青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「埋め~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~垂れ 垂れ~ ~型 型~ 垢~ 垣~ 垣根~ ~埃 埃~ ~埋め
埋め~
~城 城~ ~城下 城下~ 城中~ 城内~ 執拗~ 執着~ 基~ ~基礎

「埋め~」 1700, 17ppm, 6748位

▼ 埋め~ (1257, 73.9%)

39 いた 31 しまった 27 いる 14 いるの 13 ある, 置いて 12 あるの 9 あると 8 しまつ, ゐた 7 おいて, しまうの 6 あつた, 泣いて

5 [11件] あるという, いて, おいた, おくの, しまえ, その上, ゐる, ゐるの, 下さい, 置いた, 行った

4 いたの, いると, いるので, しまう, しまうほど, 居た, 置いたの, 置くの

3 [24件] あった, あったの, あつたの, あるところ, あるよう, ある場所, いたが, いるうち, いるところ, いるよう, おくと, おしまいに, しまえば, しまったの, しまって, やって, やるから, ゐるが, 了う, 了ふ, 眼を, 行く, 隠して, 静に

2 [69件] ありました, あるといふ, あるに, あるはず, あるもし, ある家, ある所, ある見に, ある財, いった, いるから, いる所, いる雪, おいたという, おきます, おき家, おく, おやり, おります, お呉れ, きて, ください, こいと, これを, さめざめと, しまいました, しまうこと, しまうという, しまおうと, しまふといふ, しまわなければ, そこに, にじむもの, まいりました, もらいたいと, もらえば, やった, やつた, やりました, やりましょう, やる, やるべ, やろうと, ゆく, シクシクと, 上から, 上げますよ, 人に, 何を, 俯いて, 兄の, 其の上, 土を, 堤の, 女主人, 妙に, 居ると, 平凡人となり了する, 恐れ入ります, 涙を, 田螺の, 空を, 置いたじゃ, 置いた本, 置くよう, 置けば, 置こうと, 行つた, 谿へ

