青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「妖怪~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

如き~ ~如く 如く~ ~如し ~如何 如何~ 如何なる~ ~如何にも 如何にも~ 妓~
妖怪~
~妙 妙~ ~妹 妹~ ~妻 妻~ 妻子~ ~妾 妾~ ~姉

「妖怪~」 1190, 13ppm, 8559位

▼ 妖怪~ (220, 18.5%)

7 ように 4 ような, 事実を, 正体を, 種類を 3 ことを, 本性を, 正体は

2 [15件] ごときは, ごときも, ために, 一種に, 原因を, 味は, 噂を, 姿が, 所為と, 所為の, 書き方が, 正体見, 真相を, 研究は, 話を

1 [158件] あらわれるの, あること, うわさに, ことだ, ことである, ことに, それの, たぐいであろう, なにを, はなしを, また他日, まま君臨し, やうな, やうに, ようで, ようでございます, ようにも, ヨブスマも, 一つに, 一つは, 一分子一元素にも, 一方の, 一族と, 一種なり, 一種の, 一部分には, 三軍連合し, 世界である, 世界に, 中で, 事で, 事実に, 事実の, 二種あり, 二種が, 仕業か, 仕業であるらしく, 仕業でしょう, 仕業です, 仕業に, 作った歌, 作用に, 作者は, 偽物である, 偽物を, 八九分どおりは, 凄さ, 凄みで, 出て, 出るはず, 刃の, 分類に, 化身かも, 原因の, 原理を, 口の, 喚きや, 声だ, 声と, 声を, 大部分, 如く滲み出, 姿に, 存否と, 学問は, 学林に, 実在する, 実験談を, 家に, 屋根, 巨魁と, 巨魁に, 幻影を, 幻灯仕掛けに, 怒りに, 思想も, 性質と, 怨恨に, 悪戯に, 意味で, 感じは, 或る, 所業なりと, 所業なりや, 所業に, 所為に, 手から, 手伝いする, 探索などという, 新事実, 方から, 方が, 方は, 暴れた跡, 有無を, 本城と, 本尊は, 本性, 果たして妖怪, 根拠を, 棲み家, 棲処に, 業だ, 様だ, 樣だ, 機嫌を, 正体も, 母と, 災ひ, 為事が, 玉を, 現象と, 現象に, 町だった, 病的感, 百数十年前の, 眼の, 研究と, 研究よく, 祟りは, 種類に, 種類について, 究極する, 符牒で, 精微かつ, 総数およそ, 総称に, 群れが, 翼の, 聯想が, 腕を, 蘊奥を, 融通無碍な, 行列を, 見破る通り, 解釈を, 誘惑でござる, 説あり, 説明にも, 説明を, 談を, 贋物ばかりを, 逞しさ, 道理を, 部類である, 酒盃は, 霊を, 音らしく感ぜ, 顔が, 顔や, 類か, 類かも, 類であった, 首じゃぞ, 首でござる, 首を, 高笑いの, 魅入る可

▼ 妖怪~ (99, 8.3%)

14 して 7 あらざるもの 4 あらずして 3 あらずと 2 あらざること, 仮怪, 捕えられた師父, 満たされて, 足の

1 [61件] あらざるを, あらず, あらずかえって, おびやかされたせい, おびやかされてから, かしずかれて, すぎないの, つきて, どことなく愛敬, なったので, なった一JO, なって, よく似, わが人類, アズキアライと, 付き纏われた, 会うこと, 会ったんだい, 似た生, 入れて, 出あいすでに, 出会った, 出会ったの, 出逢ったらば, 出逢って, 出逢わないとも, 出遭ったよう, 取り憑かれた彼ら, 向かわせたその, 喰われようと, 囚はれ, 奪い去られ悲しい怖, 属する事実, 引き戻されて, 怖れ, 悩まされはじめてから, 悪鬼に, 憑かれたよう, 憑かれたらしい, 憑かれて, 接触する, 極った, 至っては, 至るまで, 襲われれば, 贋物ばかり, 近かった, 迷える児童, 迷わさるるは, 逢い這, 逢う資格, 逢った事, 逢って, 逢つたも, 逢ひ, 過ぎず, 過ぎないの, 関したる夢, 限らずあらゆる, 魅いられ, 魅された

▼ 妖怪~ (96, 8.1%)

