青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「姉~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~妙 妙~ ~妹 妹~ ~妻 妻~ 妻子~ ~妾 妾~ ~姉
姉~
姉さん~ 姉妹~ 始~ ~始まった ~始まる 始まる~ ~始め 始め~ ~始めた 始めた~

「姉~」 9545, 103ppm, 1050位

▼ 姉~ (2440, 25.6%)

40 顔を 37 家に 23 家へ 22 ことを, 方は 21 エルネスチイヌは 20 ように 19 ところへ, 家の 18 方が 17 お君 16 ために, ような 14 家を 13 方を 12 家で 11 前に, 夫の 10 エルネスチイヌが, 夫は, 所へ 9 お清, お粂, お絹, 加寿子が, 手を 8 もとへ, 加寿子は, 姿を, 言葉に 7 お北, お島, お米, ところに, 傍に, 名を, 家は, 言葉を, 話を

6 [11件] お吟, お淺, もとに, やうな, やうに, 仇を, 声が, 姿が, 手から, 敵を, 許に

5 [19件] お銀, ほうが, ほうの, ほうは, 事を, 側に, 傍へ, 口から, 夫に, 家から, 後に, 心を, 手に, 方へ, 様子が, 様子を, 膝の, 許へ, 馬鹿

4 [21件] おつ, おつみ, お吉, お幾, お杉, ことも, とん子, 体を, 児の, 処に, 姿は, 子に, 室へ, 心は, 方に, 方の, 枕元に, 気持が, 眼を, 部屋に, 顔が

3 [56件] おこよ, おつね, お友達, お咲, お琴, お竹, お花, お類, ことは, すがた, ところを, ほうに, ほうを, エルネスチイヌと, エルネスチイヌも, 一生を, 児を, 前の, 圭子が, 墓まいり, 声に, 声を, 夫, 夫が, 姫は, 子, 子だ, 家が, 家では, 屍体を, 帰るの, 所に, 手が, 手前を, 手紙を, 死に, 死を, 秘密を, 美佐子が, 肩に, 胸に, 胸の, 處に, 袂を, 言うこと, 言葉は, 話が, 話は, 身の, 鈴江は, 離れの, 面を, 頭の, 顏を, 顔に, 顔は

2 [164件] ありかを, あること, いう事, いるところ, うしろへ, おつなが, おとめさんからも, おもこそに, およう, お勢, お妙, お悦さん, お新, お柳, お榮, お民, お清さん, お種, お節は, お篠, お茂世さん, お蔭で, お角, かたきを, かたき討ち, ことが, ことで, ことである, こゑこそうかびくれ, しまは, すすめに, するまま, そばに, そばへ, そばを, ところから, ほかに, むすめ, もとにこそ, ゆくえを, ようにも, エルネスチイヌとは, エレーヌは, カオルだった, ジルノルマン嬢は, ユウジェニイとの, 一家は, 下手人が, 中で, 云う事, 亭主が, 亭主だ, 仕送りで, 代りに, 伯姫と, 伯姫や, 俥に, 倅の, 側へ, 光子は, 全盛を, 前で, 前では, 勢以子は, 千枝子と, 千枝子の, 君を, 圭子は, 声で, 声は, 声も, 夫と, 夫を, 奴を, 好きな, 姫の, 娘達つまり, 婚家へ, 婿に, 子が, 子で, 子であり, 子の, 子を, 子供に, 安寿, 家, 家です, 家と, 家なり, 家には, 家へも, 家や, 居どころを, 帰りを, 弟で, 影響が, 後から, 後を, 思い出を, 愛児の, 態度を, 所から, 手の, 持って, 支度が, 教育も, 敵親の, 文子が, 新婚匆々時代の, 方だ, 方で, 方です, 方も, 春枝は, 本復を, 机の, 来て, 柵は, 様子も, 横顔を, 歸り, 死によって, 死の, 気持に, 濃紅姫, 熱は, 生活と, 由紀子とは, 病むを, 病気は, 目の, 眼が, 眼に, 着物を, 私に, 私の, 経営し, 綾子を, 美佐子は, 職業に対する, 肩身を, 肱を, 膝に, 袂に, 視線を, 言葉に従って, 言葉の, 話では, 話に, 起きぬうち, 跡つぎの, 身として, 身の上に, 身を, 輝子と, 遺身, 部屋へ, 部屋へばかり, 部屋半日は, 静子は, 面影を, 顔, 顔なつかしく

1 [1178件 抜粋] ああした気象, あさましい屍体, あたたかい呼吸, あとから, あとについて, あやめとも, ある実家, いうこと, いずれかより, いるこの, いる方, いる部屋, うしろに, おかげであった, おたみ, おもい出, お八重, お千代, お国, お寿, お恵, お房さん, お手, お栄, お紋, お綱, お蔦, お里ぐらい, お里の, お里も, お雛, お髮, かくされた激しい, からだから, くるの, こう云う, ことから, ことであろう, ことなど, ことについて, ことばが, こと伯母が, この機会, さき子は, さびしく清潔, した通り, しなびた醜い, すること, そうした表情, そのよう, そばから, それと, たき子は, だよと, つばめが, ところである, とし子は, とみのところへ, どちらよりも, なかに, に比べる, はほとんど, ひいき目からばかり, ほうから, まくらもとに, みやげ話を, もとを, やったよう, りよが, わたくしが, アガーフィヤだけの, アンジェリカは, エルネスチイヌそれと, エルネスチイヌに, エルネスチイヌへの, エレーヌも, オルガも, カツ子が, ザラザラな, ジナイーダは, ジュッド夫人を, ジルノルマン嬢に, ジーナは, ファンニーが, ファンニー妹の, フロラと, ヘレンと共に, マルタが, マーガレットです, レシイナも, ヴィール夫人が, 一人は, 一家の, 万一にも, 三味線で, 上に, 上へ, 上品とは, 下枝に, 不平に対して, 両足に, 中宮からも, 丹精らしく, 予想した, 事が, 二人姉弟を, 五線紙の, 亭主, 亭主から, 亭主に, 亭主は, 仇です, 仇敵, 仇討に, 他の, 仲を, 仲子の, 伝言を, 伸子に, 伸子も, 住居へ, 体からは, 使いで, 使用物を, 俊子と, 借家は, 側へも, 傍へは, 傍らに, 優しい泣声, 優しい針仕事, 光代の, 光子の, 児に, 内の, 内へでも, 円髷ばかり, 写真だつた, 写真函を, 冨子を, 処の, 出す座蒲団, 切られたの, 初子も, 制止も, 前垂の, 前置, 力を, 助かったこと, 勝利と, 勧めに従って, 千代は, 千代子にも, 千枝子だ, 南條圭子でございます, 単純な, 厄介に, 厳しい様子, 友だちは, 友達で, 友達な, 取り寄せたランチ, 口先は, 口調には, 同じ病気, 名で, 名よび, 向うに, 命が, 命は, 咳嗽が, 唇の, 唐突な, 問題も, 喜び滿足は, 喜美子は, 土産の, 場合との, 墓が, 声すら, 声だった, 多幸を, 大事な, 大将夫人の, 天降, 夫たる, 夫である, 夫も, 夫思いは, 奧方を, 女の子を, 女優としての, 女王か, 女王の, 女王への, 好きそうな, 如くまた, 妾宅の, 姫宮, 姿扉の, 娘お, 娘で, 娘を, 婚期が, 婿養子と, 嫁か, 嫁し, 嫁入先から, 嫁私には, 子じゃ, 子である, 子にたいしての, 子の日吉を, 子供たちと, 子供だ, 子供を, 字で, 孫, 宅は, 安宅先生を, 宏子さえも, 実伝, 室で, 室の, 家でした, 家な, 家出を, 家政を, 家族と, 容子を, 寂しそう, 富佐子は, 寝乱れた姿, 寝姿, 寢姿まで, 小袖を, 少女小説を, 尻についてさえ, 居どころだけを, 居る間, 居所を, 屍骸に, 岩長姫命とも, 左腕の, 帰るもの, 帰郷する, 幸子は, 幸福は, 幼児に, 幾勢たるは, 店にて, 引合せか, 形見さ, 形見として, 律子と, 後姿を, 得意と, 復讐を, 心づくしが, 心もちが, 心持が, 志と, 忘れ形見で, 思い出に, 思って, 思出を, 怨みも, 怪我の, 恋人の, 息の, 息苦しく喘い, 悦びは, 悲業の, 情事を, 意に, 意思は, 意見を, 愛人, 感動に, 感情も, 態度で, 憎く笑顔, 戒名は, 所持品だった, 所行は, 手で, 手には, 手一つに, 手伝でも, 手前それをも, 手紙, 才量で, 指した画, 政子も, 敢行力の, 敵が, 敵で, 敵に, 敵夫の, 文子も, 料簡も, 新子と, 方から, 方だった, 方である, 方へばかり, 方より, 旅の, 昌子が, 昔の, 昔気質を, 春子が, 時鳥に, 晴着の, 書籍代を, 最初の, 末の, 来るか, 枕もとには, 案内で, 梅子は, 槇子よりは, 権利は, 次に二度許, 歓喜輝きに, 死, 死が, 死には, 死ぬる少し, 死も, 死んだといふ, 死体の, 死像を, 死後にまで, 死顔を, 歿後私の, 毒舌を, 民子で, 気も, 気持ち私の, 気持を, 気質から, 決心が, 法名佳室妙豊大姉という, 泣き笑いの, 注意, 浅黒い顔, 消息も, 淋しそう, 淺ましい, 清子が, 温情によって, 演劇運動の, 無念が, 無理解, 照子は, 片づいた先, 犬クーパーの, 狂暴な, 生乃, 生命を, 甦生を, 田舎で, 由紀子そっくり, 異状姙娠の, 異議の, 病室へ, 病気については, 病気の, 病気母の, 病院へ, 痩せ細った脚, 発病以来浩は, 白い脛, 百代さんが, 目を, 目覚めを, 相談は, 真顔で, 眼には, 眼や, 着て, 石長姫を, 石長媛を, 福慈の, 秘密な, 秦が, 立ち廻ったらしい, 立派な, 笑いは, 箸を, 節子以上に, 系統を, 素振, 経歴談も, 結婚式で, 結婚式も, 結婚生活には, 絵の具を, 綺麗な, 綾子も, 縁先きな, 縁談を, 縫子は, 美佐子の, 義枝と, 老衰を, 考えるには, 耳にも, 聟に, 肉体が, 肌の, 肩越しに, 背中に, 背後に, 脚も, 脛が, 腹に, 腿も, 自分として, 自分を, 良人つまり, 良人常陸介維茂の, 花の, 芸名だ, 茶々が, 草花を, 落着いた, 葬式を, 行きたるは, 行つて居る, 行動は, 行方を, 衣裳を, 袖を, 裾を, 見て, 親切であった, 言った事, 言葉が, 言葉と, 言葉には, 記念の, 許まで, 許婚の, 詞が, 話すところ, 誇りで, 語調が, 讐を, 貞子が, 貴女だ, 賢子は, 質問を, 跡を, 身ぬけ, 身代りと, 身體に, 輝子とも, 輝子にも, 輝子も, 迷惑相な, 追憶が, 逢春門院は, 遭難以来生きた, 遺稿の, 遺言通り主人と, 遺骨を, 部屋で, 部屋には, 部屋を, 針箱の, 鈴江とが, 鈴江を, 長男を, 間から, 関子は, 隠れた部屋, 隣に, 雪駄を, 霊に, 露子と, 青春が, 青春を, 非業な, 面喰った, 面影だった, 面影である, 面見つめ, 頭には, 頸に, 顔から, 顔へ, 願いを, 食う分, 養生園行を, 馳走に, 高い声, 鶴子が, 鶴子を

▼ 姉~ (1221, 12.8%)

23 私の 9 いいました, それを 8 私を 7 弟を, 自分の 5 わらって, 私が, 私に, 言った 4 すぐに, 夫と, 妹を, 彼の, 私と, 黙って

3 [11件] これを, 何も, 健三の, 出て, 姉らしい, 感心した, 母の, 白い花, 腹を, 自分を, 言って

2 [65件] いつもの, いろいろな, おきえさん, お島, こ, ここに, こんど改造した, さすがに, しきりに氷, すぐこんな, それに, そんなこと, そんな事, ただもう, なんと思った, もう嫁, 三人の, 三冊の, 不幸な, 丹念に, 井戸端で, 何か, 何を, 何処へ, 僕が, 去年死んだ, 口を, 大黒屋の, 女学校の, 妹に, 妹の, 姉で, 子供について, 小さい扇, 山毛欅の, 帰って, 年老いて, 弟に, 弟の, 心の, 思いました, 急に, 慌てて, 新子の, 時々くり返した, 東京へ, 毎日の, 治の, 泣き出す, 流石に, 涙を, 父の, 病を, 皆の, 眼を, 空の, 細い銀, 聡明な, 茶を, 見舞客の, 言葉を, 誰にも, 貴方を, 返事を, 首を

