青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「妹~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~如何 如何~ 如何なる~ ~如何にも 如何にも~ 妓~ 妖怪~ ~妙 妙~ ~妹
妹~
~妻 妻~ 妻子~ ~妾 妾~ ~姉 姉~ 姉さん~ 姉妹~ 始~

「妹~」 9836, 106ppm, 1015位

▼ 妹~ (2638, 26.8%)

37 ことを 35 顔を 29 方は 27 ように 25 方が 24 お雪 21 手を 19 ために 18 お梅 14 方の 13 方へ 12 お吉, お鳥, 身を 11 お君, お袖, ところへ, 事を 10 お光, お比奈, ような, 姿を, 方を 9 ほうが 8 マリちゃんが, 声が 7 おゆう, お浜, お粂, お糸さん, お辰, お駒, 家に

6 [11件] お徳, お春, お秋, やうに, 名を, 多津が, 家の, 家を, 所へ, 敵を, 顔は

5 [15件] お夏, お小夜, お由, お萬, ことも, 前で, 前に, 口から, 多津は, 御嫁, 手に, 真喜が, 言葉を, 身の, 顔が

4 [31件] お半, お新, お比奈さん, お淺, お直, お福, お糸, お紋, お紺, お絹, お菊, お蝶, お霜, ことで, ためにも, やつが, 一人は, 事に, 唇を, 夫の, 姿が, 家は, 家へ, 幸子の, 息子の, 手紙を, 方に, 方も, 身の上を, 部屋へ, 額田

3 [41件] あとから, おとが, お信, お勢, お勢さん, お君さん, お文, お玉さんは, お町, お組, お芳, お藤, お鳥さん, ことは, ところに, ほかに, マリ子が, 世津子が, 世津子は, 事が, 代りに, 声に, 夫も, 女神は, 娘が, 娘で, 嫁ぎ先, 子で, 子を, 尼は, 愛子の, 方で, 月子と, 月子は, 病気の, 着物に, 義女も, 耳に, 肩を, 鈴江も, 鼻の

2 [184件] あやめさんは, あやめは, いる方, おつぎ, おみよ, おや屋, お三代, お京, お伴で, お前は, お喜代, お峯, お市の方が, お幾, お才, お榮, お浪, お玉さんの, お種, お篠, お縫, お聟さん, お近, お道, お重, お鈴, お雪さんの, お駒さん, お駒ちゃん, お鶴, かん子に, ことです, ことなどは, ことに, そばに, ための, つや子の, ところで, ひとが, ほうは, ほうを, まつとく, むすめ, やうな, やつも, やつを, アンナが, フトンへ, ポーレットが, マリアは, マリ子です, ミヨ子ちゃんは, 一人が, 不注意から, 世話を, 久子といふ, 事だ, 事については, 会釈した, 保護の, 側へ, 兄の, 処へ, 取戻しを, 名である, 名前を, 命を, 命吾と, 唖だ, 唖である, 問題, 墓の, 声も, 声を, 多津, 多津と, 多津も, 多與里, 大人しいの, 大胆な, 失踪の, 女御の, 女王の, 奴が, 妾が, 姉の, 姫君の, 姿は, 娘な, 婚姻に, 嫁入, 子が, 子に, 子は, 子供と, 家, 家が, 家で, 容体を, 寝床を, 居る九十九里浜, 弓子を, 後に, 後を, 後姿を, 心を, 恋を, 息子は, 意見を, 愛子が, 愛子に, 態度が, 房子が, 手から, 手前も, 指が, 教育を, 敵, 方から, 方には, 方をば, 方丈は, 最後の, 未来に対する, 枕元に, 様に, 様子を, 横死を, 横顔を, 死が, 死を, 母は, 消息を, 涕泣に, 演奏が, 潔白を, 為めに, 玉依, 生活を, 男に, 目からは, 眼に, 私が, 秘密が, 結婚に, 縁づいて, 罪の, 美保子は, 胸を, 腕を, 自分に, 良人, 英子も, 行方を, 詩集や, 話を, 貞子は, 資産を, 身が, 身に, 身の上に, 返事を, 道子は, 里子は, 重子が, 鈴江であった, 鈴江の, 雅子に, 雅子の, 雅子を, 雪子が, 雪子と, 頬に, 頭脳に, 顔から, 顔つきと, 顔と, 顔に, 顔の, 顔色は, 顔色を, 首に, 香取であった, 齢を

1 [1416件 抜粋] あいだに, あのしばしば, あの美しい, あやめさんと, ありも, あわただしい呼声, いうとおり, いたずらで, いつた青い, いのちを, いる前, うちへ, おいろさんも, おかたみに, おこづかい, おせい, おたつ, おとしが, おまっちゃん, おもかげ, お二方, お今, お元, お前の, お勝, お吉さ, お土産, お嫁, お山を, お年が, お年も, お成さん, お時, お松の, お染, お株を, お民, お澄, お玉の, お玉を, お登世, お登和嬢疲れ, お米, お給仕, お蔭で, お転婆に, お邦さん, お里だった, お金さんを, お雪さんは, かたきは, かたみ, かわりを, くりくりと, くれた花, こと, ことでございます, ことなどを, ことばを, こと故, この様子, この言葉, これらの, ご兄妹, さだなどは, さつきとは, すみの, せがれで, そちが, そのようす, その後の, その菊路, そんな乱暴, たけ子を, たのしそう, ためであっ, たよりが, つかって, つれあいという, ところから, ところまで, どこかに, なくなる時, は紅色のりぼん, ひいさま, ひとり言, ふつくらした, ほうで, まいったこと, まつ枝, みどりという, もう派手, やさしげ, やや蒼白い, ゆうが, ようか, わからずやにもほどが, わたくしを, アガアテが, アグネスは, アデーレ・ショーペンハウエルと, アマーリアと, アヤを, アンニーという, ウツシコメの, エリーザが, オシヌミの, カトリーヌの, カルの, ガブリエルも, クチ姫は, クララと, グレーテルは, ササ, サーシュにも, スキャンダルによる, タマヨリ姫を, テワスが, トヨミケカシギヤ姫の, ネリという, ピアノを, フロラが, ペラゲヤ・エゴーロヴナと, ポーレットは, マリヤが, マリ子だ, マリ子を, マーガレット, ミチ子が, ミドリでは, ミヨ子も, メイには, モモシキイロベまたの名は, ユキノと, ヨシ子ちゃんが, リヒテル少佐夫人に, レベッカ等と共に, ワカクサカの, 一人に, 一条が, 一枝が, 七代は, 三の, 三人暮しで, 三枝子に, 上へ, 上京を, 下手に, 不可解な, 丑尾さんとが, 世津子も, 世間知らずは, 主人たちも, 久左衛門の, 乳母を, 事なり, 事や, 二人は, 京子を, 亭主男藝者などを, 人なつこいお, 人質などといふ, 仇思い知った, 今日の, 仕事ぶりを, 仮名交り, 伊佐子と, 伯母の, 体の, 使うオルガン, 便りで, 信子の, 健気な, 僭越な, 兄に対する, 克子を, 八津の, 六の, 写真を, 冬子も, 処へでも, 分が, 分にまで, 利ちゃんに対する, 前を, 力に, 勧めて, 匂子供の, 十一貫目の, 十四五の, 千代子さんは, 半身像だ, 卯女子とも, 卯木を, 危難に, 友人の, 友達といふ, 叔母さんも, 口比売皇后の, 名です, 名前な, 君と, 君江と共に, 命, 命をか, 品を, 問題とか, 嘆きそれを, 四人が, 回想は, 園子その, 執愛, 墓にも, 墓地の, 声の, 声より, 外は, 多津に, 夢がたり, 大切さ限りなけれ, 天下じゃわい, 夫が, 夫だの, 夫としても, 夫また, 夫婦愛の, 女王が, 女神を, 奴兄さんは, 奴昨夜は, 如き親愛, 如くもてなし給, 如く愛する心, 妊娠した, 姉かぶり, 姑にあたる, 姫は, 姫君へ, 姿だけを, 娘お, 娘越前屋に, 婚約する, 婿が, 婿の, 嫁いで, 嫁に, 嫁入費用で, 嬌娜は, 子である, 子にあたる, 子供であった, 学校の, 宅に, 守を, 安全に, 宮などと, 家から, 家と, 家作で, 家族と, 容子を, 容貌の, 寝顔は, 寿美子です, 将来に, 小さなみい子さん, 小喬, 小稻, 小銀, 尼が, 尼の, 居どころが, 居間には, 左足の, 帰って, 平たい顔, 幸子が, 幸子は, 幹子は, 庭にも, 弓子に, 形は, 後から, 後来の, 御祐筆, 心づくしを, 心は, 心中さこそ, 心身を, 快活な, 思いがけない奮闘, 性の, 恋人の, 息子で, 悦ちやんも, 悲むべき, 情けは, 想像通り全然, 意見よりも, 愛人に, 愛子も, 愛情を, 態度に, 慶娘が, 我れ, 房枝さんが, 手でも, 手へ, 手紙には, 手記なぞといふ, 扶養の, 持って, 掘って, 政子, 敵と, 文子は, 料理を, 方でした, 方にも, 方へも, 於ゆう, 日傘か, 早瀬が, 明子さんは, 時子も, 智恵と, 曾恵子を, 月子が, 月子らと, 有罪無罪いずれに, 木の, 未亡人が, 末子で, 杉枝の, 松子さんは, 柩, 梅子に, 様な, 樣に, 次ぎに, 歓心を, 歯軋りは, 死に, 死ぬ朝, 死んだ晩, 死んで, 死屍を, 死體の, 残して, 毬が, 毬代といふ, 気持ちを, 気持も, 沈黙を, 泣きくづれて, 泣き言でも, 洋子は, 浅ましさ, 涙で, 清子さんと, 潮音さんの, 激しい泣き声, 濃紅姫, 無実を, 照子と, 燿子の, 爲めに, 爽やかな, 犠牲を, 玉佩も, 班昭は, 生活費だって, 田鶴さん弟の, 病気が, 病気を, 痩せ細った蒼い, 登子が, 登子を, 白痴である, 百代下の, 皇后を, 相手は, 眞面目腐, 真弓の, 眸鼻立ちの, 眼付きであった, 瞳が, 確信を, 祈りの, 秀子と, 私は, 稽古だ, 空想が, 競子が, 笑顔だった, 笛子と, 箪笥を, 納が, 素姓の, 結婚を, 絹が, 縁づいた先, 縁談が, 縁附いた, 美しい美しいと, 美代子が, 美保子という, 美和子である, 美和子に, 美智子と, 美紅が, 美紅姫の, 美鳥も, 義女もつれ, 老婆が, 考えは, 耻に, 聟が, 肉親の, 肩へ, 背中に, 脊を, 腕は, 臨終に, 自由です, 色の, 芬女を, 芳江は, 苦しみを, 英子は, 菊でございます, 菊路でした, 菊路では, 萩野の, 葛城の, 蔦代が, 藤子が, 行った先途, 行動には, 行水盥に, 行衛を, 袖は, 裸の, 見て, 見舞いに, 親切を, 言葉など, 言葉通りに, 許された婚約者, 話で, 話は, 譜面台の, 貞子それに, 貧乏などは, 贈物として, 足もとに, 身にも, 身の上をも, 身体を, 軽大郎皇女, 辰子の, 退校願を, 通子にも, 連合いの, 運命を, 道子だ, 道子も, 邦子が, 部屋から, 配偶で, 重子は, 金次が, 鈴江で, 鈴江らしい, 鏡台を, 鑑定は, 長女である, 間柄なる, 附添を, 陽子を, 隱した, 雪ちゃんだ, 雪子は, 静子が, 静枝は, 面を, 靴紐が, 頁を, 頬を, 頭だけが, 頭は, 額田の, 顔いろ, 顔のみ, 顔立ちと, 首級を以て, 骨ひろひ, 髪女中たちの, 魂に, 魚は

▼ 妹~ (1037, 10.5%)

6 電車の 5 いいました, それを, どうした, 兄の, 姉の, 私の 4 その子供, 兄を, 自分の

3 [13件] さう, グレゴール, 兄に, 口を, 喜んで, 国の, 姉に, 姉を, 影の, 急に, 私に, 私を, 顔を

2 [71件] いって, いつた, いや年さ, お比奈, くたくたに, この姿, この数年間, この頃, こまごまと, これも, こんなこと, すばしこく少年, そのとき, そのま, その後を, それで, それに, ひとりしか, びっくりしました, 丁度ホテル, 上げられないと, 世間の, 何も, 余の, 俊吉に, 俺の, 俺を, 僕の, 叫び, 叫んだ, 吃驚した, 唇の, 夕闇の, 夜ふかす, 家を, 平凡な, 彼が, 必ず一緒, 忘れじ, 思いました, 戦きながら, 戸田の, 末の, 横を, 死んだ, 母屋の, 母親の, 気の, 泣いて, 海岸の, 父の, 玄関の, 目に, 目を, 眼を, 神田の, 私が, 私と, 立って, 答えた, 素直に, 絶えず飢餓, 美しすぎます, 美奈子の, 義兄の, 裾短かな, 足を, 転々宿を, 首を, 驚いて, 黙って