3 信ぜざるもの, 招く法 2 減ずるの, 画くにも, 見た, 退治し, 退治する, 退治て

1 [78件] あやつる張本人, あるよう, おんみ, なすには, もって, モティフに, 一掃し, 不必然, 作り出だす力, 作ること, 信じかつまた, 信じない父, 信じる人, 偽造せし, 呼び起こすに, 多くする, 妖怪創作家としての, 実地に, 実地について, 実視した, 射とめるには, 射る件, 尽くすこと, 御報道, 感じて, 打破し, 払い去りて, 招くの力, 持って, 持出すので, 探したり, 接見せん, 描いて, 描きだして, 斬りしが, 書いた作品, 有しなかった, 棒大に, 残らず亡ぼして, 残らず退治, 現じ出だす, 現出する, 生むの, 畫い, 畫くにも, 確実に, 神の, 絶ちかの, 考へ出したであらうか, 聞くが, 聞くこと, 表現する, 製造する, 見たの, 見て, 見る, 見届けたの, 覘って, 解して, 解し迷信, 解釈する, 解釈するあり, 語らうと, 語ろうと, 説かないが, 説明しきたりて, 説明せん, 論ずるや, 追うこと, 追ったと, 退けたいと, 退散させた, 退治せ, 退治る, 逃がすな, 造り出す故, 鎮めたと, 除く法

▼ 妖怪~ (82, 6.9%)

4 なって 3 いいあるいは, するもの 2 するに, なりて, 宗教との, 思って

1 [64件] いいます, いい仮, いい真, いい誤怪, いう, いうべきもの, いって, いつわって, きめて, し真に, すること, するの, するは, する譚, せざるもの, どうして手, どっちが, なしその, なしたるも, なすもの, なすものの, なせし, なっても, なってる二, なり現, なるの, みとめた場合, 事異, 云えば, 云ふも, 仰せられますは, 信じたこと, 信じて, 信ぜられ相州, 古猫, 幽霊の, 心理的妖怪の, 思うて, 思ったので, 思違ひ, 感じ又, 抜く手, 断定し, 根比べを, 申されますは, 申しますると, 申すと, 申すもの, 知るは, 称し生理学, 称する, 称するもの, 結びつくの, 考へた様, 考へる事, 見あやまって, 見えるかも, 認むるものをいうのである, 認めたるもの, 誤認し, 迷信とは, 間違えたに, 闘うよう, 闘って

▼ 妖怪~ (56, 4.7%)

2 真の

1 [54件] あたりを, あるかないかについて, この内, すなわちこの, すなわち妖怪, すなわち迷信, そのとき, その衣裳方, たいてい内外, たいてい網羅, できない, どうしても一種, ないの, なかなかこの, なにもの, ますます跋扈, みなかく, みなこの, みな普通の, みな理外の, むしろ可愛い, シナの, シリアの, 一種の, 動物学植物学生理学に, 塔の, 天地自然の, 天文学地質学気象学に, 妖怪であっ, 妖怪の, 少しも, 形を, 徳利に, 心理学の, 心願の, 我人の, 日本固有の, 朝に, 本質から, 沖縄にも, 波石相激し, 物心相対の, 生理学に, 籠って, 純正哲学を, 絶対の, 自分ひとりの, 蓑火である, 誤って, 諏訪の, 退治した, 長髯, 雪どけの, 驚きたる様子

▼ 妖怪~ (49, 4.1%)

3 姿を 2 あらわれて, あるもの

1 [42件] あって, あらわれたらば, あらわれる, ある, あるとも, いて, おれの, そこから, それである, だんだんに, ふとどこ, へんに, また出た, よほど特別, 付いたの, 住んで, 出そう, 出たよりも, 出なくなりましたのね, 出る, 出るか, 出るそう, 出るだろうと, 出ると, 出るという, 出現す, 前世界, 声を, 多くなる, 宮門に, 有ればこそ, 来て, 歩いて, 潜んで, 現れ累々, 瑣細の, 生れやしないかなぞと, 美しい源氏, 腰かけて, 自分に, 蹄に, 隠したという

▼ 妖怪~ (41, 3.4%)

3 の目的, を研究 2 と美術, の本尊, の本尊説, の研究, をもっ

1 [25件] が独力孤立, として講述, と宗教, と諸学, と関係, にあり, にしく, にてはなに, にて妖怪, に関して起草, のいわゆる, のこと, の効能, の本尊たる, の範囲, の解釈, の講義, の進歩, は万学, は宇宙, は応用心理学, は私, は迷信, を講じ, を講述

▼ 妖怪じみた~ (36, 3.0%)

2 恐怖を, 純粋の, 調味料を, 長火鉢の

1 [28件] ところが, もので, ものであった, ものです, ものにしか, ものまで, 不可解な, 不快の, 不気味さである, 人間と, 凄い所, 印象を, 厭らし, 執念を, 奴が, 奴がを, 奴は, 姉を, 年増女の, 幻想と, 感情な, 死骸を, 眺めだらう, 老女, 老婆の, 色を, 酸漿色の, 頭脳の