1 [951件 抜粋] あ, ああ知っ, あったらしいが, あとの, あなたを, あの通り, あまりの, ありのままに, あんさんの, いい残し, いそ, いそいそと, いたつきを, いつて, いつに, いつも弟, いつも彼, いつも着物, いと醜き, いないと, いましがた, いやな, うちから, うろたえて, おかしな調子, おしげと, おそよ, おもしろい性格, おゆう, お咲, お孝さん, お政, お祖母さんは, かう言つて水, かつて私, からすに, かるわざ一座, がっくり気, きっと私, きれいな, こういうところ, こう窘める, ことに小布片, この噂, この教室, この春, この笛, この間から, この頃仏いぢ, これから押寄せ, これまで, こわがって, こんな姿, こんな日, さう, さつ, さつと顔色, さて悲しい, さびしそう, さも憎々し, しまいにやや納得, すぐ賛成, すこし瘠せ, すでにこの世, すでに起き, すまして, ずっとむかし子供, ずっと脊, そういう少女, そうして話し, そう云い, そう云っ, そう考える, そう言っ, そこで, そこの, そして昼間中, そのおふくろ様, そのよう, その使い, その医王山, その客, その度, その後は, その後四国の, その男, その顔, それから程, それぎり何とも, それでもいつも, それよりも, そんなとき, そんな仕打ち, た, ただ不安そう, だまって, ちっとも自分, ちょいと, ちょっと真顔, ちょっと首, ちよい, ついこの間, つい険しい, つねにしんみり, つられて, とうとう腹, どうかし, どうした, どうして外, どうして知り合った, どうなった, どこへ, どっちだ, どんなところ, なし此方, なんの, ばさばさ掃き立て, びっくりした, ふくろうや, ふだんから, ふりかえった, べつに不思議そう, べら, ほとんど気違い, まじめに, またけっして, またどう, また咳き出した, また妊娠, また忙しく, また病気, また茶屋, また語, まだそんな, まだ生き, まだ野仕事, みゑ子が, みゑ子を, むしろ好意, もう仕事, もう果てました, もつとも熱心, やあ, やさしく妹, やはり毎日発熱, やや真面目, よく妹, よく星, よく眠っ, よく私, よそへ, れいの, わが顔, わたしとは, ゐないか, カルモチンを, ガラス戸に, クリーム色に, スケシニ, パーマーと, 一つは, 一人で, 一同に, 一向そんな, 一寸四角位, 一寸考へ, 一年ほど, 一日も, 一昨日養生に, 一番いじ, 一言の, 丁度殺され, 三十歳弟は, 三郎に, 上の, 上眼を, 下へ, 不審さうに黙っ, 不意に, 世間で, 中一日, 之を, 九歳妹達は, 予と, 二三年まえ, 二人の, 二十一, 二十二三で, 二十二歳弟は, 二十六で, 二十私は, 二階で, 二階の, 云い云いした, 云うの, 云ふ, 五つ次兄は, 京都へ, 人の, 人を, 今では, 今は, 今五人子持で, 今危地, 今日や, 今頃は, 他人だ, 仰天し, 位牌を, 佐藤の, 佐野喜の, 何だか稽古, 何とか対, 何やら工合, 何処と, 何文ぐらいの, 使いの, 俄に, 健三に, 僕に, 僕の, 元日に, 六十を, 六十四榛軒の, 六条の, 其家の, 其頃十五六で, 内祝については, 凍れる棒, 出迎えに, 切りかけては, 別際まで, 前後も, 力を, 勿体なさそう, 勿論母, 十七, 十九で, 十二三の, 十四妹は, 十四弟は, 単にそれ, 去年縁づく, 又ちょっと, 又電話, 取合わなかった, 句作に, 右を, 吃驚した, 吉原から, 名残が, 呉侯の, 呼んだ, 和田の, 唇と, 商業に, 喜ぶで, 器用であった, 四五級上だ, 困ったよう, 地元の, 地引網を, 声も, 夏梨の, 外桜田堀通の, 夜会の, 夢中の, 大きなの, 大ごえあげ, 大切な, 大学生が, 大學生, 大鍋, 太息, 夫や, 女中を, 女学校夏と, 好い時分, 妊娠四ヶ月妹は, 妹たちに, 姉なら, 姉子の, 始終下田歌子さん, 婚家の, 嫁ぎあと, 嫁ぐこと, 嬉しげ, 子供も, 孤立で, 学校で, 安心と, 実に働きもの, 実生活に, 家に, 容姿も, 寝ながら, 尋ねた, 小刻みな, 小説好きだつた, 少し中腹, 少し甘い, 尾張の, 居ないか, 島原妹は, 川の, 市から, 常陸で, 平気で, 年上なる, 幼名を, 幾度も, 床の, 庭へ, 弟と, 彼を, 彼女も, 律子, 御承知, 復た嘲る, 微笑みながら, 心臓痲痺を, 志賀と, 忙が, 快活な, 怒って, 思いやりの, 思わずお, 思案に, 恐れて, 悪い病気, 悲しんだが, 情夫を, 惜い, 愼しや, 我儘で, 戲弄ひ, 扉を, 手拭をか, 承知しない, 投げるよう, 振り返つて嫣然, 掌を, 掛ける事, 支度の, 救わずには, 数学が, 新潟の, 日が, 早くも, 昂奮し, 明日出発する, 昏, 昨日の, 昨日夕方にな, 昼と, 時雄の, 暢気さうだつた, 暫くし, 曲馬団の, 最早家出, 未亡人と, 村井かよこれが, 来年に, 東京に, 某子爵, 棕梠箒で, 横を, 正坊, 歸つていつた, 死んだ, 死んで, 残忍な, 母から, 母さん私お, 母を, 毎日ごはんの, 毎日川の, 毎晩夢に, 比田, 気を, 気質の, 水際に, 沈んで, 河の, 泣き伏して, 泥だらけで, 浜で, 涙ぐんだ, 淋しげ, 清潔好きでした, 演劇狂な, 漸く俊子, 澄まして, 濃い化粧, 炉辺の, 無い力, 無理な, 爪先だ, 片付いて, 物の, 特に御馳走, 独り心の, 独り窓から, 猶も續, 珠数を, 生きて, 生まれ落ちて, 生活という, 田中氏か, 男に, 當惑さうな, 病気で, 白地の, 皆嫁い, 目に, 盲目の, 相当の, 県病院に, 眞面目に, 眠って, 着物を, 祖母さんの, 私にとって, 空を, 突然, 突然大きな, 竹屋, 笑った, 笑ひ, 筑紫の, 細かい所, 結婚し, 絵を, 維茂の, 縁先で, 織物を, 耳を, 聴かれも, 肥りきったお, 胸が, 脅かすよう, 腕の, 膝上まで, 自分が, 自分たちは, 自分には, 自殺し, 良人に, 色の, 花と, 苦しんで, 華やかに, 葛卷を, 薄皮の, 虫が, 虫嫌ひで三十近くにもな, 衰へて, 袖口で, 西城町に, 西洋店の, 見入った, 親類へ, 言つた, 訪ねて, 話せそう, 話上手であった, 語つた, 語を, 赤い顔, 起き上って, 跛の, 身を, 迚も, 這って, 遅くなる, 部屋の, 都の, 鋭くそう, 長唄の, 長野の, 関係の, 阿部家の, 随分不承知, 隣へ, 静かに, 静に, 非常に, 頭へ, 頷いて, 頻りに自分, 飯を, 養家の, 馬道の, 驚いて, 高台寺蒔絵手文庫と, 高女, 鮨を, 鹿田に, 黒い河, 默つた

▼ 姉~ (716, 7.5%)

7 死んで 5 あった, あって, 弟を, 自分の, 言った 4 それを, 私の

3 [12件] いった, ひとりごとの, 彼の, 星と, 来て, 東京に, 殺されて, 生きて, 自分を, 誰よりも, 身の, 身を

2 [41件] あつて, ある, あんなに申します, いますから, おきえさん, こちらを, そッと, はいって, ひそかに, まだ一人, わが快復, クリストフを, 云うと, 何か, 何ぞ買つて, 出来たと, 危篤だ, 夜中に, 大勢の, 奉公に, 妹を, 嫁いだ先, 嫁入, 彼に, 彼女を, 後から, 急に, 持つたま, 死んだの, 死んでから, 病んで, 病気で, 病気に, 眼を, 秋の, 縁付いて, 良人の, 言うの, 連れて, 長い着物, 首を

1 [558件 抜粋] ○○○の, あたり関はずそんな, あったから, あったため, あったと, あつたさうです, あつて兄, あとで, あのトランク, あの日, あばれたり, あまり内にばかり, あらうが, あらば, ありながら, ありまして, あるけれども, あるばかり, あるゆえ, ある菓子, ある貴族, あれば, いいかけたの, いい気, いきなり新子, いきり立って, いくらみんな, いたばかりに, いたり, いつでも, いつもの, いつ何時今, いなかったら彼, いなかったら決して, いなくて, いなくても, いなくなってから, いま北京に, いよいよ夫, いるの, いる邸, うっとりした, お世話さまでした, お噂, お嫁, お父さんに, かいまきを, かわいそうに, きたので, きて, けたたましく揺り起す, こう泣き声, こう言った, こと, このよう, この名, この城趾, この有様, これの, これも, こんなに狼狽, こんなに訊いた, こんな秘密, ございます, さかんに, さし示した, さぞ私, しきりに頭, した分も, しなやかに, じぶん, すぐふり, すぐ引き取っ, するやう掻撫, せわしなく台所, そういう, そういったもの, そう云っ, そう言う, そこらの, そっちじゃ, そっと起き, その人魂, その宿, その幼い, その日, その白浜村, その籾, その話, その身, その重罪人, そばについて, そんなこと, そんなに御, そんな女, そんな気持, たずねた, だらしない, つい手近, つけ上る, とかく病気がち, とてもよろこびます, どうした, どう思う, どこで, どなるの, どんなに喜ん, どんなに私, なだめる積り, なにも, はいッ, ひいきする, ひっそり坐っ, ひとりございました, ふいと, ふたたび出, ふれて, ほんとに死んでしまつた, まず水, また一杯, また劇, また喘息, また壺, また説明, また逃げ出し, まだお, まだ二人, まだ新婚, まだ東京, まだ言い終らぬ, むかしこの, もう不, もう回復期, もう行方, やがて自分たち, やられるに, ゆるさないもの, よく玩具, よけいな, わざわざやってきた, わずらって, ゐたとしても, ゐなくなると, ゑまひの, カフェーなんかに, カフェーを, ジャン・ヴァルジャンを, ヨシ妹が, ラスベルク男爵に, 一人あ, 一人あっ, 一人あり, 一人ある, 一人いた, 一人だけ, 一人で, 一人の, 一人ゐた, 一人妹が, 一体果し, 一生一度の, 一生懸命に, 一番前に, 一番好きだつた, 丁度流産した, 万事みとっ, 三十四で, 三年前に, 三百円なら, 上京する, 上手に, 下手人じゃと, 不心得の, 不承知を, 両側の, 両親から, 並んで, 主人と, 久し振りで, 乳房を, 二人ある, 二人いた, 二人も, 二人弟三人の, 二十一妹が, 二宮太郎と, 二階へ, 云う事, 云って, 亡くなったん, 亡くなってからは, 亡くなれば, 京都へ, 今にも行き, 今度は, 今度帰れ, 今日は, 今日も, 仕度を, 代る代る口, 代首, 以前より, 仮面を, 何かの, 何も, 何やら心配, 何処に, 佗びしい仮, 余り饒舌, 余計な, 作つてよこした, 來た, 來てよ, 保養し, 倒れたと, 側から, 傍から, 働いて, 働き弟, 元気に, 先き, 先夫の, 先月二十三日に, 入つた, 入水した, 六条の, 冷笑する, 出し抜けに, 出ようと, 出戻りの, 出産しこもち肥立ちが, 出迎, 初め私の, 刻苦してる, 医学士さね, 十七の, 十三の, 十二歳すぐ, 十四の, 十歳弟は, 卒倒した, 卒業し, 危篤の, 参りましたら読んで, 参りました時, 参右衛門の, 受けた悲惨, 受けて, 只今突然, 叫び泣け, 叫んだ, 可哀想だった, 可哀想でした, 可哀想に, 吃驚した, 合点合点など, 向うの, 呉れ呉れも, 呼ぶの, 呼んだ, 命名した, 品で, 啜泣きながら, 噂を, 国に, 坐つた, 埋もれきった生活, 変った様子, 変死の, 外から, 外へ, 外国へ, 大宮で, 大恩, 天国へ, 夫に, 夫の, 好きで着た, 妹と, 妹の, 姉が, 嫁ぎましたので, 嫁し, 嫁した, 子供を, 学校へ, 実によく母, 家主に, 寂しい気持ち, 小さい妹, 小さな妹, 小声で, 小平と, 小紫, 小聲, 少き時配偶, 少しばかり, 居た, 居るから, 居る死んだ伯父, 帰って, 帰郷し, 常の, 年寄から, 年少の, 幽霊に, 幾つで, 庸三に, 弟に, 弟に対する, 弟妹に対しても, 強硬に, 彼女の, 往いて, 後で言い言いした, 心からの, 心尽しの, 心配し, 心配し出し, 快く出し, 恋愛を, 恨めしく思はれ, 息苦しくって, 悦び迎え, 悪いん, 懇意に, 戸外に, 手箱の, 持ち懸子, 挨拶しよう, 掌へ, 探し出した, 政子だった, 斯様な, 新宿に, 新年そうそうに, 日雇に, 昨晩夢に, 暑い日盛, 更に一枚, 有りましたが, 本気に, 来た, 来た時, 来る, 来るの, 来月この, 東京から, 東京の, 東京へ, 板の, 枕もとに, 植物が, 楽屋へ, 横取りし, 欲しい, 正宗の, 正寧, 歩いて, 死ぬと, 死ねば, 死んだ, 死んだけれど, 死んださうで昨夜, 死んだと, 死んだとき, 死んだので, 死んだら兄, 死んだ時, 殆ど気乗り薄に, 残って, 殺されたに, 殺されてから, 殺されましたそう, 毎日入り込ん, 毎晩かかさず, 気の毒で, 氣の, 沼津を, 泣いていう, 泣いてるの, 泣きながら, 泣き苦しみ, 注意を, 洗礼名を, 流しに, 深夜の, 湯から, 熟と, 父と, 父親の, 王位を, 現在住ん, 生命の, 用事あり, 男下駄を, 留守だっ, 留守な, 留守に, 疲れて, 病死した, 白い蝶, 皈った, 皺びた声, 監視に, 直ぐその後, 真直を, 眼病, 矢張り, 神戸を, 私に, 私を, 私生児を, 秋山家の, 秦へ, 種々と, 突然伺いまし, 突然後ろ, 窓から, 答えた, 答えたと, 答えて, 籠を, 納屋から, 結婚し, 結婚する, 縄目に, 縫物の, 繁みの, 義兄に, 羽織を, 習って, 聞いた, 聞いても, 肉親として, 肺が, 肺病で, 脱ぎ捨てて, 腰を, 臨終の, 自分に, 自害した, 舐めるか, 舟に, 苦学生だ, 苦笑し, 蔭で, 藁を, 蘇る筈, 虚空を, 行って, 衛門督の, 裁縫し, 要らざる義理立, 見ながら, 見ました, 見付けて, 見知らぬ子供, 覗いて, 言いつけられた三荷, 言うと, 言ひました, 訊ねた, 詫ま, 話して, 誘った時, 誰れ, 貴方の, 贈って, 赤くなった, 跣足で, 辛い勤め, 迎えられたが, 近づいた頃合, 近年に, 返辞を, 達者で, 遭難の, 邸奉公を, 金の, 金仙花と, 金陵を, 鎌倉の, 長い手紙, 関係し, 阪東を, 隠しごとを, 隣の, 静に, 靜かにな, 靴を, 須永に対する, 預けて, 顔を, 風呂場から, 飛び上がって, 養生する, 馳走振, 駈け出したばかりの, 鳥渡臺所の