1 [808件 抜粋] ああいう, あしたの, あすの, あなたの, あの怖, ありませんよ, あるし, ある農民, あんな所, いくらけなげ, いちばんいやがる, いつもよりも, いても, いますと, いわゆる女子供, うたがって, うなずき笑って, おかしく感じた, おそらく墓場, おとなしい両親, おとなしく顔, およそ家族全員, お兼, お君, お客たちの, お幸, お時, お袖, お轉婆, お駒といつて十八, かなり興奮, かよわい身一つ, かれら, きく, きっとこの, くるりと, くわしく知っ, こっちで, こっちを, このうえ黄金, この兄, この前, この報告, この子供, これを, こんなばか, こんな暗号, ごく内気, ささやくの, さすがに, さらに第, しいられて, しかたなく, しばらくそこ, しみじみする, すぐに, すぐには, すなわち三四郎, すらりと, ずいぶん横着, そうは, そう思った, そこへ, そっと帳, そのおばあさん, そのため, その中, その二, その布きれ, その母, その頃, それにも, そんなこと, そんな忠告, そんな風, たしかに返事, ただひと目, ただ扱われる, たった一封度, たまさか姉, たまらなくなっ, ちっとも気, ちやんと, ちょうど居合わせず, ついに風邪, つねに桃色, とうとう先, とても美しく, とにかく菊子さん, ともかく国, どうしたろう, どうして死んだ, どうしとる, どうな, どう相談, どこへ, どこまで, どんなに大きく, どんなに気, どんな心地, ないの, なお妙齢佳春の人, なかへ, なかりしを, なにかいってる, なにか話したい, なにも, のちに, はとに, はや涙ぐん, ひとりで, ひとり庭に, ひどく泣いた, びっくりし, ふたたびはと, ふっくらと, ふと云った, ほんとうは, まことに麗しい, まさしく鬼, まずい, またよく, また大体, まだいっぱい入っ, まだその, まだトン子さん, まだ子供, まだ小さい, まだ戻りませぬ, まだ稚かっ, みんなから, むろんいっさい, もういけない, もうそれ, もうよほどまえ, もう二人, もう怖く, もう病院, もしかしたら, もっと道, もっぱら父親, もはやここ, もはやもの, やはり気乗り, ゆうべ僕らが, ようやく五歳, ようわし, よく其の, よく晴れわたった, わたしたち兄姉の, わたしの, ゐなかつた, アニキに, ウビガンの, シツ, スタアに, テーブルの, ニツと, ノロく, バタ, ピストルには, ピストルの, ファッションモデルを, フランス語の, ペンを, ポチの, マハツブと, ムキになつて男の子, リボンも, 一しよ, 一人立ち, 一年ばかり, 一生懸命に, 一部始終の, 万葉集き, 三つの, 三味線で, 下界へ, 不思議にも, 不潔物を, 世の中の, 両親と, 中, 丸々と, 主人の, 久留米の, 九年の, 九月の, 二三ヶ月タイプライタの, 二三年後九州へ, 二人の, 二十三だった, 二十二歳である, 二年前に, 云った, 云つた, 五ヶ月であった, 五年以前飯田町に, 五歳, 交番へ, 京都に, 人手から, 今ここを, 今も, 今年は, 今年二十四に, 今度は, 今晩曲馬へ, 今迄, 今頃折檻せられ居る, 仕立屋の, 他国へ, 仲, 仲に, 何かの, 何し, 何と, 何と頼ん, 何にも, 何一つとして, 何時死ぬ, 作りつけの, 倒れそう, 側から, 傍より, 優しく云った, 兄が, 兄さんと, 兄さんの, 先陣承り, 全く見ず, 全身に, 六十一だ, 其母樣の, 其連子で, 出て, 出来ないだろう, 初て, 到頭姉, 刺青が, 前非を, 勉助の, 勿論の, 勿論用意, 北京に, 十一であった, 十七八この, 十三歳と, 十九姉の, 十二歳に, 十八, 十六である, 半ば泣声に, 半年足らずの, 即刻殺人容疑者という, 去年行方が, 參つてゐませんです, 又一年, 口真似手真似まで, 合歡の, 同じほど, 同志では, 君が, 周瑜に, 唄にも, 唇が, 器用な, 嚴つく, 土蔵の, 地方官級の, 坂本の, 壊れた押入, 壊れ残つた押入, 声を, 外へ, 大きな声, 大そう, 大儀だ, 大分婚期が, 天國の, 太政大臣公守の, 女豪傑巴だ, 如何なる人物, 如何思ひけん, 妹で, 姉さんよりも, 婚家を, 媚かしい, 嫁ぎたがって, 嫌だ, 安らかな, 官名を, 家の, 容態が, 寝衣, 寮舎に, 尋常を, 小さな声, 小山で, 少しも, 少し驚いた, 川の, 希臘人に, 帰って, 帳を, 平然として, 年下なる, 庄吉を, 引込んで, 弟が, 弾き始めた, 形有様尋常で, 影も, 彼の, 待ちつつ, 後に, 御代参, 微笑し, 心が, 心配さう, 忌だ, 思い出しまして, 思はず笑, 急病で, 怪訝な, 恋い焦がれ怨み, 恥しいと, 悦し, 悪びれた様子, 愚物だ, 感動の, 懊悩の, 我待つら, 戦争の, 戯れて, 戸台さんの, 手に, 承知し, 拳を, 振り返って, 攻撃が, 料理自慢だ, 新次と, 既にその, 日本橋の, 早くも, 早く帰つて, 早も, 旭川で, 昨春丈夫な, 昼の, 時々赤児, 暗闇の, 朝と, 本当に勝気, 村上松五郎と, 東京に, 松毬を, 林田先生と, 柔らかな, 機屋の, 機械的に, 歩いて, 死んだという, 殆ど三日に, 殺害せらるる, 母には, 母親を, 毎日吐い, 気がついたん, 気の毒な, 水盤の, 氷に, 泉州堺の, 波を, 泣いてばかり, 泣きじゃくって, 泣きながら, 泥坊呼ばわりされました, 洋装である, 海軍士官である, 涙ぐんだらしく向こう, 涙ぐんで, 涙を, 深い考え, 深くそれ, 湯の, 潮音と, 無実でしょう, 無邪気な, 煤を, 父と, 父親に, 猶處子, 玄徳の, 珠かも, 生れつき剛毅で, 産婆を, 甥の, 申して, 男に, 病人らしい, 病身で, 痛いやら, 白い眼, 盆の, 看守の, 真面目に, 眼に, 着物を, 知って, 知らん顔を, 私たちの, 秘蔵っ子だった, 空とぼけたやう, 窓から, 窓の, 笑うと, 笑った, 笑つた, 笑ひ出し, 箒で, 築地の, 紫矢絣の, 絶えず脈, 続けざまに, 綺麗だ, 縁の, 縁端を, 縁附い, 縫といつて三つ違である, 置いて, 美しい毬, 美しく着, 翌年の, 考えました, 聞き取った, 肝胆の, 育つた土地, 肺病で, 腕時計を, 膝を, 自分から, 自分で, 自分と, 自分も, 自害いたしました, 自殺した, 舟に, 色々な, 色の, 芸者屋へ, 若々しい細君, 若くて, 茶か, 草臥れたとて, 萩野さんと, 藤吉郎その他の, 血肥り, 表面は, 衰弱が, 見るかげ, 親切でも, 親戚の, 言いしだいに, 言った, 話かけた, 諦めて, 諸所に, 赤いゴム, 趣味の, 身ごもって, 輿を, 辻に, 近所へ, 途方に, 遊戯に, 采女と, 重態な, 銭湯にでも, 長太郎を, 長崎に, 陽気に, 雄々しい聲, 離縁るし, 露ほども, 青い顔, 面にも, 頬を, 頭から, 風や, 飛鳥も, 驚いたり, 鬼頭さんに, 魂消ゆるほどの, 麻布を, 黄金の, 默し, 鼻と, 鼻の

▼ 妹~ (999, 10.2%)

10 ある 9 あって 8 垣根三味線草の 6 あった, 一人ある 5 庭にも, 自分の 4 出て, 帰って

3 [19件] あたりを, あつた, あること, あるの, いて, いろいろお世話, 一人あつ, 一人いる, 住んで, 僕に, 兄の, 先に, 家に, 家も, 手ま, 生れた, 見て, 身を, 駈けつけて

2 [72件] あたり見, あつて, あの始末, ありましたが, あります, あるん, いいました, いた, いった, いって, いると, おもほ, これほどに, ございまして, どうした, ひとりある, ひとりで, まだ少女, グレゴール, 一人と, 二人あった, 今度の, 何かの, 元気よく, 兄さんの, 兄と, 入って, 参りたいと, 可哀そうだ, 同居し, 君の, 君眼を, 唐棣花色の, 嘆かむ, 園の, 夕飯の, 大変御, 女学生の, 姉の, 姉を, 嫁いで, 家督を, 寝て, 広島へ, 待ちつつ, 待って, 意見を, 戻って, 戻つて, 手纏かむ, 持って, 挨拶した, 挨拶を, 来て, 歓しみと, 死んで, 泊懸, 為め菅の, 病後の, 直手, 私の, 窓から, 老婆を, 聟養子を, 行つてゐた, 袂を, 触りけむ, 言ふ, 誰である, 部屋に, 雑誌を, 面影に

1 [741件 抜粋] あがって, あたしの, あちらから, あちらへ, あったかしら, あったから, あったこと, あったならば, あったらいい, あったん, あの調子, あらためるという, ありますよ, あります公子, あり姪, あり後に, あるかい, あるだけ, あると, あるという, ある以上, あれば, あんなこと, あんなに兄, いきなり, いくらかでも, いちばんの, いつしか, いつも彼, いないで, いなくなってから, います, いやしない, いるだろう, いるという, いるので, いるのに, うらやましさうに, うら若い胸, おせんべい, おちぶれて, おりましたが, おります, おりまする, おれを, お前の, お屋敷奉公, お目にかかった時, お紺, お詫, お部屋, かぎりなく, かざす珠, かせぐこと, かたづいてから, かわいい顔, かわいそうで, かわって, きっぱり云った, きのう雷師匠に, きよ子さんです, きりま, くれた百円, こうした要求, ここへ, このあいだから, この事件, この人, この新しい, この磯屋, こんなに誰彼, こんな問題, こ枕, ございます, さだ子と, さんざんに, しくしく泣き始めた, しつかりと, しゃべッたん, すぐそば, すでに飛ん, すまつて, そういうよう, そう小声, そこに, そのころ, そのため, その人, その作, その容子, その男, そばに, それぞれ学校に, たづね, たのみました, ためには, ためわが, ため貝, だから私, つぎつぎと, つくづく恐ろしく, つまりは, できたん, とんだ厄介, どうかした, どこかへ, どこへ, どのよう, どんな女, なにか三味線いじり, なみだぐみながら, にくらしくなった, ねかして, のこされた, ふいに, ふりか, へきなり, ほしいと, ぼつくりぼつくり生れ, ぽつりと, また匙, また咲き出来ぬ, まったく可哀そう, まつべき月, もういっさい, もう一人, もし見ない, やってくると, やって来たん, やっぱり仕上げ部, やつて, やつぱり芸者を, ゆうべ私に, ゆうべ見えなくなっ, よく似, よこした, よろしくて, わたくしに, わるい, ゐましたから, ゐると, カフェーに, キャッキャッと, トクであった, ドアを, バルナバスと, バーに, 一つの, 一人あっ, 一人あり, 一人ありまし, 一人あります, 一人ずつ, 一人の, 一人九ツや, 一人居ます, 一人居る, 一年々, 一度家に, 一本鼓草の, 一番先き, 七日まで, 三人あつ, 三人も, 上の, 不縁にな, 不自由だらう, 世話に, 中元の, 中心に, 主で, 主婦で, 主張する, 九つの, 二人あります, 二人ある, 二人ございます, 二人それぞれ子供連れで, 二人と, 二人の, 二人ゐます, 二人妹は, 二十諸国諸, 二年半上田と, 云う, 云った事, 亭主の, 人々の, 今お姉様, 今川氏の, 今日こそ, 今朝殺人容疑者として, 今朝謙さんの, 今頃どうして, 他に, 付きっ切りで, 代つて, 休庵に, 伸子の, 何か, 何かを, 來てる, 例の, 倒れたとは, 健康に, 傍から, 働いて, 元の, 兄に, 兇器を, 先き, 其処に, 冗談に, 出して, 出た, 出ると, 出來, 出来た時分, 出来るかも, 分れて, 別な, 到頭姉, 前川の, 前後し, 剣山の, 勤めで, 十二末の, 十六でございました, 却って町人, 去ぬれば, 友が, 友だちの, 取て, 取り合わなかったので, 受け取るの, 口を, 可哀そうで, 可愛いの, 可愛い紛れ, 可愛さ, 吉い, 吊られた松ヶ枝, 同じ仲間, 同じ名前, 同情し, 名も, 名告りつ, 名呼び, 呟いた, 呟きます, 呼んで, 哀れで, 哀れでも, 喋つてゐる, 喋舌っ, 四千両, 国から, 垣根, 垣根の, 声し, 声を, 夕方に, 外から, 大きいから, 大きくな, 大佐と, 失踪し, 女の, 女の子の, 女子大学の, 好きであった, 妖しくハシャイ, 妙な, 妹なら, 姉さんは, 姉樣に, 婚室の, 婚礼を, 嫁がれて, 嫁に, 嫁入る, 嬉々として, 子供ながら, 孤児院の, 宝の, 実に可哀そう, 家の, 家の向の, 家出を, 家政婦の, 容儀は, 宿春の, 尋ねた, 導いて, 小声で, 少しでも, 少し怖, 居た, 居といふべ, 居ないの, 居る事, 山の, 山盛りの, 岡持を, 帰ったあと, 帰ったの, 帰った後, 帰郷し, 常陸家の, 年頃に, 幼くて, 庭の, 廊下を, 当然の, 形見とぞ, 彼に, 彼の, 待ちつ, 待つつあらんと, 待つらむ月, 後から, 後に私, 後悔する, 御奉公中, 御飯粒や, 微笑んで, 心にか, 心配し, 心配に, 急に, 怪しいという, 息を, 悪いと, 悪いん, 悪かつ, 悲しんで, 悲慘な, 慣れた手つき, 憎くなった, 憎くなる, 手にか, 手を, 手工の, 手枕かむ, 押す時車, 拒絶した, 持ちこむ量, 指差す, 握って, 救う途, 敵の, 敵は, 斉興の, 斬殺すん, 新しい小判, 新子に, 早くも, 春に, 是非あなた, 暴れ出さないよう, 最高の, 朝の, 来か, 来たと, 来る, 梨枝子と, 植えて, 次々に, 歎かむ, 此處へ, 歩いて, 死に彼女, 死ぬと, 死んだ, 死んだ時, 死んでから, 殘つて居た, 母に, 母のね, 母親と, 母親の, 毎日袴を, 毬の, 気の毒に, 気絶し, 氣を, 水干立烏帽子, 沢山あっ, 泣いてばかり, 泣きわめいて, 洛陽にも, 津村家へ, 海の, 涙ぐんで, 溜息を, 溝挾氏に, 灰にて, 無くなったこと, 無実どころか, 煙草工場へ, 父の, 片づいて, 猫イラズを, 玄徳へ, 生きて, 生き別れを, 生んだ大きい, 生涯の, 申すもん, 疎開し, 病を, 病死した, 病気で, 病身で, 皆その, 皆と, 目の, 目を, 真珠や, 磯の, 神の, 私に, 私を, 突然郷里, 立って, 立掛った, 笑ひ, 粉食ばかりに, 紫の, 結びし紐, 結婚し, 結婚する, 結婚致します, 綺麗に, 総出で, 縁付いて, 縁先の, 罷り出て, 美しいから, 老僧, 老父と共に, 聞く, 聞くこと, 自信あり, 自分たち夫婦に, 自分で, 自殺を, 舐めるか, 色々と, 花に, 茶の, 蕃人である, 蘆で, 行つたのださうだ, 衣の, 衣を, 見えなくなつ, 見かけに, 見し楝, 見合を, 見送って, 親切心から, 言った言葉, 言って, 話して, 説明した, 購めた, 赤坊を, 起ち上る拍子, 近々聟養子, 追掛けて, 逃げ帰ったとき, 連れて, 運んで, 道ならぬ, 部屋の, 部屋へ, 酒場へなど, 里子に, 針仕事に, 鏡に, 長野の, 門かな, 門見, 間は, 階子段を, 隣で, 電話口へ, 非常に, 顔, 顔向けならぬ, 飛んだ歎, 養子を, 駆けて, 驅けて, 髪を, 鬼の, 黒い顔, 黒髪を, 龍介が