▼ 妖怪~ (19, 1.6%)

2 な日本的思考法

1 [17件] なところ, なもの, なオモムキ, な傷, な先祖, な凄味, な出現, な夢幻的, な宗教, な実相, な強, な強がりの, な感, な潜入, な現象, な負傷兵, な遺物

▼ 妖怪研究~ (19, 1.6%)

4 の結果 2 に着手

1 [13件] に取りかかった, のため, の一助, の必要, の志, の看板, の起こる, はいかにも, はかかる, は万有普遍, は余, もこの, をもっ

▼ 妖怪ども~ (18, 1.5%)

2 の間

1 [16件] が, が殲滅, だらう, で李, に今, に会った, に向, の迫害, は, は例, は依然として, は又, は歯, も二十一匹, も片端, も皆

▼ 妖怪屋敷~ (18, 1.5%)

2 の評判

1 [16件] から脱出, と申す, と称せられ, に宿泊, のたぐい, のなか, のよう, の一例, の出来事, の実験談, は全国各地, も原因, や廃墟壊屋, を探検, を照らす, を見る

▼ 妖怪~ (16, 1.3%)

1 [16件] いそう, すくなからざれ, すべて油気の, その國, みなこれを, みんな一しょくたで, 一つの, 一度そち, 付け込むすき, 出ないだろうと, 力弱り, 及びがたい, 国々の, 容易に, 起こるよう, 非妖怪

▼ 妖怪~ (16, 1.3%)

2 をし

1 [14件] がある, さえ云い伝えられた, であったり, というもの, になっ, に近い, の信拠, はたいてい, は一人, めいたこと, や幽霊物語, を好ん, を掲載, を演説

▼ 妖怪~ (12, 1.0%)

1 [12件] がなく, がはらまれ, が十分, といったよう, とも言, と云った, はさらに, をただよわし, を充分, を具え, を有し, 深く陰性

▼ 妖怪~ (10, 0.8%)

2 とここ 1 がそば, と思った, と足, なんて云う, のと, よ眼, わたしの, 妖怪だ

▼ 妖怪では~ (10, 0.8%)

2 ない 1 あるまいと, あるまいという, ござらぬ, ござらぬか, ござらぬ人間, ないかという, ないが, ないと

▼ 妖怪なる~ (10, 0.8%)

3 ものを 2 ことを 1 こと疑いなし, も天地自然, やいなやを討究, やを自ら, 一本だ

▼ 妖怪~ (10, 0.8%)

2 の巨魁, 偽怪 1 にて真, にはこの, に偽, に火柱, の妖怪, の最大妖怪

▼ 妖怪~ (9, 0.8%)

1 いずれただ者, いずれ唯者, キリキリ正体, 人間か, 人間かという, 何かの, 存じませぬが, 悪魚, 狒々か

▼ 妖怪じみ~ (9, 0.8%)

3 ている 2 て動きだす 1 てしまった, てゐる, て巨大, て立っ

▼ 妖怪とは~ (9, 0.8%)

1 いたって広き, 不可思議不可知的の, 人外の, 信じられませぬ, 幽霊狐憑きの, 有形的物質の, 無形的精神の, 狐火鬼火の, 甚だ縁遠く

▼ 妖怪めいた~ (9, 0.8%)

1 ものに, 不可視的人物が, 夢幻的な, 感じを, 異形な, 相貌も, 醜さ, 頭蓋の, 黄色っぽい

▼ 妖怪不思議~ (9, 0.8%)

1 とする, と思いたる, と称し, と称する, と速断, にし, に属する, の一種, は絶無

▼ 妖怪という~ (7, 0.6%)

2 ものは, ような 1 なり, ものに, ものも

▼ 妖怪すなわち~ (6, 0.5%)

1 上方の, 仮怪, 偽怪, 憎悪を, 真怪, 誤怪

▼ 妖怪である~ (6, 0.5%)

2 という古来 1 からもし, がこれら, と思った, や否や

▼ 妖怪~ (5, 0.4%)

2 あつた 1 ござります, そのみつ, でも

▼ 妖怪なりと~ (5, 0.4%)

2 信ずるもの 1 いう, 断言する, 申して

▼ 妖怪にも~ (5, 0.4%)

1 いろいろ変り種, おびやかされたが, その種類, まさる奴, 交渉の

▼ 妖怪~ (5, 0.4%)