▼ 姉~ (451, 4.7%)

13 のお 11 は私 98 お姉様 75 かぶり, のこと, の御 4 がお, と一緒, の顔, はどう, を呼ん 3 あの門, だと, と同じ, のよう, の弟, の所, の着物, は此処, を殺した

2 [20件] あのお歌, がいる, が変死, このお, だ, と一所, と二人, と私, なり母様, にこんな, のおっしゃる, のお歌, の方, の親切, の首, は夫人, は陰弁慶, を尋ね, を恋し, を殺しました

1 [301件] あの化粧函, ありがとうございます, ありがとう存じます, あッ, いつ帰って, お寝み遊ばしまし, お揃いで, お聞き遊ばせ, お願, お風呂, か, かなし, からあなた, から皆んな, から言付かっ, か母様ア, がいい, がいった, がいない, がいらしつた, がいらっしゃる, がお歌, がきつ, がきみ, がこの, がこの間大姉様, がこんなに, がしじゅう, がそんな, がそんなに, がた, がつきそっ, がひどく, がぶらぶら, がまた, がわざと, が一人, が一度っきり私, が久野さん, が何かと, が何れ, が冤, が前川さん, が参りました, が同情, が塔, が始め, が居なく, が山賊, が帰れ, が恋しく, が手, が手縫, が支度, が昔, が書いた, が歌, が歌う, が此処, が死にます, が死んだら, が狙われる, が盆, が私, が立つ, が継母, が見, が見違える, が遊び, が,輪, け, こそどうして, そうな, それでは止めましょう, だあ, だけれど, だこと, だってだれ, だってアプレ, だって痩我慢, だつて幸福, だという, ってばなぜ, ってばよう, であった, とお, とお話, とても読む, ととても, とならいい, とならいいっ, とねそん, との間, とも別れる, とも園江さん, と一夜, と不道徳, と今晩, と倶, と別れる, と呼ばれ, と呼んだ, と御, と昨夜, と肥後, と逢われた, どうした, どうしてあの, どうしてそんな, どうぞこちら, どう思う, なぞよりずっと, なの, ならそんなに, ならどんなに, なんかはまるで, なんて暮し, にあげる, にお, にし, にそっくり, にそれ, につれられ, にとって何, にはご存知, には伝説, には少し, には見えない, によく, に上野, に与えた, に云, に娘, に対しておこらない, に対して誰, に庭, に御, に持っ, に肖てる, に見せ, に逢い, に逢いたくなった, のいらっしゃった, のおやすみ, のとこ, のところ, のは口, のひどい, のヴァイオリン, の三, の世にも, の事, の二条, の亭主, の人形, の側, の出戻り, の勘当, の口もと, の唇, の大事, の好き, の妙子様, の室, の常, の弾い, の後, の志, の思召, の新婚旅行, の是, の枕頭, の様, の歌った, の死, の濃, の照子, の犠牲, の笄, の肩, の背中, の花, の袂, の製造, の許, の身の上, の針箱, の関係, の阿, の隠居趣味, はあなた, はあわア, はいつ, はいる, はお, はおっしゃったでしょう, はお前, はお母様, はこう, はこちら, はこの, はご, はすなわち, はその, はそのまま, はその間, はたしかに, はどこ, はなぜ, はねいつ, はね此, ははや, はまさに, はもう, はやらぬ, はデン, は伸び上がる, は何, は何事, は何故, は兄, は其処, は内藤君, は可哀そう, は嘘, は大きな, は大人, は夫, は姑, は心配, は柚子, は横, は歌った, は止めない, は気, は水門, は淋しい, は知りません, は突伏, は縁側, は黙っ, は黙ってる, へ御, へ手紙, またいつも, まアね, もおいで, もおよそ, もお母様, もご存知, もずゐ, もやっぱり, も一緒, も三四日是非, も二人, も俊さん, も反っ, も堪忍, も手伝っ, も昨日, も殿様, も由雄さん, も眼, も知らない, も知らぬ, も知りません, も私, も貴方, も迷っ, や七福神, や千代紙, や又は, よりめづらし, よりも六七ヶ月後, よりも更に, より更に, を, をお, をこんな, をさがした, をひどく, をもないがしろ, をようく, を仰, を呼んだ, を唯今, を大事, を引っぱりこむ, を待飽, を御, を悲しん, を此処, を殺そう, を荷厄介, を見つけた, を遠い, 何とかし, 何故この, 憶えて, 早く睨ん, 青い光

▼ 姉~ (439, 4.6%)

8 連れられて 6 向って 5 して 4 会って, 手を, 言った 3 つれられて, 向ッ, 当るこの, 手紙を, 比べると, 當る

2 [30件] いろんな本, かぎって, しがみついた, それからお, もとめし, 云わせると, 会うこと, 会ふ, 似て, 叱られて, 向かって, 向っても, 宛てて, 對する, 当る人, 当る伯姫, 必死と, 急に, 抱かれて, 洋書を, 渡して, 甘えるよう, 肖て, 見せて, 見せば, 言って, 訊いても, 誘はれたけれども, 説明した, 逢つた

1 [330件] あたらせられる, あたる者, あつたら, あて, あてて, あらましの, あんなこと, いいつけられたこと, いいつけられて, いく子, いった約束, いふ, いまの, いろいろ相談, いわれ医者, うとまれ, おれは, お会いでき, お正, お金を, かくまわる, からみ附いて, かわって, がみがみ喰つて, きいた, きかされて, きけど, きけば, くまむか, くらべて, くらべると, さう慰められても, さへ, しがみつき, しっかり者, しては, しても, しろ平常, しろ身, すがり, すがりました, すすめた, すれば, せがむと, そういい, そっくりだった, そっくりだって, その意志, その話, それを, それ相当の, たしなめられても, たずねた, たずねて, たずね山, たつた一人, たのんで, つたえましたらどんなに, つづいて, とがめられて, どうだった, どなられて, どれほどの, なった気ィ, なって, なるの, なるもの, なる人, なる冬子, なる後家, なんか保, ねだって, はなした, ぴったりと, まかしてだけは, まちがえられたこと, まつわりついて, まといついては, むかって, むかつて, もらつた洋傘, やさしくいった, よう似る, よく似た, よっぽど悪い, よろこばれたいと, わからせたいと, 不祥な, 与えること, 与える材料, 世帯を, 二三千円の, 云い寄った事, 云われた方, 今日は, 仕える, 代りて, 代れとまで, 会いたがるの, 会う必要, 会つてください, 会ひ, 会見の, 伴ひ, 似し女, 似ず背, 似たところ, 似たるに, 似たキリョウ, 似ぬ美しい, 低くつぶやいた, 何もかも物語った, 保護され, 倚凭つた儘首を, 借金の, 働きかけて, 優る美し, 兄に, 入婿し, 具され, 再び其の, 再会する, 冷たくしなけれ, 出して, 分らなえ, 切り出す気, 別れるよう, 別れるより, 力を, 加えたか, 劣らず美し, 劣らなかつた, 助けられて, 勇気を, 勧められて, 参つてゐや, 取って, 取っても, 取つて, 取りすがって, 口元が, 口答えしたら, 叱られた, 叱られるの, 叱られる然るに, 向い, 向つて, 告げたの, 呑ませたの, 呑ませた上, 報いる道, 報じたので, 報告した, 報告しよう, 声を, 失恋した, 女の, 妹に, 姉の, 委せると, 婿を, 孝行を, 安心を, 宛てた手紙, 宛てた返事, 客の, 對し, 小声で, 小萩が, 少し遅れ, 就いて, 就て, 差出した手, 布團を, 強ひ, 当たる人, 当たる紅琴女, 当って, 当つて, 当りはじめ天智天皇, 当り自分, 当るの, 当るわけ, 当るキク子, 当る婦人, 当る小坂オトメ, 当る私, 待ってと, 從ひ, 御届け, 心配させまい, 思いがけなく手紙, 思い知らして, 思わせるため, 恋した, 恋して, 恋を, 恋慕を, 恥を, 恩を, 悪意は, 愛され踊り, 感謝しなけれ, 感謝せざる, 懺悔し, 或親しみ, 戯れたり, 打ちあけて, 投げつけようと, 抱かれながら, 押されて, 担がれたよう, 招かれて, 拳銃を, 挨拶した, 捨てられたら僕, 接吻し, 接吻した, 掴りました, 教えられたこと, 新年の, 日本舞踊を, 暇乞いを, 書いたの, 死なれたお前, 比して, 比べて, 気づかれないよう, 泉太に, 注げるに対して, 渡すよう, 満足を, 無関心, 生命がけ, 申訳が, 発射は, 皆言, 皮肉な, 目を, 相續, 相談し, 相談した, 相談を, 知らせて, 石長姫が, 私は, 移つて行つた, 竜王が, 約束が, 縁談の, 縋りついて心ゆくまで, 纏いつきかけた, 聞くこと, 聞くより, 聞て, 聲かけ, 肖然, 育てられし時, 背を, 背負わせた, 自分達の, 自殺を, 薬を, 藥を, 見せかけて, 見せた, 見られて, 見付けられるの, 親しもうとしても, 親愛を, 言うの, 言う位, 言つ, 言は, 言はれ, 言ひ附けられ, 言われて, 言われても, 訊いたらあるいは, 訊け, 訴えたの, 話しかけたの, 話しかけた男, 話した, 話したという, 話して, 誇ろうと, 語った, 語つた, 謎を, 護られて, 貰つた, 身売を, 迎へた養子は, 返事を, 送られて, 送る身分, 逃げて, 通じなかった, 通ぜず, 逢えるもの, 逢おうと, 逢った, 逢ったほどの, 逢わなかった, 逢われないこと, 連れられた子供, 遇うても, 遙かの, 遣る事, 鍼灸師受験準備を, 関係が, 限って, 随い, 隠して, 隠すだけの, 露骨に, 面したる時, 預けて, 預け千枝子, 頼まれて, 頼みました, 頼んだ, 顔を, 食って, 養子を, 養生を, 騙されたん, 鶴子と, 齎す手紙

▼ 姉~ (427, 4.5%)

20 一緒に 8 二人で, 弟の 7 妹と, 妹は 6 三人で, 弟とは 5 妹とが, 弟が, 話して 4 いっしょに, 兄と, 妹が, 姉の, 弟とが, 私と 3 わたしと, 妹の, 妻は, 弟と, 弟は, 私は, 私を, 違って

2 [36件] いつしよ, おきえさん, すれば, それから, ならんで, やどれる春, わたしは, 一しょに, 一所に, 並んで, 二三度やりとりした, 二人きりで, 二人の, 別の, 同じよう, 同様に, 呼ばねば, 呼び妹, 妹, 妹であった, 妹とは, 妻と, 妻の, 婆やの, 対坐し, 弟という, 弟との, 弟とを, 弟を, 思って, 或る, 甥と, 眼を, 私とは, 義兄との, 近頃一戸を