1 [760件 抜粋] あかの, あったところ, あったもの, あった寺, あった所, あって, あつて, あります無くなれば, あるか, あるから, あること, あるそう, あるその, あるだけに, あるので, あるん, ある千両箱一つ, ある墓, ある故, ある棺桶, ある死体, ある薪, ある處, あろうかと, あろうが, あわれなようす, いたこと, いたため, いただきました, いただくだけで, いたもの, いたらしかった, いた人々, いた図書文献, いた学生たち, いた当の, いた桂, いた頤, いって, いなけりゃ気, いました, いましたって, いるお, いるかも, いるきり, いること, いるだろうなどと, いるでしょう, いるばかりか, いるもの, いる人波, いる処, いる古典的ロシア写実派, いる場所, いる大使館, いる小石, いる山伏, いる必要, いる悪質, いる枯れ萱, いる森林, いる樹, いる洋書, いる白雲, いる糸筋, いる薪, いる行進, いる観, いる赤松, いる間, い贔屓役者, うねうねと, うまいもの, おいたから, おいたに, おいた朝鮮芋, おいた莫大, おいた金, おいてから, おかれなくて, おきましょうか, おきますと, おくその, おくだけ, おくなどとは, おくは, おけば, おこうか, お仕舞い, お供を, お前さんずるずる, お綱, かすかに, きんきんいふ声, くださいましたでしょうね, くる, くれない, くれぬ限り, くれましょうね, くれるの, くんな, こなごなに, このところ百合, ござりまする, ごらんきれいな, ごろりと寝ころんだ, さすがの, しきりに口, しくしく泣い, しのびやか, しばらくトカゲ, しまい, しまいそう, しまいたいという, しまいたかった, しまいましょう, しまい楼台城閣, しまい証拠, しまうこれ, しまうつもり, しまうでも, しまうもの, しまうよう, しまう程, しまう積, しまおうかとも, しまったか, しまったから, しまったそう, しまったとの, しまったら息, しまったん, しまった後, しまった方, しまつたその, しまつたのである, しまつて, しまはないと, しまひたい, しまひたかつた, しまひ今, しまふ, しまふこと, しまふに, しまふので, しまふやう, しまわなかったか, しまわねえの, じっと息, じっと深く, すすり泣きながら, そこへ, そつと, その倅, その側, その絵画的, それに, たがいに, ただ泣く, ちょこなんと坐っ, ちょっと澄まし, ともすれば上ずり, どうする, なお余り, ながめて, なりとも, はげしく泣きだした, ひしと縋っ, ひれ伏し音楽, ぼんやりし, またその, まつげの, みせん, みたいもの, みよという, みるべし, むかえに, もうここ, もらいたい, もらいたいね, もらいたいん, もらいとうございますそう, もらうのよ, もろ手を, やったなら, やったの, やまぬ羞恥, やらねば, やりたいと, やりて, やりました私, やりや, やると, やるの, やる安心, やる時, やれば, やろう, やろうという, ゆかなければ, ゆくしか, ゆくよう, ゆく影, ゆるい斜面, よい正に, より既に半年, らっしゃるって, ゐたから, ゐたが, ゐたほどの, ゐたもの, ゐた桂, ゐた筈, ゐまた, ゐるかなた, ゐると, ゐるやう, ゐる樽野, ゐる登子, ゐる空, ゐる雪, スヤスヤと, ダラリと, フリーダが, ベルゼブルに, 一めんに, 一斉に, 一方の, 七家の, 万物を, 三日晒され, 上に, 下さいね, 下を, 両文相俟, 乗りこんだ, 了いました, 了うために, 了つたの, 了つたので, 了つてさ, 了ひやしない, 二人とも, 二百ばかりの, 云ふた, 人を, 人間の, 今は, 仕舞うと, 仕舞う事, 仕舞おうとまで, 住んだ江戸當初, 体に, 何んの, 何処といふ, 何處といふ, 余の, 俯けるお, 俯す, 俯向にな, 俯目勝に, 僅かに, 入り乱れ続いて, 兩方を, 兩足を, 其上に, 其砦を, 凶霊の, 出た乘合, 別に掘り直した, 力なげ, 動かずに, 動じなかつた, 十二月十一日の, 千五六百人を, 午睡せるあり, 口を, 吐息を, 呟いた, 呻いて, 咲いて, 咲かずしも, 四時の, 固く凝結, 在るの, 在る平たい, 坐つて, 垣と, 塚を, 墓を, 大きな出勤簿, 大きな顔, 大抵城の, 大槻に, 女人塔を, 好いか, 始めて全くでき上る, 嬉し泣きに, 子供の, 守護と, 寂寥の, 密に, 寐台の, 寒さうに震, 寢て, 小さなお, 小さな石, 尻を, 居た彼, 居ないの, 居ります, 居るにも, 居るの, 居るより, 居る先生, 居る梢, 居眠りを, 山中に, 已むの, 帰る, 帰ると, 平らに, 平次を, 年に, 建てた家, 弾ね, 彼は, 彼女の, 後を, 心初めて, 忍び音に, 念仏を, 思いのたけ泣い, 思う存分村, 意気地も, 愛用の, 懊悩たる, 我が身替, 手を, 折から, 拝みながら, 摘んだ花, 数百名が, 新聞を, 日本の, 明るい燭台, 明日又, 春に, 暖炉には, 更め投下しぬ, 有るから, 有効な, 本所の, 来た, 来たこと, 来た稲田, 来ましたが, 松葉杖を, 柔らげたり, 梵士は, 標しを, 橋を, 機を, 欲しいという, 欲しいほど, 歎願も, 歓呼の, 歩いて, 母屋の, 水の, 水雲の, 汗ばんだ額, 江戸から, 泣いたあの, 泣いたが, 泣かぬばかりに, 泣きつづけた, 泣きながら, 泣くの, 泣け, 涙繁く, 涼みが, 深く考え, 深森と, 演芸を, 漸く声, 無数の, 焼いて, 牛が, 牛息災なりと, 牛馬の, 猟人から, 甘ったるい泣言, 田原町の, 畳の, 発作的に, 皇帝には, 真盛りに, 眠りに, 眠りはじめる, 石の, 石垣の, 石塔を, 神として, 私の, 立ち竝, 立ったり, 笑える如く横, 米国に, 細く眼, 終いました, 終は, 終ふ, 縁に, 繁った椎, 置いたが, 置いたこと, 置いたという, 置いたもの, 置いた弁当, 置いた恋, 置いた金無垢, 置いても, 置かなければ, 置かれ冬それ, 置きまして, 置きゃア, 置きア, 置く, 置くてえの, 置くといふ, 置くには, 考えて, 考え込んで, 聞こえぬほど, 肩で, 腐って, 腐らせても, 自分で, 自分の, 苗を, 苦く渋り出した, 苦心し, 草が, 葉巻を, 蒲団を, 蒸燒に, 行かれたので, 行くだろう, 行くで, 行く商売, 行こうと, 行ったの, 行つ, 行心の, 見せた, 見たまで, 言い廻るの, 言った, 読みやすく, 護國神と, 貰いたい, 貰いましたが, 貰へ, 走りつづけて, 踏めば, 身も, 身体中を, 身動きをも, 車窓の, 車輪の, 軽棄, 迎えようと, 通って, 通行人を, 道を, 遣るから, 遣ろう, 部屋の, 都会の, 鈴虫を, 長々と, 長い間大声, 間に合ったものの, 陶酔した, 隙間さえ, 隠すと, 隱くす, 雪子との, 電話に, 霊地と, 青むなり, 青白い月, 静かに, 頬杖つける, 頭を, 風は, 首だけ, 黒く塗り潰した, 黙りこくつた表情

