青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「妻子~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~如何にも 如何にも~ 妓~ 妖怪~ ~妙 妙~ ~妹 妹~ ~妻 妻~
妻子~
~妾 妾~ ~姉 姉~ 姉さん~ 姉妹~ 始~ ~始まった ~始まる 始まる~

「妻子~」 1255, 14ppm, 8179位

▼ 妻子~ (340, 27.1%)

12 つれて 8 蓄え口, 連れて 7 蓄へ 5 伴ひ, 助けて, 残して 4 伴れ, 置いて, 養って 3 捨てて, 有して, 枷に, 見殺しに, 車に, 離別し

2 [24件] して, すてて, 助けたいと, 売り掠奪暴行, 安全に, 引き連れて, 引連れて, 思い出したの, 持って, 持つて, 振り捨てて, 携え仕事, 故郷に, 村に, 犠牲に, 睨んですつくと, 苦しめて, 苦しめ友人, 蓄えて, 路頭に, 過して, 閃光で, 養いつつ, 養うこと

1 [212件] いたずらにつき, うっちゃって, うつちや, うつちやつて, おく所, かえりみずただ, かえりみた, かかえ経済的波瀾, かかへて, ここへ, こっちへ, この大, さきに, すてかみを, すてざるを, すて恥, そばに, ちと訪ねやる, つれ移住した, のこし芸術家, のこせとの, のせた三艘, ばや, ば小生最後の, ひきつれて, べつな, まず人並, みると, やしなって, よろこばせたくて, よろこばせます, よろこび迎えた, ホーテキし, 一つに, 一室に, 下, 五人も, 交通事故で, 人に, 伊豆の, 伴う莫大, 伴って, 伴ふ, 併せて, 保ん, 入れさえ, 再び東京, 冷眼に, 初め東京の, 刺して, 助けたい為, 助けたき山々, 助ける工夫, 助ける為, 助けん為, 可哀そうとも, 呼び寄せたり, 呼び寄せ幸福, 呼び寄せ松山, 呼び迎えて, 呼ぼうと, 国に, 城内へ, 士卒百人で, 売ったりさえ, 大坂に, 失い豊田, 失うた者, 始め一族, 始め隣人, 弔うため, 引きまとめて, 引き連れさほど, 引取ろう, 引連れ来りて, 後に, 御存じなかつた, 御覧に, 復活せし, 忘れるほどの, 思うこと, 思うの, 思うのみ, 思う念, 思う情, 想うの, 愛護する, 懐わ, 扶助し, 扶養する, 抱えて, 抱へ, 抱へて, 招いて, 招きまず, 拾てない, 持たず依然, 持たない吾輩, 持たなければ, 持ちながら, 持った以上, 持つこと, 持てる一ぱし, 振り捨て, 捉えに, 捨て, 捨てたかという, 捨ててまで, 捨て肝胆, 探し求め師, 探す当て, 控えて, 放解して, 故郷へ, 救う考え, 救わんと, 族滅された, 明日から, 曳いた渡り者, 有する非人, 松山から, 案じながら, 棄て, 棄てて, 棄ててまでも, 棄て桂子, 死なせては, 残しおのれ, 殘し, 殺されては, 殺さんと, 殺した, 殺しも, 殺し彼, 殺すまで, 江戸に, 泣かせど, 無漸, 獄に, 獲た今, 率て, 玩具展覧会へ, 生かさん, 生む, 田舎に, 畜うに足らず楽歳には, 畜うに足り, 疎開させ, 疎開させた, 疲らして, 省みた, 磯から, 細君の, 縁故縁故を, 聯想させる, 肥やすの, 育んだ戦国, 自分の, 船に, 苦しめたること, 茅ヶ崎の, 落して, 著けり, 蓄え地方政治, 虐待友人の, 見すてするハ大義, 見たくないこと, 見舞ひ, 親類へ, 質として, 蹴飛ばして, 軽んずるの, 迎へる, 返し自分, 送りに, 連れたもの, 連れたり, 遠く逐うた, 遺して, 郷国に, 郷里に, 郷里において, 郷里へ, 里に, 除いて, 随へて, 隠して, 離れようと, 離別すべからず, 離縁させ, 顧みないでは, 顧みないの, 顧みるいと, 食わすだけの, 食わせるため, 飢えさせ, 養いながら, 養いもって, 養い得ぬの, 養うだけの, 養う人間, 養う能力, 養った, 養ってる軍人, 養つて行かう, 養は, 養ふ, 養ふこ, 養わなくちゃ, 養わねば, 騾に, 黙って