1 [230件] いう, いうか, いうに, いえども, いえる, いって, いつまでも, おなじよう, おなじ腹, おばあさん来る, おふみ, おぼしき者, おんもという, おんもといふ, お孝さん, お清, くどくど相談, この地蔵尊, するに, そうした悪縁, そっくりだった, その亭主, その娘, その愛児, その次, ちがい永禄十一年生れ, ちがうと, ちがった一種, ちがって, なら一時, なります, なり孤児, なり師, なるところ, はいっても, ひどくちがった, ひろひし落つ, みえる, もう五年一所, わずか二人, わたくしとは, わたくしとを, わたしとが, わたしとで, 一しょの, 一人の, 一本の, 三つ年上のとが, 三人並ん, 三人兄弟だった, 不義の, 両人で, 争った後味, 二人きりに, 二人ぎりで女同志の, 二人ぎりになつて了つた, 二人ぎり城門の, 二人し, 二人でなしに, 云い争ってから, 云うの, 云う人, 云う御, 云ふ, 互に手紙, 今一人の, 代助, 伯母は, 俊子だった, 俊子との, 信じて, 信子が, 僕の, 入れ違いに, 別れ新刊二冊買, 前の, 友と, 友との, 友なる, 反対の, 叔母とが, 叔母とに, 召使いだけ, 同じく, 同じくすべし, 同じこと, 同じ丹前, 同じ国, 同じ室, 同じ病気, 同一に, 同志の, 同時に普通, 同窓であった, 名乗らなかった, 君の, 呼ばれる様, 呼ぶこと, 呼ぶの, 喧嘩を, 四人住ん, 土い, 坊やとを, 大喧嘩, 妹か, 妹で, 妹とで, 妹ととは, 妹どちらに, 妹に, 妹も, 妹を, 妹一長一短で, 妹二人の, 妹二人は, 妻とで, 妻とは, 妻に, 妻も, 妻児は, 姪と, 姪との, 娘と, 娘との, 子供等行っ, 家持ちを, 對に, 少し離れた, 尾道の, 己に対してだけ, 幾との, 床を, 弟, 弟じゃねえ, 弟で, 弟であるらしい, 弟です, 弟でも, 弟叔父と, 弟義理ある, 弟葛卷ひ, 彼女とは, 従兄が, 従兄の, 従姉の, 御一緒, 思う女, 意味あり, 慕ったお, 懐つて居る, 戦ひ, 手を, 拾ひし, 散々別れを, 早苗の, 暮しながら, 書いて, 松子が, 楽しい会話, 正坊, 歩いた彼, 母と, 母とで, 母との, 決めただけ, 深い親しみ, 温泉に, 満蔵, 激しく云い争っ, 熊本を, 父の, 父を, 物影で, 生れて, 甥その他私の, 番頭とで, 異って, 病院の, 登った裏山, 相談し, 祝言する, 私が, 私とを, 私に, 私の, 称える二十四, 紀久子は, 結婚し, 美沢とが, 聞きながら, 聞くからに, 肥後の, 肩を, 脊髄カリエスで, 自分と, 自分とが, 芸者とが, 葉子との, 行って, 見た, 見に, 見知らない一人, 見違えられるさ, 親類とに, 触れ合って, 言いかわして, 言うの, 言つても, 話合つた事でした, 謂ひ, 逢つたのは, 逢へば, 連れだって, 連れ立って, 連れ立つて, 連立って, 遇うこと, 遊んで, 違つてスラリ, 違つて子供では, 違つて幼い, 重子とが, 長く話した, 長兄次兄と, 關係し, 面白げに, 顔を, 飯事を, 髪あらひなで, 鶴吉との

▼ 姉さま~ (419, 4.4%)

1210 の姿 9 の顔 6 の方 5 のこと 4 が, のところ, のよう, はもう 3 が軽井沢, のお, の行方

2 [27件] お姉さま, がお, が恋しい, が来, だと, といっしょ, どうした, なの, にいろいろ, にお, に悪い, のあの, のする, のため, の威光, の消息, の病室, はあの, はふと, は広縁, は庭, は御, は来, は私, は美沢さん, をお, 這入つて

1 [298件] いい, いいわねえ, いれて, お早うございます, お無心, かしら, かと思った, かね, かぶり, かぶりして, からうかがった, から何, かッ, がああ, があの, がい, がいまだに, がいらっしゃいました, がき, がこの, がこの間資生堂, がご, がじ, がじつは, がすきとおる, がつくづく, がとても, がまた, がもうずー, がわざわざおすえくださったものでござります, がピアノ, がベッド, が二十五日, が云え, が低い, が倒れなさった, が坐つ, が少し, が待っ, が心配, が思い切れない, が新, が来た, が現にああ, が町, が病気, が目あて, が直接お礼, が矢庭, が肋膜, が許し, が黙っ, こそ花束, このくらい, このひと, この楽器, この海, ずいぶんひどい, そう思わない, そのままです, だから, だけが別天地, だけな, だぜ, だっていう, だつたの, ちゃんとご, って, つくづく悲観, でいらっしゃるの, では, と, とあ, といっ, といふ呼かけ, とお, とすれ, とそれ, とてもずるい, とても素敵, とはなにか, とは小野田さん, とふたたび仲よく, ともある, と二人, と前川さん, と千恵, と小さく, と小野田さん, と恋愛関係, と愛人関係, と申, と顔, なら僕, なんか品行方正, なんか軽井沢, に, につれられ, にはあまり, には病む, には見られなかつた, にめぐり, にめぐりあふ, にも知らし, にようく, に代っ, に伝言, に伺う, に何, に俗世, に劣らず, に問いました, に完全, に怒られた, に注射, に訊い, に話しかけた, に逢う, のいい, のお世話, のお蔭, のそば, のつまらない, のなすっ, のねうち, のやう, のガチ, の一人ぼつちの姿, の上半身, の事, の冬, の凝視, の出る, の周囲, の命, の声, の居場所, の幸福, の御, の恋人, の意地悪, の愛, の愛人, の手, の挙動, の方子, の本代, の気持ち, の永遠, の湯島, の病, の病状, の白い, の真似, の真剣, の眼, の知っ, の神聖, の秘密, の稍, の紫色, の絵, の縁づいた, の縁談, の背中, の膝, の表情, の跡, の身分, の追善供養, の面影, の顏, の食器, はあまりに, はあんな, はいい, はいつ, はいつの間に, はいつもじっと, はいらっしゃらない, はいわれました, はお, はがっかり, はきつ, はきゅっと, はさ, はさぞ, はじい, はじっと, はじつに, はすこし, はすれち, はただ, はちやう, はつい, はなぜ, はなにか, はふい, はふり向い, はほんとに, はみんな, はもうこれから, はもとより, はやがてにたりと, はやっぱり, はれつ, は一たい誰, は今夜, は今晩, は何, は何とか, は何処, は冷酷, は前川さん, は千恵, は吉報, は地, は堂内, は夕食後, は大きな, は妙, は姉, は宙, は屋外, は平民, は当て, は意識, は政雄, は末, は末起, は熱心, は生き, は由雄さん, は立派, は結婚, は脇息, は自分, は貴族, は軍馬, は退院, は逢いたがりなさらなかった, は雲井先生, は頬, は高熱, まだ, も, もうあんまり来ない, もお, もきっと, もご用, もとうに, もまた, もわたし, も一しょ, も一ト晩, も一人, も一緒, も時雨, も潤太郎さん, も真面目, も花, も鎮子姉さま, も黙っ, や, やお, やお母さま, や千恵, や義兄さん, よ, よくそうやっ, より御苦労, を, をかばっ, をきっと, をこの, をぜひ一度, をほんとに, を与え, を危険視, を呼んどい, を思うなら, を愛し, を母上, を生んだ, を苛められ, を苛める, を見張っ, ァ, 少しいや, 帰るまえに, 怒ったのね, 慕わしいうつくしいお, 死んだ人, 羨しい, 聴いて, 行く, 降りて, 驚かせるわネ

▼ 姉~ (402, 4.2%)

12 見た 6 助けて 5 見て 4 殺したの 3 呼んだ

2 [22件] うしな, しのべば, たずねて, にらんだ, ば送りし, もとめぬ, 加えて, 呼んで, 姉として, 待受けて, 待合せて, 思った, 持って, 棄てて, 疑つて, 見ると, 見上げた時, 訪ねて, 迎えた, 迎えて, 頼って, 頼りに

1 [328件] あぐりと, あんじゆ, いたわった小, いたわって, いたわる暇, うしなったらたとえ, うながした, おも, おもい紺, お勢, お愛し, お照, お眼, お返しくださりませ, お連れ, お類, かえりみただけ, かき抱いて, からかったよう, からかったり, かわいがって, がっかりさしてる, きらうよう, こういう地位, こまらした, さがし出して, じっと見, すかして, そんなに不幸, そんなに後援, たしなめて, たより私, つけて, つけてか, とらま, どうこうし, どうしろ, どうやっ, なだめる積り, なつかしがり, にらむよう, ぬすみ見ながら, ねたむと, はげまし, はさんで, はじめて識, はじめ親戚の, ひきあわせる時機, ひどい目, ひどく怖がっ, ふくと, ふさと, ほめられて, また今, まもって, みた, みつめた, みまいに, もう一度就職, もって, もとの, やって, ゆかせまいと, よく覚え, よこしたの, よびました, よぶ声, 一人に, 一方的, 七歳で, 上目づかい, 下ろしたん, 不仕合せに, 不憫に, 世話し, 世話した, 乗せて, 井賀井樣に, 仕込むよう, 休ませたいと, 何物にも, 侮辱する, 促して, 俎上に, 保護する, 信じきって, 信じたの, 信ずる妹, 信頼し, 候す, 停車場に, 兄貴への, 先に, 入れて, 凝視す, 初め自家の, 初子と, 前に, 前よりは, 力に, 口説いた時, 口説いて, 可愛がって, 叱って, 呪つた, 呼ばせる, 呼びつづけ姉, 呼びに, 呼び出したもの, 呼び少し, 呼び捨てに, 呼び起し, 呼び起して, 呼べとか, 命とも, 喪うて, 嗅いで, 土蔵から, 売っとばそうと, 変死させた, 外へ, 大喬, 失うたこと, 失つてゐる, 奪い去られて, 奪い返そうとして, 奪って, 奪われ兄, 好いて, 妹の, 妻に, 姉とも, 姦した, 娶らんか, 守護し, 安寿と, 宥め賺して, 家へ, 尊敬しなけれ, 尋ねて, 小学校にさえ, 尾行した, 庇う母, 廊下の, 弁護しよう, 引き取ること, 引き寄せて, 引立てるよう, 待って, 待つこと, 待つ気, 御存知です, 心だ, 心配する, 忌むには, 怒って, 怒鳴りつけた, 思いだしたら諭して, 思い出した, 思い日, 思い荒っぽい, 思うたび, 思って, 思ひ出した, 思出してる, 怨んでる者, 恐ろしげ, 悦ばせたこと, 悦ばせようと, 悩す, 悪魔に, 愛して, 愛してるから, 慕いその, 慕いました, 慕って, 慰さめた, 慰めた, 慰めたらしい, 慰めるよう, 慰め姉, 憐む心から, 憫笑し, 憶い出し, 憶ひ, 手放して, 打ったな, 抱きかかえる如き風, 抱きしめた, 抱きしめて, 抱き寄せた, 拉し去り父, 拾って, 持ち母, 指し, 捨てた恋人, 捨てて, 探しに, 揺り起こした, 搜し, 撃ち殺して, 救ふ, 数へ, 斬る勢い, 新子は, 有するが, 期待し, 案内し, 欺いて, 残して, 殺し, 殺したといふ, 殺したもの, 殺したん, 殺した下手人, 殺した事件, 殺した人, 殺した兇悪, 殺した奴, 殺した記憶, 殺して, 殺し母, 殺し父親, 殺せしに, 殺らして, 沈着かせたい, 泣かすので, 海岸の, 渡して, 無二の, 無理無体に, 煩悶させ続け, 熟視し, 熟視す, 燒殺された, 父とも, 牢屋へ, 特殊の, 犠牲に, 狂い死に, 理解しない, 生ませた, 疑って, 直接電話口へ, 相手に, 眺め, 睨みつじつと, 私は, 突つい, 窺って, 窺つてゐる, 立派に, 笑は, 笑わせること, 紹介し, 締め殺した文字若, 置いて, 美しい白衣, 羨んで, 老執事, 自分一人の, 自動車へ, 苛めるその, 苦しめたこと, 苦しめてるか, 苦しめるとは, 苦界から, 薦め参らせたそれ, 衝こうと, 表へ, 補佐すべく, 見あげた, 見かけたという, 見すてて, 見たり, 見ついで, 見つけて, 見ながら, 見に, 見る姉これ, 見れば, 見上げた, 見上げて, 見上げながら, 見出した, 見失うこと, 見舞うため, 見舞つたのだ, 見舞ひ, 見舞ふため雪深い, 見返った, 見返つて, 見送ると, 見送る支度, 見逃がすよう, 訪うて, 訪ねたとき, 訪ねるところ, 訪れて, 評し合っ, 誇りに, 誘いに, 誘い出して, 譏るが, 識った, 護って, 讒訴し, 買った強竊盗常習犯, 賺か, 辟易させる, 迎えた弟, 迎えに, 迎へに, 追いかけた, 追はせたくなかつた, 連れずに, 連れて, 連れ出したと, 釣った結果, 長火鉢の, 門の, 除いたら雪子, 除いては, 風呂屋と, 食べて, 養いまた, 養った, 驚かせて

▼ 姉~ (281, 2.9%)

5 のこと, の中, の膝 4 にまた, はもう 3 ですから, の間, を誘拐

2 [16件] がその, が内, して, じゃない, で斯, のその, の姿, の子供, の家, の情, の貶謫, の身, の顔, はいつも, はその, を救い出す

