青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「好き~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

女王~ 女給~ ~奴 奴~ 奴等~ 奴隷~ 好~ ~好い 好い~ ~好き
好き~
~好く 好く~ ~好み 好み~ ~好む 好む~ ~好ん 好ん~ 好奇~ ~好奇心

「好き~」 10867, 117ppm, 902位

▼ 好き~ (4358, 40.1%)

176 んだ 125 ように 96 のだ 86 んです 83 のは 82 ものを 64 ことを 5851 人が 48 のです 44 のである 42 人は 40 ものは 39 のか 30 ところへ 26 事を 25 のよ 22 のを 21 やうに, 物を 19 酒を 18 のが, ものが 17 ものだ, 人の, 女を 16 男と 15 人と, 所へ 14 んだろう, 人で 13 んでしょう, 男が 12 ので, 女と, 時に 11 のね, 者は, 道を 10 ことは, のと, 人に, 人を, 女の, 男の

9 [11件] くせに, ことが, のさ, ものです, ものの, 人, 女が, 方で, 方に, 方を, 煙草を

8 のかい, ものと, 女は, 彼女は, 本を, 男で

7 [15件] お酒, だけだ, ときに, ところで, のかも, ひとは, ものに, ような, 人だ, 人なら, 人には, 方だ, 男は, 私は, 酒も

6 [15件] ところを, のかと, のでございます, ひとが, もの, もので, ものばかり, んじゃ, 人でも, 人も, 奴が, 煙草も, 芝居を, 道だ, 道で

5 [16件] ところが, のなら, ものも, もんです, ようです, んでございます, んでせう, 人間は, 場所で, 彼は, 男だった, 男に, 絵を, 色の, 花を, 道と

4 [29件] ことも, ところから, のかしら, のから, のじゃ, のだろう, のも, の好き, ばかりでなく, ひとの, ものなら, ようだ, 人間が, 作者の, 場所に, 女で, 好きな, 方です, 方は, 書物を, 物は, 男だ, 真似を, 私には, 者を, 自分の, 花だ, 花である, 酒が

3 [47件] お侍さん, お友達, ことの, ことばかり, ために, ところは, のかね, のぢ, のであった, のであろう, のでした, のでせう, ひとも, ものだけを, ものでした, やうな, やつだ, わけで, んで, 人達が, 人達は, 仕事に, 作家は, 冷奴に, 処へ, 十一屋の, 国民である, 女でも, 女も, 女性の, 女性は, 所は, 方じゃ, 方でした, 方の, 方へ, 書画骨董の, 本でも, 植物の, 歌を, 父の, 男であった, 癖に, 菓子を, 詩を, 道でも, 道へ

2 [199件] おかた, おもちゃを, お方と, お百姓, お粂, お絹, お雪, こと, ことな, ことなら, ことには, たった一人, だけ, だけいくらでも, とおりに, ところだ, ところなら, ところに, のかな, のであつ, のでありました, のでご, のでしょう, のでその, ので後日, のに, ひとだ, ひとや, ほうだ, ほうへ, ほうを, ものから, ものでなけれ, ものには, ものばかりを, ようで, ようであった, ようでした, わけが, わけぢや, わたくしは, わたしは, んだろ, んでしょ, ジョウが, タイプの, レコードの, ンだ, 一つである, 万里の, 丈け, 上に, 事が, 事は, 人たちに, 人だけを, 人であった, 人でした, 人とも, 人や, 人達な, 人間と, 人間の, 人間を, 仕事が, 仕事を, 作品を, 作家の, 例の, 俳優の, 俳諧の, 兵隊が, 内儀さんは, 勉強の, 匂いの, 匂の, 叔母は, 同士が, 名前を, 和尚だ, 国民は, 場所であった, 夢を, 大きさ, 大阪の, 奥の, 女だ, 女であった, 女です, 女に, 女には, 奴は, 奴も, 妓を, 妹は, 姉の, 娘と, 娘の, 婆さんは, 子供が, 字を, 学課は, 家の, 小心翼々たる, 小説を, 少女が, 少年は, 尺八一管を, 山は, 形に, 性分から, 性分な, 性質が, 性質な, 性質を, 所で, 所を, 政治家である, 教師は, 数学の, 方が, 方な, 方向に, 方面の, 時間に, 曲で, 曲を, 書物は, 朝の, 木でした, 本の, 松葉牡丹が, 椿の, 模範学生, 殿下は, 母は, 水垢が, 煙草に, 煙草の, 熱い茶, 熱を, 物が, 物をば, 玩弄物に, 田舎饅頭を, 男な, 男も, 石臼は, 石蕗の, 私も, 細君では, 絵でも, 維新の, 群集が, 義太夫の, 老人の, 老看守, 者には, 者や, 脚色家, 花だった, 花に, 花の, 花は, 茶の湯をも, 茶を, 草である, 草の, 菜の花が, 葉子は, 虫の, 蛙どもが, 裁縫や, 言葉を, 訳は, 詩人は, 話題に, 謡曲の, 赤烏帽子という, 追分節の, 連中が, 連中の, 連中は, 遊びを, 遊芸で, 道, 道じゃ, 道である, 道です, 道は, 酒だ, 酒に, 酒の, 野狐を, 金兵衛は, 青年は, 音楽を, 風景である, 魚釣りに

1 [1767件 抜粋] あなたが, あのひと, あの剣山, あの歌, いいもの, いちばん尊敬し, うえ自らクラヴサンを, おかずばかり, おとが, おばさんであれ, おもちゃが, お初は, お姉, お客さんばかり, お客様は, お方でございました, お方は, お秋, お菓子を, お説教, かくやの, からといふ, きれいな, ことしか, ことだけは, ことで, ことです, ことなど, ことにも, ことよ, こと知らない, この事件, この老, ご託, しるしと, そしてすこし, そして母, その作家, その心, ためで御座いましたろう, だけけいこ, だけし, だけで, だけとる, だけのもの, だけ午後中上陸, だけ差し上げます, だけ見せ, だけ音楽, だけ食べなさい, という点, とこへ, ところだつた, ところであつ, ところの, と言い伝える, のあんた, のかしらと, のだけ, のであらう, のでいつも, のでこれ, のでただ, のでなけれ, のでも, ので一所懸命, ので今日, ので共に, ので外国語, ので宿, ので日本画家, ので殊に沢山, ので然, ので私, ので肖像, ので話, ので附近, のにお雪ちゃん, のに二十年, のに女, のに舞妓, のねえ, のやら, のよと言いだした, の買え, ばかりでした, ひとつだ, ひとと, ひどい宣傳癖, ほうじゃ, ほうよ, ま, までここ, ままに, ものぐらい, ものだった, ものでし, ものにと, もののよく, ものまで, もの好む, もン, やうにしか, やつで無い, ようだった, よおれ, わたしが, わりには, んだらう, んでございましょう, んで以前, アパートの, イタリイや, オカミサンが, カルケットを, キツネうどんを, コニャックも, ショパンの, セミョーン・セミョーノヴィチ閣下の, タチだ, タバコにも, デザインの, ナポリ小唄を, バルブレンの, フランス人は, ベイを, マチアにも, ミドルエセックス州の, モーツァルトや, ヨハンの, ラ・ラビアを, ンだろう, 一つの, 一面の, 丈食べられ, 三太夫も, 下町娘は, 与一の, 世間は, 中村は, 主人は, 乱菊といふ, 事で, 事にばかり, 事自分と, 二人の, 井上正夫に, 京都人も, 人からは, 人だけに, 人だらう, 人でしょう, 人とでも, 人など, 人にとっては, 人へは, 人ゴルフの, 人形を, 人物で, 人碁将棋の, 人達でも, 人間だった, 人間では, 人間に, 仏蘭西人の, 仕事か, 仕事自分が, 代りに, 伊藤君達を, 伯母さんは, 住処を, 作品の, 作家, 作家尾崎士郎横光利一小林秀雄氏に, 供の, 信長としては, 俳諧を, 僕と, 僕は, 先生に, 先生を, 八重ちゃん, 六十年配の, 刀自と, 劇は, 勉強を, 勝負を, 北河内交野の, 博奕の, 友だちと, 友と, 友達である, 友達持ったら, 叔母と, 口調を, 古文書と, 句を, 同士だ, 名主の, 君が, 味噌汁が, 和田垣謙三博士は, 唄でした, 唱歌を, 喜ばしい友, 囈言さあ, 国民かなと, 国民では, 團子汁を, 土地の, 型なら, 場所だ, 場所へ, 塩煎餅か, 夏峠まで, 外国婦人としては, 大口を, 大石良雄はじめ赤穂四十七義士にも, 大阪名物の, 太政官は, 夫に, 女, 女であっ, 女としても, 女よ, 女中さんで, 女優で, 女子はんおす, 女達には, 奴じゃ, 奴と, 奴にや, 好奇心が, 姉さんです, 姓名判斷の, 娘が, 娘に, 嫂さんみた, 子です, 子供たちよ, 子供らしい, 季節でも, 学問を, 学科だった, 学者の, 學校まで, 宗教的な, 家へ, 家庭の, 富士も, 實を, 尊敬する, 小動物達, 小唄舞の, 小歌を, 小舞, 小説に, 小間物屋の, 少年が, 少年を, 山だった, 山に, 山吹咲き, 山芋を, 山道だ, 島田は, 巻煙草を, 市議達の, 帽子といふ, 幸内は, 店出, 弱い根性, 強健な, 役人は, 役者衆は, 彼女には, 御医者さん, 御様子, 御馳走も, 心霊信仰の, 思索に, 性分だ, 性質から, 性質とて, 惠那山が, 意気な, 慣わしの, 我儘を, 所から, 所では, 手毬や, 探偵小説は, 政友会は, 故か, 散歩も, 文子でない, 文学でも, 新しい野菜, 新月を, 方だつた, 方である, 方ばかりへ, 方法だった, 方面左の, 旅行者に, 日本の, 日本水聯流に, 明けすけ, 映画が, 時で, 時日に, 晩酌も, 曲な, 書物か, 書物などに, 書画なぞに, 月丸であった, 木を, 末娘の, 村に, 杯も, 東京の, 某大学教授, 栄耀が, 桂月翁は, 植木の, 植物研究に, 楽しみも, 槍騎兵の, 様子だった, 模様で, 歌とか, 歌に, 正文には, 歴史の, 母から, 民子は, 気位という, 気高いいつも, 水仙の, 水菓子なぞを, 沢庵も, 洋次郎は, 活動へ, 浜納豆など, 淡い夏, 温泉で, 湯に, 演説さへ, 灰色の, 無名の, 煙草と, 煮物などで, 燻製が, 父で, 父親の, 物で, 物ばかり, 物分りの, 物語の, 狂人同志が, 狩猟でも, 独逸語で, 獨身者の, 王が, 琴でも, 甘い物, 生活の, 田圃道を, 男であります, 男で無い, 男の子が, 男性という, 町, 画では, 画家であり, 番頭の, 畫家は, 癖から, 百姓を, 相手が, 相棒から, 真似が, 真珠の, 石が, 石蕗が, 砂糖入りの, 研究を, 磊落な, 神様なぞ, 私が, 秋が, 空想で, 笛を, 筈は, 米の, 紅梅も, 細君から, 組合員が, 絵では, 絵筆を, 羊羹を, 美女の, 老人に, 老婦人, 者が, 者にとって, 者同士で, 肴を, 自分は, 自由な, 船の, 色文か, 芝居の, 芭蕉の, 花でも, 花札を, 芸者達も, 若い人, 若い男, 若者の, 茶の, 草が, 草木が, 草花を, 葉である, 蒲焼でも, 薄茶を, 藍の, 藝術の, 藪椿を, 蛸狩でも, 螢, 街の, 衣類を, 複雑な, 親戚であり, 言葉だった, 言語を, 訳で, 話だ, 読み書きの, 読書時間が, 講釈本を, 讃美歌を, 豪傑肌の, 貴婦人には, 赤烏帽子行儀を, 赤鰯, 踊りは, 辰代は, 途を, 連中だった, 遊びごとを, 遊戯に, 運命の, 道だけ, 道であり, 道な, 道には, 道以外出世の, 道楽には, 道雇い, 部屋に, 酒さへ, 酒だけは, 酒又, 重箱の, 野鼠が, 金は, 釣場へ, 銀座マンが, 錢湯も, 阿片窟から, 陶工, 雀が, 雑木林の, 雪枝は, 雲丹を, 青年たちに, 青年俳人である, 面白い遊び, 音曲師に, 須磨子夫人だった, 題目を, 顔や, 食ひものと, 食物を, 飲みものばかり, 餅も, 饅頭, 香水自分に, 骨董店まわりも, 高木氏は, 魚を, 鯔の, 鳥の, 鳥右ヱ門は, 鶩の, 黒の

