青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「四郎~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

器用~ 囚人~ 四~ ~四つ 四つ~ ~四人 ~四方 四方~ 四月~ 四角~
四郎~
回~ 回復~ 因~ 因果~ ~因縁 因縁~ 団~ 団体~ ~困っ 困っ~

「四郎~」 1022, 10ppm, 10853位

▼ 四郎兵衛~ (118, 11.5%)

3 とお, の顔 2 という者, にむかっ, のあと, の娘, は自分, は言った

1 [100件] おとなしく答えた, から大目付井上筑後, が両刃, が主人, が先立ち, が宵, が殺された, が若い, が送っ, っ四郎兵衛, でかれ, でした, という家, という浪人者, ともあ, と同国者, なら知らず貴様, にふくませた, に声, に見せる, に金, の一行, の一行三人, の低い, の嫡子作右衛門, の手, の手の内三吉太郎左衛門元高, の祖先, の胸ぐら, の茶屋, の軍, の駕籠, はあまり, はお, はからだ, はこの, はさらに, はすこし, はその, はそのまま, はほとほと, はまだ, はもう, はもうこ, はもどかし, はよう, はカンカン, は一向に, は三人同罪, は二カ所, は云った, は人々, は即座, は又, は又もや, は呼びとめた, は娘, は容易, は少し, は左, は幽霊, は思案, は探る, は母, は浅黄木綿, は熱, は物, は直ぐ, は相手, は私, は空, は笑っ, は繰返し, は腫れあがった, は蒼ざめた顔, は話し終っ, は迂, は金, は高熱, ほどの人間, もいよいよ, もとうとう, もほとほと, もゆるやか, も困った, も失望, も年, も殺された, も苦笑, も負けず, をたのん, を下手人, を呼出したろう, を敵, を暫く, を殺そう, を目がけ, を頼っ, を駕籠, を高輪

▼ 四郎~ (114, 11.2%)

4 しんこかん子は 2 お蘭, この娘, そっとかん子, 永く忘れなかった

1 [102件] あの爪弾き, いかにも拙い, いやだ, うつかりかう, おどり上がって, お政, こうして相模, ここへ, さけんで, すくなくとも農民, すつかり, そういい, そう云っ, そう思う, そつと, その足音, それに, それにも, たしかに城内, ただハッハッ, どうも解せない, どう思ってる, なお屋敷, なかなか白状, ふしようぶし, へっつい, まだカタギ, もう少しで, もちろん妻, もっと率直, もとより悪気, よかった, わが妻, ヤケに, 不思議そうに, 二十二三の, 人の, 今勉強, 今度は, 今藤澤宿にて, 仰向けに, 伊藤公の, 伝説の, 何うし, 何が, 何事の, 何者である, 其瞬間から, 利口で, 刺身を, 十七屋の, 半七, 口惜しかつ, 堪らなくぢ, 妻を, 寂しかつ, 小篠堤にて, 少しも, 居殘, 左のみに, 左り, 幼少に, 当然王侯, 彼等が, 心おごり, 忽ち顏, 思はず胸, 息の, 悪党でも, 我が身を, 手を, 抜目なく, 日記帳に, 栄介よりも, 槍で, 此頃續く, 母から, 母の, 涙の, 温和な, 溜息を, 焦れつたくて, 猿沢佐介の, 珍らしく, 直ちに諾, 石田の, 神の, 童貞マリヤに, 答えて, 自分で, 自分を, 衆目の, 見るより, 誠実を, 謀略によ, 負け惜しみで, 貴女に, 鉛筆を, 鎌倉屋金兵衞の, 非常な, 食に, 馬小屋に

▼ 四郎さん~ (107, 10.5%)

53 のこと 2 と一緒, はあたし, も, も上海

1 [91件] が, があと, がとぼけ, が出, が博士, が大, が川向う, が御, が来, が来た, が殺され, が連れ, こそ相当, じゃありません, じゃしょうが, じゃない, だからな, だったわネ, だな, だよ, でしょ, でしょう, で通ってる, とあたし, とひとつ, ともあ, とヤバイ橋, と御, と日比谷, と言われ, と言われた, と違っ, なら結構, なんかの国体原理派, にそう, にだけは俺たち, になっ, にもお裾分け, にも今, に会わせたい, に僕, に失礼, に射たれ, に約束, に見せ, のうち, のお, のお母さん, のところ, のほう, のほん, の下宿, の兄さん, の奥さん, の子供, の家, の思う, の知り合い, の耳, の言う, の身, の迎え, はいい, はうち, はすぐ, はほんとに, はウツツ, は国体原理派, は昔, は村長さん, は私, は高等商業, もあの, もいい, も右翼, も大人, も深入り, も矢萩, も連れ, よ, よお前さん, をかくまっ, をぶんどり, をまた, を両方, を探してる, を残した, を知ってる, を自分, 聞かなかったかい, 遊ばないか

