青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「如き~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

好み~ ~好む 好む~ ~好ん 好ん~ 好奇~ ~好奇心 ~好意 好意~ ~如き
如き~
~如く 如く~ ~如し ~如何 如何~ 如何なる~ ~如何にも 如何にも~ 妓~ 妖怪~

「如き~」 11351, 123ppm, 860位

▼ 如き~ (2028, 17.9%)

16 實に 12 固より 10 その最も 7 その一例 6 明かに, 是れ 5 他の, 眼中に, 自分の, 非常に, 餘り 4 これに, これを, それである, 今の, 以て, 問題では, 寔に, 彼の, 殆ん, 純然たる

3 [22件] いずれも, これである, その例, ただに, どうならう, ない, もとは, 之を, 人の, 今なお, 今日に, 何の, 其の一, 單に, 如何に, 実にその, 我輩の, 支那の, 敢て, 時代の, 此の, 近代の

2 [101件] あらず, あるまい, ある年, あれほど, ここに, この地, すべてこの, その一つ, その代表的, その害, その推敲, その著しい, その顕著, それが, たと, まあ全然駄目, むしろ新, もとより眼中, カイビャク以来の, ワザワザ俗語を, 一個未了の, 一時間と, 世人或は, 世界を, 中, 主義あり, 事も, 二三種の, 亦豈, 亦閣下, 人間の, 人類の, 今や立場, 今日の, 何という, 何人も, 何物でも, 余の, 侯の, 全く肉筆画, 共に材幹手腕, 其一例である, 其著しい, 凝る氣, 別に職業, 到底言, 則ち, 剋殺である, 即ち此, 即ち此問題, 原と, 又安んぞ, 取るに, 古い時代, 唯だ, 問題と, 啻に日本, 多からじ, 多くの, 実に世, 室町時代から, 實は, 寧ろ後者, 少くとも, 当時の, 彼れ, 彼等の, 徒らに, 御丁寧, 思想交通の, 恐らくは潔癖, 恐らくは閣下, 手を, 抑, 抑も, 断じて不可, 斷じ, 明に, 明らかに, 明白に, 最も割, 最も有名, 札幌でも, 殆ど有無さ, 法案其物既に, 特に甚, 理性の, 男自身の, 皆この, 真にその, 真淵, 神の, 神経未熟の, 私の, 職工二人許り, 芸術家に, 誠に見る, 路傍の, 金と, 露国の, 須藤氏が

1 [1638件 抜粋] あえて最初, あまりに不自由, あらじ, あらゆる時間性, あり得可, あれで, あわれむべき小心さ, いささか外聞, いまだ陳腐, いわずとも, およそ意味, かうした考, かかる性格, かなりの, かの, けだし賢人, ことにその, この四年間, この寺, この日記, この理由, この美し, この通り, これが, これまで, これ学問の, これ皆俗中の, さう, さらにも, すこぶるこれ, すでに論じた, すなわち耳, すべて公然, そうだ, そのズッ, その主要原因, その初演, その原作, その学殖詩藻, その後も, その悲劇, その明智, その特色, その番頭, その知能上, その美し, その道に, その適切, その首領, そもそも言う, それであります, それの, それ自身矛盾した, たかの, たしかに殺人狂, ただ教育, たまたまこれ, つとに日向掾, どこにも, なお安価, なるたけ人, にやにやし, はなはだ佳し, ひとり飛騨にのみ, ほとんど古河, ほんの一, まことに芸術, まさしく戦後派新人, また一方, まだいう, まだまだ言う, まっくら, むかしの, むしろない, むしろ初め, もし久米, もっとも彼, もっと鞏固, もと文壇, もはやわれら, やかましい湖, やむを得ない場合, よくよくの, わが品格, わざわざ起き, われわれの, カッフェー特別号なる, ゲーテには, シナ的君子の, ジッとして, ダメだ, ドイツ的に, ハルトマン自ら認め, ミミヲカクシタマヒキの, レミ, 一に, 一個人の, 一応これ, 一方より, 一時研究會の, 一歩を, 一画工に, 一羽の, 一部一法二五, 一面は, 万世を通して, 万葉に, 三國志の呉志孫權傳黄龍二年に, 上から, 下弦の, 不完全の, 不道徳なり, 世間が, 両者ともに, 主を, 主観融合の, 乱世に, 事実上藩閥の, 二人と, 二抱へも, 云はずとも, 五十年前に, 五穀草木を, 交通不便の, 亦清國, 人文史上の, 人生何物の, 人間天賦の, 今から, 今年十五である, 今日は, 今日絶版に, 他に, 以前から, 位の, 体力芸力の, 何と, 何れも, 何度重版し, 何程の, 余らの, 余り多く, 作文である, 佳作なりき, 俳優には, 僅に, 元と, 先験的観念論である, 全くこれ, 全く主人, 全く俳句, 全く我, 全く無視, 全分, 全然問題, 全身疵だらけで, 公債の, 公平な, 其ため国力の, 其の主要, 其の冠たるもの, 其の勵精, 其の意味, 其の語氣, 其一人である, 其價値の, 其初め實に, 其尤なる, 其性質に, 其文飛動を, 其最も, 其趣に, 内外の, 冬に, 出来るだけ, 初期微動繼續時間の, 到底了, 到底彼等連歌師, 剋殺の, 前法, 劈頭の, 努力の, 動物に, 勸めたい, 勿論歳月, 勿論迷信, 十五世紀に, 千六百二十五年に, 午過, 単にその, 単に文人意識, 危険にも, 即ちこれ, 即ち之, 即ち其の, 即ち凝り, 即ち夫, 即ち然, 即舊文明, 却って客, 原則として, 参謀本部の, 反動である, 受動的抵抗力として, 古くから, 古代の, 古史神話が, 古書の, 古色を, 可なりの, 右は, 同じ筋目, 名は, 名所の, 君位の, 吾人が, 吾等窃かに, 命に, 唄の, 唯空しく, 啓蒙の, 啻に萬物, 四五人の, 国土の, 国民自身が, 土御門家の, 地下道を, 場中第, 売るため, 外交上の, 外国人で, 多く健康, 大丈夫そんな, 大劇場, 大変精しい, 大抵な, 大枚五両の, 大衆文芸の, 天寶以後の, 天性慈善の, 夫である, 奇想湧く, 奧州の, 女流小説家の, 妄想の, 始から, 嫌悪が, 学校教育の, 孰れ, 完全に, 官僚の, 実に不完全, 実に人間, 実に惨, 実に終局, 実に鶏群中, 実際に, 客觀の, 寒くなる, 寧ろ最も著しい, 寧ろ自由黨, 専ら広告, 小生手製の, 少數, 尤も楊雄, 就中最も, 山の手に, 左樣では, 巧言を以て, 市井間有り勝ちの, 帰朝以来今日まで, 常に新造, 幅僅かに, 平安中期なら, 幼少の, 幾度その, 広く一般社会人, 廃し, 当局者の, 当然予想, 彼, 彼を, 往く時, 後の, 徐庶の, 徳川時代の, 心理學の, 必ずしも意, 忘られ, 思いも, 思慮の, 怪み訝る, 恐らくは油画, 恰も岡山, 悪魔である, 惜福である, 意の, 愚なりと, 愚痴ッぽい, 憤激の, 我が国の, 我が邦, 我史学史の, 我物である, 或は學生, 戦後大変に, 所謂分福の, 承天廣運聖徳神功肇紀立, 拘引當日同人の, 持って, 支那以外の, 政治上の, 散佚し, 數術中の, 文字的に, 文学芸術の, 断じて戒めざる, 新式江戸ツ子とでも, 既にその, 既に解放, 日常起臥の, 日本の, 日本国民固有の, 日本民族が, 早くかかる, 明治の, 易々たる, 春が, 是等人民の, 時代精神と, 晩方に, 景色より, 最もひん, 最も信じ, 最も嗤, 最も慎むべき, 最も甚だしき, 最も舊, 最も驚くべき, 最卑最小, 有るも, 服装を, 木下杢太郎きしの, 未だ有らざる, 未開時代の, 本来筋の, 本紀, 林内閣の, 架空の, 桶狭間の, 極めて必要, 極めて特殊, 極端に, 概ね例外, 次第に低い, 止め度なく, 正しく始末機関, 正にモリエエル, 正治建仁の, 此に, 此問題の, 此標山を, 此等を, 武州熊谷以来ちゃあ, 歴史が, 殆ど何, 殆ど問題, 殊に川止め, 毎々此, 比較的内容, 比較的遲, 水で, 江戸に, 決して公論, 決して明治以来, 決して背景, 決して詩, 法然が, 活ける学問, 浮浪の, 深く問う, 深山の, 湖の, 演劇と, 漱石文化圏の, 灯芯の, 無政府虚無主義, 無用の, 無謀も, 無雑作, 爪の, 片手に, 物を, 特に國語, 狂人のみ, 独りヘシオドスの, 独り芝居のみ, 猶全く其の, 率先し, 現に自ら, 現在各国で, 甚だ不用意, 甚だ稀, 生くる, 町人遊冶郎の, 畢竟一時, 畢竟藝術上, 當代の, 當然大, 疲労の, 痾を, 皆, 皇帝を, 目前の, 相書の, 眞の, 真に尊き, 真面目で, 知るまいが, 社会からも, 神人の, 神様に, 神話的英雄の, 私には, 科擧の, 空しい虚, 窒素性の, 第一, 第四次元, 粗とは, 素晴らしいもの, 細かい顫動, 絶えること, 総て釣遊の, 美的生活の, 翌朝の, 聖武天皇の, 聞えたる華美, 肉の, 肥料の, 能楽としては, 自ら, 自ら儒家と, 自己の, 自然界と, 至極尤, 花も, 苦しからまし, 葛下郡北部に, 蓋しそれ, 蓋し空前, 蚕神である, 蜉蝣といふ, 蟇が, 製作機構そのものが, 要するに偏狭, 見方に, 言はずし, 記載の, 誠に浅ましい, 読んで, 論ぜずして, 豈に, 豈学, 販路を, 責任感と, 贅を, 趣旨は, 身を, 辯證を, 近畿布教の, 速断たるを, 遂に堪えきれずなった, 運賃が, 道行きぶりを, 遺物發見の, 部下に, 酒の, 釋名に, 野獸の, 金甲の, 長次郎以来数代を, 開封陷落の, 間接中の, 陰陽の, 陸奧の, 隣接した, 雑草の, 非常なる, 面白い句, 鞍馬の, 音韻表記が, 領内は, 頭を, 顕昭の, 飲まぬ, 馬と, 驚くべき正確さ, 高潮した, 麓の

▼ 如きもの~ (951, 8.4%)

95 である 37 では 19 がある 15 であ 14 であると 11 であつ, でなければ 10 だ, であらう, でも 8 であった 7 なり 6 あり, があった, であって, であるが, であろう 5 があっ, だと, であるならば, であろうと, もある 4 となつ, となり, となる, に於, の後

3 [13件] ありと, か, があつ, であるか, であるから, であること, であるといふ, でしょう, となっ, によつて, の歩く, はない, を心

2 [49件] ありて, あるを, があります, が出, が押し寄せ, が有り, が有る, が考えられるであろう, じゃ, だった, であったから, であったと, であったの, であり世界, であろうか, でこれ, です, でなく却って, でなく現実, で夫婦, で有, で省察, で肉体, として作られ, なし, ならん, なれば, にすぎない, のやう, の中, の謂, はその, は全然, は實, は自由詩, は逍遙子, もあっ, もあった, もあり, も含まれ, わが如く, をいふ, をし, を嗜む, を必要, を意味, を書く, を用い, を靜

1 [492件] あって, あらば, あらん, あらんと, あらんや, ありき, ありしならむか, あり又, あるいは林間, あるいは短く, あるか, あるかと, あるは, あるべきは, ある故, いささかの, かとまさか, からである, から原始社会, から漸次生長, から生れ, から生れる, が, があったらしい, があり, があろう, がいかに, がいけなかった, がいたら, がここ, がとり, がど, がどんどん, が一杯, が一閃, が三方, が上演困難, が世界, が之, が二十人, が仄か, が今更, が俗法師, が全く, が其適例, が出来上った, が勃然, が勝敗, が吾, が吾が, が吾人, が喰いつきたい, が回答, が多い, が大体, が少ない, が必要, が我が, が戸外, が所謂世俗, が所謂映画芸術, が接近, が敢, が数百年間, が新しく, が既に, が暗に, が本學, が果して, が武士, が殖え, が混入, が滅多, が漂っ, が漂つて, が然し, が特別, が甚だ, が眞理, が社会, が空中, が苦しん, が見えた, が見はれた, が見出される, が貴下, が貴所, が重んぜられる, が階級闘争, こそかの対象化, さ, さう, じゃない, すらも手, その著作編述, ぞ, たるのみ, だが, だして, だったの, だつた, だという, だとか, だとも, だクク, だ思えば, であったらしく土地, であったろう, であった様子, であっては, であらね, であり, でありある, でありいかなる, でありたい, でありました, であり一切, であり且つ, であり動くは, であり又, であり巧まざる嘲弄, であり強者, であり後者, であり感染, であり才能, であり決勝戦, であり知識的, であるかは, であるけれども, であるとしても, であるの, であるので, であるべきであろう, であるべきでそこ, であるやう, である以上, である而, であれ, であれば, であろうこと, でここ, でこの, でさ, でしたがって, でしょう間食, ですからな, でつまり, でどんな, でない, でないこと, でないと, でないという, でなかつたなぜなら, でなくむしろ, でなくパトス, でなく客観, でなく彼, でなく類概念, でエマヌエル・カント先生, で一定, で云い表わそう, で交替爭鬪, で代表, で侮辱, で其, で再び, で別段, で又, で図, で奇形的, で当って, で必要, で情熱的, で相場以前, で相書, で腰, で藥劑, で言葉, で豆, で身, で遣り樣, で食, とおぼえ, とが区別, としか思われない, としてそれ, として又, として存在, となし, となった, となったらしい, とならね, となるであろう, となれり, とはならず, とはなれり, とは異, ともなり, とも見えね, と並べられるなら, と信じ, と同断, と場面, と思ひます, と思惟, と感服, と比較, と考へられた, と見, なければ, など全く, なの, ならざるべからず, なら誰, なること, なるべし, なれ我, にあらず, にさ, にし, にすなわち, につき何如, にてもその, にでも頼らない, になぞらえた, になっ, には相当, には胡麻, にもその, にも向けられ, にも物, によってしか築かれないだろう, に他, に倚依, に向っ, に基く, に堕する, に壁, に変え, に多く, に多分, に好意, に委ね, に対しては志願者, に対して本来何, に對, に就, に帰, に止まらず, に比する, に牽制, に用いられる, に矢瘡ひとつ, に置換, に肖像, に襲, に触れ, に詐欺, に詐欺同様, に迄祭, に雪, に雲龍, に非, のあるべき, のたのし, のみによって囲繞, の上, の何もの, の出現, の募る, の味覺, の嗜好癖, の多く, の多く存在, の好ん, の妻, の存在, の弊害, の数, の方, の模寫, の立っ, の絮説, の美, の記念, の間, はあらざるべし, はあり, はあるまい, はかよう, はとても, はと遠慮, はまだ, はみじめ, はもちろん, はもとより, はもはや, はよ, はよし, はわれわれ, は一切, は一軒, は世に, は今, は今度, は何, は侠客, は先生, は全く, は其の, は動詞, は即ち, は取っ, は名人, は唯, は在る, は夙く, は多く, は天下, は天来, は女将軍, は存在, は容易, は少なく, は必ず, は或, は戸隱, は所謂衆小理想, は抽象概念的, は既に大抵, は是天, は是非, は最も, は森, は死んだ, は殆ど, は決して, は漸う, は火星人, は無い, は無用, は畢竟, は皆神道, は目, は科学, は素より少し, は自分, は見ない, は見当らぬ, は読者, は豈, は金瓢, は食べ飽き, は高, までも明らか, めづらしき, も, もこの, もしかし, もしくは何等, もただ, もない, もほしい, も亦, も六十年, も実は, も形成作用, も有り, も歴史的, も決して, も獲, も現れ, も生じ, も矛盾的自己同一的, も考えられる, も見, も負っ, も遂に, やこ, わが眼, を, をあえて, をあて, をいう, をいっ, をつくりあげ, をつける, をむき出し, をも作ります, をも名づけ, をや, を上げ置く, を云, を今日, を付, を付け, を以て治療法, を仮定, を作つ, を作つて特別, を信じ, を信じなかった, を入れる, を口, を古, を呑み居し, を唯, を基本的態度, を失っ, を好む, を存, を完全, を実現, を寫し, を寫す, を對象, を建物, を弁証法的論理, を得べし, を得可, を怖, を感じさせた, を感じさせる, を感じる, を我國, を抱き, を持, を持った, を持つ, を指し, を提出, を撒き散らす, を支配, を明, を書い, を書いた, を服し, を根幹, を求め, を求める, を満, を焼きます, を理由, を着, を知らないで, を私, を稱, を穿き, を竹串, を組み立て, を経験, を結果, を纏め, を考えなけれ, を考える, を考えれ, を肴, を藤本, を街頭, を要求, を見, を見ず, を見ない, を見る, を見出す, を言, を記した, を読む, を謂, を載せ, を遠い, を遺した, を防毒マスク, を集める, を頬ばつ, を食べる, を鴎外, 一層深く, 即ち竪穴, 即是, 少し, 有り, 未だ以, 極めて多く, 概ね緑樹, 深く其至粋, 無きに, 無きにし, 無ければ, 男らしきもの, 立ち迷, 若くは

▼ 如き~ (616, 5.4%)

8 あり, これを 4 その一, またその 3 その一人, それである, またこの, やはりこの, 之を

2 [32件] ある, かつては, その一つ, その一例, その例, また同じ, また此, もとは, やはりその, わたくしは, 亦彼, 亦自ら, 今では, 先づ内閣の, 動も, 各派互ひ, 吾人が, 多くは, 孰れ, 実は海軍当局, 實に, 幸福の, 彼に, 或る, 旧来の, 昔二十幾人の, 是である, 普通の, 最近二年間の, 東京大阪に, 殺風景を, 矢張同

1 [513件 抜粋] あつた, ありしならむ, あり得ない, あるいは事前, あるいは散, ある特別, いたずらに小さな, いは, いひ過ぎ許, いまだ十分, おそらくこの, かかる代表, かなりの, かような, こういう歌調, こうして並べて, こうして釣, ここに, こと皇室の, この一貫, この全面目中, この地, この大勢, この平安京時代, この年代, この後者, この愛, この時捕虜, この種, この花, この説, この頭, これから推す, これに, これによって, これに従い, さしづめ確, しぬびごと系統, すぐれた意味, すっかり近代風, すつかり, すなわちその, そうである, その予, その事, その作為, その分家, その名, その実際, その御, その探偵小説, その時, その根柢, その精神, その純正, その結果, その茶趣味, その訳詩集, その軽, その過程, それぞれ自己の, それだけ, それで, た, ただこれ敵愾的精神, つまり下級者, なかなか修業的旅行, また一種, また同様, また恐らくは, また早くから, また焉んぞ, また盛ん, また邦人, みなこれら先住人民の, みんな基督が, もし中頃, もし独立, もって, もとの, もと平戸松浦家の, もと陵戸か, やはり乞食, やはり公民, やはり声聞師, やはり尺八, やはり昼, よくその, よごと, わざわざ西洋人, わたくしの, キリスト教文化に, シャツも, ジャイルス氏, チッポケ千万な, ディアズの, ピントを, ヱジプトアラビア印度等に, 一切自分の, 一国が, 一度は, 一日も, 一旦婦人参政権, 一枚の, 一歩を, 一犬の, 一面には, 七日八日の, 三方は, 上から, 上代には, 上流十數里に, 世界的に, 中の, 主として此連中, 之に, 乱暴は, 予などの, 事件前より, 事実そう, 事実は, 事實として, 二三日前より, 二百七十年以前島原始まっ, 五代の, 亦, 亦た, 亦俗説辨, 亦同じ, 亦噴火, 亦多く, 亦文時, 亦是, 亦此, 亦此源委, 亦然, 亦革命, 京出来を, 京狩野の, 京王電鉄会社や, 人によ, 人を, 人形ばかりが, 人足が, 人間社會に, 今の, 今夕は, 今日でこそ, 他の, 仙覚点の, 以前は, 伝説であっ, 何です, 何らあらためる, 何れの, 何れを, 余は, 佛語の, 作品への, 作者の, 例へば, 俊は, 信玄としては, 信長公が, 俳句においては, 偶然に, 僕などが, 元代, 元来は, 元来普通, 元来軍の, 充分に, 先子に, 先生が, 全くそれで, 其である, 其の一人, 其の主眼, 其の效果, 其の確固, 其ほど, 其らしい, 其一で, 其一である, 其一例だ, 其巧拙を, 其巫女としての, 其性質に, 其源を, 其禪宗を, 内地の, 再應辭退, 冬爼の, 决し, 出遊毎, 初めの, 判官は, 判斷を, 前に, 前代の, 前者で, 前記の, 劇場博覧会その他公開の, 勇者には, 勢の, 勿論その, 勿論趣旨, 北欧洪水説話の, 十分に, 十惡の, 南日本と, 単にかかる, 単に家郷, 単に美, 占ひ, 印度, 即ち最初, 原形は, 厳格に, 去年の, 又もし, 又誰, 古今無類の, 古典支那文を, 史家の, 右に, 各句, 各自に, 同じからざる, 同じく明治, 同じで, 同じ形式, 周密を, 呼び捨て又, 哲学者には, 唯吾人, 喪娶, 單に, 嘗て発売禁止, 四五の, 圈内の, 在来の, 地氣と, 地理學の, 外国文に, 多分この, 多分これ, 多年慣用せられたる, 大いにくす, 大いに遊行, 大体伝承を, 大抵は, 大概は, 大部分, 大阪方に, 大阪町人の, 大阪見物の, 好事家の, 婦人が, 実は個性表現, 実は宦人年羹堯, 実は左, 実は日, 家を, 實は, 實物について, 寧ろ山県系統, 寧ろ山縣系統, 将また, 将門, 小儒, 小栗に, 小高原, 少しは, 少し落ちつい, 屡々反覆, 岡崎氏と, 巻首及小口書題簽巻尾各相異, 常住坐臥常に, 幅僅かに, 幇匪に対しては, 平ヶ岳を, 平民に, 幸福な, 広く知られた, 延暦二十二年に, 張る氣, 当に, 当初からの, 形を, 形而上学的乃至, 彼が, 彼には, 彼らには, 彼等は, 後年彼らの, 徒に, 徳川家から, 心は, 必しも, 必ずこの, 必ずしも字数, 必ず其中, 必ず称賛者, 志賀島の, 恐らくは日本人, 恐らく起原, 悉く外来, 成程, 成立の, 我々に, 我々の, 我れ, 戒重城に, 或いは宮殿建築, 或は其, 或は此人, 或は諸君, 或場合, 所謂旦那方の, 手当てが, 手易く, 技術的に, 拙進而巧, 捕虜に, 控訴院が, 支那思想の, 支那通有の, 政府を, 教外別傳と, 教育の, 数々拙宅へ, 文政天保度の, 文芸家と, 新古今, 新婦が, 既に煙癖, 日本では, 日本に, 日本は, 日本政府海關税を以て, 旧訓, 明治当初の, 明瞭に, 昔から, 昔に, 春の, 昨年から, 是れ, 時々見廻り, 時期は, 更にその, 最も傑出, 有り天, 有り晝, 有る道理, 服中子を, 未だその, 未だ動かす, 未だ多く, 未然に, 本来は, 松尾明神の, 桂小五郎に, 極めて巧妙, 楽翁公が, 横臥位と, 正直に, 此が, 此の, 此処には, 此形である, 此日には, 武人の, 武帝の, 歴史的に, 殆ど子供, 殆ど確実, 殆ん, 母五百に, 比較的早く, 氏神を, 水の, 江戸時代に, 江藤氏と, 決してその, 決して進化, 活字板摺立御用係の, 活用は, 海口由良の, 海外の, 漢文で, 火車一類として, 無くなった, 無政府黨, 無限小でなけれ, 焦熱地獄に, 然りで, 然れ, 然樣, 爰で, 物好きな, 物理学にとっての, 犬神人として, 独逸人の, 王僧辯や, 珊瑚は, 現に欺かれ, 理解の, 甚だ力, 甚だ稀, 甚だ質素, 産額は, 畢竟牛馬, 當時の, 皆大阪, 皆殆, 矢張りそんな, 矢張りた, 矢張り天皇は, 矢張此一例で, 知識と, 石塔尾根を, 砂嘴で, 砂嘴を以て, 砥の, 確かに, 社殿大, 神に, 私が, 私も, 私方の, 称徳天皇崩御の, 立山から, 第一, 筆を, 算書を, 篠田君は, 簡易卑賤の, 米国に, 紅は, 素人が, 細君に, 結局は, 結局無用の, 羅馬に, 習作集は, 老人の, 聖武天皇の, 能く, 自らは, 自分の, 自然の, 色々と, 芹や, 若干此の, 英国の, 著しい一組, 著しい特色, 著述の, 蘭軒が, 蛙の, 被檢擧者, 西行法師の, 見るべし, 規律あり, 記録には, 詩集に, 詳しく写しこまか, 読まない前, 誰か, 誰かが, 誰が, 諸国の, 諸種の, 諸葛亮, 諸要素, 講壇に, 起きて, 近来世に, 近来長足の, 連綿として, 遺児を, 醫者兼業で, 金屬なれ, 関東の, 陽數を, 隋書に, 露西亜人は, 青春期いのちの, 非常に, 頗る保, 頭から, 馬の, 駿府に, 高からず, 高麗出身で, 魔の, 魚留, 黄泉津平坂の

▼ 如きこと~ (139, 1.2%)

10 では 3 あらば

2 [13件] あらしめば, あらむや, ありては, が予想, が力説, が感傷, でなければ, なきよう, はせぬ, は決して, を, を云, を敢

1 [100件] あらん, あらんとは, あり, ありき, あれば, か或は, があ, があった, があったなら, があります, があるなら, がない, が行われる, が言, が道義, こそ真, たえて, で儲ける, なかるべしと, なきよう華美, なき世の中, なし, なしとも, に対しては種々, に帰着, のみで, の到, はせられなかった, はその, はつとに, はとても, はない, はなかろう, はひとり, は一切, は不可能, は九州地方, は今, は他, は任那, は何人, は何等神, は先づ, は却って, は古今東西, は古史, は國民的, は多, は夢にも, は學, は平塚さん, は慎むべきである, は慎ん, は敢, は普通, は有り, は果して, は極めて, は此遊び, は注意, は無い, は無くなれり, は爲すべ, は甲, は絶対, は許すべからざる, は遙, は顧みられなくなった, もあつ, も入れられる, も困難, も無かるべけれ, をいう, をいうた, をした, をすれ, をなさず, をなせしや, をば許さざりしなら, を主張, を學んだ, を平然, を恥じざる, を意味, を指す, を為し, を為し得るなり, を真面目, を知らざる, を繰返した, を繰返す, を考える, を言, を説いた, を説く, 無かるべきのみ, 無き彼, 無くして, 無く静か, 聞くは

