青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「塚~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

場面~ 堺~ ~塀 塀~ ~塊 塊~ ~塔 塔~ 塗~ 塗り~
塚~
塩~ 塵~ 塾~ ~境 境~ ~境内 境内~ 境地~ ~境遇 境遇~

「塚~」 1279, 13ppm, 8656位

▼ 塚~ (398, 31.1%)

17 上に 13 方へ 10 下に 7 ような 6 上には 5 前に 4 あたりを, 上から, 前で, 前を, 姥は, 通ひ 3 あたりに, ぬしが, やうに, 中に, 傍に, 傍らに, 傍らの, 庵へ, 話, 頂きに

2 [31件] あるの, うえに, うしろに, ことを, つくりの, ぬしに, ぬしの, まはり, ように, 上へ, 中から, 中の, 事を, 付近に, 伝説を, 前には, 前の, 周囲を, 山といふ, 庵に, 後から, 方を, 松, 松の, 森の, 秘密は, 縁から, 背後に, 裾に, 裾の, 頂きの

1 [224件] あたりは, あたりまで, あちこちに, あるお寺, あるじが, あるじなりける, あるもの, ある城嶽, ある宝篋院, ある所, いわれを, うえから, うえの, うちには, かげからも, かたちに, ことに, ことも, ことや, この本陣, ごく古い, ごとき形, しるしの, すぐ西, せいに, そばで, そばに, ために, ための, だらうか, できる理由, となりへ, なかから, なかで, なきあと, ぬしであろうも, ぬしを, ふくらに, ほうだ, ほうへ, ほとりで, ほとりに, ほとりの, ほとりへ, まえに, まっくら, まわりに, まわりの, めぐりには, もとに, やや円形, よくなった, 一つに, 一つも, 一と, 三次なり, 三次舊名は, 上では, 上にでも, 上の, 上も, 上を, 上小町の, 下から, 下からの, 世間俗間から, 丘へ, 中からの, 中へ, 主, 主と, 主は, 乗出せる, 二字を, 五寸の, 亡霊の, 亡霊達が, 他に, 他人の, 付近から, 伝説が, 供養の, 供養は, 供養式の, 内部に, 出から, 前ひろ, 勤めて, 勾配を, 北麓に, 取崩しから, 台下から, 右に, 名は, 名も, 名を, 周りに, 周囲から, 営に, 噂は, 噂を, 因縁さよく, 土は, 土盛りを, 地位に, 地底を, 地形とか, 堂の前へ, 堂守を, 塚守に, 大念仏, 奇異に対して, 如く天子御悩, 姥, 姥である, 姥を, 婆さんの, 婆の, 婆様が, 婆様を, 家から, 家は, 小さな石, 少女歌劇御, 岩屋を, 岩組から, 左手遙か, 平地へ, 床にしも, 底には, 庵が, 庵な, 建てられたころ, 形が, 怪女の, 怪異, 怪異は, 意味に, 所で, 所在に, 所在を, 所在地は, 故事遊女采女が, 教場の, 数の, 施主から, 松の木に, 松へ, 林の, 枯草の, 案内を, 様な, 様に, 模型は, 横穴を, 法会へ, 流れを, 濫觴な, 瀧夜叉姫が, 熱度一樣ならず, 熱砂の, 瓦が, 由來である, 画面以外の, 発かれんこと, 白麻の, 真下に, 真相は, 真相を, 石が, 碑が, 神ならざり, 神の, 祟り, 祟りが, 祟りじゃ, 祟りも, 祭が, 秘密を, 穴に, 穴の, 穴倉へ, 立ちならぶの, 立つなど, 糸枠の, 細道を, 紹介で, 縁の, 縁起, 群が, 背後の, 苔の, 草塚の, 荘平塚の, 裾辺りだった, 記念碑の, 話で, 調査を, 起こりでございます, 起りは, 越, 跡らしく, 辺であった, 辺より, 近くなどには, 近くに, 通い路の, 道なんぞ, 野郎しゃれた, 閑静な, 附近で, 附近もしくは, 雨の, 霜, 頂きから, 頂上に, 頂上には, 頂上まで, 順慶, 頭に, 頽れた, 風習もしくは, 高さ, 鬼の

