ一つが, 一ツである, 一例と, 一句へ, 一定量である, 一種であったろう, 一部が, 一部は, 三倍以上も, 上等な, 下ったよう, 下なる, 不揃い不安定な, 不生産的消費, 中の, 中美しい, 事を, 亡くなつた跡, 交換なり, 人間として, 仕入れやら, 仕末, 伴天連像を, 低いとも, 低劣さすなわち, 何んと, 作として, 佳さ, 使用を, 価値に関する, 価値は, 価格である, 価格のみ, 価格騰貴は, 俗悪と, 保護や, 値上げについて, 偈自我得仏来という, 側で, 偶然の, 價値ある, 先生の, 入ったバスケット, 入って, 全部な, 共通価値である, 内の, 内側には, 再到着, 写真を, 凡てを, 出るまで, 出所を, 分配に, 分量を, 列には, 前には, 創造なり, 効能書きでも, 勧める座蒲団, 匂が, 南蛮製の, 原料その他あらゆる, 原料の, 及ばぬ上等, 収められて, 取引き, 受けわたし, 口から, 可い人, 可さ, 名に, 吟者讀者に, 味いで, 品目を, 商店には, 問屋を, 善いしとやか, 善い芸, 噺を, 図も, 埃, 場合と, 墓へ, 壜を, 売り場に, 売店などの, 売買とか, 売込みか, 多くが, 多くは, 夜店を, 大半は, 大腿部を, 大魚, 好いおとなしい弟さん, 好いが, 好いふくらんだ, 好いエリス, 好い丈, 好い中年, 好い人柄, 好い仙骨, 好い四十あまり, 好い奥さん, 好い婆さん, 好い寄席, 好い山の手, 好い彼女, 好い愛嬌, 好い方, 好い本当, 好い発音, 好い笄髷, 好い緑, 好い胴衣, 好い若僧, 好い訳, 好い顔, 好い高尚, 好い鼠無地, 好きな, 好さそう, 如き好, 如く世にも, 如く大切, 如く観賞し得る, 如く読み棄てる, 始末などの, 婿だ, 媚態, 存在は, 安売りが, 宜いの, 実費一軒あたり七十円に, 家からは, 家へは, 家族は, 容態がい, 小さな店, 小説本を, 展覧会の, 山へ, 工作と, 工場ばかり, 市価を, 帽子が, 広告に, 店に, 店頭に, 座を, 廣告によ, 形であり, 往々に, 後へは, 御短刀, 復活と, 心を以て, 必ず佳, 性質な, 悪いはず, 悪い所, 悪い男, 悪い言葉, 悪い達者さ, 悪きこと, 情人, 惡き, 惡さを, 成る所以, 所に, 所有主に, 手を, 手袋を, 折入っ, 披露には, 持ち主が, 持ち主の, 持つ感じ, 指図を, 掠奪をさえ, 支払として, 数々が, 数々の, 数は, 数字の, 整理であり, 整理は, 料を, 料理で, 新価値, 方には, 方へ, 昼の, 普及頒布を, 替るのみ, 最大量が, 最高価, 本務は, 栄誉の, 棚ざらえ, 検査も, 様子が, 模造にのみ, 欠乏から, 欠乏は, 欠如から, 正しく同一量, 死ぬ年, 死體が, 殆ど全部は, 毀損や, 母親によって, 永久的な, 決心にも, 流通を, 消費が, 清々しく透みわ, 点においては, 無い訳, 煙草を, 父の, 片づけ爲, 特色が, 献立を, 獲得の, 現状は, 瓶には, 生活の, 生麻, 産地といふ, 用途を, 畠, 病氣は, 病體に, 痛ましい破片, 發作が, 盗難に, 目には, 看貫の, 眼と, 着くの, 研究中だ, 破片を, 社會的傳達の, 稀少と, 種類に, 空箱などが, 立身は, 等しい分量, 籠を, 粗陶器, 納入係に, 紙の, 統制を, 絶頂に, 総称が, 羅列によって, 美しい眼, 義で, 翫賞に関して, 者を, 聡明な, 肩肉を, 腹は, 自己及他人の, 自給自足の, 良いこっ, 良いばあさん, 良いポチヤポチヤ, 良い二十歳くら, 良い奧方, 良い字, 良い年増, 良い方, 良い横顔, 良い物越し, 良い美しい娘, 良い美男, 良い老人, 良い通俗音楽, 良い顔形, 良い香, 芸術論, 荷を, 華奢な, 蒐集などという, 蒐集や, 蒸燒に, 虎子頭上七点ある, 行方知れず, 装飾に, 製作には, 製造と, 製造は, 製造業者との, 見て, 親王征夷大将軍の, 記憶が, 記述も, 試験を, 誂物は, 説明を, 読誦は, 論題である, 諸種も, 豪華版の, 貧弱な, 貨幣価格の, 販売店を, 貯蔵所で, 買い出しにと, 買付けに, 買出しに, 買物も, 購買力の, 贈答は, 足りない所, 転った, 輸出に, 輸出を, 進出であった, 違った座, 選択を, 配給が, 配給の, 重大な, 金剛石である, 金魚の, 錠前を, 鑑賞へ, 陳列会が, 陳列棚優勝旗カップなど, 陳述既に, 階級が, 需用を, 面倒を, 頬を, 顔, 顔でも, 類も, 飾られるの, 饗應に, 香が, 騰貴とによって, 驚くべき価値, 骨折も, 高い低いにか, 高い挿画, 高下が, 高貴な, 麦の

▼ 品~ (1125, 8.8%)

9 いつた 6 おつぎ 5 自分の 4 それを, 一つも, 平次の 3 それが, ないが, なかった, 二人の, 何も, 俯伏した, 勘次を, 無代では, 確かに, 私の

2 [71件] ありません, あれど, いつて, これで, これを, さすがに, そつと, その生産, そも何, それから, どうも受け容れる, どこに, どれも, ない, ないかと, ないの, ないはず, ねえん, ひどく心許ない, ホッと, 一と, 一切不用な, 一蹴し, 主に, 今や挙げ, 何です, 個人の, 出來, 出来ないでしょう, 到頭骨, 力なく, 勘次が, 十九の, 変れども, 多く板画, 子分達に, 完全に, 家へ, 少しも, 少し身, 平常の, 庭や, 形が, 御屋敷, 息を, 手に, 手足の, 持って, 持てないの, 挨拶が, 日本に, 明かに, 昔ほどの, 晩の, 涙ぐましい眼, 涙ぐんで, 物腰も, 目を, 眼が, 私が, 竈の, 美しさ, 聞いた, 能く, 與吉の, 莞爾し, 莫大に, 訴へる, 贅沢屋の, 非常に, 飛んで

1 [921件 抜粋] あうっかり, あったが, あとで, あなたには, あなたの, あの時, あまりにラファエル前派, ありますけれども, あり得ないの, ある言葉, あわて, いいが, いい品, いかなる社会, いずれかへ, いそいそと, いつか万吉が, いつでも, いつの間にやら, いまなお, おそば, おどろく事, お堅い, お好み範囲, お百合, お通, お預り, かえって雑器, かつて薬用植物, かれの, こうした時, こう話, ことごとくふみにじられた, ことごとく自分, この俺, この問, この大陸産, この指, この老人, こりゃ錦, これだ, これでしょう, これと, これへ, こんな奇怪, ごく普通, ございませんか, さっぱり整理, さまざまに, じゅうぶん注意, すぐ分る, すっかり取りかえす, すっと立っ, すでに売られ, すなわち, すべて女が, すべて表現の, ぜんぶ古, そこから, そのそば, その上追及, その人々, その年生産物, その手, その理智的, その種名, その絶頂, その艶, その表, それで, それに, それ自身は, たいてい揃える, たしかだろう, たしかに事務室, だれでも, ちゃんと中, ついにその, つかないの, つづれ織りでございます, つぶよりの, とうていそんな, とぶよう, どうした, どうしても凝然, どうも勘次, どれを, ないか, なきやと, なし山口, なに一つとても, なんである, なんであろう, なア, ひき込まれて, ふと枕, ほとんどなかっ, ほとんど昔, ほぼ一反, ほんの敬意, まことにこの, まさに判然, またほくそ笑む, まだ, まだ俯伏, まだ印刷博物館, まとめて, まわり切れない, みなそうである, みな先に, みな御家中方の, みな流し, みんな新しい若い, もう一つ, もう大かた, もう性別, もしか貰ったら, もちろんの, もとよりすべて, もとより洩れなく, もはや過去, やり切れぬこと, よく改めて見ろ, よほど困った, わかってるん, わたしに, わるくなる, アスペーキゼリーの, サンフランなりと, ジュマの, タオル一本, デパートでは, ドウも, ドーブレクが, ハキハキと, ピストルの, ブエノスアイレスの, ベッドも, ホツと, マリーの, ムカデの, ラウオーモンや, 一つとして, 一つのこらず, 一体どんな, 一体何, 一切手を, 一品も, 一尺五寸ばかり, 一応預かっ, 一日に, 一時百金を, 一筋の, 一通り皆作ります, 七五〇〇磅の, 三人連で, 三千子さんの, 三宝に, 上の, 下がるもの, 不思議にも, 不良品, 与吉が, 世人を, 両者の, 中の, 主として小, 予て老侯, 予告の, 二つある, 二三日此來もう, 二人が, 二円九十銭と, 二重三重に, 人混みの, 人目も, 今から, 今でも, 今大半故国, 仕事を, 他より, 他人の, 伸子の, 何うし, 何かに, 何であら, 何であろう, 何でも, 何と何, 何を, 何んと, 何千万円に, 何度でも, 何時の間にやら, 何百年の, 何處に, 作家自身専有の, 依然として枕, 俯伏し, 備わって, 僅かな, 元々尾州家秘蔵, 充分に, 入れられてない, 全然別種, 全部いかさまだ, 全部取上げられた, 其の夕刻, 其内に, 其日の, 其艶や, 内地の, 写真であっ, 出て, 出来ない, 切な相, 初めて口, 初夏に, 別として, 利助の, 勇気を, 勿論指紋一つ発見, 北海道レブン島よりも, 十六年生れで, 単独に, 卯平に, 厳密に, 又喚んた, 友成の, 収入が, 受くべき, 受取つて青い, 受合うぞの, 古くから, 台湾海峡で, 同日晝の, 名も, 君主や, 吟者讀者に, 呆然として, 商人売買値段に, 四五日經つと, 囮です, 固より, 国庫の, 国鉄から, 土地の, 土蔵の, 塗りあげた肌, 増大されるであろう, 変るが, 変わらないが, 多いが, 多分硬玉, 夜ごと持ち帰る, 大そう, 大もの, 大抵の, 大部分当日, 天秤を, 女同士の, 好評で, 始めてその, 姙娠しなかつた, 婆の, 守範が, 宗三郎, 実にわが, 実用品, 実用品ばかり, 客觀的にも, 家ダニを, 宿に, 寂しそう, 實なら, 實なれ, 封筒と, 小さな器具, 小説なり, 少からず, 少し照れ, 少なくとも三十フラン, 少数の, 尠く, 工藝史の, 左手に, 帯を, 常に土蔵, 常に新しい, 平次と, 平次への, 年月の, 幾度と, 座蒲団の, 庭の, 庭先から, 廉直なる, 引返して, 強いても, 強壮な, 形の, 役所の, 往々河畔, 従前よりも, 復た, 必ずしもすべて, 必ず子供, 必ず欧洲, 必要上一番健康に, 忘れたが, 忠三郎が, 忰の, 思いきりの, 思わぬ銭形平次, 思案の, 怨めしさ, 恁し, 悪いが, 情なさ相, 愉楽品に対する, 意外な, 感に, 懐中に, 我々の, 戸口に, 手前どもでは, 手前上役の, 手間取った, 扱わないとか, 拝見する, 持つて, 指を, 捨てるに, 捲立, 掻潛つて襷を, 揃って, 支那の, 数多くの, 文人画ばかり, 文明の, 断然同, 新しいという, 新年用の, 施米の, 日本の, 日本人が, 明治の, 時々門, 暫時靜かに, 更に田, 最も容易, 有繋, 朝から, 未だにこの, 本当に言い, 村の, 東京出来を, 枕を, 林を, 極めて客観的, 極めて高い, 槍で, 次の間へ, 欧州北アフリカ西シベリアならびに, 欲しくなかつた, 正札にて, 此れ, 武田家に, 残らずそろった, 段々と, 毎晩の, 民族精神か, 民藝品に, 気宇に, 水汲器という, 決して見のがさない, 法外に, 泣き出しさ, 消耗する, 淋しく笑いました, 淋しそう, 漸く乏しく, 炭車の, 無いが, 無かと, 熟練の, 爲替相場の, 特に真鍮器, 獨斷で, 現場から, 生來土, 生糸茶の, 用いなかった, 田圃から, 町人や, 異れ, 疵を, 白くやわらかくふうわり, 百姓の, 皆な, 皆無な, 皆薫の, 皮帽子一個, 盗っても, 直ちに外部, 相思の, 眉宇に, 着飾って, 矢張り, 知らぬも, 社会が, 秀子の, 私にも, 秋から, 秋田県地先の, 稲の, 突然に, 立ち帰って, 竹の, 箸を, 紅紫花一重咲の, 純緑色, 絶大な, 綿縮緬に, 総体に, 羊毛ヤクの, 美によって, 美術品よりも, 背後に, 腫れた瞼, 臀から, 自分が, 自分と, 與吉を, 船の, 芋を, 花瓶と, 苦しい内, 英蘭と, 茶わん屋捨次郎の, 落ちるが, 蒐めて, 蓋し中国, 薄い垢, 蟇口と, 表面の, 裝飾として, 西洋風で, 見られなくなりました, 見当らず指紋, 覺も, 言い出しそびれて, 訳の, 註すること, 註文しなけれ, 誠に上等, 調べ拔いた, 豆腐を, 貧弱で, 貴族品に, 買い戻して, 買い調えて, 賢い女, 身に, 身體の, 軍の, 輕くいつた, 返して, 送って, 道路に, 鄭重に, 重大な, 野外に, 野菜から, 金が, 金額より, 銅貨を, 錢を, 鍋の, 間もなくその, 間もなく肩, 附いて, 青銭に, 面白さうに笑, 面目な, 預かり物, 顎が, 風呂敷に, 食物が, 餘程困つた, 香気が, 馬の, 騰貴しないであろう, 高い是, 高さ三フィート, 高価であるべき, 魚の, 鹽の, 黄葉し, 黙って

▼ 品~ (1114, 8.7%)

24 ある 20 あって 15 あった 10 よくて, 手に 8 あります 6 あるの 5 はいって, 出て, 違うん 4 ない, 並べて, 並んで, 多い, 山の, 欲しいの

3 [17件] あつた, あるか, あるから, あると, あるとか, あるので, なくては, よい, 入って, 多いこと, 好くて, 悪いと, 浮いて, 無くなるの, 自分の, 落ちる, 陳列し

2 [70件] あったと, あったの, あったので, ありそう, ありました, ありますが, ありませんか, ありません時, あるだけ, あるという, あれば, さがって, そろって, ちがう, どこに, なかった, ふんだんに手, よかった, よく入る, よければ, 一つ捌けました, 下って, 並べられて, 事件の, 何うし, 価格において, 備わって, 入口の, 六郎氏の, 利子も, 北定, 取得される, 可い, 含まれて, 外国市場で, 多いから, 多いという, 多いので, 女だてらに, 好いと, 山の手に, 御米, 悪くなる, 持主の, 持込んで, 指が, 次から, 死んだ時, 死んでから, 残って, 沈んで, 流石に, 用意され, 目の, 相通じ, 確かに, 笹屋の, 紛失しません, 置いて, 羽が, 良くて, 落ちて, 見つかった, 視野から, 詰められて, 違ってよ, 陳列され, 集まって, 飾って, 飾られて