▼ 如き~ (135, 1.2%)

15 至っては 8 至つては, 至りては 5 於ては, 至ては 4 過ぎない 2 しても, なると, 作曲などを, 到っては, 於て, 比すべくも, 珊瑚の, 非ず

1 [74件] ああも, あらざるよりは, あらず, あらず一方, いずれの, いたれば, かうまで, この身, してやられる重大, その歴史, なるという, なれば, 上座を, 与えようや, 任して, 会って, 依れば, 依ろうと, 侮られて, 候ふ, 出来ましょうか, 到ると, 同じく遊び, 向って, 向つて, 嘉門如き, 大事の, 家を, 就いては, 就て, 岸邊には, 己が, 後ろを, 憤つて, 拘らず文章, 拘わらず何故, 接した時, 於ける農村工業化, 於ても, 曾て, 此勢を, 此口腐れ, 歯が, 殊なり, 比して, 比べては, 求む, 煩は, 由るのみ, 當つては, 盗み見られたり, 目も, 目を, 相当の, 相應, 真の, 策は, 至っても, 至るも, 至るを以て, 至れば, 至れり, 至れる, 負けて, 身の, 過ぎざりしなるべし, 過ぎず, 過ぎまいでは, 降るこの, 降る気, 限られて, 類する政治的, 食はせる, 黒髪の

▼ 如き~ (126, 1.1%)

4 見るべし 3 見る, 覚えて 2 いうの, して, 勸めたい, 感じて, 眼中に, 称して, 見よ, 覚えたり, 覺え, 覺ゆる

1 [96件] いい政治上, いうもの, いかにし, いふと, いふなり, うるさきもの, うろつかせ置いては, かしさ, かように, そう恐れる, たしなむタマ, つくりてくさ, なされますか, はらはらと, ひとは, みる, モミつぶす, 一方で, 一様に, 両個が, 云ふ, 使用し, 便と, 借りるの, 偶然の, 全く無力, 冠る, 初として, 初めと, 初めとして, 君は, 回顧すれ, 尚守り, 崇拝す, 左右に, 廃し, 待遇す, 得ば, 得んや, 徳治主義の, 念頭に, 思い起こさねば, 思ひ出させるでは, 恬として, 意に, 感ず, 憐れめど, 打たず願はく, 指して, 挙げねば, 挙げましょう, 挙げること, 挙げるだけで, 故に夫, 斜に, 斯くまでに, 望みて, 植うる, 欠いて, 沈めて, 発見した, 白日の, 相手に, 知るは, 磨くにも, 示せり, 穿ちフラネル, 聞き倉皇, 聞く, 致して, 苦として, 見ざるなり, 見た, 見たり, 見た時, 見て, 見む, 見ると, 見るなり, 見るに, 見るのみ, 見るのみに, 覚ふ過去, 覚ゆ, 覚ゆるから, 覺ゆ, 覺ゆるなり, 言うの, 許し他, 讀書土堀り, 蹴て, 近づけも, 送って, 除いては, 顧みず其心, 食ひ

▼ 如き~ (103, 0.9%)

4 に非 3 あり 2 である, ならん, なれば, にし, は, を例外, を現出

1 [82件] あらず, ありて, あれば, かもしれない, から何, から見れ, から飯, がある, がランタアン, が今更, が仏教, が出, が出る, が各地, が日本文学, が日本文學, が現われる, が皆さん, こそ真, すらある, であったという, ですら, でない, ではなかっ, でも天下, でも死罪, と大方, と雖それ, ならず粋道, なりき, にあたふべき, にて彼, にでもさう, にとつて, には口, にまで嘆息, に伴われ, に候, に分ろう, に大将, に拘, に至り, のいふ, のこと, のみ終に, の一命, の企て, の前, の妹娘, の比, の為, の為め, はなかりしや, は一挙, は全局, は古往今来他, は妻, は往々, は日本, は書物, は第, は自分, は苅谷氏只ひとり, へ両手, も商人, も珍しい, をいう, をお, をさまで, をもご, をもの, を二つ三つ処々, を寄せ付けぬ, を拉し, を指したれ, を捕へ, を称し, を稀世, を見出す, を迂, を造り, 興らぎるべし

▼ 如き~ (96, 0.8%)

8 諸の 5 例は 4 状ある 2 人を, 類或は

1 [75件] お家の, かもになる, ものまでが, サワギでは, 一命に, 世に, 世話は, 事あらん, 事が, 事実あり, 事実は, 事實あり, 事未だ必ずしも, 人な, 人なり, 人に, 人には, 人有つて來者の, 仕合でございます, 令を, 例素より, 冷静であります, 劇甚なる, 力には, 士もと流行の, 壮遊之を, 夢を, 好伴侶, 威迫を, 學説が, 実境, 彼なる, 後を, 心を, 思想精神から, 怪僧あり, 怪僧を, 情状を, 想いあり, 想像に, 意見は, 愛とを, 感あるなれ, 手に, 折檻あまり, 挙には, 擧には, 時代において, 氣を, 氣象を, 物語六道の, 状態で, 病なし, 相手では, 知つた事では, 知るところ, 禁令は, 竹ある, 良夜は, 葬儀は, 観ある, 言を, 詔を, 論を, 論者は, 諸種の, 趨勢であった, 身上に, 輩もと学術の, 輩子孫に, 輩年を, 逼仄なる, 階級的差別は, 頭では, 首まで

▼ 如き~ (83, 0.7%)

7 それである 5 ある 3 これである 2 その一例, 何物である, 其である, 即是

1 [60件] あって, ありまた, あり又, あるという, いかに絵画的効果, いないという, お納戸役, この俺, そうだ, そうである, その一人, その例, その好い, その著しい, その過去, それだ, それであります, ゐ坐わ, エロースの, 一つの, 一日夜の, 世間を, 乗るの, 今日まで, 他愛なく, 代表の, 例として, 先づ, 公刊され, 其の機關, 凡てなくならない, 出たので, 動機を, 半ダースかかっ, 厳存する, 及ぶ処, 大いにこの, 大の, 大問題, 大衆と, 嬉しさ, 惜福の, 掲げて, 故を, 是である, 有つた, 當時王維, 百人寄つても, 知って, 破るは, 穢そうと, 純粋な, 縱横無, 群衆の, 聞き知るはず, 見えるの, 讃美し, 近代智識人の, 連作を, 面でも

▼ 如き~ (73, 0.6%)

2 である

1 [71件] あつて, あらば, あり, ありて, あること, あるを, がいた, がひとり, がまるで, が一国, が何れ, が出, が出来ず, が最も, が現われ, こそ真, であったと, であつ, ですら, ではない, ではなかつただらう, で頤, ならむ, なり, にし, に取っ, に因つて吾人, に寄せ, に成れ, に物, に遇つて, のこの, の一躍, の児, の動機, の口, の姪, の感情, の態度, の精神的所産, の長子, は, はまだ, は主人, は其の, は又, は周, は多く, は如何, は感情, は斯, は日本史上, は更新, は真に, は自分, は蘭軒伝, は貂蝉, は集め, もあっ, もある, も世, も女占師, も巨人, をし, をすら足, を呪, を懐かしん, を生ず, を病, を見る, を解せざる

▼ 如き~ (73, 0.6%)

2 度量に, 運動なく

1 [69件] いさ, なる再, なる勇気, なる善, なる国民的美術的建築物, なる引力場, なる暗闇, なる板画, 事件を, 人格でも, 作家で, 動員は, 反れた了見, 哲さへも, 喝采だ, 困難を, 変動が, 大名も, 天才の, 威力, 威力の, 學者を, 巌に, 平原に, 建築で, 建築物に, 悪人を, 意思大心靈たる, 感化を, 成功だ, 成功を, 才が, 政党の, 新聞社が, 旋轉よ, 暴れの, 本源に, 毒刃の, 海原な, 混乱を, 演説に, 營造物の, 理想を, 發明を, 目標防衛の, 立法家も, 立法者も, 紅玉を, 罪悪を, 腹中の, 自覚を, 英断を, 英斷を, 荷の, 規模の, 謬見に, 軍事を, 都会とのみには, 都会の, 都会や, 銀杏の, 鑑定の, 間違いに, 陰謀を, 革命に, 音響を, 風貌を, 體繋辭傳が, 魔王と

▼ 如き~ (57, 0.5%)

2 を爲

1 [55件] あらず, あらば, あらんか, あり, あり其の, あるべしとは, あるも, があったなら, があつ, が想像, たる素より, なく人皆平等, なく翼, にし, にては決して, に努力, に在るなり, に心, に熱心, に營營, のため, の初め, の有, はコロボックル社會, は不可能, は予, は余, は到底, は前, は有, は無, は無かっ, は理, は申したく, は迚, は革命家, もありしなれ, も世の中, も出, も有り, も有る, を作, を做, を厳か, を口, を口ずさみ, を欲, を為せ, を爲す, を申す, を考, を行つて, を述べしや, 起るなり, 間々あるべし

▼ 如きその~ (49, 0.4%)

2 一例である

1 [47件] やうな, やや北, ゆえんは, 一つである, 一人, 一人なる, 一端です, 不可なる, 主を, 乱遂に, 乳房を, 事の, 例は, 処置毫も, 出所の, 口元の, 台, 名のみ, 君主こそ, 大胆無頓着なる, 失脚し, 学ぶ所, 容貌の, 尤も顯著, 後姿を, 心の, 性の, 怪物は, 意匠の, 文明の, 普通に, 最もい, 最も著しい, 最中には, 枝を, 流れを, 爲である, 理論を, 用意の, 男の, 真気, 空中に, 絶滅と, 罪これより, 罪は, 適例である, 釈義が

▼ 如き場合~ (42, 0.4%)

7 に於 2 ではどんな

1 [33件] あるいは喧嘩口論, があつ, がいわゆる, そのおのおの, である, においてその, においては反っ, においては否, には中, には人間, には日, には植物家, には直に, には私, にも其の, に夢, に対してセンカス・モア, に弁護士, に於い, に生ずる, に貧民, に際しては勿論, の情, の斯く, の經驗, はまちがっ, はもとより, も少から, をいふ, を想像, を指し, を指す, 即ち慾

▼ 如き~ (38, 0.3%)

5 がある, を呈する 4 を呈し 3 あるは, をな 2 あり

1 [16件] ありき, ありしと, あるもの, あれど, あれども, があった, があり, がありますなれ, なきに, なしと, もない, をなした, をなす, を呈, を呈せしめ, を示す

▼ 如き人物~ (36, 0.3%)

2 である, に依, に非, を描出

1 [28件] が作家, が双方, が政治家, が説い, こそ最も, であったかも, でさ, で勝つ, により, に向, に対してで, の出現, の身近, はやはり, は一党, は一黨, は博士, は学者中, は日本, は珍しい, もある, も出, を以てし, を尊敬, を山家, を生じ, を腐った, を送る

▼ 如き~ (34, 0.3%)

8 がある 2 あり, ありて, をな, をなし, を持ち

1 [16件] ありしに, あり就中一噴火口, があっ, がありました, なきに, に打たれるであろう, はあらざりし, もある, を与, を与へ, を懐いた, を抱かしめた, を抱かしめられる, を抱かせる, を深く, を與

▼ 如き状態~ (32, 0.3%)

2 にある

1 [30件] が至難, だそう, であった, であったと, であり一騎兵, である, であるから, では却つて, となった, なり, なるにより, なるべきを以て, に困臥し, に於, に発展, に置かれ, に自分, の来るべき, の荷物, は到底, は度々, は恋愛, は悉く, は疑い, は私, は解消, をなし, を以て数年間, を以て潔し, 故一旦

▼ 如き態度~ (31, 0.3%)

3 にて 2 を以て巧み, を取る

1 [24件] がノ, こそ大権干犯, であった, で両方, で人, で新妻, で私, で詩, に出る, に彼, の下, の正否, は一つ, は厳粛, もあながち, をとっ, をとるべからず, をもつ, を以つて私, を以て接, を以て西洋文明, を取り, を執った, を示せり

▼ 如き心地~ (30, 0.3%)

6 して, す 2 あるは

1 [16件] がし, が致しまし, さえした, し, した, したるが, すること, せらる, である, にや, に大悟徹底, のし, のせらるる, もしつ, も此夜頃, 何となく我身

▼ 如き有様~ (30, 0.3%)

2 であるから, であると

1 [26件] が毎日, ださうであります, だと, だ古風, であった, であったから, であって, でありますから, でした, ですね, ですゆえ, となっ, となった, となつ, なのね, なりしかどあたかも, なりしかば誰, なるを以て, にては天下文運, に虐待侮辱, に進ん, のところ, を呈した, を自分, を見せ, 故此無根

▼ 如き~ (29, 0.3%)

3 をなし 2 では存在, なり

1 [22件] がまた, が妙, したり, したるは, したる物, した窓, であった, でここ, とし, となる, になっ, のもの, の土偶發見さ, の崩れたる, の注ぎ, の笠, をとっ, をとり, をなした, を取, を許し, 及び作用

▼ 如きこれ~ (26, 0.2%)

10 なり 5 である

1 [11件] が人望, が魁首, です, なり然るに, なれども, に感ずる, は散文, は浪漫的演出, を今日, を理窟, 有りと

▼ 如き~ (25, 0.2%)

2 が宿る

1 [23件] でいう, でとりあげ, と云, と云う, のうち, の上, の動く, の卑, の底, の状態, は特に, もてこ, もて世に, をもた, をもっ, をもつ, をもて, を以て所謂, を以て田園, を持っ, を生ぜしめざる, 強い心臟, 懸けを以て

▼ 如き或は~ (23, 0.2%)

32 議員歳費増加案を

1 [18件] わが浮世絵, 乗合自動車の, 二十三日, 以て, 入美宮図, 副詞法より, 又天壇, 又宮島新三郎, 又重大, 後の, 橋場の, 浅草蔵前の, 田山花袋氏の, 短歌の, 罵る如き声, 菊池寛の, 郡虎彦氏の, 随一とも

▼ 如き記事~ (23, 0.2%)

7 がある 2 あり

1 [14件] が掲げられ, が有, が疊見, が見, が見え, が見える, が載せ, においてもこまか, によつて人, はない, や絵面, を傳, を發見, を載せ

▼ 如き人間~ (21, 0.2%)

2 を養成

1 [19件] が前例, が又, が時代, となった, に対して更に, に片付いた, に類似, のからだ, の力, の口, の思潮, の推測, の永遠性, の活動, の狂気, の眼気, の素質, の要求, は山内

▼ 如き思想~ (21, 0.2%)

1 [21件] が始終, が往来, が生れる, が著しく, が餘程一般, と相反, に変化, に屈服, の根柢, の清澄さ, の若し, の餘流, は一時, は世界, は之, は到底, は実に, は起りうべからざる, を俳句, を抱く, を有する

▼ 如き意味~ (21, 0.2%)

3 に於 2 でのよき, のもの

1 [14件] での演劇, において, においての真, において一つ, において概念的, において真に, に從つて, に真理, の愚禿, の紛乱, も確か, をもっ, を以て, を整わぬ

▼ 如きまた~ (19, 0.2%)

3 以て

1 [16件] この例, この類, これ, その一人, 北尾政美が, 喜多川歌麿が, 平新皇, 彼が, 往々この, 明治十二年大阪で, 独逸連邦成立の, 私も, 自分の, 遠く筑州, 遠く萩, 長谷川光信が

▼ 如き即ち~ (18, 0.2%)

2 これなり, 其の一, 其一なり, 其一人なり, 明白に 1 これに, その前後, 其例なり, 其例に, 愛の, 是なり, 是れである, 然り

▼ 如き~ (17, 0.1%)

1 [17件] ではこの, では産児, においてはこの, においては二〇歳, においては国, においては工業, においては年結婚, においては英, については事情, にとってはやはり, にとっては致命的, には一時的, に在, に於, は少い, よりも遥か, を近く

▼ 如き~ (17, 0.1%)

2 の言葉, の風采

1 [13件] が一豎子, であった, なればこそ, のマヂニー, の学芸, の文明, の美しい, の面, は直に, は道鏡, れの, れは, をし

▼ 如き性質~ (17, 0.1%)

6 のもの 2 を有, を示し 1 から社会的, の五人扶持, の勅撰, は逆, を士地, を持つ, を現

▼ 如き~ (16, 0.1%)

4 を呈する 2 がある 1 あり, ありき, のある, をな, をなし, をなす, を呈, を呈し, を爲, を生じ

▼ 如き事情~ (15, 0.1%)

3 の下

1 [12件] あるを以て, が無く, であったと, であるから, では何れ, なり, には立至らなかった, によって一, によつて, のため, や理由, を負う

▼ 如き人々~ (15, 0.1%)

1 [15件] が政治, でなければ, に限られ, の何者, の列, の才能, の精神, はそう, は一様, は人生, は或, は箇人主義, もある, を振り返る, を酔生夢死

▼ 如き~ (15, 0.1%)

2 して, にて云う, を立て 1 が岸, だった, でどなった, で末座, にて, にて君, にて烈しく, の頻, もあり

▼ 如き~ (15, 0.1%)

2 勢力な

1 [13件] 價値の, 内容の, 功の, 差別的博愛でなく, 時間的超, 智, 智に, 理解を, 禄の, 識低能の, 貞操観念に, 邪氣なる, 邪氣の

▼ 如き~ (15, 0.1%)

1 [15件] ざしで, ざしであります, して, で一寸余, で見つめ, で見られた, なざしして, の光, の裏, を, をあげ, をか, をみひらいた, を卓上, を爛

▼ 如き姿~ (14, 0.1%)

1 [14件] が快い, であった, である, で逝った, にて行か, に堕, は忘れない, もあまり, をくつきり, をなし, をもつ, を二人, を幻影, を顕し

▼ 如き存在~ (14, 0.1%)

2 である

1 [12件] か, が今, だが, だつた, といっ, となり, に比べ, に過ぎなかった, は, は彼, 及び形相そのもの, 薄いこと煙

▼ 如き感じ~ (14, 0.1%)

3 がする

1 [11件] そういうもの, であった, で強く, になっ, になり, を世間, を人, を受ける, を持っ, を與, 易きもの

▼ 如き~ (14, 0.1%)

2 主として藩閥, 然ら, 然り 1 その例, な半, ひと綴, 全然相反, 然らざる, 然りで, 誦す可, 読む者

▼ 如き事実~ (13, 0.1%)

1 [13件] が果して, でも万有引力, には全く, に関する風説, の早晩現出, の明治, の有り得べき, はまことに, は必ずしも, をも承認, を写し出す, を無視, を追随

▼ 如き其の~ (13, 0.1%)

2 冀望抱負常に, 向上精進毫も 1 一つである, 一である, 名のみ, 図を, 好む所, 実戦争を, 容体は, 窮屈さ能く, 語類に

▼ 如き~ (13, 0.1%)

1 [13件] 万の, 世界の, 切を, 動物から, 奇襲を, 怪物は, 渠なる, 疵瑕の, 薄膜と, 詩形が, 輩を, 隆起をも, 魚なら

▼ 如き~ (13, 0.1%)

1 [13件] でも, との二種, なりしなるべく, に比較, に短き, の世界, の用, は総て, を受, を所持, を採り, を買, 多し之

▼ 如き立派~ (13, 0.1%)

1 [13件] なお方, なもの, な人, な人格, な利子, な労作, な大著, な完成, な意味, な生涯, な由緒, な肩書, な遊技

▼ 如き~ (12, 0.1%)

2 がある 1 が示す, はあらず, はかつて, は實, は甚だ, は至る, もある, も他, を度々, を引い

▼ 如き勢い~ (12, 0.1%)

1 [12件] あるの, が剣, であった神戸, であります, でさ, で吠えかかっ, で詰め寄った, で鰡八御殿, なくまた, も出足, を以て今日, を呈するだろう

▼ 如き最も~ (12, 0.1%)

2 中心忸怩たらざる 1 具体的な, 威圧的に, 恐るべき天災, 機に, 洒落の, 深山の, 熱烈なる, 通俗的なる, 重大な, 鏖殺し

▼ 如き生活~ (12, 0.1%)

2 の変化 1 が在る, が過去, にしろ, には甘んじないであろう, の廣さ, は営め, は必ずしも, をした, をする, をひたすら

▼ 如き関係~ (12, 0.1%)

1 [12件] が見られる, であった, なりし, にある, になつ, に配置, よりし, を構成, を生じ, を生ずる, を許さない, を起す

▼ 如きあるいは~ (11, 0.1%)

1 [11件] かの大, わが浮世絵, 他の, 光悦長次郎などの, 橋場の, 浅草蔵前の, 理髪師が, 瓦当, 能楽を, 芝大門の, 芝居の

▼ 如き~ (11, 0.1%)

2 と色 1 にも我と共に, に映え, の中, は既に, は編笠, もてこれ, を帯び, を有し, を輝かせ

▼ 如き印象~ (11, 0.1%)

3 を与へる 2 を受けた 1 をあたえた, をわれわれ, を一般, を与へ, を人, を受けます

▼ 如き~ (11, 0.1%)

1 [11件] が有り, に在る, は寧ろ, をな, をなさざるべからず, をなし, をなす, を做す, を呈し, を成し, を爲

▼ 如き結果~ (11, 0.1%)

3 を生ずる 2 を見ざれ 1 になっ, になりまし, になる, に到達, に陥りたる, は大

▼ 如き~ (11, 0.1%)

2 作は, 篇を 1 の不善, の途, 事情に関する, 傾向は, 大家, 官省, 関係で

▼ 如き諸君~ (11, 0.1%)

6 よ諸君 2 よ, よかの 1 よ余

▼ 如き~ (11, 0.1%)

2 がし 1 したれば, たてて, の響き, をヴァイオリン, を発し, を立っ, を立て, を聞い, を聞く

▼ 如き~ (10, 0.1%)

2 ある歌 1 がそれ, しか有, で呼號, の可能, は喉, は彼女, を以てし, を慎め

▼ 如き~ (10, 0.1%)

3 もある 1 こそ, では如何にも, としてそれほど, の善き, はあるいは, は後人, をも作っ

▼ 如き自然~ (10, 0.1%)

2 の気息 1 が時間性, とがあった, とがあつ, に耽溺, の愛好者, の現象, の脅威, も客體

▼ 如き言葉~ (10, 0.1%)

1 の出, の尚, の断片, の発見, の音声的リズム, を出した, を敢, を有する, を残し, を發

▼ 如き~ (10, 0.1%)

1 ありて, と共に左舷, と共に海底, なりき, は我胸, は耳, をする, を立てた, を聞き, 同時に戸外

▼ 如き~ (10, 0.1%)

5 をし 1 である, の中, の広い, は心もち緊張, を並べ

▼ 如き~ (10, 0.1%)

1 だ, のもの, の者, はその, はみな古事記, はむしろ, はわずか, は孰, は本, ひである

▼ 如き~ (9, 0.1%)

1 ふぃりやの代り, 小夜の, 志を, 慈悲の, 房の, 杉婆の, 登和嬢を, 粗末な, 身分の

▼ 如きこの~ (9, 0.1%)

2 裏悲しく 1 例なり, 例に, 傾向に, 呪法の, 妙音が, 悲劇に, 種に

▼ 如きそれ~ (9, 0.1%)

5 である 1 がため, だ, であるが, は若い

▼ 如き~ (9, 0.1%)

2 生産的地所が 1 合理の, 徹底古典趣味の, 確実性を, 確實なる, 臣の, 詮議の, 體面な

▼ 如き~ (9, 0.1%)

1 に見る, のキリスト教國, の一面, の寺院, の民族, の無, の臓腑, の證據, の體

▼ 如き~ (9, 0.1%)

2 も別に 1 かあらん, かあらんです, かが各自, する者, にも知らない, の甲斐, の躓き

▼ 如き全く~ (9, 0.1%)

2 板画に 1 その, 反對, 同一の, 展覧会が, 差出人不明の, 省いても, 衰弱しきっ

▼ 如き口吻~ (9, 0.1%)

1 があつ, で由来, で突然, をもつ, を洩らす, を漏らし, を漏らした, を漏らす, を用

▼ 如き感情~ (9, 0.1%)

2 の動くま 1 に饒, の發動, は起らぬなるべし, をも烈火, を以て物, を懷, を繰返した

▼ 如き文字~ (9, 0.1%)

1 が見える, の巧, は文学史, をも使用, を以て之, を墨痕りんり, を用, を用い, を綴る

▼ 如き方法~ (9, 0.1%)

1 が果して, で刑, で實物, で広汎, ならば, を以て他, を取つたら, を取り得る, を登録法

▼ 如き見解~ (9, 0.1%)

1 が残っ, では如何, によつて惑, は全く, は固, は矢張本國中心主義, を下し, を改める, を発表

▼ 如き一種~ (8, 0.1%)

1 の愛, の感興, の武器, の気安, の水草, の衝動的, の非, 言いがたい

▼ 如き事態~ (8, 0.1%)

2 は決して 1 が直ちに, ともな, の發生, はすべて, は宗教的象徴, は後

▼ 如き二つ~ (8, 0.1%)

1 のもの, の主張, の客體領域, の方向, の相対, の美談, の視, の軸

▼ 如き偉大~ (8, 0.1%)

1 なあ, なる人傑, なる国民的人文英雄, なる形而上的ドン・キホーテ, なる恋人達, なる自然物崇拝, なる藝術家, な作家

▼ 如き~ (8, 0.1%)

1 が五人, であったとしても, とは全然, に甘く, に近づく, の声, の鋭, を

▼ 如き形式~ (8, 0.1%)

3 のもの 1 が何等, でなく重点的, に於い, のもと, は同

▼ 如き~ (8, 0.1%)

1 なるも, なる親, なる間違, は考え, をさけ, をなす, をばなさざりしなら, を演じさせる

▼ 如き特殊~ (8, 0.1%)

1 なる思想, な二重性格, な形式, な感情, な音韻, の感情, の技能知識, の風俗流行並

▼ 如き~ (8, 0.1%)

2 を使用 1 は必ずしも, は此, を据, を発し, を突嗟, を除いた

▼ 如き~ (8, 0.1%)

1 から身, であったであろうが, であつ, で大事, にとってはもっとも, は真, までも為, を謝

▼ 如き~ (8, 0.1%)

1 人間的条件の, 勇者の, 實際的理想的思想的の, 理智的な, 禮の, 紳士的云々, 興の, 融合の

▼ 如きいずれ~ (7, 0.1%)