▼ 四郎~ (67, 6.6%)

2 人気は, 位牌も, 噂は, 昔の, 顔は

1 [57件] ある長編, ことでございまし, ことばには, ことを, しゅうとごは六十以上, そばを, ふたりが, ほうだ, ものだ, 一言で, 三名着, 上に, 両名, 二人が, 人物なども, 前に, 十五という, 十六という, 口笛の, 垢や, 城跡といふ, 声が, 声である, 姿は, 姿も, 子を, 実験は, 家では, 家系を, 屍体から, 心は, 所謂馬鹿な, 手に, 振か, 教阿弥陀仏は, 机の, 案内で, 母と, 母は, 法力で, 父の, 眼の, 細君お, 紹介で, 美貌を, 胸は, 自筆の, 袖は, 話に, 返書には, 部下の, 頭に, 頭上に, 顔から, 顔が, 風貌を, 高い透き通る

▼ 四郎左衛門~ (53, 5.2%)

2 はそこ

1 [51件] が事変, が二十一歳, が京都, が其馬, が当時官吏, が意外, が捕へられ, が血刀, が逮捕, とが捕へられた, とが故郷, との間, とは一歩後, とは時機, と名, と渡辺, と申す, など大, に目, に贈位, の一手, の剣術, の同郷人, の家, の容貌, の投げ附けた, の跡, の養女, は, はすぐ, は勇戦隊, は只一打, は土屋信雄, は市中, は振り返り, は昧者, は横井平四郎, は毎日市中, は私, は素早く, は芸者, は訣別, は躯幹, は逃げ伸びた, は隊, を放免, を昧者, を降し, を隊伍, 問い掛け候, 申し述べ候処

▼ 四郎~ (48, 4.7%)

3 入って 2 たとえこの, 今は, 伝え聞いたらどんなに, 死ぬと, 猿沢佐介と

1 [35件] あんなに立身出世, いった, さけんだので, ときどきへっ, のろいから, ひどいので, ひやかすと, ジリジリと, 一同に, 事蹟を, 会いに, 假の, 傷いた, 六年ぶりで, 出て, 初め伴れ, 去った後, 名を, 大野猪, 天人として, 妻の, 宅へ, 方に, 本丸で, 松平伊豆守に, 検挙られ, 楼上で, 殺されると, 白痴でなく, 矢萩大蔵の, 究め損, 立てこもったとき, 納まらないし, 退出間近に, 顔の

▼ 四郎~ (44, 4.3%)

2 のこと

1 [42件] が嵯峨の屋, が帰っ, が来, が訊く, が訪れた, だ, だった, であった, であつ, というあばれん, と背中合せ, どうした, などはイライラ, なども非常, に会った, のすぐ, の先例, の好意, の訪問, はこの, はその, はもう, はわざわざ, は両国, は二階, は何処, は冷かした, は堅い, は度胸, は得意, は正晴君, は相, は至って, は虚, は議論, は辛辣, は鋭い, は隠居, は驚いた, は高, や川尻君, を訪れた

▼ 四郎という~ (20, 2.0%)

2 名を, 白痴の

1 [16件] お国, のは, ドクトルです, 三十五歳の, 二十三歳の, 人間は, 名は, 学究の, 弟が, 御徒士組, 日本に, 洋服屋と, 男が, 美少年は, 者が, 者です

▼ 四郎~ (20, 2.0%)

1 [20件] が大正四年五月六日, が稽古, であったので, でありました, と並ん, と浦崎さん, なん, の, の作, の作品, の友人, の取, の声, の実験談, の手許, の獄中, の許, は先日中, は本県, 同柴藤精蔵氏

▼ 四郎~ (19, 1.9%)

2 申します

1 [17件] いい分家, いって, その子ら, なって, 三五郎と, 二人が, 云うて, 叔父の, 名乘筑前, 呼れ, 私だけ, 称したが, 称ぶ, 覚えて, 言うもん, 言って, 陸軍大尉で