▼ 妻子~ (224, 17.8%)

7 もとに 6 ことを 5 ところへ 4 あること, ある男, ことも, ために, 顔を 3 ことだ, ことは, 事は, 事を, 愛に, 方へ

2 [12件] あるもの, ことよりも, ところに, 姿を, 手を, 着とる衣物, 臣と, 衣食の, 身の, 身の上は, 身の上を, 顔も

1 [144件] あったこと, あった身, あつた, あはれなりけれ, あるの, ある人, ある兵士, ある四十, ある家庭, ある将校, ある相当年配, ある私, ある者, あわれな船住居, いる旧宅, いる木曾, いる神戸, いる蠣殻町, からだに, ことお, ことが, ことだけが, ことで, ことにも, ことのみ, ことや, こと東京の, すがた, そばに, ため枉げ, とぼしい生活, とむらい合戦, なかで, においが, ほうを, ぼくを, もとには, もとへ, よろこびを, ゐるところ, グロ写真とを, グロ写真を, 一生の, 事, 事なんか, 事に, 事のみを, 事も, 事思い, 人間たる, 今宵や, 他に, 位牌それから, 位牌の, 住む本邸, 住む町, 保護は, 出來た, 前へも, 勝手に, 名を, 問題だ, 問題と, 外に, 好むもの, 姿に, 宅に, 安全を, 宿で, 宿命は, 寓せし, 寝室という, 将来の, 将来は, 居場所を, 幸福の, 幸福を, 影を, 待って, 心, 心に, 恩愛は, 情に, 愁傷は, 愛は, 愛浮世の, 所有と, 所有として, 所有に, 手であっ, 手前徐に, 手許へは, 扶養を, 枷を, 様子などについて, 歎く, 死を, 殺されたを, 水死後全然, 消息などにも, 消息彼の, 為だ, 為には, 為めに, 状態が, 生命だけでも, 生命の, 生活がか, 生活の, 生活費を, 田舎に, 留守に, 目のあたり此神聖の, 眠り居る室, 眼には, 知るべき, 笑顔を, 者も, 臣, 船の, 苦労も, 苦労や, 苦労を, 苦悩を, 落着きを, 葬儀には, 行く末は, 衰えゆくの, 言葉遣い召使の, 許に, 許へ, 許まで, 身を, 運命を, 陣を, 隠れ家を, 隣室で, 面倒を, 顏を, 顔が, 顔でも, 食扶持として, 館が, 齢を

▼ 妻子~ (87, 6.9%)

3 ありながら, あるの 2 あったの, あっては, 残して, 生命の

1 [73件] あった, あったと, あつた, あつたつ, あつて, ありそして, ある, あるから, あるけれど, あるという, あるやう, あるん, ある終日, あれば, いた, いたか, おかれて, ございますので, とびついて, どこに, ないから, ないからと, なぜ日蔭もの, ふびんと, ゐても, ドアに, 事波の, 今夜の, 今日の, 付纏っ, 住んで, 俗人であった, 参ったなら某, 可愛いだけじゃ, 可愛くない, 哀れです, 困って, 外へ, 夢にでも, 寂しがるだろう, 帰って, 弱ったそう, 待ちわびて, 心配した, 念じて, 意に, 救わるる事, 時々思い出される, 来た, 来る, 死に瀕, 残されて, 残って, 気に, 法師であった, 泣きながら, 泣くん, 湖上の, 無関係である, 現われくる以前, 甚, 疎開し, 監禁され, 秀吉の, 罪を, 路頭に, 道伴れだった, 長浜に, 食うだけ, 飢えたつて演劇, 飢え死による, 餓死する, 饑に

▼ 妻子~ (78, 6.2%)

