青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「四つ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

嘲笑~ ~噂 噂~ ~器 器~ 器械~ 器用~ 囚人~ 四~ ~四つ
四つ~
~四人 ~四方 四方~ 四月~ 四角~ 四郎~ 回~ 回復~ 因~ 因果~

「四つ~」 3181, 31ppm, 3831位

▼ 四つ~ (1002, 31.5%)

8 眼が 7 ものは, 都 6 時に, 道が, 間に 5 海, 眼で 4 場合が, 壁の, 手が, 眼に, 脚を, 袖, 足が, 顔が

3 [12件] ものが, 堂が, 山の, 年に, 疑問を, 目で, 目は, 眼, 窓から, 足を, 部屋が, 首は

2 [91件] うちに, ころから, ときに, とき彼の, ものの, ポケットを, 世界は, 主な, 乳く, 乳首から, 事情によって, 事情は, 人間の, 出邸を, 名辞, 問題どうぞ, 問題の, 場合に, 壁は, 大きな石, 大字の, 大文字の, 子供が, 子供も, 字を, 家族が, 寝台を, 小さな星, 小粒が, 屍体を, 岩頸が, 峯は, 島からの, 島が, 島で, 市, 平は, 年の, 幼児を, 恋愛, 悪を, 手で, 手を, 手紙が, 指環は, 提灯の, 敵, 新聞に, 方向から, 方法が, 早生れで, 時の, 本箱や, 森が, 森に, 橋を, 歳に, 歳の, 歳みづか, 段階を, 燈火が, 目が, 眼は, 眼も, 眼を, 石かけ, 石門を, 種類に, 章の, 章を, 羽, 著書が, 著書の, 言葉は, 話を, 象牙球が, 足は, 足跡が, 蹄が, 部屋の, 部屋を, 都会の, 露路を, 頃から, 頭が, 顔は, 顔を, 風景が, 首を, 駕籠が, 鴨が

1 [702件 抜粋] あきらめすなわち, ある特殊, いずれにか, うち三つまでは, おさな子, おもな, お堂, かけ換へ, かたまりが, かね, からだが, かわいいさかり, が運動場, きまり, ころでは, ころに, ころまだ, そういう本格的, その口, つめたい谷川, ときそこで, ときその, とき五つの, どくろ, なぞ, ほかを, まま引かれ, わかわかしい顔, アルファベットの, イスが, ウマのが, カテゴリーに, ガラス窓の, キリスト教国の, クラブの, コップを, シンフォニーは, シンフォニーや, タイヤに, バタ, バッジには, パラグラフに, ヒレが, ヒントを, ヘッポコ小説で, ロボットが, 世が, 世を, 世帯が, 中の, 中第, 主要部分に, 乱れた靴, 予言, 事件は, 事件を, 交響曲は, 人の, 人影こそ, 仮名は, 休み茶屋が, 住居で, 体を, 体系を, 作曲を, 例では, 例を, 修道会が, 俳句を, 健之助は, 健吉, 偶像が, 偶像観念から, 傷が, 元素, 児にも, 入口に, 入口の, 公理の, 兵站を, 内で, 円を, 写箱を, 出しものの, 出入り口が, 出邸と, 出邸の, 分離した, 前衛であっ, 創傷が, 創傷に, 劇団と, 動機や, 勝地が, 包に, 化物を, 区劃に, 十六分音符を, 半圓, 卓子の, 卵子が, 厚い羽根, 原因たる, 原因の, 原因は, 口が, 口は, 古い秘密, 句切が, 可愛い盛り, 台所雑巾の, 名前には, 名誉の, 品に, 品を, 唱門部落と, 問答を, 問題精神感応透視予見精神動力の, 国から, 国に, 國の, 地名が, 地方に, 地点を, 型が, 城を, 城砦にも, 城門から, 基本線に, 堂を, 場合は, 場合を, 場所からも, 塔の, 墓, 墓は, 墓も, 墓銘を, 壁と, 壁も, 変動源泉の, 変数を, 変革が, 夜具が, 大きなロボット, 大きな文字, 大きな肉, 大タイル, 大字で, 大学の, 大根を, 大獅子, 大百貨店, 大通りが, 天幕が, 奇妙な, 女の, 女の子です, 女の子の, 女児は, 娘の, 子供, 子供では, 子供心に, 季節は, 孫に, 定規を, 宝を, 実験上の, 実験的証明は, 室とが, 宿場で, 寝室が, 寺へ, 封糊で, 小さい地蔵様, 小さい星, 小さい窪み, 小さき石塔相竝, 小さき詩集, 小さな子, 小壁, 屋根裏の, 屍体が, 屍骸が, 屏風は, 山に, 峰頭を, 島では, 島に, 川は, 己を, 市について, 市の, 市立教会の, 幡の, 幡を, 年, 年から, 年だった, 年には, 幼い者, 序曲の, 廓に, 建物が, 建物の, 建物は, 廻りを, 引込線は, 弟が, 弦を, 弦楽器の, 弱点に, 形の, 形態が, 形態を, 影が, 影は, 心を, 恋の, 悪魔が, 悪魔と, 感触を, 慾望の, 懸子の, 扇形の, 扉が, 扉を, 手と, 手の, 手は, 手ひとしく, 手紙を, 手脚人間に, 手足は, 把手の, 折敷に, 拉甸語を, 拳固で, 指輪の, 支谷に, 政治的単位に, 数だ, 敵国が, 敵国によって, 敵国は, 敵機も, 文字おごそかにしも, 文字と, 文学的刊行物を, 文章には, 文章は, 新聞社の, 方便が, 方形を, 方法の, 方程式を, 既知数が, 昇降機の, 星が, 星座図, 春はじめて, 時から, 時には, 時分の, 時期が, 時期に, 時絶間なく, 時計が, 時間間隔は, 暗号, 書きこみを, 書店から, 最下族は, 有力な, 期間を, 木戸は, 条約港に, 条項は, 枝道が, 柄は, 柱の, 柱建ての, 柿は, 根を, 根本的な, 椅子が, 椅子の, 楽章の, 概念である, 概念に, 樹や, 櫓の, 正見, 死の, 死体に, 死骸を, 段階, 段階的観察点が, 民主主義という, 水利事業は, 河あり, 洞窟から, 浜子が, 浪人者の, 湖見, 火が, 灯が, 炭の, 点だけを, 点で, 無人の, 照射室が, 燈が, 牙で, 状態を, 球が, 球の, 球を, 生活を, 生産様式の, 用向を, 用語例を, 男の子が, 男の子とを, 男の子よちよち, 異る, 異本系統中前田家本は, 発動機が, 白いきしょう, 白い手, 皿を, 皿盛と, 目から, 目の, 目を, 相異なる, 県だけ, 真理すなわち, 真理とは, 真理に, 眼いや, 眼と, 瞳で, 瞳は, 瞳を, 矢は, 短篇小説を, 石獅に, 石膏像の, 硝子窓を, 神像の, 神樣と, 秋に, 秋新しい, 種痘の, 穴が, 穴以外各所に, 空間形態を, 窓からだけ, 窓しか, 窓には, 窓の, 窓を, 笹舟紅梅を, 等級を, 精霊だ, 約束, 素足に, 紡錘に, 絃と, 組曲の, 総で, 縦隊が, 罠を, 罪人永く, 群に, 義眼と, 羽根, 習作を, 耳が, 聖僧屍光それが, 聲に, 肉塊に, 肢を, 胴張り厚う, 脅威を, 脚さへ, 脚の, 腕が, 膝瘤力こもり, 膳は, 芝居が, 花壇で, 花壇を, 苗字が, 落ち場が, 葡萄酒の, 蜂の巣が, 術語の, 街路は, 衛星が, 衛星を, 袖から, 製作は, 要素から, 要素が, 要素の, 見方が, 見方の, 角, 角ある, 角が, 角の, 解と, 記憶は, 診断が, 説が, 謎は, 譚歌哀れ深き, 議案は, 谷に, 足から, 足で, 足では, 足へ, 足跡は, 跡は, 踏み石の, 蹄に, 蹄を, 車の, 車輪が, 車輪だけが, 車輪と, 車輪を, 軍服を, 輿だけ, 轟音を, 辻斬, 追悼記を, 通路が, 道の, 道を, 道具, 邦に, 部分から, 部屋, 部屋である, 部屋と, 部屋は, 部屋へ, 部落の, 都会を, 都市が, 重荷の, 金文字が, 金魚について, 釣手を, 鉄工場から, 銀の, 銘は, 鋭い眼, 鏡を, 鐘が, 鐘を, 長い列, 長篇が, 長篇しか, 門と, 関所で, 関所に, 隆起ある輝く, 隆起を, 隊は, 階級を, 雄蕊とが, 雛が, 青い光, 靴で, 靴音を, 頃の, 頃途上乳母車の, 項目が, 頭, 頭を, 頭文字が, 額は, 顔揃え, 風呂敷包を, 飛沫が, 飛瀑が, 首も, 馬は, 魚の, 魚雷からは, 麻糸の, 黒いかげ, 黒い影, 點の

