青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「報告~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

堂々~ 堅~ 堅い~ ~堅く 堅く~ ~堕落 堕落~ 堤~ 報~ ~報告
報告~
~場 場~ ~場合 場合~ ~場所 場所~ ~場面 場面~ 堺~ ~塀

「報告~」 4580, 45ppm, 2550位

▼ 報告~ (990, 21.6%)

36 聞いて 35 して 26 持って 20 した, 持つて 18 きいて 12 待って 10 受けて, 聴いて 8 もたらして 7 もたらした, もって, 聞くと 6 すると, するの 5 受取って, 待つて, 書いて, 聞くの, 見て, 読んで 4 うけて, きくと, しなければ, 兼ねて, 受け取って, 綜合し, 聞けば, 送って

3 [19件] いたしました, うけ取って, かねて, したの, する, はじめた, 出して, 平次が, 得て, 明神下の, 書いた, 筆者に, 綜合する, 聞いた, 聞くこと, 聽き, 聽く, 齎した, 齎して

2 [47件] いたします, うけとって, うけると, かいた, きき終った, きき終って, するか, すること, するため, する意志, なしき, もたらしました, 一緒に, 伝えて, 作って, 作るべき日, 先に, 出す, 受けた, 受けたの, 受けたり, 受けると, 受取ると, 始めた, 待ちました, 待った, 得た, 怠って, 怠つて, 携えて, 終って, 聞いたとき, 聞いた時, 聞いてから, 聞かされて, 聞きました, 聞きまた, 聞くに, 聴きながら, 聴くと, 聴取し, 聽い, 訳して, 評して, 配布したる, 集めて, 齎らした

1 [549件 抜粋] あつめること, いたしまして, いたしますこと, いたしますわ, いたそうと, いただけば, いつどうして, いつまでも, いま耳に, うけさて, うけた, うけたこと, うけたり, うけた時, うけた東京, うけた秀吉, うけること, うけるため交番, うけ取った, うたがった, えんとて, お医者, お聞き, かいて, かかげついで, かき始め自分芝居, きいたが, きいたの, きいたり, きいたわたし, きいた大江山警部, きいた大矢捜査主任, きいた方, きいた晁蓋以下, きいた秀吉, きかされたとたん, ききつけなかった, ききながら, ききましょう, きき成政, きくため, きくのみで, きくや, きくシュミット博士, ここで, こっちへ, これまでに, さいそくし, さきに, させたわけ, させるためパリー, させるに, されたの, されて, される, しずかに, しそれからまた, したい旨, したおかげ, したが, したがるといふ, したこと, したためた, したためて, しただけ, したという, したなどという, したり, したん, した人, した人々, した女房ら, してやるの, しないで, しないの, しながら, しなきァ, しに, しました, しましょう, しゃれた文章, しやすく, しようと, しようという, しらない, しろと, し又, し専務, し支店長, すました, すましたばかりさ, すました後, すませて, するから, するつもり, するであらう, するであろうという, するとて, するので, するまでは, するやう, するよう, するん, する事, する使い, する傾がある, する前, する決心, する義務, する能力, すれば, せい, せにや, せねば, そのまま詳しく, だして, だすどころか, つ, つづけて, つづりニュートン, つぶさに耳, とりかわすの, どんなに喜ん, どんなに待ち兼ねた, なさるほか, なした, なしたかは, なしつ, なすった後, なすべきである, なすべく亡君, ぬきに, はじめそれが, ひっぱりだして, ふきこんだ, またない, まちわびて, むすんだ, もしたいこと, もたらさねば, もたらしたとき, もたらしながら, もたらすの, もらったオカゲ, やつれ果てた復員兵, やり党名, よくおぼえ, よこされた, よこしたが, よせて, よむ機会, よんで, われわれに, われわれの, われわれは, サンチアゴの, シャーロック, ヘクト, ロマーシから, 一つも, 一つ一つ電鍵を, 一八四八年に, 一寸のばし, 一度に, 上りて, 上海米国総領事セワードに, 世界に, 世間に, 中央気象台でした, 了ります, 今は, 今宵集まった, 仔細に, 伝えた, 何と書かれる, 作らんが, 作りしもの, 作るとか, 作るに, 作る事, 促しました, 促します, 信じまして, 信ずべ, 信用せぬ, 傳へ, 全国に, 全部きい, 八五郎から, 公開し, 兵部は, 其の儘, 兼ねた歓迎会, 出しそう, 出した, 出したので, 出したり, 出した年, 出し政府, 出来るだけ, 分タン, 分類する, 切る, 列挙した, 別人ならぬ, 医師から, 午まえ, 厳しい眼, 参照, 参考に, 取りあげますます, 取寄せ今, 受けたとき, 受けたので, 受けた時, 受けとった台中州庁, 受けとった海蛇, 受けました, 受けようと, 受けるに, 受ける義務, 受け取ったが, 受け取り吟味, 受取った, 司法主任の, 吟味した, 呈して, 喋りはじめた, 喜んだ, 土台に, 夢中に, 大変興味探, 天来の, 嬉しく聞いた, 子供から, 子供の, 学びつつ, 寄せられて, 寄越したの, 山口の, 工場新聞に, 差しあげましたが, 差し上げますくらい, 差し出したぐらい, 差控える, 平凡な, 広くドイツ国内, 引いて, 当てに, 当の相手, 彼等は, 待ちかねた, 待ちわびて, 待ち乍ら, 待ち受けて, 待ち構, 待ち謀叛, 待ってからの, 待つこと, 待つのほか, 待つばかり, 待つほか, 待つマルモ隊長, 待つ以外, 待つ許, 待て, 待てとか, 得たい, 得たいもの, 得た時, 得ること, 得ると, 得るまでは, 得意に, 御先祖, 御手元へ, 応募者諸氏に, 怠らない, 急いだ訳, 急がずとも, 悪く解釈, 手に, 手土産として, 披いた, 持ちかえらねば, 持ち寄るもの, 持参いたした, 採用し, 控えめに, 掲げて, 提げて, 整理し, 断片的に, 日本の, 日本新聞へ, 早く本社, 書いたという, 書いたの, 書いた巡査, 書いては, 書かなくては, 書きつけた, 書きますし, 書きますわ, 書き送った, 書くこと, 書くため, 書くと, 書く決心, 望み一つ, 本に, 本国に, 本國, 本誌創刊号上において, 概観する, 次の, 欲せざる, 正確と, 残して, 毎日モスコーへ, 比べて, 求むべく送致, 求めて, 求められたと, 江戸に, 池田勝入, 済ますと, 済ませると, 済ませ神田, 渡す, 源次から, 濟ませ, 為したり, 為すべく同, 為せしを, 無線電信で, 父親に, 猶予する, 生々しいところ, 申し上げましたが, 申し上げるわけ, 申し述べて, 申上ます, 疑わなかった, 発した, 發表し, 盗み見たか, 目科は, 省くこと, 研究しなけれ, 確めた, 確める, 私に, 第一冊, 第二, 約束した, 細大漏らさず, 終えたあと, 終えて, 終えねば, 終った, 終つて後私の, 終りさて, 終るなり, 終るについて, 終るの, 終わり二十歩, 終わると, 組合して, 結んだ, 結んで, 統計によって, 継ぎ合わせて, 続刊, 総合すれ, 線路の, 繰返して, 續ける, 纏めて, 纏め上げこれ, 義雄が, 考察し, 聞いたが, 聞いたところ, 聞いたのち, 聞いたもの, 聞いたろうが, 聞いた刹那, 聞いた榎戸警部, 聞いた笠支配人, 聞いた訳, 聞いた酒屋, 聞いても, 聞かされたの, 聞かされるので, 聞かれて, 聞かれても, 聞き, 聞きおわると, 聞きすました満座, 聞きその, 聞きたいと, 聞きとった, 聞きとって, 聞きなお, 聞きに, 聞きますと, 聞き取ってから, 聞き家, 聞き或いは, 聞き相談, 聞くが, 聞くたび, 聞くだけでも, 聞くといった, 聞くにつけ, 聞くのに, 聞くや, 聞く姿勢, 聞こうと, 聴いた, 聴いた上, 聴いた後, 聴かされて, 聴くの, 聴くまでも, 聽か, 聽かせられる, 致さねば, 致しましたが, 致します, 苦心惨憺し, 菊園の, 蒐める, 蒐集し得た, 蒐集する, 薫は, 行って, 行ふこ, 裏切るやう, 要求した, 見た, 見たうえ, 見ても, 記載した, 試みた, 試みよう, 試みようと, 詳さに, 詳細に, 認ためにか, 認めた, 読まば, 読みて, 読み手紙, 読むに, 読んだ, 読んだもの, 読んだ人たち, 読んでぞ, 調べて, 調べても, 買いこんで, 超えて, 躊躇し, 軽く受け, 載せた, 輕く, 輕くいなしました, 迫って, 送った, 送らぬこと, 送る思い, 送ろうと, 通覧する, 連日怠りなく, 遠慮の, 選挙区民に, 選擧區民に, 金田屋で, 銭形平次の, 開いて, 開けないうち, 集めそれ, 電波に, 面白がっ, 領分の, 頼むよ, 頼るやう, 願います, 鼻で, 齎さなかったけれど, 齎したの, 齎したわけ, 齎し来るならん, 齎すだろうと, 齎すまで, 齎らさない, 齎らし, 齎らせよ