1 [791件 抜粋] あちらから, あったっけ, あったに, あったり, あった時, あつしが, あつたり, あつて幾分の量, あのうち, あらう筈, ありそれ, ありどんな, ありまさに, ありますか, ありますから, ありませんそこで, ありもうだんだん, あり売れない本, あり左党, あり犯罪当夜, あり頑健, あるお前たち, あるかも, あるかを, あること, あるぞ, あるだらうか, あるといふ, あるのにと, あるべき筈, あるもの, あるよう, あるッ, ある留守, あろうとも, いいから, いいの, いいのに, いいもの, いいわ, いい天質, いかに顧みられ, いくつも, いちばん美麗, いっぱいかざっ, いっぱいならん, いっぱいはいっ, いつの間にやら, うずたかく生産, うまれるだろうと, うりだされて, おありでしょう, おかれて, おますさかいな, おますわい, およろしく, お違い, かう高く, かけならべて, かさなったとき, かなりいる, きちんきちんと並ん, きて, くしこうがい共に, ぐっと良く, こ, こっぱみじんになるのだ, ことごとく取揃え, この様, これで, これに, ころがり出た, ございましてな, ござりました, ごたごた置い, さまざまの, さらに東, すぐって, すこし心細く, すなわち彼岸ザクラ, すべて皆その, ぜんぶつみこん, そっと人, そつと, その分量, その嚢, その時, その量, その電気, それである, それらの, たくさん世に, たくさん来た, たくさん積みこん, ただちにそれ, ただ一つ支那, たまった, たりないの, ちゃんと分類, ついた, ついて, つぎつぎに, つくもん, できあがるよう, できぬこと, とかく造作, ところ狭い, とってもお, どうしても御, どうして伊達家, どうして有りうる, どうにか始末, どのくらい, どんどん製造, どんな手落, ないと, ないもの, ないらしく, ない誰, なかつたので, なくて, なくな, なくなるお前さん, ならべて, ならんで, ねこそぎぬすまれた, ねこそぎぬすみさられた, はいるはず, はなれへ, ふつうである, ぶかりぶか, ほかにも, ほとんどない, ほとんどなくなっ, ほんのお, まずあと回し, またと, また浮き, まだ生き, まるで魔法, みな筋の, もしも宿命的, もとと, もんだから, ややこしくて, やりたく思う人, よいと, よいとやら, よいの, よくうつむき, よくさながら, よくどんな, よくならない, よく奥床しかっ, よく見え, よく身, よく間違い, よく高尚, よすぎる, わたしを, わるい, わるいのね, オテル・ド・, ゴロゴロし, ツバキの, 一ツある, 一ツも, 一人残つて盛泰寺に, 一夜の, 一層揃わず, 一杯つまっ, 一点不足し, 一緒に, 一般に, 一般の, 七つの, 丈夫な, 三十六本仕上がりました, 下がって, 下がる, 下落し, 下落する, 不足そうに, 与えられること, 世に, 世間の, 中に, 主体である, 乏しい, 二つあった, 二十五の, 二千年の, 云った, 人形, 人民の, 今なお, 今も, 今日は, 他に, 仮りに, 伴れ立っ, 低減せる, 何れも, 何処の, 何時に, 何時の間にやら, 余り不当, 作られたと, 作れました, 例の, 価値に, 値打ちの, 健全に, 偽り物, 備えて, 備って, 備わり気どった風流男, 僕は, 優る, 充ちて, 先に, 入ってなかったら, 入つて, 入れて, 入用の, 全部そろっ, 全部或, 六十七セント四分の三である, 出されて, 出た, 出たり, 出なかった日, 出品されました, 出来た, 出来たよう, 出来ないから, 出来ましたの, 出来ると, 出来るの, 出来上るの, 列んで, 別に物, 加はりました, 加わりました, 動いたので, 包んで, 十五銭から, 十分でない, 十手捕, 博物館と, 口を, 古くなっ, 同じ身の上, 同圃中, 周囲の, 呪いを, 品であり, 嘉永六年ペルリ来朝の, 噂通りの, 四十八歳の, 国外へ, 地機に, 均斉を, 堆く積みあげ, 増した, 壊れますわ, 壕の, 声を, 売れたこと, 売れること, 売れれば, 変造品の, 外国に, 外国輸出と, 多いが, 多かった, 多くては, 多くとうてい, 多くなれ, 多くまた, 多く病いに, 多く見られる, 多分今に, 夜は, 大変に, 大好きであり, 大好きである, 大部分, 失なった, 失われて, 好い, 好いが, 好いです, 好い男, 好うが, 好くなる, 好く吉原, 好すぎ, 好評な, 如何にその, 婆ヒガンすなわち, 宜くっ, 客の, 客観的には, 尊像の, 少いの, 少い時, 少くない, 少くなっ, 少く城代跡部山城, 少ないから, 少なくなっ, 少ねえ, 居ないと, 届いて, 届きまして, 山へ, 山積し, 崩れず愛, 平凡極まる, 平次に, 幾つもの, 幾個か, 弱くすぐ, 当時流行しかけ, 当然に, 形が, 役に立ったぜ, 彼の, 彼岸ザクラと, 得にくく, 得られるという, 御座りし, 必然に, 必要である, 忘れて, 急激に, 恁う, 悉く日本, 悪いて, 悪いの, 悪いもの, 悪かつ, 悪くは, 惡い, 感じられた, 懸って, 戻った, 手にへ, 手間どるので, 拵えて, 拵へて, 挙げられその, 揃ひ, 数も, 新しい興味, 新しく世, 時の, 普通である, 最もよく発揮, 月に, 有って, 有りますから, 有るの, 本業で, 本物で, 来ると, 果して古代シナ, 栄えるより, 極めてすくない, 標品館にでも, 欠乏する, 此の, 死ぬまで, 死んだ年, 死んだ時理由, 死んで, 残して, 残り特にさ, 殖え遂に, 母国に, 氏人の, 民器の, 気候の, 氣性者で, 決して少く, 沢山並べ, 沢山置い, 注目される, 流布し, 海外に, 渡ろうもの, 満ちて, 滝の, 火災により, 無くとも, 無くな, 無くなりつつ, 無事な, 無数に, 片手に, 片手には, 特に注意, 現はれ, 現れます, 現われました, 生きて, 用中の, 異常に, 病人の, 病氣に, 発生し, 発達し, 百以上ございます, 皆平凡な, 皆違っ, 皆集まった, 盛に, 目を, 相手に, 真っ先に, 着いたが, 確からしく, 確実に, 私に, 秘蔵され, 立派な, 箪笥長持や, 粗末な, 結合し, 絶えたの, 綱宗の, 綺麗に, 美々しく並ん, 美しいわけ, 美しい作, 美の, 肥えて, 自ずから生まれ, 自家製より, 舶来品に, 良かった, 良くって, 良ければ, 良過, 芸術としての, 落ちますが, 落ちるもの, 落着か, 蒲團を, 行ってから, 行つてから, 表向きは, 西瓜と, 要るの, 見つかったん, 見つからないもの, 見つかりましたから, 見て, 見られる, 見当らぬという, 規格化され, 誰の, 調和よく, 豊に, 豊富に, 貢の, 買えたとしても, 資本を, 起きて, 足りないから, 足りないで, 足り無いよう, 躊躇なく, 軸物で, 輸入される, 運ばれて, 違いましたよ, 違います, 違いますねえ, 違いますん, 違うぜ, 違うよう, 違う事, 違ふ, 部分品である, 重要な, 金紫光禄太夫従三品銀青光禄太夫正, 長崎へ, 集まるわけ, 集めて, 青褪め, 非常に, 顏を, 飛び込んで, 飛んで, 騰貴した, 高い, 高そう, 高値いン

▼ 品~ (502, 3.9%)

16 なって 10 して 6 相違ない 5 しても, なると, 比べて, 相違あるまい 4 手を, 過ぎない 3 なつて, 相違ございません, 美しいもの, 至っては, 過ぎないの

2 [28件] おどかしを, ござります, すぎない, なつた, なりつつ, なる, なるの, まじって, よりけりで, よりては, 交って, 似て, 何か, 向かって, 就いても, 廻り会います, 惚れて, 於て, 於ては, 比較し, 目を, 相違なかっ, 相違なく, 相違なし, 至るまで, 過ぎなかった, 面した眼福, 食生活に

1 [371件] あらず出入先, ありては, ある, あるよう, いいもの, いくらかある, うろんが, おまえに, お名残, お裾わけ, かぎる, くらべると, けばけばしい原始的, ここへ, この上ない美しさ, この雅, ござりましょう, さ, さだめあり, したり, しちや, してからが, すぎないもの, すぎないジャズ, すぎなかったが, すぎなかったの, する, するため, すると, する偈頌, する種々, せよここ, せよ一日十円, せよ真に, せんと, そっくり適った, その材料, そらし愛嬌, たが, たとえて, ちが, ちげえねえ, つきては, つくる, つける根附, では, とつて, とどまらずまた, どれだけ, どんなつながり, なった, なったとき, なったの, なったので, なっちまった時代, なりましょう, なりますね, なりませんが, なり得ずして, なるかも, なるが, なるその, なるまでの, なるわけ, なる鞄, はしを, ひかされて, びっくりする, ぶつかったとき, まして, まとう香気, まとめようと, みえた, もと兼て, よく, よらずこれ, よらずその, よらず一品五十円, よらず私達, よらず蒐集, よりて, よりゃ付合わねえもん, キクイモが, ギックリし, コメツガが, サザンカが, 一閑張の, 七八点出される, 不健康, 不思議な, 中国に, 主人の, 之なき, 乏しい日本, 事を, 云いつけた, 五等品の, 亜硫酸を, 交つて巨大な, 人だかりの, 今も, 今一種ある, 仏具類が, 仕上げた, 仕上げたいという, 仕上げるの, 仕上げる程, 仕立てあげて, 仕立てるに, 似た, 似たもの, 似た一種, 似通ったもの, 伽羅油の, 何より自覚, 何らの, 何物をも, 余り慣れない, 作ったこと, 作って, 作られたという, 使ったけれど, 使ふ, 依っては, 依らず万已む, 依り筋, 信用を, 健康さが, 優って, 優れたもの, 先つて綱宗, 写しましたもの, 凝まり, 到る迄, 力を, 加えたよう, 劣らないもの, 劣らぬもの, 劣らぬ椅子職人, 劣らんもの, 劣りません, 助けられながら, 努力し, 効いて, 十分に, 半襟を, 却つて多い, 及びませんから, 及ぼした影響, 取替えられて, 名を, 向うであろう, 向うであろうが, 向くこと, 向けて, 向って, 因っちゃ, 因つて美しい, 因ては, 囲まれて, 在ては, 垂涎しない, 基いて, 基づき事成就, 売出す, 変化した, 外ならない, 多いという, 多く病的, 大層興味, 天地の, 妙幢菩薩鷲峯山に, 嫌気が, 存する, 安心させ, 定期券が, 寄っちゃあ, 寄と, 対した時, 對し, 就いて, 就て, 居處を, 属し絵本, 属するわけ, 属する方, 岩茶といふ, 巡り合, 差支えるです, 帰って, 座蒲団を, 引廻され, 弱い不, 弱点を, 御前も, 御定め売捌所, 御座候, 心を, 心止め, 心酔し切っ, 忙しかったり, 応じて, 悪いもの, 愛を, 感銘を, 慣れる努力, 成ったもの, 成り変るの, 手が, 手帳は, 投じたの, 指定され, 指定された, 換えること, 支出されるであろう, 支払ったの, 数えられるらしい楽器, 於てのみ, 更ても, 最も忌む, 札を, 来るべき茶器, 校長を, 案内され, 欠乏し, 歌留多や, 止まって, 止まりは, 死なつた時, 死なれて, 比べては, 比べると, 比べ何, 比べ決して, 比肩出来る, 気を, 求め古瀬戸, 準ずる扱, 潜む美, 特別関税を, 特有な, 猛獸, 甘んじて, 用意し, 由つたら, 町会まで, 畢つてゐない, 異常の, 相違ありません, 相違ござらぬ, 相違なけれ, 相違御座いません, 相違御座なく, 眼も, 着けば, 硝子鐘が, 磨きあげること, 示されて, 示される美, 私の, 私は, 移しおきたるため, 移らざるゆゑ也, 篩いを, 籠つてゐる, 終って, 終らせては, 緒, 置かれて, 聞いた番号, 背深緑腹真紅怒, 能くも似, 自分の, 自分相当の, 自国の, 至つては, 至りては, 至る途, 良人の, 苦しめられて, 菖蒲と, 落ちて, 行きづまっているのである, 表わし示して, 製作し, 見えたで, 見えながら, 見えるやう, 見せかけようと, 見せて, 見られるよう, 見られる特色, 見られる通有, 見るよう, 見出されかつ, 見出される古, 見當, 親しむ機会, 触れて, 訊いて, 誇りを, 課した税金, 課し自国品, 課せられた非常, 課せられると, 課税した, 象眼さる, 負けないという, 買手が, 賞が, 賦課し, 趣味を, 身体の, 近づきその, 近づくだろう, 返事を, 通う, 通じなかつたの, 逢うの, 逢ふ, 過ぎず一品, 過ぎないが, 過ぎないこと, 過ぎなかったが, 過ぎなかったこと, 過ぎなかったの, 過ぎなくなる, 過ぎなく製品, 過ぎぬ, 過ぎぬが, 過ぎぬので, 過ぎんの, 違いありません, 違いない, 違いなかった, 違えねえ, 違ひなかつた, 適し景, 適するの, 還え, 酒だけは, 醜いもの, 醜い不健康, 重きを, 金が, 金目の, 附いて, 限って, 限らず学問, 限らず百姓ども, 限られて, 限り全部おしゃかに, 集まった, 難くせつけ, 雪薄の, 非ざる事, 面食った, 預り痛み入候, 頼まれて, 頼んで, 類する美しい, 飛馬ペガソスを, 飲料水までが, 飾られた此, 飾られて, 飾り立てられて, 驚いた日, 驚きの, 高い美, 魅入られて, 黄金の

▼ 品~ (403, 3.2%)

16 なって 11 一緒に 5 なつて 4 いっしょに, されて 3 いえば, なる, 云えば, 交換する, 同じよう, 同様に, 申せば, 見えて

2 [26件] いい様子, いえましょう, いって, した, して, しますから, なった, なること, みえて, みて, 云うもの, 云ふ, 仕事道具は, 利助の, 労働との, 同様の, 呼びたいの, 文次郎の, 新八郎, 田島屋文次郎の, 申して, 申しては, 色も, 見なして, 言つても, 違って