▼ 妹~ (734, 7.5%)

24 連れて 15 つれて 8 相手に 7 妻に, 自分の 6 見て 4 うら若み, 嫁に, 持って, 残して, 見た, 見ると 3 かけて, つかまえて, 可愛がって, 呼んだ, 慰めて, 抱いて, 殺したの, 江戸へ, 顧る, 養って

2 [61件] かわいそうだ, くりょうと約束した, この家, そそのかして, そんなに脅迫, たずねて, だよ, なだめて, もって, 与へて, 乗せて, 人身御供に, 使に, 制して, 前に, 口説いても, 叱って, 叱りつけるの, 地方から, 夢に, 奉公させる, 奪って, 女房に, 妾に, 娶って, 尻目に, 巣鴨の, 彼女は, 御存じありません, 思い出した, 思った, 急かして, 急に, 愛した, 愛して, 愛する心, 憎くあら, 抱きて, 持ってる者, 持つて, 探して, 教育しなけれ, 殺した女, 殺す動機, 玄徳の, 田舍へ, 私に, 突き飛ばして, 細君に, 背負って, 自由に, 見おろして, 誘惑し, 誘拐し, 説いて, 譴める, 返して, 送って, 連れた私, 非難する, 顧み

1 [491件] あざむくこと, あとも, あの代官, あの増屋, あれが, あわれに, あわれむとも, いたぶりに, いたわりながら, いたわるよう, うしなった西岡, うしなって, うしろに, うっちゃって, うらわかみ, おいて, おかみさんって, おどろかせること, おばと, おふくろは, おぶって, おもらいなすった, お前の, お半, お身請, かかえて, かかえながら, かこいもの, かどわかしたの, かどわかした男, かねと, かばう, かばうよう, かばおうと, からかうよう, かわいがって, かわいがり妹, きさま, きめ付けようと, くれいと, くれようとも, くれられん, こんな目, ごまかして, ご紹介, さそいました, さとして, さとすよう, さらうなんて, さらわれたゆうべ, さらわれちゃ, さらわれて, しぞ, しのび, すいせんしました, すくいだしたい一心, すぐに, すり上げた, ずいぶん可愛, ぜひ貰っ, そ, そういう扱い, そのまま見逃がし, その場, それぞれ手軽く, それほどに, つかまえ部屋, つきました, つき倒して, つれたり, つれた四人, つれた昨日, つれ宮の下, とらへて, とりかえさねば, とりかえしたん, どうした, どうしても伴, どうやしなった, どう取り扱う, どんなに憎んだ, ながめた, なくしたり, なぐさみもの, なぐさめて, なだめよう, なにがなしにあわれだ, にらみました, ぬすんだらう, はじめ弟たちや, はなさず次, はやくしらべ, ばかだ, ひかして, ひしと抱えた, ひったてるよう, ひと目見る, ひどく愛し, ひどく憎がる, びっくりさせ, ふりはなして, また出征兵士, みかえって, みつけたので, みつける, めがけて, めぐしと, めぐるこの, めとり損なったと, もたぬ豹一, もらったらどう, やくざな, やっては, ゆすりあげて, ゆすり上げゆすり, よそへ, らしゃめんにするとって, ろくろくいい, キャバレエへ, コンサートに, サチコと, モデルに, 一人得られたら, 一歩先に, 一緒に, 下した, 下へ, 不安に, 不幸せに, 与えたいという, 与えられて, 世話し, 両腕, 中納言は, 二人までも, 二人連れ, 二年ばかり, 亡きもの, 亡くした, 人みなの, 人工流産させる, 人質に, 今川氏に, 介しての, 他人の, 他種族, 仮りに, 伴ひ, 伴れ, 何処行かめと, 使えば, 使って, 促しいろいろ, 促して, 促すこと, 偲ぶ歌, 偸み, 催促した, 元の, 先に, 入れること, 出して, 初めさまざまの, 制しつ, 助けて, 助け妹, 助手として, 励ますよう, 参考人として, 叔母という, 取って, 取られた, 取られると, 取戻しに, 可哀, 可変いとも, 可愛いがっ, 可愛がりました, 叱った, 叱ったとて, 叱り妹, 叱るの, 叱る一方, 同席させた, 呼んだの, 呼んだ声, 呼寄せて, 哀れむやう, 問いつめる必要上, 喜ばせようと, 喫べ, 固く抱きしめ, 堕落させた, 墓場に, 大切に, 大変贔屓に, 天子に, 失ったが, 失ったと, 失った事, 失った姉, 失った私, 失って, 奉公に, 奥の, 奪われる悲哀, 女たちの, 女給にだけは, 妹は, 妹を, 妻と, 妻として, 姑と, 姦する, 威圧しよう, 娶いに, 娶った, 娶ったこと, 娶ること, 嫁がせ結婚, 嫁し, 嫁せしめた, 嫁入らせる, 子供達を, 学校に, 守ること, 守るため, 守ろうが, 宥わり, 宮中に, 家庭から, 家督に, 宿に, 寝かした後, 対手に, 小喬, 小菊と, 山木さんに, 山林に, 差し向け何遍, 差上げないもの, 差上げる訳, 帰しましょう夜中, 店の, 弁護し, 弔ひ, 引きつけて, 引き受けて, 引き立てようと, 引っ張って, 引取って, 引立てようと, 強いて姦, 役立たずの, 彼女が, 待つため, 待とうとして, 待遇した, 得た, 得た姉, 得ると, 得恋人, 御存じか, 御存じねエ, 御持ちです, 心から非難, 必ず探し出し, 思い出します, 思うと, 思う井戸端, 思ひ出, 思ひ出いらなけくそこ, 思ひ出した, 思へか, 思召し, 恥の, 悪魔の, 惑わして, 想拠した, 感じて, 慈しみつつ, 慈しみ哀れ, 慰めそして, 戀ふらく, 手伝って, 手元から, 托して, 抱えて, 抱き上げて, 抱き寄せようと, 抱擁したく, 押しとどめた, 押しのけて, 押し退けて, 押し除ける作用, 招かんか, 招んだ, 拝んで, 持ったと, 持った兄, 持とうとは, 指しながら, 振りかえった, 振りも, 振り捨て受けられる栄華, 捕まえなければ, 捜そうとも, 捨てたの, 捨てもう, 接吻し, 控えて, 攻撃する, 放さないし, 救うため, 救って, 救ひ出す, 救ふ, 教誡する, 斜に, 斬って, 斯る, 新橋駅に, 書こうという, 来年に, 枕もとへ, 根津権現前へ, 案じる兄, 棲みこませて, 横眼に, 橋に, 欺いて, 款待そうと, 歓迎した, 武装した, 死なして, 死ぬ様, 殺さなくたつて, 殺さなくっちゃ, 殺されたぢ, 殺されて, 殺したところが, 殺したる一條, 殺したんで, 殺した代わり, 殺して, 殺してから, 殺し數千人, 殺すありふれたこと, 殺すつもり, 殺すなんて, 殺す計画, 殺す際, 殺害し, 氏も, 求めむ山路知らず, 求めむ山道知らず, 泥坊に, 深く愛し, 渇仰してる, 渡して, 溺愛の, 無理に, 熊谷の, 熱愛した, 熱愛する, 片づけるに, 片付ければ, 片着け, 犠牲に, 玄徳に, 現在妻として, 町家の, 疑う一方, 皇后として, 目の, 目蒐けて, 睨めるほか, 睨んだ, 睨んで, 知らぬ他人, 知らねえか, 私が, 窘なめた, 窘めたと, 粥河へ, 細君にと, 紹介する, 縁付けること, 縛れって, 織部正に, 置きっぱなし, 置きて, 羨ませるには, 考えるの, 聞き役に, 肩へ, 育てそれ, 育て独身, 背に, 背後から, 背負ったお, 背負った怪少年, 脅迫する, 脊負つて, 脊負つて家の, 膠も, 自分と, 菊子が, 虐待した, 袖に, 見かけたという, 見かへ, 見しに, 見たいと, 見たかったの, 見たこと, 見たよ, 見た時, 見つけだして, 見つけ出したの, 見ての, 見ては, 見ても, 見ながら, 見むよしもがも, 見やった, 見る, 見失ったり, 見捨ては, 見返つた, 見送った, 親類に, 言って, 訪ねが, 訪ねようかとも, 訪ねるお, 訪ねること, 訪ねる子, 訪れて, 訪問した, 訪門した, 誇りや, 誘き出した曲者, 誘惑したろう, 警醒する, 負いました, 負ったり, 負ぶい, 負ぶっ, 財主と共に, 責めるので, 貰い下げられるよう, 貰うつもり, 貰うの, 貰う事, 貰おうと, 貰って, 貰つてゐる, 貰ふ, 質に, 賺して, 贔屓に, 起しましたが, 迎えた時, 迎えて, 迎へに, 返すか, 返せ, 追い廻わし, 追い立てたくは, 追い越して, 送りし姉娘, 送りながら, 送り出したの, 送るに, 連れた母親, 連れ出して, 連れ立つて, 選ぶにあたって, 酒井家へ, 長火鉢の, 雅楽頭の, 雪子と, 露霜の, 静かに, 非難してやろう, 音楽学校に, 頂戴に, 顧みて, 養は, 餌に

▼ 妹~ (583, 5.9%)

11 して 5 なって 4 よく似た, 別れて, 応援を, 恋ひ, 言った, 違いない 3 いいました, かそかに, しては, なりすまして, 仕立てて, 向かって, 向って, 自分の, 頭を, 頼んで

2 [38件] いって, それだけの, それを, そんなこと, ひかれて, まかせて, むかって, 与えたり, 云った, 云つた, 代って, 任せられた, 何か, 勝手に, 同意を, 向つて, 命じて, 土産に, 女学生まだ, 当る人, 恋して, 手渡した, 授けて, 渡して, 當る, 相談し, 相談すれ, 立派な, 紹介された, 聞いて, 見せて, 訊いた, 話が, 話しかけた, 赤ん坊を, 逢はむ, 電報を, 預けて