▼ 埋めながら~ (34, 2.0%)

3 大きな風呂敷包み

1 [31件] こせついたり, さて夫人, じっとその, すすりなきする乙女, ずかずかと, そんなこと, ひろ子は, まるで命がけ, 乗らうとして, 今日の, 伝七郎が, 低い声, 僕めがけ, 冗談の, 凝つと, 助役の, 叫び泣いた, 啜り泣きを, 女主人公の, 成人の, 流下する, 生きて, 痲痺し, 相川は, 眠って, 眼を, 窓越しに, 見ると, 身動きも, 通行人に, 頭を

▼ 埋めたり~ (27, 1.6%)

3 するの

1 [24件] いろいろでござる, かず枝, これに, して, しまいには, しまた, する, するほう, その人数, とんでもない, また博物館, また掘り返し, また鍋釜茶碗, 仲見世を, 塩煮, 山ア掘崩し, 崩したり, 戸口の, 掘出したり, 松を, 気狂じみた, 焼いたり, 百城月丸を, 秋待た

▼ 埋め~ (23, 1.4%)

3 して 2 行こうと

1 [18件] いったと, かかった, かからせた, かかりました, かかれ, かかれば, されて, されました, し皮肉, なるの, もって, やあなら, 来たか, 来たと, 来たわけ, 来て, 流れ寄る泥, 運ばれて

▼ 埋めその~ (17, 1.0%)

8 上に 2 上を 1 あたりから, ことである, ほとんど無意味, 上へ, 地には, 烈毒を, 背を

▼ 埋めても~ (14, 0.8%)

1 [14件] おけないから, また人獣, まだ足りない, よろしい, 仕方が, 何ら悔, 叱咤を, 埋めきれぬ, 埋めても, 埋め栄え, 好いん, 少しも, 彼は, 猛獣の

▼ 埋め~ (14, 0.8%)

62 るるよう 1 るべきである, るべき筈, るるが, るるくらい, るること, るること二百余年

▼ 埋め~ (13, 0.8%)

4 のよう 1 となっ, となった, にし, のほか, のまま, の炬燵, の白い, の程度, を引く

▼ 埋め~ (7, 0.4%)

1 となり, となる, にする, になつたらい, になる, に発見, は墻

▼ 埋めまた~ (6, 0.4%)

1 しばらく過, は潰れる, 大嘗, 巨木を, 御食事, 神国の

▼ 埋め~ (5, 0.3%)

1 などが散在, の側, の向う, の辺, やすべて

▼ 埋め~ (4, 0.2%)

2 を削り 1 に連, を刈り

▼ 埋めちゃ~ (3, 0.2%)

1 どうです, ア済まねえ, 掘り出すの

▼ 埋めては~ (3, 0.2%)