1 [287件] あつた, あらば, いい一見, いい器量, いい物, いう, いうならば, いうなら兄自身, いうほど, いうより, いうよりも, いえるでしょう, いたしましては, いっては, いっても, いふ, いふと, いへば, いわれる観念, うれひで, おきみ, おっしゃるその, おぼしき形見, おわかりじゃ, お取, お取替え, きまって, きみとは, きみに, こちらの, ことに華美, さだめしや, された, したらさらに, した過去, しない国, し視ら, し関東方, すこしも, すべきでありましょう, すりかえて, する, するに, する有名, せられてを, そっくりな, そのもう, その子分, その財物, それを, たくさんふざけ, たんと自慢, ちがうの, てないので, なく出し, なく盗まれた, なさんもし, なしあるいは, なすならば, なすべきどんな, なす点, なったから, なったこと, なったの, なったもの, なったらその, なつた, なりかの, なりました, なりましょう, なり得ないこと, なり武家方, なり私, なるだろうが, なるわけ, なる息子, なる時, ひき換えに, みなされちよ, みなして, やらなん, よい品, わが師, ガソリン代等を, パンを, フランスから, 一人太刀の, 一対とも, 上手に, 上等の, 下等品とは, 不合格品, 二人で, 云いお, 云い人柄, 云い応対, 云うくらい, 云う以外, 云う物, 云ったよう, 云ひ, 交換されるであろう, 交換し, 交換し得せしめる, 交換するであろう, 交換せん, 人々からの, 位が, 何か, 値段によっては, 公に, 共通が, 共通の, 兵力を, 分る取り上げて, 判り切って, 判り切つて, 助手の, 化しつつ, 北品とが, 区別された, 区別する, 千二百の, 又江戸浮世絵, 友次郎も, 収入とに関する, 取り変ったの, 古書との, 同じく数, 同じだ, 同じである, 同じやう, 同じ値段, 同じ基礎, 同一の, 同様主食同様欠くべからざる, 同樣, 名づけられて, 吸取紙, 呼ばれるため, 呼ばれ後世, 呼ぶこと, 呼ぶの, 呼んで, 呼んでも, 商売, 問へば, 嗜好品との, 土地所有者が, 地上の, 城主の, 売薬である, 外国貨物とは, 威と, 威との, 娶合せるなり, 子分らは, 存じまして, 家から, 寸分も, 寸分違わぬ, 小間物を, 峯吉は, 平次と, 引替に, 強い酒精中毒, 心の, 必要品との, 思いこむから, 思いこんで, 思うワな, 思って, 思つて仕舞ひ込ん, 思はるる土噐, 思はれますが, 思ひながら, 思われその, 思われたので, 思われて, 悪い品, 愉楽品とを, 愛嬌と, 成り下って, 我国工業で, 承知し, 換えて, 換えるならたとえ, 換へる, 数万に, 数量とを, 料理が, 日本に, 普通品との, 更れり, 書いたの, 最上品, 有茎品, 枕本手紙書附, 機械との, 次々に, 歌はれ, 比較いたしまし, 毫も異, 水を, 江戸の, 江戸前の, 泉鏡花に, 淡紅色の, 無茎品, 燃料と, 猟の, 申し張るか, 申すの, 申すもの, 申す今夜, 申す篇, 申上しか, 申別段用向の, 異なり畏き, 異る, 病める身体, 相並ん, 着換えて, 睦んだ, 知って, 知りつつ, 礼と, 祝言させ, 称されて, 称し候, 称すること, 競争した, 競争し得なくなる, 競爭の, 競走せね, 管絃楽を, 粗生, 紫花品とが, 紺地錦雪形金糸縫いの, 置き換えられて, 考えたらば, 考えられまた, 考えるべきもの, 聞いて, 聞いては, 聞かるる, 聞きましたから, 聴き込んで, 聽き込ん, 芸人の, 茶道具一揃い携えた, 落葉品とが, 装飾を, 見える, 見え汗, 見て, 見なすの, 見られて, 見るの, 見る限り, 見做, 見做すそ, 見比べ, 覚えました故, 覚えます, 解されるもの, 言い切るもの, 言うの, 言えないもの, 言っては, 言われうるか, 記したの, 評したく思います, 試食し, 認むべきものである, 認むべきものは, 認めなければ, 認められても, 認定されね, 貯金と, 車輪と, 道具類と, 違いまして, 金塊で, 鑑賞的な, 雖も, 顏を

▼ 品~ (302, 2.4%)

5 あれば 3 ある, それに, 何も

2 [16件] あった, あって, あつた, ありません, あり奉公人, ない, ないし, 一と, 下手人も, 多く又, 持つて, 用意し, 見あたらないので, 見付かりません, 見付かりませんでした, 買ふ

1 [256件] あったが, あったであろうと, あったという, あの気, あらんに, ありその後, ありました, ありますから, ありますが, あり仇, あり寺寳, あり悪, あり日本, あり然して, あり相当, あり穏, あり色紙, あるかと, あるが, あるし, あるであろう, あるもの, あるん, ある立派, ある装い, あろうに, あろう事, いつの間にか買, いろいろ持っ, うし紅物で, うすうす知っ, ええし, おほか, お取り寄せ, お渡し, お返しし, かわるの, これが, ございません, ござる御覧, ごまかしが, すっかりもどった, すっかり兜, すっかり取りかえす, すべてこの, すべてその, すべて下落する, そこまで, そちらへ, その功, それには, それは, それ等を, それ自, たちまち引張り凧, たまりかねて, たりなかった, でて, どこかに, ないから, ないが, ないの, ないよう, ないらしく, なかった, なかなかいい, なきに, なくせめて, なくその, なくもがな, なく庭, なく英租界, なければ, のこらずお, ほしくない, またメキシコ, また一〇〇%騰貴, また上から, また同じく, また名所古蹟, また多い, また揃う, また江戸, まだ用意, みな幾たびか, みんなここで, みんなそれに, もう女だてら, やはりその, よい, よくお, よくその, よく価, よく珍, よろしいし, よろしいわが, わずかで, ツイ涙ぐむ, ツイ誘はれた, ツイ誘われた, フラフラと, 一人の, 一切無頓着住居の, 一段打上りて, 不思議なら, 与つたの, 並べて, 主としてかかる, 二三日前に, 亦た, 人骨も, 今日は, 介在しない, 何の, 作られたこと, 作られ同じ, 作ります, 作ること, 作法も, 候わば, 全部出, 全部盗まれ, 共に販売, 其実三分の一は, 其時互に, 写真機とか, 出て, 加えましたから, 劣り且つ, 勘定に, 勘次も, 勿論です, 勿論皆無, 包括され, 十郎の, 協力を, 参考書類も, 及ばじな, 取りそろえまして, 取戻したし, 同じ香気, 同時に多く, 同様値も, 商品である, 嘸ぞと, 増加される, 売って, 多いが, 多く混つて, 多く獲た, 多く相成り, 多分有, 多數出, 大いに劣り行く, 大半は, 大抵ここ, 失って, 好きな, 好く秤, 好しまことに, 威も, 実に善, 実に立派, 実はその, 対等の, 少くなかった, 少くは, 岩太郎も, 年少の, 幾らかは, 従来は, 御座あれ, 心も, 思はずギヨツ, 思わずギョッ, 恁う, 慥なれ, 或いは此, 所持致す, 手懸りも, 扱って, 持って, 持出さずに, 揃って, 料理の, 新らしい, 晩に, 染も, 様々であります, 残って, 江戸に, 決して無駄, 流行後れも, 混合細菌も, 無いこと, 現れず盗人, 現れず盜人, 百石の, 皆無, 盛に, 盜み取, 目に, 目新しい民藝品, 相当なる, 相当備わっ, 真新しく飾りつけられ, 私の, 節約を, 米二十万俵を, 粗惡, 納まるもの, 純粋で, 紛失した, 肱掛椅子も, 腹の, 自分一代で, 良かった, 茶に, 莫大だった, 莫大な, 落ちて, 落て在しからは, 行はれ, 行方知れず, 製造する, 見せると, 見せる事, 見たが, 見て, 見ないで, 見ました, 見る眼, 見出し得なかった, 見當, 記念に, 豊富で, 豪華です, 賤しからず, 質も, 質入, 贈らず時々, 越徳から, 足跡も, 速かに, 運んで, 違えば, 違って, 附いて, 降って, 隨分お前ぢや, 静かな, 面喰らいました, 鞄に, 頂いたし, 頂きましたええ, 驚いたやう

▼ 品~ (296, 2.3%)

13 あつた 9 ござります 5 あつて 3 でも

2 [19件] あやまって, これは, ござりました, ござりましょう, それに, それを, どこの, はござりませぬ, よく乾い, 一と, 値段が, 家中の, 深川中で, 滅多には, 私に, 結構だ, 自慢の, 誰が, 間に

1 [228件] あっさりした, あつたの, あらう, あらうかといふ, あらねば, ある種, あんなの, いい, いずれも, いっぱいで, いっぱいに, いまでも, おじゃりますゆえ, おそらく仏具屋, お口当り, お崎, お幾ら, お相手, お露, かつて日常, きれいな, きれ味, このスタンド, この金入, これにつき, これも, これを, ござりまする, ござりますれ, ござりませう, ごぜえます, ごわすが, ごわせん, しかし叔父, しかも値, しかも月賦, しかも表, すらあった, ぜんたいが, そして沢山, そのうえ禍, そのほか, その女の子, その当時, その方, その美しい, それに何ん, そればかりか, だれでも, ちょいと, つまり人々, とりましても, とんだ背負物, ねがあがる, はあった, ひとの, ぽつんと部屋, また一番, まづかった, やはり迷信的, よいふくらみ, ようやく裏階段下, よかったであろう, わが邦, われわれの, インドへ, ゴム印組合に, サヴエート同盟の, バスケツトの, バランスを, フロックなど, 一, 一体なら, 一寸十両も, 一尾百円か, 一日自由に, 一時間余り喋り続けた, 一番数多く, 七円位では, 万能の, 三百両は, 上等品は, 上面に, 不当に, 両側が, 両親の, 中には, 中国人でさえも, 主として大病人, 主題は, 久しく出した, 五十両は, 五十兩は, 人は, 今は, 今日製造の, 何の, 何度と, 価値に, 便宜上自分自身, 充たされたリユツク・サツク, 全くの, 其価は, 内福らし, 出たん, 切れ味は, 割合に, 動植物の, 十八銭細かい, 博物館の, 台所に, 名は, 名高く嬶殿, 品の, 唐の, 商賣, 四十円も, 地上の, 垂れを, 壁画と, 外国人には, 夜中に, 大変心を, 大変金の, 奢侈品なる, 女中たちは, 奴隷としての, 如何にも巧み, 学名で, 宴に, 小さな物, 小野蘭山の, 席へ, 帯も, 平生扉の, 幾分の, 弟を, 弱めるという, 彩られて, 彫刻家は, 彼が, 彼らは, 彼方の, 後者は, 従つてぼろぼろに, 御器用, 御座ります, 忘れ得ないもの, 恐らく日本人, 悪い匂い, 感心する, 持主の, 断じて詩, 斯様な, 旦那様の, 明治初期の, 昔御, 昔豊太閤様から, 最も有名, 有ろう斯, 本当によい, 本当に発見, 本當, 桑港でも, 模様が, 欧米人の, 気長なく, 注意し, 洋間には, 済ませて, 測定した, 満ちた部屋, 煙管入や, 片口へ, 犬を, 犯人が, 猫の, 由緒ある, 町工場の, 病人と, 百円近くにも, 皇帝の, 真の, 知れたの, 秀郷の, 私は, 私共の, 私自身の, 立つ時, 組立てた器械, 置かれるべき場所, 羽を, 自分の, 若い芸妓, 若い藝妓, 葉を, 薬店などには, 蜂蜜を, 袷から, 親切な, 言えば, 試合が, 誰の, 販路の, 買いに, 質の, 通るもの, 部屋の, 醜いもの, 金蒔絵で, 金蒔繪で, 銭を, 長吉が, 間に合わす始末, 間に合わせて, 間に合わせること, 間に合わせるとして, 関税だけでも, 階下の, 預けたところ, 食事し, 飯皿と, 飲みはじめましたが, 飾られて, 高いから, 高価い, 高田だ, 鰻の

▼ 品~ (210, 1.6%)

10 ということ 65 からね, つたのです, といふ, と云う 4 からである, と思う, ね 3 から, から容易, が, がしかし, という

2 [14件] から脇差, か店中, がお, がどうしても, が中, そうで, そうです, つたのである, と, と思いました, と思います, と思っ, のを, わ

1 [119件] かそれ, かどう, からいい, からいくら, からきっと, からこの, からたんと, からついで, からで, からです, からともかく, からまだ, からみんな高価, からやらぬ, から一応, から五両, から五兩, から何, から内容, から十両, から十兩, から品物, から売れる, から外, から多く, から思い切っ, から気, から無理, から無論, から立ち上っ, から粗忽, から考, から誤解, から貧乏, から販路, から遠慮なく, から間違ひなん, から随分, から隨分借財, から餅菓子, かをよく, があれらの, がいかにも, がいったい, がこれ, がそれ, がただ, がとりかこまれ, がまた, がもっと, がニュース, が今日, が僕, が博物館あたり, が大金, が室生, が形, が日本酒, が犬, が私, が誰, が高屋市長, けれど, けれどついに, けれど岩瀬さん, これを, ぜ, ぜ時代, そうだ, そうである, そうでございます, つたに, つたので, つた千謝万謝, つた超現, つて言や, という名目, という話, といえましょう, といっ, といった, といわね, とかあるいは, とかいいました, とか富岡, とか美しく, とご, とされ, とすべきであった, とのこと, とは云われません, とは知らなかった, とほめそやし, と云, と云っ, と奥様, と思, と思った, と思はず, と思はない, と思ふ, と思わない, と申し, と答えた, と聞かされた, と言い, と言っ, と言った, なちょっと, などとは思はない, な相, の, のが, もんだ, んべ, 最近の, 業物らしい, 父子が, 生活の

▼ 品として~ (200, 1.6%)

3 人肉を 2 です, 何百頭かの, 工夫された, 相当の, 良人に, 門外漢に, 陳列され

1 [183件] あまり好まれませんでした, ある環境, おことづけ, かれら, きずの, きわめて優良, この塀, この石柱, これからぼく, さしつかえありませぬ, そういうもの, その持っ, それ自身持っ, つくったの, つまらないという, であって, では, どんなに大切, まき上げられて, まとめること, もちかえる, より価値的, ゐないばかりか, ガラスの, レーニンの, 万引の, 上流家庭に, 不完全だ, 不成功, 世に, 世界に, 仕入れられそれ, 他の, 作られた, 作られたもの, 作られるもの, 価の, 価値高く, 個人的に, 優れたもの, 其筋に, 内容と, 出来上ったもの, 出現した, 別に, 創りあげられるもの, 劣等な, 勝れて, 反文化的占有, 取り扱って, 取り扱われるの, 取扱はん事を, 可能な, 土佐へ, 売って, 売れたので, 外国人に, 多くの, 大昔から, 大量高価の, 好んで, 始めから, 存在した, 安全な, 客に, 対岸の, 将来は, 尊い価値, 尊重される, 小荷駄に, 届けたもの, 届けられたもの, 工風せられた, 師団へ, 当局との, 形造る, 役立たせること, 彼等の, 彼自身も, 従来から, 徳川の, 必要な, 恥ずかしくない, 意識的に, 愛玩されたらしい, 愛翫せらるる, 愛翫措く, 懇切に, 成上った, 成功し, 我日本へ, 手許に, 扱い一流化粧品店, 扱われるが, 批評し, 押収された, 持つて, 採集する, 描かなかつたであらうか, 摂取する, 撰ばれしや, 支払わせて, 数万金で, 整理され, 更に強い, 最も安価, 最も避, 有名な, 有望だ, 木部は, 梓に, 楽しむ場合, 歌麿広重の, 正しく解され, 死なねば, 残って, 求めたの, 没収され, 流行した, 浅井氏が, 淀橋署長を, 無線電話機が, 特色の, 珍重され, 現在に, 生産する, 用いられる場合, 用うる, 皆に, 知人の, 立體的に, 精撰いたしましたる, 素晴らしいもの, 終るであろう, 総ての, 繋留し, 置いて, 置かれて, 美術協会に, 老人の, 考うれ, 肥前一帯に, 脳を, 菅笠を, 行われて, 製作せられ, 見たる私, 見た場合, 見ても, 見るの, 見るべきであるならば, 見るよう, 見れば, 見んと, 見舞に, 観察しよう, 計り知られぬ, 読者の, 誰に, 諸国の, 貯蔵され, 買う, 買入れ何百兩, 贈られた, 輸入を, 輸出された, 鑑賞される, 鑑賞されれ, 鑑賞する, 鑑賞せらるべき, 鑑賞に, 鑑賞出来る, 陳列された, 陳列されるべき, 陳列せられ, 露人の, 非常に, 頼みを, 顧るべき, 飾られて, 馬関, 骨董品に, 高貴な