▼ 塚~ (150, 11.7%)

4 築いて 3 前に, 発いて 2 ならべて, 取崩して, 立て周囲, 築きその, 築くため

1 [130件] あけて, あばいた時, あばきに, あばくと, あばくよう, あばけと, あらためてご, お屋敷, お庭, お花主, こしら, こしらえて, さして, そういい出した, つつんだ大きい, どこかに, なして, はたけに, ひっくり返して, ひやかした, ぶち壊して, ほり返すと, もって, もる人, わたしは, 下りた, 中心と, 人が, 今から, 何んの, 作ったが, 作り三本, 作ること, 利用し, 取崩しに, 吉備塚と, 吹き込んで, 営んで, 四方へ, 土で, 地下足袋の, 山づたいに児ヶ淵を, 崩したという, 崩した時, 崩した空洞, 崩そうとも, 巡って, 建てた, 建てたいと, 建てたら, 建てた時, 建てる山石, 建て是, 建立した, 建立する, 建立致し, 我々捕物作家クラブ員が, 拵えた, 拵えて, 指さして, 振向いて, 掘って, 掘りかえして, 掘り荒らした前, 掘返すと, 掩ひ, 擁護し, 改め築いて, 教えて, 斜に, 殘し, 灌木の, 理めに, 用ひた, 発くこと, 発くと, 発けと, 発掘さし, 発掘する, 發い, 發き, 目がけて, 相手に, 祭る, 立ていっぱし, 立てて, 立てる程, 築いたと, 築いたの, 築いたよう, 築いた当の, 築いた暴女王, 築きて, 築き大, 築き杉, 築き榎, 築き直し巨石, 築き石, 築き秀次, 築くと, 築くに, 築くばかり, 経て, 置いたよう, 考えに, 聞いて, 覆うよう, 見て, 見るやう, 見る孝子, 見上げた, 見渡して, 見物し, 視た, 訪ねて, 訪れる者, 路の, 踏んで, 造って, 造つて置いた, 造り神, 造ること, 造るだけの, 過ぎると, 過ぎパラパラ, 金冠塚と, 金塚という, 開いて, 附近に, 集め両方

▼ 塚~ (87, 6.8%)

5 由緒深い 2 日向に, 肥後国求麻の

1 [78件] ありませんが, あわれ雪, いくつあるだらう, いやに, いわば広々と, ここより, この庄, こればかり, さがしやう, すべて火を, ずいぶん淋しい, そこでインドふう, その岩, そんな事, た岬, どこの, なくた, ひと揺れ, まだその, ブルターニュや, 一体徳川御, 三十間とも, 二つに, 今の, 今日も, 俚俗に, 俺の, 凄く涼しく玄武寺, 原稿料を, 各地に, 名所と, 土饅頭に, 塊の, 売れると, 変に, 多くの, 大きく築き上げる, 天王山に, 姓な, 小高き丘, 山伏を, 崩れそう, 度の, 彼の, 後世まで, 我が家の, 支那では, 故人の, 数本の, 新石器時代, 日本に, 明治の, 明治以後どう, 昔この, 村で, 次の, 決して陸前, 法の, 無慙に, 町はずれの, 発掘され, 白い幽霊, 百ヶ所に, 直ぐな, 真夏でも, 礪波山に, 罪悪の, 自分の, 見当らずまた, 言うの, 言って, 詩を, 遠く東, 釣道具を, 陸に, 面倒臭そう, 音戸ノ瀬戸にも, 鳳凰臺と

▼ 塚~ (78, 6.1%)

10 ある 3 あって 2 ありまして, あるの, ついこの, 三つも

1 [57件] あった, あったり, あつた, あつて, あらア, ありました, あります, あるこの, あるしかし, あるその, あるだろ, あるという, あるばかり, あるよ, いまなお, かつて詩人, ごく古い, ござりませぬ, ござりません, さしわたし十フィート, ひゅっと, もう崩され, ようやく多い, 二つくっついた, 二つに, 今だに, 作られたの, 俗間では, 俺の, 出來, 出来て, 出来上がろう, 原稿料という, 四つ五つ円い, 在って, 地震ように, 堆み上げられる, 増えたから, 多いが, 寝ぼけ面, 專ら行はれる, 幾つも, 御陵に, 散在し, 横たわって, 次第に大きく, 点在し, 無数に, 盛んに, 細工盤と, 見える, 見舞いに, 言った, 途中方々に, 関東のとは, 雪に, 音を

