青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「姉さん~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

妙~ ~妹 妹~ ~妻 妻~ 妻子~ ~妾 妾~ ~姉 姉~
姉さん~
姉妹~ 始~ ~始まった ~始まる 始まる~ ~始め 始め~ ~始めた 始めた~ 始めて~

「姉さん~」 3360, 36ppm, 3212位

▼ 姉さん~ (574, 17.1%)

11 いいました 5 おっしゃいました 4 お嫁, 居ないの, 泣いて, 顔を 3 いつでも, いつ帰った, 何処に, 僕に, 帰って, 私の, 私を, 答えました, 自分の, 鬼では

2 [26件] あの人, あれは, いくつでした, いって, おじいさんの, お仁王, この人, これまで, そんなこと, だまって, どうした, どこへ, なぜ楽屋, もうお, 何うし, 何にも, 大阪へ, 居ないので, 東京の, 正ちゃんを, 死んで, 目に, 眼を, 私に, 良ちゃんを, 達ちゃんを

1 [460件] あちらよ, あなたに, あのきりやう, あの不恰好, あの吉野, あやぶまれました, あらたまった顔つき, ありませんでした皆, あんなでしょう, あんなになっ, あんなに感心, あんまりねえ, あんまり良心, いい人, いくつ, いそいそと, いったいどうした, いったの, いっぺんに若返っ, いつから, いつの間にか羽子板, いつもより, いつも工藤さん, いつも御, いつ歸つたの, いないし, いますか, いまどうして, いまやっと, いま目黒の, いやな, いらっしゃらなくて, いるだろう, いろんな匂, いわれました, うれしそう, えらいなあ, えらいや, おかみさんに, おきき, おちついた性質, おっかさんと, おどろいた顔つき, お勝手, お千鶴さん, お可哀そう, お墓, お墓参り, お姉さん, お娵, お婆さんで, お孝, お料理, お母さんに, お母さんは, お父さんの, お病気, お約束, お腹が, お芳さん, お若い, お若さん, お近, お達者, お顔, かえってぷりぷりし, かくれて, かならずどこ, かならず生き, かわいそうに, きえちゃんに, ききました, きっとすぐその, きっとわたしたち, きまり悪, きよを, くら有っ, くれなかったの, こういう, こういう方, ここに, ことし二十六である, このビル, この上, この世界じゅう, この僕, この頃, これからほれ, これから幸福, これから舞踏会, こんなところ, ご存じかな, しかたが, しかってから, しきりにいろいろの, じき帰っ, すべてに, すわって, そういう, そうやっ, そう成った, そう言いました, そこで, そのおどろいた, そのとき, そのひと, その後ろ姿, その時, それで, それを, そんなコワい, ただ火鉢, たった一枚, たぶん私, ちかく結婚, ちっとも自分, ちょいと, ちょっと用事, ちょっと間, とうから心配, とうとう都, とても兄さん, とても琴, とりあえず国府津, どういう方法, どうし, どうしてそんな, どうする, どうすれ, どう思います, どこに, どこを, どんなお方, どんな事, どんな面, なかなか眠れませんでした, なくならないよう, なさいませんの, なぜ大, なぜ止められた, なぜ結婚, なにに, なんでも, はたして生き, はだしで, はつきり帰らないなら帰らない, はやくききたかった, ひとりぼっち, ぴったりと, ふうちゃんと, ほんと, ほんとうに, まず糸, また女, また小説, また正直, まだうそ, まだほんま, まだ夫婦, まだ小屋, まだ帰っ, まだ病気, みんなお前に, めそめそ泣いた, もうこれからは, もうすん, もうたまらなく, もう先方, もう口, もう大, もう好い, もう寝, もう帰っ, もう帰っちゃった, もう我慢, もう死ん, もう知っ, もう起き, もつと, やさしいさびしい口数, やっと安心, やはりあす名古屋, やはりいつ, よかった, よくわたし, よく光った, よく御存じ, よその, わらいました, ガリガリガリと, トロちやんの, ニッケル製の, ハンドバッグから, ボンの, マッチの, モウお, ラザレフの, ルキーンが, 一さんを, 一と, 一人女学校が, 一体どんな, 一寸も, 一年も, 一時間と, 一枚の, 一番理解が, 三次の, 三次へ, 上履を, 下に, 不安そうに, 不思議がりました, 両世, 中, 二三日泊りがけで, 二郎に, 二郎の, 人に, 人を, 今も, 今夜よっぽどどうか, 今幽霊, 今日は, 今時分いつでも, 今自分, 仕合せだ, 仕合わせです, 他人に, 以前と, 仲が, 伏目に, 何かを, 何し, 何してる, 何でも, 何という, 何ともありゃあ, 何ともなかろ, 何を, 何んな, 何事かと, 何処か, 何処で, 何方が, 俺らの, 俺を, 僕たちと, 僕たちの, 僕と, 僕にも, 僕の, 僕を, 優しく私, 元武士, 元気が, 元気よく, 兄さんが, 先へ, 先生に, 内じゃろう, 冷めたい水江, 処女です, 処女でなかった, 前世で, 前川さんの, 加藤楼の, 医者に, 厭がっ, 口を, 只み, 叫びました, 右に, 吉原芸妓の, 君の, 君未だ, 呑むん, 商売なんか, 喜んで, 嘘吐きです, 四次元世界の, 土地の, 堅い気象, 堪えがたいくらい, 声を, 外から, 夜おそく, 夜なかに, 大きかった, 大声を, 夫で, 夫婦の, 女中を, 女学校を, 女醫學校の, 妙な, 姉さんゆえ客に, 委しいこと, 娘はんです, 嫁く, 嬉しそう, 子供に, 子供の, 安並さんの, 実の, 実現なさるでしょう, 家で, 家に, 寝衣, 尊い犠牲者, 小さい自分, 少しも, 山猫博士の, 布袋屋に, 帰つて来ない, 幕の, 平常から, 年ちゃんの, 幽霊じゃ, 幽霊な, 幾つぐらいで, 広島の, 庭前の, 弟が, 弟たちの, 弟の, 待つて, 後から, 御機嫌です, 心配してた, 心配しました, 志操堅固な, 念を, 思わずにっこりなさいました, 性來多病で, 愛し合って, 感きわまった, 感嘆なさいました, 感心し, 戦争未亡人な, 手に, 手塚さんの, 捨てること, 文鳥を, 新吉を, 方々お, 明るい金魚屋, 明日も, 昨夜から, 是非寄越し, 最早お前さん, 最早出, 望まれますか, 木曾の, 未だ真実, 本当に案じられる, 来ない方, 柔順い, 案外世間, 模範的な, 横浜に, 歌った, 正二くんから, 正吉くんの, 正太さんの, 此の, 歩きながら, 死にか, 死ぬん, 死ぬ覚悟, 殺されたの, 殺されて, 毎日忙しく, 気だても, 気に, 気の毒な, 水臭いひと, 注意しました, 洋裁の, 派手で, 浮き浮きし, 海ほおずきを, 涙ぐみました, 温和だ, 渾名を, 源三郎さんを, 澄まして, 無事に, 無関心, 父親さんに, 犯行の, 独りで, 理性に, 理由も, 生きて, 生活なんて, 町へ, 町内の, 疲れて, 相変らず, 相当な, 真実に, 真面目に, 矢張この, 神さまの, 秀ちゃんから, 秀ちゃんに, 私は, 私も, 科よく, 窓の, 立派な, 結って, 結婚なさっ, 結婚生活に, 綺麗ずきだ, 美しく, 美麗な, 考えて, 聞く気, 肩先で, 腹を, 自分達が, 自害たった, 自殺した, 興さめ, 良ちゃんの, 色の, 芝居に, 茶わんを, 落ちついて, 蒼い顔, 行かないのね, 行きたくないん, 見て, 見懸けた処, 見返りお, 親類じゅうの, 覺えて, 言う, 貰い児の, 貴方こないだから, 貸さなかったが, 賢二を, 赤十字の, 身体を, 造って, 連れて, 進ちゃん, 達ちゃんが, 達者かと, 遠慮し, 鈴岡さんを, 長い事大阪, 間が, 隠そうと, 難有, 静かに, 頂かないわ, 黙つてりやい