▼ 好き~ (1380, 12.7%)

88 あつた 76 はない 26 好きで 21 もない 19 はなかっ 1210 はありません 9 自分の 6 はある, はなかつた 5 たまらなかった, はあった, はありませんでした, はございません, 私の, 自分で 4 そのため, それを, たまらなくなる, な, はなく, もなかっ, 仕方が, 仕様が

3 [15件] あつて, たまらないの, なあ, はあつ, やつてる, よくこの, 一日に, 一緒に, 人の, 好きでならない, 好きで堪らない, 暇さえ, 私も, 自分でも, 閑さへ

2 [67件] あつたの, あつた伯母さん, いつでも, いつも貸本屋, おいでに, お名前, こういうこと, この人, これが, ござります, するの, せう, そのこと, その為, それが, それに, たまらない, たまらないか, たまらないん, ね何時も, はないです, はなかったろう, は無い, またその, もある, も無い, よくした, よく代, 一度飲む, 一日お, 上手で, 亭主に, 人を, 今でも, 今まで, 今日も, 何度も, 作文が, 俺の, 喜んで, 多少の, 大正八年の, 好きでたまらぬ, 少しも, 彼女の, 快活で, 捕物が, 文学の, 日本へ, 有名な, 朝から, 殆ん, 気が, 淀君は, 熱心に, 皆んなに, 私が, 種々な, 絵を, 被入います, 読んで, 誰が, 身が, 遊んだもの, 酒を, 雨の, 餅や

1 [866件 抜粋] あいにく私, あつた所, あつた文學, あなた様たちの, あのタンタンタヽヽヽ, あんなこと, あッて, いいけれど, いくらか文學, いささか天文, いつか, いつもお, いつもニョロニョロ, いつも何冊, いつも夢みたい, いつも洋館, いつも私, いつも芳桂院様, いまの, えらんだなりわい, おそろしさ, おっ死んだ, おなじ芝居, おぼつかない手, おやり, おらと, お俊, お客が, お小姓, お湯に, お礼の, お転婆だった, かつら下地にばかり, かなり広く, くったくが, こうしてへえ, ここへ, こちらに, こと将棋に関する, この一座, この人たち, この季節, この小屋, この点, この酒場, これだけの, これに, これは, これまで, こんなこと, こんな商, こんな恰好, こんな稼業, ござりました, さ, さすがに, しかもあなた, しきりにやっ, したがって絵, しばしば若い, しょっちゅう新聞, しらふの, すること, する事, ずいぶんやる, そうしてかなり, そうして綺麗好き, そう云う, そこへ, そしてそれ, そしてふし, そして少しゆっくり, そして怠っ, そつと, そのため身, その上, その夜, その季節, その時分, その芝居, その起き臥した, その身, その酒, その頃江戸中に, その頭, それだ, そればかり, それゆえひとりで, そんな実行家, たけに, たまらないおじいさん, たまらないどっさり, たまらないので, たまらないやう, たまらない女, たまらない横笛, たまらなくな, たまらなくなつた, だいぶ新刊雑誌, だからよく, ちょいちょいと, ちよいと, でもあった, という, ときには大人, ともに交際, どうかし, どうしても一緒, どこの, どの方, なおよろしい, なかなかの, なかば霞ん, なんかと, ねと云っ, ね女, ね雨, のう, はあるまい, はねえ, は出来る, は無かっ, ばつけの, ひどい高利, またそれ, またたびたび, また上手, また嫌い, みんなの, みんなを, もあつ, もとは, も写楽, も書物好き, やや滑稽, よう活動見, よくいっしょ, よくこうして, よくたべます, よくやりました, よくイナ, よく一冊, よく人, よく取っ, よく夫婦喧嘩, よく彼, よく描いた, よく父, よく私, よく行きました, よく読ん, よく銃剣, よく長, よく飮ん, よく饅頭, わが家の, わけて田之助びいき, わたしを, アンマの, インテリで, クリスチャンに, シカモその, スバルの, ダンスを, ドイツと, ハデな, パンパンを, ヒイキに, ボス的で, モンパルナツスの, ヨーロッパの, レコードも, レヴュ通いを, 一寸した, 一日お目にかからね, 一杯のみ, 一種の, 一週に, 一馬の, 丈夫一式を, 三十二三にしか, 三十年来そんな, 上流社会や, 下男や, 不思議にも, 不義理, 且つ大概話上手, 世話を, 両親も, 中にも, 主人を, 事務所に, 二時頃迄, 五体が, 京都仙台北海道から, 人に, 人形と, 人物ばかり, 今じゃ, 今までも, 今日で, 仕事が, 他に, 何でも, 何は, 何処の, 何時からか, 何時も好ん, 何處も, 使い残りの, 価を, 俺にも, 側においても, 働きの, 僕なんぞと, 僕の, 先に, 先月から, 先頃四段を, 光風が, 入つた女子大, 公務の, 内々わたし, 内風呂の, 凡人の, 分寿, 別人なら, 利休や, 劍術が, 労働者と, 勉強家で, 勝手に, 十二三の, 千人彫りの, 半刻, 南洋に, 原稿用紙や, 去年あたりから, 反抗的な, 口が, 可愛くって, 可愛らしい許嫁, 同じくクリストフ, 名の, 名前まで, 名高い侯爵, 味噌なく, 命松丸が, 唄三味線踊りを, 啓司の, 四明山に, 四目も, 四角な, 国語ことに, 土地の, 地方文壇の, 場合によ, 声の, 変な, 夏煙管とか, 夕方暗く, 多くその, 夜おそく, 夜も, 夜更けまで, 夢にも見た, 大和風爐, 大好きで, 大學, 大蝶, 天火で, 夫を, 奥様も, 女も, 女好きで, 女性に, 女房の, 女盗み, 好きこそ, 好きでたまらねえ, 好きでたまりません, 好きでならなかった, 好きでならぬ, 好きな, 如才が, 始終あの, 始終家へ, 威厳逞しい, 子供が, 子規を, 孤独癖とでも, 家で, 容易に, 寂しい酒, 寢酒を, 将来の, 小唄も, 小学校の, 小鳥が, 少しは, 就中犬は, 屋敷には, 山を, 崇拝し, 常に他家, 平次の, 幾つの, 弓を, 弟の, 弥生座の, 当時なにを, 当時も, 彫り物師とか, 彼でなけれ, 彼女を, 得意に, 御主人, 心から, 恰ど, 情に, 意志が, 感傷的だった, 戦争前などは, 戦後その, 房ちゃんに, 手ば, 手当り次第に, 才子ぶる, 政治の, 故国の, 数枚その, 整頓ずき, 數學の, 料理にも, 斯界の, 新刊も, 方々を, 日曜には, 日本人の, 日髮日湯に, 昔から, 昔の, 昔私の, 時々パンパン, 時々台所, 時々小舟, 時々書生, 時には, 晉唐小説六十種剪燈新, 暇さへ, 書いてるわけ, 書物の, 最近二三年の, 月夜には, 朝白い, 未だ見ぬ, 本国の, 本郷界隈を, 東京に, 東宮席で, 林原は, 枝葉を, 柔順で, 棲家をも, 植ゑておいた鳳仙花の, 様々な, 機嫌の, 正勝さんが, 正直者で, 此作品は, 歴史上の, 殊にお母さん, 殊に武蔵野, 殊に自分, 殺生が, 毎年秋が, 毎日この, 毎晩この, 毎晩聴き, 毎晩芝居も, 毎朝料理法が, 気の, 汝たちの, 江戸中に, 沢山持ち, 法科を, 淡りした, 淫売を, 深刻そうに, 清方の, 渡世人に, 湯呑へ, 無論女好き, 熱心な, 物惜み, 特に農村, 犬とさえ, 狗に, 狩りを, 狭い庭, 猶何度, 理窟屋の, 産んだ子, 田宮の, 田舎の, 男の, 画を, 画家の, 皇帝の, 皮肉家ぞ, 盲鬼を, 眉山などから, 碁が, 祖母を, 神童の, 私たちの, 私とは, 私などを, 私を, 秋に, 種々の, 窓の, 笑談を, 終日終夜紙魚の, 結びついた関係, 絵の, 維新後には, 繰返す言葉, 美しい絵, 美男子好みで, 而も, 耐らない, 腕節の, 膽石を, 自信たっぷりで, 自宅に, 自然昔から, 色々の, 色澤が, 花の, 若いうち, 茶を, 落語の, 落語家に, 蒐めたっ, 表向きは, 裳着の, 西洋ものでも, 見付の, 親讓り, 記憶に, 詩が, 語学が, 読みますけれども, 誰も, 諸国に, 諸藝, 谷中から, 貧乏が, 買つ, 贅沢だ, 赤いもの, 赤道直下の, 車中の, 近くに, 近所の, 途中で, 遊びひとつする, 遊んで, 道楽ばかり, 遲く, 避暑にも, 部下に, 郵便局の, 都会の, 酒好きだった, 酒好きは, 野の, 金に, 釣り竿一条を, 釣船を, 銀座の, 鐵砲の, 長次郎が, 長火鉢まで, 閑が, 陽気で, 随分込み入った, 隙見と, 離縁の, 青年時代まで, 非常に, 面白くて, 頼山陽の, 飲んで, 飲食は, 駒形の, 髪を, 鳥さえ, 麹町から