1 [437件] あいたいと, あざけられるほど冷静, あたふる言葉, あたらせられる東国, あたらるる御許ら母子, あたるわけ, あたる者, あてたもの, あてた書簡, あはず, あまえただけの, あまり興味, あらずして, あられる, あんな賤, いえる気, いきなり手荒, いっしょに, いふに, いわれたらなんだか, うけ合って, おかへ, おきせさん, おくる, おじぎを, お世辞, お前の, お婆さんが, お惚れなすつたら, お清, かかった嫌疑, かき寄せるよう, かないません, かぶれてや, かまわず家, かみつこうと, ききました, くどかれれば, くらべて, くれぐれもこう言い聞かせ, くれました, くれるの, こころを, こっそり渡し, この事情, こひ泣き, これから経済問題, こんなこと, こんな手紙, ござりまする, ささやくに, しあるらし, したいと, してやるよう, しみ込ませた空華, しろおれ, しろたれ一人, しろ妻, しろ金, すごい別嬪, するたんび, するわけ, せがまれて, せよ彼女, ぜひ連れ, そういわれる, そう云っ, そう言っ, そそぐべき愛, そのこと, その婦人, その帯, その準備, その視線, その訳, その詩, そろそろ再縁, たのんで, たよりっきりな, ちがいない, つけつけ云われ, とく行, とっちゃ, どっちにも, なったの, なつて, なにか, なりすましてるお, なるであろう, なる叔母, なんにも話さなかった, ねだられるの, のこして, ふみつぶされたから, まかして, まけて, まけては, まず手, まそ鏡, また恋, めぐり合つた思い, もって, もっときつく, もらった銀包み, やった手紙, やって, やりたいと, やるお, やると, よく笑われる, よりてば, わかれ三とせ著, わけて, アツサリ夫を, セエラを, バイオリンを, ルビーの, 一寸聽き, 一度は, 一言云いたい, 不思議な, 不義しか, 与えたつもり, 与えたる書簡, 与えて, 乳を, 云いながら, 云つ, 云ふ, 亭主を, 今夜逢へる, 今日が, 仕立てたの, 仕立てたる武智, 仕立てる気, 付き添って, 代筆させるなら, 任せて, 任せ江戸, 会いたいばかりじゃ, 会いたかったから, 会うたからとて, 会うの, 会う方法, 会つ, 会つて狼狽する, 会はずに, 会ひ, 会ひたい気持が, 会わせるため, 会われたら友人, 似ず少し, 似て, 何の, 來て, 依り寝む, 信頼される, 倖せ, 優しい兄, 優しく言った, 兄妹二人を, 先立たれた姉, 免じて, 入院され, 出会った, 初七日, 別れるの, 別れ一本立て, 加えること, 勸めた, 化けて, 化けること, 化けるの, 半衿, 危険な, 及ぶもの, 友子と, 取出して, 叱られた程, 合す顔, 同情した, 向けて, 向つて云, 含むもの, 告げむ, 告げやら, 告げると, 告りた, 呑ませるよう, 呼ばれて, 呼びかけた, 呼びかけながら, 命じた, 和えた歌, 問えば, 問ひ, 喋らなかったから, 声を, 売女の, 壻を, 奪われても, 好かれるだけ, 妾奉公を, 娶は, 婿養子の, 子を, 子供特有の, 安心させ, 安心させよう, 宛てた手紙, 宛てて, 客の, 家庭における, 寄せたるもの, 尋ねた, 對し, 小用を, 小説の, 少女雑誌を, 尽して, 屋敷奉公に, 山木梅子と, 帽子を, 当たる, 当たるそう, 当って, 当られ山, 当りちらす, 当るあの, 当るオノト, 当る小金井喜美子, 当る早川夫人, 当る母, 彼に, 御臨終, 御馳走された, 心配を, 応援した, 怒られること, 思ひを, 思わくが, 恋の, 恋ふれ, 恋を, 恋愛問題の, 情夫が, 惚れて, 愚痴つてゐた, 感心する, 手を, 手伝って, 手伝はせ, 手紙を, 打たれたか, 打ち明けようと, 打明けた, 扮つた居酒屋の, 抱きついたが, 持せて, 持たして, 持たしては, 持たせて, 持って, 持つて, 持つと, 持つ事, 指して, 指し示した, 指でも, 指輪を, 接吻しました, 掻き口説かれても, 描いて, 握らせる, 撃たれて, 放火の, 教えながら, 教は, 教わらないでも, 敵は, 數多き, 文句を, 新子は, 春着を, 晩の, 暇を, 書いて, 書かせたもの, 會つたつ, 正理, 歯が, 死なれた悲哀, 死別し, 残して, 気がねなんか, 気の毒に, 気を, 気兼ねし, 求めぬ, 決心を, 済まないこと, 渡し, 渡した, 渡す, 炭の, 焚かせて, 無心し, 無心など, 無理矢理に, 無茶を, 物語る, 琴を, 生きうつしの, 生き写しと, 生き写しの, 生れた方, 生れて, 生写し, 用が, 用でも, 用の, 用意万端整った, 相談しました, 真の, 着せて, 着せば, 着せられて, 知らして, 祟ったのに, 移ったという, 稼がせる必要, 笑はれ, 答えるには, 紀念の, 約した, 納得させる, 素晴らしい美人, 結婚を, 繃帯取, 纏わる運勢, 義理が, 聞いた旨, 聟を, 聲を, 背中を, 自分で, 自分は, 自動車から, 自殺を, 芝居を, 花を, 苦衷を, 英語の, 薄くし, 藁沓を, 見えるほど, 見せずに, 見せた, 見せたの, 見せようと, 見られた, 見出した, 見守られながら, 親切に, 解いて, 言う, 言うらしく気, 言ったの, 言って, 言つた, 言つてそれから, 言ひ寄る, 言ふ, 訊き度, 訊ねた, 訴えた, 訴えて, 話しかけたの, 話しかけた第, 話しかけながら, 話した, 話したら噴き出すかも, 話を, 誇負, 語った, 読ませましょう, 読んで, 譲って, 譲ること, 譲ろうと, 譴められ, 貰いし年玉金, 買って, 質した, 身を, 躯を, 較べて, 返さねば, 返事は, 返事も, 送ったが, 送って, 送る密書, 送る手紙, 逢いとうないここ, 逢うの, 逢ったり, 逢った時顔, 逢は, 逢はずて, 逢はず久しく, 逢はず死せ, 逢ひ, 逢ひたる, 逢わせて, 連れられて, 逼ま, 遇い何, 遇うと, 遇ひ, 遺言し, 酌を, 鏡を, 関係が, 附いて, 限つてそんな, 限らず養家, 難癖を, 面会が, 音楽学校の, 頼まれて, 頼まれてから, 食べさせ自身, 食ッつい, 飯を, 饗応ひ, 駄菓子屋へ

▼ 妹~ (406, 4.1%)

30 一緒に 12 二人で 6 三人で, 背鏡 4 いっしょに, 弟は 3 さねてば, その夫, 一しょに, 吾が見しぬ, 呼んで, 寝る, 弟とを, 彼とは, 手を, 背か

2 [26件] いっても, その三人, それから, なって, ふたりで, 一人の, 三人ぐらしの, 下男の, 二人がかりで, 云う丈, 云ふ, 何か, 入れ替るわけ, 妹の, 嫂は, 座敷に, 弟と, 弟を, 思って, 思召し, 暮らして, 来し敏, 母と, 生れた許, 言つても, 話を

1 [262件] あなたが, あり, あるからには, あるが, あるミッションスクール, いいいずれ, いいますの, いい争った末, いうだけの, いうて, いえば, いつか小熊から, いつも自分, いふに, おじさんと, おちおち顔, お直, お銀, きめて, ことし二十九に, して, しようと, し宿, し寝ねば, すごした海岸, すべてで, ずっと同棲, せるは, そしてぼく, そのよう, その友達, その子供たち, その情人, その養う, それに, それらが, たつた二人, であったの, なし千由旬内, なつて, ぱったり出逢った, ぱつたり出逢つた, ふたりの, ふたり侘び住ん, めも, よく似た, よばれおなじ, よびたり, わしとで, わたくしとが, われといる, カンカン競べ, カーロー君と, クリストフとの, レクと, レクを, 一つの, 一ツきりづゝ話し, 一処に, 一所に, 一緒でなく, 一緒には, 一軒もっ, 三つ枕を, 三人きりの, 三人暮しで, 三人暮しの, 三人暮らしで, 三味線とが, 三番目の, 下女の, 不義し, 並んで, 九ツニなる, 九歳の, 乞食の, 二人きりで, 二人ぎりになつたので二人とも, 二人でも, 二人の, 二人一杯, 二人乳母の, 二人分だ, 二人切りで, 二人女手だけで, 二人寝る, 二人揃っ, 二人暁露に, 二人暮しだ, 二人暮しで, 二人暮らしで, 二人暮らしであった, 二人江戸へ, 二人赤羽に, 二人連れで, 二言三言云い合っ, 云い一筋縄, 云うもの, 云う事, 云う壮, 云っては, 云っても, 云つて笑つた昔の, 五十歩百歩の, 五歳ぐらいの, 他の, 他国へ, 伊丹屋の, 伊達さんは, 会えば, 伯父さんぐらゐに思つて居た, 住んで, 佐殿と, 傳次郎が, 入れ代つて室, 其兄との, 写真を, 出仕御免に, 別れて, 別れる時, 別れ去ってからは, 勝則さんとの, 十六歳の, 厄介な, 又つい近く, 同い年の, 同じよう, 同じクラス, 同じ娘, 同じ様, 同じ樣, 同じ程度, 同居を, 同様に, 同樣, 名乗って, 向きあって, 呼ばして, 喧嘩なんか, 四人で, 堀内とが, 壮い, 多くの, 夜楽しめり, 夜番の, 大きい女中, 女中に, 妻の, 姉とが, 姪とが, 姪とを, 娘とが, 娚達を, 婚姻を, 宗次郎への, 家内と, 寝ると, 対坐した, 対座し, 小さい植木屋, 山の, 弟で, 弟とは, 弟に, 弟の, 彼と, 心を, 心配し, 念仏比丘尼と, 思えば, 思せばこそ, 思ったり, 思つ, 急に, 怪少年に, 怪少年の, 情死した, 我と寝, 探偵を, 新子さんも, 暫く話, 書くの, 月丸と, 木村との, 朱など, 植えたらば, 歩きかねる甥, 歩くの, 母とは, 毎日遊んだ, 治子さん, 源氏の, 父のが, 父親の, 特高の, 甚内を, 生家の, 甥とを, 登れば, 相合傘で, 相見, 相談し, 矢口渡の, 知ったなら川, 知らず贔屓, 知りまして, 知れると, 私ぐらゐであつた, 私と, 私との, 私とは, 私ばかりが, 称して, 称するいずくんぞ, 称せられる女, 称せられる巫女, 競爭的に, 約束の, 結婚した, 結婚する, 結婚を, 結婚翰林中郎将に, 綾子を, 羊だけ, 義妹が, 考えて, 背あり, 背ぢや, 背の, 背の君の, 背は, 背鏡細君美妙斎の, 自分とを, 自分の, 良人との, 芳っ, 若い女中, 行を, 見えるかわいい, 見傚, 解する, 觸れ込んだ, 言うが, 言ふお, 許嫁の, 詐り延き入れ, 話しこんだ, 話して, 話すこと, 語り合って, 語る言葉, 轟氏との, 連れだって, 連立つて, 違って, 采女との, 長い堤, 間違えられたの, 雨に, 顔を, 饒速日との, 鬼頭さんの

▼ 妹さん~ (293, 3.0%)

7 がお 6 のお, のこと 4 の所, の方, はどう 3 ですか, と二人

2 [22件] から最近, か夫人, がよく, が一人, が可哀そう, が意見, さ, でいらっしゃいます, です, ですね, と一人, には不快, に御, のよう, の事, の御, の手紙, の指, の部屋, の顔, はこのごろいかが, は僕

1 [212件] お稲ちゃん, かなんか, から, からそんな, から久しぶり, から母, から言っ, か雑誌社, が, があった, があったら, があなた, があなたがた二人, があやうく, がある, がいらし, がいらつ, がそこ, がそろそろ, ができた, がどうして, がどこ, がやつ, がわたしたち, がゐる, が一寸, が上京, が下手人, が二人, が今日早朝, が佐吉さん, が何, が僕, が可哀想, が困, が変, が寢む前, が小豆島, が御, が必ず, が斧, が暗, が環, が白い, が盗人, が税関, が絵, が行方不明, が読み, が警視庁, が郊外, が都, ご縁組, だ, だけあっ, だけな, だった, だったそう, だって油画かき, だって迷う, だとばかり, だね, だろう, てえの, であったなら女, であること, であろうと, でい, でいらつ, でお, でございましょう, でござんしょう, でしたに, ですかと, でせう, でないと, でね, でまア, と, というの, とかいうお, とかいう女ごろつき, とその, と仰し, と仲, と床, と御, と関係, と面白く, どうかしました, どうなさいました, なぞといっしょ, など将来, ならお, なん, に, にお, にか, にさつき, にそんなに, には全く, には御, には拙者, にもそう, にも打ち明け, に会った, に化け, に対する係官, に当る, に接近, に有利, に看護, に負けず劣らず, に贈った, に逢つて見てくれ, に鍵, のいらつ, のさらわれた, のせゐに, のでこっち, のもの, のものぢ, のエステル夫人, のスパセニアさん, の上, の下座, の云う, の今, の処, の前途, の婚約, の婚約者, の子供, の容疑点数, の幹どの, の指紋, の敬子さん, の来る, の爲, の登志子さん, の眼, の腕, の行つた先, の見合い, の走り書き, の身請け, の運命, は, はあの, はあんた, はいまどちら, はがつかりし, はきっと, はたった, はどうして, はどなた, はへたばり, はやはり, はマチ子さんつて, は二十, は今, は今朝, は力, は助かった, は勤め先, は単に, は四十歳近く, は女学校, は宮本夫人, は少し, は山本京子, は恋, は時々, は此, は相, は看病, は紫色, は結婚, は美紅姫, は違います, は頭, まだ結婚, もあなた, もある, もいらつ, もう話し, もお, も傍, も勤め, も居た, も居ない, も電報, も頼り, やお, やその, や弟さん, らしい人, を, をください, をさらった, をまた, をもっ, を一度, を取返し, を殺した, を知っ, を結婚, を罰, を見, を見据え, を貰い, を連れ

▼ 妹~ (272, 2.8%)

7 弟も 3 一緒に

2 [14件] あまり元気, ある, いる, ここで, た, ほかの, 仔細らしく, 同じよう, 年頃に, 恐怖も, 瑠璃子と, 知らなかった, 若い身空, 頷く