▼ 塚~ (76, 5.9%)

5 向けて 2 ねむれば, 使う近江女, 本陣を

1 [65件] かかる頃, こもるこほろぎ潮騒, さしひびかないよう, した蔭, そのワラ半紙, そんなにたかる, なった, なって, なりしかるべき, なりました, なり碑, ねむり表向きスサノオ, のしかかるほど, のせた雪, のぼりつくづく, はや家々の, むかって, よりて, 上り寒食を, 上り見候処砲声, 代る供養, 出かけて, 参詣すれ, 埋む, 小さい碑, 恋草生ふる, 手向けたる一, 手向けて, 拠って, 於て, 於る, 歌を, 段々を, 沿った松, 添い葉, 熱い涙, 猥褻の, 生えた忘れ茗荷, 生ひけん, 発見せられ, 盛られ気, 着いた時分, 着陣し, 砲台を, 祀ったという, 祭るべき悪女, 私の, 立って, 立つと, 立てる例, 至っては, 興を, 苔は, 藏める, 見せたらこれ, 見立てて, 詣でる, 詣で見れば, 近いあたり, 近い藤, 遇わば, 関わる次, 鬼こもれり, 鬼籠れり, 魂が

▼ 塚~ (58, 4.5%)

2 いう, いふ, し小, 言ふ

1 [50件] あたたかし, いい出しその, いえるが, いって, いっても, いつたやう, いはれて, いふとの, いふ所に, いへども, おおきな底, したら高い, して, その附近, となえられる二つ, なり碑, よんで, 一つ家は, 云うの, 云うを, 云う五輪, 他に, 刻らせ, 同じである, 同じよう, 名づけましたが, 呼ぶ, 呼ぶよう, 呼んだの, 呼んでを, 彫って, 斜めに, 書いて, 林との, 森魂の, 洋吉を, 瑞鳳塚とは, 申すべきでなかにも, 砂原見る, 私たちの, 称うる, 称えこれ, 称した例, 称へ, 稱す, 胴塚それに, 言いたいむこうの, 言い伝えられて, 言うて, 風

▼ 塚~ (26, 2.0%)

6 あつた 3 起つた不思議 2 決闘した

1 [15件] あつたらしい, あつて, この棺箱, 一ぷくする, 上部が, 二人は, 僅かに, 勘兵衛と, 吹きつのって, 息を, 此の, 汝と, 矢倉は, 起った不思議, 関東と

▼ 塚~ (23, 1.8%)

2 お参りを, 来て

1 [19件] いそいで, かけて, きみが, するすると, まず走る, 供にと, 出て, 参り穴倉, 夜な夜な詣る, 夜まいり, 来ると, 着いたの, 花を, 行かば, 行くと, 行くの, 行って, 追いこまれた仏, 進出する

▼ 塚~ (22, 1.7%)

2 ある, 動けと

1 [18件] その当時, ついその, なし誰方, ならんで, リン病に, 今の, 全国に, 動かないで, 動きて, 動けわが, 動け我が, 動け我泣声, 各地に, 念仏塚も, 築くであらうが, 過去に, 遠くない, 雪に

▼ 塚~ (20, 1.6%)

4 岩群が 2 局女の

1 [14件] ああ毒塚, とげに, 人も, 冬田の, 墓も, 夜叉の, 岩の, 恋の, 晝は, 板碑などをも, 森なども, 毒塚や, 碑の, 遺跡などに

▼ 塚という~ (19, 1.5%)

3 のは 2 ものの

1 [14件] ところは, のであろう, のでござんすかい, もの多く, やつでは, 云々, 地名が, 塚から, 塚を, 小さい里, 小丘, 石碑の, 長旅行である, 首塚を

▼ 塚から~ (15, 1.2%)

1 [15件] だん, よく發見, 出した木具, 出た品物, 出來, 抱えて, 押しこかした, 砂塵の, 私は, 竹書紀年, 藁を, 裏谷の, 見るとき, 言われた俺, 飛んで