▼ 四郎~ (16, 1.6%)

4 かん子も

1 [12件] この頃, そのころ, ようやく掃除, 則ち, 同じ語学校, 安子も, 少し出過ぎた, 忍術使ひ, 私も, 竹俣長七も, 老人も, 農民の

▼ 四郎時貞~ (16, 1.6%)

2 である

1 [14件] が父, こそ然, であるが, という十六歳, といふ十六歳, と共に焔, は不意, は余り, は城内, は島原富岡, は幼名, を御, を求め探した, を討ち取っ

▼ 四郎右衛門~ (11, 1.1%)

1 [11件] からの密使野間源兵衛, が何, というの, という家, とは昔, と云う, と名, の二男四郎兵衛, の爺様, の膝, はその

▼ 四郎太夫~ (11, 1.1%)

1 [11件] から外国領事, に奢らせ, に就い, に関係, の話, の門下, はエライ, は天使, を友達扱い, を師, を憶

▼ 四郎~ (10, 1.0%)

1 が拳銃, が遺書, じゃ, それから矢伏五太夫, であった, の告白, の遺書, はあの世, も同じく, を戸籍

▼ 四郎殿~ (10, 1.0%)

1 お立, か, かお迎えご苦労, がご, が志士たち, の屋敷, の邸内, へ柴屋寺住持, へ縁故, をも何とぞ

▼ 四郎どの~ (9, 0.9%)

1 か, でござる, と立ち会い, にご, のほう, の様子, はおふくろ様, も痛しかゆし, をさらっ

▼ 四郎勝頼~ (8, 0.8%)

1 その人, でもない, と記した, のあり, の弟, の温情, はてめえ, も動ぜぬ

▼ 四郎右衞門~ (8, 0.8%)

1 が申せし, とて間口十八間餘番頭手代丁稚五十餘人其外下女下男二十人夫婦, と云, なり皆, の頭, は茂兵衞方, より金子借用, を連歸

▼ 四郎~ (7, 0.7%)

1 加えて, 天人に, 始め彼三五郎鴻の巣なる, 差向けて, 担ぎあげて, 責めるに, 除いて

▼ 四郎二郎国長~ (7, 0.7%)

2 の館 1 がいまさら, とをその, の郎党, はこの, も死んだ

▼ 四郎忠常~ (7, 0.7%)

1 が究める, である, といい, などは, に命じ, に退治, は頼朝

▼ 四郎~ (6, 0.6%)

1 別れて, 勘当を, 命じて, 請負った仕事, 逢つた, 附会した

▼ 四郎馬鹿さん~ (6, 0.6%)

4 に見舞われた 2 と愛称

▼ 四郎二郎~ (5, 0.5%)

1 この二人, と彼, の声, の錦小路, は時々

▼ 四郎~ (5, 0.5%)

1 が, と高木主人, の許, は行った, 悟らず遙

▼ 四郎~ (5, 0.5%)

1 とかおっしゃる, と申, と申す, にだって負けない, は申されました

▼ 四郎~ (4, 0.4%)

2 が私, はどう

▼ 四郎五郎左衛門~ (4, 0.4%)

1 が長々, さすがに, のむく, の三品流

▼ 四郎~ (4, 0.4%)

1 平です, 平の, 平は, 平や

▼ 四郎左衛門等~ (4, 0.4%)

2 の獄 1 の横井, はこれ

▼ 四郎義実~ (4, 0.4%)

1 はさっそく, はなお, はひどく, は顔

▼ 四郎高綱~ (4, 0.4%)

1 っ, の四人, の宇治川, の許

▼ 四郎~ (3, 0.3%)

1 のと, んべ, 四郎だ

▼ 四郎など~ (3, 0.3%)

1 云う美男優長, 夜来歩き通し, 義理にも

▼ 四郎~ (3, 0.3%)

1 安積八弥太などは, 広常老人を, 甲賀三郎の

▼ 四郎兵衛尉さま~ (3, 0.3%)

1 が御, は御, をお召

▼ 四郎兵衞~ (3, 0.3%)

1 の二人, はまん中, は先

▼ 四郎左衛門利行~ (3, 0.3%)

1 がむす, は仰天, もまた

▼ 四郎左衞門~ (3, 0.3%)

1 と稱, の兩人, はなほ更

▼ 四郎おれ~ (2, 0.2%)