1 [234件] あたしも, あとで, あの位, あの声, あの時そう, あらずや, ありと, ありましたけれども, ありませんでした, あり兄弟, あれと, いい町, いた母, いっしょに, いつた, いて, いと健やか, いなまむ二たび, いまでは, いらぬ妻子, うつくしい人, おなじ寺, おなじ水, おりますのよ, おれの, きて, きょうは, こちらに, ことし十三に, この冬産後, この辺, これと, こんなこと, こんな毒婦, ございません, ささしょ同じ, さぞ本意, すぐに, すぐ真似, すでにただ, すやすやと, せめて今, そういう薄情, そして私, そっちへ, そっと姉, そのこと, そのころ, そのまま動かなくなっ, その一人, その兄, その顔色, それだ, それと, それ以上臆面も, そろって, たいへん心配, たいへん悦ん, たるづめにされたのか, だまって, ぢつと, ともに美しい, どうやらお, どんなにか, ないはず, ない彼女, ながなが御, なくて, なくまったく, なく唯一粒種, なにしろほんとう, なにぶん不束者, なりたがるに, ふたつ返辞で, また惠帝, まだ一度, まだ二人, みなその, みんなその, みんな新子に, もうかなり, もうそれ, もうとうに, もうグレ, もう婚期すぎ, もう長い, もしや其の, やはりお前さん, ゆるして, よく可愛, よちよちかけ, わが道楽, ゐなかつたやう, ゐるん, ゐる彼等, ジッと, チョウヨウを, ロクロクごはんが, 一向相手, 一所に, 一階に, 丈夫そうに, 三人の, 上の, 不安が, 不審な, 不思議が, 世界中に, 並んだ姉, 並んで, 九十に, 二三度見た, 人身御供に, 伜の, 伺いますから, 伺ひますから, 何うにか, 何だか訳, 修学旅行に, 兄が, 兄や, 先頃から, 入水したらしい, 写真は, 初耳の, 別々で, 別段に, 加わって, 半信半疑で, 去年お, 友人も, 叔母さんも, 吃驚しました, 同塾, 同居し, 同様である, 吾も, 呆気に, 坑内で, 多い, 多かつ, 大分成人し, 大変それを, 大層心配いたし, 女学校の, 妙に, 妹だ, 姉の, 姉も, 嫁入り先が, 子供も, 定めて, 実はしっかり, 寸分違わない, 小さい旗, 居ない薄暗い, 居りません其処, 居母, 帰ったので, 帰り三人, 平田から, 序に, 引取って, 彼と, 彼女たちの, 後堂, 從ひた, 忘れればこそ, 思うこと, 息を, 手を, 持たざれば, 新しくない, 旧の, 早速出掛け, 昨日真面目に, 時どきつれ, 札幌に, 来た, 来て, 東京に, 栄蔵の, 此方へ, 死なぬ, 死んだこと, 死んで, 母に, 母も, 気の, 水には, 沈黙した, 湖水に, 満更役に立たない, 無言で, 物心覚え, 甲府女学校に, 病気と, 痩せ形, 皆乗り出し, 皆起き, 目立つて, 直に出掛け, 眼を, 知って, 秀吉とは, 私と, 私の, 稽古朋輩だ, 立つ瀬がねえと, 笑ひ, 筑紫の, 美しいが, 耳を, 肯かないの, 能が, 自分から, 自分の, 落着いた, 藝者を, 襤褸を, 見送って, 親も, 読んで, 負けずに, 賛成した, 身を, 遂に恐し, 鏡なす, 長々御, 雪の, 顏を, 顔の, 飯櫃を, 驚くほど

▼ 妹~ (219, 2.2%)

58 のお 5 の方 4 の魚

2 [12件] お君, のセッちゃん, の世津子, の中, の旦那, の時江, の民子, の百合子, の紅子, はしくしく, は留守, を殺し

1 [128件] お砂, お累, からなぐさめ, があっ, がいつも, がおとうさん, がずるく, がと仰言いました, がはした, が兄, が唐人めら, が思い, が所謂身もち, が拾っ, が時子, が死んだ, が父親, が眼, が紀伊國屋, が贈物, が逃げ出す, が野道, だけで, でございます, でひとり, で三年あと, で名, で成, というの, とが並ん, とが顔, との旦那, との親しみ, とはまた, ともう, と三人, と同じ, と姉娘, と許嫁, なぞはいくら, にはまるで, には婿, には手, にもその後, によせる, に対しては母親, に怒鳴っ, に氣, に眼, のあやめ, のある, のいま, のおとなしい, のお年, のまちがひ, のめざましい, のイリヤ, の佐代, の分, の勝川花菊, の姿, の家作, の富士額, の手, の方丈, の旭梅, の死骸, の真弓, の胸さき, の脚, の足, の部屋, の顔, の骨, の鳥, の麻耶子, はいない, はお母さま, はこの, はじつと, はす, はその, はその後, はなお, はハイドン, は中村雀右衛門, は人殺し人殺し, は今, は利発, は又もや, は姉, は安楽椅子, は屋敷奉公, は常磐津, は急, は懐中鏡, は直ぐ, は眼, へ電報, までが泣声, も, もお, もその, もひま, もエドヴィナ伯爵, も出, も口, も声, や見, を, をつれ, をどこ, をわたす, をスパセニア, を呼んだ, を女房, を尾張屋, を引っ張り出し, を後, を恋, を慰め, を攘, を斃, を真に, を縛る, を聯想, を貰いたい, を連れ

▼ 妹たち~ (208, 2.1%)

3 が学校, のこと 2 がそこ, のため, の面倒, の顔, もいる, を, を再び, を見

1 [186件] からのほか, からも姉君, から招かれ, から欲, が, がおらぬ, がじ, がその, がどうか, がなかつたら, がまだまだ, がようよう, が之, が二三人, が人才, が休日, が到着, が占領, が寝, が就寝, が彼方此方, が御, が来, が来た, が来たら, が皆暑中休暇, が知ってる, が腰元, が若い, が言わず語らず, が通りかかり, が食事, しかしらなく, すなわち正三君, それから従姉妹たち, だけがはいった, だけが昼食, だけが漂泊, だけ先, だった, だったが, であった, であったが, でありましょう, であろうが, ですの, でも呼ん, で高知, といつ, とが豊か, ときしゃご, とくり, とそんな, とはくらべ, とシュトラコニッツ, と一, と一しょ, と一所, と一緒, と兄, と居た, と比較的, と花合わせ, と花見, と陽気, なり定子, にいう, にいっ, にその, にそやされ, にどんな, にはもとより, には通らせたくない, にも会っ, にも大, にも奨励, にも御, にも讀ん, にボンボン, に働かせる, に取り巻かれ, に声, に対して素子, に手伝っ, に打ち明けてなかった, に気付かれない, に着飾らせ, に話しかけた, に買い残し, に隠れ, に頒, のいない, のなさけ, の事, の兄, の前, の厄介者, の困る, の娘時代, の学校, の安穏, の寝息気, の弱々しい, の怒, の恋愛, の情愛, の愚行, の成行き, の手, の手ぬぐい, の方, の気持, の眼つき, の言葉, の部屋, はきっと, はそれ, はただ, はとうに, はどう, はなお, はひとしきり, はもう, はもとより, は二階, は初めて, は十代, は大勢, は姉, は廊, は急, は惚れ合った, は早, は暴れまわっ, は来とる, は東京, は田島, は皆学士, は皆若死, は磯貝, は誰, は金切り声, は除夜の鐘, まで尻, まで留守, も, もお待ち, もこの, もこらえきれなくなっ, もひそか, もぼく, もめいめい, ももし, もやはり, も一人一人, も京都, も今, も健康, も嘗て, も好き, も政子, も来, も泣い, も馴染んだ, や他, や祖父, より少し, をこわき, をたしなめ, をだきしめた, をちら, を倉地, を助け, を励まし, を呼び迎え, を喜ばせる, を大阪, を家, を拔, を揶揄つて, を父, を縁, を脊中, を自分, を誘っ, を預かっ

▼ 妹~ (105, 1.1%)

5 あつた 2 今では, 衣通媛の

1 [96件] あなたの, あのきりやう, あらせられました, あり得るよう, おかねちゃん, お北, お延, お糸, お蓮様, お静, がまんおしなさい, これも, すてきな, その人, その前夜, その妹, その次に, その神官, ちっとばかり, な少し, ね, やっと十八位, よかったら, よしと, よし子という, ウィーンの, フリーダという, ミス大阪である, 一人今どこに, 丁子屋に, 中年の, 主人三郎兵衞の, 二十二三で, 今は, 他家へ, 令嬢奈々子の, 以前の, 仮親は, 佐久間町の, 俺を, 八年ほど, 其の家来, 出戻りにな, 出戻りの, 勇美子より, 十三か, 十九に, 十八に, 友達の, 双生児の, 唖だ, 嘗つて養女として, 四十歳を, 多勢の, 大変強かり, 妾の, 姉の, 嫂さんが, 子供の, 宮中での, 小倉新田の, 小学校三年の, 己とは, 年は, 幼い時, 弘徽殿の, 弥生といふ, 張と, 張という, 彼が, 彼の, 御息所の, 御維新, 御門に, 憎い相手, 時々樽野達, 時代と, 本家の, 来駕光臨の, 正男の, 母は, 生母は, 看護婦に, 真に好い, 矢張未亡人に, 私が, 私共の, 結婚した, 綱吉の, 美保子さんだ, 義の, 而も, 遅生まれの, 金髪の, 駿さんは, 高氏殿には

▼ 妹~ (85, 0.9%)

7 と思っ 5 ということ 3 といっ, と云っ

1 [67件] か, かがぶら下っ, から, からお前さん, からこりゃ, からといっ, からと云う, からと云っ, からと威張る, からね, から呉れろ, から此, から貴公, か一人, か女房, か皆目, か訳, がえらい, がただ, がちと, が三重渦巻, が子供, が死んだ, げっとも, この人, そうだ, という, というたで, というつもり, というところ, というの, という三十二三, という初めて, という女, という女猿廻し, といふ梟, とお, とか他人, とか何, ときい, とす, とはいい, とは到底, とは思っ, とも云わない, と云, と分った, と思い, と思つて, と聞い, と言つて, なと思, などといっ, なんてつれ, なんて云い出す, なんて気味が悪い, なんて触れ込み, ねこの, ね可, のと, のの, もの, よ, よいま電話, わしなど, わ破落戸, ッて

▼ 妹~ (83, 0.8%)

2 がその, と親友, にお, のお, の御身, はお, も次の間, 見れば

1 [67件] お市どの, が, がいらし, がつとめられ, が嫌い, が手, が用事, が降嫁, だった, だもの, で, であらう, でいらっしゃいます, でも, で媒人口, で小谷の方さま, といわれ, としてまして世に, として生れた, との婚礼, との結婚, との縁談, にあたる人, にあらせ, におわす, にさせた, には一たん良人, には九条家, に実は, に謁, の乳母, の叱咤, の娘達, の婚縁, の婿, の方, の登子さま, は, はいかなる, はハヘイロド, は一天万乗, は先刻服薬, は女性, は枕頭, は次の間, は泣き, は私, へそっと, よその, をいじらしき, をお, をか, をそれ, をもと, を夫人, を娶, を娶る, を娶合せられた, を室, を庇う, を彼, を玄徳, を親心, を訪ね, を選り, を陛下, 程あ

▼ 妹~ (80, 0.8%)

6 弟の 3 弟が, 弟も 2 弟たちの, 弟に, 弟を

1 [62件] おじいさんに, お千代, お徳, その他の, その親類, そんなの, ましてその, またカフェー, まれには, マネエヂヤアの, 不思議な, 乳母も, 伊達さんに, 倉へ, 其他の, 友人たちに, 友達や, 咎めん, 四人目の, 女中が, 女中達は, 女童たちは, 妻や, 姪, 姪たちも, 姪の, 娘に, 娘を, 婆やと, 嫂と, 子供等と, 子供等の, 定子が, 家族の, 家来たちが, 家来どもの, 小さな弟, 弟からも, 弟たちから, 弟たちで, 弟たちに, 弟たちは, 弟たちも, 弟たちを, 弟と, 弟に対してよりも, 弟は, 彼女と, 従妹は, 従弟連中が, 思て, 或は古藤, 故郷の, 母にも, 母親の, 甥に対して, 等し族, 美沢の, 親爺は, 親類たちは, 親類の, 鬚むじゃの親爺が

▼ 妹~ (68, 0.7%)

3 藤を 2 梅とが, 比奈が, 豊の, 豊を

1 [57件] いちを, かめと, かめに, くに殺せ, たかという, つかわしめの, なみという, ぬい, ゆうで, 久に, 久を, 光で, 光の, 勝を, 千代, 千代十八九歳襷と, 君の, 咲からの, 喜佐の, 園と, 園の, 園を, 妙, 妙十七八歳, 市が, 常さん, 徳と, 新に, 梅という, 梅といふ, 民が, 民という, 浪を, 秋由井正雪丸橋忠弥その他一党の, 秋由比正雪丸橋忠彌, 累が, 縫, 縫出づ, 縫十八歳旗本の, 菊と, 葉の, 蓮であろう, 蓮の, 藤が, 藤に, 袖, 袖へ, 辻に, 辻の, 鈴からの, 雪を, 霜の, 霜は, 霜も, 霜を, 駒として, 鳥の

▼ 妹婿~ (53, 0.5%)

2 が聞き咎めた, になる, の山根

1 [47件] がいつも, が乗った, が応酬, が答えた, が言った, が訊いた, が訊ねた, たる佐々木照山, である, であると, である滝川一益, でミジューエフ, で三谷家, となった, との交際, とはいい, とは歩き, とへどちら, にあたる伊賀男爵, にし, にほかならなかった, に仕える, に当たる細木伊兵衛, に当る, に泰亮, のいる, のコップ, のシュリオ, の事, の吉田, の姓, の捨吉, の方, の杉浦非水氏, の様子, の治郎左, の讐, はちょっと, はやはり, は先, は日曜, は疑い, へ送っ, もさすが, も大して, や養子達, をよく

▼ 妹とは~ (46, 0.5%)

2 たがいに, 家の, 肖ても, 避難先から

1 [38件] あの八月六日, いえ何, いえ次第に, お名残, こうして親たち, その色白, それぞれ戦争で, それほど休息, とても仲よくした, ほっと息, ポチの, 七十日余の, 両方から, 並んで, 云っても, 云ふも, 体質も, 何ごとに, 兄が, 別れて, 十二三も, 十畳の, 夢にも思わなかった, 彼女を, 思へぬ不, 息をは, 暫く箱根, 段々似, 気性も, 永久に, 病人の, 知らず若い, 立止っ, 考えまいと, 自分達夫婦と, 言わずに, 違い非常に, 頭を

