青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「大~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

夜中~ 夜具~ 夜半~ 夜明け~ ~夢 夢~ ~夢中 夢中~ 夢想~ ~大
大~
大いなる~ ~大いに 大いに~ ~大き 大き~ ~大きい 大きい~ ~大きく 大きく~ 大きな~

「大~」 9399, 97ppm, 1132位

▼ 大なる~ (2431, 25.9%)

33 ものは 26 影響を 22 ものである 15 ものが 13 ものと, 価値を 12 勢力を 10 ものを 9 ことは, はなし, もので 8 ことを, ものあり, ものなり, 相違が, 貢献を 7 はたらきを, 希望を, 損害を, 資本を 6 利潤を, 力を, 生命, 興味を 5 変化を, 岩の, 者と, 誤りである, 誤謬である, 購買力を

4 [21件] ことも, はない, ものある, ものだ, 価値が, 便宜を, 力である, 努力を, 危険が, 原因を, 土地資源を, 場所を, 差が, 期待を, 比率の, 異端が, 疑問である, 程度の, 者は, 部分を, 間違である

3 [40件] かな, に, に驚く, もの, ものあら, ものとを, ものなれ, を知る, 事業を, 人口を, 休息を, 価格を, 便益を, 分量が, 分量の, 利益が, 刺戟を, 岩あり, 差違が, 幸福を, 廣こう, 弧を, 意味を, 樂を, 権威を, 樹の, 理想は, 疑問を, 石の, 石を, 福を, 程度に, 花を, 謙遜の, 謬見である, 費用を, 資本が, 進歩を, 部分の, 関係が

2 [196件] かな心, がゆえに, が故に, ことしるべし, ことに, ことよ, とき需要せられる, に於, に比し, ばかりでなく, ほどいい, ものだった, ものであった, ものであり, ものであります, ものに, ものにて, ものの, もの也, を, をいふ, を喜ん, を悵恨, を感ずる, を知るべし, を見る, を見るなり, フランスの, プラスの, 不可も, 不幸である, 不幸です, 不幸に, 不満足, 世界に, 世界の, 主張なかりし, 交換価値を, 人口に対する, 人格は, 人生を, 代価を, 例である, 供給を, 価値と, 価値の, 信仰の, 信念を以て, 催進を, 共力と, 円き影, 出生率を, 分け前を, 分量である, 分量を, 利益を, 制限を, 力と, 力は, 功績を, 危険に, 危険を, 原因で, 原因である, 原因の, 可し, 司教の, 同感は, 哉, 商品に, 喜びの, 困難が, 困難に, 困難を, 囲炉裡の, 地代を, 地位を, 場合には, 変動を, 変化が, 大なる, 威力を, 寄与を, 差異が, 差異は, 市民なり, 希望の, 常識を, 幸福であった, 幸福へ, 彫刻家に, 御手, 心得違なり, 恐怖の, 意味において, 愛の, 愛は, 愛を, 感動を, 感化を, 感謝を, 慈悲を, 慧眼を, 成功あり, 成熟した, 手腕を, 損亡を, 損失あり, 損失である, 敬意とを以て, 敬意を, 最も深い, 期待を以て, 林の, 森林の, 楓の, 欠点である, 欠点を, 欠陥が, 歌集と, 歎き, 比例が, 比例の, 池の, 決心を, 沼は, 満足, 溝渠あり, 瀑布の, 災厄を, 炬火廿ばかり, 牢獄から, 牢獄である, 獲物を, 現実として, 理想に, 理想を, 環に, 生命の, 生産物の, 用役または, 疑問が, 疑問と, 相違あり, 相違ある, 矛盾を, 社会の, 秘密を, 程度において, 穴を, 空間を, 組織に, 結果が, 罪は, 罪を, 罪悪を, 義務を, 者なり, 者を, 自信を, 自然の, 船の, 芸術ぞ, 苦痛とも, 苦痛に, 蜘蛛の, 裨益を, 要素を, 誤りでは, 誤謬なり, 誤謬は, 誤謬を, 謬見なり, 貢獻を, 資産を, 贈物を, 足跡を, 身は, 迷惑を, 逕庭が, 過ちは, 過ちを, 過誤である, 部分二つあり, 量の, 門を, 間違いならずや, 間違で, 関係を, 限界を, 需要を, 鞭を, 首領たるを, 魚が, 魚の, 鯉が

1 [1542件 抜粋] お祭り, かなといわね, かな水, かを示しました, か小, が為, ことが, ことの, ことアルゼンチンに, こと勿論, こと感じた, こと毎日午時二時間は, こと譬えようも, すなわち運動, たくみなく, ために, ため統制を, ときは, とも人間, と同じく, にこの, によりて天火, に原因, に從つて光, に歩み, に自ら, に鑑み, に驚き, の国必, はこ, は之, は云う, は全国, は天下萬, は幾十, は日光, は最近, は無, は目, は誰, は阿波国, は非, ほうへと, むりのあることはわかるのでそこから, もっとも卑劣, ものこそ, ものでなけれ, ものなし, ものについて, もののみ, ものみなローマ宗に, ものよりも, もの二十個あまり風呂敷に, もの小なる, もの明白なる, も内容, も既に, やと問う, ゆえんで, わりに, をまてり, を冠, を幣毘, を感じない, を憂へず, を示し給え, を要す, を言える, を謝, カーブを, ギヤツプを, センセエションを, フランス, プロパガンダに, リアリスト作家でなかった, 一星は, 一種を, 一般死亡率を, 不仕合, 不完全不, 不平を, 不幸なり, 不幸を, 不満であった, 不祥の, 不義なり, 不都合だった, 世界によって, 中世以来の, 主題を, 事が, 事件は, 事変大なる, 事實をば, 井の, 人乃至, 人情の, 人格化なる, 人物という, 人物は, 人間の, 仕事, 代りに, 位置を, 作者も, 使命を, 価格で, 便利なり, 信仰と, 信用を, 偏見と, 傷を, 僧徒の, 優越感を, 光は, 光景で, 光栄を, 全を, 公衆を, 円を, 冠が, 凹の, 出費は, 分量であり, 分量もより大なる, 別離と, 利潤の, 利益あり, 利益です, 剣を, 創作は, 力ありし, 力に, 力の, 功を, 功名なりし, 功徳を, 功績の, 努力に, 労働量を, 労苦については, 勇気が, 勇気強き力ある, 動力が, 動機は, 勢力と, 十字架の, 危害が, 危機を, 危険をも, 原因では, 原野あり, 反感は, 収獲, 口の, 古沼, 可能性を, 合戦に, 呪詛切歯憎悪自暴自棄の, 哲人は, 商品が, 商売を, 問題注意人物の, 喜びで, 喜悦を, 噴井ある, 困苦を, 困難の, 図書館と, 国民的美術的建築物を, 國粹保存者である, 圓卓には, 土地地代の, 地の, 坩堝に, 基金を, 塔を, 墓碑を, 増加力を, 声に, 変動が, 変化であった, 変化よ, 外力に対しても, 夜泊の, 天則が, 天然の, 失りなり, 失望を, 奉公の, 女の, 妨げにて, 威力と, 子葉から, 孝の, 学理を, 宇宙と, 宝鹿の, 実現にまで, 害悪である, 家あり, 家族である, 容器に, 富者と, 寺あり, 封などは, 屋敷も, 山毛欅の, 岸層斜下し, 崇敬の, 巌の, 差あり, 差を, 差異である, 市街戦たる, 希望が, 希願を, 帽子を, 幸で, 幸福とも, 幹潮流に, 庭園は, 廳を, 建造物の, 引力場に, 形に, 影響は, 径庭あり, 御廚子, 心を, 心得違いなり, 心得違に, 怒りを, 急所を, 恐怖でありました, 恥である, 恥辱と, 恩情に対して, 息吹きの, 悦喜であります, 悪臭が, 悲劇である, 悲哀と, 悲惨, 悲痛の, 情熱に, 意思が, 愚者あらず, 感動の, 感激と, 慰安の, 慾は, 懐疑の, 懸隔を, 成果を, 戒心を以て, 戦争挑発者は, 所とを, 所得が, 手の, 手腕は, 打撃であった, 技と, 挽臼の, 描線の, 損失です, 損害は, 支持と, 改革の, 政治家以上に, 救いであった, 敗因が, 敬虔を以て, 數字だ, 新しい力, 旗竿を, 星を, 智慧の, 暗やみを, 暗闇を, 月光なり, 木の根は, 未来とを, 本来的源泉の, 松の, 林とを, 柱の, 根據が, 桟敷の, 棒を, 植福を, 樟木あり, 権威の, 橋ありけれ, 欠伸を, 欠点でありまし, 欠陥を, 欲望から, 歓喜と, 正負が, 歴史の, 死亡率が, 残余から, 殿様として, 比例と, 比例的収穫を, 比率が, 氣の, 氷河が, 汝である, 決心と, 波濤を, 注意を, 洞穴あり, 活眼なく, 浴室の, 混乱が, 温良さであっ, 満足は, 準備の, 潛勢力を, 瀑布ある, 火炉と, 災害を, 炎の, 無花果ポプラル葡萄石榴など, 煉瓦の, 熊此方を, 熱情の, 爆発を, 父その, 物が, 物体の, 特色であっ, 犬一匹出で, 猪苗代の, 獅子の, 現実は, 理想と, 理解を, 瓶ある, 生活資料の, 用をば, 男が, 男一人寝, 異動を, 疑問であろう, 病院で, 発見では, 発露でも, 發明では, 發達と, 白色魔の, 皿の, 目を, 目的では, 目的は, 相対的増加は, 盾を, 瞬間は, 矛盾だ, 知力と, 短所を, 石より, 石柱あり, 研究に, 破壊的な, 破綻を, 確信を以て, 社会的生存に, 神は, 神秘的光輝が, 禍いに, 禍に, 禍を, 福分を, 租税を, 程愈, 積極面として, 空想家であった, 窓, 竜古き, 筒袖の, 築山や, 精神力を, 精霊たちの, 紅葉の, 素袍の, 経綸が, 結果を, 統制主義の, 総所得, 缺陷である, 罪と, 罪悪なく, 美の, 美術的傑作品である, 群衆の, 羽状葉を, 者だ, 者に, 者功名心の, 肥沃度と, 肯定に, 脅威でなく, 自信の, 自己錯覚でなけれ, 自然は, 自由を, 興奮と, 船を, 花穂を, 苦しみが, 苦悶の, 苦痛だ, 苦痛なし, 英雄を, 荷車が, 菅笠に, 落度である, 著述を, 薄墨の, 虎の, 蛇の目を, 蝙蝠の, 蠑, 被害に, 襖を, 西洋煙管の, 要求だった, 覧台の, 言である, 計が, 証拠である, 詩人と, 誓を, 誘起力を, 誤りと, 誤解である, 誤謬であった, 誤謬に, 談理家即ち, 講堂を, 謬見を, 議會開設以後の, 變動を, 變革によ, 豁を, 財産と, 貨幣収入を, 責任を, 責任感の, 買占めを, 資本家との, 資源が, 購買力は, 超自然力, 距離が, 身体を, 通を, 進展力と, 遊楽なり, 運命の, 過失なりき, 過失は, 違いが, 遠因を, 遺言なく, 部分と, 部数とは, 醗酵の, 野望家にも, 量において, 鉄環が, 鋳造の, 長バルバリッチヤ, 間違いで, 間違いに, 間違ひである, 関係あり, 關係を, 附加的資本を, 障壁であるなら, 障碍を, 集団の, 雪峰チーセ, 霊は, 革蒲団の, 響に, 額に, 額面に, 食卓と, 食客, 驚異ぞ, 鬨を, 鱗片が, 鳥居立ち, 鹿の, 鼠出, 鼾を