▼ 姉さん~ (509, 15.1%)

13 ように 11 所へ 10 ところへ 7 方が, 顔を 6 ことを 5 ために 4 いうこと, ような 3 ものだ, 姿は, 家へ, 持って, 方は, 顔が

2 [36件] おとめさんの, お部屋, ことです, ためなら, とこい, ほうは, やうな, 世話を, 事を, 云うこと, 人が, 佃, 傍に, 名は, 姿が, 家の, 家は, 手に, 敵が, 方から, 方と, 方へ, 様に, 様子を, 気持は, 病気は, 着物を, 繁昌する, 肩を, 腕の, 腹を, 部屋で, 部屋へなんか, 顔は, 飾紐を, 魚は

1 [352件] おっしゃったよう, おつれ, お世話には, お久さん, お友達, お古を, お名前, お名津ちゃん, お君さん, お墓, お婿さん, お嫁入りさき, お客を, お家へ, お店, お手伝いが, お才, お柳さん, お楽さん, お気質, お清さん, お父さんか, お父さんが, お目, お稻さん, お紋さん, お葬式, お蔭で, お言葉, お詣り, お譲り, お近さん, お通さま, お通夜は, お顔, かたきだ, かたき討ち, きよい心, くせに, くつは, けちん, こころを, こしらえた不義理, こと, ことだ, ことぢや, ことでも, ことなら, ことばかり, ことみんな柿内氏に, ことも, ごた, したこと, すねかじり, すること, そのまた, そばへ, そんなかつ, ためです, ため謀ります, だいじなきり, だから食べ, だ嘘, つもりで, でしょうが, でしょうちょい, とき子さんが, とてもよく知っ, はその, はそれ, は催促髷, ふだん着でも, ほうが, ほうへ, またか, むねの, ものよ, ような頷き, ようにも, ようよ, ゐる家, をと思った, を混ぜた, エルネスチイヌは, クレエルは, フロラさんと, ポケットへ, マノンは, 下駄それは, 世話にな, 両親へ, 主張では, 乳を, 事だ, 事なんか, 事に, 事手の, 事言う, 二人でも, 云ふ, 井谷さんも, 亡骸を, 人らしく, 人格について, 仇が, 仇と, 仇を, 仕事でも, 仕組んだ二つ, 他一人, 代りに, 仮装した, 侍女に, 依頼で, 健康状態が, 側へ, 傘だ, 写真でも, 処へ, 出て, 出鱈目が, 前です, 前に, 力かネ, 友達だ, 口唇の, 口振で, 名前です, 名案と, 告白書です, 味方は, 味方らしい, 味方を, 呼吸器に, 命乞に, 場合はね, 場合も, 境遇に, 声は, 声も, 外に, 夢ばかり, 大きい方, 大久保夫人と, 大変いい, 夫にあたる, 失踪事件に, 好きだった, 好きな, 好きに, 妖術に, 妹と, 姉さんで, 姉さんの, 姿, 姿に, 婿さんたるべき, 嫌らし, 子だった, 子を, 子供である, 実家の, 家だ, 家で, 家に, 家出した, 容子どんな, 寝て, 小信さん, 小言を, 居る所, 居処を, 幸福を, 幽霊かと, 幽霊が, 幽霊です, 幽霊と, 幽霊の, 弟さんが, 御主人, 御咎め, 御奉公, 御嫁入り, 御志, 御恩, 御推薦, 御縁, 御遺言, 復讐を, 心づくしで, 心意気では, 志, 志だって, 志です, 思いついたすばらしい, 思いやり, 思って, 恋人だった, 恋人であった, 恩が, 愛人か, 愛人では, 感動された, 懐へ, 所な, 所に, 手から, 手は, 手を, 手紙を, 揃って, 教は, 敵, 敵だ, 敵と, 敵は, 敵を, 敵思い知った, 文ちゃんという, 文子さんや, 方で, 方でしょう, 方などは, 方の, 方も, 旦那かも, 旦那さんが, 早く早くで, 暮らしは, 本意にも, 来て, 枕許へ, 様な, 樣に, 樺山常子夫人が, 櫛どうぞ, 欲しがっ, 死の, 死んで, 死体の, 氏素性来歴を, 気イ済む, 気性を, 気持も, 氣分の, 洋服よ, 浮気, 深紅の, 演劇熱の, 激しい気性, 為にも, 物な, 犠牲に, 犯罪には, 独り決めでは, 独身主義と, 玩具が, 男を, 番人じゃ, 病気が, 癖でした, 白い腰, 白くやさしく動く, 目はなんて, 看病に, 看病を, 真似できない, 真実の, 眼は, 眼鏡も, 瞳は, 知ったこと, 研究ノートじゃ, 研究室だ, 研究室で, 研究室の, 神経です, 立場も, 節操を, 紫色の, 細い肩, 経営する, 結婚も, 結婚を, 結婚一周年記念の, 結婚式だ, 結婚披露宴の, 結婚満, 絹を, 縁続きでござん, 罰, 美しい眼, 考えるよう, 考じゃ, 考を, 聟にといふ, 聲で, 聲を, 肩の, 背中で, 背中に, 背後から, 脳髄から, 腕を, 臨終に, 色男は, 芝居なかなか, 花を, 若々しい明るい顔, 茉莉さんが, 行つ, 行方も, 行方不明との, 見舞かたがた行った, 見舞ひ, 言い値ほどは, 言うの, 言ふこ, 許へ, 詞に従って, 話じゃ, 話って, 話に, 話を, 話当に, 誠意に対して, 身にとっては, 身を, 身上に, 運命については, 部屋へ, 銀の, 間です, 震えるの, 青春は, 面影が, 面影を, 頬の, 頬は, 頬ペタは, 頸筋か, 頼みも, 額の, 顔だ, 顔だったろう, 顔に, 顔の, 首だけが, 首だけを, 首ったまに, 馬鹿, 鼻を

▼ 姉さん~ (443, 13.2%)

12 いいました 4 来て

2 [27件] ありましたね, いいますと, いつでも, いなくなると, いわれました, おっしゃいました, お亡くなり, これを, もって, 上げるもの, 云つた, 什, 可愛がっ, 呉れたの, 学校から, 家に, 帰って, 急に, 死ぬ, 殺された時, 殺されて, 私の, 結婚した, 蔭へ, 行って, 見込んだ限り, 辟易する