▼ 四つ~ (307, 9.7%)

23 組んで 12 折って 7 畳んで 5 なって, なる女の子 4 たたんで, なったばかりの, 分けて, 切って, 折りて 3 なつた, なつて, なる女

2 [25件] しては, なったばかり, なりました, なると, なるの, なるまで, なるマユミ, なる娘, なる子供, なる富太郎, なる幸三郎, なる末, なる甥, われた, 仕切って, 分れて, 切り落し縁, 別れて, 岐れ, 折ったはがき, 畳まれて, 組んでも, 裂いた, 裂いて, 過ぎぬであらう

1 [176件] おると, くぎられて, くだけて, して, しようと, すみれで, すると, するという, するところ, するの, するん, た, たたまれた幽霊, たたんだ, たたんだ古い, たたんだ手拭, たたんだ書状, たたんだ用箋, ちぎって, なった, なったと, なったん, なった夏, なった年, なった末, なった郁太郎, なっても, なりましたが, なります, なりますでございますよ, なり五つ, なり諸, なるいちばん下, なるちづ子, なるよう, なるミーチャ, なる一粒種, なる三左衛門, なる三枝, なる上, なる伜, なる倅, なる児, なる坊ちゃん, なる妹, なる子, なる実, なる小さい, なる年, なる彼, なる徳三郎, なる忰, なる時, なる末子, なる梅子, なる殊に, なる男, なる若, なる長吉, なる長女, なる長男, なろうと, ふえて, ぶつ切られる, むすんだ古布, わけたもの, わけて, ネーブルを, 一つは, 一つ五つに, 一つ脈が, 七つぐらいの, 偃うて覗い, 偃つて手探りに, 分かれた住居, 分けること, 分つこと, 分つ中, 分られて, 分れてるんで, 分れ孰, 分解し, 分類し得る, 切った, 切ったのに, 切った肉片, 切つた, 切つてそれに, 切つて貰つた, 切りました, 切り放しちゃんと, 別たれる, 別れます, 割った一片, 割って, 割られ八つ, 割れた一部分, 割れて, 区切りして, 区切り中央, 区切り胴の間, 区別され, 取っ組んで, 取つ組んで, 取り組むの, 取組むと, 合しその, 四つの, 四肢を, 大別せられ, 大匙三杯, 好肉, 尽きる, 帰る道, 引き裂いた, 引き裂いて, 引組んだ, 成つた, 截つて, 打ち斬って, 折ったお手本, 折ったの, 折ったはがきぐらゐの大さ, 折った一枚, 折った小さな, 折った折目, 折った書簡箋, 折った紙, 折つたはがきぐらゐの大き, 折つてその, 折つてハンド, 折つて帶の, 折つて揚子箸で, 折られた七枚, 折られて, 折りたたんで, 折り畳んで, 折り疊, 折り頻りに, 折畳んだレターペーパー, 斬って, 映し顔, 水を, 燗徳利が, 畳みさらに, 畳みました, 畳むだ, 畳むと, 畳んだの, 畳んだ懐紙, 畳んだ手紙, 畳んだ端, 畳んだ西洋紙, 疊んだ, 疊んで, 組まうつて, 組み上, 組む, 組むと, 組む捲土重来, 組む気, 組もうと, 組んだかたち, 組んだまま動き, 組んだ巨躰, 結ばれて, 聲を, 裂き八つ, 裂く, 裂けて, 這ったり, 這つたのである, 這廻る, 重な, 長劔, 限って

▼ 四つ~ (124, 3.9%)