▼ 大~ (1973, 21.0%)

151 して 27 しては 11 喜んで 10 怒って 8 これを 6 之を, 同情を, 趣を 5 意を, 異なつて, 違って

4 [12件] 世の, 其の内容, 其趣を, 力が, 得意に, 心を, 感心し, 注意す, 注意を, 論じて, 面目を, 驚いて

3 [28件] すれば, よし, 与って, 余を, 助かる, 助けて, 可なり, 吾人の, 失望し, 奮発し, 安心した, 怒る, 悦んで, 感動し, 感心した, 感服し, 憤慨し, 敗れて, 気焔を, 然ら, 異る, 目的の, 笑ふ, 過ぎて, 量見, 閉口した, 驚いた, 驚きて

2 [137件] ある, あるの, い, お邪魔, しこれ, した, しても, し以, すること, するばかり, その趣, それが, つくは, イヤ多少, 不可なり, 之れ, 乗気, 事えた, 人の, 人を, 他日の, 伊藤侯と, 似て, 便宜を, 健康を, 働いて, 入る, 入学した, 其の見地, 内閣の, 力ありし, 助かつ, 努力あら, 勇氣を, 勉強し, 參考と, 各人の, 合同し, 名を, 君と, 咎めありと, 変化し, 失ふの, 失望した, 失望する, 奮ふ, 奮へよと, 好い談, 威を, 嬉しがる, 将来に, 將來に, 尊んだ, 差が, 弱った, 役立つこと, 得る処, 得意がっ, 心配し, 怒つて, 急きて, 急に, 怪しいち, 恐縮し, 悟る所, 悦び我が, 愉快な, 感動された, 感動した, 感服した, 感激した, 懼れ, 成功した, 我を, 手を, 振う, 振ふ, 教育の, 施為する, 日本の, 暴風雨と, 楽みを, 残念に, 比べれば, 氣を, 決する処, 注意すべき, 注意する, 満足し, 異なって, 異なつた氣, 異なり, 異同ある, 疲れたるに, 癪に, 発展する, 發明する, 盛んに, 相違し, 相違する, 研究すべき, 祭を, 窘色あり, 笑って, 胸襟を, 興じた, 興らんと, 苦む所に, 荒廃し, 融和せ, 行はれた, 行ろうじゃ, 衰へ, 話が, 誤られたるもの, 読者を, 談じ, 論じ始めるの, 警告せ, 負傷し, 起つた事, 起りて, 趣きを, 迷惑する, 逆鱗の, 進歩し, 進歩派と, 過ぎるであろう, 違う, 遺憾なくむ, 酒を, 金の, 関係する, 閣下の, 非難すべき, 頓挫したる, 體大なれ

1 [1327件 抜粋] あがったこと, あらはれたるは, ありますよ, あると, いかりしが, いやであった, うごかせば, および時に, お喧, かく積り, くぼかりける, この業, さへ, したもの, しましょう, しよげた時, し事件, し小, し杯, し語, すべくまた, せよと, せられたる此, その, その功, その威厳, その理, その立派さ, それでもまだ, つとめたの, つれて, とぼけた話, なさんこと, なって, なりゆきて, なり得ること, なるといふ, なる一方, なろう, ばっくり, ひろが, ふるい居候, ほめたるが, まぜかえして, むきに, やり合つて, やろう, ゅうどうやその, よい碁, よろこばば, よろしい, わが心, ゐたのよ, ショゲて, パリスを, ベルグソンに, ラクに, 一同を, 下落した, 不平な, 不穏を, 世人の, 中に, 主要動は, 亂れ, 争って, 二百両の, 人心地も, 人気を, 人種平等論の, 仕ませうと, 仕立てた, 仲の, 伸びんと, 似たるは, 低く見下ろす, 体裁が, 便利で, 俗了し, 信用を, 修養すべし, 俳道に, 催眠術の, 働いたの, 僕に, 儒家に, 優楽不, 儲けて, 先生に, 入校しなかったなら, 其の信用, 其の税法, 其事情を, 其實質を, 其思想を, 其気, 其罪を, 其規模を, 再製し, 决する, 冷かして, 出でよと, 利すること, 利益を, 刺戟された, 力ある, 力を, 劣るが, 助かるん, 努力したい, 効用を, 動いたが, 動き初めるに, 動搖せざる, 勝手が, 化物思想の, 南碑を, 危険なる, 原書を, 参考に, 及ばざるごとくなるべし, 双葉山に, 反對, 反駁する, 句作しよう, 叮嚀に, 台所の, 右の, 同じから, 同情し, 君を, 吾儕が, 味うべき, 售れ, 喜ばれた, 喜び, 喜びて, 喜びやがて, 喜び早速, 喜ぶべきもの, 喜んだ, 喰料の, 四国人の, 困つたり, 困つて, 困却した, 困難し, 国体学講座を, 國力の, 城を, 基督教的信仰に, 増進し, 声を, 売れざりき故に, 変らん所, 変るところ, 大きいと, 大懺悔, 失敬しました, 奨励すべきであります, 奮闘した, 女兒教育, 好劇家面, 婆さんと, 嬉しかった, 学んで, 學ぶ可, 安堵あり, 安靜なり, 宜しいが, 宣伝を, 密に, 實も, 小さくなる, 尻込みの, 屈せねば, 山門に, 帝の, 干渉を, 平民社界を, 広がること, 店の, 弁じますが, 弛み復曉, 弱って, 張つたのには, 張る氣, 強くな, 当世流の, 当惑する, 彫りはじめた, 役に立つた脳, 彼れ, 待った, 後悔す, 得意が, 得意を, 御馳走を, 微を, 心付きました成, 心掛の, 心配する, 快しとの, 怒り, 怒りイーリスを, 怒り元来, 怒り双, 怒り將, 怒り黄金, 怒鳴りて, 思いあるいは, 急き込んで, 怪しんで, 怪み, 怯んだ, 恐れを, 恥しく思っ, 恥ずる処, 恨んで, 悔いて, 悟った言葉, 悟つたと, 悟りました, 悦びいかに, 悦び早速, 悦び雨, 悦ぶ政府, 悦んだ, 悲しいとか, 愆れる, 愉快と, 意味の, 意義あり, 意義を, 感じたりと, 感じ自分, 感嘆する, 感悟し, 感謝された, 感謝すべき, 愧る, 慎む可, 慟き, 慰められたの, 憂うべきこと出, 憂悶を, 懸隔した, 我が胸懐, 我耳は, 戒し, 戦ふ, 手持無沙汰なり, 折り畳んだ折目, 招かれて, 拡充される, 拡張され, 持上っ, 振ったもの, 振るつて, 推奬する, 描いて, 揚る, 損したること, 撫院の, 擽って, 改まりて, 改進黨を, 攻撃する, 政党革新の, 敗れ殺傷万余人, 敢て, 敬服し, 整ふ, 文士保護の, 文章の, 斯の, 旨に, 昂揚した, 明白だ, 易え, 暗かった, 書いて, 有るの, 有用の, 望むに, 期する所, 本領を, 柔かくなる, 栄えむ, 案じて, 楽と, 楽を, 歌ふべく, 歓迎され, 歓迎する, 此れ, 歩きよかっ, 殊に雪四時, 気に入った, 気に入つたらしく, 気分快, 氣に, 決するところ, 治績を, 注意し, 注目せね, 活動し, 活躍し, 流行したる, 流行を, 涼しかるべき, 渇望し, 減じ悲痛, 減った, 減禄したる, 満足の, 演劇奨励の, 漲つて左岸, 潰ゆ, 為す所, 焦燥った, 煽る, 燕兵を, 爺さんを, 物足りないところ, 狼狽した, 玄妙不思議がる, 珍重せらるる, 用いられて, 用ゐられた, 異しみ, 異なり申し候, 異なるあらむや, 異りたる, 當局者を, 疑いあり, 疑って, 疑懼の, 病んだ, 痩我慢を, 発展してやろう, 発達し, 發達した, 發達せる, 益する所, 相撞着, 相異なりたる, 省みなけりゃ不可, 瞋つて樹一本切り又, 知己を, 研究を, 破れ士卒矛, 社会を, 神に, 禅学に, 私の, 称賛せざる, 積極的だろう, 窮せり, 立腹した, 競争が, 笑う, 笑つて馬鹿めおどかした, 笑ふた, 笑われたこと, 答に, 簡に, 糸滿通と, 紊亂したる, 経済上に, 縮小し, 罵る, 羨む可, 考えたよ, 考へさせられた, 考へもの, 考究すべき, 肝胆相照らし, 胃痛にて, 胸を, 腕前を, 自ら卑下し, 自己の, 自然力の, 自由黨の, 至るまで, 興じて, 興り尊卑長幼の序, 興和に, 良くなった, 苛立つて, 苦しむ, 苦しめられた, 苦慮し, 荒廢し, 落胆した, 著る, 蘊蓄を, 行はれ, 行われたと, 衰う, 裨益あれ, 西洋文物の, 要意苦心, 見える, 見える地上, 見るに, 見直す事, 規律を, 親睦を, 言い立てて, 訓練を, 詰まらなが, 誇ても, 誇るに, 認めて, 語り合って, 説あり, 調和する, 談じられる, 諧謔の, 諸君の, 謝せざるべからざる, 警察の, 警戒しなけれ, 議論が, 變ぜ, 貢獻した, 賑わった, 賛成である, 賛成の, 賞美せられた, 賞頌し, 赫著せざる, 趣あるなり, 趣味を, 軍容を, 輕蔑する, 農業に, 近くまことに, 迷惑いたす, 迷惑致すだろう, 逢ひ, 進む, 進んで, 進行し, 遊ぶ者, 過ぎると, 道徳を, 違うて, 違うところ, 違つてゐ, 違ふところで, 遜色が, 遣て, 選を, 選挙干渉を, 邪魔を, 重きを, 金を, 錯つてゐる, 門生を, 閉口する, 開けた今, 開け人麿赤人, 降る, 限らぬ, 陳謝した, 難有, 震う, 震ふ, 青白いスクリーン, 面白いです, 面白かつ, 面目の, 革り, 鞭撻を, 頽廢し, 顧慮せね, 風立ち, 食ふ, 飲まうと, 飲みました, 飲むだ, 飲んで, 饗応を, 駄々羅遊びを, 驕った, 驚いたこと, 驚いた顔色, 驚かれ重ねて, 驚き丸腰, 驚き其男, 驚き堤防, 驚き尽く, 驚き愕, 驚き打電, 驚き過る三月三日, 驚けり, 驚ろく

▼ 大~ (1281, 13.6%)

135 男が 36 男の 32 男を 13 男に, 男は 9 男も 7 虫を 6 仲よしで, 石を 5 仲好しで, 大きさ, 好物で, 男だ, 石が 4 人形が, 仲よしの, 御立腹, 男で, 男二人が, 眼を