4 あるの 2 あろう, いる, ない唯, なく戀人, 何も, 忘れて, 死も

1 [60件] あったそう, あつた, ある, あるという, あるに, ある意味, ある者, ある身, あろうという, あろう親しい, いないこと, いらぬ, おること, これに, すてて, すでに百日交代, ないし, ない代り, ない彼, ない気楽, なく天涯孤独, なく放蕩無頼われ, なく財産, ほしくなけれ, ダメに, 一人として, 世間も, 今夜の, 助かるまい, 助けられよう, 土蔵の, 惜しいの, 愛人も, 打棄て, 捨てただ, 故郷に, 斬られその, 本当に知りますまい, 東京に, 極刑に, 無いといふ, 無くな, 無くなって, 無しで, 無事赤岩村には, 燒かれた, 生かされて, 稲を, 美味を, 育くまれず家人, 育んで, 自分も, 行方が, 身寄りも, 辛うじて逃れ, 途中番船に, 重ねて, 金木の, 長く困る, 養わねば

▼ 妻子~ (76, 6.1%)

2 して, 会ふこ, 別れを, 會ふこ, 死別れ

1 [66件] あらずして, いられる心配, お告げある, お引合せ致そう, せめては, まだ, めぐり会えるかも, わかれて, わざとむごい, 一度会わせ, 上帝を, 世間なみの, 仕送る心がけ, 会うこと, 会う事, 会って, 伝はり, 伝わり僕, 余計な, 別れて, 勝る之徳, 及ぶ筈, 只一つ, 呉れて, 告げしむるよう謀らい, 告げた, 告げたは, 告別させる, 報及せん, 完全に, 宣言し, 對する, 届けて, 幸あれ, 引渡された時, 心を, 恋々として, 授与しとる, 接吻し, 敵に, 書置し, 死なれ死, 永久に, 永別を, 病人の, 発跡司の, 發見され, 知らせました, 知らせ多, 突然に, 美味いもの, 苦労を, 衰う, 見せられた姿, 見せるとは, 言いしは, 訣別した, 話しかけた, 迷惑を, 送り届けること, 送り残り, 逢えると, 離れて, 面す, 食は, 驕り家人

▼ 妻子~ (66, 5.3%)

1 [66件] ある, あるも, いずれも, おいて, しばらく海辺, すぐに, すぐ上, そこへ, そちの, その主人, その家, どうなつ, なかった, なく女中, まず無事, またいつ, みな犬神と, もう一年あまり, もとより一族, よもや今日, アカイアの, 一緒に, 七月に, 下, 今どこに, 住み馴れたわが家, 何等罪を, 余計な, 別に困りゃしまい, 別の, 勿論親戚, 困らないよう, 国元だ, 国元に, 国許へ, 國の, 大嫌ひで, 女中を, 実に絵, 実家へ, 家族制度の, 屹度饑に, 心に, 心配の, 必ず江戸, 手城村九丁目百姓延平方え, 書物と, 本宅に, 東京で, 殺されたもの, 殺されたらしく逃還つたの, 殺されて, 江北に, 泣いて, 無事か, 私の, 立ちどころに誅せられ, 置いたまま, 自分に, 言うまでもなくなん, 都の, 間もなく彼, 飢えたる腹, 飢えに, 養われないと, 餓に

▼ 妻子~ (44, 3.5%)

4 一しょに 2 別居する, 同棲する

1 [36件] いつしよ, こもれ雪あかり, ひとつに, 一しよ, 一つに, 一所に, 二階住居を, 云ふも, 会ってないこと, 伴なり, 其家と, 別々の, 別れる気, 別居し, 十日の, 口も, 夢うつつに, 奈良に, 家とを, 家人共は, 富貴の, 床を, 愉しむ日, 手に, 水杯を, 瀬戸の, 王位とを, 生活を, 睦みあうなどは, 社会的地位の, 立派な, 絶ちて, 繼母との, 違いいつ, 離れて, 離れ仕事

▼ 妻子眷族~ (28, 2.2%)

1 [28件] つづいては, というもの, とその, とともに御, にかしずかれ, にまで及んだ, にも愛惜, に取捲かれ, に圍繞, に思い, に未練, のこと, はいや, はどう, はみな将軍, までここ, まで連れ, も見せしめ, をことごとく, をたずさえ, をつれ, を人質, を伴う, を別室, を引きあげ, を有し, を見捨て, を連れ

▼ 妻子~ (27, 2.2%)

2 催眠薬の

1 [25件] としよりを, 一族郎党と共に, 使用人達が, 信州から, 兄弟や, 友人知人の, 召し使い, 召使も, 召使を, 同胞人間に対する, 大勢の, 妹など, 孫たちに, 局たちも, 書生の, 母を, 清助を, 病者を, 茶店を, 親族の, 郎党など, 郎党を, 金銀兵糧などを, 門生の, 雇人が