▼ 妹~ (46, 0.5%)

2 が二人, や下女

1 [42件] がそんな, が云, が五人, が先, が植えた, が泊りがけ, が留守, それから親族, とが彼女, とも相談, とも馴染ん, と一緒, と会っ, と祝, と親しみませんでした, と陽気, には送っ, にまだ, にも見知らせ, に教, に比べ, に結婚衛生学, に譲り, に鍋, の口, の目, はあんな, はそこ, はその, はわらつた, は八歳, は桟橋, は涙, は皆, へ上がれ, もきつ, も来, や女中, を対手, を對手, を見よう, を遊ばす戯れ

▼ 妹~ (43, 0.4%)

4 のお 2 といふこと, にし, の優しい

1 [33件] お瀧, じゃ無茶, だと, であり時として, でいづれ, でお, で一緒, で姉, で綱次, という人, といふわけ, としてつとめ, として御, と聞いた, と聽, なんで, にあたる, にあたる矢走千鳥, にされ, になっ, になつて, にも為, に当たる, に当る, に為, の, のお玉, のその, のため, の女, の田島屋, の薄, も嬉し

▼ 妹にも~ (42, 0.4%)

3 持つた事 2 急に

1 [37件] あいまた, かくして居りました, しろ他人, せよ外, その徴候, その話, そんな悪戯, たのんで, たやすく見わけられる, なる, よく申, ろくに口, 久しく不品行, 云った, 口を, 同じ稼, 同情し, 声を, 妾服地を, 存分恨みを, 少しずつ, 少し買っ, 往生させる, 手を, 手紙を, 撥ね付けられて, 早く思い切らせ, 書き送つたが, 母にも, 済まない, 知らせずに, 秘し隠したれ, 義理は, 話しかける隙, 話しましたら大変, 誰に, 頒けて

▼ 妹とが~ (41, 0.4%)

2 来たので

1 [39件] あつて, あとの, ありました, ある, いくら手入れ, いくら短, いっしょに, そんなに長い, まずいろいろ理, やみくもに, マア一つ屋根に, 亡くなってから, 何か, 別れ別れに, 堕落した, 堕落の, 女として, 家に, 帰って, 悪いの, 戻って, 暮して, 楽しそう, 歸つて來た, 殖えた, 気を, 淫酒の, 炉縁の, 父親を, 生まれて, 生活の, 見えなくなった事件, 近頃文房具屋, 遊びごとや, 郷里に, 銭湯へ, 防空監視隊の, 附け焼き, 食卓から

▼ 妹である~ (40, 0.4%)

2 ことが, ということ

1 [36件] あなたが, からお, からと中, から現在, か娘, か無い, がいつのまにか, がその, こと, ことなどが, そちを, というでたらめ, という因縁ずく, といふ事実, とさ, と知っ, と知ったら, のに, のを, ばかりでなく, ひとの, ゆえに, キャゼリン嬢の, ファイフ公爵夫人を, ユーディットと, ラッセル夫人を, 乳母が, 事が, 事である, 勘定に, 女を, 母は, 現在の, 美和子には, 貴女が, 鈴江に

▼ 妹から~ (38, 0.4%)

2 彼が, 来た手紙

1 [34件] あなたの, あべこべに, あんなにいはれました, お友達, ききましたん, こんな手紙, さらって, さらに折り返し, じっと顔, たよりが, つけられて, むしり取ってでも, パンを, 伝え聞いたの, 何か, 刀を, 別れ去った, 受け伝えて, 古風な, 御文, 心づくしの, 手紙が, 手紙で, 手紙を, 承って, 極く手軽い, 無心し, 聞いて, 追はれた, 速達が, 金を, 銭を, 預かって, 顔を

▼ 妹~ (38, 0.4%)

2 を隋

1 [36件] いらい世襲, がこう, が二度め, が吾家, が嘆き, が家, が御方附, が木綿花, が来, が笑まひ眉引面影, という人, につけ, にむかっ, にも返, に向かい, に恋, に淡海, のいう, の取っ, の如き, の子, の孫, の帰朝, の御子, の歸, の蝶ヶ岳, の遣, の風采閑雅威儀, はお, はそれ, は故意, は途中, は隋, や犬上御田鍬, をつかわし, を遣わし

▼ 妹という~ (37, 0.4%)

4 のは 3 ことに 2 のが, ものは, 若い女

1 [24件] お舟, ことだった, のでした, ひとの, もの, ものを, 三十歳前の, 具合いに, 呼びかた, 女に, 女の子も, 子供も, 小さい子, 島田に, 形式ででも, 役を, 感じが, 感じで, 者持て, 芸者が, 苦しさ, 触れ込みで, 足手ま, 面を

▼ 妹には~ (36, 0.4%)

1 [36件] あらじ, おかしなそして, かなわないという, ずっと我慢, その夜引越し, ない, なんの, まだ我慢, よいところ, 三千二百円くれる, 不意に, 両親の, 云えた義理, 云わず母, 代々の, 何を, 内証の, 別に婿, 吹き針, 夫が, 女の, 女の子が, 始めての, 子供が, 子守の, 宿の, 旦那が, 気の毒だった, 用が, 稲葉一通に, 罪も, 若, 薬に, 逢ったと, 逢わなかったん, 非ず

▼ 妹夫婦~ (34, 0.3%)

3 の家

1 [31件] があんまり, が東京, が細い, が逗子, だのなん, とあまりい, という錯雑, と一, と姪, にとつて, に任せ, のし, のする, の処置, の幸福, の揃った, の武夫, の身, の郊外, の願掛け, はまさか, は彼女, は過, へ姪, へ雜信, もそこ, をあくまで, をまもる, を見較べ, を訪ね, 即ち五弓須磨生女史

▼ 妹~ (30, 0.3%)

7 んだ 4 んです 2 のである, ろが

1 [15件] ぐさむる, つといふ, ねをかひなき, のか, のかも, のだ, のだろう, のであった, のであらう, のでありました, のでしょう, のです, ので郎党, のよ, んざ随分

▼ 妹同士~ (30, 0.3%)

2 ですが, のくせ, の夫婦, の許婚

1 [22件] か何, が恋愛, だけれども, ださうだが, だし, でそれ以上, でそんな, ではある, でも若い, でゆく, でゆくゆく, で三十そこそこ, で知らない, で越前屋, とかそんな, なん, にていずれ, になる, のこの, のよう, の新婚旅行, の間柄

▼ 妹として~ (29, 0.3%)

3 二人作りし 2 彼女は

1 [24件] あなたを, あの人, おもて, お勝手の, お雪, その人達, 事を, 兄さんに対する, 兄としての, 取扱ふ, 彦田博士の, 御馳走に, 悲しみます, 愛して, 明治二十年代の, 映画へ, 正しい道, 生きるも, 生命に, 見るに, 譲り受けるという, 里子を, 養って, 養育した

▼ 妹~ (28, 0.3%)

2 手紙を, 遣るの

1 [24件] しとねが, 伝えて, 何うしようと, 傍へ, 兄なる, 合力を, 岐阜提灯を, 往った, 教訓を, 月丸へ, 楽譜などを, 水を, 白足袋二足つ, 祝つてやる, 笑いかけて, 紅や, 言いました, 言った, 話す話頭, 譲り加減に, 買って, 送られ妹, 通じて, 郵送出来る

▼ 妹との~ (26, 0.3%)

4 間に 2 結婚を

1 [20件] ことも, グループを, 三人で, 京都行きを, 会話に, 堕落, 愛情を, 散歩の, 異父兄惟繩, 節操を, 約束に, 結婚の, 縁組みを, 距たりが, 間には, 間の, 間親戚との, 関係は, 関係も, 驚くほど

▼ 妹とも~ (25, 0.3%)

3 受とられぬ

1 [22件] あるもの, いわなかった, はげしい腹痛, よく似合, よんで, 他所の, 別れて, 口を, 強い劇, 思うて, 思しめされ, 思って, 思はれない, 思召し下す, 母は, 相談しまし, 知らずお, 知らないで, 覚し召して, 話を, 関係し, 関係する

▼ 妹でも~ (24, 0.2%)

2 何でも

1 [22件] あつた, ありませんでしたが, あり私, ある彼女, いいから, いて, ないし, ないもの, ない人, なかった, なんでも, ねえもの, またおれ自身, みんな尾行が, みんな野枝さんが, 一緒に, 側室たちでも, 出来た時, 失つた, 姪でも, 扱ってるよう, 申しましたかの

▼ 妹~ (24, 0.2%)

4 と一緒 2 には解る, の罪, の誰, は何

1 [12件] が先, が先ず, が忘れ, の顔, の騒ぐ, の騷ぐの, はもう, はモウ五六町, も, よりも誰, をこの, 出て

▼ 妹~ (23, 0.2%)

2 である, の長政

1 [19件] たるあいだ, だ, でござる, として信長, として選んだ, となる, にあたる, にあたる梅雪, に宗家, に高氏, の処置, の小谷城, の服部治郎左衛門元成, の生命, の立場, の長政殿, の高氏, は鉾, も見

▼ 妹~ (22, 0.2%)

2 身寄りの

1 [20件] いずれに, さること, しれませんが, そんなこと, どうか, どちらか, なにかの, わからぬ, わかりませんが, ウーン成, 何かと, 何かの, 友だちか, 姉かは, 娘かと, 娘が, 子供の, 弟かと, 弟の, 知らないけれども

▼ 妹です~ (22, 0.2%)

43 もの 2

1 [13件] あなたの, お父様, か, からな, から僕, から大変心配, が, がチュンセ, が勾引, が平常, よ親分, わ, 妹です

▼ 妹では~ (20, 0.2%)

4 ないの 2 あるが, ないか

1 [12件] あるまい, あるまいか, ございません, ない, ないと, ないん, ない少くとも, なかった, なく甲州八幡村, まさか八五郎, 有り得ない, 有るが

▼ 妹らしい~ (20, 0.2%)

2 のが, のと, 方から

1 [14件] と云う, と思う, と思はれる, ひとには, んだ, 三十くらいと, 十六七の, 十四五の, 妹多津よりも, 嬰兒を, 少女が, 情愛の, 揃の, 若い婦人

▼ 妹二人~ (20, 0.2%)

2 を伴

1 [18件] がぽつねんと, という家庭, とも気力, と偕, の同胞, の子供, の弟, の当分, の従妹たち, はどう, は存外, は彼, も亦, も母, も江戸言葉, を縁付ける, を育て, を誘つて映画

▼ 妹とを~ (19, 0.2%)

2 連れて

1 [17件] いっしょに, こもごもながめ, しょっぴいて, それこそ, 一所に, 世話し, 二人両手に, 二人兩手に, 勝手に, 取り換, 呼び寄せて, 呼び迎, 強人, 探した, 笑わせたので, 関連させ, 養って

▼ 妹菊路~ (16, 0.2%)

2 です

1 [14件] が京弥, が駈けつける, でござる, でした, とそうして, と小姓京弥, なの, に与えた, のろうばい, の思い人京弥, の思い人霧島京弥, の方, の望み通り造作, は彼自身

▼ 妹~ (15, 0.2%)

2 澄江よ

1 [13件] あとを, お前の, これで, そして何卒, そなた, どうぞ私, まあ彼, 何だか胸, 何故お前, 兄の, 祈る, 背と, 都に

▼ 妹であった~ (14, 0.1%)

3 のです

1 [11件] かという, かと総身, から叔母甥, から源氏, が寿子, ことを, ころに, なとど, のにこんな, のにそんな, ようだ

▼ 妹なら~ (14, 0.1%)

1 [14件] と思った, ばさぞかしひょろひょろ, ば姉, ば杖一百, ば杖九十, ば杖八十, む根芹つむなり, もう行きつけ, もっと深い, ん去れ, 何故及ばぬ, 半日も, 日曜の, 玄関の

▼ 妹~ (14, 0.1%)

2 の御

1 [12件] が下手人, が御, だけには人並み, で, と, というだけでお, とお, と私, のため, の御身内, ばかり御苦労, を心細い

▼ 妹にあたる~ (13, 0.1%)

1 [13件] お喜佐, お愛, お秀, クリスチナ・ヘドストロムは, ヘドストロムといふ, 叔母御, 娘と, 娘を, 孫堅の, 弓腰姫であった, 真弓という, 石焼豆腐の, 鈴江であった

▼ 妹に対して~ (12, 0.1%)

1 [12件] する礼儀, そんな悪戯, なんだか義理, ひそかに, やさしかった, 不便を, 不親切に, 優しくする, 初めて感じた, 姉に, 川原浩一は, 幼少の

▼ 妹に対する~ (12, 0.1%)

1 [12件] ふうで, 人々の, 今までの, 兄の, 嫉妬的な, 底知れない慈しみ, 愛だけは, 愛のみ, 様な, 現実の, 苛立たしさ, 遠慮が

▼ 妹への~ (12, 0.1%)

1 [12件] お便りにも, お手紙, サービスの, 同情と, 同情心が, 土産に, 手紙で, 義理立てを, 肉身の, 親切だ, 責任さえ, 野々村の

▼ 妹であり~ (11, 0.1%)

1 [11件] ながらお, ながら似, ながら十二, 主君の, 信孝には, 僕の, 国色として, 小姑でも, 山県紋也の, 許婚であった, 高氏は

▼ 妹とか~ (11, 0.1%)

2 弟とか 1 そういう弱い, そういった近親, はりばんこに, アガータ若い, 主人の, 何とかいわれ, 幾人かの, 聞いて, 言った

▼ 妹一人~ (11, 0.1%)

2 に留守番 1 いれば, だったって, で仕様, で通学, とりかえしたよう, の二人っきり, の大事, 持って, 養うこと

▼ 妹からの~ (10, 0.1%)

1 それは, たよりで, ものだった, 便りの, 堅い頼み, 手紙に, 手紙にも, 来書である, 電報であった, 頼みで

▼ 妹をも~ (10, 0.1%)

