青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「奴等~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

女学校~ ~女性 女性~ ~女房 女房~ ~女王 女王~ 女給~ ~奴 奴~
奴等~
奴隷~ 好~ ~好い 好い~ ~好き 好き~ ~好く 好く~ ~好み 好み~

「奴等~」 1046, 11ppm, 9632位

▼ 奴等~ (200, 19.1%)

4 私の 2 ありゃ医者, 一同逃げ出した, 何を, 自分の, 金とか

1 [186件] ああいう, あたしの, あの場所, あんなこと, いつ逃げ出さんとも, いやに, いるの, えらいの, おれが, お互に, お金を, ここを, ことお祭騒ぎで, こんなにパツ, こんな花, しょびいて, じつに厭, すぐり藪の, すっかりへたばった, すべての, そうは, そこらの, それを, そんなに威張る, ただこの, たちまち尾, だいぶいい, とうとう俺, とかく自分等, とても語る, どういふ, どこまでも, どんなに真, なかなかうまく, なかなかおとなしく, なんとかかん, まだいる, まだどこ, まるでお, みな今どこかで, みな宙ぶらりんで, みな氣に, みんなぶつこまれた, みんなを, みんな主人側の, みんな叩き殺し, みんな無籍者だ, みんな猿の, みんな虚栄心と, むざむざと, もしや首, やがてみんな飢ゑ, やっぱり海千山千, やつきに, よくその, わし一人を, ゴマノハイだ, スイスイと, ゼニを, ソヴェトを, パツと, ビク, メイ子に, 一と, 一人, 一人で, 一晩に, 一番信じられません, 一筋縄でも, 一言も, 三太郎と, 不健全で, 不要に, 世に, 世の中に, 世間からは, 二階梯子の, 互に暗黙, 人か, 人を, 今ごろは, 今の, 仕やう, 仕事が, 何かの, 何と云, 何んで, 何んな, 何処へ, 俺が, 俺たちとは, 俺とは, 俺の, 俺等の, 俺達を, 僕が, 僕の, 僕を, 僕等の, 儂に, 兎かくに, 全部死ね, 其の泳い, 内地へ, 出かけたぞ, 前払で, 勲章を, 北方の, 半分は, 卑怯な, 又姉, 口笛の, 吃驚り, 向う側に, 君んと, 周囲の, 善く散財, 夢の, 女の, 奴等の, 姿を, 嫉妬し, 嫌ひだとか, 実に怪しから, 実際手綱, 家には, 實に, 小策を, 少しも, 居ねえつていふ, 干ぼしに, 心細い火, 忘れたいぞ, 忽ちワーツ, 思ひ当るだらう, 恐ろしく規律, 意気地が, 感付く, 手ぶらで, 拳銃の, 指一本だって, 故意と, 早速殺し, 村を, 正しく追, 此雪に, 死んだもの, 毎日の, 泥棒根性無く, 無気, 玉ころがし, 珍しがんべから, 生きて, 用心深く先, 用捨は, 益々増長, 盗人も, 目的を, 眠って, 砒素に, 祈って, 祈る, 私たちを, 立派に, 結局どこへでも, 緑山寺さんだ, 腑甲斐が, 臆病だ, 苦しんだこと, 荒れ屋敷, 薄情だ, 血も, 見なかったと, 言ふ, 誰彼の, 赤っ, 遂に兄, 部屋の, 醜行を, 金は, 青くなっ, 音楽が, 頼むに, 顔色を, 風呂を, 馬鹿揃いだ

▼ 奴等~ (179, 17.1%)