▼ 好き~ (859, 7.9%)

3322 ということ 1714 から, な 1312 という 11 といふ 10 というの, と見える 9 と言っ 6 と云った, と言 5 からという, つたから, つたらしい, というよう, という人, といっ, と云, と云う, と云っ 4 つたと, つたのか, つたのだ, といった, といつ, と見え

3 [19件] からあなた, からといっ, からなあ, からよ, から君, から好き, がこの, が自分, し, つた, つたのです, とか嫌ひだ, と思, と思う, と思った, と言う, ねえ, もの, 好きだ

2 [52件] か, からそれ, からそれで, からで, からである, からね, からむしろ, からよく, からわたし, から三枚裏, から人, から愛す, から死んだら, から煎餅, から見, か嫌い, がその, がそれ, がどうも, が人, が昔, けれど, し又, そうだ, そうです, つたの, つたので, つたのである, つたのと, つたのは, つた千代紙を, つてさ, という事, という大義名分, という好き, という点, とかいふの, とつい, となつ, とみえる, と云ったでしょう, と云つて, と公言, と思っ, と聞い, と見えます, と言ってる, と言つて, なんてあなた, なア, ものだ, もんです

1 [452件] あ, あな, あよ, あれは, あ好き, いったい仙台藩, いつか君達も, え, お前の, かいや, かそりゃ, かそんな, かと言う, からああ, からあいつ, からあたい, からあっち, からあんた, からいけない, からいっ, からいづれ, からいわれる, からおかしい, からおしえ, からかきます, からかまぼこ, からこう, からこうして, からこの, からこんど上京, からこんな, からさ, からしょうが, からってあの, からって毒, からつて無闇, からです, からと云う, からと云っ, からと云つて, からと言つて, からどう, からどの, からな, からなあいや, からなにか, からなりたい, からな親切気, からぬるい, からほか, からもう, からやっ, からよい, からよう, からわた, からゴロツキ, からツ, からバタ臭い, からホラ, からリクツ, から一つ馬鹿, から一向に, から一度, から上げたい, から上手, から二人, から今, から仕事, から仕方, から他, から余り, から來, から先づ一ぱいはじめようか, から分け, から別に, から右傾, から同じ, から向う, から呑む, から夜中, から夢, から大切, から嬉しい, から實, から小さい, から山添, から御, から愛し, から慰み物, から所謂口腹, から手, から折々, から抱き, から抱きつく, から料理, から昨日, から時々, から時計屋, から朋友, から本, から本当, から桜, から歴史, から死んだら成るべく, から毎日毎日門前乗り, から気に入る, から河内山, から海賊, から深刻, から焼酎, から特にそう, から町内, から登る, から皆, から私, から自然, から英坊, から表徳大酒, から褒める, から貧乏, から買つて來, から赤い, から身, から辛抱, から連れ, から遣っ, から金魚, から釣, から間, から飲む, から黙っ, かわからない, か嫌, か嫌ひだ, か心, が, があっち, があの, があらゆる, があるき, がお, がさ, がそう, がそして, がたつた, がつまり, がもし, がパリ, がポチ, がレンブラント, が一方, が三味線, が人間, が余り硬化, が作者, が勝負事, が君, が官公衙, が実際, が寂し, が川瀬, が強い, が愚鈍実直, が政友会, が敢, が本人, が松下サーカス, が毎晩, が温泉, が湯, が発明, が私, が自分ぢ, が菓子, が薊, が足, が酒, が鏡子チャン事件以来, ぐらいな, ぐらいにしか気, けど, けどあんた, けどあんな, けどまだ, けど子供, けど死んだ, けど無芸, けど飼, けれどそこ, けれどひと, けれどほんとう, けれどもこれ, けれども一人, けれども台所, けれども文さん, けれども私, けれども金銭, けれどわたし, けれど僕, けれど八幡, けれど寂しく, けれど淋しい, けれど湯田, けれど煤烟, けれど肉, けれど野菜, けれど雨, けれど雨天, こと, この事実, この悲しい, しあたし, しかしやたら, しすっきり, しその, しそれに, しつい, しつかえる, しはね廻つ, しひどい, し世の中, し中国, し乳母, し二人, し向う, し君, し妻, し御, し情慾, し村びとたち, し樺太, し短歌会, し花, し親父さん, し賑やか, し赫子さん, し門, そういう人, そうで, そうである, そうでございます, そうな, そして毎晩毎晩, ぞ随分, ちっとも意味, っけな, っけなア, つたあなたぢや, つたあの, つたお玉さんが, つたお菜に, つたつて無い, つたといふ, つたといふだけ, つたどうぞ, つたに, つたのだらう, つたのには, つたのよ, つたひとない, つたドヴォルザァークの, つたフランス語も, つた事や, つた人, つた人が, つた大阪者は, つた大隈内閣は, つた女, つた女の, つた晶子さんには, つた理由は, つた私が, つた私は, つた背景の, つた酒が, つた酒を, つて云ふ, つて嫌ひだつてなる, で, でああ, でこんな, でなどんな, で今年, といい切れる, というなら, というほか, というもの, というわけ, というん, というワケ, という印象, という咄, という問題, という型, という変梃, という女, という孤老, という愉快, という旋毛曲り, という日本人, という時, という次第, という気持, という結論, という者, という記録, という話, という通り, という野郎, という鑿, といえ, といえない, といえる, といった季節外れ, といふやう, といふ印象, といふ思ひ, といふ旋毛曲り, といふ理由以外, といふ男, といふ話, とお, とおっし, とおっしゃった, とおっしゃる, とおもった, とか, とかいう御, とかお, とかこの, とかたのもしさうな, とかで飽き, とか何とか, とか又, とか好き, とか嫌い, とか気, とか話します, ときっと, とこの, としたら, とすれ, とどこ, とはいいません, とは一度, とは何, とは思わなかった, とは言えない, とみえ, とも, ともいえない, ともっと, とも云ひだ, とも思っ, とよく, とわかる, と一言, と云い, と云い給え, と云ったら, と仰, と仰せられる, と仰つ, と伺つて, と告白, と存じました, と常に, と彼女, と心, と思い, と思います, と思ひました, と思ひます, と思ふ, と思われる, と昔, と書い, と父, と率直, と申し, と知っ, と笑った, と答え, と考え, と聞いた, と草餅, と見えまし, と言った, と言ったら, と言ってた, と言つた分, と言われ, と言われます, と言われる, と言われれ, と選ん, と魂, なあ, なと思ひ, などといわぬだろう, などと人, などと断定, なんて, なんていう, なんていふ, なんてこと, なんてそんな, なんて思っ, なんて騒ぎ出す, な主人夫婦, な全く, な女, ねえそれ, ね汝, のという, ほんとに好き, また老人, もので, ものです, よあの, よう, よお, よとても, わな, わ好き, わ弱っちゃった, アなあ, ッたり, 一直線でなく, 世界じゅうの, 丘流, 今こそ, 今日も, 位で, 動物植物と, 夏でも, 好い恰好, 少々酒, 山も, 帰庵し, 愉快な, 手前何うかし, 書は, 梅の, 湯を, 相で, 絶対に, 若い人たち, 視覚からも, 風月の, 飯も, 黒部川も

▼ 好き~ (784, 7.2%)

80 なって 54 なった 43 なつた 36 なつて 32 なりました 28 なったの 17 なる, なるの 11 なれない 10 なれなかった 9 なれないの 8 なったと 7 なったという, なったん, なるよう 6 なったり 5 させて, して, なること, なると, なるん, なれそう 4 なったのよ, なったよ, なったわ, なっても, なるかも, なるという, なれば

3 [12件] なったか, なったこと, なったので, なつたり, ならずには, ならなければ, なりそう, なるに, なる事, なる筈, なれたらね, 任せて

2 [33件] ちがいない, なさい, なったが, なったって, なったらしい, なった動機, なった者, なっちゃ, なっちゃった, なってからの, なってるの, なつたらしい, ならざるを, ならないとも, なりあの, なりたいと, なります, なりまた, なりよう, なり尊敬, なるから, なるとは, なるよ, なる時, なる気持, なれないのよ, なれないん, なれぬ, なれるもの, なれるやう, なろうと, 成って, 酒を

1 [252件] あなた様の, おさせなさいまし, おどって, おなり, おなりに, きまっておる, きまってるね, きまつて, こんな家, さして, させること, させるつもり, させるなんて, させるの, さァ, したの, した方, しなさいと, しろと, しろな, し居れおのれ等, し給え, ちが, つかませて, つけ込んだ営利主義, できるだろう, とつて, どんな可, なさいましだ, なさるが, なすったって, なすったらいい, なったかと, なったから, なったくらい, なったし, なったそして, なったっていう, なったとは, なったなどという, なったもん, なったらどう, なったらもう, なったわい, なったわけ, なった事, なった人, なった以上, なった伸子, なった女, なった好き, なった料理, なった旅役者, なった様子, なった母, なった瞬間, なった等, なった軍人, なっちゃったあたい, なっちゃったのよ, なっちゃったわ, なっちゃったん, なっちゃった誰, なってな, なってね, なっては, なってるらしいこと, なつたの, なつたら, なつたりは, なつちやいけない, なつちや仕様が, ならしめた第, ならずに, ならないであろう, ならないので, ならないよう, ならない限り, ならなかったそう, ならなかつたらうか, ならぬもの, ならはる, なられたとか, なられたの, なり, なりいくら, なりうる花, なりかけて, なりここ, なりこの, なりさ, なりそれ, なりたるは, なりつつ, なりという, なりとうとう, なりましたぜ, なりましたと, なりましたや, なりましたよ, なりましたよと, なりましたわ, なりまして, なりましょう, なりますから, なりますわ, なりませんでしたので, なりやしたの, なりやしないよ, なり何, なり兄, なり同時に, なり或, なり技, なり機械船, なり毎年, なり水練, なり満月, なり腹, なり自分, なり自然, なり酒, なり餅, なり髪, なるが, なるしか, なるそう, なるだらうと, なるだろう, なるだろうと, なるといふ, なるところ, なるのに, なるまでには, なるもの, なるやう, なる助け, なる可能性, なる女, なる彼, なる悪癖, なる時代, なる曲, なる温い, なる物事, なる私, なる要, なる誰彼, なれ, なれさ, なれずいや, なれず彼, なれず愚図愚図, なれた, なれたが, なれたらどんなに, なれないお客さん, なれないが, なれないその, なれないところ, なれないはず, なれないばかりに, なれないよ, なれない人, なれない理由, なれない町, なれない自分, なれない茶の湯, なれなかったか, なれなかったが, なれなかったため, なれなかったの, なれなかったのみ, なれなかつた, なれなかつたが, なれますのね, なれませんでした, なれませんでしたわ, なれる, なれるだらうと, なれるでしょう, なれるという, なれるの, なれるものぢ, なれるわ, なれる人, なれる相手, なれる素質, なれる絵, なれんという, なろうこの, なッ, はなれさうに, はなれません, はなれませんでしたけれど, まかせて, めぐりあふ機会の, やったほう, やったらいい, やらして, よく出, 一句止めを, 仕て, 付け込んで, 出会して, 出來, 出掛けて, 出来てるん, 出来ま, 出来上って, 助勢する, 城塞見物を, 天下を, 委せにゃ, 定って, 定つて, 思いました, 思うよう, 思う好き, 思った, 思つた, 思われる, 意気地を, 成つた, 戴くの, 戸口から, 手足を, 改めるに, 明治十年代の, 暮そうの, 暮らしなさるが, 梅の, 極つて, 極まって, 歩いて, 決って, 猛らして, 痴人は, 石を, 碁を, 私も, 舌を, 計ひ, 計ふ, 買ったの, 身を, 逢いましてな, 違ひない, 限つて真剣な, 随つて二つでも, 非ずや, 飛び歩かして