1 あの間違い, お絹さん, マグロアールをも, 事の, 伴ひ, 倶し, 傷つけた, 恐怖させる, 抱いて, 見ずに

▼ 妹~ (10, 0.1%)

2 なん 1 が増え, が救えなくなった, が生まれた, の世話, の中, の子, をすて, を見捨て

▼ 妹さま~ (9, 0.1%)

2 の若 1 が, がお, の御子さま, の玉, はちかごろ, を, をお

▼ 妹とに~ (9, 0.1%)

1 こんなりっぱ, 判決の, 別れた話, 向って, 宛て長い, 手伝わせて, 殺された事件, 淫酒の, 託して

▼ 妹と共に~ (9, 0.1%)

1 下敷に, 住んで, 同宿せん, 安らかに, 平気な, 父親の, 牛込區谷町に, 笑つたが, 給仕に

▼ 妹同志~ (9, 0.1%)

1 じゃない, である, でお, で恋し, というよう, ともつかぬ, の新妻, の私, の間

▼ 妹だった~ (8, 0.1%)

2 のだ 1 のか, のを, ものを, んだ, 小さな痩せた, 繁代に

▼ 妹といふ~ (8, 0.1%)

2 のは 1 お今, お辰, のが, のを, 人で, 常識的な

▼ 妹などは~ (8, 0.1%)

2 近所の 1 いらないの, はいって, 彼が, 無論の, 菓子折を, 香気の

▼ 妹待つ~ (8, 0.1%)

2 とわれ, 吾を 1 と, とて, と吾, と我

▼ 妹~ (8, 0.1%)

1 から一寸お話, が御, と, と私, の仇討, はこの, は旦那, も浮ばれない

▼ 妹美佐~ (8, 0.1%)

1 がついに, が口先, が静か, のこと, の親, の親しい, も不憫, も戯談

▼ 妹~ (7, 0.1%)

1 だとか, でご, とお, の鈴江様, はおいで, まさしくお, をお

▼ 妹じゃ~ (7, 0.1%)

2 ないの 1 ありません, ありませんか, ないか, ねえか, アない

▼ 妹だって~ (7, 0.1%)

1 ことは, こんなきたない, 云えば, 同じこと, 御前の, 裸で, 身を

▼ 妹ながら~ (7, 0.1%)

1 すこしは, ひとの, 何事も, 天晴な, 感心した, 憎かった, 見上げたもん

▼ 妹なる~ (7, 0.1%)

1 はあきれし, よ, ロオザ夫人は, 人は, 女その, 女君の, 妻に

▼ 妹~ (7, 0.1%)

1 が姉君矯曇弥, と婚礼, のよう, の添え物, はかぎり, は三つ違い, は泣き

▼ 妹~ (7, 0.1%)

1 がお, と行く, に対して十分の慰め, の家, は常, は筥崎, を真

▼ 妹でございます~ (6, 0.1%)

1 からねえ, から伊之助さん, から大事, と名乗ろう, よ, 姉伊都子ことは

▼ 妹~ (6, 0.1%)

2 にも武家, の家 1 に谷, の方

▼ 妹弟たち~ (6, 0.1%)

1 にもない, の始末, へ詫びる, もあんな, を得心, を救っ

▼ 妹思い~ (6, 0.1%)

1 な, のお, の事, の優しい, の女, の春樹

▼ 妹~ (6, 0.1%)

5 つらむか 1 けむかも

▼ 妹~ (6, 0.1%)

2 の病 1 が十六, が病ん, と云, の三人

▼ 妹お市の方~ (5, 0.1%)

2 の長女 1 のむす, は美男, をその後妻

▼ 妹からも~ (5, 0.1%)

2 その途中彼, 何の 1 丁寧な

▼ 妹~ (5, 0.1%)

2 昼も 1 こ, 許多恋ひたる, 遠くは

▼ 妹だけ~ (5, 0.1%)

1 あって, だ, だった, だつた, 先に

▼ 妹だけに~ (5, 0.1%)

1 いやだった, この無為主義, 壁屋の, 多少姉, 捌けてら

▼ 妹であろう~ (5, 0.1%)

1 か, かと考え始めた, とも, とも白糸, とハトコ

▼ 妹とともに~ (5, 0.1%)

1 その妹, 再び津輕海峽, 夕食を, 広島を, 想像も

▼ 妹など~ (5, 0.1%)

1 であるらしい, なかつたの, または關所破り, 家へ, 言ふ

▼ 妹なんか~ (5, 0.1%)

2 ぢや 1 あるもん, 泣いて, 連れて

▼ 妹にて~ (5, 0.1%)

1 お勝, 二年前より, 十八年以前に, 夫の, 真の

▼ 妹にでも~ (5, 0.1%)

2 言ふ 1 生まれて, 訴えようか, 送らせて

▼ 妹まで~ (5, 0.1%)

1 この男, 一緒に, 添えて, 獣の, 背負って

▼ 妹~ (5, 0.1%)

1 がいろいろ, がその, だ, と何, を打ち果たしまし

▼ 妹伊耶那美~ (5, 0.1%)

5 の命

▼ 妹多津~ (5, 0.1%)

1 が口数, の深々, の身, はほんと, よりも美佐

▼ 妹子さん~ (5, 0.1%)

1 が去年, に会っ, のお, は神戸, も悪く

▼ 妹真喜~ (5, 0.1%)

1 がやはり, が口, が甘える, だけが兄, との縁談

▼ 妹芸者~ (5, 0.1%)

1 が何, の方, の決心, は黙った, を振り

▼ 妹だけが~ (4, 0.0%)

1 あとに, 残るの, 立ち上がって, 老婆の

▼ 妹だの~ (4, 0.0%)

1 叔母だの, 姪だ, 弟だ, 話せそう

▼ 妹であっ~ (4, 0.0%)

2 ても 1 たり, てあの

▼ 妹でない~ (4, 0.0%)

1 かと思い, ことが, ことは, と判つた時

▼ 妹などと~ (4, 0.0%)

1 いわれたので, 世帯道具を, 申して, 触れ込みやがって

▼ 妹なども~ (4, 0.0%)

1 ああし, 加わって, 君の, 起される

▼ 妹までが~ (4, 0.0%)

1 ご迷惑, 姉を, 碌でも, 青坊主

▼ 妹より~ (4, 0.0%)

1 といはむ, 十二も, 奥さんの, 妻を

▼ 妹ミドリ~ (4, 0.0%)

1 です, のこえ, のこと, をすくいだし

▼ 妹乗る~ (4, 0.0%)

3 らむか 1 ものに

▼ 妹以上~ (4, 0.0%)

2 のもの 1 に愛し, に美しい

▼ 妹君郎女~ (4, 0.0%)

4 の祖父君南家太政大臣

▼ 妹女郎~ (4, 0.0%)

1 が来た, であつ, と寝た, は行った

▼ 妹澄江~ (4, 0.0%)

1 と肩, は, も血相, を背後

▼ 妹~ (4, 0.0%)

1 帶比賣, 日下の, 日下部の, 沙那賣の

▼ 妹かの~ (3, 0.0%)

2 名では 1 ほかには

▼ 妹さんたち~ (3, 0.0%)

1 ですが, のため, を育て

▼ 妹その~ (3, 0.0%)

1 いや味な, 二人の, 生涯を

▼ 妹たる~ (3, 0.0%)

1 ものは, を問わず, 奥様ほど

▼ 妹でなく~ (3, 0.0%)

1 てその, てもその, てもそれ

▼ 妹なり~ (3, 0.0%)

1 娘なりが, 宮本の, 誰なり

▼ 妹なんぞは~ (3, 0.0%)

1 ちと腹, どうだ, 神経が

▼ 妹にだけは~ (3, 0.0%)

1 すぐ彼, 思いの, 言葉を

▼ 妹にとって~ (3, 0.0%)

1 他人の, 名誉な, 彼女が

▼ 妹にまで~ (3, 0.0%)

1 同じ苦労, 当り散らすの, 怒りの

▼ 妹に当たる~ (3, 0.0%)

1 ストゥヴァン夫人は, 富三の, 老いぼれ婆さん

▼ 妹ばかり~ (3, 0.0%)

2 では 1 違って

▼ 妹へと~ (3, 0.0%)

1 ゆずられて, 何十年かの, 順送りに

▼ 妹まつ~ (3, 0.0%)

1 と吾たち, に打ち明け, に打明け

▼ 妹みたい~ (3, 0.0%)

1 な気イ, に機嫌, ね

▼ 妹よりは~ (3, 0.0%)

1 万事を, 優った女房, 心持ち高い

▼ 妹~ (3, 0.0%)

1 しからざる態度, よと声, よ妹ら

▼ 妹オトラ~ (3, 0.0%)

1 とは成人後気持, のそば, の世話

▼ 妹マリ子~ (3, 0.0%)

1 がいつの間にか, のこと, のそば

▼ 妹~ (3, 0.0%)

1 ナベの, 一度南平ニ寄セテクレロト主計ガ頼ンダラ, 求メ公卿士庶人の

▼ 妹~ (3, 0.0%)

2 斗乃辨の 1 吉備の

▼ 妹~ (3, 0.0%)

1 と云っ, と言う, 苦しいか

▼ 妹~ (3, 0.0%)

1 そろうて, と弟, までの面倒

▼ 妹~ (3, 0.0%)

1 がひとり, をつとめた, を引きうけ

▼ 妹田農場~ (3, 0.0%)

1 の一噸積シボレー, の専属運転手, の牧場主任

▼ 妹~ (3, 0.0%)

1 だと, の像, 即巫女

▼ 妹筑波~ (3, 0.0%)

3 に頼む

▼ 妹~ (3, 0.0%)

1 きて, の道, ほど古り

▼ 妹おえん~ (2, 0.0%)

2 麻布笄町で

▼ 妹おまっ~ (2, 0.0%)

1 ちゃん, ちゃんと三人

▼ 妹おも~ (2, 0.0%)

1 ふ別れ來, ふ別れ来

▼ 妹かと~ (2, 0.0%)

1 思し召して, 思つて見た

▼ 妹からと~ (2, 0.0%)

1 そこへ, 旅行に

▼ 妹がね~ (2, 0.0%)

1 ギターさんを, 突然家出

▼ 妹この~ (2, 0.0%)

1 人は, 勝家の

▼ 妹~ (2, 0.0%)

1 まで忍海郎女, まで沙

▼ 妹さん方~ (2, 0.0%)

1 のしめし, をお

▼ 妹さん達~ (2, 0.0%)

1 にどれ, の身辺

▼ 妹し思ふ~ (2, 0.0%)

2

▼ 妹~ (2, 0.0%)

1 ま, やない

▼ 妹それから~ (2, 0.0%)

1 あの老先, 親族の

▼ 妹たちふたり~ (2, 0.0%)

1 のこと, の身の上

▼ 妹たち二人~ (2, 0.0%)

1 が葉子, を呼び寄せる

▼ 妹だけは~ (2, 0.0%)

1 グレゴール, 少なくとも自分

▼ 妹~ (2, 0.0%)

1 やどうにも, やない

▼ 妹って~ (2, 0.0%)

1 いうと, えの

▼ 妹でござる~ (2, 0.0%)

2

▼ 妹でしょう~ (2, 0.0%)

1 たしかにその, 好く肖

▼ 妹でなかったら~ (2, 0.0%)

1 俺は, 問題に

▼ 妹とかいう~ (2, 0.0%)

1 人達まで, 女を

▼ 妹としての~ (2, 0.0%)

1 あなたの, 真の

▼ 妹としては~ (2, 0.0%)

1 宮様ばかりに, 父親が

▼ 妹とをば~ (2, 0.0%)

2 昨年の

▼ 妹ども~ (2, 0.0%)

2 が不憫

▼ 妹ども怕~ (2, 0.0%)

2 がりて

▼ 妹なさうで~ (2, 0.0%)

2 盛岡でも

▼ 妹なんかが~ (2, 0.0%)

1 そうし, 何処かに

▼ 妹にかも~ (2, 0.0%)

1 あらぬ, あらむ

▼ 妹にとっては~ (2, 0.0%)

1 可哀相な, 迷惑にこそ

▼ 妹にゃ~ (2, 0.0%)

1 あ何ん, 三年この

▼ 妹はちよ~ (2, 0.0%)

1 つと身もだえ, と冷たい

▼ 妹はと~ (2, 0.0%)

2 見ると

▼ 妹はん~ (2, 0.0%)

1 が云々, でゐ

▼ 妹ふたり~ (2, 0.0%)

1 がまつ, のうち

▼ 妹へは~ (2, 0.0%)

1 彼の, 母から

▼ 妹よりも~ (2, 0.0%)

1 もっと濃い, 品の

▼ 妹をさえ~ (2, 0.0%)

1 嫁がせた長政, 父兄に

▼ 妹をば~ (2, 0.0%)

2 今年は

▼ 妹インゲボルグ殿下~ (2, 0.0%)

1 にも御, のほか

▼ 妹カザリン~ (2, 0.0%)

1 に与, よあなた

▼ 妹~ (2, 0.0%)

1 が怯え, けには何

▼ 妹並びに~ (2, 0.0%)

1 付添に, 義妹は

▼ 妹~ (2, 0.0%)

1 である, とよびたくなった

▼ 妹~ (2, 0.0%)

1 あれ以来, は澄江

▼ 妹原子~ (2, 0.0%)

1 が東宮, への御

▼ 妹口比~ (2, 0.0%)

1 賣また, 賣大

▼ 妹~ (2, 0.0%)

1 は余曾多, は阿

▼ 妹~ (2, 0.0%)

1 が浅野家, の知るべ

▼ 妹夫人~ (2, 0.0%)

1 ももと, をもう

▼ 妹弟六人~ (2, 0.0%)

2 の裏家住い

▼ 妹~ (2, 0.0%)

2 つらむぞ

▼ 妹曾能~ (2, 0.0%)