1 [217件] かも知れない, からこういう, から斯, があった, がお, がこの, がさびし, がちょっと, がどんなに, が一鉢, が三人づれで寺, が人なつこく, が人間, が別々, が力, が叫び, が味, が坐り, が坐る, が掃除井戸, が来, が津軽, が潜り込んだ, が父, が知らぬ, が神教, が紺絣, が腰かけ, が話, が顔, じゃものそれ, それから終吉さん, だ, だった, だったらそんな, だって仲, だと, だな, であっさり, であった, であつ, でありました, であります, である, であること, であゝ, ですけれども, ですね, でない, ではない, で伯父, で信心, で光麻呂, で堅く, で岩木判官正氏, で遣ってる, という, という心持, として寝る, とであったであろう, ともおまえ, とも思っ, とも真, とを連れ, と云い, と伯母, と女中, と少年, と見えます, と間違, なかに産, ながらうち, などは問題, などもゐる, なの, にいつ, にくらべ, にときどき, にとって神聖, になりましょう, になろう, にはお母さん, にひま, にも打ちあけなかつた, にも病気, に加わっ, に取っ, に取り巻かれ, に家, に案内, に見せ, に説明, に連れられ, のうち, のうち姉, のたった, のため, のほか, のやう, のトタン囲い, の一組, の不運, の世話, の人気, の代り, の住み馴れた, の借, の多い, の子ども, の小屋, の小説, の心配, の愛, の才能, の持っ, の服装, の様, の様子, の気風, の瑞華, の生れた, の生活, の眼, の稚い, の苦しむ, の襟, の見舞, の話, の誓い, の誘拐, の間柄, の駕籠, は, はありません, はありゃ, はお父さん, はお迎え, はこの, はさっき, はそう, はなかなか, はむき, は久しぶり, は乗合馬車, は二人ッきり, は互, は全欧, は凡て私生児, は原田さま, は塩沢丹三郎, は境内, は夕食, は夕飯, は姉, は小癪, は居, は御, は心配, は方丈, は早く, は期せずし, は橋, は泣き, は灯, は父, は珍し, は白島山平, は神, は竹材置場, は答え, は腹, は自分たち, は親思い, は話し続けた, は顔, ほど侘しく, もおれ, もない, も何, も嬉し, も救い出さぬ, も皆, や親戚, よりも仲, らしい十七八, らしくもの, らしく手, をうしろ, をかばう, をこの, をさいなん, をしばらく, をすくっ, をそう, をその, をみ, をもそう, をも手, を伴, を使っ, を保護, を励まし, を取り返そう, を呼び, を嫌つて, を引, を引きあげた, を手, を手招き, を救う, を救っ, を眺めた, を育て, を見, を軽々と, を頼む, 打合せた上

▼ 姉~ (263, 2.8%)

40 のお 8 の方 6 のお里 4 と妹娘, の魚 3 のみどり, のジーナ

2 [11件] がその, と私, に養子, のほう, の姿, の婿, の腕, の部屋, は父親, も妹娘, を呼ん

1 [173件] お袖, お麻, からとうとう, があと, がおばちゃん, がそう, がの去年供養, が一日手伝い, が主婦, が今, が卒業, が外, が妹娘, が急, が或, が手, が押し, が母, が突然, が笑い出しました, が艶, が返事, が閾, が顔, だ, だった, であった, であつ, である伸子, でご, です, で紅矢, といい, とおかしく, とおふくろ, とが縺れ合っ, とのあいだ, とは係り合い, とほ, と五つ, と別れる, と十五六, と知り合う, と結婚, と縁組, と鶴吉, にあずけ, にあたえ, にはきびしい, には婿養子, にもしてやる, にも妹娘, に入れ知恵, に向い, に対してはとかく, に対して妹娘, に対するより, に対する母親, に対する非難, に就い, に縁談, に言っ, に迎えた, に関, に附い, のあぐり, のいち, のおきぬ, のおそ, のおま, のお金, のこと, のさらさら, のところ, のよう, のわたくし, のアレクサンドラ・ステパーノヴナ, のトルストイ的, の一家, の三人, の代わり, の仲子, の伸子, の初, の前, の加寿子, の名, の名前, の園子, の声, の多, の多津, の妙子さん, の子守り唄, の家作, の富美子, の導い, の小さな, の居処, の帰国, の後, の旦那, の桂, の槇子, の死骸, の清子, の父母, の生まれた, の番, の白足袋, の目, の福慈岳, の継子, の美しい, の耳, の耳元, の自分, の葛木姫, の虚心, の豊, の踊り上手, の連れ, の里, の須美, の養女, はおそるおそる, はおっとり, はき, はきれい, はしなびた, はじつと, はすばらしい, はたいへん, はつとに, はまだ, はもう相当, はやっと, は六ツ, は其後学校, は十五, は大きく, は妹娘, は平気, は急, は扉, は沼底, は笑つた, は細い, は織, は自分, は芝居茶屋, は言った, は足, は輪島, もある, も帰っ, よりずつと寛大, よりも純, より六つ, らしくなって, をその, をめあわせ, をもらふ, をジーナ, を城, を彼, を斃, を是非道珍和上, を殺し, を疑っ, を誘い出された, を非難, 程の気持

▼ 姉~ (212, 2.2%)

25 妹も 10 弟も 4 ハンケチで 3 妻も

2 [12件] おなじく急い, かしこに, それを, ないもの, 一緒に, 亦姉自身, 兄も, 心配し, 私も, 稽古に, 笑つた, 自分も

1 [146件] ああいう, あったであろう, あつた, あなたに, ありません, ある, あゝいつ, いいけれど, いず随分, いっしょに, いつもその, いなくなった淋し, いなくなって, いま一度桑を, おとよさん, お母さまと, お知り合い, お祖母さんも, お馨さん, ここに, この弟, さしたに, すみ子も, そう言っ, そこへ, そのころ習い初め, その父, その脇指, それで, そんなふう, たしかに幸福そう, ただの, ただ好い加減, とうとう私, とうに死ん, どうし, ない, ふみ江も, まけずに, また父親, また赤い, また顔, まだそれ, まだ独身, みんなが, もうとうに, もう平常, やつて, ようやく一きまり, よく知っ, わたしも, エゴイストであり, ニッコリ笑っ, 一人は, 一度だって, 一往は, 一昨年はや, 三四人鬱金の, 三年前矢張り十三の, 下女の, 中には, 亡くなったが, 亦きりやう, 京之, 今までの, 今更つつみ隠す, 伯母も, 信子, 信子も, 僕と, 先方の, 先日渋沢秀雄も, 前後し, 労働に, 勞働に, 十三で, 叔母なる, 口を, 同じいよう, 同じく配給所, 同じ頃, 同感した, 同道し, 名残を, 喜ばしさうに言, 四方を, 城下の, 大変喜ん, 天の, 女中たちも, 姉だった, 姉なら, 姉自分の, 安心し, 安心しよう, 家内も, 対手に, 少しタジタジ, 少し出し, 居るさかい, 島田で, 年を, 弟たちも, 形式的に, 彼が, 彼について, 彼を, 彼女の, 従兄も, 忍び足で, 怖しくなっ, 慴え, 更に医者, 来り赤飯, 案外その, 機嫌が, 死んだろう, 死んで, 殆ん, 母に, 毎日手古摺, 江戸へ, 洋服を, 浮かない顔, 湯治からか, 父も, 生徒も, 田口の, 田舎へ, 皆お, 真面目な, 私に, 笑いながら, 続いて, 美沢も, 老いた兄, 自分の, 行かなくつちやなん, 見えない, 見えん, 貰い泣きを, 階段に, 電話で, 駄目な, 鶴見も, 黙って

▼ 姉~ (172, 1.8%)

4 のお, の姿 3 のこと, の声, の膝, の身, を

2 [14件] とともに来り見き, とは太く, と呼ば, に逢わ, の教, の腕, はどう, はまろび入り, は袖, は通夜, までわが, をまで怪, を頼, 帰りましつと

1 [121件] からお, からお金, か俺, がなんと, が捕まっ, が数々, が来, が楓, が無知, が留まる, が納谷家, が訪ね, といっしょ, とその, とても一旦こうまで, とても一瞥ロゼリイス, とでお, とわれと, とキミ, と力, と大方, と思いまいらせし, と部屋, と顔, なり, なりき, に, にあたる, にお, にはいかなら, には初めて, にもこの, にも長い, にゆるし, に今私, に何, に対する駐, に少し, に手紙, に會つて來, に比べまし, に無理強い, に銀座, のいい, のいひ, のきづかいたまい, のきづかひた, のご, のの, ののたまう, の上京, の仇敵, の仰せられました, の叫び, の命令, の姿見ば, の形見, の御, の怨み, の息災, の愛, の愛する, の憂, の捕まっ, の教えし, の教えたる, の新た, の早, の止める, の母, の潜, の直ちに, の立ち, の立ちたまえる, の結び, の聟君, の脱出, は, はいとも, はかつて, はさぞ, はそこ, はどこ, はなお, はわれ, は一間, は仰せられましょう, は何, は内, は広岡, は念じ, は念じた, は許し, は許した, は非常, へ, へ宛て, ものべつ, もひと, も名前, も御, も若かつた, も靜, や子達, や肥滿つた氣, よりたけた, よりたけたま, をかいた, をさし置き, をも誘い, を不覚, を助け, を助け出し, を奪, を守護, を救い参らせむか, を殺した, を迎え, 永らく音信, 決して疎略, 面白き人

▼ 姉~ (129, 1.4%)

4 兄の

2 [14件] こえこえ, 兄が, 兄と, 兄は, 女房の, 妹が, 妹に, 妹の, 姉の, 姉や, 弟や, 母に, 母親に, 親戚の

1 [97件] お前だ, お前学者だ, お里に関する, この屋敷, そっちへ, その子供たち, それだ, だあい, ちっとは, どうした, もういい, よく來, んが, んに, んは, アお, 乳母に, 仏の, 伯母と, 何うし, 何んだ, 兄たちの, 兄や, 兄貴が, 兄貴にも, 兄貴は, 兄貴を, 兄達の, 先輩たちの, 分ったいうむ早く, 友達に, 周囲の, 大丈夫だ, 妹それから, 妹たちのは, 妹と, 妹なんかが, 妹にも, 妹は, 妹までが, 妹や, 妻と, 妻にも, 妻までも, 娘と, 娘に, 学校の, 小泉の, 幸子が, 幸子たちの, 弟とに, 弟の, 弟妹たちが, 弟妹と, 弟達は, 従姉たちは, 従姉妹が, 従姉妹に対する, 従姉妹や, 從姉たちだ, 心を, 心配無, 思いの, 思て, 教師や, 村の, 植源の, 死んだ妹, 母たちという, 母を, 母親の, 気分は, 洋一が, 浅川の, 澄子さんが, 父の, 父母に, 異母弟は, 知人の, 祖母が, 祖母に, 私が, 私等は, 紀久子へ, 紀久子を, 継母などと, 花子や, 藤子姉は, 藤子姉を, 見りゃ両親, 親類にも, 親類の, 近くは, 近所の, 重子が, 雪子が, 雪子は

▼ 姉~ (88, 0.9%)

2 であった, では, のこと, を憎める

1 [80件] います, がいらし, がお山, がどこ, が時々, が生き, が負けた, が重い, こよなう怜, さえおいで, さえかの家, だけ, だけを呼びにおよこしなされた, であった恋人, であるから, であると, としてお, として尊敬, と親しみたく, なる貴, にあらせられる, にま, にもまさった, にも逢っ, に代え, に参らす, に強要, に応じ, に持っ, に死に別れた, に相談, のお, のカムレッシ王女, の一品, の二の宮, の代わり, の女, の女一の宮, の御, の心, の思っ, の意志, の愛した, の所, の様子, の死, の気持ち, の皇太后, の社長, の第, の籌子夫人, の身, の関係, の院参, は, はおおよう, はこんな, はどんな, はハヘイロネ, は御, は有名, は生き, は静か, への愛, へまた, へ手紙, も泣い, も自分, をその, をも以前, を他, を伴う, を常盤, を思い出さぬ, を思い出す, を救, を気づかわしく, 憎むちょう鳥, 憎むてふ鳥, 早く去ね

▼ 姉から~ (85, 0.9%)

3 これは, 聞いて 2 こんな怪談, 妹に, 引き廻されるの, 手紙が

1 [71件] あんな非常識, いつか茶の, おきえさん, おそわりました, きいた話, これが, これを, さんざん冷やかされた, だと, ほんの子供, ズツと, リイドされる, 五十円六十円と, 今送られた, 何も, 何を, 先達って, 其後富之助は, 別れて, 前川家の, 同じよう, 妹へ, 妹へと, 寒竹の, 幾度も, 弟へと, 強い影響, 形見に, 影響された, 得た答, 怒られたり, 持越しの, 教えられてから, 教へて, 月に, 期待されてる, 永久に, 知らせて, 祝って, 端書が, 縫いつけて, 習うん, 聞いた, 聞いたところ, 聞いたの, 聞いた娘, 聞いた母, 聞いての, 若い女門下生, 若干の, 薔薇の, 要領を, 見舞の, 言えば, 言ひつけられた, 譲られた筆洗, 譲りうけた成田屋, 貰い受け, 貰うについて, 貰ったの, 貰った五十円, 赤坊を, 遠く離れた, 遠く離れてる, 防毒面を, 限りない, 離れた, 離れて, 雪子ちゃんは, 電話が, 預かったの

▼ 姉夫婦~ (84, 0.9%)