▼ 報告~ (414, 9.0%)

73 よると 52 よれば 6 接して 5 もとづいて 4 及んだ, 基づいて, 接した, 来たの, 来て 3 きた, よりますと, 來た, 依れば, 基いて, 来た, 耳を, 行った

2 [16件] おどろかされた, おどろかされて, とどまる叙事文, とどまる限り, なって, ゆくこと, 参りました, 安心し, 接した時, 接すること, 来たわけ, 来る, 現われて, 立ち寄った, 行って, 見えて

1 [202件] あがったの, あがりたかったの, あげられて, あったなぞ, あやまりないもの, あらわれたよう, ある, あるよりも, あるん, ある事, ある信州上水内, ある重, ある面白い, いけるほどの, いこう, いったところが, いふ, うちおどろいた, うつります, うなずいた, うなずいて, おどろいた郡守以下, お気の毒, かえってきた, きました, くるたび, こおどりし, さうさ, さすがの, じっと耳, すぎないもの, すぎまい, すぎません, そこらの, つきその, つづいて, つづくいくつ, でかけたの, でかけた時, とびつきました一つ, とりかかった, なった, なった時, なりました少数者意見, なりますと, なるかも, びっくりしました, まかるもの, もとづいた大きな, もとづき大, もどって, やった, やった使い, やって来たガラッ, やって来るだろう, やつて, ゆだね父子, 一七八〇年をもって, 一任され, 一応目, 一瞬間の, 一隻を, 上って, 上つて来た, 上洛した, 今から, 今日の, 伺います, 何かの, 來る, 依つて, 依りますと, 依ると, 依るに, 係官驚く, 俟つ, 信徒に, 先生は, 入ろうと, 全部落, 出かけた, 出かけよう, 出発させた, 加えて, 十歳ほどの, 参ったの, 参ったわけ, 参って, 参りましたの, 及び申すべく, 及び調査, 及んだの, 及んだやう, 呆れ返って, 基き計算, 夫も, 夫婦が, 孔明は, 安心しきっ, 對し, 島下郡では, 帰って, 当てはめると, 往つた堀が, 徴し, 息せき息せき, 接したいもの, 接したが, 接したこと, 接しただちに, 接した李陵, 接しついで, 接しても, 接しない, 接しました, 接せず, 接せり, 據る, 是非御, 暫く無言, 曰く, 書いたがね, 最も歎, 本いた, 来し件, 来たという, 来たもの, 来たん, 来た訳, 来てから, 来ます, 来ますよ, 来るの, 来んの, 横川では, 母を, 比べれば, 比較すべき, 添へて, 漕ぎ返して, 父が, 特に注意, 現われた欠陥, 由って, 病室から, 発表された, 相好を, 眼を, 秀吉の, 私から, 移りました, 立ち還りました, 管下の, 終らなかった, 続いて, 綴るほどの, 纏める段, 署長は, 聞き惚れて, 艦橋に, 色めき立って, 行くこと, 行くと, 行こうかと, 行った時, 行ってるから, 行つた, 行つた留守の, 衝撃を, 見ても, 見られる結果, 記載され, 記載し, 読みふけって, 謝意を, 警告され, 議論は, 責任を, 赤裸々に, 近いもの, 述べて, 述べられて, 過ぎずと, 過ぎない, 過ぎなかったが, 過ぎなかったの, 違ない, 違はず, 遣つて, 釈然と, 間違いは, 随い, 隠したこと, 非ざれ, 預り度, 顏見知りの, 顔見知りの, 馴れて, 駆け付けた後, 驅け, 驚いたエリザベス, 驚かされたらしく若い

▼ 報告~ (391, 8.5%)

19 あった 9 ありました, 来た 6 あつた 5 ある, 入って 4 あって, きて, 載って 3 あったから, ありません, くる, すむと, 入りました, 出て, 最も多い, 来て

2 [19件] あったの, あるが, あると, あるの, された, ないの, ないので, なかった, なければ, はいった, はいって, もたらされた, 届いた, 来た時, 発表され, 行って, 行われた, 間違って, 齎らされた