1 か俳諧中, もこれ, もそれ, も数百年, も文化生活, も海, も皆

▼ 如きすら~ (7, 0.1%)

1 そう手軽, その巧緻, 図に, 妾の, 文之から, 自ら, 長い伝統

▼ 如き世界~ (7, 0.1%)

2 の大乱 1 がポイエシス, でなければ, の音楽界, への素朴, 第一

▼ 如き~ (7, 0.1%)

1 で平民社, に, にてがらがら, には奇抜, に悲痛, に紺青, より身

▼ 如き事實~ (7, 0.1%)

1 が存在, に面し, の承認, はた, はなかつた, は抑, を應用

▼ 如き人生~ (7, 0.1%)

2 において人間 1 のため, のパラドツクス, の苦痛, の風来坊, は生き

▼ 如き何れ~ (7, 0.1%)

1 も其天然的基礎, も情緒纒綿, も来るべき, も極端, も此信仰, も此種, も美人

▼ 如き作品~ (7, 0.1%)

1 すら今日, である, に到, も亦, を収録, を生まなけれ, 及びその

▼ 如き~ (7, 0.1%)

1 ひを, もあり, も城, をもって朝鮮, を以て京師, を做, を呈せし

▼ 如き~ (7, 0.1%)

1 で呼んだ, を以て呼ばれた, を挙げね, 吏を, 將も, 稱を, 評を

▼ 如き問題~ (7, 0.1%)

1 じゃない, についてその, のとり方, はその, は最早, もここ, を當局者

▼ 如き大きな~ (7, 0.1%)

1 人物を, 変化を, 富裕な, 海軍と, 町は, 空想も, 顔と

▼ 如き実に~ (7, 0.1%)

1 これ, 天地開闢以来興治の, 巧みに, 惨澹たる, 此の, 見下げ果てたる挙動, 開港の

▼ 如き幾多~ (7, 0.1%)

1 の作家, の声, の才人, の虚偽, の説話, の議論, の豪族

▼ 如き心持~ (7, 0.1%)

1 であつ, です, となる, になっ, になり, になりつ, を覚える

▼ 如き~ (7, 0.1%)

1 のない, の胸, は静まっ, をらんらん, 及び心, 無い思想, 遠きに

▼ 如き意見~ (7, 0.1%)

2 を述べ 1 にて大事, を主張, を付け加え, を發表, を述べた

▼ 如き~ (7, 0.1%)

2 ひは 1 はかの, るもの, る一定, る嗜好飮料, 説話に

▼ 如き~ (7, 0.1%)

1 なり葢, れが, れ亦, れ実に, れ實, れ明, れ迄

▼ 如き時代~ (7, 0.1%)

1 だまた, となれ, と何, にあ, においてもはや, において国家, はかつて

▼ 如き男子~ (7, 0.1%)

1 なりしが, の飜弄, はラウラマルホルム, は今, も等しく, をいつ, を生み落しける

▼ 如き~ (7, 0.1%)

2 の打ち込んだ 1 の人間, の女性的愛情, の意味, の絶望的, の観照的

▼ 如き~ (7, 0.1%)

2 は元来 1 であるから, の出生町内, の家庭, の誉れ, も生徒

▼ 如き種類~ (7, 0.1%)

1 であつ, のもの, の幻想, の文学, の文芸作品, の神話, の行動

▼ 如き精神~ (7, 0.1%)

1 が存在, と死, によって満, によつて胎出, は實, を一貫, を持っ

▼ 如き~ (7, 0.1%)

2 粹なる 1 のクラシズム, 抒情詩, 粹形相純, 粹的高次的存在の, 粹觀想においては

▼ 如き~ (7, 0.1%)

2 へを持つ 1 には同意, に興味, へは存し得べき, をもつた, を抱い

▼ 如き自分~ (7, 0.1%)

1 に親しんだ, の, の腹, の頭, は稀, は諸君, よりも一層

▼ 如き行爲~ (7, 0.1%)

1 に對, の尊む可きもの, は人類, は如何なる, は尤も, を一般, を爲

▼ 如き調子~ (7, 0.1%)

1 だつた, で, である, で巣, で被害者, にて, に家庭

▼ 如き~ (7, 0.1%)

2 をなす 1 ありし事, あるは, のもの, の聲, をなし

▼ 如きには~ (6, 0.1%)

1 さほど復讐戦, ビクとも, 全く耳, 最も嫌疑, 無い性格, 至らなかつたかも

▼ 如きのみ~ (6, 0.1%)

3 である 1 其心事憐む可くして, 彼は, 葉マキ虫の

▼ 如き~ (6, 0.1%)

1 である, なり, に較べれ, を, を味, を申す

▼ 如き~ (6, 0.1%)

2 甚だ勉め 1 よく吾, 学問に, 學問に, 怪しむに

▼ 如き~ (6, 0.1%)

1 では大切, では想い, なほ僕の, の榮, の鳴物, までにかつて

▼ 如き今日~ (6, 0.1%)

2 のヒューマニスト 1 では昔, では殆, より見れ, 猶之

▼ 如き信仰~ (6, 0.1%)

1 の下, の復活, をさえ養っ, をもつ, を建立, を有し

▼ 如き光景~ (6, 0.1%)

2 である 1 はけだし, はなかっ, は蓋し, を自分

▼ 如き~ (6, 0.1%)

2 より常識 1 より之, より他, より浅薄, り獨立

▼ 如き境地~ (6, 0.1%)

1 に對, に満足, に達しよう, は個人, をかく, 若しくは此

▼ 如き~ (6, 0.1%)

1 が実在, の幕, の息苦し, を見, を見る, を追随

▼ 如き奇怪~ (6, 0.1%)

1 なもの, なる人物, なる呪咀, な幻想, な早業, の童話

▼ 如き婦人~ (6, 0.1%)

1 の泣声, の熱情, の美, の聖愛, はこの, を先覚者

▼ 如き學者~ (6, 0.1%)

1 であらう, とはならざるべし, の道義上, は元, は前後, を生んだ

▼ 如き少女~ (6, 0.1%)

1 ありて, おお我が, が肩, だと, の少し, はあ

▼ 如き~ (6, 0.1%)

2 をなし 1 をした, をな, をなす, を作

▼ 如き~ (6, 0.1%)

1 に団扇, に虎鬚, の白い, を一, を出し, を飜

▼ 如き拍手~ (6, 0.1%)

1 が聞え, のひ, の裡, をおくる, をで満足, を以て温厚

▼ 如き文学~ (6, 0.1%)

1 ではこの, と何故, に於ける, の如き, は読者, より独立

▼ 如き文章~ (6, 0.1%)

1 あり, に親しむ, に述べた, をほぼ, を書く, を読んだ

▼ 如き有力~ (6, 0.1%)

2 なる元老 1 なる団体, なる知己, な人, な材料

▼ 如き極めて~ (6, 0.1%)

1 史学の, 普通なる, 曖昧なる, 有力な, 立派な, 軽微なる

▼ 如き~ (6, 0.1%)

2 あり 1 ある者, があつ, があります, を示し

▼ 如き次第~ (6, 0.1%)

1 でありますから, であるから, です, で我が国, で殺生肉食常習者, なるぞ

▼ 如き現象~ (6, 0.1%)

1 が生じた, が著, に出, はなかつた, は如何, を呈する

▼ 如き~ (6, 0.1%)

1 が今, です, でもやはり, にとつ, の顏, はまた

▼ 如き種々~ (6, 0.1%)

1 なる有用物, なる理由, の利器, の用法, の計画, 雑多な

▼ 如き~ (6, 0.1%)

1 が他, くしき, の規範, は獨, は美, への標準語

▼ 如き肉体~ (6, 0.1%)

2 を具えた 1 でなければ, を具, を具へた, を持った

▼ 如き~ (6, 0.1%)

1 から男女, から禍源, 國を, 宮者の, 覺の, 體の

▼ 如き芸術~ (6, 0.1%)

1 から民衆, に従事, に決して, の北極圏, の蹂躙, を求める

▼ 如き行動~ (6, 0.1%)

2 に出でむか 1 は一刻, を以て政党, を以て政黨, を執れ

▼ 如き見方~ (6, 0.1%)

1 が成り立つ, の裡, も存在, をすべて, をそもそも, を自然

▼ 如き誤解~ (6, 0.1%)

1 から罵倒, に対して甚だしく, は実に, を享, を植ゑつ, を生む

▼ 如き~ (6, 0.1%)

1 に對, の當否, を憑空構成, を持する, を立, を試みた

▼ 如きをも~ (5, 0.0%)

1 氣といふ, 清き諸氏, 源因結果の, 猜せしむ, 生かして

▼ 如き一切~ (5, 0.0%)

1 の一切, の不幸不孝, の情象主義, の行動, の音楽

▼ 如き今に~ (5, 0.0%)

3 旧態を 2 舊態を

▼ 如き~ (5, 0.0%)

2 と深 1 が平和主義, は実に, は實

▼ 如き位置~ (5, 0.0%)

1 にある, に各々外, に立つ, を取らし, を與

▼ 如き傾向~ (5, 0.0%)

1 がもし, がヨーロッパ, はいつ, は不, を有する

▼ 如き単なる~ (5, 0.0%)

1 一挿話と, 一読者で, 一音節の, 感歎詞の, 理由の

▼ 如き~ (5, 0.0%)

1 えより, の大, 曲の, 曲をのみ, 王の

▼ 如き地位~ (5, 0.0%)

1 にありし, に日本帝國, に立つ, に身, を有

▼ 如き境遇~ (5, 0.0%)

1 にあっ, に住, の下, の中, をもっ

▼ 如き大家~ (5, 0.0%)

1 ありて, こそなけれ, なりとなせり, を囘護せん力, を非難

▼ 如き大軍~ (5, 0.0%)

1 でその, は東海東山, をかき分け, を以て北上川, 又は勇猛鷙悍

▼ 如き~ (5, 0.0%)

2 をなす 1 があった, をなした, をなしつ

▼ 如き思い~ (5, 0.0%)

1 がある, であった, で心私, を抱い, を為し

▼ 如き~ (5, 0.0%)

2 を有 1 もまた, をあらわし, を倒す

▼ 如き性格~ (5, 0.0%)

2 をもとめる 1 であるから, の一面, は永遠的価値

▼ 如き悪人~ (5, 0.0%)

1 でも生き, の毒刃, は往々, よりはもっと, を許せよ

▼ 如き手段~ (5, 0.0%)

1 で糊しなく, なりしなり, にあらず, のかえって, をとる

▼ 如き挨拶~ (5, 0.0%)

2 であった 1 で扱われ, を交換, を爲

▼ 如き~ (5, 0.0%)

1 がある, が現われた, となる, をな, をものし

▼ 如き~ (5, 0.0%)

2 らしさ 1 らしい科学的発明, 吉原に, 時代の

▼ 如き~ (5, 0.0%)

1 てりつ, であつ, に遠路, のにほひ, の早晩到来

▼ 如き~ (5, 0.0%)

1 に好いた, に於, の苦痛, は生涯二度, 猶強

▼ 如き~ (5, 0.0%)

1 あつて, にも些少, に徴, に接しられたなら, を書く

▼ 如き植物~ (5, 0.0%)

1 と鶴, に清冽, に硫黄, の化生物, の濃く

▼ 如き理想~ (5, 0.0%)

2 を以て夢 1 の歌, を以て果して, を述べたる

▼ 如き~ (5, 0.0%)

1 の共同, はいかに, は缺乏, やさしき表面的, 緩い考

▼ 如き皆是~ (5, 0.0%)

2 れなり 1 れ前例, れ或, れ脩辞上

▼ 如き~ (5, 0.0%)

1 なざし, なざしに, なざしもて, なざしを, を放ち

▼ 如き相違~ (5, 0.0%)

2 があります 1 あるは, を持, を有する

▼ 如き眼光~ (5, 0.0%)

2 もて四方 1 を以て見, を見, 鋭くじろりと

▼ 如き矛盾~ (5, 0.0%)

1 が存在, に陥る, の大, を有する, を解く

▼ 如き研究~ (5, 0.0%)

1 が結構, の一端, の方法, の法, を要する

▼ 如き社会~ (5, 0.0%)

1 では結婚, の将来, の形態, の感化, の落伍者

▼ 如き立場~ (5, 0.0%)

1 にある, に立った, の相違, を特に, を發見

▼ 如き簡単~ (5, 0.0%)

1 なる技巧, なる語原説, な実際, な理由, に自然

▼ 如き純粋~ (5, 0.0%)

1 なる文学書, な忠臣, な散歩者, な死, の人種

▼ 如き考察~ (5, 0.0%)

2 に於 1 と生活, に留意, をなし

▼ 如き聖人~ (5, 0.0%)

1 が何事, になりたい, の生れた, も先君, を初め

▼ 如き~ (5, 0.0%)

1 に見, の顏, の顔, を作, を濃く

▼ 如き~ (5, 0.0%)

1 つぺらなものとは, を以てす, ッぺらな城壁は, ツぺらな城壁は, 色地の

▼ 如き軽輩~ (5, 0.0%)

1 がわれわれ, と違っ, な人, はそれで, を思いきっ

▼ 如き~ (5, 0.0%)

2 怪なる 1 の醜, 弥次も, 語を

▼ 如き鋭さ~ (5, 0.0%)

1 よりは重胤, をもつ, を持っ, を持つ, を消し

▼ 如き~ (5, 0.0%)

1 に, にポネヒル連発銃, に在, に立ち, は新しき

▼ 如き~ (5, 0.0%)

1 が相, の峰, も中部, を眺め, を貫いた

▼ 如き高率~ (5, 0.0%)

2 でありまた 1 であった, であるから, では

▼ 如きある~ (4, 0.0%)

4 ひは

▼ 如きかかる~ (4, 0.0%)

1 低廉な, 場合に, 溝川流るる, 顕著な

▼ 如きさま~ (4, 0.0%)

2 にて幾時 1 をな, を見せし

▼ 如きにも~ (4, 0.0%)

1 それが, それに対する, 優れたもの, 全く我

▼ 如きはた~ (4, 0.0%)

1 大弥太行親, 岳飛張巡の, 平貞能の, 彼等の

▼ 如きもしくは~ (4, 0.0%)

1 匈牙利の, 明和四年王政復古政権統一総て革命的の, 横井小楠佐久間象山の, 長州における

▼ 如きわが~ (4, 0.0%)

1 事の, 日本の, 無益なる, 雙の

▼ 如きを以て~ (4, 0.0%)

1 一言に, 會心の, 真の, 聖人と

▼ 如きホリモノ~ (4, 0.0%)

1 あるによって, あるを, の話, は龍教

▼ 如き不幸~ (4, 0.0%)

1 な事件, に逢, の民, もあらん

▼ 如き低率~ (4, 0.0%)

3 であった 1 になる

▼ 如き偉人~ (4, 0.0%)

1 に対して, の事業, の事跡, を産出

▼ 如き優秀~ (4, 0.0%)

1 なるもの, なる検査表, なアラインゲンガー, な印度哲学者

▼ 如き其一~ (4, 0.0%)

2 なり, なり一昨年増租案

▼ 如き~ (4, 0.0%)

1 い光, い心, かなもの, き冬

▼ 如き冷然~ (4, 0.0%)

2 たる儀容, たる生物

▼ 如き~ (4, 0.0%)

2 をつくり 1 の中, の末尾

▼ 如き~ (4, 0.0%)

1 に何で, に年, の二地方, 世紀の

▼ 如き動物~ (4, 0.0%)

1 と渦巻く, に就, の背, を好ん

▼ 如き~ (4, 0.0%)

1 も掘つくり返され, コサック兵が, 古人の, 近年韓国合併祝賀祭の

▼ 如き~ (4, 0.0%)

1 を張り, を揃え, を歯, を開け

▼ 如き善氣~ (4, 0.0%)

1 の働, を保たん, を生ずる, を發

▼ 如き國家~ (4, 0.0%)

2 及び皇室 1 の利害, の安危

▼ 如き~ (4, 0.0%)

2 立つ 1 の爲, を隔て

▼ 如き天下~ (4, 0.0%)

1 となれ, の景観, の源氏, の非常

▼ 如き宗教~ (4, 0.0%)

1 は全然, らしき宗教, を有す, を歡迎

▼ 如き小説~ (4, 0.0%)

2 に滅び行く 1 をつくった, を書く

▼ 如き形相~ (4, 0.0%)

1 となり, を以て俺, を呈し, を示した

▼ 如き感慨~ (4, 0.0%)

1 に堪えない, をもっ, を以て明治, を催す

▼ 如き我々~ (4, 0.0%)

1 にせめて, に切, の自己, はその

▼ 如き~ (4, 0.0%)

1 に出, に出でた, に出でむか, に賛意

▼ 如き政治~ (4, 0.0%)

2 であらね, に於

▼ 如き~ (4, 0.0%)

2 であると 1 ならぬ者, へ尽さず

▼ 如き日本~ (4, 0.0%)

1 のはて, の外交, の婦女日常, の文壇

▼ 如き日本人~ (4, 0.0%)

1 ならでは, には真似, のす, の群集

▼ 如き日輪~ (4, 0.0%)

4 を心

▼ 如き~ (4, 0.0%)

1 でさえも四九, の勢い, の神, の詩人

▼ 如き時期~ (4, 0.0%)

1 が來, に当, を挾む, を葬る

▼ 如き~ (4, 0.0%)

1 が鮮, の光, は早く, は海

▼ 如き~ (4, 0.0%)

2 樣に 1 樣で, 樣である

▼ 如き服從~ (4, 0.0%)

1 によつて, によつて滅亡, は實, は自己

▼ 如き末梢的装飾~ (4, 0.0%)

2 を新 1 によって瞞着, によつて瞞着

▼ 如き極端~ (4, 0.0%)

1 なる変態心理, なる行為, にまで進み, の事

▼ 如き構造~ (4, 0.0%)

1 と効用, はすでに, を有する, を示す

▼ 如き様子~ (4, 0.0%)

1 が見えた, にさえ見える, に候, を見せれ

▼ 如き標準~ (4, 0.0%)

1 とか實在, を以つて, を以つて思想, を以つて藝術

▼ 如き~ (4, 0.0%)

1 がいたす, の弱い, を吐く, を吹く

▼ 如き~ (4, 0.0%)

1 に臨むで, のみ漏出, の激動, は我頭上

▼ 如き~ (4, 0.0%)

2 が見え 1 の面, を距

▼ 如き演劇~ (4, 0.0%)

2 の如き 1 は恰も, 実際家

▼ 如き異様~ (4, 0.0%)

1 なる振舞, なる苦痛, な物体, の音

▼ 如き~ (4, 0.0%)

1 となり, に印し, の上, の峰

▼ 如き~ (4, 0.0%)

1 が眞, と自己, の眞實, は我等

▼ 如き絶望~ (4, 0.0%)

1 に近い, の冷た, の音楽, を感じ

▼ 如き~ (4, 0.0%)

1 もすべて, をば, を犯した, を贖ふところ

▼ 如き考え~ (4, 0.0%)

1 で蓮華, は決して, をもっ, を有っ

▼ 如き興味~ (4, 0.0%)

1 ある事実, ある談話, に充たされ, に富んだ

▼ 如き~ (4, 0.0%)

1 なり, の山, の柔かい, を見

▼ 如き蓋し~ (4, 0.0%)

2 伯の, 大隈伯の

▼ 如き行為~ (4, 0.0%)

2 は決して 1 は厳に, を敢

▼ 如き西洋~ (4, 0.0%)

1 に名, の事情, の演芸, の貧民窟

▼ 如き要求~ (4, 0.0%)

2 を閣下 1 を合理的, を感ぜざる

▼ 如き~ (4, 0.0%)

2 をなした 1 をなす, をなせる

▼ 如き記述~ (4, 0.0%)

1 が現われた, が行われ, をした, をもっ

▼ 如き議論~ (4, 0.0%)

1 はかの, は慎まね, は特に, を聞い

▼ 如き變化~ (4, 0.0%)

1 が此室内, の結果, は之, は僞作

▼ 如き運動~ (4, 0.0%)

1 が行, の熱, の発生, を與

▼ 如き~ (4, 0.0%)

1 壽の, 廊噴泉玉池珍禽異獣唱歌の, 病人は, 詩が

▼ 如き青年~ (4, 0.0%)

1 ある事, からは変つて, の頭脳, や作家

▼ 如き~ (4, 0.0%)

1 なれど, に花, に虎髯, をし

▼ 如き順序~ (4, 0.0%)

1 であります, といつも, の選名, を經

▼ 如き~ (4, 0.0%)

2 をし 1 せざる人, は更に

▼ 如き風情~ (4, 0.0%)

1 で静か, なるも, に有, のたちまち

▼ 如き風貌~ (4, 0.0%)

1 であつ, の持主, を, をし

▼ 如きいかに~ (3, 0.0%)

1 それが, 卑しいこと, 精巧に

▼ 如きかと~ (3, 0.0%)

1 あなたこなた, 怡悦滿足の, 茅屋に

▼ 如きこそ~ (3, 0.0%)

1 多情と, 最も鮮やか, 真の

▼ 如き~ (3, 0.0%)

1 ばかり薄き, へ甚だしく, まして

▼ 如きところ~ (3, 0.0%)

2 より之 1 から寥々

▼ 如きはさ~ (3, 0.0%)

1 うした, うだ, ほどの身分

▼ 如きまことに~ (3, 0.0%)

1 俗中の, 通ずること博, 面白くそれ

▼ 如きまだ~ (3, 0.0%)

1 我をも, 未熟な, 記録を

▼ 如き一代~ (3, 0.0%)

1 の巨匠, の才人, の才子

▼ 如き~ (3, 0.0%)

1 の方, はこの, を渡る

▼ 如き不合理~ (3, 0.0%)

2 な逆説 1 な法律

▼ 如き不祥~ (3, 0.0%)

1 の原因, の条規, の沙汰

▼ 如き主義~ (3, 0.0%)

1 の轉換, を思ひつかれた, 及び教養

▼ 如き乃至~ (3, 0.0%)

1 は夢想兵衛, は竹刻金石刻, 穴山義平氏の

▼ 如き~ (3, 0.0%)

21 ひ方

▼ 如き京都~ (3, 0.0%)

1 があつ, だけ考へ, の文化

▼ 如き人民~ (3, 0.0%)

2 の代表者 1 の相互担保

▼ 如き仕事~ (3, 0.0%)

1 が栄えた, は当然, は社会

▼ 如き作家~ (3, 0.0%)

1 によつて, もいる, もゐる

▼ 如き作用~ (3, 0.0%)

2 を演ずる 1 で此處

▼ 如き傾き~ (3, 0.0%)

1 あり, が有, を生じ

▼ 如き~ (3, 0.0%)

2 より厳密 1 より絶対的

▼ 如き元気~ (3, 0.0%)

1 なくそっと, にて床, に立

▼ 如き共に~ (3, 0.0%)

1 これ日本有数の, 幼い考え方, 最近の

▼ 如き内容~ (3, 0.0%)

1 に形体的, のもの, を有

▼ 如き冷た~ (3, 0.0%)

2 さを 1 さが

▼ 如き冷たき~ (3, 0.0%)

1 光影, 藤野の, 貝殻の

▼ 如き凄い~ (3, 0.0%)

1 奴を, 寸法が, 文句であった

▼ 如き凡そ~ (3, 0.0%)

1 何んな, 大衆的な, 疾病の

▼ 如き制限~ (3, 0.0%)

1 は寧ろ, は撤廢, を超える

▼ 如き勇気~ (3, 0.0%)

1 をそなえた, を有し, を燃焼

▼ 如き匹夫~ (3, 0.0%)

1 があなた, が持つ, が貴方

▼ 如き反省~ (3, 0.0%)

1 が直ちに, と考察, をし

▼ 如き古代~ (3, 0.0%)

1 の人名, の寶庫, の工事

▼ 如き古典~ (3, 0.0%)

1 の体裁, の復刻, の精粋

▼ 如き~ (3, 0.0%)

1 あるを, でさ, なり

▼ 如き可憐~ (3, 0.0%)

1 な少女, にし, の跡

▼ 如き困難~ (3, 0.0%)

1 がある, の下, は單

▼ 如き~ (3, 0.0%)

1 が四五十年, に在, は必然滅亡

▼ 如き地方~ (3, 0.0%)

1 で印刷, にも始めて, はおそらく

▼ 如き執拗~ (3, 0.0%)

1 なる誤解, な意志, を改めないなら

▼ 如き場所~ (3, 0.0%)

1 で大, に往, に往つて

▼ 如き場面~ (3, 0.0%)

1 であろう, なの, をも生じた

▼ 如き塲合~ (3, 0.0%)

1 ある所以, には多少, に引き入れられ

▼ 如き増加~ (3, 0.0%)

1 のこと, の意, はひとり京都付近

▼ 如き天才~ (3, 0.0%)

1 がジコーサマ, にもかかわらず, の美

▼ 如き~ (3, 0.0%)

1 伴侶で, 景は, 色慾を

▼ 如き姿態~ (3, 0.0%)

1 が夕陽, であった, などは夢

▼ 如き子供~ (3, 0.0%)

2 であるかと 1 は又

▼ 如き~ (3, 0.0%)

2 さを 1 冽なる

▼ 如き~ (3, 0.0%)

1 に此, は皆これ, 在的交渉

▼ 如き専門家~ (3, 0.0%)

1 が居合わせなく, の協力, の手

▼ 如き~ (3, 0.0%)

1 しく夫, 又明六社, 彼が

▼ 如き~ (3, 0.0%)

1 あり, が聳立, を穿ち

▼ 如き幸福~ (3, 0.0%)

1 の眼, よりも遙, を欠如

▼ 如き形迹~ (3, 0.0%)

1 ある行爲, が有, を示す

▼ 如き彼等~ (3, 0.0%)

1 の或, の生活, は今日

▼ 如き待遇~ (3, 0.0%)

1 は果して, を受け, を受けよう

▼ 如き~ (3, 0.0%)

1 慈悲に, 手を以て, 言葉を

▼ 如き微細~ (3, 0.0%)

1 なる事, な趣, の點

▼ 如き心境~ (3, 0.0%)

1 に入った, に陥る, の人

▼ 如き怪しげ~ (3, 0.0%)

1 な人間嫌い, な大砲, な食いもの

▼ 如き恐るべき~ (3, 0.0%)

1 事に対して, 伝染病が, 犯人は

▼ 如き恰も~ (3, 0.0%)

1 宿命あ, 封建時代の, 神を

▼ 如き~ (3, 0.0%)

1 夫悪, 徒すらも, 習慣が

▼ 如き情勢~ (3, 0.0%)

1 のうち, の下, を示した

▼ 如き意義~ (3, 0.0%)