▼ 品さん~ (171, 1.3%)

4 が私 3 の方, はそんな, をさらった

2 [21件] から, が利助兄哥, が持っ, が男, が良い, が見えました, が跛, と一緒, にも少し, に相違, に見せよう, に見られたら, の前, の家, は, は大した, は尋常, への義理, も現場, をあの, を手

1 [116件] あつし達, あまり気, いらっしゃい, いらつし, おとつ, お品さん, お帰んなさい, か, からはそんな, が, がお, がせっかく, がそんな, が一年, が一年泊つて, が代っ, が來, が先刻, が可哀想ぢ, が可愛い, が思い付いた, が思ひ, が怪我, が折角, が来, が涙, が獨, が自分, が見えなくなった, が親父, が錢形, が飛込ん, こた何程, この中, この二三日, この鍵, これからお前さん, しばらくねえ, しばらく見張っ, だ大層, ですぜ, というもの, と八, と石原, と言, どうか探し出し, どうなすった, なら女, なら有るも, にひどい, にも來, にも来る, にわかる, にわかるでせう, に切っ, に判った, に手伝っ, に手傳つて貰つて, に死, に済まねえ, に済むめえ, に笑, に笑われる, に聞く, に苦労, に苦勞, に逢つたの, に頼まれる, のいい, のこと, のせゐに, の使ひで, の命, の手柄, の笊, の言葉, はしばらく, はどう, はどこ, はまた, は來, は家, は家中, は小舟町, は帰った, は悧巧, は手蹟, は昨夜, は来ません, は気性者, は浪花屋, は涙ぐん, は生れ付き目先, は自分の, は証拠固め, は證據固め, ほどの新造, もお, も可, も持て, も知っ, も知つて, よく判った, よく判つた, らしいな, をさらったら, をさらつたの, をつけ廻し, をどこ, を付け廻し, を見なかった, を附け廻し, ガラッ八, 少し聴きたい, 済まなかった, 行って

▼ 品では~ (159, 1.2%)

33 ない 12 ないが 8 ありません 6 ないの, なかった 5 ございません, ないと 4 あるが, なくて 3 ありませんか, ないか

2 [12件] あったが, ありませぬ, ないから, ないそれ, ないという, ないので, ないん, ない大連, なかつた, なく実, 問題が, 御座いません

1 [46件] あっても, ありましたが, ありませんが, ありませんと, ありませんどうぞ, あり一刻, あり得ない, あるまい, あるまいかと, あるらしい, ございません宅, ございません拾い物, ないおれ, ないかと, ないきっと, ないそこで, ないたぶん, ないよう, ないディレタント等, ない多分, ない実, なかったろうか, なかつたの, なかつたらうけれど, なくして, なくなること, なくまず, なくやはり, なく上等, なく五十四郡, なく会員中, なく往々, なく従って, なく貴重品, なく銭, なしに, わしを, ビステキと, 三が, 効果が, 御座いませんが, 料理の, 有ません, 有るが, 決してない, 無くこんな

▼ 品である~ (138, 1.1%)

7 ことを 4 がそれ 3 ということ, 事が, 所の

2 [11件] かどう, から宜, か勿論, がこれ, が故に, ことが, ことは, という, と云う, のを, 事を

1 [96件] か, かそれ, かに違い, かのよう, かはかつて, かも知れない, からあと, からその, からそれ, からである, からにはこれら, からには名, から信用上, から味, から大切, から衆人, から酒, かを知る, かを観察, かを読者, か否, が, がその他, がほどのよい, がまた, がマーシャル, が今日, が機械類, が殺され, が真珠, が米国, けれども本人, こともう, このマベ貝, さうで, すなわちいわゆる, すなわち学名, そうな, そして私, それが, ぞ, だけにその, と, という旧来, といっ, といふこと, といふ場合, とか云う, ところの, ところへ, とすれ, とともに京師方, とは言, とは言えない, と信じ, と分ります, と同時に, と嘲られる, と威張つ, と彼等, などと見物, にし, に拘わらず, のでそれ, ので足りない, やうに, やらそんな, ように, よりも著者, わけで, アスパラガスを, スケッチ帳と, トランクを, トンビは, ピストルを, ヤマヨモギ, 事, 事に, 以上には, 古新聞再生, 同性愛である, 哲学物, 必要は, 新調する, 樟脳に, 樟脳は, 烏天狗や, 画報に, 真名女は, 筈の, 舞妓の, 若い人, 薪は, 錦の, 長崎ものは, 食物までを

▼ 品~ (132, 1.0%)

53 と一緒, の顏, は何

2 [31件] が佐渡屋, が好き, だけで, でした, でなければ, と平次, と甥, と直次郎, の人柄, の剃刀, の前, の外, の強かさ, の本心, の物, の表情, の評判, はお茶, はさすが, はつく, は一生懸命, は世間並, は埋み火, は少し, は平次, は店, は立派, は血, は跣足, をどう, を縁側

1 [56件] がしこたま, がせつ, が傍, が嫌, が寒空, が御新造, が念入り, だらう, です, でなきや, ではあるまい, ではなかつた, といふ十六, とか言, と來, と内儀, と娶合せる, と婚, と来たら, と間違, にきく, には少し, に惚れき, に惚れ切っ, に間違, に首, の打ち萎れる, の方, の肩, の蒼い, の顔, はあまり, はあわて, はた, はたった, はたつた, はもう, は前, は十六, は嫁, は感激, は漸く, は私, は縛っ, は縛つて, は賢, は間違, は顏, も變, も阿倍川町, を嫌っ, を嫌つて, を隣, を隣り, 彌八, 待てツ

▼ 品~ (128, 1.0%)

4 外国品を 3 奢侈品を, 愉楽品を 2 さんで, 愉楽品は, 日記などを

1 [112件] あずかり品, お品, お篠, かにし, かに踊っ, かに踊り続けた, きれいな, ぜいたく品を, そのほか, その製作, ということ, アフリカの, チヨコレートや, パンなど, ビタミンを, ポアイエの, モール人ダヴァネや, 乃至は, 仏蘭西旧, 佐賀城の, 何かが, 何かは, 何かを, 便宜品と, 便宜品を, 修繕に, 写本などの, 化粧品が, 化粧品を, 参考品が, 器具や, 器具を, 売薬と, 売薬の, 外国貨物に, 外国貨物を, 天幕なんぞを, 好奇心を, 学問芸術宗教の, 完全な, 宝石ばかり, 宝石を, 屍体は, 御法度の, 思いま, 思いますので, 愉楽品が, 愉楽品に, 愉楽品に対し, 愉楽品に関する, 愉楽品の, 技術や, 指令が, 文学書の, 文房具の, 新しいどっしり, 新聞雑誌の, 時計や, 書物を, 書籍が, 材料などの, 束照公御墨付が, 東照公御, 柄が, 棺桶の, 機械や, 武器が, 歴史に, 毛髪を, 煙草の, 爪磨き粉や, 特産品によって, 独逸品との, 異国趣味の, 看護婦の, 真珠の, 知識やが, 石油ランプナイフフォークスプーン等を, 私の, 種々の, 米を, 絵画彫刻に, 美しい人, 羽織までも, 育ちを, 草花の, 荒物や, 菓子や, 衣類を, 被服は, 装身具などを, 装飾品に, 見切品, 見物きき, 象徴物の, 贅沢に, 身なりから, 追従品でない, 逋税を, 道具が, 遠足の, 酒の, 酒類の, 重要な, 金銀を, 金銀細工を, 鋼鉄が, 鏡や, 雑貨を, 食物の, 馬車や, 骨董品が

▼ 品よく~ (95, 0.7%)

2 結って, 苦笑し, 落着い, 見えた

1 [87件] あしらった, いえば, うたつて, おかみの, おきれい, おつと, お品, お辞儀を, きちんとし, ことばを, したよう, して, とお, ない女, ひかえ目, みえたが, みえたこと, もう少し正直, もの靜, よりかかって, ピッタリと, 住みなされた山荘, 住んで, 凭れかかる術, 出来上って, 分けて, 刻み込み太陽, 和やかに, 咲かせ庭, 咲こうなどとは, 四方山の, 大どころ, 大事に, 奥深さ, 客に, 座って, 引立った, 張った葉, 微笑む, 応じた, 思われた, 或は露わに, 抱き合って, 控えて, 揃ったやさしい, 昔の, 晒された老人たち, 書かれて, 朱の, 松樹に, 柔らかい魅力, 構へ, 澄ましたあと, 澄み切った美, 澄んで, 甘美な, 眼は, 礼儀に, 穩かな, 端坐し, 笑った, 笑ひ, 繁って, 聞こえた, 艶な, 蔽うて, 蔽ふてゐる, 見えて, 見えるだらうし, 見せて, 見せては, 見物し, 見飽きないお, 言う効果, 言えば, 貴女の, 避けて, 重ねた, 重ねたきり, 静かに, 顔を, 風に, 飼うこと, 飾った部屋, 飾り姫君, 高尚と, 黙って

▼ 品でも~ (91, 0.7%)

3 あった 2 あり紛失, ある, あるの, うずめて, ございません, ないもの, なかった

1 [74件] あったの, ありは, ありませんから, あるかの, あれば, あろうか, いいと, おますさかいにな, ござらぬ, しかしいま, したつもり, じぶん, その供給, たりなければ, どしどし製造, ない, ないかと, ないけれど, ないし, ないと, ないので, ない男持, なかつたの, なく主として, なく常用栄養品, なければ, なさそう, ぶら下げて, もっとわれ, わけなくぬすみだすに, わるいと, ピースや, 一応は, 一飯の, 不足し, 中村屋の, 人間の, 仕上げたよう, 仕入れるとか, 何でも, 使いよう, 使用する, 優しみ, 出たの, 千両二千両ッてんで, 即座に, 取扱うよう, 喜んで, 喰い次第, 売りに, 売る所, 好いから, 彼らの, 御座いましょうか, 所謂縄文式の, 扱うよう, 日常の, 日本の, 楽書は, 残って, 毛糸でも, 民藝的な, 發掘者の, 破壊力でも, 私の, 絶えずながめ, 縮緬の, 自分で, 自分に, 自己弁護でない, 貰つた, 賣る所, 質の, 送って

▼ 品~ (88, 0.7%)

20 んだ 12 のです 11 のである 9 のだ 5 んです 3 のでございます 2

1 [26件] のか, のさ, のだろう, のであった, のであらう, のであろう, のでこの, のでございました, のでたしか, のでどうして, のでみんな, ので多く, ので彼, ので捜し, ので捨てる, のにね, のに気附, のを, んださう, んださうで, んで, んでございます, んでそれ, んで御座いましょう, 物を, 茶塗りの

▼ 品には~ (78, 0.6%)

3 相違ありません 2 父に, 違いない

1 [71件] あるの, いささかも, いるもの, およそ二, かえって活, このくらい, このとおり紅糸, この自動車, これが, して, そのいずれ, それが, それぞれ特異の, それに, ちがいない, なって, ならない, ならないが, なりません, まだならない, まだ割切れない, まれに, むしろ退歩, ガラスの, チョコレート果物ビスケットドライミルクその他の, 一つの, 一指も, 三車の, 不思議に, 争って, 二重咲き花白花淡, 人間的な, 似た匂い, 余り傑作, 作為が, 使いたいもの, 公定価格が, 出逢, 在銘の, 売れるだけの, 大変珍しい, 妖気が, 工芸品として, 床の, 手を, 最初から, 材料や, 根形が, 母の, 比較的関係, 決してこの, 目と, 目を, 相当逸品, 相違ない, 確かに, 社名が, 絹糸油金銀それと, 與吉が, 花色に, 見出せません, 見当らないの, 遊びが, 違いあるまい, 違いなかった, 違ひあるまい, 釈尊が, 金庫を, 金鐶といふ, 非常に, 餘程の

▼ 品です~ (75, 0.6%)

106 から, が 4 か, からね 32 からお, から植惣, がその, がそれ, よ柄

1 [32件] からこの, からただ, からよく, から奥様, から暫時警察, から正札, から特別, から覚え, から長, から間違, から間違い, から頂戴, がまだ, が今, が内儀さん, が悪い, が気象, が氣象, が水, が鶏肉, け, けれども作りかた, それが, ぞ隊長殿, ねあれ, ね丹波様, ね先生, もの, ものね, もの売れない, よ親分, わ今年

▼ 品~ (67, 0.5%)

4 を開い 2 があった, がその, の陳列窓, の飾窓

1 [55件] から売り出され, から売出し前, から証拠, があります, がならん, だったから, だつた, だという, であるけれど, では早朝, で人, で働き抜いた, で兼康, で見つけた, で買物, とかビーコン, とか洋品店, とみえ, とキャバレー, と呉服屋, などのある, などをむす, なりの名前, につとめる, になっ, にはあざやか, に出掛け, に急用, に行った, のまんなか, のもの, の主人, の冷凍魚, の前, の商品, の幅, の御用, の蔓バラ模様, はスワンソン夫人, は夜, へと取った, へよっ, へ入っ, へ出かけ, へ勤める, へ連れ, へ食パン, や受酒屋, や絵葉書店, よ, よりも貧弱, を神田, を素通り, を開いた, 或は砂糖屋

▼ 品に対する~ (58, 0.5%)

14 租税は 3 より大 2 あらゆる租税, すべての, 情緒が, 需要を

1 [33件] ある租税, きわめて有力, それを, とき人は, ような, われわれの, 他の, 労働階級の, 嗜好を, 心ゆかし, 愛着と, 支出の, 支配力の, 時の, 欲望には, 欲望は, 決定的な, 決定的により, 無私な, 租税から, 租税と, 租税に, 租税に関しては, 租税を, 考えの, 要求が, 言葉な, 貧乏人の, 軽蔑が, 関税は, 需要の, 需要は, 需要よりも

▼ 品~ (56, 0.4%)

3 の父親, はその 2 の実父, の母親

1 [46件] がお, がタッタ一人, がドンナ身の上, が二十年前, が外国, が横たわっ, が生れる, が白い, が聞きます, だと, とお, と僕, と在る, と添寝, のため, の一生, の右腕, の奴, の態度, の手, の気もち, の父, の真剣, の血色, はいかにも, はそうした, はたしかに, はほんとう, はやはり, はコンナ事, はニッコリ, は一瞬間, は両, は何かしらジッ, は作りつけ, は依然として, は僕, は別, は白い, は親, も亦, も新規, を殺さない, を生み落した, を見棄てる, を見殺し