▼ 塚~ (12, 0.9%)

2 から買った 1 だある, とやって来た, のこと, の前, は唇, は小さい, は悠々, は懐中, は調子, をにらみ

▼ 塚~ (11, 0.9%)

2 が六六・一〇〇瓩, の体重 1 が乗り出した, が始めた, に較べ, は口元, は口惜し, は葉巻, は軽く

▼ 塚より~ (10, 0.8%)

3 外に 1 ボンヤリ光の, 云々として, 何十里何百里も, 出たと, 土器の, 確かに, 移りて

▼ 塚まで~ (9, 0.7%)

1 いらっしゃい千鳥塚, かけつけて, テクテク歩いた, 出る決断, 行きそこ, 行って, 辿って, 辿りついたなら南無妙法蓮華経, 辿りついて

▼ 塚英信~ (9, 0.7%)

2 のところ 1 が小説書き, だ, という作家, に会っ, は, を俺, を呼ん

▼ 塚さん~ (8, 0.6%)

1 と一緒, と云う, と被, に会った, の昔, は, は昨夜, へ置い

▼ 塚には~ (8, 0.6%)

2 鬼が 1 あらず, 一人しか, 他人の, 兜を, 時々狐, 菜の花が

▼ 塚~ (5, 0.4%)

1 か知らない, この山, とか前方後圓, とか茶臼塚, なと思っ

▼ 塚でも~ (5, 0.4%)

1 ありゃしねえ, ないという, ほん気に, 何とやらいう, 立てて

▼ 塚~ (5, 0.4%)

1 といふところ, の坂, の坂の下, の家, へ嫁い

▼ 塚~ (5, 0.4%)

5 の扉

▼ 塚である~ (4, 0.3%)

1 ことだけは, ことを, と云った, 事も

▼ 塚です~ (4, 0.3%)

1 から土, から肉体, ね, よ

▼ 塚とも~ (4, 0.3%)

1 いい小, いうそう, いうん, いおう

▼ 塚にも~ (4, 0.3%)

1 何らかの因縁, 柳にも, 目を, 陰陽師は

▼ 塚前村~ (4, 0.3%)

1 と申しまする, にか, の知己, へ掛りました

▼ 塚~ (4, 0.3%)

2 になった 1 の松尾一郎翁, の盲人

▼ 塚愛祐~ (4, 0.3%)

1 がかえって, の訓辞, はその, を始め

▼ 塚~ (4, 0.3%)

2 の産 1 という大村, の実松家

▼ 塚産業課長~ (4, 0.3%)

1 が云っ, が同席, が急遽, の膝詰談判

▼ 塚警部~ (4, 0.3%)

1 の妻, の頭, は忙しく, は抜剣

▼ 塚では~ (3, 0.2%)

1 たいていその, なく全く, 後の

▼ 塚といふ~ (3, 0.2%)

1 のが, のを, 姓夫婦株式会社といふ

▼ 塚とは~ (3, 0.2%)

1 あるいはここ, 太古の, 鳳凰臺の

▼ 塚など~ (3, 0.2%)

1 ありと, いうもの, 小さき丘

▼ 塚なら~ (3, 0.2%)

1 んでゐる, 地面の, 海が

▼ 塚なる~ (3, 0.2%)

1 は塚, もの有之, をこそ女郎花

▼ 塚について~ (3, 0.2%)

1 何か, 妙な, 残つたのだらう

▼ 塚にの~ (3, 0.2%)

3 しか

▼ 塚~ (3, 0.2%)

1 であった, の言葉, はひそめた

▼ 塚~ (3, 0.2%)

1 の彌, へも寄った, まで是

▼ 塚~ (3, 0.2%)

1 ですか, と御, と被

▼ 塚洋吉~ (3, 0.2%)

2 の両氏 1 の三人

▼ 塚あり~ (2, 0.2%)

1 と, と聞き

▼ 塚~ (2, 0.2%)

1 墓の, 知らずそこ

▼ 塚その~ (2, 0.2%)

1 上には, 次ぎに

▼ 塚たる~ (2, 0.2%)

1 因縁を, 所以を

▼ 塚であった~ (2, 0.2%)

1 がその, のが

▼ 塚であります~ (2, 0.2%)