11 五つも 2 あるの, ついて, 並べて, 五つもござります, 浮かんで, 越えて, 越して, 重なり合つて

1 [97件] あが, あった, あって, あつた, あの男, あらわでなく誓っ, ある, あるこまかい, あるそう, あるので, ある有様, いらぬだろう, きらきら光り輝く, こえたらん, さがって, するの, たべたんだい, ためられる訳, ならんで, ぶら下って, やっといて, ペコ, ペコペコと, 一度に, 上の, 五つもの, 交って, 仕事を, 出したん, 出た, 出来た, 切って, 切つて落す, 古け, 合は, 壁に, 天井に, 家の, 小塚ッ原の, 少ないくらい, 年う, 年の, 年を, 年上で, 往来へす, 微塵に, 懸け連ねて, 打ち倒しア, 押して, 担ぎ出した刑部, 拵えるだな, 持たされ経験, 捜索願いが, 接がって, 握って, 敵の, 明けるという, 書いた, 欲しくなる, 殴りア, 渡り廻ったと, 真白な, 眼の, 着けその, 知らせて, 短篇を, 私に, 積み重なつて, 穿めて, 競って, 競つて啼いた, 結び癖, 続いて, 続け様に, 老けて, 考へるか, 胸や, 若くし, 若くなっ, 若く見えた, 若やいだ, 螫された, 見えるところ, 見つけること, 覗き込んだ, 設けたところ, 詩を, 買った, 越したこと, 踰えたら, 這入って, 連つてゐ, 重って, 重っても, 重ねて, 食べた, 食べるん

▼ 四つ五つ~ (104, 3.3%)

5 並んで 3 と盃, 出て 2 あった, から十四五, とつづけ, の火影, の男の子, の頃, 若くこれ, 越したらしい頽然, 重ねた箱, 鏤めた黎明

1 [73件] あったの, あり, ありて, ある, あるこの, あるです, あるという, あわせたぐらい, うつりました, おおやっぱり, お辭儀, ぐらい河原, ころころと, ずつ椅子, でやがて, とが出た, となる, と機上, と虚偽, になつて, の, のこども, のぼんぼり, の上, の人影, の全部, の名前, の四斗樽, の型, の子, の年長, の年長者, の幼児, の提灯, の田, の笑い声, の籾, の縁台, の花, の道, は土間, は殘つて, は隱, ばかりの影, までしかその, ものっ, も併せたる, も年長, も持つ, も越えた, をあてがわれ, 円い塔, 同じよう, 咲いて, 子雀, 引っ叩い, 張られて, 捻って, 摘んで, 構えて, 破れよと, 置いて, 老けて, 若く見えた, 見えて, 見えます, 越した立派, 越しても, 近いの, 重なり合って, 附いて, 離れた各々, 飛んで

▼ 四つ目垣~ (60, 1.9%)

3 の外, の裾 2 でも屋根, に乗りかかっ, のところ, の向う, をまわっ

1 [44件] があり, がことし, がめぐらし, が出来上がった, が拵え, が月, が結い廻され, だった, で東西, とはいかなる, にしたらしく思えた, になっ, には白い, には野生, にもたれ, に押, に美男葛, のうち, のどこ, のなか, のばら, のほとり, のもと, の中, の何處, の内, の前, の外側, の木戸, の朽ちた, の穴, をめぐらした, を乗りこえ, を乗りこし, を乗り越し, を作った, を半分, を境, を拵える, を結っ, を繞, を越える, を跨ぎ越し, を通り越し

▼ 四つ~ (52, 1.6%)

3 の室, の駅 2 の八軒長屋, の牡丹, の瓦斯燈, の砂田屋, の紋, の角

1 [34件] から直ぐ, が床, とかに在る, にあります, にある, にいた, には村名主, に住ん, に唇, に編んだ, のパン, の俵, の函, の大広間, の桟, の点, の牡丹屋敷, の目印, の藤野屋杢左衞門, の訳註, の賭場, の足跡, の路地裏, の難点, の高, の高島, までわざ, や中, をひきだそう, を予審判事, を抜く, を結っ, を考へ, 結いの

▼ 四つ~ (51, 1.6%)

21 五つの 5 五つに 3 五つで 2 ころがして, 五つ, 五つある, 五つかの, 五つぐらいに

1 [12件] どの公衆電話, 三つを, 上る, 五つか, 五つぐらいの, 五つしか, 五つずつ, 五つな, 五つ出来ました, 五つ年上の, 五つ私が, 五つ食べる

▼ 四つ~ (44, 1.4%)

26 這ひ 4 這に 3 匐いに 2 ばひ, 這にな 1 匍いに, 匍に, 匍ひ, 匐いなん, 匐いにならなく, 這の, 這ひでワン

▼ 四つ~ (43, 1.4%)

2 貯蔵した

1 [41件] いいましたね, いうので, いやちょうど, だんだんふえ, やがてもう夜なか近く, やみの, セリー酒大, パンの, 一つ, 一ぺんに, 三つと, 三本筆を, 二つの, 云う六人, 云ふも, 六つ, 六つの, 出來, 前衛, 四つは, 外に, 大きい唐蜀黍五, 帰りを, 平つたい, 所きらわず, 来たの, 渡り越すうち, 畳の, 白が, 砂糖を, 砂糖二杯を, 穴の, 紅い色どり, 紹介を, 続けて, 葉の, 行燈が, 行燈を, 西に, 針金の, 飛んで

▼ 四つ~ (43, 1.4%)

2 いって, 橋の, 転んで

1 [37件] あまり特殊, あり, ありまさアね, ある, いづれも, こっちから, この屋敷, ただ接觸, なく口, ひに, ふけて, みな桂川に, ジャンリー夫人の, 仕込んで, 切って, 加茂の, 古史神話中にて, 大学卒業前から, 奥の, 希臘以來歐羅巴で, 引く, 彼を, 悉く一つ, 擲られる, 明かに, 朝めし前の, 架って, 永遠から, 現場を, 皆同じ, 皆寺では, 確かに, 緩く中程, 見て, 越さねば, 部屋の, 重立ったもの

▼ 四つ~ (43, 1.4%)

1 [43件] があっ, が溺れ死ぬ, が飛び込ん, ででんぐり返し, で不安, で歩い, で歩かし, で歩く, で水平, で立ちました, で立ち上がった, で這うべき, ともひずめ, になり, のすば, の俺, の俺達, の分際, の動物, の白い, の置火燵, の足跡, の銃丸, は忌ん, は身体, へ何, もちょうど, も呪われた, をぐっと, をしばっ, をのばしました, をぴくぴく, をまげ, を両方, を品隲, を天, を屈め, を思うさま, を浮き立たせ, を煮, を立て, を虚空, を踏

▼ 四つ這い~ (42, 1.3%)