3 [13件] ものを, 人形を, 仲よしに, 医学部に, 忠義者で, 教授を, 文科に, 文科を, 方は, 男でも, 穴が, 耳鼻科に, 自慢で

2 [67件] お好き, しんし, なかよしでした, もので, カンヴァスを, キライで, 上に, 不得手で, 不経済, 乾雲丸を, 人間が, 仲よしであった, 仲好に, 史学科を, 好物な, 妹贔屓です, 嫌いだ, 嫌いであった, 嫌ひ, 宇宙を, 小石を, 広告を, 役目でした, 御自慢, 意なる, 意に, 手に, 文科の, 方が, 方で, 方の, 時間の, 有志が, 法科を, 涙を, 物と, 理想なかるべからず, 甘党で, 生人形, 男, 男さ, 男である, 男までが, 男二人の, 石ころが, 石で, 禁物だ, 空間においては, 立派な, 結節の, 肉を, 腫れものが, 芝居好きで, 花を, 若い女, 英文科に, 菩薩像は, 虫小の, 親友だ, 親孝行者な, 諸党, 贔屓, 鏡の, 馬を, 馬好き近頃手に, 高橋里美教授の, 麻繩に

1 [802件 抜粋] あばれ者, おきら, おてん, おもわく違い, お人好しで, お嫌い, お気に入り, お気に入りでした, かさごなどが, かたちを, かつぎ屋, くろい物, ぐりぐりした, こぶ, ごとく微, ご秘蔵, さうし, ざれ言, ずぼらもので, ずる助で, それとは, なかよしです, なまけ者で, ひいきである, ひいきな, ほくろを, まちがいふたりに, みぞおちを, ものが, ものは, やきもち焼き, りきです, りきに, イツワリ, カンバスでも, カンバスを, クラシツクである, クレーテーにて, スズメ蜂の巣を, ダイヤが, チョコレートを, ハイカラに, ピュリタンな, ブリキ製の, ブロンズの, メモに, リボン付きの, ロイド・ジヨウジ崇拝者で, ンきなり, 一人の, 一字を, 一方に, 一枚の, 三人, 三村剛昂氏などによって, 上手です, 不きりやう, 不入りそこで, 不徳義だ, 不承知で, 不文律として, 不服を, 不機嫌で, 世界を, 丸い褐色, 丸石で, 久保博士です, 九鬼周造氏は, 乾雲を, 亜剌比亜数字で, 亡き夫人, 人々が, 人々と, 人たちだ, 人体図が, 人形だ, 人形の, 人種は, 什器が, 仏の, 仏像が, 仏教信者だ, 仲よしだ, 仲よしだつた, 仲よしです, 仲よしとは, 仲好し, 仲好しだった, 仲好しであった, 仲好しです, 仲好しの, 住居は, 体に, 体を, 侍が, 侘茶人が, 信者でありまし, 傷は, 像である, 先生が, 先生でも, 入学試験だ, 兵粮丸が, 兵糧丸が, 内患を, 内気もので, 凸字を以て, 出鼻を, 刀を, 切手道楽である, 制帽を, 前へ, 劇場眼に, 力じまんだ, 力自慢, 務台理作教授, 医学博士で, 医科に, 医科の, 医者の, 十一号病室で, 十字架の, 卑怯者だ, 卒業生などは, 卵殼内に, 原型を, 参考室を, 古傷が, 右肩に, 呑ん平, 呪い, 味方が, 和流砲術熱心にて, 哲学に, 哲学者杉村広, 唐辛子の, 喞筒の, 嘘つきで, 嘘吐きである, 困難ある, 図書館の, 図譜が, 土塊の, 地に, 地を, 地面ばかり, 坐像だ, 執心で, 基督教信者と, 塊が, 声が, 外何が, 夜祭好きで, 夢で, 大なる, 大の字形の, 大井博士が, 大人に, 大塊, 大学図書館は, 大粒種子が, 大阪錠を, 天地において, 天眼くわつ, 夫婦者が, 女を, 女嫌いという, 女蕩, 奴どもが, 好物, 好物である, 好物でねえ, 好物らしかった, 如く微, 姫様嫌い, 威張り屋, 婦人の, 嫌いじゃ, 嫌い今, 嫌ひである, 子供好きだ, 子煩悩である, 孔が, 孝行者と, 学帽の, 学生その, 学生だった, 学生である, 学生です, 学生とかといふ, 学生ばかり, 学生や, 学生諸君から, 実在の, 実在を, 家には, 家の, 家へ, 寒がりだ, 寝床へ, 専科を, 專門部へ, 小天地に, 小林ファンです, 小泉源一博士が, 少し平たい, 尾崎紅葉までが, 山岳宗徒であった, 崇拝で, 川那子メジシンの, 巻に, 帰りも, 平野智治夫人其他の, 広浜加藤両, 座像を, 弟, 弟子嫌ひで偶に, 弱虫な, 彫像を, 彫刻で, 御ひいき, 御ひいき者, 御朝恩, 御贔屓, 微笑光を, 応援歌の, 怖がりで死人, 思想を, 怪しき甲虫, 恐ろしい雹, 悪僧の, 意ある, 意が, 意なれ, 意を, 意地っ張りは, 愛刀家, 愛好者で, 憶病者で, 成績は, 或る, 所好で, 手を, 拡布を, 拳に, 採鑛冶金, 放蕩もので, 教授が, 教授と, 教育学の, 数字を, 文撰工たちが, 文法学部教授会の, 文章である, 新入生歓迎会て, 方という, 方を, 方当時は, 日本贔屓に, 旦を, 明るみ嫌いで, 春日の, 時など, 時計台の, 時間を, 曲者で, 月で, 月海の, 木像や, 本位田祥男氏に, 杉村助教授の, 某教授, 柔道教師の, 案山子が, 桑木, 棒形に, 極彩色の, 楷書である, 構内でも, 構内を, 樂を, 権六忘八の, 権威と, 横門から, 正門に, 武の, 死因を, 毛唐が, 気に入りです, 気前好し, 氣に, 油紙包を, 油蟲が, 法文科の, 法華信者, 法華気違いで, 活動写真好きにとっては, 活字で, 浅沼が, 浪曼主義者で, 浮気もんでし, 淫奔じゃ, 温度が, 滝清一博士が, 火種も, 無性者にて, 無邊力, 煉瓦の, 煙草好きでした, 版木から, 物が, 物理へ, 物理学者などが, 猛犬忽ち, 玉を, 玩具の, 環を, 生き物が, 生徒が, 田園を, 男がね, 男たちが, 男たちに, 男たちを, 男では, 男どもの, 男ふたりが, 男ふたりと, 男ふたりを, 男や, 男一人を, 男三人である, 男並に, 男二三人に, 男二人がかりでなき, 男二人がかりにても, 男二人は, 男四人の, 男幾人木遣りで, 画三枚関根正二の, 畑に, 疣を, 痣が, 瘤を, 白い翼, 白井成允教授の, 皮製の, 直径を, 省作好きに, 真白な, 眼で, 矢部教授も, 石ころを, 石一つ掘り出す, 石塊だ, 石好きが, 石膏の, 研究室の, 研究室ばかり, 硝子戸に, 硝子玉を, 碁気違いじゃ, 社会学研究室に, 神, 禁句さ, 禁物, 禁物だった, 禁物なにか, 禁物なり, 禿, 禿が, 禿の, 穴を, 空間が, 競技場たるべし, 策士だ, 節倹家で, 粒の, 精神病学主任教授今村博士や, 紋の, 納棺の, 紙が, 紙にも, 紙へ, 紙丸が, 経済出, 経済学教授では, 経済科を, 結果は, 緑青色の, 美学とかの, 美術史研究室に, 義である, 義士人形が, 耶蘇信者だ, 聴聞脅迫党で, 肉塊が, 肖像が, 肖像を, 肖像画の, 胼胝を, 能楽好きで, 腕の, 腰の物を, 臆病で, 臆病者で, 臆病者で御座います, 自己にまで, 自惚, 自然物よりも, 色男で, 色男の, 艾を, 芝居好き長唄が, 芝火つくる, 若宮さん贔負, 苦学生で, 英仏贔屓で, 英国嫌いである, 英語嫌であった, 荒武者の, 菅支那子夫人などを, 薬物学の, 藏書家でした, 虚報である, 虫じゃ, 虫の, 蝋人形を, 袋を, 裏門から, 裸婦の, 裸虫が, 西洋ぎらいでしたから諭吉の, 見栄坊です, 親不孝者とさえ, 角帽姿の, 証拠と, 誇りらしい, 諸君から, 講堂の, 講師の, 貧乏で, 賞牌に, 贏ち得た, 贔屓さ, 贔屓で, 贔屓です, 贔負で, 赤い印, 赤い斑点, 赤い腫れもの, 赤痣が, 足跡と, 距離でも, 蹴球部の, 躯幹骨の, 軽石の, 迂闊者である, 近所隣の, 近隣の, 通りを, 通信簿の, 進退し, 進退を, 運動は, 遠吠, 遠方から, 選手連中に, 遺骨の, 部を, 酒ッくらい, 酒好きだった, 野心家で, 野辺を, 野郎が, 金属材料研究所所長である, 鉄柵は, 鉄砲玉です, 銀杏が, 長岡半太郎博士最後の, 長靴気違いだ, 闘犬好きで, 阪部党です, 陽樹ださうで, 隔たりが, 雹が, 霊鏡を, 音楽通で, 頭痛にて, 顏を, 風雲児が, 首を, 駕籠舁が, 高橋里美教授などは, 高温度, 鳩雛子木兎, 黒い阿弥陀如来, 黒い雨, 鼻から, 鼻くそを

▼ 大~ (541, 5.8%)

10 声を 8 もので 6 声で 4 のが, ものが, ものだ, 口を, 建物の 3 ものに, 山容を, 手が, 手を, 数の

2 [33件] ことを, のは, ものよ, 力を, 原野は, 増加を, 声, 夜の, 山の, 山嶮い, 建ものが, 意義を, 愛一人の, 手で, 数に, 文献の, 景色の, 松の, 水の, 池が, 牛の, 石の, 穴の, 立派な, 笠の, 茸が, 蛇が, 蝶の, 複雑が, 赤松黒松が, 身体を, 輪の, 鼻面を