▼ 好き~ (526, 4.8%)

6 ようです, ように 5 人が, 人は, 男が 4 人, 方で, 私が, 私は, 連中が, 金五郎は 3 ようだ, 人々に, 人なら, 男を, 眼を, 道だ

2 [36件] ある男, ことを, ものが, ようで, ようでした, 人々は, 人だ, 人に, 人を, 人達の, 佐山君は, 何日でも, 八重ちゃんは, 友人から, 吉村忠雄氏又は, 嘉吉は, 女で, 女の, 妻の, 少年おまけに, 少年だ, 彼にとっては, 心から, 時日に, 梟が, 死刑囚も, 江戸つ, 河合はい, 男は, 私でも, 私の, 私達は, 道なれ, 道に, 順一は, 饒舌の

1 [385件] あげくに, あまりに紳士的, ある政党, おじさんも, おん興じ, お客の, お方であった, お武家, お民, お絹, お艶, お遍路さん, こころで, ことで, させたわざ, しない三田, する商売, する面立ち, ためしばしば, ところは, どうのという, なんの, ねえさんが, ひが, ひとから, ひとりの, ふじ子が, ぼんちに, ものである, やうだつた, やうである, やうに, ようだった, ようである, ようでございます, ような, わが国人に, わたしは, をぢさん, アベックでも, アメリカの, エチガライさんとは, カアネ親子は, カメラマンの, バッタたちは, ブレーキを, ベスは, マンに, モカを, ヨーロッパ人にも, 一つであり, 一人で, 一家であった, 一空さまは, 一茶話に, 一面にしか, 三田村が, 三馬は, 上に, 上田氏は, 下等な, 下等社会の, 主人の, 主人は, 主人を, 主婦の, 久保田氏の, 乾びた頭, 事を, 人々の, 人々教養の, 人から, 人で, 人であった, 人の, 人ほほ, 人気を, 人足達であった, 仲間からは, 仲間が, 伯爵が, 伯父や, 余も, 作者に, 信吉には, 信長見, 倉さんが, 僕の, 僕は, 僕相変わらず, 兄が, 先代の, 其処の, 内科の, 処から, 処へ, 剽軽者らしく見えた, 劇評の, 勇気には, 動物で, 医学士で, 医学士の, 十五六人で, 厄介者である, 友だちは, 友人も, 友達と, 友達に, 友達を, 口やかましい女, 合い口, 同志が, 君, 君は, 喜どんは, 喧嘩屋みた, 嘉納氏が, 嘉門では, 国民であり, 土佐女として, 地主と, 墓に, 夏の, 多い京都画家, 多い今, 多い草木, 多計代, 大殿様, 大衆を, 大阪人が, 天分をも, 天狗が, 夫は, 夫人が, 奥さんとか, 奥田元, 女だ, 女に, 女らしい, 女中が, 女中さんが, 女性に, 女房たちは, 女王ヒポリタを, 奴も, 如水でも, 妹さんが, 姉は, 嫌いの, 嫖客は, 嬢様は, 子供が, 子供に, 子供は, 学生か, 学生からも, 学生たちでも, 学生達は, 学者が, 安子に, 実行家だった, 客が, 家だった, 家でも, 家は, 家へ, 家霊を, 富豪に, 寡婦が, 将軍義昭は, 小鳥などが, 少年で, 少年の, 少年は, 少年も, 少年一人で, 山遊びに, 巧妙な, 市村氏が, 平岡寅之助氏の, 店員の, 弟たちまで, 役を, 彼が, 彼に, 彼にとって, 彼は, 彼らが, 彼今回は, 彼女が, 彼女に, 彼女には, 彼女は, 彼等が, 彼等は, 従弟の, 心とで, 心を, 心俄かに, 快活な, 性分は, 性癖は, 性質から, 性質である, 息子を, 悪魔が, 愚慢病であった, 愚民どもを, 愛は, 成金も, 或は又, 批評家は, 拗ね者です, 政府が, 政治家だ, 敬四郎どのも, 文明開化人を, 新聞記者です, 方が, 方だった, 方であった, 方である, 方でし, 方に, 方を, 旅では, 旅の, 旅行者は, 日本人から, 日本人が, 旦那が, 旦那様が, 昔の, 書肆の, 木山と, 本能や, 村の, 村長が, 松島は, 松本の, 柳田國男君がを, 校長の, 梅吉と, 森好きの, 椿岳は, 極致も, 様に, 樣である, 次兵衛が, 欽也は, 母であった, 母親は, 民族で, 気性が, 江戸っ子たちは, 江戸っ子であった, 江戸っ子達は, 江戸ッ子だ, 江戸侍藤崎を, 沙汰では, 法師が, 法王たちは, 浅井先生の, 海南健児の, 海豚です, 海豚の, 深沢君が, 源兵衛さんにな, 点で, 為に, 為めか, 熱風的の, 父が, 父の, 父は, 父親の, 牡猫に, 物と, 物理学者が, 特色独特性による, 狩猟家には, 猥漢だ, 王の, 王様が, 現れた眼つき, 生徒達は, 男だ, 男だけに, 男で, 男と, 男に, 男にも, 男の子が, 男をから, 町家の, 画かきを, 畫や, 皇帝に, 眼は, 祖母が, 祖父の, 神は, 神様が, 私たち以外には, 私に, 私も, 私を, 私共には, 程度或, 第一人者は, 米国に, 素人の, 素子の, 細君は, 老人たちだけが, 老人である, 老婆が, 者は, 興行主任が, 船頭は, 若い理学士香椎六郎, 若い紳士, 若旦那松次郎の, 若殿原から, 若者だ, 若者であった, 英人の, 茶目連は, 草雪も, 蒐集家の, 藍子は, 藤村さんが, 衆が, 衣着, 西洋の, 親分肌の, 親父も, 記者は, 詩人で, 詩人の, 話や, 読者には, 誰彼が, 車夫の, 軽い風, 輩判官に, 農民の, 近所に, 連中は, 遊びあなたよく, 道さ, 道とて, 道とは, 道にて, 道の, 道楽であっ, 酔漢, 野卑な, 金の, 金五郎, 金持が, 銀行家は, 長兵衛は, 長谷川如是閑が, 関守氏も, 隠し相な, 隠居と, 隠居の, 雀が, 青年が, 青年でございました, 青年の, 青年らと, 青年を, 青年達は, 面々に, 面面は, 音楽の, 順助は, 頭の, 馬琴が, 馬鹿を, 騎士も, 骨頂だらう, 龍造寺様が

▼ 好きだった~ (262, 2.4%)

11 のだ, のです 8 のは, んだ 5 の, のである 4 から, がその, のよ 3 のかも, のね, よ, んです

2 [17件] からである, からです, からね, ね, のか, のだろう, ので, のでこの, ので一人, ので私, ようで, ようです, わ, んでしょう, 上に, 人の, 山登りも

1 [156件] お前がな, お師匠さま, か, かしら, かどう, かも知れない, かも解りません, からうかうか, からきょう, からこの, からそういう, からだ, からな, からよ, から出来る, から母, から賛成, か判るだろう, が, があまり, がいま, がさて, がしかし, がしかも, がだんだん, がもう, がマドレーヌ氏, が不幸, が人, が今, が医者, が卒業, が好き, が珠緒さん, が雪江さん, が震災, が類, が黄, けれどあまりに, けれども下村さん, ことや, ことを, し, しかて, しほぼ, し先方, し夜, し大学, し常に, し彼女, し着物, そうである, そうとも, そして今, その上, ためしは, だけです, だけに竹, という, というももっとも, とかけれど, とかこれ, とかそんな, とかで, とか良人, とみえ, と思う, と申す, と見え, と言います, なあ, なこれ, なと私, のかい, のが, のでいよいよ, のでいろいろ, のでご, のでございます, のでしょう, のでその, のでだんだん, のでみんな, ので一度, ので万葉, ので九谷, ので今, ので六才, ので尺八, ので有名, ので東京, ので汝, ので町, ので良一, ので西洋, ので解り, ので間, ので風呂, のと, のにその, のにめしあがり, のねほんと, の本当, ものさ, ものでございます, ものです, ものらしく, ようだ, ようである, ような, よと彼, よねえ, わけで, わね, わね銀座, んじゃ, んならやった, エマニュエルは, オルガンまで, ハガアスさんな, バットも, フランスの, 一人の, 亀戸の, 事など, 人, 人が, 人に, 代りには, 例の, 先生の, 図画も, 場所は, 女の, 妹も, 小高い芝山, 山の, 故, 料理だけで, 料理屋カフェーを, 方で, 曲を, 歌ほれぼれ, 歌を, 歌舞伎を, 焼き林檎と, 父でも, 父を, 男という, 癖に, 祭りばやしが, 肉マンジュウや, 若い英語教師, 訳で, 踊りだ, 麻雀で

▼ 好きです~ (204, 1.9%)

5215 ね, よ 127 から 6 からね 3 もの 2 かい, かモウパッサン, か日本, しマダム, のでこうして

1 [84件] あなたは, あの人, かそれ, かとか嫌い, かと問われ, かと聞い, かと聞いた, かねえ草履, からいつも, からいづれ, からそれで, からちょうど, からと言う, からどうか, からまして, からよく, から中途, から事, から夏, から外, から天文学者, から学校, から宿場, から戌刻, から毎日牛, から眠られる, から私, から私たち, から靴下, か人事, か何, か春, か私, か酒, が, があれ, がいつも, がこの, がしかし, がそれ, が二本, が僕, が弱い, が支那, が斯様, が焼, が生, が首かざり, きっと忘れない, けれど, けれどもやはり, けれども客間食堂, けれどわたし, けれど少し, けれど然し, しお, し女, そのよう, それでぐっと, って, つて, つてね, という, といっ, とさ, ともイワン, と云, と言っ, と言つて, ねと云った, ね間違, の, ので私, のよ, のん, のギリシャ人, よ一本気, よ村, わ尾道じゅう, アルバトロスも, 僕は, 尤もこれ, 是非紹介し, 非常に

▼ 好き~ (155, 1.4%)