3 何を 2 何か, 何万と, 惡口を

1 [170件] ああやっ, あいつ等の, あたり近所いっぱいに, あった, あのやう, あんなに騒ぐ, いきり立つて, いないと, いるかな, うまくやっ, うるさくて, おったなら, おれたちを, お互いに, きっと何, こうしよう, こう大勢寄り, ことごとくする, この石, これと, これほどの, させるの, しょっちゅう附け廻す, するよう, そこい, そこに, その陰謀, たかが暑い, たのまれて, だらしなく下げ, つかりしたか, どうも気, どう云おう, どこかに, どこから, なぜ幸田, なア, ひつぱり出す, また京都, やってきました, やって来たらたかが, やつて, やれ姪, より多く, われ, ゴチヤ, ソファの, チヤンと, ヒラリと, 一つ撲られる, 一両の, 一段ずつ, 一生懸命に, 一番困り, 万一婦女子, 乗って, 二千年来垢染みた, 五六人寄つて立話を, 今出る, 仲間に, 企らんで, 何て, 何とかいうなら, 何処の, 何時でも, 何者である, 俺の, 俺等の, 俺達の, 先生の, 兎や, 入って, 出さなければ, 出て, 出入りする, 出入を, 利根を, 助かりたさ, 勝手に, 卒業し, 取りついて, 可哀, 同意し, 四五人出, 団結し, 困ると, 囲んだの, 多いから, 多く集った, 大きな顔, 大体の, 失脚專務を, 奥に, 女同士長官の, 奴等の, 如何に, 嫉んで, 宮を, 寄ると, 居るからこそ, 居るとしても, 岸で, 川の, 己を, 役人に, 征めて, 後へ, 後を, 得するん, 御主人, 悪いん, 悪くさせ, 悪口を, 慌てて, 手筋も, 承知出来ねえ, 折重な, 押しつけて, 持つてる俺達, 掠奪した, 時々のぞき, 書を, 枯草色の, 根を, 正直に, 此の, 江戸へ, 泡食う, 涙する燻製, 深山幽谷の, 無法だ, 無茶な, 現代だの, 理解するだらう, 癪に, 皆帰った, 皆黙った, 眼にも, 礼儀を, 突っかかって, 米を, 紛れ込んで, 自分が, 臭い蔭, 舐められて, 舞い込んだもの, 荒っぽい腕, 荷鞍で, 親切だ, 詩を, 話して, 話を, 足下にも, 路を, 躍気, 近づいて, 近親に, 追って, 逃げ出したから, 通ったらしい様子, 避けて, 酒を, 間断も, 間違つてゐる, 震へて, 顔を, 飛んでも, 馬の, 騒ぎよる, 驚いて

▼ 奴等~ (176, 16.8%)

4 ように 3 ために, 姿を, 顔を 2 する事, やうな, 上に, 噛煙草が, 心は, 歌ったあの, 眼を, 頭は, 駄洒落が

1 [145件] あの可, おこぼれ, きもっ玉を, くそだらけ, こつたから, ことだ, ことを, したこと, すてどころ, するこたあ, どぎも, なりは, ほうで, やつて, やる事, よくやる, イカサマ大砲と, カラ騒ぎには, テロルに, マワシ者だった, 一人や, 一切を, 一番恐れ, 上の, 上へ, 下職人と, 不憫な, 世話に, 世話にな, 中で, 中傷でしょう, 乗り越えて, 事が, 事だ, 事ちや, 事如何な, 云ふ, 云ふこ, 仇にな, 仕業かも, 仕業なら, 仕業の, 仲間でない, 企らみ, 体内に, 余類を, 作った寝場所, 凶刃を, 利益の, 前で, 前に, 包囲陣を, 化けの皮を, 印象を, 口うつし, 名前は, 向う脛を, 吸う煙草, 味方を, 嘲笑や, 土台を, 城を, 奸手段に, 好き自由に, 妖術に, 子孫だ, 存在する, 密猟も, 対手にな, 對手にな, 尻おしが, 居ないとこ, 巣に, 幻を, 底は, 度胆を, 恐怖心を, 息の根を, 意地悪い, 手です, 手に, 手になんか, 手品に, 擧動が, 方がよ, 方に, 方針だ, 期待に, 根という, 根城は, 様子さぐる, 様子を, 横ッ面を, 正体を, 気が, 気を, 無法と, 煙草が, 猿轡だ, 玩弄に, 生活を, 留守の, 目の, 眼が, 眼には, 知つた事つ, 笑ひ, 簪を, 精鋭な, 肌襦絆, 股引は, 胆っ, 胆を, 脅迫よりは, 脚もとを, 腰つきを, 自惚れは, 芝居で, 莫迦莫迦し, 要求を, 詩に, 話だ, 誤解と, 謙遜な, 財宝は, 買いたいの, 近頃の, 迫害だ, 運命は, 道徳を, 邪道に, 都合で, 陣地を, 面で, 音声は, 頭を, 顏を, 顔から, 顔が, 飛ばす暴圧, 首引抜き, 首引抜て, 馬鹿酒を, 騒で, 魂を

▼ 奴等~ (95, 9.1%)

2 仕事を, 威嚇かされた, 負けて, 鼻を

1 [87件] あばれ出されては, いやと, おいそれと武蔵一国, おれたちの, かぎって, かこつけて, きまって, さう云, ささやいて, したからっても, しちゃ, しても, すぎない, つかまったの, とっちゃ, とられぬうち, どしやう骨, ひつぱたかれたんだね, ふんだくられた, ぶち投げるだろう, ぶつかるの, みせて, むかって, もっと厳しく, ゃどいつもこいつも泥坊に, ツバぁ吐きかけ, マルを, 三度の, 何とかかとか, 何も, 何程の, 僕達の, 充分制裁を, 先を, 出逢っては, 又と, 叩き落されて, 喰いつき, 場を, 大きな恩, 威張っては, 封じられた, 引っ攫われ, 思い切り何, 感づかれちゃ, 感づかれるからな, 手でも, 手とり脚どりされ, 打ち殺されて, 持って, 捕らえられ他国, 捲き込まれたの, 探偵と, 掴まつたもん, 掴まつて, 敗けて, 敢て, 殴られたって, 殺されるよ, 泡を, 無理矢理押えつけられた, 甚だしい侮辱, 用は, 眼に, 知れるわけ, 笑われようと, 罵りを, 至っては, 舞いを, 荒されて, 見せて, 見せもの, 見つめられて, 見付かるからと, 見付かると, 見殺しに, 講演した, 貸せば, 踏込まれた時, 身元検べを, 送って, 送られて, 逢わんか, 阿媚, 附き合って, 雑草園を, 馬鹿に