17 になっ 5 になり 2 になった, になる

1 [16件] で出る, となっ, にならなけれ, になり通し, に匍わせ, に引下, に歩く, に歩くらしい, に這い, に這わない, のまま, のまま息, の姿勢, の形, をし, を続け

▼ 四つ~ (30, 0.9%)

2 ブラ下げ

1 [28件] かたくまもろう, すこし越え, そろへて, り畳, 一まとめに, 串に, 代表的な, 内容と, 加えて, 助けるので, 取って, 常置存続させ, 強襲し, 打つたこと, 打つたの, 掌に, 日当たりの, 混じて, 皆, 神仏に, 経と, 結合する, 置いて, 踏み越えて, 過ぎても, 除けて, 除けば, 頭に

▼ 四つ~ (28, 0.9%)

5 あつた 2 これだけで, 十二歳

1 [19件] いいん, これらの, これを, ござりました, その外, それらの, なほ附け, まあそれ, 一室に, 一銭とは, 下は, 夢も, 後足が, 日光下役を, 来て, 死におみき, 母に, 百円であった, 自然に

▼ 四つ又は~ (27, 0.8%)

2 こんなこと

1 [25件] お袋へ, こんな時, すぐに, ふう, ぶらりとやつ, ぶらりやつ, 五つ立ての, 何時もこんな, 其所の, 兼次の, 兼次を, 卵屋の, 厩の, 啄を, 手持不, 暫くたつ, 格別の, 殼竹割である, 火鉢の, 火鉢へ, 笑ひ, 聞いた, 豚の, 隨分此の, 頭を

▼ 四つ~ (26, 0.8%)

1 [26件] が其役目, が持て, でなければ, でも三春, で通つて, と共に上り框, にも逢つて此後, に向, の前, の家, の後, の策略, はく, へ出した, へ詫, へ頼ん, もあと, もおす, もそれ, もちつと眼, もどうせ, も困却, も逐, を除い, 一人な, 程には

▼ 四つ~ (23, 0.7%)

2 なら飛ぶ方, に跳, の網, は魂

1 [15件] か, かな, がおり, が思い出した, が思ひ出した, が通る, じゃねえ, でお, とは違っ, に張った, に採った, に違い, に鳴らし, より上等, をおろし

▼ 四つばかり~ (20, 0.6%)

1 [20件] ありかよ, あります, ある, で国府津, ならべて, テントが, 一度に, 入れて, 封印の, 干からびた死骸, 年下で, 年下と, 年下の, 年嵩の, 応接に, 皮を, 積み込んで, 突き通して, 買って, 青い葉

▼ 四つばかりの~ (18, 0.6%)

1 [18件] かわいらしい女の子, ごくさびれた, 丸々と, 事務テーブルが, 兄上と, 円柱で, 可能な, 娘を, 小供, 小病室, 屋根を, 彼子が, 方法といふ, 男の, 男の子が, 男の子を, 自分の, 階段を

▼ 四つとも~ (17, 0.5%)

1 [17件] たしかに芸術, ちゃんとした, ひどい煙草, まちがいなくとい, パッと, パンクした, パンクしちゃった, 具つてゐる, 同じよう, 同じ筆蹟, 同一人, 土の, 影な, 数日前に, 日本に, 足が, 食う気

▼ 四つ~ (17, 0.5%)

3 のクローバー 2 が多い, のいちめん, のクローヴァ 1 にというあたり, になつ, の上, の傳説さ, の黄, を捜し, を搜, を摘ん

▼ 四つ~ (17, 0.5%)

4 ひに, ひの 2 になっ, ひにな 1 で周章て, になった, になる, に這, 親不知

▼ 四つ~ (16, 0.5%)

3 に切っ

1 [13件] しかなかっ, にした, になる, に分れ, に切ります, の子供, の年, の時, は虫, ひは, 付けて, 小さいもの, 若かった

▼ 四つ年上~ (16, 0.5%)

2 ですが

1 [14件] で, であった筈, でこれ, で今年二十九, なの, のよう, のわたし, のイエニー, の中学生, の中学生エフレイノフ, の令嬢, の姉, の彼女, らしくやはり

▼ 四つ~ (15, 0.5%)

2 ある

1 [13件] いっぱん, それぞれ二分の一ずつ, どこへ, なぜその, べつべつでは, 代表的な, 同時に行われた, 四つとも, 四つともいっぱいに, 常に判然, 目眩ろしい, 目眩ろしき火光と, 程を

▼ 四つにも~ (14, 0.4%)

4 なって 2 割れて 1 五つにも, 五つ六つにも, 分かれて, 殖えて, 裂いて, 變つて來る, 輪にも, 間が

▼ 四つ手網~ (14, 0.4%)

1 [14件] が一杯, だけがかかっ, にからめ取った, の上, の番, の真中あたり, の網代, むなしく空, を乗せ, を仕掛, を仕掛け, を引い, を重, 時々引き揚げる

▼ 四つ~ (14, 0.4%)

3 の真似

1 [11件] から腹一杯, がある, でひょこひょこ, で突, の, のまね, の拍子, もやはり, をさっ, をひけらかし, を折り

▼ 四つある~ (13, 0.4%)

2 ので

1 [11件] か無き, がそれら, がみんな, じゃない, のである, のです, ばかりで, 事にな, 所へ, 椅子には, 漆塗の

▼ 四つほど~ (13, 0.4%)

3 並んで 1 ある, すでに宗助, とろりと, アブミを, アーク灯の, 従へて, 積み重ねて, 竝ん, 罷業で, 越して

▼ 四つ~ (12, 0.4%)

11 這いに 1 這いを

▼ 四つしか~ (11, 0.3%)

2 ない 1 ない事, ない絃, なくて, 光つてゐない, 残らないかも, 残るまい, 無いといふ, 自分には, 違は

▼ 四つずつ~ (10, 0.3%)

1 一組として, 二列に, 叩いて, 左右の, 柿を, 此所で, 浴用洗濯が, 米俵や, 縦に, 開いて

▼ 四つばい~ (9, 0.3%)

6 になっ 2 にならざる 1 になり

▼ 四つまで~ (9, 0.3%)

2 完全に 1 できるかな, はめられて, レコードされ, 宝石入りの, 手に, 生きて, 私と

▼ 四つ切り~ (8, 0.3%)

2 にし, にした, の写真 1 だよ, の大型写真

▼ 四つ~ (8, 0.3%)

1 すなわち午後十時, に定番, に川, に抜け, に跡部, まで休憩, まで苦しみ通し, 前四つ樋

▼ 四つ街道~ (8, 0.3%)