21 見えて 10 みえて 4 見えますね, 見える 2 いうだけの, いうより, みえますな, みえるな, 聞いて

1 [106件] あっては, いい嫌い, いうが, いうだけ, いうでも, いうので, いうよりも, いえないもちもの, いえば, いっちゃ, いっては, いっても, いふには, いふよりは, いわれたので, いわれるほどの, うけたまわりましたが, お考え, お言いやす, こうきめ, しときなさい, その御方, それに数倍, であった, なぜ明朗, なったが, なっても, なつたら, なると, みえまして, みえますね, みえるの, むやみに, 一緒に, 一路通ずる, 不好き, 世に定評, 云うの, 云うほど, 云うより, 云う俳優, 云う程度, 云ったって, 云ったという, 云ったの, 云ったのに, 云ったまで, 云つた, 云つていい, 云は, 云わないから, 云われますけれど, 云ッた, 仰言, 信子は, 冒険とに, 友達の, 口に, 合せて, 同時にかなり, 器用さは, 嫌いが, 嫌いと, 嫌ひとの, 将軍家に, 弟子嫌ひとは, 心の, 思いきらい, 思うか, 思ったという, 思った様子, 思わなくても, 思われて, 惚れるとは, 暮し上手は, 来て, 法螺を, 犬を, 病で, 相場が, 睨んだから, 私を, 称する人, 積極的に, 答えたもの, 自由で, 見えたり, 見えほ, 見えまして, 見えまするの, 見えるが, 見えるって, 見えるな, 見えるね, 見え家々, 覚しく, 言いますか, 言うよりも, 言う奴, 言った, 言ったって, 言つた, 言つた柄です, 違うん, 違たら, 違つてこれは

▼ 好きであった~ (120, 1.1%)

7 のだ 5 のです 2 からです, から私, がその, がそれ, が私, が自分, ことを, ということ

1 [92件] かが推量, かの女等, からこの, からその, からその間, からたいてい, から人, から初め, から塾生等, から天児, から晩方, から求婚者たち, から画名, か古書, がこの, がこれ, がしかし, がな, がひとつ, が二十五歳, が剣術使い, が十, が家, が庸三, が本, が欲しい, が母, が深入り, が盗まれる, が風流, が馬子才, けれども世の中, ことが, ことなぞが, ことや, この尺八, しその, せいでも, それに, ためその, ために, ためにか, ためマルグリットは, ため早くから, ため絶えず, という, という点, と一人歓び, と云う, と共に玩具屋, と申す, と称, と聞かされ, なお序, にかかわらず, に野菊, ので, のでたびたび, のでよく, ので山野, ので父, ので舞踊, のは, はずである, ひとの, ものだ, ものです, ものを, ようで, ようです, んです, 上に, 事を, 仕事にも, 其時の, 女である, 妹は, 彼の, 彼は, 彼女は, 所は, 時に, 父は, 父善助の, 綱手の, 酒に, 酒を, 野球が, 野球試合の, 長十郎は, 関係から, 雑誌を

▼ 好きでも~ (91, 0.8%)

7 嫌いでも 4 ないのに 3 あった, なければ, 嫌いで, 嫌ひでも 2 あつた, あるから, あるの, きらいで, ない, ないお, 何んで

1 [54件] あきあきしますぜ, あったの, あったろうが, ありうまい, ありそういう, ありません, ありませんが, あり上手, あり別懇, あり随分, あるよう, あるん, かまわないじゃ, きらいでも, この方, これじゃ, これには, さう, しない, そこまでは, ないくせ, ないし嫌い, ないため, ないの, ないん, ない者, なかつたで, なかつたの, なかつた眼, なくなったの, なさ, なさそう, なんでも, まさかこんな, まっ暗な, オペラに, ハルピンに, 何でも, 六ツと, 勿論学者, 口には, 吝嗇でも, 大そう, 嫌で, 家に, 敵と, 無かつ, 相手は, 短水路, 脱け, 読み切れなくなり蒐め, 身体には, 青蛇団の, 非人情は

▼ 好きじゃ~ (87, 0.8%)

9 ないん 8 ない 6 ないの 3 ありません, ないでしょう, ないと, ないのよ, ないわ 2 ありませんか, け, ないから, ないね, なかったの, ねえん

1 [37件] ありませんからね, ありませんし, ありませんでしょうね, ありませんの, いやよ, から出, けれ大方ひとり, けれ大方一人, ございませんか, ございませんの, ごわせんわい, しなん, しひょっとしたら, し退屈, で両得, どうじゃ, ないが, ないけど, ないねえ, ないよ, ないよう, ないらしいん, ないわね, ないんだい, なかった, なかったけれども, なかったし, なさそう, なしお, なそれから, ねえの, んで, アなかっ, アねえ, 手の, 有りません, 湯浴みの

▼ 好きである~ (86, 0.8%)

3 が本当, ことを, のと 2 からで, がその, がそんな, がなるほど, が特に, ということ

1 [65件] かさえ正直, からしたがって, からその, から営巣, から当否, から御一新, から旅, から西洋人, から議場, から釣り師, かをいった, がこれ, がしかし, がしぶとい, がそれ, がそれに, がまた, がポンポン, がムウシュキン, が二十皿, が友人, が年毎, が所謂骨董いじり, が推理小説, が既に, が昨年, が為, が牛鍋, が神社, ことは, ことも, しその, し女, そうして山, それで日本, ために, ためばかり, というよう, といふお, といふ自分, ところの, ところへ, と見え, にかかわらず, にしろ, にもかかわらず, のか, のでこの, のにその, のみならず, ものに, わたしに, アレキサンドル大王の, 事から, 事と, 人間の, 以上猫の, 坂は, 年々一度は, 文學で, 点は, 美しい草花以上, 美術家に, 野の, 間は

▼ 好きなら~ (78, 0.7%)

4 仕方が 3 好きで 2 ば左回り, ば手

1 [67件] あなたは, あの開化, あんなに拒む, おくみさん, お前たちの, この張飛, この村, この橋, これほど, せめて国際法, その程度, それが, それでもいい, それと, だれでも, どこまでも, どんなにも, なぜ耶蘇学校, ばお, ばこんな, ばそちら, ばとっ, ば好き, ば当人, ば御, ば芸妓, ふんづか, またいくら, また御, ん大姉樣は, カケだ, タダでも, 三千両持たし, 仕方なかろう, 何も, 前から, 勝手に, 古い書画, 女は, 好きでい, 好きと, 好きな, 好きの, 学校の, 宵寝も, 實業を, 少し早い, 山に, 役者に, 御祝いの, 御自分, 必ず読ん, 手前一人で, 早くおかみさん, 牛乳飮まそ, 犬にでも, 狸と, 癩人を, 竹さんに, 筏師に, 結婚する, 芝居も, 蛾次郎も, 観音様へ, 諦らめて, 飮むもよろしい, 麦と

▼ 好きという~ (62, 0.6%)

7 ので 4 のは 3 わけで 2 ことは, たちの, のが, ような, わけじゃ, 表現を, 言葉を

1 [34件] こころや, ことだけ, ことで, ことに, ことについては, ことも, ことを, のでしょう, のです, のも, ものが, ものは, わけじゃあ, わけでも, わけには, んじゃ, んだ, んでしょ, 一言に, 人物に, 人間なら, 俗諺の, 内でも, 内容は, 処から, 古来の, 嫁に, 字に, 感情の, 扉を, 有様だ, 程で, 訳で, 身勝手な

▼ 好きでない~ (59, 0.5%)

3 ことも, の 2 んです

1 [51件] おじいさんだった, かも知れん, から, からかもしれない, からと寿江子さん, からどうか, から冷静, がこういう, がこの, が使つて, が和尚, けれど, けれどもでも, ことは, この小禽, そうだ, そんな女, といふの, といふやう, とかそこ, と云い, と公言, と見えます, と解らない, と長, ね, のだ, のであろう, のでい, のは, のよ, むろん嫌い, ようだ, わけは, んじゃ, んだ, んでしょう, ゴーリキイには, タイプに, マンは, モクベエが, 人だ, 以上嫌いだ, 体操の, 勘次へ, 平次も, 広元入道さま, 気質の, 点は, 男という, 限りは

▼ 好き~ (58, 0.5%)

4 好きだ 2 甘いもの, 辛いもの

1 [50件] ありません, いたく評価, いわゆる私生活中心, お洒落や, すきです, そこまで, その日, ないか, なからう, またと, またはで, また格別, よい茶, カンシャクと, ノックスの, 今の, 今や少々鼻, 今始まった, 先天的で, 分ってるどういう, 分別や, 多いし, 好きだった, 好きです, 学問の, 学者とか, 底知れず, 持続し, 教えられるところ, 教へ, 日本人の, 昔から, 構成派の, 殿一人だ, 決してしない, 溺愛と, 無く縁, 狂人の, 生涯ハッキリ, 病気の, 益々嵩じ, 相当な, 私たちの, 窮屈な, 自分の, 芝居好きで, 親類知人の, 贔負からの, 銭湯が, 騎馬角力放

▼ 好き~ (55, 0.5%)

5 どうか, 嫌いか 3 え, 嫌ひか 2 嫌か, 御嫌い, 隨分厭味に

1 [33件] いやかという, えここ, えアリョーシャ, きらいか, そのほか, ですって, どうかという, どうかも, どっちが, どっちだ, どつ, どの役者, なんぼな, はっきり言っ, もう一度それ, ナターシャなどと, 二番は, 分らないご, 又お母さま, 又は社会主義, 君は, 嫌いかい, 嫌いかが, 嫌いかなどと, 嫌いかなんて, 嫌いかを, 嫌ひか見分ける, 明るくしたい, 朝は, 母さんが, 知りませんけれども, 連れて, 随分厭味

▼ 好き勝手~ (51, 0.5%)

7 なこと 3 な事, な真似 2 なところ, にする, にはならない

1 [32件] だ, である, でこの, な囈言, な夢, な小理屈, な岩壁, な形, な所, な条件, な法, な熱, な研究, な身なり, な雑誌, にさし, にした, にしろ, にふるまっ, にやれる, にオモチャ, に判断, に強盗, に役者, に日, に生きられる, に男えり, に肌, に苦しむ, に轉, もい, をする

▼ 好きでした~ (49, 0.5%)

3 ね, よ 2 が, が広島

1 [39件] かどう, かな, から, からな, からね, から公休日, から半, から早速, から殆ど, から私, から船, から藤井, か知ら, がけれど, がたった, がへび, がストーヴ, が其の, が小鳥, が東京, が根気, が火, が絵, けれどこの, けれどそれ, けれどもいま, けれどもとき, けれど芹川さん, しその, し向う, し賃銭, っけ, と答, ので暇, ので母, ので物心, のよ, 仏頂寺を, 何か

▼ 好きらしい~ (40, 0.4%)