1 [373件] ああお, ああし, あった, あったよう, あなたに, あのお家, あの奥さん, あの姉さん, あの小さ, ありは, ありましたが, ある, あるけれど, あるじゃ, あるって, あると, あんさんという, あんなねこ, あんまり兄さん, あんまり可哀想, いたでしょう, いって, いないと, いないん, いなかったら僕たち, いなくて, いなくなったので, いなくなったら僕, いなくなったら家, いなくなったら私, いなくなってから, いなくなっても, いやがるわいね, いらしたら何, いらしった頃, いらして, いらっしゃるの, いる, いるから, いると, いろんなこと, うつむいて, おありだ, おありでした, おいいなさる, おいいやすの, おいでたならどんなに, おいでなさる, おきき, およめ, お前よりも, お勤め, お好き, お氣, お父さんの, お産で, お竹蔵, お節の, お膳立てし, お言いだ, お飯, かわりがわりに, きいても, ききました, きたよ, きたら頼んで, きつうそれ, くれたの, くれたン, ここに, ここにも, ここへ, ここらで, このま, この家, この間拾っ, こんなこと, こんなに急, こんな状態, こんな話, さう仰やるからは, しかられたよう, して, しんぱいし, すこし古く, すこし派手, すこし言いすぎた, そういうこと, そうすると, そうやっ, そう云った, そう云ってる, そう言いました, そう言う, そう言った, その名, それでうまく, それを, そんなに困っ, そんな事, そんな物, そんな自殺, そんな返答, たずねました, たずねられました, ただ御, たよりに, だまって, だらしが, できるという, でられるとは, とけて, どうしても憎い, どうにかし, どこへ, どんな事, なくなる半年, なくなる際, なすったよう, なにかお, なんだか大分悪, なコレ, のろいの, はら, ひとりで, ひどい眼, ほどなくこの, またいいました, またいらしたわ, また使い屋, また吩咐, まだ十, まだ家, むつぎにくるまった形に, もう一週間, もう少し家, もっといじめられる, よいという, よくし, よっぽど好き, わたしよりも, わるいん, ゐるかね, ゐる中, カルメ焼きを, チト御, デストゥパーゴの, ピアノを, ファットマンの, 一人ある, 一人お, 一人出来た, 一人居る, 一寸来, 一番好い, 一番最後に, 一緒に, 上の, 世話て, 中央電話局から, 主張する, 乏しいヘソクリ, 二人ある, 云うん, 云った, 云ったこと, 亡き義妹, 亡くなった兄さん, 亡くなって, 亡くなるん, 今にも出, 今度書いた, 今番屋に, 伊三郎さんを, 住むの, 何し, 何と, 何時でも, 余計な, 作ったの, 使って, 健ちゃんに, 僕を, 先の, 先刻から, 内職を, 出て, 出掛けて, 出来たって, 初々しいしおらしい事, 助かるの, 北海道から, 十五で, 又市, 友子は, 可い, 可哀想だ, 可哀想です, 可哀想でなりません, 可哀相だ, 台なし, 名を, 君に, 君の, 君を, 吩咐けて, 味方が, 呼びに, 呼んで, 四緑な, 困つて, 坂巻を, 外国へ, 夜中に, 夜店へ, 大きな声, 大事が, 大切に, 大変悪い, 大学教授法学博士に, 奈様か, 女学校から, 好きだ, 好きだった, 威すん, 嫌ひでそれつ, 嬉しそう, 学校を, 実に感心, 宮中を, 宮城県から, 家じゅうの, 家も, 小さいとき, 少しも, 少年の, 居られたという, 居るから, 居るもの, 巧みに, 幸福だったら, 御奉公, 御飯ぐらゐ世話し, 心入れの, 心配し, 忌だ, 急病の, 恋しいの, 恋しい姉さん, 悪い, 悪い姉さん, 惡いんだ, 意地わるか, 感心した, 戻って, 戻るまで, 持って, 改札口で, 教へて, 断髪に, 旅人に, 早う死んだ, 早く帰っ, 早朝から, 明るい笑顔, 書いたのね, 朝と, 来ても, 来ましたよ, 松島の, 棒縞の, 横取りを, 止めなさいなんて, 止めるの, 正ちゃんを, 此間手紙で, 此際撰択の, 歩いて, 歩行い, 死ぬなんて, 死ぬもん, 死んだと, 死んで, 段梯子に, 殺されるかも, 母さんの, 気に入って, 気の毒で, 気の毒です, 泣いた, 泣いたって, 泣いちゃったじゃ, 泣いて, 泣いてはを, 泣き出しましたので, 泣き泣きいう, 泣くから, 流石は, 温室について, 無理を, 煙管を, 煮え切らないから, 狼に, 狼の, 玄關から, 玉井さん好きな, 現れました, 産婆さんに, 用事が, 申されたので, 男の, 留守だったら, 病みついたん, 病気で, 白い蝶々, 直治が, 真理に対して, 眠って, 着た方, 私でしたら, 私を, 立ち聞きし, 立って, 笑うと, 綺麗に, 縊死した, 繁ちゃんを, 置いて, 罰を, 美しい顔, 羨ましがる, 義理に, 羽根を, 舞台の, 藥を, 行きさえ, 行きますからね, 行くからね, 行ったの, 行つ, 表の, 要るそう, 見えて, 見たの, 見つけたの, 見て, 言いました, 言うの, 誰と, 諏訪法性の, 象の, 買いものから, 赤ン坊を, 足を, 足首を, 近所の, 送って, 逃げて, 遠い外国, 遠くへ, 遣って, 邪魔を, 鈴岡さんからの, 鈴岡さんと, 長火鉢の, 門司に, 随分なお, 随分好き, 養子を, 駄菓子屋に, 騒ぎたてた, 魂を, 黙つてるならあたし

▼ 姉さん~ (234, 7.0%)

3 なって, 大きいので, 聞いて

2 [12件] いっても, すれば, もっと手紙, やって, 云ふ, 似て, 恋慕を, 教えて, 来て, 連れて, 頼むん, 頼んで

1 [201件] あいたいたって, あげるから, あげるけどなあ, あらゆる力, あわして, あんな虐, いいました, いじめられました, いわれたこと, おっしゃる前, おまいり, おまかせし, お世話に, お会いしまへん, お化粧, お婿さん, お客様だって, お気の毒, お目にかかって, お礼を, お聞き下さいまし, お見せなさいまし, お願, お願いし, かわって, きこえたらさだめし, きらわれんよう, さう, さわりさうな, しかられました, しかられまするは, しかられると, したって, して, しても, すまないと, すまないわたし, そういう風, そう云っ, そう言っ, そう言われ, そっくりで, そっと物, その遊女, それを, たのまれた妹, たのまれて, たのみましょうよ, だいぶ御, ちがいない, つけて, つれられて, とくと腹の中, なった, なったの, なっちまったな, なつて, ならせて, なら立派, なりたくは, なりましたね, なる, ひけを, ぶらさがってばかり, またよく, むかって, ものを, よく思われ, よろしく, よろしくと, わたしから, わるいで, 一人連れ, 一度逢いたい, 上げたいもの, 上げましょう, 世話し, 世話を, 云ったの, 云ひつける, 今の, 今日あちらの, 任せて, 会いたいと, 会いたいん, 会いに, 会うため, 会えるん, 似てるん, 何か, 僕が, 僕の, 其の話し, 凭りか, 初めて会っ, 勝った位, 化けて, 化け込みながら, 厭な, 及第すりや, 叱られてよ, 叱られますと, 向かって, 向って, 向ってか, 吩咐て, 告げました, 命令する, 喧嘩ふっかけ, 坐って, 報告する, 妹かも, 安心し, 尋常科の, 小言を, 少し用談, 届けるもの, 岡惚れの, 強さ, 当たられたら恐い, 当たるくらいの, 当るという, 御心配, 御挨拶, 御見せなさい, 御金, 怒られてばっかり, 恋して, 恥かしい, 恥ずかしいこと, 恨が, 悪いこと, 悪い智慧, 惡いから, 成りましたなあ, 成りましたネ, 手を, 手紙を, 打ちあけて, 抱いて, 抱かれなければ, 抱っこし, 持って, 教えられながら, 書いて, 正直な, 此方から, 死ぬ人, 気に入って, 氣の, 沁, 済まないと, 済まなくつて, 渡しその後, 無力な, 物を, 物質的な, 甘いところ, 甘えたくて, 用が, 當る, 直接言っ, 相談が, 相談したい, 相違なかっ, 知れないよう, 笑はれました, 紙の, 聞いたら多分, 聞えると, 聞かせたらさぞ, 肖ない, 茶の, 見えたの, 見えましたか, 見えませんか, 見せたでしょ, 見せて, 言いつかって, 言おうもの, 言葉を, 訊いて, 話が, 話したらお, 話して, 話すと, 貰つて来る, 貴方は, 買って, 赤ん, 踊らないといったの, 近づくと, 逢いませんでしたか, 逢ひたいから, 連れられて, 違ひない, 郷里へ, 電報を, 頼まれたわけ, 頼まれて, 食いついたり