3 が殺された, の惨死 2 の間, を殺した

1 [74件] から少し, から説き, があつ, がこちら, がどんなに, がひそ, が口, が四月, が強盗, が悲惨, が私たち, が許し, が超, が駆けつけ, すなわち伊達捷平夫婦, だけが殺された, といっしょ, と予ら, と喧嘩, と弟, と東京, と気, と話し, にこの, にひき留められ, にも何等, に今, に兄, に安心, に對, に引, に見せた, に預けられる, のやってる, の側, の傍, の命, の噂なぞ, の如く虐殺, の娘, の屍骸, の恨み, の悲惨, の横死以来, の殺された, の生活, の衣類, の貧しい, はあきらめきれず, はたしか, は一溜り, は今夜大阪, は働き, は其處, は反省, は次第に, は真, は義兄, は自分, は自分たち, は鄙少女, ばかりで, もさあさあ, もひどく, も無言, も私, も貧乏, を加え, を待受ける, を惨殺, を殺された, を襲いかけ, を見送っ, を鶏

▼ 姉~ (56, 0.6%)

3 にお, の御 2 のお

1 [48件] お厭, お願, かぶり, からお, が, がそこ, がどうして, が下さらね, が夜分, が脱出, が行方不知, が見えなく, が驚ろ, この歌, ですもの, と一所, と慕, と熱心, と賭, ならでは, なれば, になる, にも是非, に正, に相談, に笑, に聞き, に髮, のくだす, のご, の樣, の製造, の話, はあくまで, はかけまじ, はとてもふと, は何時も, は僕, は彼, は藻拔, ばかりに御, ばかり方々, も定めし, も御, を一度, を窘め出す, を賞め, を連れ

▼ 姉~ (47, 0.5%)

4 あつた 2 あつたら, ござります, 運よく

1 [37件] あらうと, あり得るよう, お末, お部屋樣, こういっ, こざいます, ございますの, それに, でも, どつち, もんとは, 京都へ, 今では, 保さんが, 出戻の, 出戻りの, 寡婦と, 少年の, 居て, 山口県へ, 年中病床に, 年中病床について, 当年三十三の, 後から, 後に藤原鎌足, 情の, 戦争で, 此も, 深見高次の, 照が, 祖母さまが, 私の, 自分は, 逢春門院, 長倉の, 飯田休庵の, 鹿子と

▼ 姉にも~ (42, 0.4%)

2 見せてと

1 [40件] あるよう, この欄, そういうところ, それが, なって, なり, まさる美貌, よう云う, レンラクする, 下手人が, 云は, 云われず云えば, 会いに, 会った, 似ずあさましい, 似ない線, 似合わねえそんな, 住んで, 何か, 何んな, 優ツて, 別れを, 千光寺で, 妻にも, 安心させ, 少し当てつけ, 従兄であった, 心配を, 手ほどきを, 死別れ, 母へも, 男性には, 知らせず弟, 簡単な, 聞いて, 自分は, 解けなかった, 言わなかった, 試しに, 黙って

▼ 姉とは~ (34, 0.4%)

1 [34件] お父さま, ちがうよう, どうしても思はれぬ, まだ起き, まるで育ち, まるで違った, ッきり分った, 二つ違ひでことし二十三に, 二日も, 今頃どうして, 似ずあんまり, 似て, 住んで, 別々に, 反対でありました, 反対に, 受取れる, 台所へ, 姉妹の, 店の, 彼女から, 思はれぬ樣, 最も悲しむだらう, 永らく恋仲, 汽車に, 淋しい県庁, 無駄な, 眼を, 竜眼の, 競爭し, 義絶せよ, 行きます, 言ひ, 逢えなかったの

▼ 姉~ (32, 0.3%)

42 と思っ, ッて

1 [24件] からと云っ, からねえ, から厳粛, から座敷, かわからない, か妹, つたのか, つたのだ, つたのに, つて二十も, という, というある, といっ, ときっと, とは咄嗟, と今, と思われ, と思ッ, と自分, と言う, なんて云つて, のを, 器量も, 村の

▼ 姉なる~ (32, 0.3%)

5 人が 2 人の, 人は, 伯母の, 富士に, 新家の

1 [17件] お鈴, がある, は白き, は盲目, は羞, もの, ものが, ものの, リオノルス姫が, 人を, 伯母は, 娘いう, 小児を, 新婦も, 日は, 葉子の, 銀杏加藤の

▼ 姉には~ (31, 0.3%)

2 われことばも, 一言も

1 [27件] お絹たち, このくらい, それが, どうして腹, またこれ, 三ツに, 上手に, 云つた, 云わないで, 何より入院費用, 内証だ, 判然答えられなかった, 口答えも, 可羨, 外出させまい, 多くの, 大仕事, 敵わ, 昨日原町の, 暇を, 洩して, 無造作に, 珍らしい, 聟を, 話しても, 逢われずまったく, 頭が

▼ 姉~ (30, 0.3%)

3 様は 2 さんの, ちやんに, 様の

1 [21件] さんが, さんだって, さんに, さんも, さんを, さん方, ちやんと, ちやんにも, ちやんの, で通る, に水, に藪, も同じ, や, やん光っちゃ, や姉, チャン美人ね, 何んでも, 姉え, 様も, 目を

▼ 姉婿~ (28, 0.3%)

2 の武蔵守

1 [26件] が壊れた, が棺側, さえ譴責, たる武蔵守, つまりお, である, で當時, とがあつ, として内輪, などにも立ち会っ, なる今川義元, につれられ, に当たり日頃, に教, の, のかの, のところ, の家, の持仏, の方, の木下弥助, も同じ, や叔父, よう見知りおい, をつかまえ, を云う

▼ 姉小路~ (25, 0.3%)

3 の家 2 を殺した

1 [20件] では綾子, という, という人, という奥女中, といふ昔, にあっ, に住む, に住ん, のそんな, の信西入道, の座敷, の拂, の方, の綾子さん, の辺, や一条家, や奧村, を出, を思わせる, 下る染物

▼ 姉ちやん~ (24, 0.3%)

2 があれ, が取上げた, だつて

1 [18件] からの贈物, が呼んでる, が帰つて, が惡, が来た, が言, だ, とお, とポオちやん, と云, は, は怪我, は雨具, も何, も兄ちやん, も画いた, も畫いた事, を迎

▼ 姉らしい~ (23, 0.2%)

2 ところが

1 [21件] ことを, のが, ほうの, やさしさ, 人に, 優しい言葉, 八九歳の, 八歳くらいの, 声が, 女と共に, 女は, 姿は, 微笑を, 思いやりを, 情愛を, 憂いに, 方が, 温情を, 若い女, 言葉を, 調子で

▼ 姉~ (22, 0.2%)

4 妹か 2 兄貴が, 妹かの

1 [14件] 何かの, 何ぞの, 友達の, 叔母さんに, 叔母なら, 妹かは, 妹かを, 妹だろう, 妹である, 妹であるらしい, 母かの, 母親みたいに, 蓮華の, 見えない空

▼ 姉との~ (21, 0.2%)

4 間に 2 三人を

1 [15件] けわしい話声, 仇討なら, 仲だけに, 側に, 名は, 四人連れで, 室へ, 小うるさい問答, 嶮しい, 美しい邂逅, 間で, 間には, 間を, 骨格を, 黙契の

▼ 姉とも~ (19, 0.2%)

1 [19件] いうべきむかし, お慕いし, かしずくおと, つかない四十恰好, 一緒に, 乳母とも, 妹とも, 妻とも, 思い做し, 思う人, 思う瑠璃子, 思ふ瑠璃子, 思わぬ不敵, 思召し, 相談し, 義絶せよ, 親とも, 言えない久子, 言へ

▼ 姉~ (18, 0.2%)

4 まア 2 へ此盛岡, まったら 1 あの帯皮, へ死ね, まあこっち, またぼ, までいい, までいらっしゃいます, まで私, もただ, 云って, 召しませ

▼ 姉えさ~ (17, 0.2%)

62 ん早く 1 んあなた, んあれ, んお前さん, んご, んどう, ん察し, ん御, ん株, ん知っ

▼ 姉である~ (17, 0.2%)

3 ことを

1 [14件] か否, が安佐, ことに, にも拘らず, やうな, ような, 伸子に, 伸子の, 光子が, 冨子を, 夫人から, 方に, 松下夫人をも, 自分には

▼ 姉よりも~ (17, 0.2%)

4 宜敷

1 [13件] かえって自分, ずっときれい, ずっと頼母, ずツとい, ずーっと愛し, はるかに, 器量が, 地味な, 妹の, 強固に, 愛して, 更に気長, 美しい文字若

▼ 姉ちゃ~ (16, 0.2%)

2 まあ, まが, アん 1 あん, ま, まおよび, まごと, まと二人, まア, ま晩, ま泊る, ま見, アン

▼ 姉として~ (16, 0.2%)

1 [16件] いくらか, いつも女, その正反対, たった一つ, ゐる故, 世話を, 侵略戦争に, 居る故, 年長者らしい, 強情な, 母親代りに, 異性として, 自分の, 自分を, 貴君に, 迎へられ

▼ 姉でも~ (15, 0.2%)

2 ある, 姉は

1 [11件] あり京都, あるなら注意, こうまで, なく恋人, 何でも, 呼ぼうか, 妹でも, 市中の, 持ったよう, 斯の, 私の

▼ 姉という~ (15, 0.2%)

4 のは 2 のが 1 ことが, 人が, 人に, 人元, 原始的な, 女からの, 意味では, 目上の, 肉親感は

▼ 姉とが~ (15, 0.2%)

2 二人きりで, 家を

1 [11件] いた, お清, かたまって, このごろ野菜の, その人, モオリスの, 勝見の, 密会する, 居た, 最も古参, 江戸見物を

▼ 姉~ (14, 0.1%)

2 まき

1 [12件] こよが, こよに, さくといへる, みの, みの廿二三歳の, もひ, 定は, 岩の, 悦に, 柳の, 粂を, 馨さんの

▼ 姉~ (14, 0.1%)

1 [14件] ねだって, やるの, わざわざ自分, 告げた, 帰しましょう, 彼は, 御土産, 微笑を, 急病來て, 書いたこと, 渡して, 知らせて, 私から, 肩越しに

▼ 姉様たち~ (14, 0.1%)

51 がこの, が仏参, が掛声, が食事拵え, と一しょ, の輪, は帰っ, は食事, をぼった

▼ 姉夫人~ (12, 0.1%)

1 [12件] が物, が立ちかけた, のその, はそのまま, はやっぱり, は余り, は口, は少し, は鶴, も言, を誘出, 思わず膝

▼ 姉ちや~ (11, 0.1%)

2 んとこサ 1 はもう, まの, んあちら, んえらい, んはね, ん一人, ん沢山金, ん澤山, ん速達

▼ 姉やん~ (10, 0.1%)

1 あんな奴, えらい良え, か, とこ今晩ひと晩安次を, とこ抛っときゃ, にゃ仰山, のきれい, もうこうなったら, 中古で, 出世しまっせ

▼ 姉上様~ (10, 0.1%)

2 の御, も貴方, よりしん 1 なんてかいてる, に, にも御, のお願い

▼ 姉上貴女~ (10, 0.1%)

2 のこと, はお 1 がお, にこれ以上, のお, の許, もどうか, もほんとう

▼ 姉では~ (9, 0.1%)

1 あ, ありましたけれ共, ありませんでした, あるが, ございません, ない, ないかと, なかった, なくて

▼ 姉~ (9, 0.1%)

3 んだ 2 のだ 1 のであつ, のである, のでしょう, んです

▼ 姉に対する~ (9, 0.1%)

1 妹の, 心配を, 愛で妹, 感情であり, 感激で, 感謝の, 手心を, 美和子の, 肉親らしい

▼ 姉への~ (9, 0.1%)

1 あてつけに, 世辞にも, 世辭にも, 奉仕と, 嫉妬, 孝行だ, 復讐なら, 感情からも, 懐しみとい

▼ 姉より~ (9, 0.1%)

2 頼みの 1 さきに, 一倍の, 二年前に, 外に, 綺麗だ, 聞けば, 贈られたるもの

▼ 姉~ (9, 0.1%)

2 のお 1 だから, でもござりました, になつて貰, になる, に和泉式部, のもの, の時代

▼ 姉からの~ (8, 0.1%)

1 あて名の, 写真を, 手紙だった, 手紙だつた, 手紙です, 手紙には, 手紙を, 返事は

▼ 姉とを~ (8, 0.1%)

1 さそって, 喪った彼女, 持った末子, 生んだ竜池, 見た, 連れて, 除いた全部, 非道に

▼ 姉幾勢~ (8, 0.1%)

1 か, があつ, が記念, である, に尾道, の話, はお, は四十七

▼ 姉様私~ (8, 0.1%)

1 さつきへん, そういうつもり, の頭, はお, はその, はどうしても, は一人, は三度

▼ 姉正宗院~ (8, 0.1%)

1 と云, の事, の寿宴, は七十七, は六十一, は六十二歳, は六十歳, は溜池

▼ 姉にあたる~ (7, 0.1%)

1 お関, 人, 人が, 人の, 伯母が, 光子の, 由利女であった

▼ 姉~ (7, 0.1%)

4 の茶々 1 で実, は尊, は懊悩

▼ 姉娘たち~ (7, 0.1%)

1 とそれ以上, にはかせ, はきれい, はふき出し, はシンデレラ, は思わず, も驚い

▼ 姉様冠~ (7, 0.1%)

3 りに 1 の花嫁中腰, りという, りの, りを

▼ 姉樣人形~ (7, 0.1%)