1 [416件] おくび, ことでした, こと言う, このくらいの, これ程崇美, そして收益, その原稿, その寝台車, ところ優美で, とりとめも, の, ので輸出, ばかりでなく, べろりとした, ものだった, ものであった, ものでありまし, ものである, ものと, る言を, んだ, アメリカ式切抜きと, オーケストラの, コスモスに, シベリアの, ダブル, バスの, メガフォーンを, モニュマンタルの, ヴォルガの, 一そう猛烈な, 一個の, 一冊を, 一帶荒凉たる, 一面の, 三宝山を, 不完全な, 丸髷に, 乳肥った, 予備軍として, 予算を, 事件は, 事務机が, 二重奏を, 人々の, 人目を, 人間の, 仏の, 仕事も, 仕事を, 仮髪, 会社では, 体躯で, 假説は, 像で, 光る氷, 兎への, 入口に, 全アメリカ, 全容を, 全鋼鉄, 兵力を, 其の障子, 制作を, 前齒, 力の, 力を以て, 動物について, 勤めを, 十能に, 印象を, 叙事詩を, 口が, 古い張子, 古強者が, 同情と, 和漢の, 咳を, 嚔を, 団飯を, 図書館でも, 國で, 土地と, 土地の, 土間で, 地域にわたって, 地平線を, 地形が, 坊主が, 坊主と, 堂宇だ, 堆積こそは, 場所が, 塊が, 塊に, 塊の, 塔や, 塗下駄を, 増税案が, 士族邸を, 声が, 声し, 声と, 声な, 声は, 声一つ出し, 外国人名大辞林を, 外套の, 外来経典の, 大地震, 大洞山, 奇妙な, 奥仙丈山塊が, 奴が, 姉さんが, 姿には, 姿を, 姿見の, 字が, 孤独を, 学校を, 宇宙の, 客観性の, 客観性を, 宮殿を, 宮殿建築を, 家に, 容積の, 容積や, 密林を, 富は, 小ブルジョワ, 尻だ, 尻を, 展開は, 山に, 山塊が, 山塊の, 山容が, 岩とを, 峰広い, 巌の, 巣を, 工事を, 工業かくも, 希望が, 希望の, 平ヶ岳が, 平原一面が, 年経る, 幹です, 幻想を, 広い本堂, 広告を, 座敷の, 庭に, 庭の, 庭は, 廂の, 廢園とが, 建ものを, 建物も, 建物完備した, 建築の, 建築や, 形である, 形を, 影を, 影法師が, 影法師に, 影法師見る, 御殿の, 御茶代, 御説教, 思想とともに, 惠み, 意味を, 愛情, 感を, 感動を, 態度を, 懐中に, 懐中時計と, 扉の, 扉を, 手紙である, 技法が, 掌で, 掌を, 提灯の, 支那大陸の, 支那革鞄を, 改善進歩が, 敵が, 文盲群が, 料理な, 斜面には, 新年特輯グラビヤは, 旅館の, 日和下駄の, 日記の, 旦那が, 景色だらう, 景觀を, 智恵袋に, 暗い影, 朝日岳から, 木の葉が, 本だ, 本と, 朱鷺の, 材木が, 材木堀を, 東亜の, 東洋という, 松と, 株式会社に, 根が, 棕櫚の, 棟を, 森を, 椋の木の, 楽劇に, 榎が, 樽の, 歴史の, 毛の, 氷山が, 池に, 池を, 沢庵石の, 治乱興亡を, 沼だ, 洞穴の, 浮袋で, 海坊主が, 浸蝕力は, 涎の, 深紅の, 湖だの, 湯覆しだ, 溪谷にもも, 濫費物の, 炉に, 炉には, 炉を, 炭団の, 炭庫を, 煉瓦を, 熊が, 爆弾を, 牟遅神の, 物質原子が, 犠牲を, 独特な, 猿かに, 猿が, 瓢箪が, 生活目的の, 生産を, 生甲斐を, 男が, 男で, 男な, 町の, 画面を, 番火桶には, 痕を, 発行部数を, 白犬の, 白足袋の, 目を, 盲人, 盲人とは, 眸を, 眺めを, 眼, 眼鏡越に, 石が, 石でも, 石へ, 石地蔵も, 石塊が, 石材を, 研究の, 研究設備や, 研究録を, 稀覯本の, 穴へ, 空が, 空虚さを, 突出した, 竹藪の, 第二版, 管絃楽を, 箱火鉢が, 節穴が, 素晴らしいもの, 組織が, 統計の, 絵はがき屋だの, 繊維女工の, 缺陥の, 考の, 耳を, 肱を, 脛を, 腫物を, 臀を, 自然薯買う, 芭蕉を, 花瓶が, 茸の, 葉の, 葉へ, 著作物に, 著述で, 著述に, 蓴菜の, 蕈の, 薬師岳との, 薬師岳に, 虫籠の, 蛇がのたりと, 蛍の, 蛍を, 蛤十ウばかり, 蛾の, 蜘蛛と, 蜻蛉の, 蝙蝠, 蝦蟆とでも, 蝦蟇口を, 蟇が, 蟻が, 蟻の, 衣兜へ, 袖を, 裾野に, 裾野の, 裾野を, 西部チベツト一帶を, 規範と, 角ばった体じゅうを, 記録にな, 記録類の, 詩では, 詩歌雑誌が, 諧音, 谿流の, 財布を, 財産を, 費用を, 資産と, 賽の目の, 賽銭箱の, 趣を, 足を, 跫足が, 跫音, 身體で, 軍備が, 転太石でも, 農業と, 運命と, 遠目金を, 邸宅に, 邸宅の, 部分を, 都会は, 重い蛇, 重荷を, 野を, 量の, 金貨の, 金額と, 鉄の, 銀貨, 銀貨とを, 門で, 開拓, 陣地戦は, 陰謀によ, 陸地面から, 階子段の, 集成だった, 雨笠を, 青光り, 青竹の, 面積を, 革鞄の, 音響を, 頁の, 領土が, 領土と, 頭ばかり, 額が, 顔を, 飾窓は, 館も, 馬の, 駄作ばかりが, 魚に, 鰌も, 鰻が, 鳥の, 鳥打帽の, 鷲が, 麓の, 麻袋を, 黒い縁側, 黒い門, 黒ずんだ建物, 黒鼠が, 鼠の, 鼻頭の

▼ 大~ (316, 3.4%)

159 いの 9 い集まって 6 い, いで 3 いいる, いに 2 いが, い住んで, い立って, い集って

1 [122件] いあつまって, いあつめて, いありますだで, いある, いいかけ, いいた, いいたから, いいたの, いいたらにぎやか, いいっしょ, いいて, いいましたので, いいますから, いいること, いいるところ, いいるのに, いいるん, いいる中, いいる弟子たち, いいる従僕たち, いえらい, いおいで, いおった, いおともだち, いかかりますと, いかたまっ, いがかり, いがどかどか, いがやがや, いが三味線や, いが靴音も, いくらげを, いさんが, いしのびこんだの, いしらが, いぞろぞろ, いだ, いつ, いつかまえ, いであり, いできみ, いできゃっきゃと, いですか, いでたりは, いでも, いでもって, いで寄つて, いで招魂社, いで新宿まるや, いで梅月, いで琵琶湖, いで看護, いで砂, いで野原, いで陸軍病院, いとご, いと並ん, いと宝塚, いなので, いな客, いにいじめられて, いにも, いに手足, いに見えるん, いに身体, いのうなりごえ, いのおそろしい, いのどろぼう, いのむ, いの加害者, いの艇員, いは, いぴかぴか, いよって, いわいわい, いを, いアゲ, いカミョンスキイ, いハイキング, いワイ, い一緒, い世話, い乗って, い人, い仲間, い出るので, い出るやう, い出入り, い同車, い呼ばれた, い呼んで, い天子さま, い子供, い学生, い家来, い往来, い思ひ, い挨拶一つ, い揃って, い来たん, い来ましただ, い来ます, い森, い武士, い歩きまわって, い殺気立って, い泳いで, い混, い籤, い群, い行っ, い見た人, い見学, い諷, い起ちあがり万歳, い踊って, い踊つて, い連れて, い遊んで, い部下, い集めて, り合いの

▼ 大~ (187, 2.0%)

3 なして, 卒業する, 成すに

2 [16件] なしたという, なすに, なすの, なす原因, なす所以, もって, 加えて, 卒業し, 成したもの, 成すよう, 望む者, 為すため, 爲した, 知るべきである, 記念する, 遺る

1 [146件] いふの, こっそり落とし, その内, ちとお, つかみに, ながめて, なさしめたの, なさんなどという, なした, なしたに, なしたの, なした人, なした所以, なし商業的繁栄, なし郷, なすこと, なすと, なすまでには, なすもの, なすゆえん, なせしも, はからんと, ひとりでに解る, まず臣下, またおろかさ, みて, スに, 三匹食つて咽喉を, 中心と, 中途で, 乾雲丸小を, 備えても, 傷ける, 具備し, 冠せたもの, 出して, 出たて, 出た癖, 出て, 出ること, 出ると, 出るの, 加え他方, 加へ, 勉むる人は, 受ける時, 含めて, 喜ぶの趣味, 図るの, 増して, 好む, 実らせねば, 小と, 尽す可, 度る, 当洪, 待つ間, 得る能, 思わしむ, 恃み, 悦び衣服, 悲むといふ情が, 悶絶させ, 悼んだの, 意味し, 意味する, 感じたとか, 成さしむる, 成さしめたもの, 成さしめた織田家, 成さず悪戦苦闘, 成さなかった所以, 成さぬ必ら, 成した, 成したゆかり, 成して, 成しとげて, 成し声望, 成し得ざること, 成し得ざる人, 成し遂げられんこと, 成し長, 成すこと, 成すもの, 成す人, 押しきろうと, 掩ひ, 揺り動かして, 揺り落し, 旨と, 昨年出られた, 期し給え, 期せねば, 期待される, 治めんと, 為さしめたもの, 為さんと, 為し得させなかったと, 為し得た人々, 狙う, 王と, 睨めおろした, 知つたわたしは, 知らず同じく, 知りまた, 知る, 知るハタ, 知れど, 示すよう, 私大に, 称えたので, 称して, 稼ぎに, 築いて, 約して, 細引で, 置いて, 聞き精神思想, 自覚し, 致しました原因, 臺所働やら, 見て, 見られた所, 見文章才學一世, 見歸朝, 見耳, 覚えるとともに, 観左, 言はば, 記念せね, 誇って, 誇り得ても, 誇るという, 誇る虚栄心, 誇る遺物, 誇る鼻, 誓って, 論ずる条下, 謝し, 讃える心, 身に, 追い払って, 選ぼうと, 遺れて, 響動せん, 頂上から

▼ 大~ (142, 1.5%)

3 小を 2 博物館美術館から, 大象, 無限である, 磐長姫と, 釣鐘までも

1 [129件] ある時, いいからねえ, いうまでも, いくたび, いつもの, おとく, お人好し, くたくたに, くやしさ, さきに, しのばねば, じたばたする, すなわち大, そっと逃げ出した, その問答, その日, それを, ただの, ただもうころころ, のそのそ物置小屋, ひどい目, まず小, もうその, よろこぶまいこと, らは, わが家を, イエスキリストに, ハツと, ポルト・リシュの, 一向平, 一尺七八寸当歳又は, 一段聲を, 七顛八倒もがき廻った, 三万五万ぐらゐ遠慮なく, 三十四五です, 三千人から, 世界の, 世界及び, 二三丈位いの, 云わば, 五十七八の, 亡くなったん, 人皆之を, 今日も, 体を, 何ぴとにも, 何處かの, 元來オホ, 八百余町を, 八百餘町を, 前, 前年度, 勇を, 十カ所小は, 即ち大, 反物オムツカバーメリヤスシャツの, 口徑一尺餘, 叫びながら, 各国の, 同胞全, 四五十人つまるところ, 四厘より, 堅固の, 壮大なる, 外国の, 夜半に, 大さ, 大勢の, 大小は, 大沼小は, 妻の, 姉と, 嫣然とも, 学問の, 家出を, 家根に, 将軍家諸侯から, 小児の, 山岳河海より, 度を, 座敷の, 当面の, 径五寸長, 後で少時姉, 後妻で, 御当家, 忌だ, 思いがけない女房, 急に, 慌てる, 憤, 憲兵が, 成熟の, 政治の, 日本から, 暗い顔, 機械の, 此の, 歴史の, 毎日荷担を, 氣が, 江戸期の, 洗浄の, 無上に, 無辺際に, 献県の, 男に, 當面の, 発育良好の, 相變ら, 破れて, 破壊の, 社会の, 私如き, 繁, 肚を, 肯かない, 自由性あり, 苦しげ, 血走つたやう, 覇業を, 赭顏に, 躍起と, 軒下で, 逆に, 雪で, 青黒く眼, 頭腦も, 首を

▼ 大~ (115, 1.2%)