▼ 姉さん~ (163, 4.9%)

3 兄さんも 2 あるお前, いた, お亡くなり, お母さんも, 出て, 大変に, 妹も, 政ちゃんの, 来た, 目を

1 [140件] ああ云っ, あなたの, あの御, あるいはそう, い, いい細君, いじらしくなっ, いたの, いっしょに, いまは, うちつけが, おかしくなっ, おなじだ, おぼえて, お兄さん, お入りなさい, お内儀さん, お困りであろう, お嫌, お歓び, お母はん, お父さんの, かなりに, かわいそうだ, きっと淋しい, ここへ, こっちへ, この話, この頃, こんどは, こんなじゃ, こんなに言っ, さう, しっかりお, しばらく政ちゃん, そうであった, そうやっ, そう思います, そこに, その意味, そればっかり, だよ, どうした, どうぞほんま, どうです, なかなか折れ, びっくりし, まあも, またお, また二郎, また人聞き, まだいらつ, まだでしょう, まだ出, みんなそばに, みんな罰を, よくご, よく知らない, わからんさ, 一人じゃ, 一緒だ, 一緒に, 云って, 今夜は, 今度出, 仕合せだろう, 何だ, 何も, 何事も, 何様に, 余程沈着, 係り合いが, 俺が, 偉いね, 停車場まで, 兄さんの, 光栄身に, 克く, 可哀, 台所の, 吹き出して, 哀しい女, 塾に, 変って, 変つて来た, 多勢いる, 夢中に, 妹さんも, 家に, 尋ねて, 小山の, 工場へ, 年が, 幸之助も, 弱虫だ, 待ちかねて, 待ちかねてるから, 御心配, 怨んでは, 手塚さんも, 手放すの, 新しい衣物, 早くあの, 早くおやすみ, 是非つれ, 本氣, 来て, 此地へ, 死んだ誰, 死んぢ, 氣分の, 清吉も, 疎開の, 白く成りました, 知って, 知ってるだろうが, 知ってるはず, 私に, 私も, 空を, 笑いながら, 笑い出した, 笑って, 笑ひ, 自分が, 自分たちは, 若かった, 苦しみ貴君, 草葉の, 行ってるじゃ, 表慶館へ, 見えそう, 見たと, 親で, 負けてる方, 遠慮し, 随分な, 随分ヒト, 随分平気, 非常に

▼ 姉さん~ (140, 4.2%)

7 一緒に 5 二人で 3 いっしょに, 一所に, 何か, 兄さんと 2 一しょに, 三人で, 二人し, 云う人, 云つた, 同じよう, 呼ばるれば, 呼んで, 手を

1 [98件] いがみ合ったん, いけないの, おじいさんの, お妹さん, お定まり, お揃いで襟, お母さんは, お目, かるたを, きたひ, こい行, こう一所, ここで, したら何, した事, その事, たびたび喧嘩, つても, なら此上, ふたりで, もう会, もちが, エクレヤ食べませう, グルに, 中好し, 二人きりの, 云い母さま, 云った, 云ったの, 云って, 似たやう, 俊雄君と, 光ちゃんの, 加十さんの, 双葉が, 同じく痩せ, 名倉の, 呼ばれしは, 呼ばれて, 呼ばれながら, 呼びました, 呼び居たり, 呼ぶこと, 呼ぶわ, 呼ぶ機会, 呼ぶ機會, 呼んだ, 地に, 坊ちゃんが, 坊ちゃんでした, 妹です, 姉さんの, 孰方が, 常吉とを, 弟に, 張りあうわ, 思つてる, 思つてゐる, 思われない, 慕ッて, 探しに, 敏ちゃんとは, 正坊, 正雄の, 正雄は, 歩いてるみたい, 歩行いた, 母子二人出京し, 母親との, 気が, 異った, 知り合, 私と, 約束が, 約束した, 結婚し, 縁談なんか, 花子さんとが, 花子さんの, 見合ひ, 親しげ, 言うこの, 言つてゐた, 言つてゐる, 言ひました, 言われたこと, 言われたその, 話して, 認めさせるため, 貴子姉さんが, 賢二は, 辰夫くんが, 逢いたい, 連立たっせえた, 進むる膝, 違ってよ, 階下で, 面白そう

▼ 姉さん~ (128, 3.8%)

2 お撃ち, 助けて, 呼んで, 安心させた, 後援する, 持つて, 殺した下手人, 見て, 連れて

1 [110件] あきらめたほう, あきらめて, いつまでも, うやまいなつかしみました, おいて, おだてて, おんぶし, お助けなさろう, お嫁, お殺し, お貸しやし, さらつて行きさうな, しあわせに, たすけて, たったいま, ちっとも羨ましい, つけて, できるだけよく, とても好き, どうかしよう, どうする, ひどい眼, もらったらいい, わがままだ, コワがっ, トテも, 一人もう, 下手人に, 中村さんへ, 二人連れ, 今晩は, 仕合わせに, 代りに, 休ませて, 住まわして, 何う, 侮辱する, 兄さんと, 出さないのよ, 刀で, 切ったそれで, 助けると, 呑み込んで, 呼びに, 大事に, 嫁に, 嫌ひでは, 尋ねて, 尋ねるッ, 小声で, 少し文句, 屹度お, 広い家, 引寄せよう, 張りに, 心では, 思い出したと, 思い出したの, 思い出してよ, 思い出す, 思い出すと, 怨んで, 想つてゐた, 愛して, 手伝った方, 手助け致しやしょう, 拳銃で, 持ったお, 持って, 捉まえ, 探しました, 掴まへ, 救いたいの, 救う義務, 救えるの, 教育してる, 本能的に, 楽み, 殺されたくらい, 殺した安田一角, 殺して, 殺しました, 気にいって, 気を, 泣かして, 無事に, 疑って, 発見できる, 知ってたん, 絞めたの, 縛つて行つた, 置いてきぼりに, 自分の, 袖姿見に, 見た, 見つけたとき, 見ると, 覗いて, 訪ねて, 誘い出すん, 誘はうぢ, 警戒する, 責めるよりか, 起こしました, 身うけし, 身受けした, 身受けしなく, 軽蔑する, 追ひ廻して, 離婚する

▼ 姉さんには~ (46, 1.4%)