1 あらば, と密接, において行われる

▼ 如き感謝~ (3, 0.0%)

2 の言葉 1 があり

▼ 如き~ (3, 0.0%)

1 にあきたらぬ, になっ, を作

▼ 如き懸念~ (3, 0.0%)

1 から解放, と熱心, はむしろ

▼ 如き批評~ (3, 0.0%)

1 や作品, を専門, を述べ

▼ 如き抱負~ (3, 0.0%)

2 と熱心 1 で殆

▼ 如き~ (3, 0.0%)

2 に出 1 に出でむか

▼ 如き支那~ (3, 0.0%)

1 になくし, の歴史, 有數

▼ 如き敬虔~ (3, 0.0%)

1 な精進, にし, の態度

▼ 如き~ (3, 0.0%)

1 仏教では, 俗は, 諸侯の

▼ 如き智慧~ (3, 0.0%)

1 のない, は智慧, 深い観照

▼ 如き月日~ (3, 0.0%)

2 を送り 1 をおくり

▼ 如き~ (3, 0.0%)

1 には, 來淺草には, 是弁じ

▼ 如き本性~ (3, 0.0%)

2 を有する 1 をも有する

▼ 如き本質~ (3, 0.0%)

1 がすでに, は實, を有する

▼ 如き~ (3, 0.0%)

1 の火, を寧ろ, を成し

▼ 如き~ (3, 0.0%)

2 して 1 見せて

▼ 如き正に~ (3, 0.0%)

1 この神韻, ユニックな, 其の重

▼ 如き気持~ (3, 0.0%)

1 がなけれ, であの, で歩ける

▼ 如き~ (3, 0.0%)

1 の上, を流し, を滴らし

▼ 如き~ (3, 0.0%)

2 をなす 1 の音

▼ 如き深い~ (3, 0.0%)

2 洞察から 1 喜びが

▼ 如き深刻~ (3, 0.0%)

1 なる戀愛, なる観察眼, なる觀察眼

▼ 如き溌剌~ (3, 0.0%)

2 とした 1 たる詩壇

▼ 如き滑稽~ (3, 0.0%)

1 な例, のあつ, の文字

▼ 如き特徴~ (3, 0.0%)

2 なき陋巷 1 あり

▼ 如き~ (3, 0.0%)

1 である, を推窮, を述

▼ 如き理智~ (3, 0.0%)

2 の戲 1 を絶

▼ 如き痴態~ (3, 0.0%)

1 を作っ, を執る, を示す

▼ 如き真面目~ (3, 0.0%)

1 で真剣, な所有者, の人物

▼ 如き~ (3, 0.0%)

1 に艶, はとこし, 動きて

▼ 如き短少~ (3, 0.0%)

1 なるを, なる里數, の里程制度

▼ 如き社会状態~ (3, 0.0%)

1 が絶対, にあ, によって人口

▼ 如き~ (3, 0.0%)

1 ひに, ふ可, を隠し

▼ 如き粗暴~ (3, 0.0%)

1 で浅薄, なる生活, の態

▼ 如き結婚~ (3, 0.0%)

1 と同, の真, の約束

▼ 如き美し~ (3, 0.0%)

1 さと, さは, さを

▼ 如き美麗~ (3, 0.0%)

2 なる感情 1 なる絵本並

▼ 如き考えかた~ (3, 0.0%)

1 に適応, のため, をすれ

▼ 如き聯關~ (3, 0.0%)

1 として成立つ, において又, の客體面

▼ 如き~ (3, 0.0%)

1 あり, と共に一翼, に少し

▼ 如き職業~ (3, 0.0%)

1 に就く, に従事, の女

▼ 如き自信~ (3, 0.0%)

1 にみち, ははじめ, を有す

▼ 如き~ (3, 0.0%)

2 を出し 1 を以つて襲

▼ 如き舞台~ (3, 0.0%)

1 における極端, に於, の到達

▼ 如き色調~ (3, 0.0%)

1 の妙味, の美妙, の軟か

▼ 如き~ (3, 0.0%)

1 である, の如き, を賞せ

▼ 如き若年者~ (3, 0.0%)

1 で支配, より他, をよこし

▼ 如き英雄~ (3, 0.0%)

1 あり為す所, があっ, 或はニユートン

▼ 如き薄弱~ (3, 0.0%)

1 なこと, なもの, なる性格

▼ 如き見地~ (3, 0.0%)

1 からする, から我維新史, から藝術家

▼ 如き親しみ~ (3, 0.0%)

1 を以て氏等, を感じない, を生じ

▼ 如き観念~ (3, 0.0%)

1 が生ずる, は社会, をいず

▼ 如き觀念~ (3, 0.0%)

2 が私 1 しか有しない

▼ 如き解釈~ (3, 0.0%)

2 を持つ 1 がついた

▼ 如き~ (3, 0.0%)

1 はその, はもはや, を載せ

▼ 如き説明~ (3, 0.0%)

1 はかなり, も及ばない, を与えられ

▼ 如き~ (3, 0.0%)

1 ならば, のかく, をした

▼ 如き謬見~ (3, 0.0%)

1 に捉, の学者, を抱きしや

▼ 如き貴人~ (3, 0.0%)

1 がそう, を入らしむべきならぬ, を知り

▼ 如き赤き~ (3, 0.0%)

21 顔輝く

▼ 如き赤誠~ (3, 0.0%)

1 の人, は遂に, を抱き

▼ 如き~ (3, 0.0%)

2 がある 1 ありて

▼ 如き趣向~ (3, 0.0%)

2 が和歌 1 の俗

▼ 如き~ (3, 0.0%)

1 になりきる, のさま, 振にて

▼ 如き近く~ (3, 0.0%)

1 は井伊直弼, は英國, 又美妙氏

▼ 如き~ (3, 0.0%)

1 て不品行, て父母, の出口

▼ 如き~ (3, 0.0%)

2 を啜る 1 を啜り

▼ 如き重要~ (3, 0.0%)

1 なもの, な党人, な点

▼ 如き錦絵~ (3, 0.0%)

1 により, の線, を採らざるべからず

▼ 如き長大~ (3, 0.0%)

1 なる密集隊形, なる山脈, なる物

▼ 如き陰気~ (3, 0.0%)

1 なもの, な声, な高笑

▼ 如き階級~ (3, 0.0%)

1 に堕ちた, を容, を経

▼ 如き音声~ (3, 0.0%)

1 で, と吾, を張りあげた

▼ 如き響き~ (3, 0.0%)

3 に聞

▼ 如き~ (3, 0.0%)

1 のみ坂, へ斬り付けよう, を擡げ

▼ 如き~ (3, 0.0%)

1 に結ばれ, のさら, を振り乱し

▼ 如きあの~ (2, 0.0%)

1 闊達さを, 韻を

▼ 如きあらゆる~ (2, 0.0%)

1 御世の, 階級に

▼ 如きいよいよ~ (2, 0.0%)

1 以て, 出でて

▼ 如きいわゆる~ (2, 0.0%)

1 極重, 諸社禁忌

▼ 如きうち~ (2, 0.0%)

1 におのずから, に星斗闌

▼ 如きおも~ (2, 0.0%)

1 かげを, ひで見あげる

▼ 如きかつて~ (2, 0.0%)

1 幕政に, 政府の

▼ 如きかの~ (2, 0.0%)

1 女からの, 音楽的幻想は

▼ 如きから~ (2, 0.0%)

1 両眼, 借りては

▼ 如きがさ~ (2, 0.0%)

1 うであ, うである

▼ 如きこれ皆~ (2, 0.0%)

1 その観察力, な待遇

▼ 如き~ (2, 0.0%)

1 心底こそ, 眼力で

▼ 如きさもしい~ (2, 0.0%)

2 事を

▼ 如きさる~ (2, 0.0%)

1 心弱きもの, 残忍酷薄なる

▼ 如きただ~ (2, 0.0%)

1 に自愛, の応援隊

▼ 如きため~ (2, 0.0%)

1 なるべしと, に其状

▼ 如きてんで~ (2, 0.0%)

2 問題に

▼ 如き~ (2, 0.0%)

1 兩樣の, 問答無益し

▼ 如き~ (2, 0.0%)

1 ぢが, ぶでは

▼ 如きなんら~ (2, 0.0%)

2 の觀念

▼ 如きにおいてを~ (2, 0.0%)

1 や, やと

▼ 如き~ (2, 0.0%)

1 すなわち利潤, それほどお

▼ 如きまたは~ (2, 0.0%)

1 白馬の, 隣家の

▼ 如きまで~ (2, 0.0%)

2 禁を

▼ 如き~ (2, 0.0%)

1 イち, イちやんを

▼ 如きわけ~ (2, 0.0%)

1 である, で僕

▼ 如きウンテルデンリンデン~ (2, 0.0%)

1 に來, に来

▼ 如きジスレリー~ (2, 0.0%)

2 の如き

▼ 如きデマ~ (2, 0.0%)

1 さえもあった, も行われる

▼ 如きドイツ~ (2, 0.0%)

2 の最大

▼ 如きメロドラマ~ (2, 0.0%)

1 が流行, の如き

▼ 如きルネサンス~ (2, 0.0%)

2 のヒューマニスト

▼ 如き~ (2, 0.0%)

1 として宗教, 小存在

▼ 如き一人物~ (2, 0.0%)

2 の立つ

▼ 如き一介~ (2, 0.0%)

1 の小説家, の漂泊士

▼ 如き一味~ (2, 0.0%)

1 の哀愁, の淡き

▼ 如き一条~ (2, 0.0%)

1 の流れ, の脈

▼ 如き一生~ (2, 0.0%)

1 を終つた杏坪先生, を送らし

▼ 如き一簇~ (2, 0.0%)

2 の雲

▼ 如き一線~ (2, 0.0%)

2 となり

▼ 如き一見~ (2, 0.0%)

2 非難の

▼ 如き丁度~ (2, 0.0%)

1 自分の, 関節炎を

▼ 如き三陸~ (2, 0.0%)

2 の海嘯

▼ 如き下品~ (2, 0.0%)

1 なるもの, な遠慮

▼ 如き不信~ (2, 0.0%)

2 に対する憎み

▼ 如き不変~ (2, 0.0%)

2 の政治思想

▼ 如き不心得~ (2, 0.0%)

2 の者

▼ 如き不法行爲~ (2, 0.0%)

1 に對, は支那

▼ 如き不良教師~ (2, 0.0%)

2 が部内

▼ 如き不道徳~ (2, 0.0%)

2 を行

▼ 如き~ (2, 0.0%)

1 に出, の所謂

▼ 如き世界最古~ (2, 0.0%)

2 の文明國

▼ 如き世間~ (2, 0.0%)

1 に其例, の圧迫

▼ 如き久しく~ (2, 0.0%)

1 人口稠密と, 分離した

▼ 如き事柄~ (2, 0.0%)

1 は聞出し, は良く

▼ 如き事業~ (2, 0.0%)

1 は是非, を行わしめ

▼ 如き~ (2, 0.0%)

1 の事例, の自然

▼ 如き二人~ (2, 0.0%)

1 とも満面夕立, の声

▼ 如き交渉~ (2, 0.0%)

1 の仕方, の歸結

▼ 如き人出~ (2, 0.0%)

1 である, でなむ

▼ 如き人影~ (2, 0.0%)

1 は檜, ばかりで

▼ 如き人格~ (2, 0.0%)

1 が道徳的評価, であらね

▼ 如き人格者~ (2, 0.0%)

1 のみである, は何

▼ 如き人波~ (2, 0.0%)

2 の中

▼ 如き人類~ (2, 0.0%)

1 の情懷, の最大問題

▼ 如き仏国~ (2, 0.0%)

1 の好事家狂奔, の荒廃

▼ 如き他界~ (2, 0.0%)

1 であるの, の霊物実存せり

▼ 如き~ (2, 0.0%)

2 て見る

▼ 如き仮定~ (2, 0.0%)

2 の必然性

▼ 如き体裁~ (2, 0.0%)

1 になっ, のものさ

▼ 如き何物~ (2, 0.0%)

2 でもない

▼ 如き何等~ (2, 0.0%)

2 の偏頗

▼ 如き~ (2, 0.0%)

1 は到底, をもともと

▼ 如き作物~ (2, 0.0%)

1 は民衆, は貧窮

▼ 如き作者~ (2, 0.0%)

1 と作品, の位置

▼ 如き侮辱~ (2, 0.0%)

1 に答える, を蒙り

▼ 如き俗物~ (2, 0.0%)

1 が, の感化

▼ 如き信玄~ (2, 0.0%)

1 では, は牀几

▼ 如き信用~ (2, 0.0%)

1 と報酬, を得

▼ 如き個性~ (2, 0.0%)

1 にあ, の發現

▼ 如き働き~ (2, 0.0%)

1 はせぬ, をなし

▼ 如き~ (2, 0.0%)

1 にし, はマイスタアジンガー

▼ 如き僥倖~ (2, 0.0%)

2 とのみ

▼ 如き光榮~ (2, 0.0%)

1 はダンテ, は我

▼ 如き光線~ (2, 0.0%)

1 は人身, 及び氣流

▼ 如き~ (2, 0.0%)

1 にあり, を吾が

▼ 如き入道相国~ (2, 0.0%)

1 がよく, との衝突

▼ 如き公生涯~ (2, 0.0%)

2 に浮沈

▼ 如き共同~ (2, 0.0%)

1 かくの, は人間

▼ 如き其三~ (2, 0.0%)

2 なり凡そ

▼ 如き其二~ (2, 0.0%)

1 なり官林払下問題, なり官林拂下問題

▼ 如き其他中央官府~ (2, 0.0%)

1 及び地方庁, 及び地方廳

▼ 如き具體的~ (2, 0.0%)

1 の事情, の議論

▼ 如き内在的~ (2, 0.0%)

1 な解釈, な連続的

▼ 如き冥想~ (2, 0.0%)

2 の詩人

▼ 如き冷酷~ (2, 0.0%)

1 なる社會, の家庭

▼ 如き凡人~ (2, 0.0%)

1 はいくら, は半生

▼ 如き~ (2, 0.0%)

1 に聖典, を安

▼ 如き刑罰~ (2, 0.0%)

1 は言わば, を言渡され

▼ 如き判決~ (2, 0.0%)

1 を下す, を受けぬ

▼ 如き刹那~ (2, 0.0%)

1 の經驗, は固

▼ 如き前納感~ (2, 0.0%)

1 をなすべき, をなすべく

▼ 如き劇場~ (2, 0.0%)

1 に魅力, の壁薄

▼ 如き労賃~ (2, 0.0%)

2 の騰貴

▼ 如き効果~ (2, 0.0%)

1 がある, を呈した

▼ 如き動作~ (2, 0.0%)

1 に耽つ, はただ

▼ 如き区域~ (2, 0.0%)

1 の地, を指す

▼ 如き卑小~ (2, 0.0%)

1 きはまるもの, きわまるもの

▼ 如き単純~ (2, 0.0%)

1 なる美, な断定

▼ 如き原因~ (2, 0.0%)

1 から起るであろう, による

▼ 如き又は~ (2, 0.0%)

1 燈光月影の, 陽明派の

▼ 如き取扱~ (2, 0.0%)

2 ひを

▼ 如き叙事詩的~ (2, 0.0%)

2 の一面

▼ 如き古来江戸名所~ (2, 0.0%)

2 の中

▼ 如き史論家~ (2, 0.0%)

1 が出, ならしめば

▼ 如き名人~ (2, 0.0%)

1 でもこれ, の手

▼ 如き名山~ (2, 0.0%)

1 は誠に, を知らない

▼ 如き名称~ (2, 0.0%)

2 が残され

▼ 如き~ (2, 0.0%)

1 のため, は

▼ 如き含蓄~ (2, 0.0%)

1 ある言葉, の深い

▼ 如き周圍~ (2, 0.0%)

2 を有し

▼ 如き~ (2, 0.0%)

1 じゃ, はひあり

▼ 如き~ (2, 0.0%)

1 を包む, を貪つ

▼ 如き命題~ (2, 0.0%)

1 は, を諸氏

▼ 如き唐美人~ (2, 0.0%)

1 の妖術, の数人

▼ 如き~ (2, 0.0%)

1 何とも, 其処ばかりを

▼ 如き~ (2, 0.0%)

2 は我々

▼ 如き問答~ (2, 0.0%)

1 が始まった, を開始

▼ 如き因縁~ (2, 0.0%)

1 で是, をもっ

▼ 如き団子坂下~ (2, 0.0%)

2 から根津

▼ 如き国技館~ (2, 0.0%)

2 と回向院

▼ 如き國體~ (2, 0.0%)

1 であるから, に背叛

▼ 如き~ (2, 0.0%)

1 い山, なる影

▼ 如き土地~ (2, 0.0%)

1 が開發, の斬り

▼ 如き地上~ (2, 0.0%)

1 に最も, の草木

▼ 如き執念~ (2, 0.0%)

1 の悪魔, の迫力

▼ 如き執着~ (2, 0.0%)

1 に淡い, をしか持っ

▼ 如き基礎~ (2, 0.0%)

1 の上, も充分

▼ 如き堅き~ (2, 0.0%)

2 物にて

▼ 如き~ (2, 0.0%)

1 ありとお, なりこの

▼ 如き外観~ (2, 0.0%)

1 を呈, を呈した

▼ 如き~ (2, 0.0%)

1 と一, 変の

▼ 如き多く~ (2, 0.0%)

1 の, の混入分子

▼ 如き多数~ (2, 0.0%)

1 の違犯者, の雑職人

▼ 如き夜色~ (2, 0.0%)

1 である, も次第に

▼ 如き大事~ (2, 0.0%)

1 がわたくし, を惹き起さな

▼ 如き大人物~ (2, 0.0%)

1 に非, は実に

▼ 如き大声~ (2, 0.0%)

1 で言い渡した, を発した

▼ 如き大政黨~ (2, 0.0%)

1 の援助, を有せり

▼ 如き大望~ (2, 0.0%)

1 と知り, を見事

▼ 如き大隈内閣~ (2, 0.0%)

2 ならむや

▼ 如き大頭脊骨~ (2, 0.0%)

2 の弓

▼ 如き天然~ (2, 0.0%)

2 の河流

▼ 如き太き~ (2, 0.0%)

2 神経を

▼ 如き~ (2, 0.0%)

1 なるもの, な事

▼ 如き~ (2, 0.0%)

1 あればこそ, に渡し

▼ 如き奸臣~ (2, 0.0%)

2 はたちどころに

▼ 如き好個~ (2, 0.0%)

1 のもの, の例

▼ 如き如何に~ (2, 0.0%)

1 俗に, 綺麗な澄み渡つた

▼ 如き妄論家~ (2, 0.0%)

2 すらありたる

▼ 如き~ (2, 0.0%)

1 が容体, も奮慨

▼ 如き始末~ (2, 0.0%)

2

▼ 如き姑息~ (2, 0.0%)

2 にし

▼ 如き威望~ (2, 0.0%)

2 と長所

▼ 如き~ (2, 0.0%)

2 あると

▼ 如き~ (2, 0.0%)

1 がいなかったなら, よ

▼ 如き季節~ (2, 0.0%)

1 と人情, の洪水

▼ 如き学者~ (2, 0.0%)

1 ぞあはれ, でありビスマルク

▼ 如き宇宙~ (2, 0.0%)

1 と人生, に於ける

▼ 如き官能~ (2, 0.0%)

1 の耽溺的靡亂, を周囲

▼ 如き実際~ (2, 0.0%)

1 状態に, 直接の

▼ 如き客観的~ (2, 0.0%)

1 な知識, に見る

▼ 如き客體~ (2, 0.0%)

1 が成立つた, の本質的性格

▼ 如き家具~ (2, 0.0%)

1 から草花, の外

▼ 如き家族主義~ (2, 0.0%)

1 の法律, を破

▼ 如き対立~ (2, 0.0%)

1 を生じる, を考え

▼ 如き尊い~ (2, 0.0%)

1 お方に, 人を

▼ 如き對立~ (2, 0.0%)

1 の意義, は固

▼ 如き小生~ (2, 0.0%)

1 すら時々, の

▼ 如き~ (2, 0.0%)

2 を引いた

▼ 如き尾羽~ (2, 0.0%)

1 をもった, 打ち枯

▼ 如き屁の河童~ (2, 0.0%)

2 ではないです

▼ 如き~ (2, 0.0%)

1 あるのみ, の雪

▼ 如き山々~ (2, 0.0%)

1 と長汀曲浦, に囲

▼ 如き岩手山~ (2, 0.0%)

2 と名

▼ 如き巧妙~ (2, 0.0%)

1 なる犯罪事件, な作才

▼ 如き巨人~ (2, 0.0%)

2 が怎

▼ 如き巨匠~ (2, 0.0%)

1 の製作品, を正眼

▼ 如き巨大~ (2, 0.0%)

1 なる怪獣, の打撃盾

▼ 如き差異~ (2, 0.0%)

1 はある, を生ずる

▼ 如き~ (2, 0.0%)

1 の広い黒い, の廣い

▼ 如き平凡~ (2, 0.0%)

1 なる戦略, な人間

▼ 如き平民的画趣~ (2, 0.0%)

1 ともいうべき, とも云

▼ 如き平面的敍述~ (2, 0.0%)

1 は, を以つて答

▼ 如き~ (2, 0.0%)

1 を取りました, を経

▼ 如き幻影~ (2, 0.0%)

1 である, を描き出す

▼ 如き幻想~ (2, 0.0%)

2 と整美

▼ 如き~ (2, 0.0%)

1 婉の, 微なる

▼ 如き幽邃~ (2, 0.0%)

1 な怪奇, の地

▼ 如き強烈~ (2, 0.0%)

1 な印象, の

▼ 如き当時~ (2, 0.0%)

1 の欧化熱, の造詣

▼ 如き形勢~ (2, 0.0%)

1 の変化, の變動

▼ 如き形式主義~ (2, 0.0%)

2 の文学

▼ 如き形状~ (2, 0.0%)

1 と運動, を表わすなり

▼ 如き~ (2, 0.0%)

1 あり金剛纂, に框

▼ 如き役目~ (2, 0.0%)

1 の者, を果たし

▼ 如き彼ら~ (2, 0.0%)

1 の乗物, はこれ

▼ 如き彼女~ (2, 0.0%)

1 の思い, の眼

▼ 如き~ (2, 0.0%)

1 の物, 庭花の

▼ 如き後世~ (2, 0.0%)

1 に於い, よりし

▼ 如き微笑~ (2, 0.0%)

1 を幽, を洩

▼ 如き~ (2, 0.0%)

1 あつて位, を含ん

▼ 如き心悸亢進~ (2, 0.0%)

2 の胚種

▼ 如き心掛~ (2, 0.0%)

1 なら初め, も持たず

▼ 如き心理~ (2, 0.0%)

1 の欠陥, を有する

▼ 如き心臟~ (2, 0.0%)

1 によつて端的, の如き

▼ 如き必ず~ (2, 0.0%)

1 個人の, 政府の

▼ 如き怠惰~ (2, 0.0%)

2 の生徒ら

▼ 如き急流~ (2, 0.0%)

1 に落ち, の深淵

▼ 如き性人~ (2, 0.0%)

2 の中

▼ 如き怪物~ (2, 0.0%)

1 が工藝, は工藝

▼ 如き恰好~ (2, 0.0%)

1 で乱入, を保つ

▼ 如き悲壮~ (2, 0.0%)

1 の観, めいた言

▼ 如き悲泣~ (2, 0.0%)

1 の声, の聲

▼ 如き悲鳴~ (2, 0.0%)

1 をあげ, を揚げ

▼ 如き情熱~ (2, 0.0%)

1 だつた, と

▼ 如き想像~ (2, 0.0%)

1 ではある, にかられ

▼ 如き意志~ (2, 0.0%)

1 に依り, を輝かす

▼ 如き意識~ (2, 0.0%)

1 は唯, を絶えず

▼ 如き愚論家~ (2, 0.0%)

2 なり而

▼ 如き~ (2, 0.0%)

1 の手, は絶對的他者そのもの

▼ 如き愛情~ (2, 0.0%)

2 をうけ

▼ 如き感激~ (2, 0.0%)

1 に乏しい, を胸

▼ 如き感興~ (2, 0.0%)

1 があと, に駆られ

▼ 如き憲法~ (2, 0.0%)

1 に據つて, や新

▼ 如き~ (2, 0.0%)

1 に運命, は文士

▼ 如き戦争~ (2, 0.0%)

1 があっ, を為す

▼ 如き戦場~ (2, 0.0%)

1 はすくない, へどん

▼ 如き~ (2, 0.0%)

1 あり, に作設

▼ 如き所謂民族自決主義~ (2, 0.0%)

2 ではない

▼ 如き手あつ~ (2, 0.0%)

2 て自分

▼ 如き手玉~ (2, 0.0%)

1 にとってチョイ, にとつてチョイ

▼ 如き手紙~ (2, 0.0%)

1 を平, を平気

▼ 如き手足~ (2, 0.0%)

1 のひっつり, 纏いであろうが

▼ 如き批評家~ (2, 0.0%)

1 の存在, はイプセン

▼ 如き~ (2, 0.0%)

1 をかしこ, を以て時に

▼ 如き技巧~ (2, 0.0%)

1 の問題, を要せざる

▼ 如き抽象~ (2, 0.0%)

1 の生活, を經

▼ 如き挙動~ (2, 0.0%)

1 に及ぶ, を為し

▼ 如き振舞~ (2, 0.0%)

1 に候, を為

▼ 如き摯實~ (2, 0.0%)

2 なる學者

▼ 如き擧動~ (2, 0.0%)

1 を極力, を無意識

▼ 如き改革的精神~ (2, 0.0%)

1 を以て自ら画策施設, を以て自ら畫策施設

▼ 如き政治上~ (2, 0.0%)

1 の小人, の美徳

▼ 如き文官任用令~ (2, 0.0%)

2 の如き

▼ 如き文明~ (2, 0.0%)

1 に進めた, の世

▼ 如き文面~ (2, 0.0%)

1 です, で何

▼ 如き斬新~ (2, 0.0%)

2 にし

▼ 如き新しい~ (2, 0.0%)

1 宗教を, 戯曲を

▼ 如き斷案~ (2, 0.0%)

2 を下し

▼ 如き~ (2, 0.0%)

1 であります, の議論

▼ 如き旋渦~ (2, 0.0%)

1 を成す, を生ずる

▼ 如き既に~ (2, 0.0%)

1 全体において, 相当の

▼ 如き~ (2, 0.0%)

1 のみこみを, や蔓

▼ 如き明治四十年~ (2, 0.0%)

1 には千百六十九戸, に於い

▼ 如き明治橋~ (2, 0.0%)

2 の眺め

▼ 如き~ (2, 0.0%)