1 いつて, 新しいの, 死にきれない

▼ 埋めやう~ (3, 0.2%)

3 とて雷神虎

▼ 埋め~ (3, 0.2%)

3 はせ

▼ 埋め~ (3, 0.2%)

1 に一冊, に一物, に手

▼ 埋め~ (3, 0.2%)

1 からし, がうまかっ, の不

▼ 埋め~ (3, 0.2%)

1 がし, でもし, をし

▼ 埋め~ (3, 0.2%)

1 に谺, を消そう, を鱈腹

▼ 埋め~ (3, 0.2%)

1 さうと, されも, した江戸

▼ 埋めかくし~ (2, 0.1%)

2 心に

▼ 埋めかくして~ (2, 0.1%)

1 やろうと, 居る今日

▼ 埋めしばらく~ (2, 0.1%)

1 はさうし, 黙り込んで

▼ 埋めそう~ (2, 0.1%)

1 な深い, に麦

▼ 埋めその小さな~ (2, 0.1%)

2 林は

▼ 埋めそれ~ (2, 0.1%)

1 に泉, をヴェランダ

▼ 埋めたりという~ (2, 0.1%)

1 塚三つばかり, 歌を

▼ 埋めつつ~ (2, 0.1%)

1 あるの, その香

▼ 埋めてから~ (2, 0.1%)

1 水は, 道を

▼ 埋め~ (2, 0.1%)

1 なしおりしを, なって

▼ 埋め~ (2, 0.1%)

1 したり, 手伝いながら

▼ 埋め~ (2, 0.1%)

1 から湧出, に下位子房

▼ 埋め人是~ (2, 0.1%)

2 を守り

▼ 埋め~ (2, 0.1%)

1 も言はず, も言わず

▼ 埋め~ (2, 0.1%)

1 を変じ, を残した

▼ 埋め土地~ (2, 0.1%)

2 を荒廃

▼ 埋め~ (2, 0.1%)

1 も得, を忍ん

▼ 埋め大声~ (2, 0.1%)

1 をあげ, を挙げ

▼ 埋め或は~ (2, 0.1%)

2 烈日に

▼ 埋め~ (2, 0.1%)

1 の水路, を修理

▼ 埋め氷河~ (2, 0.1%)

2 の上

▼ 埋め~ (2, 0.1%)

1 は大河, は橋桁

▼ 埋め~ (2, 0.1%)

1 を縮め, を隠させた

▼ 埋め~ (2, 0.1%)

2 を土

▼ 埋め~ (2, 0.1%)

2 だけ出し

▼1* [202件]