1 [264件] あったが, あったし, あったぞ, あったとおり, あったとき, あったところ, あったので, あったのみ, あったもの, あったよ, あった司令, あってから, あつまって, あまりに怪奇, あまりに誇大, あまり軽率, あり, ありその, ありそれ, ありましたけれども, あります, ありませんので, あり小川部隊長, あり旧, あるかね, あるならば, あるので, あるや, いつのまにか主人, おこなわれ天皇神拝, おわるか, おわると, かねがねの, きたん, きた上, きました, くるかと, くる筈, この数日, この映画, この難点, ございました, ございまして, ございます, さっき来ました, さらに上々吉, されたとき, され批判, して, しばしば私, すぐには, すむまでは, すんで, そこへ, その懐しい, その通り, それから, それを, そんなにロンドン市民, たいへん遅い, つぎつぎと, つつましや, つづいて, てら一寸, てら光一, てら天聲, てら年頭, てら来た丈, できない, できなかったのに, できません, できるだろうな, とどいた, とどいて, とびこむと, どの程度, どんどんあつまっ, どんどん隊長, ない, ないと, なされたこと, なされて, なされる筈, のって, のってるよ, はいるまで, はっきりしない, ひびいて, まいりました, まじつてゐました, まちがいない, もし事実, もたらされたが, もたらされたとき, もたらされて, もたらされてを, もたらされると, やってきて, やって来るたび, よく届いた, より完全, イギリス軍に, コンガラガッて, ジャヴェルの, ヤーネルの, 一つだけ, 一つと, 一つとして, 一つ一つ平次の, 一つ持ち来された, 一と, 一八〇一年の, 一八一〇年に, 一冊の, 主で, 事実であった, 事実と, 二ヵ月後に, 二三ある, 二号艇からも, 交番から, 人口の, 今日手紙で, 伝声管を通じて, 何時の間にか済んだ, 來た, 俺の, 僅かに, 僚艇から, 入った, 入ったので, 入ると, 入るの, 全部わかった, 公表されなかった, 出たとき, 出る, 出るはず, 出れば, 出来るもの, 切れた, 到来した, 到着した, 創造活動について, 司令部へ, 国家の, 基に, 多い, 大江山課長の, 大納言へ, 奇ッ怪を, 始った, 始まった, 存外立派, 実際当局者, 少しでも, 少なからずある, 少なくなかった, 局面を, 届いたとき, 届いたの, 届いて, 届くと, 巴里の, 彗星一号艇から, 彼女の, 待ち構えて, 得られなかったばかりか, 得られなくなつ, 必ず数枚, 成文に, 捜査に, 捜査本部の, 提出された, 旅行記として, 既に明らか, 早かった, 昨秋の, 書かれて, 書きにくい, 書き取って, 最上と, 来たか, 来たの, 来てるん, 来なかった, 来ました, 来る, 来ると, 来るはず, 来るよう, 来るん, 検察当局から, 次の, 正しいもの, 正確なら, 気に入って, 江戸へ, 決定案として, 海軍から, 添えて, 済むと, 溝川署へ, 滞りなく, 物を, 現れた, 甚だ多く, 発せられました, 発表された, 盆に, 直ちに宰相, 知りたいもの, 示して, 社の, 社会の, 私共を, 米本国の, 粗漏だ, 終えたらまた, 終えると, 終った, 終ったとき, 終ったのち, 終って, 終り将校連中, 終るか, 終ると, 終るの, 終わると, 舞いこんだ, 荒町方面からも, 行くよ, 行ったの, 行われました, 行われる時, 見るに, 規則的に, 詩に, 話題に, 詳かに, 認められて, 近くの, 這入て, 遅れたの, 違って, 部分部分の, 間違つて居る, 附加し, 階下から, 集って, 集つて来, 集まった, 集まらないで弱って, 集まッとりゃせんか, 集らぬでは, 集ります, 電話機の, 飛んだ, 餘つ, 馬籠へ, 高声器, 麓へ, 齎された, 齎されるかも

▼ 報告~ (380, 8.3%)

46 ている 14 ていた 13 てくれた 10 ておいた 9 てゐる 8 てきた, て来た 7 て, てくれ, て来る 5 て來 4 ておい, ておく 3 ておきたい, ておきます, てから, てくれる, てその, てそれ, てやる, て下さい, て居る, て置きました

2 [16件] それを, てあった, てある, ていました, ておきました, ておけ, ておこう, てくる, てもらいたい, て参りました, て望み, て直ちに, て置いた, て置きましょう, に来た, 東京全

1 [176件] かつ色々, この美しい, この謡初, これから現場, これが, そしてスペイン, そのまま引きかえし, その内容, その出役, その原理, その機会, その許し, その諒解, それからホテル, それでもなるべく, たり, たりうるさい, たりした, ついては一つ先生, つつ私たち, てあげる, てあまり, てあります, てい, ていただきたい, ていたで, ていない, ています, てお, ておいたら, ておかず, ておかなけれ, ておかれた, ておき, ておきゃ, ておられた, ております, ておる, てお願い, てからたった今, てからまだ, てから程なく, てき, てくだされ, てくれなかった, てくれます, てくれれ, てくれ給え, てこない, てこの, てごまかした, てしまっ, てしまった, てそうして, てそして, てどうして, てどこ, てなお, てま, てまいりました, てまわった, てみる, てみろ, てもう, てもさしつかえない, てもしや, てもよい, てもらっ, ても知らない, てやらなき, てよこし, てよこした, てゐ, てゐた, てオユルシ, てシッポ, てヤソ会, て三日目, て上げましょう, て下され, て下人, て久し振り, て了解, て二人, て二人分, て今後, て他, て切々, て加勢, て号令, て喜ばせなけれ, て喜ん, て多少, て好い, て居ました, て居ります, て帰りました, て帰る, て彼, て悦, て憲兵隊, て手前, て承認, て拍手, て指揮, て新, て最大級, て村長, て来, て来なけれ, て歩い, て歸, て死んだ, て母, て町奉行, て町奉行所, て終り, て置かなけれ, て置く, て色神, て落着き, て見失った, て計画, て許可, て警察, て貰いたい, て貰え, て適当, て重立った, て間, て驚くべき, ながらその, ながらそのまま, にゆかね, に行った, またその, また東京化學會, また馬, みずからは, より正確, ジエィンが, チチコフの, バスコ・ダ・ガマ以上の, 且つ驚嘆, 世の, 今後の, 他の, 何れ九月に, 作戦の, 初めた, 北東の, 十二等官は, 只今それについて, 大ぜ, 実家の, 少しも, 州刺史は, 慎重に, 我々第, 改良すべき, 救いを, 東山道線および, 次男と, 法被は, 漠然と信長, 異見故障ある, 科学こそ, 聽衆の, 藤原が, 説明し, 諸外国, 謝罪した, 議案としては, 逮捕の, 電報の, 霊魂の

▼ 報告する~ (317, 6.9%)

19 ために 7 と, のです, ように 6 ことが, のでした, のを 5 のが 4 ことに, ところの, のは, のも, ような 3 こと, ことは, んだ, 必要は

2 [20件] からね, ことを, だけである, つもりであった, と司令部, と同役笹野新三郎, と平素, と支店長, と船長, と芝居, のであろう, の光栄, ほどの頓馬, 事に, 八を, 斯様な, 時は, 義務が, 者が, 都合上御

1 [182件] いわばスパイ, お梶様変死, から, からあぶない, からな, がいい, がともかく, が當てには, けれど見た, ことさえ, ことじゃろう, ことだ, ことだけしか, ことだった, ことで, ことであろう, ことなどは, ことには, さえ面晴れ, し自分個人, その言葉, ぞ, ためこの, ためであった, ためには, だけだった, だけで, つもりだ, つもりで, つもりである, つもりな, ということ, という工合, という書き出し, という点, といずれ, といっ, といわれました, とかの, とか云, とくるり, ところあり, ところが, ところだった, ところに, としよう, とその, とでは, とはっと, とほっと, とまもなく, とみんな, とカブラル, とキッピイさん, とサア・クリストファ・ロウレンス, と中丞, と主人, と主任, と云, と今度, と他, と兄, と共に翌日, と副, と又, と同時に, と善助, と大尉自身, と大弐, と奥さん, と姚, と将軍, と屋島, と巌, と市兵衛, と店, と張, と役人, と御用部屋, と忠通, と手足, と播磨, と新た, と李, と果たして, と泰親, と滅茶滅茶, と父, と町奉行所, と相, と県令, と藤四郎, と警部, と道之助, と重ねがさね, と重野, と長八, と関白, と麻田, どころか真実, などは海上, に, にある, にちがい, には, にはあまりに, には少く, には少なくとも, にもしかねる, に先立て, に当っ, に止まつ, に止め, に際し, のだった, のであった, のであらう, のである, のでわざとしばらく, ので法螺熊, ので湯屋熊, のに, のに大いに, のみである, の労, はずだった, はずも, ほかに, ほどの事件, ほど彼女, ものは, やうな, ようにと, よりもよっぽど, わ, わけには, を要します, んだい, 一人の, 一種の, 事は, 人が, 任務が, 処に, 刑事巨勢博士の, 前に, 務めが, 古歌, 場面が, 場面その他見物が, 将軍の, 小説を, 常どん, 役目を, 心持も, 必要から, 必要が, 必要の, 必要も, 手紙の, 折懇意な, 文を, 文書作成の, 文章の, 方法であった, 日が, 時にも, 時の, 機会を, 温度を, 湯田中の, 男が, 目付の, 神事の, 積りだ, 積りだった, 筈に, 義務は, 習に, 責任を, 貴重なる, 輕業小屋の