2 のきらめき

▼ 如き星雲~ (2, 0.0%)

1 が幾百千年, であ

▼ 如き時勢~ (2, 0.0%)

1 に生れ, の然

▼ 如き時秋~ (2, 0.0%)

2 の雨

▼ 如き景色~ (2, 0.0%)

1 がある, なり

▼ 如き智力~ (2, 0.0%)

1 を備, を備えたる

▼ 如き暑熱~ (2, 0.0%)

2 を注ぎかける

▼ 如き~ (2, 0.0%)

1 迷の, 鈍者は

▼ 如き暴論~ (2, 0.0%)

2 を唱

▼ 如き書籍~ (2, 0.0%)

1 は勿論, を正

▼ 如き最中~ (2, 0.0%)

2 に宮重

▼ 如き最初~ (2, 0.0%)

1 は自由党, は自由黨

▼ 如き最悪~ (2, 0.0%)

1 の世界, の生

▼ 如き有益~ (2, 0.0%)

1 にし, の大

▼ 如き服装~ (2, 0.0%)

1 をし, をせず

▼ 如き朝廷~ (2, 0.0%)

1 に対して悪逆, を誣罔

▼ 如き木彫~ (2, 0.0%)

1 である, の名作

▼ 如き末輩~ (2, 0.0%)

1 がまた, とは同席

▼ 如き本体~ (2, 0.0%)

2 の分らぬ

▼ 如き本能~ (2, 0.0%)

1 をもつ, を成立

▼ 如き本郷~ (2, 0.0%)

2 なる本妙寺坂下

▼ 如き条件~ (2, 0.0%)

1 にあっ, にかなえる

▼ 如き~ (2, 0.0%)

2 の花

▼ 如き條文~ (2, 0.0%)

1 を掲げ, を載せ

▼ 如き概念~ (2, 0.0%)

1 はそれ, はカント

▼ 如き様相~ (2, 0.0%)

2 を呈し

▼ 如き模倣~ (2, 0.0%)

1 の經驗, をなす

▼ 如き橋上~ (2, 0.0%)

2 を往来

▼ 如き機会~ (2, 0.0%)

2 を永久

▼ 如き欠点~ (2, 0.0%)

1 あるに, の存する

▼ 如き歓喜~ (2, 0.0%)

1 と光栄, をもらし

▼ 如き~ (2, 0.0%)

2 さしく其の

▼ 如き正確~ (2, 0.0%)

1 なる遠近法, な官府

▼ 如き~ (2, 0.0%)

1 の女性, の棄てられたる

▼ 如き武道者~ (2, 0.0%)

1 が乙女, をさえ殺した

▼ 如き歴史的~ (2, 0.0%)

1 に重大, の閑問題

▼ 如き歴史的由緒~ (2, 0.0%)

2 あるもの

▼ 如き殆ど共に~ (2, 0.0%)

2 大義名分の

▼ 如き~ (2, 0.0%)

1 なる世, に然

▼ 如き比例~ (2, 0.0%)

1 において世界, に利潤率

▼ 如き~ (2, 0.0%)

1 かつて世, がその

▼ 如き~ (2, 0.0%)

1 せられるより, の寓處

▼ 如き永久的~ (2, 0.0%)

1 な出生対死亡, な存在

▼ 如き永年~ (2, 0.0%)

1 の懸案, の独身者

▼ 如き汚辱~ (2, 0.0%)

1 を加, を忍ぶべく定め給うた

▼ 如き江藤新平~ (2, 0.0%)

2 の如き

▼ 如き~ (2, 0.0%)

2 である

▼ 如き沈黙~ (2, 0.0%)

1 とに極度, を守つて

▼ 如き~ (2, 0.0%)

1 に洗, の主

▼ 如き流行~ (2, 0.0%)

1 の気紛れ, を見る

▼ 如き~ (2, 0.0%)

1 に漂蕩, を凌い

▼ 如き浪漫的戀愛~ (2, 0.0%)

1 にその, の夢想

▼ 如き~ (2, 0.0%)

1 さ絹糸の, 解の

▼ 如き深き~ (2, 0.0%)

1 傷あり, 痕あり

▼ 如き渓流~ (2, 0.0%)

1 とに抱かれた, と瀑布

▼ 如き渡船~ (2, 0.0%)

2 はない

▼ 如き温度~ (2, 0.0%)

1 であり社内, である

▼ 如き~ (2, 0.0%)

1 との雄大, や四明ヶ嶽

▼ 如き溌溂~ (2, 0.0%)

1 さや, とした

▼ 如き漢文~ (2, 0.0%)

1 はやがて, より来りし

▼ 如き濃藍色~ (2, 0.0%)

1 の山膚, をした

▼ 如き~ (2, 0.0%)

1 の光, の子

▼ 如き烈しい~ (2, 0.0%)

1 用語を以て, 精神で

▼ 如き無恥~ (2, 0.0%)

1 を以つて他人, 無徳

▼ 如き無益~ (2, 0.0%)

1 の労苦, の勞苦

▼ 如き無稽~ (2, 0.0%)

1 な事柄, も亦

▼ 如き無謀~ (2, 0.0%)

1 な暴将, の擧

▼ 如き~ (2, 0.0%)

1 を導き出す, 腐りたる蒸氣

▼ 如き熱心~ (2, 0.0%)

1 を抱い, を有し

▼ 如き熱情~ (2, 0.0%)

1 という言葉, を注い

▼ 如き~ (2, 0.0%)

1 輪車では, 輪風情の

▼ 如き特別~ (2, 0.0%)

1 のもの, の関心

▼ 如き特殊的世界~ (2, 0.0%)

2 が要求

▼ 如き~ (2, 0.0%)

1 ならば, 自物

▼ 如き犯罪~ (2, 0.0%)

1 を行っ, を計画

▼ 如き狂乱~ (2, 0.0%)

1 の振舞, の男

▼ 如き狭隘~ (2, 0.0%)

1 なる立地, なる者

▼ 如き~ (2, 0.0%)

1 が有ろう, が棲息

▼ 如き~ (2, 0.0%)

1 ではない, をもっ

▼ 如き現今~ (2, 0.0%)

1 の一部作家, の相撲界

▼ 如き現在~ (2, 0.0%)

1 の住民, の易

▼ 如き理想的大隈内閣~ (2, 0.0%)

2 に非

▼ 如き理窟~ (2, 0.0%)

1 と修飾, は理窟それ自身

▼ 如き理論~ (2, 0.0%)

2 は現代

▼ 如き瑠璃子~ (2, 0.0%)

2 はその

▼ 如き~ (2, 0.0%)

1 さを, 気な

▼ 如き~ (2, 0.0%)

1 しい蛮行, しく不自然

▼ 如き生命~ (2, 0.0%)

1 の力, を維

▼ 如き生彩~ (2, 0.0%)

1 ある翻訳, のない

▼ 如き生涯~ (2, 0.0%)

1 に入る, の中

▼ 如き生物~ (2, 0.0%)

1 は其前, もしくは擬生物体飜弄

▼ 如き用語例~ (2, 0.0%)

1 のあつ, の頗る

▼ 如き~ (2, 0.0%)

1 の感じ, は稀

▼ 如き画家~ (2, 0.0%)

1 が絵, は東洋

▼ 如き畜生~ (2, 0.0%)

1 が何で再び, とは違つて

▼ 如き畢竟~ (2, 0.0%)

2 軍事を

▼ 如き~ (2, 0.0%)

1 りたる特色, 霊の

▼ 如き異分子~ (2, 0.0%)

1 の争, の結合

▼ 如き當時~ (2, 0.0%)

1 の信仰, の軍民

▼ 如き疑い~ (2, 0.0%)

1 は子供, を受

▼ 如き疑問~ (2, 0.0%)

1 を發, 及び古典的

▼ 如き白い~ (2, 0.0%)

1 柱を, 頭にでも

▼ 如き白馬~ (2, 0.0%)

1 に跨り, 非馬的

▼ 如き監獄~ (2, 0.0%)

2 はとうに

▼ 如き相貌~ (2, 0.0%)

1 となり, を呈した

▼ 如き真白~ (2, 0.0%)

1 なる翼, の粉末

▼ 如き~ (2, 0.0%)

1 に答え, の

▼ 如き眼付~ (2, 0.0%)

2 で見る

▼ 如き知識~ (2, 0.0%)

1 の人, の程度

▼ 如き短い~ (2, 0.0%)

1 光が, 詩に

▼ 如き短き~ (2, 0.0%)

2 者には

▼ 如き短期間~ (2, 0.0%)

1 にし, に可能

▼ 如き研究法~ (2, 0.0%)

1 に依り, は勿論

▼ 如き神妙~ (2, 0.0%)

1 な調子, な顔

▼ 如き神聖~ (2, 0.0%)

1 なる人格, の無

▼ 如き秀才~ (2, 0.0%)

1 が一時, で美貌

▼ 如き程度~ (2, 0.0%)

1 であっては, でなければ

▼ 如き空気~ (2, 0.0%)

1 に呼吸, の中

▼ 如き空氣~ (2, 0.0%)

1 であつ, の淨化作用

▼ 如き筋道~ (2, 0.0%)

1 の詮議立, を辿らず

▼ 如き精神的慰藉~ (2, 0.0%)

2 を感ぜし

▼ 如き~ (2, 0.0%)

1 しだれて, を上し

▼ 如き~ (2, 0.0%)

1 に書い, を用

▼ 如き~ (2, 0.0%)

2 振を

▼ 如き素人~ (2, 0.0%)

1 がこんな, には何等

▼ 如き素朴好戦的~ (2, 0.0%)

2 な方法

▼ 如き細き長き~ (2, 0.0%)

2 物の

▼ 如き細流~ (2, 0.0%)

2 第四

▼ 如き紹介状~ (2, 0.0%)

2 を享

▼ 如き経験~ (2, 0.0%)

1 は未だ, をなめ

▼ 如き絶句~ (2, 0.0%)

1 あり, を贈りし

▼ 如き絶壁~ (2, 0.0%)

1 だし, にし

▼ 如き美しき~ (2, 0.0%)

1 人ある, 装飾が

▼ 如き美人~ (2, 0.0%)

1 が居, となった

▼ 如き美少年~ (2, 0.0%)

1 と偕老同穴, を無残

▼ 如き美観~ (2, 0.0%)

1 とであった, とであつ

▼ 如き美貌~ (2, 0.0%)

1 を持った, を持つた

▼ 如き美風~ (2, 0.0%)

1 に依, を起せる

▼ 如き~ (2, 0.0%)

1 も恩, を含みたれ

▼ 如き羽毛~ (2, 0.0%)

2 は金

▼ 如き習慣~ (2, 0.0%)

1 は儒教, を身

▼ 如き~ (2, 0.0%)

1 氣の, 猾に

▼ 如き老躯~ (2, 0.0%)

2 は宛然これ

▼ 如き~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 如き耽溺ぶり~ (2, 0.0%)

2 ですら

▼ 如き聖者~ (2, 0.0%)

1 の下, はよく

▼ 如き肖像~ (2, 0.0%)

1 を善く, を見れ

▼ 如き~ (2, 0.0%)

1 に柳, の凝る

▼ 如き~ (2, 0.0%)

1 に花, よと恍惚

▼ 如き~ (2, 0.0%)

1 くわが, く之

▼ 如き能力~ (2, 0.0%)

1 はカント, を發揮

▼ 如き~ (2, 0.0%)

2 の下

▼ 如き~ (2, 0.0%)

1 に依っ, の差

▼ 如き腕白者~ (2, 0.0%)

1 が自由党, が自由黨

▼ 如き~ (2, 0.0%)

2 の弱き内閣

▼ 如き~ (2, 0.0%)

1 とえび蔓, にえび蔓

▼ 如き自作~ (2, 0.0%)

1 の句, の芸術的冒涜さ

▼ 如き自家~ (2, 0.0%)

1 の地位, の職業上

▼ 如き自負~ (2, 0.0%)

1 に安, に易

▼ 如き~ (2, 0.0%)

1 をくるくる, を備え置き

▼ 如き良友~ (2, 0.0%)

2 は世に

▼ 如き色彩~ (2, 0.0%)

1 とを以ていつも, の眩惑

▼ 如き芸術家~ (2, 0.0%)

1 の肉体, をかかる

▼ 如き若し~ (2, 0.0%)

1 其の婦人, 眞に

▼ 如き苦悩~ (2, 0.0%)

1 に襲, を感じ

▼ 如き華族~ (2, 0.0%)

2 にし

▼ 如き萬葉~ (2, 0.0%)

1 の緊, の重き

▼ 如き著作~ (2, 0.0%)

1 は不可能, を敢

▼ 如き著眼點~ (2, 0.0%)

1 から藝術, から評價

▼ 如き薄明~ (2, 0.0%)

2 で脚下

▼ 如き虚飾~ (2, 0.0%)

2 の驕り

▼ 如き~ (2, 0.0%)

1 の斧, の色

▼ 如き血性~ (2, 0.0%)

1 と烈々, の彼

▼ 如き~ (2, 0.0%)

1 をやる, を爲

▼ 如き衝動~ (2, 0.0%)

1 と轟, に標的

▼ 如き~ (2, 0.0%)

1 が一般的, は死亡

▼ 如き表情~ (2, 0.0%)

1 は一日, をし

▼ 如き表現~ (2, 0.0%)

1 が出来る, である

▼ 如き親仁~ (2, 0.0%)

1 で二布一枚, の黄

▼ 如き觀照~ (2, 0.0%)

1 の中, の生活

▼ 如き言草~ (2, 0.0%)

2 である

▼ 如き言語~ (2, 0.0%)

1 に絶えたる, の表象性

▼ 如き討論家~ (2, 0.0%)

2 は往々

▼ 如き訓練~ (2, 0.0%)

1 を与える, を与へる

▼ 如き設備~ (2, 0.0%)

1 のなかっ, の調った

▼ 如き~ (2, 0.0%)

1 があった, が加

▼ 如き試み~ (2, 0.0%)

1 をする, を敢

▼ 如き詩人~ (2, 0.0%)

1 ならまし, を蕪村時代

▼ 如き~ (2, 0.0%)

1 である, になつて

▼ 如き誇張~ (2, 0.0%)

1 と仮設, の筆

▼ 如き語法~ (2, 0.0%)

1 が全く, を交

▼ 如き~ (2, 0.0%)

1 でもその, も見物

▼ 如き調和~ (2, 0.0%)

1 せる彩色摺, は固

▼ 如き論戦~ (2, 0.0%)

1 も今, を惹起

▼ 如き論議~ (2, 0.0%)

1 は畢竟, を抛擲

▼ 如き論難~ (2, 0.0%)

1 に出, は彼等

▼ 如き謙遜~ (2, 0.0%)

1 の美, を反撥

▼ 如き識者~ (2, 0.0%)

2 は唯

▼ 如き~ (2, 0.0%)

1 其の一, 此間の

▼ 如き豪傑~ (2, 0.0%)

1 の君主, の資

▼ 如き貧乏~ (2, 0.0%)

2 なそして

▼ 如き貪婪~ (2, 0.0%)

2 が罪

▼ 如き貴重~ (2, 0.0%)

1 なる談話, な天分

▼ 如き賤しき筋目~ (2, 0.0%)

1 のもの, の者

▼ 如き贅沢~ (2, 0.0%)

1 な問題, な安逸

▼ 如き趣有~ (2, 0.0%)

2 之候

▼ 如き身分~ (2, 0.0%)

1 でさ, として御

▼ 如き軍隊~ (2, 0.0%)

1 には公平, は戦争

▼ 如き輝き~ (2, 0.0%)

1 を持っ, を持つ

▼ 如き辯證法~ (2, 0.0%)

1 で裏づけた, のうち

▼ 如き近代~ (2, 0.0%)

1 の人, の神経

▼ 如き迷信~ (2, 0.0%)

1 を成す, を被

▼ 如き~ (2, 0.0%)

1 あること, あるもの

▼ 如き速力~ (2, 0.0%)

2 を持ち

▼ 如き速度~ (2, 0.0%)

1 で人口, で相当

▼ 如き進歩~ (2, 0.0%)

2 をなした

▼ 如き遊戯~ (2, 0.0%)

1 に際し自ら手, の文字

▼ 如き運命~ (2, 0.0%)

1 が今や, のなか

▼ 如き過剰~ (2, 0.0%)

1 の人口, の美

▼ 如き~ (2, 0.0%)

1 ありて, に流れ

▼ 如き道幅~ (2, 0.0%)

1 の広い, の狭い

▼ 如き道徳律~ (2, 0.0%)

1 の結果, は仮令

▼ 如き道理~ (2, 0.0%)

1 で吾人, で氣

▼ 如き遺族~ (2, 0.0%)

1 の数多く, の無念

▼ 如き部分~ (2, 0.0%)

1 のみが普通市場, をハイネ

▼ 如き都びた繊細~ (2, 0.0%)

2 な文化

▼ 如き都合~ (2, 0.0%)

2 善き希望

▼ 如き~ (2, 0.0%)

1 廊の, 悪人に

▼ 如き~ (2, 0.0%)

1 の石, の花

▼ 如き野心~ (2, 0.0%)

1 あり発展性, を示した

▼ 如き野蛮人~ (2, 0.0%)

2 は北半球

▼ 如き~ (2, 0.0%)

1 としてのみ見, を需要

▼ 如き鈍き~ (2, 0.0%)

1 愚かなる, 腕前にては

▼ 如き鋭い~ (2, 0.0%)

1 棘を, 頭を

▼ 如き鋭敏特絶~ (2, 0.0%)

1 なる直, なる直覚力

▼ 如き錯覚~ (2, 0.0%)

1 に陥, を生ぜしめた

▼ 如き閑散~ (2, 0.0%)

2 なる遊歩者

▼ 如き閣員~ (2, 0.0%)

1 の多, の多数

▼ 如き闇黒~ (2, 0.0%)

1 の大, は急

▼ 如き陋劣漢~ (2, 0.0%)

2 を地上

▼ 如き陋見~ (2, 0.0%)

2 から心霊現象

▼ 如き~ (2, 0.0%)

1 に普通, に犯人

▼ 如き雑沓~ (2, 0.0%)

1 を極めおり, を見る

▼ 如き雪片~ (2, 0.0%)

2 に乍

▼ 如き雲灰白色~ (2, 0.0%)

2 の別館

▼ 如き青き~ (2, 0.0%)

1 光を, 封蝋の

▼ 如き青二才~ (2, 0.0%)

1 でもその, の恩恵

▼ 如き非常~ (2, 0.0%)

1 な努力, の辛苦

▼ 如き面影~ (2, 0.0%)

1 があった, のいかに

▼ 如き面白味~ (2, 0.0%)

1 あらんかと, を見せ

▼ 如き革命~ (2, 0.0%)

1 の思想, の曙光

▼ 如き音楽~ (2, 0.0%)

1 の処女地, を伴奏

▼ 如き頑丈~ (2, 0.0%)

1 なる身体つき, な小屋

▼ 如き頗る~ (2, 0.0%)

1 ややこしい場合, 自然に

▼ 如き~ (2, 0.0%)

1 にはら, に額

▼ 如き~ (2, 0.0%)

1 となるであろう, をした

▼ 如き類似~ (2, 0.0%)

1 は决, を示す

▼ 如き顧慮~ (2, 0.0%)

1 は確か, を無視

▼ 如き風采~ (2, 0.0%)

2 は決して

▼ 如き風雲~ (2, 0.0%)

1 は加能丸既往, を孕み

▼ 如き食物~ (2, 0.0%)

1 の欠乏, は死んだ

▼ 如き馬琴~ (2, 0.0%)

1 が書きましたる, の得意

▼ 如き馬鹿~ (2, 0.0%)

2 な狂言

▼ 如き馬鹿らしき~ (2, 0.0%)

2 演劇を

▼ 如き高い~ (2, 0.0%)

1 出生が, 比率では

▼ 如き高大~ (2, 0.0%)

2 なるもの

▼ 如き高尚~ (2, 0.0%)

1 なる徳, なる香水

▼ 如き~ (2, 0.0%)

1 の如き, の解けたる

▼ 如き~ (2, 0.0%)

2 を吹き飛ばす

▼ 如き麗人図~ (2, 0.0%)

1 あり, を作る

▼ 如き黒髪~ (2, 0.0%)

1 よ白百合, を一

▼ 如き~ (2, 0.0%)

1 に決して, より考察

▼1* [3183件]