7 なる 4 した屋号, なく小, なるであろう 3 なって, 云ふ

2 [11件] この糞, するの概以, なった商品, ならなければ, なりそして, なりその, なりため, なりて, びらを, 小と, 小との

1 [68件] いいましょうか, いい厳粛, いい和泉屋, いえども, いえば, いわれた帝国大学, おもえる意, おもよ, きては, くいだった, くいでした, くいです, くいに, くいの, して, し大, し歌數制限, すすんで, すべきだ, するもの, せられながら, せり彼, その娘, なった, なったのみ, ならうことさ, なりつつ, なり影, なり結婚, なり虚栄, なり難い, なるか, なること, なるであろうから, なると, なるにつれ, なるばかり, なるよりも, なる時, なる飛行機, なれり, びらには, びらは, よばれた時代, 一高の, 三位, 不義を, 云つて自分の, 云ひ, 優美と, 堅牢と, 小とか, 思われる十一面千手観音, 悠久を, 無限の, 無限小とが, 無限小の, 用意の, 申しませうか, 衰頽とを, 言って, 言は, 言ふも, 身の, 連れ添う前, 量とを, 金蓮みたいな, 雖も

▼ 大である~ (104, 1.1%)

7 ということ 5 ことが, ことを 4 からである, ことも 3 ために 2 かまたは, が, ことは, ときすなわち, とはいえ, のは, ほど出生

1 [62件] かに従って人々, かの理由, かはその, かもしれない, かもしれぬ, から, からある, からこれ, からその, からで, からであり, からでもなくし, から一度筆, から不可能, から予防的妨げ, から五八, から先ず, から従って, から有利, かを示し, か歴史, がしかし, がそれ, が人, が場合, が年出生, けれどもこの, けれども三・六対一, けれども作戦方面, ことに, こと第, ためか, ためこれら二つの, ため人口に対する, だけますます, という事情そのもの, という命題, という点, という観察, として人, とすれ, と云っ, と信じ, と思う, と推測, と期待, と考えられる, に違い, のか, のに, はずである, ばかりでなく, ように, 上に, 事を, 国では, 所以だ, 所以は, 時に, 時には, 等々資本が, 証拠である

▼ 大~ (96, 1.0%)

11 の主人 8 の支配人 4 の娘, の番頭, の若旦那 3 の旦那, の若 2 のあるじ, のお, の女, の嫁, の御, の手代風

1 [47件] がある, がそれ, だ, だが, でもその, で人, で開かれた, なんてえもな, にて店さき, に勤め, の, のお勝手, のお嬢さん, のよどんだ, のガラス窓, の一つ, の中, の主人向, の人形師, の十七娘, の商人, の商法, の土間, の奥, の妾, の帯安, の御新造, の息子, の息子手合, の懷ろ子, の成功談, の手代, の棟, の権助, の番頭さん, の空家, の者, の聟養子, の菓子屋, の財産, の通い番頭, の間口, の騷動, は大, ばかりのところ, ばかりの町, 然と

▼ 大へん~ (82, 0.9%)

13 喜んで 7 よろこびました, よろこんで 3 喜びました 2 かわいがって, なさわぎでした, 元気な, 好んで, 怒ってるね

1 [42件] いたわって, おいたは, およろこび下さいました, お元気, お悦びになつて, お慍ら, お懐しい, けはしかった, ごひいき, ぞ, なあきれた, なさわぎ, なさわぎであった, なさわぎです, なとしよりでした, なはんじ, なまちがい, な呑み, な敬い, な魘され, よかつ, よく御, 仲好しだつたさうであります, 元氣, 叱られるので, 喜びます, 喜んだそう, 役に立つた, 役立つもの, 御よろこび, 御厄介, 御気色, 悦んで, 愛せられて, 汗滝以上, 美しいの, 美しい山, 行きたがって, 遅く貨物列車, 違って, 鎧屋さんはやく, 面倒な

▼ 大~ (79, 0.8%)

6 しの 2 あったであろう, いそれ, いみな, い家, お勝手を

1 [63件] いこの, いそう, いその, いそんな, いならべて, いなり, いボロ, い一, い一口, い不, い両方, い今頃, い何代, い十時半ごろ, い半分, い単, い参った, い善い, い四十度内外, い四等, い土用, い忘れて, い悪い, い散って, い無事, い献立, い用, い男子部女子部掛け持ち, い痩せこけたステイム, い相, い知って, い答えること, い聞いたあと, い腐りますわねえ, い自分, い解けた, い読んで, い酋長, い食物, すりの, その下手人, たな, まえな, ものあまりを, よく寡, タダゴトでは, 一番サッパリし, 世間から, 五二一一米で, 五銭で, 人に, 出来た時, 口の, 妖怪の, 小声で, 帰って, 彼らに, 昨晩病死した, 生前好きだった, 窺ひ知られる, 糸を, 魚菜や, 鼻について

▼ 大~ (70, 0.7%)

2 かでたのし, かでない, かな堂々, かにゆくらゆくら

1 [62件] かさ生活力, かすぎ, かだつた, かであろう, かでもある, かで健全, かで白い, かで神経衰弱的, かで私, かと云う, かなの, かなのびのび, かな喊声, かな大きな, かな天蓋, かな寛, かな平和郷, かな心, かな心持, かな感じ, かな抱擁性, かな明るい, かな暁, かな月, かな様相, かな正義, かな歩, かな気ままいっぱい, かな気持, かな深い, かな生命, かな確乎性, かな純一性, かな結跏, かな美し, かな花, かな芸術, かな虹, かな表情, かな言葉, かな説話, かな雰囲気, かに, かにする, かにたたえられた, かにゆるやか, かに先頭, かに呼吸, かに峰, かに拡, かに拡げた, かに明るい, かに昔ながら, かに波うち, かに美しい, かに胸, かに自分, かに自由, かに見える, かに触れ, かに飮, かに飲み遊ぶ

▼ 大~ (49, 0.5%)

13 あつた

1 [36件] あつたの, あつて, あつて次, あらねば, あり得た訳, いりでも, かえって芸術, こ, こで, しかも娯楽的, しかも實物とわ, その中, よく見る, わかりにくい, アンナに, ソレ枕に, チベット語の, 一緒であった, 出すこと, 動坂の, 又旅客, 句と, 哲学を, 奇怪な, 威嚇的な, 学生にでも, 把握し得ぬ, 数学の, 景色が, 木から, 独力之を, 石鎚山の, 祭壇の, 科は, 肥沃である, 講義致し

▼ 大かた~ (44, 0.5%)

2 の苦しみ, をツさん, 無くなって, 盗まれて, 解しがたき

1 [34件] お友達, この京, こんなこと, そのせい, そのつもり, そのなごり, そんなこと, そんな事, なくなって, ならず這, なり, に花, のあげつらひ, の事變, の人, の句, の皆あれ, の秋, は認められた, わかったよう, を送った, 埋もれた, 存じて, 御信心, 忘れて, 忘れられて, 掘り出して, 攫われたの, 散り尽くしたであろう春, 残って, 済んだ, 無くな, 然うだらう, 癒えた次

▼ 大~ (43, 0.5%)

15 んです 8 んだ 5 んな

1 [15件] いこ, こみに, つぽ, はいったからって, ばり, ばりする, ばりよ, んに, 向って, 女房に, 寄付する, 置いて, 行くつもり, 送ります何, 通告した

▼ 大~ (42, 0.4%)

2 をお

1 [40件] がお, こそよけれ, じゃ, たること疑い, であったの, ではあった, で当初, にお, について怠るべき, にでもどうしても, に当たり, に立っ, の決った, の決定, はいま, はその, はただ, はめぐらす, は前, は夢寐, は林子平, は疾く, は軽々しく, は飽くまで, へ現状, をたどっ, をめぐらさね, をめぐらし給え, を可, を土産, を天下, を展, を施す, を知ろう, を立て, を行う, を要しましょう, を講じ, を議さね, を質し

▼ 大講会~ (41, 0.4%)

2 に血, に邪兵, 総奉行

1 [35件] その前日, だが, で南蛮流幻術, ともうす, にことし, についてわざわざ, につかった, に何人, に参加, に試合目付, に長安, のみぎり, のむしろ, のやく, の中止, の主旨, の二日, の奉行, の広前, の空, の第, の総, の行事, の規, の試合, はこの, は故, は開かれません, も今年, らしくない, をし, 第一日, 第一番, 第三日, 第二日目

▼ 大さん~ (34, 0.4%)

2 ときたら, と一緒, に教え, よ

1 [26件] が亡くなりました, が可哀そう, が急, が控え, が病床, が自分, が見た, こそ抜か, この隙, せい, です, という煙草屋, とやらが羨ましい, と云う, と諜, にとって近所, のため, の声, の女房, の方, は偉い, は男女, も一生涯, も飛んだ, を公園, 何だか風向

▼ 大がい~ (33, 0.4%)

6 のこと 4 の人 2 はみな

1 [21件] にし, になされ, に遊, のミディネット, の作家, の国, の国人, の坊さん, の店, の歌舞伎, の獣, は, はここら, は何百, は何百フラン, は労働者町, は厭, は真宗, は職業, は馬車, は黙っ

▼ 大~ (32, 0.3%)

3 え姿 2 え声, え火事, やきを

1 [23件] えお方, えから, えなあ, えもん, えやつ, えん, えんだかんな, え一ツ灸, え南瓜ぢ, え新聞, え榛の木, え江戸, え病氣, え聲ぢやゆはん, え錢, え間違え, え雨, おますな, かったけど, くを, なると, やきの, 過ぎるな

▼ 大~ (32, 0.3%)

2 の, の亡骸, は

1 [26件] すでに決した, でもあります, という, という者, とは何者, に会し, の墓石, の密, の横顔, の死骸, の練れた, の胸, の脳骨, の身寄り, の頭蓋骨, はふい, は主家, は忠義無類, は柳生, は酒, もその, をつかみ, をふくむ, を埋けた, を政治, を誤り

▼ 大であり~ (31, 0.3%)

2 これは, 左においては, 従って早婚

1 [25件] かつ増加, かつ日に日に, これが, しかも稽古中, そこに, そしておそらく, そしてかかる, そしてまた法貨, そして云う, そして死亡, その植民地, その逆, それが, ために, またはもし, もし海老塚氏, もちろん人口増加, 三〇〇〇〇〇磅の, 割合もより大であろう, 大なる, 従って出生, 従って多く, 文明に, 衆は, 都市の

▼ 大~ (27, 0.3%)

7 かけな 4 かけの 3 けん 2 かけなお, かけに, しんの 1 かけだった, かけである, かけな秘密, な羽, の大, の満代さん, ょたんでもかけてその中へ

▼ 大であった~ (26, 0.3%)

2 ことは, と仮定

1 [22件] から当時, けれどもしかし, ことから, ことが, ことを, だけにこの, という結果, とは決して, と云うべきであろう, と私, と考えざる, と言われる, にしろ, には違い, に相違, に違い, のだ, はずであり, ものである, ように, 稀少性の, 自己を

▼ 大食い~ (25, 0.3%)

2 であった, の事

1 [21件] して, だと, だとは, だわ, である, であること, で思い出した, というところ, とは違う, なの, な男, な鳥, の, のよう, の懶, の本性, の穀つぶし, の親父, の食客, はない, をした

▼ 大であれ~ (24, 0.3%)

6 ばある 3 ば他 2 ば, ば大

1 [11件] ばこそ青年期, ばこれら, ばゼロ, ば交換者, ば企業者, ば価値尺度財, ば価格, ば利益, ば地主, ば廣大, 小であれ

▼ 大そう~ (22, 0.2%)