1 はする, を担ぎおろし

▼ 四郎お前~ (2, 0.2%)

1 は二年, は誰

▼ 四郎との~ (2, 0.2%)

1 仲を, 件コクリ

▼ 四郎三郎~ (2, 0.2%)

1 という逆算的, を城番

▼ 四郎兵衛さん~ (2, 0.2%)

1 にも何, の会所

▼ 四郎兵衛景利~ (2, 0.2%)

1 とともに大小火砲, の三人

▼ 四郎兼平~ (2, 0.2%)

1 の如き, の諫

▼ 四郎~ (2, 0.2%)

1 が云, とは陰謀

▼ 四郎大夫~ (2, 0.2%)

1 と名, は瀬兵衛

▼ 四郎太博士~ (2, 0.2%)

1 がまだ, の

▼ 四郎少年~ (2, 0.2%)

1 こそは彼, の皮膚

▼ 四郎~ (2, 0.2%)

1 母という, 母の

▼ 四郎~ (2, 0.2%)

1 だか, 挙げに

▼ 四郎氏人~ (2, 0.2%)

2 のかん子氏

▼ 四郎義元~ (2, 0.2%)

1 という剣, と云い

▼ 四郎義利~ (2, 0.2%)

1 の文字, はこの

▼ 四郎馬鹿~ (2, 0.2%)

2 の写真

▼1* [186件]