▼ 品ばかり~ (49, 0.4%)

8 では 5 である 2 それに, であった, でした, です, でなくほん物, 並べて

1 [24件] あつめて, いろいろならべ, じゃ, だ, だから, だった, だつた, でご, ですし, ですわ, でなく田舎, で手拭いかけ, で物, で自分, ねらうの, ねらって, 人形町その他の, 売って, 売るという, 揃えて, 狙って, 私設博物館と, 集めて, 食べて

▼ 品という~ (44, 0.3%)

10 のは 3 ものは, ような 2 のも, ものが

1 [24件] ことで, ことに, ことは, のが, わけで, わけに, 中年の, 位にしか, 位の, 具合に, 名目で, 名義で, 女が, 女傑と, 女美しい, 娘が, 所持品を, 方が, 条件で, 石摺の, 経文の, 聯想を, 貴重品は, 贅沢品が

▼ 品及び~ (42, 0.3%)

4 享楽品の, 便宜品に対する 3 奢侈品の, 愉楽品の 2 必要品の

1 [26件] その他の, その編纂目録, 享楽品から, 享楽品に, 享楽品に対して, 享楽品に対する, 享楽品より, 享楽品を, 便利品は, 便宜品の, 労働から, 労働の, 労賃に対する, 奢侈品と, 娯楽品, 娯楽品を, 必要品を, 愉楽品に対し, 愉楽品に対する, 愉楽品を, 慣用的便宜品が, 精製原料品の, 装飾品, 装飾品に対する, 輸入品の, 高価品である

▼ 品としての~ (41, 0.3%)

2 古陶磁, 意義を, 美を, 資格を

1 [33件] この歌, 価値が, 価値は, 価値を, 価値以上に, 値は, 取扱を, 品格が, 威厳を, 実用性実質を, 意味から, 感じには, 懸け額, 書籍, 歌に, 消閑慰安の, 潤いの, 潤いは, 玉の, 統一が, 絵画は, 美も, 聯想が, 茶器食器あるいは, 見地から, 貧乏徳利には, 陶器が, 陶磁器に対する, 陶磁器は, 陶磁器や, 陶磁器製作の, 雑魚図譜には, 魚の

▼ 品~ (41, 0.3%)

2 や銀行屋

1 [39件] から下駄屋, から罎, が出来, が在り, だの, だの印判屋, でユロ男爵, で何, で水, で買った, などに壜詰, にちようど, にブラック, に売つ, に言, の主人, の伜, の前, の子供, の小僧, の店, の店先, の店頭, の店頭人形, の特製, の番頭, の註文取り, は彼女達, は防火扉, へ, へ入っ, へ行っ, へ連れ, も腸詰屋, や下駄屋, を出し, を出した, 古売薬屋, 要するに彼女達

▼ 品~ (39, 0.3%)

2 はりたる, 何かの

1 [35件] きみが, ずが, ずを, そうでない, どうか, どうかは, はるだ, はるとは, まるで見, 三品あれ, 三品の, 三品取っ, 五品食べた, 何かを, 何ぞの, 何を, 分らない金具, 判らなきゃどこ, 判らなきや, 又は何國, 名槍, 四品, 存じて, 將た, 御用金一万二千両, 持出した品, 武器の, 知ら, 自然物か, 舶来物か, 裝飾品か, 誰かを, 貴顕の, 金で, 食う

▼ 品から~ (38, 0.3%)

2 聞いたが

1 [36件] お八つの, 一つ時も, 一心に勘次, 下は, 下級品へ, 乃至は, 二三四等品まで, 修理道具までも, 倉地の, 先に, 判断する, 区別する, 受ける何, 受ける様, 吾, 品へと, 壁や, 少し離れ, 成って, 成る, 成るその, 成るならば, 成る収入, 推察し, 推測し得る, 発し後者, 私が, 私達が, 考えても, 色々美しい, 見ても, 見ますと, 見ると, 遠ざかって, 雑貨類すべてを, 離れました

▼ 品たる~ (37, 0.3%)

3 こと 2 ことに, 平和な, 皮革の

1 [28件] か未だ, がご, ことが, ことと, こととは, ことは, とを問わず, に論, のみに非ら, や知るべきである, を免, を失はない, を知らざる, 事を, 君と, 商売道具の, 地位から, 安もの, 家賃を, 少年奴隷の, 廉価な, 約束に, 編集物が, 美術や, 茶器の, 運命を, 限りに, 面影が

▼ 品とは~ (33, 0.3%)

2 信じ得る品

1 [31件] いい難い, いうものの, いえ画面, いかなるもの, これほどの, ちがいこれ, ちがいその, どだい物, ならないわけ, なりかねますが, なんでございます, まるで別物, ゆかない, 云い難い, 佐吉も, 何かしら見かけも, 即ち画面, 品が, 大いに大き, 思われないので, 性質が, 明かに, 異なったもの, 知らずに, 考えて, 能く, 言へ, 言われないもの, 較べもの, 違い当家伝来, 違って

▼ 品じゃ~ (30, 0.2%)

4 ない 3 ねえん 2 ありませんか, ないん

1 [19件] ありません, ありませんから, ありませんが, かたみに上げる, かような, ございません, ございませんか, ございませんヘエー, ございません玩具, ごわせん, ないでしょう, ないので, ないんで, ねえよう, ろうと, 可笑しくは, 役に立たないの, 置いて, 袋と

▼ 品としては~ (30, 0.2%)

2 すぐれた作品, アイスアックス以外に, 立派な

1 [24件] いわゆる, かつて鋼駝坊蔵品中, かなり珍重, これほど, これらの, さしたるもの, むしろ二次的, 三十六年三月十九日に, 与えられて, 使ひものに, 出刃庖丁の, 出色の, 切り昆布と, 十分過ぎる, 単語集と, 差支えないの, 年々目先が, 意味の, 確かに, 羅紗キャラコ真鍮の, 聖書, 肥後来民の, 青森県史編纂員中道等君の, 高いクラス

▼ 品にも~ (26, 0.2%)

1 [26件] いろいろあります, これだけの, それに, ならないの, ぼんやりした, よること, ピンから, 何か, 個性が, 優りて, 可愛らしさ, 右に, 多くの, 大名物格, 封印は, 左程, 手を, 手間ヒマが, 札を, 比肩出来る, 署名する, 美しいもの, 美しい好み, 触れなかったこと, 説かれて, 飛鳥の

▼ 品であり~ (25, 0.2%)

1 [25件] かつ廉価, その記念帳, それは, ながら廃っ, また別, また斑入り, また正当, また芸術品, めったに雑人, 且つ味噌そのもの, 価格でも, 勤労階級の, 医者の, 又金助, 場所が, 彼の, 推理小説の, 数も, 最も正統的, 着衣であり, 絶えまなく, 複製品であっ, 要は器, 貴重品です, 銀は

▼ 品もの~ (25, 0.2%)

2 がある, というの, と云つたの

1 [19件] がそのまま, だ, だつた, でも, で間, のよう, の出る, はありません, はみんな, よりも小, をとりだし, をながめ, を下さり, を手, を段々, を発奮, ニて, ニても, ハ中島作に

▼ 品~ (24, 0.2%)

8 やない 6 やありません 3 やございません 2 や, やねえ 1 やによつ, やね, や御座いません

▼ 品であった~ (24, 0.2%)

2 ことを

1 [22件] かなかっ, からこそ, からこそ意識, からじゃ, から女, がその後, が形見, けれど極めて, ことが, ことに, ことも, こと時代離れの, しその, ために, に相違, のが, のだ, ので時, ので素子, のに伊東, 事は, 民藝品に

▼ 品なら~ (23, 0.2%)

1 [23件] この品, これ一つだけ, そのま, その時, それで, どれほどでも, ばお, ばかく, ばなるべく, ば打っちゃった, ば疑わしく, まだしも飛騨高山産, め, んか, モット前に, 一圓八十錢と, 俺も, 命を, 岡っ, 岡つ, 文句は, 縹緻なら, 誰にも

▼ 品らしい~ (22, 0.2%)

2 ものを

1 [20件] が一体中, が今, きたならしく蝋涙, この指輪, これも, という話, ところが, ものが, ものは, りっぱな, んです, ソフト帽が, 何かを, 何物も, 何物をも, 白大理石の, 粗末な, 素敵な, 紫地の, 陶器武器家具の

▼ 品でございます~ (21, 0.2%)

32 か, よ, よ旦那

1 [12件] から持っ, が, がじつは, がせっかく, が余, けれど真, こと, と誉め, へエ, ものです, ゆえて, ヘエ

▼ 品よりも~ (21, 0.2%)

1 [21件] かえって無銘品, この墨蹟, もっと多く, よろこんで, われら子供時代の, ズット芳香の, 半分は, 品が, 寧ろ芸術品, 尊いもの, 尊い宝, 常に内容, 支那の, 是等の, 沖縄自身の, 真実に, 穀物の, 美しいもの, 遥かに, 面白い事, 高価に

▼ 品~ (21, 0.2%)

3 の最も

1 [18件] から最も, その最も, にてその, には袁紹, には頗る, にもない, にも二個, に在り, に存, に岩代国某地, のそれぞれ, の一級品, の一要素, の大, の悪, の折鞄, の第, 最も売

▼ 品~ (21, 0.2%)

5 二十五 3 二十五を, 十六 2 十六自我得仏来所経諸劫数無量百千万億載阿僧祇, 卅九 1 一体質から, 二, 二の, 五偈の, 十二, 十六自我得仏来所経諸

▼ 品なれ~ (20, 0.2%)

2 ばなり

1 [18件] どお前, どもその, ども其方, ど今, ど新, ばふし, ば主人, ば何, ば君, ば失ひ, ば家臣ども, ば少し, ば御, ば紛失, ば説明, ば貴, ば費用, 共金の

▼ 品右衛門爺さん~ (20, 0.2%)

1 [20件] がある, が同行, が案内, が蕎麦餅, が行っ, が鉄砲, でありました, であること, であろうと, でございました, というの, に先, に挨拶, の背中, の行く, はそうして, は越中, も我々, や久助さん, を先導

▼ 品だった~ (19, 0.1%)

6 のです

1 [13件] かもしれない, からです, から乱世, がかれ, が美代子, けど, のかと, のである, のでご, ものか, んで, 妹の, 石鹸を

▼ 品との~ (18, 0.1%)

2 義で, 間には

1 [14件] または特殊, 一致を, 世間の, 二人で, 価格は, 区別が, 外には, 大半とを, 妥協であった, 性質を, 意味に, 義です, 製造という, 間に

▼ 品とを~ (18, 0.1%)

1 [18件] あらせて, もたなければ, もつて, 上へ, 仏蘭西人の, 入れて, 公開し, 具へ, 吟味する, 手に, 持つて, 携へて, 春日新九郎に, 比べて, 積みこめば, 背負い鼻, 見くらべて, 護りつ

▼ 品さだめ~ (17, 0.1%)

5 をし 2 をした 1 で鶏, との軽, なんかし, に通, までした, をおっしゃい, をしました, をする, をやっ, を味わい

▼ 品より~ (16, 0.1%)

1 [16件] こっちが, どんなによい, わるいので, 三割方だけ, 世間に, 他は, 以外に, 喜んで, 多くは, 始末の, 少しザラザラします, 従五品下までの, 成ると, 文房具の, 自然に, 貴重品への

▼ 品だけは~ (15, 0.1%)

2 取り上げなければ

1 [13件] いつでも, せめてお, どうしても出し, もっとあと, やはり気長, 入れて, 姫が, 安い値, 忽ちの, 携えて, 母屋の, 深く蔵, 筋の

▼ 品だけを~ (15, 0.1%)

2 使用し, 容れるため

1 [11件] あげた, おっしゃって, かくせば, ケースから, 与えて, 問題に, 扱う道, 盗って, 行李一つに, 返して, 部屋へ

▼ 品とか~ (15, 0.1%)

1 [15件] いただけしか, いた新聞紙, それらの, で安政, 云う様, 何とかした, 何とかしとい, 宝石とかに, 気位とか, 気韻とか, 自動車だ, 金銭なら, 頂いたもの, 食物に, 骨董品とかを

▼ 品など~ (15, 0.1%)

1 [15件] あろう筈, いふべき限, おもだった得意先四軒, であった, どの片隅, はさほど, また見事, 並べた小綺麗, 乱雑に, 五十円百円の, 極めて立派, 調べて, 買うもの, 質に, 農民芸術として

▼ 品などを~ (14, 0.1%)

1 [14件] こしらえるので, 作つて妙に, 作るのに, 商売し, 携え沙漠, 整理しよう, 焼きつくしたうえ, 秘密に, 積込む, 見て, 誦して, 身に, 輸出し, 馬の背に

▼ 品なる~ (14, 0.1%)

2 ものは

1 [12件] がため, が斯程, こといわず, ものの, やと尋ねけれ, を免, ブランデーを, 事判明, 刀剣は, 彼岸ザクラの, 故之, 由に

▼ 品だけ~ (13, 0.1%)

2 であるから, では 1 しか買つ, であと, で風呂敷包, 別に, 持った石田清左衛門, 持って, 持つた石田清左衞門, 海に, 選んで

▼ 品であっ~ (13, 0.1%)

1 [13件] てはという懸念, てみれ, ても一向に, ても制作, ても明治, ても百万長者, てよい, て味, て普通, て決して, て真, て私, て美術的意識

▼ 品であろう~ (13, 0.1%)

1 [13件] か私達, が自分, けれど恐ろし恐ろし, ということ, とこの, とすべて, となかろ, とまたは, とよしや, と何, と奢侈品, と思われる, 本物の

▼ 品とが~ (13, 0.1%)

3 あって 1 あったの, あるが, あれば, もつれるよう, 奇妙に, 柔かに, 源三郎の, 糸の, 輸出され, 配達され

▼ 品に対して~ (13, 0.1%)

1 [13件] あるより, この種, この言葉, そういう手当, そんな下劣, 一体東京方面の, 何等かの, 兄の, 君ヶ代ランの, 嗜好を, 正確に, 自分が, 騰貴せる

▼ 品まで~ (13, 0.1%)

2 調べました

1 [11件] あるつい, おめおめ賊, わるし, 作って, 取りかわして, 取扱って, 多く売れ, 残って, 考えといたのよ, 自分の, 賜わり御

▼ 品よき~ (13, 0.1%)

1 [13件] かの國, に銀, 丸髷に, 公達が, 女奥の, 女房おくれ, 婦人目病ま, 影の, 生質, 習わしと, 英国紳士十五六人四五人づつ横の, 装飾, 髷の

▼ 品吉さん~ (13, 0.1%)

2 か二番目, があの, でございます, の人柄, は少し, は良い 1 などが來

▼ 品~ (13, 0.1%)

1 [13件] が賤民, で御座います, とかいうべき, とかにゐられたさうで, として取り残され, と謂われた, などを訪問, につとめ, には日本刀, にまわっ, の一役, は捜索, を通りぬける

▼ 品なり~ (12, 0.1%)

2 茲に 1 しとの, 今再びこれをなんじに, 先生此御杖は, 共今, 其方如何し, 是非共受出す, 自動車なり, 衣服なり, 金を, 顔なりが

▼ 品~ (12, 0.1%)

1 [12件] ロシアの, 云った, 指でも, 木くらげの, 目で, 相談し, 移して, 移った時, 移つて來た, 聞かせた, 苦笑し, 遣つた

▼ 品~ (12, 0.1%)