3 のです, んだ 2 んです

1 [32件] がそんな, が僕, ことが, ことだ, ことも, しある, といふ, とかいろいろ, とか中尾さん, とか土屋さん, と思った, な, ね, のだ, のね, のよ, わね, ネと笑, フォイエルバッハという, ヘルメットの, 京姫の, 口もとを, 少女は, 木々への, 柔和な, 気性を, 眼が, 眼つきを, 眼付で, 虎徹も, 造りの, 顔つきの

▼ 好きだつた~ (38, 0.3%)

2 ことは, んだ

1 [34件] からといつ, か判るだらう, か知れない, が, がその, がそれ以上, がそんな, がもう, が今月, が先生, が性来父, ことを, このお祭り騒ぎ, この歌, し, し今, し僕, し木の実, し結婚出來, ためで, ところから, ので, のでお, のでこの, のでその, のでプルウスト, ので今, ので夜, ので見物, ものだ, やうだ, わ, わけか, んでせう

▼ 好き~ (36, 0.3%)

1 [36件] あって, ある, あること, あるの, あろうかと, いて, いるから, お祭り騒ぎの, この有様, その頃, そばを, ために, つたり, ないとは, 一生私を, 何か, 何かと下司無礼, 何故に, 出来たの, 古渡り, 多いとにかく, 大坂を, 大薩摩を, 後に, 想像されよう, 新しい長所, 染つたのか, 楠本氏に, 煙草の, 現代の, 相撲の, 石の, 芝居の, 誰の, 躍如と, 銭湯好きには

▼ 好きそう~ (36, 0.3%)

9 なもの

1 [27件] じゃ今, なそして, なの, なひげ, なハイド・パアク, な下町っ子, な人, な処, な合戦, な女性, な婆さん, な家, な微笑, な所, な料理, な様子, な歌, な物, な空想, な美しい, な芸人, な覚悟, な話, な輪郭, な風采, な香気, な魚

▼ 好き~ (35, 0.3%)

20 やない 32 やありません, やございません, やね 1 やございませんでした, やしやう, やな, やなかつた, やねえ, やもん

▼ 好き~ (35, 0.3%)

2 きらいも, なかった, 嫌いも

1 [29件] あった, ありましょう, あるもの, あろうが, しないもの, ずいぶん古い, せぬ巻煙草, せぬ煙草, そこまで, ないけれど, ない事, また交わる, みんな生かせ, 一つだ, 久しいもの, 伯次さんで, 同じ事, 好き足駄穿い, 嫌ひもありません, 嫌ひもあれし, 嫌も, 実にあきれた, 悲しいけれど, 数人交っ, 文さんが, 既に得道, 春章や, 眉を, 程を

▼ 好き~ (35, 0.3%)

2 いふて, の, もん, 比較的低い

1 [27件] あれしません, いやはって, おへんの, から仕方, が売る, けど, このん, さかいそれ元, さかいな, さかいなア, とある, とかいうこと, なあ, ない, ないが, ねん, ねんし, ねんな, ねん亀さん, よって一遍, わ, わなんて人前, 冗談で, 言いますの, 言うん, 言ひなはる, 道楽で

▼ 好き~ (35, 0.3%)

10 ひが 8 ひは 6 ひを 4 ひに, ひの 1 ひから, ひなどは, ひにも

▼ 好きには~ (34, 0.3%)

4 なれなかった 2 ならないと, なれない, なれないの, 好きでございました

1 [22件] おどろきます, お好き, かけません, なれないが, なれないもの, なれないん, なれなかったよう, なれなかつたやう, なれぬと, なれまい, なれまいよ, 候えども, 困って, 好きだ, 好きです, 楽土であった, 此の前も, 決してなれなかった, 甚だ興味深い, 相違ない, 落ちるもの, 身を

▼ 好きかと~ (26, 0.2%)

2 いうと, 訊かれて, 訊ねると

1 [20件] いわれても, きかれたらぼく, きかれて, きかれれば, よく人, 云うか, 云ふ, 問はれたら, 問はれる, 問われても, 問われると, 問われれば, 御尋, 聞かれたので, 言うん, 言う事, 言はれる, 訊くから, 訊ねたら, 訊ねられたとしても

▼ 好きであり~ (26, 0.2%)

1 [26件] あたかも呼吸, おそらく家, こ, この音, これは, したがって日本, そしてその, そして憂欝そう, その偏向, それ故に, どちらも, ながらそれ, ながら毅然, ながら演奏会, ながら胸襟, レストーランへ, 事々に, 人間は, 又必要, 可愛くあれ, 支那を, 故に又, 敬意を, 水も, 淋しがり, 趣味の

▼ 好き自由~ (26, 0.2%)

3 に出来ます 2 にし, に切っ

1 [19件] なこと, な事, な人物, な日, な模様, にいい, にかかります, にさせ, にじゃらす, につかへる, になつたん, になる, にブラマンジ, に召, に孵化, に弛められます, に抱こ, に料理, に話したかった

▼ 好き~ (22, 0.2%)

1 [22件] おも, して, するの, ぢ御, よろこばす次第, 別として, 呼び集めます, 守るという, 幸いに, 手玉に, 承けて, 知って, 知り拔, 立てての, 笑いながら, 苦に, 見抜いて, 覗得, 語るもの, 通り越して, 選んで, 露骨に

▼ 好き好き~ (21, 0.2%)

3 である

1 [18件] かな, だ, だが, であるから, でどちら, で誰, で論外, なの, な刺身, な話, にやった, に随つて二つ, のこと, のもの, の作者, の役, の衣, よ

▼ 好きだって~ (19, 0.2%)

4 ことは

1 [15件] いうだ, いろんな人, おやそう, ことぐらいは, ことどうか, ことよく, ねごとう, まっ昼間, んだ, 人が, 気持を, 蕃椒では, 言え好き, 言って, 話だ

▼ 好きでございます~ (19, 0.2%)

32 よ, わ

1 [12件] か, から, からやっぱり, から徳田屋, から毎日, がこの, そういうお方, つて, な, わという人, わ犬, 嫌いな

▼ 好きにも~ (19, 0.2%)

2 好きにも, 遂ひ

1 [15件] いろいろの, しろお, なるだらうぢ, なれずさ, なれないと, なれるもの, よること, わざわざそれ, ガソリンの, 入つて, 呆れるぜ, 困るよ, 大原の, 色々と, 顔も

▼ 好きでし~ (15, 0.1%)

5 てね 3 ている 21 てねむかし, て下手, て大学, て試験, まひには

▼ 好きとは~ (15, 0.1%)

1 [15件] いえないけれど, いえまだ, いえ酒, お珍しい, たのもしい事, なにさま変わっ, 云われまいかと, 何です, 別であり, 別物だ, 思はず, 行かず男の子, 見えなかった, 言えませんけれど, 言って

▼ 好きといふ~ (14, 0.1%)

3 ので 2 わけで 1 ことは, のは, わけでも, わけには, 始末に, 次第である, 殿樣でした, 肌合の, 調子で

▼ 好きなる~ (14, 0.1%)

2 に在り, ものは 1 お, お訪ね, に私, に驚いた, わが夫, 事に, 事百日紅の, 人は, 余自身は, 男なれ

▼ 好き~ (14, 0.1%)

2 のお

1 [12件] か, だから, で, であったに, でその, でのう, と醜き, の勘兵衞, の狩屋三郎, の目賀野千吉, の間, は会主

▼ 好きこそ~ (13, 0.1%)

10 物の 3 ものの

▼ 好きさうな~ (13, 0.1%)

1 [13件] その実は, ものだ, ものである, ものを, 友染か, 女ぢ, 技巧である, 画を, 老人だつた, 話ぢや, 長台辞を, 食物を, 鯛の

▼ 好きとか~ (13, 0.1%)

3 嫌いとかいう 1 きらいとかを, ころがり込むところ, 云うならそれ, 何, 分るとかいう, 夜の, 嫌いと, 嫌いとか, 嫌ひとか, 潔癖とか

▼ 好き~ (12, 0.1%)

2 うな 1 う云, が, が大きい, こそと思われ, このきらい, と私, なら同じ, にたよっ, やわっ, 佳い匂

▼ 好きでなかった~ (12, 0.1%)

1 [12件] からこの, からその, から学問, から飲み残し, がその, が兄, のが, のであります, ので今官, はずだ, 道で, 金五郎は

▼ 好き~ (12, 0.1%)

1 [12件] お父さんも, きつと, まだお, ッ, 一番お, 凧あげ, 大好きだ, 好きだ, 本当にすき, 水の, 肩が, 買つ

▼ 好きであっ~ (11, 0.1%)

1 [11件] てくれた, てこれ, てごろうじろ, てむしろ, てもあの, てもし, て呉服部, て彼, て彼女, て本当, て永い

▼ 好きでなけれ~ (11, 0.1%)

1 [11件] ばとても, ばならぬ, ばなりません, ばやっ, ばやれる, ば夜十時前後, ば私, ば結婚, ば身上, ば面倒くさく, ば面白く

▼ 好きなれ~ (10, 0.1%)

2 ば回転 1 どこの, ばこそなった, ばこそ家, ばこそ目, ば人夫賃, ば勝手, ば姉樣, ば少し

▼ 好きでなく~ (9, 0.1%)

1 ちゃ出来ない, てはそれほど, てはならぬ, ては結局われわれ, とも好き, とも嫁ぐ, とも新茶, 余り度々も, 有が

▼ 好きらしく~ (9, 0.1%)

1 いろんなこと, それまで, 余りに気前, 和漢の, 彼女は, 時々寺銭, 最前から, 親し気, 長々と

▼ 好きから~ (8, 0.1%)

1 この喧嘩屋, この界隈, 丈でも, 冗談半分に, 士族の, 始めた仕事, 嫌いへ, 武家や

▼ 好き嫌い~ (8, 0.1%)

1 が實, なしに, なところ, の気持ち, は大いに, をした, を云々, 選択が

▼ 好きこと~ (7, 0.1%)

2 如何なる賞め言葉 1 はなかるべきなり, よその, を聞き得たり, を養竹, 多からん

▼ 好きだけに~ (7, 0.1%)

1 それを, とてものんびりし, 何よりも, 喜んで, 大して苦, 母親の, 毛布を

▼ 好きでしょう~ (7, 0.1%)

2 か, ね, よ 1 がない

▼ 好き~ (7, 0.1%)

2 好きも 1 好が, 好きが, 好きでなく, 好きにも, 好きを

▼ 好き合っ~ (7, 0.1%)

3 ている 1 ていた, てねだから, て一緒, て非常

▼ 好き~ (7, 0.1%)

1 であり日々, なり媼たち, なれど, に來, の朝舟, は日, をことほぐ

▼ 好きでありまし~ (6, 0.1%)

2 て海 1 て, てただ, て百本, て近藤

▼ 好きでありません~ (6, 0.1%)

21 か, からたいてい, 何だかあきる, 変に

▼ 好きでございました~ (6, 0.1%)

1 から何, が不幸, けれどもほか, ただ浦島, わたくしの, 親譲りの

▼ 好きで堪らない~ (6, 0.1%)