3 のところ 1 でよく, にき, の行く先, の追分, は笠

▼ 四つ~ (7, 0.2%)

3 五つばかりを 1 丸太で, 丸太の, 五つ六つうち七つうた, 五つ忍ばせ

▼ 四つンばい~ (7, 0.2%)

3 になっ 2 に這っ 1 にかくれこんだ, に逃げこんだ

▼ 四つ並ん~ (7, 0.2%)

3 で居る 1 でい, でいる, でゐました, で肩

▼ 四つ~ (7, 0.2%)

2 りの 1 の小, の小さな, りは, り小さな, り滝

▼ 四つだけ~ (6, 0.2%)

1 あって, ころがせば, ころがせばい, 埃の, 子供が, 結び合いました

▼ 四つ~ (6, 0.2%)

1 からはねあげ, だから, であらう, です, や, らしい

▼ 四つ匐い~ (6, 0.2%)

3 になっ 1 になった, になり, の姿

▼ 四つ~ (6, 0.2%)

1 のよう, の音, までが一時, や扇子, を鳴し, を鳴らす

▼ 四つ続け~ (6, 0.2%)

2 て歌留多 1 さまに, て嚔, て妙, 打に

▼ 四つ裂き~ (6, 0.2%)

1 にされ, にした, にでもし, の事件, の刑, 位に

▼ 四つあっ~ (5, 0.2%)

1 たってなに, ていい, てそこで, て中庭, て其処

▼ 四つぐらいの~ (5, 0.2%)

1 ときから, 女の子などが, 子供, 時から, 時でした

▼ 四つでも~ (5, 0.2%)

2 五つでも, 箸持つ 1 置いて

▼ 四つ~ (5, 0.2%)

1 だと, であること, の二十八歳, の山崎, らしく見えた

▼ 四つ年下~ (5, 0.2%)

2 の二十三 1 である, の好, らしく見える

▼ 四つ~ (5, 0.2%)

1 になっ, のまま, の十円札, の半紙, の西洋紙

▼ 四つ~ (5, 0.2%)

1 ならんで, 出版され, 挙げようと, 既に宗助, 橋を

▼ 四つ続けざま~ (5, 0.2%)

1 にお辞儀, に主人, に喰わせられた, に投げつけ, に芳公

▼ 四つから~ (4, 0.1%)

1 判断し, 判断する, 十ぐらい, 物を

▼ 四つもの~ (4, 0.1%)

1 例が, 器械の, 意味が, 疑問が

▼ 四つ五つ年上~ (4, 0.1%)

1 で, で美しい, のにぎやか, の年輩

▼ 四つ~ (4, 0.1%)

1 から八つ, から八つ時, に近い, をまわったろう

▼ 四つ~ (4, 0.1%)

2 には持ち物 1 に貰, に貰い溜めらしい

▼ 四つ家町~ (4, 0.1%)

2 へ行っ 1 の伊丹屋, を立ち退い

▼ 四つ手駕籠~ (4, 0.1%)

2 の提灯 1 で, はそのまま

▼ 四つ~ (4, 0.1%)

2 けざま 1 いて, け樣

▼ 四つ~ (4, 0.1%)

1 だけであったなら, で歩く, をばたばた, を伸し

▼ 四つ過ぎ~ (4, 0.1%)

1 てました, でなければ, にそこ, まで灯

▼ 四つ違い~ (4, 0.1%)

1 だった, のその, の僕, の妹

▼ 四つ重ね~ (4, 0.1%)

2 て高く 1 てあります, て別

▼ 四つあつ~ (3, 0.1%)

1 たそこで, た同時に, た憾むらく

▼ 四つお辞儀~ (3, 0.1%)

3 をし

▼ 四つぐらい~ (3, 0.1%)

1 なら平気, 年上でした, 潜って

▼ 四つずつの~ (3, 0.1%)

1 ナットで, 窓が, 轎が

▼ 四つ~ (3, 0.1%)

1 と思っ, と答, と答えました

▼ 四つとか~ (3, 0.1%)

1 で充分, 五つとか, 五つとかの

▼ 四つとっ~ (3, 0.1%)

1 ております, て一勝負, て来た

▼ 四つには~ (3, 0.1%)

1 その並外れた, より糸より, 新体制

▼ 四つばかりに~ (3, 0.1%)

1 なりけるが, なる息子, 畳んで

▼ 四つ~ (3, 0.1%)

2 大匙三杯 1 砂糖を

▼ 四つ~ (3, 0.1%)

1 から数える, にちかづきます, には

▼ 四つ不足~ (3, 0.1%)

3 なく揃

▼ 四つ五つそれ~ (3, 0.1%)

1 が全然, が悉皆, はみんな紙入れ

▼ 四つ五つ六つ七つ八つ九つ十~ (3, 0.1%)

21 もほつ

▼ 四つ入れ~ (3, 0.1%)

1 てよく, て右, て塩胡椒

▼ 四つ~ (3, 0.1%)

1 ており, て来, て来た

▼ 四つ~ (3, 0.1%)

2 の紙 1 の大き

▼ 四つ取り出し~ (3, 0.1%)

1 てそれ, て一つ, て与え

▼ 四つ平次~ (3, 0.1%)

2 の前 1 は八五郎

▼ 四つ~ (3, 0.1%)

1 うへ, の若い, も若い

▼ 四つ打つ~ (3, 0.1%)

1 かと思った, こ貫い, ところを

▼ 四つ歳上~ (3, 0.1%)

1 だけの口, で十三歳, の姉

▼ 四つ~ (3, 0.1%)

2 の梅 1 の花形

▼ 四つ置い~ (3, 0.1%)

1 てあった, てある, てゆきましょう

▼ 四つ~ (3, 0.1%)

1 と背, に杭, を持ち

▼ 四つ~ (3, 0.1%)

1 に帰りました, の時, まで育った

▼ 四つ~ (3, 0.1%)

1 あわせに, をさげ, をならべ

▼ 四つ~ (2, 0.1%)

1 つつ六つ, ている

▼ 四つうつ~ (2, 0.1%)

1 た, でしょう

▼ 四つかどを~ (2, 0.1%)

1 まがるの, 数寄屋橋の

▼ 四つくら~ (2, 0.1%)

1 ゐあつ, ゐの

▼ 四つくらい~ (2, 0.1%)

1 で名, 並んだ黒い

▼ 四つくらいの~ (2, 0.1%)