1 [46件] あのころ, いろ, かえって, きこえないの, このせつない, その無邪気, そんな事, ちっとも分らない, できやしない, どうかしらと, どうだい, またお, まだ出さない, 丁度好かろ, 三つくらいの, 五つくらいの, 何が, 何でも, 僕の, 内証に, 分らないよ, 別れたが, 受けては, 大変な, 少し工合いが, 徹頭徹尾頭, 急き立てられました, 手数を, 昨日僕あつ, 時折縁談が, 極が, 歴と, 気の毒だ, 田舎の, 私が, 種々御, 米沢町の, 言へ, 言わなかったが, 言われないん, 逢いたいけれど, 逢いましたけれど, 逢ったこと, 鈴岡さんの, 関係の, 頭が

▼ 姉さん~ (40, 1.2%)

63 とか言つて 2 と云う

1 [29件] からはつきり云, から女大名, から毎日, か小母さん, がお, がバクチ打ち, が悪く, し勤務, それでも柳橋葭町あたり, ぞ, つていざ, つてこんな, つてそい, つてば, つて工場へは, といってる, と云い云いした, と分っ, と幼心, と思う, と思っ, ねえ, のを, もの面を, よ波野幸子, わ, ッて, 姉さんだ, 私まで

▼ 姉さんたち~ (37, 1.1%)

2 にお

1 [35件] が, があれ, がまた, が出, が晩, が果物, が腰, だお, だけでお客, でそれ, と同居, に甘やかされ, に笑われた, に精一杯, に遊ん, の仕合わせ, の結婚, の芸子, の間, はいろいろ, は一生, は姉さんたち, は果物, は赤い, までお客さん扱い, も, もお母さん, もみんなあたい, ももう, も女心, も決心, をごらん, をつれ, をとりわけ, を相手

▼ 姉さん~ (32, 1.0%)

3 兄さんの 2 お兄さん, お婆さんの, どこまで, 姉さんや

1 [21件] おっかさんが, お浜ッ児, つて来た, クリスチャンや, 兄さんたちの, 兄さんに, 兄さんにも, 兄さん達が, 別れた人, 叔母者人たちは, 妹たちが, 小さい兄さん, 市蔵の, 時には人間, 正坊, 沢ちやん達が, 祖母さんの, 美和子が, 豊世さんは, 豊世さんを, 輝姉さんを

▼ 姉さんから~ (26, 0.8%)

2 僕に, 話して

1 [22件] お母さんに, かつて, くれぐれも頼ん, こさえて, なの, ほかのを, もらったん, ホテルの, ランドセルは, 一ツ条件が, 先イ飲ん, 其の後, 別に祝つて, 宅の, 小鳥を, 御暇, 私達兄弟の, 聞いたら今日手紙, 聞いて, 話を, 送って, 遊びに

▼ 姉さん~ (24, 0.7%)

2 の方

1 [22件] いつも電車, から, がまだ, がよろこび迎えた, が幾人, が私, には余程, に掻, はよく, は斯, は死ん, は綺麗, もあの, も御, も數, やお, や下婢, よ, を並べ, を困らせた, を馬鹿, 御招待

▼ 姉さん~ (22, 0.7%)

3 は貴 2 のお

1 [17件] にあて, にやど, の事, はこの, はこんど結婚, はどうしても, は今, は何, は実に, は常に, は此, は満, は知っ, は親不孝, も行く, よりずつと年, 帰ると

▼ 姉さん~ (20, 0.6%)

2 は好いた, は私

1 [16件] があなた, があやまる, がどんなに, と一緒, の言った, はあなた, はね初め四月, はゆきます, は何, は恥, は正直, は浮世, もう一度緋色, もこの, もそれ, も帰っ

▼ 姉さん~ (19, 0.6%)

3 銚子と

1 [16件] うち, でませ, ひとりだけが, 内かい, 別れします, 召替を, 夕飯は, 姉さんと, 宅は, 幾歳, 弁当が, 悦さん, 熱いの, 盃を, 銚子, 鳥目が

▼ 姉さんどう~ (18, 0.5%)

4 したの 2 したん, します 1 した, したい少し, です, です近頃, なすったん, なった, ダンス習わない, 具合は, 思う, 思われます

▼ 姉さんこの~ (17, 0.5%)

3 面は

1 [14件] お宝で, フライは, 二人は, 五月三日流し, 人だ, 人は, 問に, 恵比寿は, 方が, 方を, 条件で, 花には, 雨は, 電気灯は

▼ 姉さんだって~ (16, 0.5%)

1 [16件] あんまり馬鹿, お金ない, この身体, すっかり知っ, そうな, その通り, もう二十六, 不思議に, 度に, 恐れ入って, 時々涙, 泣いて, 立派な, 認めるでしょう, 随分好き, 随分華美

▼ 姉さん~ (15, 0.4%)

1 [15件] ごはす, そうして姉さん, そっと這う, なしだれ, ホラお, 二十八に, 井戸端へ, 単に医学士山, 可愛い人, 可愛がられるの, 吉原で, 名津子さんという, 新潟の, 海水浴へ, 額の

▼ 姉さん~ (15, 0.4%)

9 りに 1 の横顔, りが, りと, りの, りを, り式

▼ 姉さんにも~ (14, 0.4%)

1 [14件] ああいう, いろいろ言われ, すこし考え, すまないと, ほめられました, 一つ進げましょう, 一つ頂戴な, 力に, 安心させる, 御褒美, 持つて, 時々は, 自分等にとっても, 言った

▼ 姉さん~ (14, 0.4%)

2 か, をし 1 うぞ, かし, がおかしい, が出来る, が気, でもない, なの, の事, の所爲, も秘す

▼ 姉さん姉さん~ (13, 0.4%)

3 この面 1 いいもの, お別れ, が行, そう貴方, というもの, と地, と慕ッ, はあの, は難, 助けて

▼ 姉さんあたし~ (9, 0.3%)

1 お酒, なにもかも知っ, の踊り, はいけない, はこの, はこれ, は今, もう帰る, 知って

▼ 姉さんここ~ (9, 0.3%)

3 の神様 1 から阿蘇, に居る, に柳倭文子, はばらがき, は私, は約束通り

▼ 姉さんです~ (9, 0.3%)

51 って, もの一しょに, よ, わね

▼ 姉さん~ (9, 0.3%)

2 の, んだ 1 のか, のだ, のである, のです, んざあ生き

▼ 姉さんがね~ (8, 0.2%)

4 トマトで 1 兄さんに, 啓坊を, 政ちやんと, 死にさうな

▼ 姉さんという~ (8, 0.2%)

1 のが, のは, ものは, ものはね, 二人の, 人に, 女, 字を

▼ 姉さん~ (8, 0.2%)

3 嬢は 2 嬢が, 嬢の 1 姉は

▼ 姉さんこれ~ (7, 0.2%)

1 あいけない, が六人め, が新, で可, はう, はナーニ, は夏場

▼ 姉さんとは~ (7, 0.2%)

2 敵同士に 1 反対で, 同年齢, 大変な, 義理です, 顔立ちは

▼ 姉さんなんか~ (7, 0.2%)

1 あっちへ, まだ役者, 些とも, 僕達みたいじゃ, 大した元気, 捨てて, 芝居なんかを

▼ 姉さん~ (6, 0.2%)

1 それでなけれ, ウッカリし, 兄さんに, 妹さんか, 誰かが, 身内で

▼ 姉さんたら~ (6, 0.2%)

1 あんな人殺し, ほんとに意地, 否応なしに私, 本当にそんな, 玉井さんに, 自分が

▼ 姉さんでも~ (6, 0.2%)