1 がこの, が仲哀天皇

▼ 塚とか~ (2, 0.2%)

1 二本松なども, 車塚だ

▼ 塚として~ (2, 0.2%)

1 その下, 知られて

▼ 塚なども~ (2, 0.2%)

1 厳重に, 見て

▼ 塚へは~ (2, 0.2%)

1 上らずに, 命日忌日には

▼ 塚全体~ (2, 0.2%)

1 が荒れはて, を盛りあげる

▼ 塚商店~ (2, 0.2%)

1 の方, の買受書

▼ 塚塔中~ (2, 0.2%)

1 にあらず, にあり

▼ 塚忠右衛門~ (2, 0.2%)

1 とがくつろいだ, 同じく忠太夫

▼ 塚~ (2, 0.2%)

1 に酢, の米屋

▼ 塚戸小学校~ (2, 0.2%)

1 の前, も新築

▼ 塚此地~ (2, 0.2%)

2 に在べき

▼ 塚江事務官~ (2, 0.2%)

1 が大きに, も煙

▼ 塚發見~ (2, 0.2%)

2 の王冠

▼ 塚~ (2, 0.2%)

1 がある, はその

▼1* [104件]

およびその近傍, 塚かと思う煤, 塚かなんかで土地, 塚かも分らない, 塚からは鏃や, 塚からも金冠が, 塚ぐらゐではすつぽん, 塚ごとに一本, 塚さして行くに, 塚さん糸巻塚ともいう, 塚じゃわいやい, 塚それに三千人という, 塚だけでは, 塚であって矢, 塚であり碑であっ, 塚でありましてその, 塚でござんすが, 塚でござんすよ, 塚でなければならない, 塚での無慈悲の, 塚とかいうのについての, 塚との間に, 塚とやらはこれからだいぶ先, 塚とやらまでこの女性, 塚どうやらこれは, 塚どっちにしよう, 塚などから転じて, 塚などと同じく信仰, 塚などといふ名の, 塚などの由来は, 塚なり洞なり, 塚なるべきを信ずる, 塚なんぞはもう疾, 塚において合戦真最中, 塚にまつわる狐の, 塚にまで推し及, 塚のみならば, 塚へもお参りを, 塚ほかの一基, 塚ほどに積みあげて, 塚または獅子舞塚と, 塚までがその木曾路, 塚までもかすかな, 塚までを一つ残さず掘り, 塚みたいになっ, 塚よと冬子は, 塚よりとも伝う, 塚らしいと思った, 塚目撃スル二徃, 塚一ツであるか, 塚三つばかりあり, 塚三次が殺したる, 塚中血は化す, 塚堆あり, 塚二つに割れ, 塚伊賀越の敵討, 塚伏見屋の二階, 塚を行, 塚作道に達しました, 塚側火山の側面, 塚前村観音堂へ因果塚, 塚参詣の怪しい, 塚周平両氏に会し, 塚坊舎が三カ寺, 塚大杉の森, 塚存する国々には, 塚には先代, 塚屋らに引っかかった, 塚市長に面会, 塚建掛ケの塔, 塚忠兵衛大江の源右衛門, 塚忠兵衛年五十六歳松島半之丞年四十松倉家中医師有家久意年六十二相津玄察年三十二布津の太右衛門年六十五, 塚或は築山などの, 塚戸指川などである, 塚所々にあり, 塚所在の幸町, 塚新利根川戸指川グル川大重沼押っ堀, 塚方面へとはぐれた, 塚村大字在庭坂多くの地方, 塚柳北の碑, 塚を相立懇篤, 塚求女の役, 塚洋吉両氏の合計, 塚無縁仏など囚人, 塚琵琶塚へまず, 塚産業部長までも中風, 塚が長考, 塚相川両氏わが帰行, 塚省吾木下広次土方寧の諸君, 塚筆塚針塚といつた, 塚の名, 塚糸巻塚どっちにしよう, 塚胴塚ととなえられる, 塚若かず一棺湖底の, 塚藁塚とあたたかし, 塚にでも野, 塚に住, 塚辻堂賽の神, 塚近くの林, 塚長明寺門前の桜餅, 塚附近の林, 塚離室甘湯沢, 塚だとか, 塚魔野へ意地