▼ 報告~ (289, 6.3%)

4 平次の 3 これで, それで

2 [12件] きて, こうであった, すんだ, その頃, そんなもの, そんな事, ない, なかなかくわしい, まだ続い, 人々の, 詳し過ぎます, 驚くほど

1 [255件] あとからに, あまりに予想外, あまりに悲惨, あまりに豫想外, ありませんか, いたく大王, いつもいくら, いつもしない, いつもネガチヴ, いつも世界, いつも同じ, いまだに思わしくない, いま発表の, うごかすべからざる事実, おそらく数百, おのずから小説部会, おびただしい数, かなり不正確, かれを, きまって同じ, きわめて多く, ことごとく魏, この仮定, これだけ, これも, これらの, これを, こんなこと, こんに, さすがに, さらに忠通, ざっとこんな, ざつとこんなものでした, ざつと此通りでした, しなかったが, しなくちゃ, しなくとも, しましたが, じつに重大, すこぶる要領, すべて惨, すべて私の, するさ, そこにも, そちが, その会談, その日, それが, それぞれに, それだけ, それだけに, それと, そろって, そんなこと, そんな耳寄り, たしかこんな, ただ見た, たつたそれ, つけ加えて, つづき更に, つぶさに魏王, できません, とっさの, とどいて, どうしても東京市, どうも, どうも虚報, どの位琴, ないか, ないかと, ないに, ないん, なお多分, なお完成, なかった, なかなかよく書け, なく出生, なく血腥い, なるべく早く, なるほど平次, なんでありました, ひかえようと, ほとんど見, まことに予想外, まことに有益, ますます微, また飛ん, まだマルモ隊長, まだ一つ, まだ出版, まだ続く, まだ纏まっ, まだ聞きません, みんなこの, みんなを, もつとく, やがて筆, インチキに, ペトログラアドで, 一向取留め, 一報ごとに, 一更おびえさせ, 一言も, 七割までは, 七日ほど, 上總屋の, 両軍, 主として文化, 事件の, 二三日後れた, 二度電話の, 今夜七時までに, 今日も, 以上で, 何の, 何らの, 何時に, 何時も, 余りに平凡, 余吾之, 作家らしく, 來ました, 俄かに, 俄然一座, 俄然輻輳, 信用する, 信雄が, 充分に, 入って, 全く大, 全く大変, 全体として, 八百頁に, 六分の一埋葬は, 共和制第, 具体的で, 出来ない, 出生率二八・三五分の一死亡率三〇・〇九分の一結婚率一三二・〇七八分の一を, 初期の, 前にも, 前のとは, 努めて, 労働に関する, 区々として, 十一日の, 半七, 単に合理的, 又もや乗組員たち, 受けなかった, 右の, 各県, 吉宗を, 同じこと, 和紙の, 四散した, 埋葬における, 執筆され, 報告そのものが, 大体こんな, 大江山課長を, 天聲君にも, 奇つ, 如何にも軍醫, 委曲詳細を, 寿平次が, 封書に, 小栗の, 左の, 巨細と, 帆村を, 常に不, 平次にも, 幻想的どころの, 役人仲間に, 彼れ, 後日に, 得られなかつたが, 念には, 思うつぼを, 思ひの, 急転し, 恐らくわが, 恐らく芳しく, 悲しや, 手に, 拍手を, 捜査本部の, 数が, 数カ所から, 日一日と, 日本人の, 昔の, 更に多かっ, 有名である, 来て, 来ないか, 極めて単純明瞭, 概してすくない, 横に, 櫛の, 残って, 残念ながら, 比較を, 永久に, 決して無駄, 沢山ある, 津浪の, 滞りなく, 澤山集め, 激しく葉子, 無論なに, 無電によって, 班長を, 甚だよい, 生々と, 生活の, 疑いも, 皆な, 皆悲壮を, 皆殆ど, 直ちにリット少将, 直接に, 相變ら, 矢ツ張り有馬氏當てで, 確かに, 確実に, 神谷が, 秀吉の, 私が, 私の, 穏か, 箸を, 米国に, 終った, 終わった, 結婚の, 聞かれたが, 聲色入りです, 芝居気満々たる, 藤吉郎から, 行届きました, 言って, 記録簿の, 詩と, 論理六〇と, 豫想した, 豫期した, 貴公等の, 赤色又は, 辰蔵の, 近くこの, 重大でした, 間違いだ, 頻々と, 餘り

▼ 報告~ (235, 5.1%)

4 の中, を出す 3 によれ, を出し, を書く

2 [22件] が公, である, なの, にはこう, による, に作り, に基い, に書い, に見え, の内容, の最後, をポケット, を作る, を寄せ, を手, を持っ, を提出, を書いた, を発表, を見, を読む, を送っ

1 [174件] から伺う, から作った, があっ, がどんなに, がのつて, がまったく, がコレ, が世界, が今年, が出来上っ, が到着, が呈出, が堆く, が必要, が日本, が来, が残っ, が焼かれた, が発行, が認められる, が赤インキ, くびく, しかつくれない, たしかに受取りました, だという, だの, であった, であったが, であるこの, であると, でございます, ですがね, ではなく, ではなくし, でも稼ぎ, で御, で明るみだした, で長文, とか独逸, として強い, として本官, として記憶, とであろう, となつ, とは符節, ともいうべき, とも名, とを速達書留, とバラバラ, とマルクス, と日記, と殊に, と照らしあわされ, と見, なぞ出され, などに依つ, などを読んだ, に, にあらゆる, にしるし, にすぎず, にその, にどうして, にのせ, には, にはせめて, にはみんな, には次, には藥, にも見え, にも見える, にも記憶, に何, に出, に接した, に書いた, に死亡時刻, に署名, に記され, に記された, に記録, に認め, の一節, の主, の主要点, の予定, の他, の入った, の具体的記述, の封筒, の性質, の方眼紙, の書き, の欄外, の次, の残り, の稿, の編輯, の記載, はうそ, はここ, はなお, はなかなか, はエリザベス, は内務省, は受け取る, は和文, は單, は本日, は次, は深夜, は當時世界, は白井, は私, は経費, は良子刀自, は裁判所, は麾下, ばかりであった, へなぜ, まで抜き取っ, めいた綴り, も作られた, も書き終つた, も順序, も飲酒, やその, や予審調書, よりももっと, をあの, をうそ, をこっち, をさしあげ, をたずさえ, をつくっ, をつくる, を一所, を丹念, を作っ, を作った, を信用, を出され, を出版, を前, を取上げる, を呈出, を奉つた, を引っぱり出す, を戦場, を手交, を掴む, を整えた, を書い, を書きあげ, を書き出した, を書き初め, を此, を焼い, を發表, を皆, を私, を綴織, を自分, を見せる, を見た, を見ない, を見る, を読み返し, を調べ, を載せ, を道案内, を集めた, を領事, 第一輯乃至第五十八輯