1 あるまいに, あるやう, お婆さんでも, 何か, 大丈夫だろう, 小母さんで

▼ 姉さんとも~ (6, 0.2%)

1 つかない女, 思って, 美佐姉さんと, 見える十六, 話してたのよ, 誰とも

▼ 姉さんみたい~ (6, 0.2%)

1 でいきまへんな, ですわ, な人, にどこ, にもりもり, のが

▼ 姉さんもう~ (6, 0.2%)

1 一ぺん垣根の, 卵が, 帰ります, 来や, 来月は, 私は

▼ 姉さんらしい~ (6, 0.2%)

1 のは, 挙止だ, 落着きが, 調子で, 額つきを, 顔つきで

▼ 姉さん~ (6, 0.2%)

1 の人, の儘, の玉子焼, の男の, の近, の降る

▼ 姉さんあの~ (5, 0.1%)

1 ことお, 子は, 小僧さんを, 緑の, 養子を

▼ 姉さんこそ~ (5, 0.1%)

1 これから叔父さん, どうかし, 何を, 打明け話, 聞きねえな

▼ 姉さんじゃ~ (5, 0.1%)

1 あるまいし, ないか, ないの, ないよ, なくて

▼ 姉さんそんな~ (5, 0.1%)

2 事を 1 こともう, 事云ふもん, 御心配

▼ 姉さん女房~ (5, 0.1%)

1 でなくては, でなければ, といつた, の型, を持たなかつた

▼ 姉さん~ (5, 0.1%)

1 で引卒者, の一人, の芸子, の関係, らしい三十

▼ 姉さんそう~ (4, 0.1%)

1 おいいやした, おっしゃって, すると, 貴方の

▼ 姉さん~ (4, 0.1%)

2 可厭 1 いふの, 妙な

▼ 姉さんはね~ (4, 0.1%)

1 あたしの, あれで, 中村さんで, 私達の

▼ 姉さんまだ~ (4, 0.1%)

1 いるの, 寝ないん, 御飯を, 死ぬもの

▼ 姉さん~ (4, 0.1%)

1 ておかしい, てはッ, て呼んだ, て聞く

▼ 姉さん~ (4, 0.1%)

1 いろいろあんたはん, えろう, では僕, にお

▼ 姉さん~ (4, 0.1%)

1 主人様が, 祝儀は, 面倒ぢや, 馴染の

▼ 姉さん篠田さん~ (4, 0.1%)

1 の居ない, は曾, は貴, も其こと

▼ 姉さんあなた~ (3, 0.1%)

1 の前, は僕, は先

▼ 姉さんお前~ (3, 0.1%)

1 に一つ, に寒かっ, はどこ

▼ 姉さんお前さん~ (3, 0.1%)

1 ちょっとこの, の身体, は麓

▼ 姉さんだっても~ (3, 0.1%)

1 いくらか悪い, そうでしょう, 寂しいん

▼ 姉さんだの~ (3, 0.1%)

1 僕だ, 妹だの, 頬白の

▼ 姉さん~ (3, 0.1%)

1 やありません, やつまらない, や無く

▼ 姉さんといふ~ (3, 0.1%)

1 のは, やうに, 人で

▼ 姉さんとが~ (3, 0.1%)

1 ながめて, 主であった, 坐って

▼ 姉さんとこ~ (3, 0.1%)

1 だって二晩, に一生, へ髪

▼ 姉さんとして~ (3, 0.1%)

1 くっついて, 只今夢に, 敬って

▼ 姉さんどうぞ~ (3, 0.1%)

1 ほんまに, 堪忍し, 幸福に

▼ 姉さんなぜ~ (3, 0.1%)

2 泣くの 1 私は

▼ 姉さんにでも~ (3, 0.1%)

1 きかないの, とまって, ねだるよう

▼ 姉さんばかりじゃ~ (3, 0.1%)

1 ないいつか一度, ないお年, ないか

▼ 姉さんほんとう~ (3, 0.1%)

1 ですよ, に気, の事

▼ 姉さんまた~ (3, 0.1%)

1 カステラを, 着るもの, 電話よ

▼ 姉さんまア~ (3, 0.1%)

1 何と云, 心を, 此処えお

▼ 姉さんより~ (3, 0.1%)

1 すこし小柄, もっと偉い, 年が

▼ 姉さんよりも~ (3, 0.1%)

1 少し年上, 身長が, 遥かに

▼ 姉さんわたし~ (3, 0.1%)

1 とてもいい, にもすこし, もいっしょ

▼ 姉さん一人~ (3, 0.1%)

1 じゃ危, だった, の方

▼ 姉さん~ (3, 0.1%)

2 の云う 1 が親切

▼ 姉さん今日~ (3, 0.1%)

1 は, はお, は何だか

▼ 姉さん兄さん~ (3, 0.1%)

1 がさう, の敵, は佐伯

▼ 姉さん夫婦~ (3, 0.1%)

1 がとても, が反対, は僕

▼ 姉さん~ (3, 0.1%)

1 にもお前, に忘れた, へ行く

▼ 姉さん~ (3, 0.1%)

1 がいらっしゃる, がフン, が何

▼ 姉さん東京~ (3, 0.1%)

1 からこういう, は何処, も変りましたろう

▼ 姉さん此処~ (3, 0.1%)

2 へお出で 1 にゐた

▼ 姉さん泣い~ (3, 0.1%)

1 てべえさ, てら, て居る

▼ 姉さん貴女~ (3, 0.1%)

1 そんな気持, は兄さん, ばかりだ

▼ 姉さんあれ~ (2, 0.1%)

2 三ちやんで

▼ 姉さんあんまり~ (2, 0.1%)

1 ヒド過ぎる, 口惜しい

▼ 姉さんお仙ちゃん~ (2, 0.1%)

1 が帰っ, は

▼ 姉さんお願い~ (2, 0.1%)

1 だが, でげす

▼ 姉さんかて~ (2, 0.1%)

1 あかんよう, なかなか僕

▼ 姉さんからの~ (2, 0.1%)

1 便りを, 御土産

▼ 姉さんしっかり~ (2, 0.1%)

1 して, しなさいよ

▼ 姉さんだけ~ (2, 0.1%)

1 立ち会うて, 行くが

▼ 姉さんだけでも~ (2, 0.1%)

1 何とか家庭, 僕の

▼ 姉さんつまらない~ (2, 0.1%)

1 じゃない, やそんな

▼ 姉さんであり~ (2, 0.1%)

1 そしてこの, ながらいつ

▼ 姉さんである~ (2, 0.1%)

1 あなたが, 時子と

▼ 姉さんとでも~ (2, 0.1%)

1 おっしゃれば, 云うべき処

▼ 姉さんとの~ (2, 0.1%)

1 キスが, 分

▼ 姉さんどうか~ (2, 0.1%)

1 この馬, 私を

▼ 姉さんどこ~ (2, 0.1%)

1 から来なさった, まで水

▼ 姉さんなどが~ (2, 0.1%)

1 ついて, 店先で

▼ 姉さんなん~ (2, 0.1%)

1 なの, もそないに

▼ 姉さんなんぞは~ (2, 0.1%)

1 いても, ほんとにえらい

▼ 姉さんにな~ (2, 0.1%)

2 つたのが

▼ 姉さんにまで~ (2, 0.1%)

1 ウソつかい, ウソつかない

▼ 姉さん~ (2, 0.1%)

1 この間の, やつぱり雲井さんと

▼ 姉さんはと~ (2, 0.1%)