如きわれに, 如きあたかもこれ吭を, 如きあながち偶然の, 如きあはれなこの, 如きあばずれ女は勿論, 如きあやしの生きもの, 如きあれは埋め立て, 如きあんな卑屈な, 如きあんまの療治服, 如きあんまり笑はれる, 如きはば間, 如きいとも簡明なる, 如きいびきが聽, 如きいろいろな新しい, 如きうしろ姿を横目, 如きうっかり者は招待, 如きおそろしき氣色現る, 如きおとなしい動物について, 如きお話を承, 如きかたちでぴつたりと私, 如きかなりい, 如きかゆいブツブツが, 如きかを嘆かわしく思うであろう, 如きかをりして, 如きかんばせの上, 如きがんらい高温多湿を, 如ききたなき所存は, 如ききたならしいものでなく, 如ききわめて不徹底な, 如きけちな風景, 如きけに過去の, 如きこういう詞を, 如きここちす, 如きこと万八千歳其結果として天地, 如きこと六反に及び, 如きこと决して, 如きこと有之まじく, 如きこと殆んど, 如きこれみな撥乱反正, 如きこれらは類似, 如きこれ皆天然の色彩, 如きこれ類似の第, 如きごまのはいはけち, 如きさても石垣, 如きさまざまな思潮, 如きさらさらした人生図, 如きがたであった, 如きすでに去年の, 如きすべての特殊的語義, 如きすべてそれである, 如きすべて薬師如来の本願, 如きすらがそれで, 如きぜひ勉強すべき, 如きそうである, 如きそういう人物だ, 如きその他浪漫派の正流, 如きその他管仲も墨, 如きその大いなる影の, 如きその後だ, 如きその道の代表的調査物, 如きそれであつて, 如きそれらと同時に, 如きそれら工業的近世の光景, 如きそれ何する者, 如きそれ自身既に形而上學的, 如きそんな有様では, 如きたかだか十分ぐらい, 如きたくましき腕を, 如きたしかト書にも, 如きとかく冗語多く, 如きときに於い, 如きとは何だ, 如きともかくこれらの, 如きなきを必, 如きなつかしさ美し, 如きなつかしき白峰の, 如きなほ滑稽を離, 如きなり抑も, 如きにて拿破里うまれ, 如きにとつては, 如きにまで今日有難い, 如きに対しては局部的, 如きに際して而も, 如きねんぶつちゃあと, 如きのぞみに向, 如きのみと思ったでも, 如きの葬法の古く, 如きはとか断言し, 如きはなはだしい侮辱の, 如きぱつちりとした瞳を返し, 如きひたすら感謝の, 如きへろへろ家老を, 如きほとんど醜くなかった, 如きほどにも思って, 如きまだしも我慢が, 如きままならぬためし, 如きみちのくの鎮守府将軍顕家, 如きみなこれである, 如きみな彼独特のユーモア, 如きみな直覚的宗教心を顕彰, 如きみな養子たらざる, 如きむくつけき溺愛が, 如きむしろ筆者の, 如きめいめいの生活, 如きもうこれより, 如きもしこれが, 如きもってのほかのこと, 如きもどかしさが, 如きものこれが恋愛, 如きものさへ, 如きものの常に身邊, 如きものほのかにし, 如きものものしき仕草で, 如きものカントの著作, 如きもの一人だにあらしめ, 如きもの上下ともになかりし, 如きもの不完全にもせよ, 如きもの他の所有, 如きもの何処に在る, 如きもの如何にし, 如きもの實に二十有, 如きもの巫覡卜筮方鑑の道, 如きもの幾人あるか, 如きもの彼に於, 如きもの往来の両側, 如きもの後の世, 如きもの復讐の精神, 如きもの我恋愛なり世, 如きもの我牢獄なり是, 如きもの散歩の際これ, 如きもの歟凡慮の及ぶ, 如きもの無数空気中を飛行, 如きもの爭でか, 如きもの相州の専横, 如きもの神と為す, 如きもの緑雨が撰, 如きもの芽あり, 如きもの連亘して, 如きもの連夜であつ, 如きもの遥に見, 如きもの陸上にも水中, 如きもの鼻のみ見え, 如きも写楽の俳優肖像画, 如き否や, 如きやからには自分, 如きやたらに厚化粧, 如きやや自然なれ, 如きゆるい傾斜の, 如きふニ長, 如きよい例を, 如きよしなしごとの, 如きよしやその身, 如きより直接的な, 如きよりも彼が, 如きわざと誇張的に, 如きをか程までに疑うよう, 如きをさえ向うに, 如きアホーらしい口説き方, 如きアメリカニズムにさ, 如きアルモニーがない, 如きアレキザントル・ハミルトンの如き, 如きアングルス種でもなけれ, 如きイザル川かな, 如きイズラムの町, 如きインスピレーシヨンを受けたる, 如きインテリゲンチアの不安, 如きウィリアムは氷盤, 如きウイツチを描きし, 如きエイ智であり, 如きエピクールの加, 如きオッサンが必ず, 如きオモムキがある, 如きオヤジも随分, 如きオルガン傑作曲はウィルヘルム公, 如きカンナの花, 如きカーボン卿は樽, 如きクラシカルな定規的律格, 如きグロテスクな癖, 如きゲルレスの如き, 如きコセコセしたこと, 如きコピイを脱した, 如きコンウェーをはじめ一流どころ, 如きサガ流しも, 如きサラダ的一句を添, 如きサロンの優雅, 如きシエクスピイヤに邃, 如きシテ・アドを対立, 如きシヨウの如き, 如きシレ者を附ける, 如きスタイリスト渡辺温氏が作, 如きストリンドベーリの如き, 如きゼヌインのウイット, 如きゼ号型船はかかる, 如きタイロルが其著, 如きタフト候補が豊満, 如きダンスの練習, 如きチェーザレを認めぬ, 如きチッポケな雑誌, 如きチンピラ娘にあ, 如きテゾイスの如き, 如きテノールが気まぐれ千万, 如きデモクラシイの代表的国家, 如きトルストイの如き, 如きドイツ文化の道徳性, 如きドシャ降り刻限, 如きドーブレクも頽然, 如きナポレオンの如き, 如きヌーマエジェリヤの恋物語, 如きハイカラは少, 如きハ右浪人ニ命セバ唯一日ニして, 如きハ幕府目下のうれい, 如きバイロンの如き, 如きバネ仕掛けと右腕, 如きバーリンググールドが掲げし, 如きパストラルの情趣, 如きパラボラ線を画い, 如きピエテエの性, 如きピクチュアエスクな家造り, 如きファンテジイに富む, 如きフォーミュラー抔は是, 如きフランスの少女エンミイ, 如きフランス唯物論の自然観, 如きプランに基き, 如きヘクトールをば攘, 如きヘクトール共に屍體, 如きヘンテコな速記, 如きベルグソンのいわゆる, 如きペルシヤのむかし, 如きホテルの階上, 如きマヂニーの侠骨, 如きムウアの如き, 如きヤシ的出版屋の広告, 如きルウブルの如き, 如きレナーと同様, 如きロシアの女, 如きロッパの姿, 如きワイルドの如き, 如き一つは酷烈, 如き一ひねりだと, 如き一ツを捉え, 如き一二二一八五〇〇ではなく, 如き一二豪傑の君主, 如き一人で数人前, 如き一人者がなけれ, 如き一例であります, 如き一個の成形化学, 如き一双の眼, 如き一喝を浴びせた, 如き一国が一国, 如き一夜に其の, 如き一奇話が載せ, 如き一定の形式, 如き一寸した法律, 如き一寸類のない, 如き一心をかため, 如き一揆の起りました, 如き一文を寄せられ, 如き一斧をひっさげ, 如き一方に裂け目, 如き一時全盛を極めた, 如き一時的原因によってそれ, 如き一書を, 如き一本イクラに売らね, 如き一本気と先達, 如き一束は果して, 如き一株の松, 如き一歩も人情, 如き一死を以て彼, 如き一片の雲, 如き一直線が射した, 如き一瞬は何で, 如き一私の資力, 如き一種凛然たる趣き, 如き一種特別なる時勢, 如き一等国と云, 如き一策をさずけ, 如き一箇所に於, 如き一聯の神品, 如き一般原則から敷衍, 如き一般的なる夢遊状態, 如き一般的傾向はその, 如き一見先づ日本らしからぬ思ひあり, 如き一見実に科学的な, 如き一語は定基, 如き一貫して, 如き一部の人々等, 如き一隅にお, 如き一雫の鮮紅, 如き一面随分批評的, 如き一首ともなっ, 如き七宝の如き, 如き万全を求めよう, 如き万寿山の如き, 如き丈夫心をも即, 如きの太刀, 如き三〇分の一という死亡率, 如き三五・五倍であ, 如き三分の一の入りである, 如き三十余騎の姿, 如き三味線を考案, 如き三國志馬韓の條, 如き三年に一度位, 如き三次元生物が傍, 如き三鷹事件に対する検事, 如き上下三千載の哲學史, 如き上下卑賤あらゆる階級, 如き上官重役の威厳, 如き上演目録は恐らく, 如き上演者が真に, 如き上田先生が著述, 如き上野にあれ, 如き上野谷中の森, 如き下司法師の徒, 如き下層階級はその, 如き下水排泄の完全, 如き下等な男, 如き下等社会の者, 如き下郎づれと法力の高下, 如き不一致の要求, 如き不公平の取扱, 如き不具者よりもなお, 如き不可能事に他, 如き不品行を警, 如き不善不惡, 如き不孝者は如何なる, 如き不屈なる国民中, 如き不得要領な説法, 如き不徳を人民, 如き不忠なる者, 如き不思議の癖者, 如き不慣れな者, 如き不才の者, 如き不断のかつ, 如き不景気の時, 如き不条理の事, 如き不毛の主知的観念, 如き不気味な調子, 如き不満がやはり, 如き不潔な冷酷さ, 如き不知火の青, 如き不確かなる材料, 如き不祥事件を見, 如き不精者がたまたま, 如き不純の動機, 如き不肖の者, 如き不自然な性格, 如き不自由は無, 如き不見識を, 如き不覚を以て終始, 如き不逞の徒, 如き不都合な答弁, 如き不馴れな筆, 如き世中に何, 如き世俗的な道徳, 如き世助けの業, 如き世態変遷の結果, 如き世界事情の裡, 如き世界独特の方法, 如き世界的名声を有する, 如き世界的雪華研究者として歴史上, 如き世評か, 如き世間無用の間人, 如き両刀を帯, 如き両性の間柄厳格, 如き両親にし, 如き中年の男, 如き中村敬宇先生が自助論, 如き中納言大納言よりも高位, 如き丹塗の門, 如き體の, 如き主として工業に, 如き主体じゃない, 如き主客の対立, 如き主張の中, 如き主意にて作り, 如き主観でもない, 如き主観語を必要, 如き主語的実在の独断, 如き乖戻な男, 如き乙女の歩姿, 如き乞食を見る, 如き也正統記大鏡等, 如き也麋鹿のおの, 如き乱世には力量次第, 如き乱暴なる圧迫, 如き乱暴漢が耶蘇信者, 如き乱暴狼藉を来たした, 如き乱箭も加わっ, 如きあり下半身, 如き亂暴な事, 如き争乱はみな宸襟, 如き事なきを告げ, 如き事件は支那歴史上尋常, 如き事変でも勃発, 如き事物の本心, 如き二人併存する能わざる場合, 如き二個の島嶼, 如き二十三歳で立派, 如き二十五種の, 如き二十四の靈, 如き二十有三歳を一期, 如き二次的なもの, 如き二種の資本, 如き二者ともにその, 如き二葉亭は安心, 如き二重性を又は, 如き二重意識の呪, 如き互に切磋砥, 如き五体がまざまざ, 如き五条の大, 如き些細を責むる, 如き亡國の君相, 如き交情をのべ, 如き交替制を案出, 如き交通や報道, 如き享保年代西川風の, 如き享楽無からしむ, 如き享樂無からしむ, 如き人々一列に並び, 如き人々列を造り, 如き人々水門の端, 如き人たるが故に, 如き人だかりの場所, 如き人人船の中, 如き人倫の変, 如き人傑あらしめば, 如き人口の増加, 如き人口増加をもっ, 如き人口減退を生み出す, 如き人口稠密の地, 如き人壽といふもの, 如き人家の立ち, 如き人心の, 如き人情的常識道徳的の愛, 如き人手を頼ん, 如き人格以外の差違, 如き人格的共同においては表現, 如き人権を無視, 如き人殺しの家, 如き人気を博した, 如き人気者が見る, 如き人生観に私, 如き人生観的な詩人情熱, 如き人身攻撃的非難に対しては私, 如き人通りとなっ, 如き人造人間であるという, 如き人道以外の悪徳, 如き人達ではなく, 如き人間思考の二, 如き仁者の, 如きを討ちます, 如き今後ますますそこ, 如き今日これを見る, 如きに佞, 如き仏人の怨恨, 如き仏体をいう, 如き仏弟子の外皮, 如き仏法で嫌う, 如き仕儀なので, 如き仕方から私, 如き仕組にし, 如き他者の活動, 如き他者そのものがはたして, 如き代々の村人, 如き代物は芸術, 如き代用形は困難, 如き代表者の上, 如き代議士は国家, 如き仮装の大, 如き仰山な書き方, 如き伊東末松両男, 如き伊東末松兩男の如き, 如き会員に向っ, 如き会話を交, 如き伝統的圧力の前, 如き伺いが幕府, 如きにあり, 如き位地に立つ, 如き雲に, 如き低い山が, 如き低利資金融通法も人民, 如き低級の者, 如き低音でありました, 如き住所も身分, 如きを天井, 如き何ぞ曾て, 如き何ものでもない, 如き何らの粗生, 如き何度も何度, 如き何間幅の大, 如きに於, 如き余り耳遠く普通, 如き余りに軽すぎる, 如き余り杜撰なるべし, 如き余り残忍なる行為, 如き余地遊隙を保留, 如き余韻をひろげ, 如き佛蘭西學者は元, 如き作り話も生じた, 如き作戦計画は最初, 如き作文技法の典型以外, 如き作者意識を以てし, 如き佳人の涙, 如き佶屈なる調子, 如き使節ぶりを見せた, 如き來歴の書物, 如き例外を多少, 如き例証は殆, 如き便利品及び装飾品, 如き便宜品及び及び装飾品, 如き俄百姓が疝痛, 如き俊敏なる槍, 如きにこれ, 如き俗人にとり, 如き俗念もなく, 如き俗法にても高人用, 如き俗流の理論, 如き俗論の徹底的排撃, 如き俚諺を集むる, 如きを名づけ, 如き信仰心に感動, 如き信任なく独立, 如き信州林檎四十斤入りが青森産, 如き俺達の威力, 如き個々皆な生動, 如き個人的なもの, 如き個体的生存の単なる, 如き個想なかりしか, 如き個物として人格的, 如き個體的自我と結合, 如き倒澆燭の如き, 如き倫理学的生活法律学的生活を渇仰, 如き倫理科は大, 如き假名の名文, 如き偉い人には, 如き偏見を生み, 如き偏頗な食物, 如き健全なる彼, 如き健脚も雪, 如き側面よりする, 如き傍若無人の兇賊, 如き傑物に属望, 如き傘張法橋の豚犬児, 如き備後の布教, 如き催しを行, 如き傳統を繼, 如きありしも, 如き僕等の先輩, 如き僞善以外に別に, 如き僞善者を模倣, 如き僻説には同意, 如き僻陬の地, 如きはよも, 如き儀式を行, 如きを尚, 如き儒教に理會, 如き儒者は博愛, 如き優しい寂心の, 如き優位の保持, 如き優勢の位地, 如き優男ではありました, 如き優美なる曲線, 如き優長なる能わず, 如き優雅と温厚, 如き元始と立つる, 如き兄分もいる, 如き充分なる印象, 如き兇悪を助け, 如き兇険無道の悪魔, 如き先生の受難, 如き先覚者になる, 如き児戯をもっ, 如き兒戲にひとしい, 如き党派性その如き, 如き入れ物さへ有れ, 如き入場者の列, 如き入念な建築, 如き入獄者の容易, 如き運命から, 如き全たく其なので, 如き全てこれ等の原因, 如き全国わずかに, 如き全部約二千三百卷, 如き全面的合一においてこそ永遠性, 如き全面的徹底的壞滅こそ死, 如き兩眼より涙, 如き公共事業がすべて慈善心, 如き公園の樹立, 如き公民としてかかる, 如き公的報道に相当, 如き公私の中間者, 如き公衆でなければ, 如き公衙より帰れ, 如き六十九連覇と云, 如き共和の文字, 如きにいかに, 如き兵備施爲をば教, 如き兵家の孫, 如き其一発現なりといふも可也, 如き其一發現なりといふも可也, 如き其他多くの白鳥処女, 如き其他風鈴売葱売稗蒔売朝顔売の如き, 如き其動機目的は之, 如き其喇嘛教は非常, 如き其天然的基礎の天, 如き其宗教論の如き, 如き其日本に伝, 如き其最も著しき, 如き其消息の一端, 如き其無益たるは, 如き其等工業的近世の光景, 如き其芝居が足かけ三年, 如き其起原を歳時, 如き具象的の句, 如き具躰的の功, 如き具體的觀念の外, 如き内々の好意, 如き内儀の吐いた, 如き内国穀物と競争, 如き内在的基準がある, 如き円朝とは又, 如き円筒形の煤刷毛, 如き再現の働き, 如き冒頭を以て誰, 如き冗語を忍び, 如き写生の気味人, 如き写生万能の時代, 如き写真屋に昼, 如き冤名をこれ, 如き冥搜と模索, 如き冬眠状態の可能, 如き冷淡なる態度, 如き烈悲壯な, 如き凄まじさで, 如き凄まじき姿で, 如き凄惨狠毒の光景, 如き凋落に会, 如き凡て活躍動揺の姿勢, 如き凡て特殊の色調, 如き凡て自己が關係, 如き凡人的愉快も又, 如き凡常の事實, 如き処大に我心, 如き処女天皇の清らか, 如き凱歌であつ, 如き出で立ちをした, 如き出不精なもの, 如き出京の志し, 如き出放題な原始生活, 如き出生対死亡の比率, 如き出藍の才, 如き出藍ぶりがねえ, 如き出足に藉, 如き刃影槍光は血, 如き分割案の振り当て, 如き分割法は当, 如き分子式を想像, 如き分布の状態, 如き分析と概括, 如き分福の擧動, 如き分野は皮肉, 如き切なさを, 如き切傷二ヶ所且肩より腰, 如き切字である, 如き刑事問題にあり, 如き刑事裁判始まって, 如きの一首, 如き初夏のむれ, 如き判斷も客觀的實在世界, 如き別して涙の, 如き利子付きにて戻る, 如き利爪は魚, 如き利用物がなく, 如き利益がある, 如き制約されたスワデシ, 如き制裁力が弱い, 如きあるの, 如き刻みありて, 如き前代の演劇, 如き前後矛盾した虫, 如き前提から出発, 如き前日は風力猛烈, 如き前歯と隣, 如き前者はただ, 如き前途の希望, 如き尖を, 如き剣豪が出, 如き副作用を伴, 如き割合で増加, 如き創作活動を志す, 如き創造としての愛, 如き創造無より有, 如き剽悍無残の鼻, 如き劇烈なる男児, 如き力量もなく, 如き力量人でのうては, 如き功業を立て, 如き加害をなす, 如き加工少なきもの, 如き劣勢に陥った, 如き辭を以て, 如き助辞を以て斡旋, 如き努力の成果, 如き労働の苦痛, 如き労働者は工場主側, 如き効驗あるもの, 如きしさ, 如き動機において作る, 如き動物拝祀の, 如き動的な感激性, 如き勝手気儘の事, 如き勝手氣儘の事, 如き勞働生活ではなく, 如き勢ひで終ひには, 如き勤労は先づ外山正一矢田部良吉等諸氏, 如き勿体ない申し分でござる, 如き勿体振りなり, 如き匂いは久しく, 如き北極的寒烈, 如き北欧の, 如き北面の位置, 如き十九世紀中葉の欧州楽壇, 如き十五歳の少女, 如き十四の処女, 如き十手が御用御用, 如き千歳の下, 如き千鈞の重, 如き半ばしまりて, 如き半ば永久的な状況, 如きき調, 如き卑しい利得一点張りの, 如き卑下なる者, 如き卑屈の影, 如き卑怯の挙動, 如き卑怯者を援, 如き卑近の藝術, 如き卑陋な人物, 如き卒直なる態度, 如き卒讀亂讀者流の出納係, 如きを發掘, 如き卓拔な一種, 如き卓見家ですら, 如き協力一致の本能, 如き南下を妨げしめ, 如き南国の地, 如き長歌の, 如き単純さと同時, 如きい心, 如き博士はまた, 如き印度人が徳宗, 如き危險を冒す, 如き危險人物をその, 如きその一例, 如きを抉り出しぬ, 如き厖大な兵器, 如き原型を作り上げた, 如き原始の人間, 如き原始的トーテミズム的の説話, 如き原理を考え出した, 如き厳しい酒に対して, 如き厳島を尊敬, 如き厳格なる令条, 如き厳然たる態度を, 如き厳重な法律, 如き又例へば家庭に, 如き及び之に, 如きの眼, 如き主観の, 如き反対がなされ得よう, 如き反射運動は言う, 如き反感を抱き, 如き反省判断であるなら, 如き反証を認むることを, 如き叔父も無く, 如き叙情の間, 如き叢書類雑誌にては江戸会誌, 如き口気以て, 如き口氣を漏らし, 如き口語で書く, 如き口調を以て人, 如き古い型の, 如き古き歴史を, 如き古事記に採録, 如き古墳の決して, 如き古来未曾有の大御代, 如き古流池の坊, 如き古風な音調, 如き叫びを叫んだ, 如き叫び声これを聞く, 如き叫聲が野山, 如き忌き, 如き可変的媒介物が不十分, 如き史實調査に從事, 如き史料をそのまま, 如き司法主任の独断, 如き司馬遷の記, 如き其好む, 如き各自の小舎, 如き合奏を続け, 如き合方を最も, 如き吉井滝あり, 如き吉本將軍令孃美彌子によつてすべて, 如き源説が, 如き同じ統名の, 如き同一の記事, 如き同志を得たい, 如き同志小林がその, 如き同情の如き, 如き名刀なしと, 如き名刺でその, 如き名前の夜宴, 如き名君がだ, 如き名君的政治家の出現, 如き名所の風景, 如き名族は當時, 如き名状すべからざる荷, 如き名篇を出さん, 如き名著は出, 如き名詞ともつかず, 如き名誉職の職務上, 如き附の, 如き君主國日本の同盟國, 如きありといふ, 如き吾妻山爆発の如き, 如き告白をし, 如き周瑜ではない, 如き呪いも見えず, 如き和漢数学史の包括的, 如き和熟を見る, 如き哀愁を感じ, 如き哀訴嘆願おまけに断絶, 如き哀訴歎願おまけに断絶, 如き哀韻を聴いた, 如き品格を消磨, 如き品物が出ます, 如き品行方正よりも寧ろ, 如き哄笑なり, 如き哲学的生産の男主人公, 如き哲学等も盛ん, 如き哲學の研究者, 如きが流行, 如きを裂いた, 如き唇ドリアンは泪, 如きより以下, 如き唐変木と化した, 如き唐時代に漢譯, 如き唯物論はそれ, 如き商人の風, 如き啼声を説明, 如き善人と謂うべき, 如き善士聰慧者, 如きを白絹, 如き喚声の中, 如き喜びを以て豫, 如き喜多川歌麿が, 如き喜氣の如き, 如き喝采を送った, 如き喧騒が根岸, 如きに觀, 如き單純なる智能, 如き営業振りは大道商人, 如き嗜好の相違, 如き嘆息がそこ, 如き嘲罵の銕槌, 如き器械的國家は成り立たない, 如き噴火山爆發の如き, 如き噴飯に価する, 如きは少から, 如き嚴めしき態度をとられ, 如き嚴酷なる私刑, 如き嚴重なる取締, 如き囈語一句二句重畳して, 如き囘収し得ない支出形態, 如きへどころ, 如き四三調の名詞止め, 如き四十年後の今日, 如き四国に生れました, 如き四段の順序, 如き四種或は三種, 如き四絃一撥の琴, 如き四角な袋, 如き因果の眼, 如き団体相互間の関係, 如き団欒をなす, 如きを描いた, 如き図表によること, 如き固有名詞をもぢ, 如き国体万国に卓越, 如き国俊の一刀, 如き国家の利害, 如き国家主義の新聞, 如き国家連合理論等は之, 如き国民を作らなかつた, 如き国民的統一の精神, 如き國民性により著述, 如き國際關係に對, 如き園藝の如き, 如き圓滿な人格, 如き土器石器はアイノ, 如き土塵をもの, 如き土族でなかつたと, 如き土間に売品, 如き在り方で旅行, 如きが有, 如き地下職人に対し奉行, 如き地名の発音, 如き地形の沿岸, 如き地方官をその, 如き地理に關, 如き地理的関係にあっ, 如き地震國に於, 如き坊主頭の今, 如きを破った, 如き型通りのもの, 如き城壁ができ, 如き執念深さと, 如き執拗さをもつ, 如き基督教信者もあれ, 如き基督教的強烈の倫理感, 如き基礎理論によって解釈, 如き堂々たるものは, 如き堅いものすら, 如き堅実さをもっ, 如き堅貞の烈女, 如き堅陣は容易, 如き堆朱の如き, 如き堕落行詰まり時代を招致, 如きは孔子時代, 如き報酬ある能はず, 如き場合之を以て直ちに, 如き場合学者でも不用心, 如き塩焼の肴打, 如き境涯を指す, 如き境界にし, 如き境遇際會の變易, 如き増大号の頻繁, 如き増殖率の著しい, 如き増補や変更, 如き墨子の如き, 如き墨画を夢, 如き墨畫を夢, 如き壁立千仭遙か眞下, 如きは則, 如き壮志を包んだ, 如き壮快なる滑稽, 如き壮烈無比なる見幕, 如き壮観を呈した, 如き壯麗なもの, 如きを知り, 如きある日, 如き変化が此室内, 如き変形物は稀, 如き変態にまで陥り来りたる, 如き変態的な姿, 如き変梃なての, 如き変死者の出た, 如き変遷の時代, 如きの暮方, 如き夏目先生の書, 如き夕ぐれの中, 如き夕桜の真白, 如き夕燒の空, 如き夕立の激し, 如き夕靄がま, 如きには一寸, 如き外国語に智識, 如き外的な必然, 如き外觀を呈する, 如き外部的のもの, 如き多少の迷, 如きは, 如き夜学の教師, 如き夜店が眼, 如き夜空の下, 如き夜間燈火の映じたる, 如き夜陰の靜けさ, 如き夢中に読ん, 如き夢想を容, 如き夢遊病者の口臭その他, 如き大いなる重き鈍き, 如き大き師を, 如き大丈夫がいつ, 如き大作ではない, 如き大儒がかかる, 如き大切なる事, 如き大勝も既に, 如き大勢叶ひ難く, 如き大器又あるべし, 如き大塚匠作父子の孤忠, 如き大学の組織, 如き大審院の判例, 如き大将でしかも, 如き大小相懸絶せる品, 如き大島に高橋竹代女史, 如き大文字は淋漓, 如き大方の男, 如き大智とを骨子, 如き大枝の群, 如き大河の畔, 如き大理石なり, 如き大盤石の根底, 如き大祭にはその, 如き大空の一塵, 如き大罪を犯す, 如き大聖すら嗚呼, 如き大胆なる開国説, 如き大著をも見る, 如き大藩の持つ, 如き大蛇なりきと, 如き大衆団体の中, 如き大衆的営業振りを始めた, 如き大道を金崎, 如き大都市においてはこの恐るべき, 如き大阪弁が姿, 如き大雨と云い, 如き大鹿がどうして, 如き天下一変の大, 如き天下家毎に一本, 如き天性の娼婦, 如き天恵に乏しい, 如き天才的戰術家を生み, 如き天才的政治家義經の如き, 如き天文学的数字を一年間, 