2 よろこんで

1 [20件] お待ち兼ねでございます, するどいよう, なこと, なひづめ, なよう, なハリキリよう, なミイリ, な名誉, な広, な御, な熱, もない, よろしい, 乗気, 大事に, 嬉しかった, 怒んなすったけれど, 怖れ, 気の毒がっ, 賢くて

▼ 大たぶ~ (22, 0.2%)

7 さの 6 さに 3 さが 2 さを 1 さだった, さにも, さ猪首, さ銀次

▼ 大なら~ (21, 0.2%)

42 むとす, んと

1 [13件] ざらん, ざるも, ざる帽を, しむるがごとき思い, しむるためには敵, しむるに外, しむるものは, ばこの, ば人々, ば反発力, むとついに, む敵に, ん乎

▼ 大なりと~ (20, 0.2%)

6 いえども

1 [14件] いわねば, されて, した其大, し貴重, す, なす唯, 信じて, 僕は, 自らふかく, 見たから, 言わざるべからず立憲政体, 記して, 誇れる胆, 雖何すれぞ

▼ 大~ (20, 0.2%)

4 丞が 2 丞の, 丞は

1 [12件] 丞と, 丞というは, 丞とを, 丞に, 丞を, 意に, 進もいっしょ, 進もさる, 進もそこ, 進も理窟, 進も相当, 進殿今日かぎりで

▼ 大~ (19, 0.2%)

1 [19件] でも俄然, で一番, といふ, に沢山, に繋がり, のドストイエフスキイ像, の一, の入口, の如き, の宝石商, の市, の東門外, の百貨店, の端, の雑沓, へ行, へ行く, を主として, を帯

▼ 大違い~ (17, 0.2%)

2 の勘五郎

1 [15件] さ, じゃあ, だ, だッ, である, で挿絵, で邸, の不肖, の廃道, の真ン中, の繁昌, 大違い, 実は皆, 尤も客, 最と

▼ 大~ (16, 0.2%)

1 [16件] お世話さまで, さかんに, 土に, 宿の, 弧を, 忿らし, 是を, 枝を, 染拔いた, 歡ば, 眼は, 眼を, 翼を, 蓄りやした, 酒と, 鼻を

▼ 大けな~ (16, 0.2%)

2 顔に

1 [14件] ことばツかり, つたなア, スズキが, ビフテキじゃなあ, 人やつた, 声し, 建物や, 糸でん, 聲し, 聲で, 踏石が, 銀杏が, 顏し, 體し

▼ 大~ (16, 0.2%)

2 小も

1 [14件] あった, いうまでは, がきに, それには, そんな程度, ついて行く, めである, 人から, 大大, 日本には, 死罪に, 無限であれ, 耐えかねた, 黄河の

▼ 大~ (16, 0.2%)

1 [16件] が主, が御, であった忠平, で参議, とか参議, などと申し上げた, に兄, に昇り, の子, の殿, はときどき, は又, は老人, も, ノ宰相清忠, 正三位

▼ 大あり~ (15, 0.2%)

43 大あり 21 さ江戸は, さ第, のコンコンチキ, よ, よ親分, ナゴヤだ

▼ 大~ (14, 0.1%)

7 ぴらに 2 なみに 1 ぴらだ, ぴらである, ぴらにやりにくいところが身上といふ, ぴらにやる代り, ぴらに兵具をとと

▼ 大ならず~ (14, 0.1%)

2 とする

1 [12件] ともいふべけれ, とも谷川, なんらの, 且つ前者, 且神慮にも, 人心均平に, 六瓣に, 家屋は, 小ならず, 小なり, 手法は, 紫の

▼ 大~ (14, 0.1%)

1 [14件] がささげ, がフリシュモン, が義勇兵, だの枢密院公爵, とガン, と言っ, によってなされ, に封ず, に指揮, の前, の騎兵, はオランダ, は中央, やシャボー公爵

▼ 大~ (14, 0.1%)

2 の前

1 [12件] がみじん, とを貢, とを貢りき, と斜, に拠る, のなか, のへん, の上, の作者, の筆者, は鏡, 包まれてる燭台

▼ 大~ (13, 0.1%)

4 小か 2 がりを 1 えで, えの, え風呂敷, くおつ缺, ぶと, ぶとだの, 奴を

▼ 大ならしめる~ (13, 0.1%)

2 ものである

1 [11件] ことが, ためには, ための, には大群, ような, 値を, 力を, 幼少年期の, 所の, 所以では, 根もとの

▼ 大~ (13, 0.1%)

1 [13件] に, にも説い, に天, に甲子, に言つて, のあげく, のモデル, や五運行大論, や六, や皆, をやり, を担ぎ出さなけりゃならない, を聞かん

▼ 大~ (12, 0.1%)

3 ごとです 2 たちが, ばいを 1 て得る, ばいについて, ゅ, ゆ, 外国人の

▼ 大~ (12, 0.1%)

1 [12件] からちよ, が何, この線, この頭, つた, と言う, まりの, わけ, わけ無, んご, んすの, んびらで

▼ 大では~ (12, 0.1%)

3 あり得ない 1 あり得なかったとは, あるが, ない, ないか, ないから, ないの, ないよう, なかった, なくまた

▼ 大なり~ (12, 0.1%)

2 しが 1 おのが, ければ, しとは, しは, 其成跡も, 小なり, 小なり人, 小なり次, 故に木星天, 此決心を

▼ 大~ (12, 0.1%)

2 である 1 が佐野次郎左衛門さ, が佐野次郎左衞門, が壁, が居る, が突然, で碁, と一緒, になっ, の一人, の勤經

▼ 大から~ (11, 0.1%)

1 [11件] である, んこと, 一本の, 出て, 四千人の, 小は, 小児頭くらいまで, 来るそれ, 無限小へ, 米粒大ないし, 観たらケシ一粒

▼ 大でも~ (11, 0.1%)

1 [11件] あると, あるので, ある国, あれば, ない, なく小, カサばらなく, 勘づかれた日, 日本は, 東京商科大学と, 選手に

▼ 大~ (11, 0.1%)

1 [11件] まが, 一二の, 三田出の, 何かから, 其他の, 嫂が, 官立大学の, 数では, 朝廷をも, 白鷹家の, 若干の

▼ 大得意~ (11, 0.1%)

2 である 1 でいたが, で天賜, というもの, にな, のスカンジナビヤ半島談あたり, の場合, の場所, の節, の顔

▼ 大~ (11, 0.1%)

1 [11件] である, ではあり, では一名, なす鵞, にて, の抗争, の系類, の説, はたがい, は仏教渡来, は菊池

▼ 大~ (11, 0.1%)

1 [11件] でございます, ではまた, でまた, とは, には柏屋, の六階, の店先, の暖簾, の音頭, へ招かれ, を建造

▼ 大げんか~ (10, 0.1%)

2 をし, をした 1 したの, だよ, をする, をはじめました, をやっ, 大格闘

▼ 大ごと~ (10, 0.1%)

2 だ, になっ 1 が持ち上がりまし, です, ですからな, になった, になる, になッ

▼ 大~ (10, 0.1%)

1 から発展, にふれる, に過ぎない, の欠乏, の緑, の鐘, は, は自国, を感じます, 人面の

▼ 大であろう~ (10, 0.1%)

1 からフタ, しまた, ととにかく, とはいえ, ともおそらく必ずや, とも利潤, とも現実, と主張, と小, と造幣局

▼ 大とは~ (10, 0.1%)

1 これ如何に, それより, エレメント元素の, 似て, 何か, 其のおもむき, 富峰の, 平面性の, 物質の, 立方体に

▼ 大~ (10, 0.1%)

1 ぜい, に帰る, の土, へ近づいた, より十里あまり, より申, を救った, を領, ヲ創テ, 迄帰著

▼ 大~ (10, 0.1%)

1 が極楽, のおかげ, のほか, の善行, の尊像, の故事, を創建, を潮音洞, を請, 来って

▼ 大ありです~ (9, 0.1%)

41 ね, よ昨夜, よ浪人神山守, よ親分, よ誰

▼ 大~ (9, 0.1%)

2 らに, らの, らを 1 らながめ, らのに, ら晴に

▼ 大~ (9, 0.1%)

2 ば, わけだ 1 はけに, はけの, ばの若菜, わけが, わけで

▼ 大~ (9, 0.1%)

2 がらだ, がらを 1 いい, がらでした, がらですぜ, がらな, がらに

▼ 大ならざる~ (9, 0.1%)

1 か之, か妊娠十箇月, か小児, を得ざる, を得ない, を見る, イギリスにおいて, 者あり, 能はずである

▼ 大なれ~ (9, 0.1%)

2 ばその 1 ども明, ども水至, ども結束屋眺望尤も, ばとて果, ばなり, ば我等, ば白衣

▼ 大~ (9, 0.1%)

2 もない 1 な便宜, な宝物, な御, な御馳走, になった, に変えた, 宜い

▼ 大~ (9, 0.1%)

1 などが駈け寄る, などの面々, には三河, に居った, に移られる, の兵, の救援, へ登る, を横

▼ 大だこ~ (8, 0.1%)

1 が買える, はさっそく, はしずしず, はとうてい, は巨体, をつくり, をつくりあげた, を完成

▼ 大~ (8, 0.1%)

1 きいのが, きい鳥, きらい, きらいな, 原で, 嫌い, 嫌いだ, 平に賄賂

▼ 大ならしめ~ (8, 0.1%)

2 んが 1 ていた, て来た, またそれ, よ, んとして, 由て

▼ 大には~ (8, 0.1%)

1 いったんだって, ぢめて, ひつて, 以後一こう, 及ばざるべし, 及びも, 廣の, 応援団も

▼ 大であっ~ (7, 0.1%)

1 てこれ, てしかも, てそれ, て明, て清浄節欲, て確か, て第三者

▼ 大であるなら~ (7, 0.1%)

3 ばそれ 1 ば企業者, ば出生, ば地主, ば小麦

▼ 大弁様~ (7, 0.1%)

1 でこの, で何事, の心, の許, は悲しい, は苦しまぎれ, を思いわび

▼ 大きらい~ (6, 0.1%)

1 だけど, だまったく, でござるて, です, とは全く, なくせ

▼ 大という~ (6, 0.1%)

1 ものが, 不縹緻者, 二人の, 人九州から, 前提から, 字を

▼ 大より~ (6, 0.1%)

3 小に 1 小への, 物質微塵の, 白米による

▼ 大を以て~ (6, 0.1%)

2 しても 1 これを, して, 自ら其の, 見れば

▼ 大ガニ~ (6, 0.1%)

1 のなか, はサーッ, は巨大, は海, もあらわれず, をどこ

▼ 大~ (6, 0.1%)

2 變な 1 そうな, の実在, の虚界, 悪人

▼ 大心靈~ (6, 0.1%)

1 があつ, たる實在, とも云, の力, を認めぬ, 若くは

▼ 大~ (6, 0.1%)

1 かな, となり, にはチロリチロリ, に折, を切った, を燻し

▼ 大~ (5, 0.1%)

1 から彼処, こと手間打つこんだ, 古着屋の, 声を, 形を

▼ 大げんかん~ (5, 0.1%)

2 のうち 1 と思われる, の前, へ来ました

▼ 大じゃの~ (5, 0.1%)

2 尾の 1 出て, 胴体から, 胴体を

▼ 大との~ (5, 0.1%)