2 して 1 されては, し世尊寺, するに際しては, するの, するもの, する必要, とくる, に際しては全然, のよう, を受けた

▼ 品といふ~ (11, 0.1%)

3 のは 1 ことは, ことも, ものが, ものを, やうな, 一巻を, 美しいの, 風に

▼ 品などは~ (11, 0.1%)

2 羽搏も 1 どうされた, 一々袋, 不屆, 全部戦災で, 宮の, 石油缶が, 莫大な, 適当でない, 隠蔽した

▼ 品について~ (11, 0.1%)

1 [11件] これ以上くわしい, それぞれの, たった今しがた, 一々叮嚀, 二言三言口を, 云えば, 手輕に, 秩父の, 論じ合い受けて, 述べますが, 長々しく

▼ 品をも~ (11, 0.1%)

1 [11件] お預, ことごとくその, なほ世俗的な, 作り得るから, 取りそろえつつ, 受けぬやう, 持たなかったが, 携へて, 聯想せしめない, 贈ること, 造り置く事

▼ 品ある~ (10, 0.1%)

1 か碌, としてこれ, のみである, 匂ひこぼるるごとし, 大部の, 目で, 莫し, 面面の, 顔に, 顔を

▼ 品であります~ (10, 0.1%)

1 か, からその, からどこ, から張り, から民藝, が, が形, が撫川, が織, ゆえ誰も

▼ 品とも~ (10, 0.1%)

2 紙だ 1 いうべきもの, いうべき程, いえましょう, なりあるいは, なるから, なれば, 思はずあと, 違って

▼ 品によって~ (10, 0.1%)

1 あなたに, なされて, 作り出される労働, 判断しなけれ, 変化を, 外国から, 山野夫人が, 樹皮の, 疑うべくも, 解決しよう

▼ 品への~ (10, 0.1%)

1 信頼だ, 全き, 投資者を, 支出から, 眼をこそ, 着眼は, 認識である, 認識でなけれ, 転向である, 関係が

▼ 品~ (10, 0.1%)

1 だけをひろげ, などはなく, の中, の貼つけ, は一つトランク, を拈転, を拈轉つて, を拝見, を見, を見上げ

▼ 品~ (10, 0.1%)

1 が並べ, と吸取, の名, の國外輸出, の店, は大抵, よきもの, より家屋, を革命十年後, 多シ野生シテ辛味ナク食用ニ

▼ 品でない~ (9, 0.1%)

2 とすれ 1 ことを, だけそれだけ, といふこと, といわれる, のを, もの即ち, もの生活品の

▼ 品などが~ (9, 0.1%)

1 いっぱい並ん, たくさんならべ, 並べてあつ, 何の, 半分ばかり, 好きであった, 皆灰, 目に, 自分の

▼ 品などの~ (9, 0.1%)

1 ことに, ほかに, ストックを, 写真を, 前では, 商品類も, 散らかつた, 記述に, 鑑定には

▼ 品により~ (9, 0.1%)

3 帯刀苗字も 1 けりとき, まさ, 二分から, 多くの, 本籍並びに, 相手により

▼ 品ばかりを~ (9, 0.1%)

1 せせって, ねらうふしぎ, ねらって, 列べて, 列べる所, 商う暗く, 心配し, 言つたのである, 陳列する

▼ 品~ (9, 0.1%)

2 さが, さで 1 ささうに, さそうに, さなどは, さに, さ憂わし

▼ 品以上~ (9, 0.1%)

3 の貴族 1 だわ, に, に出でなかったであろう, に及び, に用, の官長

▼ 品夫さん~ (9, 0.1%)

4 のお父さん 1 のお, の復讐論, の戸籍謄本, は実, は矢張り

▼ 品~ (9, 0.1%)

3 の天皇, の眞若 1 の, の御世, の日

▼ 品あり~ (8, 0.1%)

1 と, アリバイなし, 不器用なる, 別に白粉下, 武功の, 血あり, 衣兜に, 見識あり

▼ 品かの~ (8, 0.1%)

2 藥品が 1 ご馳走が, 夜食を, 料理が, 菜汁に, 酒肴を, 食品を

▼ 品ずつ~ (8, 0.1%)

1 ならべられて, 中川君の, 取寄せて, 多い, 形見が, 持ち寄るという, 海の, 舟べりから

▼ 品でなく~ (8, 0.1%)

1 てすべて, てはこの, て何, ば其の, ば売れ, ば選ぶ, 広重の, 礼拝の

▼ 品にて~ (8, 0.1%)

1 其子分なる, 切害致せ, 又手紙, 小なる, 居ながら, 常々肌身放さず, 我家には, 菊池寛氏と

▼ 品を以て~ (8, 0.1%)

2 偶ま 1 これが, す, 個人の, 営業を, 弁ずべし, 諸方からの

▼ 品~ (8, 0.1%)

1 だと, であつ, でこれから, ですが, となった, とは日本, と成つたの, にてお

▼ 品~ (8, 0.1%)

1 かえし下されまするよう折, 使用の, 入念痛入, 恵投大に, 戻しを, 手なら, 菜を, 贈り下されありがたく

▼ 品殿~ (8, 0.1%)

1 が, がはいっ, が伊豆守, が松本伊豆守, が田沼侯, とままごと, はやつれ, をお

▼ 品~ (8, 0.1%)

2 が出や 1 が出た, が多く, だつた, っていました, は, は午後

▼ 品~ (8, 0.1%)

2 なもの 1 なパリー人, な價, な性格, な琴, な置き物, のもの

▼ 品調べ~ (8, 0.1%)

2 があり, にかかっ, を待たず 1 はそんな, をし

▼ 品がわり~ (7, 0.1%)

1 ができた, だけをケンズイ, ともいっ, には水, の一つ, の食い物, は家

▼ 品さえ~ (7, 0.1%)

1 あり卑しい, なかった, よけりゃ買う, 一つや, 備わって, 割愛した, 拒否され

▼ 品~ (7, 0.1%)

1 て皮膚, て遊ん, 此處に, 炭を, 画を, 紅を, 馬に

▼ 品たり~ (7, 0.1%)

1 とも在っ, とも連累, 奢侈品たる, 得ざる人, 得たごとく唐風, 得ないという, 得るという

▼ 品だろう~ (7, 0.1%)

2 か, と思う 1 じゃない, と思っ, ね

▼ 品と共に~ (7, 0.1%)

2 秘蔵し 1 いずれを, やがて堀秀政, 一切の, 土地の, 根岸の

▼ 品ばかりが~ (7, 0.1%)

2 美しいの 1 一頻りけいず, 大切だ, 眼について, 陳列し, 集めて

▼ 品らしく~ (7, 0.1%)

2 二三十年前江戸で, 脂が 1 一巻の, 文字は, 模造し出した

▼ 品~ (7, 0.1%)

1 トリ出ス, 持ッテ来マシタ, 掘リニ出掛ケタ人モ, 攫ムニ至ル, 煮之, 見出セリ, 記ス

▼ 品三品~ (7, 0.1%)

1 ずつ取寄せ, 並べて, 持って, 持つて, 盗み出して, 見つくらつたもの, 軽いもの

▼ 品不足~ (7, 0.1%)

21 でさ, ですから, でキャベジ, で争つて安南漆, はひどく

▼ 品~ (7, 0.1%)

2 が入口 1 の饗応, の饗應, も写真機, をかれ, を見ました

▼ 品好く~ (7, 0.1%)

2 派手に 1 徐に歩み降る, 本筋である, 痩ぎす, 頸へ, 飾られた食卓

▼ 品~ (7, 0.1%)

1 がその, などのある, にいました, の中, の片隅, も彼, をもたない

▼ 品展覧会~ (7, 0.1%)

1 が上野竹の台, が行われ, で知っ, に出品, に自分, の雪, を催す

▼ 品工場~ (7, 0.1%)

2 なので 1 ということ, などでは人, ならどこ, の事務員, は是非必要

▼ 品製造~ (7, 0.1%)

1 で大小, などが最も, に関係, のため, の仕事, の某, への緊張

▼ 品~ (6, 0.0%)

1 まんまは, めえ, 十夜って, 慰めにと, 玄関へ, 預かりなさって

▼ 品かと~ (6, 0.0%)

2 思はれる彫刻 1 半七, 好奇心で, 察しられた, 思われるほど

▼ 品しか~ (6, 0.0%)

1 なかった, 取扱わない, 私に, 見た事, 許されぬという, 購買し得ない

▼ 品それ~ (6, 0.0%)

1 とこの, に二十四組, は人品, は最も, をあの, を高麗村

▼ 品だけに~ (6, 0.0%)

1 かえって不安, したの, しつとり, 価格も, 実に結構, 見るから

▼ 品だって~ (6, 0.0%)

1 けっしてくだらな, やはり調べ, 三四点ある, 云いましたよ, 価が, 相当の

▼ 品に対し~ (6, 0.0%)

2 決定的な 1 一層不当, 一番沢山金を, 工藝品は, 騰貴せる

▼ 品までも~ (6, 0.0%)

1 さし出して, たんねんに, なげだしにか, みんな奪っ, 何が, 用意し

▼ 品一切~ (6, 0.0%)

1 の繁雑さ, は善作, をもって隊本部, を強要, を携え, 売るところ

▼ 品右衛門~ (6, 0.0%)

1 が背中, と久助, の名, の話, は早速, も嘉門次

▼ 品売場~ (6, 0.0%)

1 から出, で安い, などといふ大, にて明朝, の売子, ばかり

▼ 品からは~ (5, 0.0%)

1 世の中に, 催眠薬は, 儲けが, 嗜好的な, 糊に

▼ 品この~ (5, 0.0%)

1 ように, 二つは, 品に関して, 小壺, 精神から

▼ 品する~ (5, 0.0%)

2 の談 1 は只三杯, ものも, 人の

▼ 品だの~ (5, 0.0%)

1 これで, 先生の, 奉書に, 自鳴, 雑嚢だ

▼ 品でござる~ (5, 0.0%)

1 か越州殿, がこの, が何, が形見, ゆえ下手人を

▼ 品なども~ (5, 0.0%)

1 あって, きわめてりっぱ, 余程買い整えた, 十分に, 見えないし

▼ 品のみ~ (5, 0.0%)

1 うずたかく製造, でなく立派, ならず他, ならん, なり内

▼ 品ばかりの~ (5, 0.0%)

1 店も, 所である, 時節に, 皿と, 買物にて

▼ 品をば~ (5, 0.0%)

1 だいなし, ちよろまかされぬ, 全てこの, 嫡男の, 選んで

▼ 品~ (5, 0.0%)

1 が中, が大中太夫, が朝請太夫, が正, の位

▼ 品~ (5, 0.0%)

1 と同一, の事務員, の娘, の店員, の息子

▼ 品必要品~ (5, 0.0%)

1 について云え, に対するあらゆる, を与える, を輸入, を輸出

▼ 品持っ~ (5, 0.0%)

2 て来 1 ていました, て来い, て来ました

▼ 品~ (5, 0.0%)

2 所で, 所へ 1 所の

▼ 品これ~ (4, 0.0%)

1 は工藝, へ持参, より増加, をそ

▼ 品でした~ (4, 0.0%)

1 から, から本石町, か鼠色, がただ

▼ 品としても~ (4, 0.0%)

1 かなり高い, 容易ならぬ, 愛書家の, 甚だ冷淡

▼ 品などに~ (4, 0.0%)

1 多少は, 接して, 浮身を, 理解が

▼ 品なんか~ (4, 0.0%)

1 ちっとも売れなく, 一つも, 問題に, 片端し

▼ 品において~ (4, 0.0%)

1 われ, 全き, 私たちの, 販売において

▼ 品のみが~ (4, 0.0%)

1 どしどし生産, 優れたもの, 日本の, 日本へ

▼ 品ほど~ (4, 0.0%)

1 人に, 作った, 附ける様, 附ける樣

▼ 品をと~ (4, 0.0%)

1 云うと, 心がけて, 望まれて, 言ったが

▼ 品を通じて~ (4, 0.0%)

1 その作者, にわかに厳重, 同じタタラ, 連絡を

▼ 品~ (4, 0.0%)

1 が通儀太夫, つたところ, の雅称, までの名目

▼ 品以外~ (4, 0.0%)

1 にはない, に生活, に若い, の贅沢品

▼ 品便利品~ (4, 0.0%)

2 及び享楽品, 及び娯楽品

▼ 品切に~ (4, 0.0%)

1 なったよう, なって, なつた, 成って

▼ 品問屋~ (4, 0.0%)

1 から安い, に過ぎず, の息子, を教え

▼ 品多く~ (4, 0.0%)

1 して, それに, の氷, 生ぜる八十町

▼ 品~ (4, 0.0%)

1 した, にもすぐ, に現われた, 吾徒詩格罷

▼ 品扱い~ (4, 0.0%)

1 して, で返送, にし, を避けさせたい

▼ 品整理~ (4, 0.0%)

1 が完了, で送りかえし, などの内, には仕事場

▼ 品料理~ (4, 0.0%)

1 など暖簾, は如何, を取っ, を誂

▼ 品~ (4, 0.0%)

2 のところ 1 から手付コップ, の樺

▼ 品~ (4, 0.0%)

1 に入る, に築け, のもの, 迄乗船

▼ 品~ (4, 0.0%)

1 の凡て, の前, はお前, はそこ

▼ 品親王~ (4, 0.0%)

1 なり又, は, までの, もここ

▼ 品高く~ (4, 0.0%)

1 すなほ, 匂い出, 善悪に対する, 用ゐられた

▼ 品いっさい~ (3, 0.0%)

1 もわずか, を売っ, を売る

▼ 品かを~ (3, 0.0%)

1 不良少年に, 新しく注文, 発見する

▼ 品さんこれ~ (3, 0.0%)

2 は出戻り 1 が稲妻小僧

▼ 品さんそれ~ (3, 0.0%)

1 くらいの事, はいけねえ, は珍しい

▼ 品しらべ~ (3, 0.0%)

1 にかかった, のため, をやり出した

▼ 品~ (3, 0.0%)

1 なはとなかい, なをつくりあげました, なをみます

▼ 品ずつの~ (3, 0.0%)

1 料理を, 注文で, 補いを

▼ 品そのもの~ (3, 0.0%)

1 がインチキ, の精度, を愛し

▼ 品その他~ (3, 0.0%)

1 の必要品, の貨物, の贈り物

▼ 品だけが~ (3, 0.0%)

1 上布と, 久しい間珍重, 売弘められるから

▼ 品でさえ~ (3, 0.0%)

1 あるの, 一頭数十円で, 二両の

▼ 品でし~ (3, 0.0%)

2 てね 1 て其夜

▼ 品でなけれ~ (3, 0.0%)

1 ばならない, ばならぬ, ば上等

▼ 品といった~ (3, 0.0%)

1 ところが, ような, 感じで

▼ 品とかいう~ (3, 0.0%)

1 要点も, 観念そのものが, 話であった

▼ 品としか~ (3, 0.0%)

1 思へぬの, 思われなかった, 考えて

▼ 品としてだけ~ (3, 0.0%)

1 みて, 必要と, 扱って

▼ 品とても~ (3, 0.0%)

1 うまし, なく一枚, 持って

▼ 品なぞ~ (3, 0.0%)

1 さし上げたくそうろうあいだ, 不思議な, 影も

▼ 品などにも~ (3, 0.0%)

1 于, 特にそれ, 興味を

▼ 品ならぬ~ (3, 0.0%)