如き天日を強く, 如き天災は人爲, 如き天災非常の場合, 如き天皇と雖, 如き天真爛漫ぶりです, 如き天神川横川等を貫き, 如き天縦の材, 如き太古のすがた, 如き太宰府の軍人, 如き太宰治とやらい, 如き夫妻だ, 如き夫婦関係も追い追い, 如き夫昼夜を舎, 如き失体なからん, 如き失敬の態度, 如き失策に陥る, 如き夷狄の盛, 如き奇妙に颯爽, 如き奇抜な働き, 如き奇法を布く, 如き奇特な官吏, 如き奇現象さへ起つた, 如き奇異なる身, 如き奇縁にて今, 如き奇観を呈し, 如き契機を有する, 如き奔放なる筆勢, 如き奢侈品及び便宜品, 如き奥州弁で豆, 如き奥書がある, 如きの八疊, 如き奮戦すら敢えて, 如き奮闘的な態度, 如き女々しき挙動をか, 如き女主人の執拗, 如き女優はドリアン, 如き女学生を意味, 如き女形若しくは市川春蔵佐野川市松, 如き女性とは将門, 如き女豪傑ありたらば, 如き女郎花一輪深き淵, 如き奴等二三人を討取った, 如き奴隷のこと, 如き奸物にもせよ, 如き好き主人は世に, 如き好ましからざる諸事相, 如き好人物であった, 如き好条件の下, 如き如何に心, 如き如何なる認識の, 如き如水は眼中, 如き妄想を懐い, 如き妖しい魅力を, 如き妖怪を描い, 如き妖艶を極めたる, 如きなもの, 如き妙味に至り, 如き妙椿が現れ, 如き妥協的な改良説, 如き妥協的存在ではなく, 如き妬氣の如き, 如きを聞き役, 如き妻たる者の義務, 如き姉妹の内部生活, 如き始めて紙を, 如き姑息弥縫の解決手段, 如き委員等の組織, 如き委嘱は余, 如き姦策とに富みたりき, 如き姫君の色, 如き姿今いづこ, 如き姿勢が妙, 如き威光であった, 如きとして残し, 如き娯楽の如き, 如き婆娑羅がいた, 如き婚礼の席, 如き婚約者たる君, 如き婦人畢生の恥辱, 如きの状, 如き嫉妬の甚, 如き嫌いがない, 如き嫌疑を受, 如き嬌態女性間の嫉視反目, 如きも何故, 如き字句を修正, 如き孟荀等正統の儒家, 如き孤剣の快男児, 如き孤影を曳い, 如き学生の芸術, 如き学者的経歴を有する, 如き学芸文事悉く一たび, 如きれも, 如き學問は確實, 如き學殖があつ, 如き學界を聳動, 如き宇宙的人物にあらず, 如き穩に, 如き安徽の産, 如き安永天明における物哀れ, 如き完全な實在, 如き完全化の進行, 如き完全融和の事実, 如き完成感と高貴, 如き宗教上の儀式, 如き宗教書の耽読, 如き宗教的信念と快活, 如き官報類似のもの, 如き官憲の干渉, 如き官窯を推賞, 如き官製端書とは相, 如き官覚的浅薄の意味, 如き宝永山の鮮やか, 如き宝石の光沢, 如き况を, 如き実は浅い根, 如き実例に遭遇, 如き実情に御座候, 如き実業功利の国, 如き実罪をも構成, 如き実行の経綸家, 如き実話風な物語, 如き客観を標語, 如き客観的命令的なもの, 如き客觀主義の立場, 如き客觀的方面にも種々, 如き客觀的歴史的規定に於, 如き宣言を書いた, 如き室内楽を夥しく, 如き室内競馬と銘売, 如き宦官は曉天, 如きが手, 如きであったから, 如きは家根, 如き家具類にし, 如き家庭の狭隘, 如き家庭説半驕奢趣味, 如き家植の菊, 如き容貌に變つて, 如き寂しさ故に, 如き寂寥と悲痛, 如き寂心が魔訶止観, 如き密封したその, 如き密林の紅黄葉, 如き富強を致した, 如き富有な町, 如き寓公の居つた, 如き寛政の諸, 如き寡勢でないこと, 如き寥々たる短篇中, 如き實務的の仕事, 如き實在者としての主, 如き實感なきこと能はず, 如き實有は存在, 如き實用を旨, 如き寧ろ完全に, 如き審美學の應用, 如き審美家も必ずしも, 如き寵児がある, 如き対ソ国防不完全のままソ連, 如き対手の顔, 如き封建的遺習は新, 如き専門の文学者, 如き射利を禁遏, 如き將來に關, 如き將士あり, 如き尊族がなくし, 如き尊王の精神, 如き尋常ならぬ男, 如き對句は甚だ, 如き對照式の綺語, 如き小さな迸水装置, 如き小乗臭糞の持戒者, 如き小事から胚胎, 如き小作を公, 如き小僧におくれ, 如き小刀細工は将来, 如き小品文の上乗, 如き小夜なか, 如き小姓の勤め, 如き小川顕道が塵塚談, 如き小役ではなかつた, 如き小径あり唯, 如き小心翼々たるもの, 如き小春の如き, 如き小節の義, 如き小身者は当然, 如き小黒部谷の如き, 如き少くともそれ, 如き少女二人暫し飛ぶ, 如きくとも, 如き尤も此説を, 如き尤物其の中, 如き尨大なる著述, 如き尻付背の低く, 如き屋根葺き屋, 如き屍体飜弄の夢中遊行, 如き屏風の中, 如き山づたいの日本アルプスの裏, 如き山之を穿つ, 如き山人の如き, 如き山岳もしくは河流, 如き山川草木にまみれ, 如き山懐を桜, 如き山澤河海の氣象, 如き山猿に射殺, 如き山陽の如き, 如き山骨露はれ赭禿, 如き岩石に撃, 如き岩窟の入口, 如き峡谷を作った, 如き峭壁となり, 如き黒く燈火燦爛, 如き峰頂の或は, 如き峻厳のお, 如き峻岳の, 如き崇高偉大なる事実, 如き嵩高な貨物, 如きにし, 如き巌山と聯想, 如き巌石より成れる, 如き巖壁に沿, 如き巖頭に坐し, 如き川面からは真白, 如き工風を運らす, 如き左典の身, 如き巨人等が沢山, 如き巨匠さへも此処, 如き巨岩が峙ち, 如き巨漢が甘ったれた, 如き巨腕を持った, 如き巨象の鼻, 如きの如き, 如き市中の小, 如き市井の生活, 如き市街はその, 如き布局よりし, 如き布局法あり行筆本, 如き布教路を辿り, 如き布陣を行った, 如きをみな, 如き帆檣安房上総の山, 如き希望を抱い, 如き希臘詩聖ホメロスの二, 如き帝政治下のロウマ市民, 如き病人も, 如き常に重く又, 如き常套の語, 如き常習を持つ, 如き常識を以て昨今, 如き帽子を戴き, 如き平原の中白面, 如き平和的方法に依らむこ, 如き平坦なる街路, 如き平安によって保たれる, 如き平戸藩の重臣葉山左内, 如き平時よりも一層, 如き平氏が天下, 如き平民的文学を創め, 如き平民論者ならしめば, 如き平滑此の如き, 如き平生莫大の保護金, 如き平野の光景, 如き平静な答弁, 如き年々消費されかつ, 如き年中行事種痘の如き, 如き幻覺が若し, 如き幼い心が, 如き幼年の恐怖, 如き幾人かの男女, 如き幾百万エイカアの沃土, 如き広漠たる裾野, 如き底意がある, 如き座右銘を有する, 如き庭園の草樹, 如き庭木が目隠し, 如き廃寺の前, 如き廣東南邊の蠻僚出身, 如き廣漠なる地域, 如き建内スクネという大人物, 如き建物の最終, 如き建築の如き, 如き建設物は一個, 如き建設的意義を有する, 如き式場の中央, 如き式張りたる日, 如き弑逆の大罪, 如き引喩を否定, 如き國に, 如き弱き諸点に対して発展, 如き弱く愚なる, 如き弱虫は餓鬼道, 如き弱輩の徒, 如き張りのある, 如き張掖門に殺, 如き張苞だった, 如き壯に, 如き強制的奉仕ではない, 如き強盗殺人輩野卑なる無頼漢, 如き当時年少で詳知, 如き形体のもの, 如き形式的な抽象的, 如き形式的決定を必要, 如き形態を執っ, 如き形而上學はその他, 如き形而上學的諸論爭調停の方法, 如き形象即ち純, 如き形跡歴然たり, 如き彦之進氏も洋学, 如き影像の乱舞, 如き影灯籠の踊り, 如き彷徨有金全部をはたいた, 如きを演じさせたなら, 如き役務に従事, 如き彼我の五, 如き往来の中, 如きありて, 如きをし, 如き徒らに自己, 如き徒勞にはあらず, 如き徒爾の狂乱, 如き従僕芸術に恥じなけれ, 如き従来の哲学系統, 如き得意な態度, 如き御堂関白礼賛の如き, 如き御方はイザ, 如き御歌を奉られた, 如き復歸を, 如き復讐心を抱い, 如き物を, 如き微力な好事家, 如き微妙なやり方, 如き微弱なる答辯, 如き微罪といえ, 如き徳望あるに, 如き徳義一偏より言え, 如き徳育風教の振興, 如き徴標が甚だしく, 如き徹夜などがある, 如き徹底的象徴化こそ創造, 如き徹底的象徴性を神, 如き心入れであった, 如き心勞と犧牲, 如き心情は実は, 如き心持ちを懐い, 如き心柄の個人, 如き心根に胚胎, 如き心構へと方法, 如き心理作用が意識, 如き心理學はもとより, 如き心理状態に在り, 如き心眼ある人物, 如き心術ではプラーゲ, 如き心鏡に被告人, 如き必ずしも無稽の, 如き必然性を欠いた, 如き必要品に対するそれ, 如き必須の設備, 如き忌々しさを, 如き忌わしい情欲や, 如き忌避或は秘密等, 如き忘却術である, 如き忙しい季節には, 如き応酬ありしを, 如き忠三郎氏郷は秀吉, 如き忠烈な人々, 如き忠義の精気, 如き忠胆いつに変らぬ, 如き快事に遭遇, 如き快楽あるべきを, 如き忽ちにして, 如き怒りをふくんだ, 如き怜悧なる人, 如き思想そのものが時間性, 如き思想家は体系, 如き思想感情の漲流せる, 如き思想行動に入った, 如き思慮深き作家, 如き思索の傾向, 如き思索的努力がその, 如き性根の者, 如き性的二元説の無稽, 如き怨靈とか海, 如き怪事は未來, 如き怪艇の水煙, 如き怪速力を出し, 如き怯懦至極な支那人, 如きの情熱児, 如き恋情は今更, 如き恋愛に浸れる, 如き恋愛句においてこうした, 如き恋愛論と石原純, 如き恐らく支那神仙譚の, 如き恐らく最も夙く出來た, 如き恐ろしき詩材をは, 如き恐怖の為, 如きし気, 如きを吐く, 如き恰幅ではありました, 如き悉く此れ, 如き悠長な重々しい, 如き患者に對, 如き悪戯では, 如き悪文を一読, 如き悪業の根, 如き悪疾あれば, 如き悪相を突きだした, 如き悪臭ある粘液, 如き悪逆善良なる奥方, 如き悪風は男子, 如き悲しき痴漢老い, 如き悲みの奥底に何処, 如き悲劇の斯く, 如き悲哀を感じ, 如き悲境に沈淪, 如き悲惨誇りなき人生, 如き悶着も起り, 如き情けない悲劇は, 如き情交を迫り, 如き情実主義を清算, 如き情態を現, 如き情慾を巻き起させる, 如き情熱亢奮をもつ, 如き惜福の工夫, 如き惜福者の擧動, 如き惠みの創造の働きによつ, 如き惡事は意味, 如き惡夫惡子惡親をもつた, 如き惡少年化鳥を狙, 如き惡性の疾患, 如き惡氣を生ぜし, 如き惡蟲の故, 如き惡諡は稀有, 如き惡逆者に對, 如き惡道路を支那馬車, 如き惡鬼が秋, 如き惨憺悲愴の挙, 如き惰弱の武士, 如き想念を指す, 如き愁ひであつた, 如き以て, 如き愉快なる旅, 如きに理想, 如き意匠は古来, 如き意向が見え, 如き意志的な行動, 如き意志謂はば周章狼狽, 如き意思を起し, 如き意想外の御, 如き意昧においての矛盾的自己同一, 如き意気込があった, 如き意氣を示す, 如き意氣感情が多少, 如き愚かな父, 如き愚かしき事を, 如き愚劣な野心, 如き愚痴をならべる, 如き愚痴無知の婦人, 如き愚策に出でなかつた, 如き愛らしき所の, 如き愛国心と勇気, 如き感あらしむ, 如き感傷觀で二者, 如き感化を及ぼしたる, 如き感受性を以て古い古臭い, 如き感得と証悟, 如き感想の斷片, 如きた, 如き慈悲も亦, 如き慈憐の如き, 如き態勢を時期, 如き態度時折猫のよう, 如き慟哭だつた, 如き慣習は余りに, 如き憂国愛民の情熱, 如き憂目に遭, 如き憤怒と共に座, 如き憤怒さへ覺, 如き憫む可き先, 如き懐疑は固, 如き懷疑者の眼, 如き懺悔の詩, 如きを含む, 如きをし, 如き成功に接し, 如き成果を予想, 如きは, 如き我が輩の, 如き我儘を極める, 如き我儘者をさしおい, 如き我家の四男, 如き我武者一方の男, 如き我等の生活, 如き我血を冷さん, 如き我身には取分け, 如き我輩は失敬, 如き或いは臣連等所属の, 如き戦々兢々たるの比, 如き戦国時代においてその, 如き戦塲に出, 如き戦慄の快感, 如き戦略に依, 如き戯曲と小説, 如き戯曲界の現状, 如き戰國の著述, 如き戰略に依, 如き戰鬪に面する, 如き戸別割の賦課, 如き房州出らしき下婢, 如き所有権及び租税, 如き所為は死者, 如き所謂監獄部屋の虐待, 如き所謂自由詩は詩, 如き所謂解放は真, 如き所謂議会政府の我日本, 如き所謂運氣論といふもの, 如き手ざわりの句風, 如き手つきして, 如き手ぬるい禍を, 如き手嚴しい書, 如き手振りをし, 如き手摺の法, 如き手練を要する, 如き手軽に宿泊, 如き手軽い意味の, 如き手首種子島を握りたる, 如きを草莱, 如き才人が現れ, 如き才分の豊かさ, 如き才気がなく, 如き才物であること, 如き才貌ある歌妓, 如き打棒あらゆる鼓舞, 如きひ方, 如き批准の催促状, 如き批評眼がある, 如き技術をもっ, 如き技量なく矢, 如き投票はこれ, 如き折鞄をもっ, 如き披露とも宣言, 如き抽象理論の追求, 如き抽象的な概念, 如き抽象的道義を認め, 如き鄙なる, 如き拙き筆にては, 如き拙文を草, 如きは如何, 如き拳固で鎮圧め, 如き持久体制に這入っ, 如きをさしのべ, 如き指令にもなった, 如き指導原理を提出, 如き指導精神は打破, 如き挽物も拵ら, 如き掠奪者とこの, 如き接吻を覺, 如き接待は津軽人, 如き推断上の錯誤, 如き推理の当然, 如き推理力はなく, 如き描写全般に亘る, 如き提灯で照らされた, 如き揶揄を被, 如き損傷を来し, 如き擬態を有し, 如き擾亂的原因を考慮, 如き支那人の孝道, 如き支那傳來以外に實驗體得, 如き支那猥談を草する, 如き支配的なる力, 如き收攬しがたい, 如き改良はあえて, 如き攻撃に勢, 如き放れ業を演ずる, 如き放出音が敵, 如き放浪詩人の心, 如き放縦なる生活, 如き放言を吐きし, 如き政党嫌ひの, 如き政府の下, 如き政治家を少し, 如き政治的冒険の花々しく, 如き政治評論を以て聞えた, 如き政黨たらしむるか, 如き政黨嫌ひの, 如きもしらぬ, 如き效能がある, 如き敏捷さで眼, 如き救世の野心, 如きへなり, 如き教化を受けた, 如き教相組織を建立, 如き教育高き紳士, 如き教育法を用, 如き教育組織の下, 如き教育者の頭目, 如き教養は民族, 如き敬語廃止の如き, 如き数々の祝賀会, 如き数個の物体, 如き数分の彼女を今に, 如き数十万種の動植物, 如き数十年ならずして, 如き数量の上, 如き敵影だったが, 如きの思想, 如き數頭の鯨群, 如き文体が存外古く, 如き文勢筆致を保たん, 如き文化価値の見地, 如き文化性から生み出される, 如き文句を使用, 如き文士は斯, 如き文字通りの退却ぶり, 如き文字通り底気味の悪い, 如き文字通り底氣味の惡, 如き文学者にし, 如き文学青年の生活, 如き文才なきを, 如き文書係を勤め, 如き文章而もた, 如き文籍未だ備, 如き文言を葉書, 如き斗満の水源, 如き料理人は勿論, 如き断定を下す, 如き断雲のちぎれちぎれ, 如き斯學の專攻者, 如き斯様な浅ましい, 如き新しき生氣, 如き新日本に生じ来れる, 如き新曲を聴く, 如き新聞社への日々, 如き新進が他, 如き方々は其尤, 如き方式によって表現, 如き方法的組織的なところ, 如き方法行はれしならん, 如き方程式が得られる, 如き方針を取る, 如きにあっ, 如き旅行家の日本, 如き族制に起りたる, 如きの透間, 如き日光が希望, 如き日和見主義的動揺に対して真に, 如き日常の卑近, 如き日本ブルジョア国家が憲法, 如き日本左衛門がいつ, 如き日本建築の遠景, 如き日本歴史に未曾有, 如き日本獨得の精采, 如き日本美術の研究者, 如き日本酒を立山温泉, 如き日本音楽はさらに, 如き日清戦争後の軍人, 如き日蓮上人の意気, 如き旧弊人にはこれ, 如き旧派の俳人, 如き早くより世人, 如き早くから人形芝居の, 如き早業は電信, 如き早瀬の流あり, 如き早足にて半, 如きの宦官劉瑾, 如き明け七ツに, 如き明るく野蛮な, 如き明師に遭, 如き明敏なる判断, 如き明文がある, 如き明治生まれの者, 如き明清官窯五彩の如き, 如き明皇夢中に見る, 如き明瞭な言葉, 如き明石の如き, 如き明臣があらざりせ, 如き易からぬもの, 如き昔ながらの汚い, 如き春枝夫人が萬一, 如き是平氏の財力, 如き是源氏の不幸, 如き是等のもの, 如き是等外部の物, 如き時世だぞ, 如き時先生は金, 如き時新を賣る, 如き時榛軒は抽斎, 如き時運に取り残された, 如き時間なの, 如き時間空間を構, 如きの文公, 如きの曹, 如き晩霽の空, 如き普通の仕事, 如き普遍を指す, 如き普遍的なる價値觀念, 如き景観を呈する, 如き智勇拔羣の人, 如き智者もあろう, 如き暖炉の焔, 如き暗がりが持つ, 如き暗君でも孝治, 如き暗愚な人物, 如き暢氣な輩, 如き暴兵は手, 如き暴力によって虐殺, 如き暴威をふるっ, 如き暴挙である, 如き暴政に蹂躙, 如き暴横なる裁判, 如き暴行は随分, 如き暴雨の眼, 如き曖昧な返事, 如き曖昧模糊たる用法, 如きの色, 如き曲解も起こる, 如き闌け時移つて, 如き更に新しいところ, 如き書割裏の情事, 如き書商に銭, 如き書牘を蔵, 如き書物である, 如き書簡を諸, 如き書道の自在美, 如き高等の, 如き最もよく鼻にて, 如き最近の佛蘭西, 如き最高国家事業は総て税金, 如き會話を交, 如き月夜ですから, 如き月色が流れ, 如き有さまです, 如き有為の批評家, 如き有能な章句, 如きを繋い, 如きから晩, 如き朝明らかにて正午, 如き朝鮮の如き, 如き木の実の実る富み, 如き木挽越中沢二山との間, 如き木村名人のすさまじさ, 如き木獣などどれ, 如き木獣虎の如き, 如き木獣角のある, 如き木鳶を墨子, 如き深く吾国下層社会, 如き未だ五十日を, 如き未だに揚げを, 如き未だまったく天然の, 如き未熟の腕, 如き未練なもの, 如き未練愛着のこ, 如き未達の者, 如きの末, 如き末梢的に気取った, 如き本家の婦人, 如き本能生活を保存, 如き本能的な熱愛, 如き本質的理想的現實, 如き本間久雄の如き, 如き机上の上達者, 如き材料を取る, 如き材料構造の矮小軟弱, 如き材略が無, 如き村人のいやがる, 如き村民が泣い, 如き杜撰の文, 如き東亞諸國に必要, 如き東国人すなわち所謂東人, 如き東洋的英雄豪傑は破, 如きの樹, 如き果敢ない裏淋しい, 如き果樹が立っ, 如き枯木が水中, 如きとより成る, 如き甲では, 如き柔しき聲して, 如きの実, 如き栄華は一時, 如き栄誉の分たれざりし, 如き根強き身代きらいな, 如き格太郎はそれ, 如き格目は美女, 如き格言様の文句, 如き桔梗蜻蛉の眼球, 如き條件の場所, 如きの汁, 如きを承く, 如き棋士は如何なる, 如きを所持, 如きを一面, 如き森先生が著書, 如き森林つ, 如き植民地のやう, 如き椿事を演出, 如き重悪人, 如き極力賞讚の, 如き極地の人, 如き極悪人なりとは断じて, 如き楽劇一曲をやや, 如き楽天観に住, 如き概して言へば, 如き概ね皆この, 如き概念上のイデヤ, 如き榮位をうるも, 如き様々の怪語, 如き様式の芸術, 如き模倣的投機的精神にのみ力, 如き樣子なり, 如き権利の推定, 如き権威を附与, 如き横意地を示す, 如き横穴の入口, 如き横笛が舞姿, 如き横雲を漂, 如き横風な人間, 如き樹脂封蝋附きの, 如き樺色である, 如き橋受けがあつ, 如き機敏をのみ, 如き機械や工場, 如き機運の如何, 如き機關が出, 如き檢疫檢黴の如き, 如き櫻島との距離, 如き權力武力で強制的, 如き權勢を專ら, 如き權威と自信, 如き次いで翌大正四年八月, 如き次第に候, 如き次郎兼光の如き, 如き欧洲のそれ, 如き欧米において既に, 如き欧羅巴人に依, 如き欲求を入れなけれ, 如き歌風であるけれども, 如き歓楽の叫び, 如き歓迎ぶりだ, 如き歡喜を發見, 如き正しさが, 如き正徳五年の調べ, 如き正直者の身, 如き正確さで第, 如き正義感でこれ, 如き正風といへ, 如き此世界は遂に, 如き此寰宇と唱, 如き此派は民政主義, 如き此種の例, 如き此間の心事, 如き此類なり, 如き武勇凛々たる子弟, 如き武士に飼わるる, 如き武者修業の背後, 如き武蔵も平常, 如き歩みを小池, 如き歴史における内面的, 如き歴史的生命の自覚, 如き歴史的社会的では, 如きを通じてはじめて, 如き死文字を学ぶ, 如き死者尊重をやめ, 如き死骸陳列所の設け, 如き殆ど自明の理, 如き殆ど鎌倉時代の禪僧, 如き殊勝なる女性, 如き殊更に俳優, 如き残忍性を帯びたる, 如き残虐を敢えて, 如き残酷な無我, 如き殘虐性でした, 如き殷紅の斑理, 如き殺戮をやっ, 如き殺風景を繰り返す, 如き殿下の御, 如き母性愛を主, 如き毒舌をひどく, 如きでは無い, 如き比較的に爾, 如き毛深いものは, 如きの横, 如き氏族制度時代に於, 如き民來るを, 如き民族は政治上, 如き民族精神を否定, 如き民族芸術の一切, 如き民権論はこうして, 如き民百姓の膏血, 如き気の毒なる境遇, 如き気ぶりでも見えれ, 如き気候及び政治的情勢, 如き気分屋でええ, 如き気取りで平然, 如き気性なりと聞く, 如き気概に富んだ, 如き気色なり, 如き気違ひ騒ぎ他, 如き気風となり, 如き氣分である, 如き氣象を英雄的氣象, 如き水楊のわくら葉, 如き水滴水注片口鉢類日常雜器のもの, 如き水煙があ, 如き水色の壺, 如き水音の楽, 如きが閉ぢ, 如き氷塊みどりの波, 如き永楽帝の聰明勇決, 如き永遠化は一應可能, 如き氾濫不足という不利益, 如き涜の, 如き汚れたる海賊, 如き江山挙げて, 如き江戸衰亡期の妖艶, 如き池田勝入あり, 如き決定書が下, 如き決定論が最近, 如き決心を固めた, 如き決議をした, 如き沈湎な謙讓, 如き沈默には堪へられない, 如き沓形の峯, 如き没情感の冷たい, 如き没理想的消極的理窟的の者, 如き没趣味の作, 如き没音律の詩, 如き河内房の強力, 如き法制は獨, 如き法師も含つて, 如き法帽法服を考案, 如き法律が必要, 如き法律的用語をもつ, 如き法悦を感ずる, 如き法皇にし, 如き法華僧は恰も, 如き法螺ばかりにもあらざるべし, 如き波濤の上, 如き波長の線, 如き注家が王莽, 如き注意を要求, 如き洋画が発達, 如き洟垂る, 如き洪水あらしめじと, 如き活発なる勇士, 如き派手なる首環, 如き流離の民, 如き流離顛沛の状, 如き墓な, 如き浅い切り込でなく, 如き浅薄な写生主義者, 如き浅薄皮相の考, 如き浩澣のもの, 如き浩瀚なる書類, 如き浪曼性とさかん, 如き浪漫的で情象主義, 如き浮世絵師が盛, 如き海賊船であ, 如き海面の凪ぎ, 如き消息を洩らした, 如き消極的な事実, 如き消極的処世の道, 如き消毒方法の如き, 如きの眼, 如きしもない, 如き涼しく美しき眼の, 如き淡々とした, 如き淡き透明なる, 如き淡紅の花, 如き淨土思想の發生, 如き深刻さを欠い, 如き深山に居, 如き深成岩類やこれ等, 如き深遠なる宗教的観念, 如き混乱に陥った, 如き淺薄な樂天觀, 如き清き心を, 如き清元をあるいは, 如き清浄な男児, 如き清潔なる食道楽会, 如き清澄さをおぼえました, 如き清穏の風景, 如き清雅なる法, 如きを覺, 如き渋みと厚み, 如き減少は少し, 如き渡辺子金子氏, 如き渡邊子金子氏, 如きなる感情, 如き温情を含む, 如き温泉地にある, 如き温藉の人, 如き湧き水も地下, 如き村恭平をも, 如き準備によつて充實, 如き泥臭い堀割, 如き溝渠である, 如き溝渠緑なる氈, 如き滅多に居ない, 如き滋味にも富ん, 如きが天, 如き滿幅諛辭を以て充, 如き漂流の夷狄, 如き漂着の時日等, 如き漆黒の毛髪, 如き演劇的同盟に加はるこ, 如き演奏は露西亜, 如き漠然たる批評に, 如きであろうと, 如き漢子にはあらざりき, 如き漫畫派的羅曼的に見ない, 如き漸進の保険策, 如き潮これを繞, 如き潮流の一つ, 如き澱粉の物, 如き激烈勇猛の意氣感情, 如き濃く黒ずんだ雪, 如き濃淡を以て巧み, 如き濫淫の賤貨, 如き瀬戸で生れた, 如き火夫が炭, 如き火山島は决, 如き火玉が三つ, 如き火箭は一次一發右方左方, 如きの蔭, 如きを取り棄てる, 如き灼熱の日光, 如き災害に罹り給わん, 如き炎天の下, 如き炎日は直射, 如き炭坑が若干, 如きまた対照, 如き烈公藤田らの夢想外, 如き烈士風の行, 如き烈火の勤王, 如きの陣, 如き無人の深夜, 如き無作法な審理, 如き無心さはどこ, 如き無情冷淡を必要, 如き無意味な観念, 如き無意義な制約, 如き無意識ともいう, 如き無慙な破損, 如き無比の猛, 如き無用な閥族, 如き無礼は絶対, 如き無窮の愛, 如き無能でも当所, 如き無芸で殺風景, 如き無血虫がそんな, 如き無表情大公爵, 如き無謀小才なやつ, 如き無造作な形式論理的處理, 如き無遠慮の事, 如き無邪気な煽動者, 如き無限の感慨, 如き無韻の詩, 如き焦躁に捕へられ, 如きりである, 如きヶ岳を, 如き煌々した日, 如き煙先づ現はれ, 如き煙草小説を書かん, 如きは高山, 如き照応を得る, 如き煩瑣なる方便, 如き熟睡を遂げ, 如き熱弁を揮つて, 如き熱心さでいろいろ, 如き熱烈なる愛着, 