埋めあたかも息が, 埋めあなたはあなた, 埋めいよいよという場合, 埋めえいえいどっと押出せ, 埋め京の, 埋めおきたり, 埋めえなら, 埋めかくて声, 埋めかつてはキルギス, 埋めがたいものとして, 埋めこの奥に, 埋めこれが面, 埋めさった永遠の謎, 埋めさんざんに振舞っ, 埋めさ味噌汁吸って, 埋めしくしく泣き真似, 埋めその後数年そこに草, 埋めたちまちどこからか, 埋めたての崖, 埋めたりと唄う童謡, 埋めたりなんかして, 埋めちょうど湯に, 埋めてからは何の, 埋めてさえありゃ引かないん, 埋めてぞをる竜胆, 埋めてでも置いたの, 埋めてとぼとぼと燈, 埋めての懇願です, 埋めてばかりゐるの, 埋めてをらんと, 埋めでもしたでしょうか, 埋めどころでないもの, 埋めなおその先, 埋めながらも正確な, 埋めなどというすごい仕事, 埋め国津罪を, 埋めのこぎり引き耳削ぎ鼻, 埋め時彦の, 埋めひとり盧江方面へ, 埋めほこほこする黒土, 埋めほとぼりの少し, 埋めまでした, 埋めまばゆげな, 埋めむしかするは, 埋めむばかりに押寄せた見物衆, 埋めついて, 埋めもう少しで嗚咽, 埋めようとして居る, 埋めわれをも人, 埋めパリーを泥海, 埋めラマルチン広場からやや, 埋めの岩角, 埋め一八四三年同國ハルレ, 埋め一年経て, 埋め丁寧に土, 埋め三千の悪僧, 埋め三百の神輿, 埋めに石, 埋め上半身は前のめり, 埋め上目使いに眼, 埋めの嘲笑, 埋め岸には, 埋め両手を胸, 埋め二尺も三尺, 埋めをも生き埋め, 埋め猶墳墓, 埋め今さら軍を, 埋め今夜はお, 埋め以前には風致, 埋めを動かぬ, 埋め何知ぬ體, 埋めの棺, 埋め全市は鼎, 埋め兩岸には涼み, 埋め兩方の拳, 埋め兵士を満載, 埋め其上から汚い, 埋め其唇に達す, 埋め処刑をされる, 埋め剰え萩原様を, 埋め動物園の鶴, 埋め北斗七星旗から八卦旗, 埋め千二百人の死者, 埋めは上, 埋め南極北極の果, 埋めて寒威, 埋め死骸の, 埋めは貧乏人, 埋め周囲に子分, 埋めをそり返し, 埋め国民総体の名, 埋め土中に蜀, 埋め土民はそれ, 埋め地盤はその, 埋めを掘っ, 埋め場所は坊さん, 埋め墓石を立て, 埋め多少ずつ元金, 埋め大きな墓標を, 埋め大石を覆, 埋め子供は土, 埋め寺男一人は生埋め, 埋め寺男一名を生き埋め, 埋め専門書も相当, 埋め砂利や, 埋めを切っ, 埋め山芋を埋め, 埋めを這, 埋めを越え, 埋めには橋, 埋め平坦にし, 埋めをけづつて英語, 埋め幾分間も笑いこけ, 埋めは彼女, 埋めに乙女, 埋めに堪えた, 埋め我と我身を, 埋めを待て, 埋め拳固で羽蒲団, 埋め整備したいと, 埋め文化の平衡性, 埋め新しい武器, 埋め日本固有の優れた, 埋め衰の, 埋め明星ヶ岳明神ヶ岳の峯, 埋め春暖に至り種, 埋め最後の京丸, 埋め貫に, 埋めを閉ざし, 埋め東大寺の伽藍, 埋め松の内の城内, 埋め栄えはしない, 埋め栄二は背骨, 埋め樹木を乱伐, 埋め櫻島をし, 埋めされて, 埋め母衣に触った, 埋めのやさしい, 埋めの岩礁, 埋め没表情な顔付, 埋め治水に励み, 埋め深き嘆息せり, 埋め渓流を渡っ, 埋め溜息と化し, 埋め濃い口髭を, 埋め灌木や小さな, 埋め火箭鉄砲をうち, 埋め煙管を元, 埋めをひそめ, 埋め父親の前, 埋め噛みつくやう, 埋め生埋めに致しました, 埋めを潰し, 埋めを毀ち, 埋め白骨と化し, 埋め百名の警官, 埋め目印に石, 埋め真に文字通り芳ばしい, 埋めを閉じ, 埋め短い青草の, 埋めへ苔, 埋め石塔を建, 埋め石燈籠を数年間雨, 埋めを立て, 埋め粗暴な様子, 埋め統一しないこと, 埋め綴つた股引ばかり我が, 埋め線香供え日参すれば, 埋め置扨惣内夫婦切害に逢, 埋め置是で遺恨, 埋め背中をまるく, 埋めはどこ, 埋めを埋める, 埋めを埋め, 埋めを埋め, 埋めにキス, 埋め自分の考え, 埋め苦行して, 埋め茶釜大の丸石, 埋め草原を苅り払い, 埋め蛇塚を作る, 埋め蜂屋文太郎は会心, 埋め追いスウェーデン式, 埋めの掛った, 埋め誠に恐入ったる義, 埋め谿を覆ひ, 埋め負傷者は木戸, 埋めの凸凹, 埋め身動きもせ, 埋め軍楽隊が演奏, 埋め道連れの小平, 埋めを埋め, 埋めはとても, 埋め防柵を組みまわし, 埋めはまだ, 埋めをすくめ, 埋めだけ露出, 埋め風流は身, 埋め黄金中に満ち居る, 埋め黒石を取っ, 埋めの糞梁, 埋めの孔