4 のやう 2 と麻の葉 1 は下さる

▼ 姉からも~ (6, 0.1%)

1 よく聞きました, 分家の, 城中の, 申したと, 聞いたこと, 離れて

▼ 姉だった~ (6, 0.1%)

1 かも知れない, か思い出せなかった, がいつ, のだ, ろうでは, 平吉の

▼ 姉などは~ (6, 0.1%)

2 二十一に 1 少くとも, 弟の, 殊に私, 白粉を

▼ 姉らしく~ (6, 0.1%)

1 こう言う, 健三の, 澄して, 目の, 肩に, 苦笑した

▼ 姉一人~ (6, 0.1%)

1 が自分, でいる, のみよりだけで, を保護者, を相手, を養えない

▼ 姉弟たち~ (6, 0.1%)

1 かね, が代る代る, にも無事, のこと, の当分, を見送る

▼ 姉弟二人~ (6, 0.1%)

1 で弟, で私, の寝道具, の小童, ぼっちに, もう七十

▼ 姉思い~ (6, 0.1%)

2 の妹 1 から飛んだ, の久松, らしい一途さ, 弟思いで

▼ 姉自身~ (6, 0.1%)

2 の嘘 1 であるかの, も健三, も幸子以下, も痩せ

▼ 姉ぎみ~ (5, 0.1%)

1 とともにい, と共にいづく, と相, のお力, の永福門院

▼ 姉だけ~ (5, 0.1%)

1 だった, であった, で坊ば, なら来て, 一人平

▼ 姉とか~ (5, 0.1%)

1 兄の, 召使とかには, 妹とかいう, 母とかの, 父母といふ

▼ 姉にでも~ (5, 0.1%)

1 甘えるやう, 甘えるよう, 甘える樣, 甘へる, 立ち聴きされては

▼ 姉はん~ (5, 0.1%)

1 さうどすえ, でおま, のとこ, の苦労, をさし置い

▼ 姉までが~ (5, 0.1%)

1 その夜, 今の, 家出を, 時々カフェー, 狐退治以来すっかり

▼ 姉女王~ (5, 0.1%)

1 が煩悶, であった, にもせよ, は健康, を死

▼ 姉~ (5, 0.1%)

1 が両国薬研堀, の夫宗右衛門, は四年前, は柔和, を娶った

▼ 姉弟三人~ (5, 0.1%)

1 がちりぢ, で草, ともそう, は一緒, もそのまま

▼ 姉~ (5, 0.1%)

2 の金造 1 とか従兄弟, にあたる閔某, の藤吉郎

▼ 姉さま冠~ (4, 0.0%)

2 りを 1 りに, りの

▼ 姉さま風~ (4, 0.0%)

3 なりお高 1 なり

▼ 姉であった~ (4, 0.0%)

1 から額田王, が何時, が家庭, し自分

▼ 姉です~ (4, 0.0%)

1 からさて, から一向, が私, よ

▼ 姉といふ~ (4, 0.0%)

2 のが, のは

▼ 姉とに~ (4, 0.0%)

3 連れられて 1 饂飩を

▼ 姉と共に~ (4, 0.0%)

1 同家に, 母の, 蚕蓆を, 隣町の

▼ 姉などの~ (4, 0.0%)

1 よく親しんだ, 声が, 言うこと, 話して

▼ 姉なら~ (4, 0.0%)

1 わしも, 妹も, 父三右衛門の, 私が

▼ 姉に対して~ (4, 0.0%)

1 そうして人, 多少極り, 愛想を, 懐いて

▼ 姉やと~ (4, 0.0%)

1 やって, 呼んで, 間違えられて, 麦に

▼ 姉やの~ (4, 0.0%)

1 子じゃ, 方で, 無惨な, 逢引きだ

▼ 姉~ (4, 0.0%)

2 あなたは 1 まさかに忘れまい, 卿等は

▼ 姉サン~ (4, 0.0%)

1 だけあっ, に歯, の実力, 皆サンオ揃イ

▼ 姉上さま~ (4, 0.0%)

1 におい, には, は, よ

▼ 姉二人~ (4, 0.0%)

1 が僕, とも藝者, の次, は既に

▼ 姉~ (4, 0.0%)

1 と彼ら, と彼等, も宜, を頼ん

▼ 姉~ (4, 0.0%)

1 に賜わった, の宣政門院, の門, へも武者ども

▼ 姉小路卿~ (4, 0.0%)

1 がいつ, なる国司, は黒豆, を殺した

▼ 姉小路少将~ (4, 0.0%)

1 の家, は持っ, は重傷, をめがけ

▼ 姉弟中~ (4, 0.0%)

1 でお, で一番おたふく, で一番父親, で吾家

▼ 姉様何~ (4, 0.0%)

1 がいい, も海, も聞こえ, を疑

▼ 姉~ (4, 0.0%)

1 が坐る, にもよく, に問, 来りおこわ等食

▼ 姉~ (4, 0.0%)

2 も薄々 1 はじめ家の, 姉貴

▼ 姉須磨~ (4, 0.0%)

1 が二十五歳, が飯田良清, の夫飯田良清, の生んだ

▼ 姉おもい~ (3, 0.0%)

1 から出, だと, の優しい

▼ 姉かが~ (3, 0.0%)

2 一人あれ 1 持って

▼ 姉からは~ (3, 0.0%)

1 まだいつ帰れ, 二人の, 何の

▼ 姉この~ (3, 0.0%)

2 犬どう 1 姉も

▼ 姉さま自身~ (3, 0.0%)

1 にだつ, のその後, の写真

▼ 姉さんだつ~ (3, 0.0%)

1 たわね, た蓮光寺, てこんな

▼ 姉じゃ~ (3, 0.0%)

1 ございません, 人が, 弟じゃの

▼ 姉~ (3, 0.0%)

1 ゃんちゅうもんある方が, ゃんどないいうたん, ゃんどないぞしてくれへんかもう

▼ 姉であっ~ (3, 0.0%)

1 たりする, ても千歳, て後

▼ 姉としての~ (3, 0.0%)

1 威厳を, 謙遜としか, 貴女だ

▼ 姉とともに~ (3, 0.0%)

1 いろいろ世話, 夢多き, 祈祷の

▼ 姉ながら~ (3, 0.0%)

1 妹に, 気の毒でも, 神々しい女

▼ 姉なぞは~ (3, 0.0%)

1 あてに, まして自分, 御丁寧

▼ 姉などと~ (3, 0.0%)

1 からかい合ったり, 一しょに, 一緒に

▼ 姉ぶつ~ (3, 0.0%)

2 た言 1 た物言

▼ 姉へも~ (3, 0.0%)

1 分け根岸, 妙な, 投げた

▼ 姉ほど~ (3, 0.0%)

1 では, むごい死方, 美しくは

▼ 姉むす~ (3, 0.0%)

1 めのだけは, めは, めはと

▼ 姉~ (3, 0.0%)

1 がそで, が乳, も病身

▼ 姉やが~ (3, 0.0%)

1 一人一人どこか, 僕に, 許へ

▼ 姉やは~ (3, 0.0%)

1 御亭主, 産まねえよ, 近所かい

▼ 姉よう~ (3, 0.0%)

2 と喚ぶ 1 と數次

▼ 姉~ (3, 0.0%)

1 に会った, に問え, をもさして

▼ 姉上私~ (3, 0.0%)

1 はこの, は今, は彼女

▼ 姉~ (3, 0.0%)

1 たる宗右衛門, になっ, になった

▼ 姉~ (3, 0.0%)

2 に認めた 1 の書翰

▼ 姉~ (3, 0.0%)

1 から根, というの, になっ

▼ 姉様あなた~ (3, 0.0%)

1 がお気, が一緒, はご存知

▼ 姉樣たち~ (3, 0.0%)

1 に馴れ, の御存じ, は自分

▼ 姉~ (3, 0.0%)

1 とす, なる天照太神, は姿

▼ 姉芸者~ (3, 0.0%)

1 としてお, の方, やお客さん

▼ 姉~ (3, 0.0%)

1 が猿十郎, に迫られ, も巧

▼ 姉あり~ (2, 0.0%)

1 さきに, 親戚あり

▼ 姉いもう~ (2, 0.0%)

1 とがおりました, とと信じこん

▼ 姉えさん~ (2, 0.0%)

1 のおっしゃる, の言う

▼ 姉ここ~ (2, 0.0%)

1 ば読ん, ば讀ん

▼ 姉さま三年~ (2, 0.0%)

2 の馴染

▼ 姉さま嫌~ (2, 0.0%)

2 ひて

▼ 姉さま私~ (2, 0.0%)

1 にも一枚, を恨ん

▼ 姉さ餞別~ (2, 0.0%)

1 やって, 出来るよう

▼ 姉だけは~ (2, 0.0%)

1 気に入らないと, 私を

▼ 姉だろう~ (2, 0.0%)

1 と妹, 女は

▼ 姉であり~ (2, 0.0%)

1 而し, 首皇子の

▼ 姉でない~ (2, 0.0%)

1 ことを, ような

▼ 姉としては~ (2, 0.0%)

1 いかさまふしだら, いつもなら

▼ 姉とて~ (2, 0.0%)

2 まこと

▼ 姉とで~ (2, 0.0%)

1 南の, 逗留した

▼ 姉とでかどやの~ (2, 0.0%)

2 グリルへ

▼ 姉なり~ (2, 0.0%)

1 母親なりが, 親戚なりに

▼ 姉なりや~ (2, 0.0%)

2 さきには

▼ 姉なんか~ (2, 0.0%)

1 ありませんよ, 分らない

▼ 姉にて~ (2, 0.0%)

2 わが友

▼ 姉にまで~ (2, 0.0%)

1 余計な, 及んだ

▼ 姉ほどの~ (2, 0.0%)

1 きりやうぢや, 子福者には

▼ 姉もと姫~ (2, 0.0%)

1 にまた, に伺候

▼ 姉やに~ (2, 0.0%)

1 掴まった時, 繻珍の

▼ 姉よと~ (2, 0.0%)

1 おっしゃいますもの, 喚ぶ

▼ 姉らしき~ (2, 0.0%)

2

▼ 姉りよ~ (2, 0.0%)

1 は叔母婿原田方, は細川長門守興建

▼ 姉をこそ~ (2, 0.0%)

1 問わずも, 自分に

▼ 姉をも~ (2, 0.0%)

1 大変可愛, 愛してるよう

▼ 姉ファンニー~ (2, 0.0%)

1 の結婚, はピアノ

▼ 姉ムコ氏~ (2, 0.0%)

1 の証言, の顔

▼ 姉一家~ (2, 0.0%)

1 の生活, は戦災

▼ 姉上これ~ (2, 0.0%)

1 がどうして, でいくら

▼ 姉上兄上ふたり~ (2, 0.0%)

2 のかたき

▼ 姉上十七~ (2, 0.0%)

2 の時

▼ 姉上様何条~ (2, 0.0%)

2 もって

▼ 姉~ (2, 0.0%)

1 で一番仕様, の姉

▼ 姉倉媛~ (2, 0.0%)

1 といっ, に加勢

▼ 姉八坂入媛~ (2, 0.0%)

2 をよこし

▼ 姉~ (2, 0.0%)

1 に充分, の大勢

▼ 姉圭子~ (2, 0.0%)

1 に新子, の部屋

▼ 姉壻長尾宗右衛門~ (2, 0.0%)

1 が商業, は抽斎

▼ 姉~ (2, 0.0%)

1 とも歌妓, を呼ん

▼ 姉~ (2, 0.0%)

1 と共に告白, などの意見也

▼ 姉娘ども~ (2, 0.0%)

1 はあんまり, はいずれ

▼ 姉婿宛~ (2, 0.0%)

2 でタナグラ

▼ 姉小信~ (2, 0.0%)

1 を思いがけなく, を知っ

▼ 姉小路基綱~ (2, 0.0%)

1 のヒダ八所和歌集裏書き, の八所和歌集

▼ 姉弟三人一緒~ (2, 0.0%)

1 になった, に燈火

▼ 姉弟仲~ (2, 0.0%)

1 でした, 睦まじく手

▼ 姉弟分~ (2, 0.0%)

1 だ, になりました

▼ 姉様人形~ (2, 0.0%)

1 が入っ, に生命

▼ 姉様己~ (2, 0.0%)

1 が嫁さん, の号外

▼ 姉様灯火~ (2, 0.0%)

2 を点けましょう

▼ 姉様遊び~ (2, 0.0%)

1 に伴う, の姉さま

▼ 姉水木~ (2, 0.0%)

1 と柏軒, と長唄

▼ 姉石長比~ (2, 0.0%)

1 賣あり, 賣を

▼ 姉~ (2, 0.0%)

2 の松

▼ 姉~ (2, 0.0%)

1 はくたびれた, は肥え

▼ 姉自身嘘~ (2, 0.0%)

2 ばかりむしろ

▼ 姉芸妓~ (2, 0.0%)

1 がお, に眼

▼ 姉輪平次~ (2, 0.0%)

1 はその, や

▼1* [456件]