▼ 報告~ (189, 4.1%)

7 中に 5 中で 4 ために 3 うちに, 中にも, 方が, 筆者は 2 あとで, ための, やうな, ような, 中には, 内容は, 義務を

1 [147件] あったこと, あったよう, あった米国聯合艦隊, あった翌日, あるもの, いたるの, いつわりであったこと, いつわりでないの, うち一つ申し残し, うち六は, かげに, こと, ことばが, ごときも, ごとく人狐, それも, ためで, ためメキシコに, ため加瀬谷少佐の, ため各地を, ため日本領事館へ, ため東京へ, ため直ちに, ため私たちの, ため茶屋四郎次郎が, ため階下に, ため黒田如水と, とおり宗教狂女だ, ないところ, なかった, なかで, なかに, なかには, はいった時, ひとつは, ほうが後に, まに, もたらされた時, もつ興味, パンフレット, ボオタの, 一つは, 一文を, 一端だった, 一節に, 一部, 一部として, 上配慮を, 下書の, 中から, 中からも, 中では, 予行演習を, 余白に, 作成に, 使いだけでも, 値うちが, 公に, 公報は, 内容から, 内容に, 内容を, 冒頭の, 処置を, 出来る機会, 到着と, 前半は, 半ばまで, 印象から, 原稿に, 参考と, 嘘でない, 多くには, 多くは, 大要は, 大要を, 大部分, 如き事実, 寛永十一年阿波国板野郡神宅村の, 届いたの, 序に, 役だ, 後から, 急状二通, 性質に, 意味が, 手続を, 批評が, 控えを, 数が, 文章が, 斯界に, 方を, 日にも, 時であった, 時に, 時間に, 時間には, 更に附加, 書かれた一九三一年, 最後の, 期日も, 末尾に, 材料に, 構成主要部分を, 気持も, 汽笛を, 演説會に, 無い内, 片言隻句も, 片隅に, 直後に, 科学的な, 程度なら, 第五番目, 筆を, 紙片を, 紹介が, 結末が, 結果の, 緒論に, 羅列だった, 脱漏は, 脱漏を, 草稿を, 蚕卵紙を, 製作を, 要点は, 言葉から, 訂正を, 記事に, 証拠な, 試みに, 論文記事等の, 責任を, 載って, 通りで, 通りに, 通り見る, 開かれたページ, 際皇帝が, 電話が, 順序を, 顏を, 顔を, 類が, 類に

▼ 報告した~ (157, 3.4%)

8 のは 5 のです 4 ことが, のであった 3 のだ, のである, んです, 事が

2 [16件] あとで, がその, ことは, ところに, のであります, のも, まえ, ものが, 上で, 上御, 上父親の, 事も, 以外には, 娘の, 方が, 時の

1 [92件] うえまだ, か, からです, から一同甲板, から天草商事, から金サン, がおしまい, がそれ以来, がね, がやはり, がトルレス, が不利, が信用, が実に, が教授, が電話, ことと, すえ伴っ, そうだ, それでまもなく, だけで, だけです, だけのこった, ぢや, という, ということ, というとき, というの, とおりな, ときの, ところがその, ところそれから, ところで, ところであった, ところは, とヤソ会側, と見え, と見える, のか, のが, のだろう, のち, のちブルジョア新聞は, ので, のであろう, のでした, のでしょう, のでたちまち, ので両親, ので大騒ぎ, ので次, のにこれ, のに最後, のに端, ほうが, ものだ, ものであろう, ものです, ものも, もんだ, んだろう, ガラッ八, 一節である, 上応援を, 中で, 事實でありまし, 人が, 処に, 大暴風雨, 奴が, 小説は, 彼奴の, 後で, 後庶民には, 感謝の, 手紙に, 探偵は, 故人の, 文中に, 文面の, 時その, 時ちつ, 時平田氏は, 樣な, 者で, 者をば, 話から, 通りであった, 通り左背中の, 通り頭の, 鎌田氏の, 際キュリー夫妻の

▼ 報告~ (104, 2.3%)

3 ありません, して 2 あって, それで, ないこと, なかった, 凡そ掴みどころ, 受けて, 急に, 決して嘘, 火先が, 現われず社会

1 [78件] あった, あやふやに, あります, ありませんでしたから, あり或いは, ある, あるから, あるに, いずれも, いづれも, ここで, した, しないだろうと, しないで, しなかつた, しなければ, しまた, すぐその, すでに出, すべて一致し, すべて又四郎に, ずっと先, せずすぐさま, そう信じさせる, その元, その有望, できないうち, できないの, ない, ないところ, ないの, ないので, のべてから, はいらないと, またこの, また単に, やがて終りかけ, わずかに, フランスの, 似ったり, 何を, 偽りに, 入って, 入っては, 入らなかった, 内申で, 出た, 出て, 同時に齎された, 国元の, 報告も, 多くの, 大して變, 大事と, 大体に, 尠から, 届いて, 平次に, 待ちきれぬよう, 得られず生きた材料, 忘れて, 持って, 本人が, 来て, 母との, 淡々たるもの, 源次と, 無かつ, 當に, 碌に, 終ったあと, 聞かないが, 聞きとりあえず, 若干含まれ, 英文で, 訪問客も, 説明も, 載って

▼ 報告され~ (58, 1.3%)

16 ている 7 ていた 3 ていない, てくる, て来た

1 [26件] ここに, てある, ています, ておらず, ており, てから三百年, てだれ, てなる, てみる, ても向っ, てゐる, てブダペスト中, て以来, て忠相, て来る, て火曜日, て長い, また千八十九人, んで, ジイドの, 一挙熊本を, 同時に好色破邪顕正, 女の, 時には眉, 永松氏も, 私達の

▼ 報告~ (51, 1.1%)

2 聞いて

1 [49件] あつた, いちばん熱心, お雪ちゃんが, かえって外国側, これに関する, すると正義党, その筋, その長文, ともかく一道, どうしても二十歳, ふれたよう, みると, ゆうべの, わかって, アラスカ沿岸の, スパアニッシュ・フライの, ダンカン・マテスン主任と, フリッツ将軍の, 丹波の, 事実は, 云ったよう, 今年の, 偏屈人とは, 充実した, 共産党海軍の, 出動した, 初めて判った, 名高くなった, 想像された, 既に, 東京の, 次の, 気付いたの, 洟を, 皇帝は, 知ったから, 知るよう, 私を, 筒井の, 紀久ちゃんが, 終って, 終り, 終始した, 解ったの, 証明されます, 警察から, 錢形平次と, 院長も, 駐在巡査が

▼ 報告~ (41, 0.9%)