1 ときいちど逢った, 男の

▼ 四つくれ~ (2, 0.1%)

2 えの

▼ 四つ~ (2, 0.1%)

1 にだれ, ゃあおわかりになりますまい二つで

▼ 四つそれ~ (2, 0.1%)

1 だけ, にブドウ酒

▼ 四つそれから~ (2, 0.1%)

1 赤い紙, 長椅子が

▼ 四つだった~ (2, 0.1%)

1 ようである, 女の子に

▼ 四つ~ (2, 0.1%)

1 やありません, やある

▼ 四つづつ~ (2, 0.1%)

1 叩く人, 着いて

▼ 四つとは~ (2, 0.1%)

1 どうしても思へない, 心細いな

▼ 四つやっ~ (2, 0.1%)

1 てぼりぼり, て置け

▼ 四つより~ (2, 0.1%)

1 なるもの, 出来て

▼ 四つン匍い~ (2, 0.1%)

1 になっ, になる

▼ 四つ並びし~ (2, 0.1%)

1 中上方から, 鮨桶の

▼ 四つ並べた~ (2, 0.1%)

1 寝台の, 食卓の

▼ 四つ並んだ~ (2, 0.1%)

1 墓が, 幻の

▼ 四つ五つ三方~ (2, 0.1%)

1 から狙, から狙い打

▼ 四つ五つ上~ (2, 0.1%)

1 であつ, になった

▼ 四つ五つ以上~ (2, 0.1%)

1 も持っ, も持つ

▼ 四つ五つ六つ七つ~ (2, 0.1%)

2 と順々

▼ 四つ五つ年下~ (2, 0.1%)

1 のこれ, のよう

▼ 四つ~ (2, 0.1%)

1 から考える, から考へる

▼ 四つ以上~ (2, 0.1%)

1 の島, もあっ

▼ 四つ以外~ (2, 0.1%)

1 には針先程, のもの

▼ 四つ作っ~ (2, 0.1%)

1 て両手, て第

▼ 四つ~ (2, 0.1%)

1 に成つて芝, に歩き

▼ 四つ~ (2, 0.1%)

1 に, の駅

▼ 四つ~ (2, 0.1%)

1 つた翼を, つて居る

▼ 四つ~ (2, 0.1%)

1 に水浴び, の寅

▼ 四つ~ (2, 0.1%)

1 が一つづつ, にした

▼ 四つ力まかせ~ (2, 0.1%)

2 に殴り

▼ 四つ匍い~ (2, 0.1%)

1 になっ, に動物

▼ 四つ~ (2, 0.1%)

1 いにならなくては, になっ

▼ 四つ取られた~ (2, 0.1%)

2 ので芳爺さん

▼ 四つ小さな~ (2, 0.1%)

2 駅を

▼ 四つ少し~ (2, 0.1%)

1 前に, 前まで

▼ 四つ~ (2, 0.1%)

2 の尖り

▼ 四つ嵌めた~ (2, 0.1%)

2 白い指

▼ 四つ~ (2, 0.1%)

1 へ廻っ, へ廻つて箱崎橋

▼ 四つ~ (2, 0.1%)

1 となっ, になっ

▼ 四つ年かさ~ (2, 0.1%)

1 でしかし, の幸子

▼ 四つ引いたら~ (2, 0.1%)

2 幾つ残ります

▼ 四つ手場~ (2, 0.1%)

1 に蹲つて, を留め

▼ 四つ手張り~ (2, 0.1%)

2 たる

▼ 四つ打っ~ (2, 0.1%)

1 てしまった, て町内

▼ 四つ拵え~ (2, 0.1%)

1 てもらっ, て納め

▼ 四つ持っ~ (2, 0.1%)

1 ている, てき

▼ 四つ書い~ (2, 0.1%)

1 て後, て雑誌社

▼ 四つ本字~ (2, 0.1%)

1 が三つ, が三つぢ

▼ 四つ朱鷺色~ (2, 0.1%)

2 のリボン

▼ 四つ横っ飛び~ (2, 0.1%)

2 に下流

▼ 四つ~ (2, 0.1%)

1 の停留場, の傍

▼ 四つ橋興業~ (2, 0.1%)

1 のお, の御曹司

▼ 四つ浮かせ~ (2, 0.1%)

1 ていた, てゐた

▼ 四つ目あたり~ (2, 0.1%)

1 へ通, へ通う

▼ 四つ目九つ~ (2, 0.1%)

2 の増上寺

▼ 四つ~ (2, 0.1%)

1 の足許, の足許近く

▼ 四つ~ (2, 0.1%)

1 に分かれた, の道

▼ 四つ若く~ (2, 0.1%)

1 つまり弱冠そこそこ, 見られる

▼ 四つ~ (2, 0.1%)

2 の彼子

▼ 四つ越え~ (2, 0.1%)

2 ているらしかった

▼ 四つ越し~ (2, 0.1%)

1 ている, て関所

▼ 四つ越した~ (2, 0.1%)

1 ぐらいに過ぎなかった, この叔母

▼ 四つ運び出し~ (2, 0.1%)

2 て鏡

▼ 四つ過ぎた~ (2, 0.1%)

1 が適当, のさえ

▼ 四つ~ (2, 0.1%)

2 ひの

▼1* [480件]