如き熱烈鷙悍の感情意氣, 如き熱腸の感情, 如き熱閙場裏に此, 如き爆發信號が揚つた, 如きは魚, 如き爭氣ある者, 如き父性愛以外に何もの, 如き父母の任意選擇, 如き牛乳を得た, 如き物凄いもので, 如き物品を製造, 如き物活論的な見方, 如き物語を專一, 如き物語有之候, 如き物音人気なき家中, 如き牴牾がある, 如き特に正文に, 如き特恵を受け, 如き特権は速やか, 如き特種なる暗黒, 如き特色無き書, 如き特長は互に, 如き牽引は一切, 如き犧牲の快感, 如き犬畜生にも劣ッ, 如き犯罪性に憧れ, 如き犯罪的天才の所有者, 如き犯行を一貫, 如き状勢は當時, 如き狂信の域, 如き狂妄なこと, 如き狡いものとを, 如き屋の, 如き狭小なる国家主義, 如き狭隘独断の物, 如き狹隘なる利害, 如き狼藉をきわめ, 如き猛威をふるって, 如き猛毒の使用, 如き猛獣がいる, 如き猜疑百出の裡, 如き猿島が攫め, 如き獅子王の, 如き獅子身中の虫, 如きの胸, 如き獣神ならば, 如き獨斷を下す, 如き獨立の中心, 如き獨自なる價値, 如き獲物飜弄の高等, 如き獸類は中, 如き中郎, 如き王侯を並べいふ, 如き王粲が一局, 如き玲瓏な性情, 如き玲瓏さにおこう, 如き珈琲店は行く, 如き固に, 如き果を, 如き現代インテリ界は不, 如き現代人はかうした, 如き現在性の方面, 如き理性をもっ, 如き理想家の上, 如き理想的の句, 如き理由の下, 如き理科の全体, 如き理解は本質上必然的, 如き環境に育っ, 如き甚だ不用意なる, 如き甚横柄な女人, 如き生々しさ, 如き生々しき現実問題に, 如き生き写しを主眼, 如き生ぬるい槍と, 如き生命主義の倫理学, 如き生地のまま, 如き生死存亡に關, 如き生気なきその, 如き生活教養趣味をもつて, 如き生活此の如き, 如き生活状態の變化, 如き生物棲息に都合, 如き生産的労働の維持, 如き生産組織に対立, 如き生産部門への機械, 如きを爲, 如き田中伯爵に嫁, 如き田夫に敗れ, 如き田舎侍が歴々, 如き田舎漢はいつも, 如き男女共学の如き, 如き男女別なし無礼, 如き男體山の肩背, 如き町家の子弟, 如き画題がある, 如き同樣, 如き異体の怪物, 如き異例は除き, 如き異常な高, 如き異才を見る, 如き異義同音の錯亂, 如き異臭が風, 如き異議あるにも, 如き異質的浸透的連續的發展を把握, 如き當然日支兩國の間, 如き畸形の信者, 如き屬を, 如き疑深い卑屈な, 如き疼痛を発した, 如き病人に候, 如き病体には, 如き病勢の緩慢, 如き病態にはお, 如き病氣なし, 如き病的婦人美を賞讃, 如き病苦を甞むる, 如き症状は適齢期, 如き無ければ, 如き痕跡を留め, 如きに目ざむるや, 如き痛ましき妻の, 如き痛苦を嘗めしむ, 如き痩身の姿, 如き痩躯を運び行け, 如き痩長形のもの, 如き痴人に非ずし, 如き痴狂児といわれ, 如きのつきたる, 如き癡人に非ずし, 如き発動汽艇の泳ぐ, 如き発展を遂げた, 如き発達を遂げる, 如き發展史的なる存在, 如き發達をなし得た, 如き白い冷たい霜を以て, 如き白き梢に, 如き白壁造屋根の石さ, 如き白炎に鋳たる, 如き白烟が立つ, 如き白熱の一曲線, 如き白璧の微, 如き白眼を近眼鏡, 如き白色に見え, 如き白銀の, 如き白雲の中, 如き皆これに依拠, 如き皆それである, 如き皆人事に關, 如き皆其であつ, 如き皆十分の力あるを, 如き皆大に人, 如き皆天下に雷名, 如き皆季の景物, 如き皆彼を推し, 如き皆明哲保身の事, 如き皆有情の人心, 如き皆江戸平民の考案, 如き皆私党を率い, 如き皆私黨を率, 如き皇別の名家, 如き皮肉な詩一首, 如きを刻ん, 如き盗児風の如き, 如き目付もあり, 如き目前の大, 如き目容して, 如き目抜きの場所, 如き目的地を志す, 如き盲目的自己主張は事志, 如き直接の対応, 如き直接的體驗である, 如き直線的進行の時, 如き直観がまた, 如き類似の, 如き相対上の反動, 如き相撲はその後, 如き相違以上には等しく, 如き省察の不十分, 如き白き野猪, 如き眞理は如何なる, 如き眞鍮の大, 如き眞面目の人物, 如き真に特色ある, 如き真人間のハンニバル, 如き真似して, 如き真剣味でいる, 如き真心とのさ中, 如き真摯なる信念, 如き真珠を枕, 如き真白き影の, 如き真相は吾人, 如きの下, 如きゆさ, 如き眩しさを, 如き眺望は敢, 如き眼中に無い, 如き眼球を瞋, 如き矛盾的自己同一の世界, 如き矢攻めに遭っ, 如き知名の士, 如き知的作用のうち, 如き知覺的具象と思想感情, 如き劍を, 如き短刀が一本, 如き短慮無策にはわかるまい, 如き短文を攻究, 如き短時間の中, 如き短気な剛情者, 如き石仏を麻縄, 如き石像をばわれ, 如き石器を俗, 如き石室なり, 如き石碑をいつの間に, 如き石部党の旗頭さ, 如き研究態度に對, 如き破壊を行わしめる, 如き破天荒の實例, 如き破廉恥の所為, 如き破廉恥漢で儒生, 如き破顔微笑せらるる記事, 如き硬直な身體, 如きき空, 如き確固不抜の革命的党, 如き礎石の列, 如き示威の有様, 如きを執っ, 如き社交であっては, 如き社会主義的に用, 如き社会制度が成立, 如き社会的分子の此神話中, 如き社会的軽侮を受, 如き社会観国家観人生観世界観によってすべて, 如き社會状態の反映, 如き社會的愛情を失ふ, 如き祈祷には感應, 如き神人の結合, 如き神前に神禰宜, 如き神戸埠頭には全, 如き神秘らしい名目, 如き神経不屈不撓の意志, 如き神経質な作, 如き神話に於, 如き神話学者としては何れ, 如き神髄の剣法, 如き禁慾的人生観より云, 如き禁止令を発布, 如き禅僧がこの, 如き禍乱の最中, 如き禍難を受けたるや, 如き福岡聯隊の依頼, 如き福氣の如き, 如き福相したり, 如き禪家以外の宋代, 如き秀麗無双の高峰, 如き私ども平素関西地方の実際, 如き私語を聴く, 如きをなす, 如き科学性の確立, 如き科學時代には詩, 如き秘密があった, 如きの政府, 如き秦皇の焚書, 如き秩序がある, 如き稀世の賢人, 如き稀有なる事, 如き稀覯書を外国, 如き程度的のもの, 如き松多し, 如き稟資の人, 如き種族を, 如きき娘達, 如き穉子をか, 如き積極性は認められない, 如き積極的態度に對應, 如き積雪を膚, 如き積雲が屯, 如き穏和の色, 如き穢らしき仕事衣に, 如きあるは, 如き究屈なる学問, 如き究極地に到達, 如きに生ずる, 如き空き地に小屋, 如き空中軍艦が空, 如き空地なるを, 如き空想の發動, 如き空理空論は全く, 如き空虚な集団生活, 如き空語ではない, 如き空論家多きもの, 如き空閑の地, 如き窮乏の裡, 如き窮厄におり, 如き窮地に陥れた憎むべき, 如き窮措大めきたる男, 如き立ち場が得られる, 如き立ち樹に対してかれ, 如き立憲国に忠孝, 如き立浪の跳, 如き立言の根拠, 如き之助, 如き章句がある, 如き端倪すべからざる代物, 如きに花, 如き竹類相集りて禾本科中, 如き竿と装置, 如き笑話が博士自身, 如き笛吹川に飛び込んだ, 如き符箋つきで戻っ, 如き筆力望み瞻る方嚮, 如き筆勢で, 如き等差があった, 如きが正面, 如き答弁をした, 如き答解はかつて全く, 如き策士あって, 如きをば上, 如きあり, 如き節操の甚だ, 如き篤志家によつて, 如き簇雲を遠い, 如き簡單で且最良, 如き籍中の人, 如きの中, 如きがあつ, 如き粉飾を去つた, 如き粗末なもの, 如き粗生生産物から大, 如き粹美の稟賦, 如き精力の社会的浪費, 如き精気なく誠心, 如き精神勞作を爲さん, 如き精神的利権の確立, 如き精神的技術にあっ, 如き精神的苦悶を豫想, 如き精覈なる批評眼, 如き精霊は既に, 如き引けば, 如き糸織の大, 如き紅葉の大いなる, 如き紅顆を燭, 如きを成したる, 如き紋切型に触れる, 如き純潔何時までも地, 如き純白の雲, 如き素より亦怪しむに, 如き素人探偵の持つた, 如き素振りでゆき過ぎた, 如き素早さです, 如き素浪人にそんな, 如き素焼の大器, 如き素王の意味, 如き紫雲英に交, 如き細い眸に, 如き細密さその壮厳さ, 如き細径が原, 如き細菌の伝染, 如き紹介なき客, 如き終に往時の, 如き終止言が体言, 如き組織であらね, 如き経書を用いん, 如き経済関係の変化, 如き経綸的開国論の公告者, 如き結晶である, 如き結末になる, 如き結論を持ち出す, 如きを描ける, 如き絵の具であらう, 如き絶世の佳人, 如き絶倫の勇武強力, 如き絶叫も交じっ, 如き絶対的真理はむしろ, 如き絶對的認識に達する, 如き絶景あるかと, 如き絶讃である, 如き經濟學に於, 如き經綸の材, 如き綺羅びやかなる思想を有せし, 如き綿密な各部, 如き緊要な問題, 如きの下, 如き総合的社会現象を完全, 如き総髪をつかん, 如きの髪ゆたか, 如き緑林の徒, 如き緑色の舷燈, 如きを畫きし, 如き緞子はやはり, 如き峯北方に, 如き緩慢なるもの, 如き縁遠き事に, 如き縉紳は云はず, 如き縱横家の蘇秦, 如き繁みの中, 如き繁忙の際, 如き繁昌が単に, 如き繁栄をいたさん, 如き繁華の街路, 如き繊維状すなわち鬚状, 如き織田家の抱負, 如き纖腕痲る, 如き缺陷と聯關, 如き署名はただ, 如きの群れ, 如き美しい女神を, 如き美しく綺羅びやかな遺物は, 如き美少女葉子と醜い, 如き美徳は之, 如き美文の如き, 如き美男の眉山, 如き美音は心, 如き羞恥を感ぜず, 如き群将に守られ, 如き群巒の攅, 如き群衆はその後, 如き群議有り去る, 如き群雄をことごとく, 如き群集の喧々囂々たる, 如き義人を考へる, 如き義仲は常に, 如き義侠深愛, 如き義元が一首, 如き義公以来尊王を以て一個, 如き羸弱なるもの, 如きの半面, 如き習俗の行われ, 如きを振ふ, 如き老いたるもの, 如き老いたる者も君, 如き老境の者, 如き老年になっ, 如き老朽文士の旧作, 如き老松の間, 如き老獪にわれら, 如き老生の窮乏, 如き考古學の所謂土器, 如き者いつか再びボローニア, 如き者その頃ありしならん, 如き者なかりきまた汝, 如き者一種にてそれ, 如き者奚ぞ批評, 如き者愚たらずんば, 如き者画家は此, 如き者累々継出でんは, 如き者轉び出でたり, 如き耕作可能の州, 如き聊か寛政名手の, 如き聖人ナポレオンアレキサンドルの如き, 如き聲何處よりともなく, 如き聲音を聞き, 如きをも厭わず, 如き職工労働者の巣窟, 如き肉体上の象, 如き肉食殺生常習者が次第に, 如きのある, 如き肢体等をみる, 如き肯定によつて, 如きの如き, 如き背景と相, 如き胸算にては本, 如き脅迫状を送る, 如きさでしか, 如き脆弱な腕, 如き脳味噌から迸り, 如き腥臭くして, 如き腫物は黴, 如きの如き, 如き腺病状態が乙, 如き膨大なる予算, 如き臆測を容れる, 如き臆病な誤解, 如き自己かくの如き, 如き自己中心主義では無い, 如き自己主張が罪惡, 如き自己欺瞞の所産, 如き自己流の見地, 如き自己犠牲が要求, 如き自己疎外に於, 如き自己研究の聞噛, 如き自滅を免れる, 如き自然主義や懷疑思潮, 如き自然児が涙, 如き自然兒は江戸, 如き自然力を縦, 如き自然物にあらず, 如き自然的な親和, 如き自然的素質の問題, 如き自然的衝動に基い, 如き自然的要素によって貨物, 如き自然科学の方面, 如き自然観や道徳観, 如き自由の世, 如き自由自在は許されない, 如き自由解放の態度, 如き自由詩に到達, 如き自白をし, 如き自覚をもって集合, 如き臭気を発する, 如き至親の間柄, 如き至親間に起る, 如き至難比類なき疑獄事件, 如きに添え, 如き興味深いものが, 如きい運命, 如き舊型の政治家, 如きの詞, 如きを刻ん, 如き船嫌ひの, 如き良好なる政治的動力, 如き良師を得た, 如き色形せるもの, 如き色情狂者は, 如き色調韻律は決して, 如きを持つ, 如き艶体の詩, 如き艷やかなる乙女, 如きの子, 如き芭蕉も透谷氏, 如き花のにほへる, 如き花やかな夢, 如き花崗岩を照, 如き花弁の開く, 如き花束は樓, 如き花穂の相, 如き芸妓の歌舞, 如き芸術家志望の者, 如き苟も我か, 如き苟且の手段, 如き若衆形を描ける, 如き若輩でも心, 如き苦心惨憺の経営時代, 如き苦悩煩悶憤慨より生ずる, 如き苦悶を覺, 如き苦惱煩悶憤慨より生ずる, 如き苦痛を覺, 如き苦行は彼等, 如き英主が出, 如き英傑がクレオパトラ, 如き英蘭労働者ではなく, 如き英訳で芭蕉, 如き英霊底の漢一ダアス, 如き草原の上, 如き草葺の小屋, 如き荒唐無稽な筋合ひで, 如き荒涼の世界, 如き荒漢等山狗かとばかり痩せ, 如き荒逸なる愛情, 如き荘重の美, 如き莊周でさ, 如きた, 如き菅氏の観察, 如き菊花紋のもの, 如き華武者じゃった, 如き華麗無比の争, 如き菲才を捨て, 如き落着きと殆, 如き落語の如き, 如き著述は幾つ, 如き葡萄の酒, 如き蒼天は一大玻璃器, 如き蒼海を脚下, 如き蒼白な戦慄, 如き蓮花の雨, 如きがある, 如き蕪村の故意, 如き蕪雑にし, 如き薄い種類の, 如き薄き煙の, 如き薄弱貧小な意氣, 如き薄情の女, 如き薄気味の悪い, 如き薄紗の下, 如き薔薇よ, 如き薫香を放つ, 如きを比較的, 如き藝者末社をひきつれ, 如き藝苑の至寶, 如き藤原定家の本歌, 如き藩命に依る, 如き藻鹽木の香, 如きの湖, 如き虎杖がまだ, 如き處置を取る, 如き虚しい幻像に, 如き虚僞の報告, 如き虚栄一点張の努力, 如きれが, 如きである, 如き蛆虫やいなご, 如きの言葉, 如き蛮声を張り上げる, 如き蛮習を絶つ, 如き蛮行を敢, 如き蜀葵の日, 如き蝨ッたかりとは丸, 如き融和を見る, 如き融通の利かぬ, 如き螺鈿の如き, 如き蟇股の存在, 如きにも如かぬ, 如き蠻夷が國, 如き血反吐を吐い, 如き血相を作せり, 如き血色を照らし出し, 如き衆多の馬鹿者, 如き行儀を互に, 如き街道を見, 如き衛生上の観念, 如き衛生思想の乏しい, 如きに当る, 如き衣服を着, 如き衣裳をまとふて現れ, 如き表向きは余力, 如き表情なんでもない, 如き表現的に自己自身, 如き表皮のみを掻き, 如き表紙の揃つた, 如き表題の辞書, 如き造物は, 如き被告には同情, 如き被害者の遺族, 如き被虐性の性慾, 如き裁判を彼, 如き製作を除きまし, 如き製作欲がある, 如きの音, 如き複雑極まる表情, 如き襟懐あるに, 如き西の空, 如き西人崇拝にあらず, 如き西洋城廓出現せるが, 如き西洋文學の代表的, 如き西洋的思想を調和, 如き字能字皆な, 如き要するに手先に, 如き要領で計画, 如き覇気と野心, 如き見やすいかつ容易, 如き見やすき破綻を, 如き見事な銅像, 如き規定ではなく, 如き規律のもと, 如き規摸の目ざましき, 如き規程を設けた, 如き覚悟がなく, 如き親孝行者は実に, 如き親愛の念, 如き親爺がつい, 如き観察を下し, 如き観察力批判力で腸, 如き観察眼とその, 如き観照本位の芸術, 如き覺束なき民族的特質, 如き觀察點より總, 如き觀念的なるもの, 如き觀點よりみられたる, 如きを生やした, 如き解決手段を用いる, 如き解脱思ひも, 如き言動をした, 如き言葉つきに改めな, 如き言語道断の不埒者, 如き言語道斷の誤あり, 如き言説を弄, 如き計算に慣れぬ, 如き記憶に殘つたの, 如き記憶術よりは寧ろ, 如き記録簿の大きな, 如きりきつ, 如きでありまして, 如き証跡は一, 如き詐偽の行わるる, 如き詐偽方法に依, 如きを下した, 如きを用, 如き詩句が強い, 如き詩詞雑述のこれ, 如き詰問と慢罵, 如き話説を聽, 如き詳細なるもの, 如き誘惑と死, 如き語弊ある文字, 如き語気あるを, 如き語調にて簡単, 如きもある, 如き誠に無益の, 如き誤謬が往々, 如き説明神話を称し, 如き調に倣, 如き調度を始め, 如き諒解がある, 如き論拠の上, 如き論理の筆, 如き論理的遊戲の空し, 如き論者の軽薄唾棄, 如き論調山積せる材料, 如き諦観へ落ちこん, 如き諭文を下し, 如き諸王は皆謂, 如き諸種の救済法, 如き諺文がある, 如きはば宇宙的, 如き謙譲と真実, 如き講演機関が主催, 如きにつれ, 如き謬つた考も實際, 如き議政官に上局下局, 如き議題で世界的, 如き讃嘆の聲, 如き變異起る, 如き變革は他者, 如き讒誣は最早, 如き象嵌して, 如き象嵌手刷毛目繪高麗その他堅い手, 如き象徴的筆法を必要, 如き豪壮な矢唸り, 如き豪逸なる資性, 如き豫想に活きる, 如き貝殼は自然, 如き貝殼草や木芙蓉, 如き財力の乏しい, 如き貧しさの, 如き貧富の差, 如き貨物のみを意味, 如き貴き素朴と, 如き貴族宗では非常, 如き貴族的な旧, 如き貴族的制度の国, 如き貴族的精神は実に, 如き貴族趣味に属する, 如き貴重品や装飾品, 如き費用を要する, 如き資本制度より発した, 如き資本家の中, 如き資金の分配, 如きはひです, 如き賑いは見られない, 如き賛辞に附記, 如き過ぎるほど, 如き賢人の生る, 如き賤しき者が天子, 如き賤民の名, 如き賤者の子, 如き賤職に従事, 如きの土地, 如き質問が提出, 如き質実剛健ぶりで亡国, 如き質素良好の国家, 如き赤心を以てその, 如き赤煉瓦の長屋, 如き赤石山がのし, 如き赤色であるらしい併, 如き赤装束の騎馬武者, 如き赤貧のうち, 如き赤鬼にやつ, 如き起請でその, 如き個體的自我を, 如き超然たる赤貧ぶりに, 如き超然独を楽しむ, 如き超越的の直覚, 如き趣きあり, 如き趣味を欠き, 如き趣意にある, 如き足つきだった, 如き足どりで化学研究所, 如き足下にも及ぶ, 如き足利尊氏の如き, 如きをぽ, 如き幅広き町, 如きが着い, 如き身の上の人, 如き身ぶりが現れた, 如き身持を為したる, 如き身振りをする, 如き軍中の規律, 如き軍事的警察的テロルの虐殺制度, 如き軍人もはい, 如き軍艦の上, 如き軍馬に車, 如き転訛をなせる, 如き軽々にこれ, 如き軽佻な態度, 如き軽佻浮薄なる状况, 如き軽挙を恥づ, 如き軽率もあらん, 如き軽薄無情の浮世, 如き輪廓を以て一つ一つ, 如き輪形を成せる, 如き輿をかこん, 如き轉變極まりなき時世, 如き轡川の身体, 如き辛棒で鍛えられ, 如き辛辣なる論客, 如き辞令に富みたる, 如き辭令に富みたる, 如き辭書に春秋, 如き辯證法的統一の故に, 如き農業上の改良, 如き農業器具の改良, 如き農業者の費用, 如き迂愚の者, 如き迂遠なまね, 如き迅さと烈し, 如き迅速な勢い, 如き人の, 如き近代文化のあらゆる, 如き返答を与えた, 如きひは, 如き迷妄に陷, 如き追記がある, 如き退屈極まる格言, 如き撃に対しては, 如き通人の知る, 如き通俗小説がよっ, 如き通俗文學も其の, 如き通俗的信念も無造作, 如き通用語ならざるもの, 如き連想に浸る, 如き連戦連勝に引き, 如き連日の御, 如き進取の気象, 如き逸人的逃避からやがて, 如き逸話が残っ, 如き遁走ぶりがどんなに, 如き遂に何物をも, 如き遊び楽みの上にては竿, 如き遊惰の身, 如き遊芸人を古く, 如き遊芸者はそれぞれ相当, 如き運動性を欠く, 如き過去の妻, 如き過激の有様, 如き道具にて土, 如き道化が一人, 如き道家の老子, 如き道徳原理によつて充, 如き道徳観念からのみで, 如き達筆な記者, 如き達識家でも宦官, 如き州の, 如き遠くアフリカの東海岸, 如き遠藤教三氏の, 如き遠距離に威力, 如き適切な例, 如き遺産を吾人, 如き遺言である, 如きくべから, 如き邊裔の蠻民, 如き邦語の, 如き邪念を挟ん, 如き部分的の装飾, 如き部署をした, 如き都会的情調に触れしむ, 如き都市国家の政治, 如き都市村落の自然, 如き配合此の如き, 如き配慮と注意, 如き酔顔を差付け, 如き醉歌と遊宴, 如き醜い心を, 如き里恵の言明, 如き重い罪に, 如き重き罰を加, 如き重圧と闘う, 如き重大なる者, 如き重大問題は容易, 如き重大犯人を司令官, 如き重大誤解を起す, 如き野卑なもの, 如き野暮なる今日, 如き野獸と相, 如き野菜類を別, 如き野葡萄の実, 如き量見で紅葉先生, 如きを受け, 如き金一百円の成功報酬, 如き金唐革の如き, 如き金州の城外, 如き金瓶梅肉蒲団中の語彙, 如き金箱をつん, 如き金粉玉屑がある, 如き金色爛々の光, 如き金襴の小布, 如き金銭で剰し得る, 如き金額を余分, 如きを抜取りし, 如きがある, 如き鉄瓶や釜, 如き鉄鎖とセメント, 如き斧に, 如き鋭き眼を, 如き鋭く鈍い音が, 如き錯覺に陷, 如き鎌倉時代にだ, 如き鎌倉街道筋の國, 如き鑛毒地方から迎, 如き長い面が, 如き長き黒衣を, 如き長家が並び, 如き長寿の人, 如き長崎絵の紅毛人, 如き長期間いかにし, 如き長田君ステーションで僕, 如き長篇で現す, 如き門外漢の協力, 如き閉ぢたる眼, 如き開化に迄進, 如き閑地の体裁, 如き間人の間事業, 如き間言語を弄, 如き間違いを不思議, 如き関東の勢, 如きの中, 如き闘いから滲み出る, 如き關係が結ばれ, 如き附近の高峰, 如き陋俗までがなお, 如き陋巷に籠り, 如きの近臣, 如き陰影を求め, 如き陰性なお辻一人, 如き元龍, 如き陳腐な男女闘争, 如き陶器の如き, 如き陸兵となった, 如き険悪なる山稜, 如きがこぼれた, 如き隆起は剣ヶ峰, 如き隆運に向, 如き隊形に開進, 如き階級的道徳は踏襲, 如き随伴物なくし, 如き随分男子以上の, 如き隠し芸を持たない, 如きには貫一, 如き隱謀の張本人たる, 如き雄壮なるもの, 如き雄大なる美感, 如き雄材に常に, 如き雑多の地方人入り込み, 如き雑誌が出た, 如き雜報であつ, 如き雜家の書, 如き雨水を頭上, 如き雨漏りの天井, 如きの結晶, 如き雰囲気であること, 如き雲助という種族, 如き雷同附和者流に至っ, 如き電光を持った, 如き電光一閃の妙変, 如き電光石火の早陣, 如き電燈の光, 如き需要とは全く, 如きであると, 如き霊妙の筆, 如き霊感でも亦, 如きの衣, 如き露骨なる恩恵, 如き靈又は魂ひなの, 如き青い色の, 如き青ざかな菓子のたぐい, 如き青史未載, 如き青白き燐光を, 如き静かさの村, 如き静けさの村, 如き静山の姿, 如き静止した造形美術, 如き靜けさは日ごと, 如き靜寂至純なる藝術境, 如き非力者であろうか, 如き非合理的法律を墨守, 如き非常事件に際しかかる, 如き面地して, 如き面持して, 如き面白さ, 如き面貌の土偶, 如き面魂の持主, 如き革命的にし, 如き革新的色彩を帶びた政治, 如き音たて申し候, 如き音韻の明晰, 如き響ピアノに神, 如きへ雲, 如き預言者等の形, 如き頑強な追求精神, 如き頑民に言わせる, 如き頑然たる一篇, 如き頑陋偏僻なる小, 如き頑魯の者, 如き領分ではなく, 如き頬髯撫で廻, 如き頭腦の鋭敏, 如き頭蓋骨が, 如き頴川の如き, 如き題号をつける, 如き題目なの, 如き顔付きを致し, 如き顔色して, 如き顕著な例外, 如きが拒止, 如き類皆同じ, 如き類聴されざる例, 如き風俗をまで奨励, 如き風姿をした, 如き風流好事の儒者, 如き風潮を生んだ, 如き風神ヘルメスの狡猾, 如き風習を云, 如き風習一度立たば, 如き飛沫を噴い, 如き飛躍はひらめい, 如き飛躍上昇を要求, 如き飜訳でも少し, 如き飜訳界の偏頗ぶり, 如き飜譯のあつ, 如き食器が主要, 如き飮料水の善良, 如きはあり余れ, 如き飾りつけといふは先づ真中, 如き饒舌の虜, 如きっ枷, 如き首実検など一番当, 如きを吹いた, 如き香爐が据つて, 如き香物はいまだ, 如き馬群を持つ, 如き馬鹿者であるから, 如き駁撃を加, 如き駄文と恥, 如き駿馬である, 如き騎馬の大将, 如き騒ぎを呈し, 如き騰貴は貴金属, 如き騷ぎで種々評議, 如き騷ぎ夜になる, 如き驚嘆の情, 如き驚愕を梅子, 如き骨噐はエスキモー, 如き骨器は常陸椎塚, 如き骨肉相剋をつ, 如き體容を整, 如き體裁を存, 如き體驗への復歸, 如き氣の, 如き高き香に, 如き高僧すらが歴門教化, 如き高利貸の老婆, 如き高峰を措き, 如き高次の反省, 如き高次的純粹客體, 如き高瀬の渓谷, 如き高等下女の位地, 如き高等動物は隨分心理, 如き高貴な詩人的, 如き高足と談笑, 如き高鼾ぢや, 如き髯武者巡査田舎婆芸者らしき女, 如きもてる, 如きですら, 如き鬼傑でもわが, 如き鬼畜の痴者, 如き魅力を以てせまり, 如きの応, 如き魑魅魍魎の領地, 如き魔界に住んだ, 如き魚鳥神ならば, 如き鮮明な視覚写象, 如き鮮血を迸らせ, 如きの來, 如き麁相の責任, 如き麗人悲み泣きて, 如き麗色に劣り優り, 如き麻布長伝寺の練塀, 如きではなから, 如き黄口児になんで, 如き黒一点を認め, 如き黒一色で描いた, 如き黒烟の猛烈, 如き黒猫がぐる, 如き黒雲がむらむら, 如き黒雲御嶽の一角, 如き黙劇も此, 如き鼠賊が掟呼ばわり, 如き鼠輩を追う, 如きを発し, 如き鼾声を放っ