1 ある風貌, 学生は, 差別を, 間に, 間の

▼ 大ならしむる~ (5, 0.1%)

1 がしかしそれでもなお, ために, ものである, 所以だ, 譯である

▼ 大~ (5, 0.1%)

1 さと名, さの, さの引く手あまた, すっとの, すっとめ

▼ 大もの~ (5, 0.1%)

1 かい, だ, 揃いで, 村長として, 食ひなので

▼ 大よう~ (5, 0.1%)

1 で豊か, にし, に力, に見, は心得

▼ 大~ (5, 0.1%)

1 に即, の人, の巨大さ, の紙, はある

▼ 大~ (5, 0.1%)

1 の下, の区長ら, の学区取締, へ栄転, や小区

▼ 大多数~ (5, 0.1%)

1 の処世, の出征家族, の婦人, の念願, の男子

▼ 大~ (5, 0.1%)

1 がはづむ, がをちこちで鳴る, が聞える, の澄ん, の遠く

▼ 大~ (5, 0.1%)

1 ができあがっ, が遲, でまた, を終つて印刷, を見る

▼ 大~ (5, 0.1%)

1 ならば, にし, の湯, を張った, を掛けた

▼ 大~ (5, 0.1%)

2 すれども 1 すること, する架空, せる陳平

▼ 大でない~ (4, 0.0%)

1 から杖, ことが, ために, とは決して

▼ 大でなけれ~ (4, 0.0%)

2 ばならぬ 1 ばならず, ばならなくなる

▼ 大とか~ (4, 0.0%)

2 二分の一とか 1 三角形の, 老二

▼ 大とも~ (4, 0.0%)

1 いうべき百姓家, なり小とも, 久遠劫来の, 見えるので

▼ 大らかさ~ (4, 0.0%)

1 でもあり, も才気, も素直さ, や清潔さ

▼ 大之進~ (4, 0.0%)

1 であった, と申し, の家, の忰

▼ 大九郎~ (4, 0.0%)

1 とは拙者, はすでに, をそこ, を小脇

▼ 大有り~ (4, 0.0%)

31 のベク助

▼ 大~ (4, 0.0%)

2 もこの 1 で背, の両端

▼ 大~ (4, 0.0%)

1 と呼んだ, の氏上, の神人, は永久

▼ 大~ (4, 0.0%)

2 深の 1 深, 深此

▼ 大ありだ~ (3, 0.0%)

1 よ, よ平次, 呉先生が

▼ 大~ (3, 0.0%)

2 から今 1 がした

▼ 大かた想像~ (3, 0.0%)

1 がつくであろう, されたが, なすったでしょうが

▼ 大さわぎ~ (3, 0.0%)

1 といふ馬鹿, をし, をしてた

▼ 大さんせい~ (3, 0.0%)

1 だ, だった, であった

▼ 大だけは~ (3, 0.0%)

2 母屋に 1 不思議に

▼ 大だち~ (3, 0.0%)

3

▼ 大つき~ (3, 0.0%)

21 だやつら

▼ 大どく~ (3, 0.0%)

2 ろの 1 ろに

▼ 大ならしめた~ (3, 0.0%)

1 のは, のも, ものである

▼ 大ならずし~ (3, 0.0%)

1 て五色人, て布施, て景勝

▼ 大ならね~ (3, 0.0%)

2 ばならぬ 1 ば我

▼ 大ならん~ (3, 0.0%)

2 ことを 1 事を

▼ 大なるべき~ (3, 0.0%)

1 かを想う, は云, は疑い

▼ 大~ (3, 0.0%)

1 やりです花見, やりなので, やりなん

▼ 大まで~ (3, 0.0%)

1 予想し, 変化しうる, 変化する

▼ 大もて~ (3, 0.0%)

2 だった 1 だから

▼ 大~ (3, 0.0%)

3 つ日子

▼ 大元気~ (3, 0.0%)

1 です, でやがて, となり

▼ 大助かりだ~ (3, 0.0%)

1 が今日, なぞと考えた, わ

▼ 大~ (3, 0.0%)

1 であって, を演じた, 正五位上国撰

▼ 大~ (3, 0.0%)

1 に対峙, の中, 堆に

▼ 大~ (3, 0.0%)

1 においで, に到りた, に喚び入れ

▼ 大展覽會~ (3, 0.0%)

1 に陳列, は誠に, を觀

▼ 大~ (3, 0.0%)

1 の時, の終結, 起りドイツ

▼ 大機さま~ (3, 0.0%)

1 が生き, と私, の家

▼ 大~ (3, 0.0%)

2 神御 1 の礼服

▼ 大~ (3, 0.0%)

2 に就 1 が死し

▼ 大紙房~ (3, 0.0%)

2 という村 1 という村落

▼ 大講会三日~ (3, 0.0%)

2 のあいだ 1 の間

▼ 大~ (2, 0.0%)

2 むしられ根神

▼ 大ありで~ (2, 0.0%)

1 ござります, それが

▼ 大いさ~ (2, 0.0%)

1 深さ, 細かい金線

▼ 大いそぎ~ (2, 0.0%)

1 でね, でドア

▼ 大かたここ~ (2, 0.0%)

2 であろうと

▼ 大かたそれ~ (2, 0.0%)

1 は神様, も定まりぬ

▼ 大かたり~ (2, 0.0%)

1 こんな恐ろしい, め

▼ 大かた子供たち~ (2, 0.0%)

2 の仕事

▼ 大かた花~ (2, 0.0%)

1 の無くなった, も散った

▼ 大かつ~ (2, 0.0%)

1 あくどい広告, 強力な

▼ 大ぐらい~ (2, 0.0%)

1 である, 中風病人が

▼ 大ぐらいの~ (2, 0.0%)

1 ところへ, 女学生の

▼ 大けに~ (2, 0.0%)

1 お妨げ, なったら金ン比羅

▼ 大これ~ (2, 0.0%)

1 であります, は小

▼ 大された~ (2, 0.0%)

1 振幅で, 胃の

▼ 大しくじり~ (2, 0.0%)

1 ばかりし, をしたら

▼ 大じゃが~ (2, 0.0%)

1 毎年出, 食べに

▼ 大じゃは~ (2, 0.0%)

1 どんな形, 目の

▼ 大する~ (2, 0.0%)

1 とどんなに, 点に

▼ 大その~ (2, 0.0%)

1 中間に, 次は

▼ 大だけ~ (2, 0.0%)

1 である, 刳り取られたの

▼ 大っき~ (2, 0.0%)

1 な声, 孫嫁に

▼ 大っ嫌い~ (2, 0.0%)

2

▼ 大どおり~ (2, 0.0%)

1 の銀色, へはいだし

▼ 大なし~ (2, 0.0%)

1 にする, 絆纒奴姿の

▼ 大ならしめたる~ (2, 0.0%)

2 ものは

▼ 大なるべし~ (2, 0.0%)

1 と期待, 我に

▼ 大なる誇~ (2, 0.0%)

1 とせられ, を感ぜざる

▼ 大なる誤~ (2, 0.0%)

1 のある, はない

▼ 大にな~ (2, 0.0%)

1 つて來て, つて壓力の

▼ 大にも~ (2, 0.0%)

1 したよう, 小にも

▼ 大のみ~ (2, 0.0%)

2 専一に

▼ 大ふう~ (2, 0.0%)

1 な呑み込んだ, に

▼ 大~ (2, 0.0%)

1 評判にな, 長く待っ

▼ 大へんでした~ (2, 0.0%)

1 なあ, よ

▼ 大ぼら吹き~ (2, 0.0%)

1 のよう, め

▼ 大まごつき~ (2, 0.0%)

1 さ, のところ

▼ 大までを~ (2, 0.0%)

1 知ると, 知るも

▼ 大よりも~ (2, 0.0%)

1 少し大きい, 少し短

▼ 大~ (2, 0.0%)

1 お局さま, 慾バリ故

▼ 大三郎~ (2, 0.0%)

1 が中間, のゆくえ

▼ 大~ (2, 0.0%)

1 に告げた, も後

▼ 大以上~ (2, 0.0%)

1 のもの, の大作

▼ 大助かりな~ (2, 0.0%)

2 んです

▼ 大区小区~ (2, 0.0%)

1 の区制, を置かれ

▼ 大及び~ (2, 0.0%)

1 其の他, 帝大以外の

▼ 大~ (2, 0.0%)

1 にはいく, を主座

▼ 大威張り~ (2, 0.0%)

1 あのひと, 一円以上の

▼ 大~ (2, 0.0%)

1 えなん, でが

▼ 大嫌ひだ~ (2, 0.0%)

1 わ, 大嫌

▼ 大嫌ひな人間~ (2, 0.0%)

2 だが

▼ 大嫌嫌~ (2, 0.0%)

1 という, といふより

▼ 大~ (2, 0.0%)

1 津比賣, 都比賣

▼ 大~ (2, 0.0%)

1 は小, 鹿島を

▼ 大強國~ (2, 0.0%)

1 たる露國, は何れ

▼ 大必要~ (2, 0.0%)

1 あり, の具

▼ 大掘出し~ (2, 0.0%)

1 をしたがっ, を仕度

▼ 大揺り~ (2, 0.0%)

1 にぐたぐた, に身躰ごと網

▼ 大~ (2, 0.0%)

1 をその, を玉陵

▼ 大有りです~ (2, 0.0%)

1 とさ, とも

▼ 大東京~ (2, 0.0%)

1 の中心, はだらし

▼ 大~ (2, 0.0%)

1 の背, の顔

▼ 大泥棒~ (2, 0.0%)

2 の首領房吉

▼ 大~ (2, 0.0%)

1 に分れ, の開祖

▼ 大涌谷~ (2, 0.0%)

1 の写真絵はがき, の絵はがき

▼ 大澄まし~ (2, 0.0%)

2

▼ 大~ (2, 0.0%)

1 の苦力, を体

▼ 大率是~ (2, 0.0%)

2 れなり

▼ 大~ (2, 0.0%)

1 現前などと, 現前抔と

▼ 大~ (2, 0.0%)

1 なれば, なん

▼ 大真面目~ (2, 0.0%)

1 で, な私

▼ 大科度美~ (2, 0.0%)

2 の神

▼ 大~ (2, 0.0%)

1 がいなくなっ, を追

▼ 大自在~ (2, 0.0%)

1 の性, の法

▼ 大至急~ (2, 0.0%)

1 でここ, で出願

▼ 大~ (2, 0.0%)

1 だの, に據

▼ 大論爭~ (2, 0.0%)

1 になりました, を傳

▼ 大~ (2, 0.0%)

1 母志良礼, 母志良礼を

▼ 大陣營~ (2, 0.0%)

1 に分裂, の對立

▼ 大~ (2, 0.0%)

1 がお前様, くらいの形

▼ 大馬鹿者~ (2, 0.0%)

1 なるゆえ, ノ最期

▼ 大骨折りで~ (2, 0.0%)

1 さ, 弁慶読みに

▼1* [442件]