1 [41件] ある, いうよりは, おなじこと, おなじもの, さして相違, その六年前, それに, それについで, なったの, なって, なるの, なるべくわれら, ほぼ同様, まったく同時に巡査, 一致し, 云ったものの, 休養とに, 作品, 内命に, 合わせて, 合わぬこと, 善後策について, 大差ない, 完全に, 感謝を, 捨てぜりふの, 救護その他軍事上の, 新しい着物, 歴史的検討とによって, 江戸表の, 礼に, 私の, 致します, 討論, 討論とを, 記事とを, 警戒とを, 身許調べの, 違いない, 階級意識への, 青木家の

▼ 報告された~ (38, 0.8%)

3 がその, のであった 2 ところに, のが, のは

1 [26件] が火の玉, ことは, ぢき, ところによるも, と見え, のだった, のであります, のである, のみであった, ほどの豊饒, ものが, ものであろう, ものでした, リストが, 出生の, 初雪なる, 四十何篇かの, 庸三の, 数である, 数を, 時昔ナポレオンの, 第一話, 美作苫田郡高野村の, 通りこの, 青竜王と, 馬鹿に

▼ 報告によって~ (36, 0.8%)

2 そのこと

1 [34件] いろんな問題, この島, これを, その下手人, それぞれの, であった, はじめて気づいた, まだ灯火, ニッポンへ, 事件の, 事実なる, 件の, 国王は, 宿場の, 居ながらに, 弟や, 急速な, 新たな, 日本の, 明かに, 明らかに, 書くん, 江戸の, 疑う余地, 白骨からは, 私の, 米軍の, 至って危, 見ると, 見れば, 討伐隊にも, 賢吉少年も, 驚いて, 黒田官兵衛が

▼ 報告には~ (34, 0.7%)

2 脱漏が

1 [32件] いくらも, おどろきも, かなり濃厚, この点, すっかり力, それらの, つきり, なにか確実, まだあと, アナウンスの, 一番乗とは, 与八の, 何んか, 偵察長も, 別条も, 半七, 大きな脱漏, 嫉妬を, 左の, 平次が, 思ひも, 思わず驚き, 更により, 本島アイヌも, 概して参考品, 次の, 泡も, 簡単ながら, 興味が, 若干の, 規則性が, 農家五七子供四〇五人で

▼ 報告文学~ (30, 0.7%)

1 [30件] からわれわれ, があらわれ, がかかれた, がきびしい, がそのもの, がもたらされ, が小説以前, が書かれた, が書けるであろう, が若い, であるが, であると, というもの, としての意味, とならん, とのちがう, とは全く, に求めよう, に近づいた, のこと, のよう, の人間的要求, の問題, の要点, は報告文学本来, へとりつかれた, をかく, を作りあげ, を発表, を軽視

▼ 報告から~ (27, 0.6%)

3 見ると 2 刺戟された, 自分の

1 [20件] あなたの, こういう確信, して, また三十年, 余談などが, 其決断を, 割りだした敵機, 小説が, 小説を, 帆村が, 弁護に, 彼が, 得ました, 忠実に, 推して, 日本の, 綜合算出しまし, 考えだしたこと, 見れば, 計算された

▼ 報告しよう~ (27, 0.6%)

4 とする, と思っ 3 とした 2

1 [14件] かと相談中, じゃないです, という注文, とうれしく, とこう, とし, としてもがい, となん, と彼, と思う, と思った, と思っとる, と思つて, と思つてサ

▼ 報告では~ (27, 0.6%)

2 ない

1 [25件] お気の毒, こけ猿, ございませんの, ササドリ及び, ネン木は, 二十二三歳と, 些細に, 元気な, 出生の, 同一家族, 密林中に, 小坂部に, 少しも, 当時京都に, 敵の, 新聞調査の, 月世界は, 満足しない, 男子と, 私は, 移民の, 精神異常の, 過去一年間理論と, 高射砲も, 高木さんは

▼ 報告~ (23, 0.5%)

2 たる大西君

1 [21件] たる半, たる地位, であるといふ, でなければ, でもない, としての存在, として自身, のよう, の役目, の意, の説明, はいろいろ, はかかる, はドリアン, はニュウ・オランダ, はルカーチ, は一気に, は其の, は更に, をあの, ノ言葉モナルベク保存シ

▼ 報告しなけれ~ (22, 0.5%)

13 ばならない 3 ばならなかった 2 ばいけない 1 ばならないでしょう, ばならぬ, ばなりません, ば相

▼ 報告にも~ (20, 0.4%)

2 現われて

1 [18件] ありました, ある事, そって, それぞれその, たいして耳, なりは, ぼんやり匂わし, またその後本年二月農科大学, キザと, 万七の, 仕方が, 外国で, 接した, 接して, 接しないが, 接しなかった, 耳を, 見当たらず従って

▼ 報告すべき~ (19, 0.4%)

2 ことが, 何物も

1 [15件] あらゆる材料, ことも, ものと, 一層重大, 主な, 事柄の, 事柄を, 大切な, 早坂の, 時機に, 用事を, 筋合いな, 義務が, 要件を, 重大任務を

▼ 報告せられ~ (15, 0.3%)

8 ている 1 ていた, ておらぬ, てから正風, もした, 周防の, 東京中の, 解説せられ

▼ 報告~ (14, 0.3%)

1 [14件] あつかいなどよりも, あなた方の, ちょっとした生活上, ブロクルハースト氏が, 方位報告が, 書中の, 毛沢東の, 注意を, 燉煌絵画の, 発表が, 衛生局の, 貞盛の, 通報や, 願書の

▼ 報告~ (13, 0.3%)

1 [13件] に, にある, にしるす, にて最も, には既に全然, によい, にブリュヌゾー, にボンニエー, に各, に大きな, に掲げられた, に鳥取県, のにせ

▼ 報告~ (13, 0.3%)

1 [13件] からどんな, でしょう, に, には次, の中, はおそらく, も作られ, をこしらえ, をもっ, を手, を打っ, を読ん, を載せ

▼ 報告したい~ (11, 0.2%)

2 と思う, のです 1 ことが, ことも, と思います, と思ひます, のじゃ, のでございます, 驚異が

▼ 報告~ (11, 0.2%)

3 のだ 2 のであります 1 のだった, のであった, のでさぞ, のです, ので私, んだ

▼ 報告させ~ (10, 0.2%)

2 て巧み 1 その中, てあった, ていました, ておいで, てくれない, て巧, て表面, 自分は

▼ 報告~ (10, 0.2%)

2 な文章 1 なおしゃべり, なこと, なまた, なもの, な告げ方, な職員会, にふれられる, に通じた

▼ 報告される~ (9, 0.2%)

1 から王, だけでも徳川, に相違, のであれ, はずであった, はずである, ままに, 筈だった, 言葉を

▼ 報告すれ~ (9, 0.2%)

2 ばよかっ 1 ばそれで, ばよろしい, ば大統領, ば宇治, ば終わる, ば良い, ば諸君

▼ 報告せられた~ (9, 0.2%)

1 ことが, ような, 事である, 佐渡の, 信州松本の, 北河内の, 所では, 武蔵井, 通りで

▼ 報告として~ (9, 0.2%)

1 この司令室, ひどく簡明, 一般に, 作品評価が, 公けに, 昨夜であった, 相当の, 素人の, 行き詰った文学

▼ 報告しなかった~ (8, 0.2%)

1 かいな, が, ことは, じゃない, のだ, のです, ように, 分を

▼ 報告します~ (8, 0.2%)

2 がこれ 1 から, がおどろい, とお巡りさん, と船, と警官たち, 本船左舷後方三海里許距つた海上に

▼ 報告だけ~ (8, 0.2%)