1 がこの, というよう, とは何, んです, 人が, 文学の

▼ 好きとも~ (6, 0.1%)

1 べっしてお前, 云える, 好きとも, 嫌いとも, 嫌とも, 嫌ひとも

▼ 好きなり~ (6, 0.1%)

4 御意は 1 と説け, 空腹でも

▼ 好きほどに~ (6, 0.1%)

2 加えて 1 吹くべしいざ, 待遇わしめ, 混ぜて, 酒杯を

▼ 好き放題~ (6, 0.1%)

2 なこと 1 にさせ, に日, に流れ, をし

▼ 好きかという~ (5, 0.0%)

1 ことで, ことを, 問いを, 探偵小説に対する, 故好き

▼ 好きかも~ (5, 0.0%)

1 しれないわ, わからない, 知れない, 知れないの, 知れぬ

▼ 好きだっ~ (5, 0.0%)

1 か, たりそれで, たり威張る, たり機関車, と言っ

▼ 好きだったら~ (5, 0.0%)

1 それも, たとい相手, 一匹分け, 悪いこと, 結婚する

▼ 好きだったらしい~ (5, 0.0%)

1 すいせんを, と想像, な, のだ, 人が

▼ 好きでなかつた~ (5, 0.0%)

1 からこの, が津村, それは, ので代, 鹿

▼ 好きでならない~ (5, 0.0%)

1 が彼家, の, ものは, 女性な, 恋びとと

▼ 好きでやっ~ (5, 0.0%)

5 ている

▼ 好きにて~ (5, 0.0%)

1 中, 何卒いつ, 姉樣たちの, 少しも, 旅客中最多回數を

▼ 好き~ (5, 0.0%)

1 ありとも, で互, で立留つて, に座, に据ゑられたるなり

▼ 好き獲物~ (5, 0.0%)

1 とや, はなき, よと思ひしか, よと急ぎ, を進せん

▼ 好き~ (5, 0.0%)

3 も好き 1 は結構, 多しアカイア

▼ 好きかなどと~ (4, 0.0%)

1 きいた, ねぎらって, 尋ねたり, 月江も

▼ 好きからに~ (4, 0.0%)

2 筆を 1 弄んで, 文筆を

▼ 好きじゃと~ (4, 0.0%)

1 いわれた刹那, すると, 申して, 見込みまして

▼ 好きだつ~ (4, 0.0%)

1 たりし, たりした, たり小説, ちげな

▼ 好きだの~ (4, 0.0%)

1 なぜ好き, 嫌いだ, 私の, 蜂の

▼ 好きだろう~ (4, 0.0%)

1 かきらい, かそれ, と思っ, ぼくの

▼ 好きでございまし~ (4, 0.0%)

1 てね, て東洋独特, て殊に, て身代

▼ 好き~ (4, 0.0%)

1 ではあり, というべきだ, なり, はあらじ

▼ 好き合つて~ (4, 0.0%)

1 ゐたらいい, ゐたん, ゐるの, 居るやう

▼ 好き~ (4, 0.0%)

1 といたし, とて直ぐ, なり, に出でな

▼ 好きあっ~ (3, 0.0%)

1 ていました, ており, て一緒

▼ 好ききらひ~ (3, 0.0%)

1 にもつ, をみんな, 贔屓不

▼ 好きこの~ (3, 0.0%)

1 んで, んでした, んでの

▼ 好きじゃあ~ (3, 0.0%)

2 ない 1 ないの

▼ 好きだらう~ (3, 0.0%)

21 と考へ

▼ 好きでいらっしゃいます~ (3, 0.0%)

1 か, の, 事

▼ 好きでいらっしゃる~ (3, 0.0%)

1 がわたくし, しわけて, そうです

▼ 好きでいらつ~ (3, 0.0%)

3 しやいます

▼ 好きでたまらぬ~ (3, 0.0%)

2 歌に 1 というよう

▼ 好きでなかったら~ (3, 0.0%)

1 あんなこと, けっして来やしません, ここまで

▼ 好きで堪らぬ~ (3, 0.0%)

1 作家と, 感想家と, 癖に

▼ 好きといった~ (3, 0.0%)

2 ところで 1 方が

▼ 好き~ (3, 0.0%)

1 あなたあれ昔の, あなたは, 遊びにでも

▼ 好きやった~ (3, 0.0%)

1 か知れ, もんで, 着物の

▼ 好きやら~ (3, 0.0%)

2 嫌ひ 1 髪飾り帯下じゅばんの

▼ 好き~ (3, 0.0%)

1 であります, であるが, と思ひ

▼ 好き合った~ (3, 0.0%)

1 からには遠慮, から家, 相手の

▼ 好き~ (3, 0.0%)

1 あるべくも, の下流, を撰びしなるべし

▼ 好き意味~ (3, 0.0%)

1 での豊か, に解釈, の文字

▼ 好き~ (3, 0.0%)

2 御参 1 である許都

▼ 好き機会~ (3, 0.0%)

1 とや思い, と思いました, にもなる

▼ 好き正月~ (3, 0.0%)

2 をさせる 1 なり

▼ 好き~ (3, 0.0%)

1 であって, であり穏やか, になつ

▼ 好き程に~ (3, 0.0%)

1 せよ, 肥えて, 裂きては

▼ 好き~ (3, 0.0%)

1 ありとも, なきに, に來給

▼ 好き衣着たる~ (3, 0.0%)

2 はあらず 1 は誰

▼ 好き~ (2, 0.0%)

1 嫌ひ, 返事お

▼ 好きかた~ (2, 0.0%)

1 は芸術至上主義, を択

▼ 好ききらい~ (2, 0.0%)

1 があっ, の感情

▼ 好きそれ~ (2, 0.0%)

1 に年齢, に非常

▼ 好きって~ (2, 0.0%)

1 いいじゃ, 妾が

▼ 好きつて~ (2, 0.0%)

1 つまり嫌, どういふ風

▼ 好き~ (2, 0.0%)

1 小器用に, 通ふ

▼ 好きであったらしく~ (2, 0.0%)

1 機会ある, 私が

▼ 好きであられた~ (2, 0.0%)

2 計りでなく

▼ 好きであれ~ (2, 0.0%)

1 ばある, ばいい

▼ 好きでたまらねえ~ (2, 0.0%)

1 と見え, 女の

▼ 好きでたまらん~ (2, 0.0%)

1 ていう相手, というよう

▼ 好きでつくる~ (2, 0.0%)

1 というの, 以上の

▼ 好きでな~ (2, 0.0%)

1 さそうです, ア斯漢愚漢と

▼ 好きでないらしい~ (2, 0.0%)

1 ところから, わ

▼ 好きでないらしかった~ (2, 0.0%)

2 が都市全体

▼ 好きでなけりゃ~ (2, 0.0%)

1 あ己, 嫌いという

▼ 好きでやし~ (2, 0.0%)

1 てな, て中でも

▼ 好きでやった~ (2, 0.0%)

1 と云っ, わけで

▼ 好きでやる~ (2, 0.0%)

1 のでなく, 例の

▼ 好きでやるなら~ (2, 0.0%)

1 女の, 青年が

▼ 好きでゐ~ (2, 0.0%)

1 てそれで, らせられる

▼ 好きで始めた~ (2, 0.0%)

1 仕事を, 水商売で

▼ 好きで無い~ (2, 0.0%)

1 のになぜ, 事は

▼ 好きどす~ (2, 0.0%)

1 か, さかい今

▼ 好きなある~ (2, 0.0%)

1 婦人からは, 男が

▼ 好きない~ (2, 0.0%)

1 づみちゃアーンシッカリー, 物です

▼ 好きなら連れ~ (2, 0.0%)

2 て行く

▼ 好きのみにて~ (2, 0.0%)

2 汝が

▼ 好きばかり~ (2, 0.0%)

1 でなく世情, むしろ遊戯

▼ 好きほど~ (2, 0.0%)

1 かけて, 加えて

▼ 好きやったら~ (2, 0.0%)

1 もうとうに, 好きと

▼ 好きよう~ (2, 0.0%)

1 に取り計らえ, に致したら

▼ 好きらし~ (2, 0.0%)

2 かつた

▼ 好きらしいです~ (2, 0.0%)

1 な, よ

▼ 好き~ (2, 0.0%)

1 なって, なつちやつた

▼ 好き上手~ (2, 0.0%)

1 であったから, であるので

▼ 好き~ (2, 0.0%)

1 を得ざる, を得せしめ

▼ 好き半身~ (2, 0.0%)

2

▼ 好き友達~ (2, 0.0%)

1 だつた, の家

▼ 好き~ (2, 0.0%)

1 あらば, も達者

▼ 好き~ (2, 0.0%)

1 も御座候, を思ひ付かざれ

▼ 好き名流好き~ (2, 0.0%)

2 で淀君

▼ 好き吾夫腕~ (2, 0.0%)

1 は源太親方, は源太親方さ

▼ 好き~ (2, 0.0%)

1 とを尋ね, を貴んだ

▼ 好き好ん~ (2, 0.0%)

1 でなった, で致した

▼ 好き嫌ひと~ (2, 0.0%)

1 いつたやう, いふこと

▼ 好き~ (2, 0.0%)

1 と顏好き女, 見れば

▼ 好き座席~ (2, 0.0%)

1 と臥床, を得し

▼ 好き~ (2, 0.0%)

2 が何

▼ 好き~ (2, 0.0%)

1 だった, なるべし

▼ 好き~ (2, 0.0%)

1 が好き, なるかな

▼ 好き林檎~ (2, 0.0%)

2 の樹

▼ 好き機會~ (2, 0.0%)

1 なるべき自ら博奕, を得

▼ 好き次第~ (2, 0.0%)

1 だつて言ふし, にさつ

▼ 好き~ (2, 0.0%)

1 を見付けつ, 得つと

▼ 好き義太夫~ (2, 0.0%)

2 と接木

▼ 好き資料~ (2, 0.0%)

1 だ, となした

▼ 好き距離~ (2, 0.0%)

1 とも言つて, を見つける

▼1* [442件]