あて違ひ大, 大ありだったんです, 大ありなのじゃ, 大ありならつまらないことを, 大あるごとく弟に対して, 大ある如く弟に対して, 大呼息を, 大いお邸の, 大いこと買う, 大いそがしよ, 大いばりでこのとおり一張羅, 大うら成りのうらなり, 大かたおのれ一身は, 大かたこっちへ移みかえた, 大かたこの世にいないであろう, 大かたこれにあ, 大かたどなたも御存じ, 大かた一年も手紙, 大かた世をのがれ, 大かた九世団十郎時代のお, 大かた二丁ほど歩いた, 大かた今まで自分ひとり, 大かた今僕が話した, 大かた前にいふた, 大かた半日同じ姿勢, 大かた喧嘩でもした, 大かた境内に店, 大かた大正十二年癸亥の震災前後, 大かた師匠を見限っ, 大かた帰宅可仕やと, 大かた年始の客, 大かた推量して, 大かた斯うであろうと, 大かた標準里に違はず, 大かた此の世にいないであろう, 大かた此所に住みそめし, 大かた武家屋敷で場末, 大かた気絶したの, 大かた江戸へ行ったろう, 大かた焼亡したこと, 大かた狸の仕業, 大かた現場が踏み荒らされた, 大かた疫病であろう, 大かた私たちが心細, 大かた結婚と同時に, 大かた草苅が置い, 大かた親類へでも泊まり, 大かた里にいる, 大かた金の事, 大かた鍛冶屋ででもあった, 大かた長脇差では無い, 大かた風の音, 大かた魯人の仕方也, 大かったわけです, 大かに来て, 大がたりめ, 大がにを背中に, 大がねを儲けるには, 大がもですました, 大がもを射とめたこと, 大きみが, 大ぎみの, 大くくりを成し遂げ, 大くなって赤児, 大こぼしよ, 大ころと云, 大ころ男の事, 大さぞ苦しかろう, 大さとも概ね此例, 大さん今日はいったい, 大さ三尺に近い, 大じなすがたと, 大じゃでございます, 大じゃと申しますの, 大すきなジャネット, 大そうグアイがわるかっ, 大そうスーッとし, 大そう家人を笑, 大そう心易く附き合った, 大そう感動ゲキレイしたの, 大そう捜査も困難, 大そう旦那が怒つ, 大そう自分のこと, 大そう間のわるい, 大そう風味が悪い, 大その他の学校, 大それに下, 大たまたま人の, 大だけを殺いで, 大だすかりだぞ, 大だったので, 大だひにほん, 大ちんじが, 大っきなものが, 大つまらず物, 大づくりな顔面, 大であったであろうことは, 大でありまして火星人, 大であるべきであるように, 大でなかったと見え, 大といふ惡婆を, 大とう村末村を, 大とかいう最大級を, 大とが同じである, 大とを知った, 大と共に呼吸し, 大どかを持ちついに, 大ないし小豆大に, 大なきぼの, 大なずな小, 大などを出た新しい, 大なみのよう, 大ならざりしもとにかく, 大ならしむ後又, 大ならしむべき乎, 大ならしめざりせば諸, 大ならしめるべきこの大, 大ならしめんためニーノ・ヴィスコンティを, 大なりきシツィイと, 大なりともいふべく衆理想皆小, 大なるあやまりなるかな, 大なるあり小なるあり, 大なることかくの如し, 大なるつじかぜ起り, 大なるなれば味, 大なるへだたりがある, 大なるべければなり, 大なる借債を, 大なる凹みを設け, 大なる如くなれども實, 大なる憤発は, 大なる抜かりで早くも, 大なる畏れを有っ, 大なる疑がある, 大なる迂廻を, 大なる過であることを, 大なる障礎を, 大なる驚くべき諸結果, 大なゐふりける, 大な獲もの袋, 大な破靴ぐるみ自転車を, 大において国史学科を, 大にが手です, 大にだって嗅覚は, 大にていやしく見え侍る, 大にやに下ること, 大に対する包容力が, 大ねが上方そだち, 大のさしみが, 大のまん前もすつかり, 大のみのようなやじり, 大はらもひだるさ, 大ばたばたでした, 大ぴらに學校, 大ぶるまいするといううわさ, 大ぶ貰えるという話, 大へんでしたろうねほんとに, 大んき, 大べや小女が, 大ほど子宮孔が, 大ほどの土地の, 大ぼっちゃんで変, 大ぼらだけは吹く, 大ぼらでも吹いた, 大ぼらなのである, 大まじめで, 大めかしで其の, 大だれを, 大らかになつて, 大らしく見えながら人, 大わかし小わかし, 大をも誇ること, 大カッサイを, 大トラックが止っ, 大ニヤリにニヤリ, 大ですっぽん, 大一宇とも見え, 大七郎に初めて, 大万燈を振廻し, 大丈夫です, 大三個の錨, 大三郎樣といふ旗本, 大不利え, 大不服にて合祀承諾書, 大中りだが, 大中小三十七種の齒輪車, 大中心と目指さるる, 大とでも今頃, 大主カネー大ヌシ, 大之進ただ一人の所存, 大九月は小, 大五分許楷法厳正なり, 大五月小であつ, 大五月小六月大であつ, 大を呼込ん, 大以外の各, 大会議あり, 大伝馬町の豪家佐久間某, 大佐渡のシベリヤ寄り, 大作りだろうと, 大侯ガミギンは小, 大侯禦夷州に出, 大優美にし, 大儲かりなの, 大先生の威徳廣大, 大入りつづきでほくほく, 大全体の動き, 大とうたわれた, 大六さんでしょ, 大六尺ぐらいの仏像, 大冠して廟廊, 大冠すと驚かれたる, 大出し致してつかわそう, 大出来じゃあござんせんか, 大助かりじゃがのう, 大助かりでございましたのよ, 大勉強して, 大即ち土地と, 大厭うに堪え, 大取りを始める, 大言を, 大叱られに叱られ, 大史公が書い, 大を出す, 大吉利周を連れ, 大同じく拝呈す, 大名誉教授大沼博士には偶然, 大員合議して, 大唐虞夏商周而外楚爲重黎祝融之後贏爲伯益之後而伯益實庭堅之子禹薦益於天孰謂大理官, 大問題がわからう, 大嘗會を行, 大噴火の際, 大噴火盛に熔岩, 大噴煙同五時十五分轟聲一時, 大四月大五月小六月大であつ, 大困りですよ, 大困難だ, 大在りなの, 大坂ニくだりてを, 大坂四ツ橋大仏や門前, 大之事, 大の蓋, 大士心配するな, 大士龍猛直傳, 大売捌が会社, 大外刈の型, 大外河美濃守という建物, 大大変な事, 大天地融合の相, 大天才にする, 大奮わぬ今日の, 大妃周子殿下の母君, 大妃富子殿下故有栖川宮妃慰子殿下, 大妃殿下のおられた, 大始め夫人までまだ, 大委國上宮太子と書い, 大威張りで日本六十余州をめぐって, 大を卒業, 大學ばざれば則, 大學病院の門, 大官立大学の法文経, 大宜しだ, 大に移っ, 大家族と常に, 大富豪になっ, 大の三字, 大射す是を以て, 大狭ニシテ刻欠, 大展陣を試みた, 大山祇神之女等, 大なども其一つ, 大をあまり, 大廉直にし, 大弁侍従宰相権中将蔵人兵衛佐などは初め, 大弁参議などの車, 大弁式部大輔その他の人々, 大弁様同様どうしても御門, 大弁汲安などと威張り出す, 大弁清忠がいう, 大弁行隆朝臣をお, 大弁資明や鷲尾中納言, 大弘間咲きも殘ら, 大弱りの体, 大弱りで最大の, 大得意カランカランと打, 大循環をやって来る, 大必ずしも毛ぎらいすべからず, 大悪魔は例, 大感悦で手ずから, 大懸りの仕事, 大懸りな風呂通ひ, 大戰以後敗戰國もしくは後進國, 大探ししてもありません, 大故に較れ, 大族総立つ鴨, 大日様が私, 大早稲田慶応目白女子大学東京女子医専など, 大曲りで御, 大書きされて, 大最後に地大, 大有りなんで, 大に辞世, 大条玄蕃に預けられた, 大に学び, 大来目主と負, 大東亜共栄圏内にあり, 大東亜戦争の終り, 大を有, 大之覇業, 大楼あたりへ持ち込まれた, 大楼ト称スル者今其ノ二三, 大楼ト謂フ可キモ亦カノ, 大楼備前屋の前, 大と撞賢木, 大歴五御魂速狭騰尊なり, 大殉教の年, 大記, 大に書く, 大毎日の野村治輔氏, 大の飾窓, 大水大火大風大空大これであります, 大永七年十月二十八日の条, 大永七年四月肖柏堺に歿, 大永年間陸奥一円にかくれなき, 大汁鍋の底, 大洪水がある, 大派有て波斯等, 大派本願寺に借し, 大でなく草莽, 大減收になるだらう, 大演習をやるです, 大の公報, 大火大風大空大これであります, 大夫壻有男弟佐治國自, 大無限小の想像, 大閣へも, 大熊谷三郎兵衛の誕生祝, 大寂びの, 大燈籠を貼らせ, 大燭臺が四基, 大の, 大版百万枚に達する, 大の必死, 大甚だ弘, 大男らしく彼は, 大的習慣を別, 大を上げ, 大盛一つ十銭だぞう, 大相お待ちなすつて, 大相七兄爪謁気吾瀬子之射, 大相世間で同情, 大相居士ト号ス則チ文ハ宮ノ御, 大相居士ト石文アリ此ヨリ此沢ヲ参河沢ト唱, 大相感心なすつて, 大相暮し易いところ, 大相横柄な方, 大相気に致し, 大相無邪気な顔, 大相長座を致しまし, 大を包含, 大石橋駅に引返し, 大破裂の際新造, 大磐石の根, 大に到達, 大が来, 大科學者にする, 大科學者三十三人許りの, 大平気な, 大空大これであります, 大立大を卒業, 大競馬に連れ, 大したが, 大等先生の編纂, 大策氏が其後筆, 大などをひまひま, 大紙入を出す, 大紙入これには親分, 大に分かるる, 大組千二百石で御座るが, 大組格の名家, 大絶壁に遇い, 大繁昌をし, 大冠の, 大して, 大者これが座り込ん, 大者則頭腦爲之舍, 大に呼ん, 大自然の業, 大自由に向っ, 大至急派遣するん, 大なく形, 大花園と云う, 大あるもの, 大の妻毘舎, 大解りだ親分は, 大記實法を得, 大評判となった, 大にあらずや, 大として之, 大調和展覧会に出品, 大論ニ無憂華樹ト翻ヘス, 大論派がおのおの, 大講会二日目の行事, 大講会参加の一闘士, 大講会奉行所まで参加, 大講会広前の試合, 大講会当日の試合, 大講会閉会ののち, 大買人もあれ, 大費佐舜調馴鳥獸是爲柏翳舜賜姓贏氏索隱謂大業即皐陶, 大費者伯益即皐陶之子, 大費與禹平水土大費佐舜調馴鳥獸是爲柏翳舜賜姓贏氏索隱謂大業即皐陶, 大に門, 大躍起となっ, 大の二種, 大車二大車の二種, 大軌電車に乗っ, 大迷惑なん, 大通悟覚普門開放万, 大違い苦悶に歪ん, 大都以上四社が共同利益, 大などという乱暴, 大野暮に我輩, 大で棺桶, 大陣營直接相互に對立, 大陰謀が発覚, 大陽気だったので, 大集月蔵経にのたまはく, 大雷雨によって伽藍, 大革鞄に取かかった, 大に分けました, 大風大空大これであります, 大食い競争じゃない, 大馬鹿ものなり, 大馬鹿野郎だ, 大骨折りで述べて見た, 大の準備, 大高峰であると, 大高表の者, 大放り出されて, 大鳥井紋兵衛の邸, 大黒檜は高