四つあああすこにも, 四つあったように, 四つあつめたぐらいの大き, 四つあつらえてしまった, 四つあとからあと, 四つありというの, 四つあるなら四方に, 四つあるべきもので, 四つあるゆがんで古ぼけた, 四ついたという, 四ついっしょにね, 四ついつしかに敵, 四つづくまる, 四つうてばこの, 四つ土産, 四つおいた室から, 四つおかれてその, 四つおりかさなりてこなた, 四つかけて一口, 四つかたまつて, 四つかためて肩, 四つかどに立って, 四つかどまでかけつけて, 四つかの時分に, 四つがけにした, 四つきらめいていた, 四つくっついている, 四つくらいずつ飛んで, 四つくらいもとし上, 四つぐらいから十までくらいの, 四つぐらいでもあろうか, 四つぐらいな男の, 四つぐらいにわれて, 四つぐらゐになる子供があつ, 四つぐらゐの子供でも賺しなだめる, 四つこちらを覗い, 四つころがりおち鼻を, 四つころげている, 四つざります, 四つごろの出来事, 四つさきに向いあっ, 四つしかねえだから, 四つしかもまだ敬四郎, 四つしぐれてゐる, 四つしだいにたくさん顔を, 四つしるされている, 四つじゃあるめ, 四つすててあった, 四つすみにかさねあげ, 四つずつを天皇の, 四つずらりと宙に, 四つそうかと思え, 四つそういう未発表, 四つそなえられている, 四つそろえたのだ, 四つそろそろかわいざかり, 四つ花の, 四つだけがヨーロッパの, 四つだけとなった場合, 四つだけは聞きましたが, 四つちがいぐらいで, 四つちがうのです, 四つちゃんと添えて, 四つつけてやっと, 四つつづけざまに, 四つつみ重ねたらあの, 四つづつついた砂の足跡, 四つづつ二側に並べ, 四つであってその, 四つでありますが三つ, 四つであるとする, 四つでき或いは唇, 四つでしたかしら, 四つでなくてはならない, 四つという憤怒こそ, 四つといふ可愛盛りで, 四つとかの要素の, 四つともいっぱいになっ, 四つとを天皇の, 四つどうやら公儀の, 四つどころでない, 四つんです, 四つなかなかいい値段, 四つながらみな仰むけ, 四つなどの組合せも, 四つならんで立ちました, 四つならず道ばたに, 四つならべておい, 四つならんだ青い星, 四つにしかならない子供, 四つにでも千万無量にでも, 四つになつて居た, 四つにをつてそれを, 四つのせてある, 四つのみである, 四つはのあと問へば, 四つばかりでもと思って, 四つひょこひょこ出て, 四つぴしゃぴしゃ撲叩いて, 四つふたりは執念, 四つふっくらと咲い, 四つふっ飛んだ私の, 四つふところに飛び込ん, 四つほか年の違わない, 四つほどに切断せられた, 四つほどの七夕の, 四つほどもあって, 四つぼんやりと青い, 四つつと光り, 四つぽかんとして通行人, 四つまがってから非常, 四つまた五つ六つ, 四つまたは五枚の, 四つまだもじやもじやしか, 四つまでがほとんど同, 四つまでに毎夜の, 四つまでの時刻に, 四つまでもある, 四つまとめておい, 四つむこうの飛び石, 四つゆるく打つた, 四つよく似たムクロージ, 四つよろめいていた, 四つたりけり, 四つガラクタの入った, 四つキイをたたいた, 四つケンズイといっ, 四つコップが三個, 四つコロコロと疊, 四つビールをのむ, 四つブラームスがある, 四つレコードされて, 四つくらい落としたら, 四つ一処に出た, 四つ一度に頬張り, 四つ一緒に一つ, 四つ上つた上の小さな, 四つ上下して, 四つ下さいな, 四つ下りてくる, 四つ下りると八畳, 四つ愛嬌に, 四つ並びまた左側, 四つ並べていよいよ, 四つ並べられて小山, 四つ並んでる中に, 四つ並んでる出張り框に, 四つ乃至二つずつ, 四つ二つなどとびゆくさへあはれなり, 四つ二つ一つと泣く, 四つ二つ燦めいて, 四つ二度に運びだし, 四つ五つお辞儀をする, 四つ五つぐらゐの年齡までのとぎれとぎれ, 四つ五つづつとり手, 四つ五つひじょうなはやさで銀座通りをよこぎっ, 四つ五つパンパンパンと打っ, 四つ五つ両手で押え止め, 四つ五つ位竹串へさして, 四つ五つ六つと篝火, 四つ五つ六つ七つ八つ九つまで往く, 四つ五つ六つ七つ八つ十だらう, 四つ五つ六つ最後の八つめ, 四つ五つ口を開い, 四つ五つ実を持つた, 四つ五つ寒む風にゆれ, 四つ五つ實を持つた, 四つ五つ小座敷のある, 四つ五つ峰打ちをくれ, 四つ五つ巴を描き, 四つ五つ店先に並べられ, 四つ五つ店前にとまり, 四つ五つ提灯が集まりました, 四つ五つ散乱して, 四つ五つ時分から親たち, 四つ五つ歳下抱いたり, 四つ五つ男ばかりじつに, 四つ五つ私を追い越し, 四つ五つ竝んで柱, 四つ五つ肉の缶詰, 四つ五つ菓子皿はおおむね, 四つ五つ身体を重ねる, 四つ五つ転ってたり竹皮包み, 四つ五つ部屋の並ん, 四つ五つ鉢合せを頂戴, 四つ五つ長者である, 四つ五つ鷲づかみに, 四つ五器かさねての, 四つ五歳のころ, 四つ人数が七, 四つ以下の方程式, 四つでもない, 四つ供えてある, 四つ備えた織物として, 四つ優美な杯, 四つ先づ兼吉に注い, 四つ光っていた, 四つ入っている, 四つ入りの浴衣, 四つ入り乱れている, 四つ安の, 四つ全部さえも兼ねる, 四つ八時か否, 四つ淡すぎる, 四つを越した, 四つ出してある, 四つ出たくらいのもの, 四つ出なければならない, 四つ出るわけね, 四つ出來るの, 四つ切りブロマイドの額, 四つ切紙をあちこちひね, 四つ列べて五萬分一, 四つにすむ, 四つ刻黒船の甲板, 四つ割まして白身, 四つ割りに取つ, 四つ勝田郡が二つ, 四つ半ごろから八つ, 四つ半ごろ岡崎町の桔梗屋, 四つ半時を過ぎた, 四つ半時時田は自宅, 四つ卓子を列べ, 四つ南のは今, 四つ友禅の帯, 四つ取って裂い, 四つ取つてそれ, 四つ取り五つ取った, 四つ取出してそれ, 四つ叩いて, 