3 あられも 1 変化が, 狐狸変化の

▼ 妖怪沙汰~ (5, 0.4%)

1 あるは, となった, となり, を起こし, を起こした

▼ 妖怪であろう~ (4, 0.3%)

2 と思った 1 か万一, と言い合った

▼ 妖怪でも~ (4, 0.3%)

1 出そう, 出て, 変化でも, 蕃人でも

▼ 妖怪とも~ (4, 0.3%)

1 つかないよう, 不思議とも, 見るべき上海亭, 間違へたに

▼ 妖怪などを~ (4, 0.3%)

2 信ずべきもの 1 好んで, 承認しない

▼ 妖怪なれ~ (4, 0.3%)

2 が身 1 ども学理, ばその間

▼ 妖怪には~ (4, 0.3%)

1 切りは, 少しとてつもない, 目の, 足が

▼ 妖怪事件~ (4, 0.3%)

1 がある, については多く, については特にそう, の大略

▼ 妖怪事実~ (4, 0.3%)

1 のうち, を御, を捜索研究, を本誌

▼ 妖怪博士~ (4, 0.3%)

1 が入り来る, が渡英, とでも言う, と呼ばれ

▼ 妖怪現象~ (4, 0.3%)

1 となっ, にし, になる, もここ

▼ 妖怪變化~ (4, 0.3%)

1 と見せ, の恐ろしい, の非凡, の魔物

▼ 妖怪退治~ (4, 0.3%)

1 に出かけ, の命, の場所, や妖怪探索

▼ 妖怪あつかい~ (3, 0.3%)

2 にする 1 をした

▼ 妖怪あり~ (3, 0.3%)

1 との予想, との論, の論者

▼ 妖怪ござんなれ~ (3, 0.3%)

2 と臍下丹田 1 と右

▼ 妖怪として~ (3, 0.3%)

1 ゐます, 犬を, 登場した

▼ 妖怪なし~ (3, 0.3%)

1 と断言, と論定, の論者

▼ 妖怪ならざる~ (3, 0.3%)

1 なきほどに, ものその, ものを

▼ 妖怪より~ (3, 0.3%)

1 ゃあおふくろの, 余程怖い, 論ずれば

▼ 妖怪~ (3, 0.3%)

1 には誰, のため, は互いに

▼ 妖怪~ (3, 0.3%)

1 でしという, でしゆえ, で紋兵衛

▼ 妖怪宅地~ (3, 0.3%)

1 すなわち化け物屋敷, の中, も

▼ 妖怪~ (3, 0.3%)

1 たる呉青秀, たる嘴, たる決死

▼ 妖怪~ (3, 0.3%)

1 と云っ, と云われる, の天井裏

▼ 妖怪じゃ~ (2, 0.2%)

1 ないの, 乃公は

▼ 妖怪その~ (2, 0.2%)

1 中央の, 理由を

▼ 妖怪たち~ (2, 0.2%)

1 は逃げ, も忽ち

▼ 妖怪であっ~ (2, 0.2%)

1 て人間, て独立

▼ 妖怪でござる~ (2, 0.2%)

2

▼ 妖怪です~ (2, 0.2%)

2 私は

▼ 妖怪とか~ (2, 0.2%)

1 変化とか, 理外の

▼ 妖怪との~ (2, 0.2%)

1 恐怖に, 関係は

▼ 妖怪などという~ (2, 0.2%)

1 ものは, 比較的強烈

▼ 妖怪などの~ (2, 0.2%)

1 ために, 上に

▼ 妖怪に対する~ (2, 0.2%)

1 意見を, 研究を

▼ 妖怪に関する~ (2, 0.2%)

1 事実を, 人々の

▼ 妖怪わし~ (2, 0.2%)

2 は五雷天心正法

▼ 妖怪事項~ (2, 0.2%)

2 を集め

▼ 妖怪出ずる~ (2, 0.2%)

2 といいし

▼ 妖怪~ (2, 0.2%)

1 した水, して

▼ 妖怪学研究~ (2, 0.2%)

1 の方法, の目的

▼ 妖怪~ (2, 0.2%)

2

▼ 妖怪~ (2, 0.2%)

1 参なれ, 取り調べ相成る趣

▼ 妖怪心理的妖怪~ (2, 0.2%)

1 に至っ, の二種

▼ 妖怪思想~ (2, 0.2%)

1 が入り, を起こさし

▼ 妖怪~ (2, 0.2%)

2 を見

▼ 妖怪探索~ (2, 0.2%)

1 に着手, を思い立たせた

▼ 妖怪~ (2, 0.2%)