▼ 妻子たち~ (20, 1.6%)

1 [20件] が山づたいに, が聞い, である, といっしょ, との暮しぶり等, とは離れたくなかった, に, に嘆き, のかわい, のこと, の元気, は, はもとより, は大, は無論, を人質, を引止める, を田舎, を集め, を養う

▼ 妻子にも~ (15, 1.2%)

1 [15件] はなれ身, 世間にも, 会わんもの, 何事も, 及ぶこと, 幾年月の, 扶助を, 扶助料は, 放たれん, 秀吉として, 罪が, 自分の, 華美風流を, 逢いたくなった, 遇は

▼ 妻子と共に~ (13, 1.0%)

1 [13件] おしるこ万才, せず朝飯, 亡ぶるを, 仏間へ, 住まって, 住んで, 冬中を, 大都会, 府下大久保に, 梨の, 歌ひ出せる, 紀州白良温泉に, 自殺し

▼ 妻子一族~ (11, 0.9%)

1 [11件] がみな呉, とともに首, は残らず, は玄徳, は関羽, まで呉侯, をつれ, をのせた, をひきつれ, を斬っ, を託され

▼ 妻子~ (7, 0.6%)

2 姿を 1 こう打電, この一条, 何の, 打電する, 申し遺すこと

▼ 妻子眷属~ (7, 0.6%)

1 が丹波, とともにいれ, の身体, は世間, また為め, までをこれ, を国許

▼ 妻子ある~ (6, 0.5%)

1 中年の, 以上は, 男と, 男を, 男性との, 身であり

▼ 妻子から~ (6, 0.5%)

1 切り放そうなど, 召使や, 老幼すべての, 背き去られた, 遠く離れ, 離別し

▼ 妻子には~ (6, 0.5%)

1 家を, 彼ら夫, 恨まれても, 済むまい, 自分が, 阿部の

▼ 妻子をも~ (6, 0.5%)

1 具したり, 城内に, 棄て大阪三界, 眼中に, 顧みるいと, 養い兼ねる有様

▼ 妻子とともに~ (5, 0.4%)

1 どこかで, ながれこんで, 楽しく働い, 貧しくその, 路頭に

▼ 妻子との~ (5, 0.4%)

1 別れ難い, 別離を, 會見及び, 消息絶ゆる, 生別と

▼ 妻子まで~ (5, 0.4%)

1 ほろぼすの, 持つて, 殺すよう, 離別し, 離縁した

▼ 妻子~ (5, 0.4%)

1 と八瀬大原, もしきりに, も早う, を見せず, を遠く

▼ 妻子とも~ (4, 0.3%)

1 これきり会わない, 一しょだった, 一しよだ, 四人いまさら

▼ 妻子への~ (4, 0.3%)

1 大愛, 未練も, 自責の, 送金を

▼ 妻子という~ (3, 0.2%)

1 ものが, ものこそは, ものの

▼ 妻子なし~ (3, 0.2%)

3 遊ぶに

▼ 妻子に対して~ (3, 0.2%)

1 愛着の, 純情をもって, 自分の

▼ 妻子に対する~ (3, 0.2%)

1 恋しさ, 苦み社会に対する, 貴下の

▼ 妻子までも~ (3, 0.2%)

2 利益の 1 忘れて

▼ 妻子までを~ (3, 0.2%)

1 喪服を, 戦時下の, 捜し出して

▼ 妻子兄弟~ (3, 0.2%)

1 におよんだ, の菩薩, を人質

▼ 妻子朋友~ (3, 0.2%)

1 と共に活き, のごとき, のため

▼ 妻子見れ~ (3, 0.2%)

2 ばめぐ 1 ばかなしく

▼ 妻子すべて~ (2, 0.2%)

1 を伴ッ, を擧げ

▼ 妻子だけを~ (2, 0.2%)

1 その家, 瑞西に

▼ 妻子である~ (2, 0.2%)

1 かそれら, と思う

▼ 妻子とは~ (2, 0.2%)

1 なれること, 別に自分

▼ 妻子など~ (2, 0.2%)

1 ありて, 眼中に

▼ 妻子にとっても~ (2, 0.2%)

1 そして隣人たち, もはや枕

▼ 妻子にまで~ (2, 0.2%)