好きつてゐた, 好きあった仲でも, 好きあにびとよ, 好きあれが好き, 好きあんただちも, 好きいうことは, 好きいつも赤い顔, 好きいわばぜいたく者であっ, 好きおまけに角力, 好きおれは猫気, 好きお前なしで, 好きかってにいかれる, 好きかってねそう言っ, 好きかといふことを, 好きかは分らないが, 好きからの旦那芸で, 好きかを好きか, 好きがられてゐた, 好きがられる何んとも, 好きぐらいねえ, 好きぐらいに心を, 好きこっちの方, 好きこと想像の能, 好きこれがきらい, 好きさうな重詰ものといけ, 好きさうに見えるの, 好きさそいつが一番, 好きさどこの家, 好きさまざまの良い, 好きさ傾倒を感じ, 好きさ菊之丞の女, 好きしかし大阪の, 好きじゃという話だ, 好きすなわち子を, 好きそしてポマードが, 好きその他には一ヶ月, 好きそめぬわが二十五, 好きそれから後に, 好きそれで延寿の, 好きやらかせと, 好きぞやこの頃, 好きたまふらむ, 好きための由, 好きたる馬琴である, 好きだあれ作者は, 好きだいづれまた機縁, 好きだい誰も叱らない, 好きだから好き, 好きださうで大きに有難う, 好きださうですがどう, 好きだったらしいですね, 好きだったらしくこんな笑い話, 好きだった印しばかりだ, 好きだつたさうぢや, 好きだつたらうと思はれる, 好きだつたら騙されたつていい, 好きだに沢山食べろ, 好きだのと口に, 好きだれどとても, 好きだ死ぬほど好き, 好きだ死んでしまえ, 好きだ煮ても焼い, 好きぢやつたため, 好きであったらなんだ, 好きであったらしい灰色の, 好きであったろうと思います, 好きであらせられるために, 好きでありましたがこういう, 好きであり得るという現実, 好きであり愛してゐた, 好きであるなら深く吟味, 好きであるらしいことは, 好きであるらしく吹聴したかつた, 好きであろうがものそのもの, 好きでいじってみ, 好きでいらしたじゃありません, 好きでいらせられると兼, 好きでいらっしゃいましてお, 好きでいらっしゃいましたの, 好きでいらっしゃって, 好きでおりおり戸外へ, 好きでかついでいる, 好きでかよった寄席は, 好きでがすよ, 好きできどってる人間が, 好きでげす全体道楽者で, 好きでござったよ, 好きでござるがいただく, 好きでしないではおられない, 好きでしょあたしが, 好きでそろりそろりと重病人, 好きでたまりません米友さん後生だ, 好きでつくり上げられている, 好きでなきゃ出来ないさはっ, 好きでなくってよ, 好きでなくなったからと言っ, 好きでなけりゃ出来る仕事け, 好きでなった稼業の, 好きでならなかったおん身を, 好きでならなくなったと同時に, 好きでならぬがさりとて, 好きでなるのでしょう, 好きでねえことだけ, 好きでねえ踏まれても蹴られ, 好きでのんべい, 好きではござりますがでも, 好きでやってるのです, 好きでやっとるわけじゃ, 好きでやめられないなら仕方ない, 好きでやらずにゐられなくなる, 好きでやりますが当て, 好きで下らぬことに, 好きで住んでるんです, 好きで入ったんだろう, 好きで兼ねて詩吟, 好きで出ていた, 好きで出かけたので学問, 好きで出た角力共々, 好きで出てる訳ぢや, 好きで出られてたまる, 好きで切り抜いて置い, 好きで利かぬ気の, 好きで吹き慣らしたという, 好きで困ってしまいます, 好きで困り者だった, 好きで寝る間も, 好きで居るもんです, 好きで得るところが, 好きで御座いますからね, 好きで忘れられないなら私が, 好きで愛されることの, 好きで手慣れていた, 好きで抱き擁え, 好きで来られる場所では, 好きで染めたもので, 好きで汚したことだ, 好きで泣かせている, 好きで溜らぬものらしい, 好きで溜らぬらしかつた, 好きで溜りませんので, 好きで為るわいなし, 好きで着た不斷着, 好きで着るちよい, 好きで知られないように, 好きで見にい, 好きで見つけたら鼻の, 好きで見つけられては母, 好きで覚えた新内の, 好きで言うんじゃ, 好きで訪ねて来る, 好きで語って来た, 好きで読む歌書なぞを, 好きで貰っておい, 好きで貰った女房を, 好きで這入った研究な, 好きで連れ添ふ, 好きで酔うと客, 好きで降つても, 好きで頼まれればいや, 好きで飲みだすと帰り, 好きといふだけのことで, 好きとおいでなさる, 好きとおし結婚するなら, 好きとからで小太郎, 好きときてたもんで, 好きところに炉, 好きとしておかなければ, 好きとしての私が, 好きとだけ考えられなかった, 好きとてそこばくの, 好きとにかかわらず見逃しては, 好きとの區別が, 好きとを対立させ, 好きと迄云い切れる人, 好きどうぞごゆるり, 好きどこの座, 好きどころかあべこべに, 好きなあそび場は, 好きなおまへさんのこつた, 好きなぞになったかという, 好きなっていました, 好きなどろぼうが, 好きなにかと上物好き, 好きなやりたいことを, 好きならもらうがいい, 好きならやってみ, 好きなら上げても好ご, 好きなら働く容子で, 好きなら持たせてあげよ, 好きなら来たいだけ幾度, 好きなら死んだらここへ, 好きなら考へなければなるまい, 好きなら見せましょうか, 好きなら読んで見, 好きなりしゆえ余分に, 好きなんて言って, 好きな受持ちの先生, 好きな古びた町で, 好きにとっては誠に喜ばしい, 好きになんぞされないよう, 好きぬいた思い人を, 好きねえそれじゃ, 好きはめつたにあるまい, 好きほどにて引き別, 好きへん, 好きませんが一層, 好きみたいなこと, 好きものなれど畳, 好きやうに言譌, 好きやう牽強したなどは, 好きやぐらいかあんさんの, 好きやのん, 好きやんこれ一人や, 好きゆえ新介, 好きよい物好きなにか, 好きよとはえそろつた, 好きよりは珍らし, 好きらしいにやけたところの, 好きらしい暮し方を, 好きらしかったことも, 好きらしゅう聞くから, 好きアボットは作家, 好きキライをハッキリ, 好きコスタンツァに汝, 好きコンビでした, 好きスポーツ好き様々では, 好きての, 好きビフテキも栄養, 好きブルック先生もいっしょ, 好きボロ株が, 好きマアーうれしい, 好きマダム振りを発揮, 好きママよりもズーッ, 好きラッキイ・ストライクでなくっちゃ, 好き一家族を隣人, 好き一時の慰み, 好き下地は好き, 好き且つ上手です, 好き主人は世に, 好き人形好きそれから後, 好き人物なり, 好き人見小六などはネチネチ執拗, 好き人間は人間, 好きの像, 好き住家と見え候, 好き何樣しても, 好き保養なるべし, 好きをもて, 好きを得, 好き元旦なるべし, 好き八時間以上十二時間は寝る, 好き制度と言わざるべからず, 好き刺激と霊感, 好き前例をこ, 好き勇名だ, 好き動物に目と心, 好き医師を聞得, 好き半分扉のすき, 好き口実を得, 好き合いながらも永久, 好き合う力が, 好き合ったならそれだけの, 好き合ってる仲だ, 好き同士は匂ひで, 好き名誉を得る, 好き向島堤の続き, 好きを用い, 好き嗜むという言葉, 好き土地なりしかどこの, 好き地位を得, 好き地蔵だろうという, 好き場所に蹲踞, 好き塩魚を見る, 好きは春雨, 好きを打っ, 好きを十分, 好き天気かな, 好き夫婦の互に, 好き女房ありて, 好き好き趣味の問題, 好きを得し, 好き姿とは, 好きは強壮, 好きをとて心当り, 好き嫌いあるべきも香油質, 好き嫌いしなくても好い, 好き嫌ひと云ふ事, 好き嫌ひもおありだらう, 好きなりといふ, 好き子供を産ましむべきである, 好き有難しと, 好き宴会好きの成金, 好き容量は未だ, 好きだ, 好き対象となした, 好き對象なり, 好き小野の旦那, 好きの乙女達, 好きしたる, 好き幃帳内に妾, 好き年紀にて殊に, 好きひに, 好きを現す, 好き得心を与へる, 好き心地せず, 好き思案が浮ばない, 好き性的研究などにも興味, 好き恰好かな, 好きひが, 好き意外好み新しい, 好きに, 好き手伝人を得, 好き手本を示す, 好き手際なりとて妙, 好き才略好きで自分, 好き折あれと祈る, 好き折かしこに尋ねゆき, 好き折角お目鑑, 好き撃剣が好き, 好き政治家としての記録保持者, 好き出来るだけ, 好き教訓にし, 好き文学好きの少年, 好き方人を失ひぬれ, 好き日曜日なり, 好き日本語をつかう, 好き映画好きスポーツ好き様々では, 好きの, 好き智慧を出しぬ, 好き更に精力絶倫で, 好き書籍好きの主人, 好き材料を與へき, 好きであつ, 好き棲居なり, 好き構造有り, 好き様々では, 好き様子とて四隣, 好き樣子とて四隣, 好きもがなあれ, 好き檀越に一度, 好きありて, 好き次第に入れて, 好き此一曲は清く軟か, 好き比例じゃと述べた, 好き気味なりと竊, 好き水泳が好き, 好き遣の, 好き温泉浴を何, 好き滋味のおもしろ, 好きなり, 好き濫費好きの夏, 好き無名のたたかい, 好き煖さを一間, 好きを敷き, 好き物事はたった, 好きなり, 好き率直無造作なぞいう, 好き珍しいもの好きで, 好き田楽狂の執権, 好き申して助けました, 好きにて一議, 好きが好き, 好きに堰き留め, 好き発明好きの性分, 好きで見た, 好き睡眠と善き, 好き知識はなき, 好き磊落であったが, 好き祖母になつて, 好き程の所に, 好き稟賦あり, 好きへには非, 好き篆刻は固, 好き紳士なれど, 好きなるに, 好き美しき手なら, 好き習慣である, 好き者仲間それがゆうべ, 好き者共を尻目, 好きも近代ジヤズ, 好きなりと稱, 好き聽衆とすべきならぬ, 好きを得, 好き舞台好き更に精力絶倫, 好き良人でもあった, 好き芝居好きの, 好きや葉, 好き芸ごとが好き, 好き芸好きだつたか, 好き芸術を心, 好きの教え, 好きを見, 好き葡萄酒一瓶あれば, 好き處女子は年毎, 好き融通利かずの, 好き衣恁る住居, 好き衣着たるが, 好きをも借し, 好き装束した女, 好き見ものなるべしと, 好き計略あり及ばぬまでも, 好き註脚は此市, 好き証拠なれど, 好き説明を爲, 好き読者である, 好きにでも愛想, 好きひ好き, 好き賠償を收むるを, 好き品随って, 好き趣向なりと却, 好き趣味の問題, 好き足駄穿いて, 好き身形に適, 好き身裝も相, 好きと褒めた, 好き近頃手に入れた, 好き返事をと促す, 好きと思い伴い, 好き遊ばした弁天様の, 好き遊びどころにし, 好き遊宴好き田楽狂の執権, 好き運命に逢, 好き運転が行われる, 好き過ぎるが京都, 好き道しるべと兵馬, 好き道化師あり大, 好き道樂をし, 好き酒好き落魄て相談相手, 好き酒飲みだから, 好きを撰, 好き赤きこと熟, 好き風俗は堪難し, 好き風情あり, 好き食い抜彪なる, 好き食うから名づけたる, 好き食物を与えず, 好き餌物と認めた, 好きを取った, 好き首尾の有らん, 好き騒ぎも好き, 好き麦粒が満ちいる, 好き麹町ですか