1 がその, の宿る

▼ 妖怪物語~ (2, 0.2%)

1 などをなしおりし, も

▼ 妖怪~ (2, 0.2%)

1 が夢幻以外, はかなり

▼ 妖怪的対象性~ (2, 0.2%)

1 によって我々, を賦与

▼ 妖怪的對象性~ (2, 0.2%)

1 によつて, を賦與

▼ 妖怪~ (2, 0.2%)

1 の不思議, 怪は

▼ 妖怪~ (2, 0.2%)

1 はどう, はどうも

▼ 妖怪蜘蛛~ (2, 0.2%)

1 はやがて, は紙帳

▼ 妖怪~ (2, 0.2%)

2 現わし

▼ 妖怪~ (2, 0.2%)

1 するところ, するもの

▼ 妖怪~ (2, 0.2%)

1 が頭, の妖怪畫

▼ 妖怪趣味~ (2, 0.2%)

1 というの, を描き出し

▼ 妖怪迷信~ (2, 0.2%)

2 が多く

▼ 妖怪騒ぎ~ (2, 0.2%)

1 を起こす, 迷信沙汰を

▼1* [106件]

妖怪あって誑かそう, 妖怪あるかと問え, 妖怪あるいは無を, 妖怪いでいで仏師, 妖怪いよいよ来申したぞ, 妖怪かと彼は, 妖怪から身を, 妖怪からの成上がり者には, 妖怪くさい恐ろしい美人を, 妖怪さながらの嘉門, 妖怪だろうか思え, 妖怪だ逃がすな, 妖怪ってお宅, 妖怪であったに相違, 妖怪でありさうし, 妖怪であれ幽霊であれ, 妖怪でないことに, 妖怪でなくむしろ妖怪, 妖怪といった方が, 妖怪とてもトッテカモまたは, 妖怪となせるの, 妖怪とに充ち満ちた人間, 妖怪と共にするを, 妖怪のじゃ, 妖怪なきがごとく唱うる, 妖怪などありしと, 妖怪などが屋敷の, 妖怪などではございますまいか, 妖怪などは社会現象中の, 妖怪なにほどのこと, 妖怪なりとも考えがたき, 妖怪なんかおりませんよ, 妖怪なんて云うもの, 妖怪について非常に, 妖怪によって食い千, 妖怪ばかりとは限るまい, 妖怪みたいな子, 妖怪めいたはためきをし, 妖怪もしくは故意的妖怪なる, 妖怪よろしくの体, 妖怪らしく蒼ざめた顔色と, 妖怪をも併記する, 妖怪一ツタタラは毎, 妖怪不意に飛びかかりし, 妖怪中人の最も, 妖怪事件十余項を抜粋, 妖怪二本足のある, 妖怪に向かっ, 妖怪以上の何, 妖怪怪は, 妖怪なん, 妖怪に魅入られぬ, 妖怪出没の噂, 妖怪創作家としての日本民族, 妖怪博士蛭田でした, 妖怪取り調べ報告の, 妖怪佐壁忠臣と, 妖怪図絵の中, 妖怪で野蛮人ども, 妖怪たる大目村, 妖怪報知書類中に得たれ, 妖怪変幻のよう, 妖怪学上における哲学, 妖怪学上宗教と哲学, 妖怪学総体についてはお話し, 妖怪学講究の目的, 妖怪学講義でも見たら, 妖怪実さんが, 妖怪は村, 妖怪て時として, 妖怪幻覚錯覚精神異状泣き中気, 妖怪幽霊というもの, 妖怪幾匹おられたか, 妖怪庄太郎の帰宅, 妖怪怪人が行手, 妖怪恐ろしき良心とは, 妖怪いたる由, 妖怪攻究会とかいっ, 妖怪がある, 妖怪も山茶, 妖怪氣分も大好き, 妖怪狐狸の類, 妖怪などに現, 妖怪的ぢやない, 妖怪的動物と申し, 妖怪的図画を一覧せり, 妖怪的性格なん, 妖怪的説明を与える, 妖怪的飢餓病とのみあっ, 妖怪研究会を設け, 妖怪研究会員の一人, 妖怪研究会員豊原氏の実視, 妖怪というもの, 妖怪自動車はやがて, 妖怪蝉蜻蛉蜘蛛の巣, 妖怪行列ありて, 妖怪談中に最も, 妖怪をひと, 妖怪に近い, 妖怪なり, 妖怪迷信中には全く, 妖怪ひ來, 妖怪退散の祈祷, 妖怪雑種のこと, 妖怪の者, 妖怪鬼魅と闘う