6 では 1 して, で警察本署

▼ 報告により~ (8, 0.2%)

1 かねて, わかるならば, ラック大将の, 低気圧, 支那に, 検察当局では, 正成との, 真先に

▼ 報告演説~ (8, 0.2%)

2 の中 1 が, だけで独占, の内容, を, をすれ, をなす

▼ 報告しない~ (7, 0.2%)

1 ことは, だっていい, つもりじゃ, ではいられなくなった, のです, ほどだ, 前に

▼ 報告したら~ (6, 0.1%)

1 さだめし太守, そのうち, それは, どういうわけ, 何うでしょう, 或は農民

▼ 報告だった~ (6, 0.1%)

1 かいう, から景気, がケイサツ, が長谷川, そうだ, ので小田さん

▼ 報告とは~ (6, 0.1%)

1 かれら, どういうこと, 他ならず, 何である, 彼に, 相違が

▼ 報告以上~ (6, 0.1%)

2 の手掛り 1 にここ, に此處, に紙屋, のこと

▼ 報告いたしました~ (5, 0.1%)

1 うえで, がここ, さあ行っ, とおり敵機らしき, ので退屈男

▼ 報告しろ~ (5, 0.1%)

3 という 1 といわれるであろう, などという批評家

▼ 報告せね~ (5, 0.1%)

3 ばならぬ 1 ばならなかった, ばなるまい

▼ 報告~ (5, 0.1%)

1 がね, ぜ, なということ, ようむ, 甲野さん

▼ 報告でも~ (5, 0.1%)

1 ある, あるの, きくよう, するやう, するよう

▼ 報告という~ (5, 0.1%)

2 のは 1 ことは, ところへ, のが

▼ 報告よりも~ (5, 0.1%)

1 お松宛の, 一の, 彼女の, 更に驚愕, 特色を

▼ 報告~ (5, 0.1%)

1 が行われた, のとき, の時, は校長, を開催

▼ 報告~ (5, 0.1%)

1 一卷第三十ページ, 一卷第八ページ, 十一号に, 十一號に, 四の

▼ 報告されました~ (4, 0.1%)

2 が半次 1 が結核菌培養, ので名人

▼ 報告しなく~ (4, 0.1%)

1 たってベル, てはと思った, てはならない, てはならん

▼ 報告だけに~ (4, 0.1%)

1 とどめて, 万に, 参りました, 眼を

▼ 報告であっ~ (4, 0.1%)

1 てでたらめ, てもとより, ても決してそのまま, て其発堀

▼ 報告であった~ (4, 0.1%)

1 がきょう, にちがい, のです, ようだ

▼ 報告である~ (4, 0.1%)

1 から新聞社, と言っ, 古代于, 淡路氏向性検査法による

▼ 報告できる~ (4, 0.1%)

2 ように 1 かもしれん, つもりです

▼ 報告といふ~ (4, 0.1%)

2 のは 1 ものは, 事は

▼ 報告によ~ (4, 0.1%)

1 つてモリソン號の, つて支那を, つて直ちに, つて輕氣球と共に

▼ 報告ばかり~ (4, 0.1%)

1 であって, で一体, もたらした, 聞いて

▼ 報告以外~ (4, 0.1%)

1 さらに種々, にまだ, に新, の新

▼ 報告~ (4, 0.1%)

1 上げたきは, 上げた次第, 上げて, 上げました

▼ 報告~ (4, 0.1%)

2 を営んだ 1 があります, がまつり

▼ 報告通り~ (4, 0.1%)

2 それからが 1 には解しかね, もうずっと以前

▼ 報告いたします~ (3, 0.1%)

1 からお, わ, 論文によって

▼ 報告かたがた~ (3, 0.1%)

1 つけ加えて, 少々談判, 行きました

▼ 報告しあわせ~ (3, 0.1%)

1 てかの一紙, て寺社方, て芸運長久

▼ 報告しました~ (3, 0.1%)

1 がそれ, のでただちに, ので明智探偵

▼ 報告じゃ~ (3, 0.1%)

2 ないか 1 いまにも息

▼ 報告せよ~ (3, 0.1%)

1 といふ, と命令, と夫人

▼ 報告せられる~ (3, 0.1%)

1 ことにな, のだ, のを

▼ 報告だけを~ (3, 0.1%)

2 して 1 すると

▼ 報告です~ (3, 0.1%)

1 か, からドコ, から森

▼ 報告とが~ (3, 0.1%)

1 お邸, 一通り済んだ, 告げて

▼ 報告どおり~ (3, 0.1%)

1 に聞け, のまっ黒, 第一

▼ 報告なさる~ (3, 0.1%)

1 とき, ように, んです

▼ 報告など~ (3, 0.1%)

1 あったので, 純情を, 聞こうとは

▼ 報告などは~ (3, 0.1%)

1 獨り, 聞きたくないと, 興覚めな

▼ 報告などを~ (3, 0.1%)

1 ききながら, 読んで, 頼まれて

▼ 報告における~ (3, 0.1%)

1 それよりも, 分類は, 周知の

▼ 報告までも~ (3, 0.1%)

1 するん, 概して信, 済まして

▼ 報告やら~ (3, 0.1%)

1 また数日前, 開業具体案などの, 頗る周到細密

▼ 報告よりは~ (3, 0.1%)

1 思想の, 情調情緒の, 眼八が

▼ 報告出来ない~ (3, 0.1%)

1 のだ, よ, 人は

▼ 報告材料~ (3, 0.1%)

1 には困らない, はもう, を拵ら

▼ 報告用紙~ (3, 0.1%)

1 にはどんな, をにぎっ, を抜き出し

▼ 報告申し上げ~ (3, 0.1%)

1 かつは, て後日, て御

▼ 報告~ (3, 0.1%)

1 が一切, に不, の事

▼ 報告資料~ (3, 0.1%)

2 たりき 1 を調べ

▼ 報告がは~ (2, 0.0%)

2 ひつて

▼ 報告さえ~ (2, 0.0%)

1 あった, すれば

▼ 報告させた~ (2, 0.0%)

1 ほうが, 方が

▼ 報告させる~ (2, 0.0%)

1 ことと, ように

▼ 報告し合う~ (2, 0.0%)

1 ことに, のである

▼ 報告し合っ~ (2, 0.0%)

1 たりお揃いで, て役目

▼ 報告すべく~ (2, 0.0%)

1 京都へ, 神楽坂署へ

▼ 報告するだ~ (2, 0.0%)

2 よ海事裁判法

▼ 報告するだろう~ (2, 0.0%)

1 からそれ, な

▼ 報告~ (2, 0.0%)

1 てやれ, て上げなく

▼ 報告せざる~ (2, 0.0%)

1 を得ない, を得ぬ

▼ 報告せし~ (2, 0.0%)

1 はまた, むる方を

▼ 報告せず~ (2, 0.0%)

2 にはいられない

▼ 報告せん~ (2, 0.0%)

1 とす, とせる

▼ 報告そのもの~ (2, 0.0%)

1 が一つ, の主題

▼ 報告とて~ (2, 0.0%)

1 必ずしも信ずる, 目鼻が

▼ 報告とともに~ (2, 0.0%)

1 フランス大使が, 古在教授

▼ 報告と共に~ (2, 0.0%)

1 平家方の, 最後の

▼ 報告なぞ~ (2, 0.0%)