四つ叩く音が, 四つ合せもする, 四つ合わせて六つ, 四つ久利二つ柏軒と, 四つ向うのテーブル, 四つ吹くほどになった, 四つ咲いている, 四つ咲いたじぶんの, 四つ咽喉ン処を打ちます, 四つ四女千代一つという揃い, 四つ四番目のには八つ, 四つ国一つ長三十一, 四つ城門の太鼓, 四つまって, 四つ夜ごとに見る, 四つ大きくもない, 四つ大きな人形の, 四つ女洲十二国九つ安一つ, 四つ女長九つ良七つ全安, 四つ女長二十良十八, 四つ妾春三十四榛軒未亡人志保五十九であつ, 四つ姉さんだし, 四つ宛両側に並ん, 四つ宛傍聽人に擲, 四つ宛舟に乘, 四つがありすぎ, 四つ家町板橋練馬三河嶋を逃げまわっ, 四つ寝台が置い, 四つ隆起を, 四つ小さい墓の, 四つ小さく輪切に, 四つの琉金, 四つ屋曹洞宗泉蔵寺大門先なる関谷安次宅地内, 四つの仲居, 四つ左右に揺られた, 四つ左様男の子じゃ, 四つ差入れてもらいてえ, 四つのうしろ, 四つ干し並べて, 四つ平手で打った, 四つ年長者の家, 四つ床の間へずらりと, 四つ引いて在る, 四つ張り飛ばしてそのまま, 四つ弾丸のつまった, 四つの臀, 四つ待ってみ, 四つ志望した, 四つ急いで持っ, 四つ悠々として浮べり, 四つ愉快な生活, 四つには限り, 四つ懐中から出され, 四つ戯曲を書いた, 四つ手かごの略, 四つ手ぢやねえ, 四つ手づかみに投げこむ, 四つ手前の, 四つ手小屋多し, 四つ手文庫から取り出し, 四つ手校注に乗っ, 四つ手籠が一丁そば, 四つ手網しづかに上る, 四つ手網今ぞ盛夏, 四つ手網型の郵便受, 四つ手酌でつづけた, 四つ打ちしばらく間, 四つ打ち据えると女子, 四つ打っこ抜いていかにも, 四つ打ったら起してくん, 四つ抛りこんだのを, 四つ抽斗の二つ目, 四つ拾いとったかと思う, 四つ持ち鎌倉河岸に, 四つ持つより大きい, 四つ挙げることに, 四つを本式, 四つまえた, 四つ据えてある, 四つへ握りとっ, 四つ採るのは, 四つ掴んだま, 四つ揃ったところを, 四つ揺れたかと見る, 四つ摘んでおく, 四つれしが, 四つ撲りつけるのは, 四つへられた, 四つ数えてみよう, 四つ新しいしかも非常, 四つ新聞に発表, 四つ日前に歸つて, 四つという, 四つ明るくきらめかせながら, 四つ時ごろ長州様軍艦乗り下り右碇泊いたし候アメリカ船, 四つ時例によって二人, 四つ時十時過ぎと思う, 四つ時死候は朝五つ時, 四つ時頃打入候処, 四つ暗闇の中, 四つ書いたと思う, 四つ書かねばならぬ, 四つ本箱が重ね, 四つが五つ, 四つ松明が木の間, 四つ林檎は五つ, 四つ柏軒並妻俊四十四妾春二十九子鉄三郎五つ女洲十三国十安二つ, 四つ柱土にう, 四つより竹忠船, 四つの枝, 四つ橋興業会社の経営者, 四つ橋辺の牡蠣船, 四つの鍬, 四つの少い, 四つ残るのであります, 四つ殴られましたけれどもなにしろ, 四つ毛皮の上, 四つなき處, 四つ流れるように, 四つ浮いて来た, 四つ淋しく迎える, 四つ火花をすりつけました, 四つと綿, 四つ点々と瞬い, 四つ無類の話, 四つを突い, 四つ現われていない, 四つ琴一つであつ, 四つ用意させ鳥, 四つ用水堀の中, 四つ畳みにし, 四つ発見したから, 四つ白い花の, 四つ白足や白額, 四つをあけ, 四つ目垣樹木の植込, 四つ目垣添ひに, 四つ目垣蕾のふくらんだ, 四つ目垣越しに隣家, 四つ目屋へ買物, 四つ目格子になっ, 四つ目橋の袂, 四つ目殺しぐらいはできるだろう, 四つ目窓が入口, 四つ目裏から逃げだした, 四つ目通今の被服廠跡, 四つ目魚とはちがう, 四つ眞ん中の深い, 四つ短銃の引金, 四つを拾っ, 四つ石垣が崩れ落ち, 四つ硝子は全部, 四つ程の大学に, 四つ積みあげて一晩じゅう, 四つ積み重ねてあり, 四つ物は, 四つが見えましょう, 四つ窓際にベンチ代りの, 四つへ立て, 四つ築いてあっ, 四つ六十人位の, 四つで拵, 四つがかっ, 四つ紫檀の高坏, 四つに組む, 四つ結び目をこしらえ, 四つ続いたような, 四つ編制して, 四つ縁先にあらわれた, 四つ置かれてあった, 四つ置くかそれとも, 四つ習ったばかりだ, 四つ老けて案外, 四つ考えている, 四つ聞いていただく, 四つ高く肉, 四つを払った, 四つ膏薬を貼っ, 四つ自分も妹, 四つひに, 四つ良二つ全安, 四つ若い主婦さんにとって, 四つというの, 四つの囲ん, 四つ蜜柑二つ干柿五つ丸柿二つパン一つを役人, 四つ街道あたりの畷路, 四つに入れ, 四つの樹, 四つ西の駅, 四つ西側に四つ, 四つ見えるだけで, 四つ規則正しい隔たりを, 四つにかけわたした, 四つ角力をとつ, 四つ言って来, 四つ記されてあった, 四つ記憶して, 四つ設けられた茶店の, 四つ試掘中です, 四つの中, 四つ読みましたけれど私, 四つ読んでダラケ, 四つ買うてやつ, 四つ買ってよ, 四つ起ってすぐ, 四つ越えしこそ嬉しけれ, 四つ越えた厚東から, 四つ越えぬ今は, 四つ越さなければならない, 四つ足めが, 四つ足半の足巾, 四つ足連中のよう, 四つ足門の屋根, 四つ軒燈籠の影, 四つ輝く星を, 四つ這ひと稱す, 四つ這ひなどの嶮, 四つ連結して, 四つ連絡があっ, 四つぎでござりました, 四つ過ぎると結局彼, 四つ過ぎ人目を忍び, 四つ過ぎ他に人通り, 四つ部屋がある, 四つ都合五つを受取っ, 四つ配りそれから燗, 四つ里芋を灰, 四つ重いのが, 四つ重ねるうちに, 四つの形, 四つ長い蔓に, 四つ間隔をおい, 四つ青楓の大樹, 四つ靴跡が残っ, 四つをくれた, 四つ頃浜町からの使い, 四つ頼む要件済む, 四つ顔二つのさらしもの, 四つ飛出しやがつた, 四つ食い終ったころ, 四つ食臺をつなぎ, 四つを出し, 四つ或は朝鬼, 四つ鳴らすちょうどその, 四つ鳴るじゃない, 四つ飛んで, 四つ黒い影が, 四つ黒星六つという負け越し, 四つが打つ, 四つ齢上で体