1 ご災難, 安住を

▼ 妻子~ (2, 0.2%)

1 生活ヲ, 負擔アル男子ヨリ其

▼ 妻子~ (2, 0.2%)

1 失ッタ悲シサノタメニ酒色ニ溺レテ恵ミ深, 故郷ニ残シテ遠

▼ 妻子五人~ (2, 0.2%)

1 が食べ兼ねるで, を抱え

▼ 妻子~ (2, 0.2%)

2 共討取

▼ 妻子四人~ (2, 0.2%)

1 という家族, は凱旋

▼ 妻子珍宝及王位臨命終時不随者~ (2, 0.2%)

1 という, といふの

▼ 妻子眷屬~ (2, 0.2%)

1 のため, をつれ

▼ 妻子祖母さん~ (2, 0.2%)

2 に母親

▼ 妻子~ (2, 0.2%)

1 が逐われ, 色々と

▼ 妻子縁類~ (2, 0.2%)

2 のこと

▼ 妻子老幼~ (2, 0.2%)

1 から家中, がみなここ

▼ 妻子離散~ (2, 0.2%)

1 して, す

▼1* [95件]

妻子あり親戚友人あり, 妻子せいの, 妻子おせい哀しき仲間, 妻子および番頭小僧らまで, 妻子からもいっさいの, 妻子さえ無事なら, 妻子て, 妻子すらも養い得ず意, 妻子そのものが堪るまい, 妻子だけは無事に, 妻子だの富豪な, 妻子すんだ, 妻子ではないか, 妻子といふ重荷が, 妻子とてもこれなく, 妻子とに与えんが, 妻子とを同一視なさらない, 妻子なく家産なく, 妻子なければ捨て, 妻子などが大勢いるで, 妻子などのやうに, 妻子などはなかった, 妻子などを加えて, 妻子にさえ会う事, 妻子にすらそのよう, 妻子について彼女が, 妻子にもかへたる道に, 妻子のくふ穀物を, 妻子みればめぐし, 妻子むつまじくうち集ひ, 妻子より遠く山中, 妻子よりもいとしい宝石, 妻子わすれむとあがき苦しみ, 妻子をかへり見なくなり遂に, 妻子をすら忘れて, 妻子迄イクラ, 妻子ニ対スル送金ヲ絶チタルガ如キ場合ニ, 妻子ハ其衣ノ薄, 妻子リエも入っ, 妻子一家六人の家族, 妻子一族四十人ほどを櫓, 妻子一族四十何名が殺され, 妻子下女らと共に四, 妻子二十六名同処, 妻子五名と暮し, 妻子亭主をなげうとう, 妻子以下の名簿一軸, 妻子僮僕のうらやめる, 妻子兄弟姉妹己が生命, 妻子兄弟老臣それらの女房子ども, 妻子全部と共に一緒, 妻子六人ひきつれて, 妻子六名もつき従っ, 妻子共々厄介に, 妻子共四人清水坂長吏のため, 妻子及び在所の, 妻子及飯田安石家内之者召連福山え発足, 妻子召使いまでみなごろ, 妻子召使いめいめい差別はある, 妻子同人の支配さ, 妻子同伴で海中, 妻子婢妾にとおらせ, 妻子子供衣子だけひきとめ, 妻子家族の病気, 妻子家来を引き具し, 妻子家臣の悲嘆, 妻子帰国の許可, 妻子従者の輩, 妻子愛妾の私情, 妻子打ち寄り山家相応の, 妻子朋友その他一切の愛する, 妻子朋友隣人等他人との關係, 妻子朋友隣人等凡そ他人との關係, 妻子淋しく日を, 妻子父母は国, 妻子特に子供たちに, 妻子珍宝富貴利達皆書中に在り, 妻子珍寶及王位命終る時, 妻子眷属一時にどしどし, 妻子眷属下女等までまた, 妻子眷属家財などの処分, 妻子眷属朋友家財万事をもふりすて, 妻子眷属衣食財宝にのみ心, 妻子糧米器具を入れる, 妻子縁者がどう, 妻子老少を始め, 妻子老幼召使の女子たち, 妻子老幼憐みて, 妻子老父はすべて即座, 妻子相送, 妻子走って相, 妻子近親に対する彼, 妻子の顔, 妻子重者滅其門戸及宗族尊卑各有差序, 妻子養うに十分