2 はなし 1 はない

▼ 品なりと~ (3, 0.0%)

1 せば, 云に, 申然

▼ 品なりとて~ (3, 0.0%)

1 五合の, 吉三郎に, 頼けれ

▼ 品については~ (3, 0.0%)

2 これと 1 もっと詳しく

▼ 品にても~ (3, 0.0%)

1 拔差は, 救助の, 是ありし

▼ 品にゃ~ (3, 0.0%)

1 いっこう目も, これ, 違いなかった

▼ 品によっては~ (3, 0.0%)

1 ずいぶん引受け, 無報酬, 相談相手に

▼ 品ほどの~ (3, 0.0%)

1 お菜を, 価格は, 皿の

▼ 品または~ (3, 0.0%)

1 享楽品の, 労賃に対する, 穀物の

▼ 品までが~ (3, 0.0%)

2 こんな事 1 飛び始めた

▼ 品みたい~ (3, 0.0%)

1 なにおい, なもの, なわけ

▼ 品やら~ (3, 0.0%)

1 書画の, 書類などを, 閻婆の

▼ 品よい~ (3, 0.0%)

1 ものを, 夫人で, 頬を

▼ 品一つ~ (3, 0.0%)

1 で一人, はスパゲティボロニエス, も昨日椿事

▼ 品一人~ (3, 0.0%)

2 では 1 が手頼

▼ 品下り~ (3, 0.0%)

2 たる事 1 たること

▼ 品会社~ (3, 0.0%)

1 でもなく, の製造, へ通勤

▼ 品便宜品~ (3, 0.0%)

2 及び享楽品 1 に対する支配力

▼ 品係り~ (3, 0.0%)

1 のよう, の厭, の同類

▼ 品全部~ (3, 0.0%)

1 だと, をにせもの, 及びそれ以上

▼ 品取っ~ (3, 0.0%)

1 ても五十銭以上, て参りまし, て食事

▼ 品変る~ (3, 0.0%)

1 という, 方言も, 難波の

▼ 品変わる~ (3, 0.0%)

2 という 1 のは

▼ 品~ (3, 0.0%)

1 が籠っ, と申し, に恵まれた

▼ 品専門~ (3, 0.0%)

1 だ, の職人, の販売店

▼ 品~ (3, 0.0%)

1 こうして時折, そちらにしか, 何心なく

▼ 品~ (3, 0.0%)

2 というところ 1 は涸沢

▼ 品~ (3, 0.0%)

1 るも, れり, れり一篇

▼ 品禅室さま~ (3, 0.0%)

1 お弟君, には一幡, の御

▼ 品良く~ (3, 0.0%)

1 引きしめて, 縞に, 身を

▼ 品販売所~ (3, 0.0%)

1 では床, でパン, のドア

▼ 品贈呈~ (3, 0.0%)

1 のお, の企て, の式

▼ 品~ (3, 0.0%)

3 の君

▼ 品あら~ (2, 0.0%)

1 ば持ち, ば私

▼ 品あれ~ (2, 0.0%)

1 ばそれでも, をこの

▼ 品かも~ (2, 0.0%)

1 存じませぬが, 知れないと

▼ 品からの~ (2, 0.0%)

1 推理によって, 珍味は

▼ 品がは~ (2, 0.0%)

2 ひつて

▼ 品くらい~ (2, 0.0%)

1 でその他, 並んで

▼ 品こいつ~ (2, 0.0%)

1 を冠せ, を着け

▼ 品ここ~ (2, 0.0%)

1 でしかと, へ出し

▼ 品こそ~ (2, 0.0%)

1 持って, 生活に

▼ 品ことごとく~ (2, 0.0%)

1 こっちの, 返上す

▼ 品さだめし~ (2, 0.0%)

1 たりする, てゐる

▼ 品さんぢ~ (2, 0.0%)

1 やありません, やない

▼ 品さん一人~ (2, 0.0%)

1 で気, の手

▼ 品さん挨拶~ (2, 0.0%)

1 は抜き, は拔きだ

▼ 品さん跛~ (2, 0.0%)

1 の意気地, の意氣地

▼ 品じゃが~ (2, 0.0%)

1 それでも強情, 家宝ででも

▼ 品すなわち~ (2, 0.0%)

1 上等品に対して, 園芸的品種は

▼ 品それら~ (2, 0.0%)

1 はそれ, もあまり

▼ 品たるべき~ (2, 0.0%)

1 はずだった, 一枚の

▼ 品だけでも~ (2, 0.0%)

1 その数, たいへんな

▼ 品だつた~ (2, 0.0%)

1 がたまたま, んで

▼ 品だつたら~ (2, 0.0%)

2 その渡来

▼ 品でありまし~ (2, 0.0%)

1 て今日, て美濃紙

▼ 品でありません~ (2, 0.0%)

1 から今, けれども色

▼ 品であるなら~ (2, 0.0%)

1 たちまち存在理由, ば必ずしも

▼ 品であるらしい~ (2, 0.0%)

1 のでびっくり, のは

▼ 品でございまし~ (2, 0.0%)

1 て, て当時斯

▼ 品ででも~ (2, 0.0%)

1 あったなら百貨店, ございましたら

▼ 品としてのみ~ (2, 0.0%)

1 これを, 専ら価値

▼ 品とて~ (2, 0.0%)

1 しばらく御, 拵えて

▼ 品とては~ (2, 0.0%)

1 こう認めた, 一つも

▼ 品とやらは~ (2, 0.0%)

1 この前, 片そで

▼ 品ながら~ (2, 0.0%)

1 ぼくの, 當人は

▼ 品なし~ (2, 0.0%)

1 だぜ, の自分

▼ 品などから~ (2, 0.0%)

1 察する, 比較し

▼ 品などで~ (2, 0.0%)

1 使って, 片付けると

▼ 品なんて~ (2, 0.0%)

1 一つも, 全然もっ

▼ 品においても~ (2, 0.0%)

1 そうである, 全く同じ

▼ 品にしか~ (2, 0.0%)

1 過ぎずかくして, 過ぎない点

▼ 品についての~ (2, 0.0%)

1 事実的知識を, 苦情の

▼ 品についても~ (2, 0.0%)

1 茶人は, 資本の

▼ 品につき~ (2, 0.0%)

1 その消費限度, 精細に

▼ 品にとって~ (2, 0.0%)

1 たった一人, 有力な

▼ 品にな~ (2, 0.0%)

1 つてゐます, つて残つてゐる

▼ 品にのみ~ (2, 0.0%)

1 では, 焦れて

▼ 品にまで~ (2, 0.0%)

1 及ぶこと, 差押の

▼ 品に対しても~ (2, 0.0%)

1 外国工業品に対しても, 極めて価値

▼ 品に関する~ (2, 0.0%)

1 両者の, 社会習慣が

▼ 品はこぶ~ (2, 0.0%)

2 貨車にかも

▼ 品ばかりに~ (2, 0.0%)

1 それから, 酒が

▼ 品ぶっ~ (2, 0.0%)

1 ていや, てなど歩い

▼ 品まことに~ (2, 0.0%)

1 卑なる, 美術館の

▼ 品までは~ (2, 0.0%)

1 気が付きません, 氣が

▼ 品もん~ (2, 0.0%)

1 が安っぽく, や思い

▼ 品ゆえ~ (2, 0.0%)

1 に床, 生ける間

▼ 品ゆえ粗相~ (2, 0.0%)

1 あっては, があっ

▼ 品ゆゑ~ (2, 0.0%)

1 何卒御, 御買取

▼ 品よりか~ (2, 0.0%)

1 優秀で, 優秀であった

▼ 品らしき~ (2, 0.0%)

1 入質物で, 鞄

▼ 品をかへて~ (2, 0.0%)

1 来るが, 機嫌をな

▼ 品をさえ~ (2, 0.0%)

1 享受する, 専売と

▼ 品ツイ今しがた雇人~ (2, 0.0%)

1 から万吉, から萬吉

▼ 品一式~ (2, 0.0%)

1 が積まれ, を鞄

▼ 品~ (2, 0.0%)

1 が禿頭, などは底

▼ 品並びに~ (2, 0.0%)

1 宮内省御物等をも, 西洋料理の

▼ 品並べ~ (2, 0.0%)

1 たりし, て盃

▼ 品中余~ (2, 0.0%)

2 は不幸

▼ 品~ (2, 0.0%)

2 かわって

▼ 品人間~ (2, 0.0%)

2 の命

▼ 品以下~ (2, 0.0%)

1 の官, の無品親王

▼ 品~ (2, 0.0%)

1 によつて二三杯ひつ, の大宅君

▼ 品~ (2, 0.0%)

1 を仰せつかっ, を見学

▼ 品卑しく~ (2, 0.0%)

1 碎け且つ, 趣味薄く

▼ 品即ち~ (2, 0.0%)

1 紙取りの, 遺書と

▼ 品古本屋~ (2, 0.0%)

2 の多い

▼ 品吉さん贔屓~ (2, 0.0%)

2 で若い

▼ 品吉ぢ~ (2, 0.0%)

2 やありません

▼ 品同志~ (2, 0.0%)

1 でも近く, になれ

▼ 品地別命~ (2, 0.0%)

1 がかの, が肥長比売

▼ 品~ (2, 0.0%)

1 の主客, 劇談暁に

▼ 品売買~ (2, 0.0%)

1 にたずさわっ, の容疑者

▼ 品夜和氣~ (2, 0.0%)

2 の命

▼ 品宗太郎~ (2, 0.0%)

1 に誘はれ, に誘われ

▼ 品~ (2, 0.0%)

1 の中, 全財産

▼ 品屋何~ (2, 0.0%)

1 の気, の氣

▼ 品工業~ (2, 0.0%)

1 が大いに, の如き

▼ 品市場~ (2, 0.0%)

1 にはいりこんだ, を見

▼ 品彼女~ (2, 0.0%)

1 が買つた, の腕

▼ 品愛する~ (2, 0.0%)

2 のん

▼ 品払底~ (2, 0.0%)

1 のため, を免れない

▼ 品~ (2, 0.0%)

2 ひに

▼ 品推古仏~ (2, 0.0%)

1 をぬすみ, をぬすみさった

▼ 品~ (2, 0.0%)

1 ももと, も相違

▼ 品最も~ (2, 0.0%)

1 優れたりと, 美しく茶道

▼ 品~ (2, 0.0%)

2 のところ

▼ 品~ (2, 0.0%)

1 の出家諷経, の寺域

▼ 品~ (2, 0.0%)

1 の達人, 知らぬとは

▼ 品源平時代~ (2, 0.0%)

2 の参考

▼ 品牟都和氣~ (2, 0.0%)

1 の命, の命一柱

▼ 品生産~ (2, 0.0%)

1 はまだ, は企業家たち

▼ 品町内~ (2, 0.0%)

1 の医者, の醫者

▼ 品異なるあり~ (2, 0.0%)

1 其の頭脳, 其の頭腦

▼ 品禁止~ (2, 0.0%)

1 がめずらしい, で何となく

▼ 品秋冬~ (2, 0.0%)

2 に尠

▼ 品置場~ (2, 0.0%)

1 の内外, の窓

▼ 品萬能~ (2, 0.0%)

1 で内地品, の時代

▼ 品装飾品~ (2, 0.0%)

2 である

▼ 品製作~ (2, 0.0%)

1 に余念, は一

▼ 品~ (2, 0.0%)

1 されるに, する玩物喪志

▼ 品~ (2, 0.0%)

1 女の, 買所である

▼ 品遲部~ (2, 0.0%)

1 の人民, を定めた

▼ 品部雑戸~ (2, 0.0%)

2 なるもの

▼ 品郵便物~ (2, 0.0%)

1 も, も此処

▼ 品配給~ (2, 0.0%)

1 の不備, を研究

▼ 品~ (2, 0.0%)

1 を供給, を手

▼ 品陀和氣~ (2, 0.0%)

1 の命, の命二柱

▼ 品陳列所~ (2, 0.0%)

1 から歩きだした, がある

▼ 品陳列館~ (2, 0.0%)

1 のけば, へ行った

▼ 品預り所~ (2, 0.0%)

1 では黒山, の長い

▼ 品題する~ (2, 0.0%)

1 に過ぎざる, や曰く

▼ 品香料~ (2, 0.0%)

1 など売った, など賣つた

▼ 品高い~ (2, 0.0%)

1 蒸物などに, 鮎であったろう

▼1* [701件]