▼ 奴等~ (70, 6.7%)

3 片端から 2 あつかうよう, 残らず叩き出して

1 [63件] あおるん, いくら大勢, いやおうなしに川, うまく欺, こきつかって, この銃一ツ, しめ殺さないでは, すてること, た, ただおく, つ, つかまへて, ねらった, またおもむろに, みとるよ, みなごろし, もうこれ, もう一度叩き, やっちまえ, 一人でも, 主人が, 全部殺せ, 出し抜いたの, 出世させた, 十人ばかりも, 取っ掴まえて, 叩斬る, 叱つて, 吃驚させ, 喰い止め血, 四五人打殺し, 引張つて來, 斬っちょ, 日頃いくらも, 村から, 根だ, 標本箱に, 注意し, 片っ端から, 生捕っ, 痛めて, 白い眼, 目さえ, 目さへ, 眺めて, 睨みつけました, 罵倒した, 茫然自失させる, 見た, 見つけたの, 見れば, 言ったの, 訪ね廻って, 踏みつけた, 辞任させる, 迎え討つ, 追い散らして, 追い返した, 退治し, 鏖殺し, 降参させ, 首に, 驚かさむ

▼ 奴等~ (58, 5.5%)

52 なあ, 何も, 貴様たちの

1 [47件] あいつらの, あの雲ども, いったい何, から, からおれ, から刄物位, から懲らしめ, から職員, から雪, から風雲, がこう, がさて, が仕組み, このザマ, こんな不文不明, それを, そんな小, そんな連中, つて中, つて実にもう何とも, と, ということ, とさぞ, とちよ, とはいっ, とは思っ, と云う, と思った, と思つた, と思つて, と思ふ, と思ツ, と軽蔑, と道庵先生, なという, な御, ね, もう二度と出したくない, よ金持, わざ, ツ, 六人ばかり, 夫に, 承知出来ねえ, 洋学が, 立て, 誰も

▼ 奴等~ (33, 3.2%)

2 皆然, 警戒し

1 [29件] いけえこと, がき廻っとる, この通り耳, この頃, この首領, すッ, つともつ, また卑屈, また生き物, みんな可哀想でならねえ, よく知っとる, ゐなくなるだらうとも, 一寸変ってる, 亦何, 俺達を, 出たか, 剛勇を, 呉工廠から, 大きくなったら, 大部こたえたらしい, 家の, 敵の, 残らず殺さねば, 浮かぶ瀬, 目の下に, 目醒め, 着る物, 第三坑, 途に

▼ 奴等~ (29, 2.8%)

2 一緒に, 來たら

1 [25件] いがみあうの, きたら不品行, ぐるに, さへ, たいして択ぶ, ハツタと, 一体だ, 交際した, 付き合わなかった筈, 分らば, 同じよう, 同じレベル, 問答無益片っ端から, 喧嘩を, 往来し, 心中する, 来たらわ, 来たら一人, 来たら毎日毎日お祭り騒ぎ, 植木村の, 組んで, 談判する, 通謀させ, 附き合って, 顔を

▼ 奴等~ (15, 1.4%)

2 何と

1 [13件] お初姐御, それに, ちゃんと人, まだ金, みんな嫉ん, ろぐろぐ稼ぎも, ドウしたろう, 一ぺん思ひ知らせ, 一日も, 何て, 俺のか, 暮してんべ, 食えねえ食えねえと

▼ 奴等~ (7, 0.7%)

1 な, またあれ, もう向う, クズです, 余程厳しく, 毎日, 菓子折の

▼ 奴等ばかり~ (7, 0.7%)

41 だつた, だとか, ですもの

▼ 奴等では~ (6, 0.6%)

3 あるが 1 ある妙, ない, ないかも

▼ 奴等~ (6, 0.6%)

4 んだ 1 んです, んでやつ

▼ 奴等には~ (6, 0.6%)

1 すつかり, どんなこと, 利き目, 堪らないお, 誰一人に, 違ひない

▼ 奴等じゃ~ (5, 0.5%)

1 こんなところ, どやつ, ないか, ねえか, 喃

▼ 奴等です~ (5, 0.5%)