1 に婿, を以てしよう

▼ 妹梅子~ (2, 0.0%)

1 に間違えられた, の轢死体

▼ 妹母子~ (2, 0.0%)

1 が来ます, を送っ

▼ 妹活杙~ (2, 0.0%)

1 の神, の神二柱

▼ 妹滋子~ (2, 0.0%)

1 と結婚, は去年

▼ 妹脊山~ (2, 0.0%)

1 の狂言, の舞台

▼ 妹芳子~ (2, 0.0%)

1 が時々, は女学校

▼ 妹菊め~ (2, 0.0%)

1 が角, の参る

▼ 妹~ (2, 0.0%)

1 は差上げる, をやられ

▼ 妹~ (2, 0.0%)

1 せよ, と

▼ 妹贔屓~ (2, 0.0%)

2 ですから

▼ 妹~ (2, 0.0%)

1 から注進櫛, の男

▼ 妹邦子~ (2, 0.0%)

1 とをひきとっ, について蝉表

▼ 妹重子~ (2, 0.0%)

1 が五里, が庄原

▼ 妹~ (2, 0.0%)

2 夜訶志古

▼ 妹須比智邇~ (2, 0.0%)

2 の神

▼ 妹風情~ (2, 0.0%)

1 と恋, の恋

▼ 妹~ (2, 0.0%)

1 でございまして, でございます

▼ 妹高比~ (2, 0.0%)

2 賣の

▼1* [438件]

あつかいにする, 妹あのお信, 妹あらば, 妹ありて皆, 妹あるがためなり, 妹あれども愛する, 妹いつまでもいつ, 妹いとしも, 妹いとしい父母, 妹うめ子であると, 妹おいらアこれのお, 妹おや屋で, 妹おりゅうさんはかつて剞, 妹お松を縛らせました, 妹お玉の亭主寺田銀八, 妹かが生れたもの, 妹かしらと思いましたが, 妹かに抱月さんが, 妹かは不明だ, 妹かも知れない, 妹からはなんの, 妹かを一人の, 妹がはうろく, 妹がり行くらん遠, 妹きくえさんの言葉, 妹きりで無人, 妹くれがし, 妹ぐらゐの幼い女, 妹ぐるみ打棄った, 妹こちらは臣下, 妹ことに兩親老後の, 妹さえ丈夫でございましたなら, 妹さだ子によつて父, 妹さだ子らに対する烈しい, 妹さてはよきところ, 妹さんあなたを育て, 妹さんお伴したいと, 妹さんさくらさんていうん, 妹さんそれから小さい, 妹さん仁平治さん赤ちゃんの一隊, 妹さん以外の人物, 妹さん兄さんなど大勢改札口, 妹さん夫婦が転任, 妹さん母子越後の高田, 妹常におも, 妹しかなく其, 妹しっかりするん, 妹じゃあないかと, 妹じろじろ旅人を, 妹すなわちきょうだいの, 妹すみ子に送られ, 妹そこの女工, 妹そして遙かに, 妹そっくりの少女, 妹それらの生活, 妹それ等の人達, 妹そんな処置には, 妹たちのは大阪, 妹たち三人のそれぞれ, 妹たち二三人の家庭, 妹たち周囲の人々, 妹たち夫婦はこの, 妹たりとも首, 妹だけを助ける気, 妹だたとひ死ん, 妹だにうべな, 妹だらうよ, 妹ちか子の墓, 妹ちよの井上正信, 妹ちよまつには皆子, 妹つて云ふよりつまり, 妹つまりみゑ子縁組の, 妹つるが曙覧, 妹え看板, 妹てる田舎の, 妹であったなら縁遠いといった, 妹でありますはい, 妹であるらしい女の, 妹であれば当然, 妹できている, 妹でございって顔, 妹でござんす, 妹でしてここ, 妹でなかったり妹, 妹でなかったことまたは, 妹といった格の, 妹といふもの味しらね, 妹とかいふ事でやす, 妹とかという泣声が, 妹とくといふは女の子, 妹とし子あすは嫁, 妹とし子一女を擧ぐ, 妹とだけでそして, 妹とでちょいと, 妹とではいわば敵味方, 妹とでも思ふこと, 妹ととは争いも, 妹とに対する最後の, 妹とへ長い祝ひ, 妹ともしかしたら結婚, 妹とやら言はれ, 妹とをかへさずバ, 妹どうしだという, 妹どころでは, 妹どちらにしたら, 妹なぞもそう言った, 妹などが電報を, 妹などに送って, 妹などには別に何一つ重い, 妹などの集まった席上, 妹などを妻の, 妹なりということも, 妹なりやとも見えぬ, 妹なんかにでも随分けち, 妹なんていらないと, 妹にたいしては部落の, 妹にたいする愛情の, 妹にだって用事は, 妹についてほとんど無, 妹については村人の, 妹につき添って, 妹にと移された, 妹にとってもここは, 妹にのません, 妹にばかりからかって, 妹に対し我が薄井, 妹に対してのみ乱暴や, 妹に関する限りは, 妹あれは, 妹のうへに見る女らしい, 妹のみやから, 妹はじめ二人の方, 妹はりこう者だ, 妹つれて, 妹ばかりか父親や, 妹ばかりはお助け, 妹ばかりを大事に, 妹ふたり全部あわせると, 妹へもまた美沢, 妹ほど父に, 妹袖もて, 妹また片恋の, 妹または吾妹子の, 妹までかだいじなたった, 妹までの命を, 妹までも彼の, 妹みことがつま, 妹みんな一応取り調べ, 妹もつれて来た, 妹もなどよろこぶに, 妹もりこう者と, 妹やら弟やらを, 妹ゆえ渡邊織江へ内通, 妹ゆゑひさかたの天の露霜, 妹よし子わたしという顔ぶれ, 妹よそなたには, 妹よろしくたかる, 妹らしき人なり, 妹らしくこうした処, 妹らしくない口の, 妹らしくねえな, 妹りゅうは既に, 妹わらわがとこう, 妹わりゃ何にも, 妹をがみ, 妹をこそあひ見, 妹をとお市の方の, 妹をという話が, 妹をまで生犠, 妹を通じて夫からの, 妹アガウエがわが子ペンテウス, 妹アグリパイナにこそまこと人, 妹アンナであった, 妹イナビの若, 妹インゲボルグも予, 妹エリーとともにウィーン, 妹オケツ姫と結婚, 妹オラクとその, 妹カツも情, 妹カーチャを真, 妹ガスがドン, 妹キワモトという三人, 妹クリスチーナを同伴四時, 妹テワスのこと以来, 妹トミヤ姫と結婚, 妹ドラ嬢を指す, 妹ドロシイ・パアロット夫人の親友, 妹ドロセヤと共に見る, 妹ナノデ死ンダオ母ッチャニワルイトオモイナガラ, 妹ヌバタノイリ姫の命, 妹ノモトカラ電報ガ今届キマシテ急ニ出立ノヨウイニカカリマスノデ, 妹ハヘイロドと結婚, 妹ピロメラテレウスに辱, 妹ヘンリエッテは少し, 妹ペヌロオプ夫人はかつて, 妹ホンモウナオを逮捕, 妹マリアとその, 妹マリア・ヨゼエファが戸口, 妹ミヤ子もしくは両者, 妹ムコの小栗能文, 妹ユリ子もすぐ, 妹ヨソタホ姫の命, 妹ヨーッここじゃ兄, 妹ラケールは終日, 妹レベッカはヴァイオリン, 妹ロオルの言う, 妹一人他に親, 妹一人位のもの, 妹一子と共に小島宝素, 妹一家が疎開, 妹一枝並に萱野家, 妹一長一短でどうも, 妹三丸殿は信長, 妹のもの, 妹下女スミツカリを拵, 妹中庭に眠, 妹久しゅう後家で, 妹宮答久常世辺爾, 妹二条家には再縁, 妹五人の中, 妹五分心の置ラムプ, 妹五百が来り, 妹井上源右衛門の妻, 妹京子も宗像博士, 妹がいもう, 妹仕立物に忙し, 妹佐波遲比賣の, 妹が結婚, 妹信夫とを扱っ, 妹倭比賣に, 妹兇賊黒雲源左衞門の女房, 妹に咀, 妹光子です, 妹八千代とともに知的要素, 妹八田の若, 妹八重は家出, 妹内色許賣の, 妹再び来りて, 妹冴子より, 妹分同様にし, 妹戀す, 妹加奈をお預け, 妹化粧して, 妹が此年, 妹十一時頃までやっ, 妹十五になる, 妹十八で妹, 妹十六のとき, 妹千世子が家出, 妹千代乃となにか, 妹千草を睨めつけ, 妹博愛仁慈の聞えた, 妹卯木を正成, 妹危篤とて東京, 妹即ち曰く爾は, 妹女房おえい, 妹及び二兒とともに, 妹及虚子氏さえも臨終, 妹叔父たちの巡り, 妹可愛さに, 妹同士つていふこと, 妹同士十二の時孤兒, 妹同志結婚した不倫, 妹同志義理ある姉, 妹同様に可愛, 妹名きみへ男子太一郎ハ, 妹君さまがあれ, 妹君和宮内親王が時, 妹君姫様方の祖父君南家太政大臣, 妹君様もお, 妹吾妻姫を申し受け, 妹命吾汝と作れりし, 妹命汝為然者吾一日立千五百産屋是以一日必千人死一日必千五百人生也, 妹和宮様が御, 妹噫永久のわが, 妹壻長尾宗右衛門とに侑め, 妹阿彌, 妹多根の髪道具, 妹大事を明かし, 妹大伴の王, 妹大俣の王, 妹大原の郎女, 妹大山巌公の夫人, 妹天留の夫, 妹夫妻が年始, 妹をし, 妹女中一組の下宿人, 妹女井上氏を以て霞亭, 妹女優真弓を威かし, 妹如きものでない, 妹に見せしむ, 妹妖二柱嫁き給いて, 妹は未だ, 妹姫木花咲耶姫の名, 妹娘ポーレット嬢にそれぞれ, 妹娘雪子さんは衛生展覧会, 妹婿さまを, 妹婿土方伴六正旗, 妹婿武太郎が畑, 妹婿虎屋五左衛門が馬, 妹の菟野, 妹は黙つ, 妹子時代といふもの, 妹宇礼の父, 妹は小田原, 妹安二十三柏軒の継室春五十, 妹安二十二柏軒の継室春四十九, 妹安廿四であつ, 妹に今度, 妹家子また自ら, 妹寿江のところ, 妹寿江子は大岡山, 妹曾部の, 妹小大納言の君, 妹山下影日賣に, 妹山右の方, 妹山向うの岸, 妹である, 妹年来学問有志於今天晴宏才之聞有, 妹幼弱不解事, 妹幾人となく, 妹建春門院から出ました, 妹弟どもを送り届け, 妹弟ふたりを育て, 妹弟子ごときもの, 妹の家庭的, 妹を娶る, 妹忍坂の大, 妹忍海の郎女, 妹思う別れ来ぬれ, 妹思ひだから一日, 妹思ふ別れ来ぬれ, 妹性的生活は荒々しい, 妹恋しく唯心も, 妹恋愛大いによろしい, 妹息子の製図師, 妹想いの兄, 妹想う別れきぬれば, 妹意祁都比賣の, 妹愛人妻母として自分たち, 妹ひんかも, 妹成俊の姉, 妹我々ワフタンゴフでシルレル, 妹才色兼備と言われた, 妹ひに, 妹折枝とて廿, 妹持ちの浪人, 妹文子の片, 妹だ, 妹日ごろわたくしが, 妹早瀬に御, 妹早瀬平次とガラツ八, 妹明子をこの, 妹ては自分, 妹月子それにお, 妹有原共に再び呼び出され, 妹服部外山小泉松原箕作の諸, 妹木花開耶姫のみ幸, 妹松子と相沢品子, 妹柳いまもさねあら, 妹になつ, 妹桑田の王二柱, 妹梶女だった, 妹次第さ, 妹ふ, 妹歎くらし風早の浦, 妹此度藤村十兵衛世倅規矩太郎妻に所望御座候, 妹武子さんの将来, 妹と共に心, 妹沢博士も私, 妹深雪の笑い声, 妹清逸がことに, 妹港鶴子などは兄, 妹紅姫を, 妹無事とある, 妹無事あす朝帰ると, 妹をやる, 妹玄徳の夫人, 妹玉琴十七八歳被衣をかぶり, 妹珠子です, 妹甥嫁さん老主人, 妹登子と申しまする, 妹登美夜毘賣に娶ひ, 妹目子の郎女, 妹をし, 妹看護婦なぞいう, 妹眞奈であつ, 妹知らず式のところ, 妹は長谷川町, 妹秀子が飛鳥山, 妹秋川さだ子とその, 妹と申す, 妹紀伊は忠興, 妹綱手であった, 妹縁続きになっ, 妹縁談願之通, 妹でこれ, 妹繁代は半, 妹繁子である, 妹美保子の看護, 妹美和子である, 妹美智子及びその, 妹聟うわさのごとく, 妹脊和合せまいと, 妹脊山館の場, 妹脊打語らひながら, 妹自身が下手人, 妹舟子と次, 妹艶子は誰, 妹花咲姫などであった, 妹芸妓のお, 妹若くて美しい, 妹苦しいか, 妹菅竈由良度美かれ上, 妹萩野の顏, 妹葛の葉姫といふの, 妹葛城の高, 妹虎井夫人は兄, 妹被害者のからだ, 妹詩人でピアニスト, 妹の娘, 妹ふ, 妹とが残った, 妹の大, 妹速秋津比賣の, 妹達そと息嘘, 妹邦子さんの筐底, 妹雉子の叔母, 妹って申します, 妹雪白の祭壇, 妹青海の郎女, 妹須賀志呂古の郎女二柱, 妹頻りに止めて, 妹が自分, 妹駒子は今, 妹とゴミ, 妹鳰鳥なの, 妹麻子と殆ど