はし, 品あしくぎごちなく, 品あずかり所な, 品あずけ所と, 品あっての茶道, 品あったが耳輪, 品あつかいにし, 品ありがたく賞味しませう, 品ありしとなり, 品あるいは大名の, 品あわして三品, 品あん畜生に思い知らせる, 品いかがいたした, 品いくら冠せて, 品いそいでいそい, 品いただき御芳情, 品いっこう何の, 品いつかそこもとの手, 品いろいろと石けん, 品いわば合作の, 品えらみに, 品かいこれは, 品かえて, 品かたちは持, 品かともおもえる, 品からのみ茶器を, 品かわって世, 品かわるだなあめ組, 品ぎれになるからいかがですと, 品くだれるもの, 品くらいのもので, 品くらいを貰って, 品ぐらい注文した, 品こうやって, 品こそは角館の, 品ことにけいず, 品ご馳走を添える, 品へも造る, 品さがってい, 品さだまりて, 品さだめしない娘たちに, 品さだめするなどは実に, 品さだめでなく広く天下, 品さんお前のお蔭, 品さんお前さんは親分, 品さんこいつは六, 品さんこの間からの騒ぎ, 品さん一と月, 品さん不思議なこと, 品さん人さらいのあった, 品さん何か変った, 品さん何んか變, 品さん八の話, 品さん力になる, 品さん半分はお前さん, 品さん大の男, 品さん大手柄だ, 品さん大舟町だの百四十四夜, 品さん子分衆が居るだらう, 品さん後を頼む, 品さん心配すること, 品さん手を貸し, 品さん橋の上, 品さん濟まねえが, 品さん私はあの, 品さん算盤を頼みます, 品さん近頃はあの, 品さん金持の娘, 品しかも消耗したら, 品じゃろうとかく, 品すぐにもすっ, 品すでに惻々と, 品すべて取り上げるが, 品すら畢竟は, 品すらも支配し得ない, 品せざるにあらず, 品そして同様に, 品そちの手, 品そつくりを十万円, 品その釵が, 品その他工芸品の類, 品それから衣類などを, 品そんなものを, 品あ品, 品たかく汝の, 品たしか福島縣下新地貝塚から, 品たとえば鎖か, 品たらんとは必ず, 品だけで充分でした, 品だけのがらんと, 品ださうで, 品ださうで明清二代の, 品ださうですよ, 品だったり疑え, 品だったらそこは, 品だつたり疑, 品だらうと思ふ, 品だらけじゃない, 品だらけぢやない, 品だ向うのは, 品だ手渡してやらなけれ, 品つていふ言葉, 品つまんでみる, 品づつの料理, 品づつ位身のま, 品何を, 品であったらしいしすでに, 品であったろうと推察, 品であるごとくに彼, 品であるのみならずこの苦しく悲しき, 品であるべき裸体の, 品であるべくして置き忘れた, 品であるらしくほかに, 品であれ必ず私, 品であろうなら私は, 品でがすから, 品でございまするが幾ら, 品でござんすが, 品でしたらずいぶんと, 品でしょうがそれ, 品でなかったからそうして, 品でなかったらあの非凡, 品でなかつたことを, 品でもなささうで, 品で干枯びた人間の, 品で御座いますが, 品といふばかりでなく髯籠, 品とかいふ出来栄えの, 品とかがただむやみ, 品とかの包みを, 品とから自然に, 品とかを意味する, 品としてにもせよ是等, 品としてのみの神, 品とっくりとそで, 品とでもいうべき地下足袋, 品となつては, 品とによれば, 品とによって代表される, 品とのみ判じたの, 品とまで認めて, 品ともいへよう, 品ともにみな主, 品とやらがございますならば, 品とりしまりの標準, 品とりだして御覧, 品どうか御随意, 品どうしたえ大儀, 品どうやらこれが, 品どころかこれは, 品どちらで手, 品なぞは一粒も, 品なぞを自慢そうに, 品などでは役には, 品などと大切そうに, 品などというものは, 品などとはくらべもの, 品などなどたいへんな, 品などにはいっさい手を, 品ならざるはなしオージルビーの, 品ならびに親方工業者及び, 品ならべると, 品なりしとおぼ, 品なりを神の, 品なり作りし人も, 品なんかは見付の, 品なんぞ出さなくったって, 品なんぞはありませんからね, 品においては因縁についての, 品にこそよれ實, 品にすら依存する, 品にたいして生まれつき趣味を, 品にたいする不公平な, 品にでもされるお, 品になどさせて, 品にや違ひない, 品によつたら母もろとも, 品によりましては手前どもでも, 品に対してよりも広くかつ, 品に関して慎み深く, 品のねえ奴ら, 品のまん円い深緑色皮, 品のみの生産に, 品のわざものにはじめてたっぷり人の, 品はずッと立っ, 品はと聞かれた近藤君, 品はをそろしく古く, 品ばかりと麦酒とを, 品ばかりは頑強に, 品ぱてをごてごてくっつけたまるで趣味, 品ひと通り買ふことは, 品ふっていになる, 品ふやしたぐらいのところ, 品ぶりのない, 品へと移して, 品ほか持得ない感銘, 品ほしいと仰, 品ほどにはミルウォーキーで, 品まがいの危険物, 品まさり啼けまされるはひとり, 品までを遽かに, 品むかし宋の徽宗皇帝, 品もう家宝に, 品もござりますゆえ願わく, 品もってくる, 品やと言うて, 品やに行って, 品やのおぢさん, 品やを所有し, 品ゆえ何うか, 品よからぬ話, 品よくすらりと佇ん, 品よく可愛らしくざわめき立ちました, 品よく美しかった, 品よしと喜こ, 品よりは直接に, 品よろしくと段々, 品らしく見受けられたが往来, 品わけが午後, 品わけても書付など, 品わたくし大切です, 品わんやきさ, 品をかふれど, 品をかへ虱潰しに, 品をこそ一つでも, 品をすら容易に, 品をとに角一と, 品をねぢ込ん, 品をヨー認識せずし, 品オヂュシュウスの手, 品カス巻きってん, 品シャボンブラシ鋏ナイフヘアピン等の日用品一切, 品ステッキに白い, 品ト作シ或ハ以テ, 品非ズ其説ク所尤モ怪シク信ズベカラズ, 品ニ二倍量ノ庶糖, 品高温ニ於テ最, 品ノヨイ旅館カアルイハ待合カモット柄ノ悪, 品ハきみへにお, 品ハイカラ好みの商品, 品ハ私方ニて何, 品ハ長持幾棹トカ有リシモ, 品バケツダノマヨネーズノチューブダノト云ッタ類ヲ製造スル会社, 品バナナのたたき売り, 品バーナード・リーチ像等を作つて, 品ヘッピリ腰で踊りまくり, 品ヨリ見テ四五十名カト思ワル, 品ロマノフ家紋章入りの皿, 品は白米, 品一つ買ふおかね, 品一個これだけ持ち込ん, 品一円のひる, 品一切代として決算, 品一切没収じゃ, 品一品を持ち来り, 品一品紙片に贈り, 品一層も二層, 品一巻を誦し終った, 品一方だね, 品一時に流出, 品一軒一軒用事を拵え, 品七品と料理, 品は矢張り氣長, 品三品何かの菜, 品三品口に合い, 品三品盜み出して, 品三等品なの, 品上生の人, 品下った皺の, 品下つた女である, 品下れどクロオフオオド, 品下生の人, 品下總余山より出, 品に風習慣例, 品並び商売の, 品並んでいた, 品中務親王六代の後胤, 品中尤モ用ヲナセシハ兵卒, 品中最大部分を占め, 品中生の人, 品また米沢, 品二十六夜の月, 品人形浮彫の品等, 品に比し, 品代々の殿, 品代りにみか, 品代金を金, 品以上蕃客等各位に陪, 品仮令妾には, 品仲買関係者が米, 品会主鳩渓の出品, 品但し下手物を, 品なり共被, 品何卒可相成, 品何卒九十兩御貸下さるべし, 品作る事を, 品佳く情味ある, 品使用に堪え得る, 品例えば種子織物原料等である, 品を低く, 品価格農村需要品の価格, 品係り長の所, 品保存の主旨, 品信長より褒美, 品倉庫の暗い, 品借受追て, 品假令何等の良藥, 品先渡しという, 品入っていない, 品全体の価値, 品六九・二に対して農村需要品, 品兵器物資を自分勝手, 品其形色変幻端倪スベキナシ故ニ霊芝, 品其許にて御, 品具足でもはいっ, 品内親王の御, 品凡そ幾人前酒が幾合, 品切造酒屋はふり, 品到着いたしました, 品制作自体が家庭娯楽, 品前者は五十銭見当, 品加工した痕, 品動かしたものはござりません, 品匂いすらもむかし, 品した甚だしい, 品化学の講義, 品化粧料を買ふさ, 品を忘れられ, 品に目, 品欲しいと, 品の弟, 品原価とを低める, 品原料というの, 品の諸, 品又は樂曲に, 品及び及び装飾品に対する, 品及国産の, 品及武尊の三山, 品取扱い注意と来た, 品取残しがございまし, 品受けて下さい, 品受取るすじは, 品に合い, 品右衛門さんという山道, 品右衛門牧の喜作, 品吉はやつきとなつ, 品吉ぼんやりして, 品吉三十そこそこの平凡, 品吉弥八与之助直次郎などに言い聴かせる, 品同じきもの, 品同様に二割, 品名誉そんな夢, 品向きのもの, 品君林先生は清朝, 品書するを, 品もすべて日本, 品命じたがその, 品命じると禿頭, 品唯一の家宝, 品商会の二階, 品商売から得る, 品嘉門大喜び, 品四十町正一位八十町, 品の中, 品圖畫作文手工の竹, 品土工の性質, 品地別命肥長比売と婚, 品切になり, 品売薬を求める, 品変って自, 品変るであるがいかにも, 品変れども目的, 品変わりのもの, 品変わるで西洋では, 品多かったは, 品多からずと, 品多きより推す, 品大丈夫だとよ, 品大切なりと, 品大型の万能ナイフ, 品大悲の誓願, 品の王, 品より漏るる, 品ひ取候, 品女中に化け, 品女郎が流行, 品奴凧トンビ凧蝙蝠凧剣凧の類, 品好き形を現す, 品好き風俗は堪難し, 品好く麗しい姿を, 品好みをする, 品如何敷候へども其方, 品委曲に申上度候, 品安いざらに, 品定めて目, 品宛それに果実, 品宮徳大寺宮内卿三条太政大臣寺島山田らの参議, 品家畜を君, 品容器を注意, 品寝具の充備, 品尊雲と並ん, 品小品長部の, 品小説も御, 品小間物類の陳列棚, 品少なのため, 品少なしとはまことに, 品届け人にさ, 品屋額縁店等々の店頭, 品屏風漆塗の箱, 品展覧会三越楼上に開かる, 品展観所としての貫禄, 品巡覧は主客, 品工藝品であ, 品送可, 品差し上げましょうといったところ, 品市ヶ谷の上屋敷, 品市価を以てし, 品幾皿を食べなけれ, 品幾駄というよう, 品広告の提灯, 品店オシロコ屋でありますな, 品店バー郵便局および銀行, 品店宿屋が多い, 品店毛皮店組紐屋化粧品屋額縁店等々の店頭, 品店洋品店等の書付, 品店煙草の小売店, 品店輪タク自転車預り所美容院さては深更, 品店高等衣裳店昼夜銀行に電気射撃, 品の展観, 品廻り廻つて東京へ来た, 品引っ抱えて, 品引換に金子, 品引渡所へお, 品を譲り受け, 品が劣っ, 品彫刻物として御覧, 品彫刻絵画漆工磁工などが僅か, 品彼ら自身から直接教え, 品後家とも見えない, 品御物の部, 品微細な戦争模様, 品徴発と出かけた, 品必ず茶器が, 品悪く蓮葉であれ, 品愉楽品を製造, 品愛好家には当て嵌, 品愛玩品を製作, 品ば此代金千兩外御道具代金三百兩都合三千三百兩右, 品樂曲を, 品或は草花の, 品戸棚のよう, 品所有者の内, 品手疵の様子, 品手道具がそろえられ, 品才藻には深く, 品才覺有べしと, 品払下げの見積, 品払下問題にからむ, 品扱い梨と柿, 品き出して, 品拙者に下さるまい, 品拜見を相, 品拜見さし許し主從の盃, 品拜見せんと云, 品拜見願ひ奉つる, 品拝見させて, 品拝領其外近比八丈島二, 品持つて來, 品持仏経巻なども一つ, 品持出していない, 品指数は六倍弱, 品指紋足跡犯人の侵入逃走, 品授受についてペルリ側, 品排斥思想が一般, 品搜索を乞, 品搬入の雑軍, 品改めときては穏, 品故に無實, 品故直八は, 品数千点を数, 品整理完了の暁, 品數個を奪, 品數個出でたり, 品日常品で醜い, 品日記帳短篇集雑誌手袋天井裏で拾った, 品早々召上られます, 品の日脚, 品は幸手宿, 品に自ら地下, 品時好に投候品而已, 品時計屋をよろこばせ, 品書籍の間, 品有しと其品, 品有りしやも知る, 品有平糖の缺, 品有難くは存ずる, 品本多上野之介樣, 品本多上野介様の御, 品束髪の西洋鬘, 品条例というもの, 品枕スキー銃ボートなどで食糧品, 品桜譜といふ類, 品棟宇に充積, 品検査人がいた, 品検査等のあった, 品で食事, 品がお待ちかね, 品機械及び食物, 品機械食物船舶等の分量, 品に御墨付おし披, 品風采紳士酒不, 品正当に理由, 品此櫛を證據, 品に精力, 品毎年柳営のお, 品毎行十七字にし, 品汚れを検出, 品沢山出来る器, 品泰厳大居士, 品洋食食って, 品流布される地域, 品浮き流れて, 品海都市斎しく蒼然, 品渡せば彼, 品と痩せこけた, 品燃料機械類資材清水などが貯えられ, 品特殊建造物名園などなどを初め, 品珍しい物を, 品多し, 品甚だ繁くし, 品生産者によって需要, 品のブリキ箱, 品田沼様にとって不利, 品甲駅板橋凡そ府内, 品白八重咲品等種々な変わり品, 品白花紅心品紅紫八重咲品白八重咲品等種々な変わり品, 品的傾向の製作, 品的文化と彼等, 品的要素である, 品皆無であったそう, 品奪の, 品盗まずに立去た, 品盗まれていない, 品盗まれたものは, 品盗み出して逃げうせ, 品み出して, 品相應に與, 品相求申度と申入候間, 品相調候ため渡來之異船而已, 品石炭などを供給, 品研究所といふ看板, 品研究所つていふ看板, 品祝品はさまざま, 品秀調である, 品程度にすぎない, 品積みこみのついで, 品の中, 品篤と見て, 品米三万五千俵をも贈与, 品粮米を満載, 品紅紫八重咲品白八重咲品等種々な変わり品, 品紐網安全カミソリが並べられ, 品紙片に贈り, 品紙類糖菓類ハンケチ襟巻履物罐詰暦小唄集薬品など, 品紛失なしたる, 品紺色と黒色, 品絵入目録の, 品総合配給となる, 品缶詰は倍値, 品置台丸火鉢などを後, 品美術品の最, 品美術工芸品としての陶磁器, 品而已多く勿論, 品ならず阿蘭陀人, 品職工のよう, 品用品有価証券手紙などを, 品自分だからと, 品を備, 品致交易度趣之書状持越, 品からここ, 品良き書を, 品花宝鑑の谿十一, 品花宝鑑意外縁殺子報, 品のカツ丼, 品芳楼もあった, 品若くは身の上, 品若干を雑, 品英国製エール一ダース等も入っ, 品華山の四季, 品蒐集の為, 品蓮臺の上品, 品の如き, 品して, 品衣桁にかけ, 品衣類をカタ, 品衣類等を入質, 品にある, 品装身具食器料理作法狩猟遊戯というぐあいに, 品製作者および興業者, 品製造元特約代理店トシテ特別安価ニ販売仕候, 品製造工にしか過ぎなかつた, 品製造工場を持っ, 品複製品のごとき, 品要素が出来した, 品て力, 品見すべしと婆, 品見つくらつたもので, 品見切り時が肝腎, 品親切気があるなら, 品解く手も, 品を廻すだろう, 品記念館をも見た, 品りの, 品えの, 品詩人的な男, 品詩論画の盛ん, 品説明には熱帯, 品読誦胸がいたい, 品調が高い, 品調子は低い, 品請取と云, 品諸所より出で, 品諸物を見, 品販売店では火酒, 品販売店本屋衣料店などがとりあえず, 品販売業並にフィルム現像, 品求め候様, 品買い求め候様仰含められ, 品買えばじき, 品買って戻った, 品買物近親交友間の消息, 品購入石炭など高いわるい, 品購買力は少く, 品でもさす, 品軽いものを, 品載せられて膳, 品輸入品を通じてにわかに, 品輸送なども難なく, 品辨償よ若, 品では, 品退治の鼓, 品つても, 品送り方等勤向, 品送付の仕事, 品部を, 品運動との三, 品に師翁, 品遲部伊勢の佐那, 品遲部大湯坐若湯, 品選りするように, 品郡新市町には今, 品酒四樽その代金九両也, 品野菜猟具人夫どもの雑多, 品金庫が助, 品銀行薬品印刷会社などの広告, 品銭形のに引合せる, 品の前, 品や食器, 品鎌倉期の雄, 品長く用い得る品, 品陀和気の身の上, 品した, 品附くだけで, 品陳列せらるるに, 品陳列会へ行っ, 品陳列会絵入目録の出版, 品陳列場が出来, 品って来る, 品に移っ, 品隲せんとする, 品隲教員の悪評, 品集めてその, 品雑貨出版物低俗な音楽, 品雑貨店などの中, 品靴鞄ネクタイ御座います, 品預かり所の, 品預けて置い, 品預り係に聞い, 品はそれ, 品題して曰く, 品題したのも, 品類三千子の机, 品類中の王者, 品類中一等優品で濃紫色, 品類手帳鉛筆その他文房具および装身具, 品ひくた, 品食って南ずし, 品食べたむろんま, 品食卓に並び, 品食物なり何等, 品飲料薪炭その他の燃料, 品の上, 品にでも収容, 品馬車自動車賃はどんどん, 品し価値, 品騰貴の結果, 品高価のうち, 品高山大河もしくは美人, 品高直で露命, 品黒色が二等品, 品OK