1 小歌が, 言悪い

▼ 姉さんばかり~ (2, 0.1%)

1 でなく誰か五, でよく

▼ 姉さんへの~ (2, 0.1%)

1 たまものな, 孝行だ

▼ 姉さんらしく成っ~ (2, 0.1%)

1 ていた, て来た

▼ 姉さん三人~ (2, 0.1%)

1 ござる, ござる一人姉さん鼓

▼ 姉さん些御願~ (2, 0.1%)

1 があっ, があつ

▼ 姉さん今度~ (2, 0.1%)

1 の炭, また私

▼ 姉さん今晩~ (2, 0.1%)

2

▼ 姉さん~ (2, 0.1%)

1 のばかりだ, の年頃

▼ 姉さん何で~ (2, 0.1%)

1 げすか, そない

▼ 姉さん勝彦~ (2, 0.1%)

2 はこの

▼ 姉さん~ (2, 0.1%)

2 樣に

▼ 姉さん~ (2, 0.1%)

1 なこと, にソワソワ

▼ 姉さん大丈夫~ (2, 0.1%)

1 かい, だよ

▼ 姉さん姉さんッ~ (2, 0.1%)

1 て呼んだ, て聞く

▼ 姉さん安心~ (2, 0.1%)

2 して

▼ 姉さん少し~ (2, 0.1%)

1 も酷い, 加減の

▼ 姉さん~ (2, 0.1%)

1 のお客さん, の旦那様

▼ 姉さん待ち~ (2, 0.1%)

1 な, に待った

▼ 姉さん心配~ (2, 0.1%)

1 しない方, なさらなくても

▼ 姉さん~ (2, 0.1%)

1 があい, を当てれ

▼ 姉さん歌舞伎座~ (2, 0.1%)

2 へ行きました

▼ 姉さん~ (2, 0.1%)

1 が沖, に弱い

▼ 姉さん良く~ (2, 0.1%)

2 考えた方

▼ 姉さん~ (2, 0.1%)

1 にした, のまま

▼ 姉さん見ねえ~ (2, 0.1%)

1 あれで, 彼で

▼ 姉さん~ (2, 0.1%)

1 かお客さん, だか

▼ 姉さん貴方~ (2, 0.1%)

1 がいる, は達雄さん

▼ 姉さん遺言~ (2, 0.1%)

2 を聞い

▼ 姉さん酷い~ (2, 0.1%)

1 ことねエ, こと何ぼ

▼ 姉さん障子~ (2, 0.1%)

1 をしめて, を張る

▼ 姉さん~ (2, 0.1%)

2 が虚栄

▼ 姉さん風呂~ (2, 0.1%)

1 には及ばない, は

▼1* [387件]