1 に耳, は検事

▼ 報告などが~ (2, 0.0%)

1 あって, あるけれども

▼ 報告などに~ (2, 0.0%)

1 かけづら, 忙しい時期

▼ 報告なんか~ (2, 0.0%)

1 宛に, 待っては

▼ 報告について~ (2, 0.0%)

1 いちいち論評, ちょっと言う

▼ 報告のみ~ (2, 0.0%)

1 であった, ならずダルメイダ

▼ 報告ぶり~ (2, 0.0%)

1 は変, をわき

▼ 報告より~ (2, 0.0%)

1 信頼出来る, 前に

▼ 報告らしい~ (2, 0.0%)

1 ものは, ものも

▼ 報告事項~ (2, 0.0%)

1 が終り, のよう

▼ 報告書類~ (2, 0.0%)

1 などで埋まっ, に署名

▼ 報告正直~ (2, 0.0%)

2 なる日記

▼ 報告申し~ (2, 0.0%)

1 ておく, 上ぐるはずに

▼ 報告~ (2, 0.0%)

1 が鐘楼, を投下

▼ 報告~ (2, 0.0%)

1 である, もあった

▼ 報告議案~ (2, 0.0%)

1 が書かれなけれ, の内容

▼ 報告~ (2, 0.0%)

1 がある, を同人

▼ 報告~ (2, 0.0%)

1 にこの, のもの

▼1* [209件]

報告いたして置きます, 報告いたしたく一筆認めました, 報告いたしたら宜しいで, 報告いたすべきでしたがいかにもどうも, 報告いたそうという今回, 報告誓い申しあげて, 報告おきねがう, 報告および提案が, 報告解釈か, 報告かたがた千早のうち, 報告かたがた目下おおよそいかなる, 報告かたがた相談に行きました, 報告かたがた禮を述べ, 報告かも知れないね, 報告からは何を, 報告がをはると, 報告きょうあけがた, 報告ぐらゐ聴いて, 報告ふあけがた, 報告これこれということ, 報告されさわぎはだんだん, 報告されたぎりで各作品, 報告された如くこの大学, 報告されなければならなくなっ, 報告されれば敦信, 報告しうる者も, 報告しかそこに, 報告したかつたのです, 報告したくなつた, 報告したくないが軍人, 報告したらしいんだ, 報告したらしく階下の, 報告したる功により, 報告しつづけて行こう, 報告しましたら古参の, 報告しませんからあなた, 報告しよう知らないものを, 報告し合おうとの約束, 報告し終ればこんど, 報告し足りない様子です, 報告じみた言葉を, 報告すべきだと考えた, 報告すべきであると思った, 報告すらある, 報告するすんだと, 報告するであろう事までも, 報告するよろこびを持ちます, 報告せぬうちは, 報告せられたる所謂最後の, 報告せるものまたは, 報告せんちゅう法ある, 報告せんではない, 報告せんならん思て, 報告だけが殘つた樣子です, 報告だけしか読まれなかった, 報告だけで足りるので, 報告だけでもして, 報告だの煙火師対お, 報告っきり出来ないじゃ, 報告のを, 報告であり神嘗は, 報告でありますッ, 報告できやしないよ, 報告でさえその中, 報告というばかりでなく兄夫婦, 報告としては細心精到, 報告とでもいったよう, 報告とにききいった, 報告との手記を, 報告とをかねて, 報告どおり一様にえぐりぬかれ, 報告どおり南部名物くまの手踊り, 報告なさってかまいません, 報告なさったことと, 報告なさればよろしい, 報告などというものは, 報告などには一向さしたる, 報告などにもその傾向, 報告などの乏しい材料, 報告なども夥しい, 報告ならその事実性, 報告ならびに提案が, 報告なるものは, 報告において脱漏によって, 報告につれて心を, 報告にとこれへ, 報告によりて知りその, 報告によるにかつてベッセル, 報告に対して自然な, 報告に従い犬に, 報告に際してもそれを, 報告ねがいたいものです, 報告のみでなしに, 報告のみにリアリティを, 報告のみを以てしても, 報告ばかりが集って, 報告また先の, 報告または論評を, 報告まで自分の, 報告までを申しあげまする, 報告みたいなもの, 報告めいた文書を, 報告もうけていない, 報告もっとも自然に, 報告やらで一枚一枚違ふ, 報告らしいですよ, 報告のであった, 報告をまで避けること, 報告をも持って, 報告を通じて思想感情を, 報告シ得ザルトキハ在京同志ハ悉ク明朝ヲ待タズシテ鏖殺セラルルコトヲ銘記セ, 報告ヨ, 報告ドキドキさせるよう, 報告ニ曰クプロフェッサー梶浦ノ仰, 報告本日午後十時マデニ報告シ得ザルトキハ在京同志ハ悉ク明朝ヲ, 報告一つで深夜海底, 報告一同打ち揃って, 報告けで, 報告三種を合わせ, 報告下さいまして家族, 報告不能であっても, 報告並びにその後一八一三年に, 報告中チャンドを見る, 報告中央委員会報告各地方支部, 報告事務を書い, 報告仕ります間余人共の, 報告会兼茶話会みたよう, 報告何と恵まれたるかな, 報告信玄公聞召し, 報告働く者そんな, 報告先づ明日夜名古屋へ出発, 報告全部が集まっ, 報告全部OKで十月, 報告でその, 報告十数例が掲載, 報告又は投書などには, 報告及びそれに, 報告号令の用語, 報告地方支部文学サークル協議会の, 報告困難配當觀念等の熟語, 報告将来への抱負, 報告山奈宗真岩手県沿岸大海嘯取調書, 報告座談会のよう, 報告の討論, 報告感想集があっ, 報告批判があった, 報告提案した, 報告から差引く, 報告文体に作り上げた, 報告文学日記がのりました, 報告文学本来の客観的, 報告文学的小説がのっ, 報告君擁立の, 報告書あとで見せ, 報告書みたいなもの, 報告書キサマか, 報告書作成の日, 報告書出して見せなさった, 報告書宣言などを片端, 報告書的のもの, 報告書見たいなもの, 報告書附録に載っ, 報告未着の東京府, 報告のこと, 報告機関のよう, 報告機関紙原稿料改正その他についての会員, 報告次第に依っては, 報告武谷軍医監の祝辞, 報告水上署への手配, 報告測定器の各項, 報告漫談をやれ, 報告の話その他, 報告申しあげてわが, 報告申しあげ辿りついた我が家に, 報告申し上げたらお二方, 報告申し上げましたように, 報告申し上げるが, 報告申上べくいつも, 報告番号による, 報告的描写に過ぎぬ, 報告的文章にあふれ, 報告的旅行記として勝本清一郎, 報告的確実さがある, 報告的進行ではなく, 報告示威糾弾を兼ねた, 報告終りてより, 報告を効果, 報告者ルカーチによる, 報告者熊毛郡視学西原為吉君をはじめ, 報告致さねばならなくなりました, 報告芸術の理論, 報告西南西にあたって光, 報告見たいなものの, 報告討論されたらしく, 報告記事は酒, 報告記載中の出来事, 報告記録が或, 報告誤りなから, 報告にいちいち, 報告論文の発表, 報告論文等を批判, 報告通り三日間は恩暇, 報告通り何の変化, 報告通り何んの變化, 報告通り酒屋の旦那, 報告集二冊をのこし, 報告電話を受理, 報告願いましょうか, 報告の文章