四郎おくれがちにて, 四郎おまえとなりへつれ, 四郎お前母親が恋しく, 四郎こっちへ来い, 四郎さんそれ取っといてね, 四郎さんみたいな生, 四郎さんカタギになっ, 四郎さんテニスをやり, 四郎さん二百円だけで, 四郎さん痛快にはちがい, 四郎さん達であつ, 四郎さん顔色が悪い, 四郎たち天主教徒の一味, 四郎ださうですよ, 四郎だったらイヨイヨ大変です, 四郎ちゃんが来た, 四郎って役者には, 四郎っていう人よ, 四郎といふ老船長, 四郎といふもの一揆を, 四郎とはそこらの, 四郎と共に否かの, 四郎などという今日の, 四郎などの一行は, 四郎なる由を, 四郎なんてのが, 四郎には柿衣かつぎう, 四郎にも近ごろこんな, 四郎はがつかりした気, 四郎ひとりを残し, 四郎ふたりの母, 四郎への待遇きのふには, 四郎四郎べで, 四郎べで通して, 四郎すっかり天童気取り, 四郎め天童に成り済ました, 四郎ものをも云, 四郎よりも凄じい活躍, 四郎の手, 四郎ガラス越しに見, 四郎ナド下ニテ聴テ, 四郎ハリキリ柳が殺陣, 四郎一件に付享保十一年十二月右係り合, 四郎一味の陰謀, 四郎一年忌で染井, 四郎一派に助力, 四郎という若, 四郎三崎清次郎渡辺国明金五郎等の小頭連中, 四郎中村浩山田武の諸氏, 四郎中村清右衛門磯貝十郎左衛門などの同僚たち, 四郎中田理平次の両, 四郎二郎国長殿も今夜限り草葉, 四郎五歳にし, 四郎五郎である, 四郎五郎左衛門めでご, 四郎五郎左衛門股毛一寸六福田メリ子なんていう, 四郎今村力三郎中鉢美明黒須龍太郎戸口茂里平岡万次郎斎藤次郎高橋四郎小林茂八大島染之助, 四郎以下の切支丹宗徒, 四郎が扨武士, 四郎作君のよう, 四郎に元, 四郎倉橋伝助これ等はたしかに, 四郎儀療養叶わず遂に, 四郎入道がこれ, 四郎兩氏の別, 四郎兵衛らが駕籠, 四郎兵衛南山を小倉孫作, 四郎兵衛友治をよび出し, 四郎兵衛娘のお, 四郎兵衛尉等屏の中門, 四郎兵衛景雄井上五郎兵衛景貞の六千, 四郎兵衛様の御, 四郎兵衛気の毒だが, 四郎兵衛玉井数馬助二人, 四郎兵衛町野左近将監三番に五手組, 四郎兵衛町野左近将監新参ではある, 四郎兵衛町野左近等何躊躇すべきしおらしい, 四郎兵衛相津左兵衛三千五百の人数, 四郎兵衛等を頭, 四郎兵衛親娘殺しを白状, 四郎兵衛馬を左方, 四郎兵衞その他四人も身繕, 四郎兵衞黒田總兵衞齋藤甚右衞門野村初右衞門, 四郎兼平一騎を残す, 四郎兼平敗残の兵三百余, 四郎兼平義仲の命, 四郎出で立って静か, 四郎勉強は未だ, 四郎勝頼ガ此地ニカカラレ候折ノ持舟, 四郎勝頼伊那丸の父, 四郎勝頼様の御, 四郎勝頼武田上野介などいう, 四郎勝頼父子に会心, 四郎勝頼穴山梅雪などの一手, 四郎博士の直話, 四郎作も, 四郎古沢滋の如き, 四郎古澤滋の如き, 四郎右衛門信成金の軍配団扇, 四郎右衛門十八歳黒田吉兵衛長政の十六歳, 四郎右衛門平野権平脇坂甚内糟屋助右衛門片桐助作桜井佐吉伊木半七, 四郎右衛門様がおいで, 四郎吉田平之助と一, 四郎咄嗟につぶやい, 四郎四段古川緑波五段菅忠雄などといふ所, 四郎団八などいふ, 四郎夢野久作小栗虫太郎海野十三などはいなくなった, 四郎ハリキリ, 四郎大夫山岸監物など馬上, 四郎大岡育造の人々, 四郎を仰い, 四郎天成発明にし, 四郎天野遠景同じく平内, 四郎太五太夫六松と偶然, 四郎太博士等を初め, 四郎太郎権兵衛作の類, 四郎が笑っ, 四郎に同, 四郎寺本半四郎秋上甚介立原久綱など世, 四郎小林茂八大島染之助, 四郎岩井松之助などであった, 四郎左千葉貞胤結城親光六角時信小山秀朝江馬越前守三浦ノ介, 四郎左愛撫措かず女長, 四郎左衛門ホカ諸将, 四郎左衛門上坂源之丞, 四郎左衛門勝重以来未嘗, 四郎左衛門尉義直伊具馬太郎盛重の為, 四郎左衛門正義の子, 四郎左衛門良清に嫁, 四郎左衛門輝弘をし, 四郎左衛門高綱の子, 四郎左近太夫大勢なりと雖, 四郎というの, 四郎ならず何, 四郎忠常主従六人を入れ, 四郎忠常人穴より出で, 四郎阿生年七十三歳, 四郎惟重を呼び, 四郎教授のところ, 四郎日記とか云う, 四郎時政の頼朝, 四郎時貞五奉行等と議し, 四郎時貞出でて, 四郎朝政の斃, 四郎本多又作, 四郎本野一郎の諸, 四郎来訪待たしといて, 四郎東田行蔵らの人たち, 四郎案じ始めて一人, 四郎梅子と見まもる, 四郎をお呼び, 四郎して, 四郎殿何者か我が, 四郎殿能こそ御, 四郎氏以下多数参列の下, 四郎氏宛に残し, 四郎氏揮毫の隷書, 四郎氏縁故者牟田口利彦氏常任理事佐藤文次郎氏来賓総代武谷軍医監の玉串奉奠, 四郎氏邸の会, 四郎氏高鍋藩では堤長発氏, 四郎江戸馴ねへと見える, 四郎河村伝兵衛小山源五左衛門などは原惣右衛門, 四郎泰長です, 四郎父子はやう, 四郎は目, 四郎を持て, 四郎義実宇佐美三郎天野遠景加藤次景廉, 四郎義直さま五郎義重さまも甚だ, 四郎義長武田孫五郎時風長井大膳河越高重など手負い, 四郎さわぎの, 四郎能間百合熊福原三蔵外要路の人山田宇右衛門, 四郎自身の考え, 四郎花井卓藏今村力三郎の三氏, 四郎茲俊も同国一ノ宮, 四郎西湖之柳, 四郎見たいな不, 四郎計退出畢而右京兆者被役御劒之由禪師兼以存知之間守其役人斬仲章之首, 四郎酒屋の胡正, 四郎重政の跡, 四郎重朝の遺跡, 四郎長井太郎宇佐美三郎佐佐木小三郎南条平次安西四郎など云う, 四郎長茂が率, 四郎限りもなく, 四郎青年を捕える, 四郎高木顯明崎久保誓一小池一郎同徳市, 四郎高綱密カニ養育シテアリシヲ後高綱世ヲ恨ミ申ス事アツテ