姉さんああして, 姉さんあたしたち間違って, 姉さんあなた知つてる, 姉さんあぶないッ, 姉さんあれ何んだね, 姉さんあれ私に頂戴, 姉さんて呉れる, 姉さんいいものを, 姉さんいうてはりました, 姉さんいざとなったら, 姉さんいつ御粧, 姉さんいま行くよ, 姉さんいますか, 姉さんいやだわ, 姉さんいらしたかい面白かっ, 姉さんうまくなつたぜ, 姉さん姉さん, 姉さんえらい御苦労さんどした, 姉さんおいしいものを, 姉さんおかしいもんだ, 姉さんおやこんなところ, 姉さんお世話さまお茶代, 姉さんお前一緒に京都, 姉さんお前何ういう, 姉さんお前否だと, 姉さんお前花笠をそう, 姉さんお早うございます, 姉さんお湯が沸きました, 姉さんお茶をおくれ, 姉さんかえって来た, 姉さんかが子供の, 姉さんかと思って, 姉さんかねそれは, 姉さんからはたよりが, 姉さんがたのこと, 姉さんがはからッても, 姉さんきょう泊って, 姉さんくよくよするもんぢ, 姉さんぐずぐずしてると, 姉さんぐらいにしか聞えない, 姉さんこういう人形が, 姉さんこりゃ何かい, 姉さんこれからお前は, 姉さんこれこれの都合ゆえ, 姉さんこれ姉さんが書いた, 姉さんごつこのやう, 姉さんごめんあたしは, 姉さんごらんなさい, 姉さんご存じなかった, 姉さんさえ承知なら, 姉さんさげすんでおくれでない, 姉さんさぞ心細いだろう, 姉さんさよならといとしく, 姉さんしだいでご, 姉さんしつっこいわよ, 姉さんしみじみ嬉しいけれど, 姉さんすぐ荷づくりなさい, 姉さんすまんな今お, 姉さんずっとこちらへ, 姉さんぜんたい此所は何所, 姉さんそういう時分に, 姉さんそっくりのもの, 姉さんそっちの帯, 姉さんその光った鉛筆, 姉さんそりや内, 姉さんそりゃ違います, 姉さんそりゃあ頭を使い過ぎる, 姉さんそれで今, 姉さんそれから御酒は, 姉さんそんなに急がなくたって, 姉さんたって彼, 姉さんだがね困る, 姉さんだけでもう一枚, 姉さんだけにこっそり話, 姉さんだけは分って, 姉さんだったと言いまし, 姉さんちょいと顔, 姉さんちょっとここを, 姉さん姉さんっ, 姉さんつつじの木, 姉さんつまりこの旅館, 姉さんていうたら何, 姉さんでしたが, 姉さんでしょうか岩本さん, 姉さんでなくッちゃ, 姉さんでなければいけない, 姉さんでねえかい, 姉さんではなしに, 姉さんといったところかな, 姉さんとうとう来たぜ, 姉さんとか小芳さん, 姉さんとこ行て帰り, 姉さんとしか思えないほど, 姉さんとしての考え方が, 姉さんとで鶏を, 姉さんともどもいくらすすめ, 姉さんどういうものか, 姉さんどうして分ったん, 姉さんどころの少女たち, 姉さんどんな献立を, 姉さんどんなに嬉しいか, 姉さんなぞだまって, 姉さんなぞが又どうして, 姉さんなぞは未だ好う, 姉さんなにをおいいなさる, 姉さんなにか満洲, 姉さんならいいん, 姉さんなり豊世なりだ, 姉さんなりというものが, 姉さんなりの心意気も, 姉さんなるものの生死, 姉さんなんかにはわかるもん, 姉さんなんぞいくら冷かした, 姉さんなんぞも遣るだろうじゃ, 姉さんなんぞよりよっぽど落ち付い, 姉さんなんて何も, 姉さんにだけ遠まわしに, 姉さんにだけでもはっきり言っ, 姉さんにだって鈴岡さんの, 姉さんについていられるの, 姉さんにとって決して無駄, 姉さんにね姉さんの, 姉さんにばかり働かしといて, 姉さんにやどかり, 姉さんに対してもすまない, 姉さんねこにご飯, 姉さんのねうちが, 姉さんはじめ綱次ともう, 姉さんはっきり言って, 姉さんははちが, 姉さんばかにしない, 姉さんばかしがほんた, 姉さんばかりがほんとうに, 姉さんひとりぢやなかつた, 姉さんふたりきりならえ, 姉さんぶって叫んだ, 姉さんぶった悪口か, 姉さんぶりで遊び, 姉さんぶるわけぢや, 姉さん返事を, 姉さんほんとにお召しなさい, 姉さんほんならよろしいなあ, 姉さんほんのお茶番, 姉さんまあ御話しなすっ, 姉さんませた変な, 姉さんまだちょっとおよろしい, 姉さんまでが吉原へ, 姉さんまでも殺して, 姉さんまでを引合ひ, 姉さんまるで一生懸命な, 姉さんまアお聞きよ, 姉さんみたい気がし, 姉さんもう少しだから, 姉さんやって行けない, 姉さんやったら僕に, 姉さんゆえ客に粗末, 姉さんゆけはいい, 姉さんゆっくり談し, 姉さんよりはこれで, 姉さんらしくさう言, 姉さんらしく成りましたネ, 姉さんりっぱな音楽, 姉さんをもそそのかして, 姉さんウンと食べる, 姉さんカリスフォド小父さんにあの, 姉さんシャツを持ッ, 姉さんビールもついで, 姉さんベソも掻か, 姉さんメロンておもしろい, 姉さんヤトナですの, 姉さんランプの心, 姉さん一つ申上げること, 姉さん一つ酌いでやって, 姉さん一人ぐらひなら結構食べさし, 姉さん一人ぼつちに, 姉さん一人みんなちりぢりに, 姉さん一寸彼方へ, 姉さん一寸一寸と手招き, 姉さん一寸此処に居, 姉さん一所におい, 姉さん一緒においで, 姉さん一葉女史が乃ち袖, 姉さん三十里ぐれえ何, 姉さん上手いやねえ, 姉さんへさ, 姉さん世間の奴等, 姉さん二三日中に大村, 姉さん云々とは全く, 姉さん云々駄目ばかりを出し, 姉さん五十嵐さんあれから來, 姉さん五銭ほど俺, 姉さん京ちゃんにそう, 姉さん今お帰りがけです, 姉さん今ここへ来, 姉さん今夜は御, 姉さん今春でしたがネ, 姉さん今朝こんな手紙, 姉さん今頃どこへ行く, 姉さん会計だ, 姉さん何うしたでせう, 姉さん何よりまあめしを, 姉さん何んとかいった, 姉さん何事が起きた, 姉さん何故結婚なんか, 姉さん何方かへ嫁, 姉さん使って下さい, 姉さん修業も相当, 姉さんが一人前, 姉さん借してください, 姉さん僕雪の消える, 姉さん元気さうぢ, 姉さん其の後何う, 姉さん具合が悪い, 姉さん冷えちゃあまた, 姉さんへ行つて, 姉さんの可, 姉さん分るかいお前さん, 姉さん助けて下さい, 姉さん勇気を出しなさい, 姉さん十年して, 姉さん口煩いから, 姉さん同様に思つて, 姉さん向うに見える, 姉さんの手厚い, 姉さん味方になっ, 姉さん呼ぶやなんてそんな, 姉さん呼んでやす, 姉さん唯今帰りました, 姉さん喜太郎なんか近頃断然, 姉さん困りましたねえ, 姉さん出したらいけませんで, 姉さん多四郎さんがね姉さん, 姉さん大変な事, 姉さん大層な心配事, 姉さん大道の古道具屋, 姉さんと波, 姉さんつたぢや, 姉さん太鼓が上手, 姉さん奉公しょう, 姉さん姉さんこれはナーニ, 姉さん姉さんどこまで水, 姉さん姉さん奉公しょう, 姉さんご大姐, 姉さん婀娜なお, 姉さんのこと, 姉さん存命中は姉さん, 姉さん孝行ぶりとお, 姉さん孝行姉は弟孝行, 姉さんにおいで, 姉さん宿帳はどう, 姉さん寒いのにそんな, 姉さん小さいお嬢さんなぜ, 姉さん小金さんに一つ, 姉さん尼さんは懇意, 姉さんてくん, 姉さん川手氏にとって今, 姉さん左様気を, 姉さんが嫁さん, 姉さん帰りに寄ろう, 姉さんったく考えて, 姉さん平気かい, 姉さん年紀がゆく, 姉さん幾等になる, 姉さんのよう, 姉さん弟さん妹さんと面白く, 姉さん待ってお, 姉さん御免よ, 姉さん御機嫌よく, 姉さん御覧なすってと, 姉さん御飯を, 姉さんに罪, 姉さん心太を一ツ, 姉さんつたのよ, 姉さんかありません, 姉さん思案にあまる, 姉さん怪我はなかっ, 姉さんがつまっ, 姉さん恵比寿はいい, 姉さんるかつ, 姉さん悪くなつたんだ, 姉さん愛人ができた, 姉さん憎らしくなるの, 姉さん懐中のもの, 姉さん手の筋見て, 姉さん打捨って置く, 姉さん持つて行つて, 姉さん振りが虚栄, 姉さん振るものぢや, 姉さんらしく尋ねるまでも, 姉さん旦那のこと, 姉さん思想の, 姉さん早くいらっしゃらないでは, 姉さん春時分に江戸づま, 姉さん昨夜も阿, 姉さん昨夜ここで泊った, 姉さん程惚れ, 姉さんから煩っ, 姉さん本当です, 姉さん本当に名を, 姉さんてくれる, 姉さん来ましたよと言っ, 姉さん来るもんです, 姉さん来ればいい, 姉さん東大路知って, 姉さん松島様の方, 姉さんよ, 姉さん桟橋が何処, 姉さん死んじゃあ, 姉さん死人焼の人足, 姉さん江戸はどこ, 姉さん江戸紫の, 姉さん汲んで上げよう, 姉さん治まったかえ, 姉さんを喰ッ, 姉さん泣いたっていけねえ, 姉さん活動写真にだつ, 姉さん浅間の話, 姉さんの方, 姉さんを流し, 姉さん済みませんが, 姉さん湯銭のつり, 姉さんの中, 姉さん火事はどこだい, 姉さんう云っ, 姉さん熱いところを, 姉さん犠牲にする, 姉さん独りですか, 姉さん玉虫を捕まえ, 姉さんって皆, 姉さん百姓にお, 姉さん皆金子のせい, 姉さん相当にそつ, 姉さん真面目になっ, 姉さんがさめなす, 姉さん知ってるかい, 姉さん知らないから宜, 姉さん知りやはれしません, 姉さん確かりして, 姉さん私一ペンだけは遊び, 姉さん私今ま可い, 姉さん私可いこと, 姉さん私帯を解い, 姉さん気持ちの, 姉さん稲葉丸は今日さ日帰り, 姉さんに対して遠慮勝ち, 姉さん経帷子も何, 姉さん結婚しても, 姉さん聞えないの豆腐, 姉さんていた, 姉さんは何, 姉さんの高い, 姉さん自分で択, 姉さん自身ではもう, 姉さんの愛宕様, 姉さん花売なん, 姉さん芳公がまた, 姉さん若いものに, 姉さんが違っ, 姉さん蓮香姉さん十年して, 姉さん藤野は実に, 姉さんの薬, 姉さん行くの, 姉さん行つてらつし, 姉さん要る物が, 姉さん見たのかい, 姉さん親父さんは余程, 姉さん親身の姉, 姉さんはせて, 姉さん言いなはりやつ, 姉さん読んでごらん, 姉さん豆腐屋が来た, 姉さん買ってき, 姉さん起きなさいよ, 姉さん連れて行かれ, 姉さん達駄菓子だが, 姉さん金色になっ, 姉さんなんか見ん, 姉さん間違えちゃいけない, 姉さん随分考え込んで, 姉さん食べかけではない, 姉さんは暴れねえ, 姉さん駄目だよ, 姉さん駄賃おくれ, 姉さん驚かないかしら, 姉さんはどこ, 姉さん黄螺を買っ, 姉さんが上手