あんな姉が, 姉いさんや妹さん, 姉いつも皆を, 姉ぐひすいか, 姉うえ小信さま, 姉うろうろして, 姉おやまも又, 姉かしら妹かしらと, 姉かと思いました, 姉かとしても此は, 姉かなんぞのような, 姉かのように, 姉かは桓武天皇の, 姉からと種々な, 姉からをそはりました, 姉がといふから, 姉がね今度かう, 姉がり訪ひし, 姉へ意地, 姉きっと妹とも, 姉ぎみ一人おいても, 姉ぐらいにしか見えぬ絹子, 姉ぐらいの娘が, 姉こういう人達の, 姉こそは別離の, 姉これを詈, 姉こんだ札幌さ行ぐってな, 姉は失禮, 姉ごとは行きません, 姉さまあなたは, 姉さまお喋りだわ, 姉さまお金ちっとしか, 姉さまお願いだから, 姉さまごととはどういう, 姉さまそれは, 姉さまたちの想像力, 姉さまつたら, 姉さまどこか別, 姉さまなにも悪い, 姉さまみたいな美しい, 姉さま一しょに行っ, 姉さま三円かし, 姉さま人形も同じ, 姉さま今しがたまで居た, 姉さま今日だけはわたし, 姉さま会つて下さらない, 姉さま何も恐がらなくっ, 姉さま只今お会いしたかった, 姉さま家に今, 姉さま御苦労にござる, 姉さま扱いになさいます, 姉さま折方を教え, 姉さま推量して, 姉さま旅行すきでしたわね, 姉さま江戸のお, 姉さま真暗のなか, 姉さま美沢さんを追って, 姉さま親の肌, 姉さま説明してよ, 姉さま達は出る, 姉さ迷よえる, 姉さ餞別しんのだから, 姉しばしふりか, 姉しばらくドアの, 姉すなわち彼の, 姉すみを納, 姉そして和尚と, 姉その下の, 姉それからずつと大きく, 姉それから下のと, 姉そろうて泣虫, 姉たき子は紳商益田孝男爵, 姉たり妹たるを, 姉たる又難い, 姉だけが子供の, 姉だけになか, 姉だけには辛い思い出, 姉だったらどうする, 姉だって友達たちも, 姉だの兄だの, 姉ちかの夫, 姉ちやアは着物, 姉やさうな, 姉っていうのは, 姉子の, 姉でありたくあらせるだけ親密, 姉でありますからわたくし, 姉であろうどこまで, 姉でございますという御, 姉でなかったら女給の, 姉でなくなったというの, 姉とかには極めて友愛, 姉とかを参謀に, 姉ときどき私の, 姉としか見られなかった, 姉とだけ暮すという, 姉とちがつて頬ぺた, 姉とばかり知人朋友見送, 姉とやらをどうした, 姉とより思われぬ, 姉どうなさるの, 姉どもはもう, 姉なお郷里に, 姉なしに私, 姉なぞその模様, 姉なぞの事は, 姉などしきりに結婚, 姉などが手習を, 姉などに画を, 姉などにもそれが, 姉などへ交互に, 姉などをさも幸福, 姉なれば黒き, 姉なんかというものは, 姉なんかよりずっと整っ, 姉なんぞが邪魔に, 姉なんぞへの手前が, 姉なんぞも此家へ, 姉にさえ解らないの, 姉にたいしてなんの, 姉にたいするような甘えた, 姉にだけ打明けた, 姉についての詫言など, 姉にとささめく前, 姉にとっては口数の, 姉になぞ飲ませられるもの, 姉に対しては金を, 姉に対してもすっかり変っ, 姉ねえさんもきまり, 姉のみ歸つた時の, 姉のるんは, 姉はおつとりしてこ, 姉はさんごの, 姉はじつとしてゐた, 姉はじぶんのえり, 姉はちよつと振り返り, 姉はちようどその寅年生, 姉はといえば, 姉はね母に, 姉ははふいに, 姉はべたりだが, 姉はよけれど妹, 姉はんみたい綺麗なことあれ, 姉ばかりでは, 姉ひとりがそれ, 姉ひとり妹一人の大事, 姉ひろ子にははつきり, 姉ふさは後, 姉ふさいそてる勝久勝ふみ藤二郎それに師匠, 姉ふさ女師匠は三十六歳, 姉ぶった調子で, 姉へだけでもないお, 姉へはあまり希望, 姉ほどには驚かずこの, 姉ぽうんと, 姉まさかその姉, 姉まだ幼いサント・マルト姉, 姉まで縁側へ, 姉までの面倒が, 姉までもみんなし, 姉みたように, 姉みたいな気, 姉もからかひ半分, 姉やぐらいなの, 姉やだって産むよ, 姉やとは互角だ, 姉やなんぞも奉公に, 姉やにも買って, 姉やら従姉やら, 姉やらに比較する, 姉ゆき友またねむる, 姉よくものを, 姉よりの繪はがきつきし, 姉よりはずーっと陰翳, 姉らしくあったのが, 姉らしく囁くのに平次, 姉らしゆうございますもの, 姉をからかつたり, 姉をさえ信じること, 姉を通して無理には, 姉イソベル・ストロング夫人が長男, 姉イト子と縁組, 姉エリーノアも同道, 姉イロイロ心配ヲシテ, 姉ガ云ウニハ左衛門太郎殿オ前ハナゼニソンナニ心得違イバカリシナサル, 姉ガ岡病院で目, 姉ガ来テ一先ズウチヘ帰レトイウカラソレカラ家ヘ戻, 姉ガ此上ハ改心シロトイウカラオレガ此上改心ハ出来マセヌ気ガ違イハセヌトイッタラ精一ガ御尤モダガ御身, 姉サンぶりを見せ, 姉サント・マルグリット姉まだ幼い, 姉サン僕はこの, 姉セメレの子, 姉ダテ二十歳も下, 姉チャンになっ, 姉ト光子トノ既ニ確立セラレタル関係ニ対シ何ラ異議ヲ申シ立ツルコトナシ, 姉ドアをあけ, 姉ナンネルと六歳, 姉ニ云ウニハ段々兄弟ガ, 姉指揮ヲ, 姉フロラとヒルダ, 姉ムコの人見角造, 姉ラムプを持つ, 姉一人抱へて濠洲, 姉一時的に来る, 姉が一人, 姉上そうではござりませぬか, 姉上ただに貴女, 姉上われはわが, 姉上キミカヨの順, 姉上何年たって, 姉上儂の室, 姉上姉上が楓, 姉上我々姉弟は早く, 姉上拙者には多年, 姉上最後まで眼, 姉上等がかえる, 姉之所贈, 姉二十五歳の妹, 姉云ってたわ, 姉云つてたど, 姉五人の妹, 姉井出氏を娶つた, 姉亡き後の嬰児, 姉以上藤吉郎が心, 姉以外にこの, 姉伊都子ことは昨年, 姉伯父母従兄弟姉妹此等の人々, 姉を奉じ, 姉兄たちの考えかた, 姉光三がこちら, 姉克子には大伯母, 姉は何処, 姉公路卿を載せた, 姉其他今一人の死者, 姉其時代山田花子といつた, 姉分島君さんの恋しい, 姉十七の姉, 姉十五六で矢張内気, 姉又は皆んなで, 姉及びその連れ子, 姉受持の研究科生徒十六七名來, 姉人妻京水母宇野氏天明六丙午三十六歳, 姉同志ぢやない, 姉同様にせよ, 姉名津子の声, 姉君さへかの, 姉君カムレッシ王女殿下がいかに, 姉君リオノルス姫が居りまする, 姉君一人のもの, 姉君様が是非, 姉君此處にあり, 姉君矯曇弥とともにはじめて, 姉君赤松男爵夫人の長女, 姉喜美子ことはことし, 姉喧嘩が悪い, 姉四人弟一人それに叔母, 姉は狩谷矩之, 姉国三十妹安二十二柏軒の継室春四十九, 姉国二十七安十九柏軒の妾春四十六, 姉国二十九安二十一柏軒の妾春四十八, 姉国二十八安二十柏軒の妾春四十七, 姉国二十六安十八柏軒の妾春四十五, 姉壻清水夏雲さんの許, 姉夏なぞが行った, 姉大概解かって, 姉は細木伊三郎, 姉夫人道子がかえって, 姉夫塗物問屋会津屋宗右衛門方の通番頭, 姉夫婦弟夫婦私と倅, 姉夫慷慨にし, 姉夫飯田杏庵が歿, 姉女性という同情, 姉の関係, 姉妻女は硝子戸, 姉威能の跡, 姉娘お里の許婚, 姉娘のと思ひ, 姉娘エポニーヌがそこ, 姉娘エレーヌ嬢最後に妹娘ポーレット嬢, 姉娘ジナイーダなの, 姉娘先づ淫戒を犯し, 姉娘厨子王は弟, 姉娘富士に宿り, 姉娘式で行かう, 姉娘弟と区切っ, 姉娘綱手の声, 姉婿クリーニング業加藤律治の証言, 姉婿加藤律治氏は杉並, 姉婿堺の医師寛輔, 姉婿摂津国屋伊三郎を迎え, 姉婿某が県会議員常置委員, 姉婿花忠茂が密, 姉婿西村の逃亡, 姉婿長尾政景に一万, 姉子供ら来りビフテキ, 姉孝行にもほどがある, 姉安が二歳になっ, 姉安子の水彩画, 姉く来て, 姉宮がたに求婚, 姉寿美と兄道昌, 姉信を, 姉小町のはて, 姉小路中将から懇望, 姉小路公知を副使, 姉小路公知卿や岩倉具視卿あたり, 姉小路公量の女, 姉小路勅使一行が攘夷公布, 姉小路卿暗殺事件に言掛, 姉小路卿洛北の岩倉卿, 姉小路大納言良頼, 姉小路宰相中将が築いた, 姉小路宰相宗高などはこの, 姉小路少将公知という若い, 姉小路白川祓殿の辻子, 姉小路秀綱卿がいくさ, 姉小路等の諸, 姉幾勢黒田家の奥, 姉弟ぎりの旅だった, 姉弟これらを使っ, 姉弟はかぶりを振っ, 姉弟ふたりは女親, 姉弟三人水入らずで平和, 姉弟二人中ようして, 姉弟共一同種々意見, 姉弟喧嘩をはじめるだ, 姉弟妹のお客, 姉弟思いで子供, 姉弟愛の深く麗し, 姉弟衆の力, 姉弟衆二人ながら仲よう, 姉弱気の弟, 姉の二兄, 姉思ひで月給, 姉恋しさを, 姉が今日, 姉成田不動は夫婦, 姉旅人を送り出す, 姉明石氏との間, 姉春江これは河合さん, 姉末森殿ならびに御, 姉村人の恨み, 姉東京より来り居り, 姉榛軒柏軒の伯母正宗院, 姉様あっちへ行っ, 姉様あやめお姉様, 姉様がたにももちろん, 姉様ごとの方言, 姉様それを覚え, 姉様ちよつと, 姉様どこが限り, 姉様ぶりといったよう, 姉様わたしはそれ前, 姉様アお母ア, 姉様ア美和子も手伝わし, 姉様ヨハナーンは此処, 姉様一度っきり帰って, 姉様三千で下谷, 姉様仇敵を取りました, 姉様僕アルバイトやろうと, 姉様内藤君がちょっと, 姉様力持松茸背負女紙吹石さげたる裸体男, 姉様堪忍して, 姉様塔へ行っ, 姉様外には何, 姉様夫人の片手, 姉様妹という呼び, 姉様妾は嫌い, 姉様孝行はけっこう, 姉様屹度屹度私はお, 姉様慾からです, 姉様方はお, 姉様此処が, 姉様水門から出, 姉様父様は死んだ, 姉様確かりして, 姉様私文句は知らない, 姉様節だけ知っ, 姉様舟を止め, 姉様謝罪をし, 姉様豊志賀さんが来, 姉様達二人で仲直り, 姉様風が吹い, 姉様髯が, 姉樣これと懷中, 姉樣のを借り, 姉樣よう姉樣お願, 姉樣人形紫の矢絣, 姉樣何ごとを腹たち, 姉樣屹度ぞかし姉樣, 姉樣返事を賜, 姉次兄の嫂, 姉正宗院七十一であつ, 姉正宗院七十九であつ, 姉正宗院七十五であつ, 姉正宗院七十八であつ, 姉正宗院八十であつ, 姉正宗院六十七であつ, 姉正宗院六十九であつ, 姉正宗院六十八であつ, 姉正宗院六十六であつ, 姉正宗院幾勢は五十九, 姉して, 姉死去急にかえる, 姉殺しの下手人, 姉気取りで自分, 姉河原の叔父貴, 姉法均であって, 姉泣いでい, 姉清子とて貴族院議員子爵加藤俊明氏, 姉照子が彼, 姉特実が亡くなった, 姉などよりは四五年, 姉白衣に包まれ, 姉的愛人だった, 姉目上の言う, 姉矢張局にお, 姉祝融夫人もその, 姉と云, 姉とすぐ, 姉私病弟この五人, 姉程には心安くなき, 姉立つて手探り, 姉等二人も入っ, 姉れず, 姉細君の父, 姉継母などやう, 姉総勢六人で父母, 姉者人も子たち, 姉者來て見や, 姉も今, 姉聟長尾政景の謀反, 姉自らが金策, 姉自分の弟, 姉が所謂, 姉良人とまるで, 姉良子刀自はたかが, 姉芸者たちの真似, 姉芸者二人に稲福, 姉華やかで強気, 姉葛卷の母, 姉蔵女形の袖崎市弥, 姉見物で一緒, 姉触るれば姉, 姉謀ってその, 姉処へ, 姉近所の, 姉遊びに来り, 姉長尾氏安はこの, 姉雁来紅を背景, 姉露子と可愛い, 姉をし, 姉を敬する, 姉高時彼女自身の恋, 姉鶯なにすとて, 姉黒田家の奥女中幾勢