21 から故意私等, ね, よ

▼ 奴等~ (4, 0.4%)

2 やない 1 やありません, やア

▼ 奴等~ (4, 0.4%)

1 なすりつけて, 投げつける手榴弾, 見せびらかすため, 面当に

▼ 奴等~ (4, 0.4%)

1 俺に, 回, 従来の, 薩州の

▼ 奴等から~ (3, 0.3%)

1 えらく開き棄て, 仇を, 僕は

▼ 奴等だって~ (3, 0.3%)

1 悪い事, 生きて, 知らないも

▼ 奴等とは~ (3, 0.3%)

1 何です, 口も, 関係を

▼ 奴等より~ (3, 0.3%)

1 うまくなつ, もっと面倒, 先へ

▼ 奴等かも~ (2, 0.2%)

1 知れないな, 知れませんからね

▼ 奴等にも~ (2, 0.2%)

1 あんまり目, 困ったもの

▼ 奴等にや~ (2, 0.2%)

1 又わし, 遣り込められつちや

▼ 奴等~ (2, 0.2%)

1 がっ, ひどいこと

▼ 奴等時々~ (2, 0.2%)

1 私を, 飮ま

▼ 奴等自身~ (2, 0.2%)

1 が追い詰められた, だって熱量

▼1* [113件]

奴等ぁ慾で気, 奴等いいかげんにしない, 奴等病人じゃ, 奴等かたッぱしからたたき切る, 奴等こそ憫れ, 奴等こたあ心配, 奴等ことも怒んねえ, 奴等こと云つて手洟なんぞかんだ, 奴等や, 奴等さえぐずぐずと, 奴等てまた, 奴等じゃあとてもこんな, 奴等じゃあがあせんうっかり, 奴等じゃあねえか何だ, 奴等じゃと思て, 奴等そこで刑死を, 奴等そして男の, 奴等そつちの方で偸嘴, 奴等その先祖が, 奴等だけ膨らんで, 奴等だけがのそのそ這いまわっ, 奴等だけしか守られは, 奴等だ呑むなら早く呑, 奴等だ待つてるもんだ, 奴等だ買った時の, 奴等であるわい, 奴等でこそあれ, 奴等でねえか, 奴等でもないのに, 奴等といふのは, 奴等どこだと, 奴等どんな顔を, 奴等などと言って, 奴等なんぞみんな打殺し, 奴等について云うこと, 奴等にでも位とか, 奴等にとつては, 奴等にとっては大威嚇, 奴等になどわかるもん, 奴等になんていわれると, 奴等にゃこれくらいが, 奴等はいつたいいか, 奴等集めてナ, 奴等ばかりが蛆虫の, 奴等ばっかりで御座いました, 奴等ばり徳さ, 奴等びっくりしや, 奴等ほど済度し, 奴等まで赤れ, 奴等までが向うから, 奴等までにや四五人も, 奴等まるで不用心だ, 奴等まるまり身動きも, 奴等みたいにただ, 奴等めあなたが誰方, 奴等め親子がかりでおれ, 奴等やり出したな, 奴等よりはまだ高潔, 奴等らしい観察が, 奴等をば起たさうなぞとは, 奴等ア喞筒なんて騒ぎ, 奴等ア気が利かねえ, 奴等ハナイカ, 奴等仕種デ, 奴等三方からかぶさりかかっ, 奴等下らん事を, 奴等二三人を討取った, 奴等二人が同類, 奴等を狂人, 奴等では私, 奴等今更生甲斐感じる, 奴等やうが, 奴等低い身分の, 奴等を食っ, 奴等つちやなん, 奴等俺家の西洋鵞鳥, 奴等勝山のお嬢さん, 奴等卯平は嚊, 奴等を揃え, 奴等でさ, 奴等可哀想だから, 奴等吾達を何と, 奴等な面, 奴等如きをモミ, 奴等平生餘り威張り散らすから, 奴等怒ってるんだ, 奴等悉く切腹させい, 奴等打つ飛ばしてやれ, 奴等放火盗賊ちょッくらもち掏摸の兄哥, 奴等最初のうち, 奴等構あななんて云つけ, 奴等片端から牢, 奴等病人の口, 奴等皆おれが配下同然, 奴等相手にした, 奴等竹槍ムシロ旗で押, 奴等箪笥の金掘り, 奴等くらえだ, 奴等聴くのだ, 奴等背負えるったけ背負っ, 奴等を立て, 奴等をあの, 奴等船底へ引込ん, 奴等若い者に, 奴等も糸瓜, 奴等も絲瓜, 奴等てゐる, 奴等計りだとか, 奴等辷って何, 奴等邪魔立てするか, 奴等閉口する, 奴等陰険な奴等, 奴等青くなってるん